FC2ブログ

やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫が日本に呪いをかけるようです 目次

11 ◆.qh1IqzafM2010/04/21(水) 02:24:02 ID:41qybhFU
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                         ┃
┃ や る 夫 が 日 本 に 呪 い を か け る よ う で す ┃
┃                                         ┃
┃             オ ー プ ニ ン グ               ┃
┃                                         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

31 ◆.qh1IqzafM2010/04/21(水) 02:26:08 ID:41qybhFU

      この番組は、作者もおびえながら書いている
    平安時代についての、おおざっぱな歴史読み物です。

          もし、途中でエタったりした場合は、
     「ああ、あいつは祟られたな」と笑ってやってください。

            用量(つっこみレス数的に)
            用法(内容の信頼度的に)
          を守って、正しくながめてください。

オープニング
第一章 藤原摂関家
第二章 尊仁親王
第三章 貞仁親王
第四章 藤原璋子
第五章 顕仁親王
第六章 雅仁親王と體仁親王
第七章 守仁親王 前編
第七章 守仁親王 後編
第八章 彗星の下で 前編
第八章 彗星の下で 後編
第九章 保元の乱 前編
第九章 保元の乱 後編
第十章 戦後処理
最終章 かくて日本は呪われた

やる夫が日本に呪いをかけるようです 最終章 かくて日本は呪われた

620崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:30:08 ID:Z2EnF3A.

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃                                            ┃
    ┃ や る 夫. が 日 本 に 呪 い を か け る よ う で す ┃
    ┃                                            ┃
    ┃                       最 終 章                   ┃
    ┃                                            ┃
    ┃         【 か く て 日 本 は 呪 わ れ た 】.       ┃
    ┃                                            ┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

          この番組は、作者もおびえながら書いている
         平安時代についての、おおざっぱな歴史読み物です。

              もし、途中でエタったりした場合は、
         「ああ、あいつは祟られたな」と笑ってやってください。

                用量(つっこみレス数的に)
                用法(内容の信頼度的に)
              を守って、正しくながめてください。


藤原賢子(長門有希)                 藤原得子(アスカ・ラングレー)
    ┃                              ┣━━━━━━━━━(5)近衛天皇(洞木ヒカリ)
    ┣━━━━━━(2)堀河天皇(リュウ)━━(3)鳥羽天皇(トキ → アミバ)
    ┃                             ┃
(1)白河法皇(ラオウ)                    ┣━(6)後白河天皇(やらない夫)
    ┃┗━━━━━┓                     ┃
    ┃            ┣━(4)崇徳天皇(やる夫)  ┃
    ┃            ┃   ┏━━━━━━━━┛
祇園女御(ホロ)━━藤原璋子(綾波レイ)          ※番号は即位した順

621崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:30:20 ID:Z2EnF3A.

顕仁親王 → 崇徳上皇   ……… やる夫 → ヨハネ・クラウザーII(DMC)
雅仁親王 → 後白河天皇 ……… やらない夫

二条天皇(やらない夫息子)………… いかない夫

藤原忠通 …………………………  ムスカ(天空の城ラピュタ)
藤原頼長 …………………………  阿部高和(くそみそテクニック)

平清盛 ……………………………  赤木しげる(アカギ)

美福門院 ………………………… アスカ・ラングレー(新世紀エヴァンゲリオン)

622崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:30:31 ID:Z2EnF3A.

やる夫が死んで2年後  永万2年(1166年)

                        / ̄ ̄\
                       / ヽ、_   \
                     . ( (= )    |
                     . (人__)      |
                     r-ヽ         |
                     (三) |        |
                     > ノ       /
                    /  / ヽ     /
                   /  / へ>    <
                   |___ヽ  \/  )
                       |\   /|
                       |  \_/ |

623崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:30:44 ID:Z2EnF3A.

      .r-、 _00           /::::'┴'r'
      .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
      .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
      . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
      、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
      . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
              ____
             /  ノ_ ヽ,,\
           / ≦゚≧ミ:≦゚≧
           |    (__人__)|     ゲーッハッハッハッハッハ!!
           |     |r┬| }
            |     | | | }     ザマぁ見さらせ!
          .  |.    `ニニ  }
          .  ヽ      }
             ヽ    ノ

  二条天皇親政派の重鎮、関白・近衞基実死去。



             / ̄ ̄\
           /   ⌒  \
           |  ミィ赱、i .i_r赱   さー、それでは
      .     | ::::::⌒ (__人__)   二条の息子の今の帝には
      .     |     トエエエイ    とっとと退位してもらうかな!
      .     ヽ     `""´}
            ヽ     ノ
             /    く

やらない夫は生後7ヶ月と11日という歴代最年少で即位した六条天皇を
3歳3カ月の時に退位させ、歴代最年少上皇にした。

625崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:31:59 ID:Z2EnF3A.

後を継いだのは、前回名前を出した憲仁親王。高倉天皇となる。(>>515

               *
        / ̄|  +   / ̄ ̄\     +
        | ::|   /   ⌒   \
        | ::|x  ( へ)( へ)  |     .人
      ,―    \  .(__人__)      |     .`Y´
     | ___)  ::| . l` ⌒´    .|
     | ___)  ::|+{          .|     十
     | ___)  ::|  {       _ |
     ヽ__)_/   ヽ、ヽ   /  )|
                ``ー―‐'| ..ヽ|
                     ヽ ノ

       血縁的には 甥 → 叔父 の皇位継承。

626崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:32:16 ID:Z2EnF3A.

前年の長寛2年(1165年)、二条天皇が崩御、太政大臣・藤原伊通も死去していた。
二条天皇親政派、つまり反やらない夫院政派の主要人物がこの世を去ったのである。

                     / ̄ ̄\      しかし、オレぁ
                   /   ⌒  \     ホンット…
                   |  ミィ赱、i .i_r赱
              .     | ::::::⌒ (__人__)   人の生き死にに関しては
              .     |     トエエエイ    ついてるだろ
              .     ヽ     `""´}
                    ヽ     ノ     即位して1年もたたず
                     /    く      オヤジがくたばるとかさ

このおかげでややらない夫は院として政界に復帰できた。それも実力者として。



                   /   ⌒  \
                   |  ミィ赱、i .i_r赱
              .     | ::::::⌒ (__人__)
              .     |     トエエエイ    ………
              .     ヽ     `""´}
                    ヽ     ノ
                     /    く

627崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:32:29 ID:Z2EnF3A.





                  / ̄ ̄\
                /     _ノ\
                |       (●)    運がイイ、
              .  |       (___ノ)   ってことだよな…?
                 |        ´ノ
              .   |         }    偶然なんだよな…?
              .   ヽ        }
                  ヽ     ノ

    この高倉天皇の即位に際して協力を求めたのが、高倉天皇の妃の父…




.

628崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:32:40 ID:Z2EnF3A.

こ  の  男  。
______________________________________
                      ___     ,.. -─z:._
                   `~`''‐、 ``ヽ, ' ll  '´ lll ``ヽ、
           .      ,. ‐''"~´ ̄ ` ll    lll   ll   `ゝ
               ∠.. --ー;:=‐ lll   lll    ll     ll ヽ
                 ,r''´ ll    ll   ll      lll   ll i
                 / ll ,.   lll   ll    lll      ll   !
              , ' ,. /  ll   , '|.ll ト. ll i    lll    lll |
           .   / ' ´, ' ll lll ,イl/::::::l l:ヽ |ヽl!ト、 、   ll   |
               / イ / , '::l/ー--:ヽ.!::ヽ!;:ゝl-ヽヽ ll  ll  |
               //.イ ,イ ̄`ヽ、   ×´ヽ. ヽ::::::::`i   lll |
               / |/ l====。、   ,,,====。=:::|ll|'⌒i |
                      l: ` ー-'/::::.   ー-‐ '´:::::::| !'`! | l|
           .           l:`ー-/::::::::.    ー--‐:'´:::|l!'^l l |
                    !::::/::::::::__-, ー-、 .::::::::|!_ン l|
                      i.`"-----------ヽ:::/;ヽ lll |ヽ.
                     !.   ___   ..:::::/;;  ヽ  |;';';ヽ.
                         ヽ   ̄ ̄...::::::/;;;    ヽl |;';';';';'ヽ
           .            /ヽ   ..:::::::/;;;;      ヽ|;';';';';';';|`:.ー
                 _,, -‐''7;';';';';ヽ::::::/;;;;;;       /;';';';';';';';|`:.ー
             ‐''"~_,,:..:-‐/;';';';';';';';l`'´;'|;;;      /;';';';';';';';';';';|:..:..:.
             ''"~:..:..:..:..:/;';';';';';';';';l;';';';';|      /;';';';';';';';';';';';';' !:..:..:.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                              平家台頭の道を開くことになってしまった。

631崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:34:17 ID:Z2EnF3A.

ちょっと脇道にそれるが、この頃、ある男が讃岐にやってきていた。





               _,, ‐   '" ̄ ̄ ̄ '' ヽ、            なあ、ちょっと
             ,,‐'"                ゙ヽ、         お邪魔させてもらって
           ., "                    ゙.、         いいかな?
         ,,                        ヽ,
         /                          ゙,-、      オレ、ちょいとばかし、
        /                           |       アンタと因縁があってね。
       ,,'-''''''ヽ




.

632崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:34:28 ID:Z2EnF3A.





               _,, ‐   '" ̄ ̄ ̄ '' ヽ、
             ,,‐'"                ゙ヽ、
           ., "                    ゙.、       いや、アンタに、っていうか…
         ,,                        ヽ,
         /                          ゙,-、    正確には…
        /                           |
       ,,'-''''''ヽ                        \




.

633崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:34:40 ID:Z2EnF3A.

                     _,,,,,,__
                _,, -'''  ̄     `` ヽ..
              / _.. -'''⌒) ○        \
             / / _.. -'''           \
            / (___/                ' ,
  _,,- '"'''''ー、    /           o  o            |
γ   ,-' ̄⌒``-、|           o  o         |
ゝ、> /  / /'´⌒|    _.:ーー-、   o  o    _,,:-、   |    アンタのかーちゃんに
 (___ ,i::::/:::::/    |  /_,,、,,,,, ` 、     _,,-''~,,,,_ ,,,,ヽ  |    なんだけどな!
    \::::,i   /⌒   ̄ ,.-ー-゙ 、 \  /_,,-ー-、    /-、
      \|,,  |, .-、   i     ``  ''~     `i   /  |
        \i r'    i、     ()  ()     丿  /⌒ /
          `i、     ` 、,,,          '''''"   i'` /
            i゙''-i       、   _,,,,,,,..-''"~   / /`i
           `i ` 、      ̄ ̄,,‐---,,_,.---、‐''"゛"゛~~\
            `i   ゛、'' ー- /~     `ヽ::  .ヽ、    |
            { ゝ   \/i'  -'     ヽ、 `、    |
     ,,- '''' "´``ヽ`i     i'  ^-.'´  ,,-~    i:  |    /
    /~       /(\,,   \,,, i'=,,,,/  ,  丿  ノ  /
   /        |   ~'''==ーー~~::: `‐-;-'´ /::__/_,,-''~
   /              //\:::|===--`"''"´""  ̄  `i

              【   西    行   】

第五章で出家した佐藤義清。出家してからは、諸国を放浪しながらあちこちで和歌を詠んできていた。

この出来事は、江戸時代に製作された『雨月物語』の「白峰の章」に記されている。

635崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:34:52 ID:Z2EnF3A.

                 よしや君

                       昔の玉の

                               床とても

                    かからむ後は

                                      何にかはせん



「かつては天皇の身分でも、死後は誰もが平等ではありませんか。どうか安らかにお眠り下さい」



   同じ歌の道を歩んだ者であったからだろうか、若き日の思い出ゆえであろうか、
   西行のやる夫鎮魂の思いには欲得を抜きにした純粋さが感じられる。
   やる夫に対する数少ない真の鎮魂だったと思われる。


.

638崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:36:22 ID:Z2EnF3A.

やる夫の怨霊が本格的に動き出すのは、死後12年経った安元3年(1176年)。

                     .rニYニヽ
       |レ               /    j |
       !!_           イ     } |
       ゙- '´ ,、       /j      j
          -''´   ,r'´ ̄`゙}     j l|rニ二ト、
               〉─7-'´l|jト、 -イl;|`--l一〈
         __ii__    |   |  ルリ-ト、|州リ  |  .|
         イi    j  |           |  |,
          `  , イ  |     |      |  |
            ノ  }        |         |
          /           |          |
        //  /                  |

建春門院(やらない夫后・高倉天皇母)、高松院(二条天皇中宮・美福門院娘)、
九条院(近衛天皇中宮・忠通養女 ← 第七章参照)、六条上皇が相次いで死去。

639崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:37:45 ID:Z2EnF3A.

翌・安元3年(1177年)  この年は災厄まみれであった。

              , n / ̄ ̄\ .n
           . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
           /,イ / (○)(○) .l i i i
            〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉
          ', i.  ',   ` ⌒´ /   /
           .i   l.      ,'  ./
         .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
             ヽ     〈_ノ ノ
              |     ./
               |    .   |

640崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:37:57 ID:Z2EnF3A.

4月28日に発生した『安元の大火(別名「太郎焼亡」)』。
                                            .::... .   . .':::;:, .:.
                                       . :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:
      .::... .   . .':::;:, .:.                 .::... .   . .':::;:, .:.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'
 . :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:           . :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.::Vィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; :. .
 ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'    .::... .   . .'::ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'       て:;;':.
   .::Vィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; . :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.::Vィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; :. .        (::..
 ',:; .::)       て:;;':. ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ )',:; .::)       て:;;':.:::)    ヘ ソハ   ,ゞ.:.
 ..:.(ノ        (::..   .::Vィ'  (ソヘ (::.:.:..:.(ノ        (::..ソ   ノ:.::.:.. :(    (: :.
  .::::)    ヘ ソハ   ,ゞ.:.',:; .::)       て:;;':.::::)    ヘ ソハ   ,ゞ.:.   (::..::..:::.::ノ    ):::...

平安中期からの鴨川の水位低下によって京の中心地は右京から左京に移っていたのだが、
公卿14人の邸宅をはじめ、その左京のほぼ3分の1が被災。焼死者は数千人にのぼった。
翌年も大火が発生(別名「次郎焼亡」)しており、京は大損害を被る。



それまで、曲がりなりにも宮中の最重要施設であった大極殿がこの火災で焼失。

                    (:::(      |/|ヽ       (:::::)
                      )::)       /:: ゝ      )::ノ
                     (:(     _]血[      (:(
                /ヽ_ ))     」∧::/;;:;;L   ))
                |:::::::::::;;;ヾ    ∠Π::;;;;;::;;:;;:::ヘヘヘヘ、
                ヾ、/┌;;ヾヘ、 ,,/|lilili||lil||「|}{}{|:::;;;;;::::::」
             _/\  /;;;;;;:::::;;;|::;;;V:|「| /::::::::\\::::;;:::/:/
            <::::;;::: \\:;;;;::::;:|::::;;;;:|「/:::: >;;\|::::|「:;;:/::::ヾ、
           ,,,....\;;;;;;,,/.;'';:::::; ┌ヘ、.....,,,:________.''゙゙,'::::,,
            ::,,;:,,; ,:.............:: ヽ::: ヽ .,,..|  大極殿跡地  |:;,,,,,,;....;
           :..,,,..:;:..,,: .,......,;,.,,. /,;;, / .,,.. ̄ ̄ ̄|::| ̄ ̄ ̄:::::,,..::::::
           .,,.;;::::.., ::,,;;...,.......,,;;.,,.;, .....:.,:;:, ,'.:,,:,:::::::.'''''':::::::::,. ...::'.:,,:,::::::

以降、再建されなくなった。 (現・京都市上京区千本通丸太町上る小山町)

641崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:38:41 ID:Z2EnF3A.

さらに人災。 親・高倉天皇、すなわち反・やらない夫院政の中心人物、平清盛による

               ,r''´ ll    ll   ll      lll   ll i
               / ll ,.   lll   ll    lll      ll   !
            , ' ,. /  ll   , '|.ll ト. ll i    lll    lll |
         .   / ' ´, ' ll lll ,イl/::::::l l:ヽ |ヽl!ト、 、   ll   |
             / イ / , '::l/ー--:ヽ.!::ヽ!;:ゝl-ヽヽ ll  ll  |
             //.イ ,イ ̄`ヽ、   ×´ヽ. ヽ::::::::`i   lll |
             / |/ l====。、   ,,,====。=:::|ll|'⌒i |
                    l: ` ー-'/::::.   ー-‐ '´:::::::| !'`! | l|
         .           l:`ー-/::::::::.    ー--‐:'´:::|l!'^l l |
                  !::::/::::::::__-, ー-、 .::::::::|!_ン l|
                    i.`"-----------ヽ:::/;ヽ lll |ヽ.
                   !.   ___   ..:::::/;;  ヽ  |;';';ヽ.
                       ヽ   ̄ ̄...::::::/;;;    ヽl |;';';';';'ヽ
         .            /ヽ   ..:::::::/;;;;      ヽ|;';';';';';';|`:.ー
               _,, -‐''7;';';';';ヽ::::::/;;;;;;       /;';';';';';';';|`:.ー
           ‐''"~_,,:..:-‐/;';';';';';';';l`'´;'|;;;      /;';';';';';';';';';';|:..:..:.
           ''"~:..:..:..:..:/;';';';';';';';';l;';';';';|      /;';';';';';';';';';';';';' !:..:..:.

やらない夫スタッフの粛清事件、『鹿ケ谷の陰謀』がこの6月にあった。

642崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:38:53 ID:Z2EnF3A.

そんな中、やらない夫に、ある事件が報告される。

                          / ̄ ̄\
                         / ヽ、_   \
                        . ( (● )    |
              / ̄|          . (人__)      |
本院様、       |__|            |⌒´       |
こんな報告が  (,,゚Д゚)          .  |        |
きてますが    (  P `O         .  ヽ      /
         /彡#_|ミ           ヽ     /
          </」_|凵_ゝ           .>    <
                           |     |
                           |     |



                    / ̄ ̄\
                  / ノ  ヽ、.\
                  |  (●)(●) |        なんだ?
                  / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |
              /        \ ._|_____   いったい…
            , --'、             /         `〉
             / ⌒ )        /         /
            ,′  ノ          /           /
            l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
           ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
              `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ

643崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:39:06 ID:Z2EnF3A.

            /             , : : : :            :ヽ
           /       川     , : : : ゝ:ヾ____       ヾ
           /       ノ彡    : : : : : : : ` ̄ ̄ ̄"ー 、,,    ヾ
           川      ノ彡´       : : : : :  ノ≡二ゝ ヾ、  ヾ
           '|,  __ィ=イ彡´       : : : :.∥ ∥彡三三ミ、`lil   ヾ
           l'   ̄  ,-=ゝ、_ ゞi、    : : :ll  l/ソ 〟`゙川 lil   ヾ
           .l' ∥  ソノ´三三ミ、 `ll   : : :' ll、 'l;;ヽ〝 ,ノ;ソ ,ll   ,,;;い
         .  l, ||  i::i ;;;/ 〟ヾ;ミ ll  : : : :  ヾ、 ヾ三ニ;ソ' : il'      ii
         .  li, ||  リ ;;;ヽ 〝 ノソ ll    : :  ヾ, : : : : : : :  : : :    ::ii
         .  l|  ヾi  ヾ三二ソ" ; ;゙    : :      ' ' ' :         : |
            リ   ''            ii: :                : :l
            ソ        : :        ll: :         ),      : :│
            リ     :ll            ll: :        ノ''      : :l
           川     :ヽ、         lil       ,ソ         リl
           ii,      :`ヽ、,       ノ\,, -── ク´          |
           ヽ        ;;ヾー、==二''''' ̄  ̄ ̄mリ´          ,リ
            ヽ,        ヽ;;ヾ ̄´;; , ''; 、  ,/,ワ::          ソ
             ヾ        ヽ;;ヾl  ,,_ _ ,_/,ワ´        . . : ノ
              ヾ         ` ミ三三三彡"";; ;       . : : /
               'リ         '' : : : : :' : : :           : l

645崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:40:22 ID:Z2EnF3A.

やる夫の寵姫・烏丸局が住んでいた関係でやる夫の御尊影を祀っていた藤寺という寺があった。

       ';'.;'.';:,':;.ヽ..  f;';:': r';.';:;'.',';';、                   ,f;;ヘ,
       .';.,':';:.';',:;'j:;`}.ゞ;':,f.';:;';.:';',.;';;メ                   ,k;i;ゞ;;t .........:::::
       ':';.;';:;'.:,'.';:゙、r';:`Y;':';.,';':';.;' ..;;`;        l!      .......... j;ゞ;;ヘ;;ヾk :::::::: ,.,
       ;':';',:;';':. ;':'.;'、:';';f;.;':,;';.;...:';:;'.:;;冫      }{ ......:::::::::::.:.:.:.:. : ,i';f;ゞ;ヘ;ゞ;ヾ :´::::::
       ;';':';. .';:;'.;'.';':'};; ゞ;.;':';'.';',;:'.':' .;′  ........::::: {:} :.:.: : : : : :  ,. ,t;'ゞソ;y;ゞ;;ヘ;ゞ :::::::
       ;':';'.';:,';.;';.:';;'f;、;.'、;:;',':';.,' ,.,:':';"..::::::::::.:.:.:. : {ニ} : : : : .,..::´: 'K;ゞ;;ゞ;ィ;;;Y;ゞ;{, ::.::.:
       ;';.;';':':.;';:;.;';i;';:;`i;.;ゞ:;:;';;.';:;';';″:.: : : : _.. ‐'' ̄ヽヽ、 ´::::::::::: `,;`ニ;メ;;ゞ;;f;ゞ;;k :.::.:
       ;:;';:;';.;';.:';k';:;':';.;:i';!゙i:i`l:l|"':: ,__..__-‐____`_、,`__、__, 〃;;ヾ;;ゞ;;ヾ;;ッ';ゞ;メ, :.:
       `:;';:l〃";';:;';:;';:ソ' :.l!l、|:l|、、  ̄`.ヾ、=ヾ=ヾ= Y=7'´ ̄.: ,ソ;y;ゞ;_;;メ;;~_;ゞ;;ゞ;y、
       : :. 'lil't;、;:';';';イl:. :.´:.:.ll:|::.:.`丶.´:::::: |冂l冂l冂|[[l| ::.::.::.:: ゞ;k';_;lィ;'ニ';ハ;Y;;ゞ;"イ
       :. :. lil:l.l´l:i` ;l!l;.:.:. :.:.:|l:|:. :.゙:.:.:..` ,[l盂盂盂盂l]莖l]、::.::.::.: ;t~;;ゞ;;y;.ヾi;,ヾ';iゞj'.
       : :. :lll:'':.:,l:l;,:.:~゙:.:. :. :.;ll:|:. ,_._-_'______ヽ、,.__`_、_, メ;t;ゞ;_;tイ;~ゞt;;"Y :
       :.゙:.:.lil:.. :.~:.゙:. :. :.゙:. :..'^::. :.:.  ̄`ヾ、==ヾ==ヾ=Y'=7'´ ̄: ,ゞ''ッ~,;;t;ゞゞ;;ヘ;i;k' :::

      もともとこの寺、やる夫の霊が現れ光を放つことがたびたびあったため、
      人々は恐れて光堂と呼ばれる御堂を建ててやる夫の霊を祀っていた。



真言宗の大円法師がその寺を参詣したところ…

                      _,.-'"´ 三ミ、ー-、
                     / / ィ /⌒`⌒ヽ\
                   / / / /    呪  | ヽ
                  /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
                , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
               //イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |
               / /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
                /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
               / / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
                 /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
                , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
                / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
                , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
                 / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

                                      やる夫の霊が現れたのだという。

647崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:41:22 ID:Z2EnF3A.

   / ̄三\
 /;;;; _ノ 三 \
 |;;;;;;;   ( ○)(○)
. |;;;;;    (__人__)
  |;;;    ` ⌒´ノ    ………
.  |;;;;        }
.  ヽ;;;       }
   ヽ;;;l    ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)



                 / ̄ ̄\
               /u_ノ  ヽ、_\   いろんな出来事と
               | ((○)) ((○))|   合わせて考えると
            .   |  (__人__)  |   間違いないだろ!
                |ヽ |!il|!|!| / .|
            .    |  |ェェェ|   }   常識的に考えて!
            .    ヽu      }
                 ヽ     ノ
                 /    く
                 |     \
                  |    |ヽ、二⌒)、

648崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:41:37 ID:Z2EnF3A.

    |i|.|  l|l|   !l:||  |i|.|  l|l|   !l:|| |i|.|  l|l|   !l:|| |i|.|  l|l|   !l:|| |i|.|  l|l|   !l:|| |i|.|  l|l|   !l:||
    |i|.i  l|.!  .l:||  |i|.i  l|.!  .l:|| |i|.i  l|.!  .l:|| |i|.i  l|.!  .l:|| |i|.i  l|.!  .l:|| |i|.i  l|.!  .l:||
    |il   l    l:||  |il   l    l:|| |il   l    l:||  |il   l    l:|| |il   l    l:|| |il   l    l:||
    |il   l    l:||  |il   l    l:|| |il   l _________ |il   l    l:|| |il   l    l:|| |il   l    l:||
    |il   l    l:||  |il   l    l:|| |il  /       'r r.r.r.i  l:|| |il   l    l:|| |il   l    l:||
    |i!   !   .!.||  |i!   !   .!|| |i! ./        | | | | |  .!.|| |i!   !   .!|| |i!   i   !||
    |i,       .||  |i,       .|| |i,/     u  .ノ.ノ.ノノノ    .|| |i,       || |i,       .||
    |i       ||  |i       || |iハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ.   || |i         || |i        ||
    |i       ||  |i       || / (○)(○ ) .(    l ヽー―ー-、.       || |i        ||
    |i         .l|  |i         .l|/  .(__人___)  ム   イ    r    ヽ    . l| .|i         l|
    |         l|  |       ./   / ヽ`⌒´   |   .l    /     、 l   .l| .|       l|
    |         l|  |      /    /  八_ 、__ /l   |   ,'      l  l    l| .|       l|
               !|       /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l   l|        l|
            |       /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l  |           |
                  /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
                 ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l
                  ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    や  る  夫  兄  ぃ  が  、  オ  レ  に  祟  っ  て  る  ん  だ  !
__________________________________________

           やる夫の呪いが認識されるようになったのは、この年からである。

649崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:41:49 ID:Z2EnF3A.

            _
          /O \
           |. °  |
          \_,/         これより以前は
            |            やる夫の呪いは
        / ̄ ̄ ̄ ̄ \         認識されていなかったようにょろ。
      /            \
.     /              ヽ      嘉応2年(1170年)を現在として書かれた
    /  /      \    |      歴史書『今鏡』では、
    |    ●    ●      |      やる夫の配流の様子も
    ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /      記述されているにょろが
 /⌒ヽ_\    ゝ._)     / /⌒i    五部大乗経や怨霊の話は
 \ /:::::/;l三三三三三三三l /  ./    登場しないにょろ。
.   /:::::/ |_     ___ ヘ、__/
.  `ヽ< |  |    |     | ヾ:::彡'

650崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:43:05 ID:Z2EnF3A.

        やらない夫は、すぐさま藤寺に祠(御堂)を建造することを命じた。

       ';'.;'.';:,':;.ヽ..  f;';:': r';.';:;'.',';';、                   ,f;;ヘ,
       .';.,':';:.';',:;'j:;`}.ゞ;':,f.';:;';.:';',.;';;メ                   ,k;i;ゞ;;t .........:::::
       ':';.;';:;'.:,'.';:゙、r';:`Y;':';.,';':';.;' ..;;`;        l!      .......... j;ゞ;;ヘ;;ヾk :::::::: ,.,
       ;':';',:;';':. ;':'.;'、:';';f;.;':,;';.;...:';:;'.:;;冫      }{ ......:::::::::::.:.:.:.:. : ,i';f;ゞ;ヘ;ゞ;ヾ :´::::::
       ;';':';. .';:;'.;'.';':'};; ゞ;.;':';'.';',;:'.':' .;′  ........::::: {:} :.:.: : : : : :  ,. ,t;'ゞソ;y;ゞ;;ヘ;ゞ :::::::
       ;':';'.';:,';.;';.:';;'f;、;.'、;:;',':';.,' ,.,:':';"..::::::::::.:.:.:. : {ニ} : : : : .,..::´: 'K;ゞ;;ゞ;ィ;;;Y;ゞ;{, ::.::.:
       ;';.;';':':.;';:;.;';i;';:;`i;.;ゞ:;:;';;.';:;';';″:.: : : : _.. ‐'' ̄ヽヽ、 ´::::::::::: `,;`ニ;メ;;ゞ;;f;ゞ;;k :.::.:
       ;:;';:;';.;';.:';k';:;':';.;:i';!゙i:i`l:l|"':: ,__..__-‐____`_、,`__、__, 〃;;ヾ;;ゞ;;ヾ;;ッ';ゞ;メ, :.:
       `:;';:l〃";';:;';:;';:ソ' :.l!l、|:l|、、  ̄`.ヾ、=ヾ=ヾ= Y=7'´ ̄.: ,ソ;y;ゞ;_;;メ;;~_;ゞ;;ゞ;y、
       : :. 'lil't;、;:';';';イl:. :.´:.:.ll:|::.:.`丶.´:::::: |冂l冂l冂|[[l| ::.::.::.:: ゞ;k';_;lィ;'ニ';ハ;Y;;ゞ;"イ
       :. :. lil:l.l´l:i` ;l!l;.:.:. :.:.:|l:|:. :.゙:.:.:..` ,[l盂盂盂盂l]莖l]、::.::.::.: ;t~;;ゞ;;y;.ヾi;,ヾ';iゞj'.
       : :. :lll:'':.:,l:l;,:.:~゙:.:. :. :.;ll:|:. ,_._-_'______ヽ、,.__`_、_, メ;t;ゞ;_;tイ;~ゞt;;"Y :
       :.゙:.:.lil:.. :.~:.゙:. :. :.゙:. :..'^::. :.:.  ̄`ヾ、==ヾ==ヾ=Y'=7'´ ̄: ,ゞ''ッ~,;;t;ゞゞ;;ヘ;i;k' :::

651崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:43:16 ID:Z2EnF3A.

                   さらに、やる夫鎮魂の措置がとられる。

                   /    / /              l li   li l
                  /     / /      呪       l li.   li l.
                  .    / /:. :.           .: .:: l li   li l
                     / /::..::..::::....        .....:::::..::...l li   li l.
                  . / / ,' ::::::::::::::::::::::....    ..:::::::::::::::::::::: l li   li l
                  / / l :::::<...●..>::    ::::く....●..>. l li  li l
                   /  l ::::     .:::    :::...    ::. l li  li l
                  ./   !            ::::       〉 li  li.l
                     l:..            :.       :::l li  li
                    ハ:::::...       ヾニア      ..::::l li  li
                   / l::::::::..  :.   -=====-、  :.  .::::::l li  li
                  ./  ハ:::::::::. ヽril'"ュililililililililililiェ /!  ::::::::l .li  li
                    li. li::::::::.   Vl/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;lil/  :::::::/ .li   li
                    li ヽ::::::..  \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;li   ::::/li. li.  li
                    li |l |\:::..   ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/   .::イ li li  li.
                    li li l  \    ヽニ二ニ'  / |  li.li li

    仁和3年(887年)に崩御した光孝天皇以来、300年間贈られなかった「諡号」の奉献である。

『愚管抄』
「安元三年七月廿九日ニ、讃岐院ニ崇徳院ト云名ヲバ宣下セラレケリ、カヤウノ事ドモ、怨霊ヲオソレタリケリ」

652崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:43:26 ID:Z2EnF3A.

         _
        /O \        光孝天皇以降、天皇についていたのは
         |. °  |       諡号ではなく「追号」と言って
        \_,/        厳密には諡号とは異なるにょろ。
          |
    / ̄ ̄ ̄ ̄ \       追号は純粋に区別のための
   /            \     名称にすぎないのに対して
.  /               ヽ    諡号はその名称に
 /              |    その人の業績を込めた呼び方にょろ。
 |    ⌒    ⌒     |
 ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /    金田を「400勝投手」
  \_ /⌒l        /     井原を「アジアの壁」
   l/  /三三三三三l.      馬謖を「登山家」
  / |   l   ___ ヽ     と呼ぶようなものにょろね。

653崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:44:41 ID:Z2EnF3A.

                        ,. '"´三二二三`ヽ
                      /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ
                      /   /    呪     ', ヽ
                    /   /::(         ノ:::)  ヽ
                      /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ
                  /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
                    /    /     ,,   ,,      ',
                 /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、
                 ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、
                /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、
              /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ _
               /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;:::
             /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i
        .     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | |
            /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            やる夫が『崇徳』と呼ばれるようになったのは、この時からである。
__________________________________________

      ちなみに、崇徳の「崇」はタタリの「祟」とは別の字。「称える」という意味の字。
      「称えるべき徳の天皇」といった感じか。

655崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:44:53 ID:Z2EnF3A.

      この日、同時に藤原頼長にも従一位・太政大臣が追贈された。

                    ,..-一ー''゙゙ ̄~゙'''ー- ..、
                  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. \
                 .,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;ヽ
                .|丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!
                l丶;;;;;;;/!マダ゙'''!゙'V┐;;;ii―=i,xri-、;;ヽ
                |;;;;;;;;;;;,!       ゙゙.!;lリ     .!;;; !
                |;;;;;;;;;│          !′     .!;;.l'
                .l;; ∴/.`-ニニ;;;;x,  ' wr=ニ`-'.|、!
                 ]/'.l.|          "      l、.!
                 ,!゙ .川  `”´丶   │.'' ̄´  .l l
                 ヽ ゝ            |     !.|l゙
                 .'Lヽ         ,     l゙/
                  l'ァ.l       .゛.'"    .|’
                  .リ ヽ    .-- --   ,/
                  /'゙i  .ヽ     ..y.   .ノ|
                 /゛ .i′  \        / ; |`'、
             ._..-''ア  ll  l  .\、 ." .,/;;;;;;;;l.l \
            ` .. l゙  .!|  ..l    .`゙゙´  ;.,;;;;;;;| !  .゙ぐ- ..,,_

『百練抄』八・高倉院治承元年七月二十九日條
「讃岐院奉號崇徳院、宇治左府贈官位(太政大臣正一位)、事宣下、天下不静、依有彼怨霊」

657崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:45:40 ID:Z2EnF3A.

  し か し、 諡 号 を 贈 っ て も 効 果 ナ シ 。

三ヶ月後の10月27日、11月7日、11月10日、11月24日、大地震

        ,,,::=,,.:::::;;_ _人人人人人人人人人人人人人人人人_
      =''":::::::::::::`''> ゆゆゆ゛っぐりしでい゛っでね゛!!! <
      ヾ:;::::::::::::::::::: ̄^Y^YY^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
       |:l::::;ノr´=ヾ:::::::::::\>=ァァ    .==、__===__====
       |i:::ノノ   ヾ、ヾF;F'"´  (.==__  ;" _= '-´ ̄ ̄`-ゞ 、= イマ
      =.!イ>__=.ヘーァ'三ハ三ヾ、ベ,_7Z_  'F;´          ヾ、ンイ
      ::::::rー''7コ-‐'"´    ;  ',、`ヾ/`7/ ,'三ニ==     ≠ニ三', i !l
      r-'ァ'"´/i /! ハヽ ノハ  !!  iヾ_ン ii リ iiゞ、イ炎lゾジ_ルヾイ i |.il
      !イ´ ,' |l /.=;:!/ V' 、!=ム  ,' ,ゞ,. レリイi (E=]    E=ン ).|| |、i .|| l
      `!! !/レi' (E=]    E=ン レ'i ソ   !Y!""  ;===、 "" 「 !ノ i |,!
      ," ノノ, !!'"    ;===、 "' ii レ''    L.',.   ヾ =ン    L」 ノ| .|イ
       ((  ,ハ)    ヾ =ン  从!      | ||ヾ、、___ ,イ| ||イ| //
      ;;ヘ,)、  )>;;====;;イ' ノハ    レノル` ー--─ ´ルレノレ´'

10月27日の地震では、東大寺の梵鐘が落下、大仏の螺髪がいくつか落ちた。
震源は京都府南部とみられ、推定マグニチュードは6.0~6.5と見積もられている。

658崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:45:57 ID:Z2EnF3A.

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    呪  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',       さらには
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       治承4年(1180年) 「治承の竜巻」
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ       養和年間(1181年~1182年) 「養和の飢饉」
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |        治承4年(1180年)~元暦2年(1185年) 「治承・寿永の乱」
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

「養和の飢饉」の際は旱魃、大風、洪水が続いて作物が実らず、朝廷は様々な加持祈祷を試みたが
甲斐なく、諸物価は高騰。さらに疫病がはやり、養和2年四月・五月の左京だけで、
餓死者・病死者の放置された死体の数は42,300にのぼったとか。

660崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:47:37 ID:Z2EnF3A.

この頃、こんな噂が流れたそうである…

                                        /    /     ,,
                                       /   /::、  /   .;;;
                                      ./   //:::::::; l /⌒ー
               / ̄|                     /   // 1:::::;  V.:Viiiiiiii
               |__|   アレ?             /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄
              (,,゚Д゚)                  /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:
              (  P `O                /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:
             /彡#_|ミ            .     /   // /   / l:::;.   |WWW
              </」_|凵_ゝ              /   // /   / .|ヾ、  L二二



                    _,.-'"´ 三ミ、ー-、
                   / / ィ /⌒`⌒ヽ\
                 / / / /    呪  | ヽ
                /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
              , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |   コノ邸ハ
             //イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    神仏ノ加護ガ
             / /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|     強スギテ
              /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ     入レヌワ…
             / / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
               /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
              , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
              / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
              , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
               / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

661崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:47:49 ID:Z2EnF3A.

          .    / /:. :.           .: .:: l li   li l
             / /::..::..::::....        .....:::::..::...l li   li l.
          . / / ,' ::::::::::::::::::::::....    ..:::::::::::::::::::::: l li   li l
          / / l :::::<...●..>::    ::::く....●..>. l li  li l
           /  l ::::     .:::    :::...    ::. l li  li l
          ./   !            ::::       〉 li  li.l    ヤラナイ夫ヲ
             l:..            :.       :::l li  li     祟ッテヤロウト思ッタガ…
            ハ:::::...       ヾニア      ..::::l li  li
           / l::::::::..  :.   -=====-、  :.  .::::::l li  li     仕方ガナイ…
          ./  ハ:::::::::. ヽril'"ュililililililililililiェ /!  ::::::::l .li  li
            li. li::::::::.   Vl/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;lil/  :::::::/ .li   li
            li ヽ::::::..  \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;li   ::::/li. li.  li
            li |l |\:::..   ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/   .::イ li li  li.
            li li l  \    ヽニ二ニ'  / |  li.li li
            li li l.    \  ‐----‐  /   |  li li li



                                     .rニYニヽ
                        |レ               /    j |
                        !!_           イ     } |
                        ゙- '´ ,、       /j      j      アイツヲ
                           -''´   ,r'´ ̄`゙}     j l|rニ二ト、  祟ッテヤルカ…
                                〉─7-'´l|jト、 -イl;|`--l一〈
                          __ii__    |   |  ルリ-ト、|州リ  |  .|
        / ̄|                イi    j  |           |  |,
        |__|                 `  , イ  |     |      |  |
       (|||Д)  ゾォーーーッ…         ノ  }        |         |
       (  P `O              /           |          |
      /彡#_|ミ            //  /                  |
       </」_|凵_ゝ         .  //  /                   ',|

やる夫はそう言ってある人物の邸がある六波羅へ向かって行ったという…

662崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:48:01 ID:Z2EnF3A.

治承5年(1181年)




___________________________________________
                     / ll ,.   lll   ll    lll      ll   !
                  , ' ,. /  ll   , '|.ll ト. ll i    lll    lll |
               .   / ' ´, ' ll lll ,イl/::::::l l:ヽ |ヽl!ト、 、   ll   |
                   / イ / , '::l/ー--:ヽ.!::ヽ!;:ゝl-ヽヽ ll  ll  |
                   //.イ ,イ ̄`ヽ、   ×´ヽ. ヽ::::::::`i   lll |
                   / |/ l==。==、   ,,,==。===:::|ll|'⌒i |
                          l: ` ー-'/::::.   ー-‐ '´:::::::| !'`! | l|   ああ、無念だ…
               .           l:`ー-/::::::::.    ー--‐:'´:::|l!'^l l |
                        !::::/::::::::__-, ー-、 .::::::::|!_ン l|
                          i.`"-----------ヽ:::/;ヽ lll |ヽ.
                         !.   ___   ..:::::/;;  ヽ  |;';';ヽ.
                             ヽ   ̄ ̄...::::::/;;;    ヽl |;';';';';'ヽ
               .            /ヽ   ..:::::::/;;;;      ヽ|;';';';';';';|`:.ー
                     _,, -‐''7;';';';';ヽ::::::/;;;;;;       /;';';';';';';';|`:.ー
                 ‐''"~_,,:..:-‐/;';';';';';';';l`'´;'|;;;      /;';';';';';';';';';';|:..:..:.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





                                             平 清 盛 、 病 没 …

665崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:49:21 ID:Z2EnF3A.

寿永2年(1183年)、京都に大災厄。
                        _____
                       /    .r┐ヽ「|
                     /  r-、  | .| ./ l l゙l
                   . / .__,ノヽ ゙、_,ノ '-' .|,,/ |
                   |   (◎)ヽ     ノ ´/       なんでこんなことに…!?
                    |       〉      〈_,,.-、
                    .|    (__人{         .r''´     諡号を贈っただけじゃ
                    .|     ´ ⌒|    _,.-i'´        ダメなのか…?
                   . .{       l-‐'''''''ーl }
                    {   .   |´ ̄ ̄``l }
                     {      .|     |.}



7月25日に平家が都落ちしたことにともない、

                 ,rt、     ,-‐、             | ,rt、      ヾミ  
           ハハ彡 /ト'ヾヽ   l=j, (,、        i`i`彡0fト'ヾヽ          ヽ
 ゞゝ──ゝ  /、 ゝX  彡ゝoノ ハハ/ソ/⌒ゝ       / ゝ 彡ゝoノ         /
        ( ' Y''''ノ\  彡 /、 ゝx彡ヾ > )、__ノ彡ミ= | 、ノ  彡くミヽノミ=       o,
         `‐' ̄\ ヽノ  ( ' Y''ノ 彡く/彡'  \   `‐' ヽ____/ゞ | ヽ   へ  /〈|
''''''''""""" ̄ ̄ ̄   〉____,/ | `‐'ヽ ヽノ |// |   |      |川リ ー'  |  ,;' ) / c|、
"""" ̄ ̄     /\|リjilji   丶ゝヽ〉____,/ゝヽー'   /      | y ノヽ | / (ヽ   |
-‐ _,,. .-‐   ヽソゝゝ     `''' 川リ|  `''' ,'ヽ 丿  /\// //  ヾ|      ヽ
 -‐ _,,. .-‐  ,-‐'''" ゝ  ノ-ー'7ゝ ゝ  ゝ' ヽ ヽ   ヽソゝ/ //   /ゝ      ノ
 _,,.    -=━━| -ー / 彡   /  / / . .. ヽ 〉  ノソヽ/ゝ     .  .   /ゝ
    -‐'''""-‐'''ヽヽヽ/ / .:-‐' / // /   .  // / ゝ /ゝ   //       
    ,,,-‐'''""  _,..:-//,..:-‐'"// //_,..:'_,..:'  /ゝ/  < <       /       
-‐'''"",,,,,       /ゝ    /ゝ  // _,..:'  /      ゝ`    /      /  
-‐'''""_,..:-‐'"_,..:-‐'"          /ゝ      /       / / /   // / /
_,..:-‐'"_,..:-‐'"_,..:-‐'"_,..:-‐'"_,..:''   _,..:'  /   /  //  / /     /  /  
    _,..:-‐'"      _,..:''   _,..:'         /             /      

27日、倶利伽羅峠で平家に勝利した木曽義仲が入京。治安が恐ろしいまでに悪化する。
ただでさえ飢饉で困っていた京都は、阿鼻叫喚の図となる。

666崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:50:35 ID:Z2EnF3A.

            実はその10日前くらいから、例の呪いの五部大乗経が噂になっていた。





                    γ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
                    (;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
                    ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ





 海に沈められたのではなく、仁和寺にいるやる夫の末子・覚恵(元性法親王)が所持している、すなわち

          「 呪 い の 五 部 大 乗 経 は 既 に 京 に あ る ! 」

                                                という噂である。

『吉記』 寿永2年(1183年) 七月十六日条
「〈崇徳院自筆五部大乗経、可有供養之由、沙汰事〉崇徳院於讃岐、御自筆以血令書五部大乗経給、
〈件経奥令書、可被滅亡天下之由書給事〉件経奥、非理世後生料、可滅亡天下之趣、被注置、
件経伝在元性法印許、依被申此皆、於成勝寺可被供養之由、以右大弁被仰左小弁光長、
為令得道彼怨霊欺、但尤可被予議欺、未供養之以前猶果其願、況於開題之後哉、能々可有沙汰事也、
可レ恐々々、」

668崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:50:49 ID:Z2EnF3A.

 「 諡 号 の 効 果 が な か っ た の は 五 部 大 乗 経 が 原 因 か ! 」

呪われた五部大乗経がすでに都に入っているという噂に驚愕した朝廷は、大慌てで対策を打つ。

                           / ̄三\
                         /;;;; _ノ 三 \
                         |;;;;;;;   ( ○)(○)
                        . |;;;;;    (__人__)
                          |;;;    ` ⌒´ノ
                        .  |;;;;        }
                        .  ヽ;;;       }
                           ヽ;;;l    ノ
                           /    く
                           |     \
                            |    |ヽ、二⌒)

       天皇時代のやる夫の御願寺「成勝寺」に、供養する祠が建造される。

『玉葉』 寿永2年(1183年)閏10月2日条
「右中弁光雅、院の御使となり来たる <中略> 光雅仰せて云はく、天下の乱逆、連々了る時無し。
これ偏に崇徳院の怨霊たる由、世の謳歌する所なり。仍つて神祠を成勝寺中に建つべき由、叡慮これあり」

671崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:52:48 ID:Z2EnF3A.

            _          五部大乗経の話が出てくるのは
          /O \        この時期からにょろ。
           |. °  |
          \_,/        『保元物語』の中にも
            |          五部大乗経のエピソードがあるにょろ。
        / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /            \      ただし、『保元物語』では
.     /              ヽ    五部大乗経は
    /  /      \    |    海に沈められているにょろ。
    |    ●    ●      |
    ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /     なので、『保元物語』の
 /⌒ヽ_\    ゝ._)     / /⌒i   成立年代の候補としては
 \ /:::::/;l三三三三三三三l /  ./  呪いが噂された1177年から
.   /:::::/ |_     ___ ヘ、__/   「五部大乗経が京都にある」と噂される前、
.  `ヽ< |  |    |     | ヾ:::彡'   というのが1つあげられるにょろ。

673崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:54:04 ID:Z2EnF3A.

祠を作って供養したので「これで大丈夫!」と安心してしまったやらない夫、

                    .r-、 _00           /::::'┴'r'
                    .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
                    .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
                    . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
                    、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
                    . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
                            ____
                           /  ノ_ ヽ,,\     やる夫兄ぃにも
                         / ≦゚≧ミ:≦゚≧    ちゃんと対策したし、
                         |    (__人__)|     落ち目の木曽義仲なんざ
                         |     |r┬| }     葬ってくれるわ!
                          |     | | | }
                        .  |.    `ニニ }     常識的に考えて!
                        .  ヽ      }
                           ヽ    ノ

                     同年11月19日、京都を仕切っていた木曽義仲に対して、挙兵。

674崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:54:17 ID:Z2EnF3A.

返 り 討 ち に あ う 。
_____________________________________
ヘ                - - ──                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
-ト──---、....._            - ─==   r─‐-、    _/           丶
 |             ̄ ̄`  ─--へ--、__        {     ヽ<               |
  i                /::::::::::::::::::::``ー-、...   ト、_    \             |
  i               i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`.┴'‐-‐'`ヽ、  メ、/            |
  .i    _,...-───-、 __ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ´ ヽノ            |
   i─'´ ̄          7``ー─────----- 、..._  ロ{   ノヒ_           |
   |              {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‐〈〉─‐ 〈〈,              |
   |    ,..-‐'´ ̄ ̄` ‐-、.ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i     } {-            |
   j,. -‐'´  ‐ ‐ ──    ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`  ─'ロ{_,,...ノノヽ             |
  /       ‐‐ ─=            ,...----────'´ヽ},、             /
、./                                      〉             /
..'                                     /             /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                  この戦いを「法住寺合戦」と言う。



______________________________________
                    ,. '"´三二二三`ヽ
                  /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ
                  /   /    呪     ', ヽ
                /   /::(         ノ:::)  ヽ
                  /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ
              /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
                /    /     ,,   ,,      ',
             /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、     ソノ程度デ
             ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、     五部大乗経ノ法力ガ
            /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、     抑エラレルト思ウカ!?
          /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ _
           /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;:::
         /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i
    .     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | |
        /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
『愚管抄』
「コノ事ハコノ木曾ガ法住寺イクサノ事。偏ニ天狗ノ所為ナリト人思ヘリ。
イカニモコノ新院(やる夫)ノ怨霊ゾナド云事ニテ。」

678崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:55:31 ID:Z2EnF3A.

やらない夫は深く反省。
乱の戦場だった春日河原に建てられた社殿に、やる夫は本格的に祀られることになる。

                     / ̄ ̄\
                    /   _ノ  \
                    |    ( ○)(○)
                    |   o゚ (__人__)   \
                    |  0   `ー'´ノ   \ \
                    |        }
              ブス…  ヽ       }  ∫ ;__∫  ,;′,;′
               ブス…'  ヽ     ノ´ ̄ ̄´    ̄\  ;'  ジジジ…
                    /  ⌒゚ '"'"´(;          \ '; ∫
               /三三/ ,_ \ \\ \          }て・,‥¨   ジュッ!
              /三三 と___)_ヽ_つ_ヾ_つ___ _ノ そ¨・:‘ .、
              囮ヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱ囮   ジュッ!
              囮災炙災炒炎炎災炙災炒炎炎炙災炒炎災灸災炭囮

『吉記』寿永2年(1183年)12月29日条
「今日奉為崇徳院并宇治左府、春日河原(保元戦場)、可被建仁祠事始也、」

『愚管抄』
「其後ヤガテ寿永三年四月十六日ニ。崇徳院并ニ宇治(頼長)贈太政大臣寶殿ツクリテ
社壇春日河原保元戦場ニシメラレテ。」

ちなみに、上記の寿永3年4月16日をもって、元号も『元暦』と改められている。



             、,,                           ,
            `、`゙'''ー=============================ー'''゙´ノ
             `ゝl!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!イ´
              |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
              |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
              |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
              |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
            ,.r''"=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=`゙'、,,
          ,.r''"=/^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|ヽ=`''、,,
       __,.r''"=/^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|=`゙''-、__.;i;';.
    :、;;`、エ@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@エr''´.;i;';.
    ;i;';.:;;:、;<__人__>-------<=二二二二二二二二二=>-------<__人__>.;i;';.Y;:;;::
    :;;::、;;:。; |□|田田田田田||.(;;;)(;;;)(;;;)(;;;)(;;;)(;;;) ||田田田田田|□|;:。;:;;::。;:;;::、
    `;`;;i`.:;:i..''|| :田田田田癶||ロロ|    .§. .   .. . |ロロ||癶田田田田 .||'`,:'':'`:Y:'';;::,:'':';:
    `;i`.;` ;;i`´.||〒〒〒〒(:::::)ロロ|   .,--§--.、   .|ロロ(:::::)〒〒〒〒';.,,;;`;;i':';:;..,,:'':';:;"
    `;;ii|!:;. ,,;...;)}{{.|llll|llll|llll|llll|┃||ロロ|____.| ̄ ̄ ̄ ̄||___|ロロ||┃llll|llll|llll|llll|.}}ヾ':';:;..,"i|!i|!,:'':';:;..

また、やる夫の寵姫・烏丸局の自宅(藤寺とは別)を『御影堂』として、これも祀った。
こちらはやる夫の遺髪を預かっていたという。

『愚管抄』
「新院(やる夫)ノ御ヲモイ人ノ烏丸殿トテアリシイマダイキタリケレバ。
ソレモ御影堂トテ綾小路河原ナル家ニツクリテ。シルシドモ有リトテヤウヤウノ沙汰ドモアリキ。」

681崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:55:45 ID:Z2EnF3A.

      ==、,-、  、ヽ、 \>   ,,  '''\ _
      メ゙ヽ、\ ̄""" ̄--‐   、 \  /ゝ、\
      =─‐\\‐  /─'''''ニ二\''' |レレゝゝ、\
       ̄く<<く >, ゙、/<三三二\ ̄\ゝゝゝゝゝゞ''ヽ、
      <<<<〈__入 ゙、く彡三三三二ヽくゝ\メメメゝ、_ゝ、\
      くく<<<<<< ゙、 ゙、ミ三三二ニ─ゝゝゝゝゝ,,,,,,,、 '( ゙''ヽ、ヽ、
      くくくくくく彡‐ヽ ゙、ミ三三二ニ'''くくゝゝ_ゝゝ、\\_,>」ノ,
      く く く く く 彡゙、゙、三三二ニ‐くゝ、/ ,,,,,,,,メメゝヽ''''"ゝゞ丶、
      二─二二彡彡、゙、三三二==くメゝ/   ゙'ヽ、メゝゝゝゝゝゝゞ''ヽ-、,,,,,,_
      ‐'''" ̄ \彡彡ミ、゙、三二=''"く<メ/::      \''-、メメゝゝゝ_ゝ 、 ,,、ヽヽ
      、  ,,,,- ゙彡//ヾ、三二= くゝ/:::....      \>∠レ-,-‐ニ二メヽ''ヽ ノ
       ゙ヽ、,,,-‐//_///,,、゙、三二=  ゙、 ""'''      ヽ>//レレヽ,,___  /
      -,,,,,,-‐'''"""/////,,ヽ ゙、三二─ ゙ヽ.         //-ヘヘ,、 レレレレノ
      ''"      ,l|"////ノ,、\彡'''''‐-ニ,、 ::::::::::,,,,,,,,//    ゙ヽフ/|/| レ'
            /ゝ、/ヽ|ヽレ,,゙ヽ、゙''ヽ、,,,,,,_ヽ''ニ='',,-'"、─-,,,,,_   ̄"'ノ
           /メ / レ/,''"へへべ''─---- ̄-メヽ"ゝゞゝヽ、  >---''"
          /ヘヘ、|//ヘヘヘヘヘヘヘヘ,,-イ ̄ | ̄"'''-ニニニ二-''"
         /ヘヘ∧/./フヘヘヘヘヘヘヘ,/イ  /  /   /    ゙ノ\、\
         /ゝゝ| / /メヘヘヘヘヘヘ/'" |  /  /  /    /  \\
        /ゝ /|‐/ /フヘへヘヘヘ/∧  /-'"-'''"__,,-''"    /     /、\
       //|_| /./へへへヘヘ、// |/      \_,,,,-‐'"    /  ゙、.゙、
      '"/ヽ"/'"へへヘヘヘヘ//  ノ          \    ,,,,-‐'"    ゙、゙、

その際、霊蛇が出現したという。(『愚管抄』「範季朝臣奉行シテ霊蛇出キタリ。」)

682崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:56:00 ID:Z2EnF3A.

さらに、和歌の好きだったやる夫のため、藤原俊成に「千載和歌集」の撰集も下命している。

                  / ̄ ̄\
                 /   _ノ  \
                 |    ( ○)(○)
                 |   o゚ (__人__)   \
                 |  0   `ー'´ノ   \ \
                 |        }
           ブス…  ヽ       }  ∫ ;__∫  ,;′,;′
            ブス…'  ヽ     ノ´ ̄ ̄´    ̄\  ;'  ジジジ…
                 /  ⌒゚ '"'"´(;          \ '; ∫
            /三三/ ,_ \ \\ \          }て・,‥¨   ジュッ!
           /三三 と___)_ヽ_つ_ヾ_つ___ _ノ そ¨・:‘ .、
           囮ヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱ囮   ジュッ!
           囮災炙災炒炎炎災炙災炒炎炎炙災炒炎災灸災炭囮

685崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:57:32 ID:Z2EnF3A.

        そ れ で も ま だ ま だ 効 き 目 ナ シ 。

                       ___ .,  ガ ガ
                     , =ニ二三ミ '三`ヽ ¨  タ  タ
                    /  /, -─一ー‐、 ヾ :
                  /  ///        ヽi l :
                /  ///      .殺   | | .  出た…
                |  l l|         u| | :
                 |   | _ァ≒=、、  ir≒ァ|! | :  やる夫院の
                 |  l l|  ´ ̄´,/|  ト ̄´ |! | .  三か月に10回地震発言…
                 |   |       |  |    |||:
                |   ト  u  { _ _〉  ,ノ|||:   ほ、本物だ!
                |   ∧    r─‐ァ  /川! .
                |  | }、   }  |  || | :
                 |    |\  `二´   || | :
                 |    |\`ー──‐ァ‐'|八 :    /う┐
               _|    |  \___/  乂. }:..  / r个勺_
              ̄  |j  川| | _/|_ _}\_   | |`ー-/    〈/
                    八|    ノ ̄|     jノ  匸つ   /

元暦2年(1185年)、京師大地震。推定マグニチュード7.4(兵庫県南部地震の2倍)。
余震は三ヶ月にもわたって続き、成勝寺を含めて白河にあった6つの寺が全部倒壊。
同年、壇ノ浦の戦い。安徳帝入水。平家は滅亡する。

686崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:58:38 ID:Z2EnF3A.

やる夫の呪いに対する選択肢として、京にお帰り願うという選択もあったと思う。
しかし、こうまで為す術すべてが効かないとなると、京にお帰りいただくのはかえってとりずらい。
かろうじて讃岐という遠隔地に本拠地があるからこの程度で済んでいるが、

                           / ̄三\
                         /;;;; _ノ 三 \
                         |;;;;;;;   ( ○)(○)
                        . |;;;;;    (__人__)
                          |;;;    ` ⌒´ノ
                        .  |;;;;        }
                        .  ヽ;;;       }
                           ヽ;;;l    ノ
                           /    く
                           |     \
                            |    |ヽ、二⌒)

 京 に お 迎 え し て も 怒 り が 鎮 ま ら な か っ た ら ど う な る の か ?

688崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:58:55 ID:Z2EnF3A.

                         ―― 、
                      / 〉 ´      \
                     / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
                  / //〉  ( ー) (ー )  l
                   l  ´ イl   (___人___)  l
         .        l    iYl    ` ⌒ ´   l
         .       /   ハ !.!          !
         .        /  /  ' ヽ           /
                l   // 、ゝ       / ヽ_
               ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
         .     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
         .     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
             / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ

             建久2年(1191年)、やらない夫、病に倒れる。



     京にお迎えするではなく、それでも京に帰った心持になっていただく、という意図で

                  ノ-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.ゝ.
              ノ=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.ゝ、
            キIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIヤ.
           ノ_二三_-==-_─ ̄三─≡ ̄-三==_-二=三≡-_─_二三_-==ヽ、.
          /二=_-三 ̄≡_-==─≡_- ̄_=≡_二三二=_-三 ̄≡_-==─≡_- ̄_=\,,
      ,,_,,,-''''=_-三 ̄≡_-==─≡- ̄_=≡__二三二=_-三≡_-==─≡_- ̄=≡_二三'''
_,_,,_,,,-'''___________________________________
ヽ @==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==
 `ヽ丶.}{ |艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸
   \}{ |l|! ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄::┣━Д━┫:: ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄γ∴
     }{ |l|!: ::::::::|iiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiiii|jjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjj|iiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiiii|ir;(∵ ∴
  γ;;⌒ ノヽ;;);⌒ ヽ:::::::::::::::| :::: :: ::::::| :: :::: :::::::||  |__||__||__|  .| :: :: :: :::::| :: :: : (:;;ソ∴∵丿
r;;ゞ(;:: 丿;:: ;;;;;ヾ;;),,):.__|.___|..___||=.=.======= |____|____`(∵(;ゝ(:::∴ 
(:: ;;;;ソ;; ) ;::ソゝヾ) ;;):::)==ii==ii==ii==ii==ii==|^|_________|^|==ii==ii==ii(ソ∴∵丿 ∴
(::: :(;;;;;(  ;::). (;ゝノ ::)Y...|| ̄ ̄`゙r| ̄ ̄ ̄/l--------------------lヽ ̄ ̄ ̄|(∴ミ∵丿 ;`ベ∴
((:::(::;〆;;;ゝ;:: ;::))( ;::),ブ__||_________||________/l----------------------lヽ____(∵ゝ丿;`ベ∴;(;ゝ(::

白峯御陵前に後に『頓証寺殿』と呼ばれる「 紫 宸 殿 を 模 し た 建 物 」を築かせた。

689崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 19:59:29 ID:Z2EnF3A.

                         ―― 、
                      / 〉 ´      \
                     / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
                  / //〉  ( ー) (ー )  l
                   l  ´ イl   (___人___)  l
         .        l    iYl    ` ⌒ ´   l
         .       /   ハ !.!          !
         .        /  /  ' ヽ           /
                l   // 、ゝ       / ヽ_
               ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
         .     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
         .     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
             / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ

さらに平癒を祈ってやる夫・頼長の墓への奉幣が行われるが(『玉葉』閏12月29日条)甲斐なく、
翌年、永眠。 66歳。

   以後、やる夫の祟りは収まり、人々の脳裏からその記憶が薄れ始める。
やらない夫が亡くなったことで恨みが晴れ、怨霊は鎮まったと思われたからである。

691崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:00:44 ID:Z2EnF3A.

                     _ /  ̄ ̄ ̄ ヽ
                    /        三}二 \
                   /    , ―― '´  ̄ \   ヽ
               .   /ゝ. _/         |    l
                  |  三| / 二}   {二\ |    |
                  |   / {/       \} ヽ. 三l     さあ、
                  |   | 、_..==`}  { ´==.__, | /}      この物語の、
                  ハ  /    r |  |┐    レ /     「その時」が
               .   ヽV    /`^ -^´ \   |/      やって参ります。
                    l  l   ___  }   |
                    |  l  ´ 二二二 ` / /
                    \ \       / /
                     |\\___/ イ
                     ハ        / |\
                   / | \ _ _ /  /   ̄

692崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:00:57 ID:Z2EnF3A.

承久3年(1221年)

                         -‐─―- 、
                     / : : : : : : : : : : :\
                         /:/: : : /:{ : : : ヽ: : : : ヽ
                     /: :| !: : { ∧: : : : } } : : l: :',
          __          ,': : :j_レ-<ノ`ー<⊥_j_| :ハ
          〃 }\_      l: : イl==≠   ≠== ! : : l
         {{,ノ::::..し{^Y\  |/:_:.:} _,⊥=  {  =⊥,_ ∧: :│
          `丶、::::::.‘ーゝ(ヽ /:{ ヘ ::::.      .::: /ヽヘ:│
             (>r‐<_ /\{ : ゝ.__>、_ (二つ  〃 }.:ヽ}
         | ̄ ●〉  \:::.八: : : \_  ̄ ̄ ̄ ̄ ノ-く: : /
        _レ-―┴- 、  |>'ーヘ: : : :ヾー-‐ァー'´: : : :∨     あ の さ あ … !
        /       \|    \: : :.\ヽ〔こ\: : : : \
      /          〉    ヘ\: : : ヽ\〉 \: : : : \
      ∨         {       '、ヽ: : : :Y \.<\: : : : ヽ
      /          }    \  l  |: : : |___ \>\: : : :}
.     /                \|  レヘ:│ `ヽ、\  Y: :ノ
.      〈                      〉 厂∨ ̄ ̄| `‐ヽ. ∨
      \             /  {  |     │ ●ヘ \
       \        _,∠,,____ノ  |―-- -―|    l. ∧\
.          \___, イ: :{         / |     │    :|  l∧::.\
                   |: : ヽ       / |     │     |  | l\::.\
                   |: : : :\    ,'  :l_____ノ    ●.|  | |  \::.\
                   |: : : : : :〉  /               |  | │   \::\
                   |: : : : : ヽ/                  |  \|      \::\
                    {:人 : :/                 |    |        \::\
                   ∨                    |    |        \:丶
                    /                       |    |         \ヽ
.

694崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:01:15 ID:Z2EnF3A.

                                 ,.-―- 、,_
                               /: : :/: : : : : : : \    アタシも黒い黒い、
                              /:/: /:/|l:.:.:|: : : : l: : :ヽ   お前が黒幕だろうって
      _    ,.====== 、,_             イ/:.:`K ||:./|: : : : ト、: : i   言われてきたケド…
\_    }仄y'´           `ヽ   ,__       リ:「行ミ`廴|七ヱ:/ !: ト: |
  l|    《//.: . : :      : : : .:Y´:三=\    /:,イ ヒッ   krクハ j|: ト: |    _____
  ||  ,r-// :   .: .:'"⌒ヽ  .:. . :.:lハ:三:三ハ  //j(_.{   '   `ー'  [_:_:ト: |   /|      /
/||>f‐{ {: :    ;、   ノ, 〉 . : :.:|| |三:三l | j/// !:〉、 `¨¨ r==≠=r=}=|====,》<、   /
 rl|三|__| l: .       彡  ..: .:.l| |三三ノノ  //:.:.|:》、_`ー‐ァ/_,イ个ーイ: :.| //    \/
__|三;三∧∨: .        . : : : /fn-<´ ̄ ̄ ̄`v'ミ'勺7/ /人:|: : :.|l: :.|  ̄ ̄ ̄ ̄
___/》=ヘ \: : .      . . :.://|| |¨¨¨了¨「¨¨Y:三:三//¨´ ,. ̄`辻:.:|
辷‐--イ7朮\`<.____,. ' ,∠/|_|以>v,/____| : : {三三/〕}  /   , '   さ、
、   _//__》'⌒ヽ, --―≦〔三三:三:| | ̄ ̄ ̄ ̄l} 下ミ`ヽ、{  /   ,  》,\
l `¨¨/三三{{:.:.:.:.:.:}}三f/⌒ヽV/..|_几,∨二二二二リ |:.:.》>、`ー〈__/ ,/:.]} |
   〉¨¨¨¨'》==<>―:{:.:.:.:.:.}} 「三三Y: . : : . : .\  /,!/| | \ \>イ-彳 |\
  /    /三:三:三:三`ー<〉¨¨¨`ヽ〉: . : . : . : . :∨ / ,/{, \  \_}》′/    ,}



「こんなド辺鄙なとこに流されるなんて、思ってもみなかったわ! ああ!?」
______________________________________
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;隠岐.。● ← コレ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.。-、.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;_,,。.───-^  r゜.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;!
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;..。.rt^) l^.;.;_._ ,,..;__、,,,,,,,- ""   `     \  .ヽし,,^-,,,.. .. _,..,,.,/ ! _
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;く"     .! ^^       |  因幡  ! 但馬  ! 丹後 .!...若狭,. . . /
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;,,ノ 出雲  !  伯耆 .,,,,,,,,.!.......     ヽ     ヽ..,,,,./"       !
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./ ヽ     /........; ―"ヽ    `---.. . ./ \   !     丹波   ./ |  /
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;,,/   ヽ .,,,...../  ヽ      ヽ   美作   /    ヽ /\        /山! !
.;.;.;.;.;.;.;.;.;/     ....,..'       !      ! .. ..    ...,,/   .      ./"""""""-" 城 !近/
.;.;.;.;.;./ 石見 ./   ヽ      ヽ    ヽ  `--'  !   播磨  ./  摂津   |  ◎ !江
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      承久の乱の結果、後ッ鳥ゥー羽上皇さま、隠岐に配流。

698崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:02:02 ID:Z2EnF3A.

     この配流を決定したのは、朝廷ではない。 鎌 倉 幕 府 。
                   ______   ______
                   ,ィ´: : : : : : ::`i´.: : : : : : : :`ヽ、
                /: : : : : : : : : ::ーi: : : : : : : : ::、:: :`ヽ、
             /: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、: : :ヘ、
                /: : : : : :/ : : : : : :i::: : : : : : ;.: : : : : :ヘ: : : ハ
            j. . : : : ::|. . : : : : λ:::.: : : : :|、::: : : : : ::|: . . .|
              |. :/. . . .|. . . .|. . .| |. . . . . . .| V . . . . . |.. . . |
                |: :|: :/;ィ'|: : : :ハ;: :|. |::::i: : : : :| ∨:::.:.|: |、:: : :|    アタシらの処遇
            |: :|:;/:;j |::‐-:|-|:、| |:::|i: : : :.:| _|;-‐:|::|:ヘ: : :|    決めんのは
              |: :|::i:::::| L: ::」 |:;」ヽ|:」l:」: :.:」'´ L::::」リi:::ヘ:. :|    禁則事項じゃないのん?
           j: :|:::i:j::| _,ィチテォ、     ̄,ィチテォ、_  i:ヽ:::i: :|
           |: :/`ヽj y' ん:;ハ       ん:;ハ `y j;/´ヽ::.:|
           |:〈 ヘ,λ.` 込zリ       込zリ  ' / ,ィ 〉.:|
           |:,/ヽ_o, ヽ、        '       / _o/ヘ::|
           |;j:::i::::::ヽ、 \    r--‐vァ    / /::::::::::::V
            |::|:::::::i::::ヽ.ノ´ヽ、  `‐-‐'  /ヽ,/:::i:::::::::|::|
             |:::|:::::::i:::::::::\  `~ ̄ ̄ ̄~´ /:::::::|::: : :|::|
            |:::|: : : |::::::::::::::`┬───--‐i'::::::::::::: : : :i::|
               |:::i: : : ::::::::::::::::::|ハ \ / ./ j:::::::/::::: : : |::|

かつて使いッパシリに過ぎなかった武士によって、天皇経験者の配流が決められた。

701崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:02:28 ID:Z2EnF3A.

皇 を 取 っ て 民 と な し 、



___________________________________________
                      /                \
                    /     ,ィ三ニヽ/ニ=-、     ヽ
                   , '    //          \ li   ',
                 . /    / /              l li   li l
                 /     / /      呪       l li.   li l.
                 .    / /:. :.           .: .:: l li   li l
                    / /::..::..::::....        .....:::::..::...l li   li l.
                 . / / ,' ::::::::::::::::::::::....    ..:::::::::::::::::::::: l li   li l
                 / / l :::::<...●..>::    ::::く....●..>. l li  li l
                  /  l ::::     .:::    :::...    ::. l li  li l
                 ./   !            ::::       〉 li  li.l
                    l:..            :.       :::l li  li
                   ハ:::::...       ヾニア      ..::::l li  li
                  / l::::::::..  :.   -=====-、  :.  .::::::l li  li
                 ./  ハ:::::::::. ヽril'"ュililililililililililiェ /!  ::::::::l .li  li
                   li. li::::::::.   Vl/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;lil/  :::::::/ .li   li
                   li ヽ::::::..  \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;li   ::::/li. li.  li
                   li |l |\:::..   ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/   .::イ li li  li.
                   li li l  \    ヽニ二ニ'  / |  li.li li
                   li li l.    \  ‐----‐  /   |  li li li
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                                               民 を 皇 と な さ ん

702崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:02:43 ID:Z2EnF3A.

      , =ニ三ミ三`ヽ”‥     , =ニ三ミ三`ヽ”‥     , =ニ三ミ三`ヽ”‥     , =ニ三ミ三`ヽ”‥ 
    /  / , -一ー-、 ヾ :   /  / , -一ー-、 ヾ :   /  / , -一ー-、 ヾ :    /  / , -一ー-、 ヾ :
    / ///      ヽ l :  / ///      ヽ l :   / ///      ヽ l :   / ///      ヽ l :
   / ///   公  u l l :  / ///   公  u l l :  / ///   公  u l l :  / ///   公  u l l :
   |   | _, =.、、 i,r=.zl! | :  |   | _, =.、、 i,r=.zl! | :  |   | _, =.、、 i,r=.zl! | :  |   | _, =.、、 i,r=.zl! | :
   |  l l|  ̄´/| ト ̄´l! | :  |  l l|  ̄´/| ト ̄´l! | :  |  l l|  ̄´/| ト ̄´l! | :  |  l l|  ̄´/| ト ̄´l! | :
   |   |    j l、  ll l :  |   |    j l、  ll l :  |   |    j l、  ll l :  |   |    j l、  ll l :
   |  ハ u  ゙--'  ノ!l l :  |  ハ u  ゙--'  ノ!l l :  |  ハ u  ゙--'  ノ!l l :  |  ハ u  ゙--'  ノ!l l :
   |  l },    | ̄「 イl | :  |  l },    | ̄「 イl | :  |  l },    | ̄「 イl | :  |  l },    | ̄「 イl | :
   |   l\  `ニ´  | | | :  |   l\  `ニ´  | | | :  |   l\  `ニ´  | | | :  |   l\  `ニ´  | | | :
   |   ト、` ――ァ‐' ! ハ :. |   ト、` ――ァ‐' ! ハ :.|   ト、` ――ァ‐' ! ハ :. |   ト、` ――ァ‐' ! ハ :.
  ―|j 川 | ,>r―K   メ }、―|j 川 | ,>r―K   メ }、―|j 川 | ,>r―K   メ }、―|j 川 | ,>r―K   メ }、_
      ハ| ´ ├‐┤`'  lノ 亡   ハ| ´ ├‐┤`'  lノ 亡   ハ| ´ ├‐┤`'  lノ 亡   ハ| ´ ├‐┤`'  lノ 亡
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            この乱の結末、朝廷関係者を筆頭に、多くの人々が驚愕した。
 ___________________________________________
    /   , ,ィ ハ i、 、     !   /''⌒ヽ-─‐- 、     、ー'´         \ .イ   , ,ィ ハ i 、 .   |
    /イ  ,ィ/l/ |/ リuヽlヽト、 |   ゝ ,、.___,  \  >       ,       !  | ,ィ/l/ l/ uハlヽトiヽ. |
     イ /r >r;ヘj=:r‐=r;<ヽ│  「 ./       u \  |  ≧  , ,ィ/ハヽ\   |   |/゙>r;ヘ '-‐ァr;j<`K
     r、H   ┴'rj h ‘┴ }'|ト、  |./        ヽ |  1 イ/./ ! lvヾ,.ゞ、 ! .ry   ┴ 〉   └'‐ :|rリ
     !t||u`ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ r|´゙>n-、ヽ-rj='^vヽ _レ「゙f.:jヽ ーT'f.:j'7`h |t|.   ヾi丶     u レ'
     ヾl.     fニニニヽ  u/‐'  :|r|  ー "j `ー ′ h゙リ {t|!v ̄" }  ` ̄  !リ ヾl u  iニニニヽ   /|
       ト、  ヽ.   ノ u,イl.    ヾ! v  ヾ__ v イ‐' ヾl   ヾ_  v ./'    ト、  、__丿u ,イ ト、
      ,.| : \  `ニ´ / ; ト、    ト.、u L_ フ , ' |.    ト、u ヾー `> /.|.   ,| ::\     / ; / \
   -‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ:l`ー- ⊥:`ヽ. __ / ,' |    | :\   ̄ /,' ト、_ /〈 ::  ` ー '   ,'/   「
     /  \ ::       , '/  :|     `'''ー- 、 , ' '>-,、.._ノ ::  `ー '   /,.イ   \::     /      |
    /     \    /     |        | ヽ-‐'´ _,.ヘ<  _::   _,. イ/ |     ,.へ、 /´\       |

703崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:03:00 ID:Z2EnF3A.

              ト 、
             .ト\           ∧
             \            / ヽヾ、    /~`\
             ト-`          / ニ=_ , . --一/ /~
             \       __,./'∠,  ''``  ヽ三| |
               ヽ-ーーヾヽ-' ヘ>'           ゞミ/
                     ヾヽ  ~     U      /
オレ達は                /iヽ             .i-'
とんでもない             / ヾヽ   U        .i
考えちがいをしていた…      `ー-、          U   /
                       !  , ' `ヽ        /
                       ``!ヽ   !      /
                         `.i`-- '    /
                          i  ̄    /_
                          ヽ、____/` ヽ、  /
                                  /
                                 /\
                                 /  \



ヾ                                  ,、
  `ヾ _                           / l
      ̄,ー-z___               //   l l
  .    '.,/./l  ̄;  ト-三彡      ///    lノ_
      l.l ,' l  ヽ_.i`-' ノ彡彡彡彡==--- __二二r-─ヽ   やる夫が祟っていたのは…
      l.l l l    ~二--ゝl  ̄.//二=┐=─ 、=-、 ヽ
      .l.l.l i        ノノ'⌒ l l-、─-ト_ソ ノ  ヽ '-,__   祟ろうとしていたのは…
       ヾヽ、     /,'/ ./ ヾヽ`,        , ' r-┘
        ヾ==---- ',r "/ /   ヽヽ'        / /
        l   ̄ ̄  / /     ヽ、      / /    丿ノ
        ヽ      `-、--、    ` -、__'ノ   ノ
         ヽ                       ι'   /~
          `、    ト、─- 、_              /
           ヽ   ` - 、_    ヽ           ,-'
            ',    、   ─ - '         , -'
             ヽ    ──          , - '
              l             , - '
              \         _ , - '
                ト──--- '

704崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:03:29 ID:Z2EnF3A.

              ,.ィ , - 、._     、
        .      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
             ト/ |' {              `ヽ
            N│ ヽ. `                 ヽ
           N.ヽ.ヽ、           ,         }.
        .  ヽヽ.\         ,.ィイハ        |
           ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |.     や ら な い 夫 に 対 し て じ ゃ
        .      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ
        .       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./     な か っ た ん だ よ !!
               ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'
               l   `___,.、     u ./│
        .        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,
                   >、`ー-- '  ./  / |ヽ
              _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、
        -‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
             /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
              _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
        .     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
              l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
        .     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
             l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
               l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
                l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
        .      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/



         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・
.
ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
  ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
        ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、
       /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \..,,__
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i

705崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:03:42 ID:Z2EnF3A.

                   ,   / `ー---─一''"~´ ̄`ヾヽ
                 i  i| ilレ           ミミミミ''"`─- 、
               , .,i! i !/i  i         ミミミミヾ   ミヾ ゙ヽ
               .i  ,!i l.| ' i  ゞ       彡ミミミヾ   ミヾヾ  `ヽ
             ,  i!、k ヽ、 ヽ          彡ミミ   ミヾヾ    ゙
人の死に       li l ヾ、    ヾ        _,,==  ミヘベ
散華の美学が    , |i、ヽ  ヽ、     ヽ             ヾ ゙      宣旨や院宣に
詠われるように   !ヾ ヽー- _ ー- ,,__         〃ヾ         誰も意義を
なったのも…     ヾヽヾ ‐- ,,___             /ソツ、ヾゞ、ヾヾ    見出さなくなったのも…
              ` 、`ー- 、...,,─--  __,,     彡ソソ ヾゞゞミミ
             ヽ.、 `ー --- .,,─--  __,, 彡ソソノ,;  ,,-弋ミミミミ
               \ ゙ー‐- 、..,,,____,,. --彡彡彡'"'",ィ'-====、ヽミミミ
                 ``,.-、-─r,=====、:;;,,::;;::f" ,.'i´ o`i 冫ヽ ]-'´
                  ゙iヾ ニill 〈 (.O)ーi` ̄´i  _`_-_'....'  li ゙
                   ゙i   ill::::::::;ー-‐γ'i'::l,⌒ヾ`)::::::::::;;''  〃u
                   ゙i  :ill::::::::;;  ソ::::;i,、,  ヾ:::::::;''' _,,ノ'  ,  たかだか平家一門と
                    ゙i、  ゙`‐=='"..::::::;i,, .,,,  ゙゙'''''"~´    l   運命を供にしていい程度に
   古来よりの律令が       ヾ.イ        '''"..-一、   u   .l   天皇の価値が
   顧みられなくなったのも…    ヽ     :;;l ̄´ _,,,...,.ヽ     ,イ   下がったのも…
                        ゙i. u   ;;iェ'´ i'  ヾト!    ./:!
                         ゙!.    :;;Fi、   ,,.ツ   ./;:;:  ゙
                        ./゙i ヽ   ゙;ヽニ二ニ-'´  ./ :;:;  /
                       / i  ヽ    :..,,-‐' /::;'  ;:; /

706崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:03:55 ID:Z2EnF3A.

            ,. -─- 、._
            ,. ‐'´      `‐、
       /           ヽ、_/)ノ
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ
      i.    /          ̄l 7
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /
      /`゙i u       ´    ヽ  !     あの養和の飢饉も…
    _/:::::::!             ,,..ゝ!                            _
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /                        , ‐''´~   `´ ̄`‐、
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /                        ヽ‐'´            `‐、
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /                        ≦               ヽ
 .! \     `‐、.    `ー;--'´                          ≦   , ,ヘ 、           i
  ヽ \     \   /                              l イ/l/|/ヽlヘト、      │
                                            |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l
                                            ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-'、
                            治承・寿永の乱も…    } ' (:)〉  ´(.:)`i    |//ニ !
                                            ゙!  7     ̄    | トy'/
      . /   , ,ィ ハ i、 、     !                      !  `ヽ"         .;-‐i´
       /イ  ,ィ/l/ |/ リuヽlヽト、 |                      ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
        イ /r >r;ヘj=:r‐=r;<ヽ│                       ヽ、 ー      / ゝ
        r、H   ┴'rj h ‘┴ }'|ト、                        \  __, ‐'  / / \
        !t||u`ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ                          ̄ i::::: / /
        ヾl.     fニニニヽ  u/‐'  やらない夫が
          ト、  ヽ.   ノ u,イl.   目的ではなくて…
         ,.| : \  `ニ´ / ; ト、
      -‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ:l`ー-_
        /  \ ::       , '/  :|     `'''ー- 、
       /     \    /     |        | ヽ

707崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:04:07 ID:Z2EnF3A.

                    ,   / `ー---─一''"~´ ̄`ヾヽ
                  i  i| ilレ           ミミミミ''"`─- 、
                , .,i! i !/i  i         ミミミミヾ   ミヾ ゙ヽ
                .i  ,!i l.| ' i  ゞ       彡ミミミヾ   ミヾヾ  `ヽ
              ,  i!、k ヽ、 ヽ          彡ミミ   ミヾヾ    ゙
              li l ヾ、    ヾ        _,,==  ミヘベ
              , |i、ヽ  ヽ、     ヽ             ヾ ゙
              !ヾ ヽー- _ ー- ,,__         〃ヾ
              ヾヽヾ ‐- ,,___             /ソツ、ヾゞ、ヾヾ
               ` 、`ー- 、...,,─--  __,,     彡ソソ ヾゞゞミミ
              ヽ.、 `ー --- .,,─--  __,, 彡ソソノ,;  ,,-弋ミミミミ
                \ ゙ー‐- 、..,,,____,,. --彡彡彡'"'",ィ'-====、ヽミミミ
                  ``,.-、-─r,=====、:;;,,::;;::f" ,.'i´ o`i 冫ヽ ]-'´
                     ゙iヾ ニill 〈 (.O)ーi` ̄´i  _`_-_'....'  li ゙
                    ゙i   ill::::::::;ー-‐γ'i'::l,⌒ヾ`)::::::::::;;''  〃u
                    ゙i  :ill::::::::;;  ソ::::;i,、,  ヾ:::::::;''' _,,ノ'  ,
                     ゙i、  ゙`‐=='"..::::::;i,, .,,,  ゙゙'''''"~´    l
                      ヾ.イ        '''"..-一、   u   .l
                        ヽ     :;;l ̄´ _,,,...,.ヽ     ,イ
                         ゙i. u   ;;iェ'´ i'  ヾト!    ./:!
                          ゙!.    :;;Fi、   ,,.ツ   ./;:;:  ゙
                         ./゙i ヽ   ゙;ヽニ二ニ-'´  ./ :;:;  /
                        / i  ヽ    :..,,-‐' /::;'  ;:; /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     日  本  そ  の  も  の  に  祟  っ  て  い  た  ん  だ  よ  !
____________________________________________

    あれだけの絶対権力だった院政が、なぜあんな短期間で崩壊したのか?
    実際には4章で書いた院政が持つ核地雷に起因する事態が大半なのだが、
    そのメカニズムが周知されていなかった当時は、顕在化したのが保元の乱以降であったことから
    ほぼ全てがやる夫の呪いと考えられるようになった。
    多発した規模の大きい自然災害が、やる夫の呪いの凄さにさらに尾ひれをつけた。

や る 夫 が 『 日 本 最 大 の 魔 王 』 と な っ た の は 、 こ の 時 か ら で あ る 。

709崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:05:31 ID:Z2EnF3A.

                  『崇徳院御託宣』(宮内庁書陵部)は

                    /                \
                  /     ,ィ三ニヽ/ニ=-、     ヽ
                 , '    //          \ li   ',
               . /    / /              l li   li l
               /     / /      呪       l li.   li l.
               .    / /:. :.           .: .:: l li   li l
                  / /::..::..::::....        .....:::::..::...l li   li l.
               . / / ,' ::::::::::::::::::::::....    ..:::::::::::::::::::::: l li   li l
               / / l :::::<...●..>::    ::::く....●..>. l li  li l
                /  l ::::     .:::    :::...    ::. l li  li l
               ./   !            ::::       〉 li  li.l
                  l:..            :.       :::l li  li
                 ハ:::::...       ヾニア      ..::::l li  li
                / l::::::::..  :.   -=====-、  :.  .::::::l li  li
               ./  ハ:::::::::. ヽril'"ュililililililililililiェ /!  ::::::::l .li  li
                 li. li::::::::.   Vl/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;lil/  :::::::/ .li   li
                 li ヽ::::::..  \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;li   ::::/li. li.  li
                 li |l |\:::..   ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/   .::イ li li  li.
                 li li l  \    ヽニ二ニ'  / |  li.li li
                 li li l.    \  ‐----‐  /   |  li li li

やる夫の怨霊は98,572柱の神々と900,043,492匹の鬼供を従えていると記している。

※この書物、偽作書の可能性が高いらしい。これに関する論文を読みたかったが、無理だった。
  ただ、何の意図を持って作られた偽書なのか? という点は非常に興味深い。

710崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:05:51 ID:Z2EnF3A.

この怨霊への恐怖、認識は、それまで朝廷関連者にとどまっていた。
                       それゆえ、日本の多数を占める武士にとっては他人事であった。

                              -‐─―- 、
                          / : : : : : : : : : : :\
                              /:/: : : /:{ : : : ヽ: : : : ヽ
                          /: :| !: : { ∧: : : : } } : : l: :',
               __          ,': : :j_レ-<ノ`ー<⊥_j_| :ハ
               〃 }\_      l: : イl==≠   ≠== ! : : l
              {{,ノ::::..し{^Y\  |/:_:.:} _,⊥=  {  =⊥,_ ∧: :│
               `丶、::::::.‘ーゝ(ヽ /:{ ヘ ::::.      .::: /ヽヘ:│
                  (>r‐<_ /\{ : ゝ.__>、_ (二つ  〃 }.:ヽ}
              | ̄ ●〉  \:::.八: : : \_  ̄ ̄ ̄ ̄ ノ-く: : /
             _レ-―┴- 、  |>'ーヘ: : : :ヾー-‐ァー'´: : : :∨
             /       \|    \: : :.\ヽ〔こ\: : : : \
           /          〉    ヘ\: : : ヽ\〉 \: : : : \

  しかし、京への帰還を切望していた後ッ鳥ゥー羽さまの恨みについて、噂が流れるようになる。



      例えば、こんな記事。 藤原定家の日記 『明月記』 嘉禄元年(1225年)6月13日
                     ___________
              .      .ノ ,――┬.――.┬――, l,
                    ,..-"ノ  'l'l' |::::'l'l'';ヽ::!  /'l, ヽ.ゝ..,
              .    |. i´   o_!,! |::::;|,[`:::::| ,/,‐,'i., `i .|
              .     |. !、       |:::__::::__:::| ____ ,! .|
                    `ヽヽ     r'´。Ξ-`/   --/r´r´
                     }. }     |   ゝ;;ノ  ニ7 .{ .{
              .     .,! ,!.     /      ..ニ7   'i 'i
                     i. i ,.-;=ミ、〉     ='     i .i
                    !. i {`☆',!,ヘ ,、 ,、 ,、`''-.,_ ,! ,!
              .     .ゝヽ`''''^´ |`::〉,ハ r`lヽ /""ノ ノ
              .       \\_ r='='ュr'==ュ.`_//
                        `''-二''‐、::::;:-''二-''´
                            `ヽ.’,r'´

「琵琶湖ほとりに志賀浦に奇妙なる鳥が群れる。翼幅三尺五寸(約1m)、足四本にして水鳥のごとし。
ある者がこれを食すと、即座に死す。人々はその鳥のことを『隠岐の掾(じょう)』と呼んだ」

     ※掾 = 国司の三等官    隠岐の掾 = 後ッ鳥ゥー羽上皇の隠語みたいなもの

712崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:07:14 ID:Z2EnF3A.

その一ヶ月後。

                            / ̄  ヽ、
                      / ̄ i´       \
                     /   ハ ハ、ヽ\ 丶 ヽ
                       { / /  リ \ \ヽ    ',
                     i   /=;、  ,;=ヾ ヽ   ヽ ',
                      l. / ,rェ;ァ〉  ,rェ;ュ\     i. ',
                        l i   / 丶     ヽ i ノ }
                          `i.  ヾ-^'       レ‐ラ/
                       |   ィ_‐-- 、    こ〃
                        _>、   ̄´   / 厂i
                      / /  lヽ_ ,. - '´ / l |、
                 _/ /     |`¨ ‐‐ ''´/  l  ヽ __
               _,/l |   ̄| ̄ヽ|      /___,」   i    ̄ヽ、
           _,. -''´  //     |   |!     .//   /   .l        \
          /      | |     |   }ト、   //   /   /      / i
          /      |/     |   ヽヽ .//   /  /      /   |

                     北 条 政 子 死 去。

           同年末には幕府の中枢を担った大江廣元も死去している。

714崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:07:28 ID:Z2EnF3A.

この時、まだ後ッ鳥ゥー羽さまは生きていた。 つまり生霊が呪い殺したと噂されたのだ。
実際、鎌倉幕府はわざわざ「後ッ鳥ゥー羽様の生霊のせいでない」と公式発表している。
                           -‐─―- 、
                       / : : : : : : : : : : :\
                           /:/: : : /:{ : : : ヽ: : : : ヽ
                       /: :| !: : { ∧: : : : } } : : l: :',
            __          ,': : :j_レ-<ノ`ー<⊥_j_| :ハ
            〃 }\_      l: : イl==≠   ≠== ! : : l
           {{,ノ::::..し{^Y\  |/:_:.:} _,⊥=  {  =⊥,_ ∧: :│
            `丶、::::::.‘ーゝ(ヽ /:{ ヘ ::::.      .::: /ヽヘ:│
               (>r‐<_ /\{ : ゝ.__>、_ (二つ  〃 }.:ヽ}
           | ̄ ●〉  \:::.八: : : \_  ̄ ̄ ̄ ̄ ノ-く: : /
          _レ-―┴- 、  |>'ーヘ: : : :ヾー-‐ァー'´: : : :∨
          /       \|    \: : :.\ヽ〔こ\: : : : \
        /          〉    ヘ\: : : ヽ\〉 \: : : : \
        ∨         {       '、ヽ: : : :Y \.<\: : : : ヽ



二年後の政子三回忌、清水寺の鐘楼の下に縛り付けられていたある僧侶がみた夢が噂として広まる。

            , ;,勹               , ;,勹                , ;,勹
           ノノ   `'ミ            ノノ   `'ミ            ノノ   `'ミ
          / y ,,,,,  ,,, ミ         / y ,,,,,  ,,, ミ          / y ,,,,,  ,,, ミ
         / 彡 `゚   ゚' l         / 彡 `゚   ゚' l          / 彡 `゚   ゚' l
         〃 彡  "二二つ       〃 彡  "二二つ        〃 彡  "二二つ
         |  彡   ~~~~ミ         |  彡   ~~~~ミ         |  彡   ~~~~ミ
     ,-‐― |ll  川| ll || ll|ミ―-、  ,-‐― |ll  川| ll || ll|ミ―-、    ,-‐― |ll  川| ll || ll|ミ―-、
   /     |ll        |   /     |ll        |   ヽ/     |ll        |   ヽ
  /       z W`丶ノW   /       z W`丶ノW    /       z W`丶ノW     ヽ

「鎌倉の竹中にいる崇徳院怨霊と隠岐の後鳥羽院生霊がさきごろの天狗の跳梁跋扈の背後にあり。」

※鎌倉の竹中とは頼朝の父・義朝の首が埋葬された場所である勝長寿院。

718崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:09:00 ID:Z2EnF3A.

                           -‐─―- 、
                       / : : : : : : : : : : :\
                           /:/: : : /:{ : : : ヽ: : : : ヽ
                       /: :| !: : { ∧: : : : } } : : l: :',
            __          ,': : :j_レ-<ノ`ー<⊥_j_| :ハ
            〃 }\_      l: : イl==≠   ≠== ! : : l
           {{,ノ::::..し{^Y\  |/:_:.:} _,⊥=  {  =⊥,_ ∧: :│
            `丶、::::::.‘ーゝ(ヽ /:{ ヘ ::::.      .::: /ヽヘ:│
               (>r‐<_ /\{ : ゝ.__>、_ (二つ  〃 }.:ヽ}
           | ̄ ●〉  \:::.八: : : \_  ̄ ̄ ̄ ̄ ノ-く: : /
          _レ-―┴- 、  |>'ーヘ: : : :ヾー-‐ァー'´: : : :∨
          /       \|    \: : :.\ヽ〔こ\: : : : \
        /          〉    ヘ\: : : ヽ\〉 \: : : : \
        ∨         {       '、ヽ: : : :Y \.<\: : : : ヽ
        /          }    \  l  |: : : |___ \>\: : : :}
  .     /                \|  レヘ:│ `ヽ、\  Y: :ノ
  .      〈                      〉 厂∨ ̄ ̄| `‐ヽ. ∨
        \             /  {  |     │ ●ヘ \
         \        _,∠,,____ノ  |―-- -―|    l. ∧\
  .          \___, イ: :{         / |     │    :|  l∧::.\
                     |: : ヽ       / |     │     |  | l\::.\

   では、後ッ鳥ゥー羽様が死んだ後、延応元年(1239年)以降はどうなったか?

719崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:09:17 ID:Z2EnF3A.

    仁治元年(1240年)に北条時房死去、仁治3年(1242年)には四条天皇、北条泰時死去。

                            r -、,, - 、
                        __    ヽ/    ヽ__
                       ,"- `ヽ, / ◯     l )
                     /  ◯ \__ (● ◯ i"
                    __/   ●)      ̄ )"__ "`;
                  .(_i  ◯    ' __, '"  ̄`'(___/.i⌒i
                    丶_ ,i⌒i,,_(_/    ◯ i ̄ ̄ )_|__
                  __, '"   ̄ ヽ! ◯ ●)  ミ~ ̄_◯ ヽ)
                  (_/     ◯ i    ∪  / ⊂{●  |
                   l ◯( _●) (  ̄)-    /   -'  i
                 /ヽ、   |∪l   T      i     ◯ '")

    怨 霊 の 恐 怖 は つ い に 武 士 も 当 事 者 に し て い っ た 。

怨霊についての認識を既に持っていた摂関家、皇族から将軍(摂家将軍、宮将軍)を迎えていたことが、
鎌倉幕府も怨霊を恐れるようになることに拍車をかけた。



           ちなみに、延應2年(1240年)にも彗星が観測されている。

            +     ゚  . +            . . .゚ .゚。゚ 。 ,゚.。゚. ゚.。 .。
             . .   ゚  . o  ミ.     ミ  .  , . .o 。 * .゚ + 。☆ ゚。。.  .
                         l|     |    。  *。, + 。. o ゚, 。*, o 。.
            ゚  o   .  。   i|    |i.,  . , o 。゚. ,゚ 。 + 。 。,゚.。
           ゚ ,   , 。 .   + i|    |i.  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。 . 。
          。 .  .。    o   .i|    |i゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 . .
                  。   .   ゙i,    |j゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .
           。 .  . .   .   .  ゙i,   |i.☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
              ゚  。   ゚  .  +。゛゙i,    |i。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
           。  .   . 。 。゚. 。* 。, ゙i,    |i☆。。. ゚。+ 。 .。  .  。   .
            .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ ゙i  |j. *。. 。 。 .    。    .
           ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚\. ゙i。゚. 。 . .   ,    ,   .
          ゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚.\.゙i. 。 .   ,      ゚    ゚
           。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚ `  ,   。     。   .   .
           ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚
          ゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .     .  .   。      ゚ .
           .  .     . ,     。       .           .  ,    .
                。                 ゚   .           。

720崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:10:36 ID:Z2EnF3A.

        こうして、怨霊という存在・概念は後鳥羽上皇を通して武士にも定着するようになる。

                             _.. -―'''''''―-- ..,,_
                           ,/           `゙''-、
                            ,/     _..-'''''―- ..、    \
                          /     .,/          \    .ヽ
                      . /      /              ヽ    .ヽ
                     /      ./      呪       ヽ    ヽ
                    /      ./               , .l,    .',
                   ./     ,i!゙',、            _ノ.l/j    !
                   !     .,'―‐`-lii、       . ,,rl┴''''ー l!    l,
                  ./     i!'-、 .!ゝ . '.l、       /   .!′ ,..''7    .ヽ
                  ./     ./ 'イ''ニ=rirr,'|./     .ヽ`-`-`-''',/゙l      l
                 /      .l゙         "       ゙′     l      l.
                . /       !                       ,.|     ., ヽ.
               .'"       !ヽ   y     i;;;;;;、    'i,  ../ ;:;l     ..l゙‐'′
                      |;:.!  ,/,' .,,r;;ニッiiiiiiiiiiiiii;;;;r、 .l',  .!;:;:;:.!      .ヽ
                       |;:;:;:! .// i',{ .iー'''''''''''''ー'i i!|i ,!} l;:;:;:;l          l
                       |;:;:;:| .{ ! ./ ゙"      !" l',./;,! l;:;:;:.!           !
                       !;:;:;:.! ヾイ.,..-ー'''''''''''―- ..,..!!./  |;:;:;:|
                         !;:;:;:;.! /,ii/            l;,ii;| .l;:;:;/
                      l;:;:;:;:;| .l;| }            !,!:l" /;:;:/
                      l゙'-,;:;| !| .l         :l".! │;,イ
                         !、 `'',  │           !  l,i,'-/
                         i,',',iiiii、\ .!        . ! .r',゙.l'''7
                     ., .l',  .リ、\.l        レ'.l- l!.│
                     . l, .!l 、  l`-',/、      ,i;;;;,','" l_./、
                         l、',l \ l  ',`'リー .... イ゛   !., '"/.i',  、
                  l l,  .,!`′ .`-,!  ! .!    !  ,ノ゛ // .l .|,  .|,
                   ! ,'i  l      ゙゙''ヘ..,|_   ._l..-'"   .′ ', .l ! . l ゙',
                   .l ! l./           ̄゛            l" !/゛ ',

か く て 、 や る 夫 の 怨 霊 は 、 日 本 中 が 認 識 す る 存 在 と な っ た 。

721崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:10:53 ID:Z2EnF3A.

                         _
                        /O \
                         |. °  |
                        \_,/
                     ,. ─- 、,,.|___           やる夫の怨霊が
                    ,イ〃       |    `ヽ,__       『日本一』とされるようになったのは、
              .   N. {'             \
              .  N. {               ヽ     1.やる夫死後のゴタゴタが
              .  N.ヽ`               〉      すべてやる夫の怨霊のせいと
                N.ヽ`        ,.ィイ从       /       考える人がいたこと
              .  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく
                  lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !     2.その考えが都びとだけでなく
                  ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ        武士にも広がる機会に遭遇したこと
                     !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´
                     ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\      この2つが合わさったからにょろ。
                -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-
                  /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|     ある意味
              .   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |     『時代ゆえ』
                / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|    ということにょろ。
                T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |

722崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:11:08 ID:Z2EnF3A.

                         _
                        /O \
                         |. °  |          この時代以降、やる夫は
                        \_,/           やらない夫を祟っていたのではないと
                     ,. ─- 、,,.|___          考えられるようになったにょろ。
                    ,イ〃       |    `ヽ,__
              .   N. {'             \      『保元物語』には存在しない
              .  N. {               ヽ
              .  N.ヽ`               〉      「日本国の大魔と成て、
                N.ヽ`        ,.ィイ从       /       天下を乱し国家を悩さん」
              .  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく
                  lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !     という記述が、
                  ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ      『平家物語』や『源平盛衰記』では
                     !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´      加えられることになったにょろ。
                     ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\
                -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-  やる夫の呪いの対象の変遷に
                  /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|     各物語の成立年代がいつなのかが
              .   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |    見て取れるようにょろ。
                / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|
                T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |

723崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:12:33 ID:Z2EnF3A.

                         _
                        /O \
                         |. °  |
                        \_,/
                     ,. ─- 、,,.|___
                    ,イ〃       |    `ヽ,__
              .   N. {'             \      やらない夫が死んでからも
              .  N. {               ヽ     この承久の乱という祟りがあった…
              .  N.ヽ`               〉
                N.ヽ`        ,.ィイ从       /     やる夫が祟っていたのは
              .  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく     やらない夫ではないと分かった…
                  lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !
                  ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ      その結果、
                     !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´      どうなったかというと…
                     ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\
                -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-
                  /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|
              .   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |
                / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|
                T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |

725崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:13:55 ID:Z2EnF3A.

                  _
                 /O \
                  |. °  |
                 \_,/
                  |
        ,   / `ー---─|一''"~´ ̄`ヾヽ
      i  i| ilレ        |    ミミミミ''"`─- 、
    , .,i! i !/i  i         ミミミミヾ   ミヾ ゙ヽ
    .i  ,!i l.| ' i  ゞ       彡ミミミヾ   ミヾヾ  `ヽ
  ,  i!、k ヽ、 ヽ          彡ミミ   ミヾヾ    ゙
  li l ヾ、    ヾ        _,,==  ミヘベ
  , |i、ヽ  ヽ、     ヽ             ヾ ゙
  !ヾ ヽー- _ ー- ,,__         〃ヾ
  ヾヽヾ ‐- ,,___             /ソツ、ヾゞ、ヾヾ
   ` 、`ー- 、...,,─--  __,,     彡ソソ ヾゞゞミミ      ど う や っ た ら
  ヽ.、 `ー --- .,,─--  __,, 彡ソソノ,;  ,,-弋ミミミミ
    \ ゙ー‐- 、..,,,____,,. --彡彡彡'"'",ィ'-====、ヽミミミ    恨 み が 晴 れ る の か が
      ``,.-、-─r,=====、:;;,,::;;::f" ,.'i´ o`i 冫ヽ ]-'´
         ゙iヾ ニill 〈 (.O)ーi` ̄´i  _`_-_'....'  li ゙     わ か ら な く
        ゙i   ill::::::::;ー-‐γ'i'::l,⌒ヾ`)::::::::::;;''  〃u
        ゙i  :ill::::::::;;  ソ::::;i,、,  ヾ:::::::;''' _,,ノ'  ,     な っ た に ょ ろ !
         ゙i、  ゙`‐=='"..::::::;i,, .,,,  ゙゙'''''"~´    l
          ヾ.イ        '''"..-一、   u   .l
            ヽ     :;;l ̄´ _,,,...,.ヽ     ,イ
             ゙i. u   ;;iェ'´ i'  ヾト!    ./:!
              ゙!.    :;;Fi、   ,,.ツ   ./;:;: 
             ./゙i ヽ   ゙;ヽニ二ニ-'´  ./ :;:;  /
            / i  ヽ    :..,,-‐' /::;'  ;:; /

726崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:14:12 ID:Z2EnF3A.

          こ う し て 、 日 本 は 、 た だ や る 夫 の 怨 霊 に

                     /                \
                   /     ,ィ三ニヽ/ニ=-、     ヽ
                  , '    //          \ li   ',
                . /    / /              l li   li l
                /     / /      呪       l li.   li l.
                .    / /:. :.           .: .:: l li   li l
                   / /::..::..::::....        .....:::::..::...l li   li l.
                . / / ,' ::::::::::::::::::::::....    ..:::::::::::::::::::::: l li   li l
                / / l :::::<...●..>::    ::::く....●..>. l li  li l
                 /  l ::::     .:::    :::...    ::. l li  li l
                ./   !            ::::       〉 li  li.l
                   l:..            :.       :::l li  li
                  ハ:::::...       ヾニア      ..::::l li  li
                 / l::::::::..  :.   -=====-、  :.  .::::::l li  li
                ./  ハ:::::::::. ヽril'"ュililililililililililiェ /!  ::::::::l .li  li
                  li. li::::::::.   Vl/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;lil/  :::::::/ .li   li
                  li ヽ::::::..  \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;li   ::::/li. li.  li
                  li |l |\:::..   ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/   .::イ li li  li.
                  li li l  \    ヽニ二ニ'  / |  li.li li
                  li li l.    \  ‐----‐  /   |  li li li

              「 静 か に し て い て も ら う 」 と い う

           受 身 の 姿 勢 し か と れ な く な っ て し ま っ た

727崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:15:37 ID:Z2EnF3A.





                  当時の人がやる夫をどう思っていたか。

                     どれくらい恐れていたか。

                それを端的に表すエピソードが残されている。




.

728崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:15:49 ID:Z2EnF3A.

鎌倉時代末期の動乱の物語 『太平記』。 巻の27、3条。



      `ヽ-''゙´ /   _,,/         i   |  (  j    .i        ゙ト,.   |
           !  .r'゙./       i   ト,  .|  ゙ヽ'゙.l,   |  .j   /   l.゙l,  j゙
           .l, .l゙ .|  ,ィ  ゙i, ゙i;、--゙l,ヽ,,,,゙l,    ゙l,_ノl゙_,,.ノL,, /.i,_  j゙ .| ./
           ヽ,.l  l,  l.|  .r:iヽ、ヾ;、, ヽ;\;、.  ゚  ゙Vシ .ノノ _,イ ./`l  ノ j/
            .ヾ、 ヽ, ゙l;l,. l,、;l ';ミ三三ニラ7゙\    l,三三ニシ/ /ィj゙ ノ  '゙
                 ゙ヽい、l,.l゙l,. ゙l,´´ ̄ ̄   .\   「 ̄`` ./ .j;リj'「゙l\
      `''ー-、,,,_      /l゙ .゙トい;. l,        .i!ヽ .|   .j゙ /'゙//i; |. \   _
           `゙゙'''ー-<゙ j゙ ,r、 ヾ;i,. ゙l,       ./ ゙l .|   .ノ .jン'゙,、,| | .r‐'''゙''゙゙´
      `゙゙゙'''ー-、、,,,_   ゙l j゙ .!A゙‐;i, ゙l, l,     ー:::-‐.リ  .,.イ /.,-vシ).|l.|/,L,、、=-―
               ̄.i. l;! ゙'j゙/゙l |  ゙l,. ゙lヽ、    ,,,   ./ j゙.j゙l゙l´).j゙'゙ |;l
      ,,_          l  ゙'' .|.| _ .ト、 ゙l, ゙\,    ,/  j゙./ .l,.|`´ ,j,L、,r:、,,、,_
       `゙゙ニー---、、、、,,ィi:V   .|.l_|.|.|.|. ゙l, ゙l,   `゙'‐''´   .// ri_j.|  l´      l三



       出羽国(山形県)羽黒山出身の雲景という山伏が愛宕山を訪れた際の体験を記している。

729崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:16:03 ID:Z2EnF3A.

                    l,  ゙'ー‐'゙    'ヾ;ー:、         .゙l,
                _,、-ー‐''         `゙゙´          l,     なるほど。
              ,/゙´   _,  i,  .i l゙   /  ,j  .j゙ .j,   .,、,,_  .l
            .|  ,r''゙ブ ゙l, ゙l,ニ:゙F| 。 |.‐シ=''ジ_,シ.l,  ヾ, .) l,     これは有数の霊場に
             ヽ.|  .|  i'ヾirH''t;;l,.   l, ミlr'Tl,゙じ゙ナ'F=  '゙`´  l,    ふさわしい景観ですね。
              ゙'  ヽ,. l゙l, i゙ー゙ー´クヽ.  l,. ´ ̄ ゙̄`l ./´゙'l,    l,
                 ゙ヾ.゙':|  、´  ヽ,.|     .ノ /'゙i,. j゙    l,   さすがです。
            (,゙ヽ        ,|   ヽ   .|  、,,,,_;シ' j゙jノ./-、.    l,
   ト-、,,_      `´     ./jl,   ヾ'=―     / /'´ノ::゙i l,    l,  愛宕山は。
   .j '`゙゙''‐-ニ;;''ー-、,,_   ./ ./.|∧  ー      .// /r''゙ / .l,    l,
   .|      ``゙゙゙'''‐ニ;;''゙-、,,| Y/:∧       _,j;! /,、-'゙´i1  l,     l,
   |       ,r‐'⌒'i,   `゙゙''j,ジl::|l, ゙l,   ._,,、r;ニ-‐!/,、v,=ミ   _,l_   ヽ,
   |      (    ,(    :イ)).|::゙l,l, ニ「゙´  .j 「rr' //゙)ノ '゙   / =--`゙ニニニ;;;;;;―''ニ
  .|       ヽ、,,_)ゝ    |(;| |:::::l./゙ .|   j゙ | ゙ヾ゙i゙     ;/
  _,ト---、、、,,_         .|Y ヾ、/  '゙   .ノ  .ト-シ    /  ,r‐'⌒ヽ,
゙´  l,      `゙゙゙゙'''''ー-、、,,_./|    ``゙゙゙''''゙゙´    ̄    ./   l    ) .r‐、
   l,             |::|.,,.、,'"'i  .r=i,       //、,_  ゙l,  _ ,ゝ ゙ー''゙
    l,             .l;:l  ゙'《   》'"゙ヽ    / /  `゙゙゙'''ヾ/ ヾ'、,,_



                                ,、-―‐--.、、,,._
                              ,/´      、_  `゙゙"'ヽ-、,,_
でしょう。                       /          ゙ヾミ;-;;、,,,、--;三ォ
                           /       __,,、,-ー'-、;i、,ミ--―''"´
せっかくここまで来たんです。       ./    _,,、_,,''i;"'、´ヾエエ='゙゙iri,
                       ./ _,、ィ、,j'j"´ヒニ'",r--‐'ヽミ-'  i !゙i,
いかがですか?            .∠;;二゙,,,,_,i, j.i゙ ヽ、/´ _,.、,  ゙i, ' ノ .i; i,
                            j i |  ./.,r-' '゙./.ヽ`゙''‐゙'´  ;i,ノ
秘密の場所が                   i゙ i .`ー''ヘ、、-'゙  .゙'"´  ./゙'ヽ.、,
この愛宕山にはあるのですが          >i,ii,            /゙   ,、>、,
ご覧になりますか?              /´  iv         , ,./  /   .゙ヽ,
                         /---、,  ゙ヽー、;、,,_ 、  /'Y゙  /   _,,.   .;i

730崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:16:16 ID:Z2EnF3A.

         /    ,.     ̄ ̄≧=‐x,
.         /{___/                \
     ,イ   {                   ’
      {入_ゝ                   ':,
.     \                       ,
.      / '  /      / {   \  \        ,       ほお…?
     | /  {   / イ  ∧    }h,  ム } r=x  ',
     { {{  { \ { { {.  L \  Fヲ//アイ 仏 }  ',      それは
     ヾ\ \ { ム 弌_ \ ハ厶仏ィ'" | |ノ j|  ヽ     ぜひ拝見したいですね。
.        \{\ゞ7ァzァ>x.≧x''^´″ j 厂ノ   ヽ
              ∧   '    ヽ    | 厂'     ヽ
              ハ,  `_ __,.    /|ハ/ i      \
            /  リ\  ー'   /,:' j' } ||       \_
          / //   ヽ _,   / { / :}マ¬=一'´ ̄
          / / 〃   |      | /  ム ∨



         、,,                           ,
        `、`゙'''ー=============================ー'''゙´ノ
         `ゝl!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!イ´
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
        ,.r''"=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=`゙'、,,
      ,.r''"=/^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|ヽ=`''、,,
   __,.r''"=/^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|=`゙''-、__.;i;';.
:、;;`、エ@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@エr''´.;i;';.
;i;';.:;;:、;<__人__>-------<=二二二二二二二二二=>-------<__人__>.;i;';.Y;:;;::
:;;::、;;:。; |□|田田田田田||.(;;;)(;;;)(;;;)(;;;)(;;;)(;;;) ||田田田田田|□|;:。;:;;::。;:;;::、
`;`;;i`.:;:i..''|| :田田田田癶||ロロ|    .  . .   .. . |ロロ||癶田田田田 .||'`,:'':'`:Y:'';;::,:'':';:
`;i`.;` ;;i`´.||〒〒〒〒(:::::)ロロ|   .,--  --.、   .|ロロ(:::::)〒〒〒〒';.,,;;`;;i':';:;..,,:'':';:;"
`;;ii|!:;. ,,;...;)}{{.|llll|llll|llll|llll|┃||ロロ|____.| ̄ ̄ ̄ ̄||___|ロロ||┃llll|llll|llll|llll|.}}ヾ':';:;..,"i|!i|!,:'':';:;..
─-==-_─三─≡-=─-==-.::::; ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、:::..─-==-_─三─≡-=─-==-_

731崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:16:28 ID:Z2EnF3A.

            | ,ィ/          ヽ               \
          V /  ,  ,ィ       i                ヽ
           l. /  ./   ィ´    /|      ,、          ヽ
           | |  l  / .|   . ィ ./     ,ハ
              ヽゝ ,ハ 「`!.ィチ、 /   ./  |   |   i   .i. ヽ,
              /ゝ、卞,ゝ .i{__/     イゝー-/  /l   /   /   l
.             /.   | |´,ィ勿,.'  , イ}     ∠ イ∠. ィク . ィ′  ,.'  これは…?
           /.  人 |   i ./.   !     `寸廴_,ニイス,/   /
            ,′     N.   ゝ{         .`¨ヾミ`_/イ , ィ    この山で修行する方の中でも
          ./       |     丶 ヽ -            / 厂´   |    上級者の方達の住坊ですかな?
      ./´ ̄ ̄ ̄`¨¨ ム、               イノ.     |
      . /         ___  `ヽ,  ´こ`ヽ.     / |       |    なかなか立派な建物ですが。
    //      / __.`ヽ,  ` ,        /|  .|::`ヽ,   .|
、__,/ /       l f´    `ヽ ヽ  ',    ,,ィ |::::|.  |:::::::..ハ.   |
   `> ,_      | l      ', .',   r ´     |::::|.  |:::::./ l  |
       `丶、. い、 f⌒ヽ,  l !  |        |::::|.  |/   |   |



                    l,  ゙'ー‐'゙    'ヾ;ー:、         .゙l,
                _,、-ー‐''         `゙゙´          l,
              ,/゙´   _,  i,  .i l゙   /  ,j  .j゙ .j,   .,、,,_  .l      ちょっと待て…
            .|  ,r''゙ブ ゙l, ゙l,ニ:゙F| 。 |.‐シ=''ジ_,シ.l,  ヾ, .) l,
             ヽ.|  .|  i'ヾirH''t;;l,.   l, ミlr'Tl,゙じ゙ナ'F=  '゙`´  l,     なんだ…?
              ゙'  ヽ,. l゙l, i゙ー゙ー´クヽ.  l,. ´ ̄ ゙̄`l ./´゙'l,    l,
                 ゙ヾ.゙':|  、´  ヽ,.|     .ノ /'゙i,. j゙    l,    あの方は…?
            (,゙ヽ        ,|   ヽ   .|  、,,,,_;シ' j゙jノ./-、.    l,
   ト-、,,_      `´     ./jl,   ヾ'=―     / /'´ノ::゙i l,    l,
   .j '`゙゙''‐-ニ;;''ー-、,,_   ./ ./.|∧  ー      .// /r''゙ / .l,    l,
   .|      ``゙゙゙'''‐ニ;;''゙-、,,| Y/:∧       _,j;! /,、-'゙´i1  l,     l,
   |       ,r‐'⌒'i,   `゙゙''j,ジl::|l, ゙l,   ._,,、r;ニ-‐!/,、v,=ミ   _,l_   ヽ,

733崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:17:45 ID:Z2EnF3A.

    丶─ ─ ─ `ヽ::::::::::::::`\       ``           ´´      /´::::::::::::::::::::::::::∠
             `ヽ:::::::::::::::\       ``          ´´     /´::::::::::::::::::::::, , <´_ >、
      ─ ─丶_ _ \:::::::::::::::\    >``         ´´<   /:::::::::::::::/´´丶
         /´     ``\:::::::ゝ    >``        ´´<   /:::::::::::ノ´    ヘ
           ̄  ̄ フ ̄ フ `\::\    ノ``       .´´\  /:::::::/_
                /   /\\     ``      ´´   /::::/    \
               ´|    /  \::::\   ``     ´´  //  \_
                  //  /\::::\  ``    ´´ //     \`
                     /  ヽ:::::ヽ  ``   ´´ /::::/                   _
_                        ヽ:::::::ヽ ``   ´´ /::::/             _ , ,: : ´::´:::::
、::::::::::::`:::::::::::::::、、                ヽ、丶``  ´´/::/          , , :::::´::::::::::::::::::::::::::´
 `丶丶、:::::::::::::::::::::``::::丶 、、_        ∧`\`` ´´// ∧    , , :::::´::´::::::::::::::::: ´ ´ ´´
  ヽ   \   ``ヽヽヽ丶丶丶``丶丶丶丶 | |   `` ´´/  .| |:::::::::::::::::::::::,::::,:::´ ´ ´
   |    ∧             `` ` `丶.| 丶丶 / \/´ / .|、´ ´ ´
                         _/::::::: ̄ :::::::::::  ̄:::::::\_
                _ , , , ,..::::/:::::::::::_.::::::::::::::::。⊿::::::::::::::::_   \_  、、
             /´::::::::::::::::::/::::_/ ̄ \/丶:::::::::::/\/ ヽ─、:::::::\:::::::::丶丶
          /´:::::::::::/´/::::./´     /  丶:::::::/  \     `\::::\`\:::::::\
       /´:::::::::::/´ |⌒|⌒J       /    |:::::::|    \       し⌒|⌒| `\::::\
     /:::::::/´              //    |:::::::::|    \\            ∧ \::::\
  /´:::::::/´∧              /::::/     ノ::::::::::丶    ヽ::::ヽ             ヽ \:
/::::/´´                 / /      /:::::::::::::::ヽ    \\             ヽ
/                    //      |:::::::::::::::|   | \
                    //        .|:::::::.─:::::::|   |  |\
                   / |        |:::::::| .|:::::::|    \ \ ヽ

735崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:18:09 ID:Z2EnF3A.

                    l,  ゙'ー‐'゙    'ヾ;ー:、         .゙l,
                _,、-ー‐''         `゙゙´          l,
              ,/゙´   _,  i,  .i l゙   /  ,j  .j゙ .j,   .,、,,_  .l       翼が…
            .|  ,r''゙ブ ゙l, ゙l,ニ:゙F| 。 |.‐シ=''ジ_,シ.l,  ヾ, .) l,
             ヽ.|  .|  i'ヾirH''t;;l,.   l, ミlr'Tl,゙じ゙ナ'F=  '゙`´  l,      金色の翼が
              ゙'  ヽ,. l゙l, i゙ー゙ー´クヽ.  l,. ´ ̄ ゙̄`l ./´゙'l,    l,      生えているじゃ
                 ゙ヾ.゙':|  、´  ヽ,.|     .ノ /'゙i,. j゙    l,     ないですか…!?
            (,゙ヽ        ,|   ヽ   .|  、,,,,_;シ' j゙jノ./-、.    l,
   ト-、,,_      `´     ./jl,   ヾ'=―     / /'´ノ::゙i l,    l,
   .j '`゙゙''‐-ニ;;''ー-、,,_   ./ ./.|∧  ー      .// /r''゙ / .l,    l,
   .|      ``゙゙゙'''‐ニ;;''゙-、,,| Y/:∧       _,j;! /,、-'゙´i1  l,     l,
   |       ,r‐'⌒'i,   `゙゙''j,ジl::|l, ゙l,   ._,,、r;ニ-‐!/,、v,=ミ   _,l_   ヽ,



            -、,,,゙'''ミ'ヽ,,゙'゙-、、、   \,   〔 `i、   ,、-‐r、,、
            -、 ゙゙゙'-ヽ`'''‐、i、`'i、   }'i、  ゙l  | ,i´  / ,、゙l、
              "''‐-、、, ミ'- `' ミ ヽ、  i、`!、 ゙l | |i|,v"/゙,/,_ノソノ
               -、,,__、 `'-,_´"'''-''-、、\、 ヽ ゙l,,'ミレ" ゙"」レ
            `゙''ー-ミ゙"''‐-、,,, "''‐-‐、,,,_`゙'‐-、,ミ-、'"/、 /ヽ`″
            "''‐--‐''‐‐-ミ-‐''"゙⌒''‐''゙゙''   ,,彡 /` ヾ-、`)
            ,,,,、    " _,、-‐''‐''"二ニニ=!'' ,,/|  /
            、,`゙''''=、-‐''"‐、-‐''"゙゙ ,,-'',-‐'〃,、゙|  l
            ゙>\_,,,ニ'''''''",,,´, _/,,‐,,r'/゙,/,,/l  | ヽ
            二ヽ\<''',>''冫'゛ ,彡/゙/´,.//゙i|‐| ∧
            ー'" ゙li、゙'\  ,,レ/'"`,i´//シ/″\ \
             '"` `i、 `''r'" ,,/゛ ,///,i/   ,/\

その男の背中には、金色の鳶のような翼が生えていた。男は座って翼をつくろっている。

736崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:18:29 ID:Z2EnF3A.

             男の左右にいる人物たちも見るからに異様である。

                        } -‐  、メ ./-‐ヽ从ノ
            ヘ   .∧    人___,ノ:::::::::ソ::::〉
            | ヘ   / 〉__,、___}::::::||:::r彡::::::::_,ィ≪ r'⌒ヽ
            |  〉'´       \:||‐':ノ>'´    |    \__
       、─-<_ノ .´ /ミ        ヽ'´      -‐ヘ、     `⌒ヽ
        \   ヽ /   /三≧x、   _,ィ≦ミx    __ヽ、__     ` ̄`ヽ
          >、__,ノ./ヽ、 /三三三/ /三三三ム   ´    ノ___,ノ: :/    人
         / イ  i    i三三三/ . /三三三ニ=---、_____,ィ´ : : : : : }    /
         | i   |ー-  寸三三i  i三三/            ヽ : : : : |  ヽ i
       二 ̄ ̄) ,ム    寸三:ノ  |三=人              : : :ヘ、  }
       三三ム  iミムー   `¨´   `゙寸三'ー──--、       : : : : `ーr'
       三三_ム |三ハ、 ハ  r≦三ミx   ___   ,/三=≧= 、___,r‐、__: : : :.:|
       三三三i .|三三三ミ   |三三三リ  |三ソ ,イ三三|        \: : |

右側に座っているのは身長8尺ほどもあろうかという大男で、大弓大矢を横たえて畏まっている。



             __
             〃 }\_
            {{,ノ::::..し{^Y\
             `丶、::::::.‘ーゝ(ヽ
                (>r‐<_ /\{
            | ̄ ●〉  \:::.八: : : \_  ̄ ̄ ̄ ̄ ノ-く: : /
           _レ-―┴- 、  |>'ーヘ: : : :ヾー-‐ァー'´: : : :∨
           /       \|    \: : :.\ヽ〔こ\: : : : \
         /          〉    ヘ\: : : ヽ\〉 \: : : : \
         ∨         {       '、ヽ: : : :Y \.<\: : : : ヽ
         /          }    \  l  |: : : |___ \>\: : : :}
   .     /                \|  レヘ:│ `ヽ、\  Y: :ノ
   .      〈                      〉 厂∨ ̄ ̄| `‐ヽ. ∨
         \             /  {  |     │ ●ヘ \
          \        _,∠,,____ノ  |―-- -―|    l. ∧\
   .          \___, イ: :{         / |     │    :|  l∧::.\
                      |: : ヽ       / |     │     |  | l\::.\

左側には日月星辰の模様を織り込んだ礼服を着た人々が金の笏を持ち、ずらりと並んでいる。

737崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:18:46 ID:Z2EnF3A.

            | ,ィ/          ヽ               \
          V /  ,  ,ィ       i                ヽ
           l. /  ./   ィ´    /|      ,、          ヽ
           | |  l  / .|   . ィ ./     ,ハ
              ヽゝ ,ハ 「`!.ィチ、 /   ./  |   |   i   .i. ヽ,
              /ゝ、卞,ゝ .i{__/     イゝー-/  /l   /   /   l   日月星辰の模様の服は
.             /.   | |´,ィ勿,.'  , イ}     ∠ イ∠. ィク . ィ′  ,.'   天皇陛下のご衣裳…
           /.  人 |   i ./.   !     `寸廴_,ニイス,/   /
            ,′     N.   ゝ{         .`¨ヾミ`_/イ , ィ     いったい、あの方達は…?
          ./       |     丶 ヽ -            / 厂´   |
      ./´ ̄ ̄ ̄`¨¨ ム、               イノ.     |     これは、
      . /         ___  `ヽ,  ´こ`ヽ.     / |       |     どういう場所なのですか…?
    //      / __.`ヽ,  ` ,        /|  .|::`ヽ,   .|



                             ,、-―‐--.、、,,._
                          ,/´      、_  `゙゙"'ヽ-、,,_
                         /          ゙ヾミ;-;;、,,,、--;三ォ
                       /       __,,、,-ー'-、;i、,ミ--―''"´
驚かれたご様子ですな。      ./    _,,、_,,''i;"'、´ヾエエ='゙゙iri,
                    ./ _,、ィ、,j'j"´ヒニ'",r--‐'ヽミ-'  i !゙i,
あの中央に居らっしゃる    .∠;;二゙,,,,_,i, j.i゙ ヽ、/´ _,.、,  ゙i, ' ノ .i; i,
羽の生えたお方は…           j i |  ./.,r-' '゙./.ヽ`゙''‐゙'´  ;i,ノ
                        i゙ i .`ー''ヘ、、-'゙  .゙'"´  ./゙'ヽ.、,
                        >i,ii,            /゙   ,、>、,
                       /´  iv         , ,./  /   .゙ヽ,
                     /---、,  ゙ヽー、;、,,_ 、  /'Y゙  /   _,,.   .;i
                    .,/     \,   .i  ,ノy'i-、,,_,,./ ,.r'シ'゙    ;i

738崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:20:02 ID:Z2EnF3A.

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    呪  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|              崇  徳  上  皇
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ____________________________
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉



                              ,xイ彡ィ≠=-ミムイ≧、
                            ,ィイ彡'"      `'"'¨ヾ
                            ./i|イ{!l}      __\  /   ',
                           iイ川イ    ___  、`" ,'   ',
                           |i|川i{   ー'" ,-。、リ '{イ__ ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/`ゝil|{ i   ーニ' ;'、 ヽ゚‐' 〈 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   その右にいる背の高い男、あれが  i  {i川八     ィ' ---'  }   源   為   朝
_________________ 入 ゞ='" ヽ   ,__,.二 __  〈____________
                         川!lゝ┐     ,ムー'ー'ーイ. |      .,r──-、
                         イ川l|ム !      i::::::::::::::::::::|  |     /、_i´   ヘ- 、
                        彡'ィ川i|l}ヽ、     ゙ー──‐' .ノ  /`ヽ!  /⌒  ',  }_
                       {:イ/l:|イ彡  ` ー 、  ィニ _,メ }  {  __ ,イ´   /`ヽ⌒ヽ
                        ,从イィー r───‐人____ノ   ',  /       /  .〉`ゝ'、
                  /i      Ⅳ.イ し、.´ ̄ ̄ ̄`ヽ | r─i.   ヽ'   / ./  ./  /  〉、
                . / .|       | 人_ノ   三ニ弋_| | レ' |    i   /     /  /  ′.}
                /  |_ , . -- ─ヽ、_     ニニ、_ | _|     {   {     ,         リ
                .   |__   ヽ ヽ   イ `ニ==‐-、_ } | i_i、ヽr 、人      ,'       / , ィ

739崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:20:14 ID:Z2EnF3A.

                            ,、-―‐--.、、,,._
                          ,/´      、_  `゙゙"'ヽ-、,,_
                        /          ゙ヾミ;-;;、,,,、--;三ォ
                       /       __,,、,-ー'-、;i、,ミ--―''"´
一番前の方が淡路廃帝、     ./    _,,、_,,''i;"'、´ヾエエ='゙゙iri,        かつての高僧である、
大炊王(淳仁天皇)。      ./ _,、ィ、,j'j"´ヒニ'",r--‐'ヽミ-'  i !゙i,        玄肪、真斉、寛朝、
                  .∠;;二゙,,,,_,i, j.i゙ ヽ、/´ _,.、,  ゙i, ' ノ .i; i,       慈恵、頼豪、仁海…
その次が井上内親王。          j i |  ./.,r-' '゙./.ヽ`゙''‐゙'´  ;i,ノ
                       i゙ i .`ー''ヘ、、-'゙  .゙'"´  ./゙'ヽ.、,     ああ、それと
その次が後鳥羽上皇。          >i,ii,            /゙   ,、>、,   後醍醐先帝の皇子の
                      /´  iv         , ,./  /   .゙ヽ, 護良親王。
そのお隣が後醍醐先帝。     /---、,  ゙ヽー、;、,,_ 、  /'Y゙  /   _,,.   .;i
                   .,/     \,   .i  ,ノy'i-、,,_,,./ ,.r'シ'゙    ;i
                   /  ,、,_    ヽr^i-‐;;i゙,i=/=-‐‐! //      .i,



            | ,ィ/          ヽ               \
          V /  ,  ,ィ       i                ヽ
           l. /  ./   ィ´    /|      ,、          ヽ
           | |  l  / .|   . ィ ./     ,ハ
              ヽゝ ,ハ 「`!.ィチ、 /   ./  |   |   i   .i. ヽ,    なんと…!?
              /ゝ、卞,ゝ .i{__/     イゝー-/  /l   /   /   l
.             /.   | |´,ィ勿,.'  , イ}     ∠ イ∠. ィク . ィ′  ,.'    皆、深い御恨みを持って
           /.  人 |   i ./.   !     `寸廴_,ニイス,/   /     亡くなられた
            ,′     N.   ゝ{         .`¨ヾミ`_/イ , ィ      やんごとなき方や
          ./       |     丶 ヽ -            / 厂´   |      高僧たちでは
      ./´ ̄ ̄ ̄`¨¨ ム、               イノ.     |      ないですか…!?
      . /         ___  `ヽ,  ´こ`ヽ.     / |       |
    //      / __.`ヽ,  ` ,        /|  .|::`ヽ,   .|

740崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:20:26 ID:Z2EnF3A.

大炊王:孝謙上皇と対立、上皇によって廃帝流罪。
     流罪先からの逃走中に病死したとされるが、捕縛の際に殺された可能性がある。

井上内親王:光仁天皇の正妻。呪術を行ったという密告により、息子・他部親王と共に幽閉、暗殺。
        平安遷都後も怪異は止まず、桓武天皇は生涯、井上内親王母子の祟りを恐れた。

護良親王:建武の新政時に後醍醐天皇と仲違いを起こし、足利尊氏の弟の監視下に置かれるが、後に殺害。

玄肪:吉備真備とともに中国に渡った高僧。藤原広嗣の乱に連座し、大宰府に左遷。謎の死を遂げる。

真済:弘法大師十大弟子の一人。空海に才能を見出され、24歳という異例の若さで阿闍梨となる。
    染殿皇后を見染めて煩悶する中、死去。その執心は青い鬼となって染殿皇后を驚かし、
    最後には八大天狗の一人・愛宕山太郎坊に転生。

寛朝:宇多天皇の孫で、仁海と並ぶ僧正。なぜ『太平記』に記載されたか不明。
    平将門の乱平定のために関東に下向。その関連で成田山新勝寺を建立。

慈慧:第18代天台座主。台密の創始者。呪力を自在に行使し、鬼の姿に化して疫病神を追い払う。

頼豪:法海の長鯨、法戦敵無しと言われた三井寺の僧。白河院の子授けの祈願を成就させるが、
    園城寺の戒壇創設を延暦寺の反対により妨げられる。怨念を抱いて断食して命を絶ち、怨霊なる。

仁海:真言小野流の開祖。雨乞いの名手。人妻と姦通し、生まれた子に水銀を飲ませる。

741崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:20:40 ID:Z2EnF3A.

                             ,、-―‐--.、、,,._
                          ,/´      、_  `゙゙"'ヽ-、,,_
                         /          ゙ヾミ;-;;、,,,、--;三ォ
                       /       __,,、,-ー'-、;i、,ミ--―''"´
                     ./    _,,、_,,''i;"'、´ヾエエ='゙゙iri,
あの方達は             ./ _,、ィ、,j'j"´ヒニ'",r--‐'ヽミ-'  i !゙i,
ここで相談事を         .∠;;二゙,,,,_,i, j.i゙ ヽ、/´ _,.、,  ゙i, ' ノ .i; i,
なさっておられるのです。         j i |  ./.,r-' '゙./.ヽ`゙''‐゙'´  ;i,ノ
                        i゙ i .`ー''ヘ、、-'゙  .゙'"´  ./゙'ヽ.、,
                        >i,ii,            /゙   ,、>、,
                       /´  iv         , ,./  /   .゙ヽ,
                     /---、,  ゙ヽー、;、,,_ 、  /'Y゙  /   _,,.   .;i



            | ,ィ/          ヽ               \
          V /  ,  ,ィ       i                ヽ
           l. /  ./   ィ´    /|      ,、          ヽ
           | |  l  / .|   . ィ ./     ,ハ
              ヽゝ ,ハ 「`!.ィチ、 /   ./  |   |   i   .i. ヽ,
              /ゝ、卞,ゝ .i{__/     イゝー-/  /l   /   /   l
.             /.   | |´,ィ勿,.'  , イ}     ∠ イ∠. ィク . ィ′  ,.'
           /.  人 |   i ./.   !     `寸廴_,ニイス,/   /
            ,′     N.   ゝ{         .`¨ヾミ`_/イ , ィ     相談事…?
          ./       |     丶 ヽ -            / 厂´   |
      ./´ ̄ ̄ ̄`¨¨ ム、               イノ.     |
      . /         ___  `ヽ,  ´こ`ヽ.     / |       |
    //      / __.`ヽ,  ` ,        /|  .|::`ヽ,   .|
、__,/ /       l f´    `ヽ ヽ  ',    ,,ィ |::::|.  |:::::::..ハ.   |
   `> ,_      | l      ', .',   r ´     |::::|.  |:::::./ l  |

743崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:22:25 ID:Z2EnF3A.

こんどはどんな風にこの日の本を混乱の坩堝に陥れるか?

__________________________________________
                       ,、-―‐--.、、,,._
                    ,/´      、_  `゙゙"'ヽ-、,,_
                   /          ゙ヾミ;-;;、,,,、--;三ォ
                 /       __,,、,-ー'-、;i、,ミ--―''"´
               ./    _,,、_,,''i;"'、´ヾエエ='゙゙iri,
              ./ _,、ィ、,j'j"´ヒニ'",r--‐'ヽミ-'  i !゙i,
            .∠;;二゙,,,,_,i, j.i゙ ヽ、/´ _,.、,  ゙i, ' ノ .i; i,
                  j i |  ./.,r-' '゙./.ヽ`゙''‐゙'´  ;i,ノ
                  i゙ i .`ー''ヘ、、-'゙  .゙'"´  ./゙'ヽ.、,
                  >i,ii,            /゙   ,、>、,
                 /´  iv         , ,./  /   .゙ヽ,
               /---、,  ゙ヽー、;、,,_ 、  /'Y゙  /   _,,.   .;i
              .,/     \,   .i  ,ノy'i-、,,_,,./ ,.r'シ'゙    ;i
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                                         その相談をしておられるのです。



          いつ爆発するかわからない時限爆弾、歴史上の怨霊全ての親玉として

     元寇も鎌倉幕府崩壊の動乱も、すべて『 や る 夫 の 企 み 』とみなされたのである。
                              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

.

745崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:23:46 ID:Z2EnF3A.





           人 々 は や る 夫 に ど う 対 処 し た か … ?




.

746崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:24:13 ID:Z2EnF3A.

後ッ鳥ゥー羽さまが亡くなった2年後の建久3年(1241年)、
        やる夫の寵姫・烏丸局の自宅の『御影堂』を崇徳天皇御廟として『粟田宮』に大改装。

:;"” ::, /;;///", ;;;ミ, :;":, ;;;ミ ;:;. :;",,, ;;ミ                     _
::, ;;;;::li;;i;;;/;"” ::, ;;;;:; :;"” ::, ;;;; ,;:;ミ                      //
:;"” :::li;;i;;l;;:;:;"” /;;/::, ;;"、 ;:; :;"” ::, ;ミ,                     //
:”:;"゙"/;;;/” ::, ;/;;;;;;:;:;"” , ;;;;: ;:; :;"ミ`                     //
;;;";:/;;;/:, ;;;/;;;/:, ''""'";;:;";;;: _ミ                      //
:, ;;"、 ;:; :;"” ::, ;ミ,  ヽヽ                           //
, ;;;;:;";;;:;, :;;:;,:,:;,:,:;;;._ミ ヽヽ  ○ヽ○ヽ○l ○l l○l l○l./○ /○  //
/;;;/;", ;;ミ  ==二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二==
;;;/ヘYゞt'ゞk'tyメ,,゙_  /                           \
YゞKヘY〆ゞゞメヾ`ゞ/                               \
kゞ,Yハ'ソ;ヾヘゞYソYゞ                                  \ ______
ゞt;ゞ〃ゞヘッ';'ゞ                                      \
ヾゞtゞkゞゞ/____________________________\
;;、`''"ゞ,:,_ヽ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二/
;;;: ;:; :_______/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ___________
_____||_||_||;;;:::|._l_ l ll ll ll l|;;;;::| l_,.ll,._ll_,.ll,._ll_,.l..|;;;;::|l ll ll ll l|;;;:::||_||_||______
. ||  ||  ||  ||  ||  ||;;;:::|l__l l.._|l_.,|l_.,|l.._||;;;;::|  ||    || .|;;;;::|l_.,|l_.,|l.._|l _||;;;:::||  ||  ||  ||  ||  ||
._||_||_||_||_||_||;;;:::|!;;;;;∥∥∥∥;;||;;;;::|∥∥∥∥∥∥|;;;;::|∥∥∥∥!,|;;;:::||_||_||_||_||_||_
:::::::_:::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
=| |==| | : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | |==| |=



ちなみにこの『粟田宮』、後の応仁の乱(1467年)で消失している。
                                            .::... .   . .':::;:, .:.
                                       . :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:
      .::... .   . .':::;:, .:.                 .::... .   . .':::;:, .:.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'
 . :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:           . :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.::Vィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; :. .
 ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'    .::... .   . .'::ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'       て:;;':.
   .::Vィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; . :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.::Vィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; :. .        (::..
 ',:; .::)       て:;;':. ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ )',:; .::)       て:;;':.:::)    ヘ ソハ   ,ゞ.:.
 ..:.(ノ        (::..   .::Vィ'  (ソヘ (::.:.:..:.(ノ        (::..ソ   ノ:.::.:.. :(    (: :.
  .::::)    ヘ ソハ   ,ゞ.:.',:; .::)       て:;;':.::::)    ヘ ソハ   ,ゞ.:.   (::..::..:::.::ノ    ):::...

明応6年(1497年)、後述する光明院観勝寺の住持・幸盛上人が「崇徳天皇御廟」として再興、現在に至る。

※崇徳天皇御廟 東山区祇園町南側570-2

747崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:24:28 ID:Z2EnF3A.

               1264年、やる夫の100回忌式年祭を壮行。

                      _,.-'"´ 三ミ、ー-、
                     / / ィ /⌒`⌒ヽ\
                   / / / /    呪  | ヽ
                  /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
                , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
               //イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |
               / /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
                /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
               / / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
                 /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
                , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
                / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
                , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
                 / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

             以降、100年ごとに式年祭が行われるようになる。

748崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:24:43 ID:Z2EnF3A.

建治年間(1275~77年)、やる夫の霊が出た藤寺を発展させ、光明院観勝寺(現・安井金比羅宮)が建立。

                 |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
                 |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
                 |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
               ,.r''"=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=`゙'、,,
             ,.r''"=/^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|ヽ=`''、,,
          __,.r''"=/^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|=`゙''-、__.;i;';.
       :、;;`、エ@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@エr''´.;i;';.
       ;i;';.:;;:、;<__人__>-------<=二二二二二二二二二=>-------<__人__>.;i;';.Y;:;;::
       :;;::、;;:。; |□|田田田田田||.(;;;)(;;;)(;;;)(;;;)(;;;)(;;;) ||田田田田田|□|;:。;:;;::。;:;;::、
       `;`;;i`.:;:i..''|| :田田田田癶||ロロ|    .§. .   .. . |ロロ||癶田田田田 .||'`,:'':'`:Y:'';;::,:'':';:
       `;i`.;` ;;i`´.||〒〒〒〒(:::::)ロロ|   .,--§--.、   .|ロロ(:::::)〒〒〒〒';.,,;;`;;i':';:;..,,:'':';:;"
       `;;ii|!:;. ,,;...;)}{{.|llll|llll|llll|llll|┃||ロロ|____.| ̄ ̄ ̄ ̄||___|ロロ||┃llll|llll|llll|llll|.}}ヾ':';:;..,"i|!i|!,:'':';:;..
       ─-==-_─三─≡-=─-==-.::::; ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、:::..─-==-_─三─≡-=─-==-_
       二三_-==-_─ ̄三─≡ ̄-:::::/: : : : : : : : : : : ヽ::::.-==-_─-==-_─三─≡-==-_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       最 初 の 元 寇 ( 文 永 の 役 ) は 1274 年 の こ と で あ る 。
____________________________________________

         ※京都市東山区
          ホームページ ttp://www.yasui-konpiragu.or.jp/

749崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:24:56 ID:Z2EnF3A.

やらない夫によって建てられた、紫宸殿を模した建造物、頓証寺殿。現在、その門には
『頓証堂』という扁額が応永21年(1414年)以来掛けられているが、その文字を書いたのは…

           ノ_二三_-==-_─ ̄三─≡ ̄-三==_-二=三≡-_─_二三_-==
          /二=_-三 ̄≡_-==─≡_- ̄_=≡_二三二=_-三 ̄≡_-==─≡_- ̄
      ,,_,,,-''''=_-三 ̄≡_-==─≡- ̄_=≡__二三二=_-三≡_-==─≡_- ̄=≡_
_,_,,_,,,-'''________________________________
ヽ @==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@=
 `ヽ丶.}{ |艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸
   \}{ |l|! ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄::┣━Д━┫:: ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄||
     }{ |l|!: ::::::::|iiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiiii|jjjjjjjjjjjjjjjjjjj↑jjjjjjjjjjjjjjjjj|iiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiiii|ir;
  γ;;⌒ ノヽ;;);⌒ ヽ:::::::::::::::| :::: :: ::::::| :: :::: :::::::||  |__||  | ||__|  .| :: :: :: :::::| :: :: : (:;;ソ
r;;ゞ(;:: 丿;:: ;;;;;ヾ;;),,):.__|.___|..___||=.=.==│==== |____|____`(∵(;ゝ
(:: ;;;;ソ;; ) ;::ソゝヾ) ;;):::)==ii==ii==ii==ii==ii==|^|____│____|^|==ii==ii==ii(ソ∴∵
(::: :(;;;;;(  ;::). (;ゝノ ::)Y...|| ̄ ̄`゙r| ̄ ̄ ̄/l----------|---------lヽ ̄ ̄ ̄|(∴ミ∵丿
((:::(::;〆;;;ゝ;:: ;::))( ;::),ブ__||_________||________/l-----------|----------lヽ____(∵ゝ丿;`ベ∴
`ベ(; ゛(;;; (:::: ソ)::〆:ソ|il!li!li|il!li!li|il!li!li|il!li/l------------|-----------|ヽ (;ゝノ∵∴;(∴
                                 │
                                 └扁額というのは、こういうやつ



                         , ゝV /__                  / {
                      ,   '. : . : . ∠__ . : . >- . ,,       / /
                    , '. : . : , . : .'. : . : . : \´. : . : . : ¨ ' : .  / /
                  /. : . : /. : . /: /. : . : . : . : . : . : . : . : .X´ <___
                 /. : . : /. : ./:/ . メ: /. /. : . : i. : . :ヘ . : . :/. : \_____{
               / . : . : . {. : . :/./| :/. :/ ./ . : . : /. : . : .|ニ. : .| . : . :ヘ
             /. : . : . : . ∧. : ハ:ir'テミ :! :/. :/メ. /. : / . : |彡 /|. : . : .ヘ
             . : . : . : /´  ヽ{ >弋ソヽ」//_: / . :/. : /│. : . : .ヘ
             . : . : /     /. :{   ,     " ̄ヾイ 'l=、 /  V. : . : .ヘ
             . : /        |. :∧  r-        /. :/ }}    V. : . : .ヘ
             /        ∨ \ ー'       イ/≠=ァ     V. : . : .ヘ
             ―‐fニニ ー― 、    ,r>-<ヽ´ // ヽ イ=ヽ    V. : . : .ヘ
              ̄ ヽニ、`    }-、 /:: ィ':::///vィ====<二ヽ\   V. : . : . ヽ
                    ̄¨' ,  iレ'。/ |::::| | !V \  / ヽム/>}    V. : . : . :\
                     │  |/ ,イ ┴ム  / X  / ∨ !    ヽ ヽ. : . : .
                     │  |   辷'    X   /X´ /ム┘ , イ¨:{\\. : .
                     │  ∨ /ヽ厂 /  X   X//__/:::::::::::::ヽ \\

                         後 小 松 天 皇 。

せっかく南北朝が統一されたというのに、自分(北朝)の皇子を皇位に無理やり就けたため
南朝方の武装蜂起を招き、あわや鎌倉時代末の動乱再び、という事態にしかけたので
早めにやる夫のご機嫌をうかがった。ゴメンナサイする相手が違うような気もするが。

750崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:27:10 ID:Z2EnF3A.

ここからやる夫の祟りの話はしばらく消える。朝廷は政治にほぼ全くノータッチ。
それが呪いによるものであり、当たり前のことだと信じられていたのかもしれない。
まさに「皇を取って民となし、民を皇となさん」という状況。

       _,,,,,,,,                 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)
     , - ' ゙    `` ‐ 、_,,,,,         ..|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;_;、 '
   ,r'          /=ミ         .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,、r'〈-‐‐'''"
  /           彡ll',''´        .'l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,、、ィ:::::::::::'i
. /             彡lll          .├----------―'''''"  ゝ';:::::::::;⊥,
 !-- .、    ,、、、、,,,   彡lノ           |---.、   ,、-――    ゙;;;r'"ー 、',
 l,,,,,__ /   ___     'r''゙ヽ           ',,,,,,,,_ ',  ,' ._,,,,,,,,,,__,、 -  リ r ノ.ノ l
. |`゙'' ./   `'゙'''"    .〉,l |          . l┴'‐' i  ; '┴'‐''", ' "´ ;  ^r'ノ
 |.   ,'           //          . |、, ,ノ.l  ' - ,.,.,.、- "  / ' -' j
. ',. ,'           , r'            ゙、ゝ、l   、     /   't‐"
.  ゙, ゙'ー ‐`      l  |             ゙、 L__ 、-ヽ    l   / .|ラ'it''"i、
   ゙、''゙ ,,、二''‐    ノ  l、          .   ', _r;ニ;‐、,ゝ.ヽ、,, ., / ,、r',r" `''".\
''''''''7'ヽ  '''    /   /`〉`゙T''''''''''        ゙fゝ、 ゙̄フ`'‐、, .,、r' ,r.',r'"    / `''''
  l  ` 、,,,,、- ' "    / /.|  |        ,,,,、、、、ヽiリ川ゞ、,,,、r'"_,,,,、レ'     /|
.  |  |  .l i       / ./ |  |             人リルr‐'  ̄     ,、 -''"  |

    室町中期・戦国時代にはやる夫の呪いは話題になっていないようだ。
    一番あってもおかしくない時代の気はするが…

753崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:28:46 ID:Z2EnF3A.

         再びやる夫の呪いが注目される土台を作っちゃったのが、この人。
                                 ,.、
                             /:l::\
                              |:::!::::::|
                             | :!::::::! _ __ _
                            |::l::::::|´:/,.-‐<::\
                              ,. ―┴゙ーく:/ /    } .:.:ヽ
                           {`ー---―::'}:く.     l ..::.::l
                        /`二¨二 ̄´ヽ::ヽ.   | ..::.::|
                           /  二ニ二 ヽ. } :::}.    l ..::.::|
                       l__ _  _ _   ,.へ;リ     | ..::.::|
                       {テテ!  fテテ、_  ,.-、ヽ.___  |..:::.:::|
                         厂:r| -、 ̄´ノ    ! :}:::::入ゝ--"
                  __ ____ ______{:::/ 'ー‐'ヽ :::::   丿//::::::!  _____ _
             /:::::| ::::::::::::::::::!{  ━   )  |ー  }::Υ´7 ̄:::::::::::::::::::/:::::::::\
             / :::::::: | ::::::::::::::::::人_` ⌒   __, 八__丿::ノ:::/:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::
             / ::::::::::::::::|_::::::::/ヽ、:\._;三二´-‐'::/::/::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::

         家康は徳川幕藩体制100年の計として、徳川幕藩体制の理論武装、
         すなわち『なぜ徳川幕府が日本を治めるのか?』の理屈付けをした。

                 この理論武装は2つの柱で形成される。

754崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:29:14 ID:Z2EnF3A.

   『湯武放伐論』というものがある。 儒学最大の難問(critical issue)と言われている。
                           , -‐-.、
                        _,.,_ i  _,,,,,...!..,,,,,_
                        ,' ,..-`:'´:::;;:::::::::::::::::::`':..、
                      . Y:::::::/´  `ヾ、:::::ノ´ ヾヽ
                      ,l:::::::::>        ~    .|::|
                     / !::::::,' / `ヽ、   /ヽ |:|
                     / /' ヽ:l.  ',´0.7   {!.0.7 ||!
                   / /  | 9.l:l    ̄    l ̄ |.l .
             .     / /.  ヽ,..''        _ !   .|′
                 / /      ハ   __,、ィ.=__=ュ、,,'
                / /      ,'. ',     ̄ ̄ ̄ ./
             .   l  l     /lヽ. ゝ、,     ,,   /
                l  l    /:::::l:::ヽ   ` 'ーl!‐.'´!ヽ

儒教における最大の罪。それは臣下の君主に対する『仁』の違反、子の親に対する『孝』の違反である。



その昔の中国。
                ,‐- ∠ _ヽ∧|リ\: .\\: : : .丶 : .∨,ハ : : l\:ヽ: .ヽ:
                ヽ, .: -==≧ミ从 : . ヽ: .\\: : : .ヽ: .∨ハ: : .l .::l: :l: .:|ヽ
                 /.://:|: l '⌒′ ', : | l:ヽ: .\ヽ、: . \八ハ : l.:::l.: :l: :|/.
               ノ / /.: :|: .l      ∨//∧: :l >- 、: . 〉ハ/ :/.:::| : :l :|.:
               /.:/ /.: : :| : l\_)l (_///,∠; :l | :| :|\_///.:::lヽ | 乂
             /l ::|.:l.:l.: : :|人ト-__、/ イ _|_l /:/:/ \\_/.:::/ ∨.;'.::ト
               Ⅵ.:|.:l;_;_;」L..イ行ハ   ´/ l行ハ`≧=≠/\<ニノ ;'∨.::::
                ヽl.:ト.: .:|V ヽヾ‐'ノ   -ヾ-'////://   /  / │.::::
                 ヽl丶:|: '; ∧<        ////:/人       .:'  │.::;'
                   \」: .:ヽ. \ ‐ --   〃/://      /   l .:;'
                    /|: ;ハ.:ヽヽ\ `   /,/:/‐┐   /      ,'.:;'
                    ' レ'l.:| :l :| :l ヽ-<∠/:/  l        ;'/  |
                     /:/| :l :| :l  / ̄/:/    l        :/  |

               夏の桀王は暴君だったので、殷の湯王がこれを討ち、殷王朝を起こした。
               殷の紂王は暴君だったので、周の武王がこれを討ち、周王朝を起こした。

                       ※歴史上の妲己は、紂王(帝辛)の愛人です。

755崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:29:32 ID:Z2EnF3A.

                       __r‐‐-、
                    , ::、::::::::::::::::ヽヌ
                   // ゝ一 ⌒ヽ:::',
                   }:!イヽ   /ヽ r':::}     殷の湯王は夏の臣なのに、
                     [ ヒT}   ヘt+- ifヽ     君の桀王を討った。
                      i  7     ̄  ' i }
                    i  > ヽ -、   +イ     周の武王は殷の臣なのに、
                        ', ´`ー-一` ノ| i     君の紂王を討った。
                      人  ~  _, ' j {
                   _ ,イ::::::::::T  ̄  ハ_!     たしかに、そのおかげで
              一'  ' ヘ::::::::::ト、   j }::::ヌ、    世の中は良くなった…
              /      \、:::::ヘヽ  j |:::::! \
           ,'  ヽ         ヘ::::::ヽヽ j |:::::|    ヽ だが…
           /     ',   i    ヘ::::::ヽ Y j::::::{  i  ヘ



_________________________________________
          \ \ \    / / / / / ``´  `|ヘ ヽ.\\`ー ___
          \\  ー=ニ´_ -'´// / /       / l ト、ヽ \\ `ー-
          \\ >‐ '  ̄_ - '´ / / /      / ||ヽ \ \ ` ‐--
          、 >ニ- ァ´/, -ァ ´ / /      / / ト 、 \ \` ー --
           >'´  /// / /ミェ、    、 , /   _,>ィ\Λ 、\ー--
          /   //ィ´ / ,ィ´l |. Λ (タj㍉__} {_!、,ィ(タ} /ヽ/ } ト、\`ー-
          |  / /´ /ィ/´// Λ !l  ヽ`ニ´.ア| {ヽ′…彡 .ト、.Λ .\`ー-
          \| | / / 〃 / Λl.|      j  .       | Λ ヽ\ヽ
          ―   / /  ////|     /j  ::、      √\\\\
          ー-  | |  /‐ ´//Λ     {:{.___.-      Λ\ \`ー=ニ
          ― |   ‐ ´///Λ  _,. ィ - !iゝ、    /|-ヘ、\` ー--
          二 |  -‐ '´/// /ト、彡'´く_ ̄_> ミェ、 / | | \ ` ー ニ
          ---     ‐ ´/ / //小、   、二    >ミ / Λト、 \` ー-
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      そ の 行 為 は 『 仁 』 に 背 い て い る の で は な い か !?

756崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:29:46 ID:Z2EnF3A.

湯武の場合は『天からの命令』による主君打倒=『放伐』だから仁には反していない、
という理論があることはあった。『湯武放伐論』肯定の理論である。彼はこれを当てはめようとした。
                                ,.、
                            /:l::\
                             |:::!::::::|
                            | :!::::::! _ __ _
                           |::l::::::|´:/,.-‐<::\
                             ,. ―┴゙ーく:/ /    } .:.:ヽ
                          {`ー---―::'}:く.     l ..::.::l
                       /`二¨二 ̄´ヽ::ヽ.   | ..::.::|
                          /  二ニ二 ヽ. } :::}.    l ..::.::|
                      l__ _  _ _   ,.へ;リ     | ..::.::|
                      {テテ!  fテテ、_  ,.-、ヽ.___  |..:::.:::|
                        厂:r| -、 ̄´ノ    ! :}:::::入ゝ--"
                 __ ____ ______{:::/ 'ー‐'ヽ :::::   丿//::::::!  _____ _
            /:::::| ::::::::::::::::::!{  ━   )  |ー  }::Υ´7 ̄:::::::::::::::::::/:::::::::\
            / :::::::: | ::::::::::::::::::人_` ⌒   __, 八__丿::ノ:::/:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::
            / ::::::::::::::::|_::::::::/ヽ、:\._;三二´-‐'::/::/::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::

     実際、家康は豊臣の臣でありながらその地位を簒奪していたからである。
     なので「家康の行った行為は『天命』と言えるのか?」という点の証明が必要になった。

758崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:29:58 ID:Z2EnF3A.

   _ミ k                     7/////___
 / -Nlk √ヽ              , -' て 'カ ///彳⌒i
 i /⌒Yl `^\\           _/ _ -二   'ィ イ//   l
 l Y  Y   _,_\ ,        //_,,,_      lリ//    l
 ! ! r"イ  彳⌒_\ ,    , /' /_⌒弋     kh k,  l    心配ご無用!
  \  イ   , (*うy,ヽ   lf  / (*う_       lハ _/  l
   ヾ yイ,_`,_`,_~` '- `ォ   !l  '  - '", _,' _,' '  lハ _,,y /     あなたは、自分の欲望に従って
    ` /ィ1.,_`,_ `  ::l       ' ' '     jハハ  /      今の地位に居るのではありません。
    /イl        ::l              jハ 人
    //1       j               Yハハ\      すべて天下のため!
      ハ  ヵクク/ヾ_ ^` ヽ\\ヽヽ丶   yハハハ
      ハ/ /入`t- ,_~_ __,,, ,,,  ァ`\\ /ルイハリ\     『私心無き行為』で
      /メ    YT..’   ̄‘--'チ/     メヽ--┐`ヽ`     万民に平和をもたらしたのです!
        `    キ::::...  ..:::_ ,ヲノ    /  l  )  l
        人   ヾ ニ二 孑'    /  ,/   _,イ      これすなわち『天命』なのです!
         ハ           / ィ ' _, -~"xy\
         /X        y// _,/  _,Xメ'   入,,___ __
        /   //`メ+/,_/y'//_, ィ   _,Xメ'   /     ̄

林羅山は家康にこうアドバイスした。以後、家康はこの主張を前面に押し出す。
自分の行為は私心ではない『天命』だ。これが理論武装の柱その1、『なぜ徳川が治めるのか?』の部分。

759崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:31:57 ID:Z2EnF3A.

問題はもう一つの柱だった。ある意味、家康の不運。ある意味、秀吉の家康に対する最大の呪い。
                                ,.、
                            /:l::\
                             |:::!::::::|
                            | :!::::::! _ __ _
                           |::l::::::|´:/,.-‐<::\
                             ,. ―┴゙ーく:/ /    } .:.:ヽ
                          {`ー---―::'}:く.     l ..::.::l
                       /`二¨二 ̄´ヽ::ヽ.   | ..::.::|
                          /  二ニ二 ヽ. } :::}.    l ..::.::|
                      l__ _  _ _   ,.へ;リ     | ..::.::|
                      {テテ!  fテテ、_  ,.-、ヽ.___  |..:::.:::|
                        厂:r| -、 ̄´ノ    ! :}:::::入ゝ--"
                 __ ____ ______{:::/ 'ー‐'ヽ :::::   丿//::::::!  _____ _
            /:::::| ::::::::::::::::::!{  ━   )  |ー  }::Υ´7 ̄:::::::::::::::::::/:::::::::\
            / :::::::: | ::::::::::::::::::人_` ⌒   __, 八__丿::ノ:::/:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::
            / ::::::::::::::::|_::::::::/ヽ、:\._;三二´-‐'::/::/::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::

豊臣政権は「関白」などの朝廷組織を利用した政権だったのに対し、彼は『幕府』という制度を採用した。
なぜ豊臣政権のような朝廷組織ではない『幕府』でなければならないのか? 理由は単純。
豊臣政権を完全に有名無実にするため、彼らをハブるために全く別の組織を起こす手法を選んだからだ。

760崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:32:26 ID:Z2EnF3A.

しかし、そんなあざとい目論見を主張するわけにはいかない。そこで採用されたのが

               .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,、r'〈-‐‐'''"
               .'l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,、、ィ:::::::::::'i
               .├----------―'''''"  ゝ';:::::::::;⊥,
                |---.、   ,、-――    ゙;;;r'"ー 、',
                ',,,,,,,,_ ',  ,' ._,,,,,,,,,,__,、 -  リ r ノ.ノ l
               . l┴'‐' i  ; '┴'‐''", ' "´ ;  ^r'ノ
               . |、, ,ノ.l  ' - ,.,.,.、- "  / ' -' j
                 ゙、ゝ、l   、     /   't‐"
                 ゙、 L__ 、-ヽ    l   / .|ラ'it''"i、
               .   ', _r;ニ;‐、,ゝ.ヽ、,, ., / ,、r',r" `''".\
                  ゙fゝ、 ゙̄フ`'‐、, .,、r' ,r.',r'"    / `''''
               ,,,,、、、、ヽiリ川ゞ、,,,、r'"_,,,,、レ'     /|
                   人リルr‐'  ̄     ,、 -''"  |
                   / ヾリ''   ._,,,,、-''"      |

『豊臣政権は世に平和をもたらす能力が組織的になかった。だから別組織を起こしたのだ』
という主張だった。これが理論武装の柱のもう一つ、『なぜ幕府なのか?』の主張だった。

761崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:33:52 ID:Z2EnF3A.

         _
        /O \
         |. °  |
        \_,/
          |
    / ̄ ̄ ̄ ̄ \
   /            \
  /               ヽ
 /              |   この主張が
 |    ノ    `ヽ     |   核地雷になったにょろ。
 ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
  \_ /⌒l        /
   l/  /三三三三三l.
  / |   l   ___ ヽ

762崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:34:03 ID:Z2EnF3A.

         _
        /O \
         |. °  |       豊臣政権は、形式的には
        \_,/       『朝廷組織』だったにょろ。
          |
    / ̄ ̄ ̄ ̄ \      実質はともかく、
   /            \    形式上は天皇を頂点とする
  /               ヽ    政治体制だったにょろ。
 /              |
 |    ノ    `ヽ     |   前任者の政権、すなわち
 ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /   『朝廷組織』に当事者能力がないから
  \_ /⌒l        /    という理由で
   l/  /三三三三三l.     徳川幕府が開かれたにょろ。
  / |   l   ___ ヽ

763崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:34:22 ID:Z2EnF3A.

         _
        /O \
         |. °  |
        \_,/
          |          じゃあ、
    / ̄ ̄ ̄ ̄ \
   /            \     『 朝 廷 組 織 に
  /               ヽ
 /              |     当 事 者 能 力 が
 |    ノ    `ヽ     |
 ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /     あ っ た ら ? 』
  \_ /⌒l        /
   l/  /三三三三三l.
  / |   l   ___ ヽ

766崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:35:46 ID:Z2EnF3A.

            _
          /O \
           |. °  |
          \_,/
            |
        / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /            \     『当事者能力がないから
.     /              ヽ    代わりにやってるんだ』
    /  /      \    |    と言った手前、
    |    ●    ●      |    朝廷組織に
    ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /    当事者能力があったら…
 /⌒ヽ_\    ゝ._)     / /⌒i
 \ /:::::/;l三三三三三三三l /  ./
.   /:::::/ |_     ___ ヘ、__/
.  `ヽ< |  |    |     | ヾ:::彡'

767崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:35:57 ID:Z2EnF3A.

                                ,.、
                            /:l::\
                             |:::!::::::|
                            | :!::::::! _ __ _
                           |::l::::::|´:/,.-‐<::\
                             ,. ―┴゙ーく:/ /    } .:.:ヽ
                          {`ー---―::'}:く.     l ..::.::l
                       /`二¨二 ̄´ヽ::ヽ.   | ..::.::|
                          /  二ニ二 ヽ. } :::}.    l ..::.::|
                      l__ _  _ _   ,.へ;リ     | ..::.::|
                      {テテ!  fテテ、_  ,.-、ヽ.___  |..:::.:::|
                        厂:r| -、 ̄´ノ    ! :}:::::入ゝ--"
                 __ ____ ______{:::/ 'ー‐'ヽ :::::   丿//::::::!  _____ _
            /:::::| ::::::::::::::::::!{  ━   )  |ー  }::Υ´7 ̄:::::::::::::::::::/:::::::::\
            / :::::::: | ::::::::::::::::::人_` ⌒   __, 八__丿::ノ:::/:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::
            / ::::::::::::::::|_::::::::/ヽ、:\._;三二´-‐'::/::/::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::

   幕 府 は 返 上 し な け れ ば な ら な い こ と に な る に ょ ろ 。

768崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:36:08 ID:Z2EnF3A.

                                 _
                                 /O \
                                 |. °  |
簒奪者・家康の前の権力者の政権が          \_,/
同じように幕府だったら、                 /
『前の政権の当事者能力欠如』     ./ ̄ ̄ ̄ ̄ \
という主張は              ./             \
「前幕府の解体」という形に      /   \         ヽ
することができたにょろ。      /   ●           |
                     | 、_,、_, ⊂⊃        |
その場合は              ヽ {_ノ           /
解体するのだから           \            /
権力の返上なんて事態は     (`ヽ l三三三三三三三l
発生しえないにょろ。        ヽ、/     ___ ヽ



            _
          /O \
           |. °  |        でも実際の簒奪者・家康の前の政権、
          \_,/         豊臣政権は「朝廷組織」。
            |
        / ̄ ̄ ̄ ̄ \        なので簒奪者なのに
      /            \      本来なら否定・解体しなければならばならない
.     /              ヽ     前政権の組織を解体することができず
    /  /      \    |     前の組織が『残っちゃった』にょろ。
    |    ●    ●      |
    ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /     解体したら征夷大将軍をくれる
 /⌒ヽ_\    ゝ._)     / /⌒i   人・組織がなくなっちゃう
 \ /:::::/;l三三三三三三三l /  ./   =「幕府も作れない」し。
.   /:::::/ |_     ___ ヘ、__/
.  `ヽ< |  |    |     | ヾ:::彡'

769崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:36:20 ID:Z2EnF3A.

         _
        /O \
         |. °  |       前政権の組織を解体できない故に、
        \_,/       現徳川幕府は否応なしに
          |         『前政権(=朝廷)の代行組織』という面を
    / ̄ ̄ ̄ ̄ \      隠すことができなかったにょろ
   /            \
  /               ヽ    簒奪者として否定しなければならない
 /              |   前政権が解体不可能な
 |    ノ    `ヽ     |   朝廷組織だった。
 ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
  \_ /⌒l        /    家康最大の不幸であり、
   l/  /三三三三三l.     秀吉の最高の呪いにょろね。
  / |   l   ___ ヽ



            _
          /O \
           |. °  |
          \_,/
            |
        / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /            \     『徳川幕府は朝廷の代行に過ぎない』
.     /              ヽ
    /  /      \    |    ここで朝廷の人たちは
    |    ●    ●      |    思い出すことになるにょろ。
    ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
 /⌒ヽ_\    ゝ._)     / /⌒i
 \ /:::::/;l三三三三三三三l /  ./
.   /:::::/ |_     ___ ヘ、__/
.  `ヽ< |  |    |     | ヾ:::彡'

771崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:36:44 ID:Z2EnF3A.

自 分 た ち が な ぜ
__________________________________________
                    /                \
                  /     ,ィ三ニヽ/ニ=-、     ヽ
                 , '    //          \ li   ',
               . /    / /              l li   li l
               /     / /      呪       l li.   li l.
               .    / /:. :.           .: .:: l li   li l
                  / /::..::..::::....        .....:::::..::...l li   li l.
               . / / ,' ::::::::::::::::::::::....    ..:::::::::::::::::::::: l li   li l   皇ヲ取ッテ民トナシ、
               / / l :::::<...●..>::    ::::く....●..>. l li  li l   民ヲ皇トナサン
                /  l ::::     .:::    :::...    ::. l li  li l
               ./   !            ::::       〉 li  li.l
                  l:..            :.       :::l li  li
                 ハ:::::...       ヾニア      ..::::l li  li
                / l::::::::..  :.   -=====-、  :.  .::::::l li  li
               ./  ハ:::::::::. ヽril'"ュililililililililililiェ /!  ::::::::l .li  li
                 li. li::::::::.   Vl/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;lil/  :::::::/ .li   li
                 li ヽ::::::..  \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;li   ::::/li. li.  li
                 li |l |\:::..   ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/   .::イ li li  li.
                 li li l  \    ヽニ二ニ'  / |  li.li li
                 li li l.    \  ‐----‐  /   |  li li li
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      マ ツ リ ゴ ト か ら 遠 ざ け ら れ た の か を …

772崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:38:19 ID:Z2EnF3A.

            _
          /O \
           |. °  |        これに加え、江戸時代は
          \_,/         庶民文化が花開き、
            |           『保元物語』や『太平記』が
        / ̄ ̄ ̄ ̄ \        一般にも読まれるようになるにょろ。
      /            \
.     /              ヽ     その影響を受けて、
    /  /      \    |     謡曲『松山天狗』、狂言『讃岐院』、
    |    ●    ●      |     上田秋成『雨月物語』、
    ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /     滝沢馬琴『椿説弓張月』などが
 /⌒ヽ_\    ゝ._)     / /⌒i   世に登場。
 \ /:::::/;l三三三三三三三l /  ./
.   /:::::/ |_     ___ ヘ、__/   やる夫の呪いは
.  `ヽ< |  |    |     | ヾ:::彡'    広く知られることになったにょろ。

773崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:39:37 ID:Z2EnF3A.

                                      _
                                      /O \
ちょっと脇道に逸れるけど…                   |. °  |
                                     \_,/
                                     /
その後、『崎門学』という               ./ ̄ ̄ ̄ ̄ \
儒学の学派が登場するにょろ。        ./             \
                           /   \         ヽ
この学派は                   ./   ●           |
『湯武放伐論』を『否定』するにょろ。     | 、_,、_, ⊂⊃        |
                          ヽ {_ノ           /
2つの理論武装の柱のうち           \            /
最初の方を否定する学派にょろ。      (`ヽ l三三三三三三三l
                          ヽ、/     ___ ヽ



         _
        /O \
         |. °  |
        \_,/
          |         この学派の登場で
    / ̄ ̄ ̄ ̄ \      徳川幕府の理論武装を
   /            \     2つとも否定できる理論が
  /               ヽ    完成するにょろ。
 /              |
 |    ノ    `ヽ     |   後の倒幕理論の
 ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /   支柱となっていくにょろ。
  \_ /⌒l        /
   l/  /三三三三三l.
  / |   l   ___ ヽ

775崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:41:02 ID:Z2EnF3A.

元治元年(1864年) 崇徳院700年式年祭が行われた年…

         /     ヽ|  lヽ    / l       ヽ\.  | ||       ヽ\         ,、 ||ヽノ
        /        ヽ ヾヽ,.ミ-、/ 丿    ,..   \ヽ. | ||         ,..\ヽ.      / \.|| (
   ,..    ./         ノl ̄ヽ ミ   ||   / \   ヽ\| ||      ./ \ヽ\   / ●  \ )
  / \/'''‐-,,,,,____,,-‐' /ヽ_ノ ミ   || / ●  \.  \| ||    / ●  \ヽ\ `''ー---ー''くヽ'
/ ● /"'''‐-,,,,,___,,-‐' / ヽ彡    || `'''ー---,-、く     | ||ヽ   `'''ー---ー'''く ヽ\ノ `ー'`ヽ ヽ
`'''ー---/"'''‐-,,,,,____,,-‐'' ,/彡      ||ノ_,,`ー/ .\ヽ.  | ||ヽ\ ノ_,,`ー'`,⌒`lヽ、.   ;"'''ー- .,,_`lヽ
/ ノ`ー' "'''‐-,,,,,______,,-‐'' 彡       ||ノ //_,,,......,,,_\.   | ||  ヽ\、,,-‐''ヽ ,/`l ヽ  / ● _,.-'" /_
/ ヽy,;--ー‐""'''‐-,,,,,_ヽ  ノヽ、 彡     || | `'ゝノ、,_、 ,ヽく   | ||   ヽソ-ー''''''`ヽ'  | /_,.-‐''"/`ヽ/
  /    //     ~""','、,,ノ`y彡      |'  /丿//y//,⌒`、 | ||_    ヽ\ヽ、.  ノヽ、/丿 ノ_./ヽ
/,,-‐'''""~""'''‐-,,,,,_  /ヽ  /l       | く,ーく| `'''' Lヽ ヾゝ,| ||ヽ    \ /ー''' 彡 ヽ| ヾ   / /
''"    //      `yヽノ`ー' |.     /|ー-ヽ、ヽ     ./ /( レ'ノヽ     / ≡ /ヽ___/ヽ、ヽ-‐、ノ|
,,,-‐'''""~""'''‐-,,,,_ / 丿ヽ   |    , //|'''' ‐-ヾ)う"''' ‐- ,,,l' `'゛/ |     ー';'''  / ヽ、 ヽ-ー'' ヽ、
   //      `y':/‐'      |    .// |   / "く`"''' ‐/  /  /.      (  くヽ、ノ\ /≡/ヽ彡ヽ

7月に『禁門の変(蛤御門の変)』。長州藩が京都市内で挙兵。武力鎮圧されるが、
内裏に銃弾が飛び込むまでの事態に発展。 この年は四国艦隊下関砲撃事件も起こっている。



                          ______
                         r〃〃〃 f7⌒ろ)
                          l∥∥∥ ||   f灯
                           |∥∥∥ ||   | |
                           |儿儿儿._」∟⊥厶
                          〔__o____o_≦ト、
                .          「⌒ヽノ   ヽ|l __  ヽ
                         |ヘ、 rノ¬、 l「r,ヽ  i
               むむむ….     l ー| `ー'  ||、_八 |
                          l │     ll  〃V
                           、{`―-ヽ ,〃 〃  \
                           __\ rテ ノ´ 〃   / ー- 、
                .          ,ィ(⊆≧リ≦⊇)〃   /     rク\
                .       /   | ̄r少}¨ ̄〃   /    /′ ヽ

776崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:41:25 ID:Z2EnF3A.

                   |┃       <三))ノ  |((三シ    ┃|
              |┃ _,,.-‐‐‐-、_    _,,.-‐‐‐-、_.:::|ニヽ
             /ヽ┃  -、‐tーゥ‐-;-   -、-tー┬-;- | ヽ |
             |/rl |   ヽ` ̄ ̄´三|  |三` ̄ ̄´  |::::l| |    いかがされました?
             |に|.|     ̄ ̄  三|  |三  ̄ ̄ /| .| |
             .l  |.\    |   .(三|  |三)ll     | |⌒./     陛下。
             `ー|:.:.:|       ^t_ァ^   。 .| |__ノ
             .| |:.:.:|                     | | |;|
              | |:.:.:|   t‐=ニニニニニニニニ=‐イ. | | .:| |
              |;:.:|:.:.:|  `'ー-ニニニニニニニニ-‐" . | | .:| :|
             /|;:.:\:.`、               /. / .:| .:|-、_
         -‐r´ ;:|;:.:  \ `"''ー‐‐-----‐‐一''"´/ .:| ..|  `ー-、



                        ,r'7'7'フヽ、
                       / / / / ,r-、i
                      _/_/_/_/ /  l|
                    __/_o__o__  ̄``i
                    {,、r‐'"´<||: : : : : ̄:゙、
                    ,' ,,r―ヾ||:: : : : : : : :',
              .     { イけフ  .||f^l: : : : : : :',
              .     /   ̄   ||_リ: : : : : : : ',
                  〈、      ll |:: : : : : : : : :}
                    |―‐ヽ 〃 l: : : : : : : : /
      ああ、具視か。     l    〃=.、ヽ、_:__:__:ノ
                    ├π'"タ=-′/::::::::::::>、
                    ′`ラi|   /::::::::::::/   `ヽ、
                    //!l|l   /:::::::::::/      `ヽ、
                  / /::ll || /:::::::::::/  /´       \
                 /  /::::ll 0./:::::::::::/   l l        ヽ

777崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:41:37 ID:Z2EnF3A.

                          ______
                         r〃〃〃 f7⌒ろ)
                         l∥∥∥ ||   f灯
                        |∥∥∥ ||   | |
                        |儿儿儿._」∟⊥厶
この神州に夷狄が踏み込むわ、    〔__o____o_≦ト、
内裏には矢弾が舞い込むわ…     .「⌒ヽノ   ヽ|l __  ヽ
                         |ヘ、 rノ¬、 l「r,ヽ  i
      このままでは           .l ー| `ー'  ||、_八 |
      神州・日の本は          l │     ll  〃V
      どうなってしまうのか…      、{`―-ヽ ,〃 〃  \
                          __\ rテ ノ´ 〃   / ー- 、
                        .,ィ(⊆≧リ≦⊇)〃   /     rク\



                     l:;:|;:;:;:;:;|;;:;:lヽ
                    ∧:|;:;:;:;:;|:;:∧ヽ      やはり式年祭程度では
                    |/  ̄ ̄ ̄ .ヤ |     崇徳院の怨霊を
                     .| 。`ョ r´  Yf^、   鎮めることができない
                     .ィ| .◆| |◆.  |んl    ということでしょうかな…
                    {rlーtッ.l l ーtッ.|しl
                    ヽ| ヽ ム__ゝ / .|┬'    この事態は…
                        | ,ィrェェzュ、,_ | |
                        _〕:ヾzェェェッ' ./:::-、_
                     /''ト、 `ー--‐'./:::::::::::::`ー-、__
                    ,. -‐r´...::八:.`ー―‐':|:::::::::::::::::::::......)   ̄``ー-、

778崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:41:48 ID:Z2EnF3A.

                            ,r'7'7'フヽ、
                           / / / / ,r-、i
                          _/_/_/_/ /  l|
                        __/_o__o__  ̄``i
                       {,、r‐'"´<||: : : : : ̄:゙、
                       ,' ,,r―ヾ||:: : : : : : : :',
        そうだな…    .     { イけフ  .||f^l: : : : : : :',
                  .     /   ̄   ||_リ: : : : : : : ',
        やはり          〈、      ll |:: : : : : : : : :}
        あの者の具申、      |―‐ヽ 〃 l: : : : : : : : /
        実行してみるか。     l    〃=.、ヽ、_:__:__:ノ
                       ├π'"タ=-′/::::::::::::>、
                        ′`ラi|   /::::::::::::/   `ヽ、
                        //!l|l   /:::::::::::/      `ヽ、
                      / /::ll || /:::::::::::/  /´       \
                     /  /::::ll 0./:::::::::::/   l l        ヽ

                              ナカズイウンサイ
この2年前の文久2年(1862年)、和泉の儒医、中瑞雲斎という人物が朝廷にある進言をしていた。

779崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:42:01 ID:Z2EnF3A.

       その進言に基づき、孝明天皇の下で、あるプロジェクトが始動する。

                           ,r'7'7'フヽ、
                        / / / / ,r-、i
                        _/_/_/_/ /  l|
                     __/_o__o__  ̄``i
                     {,、r‐'"´<||: : : : : ̄:゙、
                     ,' ,,r―ヾ||:: : : : : : : :',
               .     { イけフ  .||f^l: : : : : : :',
               .     /   ̄   ||_リ: : : : : : : ',
                   〈、      ll |:: : : : : : : : :}
                     |―‐ヽ 〃 l: : : : : : : : /
                       l    〃=.、ヽ、_:__:__:ノ
                     ├π'"タ=-′/::::::::::::>、
                     ′`ラi|   /::::::::::::/   `ヽ、
                      //!l|l   /:::::::::::/      `ヽ、
                   / /::ll || /:::::::::::/  /´       \
                  /  /::::ll 0./:::::::::::/   l l        ヽ
                  /   /:::::ll /:::::::::::/   l.l
                 /  /:::::::ll /:::::::::::/     ll
                 /  ,':::::::::0/:::::::::::/       l
                /   l:::::::::|/:::::::::::/       l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              や る 夫  、  京  都  帰  還  計  画
__________________________________________

       ここら辺、長州藩にやる夫を利用されないようにするためとの説もある。

781崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:43:23 ID:Z2EnF3A.

    あ 極 あ      |
    ろ は の       |
    う  い 蒼      |
    の ず 空      /
    う  こ        /
       で       /   ___
           _,/_, --'´ヾヽ ヽ,
______,,, -―一、|   くく_,-,   ヾヽ ヽ、
              .ヽ<<  , -`_´,_,i
               ヽゝ`´,.,ィ;> ,,___ヽ
 , --,、_            〉´:::::||/ ´ くi!} ヽ、
/  /,  )       r-r-、/:::::i´`|l  ´"  ノ
l   l.`ー'- __ _____i i  i:::::::::``Y|l  /-ーi          /i
ヽ, ヽ       l;;;;;;;;;;;;;l`ーヽ;;;;、-‐'ヽ,ヾ、、_.ノ         / ヽ            --z_
 | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄l;;;;;;;;;;;;;;;l-//  \  〉し´ヾi)       /'    ヽ    |         ,>
 |  |  _______/;;;;;;;;;;;;;;;// \  \´ ヾ、|l|      /'      i、_ _,-'|         l;;;;
 |  |  i: : : /;;;;;;;;;;;;;;;;i/     ヽ、. \  ヾ}     /'       .i,、`ゝ;;;}   ,_, -ー 、_丿;;
 |  |  i: : : l;;;;;;;;;;;;;;;;;;|      ヾ、  \ ヽ,   ,|`  i    i  .|;;;;;;;;;;;;;}   ヽ、,-、;;;;;;;;;;;;;
 |  |  i: : : l;;;;;;;;;;;;;;;;;|        \   ヽ, ヽ  .l` .i .i    i i .l;;;;;;;;;;;;;;}      !;;;;;;;;;;;;;
 |  |  i : : l;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         ヽ   ヽ. ! |` .i .i    i i .l;;;;;;;;;;;;;;}      ヽ-、;;;;;

しかし、孝明天皇自身は、このプロジェクトの途中、慶応2年(1866年)に崩御してしまう。

782崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:43:36 ID:Z2EnF3A.

だが、プロジェクトは続けられた。 彼の息子、明治天皇の下で…

                   _,,,...---.、,,...__
                 ,,.-''";;;;;;;;;;;;;ミ;;;;;;;;;;;;"'''ヽ
                 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                  i;;;;;;;;;;;;;;,,,.-''''" `''、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
              ヽ;;;;;;;;;ノ      ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
                i;;-'         l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
               '|゙"'=..,, ,,.=;;;;"ノ  ヽ;;;;;;;..-、;;;i
                |=・=i ヽ-=・=-  i;;l,,.-、i
                    |   ,ノ  、        | -''.ノ
                  | ( __ _ ,)      l,,...ノ
                 | ,,.-'' ゙-,,      ノ T
                  ヽ"-─--`     /  |
                    _ヽ-iiiiiiiiii    ノ_,,.-''iヽ
   ,,,..---------、,,.-'''''''"ヽヽ;;;;;;;;;; ...-'' ̄_,,.'"/ニ"''-..,,,
   [==========il-''';;;;;;;_---ヽ ヽ--''" /-'''";;;;;;;;;; ̄"''、ヽ

783崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:43:50 ID:Z2EnF3A.

       慶応4年(1868年) 8月18日 崇徳院御霊の京都遷還幸の宣命、宣下。

                  /㍉;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ィ彡三三i
                   l三`ー 、_;:;:;:;:;:;:j;:;:;:;:;:;:_;:;:;_;:〟-三三三三三l
                  l三  r=ミ''‐--‐';二,_ ̄    ,三三三彡彡l_
                 lミ′   ̄    ー-'"    '=ミニ彡彡/‐、ヽ
                     l;l  ,_-‐ 、    __,,.. - 、       彡彡彳、.//
                      ∥ `之ヽ、, i l´ _,ィ辷ァ-、、   彡彡'r ノ/
                  1     ̄フ/l l::. ヽこ~ ̄     彡彳~´/
                    ヽ   ´ :l .l:::.         彡ィ-‐'′
                   ゝ、  / :.  :r-、        彡′
                 / ィ:ヘ  `ヽ:__,ィ='´        彡;ヽ、
             _,,..-‐'7 /:::::::ヽ   _: :_    ヽ      ィ´.}::ヽ ヽ、
         _,-‐'´    {  ヽ:::::::::ヘ `'ー===ー-- '   /ノ /::::::ヘ, ヽー、
       ‐'"´        ヽ. \::::::::\ ー-‐‐'      /  //:::::::::::::}  ) `''ー-、
    /            \ \:::::::::ゝ、___,,.. ‐ "   //:::::::::::::::l ,'     `''ー-、
   '´               \ ヽ、;:::::ヘ 、       //::::::::::::::::ノ /         ヽ

正二位大納言・源朝臣中院通富を正使、三条西少将公充を副使とした勅使が讃岐に向かう。



            並行して、明治天皇の即位大礼の準備が始まる。

                         _,,,...---.、,,...__
                       ,,.-''";;;;;;;;;;;;;ミ;;;;;;;;;;;;"'''ヽ
                       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                        i;;;;;;;;;;;;;;,,,.-''''" `''、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                    ヽ;;;;;;;;;ノ      ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
                      i;;-'         l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
                     '|゙"'=..,, ,,.=;;;;"ノ  ヽ;;;;;;;..-、;;;i
                      |=・=i ヽ-=・=-  i;;l,,.-、i
                          |   ,ノ  、        | -''.ノ
                        | ( __ _ ,)      l,,...ノ
                       | ,,.-'' ゙-,,      ノ T
                        ヽ"-─--`     /  |
                          _ヽ-iiiiiiiiii    ノ_,,.-''iヽ
         ,,,..---------、,,.-'''''''"ヽヽ;;;;;;;;;; ...-'' ̄_,,.'"/ニ"''-..,,,
         [==========il-''';;;;;;;_---ヽ ヽ--''" /-'''";;;;;;;;;; ̄"''、ヽ

  この時、まだ戊辰戦争の真っ最中であり、奥羽越列藩同盟との内戦が続いていた。

785崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:44:06 ID:Z2EnF3A.

                      リ      , '           {"
                   ノ      ;    陸奥    ,"
                   {        ',          {
                   /.          ',         ,="  その奥羽越列藩同盟は
                    /      , , ; '        {"
                 ノ  出羽  ' ',         {"     北 白 河 宮 能 久 親 王
                    /´         ;        }
               /' ' ;        , '      _,  {,      という、仁孝天皇の養子となった後
     η           |   ' ;      , '    ,οr ヽヾ     日光山輪王寺門跡を継いでいた親王を
    /´ /,、佐渡     ノ  ; ' '      ',    ./
   {,、 ´ノ    _,,/   ;      ; ' '      {            東 武 皇 帝
   ,r' ノ'   /´     ' , , ,   ;      !、
   ~´    ./ 越後   , '  ' ' , ' '       }          として担ぎあげており、
         ,r'       , ;    _,、        }          東北では『延寿』という
      /      , ' ' '     ヘノ        }          年号が使われていた。
    /´      ;                      }
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
あ わ や 、 か つ て の 南 北 朝 再 び 、 と い う 状 況 だ っ た の で あ る 。
___________________________________________

787崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:45:23 ID:Z2EnF3A.

崇徳院704年目の命日である慶応4年(1868年)8月26日。
源朝臣中院通富により、明治天皇の勅状が読み上げられる。前日まで雨だったが、この日は快晴だった。

            ___|二ニー -、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
            /rヽ三三三三三─‐-- 、;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
            ',i ,-三三三三三、   _,.ニ、ー-、!;: -‐二 ̄彡′
            ',、、ヾ三三'" ̄ ̄   `ー‐"    ヾ-'"  .〉′
            ヽ ヽヾ三,'    :::..,. -‐- 、     _,,..-‐、、,'
             `ー',ミミ     ::.弋ラ''ー、   i'"ィ'之フ l′
             /:l lミミ     ::::.. 二フ´   l ヽ、.ノ ,'
          ,.-‐フ:::::| |,ミ             l      /
         /r‐'":::::::::| |ヾ        /__.   l    /
     _,. -‐"i .|::::::::::::::::::',.',. \        ⌒ヽ、,ノ   /ヽ,_
    "    l ヽ:::::::::::::::::ヽヽ. \   _,_,.、〃  /l |  `゙'ー-、、
         ',\\:::::::::::::::ヽ\  \  、. ̄⌒" ̄/:::::| |      `ヽ、
         \\\;::::::::::::\\  `、.__  ̄´ ̄/::::::::::l |         \
           ヽ \`ー-、::::::ヽ ヽ    ̄フフ::::::::::::::ノ ./          `ヽ、
    ───────────────────────────────────────
                                                            /
                                                           /
                                                          /

今上天皇の御言葉を白峯に眠られている崇徳院様の霊にお伝えします。

過ぎし保元年間に忌々しきことがあり、崇徳院様がこの讃岐に配流され御憤死されたことは大変残念なことでありました。
そこで朕は先帝の御遺志を継ぎ、崇徳院様の為に京に新しい宮を建立致しました。
どうか長年の怨念をお捨てになって、朕の使いである源通富が御先導致しますので京へお帰り下さい。
そして、この後は天皇と朝廷をお守り下さい。
また、最近、皇軍に反旗をひるがえしている陸奥・出羽の賊徒の鎮定と天下安穏の実現の御助力を賜りますよう、
お願い申し上げます。

790崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:46:55 ID:Z2EnF3A.

                         _,,,...---.、,,...__
                       ,,.-''";;;;;;;;;;;;;ミ;;;;;;;;;;;;"'''ヽ
                       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                        i;;;;;;;;;;;;;;,,,.-''''" `''、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                    ヽ;;;;;;;;;ノ      ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
                      i;;-'         l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
                     '|゙"'=..,, ,,.=;;;;"ノ  ヽ;;;;;;;..-、;;;i
                      |=・=i ヽ-=・=-  i;;l,,.-、i
                          |   ,ノ  、        | -''.ノ
                        | ( __ _ ,)      l,,...ノ
                       | ,,.-'' ゙-,,      ノ T
                        ヽ"-─--`     /  |
                          _ヽ-iiiiiiiiii    ノ_,,.-''iヽ
         ,,,..---------、,,.-'''''''"ヽヽ;;;;;;;;;; ...-'' ̄_,,.'"/ニ"''-..,,,
         [==========il-''';;;;;;;_---ヽ ヽ--''" /-'''";;;;;;;;;; ̄"''、ヽ

勅状の読み上げが終わるのを待って、翌8月27日、明治天皇の即位の大礼が行われる。

791崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:47:07 ID:Z2EnF3A.

9月6日。勅使一行、帰京。
   崇徳院の霊は、公家・飛鳥井家の京都の屋敷跡に建立された『白峯宮』に鎮座する。

    ( ̄ ̄'''''''''''''''''''''"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""''''''') :::: :::: :::: :::: :::: ::
    ( ;; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; : ; : : ; : ; : : : ::; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; : ; : : ; : ; : : : ::; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; :) :::: :::: :::: :::: :::: ::
    .( ;; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; : ; : : ; : ; : : : ::; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; : ; : : ; : ; : : : ::; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; :) :::: ::::_,,(("::::; :;
    :: |``'''''"""" ̄ ̄''''''''''''""""""" ̄ ̄ ̄ ̄'''""""""""'''''''''── ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ::: :::_,,(("::::; :;
    :: |_______________________,,..--一────/ _,,(("::::; :;
      ` `''=──|   |───────┤  ├──────-- |   |'''''''''"~~~´_,,,(( :;; .:;,i':::: :::
    :: :::: :::: :i─--|   |:: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::|   |:: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::|   |--─i (:;;:; Z;; ;; (:: ::;;::::: :::: ::
    ┌ ─ ┘   |    |───────┘  └─────── |   |   └ ─ ┐ (:;;:; Z;; ;; (:: ::;;::
    │      |    |                          |   |        |. ( (( ::;;; : :::: ::
    └── ─ i   |──────────────── ─ i   ├────:_,,,(( :;; .:;,i':::::: ::
    ;;;::::::::::::::::::;;;:| 納 |_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~~""''''''''""""~~~ ̄ ̄ | 奉 |._,,,"( (( ::;;; _-='''"~
    从W::;:::;;;;;W|   |  ---__________          _________.|    |._,,,-":((: (:;;:;( ; : ; : : :
    I|l|llij;;;;:/:/;''|    | ̄!─--i i__________ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ┌─┬┘   |   | ..::从 ;;:f::;;: :( 〔   i─
    I|l|llij;;;;;;;;//|    |      l l      i i ̄ ̄ ̄~l l ̄ ̄    .|    | ..::从 ;;:f::;;: :( └ ̄ ||||
    l|ll||l|i;;|l;:;::;│   |  [二二|  |ニニニニニ  ニニニニニ|  | ─┐    .|   |;((;;:::;;;((:;;: :; ゞ::;;;.. ;;::||||
    ||l||lji(_);l:l:/|   | .| | | |;;;| | ̄ .|~| ̄~|~..| ̄ ̄~| .├─:::::::::::::::::::|   |wリノwv从w从wv从 .||||
    |il|ll|l;;;;:ll:l |   | | | .| |;;;| |;;;| | | .|;;;;;;;| |;;;  ;;;;| |:::::::::::::::::::::::::::|   |.|ll ;;: ||ll;; i:: |     .|||||
    |l|lil||i;;;;:ii : |   | | |;;| .|;;;;| .|;;;| | |. |;;;;;;.| |;;;;;;.;;;;;;;;| |:::::::::::::::::::::::::::|   ||ll ;;: ||ll;; i:: |      ||||
    、||l|ll|;l;;;i:;; |   | .| |;;| .|;;;;| .|;;;| |.| .|;;;;;;;| |;;;;;;.;;;;;;;;| |'''"""''''''.   |   |jl: jll;:: |ll ; f      ||||

     崇徳院京都帰還計画はこの神社が完成して初めて実行に移すことが可能になった。

         (現 京都市上京区今出川通り堀川東入 飛鳥井町261番地)
         ホームページ ttp://www10.ocn.ne.jp/~siramine/

792崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:47:41 ID:Z2EnF3A.

9月8日。   改元。





                   『 明 治 』 と な る 。




.

794崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:48:32 ID:Z2EnF3A.

明治6年(1873年)6月9日、白峯宮、官幣中社に列格。

( ̄ ̄'''''''''''''''''''''"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""''''''') :::: :::: :::: :::: :::: ::
( ;; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; : ; : : ; : ; : : : ::; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; : ; : : ; : ; : : : ::; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; :) :::: :::: :::: :::: :::: ::
.( ;; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; : ; : : ; : ; : : : ::; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; : ; : : ; : ; : : : ::; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; :) :::: ::::_,,(("::::; :;
:: |``'''''"""" ̄ ̄''''''''''''""""""" ̄ ̄ ̄ ̄'''""""""""'''''''''── ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ::: :::_,,(("::::; :;
:: |_______________________,,..--一────/ _,,(("::::; :;
  ` `''=──|   |───────┤  ├──────-- |   |'''''''''"~~~´_,,,(( :;; .:;,i':::: :::
:: :::: :::: :i─--|   |:: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::|   |:: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::|   |--─i (:;;:; Z;; ;; (:: ::;;::::: :::: ::
┌ ─ ┘   |    |───────┘  └─────── |   |   └ ─ ┐ (:;;:; Z;; ;; (:: ::;;::
│      |    |                          |   |        |. ( (( ::;;; : :::: ::
└── ─ i   |──────────────── ─ i   ├────:_,,,(( :;; .:;,i':::::: ::
;;;::::::::::::::::::;;;:| 納 |_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~~""''''''''""""~~~ ̄ ̄ | 奉 |._,,,"( (( ::;;; _-='''"~
从W::;:::;;;;;W|   |  ---__________          _________.|    |._,,,-":((: (:;;:;( ; : ; : : :
I|l|llij;;;;:/:/;''|    | ̄!─--i i__________ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ┌─┬┘   |   | ..::从 ;;:f::;;: :( 〔   i─
I|l|llij;;;;;;;;//|    |      l l      i i ̄ ̄ ̄~l l ̄ ̄    .|    | ..::从 ;;:f::;;: :( └ ̄ ||||
l|ll||l|i;;|l;:;::;│   |  [二二|  |ニニニニニ  ニニニニニ|  | ─┐    .|   |;((;;:::;;;((:;;: :; ゞ::;;;.. ;;::||||
||l||lji(_);l:l:/|   | .| | | |;;;| | ̄ .|~| ̄~|~..| ̄ ̄~| .├─:::::::::::::::::::|   |wリノwv从w从wv从 .||||

同年12月24日、やはり怨霊で知られる淡路廃帝・大炊王(淳仁天皇)も合祀される。



                           ,,,、、、、、、、,,,
                        ,r''.:´.:;;;;;;;;;;;;:;:;:.:.::`ヽ
                       /.:.:;;;;;:;:;:;;;;;;;;;;;:;:;;;:;:;:;:;;;:゙、
                         ,'.:;;,:r''"´  ̄ `""゙´ ´¨ヾ;;!
                      |;;;:.:{   -ー -、 , -‐.::.;l;!
                      |;;::.:ヽ    _ _,,)j   _,,.;i!
              .          i;;;;.:ji! ,r''ニニニ二ン r''二ニュ
                      /^ヾ!   ,,,zf_で;ソ´ ヾでソ;;{
                      レハj!    ''' "´   j;:.~'' ´ !
                        Yヽ!     , ィ ,_ _,,ハ   |
                         し'i.      ,′  j !;::.',  |
                        , イハ      { ,,r====ュ;:,  ,!_
                ,,、、-‐''"´.:/.:j! ',     ´二三`  /:.::``¨''ー- 、、、
              "´.:.::::::::::::::::::/:::::| ` ヽ、、,, _ ___ ,,,.、ィ/:::::::::::::::::::::::::::::.:.:

      この年、後の西南戦争につながる『明治六年政変』が起こり、西郷隆盛が下野。
      国が割れる事態になっている。

795崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:49:06 ID:Z2EnF3A.

明治11年(1878年)11月15日、源為義・為朝二公を祀る「伴緒社」が白峯宮内に創建。

                                       _、-''"´ ̄ ̄¨''ー、
              ,xイ彡ィ≠=-ミムイ≧、           、-'"          `ヽ.
            ,ィイ彡'"      `'"'¨ヾ          /              ゙ヽ
            ./i|イ{!l}      __\  /   ',         /                ゙i
           iイ川イ    ___  、`" ,'   ',        |                  |
           |i|川i{   ー'" ,-。、リ '{イ__ ノ        /          ,        |
          /`ゝil|{ i   ーニ' ;'、 ヽ゚‐' 〈        !、 i  ,       i       __ ,!
          i  {i川八     ィ' ---'  }         〉、∠  __   }!   ,ィ二, レ′
          入 ゞ='" ヽ   ,__,.二 __  〈        〈`_ヲ ≡≦≡=-  '"   メ-ュ リ
         川!lゝ┐     ,ムー'ー'ーイ. |         ∨/  ` 二゙- ""    ,>ノ イ
         イ川l|ム !      i::::::::::::::::::::|  |         l!'_,,≧:    ,、-''   ィ゙_,、イ「゙i
        彡'ィ川i|l}ヽ、     ゙ー──‐' .ノ         「「ミ`ニーミ、  |     「   /l! ゙i
       {:イ/l:|イ彡  ` ー 、  ィニ _,メ }          | !``ー ヽヾ ノ    ノ ,/ィリ |
        ,从イィー r───‐人____ノ          j ヒヘ、_,..} ゙Y  _、-" 、イ f./  ト、
  /i      Ⅳ.イ し、.´ ̄ ̄ ̄`ヽ | r─i.          !タ_,N"lii;, _ノ-''"_、-''" ノ/   |. \
. / .|       | 人_ノ   三ニ弋_| | レ' |          /  |.ト-三ニ=_,ニ"  :='/     .|  ヽ、
/  |_ , . -- ─ヽ、_     ニニ、_ | _|         /  ,'|.| 「 ナ'ニニィ゙   ,/       |    `

         以後、毎年この日に愛弓会奉射神事や真剣演武が行われている。

796崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:49:19 ID:Z2EnF3A.

明治44年2月23日 台湾の基隆に基隆神社建造。 7柱の祭神の一人として祀られる。

                            _r'^''y★ ← 基隆
                        r-'''~~ ●   'ッ
                        ノ   台北  r~、
                      _,-~        l
                     ,/          /
                    ,r'          ,ノ
                   r´           r
                  r´            }
                ..r'           リ
                .|              l
                .)           r'
                l           丿     台湾では他に
                .`l          ノ      淡水神社でも祀られている。
                 [       _-'~      (昭和14年3月11日創建)
                  L       r'
                   ~`-,   ノ
                      {  l
                     { .ノ
                     ⌒

797崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:50:37 ID:Z2EnF3A.

     大正7年(1918年)、皇太子時代の昭和天皇が白峯宮を御参拝、松を御植樹。

   ( ̄ ̄'''''''''''''''''''''"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""''''''') :::: :::: :::: :::: :::: ::
   ( ;; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; : ; : : ; : ; : : : ::; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; : ; : : ; : ; : : : ::; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; :) :::: :::: :::: :::: :::: ::
   .( ;; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; : ; : : ; : ; : : : ::; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; : ; : : ; : ; : : : ::; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; :) :::: ::::_,,(("::::; :;
   :: |``'''''"""" ̄ ̄''''''''''''""""""" ̄ ̄ ̄ ̄'''""""""""'''''''''── ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ::: :::_,,(("::::; :;
   :: |_______________________,,..--一────/ _,,(("::::; :;
     ` `''=──|   |───────┤  ├──────-- |   |'''''''''"~~~´_,,,(( :;; .:;,i':::: :::
   :: :::: :::: :i─--|   |:: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::|   |:: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::|   |--─i (:;;:; Z;; ;; (:: ::;;::::: :::: ::
   ┌ ─ ┘   |    |───────┘  └─────── |   |   └ ─ ┐ (:;;:; Z;; ;; (:: ::;;::
   │      |    |                          |   |        |. ( (( ::;;; : :::: ::
   └── ─ i   |──────────────── ─ i   ├────:_,,,(( :;; .:;,i':::::: ::
   ;;;::::::::::::::::::;;;:| 納 |_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~~""''''''''""""~~~ ̄ ̄ | 奉 |._,,,"( (( ::;;; _-='''"~
   从W::;:::;;;;;W|   |  ---__________          _________.|    |._,,,-":((: (:;;:;( ; : ; : : :
   I|l|llij;;;;:/:/;''|    | ̄!─--i i__________ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ┌─┬┘   |   | ..::从 ;;:f::;;: :( 〔   i─
   I|l|llij;;;;;;;;//|    |      l l      i i ̄ ̄ ̄~l l ̄ ̄    .|    | ..::从 ;;:f::;;: :( └ ̄ ||||
   l|ll||l|i;;|l;:;::;│   |  [二二|  |ニニニニニ  ニニニニニ|  | ─┐    .|   |;((;;:::;;;((:;;: :; ゞ::;;;.. ;;::||||
   ||l||lji(_);l:l:/|   | .| | | |;;;| | ̄ .|~| ̄~|~..| ̄ ̄~| .├─:::::::::::::::::::|   |wリノwv从w从wv从 .||||
   |il|ll|l;;;;:ll:l |   | | | .| |;;;| |;;;| | | .|;;;;;;;| |;;;  ;;;;| |:::::::::::::::::::::::::::|   |.|ll ;;: ||ll;; i:: |     .|||||
   |l|lil||i;;;;:ii : |   | | |;;| .|;;;;| .|;;;| | |. |;;;;;;.| |;;;;;;.;;;;;;;;| |:::::::::::::::::::::::::::|   ||ll ;;: ||ll;; i:: |      ||||
   、||l|ll|;l;;;i:;; |   | .| |;;| .|;;;;| .|;;;| |.| .|;;;;;;;| |;;;;;;.;;;;;;;;| |'''"""''''''.   |   |jl: jll;:: |ll ; f      ||||

この年の11月に第一次大戦が終結。いわゆる戦争特需の最中であり、感謝の意の植樹と思われる。

799崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:51:24 ID:Z2EnF3A.

大正11年11月20日、前回紹介した「血の宮」こと高屋神社(>>581)に、皇太子時代の昭和天皇が御臨幸。

            _,.ノ::.:..:..:`ヾ|i l! l|l l!|:..:::...::.::::.:.:.:,l
           '´::.:..:.:..:.:.::.:ノ il| l| li i1:.:.:vイ/.:.:::`)
           :::..:...::.:...::..:.::`)li l| i! il|.:.ノリ/.:.:.:.ノ
           ゞ::.::.\、.:::::.:ソ i|l i| |;三シ________________
           l、::.:.:::.::.ゞ\.:ノ il l| il|;:;;;:;|;:, .;゙:';, ,;:,__':゙;,;:,., ,,;:';:,..;: ,.;:;:,. ,.;:;':__;:,.;:; ;:,.';:゙|
            ヾー--`ヾ、:; il il l |l|;;::;:;;. ̄ ̄ ̄|;':| ̄ ̄ ̄|l ̄l| ̄ ̄ ̄|;,'| ̄ ̄ ̄
                  |i| ! l|i l|i{;:;;::. :;;;:.__|;':|___|l_l|___|;,'|__
                  | il| li l! |1;;::;:: .:;;| ;.;::; :|;:,|.,;:,.';:  ,;: ;:,. ';: ,.;:,. ,;,: |;:;|:;, ,;:':;|
                  | li l| i! il|:.:; :;;::;;:; ̄ ̄|:;,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;:'| ̄ ̄
                  |l| ! l|i l|i{;:;;.:::;:;; .:;.:::;;: |;,:|                |,:;|
                  |li i|l !| |l|.:;:.:;.:;;::,::;;:;:.:;;|,':|                |,::|
                  |l1|!l l|i il|.:::,:.;:.:::,:.;.:..:,:|;:゙|                |゙;:|
                   | li| 1i|l |l{.:.:.::..:.:::.::.:.:. | ;;|                |;: |

                一地方神社に過ぎないのに、破格の訪問である。

800崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:51:44 ID:Z2EnF3A.

昭和11年(1936年)、白峯宮の境内拡張が始まる。

( ̄ ̄'''''''''''''''''''''"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""''''''') :::: :::: :::: :::: :::: ::
( ;; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; : ; : : ; : ; : : : ::; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; : ; : : ; : ; : : : ::; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; :) :::: :::: :::: :::: :::: ::
.( ;; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; : ; : : ; : ; : : : ::; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; : ; : : ; : ; : : : ::; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; :) :::: ::::_,,(("::::; :;
:: |``'''''"""" ̄ ̄''''''''''''""""""" ̄ ̄ ̄ ̄'''""""""""'''''''''── ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ::: :::_,,(("::::; :;
:: |_______________________,,..--一────/ _,,(("::::; :;
  ` `''=──|   |───────┤  ├──────-- |   |'''''''''"~~~´_,,,(( :;; .:;,i':::: :::
:: :::: :::: :i─--|   |:: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::|   |:: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::|   |--─i (:;;:; Z;; ;; (:: ::;;::::: :::: ::
┌ ─ ┘   |    |───────┘  └─────── |   |   └ ─ ┐ (:;;:; Z;; ;; (:: ::;;::
│      |    |                          |   |        |. ( (( ::;;; : :::: ::
└── ─ i   |──────────────── ─ i   ├────:_,,,(( :;; .:;,i':::::: ::
;;;::::::::::::::::::;;;:| 納 |_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~~""''''''''""""~~~ ̄ ̄ | 奉 |._,,,"( (( ::;;; _-='''"~
从W::;:::;;;;;W|   |  ---__________          _________.|    |._,,,-":((: (:;;:;( ; : ; : : :
I|l|llij;;;;:/:/;''|    | ̄!─--i i__________ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ┌─┬┘   |   | ..::从 ;;:f::;;: :( 〔   i─
I|l|llij;;;;;;;;//|    |      l l      i i ̄ ̄ ̄~l l ̄ ̄    .|    | ..::从 ;;:f::;;: :( └ ̄ ||||
l|ll||l|i;;|l;:;::;│   |  [二二|  |ニニニニニ  ニニニニニ|  | ─┐    .|   |;((;;:::;;;((:;;: :; ゞ::;;;.. ;;::||||
||l||lji(_);l:l:/|   | .| | | |;;;| | ̄ .|~| ̄~|~..| ̄ ̄~| .├─:::::::::::::::::::|   |wリノwv从w从wv从 .||||
|il|ll|l;;;;:ll:l |   | | | .| |;;;| |;;;| | | .|;;;;;;;| |;;;  ;;;;| |:::::::::::::::::::::::::::|   |.|ll ;;: ||ll;; i:: |     .|||||
|l|lil||i;;;;:ii : |   | | |;;| .|;;;;| .|;;;| | |. |;;;;;;.| |;;;;;;.;;;;;;;;| |:::::::::::::::::::::::::::|   ||ll ;;: ||ll;; i:: |      ||||
、||l|ll|;l;;;i:;; |   | .| |;;| .|;;;;| .|;;;| |.| .|;;;;;;;| |;;;;;;.;;;;;;;;| |'''"""''''''.   |   |jl: jll;:: |ll ; f      ||||

  前年に美濃部達吉の「天皇機関説」批判が起こる。
  在郷軍人会、国粋主義団体などによる機関説排撃運動は全国的な展開をみせ、
  自由主義排撃の風潮がますます強まり、支配体制のファッショ化が進んでいた。
  この年には2・26事件が発生している。

801崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:53:07 ID:Z2EnF3A.

昭和14年(1939年)、大正大嘗会の際に入江為守卿の詠んだ歌が刻まれた歌碑が
やる夫の讃岐での御所があった鼓岡神社に、やる夫の歌碑と向かい合って建てられる。

             :ぐ777/⌒゙λヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ''
            /`777/⌒`λヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ:;
         ;(乂_/`777,,γ⌒ヽ∧゙_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ/乂_ノ)
         乂んんんんん乂(0)んゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ_(,,ノ
           ロ/ ロ/ ロ/ ロ/─|"|""|-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ'''
           |"||r────|. |  | ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|| ̄|  | :
           |. || r──┐ |. |  |    ||「「「「「「|「「「「「「||  |  | .
           |. || |「「「「「| |. |  |    ||「「「「「「|「「「「「「||  |  | : ;
           |. || |l_l_l_l_l_| |. |  |    ||「「「「「「|「「「「「「||  |  | .
         C=============○===Ω ||「「「「「「|「「「「「「||  |Ω==○ :
         |}|::::|. ||,,____|}{|  | | i| || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||  || i||::::|}{| : : : :
       :『[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[【】]]]]]]]]]]]] ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|]]]]]]]]]] : :
       : : : | | ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. |  |;;;;;;;;; |   ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;| | : : : : : : :

「雲井まで たかくひびかむ さと人の つづみがをかに 千代よばふ声」 入江為守

802崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:53:23 ID:Z2EnF3A.

日中戦争の最中、太平洋戦争勃発の前年、昭和15年(1940年)

  ( ̄ ̄'''''''''''''''''''''"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""''''''') :::: :::: :::: :::: :::: ::
  ( ;; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; : ; : : ; : ; : : : ::; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; : ; : : ; : ; : : : ::; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; :) :::: :::: :::: :::: :::: ::
  .( ;; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; : ; : : ; : ; : : : ::; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; : ; : : ; : ; : : : ::; ; ; ; : ; ; ; ; : ; : ; :) :::: ::::_,,(("::::; :;
  :: |``'''''"""" ̄ ̄''''''''''''""""""" ̄ ̄ ̄ ̄'''""""""""'''''''''── ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ::: :::_,,(("::::; :;
  :: |_______________________,,..--一────/ _,,(("::::; :;
    ` `''=──|   |───────┤  ├──────-- |   |'''''''''"~~~´_,,,(( :;; .:;,i':::: :::
  :: :::: :::: :i─--|   |:: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::|   |:: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::|   |--─i (:;;:; Z;; ;; (:: ::;;::::: :::: ::
  ┌ ─ ┘   |    |───────┘  └─────── |   |   └ ─ ┐ (:;;:; Z;; ;; (:: ::;;:: :::: :::: ::
  │      |    |                          |   |        |. ( (( ::;;; : :::: ::
  └── ─ i   |──────────────── ─ i   ├────:_,,,(( :;; .:;,i':::::: ::
  ;;;::::::::::::::::::;;;:| 納 |_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~~""''''''''""""~~~ ̄ ̄ | 奉 |._,,,"( (( ::;;; _-='''"~
  从W::;:::;;;;;W|   |  ---__________          _________.|    |._,,,-":((: (:;;:;( ; : ; : : :
  I|l|llij;;;;:/:/;''|    | ̄!─--i i__________ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ┌─┬┘   |   | ..::从 ;;:f::;;: :( 〔   i─
  I|l|llij;;;;;;;;//|    |      l l      i i ̄ ̄ ̄~l l ̄ ̄    .|    | ..::从 ;;:f::;;: :( └ ̄ ||||
  l|ll||l|i;;|l;:;::;│   |  [二二|  |ニニニニニ  ニニニニニ|  | ─┐    .|   |;((;;:::;;;((:;;: :; ゞ::;;;.. ;;::||||
  ||l||lji(_);l:l:/|   | .| | | |;;;| | ̄ .|~| ̄~|~..| ̄ ̄~| .├─:::::::::::::::::::|   |wリノwv从w从wv从 .||||
  |il|ll|l;;;;:ll:l |   | | | .| |;;;| |;;;| | | .|;;;;;;;| |;;;  ;;;;| |:::::::::::::::::::::::::::|   |.|ll ;;: ||ll;; i:: |     .|||||
  |l|lil||i;;;;:ii : |   | | |;;| .|;;;;| .|;;;| | |. |;;;;;;.| |;;;;;;.;;;;;;;;| |:::::::::::::::::::::::::::|   ||ll ;;: ||ll;; i:: |      ||||
  、||l|ll|;l;;;i:;; |   | .| |;;| .|;;;;| .|;;;| |.| .|;;;;;;;| |;;;;;;.;;;;;;;;| |'''"""''''''.   |   |jl: jll;:: |ll ; f      ||||

白峯宮を官幣大社に列格。白峯神宮となる。近代社格制度では伊勢神宮などと並ぶ最上位の
神社としての格上げである。戦前では22(海外を入れると25)社しか神宮は存在しない。
※戦後3社増え、海外の3社が廃社となっているので、現在は25社。

803崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:54:49 ID:Z2EnF3A.





                  昭和20年(1945年)    終戦


                皇族が各墓陵に終戦の報告をする。


              白峯御陵へは竹田宮恒徳王が行っている。




.

804崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:55:05 ID:Z2EnF3A.

   昭和39年(1964年) 9月21日(旧暦の8月26日)。 白峯御陵800年式年祭。
   午前中の雷雨の過ぎたあと、高松宮殿下、天皇勅使(正親町公秀掌典)、
   宮内庁次官の参列の下に執り行われた。

                 ,.r,ニニ-、.    ,.r,ニニ-、.    ,.r,ニニ-、
                //    ヽヽ //    ヽヽ //    ヽヽ
                { {     ,.r} }ニ.-、    ,.r} }ニ-、       } }
                 ぃ _   //_ノノ ぃヽヽ. //_ノノ ぃヽヽ   _ノノ
                 `ーニ{ {‐".   `ーニ.{ {‐".   `ーニニ-"
                   ぃ _    _ノノ ぃ _    _ノノ
                    `ーニニ-"   `ーニニ‐"
 
               この20日後、東京オリンピックが開幕。

この式典の半日前の同日午前零時、雲井御所から北に500メートル離れた林田小学校が
原因不明の出火で全焼している。まあ、まだ過激派とかいた時代ではあった。



        ..::   . .. . ..    ``侖侖''"               . ..':::;:,;;;.:.
                    -‐'"韭 ゙''‐- . ... ...    ..::   .  .':;;;;:,.:.
      ゙''、,,_,,,,-‐'゛``''、,    ``侖侖侖''"              .':;;;;: .:.
      ;'' ;~'',;'''',;'';'' ;~'',;''゚ ;~'',;;-‐'"韭韭 ゙''‐-             .':;;;:, .:.
      ,;'',;''゚ ;~,;":;;;: : ;: ;: ;::::::``゙''ー-侖侖''"::;.-‐'゛~゙`゙''-、.,,,::  .'::;;;;:, .:... ...
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:"゙''、,;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:`;'' ;``'‐.、;;;;;;;.,.,.,.,..,.,.,.,.
      :;,':,:;.,:;'' ;~'',;''゚ ;~'',;;~'',;';~.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙ :: :;":;; ~゙"'ー-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...
      ":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; '' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' v'゚ ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;'',;'~,;゙''、,,_ュiュ... .. ..   . ...
      ::;...;;.;;ii:i;;:;i,'' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' '゚ ;~,;''゚ ;..;;.;;ii:i;;:;i'',;'',;''゚ ;~,;::;.:".:;.:'::;...;;.;;ii:i;;:;i|゙:.:゙,:;、,"コエ...HE

白峰山寺の境内には、この「崇徳天皇八百遠忌」の際の石塔として、
高松宮殿下からの贈金のものと、「下賜」と書かれた昭和天皇のものとが並んで建っている。

805崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:56:34 ID:Z2EnF3A.

2007年、崇徳天皇御廟改修。

;;ゝヾ;ゞ:::          :;;;;ゝヾ;;;;;;ゝヾ;ヽ::..\`;::;
ヾヽ;;::  /k==ー---r           "":::|i}}i!il::...
   _A:.:.:.:.:...   ゙̄ヽ、            l!i!ili!| il|""''i;::;; , ,..
   /,ヘ_ー-- -'``ー---`ー----ァ       ii!{ili|l l!l.   |!
 _ノ/彡;;:7;;:___};:ミi;:*@+:;:''了ミ/      ...:;.,::|i!i!ili| |i!::..,,.ji;;...
 `ー--、,イ.!r_tt-tt!i-tr-!|l'゙゙゙´       .,,;;ヽ;;ヾ;ヽ;;;;"":..,;,;:.:,,,,.....
:..il.ll::..  _ll|.|.||:;ii;:;ii:;!|;;:;:;;:;!|l        :;:;;ゞ::::ゞ   ;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ;ヽ
 ;:;:.._,.ィ}三三三三!l乍≡|l三三{  :;;:  ;;ゝヾ
  `i}}}l|.:|i.:_l | ._jr-!|≡≡il==-i| :;::;,;:.: ヽ;;;;ゝ
,.....,ィ/:〉:;、_rヒj:_tァに=j-一''""´ -ー---,,  """ヾ:;:: ,,.. .., ..,., ,

806崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:56:46 ID:Z2EnF3A.





                 そ し て 、 現 在 へ




.

807崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:56:58 ID:Z2EnF3A.

           _
          /O \
           |. °  |
          \_,/
            |
     人   / ̄ ̄ ̄ ̄ \       白峯神宮は
    `Y´/            \      飛鳥井家のお家芸が
      /  \    /     ヽ     蹴鞠であった関係で、
     /   ●    ●      |     現在サッカーの
     |  ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃    |     守護神社になっているそうにょろ。
    ヽ              /
  /⌒ヽ_\           / /⌒ヽ
  \ /:::::/;l三三三三三三三l /  ./
   /:::::/ |_     ___ ヘ、__/
    .`ヽ< |  |    |     | ヾ:::彡'

808崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:57:10 ID:Z2EnF3A.

            _
          /O \
           |. °  |
          \_,/
            |
        / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /            \      やる夫が京都に帰還してからの出来事を
.     /              ヽ     ざっくり見ていただいたにょろが…
    /  /      \    |
    |    ●    ●      |
    ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
 /⌒ヽ_\    ゝ._)     / /⌒i
 \ /:::::/;l三三三三三三三l /  ./
.   /:::::/ |_     ___ ヘ、__/
.  `ヽ< |  |    |     | ヾ:::彡'

809崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:57:30 ID:Z2EnF3A.

       _,-‐、   。
       /O \ )   。
     |. °  | ̄ ̄ ̄ ̄\
      \_/         \
       /               ヽ
       /              |    11章にわたるこの物語も
     |     _ノ  ヽ、_     |    これで終わりにょろ。
 ヒック... ヽ  o゚⌒   ⌒゚o   /
      \⊂⊃、_,、_, ⊂⊃ /グス...
       lr'⌒)三三(´ j三三l
      /ヾ三}_.  {彡'`}_`、
      l   ノ  |  .ヽ  ヽ |│

810崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:57:41 ID:Z2EnF3A.

         _
        /O \
         |. °  |
        \_,/
          |
    / ̄ ̄ ̄ ̄ \
   /            \
.  /               ヽ     最後に、ちょっとしたキバヤシ電波を
 /              |     3つほど紹介してお別れにょろ。
 |    ⌒    ⌒     |
 ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /     3つとも、同じことがテーマの電波にょろ。
  \_ /⌒l        /
   l/  /三三三三三l.
  / |   l   ___ ヽ

811崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 20:59:06 ID:Z2EnF3A.

    +     ゚  . +            . . .゚ .゚。゚ 。 ,゚.。゚. ゚.。 .。
     . .   ゚  . o  ミ.     ミ  .  , . .o 。 * .゚ + 。☆ ゚。。.  .
                 l|     |    。  *。, + 。. o ゚, 。*, o 。.
    ゚  o   .  。   i|    |i.,  . , o 。゚. ,゚ 。 + 。 。,゚.。
   ゚ ,   , 。 .   + i|    |i.  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。 . 。
  。 .  .。    o   .i|    |i゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 . .
          。   .   ゙i,    |j゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .

 崇 徳 院 の 怨 霊 は 、 本 当 に 鎮 ま っ た の か な ?

   。 .  . .   .   .  ゙i,   |i.☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
      ゚  。   ゚  .  +。゛゙i,    |i。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
   。  .   . 。 。゚. 。* 。, ゙i,    |i☆。。. ゚。+ 。 .。  .  。   .
    .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ ゙i  |j. *。. 。 。 .    。    .
   ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚\. ゙i。゚. 。 . .   ,    ,   .
  ゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚.\.゙i. 。 .   ,      ゚    ゚
   。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚ `  ,   。     。   .   .
   ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚
  ゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .     .  .   。      ゚ .
   .  .     . ,     。       .           .  ,    .
        。                 ゚   .           。

814崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 21:00:04 ID:Z2EnF3A.

                         _
                        /O \
                         |. °  |
                        \_,/
                     ,. ─- 、,,.|___
                    ,イ〃       |    `ヽ,__
              .   N. {'             \
              .  N. {               ヽ
              .  N.ヽ`               〉
                N.ヽ`        ,.ィイ从       /     今上天皇陛下の諱は明仁。
              .  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく
                  lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !     『 ア キ ヒ ト 』
                  ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ
                     !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´
                     ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\
                -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-
                  /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|
              .   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |
                / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|
                T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |

815崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 21:00:21 ID:Z2EnF3A.

                         _
                        /O \
                         |. °  |
                        \_,/
                     ,. ─- 、,,.|___
                    ,イ〃       |    `ヽ,__
              .   N. {'             \
              .  N. {               ヽ
              .  N.ヽ`               〉
                N.ヽ`        ,.ィイ从       /    その弟宮の常陸宮様は正仁。
              .  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく
                  lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !     『 マ サ ヒ ト 』
                  ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ
                     !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´
                     ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\
                -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-
                  /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|
              .   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |
                / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|
                T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |

817崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 21:00:32 ID:Z2EnF3A.

                         _
                        /O \
                         |. °  |
                        \_,/
                     ,. ─- 、,,.|___
                    ,イ〃       |    `ヽ,__
              .   N. {'             \
              .  N. {               ヽ
              .  N.ヽ`               〉     『 ア キ ヒ ト 』
                N.ヽ`        ,.ィイ从       /
              .  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく          と
                  lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !
                  ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ       『 マ サ ヒ ト 』
                     !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´
                     ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\         の兄弟。
                -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-
                  /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|
              .   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |
                / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|
                T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |

818崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 21:00:50 ID:Z2EnF3A.

                         _
                        /O \
                         |. °  |
                        \_,/
                     ,. ─- 、,,.|___
                    ,イ〃       |    `ヽ,__
              .   N. {'             \
              .  N. {               ヽ
              .  N.ヽ`               〉
                N.ヽ`        ,.ィイ从       /    どっかで
              .  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく     聞いたことのある
                  lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !    組み合わせにょろね。
                  ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ
                     !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´     なんで、そうしたにょろかな…?
                     ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\
                -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-
                  /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|
              .   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |
                / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|
                T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |

821崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 21:02:24 ID:Z2EnF3A.





                      崇徳院の最上の鎮魂方法

                            それは

                  再び崇徳上皇に天皇になっていただいて、

             天皇のまま天寿を全うしていただくことなのではないか…?




.

823崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 21:02:36 ID:Z2EnF3A.





              今上天皇陛下が誕生なさったのは、1933年12月23日。

               1929年の大恐慌に端を発する『昭和恐慌』の最中、
               満州事変により日本が国際連盟から脱退した年。

                翌年は室戸台風、東北の大飢饉が発生し、
                『昭和維新』などという言葉が叫ばれるなかで、

                   そ の 名 が つ け ら れ た 。




.

824崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 21:02:51 ID:Z2EnF3A.

    +     ゚  . +            . . .゚ .゚。゚ 。 ,゚.。゚. ゚.。 .。
     . .   ゚  . o  ミ.     ミ  .  , . .o 。 * .゚ + 。☆ ゚。。.  .
                 l|     |    。  *。, + 。. o ゚, 。*, o 。.
    ゚  o   .  。   i|    |i.,  . , o 。゚. ,゚ 。 + 。 。,゚.。
   ゚ ,   , 。 .   + i|    |i.  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。 . 。
  。 .  .。    o   .i|    |i゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 . .
          。   .   ゙i,    |j゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .

 崇 徳 院 の 怨 霊 は 、 本 当 に 鎮 ま っ た の か な ?

   。 .  . .   .   .  ゙i,   |i.☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
      ゚  。   ゚  .  +。゛゙i,    |i。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
   。  .   . 。 。゚. 。* 。, ゙i,    |i☆。。. ゚。+ 。 .。  .  。   .
    .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ ゙i  |j. *。. 。 。 .    。    .
   ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚\. ゙i。゚. 。 . .   ,    ,   .
  ゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚.\.゙i. 。 .   ,      ゚    ゚
   。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚ `  ,   。     。   .   .
   ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚
  ゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .     .  .   。      ゚ .
   .  .     . ,     。       .           .  ,    .
        。                 ゚   .           。

827崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 21:03:16 ID:Z2EnF3A.





              『怨霊信仰』とは、強力な呪力をもった怨霊の『怒りを鎮め』、
              その呪力を『良い方向に』働かせようとするものである。

                   菅原道真などはその最たるものであろう。

              かつては怨霊だったが、今は『学問の守護神』となっている。




.

828崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 21:03:45 ID:Z2EnF3A.





         崇徳上皇の祀られる白峯神宮は、今、『サッカーの守護神社』だそうだが…

               そこに菅原道真のような霊験はあるのであろうか?




.

829崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 21:03:58 ID:Z2EnF3A.





                霊 験 が な け れ ば 、 そ れ は …




.

830崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 21:04:14 ID:Z2EnF3A.

    +     ゚  . +            . . .゚ .゚。゚ 。 ,゚.。゚. ゚.。 .。
     . .   ゚  . o  ミ.     ミ  .  , . .o 。 * .゚ + 。☆ ゚。。.  .
                 l|     |    。  *。, + 。. o ゚, 。*, o 。.
    ゚  o   .  。   i|    |i.,  . , o 。゚. ,゚ 。 + 。 。,゚.。
   ゚ ,   , 。 .   + i|    |i.  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。 . 。
  。 .  .。    o   .i|    |i゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 . .
          。   .   ゙i,    |j゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .

     崇 徳 院 の 怨 霊 が ま だ 鎮 ま っ て い な い

     と い う こ と で は な い か ?

   。 .  . .   .   .  ゙i,   |i.☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
      ゚  。   ゚  .  +。゛゙i,    |i。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
   。  .   . 。 。゚. 。* 。, ゙i,    |i☆。。. ゚。+ 。 .。  .  。   .
    .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ ゙i  |j. *。. 。 。 .    。    .
   ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚\. ゙i。゚. 。 . .   ,    ,   .
  ゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚.\.゙i. 。 .   ,      ゚    ゚
   。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚ `  ,   。     。   .   .
   ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚
  ゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .     .  .   。      ゚ .
   .  .     . ,     。       .           .  ,    .
        。                 ゚   .           。

832崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 21:04:26 ID:Z2EnF3A.

                         _
                        /O \
                         |. °  |
                        \_,/            そもそも、
                     ,. ─- 、,,.|___            崇徳院の神社であれば
                    ,イ〃       |    `ヽ,__
              .   N. {'             \          和 歌 の 神 社
              .  N. {               ヽ
              .  N.ヽ`               〉     でなければならないはず。
                N.ヽ`        ,.ィイ从       /
              .  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく       これでは崇徳院よりも
                  lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !      飛鳥井家の方を
                  ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ
                     !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´          上 位 の 扱 い
                     ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\
                -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-    にしてはいないか?
                  /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|
              .   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |     この神社の本来の目的から
                / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|     外れてしまってはいないか?
                T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |

834崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 21:04:48 ID:Z2EnF3A.

                             .rニYニヽ
               |レ               /    j |
               !!_           イ     } |
               ゙- '´ ,、       /j      j
                  -''´   ,r'´ ̄`゙}     j l|rニ二ト、
                       〉─7-'´l|jト、 -イl;|`--l一〈
                 __ii__    |   |  ルリ-ト、|州リ  |  .|   オマエラ、
                 イi    j  |           |  |,   オレヲ騙シタナ…
                  `  , イ  |     |      |  |
                    ノ  }        |         |
                  /           |          |
                //  /                  |
            .  //  /                   ',|
            / /    l                     |

835崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 21:05:04 ID:Z2EnF3A.

                             .rニYニヽ
               |レ               /    j |
               !!_           イ     } |
               ゙- '´ ,、       /j      j
                  -''´   ,r'´ ̄`゙}     j l|rニ二ト、
                       〉─7-'´l|jト、 -イl;|`--l一〈     タシカニ
                 __ii__    |   |  ルリ-ト、|州リ  |  .|    オレハ京都ニ
                 イi    j  |           |  |,    カエッテキタ…
                  `  , イ  |     |      |  |
                    ノ  }        |         |   ナノニ…
                  /           |          |
                //  /                  |
            .  //  /                   ',|
            / /    l                     |

836崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 21:05:17 ID:Z2EnF3A.

                           _.. -―'''''''―-- ..,,_
                         ,/           `゙''-、
                          ,/     _..-'''''―- ..、    \
                        /     .,/          \    .ヽ
                    . /      /              ヽ    .ヽ
                   /      ./      夢       ヽ    ヽ
                  /      ./               , .l,    .',
                 ./     ,i!゙',、            _ノ.l/j    !
                 !     .,'―‐`-lii、       . ,,rl┴''''ー l!    l,
                ./     i!'-、 .!ゝ . '.l、       /   .!′ ,..''7    .ヽ
                ./     ./ 'イ''ニ=rirr,'|./     .ヽ`-`-`-''',/゙l      l
               /      .l゙         "       ゙′     l      l.
              . /       !                       ,.|     ., ヽ.
             .'"       !ヽ   y     i;;;;;;、    'i,  ../ ;:;l     ..l゙‐'′
                    |;:.!  ,/,' .,,r;;ニッiiiiiiiiiiiiii;;;;r、 .l',  .!;:;:;:.!      .ヽ
                     |;:;:;:! .// i',{ .iー'''''''''''''ー'i i!|i ,!} l;:;:;:;l          l
                     |;:;:;:| .{ ! ./ ゙"      !" l',./;,! l;:;:;:.!           !
                     !;:;:;:.! ヾイ.,..-ー'''''''''''―- ..,..!!./  |;:;:;:|
                       !;:;:;:;.! /,ii/            l;,ii;| .l;:;:;/
                    l;:;:;:;:;| .l;| }            !,!:l" /;:;:/
                    l゙'-,;:;| !| .l         :l".! │;,イ
                       !、 `'',  │           !  l,i,'-/
                       i,',',iiiii、\ .!        . ! .r',゙.l'''7
                   ., .l',  .リ、\.l        レ'.l- l!.│
                   . l, .!l 、  l`-',/、      ,i;;;;,','" l_./、
                       l、',l \ l  ',`'リー .... イ゛   !., '"/.i',  、
                l l,  .,!`′ .`-,!  ! .!    !  ,ノ゛ // .l .|,  .|,
                 ! ,'i  l      ゙゙''ヘ..,|_   ._l..-'"   .′ ', .l ! . l ゙',
                 .l ! l./           ̄゛            l" !/゛ ',
                 ´                               ′
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       京 都 ガ 都 デ ハ   ナ ク ナ ッ テ イ ル デ ハ ナ イ カ !
___________________________________________

837崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 21:05:32 ID:Z2EnF3A.





       天神様はあるというのに、崇徳院を祀る神社が東京にないのはいいのであろうか…?




.

840崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 21:05:54 ID:Z2EnF3A.

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                            ┃
┃ や る 夫. が 日 本 に 呪 い を か け る よ う で す ┃
┃                                            ┃
┃                       最 終 章                   ┃
┃                                            ┃
┃         【 か く て 日 本 は 呪 わ れ た 】.       ┃
┃                                            ┃
┃                  【 了 】                    ┃
┃                                            ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                ._
                 \ヽ, ,、
                  `''|/ノ
                   .|
               _   |
               \`ヽ、|
                \, V
                   `L,,_
                   |ヽ、)  ,、
                  /    ヽYノ
                 /    r''ヽ、.|
                |     `ー -ヽ|ヮ
                |       `|
                |.        |
                ヽ、      |  ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                  ヽ____ノ.  d⌒) ./| _ノ  __ノ

841崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/05(土) 21:06:21 ID:Z2EnF3A.

以上でございます。
短い間でしたが、ご声援ありがとうございました。

細かいミスも多く、反省しきりです。

このスレは一週間ほどしたら、
あるいは書き込みが無くなったら、または荒れるようだったら、
過去ログ申請いたします。

願わくば、「私も歴スレ作ってみようかな?」
という方が出て来ていただけるとうれしいかぎりです。

これぐらいの長さで完結するものから、
まずは始めてみるというのはどうでしょうか?

なお、作者は次回作は今んとこ考えていません。
次回作があったとしても歴スレにするとは限りません。

それでは、不特定多数のスレでの書き込みでこっそり再会しましょう。

やる夫が日本に呪いをかけるようです 第十章 戦後処理

360崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:00:48 ID:Yqa2.HEc

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃                                            ┃
    ┃ や る 夫. が 日 本 に 呪 い を か け る よ う で す ┃
    ┃                                            ┃
    ┃                       第 十 章                   ┃
    ┃                                            ┃
    ┃               【 戦 後 処 理 】              ┃
    ┃                                            ┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

          この番組は、作者もおびえながら書いている
         平安時代についての、おおざっぱな歴史読み物です。

              もし、途中でエタったりした場合は、
         「ああ、あいつは祟られたな」と笑ってやってください。

                用量(つっこみレス数的に)
                用法(内容の信頼度的に)
              を守って、正しくながめてください。



藤原賢子(長門有希)                 藤原得子(アスカ・ラングレー)
    ┃                              ┣━━━━━━━━━(5)近衛天皇(洞木ヒカリ)
    ┣━━━━━━(2)堀河天皇(リュウ)━━(3)鳥羽天皇(トキ → アミバ)
    ┃                             ┃
(1)白河法皇(ラオウ)                    ┣━(6)後白河天皇(やらない夫)
    ┃┗━━━━━┓                     ┃
    ┃            ┣━(4)崇徳天皇(やる夫)  ┃
    ┃            ┃   ┏━━━━━━━━┛
祇園女御(ホロ)━━藤原璋子(綾波レイ)          ※番号は即位した順

361崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:01:02 ID:Yqa2.HEc

鳥羽上皇  ………………………… トキ → アミバ(北斗の拳)

顕仁親王 → 崇徳上皇   ……… やる夫
雅仁親王 → 後白河天皇 ……… やらない夫

高階通憲 → 信西 ……………… ギレン・ザビ(機動戦士ガンダム)

美福門院(アミバ愛人) …………… アスカ・ラングレー(新世紀エヴァンゲリオン)

重仁親王(やる夫息子) …………… いく夫
守仁親王(やらない夫息子)………… いかない夫
暲子内親王(アスカ娘) …………… 葛城ミサト(新世紀エヴァンゲリオン)

藤原忠実 …………………………  キョン(涼宮ハルヒの憂鬱)
藤原忠通(キョン長男) …………… ムスカ(天空の城ラピュタ)
藤原頼長(キョン次男) ……………  阿部高和(くそみそテクニック)

平清盛 ……………………………  赤木しげる(アカギ)
平忠盛(アカギ父) ………………  天貴史(天)
平忠正(アカギ叔父) ……………  鷲巣巌(アカギ)

源為義 ……………………………… エギーユ・デラーズ(機動戦士ガンダム0083)
源義朝(デラーズ長男) …………… アナベル・ガトー(機動戦士ガンダム0083)
源為朝(デラーズ八男) …………… ドズル・ザビ(機動戦士ガンダム)

362崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:01:18 ID:Yqa2.HEc

              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7

363崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:01:36 ID:Yqa2.HEc

                  / ̄ ̄\
                /   _ノ  \
                |    ( ー)(●)
それじゃあ、        . |     (__人__)
戦犯の処分についての   |     ` ⌒´ノ
検討に入るとするけど  .  |       nl^l^l   乳母父どの、
               .  ヽ      |   ノ   なにか方針案が
                  ヽ    ヽ く     あるのか?
                  /     ヽ \



            ::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!
            :(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !
            ::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /
            ::::l   .:!   \_        l レへ !./
            ::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///    はい、ございます。
            ::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y
            :::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!
            ::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l

364崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:01:50 ID:Yqa2.HEc

        この保元の乱といわれる一連の事件。ちょっとした特徴がある。
                                        __
           ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、                 ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
         ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
         ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,            /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
       ,:i'      _   ----、`i, ゙i,           ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,          |;;;|      ノリ     ミ;;;|
      l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、         _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l        !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
       r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,        !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
       |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!        ヾ、!      !;     ,レソ
       ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ          `|      ^'='^     ム'′
       ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |           ,rト、  ー- ─-:  /|
        `" ト、    " `    /   |        _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
           | 'ヽ.   .|    /   .|        /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
          | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|           ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
              !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐          ゙、      :::/::::::|::::::

           両陣営の頭脳が、どちらも 漢 籍 通 だったことである。
                            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      特に頼長に顕著であったが、武力行使に抵抗感がない辺り、影響ありと思う。

365崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:02:01 ID:Yqa2.HEc

これまで行ってきた政治の具体的内容や、この後に行ったこと。 この2つを鑑みるに、
いわゆる 「諸子百家」 の中でこの二人がどれにあたるかというと…

           /⌒ソ/⌒ヽ、
        . /  //    ..\      ._,
        /  //      .`ヽ,.._,ィ''´  `'ー- 、      /i
        /  //                  \,.   _..ノ .|
    .   /  //                     ⌒´   .|
      /  //                          |
      /  //                           |
    . /  //        法                   .|
    /  //  .                 家        |
    /  //                             .|
   ./  //                            . |
  /  //                               |
 ッ芝ヾシ⌒ヽ、                           |
 .ヾニジ    \      ._,.イ⌒ヽ               |
          `ヽ,.._,ィ''´      `'ー- 、        .  |
                         .\,.   _., 、  . .リ
                            ⌒´   \._,ノ

           儒家ではなく 「 法 家 」 であろうと思われる。

366崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:02:14 ID:Yqa2.HEc

...........................,..:--――‐--.、_
::::::::::::::::::,.:r'"/        ゙ヽ、_
:::::::::::::/ iill /          \
::::::::::/,∧ N / "  _,.r―ヽ、  ‐:、  \
::::::::,i!" i! il゙ _,.;r'"     ヽ   ミ、  ゙i.
::::::,i   V;/         i!   ヾ、  !    ┌──────────────┐
:::::i    "      ヽ   ,ゝ   ヾi  l   │実際、信西は全230巻からなる │
::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!.   │法令・判例集.  『法曹類林』     │
:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !    │を編纂している。              │
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /.    └──────────────┘
::::l   .:!   \_        l レへ !./
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!
::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l        γ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l        (;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
:::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l.        ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ
::::::::::::::::r゙、___,.∠/.:/   __,.-‐ト、    γ二ヽヽγ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
:::::::::::::::l.「 ,  ┌-===―‐‐tTr-―‐ニ┐!    (;;,);;)ll .(;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
:::::::::::::::l゙ーj  ト--  ゙l  l l l 「 ̄ .」 l    ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ

368崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:04:00 ID:Yqa2.HEc

故に、彼の戦後処理と戦後の政策には、

     ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
    ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
    l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、     上皇と帝が
    ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l     武をもって対峙するという
     r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,    今回の一連の事件…
     |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!
     ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ
     ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
      `" ト、    " `    /   |

多分にこの法家志向が顔を覗かせることになる。



                   :.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.}
                 :.:.:.:.:.:.:.:, -――..r:.:t‐  |.:.:/
                   .:.:.:l.:.:.:.:`"'''ー----゙´   |:|⌒ヽ   350年ほど前に、
                   .:.:.:|  ヽ:.:.: ̄ ̄`゙ヽ  |:i   |
                   .:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙   |i(ヾ  |   「 薬 子 の 変 」
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i':i  j  |
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!j (/  /   という先例がございます。
                  .:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ハ   /
                .:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|-´
                ____.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:/:.:|
                   ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:|

369崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:04:16 ID:Yqa2.HEc

                   / ̄ ̄\
                  /   _ノ  \
                  |    ( ●)(●
その先例とやらでは     |      (__人__)
上皇に帝が勝ったのか?  |        ノ
                  |      ∩ ノ ⊃
                 /     ./ _ノ
                (.  \ / ./_ノ │
                 \  “ /___|  |
               .    \/ ___ /



             :(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !
             ::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /
             ::::l   .:!   \_        l レへ !./   はい、帝側が勝利を収めました。
             ::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///
             ::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y    それゆえに、この先例を土台とし、
             :::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!    実際に兵を起こしたという
             ::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l    事実を加味して処分を決めるのが
             :::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l    最も宜しいかと存じます。

    前回チラッと書いたが、「薬子の変」は武力衝突にまでは至っていない。

370崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:04:34 ID:Yqa2.HEc

                   __
                 / ~\
                / ノ  (●)\
              . | (./)   ⌒)\
              . |   (__ノ ̄   \
                \          |
                  \       /
     具体的には?.      \  ⊂ヽ∩
                    /´    (,_ \.
                   /       \. \



                .:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、|.:.:.:.|
                   :.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.}    新院については、流罪。
                 :.:.:.:.:.:.:.:, -――..r:.:t‐  |.:.:/
                   .:.:.:l.:.:.:.:`"'''ー----゙´   |:|⌒ヽ   新院一宮であられる
                   .:.:.:|  ヽ:.:.: ̄ ̄`゙ヽ  |:i   |   重仁親王殿下は出家させる。
                   .:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙   |i(ヾ  |
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i':i  j  |



            ::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!
            :(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !
            ::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /
            ::::l   .:!   \_        l レへ !./
            ::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///    それ以外の主要人物、
            ::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y     忠実・頼長親子と
            :::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!     源為義、平忠正らについては…
            ::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l
            :::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l

371崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:04:51 ID:Yqa2.HEc

              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l    死    罪
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!             とするのが妥当かと。
______ .゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ______________________
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"

372崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:05:05 ID:Yqa2.HEc

               / ̄ ̄\
ああ、なるほどね    /   _ノ  \
              |    ( ー)(ー)
で、その後で     . |     (__人__)
オレ… いや朕が    |     ` ⌒´ノ
特別の思し召しで  .  |       nl^l^l
罪一等を       .  ヽ      |   ノ
減じればいいのね    ヽ    ヽ く
                /     ヽ \



                  .:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ハ   /
                .:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|-´    いいえ。
                ____.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:/:.:|
                   ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:|      薬子の変の
                    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:|      藤原仲成と同じく
                 ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|      「射殺し」が宜しいかと。
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   , -''´  /|

373崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:05:18 ID:Yqa2.HEc

                / ̄ ̄\
               /   _ノ  \
               |    ( ー)(ー)
              . |     (__人__)
ああ、射殺すの…    |     ` ⌒´ノ
              .  |       nl^l^l
              .  ヽ      |   ノ
                ヽ    ヽ く
                 /     ヽ \



                / ̄ ̄\
               / ._ノ  ヽ、\
って!           |  ( ) ( ) ((●  ((●
               |∪(__人__)   |
ホントに殺すの!?   |  |   |   }
               |   |   |   }
               ヽ |r┬-|  /
               __ヽ `ー'´ ノ__

374崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:05:32 ID:Yqa2.HEc

              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、    畏れながら、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,    それが先例でございます。
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"

        346年ぶりとなる死罪が、基本路線となった。

376崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:07:07 ID:Yqa2.HEc

        ! ,    〃/' !/  ′/       ヽ|       iリ
      リ/!   」 ー- 、、        _,.. -‐、 {      ノ′
          !.  f !.r―==㍉'__r '  ̄三、ミ!_」_/ ヽ  /
         \|  .{ : : 工ユ} |  |: : {⊥∠: } ̄ i' i 、| /
             i  「 ̄ ̄ ̄ .|  `ー―― ′   い !|
           ヽ_|      |            i //
            ヽ       ` "          /リ   ………    , -‐''"´ ̄ ̄`゛` ‐-、
              ヽ      ___  、   ィ-〃           r、/,,,__,_//,,,,,,,,/,,   ゛ヽ
               i. { ー== ┴ ´   ′ / |'′           l       // /  ゛ヽ
              ト.     ̄      /  | 、           ヽ      〈//     !
                                         〈r,,ィ-‐‐ー  \ 「⌒ヽ |_
                                ………     /゛.'-'-‐‐`   〉 |..♭)l | ゛ヽ、
                                        く_.  ヽ     ||.イ / \ ヽ
 / | lll  /|   / | / | /  | /    ヽl !.ヽト、      ||      ヽ        | | レ´|l /〉  〉
.    |  / :l lll /─|/‐-l/、 l/   ,. -─ヽ!ー` ヽ |ll  |ll |       ヽー     /|| ト、|l / |
   l ll /  | r:、 /         `    '´          ヽ  ,r‐、 |        iヽ   / |L/|/λノ/|/
   ! ./  |/| |ll|.====。==    ==。==== |l|l|'-、 l !        ` ‐イ  /|/l  ,λ,/_/_,-‐'" ̄゛`‐
   |/    | | |  ` ー--‐ ' | :   ー--‐ ' ´   | !` i | ||          ,/⊥/ _/  /  /
        | | !          ::| :          | .|ヽl l !
       /l |l|       :::| :          |ll!_ノ.,' !\
      /  `i|         r_::| : _,         :| |_ノ ,'  \      ………
    _, イ       ヽ   、     ー'       ,   ,|,! ll ,'    ト
-‐' ´  .|        ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:|  /       !

この基本方針を軸に、三人の駆け引きが繰り広げられることとなる。

377崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:07:22 ID:Yqa2.HEc

 / | lll  /|   / | / | /  | /    ヽl !.ヽト、      ||
.    |  / :l lll /─|/‐-l/、 l/   ,. -─ヽ!ー` ヽ |ll  |ll |    ククク…
   l ll /  | r:、 /         `    '´          ヽ  ,r‐、 |
   ! ./  |/| |ll|.====。==    ==。==== |l|l|'-、 l !    沙汰の方が
   |/    | | |  ` ー--‐ ' | :   ー--‐ ' ´   | !` i | ||     オレの狙いに
           | | !          ::| :          | .|ヽl l !     沿ってくれるとはな…
       /l |l|       :::| :          |ll!_ノ.,' !\
      /  `i|         r_::| : _,         :| |_ノ ,'  \  こりゃあ、大手をふるって
    _, イ       ヽ   、     ー'       ,   ,|,! ll ,'    ト 事をすすめられるぜ…
-‐' ´  .|        ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:|  /       !

378崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:07:40 ID:Yqa2.HEc

_________ _ _
    7月 13日
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄

                   , -‐''"´ ̄ ̄`゛` ‐-、
                  r、/,,,__,_//,,,,,,,,/,,   ゛ヽ
                  l       // /  ゛ヽ
                  ヽ      〈//     !
                  〈r,,ィ-‐‐ー  \ 「⌒ヽ |_
                  /゛.'-'-‐‐`   〉 |..♭)l | ゛ヽ、
                 く_.  ヽ     ||.イ / \ ヽ
                  ヽ        | | レ´|l /〉  〉
                   ヽー     /|| ト、|l / |
                    iヽ   / |L/|/λノ/|/
                    ` ‐イ  /|/l  ,λ,/_/_,-‐'" ̄゛`‐
                     ,/⊥/ _/  /  /
                     | Y |/  //  |
                    人 ⊥― ̄/ /

379崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:07:58 ID:Yqa2.HEc





父     に     弓     引     く     は
__________________________________________
               ,i  " "~丿 "           ヾ ,,,/::    ,i  / ヾ
              ヘ <   ,,,,,..........,,,,,,,,,.,,ゞ.---- "ヘヾ`iζ:     ソ__ソ   ヾ
               i ,`i""___;:._______,,,,ゝ------=,/ ,iξ    ,,i:::::    ,, ノ
               i ("ゝ--------:::::....______,..../ 丿ξ"" /i i i::::     .,ヾ
               i ヽ,,;;;;;;:::,.........,,           ξ,,,,/丿" i::::::     \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ど   ん   な   こ   と   に   な   る   の   で   し   ょ   う   な   !?




.

381崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:08:10 ID:Yqa2.HEc

                        , -‐''"´ ̄ ̄`゛` ‐-、
                       r、/,,,__,_//,,,,,,,,/,,   ゛ヽ
                       l       // /  ゛ヽ
                       ヽ      〈//     !
                       〈r,,ィ-‐‐ー  \ 「⌒ヽ |_
              ………     /゛.'-'-‐‐`   〉 |..♭)l | ゛ヽ、
                      く_.  ヽ     ||.イ / \ ヽ
                       ヽ        | | レ´|l /〉  〉
                        ヽー     /|| ト、|l / |
                         iヽ   / |L/|/λノ/|/
                         ` ‐イ  /|/l  ,λ,/_/_,-‐'" ̄゛`‐
                          ,/⊥/ _/  /  /
                          | Y |/  //  |
                         人 ⊥― ̄/ /



                        ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
                       ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
                       l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
                       ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
                        r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,   いかがされたかな?
                        |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   義朝どの。
                        ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ
                        ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
                         `" ト、    " `    /   |
                            | 'ヽ.   .|    /   .|
                           | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                               !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐

382崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:08:26 ID:Yqa2.HEc

                   , -‐''"´ ̄ ̄`゛` ‐-、
                  r、/,,,__,_//,,,,,,,,/,,   ゛ヽ
                  l       // /  ゛ヽ
                  ヽ      〈//     !
    ………          〈r,,ィ-‐‐ー  \ 「⌒ヽ |_
                  /゛.'-'-‐‐`   〉 |..♭)l | ゛ヽ、
    少々考え事を…   く_.  ヽ     ||.イ / \ ヽ
                  ヽ        | | レ´|l /〉  〉
                   ヽー     /|| ト、|l / |
                    iヽ   / |L/|/λノ/|/
                    ` ‐イ  /|/l  ,λ,/_/_,-‐'" ̄゛`‐
                     ,/⊥/ _/  /  /
                     | Y |/  //  |
                    人 ⊥― ̄/ /



                 ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
                 ,l 'l      、 |   ,rッ----r゙i, ゙i,
  信西様!         l, i' 、_,,,.ッ-'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
                ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
    / ̄|           r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
    |__|           |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!
   (,,゚Д゚)          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ    ん?
   (  P `O          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
  /彡#_|ミ           `" ト、    " `    /   |
   </」_|凵_ゝ            | 'ヽ.   .|    /   .|

383崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:08:38 ID:Yqa2.HEc

:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /
::::l   .:!   \_        l レへ !./
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y      ほお…
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!
::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l      為義が
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l      大津近辺に?
:::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l.

『兵範記』 十三日 壬子 「為義在大津辺由」



                           ..|    |    _,,..-‐'"'''   ′ :ヽ‐--、 ゙' ゙ .|
                           .| 、,,_ヽ.゙.、..,;;;:'''ヘ_フ.フ       \、゙' 二‐,.,!
                           .|, ,'Tj7    ,., ` "          | `'i'゙⌒ヽ
                           \.". !    ゙""           | . !"~ヽ |   あの男が…
                            |  ,|                 l.. .! ) i |
                            .|  ノ  _,,,,              |. .|ヽ .リ   大津に…
                            | . `ヽミレ′             |.. .| ,i'./ ヽ、
                             .|  .    ___           ,| . |/;:|  ,ゝ
                               |   r'_"~‐'~          ,/| . l|:;:| ..`ヽ、
                               .|  . `゙,.,",,.          .,/ .| ..||:;:|. . ヽ、 ヽ

384崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:08:54 ID:Yqa2.HEc

                jf´            }   ーヘ
              ,!    j   _,、,, ゝ .ゞ二_ ヾ|     信西どの。
               .f 、 、ヽ;、n5ァ   \ 、ニj
             ヽ`テiァ` "ご     | f、く     善は急げ。
               j ´.j          | |, |.|
                { く;ッ        |. ト ,リ     ここは騎馬に優れる
              ヽ  _,、-ッ       ,| ,レイ\_    坂東武者の多い
               ヽ. ヾ "     ,/.| ||::| ヾく`   この義朝に捕縛の役目、
               ヽ     _,/.: |.||::| 、,ゞ゙`   お命じください!
                 ゙ーr―''"´ ..:: __」||:::| ドゝ
                   _」-ェ=_=ニ´-‐''N:::| Yゝ
                   ∥「 ノE   、._.ノイ ̄`゙''ー--



                .:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、|.:.:.:.|
                   :.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.}
                 :.:.:.:.:.:.:.:, -――..r:.:t‐  |.:.:/
                   .:.:.:l.:.:.:.:`"'''ー----゙´   |:|⌒ヽ     ふむ…
                   .:.:.:|  ヽ:.:.: ̄ ̄`゙ヽ  |:i   |
                   .:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙   |i(ヾ  |



       / | lll  /|   / | / | /  | /    ヽl !.ヽト、      ||
      .    |  / :l lll /─|/‐-l/、 l/   ,. -─ヽ!ー` ヽ |ll  |ll |
         l ll /  | r:、 /         `    '´          ヽ  ,r‐、 |
         ! ./  |/| |ll|.====。==    ==。==== |l|l|'-、 l !
         |/    | | |  ` ー--‐ ' | :   ー--‐ ' ´   | !` i | ||
                 | | !          ::| :          | .|ヽl l !
             /l |l|       :::| :          |ll!_ノ.,' !\
            /  `i|         r_::| : _,         :| |_ノ ,'  \
          _, イ       ヽ   、     ー'       ,   ,|,! ll ,'    ト
      -‐' ´  .|        ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:|  /       !

385崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:09:09 ID:Yqa2.HEc

::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!
:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /
::::l   .:!   \_        l レへ !./
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///    では義朝どのに
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y     お願いするとしますか…
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!
::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l



                              ヽ      〈//     !
                              〈r,,ィ-‐‐ー  \ 「⌒ヽ |_
                              /゛.'-'-‐‐`   〉 |..♭)l | ゛ヽ、    はっ!
                             く_.  ヽ     ||.イ / \ ヽ
                              ヽ        | | レ´|l /〉  〉
                               ヽー     /|| ト、|l / |
                                iヽ   / |L/|/λノ/|/
                                ` ‐イ  /|/l  ,λ,/_/_,-‐'" ̄゛`‐
                                 ,/⊥/ _/  /  

                              義朝、多数の兵を投入して捜索開始。

                      『兵範記』 十三日 壬子 「仍義朝以下武士数百騎馳向、」

387崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:10:26 ID:Yqa2.HEc

          / | lll  /|   / | / | /  | /    ヽl !.ヽト、      ||
         .    |  / :l lll /─|/‐-l/、 l/   ,. -─ヽ!ー` ヽ |ll  |ll |
            l ll /  | r:、 /         `    '´          ヽ  ,r‐、 |
            ! ./  |/| |ll|.====。==    ==。==== |l|l|'-、 l !
            |/    | | |  ` ー--‐ ' | :   ー--‐ ' ´   | !` i | ||
                    | | !          ::| :          | .|ヽl l !    ふーん…?
                /l |l|       :::| :          |ll!_ノ.,' !\
               /  `i|         r_::| : _,         :| |_ノ ,'  \
             _, イ       ヽ   、     ー'       ,   ,|,! ll ,'    ト
         -‐' ´  .|        ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:|  /       !

        しかし捕捉できず、捜索が困難になる夜間には引き上げてきた。

            『兵範記』 十三日 壬子 「夜半帰洛、無実云々、」



                                , -‐''"´ ̄ ̄`゛` ‐-、
           _、‐-、, -‐z._             r、/,,,__,_//,,,,,,,,/,,   ゛ヽ
          > ` " " ′.<           l       // /  ゛ヽ
         / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙ \           ヽ      〈//     !
         7 " " ",.",ィ バ ,゙ ゙ ヾ          〈r,,ィ-‐‐ー  \ 「⌒ヽ |_
         ! " " /-Kl/ Vlバ.N           /゛.'-'-‐‐`   〉 |..♭)l | ゛ヽ、
         | "n l ==。= _ ,≦ハ!          く_.  ヽ     ||.イ / \ ヽ
なあ、      |."しl|  ̄ ,._ ∨            ヽ        | | レ´|l /〉  〉  ん…?
義朝さんよ… | " ゙ハ  ー--7′             ヽー     /|| ト、|l / |
         r'ニニヽ._\. ¨/                iヽ   / |L/|/λノ/|/
        r':ニニ:_`ー三`:く._                ` ‐イ  /|/l  ,λ,/_/_,-‐'" ̄゛`‐
      /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>               ,/⊥/ _/  /  /
   .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\                | Y |/  //  |
     | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.             人 ⊥― ̄/ /

388崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:10:46 ID:Yqa2.HEc





                     ;:.::.::.:./:::::::::::::::\ハ ヽト、ヾ  , -┴ 、
                     ;:.:.:::_.、-‐rッ  ̄ \ フ´| /__:::::::}
                       |::: ̄:::::ー─‐  ´ . :.:.:| |::__.:::}.::/
                       |::::::::::::::.:        .:.:.:l |::_::V.::/     ワ ザ と じ ゃ
                       |:::::.::::::::.:      .:.:.:.l レ:::Y::/
                       |::.:.:::::::.:      . :.:.:.l |__/:/       ね え だ ろ う な … ?
                       |::::.::.:.:      . :.:.:.ハ|__ノ_
                       |:.:::.}      . :.:.:.:/ ノ/三 \
                     、_ノ'"´       . .:.:.:イ /三三三ヽ_
                     ──────'.:.:.::/f| /三三三三 {三≧= __
                     ___   ..:.:.:.:.:/.::{レ三三三三三;三三三三三≧= 、_




.

389崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:10:58 ID:Yqa2.HEc

                   , -‐''"´ ̄ ̄`゛` ‐-、
                  r、/,,,__,_//,,,,,,,,/,,   ゛ヽ
                  l       // /  ゛ヽ
                  ヽ      〈//     !
                  〈r,,ィ-‐‐ー  \ 「⌒ヽ |_
                  /゛.'-'-‐‐`   〉 |..♭)l | ゛ヽ、    なんだと…?
                 く_.  ヽ     ||.イ / \ ヽ
                  ヽ        | | レ´|l /〉  〉
                   ヽー     /|| ト、|l / |
                    iヽ   / |L/|/λノ/|/
                    ` ‐イ  /|/l  ,λ,/_/_,-‐'" ̄゛`‐
                     ,/⊥/ _/  /  /
                     | Y |/  //  |
                    人 ⊥― ̄/ /



                        ______
                    ,..r‐/  _,.. ="'"  ゙`‐-.、_
                  //,/  /"  _,.. -―''" ̄ \
                 ,イ i,/_,...〃-―'" ̄ ゙̄ヽ ̄ ̄`゙-:\
                 .レ'ー''"           :i___   ゙ヽ     も う 一 度
                 l            !.   E二゙==-、_.i
                 ;!   l        ヽ.  .!、 ゙̄ー-゙ヽ┤    言 っ て み ろ !
                .j    ! !      _  ゙:   \ r‐==、,!
                ト-、_、!.;!__,._,.-=<,_      l k'._,rl l__    _,
                ゙ヽ ''┴Y =  ゙ー┴'       l l ,! .!l! ゙<二~、
                  l  ̄ j  ヽ ̄         l l' ノノ、   ヾ\__
               .   !. /   )          l ト-'"ト\      \
               .   ヽ〈_,.:、-: '           l ,!  ヽ\゙     ヾ\
                   ゙:.  r===,、        , l !   ゙ヽ \ヽ     \
                   ト,.. トi___.)      /ノリ:     \ ヽ    ヾヾ
                   l ハ `=‐'     ./ / ;!       ヽ____\
                   リハ   ̄   _,..r'"  /
                     ゝ----、''"     !
                           \

390崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:11:10 ID:Yqa2.HEc





          / | lll  /|   / | / | /  | /    ヽl !.ヽト、      ||
         .    |  / :l lll /─|/‐-l/、 l/   ,. -─ヽ!ー` ヽ |ll  |ll |
            l ll /  | r:、 /         `    '´          ヽ  ,r‐、 |
            ! ./  |/| |ll|.====。==    ==。==== |l|l|'-、 l !   ククク…
            |/    | | |  ` ー--‐ ' | :   ー--‐ ' ´   | !` i | ||
                    | | !          ::| :          | .|ヽl l !
                /l |l|       :::| :          |ll!_ノ.,' !\
               /  `i|         r_::| : _,         :| |_ノ ,'  \
             _, イ       ヽ   、     ー'       ,   ,|,! ll ,'    ト
         -‐' ´  .|        ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:|  /       !




.

391崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:11:23 ID:Yqa2.HEc

_________ _ _
    7月 15日
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄

.   丿,.:.:.:.:.:',:.:r'i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,
  / ,:.:.:.ィ ,i'  'i,i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i
  i :  :.i:        ``'‐、:.:.:.:.:.: i'
  `'ヘ ':i      _,.-‐''- _,.Lr‐;.:./
    '‐<>- 、,_r'"゚´~`i゚  i' f /:.i    なに?
     i,_  _,i '‐--‐'゜   /.:丿
   .  ヽ ̄ L、      i 〈-'´    父上から書状が?
      ヽ.  __,,...-‐'  / i,‐z,
       ヽ  -     / _,.‐'´`>、_
        ヽ.  __,.. - '-‐'_,.、‐'´:::::.:.:ヽ_
       ┌'`]'"´~__,,.‐'´::::::::::::::::::::::::::..``'''‐‐-
    _,,..、-‐'~'‐t-‐彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....:.:
  ,r'´ ィ'´     i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::/ -‐-_,,,,___          i:::::i::ノ
          {;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;::i_,,-‐l ̄   `'t-__' ,,,___-‐- i:::ノ'´
         l;;;;;;;;;/ ヽ;;:i   i     ノ  {    ゙̄l
         ヽ;;;;;;l i ) V    `'‐--─"   l、__  ,ノ、  大方、
          \ヽ ゝゝ          ,  〉  ̄ }ノ   助命嘆願なり
            ヽ\     ,          /ノ    無実を訴えるだのの
             \ト-i     `''‐- 、,,,_    /‐'    類いだと思うが…
              l ヽ       _  ̄ ノ
              l゙  ゙i           /

393崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:11:35 ID:Yqa2.HEc

        ! ,    〃/' !/  ′/       ヽ|       iリ
      リ/!   」 ー- 、、        _,.. -‐、 {      ノ′
          !.  f !.r―==㍉'__r '  ̄三、ミ!_」_/ ヽ  /
         \|  .{ : : 工ユ} |  |: : {⊥∠: } ̄ i' i 、| /
             i  「 ̄ ̄ ̄ .|  `ー―― ′   い !|
           ヽ_|      |            i //
            ヽ       ` "          /リ   助かったわ…
              ヽ      ___  、   ィ-〃
               i. { ー== ┴ ´   ′ / |'′
              ト.     ̄      /  | 、
             /| ヽ            /   .|.ノ!
              | ̄ ̄ヽ-┬‐―ァ‐-- 'ー‐ '´ ├- .._
        _,.. '´!_   〈 ! / 」    _,..┤     ‐-  .._
     ̄ ̄ ̄/   |   ==‐ゝ-∠ -‐ 二    |       \  ̄

394崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:11:50 ID:Yqa2.HEc

                 /:::::,r'´      ヽ:::::::::l,
                l:::::::l_,,_    _,,-‐-: :'l:::::::::l
                 ゝ::iィ'"`゙`t‐l´ ̄~〕、:.l:::::::::l
                  ゙ビ'--‐i  ゙'‐-‐'  〉'´i丿
                  ゙i    ``     : : : リノ    もしこなかったら
                     l  r--‐‐ ッ : :r、/     いかがするかと
                     l ``''''"´ : :/::l'"     案じておったところだ!
                  .  !、,___/: :l_
                  _,,(F-、, _,,-‐''''""´ !、,_
             _,,,..-‐/''´::l゙`-、-V_,,, -‐''''"ノ;;;;;;;`゙`'‐ 、,_
       ,,-‐'""´ ̄:::::::::/:::::::,rレ'´  i、ヽ--‐ 丿::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙`'‐-- 、
     ,ィ'::::::::::::::::::::::::::::/_/     i : ヽ ,ィ':::::::::::::::::::l:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ヽ
    r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::,r       i : : l:::::::<⌒ ̄:::::::::::::::::::,i::::::::::::::;;;;;;;;;;ヽ
   _l;::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::i          :l::::::::::::::>::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;l

忠実からの書状が忠通の下に届く一方、出頭してきた人々の取り調べも始まる。

395崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:12:06 ID:Yqa2.HEc

『保元物語』によると、重仁親王、この日やる夫と同じように仁和寺へ向かっているところを見とがめられ、
拘束される。身柄はやる夫とは別の施設に預けられる。

                            _____
                       ..   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
                       ..   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.|
                       ..   |:::::::::/ ._ノ  ヽ  ..|
                          |:::::::〉 ( ○) (○)|
                       .  (@ ::::⌒(__人__)⌒)
                           |  u   |r┬-|  |
                           \    `ー'´ /
                       ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
                       :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                           |  \/゙(__)\,|  i |
                           >   ヽ. ハ  |   ||

この人物、『兵範記』では7月・8月ともに全く名前が上がってこない(重仁でも新院一宮でも)。
キーパーソンだと思うんだが、なんでこんなに扱いが薄いのか?

396崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:13:27 ID:Yqa2.HEc
_________ _ _
    7月 16日
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄

       .    |  / :l lll /─|/‐-l/、 l/   ,. -─ヽ!ー` ヽ |ll  |ll |
          l ll /  | r:、 /         `    '´          ヽ  ,r‐、 |
          ! ./  |/| |ll|.====。==    ==。==== |l|l|'-、 l !
          |/    | | |  ` ー--‐ ' | :   ー--‐ ' ´   | !` i | ||
                  | | !          ::| :          | .|ヽl l !
              /l |l|       :::| :          |ll!_ノ.,' !\
             /  `i|         r_::| : _,         :| |_ノ ,'  \
           _, イ       ヽ   、     ー'       ,   ,|,! ll ,'    ト
       -‐' ´  .|        ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:|  /       !

清盛に為義捜索の指令が下る。300騎(乱勃発時の半分)を投入して捜索開始(『保元物語』)。



                                         {: : : :
                                       _,,ノ: : : :
               ┏━━━━━┓               {: : : :
               ┃          ┃               {: : : :
               ┃  御 所   ┃              {: : : :
               ┃          ┃              _,-`: : : :
               ┃    京    ┃─粟田口───   {:: : : :
               ┃          ┃          ◆大津{,,_: : : : 琵琶湖
  ▲           ┃          ┃\         / ̄ ̄`'-、_: : : :
 大江山.           ┗━━━━━┛ 久々目路──´        `': : : :
                  │       \                 {,: : : :
                  │       \                {: : : :
                  │        \              '、: : : :/

3日前の情報から言えば琵琶湖西岸まで逃走しているということで、この辺りで捕縛できないと
坂東・奥州という為義に絶対逃げ込まれてはならない地への道が開けてしまうことになる。

397崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:14:48 ID:Yqa2.HEc

3日前に義朝が発見できず、今回清盛が捜索というそんな間の悪いタイミングの中、とってつけたように…

                        ______
                    ,..r‐/  _,.. ="'"  ゙`‐-.、_
                  //,/  /"  _,.. -―''" ̄ \
                 ,イ i,/_,...〃-―'" ̄ ゙̄ヽ ̄ ̄`゙-:\
                 .レ'ー''"           :i___   ゙ヽ
                 l            !.   E二゙==-、_.i
                 ;!   l        ヽ.  .!、 ゙̄ー-゙ヽ┤
                .j    ! !      _  ゙:   \ r‐==、,!        なんだと!
                ト-、_、!.;!__,._,.-=<,_      l k'._,rl l__    _,
                ゙ヽ ''┴Y =  ゙ー┴'       l l ,! .!l! ゙<二~、
                  l  ̄ j  ヽ ̄         l l' ノノ、   ヾ\__
               .   !. /   )          l ト-'"ト\      \
               .   ヽ〈_,.:、-: '           l ,!  ヽ\゙     ヾ\
                   ゙:.  r===,、        , l !   ゙ヽ \ヽ     \
                   ト,.. トi___.)      /ノリ:     \ ヽ    ヾヾ
                   l ハ `=‐'     ./ / ;!       ヽ____\
                   リハ   ̄   _,..r'"  /
                     ゝ----、''"     !
                           \

399崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:15:02 ID:Yqa2.HEc

                    /          ,        |
                    !、 i  ,       i       __ ,!
                      〉、∠  __   }!   ,ィ二, レ′
                    〈`_ヲ ≡≦≡=-  '"   メ-ュ リ
                     ∨/  ` 二゙- ""    ,>ノ イ
                     l!'_,,≧:    ,、-''   ィ゙_,、イ「゙i
                     「「ミ`ニーミ、  |     「   /l! ゙i
                     | !``ー ヽヾ ノ    ノ ,/ィリ |
                      j ヒヘ、_,..} ゙Y  _、-" 、イ f./  ト、
                     !タ_,N"lii;, _ノ-''"_、-''" ノ/   |. \
                    /  |.ト-三ニ=_,ニ"  :='/     .|  ヽ、

源為義、義朝の下に出頭。『保元物語』では逃走中に重い病に罹ったため気弱になっているのか、
義朝に罪一等を減じる仲介を依頼しようとしたことが出頭の動機らしい。

『兵範記』 十六日 乙卯 
「為義出来義朝許、即奏聞、依 勅定、_候義朝宿所、日来流浪、横川辺出家云々、」



                          !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !
                      rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙
                      ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、
                r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ
                {廴___ア { {,〈   `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ
               -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_
         __  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,
         ⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、_
         l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
         _ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
                        || lハ 丶      ̄`      イ トV7

これに反対したのが為朝だった。「おそらく帝が許さないだろう。そもそも、上皇と帝は実の兄弟。
関白と頼長は兄弟、忠実とは親子である。そんな戦だったのだから、『親なので』という義朝兄貴の
言い分が通るとは思えない。それよりも、今は一刻も病を治し…」

400崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:16:44 ID:Yqa2.HEc

                   ,xイ彡ィ≠=-ミムイ≧、
                 ,ィイ彡'"      `'"'¨ヾ     何としても坂東に赴き、
                 ./i|イ{!l}      __\  /   ',    今度の合戦に上洛しなかった
                iイ川イ    ___  、`" ,'   ',    三浦介義明、畠山庄司重能、
                |i|川i{   ー'" ,-。、リ '{イ__ ノ    小山田別当有重らを傘下に、
               /`ゝil|{ i   ーニ' ;'、 ヽ゚‐' 〈    関東八カ国を手中に収め、
               i  {i川八     ィ' ---'  }    機会を待ちましょう!
               入 ゞ='" ヽ   ,__,.二 __  〈
              川!lゝ┐     ,ムー'ー'ーイ. |      .,r──-、
              イ川l|ム !      i::::::::::::::::::::|  |     /、_i´   ヘ- 、
             彡'ィ川i|l}ヽ、     ゙ー──‐' .ノ  /`ヽ!  /⌒  ',  }_
            {:イ/l:|イ彡  ` ー 、  ィニ _,メ }  {  __ ,イ´   /`ヽ⌒ヽ
             ,从イィー r───‐人____ノ   ',  /       /  .〉`ゝ'、
       /i      Ⅳ.イ し、.´ ̄ ̄ ̄`ヽ | r─i.   ヽ'   / ./  ./  /  〉、
     . / .|       | 人_ノ   三ニ弋_| | レ' |    i   /     /  /  ′.}
     /  |_ , . -- ─ヽ、_     ニニ、_ | _|     {   {     ,         リ
     .   |__   ヽ ヽ   イ `ニ==‐-、_ } | i_i、ヽr 、人      ,'       / , ィ
     _,ノ `゙ヽ    //               ゙ー‐┴ ヽ            .// /
           \/ /      /三≧x、   /三ム __ }            /  /

「九州から上洛してきたばかりなのにヤケに坂東に詳しいじゃねーかw」という突っ込みどころが
あるというのに、「なんかオラ、すっげーワクワクしてきたぞ」っていう気にさせられるエピソード。
彼はこの後為義と別行動をとり、逃亡を続ける。

401崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:18:09 ID:Yqa2.HEc

         / | lll  /|   / | / | /  | /    ヽl !.ヽト、      ||
        .    |  / :l lll /─|/‐-l/、 l/   ,. -─ヽ!ー` ヽ |ll  |ll |
           l ll /  | r:、 /         `    '´          ヽ  ,r‐、 |
           ! ./  |/| |ll|.====。==    ==。==== |l|l|'-、 l !
           |/    | | |  ` ー--‐ ' | :   ー--‐ ' ´   | !` i | ||      ………
                   | | !          ::| :          | .|ヽl l !
               /l |l|       :::| :          |ll!_ノ.,' !\
              /  `i|         r_::| : _,         :| |_ノ ,'  \
            _, イ       ヽ   、     ー'       ,   ,|,! ll ,'    ト
        -‐' ´  .|        ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:|  /       !



                 ______
             ,..r‐/  _,.. ="'"  ゙`‐-.、_
           //,/  /"  _,.. -―''" ̄ \
          ,イ i,/_,...〃-―'" ̄ ゙̄ヽ ̄ ̄`゙-:\
          .レ'ー''"           :i___   ゙ヽ
          l            !.   E二゙==-、_.i
          ;!   l        ヽ.  .!、 ゙̄ー-゙ヽ┤         これは、偶々だ!
         .j    ! !      _  ゙:   \ r‐==、,!
         ト-、_、!.;!__,._,.-=<,_      l k'._,rl l__    _,    3日前から匿っていた
         ゙ヽ ''┴Y =  ゙ー┴'       l l ,! .!l! ゙<二~、    わけではない!
           l  ̄ j  ヽ ̄         l l' ノノ、   ヾ\__
        .   !. /   )          l ト-'"ト\      \
        .   ヽ〈_,.:、-: '           l ,!  ヽ\゙     ヾ\
            ゙:.  r===,、        , l !   ゙ヽ \ヽ     \
            ト,.. トi___.)      /ノリ:     \ ヽ    ヾヾ
            l ハ `=‐'     ./ / ;!       ヽ____\
            リハ   ̄   _,..r'"  /
              ゝ----、''"     !
                    \

402崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:18:28 ID:Yqa2.HEc

         / | lll  /|   / | / | /  | /    ヽl !.ヽト、      ||
        .    |  / :l lll /─|/‐-l/、 l/   ,. -─ヽ!ー` ヽ |ll  |ll |
           l ll /  | r:、 /         `    '´          ヽ  ,r‐、 |
           ! ./  |/| |ll|.====。==    ==。==== |l|l|'-、 l !
           |/    | | |  ` ー--‐ ' | :   ー--‐ ' ´   | !` i | ||      ………
                   | | !          ::| :          | .|ヽl l !
               /l |l|       :::| :          |ll!_ノ.,' !\
              /  `i|         r_::| : _,         :| |_ノ ,'  \
            _, イ       ヽ   、     ー'       ,   ,|,! ll ,'    ト
        -‐' ´  .|        ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:|  /       !



         / | lll  /|   / | / | /  | /    ヽl !.ヽト、      ||
        .    |  / :l lll /─|/‐-l/、 l/   ,. -─ヽ!ー` ヽ |ll  |ll |
           l ll /  | r:、 /         `    '´          ヽ  ,r‐、 |
           ! ./  |/| |ll|.====。==    ==。==== |l|l|'-、 l !
           |/    | | |  ` ー--‐ ' | :   ー--‐ ' ´   | !` i | ||   オレぁ、何も
                   | | !          ::| :          | .|ヽl l !   言ってないぜ…?
               /l |l|       :::| :          |ll!_ノ.,' !\
              /  `i|         r_::| : _,         :| |_ノ ,'  \
            _, イ       ヽ   、     ー'       ,   ,|,! ll ,'    ト
        -‐' ´  .|        ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:|  /       !

403崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:18:42 ID:Yqa2.HEc

                           _、‐-、, -‐z._
                           > ` " " ′.<
                         / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙ \
                           7 " " ",.",ィ バ ,゙ ゙ ヾ
                          ! " " /-Kl/ Vlバ.N
                          | "n l =。== _ ,≦ハ!
                         |."しl|  ̄ ,._ ∨    それとも、本当は
                         | " ゙ハ  ー--7′    匿ってたのか?
                         r'ニニヽ._\. ¨/
                        r':ニニ:_`ー三`:く._      ククク…
                      /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>
                   .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\
                     | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.
                   .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l
                      |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l
                   .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l
                      |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |



                 ,!   .」    _,, .... ..、::::"-、,;::::::::::::~ l
                    l―;;./  .ー''".ィ;;''/   ::::::::::::::|;::,i`゙゙''、::.!,__
                  .゙‐゙=│    ⌒    ::::::::::::!:::!:::::::::| !:::::::::./!"
                     |  l           ::::::::::!:;:!::::::::/゙::::::::::::::.\、   …そんなことは
                     | .!          ::.::.::::::!:::|:::: / :::::::::::::;:-、´
                   l !          ::.::.::::::|;:::|''´t:::::::::::::::::::::::,,゙!'    な い っ !
                      ', ゛          ::.::.:::::::|:::.|:::::.!'';;、::::::::::::::::.l,
                    l  --――    : :::::::.,-|::,!:::,ノ./ :.l,:::::::::::::::::\、
                        l           :::,/::::|/./ .,/:::::::.l,::::::::::::::::::'彡

405崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:18:55 ID:Yqa2.HEc





父     に     弓     引     く     は
__________________________________________
                    |  |  /          ミ     ,/:::::      |
                   ,丿,., v:"   ,,ゝ~”"`\  ,i     ヽ::::      i
                  ,/,,-"'ヾ   ゞ; ",,,,, `     /      ,):      ,i
                  ,i ,";"`_ヾi ヾ,"ノ" o "`)         /:::    , へ i
                  i "< ~o_/"  ;  `=~"''''~"        ,/::::   / " `i
                  .ヾ ~ "丿     `ヾ,,__,,..        ヾ,    i  ,ヘ , i
                  / ,,//               i    i::    i /   /
                 .|  ,, i""   ヾ         ,/     |:::  i <~  i
                   i  ((,, ,ゝ;._,,ノ          ヾ    /::    i  ヾ/,
                   ,i  " "~丿 "           ヾ ,,,/::    ,i  / ヾ
                  ヘ <   ,,,,,..........,,,,,,,,,.,,ゞ.---- "ヘヾ`iζ:     ソ__ソ   ヾ
                   i ,`i""___;:._______,,,,ゝ------=,/ ,iξ    ,,i:::::    ,, ノ
                   i ("ゝ--------:::::....______,..../ 丿ξ"" /i i i::::     .,ヾ
                   i ヽ,,;;;;;;:::,.........,,           ξ,,,,/丿" i::::::     \
                  丿   `;:::::=-'"      ソ,      i   ~  i::::::::      \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ど   ん   な   こ   と   に   な   る   の   で   し   ょ   う   な   !?




.

406崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:19:13 ID:Yqa2.HEc

          , -‐''"´ ̄ ̄`゛` ‐-、
         r、/,,,__,_//,,,,,,,,/,,   ゛ヽ
         l       // /  ゛ヽ
         ヽ      〈//     !     くっ…
         〈r,,ィ-‐‐ー  \ 「⌒ヽ |_
         /゛.'-'-‐‐`   〉 |..♭)l | ゛ヽ、
        く_.  ヽ     ||.イ / \ ヽ
         ヽ        | | レ´|l /〉  〉
          ヽー     /|| ト、|l / |
           iヽ   / |L/|/λノ/|/
           ` ‐イ  /|/l  ,λ,/_/_,-‐'" ̄゛`‐
            ,/⊥/ _/  /  /
            | Y |/  //  |
           人 ⊥― ̄/ /



          !            ::::::::|::::~''ー-..,、::::::!
       ,!   .」    _,, .... ..、::::"-、,;::::::::::::~ l        ………
          l―;;./  .ー''".ィ;;''/   ::::::::::::::|;::,i`゙゙''、::.!,__
        .゙‐゙=│    ⌒    ::::::::::::!:::!:::::::::| !:::::::::./!"    二度ならず
           |  l           ::::::::::!:;:!::::::::/゙::::::::::::::.\、  三度までも…!
           | .!          ::.::.::::::!:::|:::: / :::::::::::::;:-、´

407崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:19:27 ID:Yqa2.HEc

         ______                ど こ ま で
     ,..r‐/  _,.. ="'"  ゙`‐-.、_
   //,/  /"  _,.. -―''" ̄ \           こ の 私 の 足 を 引 っ 張 れ ば
  ,イ i,/_,...〃-―'" ̄ ゙̄ヽ ̄ ̄`゙-:\
  .レ'ー''"           :i___   ゙ヽ         気 が 済 む の だ !
  l            !.   E二゙==-、_.i
  ;!   l        ヽ.  .!、 ゙̄ー-゙ヽ┤
 .j    ! !      _  ゙:   \ r‐==、,!             オ ヤ ジ
 ト-、_、!.;!__,._,.-=<,_      l k'._,rl l__    _,   あ の 為 義 は !!
 ゙ヽ ''┴Y =  ゙ー┴'       l l ,! .!l! ゙<二~、
   l  ̄ j  ヽ ̄         l l' ノノ、   ヾ\__
.   !. /   )          l ト-'"ト\      \
.   ヽ〈_,.:、-: '           l ,!  ヽ\゙     ヾ\
    ゙:.  r===,、        , l !   ゙ヽ \ヽ     \
    ト,.. トi___.)      /ノリ:     \ ヽ    ヾヾ
    l ハ `=‐'     ./ / ;!       ヽ____\
    リハ   ̄   _,..r'"  /
      ゝ----、''"     !
            \

408崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:19:56 ID:Yqa2.HEc
_________ _ _
    7月 17日
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄
              __,,,、,,   ,,、- 、                   __
           /´: : : : : `´: : : : :ヽ               ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ        /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
       /: : : : : : :i: : : : :.∧: : :il: : i: : :ヾ: :',       ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      ,': : : : : : : l: : :/:./ ∨:ハ: :i!: :l: :::::::i       |;;;|      ノリ     ミ;;;|
        l: l: i: : l /!/∨   |/ ∨∨!: :::::::l       _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
       レ!: !: :l i"⌒"'-、   ,、-'''⌒`l: :::::ヘ!      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
       ∨ヘ i | でラ`    ,  f∃ソ /::∧|       !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
          !ヘ∨ゝ       i      ∧ソ         ヾ、!      !;     ,レソ
        レヽi l.       j    ∧ノ           `|      ^'='^     ム'′
           レヘ          /ノ            ,rト、  ー- ─-:  /|
          ∨\  ´  ̄  / ′         _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
         /i{  \.   /i            /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
         /:::::l ヘ   ` ´ ∧\             ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\

         忠実・頼長親子に対する処分案が上奏され、検討段階に入る。



                                     __,,..-‐‐‐-、_
              / ̄ ̄\                ,ィ´ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ヽ
            /   _ノ  \              l i'´ ゞ、:.:.:.:.:.:.:.:.::::`,
            |    ( ー)(ー)             ヽn____v'´'i::::::::::::l
           . |     (__人__)              ノリ    リノ::::::::ゥ´
             |     ` ⌒´ノ              `l__   rゝ:::::ソ
           .  |       nl^l^l           .  l   /: : :l
           .  ヽ      |   ノ              ゝ=ニニ--‐‐ュ
              ヽ    ヽ く              _,,-d三二彡".::::`'‐、
              /     ヽ \          ,r'´/ l,.ィ'´:.:.:.:.:    ヽ

                 この間、忠通は父・忠実を庇い続けた。

409崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:22:03 ID:Yqa2.HEc

     /  {                     ヽ
    ./  .∧  、 ゝ、_        f⌒ヽ     }
    /   / ヽ ト、\ー‐= ̄ ̄`丶、,イ f__ ',   |
   /   |   `ーゝ    ,.ニ_     /ヽ!ゝ }|  ゝ
   {イ  |          /´ __.  /     リ |   }   r-- 、_ ,  -───--
    |   ',         /./,=ミく       _,ハ、rィ^ァ'^フ'   /´
    ゝ!   \   、 Lノ/ 〈 ゝノ.ノ        ヽ   / /   /_      _
     \ト、 {. 厂>y‐ゝ_二/        |  ./ /  /´        `丶、
      ` `ーァ'´「{ )i        -、   | / / /             \
         ヽ _/゙!  ,..     ノ}    | /  レ'
            ヽ  ̄    //      |/  j
    この私が    `ヽ、 ∠/,     ノ/  /
    親子の情から   \        /./   |
    あの男を庇った?  `丶_  /゙ト/   ∧
                     ̄  | ヽ、_/,イ
                       └ァ=禿

410崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:22:18 ID:Yqa2.HEc

              /:::::,r'´      ヽ:::::::::l,
             l:::::::l_,,_    _,,-‐-: :'l:::::::::l
              ゝ::iィ'"`゙`t‐l´ ̄~〕、:.l:::::::::l
               ゙ビ'--‐i  ゙'‐-‐'  〉'´i丿   そんなこと
               ゙i    ``     : : : リノ     あるわけ
                  l  r--‐‐ ッ : :r、/     ないではないか!
                  l ``''''"´ : :/::l'"
               .  !、,___/: :l_
               _,,(F-、, _,,-‐''''""´ !、,_
          _,,,..-‐/''´::l゙`-、-V_,,, -‐''''"ノ;;;;;;;`゙`'‐ 、,_
    ,,-‐'""´ ̄:::::::::/:::::::,rレ'´  i、ヽ--‐ 丿::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙`'‐-- 、
  ,ィ'::::::::::::::::::::::::::::/_/     i : ヽ ,ィ':::::::::::::::::::l:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ヽ
 r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::,r       i : : l:::::::<⌒ ̄:::::::::::::::::::,i::::::::::::::;;;;;;;;;;ヽ
_l;::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::i          :l::::::::::::::>::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;l
::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::ゝこヽ       :l::_,,,..-‐''´:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;l、
::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::/:::::::ゝ    ,,ィ''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;ヽ

411崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:22:33 ID:Yqa2.HEc

                         ,,,-‐‐-、、
                      ,,-'":::::::::::::::::ノ`ヽ、
                     /:::::::::::::::::,/ノ' `ヾ::ヽ
                    /:::::::::;r'"~´    λ::i   あの男が犯罪者となると
             /`ヽ     !::::::::/ _   ,    !::;!   その所領が全部
            / /´     λ:::::! ,i'"⌒'r-f"~`y!:/    国に没収されてしまうわ!
        _   r/" /       ヽ-イ ゝ-‐'  i`ー'`i'
       /亠='´≠};/        i´      '   !     所領が没収されず
    __、__((ゝυ/;;;;/ 〉        ヽ、, ' ー‐--- /     私の手元に来さえすれば、
   /-、l ! !'ヽ ,ゝ-/!          |ヽ   ´  /     後はあの男がどうなろうと
  i〃,`ゝノノ) '!_,≠‐'′          ! ヽ____,ノl      一向に構わん!
  !Yヾ、_/′/            _,-f゛ ̄`'γ´ ̄コ-、
  !      /       ,-‐‐'""~´ |二ニフ´ヾ`<ノ;;;;゛`'‐--、
  λ    /   ,-‐‐'"´,;;;;;;;;;;;;;;;/___ ! ̄/   ヽ ヽ;;;;;;;ゝ;;;;;;;;;;;;`ー-、__
   i  _,,!ゝ)、 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;>'     ヽ i;;;ヾ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;、
  ,ヒ‐'"´,-‐'" !/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ、__ / ___    ` i/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
 f ゛'~´;;;;;;;;;;;;;;;;v;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!/  ヽ、_ ゝ´!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;!
  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ--‐‐'´~"´~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;!

実際、検討されたのは所領・官職の取り扱いと、その没収方法についてであり、
内定済みとなっていた氏長者関連所領は没収対象から除外されている。

413崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:23:53 ID:Yqa2.HEc
_________ _ _
    7月 18日
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄

                            .:::::::::::::::::::::::::::::::ト、
                        .       .:::::::::::::::::::::::::::::::::|
          :   ::.        .:       .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
          :.  ::::.     :  .::    .::  .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       l   ::. :::::.    .:: .::::   .:::: .:::::::::::::::::::::/〉:::::::::ハ::l
       | l  ::.. ::::::.   ..::: ..:::  .::::::..:::::::::::::::::::://:::::::::/ Ⅳ
       ヽハ  :::. :::::::.  :::::.:::::: .:::::::::::::::::::::::::::::/  {::::::イ::/
         ヽ ::. ::::::::. :::::::::::..:::::::::::::::::::::::::::::/\ l:::::}Ⅳ
           、 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.イ   し!::〃
           ヽハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:/ |    |::/
            /|:::::::::::::::::::::::::/:::/レ'  |    レ
           r─;|:::l::::::/::::/:::::イ::/ /      /
          / YjⅥ:::ハ/|:::/ |/    ,    /
         __/   \!/   |/      / ̄ ̄

忠実の罪状、並びに処分案が確定、指令書(綸旨)が発給された。
所領没収・官位剥奪の上、終身刑(幽閉)となった。

414崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:24:13 ID:Yqa2.HEc
_________ _ _
    7月 19日
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄

                         __,,..-‐‐‐-、_
                        ,ィ´ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ヽ
                       l i'´ ゞ、:.:.:.:.:.:.:.:.::::`,
                       ヽn____v'´'i::::::::::::l
                        ノリ    リノ::::::::ゥ´
                        `l__   rゝ:::::ソ
                      .  l   /: : :l
                         ゝ=ニニ--‐‐ュ
                        _,,-d三二彡".::::`'‐、
                      ,r'´/ l,.ィ'´:.:.:.:.:    ヽ
                    / ,r´  l:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                    ゝ ト、,  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::l
                     `'ィ'´`'-‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::l

内定していた氏長者に忠通、正式に就任。
頼長が捕縛前に東三條殿から宇治に持ち去った朱器台盤や公式文書類を宇治で差し押さえ、
東三條殿に持ちかえることが合わせて決定される。
これによって翌日、忠実の所領の中から氏長者相伝の所領が忠通に引き渡される。

416崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:25:33 ID:Yqa2.HEc
_________ _ _
    7月 21日
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄

              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |

417崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:25:50 ID:Yqa2.HEc

    易占でございましょう。
__________________________________________
   :::::i    "      ヽ   ,ゝ   ヾi  l      | │                   〈   !
   ::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!     | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
   :(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !
   ::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
   ::::l   .:!   \_        l レへ !./     | | /ヽ!        |            |ヽ i !
   ::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///      ヽ {  |           !           |ノ  /
   ::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y        ヽ  |        _   ,、            ! , ′
   :::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!         \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
   ::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l          `!                    /
   :::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l           ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
   :::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l.           |\      ー ─‐       , ′ !
   ::::::::::::::::r゙、___,.∠/.:/   __,.-‐ト、          |  \             /   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                       いや、甲骨占だ。

418崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:26:02 ID:Yqa2.HEc

            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、   随分、お互いに
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l   熱くなりましたな…
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   様々な議論で…
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
           `" ト、    " `    /   |



                  .:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ハ   /
                .:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|-´
                ____.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:/:.:|
                   ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:|   あれから、
                    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:|   まだ十余年…
                 ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|

419崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:26:13 ID:Yqa2.HEc

                .:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|-´
                ____.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:/:.:|
                   ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:|     ………
                    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:|
                 ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、



             ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
            ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
            l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、    頼長どの…
            ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
             r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,    ご安心くだされ…
             |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!

420崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:26:26 ID:Yqa2.HEc

                   .:.:.:|  ヽ:.:.: ̄ ̄`゙ヽ  |:i   |
                   .:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙   |i(ヾ  |
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i':i  j  |
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!j (/  /
                  .:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ハ   /
                .:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|-´    あなたのお志は
                ____.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:/:.:|      この私が…
                   ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:|
                    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:|
                 ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   , -''´  /|
              `ー―‐' -―''´, -‐'⌒ヽヽ|

    頼長死去の報が、この日、やらない夫陣営にもたらされた。

421崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:26:39 ID:Yqa2.HEc
_________ _ _
    7月 27日
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄

                    / ̄ ̄\
                  / ノ  ヽ、.\
                  |  (●)(●) |
                  / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |
              /        \ ._|_____
            , --'、             /         `〉
             / ⌒ )        /         /
            ,′  ノ          /           /
            l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
           ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
              `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ

保元の乱にかかわったやる夫側の残りの人間のうち、23人の罪状が宣下される。

422崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:26:55 ID:Yqa2.HEc

          , -‐''"´ ̄ ̄`゛` ‐-、
         r、/,,,__,_//,,,,,,,,/,,   ゛ヽ
         l       // /  ゛ヽ
         ヽ      〈//     !
         〈r,,ィ-‐‐ー  \ 「⌒ヽ |_
         /゛.'-'-‐‐`   〉 |..♭)l | ゛ヽ、
        く_.  ヽ     ||.イ / \ ヽ
         ヽ        | | レ´|l /〉  〉
          ヽー     /|| ト、|l / |
           iヽ   / |L/|/λノ/|/
           ` ‐イ  /|/l  ,λ,/_/_,-‐'" ̄゛`‐
            ,/⊥/ _/  /  /
            | Y |/  //  |
           人 ⊥― ̄/ /



     、_ ー- - 、      、_   、 、ヽ. i.、
       ー 、 ニ _ ̄      、` ー 、 ヽ. ; !.`;ー-‐ァ
    ー 、_¬‐' ̄、 ー- _    ` ー_-.、ヽ. ゙;.  |  } /
     __ー_、ー- 、_ - 、- 、.r‐- 、- 、_、- 、ヽ ,! .ノ /-ァ
     ` - 、 ー ,. ‐.、   r-'   `  `  ヽ., .'^ァ /
        ) /./ `i.゙ . ,.r'             ト'
        ヽ. { r‐、ァ ∨    ̄ ー.、         l
        _ノキ !- ,;        r‐rテ-;゙、_, ィ ,.r''
        /,.'}.、.ゝ`ー         ヽ. ー' ,;;  ' fi!
    _,r'´ / ! `  ̄i            ̄      |!
_,. - '",/  .l  {    |           _   )
   ./   |  ゙.   i.                 r‐'
   /   .|   ヽ;  ヽ.     --――¬'
┌―――――┐ ヽ.   \       -‐f´
| 鎌田 正清 |   \   ` 、___ノ ヽ.
├―――――┴―――――――――――――――――――――――――――
|    ………
└―――――――――――――――――――――――――――――――――

423崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:27:11 ID:Yqa2.HEc

     ` - 、 ー ,. ‐.、   r-'   `  `  ヽ., .'^ァ /
        ) /./ `i.゙ . ,.r'             ト'
        ヽ. { r‐、ァ ∨    ̄ ー.、         l
        _ノキ !- ,;        r‐rテ-;゙、_, ィ ,.r''
        /,.'}.、.ゝ`ー         ヽ. ー' ,;;  ' fi!
    _,r'´ / ! `  ̄i            ̄      |!
_,. - '",/  .l  {    |           _   )
   ./   |  ゙.   i.                 r‐'
   /   .|   ヽ;  ヽ.     --――¬'
┌―――――┐ ヽ.   \       -‐f´
| 鎌田 正清 |   \   ` 、___ノ ヽ.
├―――――┴―――――――――――――――――――――――――――
|やはり、為義様の助命歎願をすることになりますか?
└―――――――――――――――――――――――――――――――――



         l       // /  ゛ヽ
         ヽ      〈//     !
         〈r,,ィ-‐‐ー  \ 「⌒ヽ |_
         /゛.'-'-‐‐`   〉 |..♭)l | ゛ヽ、   不本意だが、やむを得ぬ。
        く_.  ヽ     ||.イ / \ ヽ
         ヽ        | | レ´|l /〉  〉   「父殺し」の汚名だけは
          ヽー     /|| ト、|l / |   避けねばならないからな…
           iヽ   / |L/|/λノ/|/
           ` ‐イ  /|/l  ,λ,/_/_,-‐'" ̄゛`‐
            ,/⊥/ _/  /  /

424崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:27:26 ID:Yqa2.HEc

     `ヽ、llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`ヽ、 _,-,
    -―-- `lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllノ
      `ヽ、lllllllllllllllllllllllllll, - 、ll、_ll、ヽlllllllllllllllノ-,
      ̄ヾllllllll/⌒l、lllllll--      `ヾシノ|彡
       _ノll/ ⌒l `|ll/´ -、   U     /
        `)ll| (`Y´     二`ヽ、_    |
       /lll`l`-| U   ( |;;lll|   '´,イ
     ,-'´/|`ヽ-┐     ` ̄'    ノ
__, -‐/;;;;;;/ |   |            l
;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;|  `l   l、          ` , -'
;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;|  `l、  `ヽ、   -――-/
┌‐┴───┐ ヽ、  `ヽ、     人
│ 鎌田 正清 |   `ヽ、  `>┬イ  `、
├───‐─┴────────────────────────
│もし、歎願を受け入れてもらえなかった場合は…?
└─────────────────────────────‐



          !            ::::::::|::::~''ー-..,、::::::!
       ,!   .」    _,, .... ..、::::"-、,;::::::::::::~ l
          l―;;./  .ー''".ィ;;''/   ::::::::::::::|;::,i`゙゙''、::.!,__       その時は…
        .゙‐゙=│    ⌒    ::::::::::::!:::!:::::::::| !:::::::::./!"
           |  l           ::::::::::!:;:!::::::::/゙::::::::::::::.\、   清盛どのに
           | .!          ::.::.::::::!:::|:::: / :::::::::::::;:-、´    相談させてもらう。
         l !          ::.::.::::::|;:::|''´t:::::::::::::::::::::::,,゙!'
            ', ゛          ::.::.:::::::|:::.|:::::.!'';;、::::::::::::::::.l,
          l  --――    : :::::::.,-|::,!:::,ノ./ :.l,:::::::::::::::::\、
              l           :::,/::::|/./ .,/:::::::.l,::::::::::::::::::'彡

425崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:27:38 ID:Yqa2.HEc
              __,.. ---‐===、‐-、.._
            .._=‐'_,...- ニミ_,..、_ミ-`ァ;
           .._-'=‐,...、_{、 -、_ `ヽイ'i
            `-、7⌒!'´  t_ァi'‐ ,:ノ´
             '|ゝ_'!.    ′ |'
                'r'´|.    ,..,_..´」'
             ノ、 ` 、. ゝ.`‐t,)
           ,ァイ `-、_ `‐-.ィ'‐--ヽ,
       ___,... .:ィ'  ヽ   .`‐ァイ',二ニ |
   ,r=-´.、_    '!.   \   /~Y 、,  ,!
┌‐────┐  '‐-y‐'^'、-、」't,.>!ノ  ' |ヾ'‐ 、
│ 鎌田 正清 |   <´    ヽ  | Y!  ,}`!i,  'i
├───‐─┴───────────────
|  清盛殿に…?
└─────────────────────



       |  . }          ヽ   .〕   .  `. |
       ..|    |    _,,..-‐'"'''   ′ :ヽ‐--、 ゙' ゙ .|
       .| 、,,_ヽ.゙.、..,;;;:'''ヘ_フ.フ       \、゙' 二‐,.,!
       .|, ,'Tj7    ,., ` "          | `'i'゙⌒ヽ   刑に服するお互いの身内を
       \.". !    ゙""           | . !"~ヽ |   交換して執行しないか? と
        |  ,|                 l.. .! ) i |   持ちかけてみようかと思う。
        .|  ノ  _,,,,              |. .|ヽ .リ
        | . `ヽミレ′             |.. .| ,i'./ ヽ、
         .|  .    ___           ,| . |/;:|  ,ゝ
           |   r'_"~‐'~          ,/| . l|:;:| ..`ヽ、
           .|  . `゙,.,",,.          .,/ .| ..||:;:|. . ヽ、 ヽ

426崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:27:55 ID:Yqa2.HEc

     ` - 、 ー ,. ‐.、   r-'   `  `  ヽ., .'^ァ /
        ) /./ `i.゙ . ,.r'             ト'
        ヽ. { r‐、ァ ∨    ̄ ー.、         l
        _ノキ !- ,;        r‐rテ-;゙、_, ィ ,.r''
        /,.'}.、.ゝ`ー         ヽ. ー' ,;;  ' fi!
    _,r'´ / ! `  ̄i            ̄      |!
_,. - '",/  .l  {    |           _   )
   ./   |  ゙.   i.                 r‐'
   /   .|   ヽ;  ヽ.     --――¬'
┌―――――┐ ヽ.   \       -‐f´
| 鎌田 正清 |   \   ` 、___ノ ヽ.
├―――――┴―――――――――――――――――――――――――――
|ナルホド。 お互いの身内の罪人を交換すれば
|処分の際に双方汚名を被らずに済むことは済みますね。
└―――――――――――――――――――――――――――――――――



              __,.. ---‐===、‐-、.._
            .._=‐'_,...- ニミ_,..、_ミ-`ァ;
           .._-'=‐,...、_{、 -、_ `ヽイ'i
            `-、7⌒!'´  t_ァi'‐ ,:ノ´
             '|ゝ_'!.    ′ |'
                'r'´|.    ,..,_..´」'
             ノ、 ` 、. ゝ.`‐t,)
           ,ァイ `-、_ `‐-.ィ'‐--ヽ,
       ___,... .:ィ'  ヽ   .`‐ァイ',二ニ |
   ,r=-´.、_    '!.   \   /~Y 、,  ,!
┌‐────┐  '‐-y‐'^'、-、」't,.>!ノ  ' |ヾ'‐ 、
│ 鎌田 正清 |   <´    ヽ  | Y!  ,}`!i,  'i
├───‐─┴───────────────
|ですが…  あの清盛殿が… 果たして…
└─────────────────────

427崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:29:15 ID:Yqa2.HEc
_________ _ _
    7月 28日
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄

            ,,..、--―――--、..,,
          r'" ,.,.,.        ,.,., `' 、
         | .i´ _`'-、___.、-'´_ `i  l
            | l u _ `'-、__、-'´ _ l .|
         | .l    `'-、____、-'´ u l |
         | |-====、、  ,、====-| |
.       r‐'、ヽu,、-三- ゛|j~´-三-、u /r-、
       | r‐| | <´ o 》ノi i、《 o `> .| |`i |
       | に| | ゛ミ≡彡 | |uミ ≡彡 .| |.コ |
.        | ゝ.|.| ト、ヽu__ | .| u、_ /,ィ |.|ノ l
.        ゝ-|| | |ヽ u ゝ!__!ノ u ,ィ'|.| ||‐'´|
       /  | ト'、|`T.T T T.T´レ1| .|  |
       7/| .| \|`「`「`「`「´| |/ |  |ヾ
  ,.、 -‐ '' "|';';| .| しu`U二二二 ̄u .|  |';';'|" '' ‐- 、..,
'' "';';';';';';';';';'|;';';'|  `'i 、    ̄ ̄  ,、-i´  .|';';';'|;';';';';';';';';';';" ''
';';';';';';';';';';';';|';';';';|   | `'-、___,、-'´  |   |';';';';'|;';';';';';';';';';';';';'
';';';';';';';';';';';'|;';';';';'|   ト、      .ノ|   |';';';';';';|';';';';';';';';';';';';

428崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:29:26 ID:Yqa2.HEc

         ,. -─‐-  、
        /./⌒ヽ、   \      まさか、
.        /,/ ju:、 ij~ \__,. -‐:、    そなたの方から
        / ヽ 丶 \ヽij、 ,   li    訪ねてくれるとは
.      ,'/,ニ}.〉 〃\ i ヾニノ, -fr‐   思わなかったぞ…
.     ノ.l ! //、i{  。i!| u /ニ;|l
   /  ヽ7',ヘ\`ミ=┘''' r。" ̄ラ         __
__,∠-r‐'1  l ト,ヘ、u r v' `ト=彡′      (⊂iト、 }
   i.  |  | ト、`く,ゝ、__ ヽ  :|v/         (⊂iiヽ、''\
    |  ! ヽ.V >、×⊥工エ;ァ'、       (⊂iiヽ、."ゝ、}
    !  ト!  ト.`uく`r-r-r-//'| \      (⊂iiヽ、ゝ、 〉
.   |   N、|、 \ `ニ二´イ/:|   \    ̄\ ヘ ` 〉
  │  | ゞ)):、   ̄´ / / :|     \   /,{  ! 〉
   |    |'´ノノn>>,==イル'  |      ∧ / ′ /



.    |  / :l lll /─|/‐-l/、 l/   ,. -─ヽ!ー` ヽ |ll  |ll |
   l ll /  | r:、 /         `    '´          ヽ  ,r‐、 |
   ! ./  |/| |ll|.====。==    ==。==== |l|l|'-、 l !
   |/    | | |  ` ー--‐ ' | :   ー--‐ ' ´   | !` i | ||
           | | !          ::| :          | .|ヽl l !
       /l |l|       :::| :          |ll!_ノ.,' !\
      /  `i|         r_::| : _,         :| |_ノ ,'  \
    _, イ       ヽ   、     ー'       ,   ,|,! ll ,'    ト
-‐' ´  .|        ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:|  /       !

429崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:29:39 ID:Yqa2.HEc

                 , -──- .、
                , '  ,.へ、    \
              /  ./  v\     ヽ
               ノ   〈 u \、  ヽ..___, 1 ',
         ,.. -一''´ /⌒i 〉 v v゙ヽ ヽ.__,. !. }
      ∠_-‐    l(7//u { \、l,,`ー'' レ   播磨守からの口利きがあれば…
_,,.. -‐'' " ̄,二ニ=‐、 ヽ/'∧ヾ:ヽ._。ン,,  _'.ニラ"´
` 、,,. -‐'' "   │ i.  l |ヽヾ:ミ;;彡  <。_ノ     いかな帝でも…
.  ヽ         | !.  ! ト、ヽ,\r- v' |ッ'
.   ',        | l │U\,.、`'ー`ュ、 :|      無理強いはできまい…
   |.       |  !. |.\. ~`'ー= ェェシ`’
   !        |  |  ト、 ゝ、ー /! |
.   !       .> レW%ラ'ヽ`´| | |
.   ,'         │  |%二7 /   | W



            ,、くミ`「「「「「リヽ、
          /三ニシ'⌒ヾミ」jjレヘ;、
            !三=メ==:、ヽ、__ノ_」L
.           |彡〈 ===ミ  〃=:〉
.           r',コ.|ヾヽ..゚__,.'' く゚_ノ′っ    出家して静かに暮らせれば
            ,|に|| r=ミ三" r_  ∨  っ    あとはワシは何も望まぬ…
         //`ァl|. 「エエェェェェェラ′ っ
        ノル'ィ !:ト、ヾェェェェェェソ
.      ,∠彡"::|l:i:ト、\  一,.イ|
     /"´::::::\l:li|\ヽ`エ´:|i !l
   /::::::::::;::-─くW: : :ヽ∨ lル′

430崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:29:53 ID:Yqa2.HEc

                 , -──- .、
                , '  ,.へ、    \
              /  ./  v\     ヽ
               ノ   〈 u \、  ヽ..___, 1 ',
         ,.. -一''´ /⌒i 〉 v v゙ヽ ヽ.__,. !. }
      ∠_-‐    l(7//u { \、l,,`ー'' レ
_,,.. -‐'' " ̄,二ニ=‐、 ヽ/'∧ヾ:ヽ._。ン,,  _'.ニラ"´
` 、,,. -‐'' "   │ i.  l |ヽヾ:ミ;;彡  <。_ノ 出家…出家…出家…出家…
.  ヽ         | !.  ! ト、ヽ,\r- v' |ッ'  出家…出家…出家…出家…
.   ',        | l │U\,.、`'ー`ュ、 :|   出家…出家…出家…出家…
   |.       |  !. |.\. ~`'ー= ェェシ`’
   !        |  |  ト、 ゝ、ー /! |
.   !       .> レW%ラ'ヽ`´| | |
.   ,'         │  |%二7 /   | W



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                  死  ん  で  く  れ  …

__________________________________

431崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:30:06 ID:Yqa2.HEc
              , -──‐- 、     r
             //⌒`ー'⌒ヽ'、     (   ・ え
          |.l─-、 ,, ,.-─|.|    ヽ、 ・  っ
           |.|j二。>, <。二:〉|    < ・
         (r||r一 、||, ー、||6)     (. ?
      _,. -‐'| || (田田田)|| |`''‐- 、 ` ー---
     /|    | |\. == /!. |    |ヽ
.    / |,_-;_ /ヽ.|:\` ー'´/:|.∧    ._|. ヽ
   / ///7、 |\``Y´ン/|'  ヽ r<ヽ.\ヽ
   ,' |  ' ' /  ! (ノ`゙|'´、)ー| < (\ヽ` |ヽ
.   ! /ヽ.___,.ィ|  | 彡''|゙ ミ  |  | \  / ̄ ̄ ̄
.  |./     / |  |〃  |  ヾ|  |   /     .聞
 │      /  |   |  《|》  __|   |   .l.      こ
  ヽ.___/|.  |  <⌒ヽr''∠-z_ |   .|   平   え
       |   <.⌒ ll  lll  lll  .>  .|  忠   な
  ___|_∠,´ lll  ll  lll   ll `ゝ_|  正  か
         /.イ ll   lll  lll   ll 亅  |.   :   っ
        ´ 1  lll  ll  ll ll |   |  :   た
          ヽ  ll   lll   lll /  <  !  か
           \, -──- 、/    |      :
        _,. -‐''"´ ̄ ̄ ̄ ̄``'''‐ 、. |      :
                             ?

432崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:31:30 ID:Yqa2.HEc

    :/{:/ /ー .._// : : \| ./: : : : : : : : : : : : :_: :-‐ _ニ.:\. ヽ    ` 、ヽ : : }
    ' / /l \/`  .、  : : |:ヘ        ;/,. : '´: : : : : \.ヽ      `\: |
     { /ハ  \  〈心、:|: :ヽ     、 //:: : : : : :     ` \_____: :|
     jハ .ハ    `ー 二_>冫    ∨':∠_: : -一 弋:::歹 ̄  _. ' ´ : : |  我ら平家一門のために…
    .   ∨ハ    . . : : : : ::/  ,. : <::::::`:.、.:`ー  .._..  -― '"´  : : : : : |
    .   ∨ハ     : : : : : /  / : : : : :`: : :_::`:::..._: : : : : . . .       : : : :|
        ヽ ヘ     : : /  /: : : : : : : : : : :  ̄:`: : : : : : : :       . : : : : |



        .|/       ノ      .l;;; !  l;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ !;;./           ,,ilr'"    __        ,./ ,/ .,.
        :l゙                 | !  /;;;;;;;;;;;; /  /./                   |::::::|._     ,,ノン"  .フ;;
               _,,          !゙.,,.,i";;;;;;;;;,./  .iУ         _____|::::::||_:::|    ,i'/ .,..r'";;;;;
    .i}′        / ;;,! .,      /;゙;;;;;;;;; /   .l″     _...  |:::::::::::::::::::::::::i____i/::::! -- /_..-'";;;;;;;;;;;;;;
    `           i";;;,/ /      /;;;;;;;;;;;;/ _,,.... -ーー'''_,゙゙二―ー  i:::::::::::::::::::::::::::::::/|:::::| ";;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.
            l /  ."、    _,,.. -ー'''",゙,,,.. -ー'''"        _   |___:::::::::::/  ̄ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;.,,,r‐ー'″
           /./   _,, -''''"´_,,.. -‐''''"゛             ,,il″      /::::::::::\  ;;;;;;;;;;_ン'"
      .,i''l   ., _,, ‐''"  _,, -''''"/ ;;;;;;;;;./    .,.     _ /″      /:::::::::::::::::::::\ ./ ´        _ン'
     ,lゾ_.. ‐'"゛  .,.. ‐''″/  ,i";;;;;;;;./     ./     ,r'./     .  /::::::::::/\::::::::::::/       . _,,-へ.iii
    ,..-'"   _..-'"゛、〃 ,ir / ;;;;;;; /    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  \:::::::/  \:::::/  ,, ;;二二r‐''''、;;;;;;;.
  /    ,, .'"/  .,/./ .,ノ/ / ;;;;;;;;;;;;l  .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'"  \//\  丶' ,ir!'"       `'''″
. /     / ;;;;;/ ,ノ゙''゙,i彡'゙i/'";;;;;;;;;;;;;;;;;゙‐''"./     ,-/'" ,.. ;;/!"._./ ";;;;;;;;;;;.,./  /::::::::\
l゙     l;;;;;;l゙./ ;;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'|  ,.il!ン''/...-彡 '',゙..-'";;;;;;;;;,..;;二―  .\ ::::/
.l,     \、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; / .,. |/‐ンン'∠゙‐'゙´;;;;;;;;;;;;,i;;iU゙‐'''^゙゙''″   .\/ ./\
 \,      `''ー- .,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'";;゙´,iテ '´;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;フ"      _,   /::::::/
 ;;;;;;`'-、,           `゙゙'━== ....,,,,__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /   __..;;メ`-ー'"  /::::::/    _,,.. -ー'''''゙゙''゙ ̄,゙/
 ;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー ..,、              ̄ ゙゙゙̄'''''''''¬――+―------------  \/ -----―‐、;;;;;;;;;;;___,,,,,,,
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙'''ー-..,,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,./ '´             ○ ,./ ;;;;_,,./   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙゙"''―- ....,,__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,./ ″   ._,,,,_,,,..;;ニニ  ○ ‐'"゛        ‐‐‐'"
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゙゙゙゙̄"''''''――-............,,,,,,,,___ ゙゙゙̄  ○

433崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:31:46 ID:Yqa2.HEc

  r'´ l  |::: //::::` ソ.  /::::       ::::::ヽ  i,:::ヽ  i、
 i  .:::l   | :/、,_::  ノ :/::ヽ         ::::ヽ:  i,:::::ヽ  i、
 | ::::::l   | :ヽ、`フ/-、_ :::::ヽ        ,r:'::´、 :l:::::::::ヽ :l
 i  ::::::l  :|   ./、 弋ソ`ー、::ヽ     ,r'´:::_,:::rヽトー─-
 .i, :::::::l  |     ` ̄"''::::'::´:::.... .. ....;'::::'"´ '心'. l| _, r::'´
  ヽ :::::l  |       ::::::::::::''''   :: |::.''''::::` ̄"" ̄::::::::::::::
   ヽ ::::i |              :: |::::::..  :::::::::::::::::::::::::::::/
    `l 、_l l             :: |:::::::::..     ..:::::::::::/     その頸をくれ… って…
     |  ヽ.l            :: |::::::::::::..   ..:::::::::::::/
    /|  `|.              :: |::::::::::::::::.. ..::::::::::::::/
.    / |   l'i         ..  :: |:::::::::::::::::::::::::::::::::/
.  / , l   |:::ヽ.  ヽ,,,_    :::... :: |::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ
  /   | .l .|:::::ヽ     ̄''''' ー、:: |_:::::::::::::::::::::/  ヽ
. /   |/| |::::::::ヽ       :::::`::´:   ̄´:::::::::/|    ヽ



    ∠-'';::/ ,∠/ ./::   ::\.ヽ\ ヽ ヽ \ ヽ. \
    ::::r''∠- '´:∠ -ヘ::....... ,...:‐''7,ゝl‐-ヽ}   ト、 lヽ. !
    :::l::::-===モ== _::::/:::::::::/_  ` / ,ヘ. | ヽ |. ヽ.!
    : |:::: `  ー‐=''"::´:::::::::::::/ニ´>,'/  ヽ | ヽ!  ゙l
    ::|:::::      ..::::::::::::::::::::::/    ハ     ヽ!
    :|::::::    ...:::::::::::/::r:::::::i_:   ,'l }             聞こえちゃいねえか…
    |l::::::        `__:::    /.|′
    iヘ::::..      ̄ ̄     `ヽ ./^'
    :|::ヽ:::..      ‐==;;   /
    ::l::::::ヽ::..        :::::::   /    ,.、
    :::l::::::::::\.         /  /.:/:ヽ.
    ::::|:::: :::::::\.         ,イ /....::/::::::::ヽ

平清盛はこの日、平忠正ら5人の斬刑を執行。名前の読みが藤原忠雅と同じ、
ということで忠正は刑に際し「忠貞」に改名させられている。

『兵範記』 廿八日 丁卯
「今夕被行斬罪云々、忠貞、 長盛、 忠綱、 正綱、 道行、<忠貞郎等>、
 已上播磨守清盛朝臣、於六波羅辺斬云々、」

435崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:33:23 ID:Yqa2.HEc

         .  , ′i! i! i! i! i! i!  i!  i! i!.!
           /イ i! i! i!ィ i! i./::、 i! ト、 i! i! !
           /i!.//i!./::iメi/:::::::,メ、「ヽト、 i! i!j    まあ、せめて
           /イ i!/! /==。=、:::::.=。===:i!,...i! |    コレぐらいは
             j/ j/ i::`:‐:/:::::::: ー一.:´:|ir, }.|    役に立ってくれんとな…
                i:::::/.::::::、   .::::::|Lンii|
                  i: `‐――一'.;.::::ハ.i! j;\
                    、  ー ..:::::/;  ヽ:{;;;;;;;ト、__
               . -=''7ヘ.....:.:::::/;;; '   j;;;;;;;j;;;;;;;
            -‐'";;;;;;;;;;/;;;;;;ヽ .イ;;;;: '     /;;;;;;;;|;;;;;;;
           ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;|:.:;;:::'    /;;;;;;;;;;;!;;;;;;



               ∠'´--,-、__`゙≡  ヽ 、iヽ
         )     ,, ‐'_´_≡ ≡    ミ  '‐‐-、
         (,-‐-、_ -´_'´´≡,           ニ、‐、   あとは、賭けの配当を
        ,/. )    ̄´,,-‐´ 彡, ‐ , -""       、i   きっちり回収させてもらうか…
      /. ,,,,   ///_,‐、ゝく/,-‐'"´i ll ili i|i  、ゝ
     /,ン‐//-ュ   //i ,Y l\´  ,,ゝ、ハ  i|li  |__________  ,,,,-‐
   , ‐´''''''/'‐"‐片    `‐i/ l/゙゙|  丶く、_  、|、i   ノ-、,_,,, -‐'´
 -'´,,,,_丘‐-ッ‐i'"       /  ,|    ゙  ゙̄'' ゝ  / ,, -‐
''"´´'" `'''‐"、/        'i ,,,_´' ヽ     /,,-、. /
''''゙゙゙"' ‐=、,___ノ    ∧.   i `"''"'‐、_    .//゙ノノ/       ____
‐-<'‐-、,,ッ'     ノ | \  | ヾ‐、  "´ イ__,,ノ./‐--‐''''"´´ ̄
ノ ´   |    / |   \|       , ∧\ /          ,,-
 i    /-、__/   |     |  _, ‐ ´ / |  \‐ ‐ -      //
  l__,,,-‐'  ∠_/`‐-、|     ∟‐- 、  /  |   \     ,/ /
 ,|      /    ___,,,,,,,,/     ,ノ  |     |_/ ̄´
/      /  /´\     /ゝ‐-/   \   //_ ‐'  ノ

436崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:33:35 ID:Yqa2.HEc

./:::.:.:.:.::.::::_:∨ {┤ | 、 ;  ハ
{:.:::.:.:.:::/::::::∨ ヘ'、 }:、 }  ;  |
;:.::.::.:./:::::::::::::::\ハ ヽト、ヾ  , -┴ 、
;:.:.:::_.、-‐rッ  ̄ \ フ´| /__:::::::}
  |::: ̄:::::ー─‐  ´ . :.:.:| |::__.:::}.::/       背負っちまった…
  |::::::::::::::.:        .:.:.:l |::_::V.::/
  |:::::.::::::::.:      .:.:.:.l レ:::Y::/        叔父殺しの悪名…
  |::.:.:::::::.:      . :.:.:.l |__/:/
  |::::.::.:.:      . :.:.:.ハ|__ノ_         しかし…
  |:.:::.}      . :.:.:.:/ ノ/三 \
、_ノ'"´       . .:.:.:イ /三三三ヽ_
──────'.:.:.::/f| /三三三三 {三≧= __
___   ..:.:.:.:.:/.::{レ三三三三三;三三三三三≧= 、_
圭三´ . .:.::.:.:.:/.:::::::.l三三三三三三,三三三三三三三三
  . .:.:.:.:.:.:./.:::::::::.: :|三三三三三三!三三三三三三三三
 . ..:.:.:.:.:/.::::::::::::. :. :|三三三三三三;三三三三三三三三

437崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:33:47 ID:Yqa2.HEc

        _、‐-、, -‐z._
        > ` " " ′.<
      / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙ \
        7 " " ",.",ィ バ ,゙ ゙ ヾ   義朝よ、
       ! " " /-Kl/ Vlバ.N   アンタは潰されるんだ。
       | "n l =。== _ ,≦ハ!
      |."しl|  ̄ ,._ ∨     オレが背負ったものとは
      | " ゙ハ  ー--7′    比較にならない重し…
      r'ニニヽ._\. ¨/
     r':ニニ:_`ー三`:く._       事情によっては許される
   /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>     叔父殺しとは比較にならない業…
.   /: : : : : : : : / : : : ヽ\
  | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.
.   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l



.   / /  / : /  /: /  /: : : : : : : : \    {: :\     ∨、
  /.:/ /  冫  /: : / /: : : : : : : : : : : : :\.  ヘ: : : \   ヽ>、
 ,ヘ/ /   / /.、: : / /: : : : : : : : : : : : : : : : :\  ヽ.. -‐ \  ヽ  \
:/{:/ /ー .._// : : \| ./: : : : : : : : : : : : :_: :-‐ _ニ.:\. ヽ    ` 、ヽ : : }
' / /l \/`  .、  : : |:ヘ        ;/,. : '´: : : : : \.ヽ      `\: |
 { /ハ  \  〈心、:|: :ヽ     、 //:: : : : : :     ` \_____: :|    何があっても
 jハ .ハ    `ー 二_>冫    ∨':∠_: : -一 弋:::歹 ̄  _. ' ´ : : |    許されない絶対悪…
.   ∨ハ    . . : : : : ::/  ,. : <::::::`:.、.:`ー  .._..  -― '"´  : : : : : |
.   ∨ハ     : : : : : /  / : : : : :`: : :_::`:::..._: : : : : . . .       : : : :|    人として見なされなくなる
    ヽ ヘ     : : /  /: : : : : : : : : : :  ̄:`: : : : : : : :       . : : : : |     パスポート…
     `:ヘ       ./  /: : : : : : : : : : .  : : : : : :           . : : : : :|
     ヽヘ     ./  /: : : : : : : : : : : : : .               . : : : : : |        父  殺  し
        ヾ:、   /  /: : : : : : : : : : : : : : : .            . : : : : : : |. /
          、 /  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : .          . : : : : : : レ     の汚名にな。
         У /: : : : : : : : : : ⌒ヽ: : : : : : .            . : : : : : :/:.:.:.
        / ./: : : : : : :_: :-==: : : : : : : : : : .         . : : : : : /:.:.:.:.:.
         / /: :  . :-=ニ_: : : : : : : :            _  . : : : : : /:.:.:.:.:.:.:
      /  _..ィヘ´      ̄ ̄   ー―-----―一'` . : : : : :イ:.:.:.:.:.:.:.:
      ` ´   ヽ                    . : : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
             ヽ                  . : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.

438崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:34:06 ID:Yqa2.HEc

            ∠-'';::/ ,∠/ ./::   ::\.ヽ\ ヽ ヽ \ ヽ. \
            ::::r''∠- '´:∠ -ヘ::....... ,...:‐''7,ゝl‐-ヽ}   ト、 lヽ. !
            :::l::::-===モ== _::::/:::::::::/_  ` / ,ヘ. | ヽ |. ヽ.!
            : |:::: `  ー‐=''"::´:::::::::::::/ニ´>,'/  ヽ | ヽ!  ゙l
            ::|:::::      ..::::::::::::::::::::::/    ハ     ヽ!
            :|::::::    ...:::::::::::/::r:::::::i_:   ,'l }
            |l::::::        `__:::    /.|′     助かったぜ…
            iヘ::::..      ̄ ̄     `ヽ ./^'
            :|::ヽ:::..      ‐==;;   /        あんたが逝っててくれて…
            ::l::::::ヽ::..        :::::::   /    ,.、
            :::l::::::::::\.         /  /.:/:ヽ.
            ::::|:::: :::::::\.         ,イ /....::/::::::::ヽ.

439崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:34:17 ID:Yqa2.HEc

                   ./ |/                           ::/
                   /                              :/
                  /                _, へ、             / /
                |\|     ,ヘ.       __,-‐'   ::::\           //:/
              . |    ./' ヽ    __,-'      :::::\            /
                |.    /    \_, ‐'      |     ::::\         / /
              . l\  ヾ`ヽ、            ∥__,-‐' 〃::::::>       /:/
               |    ./\::\         __,-‐' __,-''"::::/          :/
              . |.... l.  \: \   _,-‐'  _,ll‐'  ::::/          :/
               |  | ___\:||  |||::_二____ ::|  /⌒.i       /
                |  |  ̄ ̄o ラ  ≡ ̄ ̄ ̄ ̄o ̄ ::|: |l⌒l:|      /
                 |   | ` ‐-‐'/,:::::   ` ‐---‐ '´   ::| ||⌒|:|     :/
                 |....| -‐/===--    ∥    ::|: |l⌒l:|     /
                 |...| :/,:::::::::::::      |     :::|::||ノ丿    :/
              .     l.  | /,::::::::::::_::)         ::::::|:|-‐'    :/
                    l. (.:: '           , \::::::/|\    :/\
                    ヽ |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   :\/: '\    l  :\__
              .       /ヽ|  /  __      :::::/::   \  l  ヽ. ヽ ─
              .   _/   |〃    ::::::::     ::::/::     \l ヾ ヾ  :l_
                ─ / /  |          \/:::     // | ::|   |
              .  _/ /: /: |          ::/:::     /ll/| :|  :|  |
                 / /:: /:   l______/::::    /lll/ | ::|  :|  |
                / /:: /::  /|lll\::::::::::::    /llll/  |  :| :::|  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                        お    や    じ    …
____________________________________________

440崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:34:35 ID:Yqa2.HEc

                 / ̄ ̄\
               /   _ノ  \
               |    ( ●)(●)
義朝から         . | u.   (__人__)
為義の助命歎願が    |     ` ⌒´ノ
来てるんだが、     .  |         }
どうする?        .  ヽ        }
                 ヽ     ノ
乳母父どの          i⌒\ ,__(‐- 、
                 l \ 巛ー─;\
                  | `ヽ-‐ーく_)
              .    |      l



                   :.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.}
                 :.:.:.:.:.:.:.:, -――..r:.:t‐  |.:.:/
                   .:.:.:l.:.:.:.:`"'''ー----゙´   |:|⌒ヽ
                   .:.:.:|  ヽ:.:.: ̄ ̄`゙ヽ  |:i   |   陛下…
                   .:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙   |i(ヾ  |
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i':i  j  |

441崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:34:47 ID:Yqa2.HEc

          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,    ここで
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、   お心に留めて置いて
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l   いただきたい点は、
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,   為義が公家ではなく
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   武士であることです。
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
           `" ト、    " `    /   |



                  .:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ハ   /
                .:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|-´  公家であれば、
                ____.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:/:.:|    流刑で京から離れた時点で
                   ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:|    歌などの文化事業以外
                    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:|    政治活動も含め、生産的な活動は
                 ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|    なにもできなくなります。
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、

442崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:35:48 ID:Yqa2.HEc

...........................,..:--――‐--.、_
::::::::::::::::::,.:r'"/        ゙ヽ、_
:::::::::::::/ iill /          \
::::::::::/,∧ N / "  _,.r―ヽ、  ‐:、  \
::::::::,i!" i! il゙ _,.;r'"     ヽ   ミ、  ゙i.
::::::,i   V;/         i!   ヾ、  !   しかし、武士であれば
:::::i    "      ヽ   ,ゝ   ヾi  l   どこへ行こうが武士のまま。
::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!
:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !   国司としての赴任先と流刑先に
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /   たいした違いはございません。
::::l   .:!   \_        l レへ !./
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///     流刑先がいつの間にか
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y      新たな活動拠点になりかねない。
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!
::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l
:::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l.
::::::::::::::::r゙、___,.∠/.:/   __,.-‐ト、
:::::::::::::::l.「 ,  ┌-===―‐‐tTr-―‐ニ┐!
:::::::::::::::l゙ーj  ト--  ゙l  l l l 「 ̄ .」 l

443崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:36:02 ID:Yqa2.HEc

              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l   武士の場合、流刑にするのは
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,  むしろ危険ですらあるのです。
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |   よって、死罪以外はあり得ませぬ。
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐



                .:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、|.:.:.:.|
                   :.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.}
                 :.:.:.:.:.:.:.:, -――..r:.:t‐  |.:.:/     まして、清盛は
                   .:.:.:l.:.:.:.:`"'''ー----゙´   |:|⌒ヽ    すでに陛下の命に従い
                   .:.:.:|  ヽ:.:.: ̄ ̄`゙ヽ  |:i   |    叔父を斬首しております。
                   .:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙   |i(ヾ  |
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i':i  j  |
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!j (/  /
                  .:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ハ   /
                .:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|-´

444崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:36:16 ID:Yqa2.HEc

                          / ̄ ̄\
                        /   _ノ  \
                        |    ( =)(=)
                        |      (__人__)    たしかに
                     .   |        ノ    助命しちまったら
                         |      ∩ ノ ⊃    清盛は黙っちゃいないだろうな…
                       /     ./ _ノ
                       (.  \ / ./_ノ │
                       \  “ /___|  |
                     .    \/ ___ /

445崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:37:50 ID:Yqa2.HEc
_________ _ _
    7月 28日
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄

   /          ,        |
   !、 i  ,       i       __ ,!
     〉、∠  __   }!   ,ィ二, レ′
   〈`_ヲ ≡≦≡=-  '"   メ-ュ リ      もう60以上も生きたのだ…
    ∨/  ` 二゙- ""    ,>ノ イ
    l!'_,,≧:    ,、-''   ィ゙_,、イ「゙i      死は恐れてはおらぬ…
    「「ミ`ニーミ、  |     「   /l! ゙i
    | !``ー ヽヾ ノ    ノ ,/ィリ |
     j ヒヘ、_,..} ゙Y  _、-" 、イ f./  ト、
    !タ_,N"lii;, _ノ-''"_、-''" ノ/   |. \
   /  |.ト-三ニ=_,ニ"  :='/     .|  ヽ、
   /  ,'|.| 「 ナ'ニニィ゙   ,/       |    `



     |  、  ,:"   _,.- !     |
     |,,_ ヽji(_, -;=f。テ‐'"    ''",\
     'ァ'゙rェァk≦~二~ "~    i 〈ノ |!
     〉ー'"| ヽ._     ノ   (,タノ     だが…
     \ ノー;='-≧==.、 l     r'" |.
       Y"ツ'''''''''''゙ヽ\ !    .|  |
       ! |r'ニ二 ̄`\ヽ,,_./   |
       j ! ∧,,  ,,/,,ノ___j-、

446崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:38:03 ID:Yqa2.HEc

                /               `丶、
                /                  ヽ
              /                         ',
                l                        l
            |   l|          l             |    覚 え て お れ !
             |   l|        ヾヽヽ  l|〃,     |
           ,⊥、 くL_ , -─‐- 、 ヽ l| l l/〃,__--、  l、   清 盛 め え え え え え !
            | lハ       ∠  ̄.\ ハV/ _ノ .ヽ、`/ i
             | ,ニ、i     ,ニ  `ニニ彡 >iヽ^ヽ`ニ´-、 lノ|
       , -、/l{ 〈_く   ^ ヽ-- '  r'  | l| `ー '^ レ' |
      ///  \ヽ_ノ \       / ヾ |   |     〉リ
  _, -‐ '///    ハ   i  |    / └- 、l /_\  /l∧_
 ̄   /   | |     l∧_ノl |  / / ̄_, ̄_,ニ、_,、_`V | l  ゙、_ ̄`ー─- .__
-┬…' " ̄| |      | ハ |  |   l/ /{´+ ̄+ ̄+ ) l | l|  ヽ   ̄|「¨ ' ー- 、_ ̄
 l|     //     |ハ |  \/ /  ` ̄ ̄ ̄ ´ |l / |   `、  |l       |l ̄
 l|     //     || ヽ\ /  l   ´ ̄ ̄`   〉 | l      ヽ.ニ!l-‐- .__|l_
 l| = =//      l ヽ  ヽ \  \    /ヘ、_/ l l/|     `、 ̄¨ ' ー- lL._
¨  ̄ ̄//        ∧     \ \  `  ̄l   l| V l|        ヽ
    //       _l l、    \ ヽ_」l_L⊥⊥」/ /|          ヽ
    //  _,..- ' ´   | |`、  ト\ `丶、 _ _/ ,、 / :|  「`丶 、   `、
   // /┌┐l¨| |¨||| \ ト、 `ー┐丶 | / /// ::|  | lヽ、 __`丶、 ゙、
  //  l | |l.|l. |||    \` ー \l | l/ / .:::|  | |  |l  l「 l l|  |

447崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:38:16 ID:Yqa2.HEc

               , -‐''"´ ̄ ̄`゛` ‐-、
              r、/,,,__,_//,,,,,,,,/,,   ゛ヽ
              l       // /  ゛ヽ
              ヽ      〈//     !
              〈r,,ィ-‐‐ー  \ 「⌒ヽ |_
              /゛.'-'-‐‐`   〉 |..♭)l | ゛ヽ、
             く_.  ヽ     ||.イ / \ ヽ
              ヽ        | | レ´|l /〉  〉
               ヽー     /|| ト、|l / |
                iヽ   / |L/|/λノ/|/
                ` ‐イ  /|/l  ,λ,/_/_,-‐'" ̄゛`‐
                 ,/⊥/ _/  /  /
                 | Y |/  //  |
                人 ⊥― ̄/ /

この日、為義以下、依然逃亡中の為朝を除く5人が義朝によって斬首される。

『兵範記』 卅日 己巳 
「又被行斬罪、<中略>為義、 頼方、 頼仲、 為成、 為宗、 九郎、
 已上左馬頭義朝、於船岡山辺斬之、」

448崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:38:30 ID:Yqa2.HEc

       上皇方の重要人物だったからであろうか、
       あるいは義朝がやはり疑念の目で見られていたからか…





                , -‐''"´ ̄ ̄`゛` ‐-、
               r、/,,,__,_//,,,,,,,,/,,   ゛ヽ
               l       // /  ゛ヽ     信西…
               ヽ      〈//     !
               〈r,,ィ-‐‐ー  \ 「⌒ヽ |_    清盛…
               /゛.'-'-‐‐`   〉 |..♭)l | ゛ヽ、
              く_.  ヽ     ||.イ / \ ヽ
               ヽ        | | レ´|l /〉  〉
                ヽー     /|| ト、|l / |
                 iヽ   / |L/|/λノ/|/
                 ` ‐イ  /|/l  ,λ,/_/_,-‐'" ̄゛`‐
                  ,/⊥/ _/  /  /
                  | Y |/  //  |
                  人 ⊥― ̄/ /





全ての罪人の中で唯一為義のみ、検非違使長官による首実検が行われている。

『兵範記』 卅日 己巳 「但為義、検非違使季実、依 勅定実検云々、」

450崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:40:12 ID:Yqa2.HEc
            _
          /O \
           |. °  |
          \_,/
            |
        / ̄ ̄ ̄ ̄ \        突き詰めると、保元の乱は
      /            \      武力行使大好きな頼長による
.     /              ヽ     事件と思われるにょろ。
    /  /      \    |
    |    ●    ●      |     『藤原頼長の乱』と言っても
    ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /     いいんじゃないにょろか?
 /⌒ヽ_\    ゝ._)     / /⌒i
 \ /:::::/;l三三三三三三三l /  ./
.   /:::::/ |_     ___ ヘ、__/
.  `ヽ< |  |    |     | ヾ:::彡'

451崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:40:34 ID:Yqa2.HEc
         _
        /O \
         |. °  |
        \_,/
          |             坊さんの手紙が出てきた時点、
    / ̄ ̄ ̄ ̄ \      つまり実際の戦闘が起こる前から
   /            \     「流刑処分としよう」という案が
  /               ヽ    忠通とやらない夫の間で
 /              |   話されていたそうにょろ(『保元物語』)。
 |    ノ    `ヽ     |
 ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /   発覚しただけでにょろよ。
  \_ /⌒l        /
   l/  /三三三三三l.     やる夫に関しては
  / |   l   ___ ヽ    討議されていないにょろ。



            _
          /O \
           |. °  |
          \_,/        それが、白河北殿に
            |              実際に武士の首脳を
        / ̄ ̄ ̄ ̄ \       集め始めちゃった。
      /            \
.     /              ヽ    そこまでやっちゃったなら、
    /  /      \    |    この斬首された中に
    |    ●    ●      |    頼長が入ってた可能性も
    ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /    あったにょろ。
 /⌒ヽ_\    ゝ._)     / /⌒i
 \ /:::::/;l三三三三三三三l /  ./  後の一乗谷の合戦後を考えると
.   /:::::/ |_     ___ ヘ、__/   相当可能性は低いにょろけど…
.  `ヽ< |  |    |     | ヾ:::彡'

452崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:41:52 ID:Yqa2.HEc

         _
        /O \
         |. °  |
        \_,/
          |
    / ̄ ̄ ̄ ̄ \       ただ、彼は戦死したにょろ。
   /            \
  /               ヽ     だから、この一連の戦後処理の中で
 /              |    目立たなくなったにょろ。
 |    ノ    `ヽ     |
 ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
  \_ /⌒l        /
   l/  /三三三三三l.
  / |   l   ___ ヽ



         _
        /O \
         |. °  |
        \_,/        保元の乱と言うと、どうしても
          |          やらない夫 vs やる夫
    / ̄ ̄ ̄ ̄ \      ってイメージされがちにょろけど
   /            \     それは首謀者である
.  /               ヽ    頼長が戦死しちゃったので
 /              |    この戦後処理で目立たなかったのが
 |    ⌒    ⌒     |    一因なのではと思われるにょろ。
 ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
  \_ /⌒l        /
   l/  /三三三三三l.
  / |   l   ___ ヽ

453崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:42:11 ID:Yqa2.HEc

         _
        /O \
         |. °  |
        \_,/
          |
    / ̄ ̄ ̄ ̄ \      『保元物語』に
   /            \     やらない夫の出番は
  /               ヽ    ほとんどないにょろ。
 /              |
 |    ノ    `ヽ     |    もっぱら信西に
 ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /    なっているにょろ。
  \_ /⌒l        /
   l/  /三三三三三l.
  / |   l   ___ ヽ

454崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:42:25 ID:Yqa2.HEc

            _
          /O \
           |. °  |
          \_,/
            |           『保元物語』は
        / ̄ ̄ ̄ ̄ \        信西と頼長を
      /            \      意図的に対比する構成を
.     /              ヽ     とっているにょろ。
    /  /      \    |
    |    ●    ●      |     やらない夫とやる夫を
    ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /     対比させる構成ではないにょろ。
 /⌒ヽ_\    ゝ._)     / /⌒i
 \ /:::::/;l三三三三三三三l /  ./   ここら辺にも
.   /:::::/ |_     ___ ヘ、__/    「頼長が首謀者」という点が
.  `ヽ< |  |    |     | ヾ:::彡'    表れていると思われるにょろ。



         _
        /O \
         |. °  |        もっとも…
        \_,/
          |          やる夫とやらない夫、
    / ̄ ̄ ̄ ̄ \       どっちかを悪者として書くことが
   /            \     憚られる理由があって
  /               ヽ    こういう構成になった…
 /              |
 |    ノ    `ヽ     |     どっちも悪者には
 ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /    できない『事情』があった…
  \_ /⌒l        /
   l/  /三三三三三l.       だから、戦死した頼長に
  / |   l   ___ ヽ    罪がかぶせられた…

455崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:42:39 ID:Yqa2.HEc

         _
        /O \
         |. °  |
        \_,/
          |
    / ̄ ̄ ̄ ̄ \
   /            \
.  /               ヽ    のかもしれないにょろ。
 /              |
 |    ⌒    ⌒     |    ここらへん、
 ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /    『保元物語』の成立年代を
  \_ /⌒l        /     推定する手掛かりかもにょろね。
   l/  /三三三三三l.
  / |   l   ___ ヽ

456崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:43:58 ID:Yqa2.HEc

                    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                   /::::::::::::::::::::::::ヾヽ
                  .i:::::::://///::::::::::::::::::|
                 .|::::::/ ::////⌒⌒ i.:::::ノ   最初のニュースです。
                .|:::::/         |::::|
                 |::/.  .ヘ    ヘ.  |::|   先の乱で院側に就いた
                 .⊥|.-(=・).-.(・=)-.|⊥   実父・為義を、
                l .!:;  ⌒´.し.`⌒  ::|. l   源義朝が本日、斬首いたしました。
                 ゝ.ヘ         /ィ
               __,. -‐ヘ  <ニ二ニ>  /─- __
          _ -‐ ''"   / !\  ̄ /!\     ゙̄ー- 、   この件につきまして、
         ハ       /.  |ヽ  ̄ ̄ /|  ヽ        ハ  街の意見を
         |  ヽ      く     ! . ̄ ̄  !    .>      / !  聞いてみました。
           |   |     _>  .|.    .|   <_      /  !
          .∧   !    ヽ     |    |    /     i  .∧
       / \  |     ヽ    i    i   /      | / ハ
       ハ   ヽ |     ヽ    !    !   /      |    /ヽ
      /  \   |      ヽ.  | .  |  /       |   // \
     /     \ |      .ヽ  i   i /         | /- '    ヽ
     /, -──‐-ミ」        , ‐''二二⊃、       |/  / ̄ ̄`ヽ!
    レ′   ̄ ̄ ̄`ー─---、_/ ′二ニヽ' \--──┴'' ̄ ̄ ヽ   |

457崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:45:17 ID:Yqa2.HEc

         !|/   |i,|   `|'i、
        ,!|i   ,!|゙i,    |゙i, ヽ.
       ,"|∥   ,! i,     |ii,  ゙i,
        ,! ,! |i,   ||  ゙i,    |i i,  ゙i,        例え河内源氏棟梁と言えども、
        !  | レ゙ー--||  ゙r''"~.ヽ,i,  ゙i,       父殺しの罪は免れん!
     ,!   レ'~`'ー-!!   〉-'" ,.r'"   ゙i,
.      ,!   `''ー、, ,! ゙i, / ゙i,-'"     ゙i,      異議のある者は
     ,!       ゙ヽ. ゙i /    __   ゙i,     このインタビューのあと、
 □■□■□■□■□■□■□■□■□■   法廷に申したてい!
 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 □■□■□■□■□■□■□■□■□■
   ,!  /:.:.:.:i ゙i、  ,r'" l    `ヽ、_/::l:.:.:.:.:|,:'   ,.:' .
   !. /;;l.:.:.:.:.i  `"     l       :::,!:.:.:.:./'t._,.:'l
    !/;;;;;;l:.:.:.:.:゙i,      l      ::,!:.:.,:''t./;;;;|
   〈;;;;;;;;;;゙:,:.:.:.:.:゙i,     ,!     .:/,.,:' ,:':;;;;;;;;;,!
   ゙i,;;;;;;;;;;;;':,:.:.:.:.i'i,     t    ,/:'!,''-');;;;;;;;;;/
    ゙i,;;;;;;;;;;;;゙ヽイ ゙:,   ',   ,r',:'  ,:';;;;;;;;;ノ
     ヽ、;;;;;;;;;;;|   ヽ、 _,,ノ,ri、、_,,:';;;;;;/
       `'-、;;|     ̄ ,:'  ,:'.7|r''"
         _,|      ,:'  ,:' ,:' .ト、_

    ある者は義朝を人と見なさなくなり…

458崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:45:35 ID:Yqa2.HEc

                 _ ,,.... ....,, _
              , '"       ` ' -.、
             /             \
            , '                 ヽ       いや、義朝様には同情すべきだ。
          /                  ヽ
            , '                    ',     非難すべきは、朝廷だ!
       /         lハl l  !l ! ヽ      l
     □■□■□■□■□■□■□■□■□■    こんな人を人とも思わない
     ■□■□■□■□■□■□■□■□■□    沙汰を下すとは…
     □■□■□■□■□■□■□■□■□■
      ヽ、!   i,'i   ! i、! ',、         l  /   ヽ    もはや、朝廷はこの日の本を
        \ ,'.!i l l .ll ,ヽ`ヽ.    、 __''" ./ !   ヽヽ   統べる能力だけでなく
         `ヾ.,l._,,,_l,ィ'    、   ー  /.ヽ!. _ ,.!''"´    資格すらもない!
            i=ー-_ ,_'ー-- .、ヽ_...ィー'=,、 .r '
           !   ` '' ̄ー=,'iー‐:1r''l_,.!

 人としての道を重んじる者は、朝廷・天皇という存在を無視し始め

460崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:46:58 ID:Yqa2.HEc

朝廷と天皇というシステムをまだ尊重している者は…

            _          ,、     .ノソ
      -一=ニニ ,, ̄ ゙'一T ̄~! ヽー- '´'',,_
            ,, -‐ ゙´: : : : : : : :i!: : : : : : : : : : ::`゙:.、
        ,/: : : ;; : : : : : : i: : ::|: : : : : : : : : : : : : : 、ヽ
.       /: : _/     :i!::: /|: : : : : :i : : :     ヽ`,
.      /:,, ィ/    /: : : | : / .|: i: : : : |:ハ,: : : : . . .  ヘi!
      // ./ . : : : :/: : : ,,|-‐ト、.|: |: : : ::|!_⊥ _ : i: : : ::i: ハ                オフィシャル
.    /  /: : :/: : :::i!: ://|: /  |::|i; : ::::|  ヽ`ヾ|: : : :i!: :|     いやさー、一応は 公 式 サイト…
         l: : ::i: : : ::l: : : ./ |/   !:| l! : : :|   Y: :|:::: : ::| : |    いや、朝廷が下した設定…
.        l: : /l: : ::::l: : :/  |     !| l.: ::::|    ヾ:}::: : : |};: |    いや、沙汰じゃん?
     □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
     ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■   だから、それに従うのは
     □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□   当たり前だよ…
            ヘ:::|!:`ヘ| l               l::::|::i!:: |
          ヾ||:::::|:::::゙'s、.,  ⊂ニニ⊃   ,..ィ゙:::::レ' : :|     二次創作は
            | ::::|: : : .|::::≧=‐----‐=≦::::|::: : :|:::::::|     設定に忠実じゃないと
.   _y⌒ヽ-一ッ  |:::::::l: : : :i!´  {~     ~}  `|::: : :|:::::: |     いろいろとねー…
  ´      <´   .|::::::::}: : : :| . ヘー-一ノ  . l: : : i!、::::::|
 (        }   l:::::::ハ: : : lヽ  ',   /    |: : : l /,:::: |
  ヽ   _,,ノ   l ::::/ ヘ: : ::l 、ヽ ヽ /   .ノ|: : ://:ハ :: |
   ゝ一''      |:::::!   ヽ: ::l ヘヽ V  /´l: : /'   ハ:: |

461崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:47:12 ID:Yqa2.HEc

    /: : : ,./: : : : : : : :/: : : :/: : , '/!: : : : : : |: : :|: : : : : : : : :
  , ': : : ://: : : : : : : :/: : : :/_/ / l: : : : : : :|: : :|: : : :l: : : : : :
  /: : :/ / : : : : : : :/: : : :/´: :/ l` |: : : : : : |: : :|、: : : !: : : : : :
. /: :/   /,イ: : : : : /: : : : /: : / !  l: : : : : ∧: : ! \: :!: : : : : :
//    // |: : : : : :!: : : : ,! : /  !    !: : : :/ ヽ: :| ヽ`ヽ、 : : : :     そういえばさー、
     !'  l: : : : : l: : : :/.|: ,'   !    !: : : !   l: |  ヽ: ヽ: : : : :     こういうことってよくあるよね?
          | : : : : |: : :/ !|/'ー- |、    l: : l   ', l   ヽ: ヽ: : : :
         | : : : : |: :/l  |__   |     !: |.   、'|   ヽ;!、: : : :     ファンの間では
   □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  「裏設定」なんて呼ばれててさ。
   ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  さすがに公式じゃないから
         ヽ:| | |: :!               l、 ヽ.ノ,. ' /:/ : : | : l    その設定基にした二次創作は
           '.| | |: : \    、__          ` '´ /:/ : : : ,!: |    どうもマイナーだったり
              | |: : : : |ヽ、 ___  `ー'        ■/:/: : : : :/!/   後ろめたかったりするんだけど…
              | |: : : : |: :// ヽ         ,.. /:/: : : : :/´|: :
              | |: : : : |/ / /´.,'‐;!ー――,.i' ´-.//: : : : :/ : :|: :
              | |: : :/7 / / / l」 ,.. ''´:::::::::::::/': : : : : / : : |: :
              | |: : !         |/::::::::::::::::: , ': : : : : , ': : : : |: :

462崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:47:27 ID:Yqa2.HEc

       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‐-.、 __
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j::.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:. : : : : \:. : : :\
      / : : : : :/: : : :.:.:.:.:.:.ノ:.:::./ |::::.:.:.:: :| : : : :| : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘー-、::\
      |.:.:.:.:.:.:/.:.:.:ノ:.:.:::.:.:.:.:/.:.::/  |:::.:.:.:.:.:|`ヽ:.:.:|、:::.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ハ、  ̄
    |.:.:.:.:.:/:.:.:::/.:.::::.:.:..:;メ、::/  |:::.:.:.:.:.:j   }:.:|´|::::.:.|:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
     |.:.:.:.:/.:.::::/:.::::.:.:..://:.:/\  |::::.:.:.:./  /|::| |::::.:.|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.: :.|
     |.:.:./:.::::;イ.:.::::.:..://:/__ ヽ|::.:.:.:/ ∠__|:j__ |::.:.:l:.::|::::ト、:::::::.:.:.:|
   □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
   ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
    |.:.:.:.:.:.:.|::/|:.::::|:i   ̄       、  ̄■{::|::::.:/ |::7
    |.:.:.:.:.:.:.:ゝヘ:.::::`\         ,  ,    ノ::j:/i  |:7    公式サイトに乗った途端…
    |.:.:.:.:::.:.:.i:.::.:ヘ.:.:.:::::\   `ー'´ ̄   ,.イ::::::::::::.|  リ
     |i.:.:.:::.:.:.:|.:.:.:.:.:.\:.:.:.:::\‐- _,-‐、τ´:::/|::::::::::::.|       あっという間に
     j:|:.:.::::.:.:.:|:.:.i:::.:γ⌒ヽ、:.:.:.:.:/  }ー-ィ、 |:::::::::.:.|       「裏設定」ベースの
     |j:.:.:.::::::.::|.:.|:::./ `ー-、_ `ヽλ、 ,/    i| |:::::::.:.:l       二次創作だらけ。
     |.:.:.:.::::::.:..|:.:!:/〃ニニ〈` ー-'ヽ 〈    i| |::i:.:.:.ノ
     |.:.:.:.:::::::::::|.:.:j〃´ニニ〈ヽ、_,ノ )ヘ、 リ リ|:.:./        公式設定化って
     |:.:.:.::::::::::::|:::| γ⌒丶ヽ   ) イ.ヽ、j;/  j:/         スゴイよね!

463崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:48:43 ID:Yqa2.HEc

/'´   /: : : : : : : : : : : : :/ : |: : : : : : : l: : : !: : : : : :\ : \
     /: : : : : : : :/: : : : : :/: : ,!: : : : : : : |: : : l: : : : : : : :ヽ: : ヽ
    /: : : / : : : /: : : : : _/__:/ |: :l: : : : : :!ヽ :_|_: : : : : : : :ハ : :ハ
  /: : : /: : : : : /: : : , '"/!: :/` l: :|: : : : : !  !: |、` ヽ : : l: : l: : : !
  /: :,. イ : : : : : l: : : : : :/ |: /   |: | : : : : |   !:| ヽ: : :`: : ! : l: : :|
. / : / !: : : : : : !: : : : :/ !/   l ||: : : : :!  '.| ヽ : : : : l: : | : |
,': : /  !: : : : : : | : : : /  |'      l!', : : : |       ヽ: : : : l : | : !
     □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
     ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■  でさー、今回さー
     □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  公式設定になったんだよね?
      ! : : :! |:! :|: : l   ゞ-‐'     .    `ー- ■ ∧ : !ノ|ヽ
     l : : |  !:| |: : :!. '"'"'"    、__,、__,.   '"'"'" ,! : l: :|: |ヽ!  公式サイトに載ったんだからさー。
       ヽ: !  l:l:'l: : :| ヽ、   ,..、 !、  ,!     ,. イ : : |:| : !
      ヽ|   !| : : : l |: : l> l }.__` ´ _  <´ : /: : : :|! : |
            |:!: : : :| ! : |: : / l |  ̄ .!- 、:|:|: :/: : : :/: : :|
            ! |: : : :ヽ: :l: ,/ ,./..、    ヽ!::::\/: : : :/:!: : :|
         |: :l: : : : ヾ´/ ´  ‐ヽ.__/::::::::::!: : : :/: | : : |
          |: :ヽ : : : ∨      {   /::::::::::/: : : / \: : :|
            l: :/!:ヽ: : :l     /ノ   /::::::::::/ : : :/'::/ヽ: :|

467崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:50:03 ID:Yqa2.HEc

          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
 ̄ ̄□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ■□■□■□■□■□■□■□■□■□     父   殺   し   。
__□■□■□■□■□■□■□■□■□■________________
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l
  /: : /      l \ヾ、: l ヽ  l //l: :/
 /: : :l       l ハ ヾ、l、、l  l////l

朝廷と歩みを同じくしてモラルハザードを起こしていった…

468崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:50:32 ID:Yqa2.HEc

いや、実は、そんなものではすまなかった…

                                    -──―─‐-
         ,,==ニ=、、                  '"::::::::_:_:::::::::::::_:_::::::::::::`丶、
        //      ヾ              /::::::::::: /::::::`ヽ/:::::::}::::::::::::::::::::\
           l|      ,、 `            /::::::::::::::::::|^" ̄ ̄ ̄"^|:::::::::::::::::::::::::::',
      ,.-.‐┼.──‐´: ├─.-.-、._      / :::::::::::::::::/‐ト        _|_::::/! :::::::::::::::: l
    /::.::./::.::.::.::.::.:l::.::.::l:.::.::. ̄ヽ ̄ ̄`   /:::/::::::/:::::ハ::|       |:::/`ト:::::::::::::::::::|
   /:.::.::.//:.::.::.::.::.::./l::.::.::l.::.::.:::.::ヽ::.ヽ    //|:::::::|:::::,' ヽ!         j:/  !:::::,'::::::::::: |
  /:.::.::./:/.:.::.::.::/.:/.::ll.::.::∧l:.::.::.::l.:.ヽ:.::ヽ  〃  |:::::::|:::::! ,ィ≠ミ     ィ≠ミ |:::/ ::::::::::: |
  l.::.::/.::l.::.:.:/77‐ /l.::./ lA、_::.:l:.::.:ミヽ:ヽ   □■□■□■□■□■□■□■□■□
  |:.:://:l.::.::.:〃/  l |.:/  l|ヽ:.::.l.::.::.::l ヾ、  .■□■□■□■□■□■□■□■□■
  □■□■□■□■□■□■□■l    □■□■□■□■□■□■□■□■□  先輩!
  ■□■□■□■□■□■□■□l       | :::::::`ト、__ノ' ヽ、___,メ ::::/ノ::::l
  □■□■□■□■□■□■□■`       |:::::::::::ゝ _   マ ̄)  '' /::::::/:::::::::l   それ言ったら、
    l:l:.::.レ:.:丶_"   ー'ー  "_人l:./          |:::::::::::: |:::::|:¬ーr--‐r<V::::::/:::::::::: |   今回、もっと
   ll:.::.::.l::.::.l:.>┬-,、..-‐:T:l:.::.ハ/          \::|:::: |:::::j:ノノフ   ゝfV:::/|::::::::::: |   スゴイ設定が
   l.::.::.:ヽ.::.Y Y  '┤、::.:l.l:.::.l             `|ヽ:|/ /∨    j∨'´\j:::::::::::::|   公式になったッスよ!
    l.::.::./l:.::ヽ 「 ̄`l  >l:.::.:l.                |:::/\  {⌒⌒Yノ'     ヽ ::::::::|
   /.::./ミミミ、:.l  l  l  彡|:.:/.  おや?          |/     V~~~/         ヽ:::::|
  /:.:/ `` ミヾ:l、、ヽ l 彡/l.:∧             ノ  {   ヽ/   /    |:::::|
  /:.:/    l lVミミヽl彡/l l/ ヽ            /     \  ○\//       |:::::|

469崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:50:48 ID:Yqa2.HEc

               _,..-‐::─::─::─::‐-:.、_
           ,.ィ´:.:.:.:.:.:.iヘ:.::.:.:;ィ:i:.::.:.:.:.:.:.:`ヽ、
           /...:.:;':.:.:.:;|:.:|゛`゛"´"|:.:|:::.:.:.::i:.:.:.:.:\
        ,ィ´:: : : :.|:/.:/|:.:|     |:.:||:::.:..::|::..:.:.:.....ハ
       //:.:::i:.:.:.:.:|'::/ |::|     |:.:||V: : :|: : : : ::.:.:}   あのやらない夫が
       /:.::::::|.:.:.:.:.|:.:|  |::|     |::| |∨::||:.:.:.....i.:.:.:|   帝としてアリに
        /:.::::::::|.:.:.:.:.|:.:|‐-ヽ|-'   ーj/-|‐∨|:.:.:.:.:.|:.:.:.|   なったんスよ?
     /:.::::;イ:::|.:.:.:.:.|: |___    ____ |:.:.:.:.:.|:.:.;:|
     |://|::::|.:.:.:.:.|::|‐━┳    ┳━‐ |:.:.:.:.:.|::/:|   例え道理が通ってなくても、
       / |:::|.:.:.:.:.|:|ヽ.__,,ノ }-{  ヽ.__,,ノ |:.:.:.:.:|;'::::|   今回公式設定になった
          |:::|.:.:.:.:.|:}、___,,ノ , ヽ、____,,ノ|:.:.:.:.:|::i::|    手続きを踏めば
         |:::|:.:i.:..|::!:、     _,..-‐┐  ,|:.:..: :|::|::|    OKってことなんスよ?
         |:::;|::|:.::|:l:::::>‐-l____,,l-‐:'":|:.:.:.:.|:::|:|
         |/|:レ|:.:.|:::;r-‐'´ {‐'  `;} `ー-:|:.:.:::|::::|j
          |:::::ヽ:|/ヽ、   |___/   //:.:.:/、:::λ
□■□■□■□■□■ \  |  / / /:;/ ハ:::∧
■□■□■□■□■□`/  ヽ、|_//   '"、i    }:::::ハ  モザイク ナンザ イラン!
□■□■□■□■□■/  / ゛ \     |   `〉::::::}



       ,r:-::‐:::-:.、
        |:/" ̄`ヽ::}
    __,.:-┴::─ィ'ヽj/:‐:-.、
  ,.ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ::.::.:.:.:`ヽ、
 ,/:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::i:.:.:.:.:.::|:.:.:.ヽ、:::.:.\
../:.:.:.:.:.:.,'.:.:.:.:::i::.:|;/|:.:.:.:|:.:|i:.:.:.:ヘ:::.:.::ヘ    ほお?
.j.......:.:.:/:.:.:.::;-i‐- |:.:.:.:|:.:||‐-:.:ハ:::.:.:ハ
l: : : :.:/:.:.:.:.:.:/|:.:|. |:.:.::リj/| ∨:.:.:|::::∧:|   その公式設定になった
{:.:.:.::/:.:./::.:/__j;/_ |:.:/ __!__|:V:..}:.:}     手続きとはナニ?
∨:〃::/:.:./オ≡≡ j;/ ≡≡|:.∨::/
. ∨:.:/:.::/:|          ’|::.:|;/
  |::/.:.:/::.:|、゛   ー'ー'   ィ|::.:|

471崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:51:50 ID:Yqa2.HEc

           武 力 で 勝 て ば





                /:.::::;イ:::|.:.:.:.:.|: |___    ____ |:.:.:.:.:.|:.:.;:|
                |://|::::|.:.:.:.:.|::|‐━┳    ┳━‐ |:.:.:.:.:.|::/:|
                  / |:::|.:.:.:.:.|:|ヽ.__,,ノ }-{  ヽ.__,,ノ |:.:.:.:.:|;'::::|
                     |:::|.:.:.:.:.|:}、___,,ノ , ヽ、____,,ノ|:.:.:.:.:|::i::|
                    |:::|:.:i.:..|::!:、     _,..-‐┐  ,|:.:..: :|::|::|
                    |:::;|::|:.::|:l:::::>‐-l____,,l-‐:'":|:.:.:.:.|:::|:|





                                      無 問 題 。

472崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:52:10 ID:Yqa2.HEc

               う わ ー 、 新 し い 公 式 設 定 山 盛 り だ ね !

                  (⌒)
                 (こ○こ)       ,-、
                  (___)       てOう
                     _      ‘ー’   (⌒)
    .        ,-、       //⌒   /     (こ○こ)
           てOう      〈.::.{  __, ベ.ー-<   ‘ーヘ_ノ    _,.-:‐::‐::‐::ー::-::-.、
           ‘ー’      ,ゝ'´.::.::.::.::.::|.::.::.::.::`丶、      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  / :.::.::.::.::.::.::.::j.::.::.::.:: く ̄    /::::::r::::::::::,,_;;,r'" `~i::::::::::::\
             {ヽ   ,'.:/.::.::⌒/|.::.::ハ⌒.::.::.:ヽ ハ  /:::::::イ:|`゛|`"´ |  ,-‐|::i::::::::::::::i
             ∨\_ {/.::.::/:./ |::/ ヽ\.::.::|.::V } /::/::::/|:|‐-i   , -‐- 、|:|:::::::i:::::::|
    .          / / ∨イ.::/≡≡l/  ≡= ハ.:.|ヽ「∨ //|:::::/ |:|-‐-、.  i    リ::i:::::|::::::|
             ヽ_{     |.:ハ:::::: 、_,、_, ::・{:.Ⅳ ∨'" |::::::|yリ   }^弋_.___ ,ィ:::|:::::|ヘ:::|
               \.  |ヘ.::.:l、 _(_ ノ_ イ.::|  /    |:::::::|弋_ __シ      |/|:::::|ソ:::|
              /.::.\ ヽ::|   ∨{  / |.:/ .xく     |/::::|',    ,-‐ ̄`ヽ.   |:::::|:::::〈
            /:/.::./\ ヾ\ 「] /| ノ'/.::.::l     メ::::::|ヽ、  γ    } ,ィ|::::|::::::::{
            /.::./.::./.::.::.: _}   |lヽV/ l|r'´.::.::l.::.|    |:::::リ /|:`>‐- -‐<::::::.ノ::λ:::::::|
           l_;斗-く :.::.::. 〈 j   >ω<.| :.::.:: l.::.|  ,ィ  ̄`)ヘ:| |::/: :|    /: ::/::/: : :\:|
           V`ーく¨ヽ.::j≧ヘ  /  ∧ }| :.::.:: l.::.|  {   ̄`}ノ  /: :: :| ̄ ̄/: : :|;/:,ィ'TT^ヽ
           /.::.::.∧/∨l|  Ⅵ_/  レく :/l.:|l:ノ  `廴 ~ツ  /\: : :|  /: : :/ 廴   ノi
    .        |.::/l.::ヽ_,,斗‐'´/ 了丁 //  リ  {三三三}.ィ'"  \:| /: :/   {三三三}

           こ ー り ゃ 、 勝 ち コ ミ (ケ) が 楽 し み だ ね ー !

473崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:52:28 ID:Yqa2.HEc

                    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                   /::::::::::::::::::::::::ヾヽ
                  .i:::::::://///::::::::::::::::::|           ………
                 .|::::::/ ::////⌒⌒ i.:::::ノ
                .|:::::/         |::::|          新しい公式設定のせいで、
                 |::/.  .ヘ    ヘ.  |::|          ウカウカしてると
                 .⊥|.-(=・).-.(・=)-.|⊥          私のこのポジションも
                l .!:;  ⌒´.し.`⌒  ::|. l          危ないかもしれませんね。
                 ゝ.ヘ         /ィ
               __,. -‐ヘ  <ニ二ニ>  /─- __           先にみ○もんた処分しとくかな…
          _ -‐ ''"   / !\  ̄ /!\     ゙̄ー- 、
         ハ       /.  |ヽ  ̄ ̄ /|  ヽ        ハ     ▽米宏とか森×毅郎も
         |  ヽ      く     ! . ̄ ̄  !    .>      / !    復位を狙ってるかもしれないし…
           |   |     _>  .|.    .|   <_      /  !
          .∧   !    ヽ     |    |    /     i  .∧   堀尾□明もやっとくか…
       / \  |     ヽ    i    i   /      | / ハ
       ハ   ヽ |     ヽ    !    !   /      |    /ヽ
      /  \   |      ヽ.  | .  |  /       |   // \
     /     \ |      .ヽ  i   i /         | /- '    ヽ
     /, -──‐-ミ」        , ‐''二二⊃、       |/  / ̄ ̄`ヽ!
    レ′   ̄ ̄ ̄`ー─---、_/ ′二ニヽ' \--──┴'' ̄ ̄ ヽ   |

475崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:53:56 ID:Yqa2.HEc





                         疑心暗鬼の無限連鎖…

                     日本から秩序が消えようとしていた…




.

476崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:54:07 ID:Yqa2.HEc





               日本を急性無連帯(acute anomie)が覆いつつあった…




.

477崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:54:20 ID:Yqa2.HEc



      アア
     「嗚呼、
     
     ミズカ コボ       マ      コレ コボ  トド     アタ
      自ら毀つの家は、復た、人の之を毀つを禁むること能はず、
     
     ミズカ     クニ   マ     コレ      トド     アタ
      自ら伐つの邦は、復た、人の之を伐つを禁むること能はず。」
     
     
     
     栗山潜鋒『保建大記』



※作者意訳
自分で壊れていく家は、人がその家を壊そうとするのを止めることはできない。
自分で壊れていく国は、人がその国を壊そうとするのを止めることはできない。


.

478崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:54:32 ID:Yqa2.HEc





        武 者
       「 ム サ ノ 世 ニ ナ リ ニ ケ ル 也 ケ リ 。 」


       『愚管抄』




.

480崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:56:15 ID:Yqa2.HEc

               //r'jr'゙        、 ,   V  !
                 !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、    【 源 為 朝 】
       r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ
       {廴___ア { {,〈   `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ    父・為義とはその後別行動をとったが、
      -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_  父同様に逃亡中に病を得る。
__  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪_ 闘病のための湯治中に近江国坂田で捕縛。
⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー____________________
l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
_ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
               || lハ 丶      ̄`      イ トV7
こ二二 ヽ     ||   \ヽ{  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
     \\    ぃ  〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
       丶 ー  `、、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //

『兵範記』 八月条 廿六日 乙未
「謀叛党類為義八郎源為知、前兵部尉源重貞搦進之、日来之間、窃経廻近江国坂田辺、
不慮之外、尋伺搦取云々、先参殿下、次奏聞公家、明朝可為参陣頭由蒙勅定了、」

482崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:56:34 ID:Yqa2.HEc

     既に保元の乱から一ケ月経過しており、彼の武勇を惜しむ声から死罪を免れる。

                           ___
                          ,r'::::::::::::`:ヽ、
                         x彡イ´ `ヽ::ヽ
                          r'´   __  {::::ハ
                          リ  ィtュ,  }:::::ヘ
                           〈r。〉     〉〈 ヽ 、
                          l `__   彡:::: ノ:::::ヽ
                              | ├ーーヽ  `¨'i:::::::::ノ
                             | }_____丿 ,メ  ,八::::::ヽ
                            } -‐  、メ ./-‐ヽ从ノ
                ヘ   .∧    人___,ノ:::::::::ソ::::〉
                | ヘ   / 〉__,、___}::::::||:::r彡::::::::_,ィ≪ r'⌒ヽ
                |  〉'´       \:||‐':ノ>'´    |    \__
           、─-<_ノ .´ /ミ        ヽ'´      -‐ヘ、     `⌒ヽ
            \   ヽ /   /三≧x、   _,ィ≦ミx    __ヽ、__     ` ̄`ヽ
              >、__,ノ./ヽ、 /三三三/ /三三三ム   ´    ノ___,ノ: :/    人
             / イ  i    i三三三/ . /三三三ニ=---、_____,ィ´ : : : : : }    /
             | i   |ー-  寸三三i  i三三/            ヽ : : : : |  ヽ i
           二 ̄ ̄) ,ム    寸三:ノ  |三=人              : : :ヘ、  }
           三三ム  iミムー   `¨´   `゙寸三'ー──--、       : : : : `ーr'
           三三_ム |三ハ、 ハ  r≦三ミx   ___   ,/三=≧= 、___,r‐、__: : : :.:|
           三三三i .|三三三ミ   |三三三リ  |三ソ ,イ三三|        \: : |

弓を射ることができないように左腕の関節をはずし(一説には腱を切っ)て伊豆大島に島流しとなった。
残念ながら為朝の処分について信西がどれほど噛んでいたかは調べがつかなかった。

483崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:57:54 ID:Yqa2.HEc

              ,xイ彡ィ≠=-ミムイ≧、
            ,ィイ彡'"      `'"'¨ヾ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /i|イ{!l}      __\  /   ', ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           iイ川イ    ___  、`" ,'   ',   彼のその後には、2つの伝説がある。
           |i|川i{   ー'" ,-。、リ '{イ__ ノ   記録として残されているが故に、伝説と呼ぶのも
          /`ゝil|{ i   ーニ' ;'、 ヽ゚‐' 〈    いささか微妙な表現ではあるが、
          i  {i川八     ィ' ---'  }    内容は伝説と呼ぶにふさわしい話である。
______ 入 ゞ='" ヽ   ,__,.二 __  〈__________________________
         川!lゝ┐     ,ムー'ー'ーイ. |      .,r──-、
         イ川l|ム !      i::::::::::::::::::::|  |     /、_i´   ヘ- 、
        彡'ィ川i|l}ヽ、     ゙ー──‐' .ノ  /`ヽ!  /⌒  ',  }_
       {:イ/l:|イ彡  ` ー 、  ィニ _,メ }  {  __ ,イ´   /`ヽ⌒ヽ
        ,从イィー r───‐人____ノ   ',  /       /  .〉`ゝ'、
  /i      Ⅳ.イ し、.´ ̄ ̄ ̄`ヽ | r─i.   ヽ'   / ./  ./  /  〉、
. / .|       | 人_ノ   三ニ弋_| | レ' |    i   /     /  /  ′.}
/  |_ , . -- ─ヽ、_     ニニ、_ | _|     {   {     ,         リ
.   |__   ヽ ヽ   イ `ニ==‐-、_ } | i_i、ヽr 、人      ,'       / , ィ
_,ノ `゙ヽ    //               ゙ー‐┴ ヽ            .// /
      \/ /      /三≧x、   /三ム __ }            /  /

484崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:59:43 ID:Yqa2.HEc

その伝説の一つは…
__________________________________________
\ 丶 ヾ 丶v \ ヽ \\ \. 丶                 //r'jr'゙        、 ,   V  !
ヾ丶\ 、\ヽ 、丶\ \丶丶 丶丶                !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !
 ヽ 、ヾ 、ゞ ヾ丶 ゝ丶\ ゝヽ丶ヽ                rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙
 ヽ \ 丶\丶ヽ\ 丶  ヽ ヾ ゞ\ヽ              ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、
\ 丶 \ ヾ 丶丶\、 丶丶ヽ \           r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ
ヾ丶\ 丶 ヽ丶 丶 \ヾ \ヽ \          {廴___ア { {,〈   `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ
 ヽ 、ヾ \ 丶 ヾ丶\ \ \ ヽ\       -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /
 ヽ \  \丶 ヽ \ \ヾ丶 丶丶丶 __  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙
\ 丶 \ ヾ 丶丶\、 ヽ \ \.   ⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7  、_
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \ l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、
__,,.. .-‐ '''""~" .;",:;".;..;.,:;".;.".;" _ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`
.;.;".;.;";".;.;"..;.;";.;.,: ;.;".             || lハ 丶      ̄`      イ トV7
.;.;".;.;".;.;".;. ,:. ;;: ;.;".;.;".;.; こ二二 ヽ     ||   \ヽ{  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
".; ;".;.;" ".;..; .;".;..;".;.;".       \\    ぃ  〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
.;.;".;.;";".;.;",:.;.;".;.  ;.;".;.        丶 ー  `、、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //
".; ;".;.;".;.;".;..;".;.;".; ;".;.;  、        ̄\ 、 ヾ、\ └┘| {_/ ニノ ///
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  伊豆大島へ向かう彼の船が嵐で遭難したという言い伝えから始まる。

485崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 21:59:56 ID:Yqa2.HEc

為朝はとある島の村に流れ着く。
_________________________________________
        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ::.:.:.::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::.:.:.:.:.:.:.
        :...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:..:...:...:...:..:..:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...
       . .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .          . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
       . . . . . . . . . . .                      . . . . . . . . . . .
                               / ̄ ̄\
                             /       ヽ
       ____________|_____|____________
                --_─ - ─_-_─ - ─ - ─_-_─ - _--
                  -  ̄─_─ ̄─ ---- = ─- ̄-
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                             やがて村の有力者の娘と結ばれ、息子をもうける。



        ./           i  ヾヽ、 ゙i. ヽ    ゙i
        i           , l . i i ))ノ .!     .i
       i"        ,. / ,/ ノ ,! !,リノ! .!    i l
 ̄ ̄ ̄ ̄ !       ////ノ_/"' ヽ. :.  :i l ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       l     _/`ーーー'"'"      \:、 リ リ   息子は成人し、
       .i!    ./ ̄ニニヽ-、_   _,..-=ニニ二゙リ,! ,!    村長に留まらず、
        ヽ.  ,.-、!.ミ!"P0テ`     f"P0;)゙゙F !,.、. /    大臣にまで出世。
         \.トヽi ゙ヽニニ-'  ,.   ヽニニr'゙ /,: レ!
          ヾヽヾ、      .ハ       /レノ/     やがて、混乱の続いた島を
           \゙ー:、     ``      /‐"/      安泰に導いたという。
________Y! iヽ、    (  ̄.)   ./ ハl_____________________
             )ィ  _i:::....._   ̄ _,..ィ〔 ! (_.>
             "ヽ__ト‐i=ー==;=-≦'i.ト-‐'"
          ___,...-l.! :E ┌i l i'゙l ヨ.,!ヘ____
      _,..rニ'" 、__>-' -ミミ≧.ヽ川ノ_ノ",  ヽ<_>、,___
    _,.-'ー-ニ..><_,.-‐‐-、 二ニ十ニ---、┌' ̄`゙i7、__,.>、_
   / ,  i  、   、ヽ.__j l"   l.l.l    ! ゙ー--'/ i  、 .i ヾヽ
  ./ /  ハ  ヽ.i  .! !    l   l.l.l    !   ̄ソ! .!  l ∧ .l l.i

486崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:01:22 ID:Yqa2.HEc

名を 『 舜 天 』。
__________________________________________
                       /           i |          ヽ
                     i            //          i
                     ト、        / ,//∧          |
                     ', \__∠ノノ/´   \、       |
                      ゙、 丁, 三_   ヽ,.二三  i ,- 、   /
                        ヽ i 、!Uj      lUj ,  } h } |   /
                        }l         ̄  ノ イ_/  /
                        `1    ` _         }   /
                         ヽ   ` ’      ジ   (
                          |:i\      _. ィ _>i | レ′
                            ̄`F寸斤一 i ´  レ'_____
                      ,.ィ===ァオ「 |.リ   /   // ニ二 ̄
                     //∧ ̄〕 \ヽ!_,∠ -'´ く_  //|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
三代しか続かなかったが、琉球における2番目の王統となったと琉球正史『「中山世譜』は伝えている。

488崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:03:01 ID:Yqa2.HEc

実際には為朝は遭難してはいない。
_________________________________________
               |  |  /          ミ     ,/:::::      |
              ,丿,., v:"   ,,ゝ~”"`\  ,i     ヽ::::      i
             ,/,,-"'ヾ   ゞ; ",,,,, `     /      ,):      ,i
             ,i ,";"`_ヾi ヾ,"ノ" o "`)         /:::    , へ i
             i "< ~o_/"  ;  `=~"''''~"        ,/::::   / " `i
             .ヾ ~ "丿     `ヾ,,__,,..        ヾ,    i  ,ヘ , i
             / ,,//               i    i::    i /   /
            .|  ,, i""   ヾ         ,/     |:::  i <~  i
              i  ((,, ,ゝ;._,,ノ          ヾ    /::    i  ヾ/,
              ,i  " "~丿 "           ヾ ,,,/::    ,i  / ヾ
             ヘ <   ,,,,,..........,,,,,,,,,.,,ゞ.---- "ヘヾ`iζ:     ソ__ソ   ヾ
              i ,`i""___;:._______,,,,ゝ------=,/ ,iξ    ,,i:::::    ,, ノ
              i ("ゝ--------:::::....______,..../ 丿ξ"" /i i i::::     .,ヾ
              i ヽ,,;;;;;;:::,.........,,           ξ,,,,/丿" i::::::     \
             丿   `;:::::=-'"      ソ,      i   ~  i::::::::      \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 そして、今ひとつの伝説は、彼が伊豆大島に流されてからの話である。

489崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:03:16 ID:Yqa2.HEc

   .;      ./       \  /    /`´      /
   ! ^.ヽ--'゜ ~|   相模   ヽ/     /       |
   .l       /   ,,.-─-ーt、}   _/  上総   /
\ /.  駿河  ヽ_   /      ;. ヽ ヽ         /
    ,..-‐、.._. _/.\r´      ヽ /  /__..-, ._..,;-^
  ./   __/.  (            | 安  ./゛      流罪から10年後、
 _..ノ    .l    .ヽ、        、-. 房 ./       左腕の傷が癒えた為朝は
/゜     r 伊豆 /          ヽ--´         伊豆大島と伊豆7島を斬り従え、
      |     /    .;..、                 舅となった伊豆大島代官を脅して
      ./   r^    ||←伊豆大島         伊豆諸島を所領としていた
      .\ /       ~~                 伊豆介・工藤茂光に対し
        ~      利島                 年貢を納めるのを拒否しだした。
          式根島 新島
         神津島                     信西が「避けるべき」としていた事態が
                                   発生したのである。
                  三宅島

                   御蔵島

               かなり南に ↓ ウキタアイランド

491崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:04:42 ID:Yqa2.HEc

嘉応2年(1170年)、伊豆介・工藤茂光は上洛して為朝の乱暴狼藉を訴える。
_________________________________________
         /     ヽ|  lヽ    / l       ヽ\.  | ||       ヽ\         ,、 ||ヽ
        /        ヽ ヾヽ,.ミ-、/ 丿    ,..   \ヽ. | ||         ,..\ヽ.      / \.||
   ,..    ./         ノl ̄ヽ ミ   ||   / \   ヽ\| ||      ./ \ヽ\   / ●  \
  / \/'''‐-,,,,,____,,-‐' /ヽ_ノ ミ   || / ●  \.  \| ||    / ●  \ヽ\ `''ー---ー''く
/ ● /"'''‐-,,,,,___,,-‐' / ヽ彡    || `'''ー---,-、く     | ||ヽ   `'''ー---ー'''く ヽ\ノ `ー'`ヽ
`'''ー---/"'''‐-,,,,,____,,-‐'' ,/彡      ||ノ_,,`ー/ .\ヽ.  | ||ヽ\ ノ_,,`ー'`,⌒`lヽ、.   ;"'''ー- .,,_
/ ノ`ー' "'''‐-,,,,,______,,-‐'' 彡       ||ノ //_,,,......,,,_\.   | ||  ヽ\、,,-‐''ヽ ,/`l ヽ  / ● _,.-'"
/ ヽy,;--ー‐""'''‐-,,,,,_ヽ  ノヽ、 彡     || | `'ゝノ、,_、 ,ヽく   | ||   ヽソ-ー''''''`ヽ'  | /_,.-‐''"/`ヽ
  /    //     ~""','、,,ノ`y彡      |'  /丿//y//,⌒`、 | ||_    ヽ\ヽ、.  ノヽ、/丿 ノ_./
/,,-‐'''""~""'''‐-,,,,,_  /ヽ  /l       | く,ーく| `'''' Lヽ ヾゝ,| ||ヽ    \ /ー''' 彡 ヽ| ヾ   /
''"    //      `yヽノ`ー' |.     /|ー-ヽ、ヽ     ./ /( レ'ノヽ     / ≡ /ヽ___/ヽ、ヽ-‐、
,,,-‐'''""~""'''‐-,,,,_ / 丿ヽ   |    , //|'''' ‐-ヾ)う"''' ‐- ,,,l' `'゛/ |     ー';'''  / ヽ、 ヽ-ー''
   //      `y':/‐'      |    .// |   / "く`"''' ‐/  /  /.      (  くヽ、ノ\ /≡/ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
彼の主張は受け入れられ、討伐の院宣が下る。
         同年4月、茂光は伊東、北条、宇佐美ら500余騎、20艘で伊豆大島に攻めよせた。

492崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:04:56 ID:Yqa2.HEc

                ___
               ,r'::::::::::::`:ヽ、
              x彡イ´ `ヽ::ヽ
               r'´   __  {::::ハ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄リ  ィtュ,  }:::::ヘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                〈r。〉     〉〈 ヽ 、    この戦いでも為朝は弓の腕を発揮。
               l `__   彡:::: ノ:::::ヽ   攻め寄せる船の底を射抜き、
                   | ├ーーヽ  `¨'i:::::::::ノ   兵員を載せた船を兵員ごと沈めている。
__________| }_____丿 ,メ  ,八::::::ヽ________________________
                 } -‐  、メ ./-‐ヽ从ノ
     ヘ   .∧    人___,ノ:::::::::ソ::::〉            保元の乱では
     | ヘ   / 〉__,、___}::::::||:::r彡::::::::_,ィ≪ r'⌒ヽ         一矢で2人射殺したが
     |  〉'´       \:||‐':ノ>'´    |    \__      今回は一矢で何人葬ったかな!?
、─-<_ノ .´ /ミ        ヽ'´      -‐ヘ、     `⌒ヽ
 \   ヽ /   /三≧x、   _,ィ≦ミx    __ヽ、__     ` ̄`ヽ
   >、__,ノ./ヽ、 /三三三/ /三三三ム   ´    ノ___,ノ: :/    人
  / イ  i    i三三三/ . /三三三ニ=---、_____,ィ´ : : : : : }    /
  | i   |ー-  寸三三i  i三三/            ヽ : : : : |  ヽ i
二 ̄ ̄) ,ム    寸三:ノ  |三=人              : : :ヘ、  }
三三ム  iミムー   `¨´   `゙寸三'ー──--、       : : : : `ーr'



しかし、多勢に無勢…
_________________________________________
                         -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_
                   __  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,
                   ⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、_
                   l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
                   _ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
                                  || lハ 丶      ̄`      イ トV7
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                        本格的な上陸が始まる前に彼は自ら命を絶った。享年32。

494崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:06:16 ID:Yqa2.HEc





こ れ が 記 録 と し て 確 認 で き る
_________________________________________
                    -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_
              __  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,
              ゝ;:ヽ-‐―r;;,   '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、_
          ,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
          "`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
             〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}     ̄`      イ トV7
            ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
            (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、 〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
            "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //
              (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:) ヾ、\ └┘| {_/ ニノ ///      / ,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                 『  切   腹  』

                                 の 最 初 の 例 と な っ た …




.

495崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:07:35 ID:Yqa2.HEc





                この自らの命の絶ち方は
                新たに世にはびこりだした

                  「 死 の 賛 美 」

                 「 散 華 の 美 学 」

          と相まって、武家の間に浸透していくこととなる。




.

496崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:07:52 ID:Yqa2.HEc





          散華の美学、その一例なのが『平家物語』、一の谷の合戦。

                        ∩___∩
                        | ノ      ヽ
                       /  ●   ● | クマ──!!
                       |    ( _●_)  ミ
                      彡、   |∪|  、`\
                     / __  ヽノ /´>  )
                     (___)   / (_/
                      |       /
                      |   /\ \
                      | /    )  )
                      ∪    (  \
                            \_)

我が子と同じ年頃の武士、平敦盛を斬ってしまったことに端を発する、熊谷直実のエピソード。

                 能の傑作演目の一つにもなった。




.

497崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:08:06 ID:Yqa2.HEc





                     タイトルは 『 敦 盛 』

                             ∩___∩
                           /  ノ   \  ヽ
                           | ●    ● |
                         彡   (_●_)    ミ
                          /、   |∪|    ,\
                         /.|     ヽノ    | ヽ

            殺した方ではなく、殺された方がタイトルロールになっている。

           そして殺した方も殺された方も、両者とも涙を誘う対象であった。

                       まさに散華の美学。




.

498崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:08:25 ID:Yqa2.HEc

        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |                 最高の歌詞を
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .   最高の節と
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..    最高の声で…
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´



   .r-、 _00           /::::'┴'r'
   .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
   .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
   . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
   、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
   . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
           ____
          /  ノ_ ヽ,,\
        / ≦゚≧ミ:≦゚≧     オレ様の今様をきけえええええ!
        |    (__人__)|
        |     |r┬| }     ゲーッハッハッハッハッハ!!
         |     | | | }
       .  |.    `ニニ  }
       .  ヽ      }
          ヽ    ノ

499崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:09:44 ID:Yqa2.HEc

              .r-、 _00           /::::'┴'r'
              .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
              .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
ノリノリなとこ      . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
申し訳ないですが…  、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
              . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
                      ____
                     /  ノ_ ヽ,,\
    / ̄|             / ≦゚≧ミ:≦゚≧
    |__|             |    (__人__)|   なんだ!?
   (,,゚Д゚)             |     |r┬| }
   (  P `O            |     | | | }    この新たな治天の君に
  /彡#_|ミ           .  |.    `ニニ  }   何の用だ?
   </」_|凵_ゝ          .  ヽ      }
                     ヽ    ノ



                     / ̄ ̄\
                    /  _ノ   \
これ、亡き鳥羽院の       |   ( =)( =)
遺言なんですが…         |      (__人__)
                   |     `⌒ ´l
    / ̄|             |         }      ああ?
    |__|              ヽ        }
   (,,゚Д゚)              ゝ     丿      今さらなんだ?
   (  P `O       ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
  /彡#_|ミ      i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
   </」_|凵_ゝ     i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|

500崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:09:56 ID:Yqa2.HEc

                           / ̄ ̄\
                         /   ノ_ ⌒\
                      |  ( _)( 。)
                         |      (__人__)     あれ…?
                        |     `⌒ ´l
                       |         }
                       ヽ        }
                        ゝ     丿
                   ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
                 i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
                 i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|



                           / ̄ ̄\
                         /   ノ_ ヽ,,\
                      |  ( 。)( 。)
                         |      (__人__)     どゆこと…?
                        |     `⌒ ´l
                       |         }
                       ヽ        }
                        ゝ     丿
                   ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
                 i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
                 i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|

鳥羽上皇の大量の資産は、彼の愛人・美福門院とその娘・暲子内親王(八条院)に相続された。
そのため、やらない夫の資産は藤原頼長から没収した所領から形成するしかなかった。
「やらない夫が暲子内親王に頭が上がらなかった」という表現をよく見かけるのは、これが原因。

501崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:11:39 ID:Yqa2.HEc

                           / ̄ ̄\
                         /   ノ_ ヽ,,\
                      |  ( ◎)( ◎)
                         |      (__人__)     えーと…
                        |     `⌒ ´l
                       |         }
                       ヽ        }
                        ゝ     丿
                   ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
                 i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
                 i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|

あたり前である。院の所領は皇室のモノではない。「個人の資産」なのである。
誰に相続させるかにルールなんぞない。白河が、そして鳥羽が父や祖父から受け継いだものを
やらない夫は相続できなかった。



                           / ̄ ̄\
                         /   ノ_ ヽ,,\
                      |  ( ⌒)( ⌒)
                         |   i   (__人__)     でも…
                        | ∪   `⌒ ´l
                       |         }      治天の君だから
                       ヽ        }      まあ、気にしなくていいよね…
                        ゝ     丿
                   ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
                 i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
                 i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|

   治天の君は私的権力である。制度化されていない権力である。
   所有した個人が消えれば、個人とともに墓の中に行く可能性のある権力なのである。

503崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:13:00 ID:Yqa2.HEc

  彼は治天の君を受け継げたのか? 受け継げなかったのか? いやそれ以前に…

                        / ̄ ̄ ̄\
                      /         \
                     ./          ヽ
                     .l           l
                      l             l
                      .l           l
                      ヽ          l
                       ヽ         l
                        .)     __,,../
                       /===、_〈
                     /       \
                    /            ヽ
                   .i       、    . l
                   .l i         l     l
                   l .l        l     l
                   l l       . l     l
                   l l       . l    l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    治 天 の 君 と い う 権 力 は こ の 時 点 で ま だ あ る の か ?
_________________________________________

504崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:13:12 ID:Yqa2.HEc





             あれだけ徹底的に皇位の権威が破壊されたというのに
             
                治天の君という権力まで失われてしまったら…




.

505崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:13:23 ID:Yqa2.HEc





                    天皇に何が残されるというのであろう…




.

506崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:13:34 ID:Yqa2.HEc

好意的に解釈すれば、この時点でやらない夫は気づいたと思う。
「治天の君」という権力は、鳥羽上皇が墓に持っていってしまい、

     も う な く な っ て い た こ と に 。

          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        / ;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'; \
       / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';  \
     /   ;:::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::;   \
    │   ;::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::;   |
    │ /=≡==、、\::::::::::::::,,/ ,,==≡=ヽ、 l
    │ //      ヾ、 :;:;:;:;:; ツ 〃       ヾ,|
    │           :;:;:;:           │
    │ ``―==''" ":;:;:;:;:;:;:;:;゛ ゛ー=====彳│
    │  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   │
    │  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   │
    │  ;:::::::::::(___人___)::::::::::; U  |
    │  ;::::::::::::::::::::|       |:::::::::::::::;    l
    │  .;:::::::::::::::::::|       |:::::::::::::::;     |

『現天皇と血縁的つながりを持たない者』が資産を継承した時点で、
それも集約ではなく分散、分割という形で継承した時点で

    治天の君というメカニズムは動作しなくなった。

『権力の基盤』とその『行使の機関』が別々になってしまったのだから。
                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

507崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:14:42 ID:Yqa2.HEc

                      / ̄ ̄ ̄\
                    /         \
                   ./          ヽ
                   .l           l
                    l             l
                    .l           l
                    ヽ          l
                     ヽ         l
                      .)     __,,../
                     /===、_〈
                   /       \
                  /            ヽ
                 .i       、    . l
                 .l i         l     l

      好意的に解釈しなければ、やらない夫は徳川埋蔵金のごとく

                「あるとしか言えない」

      治天の君という幻にとらわれ続ける生涯を送ることになる。

この時点でもし治天の君という権力が残っていたとすれば、可能性があったのは…

508崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:14:54 ID:Yqa2.HEc

               ,i;;;;;;;;;;;;;":::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:::::..: : ..'i,
               i;;;;;;;;;;;'',:::'::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.. 、::. : :...l
                 !;;;;;;;/: ::.::.::.: ::.::.::.::.::.::.::.:_;、::.::.:.;;、;:.::. : ::.::.::.::.::.::. : : :゙'., :.:..|
               |;;r";´: : : : :;. : : : : : : : :./;;;;;`V´;;;;;';: : : : : ::. : : :: : : : : :゙、:..l
               i´;;;; ;;;,'; : :.i':. : : : : : : ; :l::.:``゙''"´:.:::i: : :. : : ::. : : ::. ::.::. ::..i:..|
                  i"/;;;;;;;';::.:.:.|::.::.r :; ::..::.l::;!:::       :::!;、::.::.::.i::.:.:.l::.::i::.::.::.'i:.i:..|
                  l;i'l;;;;;;;';:.;;::.:ヾ;::i;::.l,.:|::.:'lヾ、     ,リ'/;:.::.i.リl::.::,l::.:;j;:.::}::..リ::..!
               i!lヾヾ;',:;;゙、i_::.ゞ、:i゙i,\i,ヽ`    ´ノ,ノノ'リ_i;;,=i∠!,:ィ'::,イ::.!::..!
               `i|;l゙ヾr、;;_;ヾ、ミゞif;j;i'';r`、,_,.  、_,.-ー,ィi;f;''jー;彡丿,r'^リ::.:i:::.',
               ,i;;;|;;;;;゙i、ドi,´ 'ヽ ゞ。;ソ,゙' 'ヽ   ` `, 'i。;ソ_,.'" ,i/.j /i|;:;|;:::.i
               /;;;;li;;;i::'、t,'.,l  ´"' ゙̄    ',       ´ ゙̄`  /r',彳l;:ト:',:::.',、
              ,/;;;:;;;'i;/,'ゝ、。;l,          ,         ,/,゚r'ヘ\:::.::!:::..',ヽ、
               //;:;://::::::::::゙''ヽ,         .:l         /::: : : : `、ヽ,::l::::.i,::..\
              f;;:;;:、//: : :. ::::::::::::::ヽ、      ゛       /,l::.::.: : : : :.ヽヽ;'i、::.l::.::...';
           ,/ー//: : : : ::.:::.::::::::::::::'i;\    ‐一'''   ,/r'〈:::.::.: : : : : :./:/;:;:',`゙'.、::.:.!
        r''''イ..:..:゙、.:ヽ, : : : : : : : ::.::.:::::::/;:ヾ;゙,,、      ,/,f";;:;;;゙,、::.: : : : : ,':/;:;:;:l:'l,,r=-゙:i、,
        !..:.!.:. : . 冫、:ヽ、: : : : : ::.::.::;,/;;;:;;;:;:`;、ヾ,、,, _,,.ィ' /゙;;:,i";;::i,ヽ: : : : ::,i:,l;;;:;:::::i.゙|".:. : :.:゙''-、
        ,!.:.:l:: : : : il; : :゙ヽ,゙''、 : : : : :,;i'::l;";:;;;:;;;:;;;:゙ヾヽ,,〃f´;;,r'';;;:;/;;;゙レ'゙'、: : :,/:i';;;:;:: . .i .l': : ::;;r‐==ゝ,
       i;:.:.:l゙:.:. : : ::》; : : :i}'、.:ヽ,::./,、-i;;;::;;;::;;;::;;;::;;;},Y,{;;il;'",;''゙r''';;;;;ノ人 ',\/:/;;;;;.::.:: .i./:: :〃:: : : : : ::ヽ
       /;;:.::l: : : : :,il':: : ,;il'.:.:.:\`,rヘ ;゙'i:,l;;::;;;;;!;i!r";r'iク;il";;;;'";;;;, -'":..:i'^ヽ:/i;;;'.::::::::.,/: ,if":: : : : : : : : :゙',

暲子内親王(八条院)ではないかと思う。 やらない夫でなく彼女が近衛の後継として女帝になっていたら…?
彼女に権力志向があれば、『権力の基盤』とその『行使の機関』が別々になることなく、
治天の君は機能し続けたかもしれない。

509崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:16:18 ID:Yqa2.HEc

暲子内親王(八条院)は最終的に美福門院の所領も継承。荘園の総数は220ヵ所以上に及んだという。

                    /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/:::::::/:/::::::::::::ミヽ
                      /::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::/::::/:::::::::/:/:ハr'ヽ
                  /::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::/::::/::::::/:/:::レ::イ::T:l
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ:::|:::::ハ::::::|::|::/|::::::|:::::::|
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::::::::::::::://|::ト、::L|::::|!:||:!/::::/::::|::!
                 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::r'rヘヽ::::彡   |:! v!|--,.、`゙//:::::/リ
                 |:::::::::::::/::::::::::/:::::::{ (⌒ |:r'´       ` 、l:/ ///l:/〃
                /:::::::::::/::::::::::/::::::::;ハヽ. |:!             |'´  '′
                /::::::::::/:::::::::::/:::::::/:::::::L°            ゙、
               /::::::::/:::::::/:::/::::::/::::::::::| l            _ ヽ
                 /::::::::/:::::::/:::/::::::/::::::::::::|  l         ____r'´
               /:::::/:::::::/::::::::::::/::::::::::::::|          `7′
           /::::::/::::::::::/:::::::::::::/ :::::::::::/           /
          /:::::/::::/::::/::::::::::::::/ :::::::::::/二`ヽ、  `iヽ 、____/
         /:::::::::/:::/::::::::/::::::::::::彡.:::::::::::/三ミヽ、 ``=ヽ

    しかし、彼女には権力志向がほとんどなかったようで、この権力基盤を眠らせたまま、
    鎌倉幕府による守護・地頭を迎え入れることとなる。



一方、やらない夫の資産は『長講堂領』と呼ばれるようになる。頼長から没収した所領からスタートし、
権力を手中にした時期が断続的にあったおかげで、最終的に42ヵ国89ヵ所にまで増やした。

                             / ̄ ̄\
                           /  ノ ヽ、\
                          . |   (●)(●)|
                          . |   (_人_)│
                           |     ` ⌒´  |
                            |           |
                          .  ヽ      /
                             ヽ     /
                             .>    <
                             |     |
                              |     |

          しかしながら、それでも権力基盤は暲子内親王(八条院)に比べれば半分以下。
          権力志向は強くても、これではいかんともしがたかった。

511崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:18:15 ID:Yqa2.HEc

            なにより、全盛期の平家一門との比較に至っては比べるだけヤボ。

             ,ヘ/ /   / /.、: : / /: : : : : : : : : : : : : : : : :\  ヽ.. -‐ \  ヽ  \
            :/{:/ /ー .._// : : \| ./: : : : : : : : : : : : :_: :-‐ _ニ.:\. ヽ    ` 、ヽ : : }
            ' / /l \/`  .、  : : |:ヘ        ;/,. : '´: : : : : \.ヽ      `\: |
             { /ハ  \  〈心、:|: :ヽ     、 //:: : : : : :     ` \_____: :|
             jハ .ハ    `ー 二_>冫    ∨':∠_: : -一 弋:::歹 ̄  _. ' ´ : : |
            .   ∨ハ    . . : : : : ::/  ,. : <::::::`:.、.:`ー  .._..  -― '"´  : : : : : |
            .   ∨ハ     : : : : : /  / : : : : :`: : :_::`:::..._: : : : : . . .       : : : :|
                ヽ ヘ     : : /  /: : : : : : : : : : :  ̄:`: : : : : : : :       . : : : : |
                 `:ヘ       ./  /: : : : : : : : : : .  : : : : : :           . : : : : :|
                 ヽヘ     ./  /: : : : : : : : : : : : : .               . : : : : : |
                    ヾ:、   /  /: : : : : : : : : : : : : : : .            . : : : : : : |. /
                      、 /  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : .          . : : : : : : レ
                     У /: : : : : : : : : : ⌒ヽ: : : : : : .            . : : : : : :/:.:.:.
                    / ./: : : : : : :_: :-==: : : : : : : : : : .         . : : : : : /:.:.:.:.:.
                     / /: :  . :-=ニ_: : : : : : : :            _  . : : : : : /:.:.:.:.:.:.:
                  /  _..ィヘ´      ̄ ̄   ー―-----―一'` . : : : : :イ:.:.:.:.:.:.:.:

             平家一門全員を合わせた所領は全国で500にものぼったのである。
             その上、日宋貿易でさらなる富を加えていた。

512崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:18:33 ID:Yqa2.HEc

この二人の所領は結局合わさることなく、後の南北朝にまで

                                            , -──--- 、..____
        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.                      ,、-‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`` ー---、
      /: : : :          \                   /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/::::::;:ィ´:::::::::::|
     /: : : : :           '.,                 /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/:::::::/:/::::::::::::ミヽ
     |: : : :                 :|               /::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::/::::/:::::::::/:/:ハr'ヽ
     | : :u : : : : : .,           :|               /::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::/::::/::::::/:/:::レ::イ::T:l
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ:::|:::::ハ::::::|::|::/|::::::|:::::::|
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::::::::::::::://|::ト、::L|::::|!:||:!/::::/::::|::!
     |: : : ´"''",        "''"´ :l              |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::r'rヘヽ::::彡   |:! v!|--,.、`゙//:::::/リ
      ',: : . . (    j    )   ./              |:::::::::::::/::::::::::/:::::::{ (⌒ |:r'´       ` 、l:/ ///l:/〃
   _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__        /:::::::::::/::::::::::/::::::::;ハヽ. |:!             |'´  '′
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__     /::::::::::/:::::::::::/:::::::/:::::::L°            ゙、
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__ /::::::::/:::::::/:::/::::::/::::::::::| l            _ ヽ
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : . /::::::::/:::::::/:::/::::::/::::::::::::|  l         ____r'´
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/:::::/:::::::/::::::::::::/::::::::::::::|          `7′
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. /::::::/::::::::::/:::::::::::::/ :::::::::::/           /
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: /:::::/::::/::::/::::::::::::::/ :::::::::::/二`ヽ、  `iヽ 、____/

持明院統(やらない夫領)、大覚寺統(八条院領)と、分裂したまま引き継がれていくことになる。

513崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:20:17 ID:Yqa2.HEc

                                         __
                   _,. -┬ fニト、               /:::::::::::\
                 r'´ 、r | | ,.L |              /:::/⌒Y⌒ \
                 |   (_ノ j {. '、\            |::::/ ( ●)(●)
                 |    }‐イ-上 〉. \          |::::>   (__人__)
                 |    ノ´     /)゚o |           |     ` ⌒´ノ
                i      r‐‐人__) .|           |         }
                ヽ   .ノ ` ⌒´ . |           ヽ        }
                 i  !,       ノ            ヽ     ノ
                 .',  ヽ、 .   /             _,,ゝ    (,_
                   \  .     ヽ、          /´  `ー-一´`

そんな脆弱な権力基盤であったため、やらない夫は当初の約定通り、息子の守仁親王にシブシブ譲位。
常識の二乗の二条天皇が即位する。 ここで、


 やらない夫院政派(藤原信頼)、      協調派(信西)、      二条天皇親政派(美福門院)

      / '´,  、   、 `ヽ、     ,:i'      _   ----、`i, ゙i,    r‐z´   /         `ヽL_
    r´    / l ヽ  \ 、ヽ    ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,    |/|/ / /|  |   ト、 \ \ヽト \
    /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ   l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、   V/|/| /‐|<|_,l  |_>‐ヽ| ト、|| ト、|
  /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、 ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l  イ|イ |/y'´(.j`´|\|´ヒ)`'v|ノN`| |
  '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|   r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,   || | |∧      ・      /k)  | |
   | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|   |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   || | |ヽヘ、  「  ̄`|  イ-'|  | |
    lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !   ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ   || | |:|:|:|:l\. |_  ノ.///:::|  | |
     l\l|    |    //ィ N    ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |    |{< ̄ ̄\´\ ̄ 7/ ̄〉´ ̄\l.|
    | ハ ヽ  __   /ハ/ `      `" ト、    " `    /   |   ノ/ー(⌒ヽ:.:.:\ \/ .イ:.:.:.:.://、|
    '′lハn\ `ニ´/! !           | 'ヽ.   .|    /   .|   //  ヽ::::ハ:.:.:.:.:| >Xく |:.:.:.:.|/ \
     _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\          | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|  /〈  / ̄}::::::\:.:.ト、/∧ .>|:.:.:.:.}∠   \

    の3派に朝廷内は分裂。 これが平治の乱へと繋がって行く。
    誰が権力者なのか? 治天の君が存在するなら、こんな状態は本来発生するはずがない。
    鳥羽院とやる夫の権力関係と比べてみれば、一目瞭然であろう。

514崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:21:48 ID:Yqa2.HEc

       平治の乱により、乱の首謀者、やらない夫院政派のトップ藤原信頼は処刑。

               `   、:.:.:.:.:7:.:.:.:.:.,、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                  /:. /:.:.:.:.:. |ミ\:.:\:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.',
           .      /:.:/:/:.:.:.:.:.:.:.|  ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:.: i:. i:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.l
                /:.:/:.:.:.l:.:.:.:.:.:.: i    、:.:.:i:.:.:.:.:.:|i:.|ヽ:.:. i:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.!
                 |:./i:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.: !   _:.: ト、:.:.:.:l:l:!_:.!:.:.:|:.:.:.:.:.:.i:.: i:.:l:.:ヽ
                 !' |:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.| .ィ´   ヽl:.:ヽ:/:.|',‐ヽ:.:.l:.:.: i:.:.l:.: |:.:ト:.:.ト、_
                 |:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.!´ ィヽ7 i:!:.:.:!':.: l )i }:/:.:.:.:.l:.:.l:.:.|:.:| ヽ\
                 |:.: /i:.:.:.:.:.:/ヽ  ゞ'  lハ:.:.:.:.: ' ,´./!':.:.:.:.:.:l:.:.l:. |:.:l
                 !:./ ',:.:.:.:/:.:./       ! l:.:.:.:/┌く:.: i:.:.:.:.:.|:.:.|:.:l:.:!
                 }'  丶: {、:/         .|:.:./ : : ヽ:l:.:.:.:.:.l、:.!: !:{
                       ヽ!. ` 、     | /  :   }:' ヽ: :リ ヽ -―― 、
                             ー、´   !'        i/  ´      l
                               ヽ    丶       '           ‐〈
                             ー ´  ヽ /         ´     \

               最終的勝者は二条天皇親政派か、とも思われたが



やらない夫もただでは転ばない。 二条天皇親政派がやらない夫に対して行った嫌がらせに激怒。
    __
   /  . \            .  ,' ,.イ    l||   / l ll/ l |l/ | ll/   l  | l     ||l     |
 /._ノ三ニヽ、\           / | lll  /|   / | / | /  | /    ヽl !.ヽト、      ||
 |  (①)(①) .|          .    |  / :l lll /─|/‐-l/、 l/   ,. -─ヽ!ー` ヽ |ll  |ll |
. |  (__人__).. |「rー__ヽヽ      l ll /  | r:、 /         `    '´          ヽ  ,r‐、 |
  |   ` ⌒    |  .\  \┌ーz__ ┐! ./  |/| |ll|.====。==    ==。==== |l|l|'-、 l !
.  ヽ      , ィ==‐、/ / ̄ ̄乙/ / |/    | | |  ` ー--‐ ' | :   ー--‐ ' ´   | !` i | ||
   ヽ    ノ⌒) ∨/  / ̄ ̄/|        | | !          ::| :          | .|ヽl l !
   /   (_ ̄__/ ̄`く._ __∠ -┘」     /l |l|       :::| :          |ll!_ノ.,' !\
   |     /〃 \   '"  \    -┘  /  `i|         r_::| : _,         :| |_ノ ,'  \
    |    ./¨\    \,_ ``ヾ}     _, イ       ヽ   、     ー'       ,   ,|,! ll ,'    ト
     . 人''" \  、__ ` 、_/ ノ-‐' ´  .|        ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:|  /       !
      〈 " \ __.ヽ ヾ、._,)'´    -‐' ´|         |;;ヽ     ___     ./:: :| l /       :|
    /,ハ.  ヽ.  、__`ン{ 〃   .     |        |;;;;;;;\    ̄ ̄    /:::  │/       |
   く / ∧ !、_  `'_,/          |        !;;::::::::::\       ./::::     |/         :|

清盛に命じ、信西殺害に加担した二条天皇親政派の重要人物二人を拘束。解官の上、配流とした。
信西殺害という言い逃れのできない事実があったため、中立的な公家の支持も得られた結果だった。

515崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:23:38 ID:Yqa2.HEc

この配流の結果、平治の乱は結局やらない夫院政派と二条天皇親政派、双方共倒れ的な状況に陥る。

                  .r-、 _00           /::::'┴'r'
                  .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
                  .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
                  . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
                  、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
                  . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
                          ____
                         /  ノ_ ヽ,,\
                       / ≦゚≧ミ:≦゚≧
                       |    (__人__)|
                       |     |r┬| }
                        |     | | | }
                      .  |.    `ニニ  }
                      .  ヽ      }
                         ヽ    ノ

そんな中、やらない夫に新たな皇子が誕生。自分の言うことを聞かない息子・二条天皇に替えて
その新たな皇子・憲仁親王(後の高倉天皇)を擁立しようとしたが



         二条天皇側に事が露見。中立的な公家の反感まで買うこととなり、
         平治の乱を生き残ったやらない夫スタッフの全員が官職剥奪、
         やらない夫は政治上の実権をほぼ喪失してしまった。

                          / ̄ ̄\
                        / ⌒  ⌒\
                        |::::::(○)(○) |
                       . |:::::::::::(__人__)|
                         |::::::::::::::` ⌒´ |
                       .  |::::::::::::::    }
                       .  ヽ::::::::::::::    }
                          ヽ::::::::::  ノ
                          /ヽ三\´
                  -―――――|:::::::::::::::: \-―

               一時、彼は信仰の世界に生きることとなる…

516崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:24:58 ID:Yqa2.HEc

              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、      ┌────────────────────┐
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ       │【 信 西 】                         │
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i, .     │保元の乱後、やらない夫の右腕として         │
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,    │政治を司り、壊れ行く日本の律令制度に代わる │
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,    │新たなシステムの導入を目指し、.           │
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、   │『保元元年令』(新制七カ条)を発表。.       │
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l   └────────────────────┘
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!.  ┌─────────────────────┐
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ.   │その第一条冒頭(序文)で                 │
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |    │「九州之地者一人之有也、王命之外、何施私威」 │
           `" ト、    " `    /   |     │と日本全土を天皇のものとする『王土思想』を導入.│
              | 'ヽ.   .|    /   .|.   │天皇の役目も諸勢力との「調停者」として、      │
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|.    │合わせて再定義している。                    │
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐ . └─────────────────────┘



               ,、
             //                  ┌───────────────────┐
           ///).                   │そういう意味では白河院以降の流れも把握し │
          /,.=゙''"/       _,r'三 ̄`ヽ、    │「保元の乱とは何か?」について.          │
         i f ,.r='"-‐'つ     /ヘ/" ゙̄\,ミ\  │その本質を的確に掴んでいた.            │
         /   _,.-‐'゙~     ,! 、!r r。-r ミ   i   │数少ない人物ではなかったかと思われる。   │
        ,i    ,二ニー;     ドツ ヽ ̄  fハ, il.  └───────────────────┘
        ノ    il゙ ̄ ̄      l ー-_゙   ,、/ /  ┌────────────────────┐
      ,イ「ト、  ,!,!         ゙! )二」゙  ,!i Y.   │院政によってボロボロになった皇位の再定義は │
     / iトヾヽ_/ィ"___.     ヽ.t  _/,!  i...   │早急に進めなければならない課題であった。.  │
    r;  !\ヽi._jl/゙_ブ,フヽヾーtー:、__ ,トf-≦-=、_,L.   └────────────────────┘
    ∧l   \゙7'゙ .j!/ / /\jr=ニ:ー-゙┴、 ゙ミ三ヽi]l「/l      _____
   ./ i !   \.// /./  ./   \ ┌‐ヽミ≦‐十'"!    r",.-、, \
  /  i゙i     /  ̄ ̄ ̄       i .l ッー-、\_ミ「彡゙'ー=‐ (_.人 ヽ._ ヽ
 ノ   ヾ、  /            i! ! \_ ̄i i l r‐へ.__ ゝ. \   /
/      ゙''y'              l .i  、 l  !.j .l l 「,> (  \   人

517崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:26:39 ID:Yqa2.HEc

                   .:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙   |i(ヾ  |
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i':i  j  |
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!j (/  /   ┌──────────────────┐
                  .:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ハ   /   │しかし、そんな彼の努力も報われなかった。│
                .:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|-´.     │彼にしてみれば、くだらない理由で      │
                ____.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:/:.:|     │彼好みの俗世にできる機会を失った。   │
                   ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:|     └──────────────────┘
                    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:|
                 ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   , -''´  /|



    ./  .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::|:::::::::゙ ''ー、
    |........   :;:::::::::::/.:::::::::/:::::::::::::/::::::::: /::::::::::::|::::i:::::::.. ::|
    .l::/:::::::::l::::/........./....  /............../........./........  ハ:::::|:::::: :|
    l::i::::::::::::|:::|:::::::/.:::::/:::::::::::::::/.:::::::/:::::::: /::::/ .|i ...| 、: .|
   ./::l::::::::::::::l::|:::::/.::::/::::::::::::::;/..::::;/ /::::::::/,::::/ i.l:::::|:::::|::::|
  /,:'|:::i:::::::/i|:::::l:::::/:::::::::::;≠‐-:Z._  /.:::://:::/ ,!::|:::::|:::::|:: l    ┌────────────────┐
 ノ   |::l::::/.斤l::::|::;イ:::::::/_.|/ -、`メ::/ /::/-''7::::|::::|:::::|ヘ:l    │やらない夫のセ○レであった      │
    |::ト::ヽ,弋l:::|/:|::::;イ 攵;:cリ ̄`//  /,ィ-ァ/:::::|::::|:::::| |:!..  │藤原信頼が信西と権力争いを起こす。│
    .i:| l:::l.:\,l::::::|::/:|    ̄      /'゙ー゙イ;':::::::l|:::l|::::|  ヾ.  │京の軍事の中枢・平清盛が       │
     l|.ノ::|::::l:::|i::::|/:::|          /、  /:::::::/.|::l.|:: l.      │熊野行幸で不在の最中、          │
    ,ィ''〈 |::::j:::l !:::::::::|            ヽ./:::::::/ jノ.l::/      │源義朝を利用してクーデターを決行。. │
   /,.;:;:;:;//jメ ヽ:::::|          -‐.T:::::/    j/      └────────────────┘
  /{,.;.;.;.;.;.;゙ヽ, \.ヽ;::ト、   `ー-- -‐ ,:イ l::::/
/,.;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ,  \N. ` 、  ー /|/ .|::/
;:;:;:;:;:;:;:l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ.  ヾ、 /、゙ ー '     |/
:;:;:;:;:;:;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:ヽ、  \__. ヽ、::,\

518崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:27:13 ID:Yqa2.HEc





                         .  -‐…‐-
                       /            \
                         .         .:::::::::::::::::::::ヽ
                         ′        .::::::::::::::::::::::::::'.  ┌─────────────────┐
                           .:::::::::::::::::::::::::::::::'   │これが 『 平 治 の 乱 』 である。  │
                      i  |i    .::::::::i|:::::::::::::::::::::: }.. │京を逃れた信西は、潜伏したりなど    │
                      |   |i   .::::::::::|i:::::::::::::::::::::::′. │再起を図ることができたにもかかわらず .│
                      ∧   |i ..::::::::::::i|::::::::::::::::::::/}   │まるで全てをあきらめたかのように.    │
                  {∧ :::::::|i::::::::::::::::|i:::::::::::::::: //.   │生入定(僧侶としての自殺)を選択。   │
                    V∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://    └─────────────────┘
                    `|ヘ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/´
                       { |   ー=====‐ {
                     、|     _____  |
                     x≦二二二二八二≧x、
                        | |三三三|二  二|三三|
                      l| |ニニニニニ《 》ニニニ|l
                  _l|≦ニニニニニニニニニ≧|i_
            __   -=≦¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨≧=-
  -=≦ ̄ ̄ ̄ ̄\ \ \ -=≦三三三三三》    《三三三三≧=-    ̄≧=-




.

519崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:27:28 ID:Yqa2.HEc

信西には結果が見えていたのかもしれない。 だから、あっさりあきらめてしまったのではないか?

                             .  -‐…‐-
                           /            \
                             .         .:::::::::::::::::::::ヽ
                             ′        .::::::::::::::::::::::::::'.
                               .:::::::::::::::::::::::::::::::'     なぜ、
                          i  |i    .::::::::i|:::::::::::::::::::::: }   わざわざ封じ込めていた
                          |   |i   .::::::::::|i:::::::::::::::::::::::′  平家・源氏を…
                          ∧   |i ..::::::::::::i|::::::::::::::::::::/}   
                      {∧ :::::::|i::::::::::::::::|i:::::::::::::::: //.   軍事力を頼ったのだ!?
                        V∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://    
                        `|ヘ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/´     バカ者どもめが…
                           { |   ー=====‐ {      
                         、|     _____  |      ここで再起のために
                         x≦二二二二八二≧x、    平家を頼ったら
                            | |三三三|二  二|三三|     どういうことになるのか…
                          l| |ニニニニニ《 》ニニニ|l
                      _l|≦ニニニニニニニニニ≧|i_
                __   -=≦¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨≧=-
      -=≦ ̄ ̄ ̄ ̄\ \ \ -=≦三三三三三》    《三三三三≧=-    ̄≧=-
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    5 4 年 の 生 涯 を 閉 じ た 。
___________________________________________

520崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:28:48 ID:Yqa2.HEc

                      , -‐''"´ ̄ ̄`゛` ‐-、
                     r、/,,,__,_//,,,,,,,,/,,   ゛ヽ
                     l       // /  ゛ヽ
                     ヽ      〈//     !
                     〈r,,ィ-‐‐ー  \ 「⌒ヽ |_
                     /゛.'-'-‐‐`   〉 |..♭)l | ゛ヽ、
                    く_.  ヽ     ||.イ / \ ヽ
                     ヽ        | | レ´|l /〉  〉
                      ヽー     /|| ト、|l / |
                       iヽ   / |L/|/λノ/|/
                       ` ‐イ  /|/l  ,λ,/_/_,-‐'" ̄゛`‐
                        ,/⊥/ _/  /  /
                        | Y |/  //  |
                       人 ⊥― ̄/ /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【 源 義 朝 】

    その平治の乱で軍事面を担った義朝。一時はクーデターの論功行賞で出世を遂げるが

    「 人を多く殺した者が官位を得るなら、逃亡の際に多くのものが身を投げて命を落とした
     三条殿の井戸になぜ官位をやらないのか?」  と揶揄される。
____________________________________________

521崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:29:03 ID:Yqa2.HEc

                |  . }          ヽ   .〕   .  `. |
                ..|    |    _,,..-‐'"'''   ′ :ヽ‐--、 ゙' ゙ .|
                .| 、,,_ヽ.゙.、..,;;;:'''ヘ_フ.フ       \、゙' 二‐,.,!
                .|, ,'Tj7    ,., ` "          | `'i'゙⌒ヽ
                \.". !    ゙""           | . !"~ヽ |
                 |  ,|                 l.. .! ) i |
                 .|  ノ  _,,,,              |. .|ヽ .リ
                 | . `ヽミレ′             |.. .| ,i'./ ヽ、
                  .|  .    ___           ,| . |/;:|  ,ゝ
                    |   r'_"~‐'~          ,/| . l|:;:| ..`ヽ、
                    .|  . `゙,.,",,.          .,/ .| ..||:;:|. . ヽ、 ヽ
                    .|  .´          /.:;:;  l .||:;:;|  ヽ i゙'ゝ
         ..          .|           ,.,.'''´ .:;::;:  |.||:;:;;|  ゞヘ
                    ゝ __  .__,,,_--‐."   .;:;:;:;: _ ||_|:;;:;| ( ヽゝ
                        `i~''     ____---‐ニニ''′'''ト|:;:;| iゝ
                        l、_,,-:::=-‐‐‐''""   ...____,ノ゙|:;:|.. !、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 信西殺害後、彼と藤原信頼の立場は急速に悪化する。 信西がいなくなったことから
 反信西派の中心である二条天皇親政派にとって、やらない夫院政派の彼らは敵対者となってしまった。
 隠密裏に事を進めるクーデターだったため、彼の下には少数の兵しかおらず、合戦は想定外であった。
____________________________________________

522崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:30:19 ID:Yqa2.HEc

            .  ,' ,.イ    l||   / l ll/ l |l/ | ll/   l  | l     ||l     |
             / | lll  /|   / | / | /  | /    ヽl !.ヽト、      ||
            .    |  / :l lll /─|/‐-l/、 l/   ,. -─ヽ!ー` ヽ |ll  |ll |
               l ll /  | r:、 /         `    '´          ヽ  ,r‐、 |
               ! ./  |/| |ll|.====。==    ==。==== |l|l|'-、 l !
               |/    | | |  ` ー--‐ ' | :   ー--‐ ' ´   | !` i | ||
                       | | !          ::| :          | .|ヽl l !
                   /l |l|       :::| :          |ll!_ノ.,' !\
                  /  `i|         r_::| : _,         :| |_ノ ,'  \
                _, イ       ヽ   、     ー'       ,   ,|,! ll ,'    ト
            -‐' ´  .|        ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:|  /       !
              -‐' ´|         |;;ヽ     ___     ./:: :| l /       :|
            .     |        |;;;;;;;\    ̄ ̄    /:::  │/       |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 そこに平清盛が軍勢を伴って帰京。 京を離れていたため、清盛は安全に軍勢を集めることができた。
 清盛の不在を突くという計画の根本が仇となった形である。 致命的ミスと言えるかもしれない。
____________________________________________

523崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:30:34 ID:Yqa2.HEc

                 !            :::::::|;:;:::::::::::`''ー..、|
                   !            ::::::::|::::~''ー-..,、::::::!
                ,!   .」    _,, .... ..、::::"-、,;::::::::::::~ l
                   l―;;./  .ー''".ィ;;''/   ::::::::::::::|;::,i`゙゙''、::.!,__
                 .゙‐゙=│    ⌒    ::::::::::::!:::!:::::::::| !:::::::::./!"
                    |  l           ::::::::::!:;:!::::::::/゙::::::::::::::.\、
                    | .!          ::.::.::::::!:::|:::: / :::::::::::::;:-、´
                  l !          ::.::.::::::|;:::|''´t:::::::::::::::::::::::,,゙!'
                     ', ゛          ::.::.:::::::|:::.|:::::.!'';;、::::::::::::::::.l,
                   l  --――    : :::::::.,-|::,!:::,ノ./ :.l,:::::::::::::::::\、
                       l           :::,/::::|/./ .,/:::::::.l,::::::::::::::::::'彡
                       l       . .,/゛::::::,..‐゙_/:::::::::::::.l;:_.;:_;::::::'、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
二条天皇は身の安全を確保するため清盛を頼る。
その結果、京での軍事バランスは逆転。想定外の合戦となってしまい、義朝は清盛に敗北、逃亡。
尾張国、内海荘司・長田忠致の邸にたどり着いたところを、鎌田正清とともに殺害された。享年38。
__________________________________________

524崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:32:00 ID:Yqa2.HEc

そして、この男…

                        / ̄ ̄ ;;\
                      /(〇)  (●);\ 
                     / (__人__) :::::::;;;;;;;;;\
                    |;;;; ::::` ⌒´:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
                    \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,/
                    /    :::::::::;;;;;;;;;;;;;\
                    |::Y    :::::::::;;;;;;;|;;;;;|
                    || ::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;|

                                      時はかなり遡る。

525崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:32:13 ID:Yqa2.HEc

_____________ _ _
 乱から10日ほど後  7月 22日
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄

... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. . .. ..   .  ... ...      .. ..::   . .. . ..
 . .. . .. ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. ...     ::  ◯    :   . .. .
. .:: : :.. . ... ::: :::..   §. .. . .. .. .. ..     ... ... ...   .... ..::   .
 . .. . .. .. .. ..   . . . .. .  §  . ... ...      . .. .
 .. . .. .:::: ::     -‐'" ゙''‐-  . ... ...     . ... ...    ..::   .
  ..::   . .. . ..    ``侖侖''"               . .. .       ____
              -‐'"韭 ゙''‐- . ... ...    ..::   .         /― ― \
゙''、,,_,,,,-‐'゛``''、,    ``侖侖侖''"                    /(●)  (●) \
;'' ;~'',;'''',;'';'' ;~'',;''゚ ;~'',;;-‐'"韭韭 ゙''‐-                 /   (__人__)     \
,;'',;''゚ ;~,;":;;;: : ;: ;: ;::::::``゙''ー-侖侖''"::;.-‐'゛~゙`゙''-、.,,,::    . ... ... |    ` ⌒´      |
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:"゙''、,;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:`;'' ;``'‐.、;;;;;;;.,.,.,.,..,.,.,\           /
:;,':,:;.,:;'' ;~'',;''゚ ;~'',;;~'',;';~.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙ :: :;":;; ~゙"'ー-;;;;;;;;;;;/         \

526崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:32:26 ID:Yqa2.HEc

      ____
    /     \
   /  ─     \
    ' (●)       \   やっぱり
  (l、__)          |   流罪が濃厚ぽいお…
    ⌒´         /
   `l          \



                   ____
                  /― ― \
                /(●)  (●) \
               /   (__人__)     \   京のこの景色を
                |    ` ⌒´      |   見るのも…
                \           /
                  /         \

527崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:32:37 ID:Yqa2.HEc





                        ____
                      /:::     \
                    /::::::::::     \
                   /::::::::::         \
                   |:::::::::::::::         |     今宵が
                   \::::::::::::::       /ヽ    最後なんだお…
                    /:::::::::        くゝ  )
                   ;|::::::::::::          / ;
                   ;|::::::::::::::       イ ;

     都には こよひばかりぞ すみの江の きしみちおりぬ いかでつみ見ん
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(京は今宵が最後、住江の岸が満ちた様(海)を明日見たら、配流の刑って、どんな風に思えるのだろう)




         翌23日未明、やる夫、讃岐(香川県)への配流に向かう。
         鳥羽の辺りから船に乗り、おそらく淀川を下っていった模様。

528崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:33:56 ID:Yqa2.HEc

  備中 / t__r--、    __,,.。
| ,,__..,rヽ/ 備前 r _,,/rt l^^  /
!t/. 。:;:;:;:;. .:;~.^ヽ-´:;ヾ゚l゜、゛:;/t_/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_/
、:。 ヽr. ;;.; r-..:;:;_,.,r-、, ___n-t_rt:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/
。:;.゛:;.:;. 。:;.:;":;:;./ ★      ":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_/ 淡
:;:;:;:;:;^.-_.__/           ~ヽ:;:;:;:;:;,,。:;:;:;ヽ 路
:;:;.:;:;:;:;:;:;:;ヽ      讃岐  _,,.....__,,_.ヽ~゛"/l7.!:;:;:;ー- "      やる夫が配流された先は
:;:;.:;:;.:;。:;:;:;l         ,,,,.../         ~/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;     現在の香川県坂出市。
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;f  ,,--゛~~.ヽ-^           /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
,。.__:;:;:;:;/.^r                  't。:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
  ^^^^  |           阿波      ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
     。、/                   .;,,/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
--―^~   .\_ 。_,,ヽ             _..,r:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
             .l_.,,         _ ,,_-^゜:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
               |       _ /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
 土佐             7     /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
                .ヽ _r-~. 。:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
   r~^^t -─ 、       ./:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
,,,v ^:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ     /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

529崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:34:09 ID:Yqa2.HEc

まだ正式な配流先御所が完成しておらず、「松山の津」(現坂出市林田町、林田小学校のある辺り)に上陸。

        ;;⌒  、
     (;;; ,,;;    ヽ、 _,,,...:-‐‐=-..,,,_
         (_,,,  ;;ノ,r'":: ::      ::\,,.....,            ;;⌒  、
            ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、      (;;; ,,;;    ヽ、
          ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、      (_,,,  ;;ノ
        ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_
      ,r'"::::  ...::: :...::: :: ;,,, - '''' ''':‐-,, ,,      ::. ::`'::、_          __,, - ''""
    ,r'"...::::.. ......:::::               " ''''‐- ,..,,,...  __,, -‐- ,... / ̄ ̄ ̄ \
  ,r'":::,,,,,, :::::......:::::: ...               _,, - ''" ""'''"" `'' -,../       . \
    :::.....                     -‐"          /  _ ノ   ヽ、_   \
       ::::,,,::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;::::,:::::;;;;;::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:::::::;;; :::.|   (ー)  (ー) .  |
     ...:::::;;:::::::::::;;;;,::::::::::::::::::::://::::,,;;;;:::::::::::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;:::;;::\    (__人__) .  /
   ::::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:: :::::::::: //...::::.::::;;;;:;;;;;,:;;;;;::;;;;;;;;;;:::::::::: :::::::: ;;;;;;;;;;;; :::: /    `⌒´    ヽ
  WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiij ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

  その地にあった在庁官人・綾氏の邸宅の一部を仮の御所とした(林田小学校から南に500mほど)。



                          ____
                         /― ― \      ここもまた
                       /(●)  (●) \    あらぬ雲井と
                      /   (__人__)     \   なりにけり
                       |    ` ⌒´      |
                       \           /   空行く月の
                         /         \   影にまかせて

           この地について、こう詠ったことから『雲井御所』と呼ばれている。

530崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:34:21 ID:Yqa2.HEc

               ____
             /:::     \
           /::::::::::     \
          /::::::::::         \
          |:::::::::::::::         |
          \::::::::::::::       /ヽ
           /:::::::::        くゝ  )
          ;|::::::::::::          / ;
          ;|::::::::::::::       イ ;

配流先のやる夫はいくつか歌を残しているが… 望京の歌が目立つ。



               ____
             /      \
            /  ─    ─\
          /    (一)  (一) \  ………
          |       (__人__)    |
           \      `_⌒ ´  /

      やがて、別の考えも浮かぶようになる。

531崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:34:32 ID:Yqa2.HEc

         ____
        /―  ―\
      / (●)  (●)\
     /     (__人__)   \   嘆いてみたところで…
      |      ` ⌒´    |
      \           /
        /         \



           ____
          /    \
   .    /          \
   .  /    ―   ー  \
     |    (=)  (=)  |   京に帰れる
   .  \    (__人__)  /   わけではなし…
   .   ノ    ` ⌒´   \

532崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:34:43 ID:Yqa2.HEc

                    ____
                  /ヽ  /\
                 /(●) (●)丶
                /::⌒(__人__)⌒:::uヽ    それよりは…
                l    |r┬-|     l
                \   `ー'´   /



                 _____
                /        \
              /           \
             /   ‐-、      ,.-‐   \
           /    ., ーヽ   ,'. ー-、    \
          /     ( (℃) l    l i℃) )    \   後世の人のために
          |         `ー ノ    ヽ.ー '       |   役立つことを…
          |     "⌒(____人____)⌒゙       |
      .    \          ´ ̄ ̄`        /
            \                  /
             /                〈
        /⌒ソ/⌒ヽ、
      . /  //    ..\      ._,
       /  //      .`ヽ,.._,ィ''´  `'ー- 、      /i
      /  //                  \,.   _..ノ .|
   .   /  //                     ⌒´   .|
     /  //                          |
    /  //                           |
  . /  //                            .|
   /  //  .                          |
  /  //                             .|
 ./  //                            . |
 /  //                               |
ッ芝ヾシ⌒ヽ、                           |
.ヾニジ    \      ._,.イ⌒ヽ               |
         `ヽ,.._,ィ''´      `'ー- 、        .  |
                       .\,.   _., 、  . .リ
                          ⌒´   \._,ノ

533崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:34:58 ID:Yqa2.HEc

やる夫、霊験あらたかとされる





                            ___
                          /;;;;:::::   \
                         /;;;;;;:::::     \
                        /;;;;;::::::         ヽ
                        |;;;;;;:::::         i
                        ヽ;;;;:::       __/∥ ))
                        /;;;;;;::::      \∥
               ______|;;;;;;;:::       __)_____
                        |;;;;;;::::        i





                                     五部大乗経の写経を始める。

534崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:36:15 ID:Yqa2.HEc

            _
          /O \
           |. °  |
          \_,/
            |           五部大乗経とは、
        / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /            \       ・大方広仏華厳経(だいほうこうぶつけごんきょう)、
.     /              ヽ     ・大般涅槃経(だいはつねはんきょう)、
    /  /      \    |     ・大方等大集経(だいほうとうだいしつきょう)、
    |    ●    ●      |     ・大品般若経(だいぼんはんにゃきょう)、
    ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /      ・妙法蓮華経(みょうほうれんげきょう)
 /⌒ヽ_\    ゝ._)     / /⌒i
 \ /:::::/;l三三三三三三三l /  ./   という5つの仏経典のセットのことにょろ。
.   /:::::/ |_     ___ ヘ、__/
.  `ヽ< |  |    |     | ヾ:::彡'

535崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:36:29 ID:Yqa2.HEc

         _
        /O \
         |. °  |
        \_,/
          |
    / ̄ ̄ ̄ ̄ \      『大品般若経』なんて
   /            \
.  /               ヽ    「観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 …」
 /              |
 |    ⌒    ⌒     |   って続いて、260文字程度なんちゃう?
 ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
  \_ /⌒l        /    とか思っているんじゃないにょろか?
   l/  /三三三三三l.
  / |   l   ___ ヽ

536崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:36:44 ID:Yqa2.HEc

         _
        /O \
         |. °  |
        \_,/
          |
    / ̄ ̄ ̄ ̄ \
   /            \
  /               ヽ    それはダイジェスト版の
 /              |   般若 『 心 経 』 にょろ。
 |    ノ    `ヽ     |
 ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
  \_ /⌒l        /
   l/  /三三三三三l.
  / |   l   ___ ヽ

537崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:36:58 ID:Yqa2.HEc

            _
          /O \
           |. °  |
          \_,/
            |
        / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /            \     原典の『大般若経』は4,820,693文字。
.     /              ヽ
    /  /      \    |    4 8 2 万 文 字 にょろ。
    |    ●    ●      |
    ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
 /⌒ヽ_\    ゝ._)     / /⌒i
 \ /:::::/;l三三三三三三三l /  ./
.   /:::::/ |_     ___ ヘ、__/
.  `ヽ< |  |    |     | ヾ:::彡'



                           _
                         /O \
                         |. °  |
                         \_,/
                         /
                 ./ ̄ ̄ ̄ ̄ \
さすがにここで言う     ./             \
『大品般若経』は     /   \         ヽ
この原典とは違う    ./   ●           |
ダイジェスト版では   | 、_,、_, ⊂⊃        |
あるにょろが…     ヽ {_ノ           /
               \            /
              (`ヽ l三三三三三三三l
               ヽ、/     ___ ヽ

538崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:37:13 ID:Yqa2.HEc

            _
          /O \
           |. °  |
          \_,/
            |           やる夫が行った
        / ̄ ̄ ̄ ̄ \        五部大乗経の写経は
      /            \      全140巻だったそうにょろ。
.     /              ヽ
    /  /      \    |     さっきの大般若経が
    |    ●    ●      |     482万文字で
    ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /     600巻だそうにょろから…
 /⌒ヽ_\    ゝ._)     / /⌒i
 \ /:::::/;l三三三三三三三l /  ./  これをモデルケースに
.   /:::::/ |_     ___ ヘ、__/   換算すると…
.  `ヽ< |  |    |     | ヾ:::彡'



         _
        /O \
         |. °  |
        \_,/
          |
    / ̄ ̄ ̄ ̄ \
   /            \      112万5千文字。
.  /               ヽ
 /              |     1巻あたり8,000文字って感じ。
 |    ⌒    ⌒     |
 ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
  \_ /⌒l        /
   l/  /三三三三三l.
  / |   l   ___ ヽ

539崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:38:36 ID:Yqa2.HEc

         _
        /O \
         |. °  |
        \_,/
          |
    / ̄ ̄ ̄ ̄ \
   /            \
  /               ヽ   巻の最後の8,000文字目で
 /              |   書き損じたら…
 |    ノ    `ヽ     |
 ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
  \_ /⌒l        /
   l/  /三三三三三l.
  / |   l   ___ ヽ



         _
        /O \
         |. °  |
        \_,/
          |
    / ̄ ̄ ̄ ̄ \
   /            \
  /               ヽ    そう考えると
 /              |   まさに修業にょろね…
 |    ノ    `ヽ     |
 ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /    だからこそ、
  \_ /⌒l        /    強い法力を持つと
   l/  /三三三三三l.     考えられていたにょろ。
  / |   l   ___ ヽ

541崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:38:49 ID:Yqa2.HEc

              γ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽγ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
              (;;,);;)ll .l(;;,);;)ll .(;;,);;)ll .(;;,);;)ll (;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
              ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;;ゞ二ソ;;ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ
           γ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽγ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
           (;;,);;)ll .(;;,);;)ll .l(;;,);;)ll .(;;,);;)ll .(;;,);;)ll (;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
            ゞ二ソノ;;ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;;ゞ二ソ;;ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ
         γ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽγ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
         (;;,);;)ll .(;;,);;)ll .(;;,);;)ll .l(;;,);;)ll .(;;,);;)ll .(;;,);;)ll (;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
         ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;;ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;;ゞ二ソ;;ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ
      γ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽγ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
      (;;,);;)ll .(;;,);;)ll .(;;,);;)ll .(;;,);;)ll .l(;;,);;)ll .(;;,);;)ll .(;;,);;)ll (;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
      ゞ二ソノ;;ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;;ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;;ゞ二ソ;;ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ
   γ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽγ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
   (;;,);;)ll .l(;;,);;)ll .(;;,);;)ll .(;;,);;)ll .(;;,);;)ll .l(;;,);;)ll .(;;,);;)ll .(;;,);;)ll (;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
   ゞ二ソノ;;ゞ二ソノ;;ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;;ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;;ゞ二ソ;;ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ
γ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽγ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
(;;,);;)ll .(;;,);;)ll .l(;;,);;)ll .(;;,);;)ll .(;;,);;)ll .(;;,);;)ll .l(;;,);;)ll .(;;,);;)ll .(;;,);;)ll (;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
..ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;;ゞ二ソノ;;ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;;ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;;ゞ二ソ;;ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ

                  やる夫はこれを3年がかりで成し遂げた。

542崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:39:04 ID:Yqa2.HEc

      ____
    /     \
   /  ─     \     せっかくの五部大乗経…
    ' (●)       \
  (l、__)          |    少しでも多くの人に
    ⌒´         /    役立ってほしいお…
   `l          \



                / ̄ ̄ ̄\
              /        \
             /    ─   ─ ヽ
             |    (●)  (●) |   ならば…
             \  ∩(__人/777/
             /  (丶_//// \

543崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:39:17 ID:Yqa2.HEc

やる夫、自ら詠んだ歌を添えて五部大乗経を





                 ..      ____
                      / ―  -\
                 .  . /  (●)  (●)
                   /     (__人__) \   やはり京で
                   |       ` ⌒´   |   役立ててもらうのが
                 .  \           /   一番よさそうだお
                 .   ノ         \
                  /´            ヽ





                          京都は仁和寺の実弟・覚性入道親王宛に送った。

544崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:40:34 ID:Yqa2.HEc

平治元年(1159年) 春

... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. . .. ..   .  ... ...      .. ..::   . .. . ..
 . .. . .. ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. ...     ::  
. .:: : :.. . ... ::: :::..   §. .. . .. .. .. ..     ... ... ...   .... ..::   .
 . .. . .. .. .. ..   . . . .. .  §  . ... ...      . .. .
 .. . .. .:::: ::     -‐'" ゙''‐-  . ... ...     . ... ...    ..::   .
  ..::   . .. . ..    ``侖侖''"               . .. .
              -‐'"韭 ゙''‐- . ... ...    ..::   .
゙''、,,_,,,,-‐'゛``''、,    ``侖侖侖''"
;'' ;~'',;'''',;'';'' ;~'',;''゚ ;~'',;;-‐'"韭韭 ゙''‐-
,;'',;''゚ ;~,;":;;;: : ;: ;: ;::::::``゙''ー-侖侖''"::;.-‐'゛~゙`゙''-、.,,,::    . ... ...
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:"゙''、,;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:`;'' ;``'‐.、;;;;;;;.,.,.,.,..,.,.,.,.
:;,':,:;.,:;'' ;~'',;''゚ ;~'',;;~'',;';~.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙ :: :;":;; ~゙"'ー-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; '' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' v'゚ ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;'',;'~,;゙''、,,_ュiュ.



              /   ヽ  ヽ |  i.l. |  |  ! i liヽ、1∠,,_`
            /  'i,  ヽ l、,_|  |.! .|,  |  |. l゛ lヽ ヾ、''ヽ
        /, , .!ハ,i,、 rト,}|  |l |i  l  |.l | l. li ヽ`、\
        //,' , l ljl'" 」iヽ,|l''リ!. |  | ! '  | l |! /| j. ',`、ヽ
.       |' / ,l.| { lr''{i゙l' ヾ/.| . |   ヽ  ' .! l, l ' ,,_! '、 、    五部大乗経?
          l,イ| l'!. ',. ゞ'   /, l |     `ヽ   ヽ,_,, 、 `ヽ、. '、
         |! |' l.ハj    //_"`ヽ   `ヾヽ、 ヽ. ヽ`i,'、 ',. '、、',
           ! lヾ、_,.、f‐''"´  ヽ ヽ  ヽ`, ',  ', i | l  l l. ',',
              ,、‐'´   !     ', li    l. l  l.l | l   | !. l ',
         , '´     '. ,     l |l,   l | .|,i. l! .j l ,  |. j l |. ',
      ,. '´       i'     l. ハ   ハl. l' |,.i ,' | ,イ  / !|. ',

545崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:40:47 ID:Yqa2.HEc

                         ,. -‐……- 、
はい、仁和寺の           .__ _/´         二,>r:ォ___
覚性入道親王が        //\___       ,. - ‐ヘ;::j:::|::l::}_
知らせて参りました。     / ,      `ヽ、     /人lノーく:..i
                 ,'.:/ :i    、.    ヽ ,. ' ノ /!i   l: |
歌も添えられて        lイ:i .:!.! :ハ、\::. ∨ . ::/:,.イ::i:l  :l: |    へえ…
いるそうで。          i;ハ::i::!::ト=斗-ヽ、_j:r‐く:/! l:::i:l  :l: |    どんな歌?
                   jハ:トヘ 'i行\} jノ<. 〉:|l :l:l   !. ',
    / ̄|              ' .ノ         rイ:: ! l :l !  l  ',
    |__|               ヽ._ ,.ィ    ' |::   l !   li   ヽ
   (,,゚Д゚)                \´    ,. |::i  l l   l.l    ',
   (  P `O                 `ー '´l/|::! j  !  l. l   ',
  /彡#_|ミ                   /  ,| !    l     ',    l
   </」_|凵_ゝ                  .j _,. -‐|:l     l       i |

546崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:41:02 ID:Yqa2.HEc

       浜千鳥 跡は都に かよへども 身は松山に 音をのみぞ鳴く





                       _    _
                  /《/´`ヽ-'::::\二ニヽ_-‐-、
                 ,-‐ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\《 |_-‐、
               //::::/::::::::: l::::l:::::::::::::::::: ヽ::ヽ」二ヽ
                //l::::::/::/l::::l/|::::l:::::|ヽ::::|::|:::::ヾ::::l:ヽ `丶
               l//:l:::/i:/ !/_!:|:::::l、:l ニ_、l::|::|:::::l、::!::::丶
                  ! l::::l/, ,!、、´ftリ !ヽ、! ´{tリヽl:リ:ヽ!::!::::::ヽ}
    .             l::::l/〈〈 | ` ´  ,!   ` ,、,ヽl/´)::|:::l:::::::l
               l/::\| | ヽ   -‐-   l.|l |、'´::|:::|:::l:::::::|l
               l|::::::::ヽ  \    , ,l 〉 〉〉ヘ、〃:l:::::::|l :::
               l|::l二ニ`、   )、- ィ ' ' ' // .\>`ヽ|l ::::::::::::::.
    .              l:::/ くノ ll `i   |/  , '.ll        }|l :::::::::::::::::
               l:::l    ll |   |  /  ll  y     l::|l :::::::::::::::::::::.
    .            l|:::! \  ll|   |  l   ll  l    /::::|l :::::::::::::::::::::::
               l|:::.'   `、/l   |  l /\./    /|::l::::|l ::::::::::::::::::::::::..
          ___  l:|::::'.    ',l   .|.  l/   /    /_」:::l:::::|l :::::::::::::::::::::::::::.





「私の筆跡は都に帰るけど、私自身は松山で浜千鳥のように都を恋しがって泣くばかりです」

547崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:41:14 ID:Yqa2.HEc

                       _    _
                  /《/´`ヽ-'::::\二ニヽ_-‐-、
                 ,-‐ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\《 |_-‐、
               //::::/::::::::: l::::l:::::::::::::::::: ヽ::ヽ」二ヽ
                //l::::::/::/l::::l/|::::l:::::|ヽ::::|::|:::::ヾ::::l:ヽ `丶
               l//:l:::/i:/ !/_!:|:::::l、:l ニ_、l::|::|:::::l、::!::::丶
                  ! l::::l/, ,!、、´ftリ !ヽ、! ´{tリヽl:リ:ヽ!::!::::::ヽ}
    .             l::::l/〈〈 | ` ´  ,!   ` ,、,ヽl/´)::|:::l:::::::l
               l/::\| | ヽ   -‐-   l.|l |、'´::|:::|:::l:::::::|l
               l|::::::::ヽ  \    , ,l 〉 〉〉ヘ、〃:l:::::::|l :::
               l|::l二ニ`、   )、- ィ ' ' ' // .\>`ヽ|l ::::::::::::::.
    .              l:::/ くノ ll `i   |/  , '.ll        }|l :::::::::::::::::
               l:::l    ll |   |  /  ll  y     l::|l :::::::::::::::::::::.
    .            l|:::! \  ll|   |  l   ll  l    /::::|l :::::::::::::::::::::::
               l|:::.'   `、/l   |  l /\./    /|::l::::|l ::::::::::::::::::::::::..
          ___  l:|::::'.    ',l   .|.  l/   /    /_」:::l:::::|l :::::::::::::::::::::::::::.



               ..::∧≠'"_=ミ\| |::.  .::::/  f )ト、__ミx、 }:::::..
               .:::/,ィ≠イzx, :j   |/|::..::/     込ニrっ彡ヽ::::::::
             、 :::,' {{ _.ノz込シ -   |/     o    `  |::::::::
             ::ト、:{ `o⌒  '´   ,, 、,.           。  |/∨
             ::ト、  ゚      (_ノ       ° O       } 〉|
             へ|                        〈 `ノ/
             ⌒λ            __, -- 、      /_/
             ..._ ヽ      , -‐ _ニ ̄ ____二_ン    人:::::.
             :::::\_ゝ-、   ヾニ -‐ '  ̄        o  /::::::\:.
             :::::/::`- '、                    /:::::::::::::::::\

548崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:41:28 ID:Yqa2.HEc

  ..::∧≠'"_=ミ\| |::.  .::::/  f )ト、__ミx、 }:::::..
  .:::/,ィ≠イzx, :j   |/|::..::/     込ニrっ彡ヽ::::::::
、 :::,' {{ _.ノz込シ -   |/     o    `  |::::::::
::ト、:{ `o⌒  '´   ,, 、,.           。  |/∨
::ト、  ゚      (_ノ       ° O       } 〉|
へ|                        〈 `ノ/     素敵やん…
⌒λ            __, -- 、      /_/
..._ ヽ      , -‐ _ニ ̄ ____二_ン    人:::::.
:::::\_ゝ-、   ヾニ -‐ '  ̄        o  /::::::\:.
:::::/::`- '、                    /:::::::::::::::::\



  ..::∧≠'"_=ミ\| |::.  .::::/  f )ト、__ミx、 }:::::..
  .:::/,ィ≠イzx, :j   |/|::..::/     込ニrっ彡ヽ::::::::
、 :::,' {{ _.ノz込シ -   |/     o    `  |::::::::      めっちゃ、ええ歌やん…!
::ト、:{ `o⌒  '´   ,, 、,.           。  |/∨
::ト、  ゚      (_ノ       ° O       } 〉|      置いたって置いたって!
へ|                        〈 `ノ/
⌒λ            __, -- 、      /_/      石清水八幡宮でも
..._ ヽ      , -‐ _ニ ̄ ____二_ン    人:::::.       高野山でも置いたってーな!
:::::\_ゝ-、   ヾニ -‐ '  ̄        o  /::::::\:.
:::::/::`- '、                    /:::::::::::::::::\     その五部大乗経!

549崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:41:39 ID:Yqa2.HEc

                     _,ノ: : : ヽ‐: 、:  ̄入》:::} _
えと…               <´: : : : : : : ヽ、-:マ:.ハL/:ヾ、》:ヽ
でも、いいんですか?      / : : : : 、: :\::.:ヽ: :/イ:j:|.:.:.:.l:.l`〈
                  /ィ: : : :| : :ト、:.: ド、:V:ノ|:.:.:.:.:.:.:.l:. .:ハ
                   |∧ i|\トj∠| Yメ^∨ .:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.l
    / ̄|             V  `トァ彳ノ  リ レ/.:j.:.:.:.:.:.:.:| :.:.:.l
    |__|                ヾ ~~_.ィ    7.:/:i.:.:.:.:.|:.:|i :.:.:|   何が!?
   (,,゚Д゚)               └ '‐'^1    l:/: l.:.:.:.:.:l :|:l.:.:.:|
   (  P `O                 _丿    〉: :l:.:.:.:.:.:l:.l:.l:.:.:|
  /彡#_|ミ                 ` ‐_ユ y′.:! : .:.:.:.:l:.:.:l:.:.:l
   </」_|凵_ゝ             _,、-べ ̄  /: :.:/! : : .:.:.:.l :.:.:.:.:.l





                    / ̄|
                    |__|
                    (,,゚Д゚)
    だって、この人…     (  P `O
                  /彡#_|ミ
                   </」_|凵_ゝ

550崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:41:57 ID:Yqa2.HEc



あの頼長の同志だったわけですよね…
______________________________________
                 _/     /  /     \ ̄\\
               「/   \ / /          \  〉ノ── 、
                /    厂`  ´ ̄`丶、        ハ/ ̄` <
              / / ̄/            `ヽ、    / ∧  ̄\\\
            / /  /   l    l         \///l l     \\
             / //    l   l l  l      \//l | l  ', ト、|
            〃/ //  l | │l  | l│ ト、 \\  ∨/l│ | l  l l
            ∨レ| | /| l | │l │/∧ | \ヽ\ト、 厂 〉| | |  | |
               〉|/| | l | │|  |//‐=≦二、 \l V /| l | |  | |
               〈 | | l | │|  |/    ‐┴'′   __/ | | | |  | |
                八レl从人|\|            /|   | | | |  | |
               / / / | ト、   ヽ          |   | | | |  | l
              ' / /| │l \  ‐--   /  |  /// | |  l  '、
              / //| │|ヽ、 \    /     ∨// /从  '、 ヽ、
              |│| | │|\__>┐´        ∨ //  ヽ ヽ、 \
              ', | | | │|\_/ ノ|         // //\  \ \
               ∨/| 人|/ ̄   / |   /   / / //   \   \ \
                / l /     〈  ′  /   / //   / ̄\   \ \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                        近衛院様を呪詛した…


.

551崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:42:10 ID:Yqa2.HEc

そんな人が送ってきた
______________________________________
  〃/ //  l | │l  | l│ ト、 \\  ∨/l│ | l  l l
  ∨レ| | /| l | │l │/∧ | \ヽ\ト、 厂 〉| | |  | |
     〉|/| | l | │|  |//‐=≦二、 \l V /| l | |  | |
     〈 | | l | │|  |/    ‐┴'′   __/ | | | |  | |
      八レl从人|\|            /|   | | | |  | |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



______________________________________

                                    γ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
                                    (;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
                                    ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                      五部大乗経なんですよ…?

552崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:43:28 ID:Yqa2.HEc

間が悪かった。 のかもしれない。
『保元物語』ではやらない夫が対応したとなっているが、やらない夫は前年、二条天皇に譲位。
この年の暮には、「平治の乱」が起こる。





                    γ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
                    (;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
                    ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ





つまり、朝廷内の三つ巴が頂点にあった時期であり、おそらくは主導権を二条天皇親政派、
すなわち美福門院の一派が握っていた時期と思われる。
この翌年美福門院は亡くなっているので、まさにピンポイントの間の悪さ、という気がする。

553崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:44:48 ID:Yqa2.HEc

重犯罪者ですので、ご手跡であっても、京、並びにその近辺で保管することまかりならない、
______________________________________
                  /⌒ソ/⌒ヽ、
               . /  //    ..\      ._,
               /  //      .`ヽ,.._,ィ''´  `'ー- 、      /i
               /  //                  \,.   _..ノ .|
           .   /  //                     ⌒´   .|
             /  //                          |
             /  //                           |
           . /  //                            .|
           /  //  .                          |
           /  //                             .|
          ./  //                            . |
         /  //                               |
        ッ芝ヾシ⌒ヽ、                           |
        .ヾニジ    \      ._,.イ⌒ヽ               |
                 `ヽ,.._,ィ''´      `'ー- 、        .  |
                                .\,.   _., 、  . .リ
                                   ⌒´   \._,ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と、朝廷から言われました。 尽力いたしましたが力及ばず。 お返しいたします。

554崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:44:59 ID:Yqa2.HEc

やる夫が後世の人々のためにと思って写経した渾身の五部大乗経、


                          「呪詛が込められている恐れアリ」として



                 返   品   さ   れ   る   。
                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                         ____
                      ,. -'"´ .,.、ァ≠メ、.`¨ー 、
                      . l´~`         `ヾ、  .ヽ、
                   /          _   ヽ   ヽ、
                   / / ,.`ヽ     イ ,r;.、`ヽ        ヽ、
                 /  .i ヾツ !        ゞ゙ン  |          .ヽ
                ./     --ノ´       ヽ ._ 、             .ヽ
               /       . ヽ  、                        i
               /     ._ ノ_                       l
              ,'      .{ 、_,、丶                      /
              i      冫ー 'ヽ、 __                     /
              ',      .` ー__‐                  /
               ヽ、                         /
                ヽ、_                     /
                   `¨i                     ヽ
                    /                      ヽ
                   /                     ヽ




封も切られず返品されたという伝承もあれば、ビリビリに破かれていたとの伝承もある。

555崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:46:25 ID:Yqa2.HEc





                         ____
                      ,. -'"´ .,.、ァ≠メ、.`¨ー 、
                      . l´~`         `ヾ、  .ヽ、
                   /          _   ヽ   ヽ、
                   / / ,.`ヽ     イ ,r;.、`ヽ        ヽ、
                 /  .i ヾツ !        ゞ゙ン  |          .ヽ
                ./     --ノ´       ヽ ._ 、             .ヽ
               /       . ヽ  、                        i
               /     ._ ノ_                       l    ………
              ,'      .{ 、_,、丶                      /
              i      冫ー 'ヽ、 __                     /
              ',      .` ー__‐                  /
               ヽ、                         /
                ヽ、_                     /
                   `¨i                     ヽ
                    /                      ヽ
                   /                     ヽ




.

556崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:46:36 ID:Yqa2.HEc





                    ____
                 ,. -'"´ .,.、ァ≠メ、.`¨ー 、
                 . l´~`         `ヾ、  .ヽ、
              /          _   ヽ   ヽ、
              / / ,.`ヽ     イ ,r;.、`ヽ        ヽ、
            /  .i ヾツ !        ゞ゙ン  |          .ヽ
           ./     --ノ´       ヽ ._ 、             .ヽ
          /       . ヽ  、                        i    後世の人のために…
          /     ._ ノ_                       l 
         ,'      .{ 、_,、丶                      /   何かすることも
         i      冫ー 'ヽ、 __                     /   許されないのかお…?
         ',      .` ー__‐                  /
          ヽ、                         /
           ヽ、_                     /
              `¨i                     ヽ
               /                      ヽ
              /                     ヽ




.

557崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:46:48 ID:Yqa2.HEc

         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \   ………
      |    ` ⌒´      |
      \           /



                      ____
                    /      \
                   / ─    ─ \    じゃあ、何なら
                 /   (●)  (●)  \  していいんだお…?
           .      |      (__人__)     |
                 \    ` ⌒ ´    ,/



                                     / ̄ ̄ ̄ \
                                   /       . \
                                  /  _ ノ   ヽ、_   \
                                 .|   (ー)  (ー) .  |   ………
                                  \    (__人__) .  /
                                   /    `⌒´    ヽ

558崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:47:00 ID:Yqa2.HEc

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ



                      / ̄ ̄ ̄\
                    /       .\    そもそも…
                   /   ─ヽ  .─   \
                   |   (◎)  (ー)   .|   だお…
                   \.   (__人__)    /

559崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:47:13 ID:Yqa2.HEc





                      / ̄ ̄ ̄\
                    / ─    ─ \     なんでお前らに
                   /  <◎>  <◎>  \   指図されなきゃ
                   |    (__人__)    |   ならんのだお…?
                   \     `⌒´    /
                   /              \




.

560崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:47:25 ID:Yqa2.HEc





お前らは、本来、そこにいていい存在なのか…?
______________________________________
                           ____
                        ,. -'"´      `¨ー 、
                       /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、
                    ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、
                  /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ       ヽ、
                  i へ___ ヽゝ=-'"/ ◎   _,,>         ヽ
                  ./ / ◎ > ='''"  ̄ ̄ ̄             ヽ
                 / .ヽ-‐´''"       ヽ               i
                 /    i   人     ノ               l
                ,'     ' ,_,,ノ  `─-‐' ヽ               /
                i      `、  _y──‐ l                /
                ',       i_/  / _ '              /
                 ヽ、       ̄ ̄               /
                  ヽ、_                     /
                     `¨i                     ヽ
                      /                      ヽ
                     /                     ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                               そこでふんぞり返る資格はあんのか…?




.

561崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:47:36 ID:Yqa2.HEc





そんなに筋の通らないことが好きか…?
______________________________________
                           ____
                        ,. -'"´      `¨ー 、
                       /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、
                    ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、
                  /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ       ヽ、
                  i へ___ ヽゝ=-'"/ ◎   _,,>         ヽ
                  ./ / ◎ > ='''"  ̄ ̄ ̄             ヽ
                 / .ヽ-‐´''"       ヽ               i
                 /    i   人     ノ               l
                ,'     ' ,_,,ノ  `─-‐' ヽ               /
                i      `、  _y──‐ l                /
                ',       i_/  / _ '              /
                 ヽ、       ̄ ̄               /
                  ヽ、_                     /
                     `¨i                     ヽ
                      /                      ヽ
                     /                     ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                              そんなに道理に適わないことが好きか…?




.

562崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:47:48 ID:Yqa2.HEc

_____________________________________
        ,. -'"´      `¨ー 、
      /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、
    ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、
  /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ      ヽ、
  i へ___ ヽゝ=-'"/  ● _,,>       ヽ             わ か っ た お …
  ./ /  ●> ='''"  ̄ ̄ ̄          ヽ
 / .ヽ-‐´''"       ヽ             i
./    i   人_   ノ               ,r‐"':,        手 伝 っ て や る お …
,'     ' ,_,,ノエエエェェ了                ヾ;,::::::\
i       じエ='='='" ',           ,r- ..,    ヽ::::::::ゝ
',       (___,,..----'           (:::::::::::ヽ、   ゞ::: ヾ
 'ヽ、                     \:::::::::::\   'l:: -゛キ    お ま え ら の 大 好 き な
   ヽ、_               i,""'::,  "i,,:::.  キ  /::   |
'ュ,ノ'",;l `ゞ  ``ー- -‐'"´      i:::::::ヽ  'ヾ,"'" .ヽイ   ソ ⌒〉  世 の 中 に な る よ う に
シニi;∠(ヽ、':..          ;;;'";;_,,_'l:::::::::::i;,  'l,,   l::::  i /
ミ/::i:i:l'::::::\:::  ,,,__..  ;;,.::::i;::::::ヽ,,,_ 'キ:::-=.::\  l::.   "'i:::::  )    手 伝 っ て や る お …
/:::::/,l:::::::::::;;'i-:..,,_,,r‐‐'"::::::::,;ii;:r⌒ヽ:::::::\:::.... \r'-‐''" ..::::::::/
::::::l':;"';,,::::::::l'   l':::::::::::::;;;;ii//ヽ、:::ヽ、:::::\   "' ::::...:::::::::::::l'
i:::::,l;;':::::"'i;;-l-..,,_,,..l;;;:::::r'":://:::::::ヽ,:::::::::,,_:::::::::>= ノ ..::::::::::::::::::ノl;,
l:::,ll::::ヽ:::l:o;;:::::::::ノii;;;.......;;;;//:::::::::::::.'i.::::: ノ..""'"-;  ...::::::::::::::::;;:/ヽl;,
:::::ll::::::::::l'::ヾ:::::::/:'"::'"::::::;//,;.::::::::::::::"''‐- t..,,  /::::::::::::::::::::::../ ノ i;;
:::,;ll::ヽ:::l';;:::::::::/:::::::::::::;;;; //::::::::::::::::::::::::::::::::::::"'';;"::::::::::::::::::::ノ /;;;/;
::;;ll:::::ヽl,::;;;:::::/:::::;;:::::::::: //::::;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::/〆"''""" ̄ /;;;//;
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

563崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:48:00 ID:Yqa2.HEc

   o
    ゝ;:ヽ-‐―r;;,               。
,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, o  /
"`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r
   〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}_________________________
  ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ
  (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、       筋  は  通  ら  な  い  !
  "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/
    (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ヾ;;;;;;;;;;;;/; \
            ´  /;:ノ 。  。
                ()



                      ____
_____________ /      \______________________
                   / \    / \
                 /   (◎)  (◎)  \   道  理  に  適  わ  な  い  !
                 |     (__人__)    .|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    ` ⌒┃   ,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                                /⌒ソ/⌒ヽ、
                             . /  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:.,;:.;:.:,..;:.;.,,.,. .
                             /  //      .`ヽ,.._,ィ''´  `'ー- 、      /i
                             /  //                  \,.   _..ノ .|
                         .   /  //                     ⌒´   .|
                           / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:.,;:.;:.:,..;:.;.,,.,. .    |
                           /  //                           |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 そ  ん  な  世  の  中  に  …
________________________________________
                        ./  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:.,;:.;:.:,..;:.;.,,.,. .      . |
                       /  //                               |
                      ッ芝ヾシ⌒ヽ、                           |
                      .ヾニジ    \      ._,.イ⌒ヽ               |
                               `ヽ,.._,ィ''´      `'ー- 、        .  |
                                          ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:.,;:.;:.:,..;:.;.,,.,. .
                                                 ⌒´   \._,ノ

564崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:48:13 ID:Yqa2.HEc




し て や ろ う じ ゃ あ な い か あ あ あ あ !
________________________________________
                    ,. -─────────‐- .、
                   /  \  ::::::::::::::::::::::::  /  \
                 /     \ :::::::::::::::::::::::: /     \
                /     _  \:::::::::::::::::/   _    \
              /   / /::::::\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::://:::::\\  \
             /    |  |:::::::::::::::| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |::::::::::::::| |    \
           /      \ \::::::// :::::::::::::::::: \\::::://     \
          /    ../ ̄ ̄\ ̄ /   ::|::   \  ̄/ ̄ ̄\..   \
         /         :::::      |      |      |       :::::      ヽ
        |               |      |      |              |
        |               \__/\__/               |
        |                |       |               |
        |                |r─‐┬──、|                |
        ヽ                |/   |    |              /
          \              ■■■■■■              /
           \               ̄ ̄ ̄ ̄┃            /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                                 こ の …



.

565崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:48:25 ID:Yqa2.HEc



五   部   大   乗   経   の

________________________________________
               /⌒ソ/⌒ヽ、
             ./  //:;:;:;:;:;:;..\      ._,
            /  //:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.`ヽ,.._,ィ''´:;:;:;:;`'ー- 、      /i
            /  //:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\,.   _..ノ:;.|
           ./  //:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;..,、,.,,,,.,、-ーーv,:;:;:;:;:;:;:;:;:;⌒´:;:;:;:;.|
          /  //:;:;:;:;:;:;:;..,...,__,.v-、)、 r-ー┐ .,フ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
          /  //:;:;:;:;:;:;:;:;:;.〔 ゙、、、 .{ .}:;:;:;,l′ノ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
         ./  //:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.} |,,} i^} .^¨´`.,、フ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.|
        /  //:;:;:;:;.:;:;:;:;:;:;:;:;:;} ,、v-「 .} ´) .ノ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
        /  //:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.゙'''′:;:;:;.,/ ../} .|:;:;:;:;..!'l.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
       ./  //:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.,./´,r'゙ .|  |:;:;:;:;_ノ .'i,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.|
      /  //:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;r'ニ/′:;.(_ .¨¨′ .,ノ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
     ッ芝ヾシ⌒ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.゙''~ー‐''″:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|
     .ヾニジ    \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;._,.イ⌒ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
              `ヽ,.._,ィ''´      `'ー- 、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.:;:;:;|
                             .\,.:;:;:;:;_., 、:;:;:;:;.:;:;.リ
                                ⌒´   \._,ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                               法   力   を   も   っ   て   !


.

566崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:48:36 ID:Yqa2.HEc

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,|!;;;;| !;";;;;;;i゙、;;;;;;.!!;;/.!;;;;;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|;;;;;;;;;;;;l.|;;;;;;|,!;;;;;;;;;;;;;;!.l゙;;;;!!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i、;;;;;;
!;;;|l;;;;;;;;;ケ;;;;;;;;;;;;;;;;;.! .!;;;;;;;;;;;;;;;;;,!|;;;;;|:!;;;;;;;;;;.!.!;;;;;;;l|;;;| l;;;;;;;;;;;.;;;;;;;;;|!;;;;,!;;;;;;;;;;;;|.|;;;;;;;;;;;;';.;;;;;;;;!l;;;;;;|!;;,l|;;;;;;;;;;、;;; ネ;;;;;;;
;;;;;|.!;;;;;;|l;;;;;;;;;;;;;;;;i、! l;;;;;;r‐i;;;;;;! !;;;;゙|;;;;;;;;;;/ |;;l゙};|!;;;! !;;;;;;;;;;||;;;;;;;;ll;;;;;li;;;;;∥;.!,!;;;;;;;;;;;;i!|;;;;;; ネ;;;;;;"/.|;;;;;;;;ili.!;;;";i;;;;
;;;;;}l;;;;/.|;;;;;;;;;;;;;;;|i.! .!;;;;;|                             ;;;.! |;;;;;;;";;;;;;;l゙ .l;;;;;;iリ;||;;;;;;l!;;;
;;;;;.!.l;;;l゙ |;;;;;;;;;;;;;/.|;.l .|;;;;|  願はくは、大魔王と為りて天下を悩乱せん  ;;;;;| |;;;;;;;;;;;;.;;;;|, ,!;;;;;|.!;||;;;;;;ミ;;;
;;;;;/.l;;,! .|;;;;;/l,;;;{ .!;;.! !;;;.!                             ;;;.! .l;;;;|L;;;l|;;;;'ヘ;;;/!;,l!;;;;;;;;;;;;
;;;/ l;;l .:!;;r;{ .!;;.! |_;l゙|;;;;} |;;;;;l゙.l;;;;;;;.! !;;;;{ .゙.!;;;;;l l;;;} |;;;;;| .!,!  l;;;;;;;|:ゞ .!;;;;;;、;;;;} l;;;|.|;;;;.!.!;;;;;;;;;;;l゙|;;l";;;;;;;;;l
;;;| .|;;} |;;;;;} .!;;.!  !;;;;| .|;;;/                        |;;;;/ .!;;".!;;.! !;;;;.! l;;;;;;;;;l |;;./ ;;;;;;;;|
;;;! |";| |;;;;;;.! |;;;;!  .|;;;;;|  l;;l゙ 五部大乗教を以て、悪道に廻向す   |;;;} !;;! !;;;! |;;;;;}/.i|;;;;| .!;,ll;、;;_;;;;}
;;;.! l;;;;l.!;;;;;;;! |;;;|  .ト;;;;;.!  !.!                         l;;;;| l;;.!.!;;,! .!;;;;|l゙/l;;;;,! :!;.!T` !;;;.!
;;;;.! !;;;||;;;;;;;| ,!;;l  l;;;;;;;} !;! l;;;;;;;;;;! l;;;;;l゙ ゝ./ .l;;;,!!;! l;;.!|;;;;;.!  |;;;;|   !;;;l゙ .!;;|` ゛ .l;;;;;;/ .!;;;;! .|;;{  .!;;;;|
;;;、| l;;;〔;;;;;;;! |;;,!                                      ;;;;| l;;;;,! .|;;.!  .l゙;;;;|
;;;;゙;| !;;;;;;;;;;;! .!;;l  日本国の大魔縁となり、皇を取って民となし、民を皇となさん ;;;l !;;;} .|;;}  |;;;;;l
、;;;;;| :!;;;;;;;;;;;l .|;;.l                                      ;;;;;| .ゞゞ |;;;l  .|;;;;;|
l;;;;;/ l、;;;;;;;;}.!;;.!    .l゙;.! |;;;;;;;;;;|  .|;;;;.!      !;| |;;;| `'"      .|;;;;|  |;;;;l゙  !;;;;;;.!   l;;;,!  .!;;;;;!
.゙‐'  l、;;;;;|゛.|;;;.!                                      ;;;;l゙   /;;;,!  ゙ー'゙
     !;;;;;l l;;;;l  人の福を見ては禍とし、世の治るをみては乱れを発さしむ ;;;;}   ,!;;;;l
     .゙'i;;.! l;;/                                      ;;;;!   .l;;;;,!
      `'゙ .!;;.!、  l;;;;|                |;.!                ゙''"  .!;;;;;;;l   `"
        l;;;;l   ゙''"                  l;;;!                 l;;;;;l゙
        `'"                   :!;;.!                 `''"
                             !./
『源平盛衰記』
「今生の事を思捨て、後生菩提の為にとて書奉る、五部の大乗経の置所をだにも宥されねば、
今生の怨のみに非ず、後生までの敵にこそと仰られて、御舌のさきを食切給ひ、
其血を以て御経の軸の本ごとに、御誓状をぞあそばしける。
書写し奉る処の五部の大乗経を以て、三悪道に抛籠畢。此大功徳の力に依、日本国の大魔と成て、
天下を乱り国家を悩さん、大乗甚深の回向、何の願か不成就哉、諸仏証知証誠し給へ、顕仁敬白」

567崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:50:11 ID:Yqa2.HEc

己の舌先を噛みちぎり、その滴る血をもって送り返された五部大乗経に呪詛の言葉を記したという。





                      γ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
                      (;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
                      ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ





この五部大乗経の行方についても諸説ある。松山の北、大鼻ノ岬の先に2つの島があり、
手前を小槌、奥を大槌と呼ぶが、その2つの島と岬との間、通称「槌ノ戸瀬戸」に沈められたという説。
「そもそもなかったんや」という説などなど…

568崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:51:29 ID:Yqa2.HEc

これ以来、やる夫は髪も爪も伸ばしっぱなしにしていたという。

                             .rニYニヽ
               |レ               /    j |
               !!_           イ     } |
               ゙- '´ ,、       /j      j
                  -''´   ,r'´ ̄`゙}     j l|rニ二ト、
                       〉─7-'´l|jト、 -イl;|`--l一〈
                 __ii__    |   |  ルリ-ト、|州リ  |  .|
                 イi    j  |           |  |,
                  `  , イ  |     |      |  |
                    ノ  }        |         |
                  /           |          |
                //  /                  |
            .  //  /                   ',|
            / /    l                     |

            この直後、正式な御所が完成。やる夫は現在「鼓岡神社」が建っている地に移る。

569崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:51:41 ID:Yqa2.HEc

やる夫が激怒して五部大乗教を呪詛の道具とした、という噂を聞きつけ
さすがに気になったのか、やらない夫は平康頼という人物に命じ

                / ̄ ̄\
               / _ノ  ヽ、_ \
             . | ( ●)(● ) |
             . |  (__人__)  │
               |   `⌒ ´   |
             .  |           |
             .  ヽ       /
                ヽ      /
                >     <
                |      |
                 |      |

やる夫の様子を見に行かせた。 平康頼の見たやる夫の姿は…

570崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:52:06 ID:Yqa2.HEc

                ,. '"´三二二三`ヽ
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ
              /   /    呪     ', ヽ
            /   /::(         ノ:::)  ヽ
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
______ /    /     ,,   ,,      ',    \___________________
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\'
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,    まさに天狗の如き姿であったという…
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ)
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `
 ̄ ̄ ̄/   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | |
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! !
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |

571崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:53:27 ID:Yqa2.HEc

長寛2年(1164年) 8月26日。   46歳でやる夫、永眠。
       ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

             /      ./      呪       ヽ    ヽ
            /      ./               , .l,    .',
           ./     ,i!゙',、            _ノ.l/j    !
           !     .,'―‐`-lii、       . ,,rl┴''''ー l!    l,
          ./     i!'-、 .!ゝ . '.l、       /   .!′ ,..''7    .ヽ
          ./     ./ 'イ''ニ=rirr,'|./     .ヽ`-`-`-''',/゙l      l
         /      .l゙         "       ゙′     l      l.
        . /       !                       ,.|     ., ヽ.
       .'"       !ヽ   y     i;;;;;;、    'i,  ../ ;:;l     ..l゙‐'′
              |;:.!  ,/,' .,,r;;ニッiiiiiiiiiiiiii;;;;r、 .l',  .!;:;:;:.!      .ヽ
               |;:;:;:! .// i',{ .iー'''''''''''''ー'i i!|i ,!} l;:;:;:;l          l
               |;:;:;:| .{ ! ./ ゙"      !" l',./;,! l;:;:;:.!           !
               !;:;:;:.! ヾイ.,..-ー'''''''''''―- ..,..!!./  |;:;:;:|
                 !;:;:;:;.! /,ii/            l;,ii;| .l;:;:;/
              l;:;:;:;:;| .l;| }            !,!:l" /;:;:/
              l゙'-,;:;| !| .l         :l".! │;,イ
                 !、 `'',  │           !  l,i,'-/
                 i,',',iiiii、\ .!        . ! .r',゙.l'''7

一説には、二条天皇の密命により三木近安という人物が暗殺したという話もある。
江戸時代に作られた地方の様子を紹介する冊子での話であり、そもそも二条天皇に
どんな得があるかがサッパリ不明なので、おそらく創作の類とは思う。 が…

573崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:53:41 ID:Yqa2.HEc

白峯寺の北西、稚児ヶ嶽の上にあるやる夫の墓、『白峯御陵』は

ゞ;;;;ゝヾ; ;;;ソ ヽ;;  ;;ゝ ヾ;;;;ヽヾゝゞゞ;;;;ゝヾ; ;;;ソ ヽ;; ゝヾ; ;;;ソ ヽ;;
 ゞヾ ゞヾヽ ヽヾ;;ヽ;;;;ゝヾヾ; ゞヾ ゞヾヽ ヽヾ;;ヽ;;;;; ゞヾ ゞヾヽ ヽ
ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;
 ;ゝヽ;;|;il|ヽソ;;|il|;ヽゞ|il:ヾ;;;ゝ;;: ヽ;;|;il|ヽソ;;|il|;ヽゞ|il:ヾ;; ヽゝヽ;;|;il|ヽソ;;|il|;
    |;il|   |il| ヾ:|il,,,..,,,    |;il|   |il| ヾ:|il,,,..,,,    |;il|   |il|
    |;il|   |il| ヾ:|il,,,..,,,    |;il|   |il| ヾ:|il,,,..,,,    |;il|   |il|
    |;il| ,,((;;;ゝ);;));ヾ;;)    |;il| ,,((;;;ミ;;:)ゞ;:))ヾ::))   |;il|   |il|(
;;;;;| |;;;;;| |;;;;;| :|;;||;;|...| | :|;:;:;| :|;:;:;| :|;:;:;| :|;:;:;: |...|;;||;;|: |:|;;;;;| |;;;;;| |;;;;;| |;;
ニ| |ニ| |ニ| 二二 .| | :|;:;:;| :|;:;:;| :|;:;:;| :|;:;:;: |. 二二 |:|ニ| |ニ| |;;;;;| |ニ
;;;;;| |;;;;;| |;;;;;| |;;;;;;;;;| | | :|;:;:;| :|;:;:;| :|;:;:;| :|;:;:;: | |;;;;;;;;;| |.|;;;;;| |;;;;;| |;;;;;| |;;
;;;;;| |;;;;;| |;;;;;| |;;;;;;;;;| |//三三三三三三三...| |;;;;;;;;;| |,!;;;;;| |;;;;;| |;;;;;| |;;

現在でも「三木」の姓の者は上がることが禁じられている。

575崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:55:04 ID:Yqa2.HEc

やる夫の遺体をどう扱えばよいか? 都からの指示が来るまで、

/           : :;_,,-''": ・゚・。・゚・。・。・。・:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙ '''ー:、:: ・。・/⌒ヽ-´`´´`"
           ::_,r'": 。・゚゚・ Y。・゚゚゚・゚,,r-ゝ、,,_,。・。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙ '' ソ : :.
      ,、_,,-'',´´ '¨`。・゚゚・,〆'')・゚。・゚丿::::::::::::ヽ、。;;、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ '''ー、,,,、_.
ヽ、    \ソiiiiii'¨`。・。人..(___ノ´・。/iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiヽ、。゚。。 iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiフ./
i;`ヽ     \[ロ゚・゚・ソ・。・-゚・__・ノ´ロ=ロ=ロ=ロ=ロ=ロ=ロヽヘ_..。ロ=ロ=ロ=ロ=ロ=ロ=ロ=ロ=ロ=・゚・。・。゚・・。・
i;: ;.)  ・゚・。r゚・。・゚・-。・゚"""\,,・。・。___Y二二二j≡≡ソ≡f二二二Y______。/⌒´⌒`\・。
i;: ;;|・゚・。・;;_・。,,/´  | | ̄ ヽ。・ ゚・:。,...| | ̄ ̄||∧..;;. .∧|| ̄ ̄| |. ..   ||:: :..i!i:l| | ...      vi
i;: ::レ;´;;/´´     | |: : ::: ||⌒"ヽ、゚| | ̄ ̄||圖.. ..圖|| ̄ ̄| |. ..   ||:: :..i!i:l| | ...      ||i
i;: ;rソ''           | |:l;;l:..:...|| .. .  | | ̄ ̄||f´ ; ; ;; `l|| ̄ ̄| |. ..   ||:: :..i!i:l|゚・。゚・゚・。・。  ||!)
i;: ;|              | |l!i:!: : .||  ...  | | ̄ ̄||(YYYYY)|| ̄ ̄| |. ..   ||:: :..i!i:l。/´⌒`\、。。・i。ゝ
i;: ;|              | |i!i:l:: :..||. ..   | | ̄ ̄||.†.†.†.†.†|| ̄ ̄| |. ..   ||:: :..i!i:l| |    ヽ、(。・。・
i;: ;|        ゝ================| | ̄ ̄||__| ̄ ̄| || ̄ ̄| |================ソ   ∨ノ´
i;: ;|; : : : : ; : : : : ..`=|:|====|:|====|:|===| |三三三三三三三三^| |===|:|====|:|====|:|=" .; : : :||>; :
i;: ;) : : : : : : : :~ :..[二二二二二二二二| |,!================| |二二二二二二二二]・゚・゚゚・。・ゝ: :

高照院こと金華山天皇寺に二週間ほど遺体は安置された。
現在もこの天皇寺は四国八十八カ所第79番札所として存在するが、どちらかと言えば
崇徳天皇を祭る白峯宮の一部、という感じとなっており、参道などもすべて白峯宮に通じている。

576崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:56:34 ID:Yqa2.HEc

       なお、通常神社では鳥居から先は下乗して進まねばならない。

               _ ______________ _
              (::.);;::.,-、________,-、..:;;(.::) ゞ;::;;;;:ゞゞ:.:ヾ::. ヽ
                     |;: !            | :;|  ゞゞ:;ヾ ソゞ:::ゞ:;ヾ ゞ
                     |;: `ニニニニニニニニニニニニ´ :;! :;ヾ ゞ:  ;: ::ゞ:;:; ゞ;ヾ ゞ
                     |;: |´          `| :;| :;ヾ ゞゞ:; ゞゞ:::ソゞ :ゞゞ
                     |;: |            | :;| ヾヽ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;::;;;;:ゞゞ:;
                     |;: |            | :;|  ヾヽ::  |li/ ゞ ゞ:; ゞ:;ヾ
                     |;: |            | :;|   ヾ;li/::ゞゞ: ;::::ゞ:;ヾ ゞ
                     |;: |            | :;|    ゞ:;ソゞ'li|ヾ:li!:;ヾ ゞ
                     |;: |            | :;|       |li| li|:::ゞ'
                     |;: |            | :;|       ヽli//
                   ,i';;`^:〕          ,'^';,(;;〕       | ;il|
                ,';,;) 'l; :.`!、______,.!:;'「:' ;.:'ヾ,       | ;il|
              /^`'"''ー゙''"         ゙''"ー"゙''"\    | ;il|
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ,'l;i::ヾ
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

皇族は例外なのだが、この神社では拝殿の手前の階段で皇族も下乗しなければならない。
大きく「皇族下乗」と表示された石碑が立っている。

578崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:56:57 ID:Yqa2.HEc

9月に入って朝廷より指示が来た。やる夫の遺骸は白峯寺にて荼毘に付されることとなった。
そこで高照院から白峯寺に向けて、遺骸を運ぶこととなったのだが、

 | !|   ゞヾ ゞヾ  .ゞ;ゞヾ;ゞゞ; ,,ゞ.ヾ\\ ゞヾ:ゞヾ ノノ ゞヾ . ゞヾ ゞヾ  .ゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ ヾ;ゞゞ !
! !  | !| ヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ  ゞヾゞヾ ,,.ゞヾ::ゞヾゞ:ヾ ゞ:.y.ノヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ ゞヾゞ ;ゞヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ  !|
| ! ! | ! |!l ゞヾゞ___\\ ゞ ゞヾゞ;ゞゞヾゞ;ゞiiiiii;;;;::::: イ.ヾゞ, .,; ゞヾゞ___// ;ゞゞゞ;ゞゞヾゞ;  | !|
 |! !  | !|  !l ;ゞヾゞ;ゞヾ;ゞゞヾ    ゞ;ゞ iiiiii;;;;;::::: :)_/ヽ,.ゞ:,,ゞヾゞ__;::/ ゞヾゞ;ゞヾ;ゞ  |!  !| !|!
!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |! !| lゞヾゞ;ゞ ヽ;iiiiii;;;;::::: :|;:/   ヾ;ゞゞ;ゞ ヾゞ ! | ! |!l |!l |!  l|!
 ! | ! |!l |!l |! !| !| !l |! !ヾ;ゞゞヾゞゞ\|iiiiii;;;;::: : |:/ ヾゞ  ! | ! |!l |!l |! !| !| ! ! |  !
 l ! | !  l | ! ! | !|  !l  |!  !| !|! l|! !| |i;iii;;; ; :::|/! !  | !|  ! l |!  |! ! | ! |!l ||! ! |
! !  | !|  ! l    _/__/_ //   !   | | |i;iii;; ;; :::|| ! ! | ! |!l |!l |! !| !| !l   |! ! |  l
| ! ! | ! |!l |!    / /       ー―――――――――――   ! | !|  !l  |!  !| !|! l|!
 |! !  | !|   !l    /   l|! !| ! | !l | |i;iii;;;;; ::::|! !  | !|  ! l |!  |! ! | ! |!l ||! !   |
!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |! !| l | !| ! !|i;iii;;;;; ::::|| ! ! | ! |!l |!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l
 l ! | !  l | ! ! | !|  !l  |!  !| !|! l|! !| |i;iii;;;;; ::::| |! !  | !|   !l |!  !| ! !l|! !| ! | !l
| ! ! | ! |!l |!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |!.|i;iiiii;;;;; ;:::|!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |! !| l | !| !
 l ! | !  ,,((;;;ゝ);;));ヾ;;) l | ! ! | !|  !l  |i;iillii;;;; ::: |!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |! !| ((;;;ゝ);;)
、,,;;;ゝ;l))ゝ|;;ゝ))ゝ;;;ミ,,l,,;;;ゝ;;))ゝ;;;ゝ))ゝ;;ミ,,、l,;; |i;illiiii;;;; :: |、,,;;;ゝ;;))ゝ;;;ゝ))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;))ゝ;;;ゝ))ゝ;;ミ,,、
ゞ((;;ゝヾ;ヾ⌒; ;) ! !ヾミゞ((;;;ゝヾ;ヾ⌒;;)| ; ;ゝ;|i;iiillii;;;; ::: |((;;;ゝヾ;ヾ⌒;;;) ;;;)ヾミゞ((;;;ゝヾ;ヾ⌒;;)、, ;;ゝ
! !;;ゝヾ;ヽ ! !)ヾミ;ソ(;;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;( ! !;ゝ))ゝヾ;.|i;i〈ii;;;;; :::: |ゝヾ;ヽソ;;;)ヾミ;ソ(;;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;(::;ゝ;;;ゝ))ゝヾ;
"",,!l |! ,^^""",",,^^^^""""''",,,"^^" ",,""''""'|i;iiiiiii;;;; :::: |"",,^^""",,""''"",,^^""",,""'' バシャバシャ
!l 、|!, ""    ""   ""  ""        ~~"""~~~""  ""     ""    ""   バシャバシャ
,,.., .,、!|,;;:, ..,.. ::;...,..,;; :;:,::,, ..,. :;;, ::;.,, ..,,.:.,..,. :;;, ::;.,, ..,,.:., ,,.., .,,, .;;;;:, ..,.. ::;...,..,;; :;:,::,, ..,. :;;, ::;.,, ..,,.:.,..,. :;;, ::;.,,

その途中、にわか雨が降ってきたため、あわてて雨宿りするはめになった。

579崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:57:13 ID:Yqa2.HEc

さすがに皇族の棺を直接地面に置くわけにはいかない。たまたまあった石の上に棺を置いていたのだが

;;;! |";| |;;;;;;.! |;;;;!  .|;;;;;|  l;;l゙ /;;;;;;;]、゙";;;;! |;;;;;;.!.!;;;l ,!.!!;;}/;;.!  !;;;l゙''"  .|;;;} !;;! !;;;! |;;;;;}/.i|;;;;| .!;,ll;、;;_;;;;}
;;;.! l;;;;l.!;;;;;;;! |;;;|  .ト;;;;;.!  !.! .!;;;;;;;;;! l;;;;;;;! l;;;;;;゙l.|;;;.!l;.!.!;;|.l;;;;;|  !;;;!   l;;;;|  l;;.!.!;;,! .!;;;;|l゙/l;;;;,! :!;.!T` !;;;.!
;;;;.! !;;;||;;;;;;;| ,!;;l  l;;;;;;;} !;! l;;;;;;;;;;! l;;;;;l゙ ゝ./ .l;;;,!!;! l;;.!|;;;;;.!  |;;;;|   !;;;l゙  .!;;|`゛ .l;;;;;;/ .!;;;;! .|;;{  .!;;;;|
;;;、| l;;;〔;;;;;;;! |;;,!  |;;;;;;;| l;,!.!;;;;;;;;;;|  !;;;;.!    `. l;}.|;;;゙;;;;;;} .|;;;;!   .|;;;;|  |;;;|  !;;;;;| l;;;;,! .|;;.!  .l゙;;;;|
;;;;゙;| !;;;;;;;;;;;! .!;;l  .!;;;;;;l ,!,!.|;;;;;;;;;;.!  !;;;;;.!     .彳|;;;;;;;;;;;l  .!; !   .|;;;;}  .|;;;.!  .|;;;;;;l !;;;} .|;;}  |;;;;;l
、;;;;;| :!;;;;;;;;;;;l .|;;.l  ヽノ゛./.! .l;;;;;;;;;;}  |;;;;;|      !;| |;;;i.l;;;;;}  ″   |;;;;|  l;;;;,!  |;;;;;;;| .ゞゞ |;;;l  .|;;;;;|
l;;;;;/ l、;;;;;;;;}.!;;.!    .l゙;.! |;;;;;;;;;;|  .|;;;;.!      !;| |;;;| `'"      .|;;;;|  |;;;;l゙  !;;;;;;.!   l;;;,!  .!;;;;;!
.゙‐'  l、;;;;;|゛.|;;;.!    .i!;;l゙ .|;;;;;;;;;,!  .|,,/      .|;;! l;;;|        ヽ!  l;;;;.!  l;;;;;;;l゙   /;;;,!  ゙ー'゙
     !;;;;;l l;;;;l    l;;;l゙  .l.;;;;;;;,!          l;;! .!;/              !;;;;l  .!;;;;;;}   ,!;;;;l
     .゙'i;;.! l;;/   .l;;;;l   `'''″          !;|                |;;;;|  l゙;;;;;;;!   .l;;;;,!
      `'゙ .!;;.!、  l;;;;|                |;.!                ゙''"  .!;;;;;;;l   `"
        l;;;;l   ゙''"                  l;;;!                 l;;;;;l゙
        `'"                   :!;;.!                 `''"
                             !./

雨に濡れたことで、棺から血が滴り落ちてきたという(『源平盛衰記』)。

581崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:57:51 ID:Yqa2.HEc

雨宿りした場所は、現在、小さな神社があり、棺を置いた御棺台石も残っている。
「高屋神社」という名前だそうだが、別称として

 _,.ノ::.:..:..:`ヾ|i l! l|l l!|:..:::...::.::::.:.:.:,l
'´::.:..:.:..:.:.::.:ノ il| l| li i1:.:.:vイ/.:.:::`)
:::..:...::.:...::..:.::`)li l| i! il|.:.ノリ/.:.:.:.ノ
ゞ::.::.\、.:::::.:ソ i|l i| |;三シ________________
l、::.:.:::.::.ゞ\.:ノ il l| il|;:;;;:;|;:, .;゙:';, ,;:,__':゙;,;:,., ,,;:';:,..;: ,.;:;:,. ,.;:;':__;:,.;:; ;:,.';:゙|
 ヾー--`ヾ、:; il il l |l|;;::;:;;. ̄ ̄ ̄|;':| ̄ ̄ ̄|l ̄l| ̄ ̄ ̄|;,'| ̄ ̄ ̄
       |i| ! l|i l|i{;:;;::. :;;;:.__|;':|___|l_l|___|;,'|__
       | il| li l! |1;;::;:: .:;;| ;.;::; :|;:,|.,;:,.';:  ,;: ;:,. ';: ,.;:,. ,;,: |;:;|:;, ,;:':;|
       | li l| i! il|:.:; :;;::;;:; ̄ ̄|:;,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;:'| ̄ ̄
       |l| ! l|i l|i{;:;;.:::;:;; .:;.:::;;: |;,:|                |,:;|
       |li i|l !| |l|.:;:.:;.:;;::,::;;:;:.:;;|,':|                |,::|
       |l1|!l l|i il|.:::,:.;:.:::,:.;.:..:,:|;:゙|                |゙;:|
        | li| 1i|l |l{.:.:.::..:.:::.::.:.:. | ;;|                |;: |

             「 血 の 宮 」 とも呼ばれるそうである。

582崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:59:10 ID:Yqa2.HEc

やる夫の遺骸は白峯寺にて荼毘に付された。

  ..::   . .. . ..    ``侖侖''"               . ..':::;:,;;;.:.
              -‐'"韭 ゙''‐- . ... ...    ..::   .  .':;;;;:,.:.
゙''、,,_,,,,-‐'゛``''、,    ``侖侖侖''"              .':;;;;: .:.
;'' ;~'',;'''',;'';'' ;~'',;''゚ ;~'',;;-‐'"韭韭 ゙''‐-             .':;;;:, .:.
,;'',;''゚ ;~,;":;;;: : ;: ;: ;::::::``゙''ー-侖侖''"::;.-‐'゛~゙`゙''-、.,,,::  .'::;;;;:, .:... ...
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:"゙''、,;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:`;'' ;``'‐.、;;;;;;;.,.,.,.,..,.,.,.,.
:;,':,:;.,:;'' ;~'',;''゚ ;~'',;;~'',;';~.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙ :: :;":;; ~゙"'ー-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; '' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' v'゚ ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;'',;'~,;゙''、,,_ュiュ... .. ..   . ...
::;...;;.;;ii:i;;:;i,'' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' '゚ ;~,;''゚ ;..;;.;;ii:i;;:;i'',;'',;''゚ ;~,;::;.:".:;.:'::;...;;.;;ii:i;;:;i|゙:.:゙,:;、,"コエ...HE

                   その立ち上る煙は、京の方へたなびいていたという。



遺灰は白峯寺の北西、稚児ヶ嶽の上にある『白峯御陵』に葬られた。
   
   ゞ;;;;ゝヾ; ;;;ソ ヽ;;  ;;ゝ ヾ;;;;ヽヾゝゞゞ;;;;ゝヾ; ;;;ソ ヽ;; ゝヾ; ;;;ソ ヽ;;
    ゞヾ ゞヾヽ ヽヾ;;ヽ;;;;ゝヾヾ; ゞヾ ゞヾヽ ヽヾ;;ヽ;;;;; ゞヾ ゞヾヽ ヽ
   ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;
    ;ゝヽ;;|;il|ヽソ;;|il|;ヽゞ|il:ヾ;;;ゝ;;: ヽ;;|;il|ヽソ;;|il|;ヽゞ|il:ヾ;; ヽゝヽ;;|;il|ヽソ;;|il|;
       |;il|   |il| ヾ:|il,,,..,,,    |;il|   |il| ヾ:|il,,,..,,,    |;il|   |il|
       |;il|   |il| ヾ:|il,,,..,,,    |;il|   |il| ヾ:|il,,,..,,,    |;il|   |il|
       |;il| ,,((;;;ゝ);;));ヾ;;)    |;il| ,,((;;;ミ;;:)ゞ;:))ヾ::))   |;il|   |il|(
   ;;;;;| |;;;;;| |;;;;;| :|;;||;;|...| | :|;:;:;| :|;:;:;| :|;:;:;| :|;:;:;: |...|;;||;;|: |:|;;;;;| |;;;;;| |;;;;;| |;;
   ニ| |ニ| |ニ| 二二 .| | :|;:;:;| :|;:;:;| :|;:;:;| :|;:;:;: |. 二二 |:|ニ| |ニ| |;;;;;| |ニ
   ;;;;;| |;;;;;| |;;;;;| |;;;;;;;;;| | | :|;:;:;| :|;:;:;| :|;:;:;| :|;:;:;: | |;;;;;;;;;| |.|;;;;;| |;;;;;| |;;;;;| |;;
   ;;;;;| |;;;;;| |;;;;;| |;;;;;;;;;| |//三三三三三三三...| |;;;;;;;;;| |,!;;;;;| |;;;;;| |;;;;;| |;;

583崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:59:22 ID:Yqa2.HEc

無実の罪をかぶせられたりといった理不尽を強いられ、
     恨みを残して非業の死をとげた者。

    その者の霊は恨みを晴らすべく現世に祟る。

       この恨みを持って祟る霊のことを



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            『  怨  霊  』
________________________



               という。

584崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:59:36 ID:Yqa2.HEc



この怨霊という概念が、いつ日本に定着したかはまだ議論百出の状態である。

    が、少なくとも、平安後期には一般的に認識されていたようである。


.

585崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 22:59:51 ID:Yqa2.HEc



            怨霊の霊力の強さは、その恨みの強さに比例する。



             無実の罪で疑われて親に勘当され死んだ一般人。

            無実の罪で疑われて皇太子位を奪われ死んだ皇族。



               どちらの方が、恨みは強いだろうか?


.

586崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 23:00:05 ID:Yqa2.HEc




                        身分の高い者ほど、

                   その恨みは大きいと考えられていた。



                   失ったものの大きさが比較にならない、

                一般人には手に入らない代物だったからだ。



               そんな時代背景の中で、やる夫は息を引き取った。



.

587崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 23:00:21 ID:Yqa2.HEc





                       ここに、一人の怨霊が誕生した




.

588崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 23:00:33 ID:Yqa2.HEc





                呪いの五部大乗経という、マジックアイテムを持って




.

589崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 23:00:44 ID:Yqa2.HEc

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                            ┃
┃ や る 夫. が 日 本 に 呪 い を か け る よ う で す ┃
┃                                            ┃
┃                       第 十 章                   ┃
┃                                            ┃
┃               【 戦 後 処 理 】              ┃
┃                                            ┃
┃                  【 了 】                    ┃
┃                                            ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                            ┃
┃                  次  回                    ┃
┃                                            ┃
┃                       最 終 章                   ┃
┃                                            ┃
┃         【 か く て 日 本 は 呪 わ れ た 】.       ┃
┃                                            ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

590崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/06/04(金) 23:01:01 ID:Yqa2.HEc

お疲れ様でございました。
保元の乱のその後を、駆け足気味で追ってみました。

とうとう、やる夫は怨霊となりました。
次回が最終回、やる夫が日本一の魔王になっていく過程と、
人々が魔王・やる夫にどう対していったかを、現代までご紹介します。

投下は明日・土曜、19:30からです。

やる夫が日本に呪いをかけるようです 第九章 保元の乱 後編

161崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 21:56:12 ID:1aiZjnbM

狙ったところを外すことなく、義朝の兜の星を射削る。
           、,                      ,.
           ヽ.                   _,.='/
   ___       `=、,     ! . ,      _,.=-≠
    `=、ヽ._     ヽ._ 、ィ'l_t|.みソ.、. .! _rィ´/
        `\.,、__ `ヽ=、キ=サf=イヾ`=ィy/_             _. __ _
            `ヽ.f´ソモtifr'=、メキッサメf-'      __─
             ___jiキモイ    }チif井♯[二 ̄   ̄
           _,. -='ニサヤハ.___ /ィf´<`'..-、
     ,.=-─'  ̄丁´≠攵辷ケモケモナ匕冫   \
     '     ,.ィ´メ´ヘ/メ/幵f|^´ヽ!、/\    \
       ,.r' '´ /      7       `ヽ._   \
     ,.-'≠  ,. /,. -    /           `\  ヽ
   /   ,  ィ^     /               \
      /  / /     l                 ヽ
    /
勢い余って跳弾となった矢は、宝荘厳院の門に矢の中ほどまで突き刺さった。

※兜の星  兜の鉢の表面についている、多くのいぼ状の突起。



         ;!   l        ヽ.  .!、 ゙̄ー-゙ヽ┤
        .j    ! !      _  ゙:   \ r‐==、,!        ぬうう…
        ト-、_、!.;!__,._,.-=<,_      l k'._,rl l__    _,
        ゙ヽ ''┴Y =  ゙ー┴'       l l ,! .!l! ゙<二~、
          l  ̄ j  ヽ ̄         l l' ノノ、   ヾ\__
       .   !. /   )          l ト-'"ト\      \
       .   ヽ〈_,.:、-: '           l ,!  ヽ\゙     ヾ\

162崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 21:56:25 ID:1aiZjnbM

                  ______
              ,..r‐/  _,.. ="'"  ゙`‐-.、_
            //,/  /"  _,.. -―''" ̄ \
           ,イ i,/_,...〃-―'" ̄ ゙̄ヽ ̄ ̄`゙-:\
           .レ'ー''"           :i___   ゙ヽ
           l            !.   E二゙==-、_.i         貴様、噂に聞いていた以上に
           ;!   l        ヽ.  .!、 ゙̄ー-゙ヽ┤        傍若無人のようだな!
          .j    ! !      _  ゙:   \ r‐==、,!
          ト-、_、!.;!__,._,.-=<,_      l k'._,rl l__    _,
          ゙ヽ ''┴Y =  ゙ー┴'       l l ,! .!l! ゙<二~、
            l  ̄ j  ヽ ̄         l l' ノノ、   ヾ\__
         .   !. /   )          l ト-'"ト\      \
         .   ヽ〈_,.:、-: '           l ,!  ヽ\゙     ヾ\
             ゙:.  r===,、        , l !   ゙ヽ \ヽ     \
             ト,.. トi___.)      /ノリ:     \ ヽ    ヾヾ
             l ハ `=‐'     ./ / ;!       ヽ____\
             リハ   ̄   _,..r'"  /
               ゝ----、''"     !
                     \

163崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 21:56:40 ID:1aiZjnbM

                      ___
                     ,r'::::::::::::`:ヽ、
                    x彡イ´ `ヽ::ヽ
                     r'´   __  {::::ハ
                     リ  ィtュ,  }:::::ヘ        今のはほんの警告代わり。
                      〈r。〉     〉〈 ヽ 、
                     l `__   彡:::: ノ:::::ヽ     二の矢は
                         | ├ーーヽ  `¨'i:::::::::ノ     お望みの場所があれば、
                        | }_____丿 ,メ  ,八::::::ヽ     そこにお見舞いしてみせますぞ!
                       } -‐  、メ ./-‐ヽ从ノ
           ヘ   .∧    人___,ノ:::::::::ソ::::〉      さあ、どこがご希望か、申されよ!
           | ヘ   / 〉__,、___}::::::||:::r彡::::::::_,ィ≪ r'⌒ヽ
           |  〉'´       \:||‐':ノ>'´    |    \__
      、─-<_ノ .´ /ミ        ヽ'´      -‐ヘ、     `⌒ヽ
       \   ヽ /   /三≧x、   _,ィ≦ミx    __ヽ、__     ` ̄`ヽ
         >、__,ノ./ヽ、 /三三三/ /三三三ム   ´    ノ___,ノ: :/    人
        / イ  i    i三三三/ . /三三三ニ=---、_____,ィ´ : : : : : }    /
        | i   |ー-  寸三三i  i三三/            ヽ : : : : |  ヽ i
      二 ̄ ̄) ,ム    寸三:ノ  |三=人              : : :ヘ、  }
      三三ム  iミムー   `¨´   `゙寸三'ー──--、       : : : : `ーr'
      三三_ム |三ハ、 ハ  r≦三ミx   ___   ,/三=≧= 、___,r‐、__: : : :.:|

165崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 21:58:12 ID:1aiZjnbM


うおおおおおおお!                させるかああああ!
         /     ヽ|  lヽ    / l       ヽ\.  | ||       ヽ\         ,、 ||ヽノ
        /        ヽ ヾヽ,.ミ-、/ 丿    ,..   \ヽ. | ||         ,..\ヽ.      / \.|| (
   ,..    ./         ノl ̄ヽ ミ   ||   / \   ヽ\| ||      ./ \ヽ\   / ●  \ )
  / \/'''‐-,,,,,____,,-‐' /ヽ_ノ ミ   || / ●  \.  \| ||    / ●  \ヽ\ `''ー---ー''くヽ'
/ ● /"'''‐-,,,,,___,,-‐' / ヽ彡    || `'''ー---,-、く     | ||ヽ   `'''ー---ー'''く ヽ\ノ `ー'`ヽ ヽ
`'''ー---/"'''‐-,,,,,____,,-‐'' ,/彡      ||ノ_,,`ー/ .\ヽ.  | ||ヽ\ ノ_,,`ー'`,⌒`lヽ、.   ;"'''ー- .,,_`lヽ
/ ノ`ー' "'''‐-,,,,,______,,-‐'' 彡       ||ノ //_,,,......,,,_\.   | ||  ヽ\、,,-‐''ヽ ,/`l ヽ  / ● _,.-'" /_
/ ヽy,;--ー‐""'''‐-,,,,,_ヽ  ノヽ、 彡     || | `'ゝノ、,_、 ,ヽく   | ||   ヽソ-ー''''''`ヽ'  | /_,.-‐''"/`ヽ/
  /    //     ~""','、,,ノ`y彡      |'  /丿//y//,⌒`、 | ||_    ヽ\ヽ、.  ノヽ、/丿 ノ_./ヽ
/,,-‐'''""~""'''‐-,,,,,_  /ヽ  /l       | く,ーく| `'''' Lヽ ヾゝ,| ||ヽ    \ /ー''' 彡 ヽ| ヾ   / /
''"    //      `yヽノ`ー' |.     /|ー-ヽ、ヽ     ./ /( レ'ノヽ     / ≡ /ヽ___/ヽ、ヽ-‐、ノ|
,,,-‐'''""~""'''‐-,,,,_ / 丿ヽ   |    , //|'''' ‐-ヾ)う"''' ‐- ,,,l' `'゛/ |     ー';'''  / ヽ、 ヽ-ー'' ヽ、
   //      `y':/‐'      |    .// |   / "く`"''' ‐/  /  /.      (  くヽ、ノ\ /≡/ヽ彡ヽ
                                       われらが棟梁をお守りしろ!

    為朝の当初の目論見は外れた。義朝隊の武士は引くことなくソロ門に殺到してきたのだ。

166崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 21:58:25 ID:1aiZjnbM

             (,.-‐'''''"フ ̄/ ̄ _,l,.-'''i-(_)ー-、 ̄iヽ二,,_ノ
            /  __,,∠ --─‐i'''''"i    !     ̄ヽ ̄
         /,.-''i''"ヽ、    ノ  ノ   ゙、       、゙、
        `''''" | (ニiー、ヽ  _,.-- .,,,__   |       i l、_
            r'|  `' " i  ''´ r.,ー 、_ヽ, /       ー=-
          i;i     l     `' '''"` i   ,.-、   ∠´
            ノ゙i     l            ノ i'/  i、_/
        <  |     ヽ_,,,ノ        i´ ノr'i ノ__,ノ     悲しいけど、
          ヽ,i  ヽ、___.,    /  i ` /i、ヽ      これ合戦なのよね。
             |  ゙、   ̄ ̄   、,.-''"  ,/‐'゙i'''"´
            |   `''-     `--i,/  |
            ゙、        ,,.-''"    _,,l` 、
             r_ゝ、_   _,,.-''"   _,,-'''"   |
  ___,,,,,. ----| i ゙i   ̄,. -- ニニ -i _,,.-'"i !
///、_      | | i  / /      | |_,.-'" i

上野の住人、深巣七郎清国は為朝の目の前まで近寄ったが

168崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 21:58:37 ID:1aiZjnbM

                 /                 iイ川イ    ___  、`" ,'   ',
               /                   |i|川i{   ー'" ,-。、リ '{イ__ ノ
              /                   /`ゝil|{ i   ーニ' ;'、 ヽ゚‐' 〈
            /                     i  {i川八     ィ' ---'  }
   ,,..--―一--、/         キリキリキリ…       入 ゞ='" ヽ   ,__,.二 __  〈
,.-'"’      \,`'・、                     川!lゝ┐     ,ムー'ー'ーイ. |
         ,, `ヽ、|====================================================
         "`'i丿                   彡'ィ川i|l}ヽ、     ゙ー──‐' .ノ
         .,_/\                   {:イ/l:|イ彡  ` ー 、  ィニ _,メ }
       _,,,   )  \                  ,从イィー r───‐人____ノ
       _,,,   )   \                 Ⅳ.イ し、.´ ̄ ̄ ̄`ヽ | r─i.

             為朝はその清国に至近距離(ほぼ零距離)から矢を放つ。



                         (ヾヽ
                      ,---、 `ヽヽ\
                   ←=// __ゝ=======巛;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:.,;:.;:.:,..;:.;.,,.,. .
                    /≡. `っ)/ /
               tー--‐'`/ ̄ /≡≡//
               ゙ヽ、ヾヾ/〒/≡≡//ゝ
                  ̄/≡≡/ー-//
                 /≡≡〈≡≡ヽ
                /≡≡≡/\≡≡ヽ

    清国の兜の三の板から斜めに左の耳の付け根に至る直線を矢の中ほどまで射こまれ、即死。

169崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 21:58:54 ID:1aiZjnbM

そんな様を見ても怯むことなく、相模国の住人、大庭平太景義、同じく三郎景親が突撃する。

                             ,rt、     ,-‐、
                       ハハ彡 /ト'ヾヽ   l=j, (,、
             ゞゝ──ゝ  /、 ゝX  彡ゝoノ ハハ/ソ/⌒ゝ
                    ( ' Y''''ノ\  彡 /、 ゝx彡ヾ > )、__ノ彡ミ=
                     `‐' ̄\ ヽノ  ( ' Y''ノ 彡く/彡'  \
            ''''''''""""" ̄ ̄ ̄   〉____,/ | `‐'ヽ ヽノ |// |   |
            """" ̄ ̄     /\|リjilji   丶ゝヽ〉____,/ゝヽー'   /
            -‐ _,,. .-‐   ヽソゝゝ     `''' 川リ|  `''' ,'ヽ 丿
             -‐ _,,. .-‐  ,-‐'''" ゝ  ノ-ー'7ゝ ゝ  ゝ' ヽ ヽ
             _,,.    -=━━| -ー / 彡   /  / / . .. ヽ 〉
                -‐'''""-‐'''ヽヽヽ/ / .:-‐' / // /   .  // /
                ,,,-‐'''""  _,..:-//,..:-‐'"// //_,..:'_,..:'  /ゝ/
            -‐'''"",,,,,       /ゝ    /ゝ  // _,..:'  /
            -‐'''""_,..:-‐'"_,..:-‐'"          /ゝ      /



                         ___
                        ,r'::::::::::::`:ヽ、
                       x彡イ´ `ヽ::ヽ
                        r'´   __  {::::ハ
                        リ  ィtュ,  }:::::ヘ
                         〈r。〉     〉〈 ヽ 、
                        l `__   彡:::: ノ:::::ヽ
                            | ├ーーヽ  `¨'i:::::::::ノ
                           | }_____丿 ,メ  ,八::::::ヽ
                          } -‐  、メ ./-‐ヽ从ノ
              ヘ   .∧    人___,ノ:::::::::ソ::::〉
              | ヘ   / 〉__,、___}::::::||:::r彡::::::::_,ィ≪ r'⌒ヽ
              |  〉'´       \:||‐':ノ>'´    |    \__
         、─-<_ノ .´ /ミ        ヽ'´      -‐ヘ、     `⌒ヽ
          \   ヽ /   /三≧x、   _,ィ≦ミx    __ヽ、__     ` ̄`ヽ

  本来は大きな音を立てて飛ぶ信号弾である鏑矢を、為朝はこの2人に向けて放つ。

170崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 21:59:08 ID:1aiZjnbM

  |  、  ,:"   _,.- !     |                        .    i l,   ___``   "´___   .,! li
  |,,_ ヽji(_, -;=f。テ‐'"    ''",\      |/ノ ノ  _,-'_,,-ヽ::::::::..    |    f⌒ll _.._-‐。-、 i i ,r‐。‐-_.._ ll⌒i
  'ァ'゙rェァk≦~二~ "~    i 〈ノ |!     ('ヽ' _-┬'_tl.   ー_ゥ, ヽ、::::   | .   !(`!| ヾ三≡" | | `≡三'" !l´)!
  〉ー'"| ヽ._     ノ   (,タノ    _,-l-'( i  |  ノ,,       i::::  |     ', `lj ,r '_,ノ  | |  '、._ー 、 lj"/
  \ ノー;='-≧==.、 l     r'" |.   ._,i' し i | |  、       /::   |    / |ゝ''l, /´  r_ | | _ッ  ヽ ,!'"i\
    Y"ツ'''''''''''゙ヽ\ !    .|  |  /_ノヽ'    | ヘ   =一'  ノノノ   ゝ   /  ! i. l, ゞ=ェェェ三ェェェ='″,!i ,'  \
    ! |r'ニ二 ̄`\ヽ,,_./   |    l /   ,| ) ヽ ^   ./ 'ヽ_/   ∠-'''"! i  il,    __    ,! /l,``'''- 、_
    j ! ∧,,  ,,/,,ノ___j-、
                  iニニニニニ~カ
                       ,ク
                      ,ク  _     _      _    _    _    _
                    _,ク   //    //    ,//  /_/  /_/  /_/
                        /,イ|    ,/,イ|    /,イ|/;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
                         |,|      |,|      .|,|!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
                      ____           |;;;|      ノリ     ミ;;;|
                    /      \         _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
                  / ─    ─ \        !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
                 /   (●)  (●)  \       !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
                   |      (__人__)     |       ヾ、!      !;     ,レソ
                 \     `⌒´    ,/        `|      ^'='^     ム'′
                 /     ー‐    \        ,rト、  ー- ─-:  /|
                                   _../ i| \   ===   ,イ.:ト、

                   信号弾だけに、その音は白河北殿中に鳴り響いた。

171崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 21:59:21 ID:1aiZjnbM

                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

放たれた鏑矢は大庭景吉の左膝付近をかすめ、T字状になっている矢の先端の刃の部分で
馬の鐙をつなぐ力革を切断。最終的には馬の腹を直撃。その衝撃で鏑は砕け散り、
馬は屏風を倒すようにばったり倒れた。乗っていた大庭景吉は馬が倒れる勢いで前に転げ落ちる。



                               へ
                             /,....,,_\
        - ,,,_                  (' .( ;ヽ く、
        ‐-,,,,,_"''' ‐- ,,,,,__            ヽヽ' ,⌒ヽゝ
            ~""''' ‐-,,,,,_‐-,,,,,_        ヽ||/  | ヽ、
                    ~""''' ‐-,,,,,_  c,,-‐''ヽ、 /ヽ ヽ、.
                            くゝ ,,-‐''   ヽ ,.-ヽ、
                          ,、 `'  "'ヽ,.-‐''"彡彡ヽ
                         /__\'''''''''ー-/彡彡ヽ,.-'7゛
                         '、( ヽ く    /,.-‐''/  /
                         ヽ' ,⌒ヽヽ、  ヽ/.., /ヽ

兄の首を取られまいと、弟の景親が馬から飛び降り、兄を肩にひっかけて、四、五町ほど退いていった。

174崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:00:43 ID:1aiZjnbM

為朝だけでなく、彼の28騎の精鋭の奮戦も続く。 
武蔵国の住人、豊島四郎は須藤九郎家季に左の太股を射られ、
安房国の住人、丸太郎は鬼田与三に脇立(鍬形などの兜の飾り)を射られて引き退く。

                     }                 }.:}:.:. (
                   ノ        ィ彡"⌒ヽ    !:.|:.:.  )
                   /         {     ヾ、_ ノノ:.:.  j
           .    ,イ/!        イ          `V:.:  イ
               | リ        彡'          ∨彡′
               l       __ ミ   、__   ヘ,    ∨
               ゝ、    /てハ j    ヽ _゚ ゝ  ノ,__ }
                 ゞ     いくi 八           \゚イ/
                彡    ヘ ヘ!|  `ヽ       、ー.,,/ j
                   `ヽ    トイi   ;   、 ____ /
                  ノ ノ ミ彡 :|    !   ` ー‐' ,'
                  彡イイ  ヾ;         `"´ i
                     ノム、、..._\>....        !
                   l: : : : : :_: : :`: :...<`_ー― ′
                    l: : : :.:/。_。_。 7: : : : X〕
           _____,,l: : : :.′. . . ._/: : : : :小!
           圭圭圭圭圭圭≧;、、: : : : : : : : : :/小!
           圭圭圭圭圭圭圭圭≧;、、: : : : :// |:i|、
           圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭k、〈/ ::j:||圭≧;、、

それでも義朝隊は、中条新五、新六、成田太郎、箱田次郎、奈良三郎、岩上太郎、別府次郎、
玉井三郎以下が入れ替わり立ち替わりソロ門に攻めかかる。

176崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:00:59 ID:1aiZjnbM

とうとう、28騎の精鋭から最初の犠牲者が出た。
為朝精鋭の一人、悪七別当が海老名源八季定と打ち合っているところに矢が命中。
そこに斎藤別当実盛が駆け寄せる。悪七別当は太刀を抜いて斎藤実盛の兜を打ち据える。
                                      _..,..,,....... .---.------------
             :,:           :(::)   _,,.... -ーー'''_,゙゙二―ー'''''"`"` ̄ ̄
             /⌒''⌒) :,,゜  _,,.. -ー'''",゙,,,.. -ー'''" ,,,,,,,
            (:::::::::::_,, -''''"´_,,.. -‐''''"゛       (::::::)
           _,, ‐''"  _,, -''''"             ''``   。
       _.. ‐'"゛  .,.. ‐''″
    ,..-'"   _..-'"゛/
  /    ,, .'" 。            '  、       ;: 。
. /     /                          `'''`~''・    ' `
l゙     l''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
.l,     \、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 \,      `''ー- .,,_ !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
   `'-、,           `゙゙'━== ....,,,,__ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
      `''ー ..,、              ̄ ゙゙゙̄'''''''''¬――+―-------------------------―‐.:・..
   π /;::::::::(,.,.`゙'''ー-..,,,_,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
    ):::::::::::::::::::::::::::/  ''''`゙゙"''―- ....,,__    '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
  τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ       ゙゙゙゙̄"''''''――-............,,,,,,,,___
    (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

打たれながらも斎藤実盛は、悪七別当の兜の内側に向けて切っ先を上げ、刀を打ち込んだ。
悪七別当の首は前に落ちた。

178崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:01:50 ID:1aiZjnbM

斎藤実盛はその首を太刀の先に刺して突き上げ

                   >\_A_/<
                  r≡≡ヽゝノノ
                 /##へ彡  ミヘ
                ∠##</;;;;;;;;;;;;;;;\>
                    :::;;;;;;;;;;;;::::
                     //   
                     //  
                    //   
                    //   
                  へ//     
                 ξζノソ    
                 /γγ   ( ζ_ノ)          藤原利仁将軍十七代の末裔、
                 ヾ£│   /ゝヽ ゞイヽ          武蔵国の住人、
                  £│   ゞ 〆⌒::ヾτ丿       斎藤別当実盛!
                  £::《   / ∫   ∫ヘ へ
                    《:: ゝ ミ: :: ゝ∽ソ 彡ヽゝ\     生まれて三十一歳!
                    \::: 《《ヽ\//》》ヾ) :::\
                    /ゝ ≡:::::::::::  ≡(ヾ\::::::\   戦いとはかようにするものだ!
                  /三 (三三:::::   )ソゞ\ ̄

                                      と呼ばわった。

179崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:02:04 ID:1aiZjnbM

                _,..  -───-  、..
          ,. ‐ '"~´ / ̄ ̄`~`''‐ 、     `` 、
        , '´    /     /    `''‐、     \
      , '‐''"~´ ̄ ̄`~`ヽ、 /          \     ヽ
.   /             ̄``''‐.、     ∠>ヽ./\ ヽ
.  /             _____   \     /゚ /   ヽヽ
 〈       ,. ‐''"~´      l  ``''‐、 ヽ.    / [ [[[ ヽi
.  ヽ.    /ヽ、_,. -┴─-== __=-'_、_, \、_/      _l   武蔵国の住人
.   |   / 、.__/ ノ!ヽ、._ー-‐''⌒,r=-─ゝノ|| ∥  ̄ ̄ ̄  |   金子十郎家忠、十九歳!
   !  {   / ,イ{ ヽ ( 〈、_,.ィrヮー< _,リ_|| ∥         !
   ヽ :ヽ _{. 〈.'`ァrッ‐、- - ,, ヽ-‐='..ゞ.{_.|| ∥        :l   これが初陣なり!
.     `‐、\\ヽヽ-‐ツ ''´         `{_ |! ∥       !
      :   |{_ ヽ.i. 〔ー-            { !.  |!__       ,'   為朝様配下の者で
.       :  |{_ _)l   `,ィ-─_、    //  | 0| ___/    我と思う武士は出合え!
       :   |{_ ミ. !  ヽ ̄,.-‐) .//    /l ̄ __/
      :  |{ ,.`ヽ.   `ー '´.∠‐'´    /'´ ̄ノ,ノ/
        ,l ‐''"~´ ̄ ̄ ̄l~´      /-──<´
       |  「 --┘    |___/  `!     |
          L.. -─ ''_""~ ̄‐''"~´l       |    |
          ̄「 |  |      |   _,,.⊥_-‐ `

180崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:02:18 ID:1aiZjnbM

         ,丿,., v:"   ,,ゝ~”"`\  ,i     ヽ::::      i
        ,/,,-"'ヾ   ゞ; ",,,,, `     /      ,):      ,i
        ,i ,";"`_ヾi ヾ,"ノ" o "`)         /:::    , へ i    ほお…
        i "< ~o_/"  ;  `=~"''''~"        ,/::::   / " `i
        .ヾ ~ "丿     `ヾ,,__,,..        ヾ,    i  ,ヘ , i    初陣のクセに
        / ,,//               i    i::    i /   /    我が弓の射程内に
       .|  ,, i""   ヾ         ,/     |:::  i <~  i     入ってくるとはいい度胸だ。
         i  ((,, ,ゝ;._,,ノ          ヾ    /::    i  ヾ/,
         ,i  " "~丿 "           ヾ ,,,/::    ,i  / ヾ    一矢で射落とそうと思ったが、
        ヘ <   ,,,,,..........,,,,,,,,,.,,ゞ.---- "ヘヾ`iζ:     ソ__ソ   ヾ   間近で見てみたいものよ。
         i ,`i""___;:._______,,,,ゝ------=,/ ,iξ    ,,i:::::    ,, ノ
         i ("ゝ--------:::::....______,..../ 丿ξ"" /i i i::::     .,ヾ
         i ヽ,,;;;;;;:::,.........,,           ξ,,,,/丿" i::::::     \

     こんなセリフを『保元物語』では言っているが、この方、当時17歳。



                    r'´   __  {::::ハ
                    リ  ィtュ,  }:::::ヘ
                     〈r。〉     〉〈 ヽ 、
                    l `__   彡:::: ノ:::::ヽ    誰ぞ、あの者を
                        | ├ーーヽ  `¨'i:::::::::ノ    ここまで誘引して来い!
                       | }_____丿 ,メ  ,八::::::ヽ
                      } -‐  、メ ./-‐ヽ从ノ
          ヘ   .∧    人___,ノ:::::::::ソ::::〉
          | ヘ   / 〉__,、___}::::::||:::r彡::::::::_,ィ≪ r'⌒ヽ
          |  〉'´       \:||‐':ノ>'´    |    \__
     、─-<_ノ .´ /ミ        ヽ'´      -‐ヘ、     `⌒ヽ
      \   ヽ /   /三≧x、   _,ィ≦ミx    __ヽ、__     ` ̄`ヽ
        >、__,ノ./ヽ、 /三三三/ /三三三ム   ´    ノ___,ノ: :/    人
       / イ  i    i三三三/ . /三三三ニ=---、_____,ィ´ : : : : : }    /

181崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:02:33 ID:1aiZjnbM

             _,.. -― 、_,-、
           , ‐'´       ヽ
         /       , -,  ヽ
        /        / / , -j  lj
      /    , = 、ヘ _j  イ 〃`´ !
       !      〃ヽ、   ヘ'ヽ  !
   .   |      /   〃ーrー'   ! |
      !     /     ヽ     l !    ならば、この
      ヽ    {  _,,__    _,._‐''リ    高間四郎が!
       l,  r 、 l '´-ニt'テ''  !┴' |
        i { r、l l       '、  !
         ! iヾーl j       - '  !
        _j人l Tl    ー―,,'  ト- 、
       lく   Tヽ`ー- 、     l   〃
       ヽヽ  ! \ヽ、,-ミェ- くトi  〃

高間四郎は兄・三郎ともども大力で評判であった。



                      だが、家忠は高間四郎の上にのって押さえつけ、首をかこうとする。

    /     ` ‐ァ,_,  /     l   〉   〈       ,. ‐''"~´      l  ``''‐、 ヽ.    / [ [[[ ヽi
   /       (  リ´    _ l  /   .  ヽ.    /ヽ、_,. -┴─-== __=-'_、_, \、_/      _l
  /              / `l /    .   |   / 、.__/ ノ!ヽ、._ー-‐''⌒,r=-─ゝノ|| ∥  ̄ ̄ ̄  |
  li  ,r== 、        /, -v l |        !  {   / ,イ{ ヽ ( 〈、_,.ィrヮー< _,リ_|| ∥         !
、  l '´ _ _``=-,,_ ノj ! /r´rj ノ l '        ヽ :ヽ _{. 〈.'`ァrッ‐、- - ,, ヽ-‐='..ゞ.{_.|| ∥        :l
 l l  -二-━━-ー" ( `'""`` l      .     `‐、\\ヽヽ-‐ツ ''´         `{_ |! ∥       !
ヽl l '´         '´ ,ゝ‐- '´`ヽ、ゴッ !!!      :   |{_ ヽ.i. 〔ー-            { !.  |!__       ,'
!" l l         , - '  \ \   \   .       :  |{_ _)l   `,ィ-─_、    //  | 0| ___/
l′ヽ.!         l   \    \  \― - 、     :   |{_ ミ. !  ヽ ̄,.-‐) .//    /l ̄ __/
`l-i‐       , ' ´    \    \  \  /    :  |{ ,.`ヽ.   `ー '´.∠‐'´    /'´ ̄ノ,ノ/
リlil !      l    \  \ \  \     V       ,l ‐''"~´ ̄ ̄ ̄l~´      /-──<´
ヾ!ヽ`   、    l ‐\  \  \    \ x '´丶、 __   |  「 --┘    |___/  `!     |

182崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:02:46 ID:1aiZjnbM

            /: : /: ∠_____| Yj
           /: : /: /: : : : : : : : : : ヾj
       _ /: : /: /__Oニに)二二二〕
     ∠─二二:/:.:.:.:.:.:./  \\: : : ヽヽ
      ` ̄ゝ":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:彡_,,,,,,,ヽ_>:.、_:.) )
       、_/:.:.:.:.:.:.:.γヽ:.:{ "´ ーェ冫"〈` ー´
      ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.!{ソ }:}    ´   ヽ,      む…!?
       彡、:.:.:.:.:.人 ソ:.:ミ       "j´
         ゞー--ミ {:.:.:ゝ、   ´ ̄」       弟が危ない!
          |     ヽ彡彡    ヽ
        /´  ̄ ̄ ̄ `ヘ、、>ー--- ′
    ___ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ∧:ヾ===┐Tヽ
   |´ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l l:::::::ベ ─┐|i |::::ヘ
   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l l:.::::::::ヘ─┘|l |::::::ヘ



  兄の高間三郎が駆けつけ、金子家忠の兜を引きのけて背後から首をかこうとする。

      〃    〃      _,,.. ニ-――-ヽ! l
     〃   /   _,. -‐ '"__ ,,.. -‐ ''" ̄``l r'
   , - '    /  r'´!_, -‐ '"ヽ ヽヽ      l!j
   ー ''ヽ  r_´ヶ'くヽ、,__  ヽ ヽヽ   _,.ィj!     /l  ,,,;;-―''"::: ̄ ̄ ̄::::::::`ヽ、
       l/   ト  ``_ー_=_ー_ー‐_''三‐r'1 )    l::|/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::二`ヽ、
      ノ  __ f 〃ニ=rュー,ー ̄ | `"´ l Y    ノ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     く、   ! ,、l l.   ̄/    |    ! l   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      `ヽ,l l、!l !  '´   r_-、__,r    |l_  /:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L、
        ,へ ヾl '、    __ ,,,,.. --‐  l /::::::::::::::::::::::::::/::::::::/::::_::::::::::::_::ソ'ノイ:::::::::::::::`ヽ=、
       / ,ィ`ーヽ. ヽ      ,,-,   l_./::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::/  ___\  ∠:ノィ:::::::::::::::::::::\
      / r .|、ヽ  ヽ`、`フ     "    ノ/::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::l    ` _/::\\  ィ" ヘ::::::::::::::::::::::::ヽ
    _ ノ  l ! \\ ヽ ̄`ヽ=- ___ /ノ|::::::::::::::::/ ┐):::::::::::::::::`ァ   ヽ、 `<_l! ` ´   \::::::::::l:::\:l
-‐ イ/   ヽ!  ` ‐`_‐- ..,,__ _,、_ ノ: ::::::::::: :| r.〈::::::::::::::::/      ` 、       ∠、 |::::::::::|::::、:::|
‐'''7 !     ヽ 、   lー-`==ー-, ! /\´::::::::::::::::::::l ヽ \::___チ             `〈_:ノl!ノ::::::::ノ:::::|:::|
  l l      _ヽ\ ヾニl≡! l  !. | | | Y::::::::::::::::::::\_  `ー          __  、 ノ .|:::::::::::::::|::| ||
 l l     /r‐、ヽ ``' ニ,_'' ‐'  | ! ! /|:::::::::::::::::::::::: ̄フ´         /::ー-、_ヽ ´  |::::::::_ノイ /
 ! !   // l.  ! !     ̄ ``''i  レ  \::::::::::::::::::::::::チ´          /::::::::::::::::|;;;/   |::::/

184崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:03:02 ID:1aiZjnbM

      l      ,イl| ヾ;、 \  ` ー-ゝ、_ 、      |
       i  l. i / ヾゝ  `''ー   ̄_ニ;三=ーヽ . |    |
   .    ヽ ヽ!T'==-_、 `‐ `〒‐'fr;ゥj´ _j j リヽ  し1!
        \` l `'´ hタヽ    --゚‐'_  `T!´r) }   ,リ
           }. l   ̄ /j          `   リ r 'ノ    ラ
        ._.ノ  l.   ヾ:-            、_ニ1    ノ

金子家忠は組み敷いた高間四郎の両手を膝で押し付けて自由を奪った上で



             〃   /   _,. -‐ '"__ ,,.. -‐ ''" ̄``l r'
           , - '    /  r'´!_, -‐ '"ヽ ヽヽ      l!j
           ー ''ヽ  r_´ヶ'くヽ、,__  ヽ ヽヽ   _,.ィj!
               l/   ト  ``_ー_=_ー_ー‐_''三‐r'1 )
              ノ  __ f 〃ニ=rュー,ー ̄ |;;;;;;;;;::::l Y
             く、   ! ,、l l.   ̄/:::;;;;;;;::: |;;;;;;;;;::::! l       ぐおっ…!
      ゝ;:ヽ-‐―r;;, `ヽ,l l、!l !  '´   r_-、__,r    |l_
  ,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,,   __ ,,,,.. _ ヽ l ヽ
  "`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-\+-+-+ノ   l_   ',
     〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}    "    ノl   '、
    ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソヽ=- ___ /ノ | i  ヽ
    (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、`_‐- ..,,__ _,. ィノ,、 l l   ヽ
    "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/ lー-`==ー-, ! /´/,ィ!!ヽ! , -、ヽ
      (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:) ヾニl≡! l  !. | | |//  ! //`ヽヾ

背後の兄・高間三郎の左の草摺を引き上げて裏返し、腰の辺りを剥き出しにさせる。
そこに柄も拳も通れとばかりに三度刀を突き刺す。

※草摺 鎧の腰の部分からスカート状に出ている防具。

185崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:03:22 ID:1aiZjnbM

傷を負ったことで高間三郎がひるむ隙に、組み敷いた高間四郎の首を掻き切った。
掻き切った首を太刀の先に刺して突き上げ…

            /l  ,,,;;-―''"::: ̄ ̄ ̄::::::::`ヽ、
              l::|/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::二`ヽ、
          ノ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L、
       /::::::::::::::::::::::::::/::::::::/::::_::::::::::::_::ソ'ノイ:::::::::::::::`ヽ=、
      ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::/  ___\  ∠:ノィ:::::::::::::::::::::\
     /::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::l    ` _/::\\  ィ" ヘ::::::::::::::::::::::::ヽ
      |::::::::::::::::/ ┐):::::::::::::::::`ァ   ヽ、 `<_l! ` ´   \::::::::::l:::\:l    鬼神と呼ばれる
 、_ ノ: ::::::::::: :| r.〈::::::::::::::::/      ` 、       ∠、 |::::::::::|::::、:::|   鎮西八郎・為朝が前にて、
  \´::::::::::::::::::::l ヽ \::___チ             `〈_:ノl!ノ::::::::ノ:::::|:::|   高間四郎兄弟、
   Y::::::::::::::::::::\_  `ー          __  、 ノ .|:::::::::::::::|::| ||   この家忠が討ち取ったり!
    |:::::::::::::::::::::::: ̄フ´         /::ー-、_ヽ ´  |::::::::_ノイ /
    \::::::::::::::::::::::::チ´          /::::::::::::::::|;;;/   |::::/
   ,,r-、`、:::::::::::::::::ノ            l!_::::::: :::: :レ'    /::::L_,
  /;;;;;;;;;;`ー、< ̄ ̄  l \         `ー-、:ノ   /::::::チ
_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;フー、   |  \      ー    /::::、::/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   \」_   `ヽ、       /::::::::::チ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /      `ヽ、_   .〉`ー― '"'" ̄ ̄
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ        // `ヽ.」

186崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:03:34 ID:1aiZjnbM

                トト    :/                   ミ         ノイ
            ヾミ   :i                ミ        彡
                 `ミ≧.:!γ      {      `ヽ  }     ,彳
                  `ヾヘ r- 。、  |  _,.rー。─ 、 | /⌒V 彡′     小癪な…
                     い ヽ _ ゝ, ヾく  ヽー 彡   リ /:} }イ
                 V!     i         .: レヘノ ノイ′       射殺してくれる…
                   `ヽ    |        .:  ,__,.イ彡
                  ∧  L.,、-     .:  / | 彡廴____
                     ハ  ー= 一  : /:  jイji圭圭圭圭圭圭jハ、、_
                _..,、r≦圭i、   `'"     / .: / /圭圭圭圭圭圭Ⅳ /



         ,丿,., v:"   ,,ゝ~”"`\  ,i     ヽ::::      i
        ,/,,-"'ヾ   ゞ; ",,,,, `     /      ,):      ,i
        ,i ,";"`_ヾi ヾ,"ノ" o "`)         /:::    , へ i    よせ、家季。
        i "< ~o_/"  ;  `=~"''''~"        ,/::::   / " `i
        .ヾ ~ "丿     `ヾ,,__,,..        ヾ,    i  ,ヘ , i    殺すには惜しい武者よ。
        / ,,//               i    i::    i /   /
       .|  ,, i""   ヾ         ,/     |:::  i <~  i     この戦に勝った暁には
         i  ((,, ,ゝ;._,,ノ          ヾ    /::    i  ヾ/,    あの者を我が郎党にしたい!
         ,i  " "~丿 "           ヾ ,,,/::    ,i  / ヾ
        ヘ <   ,,,,,..........,,,,,,,,,.,,ゞ.---- "ヘヾ`iζ:     ソ__ソ   ヾ
         i ,`i""___;:._______,,,,ゝ------=,/ ,iξ    ,,i:::::    ,, ノ
         i ("ゝ--------:::::....______,..../ 丿ξ"" /i i i::::     .,ヾ
         i ヽ,,;;;;;;:::,.........,,           ξ,,,,/丿" i::::::     \

187崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:03:47 ID:1aiZjnbM

        | . `ヽミレ′             |.. .| ,i'./ ヽ、
         .|  .    ___           ,| . |/;:|  ,ゝ
           |   r'_"~‐'~          ,/| . l|:;:| ..`ヽ、    素晴らしい…!
           .|  . `゙,.,",,.          .,/ .| ..||:;:|. . ヽ、 ヽ
           .|  .´          /.:;:;  l .||:;:;|  ヽ i゙'ゝ
..          .|           ,.,.'''´ .:;::;:  |.||:;:;;|  ゞヘ



                    _,、ィァ''''''''''ー-,、
               ,r'ブ ;"//  ,/ ´ヽ,
             ,f"」∠='"⌒`''´ヾ, -ー气
               jf´            }   ーヘ
             ,!    j   _,、,, ゝ .ゞ二_ ヾ|
              .f 、 、ヽ;、n5ァ   \ 、ニj     まるで源氏の精神が
            ヽ`テiァ` "ご     | f、く     形となったようだ。
              j ´.j          | |, |.|
               { く;ッ        |. ト ,リ
             ヽ  _,、-ッ       ,| ,レイ\_
              ヽ. ヾ "     ,/.| ||::| ヾく`
              ヽ     _,/.: |.||::| 、,ゞ゙`
                ゙ーr―''"´ ..:: __」||:::| ドゝ
                  _」-ェ=_=ニ´-‐''N:::| Yゝ
                  ∥「 ノE   、._.ノイ ̄`゙''ー--

          この一件は、義朝にも激賞されたという。

188崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:03:59 ID:1aiZjnbM

                          !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !
                      rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙
                      ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、
                r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ
                {廴___ア { {,〈   `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ
               -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_
         __  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,
         ⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、_
         l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
         _ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
                        || lハ 丶      ̄`      イ トV7
         
            この頃、為朝とその配下達は限界点に達しようとしていた。



常陸国の住人中宮三郎、同国の住人関次郎、
村山党からは山口六郎、仙波七郎が、轡を並べてソロ門に駆け入る。

         /     ヽ|  lヽ    / l       ヽ\.  | ||       ヽ\         ,、 ||ヽノ
        /        ヽ ヾヽ,.ミ-、/ 丿    ,..   \ヽ. | ||         ,..\ヽ.      / \.|| (
   ,..    ./         ノl ̄ヽ ミ   ||   / \   ヽ\| ||      ./ \ヽ\   / ●  \ )
  / \/'''‐-,,,,,____,,-‐' /ヽ_ノ ミ   || / ●  \.  \| ||    / ●  \ヽ\ `''ー---ー''くヽ'
/ ● /"'''‐-,,,,,___,,-‐' / ヽ彡    || `'''ー---,-、く     | ||ヽ   `'''ー---ー'''く ヽ\ノ `ー'`ヽ ヽ
`'''ー---/"'''‐-,,,,,____,,-‐'' ,/彡      ||ノ_,,`ー/ .\ヽ.  | ||ヽ\ ノ_,,`ー'`,⌒`lヽ、.   ;"'''ー- .,,_`lヽ
/ ノ`ー' "'''‐-,,,,,______,,-‐'' 彡       ||ノ //_,,,......,,,_\.   | ||  ヽ\、,,-‐''ヽ ,/`l ヽ  / ● _,.-'" /_
/ ヽy,;--ー‐""'''‐-,,,,,_ヽ  ノヽ、 彡     || | `'ゝノ、,_、 ,ヽく   | ||   ヽソ-ー''''''`ヽ'  | /_,.-‐''"/`ヽ/
  /    //     ~""','、,,ノ`y彡      |'  /丿//y//,⌒`、 | ||_    ヽ\ヽ、.  ノヽ、/丿 ノ_./ヽ
/,,-‐'''""~""'''‐-,,,,,_  /ヽ  /l       | く,ーく| `'''' Lヽ ヾゝ,| ||ヽ    \ /ー''' 彡 ヽ| ヾ   / /
''"    //      `yヽノ`ー' |.     /|ー-ヽ、ヽ     ./ /( レ'ノヽ     / ≡ /ヽ___/ヽ、ヽ-‐、ノ|
,,,-‐'''""~""'''‐-,,,,_ / 丿ヽ   |    , //|'''' ‐-ヾ)う"''' ‐- ,,,l' `'゛/ |     ー';'''  / ヽ、 ヽ-ー'' ヽ、
   //      `y':/‐'      |    .// |   / "く`"''' ‐/  /  /.      (  くヽ、ノ\ /≡/ヽ彡ヽ

三町礫の紀平次大夫、大矢の新三郎以下が防ぎ戦ったが、
新三郎は仙波七郎に左の肩を斬られ、紀平次大夫は、山口六郎に右の腕を斬り落とされて後方に退く。

191崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:05:28 ID:1aiZjnbM

          !            ::::::::|::::~''ー-..,、::::::!
       ,!   .」    _,, .... ..、::::"-、,;::::::::::::~ l
          l―;;./  .ー''".ィ;;''/   ::::::::::::::|;::,i`゙゙''、::.!,__
        .゙‐゙=│    ⌒    ::::::::::::!:::!:::::::::| !:::::::::./!"     美濃国住人、平野平太どの、
           |  l           ::::::::::!:;:!::::::::/゙::::::::::::::.\、    落馬負傷!           >
           | .!          ::.::.::::::!:::|:::: / :::::::::::::;:-、´
         l !          ::.::.::::::|;:::|''´t:::::::::::::::::::::::,,゙!'
            ', ゛          ::.::.:::::::|:::.|:::::.!'';;、::::::::::::::::.l,  ………
          l  --――    : :::::::.,-|::,!:::,ノ./ :.l,:::::::::::::::::\、
              l           :::,/::::|/./ .,/:::::::.l,::::::::::::::::::'彡



          , -‐''"´ ̄ ̄`゛` ‐-、
         r、/,,,__,_//,,,,,,,,/,,   ゛ヽ
         l       // /  ゛ヽ
         ヽ      〈//     !        今、射落とされたのは
         〈r,,ィ-‐‐ー  \ 「⌒ヽ |_        甲斐国住人の塩見五郎か…
         /゛.'-'-‐‐`   〉 |..♭)l | ゛ヽ、
        く_.  ヽ     ||.イ / \ ヽ
         ヽ        | | レ´|l /〉  〉
          ヽー     /|| ト、|l / |
           iヽ   / |L/|/λノ/|/
           ` ‐イ  /|/l  ,λ,/_/_,-‐'" ̄゛`‐
            ,/⊥/ _/  /  /
            | Y |/  //  |
           人 ⊥― ̄/ /

192崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:05:40 ID:1aiZjnbM

          , -‐''"´ ̄ ̄`゛` ‐-、
         r、/,,,__,_//,,,,,,,,/,,   ゛ヽ
         l       // /  ゛ヽ
         ヽ      〈//     !        攻めあぐねているな…
         〈r,,ィ-‐‐ー  \ 「⌒ヽ |_
         /゛.'-'-‐‐`   〉 |..♭)l | ゛ヽ、
        く_.  ヽ     ||.イ / \ ヽ        塩見五郎どの、
         ヽ        | | レ´|l /〉  〉        お討死!    >
          ヽー     /|| ト、|l / |
           iヽ   / |L/|/λノ/|/
           ` ‐イ  /|/l  ,λ,/_/_,-‐'" ̄゛`‐
            ,/⊥/ _/  /  /
            | Y |/  //  |
           人 ⊥― ̄/ /

   この状況を「ソロ門の悪夢」… と呼んだのは後世のバカ(作者)



       ..|    |    _,,..-‐'"'''   ′ :ヽ‐--、 ゙' ゙ .|
       .| 、,,_ヽ.゙.、..,;;;:'''ヘ_フ.フ       \、゙' 二‐,.,!
       .|, ,'Tj7    ,., ` "          | `'i'゙⌒ヽ
       \.". !    ゙""           | . !"~ヽ |    …ん!?
        |  ,|                 l.. .! ) i |
        .|  ノ  _,,,,              |. .|ヽ .リ
        | . `ヽミレ′             |.. .| ,i'./ ヽ、

193崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:05:53 ID:1aiZjnbM


: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/   |
: : : : : : : : : : : : : : :/ ̄    |
: : : : : : : : : : :/ ̄       |                  __,,,,,,,,,,,======
: : : : : : :/ ̄          | .     __,,,,,,,,,,,======¨¨¨¨ ̄ /
-─¨ ̄      __,,,,,,,,,,,======¨¨¨¨ ̄ ̄ .          /
                 /                   /
                 /                    /
               /        伊          /
               /        勢          /
             /       大           │
            /        神            /
            │        宮           /
           /                   /
          /                   /
          /        南          /
         /        無          /
        /        八          /
       /         幡          /
      │         台          │
      /         菩          /
     /         薩          /
    (                     (
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         幟  が  、  は  た  め  い  て  い  る  …  !?
________________________________________

194崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:06:07 ID:1aiZjnbM

       ..|    |    _,,..-‐'"'''   ′ :ヽ‐--、 ゙' ゙ .|
       .| 、,,_ヽ.゙.、..,;;;:'''ヘ_フ.フ       \、゙' 二‐,.,!
       .|, ,'Tj7    ,., ` "          | `'i'゙⌒ヽ
       \.". !    ゙""           | . !"~ヽ |    西風か…
        |  ,|                 l.. .! ) i |
        .|  ノ  _,,,,              |. .|ヽ .リ
        | . `ヽミレ′             |.. .| ,i'./ ヽ、



              ______
          ,..r‐/  _,.. ="'"  ゙`‐-.、_
        //,/  /"  _,.. -―''" ̄ \
       ,イ i,/_,...〃-―'" ̄ ゙̄ヽ ̄ ̄`゙-:\
       .レ'ー''"           :i___   ゙ヽ
       l            !.   E二゙==-、_.i         誰ぞある!!
       ;!   l        ヽ.  .!、 ゙̄ー-゙ヽ┤
      .j    ! !      _  ゙:   \ r‐==、,!         すぐに内裏へ使者を!!
      ト-、_、!.;!__,._,.-=<,_      l k'._,rl l__    _,
      ゙ヽ ''┴Y =  ゙ー┴'       l l ,! .!l! ゙<二~、
        l  ̄ j  ヽ ̄         l l' ノノ、   ヾ\__
     .   !. /   )          l ト-'"ト\      \
     .   ヽ〈_,.:、-: '           l ,!  ヽ\゙     ヾ\
         ゙:.  r===,、        , l !   ゙ヽ \ヽ     \
         ト,.. トi___.)      /ノリ:     \ ヽ    ヾヾ
         l ハ `=‐'     ./ / ;!       ヽ____\
         リハ   ̄   _,..r'"  /
           ゝ----、''"     !
                 \

195崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:06:20 ID:1aiZjnbM

               ._.,,uv-----‐,,,,__,.,,.
           ._,-:'''フ/    , '     / `‐,,.
         .,r',.'.〃゙. '′._,,、、、__;,._'''     .  ヽ
        ,/ ./ ./  _'rー'″    ´゙ヽ.  -‐-z. `ヘ
        .i|...、r-''^′          .゙!    ゙゙ ‐.ヘ
       .i|"  .,              }. --___,,_  !
       |  . }          ヽ   .〕   .  `. |
       ..|    |    _,,..-‐'"'''   ′ :ヽ‐--、 ゙' ゙ .|
       .| 、,,_ヽ.゙.、..,;;;:'''ヘ_フ.フ       \、゙' 二‐,.,!     再び河内源氏の理想を
       .|, ,'Tj7    ,., ` "          | `'i'゙⌒ヽ      掲げるために…
       \.". !    ゙""           | . !"~ヽ |
        |  ,|                 l.. .! ) i |     八幡太郎・義家公の置文
        .|  ノ  _,,,,              |. .|ヽ .リ      成就のために…
        | . `ヽミレ′             |.. .| ,i'./ ヽ、
         .|  .    ___           ,| . |/;:|  ,ゝ
           |   r'_"~‐'~          ,/| . l|:;:| ..`ヽ、
           .|  . `゙,.,",,.          .,/ .| ..||:;:|. . ヽ、 ヽ
           .|  .´          /.:;:;  l .||:;:;|  ヽ i゙'ゝ
..          .|           ,.,.'''´ .:;::;:  |.||:;:;;|  ゞヘ
           ゝ __  .__,,,_--‐."   .;:;:;:;: _ ||_|:;;:;| ( ヽゝ
               `i~''     ____---‐ニニ''′'''ト|:;:;| iゝ
               l、_,,-:::=-‐‐‐''""   ...____,ノ゙|:;:|.. !、
            rイ T二‐'^二-‐ニコ    ゝ、___ノ| ⌒^""""ヽ-、_,,、-、,,
            |} |〕  /′ ニニニコ   .,, ,.,,.,'',_,_;'^″
            .:|| .|.!._,ノ   ニニニノ_,...r--‐
           _.ト! .|.¨゙,,r‐イ゙゙ :''''′____゙″   ._,.、-:ァ'
         ._,,/ |} .レ''′,r--‐‐‐~'′ .v、v-'''^′ ,/
     ._,,rー''′  .^' '゙:::::""'''          .′

196崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:06:35 ID:1aiZjnbM

ソロ門の戦闘は続く。義朝方の信濃国住人、根井大弥太が叫ぶ。

        /                 i::::::wn||二二二二二二二ヽ
       /                  丿 /' ''
       /                 ///,-''''''-、               人が討たれるといって、
      /       /         /// l  ,、,,...>、              敵に息をつかせては
      /     /    ,、      ヽ ノ-‐i'`、,,...--`、    /       いつ勝負がつくかわからぬ!
     /     /     ヽヽiijj、    \ `')`,'二二ヽ    /
     /   /     / ゝヽヽiiijjlii     )つ'//ヽ  ヽ/.  ,-‐-、     そもそも、我らは
    /  /     /  /  iiijjliijli、    (/////|   |   ノニ、,、l     獲物を求める鷹であり、
    / /      |,  /__丿 iiijjliijliijl,へ、 /////ノ   |   '、ヽ==ヽ_    兇徒どもは鷹を恐れる
   //       `' `)_,' ヽ=======ヽ(ヽ/:::::::::/ l   |   / (/(  >   雉ではないか!
   /              ノiiijjliijjliijijliiiillゝ--ノ/  l   |   、 ,,,,,,/ ノ,
/ /               iiijjliijjliijjjlijjiillliili、 /=======lニ二 ,ヾヽヽiijjli、   いざ、駆け入らん!
  /               ノiiijjlii jjliij jjl jjllll/ニニニニヽ  / ゝヾヽiijjlii、  戦友たちよ!
 /         ,、、、  .ノjjiijjlii"li  ,-'' ̄'''-、ニニニニヽ/   / ijjlijlil
../-----―――ー〈rァ;ー /  jj   ノ-ヽ(⌒、 >、二二二ヽl ヽ/,__丿ijjlijlili

そして真っ先に突撃。その声に続いて同国の住人、宇野太郎、望月三郎、諏訪平五、進藤武者、
桑原の安藤次、安藤三、木曽中太、弥中太、根津神平、静妻小次郎、熊坂四郎をはじめとして、
二十七騎が突入した。

198崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:08:20 ID:1aiZjnbM

その結果、為朝の配下、手取の与次、鬼田与三、松浦小次郎が討死。
為朝が頼みにしていた28騎も、いまや23人が討たれ、残りもほとんどが傷を負っていた。

    ,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, o  /         ___
    "`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r           ,r'::::::::::::`:ヽ、
       〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}.          x彡イ´ `ヽ::ヽ
      ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ           r'´   __  {::::ハ------------
      (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、       _,,.... -ーー'''_, リ  ィtュ,  }:::::ヘ'''''"`"` ̄ ̄
      "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/_,,.. -ー'''",゙,,,.. -ー'''"    〈r。〉     〉〈 ヽ 、
        (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:)´_,,.. -‐''''"゛          l `__   彡:::: ノ:::::ヽ
           _,, ‐''" ヾ;;;;;;;;;;;;/; \                 | ├ーーヽ  `¨'i:::::::::ノ
       _.. ‐'"゛  .,.. ‐''´  /;:ノ 。  。                | }_____丿 ,メ  ,八::::::ヽ
    ,..-'"   _..-'"゛       ()                  } -‐  、メ ./-‐ヽ从ノ
  /    ,, .'"                   ヘ   .∧    人___,ノ:::::::::ソ::::〉
. /     /                     | ヘ   / 〉__,、___}::::::||:::r彡::::::::_,ィ≪ r'⌒ヽ
l゙     l                     |  〉'´       \:||‐':ノ>'´    |    \__
.l,     \、              、─-<_ノ .´ /ミ        ヽ'´      -‐ヘ、     `⌒ヽ
 \,      `''ー- .,,_          \   ヽ /   /三≧x、   _,ィ≦ミx    __ヽ、__     ` ̄`ヽ
   `'-、, o          `゙゙'━== ....,,,,__  >、__,ノ./ヽ、 /三三三/ /三三三ム   ´    ノ___,ノ: :/    人
      `''ゝ;:ヽ-‐―r;;,               。¬――+―-------------------------―‐ }    /
    ,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, o  /|ー-  寸三三i  i三三/            ヽ : : : : |  ヽ i
    "`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r ̄) ,ム    寸三:ノ  |三=人              : : :ヘ、  }
       〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:} ゙゙゙゙̄"''''''――-............,,,,,,,,___'ー──--、       : : : : `ーr'
      ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソム |三ハ、 ハ  r≦三ミx   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_: : : :.:|
      (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、三三三i .|三三三ミ   |三三三リ  |三ソ ,イ三三|        \: : |

                  義朝側も屈強の武士たち53騎が討たれ、七十人余りが傷を負っていた。

199崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:08:39 ID:1aiZjnbM

義朝方が魚鱗の隊列で門を突撃強行突破しようとすると

                 ,rt、     ,-‐、             | ,rt、      ヾミ           |二|
           ハハ彡 /ト'ヾヽ   l=j, (,、        i`i`彡0fト'ヾヽ          ヽミ彡/       |二|
 ゞゝ──ゝ  /、 ゝX  彡ゝoノ ハハ/ソ/⌒ゝ       / ゝ 彡ゝoノ         /|  iヽ       |二|
        ( ' Y''''ノ\  彡 /、 ゝx彡ヾ > )、__ノ彡ミ= | 、ノ  彡くミヽノミ=       o,|   ||ol.      |二|
         `‐' ̄\ ヽノ  ( ' Y''ノ 彡く/彡'  \   `‐' ヽ____/ゞ | ヽ   へ  /〈|`‐' |〉      |二|
''''''''""""" ̄ ̄ ̄   〉____,/ | `‐'ヽ ヽノ |// |   |      |川リ ー'  |  ,;' ) / c|、____, |っ へ   |二|
"""" ̄ ̄     /\|リjilji   丶ゝヽ〉____,/ゝヽー'   /      | y ノヽ | / (ヽ   | 川リl |  ,;' ).   |二|
-‐ _,,. .-‐   ヽソゝゝ     `''' 川リ|  `''' ,'ヽ 丿  /\// //  ヾ|      ヽ |ー| / / (ヽ / |二|
 -‐ _,,. .-‐  ,-‐'''" ゝ  ノ-ー'7ゝ ゝ  ゝ' ヽ ヽ   ヽソゝ/ //   /ゝ      ノ ゝノ ゞ   /ヾ, ヽ'
 _,,.    -=━━| -ー / 彡   /  / / . .. ヽ 〉  ノソヽ/ゝ     .  .   /ゝ /ゝ  /⌒、ヾ
    -‐'''""-‐'''ヽヽヽ/ / .:-‐' / // /   .  // / ゝ /ゝ   //            ||()|(\ヾ
    ,,,-‐'''""  _,..:-//,..:-‐'"// //_,..:'_,..:'  /ゝ/  < <       /       /    || |(丶|
-‐'''"",,,,,       /ゝ    /ゝ  // _,..:'  /      ゝ`    /      /     / ||()|(丶|
-‐'''""_,..:-‐'"_,..:-‐'"          /ゝ      /       / / /   // / // /  \|(丶|



為朝方は鶴翼の隊列で連なって射負かす。
                                         |/  ヽ、 ゝ
                       へ            /'''ー―' 、  j `l
                     /,....,,_\          ヽ  ,、___,   ゝノ ,
- ,,,_                  (' .( ;ヽ く、         ,' (    `'ヽ、   ,'
‐-,,,,,_"''' ‐- ,,,,,__            ヽヽ' ,⌒ヽゝ        ヽ C      ヽ、,ノ、
    ~""''' ‐-,,,,,_‐-,,,,,_        ヽ||/  | ヽ、      ,、 く  ゝ       `ー‐ー-
            ~""''' ‐-,,,,,_  c,,-‐''ヽ、 /ヽ ヽ、.   /__\ヽノ   /\
                    くゝ ,,-‐''   ヽ ,.-ヽ、  '、( ヽ く    '、(ヽ く    ,r゛
                  ,、 `'  "'ヽ,.-‐''"彡彡ヽ,  ヽ' ,⌒ヽ    ヽ' ,ヽ  ,r'
                 /__\'''''''''ー-/彡彡ヽ,.-'7゛c,,-‐''ヽ ノヽ"'''c,,‐'' ノヽ,r゛
                 '、( ヽ く    /,.-‐''/  /  くゝ-ー''''  ヽ   7' ,.r'
                 ヽ' ,⌒ヽヽ、  ヽ/.., /ヽ    /彡ヽ彡ヽ  ,、‐''゙
''''''''''ー―─ ー―─--,,-c ,,-‐''  ノヽヽ/    ,'...,;`/、 ヽ、   / / ヽ,‐' ゙
              くゝ-ー''''''   ヽヽ  ,' ,' ノ ヽ、 \  l_,.-‐''"
             /\     ヽ,.-‐''"ヽ..ノ、,'/    `_,.-‐''"
            '、(ヽ く    /彡/ヽ(ミヽ、Yl ,.-‐''"
              ヽ' ,ヽ  /  / ヽヽ、__`ノ

          為朝方がそのまま包囲しようとしても、義朝方は隊列を散開させて包囲を防ぐ。

200崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:08:53 ID:1aiZjnbM

黄石公が伝えるところ、呉子や孫子が秘するところ、互いに知っている道なので、
敵も散らさず味方も退かない。

         /     ヽ|  lヽ    / l       ヽ\.  | ||       ヽ\         ,、 ||ヽノ
        /        ヽ ヾヽ,.ミ-、/ 丿    ,..   \ヽ. | ||         ,..\ヽ.      / \.|| (
   ,..    ./         ノl ̄ヽ ミ   ||   / \   ヽ\| ||      ./ \ヽ\   / ●  \ )
  / \/'''‐-,,,,,____,,-‐' /ヽ_ノ ミ   || / ●  \.  \| ||    / ●  \ヽ\ `''ー---ー''くヽ'
/ ● /"'''‐-,,,,,___,,-‐' / ヽ彡    || `'''ー---,-、く     | ||ヽ   `'''ー---ー'''く ヽ\ノ `ー'`ヽ ヽ
`'''ー---/"'''‐-,,,,,____,,-‐'' ,/彡      ||ノ_,,`ー/ .\ヽ.  | ||ヽ\ ノ_,,`ー'`,⌒`lヽ、.   ;"'''ー- .,,_`lヽ
/ ノ`ー' "'''‐-,,,,,______,,-‐'' 彡       ||ノ //_,,,......,,,_\.   | ||  ヽ\、,,-‐''ヽ ,/`l ヽ  / ● _,.-'" /_
/ ヽy,;--ー‐""'''‐-,,,,,_ヽ  ノヽ、 彡     || | `'ゝノ、,_、 ,ヽく   | ||   ヽソ-ー''''''`ヽ'  | /_,.-‐''"/`ヽ/
  /    //     ~""','、,,ノ`y彡      |'  /丿//y//,⌒`、 | ||_    ヽ\ヽ、.  ノヽ、/丿 ノ_./ヽ
/,,-‐'''""~""'''‐-,,,,,_  /ヽ  /l       | く,ーく| `'''' Lヽ ヾゝ,| ||ヽ    \ /ー''' 彡 ヽ| ヾ   / /
''"    //      `yヽノ`ー' |.     /|ー-ヽ、ヽ     ./ /( レ'ノヽ     / ≡ /ヽ___/ヽ、ヽ-‐、ノ|
,,,-‐'''""~""'''‐-,,,,_ / 丿ヽ   |    , //|'''' ‐-ヾ)う"''' ‐- ,,,l' `'゛/ |     ー';'''  / ヽ、 ヽ-ー'' ヽ、
   //      `y':/‐'      |    .// |   / "く`"''' ‐/  /  /.      (  くヽ、ノ\ /≡/ヽ彡ヽ

そのような状況なので、1,000騎が10騎になってしまっても、終るような戦には見えなかった。

201崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:09:07 ID:1aiZjnbM

                  ,xイ彡ィ≠=-ミムイ≧、
                ,ィイ彡'"      `'"'¨ヾ  /      ~ ~ ~
                ./i|イ{!l}      __\  /   ',  ─
               iイ川イ    ___  、`" ,'   ', \            ~ ~
               |i|川i{   ー'" ,-。、リ '{イ__ ノ
              /`ゝil|{ i   ーニ' ;'、 ヽ‐゚' 〈
              i  {i川八     ィ' ---'  }    む…!?            ~ ~ ~
              入 ゞ='" ヽ   ,__,.二 __  〈
            彡'ィ川i|l}ヽ、     ゙ー──‐' .ノ          ~ ~ ~ ~
           {:イ/l:|イ彡  ` ー 、  ィニ _,メ }
            ,从イィー r───‐人____ノ



________________________________________
                       rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙
                       ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、
  正面から…        r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ   西から風が…
                 {廴___ア { {,〈   `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ
                -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_
          __  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,
          ⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、_
          l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
          _ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
                         || lハ 丶      ̄`      イ トV7
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

202崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:09:21 ID:1aiZjnbM





________________________________________
                      rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙
                      ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、
                r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ     もはや…
                {廴___ア { {,〈   `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ
               -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




.

204崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:09:33 ID:1aiZjnbM





________________________________________
         ⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、_
         l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
         _ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
                        || lハ 丶      ̄`      イ トV7
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          こ れ ま で か …




.

205崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:09:48 ID:1aiZjnbM

                        ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
                      ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
                      ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
                    ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
                   ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
                   l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
                   ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
                    r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
                    |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!
                    ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ     信西様! >
                    ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
                     `" ト、    " `    /   |
                        | 'ヽ.   .|    /   .|
                       | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                           !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐

206崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:10:01 ID:1aiZjnbM

                 ::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!
                 :(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !
                 ::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /
                 ::::l   .:!   \_        l レへ !./
     いかがした?    ::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///
                 ::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y
                 :::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!
                 ::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l
                 :::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l



              / ̄|
              |__|     総指揮官、
             (,,゚Д゚)     義朝様より
             (  P `O   至急の依頼が…
            /彡#_|ミ
             </」_|凵_ゝ

207崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:10:14 ID:1aiZjnbM

   / ̄三\
 /;;;; _ノ 三 \
 |;;;;;;;   ( ○)(○)
. |;;;;;    (__人__)
  |;;;    ` ⌒´ノ
.  |;;;;        }
.  ヽ;;;       }
   ヽ;;;l    ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     白 河 北 殿 を 火 攻 め す る 許 可 を い た だ き た い と !
________________________________________
                                         ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
                                        ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
                                        l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
                                        ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
                                         r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
                                         |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!
                                         ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ
                                         ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
                                          `" ト、    " `    /   |

208崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:10:27 ID:1aiZjnbM

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)   い…
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}   いくらなんでも
.  ヽ     u  }   そりゃあ…
   ヽ     ノ
   /    く  
   |     \  



           ::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!
           :(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !
           ::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /
           ::::l   .:!   \_        l レへ !./
いいえ、陛下。  ::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///
           ::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y
           :::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!
           ::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l
           :::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l

209崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:10:40 ID:1aiZjnbM

  ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
 ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
 l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、    違勅の徒を
 ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l    取り押さえられるのであれば、
  r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,    建て替えればすむ
  |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!    法勝寺の一つや二つ、
  ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ     焼け落ちたところで安いもの。
  ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
   `" ト、    " `    /   |



::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!
:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /   白河北殿は
::::l   .:!   \_        l レへ !./    洛中とは鴨川を挟んでおります…
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y      洛中に火が広がる危険性は
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!      ございません。
::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l

210崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:10:53 ID:1aiZjnbM





                .:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|-´
                ____.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:/:.:|     そのための
                   ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:|     白河北殿…
                    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:|
                 ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、




.

212崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:11:03 ID:1aiZjnbM



                  ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
                ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
                ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
              ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
             ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
             l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、    だ か ら こ そ
             ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
              r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,    あ そ こ に
              |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!
              ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ    誘 い 込 ん だ の で す 。
              ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
               `" ト、    " `    /   |
                  | 'ヽ.   .|    /   .|
                 | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                     !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐


.

213崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:13:11 ID:1aiZjnbM

                . -一   ̄ ̄ ̄`ヽ /
         ー――r '´   ___/´ ̄ ̄¨7
              l   /  _ ノ、-イ。 ̄厂|l
              /  {_/-'´ ・ノ/⌒ヾ=┴――- 、
         ー‐r ' -、  l l ゝ=彡へ ヽ`      /
            V   | ゝ二二{ _     . -‐ '´
            \__ノ   \ └'  `丁T´ !/
             └-、___〉   /   ̄|
            ――┼―≠―一'   __〉
                |\/ \    /   l |
              /}  \/ノ\ l  |\_l」
             ∠  ゝ __l.∠ 廴__ー'  |
             /  \ | /  0/ | \_/

214崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:13:22 ID:1aiZjnbM

             r----- 、______
              /    /         \
               / 人__{二二 二二二二7  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
                し'   l|f ┰} {┰― f  |  |        /
           r―――==' ⌒ヽ ー―' /  ヽ     /
             \           |ー―‐/  /⌒l r‐ '´
         ー――>---'⌒ー┘   /  廴_ノ /    あのさ…
             {_, -- 、 └――‐く―一  /
             | | ∧        イ\__圧7
                ー‐'  〉   / /  |/ {__
             く⌒ヽ/  /-| |ーv'  /   \
                 /   /f  /\V__/ /    |



                       -―‐r'   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                  イ´       ヽ     ___  \
         , ―――r'  __, -―――┐     イ      \_ノ
        /     / / __, -―――〈   l⌒ヽ
      /  / ̄` ー{// ー j   ━━= l|    |  |
      (_/      `i| =━ /⌒ヽー、 _,ノl   ー‐'l       r‐、       確かに
               廴__ / -      〉   |       |        | | 「`l      本院が亡くなって
                }/    「ー┘ /「 ̄ ̄/  ( \   | | | | / )   アタシの立場は
      r‐1ー、       /     /ー' ̄   |___/    \ \  | |J l_/ /   微妙よ…
     r‐1 l  |     /      /  -- 、   /ハ    _  \ ┘    /
     | l  !  !   /(__./_/ /   l /!  \/  (⌒丶) ― 、  |
     | l  ヽ \/⌒ヽ   |_j_/  / / ゝ. /     ⌒ヽ        /
  ( \\`      /     レ ⌒ヽ/ /┘  /        \__  イ
    \ \)   / ̄ l      └、 / /           __l      | l  l
     \    l    |       〔 ̄ ̄ /l     l         \   | l  l
      \_  イ        |_/ |   / \_    l\ |   l
        \ \ \         /  /\  /         /  \!   l

215崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:13:34 ID:1aiZjnbM

               . -一   ̄ ̄ ̄`ヽ /
        ー――r '´   ___/´ ̄ ̄¨7
             l   /  _ ノ、-イ。 ̄厂|l
             /  {_/-'´ ・ノ/⌒ヾ=┴――- 、
        ー‐r ' -、  l l ゝ=彡へ ヽ`      /
           V   | ゝ二二{ _     . -‐ '´
           \__ノ   \ └'  `丁T´ !/     だからって
            └-、___〉   /   ̄|      これはちょっと
           ――┼―≠―一'   __〉      ヒドくない?
               |\/ \    /   l |
             /}  \/ノ\ l  |\_l」
            ∠  ゝ __l.∠ 廴__ー'  |
            /  \ | /  0/ | \_/



         ヽ      〈//     !
         〈r,,ィ-‐‐ー  \ 「⌒ヽ |_
         /゛.'-'-‐‐`   〉 |..♭)l | ゛ヽ、     それは
        く_.  ヽ     ||.イ / \ ヽ     新院に与すると考えて
         ヽ        | | レ´|l /〉  〉     よろしいのですかな?
          ヽー     /|| ト、|l / |
           iヽ   / |L/|/λノ/|/
           ` ‐イ  /|/l  ,λ,/_/_,-‐'" ̄゛`‐
            ,/⊥/ _/  /  /

217崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:13:54 ID:1aiZjnbM

                           /       /
                      -――┴―- 、   /
                   /           \/
                   /           __}
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ      __/ __]
                    l    / ___/{_゚ノ》         もう…
                    /  / / /。} /⌒\
         ,  -―――-、_./   Y´ イ__/i⌒ヽ   \    /  イヤな物言い
                 ∨ ⌒ ヽ  ゝ. __/| r 、     \/    するのねぇ…
              /⌒ヽ{    }  l   └┘ \____)
               /   l ゝ __ノー‐┼――――┘   >
            /    l  | \___」  ⌒丶 __/ヽ
            {     l  l   \ \     \__l/
             〉      l  \   \/ `ト 、      |
            l      l    \__」/   l> 、___〕
            /    /   r-------一'ニ1|     \



                    . -一   ̄ ̄ ̄`ヽ /
             ー――r '´   ___/´ ̄ ̄¨7
                  l   /  _ ノ、-イ。 ̄厂|l
                  /  {_/-'´ ・ノ/⌒ヾ=┴――- 、
             ー‐r ' -、  l l ゝ=彡へ ヽ`      /
                V   | ゝ二二{ _     . -‐ '´
                \__ノ   \ └'  `丁T´ !/     別荘とはいえ
                 └-、___〉   /   ̄|      ココはアタシの家なのよ…
                ――┼―≠―一'   __〉
                    |\/ \    /   l |
                  /}  \/ノ\ l  |\_l」
                 ∠  ゝ __l.∠ 廴__ー'  |
                 /  \ | /  0/ | \_/

218崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:14:10 ID:1aiZjnbM

         ヽ      〈//     !
         〈r,,ィ-‐‐ー  \ 「⌒ヽ |_      なるほど…
         /゛.'-'-‐‐`   〉 |..♭)l | ゛ヽ、
        く_.  ヽ     ||.イ / \ ヽ   陛下より
         ヽ        | | レ´|l /〉  〉  このアバラ家の方が
          ヽー     /|| ト、|l / |  大事と…
           iヽ   / |L/|/λノ/|/
           ` ‐イ  /|/l  ,λ,/_/_,-‐'" ̄゛`‐
            ,/⊥/ _/  /  /



                                 -┐
          ー― 、. _______ , -―― '  /
              /           `ヽ     /
            / -―- 、    - 、   l   /
          トイ/ , --、 \/, -、 \ \/      あー! もう…
          l 〔イ /⌒ヽト-イ⌒丶\ 〕 |
          :l  l | ( -=゚、ノ⌒ヽ゚= 、_) lイ /\      わかったわよ!
          ハ ゝ二二/ {   } l二/⌒ヽ ノ /
          ーl  | l| Lヘ    hノ /    |イ /     同じ結果なら
           ∟ 」 J   |     l 〈、   //       恩を売らせて
          / ̄`iー― ヘ.  /{_ハ:: : : /ト、_      もらうわよ!
          ー―く ___、_/_  〈}: : / /   `ヽ
              /| l   |   l`T j: : :/   -‐└ 、
              l | l   |   / /ノ /!    / /|
           |   ヽ! ,二二フ´ ̄: :{: :/   /    {
           |    | {     ノ:: : :\__/   / \

220崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:14:25 ID:1aiZjnbM

                     -- 、    -‐く    /
                    /    /      ー'´\
                     / イ /ィ}     Y⌒ヽ  |
                   ´   V }リ',二二7 ゝ __ノ /
                      〈/ニ、(。__)|\    /
                           V{゚f⌒iーく -、\/|   /
                         / ┌、_」↑ / /´ ̄ ̄
                         /  ィ´ ー ナ′ /ー、__ノ-
                       (__/イ__/  /   / l \
                         || /   /   r'- V
                      _ └ー'^ヽ_/  /  ∧   ポチッとな。
                    /   `ヽー―--r'´  /
                 r―f´ ̄ ̄` l  \     /
                「 l l  f_´〉 jノ     |  _/
                 {!_{__j  |ノ{__ノ    /ー'´
                     l  |ーく __/
                 _ {___ノ_
               /` ー―一'ヽ
               {二二二二二}

221崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:15:40 ID:1aiZjnbM

                          ,'
                          (:'
                          ',  ))
                         }  /(
                       ,' ノし': :ヽ    ポッ
                     ((,イ: :  :: :V)
                     、ゝ: :   : :(ノ}
                     ヽ: :: :  : :: :/
                       ゝ;:; :;从;ノ

222崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:15:51 ID:1aiZjnbM

                             :;:, .:.
               パチパチ…    . . .:', .:.
                     .::... .   . .':::;:, .:.
               ':;:. :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:
               ..':;ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'
                  .::Vィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; :. .
                ',:; .::)       て:;;':.
                 ..:.(ノ        (::..
                . . .::::)    ヘ ソハ   ,ゞ.:.
             .;: . .:::: .:ソ   ノ:.::.:.. :(    (: :.
          . . .::.: :::..::..:(    (::..::..:::.::ノ    ):::...



      :::::::::::::::::::::::........ . . .      (:. ,:.     . . . .......:::::::::
      :::::::::::::::::::::........ . . .     .:从,)ノ':.:,    . . . .......:::::::::
      ::::::::::::::::::........ . . .    ,;;'人,,ノ;ノヾ;,.,    . . . .......:::::::::
      :::::::::::::::....... . . .   ,;,、 ,;ノノ .:;.(. ,.( ,      . . . .......::::::: メラ…
      :::::::::::::....... . . .  ,、 ,.:;(゙:  ,.:.人:. ヾ,、 (.  . . . .......:::::
      ::::::::::::....... . . . ,ノ (,.ノ,、ヾ , .,;ノ (;. (:,  ,):.  . . . .......:::
      :::::::::::::....... . . .( ,;. ,:ノヾ; . ,;) ,、 ヽ;,:.;):.从;.,  . . . ......::::メラ…
      :::::::::::::::....... . . .,):.      , 从ヾ;. '',人ヾ,´:.   . . .:::::

223崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:16:03 ID:1aiZjnbM

哀れ藤原家成。彼の宿所(別荘?)が白河北殿の西にあったのが運のつき。

. ’、′‘ ・. ’、′‘ ・. ’、从へ从へ人へ从从へ从へ人 ・. ’、′‘ ・. ’、′‘ ・
・. ’、′・. ’、′‘ ‘从へ从へ人へ从 人 从へ从へ人へ从・、′‘ ・. ’、′‘
′‘ ‘ ・. ’、′‘ ・Σ( ((   ⌒ ⌒ ) )   )ζ′‘: ; ゜+°′。.・”; ’、.・”
‘ ・. ’、′Σ( ( (  ) ))  )ζ Σ( ( (  ) ))  )ζ へγ. ’・.・”; ’、
. ’・.. ’・.从人 ‘ ・. ’、′‘ ・. ’、 人人 ’、人人 ’、′‘ ・.ζ .・”; ’、
   \ γ   γへ从 ⌒从へへ从・. ’、)  ・. ’、′)) ⌒  ) ) ”; ’、
    ヽ  γ ((  人    ))   λ λ  ) ((  ( (  (( ))M
 ヽ Σ( ((   ⌒ ⌒ )    _)\_)\  人  从 ( ソ从へへ从/   < オテガミ チョーダーイ
  \  Σ( ⌒( ⌒ )   ノつ> ) )从_)从 ) ))从へ从へγ /
   \ヽソ )ゝヾ  ( 人    γヽ从_) 从_)  (( ( ⌒  ))ζ ) /
    \ Σ⌒::)  :)ζ;;从  ⌒ ) _ ̄ ,ノ 丿人(  (( ))  /
     \ :;从へ从へへ从_~ ̄  从へ 从へ从へへ从γ  /  ゴォォォォォ…
      \( ⌒ ⌒   ⌒(__`__)~^( ⌒( ⌒( ⌒ )  ζ/

西風に載せて白河北殿を焼くために、意図的に火をかけられることとなった。
火矢で直接火をつけるのではなく、延焼を誘う方法での火攻めだったもよう。


  ..::   . .. . ..    ``侖侖''"               . ..':::;:,;;;.:.
              -‐'"韭 ゙''‐- . ... ...    ..::   .  .':;;;;:,.:.
゙''、,,_,,,,-‐'゛``''、,    ``侖侖侖''"              .':;;;;: .:.
;'' ;~'',;'''',;'';'' ;~'',;''゚ ;~'',;;-‐'"韭韭 ゙''‐-             .':;;;:, .:.
,;'',;''゚ ;~,;":;;;: : ;: ;: ;::::::``゙''ー-侖侖''"::;.-‐'゛~゙`゙''-、.,,,::  .'::;;;;:, .:... ...
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:"゙''、,;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:`;'' ;``'‐.、;;;;;;;.,.,.,.,..,.,.,.,.
:;,':,:;.,:;'' ;~'',;''゚ ;~'',;;~'',;';~.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙ :: :;":;; ~゙"'ー-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; '' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' v'゚ ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;'',;'~,;゙''、,,_ュiュ... .. ..   . ...
::;...;;.;;ii:i;;:;i,'' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' '゚ ;~,;''゚ ;..;;.;;ii:i;;:;i'',;'',;''゚ ;~,;::;.:".:;.:'::;...;;.;;ii:i;;:;i|゙:.:゙,:;、,"コエ...HE

『兵範記』十一日 庚戌
「辰剋(午前8時頃)、(東三条殿から見て)東方起煙炎、御方軍已責寄懸火了云々、」

224崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:17:21 ID:1aiZjnbM



                   ____
                 /      \ ( ;;;;(
                /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
              /    (─)  (─ /;;/
              |       (__人__) l;;,´|
              ./      ∩ ノ)━・'/
              (  \ / _ノ´.|  |
              .\  "  /__|  |
                \ /___ /


.

225崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:17:31 ID:1aiZjnbM

.                     ____
                    /      \ ( ;;;;(
.                  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
戦況は             /    (─)  (─ /;;/
どうなっているんだお?   |       (__人__) l;;,´|
                 ./      ∩ ノ)━・'/
                 (  \ / _ノ´.|  |



      ___
  ,,ノ' ´    ` ''ヾ、
 /            ヽ`
 }f^'^^了t^'^'`'ー1  l
 |L_ ! ___ { ,..、|
  }f'tr'i  ''^'tォー` }j/i',     一進一退といったところですね。
  l.| ´ |    ̄  vijソ.!
  丶 └、     Fイ l′    僧兵にすぐ出発してもらうよう
   ',  ‐--‐  ,イ ケ|     先ほど、宇治に使者を送りました。
    ヽ `''"´,/ !  ^|ー、
  _,,」、'....ィ'       '|. \、  ところで新院様。

226崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:17:46 ID:1aiZjnbM

                ____
               /      \ ( ;;;;(
             /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
            /    (─)  (● /;;/
  なんだお?   |       (__人__) l;;,´|
            ./      ∩ ノ)━・'/
            (  \ / _ノ´.|  |
            .\  "  /__|  |
              \ /___ /



                 ___
             ,,ノ' ´    ` ''ヾ、
            /            ヽ`
            }f^'^^了t^'^'`'ー1  l
            |L_ ! ___ { ,..、|
             }f'tr'i  ''^'tォー` }j/i',   そのタバコの火種は
             l.| ´ |    ̄  vijソ.!   どちらから?
             丶 └、     Fイ l′
              ',  ‐--‐  ,イ ケ|
               ヽ `''"´,/ !  ^|ー、
             _,,」、'....ィ'       '|. \、

※タバコはこの頃、日本にあった(民明書房刊『現代麻薬集成』)

227崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:18:01 ID:1aiZjnbM

                                              :;:, .:.
                ____             パチパチ…    . . .:', .:.
              /      \ ( ;;;;(              .::... .   . .':::;:, .:.
             /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)       ':;:. :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:
なんだお      /    (─)  (─ /;;/   /)  ..':;ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'
           |       (__人__) l;;,´|   / .イ      .::Vィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; :. .
それなら      ./      ∩ ノ)━・'/  /,'才.ミ)    ',:; .::)       て:;;':.
ほら、すぐそこに (  \ / _ノ´.|  \/ ≧シ'     ..:.(ノ        (::..
           .\  "  /   |\   /      . . .::::)    ヘ ソハ   ,ゞ.:.
             \ /              .;: . .:::: .:ソ   ノ:.::.:.. :(    (: :.



                                              :;:, .:.
                ____             パチパチ…    . . .:', .:.
              /      \ ( ;;;;(              .::... .   . .':::;:, .:.
             /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)       ':;:. :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:
           /    (─)  (─ /;;/   /)  ..':;ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'
           |       (__人__) l;;,´|   / .イ      .::Vィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; :. .
           ./      ∩ ノ)━・'/  /,'才.ミ)    ',:; .::)       て:;;':.
           (  \ / _ノ´.|  \/ ≧シ'     ..:.(ノ        (::..
           .\  "  /   |\   /      . . .::::)    ヘ ソハ   ,ゞ.:.
             \ /              .;: . .:::: .:ソ   ノ:.::.:.. :(    (: :.

228崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:18:14 ID:1aiZjnbM

                                              :;:, .:.
                ____             パチパチ…    . . .:', .:.
              /      \ ( ;;;;(              .::... .   . .':::;:, .:.
             /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)       ':;:. :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:
           /    (─)  (● /;;/   /)  ..':;ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'
           |       (__人__) l;;,´|   / .イ      .::Vィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; :. .
           ./      ∩ ノ)━・'/  /,'才.ミ)    ',:; .::)       て:;;':.
           (  \ / _ノ´.|  \/ ≧シ'     ..:.(ノ        (::..
           .\  "  /   |\   /      . . .::::)    ヘ ソハ   ,ゞ.:.
             \ /              .;: . .:::: .:ソ   ノ:.::.:.. :(    (: :.



                                              :;:, .:.
                ____             パチパチ…    . . .:', .:.
              /      \ ( ;;;;(              .::... .   . .':::;:, .:.
             /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)       ':;:. :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:
           /    (◎)  (◎ /;;/   /)  ..':;ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'
           |   ∪  (__人__) l;;,´|   / .イ      .::Vィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; :. .
           ./      ∩ ノ)━・'/  /,'才.ミ)    ',:; .::)       て:;;':.
           (  \ / _ノ´.|  \/ ≧シ'     ..:.(ノ        (::..
           .\  "  /   |\   /      . . .::::)    ヘ ソハ   ,ゞ.:.
             \ /              .;: . .:::: .:ソ   ノ:.::.:.. :(    (: :.

229崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:18:27 ID:1aiZjnbM

西風は強くなり瞬く間に延焼。白河北殿の中はパニックに陥った。

       ┏┓
       ┃┃
 ┏━━┛┗━━┓
 ┗━━┓┏━━┛
 ┏━━┛┗━━┓ ┏━━━━━┓┏━━━━━┓ ┏━━━━━┓
 ┗━━┓┏━━┛ ┗━┓┏━┓┃┗━┓┏━┓┃ ┗━┓┏━┓┃
       ┃┃  ┏┓     ┃┃┏┛┃    ┃┃┏┛┃     ┃┃┏┛┃
       ┗┛┏┛┗━┓ ┃┃┗━┛    ┃┃┗━┛     ┃┃┗━┛
           ┗┓┏┓┃ ┗┛          ┗┛           ┗┛
             ┃┃┗┛
             ┗┛

上臈女房や女童たちが右往左往して呼び叫んで混乱する。



白河北殿からの脱出が始まった。混乱のためにやる夫方の武士も自由に身動きが取れず、

         /     ヽ|  lヽ    / l       ヽ\.  | ||       ヽ\
        /        ヽ ヾヽ,.ミ-、/ 丿    ,..   \ヽ. | ||         ,..\ヽ.
   ,..    ./         ノl ̄ヽ ミ   ||   / \   ヽ\| ||      ./ \ヽ
  / \/'''‐-,,,,,____,,-‐' /ヽ_ノ ミ   || / ●  \.  \| ||    / ●  \
/ ● /"'''‐-,,,,,___,,-‐' / ヽ彡    || `'''ー---,-、く     | ||ヽ   `'''ー---ー'''く
`'''ー---/"'''‐-,,,,,____,,-‐'' ,/彡      ||ノ_,,`ー/ .\ヽ.  | ||ヽ\ ノ_,,`ー'`,⌒`l
/ ノ`ー' "'''‐-,,,,,______,,-‐'' 彡       ||ノ //_,,,......,,,_\.   | ||  ヽ\、,,-‐''ヽ ,/
/ ヽy,;--ー‐""'''‐-,,,,,_ヽ  ノヽ、 彡     || | `'ゝノ、,_、 ,ヽく   | ||   ヽソ-ー''''''`ヽ
  /    //     ~""','、,,ノ`y彡      |'  /丿//y//,⌒`、 | ||_    ヽ\ヽ、.
/,,-‐'''""~""'''‐-,,,,,_  /ヽ  /l       | く,ーく| `'''' Lヽ ヾゝ,| ||ヽ    \ /ー'''
''"    //      `yヽノ`ー' |.     /|ー-ヽ、ヽ     ./ /( レ'ノヽ     / ≡
,,,-‐'''""~""'''‐-,,,,_ / 丿ヽ   |    , //|'''' ‐-ヾ)う"''' ‐- ,,,l' `'゛/ |     ー';'''
   //      `y':/‐'      |    .// |   / "く`"''' ‐/  /  /.      (

脱出は容易とはいえなかったが、多くは風下に当たる東の門から逃げ出して行った。

231崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:19:43 ID:1aiZjnbM

        / | lll  /|   / | / | /  | /    ヽl !.ヽト、      ||
       .    |  / :l lll /─|/‐-l/、 l/   ,. -─ヽ!ー` ヽ |ll  |ll |
          l ll /  | r:、 /         `    '´          ヽ  ,r‐、 |
          ! ./  |/| |ll|.====。==    ==。==== |l|l|'-、 l !
          |/    | | |  ` ー--‐ ' | :   ー--‐ ' ´   | !` i | ||
                  | | !          ::| :          | .|ヽl l !
              /l |l|       :::| :          |ll!_ノ.,' !\
             /  `i|         r_::| : _,         :| |_ノ ,'  \
           _, イ       ヽ   、     ー'       ,   ,|,! ll ,'    ト
       -‐' ´  .|        ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:|  /       !
         -‐' ´|         |;;ヽ     ___     ./:: :| l /       :|



            ∠-'';::/ ,∠/ ./::   ::\.ヽ\ ヽ ヽ \ ヽ. \
            ::::r''∠- '´:∠ -ヘ::....... ,...:‐''7,ゝl‐-ヽ}   ト、 lヽ. !
            :::l::::-===モ== _::::/:::::::::/_  ` / ,ヘ. | ヽ |. ヽ.!
            : |:::: `  ー‐=''"::´:::::::::::::/ニ´>,'/  ヽ | ヽ!  ゙l
            ::|:::::      ..::::::::::::::::::::::/    ハ     ヽ!
            :|::::::    ...:::::::::::/::r:::::::i_:   ,'l }
            |l::::::        `__:::    /.|′      決したな。
            iヘ::::..      ̄ ̄     `ヽ ./^'
            :|::ヽ:::..      ‐==;;   /
            ::l::::::ヽ::..        :::::::   /    ,.、
            :::l::::::::::\.         /  /.:/:ヽ.
            ::::|:::: :::::::\.         ,イ /....::/::::::::ヽ.

232崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:19:56 ID:1aiZjnbM

        _、‐-、, -‐z._
        > ` " " ′.<
      / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙ \
        7 " " ",.",ィ バ ,゙ ゙ ヾ
       ! " " /-Kl/ Vlバ.N
       | "n l =。== _ ,≦ハ!   一旦、
      |."しl|  ̄ ,._ ∨    兵を引き揚げさせろ。
      | " ゙ハ  ー--7′
      r'ニニヽ._\. ¨/
     r':ニニ:_`ー三`:く._



         `ヽミメ、 . -‐,=‐
      . . .-‐‐ミ i! Y i! 厶イ__
   ∠..., =‐- i!  i!  i! i! <´
    .ィ´ i!   i! i! i! i!   i! i! ヽ
.  , ′i! i! i! i! i! i!  i!  i! i!.!
  /イ i! i! i!ィ i! i./::、 i! ト、 i! i! !    戦闘体制から
  /i!.//i!./::iメi/:::::::,メ、「ヽト、 i! i!j    捜索・捕縛体制に
  /イ i!/! /==。=、:::::.=。===:i!,...i! |    編成しなおす。
    j/ j/ i::`:‐:/:::::::: ー一.:´:|ir, }.|
       i:::::/.::::::、   .::::::|Lンii|
         i: `‐――一'.;.::::ハ.i! j;\
           、  ー ..:::::/;  ヽ:{;;;;;;;ト、__
      . -=''7ヘ.....:.:::::/;;; '   j;;;;;;;j;;;;;;;
   -‐'";;;;;;;;;;/;;;;;;ヽ .イ;;;;: '     /;;;;;;;;|;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;|:.:;;:::'    /;;;;;;;;;;;!;;;;;;

   『兵範記』 「清盛等乗勝逐逃」

233崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:20:13 ID:1aiZjnbM

                   _____
                 /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
                  |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
                  |::::::::/ ⌒  ⌒ |
                 |:::::::〉 ( =) (=)|
                 (@ ::::⌒(__人__)⌒)   いやあ、
                  |     |r┬-|  |    まいったまいった…
                  \    `ー'´ /
              ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
              :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                  |  \/゙(__)\,|  i |
                  >   ヽ. ハ  |   ||

234崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:20:26 ID:1aiZjnbM

                    _____
       大寝坊だ      /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
                  /.::::::γ⌒Y⌒ヽ::::.|
                  |::::::::/ ⌒  ⌒  |
                  |::::::〉 ( ●) (●) |   頼長、遅刻に
                  |:::/ :⌒(__人__)⌒|   うるさいからなあ…
                  |/   mj |ー'´   |
                  \  〈__ノ    /
                    ノ  ノ

実際、頼長は綱紀粛正の一環として公事に遅れた公家に厳罰を下していた実績がある。
規律に厳しい、ということで『悪左府』と呼ばれていた。「悪」は「厳しい、厳格」という意味。



. ’、′‘ ・. ’、′‘ ・. ’、从へ从へ人へ从从へ从へ人 ・. ’、′‘ ・. ’、′‘ ・
・. ’、′・. ’、′‘ ‘从へ从へ人へ从 人 从へ从へ人へ从・、′‘ ・. ’、′‘
′‘ ‘ ・. ’、′‘ ・Σ( ((   ⌒ ⌒ ) )   )ζ′‘: ; ゜+°′。.・”; ’、.・”
‘ ・. ’、′Σ( ( (  ) ))  )ζ Σ( ( (  ) ))  )ζ へγ. ’・.・”; ’、
. ’・.. ’・.从人 ‘ ・. ’、′‘ ・. ’、 人人 ’、人人 ’、′‘ ・.ζ .・”; ’、
   \ γ   γへ从 ⌒从へへ从・. ’、)  ・. ’、′)) ⌒  ) ) ”; ’、
    ヽ  γ ((  人    ))   λ λ  ) ((  ( (  (( ))M
 ヽ Σ( ((   ⌒ ⌒ )    _)\_)\  人  从 ( ソ从へへ从/
  \  Σ( ⌒( ⌒ )   ノつ> ) )从_)从 ) ))从へ从へγ /
   \ヽソ )ゝヾ  ( 人    γヽ从_) 从_)  (( ( ⌒  ))ζ ) /
    \ Σ⌒::)  :)ζ;;从  ⌒ ) _ ̄ ,ノ 丿人(  (( ))  /
     \ :;从へ从へへ从_~ ̄  从へ 从へ从へへ从γ  /  ゴォォォォォ…
      \( ⌒ ⌒   ⌒(__`__)~^( ⌒( ⌒( ⌒ )  ζ/

235崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:21:43 ID:1aiZjnbM





                         _____
                    ..   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    ..   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.|
                    ..   |:::::::::/ ._ノ  ヽ  ..|
                       |:::::::〉 ( ○) (○)|
                    .  (@ ::::⌒(__人__)⌒)
                        |  u   |r┬-|  |
                        \    `ー'´ /
                    ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
                    :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                        |  \/゙(__)\,|  i |
                        >   ヽ. ハ  |   ||





                    明らかに遅すぎた援軍が(ry

236崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:21:57 ID:1aiZjnbM



              r(    ,、_
              ゞ, rr~ヅ´ ミ
               フハ    _ ミ
               |_.. -'_"-'´\  r'⌒ヽ
               ゙i`'''Tjフ   } ミトー }
                ,' ,.‐'"    { {い) /
               ,'        ゞ゙ f クァ ―`‐-
              〈.、,..        ,.‐'´
                )__.. -ァ   /
                 Y´_   ./
                 ゙i゙   {
                 丶、,、イ
                     {


.

237崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:22:10 ID:1aiZjnbM

               r(    ,、_
               ゞ, rr~ヅ´ ミ
                フハ    _ ミ
                |_.. -'_"-'´\  r'⌒ヽ
                ゙i`'''Tjフ   } ミトー }
なぜだ…           ,' ,.‐'"    { {い) /
                ,'        ゞ゙ f クァ ―`‐-
なぜこんなことに…    〈.、,..        ,.‐'´
                 )__.. -ァ   /
                  Y´_   ./
                  ゙i゙   {
                  丶、,、イ
                      {



--ー‐ー‐ ―‐¬'' ''''''' '''"  `
            __,,.... .;;;;,,ッ-一゛''
   . _,,,,.. -;;ニニ`-ー'''"゙´                 ,,,r'"|
二`-‐'''"゙´                         _..- .l゙.,..-',゙メ..,,,、
       . _.....‐                 _..-'"゛ .,..-'゙y‐゙_,.. -'"
 _._..ぃー''"´                ,.. ‐'″  .,..-'゙. / .`'./
゙~               _..-'"゛   ._ / .,/゛  ./
             _,, ‐'"    , / ,..‐"   ./
          ,..-'"゛    ._ / . _/゛   /   ,丶
      ._..-'"゙,/]   , /  .,/゛    ./   ./  ./.
  ._..-'"゛ . /   .,! _ir'"  ,/゛    ./    /    / "
-'"゛   ./    .'″ ゙l. /      . /     /    ,i'゙
    ./   .,-   , /       /      /    ./
   ./    く .  .ヽ.    ./      /    : '゙
  ,,,l゙        _..-'"  ./      /     :
-'" .ゝ .......... ー''"゛   /       /     :

238崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:22:24 ID:1aiZjnbM





                          ,, - ―- 、
                       ,. '" _,,. -…;   ヽ
                       (i'"((´  __ 〈    }
                       |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
                       ヾ|!   ┴’  }|トi  }
                         |! ,,_      {'  }
                        「´- -    ./ 彡ハ、
                         ヽ ‐'  /   "'ヽ
                          ヽ__,.. ' /     ヽ
                          /⌒`  ̄ `    ヽ\_
                         /           i ヽ \

脱出に際し、頼長が前、その後ろに四位少納言・藤原成隆が座って御する形で馬に乗ったが、




.

239崇徳 ◆.qh1IqzafM2010/05/29(土) 22:22:39 ID:1aiZjnbM






_____________________________________________
           |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|.     //
           .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|.   //
          ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i  //                            r‐ー',!
          |i 、|   ' ̄"彡|         || |//                         r‐ー1  l゙  .l゙
          |'. (|       彡|          |//                           ,l゙  ,i´ l゙  l゙
           ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |/i                           │ ,"  l゙ │
   o        ヽ_|        `         .|_/                         _,,,, |  ,l゙  .|,,,,,ノ
    ゝ;:ヽ-‐―r;;, .|゙      、,.--‐ 、,,     |                      _,,,―'''",,,,,l゙ .L,,,ノ  .,r'"゙゙l
,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,,ニ ̄     /|    _,,,,---,            _,,,―''''"゙,,,,-‐''"`  .r'"^゙l  ヽ-'゜
"`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r    , ' | .,,,-‐''″._、 〕    ,,、 .r‐┐| _,,,-''''"       ヽ-'゜
   〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}   , ..,,,-‐'゙` _,,―''゙,i´ / ._,,-,'l″,!,/ / ‘^
  ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ― "| 〔 ._,,-‐,ニ-ッ 丿 ./ `゙l、.゙l゙l-'ナ /
  (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、      i  ."″ /  ,i´‘''''''"  .゙‐'` 丿 丿
  "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/           │ .l゙         `冖'"
    (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:)           丿 .l゙
     //    ヾ;;;;;;;;;;;;/;           .,__,,i´
    //       ´