やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫たちが『死』から逃れるようです 目次

2以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/07/23(木) 21:48:48.81 ID:/6KsDTco

はじめに

この作品はフィクションです。
実際の人物・地名・事件とは、一切関係ありません。

また、作中において、極端な出血や暴力、負傷、死亡を伴う描写が挿入されます。
苦手な方はご注意ください。

登場するAAキャラクターたちに対する描写で、不快だと思われる
箇所が多数描かれる可能性があります。
ただ、執筆者がそのキャラクターに対して極端な負の感情を持っているわけでは
無いということを、理解しておいていただければ幸いです。
もちろん、苦手な方はご注意ください。

長々と失礼しました。
では、どうぞ。



「第1話    -幻視-」
「第2話    -脱線-」
「第3話    -境日-」
「第4話    -察知-」
「第5話    -深遠-」
「第6話    -破断-」前編
「第6話    -破断-」後編 その1
「第6話    -破断-」後編 その2
「最終話   -祈願-」その1
「最終話   -祈願-」その2
「最終話   -祈願-」その3
「最終話   -祈願-」その4
「最終話   -祈願-」その5
「-エピローグ-」
あとがき その1
あとがき その2
あとがき その3
あとがき その4
あとがき その5
あとがき その6

やる夫たちが『死』から逃れるようです あとがき その6

840◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:03:23 ID:3Wm5Zfr.

あとがき、その6を投下いたします。

今回は、最終話とエピローグを中心に、自分の考えや創作メモ、
没ネタなどを語って、スレ埋めの一助としたいと考えてます。



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |
.  |           |   ←やっぱりラストまで代理AA
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |




いよいよ最後となりました。
よろしければ、おつきあいくださいませ。

841◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:03:47 ID:3Wm5Zfr.












                       ┌───────────┐
                       │12・最終話 「祈願」   ..│
                       └───────────┘










.

842◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:04:23 ID:3Wm5Zfr.

この話について何か語ろうとしたとき。
やはり、どうしても外せない点があります。



     / ̄ ̄ ヽ
    /      ヽ
   /        ヽ
   |     _,.ノ '(ゞ、_|
   .|    ( ー)ヽ ヽ
   .ノ| U   (___人_\\__      ―――――。
 /  |     `⌒(⌒_   \
 {   .ヽ.       し「、    \
 {   ト `ヽ. ___´ノ  ヽ、    i
 .|   |       |  /   /

843◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:05:01 ID:3Wm5Zfr.




           ,,-''' ̄ ̄ ̄\
         ,,-''           \
  / ̄ ̄ ̄               |
 /          U         |           長 す ぎ る だ ろ 。
 |    .i                   /
 ヽ   `-一''''''"~~``'ー--、 -´´-一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))






4回に分割しての投下。
しかも、最終話その1からエピローグに至るまで、一年もの時間を
要してしまっています。

844◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:07:30 ID:3Wm5Zfr.

構想の段階では、これを一回の投下で
終了まで持って行くという予定がありました。



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'       あんまりにも甘過ぎただろ……。
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /




実際は、ご覧の体たらくだったわけなのですが。

845◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:07:49 ID:3Wm5Zfr.

執筆に取りかかろうとする前、
お話の骨格と構成は以下のような形でした。


┌──────────────────────────────┐
│                                          ......│
│・第6話で銀が死亡したことにより、やる夫のストッパーが外れる。   ....│
│ 常識や倫理から外れた行動を起こすことも辞さないようになる。     │
│                                          ......│
│                                          ......│
│・第1話と同じく、地震によって起きる災害。                ......│
│ しかし、やる夫たちの奮闘によって『死』の企みは外れる。       ...│
│                                          ......│
└──────────────────────────────┘

846◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:08:26 ID:3Wm5Zfr.

上記2点を踏まえた上でお話を展開させ、
最後はハルヒに焦点を当てて締めくくる。


                      _____
                  ...::::´::::=‐<::::::::::::`丶、
                  /.:::::  -‐===‐ミ:::::::::::::\
                 /.::::/  -‐===‐-ミ::::::::::ヽ:::\
             .::::::::::://::/:::::::::::::::::::::ヽ刈::::i|_] ̄`丶、
           /.:::::::::/.::::::/:/.:::/ハ:::::}ハ:∧:|::::i| \   ∧
.          /.:::::::::/.::::::::{::{::::{   |i/⌒ム斗l:::八  》<:::::::.
         /.::::::/|::::::::N八{ ヽ 八爪__刈》/.:::::i:く\ \:::.
           /.:::::::{_刈::::::::|爪_心      V/ツ/:::::::∧:::ヽ\ }ハ    
.          /.::::::::::/ |八:::圦 V/} ,    ´,, /::::::::/ ノ.::::|i  K:::::l 
       .:::::::::::://V|::::::ヽハ `´,,  _   /::::::::/´::::::::八_/ハ::ノ    
       |:::〃:::{ハ/|:::::::/::∧   ー'   /::::::::∧::::::::厶斗‐<
       |:::l|:::/i:::八|l:::::{l:::{l个: .    仏イ::::l/|::/7/: :/⌒ヽ
        人八{_|/  |l::::八n人:::::}≧=< 人::lN(: :.//: /
           ヽ{   八{ i|:| /》(: : : : :∧  八:{: ://: /{      l|
               _/ ̄、`V:/i|: : : : : |/二ニ7 : //: /      l|



お腹の子の『死』によって彼女が『死』の輪から外れた。
しかし、ラストシーンでできる夫と遭遇し――幕。

847◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:09:03 ID:3Wm5Zfr.

最初は、本当にこれだけ。第6話の投下が最大の量であることに、
疑いを持っていなかったのです。



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    ……。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


しかし。

848◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:09:49 ID:3Wm5Zfr.

ふと、疑問がよぎりました。


                                     / ̄ ̄\
                                   _ノ  ヽ、_   \
                                   (●)(● )    |
    やる夫たちにだけ任せるには、ちょっと       (__人___)    |
    無理があるんじゃないか、これ……?        |      u  |
                                   |        .|
                                    ヽ 、     ,イ
                                   /ヽ,ー-   ト、
                             _, 、 -─ '".:.ヽ:.:.\__ /ノ ト、__
                      __ ,. ー 、...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....
                      \ r 、 _ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::'ー、
                        } }/ )  V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                       /:ゝ/ ./ __  V ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:.:.:.\
                       }:::::ゝ ソ ,Y i::::::/::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:.:.:.:. \



それは、災害の規模について。

849◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:10:55 ID:3Wm5Zfr.

┌─────────────────────────────────┐
│                                                │
│復旧した体育館、その中での朝礼をしているときに地震。              │
│↓                                              ..│
│天井が崩れる。                                       │
│↓                                              ..│
│やる夫たちが事前に仕掛けていた爆薬が起動。崩れる破片が細かくなる。  ....│
│↓                                              ..│
│しかし、爆弾の中には突然スイッチが入らなくなったものもあって……     .....│
│                                                │
└─────────────────────────────────┘


               /7
                 //
             //
       __    //
.    /ノ ヽ\ .//
.   / (●)(●〉/
  l    (__人_,//l
.  |    `⌒// ノ       最終話執筆前のギミックを、簡略に書き出してみた。
   l       // ./        ――で、見直しをしてみて。
.   ヽ r-‐''7/)/
    / と'_{'´ヽ
    /  _.、__〉 ト,
    {  、__}  |.i
    ヽ _,.フ  .|.|

850◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:14:25 ID:3Wm5Zfr.



            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ  ヽ、_
          |    ( ●)(●)
          .| U   (___人__)        ……何か、弱いんだよなあ……。
           |     ` ⌒´ノ
           |        |_,-‐、_ -、   こう、映像だったら一気に押し切れるかもしれんが、これはやる夫スレ。
          .人、      厂丶,丶 v 〉.   同じようにはいかんだろ。 
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"::::::::::::\::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
/;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ;;;;;;; )
;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;V/..... ̄ ',;;;;|
;;;;;;;;;;;;;:::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;〈 ;;;;:::::::::::... ',;;i
;;;;;;;;;;;::::!;;;;;;;;;;::::::\::::::::::::::::::::::;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',




結局、地震と体育館、というコンセプトを残しはしたものの、
一度上記のギミックは排する事となります。

851◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:14:54 ID:3Wm5Zfr.

    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |
. |        |    第一、仕掛けも大がかりなら、それを防ぐための仕掛けも大がかりだ。
  |        |
.  ヽ      ノ     いくらベアトリーチェや古泉たちの協力ありきとはいえ、いち高校生に
   ヽ     /      出来ることは限られてる。
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |

852◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:15:30 ID:3Wm5Zfr.

        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..  と、なったら。
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .    ……人手が要る、よな。
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

853◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:16:24 ID:3Wm5Zfr.

かくして、いろいろと考えた末に生まれたのが――ナナリー率いる『騎士団』でした。



                    ___   _____
                    ,r=ニ二、 ̄ ̄r-__``ヽ、
              ,r".'´~ ̄~ヽミ 彡"´ ̄~`.、、
               /´   ,x-‐-、 .,r‐‐-.、  ヽ`、
              λ   ./.::::::;;;;;;`v';;;;;;;;;;;:::`、  l l
            ハ  .Y'´´´  `´   ``ヲ  | |
           / ,∧  `i              ,'   ヽハ
             / /  ,   l.,, -‐‐    ‐‐- 、l ヽ、`i.ヘ
          /// ./  / ., -‐     ‐-   ヽ  .`,...l...ヘ
         , '/∧ {:  /   __,    ___   i   l ,' ヘ.ヘ
        ./ ,' ,' `、! l `、==="    `===.,',l`i / !、 ヘ, \                             
       ,' ./ ,′,ノl .| lト、 、      l     /イ.リ.,'| l`l` ヘ .ヘ,                              
       レ' /  .λl ,イ`l| .ヽ、   一   イ |'l、.l.| |lハ.   ヽ、ヘ                      
        / ./    ' ゙|/ |.レ|. | |`,i 、 ,..イ_|.|| i.!ハ|ノイ|ハ    ヽハ
      /, '     ,' .ハ`ψノ l l |ヽ、 `´ ,ノ |.|.|. | ツ . lヘ ヘ   .ハ l、                           
    //    ./ ,'   ./  /,l |  ヽ、 '´  l l.l..|  ! .|ハ ハ   .ハヘ                           
   ./ ,r"     /〃,-≦-‐"~l.||  .イ三|、 .l||.レ’ / /-、ヘ.ハ     l.ハ
  / /      .// /~ワ彡|  .|.|.l /...トイ i、 ハレ’./,イニコ`l ヘ ハ   l |
  |l      ,r´/ .l'  '´ ,イ   .|.|.レ′ !  ! ヽレ′|'´.├-  l .ハ l   l .l
  l...l    / /  lヽ   l    |.|  ./  l   |  l  lヽ   | !l   / l





側に仕える二人がジェレミアとコーネリア、というのは、
アニメ本編が終わった後のことをちょっとだけ意識してのことです。

854◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:16:56 ID:3Wm5Zfr.







                       ┌─────┐
                       │騎士団    │
                       └─────┘









.

855◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:19:15 ID:3Wm5Zfr.

お話の中でも語られていますが、ナナリーの『死』を回避しようと
様々な手を尽くした者達は、そのほとんどが死亡しています。



    /:.:.:.l .:.:.:.:.:.:.:.ヽ :.:.: .:l|:.: .:. :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
    /:.:. :l| :.:.:./||ヽ:.:.:.:`、: .|:.: .: .:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:|
   l:.:.: /l| :.:.:/ l|  ヾ_\\|:.:. : . .:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:. :.:.:.:.:.:.:. :. :.:|
   {:. /:.:l :.:/、 リ  ∠\ 丶}:.:. :. .:.:.|'^ヽ、:..:.|.. : .:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.l
   |: l|:.:.| :.l:.:.:', /r彡戈ヽ |:.:. :.:.:.:.:ノ  )}:.:.:|:.: .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
   |l l|:.:.| :.|:.:.:.}  ,イレ}/ |:.:.:.:.:.:.:/ゝノ丿:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:|
   |! |!:.:l:.:.||:.:.:.} ノ }/  ,':.:.:.:.// __ノ|:.:.:::.l:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.|
     |:.:|l:.{ヽ:./   ´   //:.:.//  l  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.l|:.|
     ヾヽ/      ///    } |:.:.:.l:.{:.:.:.:.:.:./:.:.|:.l|ソ
        \      /       |:.:.l|:.:|:.:.:.:./|:.||:.l:.l
         |ヽrー--      _,   |:.l| l|:.|:.:.:./ l:.| |:|i|               __,
         |/|ノ r      /    }ノ__l|_|:.:./‐‐リニソ          -=ニミ::、/,ィニニミ、
         l '  ヘ    <   _-ニニ─‐|/ ̄ ̄: : {       _, イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``ヽ、
             `´  ,∨ニ‐´: : : : : : :': : : : : : : :l       テ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                     /イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>-::
                                     ' i::::::::::::::::::::::::::::>'::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、__;ノ
                                     /::::::::::::7--‐::':::/,:'/:::/::/:j::::::::::::i::::::::::テ'
                                   _ノ:::::::::::::,i::||::::::::://>i_i:::||:ハ:::::::::j::::::i::::i
                                    ゙̄个::::::iハ:i:',::::::| ィ示c、,i|:i |::::::/:::::/:〃
                                      〉:::::i i::::ヽ:::', 辷ソ '、ヾ ,ィ=::::/≠  
                                     ノ!:┌ ノ__::ヽ`ヽ  ̄`    iン,'イ´    
                                     (彡ィヽ、 ハ:::i,         i/      
                                     _,.....j=- 、\ ヾ\,. --- /       
                                    .j───-- `>、__ヽ /       
                                    |           `ヽ、7´

856◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:19:36 ID:3Wm5Zfr.
 / /  , イ  { /              \  ハ   /
 /  ,  / |  V          . -‐──‐‐V }  / 
′ { /  !  l ` ̄ト、      ´         V´`V  
┤   }′  ゝ、」   i レ‐         ,x斗=≠≡く V^v!  
 .  /   / /V  Ⅵ        ' ,ィハ、__ノ:ヽ.  {  } 
  V  / /   }   イ l _          v:::fhイ:::}, l .′
  l       {  { 斗=ミ、         弋i_沙'′,}/   
  { {  、    ヽ、f;ハ、___;、              廴 , イ
    ',   ヽ  \ハ{:::fhj::::},     、       { /  l
   ', ヽ   \ __,{ 弋i_沙'         ,    i′ {
   ヽ ` ̄ ̄´` <^ ´       _ .  ´   ,!  ハ     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
     ` ̄ ̄ ̄V  }>、          ‐ ´   / }  ′     /.:.:.:./.:.:.:./.:.:.:/:/.:.:.:.:.:/:/ヽ:.:.:.:.:.:.:.:l::.
ー-、       ノ /‐-‐ト .           / ハ /      ;.:/.:.:l:.:.:.:/.:.::;イ;イ:.:.:.:.:/:/―‐}、:.:.:.:.:.}::.:.
  ヽ、_     i ハ、__ }  }` ¬、 ──一 '´ / /, /    //.:.:.:.|:.:./_彡〃 |:.:l:.:.:|:.|    |.:|:.:.:.:./i:.:.:.:.
                                  //|:.:|:.:.|:.:.|  /  {:.:|:.:.:ト:|    }ノ}:.:ノ}:.}ヽ:.:.ヽ
                                  { { |:.:|.:.:|:.:.{ '   ヽ{\{ ヽ,z≠=イ:.:.'イ.:.:. \:.\
                                 |:|∧:{.:.:.ヾヽ ,ィ==       :::::::::{:.:l:.:|:.:.:.:.:.:. \:.\
                                 レ :/ヾゝ、:ミ=-´::::::::   i     }:.:|! |.:.:.:.:.:.:.:.. \:.\
                                /.:.;.'.:./.:/.:.:/.:!\    , -┐  /.:.:|:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:..  \:.
                               .:.// .:.:/.:.:/:! |.:.l:.\      ′, イ:|:.:.:|:.:ト.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.
                               //.:.:.:.:./.:.:/.:.|.:l:.:|.:.:l:.:.≧‐- ィチノ^ヽ:.:.ト:.|:.ヽ:.:.\:.:.:.:.:.:.:.
                               / .:.:.:.:.:/ .:./.:.:.|.:.:.:|.:.:|:.:.:r}  ̄フ\   }\{:{:.:.:.:.:.:.:.:`:.、ー、::.:.
                               :.:.:/ .:/ .:.:.';r‐┴‐┴ァア´ハ /{::::::}\ ハ  |:|j ̄ ̄ `ヽ:.:.:.
                               .:/ .:/.:.:.:./     fj | V }=::{  ` |  |:|fj.     }:.:.:.:.
                               / .:/.:.:.:.:.{      fj.   |   |:::::|   |  |:| fj  i   |:.:.:.:.:.
                               




ルルーシュにスザク、ユフィ、シャーリー。
ギアス勢の、彼女と親しかった者達ですね。

857◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:20:07 ID:3Wm5Zfr.

コーネリアに関しては、出しはしたものの、前後の尺の都合で出番をばっさり
切ってしまいました。




   l:..:..:..:..:..:..:..:..:..:../:::..:..:..:..:/:./:..:./:./\:.∨:/ヽ:..:..:..:..:..:..:j
 /|:,.--、:..:,.----/::::..:..:..:../:./:..:./l:/::::::::\/::::::l.:..:..:..:..:..:/
 !:./:..:..:..:/..:..:..:/j::::::..:..:i:./:./i.:../ .!:!       |:..:..:|:..:./
./i/:..:..:..:/:..:../:..:..|::::::.:...l:.i:.:i .l:./ .!:!       リ:..:.j:..:.!
.V:、:.:::::/:::/:..:..:...::!::::::.:..:!:j:.:| j/  !j     /ィ|::::l :::!
 ヽ\,'/::_::_:,-、:::!:::::.:..:.i:.!iリ十‐-._i:i ヾ   i/うリ l:::::!:.:.!
  |ヽ:.`V:.:.:.:.!i`ヽ!:::::.:..:.i:.!卞<ミ、,l| ̄`゙  ヒzイ !::::|:..:|
  /!:..:\:ヽ:::::::\'j::::::.:l:.:i.|辷z少'' ヾ     l    |::::|:..:|
. /:.l:..:..:..:.`.!\:;-‐'!::::::.i:..:ハ ̄´     \   ヽ  /!:::j:..:.!
/:..:.|:..:..:..:..:.!:.:/:::l::::|::::::.l..:..:ハ           ' ,.'::j::/:..:.|
:..:.. |:..:..:..:./.:.i:::::::V:|:::::::l:..:...∧     ,..-‐ァ ,.':::::j/:../:バー..,,_
:..:..::!:...:..:/:.:.:j:::..::::V!:::::::!.:..:..:∧> .. _´    /::::::/:.:/:..:..:}:::::::::::>、
:..:..:i:..:..:/:.:.:.:l::.:.:.::::::i::::::::',:..:..:...ハ≧‐-≧-イ::::::::::/::./:..:..:./:::.::/.::.::..ヽ
:.:.:/:..:./:.:.:.:.:l:.::.::.:::::ハ::::::::ヽ:..:..:..ハ   j ./`゙\/,ィ.:..:./:::./::.::.::.::.::.:.ヽ



「ユフィを失った代わりに、ナナリーを溺愛するようになっている」
という描写を考えており、そこからエピソードを膨らませる
つもりでいたのですが。

858◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:21:05 ID:3Wm5Zfr.

あくまでナナリーとやる夫を描かないといけない、という事で、
構想段階でやむなくカット。


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)
  |         ノ  今になって、話をわき道に逸らしたくはなかった
  |     ∩ノ ⊃ }   そうだ。
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /





なにかしら別の形でリベンジを果たせればと思います。

859◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:21:54 ID:3Wm5Zfr.

メンバーのAAは、基本、黒の騎士団たち。



                     ├―--  __     ` <二≦    7   /
                      ', _,,〟   ,,.≧xー- _    `ヽ、ー‐'´  /
                      | ┬ァミ}  '"⌒゛\   `ヽ 、 〇下 、/
                      イ  ゞソ    ≧ュ.,,,_ヽ   / }>く   〉
                      |     /    、 弋ゾ"  / /⌒〉 ヽ/
                     |  〈           イ/イ´ /  ∧
                    -―ヘ                ″'´ノ  / ',
               ,  ´  -― ヽ L 、____  _、    rイ「   ハ |
              ′/        ', `ー==ニ彡´   ノ´ ノ   | | |    
              | ′         ! `        ´   /イ   | l |    
              ||         イ州」厶ィ´        ノイ}ハレ/ ′   
             ┤|           ̄「       /    // /
           ̄  ̄\            ヘ      /   /  ' / |




   ///    /.:::/.::::::::/.:へ}∟厶:::i:.::::.:!:.:::::::::::::.:.::.:.::.::::i::ハヽ ヽ
   , , ,′   ,'.:. .: .:: i:. i::::「´    i::|::. :::!:. ::i::::i:.::. ::.i::.:::::リ  } } }
  { { {    }::: .i:. :.:| .:!:::{ ,     |::ト、:仆、:::}::::}: .: :::!:.::i/  j | |
  i i i    |::i:::!.:: .:!:.:ト、|i|    }::},」::|j斗イ::::j::.:.::!:!::/   ,' j j
  | | |    |::|:::!:::!::!:::ト、{iL、  、ノ厶以f衣j:,イ:::::::外′  ,  ,' ,′
  l l l    |::|:::!:::!::!:::代_ftktrー{[_7fー`¬//::::://    / / ,′
   ', 'ー‐一ヘj:::l::::!::!:::ト、 i「 ノ}⌒V    ノ厶イ/   / / / ,′
   ヽヽヽニニ 、{:::|::l:::仁マ´、j _ ` ー‐ ´   ノ   /// / / ,            
.    >' {、rf一ヽ以:::{ー‐ヽ、`tf==ァ'´/   ///  / / /
  /  」.斗`ー一  ヾ    { \ ``二´∠ r一 >‐ ´   ,' / /
./   /            ',  ヽ、_/   ヽヽ      {〈 〈



人数や各の力はもちろん、彼ら自身が色々なところに人脈のパイプを
持っていて、それがやる夫たちの大きな力になっていきます。
学校に大がかりな細工が出来たのも、そのおかげです。

860◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:22:33 ID:3Wm5Zfr.

ここまで書いた辺りで。


                      ___
                    /:::::::::::::::::ヽ         ____
                  / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                 / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                    .| :::::::::::(●).(ー )    |::::::::::::::::::γ:::::::::::::::::::: ノ
 ……。              | ::::::::::::(__人___)    |:::::::,. -ーy::::::::::::::::::::: /
                   | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /
 うーん。           | :::::::/::::: |        |   /...::::::::::::::::::::: /
                 | :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/:::::::::::::::::: /
                 i:/:::::::::::: ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                   r:::::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::ノ::: 、:::: //
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r

861◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:23:37 ID:3Wm5Zfr.


   / ̄ ̄\
 /   __ノ ヽ
 |    ( ●) )
 .|       (__人)      これだけたくさん人が集まって動いて、最後の『死』で大勢死ぬのって、
  |         rつ      ちょっとどうなんだろう?
  .|        ((三)
  ヽ       ( <     確かにFDは『死』が無いと成立しないわけだし。
   ヽ    /∧ ∨    このまま書いてもいいかも、だが――
   ∠    /⌒ ∧ ヽ
  (  \ /  / ___)
  |\  ''  /|
  |  \_/  |

862◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:24:54 ID:3Wm5Zfr.


               / ̄ ̄\
             /       \
             | _ノ  ヽ、   |
             | (ー)(ー)  |    数人の人間が、自分たちに出来る範囲でなんとか足掻こうと
             |  (__人__)   |    した結果、映画のFDは結局そのほぼ全員が死亡する。
.             l  `⌒ ´   }
              ヽ      ./     でも、このスレだと同じような形するのは……。
             /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、
         ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
          //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
       ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
      /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,

863◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:25:09 ID:3Wm5Zfr.



               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             | (●)(●)  |     「これだけ人と手間を揃えて成果ゼロ=『死』の思惑通りに死亡」
                |  (__人__)   |     ってのは、物語のバランス的によくない気がする。
         ___|__`⌒ ´   |
       , --'、         /    丿
        / ⌒ ).      /    <            何より、折角出したナナリーだ。
       ,′  ノ      /   /三三三三丑       むざむざ負けてしまうのなら、出さなくなって同じ、という印象しか
       l  T´ ..___/   //      r'´ ̄ヽ    読者に残さず終わってしまう。
      ヽ ノ   ./丶    //      (  ̄  l
         `'ー'´   |   //_____/  _.ノ

864◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:27:23 ID:3Wm5Zfr.

           // ./ . /,ィ'三三ミ、. ,,ィ==-、   ハ
            ,' i!.::,' .i;/´    `´ ̄``ヽ;i  .i.i
          i /!:::i : .!            ゙l  .l i
            i,'.:l::/ :: ir‐"´ ̄`   ‐‐-、_ .i  ::.i i
            ,''.:,'イ /:: i :l_-、     ___ `! :.  ::ヽ`,
        ,イ',イ/, '.::::/.:イイ:::iヽ     ,ィ==-、i. :: :. ::`i        今回、私たちは誰も助けることが出来ませんでした。
        /,イ.,' ii/..::::/,イ ヾ--'       .i;辷;ノ i、 : .、:.::l        しかし、次の場所、次の『死』に苦しむ人がいれば、
     ,イ.:;イ. .::i、l ::::i,::i、、     i       ./入ヽ、ヽ:l        必ず今度こそ救って見せます。  
.     /..;イ ..::::ノヘヽ、.:.ヽ、__,ノ   - 、    ,.'イ:∧:. ', ノハ
    .,'./...::;/ 〃:::,'i`ヽノ;;:i:::`i、     , イ::i:;イ::,.i:: ノ!:. ヽ
.    i'.:;.イ .:;イ:::::,'::i::::i :lli'./.\ `  .イ´i  i::l、i´ノイノi::ヘ、ヘ
   ./  ,イ..:::::ノ::/.:::i _,イ    ` 、. ,イ l. ヘヽ、::イ:::ハ:.  `ヽi
  ./  イ.::::;.ィ, --、-‐"   ヽ、   ./::ヘ, l ヽ、ヽ,` 、 ̄ ヽ、 .ハ



  
  

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |   -=・=- -=・
 . |     (__人__)
   |     ` ⌒´ノ    ……無能を晒した上で、言わせて良い台詞じゃないだろ。
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ

865◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:29:43 ID:3Wm5Zfr.

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    ――と、なると。
.  |         }     落としどころを、考え直さなきゃならんってことだな……。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、    全員死亡、という案を捨てた上で、FDらしい、なおかつ
    l \ 巛ー─;\   納得のいくラスト――か。
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l





最終話作成に置いて、ぶち当たった難題の一つがこれ。
自分の構想ノートにも、「どうしたものか」という言葉が踊ります。

866◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:30:04 ID:3Wm5Zfr.

結局、本編のような形にたどり着くまで、かなりの時間を要しました。


   / ̄ ̄\
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../
  |    ` /       ``77   /
.  ヽ   /          / /   /
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./      一ヶ月以上はは確実にかかってただろ。
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /
   |. \   〈\.\,〉 `,  f
    | . \  (ヽ ヽ `..   |
    |    .\ \      ノ






一応それまでにお話は進めておきたかったので、ナナリーとの邂逅を
経た後、スレは最終ディザスターの地盤固めへと入っていきます。

867◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:30:41 ID:3Wm5Zfr.
                                     ._ _............._
                                   ,ィシン''"  ¨¨ ヽ、ヽ、
                                   〈;;メ´  ,,. ィ j!  ヽ__,>、
                                   / i .i ./| .f.j .ji .|i レ//|
                                   ! .i k‐トLj〈 ム-ヒ_.jV//j
                                   ト| | i「じ>: : :.く.じ.' リレ′
                              . ヾ、   八.  t‐‐ィ rツ′
                              .   \、_ {{ >-.`.-.'.<!                
                                  ゞ!i:ト、__ノノ::ノ凡f::'.;:';ヽ
                                   l l:l:::::::::::.(!::::!::::i;ハ';';::j、              
                                   ヾヾ:::::::::ノi:::i::::儿_〉:::::ヘ、             
                                    ヾ y'´::〈;:ィ:、ィ:乂;::::::::::ハ
                                    ./::;;:::::::,i::i::.i、ヾ`トャ=彳
                                    /:'´::::,,ノ.ハヾヽヾヽヾハ
                                   j゙,r:::::ノノ"::::',::ヘ::ゝヾヽ.ハ
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:i:.:.:.:.:レ≧==ミ、__.:.:.:.:.:.ヽ、       ノノ::,、シ::::;、:::::`:、`ー、ヽ、八
.    , '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.}:.:.:.:.{        `ヽ.:.:.:.'.     ,.イ:::::彡"`''´::::`ー´"~ヘ、`ー.ニ\
.  /.:,、:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:/.:.:.:.:ハ          }:.:.:.|     ゙''''''"ー---‐--‐--ー‐ ー.=---‐′
/.:/ノ.:.:.:.:r┐'.:.:.:.:.,'.:.:.:.:/ム\_        ,':.:..i:.}
.:.:.:i  レ'⌒「 } h:{:.:.:.{:.:.:ィイテ=x、    一´_/.:.:.:.り
.:.:.:|  、_j ||/|、:.:!:.癶代tァン     イテ小:.:.:.:{
:.:.∧  、_ノノ ヽ vハ:.!:廴__ ,`´      弋ツイ:.:'.:.:.:.',                              
:./.:∧   \   い:}:.:) ̄     {   /:.:}:.:.:}:.:.:.:}                       
'.:.:/.:.:',      /.:/イヘ、   ─  .イ:.:.イ:.:/.:.:.:/
.ノ.:.:.:.:.〉、   ム(::じ   `  .._ ィ:.:{:.:.:.V:.{:.:{:.:,.く                                 
:.:.:.:./ }   ハ、`¨´     |_:.{:.:.!:.:.:.:.`ヽレ':.:.:.:ヽ.
:.:.:/  」二二二二}丶、      `ヽ、:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.


ベアトリーチェとナナリーとの邂逅。

868◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:31:03 ID:3Wm5Zfr.

.     i :.:.:.:.:/ .:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.; .:.:. / .:.:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ‘,:.:.:.:.:.:.:.‘,:.:.:. ‘,:.:.:. ‘,
     i| .:.:.:/ .:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:. / .:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘:. ‘.:.:.:.:.:.:.:.‘,:.:.:. ‘,:.:.:. ‘,
      i| :.:.:′ : / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ′.:.:′:.:.:.:.′ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.‘:.:.:.: ‘ヽ.:. ‘
      i|:.:.:i:.:.:.:.:′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.′: : i :.:.:.:.:i|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.: i.:.:.:.:.:i ‘;.:.:.i
      i|:.:.:|:.:.:.:i:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:i :.:.:/ | :.:.:.:.:i|:.:.:.:.:.:.:| .:.:.:.:.:.:. ;.:.:/i.:.:.:.:.:.:.:.:.:|i:.:.:.:.:| ‘:.:.|
      i|:.:.:| : /|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:| .:/ 八:.:.:.:.八 :.:.:.:.:.| .:.:.:.:.:.:/}:/´|.:.:.:.:.:.:.:.:.:|i:.:.:.:.:|:  Ⅴ
    八:. | / i|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:|:/ー‐-\:{_\:.:.:.|:.:.:.:.:.:/ィ刈》|:.:.:.:.:.:.:.:.:八 :.: ;
      Ⅵ′i|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:|′ ィ斤テ笊=ミ:、\| .: /ヒこツ'│:.:.:.:.:.:./  }: /
.      ‘:.i: 八:.:. ト、:.:.:.:.:.:八. ヾ .戈辷夕   }/  ¨¨´ /:.:.:/.:/  .ノイ
.       从:.:.:.:\{ \.:.:.:.:.:.:、  `¨¨¨´          厶イ .:.:/
.        \八{iゝ-ヘ\ト、:. \             :}   ,丶|.:.:/      
.         /  |:i| :.│ヽ  `¨⌒                 イ  :l /                     
       ィ   |八:.:.|   \       rー‐--- ア /: :  ノ' ‘,
      / |     ヽ{    `  .    ー─ ´ / 、.: ::      ‘,                          
.   /  ∧      ‘.        `  .    /.: .: : \       i                   
.        ‘,       、         ァ‐ ´|'.    ∧      :|
          ‘,          .      /   :i i   /.: :i     |i
         ‘,        `ー 、   {    .'.::|  ./.: : :|     |i

 圭一との絆の確認。

869◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:31:54 ID:3Wm5Zfr.

その裏側で、

                     / ̄ ̄\
                   /   _ノ  \
                   |    ( ー)(ー)
                   .|     (__人__)
                   /     ` ⌒´ノ
                 /  ヽ ⊂二二 ̄\
               /     \  ⊂、'    ヽ
              /        \_, `7  /    ……どうしたもんか。
             /    へ     \ !/  /
             |      \    Υ  /
             |        \     /\
             |        / \__/.,,_r ヽ、
             /      _,,__|'"´      レi  }
            |   `'"´   `¨ー、     /ノノ




相変わらず、悩みはつきませんでした。

870◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:34:49 ID:3Wm5Zfr.







                       ┌──────────┐
                       │ ・ ラストの災害   ....│
                       └──────────┘








.

871◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:36:10 ID:3Wm5Zfr.



騎士団を活躍させ、その上でFDらしい終わり方を描く。

いざ作り出すとなると、本当に難産でした。


               ./ ̄ ̄\
              ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
              |     ( ―)  λ   ヽ
            ,ヘ__|  .u   (__人)  ヽ  ',             詰まる……。
          __,/   ` <    ⌒ノ  . r'-‐¬
        /---‐――--.、ゝ\  ノ   」-‐>ヽ   \ -、
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´_ノ   /  ´   l   (__丿
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l

872◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:37:32 ID:3Wm5Zfr.

騎士団の活躍をきちんと描く以上、あからさまに無能な描写は出来ない。
かといって、『死』を勝たせねばお話は続かない。


       / ̄ ̄\
     /       \
     |          |
.     |          |
      |       _   |
.      |    (⌒`、  .}
.     ヽ   `¨\\}     何度ギミックをこねくり回したか分からないだろ。
        ヽ       ,、ヽ
       ゝ   .<_/ /
       |    ,r´
       |     |

873◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:38:23 ID:3Wm5Zfr.

どうにか繋がったとしても、あまりに無茶な描写、AAでやるには
力量が不足するレベルの展開。



    __
   /  . \
 /._ノ三ニヽ、\
 |  (⑪)(⑪) .|
. |  (__人__).. |「rー__ヽヽ
  |   ` ⌒    |  .\  \┌ーz__ ┐7
.  ヽ      , ィ==‐、/ / ̄ ̄乙/ /        こんなもの表現しようとしたら、
   ヽ    ノ⌒) ∨/  / ̄ ̄/|         全部ナレーションでしか無理に決まってるわ!
   /   (_ ̄__/ ̄`く._ __∠ -┘」
   |     /〃 \   '"  \    -┘
    |    ./¨\    \,_ ``ヾ}
     . 人''" \  、__ ` 、_/ ノノ
      〈 " \ __.ヽ ヾ、._,)'´
    /,ハ.  ヽ.  、__`ン{ 〃
   く / ∧ !、_  `'_,/


しばらく考えた末、そう言ったものも片端からボツにする羽目に。

874◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:49:56 ID:3Wm5Zfr.
巡り巡って今の結論に至るには、結局、様々な
枝葉末節を切り捨てる形となりました。


.               ,.-―――‐-.、
            /           \
              /            '.,
           /                 ',
           ,'                l
.         |         __`ノ ァ
            |            ( 一) ′
          '.             ヽ   この時点で相当な長さだが、
.            '.        (     j   構想でもう2個3個あった面倒な手順をばっさりカットしてただろ……。
            }  人       ー― ´
         __ノ    \       」
         }////` <  `: ..    .,'
         /_/////////` <r'´ ̄
.        //////`/<///////ハ
       ///////////,`/<// 丿

875◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:51:16 ID:3Wm5Zfr.

ほぼ同時、キャラクターの死亡もようやくこの頃固まります。



      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
   . |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ        
.     |         }         死者の数は、ゼロ。だけど、予断を許さない者が、やる夫を含めて
   .  ヽ        }         数人出てしまう。
   _/⌒ヽ     ィ
 i'⌒゙l |   l`ー-一´\         自分の中では「両者痛み分け」というイメージだ。
 |  |. |   |       ト \
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソ,),) ̄`ヽ ̄⌒ヽ|,),)ソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .|
 |        |  .|.|   |  |  |   |
 |        |   |___|  |__|  |
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_|

876◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:51:40 ID:3Wm5Zfr.

ただそうなると。災害のカタルシスも尻すぼみになる可能性があったので。


       rン::::::::::::\         /::::::::::::Y
       rイ:::::::::::::::-、__ゝ- ‐‐ ‐‐- イ、::::::::::::)(
       !ヽ、:::,.-‐ァ /.:::::/:::::::::::::i::,:::::::ヽ<;:イ
       >'": , ':::/:: /::::::::/::::ハ::i:::::ヽ:::::::ヽ ::`ヽ.
      rく::::::::::::::/:::::i:: /:::::::::/i::/ l ト.:::::i:::::::i ,::::::〉
      ',::::`ヽ:::::::i::::::i:i__i_:::::/i::::/  |:l::i:::::l:::::::|. イ
      \:::::::::_j:::lリ レレ' レ'  リ TNハ::::::i ン
        `'r_」 ̄| 化:::ト、     イr' ト.Yi ̄ i
        i:::::|  |  it::.::j     it;:.j ilノ  |
       /::::::::l_|.、"""    .   "" リil_ ト
      /::/::::::i:::::|l:::i\    ―    イ:::ll::::: |     私が見てしまう「予知」ね。
      /::/:::::::ハ::: |i:::i:::l::ト-- --r '´:: i::::::|l:::::|
     /::/:::/:/:::l::::|ト.;l,ィ〔>-- <〕:::::l::::::|i:::::|
    /::/:::/:/:: ∧::ll::ヽ:\ /:∧:\ 7ハ┬リ :::ト.
    i:/::::/:/:/イ´\::::}\/::/ \::\ l::::V:::::/::i
    |レ'i:://i    |::::ヽ`r‐! r'.ヽ ir‐' i:::::::V:/ハl



ここで、霊夢にお鉢が回ることになりました。

877◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:52:06 ID:3Wm5Zfr.

第1話の描写を盛り込み、霊夢に予知させ、それをやる夫が
横合いから薬を服用して盗み見る。




j炒′お、おい。                   込i:圭{                      Ⅵi伐      Ⅵ圭ll
Ⅳ                                                 Ⅵiiヘ      Ⅵ圭
/   も し か し て 、 こ の 状 況 っ て 、 ま さ か …… !     ||圭]      ||圭
                                                    ||洲リ      ||洲
    lll                           》i淤〉                  為Ⅳ       Ⅶll
    {{                             ヘ㌢         r―==二 ̄`ヽ為ソ       Ⅶ
   ヘ_                                    >‐-_'´ u V:::::|ア          ヘ
     [ft          r―-―== 、               , ' r-- 、   }:::::|
     Νk         アー-'^⌒}:::::!                (  '    }  「r、:::|
       !垈        /    u  〉:::|                > i}  リ  |ヒ}}: |
     .為llll}       ヽ ==ヘ  /-、::!    _  __       / ー-u'   |ン::: |
    .ィ圭洲_ rァ__   / i   }} |ヒ}!::|   > ^´  ヽ    ∠__r=_`-イ丁ヽ.|ヽ:::::|
       >::::^':::::::::'. /  =u彡  |ン::::|   イ/⌒く  |   、---ヾエヱ二」 ! \|r
       そ:/ヽ:::::_::! `1工エエハ ./\:: 「`ヽ  .> i う ヒ}l    <r 、V^ー ´`ー '_| //
        ハ。=Y{.)|   _}-r‐://   ヽ\リ <_r-┬!ト、|_  ∠≦リ::}  , イ //.....
        <.`_^、/く:|  Lー-イ/  //:.:.:.\  f=' j | ヽー-<j /イ   \//..........
         〉-- / /\ (_,イ /:.:./:.: |`Y´|\イ-、 l |   /`ヽ#\  /...................
         ヽ__//   \    ( \:.:.:.| | |:.::__| | K´   l   \#Y=―- 、.........
       \   }-― 、  \r──  `'┴┴r!(___  _ア´ ̄`ヽ{     }/.................ヽ....
       :.:.:.\/    }    }`ー―― 、  、‐':.:.:.:.:.}   , <`ヽ '._/   /............................
       :.:.:.:.:.:V  __/    :.Y´ ̄ ̄ ̄   >:.:/:./   /\   } } ◯./..◯...................../
       :.:.:.:.:.:.:Vノ.   ̄`Y:.:.| ( ̄ ̄ ̄ ̄:.:/:.:/  .|:.:.:.:.> / /  .}............................/
       :.:.:.:.:.:.:.:.', \. ヽ_人.人   ̄ ̄ ̄ ̄):.:(__,.ィ__j:.:/(__/  ,イ.............../....../
       :.:.:.:.:.:.:.:.:.'. ヽ_VL イ:.:.:.:.: ̄「 ̄「 ̄:.:.:.ヽ:.:.:.:.:./  |:.\/ j--―..´........../
       :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V"´   ヽー--}ヽ \:.:.:.:.:.:.\/    j:.:.:.:\/........................./



作っていて、この辺りが一番しんどかったかもしれません。

878◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:52:27 ID:3Wm5Zfr.

何せ第1話のようなディザスターを短いながらもやっているわけだから、
キャラ死亡シーンを少なからず盛り込まないといけないわけで。


                              :l゙                 | !  /圭圭Ⅳ  /Ⅳ         '″  
                                     _,,          !゙.,,.,i圭圭Ⅳ  .iУ              
                          .i}′        / Ⅳ .,      /圭圭Ⅳ   .l″            ,ν
                          `           i"Ⅳ /      /圭圭Ⅳ                il l′
                                  lⅣ  ."、    /圭圭Ⅳ             _    ,,i!!″ 
. /                  \       ノ    /./    l「    ../圭圭Ⅳ             ,,il″   .´  
/                          \     /.,i''l   .,〃    .〃 /  ./圭圭Ⅳ     .,.     _ /″          
             _,,,,..,,_       そ, イ ,lⅣ  〃   .,〃 ./  ,/圭圭/     ./     ,r'./     .,    ィ幺
          ,. -''"´    `゙''-、       .〃   ./l   、〃 ,ir /圭圭/    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  ィ幺圭
        ,."          `ヽ.  ヽ\ 〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ /圭圭Ⅳ .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'イ圭圭Ⅳ
       /              `、  Y.il″ /圭Ⅳ ,ィ彰i彡'゙i/'"圭圭圭込才Ⅳ    ,-/'" ,.. ;;/!"._.刈圭圭圭Ⅳ_
       ,'                  i. . ,i|′ ,/圭圭レ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|  ,il!ン''/...-彡 '',゙..ィ幺圭圭圭,ィ幺圭
       !       ●       l // 幺圭圭レ゙圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭Ⅳ. |/‐才ンィ幺゙‐'゙圭圭圭圭才゙‐'''^゙゙''″
       ',               ,' /幺;圭圭〃圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭込ィ幺,iテア´圭圭圭圭圭圭才"      
       丶             /  圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才  __..;;メ`-ー'"゛ 
       ヽ            ,.'   圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭i彡ィ幺圭才        
         `'-、_      _,.-'´  ノ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才'´            
      /      `゙''ー-‐'''"´   イ  圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才″_____.圭圭彡
       /                 圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才_,,ィ幺圭圭圭圭才 ゙゙゙̄‐'"
.     |                  圭圭圭圭圭                                  
      !                  圭圭圭圭圭                                  
        ヽ                  圭圭圭圭圭                                      
        ヽ             / 圭圭圭圭圭                                      
          `ー― ― ――――′  ゝ.:.:.. . . . .                                    






やらない夫をはじめとしたこのあたりの死亡シーンは、残ったストックを
なんとか引っ張り出して作成してた覚えがあります。

879◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:53:49 ID:3Wm5Zfr.

そして。やる夫の命を懸けた(でも死ぬつもりはない)行動が、
荒れ狂う『死』を止める事となり。



;:;:;:;:;:;:/ノノノノ/ `ミミヾ彡ミヾヽゞ 彡ミミヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:ノ/ノノ/ノ/         ヾヽ\ヘ三彡ミヽヾ丶;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;://////丿   ./ ̄ ̄ ̄\            ヽヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:                         
;:;:;://////ノ   /       \        //ノ/;:;:;:;:;:;:;:;:;                           
//ノ ノ//  /          \       (((丿ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;                          
| /ソ丿ノ/  (   (○) (○)   )       ヾヽノ;:;:;:;:;:;:;:;:;                         
彡ノ//   \ \ (__人__) / /       ///;:;:;:;:;:;:;:;:;:
彡ノ/    /     ⌒    \        (( (;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
/ノ//     |             |       ///;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
\ヽヾ     |            |       ノノノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:) ) )     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|      //ノノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:ヾミミ))     |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|     //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

880◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:54:00 ID:3Wm5Zfr.



. /::::::::: |                   ,,.. ´       `・ 、
/::::::::: : |                    /            \
::::::::::::::::|                   /                  ',
::::::::::::::::|              ____l;;;;;;;;;,,,       /       .l
::::::::::::::::|            / ./ .   l;;;;;;;;;;;;;;;   、_,.ィtチ )       |
::::::::: : /          ./ ./.   γ´',.   / i   ヽー‐ ' U  /`ヽ、               
::::::::: /         /  ̄/   ,,..r'.  \ 乂人___ノ、    ,. <   > ..,,_           
::::::::/         /   /.γ⌒ヽ     /.>-` ̄ ̄`' -<     /´    `ヽ
:::::/        /   ,. <        /   `ー―‐''´       /       ',         
: /         /. <         {                /         .〉
/         _/            >´!                    j        イ
     ,. <          >''´   |                 {          |
  ,. <          >''"´      }                 |        ノ


逆襲の一撃とでも呼ぶべきこの行動を経て。
物語は、エピローグへと移るのでした。

881◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 00:55:28 ID:3Wm5Zfr.
作り終わって振り返ってみると、残ったのは
第6話を軽く越える容量。

長らく間を空ける羽目にもなってしまい、反省することしきりでありました。



           __
         /     \
        /  ノ  ヽ__ .
        |(―) (― ) l
        l (_人_) u.|
.           l   `⌒´   |      疲れたぁ……。
         、      /
          >     <
        /        l
.       / l  ,/  / .!
       (_)  (__ ノ  |
       / /   _ノ
       !、_!、____つ

886◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 11:57:56 ID:3Wm5Zfr.








                     ┌───────┐
                     │エピローグ  ......│
                     └───────┘











.

887◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 11:58:41 ID:3Wm5Zfr.

エピローグで何を書くかは、第6話書き出しの頃には
もうすでに明確になっていました。


. |     |  /     ,′ ハ   | |ヽ/´ !   !  !ハ
ヽ |     l  l     / / │  i| l ハ j  |  | リ
 N    ┼‐|ー─ -/t /- 、|   j| / { _jzム ∧ │
/ |     ', l    / 〃  _ lヽ / j/ ,イ仏}// } ∧
\_|     ヽ { /,ィ≠テ女、j/    V_;;| {  j / ハ
丁∧.       ∨ 〃{か;;;;小       ちj_ ! イl  |
│|仏     ハ ヾハ圦_:::jハ       `ァ  ',  ト、 l
│|/∧     ヽ  ヽ^)::ン‐          }i |ハ !                       
│|.厂 ヽ      \  `´        __ ノ   厶 リ  ', |
└‐ゝ. ーヽ    ヽ \        ` ̄     /  /  l |                          
 ヽ、 `'ー‐\    \ \             /  /    l.|
   \   `\   \ \         /  /     リ
ヘ    ` ー- 、 \   ' ー=>ーx‐‐ァ¬′ ,′
 \       ヽ `ミ=- ...__Xテ‐ゝ_{__八 {
   {\      `ヽ ヽ-‐‐'' ̄ ̄´___`>〈
\ ヽ `ヽ、_     }\ }     /    ̄ ヽ


『死』の運命が、なおも繋がり続けること。
他方、それに立ち向かい続ける人間もまた、確かにいること。

888◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 11:59:18 ID:3Wm5Zfr.

過去5作の映画版を少し連想するような、しかし
違いを明確に打ち出すような形。それで、幕引きとしたかった。


           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }            さすがにここまで来ると、悩むようなことも
           ヽ、      ソ             ほとんどなかったな。
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}

889◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 11:59:58 ID:3Wm5Zfr.

ただ、一つ、遊びというか、
FDが好きな人用にいれた要素がありました。


                                                                   
. l | ぃ   丶.____,. 彡'/  ,  / _,.、.イ{ }'´_ .小ヘ ^¨´     `¨小.  |  x.\丶、 \     ̄`丶、     /,. 辷z_
 ! vヘヽ  `¨¨ ̄/ . ′ / __, i´ | | |.し'´/〃 `?〉.     . ,    i { \l }} 7 丶 \` 7ー- .._    \ _∠./〃   )
    \ヽ\_   / _/   ,厶、_ ハ l j. ノ ' /' il _ 〈t小、   -‐_‐-  iイ   Vタ/   `丶、<._   `丶、   ヽ '/'´ ̄  ‐-
  、   ` ー- ̄´    ,ム-、_}j^廴ーz'_  /,r'イ「`ヾー、_,|丶     /「い   〈 ` ー- ' / `>x}_` --‐ヘ   ぃ、 `ヽ ̄`丶、 ` 、
   丶、       // !  , `^¬廴厂y' fj ,| ∨,ィfマァ,!  `¨´   込 丶 \\_    /_/´/、`ヽ    }    } i \ヽ\    \   丶
  (     ` ¬-¬'´}/  |  ′   , ヘ-ュZX{ヘ \ム∨´       }iヘ、   `二¨¨´ _彡'  ',   \     {‐ト、 い`)     .   ヽ
   \___,  ' / //  -i ,′   ,-v ,ィヘ.七.ぃへ._ ヽ丶___   ,. -' イ〕 !ト ..___,.>ァこ^ヽ    {    _}〉.  ;廴L._\^          i丶
    `¨彡-‐ '"´  '´  `7ー- ._ ー,厶匕>′ `¨Ti冖、 ̄`ヽ    ウ′ ! lヽ\. / `ヽ`ぃー 、 `¨¨´  ,ヘ. 小.   ヽ丶     ¦  i|
    /       /   //     /之ァ'^´      |! |  i.   }辷ュフワ  、 .」_h__\ヽ `丶. \、  \  /   Vハ _」  i      ,' }   ! }
   /     / /   / /     // /       !| j  〃いrァ'   `Tーi'´ハ \  ヽい`ー-≒´---¬、丶  j,ハリヽ   / /  ' リ /
  ,レ   /  ,'{    / /    ,' レ'   __   _  j、l___厶 彡'ノ        j_,、l i   .  ヽ  ヽヘ  ¦      ヽ \′ ,ハ   , ′/./
. /    〃{  { ヽ  レ' ′    iく.       ,、 V 辷7フ乙´      ,._<イ_/ |i、   ',     }. }   ;         \ `ーz. } } _く_,/.イ
 {    {{  、い. /   ;     | \   /,!7¬ァ´んュ\   ,.ィ´ム. ゝ' / | \. }  }ヽ ,' ハ /      _  `¨´ /リ  ー '´
  }ヘ  、ぃ ,.\ヽ  ィi     j   \ ' / |,' 〃{. ムケ^t_ヽ /'^^レ'´ ,/   ji丶 \   _/イ  〈   ,. '"´__ `ヽ. /.イ
   )' }小Y  ノ'/ i      ノ\.   /   _ i /  Ⅵ{_,>'´__]/_¬‐<._   /¦   ヽ ̄´ i !  トこ´-‐ ´ ̄ `ヽ/ / !
      /ノ ´ / {. {      ,.ィヽイ  / ,`|.{ i  .い廴__><  /′ ``7{  !   ヽ  ',ヽ  | !  l、   、   },_  /  i |
     ;   /イ  } ヽ.__ _,.イ l  _{. '´ ′l 丶い \_¨´>ぐ´  j'   / __、 !i   ',  ! \ 、 いイ }   / ⌒丶{_ |  、_ ハ
      {   /   ノ!   i |  イ‐'T´  、   ;   |  \ヽ.._三ュ冫  リ   /'^、  `丶、__ } ハ   ヽ丶..__くノ ¨´ /´ ̄マ` !  `ーゥ′
        、 ヘ ,ィ  ノ    リ / ,〉      v i  ノ     `丁`Xヘ. 〃   /   ,  i :  , `¬ー- .._',      ∠..__   \_>-'´



――それが、「彼女」。

890◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 12:00:44 ID:3Wm5Zfr.

アリ・ラーター演じる女学生、クレア・リバース。
FD1でヒロインをつとめ、2にも出演。


                                              
  ∠斗-- 、                               j/      、
   ヾ, 、   ``_、                          ハ        ヽ,._,....._, -‐┐
. ヾニ、゙、j `'i~{  ̄             寸ー-                / }   __, ´,什(¨´,气卞、j__ イ!
 `¨'、`  } ヽ ,. -、,.>'´~`ヽ.    \            , ′,:′ i´:ア, ′少くⅥヾー'::::} `7 {
 =ニニ..、 (   `、_          \    `> 、       / / 、 `´/〈   } \Y:::::::::!  { ヽ
 ゙¨¨'ー、>、 弋  `スー- .     ヽ  , ′   `¨''ー=ニ二斗<仁ニ7ニ壬弍}_   j   !;:斗┤  ̄´
   /  ``ー才´      ` ¨ ‐- r'´    ,.>-       ヽ , ミ¨¨ ヽ、   `¨´   r'   !
\, :′       ``ヽ .            ,イ〃     ____     ,.      }Y、   _,.ィ1    l
/        _     `ヽ、 .  ,.-=く   〉¨`ヾー'´ :::::::::`「¨f¨゙`t, く ,:'丑ζ゙¨`ー-{    !
     ,へ.,ノ:.:.`゙:.ー. 、_   `¨´    } /::::::::::::::::::::::::::::::::::l j /\ トス丑廴        i
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、      ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::k:-く /:::::〉 ヾ、  `  ー-  .._j
―--,.:′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.ー<´::::::::::::::::::::::::::::::: /.} 介ミ=;;:ノ   |\                     



4には「クレア・リバースの水」という形で名前のみですが登場し、
そして5にも1シーンだけその姿を見られます。

891◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 12:01:16 ID:3Wm5Zfr.

基本、総入れ替えをするキャストたちの中において、彼女と
トニー・トッド扮する検死官の男のみがシリーズで続投しています。



                    丶.  / !  :!  i  マ .ゞ'"´                  !|ヘヽ、  \ \ 丶\
                      ,  ,j   !  ! ぃ                 l リ} \丶   、 \ 丶
                   ' / !   ト  . jヘ.       _ ,         |' /   \丶  ` ー-
                       i i l   い ∨! ヽ      _ ___       jろ.      \、
                  | | |    iヽヘ :、   \   rく._⌒ンン      ハ{'\     、` ー --
                       ! ¦!     〉i \   \  `ー - '       /   V、`ヽ     丶
                       ',  、    Vム!  | 丶   \         イ     ', \}     ヽ
         _  -- -    ___、_\ 丶 /|〔_j!  l  |\    丶     / 卜、   丶  丶     、
     ,  ´          ___  丶_>'´  `,小  l\ー-ヽ、   丶∠..___ |  `丶 ._ 、   `  、
    /   _  -- __ 二 -‐  "´  ,. =イ い  、 \ー- {≧_、_   `丶、      ` ー- ._  \
   ,  ‐  _,,. -‐_二        ,. -ヽ\   ヽ.  \  丶、   `丶、   丶      ,/,.-\
 . イ -‐ ´.  ´_  -‐==-‐ _彡‐'´    >、\   \  丶  ` ー‐;-、   丶  丶   / /   ヽ
 /  ,  '´ ,. '´ ,. ァ'´,. -‐   ̄`ヽ.__,. へ  ヽ丶   丶   丶.  / /!   _ゝ\  丶 /    ヘ



スレにも、FDを象徴する彼女関係の要素を持ち込めないものか、と考えた結果、
歌手の名前と相成りました。

892◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 12:01:40 ID:3Wm5Zfr.

予知を行うできる夫、慌てふためく金糸雀。

                       ____
            。       ´           。..
                 /           / /  \  ` 。
              o     ヾ   i {   /.:\    \
            /             ‘、ヽ  {:::::::::i     ヽ.
              ′ ─ = ニ           ー '   ___ .
              ′      U     -──--  、   { {:::} ヽ
           |   -‐      /   ̄ ̄   `\\   ¨ ノi                                     
           |          /              \ヽ   |                                      
            \...../   {              /   '                                      
          oヽ   〃    ー--.          /   /                                       
              \                  ー‐  ´。d゚                                        
  。   。  ´ ̄ ̄/                 。o2゚´ ̄ ̄ ヽ                /   '´ ̄ ×  |  l    , - 、  \  
    /          /  〃 /     /.       \|                / __/  |l  \ \  l     \ ハ 
  ¨´                               \             / /  ///  ! \    __j__, - 、ー 、
                                         l ̄ ┐  /⌒} |/   ,.;==x、|、 \  |_ -‐{ く7|   |
                                         |   /   l  |/  / 〃  }| ┘  l \/ l  ̄ゝ-イV' /
                                        /!  | ̄¨'|  /  // {|._〃      ,.;==x、 \__| ∨
                                       /´)/)   \l  ///  ̄´        〃  }|\   ,  l_〉
                                        / /´)   l    /└-、       {|._〃   ヽ| /
                                       ' / /   ト、   /   └-、_   ̄´//   }'/
                                         /l     | \/          └ァ ///   / ̄}
                                       ./  , -‐――,イ / ̄`ヽ         / //  / /                       
                                       '‐‐'´ ̄) ___./      ̄ `ヽ.  /    /--イ
                                        , - '´  ,| ___'\          V__/   l                          
                                       イ    //| 〈_/ > 、    /|     , -/´)┐ ̄|                          
                                       ス   //└-ァ '/  / ¨T〒′/l     // / /  |

893◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 12:02:03 ID:3Wm5Zfr.


           ,∠// ____   ヽ ヽ \
      ,r== <¨ / ,' , '/ ´ ィ    ` ¨ `ヽ ヽ ヽ
    /'´    V / ,' / /| │     ヽ  |  !  ',
    |      ヽ. { { X   ! ハ ヽ    }  |   |ユ\
    |       ヘ| レ' `ヽレ、 \ ヽ_ ,ムvイ  l 」_/}
    V        Vィチ示   ' `'' ,r=zミx| i  ! |ヾハ
     ヽ       ! Vzソ      kチソ l !  ! |ヽ i|
     ヽ       |  ̄ , ― 、  ゞ‐' ,','  ,'_」 V
.     /ヽ     ∧   l    !    ,〃  ,' ,'  ,'
.   r'⌒      '  \ 弋  ノ   ノ/   / / /                     
.   |    ヽ      \ 二´ィ ´ ィハ , ' , ' /                     
  丿      <\ |   l    │ ノ∠ /| ,' 
  (   、     ィ_.ノ    |    `¨~〉ノ`ー-V
  /    \   /´     l_   _ , ' ´    `ヽ
  \ `\ `ー{,    -―ヘ ~¨´          ヘ
    \  ` ー `ー ´     V             |



ハルヒが決意とともに背中を押して――ENDマーク。
長かった物語も、これで幕となります。

894◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 12:02:21 ID:3Wm5Zfr.







                    ┌──────┐
                    │終わりに  .....│
                    └──────┘






.

895◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 12:03:29 ID:3Wm5Zfr.


というわけで。思っても見なく長かったあとがきも、これで終了です。



     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ●) (●)
    |      (__人__)  ∫
    |     `⌒´ノ ∬
.   ヽ         } | ̄|
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



ここまで読んでくださった方。
連載の場を設けていただいた、いくつもの掲示板様。
本編に続いてあとがきも引き続きまとめていただいた、懐中コオロギ様。

本当に、ありがとうございます。

896◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 12:04:01 ID:3Wm5Zfr.


ズルズルと今日まで引き伸ばしてしまいましたが、今回の投下を持ってやる夫FDは
完全終了という形になります。



                   _
             / _ノ ヽ
                | ( ● ●)
                |  (_人_)
                |     |
                i 、   .ノ
          _,.ィ'{\:二/`ー─‐ -、
       _,.-‐'´:::/:::l ./ヘ. |::::\::::::::::::l



次回やるとしたら、まず、中断してしまっているスレの再開。
その上で、まったく違ったものを書きたいですね。

897◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 12:06:24 ID:3Wm5Zfr.

楽しい反面、しんどいことも多かった。


         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |




とは言え、やる夫スレ自体はまだ書きたいものがありますし。
まだもうしばらく、この界隈からは抜けられそうに有りません。

898◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 12:08:22 ID:3Wm5Zfr.



    / ̄ ̄ ̄\
  /         \
  /ノ  ヽ、_      ヽ
 ( ●)( ●)      |
  | { .!  )        |.
  |. ¨´ `¨´      l.   それでは。
.  |          /.   また、どこかしらのスレで。
  |          /
   \__      (     機会有る時、お会い出来れば嬉しく思います。
     _)_ ===\
    /          \
   /            ヽ
   |    ,        i
   |     |        l.|
   |     l         | |
   |     |.        |. l
   l    |       |.│

899◆yS5pHxqbI62013/03/24(日) 12:09:41 ID:3Wm5Zfr.

以上となります。
お付き合い、ありがとうございました。


掲示板閉鎖前に追われてよかった。
スレ埋めは出来ずじまいでしたが、まあ仕方ない。

やる夫たちが『死』から逃れるようです あとがき その5

793◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:00:28 ID:ljoWSiG.

あとがき、その5を投下いたします。




   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |  ←年末年始も代理AA
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |







今回は、第6話を中心に、自分の考えや創作メモ、
没ネタなどを語って、スレ埋めの一助としたいと考えてます。

よろしければ、おつきあいくださいませ。

794◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:00:53 ID:ljoWSiG.








                   ┌───────────┐
                   │11 ・ 第6話 「破断」  │
                   └───────────┘









.

795◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:01:22 ID:ljoWSiG.

様々な人物達が動き、錯綜しあった果てに、一つの悲劇へと収束する。

                                         
                                         
             / ̄ ̄\                      
            / ノ     ヽ                     
            |  (●)(●) |                     
            |  (__人__) |                     
            |   ` ⌒´   |       
            ヽ        }                     
          __,, -ヽ     ノ -、                   
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .                 
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }                 
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ                 
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }                
                                               
                                               
                        } ! 、   .>''"´::::::::::::::::::: ̄`゙'::<  |_jヽ.
                       [|  >::'"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ.!_{:::::',
                        ,ハ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___::::::::::::::::::∨\!
                       く_/ `>:::::_:!_:/!::::::i:::::ハ::::::::::i`:::::::::::::::::',  \
                        ;' /::::/:´/!:::/ |::::::!:::ト,斗-;<!:::i::::::ノ::::::::i     ',
                        i/:::::::::i::::/ ,!ィ-‐、\|ヽ.!' !  ハ`Y!/レ'::::::!,    i
                        |::::::::::;!::::|7´ i  !      |  j ノ|こ]::|ヽ;:::八 _,イ]
                        !::::::::ハ::八 ,!_,ノ     ´ ̄   |_|/ノ::/::::::`iく/
                        `ヽ/ 「,ハ       '       ハ::::|´;:イ:::::::i::::|
                        rイ ./|__,|、            ./::::::ハ::::::|:::::::|::::|
                        Y^ヽ、,!::::::i>.,、    ̄    /::::::/::::i::/|:::::::ハ:::!
                         `ヽ./:|::::::|:::::::/`>ノ`i、__  イ;'::::::;'`ヾ|:::::|::::/:::i::|.
                         ./:::ハ:::::|::::/|:::/ /"´ソ._/|::::::i  /ヽ、!/:::::::り/>

796◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:01:46 ID:ljoWSiG.

 |:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/! `i:.:.:.:.:.:.iヽ:.:l:.:.:.:.:.:∧ 、:',
 |:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.: 、//  |:.:.:.:/:.l ∨!:.:.i:.:.:.∧ \
 |:.:/://:.::.:.:.:/ >、__,, |:.:./レ'/|:.l:.:.:!:.:.:.:.:|
 |:.|:/:,、':.:.:.:/_____ !:/ ___ !::!:.:.|:.:i:.:.:|
 |:.|/:{ !:.:/:.|  ̄ ̄ ̄ |'  ,  ̄ ・::.!:.∧:ト、:.!
 |:/:.:.ヽ|:/:.:.:!        ,_  }:.:lレ !' V     
 |':.:.:.:.:>'´ ゙̄ヽ、     ゙ー、! ':.:.|
 ':.:.:./     ヘヽ `Tニ' ┴ー‐┴i
 :.:./       l \ ´  -───┤


             .       //,ィ/´::l〃::;イ/イ:!:i:l::!:i:i:!:i::|!
                   /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l
                  ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
                  i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
                  |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
                  |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!
                  |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'
                  lハ:ハ   i         〃_才:リ
                  ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
             .        `  、  、__ ̄   イ  .Ⅵー,-、
             .           ヽ    /     . '   \
                       i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
                    , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー 、_
                   /    ヽ: : . . : ll.:.:. iゝ.._  / ,   ´ ___ミ:、


映画で言うならば、ラスト20~30分あたりの見せ場。
それを意識して作ったお話が、この第6話でした。

797◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:02:17 ID:ljoWSiG.

もっとも、実際は最終話がこれ以上にとんでもなく長くなったせいで、
いささか全体のバランスを欠いたきらいがあるのですが。


     / ̄ ̄ ヽ
    /      ヽ
   /        ヽ
   |     _,.ノ '(ゞ、_|
   .|    ( ー)ヽ ヽ
   .ノ| U   (___人_\\__
 /  |     `⌒(⌒_   \     ほんと、あそこまで長くなるなんて……。
 {   .ヽ.       し「、    \
 {   ト `ヽ. ___´ノ  ヽ、    i
 .|   |       |  /   /




これに関してのあれやこれやは、次回に回すとしまして。

798◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:02:44 ID:ljoWSiG.

この話でやりたかったのは、それまでに書いてきたものとまた異なった
コンセプトを持つ『死』です。


    _                    ヽ
 ‐''´ /         ,、           .',
  〃         /| / l  |ヽ、        |
 .,' ,ィ      ムf /  l .L 」 ,、      |
 |//   _,,、v‐'l/ ij  ', ┌-、 _      |
 . ,' /| ./__,,r-、 u u ヽ|、-ヽ| ヽ      |
  |/  |/l(_    ヾ、  〃    `)| |-‐ 、  |
 .     l.(´   O ) ;; 、 O   )| |ニヽ ヽ|    
      l..ヽ、 r-/..:: ι┐ rl'´ |.| -、| ..l l
      .l;;;;..`/..::::::::: u し'/  .l.|__,ノ /  l、
       l  (__:::::::::::u::`) /_  ||-- '′  ヽ、








                 /`ヽ     __,..--ーー--,,,,..___
              ,_  /: : : : `ヽ、/´,_,ー‐'"´ ̄::::::::::::::::::`ヽ
           ___ ノ,  `' リ: : : : : : : ヽ<、,,,;‐‐´゙゙ ̄ ̄,`ン/::::::::
   ,ーー――‐ーr ヽヘ            /::::_ _,::::イ::::::::::::::::::::::
  '          `.j           /:::::/v,-ー、ソ〃/::::::::::::::::
  ′          l          // ヽ:セヽ,ヽ/::/:::::::::::::::::::
  i                         ヽ7//::/::::::::::::::::::::::::::
  l  ヽ       i´ヽ               //:レ:::::::::::::::::::::::::::
   l  ヽ       ヽ;:ヽ             イノ:ノ::::::::::::::::::::::::::::
   j   ヽ       ヽ;:ヽ          ,/,r'::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /    ヽ        ヽ;:ヽ       ,/,ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/      ゙、        ヽ丶    /::ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ヽ        \\-'" ̄ノ,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


具体的には、「幾つもの過程を経て、複数を殺す『死』」。

799◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:03:21 ID:ljoWSiG.

第5話のように、色々な要素をドミノ倒しのように繋げていきつつ、
その過程で多くの人間が巻き込まれ、動くことになる。


      l    | l       /|      |    /:::::::/ |:::::| |  \::\
      |l   | |     / l|     /l|   ./:::::::/  .|:::::|\   〉::::〉
      ||_..=| |==≠=リ- ._/ |  /:::::::/   |:::::|::::::\/::::/
    イ|   j |   /  /   / `ト、〈::::::::{   |:::::|\::::::\{
      | |  / |___ /  /  /   .|  \::::::\  |:::::|  \::::::ヽ
     / |  / 厶イ三/≧∠ _    j|    \::::::\l:::::| | `ーく
    ./ | /彡'´ ̄ / ∠ ̄`¬ミメ廴     \::::::\|  l   \\
   / |/    弋  丿  `刈 /      / 丁Т    l     ヽヽ
  l  .|/   _   ̄ r‐、 イⅥ /       /'  |:::::|          |:l
\|     ´ ̄ ̄`ー ~Tl  ///      /   |:::::|      ヽ   |:|
                 ̄|;;| .///      /   |:::::|       ヽ   |::|
                  |;;|///      /    | |:::::|       \ |:::|
  、               |;;/ /     /     | |:::::|、         |::::|
                   / /    _/      ,| |:::::| \       |:::::〉
                    |::/  //      ./| |:::::|  \      |/ \
              /  //./      ./ / |:::::|    \     ノ〉  \/::
- ー 、        / _ ´ / /      / / | |::::::〉     \ //  /:::∠
 ̄ ̄|;;|       / ´  / /       / / /| |/   /:|   // _/::::::::::::::
⌒  |;;|          /   /      / / / | |  /::/  // /::::::::::/ ̄_
   |;;|           イ    /        / / / ' |_/:::/ /∠ /::::::::::/ /:::::::::
   |;;|      イ  |   /       / / /  /:::::/ /::::::::::::::::::::::∠ /:::::::::::::::
   |;;|   <  l   |  /       / / / /::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



その結果、犠牲者は一人にとどまらず、多くが『死』によってやられてしまう。

800◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:03:47 ID:ljoWSiG.

繰り返しになりますが、この『死』は本編FDにおける、クライマックスの
『死』のギミックを意識しました。




              / ̄ ̄\
            /   _ノ  \
            |    ( ー)(ー)
            .|     (__人__)
            /     ` ⌒´ノ
          /  ヽ ⊂二二 ̄\     2や4の終盤にあるような盛り上がりを、出したいものだ。
        /     \  ⊂、'    ヽ
       /        \_, `7  /
      /    へ     \ !/  /
      |      \    Υ  /
      |        \     /\
      |        / \__/.,,_r ヽ、
      /      _,,__|'"´      レi  }

801◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:04:11 ID:ljoWSiG.

ちなみに、全体の中で最もAA切り張りを繰り返した話でもあります。


          _______
        /          \
      __/             \
    /.            、    |
    |.         ,(⌒(●)ヽ    |
    l  lヽ      )> lllllll   /    AA職人って、今更ながらに凄いよなぁ……。
   /    ヽ\   `(__,(●) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \





特に後半、なかなか自分の持つイメージ映像にAAを近づける事が出来ず、
どうやったものかと悩むこともしばしばでした。

802◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:05:05 ID:ljoWSiG.









                 ┌──――────┐
                 │ ・ 夜神月   ...... │
                 └────――──┘









.

803◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:05:32 ID:ljoWSiG.

第5話にて、犠牲者候補をまぬがれた月。


          ____  _,.-==-- 、
     ...-‐=三ニ≧弐ニミ´三ニ=-、
   /:,::::‐:'´/::::::,イ::::::∧:`:、`:、=:ミ、`::.、
  .::'::/::,:イ,イ:/::::::/i|::::::':::: ヽ:::ヽ:::ヽ:::ヽ::::\
. /:::/::::::'::::///:i:i:::': !|i:::i:::i:i::i::\:`::、::\:\::::::、
/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八 {{ }!ヾ!::/i::: |:::: !: !
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ  }ハ. |::::|: /}:/
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'
  ::::::!:::|::l::i: '    !'                V,'/
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´
   :::::|| |!. 、                r ´       
     ::ll {.  \          - ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ


やる夫のように予知能力は持っていないものの、元来の頭の良さで自分たちの
状況を徐々に察していきます。

804◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:05:57 ID:ljoWSiG.

第6話の前半で、彼がもし、やる夫について行っていたら。
一緒に、ベアトリーチェの屋敷へと出向いてたら。

       ____,....
  ,. ‐';ニ"´ニイ:i!:、ヽ:.:`ヽ、_
/.:///:.イ:.|:|:|i:.:ヽ:.、ヽ:、ヽ、
:.:/:/./://:|:.:|:!:|:|i:.:.:゙,:.:.:.リ:.ヽ\
./:.:/:/:.:.//ハ:.:i:.:l:.:.i:.:.:i:.ヽ`:|:!:.:ヽヽ
:.:/.:/:.:./:.l!::.:.ハ:.V:.;、:i:.:.|:.:.ヽ|:.i:.i:.:.',:.゙:,
/l!:/.:.:/|!.|:.:./ハ:',:|:ヽ:、|!:.:.:.ハ:.||:.',:.i:、:',
!|l,:!:.:.:.:|.| |レ/∧:l:メ!:.ヽ:.:|:.|/:.i:.リ:、',:|:.i:.i
:|l.|:.:.:.:|!.:|:.//¬i:.{‐、.:|.ト、:l:|、:.!:.:.i:ヽ|:.|:|
i:.:| |:.:.|l:.:.l/ィ示ヽミ !.メ| 〉ヽ!:|_!:.|:i.:N:.|
:.:.l!:l、.:.:l、:l`ヽ::ノ_, ' リ |i |.,.ィl、.|::!||:.メ:リ
、:.l!.N、:い!.        !く:::ソ } |:.:|/:/
!:i、.i!リ ヽ!         , `~ /|:ノ:/
:.i|:iN  `      .: ノ  /:!レ/′
:、l:|ハ     、____    /::i/'′   
小| ヽ     `''ー‐`''  /|/l     
:.:トヽ  \       /     
N|`ヽ   ヽ、    , '´         
``'''‐- ..,_   iT"´          
、_    ``''‐N、         
 `ヽ、      i         
、   `ヽ、   |          
、`ヽ、   \  |         
 \ \   ヽ.|ヽ        
   ヽ ヽ   |  \      




             
                . \ : : : : . .(     j     )      /
                   \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /       
                  /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
                  : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
                  : : : : . : : . : : .                \



この先の展開は、かなり違うものとなっていたでしょう。

805◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:06:20 ID:ljoWSiG.

ですが、結果は本編の通り。



           __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___
           ―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄――
           __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_
           ::|::::ハ::|:::::i::::|::::|`゙ヾ=、_゙l::::lヽ:\ \::\::::::゙、::::::ヽ:::::|ヽ、::::::ヽ::::;:\:::::::::::::::::::::::::::
           :::|:::|:::ト:i:::::l:::|ヾ、ー‐-r二l:::ヽ_\\::::\::\::\::::::ヾ、:l__,,..-\'ニ三 ̄ヽ、:::::::::::::::::
           i:::|:::ト::|ヽ::::i:::i::::|ヾ、 弋__ゝ、ヽ`゙‐\:::::\:::\ヽ::::::i'='',二ニ'フ ̄ノ`゙`アi゙:::::::::::::::::::
           ::i::|:::|ハ! ヽ::l::|:i:::|ヾ、ヽ、_____\ヽ>;;;;;;;\:::\::::\:::::<´ `¨ー'"__,,.ノ;;;;;|:::::::::::::::::::
            ゙l::::ト::i:::::ト、::i::|:::|     ‐‐‐\\ ;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、::\::ヽ`゙‐‐‐'" ,,;;;  |::::::::::::::::::
              |:::ト:::::::l \:i:::l              !;;;;;;, `゙`‐-ゝ         |:::::/|::::!::::
              |::|ヾ:::::i  \:l、             |;;;;;;;;,             l::::/ |:::|i::::
               i:| ヽ、:i   \、            |;;;;;;;;;,             |::/ |::l |:::
               |!  ヽ:l.    ゙             |;;;;;;;;;;;;;,,,,,          |/   |:! |:::
                !   ヽ!           ,,,,,ヘ、;;;;;;;;;;r‐';;;;;'''           ,イリ レ'i
                     i 、           ''';;;;;;;;;;;;;;;''''''''           /

           __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___
           ―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄――
           __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_



月は自身の判断、そして水銀燈への想いなどから、彼女を
外へと連れだしていきます。

806◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:06:48 ID:ljoWSiG.


この辺りの下りは、月の心情がきちんと理解可能なものであるかどうか。
彼の行動が「単なる迂闊な事」で片付けられずに済むか。何度も書き直して
いた記憶があります。




     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)    家の中にいることがもはや安全ではない、ということも
    |     ` ⌒´ノ    もうちょっとクローズアップすべきだったかなぁ……。
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

807◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:07:18 ID:ljoWSiG.

やる夫たちの行動に諸手をあげて賛同するわけではなく、
しかし単なる考えなしというわけでは決してない。



     , -r"     ー
   //         \
  /   、 lヽ    \   ヽ
  / | | l\ l\   丶   i
  /l  l、| l  ヽヽ、      l
  |l kj,l l L、\rtゝ l |   .|
  lj、jl'弋lヽ.Y'´kぅl j| lW/ |
    l  ,     |//ィ '| |          
    ヽ '-     / l、Ml7
     \ ̄゛  /__ /ヾ
        ー '       /  ー  、
        /== ̄ ̄ ̄ ̄       ヽ
     /                  \__
    /                      ヽ
.   |                        l
   |                        \_



そんな奴を、いかにして『死』へと巻き込んでいくか?
第6話を貫く、大きな課題でした。

808◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:07:45 ID:ljoWSiG.

第5話あとがきでも書いたとおり、あまりにも突飛な、現実離れした『死』
は、物語を壊しかねません。


                          ,'   / /  ,ソi |. i i ! l i /:llンi:::::::::
                      ,'      ; .l l l !ill !i  i:/ メ、l::::::::
                      ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `      
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、     
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/


頭の回転が速く、注意深くもある月の、あくまで一歩上を行くように『死』
をコントロールすることが必要でした。

809◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:08:19 ID:ljoWSiG.

予測をあえて正解させ、フェイントをかけたり。
逃げ場のない状況を作ったり。

        グラッ
          ┌──────────┐
          │   ;, .___. ,;    ......│
          │((  `|------|´ ))  ....│
          │((  [:::00-04] ))   .│
          └──────────┘




        \   \
         \   \
                \
                 \ ゝ !
              ,',∴ \J:;;ヽノ
           ____)r ⌒,て  カンッ
                     \
                      \ \
                          \
                                !
                              \J:;;ヽ
                          ___)r ⌒,( ガン

                                    \
                                          \J:;;ノ
                                     _)r__ l⌒\ カラ、ラン


きちんと逃げ場を潰しておかなければ、すぐさま『死』から逃れて
しまうだろうと思い、ネタをいろいろとばらまいておりました。

810◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:08:57 ID:ljoWSiG.

そして。


                                                    /   .′
                                                   /    /
                                                  ┌─────────┐
              /  ,i′                                 │            ....│
               /  ./                          __   _.│   /⌒ ヽ.. |    .│
              ノ, 、'"                            \:::::::\ \::::\__|  ∴  |─|   .│
             /./                        ,,..、 ヽ::::ノ   ヽ:::ノ__|  ∵  | 〕  .....
         ,r.゙‐'゙,i                   ,,... -‐ ''"::::::::::\  ´     ´│  ゞゝ___ノ ̄     .
            ン.'i "              ,,... -‐ ''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /    .└─────────
          / /          ,,.. -‐ ''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     │        /
       ,.!-‐゙,i'     ,,... ''::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,..''"\:::::::::::::::::::::::\     /       ,/
      ./ ,, 、."      \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,.. ''"     \::::::::::::::::::::::::\   .l゙     . /
     /'" ./         ヽ:::::::::::::::::::::::::,,... -‐ ''"             \::::::::::::::::::::::::\ /    ./
    ./ _/-          ヽ,,...-‐ ''"                       \:::::::::::::::::::::::ヽ . /
    r'"゛  l                        ,/゛  /      !   ./ \::::::::::::::::::::∨\ /\
                            ,..ニ,    ./      i′  !、/:::::::::::::::::::∧::::八::::ノ
                         .'゛  . l   .l゙      /   /::::::::::::::::::::::/  ¨  ¨  /l
                             │  .!      /  /:::::::::::::::::::::::::/        /::|
 .、゛゛ .,, ‐.''':           ,..-'´ ./      ./  ./     ./ /::::::::::::::::::::::::::::/      ∠:::::ノ
 l゙ /  ./         _..;;./    /       !   !     .//::::::::::::::::::::::::::::::::/
. `,i`   ./ ヽ _   ,... ‐'゙/ │  ./       !   .l   . /::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
..,″  ,./  ,r'" . l .゛   ./    .l   /      /     .`''_/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
..′,/  ./    |   ./     /   l゙      /    _..-/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
.i`゛  ./     ′ /     /   .|     ./  ._ /  `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                   \:::::::::::::::::::::::::::::/
                                    \::::::::::::::::::::/
                                      \:::::::::::/
                                        \::/

やる夫達の奮闘や月の犠牲もむなしく、『死』は水銀燈に襲いかかります。

811◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:09:16 ID:ljoWSiG.

やる夫の叫びで、幕となり。


  _| |_      _      _      _      _      _      _
  |_  _|    _| |_   _| |_  _| |_   _| |_   _| |_   _| |_
 _| |__i-i_    |_ _|  |_ _|   |_ _|  |_ _|   |_ _|  |_ _|
 /       \ /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \
/ ⊂l l7 /\ | \_/ /  \_/ / | \_/ /  \_/ / | \_/ /  \_/ /
\___/ / /     ̄       ̄
        ̄

  _| |_      _      _      _      _      _      _
  |_  _|    _| |_   _| |_  _| |_   _| |_   _| |_   _| |_
 _| |__i-i_    |_ _|  |_ _|   |_ _|  |_ _|   |_ _|  |_ _|
 /       \ /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \
/ ⊂l l7 /\ | \_/ /  \_/ / | \_/ /  \_/ / | \_/ /  \_/ /
\___/ / /     ̄       ̄  !i         i| ,' __ g㌢ ̄`守。__',  !i
    !i  l  ̄  {iii{<(_ _)>}iii}    ;:!  i:!        !i l    {iii{<(_ _)>}iii}       i:!
    !! l  ̄ ̄ ⅥiマニフiⅣ ̄ ̄'ノ   !!        !!. l  ̄ ̄ ⅥiマニフiⅣ ̄ ̄'  !!
     !!..∨/  `定主亥〈\  ,'    !!         !! ∨/  `定主亥〈\  ,'    !!
  _| |_      _      _      _      _      _      _ヽ:| ” i;
  |_  _|    _| |_   _| |_  _| |_   _| |_   _| |_   _| |_  :i
 _| |__i-i_    |_ _|  |_ _|   |_ _|  |_ _|   |_ _|  |_ _|  i
 /       \ /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \ :i
/ ⊂l l7 /\ | \_/ /  \_/ / | \_/ /  \_/ / | \_/ /  \_/ / :i
\___/ / /     ̄       ̄      /ヽ           /          /
        ̄         ヽ、        /  ヽ、       /          /
                   "iーーーー''"        "'ーーー''i"           /
.                   |                 .|

812◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:09:53 ID:ljoWSiG.

./    .,-ジ./  ,/ン'゙ !./   / .//ニ'''¬―ニ二,゙¬ー- ..,,,_. ..´゙"'ーニニ;;ー ..,,_..l,ヽ    ヽ     ヽヽ ヽ
    ,,-ン_| |_      _      _      _      _      _      _  ヽ      l ヽ
  /r'ン|_  _|    _| |_   _| |_  _| |_   _| |_   _| |_   _| |_.ヽ      l ヽ
., ''ン/ _| |__i-i_    |_ _|  |_ _|   |_ _|  |_ _|   |_ _|  |_ _|  ヽ      l
.,/./  .//       \ /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \  ヽ     l
″ // ⊂l l7 /\ | \_/ /  \_/ / | \_/ /  \_/ / | \_/ /  \_/ /  l     l
. / /\___/ / /     ̄                                        l
" /.t   .l   .l   ! l    ! / l゙   .ヽ `" .!  .l  | l ! .l ./,゙l |  ! ,!   "___".′,人.L     l
./   l    l   .l .i' l゙   ,! / l .ヽ   ヽ, .゙く  l  l l l ゝ彡1 .彡ニ-ー''''"´   /./.l .l     l
 l   .l    !   .l l゙ !   / ,! l゙  .ヽ    ヽ. \ .,|,,...ニ―ー‐'''^“         ,/ / ,/ l ′    l
 .ゝ  l. _| |_      _      _      _      _      _      _        l
  l   .l|_  _|    _| |_   _| |_  _| |_   _| |_   _| |_   _| |_      l
 、 l  _| |__i-i_    |_ _|  |_ _|   |_ _|  |_ _|   |_ _|  |_ _|   i    l
i, l l,  /       \ /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \  l.:    l
..l. l l/ ⊂l l7 /\ | \_/ /  \_/ / | \_/ /  \_/ / | \_/ /  \_/ /  |,.l     l
 .l .l \___/ / /                                          ´ l'i    l
  ゙L l l.  .ヽ   ̄                                           ゙゙゙" .l.'.    l
、  l .l, ヽ  .ヽ   ヽ   .ヽ       . `゙゙''''―- ..___,⌒゙'''''―-- ......,,__,                  !'、    l
. l  ...l.                                                -.... .___|.、    l
 ヽ  .ヽ ヽ ヽ   ヽ   ヽ    .ヽ._ `゙''''ー- ..,,,_,                 ゙゙̄^''''''―-- ...__    !
、  l  ヽ .ヽ ヽ   .ヽ  ヽ    ヽ ´゙''''ー- ..,,,_.  ̄''''―- ....,,,,_                     ´" !
    (⌒)  (⌒) (⌒)  (⌒) (⌒)  (⌒) (⌒)  (⌒) (⌒)  (⌒)
     |  |  |  .|  |  |  |  .|  |  |  |  .|  |  |  |  .|  |  |  |  .|
    .|  |  .|  |  .|  |  .|  |  .|  |  .|  | .|  |  .|  |  .|  |  .|  |
    .| .|   | .|  .| .|   | .|  .| .|   | .|  .| .|   | .|  .| .|   | .|
    .| |   .| |  .| |   .| |  .| |   .| |  .| |   .| |  .| |   .| |
    ..| |   .| |   | |   .| |   | |   .| |   | |   .| |   | |   .| |
    ..∨   ∨   ∨   ∨   ∨   ∨  ∨   ∨   ∨   ∨
    ..○   ○   ○   ○   ○   ○  ○   ○   ○   ○

予想も付かない、長い長い最終話制作が始まるのでした。

813◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:10:49 ID:ljoWSiG.





                   ┌─────┐
                   │小ネタ  .....│
                   └─────┘







 ここからは、不定期的にちらほらと見え隠れてしていたネタなどをちまちまと。
.

814◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:11:15 ID:ljoWSiG.

第6話の前半。


                  r‐へ‐7
          , -─-─‐- 、/ //゙ーヘ__
        / /二三二ニニ〈_-‐/─-、 /
       / //        、\'´  `iゝ
      / //´/´ ノ  ;i  i ヽ ヽ`ヽ、_ \
      / /_/_/ニイ  /│l∧ | 、 ! }ヽ  ̄
   _/' / // /li|l‐/-/ ,/ ノ‐ノ、 l |/
  ´〃 // // /イ| 示テ ̄ ィマ>ノ ノ 〉l|
  ,,/-// //,イ/| | 込'j   込ソイ// | |ヽ
   〈/l/ノ∧| 、!∧     '   ///l、ノ | }
       `ヽ/Vヾ|ソ、‐-´-ニ ∠⊥ノ ノ、
       , r‐''|` ヽ  ´ノ |  / _〉 \
       l、 |  |_ ‐巾‐-、| // |\ \
       |ヽ<´/  /゙l、 \ `>/ /  \ ヽ
       !  |〉、 /|、!|ヽ_/ /  /    \ \
       |、 |( 〉`|o |_⊥/ ./   〉        ヽ ヽ
       | l |   |   / /   /           } l





          /...::: ..:::     .:: ,ィ:.  :::.. :..  ::.  ::.  :.  ::.. ::..` ‐ 、.__,
         /..::/:::::: ..::: ..:: .:::::/ l:::. :.:::::::::l';::.. :::.... :::.. ::...:. ::::::::',ヽ',
        /::;イ:/:::...::::: .::: ..:;イ/  li ';. ::::::ト::::l ヽ::::',:::::::::::.....::::::::::::::ト、',
        /:/ /イ::/::::::: .::::: .::/ l   l ';::::::::l ヽ', \',ヽ:::::::::::::::::::::::::l ',
        l/ / l/l::::::::::::::::::;イー- 、 ', ヽ:::::', \, -ヽーヽ:::::::::::ト:::::::l ̄` ‐、
          l  ,' l l::l::::::::;イ::/r弋.( .プヽ、 ヽ:::','´7弋プ 7\:::::::l ';!ヽ!
         i  l:l ';::/ ';:l l  ヽー '     \ ` ‐- '´  ト::l';:lノ i l
            l  i:lヽ l l   il    i::::::..  \       l  /
            l/ l ` ‐-l   ll    ヽ      ヽ、   l-'´
          /      l  ll              ノ
        /        l  ll    ´  ̄ ヽ    /
       /          l-ーllヽ、,.へ      //
      /           l__, -' ヽ  l── ' ´ //
     /           イ '´    l  l     //




やらない夫たちの口から語られるキャラクター達は、
いずれも登場機会が没となった者たちです。

815◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:11:50 ID:ljoWSiG.

中でも、清麿は結構キャスティング候補で迷いましたが。


       ゝ、 _ ____
         >:::::::::::::`‐-、/ノノ_
       _-‐'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、
  ‐=ニニニ,ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::://::i:::i :: :::::::l ̄l::::::::::::::::::::::ヾ、
    ノノ:::://::::lil.l::/i:l:川  |川l:::::::i::::::::::ヽ、
  __///:::i:l::L_/i!i:|/l_,-‐;ニ二,ノl:|:l::lレ‐、:::iヾ
    〃ノノ:l,ィr‐;、 i!'´/ {‐゙::::}``リl:|'´^i i:ト、
     ノルl!l {;ソ:l.   `''゙ー‐''´  lノr/ノリ
        川  〈          r、/l|       当時は、今よりもかなり
         {   、_____,,    /  レ'リ       AA数が少なかったしな……。
         ヽ、        /  __ス _
          `ヽ 、   _ ´ _ -'´   ヽ_
             ` ´〉‐'´   , -‐ ´  `ヽ
              /   __, - '         `ヽ
             __レ '´                ヽ、
          _ -‐'´                    i
       r‐'´                         l
       /    `il                        l
        /      l  l                   l
     /       ヽ, l                       l


AAの差により、月に軍配が上がったという経緯があります。

816◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:12:19 ID:ljoWSiG.

長い間続けている間にAAの数がぐっと増え、今なら状況も
ちょっとは代わるのに!と思ったことも、一度ならずありました。



_/         `/  /::::::::::::::/::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::/¨゛゛`}::::::::::::::::::::::::::::::::: )  ジ  /  )  オ    \
\  バ  ブ   }   /:::::::::::/:::::::::ハ::::::::::::::/::::/    /::::ノ:::::::::::::::::::::::::::: ヽ  ャ {   {.  ン   /
  }         ヽ. /::::::::/::::::::::/  }::::::::/::::/       /:::/:::::::::::::::::}::::::::::::  ). ン  }   }  カ   ヽ
 ノ  ビ  ビ   /:::::://::::::::/   /:::/::::/   ,,;:´:::::::/:::ハ:::ト、:::::::::}::::::::::  /   ボ  ` ^゛   ラ   /
 {         ( ::/ /::::/    // {/ ,イ::::::::::::://  }::|. i:::::::x‐-、  {.   ゥ       キ   (
∠.  デ   デ  (     //ミfx_´    _斗匕:::::::::::::::::::::::\  |::| i::::/   ヾ _)  ゲ.         リ  {
  }        (   ハ:::::::::::::::`刈i!i!\::::::::::::::::::::::::::::::::::/   |::| i::/    ∧_).  │  ピ     ソ  (_
 /.  ・   ・   ヽ.  ハ::::::::::::::::::/ !i!i  \斗匕⌒ー=´.  {/ /;;'  _/.       │  ン.    ワ  /
 ヽ        /    ∧斗¨´ /                      } ヽ  ア   │  コ     カ  ヽ
 ノ  ブ     /       f    \                   /  }  ピ    │  ロ   ┃┃  /
/      ./⌒         {                 ,        λ  {  ポ.  ┃┃ ピ.   ・ ・  {
ヽ.   |  (         i   r‐==≡二三三ハ          /ヽ_ノ ).  ロ   ・ ・  ン  _    }
  )   |   ヽ           ',   ヽ         ∧         /  | /   ピ      コ  ヽ ∨ヽ/
. /... |   (          ヽ  ∨    /¨7¨ ̄ ∧     /.  | }   ョ       ロ  /
  )   |   {            ヽ ∨.  /      ∧   /    {. {   │   { ̄)  ┃  {
 {   |    (              ∨ {   i    /|  /.       {  }.  │   | /   ・   l_
  )   |   /                `ー-===一'_/,’     /¨ /   ン   {_ ¨}    /
/゙..  |   (                    `ー==-‐       /   ヽ  ┃┃  / {    (_
ヽ.   |    }            ___|:::::::::::::   __/    _xf }  ・ ・   }  /    {
 ヽ.  |   /     ,,-‐一 ¨ ̄ ̄   ___ヽ/ ̄ ̄ ̄       /  !/\  _  {  )/^ヽ/
 /゙.  |   (     ー一 ¨ ,, ̄ ̄ ̄ ̄  /              /      ∨ \|
  )       }ー‐-==-一 ¨|    | /      ____/      /
 {  ┃┃ (  ヽ         |    /    _  ' /   /        /
 ). ・ ・  (   ',.       |    /  ,</   /  /      /
/      ヽ  ヘ     {    / /∨ /   / /      /
ヽ   ∧  /    ヘ     !  // |  ∨   i/      /
 ∨⌒  ∨       ヘ     !     |   i ◎/      /



次に新作のスレを作るとき、その点に関してもリベンジしたいですね。

817◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:12:41 ID:ljoWSiG.

月とやる夫。



                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\     
                  |     ` ー'´  u   |     
                  \  u   :::::     /     
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }

818◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:12:56 ID:ljoWSiG.

          ____  _,.-==-- 、
     ...-‐=三ニ≧弐ニミ´三ニ=-、
   /:,::::‐:'´/::::::,イ::::::∧:`:、`:、=:ミ、`::.、
  .::'::/::,:イ,イ:/::::::/i|::::::':::: ヽ:::ヽ:::ヽ:::ヽ::::\
. /:::/::::::'::::///:i:i:::': !|i:::i:::i:i::i::\:`::、::\:\::::::、
/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八 {{ }!ヾ!::/i::: |:::: !: !
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ  }ハ. |::::|: /}:/
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'
  ::::::!:::|::l::i: '    !'                V,'/
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´
   :::::|| |!. 、                r ´    
     ::ll {.  \          - ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ       
            、        /        
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ



学校生活での描写を出来るような機会はなかなかありませんでしたが、
二人は結構互いをライバル視しあっていました。

819◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:13:56 ID:ljoWSiG.

水銀燈の後輩として生徒会に所属し、その右腕としての手腕を振るう月。
共に成績も良く、学内では「並ぶ姿が絵になる」と、わりかし噂にもなってます。

                                         _____
                                      ,ィ7刈:从乂爪ミ≧.、
                                    /:'::/彡//!::〃il:ト:ヽヽ、\
                            .       //,ィ/´::l〃::;イ/イ:!:i:l::!:i:i:!:i::|!
                                  /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l
                                 ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
                                 i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
                                 |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
                                 |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!
                                 |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'
                                 lハ:ハ   i         〃_才:リ
                                 ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
                            .        `  、  、__ ̄   イ  .Ⅵー,-、
                            .           ヽ    /     . '   \
                                      i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
                                   , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー 、_
           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)     
       ` 、        (__人_)  /     
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\


で、そんな話を聞いて、心穏やかでいられないのがやる夫でした。

820◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:14:19 ID:ljoWSiG.

      ____
    /:::::::::  u\        
   /ノ└ \,三_ノ\         \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/
 /:::::⌒( ●)三(●)\       ≧                             <
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ |       ≧ 銀姉ちゃんにべたべた引っ付くんじゃねえお! ≦
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/      ≧                             ≦
                    /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\



                       |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.:
                       |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、
                       l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                       ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                       l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:
                        l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.
                        l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.
                        |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:
                        |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.
                           l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.:.
                           | i.{ ∨     _                       ムヘ:..:
                             |  \   '"´                          /   }:
  \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:
  ≧                             < \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:
  ≧   知ったことか、このシスコン野郎!     .≦   \ 辷x‐十'                    /三   /イ
  ≧                             ≦
 /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\


……まあ、ここまで声をあらげたような事は、実際はないですが。

821◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:14:43 ID:ljoWSiG.

やる夫が成績を上げていたのも、実は月の存在が少なからずありまして。


.        ____    ━┓
      ./      \   ┏┛
.    /  \   ,_\  ・
  ./    (●)゛ (●) \   .__________
_.|  ∪   (__人__)    |  |^| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
| | ./     ∩ノ ⊃  /  | |                |
| | (  \ / _ノ |  |     | |                |
| | .\ “  /__|  |   .| |                |
 ̄   .\ /_ . _____|_|_,_,______,_,_|
            .`――――-((」II IIニニニニニニニニニニエ!


姉に、勉強の出来ない弟だと比較されたくない、負けたくないという気持ちが
猛勉強に表れたのでしょう。

822◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:15:51 ID:ljoWSiG.

お話の中で災害に巻き込まれ、退場する羽目になったカイジ。




        -=ニ" ̄"''‐-‐''" ̄"ニ=-
       ∠´           `ニ=-
        /              `ヽ,
       /                  !
      i                      .i
     .|         /| |:| ト,ヽ       |
     |.    ノ  メ:::リ:|.|:::|ノ`>      |
     |.    /リメ, .\::リ::::/ ,.ヘ!ゞ,    |
     .|   ./    \|  |/   ヽ   |
      i⌒| | ==o=-  .-=o== | |⌒i
      | G| | ヽ . __ ノ | | ゝ __ ./ | |∂|
     ,.ゝ,_.|.| u.    | | u   / |.|_,ノヽ,
    /   ||   .!j ヽ!_レ  ./  リ    ヽ        
---‐‐''7|   ヽ ー‐--------一 /   | ̄""''''‐‐--   
--‐‐''7 .レ|   | ヽ.   ≡≡   ./.|  .N""''''‐‐----   退場確定陣の一人、だったそうだ……。
   /   レ|  |  ヽ.      u / |  | |
  ./    .|  |.   \    /   |  |  .|
  /  _,,  .|  |    \ /     |.  |   |
. /_,,-''" \ .|  |\        /|  レ‐、 |
. "      ".レN\`'‐-------‐'´/リN  ヽ |



彼を含め、安藤や三好といった面々も、執筆する中で少しばかり
役割が変わってました。

823◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:16:27 ID:ljoWSiG.

安藤は、最初期のプロットだと、文無しの所をカイジに泣きついて
どうにか高校の用務員アルバイトとして雇ってもらった、という事になっており。



                    
       _   _       
       >  `´  <      
.     /     M   ミ     
     l  ,ィ卅ノ uゞト、.ゝ    
      |  |「((_・)ニ(・_))!     
     |(6|! v L_.」 u リ     
   /| ,イ )⊂ニ⊃( !\    
.-‐''7  |/  `ー-、ニ,.-イ  ト.、  
  /  |         |. ⊥ -‐
                   
                   
                     ヽ



そこから来るお金のがめつさが、災害へと繋がる、というものになっていました。

824◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:16:50 ID:ljoWSiG.

カイジ連中は、強欲を出したが故に身を滅ぼす、またはトラブルを舞い込むキャラ
として、非常に動かしやすいものがあります。


      ___       _
      ``ヽ、`ヽ、,i'"´∠ _                       ,.. -─────- .、
     ,. ‐'"´ ̄        ``ニゝ                ,.‐'´            `'‐、
.  ∠´-,‐:‐'           ``ヽ               / ./` ‐.、.       _,. -‐'ヘ. ヽ
    /               ゝ              i. /    `''ー----‐'"     i、i
.   /                  l         .      l. i    u              l. l
  //       /l、        l              l. l   ̄~`''‐-、   v ,.-‐'"´ ̄  l l
   l      /| ./ l、iヘ        |              ! ヽ_____________./│
   .l /| , /! /. l./ u l | , 〉.iヘ、 .  |             ,.-、~|   ,:=== |二二| ===、   |~,.-、
   |/ |/|/`!/-ニl_  v'|/'_ニl~ ヽ|、 l             !i´ |.|!、 ( __゚ l ̄ ̄l、゚__ ) .ノ|.| ゙i.|
   /´l|.| !' /⌒     ⌒ヽ  |.i^ヽ            |.l".|.| ` ‐---‐1   l` ‐--‐''´ |.|゙,i !
   l |6||  l (0)    (0) l u ||.6l|            ヽ._|.|  .U. . . { u  } . . . .v.  |.!_ノ
   ヽ._||  ヽ、_ :|   |: _,ノ   ||_ノ              ゙| . : : ,.-‐-、` ‐--‐' ,.-‐-、 : : . !
     ∥ u   (    )    .∥             _,.‐''´|: : :(.     ̄ ̄ ̄    ): : :|`゙‐、._
     | v /⌒ヽ、` ‐'´,.ノ⌒ヽ  |\         -‐''"´l   !: : : `ー--────--‐' : : : l   l` ‐-
   ._/l  l ,. -─‐三─‐- 、ノ  !  l 、          _|   ,! : : : : : : : : ==== : : : : : : : : :!.   l_
,.‐''"´/  ヽ、` -‐ '´._`` ‐-" ,‐'´.  | `` ‐     ‐''"´ |    |゙、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ|    l ` ‐-
 , -‐''"⌒)ヽ`‐、.   ≡   , ‐'´l .l  │           |    i|:::` ー--------------‐'´:::|i    |
(  -‐'"⌒)-、〉l:::` ‐--‐'":::::::::l |   . |           !    | l、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;.イ|    |


ただ、書いていく中でそこら辺のくだりはナレーション化する事に。

825◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:17:13 ID:ljoWSiG.

何故にそうなったかと言えば、まず、尺が長くなってしまう。




               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             | (●)(●)  |
                |  (__人__)   |
         ___|__`⌒ ´   |
       , --'、         /    丿
        / ⌒ ).      /    <
       ,′  ノ      /   /三三三三丑
       l  T´ ..___/   //      r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶    //      (  ̄  l
         `'ー'´   |   //_____/  _.ノ



また、あまり人間側のいざこざをしつこく書いても、FD本来の面白さ
からはずれてしまうのでは、という懸念があった為です。

826◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:18:06 ID:ljoWSiG.

上述の2要素をうまく融合させられたら、新しい面白さを開拓出来るかも
しれなかったですが。

このあたりも、次回に関しての課題になりますね。


          / ̄ ̄ ̄ヽ
       /       ヽ
        |   _,ノ ヽ、_  |
        |  (●)(●) |
       |  (__人__)  |             FD5は、どうもその部分を
         ヽ.        ノ             失敗してしまった気がするんだよな。
          .>      く
      /        ヽ カリカリ         方向性としては、悪くはなかったと思うんだが。
    _/((┃))____i |
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄(,_,ノ \
 /  /_______ヽ..  \
  . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

827◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:18:56 ID:ljoWSiG.

今回はこの辺で。



次回は、最終話を語っていくつもりですが……いかんせん語ることも
また多くなると思うので、一回のみで終わるかどうか。

829◆yS5pHxqbI62012/12/15(土) 21:19:45 ID:ljoWSiG.


有る程度まで作った後、分割すべきかどうか考えたいと思っています。




それでは、また次回。

やる夫たちが『死』から逃れるようです あとがき その4

723◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 00:32:06 ID:G6ubnlGg

あとがき、その4を投下いたします。





   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |  ←やっぱり代理AA 
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |





今回は、第5話を中心に、自分の考えや創作メモ、
没ネタなどを語って、スレ埋めの一助としたいと考えてます。

よろしければ、おつきあいくださいませ。

724◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 00:33:00 ID:G6ubnlGg










                     ┌─────────┐
                     │10 ・ 第5話「深遠」  .│
                     └─────────┘










.

725◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 00:33:31 ID:G6ubnlGg


この頃、自分が書いた創作用のメモ帳を見てみると、
思わず苦笑してしまいます。




   / ̄ ̄\
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../
  |    ` /       ``77   /
.  ヽ   /          / /   /
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /
   |. \   〈\.\,〉 `,  f
    | . \  (ヽ ヽ `..   |
    |    .\ \      ノ




ネタを思いついたら色々書き殴って、
後々整理したものをPCで打ち込む、というのが
自分の主な創作スタイルなものですけれど。

726◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 00:36:19 ID:G6ubnlGg

「誰がアクションを起こすか」「何が起きるのか」
「それによってどんなギミックが発動するか」
「それが次にどう繋がるか」

                              _,,r‐-‐--、__
                             /         -‐--
                           /:.              :.`:‐-、_____
                            /:.:.:              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ   `ヽ
                  _____    l:.:.:               :.:.:.:.:.:.:.:.::.. ヽ   `ヽ
              _,-‐-'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_l:.:.:.:.                 .:.:.:.:.:...  ヽ   ヽ
       ____,--'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:              ,-‐--、_ :.:.:.:.:.:.   ヽ   ヽ
   .,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:         /;,;,;,;,;,;,;,;,;,;`-‐--、___ヽ   ヽ
 /i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ       ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三=ゝ
 .li:i:i:il                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:    ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;__,--'´三三‐'´
  li:i:i:il                       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.. /;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三‐-'´
  .li:i:i:il                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヾ´__,--'´三三-'´
  li:i:i:il                      ..:._,-‐-'´ ̄=_/ ̄ヽ、三三-'´
  .li:i:i:il               _,-‐'´ ̄三三三三,-'´___,-'´
   li:i:i:il            _,-‐'´三三三三三三-‐'´ ̄ "´
   .li:i:i:il        _,-‐'´三三三三三-‐'´ ̄
   li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄
   .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´
    li:i:l/三三三三-‐'´
    .li:/三_,-‐'´ ̄

キャラクター名の合間を、びっしりとそんな言葉や
矢印が飛び交っているのですから。

727◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 00:37:08 ID:G6ubnlGg

前回ラストの予告から
「電車を使う」事は決定してました。

  ┌───────────────────────────────────────────────┐
  │              rr=ァ===ァ=ii:、                             rr=ァ===ァ=ii:、           .│
  │              <─<>─>                            <─<>─>          .│
  │             _><><                              _><><            .│
  │      _,.ァ-────-、ii二二二ii_且__,⊥,____._____._,⊥,_且_ii__ii二二二ii,:r─-:、       .│
  │    ,r'''''''7'''''''ー-;ォ--i 二';────└┴┴┴┘──────────────────ィ'二 i--r:、      .│
  │.    /   〃    ,' |  | l |l! l二二二! l二二二! l二二二! l二二二! l二二二! l二二二! l二二二! l!l ゙i l |ヽ    .....│
┌──────────────────────────────────┐─i i─┬─i l!|「|| |_|_ヽ   ...│
│       i!: l;|             {{幺}}           i!i!===‐-- ! !!: ___        .│三| |三王三| l!||:||     ヽ    │
│       ヽ.:!      __________v ー'ヽ          i!i!      ;::::iョ          .│三| |三王三| l!||」|____ヽ  │
│        ii |il________ || ___i[] ̄´ii ̄´;; 。__      i!i!__       iョ          .│─゙ ゙─┴─゙ l!| |       |  │
│          `|i!_____:__ || ____jj。  ji_ o  __o   i「「´i         iョ          .│        l!| |      /  ....│
│         |ii ii ̄ ̄ ̄  ゚:ll l「 `  :                 iョ          .│        l!|:=|  [|]  /   ...│
│         jii lf、 0     jj lj_j                 ,'´` ,. iョ  ,...     ......│二二二二二二ニ二二二二!   .│
│          {{ |p ii_゚j_j__ ヾ.__             ..  ;:: .: : .:  `''´ `ヽ     .│マl!}三{.| /=─圭'゙ ヽ  i,     │
│    ,..     .`r‐rー r────┐゚゚         ,::´  `´`、       ∧       │:コflニZl|_/ロ:O:コ:L]: ヽ_i,    │
│`ヽ._,'  `"ヽ.: .: ┼''ー'┘      |         r;'.:.::.:..    ;     ||1l     .....│'゙ ̄`゙ ̄ ̄`ー'゙ ゙̄       .....│
│         .;;\___二二ニニ!      ___/::.:::. : .    ゙;;..:.   .||‐|      .│─────────────┘
│  ,,,,______,,;; ; ;:::::::::;;;;;` t- 、、_   rー--=:::::.:.:..... _____,,,,,,. ..,,,.,,;;;__||2|      .│
│  ∵∴∵∴∵∴∵∴∴:`'' ーo。.、j__  ̄}”””””}`"''''''''' ¬========ー─  ......│
│      ∴∵∵∴∵∵∵∴∵∴∴∴∴∴”””"" ……‐---   、、、、_    ......│
│”"" '''¬===──‐----゚ ° ゚  ゚                             .│
└──────────────────────────────────┘

また、話数が重なってきたこともあり、
ここで一発大がかりなギミックを入れようとしていたのです。

728◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 00:37:29 ID:G6ubnlGg



                         / ̄ ̄\
                         /_ノ  `⌒ \
              _           | (● ) (⌒ ) .|
             | !        | (__人___)   |
             | !        |  ` ⌒ ´   .|       A→Bと繋がるだけじゃない、そこからB→C→Dとどんどん
             | !   ,.-,    |         |       繋がり、その合間に軽いフェイントなども織り交ぜて、最終的に
           _,ノ ┴、/ ,/       ヽ       r        読者を予想を裏切りきって驚かせたいだろ。
          r `二ヽ ) i      ヽ _ 、___,   ト
           |  ー、〉 /     _,,,,ノr  `   /i\,,,,_
            |  r_,j j__,,.. r''''"/::;| \`'/   ,'::;;;r;;;;;;;;;;;;:: r ‐-、
            |   ) ノ ::::::::;;;;;;;/::;;;;|  /\  /::;;; l;;;;;;;;;;:: ::;;;;;;;:: ヽ
          ノニ-、 ,/::;;|:::;;;;;;;;;>::;;|/(::::ノ \/::;;;く;;;;;;;;;;;;:: i::;;;;;;;;;;;:: }
       √..:::;;; ヽ、〉;:;;|::::;;;;;;;;{ ::;;;;;|  "::く  /:::;;;;/;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;:. ノ }
        /..:::::;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;|::::;;;;;;;;;:{ ::;;;;| |:::::::| /:::;;;:/;;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;;;;;;;;:: }

野望を大きくするだけだったら難しくはありません、が。

729◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 00:39:07 ID:G6ubnlGg

Aが出来ても、Bが出来ても、その繋がりが悪ければ
結局の所は破綻するしかなく。


        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ○)(○)
    .  |   o゚ (__人__)   \
       |  0   `ー'´ノ   \ \
    .   |        }
    .   ヽ       }    __         ああああ、コレじゃあダメだ……!!
        ヽ     ノ´ ̄ ̄´    ̄\
      /  ⌒゚ '"'"´(;          \
     / ,_ \ \\ \          }て・,‥¨   
      と___)_ヽ_つ_ヾ_つ___ _ノ そ¨・:‘ .
                  ゚ 。  YY ̄ ̄YY      
                         ・; ∵ .
                            .

作って壊して、と、二転三転する羽目になります。

730◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 00:39:28 ID:G6ubnlGg

既にこの頃には、全体の流れも大まかに最後まで決まっており、
「水銀灯が、次の話の犠牲者となるように」構成のレールを敷きました。


           .        ̄ ̄ 二 ニ=- _
          /  .  -‐:::::¨:::::::::::::::::::::::::::¨:::......
          /  ,イ´::::::::::::::::::::_:::|〉{穀}〈|_:::_::::::::::::::::\
        /  厂:::::::;;::-‐'':::__¨:::::::::::::::::::::::::::::_::¨:::、::::::::::.
      /   厂:::::/:::::::::::r┘⌒⌒⌒⌒⌒⌒└‐t_\:::::::.
      /  √:::/:::::::::厂¨  .    i    i    └t.ヽ::::.
    / r'、`::/::::::::厂    :i     l|   l|  |   |  L::':,::.
    ' , ┴ 、/:::::::r┘,  ,  l|     l|   l|  |   |  、 L:',:
    |// ̄》X===、 /  :!   l|     l|   l|  |   |   i L::|ニニ 、
    | 7r=〈 ゞ==´:|  :|ヘ从.    l|   l|  |   |   |   !─' /
   |// {{介' ̄}} :|   :| |!>ュ__  |、.   /!. /|  :|   |   :. ̄ヽ〉
   |ゞニイ |ゞ=' :| :Ν !fテ≧ェ''=ト\/ .|/_」_,,,/-‐ |  i |ニニ.″
   | 〈/,∧ヽ.  :|  |. ヽ| .{:::::::::fミ゙   ェ=≠=ァ !   :|  | |ヽ \
   | /,/ | |   :|  |   ゞ;;;;ツ     {:::::::/ /   /  | .∧ Yl__}
   / /   | |  l |  ト、 " " " "       ゞ-' ./   /  /./ |__|
.   〈_|   | ト、 从  ', \ u      ’  " " /   /  /l/
    |   /__:|l∧ ',  ', ル\   -‐    イ / /       物騒な考え方ねぇ。
    |    И 「゙7\ヽ ',l从..>  __ .. ´.厶イ. ¨Т
    |  //.| |////.7.\{r===tzァ=ェ、_,斗‐ェ、.  、
    | ////∧∨////〈 〈__イ小 __〉〉/////\ \
≧ェ,_///////∧∨////`ー─‐'| | |`ー‐ヾ///,'///.\ \
三三/////////∧∨//{{      |_| |    }} /∧////.∧.  \,彡'ニ三三ミ、


誰を殺すのか、という点については、そこからの逆算から
スタートしています。

731◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 00:40:53 ID:G6ubnlGg

なので、犠牲者候補もころころと変化していきました。


                      ,, -‐''" ̄ ゙゙゙̄''ー- 、
                      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、 \
.                  /::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::ヽ:: ヽ,
                   /::::::/::::/ :::::::::::::::;ッ::::::::、::::`、::ハ
                /::;/:::/:::::::::::::::::;//゙l、;:::゙l:::::::::i:::::::,
                  レ":::/:::::::::::::::::;/  ゙ !ハ从l::::::|::::: i
.              〃 /  ,,,-;:-∠     '" ̄ ゙̄l,::::l:::::::l
.              ,イ::::/:::::::::;/__/__    .;===-、 ゙l::|:::::::|
              l!゙|::i ::::::::,//"{ ゙̄iヽ    " !。  } 〉 }l::::::::|
              | !|:::::: ∧ヽ 、゚_!       '--"  /:::::::::|
              | '|:::::;〈 ,        ,    , , , /:::::::::: |
               ゙ l::::|:::ゞ、 ' ' '        /:::::::::}:::::::|
                  ヽ:{::::l `ヘ、     -  ‐ '   {:::::::::/::i:::/
                    ゙::::|::::::::::> 、       , ィヘ:::::/::::l:/
                  V::::::::::::! ::`r ー-     |:::::}/::::::|′
.                  /:::::::::::ノ:;;;_;;j      |_ノ::::::::::!
                 /::::::::::/'"//´       /:::::::;;;;i/


紆余曲折を経て、
竹井先輩に決まったのは、作成後半になってからのこと。

732◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 00:41:17 ID:G6ubnlGg

第一話のディザスターを逃れたのは、果たしてあの場にいた
二年生+αの大部分だけだったのか?
他の場所でも、被害は出ていたのでは?


          __ _
       ,  ":::::::::::::::::::゙ミ::..、    .
     _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   .
    ///}:::::::::::::::::::::::;イw;:::::::::::::ヽ.  
.    |i .i {:::::::::/::::::/./ 从N\:::::i、  
.    |! | |:::::i/:::/ /   ,rー¬ト、::i  
.    !  Y::::V--べ~    ;ニ=、|::::ヾ 
.    {   }:::〈   ___.   'b::::}〉|:::::l|  
   _,ヘ  i:::::::v" ̄~   `-'" |::::::!  
, -<  \,'::::::::::} u ゙゙゙   `   ゙゙ノ::::/       出番貰えたのは嬉しかったけど……複雑ね。
   \_/゙y::::::::ト .  r_-_っ/:::::y    
    __」 /::::::::::|:::_i` ー イ_::::::::::ヾ、
  /、_,-ヘi:|::k::::K〈     Y: :\::::::|
/ ̄ヽ \゙^ヾ\)\__|: : : :゙lノ^ス
' ̄\  ト,. \: : : : : :\  | : :// /|


色々考えていく内に沸き上がってきた疑問に対する、アンサー。
それに、他の色々な要素をくっつけて話を練っていきました。

733◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 00:41:43 ID:G6ubnlGg

一通り作った後で振り返ってみると、
悩んだ甲斐はそれなりにあったんじゃないかな、と思ってます。
                                                      _,,.. 〟 ._..-'i.,..‐'}
                                                  ,..-'"´   `´     .|
                                               _..-'"             !
                                       _..、 _..-'"゛                  !
                                         /                 ,..、      `7
                                       /        ._......、 ,,/ ̄!'´ l       /
                                  /       ,..-'″  ″     ./       /
            _..―┐                   ,/     , .,/           /        ,!
      . /    |,                   ,,‐'"     ,/゛.″              /        ,!
    .,,-'_、..-'^l   /                 , '="    , /                  /        /
  .r'"/ ゛  ./  /             /     /                   /        /
 / /    .7  ./               /    .,. l./                     /           i|.
//     ./  !              /    ./ ゛                 /         ./
'"      /   ./             /    ./                      /         ./
      /   .彳        _/     /                      , . /         /_,
     リ   /      .,,i ,/     /                   /./             lr'"
     ゙l. /      ,./ `   ,.,..‐i .,i'″                      ,r'ゞ          ,i′
     / . l゙    ./    .メ"  ゞ                  y./              /
    /  .l゙  ._i /     /                      ノテ'゛           /
    'リ  .!、 ,r,!./     /                      〃                /
   .i|、  ."..メ′ _ i ./                      /              /
    .|      / |ノ                     /                 〃
    ‘l    ./                          /              /゛
    .|- 、 ./                       ,i ./              /
       ´                      ノ/                 /
                              ,.j|ノ゛               /

陸橋の渋滞からスタートし、ミスリードや飛び道具などを織り交ぜて
作り上げた「死」のギミックは、FDとしての雰囲気をそこそこ
出せたものになっていたかな、と。

734◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 00:41:58 ID:G6ubnlGg

読んでいただいた方々が、少しでも「きちんとFDになっている」と
思って貰えていれば、作り手としてはこれ以上の喜びはありません。


         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)
      . |     (__人__)
        |     ` ⌒´ノ
      .  |         }
      .  ヽ        }
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ




なんだかんだで、作っていて楽しかったですしね。
映画のスタッフも、こんな気持ちを味わっているのかな。

735◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 00:43:47 ID:G6ubnlGg

ちなみに、このお話で翠星石と蒼星石を出したのは、
彼女ら二人がレギュラー候補であった名残です。

                , -=ニニニ≧ 、
            / ´+ ※  ※ +ヽ\
          // +_r冖^::丁:「:トミヽ、\ヽ、
            〃 /:l:::l::j::.::l|:::|::|::.:ヽ::.\}〈
.          ハ/::.::.:|::.|::l::.::l|:: ト:レく::.::、::.:lハ
         l {::.::.::.l|::|::|:::/|l:::| l|x=ャ、|::.:l}::.ヽ
         | l::.l::、::Vィ7厶lハ:j ヘ:::ノ!|ハノ|::.::.:\
         `T:ト、:ヽヽれ:::〉  ,  "リl ノ:_::_::_:::ヽ、
.            ヽ:::ヽ::\ミ`゙  <__} ,.仏 ト{ r'´: :`丶ミー--冖、
              `ヽト、`丁≧┬r彡' _」/ ヽ: : : : : : : :`: : :八:_ヽ-ュ             /^h
             j:::} }:」 rー≠()く⌒ヽ  \: : : : : : : : :/イ l「 ` ー--―rv、  / //
             /:::| /: r1V/ノlト、\_}\ >r  ̄、l ,‐┐ヽV | |        { l|冫´-クノ
               /::.:「//: r1イ / |:ト、\   `丶、 /|ヽ }_:_:;:ィ!



      、::/   .:.   、      `ヽ:::::::/
        ,イ   .:,:.:、ヽ:.. 、ヽ:. ヽ:.:.    Y
.       /,    `/メ、ハ\ヽ,ヘ'´!ヽ:.!  ハ
      l/! i  :.Xf_Tト \  イT::l7!:! .;: !:!
      ' N ::.: { ゞ=' .:! `  ゞ=' 7.:/: .:lリ
       l:.:i:.ゝ    r -、     ノィ'::::.〃
          !:ハ:.:\  ゝ-'     〃:::;:'/
       _' ヽ:ト:!ヘ.. ___ .. ィi´/:::/レ
      ,ェヘ`ヽ-‐ '´ ̄ヽ.  lル' レ'
.      ,イ;:;:;:;:;:`7_、   , -‐ホュヽ<ュ
   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;rハ  iイ´/ハヾ! ハ7z、


お話に多少なりとも関わる役どころゆえ、ゲストとして
出演していただきました。

736◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 00:44:05 ID:G6ubnlGg








                    ┌──────────┐
                    │ ・ ベアトリーチェ  .....│
                    └──────────┘










.

737◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 00:44:26 ID:G6ubnlGg

第5話後半より登場する事となる、ベアトリーチェ。

           _____   _, ----- 、
       r‐-r/  /- '",, `゙''" '''''  ` ヽ、
       ノヽ / ). ∧/       ヽ    `ヽ,
      (_  >ノノ ./     l l   }     ヽ
      <__/ ./{ `/   /   ! !  } }   }  ハ
      /__ {/./   l l.   l l ___}_,}____ }   }
      ゝ }-- {.  l  l l, '"´ ̄     .__ヽ、 ノ
.      / ヽ  {  l/----- 、   r'"二,,_ .l {´
      ゝ__ {  > ./ .,xr‐‐、、    /{___jノ .l {
       }、_{   _{  ゝゝ-‐'"         }.ハ
       ヽ ゝ. /rz{         }    } {{
        ヽ{.ヽヽハ        ____,,   ./ }}
         `¨¨`ゝ.ヽ.      ̄    ノ  ノ
             ヽ `ヽ 、 _     , イ
                ノ-、 . `゙ '''''"  .l
            , - 、__,ノ‐、_`''‐-- ,,__,ノ{ __
      , --、'"´- ,r-、\  ` ‐ 、______ノ、_  `ヽ、 _
      ヽ_,,ノ'''"`‐' ¨-、` \          ` ‐ヽヽ'"ヽ
.     /::::::/::::::/::::::ヽ `ヽ\           l }‐ }_
    /:::::::/::::::::::/::::::::::::`'ヘ_r‐、`- ,,,,_,,,,,,,,,_    j-‐‐{ヽヽ
.   /::::://:::::::::::://::::::::i i::::::::::" -^- '''''ヽ   \ _,/ __,,,,_}::ヽ:ヽ
.   {::::::! !:::::::::::://::::::::://::::::::::::/::::i i::::::ヽ ‐'''''‐ゝノ/__  l、:::::l:::ハ

738◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 00:45:02 ID:G6ubnlGg


前回の後書きで「トニー・トッドの役割を3等分した」と書きましたが、
その役割を担って古泉、長門に続く3人目が、彼女というわけです。


       んィ, -‐―‐-、-,、
      そ〆-──-、 、`く)、
      / /    丶ヽ ヽ ト)
      l i_{ _j___{_|__}_彡ヌ)
      `.l ‐-  -‐‐ リイノ
       {  _, " ∫ノ     登場する事自体は、最初から決定済み。
        ゝ、 _ , イ、      ずいぶんと待たされたものよ。
       ,τ´'━'´ (⌒)
~~┗‐(⌒)‐ ((;;;;卅;;;;;;ソ(;;;;;)
   八.ノ`;;ノ.|;l;;;|;;;;l;;/ ノ八

739◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 00:47:06 ID:G6ubnlGg

理知的で頭も回り、「死」に抗うやる夫達のサポートを的確に
行ってくれる、心強い味方。



              _  _ r=-r=-、 __
            _,rf=-, ‐´  ハ  ̄`ヾ-t_
            〈_rf /          \|
              ゝ y            ハ
             '     /        
               |     _/ { |    i     !
               | 川_/ |` | |  j 川 j  リ
               fヽ! .|テぅぇ乂 ノ/ /〃 /j    
                 〉|l  `¨ `   rfチyハイj
             /.从          `¨.j lノ
              / \ 、 _' _,   ∧ハ
               (  /ヽ  -‐ '
          r‐厂`Y¨7 ` -===y′ー ´l- 、
         /::::::厂] / ー-  r‐ ' | | _ 」::::ハ
        /::::::::[ ̄] !rァ( _⌒_ ) ,j j_[:::::::::〉
       ノ::::::::::::ヽ「 7=ナ、 f⌒ヽ、jヽ-r‐t/::::::::\
      〈:::::::::::::::::/::::ヽ'、/Lヽ /ヽ/⌒!:::::::::::::∧
       >:::::::::::/::::::::::::ハ/ヽヘ/::::::::::: |::::::::::::::::::〉
     /::::::::/:::::::::::::::::::ヽ-〈 /::::::::::::::::八:::::::::::::〈



彼女の力を得ることで、一同は戦う態勢を取れるようになったと
言えるでしょう。

740◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 00:48:32 ID:G6ubnlGg


とは言え、それで完全に「死」が防がれては、お話も
そこで終了してしまうわけで。







かといって、折角登場させた以上、きちんとその個性を際だたせ
なければ、出し損となってしまう。

741◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 00:48:48 ID:G6ubnlGg

執筆の難易度がガクンと上昇を始めたのは、思えばこの頃からでした。

                     }   /  ヽ  _,,,,,ゝ-‐== 、-‐‐、-、
                     ヽ_,,-'"、__, ‐"- ゝ‐"´`゙ ヽ、`ヽ、ヽ<
                     ヽ} ヽ, '"´   ´`ヽ ‐- 、 ヽ、 ヽ ヽヽ
                       V   / /    ヽ`ヽ ヽ ノヽ、}
                        / / 〃 ./ l  l  ヽ ヽ彡ノ} >,
.                      { { {{ .il  l  li  l l彡シノl lヽン
                       `- r,--、__, ヽ_____-リヾ彡 lリノ
                         ',アT 。、   r‐r‐。`ヽ } /_リノ
                         ',`ー'ノ   ‐--'` ノノ }
                          l"" ヽ   """" {{_,ノ
.                      , 、  ヽ  ヽ--v、  u ノ,{_          おい、よもや妾のせいだと申すか。
                    , '", '"   ` 、  ̄`´ _, ‐´-'"リ、
                  ,, ',"'".       _, ` ='"-‐^-‐':::::::}、  , -─‐-、
                , ,'" '"       _,,/ _, -‐{, ̄:::::;;;; -'   7_,r、‐'´ ̄}ゝ、
             ,, ,'"'"        /E{ /,、_  `,二,   _,//l__/-'^~´`ヽ::ヽ
    r-、r-、_   ,, ,'"'"        ,.-'";::::{_>、ヽ} _>-<_  }-‐'二ィ<_r'::::::::::::ヽ::::::ヽ::)
.    l  l_,、 _,, ,'"'"         /::/:::::/ヽ_/ -‐Yゝ-、_{_}、_}_r':{::ll:::::::::::::::::}}::::::ノ、
   _,_ l / .}、'"   \      , ┴ {{:://:::ヽ、//_, -ll:::::::::::::::ヽゞヽ_:::::::::::ノ-''"ヽ、)
  <  )- / /  )__   l    /;;=-::::::{::::{{::::::::::::{{::::::::::::::ll:::::::::::::::::}:::::/::/ ̄´:::ヽ:::::::::::{
  `´-‐'`'''l_ r'" ,)  |ヽ   |://:::::::::::::}::::ヽ::::::::::{::::::::::::::::{{:::::::::::::ノ:::: {:::ll:::::::::::::::::ll::::::::ノ
        `ーrt‐'´ }、ト、 { l:::::::::::::://ヽ、ヽ___ヽ___ゝ-‐'"/:::::∧_ヽ::::::::::::::ノ_,ノ

……一因ではある、と言うに留めておきます。

742◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 00:52:18 ID:G6ubnlGg

先述の通り、ベアトがいくら頼りになるからとは言え、
彼女の力で本当に「死」が止まってしまったら、物語はそこで終わってしまいます。


         ____
       /      \
      / ─    ─ \    
    /   (●)  (●)  \    
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/    
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


後はベアトに任せてしまえばいいじゃん、なんて事になりかねないし。
やる夫達を動かす意味が無くなってしまう。

743◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 00:52:39 ID:G6ubnlGg

しかし、彼女ややる夫達のまったく与り知らぬ所で「死」が動く。



    _,,!''´`''''''''V、 __,,,,-、_, -‐-‐-、
  _,,!r--、'''''''', -‐-,/二ニ''''''ヽ--'--、
  ヽ  !ヽ__ /_,,,,,/,,,,__ ` ‐、 ヽ,)_ `,
  !__ノ  /‐"/   ヽ  ヽ` -、 ヽノノ、 `!
  ゝ-,  /   /       ヽ  >'/ ノヽ' }
    !_,i   l   i  i   i'、彡 /ノV Y
     | i   i  i  l  '、 __,',i ヽ,/! i i-{
     ヽヽ ___l,,, -‐,-,ニ=z } }-'、/
      ヾヽ´,rr。ミ ゙ ´ 代゚;;ノ   !ノ  !
        ヽ ゞ-' ノ     ̄   {ゝノ
         ヽ"" 、   """"u ハヽ、      随分な言われ様であるな……。
     , タ.   ゝ  L,_    / !'"ソ
  ,, ", "      `' ‐ 、`_ /,/ハ     __
, ", "       ,,-=''''''''i、ニ-‐'"  ノヽ,,-'" __`、__
"       , -‐/ , ‐'"゙ゝ_,, -‐'"  /,ィ'" ,-v--'ヾ、
       ノ:::::ニ! / .r、  , -‐i  _,,,ノイi,,-'`´::;;:::::::ヽ:::',



ベアト初登場の話でこれをやってしまったら、今度は
「ベアトはそれっぽく登場しただけの、役に立たないキャラである」
という印象を付けてしまう恐れがありました。

744◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 00:52:56 ID:G6ubnlGg

ベアトを如何にして出し抜き、かつ、「死」に関わらせて、
話を動かすか。



              , -‐― ‐- 、
.               /    u   ヽ
.             _'  u        i
           < _ \          i
          <__ \ \     u  i
.      <__ \ \ ヘ /⌒/  ./
       └--ミ ヽ、\ - \ |  ./
         /   丶  -       〉/
     ,.-/|     ( \   u  !        ここまで手こずるとは……。
   / | \ヽ    \_ヽ     {
 ̄<   !  `\   、ヘ   u ..> 、
_ \   !    > ー-- イ\  .∠/ヽヘ
!  ̄ ̄ ヽ /{  )\ | ..\(⌒)   ノ \
       \ /⌒\ 〉   ヾ、 /     \
         \ い /    \/ \(
          \ /     / \


第5話後半から最終話にかけて、この命題は常につきまとう
羽目になりました。

748◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:03:58 ID:G6ubnlGg












                      ┌─────────────┐
                      │ ・ 『死』とのせめぎ合い    .│
                      └─────────────┘










.

749◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:06:09 ID:G6ubnlGg
やる夫FDスレを作成するとき、自分の中で
一つ決めていたことがありました。

それは――

                   ,,、、、、
                 ,ィ ´; :;: . ..:;`゙;;、
                〃 ´`゙゙゙゙゙´´ ;:;:ミ;;、   人人人人人人人人人人人人人人人人人
               jji;: ,, .;,  .:゙,;,;゙゙,;゙゙} '.;.  <                         >
               jii!、、、,,  ,ィイ‐ッ、,,,} ;:;:i  <    こんな所になんていられるか!  >
               ';;;:`''''~;  .´ ̄` }; :{  <    俺は自分の部屋に戻るぞ!    >
                ji;;', ,ゝ‐''´  .:;' ,ハ;.} <                         >
                ',', ;;; ==- 、 ;  jリ    YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY
                 ',;', ヾ;;;;;;;;;;;;j .j i'´  
                 ;;;;, `ご゙´ j ハ   
                  ;:;;;;;、、,,,.....,.イ  ト、;:;:、
             ,..ィ´::::::ヽ\;:;:、 ...::/   / ヽヾ\、、
          ,.: .:.:.:::::::゙、.::::::::.ヽ\ V   /    ``ヾヽ、
      ,,.:.:゙゙´  `゙゙ ゙"" `;、        /    `ヽ、  ミミヽ
     /;;;:;         `;、 /´''''' `ヾ /       `ヽ、ミミミヾ
     /;:;;            .: ;    ii ;,. ´  ̄ ニニニニュ  ;:;`ヾ、



……まあ、ここまで露骨ではないにしても、あまりにはっきりした
死亡フラグは出来るなら見せないようにしたいな、と。
そんな決めごとを、自分の中に設けておりました。

750◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:06:29 ID:G6ubnlGg


ホラーやスリラー映画に付きものである「あ、こいつは遠からず死ぬな」
と匂わせ、続く展開の盛り上げに一役買う立場のキャラクター。


                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ   あぶな……っ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l



実のところ、FDを作成し始めた当初は、誠や月が
このポジションに入っていたこともあったりしました。

751◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:08:11 ID:G6ubnlGg

――が。



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(ー
   |      (__人__)
.   |        ノ    うー……ん。
    |      ∩ ノ ⊃    ……折角、自分独自のスレを作るんだし、なあ。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

752◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:08:35 ID:G6ubnlGg



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)
             |        ノ
              .|        |      どうせなら、定石をちょっと崩した方が、独自性を
              人、       |      上手いこと出せたりしないかね。
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7       例えば――単純な死亡フラグ要員を無くしてみる、とか。
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ

753◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:09:18 ID:G6ubnlGg

                                                  ___
                                                /:::::::::::::::::ヽ         ____
                                              / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                                             / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                                             .| :::::::::::(●).(ー )    |::::::::::::::::::γ:::::::::::::::::::: ノ
                                             | ::::::::::::(__人___)    |:::::::,. -ーy::::::::::::::::::::: /
そうすれば、次に誰が死ぬのか予想が立てにくくなるし。           | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /
                                             .| :::::::/::::: |        |   /...::::::::::::::::::::: /
それに、あからさまな行動を取らせなければ、登場人物皆が         | :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/:::::::::::::::::: /
「必死に知恵を絞っている」感じを出せるんじゃ無かろうか。         i:/:::::::::::: ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                                             r:::::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::ノ::: 、:::: //
                                            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r






          / ̄ ̄ ̄ヽ  
       /       ヽ
        |     _,ノ ヽ、_|
        |  ( ●)(●)|
       |   (__人__) |     よし。
         ヽ.        ノ     これで書いていくことにしよう。
          .>      く
      /        ヽ
    _/ ┃______i |
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄(,_,ノ \
  . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

754◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:09:57 ID:G6ubnlGg


この結果によって有る意味最も活躍を得たのが、月ですね。
その辺りは、第六話について語るとき、一緒に書いて行ければと思います。

  ,. --── 、
////イl!lヽ:ヽ.\
:./:/.:.:/:l.:|:.|l.:.:lヽトl.:ヽ
.:/.:.:./.:./ハ:ト.:.|.:ヽ!l.:ii.:',
/l|.:.:|.:レハ.:メ.ヽ|.:l/.|.:.i:l:.|
.:!ll.:.:|.:lィZミヽ.:l|〉、!l.:トN:|          
.:.|lトl.:.|ゞ┴ l/ k::仆|:l/リ          
.:.|lハ:!       ,¨´/l./
.:|N    、__' ′/レ′
小! ヽ   ` ー'`, '|/!             __ __ _ __
Nト!  ヽ、___/    ┌─────┤ ll ll lL」────┐
、``''‐- 、」        | ─────‐しl|,. K_ソー'────│
、`ヽ、 │       |  祝☆昇格  `‐'          │
、\ \ |、      |─────── : ────── |
 \\  | \    |               :.           |

755◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:10:38 ID:G6ubnlGg

さて。
死亡フラグ要員がいなくなり、登場人物の多くが迫り来る『死』
に用心して注意深く行動するようになった、やる夫FD。


            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"



とはいえ、誰かが『死』に陥らなければ、お話は続きません。

756◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:11:27 ID:G6ubnlGg

先ほど、ベアトを出し抜かなければいけない、という風に書きましたが。
これは勿論、やる夫をはじめとした主要メンバーにもあてはまります。


                                                               _,,. -‐‐rァ
                                               ,「7´ ̄`ヽ          , '´    !,」.
             / ̄ ̄\                           //       \    _ ,/      ∨!
            / ノ     ヽ                          [,|         `くこ_7_/      |.」
            |  (●)(●) |                          } ! 、   .>''"´::::::::::::::::::: ̄`゙'::<  |_jヽ.
            |  (__人__) |                          [|  >::'"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ.!_{:::::',
            |   ` ⌒´   |                          ,ハ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___::::::::::::::::::∨\!
            ヽ        }                         く_/ `>:::::_:!_:/!::::::i:::::ハ::::::::::i`:::::::::::::::::',  \
          __,, -ヽ     ノ -、                         ;' /::::/:´/!:::/ |::::::!:::ト,斗-;<!:::i::::::ノ::::::::i     ',
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .                      i/:::::::::i::::/ ,!ィ-‐、\|ヽ.!' !  ハ`Y!/レ'::::::!,    i
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }                       |::::::::::;!::::|7´ i  !      |  j ノ|こ]::|ヽ;:::八 _,イ]
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ                      !::::::::ハ::八 ,!_,ノ     ´ ̄   |_|/ノ::/::::::`iく/
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }                      `ヽ/ 「,ハ       '       ハ::::|´;:イ:::::::i::::|
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,                    rイ ./|__,|、            ./::::::ハ::::::|:::::::|::::|
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ                     Y^ヽ、,!::::::i>.,、    ̄    /::::::/::::i::/|:::::::ハ:::!
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄                       `ヽ./:|::::::|:::::::/`>ノ`i、__  イ;'::::::;'`ヾ|:::::|::::/:::i::|.
   _,,. -‐''"  `ー---''"                                  ./:::ハ:::::|::::/|:::/ /"´ソ._/|::::::i  /ヽ、!/:::::::り/>
                                               ,'::::/ |∨|/ rイ| ,' ,.'´_,.イ/|::::::|イ/ / `゙く<_]
                                               i::/  !:::;rく ソ'´!    _つ ,!::::/ /! /   /〉 `V´

757◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:12:11 ID:G6ubnlGg


             , -―…-- 、
           __/  /  ̄ ̄¨ ー-` ==ー-
          /     /      、  \〈´
        / /  ,ヘ,イ     、 ヽヽ ヘ
.        | /  //~~! iヽ   ヘ ヽ ヽ\\
        ,| !   ! !  ヽヘ\ ___ハ l ヘ  ミゝ
       ,イ !   V  ̄ ヽヽ\ ヽ !   }!l
         !!|   !| tセエ  ゝ エケァ〉ヽ | !ゝ
        リW∧ i!     〈    レ ノリ
             レヽi|、     '   /ル'
            ∨>、  'ニア , '
              ,| >、  /|
               __∧ヘ ` ´  ト、
             / V |  \_/|ヘ丶、
       , -‐'   /  |  <   > | \ `丶、
   /´      /   !  /ヽ イ `!ヽ/   `>、



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



彼らの行動パターンを知り、欺き、上回り、そして越える。
『死』を書く際、常に念頭に置いていたことでした。

758◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:12:33 ID:G6ubnlGg

ただ、これも結構バランスを考えないといけない作業でした。



                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
                  |     ` ー'´  u   |
                  \  u   :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }





と言うのも。
用心して行動している以上、どうしてもやる夫たちはおおっぴらな行動や
『死』に繋げやすい振る舞いをしにくくなります。

759◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:14:30 ID:G6ubnlGg
しかし、お話のためには『死』で誰かを標的にしないといけません。

                        /   l   l                       /\
=====ニニニニニニ二二二二二二ニУ   |   !                  /     \
  l ゙゙゙゙̄'''''¬ー- ....,,,,__       ,,〃   ./.l   l   ,             /       \
  l  .广''― ..,,,_.    ゙゙゙゙̄'''''''ーヘ./    ,i_ !   !  .l `''ー、,、      . /           \
   l  ..l      . ´゙"''― ..,,,_,  /    ./  ̄^  l  .!    `'''-、,、. /       ヽ         \
   !   !            /  ., l「    .,l__     l ,!        ~''ー..,、    ,/゙.ヽ         .\
    !   l       . /  ././     /   `゙゙''''ー│l゙               `''-x./    ヽ          \
    !   !     ./  ./ /     /         l                   `''ー、,、 .ヽ        \
    .l.  .l.  ./   ,./   /     ./         !    `'r‐ ,,_               `''ーミi、           \
     .l,   !,/   ./   /     ./            |     .l  ,..‐~゙''ー ,,_          `゙''ー..,、
     .l      /    ./     ./         .//     .レ'"       `゙'''ー ,,_
      .l    ,./     ./     ./       .,/  !     .l゙              `゙'''ー ,,_
      .l  /     ./     /      /    .l     |                       `'''ー ,,_.
       ゙‐'      ./     /    . /     ,../     !                        `゙''~
                /     ./   . /     .,..‐" !     l
            /     ./ . /     _/゛   .l゙     !
              /     .//    .,/゛     !     l
           /    /゛   . /           l      !
             /        ,/゛            !     .l
         /      . /             |      |
           /     . /               ,!      !
        /   .,..‐"                /      l______
       ./  /                      l      !
      iシ'"                       l゙     │

必然、その挙動を全て上回り、そして説得力を与えられるような
『死』の筋道が必要になってきます。

760◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:15:06 ID:G6ubnlGg

『死』の形なんて千差万別なのだから、どうあっても避けられないような
とんでもない『死』を用意し、描くことも出来たかもしれません。


         ,  ,..-'"  .´    ..-''''',  .iニ>     , / ., ._.       /ヽ '"    =ニ′ ゙"゛  .''> _..-'
        / `゙´  _.. --、__ '―ー'゛          <、          ,./ , --、_ x=ー ″ _/´.,.
      ./''"  .,r'"゛ _..".r   `'‐.、  く....‐゙     /           /゛  l__∠. へ、l二ノ . /   '"
     /    .ノ  .‐" /___,, -'",`';         _ /  "       | ./ .,l_/  /   i″  .‐"
    .,i'"  .,, - ̄ ̄/´  、./   .... ''./     ./  ‐'"            ヽ,`゙''"ーく..ア" , ー/._、
    ,!  ./   - .' /  . -'" /ー_-''!゙     .,〉 .''"            `ー ___-'"
   .l゙   .i`゙゙゙"'" .\ -‐'"¬''.,'''/    . /                ' .,
   .!   .l ¬''‐   ,ニ-ー ̄ ̄ー/   /             _ / _..-'"
    .l  .~_、 /. ,,、,.. -'彡′  /                ,/゙.,..-'″
    .\,    : ´`'ー -ー''"  , /              _..-'"_/゛
      `-..,,_____,,, -―'''''''"               _/´ /                         _,,. ー',...
                     ‐'._...、  ., / _..-'´                  / -'"      _,,..-'"
                    , .、    '゛''_..-'´ . /                 、 .´   ./ ._.t"_/´    /
          _. .-'"  .´ .`.,,, ._..-''ー'"  . /           ,..- _. / ‘  '"゛ _..-'"  ._.. ―j   / .,..-
         /   ,/`.''―'"゛ .゙_、   _.../               '"  '"    .,..┐._..-'"     |   /    ゛
       ./ ゙'--‐'゛ .r‐i    i!,.. "  ,./            _..、   ,/'、.. '"  ゛       !''''"      .,..
      ./       .゙''"._..〟 ._   ヘ, -         _/  ` ̄    __   .i ̄ ̄ ̄| ._,,、      /
  ./ .`″  .,i――‐. ../゛ . / く'"  / _.    ..ヽ_ ‐″_____/゛.,i`゙> !   ./ ./ /  /   ./.,./


しかし、もしそれをやってしまえば、やる夫達の戦意は削がれてしまう。

761◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:15:47 ID:G6ubnlGg


         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)     隕石落下や飛行機爆発、竜巻や突風!?
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //      そんなの、手を尽くしたってどうにかなるもんじゃねーお!
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

                                            _________
                                          /       'r r.r.r.i
                                         /        | | | | |
                                        /     u  .ノ.ノ.ノノノ
                                        ハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ
                                       / (●)(● ) .(    l ヽー―ー-、
これじゃ、                                /  .(__人___)  ム   イ    r    ヽ
俺たちが何やったってどのみち死ぬしかないだろ……。   ./   / ヽ`⌒´   |   .l    /     、 l
                                    /    /  八_ 、__ /l   |   ,'      l  l
                                  .  /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l
                                   /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l
                                  /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
                                 ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l
                                  ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ
                                               ', |     /         ,'
                                                ト、   ノ          ノ


キャラクター達がこんな風に諦めてしまっては、おしまいです。
お話はそこで終わってしまう。

762◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:16:43 ID:G6ubnlGg


        ___
       /_ノ  ヽ\
     / (○) (○) \
   / u   (__人__)   \
   |     |i!i!i!i!|   u  |    くそ、くそ!
   \  u  |;;;;;;;;;|    /     あそこでああしていれば、まだ望みがあったのに……!
    /    `⌒´    \
   (<<<)        (>>>)
    |、 i、       ,i  /
    ヽ_/       ヽ__/
     |          |



     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)
.   | ノ(  (__人__)
    | ⌒    ` ⌒´ノ       今度こそは守ってみせるぞ! 絶対、絶対にだ!
.    |         }
.    ヽ        }
     ヽ     ノ         \
     l/   く   \          \
     |     \  \         \
      |    |ヽ、二⌒).、           \




絶望しながらも、一縷の望みは捨てない。
こうやってこそ、犠牲を前にしてなお『死』との戦いが続くのです。

763◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:17:14 ID:G6ubnlGg



                / ̄ ̄ ̄\
   ムズイ…… /     :::::::::.ヽ
          /    :::::::::::::::::::: 〉
          |    ::::::::::::::::::/
          |     ::::::::::::::::::::l
          |   ::::::::::::::::::/      果たしてどこまでが「突拍子もない、絶望的な死」なのか。ボーダーは何処か。
           \__  :::::::::く       手綱を引っ張ったりゆるめたり、気づけばずいぶんと強くなった『死』
.            ,イ   :::::::::ヽ      をコントロールしていくことが、とにかく重要でした。
           / `   :::::::::::}
            ,' :::j  .:::::::::/
         ,-´ :::ノ  .:::::::::{
       (,. - ―.i_   ::::::::::i
          /      ::::::::::: }
.        l,. ----ゝ.ー―一´ー--.._
     _ _」.   `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
    {._  |    | 厂 ̄ ̄l ̄ ̄| |
.     `¨゙l____」__j    ∟..___|__j

764◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:17:40 ID:G6ubnlGg

ちなみに。
このあおりを喰らって、一人没となったキャラクターが居ます。

それが、彼――遠野志貴。


                    -<,..--      ` ̄ミ.
                    / ̄              \
                  ./,          ヽ.      '!`
                  /ィ' / !., ! ,ヽ_\ヽ.ヽ,     i
                  .! .! !| '! .ヽヽヽ.,__,,.\ r.、,|
                  .'!|, .!ヽ__.,_\<',r<''''ア〉!( V
                   ヽ'.,ノ)-.``'-.i '' '-''! 'f_.ィ'
                    .!"r",>='"ィ'ヽ.,__,ノ /.|,!
                  ,ノ .''".-'"-....,--‐' / ||
           .     /   `"三''"i'`'--r"---''''`!
            ,r-('く.,_   ,r'――'".,!| ̄!........--''"~'-.,,_
          ./"  `'-.''yi"      '-//     _,,..--'"''"`'''''-_
         /       ,/.|       //              ./ .ヽ.
        ./        / /       .レ'          .    /  .ヽ\
      ./       /  |       .(.)             .`〈     ヽ '!
    /       /   |                      .八     ヽ!
  ,/        /     ,!         !             .i  `,     `'!
 r"         / ,.r ,-"|       ,., !          .,.r7'!, `.,     \

765◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:18:11 ID:G6ubnlGg

没プロットの一部では、彼もまた『死』の標的に晒されていました。


                       \.、
                     _____\::`::::::....、 ヽ:.、
                    ` >:::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ::\
                    ....::::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:.、
_                 ∠:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  ,
'/,∧             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} ,::l
'//,∧              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, .,::::}
'///,∧         / ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::ノ
'/////ヽ       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
'///////,\ __ /::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
////////f/´///,::::::::::::::::::::; ´ ヽ::::::::://::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
'////////'////,∧`、ー:::::::l  ` ) |:://`/::::::彡ォ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::}
////////∧////∧  ̄ |  { |;'  /´r==/彡 フ::::::::ノ:::::::::::::::} l/
/////////∧////∧   ヽ 、 i'      、/{:l/`/彡 ´.:::::ノ/::://ノ
//////////∧'////∧    `-'        ` ¨ // /:::/ ///
///////////∧'////∧    l          '´ /ィ ´  /´
///////////ヽ'//////∧ ─‐ヽ            {
/////////////////////,       、     - 、   ´
'////////////\//> ´       \     /
////////////////、ー'         `  -
////////////////ノ
////////////////,

ですが、原作と同じく、モノを殺せる直死の魔眼持ちという設定だったのです。

766◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:18:43 ID:G6ubnlGg

彼の見せ場としては、だいたいこんな感じ。


                                 _____
                          ___  /l/:::::::::::::::<´
                          `>:∨::::::::::::::::::::::::::::::`:::...、
                          ,.イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::...、
                        ,.イ彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー.、‐
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                        //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl
                    ´ {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                       リ:::::::::::::::::::::::::::/::::/:/::::::ハ::::N::::::ヽ:::}
                        ';:ー 、:::::::::::://://:〃::::/ }:;ハ::ヾ}Ⅴ
                         | ` l:::,ハ灯示メ、{//:/ ,.ィ≦ ;:/
                      、  Ⅴ  込z少 /  仡rタ, ''
                   __';ヽ__}            ¨´/        
                    __/'/ーノ'              ゝ  '        ――――……。
             , ィチ'/////\ヽ    ヽ    ==ー /、         成る程、ね。
.         _,..。r:≦///////∧'///,ヽ\    > .     ´//∧
      ////////////////\////>`、 、 /l`)'///////}
     /'///////////////////\///// /И l´l////////,
    /'///////////////////////,>//、'_  l,ノ/////////,

767◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:19:06 ID:G6ubnlGg


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
                            ____   lY
                           ≧_  `刈l|
                        、丶゛        狄⌒ヽ
                     ー‐ァチ         ⌒≧x
                      / //          く⌒
  _/\/\/\/|_       /  /////ll  l        \
  \          /     _「_\ /   /l|ll|  l  |  \  l  「`
  <   っ!!   >   ┌¬,’ '尓 / 、|/|  ト、 |`メ、 ∨ ハ|
  /          \  ┌ _⌒    犲l庁㍉ヽ | ッ丐ゥ\|个ァ〟, _
    ̄|/\/\/\/ ̄ _ =ニ气      {ム `= ^   ^ ='^ リ_ノ    / "'' ァ〟,
              , 气ョ_㍉从_   /≧- _  i     /l         ノ   i
           , l| l  ,lx '′x个=ゥ'/    丁T ┬ ∠ノ /    // ≦、  |
        , l| l  , r'′ ,x仝く 〈 l   ,x<二>    丁T =≦仝=≦、⌒ l|
     , l| l  , r'′  ,x仝ェ__   从r≦──‐く           ̄ミ 、 \  ll
    /l  , r'′  ,xく    __  /  r' ̄「 ̄´              〕   ll
     |, '′  ,xく __    __≧rf   ノ/´{⌒}__                 〃
       ,xく( ___≧=干 ̄  从 /  / ̄  ]〕lト ,,           イ
      / x=干 ̄         {  \イ厂       「 ○    〕lト--=====彡ll
        ||                \ 少'll      \            ll
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―

768◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:19:19 ID:G6ubnlGg


  !l    li                     \     \
 !i|    |i                       \   _\ フ    彡´
 i|    |i                         ゞ ,´ ヽ(く   二 ≡-
.i|    |i,, ,,                   ―=≡|「|(\ ノ ヾ ‐ = ≡ニ
i|    ////               /|  ./|  |」|」 ヾ v´ ( 、  ` ヾ 、、
li    il////            __|  |_l  |_ 〃! /ヾ、ヽ \、ヾ\、 、、
il   i| ///           ―=、_  _   _\v  ヾ\   \ ゙
i   i|! //                |  |  |  |      ゞ\    ヾ、
l  |i  /                 ―=≡'´  |  |       「|「|゙\   ヾ、     , /
  |i                    ―ニ三 ∠_   ―=」|」 ∧   \    ///
  |i           /`l         ∠/ ̄ ̄ ̄      ∠ノ ヽヽ  ゙ヾ  / //
 |i         ,、.   l  |/ 〉                      ヾヾ、   \/ /
li|i        ,l |  l  |レ'                      丶、!ヾ、   ./ /
|!         ,! L.-ヾi=,'                       ヾ. ヾ、 // /
       _,.-'´  _, - '_´                         、. ゞV  /
       |_,.- '´| L-'´_|                       、  巛// ////
        ,.-'´  ,.-'"                           i iii〃、  //
       |,.- '´| |    />                  ヽゞ、_ , ,ゞ  //   /
          |,i  / r´  __                  く    ´´    /
            く/Ll  //                ,, 〃   `゙i !   ,, ゙ヾ、、
                 レ'!_l            ,,_ - ‐   !!〃       i^!  ヾ
                /|           ,, 〃´´    ゞ  て 〃 ゞ ゞ゙ そ´
               //   __     _´  ,, - ‐ ‐ ゞ〃ゝr`〃 / て,, <フ
             / ィ'  /__ノ   /丿 ヾ     /´´i !!>  /  /ヾ  \
           ., ,, く/レ         / /       /  /  ヽ   i // ヾ  / 丶
   ..,, - ‐ ´´     .,, ,, - ´ ,____,. - '´ /       \i  |l ヽ ヾ li //  ヽ/
   ´     , ,, - ' '     /____,/          \ !| ヾ  ヾ  ヾ   !
      ´´                          \ li ヾ  ヾ   ヾ
                                   \|! /ゞ  ゞ

769◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:19:46 ID:G6ubnlGg


                 ト.、
            、 _  、ー- 、 、:ヽ
            ≧::::::`::::`:::::::`::::::::`:..、
           ,.イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:.、
.       , ィチ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ‐=彡:::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::',
       〉::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ',::::::::::::::::::::::::::}
       ノ:::;イ:::;ィ:::ry:::::::::::;' 、ノ::::::::::::::::::::::::;'
.       ´ヽ/ l://:/ .l::,、:::;イl ヽ:::::::::::::::::::::/         ――ふぅ。ま、こんな所か。
            l'〈:〈. 〈 tノ`    .';:::::::::::::::::;'
           l' ', 〉       ,ィチ三二ニ=‐-、      生憎だったね。
               | ` 、‐_'_,.イ/////////////l      僕が殺せる『モノ』は、そこかしこに転がってる。
          _, ィチ////////////////////∧     
        ,.イ//////////////////////////≧ 、   線が見えるなら――『死』だって、例外じゃない。
         |`ヽ////////////////////////////≧ 、
         |///ヽ//////////////////////////////\
         |////∧'//////////////////////////////|
         〈/////∧'/////////////////////////////,|
         ノ///////',/////////////////////////////|






     _ ノ:::::::::::::::::::::::::::::v=ァ 、
     >::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
    イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::\
    /,:::::::::::|::l:::::、:\::、::::::、::::::::::::Y`
    {::/:/:::|::ト、::ト、斗チ升 ゝ、::::::ハ
    |八ト ::ト,| \, ´Y:いxキY´ハ::ト
     `| rチtミ f    ゚ー{ ̄V )_ノ:ノ           とは言え、教えてくれた柔速出くんたちには感謝しないとね。
        f´Yり「` 、__,ノ   く:::/
       '、_'、 ` _  -‐'  ノ V             この借りも返さないとだし、目処が付いたら手伝いに行くか。
         `丶、    /  」L 、
             ーr ´,..::::´:::::::::L,__, -─ 、
              _「:{::::::::::::,,.::::::´:::::::::::::イ::::::::::::ハ
     / ̄`ー─‐ '::::○:: ̄::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::`:,
     ,':::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::\
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::l

770◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:20:06 ID:G6ubnlGg


               /        ___   l. l               /             ヽ      l
           /        l゙ o }   l, !           /              ヽ     .|
              _    ._..‐'.!  ゙ー-'   l l,            l             ゙L    .!
         /゛/ ,..-'".,..-'゛        l l            l                 ll、   !
        / .!'´., /              l /  ̄/     /               l!__r‐|r‐-'"
        / ,/゛                l,二二    _rt'ト                  i″  /
        ! l       ._..〟        /__/    ,..-、                 /  ,/
         l .!   _.. ‐''´._..ノ         /l   l _..-'" _..ノト、               / ,,┤
         ! し-''". _.. ‐'″          / .l,..-'" _..-'"゛ !| .__-、       ./ ,/ l
       !_.. -'"                 // _..-'"     __ l__l \_    / /   l
         |              ,! ゙゙‐'ヽ ヽ     l__l    / /-, / ,/
         l                 i′    l,、 l.    リ   / /,,ノ./
            l                !     ,i" ヽ.l.   │  /__/ /
         │            l    /    '<'、 ,..-'゙ll、 ._//        l
          !            |   ./      ヽ`ぃ-l゙.!'" /
`'ー..、       .|、              |  ./       l.! l.l .,! /   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
、   ゙゙'-、、    .l'-             ! /        〃 ゙'ミ .ヽ   |  ……ん?     |
 ゙''-..,、  `''-..、 / !          /l゙        ||  ヽ ヽ  ヽ________/
    `゙'ー ..,, .`''" .\         l .l           !|   ヽ  ヽ 
        `゙'ー 、  .\         ! /         !l、.    l  .ヽ

771◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:20:28 ID:G6ubnlGg


            . :丶、::.::.::.::.::.::.:.:.:.::.:.:.::.::. : .:.: . : : .
       、   . : .::.::.::\::.::.::.::.::i:::.::.: . : . :.:. : . . .
         ` ー::.:.:. . :.、::.::.ヽ::.::.:_|::.::.:.:. : :: : :. : .
          . :.:..::.::.::.丶、::.V´ !::.::.: : :. :.: .:
            .:.::.::.::.::.::.::.\l  |::.::.:.:.: : . .           ブスッ!!
          .::.::.::.:::.:::::::::::/⌒「::.:: : : . :
         .:.::_.::_.:::::::::.: イ    }::.::.:.:. : : .
      ー‐. :.::.::.::.::.:.イ「 !   :;::.::.:.:. : : . : .
 ー──── ‐‐:.:.ィ「 ! } |  } /.::.::.::.::.:.:. : : . :.
        .:.::.rf千l ! |¦ l∠L/..::.:、::.::.::.:.:. : : . : .
       ,f 「 i「T l」 ! |少'.::.::.::i: .:.::.::}::.::.::.:.:.:.:. : .
     ,ィ「 !!¦l |少'.::!:.::.::.::.:{::.::.::.:|::、:::.::.::.:.:.: : .. .
     fⅥ! | i| | lr┘.::.:::|::.::.::.::::',::.::.::.l::.::.、::.::.::.:.:. : : .
     l 刋!」少′.:::.:::.::l::.::.::.::.::丶::.:::', ::.::.、::.::.:.:.: : : : .
丶、  `¬宀´.::.::.::.::.:::::::::',::.:. : .:::.::. \::. .  ::.::.::.:.: : : :.
  丶、  .:.::.::.::.::.::.::.::::::::::::::ヽ::.::. :.:.:::.::.::ヽ  .::.\::.::. : . :

772◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:20:53 ID:G6ubnlGg


       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.     ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
     /,, '"i::::::::::::::::::::::::::/  i:::::/ヽ:: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
        i:::::::::::::::::::::/、:i /i: ' ̄ヽ、',:i ヽ:::i /i::::i ̄ ヽ、:::::::::::::::::::l
        i:::::::::::::::::::/i '/  (・)  } i .::::: i  '" ̄ ヽヽ::::::::::::::::::l      
        i:::, 、::::::::::i i  `ー==='  i━━ / i  (・) i ヽ::::::::::::::::l
        /'`ヽ:::::::::::i i         i :::::: i  ヽ---、/  ',:',:::::::::::l     ぐ、ぼ……っ!
          ヽ ヽi ヽ、      / ..:::::  i        i i::::::::::::l
           ヽ ', u `-‐‐-‐ ' ,⌒  ヽ、      i i:::::::::::::l     ぇ、なぁ……っ!?
            \i  u u     ,'  ヽ   `-‐----' i::::::,:/ i'








            ゝ _ ノ `       u. /|:/
              `  ⊂ニ⊃  / .|′
               `l  __┃ ´  |                今、殺した、んじゃ……!?
               i─┤   i────‐i              もう、『死』は――――
.              , ┘//l ̄ √l/////////ト、_
       _,..。r:≦'////,└i l‐┘/////////////> 、 ___    ――――っ!
  , ー─ <'/////////////l l/○/////////////////////`ヽ
. /////////////////////l l//////////////////////////∧

773◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:21:15 ID:G6ubnlGg

゙'-,;;;;;~゙''''ー、,      `'∴;;,..-'''"                i-V;;;;;;;;;|,      l;;;;;;|  /゙Y'";;;;;;
  \;;;;;;;;;;;;;;;\      `゛          i--.... ..、     ゙l、;;;;;;;;;;; !      l;;;;;.! ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;:
: t 、\;;;;;;;;リi,;;; ! .ト、        _..-''゙ ゙゙̄'''-、L;;;;;;;;;;`''-..、   `''、;;;;;;ヽ,     l;;;;;;;.l/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 .ヽ\.ヽ;;;;;;゙V;;;} ,!.l       ./ ;;;;;;;;;.,..-‐'''''''''''ー 、;;;;;;;;;;;;;`'x  .v、`ぃ;;;;ヽ,    . l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;n.
  .ヽ;;゙'' l'、;;;;;;;;.l /;;;.!     ./;;;;;;; /  ,..-‐''ッ  ,,、`'./ ;;;;;;;;;;ヽ, ゙'.l' li.;;;;;;;\,,   .ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l,
!、  .ヽ;;;;;゙!コ;;;,iジ;;;;│     ,!;;;;;;/_,  .!  ー゛  .lヽ l;;;;;;;;;;;;;;;;.!  l;;";;;;;;;;;;;;;\   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"
;;.l.  .li.l;;;;;;″;;;;;;;;;;;;;l.     !;;;;;;;;;;/, ┐  、 .i、.iii ゙' ! |;;;;;;;;;;;;;;; l  .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\、 ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;:
;;;;.l   l;;;;;;;;;;;;...-、、;;;; l    .|;;;;;;;;;;'!゙;./  . |ハ、,_.x、   .|;;;;;;;;;;;;;;;;│  .!;;;;;__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、,,`''-_;;;;;;;
;;;;; !  .l;;;;;;;;;'~゙゙゙>⊥;.!   .し;;;;;;;;;./  ,i";;;;;;;;;;` !   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;}  !;;;; ! .!;;;;__,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝ、,゙''-.
;;;;;; !  .!;;;;;,./ '´ `''i;;;}    .!;;;;;;;;.!  /;ヾヘ;i、;;; l  ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!  !;;;; l !;;;;`'''√''''ー、、;;;;;;;;;;;;;~″
;;;;;;; !  .,!;/゛  ,、 i、.!;;l゙  _,,!;;;;;;;;;;;| .l゙;;;;;;;;;;;;;;;.│  ,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│  !;;;;/.,/;;;;;;;;;;;;\_   `''-、;;;;;;;;
;;;;;;;;;!  .!;;;|、 〃 |}.!;;゙''i .!;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;;;;;;;; |  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  /;;;/ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ヽ  ゙'、;;;:
;;;;;;;;;!  .|;;; !    ‐r .!;;;;;.!  !;;                      ;.ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  `‐
;;;;;;;;|  l;;;; !  !'~''"| .!;;;;;;;! .|;;;;   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ      ;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.........、;;;;;;;;;;;;;;`'、
;;;;;;;l゙  l゙;;;;;;.! |";' l !;;;;;;;!、ヽ,;   |   へ……      |      ;;;;;;;;;,,./ ゛ ,/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;/  .!;;;;;;;;;ヽ,|、;;;;| l゙;;;;;;_,,..ゞ'   ヽ________/      /   ┴¬'ー-、;;;;;;;;;;o ィ″
;;;/  /;;;;;__;;;;;;;゙!ミ;;;;,゙,.l;;,゙,, -'''゙                      'リ′         __,,,,ゝ;;;;;;;.\.
;/  / ;;;;;`l.フr;;;;;;;;;;;;;_,,..―'''''''''''''ー ..,,;;;;;;;;;;;;;;;`''-、 ゙く;;ヽ   .!'",/;;;; /    _,, -‐'''゙´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
".,./ ;;;;;;;;;;;!゙;;;;;;;;,,./ ´   ,i'、   .,,、 `'''、.;;;;;;;;;;;;;;;゙'、 .l;;; l   / ;;;;;;.l  ,/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,r"    ./゙ン′  ヽヽ  `ぃ;;;゙ミi.;;;; l .!;;;.!  l;;;;;;;;;;;.! ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..-''''゙゙゙ ̄ ゙゙̄''-
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i"_,    !ヾ   〟 _.`マ   ヽ; l. };;;/│;;;,!  .l;;;;;;;;ノ / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     iー ,,.
;;;;;;;,iリ;;;;;;;;,l/゙;i|八〟   .,..,ii''7ニ'>i、   _,r、/;;;l/ / . !;./   l;;;;;/ ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  ., ┐   `'、;;゙'、
'.!;/./;;;;;;;;;";;;;;;;;;;;;l   .,i'゙‐';~丶;`;;;/  /丶;;;;;;;;;;;lr‐'ジ    .l; ! .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  ./;;;/     .ヽ;/
. ゙",!;;;;;;;;;/'l,;;;;;;;;;;,!   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  !;;;;;;;;;;;;;;;;;,/      .‘゛ !;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  '、_./     ..
  .!;;;;;;;;;;;! . l;;;;;;;;;l   ,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ./ ;;;;;;;;;. /              l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!'゙!     ,゙ 、,, r‐''''~

774◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:21:34 ID:G6ubnlGg

:/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:| ああ――そうか。  |::::::::.............................................:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:ヽ________/:::...:              :..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....:                 :..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:                :::;:;: :.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.;´::;;         ::::::::   ::::::::;:;:;: `;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ;:;:;:        :::::::;:;  :::::::::.;:;:;:;:; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  ;;;、      ::::::::::::::;:;  ;:;:;:;:;:;:..:;:;: .;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.;  ;:;.:  ..............  :::::::::::.................. ヾ;; ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.; ;:;; ;´´;:;:;:;:;:;:;:;``; ;: ;´;:;:;:;:;:;:;:;:;ヾ ;;  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ;:; ;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;; ´`;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;; ;:; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ;; ;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.: ;:;ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;; .;; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...;..: ヾ、;;;;;;;;;;;.:´.;´;;`;;`ヾ、;;;;;;;;;;...::、..:、..;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  .`` -‐--、..; ;:::::::::;ヾ、,-‐--、´;;  ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、............ ;:;:;. ;;;:;、;:; ;:;  ...............;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`;  ;;:;ヽ;;  .`´;`’ ;:;:;  .:;:.:; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; .;.;;.;.;:;.;..;、..;、..;、;..,、..;..;..;.;.::.; : ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.; ヾヾ;、;...;..;....;....;、;..;..:、..:´::: ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   ``;..;..;..;..;..;..;..;...;...:: ::::: ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヾ、  .`´`´`;´`´`´;:::::: . ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...       ..:;;:;:; ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           :::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  そういう、事か。  |::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ________/:::::::::

775◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:22:39 ID:G6ubnlGg


.  /::::::::::::::::::::::::::::::://::::;:/i:/  ` 、、 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.  /::::::::::::::::::::::::::::::::i .i:::::/,,,l'、    `,,,,ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  l::::::::::::::::::::::::::ハ:::::i i::/‐- .、      / ヽ:::::''::',::::::::::::::::::::::::::ハ`
  l::::::::::::::::::::::::,' ';;,'-'"i:::iヽ  |/ ̄\i. ;‐; X;i.i、、::::::::::::::::::::,'
  ヽi::::::::::::::::::,'./、  /::/   ,|   .  |  、 /::::/ .ヽ:::::::::::::::i
   ヽ:::::::::::::/i/\‐`"" ̄ ,.r"   ::. \ ̄"'''‐ /i:::::::::::::::i
    l::::::::::::l::i    ̄ ̄ ̄     :::.   ̄ ̄ ̄´ .,'::::::::::::::/
    ヽ:::::::::l '            ::::..       i:::::/ ヽ    今この場で僕が『死』を殺しても。
     `;::::::l          , '` ^ ,:::       ',:/〈 ヽ i
      /ヽi                      i, .i...〉./    <『死』を殺した>という現象に対して、『死』が与えられたんだ。
     .i ,i i,          -- ‐‐‐ --       .,' /:/./
      '-.,, ' ,           ___           レ:::/      そして、やっぱり『死』は降り掛かってくる。
.         "'' ,                   //
         |:\                     //
            ',::::i\               イ:::/
.           ヽ:i  \          / l::/
            i   \_____./   i/







        j::::i  ヽ、.              /     
        ヽ:j   ヽ、      ,.......-‐'7  /
         i     ` 、    `ー―‐' /         僕のやった対処方法じゃ、どうも許されないらしい。
        /        ` 、       /
     __/ i''      \    `----‐ '           あくまで『死』を乗り越えないと、意味が無いらしいね。
   / ..i  i               .ト-- 、         まったく、厳しい話だよ。
  /::::::::ヽ ヽ、            i ヽ::::::::::`-、

776◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:23:17 ID:G6ubnlGg

       .l;;i′      /     .!;;/ .イ、;;;;;;;;;;;;;;./ |;;;;;; /         .r' /     ,イ゙ .,〃     ../; /
       .|/       ノ      .l;;; !  l;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ !;;./           ,,ilr'"     ,i'./        ,./ ,/ .,.
       :l゙                 | !  /;;;;;;;;;;;; /  /./         '″      .,l./        ,,ノン"  .フ;;
              _,,          !゙.,,.,i";;;;;;;;;,./  .iУ                             ,i'/ .,..r'";;;;;
   .i}′        / ;;,! .,      /;゙;;;;;;;;; /   .l″            ,ν         / /_..-'";;;;;;;;;;;;;;
   `           i";;;,/ /      /;;;;;;;;;;;;/                   il l′         _..-";;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ ;;;;;;;;;;/               _    ,,i!!″     .,..r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;.,,,r‐ー'″
        |  ――すまない。  |;;;;;;;; /              ,,il″   .´     .,,./ ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;_ン'"
     .,i''l  ヽ________/;;;./    .,.     _ /″           _/;;;;;;;;;;;;;;;;;,./ ´        _ン'
    ,lゾ  .〃   .,〃 ./  ,i";;;;;;;;./     ./     ,r'./     .,    ._/;;;;;;;;;;;;;;,,,./ ゛       . _,,-へ.iii
   .〃   ./l   、〃 ,ir / ;;;;;;; /    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  _/丶;;;;;;,ン'″    ,, ;;二二r‐''''、;;;;;;;.
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ / ;;;;;;;;;;;;l  .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'";;;;;;;;;;;,/゛  _,,,,,__ ,ir!'"       `'''″
  .il″ / ;;;;;/ ,ノ゙''゙,i彡'゙i/'";;;;;;;;;;;;;;;;;゙‐''"./     ,-/'" ,.. ;;/!"._./ ";;;;;;;;;;;.,./ _..-、., />'"゛
. ,i|′ ,/;;;;;;;;l゙./ ;;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'|  ,.il!ン''/...-彡 '',゙..-'";;;;;;;;;,..;;二―'",,/'!'"
// ./;;;;;;;;;iレ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; / .,. |/‐ンン'∠゙‐'゙´;;;;;;;;;;;;,i;;iU゙‐'''^゙゙''″         _..i
/r'";;;;;;;;;;; 〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'";;゙´,iテ '´;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;フ"  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'“;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /   __..;;メ| 僕は、ここまでだ。 |.. -ー'''''゙゙''゙ ̄,゙/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i 彡‐''゙,゙.. / ヽ________/;;,,..、;;;;;;;;;;;___,,,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,./ '´             _..- ._,,./ ;;;;_,,./   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,./ ″   ._,,,,_,,,..;;ニニ!゙彡''彡-‐'"゛        ‐‐‐'"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;./ ._,, ー'''゙゙´;;;_.. ;;ニ`- ゙゙゙̄‐'"゛
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_.. `-'''''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iiijj⊇....--‐',゙,゙,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,..r‐ '" ̄゛ . _..yrー''“''''"    . _,,.. -;;ニニコニ;;r‐
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_..-‐'' 二ニ  ―ニニ`-'”'"゛     .,_iiir=`-''''"´

777◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:23:32 ID:G6ubnlGg
――とまあ。

つまるところ「『死』の強さを見せつける」キャラとして
最初は出すつもりにしていました。

778◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:23:59 ID:G6ubnlGg

しかし。






                      さすがに強さが異常じゃね?
        ∧,,∧ ∧,,∧
   ∧,,∧ (´・ω・)(・ω・`)∧,,∧   魔眼持ちすら殺してしまえるような『死』なんて、
  ( ´・ω)(∧,,∧) (∧,,∧(ω・` )   結局全員死んでしまって終わりじゃないの?
   l U l (  ´・) (・`  )l と ノ
   .u-u (   l). (l   ) u-u'    どの道バッドエンド確定じゃん……
        `u-u'   `u-u'






こう思った読者の方々に、スレ離れを起こさせてしまう可能性があり。
多少こねくり回しはしたものの、登場は見送られる形となりました。

779◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:25:30 ID:G6ubnlGg

『死』の順序の、手を抜いては行けない。
しかし、あまり強くしすぎても駄目。


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)
.   |        ノ    あくまで、やる夫達の一歩上を行き続けるような
    |      ∩ ノ ⊃    案配でコントロールしていかないとな。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



           , n / ̄ ̄\ .n
        . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
        /,イ / (○)(○) .l i i i
         〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉
       ', i.  ',   ` ⌒´ /   /   これで、死にやすいキャラクターがいれば話も多少転がしやすいんだろうけど。
        .i   l.      ,'  ./    前にも言ったとおり、そこら辺のキャラって大方排してしまったんだよな……。
      .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
          ヽ     〈_ノ ノ
           |     ./
           |    .   |

780◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:25:46 ID:G6ubnlGg

こうやって振り返ってみると、半分くらいは自業自得って気もします。

                       /) ̄ ̄\
                     /∠___ ヽ、,_ \
                    / / ,-イ)(= )!!! |
                    l / /(__人___)   |
                    l   ', `⌒ ´  u |
                    ',    ',      |
                     j    ノ      /|_
                   _∠⌒ヽ j, _、___ ィ/::\__
               ___/ ...:::::::::::ヽV ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::...´´''' 、、、 _
             /::::/ ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... :::::..\
            | ::/ ...:::::::::::::::::::::::: /;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::: l




定位置に付けるキャラの重要性を、突きつけられた思いでした。

781◆yS5pHxqbI62012/09/09(日) 19:26:04 ID:G6ubnlGg


今回はこの辺で。

次回は第六話のあとがきとなります。
よろしくお願いいたします。

やる夫たちが『死』から逃れるようです あとがき その3

673◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:03:38 ID:BuP1bYHE




   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |  ←3度めの……代理AA 
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |




あとがき、その3を投下いたします。

今回は、第3話・第4話を中心に、自分の考えや創作メモ、
没ネタなどを語って、スレ埋めの一助としたいと考えてます。

よろしければ、おつきあいくださいませ。

674◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:04:00 ID:BuP1bYHE









                      ┌──────────┐
                      │7 ・ 第3話 「境日」  │
                      └──────────┘










.

675◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:04:44 ID:BuP1bYHE

第2話と時間軸を同じとする、このお話。



 /: /: :.:|: |: :..ヽ:ヽ          i   ´    ` j: : /: : /: }/ハ:.:.:. :.:!:.:.l
./ /: :.:小 :!: :.:.:.:ヽ:\   /⌒ ー--、‐ 、    /://:.イ:.:.:/:.:.:.:.!:.:.: : ト:.:.l
':/!: ::. :.|:ハト: :.:.:.:.:.:ト.ー  /         \i   /イ:.:/´:.:|:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.: : | l:.:l
/ | : :.:.:.l:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.l:.:\ {         j   /:/:./:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:l|:.:. : l !:.!      
! !: : :.:.:|!:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:l´ノ \ー-  ___ノ  .イ:/:./}:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.: :l j:リ 
| ,.ゝ---― 7´: \:.ヽ   ` 、 ‐ _ .. .<_:.:.:./:/:.j:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/ !:.:.:/ //
イ        { : : {  \ヽ      ̄/ ヽ:..:..ヽソ/:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/  j:.:/ /´
       ヽ: :\   `\     {   〉:../´ `7:/- :._:.:./  /´






「前回と対比させてみよう」という考えは、構想段階から
練っていました。

676◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:05:55 ID:BuP1bYHE

前回描いたのは、いくつも手順を踏んでの発動となる「死」のトラップ。
それとの対比、となると――


                   / ̄ ̄\
                  /   _,.ノ `⌒
                  |    ( ●)(●)
                  .|    (___人__)
                  |        ノ
                  |        |_,-‐、  / ⌒)   映画にも度々出る、「次の瞬間にはグシャ」
                  .人、      厂丶,丶,丶´ / ̄    って奴だな。
               _,/( ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
        _, 、 -― ''"::::::::::::\:::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
       /::::::::::':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ::::::: )
      丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',:::::|
     i .:::::::::::::::::::::|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈 ::::::::::::::... ',::.
    / ..::::::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\:::::::::::::::;;;ハ ::::::::::::::::::.. ',




――あっさり決定しました。

677◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:06:15 ID:BuP1bYHE

映画の中での突然死で結構多いのは、車が突然
画面外から突っ込んできて……というもの。


                                             _______  / ̄/
                                            /          / / /
                                           /          / /レ/ / ̄/
                                          /_____   /     / /    
                                                 /  /     iY/     
                             ,____               /  /             
                       ,,,、‐=ニ´、、___ ``` ̄ ̄ ̄_____/  /              
                                ` ̄ ̄ ̄ 7//             /               
                 ,--/                 .  /_______//ソ  ___―===―
                 >´                  / /__/´ ̄ノ___、、-´ー、´´´ヽ  ̄ ̄―‐―― __
           _  _,、-ーー´´`゙─ー-≡==-----、、、、、_________/ / ----´´  ヽ   l  ,-、 l ――――    =
      ,,、、- ´, ^´                  __,,、、--ーー´  `、     -Θ┤  l/ ,、`l__―_____
     ,/ 、 , ´                ,、-ー´´  ̄``ー-、,   l        l   / /::::lヽ ̄___ ̄―==
    /、  ン                ,、-ーー----,   ,-―、ヽ │       l  / /:l ハ::l リ ___―===―
   l  `ー´              ,/´  ____,,,/,==/:::::::ヽ l, `l │      l  l l::l=o=l:l ̄ ̄―‐―― __
   ト、_  ____             ̄ ̄ ̄       /´Γl`ヽ::l l l   __,,、、-― ,ノ:::l/,l l:l ――――    =
    ll `、 l  l```` ̄ ̄l`ー-             ,/ ヽl l,、-ーl:l l ,,l,、-ー´__,,、、─´_,,l:::ヽ-´/__―_____
   ,ヾ、_ `、l,  l_____    l  / / ̄ ̄ ̄ ̄`l   /`(::)-ーl::l レ-ー´´ _,、-‐´ヽ:::::::::::ノ  ̄___ ̄―===
   (、  `` \__   ̄ ̄ ___/ /    ___丿   l ̄/ ハ ヽ、/:/_、、-ー´´           ___―===―
    ``~ー‐--、、、,二,二,    `  ̄ ̄       l/ /__ゞノ:::ノ                 ̄ ̄―‐―― __
                 ̄ ̄```ー--――――;::´:::`::::::::::ノ                  ――――    =




いわゆる「横方向からの衝撃」ですね。

678◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:07:02 ID:BuP1bYHE


んじゃ、逆に「縦方向からの衝撃」ってどうなるか?
と言うことを考えてみると、出てきたのがエレベーター。



|  |  | |        [01]                 [02]          
|  |  | |    〔 [ニニニニニニニニ] 〕     〔 [ニニニニニニニニ] 〕    
|  |  | |    ._______     ._______    
|  |  | |    |       |       |     .|       |       |     .
|  |  | |    |       |       |     .|       |       |     .
|  |  | |    |       |       | _  .|       |       | _  .
|  |  | |    |       |       | |iヨ|  |       |       | |iヨ|  
|  |  | |    |       |       | |iヨ|  |       |       | |iヨ|  
|  |  | |    |       |       |  ̄  .|       |       |  ̄  .
|  |  | |    |       |       |   .  |       |       |   . 
|  |  | ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  |_|/


「2」のギミックとして既に登場していたので、最初は見送ろうかとも
考えていたのですが。

679◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:07:45 ID:BuP1bYHE




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)      「2」のギミックはきちんと段取りを踏んでいたものだし、
  |     ` ⌒´ノ      突然落下、という事にすれば別種のギミックに出来るな。
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \




と言うことで、Goサインに至りました。

680◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:08:11 ID:BuP1bYHE

ちなみに作内では、エスカレーターが登場していますが、
これは前回の後書きでもあったとおり、ボツにした案の名残りであります。


  |
  |                                       
  |                                                  
  |
  |                               
  |__                                                      
  |―へ \                                             
  ||    \\                       
  | ̄|    \\
  | ̄ ̄|    \\
  | ̄ ̄ ̄|    \\
  | ̄ ̄ ̄ ̄|   \\
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   \\
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   \\
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   | |____________________
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_」_」:.工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工



正直なところ、
後ろ髪引かれる部分が、ちょっとだけありました。

681◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:09:56 ID:BuP1bYHE

後半は、やる夫に銀、そしてこなたの三者三様。



       ,r:-::‐:::-:.、
        |:/" ̄`ヽ::}           
    __,.:-┴::─ィ'ヽj/:‐:-.、        
  ,.ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ::.::.:.:.:`ヽ、
 ,/:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::i:.:.:.:.:.::|:.:.:.ヽ、:::.:.\    
../:.:.:.:.:.:.,'.:.:.:.:::i::.:|;/|:.:.:.:|:.:|i:.:.:.:ヘ:::.:.::ヘ   
.j.......:.:.:/:.:.:.::;-i‐- |:.:.:.:|:.:||‐-:.:ハ:::.:.:ハ
l: : : :.:/:.:.:.:.:.:/|:.:|. |:.:.::リj/| ∨:.:.:|::::∧:|  
{:.:.:.::/:.:./::.:/__j;/_ |:.:/ __!__|:V:..}:.:}    
∨:〃::/:.:./オ≡≡ j;/ ≡≡|:.∨::/ 
. ∨:.:/:.::/:|          ’|::.:|;/
  |::/.:.:/::.:|、゛   ー'ー'   ィ|::.:|



実は「ここで入れておかないと、もう後はなさそう」と
思って作った部分がありまして。

682◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:10:14 ID:BuP1bYHE

それが、お風呂の下り。


   ⌒           ⌒
 (     )           (     ⌒            │     || |
    )                )           │     || |\
                 (    ノ             │     || |\\
  )___________  )_           │     || | : :\
────────────‐ ヽ\        │     || | : : : : .
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ij ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄し' ̄ ̄]          │     || | : : : : :
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ.     || | : : : : :
  o                。     | ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ.    || | : : : : :
    ゚                |  ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ.  || | : : : : :
 ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ|| | : : : : :
ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ\ : : :
 ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ.\ :
ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ ̄ヽ



こなたの涙、犠牲者たちに対する想いのぶちまけ。
それらも勿論ですが――

683◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:10:43 ID:BuP1bYHE

映画「2」~「4」にかけて、本編の合間にちょこちょこ挟み込まれている
お色気ネタ。




      ("⌒ )
               __
           , ' ´      ` 丶、       ⌒
         /   ,. -ュ,ニニ弌垳ト、    (   ,, )
        /   /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
        ,'二 /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ`,    ∫
        l=-/ l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
        ト / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l | ( ⌒゙ )
       人/ 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ       
       {ケ^|」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
        ヾ\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳         
        .::ヽ/ ハ ヽ‐>ー- く  }::..`ヽ、
          .ノ    `    ( _ )
        ,.'´ ::       :.     l
        ,゙  .:      .:i:.    l              
         l  :、       .:l:.    !
     ____ |         .:l:.    l      
    ´ ==`= -__- 、___.:l:...、__ __l三≡=
              ̄ ̄ ̄ ~~~


自分の筆の運び方とか、後々の構成とか考えると、
もうここでやっておかないとその系統のネタは挟めない!

こなたのあのスキンシップは、そう考えての事だったりします。

684◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:12:23 ID:BuP1bYHE


本編投下後に紹介したこのAAも、実は、なんとか挟めるところがないものかどうか
執筆しながら考え続けてました。



  ┃  ┃               ___
━╋━╋━┓         ∠ニ-‐薔‐- 、`ヽ、
  ┃  ┃  ┃    〃  ∠ - ┬ ¬- 、::.:\ `、 ヾ
  ┃    ┃        _//, / / ,'  ,  `ヽ、:∨ハ  》
  ┃  ━╋┏━┓  〈// l l | ,′/l  / , \} !〃
      ┏╋┛  ┃   /∧ Tト|¦ /ィ'´ j厶イ/lト、|
  ━┓  ┃  ━┛  {ハ ヽrィ    三  } /〈/|lV|
  ┃┏━┓─=ニ二三  }\_〉彡   xxx/ / 〃 l||r/,/ ´   -―_' 二
  ┗┛  ┃       ー=ハ { >xx`_,  J l l|  / \`ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: ̄ 丶
    ━━┛         ./Ⅴ  \    ノ   ,'彡: : : : : : : ヽ∨ ;:;:;:;:;:;:;: ̄二一,/
┃  ┃     ヽ._ヽー {   /: : )不// ,/: ,/\: : : : : : :: : : )〉;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: ̄`ヽ
┃━╋       ̄二ニヽz、/: : : : /厂 厶イ: : ,/: : : :`ー-z、: :  /≫x、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: \
┃  ┃_-ァ.:´__::.::.::.:ヽ:,r=ヽ'´ ̄`>く´: : : : : |: : : : : : : : :.|\: : :\///ぇ、ヘ 丶;:;:;:;:;:丶ヽ
┃  ┃  /::.::.::ム,7         `)′ : ∨: : ヽ.: : :.:|  ≫x /////)'ー 、丶;:\ヽ \
    ┻┓     |/             f: : : : : :: Y^V } r‐''二ヽ. ////// ヽ \;:;:;:丶;:ヽ\丶
  ━━┓  〈 - 7        〃〃|: : : : : fヽJ. !ノ:  ̄〔__∨/////
    ┏┫  〈 -f               !: : : : ヽ.  | (二`′/. ユ.///〃
  ┏┛┗┓ `¨|          _込、: : : /   /: :/ ヽ〈/,.ィリ/〃
  ━┓      ヽ.__,. ´ ̄`”   `テ′ /:; ''    `ー一'′
  ━━┓       /         Tヽ.__/;  〃
    ┏┫       /            |: : : : : :./ 〃
  ┏┛┗┓ ┃┃           :|: : : : :./
.         ・/・           /: : : : ∧
                 ↑こなた


最終的には、外してしまうことになったわけですけども。

685◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:12:46 ID:BuP1bYHE

自分の中では、この第三話までで、
お話の一区切りという感覚で執筆を行ってました。


          / ̄ ̄ ̄ヽ
       /       ヽ
        |   _,ノ ヽ、_  |
        |  (●)(●) |
       |  (__人__)  |   先のことも考えながら……と。
         ヽ.        ノ
          .>      く
      /        ヽ カリカリ
    _/((┃))____i |
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄(,_,ノ \
 /  /_______ヽ..  \
  . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



大災害の予知から運命の変更、そして訪れる「死」の第一波まで。
映画全体で言うなら、最初の30~40分を過ぎ、ひと通りの状況も観客に伝わった
頃合いだと考えます。

686◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:13:04 ID:BuP1bYHE

そして、物語は次なる段階へ。



      ______
     /    \-一ヽ、 __r‐- 、
   /   __,ノ ヽ、_,7    7 } : : : :\__
   |    ( ─)(─)/` ‐  / /: : : : : : : : : :` '' ‐-、_    
   | U  (___人__)‐-─≦/.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : :丶、
   |     ` ⌒´ノ    └‐-、__:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : ヽ   まずは、読みやすさの改善から
   |           |          `ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : :}   始めて行かないとな……。
   ト、       |       __,. -<`丶、.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :/
   ハ、.,ヽ., ___ ,__ノ--─一⌒V : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:r´    何もかも台詞で説明ってのは、厳しいだろ。
=〈:.:'、`ヽ、___  ヘヽ:.\: : : : : 、: : i:: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:/
: ∧ :ヽ   /:::ヽ  Vヽ:ハ : : : : :ヽ: : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:./
: : : :∧、 ∧::::::∧ l: : <:_: : : : :i: : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:_r'´



このあたりから作劇方法も見直しを行いつつ、次の話を作っていくことになります。

688◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:16:03 ID:BuP1bYHE

 







             ┌──────────────┐
             │ 8 ・ 第4話 「察知」     .....│
             └──────────────┘
 









.

689◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:16:44 ID:BuP1bYHE

「死」の第一波を乗り切った登場人物たちが、少しずつ現状を認識し、
それぞれに関係を持ち始めていく。


             __ ,.-¬- 、._
             / '´,  、   、 `ヽ、
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、                           
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|                                  
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !                     
           l\l|    |    //ィ N                                       
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l



この第4話にて、古泉・長門の二人がいよいよ表舞台へと姿を見せます。

690◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:17:07 ID:BuP1bYHE

二人には、次の話で登場するもう一人と共に、
物語の謎を浮き彫りにし、情報を整理するという役柄を担ってもらいます。


       
          /:::/::::/::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
         /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
         .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
         |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
         |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
         l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
           l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
          /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
          /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
        ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
        i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
        ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
         ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
          /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;


原作シリーズを追いかけている方々にはお馴染みであろう、
トニー・トッド扮する検死官。
彼の役割を3等分し、その上で+αを味付け、という感じですね。

691◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:17:51 ID:BuP1bYHE


一話で登場して以来だった誠や澤永も姿を見せ、新たな情報をやる夫に
呈示します。


           /:::_ /:::::::::::\:::::|:::::/::イ/   Z/⌒ :::::|
          // /:::::::::::::ハベⅣレ'^       ミ=-:::::::::|
             /::::::::::::厂       ,ィ≦≠  ミヽ:::::::::ア       
           / :::::::::::::|         〃 ,,_   ∨⌒V ´ ̄`ヽ
         <._::_;::::::::ハ -≠=- 、     '/托い    ∨^ l /こヽ│
             / ::::/| :',  /゙赱ハ    ¨¨     .!ハ | {(とノ)|
             |:::::/: |::∧  '¨  |          |ノ | `ー‐  |
             l/  |/:::ヘ    |          |ィハ    ヘ
                ∨  `、   \ r        ,∨ {     \
                    ヽ      _, ィ1  / :|  ヽ    ___ヽ    _
                     \ -<-‐~ / /  |_   }/´    ̄ ̄ ̄ \
                       ヽ、  ̄ ̄ /'  /ヽ /            ヽ
                         `ト--‐< /_/   {
                        /| r< ̄      人_,,,  -―――――
                       / ∧ |   \    / {




――ちなみに。

692◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:18:04 ID:BuP1bYHE

この登場の時点では大方決まっていましたが、
誠のポジションは水面下で結構ぶれていました。


.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /        えっ?
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::

693◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:19:03 ID:BuP1bYHE

やる夫FDのスレ作成を始めた頃、誠というキャラクターは
新しく広がりを見せていた記憶があります。


              _,,,..-.ー.─.-.-....、._
         二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
       /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',
     /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',
     i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',
     l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>
     l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>
     i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´
       l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ
      ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/
         \|\!\  ′          ∨
          ヾ ヾ 、    ‐-    ,   ゝ、
              `  、      , ′  /  \_
                  ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
                   _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
              :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::
              :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::


いわゆる、物語上の悪役として扱われる「汚い誠」。
そして、それにまるで対極をするかのような「綺麗な誠」。

694◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:19:29 ID:BuP1bYHE

自分の記憶の範囲だと、(見ていたスレの傾向にもよりますが)
FD執筆の折は、「綺麗な誠」が散見されるようになっていた辺り
だったように思えるのです。



                  ___
              ..::´::::::::::::::::〃⌒ヽ、
          _ /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::\
             j/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          i::::::/::::::i::::::::!:::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::',
            |:::/::::::::i::::::∧:::::::::::::ト、::::::::::::::::::i、::l
         、__Ⅳ::::/:::i:::::/__!::::::::::::匕ヽ:::::::::::::ハ:|
.         フ::l::r'l:::/!::/セミl::::::ハ:::尨_ハ::::::i:::ト、`!
          ´ ̄]八!/i」:瓜リ !/ Ⅳ   小ハl
               j、八i  ´  j〉   爪i       某スレでの俺が、かなり印象に残ったそうだ。
               jヽ、  t_ア .ィ
            __//| ヽ __// |\
     ,...-',,⌒ゞミ、::/::::| 〈    / .|::::\゙''ー-::、_
    /::/.:::::::::::::..ヽ :::::/∧。V ̄\  |:::::::::\:::::::::::::`ヽ,
    /:::::::::::::::::::..`ー-、::::|/\丱// ヽ/|:::::::::::::::ゝ::::::::::::::::|::}
.   |::::::::::::::::::::::::::::::;;_ヾ|  |_/    |―ー<::::::::::::::::::::|::::i




で、その影響を少なからず受けたのが、このスレでの誠。

695◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:20:53 ID:BuP1bYHE

便宜上、自分の中では彼を「無色透明な誠」と位置づけてました。

それの伏線として、1話でこの台詞を書いたり。


=================================================

      だぁかぁらぁ、俺の恋の成就に協力して欲しいってこと。   / :::::::::::::|         〃 ,,_   ∨⌒V ´ ̄`ヽ
      男子憧れの的である言葉ちゃんを射止めたお前の     <._::_;::::::::ハ -≠=- 、     '/托い    ∨^ l /こヽ│
      恋愛スキルで、俺に春を呼び込んで欲しいんだよ!        / ::::/| :',  /゙赱ハ    ¨¨     .!ハ | {(とノ)|
                                       .     |:::::/: |::∧  '¨  |          |ノ | `ー‐  |
      ちなみにここに来たのは、先輩の姿を拝めるからってのと、  l/  |/:::ヘ    |          |ィハ    ヘ
      他の男子連中に聞き耳を立てられないため。               ∨  `、   \ r        ,∨ {     \
                                                     ヽ      _, ィ1  / :|  ヽ    ___ヽ    _
      俺見たく、隙あらばお前に取り入ろうとしている奴、                \ -<-‐~ / /  |_   }/´    ̄ ̄ ̄ \
      実は結構多いんだぜ? 上級生にもいたしな。                    ヽ、  ̄ ̄ /'  /ヽ /            ヽ
                                                        `ト--‐< /_/   {
                                                           /| r< ̄      人_,,,  -―――――

                                                        ― 1-C:澤永 泰助 ―
   ,,.-''" ̄ ̄`゙'ー-、r=
  ./:: : :i: :: :i: : !、.:.::.::ヽ
  |イ.:..:i|/__レ|:/lヾ.:.::ヘi
  くlr:l:.:.l -ー レ -、 vレヘ!          いや。
  くl レ.i u  |  N           何度も言っているように、告白してきたのは言葉の方からだから……。
  ム`ー      ' ,/
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´__
/l :ヽ、 ゙7'r'Yヽ、゙ー、



==================================================

696◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:21:17 ID:BuP1bYHE

言葉と付き合いを始めた直後。
ゲームで言うなら本編が始まってすぐ、というような位置取りであり、
これからの選択肢でどのようにも転がっていける。



          /::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::',:::',
          /:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::!::::i
            ,'::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l
         l:::::::::::/:::i:::::::::/_::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l
          i:::::::::/:::/::::::丁:::/ ̄i::::::::l:::ー∧一:::::::|!:::::::|'リ
        _ノ::::┌i:::/::::::/斤心ヘ i:::::::::i::::メ≦i::::::::::::i:!::::::!
        >:::::{ レ' |:::::7レ近::} /:::/|:/近:}l::::::::::ハ:::::!
      _,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ‐" //  ′ゞ‐' l:::l:::/  ∨
         ̄` ̄`\:|:/       ′   、   ∧!/
             \|\   ___  __   /  ′
             _{i     ヽ _ ノ  /
            // `\ \     /
         _,、-;'´;;;i     `ー 、,`_ノiヽ、
     _,、-;;"´;;;;;;;;/;;;;;l      /ヘ l;;;;;ヘー,,、
_,、-;ー'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;ヽ    /::::::::∨;;;;;;;;ヘ;;;;;`'



やる夫と敵対させるかもしれないし、協力させるかもしれない。
展開次第でどういう風にも持っていけるキャラクターだったわけですね。

697◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:21:42 ID:BuP1bYHE

話を進めながら、どちらの方向へと振っていくか考え続けていまして。



::::::/:::::::::::://:::::::::::::://::::::/::::/:::::i:::::::::i::::::::::::::::l:::::::::::|
/::::::::::::::::/::::::::::::::::/´:::::::::/::/::::::::::::l:::::::::l:::::::::::::::::!::::::::::l
::::::::/´i::/::::::::::::/::::::,,,、,/:::::::\,,∧:::::l::::::::,'::::::::::::::::ノ:::::::::;!
:::::/ ::::!/:://:::::::::/  /::::::::::/´ ∨/::::i:::::/::::::::::::::::/i:::::::::/
:::::`::::::/ ./::::::/   /::::/," ̄ゞ"メ:::::::!::/::::::::::::::::/ l:::::/
::://  /::/    //    /;)/:::ヘ::/::::::ハ::::::/   l:::/
//'., ' , ∨     /      、/ソ/:::::/)ノ:::/ /::::/   i:/
/   ゝ                 /::/i //:::/ /:/   /
     ヘ            /´   ',///´
                     '、
              __      _ゝ
、            ヽ、_ゝ  / ´
;;',   /` 、         , ′
;;;;', /     `` 、   , "
;;;;;ヾi           `´
;;;;;\\
;;;;;;;;;;;\\
;;;;;;;;;;;;;;∧ \



色々と構成を練っていくうちに、残ったのは「協力者としての誠」
という形となりました。

698◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:22:32 ID:BuP1bYHE


あと。
誠の学年を、一年生にした理由ですが。

実はこれ、作者の勘違いが元になっています。



         ヽ丶ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
      . --- γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'ヽ
    /::::::::::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
.   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\ィ:::: メ::::::::::::::::::::::\ィ
. l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l:::::::::::::::\::::::: 〆 \::::|\::::::::::::::::::::::_>
 l::::::/:::::::::::::::::::::::::::::l \:::::::::::::|.\  ,,,;;ィ=≦≠\》::::lミヽ::::\___
 l::::/|:::::::::::::::::::::‐‐-l─X´\:::::::|  ≧'´      |\}  } </
 l/ |::::::::::::::::::::::ハ::::| ,,,ィ≦ \.|        。  j∧  ノ  \
 |  |::::::::::::::::::/  {lィゞ"             u  }ゝィ/  ̄ ̄
    l::::ハ│::::|                   ノ´'
    ヽl llゝ::|ヽ u       l~`丶       /
       lV_ 人         ^      イ     ちょっ
           丶、           ,♂
              ´ ゝー一 七ゞ´ l\\
                /´|/  _   ヘ/ /ヽ
               八 |\〔三 〕/ ./ /:::::::\

699◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:22:55 ID:BuP1bYHE

何故か、誠や言葉たちの学年を高校一年生だと、脳裏にインプット
してしまっていまして。

原作調べなおして「高校三年生」だと知ったのは、しばらく後のことでした。



               _____
             /  ̄  ̄\
           /        \
           |     _,.ノ '(ゞ、_|
           .|    ( ー)ヽ ヽ
           ノ| U   (___人_\\__           いや。誠って結構童顔じみているし、
       ____-‐./l l|、    `⌒(⌒_   \         違和感も特になかったんで、そのまんま……。
    ,,-=ニ_::::::、::l ::::! ヽ.      し「、    \
   / ::::::::::: ヽ::::::)::::::| `ヽ. ___´ノ ヽ ヽ、..,,____i_
  i :::::::::::::::::: ヽく::::::::ヽ  /  ̄ lヽl:::::〉::::Y________l_
  l :::::::::::::::::::::: ヽ:::y:::::ヽ/、__l  !:: /::::| ::::::::::::::: |
   ! :::::::::::::::::::::::: l::::\::::ヽ l ヽ.l::: l::::: | ::::::::::::::: |
   ヽ :::::::::::::::::::::::: ヽ:::\::::ヽl  l!::: l:::: | ::::::::::::::: |




知っていれば、やる夫と同学年もしくは先輩になっていて、そこからまた
異なる展開があったかもです。

700◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:23:14 ID:BuP1bYHE

第2話→3話の続き以上に「引き」を意識した締めを経て、
お話は第5話へ。



     .  ∩
       ||    ___
       ||   /      \     
      /〔|/ . \    /\   
      〔ノ^ゝ. u ,(○) (○)、\ 
      ノ ノ^,-   (__人__)    | 
     /´ ´ ' , ^ヽu ` ⌒´   /
     /     ノ'"\__ ――ノ゙-、.  
   人    ノ \/_____ ノ.| ヽ i  
   /  \_/ |  \/゙(__)\,| i |  
  /    ノ  >   ヽ. ハ  |   ||


情報の整理もひと段落したところで、『死』の第二波が生存者達へと
牙をむきます。
改めて『死』へと立ち向かうこととなった、やる夫達の行く末が
これから描かれていく事になります。

701◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:24:21 ID:BuP1bYHE
 そして。


              / ̄ ̄ \
           /       ヽ
           | U      |
           |       |
           |       |
           !      ,. -ー┴ 、
            `ヽ_ィ≦.:.:-.:.:.:.:.┴、
             ,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\
           /.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ     この辺りから、目に見えて投下ペースが遅くなりだし、
            | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 〉    分量も増えていくんだよなあ……。
           | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`
               | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r {
             i .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:|
            i .:.: ̄\.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:|
                | .:.:.:.:.:.:.:\. |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:i




 

 >>1の苦悩も、徐々に本格化して行くことになりました。

702◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:25:38 ID:BuP1bYHE

さて。
以下、投下するのは、没にした一幕です。


第4話、病院にて。古泉との話が始まる、少し前のあたりの事・
プロットからAA劇に作り直したので、多少の矛盾などはご勘弁。

703◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:25:58 ID:BuP1bYHE





            , '::::::::::::::::::::::::::::::/  イ:>、
              /:::::::::::::::::::::::!:::::::::| /::::::::::::::ヽ
             '::::::::::::::::::::::__|::::::::::}'::::::::::::}:::::',:::ヘ、
.            |::::::::::::::r ' ,ハ::::::::::i::::::::/::ハ::::ト、!
.            |::':::::::::::ヘ__/ i:::::::::{:::::/::/T }::リ 丶
              }'::::::::::,':://i x !::::::::::i|イ }'z;チ丶_
.            /:{::::::::,':::{ {:i |:´i:::::::::::!      /
            {:ハ::::::,'::::::`::Lトュ:,::::::::::l   <_7      あ。そういや、澤永。
            |i V::i:/!::::::::|::::::::V、::::ム    /       ここに柔速出がいるってのは、ちょうどいい機会なんじゃないの?
           ヽ Ⅵ:::i::::::::|:::::}:∧iヽ:::ム} ̄
            ノ.ⅣV::/}:::/|:i \ \',\
                }'.{ヾ/イ. .≧=- _ :ト、`ヽ _
              |./. . . ___. . \}∧x==ミ、
              }'. . ≠´ ̄ ̄` ≧x.\ハニ二ミ:Y



        

              _
            フ`` ^ヘ
           Z 、{`゙^"ネ
           ^ヘ( ゚,_j゚ノ^   ……へっ?
             /i}ホiつ  
            ヾナT |
             |__|_j

704◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:26:36 ID:BuP1bYHE


          .   ´ ̄ /´ `  .
        / /´ ̄`Y´ ̄`ヽ \
        / / /´  ̄ ̄ ̄ `ヽ \ \ _
    く´ ̄ `/ /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ハ  V´  〉
     V// // / ハ \ヽヽ .ハ  i\ ./
.    ∧/l l十 <  i   ヽヽ,ィ´ i ト._ハ
    l /,.! !ル rテk 八ハi X´テぐ.l | ト. !
    レ'//| | {「ト-' |     |ト-'i } l | | \      ほら、よく零しているじゃない。「何とかして、柔速出先輩とお近づきに
.    ///∧ l八 ー '  .   ー ' リ.l l |\/      なれないか」って。
   〈// il V ハ   ー ‐ '    / / レ'´ リ
    从   ヽ >      . イ / / / /        あれって、こいつのお姉さんの、柔速出水銀燈の事なんでしょ?
      Nルノハハ リ _}   1ルリ / / ル'         ひとつ、取り成して貰いなさいな。
       __ > '´ 「     〉イレ'/イ
     /|:::|: : : : : :|ー 、,. - |: : : : : :「::ト、

                                ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人从人
                               <                        >
                              <    ちょっ!?                >
                              <    それは秘密だって……!       >
                               <                        >
                                 Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WYWY




                  ____
                /      \
               / ─    ─ \       
             /   (●)  (●)  \
             |      (__人__)     |      ほー。
             \     `⌒´    ,/       お前さん、銀姉ちゃん狙いかお。
             /     ー‐    \

705◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:26:59 ID:BuP1bYHE


   __ /.:-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:i.:.:.:.:_,,.:.:..:.:.:.:.:.:`ヽ
   ヽニ.:.:.:.:.:.:.:.:フ.:.:.:.:,_,_,,,_`yi/,_,,_,,,、_.:.:.:.:.:.:.:.:|
   ,,,>ー/.:.:.::/.:.:|~^`   `^~'´ ´ `~^|.:.::.:.:.:|
   ー- /_,.ィ´:.:.::| u ___,,   、_    ト、.:.:.::|、
   ;;;;;;;;;;''´ /,.:.:.:.::| r=‐''"'ヽ   `ン==、_.|::ヽ:.:.:ト
       ソ,rイ ,ェ| ,ィ‐=、    ;´r=-、 レ、;ィ|`i
      _,, r'´i|r;;;|       i      ト´.|
    /    \{:|      ::|     . .レ'/        あ、いや、あっははは。ね、狙いっていうか、まあ、その。
   /       `ヽ        u  ./~         ちょっとでも、仲良くなれればな、なーんて……。
   ー,  __.     ヽ   ー --‐  ./
     ト'´ `''、_    `i 、     , イ
   i :i  ./   `''、_..r'|. ヽ、_,, ' .ト、
   i  i  /    / / `-、_  .__ /r |‐、
   :i  i ./   / /   / .V´、   / 







   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::l
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::! ';:::::i
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/ヘ|::::::::::::::::::::::::::! ';:::l
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::/    |:::::::::::::::::ト::::/   !:!
   ::::::::::{:/:::::::::/::::::/   !::/三三三|::::/レ:::::/ |/    リ
   :::::::::::i:::::::::/ |:::/   i/       |:∧ |:/ ′
   :::::::::::::::::::/ |/          ゙  ヽソ
   :::::::::::::::::∧               \
   :::::::∧:::/ `ー   U         /        
   :::::/ ∨           ∠二 7 /       (……柄にも無く、緊張しているなー)
   /ヘ                  , ' 
   \  \      _        /
     \  \    /  ` ー - ′
      \  \__ /
         ̄\ \

706◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:27:35 ID:BuP1bYHE



           ,  -―ー- 、
          /        ヽ
          '    ⌒    ⌒  ヽ
         l   (―)  (―)  l
          {     (__人__)     }       ふーん。仲良く、ね。
           、.          ノ
     ⊂⌒ヽ  >        </⌒つ     ……ま、別に、やる夫は敵に回るつもりは無いお。
      \ ヽ'          r ' /       状況しだいじゃあ、応援してやらなくもない。
        \_, 'l          l、_ノ
          ノ         l
          l           |







.   /:::_ /:::::::::::\:::::|:::::/::イ/   Z/⌒ :::::|
  // /:::::::::::::ハベⅣレ'^       ミ=-:::::::::|
     /::::::::::::厂       ,ィ≦≠  ミヽ:::::::::ア   
   / :::::::::::::|         〃 ,,_   ∨⌒V ´   
  <._::_;::::::::ハ -≠=- 、     '/托い    ∨^ l    
      / ::::/| :',  /゙赱ハ    ¨¨     .!ハ |    
.     |:::::/: |::∧  '¨  |          |ノ |         !?
.     l/  |/:::ヘ    |          |ィハ         それ、マジっすか!?
         ∨  `、   \ r        ,∨     
              ヽ      _, ィ1  / :|           協力して、もらえるんですか!?
             \ -<-‐~ / /  |_     
               ヽ、  ̄ ̄ /'  /ヽ    
                 `ト--‐< /_/   
                    /| r< ̄          
                   / ∧ |   \

707◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:28:10 ID:BuP1bYHE




       |                   /   ハ  ヽ  |
       |                    ゝ_ノ ゝ__ノ  |     ああ。考えてやらんでもない、ってのは、嘘じゃあないお。
       ヽ                       `´ ̄`´  /  
        \                         /       もっとも――
            >           ヽ  _____/
          /                ヽ












                               ┌┐.┌i   ┌┐  __ ┌┐   | | [][]
                               |└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐
         ....______,,,,,,,,,,,,,,,,          |┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄
        /               \        └┘..凵   └┘  ! l ̄__l ̄ ̄.┘
      ,,,,,ミミ           .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\                     └┘
     /                .;.;.;.;.;  \
   /           ノ― - ..._ .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ノTi\
  /            ―‐__---- 二ツ)ノノ/∠リノ
  /              <で・フ¨ヾ>三⌒〈・ラナリ_i、.
  i                `冖' ´ "´   ',¨ヾ',  i、
   l                 (         / ヽ \    
    l                  ヽ、____.人__ノ /     「敵に回るつもりはない」とは言ったが――
   l                  ∠..__ツ´    /      「超えるべき壁」の役割くらいは、果たさせてもらうお。
   ヾ                     ー     /
    ヽ、_                  .;.;.;.;    /        それが出来るっていうんなら、応援も協力も
       iヽ、_____          .;.;.;__ ノ        乗ろうじゃないかお。
       ヽ        ヽ、_____´三/
        !ヽ、           :;:;:;:;:;:;:;|
        |   .            :;:;:;;|
       /ヽ、 ..    .,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,|\.;






   /:::_ /:::::::::::\:::::|:::::/::イ/   Z/⌒ :::::|
  // /:::::::::::::ハベⅣレ'^       ミ=-:::::::::|
     /::::::::::::厂       ,ィ≦≠  ミヽ:::::::::ア   
   / :::::::::::::| U       〃 ,,_   ∨⌒V ´   
  <._::_;::::::::ハ -≠=- 、     '/托い    ∨^ l    
      / ::::/| :',  /゙赱ハ    ¨¨     .!ハ |    
     |:::::/: |::∧  '¨  |          |ノ |            
     l/  |/:::ヘ    |     U    |ィハ                      
         ∨  `、   \ r        ,∨     
              ヽ      _, ィ1  / :|         ………………。 
             \ -<-‐~ / /  |_     
               ヽ、  ̄ ̄ /'  /ヽ    
                 `ト--‐< /_/   
                    /| r< ̄          
                   / ∧ |   \

708◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:28:59 ID:BuP1bYHE



             -‐....''...."....‐ ,,
         _ ‐":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> 、
        ‐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:/:.:.:.:.:.,'/  /ヽ
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:./:.:.:.:.:.:l  /ヽ:.ヽ:.:.ヽ
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:lo,':.:.:.::.:.:|/:.l:.:.:.l:.:.:.',:.:',:ヽ
    ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://l:l:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:l:.:.:.:l:.:.:.:l:.:.l:.:.l
    l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〈__l _.ll:.:.:.:.:.:.:|:.-/l,,:_:/l:.:./|:.:l:.l:.l
   .l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//l:|:.:.:.:.:.:.:|:.:/// `レl .l:/レ.リ
   .l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..//l |:.l:.:.:.:.:.:.:レ/ イテミ l./
   .l:.:..l:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:////‐l:.:.:.:.:.:.:|.   弋.l ヽ 
    l:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:|:.:〈/〈/ll l l:.:.:.:.:.:.:|.       ゝ
   .|:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.ヽ`.l:.:.:.:.:.:.:l    r ‐‐´    おー、言うじゃないの柔速出。
   l:.l:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.l:.:l`.l:.:.:.:.:.:.:l    ヽ、:l     差し当たってまずは、何を基準に?
    |:.|:.::l:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:',:|. ',:.:.:.:.l:.:l    l:.l
   .l:.l.l:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  ヽ:.:.:lヽ',  ̄l:.:.l:.l
   l:l ヽ:.:|'.,:.:.|:.:.:ヽ:.:.:.:.:.ヽ::\ ヽ::',_\ .|:.:|リ
    |  ヽl .l:.:l:.:.:./\:.:.:.:.ヽ\:', .\ "‐ V
        |/レ == ` -::_:`、ヽl \ / ̄ .ヽ
        .//  ̄ ̄\   ̄   \//. 、




     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   出来るなら、あんまりな馬鹿は勘弁して欲しいんで。
./     ∩ノ ⊃  /    学力、やる夫の+5程度が最低基準ってところですかお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




                                            ________   
     ____                                               \  
   /      \                          ちなみに前回のテスト順位は?  >
  / ─    ─ \                                            /  
/   (●)  (●)  \                                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   
|     (__人__)     |
./     ∩ノ ⊃  /  54位。
(  \ / _ノ |  |    
.\ “  /__|  |   ←学年常に10位以内の姉が、家での講師
  \ /___ /

709◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:29:29 ID:BuP1bYHE


                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
              /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
              /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
              |: : |: : : : : |: /  \: : /|: : r 、 : : :.|.: : : ト、:|
              |: : |: : : : /!/    | :/ |:.:(ヽ、`\:|.: : : | V
             < : 」_: : /  _   _|/   レ. \ \ \ : |
             <:: |. 小{  `゙''''''        ‐-\ \ \_
              厶ヘ ハ U      、 r--‐-、 >、    `ヽ
                \_!          ' ` ‐-、 ``      `、      ……道は険しいな、下位常連。
            _, r´:/ : :| ヽ    r‐--っ   /\         `、 
        _, r ´:.:.:.:./:.:.:.:.::| | \    ̄   /ヽ :`ヽ         ヽ
     _, r'´:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:|  \ ヽ _ , ィ ´ |::.:.:ヽ: : `、        `、
  _, r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|    >-、ー_'/   !::.:.:.:.:ヽ: : ` 、 __ ___i__
 /゙: : : : : : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.:./i!  /ヘ i. / 入  |\.:.:.:.:.ヽ;,r'`‐´_,,..---┴‐,
l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/:.:.:.:!'! /ヽ、ヽrk'´:_,r、 イ:.:.:\/ _>-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l





             /::::::::::::::::::::< ̄¨`  `'^゛^`ヽiヽ:::/::/:::::::::::::::::::::::::::::
          i:::::::::::::::::::∠´             V!/イフィ::::::::::::::::::::::
           i::::::::::::::::/                   ̄i::::::::::::::::::::
            i:::::::::::::::フ   -‐‐‐-- 、 _  .、       i:::::::::::::::ヽ:
         、__i::, =-、;7      __ `ヽニフノ  ,≠=-、 .i::::::::::::::::::::
        \::/ .ハ.i      <i::::゚/ ヾ`::     /::´    i::::!¨\::::::
          <i /⌒i        ̄¨      .::ィ-t‐、  /::::::!.  \::
          .∠i i  (|              /:::`‐' ´  ∧__::::\  `
           `ト.ヽ_,|                  i::       /    ̄¨`
              i:`>イ                 i:::    /
           i:::! !                 i::.    /
           i/: : : ',          ‐ ,_ノ:    /
.        ┌-イ: : : : : ',                /         うるせー。
      ,;;、 ノ.`〈: : : : : : :\  ∠ニ_‐‐---,  /           トホホ……。
     /;;;;く   \.: : : : : :.:ヽ     ̄ ̄ /
    /;;;;;;;;;;;;;ヽ   `゙ー-:,:,: : :\_      /
,.,:;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\.     ¨ヽ : : ¨7‐-‐'

710◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:29:51 ID:BuP1bYHE


以上が、没の一幕です。


病院の中での会話を早々に古泉にバトンタッチしたかったので、丸々カットとなりました。

711◆yS5pHxqbI62012/07/28(土) 20:30:22 ID:BuP1bYHE

ということで、今回はこの辺で。

次回は第5話を中心に、色々と語って行きたいと思います。