やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

開拓王やる夫の祖国復興一代記 其の12

6097◆75LBJGs9C62013/02/04(月) 01:26:00 ID:lkBs.yjs0
小ネタ【柊の女性観~インタヴュー・ウィズ・柊蓮司~】
      ,
     (    ,. -――― 、
      `>': : : : : : : : : :ヽ:`ヽ.
     _/: : : :iヘ、: : : :ヽ: : : :\:ヽ.
    /ィ,. . . ヘ. .ヽ、 . . :ヽ: : : : 、:i    「女性観つってもなあ……。女の好みでも言えばいいのか?
   ' /: : : : : : i ヽ: 、: :\_:__:.Y: : :、:\    悪いが、そんなこといきなり聞かれても困るぞ?」
   i: : : : : : : ト、: |ヽ: ;ヽ;≧:、L|: :、:、i``
   |ハ: :|: : :ヘ| ;ト- |/  |/ヘ リ: :ヾ`、
    ヽ:i:ヽ: :i`  ̄` ′ ´ ̄l:ト; :j
     ヽ!:ヘ:ゝ ∪        i':':;'
      '`ヘ!ハ、  r――┐ ,':ハ}          !イ __ , -―- 、
          }>` ̄ ̄´/iム.           .l/ !     __,r‐、
.ー:‐、――-- 、/  }ヽ. ,. ' /  i.、_          { !     / ノ 〈
ヽ、:ヽ: : : /ヽ.  | 、  r'-、  |:、:` ー-- 、 __    i_\  ,.-ノ_/ _/
 :ハ: ;. : : ,イ , ヘ. ト、ヽ 」 //\ !: ヽ、: : : : `:7ヽ>、:.:.:.Υノ :.:.:.:.:/
 :| : i:j: :/: レ': | |`ト---r'//  |: `: : ヽ: : : : :/: {__:.!.:.:.:.!;.-'.:.:.:./
: !: y': \_;. --| ヽi: . : j//  ト、: : _/: : : : ': :ノl:.\:.:|:.:.:.:.;.イ、

6098◆75LBJGs9C62013/02/04(月) 01:26:12 ID:lkBs.yjs0
「Q:では『女なんてこんなものだ』『女性たるものかくあるべし』と言ったポリシーはお持ちですか?」
       / : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : 、:_ヽ.
        ,' : : /: : : : : : : : : : : : : : : :l´ヽ、 : : : : : : : : : ヽ: :ヽ.`` 「そういうポリシーつーか偏見は特にないかな。
      i: : : :!: : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: :!   周りの女性は割りと厄介な人間が多いが
       |: : : j: : : : : : : : : : : : : l: : : ト:ヽ: : : : : : : : : : : : : : :l、:l  流石にそれが一般的とは思ってねえし。
      !: : /: : : : : : : : : : : : : :l: : : !: ヾ:.、 : : : i: : : : l : : : l l:!
      !: /: : : : : : : : : : : : l: : !: ;イ:!: : : `i`:ーr':l、: : : ! : : : l l'   女性たる者かくあるべし、ねえ……。
      Y:, イ : : ! : :l: : :l : :| : ハ:| |:ト、: : : |lヘ:,l: !l: : : :! : : : l    まあ、まともな料理はできたほうがいいかな。
       ノ'i: :liヽ: :|: : :!: : | : :ト、トl|、|j_,ヘ: : :l|'´_|ノ ! : :/: : /:/    少なくとも、食って害のないものを作れるべきだと思う。
       l: :ヽ.ヘ:|、: :l: : :|、 :|_,.イ', " ヽ: | ̄´ l: :/: :,イ:/
       /イ: : :ヽ.、ヽ|、: :| ヽ! ̄´     ヽ   ノイ:/ー'‐--..__ 言っててなんだが、女性男性関係ないなこれ」
      ,イ. iヘ:ハ: : `r 、 ヽ!           ヽ  ,:'. '´. . . . . . . . . .!ヽ
    / l . |  lノヘ|  ヽ u          '´ ヘ.、. . . . . . . . . . .l. . ヽ
   / . . | . |    ヽ  ヽ、     ,. -‐`// !. ヽ、 . . . . . . . l . . . ヽ
 / . . . . | . |       \   > 、  ´, '/  / . . . .〉 . . . . . . .l. . . .
'´ . . . . . . | . l       ヽ.    / ` r ' /、   l . . . / . . . . . . . .|. . . .
. . . . . . . . | . j      / ̄ |   l   ノ、 ヽ \ |. . ./. . . . . . . . . |. . . .

6099◆75LBJGs9C62013/02/04(月) 01:26:32 ID:lkBs.yjs0
「Q:女性遍歴とかはいかがですか? 色々とおもてになるとお聞きしましたが」
           /: : : : : : : : : `ヽ: : : : :ヽ
     ,./   /: : : :_ : : : : : : : : :\ : : : :、
    (:(_ r': 、: : : : : : : ̄:` :、 : <:`ヽ: : : i
       ̄ 7i: : :`ヽ: : : : 、: : : : : \ : 丶: : : : :、
       / :ヘ : : : 、: : 、: :\: : ヽ: :「 ヽ-ヽ: : : :ヽ    「あれはもててるとは言わねえ! それだけは認めん!」
     /'/: : :ヽ: : :iヽ,:ト、 : :ヽ: :ト、| j| : : : : : : : :\
      /;イ: :l、: \:V/。 _lヽ: :ト、!   、'ヘ: :、: :ト、|,.ニ二、
       〃 |: ハ: ヽ : :、:、´   `     ∨ヽ!'´   __ \
      /′ !'  ヽト、:ノ `           / /   ,.'´. . . ̄.`. .、
              ̄ヽ '´`ヽ    / /  /. . . . . . . . . . . . \
                 r ′ /ン'  /. . . . . . . . . . . . . . . . .\
                      ヽ_/イ'r 、 |. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .\
                     !ヽ. `! . . . .|. . ./ . . . . . . . . . . . . . \
                      \ヽ!、. . . |. .,'. . . . . . . . . . . . . . `ヽ. 、
                       〉'l. ≧,`!. l. . . . . . . . . . . . . . . . ._.l . ヽ
                       ヽ.、! . . . ヽ!. . . . . . . . ._. . . . . . . `ヽ. \
                        r‐'|. . . . . .\l . . r.ァ'´  ` ̄ `ヽ. . .j . . . :、

6101◆75LBJGs9C62013/02/04(月) 01:27:11 ID:lkBs.yjs0
「Q:失礼。では少し話題を代えまして、バビロンが滅んだ後の遺児達の苦難についてお聞かせくださいますか?」
       ,/ ,.---――-. .、
      `>:'´: : : : : : : : : : : : 丶、
   _, -‐'; : : : r: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
  ´ ̄/: : : :/! : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ   「うーん、俺よりも直接バビロンの末裔に聞いたほうが
    //:/: : : !:| : : : |: : : : : : : : : : : : : : ヽ   いいと思うがなあ。ま、知ってる範囲でよければ答えるけど。
    /'|:,' : : : :|;ム : : :|、: : ト、 : | : : : : :| : : l
    |l : : : : |ム|ヘ.:`ト,ム:|__ヽ|: : : : : ヽ、:!  バビロン王国が魔王に攻められたとき、当時の王は非戦闘員が
    |l、:|: : |:ト ゚` ヽ:| ー-。、 |: : : : l :「:ヽ   戦闘に巻き込まれないよう色んな国に避難させたらしい。
    |'ヘ|、: トl /    `=' | :/ :/!;ノ:/
       ヘ|、ヽ       ノ'´レ'_ソ : |    だが、その戦闘でバビロンは更地になり、避難民は帰る国を失った。
        ヘ ー 、     /´「 : : : |    それ市民が通称『バビロンの遺児』だな」
         ヽ`     ,..イ ノイ: :i: :|
          _ァー<    /  'V>'ヽ
         /`ヽ  〉、 / /     〉、
           /  ノ| ,イ  ,.'´     / . l、
       /.! /r' /ヽィ´ヽ.    /. . . .'. .ヽ.
     ,ィ´ . .' . . .|/ ー///|  /. . . . . . . . . .ヽ

6102◆75LBJGs9C62013/02/04(月) 01:27:26 ID:lkBs.yjs0
           ,
          (    ,. -――― 、
           `>': : : : : : : : : :ヽ:`ヽ.
          _/: : : :iヘ、: : : :ヽ: : : :\:ヽ.    「国が滅んでも当時のバビロンは魔王軍の残党が残り、
         /ィ,. . . ヘ. .ヽ、 . . :ヽ: : : : 、:i     各地は盟主バビロンの滅亡でものすごく動揺したらしい。
        ' /: : : : : : i ヽ: 、: :\_:__:.Y: : :、:\   遺児達は、そのまま避難先の国で過ごすことを余儀なくされた。
      ___i: : : : : : : ト、: |ヽ: ;ヽ;≧:、L|: :、:、i``
    _,.ヘ、:::::|ハ: :|: : :ヘ|ニ;トト, \、"ゞ‐'`リ: :ヾ`、   で、魔王が勇者に倒されてめでたしめでたし――の後だ。
 ̄ ̄     i:::::::::ヽ:i:ヽ: :i` `¨   ヽ    l:ト; :j     諸国は遺児たちがバビロンを復興させることを、
         }:::::::::::::ヽ!:ヘ:ゝ   l      i':':;'     つーかバビロンそのものを恐れた。
    ,..-ャj:::::::::::;.-'`ヘ!ハ、  _    ,':ハ}
-‐ i´-、    ̄ ̄     }>、  ̄` /iム.      『魔王に肉薄できるほどの力を持つバビロン。
  !: : ヽ.ー:‐、――-- 、/  }ヽ. ,. ' /  i.、_     それを蘇らせれば、いずれ魔王と同じくなるのではないか』てな」
  ∧: : :ヽ、:ヽ: : : /ヽ.  | 、  r'-、  |:、:` ー-- 、 __
 /i: ヽ.: : :ハ: ;. : : ,イ , ヘ. ト、ヽ 」 //\ !: ヽ、: : : : `:7ヽ.
./: |: :| : :| : i:j: :/: レ': | |`ト---r'//  |: `: : ヽ: : : : :/: : !
: :j: : !: : !: y': \_;. --| ヽi: . : j//  ト、: : _/: : : : ': : i


              ,..-―――-. .、
     ,/  ,.'´: : : : : : : : : : : : : :ヽ.
    ((_ _/: : : : : : : : : : : : _: : : : : : :ヽ
      フ`: : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、: : : : ヽ.    「幸か不幸か、バビロンの遺児には力があった。
〈、_  /' : : : : :「`:、: : : : : : : : : : : : :\: : : : :!    知恵があった。異郷の地で生きていく術があった。
 `ー '´/ : : : : : :| : ヾ:、: : : : : :: : : : : : : :ヽ : : |    そして、自分達がいずれ迫害されることに気づく聡明さがあった。
.   /:/, : : : : : ! : : :\、 : : : : : : : : : : 、: :`ヽ!
   /,イ: l: : : : : iヘ : : : : ヾ:、__ : : : : ヽ: : :ヾ: `rヽ   彼らは吟遊詩人や旅商人となり、できるだけ定住せず
  /' j : |: : : : : i |:ヽ: : : : : ヽ: :´:ヽ: : l: : : :!: i:!    国に戻るそぶりも見せずに流浪の民として生きたらしい。
    l|: :|: : i : `ト|-l、ト、:ヽ ト、|,≧:、:ヽ:|: : : |、:|:ヽ.   いつかバビロンに戻り、故国を復興させることを誓いつつ」
    |ト、:! : ヽ: :i 弋ンヽヽ:ヽ'´ゞ-'` ヽ|:i: ,ノソ:!:ヾ`
     `ト|:、:ヾ:、   i `ヽ      jル'/´ヽ!`iー- .、   「わるい。俺が知ってるのはこれくらいだ」
        ヽ:、トヽ   ヽ      / /    l . . . .`丶
        /. . ./ \ -==  / /     l. . . . . . .
     ,.'´ . . . /   `ヽ  ̄ イ  /        !. . . . . . .
   / . . . . . . |´`ヽ.   ト` ´ ヽ  |´`ヽ、    | . . . . . .

6100名無しのやる夫だお2013/02/04(月) 01:26:53 ID:cZ4OCsFw0
まぁまぁ、落ち着いて下さい。ほらお茶でも

6103◆75LBJGs9C62013/02/04(月) 01:28:30 ID:lkBs.yjs0
>>6100
        ,/
       ((     _,.-―――-- .、
        >,:r´ヽ:、 : : : : : : : : : : -.、:ヽ.
      ,.'/: :|: : : :``===ー-: : : : :\: ヽ
  ー==´/ : : : :! : : : :!: : :、 : : : : : : : : : : ヽ: :ヽ
.     /: / /: : :ハ : : : |: 、: :ト、 :i: : : : : : : : : i: : :!  「い、いや、その気持ちだけ
    /: / /: : : | |ヘ: : :ト、|メ:|.ニ、|、: : |: : : : : ヽ :!   ありがたく頂いておく」
    |ハ|:/: : :ヘ:|」≧、: | '´_・__, ヽ: :|: : : : :l`ヽ!
    | |!: : : |: :|:|_・,!ヽ!    ̄ ll|  |;ハ: : : :|: : :!
    | ||: : : | : ト! 〈 _  ゚    u   !: ハ :!〉 :|
      |lヽ: :ト、:|   ` _____、   。 l/ jノ: : :l
      |! ヽ! ヘ  ヽ'ニニニ/  。    「: : : : ヽ
            ヽ `ニニ´      / !: : : : :ト|
               ヽ、          /lイ|: : :リ
                、_,..     | , '-‐' ヽ、
               ,.- ヽ   _,..'´    /.`丶、
              /    〉、「ヽ.    /. . . . . . . `.ー-
             /`ヽ  /、_/  ヽ  /. . . . . . . . . . .

6104◆75LBJGs9C62013/02/04(月) 01:28:43 ID:lkBs.yjs0
「Q:上司である教皇聖下についてはどう思いますか?」
: : : :/ :, : : : : |: : : : :! : : : : : : : : !: : :/: : !: l: : : :l: : : !: !
ノ/;イ/: : | : |: : : : l : : : /: : : :/: :,イ : :/: :|: :l : l: :!: !|:l
: / !'l: : : ! : | : : : |: :/:/: :/:./イ:/ !: :/: : ,': :| : |: |:/ !|  「実は厳密に言うと俺は聖職者じゃないし
〈 (   !: : :|: : ! : : : !/:/!: /l:/、メ'、 l: /: : /: :/: :,ハ:l' j'   天海の部下ってわけでもないんだが……
: ヽ.ヽ ヘ: : ハ: :j: : |: i:/ '´ '|y'`  j/: : /l: /イ:/ i|     そんなややこしい話はどうでもいいか。
: : : ヽ._ |:/ l:/! : |、:|     `   /: / /' ノ'  '     実質KSKST教会に所属してるようなもんだしな。
: ハ: /  '    !: :| ヽ      /; ヘ
/ i' | !    ヽ:!       '´   ヽ           で、天海についてだったか?
    ! ヽ.    `          ,.'´           まじめでいい奴だし、聖職者として世の中を
\   |   \        __  !             よくしようっていう強い気概を感じるな。
  \            '‐-'、`´
   \    ,.ヘ、     r '               俺も何とかしてはやりたいんだが……
     \  /\ 丶、   ,'                いかんせん、政治に関しては素人だからな」
      ヽ'   \   ̄


      ,
     (    ,. -――― 、         「女性としてどう思うか?
      `>': : : : : : : : : :ヽ:`ヽ.         おいおい、流石に手を出したら色んな奴に殺されるぞ?
     _/: : : :iヘ、: : : :ヽ: : : :\:ヽ.
    /ィ,. . . ヘ. .ヽ、 . . :ヽ: : : : 、:i      ……まあ、女性として魅力的だってのは認める。
   ' /: : : : : : i ヽ: 、: :\_:__:.Y: : :、:\     彼女にしたいかって聞かれると、ちょっと二の足踏むけどな。
   i: : : : : : : ト、: |ヽ: ;ヽ;≧:、L|: :、:、i``
   |ハ: :|: : :ヘ| ;ト- |/  |/ヘ リ: :ヾ`、     なんというか……うん、あれだ。
    ヽ:i:ヽ: :i`  ̄` ′ ´ ̄l:ト; :j       『アイドルを彼女にしたいと思うか』ってのに近いな」
     ヽ!:ヘ:ゝ ∪        i':':;'
      '`ヘ!ハ、  r――┐ ,':ハ}          !イ __ , -―- 、
          }>` ̄ ̄´/iム.           .l/ !     __,r‐、
.ー:‐、――-- 、/  }ヽ. ,. ' /  i.、_          { !     / ノ 〈
ヽ、:ヽ: : : /ヽ.  | 、  r'-、  |:、:` ー-- 、 __    i_\  ,.-ノ_/ _/
 :ハ: ;. : : ,イ , ヘ. ト、ヽ 」 //\ !: ヽ、: : : : `:7ヽ>、:.:.:.Υノ :.:.:.:.:/
 :| : i:j: :/: レ': | |`ト---r'//  |: `: : ヽ: : : : :/: {__:.!.:.:.:.!;.-'.:.:.:./
: !: y': \_;. --| ヽi: . : j//  ト、: : _/: : : : ': :ノl:.\:.:|:.:.:.:.;.イ、

6105◆75LBJGs9C62013/02/04(月) 01:29:16 ID:lkBs.yjs0
「Q:では、その他仲がいい女性はいらっしゃいますか?」
             /;.:-―-:、: : : : : : : : `丶
            ,:'/: : : : : : :, : : : : ,.、: : : : : : ヽ
         ー=; ':´ : : : : : : : / : : : :/ l:l : : : : : : : ヽ  、.
          ノィ ; : : :, : : :/:/ : : : :/ : l:|: : : : : : `ヽ:!__))
            /:/: : :/: : :/:/! : :/;イ : : |:!: : : : : : : : :ヾ. ̄   「仲がいいってのがどれほどのものかによるが……
         /;ィ : : /: : :/j/7: :/イ ! : : l:ヽ:、 : : :i : : : :i`ヽ、   色々旅もしてきたし、人並み程度にはいるかな。
        '´ l: :,.イ:i: :/´ア心'`  l : : j| : !:ヾ:、:!: :|: : l
         ノ:ハ |:ハ.:!  `ー'^   l: :,イ」:_;ハ: :「:`!: :|:.ト:|     普段から私的に会話や交流をする程度の
         'イ;.-`'  `        l:/ '辷ハ j:ノ: :i : j|:l l'     女性の具体数を教えろ?
______/  / !       / l'    /': : /: /ノ'
. . . . . . . . . ./   ,' ヘ.     _ ´     ,.:':/ :/ :/        ……その条件なら、10人ぐらいじゃないか?」
. . . . . . . . ,イ   i   ヽ   `‐'    , イ:,イイ:/
. . . . . . //    |     ヽ.__,.r ´   '´  '´
. . . . /., '  __ |     /   ヽ、
. . /. ./,.'´. ,|:| Y  !   /     l.ヽ
. . `ヽ '. . . . . ハ:! |ヽ l  / |   イヽ|. . .\
. . . . . \. . . .| |:! ヽ ` イ,ノ/!. ! / . . . . ヽ.
r―----`/ | |:| | /_j  |. .∨| . . . . . . iヽ

6106◆75LBJGs9C62013/02/04(月) 01:29:29 ID:lkBs.yjs0
「Q:KSKST国民って一日どうやって過ごしてるんですか?」
      , /   ,.-――――--.、
     ((  ,..'´: : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
   _ , >': : /`: : : : : : : : : `ヽ: : : : : : :ヽ
     / : / : :|: :i:! : : : : : : : : : : :\: : : : : :ヽ   「なんかだんだん質問が最初のテーマと関係なくなってないか?
   /: : : /: : : l: :{:|: : : : : : : : : : : : : \: : : : :!    別にいいけど。で、KSKST国民の一日なあ……
   !: : :/ : / : |: :ヾ:、 : :ヽ : : : : : : : : : :ヽ : : l
   lハ: i: : :!: ト:l: : |:`:\:_, \|: : : : : : : i、:ヽ :l    『とりあえず必要最小限働いて、あとはひたすら趣味に生きる』
    ヘ|: : ヽirミ! : |、:_l|ヘ|ヽ : | : : : : : : :!: `ヽ!
     lト、:ト、|ゞハ.:| ヽ|ァォ‐、`| : : : : | : j : : : i    としか言いようがないな。正直、個人差が大きすぎるんだよ」
       ` l / ヽ  `゙'   ! : /: ;ノル': : : : !
        、ヽ        l/レ' ノ/': : 、:ヽ〉、
         ヘヽ.ー 、      / ̄ l: : : :ハノ  ヽ、
          ヽ. ̄    , イ    ノイ/>'´    /ヽ
            ー ' ´ \ . '´  ̄´    /. . .
              _,.'´        /. . . . .
             /         ,.< . . . . . . .
             !    ,.-‐ '´ . . . . . . . . . . .

6107◆75LBJGs9C62013/02/04(月) 01:29:44 ID:lkBs.yjs0
「Q:では、KSKST首脳陣の日常について差し支えない範囲でお話ください」
         /: : : : : |: ヽ: : : : : : : : : : : : : : : :`:、 :丶
       /: : : : : : : l : : ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
.       /: : : : : : : : : :!: : : : :\: : : : : : : : : : : : : : : :`:、:!
      /:,/: : : : : : i: : :l : : : ヽ: :ヽ: :、: : : : :\: : : : : : : :\
    /' /: : : : : : : l: : :l、: : : :i : : :i、:ヽ、: : : :ヽ : : : : :ヽ、:ヽ     「『寄進してる有力者の要請どおりのことをする』
    '´ /:/ : : : : : : ト、: !ヘ: : : :|ヽ: :| ,>、 :、: : : :l : : : : : : ヽ.`ヽ
      l: l : : : :l : : :トヘム、ヽ: : | メl,.ィf'ムヽト、: : |!: : : : : : : :l      『有力者の機嫌を損ねて暗殺されないよう気をつける』
      |:l| : : l: l: : : k' けサ ヽ.:l  ´ ゞ-'   ヽ:l|: : l、: : ト、:!
      l:ハ: : :|: |:、: :|  `"   ヽ            |: :/ 〉、:| `      『後はひたすら神に祈る』
      l' ヘ.: :l: :! :ヽ.:、   /|          j:/ /: : ヽ
        ヽト、|: :|: ヘ`   ヽ、       r ‐- 、 /|´:| :|: :!       俺が知る限りこんなもんだ」
          ヘ:|: |:ハ、    ___   |   丶!: :!;ハ;ノ
            ヘl l;ヘ   マ二 > |      `丶、
                \  ―    |         ヽ、
           ,.-‐ '´  ̄ > 、_,. <|          /
          / \      |     l         ,.'´.7ー----
            /     、       !     !       ノ´ . . / . . . . .
         /      ヽ.   ,ィ!   r‐`ー―-/. . . . ./ . . . . .
      ,.-‐/      イ 〉  / |   |    / . . . . . .,' . . . . .

6108◆75LBJGs9C62013/02/04(月) 01:29:57 ID:lkBs.yjs0
「Q:柊さんはウィザードにして魔剣使いだそうですが、これらはどういうものなのですか?」
         _    __   \、
     ,.'´:/:ヽ ̄ : : : : ` ヘ.、_,))__
    / : /: : : : : : : : : : : : ヘ:、`:< ̄´
.   / : : / :: : : : : : : : : : : : : l: : :ヽ、: :\_
  / : /:/: : :/ : : : : /: : i: : :|: : : : :ヽ: : ヽ-`ヽ  「ウィザード? 魔術師の一種というか別名だと思ってくれ。
  !/'//: : : l: : : : : :!: :,イヘ : | : |: : : : l: : :!     厳密には色々違うんだが、社会的にはほぼそう認識されてる。
  j: : jハ: : : l: : :|: :/!:/'l「`ヽ.l : |、: ! : l: : :|
  /ヘ: : :,ハ: : :l、 : |: ! l' ≠ミ、 ト、:「|ソ:/ ト、: |     魔剣使いってのは、強力なアーティファクトである武器を
   i: : ヽ.ヽ.:| ヽ:トl        マノ:l :l ヾ     使って戦う奴の総称だ。
   |: : : :`r `           ィ'ルヘノ
   j: : : : :| ヘ.       ヽ.ー-, /           『魔法が使えて、アーティファクトを持ってる戦士でもある』
   /'i: : : iヽ  ,> ーァ    `´/           ぶっちゃけそう言ってるだけだと思ってくれてかまわない」
    i'_,.'´ ̄   /` ___,.'
   /´      /  /ー‐-‐ '´ ̄ 7
-‐‐へ      /  i、       /

6109◆75LBJGs9C62013/02/04(月) 01:30:10 ID:lkBs.yjs0
「Q:では、戦士としての実力はどれほどのものですか? 今までで一番強かったと思った敵は?」
     /     , .--――-- 、
    /'    ,. :': : : : : : :-- 、:`ヽ.
    ヾ.、_ /: : : : : : : : : : \: ヽ、
      フ´ : : : 「ト; : : : : : : : \-;ヘ.
   _,.-'ヘ_  : : : |:\、: : :、 : : : : \ : :!       「俺より強い奴は世の中いくらでもいるが、
  ̄ /:/     |   !  ヽ、: : \ : :ヽ.: : :\i        KSKSTで、しかも個人的な近接戦闘に限定するなら
  /,/ : : : : i : ヽi : , :`ー-:-:\ :`、: : ヽ.ヽ、     最強の一角に入ると自負してるぜ。
  i/!: ;' : : : : : : :.ト、:i : i : \: :、: ヽヽ :\: :ヽ: :ヽ: :f`.`ヽ
  |!|:|:i|: : i: : : : : |:!i:|ハ:|ヽ.: :ヽ: 、、:ヽ_>:'ヽ: : !: :.i :ヽ`\    今までで最強の敵?
   l|:|| : :|: :|: :|-|iーi|-キ、 \:ヾ、ぐ>仍が`ヾ. |: :!ヽ:.i      ……悪い、色々無茶な敵と戦わされてた所為で
    i|:|: : i: :i: :ヘ: Kケ沙`   ヽ:、 ヽ ゙¨´  !: |!:.|:ハ!     何が最強かといわれると若干返答に困る」
    !|i: :iヽ:\:ヽ! ¨´     ヽ、       |: !〉i|
     |'ヽ!:i:`:、:i、.ヽ.     !        |;ノ':ハ
       ヾヽ.、ヘゝ.、    ヽ       ノ/;イ
         ヽ``'ヽ     -__-‐'   ,ィ: イ|
            `iヽ、       / |: ハ|
           , - ヘ: i`ヽ、   /  |ヘy ヽ.
        ,..'´    `!     ̄     Y´  ヽ
        i´`ヽ    y'         /-'ヽ.  i
        |   \  i      /    |    ヽ |

6110◆75LBJGs9C62013/02/04(月) 01:30:24 ID:lkBs.yjs0
「Q:そういえば、下がるって何が下がるんですか?」
/: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : :l:|: : : l: : : :|: : : : : : : : :ヽ、
: : : : : : : :/ : /: : : /: : : : : ノノ: : : !: : : :| : : : : : : : :、:ヽ:、
: : : : : : :/ : /: : : / : : : /':/: : : :i | : : |: : : : : !: : : :!、:ト:|
: : :/: : / : / : : ,イ: : :,:イ´:/:/: : :/;ハ : |: : : : : |: : : :! l:!   「知るか! 俺に聞くな!」
: ,イ : : !: :/: :,∠ノ_:メ、 ノ'://: : :/!',∠|:/| : l: : : |: : :|:| lj
/ !: : : |:/ '´弋 ィノヽ. '/イ/: : :/ィ´ィノ `/ :/:,: : :!: : j:j '
:、i: : : : :!   ̄ ̄   /: :/   ̄´ /ィ:/:/:/:/;イ/l'
: :|: ;イ: :|        / '´       /イイ;イ:/' '
j: |/`i: :|             〉    /ヽ. '. '.丶、
ヽハ;ノヘ:ト、          '´   , '   \ . . .`.ー.-.、
  \   \    ∠二ニ7  /     ヽ、 . . . . . .ヽ、
ヽ、 ヽ.   \  ` ̄ ̄ ,.ィ      / ̄ヽ.!. . . . . . . . .`


6112◆75LBJGs9C62013/02/04(月) 01:30:48 ID:lkBs.yjs0
       / : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : 、:_ヽ.
        ,' : : /: : : : : : : : : : : : : : : :l´ヽ、 : : : : : : : : : ヽ: :ヽ.``
      i: : : :!: : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: :!
       |: : : j: : : : : : : : : : : : : l: : : ト:ヽ: : : : : : : : : : : : : : :l、:l
      !: : /: : : : : : : : : : : : : :l: : : !: ヾ:.、 : : : i: : : : l : : : l l:!   「って、こんなもんでいいのか?
      !: /: : : : : : : : : : : : l: : !: ;イ:!: : : `i`:ーr':l、: : : ! : : : l l'    なんかただのインタビューになってる気がするんだが」
      Y:, イ : : ! : :l: : :l : :| : ハ:| |:ト、: : : |lヘ:,l: !l: : : :! : : : l
       ノ'i: :liヽ: :|: : :!: : | : :ト、トl|、|j_,ヘ: : :l|'´_|ノ ! : :/: : /:/
       l: :ヽ.ヘ:|、: :l: : :|、 :|_,.イ', " ヽ: | ̄´ l: :/: :,イ:/
       /イ: : :ヽ.、ヽ|、: :| ヽ! ̄´     ヽ   ノイ:/ー'‐--..__
      ,イ. iヘ:ハ: : `r 、 ヽ!           ヽ  ,:'. '´. . . . . . . . . .!ヽ
    / l . |  lノヘ|  ヽ u          '´ ヘ.、. . . . . . . . . . .l. . ヽ
   / . . | . |    ヽ  ヽ、     ,. -‐`// !. ヽ、 . . . . . . . l . . . ヽ
 / . . . . | . |       \   > 、  ´, '/  / . . . .〉 . . . . . . .l. . . .
'´ . . . . . . | . l       ヽ.    / ` r ' /、   l . . . / . . . . . . . .|. . . .
. . . . . . . . | . j      / ̄ |   l   ノ、 ヽ \ |. . ./. . . . . . . . . |. . . .
【というわけで、小ネタフェイズ終了】

6113◆75LBJGs9C62013/02/04(月) 01:31:25 ID:lkBs.yjs0
というわけで、毎回こんな形式で恐縮ですが小ネタフェイズを終了させていただきます。
次回、できれば本日の夜に1年目11月を開始したいと思います。
投下前には予告させていただきますので、その際には皆様、宜しくお願い申し上げます。

[ 2018/04/25 14:00 ] 開拓王やる夫の祖国復興一代記 | TB(-) | CM(0)

開拓王やる夫の祖国復興一代記 其の11

5095◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:01:41 ID:vaW47l560
では、そろそろ開始させていただきます。
宜しくお願い申し上げます。

5096◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:01:58 ID:vaW47l560
━【周辺地図】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡


                    ――【不明領域】――


≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/\/\/\/\/\/\/\/\/\
                     )                  )        ,-‐'´
                    ( ○                (      ,-‐'´
   【KSKST】            ) [首都:サンダルノアナ]      ヽ_  /
                    /                     `y'        【ジャギの故郷】→
                    /   【バビロン】          /
                      /                    ,-‐'´
                     /i                ,-‐'´
                /  ヽ、             (
               ,-‐'´     \             )     【デンジャラスデイナー】
          ,-‐'´          \            /
          ,-‐'´              `ー-、     /
___,-‐'´                    `ー-、/
                               i
          【アルトマー王国】           |
                              /
.、        / ̄て_                    〈              _       【小国家群】
: \       ./: : : : : :(_                      ヽ_         /: : : ヽ
: : : `ー-、_ノ: : : : : : : : )                /: : : ヽ       /: : : : : : `ー-、__
: : : : : : : : : : : : : : : _/    _          /: : : : : `ー-、   i: : : : : : : : : : : : : : : : )
: : : : : : : : : : : : : : /     ,-‐'´: : ヽ            i: : : : : : : : : : \_ノ: : : : : : : : : : : : : : :/
: : : : : : : : : : : : : : `⌒ヽ_/: : : : : : : :`ー――-、_ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :(
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ

                      ↓【南方国家】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5097◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:02:11 ID:vaW47l560
━━【時間の流れ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一年の流れ
・01月(食料)
・02月(物資)
・03月(財貨)
・04月(食料)
・05月(物資)
・06月(財貨)
・07月(食料)
・08月(物資)
・09月(財貨)
・10月(食料)←イマココ
・11月(物資)
・12月(財貨)
※各月に括弧内で指定された資産が手に入ります。
 また、それに応じて常備軍や家臣の給料を支払います。

一月の流れ
A:収入・支出フェイズ

B:交易フェイズ

C:情報収集フェイズ

D:行動フェイズ(最大3回)

E:ランダムイベントフェイズ

F:固定イベントフェイズ(あれば)

G:成長フェイズ

H:コミュ・小ネタフェイズ(あれば)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5098◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:02:26 ID:vaW47l560
【1年目10月】
【収入フェイズに食料が9入ってきました! 6→15】
【荒廃度が上がりました! 0→1】
―【ステータス】――――――――――――――――――――――――――
|現在:10月

|【所有リソース】
|食料:15
|物資:04
|財貨:10

|【収支】(対応する国力-部隊や家臣の維持費)
|食料:+09(17-8)
|物資:+06(15-9)
|財貨:+04(13-9)

|【国力】(この値だけ、毎期毎に収入を得られます)
|総国力:51+4=55
|技術力:10±0(この値が低いと、他の国力の増加にペナルティがかかります)
|農業力:17±0(1,4,7,10月に、この値と同じだけの食料が手に入ります)
|工業力:13+2(2,5,8,11月に、この値と同じだけの物資が手に入ります)
|商業力:11+2(3,6,9,12月に、この値と同じだけの財貨が手に入ります)

|【荒廃度】(毎月自動的に+1されます)
|1:安定しています

|【軍備】(戦闘で用いますが、あるだけ各収入を減少させます)
|第一部隊「ムシュフシュ」:兵力10(一般兵:各消費1)
|第二部隊「ノートンバスター」:兵力8(一般兵:各消費1)

|【総合評価】(国力の総計-荒廃度)
|50:ギリギリ都市国家を名乗れるレベルの都市

|【特記事項】
|・燃える水により工業力、商業力が擬似的に+[技術力÷5(端数切上)]されています。
|・アルトマー王国に国家承認を受けました。
|・「食料5→物資4」の交易レートでアルトマーと通商条約を結んでいます。
|・隣国が失敗国家ばかりです。何とかしましょう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

5099◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:02:45 ID:vaW47l560
【バビロン王国 国王(笑) やる夫】
┏【やる夫】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】0  【知略】0  【武力】0  【天運】18

┃成長点:56

┃スキル
┃《主人公》(成長しません)
┃ 成長点を得るとき、さらに1点の成長点を得る。

┃《謎の情報網》(成長しません)
┃ 参加者が知っているメタ情報を「家臣団から聞いた」という理由で知っていてもよい。
┃(具体的には【】で囲まれた情報は確実だと「やる夫が」理解できる)

┃《神運》(成長限界です)
┃ 1ヶ月に1回、あらゆる判定を【天運】で判定できる。

┃《逆転運命》(成長には【天運】20以上が必要です)
┃ 1ヶ月に1回、参加した判定の出目を2つの範囲安価としどちらか任意の値を採用できる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【バビロン王国 やる夫の副官 秋月涼】
┏【秋月涼】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】9  【知略】11 【武力】4  【天運】5

┃成長点:69

┃スキル
┃《空気なんて読まない!》(成長しません)
┃ 出目がゾロ目(100含む)だった場合、成功確率に関わらず自動的に成功となる。
┃また、98%以上の成功確率で「判定の余地なく成功、成長点3」にできる。

┃《呪歌の達人》(成長には能力値の合計が36以上必要です)
┃ このキャラクターが参加した判定の成功確率を+10%する。

┃《変装の極意》(成長限界です)
┃ 変装できる。【知略】が25ではないキャラクターには決してばれない。
┃但しあくまで変装であり、精神的なコピーはできない。データ的な恩恵は特にない。

┃《緊急即応》(成長しません)
┃ どんな緊急事態にも即座に対応できる。
┃また、《伏兵》などの不意打ちを与える類のスキルを無効化する判定に自動成功する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【バビロン王国 錬金術師 エルフィール・トラウム】
┏【エルフィール・トラウム】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】10 【知略】10 【武力】4  【天運】5

┃成長点:69

┃スキル
┃《アルケミーマイスター》(成長限界です)
┃ 国力(技術力、農業力、工業力、商業力)を増強させる行動に参加していた場合、
┃追加でその国力を+2する。

┃《ブレンド調合》(成長の条件を満たしています)
┃ 内政における行動に参加している際、
┃追加で物資1を消費するごとに成功確率を+10%できる。上限は+30%

┃《至高のチーズケーキ2》(成長の条件を満たしています)
┃ 食べたものに活力を与えるチーズケーキを作ることができる。但し錬金術で。
┃食料を1消費するごとに、あらゆる判定の成功確率を+5%する。上限は+50%
┃このスキルは自身が参加していない判定にも使用可能である。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5100◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:02:59 ID:vaW47l560
【バビロン王国 筆頭武官 ジャギ】
┏【ジャギ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】5  【知略】6  【武力】10 【天運】3

┃成長点:48

┃スキル
┃《羅漢撃》(成長には【武力】15が必要です)
┃ 戦闘に関するあらゆる判定の成功確率を+20%する。

┃《勝てばいいんだ何を使おうが!!》(成長には【武力】12が必要です)
┃ 戦闘に参加している際、追加で物資1を消費するごとに成功確率を+10%できる。上限は+50%

┃《火計》(成長の条件を満たしています)
┃ 敵が拠点に篭っている、あるいは燃えるものが周囲にある戦闘において、
┃戦闘の成功確率を+10%する。

┃《かかったな馬鹿め!》(成長には【知略】10が必要です)
┃ 3ヶ月に1回、戦闘で自陣の誰かが死亡した場合、その全てを無効化する。
┃この能力の使用回数は1月、4月、7月、10月に復活する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏【エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】6  【知略】14 【武力】14 【天運】0

┃成長点:15

┃スキル
┃《真祖》(成長限界です)
┃ 死亡、行動不能を無効化する。これは超常能力である。

┃《人形遣い》(成長には【知略】15が必要です)
┃ 人形に自我を埋め込み、自立行動させることができる。
┃1ヶ月に1回、任意の判定の成功確率を+10%できる。
┃このスキルは自身が参加していない判定にも用いることが可能。
┃また、行動の自由を奪った女性にならば人形と同じように自我を埋め込むことも可能。
┃このとき、その女性の記憶や自我は使用者の設定した自我に上書きされる。

┃《封印》(自力では解除できません)
┃ 何らかの原因で力が封印されてる模様。詳細は未定

┃《不死殺し》(ランクSアーティファクト)
┃ 「死亡しない」「攻撃が通用しない」といった超常能力を無効化する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【バビロン王国 燃える水採掘会社CEO ロバート・E・O・スピードワゴン】
┏【ロバート・E・O・スピードワゴン】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】6  【知略】6  【武力】5  【天運】8

┃成長点:0

┃スキル
┃《看破能力》(成長しません)
┃ 一目で対象の能力を見切り、正確に解説することができる。
┃また自身が参加した戦闘において「調査しなかった場合~~」という条件のあるスキルを無効化する。

┃《人を見る目》(成長には【知略】9が必要です)
┃ 1ヶ月に1回、情報収集フェイズにおいて今まで能力が公開されたキャラクター1人の
┃成長限界やスキルの傾向を教えてくれる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5101◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:03:19 ID:vaW47l560
【KSKST 大聖堂】
        /....イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/........ハ小:.:.:.:i
        弋,ノ/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_/:.}}:}..i:.:.:.,
.           〃:.:.:.:.:i:.:.:./:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:/|::.V:.:.:.′
         {{ ;.:.:.:.:.l:.:./:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:i:.:.:.\/:.{ |:::.:Ⅵ:{___彡'ア
         Ⅳ:.:.i:.:.|:/:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.;.:.:.:.:.′Ⅵ::.:.:}ヽ:.:.::/_/
.           l:| :.:.|:.i:!{:.:.:.:.:.|:.:.::::::::::i::::::::::::::|:i:.:.:.:.:,:.:V:.:.:.i:.:.::.:.:.}り:.:.-=彡'__
.        从 :.:|:.Ⅳ!:.:.::::|:.:.:|i:::::|i::::::::::::::|:|i、::::::::;:.:.:.:.|:.:.:.:/:j/:::::::.:/    ヽ
        ハ{ハ:.:|i从:!:::::::i|:::::|i::::从::::::::::::|从ヽ:::::′:.:.|:.:.:.:!i:介=≪,___,    :
.        { }} Ⅵ:.:::ハ::i:八:_:L:/{ }ー-:::::|{__j__}:::i:ハ:Ⅳ:.:.:.| }} //......      :
.        ; j{ 〉:.::::::::トxー===孑 {   ̄うー==孑 }/:.:.:.:.:| }}У..........     :.
.        i  },/:.:.:.:::::i|....:.J「       }}  }Y}} jj:.:.:.:.:.:レj{...............  ....   i
          |  Ⅵ:.::.:::::i|....八j   i    J   }}jレ゚:.:.:.:.:.:|/}............./ ....    :.
         l /.∧:.:::::从/......:≧o。`ー = '⌒~ メ^Ⅵ/:.:.:.:.:|./.........../ ........    {
        !゚。..:ハ:.:/八{...Ⅵ...............ー-=≦   j::ハ:.:.:.:.:|......}../...........     j
        ; Ⅵ{ ';:::{\.......|{....................` ー=≦..{{...゚。:.:.:|......j'.................   /
.         i  {{\:{...............}.....................................}}.....゚。:|.....{...................  イ
              【KSKST 女教皇 天海春香】

  春香「うう……結局何の手立てもうてず、国内は大不作……」


三三三/             //
三三三l \\ ミ        //   //  ミl
三三三l  \ヽ_ミ   _/ ヽミ ./ /    ミl
三三三 l 、 ミ /: : :. ̄ ̄: : : : :. :.<〈~: : :.|     ミl
三三三三\~〉〉: : : : : : : : : : : : : :.〉〉: : : :|     ミl   「それは聖下の責任ではございますまい。
三三三 | 〉〈〈 彡: : : : : :彡: :, -‐´―ヽ: :\ / ̄ヽ   対策どころか、病気の研究を自由に行う財貨すら
三三三 | |´_三\, l: : :. :.ミヽ、/三三__   / ./: :イ`: :|   我が教会には与えられていません。
三三三三||  、(llゝヽ: : : : :. :.ノ、 (ll), ` ./ / / l 、: :|
三三三三.||: :~ ̄ : : /): : : :ミ : :  ̄~ .く イ: : :.)_//    仮に対策法がわかっていたとしても、
三三三三| |: : : : : : :.lll: : : : : : : : : : : : :.| |: : :.、: :/    この結果を避けることはできなかったでしょう」
三三三三 \ミ: : :.(/ : : : : : : : : : : : : : | |: : : :| ~|
三三三三三||: : : : ヽ)__ノ: : :. :. :. :. :./~   ̄ |.三|
三三三三三 ||: : :. :._υ__: : :. :. :. :. :.|ミ   /三  |
三三三三三 ヽ|: : : :‐--―‐‐ 、: : :.\ /三   |
三三三三三三 : : : :` ― ~: : :. :. :. :./三    |
三三三三三三三\: : :.⌒ミ: : : : : : :./三     |
三三三三三三三三\_: : :. :._/三
   【KSKST 枢機卿 エンリコ・プッチ】

5102◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:03:39 ID:vaW47l560
    ,,-'''´ ̄ ̄>、
   ./     ´,-─\
  /∧ヽ_ノヽ__ -─|
  | ノ 〉〉 ,,、 /,'フ  |
  {、〈t、〈//ヾ〉|_,,/   |   「残酷なようですが『己が物は己の為だけに使う』と
  t/フ:/   イエフ 7/7ノ    自ら選択したのはKSKSKTの民です。
__}/ 〈.::::::.  ////
::::::|| 、ニ_'  / /イ      その結果こうして大きな問題が起きた際に頼るべき
/|ヘト、`‐-´ ./_/ノナ      神の家の力を奪い、為す術がなくなったとしても
:7ノ/,、ヽ=='´=彳イ:::}      それは民自らの選択の結果、仕方なきことかと……」
ヽ//  ̄`7/ ̄/ノ::/::\
:://ヽ_// /」::::ノ:::::::::::
// //::::::::: ̄ ̄::::::::::::::::
/ //:::::::::r-、::::::::::::::::::::::
 \::::::::::)) ||:::::::::::::::::::
、、  \_// ノノ::::::::::::::::::
::\   ̄//::::::::::::::::::::::
:_ノノ ,,、、_\:::::::::::::::::::::::
ヾ='':::ヾ='':::::::::::::::::::::

5103◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:03:59 ID:vaW47l560
              i!: : : !: : : : :             ヽ.              / |   /| /|     _,,.r':/  /::|
           ! i ./: : .i i: : : : :: : ;!ii:::i:      :i:i  i             /:::::i  /::i |:::::i  ./'''"´:::::/ ./:::::::|
            | i!i/: : : : !l|r"-'"-i| i`i|‐、     :i'   i,            /::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/
            |,イ|,,..r''"!l|  i!  |ヽi  `i    :,./.   ',     / .      i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r''" /:::::::/
           ,r'''! |i!       ii |  | |`i  i: :// ',   ヽ.,.r"/.        i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'"´ ./:::::::/
    i、     /  !       ,,,,.i! l-ー|--i!、 .i:/ ./ :'i,'.,.,,,.r'" /         i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/
\   i \  /i     ,,..r''"  i! i.   !  i! l .i  ./:: ;;ir''"  /ヽ         i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/
  \ !  .\/ .:i.              |   i ヾ、./:r''"    /  ヽ       i:::::::::"::::::::::/ |:::::::/
   `'    / .::/             .!|,,.rヾ、,,ノ       /ヽ.   ヽ、     i:::::::::::::::/  i::/
.      〈 .::::i  i  |    ,,..-‐ ''"|i   i       /  ヽ、   .ヽ、   i:::::::::/     i/
       ヾ;::ヽ、i  !            /      /,,,,..... --''' "´     i::::::::i
 ―-―――ヾ;::::i   !   !|i        !|/ヾ;― ==                i:::::::i
          ヾ:i,  |i.  !||    i |i ,,.r"!|   〉                   i:::::::i
           `i、 ||  |i   i ||'"    /                    .i:::::::i
            .ヽ||           i|'                   .   i::::/
.              i'ヽ、      ,,.r''"!i                  .   i/
            ....:::::::::ヽ|i,,,,,|,,..r''":::::::.......

5104◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:04:23 ID:vaW47l560
                   ,.:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
                /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
             /  .:.:.{ ̄\:./ ̄} .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                 ′ .:.:.:.{____[]____}:.:.:/ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、
              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /} ,{: :/:.: / .:.:.:.::.:.:.:.:.:.;ハ:.:.:.:.:.:.:. !.:.:.:.:.:.:.:. V
              ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /:.:} ,{:.:|:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ |:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  「『仕方ない』ですめば我々は不要です。
               i:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /.:.:.:} ,{:.:|:/:.:.:.:.:.:.:.:/l: /   |:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:. : i   たとえ五体を繰り糸で縛られていようと、
                .:.:.:.:.:.:.:.〈_/:.:.:.: }_,{:.:|:/}: :\/ j/    :.:.:./_;ハ:.:.:.:.:.:.∧j   我らは子羊を導く牧童なのです。
             .:.:.:.;´ _`|.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   ー‐' \     l/_:_/,,`l:.;ハ:./
               ヽ:{ 〈 l|.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  ,.斗=≠ミ     ´斗ャ=ミ刈jルi     自らその存在意義を否定してはいけません。
.                 八 ヽ|.:.:.:.:.:.:.:.:.:| 〃 ヒダ        ヒゾ/ ::::::i |     プッチ神父、以後気をつけるように」
              ー=彡:.:.:.ヽ |.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   `¨¨        `¨.::::::::::::i |
             `¨ア.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:|          ,  i :::::::::::i |
.             __彡.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:|                爪 :::::::i |
.             ⌒ヽ:.:.:.:.:.:.:.:j|.:.:.:.:.:.:.:.:.:|         ⌒   イ::l:::::::::::i |
               `¨ア´八 :.:.:.:.:.:.:.:|` : .           |:::! :::::::::i |
              . .イ:. : : 〈 丶 .:.:.:.:.:|    : ,. __ イ丶、从!:::::::::::N


      /   /ヽ   \      ハ
.     { //   \__ |\    ,}|
     V/     / : : } 〉: :ヽ---クリ
     /;、:ヽ  N: ノ: 〈〈: : : : : : :《:|
.     {:{/ノ: \|: 〈==ミく: : : i: : ノ_j     「――! 失礼いたしました」
      入ヽ:ヽ: ヽ : : r‐tnト-': :ィチf
      | : `:ー|: : :}i´: ^゙ ̄:': :,_|`フ
   /ハ: : : :l :__j|: : : : :〈: :/: |/
    (ノ/ \: :\ }: : : :___ヽ_/
    (_ノ/l/≧-:\: : : ー‐く
    ヽ(_ノ/// ─‐>ーイ//\__
   ///\/___|_/___|////////\___

5105◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:04:42 ID:vaW47l560
           ,イ ̄ ̄ ̄ ̄'`ゝ、
           ,'ク ト―'^ー-イク'r-l     「とはいえ、我らに何かできるわけでもできたわけでもないのは
           l:ク/>/,ゝ、く,; : |_'l      否定しようのない現実です。
           ri' :●:/ : ,●、: ::,リ-、
          ⊂⊃/、_,、_,: ;⊂⊃: :6ノミ    独立した収入源もない、税の取り立ても拒否される、
        /⌒ヽ__ ヘl : : :ゝ._) : : :l :/⌒i     何かあるとすぐ国内の揉め事の調停を強いられる。
      \ /  / 「>,、 __, イ-/  /
.        /  /:::::::::::r=|o='イ/ ヘ、_∧     寄進という形で財貨だけは集まっていますが
       `ヽ<::::::::::::」! iニ」iLヾ___,,/     その実は何から何まで使用用途を決められたヒモ付きの金です」

 【「国力は高いけど色んな事情でリソースが常に0」という状況だとお考えください】


      |
      |┐
      |-‐ ̄ ̄`' ‐-,,r‐‐、_
      |:::::::::::::::::::::::::::::\ ,,フ    「そうなんですよね~。おかげで地方の教会なんかは
      |;;:`、;:ハ,;;;ハ;::::::j:::::ヽ`ー┐   地元の貴族や有力商人の完全な操り人形になってて
      | -ー    ヘ;:::}:::::: i `ヾ    私達の言うことを聞きたくても聞けない状態が続いてますし。
      |●     ヽレルi:::: l`ー′
      |⊃    ●゛i(⌒ヽ      いくらKSKSTの民が独立独歩を尊ぶとはいえ、
      |  ,__,   ⊂'l;i;y  ゙i      この状況は何とかしないといけないと思うんですよ」
      h   `´ _、;'ゝ;j'  ,リ
      ミ}ーT゛;ハ;ル'i  /
      |) 、 ,/ゝ  ,,/
      | /~~/   ,/

5107◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:05:22 ID:vaW47l560
             . : :´: : : : : : : : :`.: .
          /: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
.           イハ.: .: : : : : : : : : : : : : : : : : :r
      {  ノ }. :/ : i:l:.: :.:l /|:.:i.: : : : :/iY^ヽ
  <⌒ ー〉イ  /i: i: : :|:| : i.:|:| {:.:|:|.:l.:|:〈   ', く
    ヽ  . '  レ:il.:l: |: : :|.|{: j:i|:|' V|:|.:l.:| l:\ト   \
     ∨  イi.:.:|l.:l: {:_: :|.|∨:l|:| |:|:|.:|_|_|.:.l: :ノ }  \
     〈/ i|:|.:.:|l.:l:.|ゝ`i'トL:j|」 イ「Ll⊥! :|/__j    〉  「不作で寄進が減るのはいいとしましょう。
       j|:|.:.:|l.:l:{_込坏.   ィ芯ア7|.:.| : :| ゝ~' ′   我らが耐えればすむ話です。
         |ハ:|l.:| |、:::::::::   ::::::::::::: : : l : :
         l  }iハ{ い   、 _     ハ/.: :′       ですが、民が困窮すればどうなるか――
           八ハi\  ー ―‐  イ.:./.: :/         間違いなく『聖戦』への気運が高まるでしょう。
          /イ小: : r个   _   イ/://.: :人_         それを拒絶する力は、今の教会にありません。
           ノ リ^V:j:::{        {厶.<八匸_
        /⌒´ ̄::::::/:::::ヽ    / .:::i::::::::::::::::ハ       ここまで予測できる以上、何かしなければなりません。
.      /:::::::::::::::::::/:::::/ハ   /.:;:::::::::|::::::::::::::::::::::.      五体を縛られているのなら、芋虫のようにでも動きましょう。
      .:::::::::::::::::::/::/:::| ::{ /.:/∧:::::l:::::::::::::::::::::::i
      :::::::::::::::}/::::::::::::::::{ ::∨.://:::::\!::::::::ヽ{:::::::::|      主の名を玩んで国内の不安を外に押し付けるなど
      ::::::::::::〃:::::::::::::::::::. _// ::::::::::::::::::::::ハ::::::::|      為政者以前に主のしもべとして許されぬ行為です。
     {i:::::::::'′:::::::::::::::::::∨  i::::::::::::::::::::::::::::::r<¨}
    匸¨フ:::::::::::::::::::::::::::ハ |ノ::::::::::::::::::::::::| ̄「
.     | .:::::::::::::::::::::::::::::ヽ厂丁´:::::::::::::::::::::::::}  レi     不作には間に合いませんでしたが、『聖戦』が起きる前に
.     r┴:{:::::::::::::::::::___/   !__::::::::::::::::::厂 ノ     何か、何かできることを考えねば……」
.     `T八:::::::::::::::::::ー三L. ⊥二二::::::::_:::ノ::: ̄}
.      l:::::::`::ー==≦::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::::::く
.      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    八:::::::::::::::::::::::::::::::-= ニ二二二> 、::::::::::::::::::<\
       ` ー= ´                 ヽ Vヽくヽ }-}
                           }-ハ-} }-}j ノ

5108◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:05:54 ID:vaW47l560
   l i: : : :\\ : : : : : : : : : : : : : //: : : ___ヽ:V
.  l ん : : : / /: : : : : : : : : : : : :└、 ヽ'´ >'"´:リ
   l { ,、 \/./:_: : : : _/: : : : : : : :/ >'" :_: : :/ ー、  /: 
..  LK: :`: ー- _¨ Y´ : : : :/ ィ,.ィ" __竺三-ミ : : : : l /: : : 
  /´ヽ: : イ¨迂疋トミヽト-‐ '¨  ィ_´ 辷仄レ': : : : : :l /: : :/「
  \: ハ.:.`: :ヾ┴': : / }:.: : : : :.、: : `¨  ̄ ´: : : : : :// : : 〈 :}:   「……分の悪い賭け、案というのもおこがましい
.    V i.: : : : : : :// i:_:_: : : : : ヾ: : : : : : : : : : :.//: : : : :)リ:    戯言でよければ、ひとつございます。
.    ヽi: : : : : : : : i. ,': : :`ヽ: : : : : : : : : : : : : ://: : : :i:ノ: : :    東方の旧バビロン地方に、半年前から開拓民が
.      l:ヽ : : : : : : V : : : : : : : : : : : : : : : : : //: : : :.(: : :_;.ィ   入植し始めたのをご存知でしょうか?」
     ヽ:_!: : : : : : :{ : : : : : :_: : : : : : : : : : : | l: : : : : l: ̄:/::: 
       ',: : : : : : :ヽ:ー'::::ノ: : : : : : : : : : :l l: : : : : i: : /::::::
.        ハ: : : : :_/ヽヾ-" ‐- .._: : : : : : : :! l : : : : ;!: /:::::::::.
     _,,. -‐'; : : : r‐ 、`_´==‐- ニ): : : : :! l: : : :/ :/:::::::::::
 _.. -:::¨:::::::::::::ハ: : : ヽ       _.ノ: : : : : l l: : :/: :/:::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::'; : : : `¨: :´  ̄: : : : : : : : : :j !: / : /::::::::::::::::

5109◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:06:05 ID:vaW47l560
               ,イ>--'' ̄`ヽ刃
             r-下、: : : : : : : : : しヽ、:
             7ー1/: : : : : : : : : : :; : : :',
             i: : : : : : i: l: ;i: :ii: i_i_j、: : :i    「え? そりゃそれくらいは……。
              |: : : :._/!ニ=ニ`ー' ァ≠ミ: : l    色々とおいしい土地なんで、可能なら私達で
             l _,.ィ ノ,-ナヤ   しン !: : i    入植を開始したかったんですけどね……」
          . -‐ ⌒.く: :i ゞ- '  、   !: : :i
         /  ,r-n^!_j: :' 、    -‐ ノ: : : l
         /  .厂`^^ヽ: : : ヽ、   ,イ: : : : >
       ,/´`ーi_    |: : : : r-!` ´  lー、 !'
       /,,_   l    /;;: : , へ.'    `ト、 \._
      入_   ! _ . -‐r''7 / `',   l 7 `ヽ!  ヽ
     /   `T'´    i '´    l ̄ ̄!―r――! l
    /           lー―‐┬ol    l _ L _o,イ !
    l、    . -‐ ´ `ヽ!`ー‐'l o!   l _ l    ! l
     `ーー'´       lヽ_ノ  i   l  ヽ .ノ  |


三三三/             //
三三三l \\ ミ        //   //  ミl
三三三l  \ヽ_ミ   _/ ヽミ ./ /    ミl
三三三 l 、 ミ /: : :. ̄ ̄: : : : :. :.<〈~: : :.|     ミl
三三三三\~〉〉: : : : : : : : : : : : : :.〉〉: : : :|     ミl  「流石に入植によりアルトマーとの国境線が延びたり
三三三 | 〉〈〈 彡: : : : : :彡: :, -‐´―ヽ: :\ / ̄ヽ  デンジャラスデイナーと国境を接したりするリスクには
三三三 | |´_三\, l: : :. :.ミヽ、/三三__   / ./: :イ`: :|  見合わないでしょう。聖下の判断は賢明と存じます。
三三三三||  、(llゝヽ: : : : :. :.ノ、 (ll), ` ./ / / l 、: :|
三三三三.||: :~ ̄ : : /): : : :ミ : :  ̄~ .く イ: : :.)_//   その開拓村を主導する男、バビロン王国の末裔を
三三三三| |: : : : : : :.lll: : : : : : : : : : : : :.| |: : :.、: :/    自称しており、目的も王国の復活だとのことです。
三三三三 \ミ: : :.(/ : : : : : : : : : : : : : | |: : : :| ~|
三三三三三||: : : : ヽ)__ノ: : :. :. :. :. :./~   ̄ |.三|      アルトマーの新政権がバビロンの国家承認と共に
三三三三三 ||: : :. :._υ__: : :. :. :. :. :.|ミ   /三  |     食料と物資の通商条約を結んだとの情報もあります。
三三三三三 ヽ|: : : :‐--―‐‐ 、: : :.\ /三   |
三三三三三三 : : : :` ― ~: : :. :. :. :./三    |    また、あくまで噂ですがその発展速度もめざましく
三三三三三三三\: : :.⌒ミ: : : : : : :./三     |    既に都市と言っていい規模の人里ができているとか」
三三三三三三三三\_: : :. :._/三

5110◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:06:31 ID:vaW47l560
                    . ..-‐:‥:‥:‐-.. .
                  ,...:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.:..、
               ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..、
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.i:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:i .:.:.:.:.:.
              }\:.:/{.:.:.:.:/:.:./:.:.:.:.i|:.:.: |:i.:.:.:.:. i:|:.:}\:.:/{  「まだ入植してから半年ほどですよね?
              }__,{_}___{:.:.:/:.:./:.:.: : 八: : |:i.:.:.:.:. i:|:.:}___{_}_{   流石にそれは話半分だと思いますけど」
           {/.::.:.:.:|:.:/|: / |:.!:.:/   ヽトミ:.:.:.:i:|:.:i:|:.:.:.:.|
               |:.:.:.:.:.:|/_,j/ 斗匕    从_:_:`刈从|:.:.:.:.|
               |:.:.:.:.:.:|  , ャ=ミ       ,. ャ=ミ xi |:.:.:.:.|   ※ 【このご時世、情報精度はこの程度です】
               |:.:.:.:.:.:l 〃 ん(        ん(  狄 从:.:i:|
               |:.:.:.:.:.:|  ` 乂ツ      乂ツノ /l:.:.:.:i:|
               |:.:.:.:.:小.    '''    ,   '''  /ノ:.:.:. i:|
            ,|:.:.:.:.:.:|-ヘ.              /i:i|:.:.:.:.:从
           ノ:|:.:.:.:.:.:|:i:i:i:i:...、   ´ `   ,:i:i:i:i|:.:.:./
.          ⌒人:.:.:.:.:|j:j:j:j厂〕ト        イ:i:i:i:i:i|:.:/
          , ´ ̄ \:.:| ̄/  〈i}  ≧≦ { V:i:i:i:i|/
.          /      } ヾ 〈    \     i}  } ̄ ̄ ̄ ̄{\
         /      }   \    \    i}  }      {   \
.        /       }     \    \ /  /       {     \
        /           }      ̄ ̄ ̄}} ̄      {       \


          __ -一'^ Wハ、
        , <     ニニ、ニ二ヘ
      /       ィ´  、 !    ∧    「でしょうね。ですが、根も葉もない話というわけではありますまい。
      ;    ___/!/ _   |    ',     少なくともバビロン開拓地は急速に発展しており、
.    !  /    \/, ─` レ、   レ!    その主導者が王国の復活を目指しているのは事実のようです。
.     | xく.  / \// _L∟ 、|  /`ヽ
     V 》 |  </l_ tヒツ´ // ̄ ィく }  ――我が教会は権力こそありませんが権威はあります。
     l二二>_ヽ l ',   / l }   〉 } |  新興勢力に対してなら、十分出せるカードとなるでしょう」
..     \fでソ |'"i  〉   ヽl l  r‐' ノ、
       V l! { ´ フ    l 、  | ̄ 「ト、
        ヽ l! ` __,r=─ │ \j  l.l\\/
  .       \ ノ´ __ ノ  |  /  //()\__/
             ヽ ´     └‐/  , '/ (ヽ:::::::/:::::::
.              \   -‐ 7 / '::::::::`::::/:::::::::::
             `下--‐_'./∠:::::::::::::::/::::::::::::::
              ヽ::l ̄    V:::::::::/:::::::::::::::::
              /:∧      V/:::::::::::::::::::::
               _|::::::::∧     /::::::::::::::::::::::::::::
            _{::::::::::::::::〉--r ' /::::::;へ:::::::::::::::::::

5111◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:06:55 ID:vaW47l560
              ____    __
       ,ィ二二lフ´: : : : : : : : : : ` .くヽ \
      ,イ/三ミ/: : : : : : : : : : : : : : : : \ヽ,l_
    /j-ヘ´ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ノヽ
   / /|  ハ: : : : : : : l: : : :/: /|: : : : l: : : : : : :ハ\\  「【国家承認、およびその開拓者の戴冠】といったところですか?
  ∨/: レ-┘: : : : : : l--/|,,/_ !l: : : :|: l: : :l: : : :'.___l/   確かに出せるカードはいくらでもあるでしょうけど……
    |: : : : : : |: : : : :l: |_/,.===、`´: : :|/、_|_: : : l      それで、向こうにこちらの欲しいカードがあるんですか?
    l: : : : : : |: : : : ::l/ / ,fフハ l: : ::| =、/!: : : :|
    l: : : : : : l: : : : : l. {  ト::l:::}   ̄ fイl |:l::/: : l     【不作を補うに十分な量の食糧供給】
.    ',: : : : : :∨ : : : ',   ー''     |:リ /イ : : :!     【穀物の病気に関する何らかの対策手段】
     ! : : : : : ∨: : :ハ '''      ` ''' } : : : ,'     【教会が自分の裁量で使える予算】
     l: : : : : : : ∨: : : ', U r─‐ァ   ノ:: : :/
     |: :,l: :/l: : : :>、l\|> _ー‐' ,. . <: : //      欲しいものはいくらでもありますけど、
    厶' l/ |/ ̄`ヽ \_,イハ ̄ : : :/: //       どれも入植半年の開拓地にあるとは思ませんよ?
       /     ', / 〉ト、l`ヽ/| : /
      /         レ ,'ノ   ハ //         大体【国外に手を出しているほどの余裕はウチにはない】
       /        l ハ |l   l            んですけど……」
.     /   l      !/ll|/l   _}
     /    l__>イ/‐'//-‐''"l


    ,,-'''´ ̄ ̄>、
   ./     ´,-─\
  /∧ヽ_ノヽ__ -─|
  | ノ 〉〉 ,,、 /,'フ  |  「もちろん、今すぐはないでしょう。ですから賭けなのです。
  {、〈t、〈//ヾ〉|_,,/   |   今のうちに関係を維持しておき、将来の発展に賭ける。
  t/フ:/   イエフ 7/7ノ
__}/ 〈.::::::.  ////    ただ、わが国にはバビロンの遺産に興味を持つ者は多い。
::::::|| 、ニ_'  / /イ     国交が開かれれば、遺跡発掘のため市民から投資が始まるでしょう。
/|ヘト、`‐-´ ./_/ノナ     そうなれば、開拓の速度も多少は上がるはずです。
:7ノ/,、ヽ=='´=彳イ:::}
ヽ//  ̄`7/ ̄/ノ::/::\  また、逆に考えればバビロンに手を出す余裕がないというのはプラスになりえます。
:://ヽ_// /」::::ノ:::::::::::  『介入をする気がない』ことを示す担保としてこれに勝るものはありません。
// //::::::::: ̄ ̄::::::::::::::::
/ //:::::::::r-、::::::::::::::::::::::  それに――こう言っては失礼ですが、遺跡ブームでお祭騒ぎになれば
 \::::::::::)) ||:::::::::::::::::::  『聖戦』を求める声も多少は小さくなるでしょう。
、、  \_// ノノ::::::::::::::::::  国内の不満を外に流すという点では同じですが……『聖戦』よりは穏当かと」
::\   ̄//::::::::::::::::::::::
:_ノノ ,,、、_\:::::::::::::::::::::::
ヾ='':::ヾ='':::::::::::::::::::::
【次、安価をとります】

5114◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:09:03 ID:vaW47l560


           . -、     , -、
         〃ア:}.-―‐┴ミ、tュ、_
     r'ニニ>:1´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}ヾニミ:}
.     `7.:|r′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|:`ヽ
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,
.     /.:.:.:.:.:.:.:/|l:.:ハ:.:.ハ:.l:.:ハ:.||:.:.:.:}.:.:.:.:.:,   「うーん、なんとも藁をもつかむ話だなあ……。
      ;.:.:.:.:.:{:_/L|L:| L:| L|_| L|L_:_:|:.:.:.:.:.:|   とはいうものの、今のままじゃ手詰まりなのも事実だし……」
      |:.:.:.:.: !'-―'´     `ー―- !:::::::::::!
      |:.:.:.:.:.| ,-=-    -=-、 |:::::::::::|
     |:.:.:.:.:.|            |::::::::::;
.     l:.:.:.:.:.',      `       ,::/.:::::,′
      ',:.:.:.:.∧   ⊂⊃    /:/.::::/
..     ヽ:.:.:、{:::...、      ,..<j/.:/イ
.     /l\{:::::::::l` - ´ l_:_:///.::.ヽ
..    ´―|:.:,'ヽ―ノ     L/イ/{::.ヽ:_:ゝ
         レ/ ヽ′      /_  丶_{_
     ,  -/ / ∧     ト、 ` 、 ∨ll ヽ、
    / ll /'´  ト、l___|/.!   \|. ll  l
.   / ll ____|__|: +: : :x |__|___ ll   |


        〃) _ __ (( ヽ、
    r===ァp:::::::::::::::::::::::::::::::q===ミ
      ´ア{r'::::::::::::::::::::::::::::::::::└Jく¨
      /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    「わかりました! 一度バビロンに親善大使を派遣してみましょう!
    /::::::::::::::/::::::l:::::::l{:::::::::::::::::::::::::::::.     少なくとも、三国の緩衝地帯にできる人里が
   .'::::::::::::://j」::」」L」 L⊥}L::::::::::::::::::     親アルトマー一色に染まるのは望ましいことではありません」
   i:::::::::::/ ─--     --─ヽ::::::::::: |
    |::::::::::| ィ芯ヽ     i芯ヽ |::::::::::::|
    |::::::::::l 弋ツ      弋ツ |::::::::::::|
   l:::::::::::      '      ::::::::::::               , ‐yミ
    :::::::::人     (⌒)    人:::::::/      n     ///)
     ヽ:::::::::::....       . イ:::::::::/        |│  ////)
     ):::ヽ ミ|> ー <彡ノ/:::ハ          | し'     //
   _/::ト:::( ̄j     |_ ̄)::/::::::\_,      {   ノ    /
    `¨¨}::/ 〈      〉 \ト:::::厂        Y     /
   __,..斗' /ヽ.___/   '.─-=ミ       |     /
  /{   //   く}:::+:::x::∧\  '.  }  \    |   {
 ′ i  ′   o|::::::+:::::|/  ヽ.j   i   \   ト- --ヘ
【その親善大使は誰ですか? 未登場キャラ(但し春香さんとプッチ神父はOK)から選んでください】
↓3~7の中からGMがチョイス(適当な人物がいなければプッチ神父が来ます)

5117名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 19:09:54 ID:2fSOomVA0
オタク系なら泉こなた

5118名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 19:10:07 ID:VCklWqc20
野々宮のの美(のの美捜査中!)

5119名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 19:10:18 ID:ZI6xe5S60
TOA ルーク

5120名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 19:10:21 ID:MpWuiasM0
柊蓮司(ナイトウィザード)

5121名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 19:11:20 ID:QoDMjwC60
双葉杏(モバマス)

5129◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:17:50 ID:vaW47l560
【柊蓮痔に決まりました!】
何でこれにしたかって? AAが割りと多かったから!

        〃) _ __ (( ヽ、
    r===ァp:::::::::::::::::::::::::::::::q===ミ
      ´ア{r'::::::::::::::::::::::::::::::::::└Jく¨
      /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::/::::::l:::::::l{:::::::::::::::::::::::::::::.    「というわけで、お願いします、柊さん!」
   .'::::::::::::://j」::」」L」 L⊥}L::::::::::::::::::
   i:::::::::::/ ─--     --─ヽ::::::::::: |
    |::::::::::| ィ芯ヽ     i芯ヽ |::::::::::::|
    |::::::::::l 弋ツ      弋ツ |::::::::::::|
   l:::::::::::      '      ::::::::::::               , ‐yミ
    :::::::::人     (⌒)    人:::::::/      n     ///)
     ヽ:::::::::::....       . イ:::::::::/        |│  ////)
     ):::ヽ ミ|> ー <彡ノ/:::ハ          | し'     //
   _/::ト:::( ̄j     |_ ̄)::/::::::\_,      {   ノ    /
    `¨¨}::/ 〈      〉 \ト:::::厂        Y     /
   __,..斗' /ヽ.___/   '.─-=ミ       |     /
  /{   //   く}:::+:::x::∧\  '.  }  \    |   {
 ′ i  ′   o|::::::+:::::|/  ヽ.j   i   \   ト- --ヘ


           ,
          (    ,. -――― 、
           `>': : : : : : : : : :ヽ:`ヽ.
          _/: : : :iヘ、: : : :ヽ: : : :\:ヽ.
         /ィ,. . . ヘ. .ヽ、 . . :ヽ: : : : 、:i
        ' /: : : : : : i ヽ: 、: :\_:__:.Y: : :、:\
      ___i: : : : : : : ト、: |ヽ: ;ヽ;≧:、L|: :、:、i``   「いきなり呼びつけたと思ったらそれかよ……。
    _,.ヘ、:::::|ハ: :|: : :ヘ|ニ;トト, \、"ゞ‐'`リ: :ヾ`、     わかった。要は仲良くしましょうって言ってくればいいんだな?」
 ̄ ̄     i:::::::::ヽ:i:ヽ: :i` `¨   ヽ    l:ト; :j
         }:::::::::::::ヽ!:ヘ:ゝ   l      i':':;'
    ,..-ャj:::::::::::;.-'`ヘ!ハ、  _    ,':ハ}
-‐ i´-、    ̄ ̄     }>、  ̄` /iム.
  !: : ヽ.ー:‐、――-- 、/  }ヽ. ,. ' /  i.、_
  ∧: : :ヽ、:ヽ: : : /ヽ.  | 、  r'-、  |:、:` ー-- 、 __
 /i: ヽ.: : :ハ: ;. : : ,イ , ヘ. ト、ヽ 」 //\ !: ヽ、: : : : `:7ヽ.
./: |: :| : :| : i:j: :/: レ': | |`ト---r'//  |: `: : ヽ: : : : :/: : !
: :j: : !: : !: y': \_;. --| ヽi: . : j//  ト、: : _/: : : : ': : i
   【KSKST ウィザードにして魔剣使い 柊蓮司】

5134◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:19:01 ID:vaW47l560
    -=イ : |:ヽ : : : : : : : : : `ヽ、: : : ヽ
      /: : :|: : :ヽ、:ヽ、: : : : :ヽ:ヽ、: : !
      !: : : | : : |、:,ヽ: :ヽ: :ヽ: : :l:`ヽ: : l
      l|: l: :ト、: :ifッ`` ヽ:ト、: |: !:|〉ヽ: : :ヽ、__    _,. .-―ァ.、
      ト|ヽト、:メ、:、      jハ;ハト、 : :、 :_:ヾヽ「 | ̄. . . . . . / . . \  「っておい! >>5129 !
            く   `      ノ  j;ハ、:ヾ`` l. .l. . . . . . . /. . . . . . . ヽ なんだその名前は!」
          └<つ       / ``   l. .l. . . . . . /. . . . . . . . .
            `l   ,∠ 、 ヘ.'`ヽ、   |. .!. . . . . .i. . . . . . . . .
              ` '´ /、 ヽ. `ヽ. i\  |. .l. . . . . .!. . . . . . . . .
               〉、ヽ  ト、 | |::ト.ヽ |. .ヽ. . . . ト、. . . . . . . .
               l. |/lヽヽ | j:j|. .ヽ`. ./ . . . .!. . . . . . . . .
                  !. . . L: >、Y,<| . . `ヽ、. . . . .ヽ、. . . . . .

5136名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 19:19:35 ID:8dl9vyG20
>>5129【柊蓮痔に決まりました!】
ちょwwwひでえ誤字だwwwww

5139◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:20:34 ID:vaW47l560
【サンダルノアナ行政府兼やる夫達の住居兼うんたらかんたら】
     ____
   /      \
  /  ─   ─\   「つーわけで今月末にKSKSTから親善大使がやってくるお」
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |         ※ 【要するに固定イベントフェイズに親善大使が来ます】
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


                        ,.  - ― - 、
                     , ‐' ´ ,.  - ―--ゝ
                   ,ィヘ´ ,. - ' ´ ,. --―-‐-ゝ
            ___r'|ヘ い´ ,. - '´  _,. --¬ー ‐ヽ、
              |   ,イ。)ぃ 〈 _, -‐' ´ / / ハ  ヽ ヽ \ ヽ
              └ァ'´ ~イヽヽイ ノ イ / / / /|i  ト、ヽ \ヽ
            \   / |./ / /ノ / / / / /| ! ヽ ヽ ヽヽ.}  「病気の真相をつかんだことが
             /`〃 イ // /  / / / /ノ / /!  |  l i l l N   わかったわけではないでしょうけど……
            / // /レ'〃 / ! / 〃/,イ__レj / jノ|/ __!| | ノ/    今までの無視され具合が嘘みたいに
           / / l l |// / 八|/j/レ'"r==ミ` ' ′´,ミlj}ノ/    注目を浴びるようになりましたね」
          / / l l|r' ̄ヒヽj/   イノ `!     f'^i ソ ′
        /   /  l  ||ト、|f\    l_,L     Lj.{
          /   /  / / |iぃ\、 。jヽ /フ}         r  |
       /   /  / /  |いヽ ヽく y′/     ー一   ノ
      /  /   / /_   !ヽNYrYY  /ヽi^L_    /
     /   /    //)´ _`丶、     |  { y'´ r‐、ト- '
   /   /     / `´l  `丶、ヽ、 」 /ニ'y′,r‐ヽ
   /   /    l   l       ヽ ,く V  〈 / /ヽ.ト 、__

5141◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:20:56 ID:vaW47l560
                . -─────- .
              ,  ',´            丶、
             /"/  ,  , ,      、      \
            /' /   / // ,     ヽ ヽ    ヽ
         / ' ,/  /〃 /イ .i| i !   |i  i      i  「当然だろう。位置的にバビロンは周りの三国にとって
       / ,イ 〃 //,'  '"|  || | ∥ i. ||  | i    |   『手を伸ばせば他の2つに殴られるケーキ』だ。
       〃7 /'  //..L ! !  !| ! |.!  | ||  | |    |   そこに勢力ができれば、介入は避けられんさ。
      / L./ !.._/ |! | `ト. !. |ヽ」」ム__」 ||  | |    !
          `' 爪  ト¬=ミ、 `ヾ ,.三 └.ル.」|  | |    |  むしろ向こうに余裕がない時期に来させられるのは
       二 i | !  |! ゝ_ソ     ¬ ;¬ァ、|i ∥ |    |  こっちにとって非常に都合がいい」
        ィ i | !  ||    '     ゞ'ノ ' !!  !) !    !
     r:、    i│!  fヽ.  、____    ,. ||  |! |    |
     ', '、   | | |  | ! |丶 `  ' ´  ,.ィi├||  |! | i  !
     ,ム `n /.│l  | ! ! i 〉:ー‐ '"i|│|│||  ||i !  !. l
    / ヽ、ヽ!. |! ! |  !.| | | リ    l|∥|│||  ||| |  |  |
   (⌒ヽ / ノ .|∥ ! ! ィ'´       丶 |│||  ||| |  |  |


               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \   「まあ、この半年で小なりとはいえ国家と言っても
          /  (●) (●)  \  ギリギリ許される程度には発展したし、そこまで恐れることはないお。
            l    ⌒(__人__)⌒    l  諸外国に注目される前に実効支配したやる夫に間違いはなかったお」
          \     `⌒´     /
          /              \

5149◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:25:08 ID:vaW47l560
柊ェ……

    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!
!:::::::::::l ゙ ..:.:.:7"::;:::::_::、ヾ゙i:: :.: ,.ヾ、:::::::ハ   「まあ、状況的に【『はい、これからもよろしく、サヨナラ』で
::::::::::::iゝ. .:.:.:.:.l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,!    特に問題はない】だろうな。
::::::::::::lゝ :.:.:.:.:゙ー───‐'.:.:.:.: k'^ヽ、゙i  ノ    本格的にこっちを攻めたらその後他の2国に
::::::::::::ゝ  :.:.ァ''''"::: ̄ ̄::''ー'':::ヽ`゚'-゙_,! 丿   ぶん殴られるのが目に見えてる。
:::::::::::::::〉.:.:  ,n :.: rャ:.:.:: z、 :.:.:. .:.:ヾ、:.:.: ,ノ    余り気負わず、やりたいようにやればいいだろう」
l:::::::::::::i.:.:  |:::| .:.:.|::::| :.: i:::::|.:.:.:.;ヘ.:.:.:. ,ヾ }
|::::::::::::l:.:  _レヘ:.:.|:::::!:.:. !:::::|.:.:.:l:::;!.:.:./::i 〉
}::::::::::::!:.: ´  .: ,}:.:|:::::l:.:. !::::::!.:.:,!::;!.:.:,'.:.:,',!
!::::::::::::l.:.:......:.: /:l.::l::::::!:: l:::::::|:.:,!::;!:.:,'.:.:7.!    ,ハ
:::::::::/i :.:.:  ,/::::ゝl::::::し':::::::i.::,!::;!.:;',!:/ `ー‐'" }
:::/   `ー、"::::::::::::::::::::::::::::::`´:::レ':!;/:.:.:.:......:.: ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソゝ.;,;_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、


               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \
          /  (●) (●)  \  「わかったお」
            l    ⌒(__人__)⌒    l
          \    |r┬‐/    /
          /    ` ̄´      \
━━【B:交易フェイズ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━
定められた交易レートに従い、各リソースを交換します。
現在のレートは以下のとおりです。
・財貨3→他の資源2
・他の資源3→財貨2
・食料5→物資4(アルトマー王国との貿易)
なお、交易の回数に制限はありません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【現状、食料15、物資4、財貨10です】
【次、交易フェイズの安価をとります】

5148名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 19:24:57 ID:O.SghqNw0
親善大使との落とし所でどうだろう?

5157◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:27:46 ID:vaW47l560
>>5148
               ____
             /      \
           / ─    ─ \  「あ、心配しなくても冒頭のシーンに出てきたことは
          /   (●)  (●)  \  やる夫の《謎の情報網》でまるっとお見通しだお。
            |      (__人__)     |  【落しどころも何も、とりあえず今回はアイサツに来ただけ】だお」
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
【交易フェイズはどうしますか?】
↓3~7で多数決

5160名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 19:28:27 ID:8bbMhvtg0
アルトマー王国と食料5→物資4

5161名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 19:28:30 ID:2fSOomVA0
アルトマー王国と食料5→物資4

5162名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 19:28:29 ID:dL7CDvIA0
アルトマー王国 食料5→物資4

5163名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 19:28:34 ID:MpWuiasM0
食糧5を物資4に(アルトマー)

5167◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:32:11 ID:vaW47l560
【アルトマーと食料5→物資4の交易を行うことに決まりました!】
       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \  「さて、こっちの食料に余裕はあるし
  |       (__人__)    |   物資もちょいと心細くなってきたからアルトマーと交易をしておくお」
  \   ⊂ ヽ∩     <
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/


            -=≦ ̄`ヽ
                   ≧x: :v'⌒ヽ__
           ,. ´ : : : : : :Y´ ̄jノ: :` 、
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
          /                   ヽ
       /j : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
.      //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .     「わかりました。では手配しておきますね」
.      __//:. :.: : :.:/:〃:/: : : : : ヽ: :.:ヽ: : ヽ: : : : ヽ: : :.
   /:.〃: : : : : /j/ {∧ : : : : : : ト、: :ハ: : 八: : : :.|: : : .、__
.   /::::::::{{: :〃: : :レ──\j\廴j L}┴く  |:.: : :|: : : : : : \
  ヽ(_:::::::V {: : : :l                 |:.: : :l: : :.}\:ヽ:.:}
    {::::::::_::ヽ:.: 代 ,ォ==、       ,ォ==、 .│: :./: : /:::::::Vj/
     \( {:::::::\                  ノ: :/:.:/::::::}ヽ}
        \:::: {       '         ∠_,.イ//j/
         `¨ヽ     、___,      イ≦_/
              \    ー‐'    , ´
                 i      ィヽ⊃
              __|  `¨¨´  Vユ_
            {: :./         〈 ノ
【食料15→10、物資4→8、財貨10となりました!】
━━【C:情報収集フェイズ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━
財貨1を消費し、様々な情報を収集します。
「メインキャラ1名、サポートキャラ2名」を指定して
【知略】を用いた判定を行い、成功すれば該当する情報が手に入ります。
ペナルティは情報の難易度に応じて都度GMが決定します。
一回の行動で複数の情報を得てもかまいません。
その場合成功確率に全ての情報の難度のペナルティを受け、
失敗した場合は何の情報も得ることができません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【次、情報フェイズの安価をとります】

5172◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:34:34 ID:vaW47l560
では改めまして。
               /::::::::::::::|     \::::::::::\
             /::::::::::::::::::::l      ,. -──┴──---- 、
              |::::::::::::::::::::::__r─/               \
              |:::::::::::::; イO }/   ____             }
            V::::/   / x< ̄::::::__>、_,.--、   /
             ∨O o //::::/ヽ\\{、   \  '⌒ソ--、
.     / ̄ ̄ ̄¨¨二二二ニニフ__レ<:\l }  f⌒ヽ      「俺のスキルで一人だけ能力の才能がわかるから
.       |  /´ ̄ ̄      _//:::ィ─t:テテぐ´У/八{^} |       その宣言も忘れないでくれよ!」
      乂 {  ,. -─ 、_,.ィ7f/::}ハ  ̄ ´ ̄ ̄   \/  ソ 人
       `7    ///r':ィ_fツ }│ \_         (ノl
.      /\_/ 人{トミハ  〈_ノ`ヽ `マ{__      |  ヽ
 /{ ̄ ̄ ̄j\/  (_ ` ̄∧  ヾ'    ⌒\、   |   \
  /──‐く  /ヽ 人     ,ハ、 r=-一     ト、   /   / \
   __,ノ \__,ノ(      ハ. 、_,.ィニニ   l   / / /
  /{   j\__,ノ__(     _ノ ‘,          , ' / /
  ,. ー一く /\::::::≧、_   _ノl\  ,. ----// /
   }    } \__ノ:::::::/:::::::: ̄::::/::|  ヽ: : : _// /::::::::
  ブ¨¨ ̄ヽ__ノ::::::::/:::::::::::::::::::::/:::::|\   ̄ /  /
【情報収集フェイズで何を調べますか?】
↓3~7で多数決

5176名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 19:35:05 ID:8bbMhvtg0
メンバー:エヴァ(M)、エリー、涼 基礎成功率255% (財貨-1)
魔神の居場所:-120%
バビロン王国三種の神器の最後1つについて:-30%
スピードワゴンのスキル《人を見る目》:エヴァを対象予定。
東の国境の様子(修正がない範囲でわかる分)

5178名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 19:35:42 ID:eyqnDb1s0
メンバー:エヴァ(M)、エリー、涼 基礎成功率255% (財貨-1)
聖印の場所:-100%
バビロン王国三種の神器の最後1つについて:-30%
親善大使の情報:多分-20%
スピードワゴンのスキル《人を見る目》:エヴァを対象予定。

5179名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 19:36:00 ID:2fSOomVA0
メンバー:エヴァ(M)、エリー、涼 基礎成功率255% (財貨-1)
聖印の場所:-100%
バビロン王国三種の神器の最後1つについて:-30%
親善大使の情報:多分-20%
スピードワゴンのスキル《人を見る目》:エヴァを対象予定。

5183◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:42:34 ID:vaW47l560
14*10+(11+10)*5+10-120-30=105%
つまり東の国境の様子に割けるのは-5%分→【ぶっちゃけそれでわかることはありません!】
ちょっと量が多いので、時間がかかります。ご了承ください。

                           ,ノv'//     三ミ
                      _r'´ ̄         l   `ヽ.
                     ///           ノl     \
                   l       ,ハ     ノリ/,/ノィ       ハ
                      V      ( ヽ       彡ィ     ノ
                 /三二  、_  ト、    _,.,..、 、 ト-! '   ̄ヽ
                 _  レ彡   ヾ  `ン   バ   l ハノ':::l        }
           /´  ̄¨`ヽl    \.__,ノi.  l | l リ 、 .r'::/、!、    リ
             {        |   __,. ,ノ ,ノ,....ノム-::::、ミ、 ィタィ´ lリ    ソ
            \.__   /ヽ /   ノノ,! ─rtッフ´,  {`ヽ  ハ、_/ ̄¨::
            __V  ̄ i ∧ ,/ {¨゙ヽ({.   ̄ ヽ :  ',  ヽ. |___:::::::::::::::::::
           ,.イ´  \_ ,ィ'  \..ノヽ. ) `ヽ    `rt.ラ  lレ!::::::`ヽ::::::::::
      ,.-‐一' l   /}     i  ハ.ノ l`¨ ヘ  ',     ,._一1 ./!:::::::::::::\::::
...    /(   i ;   / ヽ..,__,/  ',/l    \     `ー_'"_, / | ̄\::::::::ヽ:
   _,ノl }  :|      /      ヽ \   >  、    /:: :!    ヽ:::::::::
  /´  .|    l     /           \. 丶、 : : : ::::>-‐':: : :|  ,.--、\::
. |   ,j    {_  _,ノヽ       i // \.  \ 、: : :::::::::::::: : :! /  __)_/
. !  {ー‐ ' \     \    li/      \  \丶、: :::::_/  /
  ヽ  ヽ     \     ヽ  /`ヽ.     〉::::::::\  ̄  \  ヽ

 SPW「エヴァンジェリンの能力は魔術師タイプ! 戦闘においては軍団戦に長けたスキルを覚える!
     また、なんだかんだいって面倒見のいい性質とみた!
     わざわざ覚えたりはしないが、人の成長を促すようなスキルをおぼえる可能性は十分にある!」

5188◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:45:22 ID:vaW47l560
            i  l l  //  /
             l  l ヽ/ i   /´ ̄
         ,.-─-ミ ヽ  \   /
  .       レ'⌒> ミ-   __l //  /   7  |ヽ    7  |ヽ --‐ァ l l 二ニ,.    |
         r'⌒' /::ヽ三.//\i  l     !__,ノ ゚ ゚ ゚  !__,ノ    (_    ,.イ__ ツ !
      ,.‐-(´   ./ ト、:::::V / / _ ヽノ
     /     ー/ .、ヽ.r、/ _/_/  / / /   化け物は 化け物を
    '´   ー==/ u ヽ ソ ミ::::\ ='イ ((    生み出すのかあッ
       _/ U r,イ-‐ニ二ヽ::\ ヽ、ヽ
.        、_/   ト.くヽ _,ノ、 \r.、:::\) /
     ヽ-./  _/ヽ-、   il  ヽ ヾ-`ヽ! ((
     ー/ ,:;;ハ\ \ヽ. リ し     /(
     .l,,;;'" ヽ\\/ 〃  ,. 一ノ‐ \
    -─l;'  ,;;'` ー'  /   / ,r‐'_-'ィ´/ヽ
     /\,;'    /  _´_/  ̄  ハ ミ
    ヽ.__,ノ` ー--一:_二: : -─…  ̄〉ヾ
    / ヽ二>-‐_¨_,,.. --──‐─┴┐

  SPW「才能は、封印されている状態で長く戦ったからか封印をとかない限りはそろそろ打ち止めだ!
      このままだと「10/16/16/0」ってところか!
      しかし天運……残酷すぎるぜ! 未来永劫天運が0だなんてよお!」

5192名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 19:46:44 ID:2fSOomVA0
これ、エヴァさん本人の目の前で言ってるのだろうか…w

5199◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:50:26 ID:vaW47l560
>>5192
本人を見た後、やる夫にだけ説明しています。
その後説明するかどうかは……高度な柔軟性をry

      __       /\/\/\/\/\/\/
     i´ `ヽ  /\/\/\/\/\/\/\
      \ \ ゙ソ'´:: ̄ ̄¨:::ー- /_ /\/\/   「封印は、どうやら強固な魔術師によって施されたもののようだ!
       入 > .._:::::::::::::::::::::::::::::::¨丶、'\/\  本人に解いて貰うか、無理矢理ぶち破るしかないだろう。
       i、 テ..,,_ >- ::;;_::::::::::::::::::::::::\ /
         ヽトrtォ-、ン¨Tキ= ¨ ー-- ::;;___l    このスピードワゴンの見立てでは……
         / ¨ ̄ `ヽミジ'´ヽー-- ..__  ̄
       r.' 、/ヽ    ヒ/,.イリ/  ヽl  \  . 【よほど高位の聖職者や魔術師、あるいはそれに匹敵する
         ヽ ノ  ',     r__ノ l  l ',\ 、     強力なアーティファクトでもなければ破れない!】
        ヽ-、 i    / / / l. l  V \ヽ
         ,F-' l   /   i i / l l ', \\
         ソ      /    ヾl 、 i  ヽ \  自力でぶち破ろうとするのなら
        人_,.. -‐ エ --====ヽリ / ヽ.\  【成長5回分を封印解除に費やす必要があるだろう!】」
,. -─==‐-==ニ二 ̄::::::::::::::::::::::::::l ハ 、、 i ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾヽ l} iヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リ\

5207◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:53:29 ID:vaW47l560
               /::::::::::::::|     \::::::::::\
             /::::::::::::::::::::l      ,. -──┴──---- 、
              |::::::::::::::::::::::__r─/               \
              |:::::::::::::; イO }/   ____             }
            V::::/   / x< ̄::::::__>、_,.--、   /
             ∨O o //::::/ヽ\\{、   \  '⌒ソ--、
.     / ̄ ̄ ̄¨¨二二二ニニフ__レ<:\l }  f⌒ヽ
.       |  /´ ̄ ̄      _//:::ィ─t:テテぐ´У/八{^} |      「因みに【封印解除後の限界は改めて聞いてくれ】
      乂 {  ,. -─ 、_,.ィ7f/::}ハ  ̄ ´ ̄ ̄   \/  ソ 人      やる夫さん、役にたったかな?」
       `7    ///r':ィ_fツ }│ \_         (ノl
.      /\_/ 人{トミハ  〈_ノ`ヽ `マ{__      |  ヽ
 /{ ̄ ̄ ̄j\/  (_ ` ̄∧  ヾ'    ⌒\、   |   \
  /──‐く  /ヽ 人     ,ハ、 r=-一     ト、   /   / \
   __,ノ \__,ノ(      ハ. 、_,.ィニニ   l   / / /
  /{   j\__,ノ__(     _ノ ‘,          , ' / /
  ,. ー一く /\::::::≧、_   _ノl\  ,. ----// /
   }    } \__ノ:::::::/:::::::: ̄::::/::|  ヽ: : : _// /::::::::
  ブ¨¨ ̄ヽ__ノ::::::::/:::::::::::::::::::::/:::::|\   ̄ /  /


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\   「たすかったお! 正直その分析力はすげーお!」
  / :::⌒(__人__)⌒::::\
  |     |r┬ i      |      「暗黒街で育って色んな奴を見てきたからな。大体のことはわかる」>SPW
  \__ `ー‐' __/
  /::::::::ハ\/Vヽ/;:i:::::::ヽ
  | :::r::l::l  ハ  |:7::::::l::|

5213◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 19:59:35 ID:vaW47l560
                . -─────- .
              ,  ',´            丶、
             /"/  ,  , ,      、      \
            /' /   / // ,     ヽ ヽ    ヽ
         / ' ,/  /〃 /イ .i| i !   |i  i      i
       / ,イ 〃 //,'  '"|  || | ∥ i. ||  | i    |  「おお、やる夫、頼まれてた魔神の居所、突き止めてきたぞ。
       〃7 /'  //..L ! !  !| ! |.!  | ||  | |    |   ところで、スピードワゴンと何を話してたんだ?」
      / L./ !.._/ |! | `ト. !. |ヽ」」ム__」 ||  | |    !
          `' 爪  ト¬=ミ、 `ヾ ,.三 └.ル.」|  | |    |             「これからの方針についてだお!」>やる夫
       二 i | !  |! ゝ_ソ     ¬ ;¬ァ、|i ∥ |    |
        ィ i | !  ||    '     ゞ'ノ ' !!  !) !    !  「ふん、まあ深くは聞くまい。で、結論だが――
     r:、    i│!  fヽ.  、____    ,. ||  |! |    |   【デンジャラスデイナーの一部族に潜伏している】
     ', '、   | | |  | ! |丶 `  ' ´  ,.ィi├||  |! | i  !   【麻薬を海外に流している急先鋒の部族だな】」
     ,ム `n /.│l  | ! ! i 〉:ー‐ '"i|│|│||  ||i !  !. l
    / ヽ、ヽ!. |! ! |  !.| | | リ    l|∥|│||  ||| |  |  |
   (⌒ヽ / ノ .|∥ ! ! ィ'´       丶 |│||  ||| |  |  |
【次、キャラクター安価をとります。部族の族長です】

5218◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 20:02:03 ID:vaW47l560
    ,. '´ .i ヽヾミ 、 丶、ヽ l!.  l      ヽ
   //, i | ト、 ヽ、ヽ、ヽ、\ l! l li  ヽ  l   ヽ
  /,.'// .l .! .l!ヽヽ、 丶、 、丶.ヽ! l |.l   丶 ヽ., 丶
 ,'/ .l.l! | l. l! 丶、丶. ヽ‐ヾ´`l l |ュ、  ヽ./.!  ヽ
..,''  l l! | l  l  ヽ '´`´,ィ''テ'l. l  |) .}、、/´`iミ.   \ ,.ィ    「因みにその部族の族長はこんな奴だ。
,'   lハ  ト, .ト、 L_ `` '´`''´ .l!.l .|_/ll∨  .l 丶、_,.-く/,    おい、そこの家臣団、フリップをもってこい」
   ll ! .llト.」'´ ,.ァ、   、-----」!L__|! l!∨  /、   /  丿.\
    l. ヽラll トヾ丶' 、  >、      ̄`ソ .∧.`ン  / 、  丶、
  ___ノ.|l. K"丶、 <  ヽ.      /  .L_ソ´ . / 、  \ _  `
  `‐、_  !!, |    ``ミニェヘ    ノ      く _,,. -''´Tソ´丶、
   /``>l! .l    `丶!_  `ヽ、/ __      ` _,,.-‐''"、   `
  / //l!   |丶、_   / .`丶、    ヽ     i'´ _,,. --ュ‐ァ 、
,.'´  / //l  |-ツ´ Z___/   / ヽ          ̄ __,,. -‐'´   丶
   / / l! ノ    /./   i!.   ゝ      ,,.-" ̄
【というわけで、どんな方ですか?】
↓5~10でチョイス(元ネタも併記してください)

5223名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 20:02:26 ID:xKZxMqZs0
メルエム ハンターハンター

5224名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 20:02:28 ID:dL7CDvIA0
兵藤和尊(賭博黙示録カイジ)

5225名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 20:02:30 ID:2fSOomVA0
朝倉(ハルヒの憂鬱)

5226名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 20:02:30 ID:bBUbWf1.0
リーゼロッテ・ヴェルクマイスター(11eyes)

5227名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 20:02:30 ID:TY9Ph.Ek0
ラインハルト・ハイドリヒ(Dies irae)

5228名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 20:02:31 ID:D1guySnQ0
ユダ(北斗の拳)

5238◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 20:09:14 ID:vaW47l560
すみません。ちょっと時間ください。

5249◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 20:15:51 ID:vaW47l560
              ,イ :::《:ヘ/:|:::::::::|:: _ |::::::   i::|./|:::.  \
             / ..:| :::::f::/::|::/ ̄   \::: |.::|-、:::::|::::   i, \
           /.. /⌒ <´        /\:i|:::|::: ̄'|::|:: 、 |::  ヽ
          //:/     ヽ   、  {  , -|::|:::::::::|::|i::  |: |:...  i
        /r─ 'ヽ       __\ .ィ\ `  ノヾ::::::::|:ハ::  |:::|::::|i: | 「悪いけど、私はこんな蛮地で
      ,イ´/    \ __ヽ  {   ヾ:::::::::: ̄ `:::イ=≡i|ミ|::: |i: |i:::| |::|  終わるわけにはいかないのよ……!」
   ィ= /       ヽ \ `ー ' ノ:::::::::::::::::::::::::::ヽ._ノ ::} _| !:||:::| |::|
- ̄,   ./  \ \     レ' `- イ:::::::::::::::::::::::::::::` ='"/::::/;:;リ|_:| t;!
   イ´/    ヽ ヽ     ',    ヽ       j   /`::T |/
 / ,イ!        ', 人 {  ).}     ヾ  rー‐ァ   イ::::: ::|
./ /!::! ≧、    ∨ \-' ノ       >-、´ _,.イ::::i|::: ::| |
{  l |:::!    ヽ {  j i   , ̄   __      > 、:l:::| |:: |i !
l  ヾヽ::、   丶二.ノ イ.t──<⌒:ト、        }|!,! |:  |ヾ|
ヽ  ヽ\ト _ イ:/ノ:/ l.\:::::::\ミ::! リ丶 __/ .| |:_!
      \ヽ`::ー':: ̄イ /  \:::ヽ:ト} ん、:::::::::≧!:: | `
  【デンジャラスデイナー 朝倉氏 当主 朝倉涼子】


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\   「朝倉“氏”? 族じゃないのかお? しかも当主ってどういうことだお?」
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

       ,.--¬,-‐¬‐-、
      /  ´          ヽ
     / /  ´⌒,⌒ 、 ヽ  ゙,
    ./ / //l l ||. |、 ! i ヽ , ゙!
    l  |! i/ /.| l.l| | ! ! iヽ ヽ .! .i   「元々は南東の島に住む名族だったらしいが、
    .i|  |! !/.l l i !| | | | .| |〉ヽ l ..:|.!   諸事情あって数代前に本家が滅ぼされてな
   i | | || .|'‐!‐リ- リ ! ,-l‐i|‐! .!::::!:::|   デンジャラスデイナーに落ち延びて一部族として再興
   l | | || !t.tーァ    ォーァ-! |::::||:::|   外からもたらした技術や知識を利用して、
   !.| | |.| .|',`''"   ,   "'''´| |'|| 、 ヽ   新参ながら有力部族として扱われている。
   ,| | | |ノ| |ヾ、  _   /'! | | ! !   ……まあ、その1つが麻薬の密売だがな」
  / ノ // i! |!. `,; 、 _ ,.ィ, ,|| |. !||ヽヽ.ヾ
 ,/ / i l .| || / \  /゙iヽ| ハ | !. ヾ
 / ///  |.| l/!  >く  | 〈  ! |/ |ヾ ヾ
/ .〈〈,/,./-,| |. !/L.」\l ,' | i`ヽ、ヽヽ〉 ヾ
 /  r'´ ! | .|  !  |::|  ! 〈 〈!  ヽ 〉ハ ヾ

5258◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 20:19:09 ID:vaW47l560
          |\          /|
          |\\       //|   いい事思いついた。
          :  ,> `´ ̄`´ <  :
           V            V    お前、俺と契約しろ。
          i{ ●      ● }i
           八    、_,_,     八
          / 个 . _  _ . 个 ',\
        / _,,」、       '|. \、__
     ,. ‐'''"´    ! /   ,  _」__ヾ',
    /´   └ 、_ ノi   ノ  (、_  ``ヾ!
   /     ヽ、 ` ''ー 、ィ-─'' r`'^    `
   !            リ    `ぅ ー=、_

 エヴァ「因みに魔神はこんなのだ。涼子はこいつと契約している可能性が高い」
 やる夫「うわぁ……なんていうか……うわぁ……」

5269◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 20:22:37 ID:vaW47l560
             ____y⌒ヽ
         ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
         /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
 (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
   `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
  __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
 〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l  「例の病気の症状を抑える薬、麻薬と似たような裏ルートで
 {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|   市場にながれているようです。おそらく間違いないでしょう。
 乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|
    Y:\:\:.i!: : ≠vィチ行ミヽ  X_><  }:. : :.ノ  しかし、あの名族朝倉氏がこんなことになるなんて……」
   vヘ: Y⌒ヽ {{ i 以リ ノ }}   ィ=ミ `V: : : :{\__
     \丶 `\` <__/⌒Y以 } Y: : : }}: ヽヽ¨ヽ            「? しってるのかお?」
         〉:ハ          ,   ゝ ノ ノ: : :.ハ: :八j
        '⌒ヽ、 u         =≦_/7 V   「噂だけですけどね、島は違いますが、一応同じ諸島の
              | ヽ   ` ヽ     /¨{  `v′ }   有力家でした。もう滅ぼされましたけど」
          __}   \    ,   <ノ  ヽ    /
       /^V    `¨´r─ 、     i   {

5266名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 20:21:19 ID:6Drf36Q60
キャラ安価まですんで今更なんだけど聖印-100%ではなく魔神の居場所-120%が採用されたでおk?
何度か読み返したけど範囲内に魔神の居所は一票だけのような、もしかして俺のログがずれてるのか?

5271◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 20:24:19 ID:vaW47l560
>>5266
……あ。

ええっと、すみません。こっちのミスです。
というわけで、あとで聖印の情報も教えます。

5277◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 20:29:11 ID:vaW47l560
::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ:::ヽ:::::::::::::: ヘ::::::::::::::::::ヽ:\:::
::::::::i:::::::::::::::::::/:::::::::〉、::::ヽ:::::::::::::: ヘ _,,,_:::::::::::ヽ::::::
:::::::::i::::::::::::::::/:::::::::/ \/\:::::::~:::i_ ヘ:::::::::|:::i:::::
::::::::::||:::::::::::::|:::::::::/__,,-"\::::\`'',<::i 〉|::::::|::イ:::::  「で、本当に偶然ですけど聖印の情報も見つかりました。
::::::i:::|::::::::::::::ヘ|::::/   _,,_ ` -'" ノノ |',::/|ノ|:::::   【やっぱりサンダルノアナ市街にある】みたいです。
:::::::',i:::::::::::::::::::',/  ./ソ:| `    `'  ',|/彡|/   具体的には、当時大聖堂があった場所の土台に
:::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ'., <_i':::ノ       .、  |  "    国を守護するためにいっしょに埋めたようですね。
::::',::::::| ヽ,::::::::::::::ヘ  ̄        ' ./
::::::ヽ::ヽ_ `ヽ:::__::::\         ./        ただ、よっぽど深く埋めたのと魔王の大魔法で
ヘ|\;;;;|ヾへ_∧. ̄ ̄     マフ /         あたり一面破壊しつくされたので、見つけるのは困難でしょう」
       _/   -, ,, _ __,,./
     /   \ ` ミ/
    /       ', / \,_
  . /         ',|.  .|  |
  /           .|  |  ヘ


               ____
             /      \
           / ─    ─ \   「具体的には領内探索ですね、わかります」
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |         「それでも難しいですけどね」>涼
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

5279◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 20:32:04 ID:vaW47l560
     /'  ̄ ̄`ヽ   ,ィ⌒ト、──-tz._ _
.   /'      ,.ヾ/: : : : : ::\ : : : : : : :: : : : :ヽ
   {!      /: : : : : :: : : : : :: : :.ヾ : : :: : : : : : : :: :.\
        /: : : : : :: : : : : :: : :\ : : :: : : : : : : :: : : : : ::.\
      /: : : : : :: :从 : : : :: : : : :\ :: : : : : : : :: : : : : :: : :.ヽ
     /: : : : : :: : :〃{{: : : {: : :: : : : :.\:: : : :: : : : : : :: : : : : :}
.   〃: : /: /:/|| {: : : :ヽ : :: : : : : :.\: : : :: : : : : : :: : : :.{     「というか、これはもう探して見つかるもんじゃないです。
   {  〃 〃 〃  |l  \: : ::\ : : : : :: : : ヽ: : : : :: : : : : :: : :ミ.    迷信じみた話になりますが
.   乂{: : : : :八‐' {!   `ー─‐‐-、: : : : :: :.ヽ: : :: : : : : :: : : : :ト、_,ノ 聖印が選ばない限り、出会うことはないでしょう」
      }: : : : :.|              ̄¨} : :: :} : : : :: : 、: :  : :: : :ヽ
.    /: : : : : {  ィfテト、     ィfテ示)ト、 /:::::/:: : : } : : }: ::.} : : : :: :.}
    {.: : : : : : :辷 V沁    _Vt:j刈 ソ::/} : : : : j: : :.:! : :.! : :.: : :/ ※ 具体的には【領内探索に成功したあと、
    \: : 〃 ̄ ̄乂_ Y´   ヾ炒7  .j:: : : :ノ}: : :.} : :.} : : :.:/    グッドイベントで聖印発見と書いてください】
       {     ァ ̄`{       /==ノ.::,ィ'´ /: : /: : ,ハ:.:.:/    そうすることで
        `ー┬ ′'  ー─‐──'  // r‐‐':::/ !: /  }:./     【聖印にたどり着くための継続判定が可能になります】
.          \            し   |: :/¨  |:/  |/
.            \  へ       イ   {从
           /  \      ィ      ヽ
.          /    〃 ̄ ̄}      / ̄`ヽ
          {    〃  ヽ  r─ /      \

5289◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 20:37:09 ID:vaW47l560
              - ― - 、
           , ‐' ´ - ―--ゝ
       ,ィヘ´ ,. - ' ´ --―-‐-ゝ
  ___r'|ヘ い´ ,. - '´  _--¬ー ‐ヽ
  |   ,イ。)ぃ 〈 _, -‐' ´ ::::::::::::::::::::::::::∧
. └ァ'´ ~イヽヽイ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハハ
   \   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l  「最後に、三種の神器の最後の一つですけど
    /`〃::::::::::::::::::::::::::レj / jノ|:::::::lヽ:::::::::::|   【その名は『不滅の剣』】、バビロンの王が魔王群と戦う際
   / // ::::::::::::::::::〃//'十ト ゝ斗 }、:::::::l   その身に携え、魔王と戦ったと言われています。
  / /|| l::::::::::::::::::::l'´厶=ミ    xzミV::::::;|   王がその剣で空を凪げば嵐が巻き起こり、
/ // .| ::::::::::::rク:|/沁:リ      ヒツ .レ、:ノ   地に振るえば大地が裂けたという伝承がありますが……」
  /     |iぃ:::::::ゝyリ ` `´    、¨ ;
.../     |いヽ:::::::♀         ′ /
.       !ヽNYrY:|\    r_ァ /
.          亅___> __ イ
     _______{ : :: :: :: :: ̄'Y´:|
    ,r'  `' <` ̄\ : :: :: ::|: ::|___
   {      \_   l:: :: :: ゙i:;:ラ   , \
  /         `'、.|::: :: /8\'ミ_=イ   \
、{__       \ ゙i \:;,/ ..8 \',ッ    ゙i
| >―`二ニ ,_  `'(__) j______゙i(_)_,、=‐イ
゙i/        ̄ ̄ ' 、.|)lll(,廴lll(廴,ム゙ッ  ,r'


               ____
             /      \
           / ─    ─ \   「うん、お察しのとおり、剣にそんな能力はないお」
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

5293◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 20:40:12 ID:vaW47l560
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \  「不滅の剣の能力はただ1つ。
    |      (__人__)     |  【どんな無茶苦茶な扱いをしても絶対に壊れない】だお。
     \    ` ⌒´    ,/   因みにその伝承自体は多分真実だお。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    剣の能力じゃなくてご先祖様本人の能力だけど」
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

5307◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 20:43:38 ID:vaW47l560
                マ=-`   `ヽ    ∧|ヘ
                V    `ヽ ヘ   ∧ ゙.} } /
                    乂ゝ、     \ヘ|ヽ,、 .} / レ
                 マ  ゝr^ヽ>´ 、 ヽ/ /
                  V  { r   ,.、ヽ   y    「本来三種の神器を持ち出したくはなかったが、
                / :ヽY´ ゝ   丶;j`ナ゙ノ      ランクS程度のアーティファクトでは
             _ / :::::::/ L _ 」  、   f´       本気を出すと2~3振りで壊れてしまうからな。
         r ≦¨   ≧``'' 、`丶\  ,゙- ‐` ,,,,_      魔王戦ともなれば不滅の剣を使わざるを得なかった」
          _ 」_,,..-一=-、.,    `ヽ`ヽ<;;;/、;;;r ´ ヘ,,,_
       /               ヘ 、 ヘ;;Vヘ{     ヽ
      /                ハ `ヽVVヘ      }
.      {                 ハ   \Vヘ       l  ※ 多分全能力20越えのリアルチート
.     .{                 }==- 、ヽ/V    l
       V                }   _,,.;;;;;=ヘ   ノ
          【当時のバビロン王(想像図)】

5314◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 20:51:10 ID:vaW47l560
          , -''"´二二二二`丶、
        / , ' ,´ ---------- 、ヽ、\
.       |//_ -‐───-- 、 \ヽ ハ/ゝ
.       |/.:´:.:.:.:.:.:.、.:.:.、:.:.:`:.:.:.:.:、:..\㎝二l
      /.::/:.:.'.:.:.'.:.:.:.:ヾ.:.:ヾ.:.:.:.ヽ.:.:`、:ハ\\
    /.::/:':./.:..i.:.:.ト、.:ヾヾ::ヾ.:.:ヾ.:.`、:j.:.:.i l\\   「で、肝心の場所ですが
    i.:.:l:.:!:|.:.:.|::__| \!、弋弋:ヾ:ヾ`リw.:i | ヽ ヽ   当時の王と魔王が戦った地にあると推察されます。
     i.:.!::i.:.:!:|リT !!     ,ィラ芥、リリ⌒y! |   〉 ) 【具体的には北部の山脈地帯です】
     レ.:.i.:.:.!//f:i芯      乂じリ’ リン.八 | / /
      ゝ.::r圦' 込リ        ̄  r-♀::.リ V  /   そこに陣取ってた魔王軍に対し、バビロン王国軍が
       |.:|\ヽ    ヽ     ,小iリ ::::!  |  |   逆侵攻をかけたところで魔王が本気を出したそうですから
       | :i:i::♀\   ェ‐:ァ  ,イ:::|::/ :::リ   |三|   まずまちがいありません」
      |.:!乂从 :::`::...._   /|ヾ:乂::/|  |
         /  ̄ V\:::|` ´ .イ乂    |  |
      /     Vヘ{>-‐っヽ.:`ー) ̄`ヽ、|
     〈      ヽ V´ィ'ニニ⊃ \.:.:.i     `、
     i    .,-‐,/´冫´二⊃   \|   .:.:.:ハ
     /   ./.:.:.:.| /  'ニ⊃` ‐-─┤  .:.:/.:.:.:)
    /ー-‐',:.:.:.:.:.ノ /  .ノ ー──--{ ○:/.:.:.:.:.:i
                        ̄


             ____y⌒ヽ
         ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
         /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
 (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
   `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
  __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
 〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l   「魔王率いる魔王直属部隊と
 {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|    バビロン王率いる主力部隊が激突した場所です。
 乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|   【おそらく、今もなおさんさんたる状況になってるでしょう】
    Y:\:\:.i!: : ≠vィチ行ミヽ  X_><  }:. : :.ノ   こちらも【聖印と同じ要領で探してください】」
   vヘ: Y⌒ヽ {{ i 以リ ノ }}   ィ=ミ `V: : : :{\__
     \丶 `\` <__/⌒Y以 } Y: : : }}: ヽヽ¨ヽ
         〉:ハ          ,   ゝ ノ ノ: : :.ハ: :八j
        '⌒ヽ、 u         =≦_/7 V
              | ヽ   ` ヽ     /¨{  `v′ }
          __}   \    ,   <ノ  ヽ    /
       /^V    `¨´r─ 、     i   {

     ____
   /      \
  /         \  「まあ、デンジャラスデイナーを同行するよりは大分楽そうだお……」
/           \
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
【情報収集フェイズ、終わり】

5318◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 20:54:25 ID:vaW47l560
━━【D:行動フェイズ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
下に記載された行動を3つまで行うことができます。
各行動には「メインキャラ1名、サポートキャラ2名」合計3名が参加できます。
同じキャラが何回行動を行ってもかまいません。但し、同じ行動を2回行うことはできません。
なお、行動の結果は都度反映されます。
例えば1回目の行動で技術力が上昇すれば、2回目の農業開発には上昇した技術力を使用します。

0:自己鍛錬
 任意のリソースを1消費して、参加したキャラ全員が成長点を3点得ます。
この行動は何回でも行えます。

1:情報収集
 財貨1を消費し、情報収集フェイズと同様に様々な情報を収集します。
判定方法は情報収集フェイズと同様です。この行動は何回でも行えます。

2:技術開発
 財貨1を消費して、技術力を上昇させます。
判定前に「N点上昇させる」と併記してください。Nは任意の自然数です。
この行動には【知略】を用います。
判定のペナルティは[-(現在の技術力+Nの二乗×5)]です。
例えば、3の状態から2点上昇させたいなら-(3+2×2×5)=-23のペナルティを受けます。

3;農業/工業/商業開発
 物資1を消費して、農業力/工業力/商業力を上昇させます。
宣言時に「N点上昇させる」と併記してください。Nは任意の自然数です。
上昇させる能力毎に別の行動として扱います。
この行動には【指揮】を用います。
判定のペナルティは[-Nの二乗×5]です。
また、農業力/工業力/商業力が技術力を上回っていた場合、
さらに[-(上昇前の上げたい国力-技術力)×10]のペナルティを受けます。

4:治安維持
 リソースは消費しません。荒廃度を減少させ、治安を回復させます。
宣言時に「N点減少させる」と併記してください。Nは現在の荒廃度以下の任意の自然数です。
各キャラクター毎に【指揮】または【武力】の好きなほうを使用します。
このとき-[Nの二乗]だけペナルティを受けます。
これにより荒廃度が0になった場合、即座に追加でランダムイベント表を振れます。

※2~4で上昇値または減少させたい荒廃度を"1"とした場合、判定なしに自動成功します。
 その際にも行動に参加したキャラクターは成長点を1点得ます。

5319◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 20:55:08 ID:vaW47l560
5:領内探索
 リソースは消費しません。領地を探索します。資源や家臣となりうる人材が見つかるかもしれません。
この行動には【天運】を用います。
成功すればグッドイベント、失敗すればバッドイベントがおきます。
判定を行う際、[-今まで成功した回数の二乗×10]のペナルティを受けます。
例えば今までに2回成功していた場合、-2×2×10=-40のペナルティを受けます。
このペナルティは1月、5月、9月になるとリセットされます。

6:部隊創設
 「物資1&財貨1」を消費して新たな部隊を創設します。
初期状態での兵力は5ですが、【指揮】による判定で初期値を上昇できます。
宣言時に「N点上昇させる」と併記してください。Nは任意の自然数です。
その際のペナルティは[-Nの二乗×5]です。
成功した場合初期から上昇した兵力で部隊を得ることができます。
失敗した場合も兵力5の部隊は創設されるので、ご安心ください。
 また「物資3&財貨3」を消費することで精鋭兵を創設できます。
このとき、初期兵力は15となります。それ以外の処理は一般兵と同様です。

7:軍事訓練
 物資1を消費して、全ての部隊の訓練を行います。
宣言時に「N点上昇させる」と併記してください。Nは任意の自然数です。
この行動には【指揮】を用います。
その際のペナルティは[-Nの二乗×5]です。
この時同時に「物資2&財貨2」を消費して一般兵1部隊を精鋭兵にアップグレードできます。
その際、自動的に兵力が+10されます。
但し上昇値を"1"とした場合、判定なしに自動的に成功します。
その際にも行動に参加したキャラクターは成長点を1点得ます。

8:軍事行動
 魔物や盗賊などといった敵性勢力と戦闘します。このとき、動員する部隊数と同じだけ食料を消費します。
外国に軍事行動を行う際には、消費する食料が3倍になります。

9:外交
 国内外の勢力や人材と外交します。この行動自体でリソースは消費しません。勢力毎に別の行動として扱います。
この行動は必ずやる夫がメインとなります。サポートキャラは他の行動と同様2名までつけることが可能です。
どんな判定を行うかは外交の内容によって変わってきます。

※:その他
 思いついたものを適当に提案してみるのもアリです。
但し、実現不可能な場合は無効とする可能性がありますのでご了承ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【情報も出てきたので、5分ほど相談&質問タイムを設けます】

5323名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 20:56:02 ID:2fSOomVA0
【1スレ目、4857レスまで】の行動案メモ。(10月の行動案)


開始時リソース:財貨15、物資4、食料15。国力55、部隊数2。《神運》1回、《人形遣い》1回。
交易:『なし』or『食料5→物資4』 ※現状の推奨は不明。
○行動パート案(判定は全て自動成功)○
『確定枠』
部隊創設:N=3:エリー(M)、エヴァ、ジャギ (財貨-1、物資-1)
『以下から2つ選択』
工業開発:N=6:《神運》やる夫(M)、エリー、エヴァ 《人形遣い》使用 物資1追加 (物資-2)
技術開発:N=5:エヴァ(M)、エリー、涼 (財貨-1)
その他:薬開発:エヴァ(M)、エリー、涼 ※基礎成功率『255+技術力』%。完了値45、判定数3回。


【現在の推奨案】
技術開発:N=5:エヴァ(M)、エリー、涼 (財貨-1)
工業開発:N=6:《神運》やる夫(M)、エリー、エヴァ 《人形遣い》使用 物資1追加 (物資-2)
部隊創設:N=3:エリー(M)、ジャギ、エヴァ (財貨-1、物資-1)


※備考
来月は物資収入。現在だと+6の予定。
今月に『部隊設立』をしないと抑止力のイエローゾーンに突入する。
『穀物の病気を抑える薬』の開発が終わってから他国と外交する。
エヴァを4回行動で《人形遣い》成長。


■推奨案を行った場合の成長ポイント変化■
やる夫:56→60(1回成長)
涼:69→75(2回成長)
エリー:69→81(3回成長)
ジャギ:48→51(1回成長)
エヴァ:15→27(2回成長)
スピードワゴン:0→0

5324名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 20:57:53 ID:iJmCmqVQ0
北部を探索するには軍事行動って必要?

5326◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 21:00:40 ID:vaW47l560
>>5324
場所を特定するにはとりあえず領内探索です。
それから、状況次第では軍事行動が伴う可能性があります。
【少なくとも領内探索一発で手に入ったりはしません】

5328◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 21:02:45 ID:vaW47l560
さて、ではそろそろ始めましょう
【1回目の行動を指定してください】
↓3~7から多数決

5331名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:03:53 ID:VCklWqc20
部隊創設:N=3:エリー(M)、ジャギ、エヴァ (財貨-1、物資-1)

5333名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:04:13 ID:xKZxMqZs0
部隊創設:N=3:エリー(M)、ジャギ、エヴァ (財貨-1、物資-1)

5334名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:04:13 ID:2fSOomVA0
部隊創設:N=3:エリー(M)、ジャギ、エヴァ (財貨-1、物資-1)

5335名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:04:15 ID:8bbMhvtg0
部隊創設:N=3:エリー(M)、ジャギ、エヴァ (財貨-1、物資-1)

5336名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:04:30 ID:iJmCmqVQ0
部隊創設:N=3:エリー(M)、ジャギ、エヴァ (財貨-1、物資-1)

5346◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 21:11:29 ID:vaW47l560

【部隊創設:N=3:エリー(M)、ジャギ、エヴァ (財貨-1、物資-1)】に決定しました!
10*10+(8+5)*5-3*3*5=120% 例によって自動成功!

          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |     |r┬-|     |   「燃える水も出たことだし、そろそろよからぬことを考える奴も出そうだお!
     \      `ー'´     (⌒)    防衛力をしっかり増強して欲しいお!」
      >          ノ ~.レ-r┐、
     /          ノ__  | .| | |
      |          〈 ̄   `-Lλ_レレ
      |          ̄`ー┬--‐‐´


                 _  - - 、ト
                 /- ― - 、  ヽ
                /二二 ー- 、 ヽ/丶,
               /: : : : : :`: ー. 、冫  / `、
              /: : : :.ィ: : : : : : : : : :ヽ<  /
             ,': : : :./l: : : .l : : : : : : : : :ヘ/   「錬金術を人に教えたりしてたら
             {: : : ム !从ムAL、; : : : : : :',    いつの間にか一番指揮が上手になっちゃいました」
             ヽkリ´ォ、  彳㍉ `-r=、: : i
             // .代j   弋ノ   そ}: :.l
            / / /! 丶      ァノ: :ル
           ./ /. ,'. ゝ., ワ    イ:.0ィkノ
          ../rー_'ー┐   ヽ _  ィ-┤″
          /  -、'‐L r‐-.」 |._」 ̄|_ハ  〉
            /  `ー、ソ// ̄ /ハ  l \/  \彡
            /  下-rグ ./ ./  o ヽ V 7  />‐〈
        /  _,ノ_ノi ,,, .| ====ヽ / /    ⊥
        !    ! -弋ノ三三三三三| O _ -‐ ´三 |
        |    | / / ̄ ̄ ̄ ̄/ .`-‐7ヽ_ー  ヽ
【物資8→7、財貨10→9になりました!】
【兵力8の部隊が誕生しました!】
【部隊安価をとります。まずは候補なのでお気軽に】
↓今から5分間の安価から5つほどチョイス

5349名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:12:17 ID:2fSOomVA0
ダイナストカバル

5351名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:12:31 ID:8bbMhvtg0
天の鎖かな。
撮りそこねたしw

5352名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:12:51 ID:dL7CDvIA0
アルマダ

5353名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:13:22 ID:VCklWqc20
ソフトン

5354名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:13:25 ID:O.SghqNw0
アウストリア

5355名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:13:32 ID:2fSOomVA0
うみねこ

5356名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:13:45 ID:fPtXGEUUO
延期ドゥ

5357名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:13:49 ID:2fSOomVA0
群蜘蛛

5358名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:14:19 ID:JMoL.nlY0
レメゲトン

5359名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:14:29 ID:atZRu16Q0
プランクトン

5360名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:15:08 ID:eRsSRVqs0
エヴァにゃんをprprし隊

5361名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:15:11 ID:O9MjBMa20
闇の福音

5366◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 21:18:23 ID:vaW47l560
【独断と偏見で候補を決定しました!】ここから先は殴りあい安価だ!
1:天の鎖
2:ミラクルソード
3:レメゲトン
4:延期ドゥ
5:闇の福音
↓10

5376名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:19:35 ID:2fSOomVA0


5382◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 21:22:31 ID:vaW47l560
【というわけで、レメゲトンに決定しました!】
    , -──- 、
 /::::::::::::::    ::\
/:::::::::::        ::∨ト、
::::::::::          :: レ'ノ
::::::::::::::        ::: レ'⌒ヽ
ヽ-───i===i─-}ァ'  ノ
、` ー-===-゚---゚==‐' /
、`¨フ>;''ニニゞ,;アニニY´; )    「というわけで、ここはやる夫がゴッドファーザーになってやろう!」
_、;;)¨´ ( ●) ( ●) {ッリ'
i1(リ     (__人__)  K
ヾ=、    l;;ω;;;;;;;;i .|; )              「あ、名前ならさっき公募でレメゲトンに決まりましたよ」
_,ノ| i.    {⌒゙'^ヽ.{ i;; ヽ
_,ノ!i ヽ、  ヾ二ニソ ,';;;  ;;冫=:、
_;(|.!.  \   ‐っ /!;;; ;;/ 、''"\__  「あれ? やる夫立場なくね?」
'ト、\.   ,ゝ、.二..イリ\ / ー1\'ニゝヽ_
:ヽ  `ニア   ,. -┴‐‐'  ー-:l :=ゞ=ソ」=ヽ
:::::\ ニ=ト、.i___`ー-┴-、ノ .   l __l| ,ニト、くヽ
l::::::::::\ー:ト      __}/ト、゙ ー-‐| ,ニ|ゞ=ハ `¨´ー-
;ニ=ー:::::::ヾト、._    ̄ ノ|::ヽ ニ._‐-ゞ=' .ノ ::|:::::::::::
:\:::::::::::::::ヽ   ̄ ̄ !:|:::::    ̄ ̄  ::::|::::::::
【次、2回目行動の安価を取ります】

5386◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 21:24:07 ID:vaW47l560
【では、2回目の行動をお書きください】
↓3~7の多数決

5389名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:24:37 ID:2fSOomVA0
技術開発:N=5:エヴァ(M)、エリー、涼 (財貨-1)

5390名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:24:49 ID:VCklWqc20
技術開発:N=5:エヴァ(M)、エリー、涼 (財貨-1)

5391名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:25:19 ID:dL7CDvIA0
技術開発:N=5:エヴァ(M)、エリー、涼 (財貨-1)

5392名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:26:03 ID:xKZxMqZs0
技術開発:N=5:エヴァ(M)、エリー、涼 (財貨-1)

5393名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:26:20 ID:8bbMhvtg0
技術開発:N=5:エヴァ(M)、エリー、涼 (財貨-1)

5400◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 21:30:21 ID:vaW47l560
【技術開発:N=5:エヴァ(M)、エリー、涼 (財貨-1)】に決まりました!
14*10+(10+11)*5+10-10-5*5*5=120% はいはい自動成功自動成功。
【財貨が9→8になりました!】
【アルケミーマスターの効果で技術力が10→17になりました!】
【これにより燃える水の収益が2→4になりました!】

       ,.--¬,-‐¬‐-、
      /  ´          ヽ
     / /  ´⌒,⌒ 、 ヽ  ゙,
    ./ / //l l ||. |、 ! i ヽ , ゙!
    l  |! i/ /.| l.l| | ! ! iヽ ヽ .! .i
    .i|  |! !/.l l i !| | | | .| |〉ヽ l ..:|.!  「でだ。前から思ってたことなんだが……」
   i | | || .|'‐!‐リ- リ ! ,-l‐i|‐! .!::::!:::|
   l | | || !t.tーァ    ォーァ-! |::::||:::|                「なんだお?」>やる夫
   !.| | |.| .|',`''"   ,   "'''´| |'|| 、 ヽ
   ,| | | |ノ| |ヾ、  _   /'! | | ! !
  / ノ // i! |!. `,; 、 _ ,.ィ, ,|| |. !||ヽヽ.ヾ
 ,/ / i l .| || / \  /゙iヽ| ハ | !. ヾ
 / ///  |.| l/!  >く  | 〈  ! |/ |ヾ ヾ
/ .〈〈,/,./-,| |. !/L.」\l ,' | i`ヽ、ヽヽ〉 ヾ
 /  r'´ ! | .|  !  |::|  ! 〈 〈!  ヽ 〉ハ ヾ


     ,.'´,ィ   ,イ ,'  ,' i| |  |! |i  トi   iヽ  ヽ  ヽ
   / イ/  ,'/.,' ,イ i|! |!  i! l'、 i!    l !  ! i  i
   ,' // !  ,' ! i / i !  !  i l , ヽ  i! ||!  l l  !
  ,'/ ,i !  /.,i ,' ! .i l !∥   | l u'、 ト!、 l! li i  ! i  l
.  :,' i ,! ,' /! i i | l i! i   |! i!  ヾi!ヘ 、i. i| !.  i! l  l  「領民の教育レベルが低すぎるだろう!
  リ  !l ,'!,' '| ! ,.へ! !_ i|!ヽ  ト, i ,.ィ弋,ヽヽ| l!  |! l  !   生産が錬金術で作ったマジックアイテムだより、
  ,'  !|_,」!,',' ト! l ,.-7‐ミ、、! ヽ,ムン'´,.-ュ、_  ヾ! i!  !i i  |   しかも錬金術師はエリーのみとかどう考えても
     i !リ|!∥i 」__{! 0 }     '´{ 0 |!_`ァ' i! |i  | i |  !  そのうち破綻するわ!」
    ,' ,' ,|!∥l ー '` ´   r       `'‐f、_,) !| !|! | .! !. |!
.   l ,'  i! l|ヽ!   ┌‐ァ-‐=丶ヘ,    /!| l|! l ! i  il
 ̄ ̄,' i! ∥i!| ト.    ! /       i}  ,イ |.| ||! ! ! |   !
    ! ll  |! ||!.``丶丶 `、      ' ,ィi´ | ,| ! ||!. l l  !  |!
.   l |!  ∥||!   冫,!iュ、 __,..  ' 1._!| | :| |! l|! ! i.  !  i|
   l i|!  |l |l  /イ  !       ,!/' ´ ` 丶|!_|  !  | ∥
   ! |i!  l| l| / /         〃        ``  、!  |!

5409◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 21:35:02 ID:vaW47l560
           ,. -─ー- 、__
         r´   /    `丶
        /    /  /  、  \
      / /  . ´,’  ´ / /  i 丶  `、
    / / / /   / / / i  | i| ヽ  :.   「というわけで今から領民を一から鍛えなおす!
  _/  /   /  / / / /| ハ||i }  }    ついでに貴様もだ! ないたり笑ったりできなくしてやる!」
. ̄         /  / /l/l__/ ///Li」L 」 ノ
   /  / /  /_/テEtミV-´ ィサチィハく           「え? やる夫もかお?」
  /  / ./ /i、_  `'ー´   └kヽ(`| } ヘ
/  /   / イ- </〉、  ┌ー,' r'、`.y´) ly' ノ  「返事の前にサーをつけろ!」
  /    //    丶、>└,. ィゝУ)/ / ハ
/    / { _       ̄` -=ニ/ /´ ¨ L⊥、   「サーイエッサー!」
    / /Λ ´` ァ 、        ( ´     ,.-ー┘
  / / / ∧  ノ:::::::>ー──-ヘ、 __/
/ / // /  Y´:::::::::::::::::::::://|'|:::::::{


             , -''"´二二二二`丶、
           / , ' ,´ ---------- 、ヽ、\
            |//_ -‐───-- 、 \ヽ ハ/ゝ
            |/.:´:.:.:.:.:.:.、.:.:.、:.:.:`:.:.:.:.:、:..\㎝二l
        /.::/:.:.'.:.:.'.:.:.:.:ヾ.:.:ヾ.:.:.:.ヽ.:.:`、:ハ\\
          /.::/:':/.:..i.:.:.ト、.:ヾヾ::ヾ.:.:ヾ.:.`、:j.:.:.i l\\
       i.:.:l:.:!:|.:.:.|::__| \!、弋弋:ヾ:ヾ`リw.:i | ヽ ヽ  「いやあ、エヴァさんが来てくれるようになって
        i.:.!::i.:.:!:|リT !!     、_,_ リリ⌒y! |   〉 )  私も楽できるようになったなあ」
        レ.:.i.:.:.!//,ゝ‐-     ´   ` 'リン.八 | / /
         ゝ.::r圦                r-♀::.リ V  /  (ところで、女性の場合はサーじゃなくて
            |:|\ヽ    ヽ     ,小iリ ::::!  |  |    マムだったんじゃないかなぁ?)
           |:i:i::♀\    ー '   ,イ:::|::/ :::リ   |三|
         |:!乂从w`::...._   /|ヾ:乂::/|  |
                 ,へ__」 ` 丁 ̄|     |  |
         __r─一'  / /   ハ  |`く` ー─-、__」
      r┴ i      |/ /l」\ ヽ |    .ヽ┴、
     r┴‐  ヽ     |__∠___\V      /  弋
    /⌒'ー--ヘ  ○ |<<))()((></ ○ /-‐´⌒\
    〈       ヽ,__ノ======ヽ,_/       〉
【次、3回目の行動安価を取ります】

5413◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 21:37:53 ID:vaW47l560
【というわけで、3回目の行動安価をお願いします】
↓3~7

5416名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:39:02 ID:8bbMhvtg0
薬開発 
エヴァ(M)、エリー、涼 ※基礎成功率『255+技術力』%。完了値45、判定数3回。

5417名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:39:09 ID:2fSOomVA0
エヴァ(M)、エリー、涼 ※基礎成功率『255+技術力』%。完了値45、判定数3回。

5418名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:39:13 ID:6Drf36Q60
薬開発 エヴァ(M)、エリー、涼 ※基礎成功率『255+技術力』%。完了値45、判定数3回。

5419名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:39:16 ID:FLQKEP720
エヴァ(M)、エリー、涼 ※基礎成功率『255+技術力』%。完了値45、判定数3回。

5420名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:39:20 ID:VCklWqc20
薬開発 
エヴァ(M)、エリー、涼 ※基礎成功率『255+技術力』%。完了値45、判定数3回。

5426◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 21:44:29 ID:vaW47l560
【薬開発 エヴァ(M)、エリー、涼 ※基礎成功率『255+技術力』%。完了値45、判定数3回】に決定しました!
14*10+(10+11)*5+10+17-15*10=122%、3回やれば45いくことが確定!

                . -─────- .
              ,  ',´            丶、
             /"/  ,  , ,      、      \
            /' /   / // ,     ヽ ヽ    ヽ
         / ' ,/  /〃 /イ .i| i !   |i  i      i
       / ,イ 〃 //,'  '"|  || | ∥ i. ||  | i    |
       〃7 /'  //..L ! !  !| ! |.!  | ||  | |    |  「さて、向こうの欲しい札は既に割れている。
      / L./ !.._/ |! | `ト. !. |ヽ」」ム__」 ||  | |    !   しかも、ドローすればそのカードが確実に取れる状況だ。
          `' 爪  ト¬=ミ、 `ヾ ,.三 └.ル.」|  | |    |  ……この状況を見過ごすのは罪悪だと思わんか?」
       二 i | !  |! ゝ_ソ     ¬ ;¬ァ、|i ∥ |    |
        ィ i | !  ||    '     ゞ'ノ ' !!  !) !    !
     r:、    i│!  fヽ.  、____    ,. ||  |! |    |
     ', '、   | | |  | ! |丶 `  ' ´  ,.ィi├||  |! | i  !
     ,ム `n /.│l  | ! ! i 〉:ー‐ '"i|│|│||  ||i !  !. l
    / ヽ、ヽ!. |! ! |  !.| | | リ    l|∥|│||  ||| |  |  |
   (⌒ヽ / ノ .|∥ ! ! ィ'´       丶 |│||  ||| |  |  |


             ____y⌒ヽ
         ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
         /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
 (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
   `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
  __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
 〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l   「まあそうですけど、はいそうですかと簡単に作れるなら
 {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|    苦労はしませんよ?」
 乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|
    Y:\:\:.i!: : ≠vィチ行ミヽ  X_><  }:. : :.ノ
   vヘ: Y⌒ヽ {{ i 以リ ノ }}   ィ=ミ `V: : : :{\__
     \丶 `\` <__/⌒Y以 } Y: : : }}: ヽヽ¨ヽ
         〉:ハ          ,   ゝ ノ ノ: : :.ハ: :八j
        '⌒ヽ、 u         =≦_/7 V
              | ヽ   ` ヽ     /¨{  `v′ }
          __}   \    ,   <ノ  ヽ    /
       /^V    `¨´r─ 、     i   {

5430◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 21:48:20 ID:vaW47l560
     /!     | |/  / /  / /|  | |i'i   i!. i ゙、
     /.|       !.|  /'ァ′,/,/ ,'  リ.! !i   i!  i ゙、
     / ,|     | |__/ /_//ヽ、 /|| !|  i'i  i ゙、
.   /_/|     | |   ___  /_ /、i ! |   ! !. i、゙!
   /´,.-|     | ヾl《''7'´ ̄㍉ミ、'、/、リ !  l 'i  i'゙、!
.  / ,〃',|     | l ` i  ○ ,i マヽ /  !_ | |  ! !l   「簡単には作れまい。苦労もするだろう。
.  ! ',i( |     | |   `  、,ノ   /l    `i、|_ !  !|    そこまでわかってれば十分だ。手伝え。
 /ヽ、``!     | |      `    i'l.l     i |  `   i|    なあに、ほんの一週間不眠不休で働くだけですむ」
./ / /\|!     | |             '.l l    i |
' / //′||     | |             \    i |
/ /,/  ||      | |   i\      / i   i |
,/,/   ||      | |.   \\     , 'l l i     i |
,/    ||      | |.     丶\ / .l l. i   i |
'       !|      | |       /   l l i   i i
     |.|      ! | > 、  /     l l i   i i
``ヽ、  | |    | |/ //`'´         l l i   i i
.    ヽ、| |    | | //           l l. i   i i


            __
      __ ⌒ヽ∠´
    /´ : : : : : : : : : : : `
   /: : : : : : : : /|: : : : : : : `
   |: : : i: : : : / {: : : ヽ、: : : ヽ
    |: : : i: : : : lー弌: : : : i iヾ: : : `
   ′: : : : : ////ヽ_:l///l: : : :, }  「なにそれこわい」
 ''゙´: : : : : : : : l、_,/⌒l、__i: : : /
 ヾ: : : : : i\: :l        |: : 〈
  `ヽiヽ:.`ヽゝ! .   ─  ./: : : )
      厂 ̄'7 ヽ  /: :/'',′
  / ̄ ̄"ヽ/i   |ー┐
  |       \ ヾ . .|;!ヽ、
  厶ー       /、 \|   |
 ぐ        /:;:;゛:;:;:;';:|   ヽ、

【涼とエリーの休暇を墓地に捨て、トラップカード発動!】
【追加効果でカードをドローし、薬の試作品を手にすることができる!】
【というわけで、行動フェイズ終了】
【次にランダムイベントフェイズに移ります】

5438◆Ih1FY7GGuI2013/02/02(土) 21:51:05 ID:vaW47l560
┏【ランダムイベント表(荒廃度0~4)】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃0:残念! とくになにもなし。
┃1:全部隊の兵力+1
┃2:食料+5
┃3:物資+5
┃4:財貨+5
┃5:技術力+2
┃6:農業力+2
┃7:工業力+2
┃8:商業力+2
┃9:グッドイベント! 安価で指定したことが起きる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【0~9までの数字を指定してください。それとトリップに隠された値の和の一の位を参照します】
↓6

5444名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 21:51:28 ID:dL7CDvIA0
2

5448◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 21:55:41 ID:vaW47l560
◆Ih1FY7GGuI→#0karoushi
2+0=2
食料+5!
    V       _>'':::>'">      `ヽ
 .    V    _>'':::::> ,.ィへ_.、、\..__   ミ、._   こ、この豊作! 
      V_>'':::::> ,.ィ-‐ ニ::::ハ`トヽ、   ヽ=- .そうか! いま栽培されているのは
  ,.. -‐=V>''":;.ィ i/ァr ¨tアノ  ミソ }ミヽ、 ヽ -  この地で埋まっていたバビロンの原種!
  i  -‐''"_,.:ィ:,.ィt:ム '¨ヽ ̄  r  ノし'^V    \
  ゙¨¨  ̄/ ゙ヘ` ¨´ l i  ', \、 i.  !:: ヽ.\-、.   .地中に埋まってもなお枯れずに
 .     リ  .ハ、   ー'¨フ   \. ';::  ゙、 ヽ\   生き残ったその生命力は
     ∠ /  ∧   `_,. ‐ニヽ  ヽ !::.   ヽノ l:  現在の品種を大きく上回る!
     -イィ    ',   .V´  /    /:::     /  ;:
   ,.ィ'¨=-、    ∧   `ご.    /::::   ./  ./:   .しかも元からこの地方に生えていただけあって
  ,斗- 、 ノY'¨ヽ.   \  i   ./:::: !   ,.'  ./::::  .気候の愛称は歴史が証明済み!
 .( ,⊥..__ `/ ヽ,イ    >、__..ィ::::  i /   /::::::   攻守において完璧だ!
  / L、  `ト -' l   / ,.ィ、::::::::..../   ./::::::::   .(約一秒)
  v'´ ̄¨゙ト!、 /  / i´‐、 \:::/    /::::::::::
  i \,.ィ  ノヽ\ /  l |::く\ ::| /\.  /::::::::::::
【食料が10→15になりました】
【次、固定イベントフェイズに入ります】

5455◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 21:58:06 ID:vaW47l560
【固定イベント:来訪、下がる男】
【KSKSTから使者が到着しました】
【外交と同様、2人までサポートキャラをつけることが出来ます】
【誰をサポートにつけますか?】
話し合いの内容も含め、5分ほど相談時間を設けます。

5470◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 22:05:00 ID:vaW47l560
ところで「こいつを連れて行ったら何をしてくれるか」という解説はご入用ですか?
全員説明していると時間も足りませんし、もし聞かれたら答えよう程度に思っていたのですが。

5487◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 22:11:24 ID:vaW47l560
では簡単にだけ説明します。
涼:普通にフォローしてくれます。「これを引き出したいんだけど」とか質問すれば答えてくれたり。
エリー:薬や錬金術に関してなら、ちゃんと説明してくれます。
ジャギ:襲ってきたときに守ってくれます。威圧や言いくるめが有効な相手なら補助してくれます。
エヴァ:基本、彼女を外交の場に連れて行くのはリスクが伴います。
    ただ、知略も武力も高いのでそれを承知の上で連れて行くなら割といろいろできます。
SPW:相手の能力や性格を完全に見抜きます。

5494◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 22:14:38 ID:vaW47l560
だってSPWは演出とかじゃなくてそういうスキルがあるって明記されてるんですもん……。
【では、そろそろ安価を決めます】

5498◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 22:15:09 ID:vaW47l560
【誰を連れて行きますか?】
↓3~7で多数決

5501名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 22:15:38 ID:VCklWqc20
涼、エリー

5502名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 22:15:39 ID:kG5Go0w20
涼、エリー

5503名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 22:15:50 ID:8Iqm4SEo0
涼とSPW

5504名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 22:15:54 ID:2y6JyZAc0
SPWと涼

5505名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 22:15:55 ID:8bbMhvtg0
涼SPW

5524◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 22:23:20 ID:vaW47l560
【涼とスピードワゴンに決定しました!】
あと、別にエリーでないと薬の説明ができないわけじゃありませんのでご安心を。
       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \  「というわけで、涼はやる夫のフォローを頼むお。
  |       (__人__)    |   スピードワゴンは相手の思惑とかを見抜いてほしいお」
  \   ⊂ ヽ∩     <
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/


            -=≦ ̄`ヽ
                   ≧x: :v'⌒ヽ__
           ,. ´ : : : : : :Y´ ̄jノ: :` 、
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
          /                   ヽ
       /j : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
.      //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .     「わかりました」
.      __//:. :.: : :.:/:〃:/: : : : : ヽ: :.:ヽ: : ヽ: : : : ヽ: : :.
   /:.〃: : : : : /j/ {∧ : : : : : : ト、: :ハ: : 八: : : :.|: : : .、__
.   /::::::::{{: :〃: : :レ──\j\廴j L}┴く  |:.: : :|: : : : : : \
  ヽ(_:::::::V {: : : :l                 |:.: : :l: : :.}\:ヽ:.:}
    {::::::::_::ヽ:.: 代 ,ォ==、       ,ォ==、 .│: :./: : /:::::::Vj/
     \( {:::::::\                  ノ: :/:.:/::::::}ヽ}
        \:::: {       '         ∠_,.イ//j/
         `¨ヽ     、___,      イ≦_/
              \    ー‐'    , ´
                 i      ィヽ⊃
              __|  `¨¨´  Vユ_
            {: :./         〈 ノ


      -=≦::::::::> 、   _r n
   /   〈:::::::::::::::::::::\/ |│/⌒ヽ
.   /     ヽ:::::::::::::::::::::| |//::::::ノ::}__r─f⌒ソ⌒Y
  i        \:::::::::::::::| |/:::/:::/ミ
  |   |、 ト、    ';:::::::::: | l/::::::/ミ
  '.   V::::∧   V::::::::l/:::::::::/ミ__,ノ
 (__V   ∨:::∧   V{::/::::::::::::/ミ_ノニヽ彡,__人
 (  ∨  ∨:::∧_/个l:::::::::::/\ミ{〈ヽ}|、_ノ     ノ
  \_∨__∨/|{  リ :::::::,ィ    rク `ーr'⌒´:::::  「まかせといてください!
   / ∧  {   ヾ//::::,ィfッ      ',     |::::::::::::::   とはいえ、失礼にならない程度にとなると
.   {  {:::::`:ーー:::´:://冖´   {   ',    l::::::::::::::   ちょいと情報量は限定せざるを得ないですけどね」
   \_ヽ:-:-:-:-r rtッ}   \_  ヽ  }  │::::::::::::
       ̄ Τi´ \  ', 、__、   ̄ ̄`ヽ/  /|::::::::::::::
         ̄ヾ--ヽ 弋ノ__ノ    /   /。,|:::::::::::::   ※ 要は今回使わないデータまでは説明しないということです。
               \. `こ´    /   /l ノ|:::::::::::::     必要になったら後で教えるので、ご容赦ください。
             /\     /   / l|。/|:::::::::::::
             /l::::::::::::ヽ---く__/  l|。∧::::::::::::
            /::::::|:::::::::::::::|\_( l r。 \__∨::::::
.           /::::::::l::::::::::::::::|:::::::::乂  。,  ノ ∨::::
.           ,'::::::::::l::::::/::::::\::::::::::\___/ 。, ∨::

5538◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 22:29:23 ID:vaW47l560
【なお、涼やSPWに何か聞きたいときはいつでも質問してください。都度説明します】
         /: : : : : : : : : `ヽ、 `):}
.       /: : : : : : : : : : :-=='<´
    / : i´: : : : : : ト、: : : : : : :\
   /: : : :,' : : : : : j |、: ヽ: : : : : >、:ヽ、
   !: : : :j : : : : : : : :ヽ、!:i :、: : 、-':´ : ヽ、ヽ、
   |: : :/ : : : : !: :j:.i: : :トト、: :l : : !: : : : : ヽ `ヽ
   i: :/: : : ; : : : : :i:|: : :l|:i: : : : ト:i、.: :i、 : ト、: : :i: 、:.ヽ.
   ∨ : : : i: : :i: : i|:!ヽ:i |:ト、: : :ト:|ヘ: レヽ:!: i : :.!: :ト、: j
    {: : : : :{: : :ト、:AlーiトムL\: !Yィハ!j` ル' : : j : !_'_
   ,イ:,ィ: : : :!: : i'ヘi 代"厂`  ヾ:、  ̄   ! : ;イハノ . `ヽ`ヽ   「お目通り感謝します。
   !/|: :r'ヽ、 : ト、   ̄        `   ル:ノ. ' . . . . i . !    KSKSTの戦士、柊蓮司です。
   ' i: :\、ム、{ `         〉   ,' '´. . . . . . ! . !    今回は教皇の名代として
   /´j;イ:`r-、`                /. . . . . . . | . |    バビロンに親善の挨拶に参りました」
  /. . ! . iヽ! i ヽ、     -=='  , ' ヽ. . . . . . .!. ,'
/ . . .|. . i   ヽ. `  、    ´ /    \ . . . . i .i
 . . . ! . ヘ.   \   ` ,ー<       \ . . . j .|
 . . . |. . ヽ.   ヽ.   i  \   r、    ヽ . . ,'. .j
. . . . ヘ. . . i     ` 、_    / ヽイヽ`ヽ、 _ヽ /. /!
. . . . . ヽ. . l       ハ、 ´  ノ|`ヽ i. . / . __. ./. /. }
. . . . . . i . ヽ     j  ! `-'´_j_ / !<_/. }ノ. /. /
. . . . . . .! . .\   /ヽ.レ' ̄:ヽ   ̄`i_ . /. ./. /
 . . . . . |. . .  ヽ./ヽ/:::::::::::::::ヽ-― } i . j. ./ . {


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\    「遠路はるばるお疲れ様ですお!」
  /   (__人__)   \
  |     |r┬ i     |
  \     `ー‐'    /
  /::::::::\/▼ヽ/::::::::::|

5550◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 22:37:30 ID:vaW47l560


: : : :/ :, : : : : |: : : : :! : : : : : : : : !: : :/: : !: l: : : :l: : : !: !
ノ/;イ/: : | : |: : : : l : : : /: : : :/: :,イ : :/: :|: :l : l: :!: !|:l
: / !'l: : : ! : | : : : |: :/:/: :/:./イ:/ !: :/: : ,': :| : |: |:/ !|
〈 (   !: : :|: : ! : : : !/:/!: /l:/、メ'、 l: /: : /: :/: :,ハ:l' j'
: ヽ.ヽ ヘ: : ハ: :j: : |: i:/ '´ '|y'`  j/: : /l: /イ:/ i|   「しかし、この街に伺ってその発展具合に目を見張りました。
: : : ヽ._ |:/ l:/! : |、:|     `   /: / /' ノ'  '    とても半年で無から作り上げたとは思えない
: ハ: /  '    !: :| ヽ      /; ヘ           よほど入念な計画と優秀なスタッフがいたのでしょう」
/ i' | !    ヽ:!       '´   ヽ
    ! ヽ.    `          ,.'´          (さて、とりあえず接触できたはいいが……
\   |   \        __  !             正直、ここまで発展してるとは思ってなかったぞ。
  \            '‐-'、`´             どうする? 【どこを着地点に持って行くべきだ?】)
   \    ,.ヘ、     r '
     \  /\ 丶、   ,'
      ヽ'   \   ̄
【どう答えますか?】
しばらく相談タイムを設けます。何かあるなら涼やスピードワゴンに質問してもかまいません。

5556名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 22:39:38 ID:O9MjBMa20
涼に薬の事持ち出すか相談

5558名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 22:40:04 ID:kG5Go0w20
スピードワゴンに相手のことを聞いてみる

5577◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 22:51:00 ID:vaW47l560
>>5556
             ____y⌒ヽ
         ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
         /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
 (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
   `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
  __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
 〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l   「そうですね。あちらの状況を考えれば
 {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|    【持ち出せばまず間違いなく食いついてくるでしょう】。
 乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|    【確実に国家承認くらいは引き出せるでしょうね】
    Y:\:\:.i!: : ≠vィチ行ミヽ  X_><  }:. : :.ノ    持ち出すべきかどうかで言えば、
   vヘ: Y⌒ヽ {{ i 以リ ノ }}   ィ=ミ `V: : : :{\__   【向こうが持ってるものを欲しいかどうか】次第でしょうか。
     \丶 `\` <__/⌒Y以 } Y: : : }}: ヽヽ¨ヽ 何か欲しいものがあるなら、出していいと思います」
         〉:ハ          ,   ゝ ノ ノ: : :.ハ: :八j
        '⌒ヽ、 u         =≦_/7 V
              | ヽ   ` ヽ     /¨{  `v′ }
          __}   \    ,   <ノ  ヽ    /
       /^V    `¨´r─ 、     i   {

>>5558
      __       /\/\/\/\/\/\/
     i´ `ヽ  /\/\/\/\/\/\/\
      \ \ ゙ソ'´:: ̄ ̄¨:::ー- /_ /\/\/   「基本的な目的は【こちらと交流を持つこと】ですね。
       入 > .._:::::::::::::::::::::::::::::::¨丶、'\/\  ただ、国交を開くことでバビロンに興味のある市民の投資を募り
       i、 テ..,,_ >- ::;;_::::::::::::::::::::::::\ / . 発展に寄与しようと思ってたところ予想以上に発展していたので
         ヽトrtォ-、ン¨Tキ= ¨ ー-- ::;;___l    どうしようかと悩んでいる所と見ました。
         / ¨ ̄ `ヽミジ'´ヽー-- ..__  ̄
       r.' 、/ヽ    ヒ/,.イリ/  ヽl  \  .なお、彼自身は特に裏表のない武人と言ったところですね。
         ヽ ノ  ',     r__ノ l  l ',\ 、   親善大使ということで、誠実な人間が選ばれたのでしょう。
        ヽ-、 i    / / / l. l  V \ヽ
         ,F-' l   /   i i / l l ', \\
         ソ      /    ヾl 、 i  ヽ \  ただ、個人的な武力はエヴァンジェリンにも引けを取りません。
        人_,.. -‐ エ --====ヽリ / ヽ.\  やる意味もありませんが、喧嘩を売るのは避けておくべきですね」
,. -─==‐-==ニ二 ̄::::::::::::::::::::::::::l ハ 、、 i ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾヽ l} iヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リ\

5600◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 23:05:08 ID:vaW47l560
【では、そろそろ会話安価といたします】
>>5550
【これに対してどう答えますか?】
↓1~15でチョイス

5596名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 23:03:40 ID:8bbMhvtg0
こちらの要求は国家承認+教会(外交施設)の設立+教会銀行かな。
で薬の試作品を渡して、寄進代わりの独占契約をするかわりに頼みたいことがある”
こんな感じかな。

5597名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 23:04:25 ID:eN6MY.XM0
向こうは民衆には金も物資もある。指導者層にはないがw
ただそれを無駄な使い道につぎ込んでるだけだ
ならばこっちから誘い水を出せば投資してくると思うんだよね
つまり国交樹立できればお得感がある…抑止力には使えないけど
薬は食料の後で販売代金の一部を寄進というWin-Winな形に持っていくのはどうだろう?

5601名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 23:05:39 ID:8bbMhvtg0
>>5597
よし。オタク産業を流行らせようぜw
錬金術を使ったおなh(このスレは全年齢です!!)

5602名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 23:06:22 ID:.Ubjt1860
5596+5597

5603名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 23:07:17 ID:2NWzOexY0
・国家承認の要求。代わりにいくらか寄進。
・善良な吸血鬼の呪いを解いて欲しい。代わりに農薬。
 とりあえず農薬試供品は今回プレゼント。

5604名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 23:07:37 ID:8bbMhvtg0
入念な計画と優秀なスタッフがいたという言葉の部分を肯定して
必死になった結果、国力が上がりました。と丁寧に返事する。

5605名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 23:07:46 ID:2fSOomVA0
>>5596+仲間(エヴァ)の件+5597

5606名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 23:08:56 ID:xRA04ohQ0
>>5560
向こうの入念な計画と優秀なスタッフがいたという言葉の部分を肯定して
必死になった結果、国力が上がってそちらに寄進できるほど国力が上がった事まで。

まずはジャブ

5607名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 23:09:26 ID:.Ubjt1860
飢饉の原因が魔神の陰謀って情報もつたえる。
あと突き止めてくれた上、薬を作ってくれたのも「善良な吸血鬼」と伝える。

5608名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 23:09:29 ID:TwsR1YnQ0
国家承認の要求。
かわりに、食料の交易と多少の寄進かな。

5609名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 23:10:52 ID:O9MjBMa20
薬を用いた主権回復でもほのめかしてみるかな
今のKSKSTじゃ国家レベルでの取引もろくに出来ないっぽいし

5610名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 23:13:48 ID:nBfWY9BA0
国家承認を出して欲しいと、希望する
「今後も国家同士として仲良くしましょう」という言い方になる
その上で、相手が要求があれば、寄進や、相手の望む資源による交易

5611◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 23:14:56 ID:vaW47l560
なんだか数が少ないので、予定よりきりあげてこの辺でチョイス&ミックスします。
少々お待ちください。

5617◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 23:21:32 ID:vaW47l560
       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \   「はい。無才な身の上ではございますが優秀な仲間や国民に恵まれ
 |       (__人__)    |    一年足らずでここまで国土を回復することに成功いたしました。
 \     ` ⌒´   /    今まで復興に手一杯でご挨拶が遅れましたが、
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.    これからはよき隣人としてお互い手を取りあっていきたいと考えております」
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


           ,
          (    ,. -――― 、
           `>': : : : : : : : : :ヽ:`ヽ.
          _/: : : :iヘ、: : : :ヽ: : : :\:ヽ.
         /ィ,. . . ヘ. .ヽ、 . . :ヽ: : : : 、:i   (つまり【国として承認しろ】ってことか?
        ' /: : : : : : i ヽ: 、: :\_:__:.Y: : :、:\   まあそこまでは想定内だな)
      ___i: : : : : : : ト、: |ヽ: ;ヽ;≧:、L|: :、:、i``
    _,.ヘ、:::::|ハ: :|: : :ヘ|ニ;トト, \、"ゞ‐'`リ: :ヾ`、    「そうですね。国境線の設定など話し合うことは多々あるでしょうが
 ̄ ̄     i:::::::::ヽ:i:ヽ: :i` `¨   ヽ    l:ト; :j      わが国は貴国と友好的にやっていこうと考えています」
         }:::::::::::::ヽ!:ヘ:ゝ   l      i':':;'
    ,..-ャj:::::::::::;.-'`ヘ!ハ、  _    ,':ハ}
-‐ i´-、    ̄ ̄     }>、  ̄` /iム.
  !: : ヽ.ー:‐、――-- 、/  }ヽ. ,. ' /  i.、_
  ∧: : :ヽ、:ヽ: : : /ヽ.  | 、  r'-、  |:、:` ー-- 、 __
 /i: ヽ.: : :ハ: ;. : : ,イ , ヘ. ト、ヽ 」 //\ !: ヽ、: : : : `:7ヽ.
./: |: :| : :| : i:j: :/: レ': | |`ト---r'//  |: `: : ヽ: : : : :/: : !
: :j: : !: : !: y': \_;. --| ヽi: . : j//  ト、: : _/: : : : ': : i

5619◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 23:27:46 ID:vaW47l560


       ____
    /     \
   /  ─    ─\    (【国家承認はできるけど、国境付近の奴まではどうしようもない】ってことかお?)
 /    (●) (●) \
 |       (__人__)    |   「ありがとうございます。ところで柊殿はKSKSTの戦士とか。
 \     ` ⌒´   /     試みにお聞きしますが『善良な吸血鬼』という存在を信じますかお?」
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、. 
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


          /  ,..‐―.--.、
          ゙フ´: r:、: : : :`ヽ:ヽ
         ,ィ : : : :|: :ヽ: 、: :、:ヽ!    (いきなり何言い出すんだ? いや、こりゃおそらく次に関係のある話だな)
         /: : : :|;ム : :ト、:_ヽl : :ヽ
        ,'イ: : : |'tッヘ.:! 'ゞ'`l : l``   「そりゃあ、どうしようもない悪人も世の中にはいるんです。
         lヘ:ヽ|  | ヽ  |ハi`     善良な吸血鬼くらいいるでしょう。
           ヽlヘ、 ,. 、 ,イル      善良かどうかはともかく、人と共存できる吸血鬼なら見たこともありますし」
          __,...-/lヽ.__/,ノヽ _
      /| . . . . /ヽ|    i7ヽ |、.`.ー.-. .、_
    __/._._.|. . . /l/|、`lニ「 /'| `. ヽ . . . . ,ハ
__,.ヘ '´. . . . . |. . r`ー' |ヾ!__j〃 |`ー<´ . . . . !. . l
 ヽ .\. . . . .|. . |. . . .| 〈::::;〉  |. . . ./ . . . ,' . . |
ヽ ヾ、. \. . |. . |. . . .| j::::!   |. . ./ . . . /. . . .|

5623◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 23:33:17 ID:vaW47l560
       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \
 |       (__人__)    |   「ほう。詳しくお聞きしていいですか?」
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、. 
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


           ,
          (    ,. -――― 、
           `>': : : : : : : : : :ヽ:`ヽ.
          _/: : : :iヘ、: : : :ヽ: : : :\:ヽ.  (吸血鬼と協力して何かやってるんだなこりゃ。
         /ィ,. . . ヘ. .ヽ、 . . :ヽ: : : : 、:i   なら話は早い。腹探るのは苦手だし、経験談でも話すか)
        ' /: : : : : : i ヽ: 、: :\_:__:.Y: : :、:\
      ___i: : : : : : : ト、: |ヽ: ;ヽ;≧:、L|: :、:、i``   「まあかまいませんけど。長くなりますよ?」
    _,.ヘ、:::::|ハ: :|: : :ヘ|ニ;トト, \、"ゞ‐'`リ: :ヾ`、
 ̄ ̄     i:::::::::ヽ:i:ヽ: :i` `¨   ヽ    l:ト; :j
         }:::::::::::::ヽ!:ヘ:ゝ   l      i':':;'
    ,..-ャj:::::::::::;.-'`ヘ!ハ、  _    ,':ハ}
-‐ i´-、    ̄ ̄     }>、  ̄` /iム.
  !: : ヽ.ー:‐、――-- 、/  }ヽ. ,. ' /  i.、_
  ∧: : :ヽ、:ヽ: : : /ヽ.  | 、  r'-、  |:、:` ー-- 、 __
 /i: ヽ.: : :ハ: ;. : : ,イ , ヘ. ト、ヽ 」 //\ !: ヽ、: : : : `:7ヽ.
./: |: :| : :| : i:j: :/: レ': | |`ト---r'//  |: `: : ヽ: : : : :/: : !
: :j: : !: : !: y': \_;. --| ヽi: . : j//  ト、: : _/: : : : ': : i

5625◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 23:34:56 ID:vaW47l560
「説明中……」
         /: : : : : : : : : `ヽ、 `):}
.       /: : : : : : : : : : :-=='<´
    / : i´: : : : : : ト、: : : : : : :\
   /: : : :,' : : : : : j |、: ヽ: : : : : >、:ヽ、
   !: : : :j : : : : : : : :ヽ、!:i :、: : 、-':´ : ヽ、ヽ、
   |: : :/ : : : : !: :j:.i: : :トト、: :l : : !: : : : : ヽ `ヽ   「人間に協力する吸血鬼に関しては
   i: :/: : : ; : : : : :i:|: : :l|:i: : : : ト:i、.: :i、 : ト、: : :i: 、:.ヽ.     『ナイトウィザード The 2nd Edition』を買ってみてくれ!」
   ∨ : : : i: : :i: : i|:!ヽ:i |:ト、: : :ト:|ヘ: レヽ:!: i : :.!: :ト、: j
    {: : : : :{: : :ト、:AlーiトムL\: !Yィハ!j` ル' : : j : !_'_
   ,イ:,ィ: : : :!: : i'ヘi 代"厂`  ヾ:、  ̄   ! : ;イハノ . `ヽ`ヽ
   !/|: :r'ヽ、 : ト、   ̄        `   ル:ノ. ' . . . . i . !
   ' i: :\、ム、{ `         〉   ,' '´. . . . . . ! . !
   /´j;イ:`r-、`                /. . . . . . . | . |
  /. . ! . iヽ! i ヽ、     -=='  , ' ヽ. . . . . . .!. ,'
/ . . .|. . i   ヽ. `  、    ´ /    \ . . . . i .i
 . . . ! . ヘ.   \   ` ,ー<       \ . . . j .|
 . . . |. . ヽ.   ヽ.   i  \   r、    ヽ . . ,'. .j
. . . . ヘ. . . i     ` 、_    / ヽイヽ`ヽ、 _ヽ /. /!
. . . . . ヽ. . l       ハ、 ´  ノ|`ヽ i. . / . __. ./. /. }
. . . . . . i . ヽ     j  ! `-'´_j_ / !<_/. }ノ. /. /
. . . . . . .! . .\   /ヽ.レ' ̄:ヽ   ̄`i_ . /. ./. /
 . . . . . |. . .  ヽ./ヽ/:::::::::::::::ヽ-― } i . j. ./ . {

5640◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 23:42:56 ID:vaW47l560
         _    __   \、
     ,.'´:/:ヽ ̄ : : : : ` ヘ.、_,))__
    / : /: : : : : : : : : : : : ヘ:、`:< ̄´
.   / : : / :: : : : : : : : : : : : : l: : :ヽ、: :\_
  / : /:/: : :/ : : : : /: : i: : :|: : : : :ヽ: : ヽ-`ヽ
  !/'//: : : l: : : : : :!: :,イヘ : | : |: : : : l: : :!   「――と、こんなところですかね」
  j: : jハ: : : l: : :|: :/!:/'l「`ヽ.l : |、: ! : l: : :|
  /ヘ: : :,ハ: : :l、 : |: ! l' ≠ミ、 ト、:「|ソ:/ ト、: |
   i: : ヽ.ヽ.:| ヽ:トl        マノ:l :l ヾ
   |: : : :`r `           ィ'ルヘノ
   j: : : : :| ヘ.       ヽ.ー-, /
   /'i: : : iヽ  ,> ーァ    `´/
    i'_,.'´ ̄   /` ___,.'
   /´      /  /ー‐-‐ '´ ̄ 7
-‐‐へ      /  i、       /


       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \  「なるほど、でしたら話は早い。
 |       (__人__)    |   実は今回の穀物の病気、我々の調査ではデンジャラスデイナーに潜伏する
 \     ` ⌒´   /   魔神の仕業によるものだとにらんでおります。
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.   また、とある『善良な吸血鬼』の協力の下、
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i   穀物の病気に有効な治療薬の開発にも成功しております」
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

5644名無しのやる夫だお2013/02/02(土) 23:47:19 ID:2NWzOexY0
ふーむ、実交渉はリョウに喋らせたほうが違和感ないかも。
運以外ステ0のやる夫が、こういう頭が良さげな会話を無表情でしてると違和感しかねえw

5651◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 23:49:42 ID:vaW47l560
>>5644
何を仰る。ほぼ家臣団がアドバイスしたとおりに喋ってるだけではありませんか。

         /: : : : : |: ヽ: : : : : : : : : : : : : : : :`:、 :丶
       /: : : : : : : l : : ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
.       /: : : : : : : : : :!: : : : :\: : : : : : : : : : : : : : : :`:、:!
      /:,/: : : : : : i: : :l : : : ヽ: :ヽ: :、: : : : :\: : : : : : : :\
    /' /: : : : : : : l: : :l、: : : :i : : :i、:ヽ、: : : :ヽ : : : : :ヽ、:ヽ
    '´ /:/ : : : : : : ト、: !ヘ: : : :|ヽ: :| ,>、 :、: : : :l : : : : : : ヽ.`ヽ
      l: l : : : :l : : :トヘム、ヽ: : | メl,.ィf'ムヽト、: : |!: : : : : : : :l   「――! 魔神!? しかも治療薬!?」
      |:l| : : l: l: : : k' けサ ヽ.:l  ´ ゞ-'   ヽ:l|: : l、: : ト、:!
      l:ハ: : :|: |:、: :|  `"   ヽ            |: :/ 〉、:| `
      l' ヘ.: :l: :! :ヽ.:、   /|          j:/ /: : ヽ
        ヽト、|: :|: ヘ`   ヽ、       r ‐- 、 /|´:| :|: :!
          ヘ:|: |:ハ、    ___   |   丶!: :!;ハ;ノ
            ヘl l;ヘ   マ二 > |      `丶、
                \  ―    |         ヽ、
           ,.-‐ '´  ̄ > 、_,. <|          /
          / \      |     l         ,.'´.7ー----
            /     、       !     !       ノ´ . . / . . . . .
         /      ヽ.   ,ィ!   r‐`ー―-/. . . . ./ . . . . .
      ,.-‐/      イ 〉  / |   |    / . . . . . .,' . . . . .


           ____
         /      \    (吸血鬼に関して驚いてる様子はないお……)
       /   ⌒   ⌒\
      /   ( ●) ( ●)ヽ    「魔神に関してはただバビロンの古文書を当たった上での
     .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |    推測でしかありませんが、治療薬は試作品が現物としてあります。
      \__   ` ⌒´   /    流石にレシピはお渡しできませんが、よければ差し上げましょう」
      /::::::::ゞ、\ハ 介 / / ヽ
    /:::::::::,':::::::::::ゝー―n〆つ━━r、
    |:::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__|_|、_ミフ:::::(彡}
    |:::::::::::::::::::::::::::::ヽ/:/

5664◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 23:57:15 ID:vaW47l560
       / : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : 、:_ヽ.
        ,' : : /: : : : : : : : : : : : : : : :l´ヽ、 : : : : : : : : : ヽ: :ヽ.``
      i: : : :!: : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: :!
       |: : : j: : : : : : : : : : : : : l: : : ト:ヽ: : : : : : : : : : : : : : :l、:l (滅びたとはいえ流石はバビロンの末裔か……。
      !: : /: : : : : : : : : : : : : :l: : : !: ヾ:.、 : : : i: : : : l : : : l l:!  なるほど、戦後バビロンの遺児が恐れられた理由が
      !: /: : : : : : : : : : : : l: : !: ;イ:!: : : `i`:ーr':l、: : : ! : : : l l'  なんとなくわかった気がするぜ)
      Y:, イ : : ! : :l: : :l : :| : ハ:| |:ト、: : : |lヘ:,l: !l: : : :! : : : l
       ノ'i: :liヽ: :|: : :!: : | : :ト、トl|、|j_,ヘ: : :l|'´_|ノ ! : :/: : /:/   「……それで、そちらの目的は?
       l: :ヽ.ヘ:|、: :l: : :|、 :|_,.イ', " ヽ: | ̄´ l: :/: :,イ:/     それだけ出しておいて、友好の証というわけはないでしょう」
       /イ: : :ヽ.、ヽ|、: :| ヽ! ̄´     ヽ   ノイ:/ー'‐--..__
      ,イ. iヘ:ハ: : `r 、 ヽ!           ヽ  ,:'. '´. . . . . . . . . .!ヽ
    / l . |  lノヘ|  ヽ u          '´ ヘ.、. . . . . . . . . . .l. . ヽ
   / . . | . |    ヽ  ヽ、     ,. -‐`// !. ヽ、 . . . . . . . l . . . ヽ
 / . . . . | . |       \   > 、  ´, '/  / . . . .〉 . . . . . . .l. . . .
'´ . . . . . . | . l       ヽ.    / ` r ' /、   l . . . / . . . . . . . .|. . . .
. . . . . . . . | . j      / ̄ |   l   ノ、 ヽ \ |. . ./. . . . . . . . . |. . . .
【というわけで、改めて要求をお聞きします】
【このままだと「国家承認+教会のネットワークを使っての薬の販売とマージン+銀行設立」という要求になります】
【質問も受け付けますので、改めてご相談ください】
【なお、別に上の要求が悪いというわけではありません】

5693◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 00:05:50 ID:egdEwqMc0
::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ:::ヽ:::::::::::::: ヘ::::::::::::::::::ヽ:\:::
::::::::i:::::::::::::::::::/:::::::::〉、::::ヽ:::::::::::::: ヘ _,,,_:::::::::::ヽ::::::
:::::::::i::::::::::::::::/:::::::::/ \/\:::::::~:::i_ ヘ:::::::::|:::i:::::
::::::::::||:::::::::::::|:::::::::/__,,-"\::::\`'',<::i 〉|::::::|::イ:::::  「ああ、因みに申し上げておくと中央銀行とかそういう概念は
::::::i:::|::::::::::::::ヘ|::::/   _,,_ ` -'" ノノ |',::/|ノ|:::::   流石にありません。銀行=金貸しだと思ってください。
:::::::',i:::::::::::::::::::',/  ./ソ:| `    `'  ',|/彡|/   要は『KSKSTの金貸しを紹介して』という内容になりますかね」
:::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ'., <_i':::ノ       .、  |  "
::::',::::::| ヽ,::::::::::::::ヘ  ̄        ' ./
::::::ヽ::ヽ_ `ヽ:::__::::\         ./
ヘ|\;;;;|ヾへ_∧. ̄ ̄     '⌒ /
       _/   -, ,, _ __,,./
     /   \ ` ミ/
    /       ', / \,_
  . /         ',|.  .|  |
  /           .|  |  ヘ

5694名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 00:06:03 ID:rRBnOjpU0
ちなみに銀行は銀行でもKSKSTの資本じゃなくて、教会の資本な
やる夫がコケたら教会も資金難にするという感じで。

涼ちんに質問、教会の銀行が入った上でのメリット・デメリットは?

5699◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 00:08:11 ID:egdEwqMc0
>>5694
             ____y⌒ヽ
         ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
         /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
 (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
   `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
  __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
 〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l   「まことに申し上げにくいんですが、その……
 {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|    【KSKSTの教会に銀行を経営できる資金力はありません】」
 乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|
    Y:\:\:.i!: : ≠vィチ行ミヽ  X_><  }:. : :.ノ
   vヘ: Y⌒ヽ {{ i 以リ ノ }}   ィ=ミ `V: : : :{\__
     \丶 `\` <__/⌒Y以 } Y: : : }}: ヽヽ¨ヽ
         〉:ハ          ,   ゝ ノ ノ: : :.ハ: :八j
        '⌒ヽ、 u         =≦_/7 V
              | ヽ   ` ヽ     /¨{  `v′ }
          __}   \    ,   <ノ  ヽ    /
       /^V    `¨´r─ 、     i   {

5716名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 00:12:39 ID:rRBnOjpU0
外交施設の設立でKSKST関連の情報探索のボーナスはでますか?GM。

5723◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 00:15:12 ID:egdEwqMc0
>>5716
 もちろん情報収集にボーナスが入ります。但し、向こうもバビロンの情報を手に入れやすくなります。

5726◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 00:17:03 ID:egdEwqMc0
さて、そろそろよろしいでしょうか?
【次に安価をとります。会話内容をお考えください】

5732◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 00:19:04 ID:egdEwqMc0
【では、どう切り出しますか?】
↓1~10でチョイス&ミックス

5732◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 00:19:04 ID:egdEwqMc0
【では、どう切り出しますか?】
↓1~10でチョイス&ミックス

5683名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 00:02:51 ID:3FC1fVPg0
国家承認+教会のネットワークを使っての薬の販売とマージン+後々のエヴァ解呪

これで行くか?

5706名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 00:09:59 ID:R.k5RSIs0
と、なるとやはり>>5683
+派出の教会ぐらいか。教会ネットワークの一端という扱いで

5728名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 00:17:36 ID:cahbZvd60
国家承認+エヴァの解呪+薬売りますよ?良心価格で

こんなもんか

5733名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 00:19:14 ID:Yb/uLODc0
>>5728 で

5734名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 00:19:17 ID:cahbZvd60
>>5728
薬の製造法が欲しい場合は販売のマージン要求。ただし、薄利多売ね。

5735名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 00:19:20 ID:4cGq92fo0
>>5706+後は難しい交渉の後に交友を深める為の雑談

5736名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 00:19:59 ID:y4bP9oYs0
>>5683
+魔神をいつかは討伐するつもりだと伝えておく

5737名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 00:20:08 ID:AsNpLlBo0
5683(ただしエヴァ解呪は即座)+外交使節としての教会設立
それと薬に関しては最低限の利益は教会側もとるように忠告する。

5738名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 00:20:09 ID:3FC1fVPg0
国家承認+教会のネットワークを使っての薬の販売とマージン+後々のエヴァ解呪の確約

5739名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 00:20:24 ID:rRBnOjpU0
>>5706+後は難しい交渉の後に交友を深める為の雑談

5744◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 00:23:01 ID:egdEwqMc0
では、少々お待ちください。

5760◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 00:38:29 ID:egdEwqMc0
もう国家承認に関してはほぼ承諾が取れてるようなものなのでさらっと流します。
      ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \   「これを改良+量産してバビロン復興の足しとしたいのですが
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   わが国には広く販売する商業圏がありません。
  |     (__人__)    |   量産の暁には貴国の教会ネットワークを利用させていただきたいのです。
  \__ ` ⌒´ __/   勿論そちらにも利益供与はいたしますので、
  /::::::::ハ\/Vヽ/;:i:::::::ヽ    お互い悪い話ではないと考えております」
  | :::r::l::l  ハ  |:7::::::l::|


       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \   「そして、実は協力してくださった善良な吸血鬼はさる理由で
 |       (__人__)    |    能力を封印されているのです。私としては恩に報いるためにも
 \     ` ⌒´   /    その解呪に協力したいところではあるのですが、
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.    よほど高位の聖職者でなければ解けない強力な呪いだそうです。
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i    解呪に長けた人物を紹介してはいただけませんでしょうか?」
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


: : : :/ :, : : : : |: : : : :! : : : : : : : : !: : :/: : !: l: : : :l: : : !: !
ノ/;イ/: : | : |: : : : l : : : /: : : :/: :,イ : :/: :|: :l : l: :!: !|:l
: / !'l: : : ! : | : : : |: :/:/: :/:./イ:/ !: :/: : ,': :| : |: |:/ !|  「販売協力に関しては薬の効果を確かめてからしか
〈 (   !: : :|: : ! : : : !/:/!: /l:/、メ'、 l: /: : /: :/: :,ハ:l' j'   返答の仕様がありませんね。
: ヽ.ヽ ヘ: : ハ: :j: : |: i:/ '´ '|y'`  j/: : /l: /イ:/ i|     ただ、効果が本物ならそちらの期待に沿う形になるでしょう。
: : : ヽ._ |:/ l:/! : |、:|     `   /: / /' ノ'  '
: ハ: /  '    !: :| ヽ      /; ヘ            吸血鬼の解呪に関しては、一度本人にお会いしてからです。
/ i' | !    ヽ:!       '´   ヽ           疑うわけではありませんが、呪いの性質によっては
    ! ヽ.    `          ,.'´           解呪者に危険が伴うものもありますので」
\   |   \        __  !
  \            '‐-'、`´
   \    ,.ヘ、     r '
     \  /\ 丶、   ,'
      ヽ'   \   ̄

5769◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 00:44:36 ID:egdEwqMc0
::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ:::ヽ:::::::::::::: ヘ::::::::::::::::::ヽ:\:::
::::::::i:::::::::::::::::::/:::::::::〉、::::ヽ:::::::::::::: ヘ _,,,_:::::::::::ヽ::::::
:::::::::i::::::::::::::::/:::::::::/ \/\:::::::~:::i_ ヘ:::::::::|:::i:::::
::::::::::||:::::::::::::|:::::::::/__,,-"\::::\`'',<::i 〉|::::::|::イ:::::  「薬の販売に関してはまあこんなものでしょう。
::::::i:::|::::::::::::::ヘ|::::/   _,,_ ` -'" ノノ |',::/|ノ|:::::   僕も開発には関わりましたし、効果のほどは保障します。
:::::::',i:::::::::::::::::::',/  ./ソ:| `    `'  ',|/彡|/   【あちらが確認しだい、話が進むことになると思います】よ。
:::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ'., <_i':::ノ       .、  |  "    ……【魔神を倒すためにしばらく情報を伏せたいとか
::::',::::::| ヽ,::::::::::::::ヘ  ̄        ' ./       そういう思惑が向こうになければですけど】」
::::::ヽ::ヽ_ `ヽ:::__::::\         ./
ヘ|\;;;;|ヾへ_∧. ̄ ̄     マフ /
       _/   -, ,, _ __,,./
     /   \ ` ミ/
    /       ', / \,_
  . /         ',|.  .|  |
  /           .|  |  ヘ


               /::::::::::::::|     \::::::::::\
             /::::::::::::::::::::l      ,. -──┴──---- 、
              |::::::::::::::::::::::__r─/               \
              |:::::::::::::; イO }/   ____             }
            V::::/   / x< ̄::::::__>、_,.--、   /
             ∨O o //::::/ヽ\\{、   \  '⌒ソ--、
.     / ̄ ̄ ̄¨¨二二二ニニフ__レ<:\l }  f⌒ヽ
.       |  /´ ̄ ̄      _//:::ィ─t:テテぐ´У/八{^} |      「解呪に関しては【向こうが本人を確認したい】
      乂 {  ,. -─ 、_,.ィ7f/::}ハ  ̄ ´ ̄ ̄   \/  ソ 人      ってのが本音で、後は建前でしょうね。
       `7    ///r':ィ_fツ }│ \_         (ノl       勿論、呪いの種類を確認したいってのは嘘じゃないでしょうが」
.      /\_/ 人{トミハ  〈_ノ`ヽ `マ{__      |  ヽ
 /{ ̄ ̄ ̄j\/  (_ ` ̄∧  ヾ'    ⌒\、   |   \
  /──‐く  /ヽ 人     ,ハ、 r=-一     ト、   /   / \
   __,ノ \__,ノ(      ハ. 、_,.ィニニ   l   / / /
  /{   j\__,ノ__(     _ノ ‘,          , ' / /
  ,. ー一く /\::::::≧、_   _ノl\  ,. ----// /
   }    } \__ノ:::::::/:::::::: ̄::::/::|  ヽ: : : _// /::::::::
  ブ¨¨ ̄ヽ__ノ::::::::/:::::::::::::::::::::/:::::|\   ̄ /  /
【どう答えますか?】
↓1~8でチョイス

5770名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 00:45:16 ID:Q7EtErPc0
全てOK、問題なし。

5771名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 00:45:39 ID:AsNpLlBo0
OK それでいい。エヴァにすぐ合わせる。

5772名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 00:46:16 ID:5vzsQcOU0
その条件で問題なし

5773名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 00:46:24 ID:3FC1fVPg0
OK それでいい。エヴァにすぐ合わせる。

5774名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 00:46:51 ID:R.k5RSIs0
「では、その通りに」

5775名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 00:47:06 ID:EGl6bOc60
その通りにする

5776名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 00:47:08 ID:4cGq92fo0
OK それでいい。エヴァにすぐ合わせる

5777名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 00:47:51 ID:MzL4OTW.0
これからもよろしくお願いしますね、柊蓮司さん

5782◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 00:52:30 ID:egdEwqMc0
       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \   「では、その通りに。国家承認の調印のあと、詳しい話をいたしましょう。
 |       (__人__)    |    これからも末永いお付き合いをお願いします」
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


     /     , .--――-- 、
    /'    ,. :': : : : : : :-- 、:`ヽ.
    ヾ.、_ /: : : : : : : : : : \: ヽ、
      フ´ : : : 「ト; : : : : : : : \-;ヘ.
   _,.-'ヘ_  : : : |:\、: : :、 : : : : \ : :!
  ̄ /:/     |   !  ヽ、: : \ : :ヽ.: : :\i
  /,/ : : : : i : ヽi : , :`ー-:-:\ :`、: : ヽ.ヽ、    「こちらこそ、宜しくお願いしますよ」
  i/!: ;' : : : : : : :.ト、:i : i : \: :、: ヽヽ :\: :ヽ: :ヽ: :f`.`ヽ
  |!|:|:i|: : i: : : : : |:!i:|ハ:|ヽ.: :ヽ: 、、:ヽ_>:'ヽ: : !: :.i :ヽ`\
   l|:|| : :|: :|: :|-|iーi|-キ、 \:ヾ、ぐ>仍が`ヾ. |: :!ヽ:.i
    i|:|: : i: :i: :ヘ: Kケ沙`   ヽ:、 ヽ ゙¨´  !: |!:.|:ハ!
    !|i: :iヽ:\:ヽ! ¨´     ヽ、       |: !〉i|
     |'ヽ!:i:`:、:i、.ヽ.     !        |;ノ':ハ!
       ヾヽ.、ヘゝ.、    ヽ       ノ/;イ
         ヽ``'ヽ     -__-‐'   ,ィ: イ|
            `iヽ、       / |: ハ|
           , - ヘ: i`ヽ、   /  |ヘy ヽ.
        ,..'´    `!     ̄     Y´  ヽ
        i´`ヽ    y'         /-'ヽ.  i
        |   \  i      /    |    ヽ |
【交渉が終了しました! KSKSTから国家承認を得ました!】
【今回参加した全員が3点の成長点を得ました!】
【エヴァンジェリンの呪いに関しては、ひとまずまだ解除されません】
【次、成長フェイズへ移ります】

5784◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 00:53:31 ID:egdEwqMc0
というか、基本「涼+SPW」がど安定だったりします……。
例外は「その場で暗殺が起きた場合」くらい。

5794◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 01:00:16 ID:egdEwqMc0
因みに涼が《緊急即応》持ちなんで、突発的になんかあっても即座に対応できたりします。
《変装の極意》とか持ってるし、地味に滅茶苦茶殺しにくいです。

成長ポイント
やる夫:56→60(1回成長)
涼:69→84(3回成長)
エリー:69→81(3回成長)
ジャギ:48→51(1回成長)
エヴァ:15→24(1回成長)
SPW:0→3(成長なし)
【次、成長安価をとります】

5795◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 01:01:10 ID:egdEwqMc0
まず【やる夫の成長を選んでください】。基本は殴りあい安価です。
1:能力成長
2:その他(もうやる夫のスキルは安価で決めることにしました。無理そうな能力なら下にずらします)
↓6

5801名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 01:02:44 ID:AsNpLlBo0
1

5806◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 01:04:12 ID:egdEwqMc0
やる夫の成長に6も間取る必要なんてなかったんや!
           ___    くっくろびん~
         /     \
 _  /ヽ /         \
 \{`/  ./           \
  | l  |                |
  lてl l/\    _   _   /
   \{ ヾ!_ \______/_(_三
    \ ヾ、 ヽ(_三∨/'
      `ー、ヾニニ[]ニニン
        L{ !   /
        ! `ヾ_/
        `ー'
┏【やる夫】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】0  【知略】0  【武力】0  【天運】19

┃成長点:60

┃スキル
┃《主人公》(成長しません)
┃ 成長点を得るとき、さらに1点の成長点を得る。

┃《謎の情報網》(成長しません)
┃ 参加者が知っているメタ情報を「家臣団から聞いた」という理由で知っていてもよい。
┃(具体的には【】で囲まれた情報は確実だと「やる夫が」理解できる)

┃《神運》(成長限界です)
┃ 1ヶ月に1回、あらゆる判定を【天運】で判定できる。

┃《逆転運命》(成長には【天運】20以上が必要です)
┃ 1ヶ月に1回、参加した判定の出目を2つの範囲安価としどちらか任意の値を採用できる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【次は、涼の成長安価を取ります】

5811◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 01:10:47 ID:egdEwqMc0
あ、ホントだ。エヴァに入るべき3点が何故か涼に入ってる。
やる夫:56→60(1回成長)
涼:69→81(3回成長)
エリー:69→81(3回成長)
ジャギ:48→51(1回成長)
エヴァ:15→27(2回成長)
SPW:0→3(成長なし)

ですね。失礼しました。
【次に、涼の成長を選んでください】
あ、因みに【国力が60を超えたので、次月から一人当たりの行動回数に制限がかかります】
1:能力成長
2:新スキル獲得
3:その他(無理そうな能力なら下にずらします)
↓3,6,9

5814名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 01:11:29 ID:ZpQLytzQ0
行動制限解除スキル

5817名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 01:12:09 ID:ZpQLytzQ0


5820名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 01:12:55 ID:dm09BTZw0
指揮

5828◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 01:18:57 ID:egdEwqMc0
あ、すみません。【行動回数制限解除覚えるのこの人じゃないんですよ】
                           ____
                           __⌒丶ヾ __
                          ,...::´:::::::::::::::::::::::::::v ⌒
                            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'
                          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
                    __j::::::::::::/:::::::::::::∧:::;:::::::::i::::::::.
                   ⌒>:::{::::/{:::/}::ノ:/ V::::::::/}::::::::L _
                     /_彡/}∧>xリ、z≦汽::::/ノ::从/⌒
                  ´   ⌒j::ノヽ``',   `彡 ^;/´
                      ´     > 、ー_'<⌒アT
                               } 「i  }__j/  {
                               | L} ∧   /⌒
                          L ,} v  ヾ 」_    i
                      __       乂| ,}.   「    ヽ |
             r=‐-′_⌒           | リ    }.     |
           r ニニニ _ ^´   `` _,rァ ,     | {;   /     |
              r= :,_r ⌒ ー  ,__/ ,L./ ァ。. j/   、\   ;
          //r_彡 ノノ^`⌒  `〈ト/_/ 「V「ト ′ > __彡.′
            Lし)  ^´(^ヽ _   r¨> L}_/    /    /____
            ^゙  ( ])「 ミ   Y }「 l| / T 、彡    /    `ヽ
【バビロン王国 やる夫の副官 秋月涼】
┏【秋月涼】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】11 【知略】11 【武力】4  【天運】5

┃成長点:81

┃スキル
┃《空気なんて読まない!》(成長しません)
┃ 出目がゾロ目(100含む)だった場合、成功確率に関わらず自動的に成功となる。
┃また、98%以上の成功確率で「判定の余地なく成功、成長点3」にできる。

┃《呪歌の達人》(成長には能力値の合計が36以上必要です)
┃ このキャラクターが参加した判定の成功確率を+10%する。

┃《変装の極意》(成長限界です)
┃ 変装できる。【知略】が25ではないキャラクターには決してばれない。
┃但しあくまで変装であり、精神的なコピーはできない。データ的な恩恵は特にない。

┃《緊急即応》(成長しません)
┃ どんな緊急事態にも即座に対応できる。
┃また、《伏兵》などの不意打ちを与える類のスキルを無効化する判定に自動成功する。

┃《人材活用》(成長には指揮15が必要です)←new!
┃ 行動フェイズ終了時に情報収集フェイズも含めて一度も行動していないキャラがいる場合、
┃そのキャラたちに追加行動を1つ行わせる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【次、エリーの成長を行います】

5840◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 01:23:48 ID:egdEwqMc0
実は、今の人数だと下手したら行動制限で3回目の行動すらできなくなる可能性ががが。

【次に、エリーの成長を選んでください】
1:能力成長(なお、指揮は限界を迎えそうです。限界になったら下にずらします)
2:スキル獲得(この人が行動回数制限解除、というか増加を覚えます)
3:《ブレンド調合》成長(使用できる物資の上限が上がります)
4:《至高のチーズケーキ》成長1(使用できる食料の上限が上がります。これで成長限界です)
5:《至高のチーズケーキ》成長2(効率が上がる代わり、上限が下がります。これで成長限界です)
6:その他(無理そうな能力なら下にずらします)
↓4,8,10(3と4が選ばれた場合、8の方を下にずらします)

5844名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 01:24:35 ID:t6gix2sg0
2

5848名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 01:25:00 ID:dm09BTZw0
1指揮

5850名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 01:25:16 ID:YXWcyUc20


5860◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 01:33:07 ID:egdEwqMc0
別に隠す必要もないのでぶっちゃけますが
【国力60越えで一人当たり月2回(情報収集は別)】
【国力90越えで一人当たり月2回(情報収集も含む)】
【国力120越えで一人当たり月1回(情報収集も含む)】となります。
             , -''"´二二二二`丶、
           / , ' ,´ ---------- 、ヽ、\
            |//_ -‐───-- 、 \ヽ ハ/ゝ
            |/.:´:.:.:.:.:.:.、.:.:.、:.:.:`:.:.:.:.:、:..\㎝二l
        /.::/:.:.'.:.:.'.:.:.:.:ヾ.:.:ヾ.:.:.:.ヽ.:.:`、:ハ\\
          /.::/:':/.:..i.:.:.ト、.:ヾヾ::ヾ.:.:ヾ.:.`、:j.:.:.i l\\
       i.:.:l:.:!:|.:.:.|::__| \!、弋弋:ヾ:ヾ`リw.:i | ヽ ヽ
        i.:.!::i.:.:!:|リT !!     、_,_ リリ⌒y! |   〉 )
        レ.:.i.:.:.!//,ゝ‐-     ´   ` 'リン.八 | / /
         ゝ.::r圦                r-♀::.リ V  /
            |:|\ヽ    ヽ     ,小iリ ::::!  |  |
           |:i:i::♀\    ー '   ,イ:::|::/ :::リ   |三|
         |:!乂从w`::...._   /|ヾ:乂::/|  |
                 ,へ__」 ` 丁 ̄|     |  |
         __r─一'  / /   ハ  |`く` ー─-、__」
      r┴ i      |/ /l」\ ヽ |    .ヽ┴、
     r┴‐  ヽ     |__∠___\V      /  弋
    /⌒'ー--ヘ  ○ |<<))()((></ ○ /-‐´⌒\
    〈       ヽ,__ノ======ヽ,_/       〉
┏【エルフィール・トラウム】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】11 【知略】10 【武力】4  【天運】5

┃成長点:81

┃スキル
┃《アルケミーマイスター》(成長限界です)
┃ 国力(技術力、農業力、工業力、商業力)を増強させる行動に参加していた場合、
┃追加でその国力を+2する。

┃《オリジナル調合》(成長には知略15が必要です)←upgrade!
┃ 内政における行動に参加している際、
┃追加で物資1を消費するごとに成功確率を+10%できる。上限は+50%

┃《至高のチーズケーキ2》(成長の条件を満たしています)
┃ 食べたものに活力を与えるチーズケーキを作ることができる。但し錬金術で。
┃食料を1消費するごとに、あらゆる判定の成功確率を+5%する。上限は+50%
┃このスキルは自身が参加していない判定にも使用可能である。

┃《栄養剤》(成長には知略15が必要です)←new!
┃ 1ヶ月に1回「食料1+物資1」を消費することで1人の行動回数を+1回できます。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【次、ジャギの成長をとります】

5863◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 01:34:47 ID:egdEwqMc0
【では、ジャギの成長安価を行います】
1:能力成長
2::《火計》成長1(修正が上がります)
3:《火計》成長2(条件が緩和されます)
5:その他(無理そうな能力なら下にずらします)
↓3

5866名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 01:35:09 ID:ZpQLytzQ0
1武力

5872◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 01:36:49 ID:egdEwqMc0
ここは順当ですね。
                  , -─ 77ー- 、
                 /;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::\
               /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::: i
        λ        ':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::: |       /!
        i::::',      .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::|   ./!  /::|
        |::::::,   ∧  |从z、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,z从ソ|   ./::|  /::: |
        |:::::ヘ /::::! .i从入{__,___ソ从爪   /::: | ./:::::::|  ./}
        |_,,,,,,∨__,,|_ノゞミ廴亙_j人亙ノ从ン 廴/:::::: |/::::::::::|/::::/
    _, イ´::::::::::::::/:.:/从}::! !::! !::::! !::::! !::! !:.:.:.:.:.⌒ ̄`ヽ:::::/:::::::/
  ≦´__::::::::::::::::/:.:.:.∧| J::| |::| |::::| |::::| |::| し!_;.:.:.:.:.:.:.:.7:::::/:::::::ム-
 , イ´ r'"`ーy‐-、_ノ  i l ` ヾ ヘ/ ソ' ∨ | \.::.:.:.:/:::;ィ-‐==- 、:::
./:::::::::/ー- 、/  .}  `ー、z_八    ∧j_>-‐'"`Y´ ̄}::::::::::__
::::::::::/ー- 、/ ̄`/         `ヽ /~´        レ-‐i─'":::::::::::::
:::::: /ー- 、/ ̄`ノ               |     て ィ  廴_}_y-──
:::::/ー- 、/ ̄`ノ     そ´{     |     ∠´;;>   {__l:::::::::::::::::
. /__,≦ーュソ     <;;;;入   .|      ∨     廴_l´ ̄ ̄ ̄ ノ
   /::::::::::::i!        ⌒ `   |              ̄二二´
 /::::::::::::::::::ヘ            |     ゝ、__,        〉:::: l
./ |::::::::::::::::::::::代           人    ノ-、ゾ      __/::::::::i
  |:::::::::::::::::::::::i! `ー‐- ..__ , ィ´匆}ヽ、____>‐"ヽ:::::::::::::: ト、
  |:::::::::::::::::::::::l|  ゞ、         ゞ            〉:::::::::::: | ヽ、_
【バビロン王国 筆頭武官 ジャギ】
┏【ジャギ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】5  【知略】6  【武力】11 【天運】3

┃成長点:51

┃スキル
┃《羅漢撃》(成長には【武力】15が必要です)
┃ 戦闘に関するあらゆる判定の成功確率を+20%する。

┃《勝てばいいんだ何を使おうが!!》(成長には【武力】12が必要です)
┃ 戦闘に参加している際、追加で物資1を消費するごとに成功確率を+10%できる。上限は+50%

┃《火計》(成長の条件を満たしています)
┃ 敵が拠点に篭っている、あるいは燃えるものが周囲にある戦闘において、
┃戦闘の成功確率を+10%する。

┃《かかったな馬鹿め!》(成長には【知略】10が必要です)
┃ 3ヶ月に1回、戦闘で自陣の誰かが死亡した場合、その全てを無効化する。
┃この能力の使用回数は1月、4月、7月、10月に復活する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【最後、エヴァンジェリンの成長をとります】

5876◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 01:38:07 ID:egdEwqMc0
【では、最後にエヴァンジェリンの成長を行います】
1:能力成長(既に【天運】は成長限界です)
2:スキル獲得(攻撃魔法、兵が多い軍団戦で有効)
3:《人形遣い》成長(知略が足りなかった場合下にずらします)
4:その他(無理そうな能力なら下にずらします)
↓5,8

5881名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 01:38:50 ID:t6gix2sg0
1 知略

5884名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 01:38:58 ID:AsNpLlBo0
1

5894◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 01:40:35 ID:egdEwqMc0
知略が16に。これで2つも成長限界になってしまった。
             ,,. --‐───‐‐- 、 _
          _,,.-''"´ ヽ丶、`丶、丶、` 丶 、`‐.、_
       ,.‐'´ ,  i  l 、ヽヽ、  ヽ、 丶、 丶、、丶、
     / /  ィ i  |  l ヽlヽ、ヽ、  ヽ  丶、、 ヽ丶、ヽ
   /  /  i|!. l  |  l  |!. 丶ヽヽ、 ヽ丶、丶ヽ ヽ丶!    ち
  ,.イ,'   l.   ||! |.  |. |i  |!  ヽヽ \. ヽ-ヽ.ヽ ヽ「.    ち  う
 //    !   |l .|.  |. |l,.  |!  ヽ ! '´ヽ、,」 ヾ.v'ヽ、、    う
..//    !.   !| .|  |l rヘ, |!.    l!     ヽ、 丶`丶、 :
.l !     !    |!. l.  l! .| l_」!        ニ-─ヽ、   丶、ヾ、--、__
.l!     l. ヽ.    |! ヽ |! !  _..         //入   _二ヽミニ _ ̄ ̄
..l     l ヽ   ヾ、!ゝノ'´  ,,-''"          ,,.ノ‐''"´,  ` 丶、 ヽ-、 ̄‐
. !  i   l  ト   ヽ    '´         ,,.-'"´  _,,.ィァ' .,    ` 丶、
 l!.  !.  l  i.lヽ   \///       _ィ''´_,, -‐7´_ y' / ,
  l  |!.  | l' 「'ヽ   ヽヽ/           `´   /,,,!、 ヽ/ /
  .|!  |!  | !, ! ゝ、   ヽヽ         ,,.-'"´    ``ヽ/  __ィ´ヽ
  |!  l!  | |`l‐-、ヽ.  ヽヽ____,,.-'"´          ヽ、_'/`─---
  |l!. |!  |! | |! ヽl |!ヽ   ヽヽ  ,-'´
  ノ. l! |!  .|!.l l!  l.l!!l!lヽ   ヽヽ'´
../ /ll! |!  ||!. |!  l.l! l!. !ヽ、/
  // l! |! ./l! /|!  l|! || ./
【バビロン王国 客将 エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル】
┏【エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】6  【知略】16 【武力】14 【天運】0

┃成長点:27

┃スキル
┃《真祖》(成長限界です)
┃ 死亡、行動不能を無効化する。これは超常能力である。

┃《人形遣い》(成長には【知略】15が必要です)
┃ 人形に自我を埋め込み、自立行動させることができる。
┃1ヶ月に1回、任意の判定の成功確率を+10%できる。
┃このスキルは自身が参加していない判定にも用いることが可能。
┃また、行動の自由を奪った女性にならば人形と同じように自我を埋め込むことも可能。
┃このとき、その女性の記憶や自我は使用者の設定した自我に上書きされる。

┃《封印》(自力では解除できません)
┃ 何らかの原因で力が封印されてる模様。詳細は未定

┃《不死殺し》(ランクSアーティファクト)
┃ 「死亡しない」「攻撃が通用しない」といった超常能力を無効化する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【成長フェイズ終わり】

5902◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 01:45:43 ID:egdEwqMc0
ああ、そういえば書いてませんね。
では、もしお望みなら改めて「どの能力を伸ばすか」決めるとしますが、いかがしましょうか?
↓3~7で多数決。

5906名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 01:46:32 ID:EGl6bOc60
まあID辿ると知略つってるから普通に知略上げたいんだと思うよ

5907名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 01:46:35 ID:YXWcyUc20
知略で

5908名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 01:46:44 ID:3FC1fVPg0
知略

5909名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 01:46:46 ID:BIFf3R8Y0
能力を上げる安価自体は取られてるのでどれあげるか選ぶとしても上げるのは確定してるんだね

なら知略のままでいい

5910名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 01:47:37 ID:oMxyUEbQC
知略しかないよな

5911◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 01:47:59 ID:egdEwqMc0
かしこまりました。では上のままで。
そしてリザルト表示。
【来月には物資6が入り、物資が7→13になります】
【荒廃度は2になる予定です】
―【ステータス】――――――――――――――――――――――――――
|現在:10月

|【所有リソース】
|食料:15
|物資:07
|財貨:08

|【収支】(対応する国力-部隊や家臣の維持費)
|食料:+08(17-09)
|物資:+06(17-11)
|財貨:+04(15-11)

|【国力】(この値だけ、毎期毎に収入を得られます)
|総国力:58+8=66
|技術力:17±0(この値が低いと、他の国力の増加にペナルティがかかります)
|農業力:17±0(1,4,7,10月に、この値と同じだけの食料が手に入ります)
|工業力:13+4(2,5,8,11月に、この値と同じだけの物資が手に入ります)
|商業力:11+4(3,6,9,12月に、この値と同じだけの財貨が手に入ります)

|【荒廃度】(毎月自動的に+1されます)
|1:安定しています

|【軍備】(戦闘で用いますが、あるだけ各収入を減少させます)
|第一部隊「ムシュフシュ」:兵力10(一般兵:各消費1)
|第二部隊「ノートンバスター」:兵力8(一般兵:各消費1)
|第三部隊「レメゲトン」:兵力8(一般兵:各消費1)

|【総合評価】(国力の総計-荒廃度)
|57:ギリギリ都市国家を名乗れるレベルの都市

|【特記事項】
|・燃える水により工業力、商業力が擬似的に+[技術力÷5(端数切上)]されています。
|・アルトマー王国とKSKSTに国家承認を受けました。
|・「食料5→物資4」の交易レートでアルトマーと通商条約を結んでいます。
|・KSKSTとの通商やエヴァンジェリンの解呪については向こうの返事待ちです。
|・隣国が失敗国家ばかりです。何とかしましょう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

5913◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 01:49:51 ID:egdEwqMc0
さて、ではもう遅いですし、恒例の小ネタ安価と参りましょう。
なお、日曜は用事があるので仮に何かあったとしても小ネタだけで終わります。予めご了承ください。
↓8

5921名無しのやる夫だお2013/02/03(日) 01:51:35 ID:5myhr/fcO
柊の女性観

5931◆75LBJGs9C62013/02/03(日) 01:55:12 ID:egdEwqMc0
え? 柊の女性観?
かまいませんが、サブキャラの小ネタがおおいなぁ……。
【「柊の女性観」に決定いたしました!】
それでは、長きに渡りお付き合いいただき、ありがとうございます。
お疲れ様でした。

[ 2018/04/25 12:00 ] 開拓王やる夫の祖国復興一代記 | TB(-) | CM(0)

開拓王やる夫の祖国復興一代記 其の10

5029◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 00:44:04 ID:vaW47l560
では、そろそろ開始させていただきます。
短い話ですが、宜しくお願い申し上げます。

5030◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 00:44:34 ID:vaW47l560
小ネタ【難民達から見た、中心人物達への評価の移り変わり】
【その1:秋月涼】
「3月(移民計画中)」

    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧   「開拓団を先導してる人の副官、どうも15くらいの少年らしいぞ」
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )  「え? あれ男装してる女の子じゃなかったの?」
| U (  ´・) (・`  ) と ノ   「あんなかわいい子が女の子なわけがないでしょう、常識的に考えて」
 u-u (l    ) (   ノu-u    「いずれにしても不安だなあ。大丈夫なの?」
     `u-u'. `u-u'       「とはいえ、俺達がなにかできるってわけでもないしなあ」


             ____y⌒ヽ
         ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
         /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
 (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
   `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
  __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
 〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l   「こんな感じで、僕の評価は最初あまりよくありませんでした。
 {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|    当然といえば当然ですけどね。移民の方の殆どは僕より年上ですし
 乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|    僕も女性と間違えられるような外見と背丈ですから」
    Y:\:\:.i!: : ≠vィチ行ミヽ  X_><  }:. : :.ノ
   vヘ: Y⌒ヽ {{ i 以リ ノ }}   ィ=ミ `V: : : :{\__
     \丶 `\` <__/⌒Y以 } Y: : : }}: ヽヽ¨ヽ
         〉:ハ          ,   ゝ ノ ノ: : :.ハ: :八j
        '⌒ヽ、 u         =≦_/7 V
              | ヽ   ` ヽ     /¨{  `v′ }
          __}   \    ,   <ノ  ヽ    /
       /^V    `¨´r─ 、     i   {

5031◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 00:44:53 ID:vaW47l560
「4月」
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧   「何でも腕っ節に自信がある移民を志願して自警団を作るらしい」
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )  「へえ、あの秋月って小僧の発案か」
| U (  ´・) (・`  ) と ノ   「でもいいのか? あんな子供の指揮する部隊とか不安じゃね?」
 u-u (l    ) (   ノu-u    「まあ食事に困らないなら何でもいいや。面倒ならぶちのめしていうこと聞かせようぜ」
     `u-u'. `u-u'


             -=≦ ̄`ヽ
               __≧x: :v'⌒ヽ __
            /::::::::::::::::::Y´:::::::jノ::::::::::::ヽ
           /::::::::,;--::::::::ヽ/::::::::::::::::::::::::\
           /::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::⌒ヽ:::::::::::::::ヽ
            /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::∧    「腕っ節の強い人を集めて自警団を組織した時、
        /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::、::: ハ:::::::::::::\   本気でこんな相談をされていたそうです」
          /::::::::::::::: /:::::|::::|:::::l::::::、::::::::::::\:::ヽ::|\:::::::::::::\
       /::::::::::::::::/:::::∧:::l:::::ヽ:::::\::::::::::::l:::_:| リヽ::::::::::::::::::::>、
     /:::::::::::::::/:::l:::::| \\:::\:::x< ̄::∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    /::::::/:::::::::/|::::::l--∪_\_>彡 __  |::::::|::::::::::l::::::::::::ノ
    l:::::/:::::::::/:::l:::::| ====ァ`   ィ===i |::::/::::l::::::|:::>''
    \|:::::::::/:::::ヽ:::ヽ、`― ′    `ー '´ |/l:::::/:::ノ
        \::::l:::::::\::::`ト、||||          イ´
        \\_>_>-   ´  ∪ /| ̄ >- ,,_
          ̄   ̄ ,, -\  (⌒)  / |        `l
            /     ゙>`ー イ_    |、    /ヽ |
            |∧     ∧        ヽl  /   |、
            |  |    / |         |  /、   | >

5032◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 00:45:11 ID:vaW47l560
      lヽlヽ
      (;;: (    ,n__n     lヽ,,lヽ
  , ― 、と  # ⌒つ,,,∧ ノ    (;;::)ω・)
 <<:;;:) )  c(;;:)ω・`ノ|,,ノ|  / つと
  U( (U_つ ⊂⌒  (´・ω(;;;) ゝ._JJ
            し'  `J

                           ____
                           __⌒丶ヾ __
                          ,...::´:::::::::::::::::::::::::::v ⌒
                            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'
                          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
                    __j::::::::::::/:::::::::::::∧:::;:::::::::i::::::::.
                   ⌒>:::{::::/{:::/}::ノ:/ V::::::::/}::::::::L _
                     /_彡/}∧>xリ、z≦汽::::/ノ::从/⌒
                  ´   ⌒j::ノヽ``',   `彡 ^;/´      「まあ、実は幼少から武術も嗜んでいるので
                      ´     > 、ー_'<⌒アT       統率の取れてない荒くれが散発的に仕掛けてきても
                               } 「i  }__j/  {       物の数ではありませんでしたけど」
                               | L} ∧   /⌒
                          L ,} v  ヾ 」_    i   ※ 秋月涼:【武力】初期値4、スキル持ち
                      __       乂| ,}.   「    ヽ |     ゴブリンロードに率いられたゴブリンの集団を
             r=‐-′_⌒           | リ    }.     |     単独で相手にしても28%の確率で勝てる。
           r ニニニ _ ^´   `` _,rァ ,     | {;   /     |     指揮官のいない兵に勝つ確率は貫禄の100%。
              r= :,_r ⌒ ー  ,__/ ,L./ ァ。. j/   、\   ;     たとえ一桁でも「数値がある」というのは
          //r_彡 ノノ^`⌒  `〈ト/_/ 「V「ト ′ > __彡.′      それだけで十分な実力を意味するのである。
            Lし)  ^´(^ヽ _   r¨> L}_/    /    /____
            ^゙  ( ])「 ミ   Y }「 l| / T 、彡    /    `ヽ
              ( ]) 、ノ } _j_j」_ /.:.: l       /    ` 、_ }
                ー ^゛⌒_/.:.:.:.:.:.:.:.、             ̄ `  、
                   ⌒>/\.:.:.:.:.:.:.:.:.\                  \
                         /∧//^ 、.:.:.:.:.:.:.:.\              _  -= 、\
                   //∧:::\  o/〉==‐‐--\         /       ヾ
                   //}∧ [_ト _^`彡 o 》《 /\    /
                  // 〈´:::::[ァ _ o /〉、三二ニ /\\ ¨¨´
                }/{   「::::::::l「::::二ニ\\》《 /   \\
                  l| \ |:::::::::l|::::::::::::::::::::\\,       \ 、
               、、  .|::::::::::{::::::::::::::::::::::::::\\.       \、
                  ⌒|::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::{\\       \
                    |::::::::::::::´::::::::::::::::::::::::::|  \\       \
                    |::::::::::::::::∧:::::::::::::/ ::::ト    ヽ \     }\

5033◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 00:45:54 ID:vaW47l560
「5月」
          ゚・ *:  : *・
      *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
   * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
 。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜    「すごい! 大量のゴブリン相手に完勝だって!
    ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧        自警団もけが人は出たけど死者は出てないらしいよ!
   (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)       自警団の友達聞いた話だけど、あの秋月って少年
   | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ       すっごい指示が的確だったって言ってた!
    u-u (l    ) (    ノ u-u        ゴブリンの集団の前に、微塵も動じてなかったっていうよ!」
         `u-u' `u-u'


            __
      __ ⌒ヽ∠´
    /´ : : : : : : : : : : : `
   /: : : : : : : : /|: : : : : : : `
   |: : : i: : : : / {: : : ヽ、: : : ヽ
    |: : : i: : : : lー弌: : : : i iヾ: : : `    「評判が変わったのは、やっぱりあのゴブリン軍団退治ですね。
   ′: : : : : 弋:ソ ヽ_:l ヒノl: : : :, }    僕はあれが初陣ではなかったので落ち着いたものでしたが
 ''゙´: : : : : : : : l、_,/⌒l、__i: : : /     自警団の人たちは殆どが武器もまともに持ったことのない
 ヾ: : : : : i\: :l        |: : 〈     素人の集まりでした。
  `ヽiヽ:.`ヽゝ! .   ─  ./: : : )     浮き足立つ前に落ち着かせてとりあえず定石どおりに動かし、
      厂 ̄'7 ヽ  /: :/'',′    事実上無傷で勝利したことが、殊の外高評価だったようです。
  / ̄ ̄"ヽ/i   |ー┐         実際にロードを倒したのはジャギさんですけどね」
  |       \ ヾ . .|;!ヽ、
  厶ー       /、 \|   |
 ぐ        /:;:;゛:;:;:;';:|   ヽ、

5034◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 00:46:26 ID:vaW47l560
「現在」
          ゚・ *:  : *・
      *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
   * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
 。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜    「あ、秋月さんだ! 今日は何の事業のサポートですか?」
    ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧        「やる夫さんがなんか言ってたんですけど、意味教えてくれません?」
   (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)       「今度うちの店に来てくださいよ!」
   | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ       「ああ、新しい作物ができたんで今度ウチの畑にもいらしてくださいな」
    u-u (l    ) (    ノ u-u        「またお歌聞かせて~」
         `u-u' `u-u'


            __
      __ ⌒ヽ∠´
    /´ : : : : : : : : : : : `
   /: : : : : : : : /|: : : : : : : `
   |: : : i: : : : / {: : : ヽ、: : : ヽ
    |: : : i: : : : lー弌: : : : i iヾ: : : `  「で、今じゃすっかりこの国の便利屋扱いです。
   ′: : : : : ////ヽ_:l///l: : : :, }  基本、メインで何かやることはなくて専ら他の人のサポートでしたから。
 ''゙´: : : : : : : : l、_,/⌒l、__i: : : /   サポートで言うならほぼ全ての事業に関わってるんですけどね。
 ヾ: : : : : i\: :l        |: : 〈   あとは、ノリと勢いとうろ覚えの知識で誰にもわからない案を出したり
  `ヽiヽ:.`ヽゝ! .   ─  ./: : : )   わからないことを丸投げしたりするやる夫さんの指示をある程度形にして
      厂 ̄'7 ヽ  /: :/'',′  現場の作業員に流したりするのも大体僕の仕事です。
  / ̄ ̄"ヽ/i   |ー┐      あとは普段の事務仕事と徴税と……アッハイ、扱いというか便利屋ですね」
  |       \ ヾ . .|;!ヽ、
  厶ー       /、 \|   |
 ぐ        /:;:;゛:;:;:;';:|   ヽ、

5035◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 00:46:47 ID:vaW47l560
【その2:ジャギ】
「4月」
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧   「なんか移民してきたらすっげー怖そうな人がいたんだけど」
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )  「あれ? ひょっとして俺ら騙された?」
| U (  ´・) (・`  ) と ノ   「つっても、あのままアルトマーにいても飢え死にするだけだしなあ」
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'


        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ---- ι   「正直、移民したてのころの俺の評判はこんなもんだ。
       |::::::::::::)  ◯  ○ (     いつ荒事が怒ってもいいよう常時ヘルメットかぶって武装してたのもあって
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ    住民には相当びびられてたらしい。
      ゝ---η.   |||||||  ゝ    移住早々街の規律のために周りの危険な動物をぶちのめしたり
        /≦ ヽ .|  | ≧     ほっとくとまずそうな奴をシメてたりしたんでなおさらだな」
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^

5036◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 00:47:02 ID:vaW47l560
現在」
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧   「移民してきて生活は楽になったけど、この街って治安いいよね」
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )   「そりゃ、ウカツなことしたらジャギさんにボールにされるしね」
| U (  ´・) (・`  ) と ノ   「え? ジャギさんバスケできるの? すごくね?」
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'


        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ---- ι   「……で、その評判自体は今も大して変わってなかったりする」
       |::::::::::::)  ◯  ○ (
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ
      ゝ---η.   |||||||  ゝ
        /≦ ヽ .|  | ≧
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^

5037◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 00:47:18 ID:vaW47l560
その3:エリー】
「4月」
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧   「なんか知らないけど、技術指導を女の子がやるらしいよ」
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )  「錬金術だったっけ? 知ってる?」
| U (  ´・) (・`  ) と ノ   「いや、知らない」
 u-u (l    ) (   ノu-u    「そんなんより食べ物がほしいから畑耕したほうがいいと思うんだけど」
     `u-u'. `u-u'


                        ,.  - ― - 、
                     , ‐' ´ ,.  - ―--ゝ
                   ,ィヘ´ ,. - ' ´ ,. --―-‐-ゝ
            ___r'|ヘ い´ ,. - '´  _,. --¬ー ‐ヽ、
              |   ,イ。)ぃ 〈 _, -‐' ´ / / ハ  ヽ ヽ \ ヽ
              └ァ'´ ~イヽヽイ ノ イ / / / /|i  ト、ヽ \ヽ   「と、実は移住当初の私は
            \   / |./ / /ノ / / / / /| ! ヽ ヽ ヽヽ.}   全く信用がありませんでした。
             /`〃 イ // /  / / / /ノ / /!  |  l i l l N   私が若いというのもありますが、錬金術自体が
            / // /レ'〃 / ! / 〃/,イ__レj / jノ|/ __!| | ノ/    かなりマイナーな学問だからなんです」
           / / l l |// / 八|/j/レ'"r==ミ` ' ′´,ミlj}ノ/
          / / l l|r' ̄ヒヽj/   イノ `!     f'^i ソ ′
        /   /  l  ||ト、|f\    l_,L     Lj.{
          /   /  / / |iぃ\、 。jヽ /フ}         r  |
       /   /  / /  |いヽ ヽく y′/     ー一   ノ
      /  /   / /_   !ヽNYrYY  /ヽi^L_    /
     /   /    //)´ _`丶、     |  { y'´ r‐、ト- '
   /   /     / `´l  `丶、ヽ、 」 /ニ'y′,r‐ヽ

5038◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 00:47:31 ID:vaW47l560
        _  - - 、
         /- ― - 、  ヽ
      /二二 ー- 、 ヽ/丶,
     /: : : : : :`: ー. 、冫  / `、
    /: : : :.ィ: : : : : : : : : :ヽ<  /
    ,': : : :./l: : : .l : : : : : : : : :ヘ/   「錬金術っていうのは
    {: : : ム !从ムAL、; : : : : : :',    『魔法の理論を応用して、価値の低いモノから価値の高いモノを生む』
    ヽkリ´ォ、  彳㍉ `-r=、: : i    っていうのが根本の理論です。
   // .代j   弋ノ   そ}: :.l    『魔法が使えるなら魔法使えばいいじゃない』ってなり、
  / / /! 丶      ァノ: :ル    『普通に作れるならわざわざ魔法なんて使わなくていいじゃない』となる
 ./ /. ,'. ゝ., 、__ ,   /:.0ィkノ     悪く言えばどっちつかずの学問なんですよね。
../ ィ  ,'    ! }.、_ ィ-┤″       今でもチーズケーキを作るたび『いいから料理で作れ』って言われますし」
..∨ l  {   / ,' ,L:::::::|::::ト、
   | r‐-r’-'┐/::/\:ヘ ゝ、_,、
   レ´::::::::{  こヽ;/  \:ソ::::::::::::ヽ
  /:::::::::::::l  x フー - -一::ヽ::::::::::::::ヘ


                     , -''"´二二二`丶、
               /\   /, ',´ ------- 、ヽ、\
               /    ∨|//_  -───-- 、\ |
               ̄`ヽ、f0|| //  / /  ||    \`|
             _ -‐ァ'"//レ' /  / / / ハ | | |  \  「ただ、うまく利用すれば
           _ -‐" /  //H / 〃 / /〃/ i | | | \ ヽ, 魔法を使わないと不可能なことが
       , '"  _ -‐'"入_〃 { | | ||」⊥/|/|/  リ|/ハ|川 │ 魔法が使えない人にもできるようになります。
      /  , '´    /   / ̄`! r」i .ィ〒ド     ,二`ヽ|リ j|   魔法の理論が必要なのは調合時だけで
    ./  /     /  /   / {爿 lノ:::′    lノ::ド!/! ヽ   工房の建造や完成品の使用に
  /  /       /  /   // ハ_! ´ ̄     ヾ┴〃::::\   魔力は不要ですからね。
  || |レ′      /  /   |/| | 0ヽ   ..___'_,   , 》丿::ヽ  例を挙げると、錬金術で生きてるのこぎりを作って
  ||/        /  /     |ハ从|レ1\      /从::ハ从|  普通の工房で木材の加工に使うといった感じです」
         /  /          レ!L ` ー‐‐'"!
         /  /         ,へ__」   丁 ̄|
        ,'   !   __r─一'  / /   ハ  |`く ⊂
        i   |  r┴ i      |/ /l」\ ヽ |     ̄ヾ
        |   | r┴‐  ヽ     |__∠___\V      , ┴!
        |   l/⌒'ー--ヘ  ○ |<<))()((></ ○ /  ヽ

5040◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 00:47:47 ID:vaW47l560
「現在」
          ゚・ *:  : *・
      *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
   * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
 。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜    「うわ! この植物用栄養剤便利!」
    ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧        「え? 何年も修行しなくてもモノが作れるようになるの!?」
   (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)       「錬金術ってすごい! 僕も錬金術師になろうかな?」
   | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ
    u-u (l    ) (    ノ u-u
         `u-u' `u-u'


              - ― - 、
           , ‐' ´ - ―--ゝ
       ,ィヘ´ ,. - ' ´ --―-‐-ゝ
  ___r'|ヘ い´ ,. - '´  _--¬ー ‐ヽ
  |   ,イ。)ぃ 〈 _, -‐' ´ ::::::::::::::::::::::::::∧
. └ァ'´ ~イヽヽイ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハハ   「で、国土の開発全てに私が関わっているのもあって
   \   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    今のバビロンにおいて錬金術は
    /`〃::::::::::::::::::::::::::レj / jノ|:::::::lヽ:::::::::::|    産業の基礎を担う形になってます。
   / // ::::::::::::::::::〃//'十ト ゝ斗 }、:::::::l    余談ですが、そんなわけでこの国の工業力は
  / /|| l::::::::::::::::::::l'´厶=ミ    xzミV::::::;|    錬金工房だけによるものじゃないんですよ」
/ // .| ::::::::::::rク:|/沁:リ      ヒツ .レ、:ノ
  /     |iぃ:::::::ゝyリ ` `´    、¨ ;
.../     |いヽ:::::::♀         ′ /
.       !ヽNYrY:|\    r_ァ /
.          亅___> __ イ
     _______{ : :: :: :: :: ̄'Y´:|
    ,r'  `' <` ̄\ : :: :: ::|: ::|___
   {      \_   l:: :: :: ゙i:;:ラ   , \
  /         `'、.|::: :: /8\'ミ_=イ   \
、{__       \ ゙i \:;,/ ..8 \',ッ    ゙i
| >―`二ニ ,_  `'(__) j______゙i(_)_,、=‐イ
゙i/        ̄ ̄ ' 、.|)lll(,廴lll(廴,ム゙ッ  ,r'

5041◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 00:48:08 ID:vaW47l560
【その4:エヴァンジェリン】
               __ __
          ,,.-‐'''"´ ´    `、丶、
        ,-'´,  ィ ,i  i .i ヽ ヾ、丶、ヽ、
        ./ / ,イ  i! ||i ll ヽ ヽ丶.ヽ 丶
       / ノ ,/ /!  ∥ |.l lヽ li. li  ,i.  l
     / ,イ! l l .l ,ハ.  lヽヽヽ li li   l i  l    「私は、しばらくの間はただの小娘扱いだったな。
      | .l .i ll i. l l_ l、 l ゝヾヽ」‐、l!  ! .!  li    勿論平然と街の外に出て行くという点は奇異に見られてたろうが
     ‐' l .l! l'´!_'  ´`  `ェ_  l  l! l.  l.l    その当時の移民は明日をも知れぬ身の上だ。
        l .K´,-ァテナ   '"ヤ'ニソヽl .l l ヽ .i l.l   小娘一人がどうしようが気にするほどの余裕はなかった」
        l  l、!` `'''´           l  lノ.i l l.l l
       l l.lヾ、    _        丿 ハ l. l .l.l.ト、   ⌒)
       l l l l丶、  !、`丶 , イ!/ /l l. l l l.l.l 丶、  )
         il! .l l l l ll丶--´ '´ .」フ' /l.l .l. 丶 l l.l.l 、_ノ
        i|.l! l. l l,l ll ,iゝ、,-''"´ ./ / l.l .l 丶 l. l.l.l
       ,i.l.l! l l .l! .l lノ!,r'´\  ./ / \、. ヽ、 丶l. l.l.l
       i.l l! l l .l /ィ´//l、ヽ〉ソ  /  / ヽ、丶  ヽ、.l.l
      i.l l! l lィ、 くィ´/l ll、ヽ/  / ./     ヽ,  ヽ、l.l

5042◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 00:48:20 ID:vaW47l560
「6月」
  ∧_∧
 ( ´∀`) 「やる夫さんが『エヴァンジェリンさんの助言で立派な工房や畑ができた』と言ってたモナ。
 (    )  見た目は子供だけど、実は彼女とっても賢いんだモナ」
 | | |
 (__)_)

         .∧__,,∧
        (´・ω・`)  「じゃあちょっと困ったことがあるんで、相談してみようかな?
         (つ と)    すみませ~ん、ただとは言わないんで、ちょっとお話お聞きしていいですか?」
         `u―u´


       ,.--¬,-‐¬‐-、
      /  ´          ヽ
     / /  ´⌒,⌒ 、 ヽ  ゙,
    ./ / //l l ||. |、 ! i ヽ , ゙!
    l  |! i/ /.| l.l| | ! ! iヽ ヽ .! .i   「変わったのはおよそこの辺からだ。
    .i|  |! !/.l l i !| | | | .| |〉ヽ l ..:|.!   やる夫のアホが『私から聞いたアドバイスで街づくりをした』と
   i | | || .|'‐!‐リ- リ ! ,-l‐i|‐! .!::::!:::|   あることないこと吹聴してくれたおかげで、
   l | | || !t.tーァ    ォーァ-! |::::||:::|   『見た目は小娘だが実は知恵がある』と周知されてしまった。
   !.| | |.| .|',`''"   ,   "'''´| |'|| 、 ヽ   流石に吸血鬼とは思わなかったろうが、魔族とは思われたかも知れんな」
   ,| | | |ノ| |ヾ、  _   /'! | | ! !
  / ノ // i! |!. `,; 、 _ ,.ィ, ,|| |. !||ヽヽ.ヾ
 ,/ / i l .| || / \  /゙iヽ| ハ | !. ヾ
 / ///  |.| l/!  >く  | 〈  ! |/ |ヾ ヾ
/ .〈〈,/,./-,| |. !/L.」\l ,' | i`ヽ、ヽヽ〉 ヾ
 /  r'´ ! | .|  !  |::|  ! 〈 〈!  ヽ 〉ハ ヾ

5043◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 00:48:38 ID:vaW47l560
【閑話】
                . -─────- .
              ,  ',´            丶、
             /"/  ,  , ,      、      \
            /' /   / // ,     ヽ ヽ    ヽ
         / ' ,/  /〃 /イ .i| i !   |i  i      i
       / ,イ 〃 //,'  '"|  || | ∥ i. ||  | i    |  「ついでながら解説しておくと、実はこのご時世
       〃7 /'  //..L ! !  !| ! |.!  | ||  | |    |   割りと多数の魔族が人に混じって堂々と生きている。
      / L./ !.._/ |! | `ト. !. |ヽ」」ム__」 ||  | |    !   詳しくは望むなら後で詳しく説明するが、
          `' 爪  ト¬=ミ、 `ヾ ,.三 └.ル.」|  | |    |   【堂々と魔族であることを公表して生きてる魔族もいる】
       二 i | !  |! ゝ_ソ     ¬ ;¬ァ、|i ∥ |    |   ということは覚えておいてくれ」
        ィ i | !  ||    '     ゞ'ノ ' !!  !) !    !
     r:、    i│!  fヽ.  、____    ,. ||  |! |    |
     ', '、   | | |  | ! |丶 `  ' ´  ,.ィi├||  |! | i  !
     ,ム `n /.│l  | ! ! i 〉:ー‐ '"i|│|│||  ||i !  !. l
    / ヽ、ヽ!. |! ! |  !.| | | リ    l|∥|│||  ||| |  |  |
   (⌒ヽ / ノ .|∥ ! ! ィ'´       丶 |│||  ||| |  |  |


        ギャアアアアア!!                    ヒィィィ
                   ―‐―― _-ヒュン―‐――・
 .チューン    ― _-ヒュン―‐ -───・        ―‐―― _-ヒュン―‐――・
 ‐――_――            ──チューン  ・ ∧_∧ .
    ・        -───・       ∧_∧ (・∀・;  ‐――・ ∧ ∧
―‐―― _-ヒュン―‐―・ 、,.λ∧ ゲフ  ・ ´Д`;) i   i’))   \  (;゚Д゚)  コロサレル!
     グボア,,, 、,.,,,,.,,,)  ノ・;;(#゙;;0゙),,, ∴、/ /  、ノ⌒;;,、,.、,.   (、.,,,.,,.,,つつ
  <@;;, (メ_;;。#)@;;';;@)(@∴U(゙p;`;,)ξ;,と@;, (、0;'。#)っ@)~ と´#;;メつ#!i;-゙)っ
     "'`''"";""゙'";;'""∵""''"""゙'"       ~;゙`'゙゙;''∨""     "'`;"""∵∵`'

 因みにその最大の切っ掛けは、皮肉なことにバビロンの戦いでとった魔王の行動だ。
 自分の軍勢ごとバビロンを更地にしたその行為により
 かなり多くの魔族が秘密裏に魔王を裏切り、人類側についた。
 「どうせ魔王についてもそのうち殺される。なら今の人類に恩を売って魔王を倒そう」
 と、そう考えた魔族が少なからず現れたわけだな。

5044◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 00:49:29 ID:vaW47l560
「閑話休題、現在」
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧   「あの女の子、なんでも国宝レベルの宝剣で召抱えられたらしいよ」
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )  「へえ、やっぱりすごいんだねぇ」
| U (  ´・) (・`  ) と ノ   「やっぱり魔族なのかな? 流石に見た目どおりの年齢ってわけじゃないよね」
 u-u (l    ) (   ノu-u    「合法……だと……!?」
     `u-u'. `u-u'       「なんだっていい! 美少女をprprするチャンスだ!」


 ,' ,'   ' ,':::::::::::::',    ド、:::::::::::::/! イi  | ! |
:/ ,7  ,' !::::::::::::::::ヽ   {. iソi;:::::::/. Lハ!   ! i |
  ,','   ! | :::::::::::::::::::\ ゝ:'ノ:::::/   `ヽ」 i. |
 ,','   , ト、:::::::::::::::::::::_;二::_::::〈        `
 !i:..  i ! `ー一 ' ´      ̄ヽ
: |.|::..  | .i              >        「おいちょっとカメラ(記録するものの総称、古代語)止めろ。
: |.|:.:.  | |!                /          今からそこの4番目と5番目ぶんなぐってくる」
: !.|:.:.  | |       ヾヽ   , '
:.i l:.:.:. ! !            , ィi
:.| !:.:.:.. l i_        /:.|.||
:': i:.:.:.. l |:.:.i:ュ 、_  /.: ::.:|:||
:| ,:.:.:.:.:| |:.:.l:!i   ̄1i.::.:.:.:.|:||
:| ! .:.:.:.| |:.:.l !|    |:|.::.:.:.:.!:i|
:|.i:.:.:.:.:.! !: :| !!     |:|:.::.:.::.|:|!

5045◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 00:49:55 ID:vaW47l560
【最後:やる夫】
「移民初期」
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧   「というわけで、なんか恰幅のいい兄ちゃんに移民に誘われたわけだが」
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )   「あんだけ太ってるんだし、まあ裕福なんじゃないかな?」
| U (  ´・) (・`  ) と ノ   「つってもなんかぱっとしないし、大丈夫なのかねぇ」
 u-u (l    ) (   ノu-u    「まあ、しばらくは食わせてくれるらしいし、最悪船奪って逃げようぜ」
     `u-u'. `u-u'

5046◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 00:50:05 ID:vaW47l560
「街、発展中」
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧   「あれ……なんか思ってたより生活よくね?」
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )   「なんでも中枢のメンバーはあのやる夫さんが見つけてきたらしいよ?」
| U (  ´・) (・`  ) と ノ   「へぇ。王家の末裔って言うだけあって古くから仕えてる家臣なのかな?」
 u-u (l    ) (   ノu-u    「いや、皆その辺で干されてたのを発掘してきたらしい」
     `u-u'. `u-u'       「なにそれこわい」

5048◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 00:50:16 ID:vaW47l560
「街、さらに発展中」
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )  「やる夫さんの言うとおりに土を掘ったら古い種の種芋見つけた」
| U (  ´・) (・`  ) と ノ  「こっちはとりあえずやる夫さんの言うとおりにやったら古代の遺跡復旧した」
 u-u (l    ) (   ノu-u   「あと、なんていうのかあれなんだよね。ちゃんと俺達に任せてくれるからいいよね」
     `u-u'. `u-u'      「それに税金も安いし」

5053◆75LBJGs9C62013/02/02(土) 00:51:34 ID:vaW47l560


「現在」
          ゚・ *:  : *・
      *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
   * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
 。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜    「死に掛けてた俺達がいまこんな暮らしができるのも
    ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧        やる夫さんのおかげだ!
   (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)       やる夫さんにあやかって、記念の人形を作ろう!」
   | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ
    u-u (l    ) (    ノ u-u
         `u-u' `u-u'

               ____
             /      \
           / ─    ─ \    「で、できたのがこれ( >>4138 )かお。
          /   (●)  (●)  \    尊敬してんのか風刺かなんなのかわかんねーお」
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
【小ネタパート終了】

[ 2018/04/25 10:00 ] 開拓王やる夫の祖国復興一代記 | TB(-) | CM(0)

開拓王やる夫の祖国復興一代記 其の9

4126◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 22:05:22 ID:/CgkJ0.g0
では、そろそろ開始させていただきます。
宜しくお願い申し上げます。

4131◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 22:05:59 ID:/CgkJ0.g0
━【周辺地図】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡


                    ――【不明領域】――


≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/\/\/\/\/\/\/\/\/\
                     )                  )        ,-‐'´
                    ( ○                (      ,-‐'´
   【KSKST】            ) [首都:サンダルノアナ]      ヽ_  /
                    /                     `y'        【ジャギの故郷】→
                    /   【バビロン】          /
                      /                    ,-‐'´
                     /i                ,-‐'´
                /  ヽ、             (
               ,-‐'´     \             )     【デンジャラスデイナー】
          ,-‐'´          \            /
          ,-‐'´              `ー-、     /
___,-‐'´                    `ー-、/
                               i
          【アルトマー王国】           |
                              /
.、        / ̄て_                    〈              _       【小国家群】
: \       ./: : : : : :(_                      ヽ_         /: : : ヽ
: : : `ー-、_ノ: : : : : : : : )                /: : : ヽ       /: : : : : : `ー-、__
: : : : : : : : : : : : : : : _/    _          /: : : : : `ー-、   i: : : : : : : : : : : : : : : : )
: : : : : : : : : : : : : : /     ,-‐'´: : ヽ            i: : : : : : : : : : \_ノ: : : : : : : : : : : : : : :/
: : : : : : : : : : : : : : `⌒ヽ_/: : : : : : : :`ー――-、_ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :(
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ

                      ↓【南方国家】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4132◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 22:06:12 ID:/CgkJ0.g0
━━【時間の流れ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一年の流れ
・1月(食料)
・2月(物資)
・3月(財貨)
・4月(食料)
・5月(物資)
・6月(財貨)
・7月(食料)
・8月(物資)
・9月(財貨)←イマココ
・10月(食料)
・11月(物資)
・12月(財貨)
※各月に括弧内で指定された資産が手に入ります。
 また、それに応じて常備軍や家臣の給料を支払います。

一月の流れ
A:収入・支出フェイズ

B:交易フェイズ

C:情報収集フェイズ

D:行動フェイズ(最大3回)

E:ランダムイベントフェイズ

F:固定イベントフェイズ(あれば)

G:成長フェイズ

H:コミュ・小ネタフェイズ(あれば)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4133◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 22:06:29 ID:/CgkJ0.g0
【1年目9月】
【収入フェイズに財貨が9入ってきました! 3→12】
【荒廃度が上がりました! 4→5】
―【ステータス】――――――――――――――――――――――――――
|現在:9月

|【所有リソース】
|食料:07
|物資:07
|財貨:12

|【収支】(対応する国力-部隊や家臣の維持費)
|食料:+9(11-2)
|物資:+6(08-2)
|財貨:+9(11-2)

|【国力】(この値だけ、毎期毎に収入を得られます)
|技術力:10(この値が低いと、他の国力の増加にペナルティがかかります)
|農業力:11(1,4,7,10月に、この値と同じだけの食料が手に入ります)
|工業力:08(2,5,8,11月に、この値と同じだけの物資が手に入ります)
|商業力:11(3,6,9,12月に、この値と同じだけの財貨が手に入ります)

|【荒廃度】(毎月自動的に+1されます)
|5:少し治安が乱れつつあります

|【軍備】(戦闘で用いますが、あるだけ各収入を減少させます)
|第一部隊「ムシュフシュ」:兵力10(一般兵:各消費1)
|第二部隊「ノートンバスター」:兵力8(一般兵:各消費1)

|【総合評価】(国力の総計-荒廃度)
|35:ちょっとした開拓街

|【特記事項】
|・エヴァンジェリンは現在仇を倒すため旅に出ています。
|・アルトマー王国に国家承認を受けました。
|・「食料5→物資4」の交易レートでアルトマーと通商条約を結んでいます。
|・隣国が失敗国家ばかりです。何とかしましょう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

4135◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 22:07:09 ID:/CgkJ0.g0
【バビロン王国 国王(笑) やる夫】
┏【やる夫】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】0  【知略】0  【武力】0  【天運】15

┃成長点:44

┃スキル
┃《主人公》(成長しません)
┃ 成長点を得るとき、さらに1点の成長点を得る。

┃《謎の情報網》(成長しません)
┃ 参加者が知っているメタ情報を「家臣団から聞いた」という理由で知っていてもよい。
┃(具体的には【】で囲まれた情報は確実だと「やる夫が」理解できる)

┃《神運》(成長限界です)
┃ 1ヶ月に1回、あらゆる判定を【天運】で判定できる。

┃《逆転運命》(成長には【天運】20以上が必要です)
┃ 1ヶ月に1回、参加した判定の出目を2つの範囲安価としどちらか任意の値を採用できる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【バビロン王国 やる夫の副官 秋月涼】
┏【秋月涼】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】8  【知略】11 【武力】4  【天運】5

┃成長点:60

┃スキル
┃《空気なんて読まない!》(成長しません)
┃ 出目がゾロ目(100含む)だった場合、成功確率に関わらず自動的に成功となる。
┃また、98%以上の成功確率で「判定の余地なく成功、成長点3」にできる。

┃《呪歌の達人》(成長には能力値の合計が36以上必要です)
┃ このキャラクターが参加した判定の成功確率を+10%する。

┃《変装の極意》(成長限界です)
┃ 変装できる。【知略】が25ではないキャラクターには決してばれない。
┃但しあくまで変装であり、精神的なコピーはできない。データ的な恩恵は特にない。

┃《緊急即応》(成長しません)
┃ どんな緊急事態にも即座に対応できる。
┃また、《伏兵》などの不意打ちを与える類のスキルを無効化する判定に自動成功する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【バビロン王国 錬金術師 エルフィール・トラウム】
┏【エルフィール・トラウム】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】9  【知略】10 【武力】4  【天運】5

┃成長点:57

┃スキル
┃《錬金術》(成長には【指揮】と【知略】がそれぞれ10以上必要です)
┃ 国力(技術力、農業力、工業力、商業力)を増強させる行動に参加していた場合、
┃追加でその国力を+1する。

┃《ブレンド調合》(成長の条件を満たしています)
┃ 内政における行動に参加している際、
┃追加で物資1を消費するごとに成功確率を+10%できる。上限は+30%

┃《至高のチーズケーキ2》(成長の条件を満たしています)
┃ 食べたものに活力を与えるチーズケーキを作ることができる。但し錬金術で。
┃食料を1消費するごとに、あらゆる判定の成功確率を+5%する。上限は+50%
┃このスキルは自身が参加していない判定にも使用可能である。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4136◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 22:07:23 ID:/CgkJ0.g0
【バビロン王国 筆頭武官 ジャギ】
┏【ジャギ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】5  【知略】6  【武力】10 【天運】3

┃成長点:42

┃スキル
┃《羅漢撃》(成長には【武力】15以上が必要です)
┃ 戦闘に関するあらゆる判定の成功確率を+20%する。

┃《勝てばいいんだ何を使おうが!》(成長の条件を満たしています)
┃ 戦闘に参加している際、追加で物資1を消費するごとに成功確率を+10%できる。上限は+30%

┃《火計》(成長の条件を満たしています)
┃ 敵が拠点に篭っている、あるいは燃えるものが周囲にある戦闘において、
┃戦闘の成功確率を+10%する。

┃《かかったな馬鹿め!》(成長には知略10が必要です)
┃ 3ヶ月に1回、戦闘で自陣の誰かが死亡した場合、その全てを無効化する。
┃この能力の使用回数は1月、4月、7月、10月に復活する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【バビロン王国 客将 エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル】
┏【エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】5  【知略】12 【武力】14 【天運】0

┃成長点:15(3回成長が確約)

┃スキル
┃《吸血鬼》(成長の条件を満たしています)
┃ 自身が何らかの原因で死亡した場合、それを「3ヶ月間行動不能」に書き換える。

┃《人形遣い》(成長には【知略】15が必要です)
┃ 人形に自我を埋め込み、自立行動させることができる。
┃この人形に手伝わせることで一ヶ月に一度、任意の判定の成功確率を+10%できる。
┃このスキルは自身が参加していない判定にも用いることが可能。
┃また、行動の自由を奪った女性にならば人形と同じように自我を埋め込むことも可能。
┃このとき、その女性の記憶や自我は使用者の設定した自我に上書きされる。

┃《封印》(自力では解除できません)
┃ 何らかの原因で力が封印されてる模様。詳細は未定

┃《不死殺し》(ランクSアーティファクト)
┃ 「死亡しない」「攻撃が通用しない」といった超常能力を無効化する。但し、超常的な能力に限る。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4000名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 00:22:56 ID:AVwSa5GU0
4000なら幸運のお守りとしてやる夫グッズが移民の間に流行する

4138◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 22:07:37 ID:/CgkJ0.g0
【サンダルノアナ、新市街】
       ::                .|ミ|
       ::                .|ミ|
        ::               .|ミ|           ::::::::
         :::::     ____ |ミ|          ::::
           :: ,. -'"´      `¨ー 、       ::
   ::        /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、    ::
   ::     ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、 ::
   ::   /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ         ヽ、
   ::   i へ___ ヽゝ=-'"/    _,,>         ヽ
   ::   ./ /  > ='''"  ̄ ̄ ̄               ヽ
  ::   / .<_ ノ''"       ヽ               i
  ::   /    i   人_   ノ              .l
  ::  ,'     ' ,_,,ノエエエェェ了               /
    i       じエ='='='" ',              / ::
    ',       (___,,..----U             / ::
     ヽ、         __,,.. --------------i-'"  ::
      ヽ、_   __ -_'"--''"ニニニニニニニニヽ   ::
         `¨i三彡--''"´              ヽ  ::
          /                      ヽ ::              ┼ヽ  -|r‐、. レ |
         /                     ヽ::            d⌒) ./| _ノ  __ノ

4142◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 22:08:04 ID:/CgkJ0.g0
::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ:::ヽ:::::::::::::: ヘ::::::::::::::::::ヽ:\:::
::::::::i:::::::::::::::::::/:::::::::〉、::::ヽ:::::::::::::: ヘ _,,,_:::::::::::ヽ::::::
:::::::::i::::::::::::::::/:::::::::/ \/\:::::::~:::i_ ヘ:::::::::|:::i:::::
::::::::::||:::::::::::::|:::::::::/__,,-"\::::\`'',<::i 〉|::::::|::イ:::::
::::::i:::|::::::::::::::ヘ|::::/   _,,_ ` -'" ノノ |',::/|ノ|:::::  「――という感じで、やる夫さんの人形が
:::::::',i:::::::::::::::::::',/  ./ソ:| `    `'  ',|/彡|/   幸運のお守りとして市民の間で人気だそうですよ」
:::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ'., <_i':::ノ       .、  |  "
::::',::::::| ヽ,::::::::::::::ヘ  ̄        ' ./
::::::ヽ::ヽ_ `ヽ:::__::::\         ./
ヘ|\;;;;|ヾへ_∧. ̄ ̄     マフ /
       _/   -, ,, _ __,,./
     /   \ ` ミ/
    /       ', / \,_
  . /         ',|.  .|  |
  /           .|  |  ヘ


      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__   「待てぇい! どうして首吊り人形なんだお!?」
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |      「お守りとして携帯するには紐があるほうが便利ですから」>涼
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿   「だったらなんでその紐を首にかけるんだお!」
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /                             「そこは技術的な問題ですね」>涼

4145◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 22:08:23 ID:/CgkJ0.g0
             ____y⌒ヽ
         ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
         /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
 (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
   `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
  __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
 〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l   「人形を作るのは刺繍や彫刻でできますが、
 {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|    紐を通してなおかつ壊れない穴を開けたり
 乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|    針金で輪をつけたりするのは割と細かい加工がいります。
    Y:\:\:.i!: : ≠vィチ行ミヽ  X_><  }:. : :.ノ    縁起物の人形にそこまでの手間をかけられる余裕は
   vヘ: Y⌒ヽ {{ i 以リ ノ }}   ィ=ミ `V: : : :{\__  まだ今のバビロンにはありません。
     \丶 `\` <__/⌒Y以 } Y: : : }}: ヽヽ¨ヽ 自然、凹のできる首に紐をかける形になったとか」
         〉:ハ          ,   ゝ ノ ノ: : :.ハ: :八j
        '⌒ヽ、 u         =≦_/7 V
              | ヽ   ` ヽ     /¨{  `v′ }
          __}   \    ,   <ノ  ヽ    /
       /^V    `¨´r─ 、     i   {


     ____
   /      \
  /         \  「そういうことなら仕方ないお。今後の発展に期待するお」
/           \
|     \   ,_   |   (「厄を肩代わりさせる」って意味合いもあるのは黙っておこう……)>涼
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |                 「おお、そこにいるのはまさか噂のやる夫さんか!」>声
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

4146◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 22:08:45 ID:/CgkJ0.g0
     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (●)  (●) \  「ん? 誰かやる夫を呼んだかお?」
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


      -=≦::::::::> 、   _r n
   /   〈:::::::::::::::::::::\/ |│/⌒ヽ
.   /     ヽ:::::::::::::::::::::| |//::::::ノ::}__r─f⌒ソ⌒Y
  i        \:::::::::::::::| |/:::/:::/ミ
  |   |、 ト、    ';:::::::::: | l/::::::/ミ
  '.   V::::∧   V::::::::l/:::::::::/ミ__,ノ
 (__V   ∨:::∧   V{::/::::::::::::/ミ_ノニヽ彡,__人
 (  ∨  ∨:::∧_/个l:::::::::::/\ミ{〈ヽ}|、_ノ     ノ   「おう! 自己紹介させてもらうが俺の名はスピードワゴン!
  \_∨__∨/|{  リ :::::::,ィ    rク `ーr'⌒´:::::    このバビロンに燃える水があるって聞いたんで
   / ∧  {   ヾ//::::,ィfッ      ',     |::::::::::::::    そいつを探しにこっちに移住させてもらった。
.   {  {:::::`:ーー:::´:://冖´   {   ',    l::::::::::::::    まあ山師みたいなもんだと思ってくれてかまわねぇぜ!」
   \_ヽ:-:-:-:-r rtッ}   \_  ヽ  }  │::::::::::::
       ̄ Τi´ \  ', 、__、   ̄ ̄`ヽ/  /|::::::::::::::
         ̄ヾ--ヽ 弋ノ__ノ    /   /。,|:::::::::::::
               \. `こ´    /   /l ノ|:::::::::::::
             /\     /   / l|。/|:::::::::::::
             /l::::::::::::ヽ---く__/  l|。∧::::::::::::
            /::::::|:::::::::::::::|\_( l r。 \__∨::::::
.           /::::::::l::::::::::::::::|:::::::::乂  。,  ノ ∨::::
.           ,'::::::::::l::::::/::::::\::::::::::\___/ 。, ∨::

4148◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 22:09:04 ID:/CgkJ0.g0
         ____
       /      \
      / ─    ─ \   「なるほど、燃える水を探しているのかお。
    /   (●)  (●)  \   それで、具体的にやる夫に何の用かお?」
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


               /::::::::::::::|     \::::::::::\
             /::::::::::::::::::::l      ,. -──┴──---- 、
              |::::::::::::::::::::::__r─/               \
              |:::::::::::::; イO }/   ____             }
            V::::/   / x< ̄::::::__>、_,.--、   /
             ∨O o //::::/ヽ\\{、   \  '⌒ソ--、
.     / ̄ ̄ ̄¨¨二二二ニニフ__レ<:\l }  f⌒ヽ       「何、移住してから一月かけて
.       |  /´ ̄ ̄      _//:::ィ─t:テテぐ´У/八{^} |        燃える水探索の準備を整えたんだが
      乂 {  ,. -─ 、_,.ィ7f/::}ハ  ̄ ´ ̄ ̄   \/  ソ 人       流石に無許可で勝手に掘るのはまずいと思ってな。
       `7    ///r':ィ_fツ }│ \_         (ノl        探す前にまずは許可をもらいたいと思ってたんだ。
.      /\_/ 人{トミハ  〈_ノ`ヽ `マ{__      |  ヽ       で、たまたま見かけたんで
 /{ ̄ ̄ ̄j\/  (_ ` ̄∧  ヾ'    ⌒\、   |   \      折角だから声をかけたってわけよ」
  /──‐く  /ヽ 人     ,ハ、 r=-一     ト、   /   / \
   __,ノ \__,ノ(      ハ. 、_,.ィニニ   l   / / /
  /{   j\__,ノ__(     _ノ ‘,          , ' / /      ※ スピードワゴン、【天運】8
  ,. ー一く /\::::::≧、_   _ノl\  ,. ----// /
   }    } \__ノ:::::::/:::::::: ̄::::/::|  ヽ: : : _// /::::::::
  ブ¨¨ ̄ヽ__ノ::::::::/:::::::::::::::::::::/:::::|\   ̄ /  /

4149◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 22:09:24 ID:/CgkJ0.g0
  ,,r='''       ミ/   / .
ノ´ ̄    ,,r ___ミヽ _ ( 
 /    //// `゙ー -、 ヽ| 「というわけでだ、今からバビロンで燃える水の探索を
   / ノl | ||   //  }:::||  やってもかまわないか?
、   彳ー--'┐ | ,,ヘ、ノノ |  勿論ただとはいわねぇ、これくらいの条件を出す!」
(  ( | 亡(テコ| />、_:::::::| 
 ) {ヽ|  /// ∧尹┘| 
ノ ,イY_|   ./__   |`ー |  
-‐''´ノ::|   Y__ノ   i  ∧ 
-‐" ノ i   rミニ二i  | / l
-‐",,ノ::l   l/___ノ  l  / ヽ___  _,,,-
=''/_rl  _`ー''   /l   |.__:::::\|/:::::::::l_
──| r|ハ {  ̄  /:::/ rイ二ヘ` < ̄ ̄:::::::
::::::::::|:::|L_`ー─‐''::::::ノ,,┴─_     `ヽ:::::::::::
::::::::/::::|| \:::::::::::::::/ ⊥_─'' ヽ     ||:::::::::

 1:探索の手間や採掘の費用は自分(スピードワゴン)が持つ
   【データ的には行動しなくても今月の固定イベントで燃える水の採掘が開始される】
 2:発見した場合、収益の半分を収める
   【これはむしろデメリット。燃える水からは物資と財貨が得られるが、その半分をスピードワゴンが得る】
 3:燃える水が見つかろうが見つかるまいが、開拓事業に協力する
   【条件2を賃金として雇用される。あとは通常のキャラとして扱う】

【次、この条件に関して安価をとります。しばらく相談と質問タイムを設けます】

4191◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 22:25:03 ID:/CgkJ0.g0
【では、そろそろ安価をとります】

4198◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 22:28:31 ID:/CgkJ0.g0
>>4149
スピードワゴンはこういってますが、どう答えますか?
1:承諾する(この時点でスピードワゴンが家臣になります)
2:断る(スピードワゴンはクールに去ります)
3:その他(条件を改めて提出してください)
↓5~11で多数決(3はどの意見でも3として扱い、改めて多数決をとります)

4203名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 22:29:20 ID:ceoxTA9I0


4205名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 22:29:29 ID:2RhWOyMs0
丸呑みで1行動浮かすのも手段だしなー。善し悪しはある。

安価なら
3で「条件1を緩和して条件2および条件3のすりあわせを事後にする」

4206名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 22:29:29 ID:dw/mAzfY0
1

4207名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 22:29:41 ID:AVwSa5GU0
3:条件1を緩和して条件2および条件3のすりあわせを燃える水の価値が分かってからにする

4208名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 22:29:45 ID:6AZXjOng0
3

4209名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 22:30:02 ID:PHqdgJQE0
1

4211名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 22:31:45 ID:55yPId960


4220◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 22:37:07 ID:/CgkJ0.g0
では、3ということで改めて決を採ります。
1:固定賃金を払う代わりに採掘は国が行う
 【この条件だとスピードワゴンは断られたと判断します】
2:こちらからも資金を出す代わりに条件2と3は改めてつめる
 【財貨1を消費します。また採掘が終わるまでスピードワゴンは協力しません】

4227◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 22:39:00 ID:/CgkJ0.g0
1:固定賃金を払う代わりに採掘は国が行う
 【この条件だとスピードワゴンは断られたと判断します】
2:こちらからも資金を出す代わりに条件2と3は改めてつめる
 【財貨1を消費します。また採掘が終わるまでスピードワゴンは協力しません】
【どちらにするか選択してください】
↓3~7から多数決

4230名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 22:39:29 ID:AVwSa5GU0
2

4231名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 22:39:36 ID:ceoxTA9I0


4232名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 22:39:40 ID:4EbrUKTU0
2
ただし探索判定にやる夫を参加させることでさらによい条件ひきだせんか?
「天運」判定だろうし。

4233名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 22:39:44 ID:ZFQizIcQ0


4236名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 22:40:51 ID:OGmsWuXw0
2

4242◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 22:45:59 ID:/CgkJ0.g0
【こちらからも資金を出す代わりに条件2と3は改めてつめる】に決定しました!

     ____
   /      \    「流石に出るかどうかもわからないのにマージンの決定は気が早すぎるお。
  /  \   ,_\.    ならこちらからも資金援助するから、詳しい話は見つかってからでどうだお?」
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


               /::::::::::::::|     \::::::::::\
             /::::::::::::::::::::l      ,. -──┴──---- 、
              |::::::::::::::::::::::__r─/               \
              |:::::::::::::; イO }/   ____             }
            V::::/   / x< ̄::::::__>、_,.--、   /
             ∨O o //::::/ヽ\\{、   \  '⌒ソ--、
.     / ̄ ̄ ̄¨¨二二二ニニフ__レ<:\l }  f⌒ヽ      「個人的にはだからこそ見つかる前に
.       |  /´ ̄ ̄      _//:::ィ─t:テテぐ´У/八{^} |       取り分を決めておいたほうがいいと思うが……
      乂 {  ,. -─ 、_,.ィ7f/::}ハ  ̄ ´ ̄ ̄   \/  ソ 人      まあ、そういうことならしかたねぇ。
       `7    ///r':ィ_fツ }│ \_         (ノl        資金援助はありがたいし、そうさせてもらうぜ」
.      /\_/ 人{トミハ  〈_ノ`ヽ `マ{__      |  ヽ
 /{ ̄ ̄ ̄j\/  (_ ` ̄∧  ヾ'    ⌒\、   |   \
  /──‐く  /ヽ 人     ,ハ、 r=-一     ト、   /   / \
   __,ノ \__,ノ(      ハ. 、_,.ィニニ   l   / / /
  /{   j\__,ノ__(     _ノ ‘,          , ' / /
  ,. ー一く /\::::::≧、_   _ノl\  ,. ----// /
   }    } \__ノ:::::::/:::::::: ̄::::/::|  ヽ: : : _// /::::::::
  ブ¨¨ ̄ヽ__ノ::::::::/:::::::::::::::::::::/:::::|\   ̄ /  /
【財貨が12→11になりました】
【まだ契約していないので、スピードワゴンは仲間にはなりません】

4243◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 22:47:44 ID:/CgkJ0.g0
【というわけで、交易フェイズを行います】
━━【B:交易フェイズ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━
定められた交易レートに従い、各リソースを交換します。
現在のレートは以下のとおりです。
・財貨2→他の資源1
・他の資源2→財貨1
・食料5→物資4(アルトマー王国との貿易)
なお、交易の回数に制限はありません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【現在のリソースは「食料:7」「物資:7」「財貨:11」です】
【交易フェイズはどうしますか?】
↓3~7から多数決(考える時間がほしいなら待ちます)

4246名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 22:48:47 ID:AVwSa5GU0
スキップ

4247名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 22:49:01 ID:ceoxTA9I0
すきっぷ

4248名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 22:49:02 ID:4EbrUKTU0
スキップ

4249名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 22:49:12 ID:I/YZ1KEY0
スキップ

4250名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 22:49:30 ID:55yPId960
スキップ

4254◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 22:52:24 ID:/CgkJ0.g0
では、交易フェイズはスキップいたします。
【次に、情報収集フェイズに入ります】
━━【C:情報収集フェイズ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━
財貨1を消費し、様々な情報を収集します。
「メインキャラ1名、サポートキャラ2名」を指定して
【知略】を用いた判定を行い、成功すれば該当する情報が手に入ります。
ペナルティは情報の難易度に応じて都度GMが決定します。
一回の行動で複数の情報を得てもかまいません。
その場合成功確率に全ての情報の難度のペナルティを受け、
失敗した場合は何の情報も得ることができません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

参考までに、情報の難度です。
人材発掘:-10%(【但し『いないことがわかる』可能性もあります】)
バビロン王国三種の神器の最後1つについて:-30%
穀物の病気の原因:-100%
遺骸の処分法:-50%
聖印の場所:-100%
宝物庫の場所:-100%
涼、エリー、ジャギの能力値限界:それぞれ-20%
【情報収集フェイズはどうしますか?】
↓3~7から多数決

4257名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 22:53:15 ID:AVwSa5GU0
情報収集:涼(M)、エリー、ジャギ 基礎成功率200%
      『穀物の病気の原因』-100%

4258名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 22:53:23 ID:ceoxTA9I0
情報収集:涼(M)、エリー、ジャギ 基礎成功率200%(財貨-1)
      『穀物の病気の原因』-100%

4259名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 22:53:43 ID:6AZXjOng0
涼(M)、エリー、ジャギ
『穀物の病気の原因』

4260名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 22:53:44 ID:2RhWOyMs0
情報収集:涼(M)、エリー、ジャギ 基礎成功率200%(財貨-1)
      『穀物の病気の原因』-100%

4261名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 22:55:44 ID:jJ0gakas0
探索しなくて良くなったのならこれで
治安維持:N=5:ジャギ(武)(M)、エリー(指)、やる夫(指)
農業開発:N=5:《神運》やる夫(M)、エリー、涼 (物資-1)
工業開発:N=4:エリー(M)、涼、ジャギ 物資1食料1追加 (物資-2食料-1)

4263◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 22:56:02 ID:/CgkJ0.g0
【涼(M)、エリー、ジャギ 『穀物の病気の原因』-100%】に決定しました!
11*10+(10+6)*5+10-100=100%→判定の予知なく成功!
【財貨が11→10になりました!】
どうして9月にこの情報を開示しているのだろう……。
             ____y⌒ヽ
         ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
         /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
 (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
   `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
  __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
 〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l    「最近問題が表面化してきた穀物の病気について
 {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|     種籾やバビロンの文献を元に調査してみましたが……。
 乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|     どうやらこれ、かなり息の長い陰謀だったみたいです。
    Y:\:\:.i!: : ≠vィチ行ミヽ  X_><  }:. : :.ノ     長くなるんで、まず原因と当面の解決法だけいいますね?」
   vヘ: Y⌒ヽ {{ i 以リ ノ }}   ィ=ミ `V: : : :{\__
     \丶 `\` <__/⌒Y以 } Y: : : }}: ヽヽ¨ヽ
         〉:ハ          ,   ゝ ノ ノ: : :.ハ: :八j
        '⌒ヽ、 u         =≦_/7 V
              | ヽ   ` ヽ     /¨{  `v′ }
          __}   \    ,   <ノ  ヽ    /
       /^V    `¨´r─ 、     i   {


        .___
     /)/ノ ' ヽ、.\
  ./ .イ '(●)  (●) \   「よろしく頼むお。正直今のやる夫達に必要なのはそこだお」
  /,'才.ミ)  (__人__)    \
  | ≧シ'  ´ ⌒`        |
  .\ ヽ           /

4264◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 22:56:28 ID:/CgkJ0.g0
::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ:::ヽ:::::::::::::: ヘ::::::::::::::::::ヽ:\:::
::::::::i:::::::::::::::::::/:::::::::〉、::::ヽ:::::::::::::: ヘ _,,,_:::::::::::ヽ::::::
:::::::::i::::::::::::::::/:::::::::/ \/\:::::::~:::i_ ヘ:::::::::|:::i:::::
::::::::::||:::::::::::::|:::::::::/__,,-"\::::\`'',<::i 〉|::::::|::イ:::::   「【今回の病気は魔神が原因です】
::::::i:::|::::::::::::::ヘ|::::/   _,,_ ` -'" ノノ |',::/|ノ|:::::    【当面の解決には病気の治療薬の開発が必要です】
:::::::',i:::::::::::::::::::',/  ./ソ:| `    `'  ',|/彡|/    【中期的には魔神の討伐】
:::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ'., <_i':::ノ       .、  |  "      【長期的には穀物の品種改良と作物の多様化が望まれます】
::::',::::::| ヽ,::::::::::::::ヘ  ̄        ' ./         まあ【中長期は棚上げで問題ありません(※)】けどね」
::::::ヽ::ヽ_ `ヽ:::__::::\         ./
ヘ|\;;;;|ヾへ_∧. ̄ ̄     '⌒ /
       _/   -, ,, _ __,,./           ※ 要するに【放置しても問題ないということです】
     /   \ ` ミ/
    /       ', / \,_
  . /         ',|.  .|  |
  /           .|  |  ヘ

         ____
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・

4267◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 22:57:01 ID:/CgkJ0.g0




       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\    「ま、魔神!? 一体どこからそんな話がでてくるんだお!?」
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


         /.:.:.:/.:.:.::/.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,
.           '.:.:.:.:l.:.:.::/.:.:.:.:.::/.://:/.:.:.:.:./ ',.::.:',:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:..:.::.:!
.         {:.:.:.:.:|:.:.:.l:: .//_」:⊥!」!_./ /  ',:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:::.:.:::.:..:.:.:.:}
        ハ:.:.:/|:::.:.|:.:/://:/_/|/l:/}/   リl;l;ィ_リソヽ:.:.:.::::.:.:リ   「それに関して、まずはこの地方の穀物に関して
           レ'.:r{:::.:.レ';;ノ,ィァ=;、       x==、ヽノ人::::.:::{::/    説明する必要があります。
.          イ:/ム:::.:.! /' _,ルy:} ヽ     /ん;;心刈ゝ:.:.:.:.:.:j(    ――実はこの地方、穀物の品種がほぼ単一なんです」
         |{  ヘ::.j! ` 弋::::ノ         ト<'::::リ j}/.:.:.:.:トヽ
         |ハ:.、u从             ` ー'′厶イ.:.:|
         | リ::ヽ._ヾ、        :!          /ノ:.:.N
        弋:.:.i♀ヘ.          ′        /o.:.::.:'
           ヽハ从ゞ、       __         ,ハ.:.イ:.l
              ヽ川l::|` 、    ` ′     ィ.:.:..:/' レ′
              j ハ::|  丶、    ,. '|:l:リ.:/
                :ト、__ ` ー ' .__|'´
               丿: : : : : : : : |: : : :.: :|
          ,.  '′:::::.:. : : : : : |: : : :.: : ヽ、

4269◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 22:57:26 ID:/CgkJ0.g0
 : : : : : : : :        `ー--,
     : : : : : 、: .      : : ゙ヽ、
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:゙゙゙゙'''''''‐- 、 ,,,,,_
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:`゙''ー-       _,,.--ー''''''"゙
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"" ゙゙̄"'''''―-
''"''''"""''"""'''''"""''""''""",,,,-‐'゛'''''"""''""''''""''"''''""''"""'''''"""''""゙''、,,"'''''―--'''""''"''''"""''"""''''
..:ヾ:ヾ.ヽ.:ヾ:  ヾヾヽ.:ヾ ...ヾ.,. .ヽ.:,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ヾ:.,..ヽ.:ヾ .. ヾヾヽヾ. ヾ .. ヾヾヾ``'‐.``'‐.、ヾヽ..ヽ.:ヾ .
  ヾヾ      ヽ.:     ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛  ヾ ..    .,.ヾ.,.   .ヽ    .:ヾ:. ..ヽ``'‐.、``'‐.、    .:
  ヾヾヽ ヾ      ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ :.,..ヽ.:ヾ .. ヾ      ヾヾヽ ヾ       ヾ.,. .ヽ.:ヾ:
:;.:";|./:;.:'";゙:.:゙,:;ヾ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛      ヾヾヽ ヾ         ヾ::.ヾヾ
':;,`:ヽ|/,':,:;*.,:;/.:::;.:":::"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''
";*'.:.:;”:;,`:;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:; ,:;.:';';';::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:;';',: '::;.:"
:".:;.:'"i゙:.:゙,:;、,"ノ'.:;ノ'.:.:;”:;,`: :::::: '''''"""''""''''""''"''''""

  エリー「魔王討伐の際にバビロン王国を中心にまとまりかけた人類勢力ですが、
       それと同時に様々な文化交流が行われました。
       特にこの地方はバビロンの近くということもあって交流が頻繁に行われたといいます。
       その結果、穀物の品種が『生産量が多く高品質な品種』にほぼ統一されたそうです」

4283◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 23:01:42 ID:/CgkJ0.g0
          , -''"´二二二二`丶、
        / , ' ,´ ---------- 、ヽ、\
.       |//_ -‐───-- 、 \ヽ ハ/ゝ
.       |/.:´:.:.:.:.:.:.、.:.:.、:.:.:`:.:.:.:.:、:..\㎝二l
      /.::/:.:.'.:.:.'.:.:.:.:ヾ.:.:ヾ.:.:.:.ヽ.:.:`、:ハ\\
    /.::/:':./.:..i.:.:.ト、.:ヾヾ::ヾ.:.:ヾ.:.`、:j.:.:.i l\\    「で、どうも文献を漁るとその品種、
    i.:.:l:.:!:|.:.:.|::__| \!、弋弋:ヾ:ヾ`リw.:i | ヽ ヽ    【飢餓を救う為にとある為政者が召喚した魔神がもたらしたもの】
     i.:.!::i.:.:!:|リT !!     ,ィラ芥、リリ⌒y! |   〉 )   らしいんですよね。どれもこれも。
     レ.:.i.:.:.!//f:i芯      乂じリ’ リン.八 | / /   当時は警戒されたそうですが、戦争中で働き手も少なく
      ゝ.::r圦' 込リ        ̄  r-♀::.リ V  /    やむなく導入されて以後、爆発的に広まったそうです。
       |.:|\ヽ    ヽ     ,小iリ ::::!  |  |    それにより人口が増え、最早その品種なしには
       | :i:i::♀\   ェ‐:ァ  ,イ:::|::/ :::リ   |三|    生活が成り立たないくらいに」
      |.:!乂从 :::`::...._   /|ヾ:乂::/|  |
         /  ̄ V\:::|` ´ .イ乂    |  |
      /     Vヘ{>-‐っヽ.:`ー) ̄`ヽ、|
     〈      ヽ V´ィ'ニニ⊃ \.:.:.i     `、
     i    .,-‐,/´冫´二⊃   \|   .:.:.:ハ
     /   ./.:.:.:.| /  'ニ⊃` ‐-─┤  .:.:/.:.:.:)
    /ー-‐',:.:.:.:.:.ノ /  .ノ ー──--{ ○:/.:.:.:.:.:i

4290◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 23:07:04 ID:/CgkJ0.g0
    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!   「で、最近になって【その品種が特に弱い病気が流行りだした】。
!:::::::::::l ゙ ..:.:.:7"::;:::::_::、ヾ゙i:: :.: ,.ヾ、:::::::ハ    さらに最近「【その病気を抑える農薬が裏市場では高値で取引されている】
::::::::::::iゝ. .:.:.:.:.l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,!    まるで【この病気の発生を予見してたみたいにタイミングよく】な」
::::::::::::lゝ :.:.:.:.:゙ー───‐'.:.:.:.: k'^ヽ、゙i  ノ
::::::::::::ゝ  :.:.ァ''''"::: ̄ ̄::''ー'':::ヽ`゚'-゙_,! 丿
:::::::::::::::〉.:.:  ,n :.: rャ:.:.:: z、 :.:.:. .:.:ヾ、:.:.: ,ノ
l:::::::::::::i.:.:  |:::| .:.:.|::::| :.: i:::::|.:.:.:.;ヘ.:.:.:. ,ヾ }
|::::::::::::l:.:  _レヘ:.:.|:::::!:.:. !:::::|.:.:.:l:::;!.:.:./::i 〉
}::::::::::::!:.: ´  .: ,}:.:|:::::l:.:. !::::::!.:.:,!::;!.:.:,'.:.:,',!
!::::::::::::l.:.:......:.: /:l.::l::::::!:: l:::::::|:.:,!::;!:.:,'.:.:7.!    ,ハ
:::::::::/i :.:.:  ,/::::ゝl::::::し':::::::i.::,!::;!.:;',!:/ `ー‐'" }
:::/   `ー、"::::::::::::::::::::::::::::::`´:::レ':!;/:.:.:.:......:.: ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソゝ.;,;_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、


::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ:::ヽ:::::::::::::: ヘ::::::::::::::::::ヽ:\:::
::::::::i:::::::::::::::::::/:::::::::〉、::::ヽ:::::::::::::: ヘ _,,,_:::::::::::ヽ::::::
:::::::::i::::::::::::::::/:::::::::/ \/\:::::::~:::i_ ヘ:::::::::|:::i:::::
::::::::::||:::::::::::::|:::::::::/__,,-"\::::\`'',<::i 〉|::::::|::イ:::::  「因みにあくまで『抑える』薬です。根本的解決にはなりません。
::::::i:::|::::::::::::::ヘ|::::/   _,,_ ` -'" ノノ |',::/|ノ|:::::   また価格も非常に高く、買える者と買えない者の間の格差が
:::::::',i:::::::::::::::::::',/  ./ソ:| `    `'  ',|/彡|/   そのうち拡大していくだろうという話もありますね」
:::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ'., <_i':::ノ       .、  |  "
::::',::::::| ヽ,::::::::::::::ヘ  ̄        ' ./
::::::ヽ::ヽ_ `ヽ:::__::::\         ./
ヘ|\;;;;|ヾへ_∧. ̄ ̄     '⌒ /
       _/   -, ,, _ __,,./
     /   \ ` ミ/
    /       ', / \,_
  . /         ',|.  .|  |
  /           .|  |  ヘ

4295◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 23:11:11 ID:/CgkJ0.g0
            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \   「な、なんでそんな回りくどいことを……」
      : |    (__人__)    |:
        \   ` ⌒´   /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /


::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ:::ヽ:::::::::::::: ヘ::::::::::::::::::ヽ:\:::
::::::::i:::::::::::::::::::/:::::::::〉、::::ヽ:::::::::::::: ヘ _,,,_:::::::::::ヽ::::::
:::::::::i::::::::::::::::/:::::::::/ \/\:::::::~:::i_ ヘ:::::::::|:::i:::::
::::::::::||:::::::::::::|:::::::::/__,,-"\::::\`'',<::i 〉|::::::|::イ:::::  「魔神というのがそういう魔族だからですよ。
::::::i:::|::::::::::::::ヘ|::::/   _,,_ ` -'" ノノ |',::/|ノ|:::::   神は信仰心を糧に力を得るという伝承がありますが
:::::::',i:::::::::::::::::::',/  ./ソ:| `    `'  ',|/彡|/   魔神は【自らに服従を誓う存在に比例して強大になります】。
:::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ'., <_i':::ノ       .、  |  "    神みたいなことをする魔族なんで『魔神』とよばれるんですね」
::::',::::::| ヽ,::::::::::::::ヘ  ̄        ' ./
::::::ヽ::ヽ_ `ヽ:::__::::\         ./
ヘ|\;;;;|ヾへ_∧. ̄ ̄     '⌒ /
       _/   -, ,, _ __,,./
     /   \ ` ミ/
    /       ', / \,_
  . /         ',|.  .|  |
  /           .|  |  ヘ

4300◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 23:14:51 ID:/CgkJ0.g0
            -=≦ ̄`ヽ
                   ≧x: :v'⌒ヽ__
           ,. ´ : : : : : :Y´ ̄jノ: :` 、
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
          /                   ヽ
       /j : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
.      //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .      「ただ神と違うのは基本的に理念を持たないので
.      __//:. :.: : :.:/:〃:/: : : : : ヽ: :.:ヽ: : ヽ: : : : ヽ: : :.      『自分に逆らえないような力を与えて堕落させる』
   /:.〃: : : : : /j/ {∧ : : : : : : ト、: :ハ: : 八: : : :.|: : : .、__    という手段を用いることですね。
.   /::::::::{{: :〃: : :レ──\j\廴j L}┴く  |:.: : :|: : : : : : \  あとは、世の中を混乱させて人々をあおり
  ヽ(_:::::::V {: : : :l                 |:.: : :l: : :.}\:ヽ:.:}  安易な手段に走りやすいように画策することが殆どです。
    {::::::::_::ヽ:.: 代 ,ォ==、       ,ォ==、 .│: :./: : /:::::::Vj/  具体例は、先ほど話したような感じでしょうか?」
     \( {:::::::\                  ノ: :/:.:/::::::}ヽ}
        \:::: {       '         ∠_,.イ//j/
         `¨ヽ     、___,      イ≦_/
              \    ー‐'    , ´
                 i      ィヽ⊃
              __|  `¨¨´  Vユ_
            {: :./         〈 ノ


     ____
   /      \
  /         \
/           \   「な、なんてたちの悪い……。
|     \   ,_   |    それで、治療薬はどうやったら作れるかお?」
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

4305◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 23:18:54 ID:/CgkJ0.g0
             , -''"´二二二二`丶、
           / , ' ,´ ---------- 、ヽ、\
            |//_ -‐───-- 、 \ヽ ハ/ゝ
            |/.:´:.:.:.:.:.:.、.:.:.、:.:.:`:.:.:.:.:、:..\㎝二l
        /.::/:.:.'.:.:.'.:.:.:.:ヾ.:.:ヾ.:.:.:.ヽ.:.:`、:ハ\\
          /.::/:':/.:..i.:.:.ト、.:ヾヾ::ヾ.:.:ヾ.:.`、:j.:.:.i l\\   「流石に、地道に開発するしかありませんね」
       i.:.:l:.:!:|.:.:.|::__| \!、弋弋:ヾ:ヾ`リw.:i | ヽ ヽ
        i.:.!::i.:.:!:|リT !!     、_,_ リリ⌒y! |   〉 )
        レ.:.i.:.:.!//,ゝ‐-     ´   ` 'リン.八 | / /   ※【具体的には継続判定です】
         ゝ.::r圦                r-♀::.リ V  /     【その他で、治療薬の開発を選択してください】
            |:|\ヽ    ヽ     ,小iリ ::::!  |  |
           |:i:i::♀\    ー '   ,イ:::|::/ :::リ   |三|
         |:!乂从w`::...._   /|ヾ:乂::/|  |
                 ,へ__」 ` 丁 ̄|     |  |
         __r─一'  / /   ハ  |`く` ー─-、__」
      r┴ i      |/ /l」\ ヽ |    .ヽ┴、
     r┴‐  ヽ     |__∠___\V      /  弋
    /⌒'ー--ヘ  ○ |<<))()((></ ○ /-‐´⌒\
    〈       ヽ,__ノ======ヽ,_/       〉


使用能力:【知略】(但し、技術力の分判定にボーナスがつきます)
目標値:45
判定回数:3回
成功した場合、治療薬が完成します。
失敗した場合、財貨1を消費します。但し進行度は継続します。

なお、継続判定について再掲します。
継続判定
「ダンジョンを踏破する」「戦場を突破する」など、
継続していろんなことをする必要がある場合「継続判定」を行う。

継続判定には「使用能力」「進行度」「目標値」「判定回数」という数値が存在する。
「使用能力」で指定された能力で[-N(任意の自然数)×10]のペナルティをかけた判定を行う。
この判定に成功した場合、進行度が+Nされる。失敗した場合は何も得られない。
この判定を「判定回数」回行い、「進行度≧目標値」となれば継続判定は成功となる。

なお、継続判定は何度も判定を行うことになるが、それにより得られる成長点は最大でも3点とする。

4311◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 23:22:02 ID:/CgkJ0.g0
             ____y⌒ヽ
         ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
         /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
 (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
   `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
  __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
 〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l   「と、我々は比較的病気の被害が軽微だったのと
 {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|    バビロンの古文書があったので先んじて情報を仕入れられましたが
 乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|    【外国も馬鹿ではありませんから、しばらくすれば同じ結論に達するでしょう】
    Y:\:\:.i!: : ≠vィチ行ミヽ  X_><  }:. : :.ノ    この情報、どう扱うかはやる夫さんにお任せします」
   vヘ: Y⌒ヽ {{ i 以リ ノ }}   ィ=ミ `V: : : :{\__
     \丶 `\` <__/⌒Y以 } Y: : : }}: ヽヽ¨ヽ
         〉:ハ          ,   ゝ ノ ノ: : :.ハ: :八j
        '⌒ヽ、 u         =≦_/7 V
              | ヽ   ` ヽ     /¨{  `v′ }
          __}   \    ,   <ノ  ヽ    /
       /^V    `¨´r─ 、     i   {


     ____
   /      \
  /         \
/           \   「わかったお……」
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
【情報収集フェイズ終了】
【次、行動フェイズに移ります】

4312◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 23:23:04 ID:/CgkJ0.g0
━━【D:行動フェイズ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
下に記載された行動を3つまで行うことができます。
各行動には「メインキャラ1名、サポートキャラ2名」合計3名が参加できます。
同じキャラが何回行動を行ってもかまいません。但し、同じ行動を2回行うことはできません。
なお、行動の結果は都度反映されます。
例えば1回目の行動で技術力が上昇すれば、2回目の農業開発には上昇した技術力を使用します。

0:自己鍛錬
 任意のリソースを1消費して、参加したキャラ全員が成長点を3点得ます。
この行動は何回でも行えます。

1:情報収集
 財貨1を消費し、情報収集フェイズと同様に様々な情報を収集します。
判定方法は情報収集フェイズと同様です。この行動は何回でも行えます。

2:技術開発
 財貨1を消費して、技術力を上昇させます。
判定前に「N点上昇させる」と併記してください。Nは任意の自然数です。
この行動には【知略】を用います。
判定のペナルティは[-(現在の技術力+Nの二乗×5)]です。
例えば、3の状態から2点上昇させたいなら-(3+2×2×5)=-23のペナルティを受けます。

3;農業/工業/商業開発
 物資1を消費して、農業力/工業力/商業力を上昇させます。
宣言時に「N点上昇させる」と併記してください。Nは任意の自然数です。
上昇させる能力毎に別の行動として扱います。
この行動には【指揮】を用います。
判定のペナルティは[-Nの二乗×5]です。
また、農業力/工業力/商業力が技術力を上回っていた場合、
さらに[-(上昇前の上げたい国力-技術力)×10]のペナルティを受けます。

4:治安維持
 リソースは消費しません。荒廃度を減少させ、治安を回復させます。
宣言時に「N点減少させる」と併記してください。Nは現在の荒廃度以下の任意の自然数です。
各キャラクター毎に【指揮】または【武力】の好きなほうを使用します。
このとき-[Nの二乗]だけペナルティを受けます。
これにより荒廃度が0になった場合、即座に追加でランダムイベント表を振れます。

※2~4で上昇値または減少させたい荒廃度を"1"とした場合、判定なしに自動成功します。
 その際にも行動に参加したキャラクターは成長点を1点得ます。

4314◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 23:23:28 ID:/CgkJ0.g0
5:領内探索
 リソースは消費しません。領地を探索します。資源や家臣となりうる人材が見つかるかもしれません。
この行動には【天運】を用います。
成功すればグッドイベント、失敗すればバッドイベントがおきます。
判定を行う際、[-今まで成功した回数の二乗×10]のペナルティを受けます。
例えば今までに2回成功していた場合、-2×2×10=-40のペナルティを受けます。
このペナルティは1月、5月、9月になるとリセットされます。

6:部隊創設
 「物資1&財貨1」を消費して新たな部隊を創設します。
初期状態での兵力は5ですが、【指揮】による判定で初期値を上昇できます。
宣言時に「N点上昇させる」と併記してください。Nは任意の自然数です。
その際のペナルティは[-Nの二乗×5]です。
成功した場合初期から上昇した兵力で部隊を得ることができます。
失敗した場合も兵力5の部隊は創設されるので、ご安心ください。
 また「物資3&財貨3」を消費することで精鋭兵を創設できます。
このとき、初期兵力は15となります。それ以外の処理は一般兵と同様です。

7:軍事訓練
 物資1を消費して、全ての部隊の訓練を行います。
宣言時に「N点上昇させる」と併記してください。Nは任意の自然数です。
この行動には【指揮】を用います。
その際のペナルティは[-Nの二乗×5]です。
この時同時に「物資2&財貨2」を消費して一般兵1部隊を精鋭兵にアップグレードできます。
その際、自動的に兵力が+10されます。
但し上昇値を"1"とした場合、判定なしに自動的に成功します。
その際にも行動に参加したキャラクターは成長点を1点得ます。

8:軍事行動
 魔物や盗賊などといった敵性勢力と戦闘します。このとき、動員する部隊数と同じだけ食料を消費します。
外国に軍事行動を行う際には、消費する食料が3倍になります。

9:外交
 国内外の勢力や人材と外交します。この行動自体でリソースは消費しません。
この行動は必ずやる夫がメインとなります。サポートキャラは他の行動と同様2名までつけることが可能です。
どんな判定を行うかは外交の内容によって変わってきます。

※:その他
 思いついたものを適当に提案してみるのもアリです。
但し、実現不可能な場合は無効とする可能性がありますのでご了承ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4315◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 23:24:42 ID:/CgkJ0.g0
さて、かなりの重要情報が出てきたので色々と相談したいこともおありでしょう。
5分ほど相談タイムを設けます。

しかし、ラスボス候補の一角の情報が何故こんな早くに公開されたんだろう……。

4370◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 23:42:25 ID:/CgkJ0.g0
【それでは、1回目の行動を宣言してください】
↓3~7から多数決

4373名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 23:43:02 ID:AVwSa5GU0
農業開発:N=5:《神運》やる夫(M)、エリー、涼

4374名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 23:43:05 ID:ceoxTA9I0
農業開発:N=5:《神運》やる夫(M)、エリー、涼 (物資-1)

4375名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 23:43:00 ID:6AZXjOng0
農業開発:N=5:《神運》やる夫(M)、エリー、涼

4376名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 23:43:09 ID:I/YZ1KEY0
農業開発:N=5:《神運》やる夫(M)、エリー、涼 (物資-1)

4377名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 23:43:11 ID:2RhWOyMs0
農業開発:N=5:《神運》やる夫(M)、エリー、涼 (物資-1)

4381◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 23:48:55 ID:/CgkJ0.g0
【農業開発:N=5:《神運》やる夫(M)、エリー、涼 (物資-1)】に決まりました!
【物資が7→6になりました!】

         ___
       /     \ 
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \   「ともあれ、ではその品種以外の産品を育てねばならないお!
     |       (__人__)   |    生産計画に抜本的な改革を施す必要があるお!」
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |


              - ― - 、
           , ‐' ´ - ―--ゝ
       ,ィヘ´ ,. - ' ´ --―-‐-ゝ
  ___r'|ヘ い´ ,. - '´  _--¬ー ‐ヽ
  |   ,イ。)ぃ 〈 _, -‐' ´ ::::::::::::::::::::::::::∧
. └ァ'´ ~イヽヽイ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハハ
   \   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   「ああ、でしたら最初に作った畑に旧バビロン時代と思しき
    /`〃::::::::::::::::::::::::::レj / jノ|:::::::lヽ:::::::::::|    古い種の馬鈴薯が生えていました。
   / // ::::::::::::::::::〃//'十ト ゝ斗 }、:::::::l    現行種より生産効率は落ちますが、これを植えましょう」
  / /|| l::::::::::::::::::::l'´厶=ミ    xzミV::::::;|
/ // .| ::::::::::::rク:|/沁:リ      ヒツ .レ、:ノ
  /     |iぃ:::::::ゝyリ ` `´    、¨ ;
.../     |いヽ:::::::♀         ′ /
.       !ヽNYrY:|\    r_ァ /
.          亅___> __ イ
     _______{ : :: :: :: :: ̄'Y´:|
    ,r'  `' <` ̄\ : :: :: ::|: ::|___
   {      \_   l:: :: :: ゙i:;:ラ   , \
  /         `'、.|::: :: /8\'ミ_=イ   \
、{__       \ ゙i \:;,/ ..8 \',ッ    ゙i
| >―`二ニ ,_  `'(__) j______゙i(_)_,、=‐イ
゙i/        ̄ ̄ ' 、.|)lll(,廴lll(廴,ム゙ッ  ,r'

【錬金術の効果も加え、農業力が11→17になりました!】
【次、2回目の行動安価を取ります】

4384◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 23:50:07 ID:/CgkJ0.g0
て、計算結果書いてませんでした。
15*10+(10+8)*5+10-5*5*5=125%です。
どうでもいいという説はありますけどね!

4389◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 23:52:07 ID:/CgkJ0.g0
これは殴り合いの予感……?
【2回目の行動を宣言してください】
↓3~7の多数決

4392名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 23:52:29 ID:ZFQizIcQ0
工業開発:N=4:エリー(M)、涼、ジャギ 物資1食料1追加 (物資-2食料-1)

4393名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 23:52:31 ID:lEMxFwvA0
工業開発:N=4:エリー(M)、涼、ジャギ 物資1食料1追加 (物資-2食料-1)

4394名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 23:52:32 ID:PHqdgJQE0
工業開発:N=4:エリー(M)、涼、ジャギ 物資1食料1追加

4395名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 23:52:32 ID:SlZEzEjg0
技術開発:N=4:涼(M)、エリー、ジャギ (財貨-1)

4396名無しのやる夫だお2013/01/30(水) 23:52:33 ID:2RhWOyMs0
技術開発:N=4:涼(M)、エリー、ジャギ (財貨-1)

4416◆75LBJGs9C62013/01/30(水) 23:58:36 ID:/CgkJ0.g0
3:2、なんて接戦なんだ……相変わらず100%越えだけど。
【工業開発:N=4:エリー(M)、涼、ジャギ 物資1食料1追加】に決定しました!
【物資が6→4、食料が7→6になりました!】
9*10+(8+5)*5+10+10+5-4*4*5=100%成功!

                              -‐=ニ二 ̄ ̄ ̄二ニ=‐-,、
                          , <´≫≪     ̄ ̄ ̄    ≫≪l
                 / ̄\  /》≪≫ ≪≫    __  ≪≫  |
                  |    ヽ′《》≪≫ >:.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` <|
                  |__/O〉ヽ>'"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                       /  //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| ‘,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                 /    //:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:/:/:.:.:/:.: /:/   !:.:.l:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.
                  ゝ、  / l:.:.:.:.:.:.:.:.:/::./:/:.:.:/l:_:/:/   :.:_.l:.:l:.:.l:.:.l:.:.:l:.:
                    /  /`ヽ ,:.:.; -、:.:/:.:イ-:‐ィ::´l/}/   |/l/`lヽ:.:/:.:. l: i
             /  /|   i| ,':.:.{ ハ Vl:./ y=≠ミヽ:/    y≠ミヽ };/:.:/:/l/
            /  / |  i| .::.:.: ', く l,' ,イ {rし;}     {rし;} リノ' :./:/
              , '  , '    i|  i| ;.:.:.:.:.ヽ。_,、  ゞ-''      ゞ-'' 从ノ'´
          /   ,     ;i|  i| ヽ从/O:.人          ′
            /   /     i|  i| ノ ̄ヽ‐ヽ :ヽ     ヽ ̄ ア    人_
        /   /      〈_三/'´    ∨Λ :. :....  ___    /  / ヽ- 、
.       /   /      /         ∨Λ:.:.:.:// ̄`ヽ´   / /   {_
.         /   /     r―' \         ∨ 〉:.:/―'"´l⌒ヽ Y  / /__ハ
        /   /    |ノ   \       ∨/|    / ̄ ヽ ',O' /     l
.       /ミ≫/    /´      \    ◯:〉三|    |  ̄ヽУ‐'´      |
      |≪≫|      | /´ ̄ ̄ ̄ ̄\___,/li≫|    | ト、_ノ ‘,       〉
      |≫≪|      | |           // ̄l ̄/    :| /  { ', ;     /
     \≫i|      | |     二ニ={´    !/´ヽ __;l l  λ , ,'二ニ=-{
       \{i      | ` r-、  二ニ=-‘,   /`ヽ二ニr' ヽニ彡'`Y     /
              |   :|  ヽ   / ‘, /     /  〈ー'"´ ヽ   :/
              |   ,'  /ヽ´    ,У    :/―‐厶     \ {
              |   ,' /|:.:.トΛ   ノ       :/ー‐イ/Λ       }
              l  ,'´  / ̄Oヘ          /:.:.:.:.:. // Λ      :/
              l ,'   /≫≪/Λ      :/二ニ=∨//Λ   /
              |/   /≪≫///Λ    /     ∨///ヽ_/
              |   /≫≪//////\_/          ∨///|
              |  ><//////            ∨//|
              |  |_|_l_l>―‐'                 l///|
              |   |                    l///|

  エリー「そして薬の生産のためには工業力が不可欠です!
       新しい工房を作ります! ちゃんと動くかどうかチーズケーキ作って試しますね!」
  ジャギ「なんでだよ! お前どんだけチーズケーキ好きなんだよ!」
【錬金術の効果も加え、工業力が8→13になりました!】
【次、3回目の行動安価を取ります】

4417◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 00:00:29 ID:ZIWGYCYs0
ほぼ決まってるようなきもしますが
【3回目の行動を決定してください】
↓3~7

4421名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 00:00:46 ID:2DOYRPx.0
ええっと…神の一品じゃないと満足しないくらい?<どんだけ

4422名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 00:00:48 ID:6vEL3riw0
治安維持:N=5:ジャギ(武)(M)、エリー(指)、やる夫(指)

4423名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 00:00:55 ID:YqQw7C3U0
治安維持:N=5:ジャギ(武)(M)、エリー(指)、やる夫(指)

4424名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 00:00:59 ID:y7Fp8Yxk0
治安維持:N=5:ジャギ(武)(M)、エリー(指)、やる夫(指)

4425名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 00:01:00 ID:XyY5tRE20
治安維持:N=5:ジャギ(武)(M)、エリー(指)、やる夫(指)

4427名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 00:01:55 ID:XyY5tRE20
■成長ポイント変化■
やる夫:44→56(3回成長)
涼:60→69(1回成長)
エリー:57→69(2回成長)
ジャギ:42→48(1回成長)

計算違ってたらすまん。

4429◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 00:06:53 ID:ZIWGYCYs0
【治安維持:N=5:ジャギ(武)(M)、エリー(指)、やる夫(指)】に決定しました!
10*10+(9+0)*5-5*5=120%で成功!
      /ニニニニニニニニニニニニニヽ
      ’ニニニニニニニニニニニニニニ ハ
     iニニニニニニニニニニ}ヽィニニニニi|        「さて、そろそろ変な奴も混じってきたことだし
     |ニニニニニニニニ /}/ /∨ヽニニニ|         街の様子でも見てくか。
.     ト.!ニニニニニニ==─…ミx 0 /》ニニニ│        やる夫、とりあえずついてきてくれ。
    Ⅳ≧ー…ャ77//--。-ォ///l} 0 彳ニニニ|         妙な奴がいたらお前の名前でぶちのめす」
     》 f77ハ  ∨/≧==彡//ノ   《ニニニl|      ト
     `7 V//}  ∨////厶イ==ミ   iニニニ|      |∧
       ⌒i ̄ __ ̄ ̄´   》//∧ lヽニニニl|      |/∧
   ト     ∨ .//| ト. {7∧ ∨///i| ∨\ニゝ __   |  ∧
   |∧    ∨//| |∧ ∨∧ ∨//l|  i}///777{厂三{  |  /∧
   |/∧    }ヽ/| |/∧ ∨∧ ∨/l|  リ  }////|∧三≧|    ∧.=
   |  ∧  、|__i/| |//∧ 》/∧仆ー=彡' '/// l|/∧三 i|    三
   |  /∧  ≧彡. 》====≦///   l i '//三|  ∧三|    三
\ |    ∧イ三/三》 ∨////    j l //三 i|  /∧ .乂__ノ三
/∧.|    /∧./三 ィ/∧∨///    / '//三三|  //∧三三三三


             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )   「わかったお! 国民の平穏のため頑張るお!」
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄
【荒廃度が5→0になりました!】
【次、ランダムイベントが追加で発生します!】

4430◆8aMQkoanMU2013/01/31(木) 00:09:37 ID:ZIWGYCYs0
┏【ランダムイベント表(荒廃度0~4)】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃0:残念! とくになにもなし。
┃1:全部隊の兵力+1
┃2:食料+5
┃3:物資+5
┃4:財貨+5
┃5:技術力+2
┃6:農業力+2
┃7:工業力+2
┃8:商業力+2
┃9:グッドイベント! 安価で指定したことが起きる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【0~9までの数字を指定してください。それとトリップに隠された値の和の一の位を参照します】
↓6

4436名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 00:10:06 ID:7zGVZVeI0
0

4439◆8aMQkoanMU2013/01/31(木) 00:11:25 ID:ZIWGYCYs0
◆8aMQkoanMU=#0majin
0+0=0
残念! とくになにもなし。
                         , -''"´二二二二`丶、
                       / , ' ,´ ---------- 、ヽ、\
                         |//_ -‐───-- 、 \ヽ ハ/ゝ
                          |/.:´:.:.:.:.:.:.、.:.:.、:.:.:`:.:.:.:.:、:..\㎝二l
                         ,イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ: : :\\
                        /: : : : : :,イ: : : i: : : :|: :ハ: : : : : : : :', : i l\\
                     /: : ,イ: i: ,' |: :i|: |!: ハ: !: ',ハ: : : : : : : :,: :i.::.:, ヽ ヽ
                      ,': ,': ,': :|!: | ': ! i: !|ム: ハ: : i|: : : : : : : :i: : : : :|  ヽ ヽ
     _                i: i: :|i: :|: ,イ |.;.;ハ /_|リ i:i|:,イ: : : : i: : : |: : : : :|   〉 )
     ( \             |:ハ: |!: :|: 「iヽj/ ./ ´ル=ハェ'| : : : |: : : |: : : : :|  / /
  _    \ ` 、   ,ィユ      jハ ::|i: :ハ|ニ`   "´   ' リリ/~∨ : : ,: : : :' V  /
  ( `ー- .,_ `ヽ  ` 、(  '、     ',: !: ハ=" ̄ソ        lj♀bノ|.|.;.;li.: : :| |  |
  ` ー- .,_  ̄ ン     }  ヽ       '|: : :i   、 _         彳 :: | |.;.;!.;.; | |三|
. _____>   / i   ',       !: : :',   ` _, -_‐ャ     ム从j.ノ: : ! {|  |
.(_____ ノ   /  /   }       ,': : :人  ヽー '´    ィ  |レム从j.ノ |  |
     _,. '´,  ノ   i    i      ノl|!ハ,ハjヽ   ´   ,イ    |      ̄ ̄
  _,. '´ _,. -'ヽ        ノ           ヽ _ ,_ イ  ____|_
  '-‐ ´    \      |              :`Y' ̄:: :: :: :: : }___ _
           i`      |         ___|:: :|:: :: :: :: ;;- ‐´> '´  ヽ
           |     |       / ,  ̄ ラ:;:/ :: :: ::l´  _/      }
           |     |      /   ト=彡'/8、:: :: :::レ'´         \
             /|     |     /    ヾ,'/  8 ヽ;:/ / /       __}、
          ,イ |     iヽ     ト‐=、,_(_)/______j (__)'´  _, ニ二´―< |
           /. ! |      | ',   ヽ  〃ム,廴)lll廴ノlll(レ '  ̄ ̄       \/
        /  ! |      |  ',   | //    ̄  ̄7 ̄ 《/ノ           /
       / .. ! |      |   ', // /       /   //            {

  エリー「世はすべてこともなし。平和でいいわね」
【次、通常のランダムイベントが発生します】

4445◆9ZSNi0ypPc2013/01/31(木) 00:13:34 ID:ZIWGYCYs0
┏【ランダムイベント表(荒廃度0~4)】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃0:残念! とくになにもなし。
┃1:全部隊の兵力+1
┃2:食料+5
┃3:物資+5
┃4:財貨+5
┃5:技術力+2
┃6:農業力+2
┃7:工業力+2
┃8:商業力+2
┃9:グッドイベント! 安価で指定したことが起きる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【0~9までの数字を指定してください。それとトリップに隠された値の和の一の位を参照します】
↓5

4450名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 00:13:57 ID:XyY5tRE20


4463◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 00:18:53 ID:ZIWGYCYs0
◆9ZSNi0ypPc→#6event
8+6=14
4:財貨+5
            -=≦ ̄`ヽ
                   ≧x: :v'⌒ヽ__
           ,. ´ : : : : : :Y´ ̄jノ: :` 、
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
          /                   ヽ
       /j : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
.      //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
.      __//:. :.: : :.:/:〃:/: : : : : ヽ: :.:ヽ: : ヽ: : : : ヽ: : :.
   /:.〃: : : : : /j/ {∧ : : : : : : ト、: :ハ: : 八: : : :.|: : : .、__
.   /::::::::{{: :〃: : :レ──\j\廴j L}┴く  |:.: : :|: : : : : : \   「やる夫さんの人形が思いのほか人気だそうです。
  ヽ(_:::::::V {: : : :l                 |:.: : :l: : :.}\:ヽ:.:}   KSKSTにも売れてるそうですよ」
    {::::::::_::ヽ:.: 代 ,ォ==、       ,ォ==、 .│: :./: : /:::::::Vj/
     \( {:::::::\                  ノ: :/:.:/::::::}ヽ}
        \:::: {       '         ∠_,.イ//j/
         `¨ヽ     、___,      イ≦_/
              \    ー‐'    , ´
                 i      ィヽ⊃
              __|  `¨¨´  Vユ_
            {: :./         〈 ノ

               ____
             /      \
           / ─    ─ \    「なんかKSKSTに行ったら『首吊りの人』呼ばわりされそうだお」
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
【財貨が10→15になりました!】
【次、固定イベントが発生します】

4479◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 00:25:32 ID:ZIWGYCYs0
【固定イベント1:スピードワゴン来訪】

               /::::::::::::::|     \::::::::::\
             /::::::::::::::::::::l      ,. -──┴──---- 、
              |::::::::::::::::::::::__r─/               \
              |:::::::::::::; イO }/   ____             }
            V::::/   / x< ̄::::::__>、_,.--、   /
             ∨O o //::::/ヽ\\{、   \  '⌒ソ--、
.     / ̄ ̄ ̄¨¨二二二ニニフ__レ<:\l }  f⌒ヽ      「よう、中々うまくやってるみたいだな。
.       |  /´ ̄ ̄      _//:::ィ─t:テテぐ´У/八{^} |       こっちも何とか燃える水は発見できたぜ。
      乂 {  ,. -─ 、_,.ィ7f/::}ハ  ̄ ´ ̄ ̄   \/  ソ 人      俺に任せてくれればこれくらいにはなりそうだ」
       `7    ///r':ィ_fツ }│ \_         (ノl
.      /\_/ 人{トミハ  〈_ノ`ヽ `マ{__      |  ヽ
 /{ ̄ ̄ ̄j\/  (_ ` ̄∧  ヾ'    ⌒\、   |   \
  /──‐く  /ヽ 人     ,ハ、 r=-一     ト、   /   / \
   __,ノ \__,ノ(      ハ. 、_,.ィニニ   l   / / /
  /{   j\__,ノ__(     _ノ ‘,          , ' / /
  ,. ー一く /\::::::≧、_   _ノl\  ,. ----// /
   }    } \__ノ:::::::/:::::::: ̄::::/::|  ヽ: : : _// /::::::::
  ブ¨¨ ̄ヽ__ノ::::::::/:::::::::::::::::::::/:::::|\   ̄ /  /

【燃える水】
工業力、商業力が擬似的に+[技術力÷5(端数切上)]されます。現在は2です。
この数値は国力には換算されますが、総合評価には関係しません。
(襲撃には関係しますがエンディングには関係しないとお考えください)

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |   「おお、仕事が速いお! 技術が上がればおいしい物件だお!」
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /        「まあ、いまのところは微々たるもんだがな」>SPW
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /
【次、安価をとります】

4484名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 00:28:55 ID:8mpgn7rs0
案1:報酬金を支払いお疲れさま
案2:最初の5:5で雇ってやろう
案3:5:5で雇うが給金上限を設ける
案4:分前をこちら有利にして雇う

4494◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 00:33:35 ID:ZIWGYCYs0
>>4484
なお、申し上げておくとスピードワゴンの提案は
「燃える水の採掘を経営し、その収益を土地の所有者でもある国に渡す」という形式であり
「国に雇われる」という性質ではありません。
その点だけはご理解くださいませ。

4496名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 00:34:41 ID:W0D44NMw0
よく分からないんだけど5:5で契約した場合って、支払いは物資・財貨1ずつでいいのか?

4498名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 00:35:27 ID:7WLS41NE0
ここは涼の口を借りて要点をはっきる言ってもらった方が混乱が少ないと思う
荒れそうかも

4499名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 00:35:41 ID:YqQw7C3U0
>>4496
現状は。奇数の場合の処理が分からないけどね。
まあ、この収益なら半々以上の要求してくる可能性はある。

4510◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 00:43:04 ID:ZIWGYCYs0
      -=≦::::::::> 、   _r n
   /   〈:::::::::::::::::::::\/ |│/⌒ヽ
.   /     ヽ:::::::::::::::::::::| |//::::::ノ::}__r─f⌒ソ⌒Y
  i        \:::::::::::::::| |/:::/:::/ミ
  |   |、 ト、    ';:::::::::: | l/::::::/ミ
  '.   V::::∧   V::::::::l/:::::::::/ミ__,ノ
 (__V   ∨:::∧   V{::/::::::::::::/ミ_ノニヽ彡,__人
 (  ∨  ∨:::∧_/个l:::::::::::/\ミ{〈ヽ}|、_ノ     ノ
  \_∨__∨/|{  リ :::::::,ィ    rク `ーr'⌒´:::::  「で、金は出してもらったところで悪いが俺は
   / ∧  {   ヾ//::::,ィfッ      ',     |::::::::::::::   【当初の条件でこいつを経営させてもらいたい】
.   {  {:::::`:ーー:::´:://冖´   {   ',    l::::::::::::::   燃える水の収益の半分を国庫に渡すと同時に
   \_ヽ:-:-:-:-r rtッ}   \_  ヽ  }  │::::::::::::   俺個人も開拓の支援をするって内容だな」
       ̄ Τi´ \  ', 、__、   ̄ ̄`ヽ/  /|::::::::::::::
         ̄ヾ--ヽ 弋ノ__ノ    /   /。,|:::::::::::::
               \. `こ´    /   /l ノ|:::::::::::::
             /\     /   / l|。/|:::::::::::::
             /l::::::::::::ヽ---く__/  l|。∧::::::::::::
            /::::::|:::::::::::::::|\_( l r。 \__∨::::::
.           /::::::::l::::::::::::::::|:::::::::乂  。,  ノ ∨::::
.           ,'::::::::::l::::::/::::::\::::::::::\___/ 。, ∨::


>>4499
奇数の場合は特にない限りスピードワゴンが財貨、国庫に物資を入れるつもりです。
なんでしたら「国庫には物資、財貨はSPWでもかまいません」

>>4498
             ____y⌒ヽ
         ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
         /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
 (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
   `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
  __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
 〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l    「要点ですか? 【簡単に言うと国に石油メーカーができます】
 {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|     【で、そのメーカーは何もしなくても産出される石油の半分と
 乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|     得た収益の半分を提出する】【また自身も国の発展に協力する】
    Y:\:\:.i!: : ≠vィチ行ミヽ  X_><  }:. : :.ノ     って言ってますね。
   vヘ: Y⌒ヽ {{ i 以リ ノ }}   ィ=ミ `V: : : :{\__   ええっと、あと何をお聞きしたいのかがわからないですが……」
     \丶 `\` <__/⌒Y以 } Y: : : }}: ヽヽ¨ヽ
         〉:ハ          ,   ゝ ノ ノ: : :.ハ: :八j
        '⌒ヽ、 u         =≦_/7 V
              | ヽ   ` ヽ     /¨{  `v′ }
          __}   \    ,   <ノ  ヽ    /
       /^V    `¨´r─ 、     i   {

4516名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 00:45:47 ID:bfjYFufU0
涼ちん的には妥当な条件なのかを聞きたいのですw

4539◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 00:52:43 ID:ZIWGYCYs0
>>4516
::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ:::ヽ:::::::::::::: ヘ::::::::::::::::::ヽ:\:::
::::::::i:::::::::::::::::::/:::::::::〉、::::ヽ:::::::::::::: ヘ _,,,_:::::::::::ヽ::::::
:::::::::i::::::::::::::::/:::::::::/ \/\:::::::~:::i_ ヘ:::::::::|:::i:::::
::::::::::||:::::::::::::|:::::::::/__,,-"\::::\`'',<::i 〉|::::::|::イ:::::  「妥当かどうかで言えば、全く妥当ではありませんね。
::::::i:::|::::::::::::::ヘ|::::/   _,,_ ` -'" ノノ |',::/|ノ|:::::   【非常にこちら側に有利です】。
:::::::',i:::::::::::::::::::',/  ./ソ:| `    `'  ',|/彡|/   この上遺産相続を認めないなんていったら
:::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ'., <_i':::ノ       .、  |  "    SPWさんだけじゃなくて他の商家が逃げます。
::::',::::::| ヽ,::::::::::::::ヘ  ̄        ' ./       因みに後世を心配してらっしゃいますが、安心してください。
::::::ヽ::ヽ_ `ヽ:::__::::\         ./        【よっぽど技術特化にしない限り、油田の産出が国に与える影響は些細なものです】
ヘ|\;;;;|ヾへ_∧. ̄ ̄     -=ァ  /
       _/   -, ,, _ __,,./
     /   \ ` ミ/
    /       ', / \,_
  . /         ',|.  .|  |
  /           .|  |  ヘ

4543名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 00:53:26 ID:W0D44NMw0
エリーの方で燃える水が何らかの形で利用できないか、とか
ジャギのスキルに利用できないか、とか考えたけど契約に関しては向こうの提示したとおりが良さそうだな……

4553◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 00:56:43 ID:ZIWGYCYs0
>>4543
          , -''"´二二二二`丶、
        / , ' ,´ ---------- 、ヽ、\
.       |//_ -‐───-- 、 \ヽ ハ/ゝ
.       |/.:´:.:.:.:.:.:.、.:.:.、:.:.:`:.:.:.:.:、:..\㎝二l
      /.::/:.:.'.:.:.'.:.:.:.:ヾ.:.:ヾ.:.:.:.ヽ.:.:`、:ハ\\
    /.::/:':./.:..i.:.:.ト、.:ヾヾ::ヾ.:.:ヾ.:.`、:j.:.:.i l\\   「いえあの……採取してくださるというのなら
    i.:.:l:.:!:|.:.:.|::__| \!、弋弋:ヾ:ヾ`リw.:i | ヽ ヽ   それを買って調合や研究に専念したほうが
     i.:.!::i.:.:!:|リT !!     ,ィラ芥、リリ⌒y! |   〉 ) 利用法は思いつきやすいんですけど……」
     レ.:.i.:.:.!//f:i芯      乂じリ’ リン.八 | / /
      ゝ.::r圦' 込リ        ̄  r-♀::.リ V  /
       |.:|\ヽ    ヽ     ,小iリ ::::!  |  |
       | :i:i::♀\   ェ‐:ァ  ,イ:::|::/ :::リ   |三|
      |.:!乂从 :::`::...._   /|ヾ:乂::/|  |
         /  ̄ V\:::|` ´ .イ乂    |  |
      /     Vヘ{>-‐っヽ.:`ー) ̄`ヽ、|
     〈      ヽ V´ィ'ニニ⊃ \.:.:.i     `、
     i    .,-‐,/´冫´二⊃   \|   .:.:.:ハ
     /   ./.:.:.:.| /  'ニ⊃` ‐-─┤  .:.:/.:.:.:)
    /ー-‐',:.:.:.:.:.ノ /  .ノ ー──--{ ○:/.:.:.:.:.:i
                        ̄

4537名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 00:51:55 ID:UZTpfpnI0
国が雇うわけじゃないけど
支援という形で実質やとったのと同じように動いてはくれる

4542名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 00:53:20 ID:TFooiUXY0
>>4537
の解釈でOKですかGM?

4557◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 00:57:22 ID:ZIWGYCYs0
>>4542
 はい、それで間違いありません。

【そろそろ安価をとってもよろしいでしょうか?】

4554名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 00:57:15 ID:UZTpfpnI0
質問
スピードワゴンが石油絡みの開拓や経営絡みの労力をオートで担ってくれるからこの設定なのであって
国が石油開発する場合はまた相応にイベントこなす必要あるんですよね?

4564◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 00:59:10 ID:ZIWGYCYs0
>>4554
 はい。交渉が決裂した場合は改めて探してください。

4566◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 01:01:14 ID:ZIWGYCYs0
【では、安価をお願いします】
1:条件を飲む
2:断る
3:交渉する(内容も添えてください。改めて多数決をとります)
↓3~9の多数決

4569名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 01:01:43 ID:6vEL3riw0
1

4570名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 01:01:45 ID:8mpgn7rs0


4571名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 01:01:46 ID:bJ1CgqcA0
1

4573名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 01:01:49 ID:YqQw7C3U0
1.丸呑みでいい。

4574名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 01:01:51 ID:HDCw/HEA0
1

4575名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 01:01:57 ID:OAIZ5RIQ0
1

4576名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 01:01:58 ID:W0D44NMw0


4588◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 01:05:54 ID:ZIWGYCYs0
【条件を飲む】に決定しました!
             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )   「オーケーだお! よろしくたのむお!」
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


               /::::::::::::::|     \::::::::::\
             /::::::::::::::::::::l      ,. -──┴──---- 、
              |::::::::::::::::::::::__r─/               \
              |:::::::::::::; イO }/   ____             }
            V::::/   / x< ̄::::::__>、_,.--、   /
             ∨O o //::::/ヽ\\{、   \  '⌒ソ--、
.     / ̄ ̄ ̄¨¨二二二ニニフ__レ<:\l }  f⌒ヽ
.       |  /´ ̄ ̄      _//:::ィ─t:テテぐ´У/八{^} |    「おう! まかせときな!」
      乂 {  ,. -─ 、_,.ィ7f/::}ハ  ̄ ´ ̄ ̄   \/  ソ 人
       `7    ///r':ィ_fツ }│ \_         (ノl
.      /\_/ 人{トミハ  〈_ノ`ヽ `マ{__      |  ヽ
 /{ ̄ ̄ ̄j\/  (_ ` ̄∧  ヾ'    ⌒\、   |   \
  /──‐く  /ヽ 人     ,ハ、 r=-一     ト、   /   / \
   __,ノ \__,ノ(      ハ. 、_,.ィニニ   l   / / /
  /{   j\__,ノ__(     _ノ ‘,          , ' / /
  ,. ー一く /\::::::≧、_   _ノl\  ,. ----// /
   }    } \__ノ:::::::/:::::::: ̄::::/::|  ヽ: : : _// /::::::::
  ブ¨¨ ̄ヽ__ノ::::::::/:::::::::::::::::::::/:::::|\   ̄ /  /
【スピードワゴンが仲間に加わりました!】

4591◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 01:08:25 ID:ZIWGYCYs0
【固定イベント2:そろそろ俸禄払え】
             ____y⌒ヽ
         ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
         /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
 (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
   `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
  __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
 〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l  「で、ですね。このタイミングで言うのもなんですけど
 {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|   そろそろバビロンも都市と言っていいほどになりましたし、
 乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|   僕達にも俸禄を払ってほしいかな~と」
    Y:\:\:.i!: : ≠vィチ行ミヽ  X_><  }:. : :.ノ
   vヘ: Y⌒ヽ {{ i 以リ ノ }}   ィ=ミ `V: : : :{\__
     \丶 `\` <__/⌒Y以 } Y: : : }}: ヽヽ¨ヽ
         〉:ハ          ,   ゝ ノ ノ: : :.ハ: :八j
        '⌒ヽ、 u         =≦_/7 V
              | ヽ   ` ヽ     /¨{  `v′ }
          __}   \    ,   <ノ  ヽ    /
       /^V    `¨´r─ 、     i   {

4598◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 01:11:41 ID:ZIWGYCYs0
..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \           「いや、そんな遠い目をされても困ります」>涼
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ


     /'  ̄ ̄`ヽ   ,ィ⌒ト、──-tz._ _
.   /'      ,.ヾ/: : : : : ::\ : : : : : : :: : : : :ヽ
   {!      /: : : : : :: : : : : :: : :.ヾ : : :: : : : : : : :: :.\
        /: : : : : :: : : : : :: : :\ : : :: : : : : : : :: : : : : ::.\
      /: : : : : :: :从 : : : :: : : : :\ :: : : : : : : :: : : : : :: : :.ヽ
     /: : : : : :: : :〃{{: : : {: : :: : : : :.\:: : : :: : : : : : :: : : : : :}
.   〃: : /: /:/|| {: : : :ヽ : :: : : : : :.\: : : :: : : : : : :: : : :.{      「因みに僕は【財貨5を頂きたい】です。
   {  〃 〃 〃  |l  \: : ::\ : : : : :: : : ヽ: : : : :: : : : : :: : :ミ.     呪歌の研究にもお金がかかりますし
.   乂{: : : : :八‐' {!   `ー─‐‐-、: : : : :: :.ヽ: : :: : : : : :: : : : :ト、_,ノ  他にも色々と物入りですんで」
      }: : : : :.|              ̄¨} : :: :} : : : :: : 、: :  : :: : :ヽ
.    /: : : : : {  ィfテト、     ィfテ示)ト、 /:::::/:: : : } : : }: ::.} : : : :: :.}
    {.: : : : : : :辷 V沁    _Vt:j刈 ソ::/} : : : : j: : :.:! : :.! : :.: : :/
    \: : 〃 ̄ ̄乂_ Y´   ヾ炒7  .j:: : : :ノ}: : :.} : :.} : : :.:/
       {     ァ ̄`{       /==ノ.::,ィ'´ /: : /: : ,ハ:.:.:/
        `ー┬ ′'  ー─‐──'  // r‐‐':::/ !: /  }:./
.          \            し   |: :/¨  |:/  |/
.            \  へ       イ   {从
           /  \      ィ      ヽ
.          /    〃 ̄ ̄}      / ̄`ヽ
          {    〃  ヽ  r─ /      \
【次、安価をとります】

4606◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 01:15:34 ID:ZIWGYCYs0
             , -''"´二二二二`丶、
           / , ' ,´ ---------- 、ヽ、\
            |//_ -‐───-- 、 \ヽ ハ/ゝ
            |/.:´:.:.:.:.:.:.、.:.:.、:.:.:`:.:.:.:.:、:..\㎝二l
        /.::/:.:.'.:.:.'.:.:.:.:ヾ.:.:ヾ.:.:.:.ヽ.:.:`、:ハ\\
          /.::/:':/.:..i.:.:.ト、.:ヾヾ::ヾ.:.:ヾ.:.`、:j.:.:.i l\\    「私は研究のために、工房を自由に使える
       i.:.:l:.:!:|.:.:.|::__| \!、弋弋:ヾ:ヾ`リw.:i | ヽ ヽ    権利がほしいですね。その結果
        i.:.!::i.:.:!:|リT !!     、_,_ リリ⌒y! |   〉 )  【結果的に物資5ほど頂くことになります】けど」
        レ.:.i.:.:.!//,ゝ‐-     ´   ` 'リン.八 | / /
         ゝ.::r圦                r-♀::.リ V  /
            |:|\ヽ    ヽ     ,小iリ ::::!  |  |
           |:i:i::♀\    ー '   ,イ:::|::/ :::リ   |三|
         |:!乂从w`::...._   /|ヾ:乂::/|  |
                 ,へ__」 ` 丁 ̄|     |  |
         __r─一'  / /   ハ  |`く` ー─-、__」
      r┴ i      |/ /l」\ ヽ |    .ヽ┴、
     r┴‐  ヽ     |__∠___\V      /  弋
    /⌒'ー--ヘ  ○ |<<))()((></ ○ /-‐´⌒\
    〈       ヽ,__ノ======ヽ,_/       〉


    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!    「俺は統治を実体験で学ぶって点もあるし
!:::::::::::l ゙ ..:.:.:7"::;:::::_::、ヾ゙i:: :.: ,.ヾ、:::::::ハ     いくばくか土地をもらいたい所だな。
::::::::::::iゝ. .:.:.:.:.l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,!     【結果的に食料5ほどもらうことになる】が」
::::::::::::lゝ :.:.:.:.:゙ー───‐'.:.:.:.: k'^ヽ、゙i  ノ
::::::::::::ゝ  :.:.ァ''''"::: ̄ ̄::''ー'':::ヽ`゚'-゙_,! 丿
:::::::::::::::〉.:.:  ,n :.: rャ:.:.:: z、 :.:.:. .:.:ヾ、:.:.: ,ノ
l:::::::::::::i.:.:  |:::| .:.:.|::::| :.: i:::::|.:.:.:.;ヘ.:.:.:. ,ヾ }
|::::::::::::l:.:  _レヘ:.:.|:::::!:.:. !:::::|.:.:.:l:::;!.:.:./::i 〉
}::::::::::::!:.: ´  .: ,}:.:|:::::l:.:. !::::::!.:.:,!::;!.:.:,'.:.:,',!
!::::::::::::l.:.:......:.: /:l.::l::::::!:: l:::::::|:.:,!::;!:.:,'.:.:7.!    ,ハ
:::::::::/i :.:.:  ,/::::ゝl::::::し':::::::i.::,!::;!.:;',!:/ `ー‐'" }
:::/   `ー、"::::::::::::::::::::::::::::::`´:::レ':!;/:.:.:.:......:.: ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソゝ.;,;_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、
【どうしますか?】
1:受け入れる
2:断る【断っただけ、該当するキャラがいなくなります】
3:交渉する(内容も添えてください。改めて多数決をとります)
↓3~7の多数決

4609名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 01:15:53 ID:7WLS41NE0


4611名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 01:15:55 ID:6vEL3riw0
1

4612名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 01:15:56 ID:L3RqJkbQ0
1

4613名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 01:15:57 ID:2NiUXT0I0


4614名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 01:15:58 ID:TFooiUXY0
1

4626◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 01:19:56 ID:ZIWGYCYs0
ですよねー。
【満場一致で支払うことに決まりました】
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    「皆……むしろ、今まで待たせてすまなかったお……。
  /  /⌒)   ⌒゚o  \   これからもよろしく頼むお……」
  |  / /(__人__)      |
  \/ /   ` ⌒´     /


::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ:::ヽ:::::::::::::: ヘ::::::::::::::::::ヽ:\:::
::::::::i:::::::::::::::::::/:::::::::〉、::::ヽ:::::::::::::: ヘ _,,,_:::::::::::ヽ::::::
:::::::::i::::::::::::::::/:::::::::/ \/\:::::::~:::i_ ヘ:::::::::|:::i:::::
::::::::::||:::::::::::::|:::::::::/__,,-"\::::\`'',<::i 〉|::::::|::イ:::::
::::::i:::|::::::::::::::ヘ|::::/   _,,_ ` -'" ノノ |',::/|ノ|:::::   「ありがとうございます!」
:::::::',i:::::::::::::::::::',/  ./ソ:| `    `'  ',|/彡|/
:::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ'., <_i':::ノ       .、  |  "
::::',::::::| ヽ,::::::::::::::ヘ  ̄        ' ./
::::::ヽ::ヽ_ `ヽ:::__::::\         ./
ヘ|\;;;;|ヾへ_∧. ̄ ̄     マフ /
       _/   -, ,, _ __,,./
     /   \ ` ミ/
    /       ', / \,_
  . /         ',|.  .|  |
  /           .|  |  ヘ
【以後、各リソースの収入が-5されます】
【でも、ぶっちゃけ今の能力考えたらものすごく安い件について】

4632◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 01:22:05 ID:ZIWGYCYs0
【固定イベント3:エヴァンジェリンが1月でやってくれました】

    ,. '´ .i ヽヾミ 、 丶、ヽ l!.  l      ヽ
   //, i | ト、 ヽ、ヽ、ヽ、\ l! l li  ヽ  l   ヽ
  /,.'// .l .! .l!ヽヽ、 丶、 、丶.ヽ! l |.l   丶 ヽ., 丶
 ,'/ .l.l! | l. l! 丶、丶. ヽ‐ヾ´`l l |ュ、  ヽ./.!  ヽ
..,''  l l! | l  l  ヽ '´`´,ィ''テ'l. l  |) .}、、/´`iミ.   \ ,.ィ    「というわけで、片付けてきた」
,'   lハ  ト, .ト、 L_ `` '´`''´ .l!.l .|_/ll∨  .l 丶、_,.-く/,
   ll ! .llト.」'´ ,.ァ、   、-----」!L__|! l!∨  /、   /  丿.\
    l. ヽラll トヾ丶' 、  >、      ̄`ソ .∧.`ン  / 、  丶、
  ___ノ.|l. K"丶、 <  ヽ.      /  .L_ソ´ . / 、  \ _  `
  `‐、_  !!, |    ``ミニェヘ    ノ      く _,,. -''´Tソ´丶、
   /``>l! .l    `丶!_  `ヽ、/ __      ` _,,.-‐''"、   `
  / //l!   |丶、_   / .`丶、    ヽ     i'´ _,,. --ュ‐ァ 、
,.'´  / //l  |-ツ´ Z___/   / ヽ          ̄ __,,. -‐'´   丶
   / / l! ノ    /./   i!.   ゝ      ,,.-" ̄

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \  「なにそれこわい」
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

4642◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 01:25:11 ID:ZIWGYCYs0
                . -─────- .
              ,  ',´            丶、
             /"/  ,  , ,      、      \
            /' /   / // ,     ヽ ヽ    ヽ
         / ' ,/  /〃 /イ .i| i !   |i  i      i
       / ,イ 〃 //,'  '"|  || | ∥ i. ||  | i    |  「なに、相手はただ不死であることに胡坐をかいて
       〃7 /'  //..L ! !  !| ! |.!  | ||  | |    |   堕落した生活をしていたからな。
      / L./ !.._/ |! | `ト. !. |ヽ」」ム__」 ||  | |    !   不死殺しさえあれば戦闘技術に長けた魔術師でもある
          `' 爪  ト¬=ミ、 `ヾ ,.三 └.ル.」|  | |    |   私が遅れをとる理由はない」
       二 i | !  |! ゝ_ソ     ¬ ;¬ァ、|i ∥ |    |
        ィ i | !  ||    '     ゞ'ノ ' !!  !) !    !  (弱点の天運は向こうも0だしな)
     r:、    i│!  fヽ.  、____    ,. ||  |! |    |
     ', '、   | | |  | ! |丶 `  ' ´  ,.ィi├||  |! | i  !
     ,ム `n /.│l  | ! ! i 〉:ー‐ '"i|│|│||  ||i !  !. l
    / ヽ、ヽ!. |! ! |  !.| | | リ    l|∥|│||  ||| |  |  |
   (⌒ヽ / ノ .|∥ ! ! ィ'´       丶 |│||  ||| |  |  |


               ____
             /      \
           /   ⌒   ⌒\    「何か言ったかお?」
          /   ( ●) ( ●)ヽ
            l      ⌒(__人__)⌒ |           「気にするな」>エヴァ
          \     ` ⌒´   /
          /             ヽ

4647◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 01:27:12 ID:ZIWGYCYs0
参考:某所 例のAAがなかったので他の方で代用

小娘ごときに  | フフフ…奴は  ! /        \
負けるとは   .| 四天王の    | | サイアークが |
吸血鬼の    | 中でも最弱… | | やられた   !
面汚しよ…  /\___ __/  | ようだな…  |
__ ____./       V      \__ ___./
  |ミ,  /  `ヽ /!    ,.──、       V
  |彡/二Oニニ|ノ    /三三三!,       |!
  `,' \、、_,|/-ャ    ト `=j r=レ     /ミ !彡
T 爪| / / ̄|/´__,ャ  |`三三‐/     |`=、|,='|
/人 ヽ ミ='/|`:::::::/イ__ ト`ー く__,-,  、 _!_ /
/  `ー─'" |_,.イ、 | |/、   Y  /| | | j  /ミ`┴'彡\

4654◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 01:31:18 ID:ZIWGYCYs0
       ,.--¬,-‐¬‐-、
      /  ´          ヽ
     / /  ´⌒,⌒ 、 ヽ  ゙,
    ./ / //l l ||. |、 ! i ヽ , ゙!
    l  |! i/ /.| l.l| | ! ! iヽ ヽ .! .i   「しかし本当に一回刺されただけで死ぬとはな。
    .i|  |! !/.l l i !| | | | .| |〉ヽ l ..:|.!   不死殺しは特殊能力以外は普通に切れ味のいい剣でしかないのだが」
   i | | || .|'‐!‐リ- リ ! ,-l‐i|‐! .!::::!:::|
   l | | || !t.tーァ    ォーァ-! |::::||:::|
   !.| | |.| .|',`''"   ,   "'''´| |'|| 、 ヽ
   ,| | | |ノ| |ヾ、  _   /'! | | ! !
  / ノ // i! |!. `,; 、 _ ,.ィ, ,|| |. !||ヽヽ.ヾ
 ,/ / i l .| || / \  /゙iヽ| ハ | !. ヾ
 / ///  |.| l/!  >く  | 〈  ! |/ |ヾ ヾ
/ .〈〈,/,./-,| |. !/L.」\l ,' | i`ヽ、ヽヽ〉 ヾ
 /  r'´ ! | .|  !  |::|  ! 〈 〈!  ヽ 〉ハ ヾ


    ∥/ //  /,/ !i i! 'i ヾヽ
    ii/ ,// ,/,/i ハ| i!  i 'iヽヽ
   i|i! /7ァ,、'/ / ,/.i|  ii  i! i ヽヽ
.   i.!`___'ツ'`ト、/ i!  !i  i! i ヽ'.
   ii| マ!冖,㍉、'、ヽ,リ ,!'i!  !i !.  !|
.  i|'|  `  !::j' ヾ' ,/l_!| ! i! ! .!.  i|   「と、それはこっちの話だな。これで契約は成った。
  || |  、 !:j  ,/  | |└┘l_,|      これからよろしく頼むぞ、やる夫」
.  || |   `ー′ i′   ! !
  ii! |        ヽ   | |
  ||| |        \ ! !
. |l ! !  、      / ! |
. i! | |   ` ‐ ._ _,./  | |
. ! ! !      ,/i    i| |
 |!、.i i   /´! ll    i| |
 |>`| !、 /  | ll    i| |
 |.  ! !.`´   .| ll     | |
 |   i !     ! ii     ! |
 |.   i.i     | ll     | |


             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )   「お! よろしく頼むお!」
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

4659◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 01:34:08 ID:ZIWGYCYs0
     /!     | |/  / /  / /|  | |i'i   i!. i ゙、
     /.|       !.|  /'ァ′,/,/ ,'  リ.! !i   i!  i ゙、
     / ,|     | |__/ /_//ヽ、 /|| !|  i'i  i ゙、
.   /_/|     | |   ___  /_ /、i ! |   ! !. i、゙!
   /´,.-|     | ヾl《''7'´ ̄㍉ミ、'、/、リ !  l 'i  i'゙、!
.  / ,〃',|     | l ` i  ○ ,i マヽ /  !_ | |  ! !l   「これからは遠慮なく鍛えてやるから安心しろ。
.  ! ',i( |     | |   `  、,ノ   /l    `i、|_ !  !|    かのバビロンの王に相応しい能力を身につけさせてやる」
 /ヽ、``!     | |      `    i'l.l     i |  `   i|
./ / /\|!     | |             '.l l    i |
' / //′||     | |             \    i |
/ /,/  ||      | |   i\      / i   i |
,/,/   ||      | |.   \\     , 'l l i     i |
,/    ||      | |.     丶\ / .l l. i   i |
'       !|      | |       /   l l i   i i
     |.|      ! | > 、  /     l l i   i i
``ヽ、  | |    | |/ //`'´         l l i   i i
.    ヽ、| |    | | //           l l. i   i i

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /  (○) (○)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
【エヴァンジェリンが合流しました!】
【固定イベントパート終了】
【ちょっと遅いですが、成長パートに移ります】

4675名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 01:39:14 ID:7WLS41NE0
そろそろ成長安価にそなえて~

4676◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 01:39:22 ID:ZIWGYCYs0
これは公式にアナウンスしたほうがいいでしょうか。
【アルトマーは現在食料に困ってるわけではありません】
【そのうち困る可能性があるから、先手を打っているだけです】

成長ポイント
やる夫:44→56(3回成長)
涼:60→69(1回成長)
エリー:57→69(2回成長)
ジャギ:42→48(1回成長)
エヴァ:0→15(3回成長)

やる夫の能力
┏【やる夫】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】0  【知略】0  【武力】0  【天運】15

┃成長点:44→56(3回成長)

┃スキル
┃《主人公》(成長しません)
┃ 成長点を得るとき、さらに1点の成長点を得る。

┃《謎の情報網》(成長しません)
┃ 参加者が知っているメタ情報を「家臣団から聞いた」という理由で知っていてもよい。
┃(具体的には【】で囲まれた情報は確実だと「やる夫が」理解できる)

┃《神運》(成長限界です)
┃ 1ヶ月に1回、あらゆる判定を【天運】で判定できる。

┃《逆転運命》(成長には【天運】20以上が必要です)
┃ 1ヶ月に1回、参加した判定の出目を2つの範囲安価としどちらか任意の値を採用できる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【次、成長安価をとります】

4680◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 01:40:28 ID:ZIWGYCYs0
まず【やる夫の成長を選んでください】。基本は殴りあい安価です。
1:能力成長
2:その他(もうやる夫のスキルは安価で決めることにしました。無理そうな能力なら下にずらします)
↓1,3,6

4681名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 01:40:38 ID:P2lSsw/g0
天運

4683名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 01:40:46 ID:glWMa2gE0
天運

4686名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 01:41:00 ID:YqQw7C3U0
1.天運

4697◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 01:42:18 ID:ZIWGYCYs0
ですよねー。
           ___
         / ::::::::::::: \
        / '`'‐ .,__,. -''`'\
       / f'て::)`::::r''て:カ \    Follow me
.      |    :::::(__人__):::::    |
       \   :::::::::::::::::::::  ,/
        / :::::::::::::ー‐::::::::::: \
【バビロン王国 国王(笑) やる夫】
┏【やる夫】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】0  【知略】0  【武力】0  【天運】18

┃成長点:56

┃スキル
┃《主人公》(成長しません)
┃ 成長点を得るとき、さらに1点の成長点を得る。

┃《謎の情報網》(成長しません)
┃ 参加者が知っているメタ情報を「家臣団から聞いた」という理由で知っていてもよい。
┃(具体的には【】で囲まれた情報は確実だと「やる夫が」理解できる)

┃《神運》(成長限界です)
┃ 1ヶ月に1回、あらゆる判定を【天運】で判定できる。

┃《逆転運命》(成長には【天運】20以上が必要です)
┃ 1ヶ月に1回、参加した判定の出目を2つの範囲安価としどちらか任意の値を採用できる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4699◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 01:43:11 ID:ZIWGYCYs0
┏【秋月涼】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】8  【知略】11 【武力】4  【天運】5

┃成長点:60→69(1回成長)

┃スキル
┃《空気なんて読まない!》(成長しません)
┃ 出目がゾロ目(100含む)だった場合、成功確率に関わらず自動的に成功となる。
┃また、98%以上の成功確率で「判定の余地なく成功、成長点3」にできる。

┃《呪歌の達人》(成長には能力値の合計が36以上必要です)
┃ このキャラクターが参加した判定の成功確率を+10%する。

┃《変装の極意》(成長限界です)
┃ 変装できる。【知略】が25ではないキャラクターには決してばれない。
┃但しあくまで変装であり、精神的なコピーはできない。データ的な恩恵は特にない。

┃《緊急即応》(成長しません)
┃ どんな緊急事態にも即座に対応できる。
┃また、《伏兵》などの不意打ちを与える類のスキルを無効化する判定に自動成功する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【次は、涼の成長安価を取ります】

4703◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 01:43:59 ID:ZIWGYCYs0
【次に、涼の成長を選んでください】
1:能力成長
2:その他(無理そうな能力なら下にずらします)
↓6

4709名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 01:44:45 ID:UZTpfpnI0
指揮

4716◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 01:47:24 ID:ZIWGYCYs0
というわけでこうなりました。
             ____y⌒ヽ
         ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
         /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
 (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
   `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
  __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
 〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l
 {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|
 乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|
    Y:\:\:.i!: : ≠vィチ行ミヽ  X_><  }:. : :.ノ
   vヘ: Y⌒ヽ {{ i 以リ ノ }}   ィ=ミ `V: : : :{\__
     \丶 `\` <__/⌒Y以 } Y: : : }}: ヽヽ¨ヽ
         〉:ハ          ,   ゝ ノ ノ: : :.ハ: :八j
        '⌒ヽ、 u         =≦_/7 V
              | ヽ   ` ヽ     /¨{  `v′ }
          __}   \    ,   <ノ  ヽ    /
       /^V    `¨´r─ 、     i   {
┏【秋月涼】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】9  【知略】11 【武力】4  【天運】5

┃成長点:69

┃スキル
┃《空気なんて読まない!》(成長しません)
┃ 出目がゾロ目(100含む)だった場合、成功確率に関わらず自動的に成功となる。
┃また、98%以上の成功確率で「判定の余地なく成功、成長点3」にできる。

┃《呪歌の達人》(成長には能力値の合計が36以上必要です)
┃ このキャラクターが参加した判定の成功確率を+10%する。

┃《変装の極意》(成長限界です)
┃ 変装できる。【知略】が25ではないキャラクターには決してばれない。
┃但しあくまで変装であり、精神的なコピーはできない。データ的な恩恵は特にない。

┃《緊急即応》(成長しません)
┃ どんな緊急事態にも即座に対応できる。
┃また、《伏兵》などの不意打ちを与える類のスキルを無効化する判定に自動成功する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【次、エリーの成長安価を取ります】

4721名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 01:49:27 ID:8mpgn7rs0
錬金術→錬金術でいいんじゃないかな暴発が怖ければ

4722◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 01:49:43 ID:ZIWGYCYs0
【次に、エリーの成長を選んでください】
1:能力成長
2:《錬金術》成長(固定値が+1→+2になります。これで成長限界です。足りない場合は下にずらします)
3:《ブレンド調合》成長(使用できる物資の上限が上がります)
4:《至高のチーズケーキ》成長1(使用できる食料の上限が上がります。これで成長限界です)
5:《至高のチーズケーキ》成長2(効率が上がる代わり、上限が下がります。これで成長限界です)
6:その他
↓4,8(3と4が選ばれた場合、8の方を下にずらします)

4726名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 01:50:06 ID:glWMa2gE0
指揮

4730名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 01:50:11 ID:7WLS41NE0
錬金術

4741◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 01:53:19 ID:ZIWGYCYs0
なぜこうも狙ったように……成長事故が複数成長のデメリットでもあるというのに……w
             , -''"´二二二二`丶、
           / , ' ,´ ---------- 、ヽ、\
            |//_ -‐───-- 、 \ヽ ハ/ゝ
            |/.:´:.:.:.:.:.:.、.:.:.、:.:.:`:.:.:.:.:、:..\㎝二l
        /.::/:.:.'.:.:.'.:.:.:.:ヾ.:.:ヾ.:.:.:.ヽ.:.:`、:ハ\\
          /.::/:':/.:..i.:.:.ト、.:ヾヾ::ヾ.:.:ヾ.:.`、:j.:.:.i l\\
       i.:.:l:.:!:|.:.:.|::__| \!、弋弋:ヾ:ヾ`リw.:i | ヽ ヽ
        i.:.!::i.:.:!:|リT !!     、_,_ リリ⌒y! |   〉 )
        レ.:.i.:.:.!//,ゝ‐-     ´   ` 'リン.八 | / /
         ゝ.::r圦                r-♀::.リ V  /
            |:|\ヽ    ヽ     ,小iリ ::::!  |  |
           |:i:i::♀\    ー '   ,イ:::|::/ :::リ   |三|
         |:!乂从w`::...._   /|ヾ:乂::/|  |
                 ,へ__」 ` 丁 ̄|     |  |
         __r─一'  / /   ハ  |`く` ー─-、__」
      r┴ i      |/ /l」\ ヽ |    .ヽ┴、
     r┴‐  ヽ     |__∠___\V      /  弋
    /⌒'ー--ヘ  ○ |<<))()((></ ○ /-‐´⌒\
    〈       ヽ,__ノ======ヽ,_/       〉
┏【エルフィール・トラウム】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】10 【知略】10 【武力】4  【天運】5

┃成長点:69

┃スキル
┃《アルケミーマイスター》(成長限界です)
┃ 国力(技術力、農業力、工業力、商業力)を増強させる行動に参加していた場合、
┃追加でその国力を+2する。

┃《ブレンド調合》(成長の条件を満たしています)
┃ 内政における行動に参加している際、
┃追加で物資1を消費するごとに成功確率を+10%できる。上限は+30%

┃《至高のチーズケーキ2》(成長の条件を満たしています)
┃ 食べたものに活力を与えるチーズケーキを作ることができる。但し錬金術で。
┃食料を1消費するごとに、あらゆる判定の成功確率を+5%する。上限は+50%
┃このスキルは自身が参加していない判定にも使用可能である。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【次、ジャギの成長安価を行います】

4744◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 01:55:40 ID:ZIWGYCYs0
【では、ジャギの成長安価を行います】
1:能力成長
2:《勝てばいいんだ何を使おうが!》成長(上限が上がります)
3:《火計》成長1(修正が上がります)
4:《火計》成長2(条件が緩和されます)
5:その他(無理そうな能力なら下にずらします)
↓2

4746名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 01:55:49 ID:8mpgn7rs0


4756◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 02:00:17 ID:ZIWGYCYs0
意外な成長。ただ、実はかなり有用だったり。
                  , -─ 77ー- 、
                 /;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::\
               /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::: i
        λ        ':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::: |       /!
        i::::',      .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::|   ./!  /::|
        |::::::,   ∧  |从z、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,z从ソ|   ./::|  /::: |
        |:::::ヘ /::::! .i从入{__,___ソ从爪   /::: | ./:::::::|  ./}
        |_,,,,,,∨__,,|_ノゞミ廴亙_j人亙ノ从ン 廴/:::::: |/::::::::::|/::::/
    _, イ´::::::::::::::/:.:/从}::! !::! !::::! !::::! !::! !:.:.:.:.:.⌒ ̄`ヽ:::::/:::::::/
  ≦´__::::::::::::::::/:.:.:.∧| J::| |::| |::::| |::::| |::| し!_;.:.:.:.:.:.:.:.7:::::/:::::::ム-
 , イ´ r'"`ーy‐-、_ノ  i l ` ヾ ヘ/ ソ' ∨ | \.::.:.:.:/:::;ィ-‐==- 、:::
./:::::::::/ー- 、/  .}  `ー、z_八    ∧j_>-‐'"`Y´ ̄}::::::::::__
::::::::::/ー- 、/ ̄`/         `ヽ /~´        レ-‐i─'":::::::::::::
:::::: /ー- 、/ ̄`ノ               |     て ィ  廴_}_y-──
:::::/ー- 、/ ̄`ノ     そ´{     |     ∠´;;>   {__l:::::::::::::::::
. /__,≦ーュソ     <;;;;入   .|      ∨     廴_l´ ̄ ̄ ̄ ノ
   /::::::::::::i!        ⌒ `   |              ̄二二´
 /::::::::::::::::::ヘ            |     ゝ、__,        〉:::: l
./ |::::::::::::::::::::::代           人    ノ-、ゾ      __/::::::::i
  |:::::::::::::::::::::::i! `ー‐- ..__ , ィ´匆}ヽ、____>‐"ヽ:::::::::::::: ト、
  |:::::::::::::::::::::::l|  ゞ、         ゞ            〉:::::::::::: | ヽ、_
┏【ジャギ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】5  【知略】6  【武力】10 【天運】3

┃成長点:42→48(1回成長)

┃スキル
┃《羅漢撃》(成長には【武力】15が必要です)
┃ 戦闘に関するあらゆる判定の成功確率を+20%する。

┃《勝てばいいんだ何を使おうが!!》(成長には【武力】12が必要です)
┃ 戦闘に参加している際、追加で物資1を消費するごとに成功確率を+10%できる。上限は+50%

┃《火計》(成長の条件を満たしています)
┃ 敵が拠点に篭っている、あるいは燃えるものが周囲にある戦闘において、
┃戦闘の成功確率を+10%する。

┃《かかったな馬鹿め!》(成長には【知略】10が必要です)
┃ 3ヶ月に1回、戦闘で自陣の誰かが死亡した場合、その全てを無効化する。
┃この能力の使用回数は1月、4月、7月、10月に復活する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【最後、エヴァンジェリンの成長を行います】

4767◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 02:04:33 ID:ZIWGYCYs0
【では、最後にエヴァンジェリンの成長を行います】
1:能力成長
2:スキル獲得(攻撃魔法、兵が多い軍団戦で有効)
3:《吸血鬼》成長(そもそも敗北表を無効化します)
4:その他(無理そうな能力なら下にずらします)
↓2,5,8

4769名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 02:04:38 ID:glWMa2gE0
吸血鬼

4772名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 02:04:41 ID:8mpgn7rs0
知略

4775名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 02:04:44 ID:YqQw7C3U0
1.知略

4784◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 02:06:51 ID:ZIWGYCYs0
そして知略にいちたりない
             ,,. --‐───‐‐- 、 _
          _,,.-''"´ ヽ丶、`丶、丶、` 丶 、`‐.、_
       ,.‐'´ ,  i  l 、ヽヽ、  ヽ、 丶、 丶、、丶、
     / /  ィ i  |  l ヽlヽ、ヽ、  ヽ  丶、、 ヽ丶、ヽ
   /  /  i|!. l  |  l  |!. 丶ヽヽ、 ヽ丶、丶ヽ ヽ丶!    ち
  ,.イ,'   l.   ||! |.  |. |i  |!  ヽヽ \. ヽ-ヽ.ヽ ヽ「.    ち  う
 //    !   |l .|.  |. |l,.  |!  ヽ ! '´ヽ、,」 ヾ.v'ヽ、、    う
..//    !.   !| .|  |l rヘ, |!.    l!     ヽ、 丶`丶、 :
.l !     !    |!. l.  l! .| l_」!        ニ-─ヽ、   丶、ヾ、--、__
.l!     l. ヽ.    |! ヽ |! !  _..         //入   _二ヽミニ _ ̄ ̄
..l     l ヽ   ヾ、!ゝノ'´  ,,-''"          ,,.ノ‐''"´,  ` 丶、 ヽ-、 ̄‐
. !  i   l  ト   ヽ    '´         ,,.-'"´  _,,.ィァ' .,    ` 丶、
 l!.  !.  l  i.lヽ   \///       _ィ''´_,, -‐7´_ y' / ,
  l  |!.  | l' 「'ヽ   ヽヽ/           `´   /,,,!、 ヽ/ /
  .|!  |!  | !, ! ゝ、   ヽヽ         ,,.-'"´    ``ヽ/  __ィ´ヽ
  |!  l!  | |`l‐-、ヽ.  ヽヽ____,,.-'"´          ヽ、_'/`─---
  |l!. |!  |! | |! ヽl |!ヽ   ヽヽ  ,-'´
  ノ. l! |!  .|!.l l!  l.l!!l!lヽ   ヽヽ'´
../ /ll! |!  ||!. |!  l.l! l!. !ヽ、/
  // l! |! ./l! /|!  l|! || ./
┏【エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】5  【知略】14 【武力】14 【天運】0

┃成長点:15

┃スキル
┃《真祖》(成長限界です)
┃ 死亡、行動不能を無効化する。

┃《人形遣い》(成長には【知略】15が必要です)
┃ 人形に自我を埋め込み、自立行動させることができる。
┃この人形に手伝わせることで一ヶ月に一度、任意の判定の成功確率を+10%できる。
┃このスキルは自身が参加していない判定にも用いることが可能。
┃また、行動の自由を奪った女性にならば人形と同じように自我を埋め込むことも可能。
┃このとき、その女性の記憶や自我は使用者の設定した自我に上書きされる。

┃《封印》(自力では解除できません)
┃ 何らかの原因で力が封印されてる模様。詳細は未定

┃《不死殺し》(ランクSアーティファクト)
┃ 「死亡しない」「攻撃が通用しない」といった超常能力を無効化する。但し、超常的な能力に限る。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【成長フェイズ終了】

4789◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 02:08:37 ID:ZIWGYCYs0
あ、すみません。エヴァの指揮が5になってますが6です。
では、最後にいつものように小ネタフェイズのネタをお聞きして終了といたしましょう。
【次に安価をとります。なお、特に希望がないなら設定語りをします】

4797◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 02:10:37 ID:ZIWGYCYs0
では、明日(既に今日ですが)は諸事情で小ネタだけをやって終わることになると思います。
【その小ネタの希望をお書きください】
↓9

4806名無しのやる夫だお2013/01/31(木) 02:11:34 ID:MIy3oZtw0
難民達から見た、中心人物達への評価の移り変わり

4816◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 02:14:14 ID:ZIWGYCYs0
小ネタは【難民達から見た、中心人物達への評価の移り変わり】に決定しました。
それでは、今宵はここまでにいたします。
皆様、お疲れ様でした。
長らくお付き合いいただき、誠にありがとうございます。

4824◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 02:17:31 ID:ZIWGYCYs0
因みにスピードワゴンの能力を再掲。成長点が0なので今回は成長しません。
               /::::::::::::::|     \::::::::::\
             /::::::::::::::::::::l      ,. -──┴──---- 、
              |::::::::::::::::::::::__r─/               \
              |:::::::::::::; イO }/   ____             }
            V::::/   / x< ̄::::::__>、_,.--、   /
             ∨O o //::::/ヽ\\{、   \  '⌒ソ--、
.     / ̄ ̄ ̄¨¨二二二ニニフ__レ<:\l }  f⌒ヽ
.       |  /´ ̄ ̄      _//:::ィ─t:テテぐ´У/八{^} |
      乂 {  ,. -─ 、_,.ィ7f/::}ハ  ̄ ´ ̄ ̄   \/  ソ 人
       `7    ///r':ィ_fツ }│ \_         (ノl
.      /\_/ 人{トミハ  〈_ノ`ヽ `マ{__      |  ヽ
 /{ ̄ ̄ ̄j\/  (_ ` ̄∧  ヾ'    ⌒\、   |   \
  /──‐く  /ヽ 人     ,ハ、 r=-一     ト、   /   / \
   __,ノ \__,ノ(      ハ. 、_,.ィニニ   l   / / /
  /{   j\__,ノ__(     _ノ ‘,          , ' / /
  ,. ー一く /\::::::≧、_   _ノl\  ,. ----// /
   }    } \__ノ:::::::/:::::::: ̄::::/::|  ヽ: : : _// /::::::::
  ブ¨¨ ̄ヽ__ノ::::::::/:::::::::::::::::::::/:::::|\   ̄ /  /
┏【ロバート・E・O・スピードワゴン】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】6  【知略】6  【武力】5  【天運】8

┃成長点:0

┃スキル
┃《看破能力》(成長しません)
┃ 一目で対象の能力を見切り、正確に解説することができる。
┃また自身が参加した戦闘において「調査しなかった場合~~」という条件のあるスキルを無効化する。

┃《人を見る目》(成長には【知略】9が必要です)
┃ 一月に一回、情報収集フェイズにおいて今まで能力が公開されたキャラクター1人の
┃成長限界やスキルの傾向を教えてくれる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4834◆75LBJGs9C62013/01/31(木) 02:24:33 ID:ZIWGYCYs0
と、そういえば何か忘れてたと思ったらリザルト表示をしていない。
【来月には食料9が入り、食料が9→15になります】
【荒廃度は1に成る予定です】
―【ステータス】――――――――――――――――――――――――――
|現在:9月

|【所有リソース】
|食料:06
|物資:05
|財貨:10

|【収支】(対応する国力-部隊や家臣の維持費)
|食料:+09(17-8)
|物資:+06(15-9)
|財貨:+04(13-9)

|【国力】(この値だけ、毎期毎に収入を得られます)
|総国力:55
|技術力:10±0(この値が低いと、他の国力の増加にペナルティがかかります)
|農業力:17±0(1,4,7,10月に、この値と同じだけの食料が手に入ります)
|工業力:13+2(2,5,8,11月に、この値と同じだけの物資が手に入ります)
|商業力:11+2(3,6,9,12月に、この値と同じだけの財貨が手に入ります)

|【荒廃度】(毎月自動的に+1されます)
|0:非常に安定しています

|【軍備】(戦闘で用いますが、あるだけ各収入を減少させます)
|第一部隊「ムシュフシュ」:兵力10(一般兵:各消費1)
|第二部隊「ノートンバスター」:兵力8(一般兵:各消費1)

|【総合評価】(国力の総計-荒廃度)
|51:ギリギリ都市国家を名乗れるレベルの都市

|【特記事項】
|・燃える水により工業力、商業力が擬似的に+[技術力÷5(端数切上)]されています。
|・アルトマー王国に国家承認を受けました。
|・「食料5→物資4」の交易レートでアルトマーと通商条約を結んでいます。
|・隣国が失敗国家ばかりです。何とかしましょう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

[ 2018/04/25 08:00 ] 開拓王やる夫の祖国復興一代記 | TB(-) | CM(0)

開拓王やる夫の祖国復興一代記 其の8

3854◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 23:03:49 ID:8fIlsxfg0
それでは、そろそろ開始させていただきます。
短い話ですが、皆様宜しくお願い申し上げます。

3855◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 23:04:09 ID:8fIlsxfg0
「エヴァの不死殺し探索記」
                      _,.  --  .
                     , ' ´    ‐ 、丶
                    /       、 、丶 ヽ丶                          , ' ´ ̄
                / ,' / i i 、 ヽ\ ヽ 、. ,                         /
                 i i i i li. ト ヽ ヾ、ヽ,ヽ i 、                       /  足  ま
                 | !. | | ト! i ヽ丶__rメ ‐i 、 ヽ                       /
                 | i. ト ヽムャ ヽ ィィテiア! ト iヽ                       l    を. ず
                | | { レ1>ュテ   ` ¨´ム.||i ヽヽ                   |
               ∥ |! ヒi ヾ ー ´  __,.ィ' ,イ川 '´ ` =‐ ニヽ, ' ¬、_,.._.     ,'⌒',. /⌒ヽ.  な  は
          .  - 、     i| |i ト、 ` ‐ 、 `   イう゛    r'><、>i  ヾ  ヽ. _{__  ! ,'    }
     ,  ´ 永   丶. l.| || ∥ フ  冫元 ´レ  ,  , イ   ´丶て  }  / ¬ _){ }   .ノ  .め
.   /         \ | || ∥/  ./'¨/i ト!  | r 1 'ヘ     \-イ  ノ-=ti´  `   i' ,
   / 話    遠   我. ヽ. 1 .iレ   ,' `´ ,'/   ヽi ヾ「´      ヾ コ'__丿     |  、. ろ
  ,′                ∨ /    /  , -l/    /ュく´         i  ー" }         !  \
  ,′ は    の   が  ∨   ∧ / ウ     ー ヽ         、 =-- ′      l    `ー─
 ,                 !   ,'ァ/く´ i      ' イ >、       {            ノ、
. i    そ    忠   下   |   /〈.人_∨       厂   丶       i            ∧. }
│                    |--、,._    7'|       {      丶     ',           ,' ,ヘノ
│   れ    誠    僕   |    ーァ、' !        |i     , -、 \  ',         i`
│                    |    /  ! ヽ         !   , イ  _丶‐、、  !        ,
│   か   を     と   |  ∠_,∧        { ,ィ´ l / レ'  iヾ、 !        } _ , ..   - ─ ¬
. ,                     |     /  丶、     冫ム/ヾ   つ´K-z'、       l
 ',   ら   誓    し   ! _, ..二ニ´-─ ¬' ´ ヽフ !         ト┬' ヽ        ノ
  ヽ                  ,'´              く.._i       ├'   丶 _, '
   \. だ    え.   て  ,'                    |         !
    丶、            , '                  l         |
      ` ー ───一 '                    l       |
 エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル、齢数百とも言われる上位の吸血鬼にして魔術師である。
とある事情で能力を封印されるまではグレータードラゴンに伍する力を有していたと伝えられ、
封印された今もなお常人をはるかに上回る力を持つ。贔屓目に言って化け物である。

3856◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 23:04:23 ID:8fIlsxfg0
               __ __
          ,,.-‐'''"´ ´    `、丶、
        ,-'´,  ィ ,i  i .i ヽ ヾ、丶、ヽ、
        ./ / ,イ  i! ||i ll ヽ ヽ丶.ヽ 丶
       / ノ ,/ /!  ∥ |.l lヽ li. li  ,i.  l
     / ,イ! l l .l ,ハ.  lヽヽヽ li li   l i  l    「見た目が子供だろうがお構い何しに移民船に乗せるとか……
      | .l .i ll i. l l_ l、 l ゝヾヽ」‐、l!  ! .!  li    楽なのはいいが、本当に大丈夫なのか?」
     ‐' l .l! l'´!_'  ´`  `ェ_  l  l! l.  l.l
        l .K´,-ァテナ   '"ヤ'ニソヽl .l l ヽ .i l.l
        l  l、!` `'''´           l  lノ.i l l.l l
       l l.lヾ、    _        丿 ハ l. l .l.l.ト、   ⌒)
       l l l l丶、  !、`丶 , イ!/ /l l. l l l.l.l 丶、  )
         il! .l l l l ll丶--´ '´ .」フ' /l.l .l. 丶 l l.l.l 、_ノ
        i|.l! l. l l,l ll ,iゝ、,-''"´ ./ / l.l .l 丶 l. l.l.l
       ,i.l.l! l l .l! .l lノ!,r'´\  ./ / \、. ヽ、 丶l. l.l.l
       i.l l! l l .l /ィ´//l、ヽ〉ソ  /  / ヽ、丶  ヽ、.l.l
      i.l l! l lィ、 くィ´/l ll、ヽ/  / ./     ヽ,  ヽ、l.l
 そんな彼女がバビロン王国復興の移民船にのったのは、
自らを吸血鬼とし、今もなおのうのうと不老不死をむさぼっている者を殺す武器、
バビロンに伝えられしアーティファクト『不死殺し』の探索のためであった。

3857◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 23:04:37 ID:8fIlsxfg0
             __
           ′    ` ' 、
       /  //l l ||. |、 ! i \
.      / / // /.| l.l| | ! ! iヽ ヽ   「まず吸血鬼が血で記した拠点(複数設定可能)を全て見つけて
     / / :|/.l l i !| | | | .| |〉: |: |l    その血の呪いを浄化する。そうすることで復活を防いだら
     .i|  |! ‐!‐リ- リ ! ,-l‐i|‐/ノリ    物理的な暴力で叩き潰すことで灰になる。
      i | | || .||ィ孑テ' ` |ノイソ}:.|     その状態から1時間放置すると灰からでも復活するから
     l | | || ||  ゞー'  、`´ | |     それまでに灰全てを直射日光に72時間満遍なく当て続ければ死ぬ。
.       !.| | |.| ||ゝ     _  /| |     勿論太陽はだいたい十数時間で没するから、なんとかがんばれ。
.      | | | | | ||ii }` 、_ イl i | |     ――というのが、比較的簡単な例だな」
.     | | | |ノ   〉_,_,_」-┤l.l | |
.     | | | | .   / /∧ ∧ lil l |
 吸血鬼はそもそもが強大な生命力を持ち、不老不死の体をもつ魔族である。
そのうえ、暴力による死すらも複雑な儀式(しかも一体一体異なる)を経なければ与えることができない。
勿論、その手段は吸血鬼本人によって厳重に秘匿され、場合によっては本人すら記憶していない。

3858◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 23:04:59 ID:8fIlsxfg0
     __              |
    〃´ ̄_.  --  ._      :|             ─┐
   /ル'´::::::::::::::::::::::::::::::::::ー:::ァ |        ━┓  き
_.. -┘:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`\|       +- l   み
ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |    ¬  .|.の   の
::::::::::::::::: i:::::::::::::::::::::: i{::::::::::::::::::::::: |     ー  +-、ヽ  不
::::::::::::::::: |、::::::::: 圦:::i从:::::|イ :::::::::: |     >‐‐   | :|   死
:::::::::::、:::::L -、:::::| マ! 个 ̄::<::::::|    (__         を
::: i::::::::Vヘ  \{  }!  xz xイi/::::::|   i ¬   つ
::八:::::〈\z==ミ ヽ .|! "芯 マ |_,、:::|   L ー +--
:::::∧:::::、.{{ :i::::ム    、_r' }} ハ^|   i.   .| こ
::∧ }i\::ヾx ー”   i     ル': ヽ|   ゝ..ノ
' }>--ミヾ\.   :j    ハ:i:::::: |   +--
....::ハ ヽ.\    , 、   イ/リ::::::::|    :| こ
.::::::::::ヽ \..> .  `´ .イ /:/::::::::::|  ┗━
:::::::::::::::ヽ.  > . ーイ/,イ/:::::-=≧ 、└─
:::、::::::::::::::::丶. `ヽ ヽ厂 ./::/:::::::::/::::::::::\             /     ※ AAはイメージです
::::::\::::::::::::::::\::}__ムノ:::/:::::::: /:::::::::::::::::|> . __ . <
そんな複雑な儀式を全て吹っ飛ばす反則技。王とまで呼ばれた存在をも殺した魔剣、不死殺し。
吸血鬼のみならず、超常的な守護を持つ存在ならば誰もが恐れるアーティファクト。
その実在を確信した彼女は、できるだけ他の吸血鬼に気取られぬようバビロンに赴いたのだった。

3860◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 23:05:18 ID:8fIlsxfg0
――だが、探索は容易なものではなかった――

3862◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 23:06:45 ID:8fIlsxfg0
「4月」
       ,.--¬,-‐¬‐-、
      /  ´          ヽ
     / /  ´⌒,⌒ 、 ヽ  ゙,
    ./ / //l l ||. |、 ! i ヽ , ゙!
    l  |! i/ /.| l.l| | ! ! iヽ ヽ .! .i   (伝承によると不死殺しは不死王を倒したところで行方不明になっている。
    .i|  |! !/.l l i !| | | | .| |〉ヽ l ..:|.!   となると、古戦場を巡るべきだな――)
   i | | || .|'‐!‐リ- リ ! ,-l‐i|‐! .!::::!:::|
   l | | || !t.tーァ    ォーァ-! |::::||:::|
   !.| | |.| .|',`''"   ,   "'''´| |'|| 、 ヽ
   ,| | | |ノ| |ヾ、  _   /'! | | ! !
  / ノ // i! |!. `,; 、 _ ,.ィ, ,|| |. !||ヽヽ.ヾ
 ,/ / i l .| || / \  /゙iヽ| ハ | !. ヾ
 / ///  |.| l/!  >く  | 〈  ! |/ |ヾ ヾ
/ .〈〈,/,./-,| |. !/L.」\l ,' | i`ヽ、ヽヽ〉 ヾ
 /  r'´ ! | .|  !  |::|  ! 〈 〈!  ヽ 〉ハ ヾ


(目的の古戦場にて)
亡霊A|ω・)「なんか吸血鬼が色々探して回ってるみたいだね」
亡霊B|ω・)「不死王の遺骸でも捜してるのかな?
         いずれにしてもここ荒らされたら困るし、結界強化しておこう」

3863◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 23:07:06 ID:8fIlsxfg0
     ,.'´,ィ   ,イ ,'  ,' i| |  |! |i  トi   iヽ  ヽ  ヽ
   / イ/  ,'/.,' ,イ i|! |!  i! l'、 i!    l !  ! i  i
   ,' // !  ,' ! i / i !  !  i l , ヽ  i! ||!  l l  !
  ,'/ ,i !  /.,i ,' ! .i l !∥   | l u'、 ト!、 l! li i  ! i  l   「ええい! どれもこれもはずればかり!
.  :,' i ,! ,' /! i i | l i! i   |! i!  ヾi!ヘ 、i. i| !.  i! l  l    というかここには古戦場がいくつあるんだ!」
  リ  !l ,'!,' '| ! ,.へ! !_ i|!ヽ  ト, i ,.ィ弋,ヽヽ| l!  |! l  !
  ,'  !|_,」!,',' ト! l ,.-7‐ミ、、! ヽ,ムン'´,.-ュ、_  ヾ! i!  !i i  |
     i !リ|!∥i 」__{! 0 }     '´{ 0 |!_`ァ' i! |i  | i |  !
    ,' ,' ,|!∥l ー '` ´   r       `'‐f、_,) !| !|! | .! !. |!
.   l ,'  i! l|ヽ!   ┌‐ァ-‐=丶ヘ,    /!| l|! l ! i  il
 ̄ ̄,' i! ∥i!| ト.    ! /       i}  ,イ |.| ||! ! ! |   !
    ! ll  |! ||!.``丶丶 `、      ' ,ィi´ | ,| ! ||!. l l  !  |!
.   l |!  ∥||!   冫,!iュ、 __,..  ' 1._!| | :| |! l|! ! i.  !  i|
   l i|!  |l |l  /イ  !       ,!/' ´ ` 丶|!_|  !  | ∥
   ! |i!  l| l| / /         〃        ``  、!  |!

 バビロンは魔王の襲撃により、王国全土が戦場になった。
戦闘が起きたところを戦場と定義したとしても、数え切れないほどの戦場が国内に存在する。
その中から目的の古戦場を見つけ出すのは、砂漠で砂を探すのに似た苦行であった。
――尤も、目的の古戦場はいくら探しても見つからないよう結界で隠されていたのだが。

3865◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 23:07:48 ID:8fIlsxfg0
                  _____
             ,.<´ >-─‐-<`> 、
            /> _ ,. -──‐- _   <ヽ
           /i'´.,ィ'´ _ >-─‐-.<._`>x .|
         iヽi |'´ ,x<:..:.:.:.:.:.:.i:.:..:..;.:.:..:.>x、 |
         | ム l/.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:. ';:.、:.:.:ヽ j
         `7 ハ.:.:.:./:.:i :.:: :.:.ハ:.i:.:、:.:}:.:i:.:.:.:.:.::.:ハ
         くi.:.:i.:.:.:./:.:.ノ :./:/リ }.:|:.:.i从:リi:..:.:.:.::.:.i  (あれ? あの魔力の流れはひょっとして――?)
         /.:.::..:.:::_」:⊥!」_   !_」!⊥:」_:.:i:.:.::.::.リ
         ゙i::::ヾ{ハ{   ヽ     -‐   :リi:..:.:.:.:〉
         \:;'ヽi .行テ心  、   '圻テ心  ト、:.:.リ
            从 ', 弋z;;ソ   l   弋zン  |リ }.:|
          i:ヽム  ::::::::     ::::::::    |ハノ:|
          i: ♀ヽ     ヽ       /♀}.:j
          |:.i..:.:.:.::、     r‐ヽ、    /:.:.:.:,:j|
          弋:.:.i:.:i: > / / ヽ  イ.:.:.:..::/'゛
           `゙ ゙゛`゙'ゞ〈 ´ -‐ `< | i.:.ツi;'′
                    ‐-'   -‐ ´k-‐,|   _
           /`ヽ,' : : :ヘ    r-_/: :∨<´ \
        , --‐'   〈: : : : :ハ   ': : : : :.|', i    ゙ー 、
      /      入: : : :ハ   | : : : /        `ヽ

さらに悪いことは続く。当時人材を求めていた開拓団は、移民の能力や動向をつぶさに観察していた。
そして、自らの存在は予想よりも遙かに早く開拓の指導者達の目に留まることとなる。
【4月、領内探索失敗、バッドイベントにより「やる夫たちに自らの素性がばれる」】

3866◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 23:08:10 ID:8fIlsxfg0
「5月」
       ,.--¬,-‐¬‐-、
      /  ´          ヽ
     / /  ´⌒,⌒ 、 ヽ  ゙,
    ./ / //l l ||. |、 ! i ヽ , ゙!
    l  |! i/ /.| l.l| | ! ! iヽ ヽ .! .i   「はあ……一月何の収穫もなし、か……」
    .i|  |! !/.l l i !| | | | .| |〉ヽ l ..:|.!
   i | | || .|'‐!‐リ- リ ! ,-l‐i|‐! .!::::!:::|
   l | | || !t.tーァ    ォーァ-! |::::||:::|
   !.| | |.| .|',`''"   ,   "'''´| |'|| 、 ヽ
   ,| | | |ノ| |ヾ、  _   /'! | | ! !
  / ノ // i! |!. `,; 、 _ ,.ィ, ,|| |. !||ヽヽ.ヾ
 ,/ / i l .| || / \  /゙iヽ| ハ | !. ヾ
 / ///  |.| l/!  >く  | 〈  ! |/ |ヾ ヾ
/ .〈〈,/,./-,| |. !/L.」\l ,' | i`ヽ、ヽヽ〉 ヾ
 /  r'´ ! | .|  !  |::|  ! 〈 〈!  ヽ 〉ハ ヾ

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |  「どうしたのお嬢さん? 何か困ったことでもあったかお?
          \     `⌒´    ,/   おなかがすいてるならお菓子いるかお?」
          /     ー‐    \

               __ __
          ,,.-‐'''"´ ´    `、丶、
        ,-'´,  ィ ,i  i .i ヽ ヾ、丶、ヽ、
        ./ / ,イ  i! ||i ll ヽ ヽ丶.ヽ 丶
       / ノ ,/ /!  ∥ |.l lヽ li. li  ,i.  l    「なんだそれは。いまどき人攫いでもそんな言い方はせんぞ。
     / ,イ! l l .l ,ハ.  lヽヽヽ li li   l i  l    流石に移民の先導者であるお前くらいは知ってるからいいが
      | .l .i ll i. l l_ l、 l ゝヾヽ」‐、l!  ! .!  li    そうでなかったらしかるべき所に通報する所だ」
     ‐' l .l! l'´!_'  ´`  `ェ_  l  l! l.  l.l
        l .K´,-ァテナ   '"ヤ'ニソヽl .l l ヽ .i l.l
        l  l、!` `'''´           l  lノ.i l l.l l
       l l.lヾ、    _        丿 ハ l. l .l.l.ト、   ⌒)
       l l l l丶、  !、`丶 , イ!/ /l l. l l l.l.l 丶、  )
         il! .l l l l ll丶--´ '´ .」フ' /l.l .l. 丶 l l.l.l 、_ノ
        i|.l! l. l l,l ll ,iゝ、,-''"´ ./ / l.l .l 丶 l. l.l.l
       ,i.l.l! l l .l! .l lノ!,r'´\  ./ / \、. ヽ、 丶l. l.l.l
       i.l l! l l .l /ィ´//l、ヽ〉ソ  /  / ヽ、丶  ヽ、.l.l
      i.l l! l lィ、 くィ´/l ll、ヽ/  / ./     ヽ,  ヽ、l.l

3869◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 23:08:23 ID:8fIlsxfg0
【以下略】

3870◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 23:08:38 ID:8fIlsxfg0
             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '///|! !∥ ヽハ、ヽ. ヘ   (と、しまった! 余計な知識をひけらかしてしまった!
         〃 {_{」 」」 L|lトヽリ l │ |    く、この白饅頭、何故か見てると警戒するのが馬鹿らしくなって
         レ!小l●    ● 从 |、|    つい余計なことまで喋ってしまう!?)
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノハ
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !ヽ
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  ///ハ
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧/ハ !
       7ヽ< } /  ヾ:∨:::/ヾ:::彡''ハ∨

【5月、領内探索失敗、バッドイベントにより「やる夫に遭遇、必要もない事をペラペラと喋ってしまう」】

3871◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 23:08:55 ID:8fIlsxfg0
「6月」
  ∧_∧
 ( ´∀`) 「やる夫さんが『エヴァンジェリンさんの助言で立派な工房や畑ができた』と言ってたモナ。
 (    )  見た目は子供だけど、実は彼女とっても賢いんだモナ」
 | | |
 (__)_)

         .∧__,,∧
        (´・ω・`)  「じゃあちょっと困ったことがあるんで、相談してみようかな?
         (つ と)    すみませ~ん、ただとは言わないんで、ちょっとお話お聞きしていいですか?」
         `u―u´

     ,.'´,ィ   ,イ ,'  ,' i| |  |! |i  トi   iヽ  ヽ  ヽ
   / イ/  ,'/.,' ,イ i|! |!  i! l'、 i!    l !  ! i  i
   ,' // !  ,' ! i / i !  !  i l , ヽ  i! ||!  l l  !
  ,'/ ,i !  /.,i ,' ! .i l !∥   | l u'、 ト!、 l! li i  ! i  l   (くっ! 鬱陶しいが無碍にして
.  :,' i ,! ,' /! i i | l i! i   |! i!  ヾi!ヘ 、i. i| !.  i! l  l    探索の地盤を失うのはまずい!)
  リ  !l ,'!,' '| ! ,.へ! !_ i|!ヽ  ト, i ,.ィ弋,ヽヽ| l!  |! l  !
  ,'  !|_,」!,',' ト! l ,.-7‐ミ、、! ヽ,ムン'´,.-ュ、_  ヾ! i!  !i i  |   「ええい! 私は忙しいんだ!
     i !リ|!∥i 」__{! 0 }     '´{ 0 |!_`ァ' i! |i  | i |  !    用があるなら手短にしろ!」
    ,' ,' ,|!∥l ー '` ´   r       `'‐f、_,) !| !|! | .! !. |!
.   l ,'  i! l|ヽ!   ┌‐ァ-‐=丶ヘ,    /!| l|! l ! i  il
 ̄ ̄,' i! ∥i!| ト.    ! /       i}  ,イ |.| ||! ! ! |   !
    ! ll  |! ||!.``丶丶 `、      ' ,ィi´ | ,| ! ||!. l l  !  |!
.   l |!  ∥||!   冫,!iュ、 __,..  ' 1._!| | :| |! l|! ! i.  !  i|
   l i|!  |l |l  /イ  !       ,!/' ´ ` 丶|!_|  !  | ∥
   ! |i!  l| l| / /         〃        ``  、!  |!
【6月、領内探索失敗、「市民に自分の知性が半ばバレ、助言を頼まれ探索どころではなくなる」】

3872◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 23:09:17 ID:8fIlsxfg0
「7月」
      ヽ                \
     /⌒¬┬、           \
    / //i| ||  Yヽィr、       ヽ
   // / /!」!__|!  | //ケi ヽ       ヽ   「この古戦場でもない、あの古戦場でもない……。
.  // / ,イ´LlL_|| │`イ !∨」\       i    雑魚亡霊がいくら襲ってきても怖くもなんともないが
    ̄``| T「 ̄|   |L. ! |ヽ\  Yヽ.     j    流石にこの古戦場の数は予想外だったな。
 ハ   丿 U   l   |うiヽ\ \ヽヾi「`ー─'    まあいい。予定通り年単位で腰を押し付けて探すか」
  ッ  「 _"" !   レ/  ヽヽ `ー'川
  ハ  、` ノ | i j´ヽ  ∨i i l !|
   ッ  ヽ  _」 / l   、   l l ヾヽ
   ハ   ´ |/ l >¬   ヽ ヽ  ヾヽ
         ,ノ /    ム  ヽ ヽ  ヾ\
       /' / >‐',、´r ヽ   \\ \\


(一方そのころ)
  _ _   ___
 / ) ) )/ \  /\
 {   ⊂)(●)  (●) \
 |   / ///(__人__)/// \   「不死殺し、獲ったどー!」
 !   !    `Y⌒y'´    |
 |   l      ゙ー ′  ,/
 |   ヽ   ー‐    ィ
 |          /  |
 |         〆ヽ/
 |         ヾ_ノ
【7月、領内探索の前に「やる夫に先を越されて不死殺しをあっさり取られる」】

3875◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 23:10:00 ID:8fIlsxfg0
「8月」
         ____
       /      \
     / ─    ─ \    「まず先に言っておくと、やる夫は色々とアドバイスをくれた
   /   (●)  (●)  \   エヴァンジェリンに危害を加えるつもりはないお。
  .|      (__人__)     |   その上で単刀直入に言うと、いま不死殺しはやる夫が持っているお。
   \     `⌒´    /    貴女が不死殺しを探しているという話を聞いて、取引にきたんだお。
   ./\        /ヽ    不死殺しという力を貸すから、やる夫達に力を貸してほしいんだお」
  /:::::::::::i::ヽ`介´/::::i::::::::::ヽ
  {::::r:::::::l::::ヽ| | i::::::7;;;;;;:l::::}
  }::::|::::::::::\;;;i,,/:/:::::::::i:::::{


 ,' ,'   ' ,':::::::::::::',    ド、:::::::::::::/! イi  | ! |
:/ ,7  ,' !::::::::::::::::ヽ   {. iソi;:::::::/. Lハ!   ! i |
  ,','   ! | :::::::::::::::::::\ ゝ:'ノ:::::/   `ヽ」 i. |
 ,','   , ト、:::::::::::::::::::::_;二::_::::〈        `
 !i:..  i ! `ー一 ' ´      ̄ヽ
: |.|::..  | .i              >      「つまり、不死殺しと引き換えにお前に雇われろということか」
: |.|:.:.  | |!                /       (元々持っていたとは考えづらい。わざわざ探したというのか?
: !.|:.:.  | |       ヾヽ   , '          あれだけの数の古戦場から?
:.i l:.:.:. ! !            , ィi           一体どれだけの労を費やしたというのだ!?)
:.| !:.:.:.. l i_        /:.|.||
:': i:.:.:.. l |:.:.i:ュ 、_  /.: ::.:|:||          ※ やる夫は適当に歩いてたらあっさり見つけました。
:| ,:.:.:.:.:| |:.:.l:!i   ̄1i.::.:.:.:.|:||
:| ! .:.:.:.| |:.:.l !|    |:|.::.:.:.:.!:i|
:|.i:.:.:.:.:.! !: :| !!     |:|:.::.:.::.|:|!
【8月、探索しようとしたらやる夫に不死殺しを持ってるといわれ、勧誘される】

3878◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 23:10:59 ID:8fIlsxfg0
       ,.--¬,-‐¬‐-、
      /  ´          ヽ
     / /  ´⌒,⌒ 、 ヽ  ゙,
    ./ / //l l ||. |、 ! i ヽ , ゙!
    l  |! i/ /.| l.l| | ! ! iヽ ヽ .! .i      「一応言っておくが【おかしいのはやる夫の天運のほうだ】。
    .i|  |! !/.l l i !| | | | .| |〉ヽ l ..:|.!      まさか結界が張っていたとは気づかなかったが、
   i | | || .|'‐!‐リ- リ ! ,-l‐i|‐! .!::::!:::|      常識的に考えて『バビロン王国全土のどこかに眠る剣を探す』
   l | | || !t.tーァ    ォーァ-! |::::||:::|      という探索事業は年単位で行うものだ。
   !.| | |.| .|',`''"   ,   "'''´| |'|| 、 ヽ      結界がなくても「一発目で見つけた!」なんてのは
   ,| | | |ノ| |ヾ、  _   /'! | | ! !      麻雀でダブル役満を天和するようなものだ。
  / ノ // i! |!. `,; 、 _ ,.ィ, ,|| |. !||ヽヽ.ヾ     ……勿論、私に天運がないのは認めるがな」
 ,/ / i l .| || / \  /゙iヽ| ハ | !. ヾ
 / ///  |.| l/!  >く  | 〈  ! |/ |ヾ ヾ
/ .〈〈,/,./-,| |. !/L.」\l ,' | i`ヽ、ヽヽ〉 ヾ
 /  r'´ ! | .|  !  |::|  ! 〈 〈!  ヽ 〉ハ ヾ

3882◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 23:12:26 ID:8fIlsxfg0
                 ,,.-‐‐'''''''"````ー‐-、
            ,,.-‐'''"´           `` 丶 、
         ,.-''´           丶、        `丶、
       ,.-'"        `丶、    `ヽ         ヽ
      ,:',-         丶、 `丶、丶、   `、         ヽ、
     /'´      i     ヽ、  ヽ、ヽ   `i   、       ヽ
     /  / r .i 、  ヾヽヽ     ヽ  ヽト、   ト、   ヽ      ヽ
 O o./ /,i i'  !i l、 ヽヽヽ.ヽ    ヽ、 ヾ.,   l.l   ヽ 、      ヽ
    ./ イ.i .l ! l!i .l、  ヽヽヽ、ヽ 丶 ヽ、丶  .トヽ  ヽヽ      ヽ
    i  i l ! l, ll!.i l、  ヽヽ.ヽヽ丶 ヽ、 ヽヽ、. i i ヽ  ヽヽ     ヽ
   ,i  i! .l! ! l ll!.iヽ丶ヽ  ヽ.ヽ.丶.丶、ヽヽ lヾ、  lr‐、ヽ  ヽヽ     ヽ
   l  !l. !l  l l l! .i ヽ丶、ヽ  ヽ、メ'''"´ 丶丶ll ` lビi l ヽ  ヽヽ     ヽ
   l! .!.l. !li .l、ト .l! ヾ、ヽ 、 `:、_,ヽ,,.-'`,,,,,.ィ‐;''l.l  ll'´ノ  ヽ  ヽヽ     ヾ、、
    !l .l .l !li .ハl__ヽ-‐- l ``    ,,.ィ-'::::ノ ' l.l   l.l'"ヽ   ヽ  ヽヽ    ヽ 丶、
    ll! l .Nl ! l iミ``_,,,,二,,,_      '''"´   l l  l.l ヽ ヽ、  ヽ  ヽヽ    ヽ  丶、
    l!`l .ll i ``l !l`',"`く::::ン             l l .i .l ト、 ヽ ヽ   ヽ  ヽヽ     ヾ、、 `丶、
     ヽ !l l   l !lト、丶. ´   丶         ,,.;'l l .l .l .トヽ ヽ ヽ、.   ヽ ヽヽ   ヽ、ヽ丶、
       !.l l   i !l丶` 丶 、   ‐'"´'   ,,.'´;,:'ll.l l .l l'´ ヽ ヽ ヽ、.   丶、 丶ヽ.  ヽ.丶、
       !.l l   i .l!l丶丶`、 、`` ー --- く;;;;/ ll.l l l. l  ン、ヽ ヽ、ヽ、    丶、ヾ  ヽ 丶
       !.l .l!   i .l!l`、 i .iヽヽヽ ヾヽ ヽ∧ . ,;!l.l.l l . l''´  `丶、ヽ、 ヽ、     `ヾ、  ヽ
       .l.l .l!    i ! l`、 i i ヾ、 ヽ ヾソ,,_l/ !l.ll ./   l  ,,.-ヾ丶、ヽ、 ヽ、        ``‐、
       .l.l! .l!     i ! l.`、i i  ヾ、-'"´l.ハl入 イl//  .ノ ,‐'   ヽ_,,_`i、ヽ、 ヽ、        ``
       .l!l! l.!     i ! l `丶i,ィ''"   lソi!;;;i.ソ! !'´ ././  ,,.-'''"´  ``-、ヽ ヽ `i、ヽ、 ヽ

  エヴァ「因みに、天運がないのは理由がある。吸血鬼というのは氏族によって弱点を持つ。
      『流れる水を渡れない』『日光に極端に弱い』『招かれないと家に入れない』と言ったものだな。
      よく言われる吸血鬼の弱点だが、実は大抵の吸血鬼が持ってるのはそのうち1つか2つだ。
      とはいえ、大抵の吸血鬼は日光が嫌いだ。暗闇をも見通す吸血鬼の目に陽光は眩しすぎる」

   ※ この世界における吸血鬼の設定です。

3889◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 23:17:00 ID:8fIlsxfg0
               __ __
          ,,.-‐'''"´ ´    `、丶、
        ,-'´,  ィ ,i  i .i ヽ ヾ、丶、ヽ、
        ./ / ,イ  i! ||i ll ヽ ヽ丶.ヽ 丶
       / ノ ,/ /!  ∥ |.l lヽ li. li  ,i.  l
     / ,イ! l l .l ,ハ.  lヽヽヽ li li   l i  l         「で、私の氏族(?)がもつ弱点は
      | .l .i ll i. l l_ l、 l ゝヾヽ」‐、l!  ! .!  li        『天から見放される』というものだ。
     ‐' l .l! l'´!_'  ´`  `ェ_  l  l! l.  l.l        文面的に見るとただそれだけとしか思えないが
        l .K´,-ァテナ   '"ヤ'ニソヽl .l l ヽ .i l.l       【データ的には要するに天運が0になる】
        l  l、!` `'''´           l  lノ.i l l.l l       ……どうだ? 私を吸血鬼にした奴を
       l l.lヾ、    _        丿 ハ l. l .l.l.ト、   ⌒) ボコりたくなる気持ちもわかってくれたかな?」
       l l l l丶、  !、`丶 , イ!/ /l l. l l l.l.l 丶、  )
         il! .l l l l ll丶--´ '´ .」フ' /l.l .l. 丶 l l.l.l 、_ノ
        i|.l! l. l l,l ll ,iゝ、,-''"´ ./ / l.l .l 丶 l. l.l.l
       ,i.l.l! l l .l! .l lノ!,r'´\  ./ / \、. ヽ、 丶l. l.l.l
       i.l l! l l .l /ィ´//l、ヽ〉ソ  /  / ヽ、丶  ヽ、.l.l
      i.l l! l lィ、 くィ´/l ll、ヽ/  / ./     ヽ,  ヽ、l.l
【小ネタパート終わり】

3893◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 23:19:30 ID:8fIlsxfg0
まあ【そんな吸血鬼にされるなんて目にあう時点でエヴァの天運は元々0だったんですが】。

といったところで、短いですが本日はここまでにいたしとうございます。
次回は出来れば明日、22時には開始したいと思います。
少し早いですので、質問などございましたらお気軽にお聞きくださいませ。

[ 2018/04/25 06:00 ] 開拓王やる夫の祖国復興一代記 | TB(-) | CM(0)

開拓王やる夫の祖国復興一代記 其の7

3158◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 21:59:09 ID:i3eYvIwU0
では、そろそろ1年目8月を開始いたします。皆様宜しくお願い申し上げます。

3160◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:00:08 ID:i3eYvIwU0
━【周辺地図】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡


                    ――【不明領域】――


≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡三≡
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/\/\/\/\/\/\/\/\/\
                     )                  )        ,-‐'´
                    ( ○                (      ,-‐'´
   【KSKST】            ) [首都:サンダルノアナ]      ヽ_  /
                    /                     `y'        【ジャギの故郷】→
                    /   【バビロン】          /
                      /                    ,-‐'´
                     /i                ,-‐'´
                /  ヽ、             (
               ,-‐'´     \             )     【デンジャラスデイナー】
          ,-‐'´          \            /
          ,-‐'´              `ー-、     /
___,-‐'´                    `ー-、/
                               i
          【アルトマー王国】           |
                              /
.、        / ̄て_                    〈              _       【小国家群】
: \       ./: : : : : :(_                      ヽ_         /: : : ヽ
: : : `ー-、_ノ: : : : : : : : )                /: : : ヽ       /: : : : : : `ー-、__
: : : : : : : : : : : : : : : _/    _          /: : : : : `ー-、   i: : : : : : : : : : : : : : : : )
: : : : : : : : : : : : : : /     ,-‐'´: : ヽ            i: : : : : : : : : : \_ノ: : : : : : : : : : : : : : :/
: : : : : : : : : : : : : : `⌒ヽ_/: : : : : : : :`ー――-、_ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :(
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ

                      ↓【南方国家】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3161◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:00:32 ID:i3eYvIwU0
【1年目8月】
【収入フェイズに物資が6入ってきました! 3→9】
【荒廃度が上がりました! 3→4】
―【ステータス】――――――――――――――――――――――――――
|現在:8月

|【所有リソース】
|食料:7
|物資:9
|財貨:4

|【収支】(対応する国力-部隊や家臣の維持費)
|食料:+3(5-2)
|物資:+6(8-2)
|財貨:+1(3-2)

|【国力】(この値だけ、毎期毎に収入を得られます)
|技術力:10(この値が低いと、他の国力の増加にペナルティがかかります)
|農業力:05(1,4,7,10月に、この値と同じだけの食料が手に入ります)
|工業力:08(2,5,8,11月に、この値と同じだけの物資が手に入ります)
|商業力:03(3,6,9,12月に、この値と同じだけの財貨が手に入ります)

|【荒廃度】(毎月自動的に+1されます)
|4:まだまだ安定しています

|【軍備】(戦闘で用いますが、あるだけ各収入を減少させます)
|第一部隊「ムシュフシュ」:兵力10(一般兵:各消費1)
|第二部隊「ノートンバスター」:兵力8(一般兵:各消費1)

|【総合評価】(国力の総計-荒廃度)
|23:遺跡を復旧させて作った工房とその周りの街

|【特記事項】
|・移民の中に吸血鬼エヴァンジェリンが混じっています。
| どうやら彼女は不死殺しという魔剣を探しているようです。
| →不死殺しは既に確保しています。
|・アルトマー王国に国家承認を受けました。
|・「食料5→物資4」の交易レートでアルトマーと通商条約を結んでいます。
|・隣国が失敗国家ばかりです。何とかしましょう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

3162◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:00:57 ID:i3eYvIwU0
【バビロン王国 国王(笑) やる夫】
┏【やる夫】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】0  【知略】0  【武力】0  【天運】14

┃成長点:32

┃スキル
┃《主人公》(成長しません)
┃ 成長点を得るとき、さらに1点の成長点を得る。

┃《謎の情報網》(成長しません)
┃ 参加者が知っているメタ情報を「家臣団から聞いた」という理由で知っていてもよい。
┃(具体的には【】で囲まれた情報は確実だと「やる夫が」理解できる)

┃《大豪運》(成長には【天運】15以上が必要です)
┃ 3ヶ月に2回、あらゆる判定を【天運】で判定できる。
┃この能力の使用回数は1月、4月、7月、10月に復活する。

┃《逆転運命》(成長には【天運】20以上が必要です)
┃ 1月に1回、参加した判定の出目を2つの範囲安価としどちらか任意の値を採用できる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【バビロン王国 やる夫の副官 秋月涼】
┏【秋月涼】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】8  【知略】9  【武力】4  【天運】5

┃成長点:48

┃スキル
┃《空気なんて読まない!》(成長しません)
┃ 出目がゾロ目(100含む)だった場合、成功確率に関わらず自動的に成功となる。
┃また、98%以上の成功確率で「判定の余地なく成功、成長点3」にできる。

┃《呪歌の達人》(成長には能力値の合計が36以上必要です)
┃ このキャラクターが参加した判定の成功確率を+10%する。

┃《変装》(成長には【知略】10以上が必要です)
┃ 変装できる。【知略】が2倍を超えるキャラクター以外には決してばれない。
┃但し、変わるのは外見のみである。データ的な恩恵は特にない。

┃《緊急即応》(成長しません)
┃ どんな緊急事態にも即座に対応できます。
┃また、《伏兵》などの不意打ちを与える類のスキルを無効化する判定に自動成功します。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【バビロン王国 錬金術師 エルフィール・トラウム】
┏【エルフィール・トラウム】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】7  【知略】10 【武力】4  【天運】5

┃成長点:45

┃スキル
┃《錬金術》(成長には【指揮】と【知略】がそれぞれ10以上必要です)
┃ 国力(技術力、農業力、工業力、商業力)を増強させる行動に参加していた場合、
┃追加でその国力を+1する。

┃《ブレンド調合》(成長の条件を満たしています)
┃ 内政における行動に参加している際、
┃追加で物資1を消費するごとに成功確率を+10%できる。上限は+30%

┃《至高のチーズケーキ2》(成長の条件を満たしています)
┃ 食べたものに活力を与えるチーズケーキを作ることができる。但し錬金術で。
┃食料を1消費するごとに、あらゆる判定の成功確率を+5%する。上限は+50%
┃このスキルは自身が参加していない判定にも使用可能である。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【バビロン王国 筆頭武官 ジャギ】
┏【ジャギ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】5  【知略】6  【武力】10 【天運】3

┃成長点:39

┃スキル
┃《羅漢撃》(成長には【武力】15以上が必要です)
┃ 戦闘に関するあらゆる判定の成功確率を+20%する。

┃《勝てばいいんだ何を使おうが!》(成長の条件を満たしています)
┃ 戦闘に参加している際、追加で物資1を消費するごとに成功確率を+10%できる。上限は+30%

┃《火計》(成長の条件を満たしています)
┃ 敵が拠点に篭っている、あるいは燃えるものが周囲にある戦闘において、
┃戦闘の成功確率を+10%する。

┃《や、やめてくれ、た、頼む!》(成長の条件を満たしています)
┃ 3ヶ月に1回、戦闘で自陣の誰かが死亡した場合、それを無効化する。
┃この能力の使用回数は1月、4月、7月、10月に復活する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3000名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 17:50:20 ID:HWKmsA4w0
>>3000なら恋するドラゴン(竜†恋)が出てくる、天災みたいなノリで

3164◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:01:28 ID:i3eYvIwU0
>>3000
             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |   「いや、ドラゴンに襲撃されたら普通の国は蒸発するから。
        \     ` ⌒´    ,/    上位のドラゴンとかになるとこんな能力持ってるんだお?」
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |
┏【グレータードラゴン(一例)】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】5 【知略】10 【武力】20 【天運】10

┃スキル
┃《竜の力》
┃ 戦闘における全ての判定に+50%の修正を与える。

┃《竜鱗》
┃ 【指揮】15を下回る将軍に指揮されているか、兵力20以下の兵、
┃および【武力】15以下の単独行動の戦力を全て0として扱う。

┃《竜の生命》
┃ 脆弱な生物と違い、竜はそう簡単に死亡しない。敗北表の出目を常に+2(最大9)する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3165◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:01:57 ID:i3eYvIwU0
             ____y⌒ヽ
         ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
         /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
 (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
   `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
  __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
 〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l     「幸いなことに【ドラゴンは基本的に
 {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|      人間と敵対的ではありません】けどね。
 乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|      でも、どうしたんですかいきなり?」
    Y:\:\:.i!: : ≠vィチ行ミヽ  X_><  }:. : :.ノ
   vヘ: Y⌒ヽ {{ i 以リ ノ }}   ィ=ミ `V: : : :{\__
     \丶 `\` <__/⌒Y以 } Y: : : }}: ヽヽ¨ヽ
         〉:ハ          ,   ゝ ノ ノ: : :.ハ: :八j
        '⌒ヽ、 u         =≦_/7 V
              | ヽ   ` ヽ     /¨{  `v′ }
          __}   \    ,   <ノ  ヽ    /
       /^V    `¨´r─ 、     i   {


               ____
             /      \
           / ─    ─ \   「異界の呪術師サン=ゼンがバビロン王国に
          /   (●)  (●)  \   ドラゴンを呼び込もうとしたと情報があったので」
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/     「相変わらず変な情報網を持ってますね……」>涼
          /     ー‐    \

3167◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:02:22 ID:i3eYvIwU0
    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!
!:::::::::::l ゙ ..:.:.:7"::;:::::_::、ヾ゙i:: :.: ,.ヾ、:::::::ハ   「そんなあるかどうかわからないことより不死殺しだ。
::::::::::::iゝ. .:.:.:.:.l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,!   【これが手元にあるとわかればエヴァンジェリンは確実に動く】
::::::::::::lゝ :.:.:.:.:゙ー───‐'.:.:.:.: k'^ヽ、゙i  ノ   どうするつもりかはともかく【動くなら早めのほうがいいぜ】」
::::::::::::ゝ  :.:.ァ''''"::: ̄ ̄::''ー'':::ヽ`゚'-゙_,! 丿
:::::::::::::::〉.:.:  ,n :.: rャ:.:.:: z、 :.:.:. .:.:ヾ、:.:.: ,ノ
l:::::::::::::i.:.:  |:::| .:.:.|::::| :.: i:::::|.:.:.:.;ヘ.:.:.:. ,ヾ }
|::::::::::::l:.:  _レヘ:.:.|:::::!:.:. !:::::|.:.:.:l:::;!.:.:./::i 〉
}::::::::::::!:.: ´  .: ,}:.:|:::::l:.:. !::::::!.:.:,!::;!.:.:,'.:.:,',!
!::::::::::::l.:.:......:.: /:l.::l::::::!:: l:::::::|:.:,!::;!:.:,'.:.:7.!    ,ハ
:::::::::/i :.:.:  ,/::::ゝl::::::し':::::::i.::,!::;!.:;',!:/ `ー‐'" }
:::/   `ー、"::::::::::::::::::::::::::::::`´:::レ':!;/:.:.:.:......:.: ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソゝ.;,;_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、


             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____     「わかったおー!」
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( >). (<)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /
【というわけで、交易フェイズを行います】
━━【B:交易フェイズ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━
定められた交易レートに従い、各リソースを交換します。
現在のレートは以下のとおりです。
・財貨2→他の資源1
・他の資源2→財貨1
・食料5→物資4(アルトマー王国との貿易)
なお、交易の回数に制限はありません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【現在のリソースは「食料:7」「物資:9」「財貨:4」です】
【交易フェイズはどうしますか?】
↓3~7から多数決

3170名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 22:02:38 ID:rUNPxFyY0
すきっぷ

3171名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 22:02:41 ID:p/H0LWe.0
しないね

3172名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 22:02:42 ID:tCaZaOWo0
交易スキップ

3173名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 22:02:46 ID:Rl88ifwM0
スキップ

3174名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 22:02:56 ID:rtgh6P2U0
スキップ

3176◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:04:30 ID:i3eYvIwU0
では、交易フェイズはスキップいたします。
【次に、情報収集フェイズに入ります】
━━【C:情報収集フェイズ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━
財貨1を消費し、様々な情報を収集します。
「メインキャラ1名、サポートキャラ2名」を指定して
【知略】を用いた判定を行い、成功すれば該当する情報が手に入ります。
ペナルティは情報の難易度に応じて都度GMが決定します。
一回の行動で複数の情報を得てもかまいません。
その場合成功確率に全ての情報の難度のペナルティを受け、
失敗した場合は何の情報も得ることができません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【情報収集フェイズはどうしますか?】
↓3~7から多数決

3179名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 22:05:19 ID:tCaZaOWo0
エリー(メイン)、涼、ジャギ:基礎成功185%
エヴァが不死殺しを探す目的 50
三種の神器 20
人材発掘 10

3180名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 22:05:33 ID:uYbioiW60
エリー(メイン)、涼、ジャギ:基礎成功185%
エヴァが不死殺しを探す目的 50
三種の神器 20
人材発掘 10

3181名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 22:05:34 ID:rUNPxFyY0
エリー(M)、涼、ジャギ 
エヴァが不死殺しを探す目的 50
三種の神器 20
人材発掘 10

3183名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 22:05:46 ID:EqVLNvmg0
メンバー:エリー(M)、涼、ジャギ

エヴァが不死殺しを探す目的 50
三種の神器 20
人材発掘 10

3184名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 22:05:49 ID:Rl88ifwM0
メインエリー、サブ涼、ジャギ

エヴァが不死殺しを探す目的 50
三種の神器 20
人材発掘 10

3185◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:08:21 ID:i3eYvIwU0
と、その前に始めていらした方のために情報項目を再掲すべきでしたね。以後気をつけます。
10*10+(9+6)*5+10-80=105%→判定の予知なく成功!

          r―‐ "  ̄ ̄ ̄ ゛― _
          /_  _          `''┬、,_
         /'  _       ̄ '' ―- _ | | \,
         /'  ̄  ̄ ` ―- 、._     / |,_///
         レ――-- 、,_ __     ' - _/   };,,)" }
       /.;.;.;.;.;.;.;.;,l'     ̄`‐-- ___/ /_/l7\,l
      /:/.;.;.;.;.;/ /l.;.;.;! ト、.;.;.;.;.;.;.;.;\ ヾムl_,/\ \    「あくまで推測でしかありませんが、
       // ,.;.;,' /l /.;.;!  l.;.;.;! \.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ  \  ヽ、`l   エヴァンジェリンが不死殺しを求めていると思しき
       | ! l l /l|‐ト、..;|.;.;ハ /-‐--ト、.;.;.;.;ヽ、.;.;.;.;.;.;.;\  \_|   理由の仮説が立ちました。
       jハ l :|/ ll|_,_、 j/ ./ ,z=、,_jノjハ  ';;ヽ.;.;.;.;.;.;l/ \  \  ――【自分を吸血鬼にした者を滅ぼすため】です」
       リハjヾlハj心i   ,イ似,ゞyjリlハ.イニヾ.;.;.;.;.;.;.;.;|  \
          j.;.;|ゞ'´    ゞ=' ´  ´ !l.,/|..;.;;.;.;.;.;.;|   \
         ´! |l ノ               /イ! !',.;.;l.;.;.;|
          j !|ヽ`、         /lj♀ | |.;.;|.;.;.;l
         ノl|!ハ,\  ̄´    /  彳 | | |.;.;!.;.;/
            ノjハy|イl\_,.  ´__,二ム从j.ノ/
             ''kjv|:`Y' ̄:: :: :: :: : }___´_
            ___|:: :|:: :: :: :: ;;- ‐´> '´  ヽ
         / ,  ̄ ラ:;:/ :: :: ::l´  _/      }
        /   ト=彡'/8、:: :: :::レ'´         \


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \   「どういうことだお?」
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

3187◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:10:00 ID:i3eYvIwU0
                 . -=ニ二二二二二ニ=- 、
                , イ >' ´,.. -―――- . `'く!
   .          / ̄`Y゙ || |,.<: : :>‐――――‐<:>|
           | ー=О:|| |: ;> ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
   .            ̄//}l!||/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
           / //:|.:.:.:.::.:.:/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.  「他人を吸血鬼にできる存在は、基本的に吸血鬼です。
   .          \//.:.:.:.:.:.::.:/:.:/:/:.:./.:.::/:.:./:.:.:/:.:/:ト、:.ヽ:.::.:|   そうでなければその後改めて儀式で吸血鬼に成ります。
           //::.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:/:/:.:./l:.:.:.:.:./l:.:/|:.:/:./ ';.:,イ.:.:|   それを倒そうと思ったら、非常に面倒な儀式か
           | i{.:.::.:.:.:.:.:.:.:l:./://j/_,j∠チ壬升x' ル'  j:.:.:}.:.:}   不死殺しのような強力なアーティファクトが必要です。
           | i|.:.:.:.:.:.:.:V⌒Y/}/    ´ ̄ ヽ  ル'  丁`,イ   そして、エヴァンジェリンはどうも自らを吸血鬼にした者を
           | i|.:.:.:.:.:.:.::ヘ 〈::/    、___, `    ル'     滅ぼそうとしているようですね。
           | i|.:.:.:.:.:.:.:.:.:\。       ゙̄`   ー'/ノ     復讐か、自分のような存在をこれ以上生まぬためか、
           | i: ヽハ:. :.:.:l.:.:八            /       その辺の動機までは直接聞くしかないでしょうが」
           | i / ヽ从:.|             ´ /
          〈ェ/iii   厂\   \     - ‐
           |三  レ'    \   .> __ , イ
              ノ ̄ヽ‐ヽ :ヽ   ∨/ {___
         ___/'´    ∨Λ :  ''xム、/  / ヽ- 、
        /         ∨Λ ,イハ 〉ー-/ /   {_

     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \  「なるほど……そういうことなら不死殺しを探す理由もうなずけるお。
|       (__人__)    |   で、その倒すべき吸血鬼ってのは誰だお?」
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |                         「流石にそこまではわかりません」>エリー
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

3193◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:13:42 ID:i3eYvIwU0
              - ― - 、
           , ‐' ´ - ―--ゝ
       ,ィヘ´ ,. - ' ´ --―-‐-ゝ
  ___r'|ヘ い´ ,. - '´  _--¬ー ‐ヽ
  |   ,イ。)ぃ 〈 _, -‐' ´ ::::::::::::::::::::::::::∧
. └ァ'´ ~イヽヽイ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハハ  「吸血鬼、および吸血鬼に成ったものというのは
   \   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   原則として歴史の表舞台から姿を消します。
    /`〃::::::::::::::::::::::::::レj / jノ|:::::::lヽ:::::::::::|   当然ですね。折角不老不死の存在になったというのに
   / // ::::::::::::::::::〃//'十ト ゝ斗 }、:::::::l   目立つような場所にいたら吸血鬼狩りを呼びかねません。
  / /|| l::::::::::::::::::::l'´厶=ミ    xzミV::::::;|   逆に言うと【まず間違いなく社会的地位のある者ではありません】
/ // .| ::::::::::::rク:|/沁:リ      ヒツ .レ、:ノ   【不死殺しを貸与して退治に関与しても、バビロンが国際的に
  /     |iぃ:::::::ゝyリ ` `´    、¨ ;      何らかの非難を受けることはないでしょう】」
.../     |いヽ:::::::♀         ′ /
.       !ヽNYrY:|\    r_ァ /
.          亅___> __ イ
     _______{ : :: :: :: :: ̄'Y´:|
    ,r'  `' <` ̄\ : :: :: ::|: ::|___
   {      \_   l:: :: :: ゙i:;:ラ   , \

3194◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:16:59 ID:i3eYvIwU0
    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!
!:::::::::::l ゙ ..:.:.:7"::;:::::_::、ヾ゙i:: :.: ,.ヾ、:::::::ハ   「というより、大半の吸血鬼は自分が不老不死になったゆえか
::::::::::::iゝ. .:.:.:.:.l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,!    人間をアリか何かのように扱うことが多い。
::::::::::::lゝ :.:.:.:.:゙ー───‐'.:.:.:.: k'^ヽ、゙i  ノ    むしろ退治すれば賞賛されるかも知れねぇな」
::::::::::::ゝ  :.:.ァ''''"::: ̄ ̄::''ー'':::ヽ`゚'-゙_,! 丿
:::::::::::::::〉.:.:  ,n :.: rャ:.:.:: z、 :.:.:. .:.:ヾ、:.:.: ,ノ
l:::::::::::::i.:.:  |:::| .:.:.|::::| :.: i:::::|.:.:.:.;ヘ.:.:.:. ,ヾ }
|::::::::::::l:.:  _レヘ:.:.|:::::!:.:. !:::::|.:.:.:l:::;!.:.:./::i 〉
}::::::::::::!:.: ´  .: ,}:.:|:::::l:.:. !::::::!.:.:,!::;!.:.:,'.:.:,',!
!::::::::::::l.:.:......:.: /:l.::l::::::!:: l:::::::|:.:,!::;!:.:,'.:.:7.!    ,ハ
:::::::::/i :.:.:  ,/::::ゝl::::::し':::::::i.::,!::;!.:;',!:/ `ー‐'" }
:::/   `ー、"::::::::::::::::::::::::::::::`´:::レ':!;/:.:.:.:......:.: ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソゝ.;,;_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、

3198◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:19:00 ID:i3eYvIwU0
::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ:::ヽ:::::::::::::: ヘ::::::::::::::::::ヽ:\:::
::::::::i:::::::::::::::::::/:::::::::〉、::::ヽ:::::::::::::: ヘ _,,,_:::::::::::ヽ::::::
:::::::::i::::::::::::::::/:::::::::/ \/\:::::::~:::i_ ヘ:::::::::|:::i:::::
::::::::::||:::::::::::::|:::::::::/__,,-"\::::\`'',<::i 〉|::::::|::イ:::::
::::::i:::|::::::::::::::ヘ|::::/   _,,_ ` -'" ノノ |',::/|ノ|:::::  「それから、やる夫さんの即位のために
:::::::',i:::::::::::::::::::',/  ./ソ:| `    `'  ',|/彡|/   三種の神器の場所を調べておきました。
:::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ'., <_i':::ノ       .、  |  "    で、そのアイテムと存在する場所ですが――」
::::',::::::| ヽ,::::::::::::::ヘ  ̄        ' ./
::::::ヽ::ヽ_ `ヽ:::__::::\         ./
ヘ|\;;;;|ヾへ_∧. ̄ ̄     マフ /
       _/   -, ,, _ __,,./
     /   \ ` ミ/
    /       ', / \,_
  . /         ',|.  .|  |
  /           .|  |  ヘ


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   「ですが?」
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

3202◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:20:54 ID:i3eYvIwU0
            -=≦ ̄`ヽ
                   ≧x: :v'⌒ヽ__
           ,. ´ : : : : : :Y´ ̄jノ: :` 、
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
          /                   ヽ
       /j : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
.      //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .     「こちらの家臣団の方がご存知だそうですので
.      __//:. :.: : :.:/:〃:/: : : : : ヽ: :.:ヽ: : ヽ: : : : ヽ: : :.     詳しくは直接お聞きください」
   /:.〃: : : : : /j/ {∧ : : : : : : ト、: :ハ: : 八: : : :.|: : : .、__
.   /::::::::{{: :〃: : :レ──\j\廴j L}┴く  |:.: : :|: : : : : : \
  ヽ(_:::::::V {: : : :l                 |:.: : :l: : :.}\:ヽ:.:}
    {::::::::_::ヽ:.: 代 ,ォ==、       ,ォ==、 .│: :./: : /:::::::Vj/
     \( {:::::::\                  ノ: :/:.:/::::::}ヽ}            「え?」>やる夫
        \:::: {       '         ∠_,.イ//j/
         `¨ヽ     、___,      イ≦_/
              \    ー‐'    , ´
                 i      ィヽ⊃
              __|  `¨¨´  Vユ_
            {: :./         〈 ノ

【というわけで、-20のほうの神器は安価で決定します】
【まず、神器の名前を決定します。しかも殴りあい安価でな!】
↓10

3212名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 22:22:19 ID:rtgh6P2U0
デスメタル古今和歌集

3219◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:23:16 ID:i3eYvIwU0
おいなんかどっかできいたことがあるぞこれ。
【神器の名前は「デスメタル古今和歌集」に決定しました!】
【次、神器に隠された効果を決定します】
↓8

3227名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 22:24:04 ID:1kGNc6M.0
国家を流して気力アップ

3235◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:25:04 ID:i3eYvIwU0
国家を流す……? これって国歌のことでいいのでしょうか?

3241名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 22:25:38 ID:1kGNc6M.0
間違えた
×国家
○国歌

3245◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:27:33 ID:i3eYvIwU0
>>3241
かしこまりました。ではそのように。
【デスメタル古今和歌集にに秘められた効果は「国歌を流して気力アップ」決定しました!】
【最後、現在のデスメタル古今和歌集の所在を決定します】
↓7(但し「やる夫やそれに近しいものが所持している場合は下にずらします)

3252名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 22:28:43 ID:6t5Vr9u.0
西の国の住民がバラバラに1ページずつ所持

3253名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 22:37:57 ID:6t5Vr9u.0
妲己が所持

3288◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:36:43 ID:i3eYvIwU0
【神器は分割不可能】とし、下にずらします。でないとめんどくさすぎますので。
【デスメタル古今和歌集は現在「妲己が所持」していることが判明しました!】

3305◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:40:39 ID:i3eYvIwU0
               ____
             /      \
           / ─    ─ \   「デンジャラスデイナーの大族長が……?」
          /  (○) (○)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


             ____y⌒ヽ
         ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
         /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
 (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
   `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
  __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
 〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l    「基本はバビロン王国で作られた呪歌を集めた本なのですが
 {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|     その書を携え、バビロン国家を歌えば
 乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|     無限の気力を得られるといいます。
    Y:\:\:.i!: : ≠vィチ行ミヽ  X_><  }:. : :.ノ     実用性という点でも、所持している価値はありますね。
   vヘ: Y⌒ヽ {{ i 以リ ノ }}   ィ=ミ `V: : : :{\__   何かあったときにバビロンに口出しもできますし」
     \丶 `\` <__/⌒Y以 } Y: : : }}: ヽヽ¨ヽ
         〉:ハ          ,   ゝ ノ ノ: : :.ハ: :八j
        '⌒ヽ、 u         =≦_/7 V
              | ヽ   ` ヽ     /¨{  `v′ }
          __}   \    ,   <ノ  ヽ    /
       /^V    `¨´r─ 、     i   {

3317◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:45:08 ID:i3eYvIwU0
    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!
!:::::::::::l ゙ ..:.:.:7"::;:::::_::、ヾ゙i:: :.: ,.ヾ、:::::::ハ   「いずれバビロンが再興した暁には色々無理難題吹っかけられるしな。
::::::::::::iゝ. .:.:.:.:.l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,!    蛮族の族長としては、中々いい手を撃ってやがる」
::::::::::::lゝ :.:.:.:.:゙ー───‐'.:.:.:.: k'^ヽ、゙i  ノ
::::::::::::ゝ  :.:.ァ''''"::: ̄ ̄::''ー'':::ヽ`゚'-゙_,! 丿
:::::::::::::::〉.:.:  ,n :.: rャ:.:.:: z、 :.:.:. .:.:ヾ、:.:.: ,ノ
l:::::::::::::i.:.:  |:::| .:.:.|::::| :.: i:::::|.:.:.:.;ヘ.:.:.:. ,ヾ }
|::::::::::::l:.:  _レヘ:.:.|:::::!:.:. !:::::|.:.:.:l:::;!.:.:./::i 〉
}::::::::::::!:.: ´  .: ,}:.:|:::::l:.:. !::::::!.:.:,!::;!.:.:,'.:.:,',!
!::::::::::::l.:.:......:.: /:l.::l::::::!:: l:::::::|:.:,!::;!:.:,'.:.:7.!    ,ハ
:::::::::/i :.:.:  ,/::::ゝl::::::し':::::::i.::,!::;!.:;',!:/ `ー‐'" }
:::/   `ー、"::::::::::::::::::::::::::::::`´:::レ':!;/:.:.:.:......:.: ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソゝ.;,;_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、


               ____
             /      \
           / ─    ─ \   「え? つーことは3つそろえようと思ったら
          /  (○) (○)  \  デンジャラスデイナーと交渉する必要があんの?
            |      (__人__)     |  え? マジ?」
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \                「残念ながらそうみたいですね」>涼

3326◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:48:27 ID:i3eYvIwU0
そんな、総合評価50でクリアできるルートをそう簡単に通れるようにはしませんよ、バランス的に。

               ____
             /      \
           / ─    ─ \   「そうだ、あと1つ集めて内政ルートでクリアしよう」
          /  (○) (○)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


             -=≦ ̄`ヽ
               __≧x: :v'⌒ヽ __
            /::::::::::::::::::Y´:::::::jノ::::::::::::ヽ
           /::::::::,;--::::::::ヽ/::::::::::::::::::::::::\
           /::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::⌒ヽ:::::::::::::::ヽ
            /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::∧
        /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::、::: ハ:::::::::::::\      「割と本気でそれも視野に入れるべきですね。
          /::::::::::::::: /:::::|::::|:::::l::::::、::::::::::::\:::ヽ::|\:::::::::::::\     で、最後人材でしたね。
       /::::::::::::::::/:::::∧:::l:::::ヽ:::::\::::::::::::l:::_:| リヽ::::::::::::::::::::>、   こんな方がいらっしゃいました」
     /:::::::::::::::/:::l:::::| \\:::\:::x< ̄::∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    /::::::/:::::::::/|::::::l--∪_\_>彡 __  |::::::|::::::::::l::::::::::::ノ
    l:::::/:::::::::/:::l:::::| ====ァ`   ィ===i |::::/::::l::::::|:::>''
    \|:::::::::/:::::ヽ:::ヽ、`― ′    `ー '´ |/l:::::/:::ノ
        \::::l:::::::\::::`ト、||||          イ´
        \\_>_>-   ´  ∪ /| ̄ >- ,,_
          ̄   ̄ ,, -\  (⌒)  / |        `l
            /     ゙>`ー イ_    |、    /ヽ |
            |∧     ∧        ヽl  /   |、
            |  |    / |         |  /、   | >

3329◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:49:14 ID:i3eYvIwU0
               /::::::::::::::|     \::::::::::\
             /::::::::::::::::::::l      ,. -──┴──---- 、
              |::::::::::::::::::::::__r─/               \
              |:::::::::::::; イO }/   ____             }
            V::::/   / x< ̄::::::__>、_,.--、   /
             ∨O o //::::/ヽ\\{、   \  '⌒ソ--、
.     / ̄ ̄ ̄¨¨二二二ニニフ__レ<:\l }  f⌒ヽ
.       |  /´ ̄ ̄      _//:::ィ─t:テテぐ´У/八{^} |
      乂 {  ,. -─ 、_,.ィ7f/::}ハ  ̄ ´ ̄ ̄   \/  ソ 人
       `7    ///r':ィ_fツ }│ \_         (ノl
.      /\_/ 人{トミハ  〈_ノ`ヽ `マ{__      |  ヽ
 /{ ̄ ̄ ̄j\/  (_ ` ̄∧  ヾ'    ⌒\、   |   \
  /──‐く  /ヽ 人     ,ハ、 r=-一     ト、   /   / \
   __,ノ \__,ノ(      ハ. 、_,.ィニニ   l   / / /
  /{   j\__,ノ__(     _ノ ‘,          , ' / /
  ,. ー一く /\::::::≧、_   _ノl\  ,. ----// /
   }    } \__ノ:::::::/:::::::: ̄::::/::|  ヽ: : : _// /::::::::
  ブ¨¨ ̄ヽ__ノ::::::::/:::::::::::::::::::::/:::::|\   ̄ /  /
┏【ロバート・E・O・スピードワゴン】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】6  【知略】6  【武力】5  【天運】8

┃成長点:0

┃スキル
┃《看破能力》
┃ 一目で対象の能力を見切り、正確に解説することができる。
┃また自身が参加した戦闘において「調査しなかった場合~~」という条件のあるスキルを無効化する。

┃《人を見る目》
┃ 一月に一回、情報収集フェイズにおいて今まで能力が公開されたキャラクター1人の
┃成長限界やスキルの傾向を教えてくれる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3343◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:52:10 ID:i3eYvIwU0
             ____y⌒ヽ
         ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
         /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
 (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
   `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
  __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
 〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l  「どこからか知りませんがバビロンに燃える水が眠ってると
 {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|   情報を仕入れて、それを探しに先月やってきたそうです。
 乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|   【燃える水の利権を踏まえて交渉すれば、
    Y:\:\:.i!: : ≠vィチ行ミヽ  X_><  }:. : :.ノ   ひょっとしたらひどく安く雇えるかもしれません】」
   vヘ: Y⌒ヽ {{ i 以リ ノ }}   ィ=ミ `V: : : :{\__
     \丶 `\` <__/⌒Y以 } Y: : : }}: ヽヽ¨ヽ
         〉:ハ          ,   ゝ ノ ノ: : :.ハ: :八j
        '⌒ヽ、 u         =≦_/7 V
              | ヽ   ` ヽ     /¨{  `v′ }
          __}   \    ,   <ノ  ヽ    /
       /^V    `¨´r─ 、     i   {


               ____
             /      \
           / ─    ─ \   「うん、ありがとうだお」
          /  (○) (○)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
【情報収集パート終了】

3349◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:55:09 ID:i3eYvIwU0
【財貨が4→3になりました!】
【これより、行動フェイズに移行します】
━━【D:行動フェイズ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
下に記載された行動を3つまで行うことができます。
各行動には「メインキャラ1名、サポートキャラ2名」
合計3名が参加できます。
同じキャラが何回行動を行ってもかまいません。
但し、同じ行動を2回行うことはできません。
なお、行動の結果は都度反映されます。
例えば1回目の行動で技術力が上昇すれば、
2回目の農業開発には上昇した技術力を使用します。

0:自己鍛錬
 任意のリソースを1消費して、参加したキャラ全員が成長点を3点得ます。
この行動は何回でも行えます。

1:情報収集
 財貨1を消費し、情報収集フェイズと同様に様々な情報を収集します。
判定方法は情報収集フェイズと同様です。
この行動は何回でも行えます。

2:技術開発
 財貨1を消費して、技術力を上昇させます。
判定前に「N点上昇させる」と併記してください。Nは任意の自然数です。
この行動には【知略】を用います。
判定のペナルティは[-(現在の技術力+Nの二乗×5)]です。
例えば、3の状態から2点上昇させたいなら-(3+2×2×5)=-23のペナルティを受けます。

3;農業/工業/商業開発
 物資1を消費して、農業力/工業力/商業力を上昇させます。
宣言時に「N点上昇させる」と併記してください。Nは任意の自然数です。
上昇させる能力毎に別の行動として扱います。
この行動には【指揮】を用います。
判定のペナルティは[-Nの二乗×5]です。
また、農業力/工業力/商業力が技術力を上回っていた場合、
さらに[-(上昇前の上げたい国力-技術力)×10]のペナルティを受けます。

4:治安維持
 リソースは消費しません。荒廃度を減少させ、治安を回復させます。
宣言時に「N点減少させる」と併記してください。Nは現在の荒廃度以下の任意の自然数です。
各キャラクター毎に【指揮】または【武力】の好きなほうを使用します。
このとき-[Nの二乗]だけペナルティを受けます。
これにより荒廃度が0になった場合、即座に追加でランダムイベント表を振れます。

※2~4で上昇値または減少させたい荒廃度を"1"とした場合、判定なしに自動成功します。
 その際にも行動に参加したキャラクターは成長点を1点得ます。

3350◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:55:22 ID:i3eYvIwU0
5:領内探索
 リソースは消費しません。領地を探索します。資源や家臣となりうる人材が見つかるかもしれません。
この行動には【天運】を用います。
成功すればグッドイベント、失敗すればバッドイベントがおきます。
判定を行う際、[-今まで成功した回数の二乗×10]のペナルティを受けます。
例えば今までに2回成功していた場合、-2×2×10=-40のペナルティを受けます。
このペナルティは1月、5月、9月になるとリセットされます。
※ 現在2回成功しているため、-40%のペナルティを受けます。やる夫だけでカバーできますが。

6:部隊創設
 「物資1&財貨1」を消費して新たな部隊を創設します。
初期状態での兵力は5ですが、【指揮】による判定で初期値を上昇できます。
宣言時に「N点上昇させる」と併記してください。Nは任意の自然数です。
その際のペナルティは[-Nの二乗×5]です。
成功した場合初期から上昇した兵力で部隊を得ることができます。
失敗した場合も兵力5の部隊は創設されるので、ご安心ください。
 また「物資3&財貨3」を消費することで精鋭兵を創設できます。
このとき、初期兵力は15となります。それ以外の処理は一般兵と同様です。

7:軍事訓練
 物資1を消費して、全ての部隊の訓練を行います。
宣言時に「N点上昇させる」と併記してください。Nは任意の自然数です。
この行動には【指揮】を用います。
その際のペナルティは[-Nの二乗×5]です。
この時同時に「物資2&財貨2」を消費して一般兵1部隊を精鋭兵にアップグレードできます。
その際、自動的に兵力が+10されます。
但し上昇値を"1"とした場合、判定なしに自動的に成功します。
その際にも行動に参加したキャラクターは成長点を1点得ます。

8:軍事行動
 魔物や盗賊などといった敵性勢力と戦闘します。
このとき、動員する部隊数と同じだけ食料を消費します。
外国に軍事行動を行う際には、消費する食料が3倍になります。

9:外交
 国内外の勢力や人材と外交します。この行動自体でリソースは消費しません。
どんな判定を行うかは外交の内容によって変わってきます。

※:その他
 思いついたものを適当に提案してみるのもアリです。
但し、実現不可能な場合は無効とする可能性がありますのでご了承ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1回目の行動を選択してください】
↓3~7から多数決

3353名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 22:55:56 ID:tCaZaOWo0
商業開発:N=5:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼 (物資-1)

3354名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 22:56:00 ID:rUNPxFyY0
9 エヴァ

3355名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 22:56:11 ID:g9plJjIs0
商業開発:N=5:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼

3356名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 22:56:15 ID:Rl88ifwM0
9 エヴァ

3357名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 22:56:17 ID:EqVLNvmg0
9 エヴァ

3358名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 22:56:25 ID:1kGNc6M.0
9 エヴァ

3359名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 22:56:26 ID:rtgh6P2U0
商業開発:N=5:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼

3363◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 22:58:32 ID:i3eYvIwU0
【9.外交、エヴァンジェリンに決定しました!】

     ____
   /      \
  /         \   「まあ、神器については悩んでいても仕方ないお。
/           \   とりあえず不死殺しに関して話すためにエヴァンジェリンに会いにいくお」
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

3366◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 23:01:32 ID:i3eYvIwU0
             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )    「もちろん既にエヴァンジェリンの住居は把握済みだお!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\     ノックしてもしも~し」
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


       ,.--¬,-‐¬‐-、
      /  ´          ヽ
     / /  ´⌒,⌒ 、 ヽ  ゙,
    ./ / //l l ||. |、 ! i ヽ , ゙!
    l  |! i/ /.| l.l| | ! ! iヽ ヽ .! .i   「む、おまえか。何の用だ?」
    .i|  |! !/.l l i !| | | | .| |〉ヽ l ..:|.!
   i | | || .|'‐!‐リ- リ ! ,-l‐i|‐! .!::::!:::|
   l | | || !t.tーァ    ォーァ-! |::::||:::|
   !.| | |.| .|',`''"   ,   "'''´| |'|| 、 ヽ
   ,| | | |ノ| |ヾ、  _   /'! | | ! !
  / ノ // i! |!. `,; 、 _ ,.ィ, ,|| |. !||ヽヽ.ヾ
 ,/ / i l .| || / \  /゙iヽ| ハ | !. ヾ
 / ///  |.| l/!  >く  | 〈  ! |/ |ヾ ヾ
/ .〈〈,/,./-,| |. !/L.」\l ,' | i`ヽ、ヽヽ〉 ヾ
 /  r'´ ! | .|  !  |::|  ! 〈 〈!  ヽ 〉ハ ヾ

【なんと答えますか?】
↓5~10からチョイス

3371名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:02:29 ID:EqVLNvmg0
今回は涼も来ていて代わりに気の利いた挨拶をしてくれる

3372名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:02:35 ID:tCaZaOWo0
この前はアドバイスありがとう!
おかげで工業と農業が一気に発展した!
次は商業の予定

3373名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:02:37 ID:5vf.TJuw0
不死殺しあげるから僕と契約して魔法少女になってよ!

3374名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:02:41 ID:g9plJjIs0
ちょっと話したいことがあって来たけど時間いいかお?

3375名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:02:48 ID:AkTtAq2g0
国民が元気に幸せな毎日を送ってるか確認にきたお

3376名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:02:58 ID:1kGNc6M.0
おもむろに大真面目な顔で挨拶

3381◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 23:07:31 ID:i3eYvIwU0
       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \  「この間はアドバイス感謝するお。おかげでわが国は大いに発展したお。
 |       (__人__)    |   その件のお礼も踏まえ、今日は話したいことがあってやってきたお?
 \     ` ⌒´   /   今お時間いいかお?」
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


               __ __
          ,,.-‐'''"´ ´    `、丶、
        ,-'´,  ィ ,i  i .i ヽ ヾ、丶、ヽ、
        ./ / ,イ  i! ||i ll ヽ ヽ丶.ヽ 丶
       / ノ ,/ /!  ∥ |.l lヽ li. li  ,i.  l
     / ,イ! l l .l ,ハ.  lヽヽヽ li li   l i  l     (そんな即効性のある話をした覚えはないのだが……)
      | .l .i ll i. l l_ l、 l ゝヾヽ」‐、l!  ! .!  li    「すまんが私は忙しい。またあとにしてくれんか?」
     ‐' l .l! l'´!_'  ´`  `ェ_  l  l! l.  l.l
        l .K´,-ァテナ   '"ヤ'ニソヽl .l l ヽ .i l.l        「不死殺しという魔剣についての話だお」>やる夫
        l  l、!` `'''´           l  lノ.i l l.l l
       l l.lヾ、    _        丿 ハ l. l .l.l.ト、   ⌒) 
       l l l l丶、  !、`丶 , イ!/ /l l. l l l.l.l 丶、  )
         il! .l l l l ll丶--´ '´ .」フ' /l.l .l. 丶 l l.l.l 、_ノ
        i|.l! l. l l,l ll ,iゝ、,-''"´ ./ / l.l .l 丶 l. l.l.l
       ,i.l.l! l l .l! .l lノ!,r'´\  ./ / \、. ヽ、 丶l. l.l.l
       i.l l! l l .l /ィ´//l、ヽ〉ソ  /  / ヽ、丶  ヽ、.l.l
      i.l l! l lィ、 くィ´/l ll、ヽ/  / ./     ヽ,  ヽ、l.l

3385◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 23:10:08 ID:i3eYvIwU0
 ,' ,'   ' ,':::::::::::::',    ド、:::::::::::::/! イi  | ! |
:/ ,7  ,' !::::::::::::::::ヽ   {. iソi;:::::::/. Lハ!   ! i |
  ,','   ! | :::::::::::::::::::\ ゝ:'ノ:::::/   `ヽ」 i. |
 ,','   , ト、:::::::::::::::::::::_;二::_::::〈        `
 !i:..  i ! `ー一 ' ´      ̄ヽ
: |.|::..  | .i              >      「――! 話を聞こう。ひとまず家に入れ」
: |.|:.:.  | |!                /      (私に不死殺しの話を振るだと!? 一体どういうつもりだ!?)
: !.|:.:.  | |       ヾヽ   , '
:.i l:.:.:. ! !            , ィi
:.| !:.:.:.. l i_        /:.|.||
:': i:.:.:.. l |:.:.i:ュ 、_  /.: ::.:|:||
:| ,:.:.:.:.:| |:.:.l:!i   ̄1i.::.:.:.:.|:||
:| ! .:.:.:.| |:.:.l !|    |:|.::.:.:.:.!:i|
:|.i:.:.:.:.:.! !: :| !!     |:|:.::.:.::.|:|!

【どう答えますか?】
↓3~7からチョイス

3388名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:11:24 ID:6t5Vr9u.0
ふふ・・・先に言っておくと、危害を加えるつもりはありませんお

3389名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:11:33 ID:tCaZaOWo0
実はその不死殺しをつい先月手に入れたのです。
だから、ちょっとお話しようかなと

3390名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:11:35 ID:uYbioiW60
単刀直入に言おう不死殺しは現在やる夫が所持している

3391名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:12:06 ID:1kGNc6M.0
あ、いえ、貴女が不死殺しを探しているという情報を入手いたしまして…

3392名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:12:09 ID:AkTtAq2g0
不死殺しという力を貸すからやる夫達にも力を貸して欲しい
敵対するつもりは無い

3401◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 23:18:27 ID:i3eYvIwU0
ここから安価が続くかもしれません。ご容赦ください。
         ____
       /      \
     / ─    ─ \    「まず先に言っておくと、やる夫は色々とアドバイスをくれた
   /   (●)  (●)  \   エヴァンジェリンに危害を加えるつもりはないお。
  .|      (__人__)     |   その上で単刀直入に言うと、いま不死殺しはやる夫が持っているお。
   \     `⌒´    /    貴女が不死殺しを探しているという話を聞いて、取引にきたんだお。
   ./\        /ヽ    不死殺しという力を貸すから、やる夫達に力を貸してほしいんだお」
  /:::::::::::i::ヽ`介´/::::i::::::::::ヽ
  {::::r:::::::l::::ヽ| | i::::::7;;;;;;:l::::}
  }::::|::::::::::\;;;i,,/:/:::::::::i:::::{


 ,' ,'   ' ,':::::::::::::',    ド、:::::::::::::/! イi  | ! |
:/ ,7  ,' !::::::::::::::::ヽ   {. iソi;:::::::/. Lハ!   ! i |
  ,','   ! | :::::::::::::::::::\ ゝ:'ノ:::::/   `ヽ」 i. |
 ,','   , ト、:::::::::::::::::::::_;二::_::::〈        `
 !i:..  i ! `ー一 ' ´      ̄ヽ
: |.|::..  | .i              >      「つまり、不死殺しと引き換えにお前に雇われろということか」
: |.|:.:.  | |!                /       (元々持っていたとは考えづらい。わざわざ探したというのか?)
: !.|:.:.  | |       ヾヽ   , '
:.i l:.:.:. ! !            , ィi
:.| !:.:.:.. l i_        /:.|.||
:': i:.:.:.. l |:.:.i:ュ 、_  /.: ::.:|:||
:| ,:.:.:.:.:| |:.:.l:!i   ̄1i.::.:.:.:.|:||
:| ! .:.:.:.| |:.:.l !|    |:|.::.:.:.:.!:i|
:|.i:.:.:.:.:.! !: :| !!     |:|:.::.:.::.|:|!
【どう答えますか?】
↓3~7からチョイス

3404名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:20:21 ID:zU3jWn4o0
その通りだお、やる夫の運命力をもってすれば見つけるのは容易かったお

3405名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:20:24 ID:g9plJjIs0
できればそうして欲しいお。
ただ、何で欲しがってたのか理由が聞きたいお。(動機含む)

3406名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:20:31 ID:tCaZaOWo0
それは否。今の自分がエヴァンジェリンを雇おうなど無茶無謀な要求だもの。
だから、別の話をしに着たんだ。

3407名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:20:38 ID:EqVLNvmg0
なんなら不死殺しは前渡しでの専属契約を結んでもいい
それで剣だけ受け取ってとんずらされてもそれはやる夫の目が腐ってただけだし
関わりは短いがやる夫にはそう見えない
やる夫は騙されても相手を信じるお

3408名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:20:50 ID:0XiW3wfU0
君の(力)が欲しい!

3420◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 23:26:24 ID:i3eYvIwU0
         ___
      /)/ノ ' ヽ、\     「できればそうしてほしいお。
     / .イ '(●)  .(●)\    ただ、どういう目的でほしがってたのかくらいは聞きたいけど。
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \   なんなら不死殺しは前渡しでもかまわないお。
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |  それで剣だけ受け取ってとんずらするようには見えないお。
  . \ ヽ           /   かかわりは短いけど、やる夫は相手を信じることにしてるんだお」


 ,' ,'   ' ,':::::::::::::',    ド、:::::::::::::/! イi  | ! |
:/ ,7  ,' !::::::::::::::::ヽ   {. iソi;:::::::/. Lハ!   ! i |
  ,','   ! | :::::::::::::::::::\ ゝ:'ノ:::::/   `ヽ」 i. |
 ,','   , ト、:::::::::::::::::::::_;二::_::::〈        `
 !i:..  i ! `ー一 ' ´      ̄ヽ
: |.|::..  | .i              >      「……」
: |.|:.:.  | |!                /
: !.|:.:.  | |       ヾヽ   , '
:.i l:.:.:. ! !            , ィi
:.| !:.:.:.. l i_        /:.|.||
:': i:.:.:.. l |:.:.i:ュ 、_  /.: ::.:|:||
:| ,:.:.:.:.:| |:.:.l:!i   ̄1i.::.:.:.:.|:||
:| ! .:.:.:.| |:.:.l !|    |:|.::.:.:.:.!:i|
:|.i:.:.:.:.:.! !: :| !!     |:|:.::.:.::.|:|!

3431◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 23:31:27 ID:i3eYvIwU0
安価形式に関してはアドバイスありがとうございます。以後考慮いたします。

               __ __
          ,,.-‐'''"´ ´    `、丶、
        ,-'´,  ィ ,i  i .i ヽ ヾ、丶、ヽ、
        ./ / ,イ  i! ||i ll ヽ ヽ丶.ヽ 丶
       / ノ ,/ /!  ∥ |.l lヽ li. li  ,i.  l
     / ,イ! l l .l ,ハ.  lヽヽヽ li li   l i  l     「まあよかろう。どうやら色々調べられてるようだしな。
      | .l .i ll i. l l_ l、 l ゝヾヽ」‐、l!  ! .!  li     簡単に言うと2つある。
     ‐' l .l! l'´!_'  ´`  `ェ_  l  l! l.  l.l     『私を吸血鬼にしたやつにけじめをつけさせるため』と
        l .K´,-ァテナ   '"ヤ'ニソヽl .l l ヽ .i l.l    『私の身に何かあったときの保険』だ」
        l  l、!` `'''´           l  lノ.i l l.l l
       l l.lヾ、    _        丿 ハ l. l .l.l.ト、   ⌒)
       l l l l丶、  !、`丶 , イ!/ /l l. l l l.l.l 丶、  )    「私の? どういうことだお?」>やる夫
         il! .l l l l ll丶--´ '´ .」フ' /l.l .l. 丶 l l.l.l 、_ノ
        i|.l! l. l l,l ll ,iゝ、,-''"´ ./ / l.l .l 丶 l. l.l.l
       ,i.l.l! l l .l! .l lノ!,r'´\  ./ / \、. ヽ、 丶l. l.l.l
       i.l l! l l .l /ィ´//l、ヽ〉ソ  /  / ヽ、丶  ヽ、.l.l
      i.l l! l lィ、 くィ´/l ll、ヽ/  / ./     ヽ,  ヽ、l.l

3436◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 23:34:47 ID:i3eYvIwU0
                      _,,.. --────‐‐-.、.._
                  ,,.-‐''"´                `` 丶 、
               ,.-'"´                         丶、
             , '´            __           __      丶
            ,'´         ,,.-'''"´ `          、  ``ヽ、    ヽ
          /         ,.‐'´   ,,.-‐       ,     丶、  ヽ、    ヽ
           /       /   /     ,   i i、 、  ヽ. ヽ   ヽ.    ヽ
        /        l|    /l   /,i ,i |!   l !ト. ヽ  ヽ. |!    |l!.    l!
          l    /  .ll|   .|l   / / l |.l i.  l! !lヽ.ヽ   l. |!    |l!.    l!
         .l    l   ll|   .|l .l.l /l l! |.l l   !l !l ヽ.ヽ.  l |!    |l!.    l!
          l    l   lll|   |l .l.l l l l! | .l l   !l !l ヽヽ   l.|    |l!     l!
       l    l   ll.l|   |l l.l l .l l! | .l l!   !l l!. ヽ.l.l   l|    |l!.     l!
       l!     l  .ll.ll|   |l ll! l .l l! | l l!   !l. l  l l l  l|!   |l!l     l!
       /!    /  l.l.ll|   |l  ll!l .l .l! |  l.l!   !l |   ,,.l.l''l .l!|   |l! l!    l!
      /j    /  l.l.l.l|  ├、 .|l!l .l l!├‐-、!、  !l .|/   i! .l」.|   .|l! .l!    l!
     ./ イ   l!  l.l.l ll   ,!.「ヽ!i!'"´! .l l!__  ! ヽ__」レ'´'"´_,,.ィ.-ァ|   .|l! .l!   .l!
    /./ |   /  .//l ,|l   /!. | l l!_,,,」三匕二_      ィテ::::ノ 'l|    |l.!  l!   l!
   // /  /   //! /|! 〈 | |  |ヽ、ヤ'´::::::l!        `ー‐''´ .li|!   . |l.!   l!   l!
  / / /l  /   .////.ll!  ヽ! .l  l  ``'''"´       、    .ノ、|!   .|i.l.!  l!   l!
''´ /  .l l /    / // ||   ヽ.! 丶、              ,.ィ'´ .|!   |、l.l!   l!  l!
 /   l l /    / //,-イ|    .|ヽ    丶 、 _   ''"´ ,,.-'´.|   . |!    |  ヽ、  ヽヽ l!
/   l l /     //  | |!   l| \     `丶`┬─‐'ソ   .|   .|!    |   /`ヽ ヽヽ l!
   l l /     /i´ ヽ、 | |!   l| .   \_      !く /     |    |!    | /   l  ヽ! l!
  l l ./     / l   ヽ | |!   l| .     /     //;;〈丶、  |   |!    |/     l   ヽ ヽ

 エヴァ「吸血鬼というのは無限の時を生きる。そうなるとな、精神が磨耗していく奴がいるんだ。
      周りにいるものは皆先に死ぬ。自分は死にたくても死ねない。
      そもそも、折角不老不死なのにわざわざしに炊くもない。
      想像しろというのも無理かもしれんが、そういう精神状態に何百年とさらされることを考えてみろ」

3445◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 23:39:42 ID:i3eYvIwU0
       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \   「想像できるといったら嘘になるけど、きつそうだとは思うお」
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /


       ,.--¬,-‐¬‐-、
      /  ´          ヽ
     / /  ´⌒,⌒ 、 ヽ  ゙,
    ./ / //l l ||. |、 ! i ヽ , ゙!    「まあ私も所詮数百歳の小娘(吸血鬼基準)だ。
    l  |! i/ /.| l.l| | ! ! iヽ ヽ .! .i     だが、それでも多数の知己が先立って逝った。
    .i|  |! !/.l l i !| | | | .| |〉ヽ l ..:|.!    そのうち、他者を他者と思えぬようになる日が来るかもしれん。
   i | | || .|'‐!‐リ- リ ! ,-l‐i|‐! .!::::!:::|    そうなる前に不死でなくなる手段をもてれば……といったところだな。
   l | | || !t.tーァ    ォーァ-! |::::||:::|    まあ、あくまでこれは第一の手段を達成してからの話だが」
   !.| | |.| .|',`''"   ,   "'''´| |'|| 、 ヽ
   ,| | | |ノ| |ヾ、  _   /'! | | ! !
  / ノ // i! |!. `,; 、 _ ,.ィ, ,|| |. !||ヽヽ.ヾ
 ,/ / i l .| || / \  /゙iヽ| ハ | !. ヾ
 / ///  |.| l/!  >く  | 〈  ! |/ |ヾ ヾ
/ .〈〈,/,./-,| |. !/L.」\l ,' | i`ヽ、ヽヽ〉 ヾ
 /  r'´ ! | .|  !  |::|  ! 〈 〈!  ヽ 〉ハ ヾ

3448◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 23:43:26 ID:i3eYvIwU0
                      _, -‐ ´ ̄ ̄ ̄``丶
                    ,. , '´, /,  / i ,.  、 \丶
                    /, ' // 〃 / ,イ∥│ | l. ヽ \
                   /〃/ 〃 '/ ,/ / i i| | l |i  !   iヘ
                /´ / / // ∠.../! ,' | l| ト ! !! |!   ! ',
                   ′〈 /i / ヒル」' Li  l」 ! 」」」_ || !!   | i  「さて、こちらの事情は話した。
                  '7,ir }, -rュミ、   \!ヾi`|ト.||  │ l  どう思うか知らんが、私にとっては重要なことだ」
                  ,',' !! i| ` ヒツ     テ‐、`ヽ,!  l |i
                 ,',' ∥ .||     ,    マ,._/ ヽ||  |! !!
    r‐-、           ,','  ! l !            /||  |! ||
     \ 丶           ,','  l  | iト、    '、ヽ     ∠_」!   |! ||
      ヽ ヽ , ┐    ','  ,i   !∥!|丶     _, .ィi| i ||  |! ||
      ,ム  Y  !    ','   i|   !∥!| |!`ー‐ ' ´!. i l∥ | !!  |! ||
     / 、 \j  l    ,','  :i!  .|∥i !_」!     { 」 | !! !l|  |!i |i
     ノ 、 \__」   ,.  ','   ∥  !」 '´ i     ア ヽ.|| i|!   |!.| !i
   ヾ、 丶__,〉    }  ,','   ム │    |    /    \|l   !!.| ||
     ヾ _丿    ,'  i '  r'´ !   i   │  /     /!   || ! ||
      丶     ヽ | ! /  |  ト   ヽ/     /  |   || |! !!

【次、聞く内容の安価を取ります】

3450◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 23:48:17 ID:i3eYvIwU0
                . -─────- .
              ,  ',´            丶、
             /"/  ,  , ,      、      \
            /' /   / // ,     ヽ ヽ    ヽ
         / ' ,/  /〃 /イ .i| i !   |i  i      i
       / ,イ 〃 //,'  '"|  || | ∥ i. ||  | i    |  「で、私を雇いたいといったな?
       〃7 /'  //..L ! !  !| ! |.!  | ||  | |    |   よかろう。不死殺しほどの品を寄越すなら
      / L./ !.._/ |! | `ト. !. |ヽ」」ム__」 ||  | |    !   大負けに負けて契約しよう。
          `' 爪  ト¬=ミ、 `ヾ ,.三 └.ル.」|  | |    |   だが、流石にそれで無給というわけにもいかん。
       二 i | !  |! ゝ_ソ     ¬ ;¬ァ、|i ∥ |    |   【毎月、各月に産出される資源を1】
        ィ i | !  ||    '     ゞ'ノ ' !!  !) !    !   それで雇われてやろうじゃないか」
     r:、    i│!  fヽ.  、____    ,. ||  |! |    |
     ', '、   | | |  | ! |丶 `  ' ´  ,.ィi├||  |! | i  !
     ,ム `n /.│l  | ! ! i 〉:ー‐ '"i|│|│||  ||i !  !. l
    / ヽ、ヽ!. |! ! |  !.| | | リ    l|∥|│||  ||| |  |  |
   (⌒ヽ / ノ .|∥ ! ! ィ'´       丶 |│||  ||| |  |  |

【どう返答しますか?】
このレスから5分間の台詞からチョイス

3454名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:50:44 ID:tCaZaOWo0
かまわない。
後ついでに、そのエヴァを吸血鬼にした相手へのけじめについても多少は協力できるかもしれない。
調査なら片手間にやれるかもしれないし、バビロンに害があるなら討伐についてもいわずもがな。
確約はできないけどね。

5分安価だし長文で

3455名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:50:44 ID:.92ULlBc0
よろしく頼む
どの位こちらからすれば長い付き合いになるかは分からないけど
この一瞬を停滞の時間でも色褪せない思い出になるぐらい素敵な時間を過ごせる国を見せるお

3456名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:51:17 ID:rUNPxFyY0
構わない、とは言えまだまだこちらも生産が厳しいので
エヴァの仇の吸血鬼退治に協力するから、もう少し融通もしてくれないか?

3457名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:51:42 ID:g9plJjIs0
財貨1、物資1、食料1ってことか。

安価なら
・その条件でお願いする。
・できればすこしだけ給料支払いは待って欲しい。
・今手伝ってくれている仲間と一緒の時期から給料払うのを開始したい。(ダメそうなら取り下げ)

3458名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:51:45 ID:B/vAUyDM0
貴方の知識と能力考えたら超安い。
契約決定だお。

3459名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:51:51 ID:Rl88ifwM0
よろしく頼む

3460名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:51:53 ID:EqVLNvmg0
おお、実はもっと吹っかけられると思いました
ありがとう。毎月、各月に産出される資源を1で雇います
今更変えるとか嫌だとか言わないでください(土下座)

協力してみんなが笑顔で暮らせる国を作りましょうね

3461名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:52:13 ID:1kGNc6M.0
OKだお、この国のハッテンに協力してくれた恩もあるし

3462名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:52:32 ID:AkTtAq2g0
是非もなく
すっげー頼りにしてる
少なくともしばらくは摩耗しようのない日々に付き合ってもらいます

3463名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:53:07 ID:1kGNc6M.0
いっその事やる夫の事を後世に語り継いでくれてもいいんだお?

3464名無しのやる夫だお2013/01/28(月) 23:53:25 ID:zU3jWn4o0
残念だが
今手伝ってくれている仲間には給料を払っていない
今の仲間と一緒の時期からその給金で給料払うのを開始したい。

3465◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 23:54:40 ID:i3eYvIwU0
さて、ちょっと待ってください。今から台詞をミックスいたしますので。

3477◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 00:02:50 ID:8fIlsxfg0
長文を書いてくださった方には申し訳ありませんが、基本これくらいに圧縮してしまいます。
予めご容赦くださいませ。
ちなみに「城1つの価値に等しいアーティファクトを前払い」してますので、相場より遥かに安くなってます。

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\   「その条件なら文句はないお。貴方の知識と能力考えたら超安いお。
  /   (__人__)   \   どの位こちらからすれば長い付き合いになるかは分からないけど
  |     |r┬ i     |   この一瞬を停滞の時間でも色褪せない思い出になるぐらい
  \     `ー‐'    /   素敵な時間を過ごせる国を見せるお!」
  /::::::::\/▼ヽ/::::::::::|

      ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   「ただ、今は開拓初期から頑張ってくれてる家臣の俸給も待ってもらってるんだお。
  |     (__人__)    |   仇の吸血鬼退治に協力するから、少し融通してくれると助かるお……」
  \__ ` ⌒´ __/
  /::::::::ハ\/Vヽ/;:i:::::::ヽ
  | :::r::l::l  ハ  |:7::::::l::|
               __ __
          ,,.-‐'''"´ ´    `、丶、
        ,-'´,  ィ ,i  i .i ヽ ヾ、丶、ヽ、
        ./ / ,イ  i! ||i ll ヽ ヽ丶.ヽ 丶
       / ノ ,/ /!  ∥ |.l lヽ li. li  ,i.  l
     / ,イ! l l .l ,ハ.  lヽヽヽ li li   l i  l   「あー、まあそうだろうな」
      | .l .i ll i. l l_ l、 l ゝヾヽ」‐、l!  ! .!  li
     ‐' l .l! l'´!_'  ´`  `ェ_  l  l! l.  l.l
        l .K´,-ァテナ   '"ヤ'ニソヽl .l l ヽ .i l.l
        l  l、!` `'''´           l  lノ.i l l.l l
       l l.lヾ、    _        丿 ハ l. l .l.l.ト、   ⌒)
       l l l l丶、  !、`丶 , イ!/ /l l. l l l.l.l 丶、  )
         il! .l l l l ll丶--´ '´ .」フ' /l.l .l. 丶 l l.l.l 、_ノ
        i|.l! l. l l,l ll ,iゝ、,-''"´ ./ / l.l .l 丶 l. l.l.l
       ,i.l.l! l l .l! .l lノ!,r'´\  ./ / \、. ヽ、 丶l. l.l.l
       i.l l! l l .l /ィ´//l、ヽ〉ソ  /  / ヽ、丶  ヽ、.l.l
      i.l l! l lィ、 くィ´/l ll、ヽ/  / ./     ヽ,  ヽ、l.l
【次、会話安価をとります】

3483◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 00:08:54 ID:8fIlsxfg0
       ,.--¬,-‐¬‐-、
      /  ´          ヽ
     / /  ´⌒,⌒ 、 ヽ  ゙,
    ./ / //l l ||. |、 ! i ヽ , ゙!   「ならこうしよう。吸血鬼胎児に今日録すると言ったな?
    l  |! i/ /.| l.l| | ! ! iヽ ヽ .! .i    なら、既に退治すべき奴の場所も倒す算段もついている。
    .i|  |! !/.l l i !| | | | .| |〉ヽ l ..:|.!   あとは私が手を下すだけでいいが、その間不死殺しを持ってここを離れる。
   i | | || .|'‐!‐リ- リ ! ,-l‐i|‐! .!::::!:::|   つまりしばらく力を貸せなくなるわけだ。その許可をもらおう」
   l | | || !t.tーァ    ォーァ-! |::::||:::|
   !.| | |.| .|',`''"   ,   "'''´| |'|| 、 ヽ   ※【データ的には、涼たちに俸禄を払えるようになるまで
   ,| | | |ノ| |ヾ、  _   /'! | | ! !     エヴァは仇を追うため判定に参加できません。
  / ノ // i! |!. `,; 、 _ ,.ィ, ,|| |. !||ヽヽ.ヾ    要は「金が払えるようになったら自動雇用」という状態です】
 ,/ / i l .| || / \  /゙iヽ| ハ | !. ヾ
 / ///  |.| l/!  >く  | 〈  ! |/ |ヾ ヾ
/ .〈〈,/,./-,| |. !/L.」\l ,' | i`ヽ、ヽヽ〉 ヾ
 /  r'´ ! | .|  !  |::|  ! 〈 〈!  ヽ 〉ハ ヾ
【今度は実験的に「範囲を広く取った範囲安価」でいってみます】
↓5~15からチョイス

3488名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 00:11:26 ID:J..4r1.A0
了解。おそらく開発計画的には今年中・・・うまくいけば2~3ヶ月のうちには給金を払う目処がつくはずだ。
武運を祈るよ

3489名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 00:11:33 ID:yT8JyKVo0
もちろん許可するお!ありがとう!
ただ、不覚を取らないようにだけ気を付けて欲しいお。
無事を願ってるお。

3490名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 00:11:57 ID:qZff0gXs0
……それはやる夫をまだ試しているでしょw
もう一度言うがやる夫はエヴァを信じているしそれで逃げられてもやる夫が馬鹿だっただけだお
いいお

3491名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 00:12:53 ID:1Mm/wSto0
OK その条件で頼むお。

3492名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 00:13:34 ID:cXwRr2Es0
もちろん構わないお!武運を祈ってるお?

3493名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 00:14:12 ID:O6h.5IE20
じゃあ指きりげんまんだお
代々伝わる子供遊びの約束のまじないだお

3494名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 00:15:14 ID:Qy7ZqF3QO
了解したお!
あと出来ればで良いんでその吸血鬼の死亡?を確認出来るものがあれば、頼むを。
国民を安心させられるし。

3498◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 00:18:17 ID:8fIlsxfg0
相変わらず誤字がひどいよ! 何やってんの俺!orz

             ____
            /⌒  ⌒\
          。o(゜>)  (<゜)o 。        「勿論許可するお! ありがとうだお!
         /::::::⌒(__人__)⌒::::: \        計画的には遅くとも今年中には払えるようになるお!
          |     |r┬-|     |   て    ただ、不覚は取らないよう祈ってるお!」
         \      `ー'´     /( `´) そ
        /           \ノ ノミ
        |\ \・      ・ \____ノ
    ,,″,′ ,7 i  i ! l l  i|   i! ! i  ヽ   ヽ  i 、  ∥
   ,″〃  i| |!  !i  ! |  l !   !  ト  ト、   マ∥!   ∥
   ,'  ,'|!  l ! ∥  ||!  l l   ! l   '  ヽヽ ヾヽ   iリ |  ∥ i
  ,'  ,'∥ ||i i|!  |!i|   !|i  l. ヽ   '、  ヾ 、 '、ヽ  |!.!,   |ト !  「本当に私が持ち逃げするとは考えてないようだな。
  |  ! ∥ i ! |∥  !||  lト  ! ヽ  ヽ.  ム、ヽ‐-、 '!|   ∥|! l   よかろう。その条件で承った。
   ヽi  |  l l | ||  ト|!、 llヽ  i  ヾ 、ヾ´ 丶\ヽ ヽ」|   ∥i|! !  バビロンとは長い付き合いになることを祈っているよ」
       ヽ、! !、||!、」ャキ-ミ、 ! ヾヽ '´ ヽ> ュ─r= ッ'||!   ∥||!ト,l
          i`! | ヽ ∨ヾ     /  し′  j} /  !i.   ∥||!i !i
         | ,ィ! i、ム_」       - ゝ にノ'´  ,′  .∥||!川
         |レ‐ヤ |!ト   /      、─────'───'─‐-
    _, -─ 7  } ||!ヒ‐、 `        \                 「じゃあ指きりげんまんするお!」>やる夫
    丶、   l   ! ||! !  丶、ヽ  ¬ニヲ \
      丶、,′ ,'| ||! |i    ヽ     ′  \     「絵的にはお前がただの変態に見えるだけだぞ?」
      _   /   .,' | ||! |L      > 、_,  ´ ヘ
    / `丶  / ! !!'´  )   /      ∧∨ヽ
【エヴァンジェリンと契約が成立しました! やる夫はスキル合わせて4点の成長点を得ました!】
【不死殺しはエヴァンジェリンに渡すことになりました!】
【次、2回目の行動安価を取ります】

3501◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 00:19:45 ID:8fIlsxfg0
では【2回目の行動を宣言してください】
↓3~7から多数決

3504名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 00:20:32 ID:qZff0gXs0
商業開発:N=5:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼

3505名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 00:20:34 ID:QQ26v/Ls0
商業開発:N=5:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼 (物資-1)

3506名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 00:20:39 ID:soQb6VrU0
商業開発:N=5:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼 (物資-1)

3508名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 00:20:47 ID:J..4r1.A0
商業開発:N=5:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼

3510◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 00:27:41 ID:8fIlsxfg0
【商業開発:N=5:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼 (物資-1)】に決定しました!
14*10+(8+7)*5-5*5*5+10=100%
ホント皆さん100%ごえが大好きですね!w

     ____
   /      \
  /─    ─  \    「さて、たしかエヴァンジェリンから商業に関する助言ももらってたし
/ (●)  (●)   \   それに合わせて街づくりを計画するお。たしか――」
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::: :::: :::: :::::::: :::: :::: :::: :::: ::::
 : : : : : : : : : : : : : : :┌───┐: : : : : : : : : : : : : :   「こうだったかお?」>やる夫
                    | 口:口:口 |.  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .
 /| ̄ ̄ ̄|  _____| ̄ ̄ ̄ ̄| 口:口:口 |          _____     「多分違うと思います」>涼
 |::::| [] [] []:|/| ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |         .|         |\
 |::::| [] [] []:|_| ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |──┐   __|[]_[]_[] [] [] |::::|   「なにがあれって、
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|.___| lll lll lll |\:ロ:ロ:|::::|    これでうまくいくことよね」>エリー
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
______________________________
Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二I二 ※ AAはイメージです。
【物資が9→8になりました!】
【錬金術の効果により、商業力が3→9になりました!】
【次、3回目の行動安価を取ります】

3514◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 00:29:36 ID:8fIlsxfg0
後に、エヴァンジェリンが語りて曰く――
       ,.--¬,-‐¬‐-、
      /  ´          ヽ
     / /  ´⌒,⌒ 、 ヽ  ゙,
    ./ / //l l ||. |、 ! i ヽ , ゙!
    l  |! i/ /.| l.l| | ! ! iヽ ヽ .! .i
    .i|  |! !/.l l i !| | | | .| |〉ヽ l ..:|.!    「はいはい私のせい私のせい」
   i | | || .|'‐!‐リ- リ ! ,-l‐i|‐! .!::::!:::|
   l | | || !t.tーァ    ォーァ-! |::::||:::|
   !.| | |.| .|',`''"   ,   "'''´| |'|| 、 ヽ
   ,| | | |ノ| |ヾ、  _   /'! | | ! !
  / ノ // i! |!. `,; 、 _ ,.ィ, ,|| |. !||ヽヽ.ヾ
 ,/ / i l .| || / \  /゙iヽ| ハ | !. ヾ
 / ///  |.| l/!  >く  | 〈  ! |/ |ヾ ヾ
/ .〈〈,/,./-,| |. !/L.」\l ,' | i`ヽ、ヽヽ〉 ヾ
 /  r'´ ! | .|  !  |::|  ! 〈 〈!  ヽ 〉ハ ヾ
【3回目の行動を指定してください】
↓3~7

3517名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 00:30:19 ID:cXwRr2Es0
エヴァ様落ち込まないで、効果が上がってるんだし!w

3518名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 00:30:28 ID:J..4r1.A0
農業開発:N=5:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼

ヒャッハー

3519名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 00:30:37 ID:k0ibBrEQ0
農業開発:N=5:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼

3520名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 00:30:41 ID:8e7.JKBQ0
農業開発:N=5:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼

3521名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 00:30:44 ID:yT8JyKVo0
農業開発:N=5:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼

3533◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 00:34:27 ID:8fIlsxfg0
【農業開発:N=5:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼】に決まりました!
計算式は同じなので省略!

         ___
        /     \
      / \ , , /  \
    /  (●)  (●)   \   「さて、そろそろエヴァンジェリンのアドバイスも尽きてきたお!
     |     (__人__)     |    ここがやる夫の実力の見せ所だお!
    \     ` ⌒ ´    ,/    農業はアルトマーからも期待されてるし、気合入れるお!」
     ノ          \
  ._i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ
 ( l  l  l  l l
  ヽ      /


          , -''"´二二二二`丶、
        / , ' ,´ ---------- 、ヽ、\
.       |//_ -‐───-- 、 \ヽ ハ/ゝ
.       |/.:´:.:.:.:.:.:.、.:.:.、:.:.:`:.:.:.:.:、:..\㎝二l
      /.::/:.:.'.:.:.'.:.:.:.:ヾ.:.:ヾ.:.:.:.ヽ.:.:`、:ハ\\
    /.::/:':./.:..i.:.:.ト、.:ヾヾ::ヾ.:.:ヾ.:.`、:j.:.:.i l\\    「ええっと……それでどうするつもりなんですか?」
    i.:.:l:.:!:|.:.:.|::__| \!、弋弋:ヾ:ヾ`リw.:i | ヽ ヽ
     i.:.!::i.:.:!:|リT !!     ,ィラ芥、リリ⌒y! |   〉 )
     レ.:.i.:.:.!//f:i芯      乂じリ’ リン.八 | / /
      ゝ.::r圦' 込リ        ̄  r-♀::.リ V  /             「簡単な話だお!」>やる夫
       |.:|\ヽ    ヽ     ,小iリ ::::!  |  |
       | :i:i::♀\   ェ‐:ァ  ,イ:::|::/ :::リ   |三|
      |.:!乂从 :::`::...._   /|ヾ:乂::/|  |
         /  ̄ V\:::|` ´ .イ乂    |  |
      /     Vヘ{>-‐っヽ.:`ー) ̄`ヽ、|
     〈      ヽ V´ィ'ニニ⊃ \.:.:.i     `、
     i    .,-‐,/´冫´二⊃   \|   .:.:.:ハ
     /   ./.:.:.:.| /  'ニ⊃` ‐-─┤  .:.:/.:.:.:)
    /ー-‐',:.:.:.:.:.ノ /  .ノ ー──--{ ○:/.:.:.:.:.:i
                        ̄

3536◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 00:41:26 ID:8fIlsxfg0
         ___
       /     \ 
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \   「農業のことは……農家に任せる!」
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/              「ま、丸投げ!?」>涼
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |


  ∧_∧
 ( ´∀`)  「あ、それでしたら私農家の生まれでずっと農業やってましたんで、
 (    )   土作りやこのへんの栽培方法でしたら大体わかりますよ。
 | | |    移民の殆どは農家の次男坊ですし、土地と水さえきっちり区切ってくだされば
 (__)_)   あとは自分達でできます」

         ___
       /     \ 
      /   \ , , /\   「言っては見たけどまさかホントに専門家がいるとは思わなかったお!」
    /    (●)  (●) \  (計画通り! 移民の構成を見ればこれくらいは朝飯前だお!)
     |   U   (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/                「……まあ、結果オーライということで」>涼
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |
【物資が8→7になりました!】
【錬金術の効果により、商業力が5→11になりました!】
【行動フェイズ終わり、次ランダムイベントの安価をとります】

3542◆uhlUq1Gx4A2013/01/29(火) 00:43:47 ID:8fIlsxfg0
失礼。商業力ではなく農業力でした。
【ランダムイベントフェイズに入ります】
┏【ランダムイベント表(荒廃度0~4)】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃0:残念! とくになにもなし。
┃1:全部隊の兵力+1
┃2:食料+5
┃3:物資+5
┃4:財貨+5
┃5:技術力+2
┃6:農業力+2
┃7:工業力+2
┃8:商業力+2
┃9:グッドイベント! 安価で指定したことが起きる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【安価の数+トリップに隠された数字の下一桁がイベントの結果です】
↓5

3547名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 00:44:12 ID:1DjZJmCE0
1

3554◆uhlUq1Gx4A2013/01/29(火) 00:50:08 ID:8fIlsxfg0
◆uhlUq1Gx4=#7diceless
1+7=8
商業力+2
      __       /\/\/\/\/\/\/
     i´ `ヽ  /\/\/\/\/\/\/\
      \ \ ゙ソ'´:: ̄ ̄¨:::ー- /_ /\/\/   このスピードワゴンが
       入 > .._:::::::::::::::::::::::::::::::¨丶、'\/\ 判断する限り
       i、 テ..,,_ >- ::;;_::::::::::::::::::::::::\ / .この開拓地の発展の速さ(スピード)は
         ヽトrtォ-、ン¨Tキ= ¨ ー-- ::;;___l    動物の豹ぐらいか!
         / ¨ ̄ `ヽミジ'´ヽー-- ..__  ̄
       r.' 、/ヽ    ヒ/,.イリ/  ヽl  \  .これは俺も気合を入れて動くべきだな!
         ヽ ノ  ',     r__ノ l  l ',\ 、  
        ヽ-、 i    / / / l. l  V \ヽ 
         ,F-' l   /   i i / l l ', \\
         ソ      /    ヾl 、 i  ヽ \ 
        人_,.. -‐ エ --====ヽリ / ヽ.\ 
,. -─==‐-==ニ二 ̄::::::::::::::::::::::::::l ハ 、、 i ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾヽ l} iヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リ\
【ランダムイベント終わり】
【次、成長フェイズで安価をとります】

3566◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 00:57:23 ID:8fIlsxfg0
では、成長フェイズの前に今回のリザルトを出します。
9月には財貨が3→12になり、荒廃度が5になる計算です。何故だ。
―【ステータス】――――――――――――――――――――――――――
|現在:8月

|【所有リソース】
|食料:7
|物資:7
|財貨:3

|【収支】(対応する国力-部隊や家臣の維持費)
|食料:+9(11-2)
|物資:+6(08-2)
|財貨:+9(11-2)

|【国力】(この値だけ、毎期毎に収入を得られます)
|技術力:10(この値が低いと、他の国力の増加にペナルティがかかります)
|農業力:11(1,4,7,10月に、この値と同じだけの食料が手に入ります)
|工業力:08(2,5,8,11月に、この値と同じだけの物資が手に入ります)
|商業力:11(3,6,9,12月に、この値と同じだけの財貨が手に入ります)

|【荒廃度】(毎月自動的に+1されます)
|4:まだまだ安定しています

|【軍備】(戦闘で用いますが、あるだけ各収入を減少させます)
|第一部隊「ムシュフシュ」:兵力10(一般兵:各消費1)
|第二部隊「ノートンバスター」:兵力8(一般兵:各消費1)

|【総合評価】(国力の総計-荒廃度)
|36:ちょっとした開拓街

|【特記事項】
|・エヴァンジェリンと雇用契約を行いました。
|・アルトマー王国に国家承認を受けました。
|・「食料5→物資4」の交易レートでアルトマーと通商条約を結んでいます。
|・隣国が失敗国家ばかりです。何とかしましょう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
では、成長フェイズに移ります。
やる夫:32→44(2回成長)
涼:48→60(3回成長)
エリー:45→57(2回成長)
ジャギ:39→42(1回成長)
となります。
まず【やる夫の成長を選んでください】。基本は殴りあい安価です。
1:能力成長
2:《豪運》成長(回数が1ヶ月に1回になります。これで成長限界です。足りないなら下にずらします)
3:その他(もうやる夫のスキルは安価で決めることにしました。無理そうな能力なら下にずらします)
↓3,6

3569名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 00:58:23 ID:ZHrFbMas0
2

3572名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 00:58:32 ID:8e7.JKBQ0
天運

3580◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 01:03:00 ID:8fIlsxfg0
とうとう豪運が完成してしまった……。
                   /: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 /: : :               \
                / : : :: :: : :               \
              / : : : : : : : : : :             \
             /: : : : : : : : : : : :.:.:.:.:  _        _  \
          _,. -'" l: : : : : : : : : : : :.:.::.:.:´⌒\,, ;、、、/⌒`    }
      _,. -‐'"_ 'フ:ハ: : : : : : : :.::::::::::::;;( ● ) ノヽ ( ● );;: l゙ ヽ、
     / 〃-'  /│,.',ヾ: : : : : : : : : : : ´"''",      "''"´  .l ',ヽ, ` 、
  __. -テ{ ヽ='¨ / ./ ll',: : ヾ : : : : : : : . . . (    j    )    l゙ i 〉 ヽi l`ヽ、
-´ : : : : l ! ' i   ヽ\ ',:',: : : :\: : : : ::.:.:.:.:.:.`ー-‐'´`ー-‐'′  /i / / ゙ l: : : :`ヽ、
: : : : : : : :゙l  イ   , 、ヽヽ ',:ハ: : : : :`ヽ、:;:;:;:;:;:;:;_:_   _,.=- 、  イ: : j  ', / i . l: : : : : : : `ヽ、
、: : : ', : : : ゙i i  /  \  ∨ハ: : : : : : :`ヽ、ー=r‐',ニ-──゙ー《: : j  イ ゙i ./ l: : : : : : : : : : : `ヽ、
:ヽ: : : i : : : ゙i  / , ヽ   j ∨`ヽ: : : : : : : : ¨7゙ ノ   ィ_,.-----ヽ<  { i   l: : : : : : : : i: : : : : :ヽ
: : ヽ: : l: : : : ゙i  {  i   i  ∨ヾヽ: : : : : : / r'  _,/   _____',.    / l: : : : : : : : :l : : : : : : ヽ
: : : :ヽ: l: : : : :゙i __j l  、 j 、 ∨ヽ: : `ー 7´  `¨<    _ノ    ,`ー-、 / .l: : : : : : : : : l: : : : : : : : ヽ
: : : : :ヾ:゙i: : : : :゙i ヽ、 ゙i  '  _j ∨:ヽ: : :/      `ー‐'"_,.-=¨¨゙ヽ、___,イ   l: : : : : : : : : :l: : : j : : : : : ヽ
、: : : : : ゙i:l: : : : : ヽ  ゙ヽ  / / ヽ: : 7゙        <  __ノ、__    ゙ヽ.  j: : : : : : : : : :l: : : j: : : : : : : :|
、ヽ: : : : ヾi: : : : : :ヽ ヾ  /    } 〉'          `7゙    i`¨    ', /: : : : : : : : : ::l:/:/: : : : : : : :::|
: ヽ\: : : :゙i: : : : : : :゙i  `       /           ,イ    l      ヾ、: : : : : : : : : :l゙:/: : ::_; -=7::::|
: : : `ヽヽ: :゙i: : : : : : : ヽ    _,.-'"¨ヽ、           />ヽ   {        }`ヽ、: : : : : :j:/: :/: : : ::'::::::|
: : : : : : \:::゙i: : : : : : : :ヽ  /: : : : : : : :`ヽ、.      /r': : :ヽ  ',      /: : : :`ヽ、: : j'゙/: : : : : : :::::::|
┏【やる夫】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】0  【知略】0  【武力】0  【天運】15

┃成長点:44

┃スキル
┃《主人公》(成長しません)
┃ 成長点を得るとき、さらに1点の成長点を得る。

┃《謎の情報網》(成長しません)
┃ 参加者が知っているメタ情報を「家臣団から聞いた」という理由で知っていてもよい。
┃(具体的には【】で囲まれた情報は確実だと「やる夫が」理解できる)

┃《神運》(成長限界です)
┃ 1ヶ月に1回、あらゆる判定を【天運】で判定できる。

┃《逆転運命》(成長には【天運】20以上が必要です)
┃ 1ヶ月に1回、参加した判定の出目を2つの範囲安価としどちらか任意の値を採用できる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【次、涼の成長安価を取ります】

3587◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 01:06:13 ID:8fIlsxfg0
【次に、涼の成長を選んでください】
1:能力成長
2:《変装》成長(能力が足りない、あるいは重複して選ばれたなら下にずらします)
3:その他(無理そうな能力なら下にずらします)
↓3,6,9

3590名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 01:06:57 ID:1DjZJmCE0
1知略

3593名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 01:07:03 ID:soQb6VrU0
2:《変装》成長

3596名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 01:07:15 ID:J..4r1.A0
1.知略

3606◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 01:13:02 ID:8fIlsxfg0
変装がこうなりました。しかし、これ役に立つ日が来るんでしょうか?
           ,―===─ 、
                `丶、\ 〃⌒ヾ
           ,_  ー‐  ヾ |/∠⌒ヽゝ
         ,'゙´: : : : : : : : : : : : : : : : : :
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `l
    /: : : : : ハ: : : : : : : : : : : : : : : : \ : : : : : : : |
   /: : : : : / |: : : : : : : \: : : : : : : : |: : : : : : : : |
  〃: : : : :/  ヽ、: : : : : ヘ\: ___匕: .! : : : : : : : |
  f: : : : : / \ ヽ!\: : :__ヾfて下 ヽj : : : : : : : :|
  |: : : : : { fて弌   ̄  弋 ツ  /: : : : : : : : :|
  |: : : : : { 弋 斗        ̄  //j: : : : : : : ヽ、
  |: : : : : : ヽ  ̄          " ./: : : : : : : : ハ
    ゛ヽ: 丶ヽ   ,--ー- 、    厶: : : : : : : : 弋
      〉: |`'     |::::::::::::::::::::::|    /: : : : : : : : : : /
    /: : !     |::::::::::::::::::::::|   ./: : : : : : : : : : /
   ( ,'^弋: \   ヽ::::::::::::::::::j  /: : : : : : ∧./
   へ,  乂: `    ` 一' "   ,|≠゛' へ
  /  ヽ、'     `゙ ー弋'"  ,へ^'ヾ丶 ` l
【バビロン王国 やる夫の副官 秋月涼】
┏【秋月涼】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】8  【知略】11 【武力】4  【天運】5

┃成長点:60

┃スキル
┃《空気なんて読まない!》(成長しません)
┃ 出目がゾロ目(100含む)だった場合、成功確率に関わらず自動的に成功となる。
┃また、98%以上の成功確率で「判定の余地なく成功、成長点3」にできる。

┃《呪歌の達人》(成長には能力値の合計が36以上必要です)
┃ このキャラクターが参加した判定の成功確率を+10%する。

┃《変装の極意》(成長限界です)
┃ 変装できる。【知略】が25ではないキャラクターには決してばれない。
┃但しあくまで変装であり、精神的なコピーはできない。データ的な恩恵は特にない。

┃《緊急即応》(成長しません)
┃ どんな緊急事態にも即座に対応できる。
┃また、《伏兵》などの不意打ちを与える類のスキルを無効化する判定に自動成功する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【次はエリーの成長を行います】

3614◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 01:15:52 ID:8fIlsxfg0
参考までにいうと【能力値の上限は神様も含めて25です。それを超えるとこの世界には存在できません】
【次に、エリーの成長を選んでください】
1:能力成長
2:《ブレンド調合》成長(使用できる物資の上限が上がります)
3:《至高のチーズケーキ》成長1(使用できる食料の上限が上がります。これで成長限界です)
4:《至高のチーズケーキ》成長2(効率が上がる代わり、上限が下がります。これで成長限界です)
5:その他
↓4,8(3と4が選ばれた場合、8の方を下にずらします)

3618名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 01:16:09 ID:J..4r1.A0
1.指揮

3622名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 01:16:13 ID:NXgB5Tis0
1.指揮

3630◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 01:19:33 ID:8fIlsxfg0
とうとう涼とエリーの指揮と知略の値が逆転した……。
          r―‐ "  ̄ ̄ ̄ ゛― _
          /_  _          `''┬、,_
         /'  _       ̄ '' ―- _ | | \,
         /'  ̄  ̄ ` ―- 、._     / |,_///
         レ――-- 、,_ __     ' - _/   };,,)" }
       /.;.;.;.;.;.;.;.;,l'     ̄`‐-- ___/ /_/l7\,l
      /:/.;.;.;.;.;/ /l.;.;.;! ト、.;.;.;.;.;.;.;.;\ ヾムl_,/\ \
       // ,.;.;,' /l /.;.;!  l.;.;.;! \.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ  \  ヽ、`l
       | ! l l /l|‐ト、..;|.;.;ハ /-‐--ト、.;.;.;.;ヽ、.;.;.;.;.;.;.;\  \_|
       jハ l :|/ ll|_,_、 j/ ./ ,z=、,_jノjハ  ';;ヽ.;.;.;.;.;.;l/ \  \
       リハjヾlハj心i   ,イ似,ゞyjリlハ.イニヾ.;.;.;.;.;.;.;.;|  \
          j.;.;|ゞ'´    ゞ=' ´  ´ !l.,/|..;.;;.;.;.;.;.;|   \
         ´! |l ノ               /イ! !',.;.;l.;.;.;|
          j !|ヽ`、         /lj♀ | |.;.;|.;.;.;l
         ノl|!ハ,\  ̄´    /  彳 | | |.;.;!.;.;/
            ノjハy|イl\_,.  ´__,二ム从j.ノ/
             ''kjv|:`Y' ̄:: :: :: :: : }___´_
            ___|:: :|:: :: :: :: ;;- ‐´> '´  ヽ
         / ,  ̄ ラ:;:/ :: :: ::l´  _/      }
┏【エルフィール・トラウム】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】9  【知略】10 【武力】4  【天運】5

┃成長点:57

┃スキル
┃《錬金術》(成長には【指揮】と【知略】がそれぞれ10以上必要です)
┃ 国力(技術力、農業力、工業力、商業力)を増強させる行動に参加していた場合、
┃追加でその国力を+1する。

┃《ブレンド調合》(成長の条件を満たしています)
┃ 内政における行動に参加している際、
┃追加で物資1を消費するごとに成功確率を+10%できる。上限は+30%

┃《至高のチーズケーキ2》(成長の条件を満たしています)
┃ 食べたものに活力を与えるチーズケーキを作ることができる。但し錬金術で。
┃食料を1消費するごとに、あらゆる判定の成功確率を+5%する。上限は+50%
┃このスキルは自身が参加していない判定にも使用可能である。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【次、ジャギの成長を行います。それとも《や、やめてくれ、た、頼む!》の成長でいいですか?】
↓3~7の多数決

3633名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 01:20:23 ID:J..4r1.A0
おk。死亡回避最優先

3634名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 01:20:24 ID:NXgB5Tis0
いいよー
でも他のスキルの成長部分もみてみたいかも

3635名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 01:20:25 ID:1DjZJmCE0
《や、やめてくれ、た、頼む!》の成長で

3636名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 01:20:40 ID:qZff0gXs0
《や、やめてくれ、た、頼む!》を強化

3637名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 01:20:48 ID:O6h.5IE20
や、やめてくれ、た、頼む!》

3640◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 01:24:09 ID:8fIlsxfg0
では、まずスキル成長案をあげます。
1:《勝てばいいんだ何を使おうが!》成長(上限が上がります)
2:《火計》成長1(修正が上がります)
3:《火計》成長2(条件が緩和されます)
4:《や、やめてくれ、た、頼む!》成長1(使用回数が増えます)
5:《や、やめてくれ、た、頼む!》成長2(敗戦時、死亡したキャラ全員の死亡を無効化します)

3644◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 01:27:09 ID:8fIlsxfg0
というわけで、今回は《や、やめてくれ、た、頼む!》の成長をどっちにするかを選択してもらいます。
1:使用回数増加
2:全員の死亡回避
↓6

3650名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 01:27:53 ID:1DjZJmCE0
2

3654◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 01:30:57 ID:8fIlsxfg0
というわけで、ジャギ様はこうなりました。
                       .,. -─- 、
                  /,;:;:;;;;;:;:;:;:;:`ヽ
                    ,'.:..:.:.:.;;;;;;rrrr、:.:.:ヽ
                  l::;ィ'´;;;;' `ヽ。-、ヽ.::!
                {ミレ'"´. ,.. ¨¨`,ィ;;彡.
                {ミ!. i i::i l.:::! l:l .l:! l;;彡
                 iト、i i:::iノ:::l/::l/::!ノ:::|
                 ヽ入     `VⅥ           /l /l
             ト、    `1 ミヽニニ彡'´ L、、、,,_   _./ レ' ..!
          ト、. ! Vl ,..ィ´.:j! ',::,,,,,/ ,::′ ,' `ヽ`ヽ`Y´.:./l  ``ヽ
          | ヽ| 〃/.:.:.:.j!...',;,,/ ,::′,,,,,........リ ノ.:::l / .l.:.:.:.:./ト、
        ,.ィ´ヽ ノ/ /  ;;;'''゙゙゙゙`,.''''゙゙゙´    {: :i i!.::! ゝ ' /.ィ´ `ヽ
       ト、/ ト、, ´/ ./:::''  .人 ..:;;′ .人   .:i: :.! i!:::!.:.;.ィ彡'´ ;;   .゙、
      l ハ  V.:.:.i  / ,::   `Y´.;;;′ `Y´   .!,..ィ"´`ヽ〃;;;:;:;:;:;:;;:;゙゙゙´: .
        l/.::',.:./.:.:.:j. /''"´   ....;;;;;   人    (,,、、`Y.. ):::V´     : : :
       {  V「88j/     ...;;;;;;; .:.:`Y´     (´ _ノ(.. )::::::',、、、,,,__....: : : :
        〉;; ぃ.::.i l..... ........:.:.:.;;;)。k、ミヽ      (´ _ノ(.. ).::::::!: : :.:.:.:.;;;;;;;``
        /;;  .い.::i l;;;;;;;;,、、 '''゙""´   ..`゙゙゙゙゙'''''''''´( _ノ(.. ).::::ノ: :.:.:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;
       ,′ノ人 jりi ;: : : : :''''';;;;ゞ ::;;   ...:.:.:.: .: .: .;;:i1 i爪ツ"´.:.:.;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
┏【ジャギ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】5  【知略】6  【武力】10 【天運】3

┃成長点:42

┃スキル
┃《羅漢撃》(成長には【武力】15以上が必要です)
┃ 戦闘に関するあらゆる判定の成功確率を+20%する。

┃《勝てばいいんだ何を使おうが!》(成長の条件を満たしています)
┃ 戦闘に参加している際、追加で物資1を消費するごとに成功確率を+10%できる。上限は+30%

┃《火計》(成長の条件を満たしています)
┃ 敵が拠点に篭っている、あるいは燃えるものが周囲にある戦闘において、
┃戦闘の成功確率を+10%する。

┃《かかったな馬鹿め!》(成長には知略10が必要です)
┃ 3ヶ月に1回、戦闘で自陣の誰かが死亡した場合、その全てを無効化する。
┃この能力の使用回数は1月、4月、7月、10月に復活する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【次、小ネタフェイズの安価を募集します】

3657◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 01:33:10 ID:8fIlsxfg0
では、例によって小ネタの内容をお聞きしようと思います。
流石にいい時間なので、ネタだけお聞きして投下は次回ということでお願いします。
【今回の小ネタを指定してください。流石に無理な場合は下にずらします】
↓7

3664名無しのやる夫だお2013/01/29(火) 01:34:18 ID:8e7.JKBQ0
エヴァの不死殺し探索記

3674◆75LBJGs9C62013/01/29(火) 01:36:56 ID:8fIlsxfg0
【次回の小ネタは「エヴァの不死殺し探索記」に決定しました!】
【キャラ崩壊してても怒らないでね!】
というわけで、今宵はここまでにいたしとうございます。
みなさま、お疲れ様でした。
今回は色々とお付き合いいただき、本当にありがとうございます。

[ 2018/04/25 04:00 ] 開拓王やる夫の祖国復興一代記 | TB(-) | CM(0)

開拓王やる夫の祖国復興一代記 其の6

2893◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 01:59:02 ID:i3eYvIwU0
お待たせいたしました。
それでは、昨日安価で決定した小ネタをやろうと思います。
もう遅いですし、宣伝もなしにこっそりと。

2894◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 01:59:24 ID:i3eYvIwU0
『小ネタ:レンの事情』
                    ==ニニ二¨> 、
                         `` 、> 、
                             ヽ、、ュヽ      _, イ
                         r 、    ヽマニュヽ  ,/__ノ
                         `ヽ、 ー=ニンニニニュ//
                               `ヽ`マニニ//、ヽ
                   rニ=、ィ=ニンミ     ヽ> /ニニム':、
                  . 〉:/:.:.ヽ:.:.:.ヽ:ヽ   //ヽヽ;ニニニニム',
                  /:.:{:.:{ヽ从:.::ム:.:l, //   `-‐‐-、'マ:ム':,
                   {:.l.:.:行 忙}:.:lノ、:.:.ニ=-       } }二ム':,
                   ヽ从 ' _, .ノj/:.:.ヽ、:.:.ヽ       /_/ニニ=ム':,
                     ヘ::{>イ,.ィ''ヽ:.:}!l:.:}ノ       ヽ.マニニム',
                      /. f:///ア⌒.ソjノ           ヽ マニニ=ム',
                 r'ヾ//::{/アfー-、, .}}           .ヽ.マ=ニ=ム',
               r´'У/f-、{lア/ー介、/イ           .ヽ.マニニム',
              />ノ/ /   > 、 {l.l}//イ               ',.マ=ニ=|.l
            ,// .`ヽx、       ./Vア               ',.マニニ|.l
          ,//     /ノ-tニュ.、,  ノ {/lア‐‐--、            ',.マニ|.|!
         ,//     ./-' /l{{  ヽ____,>'"ヽ ̄¨´人_.         ',.Vニ|.|!
      //      /  /ハ.{   .r‐-rf´`)ヽ}"< `ー=ミ、         | |ニ!|!
    .//       ./  //::::{.{,   7ノ}‐くン } }  > 、-、`ヽj.      | |コ |!
  イ./        ,/zzz:ン::::::::∧ヽ  ``´   ノノム     >、}/、     | lコ.|!
/__ノ        ,.イア   {:::::::/  .Vニニzzzzzニン//ム      .}ヲ      | |ア.|!
         r-'"ア´ .  .{:::/   マ/////  マ///ム     ./ヲ     } ア/
         ヽヽ   .  レ'    .マ////    `マ/ム    /ヲ      .} /
         ヘ ヘ          マ///      `マ}  /ヲ      .j/
           ヘ,ヘ,_       .マ//        r-fン
            ヽノこコ-、,     V       ,ノヲ´
                 ヘニ=yzrzrzr=ニ=ュ_rニン′
                    ̄ ヽ l   | `¨´
                      ':,}  |
                      <ニ=zノ}
                       |.フ/{ヽ
                       }//!},ノヽ
                       }ヽ,l.|! ./ ト,
                     __ノニ¨¨}_ン./r'
                   r''"'ー-‐'"´ }ニン´
                  .{z______zュノ‐'
                   `¨¨¨¨´

レン。魔術師が支配階級であるアルトマー王国に住まう魔術師である。
だが、家名がないことからわかるとおり彼女は貴族ではない。

2895◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 01:59:41 ID:i3eYvIwU0
 :l :l :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :|
 :l _________ __________ :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :|
 /_________/_________,/| :| :∞━[]━━━[]<三> :| :| ∽=[]
 || :||           :|| |l|           :|| || :| :| :| :| :| :| :l __   :| :| :| :| :|
 || .||_/^7_-==-_.||_,,|l|_./\__∧___||_,,|| :| :| ==[]====[]=、_〉  | :l  <>--[]
 ||/ £<  〈 ...::〉 .:||/.匸_l::」 . <爻> _|l/| :| :| :| :| :|             :| :| :| :|
 ||`''|l' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´||'´|ll' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´|| || :|           ..::   。 ::.      :|
 || .||_ /l_ ___@_||_,,|l|_☆_ _▽__ ||_,,||   ...::::+::....  ~°   ヾ ::.  l゙、  :|
 ||/ф  7/  β ∥ ||/   /´  △  甘 ||/|  ..:::*    :::::..._::_::o☆o__::..___|:::ヽ_
 ||二二二二二二二二||二二二二二二二二||  l/:::: (o゚。)  :::    l|!^l|!  ::  _|<二>_
 ||[]              ||              []||  | ̄ :+::... ̄...::*:  ̄+ ̄ ̄o~::  ̄ ̄ ̄ ̄
 ||================||================||/|_________________



 / ̄从从从 ̄/ ̄∧∧∧ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|       / ̄<=<==> ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄

彼女は、ごく普通の商家の家に生まれた。
だが、彼女に魔術の才能、しかも上級の貴族階級にすら達する才能があると知れたことから
彼女の運命は大きく変わっていった。

2896◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 01:59:54 ID:i3eYvIwU0
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       丿‐''‐''" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄''''‐ゝ
      _/ゝ、_________________」_
  __-'''´::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''-...、
.∠__ニ ̄"   _,,..--''lコ"´'、   | ' ニ―‐ 、.._、   _:::::::::::::>
   /′ l   一''´      /    '、      `'''''、 ゝ  |     「貴方のお嬢さんの才能、
   _:'、 ′  '、      ノ  - 、 \       /′ '、 ヘ、    市井に埋もれさすには非常に惜しい。
  丿  /  、 ,`ー.________.‐  / ヘ-、 `‐-----‐ 、 、 丶  丶    魔術師の教育を受けさせませんか?
  l   /   ニ_        ヽ-.___--′       ` ´  ヘ   ゝ    勿論、費用は国が負担いたします」
- |   〕   { ゙゙ー'=‐:--------、 ,────--一‐'"〕   l   ./-
:::::\  !   {   |   ` l`^'''''''''〕‐''''''''''| ̄"  !  _/    l,,/::::
:::::::::::`'''、   ヘ〕''‐|..,,_   」   │   │ _,,..|-‐''〃   」:::::::::::
::::::::::::::::ヘ    ヘ 、|   ̄T―‐‐''|―──| ̄  | ..丿   丿:::::::::::
::::::::::::::::::::ゝ    ヽヽ   !   │    |   ,/┘   丿:::::::::::
::::::::::::::::::::::!\    `'ニ  ..!_   │    |_...rノ'´    _/:::::::::::::
::::::::::::::::::::ノ  ゙\     `''ーニ ニ 辷ニニ 一'´     ,,-''’ l:::::::::::::::
::::::::::::::::::::′   ゙''                  ′  /::::::::::::::::

当時のアルトマーには、魔術の才能を持って生まれた一般市民を見つけ出し、教育するという制度があった。
その教育施設で優秀な能力を身につければ、一般市民でも仕官の道が与えられる。
――というと聞こえはいいが、要は「既存の貴族達による魔術師の囲い込み」だ。
才能のある者を小さいころから教育し、自らの都合のいい人材に育て上げる為の方便に過ぎない。
拒否権は事実上ない。断れば「王国を動かす貴族にして魔術師達」の機嫌を損ねる。
そうなれば、アルトマーで生きる術などないも同然であった。
かくして、レンは物心つく前から国立の施設にて魔術師としての教育を受けることとなる。

2897◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 02:00:26 ID:i3eYvIwU0
..\,    ヽ.     !   /   ./     _/ .,..-'"゛ .!    : _,,..;;ッ!广                          __,、
   ゙'-、  ヽ.    !  ./  /    .,/_,, ‐'゙゙_..-‐'゙] | -‐'彡‐″               __,,,.... --ー''''''"゙゙´
.''- ,,、 . \   ヽ   ." /  /   ,..<-'',゙..-'"´,,,... .l  .し'"゛        _,,,,.... -―''''''゙゙゙´             _____,,,,
   . ゙゙''  . \ . ″   .′ ゛._..-彡-'彡-‐''"゛  ._ .l゙___ r‐ー''''''^゙゙´ __,,,,,,,,.......... --―ー'''''''''''^゙゙゙ ̄´゛
                  ''ニ''"゛   .. -‐;;;;,゙,゙_..二´   ./   .`゙''''`-ニ二
_____                '゙゙,゙____________、  /    ._、     .`゙"'ー ..,,_
     _,,.. -‐      : ニー 、、            ゙̄/゙   / `''ー ,,            ´゙''''ー⊂ニ;; ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
... -‐''"´    ,,.  , i !'i   `''-ミ¬ ..,, : 、..,゙¨"''―- 、ノ  /       `''ー ..,_              `゙゙'''ー ..,,_
       ,/   !,! l .l    .、 .`''-..,~''ー ,,,`゙'''~./  /`゙゙''''―- ..,,,,_.     `゙''ー ..,、             `゛
     ./ 、   ,!.l l l    . ゙'-、.-.,゙'ー、, `''ー " ./ `゙'''ー-..,,,_    `゙゙'''''― ..,,,,_、 `''ー ..,、
   / ./ ,i"/ .l゙ !.、.! .l   、   .\, ゙''-、`'ー..,/ ー..,,,     `゙"'ー ..,,,_       ´゙"'''―二'ー ..,、
 ./  . / . / ,i′.!│!│ . l   ヽ.    ゙'-、 ゙''-、 .`'ー.._. `゙''- 、、       .`゙'''ー- ..,,、         `゙''ー 、_
`゙'''ー- ニ_,.ゞ /  .l゙│}│  !   .ヽ   ____;;____ニi_,,,二__二______    `゙'''ー-..,,,_        `"
  .i ....,,_.  `゙'''ー┘ !│ l___,゙ ̄ ̄ ̄ ̄                         `゙'ー ..、    .`゙'''ー- ..,,_
  l, .,i ゙/゙''''― ノ .l    ., ̄ ̄ ゙゙゙゙゙゙̄''''''''''''''¬――----........、                  `''ー、,,       `゙''''
   .!." /    l  .|  l  .l   l,   ヽ .\     -、   ..l,                  `''ー ,,、
   l /     !   ! │  !   ヽ   .ヽ  \     . \   l                        `゙'ー ..,,
    .l゛    .,!  │ .|  l  l, ヽ    \  \  .'、,   `'-、 .l,                        `
    ...l    .l   |  }  !  ...l . l    .ヽ  \  .\.   `'‐ l
     .l   l   .|  .l   l  .l,  ヽ     ヽ  .\  . \    . l
     . !  /   .|  │  l.  .l   l     ヽ.  .\   .\  .l,
      .l  !   │  .!   .l   .l  .ヽ     ヽ.   \   . \ . l
      . l /    .|   !   !   .l   ヽ      \   .\    ゙''⊥
       .l     !   l   .l   l   . l         ヽ   \    .l,
       . l    .,!   .!   .!   l   .ヽ      \   .\    l
        .l   .!   │   !   .l    ヽ       ヽ.    \   .l
.       . l   .|    .|    .l    l    .ヽ       ヽ    ヽ,  ゙l、
l        ..l  |    |    !    l     l           ヽ    `、, l
.l            l │   │    .!    .l    .ヽ        \    .\.l,

教育――いや、あれは『実験』と言ってもいいかもしれない――は過酷を極めた。
元々、貴族達にとっては「利用できるかもしれない危険分子」でしかない。
魔術の暴走、訓練中の事故、etc....
レンと時を同じくして施設に入った子供は幾人もいたが、生き残れたのは片手で数えるほどであった。

2898◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 02:00:44 ID:i3eYvIwU0
        .,ィマヽ:ィ":ィフノ二抃ユュ、:ィア
       ,/: :.,イア¨7ア: : : :マム`:.マュ、: :ヽ
       ./: : /:..:くン: :, '    ヾン..'.,. .‘.,:ヽ      「いいこと教えてあげる。
       /: : /:..:,': i: : ;.': . :ハ.   ム  ',. . ‘,‘,     するととってもよろこんでくれるの。
      /: : ;': : i: :.!: :.l: :, '  !. . i :|. . .!: . .‘,:i!
      ′: i: :..:i:..:l|:_:.!:_|_   .|: . .l :!: :..|: : :..:i: :i!      『はい、よろこんで』
     {: : :r|: : :ト、八: |: :! `  マ:.x斗‐┼: : : |: :i!      『はい、よろこんで』
     l|: : l‘,:.l!   Ⅵ;ノ    マ;ハ.}:/.l!: : :i:,': :ノ
    .八:.人.}:入z=≠ミ     __,Ⅳ j!:.;ィyⅣ      何をされても『はい、よろこんで』
   /:/ :`: : !: : :ゝ       "´ ̄`j/Ⅵ: }: ヽ
  /: : i: : : : :∧:八 """    ,    "" /: : }: :!:ト、:ヽ    これでみんな喜んでくれるわ。
  /: : λ: : : : :.ヽハ:.>、  、   ,    ム: :ソ: :|:.゚。): ハ
 ,': : : : :ヽ: : : : _:.八jム` .、    , イノ: ;イ/__:j: :.}: ;ノ   くす、おかしいでしょう?」
  レ'}; ィ'マニ二三三三ム  `¨´ /ア:_;ィ≦ニ}  `ヽ´

そして何より重要視されたもの、それは「貴族達へ服従心の植え付け」であった。
自分達は貴族達の忠実なしもべ。貴族の命令は絶対。どんな命令でも従うべし。
そうあるよう、ありとあらゆる手段がとられた。

2900◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 02:01:09 ID:i3eYvIwU0
                     .| |.:.|
                    .rやー-、-- 、,,
                    rヤ_ .,- ,/.-...‐`゙.....、
                  /`゙'''''iヽ下V=====ュ;_:.:.:.:.`ヽ
                  L.'''"!>ノ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.ヽ
                    /:.:.:くン´:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ:.:ヽ:ヽニ=- 、
                   i:i.:.:.i.:.:l:.:i:.ivi,:.:ヽヽ:.ヽ:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:ヽ、__
                   {:l.::.l.:.:|:.:l:.:i |:i斗匕T、:.:},Y、:.:.:.:.:.:ヽ‐´ `
                    i;i.:.:l:λ卞ュ, リ.弋テツ/:ヽl/:.:i:.:.:.:.:.、,:ヽ、
                    ヽ、i.:.:.弋ツ ,. `¨´//ム|:.:.|ヽ、;,;,ミニ==- 、
                     ||.:`|i::`>、 っ .,,,ィイ//イ:.i:|//∧//ム                    イ寺
                     |..|.:.:.|ヽ、iヽ、;≧//////ソIリ///∧乂Vム                      イI寺
                     |..|.:.:.|  y<//-''"´`'''マ///////∧乂iV}               ィI寺圭
                     ,」 |.:.├r^ヽ//^^^^っ、 / マ/////∧乂乂}              ィI寺圭
               _r-='"´.|..|.:.:.|`)-/y´`ゝ、ヽ y   `<//∧/X、,}            ,ィイ寺圭圭
             rf´      .| |.:.:.|´././/   `ヽ{     /\マムリ.ソヽ /|         ,ィイ寺寺圭圭
             } {l      | |.:.:.|./ノ     /´  / / `} //マ `ン 二>    ,ィイ寺寺圭圭圭圭
       __    )ム、 /   .| |.:.:/zzュ   .i /=ュ、,/  /,,/ノイ-‐''"´/    ,.ィイ寺寺圭圭圭圭圭
       \//`ムュ_}_/_ム=z_z_.| |/''´ ̄`゙'`、 .i `'''´`゙'ミzzry_)--=ニ二 ̄>y、,.ィイ寺寺圭圭圭圭圭圭圭
         \//////////////f=二/`ヽ/.)-ミ/  ,.‐'ヽ丶ヽー-.、,/ヽ,.ィイ寺寺圭圭圭圭圭圭圭圭寺
          `'マ/////////.(/"´  、 |ヽヘ:(⌒)彡  }  ヽ`゙'''''´ f ィII寺寺圭圭圭圭圭圭圭圭寺IIツ´
       ヽ、ー‐'"´ ̄ ̄ ̄ ̄::::;/    、.ヽヽ/ /./ .} ̄´  ヽ \   .ノ.|寺圭圭圭圭圭圭圭圭寺IIツ´
          />、::::::::::::::::::::;.'´i ,  .ト、. ヽ .ソ `ン i⌒ン    ヽ `''/,イ寺圭圭圭圭圭圭圭圭IIツ´

生まれ持っての才能、禁呪といっても過言ではない数々の実験的な魔術の修練、
その積み重ねにより、彼女はアルトナーの忠実にして強力な魔術兵器へと『作り上げ』られていった。
このまま兵器として完成できたのなら、あるいはそれでよかったのかもしれない。

2903◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 02:01:39 ID:i3eYvIwU0
.                ,,.-┬―‐┬ 、
              /.: ,,-:i____├-ヘ
               ├┤  V: : : :| : ',
               |: :|| :  ∨__/ :  i    「この国の制度はいずれ破綻する!
                 jュ || :.     .:  |     まだ間に合う今のうちに開かれた国家へ舵を切るべきだ!
               |┤jj-⊆⊃ー⊂⊇イ!     そんな自らの首を絞めるような者はいない!?
              `Y `ヽ、:      :/リ     よかろう、ならその貧乏くじ、この私が引き受ける!」
.         ____   r‐x'V⌒トヘ、___.://
    /: : : : : :.`<|しヘ!|!__リ\, ―‐、/j
   /: : :._}三三「`V|しヘ}|!__リ\ハ二ハ厶ミメ、
.   i: :.:/.: :xーニ|L_j:lしヘ}|!__リ\=芋刋ハ `V\
.   {:.:/.:/  「`i|L_j:|L_刈_入.: : : ̄Ⅵ_j: : : :.\ `'<⌒ヽ.
   Ⅵ/ ィ彡:|Lj|L_jハV/、_彡ヘー―: : __: : __: :-Q―ヘ : :',
    Ⅴ :/: : :Ⅵ: : :`V⌒V´: : :}ーァ--、: | |: : : : : : : :Ⅵ : i
    L/=彡ヘ=≠圦....人: : :{_{{__} | |: : : : : : : : }}} !

王家の傍流トニー・スターク、自らが開発した機械鎧で構成した私兵「ガンダムファイター」を組織し
アルトマー政府に制度の改革を要求。事実上のクーデターで王位を継承する。
「全てのものに真に開かれたアルトマー」を目標に、様々な制度にメスが入れられた。

2907◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 02:03:19 ID:i3eYvIwU0
                / , -―- 、
               〃 /::.::-==ニ`__ ィ
                {::V::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::__/
             ,. ⌒゙::.::.::.::.´ ̄ ̄、::.ヽ::.::.::.::.:、____,,
              /ィ::.::.::.::.:i::.::.::.⌒ヽ::.\::.`=-::.:、-‐ '´
            //::.::.::l::ハ::.、::.::.::.::ヽ::、::.、::.::.、::.::ヽ      「噂には聞いていたが、ここまでとは……。
             ゞ´::.///::.::レ-ヽ{:、::.::.::.:i::.A::トヽ::.ぃ::.ヽニ=一   ガンダムとして捨て置くことはできない!」
         `ミ::/イ/::.::ノ孑下い::.i::.:ル笈リ_}::}::.i::.:、::'
         、_ラ::.::ノ::.::::ゝ  ̄ ノノィ´└斗ノ::'::;::i::::ハ}
          ` ¬::ィ::小ミ=-   r {  -彳:{::.{/}:/丿
           {' ノヘゝ__、   , -‐ 、  .小ぃ( ノ'
               、_):ノ:.:>、    ^  ィ-<
              ≫‐¬__丶、_/{:ドy';ニヽ
              {: : :0:l|: : ̄|「 ̄]厂{/:,ニ、 \
            _j: : :0:l| : : ||: :!: :V: :r: : : : \

勿論レンがいた施設も例外ではない。むしろ、真っ先にメスを入れられる対象であった。
施設で『洗脳まがいの訓練』を受けていた彼女達は『解放』され、
より安全で人間らしい教育を受けることとなる。
それはほぼ大部分の人々にとって感激すべき出来事であった。

2908◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 02:03:40 ID:i3eYvIwU0
           ,,___   , -‐‐、_
          } r-ュγY≦こン::`:...、
          ,.:':〉У/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
       ,f:¨':.r,ン´: : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゚:.
      ,.:′: : :l|.|: : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゚.
    /: :..{: : :.l|.{: : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|!
  ,/イ!: :..|: : :.l| {: : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|!   「なら……今まで『私達』がやってきたことは……
  ̄´ l|: : :.|: : : l|.|!: : :l : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|!   一体なんだったというの……?」
    l|: : :.ト; :: : l|.|: :/: : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l!
    .l|: : l| V: : :V:/: : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゚.
      .l|: :.| . }V: : l|: : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:゚.
     l|::.{ /: :.V:: j: : : : : ::,}:.:.: : :.:.:.:,}:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:|!
      .{!/: :,/V: : : : : :.,∧.:.:.:.:.:.:,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:|!
      {:/,ィ: : : : : ::.:,/:.:.:,}.:.:.:.:,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;ノ:.:.:.:.:.|!
      /:/;/: : : : :.;/:.:.:.;/.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:,/.:.:.:.:.;イ:j!
      〃,/: : ::.;/:.:.:.:.:.;/:.:.rУ:.:,.ィ.:.:,.イュ、:.:.;/.j;/
      ,/: :.;∠r=ニニニ二三ムイニj;イ|.|二ニニユュ、
      .j;/fr-‐…‐マニ二二ニニニニ!.{二二ニニニ}
       ./}      マニ二二二ニニ!.|!}二二ニニニ}
       ./j       .マニ二二二ニ!.|.|.|二ニコニニl|
      / l        マニニ二二コ!.| .|.|ニ二コニニl|

だが、ほぼ『訓練』を終えていたレンにとって、それは今までの自分を否定されるも同然であった。
死ぬ思いをして、死んだほうがマシと思えるようなことを続けて進み続けていたレールを叩き壊され、
あまつさえ「これからの道は自分で決めて進め」といわれたに等しい。
そんな彼女が心の平衡を守るために選んだ道、それは「壊れたレールの跡を歩くこと」、
すなわち「アルトマー王国の忠実なるしもべであり続けること」であった。

2910◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 02:05:27 ID:i3eYvIwU0



                          ,ィニ二≧、
                           /ニニニニニハ    イニニュ、
             =ュ、           マニニニoニニハ     ̄`¨'マハ        ,ィュ   イニュ
    =≠ュ        ケハ ィ        .rIニニニニニニハ      Iハ   .Iュ、 ,:ィニニニュ,イニニハ
     ̄`マニュ、     マニニイ,ィニニ≠≦ニハ≧=≦ニニくス    ,イニアマIハ  ,Iニニア'¨¨¨'マニニニニ二ハ
        `マニユ-=ニユュ、¨マニアフイニハ, ナ ,仁ニニニニニユ} .,イア イアマユイニニニハ    マニアマニニコ
         `マニセ`マニュ、_,ィニニニニ≧ニニニニニニニニコユ=イニニア  .`マア `マュ   マア マニク
           ムニニニIン`マニニニニニア¨´イニニニニニニIマニニニアマニス=ュ  Iュ、    `ク      Iク
           スアニニア´ `マニア´   ,仁ニニニニニニI Iニニユュ、_,:スニハ_,イニニハ
     ,.ィIク      マニコ  ィュ、   ,ィ= .I二ニニニニニニハ.Iニニユマニア_ マニニニニニハ
     IニI      ア    `マニニア  .,イ二ニニニニニニニマニニニ≠アニニアマニハ
     IニI   ,ィI         `ア  .フ二ニニニニニニニニニニア `ア  マア マク
     IニI  .,IニI            ,:イ二ニニニニニニニニニィニI     ア  Iク

実際、彼女は歳に不相応なほど優秀であった。
魔術のみならず、語学、教養、知識、研究、そして暗殺を初めとする汚れ仕事……
ありとあらゆる分野において彼女はクーデター直後の不安定なアルトナーに貢献した。いや、しようとした。

2911◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 02:05:52 ID:i3eYvIwU0
       ____
    ,...ィ'__::::::::::::::::::::::::__>、
  />'": :{::::::::::::::::::::::}: :.`<ヽ、
 .|:|: : : : : : {:::::::::::::::::::/: : : : : :`i:|
 {:{ : : : : : : ゝ-----イ: : : : : : : |:}
 |:| : : : : : : : : : : : : : : : : ::. |:|   「勉学や研究はともかく、汚い仕事を子供にさせられるわけがないだろう。
 |::! : : : : : : : : : : : : : : : : |:|    そもそも暗殺なんてしたら報復合戦で国がもっと滅茶苦茶になりかねない」
.._{::} : : : : : : :; : : : : : : : : :;; {::}_
.|:::/./〔 ̄ ̄〕r=====〔 ̄ ̄`〕_ヘ:::|
.|::| : : : ̄:´:     : :` ̄:´: : {:: |
.|::} : : : : : : : : : : : : : : :. ...{:::|
.|:ヘ : : : : : : : : : : : : : : : : /::::|
..Y::\ヽ: : : : : . : . : . : : : ://::::Y
 }:::::::ヘ ヽ: : : : : : : : : :./∠::::::::::|
 |:::::::::::} 〉.=======.〈 .{::::::::::::: |
 {:::::::::/ヽ .}: : _____: : { ィヘ::::::::::::::ヘ

だが彼女にとって不幸なことに新王は慎重な人物であり、そして善良でもあった。
優秀であった彼女は邪険にこそされなかったものの、その才能を発揮させる機会はほぼ与えられなかった。

2912◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 02:06:17 ID:i3eYvIwU0
         ,rzュ、  ,,-ィニニュ‐-..、
        {lf¨フマュxィこ:_:_」コ}: : : : `..、
        マxニア'¨¨マ≦ニン≠x、: : :.‘:
        /:.イア,: ': : : 、:ヾヽ: 、: : ヾム: : :‘:     「私の力はこのようなものではありません!
        /: ; ':レ'/:rf: : : ::‘,`、: :.ヽ:.ミマム: : ‘:     もっと大きな任務を!」
     ,':./:i: : :,' :.{ll';. .'; : :‘,:ヽ: : :.\:.マム: : ‘:
     .!:イ: |: : :l: : l マ: ';: : :‘,:.`:、 : : : 寸ム:_: ‘.
     |: !: :!: : :{: : l  マ: ';: : :,.斗七ー=ニ:_:_: ': : : ‘,
      .!:{マ:从 :Ⅳjト.、 マj/斗=ミュ`ー=ミ、`:、..: : \
      !j И Ⅵィf枡ミ    杙z以`リ: : : }:}l l: ト、: : :ヾ`ー=ミ、
       弋 .〉ハ弋ソ     ¨¨´ ノ: : : }八}: ト、ヽ: : : ヽ`¨丶j
         イ: ハ   '      ムイ:/:{:.:.:j: :!:.ヽj: :ヽ: ‘,
        {: l: :.;ヽ、  f⌒ヽ ./ .V:.|:.:.j: :}!: :..}: : : }: リ
        .〉、:ノ廴ノ;>... ̄, イ    V!ノ:.,イ:.: ;ノ: : /: /


                    .  ‐┬‐ .
                   / ヽ: : :| : : : |\
                      {: : :「⌒ト --{`ヽ  (その前にもっと人間らしい心を持たせたいが……さて)
                 ハ: :.|   |___|  |
           _       |: :|: _|       |        「よかろう。では外交官としての任務を与える。
        / :\      ∨〈 r‐ 、    _     __   特使として、北部で再興しつつある
         |: : : : \   /| ∧  ̄  ̄└.′ /: : /   バビロン王国と交渉を行ってほしい。
.  r─ 、     \: : : : :>‐く∧ : }     / /: : /     知ってのとおり、今年は不作が予想される。
  \: : \ _ ` < : : : : : :ヽ<^==イ{:xく_<⌒ヽ    向こうと交渉し、食料の供給ルートを開いてくれ」
.     \: :У:/{J\.:`⌒ヽ: : : \ ニニハ〉 \ _\∧

バビロン王国。魔族との戦争において盟主として魔王と戦い滅んだかつての超大国。
――といえば聞こえがいいが、現状のそれせいぜい数ヶ月前に作られたばかりの開拓村だ。
そこで生産される食料を全て奪い取ったところで、アルトマーの飢餓を救える食料は得られまい。
「名前だけの閑職に回された」。それがレンの抱いた感想であった。

2913◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 02:06:29 ID:i3eYvIwU0
         ,rzュ、  ,,-ィニニュ‐-..、
        {lf¨フマュxィこ:_:_」コ}: : : : `..、
        マxニア'¨¨マ≦ニン≠x、: : :.‘:
        /:.イア,: ': : : 、:ヾヽ: 、: : ヾム: : :‘:
        /: ; ':レ'/:rf: : : ::‘,`、: :.ヽ:.ミマム: : ‘:     (でも、穀物の病気が深刻なのは事実。
     ,':./:i: : :,' :.{ll';. .'; : :‘,:ヽ: : :.\:.マム: : ‘:     【今年はともかく、このままじゃ来年には深刻な飢餓が起きる】
     .!:イ: |: : :l: : l マ: ';: : :‘,:.`:、 : : : 寸ム:_: ‘.     食料の安定供給、成し遂げなければならないわ。
     |: !: :!: : :{: : l  マ: ';: : :,.斗七ー=ニ:_:_: ': : : ‘,  【たとえ北の開拓村を滅ぼしてでも――】)
      .!:{マ:从 :Ⅳjト.、 マj/斗=ミュ`ー=ミ、`:、..: : \
      !j И Ⅵィf枡ミ    杙z以`リ: : : }:}l l: ト、: : :ヾ`ー=ミ、
       弋 .〉ハ弋ソ     ¨¨´ ノ: : : }八}: ト、ヽ: : : ヽ`¨丶j
         イ: ハ   '      ムイ:/:{:.:.:j: :!:.ヽj: :ヽ: ‘,
        {: l: :.;ヽ、  ‐--  / .V:.|:.:.j: :}!: :..}: : : }: リ
        .〉、:ノ廴ノ;>...、 ,.イ    V!ノ:.,イ:.: ;ノ: : /: /
       ,f´,ヽヽ レ,フ:{:.:_;.ィ}// ,ィア¨¨''マュ:.:!:.:/:.;ノ:レ'
     .xr=} ! .}ノJ/xィfア=f,.ィニf::     ハ}ix':/:.:/

「アルトマーのために」「自らの存在理由を確保するために」
彼女は今もなお、苦悩し続けている――。

【小ネタパート終了】

2916◆75LBJGs9C62013/01/28(月) 02:08:48 ID:i3eYvIwU0
と、色々妄想を膨らませた結果がこれですよ!
それでは、お目汚し失礼いたしました。今宵はここまでにいたしとうございます。
また本日の夜に、8月分からスタートさせていきたいと考えております。
その際には投下前に改めて宣言いたしますので、宜しくお願いいたします。

[ 2018/04/25 02:00 ] 開拓王やる夫の祖国復興一代記 | TB(-) | CM(0)

開拓王やる夫の祖国復興一代記 其の5

2140◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:00:34 ID:3U5RzzwM0

では、そろそろ小ネタフェイズから開始いたします。
本日はそのまま7月まで進めるつもりですので、皆様宜しくお願い申し上げます。

2142◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:02:31 ID:3U5RzzwM0


「小ネタ:エリーのチーズケーキ改良秘話」

                     , -''"´二二二`丶、
               /\   /, ',´ ------- 、ヽ、\
               /    ∨|//_  -───-- 、\ |
               ̄`ヽ、f0|| //  / /  ||    \`|
             _ -‐ァ'"//レ' /  / / / ハ | | |  \
           _ -‐" /  //H / 〃 / /〃/ i | | | \ ヽ,   ,rr┐
       , '"  _ -‐'"入_〃 { | | ||」⊥/|/|/  リ|/ハ|川 ヽ!| /  {│
      /  , '´    /   / ̄`! r」i .ィ〒ド     ,二`ヽ|リ j|/f^7  /i !
    ./  /     /  /   / {爿 lノ:::′    lノ::ド!/! /(二二`ヽ! /
  /  /       /  /   // ハ_! ´ ̄    ヾ┴〃(二二二ヽク」
  || |レ′      /  /   |/| | 0ヽ   ..___'_,   , ┴'⊂ニニヽ〉 〉 !
  ||/        /  /     |ハ从|レ1\      /   . . . : i〉 / /
         /  /          レ!L ` ー‐‐'"!. . : : : : : : : | / /
         /  /         ,へ__」   丁 ̄| ヽ; : : : : : : ://  }
        ,'   !   __r─一'  / /   ハ  |`く` ー--_</  人_
        i   |  r┴ i      |/ /l」\ ヽ |     ̄ヾ彡′ヽ
        |   | r┴‐  ヽ     |__∠___\V      , ┴!    ヽ
        |   l/⌒'ー--ヘ  ○ |<<))()((></ ○ /  ヽ    \
        |==〈        ヽ,__ノ======ヽ,_/ ̄ ̄ ̄ヾ    \
        |ラ。ヘヽ        〃  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ ヽ! / /  ヽ      ヽ
        |弋ソ'^ヽ     /  /            ',   |__|_/     ヽ     i
        ヽ / /l〈‐-- ___!  |          |   |⌒``ヽ、        |
          ヽ/ |}─-- ハ   ',            /  /      `T┬、__/
             | |    | ヽ ヽ         / /       |│

バビロン王国(自称)、錬金術師エルフィール・トラウム。
国一番(彼女以外に錬金術師がいないため)の錬金術師である彼女が
目下最大の熱意を上げて開発しているもの、それが――

2143◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:03:52 ID:3U5RzzwM0
   ._
 ./ /|   ――チーズケーキである――
 | ̄|/
 . ̄

※ 誰が南斗言おうとチーズケーキです。

2145◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:04:45 ID:3U5RzzwM0
                 ____
              , <_____\
             //    __ Λ
        r――‐く/  >'".:.:.:.:.:.:.:.:`ー'
        |__/Λ\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:..:.:.:.:.:.\      、     _
        /彡Ο >: /:./:./:./.:.:.:.: l:.:.l :l: l:.:.:.:',         (0 0)
          〈  //ゝ' /:./:./:./ :.:.:.ミ'´トl、 l ヽ.:.:lハ             山 (´`ヽ, - 、
      / \//ヽ.:.:.:.l.:.:.:l.:.:l |.:.://  |├トl⊥.:l.:.N         8 ,'      ) °
     /  // ..|.:.:.:.:j.:.:.:l.:.:| lノ/__  |N r≦ハ ヽl l  . :       ┌‐~┐´`ゝ、_, ',-、
   /  /  l.:.:.:i.:.:.:│.:.:l.:レヘk;云    fハヘl }l |  . :     ..l( ,ノ|     `‐′
  /  /|   .|.:.:.:!ハ. l.:.:.:l∨ イf'バ`   ヒ」ハVル′:: : .     |(、ソ_⊆二\   :´`;
../   ,/       l | l.:.:.:r 、イ  八し'ソ      乂   ..... : : : : : : .l「と.- ─‐- ヘ . ;`´; .
l    |   |  弋:.:.i:.:i: ヾト、 `      ,   ,'      ,.-、 : : : : : lヘ `⊂二_ ̄`!: :`´ : .
l    |   |   `゙ ゙゛`八|ン ヽ、u      イ     `‐' .      l:.::\|  { ` | ,-、 : : .
,∠二二二ミヽ   /,.二二二≧ュハニ¬ュ<´               ,-、:|::::゚::l>、_  ノ ゙‐′: : :
「 ̄ ̄ ̄ ̄`ヾV//       |リ二二二ソ⌒辷___.     .`‐' l:::::゚:::|{ー--二〉  ° : : :
|       l「 ̄|l        l-- :: /8\ 'ミ_=イ \∠、    .|::゚::;:l.ト--- r′ . : : : :
|      / )  / ) ,-、     |   ::/ ..8 \',ッ   〈   \    `ー‐'´l    .l . : : : : : :
|        l l / / / /      │   /_____゙i  }-亠z_ ̄\,ヘ   /   . : | : : : : :
|    (`ヽj l_」 {l_/ // )    |`'(__) j ::_ {ム、__.::ノ ヽ  /  /   \/    l
|    \′     i/ /     | |)lll(,廴  〈 /! ハ\ ∨_/   /`7    /

   だが、バビロン王国でのチーズケーキ開発は困難を極めた。
   一定の温度調整どころかまともなオーブンすらも厳しい貧弱な設備、
   街の開拓および国土復興という重責とそれに伴い削られていく自由時間、
   そしてなにより圧倒的に足りないもの、それが――原料である。

2146◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:05:13 ID:3U5RzzwM0
    ____ ,A,A
 *~/● ■(У・ ・Y)   ,A,A ___
   ( ▼ ● (__o__)  (У・ ・Y)● ■ヽ~*
,,,,,,,,,,,,し'_ノ;;;;;(_/゙l_ノ,,,,,,,,,,,,,(__o___) ▼ ●),,,, ,, ,,,, ,
'' " "`"`,, '' " "`"`,, '' ""( (⌒ノ::( (⌒ノ, ;;;;;,,'';; "'
 '' " ´ ,, '' " "`"`,,    、 " 、, ,,,,, ,,, ,,, 、、

   バビロンでは未だ酪農が復旧しておらず、小麦の収穫もできていない。
   チーズケーキの原料となる食料は全て輸入に頼らざるを得ない。
   だが、交易路も寸断され、半ば孤立した集落であるバビロンにおいて
   外部から何らかの資源を取り寄せるというのは非現実であるといわざるを得なかった。
   事実、入植からこの時期までバビロンが外部と大規模な交易をしたという公式記録は存在しない。

2147◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:05:50 ID:3U5RzzwM0
          __
        r' r――- 、ヽ _  -――-
        \ヽ、 __}f ]ニ二  二 ー   \
__      > ニ x <ノ-――― ッ´: :ヽ \
__`_ー- 一 ´/// /: : : : ://:/: : : : :,ハ  、
____  ̄ ̄__ ノ/ , : : : : : :.:/: /: /: :,/l: : ヘ  }
ー― - ニ二 -一' {; ,ィ: : : :ム;-、:/ム斗f‐- !: : : i ノ
            〈/!: :;/,r‐ミ  " ィ⌒ヾノ: : : :l
              Ⅵ:l.{ {!;}    {:!;} }7: :_:;:|
             /: ! `:::::ヽ   `:::::´ム'´r l:!
         , ― 、 l: :,;ハ         u   _ ノ/
   rー‐一ニ こヽ ーミッ;  >、 r ニ ヽ /: : /
   /  厂: : : : : :ヽ  V:´:.:.:.> - , ィ: : : x;/
 _ノ /: : : : : : : : : l!  |>:.:.:.:.:./:.ト、 レ;/ ″
〃 ̄: : : : : : : : : : : : |  L;,;,;,>〈:.:.:! ヽ
': : : : : : : : : : /: :;<|  |     ∨:!  \_
:ヾ; : : : : : /<:.:.>' ∨〇 、 、:. Ⅵ     〉
: : : ー- くノ: : : : : : : : : : :\ \  リ     /
: : : : : : : : :\: : : : : : : : : : :.\ \ム - 一〈

  「何とか原料を手に入れることはできないものか」
  「この地で、人々にチーズケーキを作る手段はないのか」
  エルフィールは様々な試行錯誤を重ねた。そして――

2148◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:06:05 ID:3U5RzzwM0
                     . -=ニ二二二二二ニ=- 、
                  , イ >' ´,.. -―――- . `'く!
.          / ̄`Y゙ || |,.<: : :>‐――――‐<:>|
         | ー=О:|| |: ;> ´ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.            ̄//}l!||/;':'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:...  「完成したのがこちらになります」
          / //:|;';';' : /:./:.:/://:.i:i:.:|:.:.| ‘,|:|:i :.:.:.:.:.
.          \/ /|;';': :/:./:.:/://: // /:.:.′ !:.||:.:|:|:.i:.:.i:.|   「おい! そのすっ飛ばした部分を言え!」>ジャギ
           /  l: |;':.:.:||/:.:/://;_//_/: /  .|:.||:.:|:|:.|:.:.|:.|
            |   l: |:.:.:.:||:.:/l// l// / l/   十ト、|:l/: /}/ 「企業秘密です」
            |   l: |V⌒Y  z==ミ     z=ミ 厶イ ′ 
            |   l: l:ヘ 〈  ′            〃       (多分聞かないほうがいいんだろうなぁ……)>涼
            |   l: |:.:.i\。,         〉   ' |
            |   l: |:.:.|:|:○:、    r===ァ   イ:;′
            |   l: |ヽN:.:|:∨i::....   `ー   ///
            |= =l: |  \\ヽ」___> ... イ/|//
            |= =l: |       |:::::::. : :l! : :.|  .へ.

  《至高のチーズケーキ》
  『食料を消費し、人に活力を与えるチーズケーキを作成する』
   これ以上の詳しい内容は、秘伝ゆえか一切公開されていない。
   因みに「物質からその性質となる要素を抜き出し、価値あるものへと組み替える」というのが
   錬金術の基本概念だと伝えられている――。

【小ネタパート終了】

2150◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:07:33 ID:3U5RzzwM0
それでは、7月を開始させていただきます。
【周辺地図】
                             ↑【未開の山脈】
/\        /\      /\       /\      /\        /\        /\     
 ヘ, \/\  / ヘ, \/\/ ヘ, \/\/ ヘ, \/\/ ヘ, \/\  / ヘ, \/\  / ヘ, \/\ 
/\/ ヘ, \  /\/ ヘ, \、__./ ヘ, \/\/ ヘ, \/\/ ヘ, \  /\/ ヘ, \  /\/ ヘ, \ 
 ヘ, \      / ヘ, \     ): : : :`ー-‐-'てノヘ, \   / ヘ, \      / ヘ, \      / ヘ, \     
      /\/ ヘ,    /\.(: : : : : : : : : : : : : : : : : :ゝ  /\ ヘ,     /\     ヘ, \/\ ヘ,     \/\
/\/ ヘ, \  /\/ ヘ, \/\: : : : : : : : :_:_/\/ ヘ, \/\/ ヘ, \  /\/ ヘ, \  /\/ ヘ, \
 ヘ, \      / ヘ, \    / ヘ, \、: : :.// ヘ, \    / ヘ, \      / ヘ, \      / ヘ, \ 
       ,,                      \(       ,, "      `  ~`  ~~     `  ~~   
     ~~     ~~    ,,          \          ` ~~ "                  "~ "",
                            ) 【サンダルノアナ】 
【←至KSKST】` ~~ "",, "     `     ( ○             "" "" ~~     "" ~~   ~   
   "" ~~     ~~ ""  ` ~~ ""  `   ヽ      ~~  ` ,,,,        "    "  ""  
                              )   ""   "" "        "  "   ~~  `"   ~~ 
     ~~  ` ,,,, ""   ""              /  
,,,,  ""   "" ""   ~~  `         /    ""   ,,""            【→至デンジャラスデイナー】
        ` ,,,,  ""   "" ""    "  /       ~~     ~~ ~~    ""  ~~    ""     
                             ノ       ,, "          ,,  ,,        ,,      
     ~~     ~~    ""       (            ` ~~~  ~~     ~~ ~~     ~~   
    ,, "      ,,             ヽ     
        ` ~~~     ~~         \    ""   ""      ` ` ,,  "        
   "" ~~   ,, "      `            \     ~~  " " ~~ ~~     ~~ ~~   
 `""                "" ,.,        )  "" ,,,, ""              "" " " 
     ~~                     " /  
          ""   "" "       ""   /     "" ,,,,  ""       "" "" "" 
        `  ~~  `              /    "" ,,,,   ""   "" """ "
   "" ,,,,  ""   "" ""   "   /           `  ~~  ` `
                          /       
      `  ~~  `          i     
              "" ""  "    l          "" ,,,,  ""  "" ,,,,  ""
                      |
                      ↓【至アルトマー王国首都サンディエゴ】

2151◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:07:56 ID:3U5RzzwM0
【1年目 7月】
【収入フェイズに食料が4入ってきました! 4→8】
【荒廃度が上がりました! 2→3】
―【ステータス】――――――――――――――――――――――――――
|現在:7月

|【所有リソース】
|食料:8
|物資:4
|財貨:7

|【収支】(対応する国力-部隊や家臣の維持費)
|食料:+4(5-1)
|物資:+7(8-1)
|財貨:+2(3-1)

|【国力】(この値だけ、毎期毎に収入を得られます)
|技術力:6(この値が低いと、他の国力の増加にペナルティがかかります)
|農業力:5(1,4,7,10月に、この値と同じだけの食料が手に入ります)
|工業力:8(2,5,8,11月に、この値と同じだけの物資が手に入ります)
|商業力:3(3,6,9,12月に、この値と同じだけの財貨が手に入ります)

|【荒廃度】(毎月自動的に+1されます)
|3:安定しています

|【軍備】(戦闘で用いますが、あるだけ各収入を減少させます)
|自警団:兵力9(一般兵:各消費1)

|【総合評価】(国力の総計-荒廃度)
|19:遺跡を復旧させて作った工房とその周りの街

|【特記事項】
|・移民の中に吸血鬼エヴァンジェリンが混じっています。
| どうやら彼女は不死殺しという魔剣を探しているようです。
|・隣国が失敗国家ばかりです。何とかしましょう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

2152◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:08:19 ID:3U5RzzwM0
【バビロン王国 国王(自称)(笑) やる夫】
┏【やる夫】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】0  【知略】0  【武力】0  【天運】13

┃成長点:20

┃スキル
┃《主人公》(成長しません)
┃ 成長点を得るとき、さらに1点の成長点を得る。

┃《謎の情報網》(成長しません)
┃ 参加者が知っているメタ情報を「家臣団から聞いた」という理由で知っていてもよい。
┃(具体的には【】で囲まれた情報は確実だと「やる夫が」理解できる)

┃《大豪運》(成長には【天運】15以上が必要です)
┃ 3ヶ月に2回、あらゆる判定を【天運】で判定できる。
┃この能力の使用回数は1月、4月、7月、10月に復活する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【バビロン王国 やる夫の副官 秋月涼】
┏【秋月涼】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】8  【知略】7  【武力】4  【天運】5

┃成長点:33

┃スキル
┃《空気なんて読まない!》(成長しません)
┃ 出目がゾロ目(100含む)だった場合、成功確率に関わらず自動的に成功となる。
┃また、98%以上の成功確率で「判定の余地なく成功、成長点3」にできる。

┃《呪歌の達人》(成長には能力値の合計が36以上必要です)
┃ このキャラクターが参加した判定の成功確率を+10%する。

┃《変装》(成長には【知略】10以上が必要です)
┃ 変装できる。【知略】が2倍を超えるキャラクター以外には決してばれない。
┃但し、変わるのは外見のみである。データ的な恩恵は特にない。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【バビロン王国 錬金術師 エルフィール・トラウム】
┏【エルフィール・トラウム】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】5  【知略】10 【武力】4  【天運】5

┃成長点:36

┃スキル
┃《錬金術》(成長には【指揮】と【知略】がそれぞれ10以上必要です)
┃ 国力(技術力、農業力、工業力、商業力)を増強させる行動に参加していた場合、
┃追加でその国力を+1する。

┃《ブレンド調合》(成長の条件を満たしています)
┃ 内政における行動に参加している際、
┃追加で物資1を消費するごとに成功確率を+10%できる。上限は+30%

┃《至高のチーズケーキ2》(成長の条件を満たしています)
┃ 食べたものに活力を与えるチーズケーキを作ることができる。但し錬金術で。
┃食料を1消費するごとに、あらゆる判定の成功確率を+5%する。上限は+50%
┃このスキルは自身が参加していない判定にも使用可能である。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【バビロン王国 筆頭武官(自称) ジャギ】
┏【ジャギ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】5  【知略】4  【武力】10 【天運】3

┃成長点:27

┃スキル
┃《羅漢撃》(成長には【武力】15以上が必要です)
┃ 戦闘に関するあらゆる判定の成功確率を+20%する。

┃《勝てばいいんだ何を使おうが!》(成長には【知略】6以上が必要です)
┃ 戦闘に参加している際、追加で物資1を消費するごとに成功確率を+10%できる。上限は+30%

┃《火計》(成長には【知略】6以上が必要です)
┃ 敵が拠点に篭っている、あるいは燃えるものが周囲にある戦闘において、
┃戦闘の成功確率を+10%する。

┃《や、やめてくれ、た、頼む!》(成長には【知略】6以上が必要です)
┃ 3ヶ月に1回、戦闘で自陣の誰かが死亡した場合、それを無効化する。
┃この能力の使用回数は1月、4月、7月、10月に復活する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2153◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:08:46 ID:3U5RzzwM0
 : : : : : : : :        `ー--,
     : : : : : 、: .      : : ゙ヽ、
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:゙゙゙゙'''''''‐- 、 ,,,,,_
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:`゙''ー-       _,,.--ー''''''"゙
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"" ゙゙̄"'''''―-
''"''''"""''"""'''''"""''""''""",,,,-‐'゛'''''"""''""''''""''"''''""''"""'''''"""''""゙''、,,"'''''―--'''""''"''''"""''"""''''
..:ヾ:ヾ.ヽ.:ヾ:  ヾヾヽ.:ヾ ...ヾ.,. .ヽ.:,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ヾ:.,..ヽ.:ヾ .. ヾヾヽヾ. ヾ .. ヾヾヾ``'‐.``'‐.、ヾヽ..ヽ.:ヾ .
  ヾヾ      ヽ.:     ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛  ヾ ..    .,.ヾ.,.   .ヽ    .:ヾ:. ..ヽ``'‐.、``'‐.、    .:
  ヾヾヽ ヾ      ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ :.,..ヽ.:ヾ .. ヾ      ヾヾヽ ヾ       ヾ.,. .ヽ.:ヾ:
:;.:";|./:;.:'";゙:.:゙,:;ヾ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛      ヾヾヽ ヾ         ヾ::.ヾヾ
':;,`:ヽ|/,':,:;*.,:;/.:::;.:":::"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''
";*'.:.:;”:;,`:;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:; ,:;.:';';';::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:;';',: '::;.:"
:".:;.:'"i゙:.:゙,:;、,"ノ'.:;ノ'.:.:;”:;,`: :::::: '''''"""''""''''""''"''''""
":;*;;:ヽ|i/:;,':,:;.,:;.:∨//.:";w
::;.:";|./:;.:'";゙:.:*゙,:;//,:;、,"ノ'.:;ノ'.
.:;,`:ヽ|:i.|;,`*/,':,:;ii|,:;/.:*::;.:"::
.;;\.:|:i|i;,`:;,:;.:'|ii"゙:.:゙,/:;、.
::;*:".:;.|i;i|i;,`:;,'*iiiゾ:.:゙、*,"ノ'.:;ノ'.:.:;”:;,`
.:;,*`ヽ|/:;,':,:ソ|、_,.,:;.:∨//.*:";'/.:.:;”:;,,,
.*:;.:'";|'ノ.:.:;”:;,`:;:i;|.':,”ソ::.:゙,:;、,",,,,-

     ____
   /      \
  /  ─   ─\     「病気になってない品目を中心にしたとはいえ食料の収穫もできたお。
/    (●)  (●) \     小規模なりに教育制度を整え、農工商業が揃ったことになるお。
|       (__人__)    |     これで曲がりなりにも人里を名乗れる規模になったと思うお」
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

2154◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:09:08 ID:3U5RzzwM0
         ___
       /     \ 
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \   「だが! このやる夫の目的はあくまで【バビロン王国の復活】!
     |       (__人__)   |    これはまだまだスタートに過ぎないお!」
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |


              └ァ'´ ~イヽヽイ ノ イ / / / /|i  ト、ヽ \ヽ
            \   / |./ / /ノ / / / / /| ! ヽ ヽ ヽヽ.}
             /`〃 イ // /  / / / /ノ / /!  |  l i l l N
            / // /レ'〃 / ! / 〃/,イ__レj / jノ|/ __!| | ノ/
           / / l l |// / 八|/j/レ'"r==ミ` ' ′´,ミlj}ノ/
          / / l l|r' ̄ヒヽj/   イノ `!     f'^i ソ ′
        /   /  l  ||ト、|f\    l_,L     Lj.{   「それはいいんですけど……
          /   /  / / |iぃ\、 。jヽ /フ} u       r  |    国の復活って、具体的にはどうするんです?」
       /   /  / /  |いヽ ヽく y′/..      _  ノ
      /  /   / /_   !ヽNYrYY  /ヽi^L_  ´゜ /
     /   /    //)´ _`丶、     |  { y'´ r‐、ト- '         「お、じゃあ簡単に説明するお!」
   /   /     / `´l  `丶、ヽ、 」 /ニ'y′,r‐ヽ
   /   /    l   l       ヽ ,く V  〈 / /ヽ.ト 、__

2155◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:09:28 ID:3U5RzzwM0
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \  「まーまずこのバビロンがあった地でである程度まともな生活をしてないと
    |      (__人__)     |   話にならんお。【具体的には最低でも総合評価が50は必要】だお。
     \    ` ⌒´    ,/   これを下回ってたらいくらなんでも王国とは言いがたいお。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    残念ながら現状では何言っても『ハイハイワロスワロス』で終わりだお」
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }  「で、あとぱっと思いつく(※ つまりGMが予め用意した)手段として
     /⌒  ⌒\   |   |   こんなのが上げられるお!」
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l   1:三種の神器を集め、伝統的な戴冠式を行う(神器ルート)
  |     |r┬-|       |  /   2:圧倒的な国力で有無を言わさず戴冠する(内政ルート)
  \     ` ー'´     //     3:周囲の隣国と国境線を定め、国家承認を受ける(外交ルート)
  / __        /
  (___)      /

2156◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:10:01 ID:3U5RzzwM0
1:神器ルート
      ____
     /\  /\      「これは簡単だお! 三種の神器を全てそろえて、
   /( ●)  (●)\     バビロン王国に代々伝わる正式な戴冠式を執り行うんだお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\   既に王権の灯火はあるから、あと2つを手に入れればおkだお!」
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /


    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!
!:::::::::::l ゙ ..:.:.:7"::;:::::_::、ヾ゙i:: :.: ,.ヾ、:::::::ハ   「それで隣国が文句を言ってきたりはしねぇのか?」
::::::::::::iゝ. .:.:.:.:.l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,!
::::::::::::lゝ :.:.:.:.:゙ー───‐'.:.:.:.: k'^ヽ、゙i  ノ
::::::::::::ゝ  :.:.ァ''''"::: ̄ ̄::''ー'':::ヽ`゚'-゙_,! 丿
:::::::::::::::〉.:.:  ,n :.: rャ:.:.:: z、 :.:.:. .:.:ヾ、:.:.: ,ノ
l:::::::::::::i.:.:  |:::| .:.:.|::::| :.: i:::::|.:.:.:.;ヘ.:.:.:. ,ヾ }
|::::::::::::l:.:  _レヘ:.:.|:::::!:.:. !:::::|.:.:.:l:::;!.:.:./::i 〉
}::::::::::::!:.: ´  .: ,}:.:|:::::l:.:. !::::::!.:.:,!::;!.:.:,'.:.:,',!
!::::::::::::l.:.:......:.: /:l.::l::::::!:: l:::::::|:.:,!::;!:.:,'.:.:7.!    ,ハ
:::::::::/i :.:.:  ,/::::ゝl::::::し':::::::i.::,!::;!.:;',!:/ `ー‐'" }
:::/   `ー、"::::::::::::::::::::::::::::::`´:::レ':!;/:.:.:.:......:.: ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソゝ.;,;_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、

2157◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:10:38 ID:3U5RzzwM0
        .___
     /)/ノ ' ヽ、.\
  ./ .イ '(●)  (●) \   「勿論、ある程度は文句を押さえられる実力が必要だお。
  /,'才.ミ)  (__人__)    \  【そのための総合評価50でもある】お。
  | ≧シ'  ´ ⌒`        |  ただ、伝統的な継承法に則って王位を継承しているのはどこも同じだお。
  .\ ヽ           /  そこにケチをつけたら明日はわが身だお」


             ____y⌒ヽ
         ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
         /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
 (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
   `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
  __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
 〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l    「クーデターがおきた南方のアルトマー王国も、
 {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|     王位継承の儀式自体は伝統どおりに行いましたからね。
 乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|     そこに疑問をはさむと、自分の敵対派閥が
    Y:\:\:.i!: : ≠vィチ行ミヽ  X_><  }:. : :.ノ     『じゃあおまえはどうなんだ』と言い始めます。
   vヘ: Y⌒ヽ {{ i 以リ ノ }}   ィ=ミ `V: : : :{\__   【少なくとも、神器を3つそろえれば
     \丶 `\` <__/⌒Y以 } Y: : : }}: ヽヽ¨ヽ  国の復活自体に文句を言うことはないでしょう】」
         〉:ハ          ,   ゝ ノ ノ: : :.ハ: :八j
        '⌒ヽ、 u         =≦_/7 V
              | ヽ   ` ヽ     /¨{  `v′ }
          __}   \    ,   <ノ  ヽ    /
       /^V    `¨´r─ 、     i   {

2158◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:11:28 ID:3U5RzzwM0
2:内政ルート
               ____
             /      \
           / ─    ─ \    「まあ、とはいえやる夫はすでに神器の1つ
          /   (●)  (●)  \   王権の灯火を所持しているお。
            |      (__人__)     |   多少略式にはなるけど、これがあれば継承の儀式はできるお。
          \     `⌒´    ,/   この場合どっちかというと新たな国を建国って
          /     ー‐    \   言ったほうが正確な内容かもしれないけど」


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\    「ただ、その場合は誰の目から見ても立派な国である必要があるお。
/    (●)  (●) \   それから、他の神器を手に入れた者が文句を言えない位に
|       (__人__)    |   バビロンを実効支配している必要があるお。
/     ∩ノ ⊃  /    【具体的には、総合評価が200は必要】だお。
(  \ / _ノ |  |     因みに【神器を2つ持ってたら総合評価100で戴冠可能】だお。
.\ “  /__|  |     戴冠儀式が正式なものに近づくし、文句を言う人が最大1人に減るからだお」
  \ /___ /

2159◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:12:14 ID:3U5RzzwM0
3:外交ルート
     ____
   /      \
  /         \  「最後……【要は諸外国に国が復活したと認めさせればいいんだから
/           \  諸外国に国家承認を受ければ儀式も何も関係なく国が復活するお】。
|     \   ,_   |  で……【具体的には隣国を制圧するなり友好関係を築くなりして
/  u  ∩ノ ⊃―)/  国境線を定めて国家として認めてもらえればいい】んだけど……。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


             ____y⌒ヽ
         ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
         /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
 (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
   `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
  __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
 〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l  「南部のアルトマーはクーデターを起こしたばかり、
 {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|   承認をしてもらっても権威性が薄いってことですか」
 乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|
    Y:\:\:.i!: : ≠vィチ行ミヽ  X_><  }:. : :.ノ
   vヘ: Y⌒ヽ {{ i 以リ ノ }}   ィ=ミ `V: : : :{\__      「いや、それは事実なんだおけどね?」>やる夫
     \丶 `\` <__/⌒Y以 } Y: : : }}: ヽヽ¨ヽ
         〉:ハ          ,   ゝ ノ ノ: : :.ハ: :八j
        '⌒ヽ、 u         =≦_/7 V
              | ヽ   ` ヽ     /¨{  `v′ }
          __}   \    ,   <ノ  ヽ    /
       /^V    `¨´r─ 、     i   {

【南部 港湾国家 アルトマー王国】
 かつては魔法使いがその魔術によって魔法を使えない人々を支配していた貴族主義国家であった。
しかし、その現状を憂いたトニー・スタークが自ら作り上げた機械鎧(ガンダム)を纏った仲間とクーデターを敢行。
才能や血統に左右される魔術に変わり広く人々に開かれた工業技術を広めようとしている。
なお、私兵は現在「ヒーロー部隊」と名をかえ、国内の治安維持に当たっている。

2160◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:12:50 ID:3U5RzzwM0
     ____
   /      \
  /         \    「まず北部の山脈には未開の地が広がってて、隣国というかどうなってるのかすら
/ U  _ノ    ヽ_  \   現在は不明だお。ちなみに【かつては北の山脈もバビロン王国だった】お。
|     (一)|lil|(ー)  |   【そこを越えて開拓し、北部に何か勢力が存在した場合は
/     ∩ノ ⊃_) /    その勢力とも交渉する必要があるお】
(  \ / _ノ |  |     勿論、一旦北部開拓は諦めて山脈を暫定的な国境にしてもいいけど」
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


            __
      __ ⌒ヽ∠´
    /´ : : : : : : : : : : : `
   /: : : : : : : : /|: : : : : : : `
   |: : : i: : : : / {: : : ヽ、: : : ヽ    「それはそうですね。ですがそれなら国の体裁が整うまで
    |: : : i: : : : lー弌: : : : i iヾ: : : `    北部は棚上げにすればいいんじゃないですか?」
   ′: : : : : 弋:ソ ヽ_:l ヒノl: : : :, }
 ''゙´: : : : : : : : l、_,/⌒l、__i: : : /            「うん、北部はぶっちゃけそれでいいんだお?」>やる夫
 ヾ: : : : : i\: :l        |: : 〈
  `ヽiヽ:.`ヽゝ! .   ─  ./: : : )
      厂 ̄'7 ヽ  /: :/'',′
  / ̄ ̄"ヽ/i   |ー┐
  |       \ ヾ . .|;!ヽ、
  厶ー       /、 \|   |
 ぐ        /:;:;゛:;:;:;';:|   ヽ、

2162◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:13:33 ID:3U5RzzwM0
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \  「問題はバビロンの東部と西部だお。
    |      (__人__)     |   因みにこんな奴らがお隣さんです」
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

【東部 蛮族連合体 デンジャラスデイナー】
東にある蛮族たちの同盟。蛮族らしく脳筋が多く、とりあえず殴りあいで物事を解決しようとする。
かつては戦いの際に恐怖を忘れられる薬を飲んで戦意を高揚させる習慣があったが、
現在はそれを麻薬として周辺国家に密輸することが主な外貨獲得手段となっている。
(密輸商人を捕らえた街へ同胞のの救出を口実に攻撃して略奪する部分まで含む)
なお、名目上の盟主は神の巫女であり仙女とされる妲己であるが、
実際の権力は武力を持っている息子のほうが強い。

【西部 宗教国家 KSKST】
正式な国名は恐れ多いので子音だけで表現しているらしく、その正式名称を知るものは最早誰もいない。
西にある教会が政府を兼ねる内陸国。国民の半分がオタク、残りの半分が腐女子といわれるほどの趣味人国家。
稼ぎのほぼ全てを(場合によっては働きもしないで)己が趣味に高じるという国民性。
税金を取ろうとすると(そんな金はないので)反乱、何もしなくても趣味の違いやらで勝手に内乱。
そんなこんなでまともな国家組織ができるわけもなく
教会政府は聖地でもある大聖堂から半径300mくらいしか実効支配できていない。
信仰心に篤く聖戦によって殉教することが最大の誉れとされており、国としてまとまっていられるほぼ唯一の理由。
ただ、そのため必要もないのに聖戦を発動させろと国民が教会に詰め掛けることもあり、
政府の頭痛の種となっている。最近は海、というか海岸にあるという聖地への巡礼手段を求める声が強い。

2164◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:14:13 ID:3U5RzzwM0
            __
      __ ⌒ヽ∠´
    /´ : : : : : : : : : : : `
   /: : : : : : : : /|: : : : : : : `
   |: : : i: : : : / {: : : ヽ、: : : ヽ
    |: : : i: : : : lー弌: : : : i iヾ: : : `   「……どうしてこんな終わってる国ばかりなんですか?
   ′: : : : : ////ヽ_:l///l: : : :, }   というか、これって国なんですか?」
 ''゙´: : : : : : : : l、_,/⌒l、__i: : : /
 ヾ: : : : : i\: :l        |: : 〈
  `ヽiヽ:.`ヽゝ! .   ─  ./: : : )
      厂 ̄'7 ヽ  /: :/'',′
  / ̄ ̄"ヽ/i   |ー┐
  |       \ ヾ . .|;!ヽ、
  厶ー       /、 \|   |
 ぐ        /:;:;゛:;:;:;';:|   ヽ、


        ____
      /      \
  o ○ o´  _ノ  ヽ、_ `o ○ o      「そんなのこっちが聞きたいお!
.。゚   / o゚/⌒)  ((<))゚o\   ゚ 。    やる夫が生まれたときにはこんなもんだったお!」
    | 0 / /(__人__)'  0 |
    \ / /  `― '     /


【参考:すっげー簡単なバビロン周辺概略図】(面積などは適当です)
┏━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
┃       .           .  ┃                ┃
┃        【?】     ..   ┃       【?】      ┃
┃       .           .  ┃                ┃
┣………………╋━━━━━━┫……………………………┃
┃       .  ┃       .  ┃                ┃→【この向こうにジャギの故郷】
┃ 【KSKST】 ┃ 【バビロン】 ┃                ┃
┃       .  ┃       .  ┃ 【デンジャラスデイナー】 .┃
┣━━━━━━┻━━━━━━┫                ┃
┃       .           .  ┃                ┃
┃     【アルトマー王国】   .┃         (この辺りにデイナーの襲撃を受けてる国家群)
┃       .           .  ┃                ┃
┗━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┛
                 【海】  ↓【海の向こうに涼の故郷】

2166◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:15:34 ID:3U5RzzwM0
       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\       「と、ともかく【今月からこれら諸外国と外交することもできるお】
  /   (__人__)  u. \      【外交自体にリソースは消費しないけど、お土産を持ってくのは自由】だお。
  |ni 7   ` ⌒´    . |n     【どんな判定を行うか、あるいは行わないかは状況次第】だお。
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)   あと【まだ絶対やらないほうがいいけど、軍事行動も可能】だお。
', U ! レ' /      . . | U レ'//)  但し【外国に軍事行動をする場合は食料を3倍消費する】お」
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''

【諸外国との外交コマンドが解禁されました! なお、人材の勧誘も外交として扱います】

2168◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:16:20 ID:3U5RzzwM0
        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}    「だが、そういう国だって言うんだったら内政ばかりってわけにもいかないな。
      l:::::::::::::ゝ---- ι    軍備をおろそかにしてると『ヒャッハー! カモネギだー!』つって
       |::::::::::::)  ◯  ○ (     襲ってくるのが目に見えやがるぜ。
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ    【最低でも国力30ごとに1部隊は用意しないと舐めて攻めてくるかもしれない】
      ゝ---η.   |||||||  ゝ    【1部隊あたりの国力が40以上だったら間違いなく攻めてくるな】
        /≦ ヽ .|  | ≧     とりあえずその辺の奴に武器持たせただけのカカシでいいから、
         { l  l |* *| | l     ある程度数をそろえてハッタリを聞かせておくことをお勧めするぞ」
          { .l  l .|  * | .| l
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^


         /.:.:.:/.:.:.::/.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,
.           '.:.:.:.:l.:.:.::/.:.:.:.:.::/.://:/.:.:.:.:./ ',.::.:',:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:..:.::.:!
.         {:.:.:.:.:|:.:.:.l:: .//_」:⊥!」!_./ /  ',:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:::.:.:::.:..:.:.:.:}
        ハ:.:.:/|:::.:.|:.:/://:/_/|/l:/}/   リl;l;ィ_リソヽ:.:.:.::::.:.:リ
           レ'.:r{:::.:.レ';;ノ,ィァ=;、       x==、ヽノ人::::.:::{::/  「どんなに友好関係を築いていてもですか?」
.          イ:/ム:::.:.! /' _,ルy:} ヽ     /ん;;心刈ゝ:.:.:.:.:.:j(
         |{  ヘ::.j! ` 弋::::ノ         ト<'::::リ j}/.:.:.:.:トヽ                  「ああそうだ」>ジャギ
         |ハ:.、u从             ` ー'′厶イ.:.:|
         | リ::ヽ._ヾ、        :!          /ノ:.:.N
        弋:.:.i♀ヘ.          ′        /o.:.::.:'
           ヽハ从ゞ、       __         ,ハ.:.イ:.l
              ヽ川l::|` 、    ` ′     ィ.:.:..:/' レ′
              j ハ::|  丶、    ,. '|:l:リ.:/
                :ト、__ ` ー ' .__|'´
               丿: : : : : : : : |: : : :.: :|
          ,.  '′:::::.:. : : : : : |: : : :.: : ヽ、

2175◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:21:13 ID:3U5RzzwM0


    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     「つーか冷静に考えてみろ。
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     片や盟主がいるとはいえ所詮は蛮族の連合体。
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!     もう片方はほぼ実権のない形だけの政府だ。
!:::::::::::l ゙ ..:.:.:7"::;:::::_::、ヾ゙i:: :.: ,.ヾ、:::::::ハ     どんなに仲良くしたところで国境付近の連中の暴走を
::::::::::::iゝ. .:.:.:.:.l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,!     止められるわけがないだろうが。
::::::::::::lゝ :.:.:.:.:゙ー───‐'.:.:.:.: k'^ヽ、゙i  ノ    【隣国とどんなに友好的になっても攻めてくるものは攻めてくる】
::::::::::::ゝ  :.:.ァ''''"::: ̄ ̄::''ー'':::ヽ`゚'-゙_,! 丿    少なくともそのつもりで準備しておけ」
:::::::::::::::〉.:.:  ,n :.: rャ:.:.:: z、 :.:.:. .:.:ヾ、:.:.: ,ノ
l:::::::::::::i.:.:  |:::| .:.:.|::::| :.: i:::::|.:.:.:.;ヘ.:.:.:. ,ヾ }
|::::::::::::l:.:  _レヘ:.:.|:::::!:.:. !:::::|.:.:.:l:::;!.:.:./::i 〉
}::::::::::::!:.: ´  .: ,}:.:|:::::l:.:. !::::::!.:.:,!::;!.:.:,'.:.:,',!
!::::::::::::l.:.:......:.: /:l.::l::::::!:: l:::::::|:.:,!::;!:.:,'.:.:7.!    ,ハ
:::::::::/i :.:.:  ,/::::ゝl::::::し':::::::i.::,!::;!.:;',!:/ `ー‐'" }
:::/   `ー、"::::::::::::::::::::::::::::::`´:::レ':!;/:.:.:.:......:.: ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソゝ.;,;_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、


            __
      __ ⌒ヽ∠´
    /´ : : : : : : : : : : : `
   /: : : : : : : : /|: : : : : : : `
   |: : : i: : : : / {: : : ヽ、: : : ヽ   「【もう少しまともな国家だったら
    |: : : i: : : : lー弌: : : : i iヾ: : : `    友好度とかも関係したかもしれませんけど】ね……」
   ′: : : : : ////ヽ_:l///l: : : :, }
 ''゙´: : : : : : : : l、_,/⌒l、__i: : : /                 「哀しいこと言うなお……」>やる夫
 ヾ: : : : : i\: :l        |: : 〈
  `ヽiヽ:.`ヽゝ! .   ─  ./: : : )
      厂 ̄'7 ヽ  /: :/'',′
  / ̄ ̄"ヽ/i   |ー┐
  |       \ ヾ . .|;!ヽ、
  厶ー       /、 \|   |
 ぐ        /:;:;゛:;:;:;';:|   ヽ、

【というわけで、エンディング条件が開示されました】
【絶対条件:総合評価50以上】
この上で、以下のどれかを達成すればバビロン王国の復活を宣言できます。
【三種の神器を3つそろえる】
【三種の神器を2つ持った上で、総合評価を100以上にする】
【総合評価を200以上にする】
【全ての隣国に国家承認してもらう】

2182◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:24:17 ID:3U5RzzwM0
それでは、質問などもあるでしょうがとりあえず人数の確認もかねて
交易フェイズを行います。
━━【B:交易フェイズ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━
定められた交易レートに従い、各リソースを交換します。
現在のレートは以下のとおりです。
・財貨2→他の資源1
・他の資源2→財貨1
食料→物資、またはその逆の交易は今の所ありません。
なお、交易の回数に制限はありません。
そのため財貨を仲介した「食料4→物資1」という交易は可能です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現在のリソースは【食料8】【物資4】【財貨7】です。
【交易フェイズに何をするか選択してください。スキップしてもかまいません】
↓3~7から多数決

2185名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 19:26:07 ID:yNArF8rs0
なしで

2186名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 19:26:09 ID:NRM3a1cg0
財貨4を物資2に?
開発優先するならだけど

2187名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 19:26:14 ID:aK05O/kc0
スキップ

2188名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 19:26:16 ID:IXR6ddeY0
スキップ

2189名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 19:26:17 ID:6WWvHEq20
スキップ

2202◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:30:37 ID:3U5RzzwM0
【では、いつものように交易フェイズはスキップいたします】
この国、まるで鎖国してるみたいだ……。
━━【C:情報収集フェイズ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━
財貨1を消費し、様々な情報を収集します。
「メインキャラ1名、サポートキャラ2名」を指定して
【知略】を用いた判定を行い、成功すれば該当する情報が手に入ります。
ペナルティは情報の難易度に応じて都度GMが決定します。
一回の行動で複数の情報を得てもかまいません。
その場合成功確率に全ての情報の難度のペナルティを受け、
失敗した場合は何の情報も得ることができません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なお、念のため判定方法を再掲載しておきます。参考までにどうぞ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
通常の判定方法
判定に参加するキャラを最大3人まで選び、そのうち1人をメインで行うメインキャラとする。
あとはサポートキャラとなる。
[メインキャラの【能力】×10+サポートキャラの【能力】合計×5+スキルや難度などによる修正]
上記の値を[成功確率]として「こっちのトリップに隠された数値+安価で決まった0~99の数」する。
その値の下二桁を[出目]と称する。但し、0は100として扱う。
[成功確率]≧[出目]だった場合は成功。
[成功確率]<[出目]だった場合は失敗。

例:【指揮】が6、5、4であるキャラ3人が農業力を+2させる判定を行う。
現在の農業力は5、技術力は4とする。またメインキャラとして6のキャラを指定するとする。
このとき+2上昇させるので-(2×2)×5=-20の修正がつく。
さらに、[農業力-技術力]が1なので-1×5=-5の修正がつく。
よって「6×10+(5+4)×5-10-20=80が[成功確率]となる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【なお、今月は固定イベントがおきます。具体的に言うとアルトマーから外交しにやってきます】
【内容は国交と交易のレートに関してです】

2210◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:37:09 ID:3U5RzzwM0


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\     「というわけで、何でもアルトマーにバビロンとの交易に関して
     / .イ '(●)  .(●)\    色々と取り決めたいという話が上がってるお。
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \   月末には話し合いの使者が来そうだから準備しておくお」
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /


             ____y⌒ヽ
         ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
         /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
 (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
   `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
  __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
 〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l   「わかりました。参考までに
 {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|    現在調べる価値がありそうな情報を上げておきますね」
 乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|
    Y:\:\:.i!: : ≠vィチ行ミヽ  X_><  }:. : :.ノ
   vヘ: Y⌒ヽ {{ i 以リ ノ }}   ィ=ミ `V: : : :{\__
     \丶 `\` <__/⌒Y以 } Y: : : }}: ヽヽ¨ヽ
         〉:ハ          ,   ゝ ノ ノ: : :.ハ: :八j
        '⌒ヽ、 u         =≦_/7 V
              | ヽ   ` ヽ     /¨{  `v′ }
          __}   \    ,   <ノ  ヽ    /
       /^V    `¨´r─ 、     i   {

○調べるもの草案○
・人材発掘:-10%(【但し『いないことがわかる』可能性もあります】)
・バビロン王国三種の神器について:1つは-20%、もう1つは-30%(別項目として扱います)
・穀物の病気の原因:-100%
・古戦場の場所:-20% ← 領地探索でスキップ可能。
・古戦場の危険度:-20% ← 悪霊の強さが少し分かる可能性あり。
・今回のアルトマーの狙っている落としどころ:-50%
【5分ほど相談タイムを設けます】
【その間に知りたい情報を質問してくださってもかまいません】

2227◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:44:15 ID:3U5RzzwM0

【では、改めて情報収集フェイズの行動を決めてください】
↓3~7の多数決

2226名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 19:44:06 ID:/hXnS/TM0

エリー(M)、涼、ジャギ 基礎成功率165%

パターンB 食料1消費
・今回のアルトマーの狙っている落としどころ:-50%
・古戦場の危険度:-20% ← 悪霊の強さが少し分かる可能性あり。

2228名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 19:44:33 ID:NRM3a1cg0
>>2226

2229名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 19:44:49 ID:/hXnS/TM0
>>2226

2230名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 19:44:50 ID:6WWvHEq20
>2226

2231名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 19:44:54 ID:yNArF8rs0
エリー(M)、涼、ジャギ 基礎成功率165%

パターンB 食料1消費
・今回のアルトマーの狙っている落としどころ:-50%
・古戦場の危険度:-20% ← 悪霊の強さが少し分かる可能性あり。

2232名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 19:44:55 ID:17Zn4/Sw0
>>2226

2236◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:49:42 ID:3U5RzzwM0
>>2226 の行動に決まりました!】
10*10+(7+4)*5+10+5-70=100%
チーズケーキの力でまたも判定の予知なく成功!

というわけで、まずはやってくる使者を安価で決めましょう。
↓5(元ネタも含めてお書きください)

2241名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 19:50:58 ID:UP1FzOc20
レン(英雄伝説シリーズ)

2250◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 19:57:29 ID:3U5RzzwM0
では、レン(英雄伝説)に決定しました。
AAなどを探しておきますので、しばらくお待ちください。

    ┌―――‐┐
   [><]ニニニニニ|
   // | |リノノ ハヾヽ.
 /V| | レイルナレ l/-ヾl
 |/ i ||_|`モ')  f'jl|リ
    | |ゝ   __' ノ        「アルトマーからいらした方々とお話してみましたけど、
     Ww|>-' イ         【基本的には将来確実に起きる不作のため、
     ,-<> ,ニ、<)ヽ、       食料を買い付ける窓口を探しているようです】
   / ヽo) レ'__Vo/、i       向こうは工業を重視しつつあり、こっちが開拓中で
   }>'´>ー―一ヽ 〉       物資を必要としているのもわかった上で、
    Y  | ,っ| ̄lワ| ̄lワ, -、    物資と食料の交換レートを決定したいみたいですね。
   .i|  ' 、_>,二二二二l|〕    【食料5→物資4のレートまでなら二つ返事で承諾するつもり】のようです。
   i!ヽ.._/>´/λi!  `~    それ以上となると、何らかの交換条件を要求されるでしょうね」
   .i!.. i´ ̄∩' ̄ .i i!
   i!  |ー‐| |     | i!
  i!  |Aー'-'    .| i!
  i!  .|' |      ..| i!


             ____y⌒ヽ
         ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
         /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
 (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
   `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
  __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
 〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l  「因みに【レートは輸送コストも含むのでこっちが払った
 {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|   食料5がそのまま向こうに入るわけじゃありません】
 乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|   1:1レートにするのは難しいでしょう。
    Y:\:\:.i!: : ≠vィチ行ミヽ  X_><  }:. : :.ノ   【少なくとも1:1を超える交易は絶対に不可能です】」
   vヘ: Y⌒ヽ {{ i 以リ ノ }}   ィ=ミ `V: : : :{\__
     \丶 `\` <__/⌒Y以 } Y: : : }}: ヽヽ¨ヽ
         〉:ハ          ,   ゝ ノ ノ: : :.ハ: :八j
        '⌒ヽ、 u         =≦_/7 V     ※ ゲームシステムの都合でもあります。ご了承ください。
              | ヽ   ` ヽ     /¨{  `v′ }
          __}   \    ,   <ノ  ヽ    /
       /^V    `¨´r─ 、     i   {

2260◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 20:00:58 ID:3U5RzzwM0
ええっと、この方でいいんですかね?
                , -‐- 、
       r‐‐-- 、, -‐//⌒ヽヽ_
       { r'">=ニ{_7/三ニニンニュ`. 、
       { {/彡´/   `ヽ>: : : ヾ,: :.ヽ
        〉,イ__/: : : : : : : : : : ,: ヽ:`ヽ:.ヾ: ヽ
      〃: : : : : : l ∧ヘ: : : : :l: : :ヽ: :'; : '; : l,
      .l|: : : : : : : :l:.{   マ: :l: : l: : : l}: :.',: :';: :.l,
      l|: : {: : : |: :.l:.{   マ: L斗-: ∧: :}: :.}: :∧
       .l|: :.l|: : l:l_L:{ム_   }:/}: /z} /ュ}:./:イ}: ヽ:∧
      .l|: :.l|: :.トj V ヽ  j/ }/f示テアレノV| }: ヽ:∧
      ∧:.ヽλf示テァ     ゝ-'´7: : ハノ:ヽ: :ヽ:ヽ
     ./: :人从从弋ツ       ムイ: :.:}: : :ヽ: :.}ヽ}
    ./: :/: /: : :∧    '      /: : :λ}: : ト、:.:}/:.}
 -=ニイ:./:.l:.{:.:l:.:.{:.:人   ー ‐'   /: :ノノ:.ノ: }: }:.}:.:.:.:/
   l|: /{:λヽV´l`ヽ:.:{>ュ.、 __ イ: 7:T:.:.:.:ノ:.:/:;':.:.}:/
   {:./ .l:.{ヽ:.:.:ヽ,;L!ェ=ニニュ、   {=ュ、,:.:イ、:./:ノ:.:ノ/
   .{(_,ヽゝ_;,;,イニニニニニニユュ、_ .マニュ、ゝニ==-'
   ..`ー'´  ,イ三{/ .`マニニニニニニ}ト、ニニュ、
       ,イニ三{    マニニニニニ}「::¨¨``ー--、
      ,イ:三三{    { マニニニニ}L::::`ヽ::::::::::::`ヽ

2271◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 20:04:14 ID:3U5RzzwM0

    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!
!:::::::::::l ゙ ..:.:.:7"::;:::::_::、ヾ゙i:: :.: ,.ヾ、:::::::ハ   「で、古戦場で現れる亡霊だが、
::::::::::::iゝ. .:.:.:.:.l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,!    一番頻繁に襲ってくるのはこいつだな。
::::::::::::lゝ :.:.:.:.:゙ー───‐'.:.:.:.: k'^ヽ、゙i  ノ    単体としては大して強くないが、集団で襲われると厄介だ」
::::::::::::ゝ  :.:.ァ''''"::: ̄ ̄::''ー'':::ヽ`゚'-゙_,! 丿
:::::::::::::::〉.:.:  ,n :.: rャ:.:.:: z、 :.:.:. .:.:ヾ、:.:.: ,ノ
l:::::::::::::i.:.:  |:::| .:.:.|::::| :.: i:::::|.:.:.:.;ヘ.:.:.:. ,ヾ }
|::::::::::::l:.:  _レヘ:.:.|:::::!:.:. !:::::|.:.:.:l:::;!.:.:./::i 〉
}::::::::::::!:.: ´  .: ,}:.:|:::::l:.:. !::::::!.:.:,!::;!.:.:,'.:.:,',!
!::::::::::::l.:.:......:.: /:l.::l::::::!:: l:::::::|:.:,!::;!:.:,'.:.:7.!    ,ハ
:::::::::/i :.:.:  ,/::::ゝl::::::し':::::::i.::,!::;!.:;',!:/ `ー‐'" }
:::/   `ー、"::::::::::::::::::::::::::::::`´:::レ':!;/:.:.:.:......:.: ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソゝ.;,;_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、


         ____         / ̄ ̄ ̄\
     /___ \      /  ___ ヽ
    /  |´・ω・`|  \     /  |´・ω・`|  \ みんな~
   /     ̄ ̄ ̄    \  / _,    ̄⊂二二)
   |  i          ヽ、_ヽl |        |
  └二二⊃         l ∪  |          |
     |   ,、___,    ノ    |    ,、   |
     ヽ_二コ/   /     ヽ  / \  /
   _____/__/´     __ヽノ____`´
┏【彷徨える怨霊】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】0 【知略】4 【武力】5 【天運】0


┃スキル
┃《レギオン》
┃ このキャラクターは複数で1体のキャラクターデータを構成しています。

┃《彼方からの呼び声》
┃ 命あるものを呼び込む声を聞かせ、心の平衡を失わせます
┃代表者は【知略】または【天運】判定を行い、失敗すると戦闘の成功確率が-40%されます。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2276◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 20:07:46 ID:3U5RzzwM0
        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ---- ι   「あと、たま~に旧バビロン王国の亡霊兵と出会うことがあるらしいが
       |::::::::::::)  ◯  ○ (     【そいつらは基本的に無害だ。むしろ会話が通じる】。
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ    だが【そいつらのいる所は大抵怨霊がいるから、
      ゝ---η.   |||||||  ゝ    そういう意味では気をつけたほうがいい】」
        /≦ ヽ .|  | ≧
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^


     ____
   /      \
  /         \  「なるほど……ありがとうだお」
/           \
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

【情報収集フェイズ終了】

2283◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 20:12:25 ID:3U5RzzwM0
【食料が8→7になりました!】
【財貨が7→6になりました!】
【これより、行動フェイズに移行します】
━━【D:行動フェイズ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
下に記載された行動を3つまで行うことができます。
各行動には「メインキャラ1名、サポートキャラ2名」
合計3名が参加できます。
同じキャラが何回行動を行ってもかまいません。
但し、同じ行動を2回行うことはできません。
なお、行動の結果は都度反映されます。
例えば1回目の行動で技術力が上昇すれば、
2回目の農業開発には上昇した技術力を使用します。

0:自己鍛錬
 任意のリソースを1消費して、参加したキャラ全員が成長点を3点得ます。
この行動は何回でも行えます。

1:情報収集
 財貨1を消費し、情報収集フェイズと同様に様々な情報を収集します。
判定方法は情報収集フェイズと同様です。
この行動は何回でも行えます。

2:技術開発
 財貨1を消費して、技術力を上昇させます。
判定前に「N点上昇させる」と併記してください。Nは任意の自然数です。
この行動には【知略】を用います。
判定のペナルティは[-(現在の技術力+Nの二乗×5)]です。
例えば、3の状態から2点上昇させたいなら-(3+2×2×5)=-23のペナルティを受けます。

3;農業/工業/商業開発
 物資1を消費して、農業力/工業力/商業力を上昇させます。
宣言時に「N点上昇させる」と併記してください。Nは任意の自然数です。
上昇させる能力毎に別の行動として扱います。
この行動には【指揮】を用います。
判定のペナルティは[-Nの二乗×5]です。
また、農業力/工業力/商業力が技術力を上回っていた場合、
さらに[-(上昇前の上げたい国力-技術力)×10]のペナルティを受けます。

4:治安維持
 リソースは消費しません。荒廃度を減少させ、治安を回復させます。
宣言時に「N点減少させる」と併記してください。Nは現在の荒廃度以下の任意の自然数です。
各キャラクター毎に【指揮】または【武力】の好きなほうを使用します。
このとき-[Nの二乗]だけペナルティを受けます。
これにより荒廃度が0になった場合、即座に追加でランダムイベント表を振れます。

※2~4で上昇値または減少させたい荒廃度を"1"とした場合、判定なしに自動成功します。
 その際にも行動に参加したキャラクターは成長点を1点得ます。

5:領内探索
 リソースは消費しません。領地を探索します。資源や家臣となりうる人材が見つかるかもしれません。
この行動には【天運】を用います。
成功すればグッドイベント、失敗すればバッドイベントがおきます。
判定を行う際、[-今まで成功した回数の二乗×10]のペナルティを受けます。
例えば今までに2回成功していた場合、-2×2×10=-40のペナルティを受けます。
このペナルティは1月、5月、9月になるとリセットされます。

6:部隊創設
 「物資1&財貨1」を消費して新たな部隊を創設します。
初期状態での兵力は5ですが、【指揮】による判定で初期値を上昇できます。
宣言時に「N点上昇させる」と併記してください。Nは任意の自然数です。
その際のペナルティは[-Nの二乗×5]です。
成功した場合初期から上昇した兵力で部隊を得ることができます。
失敗した場合も兵力5の部隊は創設されるので、ご安心ください。

7:軍事訓練
 物資1を消費して、全ての部隊の訓練を行います。
宣言時に「N点上昇させる」と併記してください。Nは任意の自然数です。
この行動には【指揮】を用います。
その際のペナルティは[-Nの二乗×5]です。
但し上昇値を"1"とした場合、判定なしに自動的に成功します。
その際にも行動に参加したキャラクターは成長点を1点得ます。

8:軍事行動
 魔物や盗賊などといった敵性勢力と戦闘します。
このとき、動員する部隊数と同じだけ食料を消費します。
外国に軍事行動を行う際には、消費する食料が3倍になります。

9:外交
 国内外の勢力や人材と外交します。この行動自体でリソースは消費しません。
どんな判定を行うかは外交の内容によって変わってきます。

※:その他
 思いついたものを適当に提案してみるのもアリです。
但し、実現不可能な場合は無効とする可能性がありますのでご了承ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1回目の行動を選択してください】
↓3~7から多数決

2286名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 20:13:21 ID:/hXnS/TM0
技術開発:N=3:エリー(M)、涼、ジャギ

2287名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 20:13:32 ID:UP1FzOc20
技術開発:N=3:エリー(M)、涼、ジャギ

2288名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 20:13:34 ID:NRM3a1cg0
領内探索:やる夫、ジャギ、涼

2289名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 20:13:44 ID:SH5y3qb60
問題ない。やる夫さえ領内探索してればおk

2290名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 20:14:05 ID:FNudpZVw0
領内探索:やる夫、ジャギ、涼

2298◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 20:18:26 ID:3U5RzzwM0
領内探索と技術開発で2-2になったので、再安価とします。
ところで、
【事前に指定しないと普通にグッドイベントがおきるだけですが、指定は不要でかまいませんか?】

1:技術開発:N=3:エリー(M)、涼、ジャギ
2:領内探索:やる夫、ジャギ、涼(内容を指定するならそれも添えて)
↓2~6から多数決、無効安価は下にずらします

2300名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 20:18:55 ID:/hXnS/TM0


2301名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 20:18:59 ID:6WWvHEq20
1

2302名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 20:19:01 ID:daMbDUZk0


2303名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 20:19:01 ID:NRM3a1cg0
2 不死殺しの剣の捜索のために

2304名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 20:19:05 ID:UP1FzOc20
1

2318◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 20:26:32 ID:3U5RzzwM0

【技術開発:N=3:エリー(M)、涼、ジャギ】に決まりました!
10*10+(7+4)*5-6-3*3*5=104
皆さん、ホント狙ったように100越えを狙ってきますね……。

                 _  - - 、ト
                 /- ― - 、  ヽ
                /二二 ー- 、 ヽ/丶,
               /: : : : : :`: ー. 、冫  / `、
              /: : : :.ィ: : : : : : : : : :ヽ<  /
             ,': : : :./l: : : .l : : : : : : : : :ヘ/
             {: : : ム !从ムAL、; : : : : : :',   「ひとまず、青空教室をずっと続けるのはあれなので
             ヽkリ´ォ、  彳㍉ `-r=、: : i    廃墟の学校を復旧させておきました」
             // .代j   弋ノ   そ}: :.l
            / / /! 丶      ァノ: :ル
           ./ /. ,'. ゝ., ワ    イ:.0ィkノ           「学校……文明の灯火だお……」>やる夫
          ../rー_'ー┐   ヽ _  ィ-┤″
          /  -、'‐L r‐-.」 |._」 ̄|_ハ  〉   「……教師できそうなひとが私達しかいませんけどね」
            /  `ー、ソ// ̄ /ハ  l \/  \彡
            /  下-rグ ./ ./  o ヽ V 7  />‐〈
        /  _,ノ_ノi ,,, .| ====ヽ / /    ⊥
        !    ! -弋ノ三三三三三| O _ -‐ ´三 |
        |    | / / ̄ ̄ ̄ ̄/ .`-‐7ヽ_ー  ヽ

【物資が4→3になりました!】
【技術力が6→10になりました!】
【なお、これによって解禁されるものがあります!】

2320名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 20:28:00 ID:/hXnS/TM0
>>2318
物資じゃなくて財貨消費じゃないですか?

2321◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 20:33:08 ID:3U5RzzwM0
>>2320
失礼。そうでした。【物資は4のままで、財貨が6→5になりました】

    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!
!:::::::::::l ゙ ..:.:.:7"::;:::::_::、ヾ゙i:: :.: ,.ヾ、:::::::ハ   「それからやる夫、これである程度下地も整ったんで
::::::::::::iゝ. .:.:.:.:.l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,!   【部隊編成のときに精鋭兵を作ることができる】ぜ。
::::::::::::lゝ :.:.:.:.:゙ー───‐'.:.:.:.: k'^ヽ、゙i  ノ   寄せ集めの人員じゃない、ガチの職業軍人だな。
::::::::::::ゝ  :.:.ァ''''"::: ̄ ̄::''ー'':::ヽ`゚'-゙_,! 丿   また【既存の部隊を精鋭兵にアップグレードさせることもできる】」
:::::::::::::::〉.:.:  ,n :.: rャ:.:.:: z、 :.:.:. .:.:ヾ、:.:.: ,ノ
l:::::::::::::i.:.:  |:::| .:.:.|::::| :.: i:::::|.:.:.:.;ヘ.:.:.:. ,ヾ }
|::::::::::::l:.:  _レヘ:.:.|:::::!:.:. !:::::|.:.:.:l:::;!.:.:./::i 〉
}::::::::::::!:.: ´  .: ,}:.:|:::::l:.:. !::::::!.:.:,!::;!.:.:,'.:.:,',!
!::::::::::::l.:.:......:.: /:l.::l::::::!:: l:::::::|:.:,!::;!:.:,'.:.:7.!    ,ハ
:::::::::/i :.:.:  ,/::::ゝl::::::し':::::::i.::,!::;!.:;',!:/ `ー‐'" }
:::/   `ー、"::::::::::::::::::::::::::::::`´:::レ':!;/:.:.:.:......:.: ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソゝ.;,;_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、

精鋭兵
 部隊創設のときに「物資3&財貨3」を消費することで一般兵ではなく精鋭兵を作ることができます。
精鋭兵は「初期兵力が15、上限50」という能力を持ちますが、代わりに各期に物資を2消費します。
また、一般兵に「物資2&財貨2」を消費することで一般兵を精鋭兵にアップグレードすることも可能です。
このとき、自動的に兵力が+10されます。
なお、一般兵は「初期兵力5、上限20」です。

2323◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 20:35:38 ID:3U5RzzwM0
        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ---- ι  「【まあ、攻め込まれるのを防止するだけなら一般兵で十分】だけどな。
       |::::::::::::)  ◯  ○ (    ともかく、かんがえておけ」
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ
      ゝ---η.   |||||||  ゝ                  「わかったお」>やる夫
        /≦ ヽ .|  | ≧
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^

【1回目の行動終了】
【2回目の行動を選択してください】
↓4~8の多数決

2327名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 20:36:34 ID:NRM3a1cg0
領内探索:やる夫(メイン)、涼、ジャギ
不死殺し

2328名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 20:36:35 ID:/hXnS/TM0
工業開発:N=5:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼 物資2投入

2329名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 20:36:36 ID:yRNIvwSs0
領内探索:やる夫(メイン)、涼、ジャギ
人材発掘

2330名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 20:36:37 ID:17Zn4/Sw0
強いけど現状では負担も大きいし作れんかな

領内探索:やる夫、エリー、涼
燃える水の採掘場所を探す

2331名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 20:36:39 ID:UP1FzOc20
領内探索:やる夫(メイン)、涼、ジャギ
不死殺し

2335◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 20:41:16 ID:3U5RzzwM0
【領内探索:やる夫(メイン)、涼、ジャギ、不死殺し探索】に決定しました!
13*10+(5+3)*5-10……もういいですよね。成功です。

      |   ;;|| , l || ,         |||                        _,/7_   / /   / /   |:|
    ;|     |l   | , ||        |||                        7/´   ,/ /   / /   |:|
     ;|     ;||  |  ||         |||                         //  , / /   / /,     |:|
;;  ;; |  _ || | ;|| _ _    |||                      //  , / /   / / ,,_ ; |:|
  ミ | /ートハ|| , |  ,ハ/ハー〈}   |||                        //  , / /   / //∠   |:|
    (|     || ⌒ヘ/ V ⌒人〈\三||| ⌒「ハヽ∠ ̄> ⌒>L,_ _ //  , / /   / /   <  |:|  へ_
  ̄ ̄7Уー―|| ム/\ \  \へ{ |||   / >―く //⌒ヽ\/介ミヽ,/ /   / / У⌒∠⌒ヽへ〃 >
  ̄ ̄ \_ 从乂彡 /_ァ‐ ァ ⌒>、_,||| _ <X _ 〉ミx/ 「三/ ん/  / /   / /   /    ̄У〃 //
     /  > x 林彡<〃〃 /⌒  ||| / > _「人 } }\ ̄/  ん/  / /   / /   ムヘ   ∠二二ヽ
   〃     / ⌒ > 、  \// x/ ||| / /{{⌒V ヽ ,|  У⌒んム ,/ /   / /   ノ_ > ―‐ 、
   {//  〃   >ー⌒> 彳爻 // ||| / /リ  ヽ ∧イ⌒ハ  / |:| ,/ /   / /   ん⌒〃     \
 _{///ハ   ⌒X  \\  \/⌒/;||| \ /ヽ   }} }〈三 ト∨{ |:| / /   / /  ∠⌒  「_
   \>‐く {:ト 、 \〃xy 爻 \  ;|||  }_/ヽ_ハノ// /ト-イヽ | / /   / / ∠⌒  ∠⌒_   \
     \  〉〉 ミミミ〃 \〉〉 爻 三 |||   ミ  ̄     // /∧ 人〉 ,/ /   / / ム⌒У ム/ ⌒ ヽ ___
      \ 〉У\  \〃\    爻彡ミ     从  ⌒ ̄ ̄\/,/ /   / /     //  \      ̄ ̄ ̄
        \{__ノ   ー‐'             从彡           / /   / /     | | ///ハ
                                            / /   / /      ;{ { /////,}

               ____
             /      \    「そんなわけで、やる夫はホイホイと
           / ─    ─ \    古戦場のひとつにやってきたのだ」
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |         「ん? どうしたんだねあんたら」>謎の声
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \ 「お? 誰かいるのかお?」

2336◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 20:42:25 ID:3U5RzzwM0
亡霊|ω・)「おや、ここに人が来るとは珍しい。ここは人に認識できない結界をはって
        滅多なことで人が入れないようにしてたんだけどねえ」

               ____
             /      \
           /   ⌒   ⌒\   「で、出た! ぼぼぼ、亡霊~!?
          /   ( ○) ( ○)ヽ   や、やる夫は食べてもおいしくないお~!」
            l      ⌒(__人__)⌒ |
          \       |il!il!il|   /         「いや、別に食べないから」>亡霊
          /       |ェェェェ|   ヽ

2346◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 20:45:15 ID:3U5RzzwM0
亡霊|ω・)「結界にほころびがあったか、あんたらがよっぽど危険に愛されてるのかは知らんが
        ここは危険だから帰りなさい。ここには不死王っていう魔族の死骸があって
        その魔力に惹かれて時々凶悪な怨霊や魔物が湧いて出てくるんだ。
        我々バビロン王国軍が見張ってるから外に出る危険はないけど、
        この辺にいたら流石に安全は保障できないよ」


               ____
             /      \
           / ─    ─ \   (ホントに普通に会話してるお……。
          /   (●)  (●)  \  あと、【かなり友好的みたい】だお。
            |      (__人__)     |  【会話相手に飢えてるのか、わりといろんなことを喋ってくれそう】だお」
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
【なんと話しかけますか?】
↓5~10から適当なものをチョイス

2351名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 20:47:07 ID:NRM3a1cg0
実は不死殺しを探してる、この場所にあるんです?
あと、湧いてくる魔物ってどのくらいの強さです?

2352名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 20:47:08 ID:IXR6ddeY0
やる夫は不死殺しを探しに来たんだけど知らないか?
バビロン王国を復活させる為に必要な一手なんだが

2353名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 20:47:09 ID:I6unUFZ.0
ランタンを手にとる

2354名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 20:47:18 ID:9SIWAjD.0
身分を明かして、敬意を払いつつ
不死殺しを探してるんだけど、知らないかな?
ッて感じかね

2355名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 20:47:28 ID:WoYwkhAY0
「かくかくしかじか」でほとんどの事話して不死殺しが必要な事も伝える

2356名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 20:47:35 ID:bLTqe5FY0
自己紹介して、とある事情から不死殺しが必要なのだと伝える

2364◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 20:50:25 ID:3U5RzzwM0
ちょ、ちょっと待ってくださいね。
かくかくしかじかか……。

2370◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 20:59:04 ID:3U5RzzwM0
さすがに「かくかくしかじか」はなしということでお願いします。
あと【流石にランタンを持ち歩いて探索はしていません。なくしたりとられたりしたら大変ですから】。


       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \    「勇敢なるバビロンの勇士どの
 |       (__人__)    |     私バビロン王家の末裔でやる夫と申しますお。
 \     ` ⌒´   /|     現在バビロン王国を復興するため
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.     不死殺しを探しているのですが、ご存知ありませんか?」
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

亡霊|ω・)「ほう。なるほど。【不死殺しならこの古戦場の何処かにあるはずだよ】。
        【僕達は外延部の防衛に手一杯だから詳しい場所はよくわからないなあ】。
        ただ【我々も含め、亡霊には近づけないから、不自然に亡霊の少ない場所にあると思う】よ」

2372◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 21:00:54 ID:3U5RzzwM0
といったところで、【継続判定について説明いたします】

継続判定
「ダンジョンを踏破する」「戦場を突破する」など、
継続していろんなことをする必要がある場合「継続判定」を行う。

継続判定には「使用能力」「進行度」「目標値」「判定回数」という数値が存在する。
「使用能力」で指定された能力で[-N(任意の自然数)×10]のペナルティをかけた判定を行う。
この判定に成功した場合、進行度が+Nされる。失敗した場合は何も得られない。
この判定を「判定回数」回行い、「進行度≧目標値」となれば継続判定は成功となる。

なお、継続判定は何度も判定を行うことになるが、それにより得られる成長点は最大でも3点とする。

2374◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 21:03:56 ID:3U5RzzwM0
今回、不死殺しの探索には継続判定を用います。内容はこうです。
使用能力:【知略】【武力】【天運】(但しそれぞれを最低でも1回ずつ使用すること)
目標値:25
判定回数:5回
成功した場合、不死殺しにたどり着きます。
失敗した場合、不死殺しにたどり着く前に怨霊3グループに襲われます。

【5分ほど質問タイムを設けます。GM、あるいは亡霊に聞きたいことがあれば仰ってください】

2393◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 21:19:32 ID:3U5RzzwM0
さて、そろそろ質問は終わりでしょうか?
では、まず【このまま突入するかどうか】をお聞きします。

2396◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 21:19:54 ID:3U5RzzwM0
【このまま突入しますか?】
はい/いいえ
↓3~7多数決

2399名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 21:20:16 ID:gOGEw5rY0
亡霊団|ω・)「突入!突入!突入だぁーーーー!!」

2400名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 21:20:16 ID:UP1FzOc20
はい!

2401名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 21:20:17 ID:17Zn4/Sw0
はい

2402名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 21:20:18 ID:6WWvHEq20

はい

2404名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 21:20:18 ID:Q.cIBvdY0
はい

2410◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 21:27:46 ID:3U5RzzwM0
【では突入いたします】

亡霊|ω・)「まあ、ここにたどり着いたのも何かの思し召しだろう。気をつけていきなよ。
        あとデンジャラスデイナーって何? ああ、東の蛮族たち今そんな名前でまとまってるのか。
        え? 麻薬? なにそれ魔王の謀略かなんか?」


       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \  (一体過去に何があったんだお?)
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /   「それでは行ってきますお。それと、今は皆様のお力をお借りしますが
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.    いずれは不死王の遺骸を封印し、皆様を解放したいとおもいますお」
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

亡霊|ω・)「うん、よろしく頼むよ。多分【不死王の遺骸を処分するか、いやというほど亡霊を狩りつくせば
        ここもおとなしくなって僕達も開放されると思うんだ】」

【それでは、継続判定を行います】
【1~5回目の行動と進行度を記述してください】
↓3~7で多数決。

2413名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 21:29:01 ID:daMbDUZk0
【天運】やる夫(メイン)、ジャギ、涼:13*10+(5+3)*5+10=180% N=8
これでいいのかな?

2414名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 21:29:11 ID:17Zn4/Sw0
【天運】やる夫(メイン)、ジャギ、涼 N=8

2415名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 21:29:11 ID:/hXnS/TM0
【天運】やる夫(メイン)、ジャギ、涼:N=8 これを3回
【武力】ジャギ(メイン)、涼、やる夫:N=3
【知略】涼(メイン)、ジャギ、やる夫:N=2

2416名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 21:29:13 ID:UP1FzOc20
【天運】やる夫(メイン)、ジャギ、涼:N=8

2417名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 21:29:15 ID:NRM3a1cg0
やる夫、涼、ジャギ 天運 N8
ジャギ、涼、やる夫 武勇 N3
涼、ジャギ、やる夫 智謀 N2
やる夫、涼、ジャギ 天運 N8
やる夫、涼、ジャギ 天運 N8

2422◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 21:33:33 ID:3U5RzzwM0

【天運】やる夫(メイン)、ジャギ、涼:N=8 これを3回
【武力】ジャギ(メイン)、涼、やる夫:N=3
【知略】涼(メイン)、ジャギ、やる夫:N=2
で決定。

【天運】やる夫(メイン)、ジャギ、涼:13*10+(5+3)*5+10-80=100%
【武力】ジャギ(メイン)、涼、やる夫:10*10+4*5+10-30=100%
【知略】涼(メイン)、ジャギ、やる夫:7*10+4*5+10-20=100%
先月の時点でバランスを組んだ結果がこれだよ!

                           ,,",,,;''"",、 '""ソ ;;;;              ノ| ヽ,,,,,ノー'"|
  ノ(__/レ、/(                 /''r'. リ"/,r''~')/ )"       ,、-'"L/| / /ヽノ    ヽ-"|
'""         "(             ,、-' r'"'''ノ ,、-ヽ,r"::r 'trヽ::"    /   // //ー'    北    (
            了     :::;;;、-ー'"",、-''ヽ/'"ヽ,,ン ,r'"、,/'"ノ:"   /   ///)   ┃
 か 速 こ. ハ   /    ,、-'" ,,,,,,,,、-'" ;;;;''")ヽ,、-'ー'''" ,,シ"";ノ   / /| / ,イ).   ┃  斗
 わ い の ハ   | ,,,、-'"::;;;、='''"::";;;;" :;;ソ:::::::ヽ: t;;;;;;<彡ヽ ,、 '   ,r''" ,r'" ノ /,r"| /|. ┃
 せ 突 お ハ   t r'":::''"   ::::: ;;ヽ;:::::::::::::''":::: tt;;;;);;;;、":"   ,r'  /ヽ:::) /: |. レ"/  ┃  羅
 る. き れ  /   (、; ソ,r''""" ::::::::::;;;ヽ;::::''''""ヽ;;;;rニii~~ ::::   7 /,,,,ノ:/,ノ、,,ノ //.  ┃
 か が さ ・    / ノ::ii  ::" ;;;::::::::::~'、t;;;;;;;;;;;;;;;;ノ 'ー|レ:::''"     |/:::::"/":::/.  |:::).   つ  漢
  |    ま. み  /::://'''/"r''リ::"::::::::::::;、'''""''ー、;; '、- '' """;;''' 、   :::::::::/ ,   |:::)   //      (
 っ.    の ろ  (:/::::://''り::"::::::::::/      ,r";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  :/./''./| |::/ , ・・   撃  r'",,,,,
 //      お  ( ::/::ヾ''/" ''"::::r"     /|,";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;', 〈  //. / | |ー ̄ノ/⌒ヽ|ヽ⌒ , 'ヽi~
.・・          ヽ:::::::: :::::/": '" ;;;'""'';;,,   /:::|i|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,i)i)i)、;;;i  |// |:::i| //〉  /|/|  )  r'  ノr
,,r、       _/~~ ''::::::/r'"t:::: ;;'"~~ヽ:::":::/:/||itttt、;;;;tzッー''")゚。彳i    )/|::::レ///z| ||. /、  ヽ,, `''"ノ
 ノ"'t    ,r、/:::::::::::::::"/r'L  ノ":::::""''ヽ, ヽ〈;/:::||';,ミi、、、,ij,t-ー彡〈゚〈;;;t|;、  |/,|:::;r",,、ァ. 〉|/ |/::、t''""{;;;; ( ,r
:( rヽレ''{ii Y''r''、::::::::::::" :::::;;;、-ー' :::::::::   i人, t/:::::||ニ'tiT而|円同|;|| /"'ー|:::、,、'",、" ,/:::/. /~ヽ  ::: ||ー'"ノ:::リ ~ヽ
:::ヽt-~'、t {、,t ヽ~'ー=ー'''" :::::  ::::::::::  ノ' リ' リ~'''':;r't、i.|||.|;|t;||;|/ミi i',、-ヲ|:::::,r'" ,ri. i:::/ 」::,、ノi,,,, :: t :::::::::リ:: , '

2423◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 21:35:39 ID:3U5RzzwM0
           ,―===─ 、
                `丶、\ 〃⌒ヾ
           ,_  ー‐  ヾ |/∠⌒ヽゝ
         ,'゙´: : : : : : : : : : : : : : : : : :
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `l
    /: : : : : ハ: : : : : : : : : : : : : : : : \ : : : : : : : |   「羅漢が! 決まる! そして、亡霊が、浮いたー!」
   /: : : : : / |: : : : : : : \: : : : : : : : |: : : : : : : : |
  〃: : : : :/  ヽ、: : : : : ヘ\: ___匕: .! : : : : : : : |        「いや、確かに亡霊はういてるけれども……」>やる夫
  f: : : : : / \ ヽ!\: : :__ヾfて下 ヽj : : : : : : : :|
  |: : : : : { fて弌   ̄  弋 ツ  /: : : : : : : : :|
  |: : : : : { 弋 斗        ̄  //j: : : : : : : ヽ、
  |: : : : : : ヽ  ̄          " ./: : : : : : : : ハ
    ゛ヽ: 丶ヽ   ,--ー- 、    厶: : : : : : : : 弋
      〉: |`'     |::::::::::::::::::::::|    /: : : : : : : : : : /
    /: : !     |::::::::::::::::::::::|   ./: : : : : : : : : : /
   ( ,'^弋: \   ヽ::::::::::::::::::j  /: : : : : : ∧./
   へ,  乂: `    ` 一' "   ,|≠゛' へ
  /  ヽ、'     `゙ ー弋'"  ,へ^'ヾ丶 ` l
  /    |      _,____j   |       |
 `、    }  /" ̄〃/     |     /  ̄ヽ
  ヽ、  ヾ /  〃/’_  ,   |    r      .|
   ヾ   |/  /,/       ヽ     |       |
    |  个!^// ⌒⌒⌒~///∧    ∨^⌒~^|
      〉  '//丶=三〔三〕匕///.∧   ∨ .,′,|
    /  / ////////;0/;///////.∧   ∨厶.ゝ

2429◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 21:43:58 ID:3U5RzzwM0
               ____
             /      \
           / ─    ─ \   「まあ、そんなわけで群がる雑魚はジャギが消毒して
          /   (●)  (●)  \  あとは亡霊のいないところを探して回ったお。
            |      (__人__)     |  そんなわけで――
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


  ______^ヽ___,、_,,_,,_______________________
 {lXXXXXXXXXX)l}:;;;;;)_ソ _)_);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; )
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄._ノ ̄下、ソノムつ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              ノ )
             / '´

  「割とあっさり見つかったお」

┏【不死殺し】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ランクSアーティファクト(大国でも1つ所持しているかないかクラス)
┃スキル
┃《不死殺し》
┃ 「死亡しない」「攻撃が通用しない」といった超常能力を無効化する。但し、超常的な能力に限る。
┃(例:ジャギの《や、やめてくれ、た、頼む!》などには意味がない)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2443◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 21:50:23 ID:3U5RzzwM0
            __
      __ ⌒ヽ∠´
    /´ : : : : : : : : : : : `
   /: : : : : : : : /|: : : : : : : `
   |: : : i: : : : /llll{: : : ヽ、: : : ヽ  「あっさり言ってますけど、これ【1つで城つき領地が買える位の業物です】よ?」
    |: : : i:∧: lー弌: : : : i iヾ: : : `
   ′: :(__;)////ヽ_:l///l: : : :, }       「だお! バビロンの宝物の中でも有名なほうだお!」>やる夫
 ''゙´: : : : : : : : l、_,/⌒l、__i: : : /
 ヾ: : : : : i\: :lllll      |: : 〈   「こうして見ると、本当にバビロンってすごい国だったんだなぁ……」
  `ヽiヽ:.`ヽゝ! .   ─ u ./: : : )
      厂 ̄'7 ヽ  /: :/'',′
  / ̄ ̄"ヽ/i   |ー┐
  |       \ ヾ . .|;!ヽ、
  厶ー       /、 \|   |
 ぐ        /:;:;゛:;:;:;';:|   ヽ、


    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!  「でだ、不死王の遺骸の方はどうする? 探してみるか?」
!:::::::::::l ゙ ..:.:.:7"::;:::::_::、ヾ゙i:: :.: ,.ヾ、:::::::ハ
::::::::::::iゝ. .:.:.:.:.l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,!
::::::::::::lゝ :.:.:.:.:゙ー───‐'.:.:.:.: k'^ヽ、゙i  ノ                          「うーん……」>やる夫
::::::::::::ゝ  :.:.ァ''''"::: ̄ ̄::''ー'':::ヽ`゚'-゙_,! 丿
:::::::::::::::〉.:.:  ,n :.: rャ:.:.:: z、 :.:.:. .:.:ヾ、:.:.: ,ノ
l:::::::::::::i.:.:  |:::| .:.:.|::::| :.: i:::::|.:.:.:.;ヘ.:.:.:. ,ヾ }
|::::::::::::l:.:  _レヘ:.:.|:::::!:.:. !:::::|.:.:.:l:::;!.:.:./::i 〉
}::::::::::::!:.: ´  .: ,}:.:|:::::l:.:. !::::::!.:.:,!::;!.:.:,'.:.:,',!
!::::::::::::l.:.:......:.: /:l.::l::::::!:: l:::::::|:.:,!::;!:.:,'.:.:7.!    ,ハ
:::::::::/i :.:.:  ,/::::ゝl::::::し':::::::i.::,!::;!.:;',!:/ `ー‐'" }
:::/   `ー、"::::::::::::::::::::::::::::::`´:::レ':!;/:.:.:.:......:.: ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソゝ.;,;_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、

2450◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 21:53:51 ID:3U5RzzwM0
    / ̄ ̄ ̄\
  /        \    「とりあえずは戻ったほうがいいと思うお。
 /    ─   ─ ヽ    ただの勘だけど【今のやる夫たちじゃどうにもならない】気がするお」
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \


        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ---- ι   「わかった。直感と運だけに特化したお前が
       |::::::::::::)  ◯  ○ (    そう言うなら従っておいたほうがいいな」
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ
      ゝ---η.   |||||||  ゝ
        /≦ ヽ .|  | ≧            「どういう意味だお!」>やる夫
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^

【不死殺しを手に入れました!】
【全員、領内探索と継続判定によって6点(やる夫は8点)の成長点を得ました!】
【以後、軍事行動で古戦場を探索することが可能になります】

2460◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 21:57:00 ID:3U5RzzwM0
なお【不死王自体は不死殺しの能力でしっかり死亡しています】
【何かしない限り遺骸が能動的に動くことはありません】。その点はご安心ください。

では【3回目の行動を宣言してください】
↓3~7から多数決(少し待ってほしいという意見が多いなら待ちます)

2463名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 21:57:43 ID:/hXnS/TM0
工業開発:N=5:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼 物資2投入

2464名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 21:57:50 ID:NRM3a1cg0
タイム

2465名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 21:57:58 ID:6eHy4O9g0
タイム

2466名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 21:58:01 ID:17Zn4/Sw0
工業上げるか部隊作るか悩みどころ
ちょっとタイム

2467名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 21:58:07 ID:IXR6ddeY0
工業開発:N=5:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼 物資2投入

2469◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 21:58:50 ID:3U5RzzwM0
かしこまりました。それでは10分ほど相談タイムを設けます。
質問も受け付けますので、お気軽に仰ってください。

2492◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 22:08:04 ID:3U5RzzwM0
因みにですが【30なら攻めてくる可能性がある】だけで【確定で攻めてくる】わけではありません。
また【攻めてきたらゲームオーバーというわけでもありません】。
ちょっと荒廃度が上がって、国内に敵性勢力が出現するくらいです。

2500◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 22:12:06 ID:3U5RzzwM0
さて、そろそろよろしいでしょうか?
長々やっていてもキリがありませんし、これ以上は殴りあい安価で決めていただくといたしましょう。
【3回目の行動を宣言してください】
↓3~7の多数決(同一IDは下にずらします)

2503名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 22:12:42 ID:UP1FzOc20
部隊創設:N=2:涼(M)、エリー、ジャギ

収入は惜しいが、こっち優先。

2504名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 22:12:43 ID:AzGOSW560
部隊創設:N=2:涼(M)、エリー、ジャギ

2505名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 22:12:46 ID:yRNIvwSs0
部隊創設:N=2:涼(M)、エリー、ジャギ

2506名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 22:12:46 ID:mmXf0kXY0
工業開発:N=5:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼 物資2投入

2507名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 22:12:46 ID:17Zn4/Sw0
工業開発:N=4:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼

2513◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 22:20:09 ID:3U5RzzwM0
【部隊創設:N=2:涼(M)、エリー、ジャギ】に決定しました。
8*10+(5+5)*5+10-2*2*5=120%で自動成功!
【新たな部隊が創設されました!】

::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ:::ヽ:::::::::::::: ヘ::::::::::::::::::ヽ:\:::
::::::::i:::::::::::::::::::/:::::::::〉、::::ヽ:::::::::::::: ヘ _,,,_:::::::::::ヽ::::::
:::::::::i::::::::::::::::/:::::::::/ \/\:::::::~:::i_ ヘ:::::::::|:::i:::::
::::::::::||:::::::::::::|:::::::::/__,,-"\::::\`'',<::i 〉|::::::|::イ:::::
::::::i:::|::::::::::::::ヘ|::::/   _,,_ ` -'" ノノ |',::/|ノ|:::::   「流石にさっきみたいな話を聞いたなら、
:::::::',i:::::::::::::::::::',/  ./ソ:| `    `'  ',|/彡|/    軍事をおろそかにするわけにもいきません。
:::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ'., <_i':::ノ       .、  |  "     職にあぶれている人は割といらっしゃいますから、
::::',::::::| ヽ,::::::::::::::ヘ  ̄        ' ./        その方たちに声をかけて自警団を増やしてもらいます。
::::::ヽ::ヽ_ `ヽ:::__::::\         ./         エリーさんは武器の製造をお願いします。
ヘ|\;;;;|ヾへ_∧. ̄ ̄     '⌒ /          ジャギさんはその方たちの訓練を」
       _/   -, ,, _ __,,./
     /   \ ` ミ/                  「あんまり武器とか作りたくないんだけどなあ」>エリー
    /       ', / \,_
  . /         ',|.  .|  |
  /           .|  |  ヘ

【物資4→3、財貨5→4になりました!】
【行動フェイズ終わり】

2515◆ebVittUjss2013/01/26(土) 22:24:17 ID:3U5RzzwM0
#5husigorosi
【ランダムイベントフェイズに入ります】
┏【ランダムイベント表(荒廃度0~4)】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃0:残念! とくになにもなし。
┃1:全部隊の兵力+1
┃2:食料+5
┃3:物資+5
┃4:財貨+5
┃5:技術力+2
┃6:農業力+2
┃7:工業力+2
┃8:商業力+2
┃9:グッドイベント! 安価で指定したことが起きる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【安価の数+トリップに隠された数字の下一桁がイベントの結果です】
↓3

2518名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 22:24:40 ID:UP1FzOc20


2525◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 22:29:05 ID:3U5RzzwM0
申し訳ありません。トリップを書いたままでした。
……まあいいや。このままいっちゃおう。

◆ebVittUjss=#5husigorosi
6+5=1
全部隊の兵力+1

  ∧_∧
 ( ´∀`)   「最近やっと生活が安定してきたから東の蛮族とか西の変なのとかが心配モナ」
 (    )
 | | |
 (__)_)

      ∧∧
~′ ̄ ̄(,,゚Д゚) 「舐められないように自主的に訓練するぞゴルァ!」
  UU ̄U U
【ランダムイベント終わり】

2539◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 22:36:14 ID:3U5RzzwM0

【固定イベント】
【アルテナー王国の使者がやってきました!】

       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \  「お初にお目にかかります。私バビロン王国の復興を目指すやる夫と申します」
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /   (流石に【まだ正式な使者に対して国王を自称するのは時期尚早だお】……)
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


                , -‐- 、
       r‐‐-- 、, -‐//⌒ヽヽ_
       { r'">=ニ{_7/三ニニンニュ`. 、
       { {/彡´/   `ヽ>: : : ヾ,: :.ヽ
        〉,イ__/: : : : : : : : : : ,: ヽ:`ヽ:.ヾ: ヽ
      〃: : : : : : l ∧ヘ: : : : :l: : :ヽ: :'; : '; : l,
      .l|: : : : : : : :l:.{   マ: :l: : l: : : l}: :.',: :';: :.l,
      l|: : {: : : |: :.l:.{   マ: L斗-: ∧: :}: :.}: :∧   「やる夫さんね。ごきげんよう。
       .l|: :.l|: : l:l_L:{ム_   }:/}: /z} /ュ}:./:イ}: ヽ:∧   アルテナー王国の特使、レンよ。宜しく」
      .l|: :.l|: :.トj V ヽ  j/ }/f示テアレノV| }: ヽ:∧
      ∧:.ヽλf示テァ     ゝ-'´7: : ハノ:ヽ: :ヽ:ヽ
     ./: :人从从弋ツ       ムイ: :.:}: : :ヽ: :.}ヽ}
    ./: :/: /: : :∧    '      /: : :λ}: : ト、:.:}/:.}
 -=ニイ:./:.l:.{:.:l:.:.{:.:人   ー ‐'   /: :ノノ:.ノ: }: }:.}:.:.:.:/
   l|: /{:λヽV´l`ヽ:.:{>ュ.、 __ イ: 7:T:.:.:.:ノ:.:/:;':.:.}:/
   {:./ .l:.{ヽ:.:.:ヽ,;L!ェ=ニニュ、   {=ュ、,:.:イ、:./:ノ:.:ノ/
   .{(_,ヽゝ_;,;,イニニニニニニユュ、_ .マニュ、ゝニ==-'
   ..`ー'´  ,イ三{/ .`マニニニニニニ}ト、ニニュ、
       ,イニ三{    マニニニニニ}「::¨¨``ー--、
      ,イ:三三{    { マニニニニ}L::::`ヽ::::::::::::`ヽ
【なんと答えますか?】
↓5~10からGMがチョイス

2544名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 22:38:11 ID:UP1FzOc20
遠路はるばるお疲れ様です。
ご用件をお聞きしましょう。

2545名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 22:38:12 ID:IRdi.4Zw0
これはご丁寧に……あの、申し訳ありませんが
貴国は「アルトマー王国」ではありませんでしたか……?

2546名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 22:38:30 ID:17Zn4/Sw0
礼儀正しく挨拶をした後に用件を聞く

2547名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 22:38:32 ID:/hXnS/TM0
まずは用件を伺いましょう
交易のレート決定の件ですね

2548名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 22:38:40 ID:WoYwkhAY0
「こちらこそ、それで、早速ですが本日いらっしゃったご用件をお伺いしても?」 んー、ちょっと下で過ぎるか?

2549名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 22:39:07 ID:yRNIvwSs0
(名前を間違えてる事は空気を読んで黙っておくべきか…)

2564◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 22:46:00 ID:3U5RzzwM0
素で間違えましたw
       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \  「これはご丁寧に。遠路はるばるお疲れ様です。
 |       (__人__)    |   早速ですが、ご用件をお聞きしてよろしいでしょうか?」
 \     ` ⌒´   /   (自国名を噛んだことは見てみぬ振りをしてあげるが大人の醍醐味だお)
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


                 ,. . . -――--. . . _
                 , イ´: : : : ; ;斗七二≧===x、_
             /: : : : ;..イ: :八ニニア.ア´: :ヾx、ニミj
            /: : : : :/: : : : : :.,イ=ア´:-‐:、: : ヾム´:ヽ
          /: : : : :/: : : : : : : :'ーv´: : : : : :j:_: : :マム: : ヽ
         ./: : : : :/: : : :/ : : :ィ: : : :!: :.!: : :j:jr、ヽ、jヌ!: : ‘,
          .,′: : : /:.:', ,./, , ' .:.| " .}  ! "'f:i:iハ: : :i: : ‘,:.‘,
           , : : : : :j:.:.:.:.:从:':',':./!:':. Ⅵ, ,|, , ,′ ! : !: , ,‘,,.‘,  「そちらの開拓地も大きくなってきたことだし
          .|: : : : : :!:.:.:.:.:j:.:.:IlV.┼‐t-|:、lj:.:/   .!:.':.,|   .i ,:从   正式に通商をしようというのが新王の考えよ。
         从: :.:/入:.:.Ⅵ:.:.Ⅳz=≠ミⅣj:./    .|__:λ:.:':.':j':.:.}!j   これ、委任状」
        ノ: : :l /个:、: V-'f ら;;;nj ヽ j/   /´! ;Ⅵ: : : リ: :,'.!j
         ./: : : :λ、.!: : :.!   乂zソ      ´/;ノ 从: :./: ;/ ソ   (どうやら噛んだのは気づかれてないみたいね)
      ,/イ: : :,イ: ヽj: : : |   `¨      ミzァ ノノ: :/_ノ
      ./ ;': : :.:/|: :.:.:Ⅳ 圦         '     ムイ
     /:,ィ : : :.;':.!: :.:.:.从: :ヽ、    ⅳ.- 、.,    /:j:从_
     从 j: : : :!:.:|: :.:.:.:|:.入_ゝ >、  ゝ __ノ   ,.イ-''"´-.ヽ
    .入ゝ、;r-:从:.‘;.:!:._lLノ   丶、  ,....ィ'ハ: :j ./ ィ  .ヽ
      /  `ヽ: :.マニ=ム      「、:.:ハ!入:Ⅳィ´ ,ィ   ‘ ,
     /      .:ト、: :.マニム -、  ,r.jニニ=ヽ´j:.ハ_l__( rz-、  ハ
     ,′     .:|=!j=≦ニニム r‐-,-マニニニムj/   .≧=-、   .!
    ,:./    . :.:|=!jニニニ二ニ7:::::::j:::::}ニニニ=ム:.:.     ヽ .!   !
    .У       :.:|=!jニニニニア:::::::::ノ::;イニニニ=ム:.:.      j|    .!
   /         :.:|=!jニ二ア:::::::/:::/::jニニニニ=ハ:::.:.:. :  ..j|   .|
  .〈        : :.:|=!jニニ≧x´:::/::::/ニニニニニ=j:::.:.:.:.ノ /j    j
   ヽ:.:.:.>'":.:. : :::j=!jニニニニ>x:;/jニニニニ=jrふぃ゚ひ |    ,!

2572◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 22:53:17 ID:3U5RzzwM0
           ____
         /      \
       /   ⌒   ⌒\
      /   ( ●) ( ●)ヽ    「確認しますお」
     .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
      \__   ` ⌒´   /
      /::::::::ゞ、\ハ 介 / / ヽ
    /:::::::::,':::::::::::ゝー―n〆つ━━r、
    |:::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__|_|、_ミフ:::::(彡}
    |:::::::::::::::::::::::::::::ヽ/:/


                , -‐- 、
       r‐‐-- 、, -‐//⌒ヽヽ_
       { r'">=ニ{_7/三ニニンニュ`. 、
       { {/彡´/   `ヽ>: : : ヾ,: :.ヽ
        〉,イ__/: : : : : : : : : : ,: ヽ:`ヽ:.ヾ: ヽ
      〃: : : : : : l ∧ヘ: : : : :l: : :ヽ: :'; : '; : l,
      .l|: : : : : : : :l:.{   マ: :l: : l: : : l}: :.',: :';: :.l,      「わがアルトマー王国はそちらの開拓支援も兼ね、
      l|: : {: : : |: :.l:.{   マ: L斗-: ∧: :}: :.}: :∧      【食料3→物資2】のレートで
       .l|: :.l|: : l:l_L:{ム_   }:/}: /z} /ュ}:./:イ}: ヽ:∧     【バビロン王国と通商条約を結ぶ用意がある】わ。
      .l|: :.l|: :.トj V ヽ  j/ }/f示テアレノV| }: ヽ:∧    どういう意味か、詳しく説明する必要があるかしら?」
      ∧:.ヽλf示テァ     ゝ-'´7: : ハノ:ヽ: :ヽ:ヽ
     ./: :人从从弋ツ       ムイ: :.:}: : :ヽ: :.}ヽ}
    ./: :/: /: : :∧    '      /: : :λ}: : ト、:.:}/:.}
 -=ニイ:./:.l:.{:.:l:.:.{:.:人   ー ‐'   /: :ノノ:.ノ: }: }:.}:.:.:.:/
   l|: /{:λヽV´l`ヽ:.:{>ュ.、 __ イ: 7:T:.:.:.:ノ:.:/:;':.:.}:/
   {:./ .l:.{ヽ:.:.:ヽ,;L!ェ=ニニュ、   {=ュ、,:.:イ、:./:ノ:.:ノ/
   .{(_,ヽゝ_;,;,イニニニニニニユュ、_ .マニュ、ゝニ==-'
   ..`ー'´  ,イ三{/ .`マニニニニニニ}ト、ニニュ、
       ,イニ三{    マニニニニニ}「::¨¨``ー--、
      ,イ:三三{    { マニニニニ}L::::`ヽ::::::::::::`ヽ


       ____
    /     \
   /  ─    ─\      「――! つまり【アルトマー王国がわが国を承認する】ということですね」
 /    (●) (●) \
 |       (__人__)    |                   「ええ、そうよ。アルトマー王国がね」>レン
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.      (アルトマーを大分連呼しているお……)
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
【どう答えますか?】
↓3~10でチョイス

2575名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 22:55:18 ID:/hXnS/TM0
レートが美味しくないと交易する気が起きないのでもう一声何とかなりませんか

2576名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 22:55:23 ID:WoYwkhAY0
何時から総合50の時点で三種の神器が集まると思っていた……?(ドドドドドドド)

2577名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 22:55:36 ID:UP1FzOc20

非常にありがたいです。しかしながら、食料は我が国でも貴重だからもう少し譲歩していただけませんか?

2578名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 22:56:30 ID:.eNettUA0
これは、東と西への抑えとしても有る程度期待されている
と判断しても?

2579名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 22:56:32 ID:AWSdHNZgO
まず、国として対応してくれることに感謝を示す

2580名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 22:56:57 ID:NRM3a1cg0
ふむ、開拓支援ということは
国交が進めば技術者の派遣なども考えていただけるのですか?

2581名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 22:57:01 ID:WoYwkhAY0
あんま欲張りすぎて相手に悪感情持たせる可能性が私的にコワイんだよな…。

2582名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 22:57:23 ID:I6unUFZ.0
5:4でお願いしたい。それでも今後を考えると二つ返事でいけるのでは?

2588◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 23:07:52 ID:3U5RzzwM0
       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \   「我がバビロンを国家として扱ってくれることは大変ありがたい話です。
 |       (__人__)    |   しかし食料はわが国にとっても貴重な資源であることに変わりはありません。
 \     ` ⌒´   /    余りに利がなく交易自体が行われなくては本末転倒ですし、
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.    食料5→物資4ではいかがでしょうか?」
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


          ,..-.:': ¨_:_; ;_ ̄:.`:...、
     ./二ユニユこニニコ .{:.:.:.:.:.:.:.`:、
    r≧>ン'´¨:¨:`'ー--,.ン卞ニフ:.:.:.:.:゚..
    〉´: : : :r}!: :.ヽ: : : :.}: ::.:.`、ヽ:.:.:.:.:.:.:.゚.
   ./ : ;/: : :|!: : :.}: : : : }: : : :.ヽ.}:.:.:.:.:.:.:.:゚,   (偶然? それともこっちの落し所は既に把握済みなのかしら?)
   i| : ;/: : :,{;il|} : : l| : : : |!: .:.:.:.:.:l|:.:.l:.:.:.:.:.:.|!
  .l|: :i|: : : l|  }: :_:」L.:_: :l|!: :.:.:.}.:|!:.:.|:.:.:.:.:.:.:|!   「そうね。なら実際に食料5の大口取引をしてくれるなら
  l|: :.l|: : : | ./´: ;/ム: :,/!:.:.:./:.:r.、:.i|:.:.:.:.:.:.:|!    こちらも4を出すということでいいかしら?
  .l|: :l!|: : l:.V: : ;ィf卞ァ;/ j:.:.:/: :.} l!:|!.:.:|:.:.:.:.l!   4なら3、3なら2、それなら通商条約を結んでもかまわないわよ」
   レ' .V:.l./: :,/弋rソ  j;.イ : : |ゝノi}.:.:.}:.:.l:.:‘,
     .j!V:イ〈   ¨´   /: :..;ノー';/.:.:,/:.:.:}:.:.:.:}  ※ 【要は端数が切り捨てられるというだけです】
    .i|:.:.:./:.:.:`:、  _ , ムイ: :,/:.:.:,/:.:.;/.:.:.:,ノ
    i|:.:./.:.:/:///`'、ー'., ィ,.,:':,:'.:.::,/:.:.;/:.:.:.:,/
    .i|:./: ;/ア//////アr':´:.:.:.;/:.:.:,/:.:.:.:,/
    j/'¨´レ'/:/,/アアf_r=≧ニニ≠=、;_;_;.イュ
       .j;/  ,/;ィニア´ ̄   .マニニニユ!

       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \   「ありがとうございます。ではそれで条約を結びましょう。
 |       (__人__)    |    まだ正式に戴冠をしてはいませんが、元首として調印させていただきます」
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

2591◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 23:13:16 ID:3U5RzzwM0
     ____
   /      \
  /         \  (さて、開拓支援で技術者提供……頼みたいのは山々だけど
/           \  【息のかかった人材を送り込まれてバビロンが属国扱いになるのはまずいお】
|     \   ,_   |  【ぶっちゃけ、こっちのアドバンテージは食料を出せるかもしれないってだけ】
/  u  ∩ノ ⊃―)/   ここは国家承認をしてもらっただけでよしと考えるべきだお。
(  \ / _ノ |  |    あと【ここで東西国家の話をもちかけて薮蛇になるのもまずいお】
.\ “  /__|  |   向こうに何か言われるまでは触れないほうがいいお)
  \ /___ /

2595◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 23:16:23 ID:3U5RzzwM0
                , -‐- 、
       r‐‐-- 、, -‐//⌒ヽヽ_
       { r'">=ニ{_7/三ニニンニュ`. 、
       { {/彡´/   `ヽ>: : : ヾ,: :.ヽ
        〉,イ__/: : : : : : : : : : ,: ヽ:`ヽ:.ヾ: ヽ       「どうかしたかしら?」
      〃: : : : : : l ∧ヘ: : : : :l: : :ヽ: :'; : '; : l,
      .l|: : : : : : : :l:.{   マ: :l: : l: : : l}: :.',: :';: :.l,          「あ、いえ、お気になさらず」>やる夫
      l|: : {: : : |: :.l:.{   マ: L斗-: ∧: :}: :.}: :∧
       .l|: :.l|: : l:l_L:{ム_   }:/}: /z} /ュ}:./:イ}: ヽ:∧    「ならいいわ。これからもアルトマー王国と
      .l|: :.l|: :.トj V ヽ  j/ }/f示テアレノV| }: ヽ:∧    末永いお付き合いをお願いするわね」
      ∧:.ヽλf示テァ     ゝ-'´7: : ハノ:ヽ: :ヽ:ヽ
     ./: :人从从弋ツ       ムイ: :.:}: : :ヽ: :.}ヽ}
    ./: :/: /: : :∧    '      /: : :λ}: : ト、:.:}/:.}
 -=ニイ:./:.l:.{:.:l:.:.{:.:人   ー ‐'   /: :ノノ:.ノ: }: }:.}:.:.:.:/
   l|: /{:λヽV´l`ヽ:.:{>ュ.、 __ イ: 7:T:.:.:.:ノ:.:/:;':.:.}:/
   {:./ .l:.{ヽ:.:.:ヽ,;L!ェ=ニニュ、   {=ュ、,:.:イ、:./:ノ:.:ノ/
   .{(_,ヽゝ_;,;,イニニニニニニユュ、_ .マニュ、ゝニ==-'
   ..`ー'´  ,イ三{/ .`マニニニニニニ}ト、ニニュ、
       ,イニ三{    マニニニニニ}「::¨¨``ー--、
      ,イ:三三{    { マニニニニ}L::::`ヽ::::::::::::`ヽ
【最後に何か言いますか?】
↓3~7からチョイス

2598名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:18:04 ID:IXR6ddeY0
去り際に「アルテナー…(ボソッ」

2599名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:18:08 ID:jEbRgu2o0
両国の友好と繁栄を

2600名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:18:13 ID:/hXnS/TM0
仲良くしましょう

2601名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:18:14 ID:NRM3a1cg0
えぇ、こちらこそこれからよろしくお願いしますね

2602名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:18:19 ID:UP1FzOc20
まあ最後だし気軽に世間話でも。それにしても、外交官任せられるって凄いですね。

2614◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 23:26:17 ID:3U5RzzwM0
       ____
    /     \
   /  ─    ─\   「ええ、こちらこそ末永く助けあいながら発展して行きましょう。
 /    (●) (●) \  あなたともまたお会いしたく思います」
 |       (__人__)    |  それにしても、外交官を任せられるとはすごいですね」
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


                 ,. . . -――--. . . _
                 , イ´: : : : ; ;斗七二≧===x、_
             /: : : : ;..イ: :八ニニア.ア´: :ヾx、ニミj
            /: : : : :/: : : : : :.,イ=ア´:-‐:、: : ヾム´:ヽ
          /: : : : :/: : : : : : : :'ーv´: : : : : :j:_: : :マム: : ヽ
         ./: : : : :/: : : :/ : : :ィ: : : :!: :.!: : :j:jr、ヽ、jヌ!: : ‘,
          .,′: : : /:.:', ,./, , ' .:.| " .}  ! "'f:i:iハ: : :i: : ‘,:.‘,
           , : : : : :j:.:.:.:.:从:':',':./!:':. Ⅵ, ,|, , ,′ ! : !: , ,‘,,.‘,   「ふふ、その誉め言葉ありがたく頂いておくわ」
          .|: : : : : :!:.:.:.:.:j:.:.:IlV.┼‐t-|:、lj:.:/   .!:.':.,|   .i ,:从
         从: :.:/入:.:.Ⅵ:.:.Ⅳz=≠ミⅣj:./    .|__:λ:.:':.':j':.:.}!j
        ノ: : :l /个:、: V-'f ら;;;nj ヽ j/   /´! ;Ⅵ: : : リ: :,'.!j          「……アルテナー(ボソ)」>やる夫
         ./: : : :λ、.!: : :.!   乂zソ      ´/;ノ 从: :./: ;/ ソ
      ,/イ: : :,イ: ヽj: : : |   `¨      ミzァ ノノ: :/_ノ
      ./ ;': : :.:/|: :.:.:Ⅳ 圦         '     ムイ       「? 何か言ったかしら?」
     /:,ィ : : :.;':.!: :.:.:.从: :ヽ、    ⅳ.- 、.,    /:j:从_
     从 j: : : :!:.:|: :.:.:.:|:.入_ゝ >、  ゝ __ノ   ,.イ-''"´-.ヽ
    .入ゝ、;r-:从:.‘;.:!:._lLノ   丶、  ,....ィ'ハ: :j ./ ィ  .ヽ             「いえ、空耳でしょう」>やる夫
      /  `ヽ: :.マニ=ム      「、:.:ハ!入:Ⅳィ´ ,ィ   ‘ ,
     /      .:ト、: :.マニム -、  ,r.jニニ=ヽ´j:.ハ_l__( rz-、  ハ
     ,′     .:|=!j=≦ニニム r‐-,-マニニニムj/   .≧=-、   .!
    ,:./    . :.:|=!jニニニ二ニ7:::::::j:::::}ニニニ=ム:.:.     ヽ .!   !
    .У       :.:|=!jニニニニア:::::::::ノ::;イニニニ=ム:.:.      j|    .!
   /         :.:|=!jニ二ア:::::::/:::/::jニニニニ=ハ:::.:.:. :  ..j|   .|
  .〈        : :.:|=!jニニ≧x´:::/::::/ニニニニニ=j:::.:.:.:.ノ /j    j
   ヽ:.:.:.>'":.:. : :::j=!jニニニニ>x:;/jニニニニ=jrふぃ゚ひ |    ,!

【固定イベントフェイズ終了】
【外交成功により、成長点3点(スキルにより4点)を得ました!】

2616◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 23:27:41 ID:3U5RzzwM0
では、ここで部隊2つの名前を決定しましょう。
【まずは候補を5個選択いたします】
↓1~15までで、こちらが5つチョイス

2617名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:28:11 ID:NRM3a1cg0
ウルスラグナ

2618名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:28:21 ID:UP1FzOc20
ギガトンスノーハンマー

2619名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:28:22 ID:17Zn4/Sw0
ソックスハンター

2620名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:28:34 ID:M4mO0q4g0
天の鎖

2621名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:28:40 ID:6WWvHEq20
ムシュフシュ

2622名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:28:42 ID:yRNIvwSs0
ソフトン

2623名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:28:45 ID:jEbRgu2o0
ノートンバスター

2624名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:28:52 ID:IRdi.4Zw0
サイ・フノヒモ

2625名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:29:00 ID:uCioT5xQ0
シュワルツランツェンレイター

2626名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:29:01 ID:AbgLqPTU0
怒りの日

2627名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:29:15 ID:AbgLqPTU0
発破

2628名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:29:15 ID:jEbRgu2o0
サイエンス

2629名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:29:17 ID:/hXnS/TM0
蒼狼

2630名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:29:17 ID:IXR6ddeY0
BABIRONIA

2631名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:30:12 ID:o8KZLztw0
アブドゥル

2635◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 23:35:12 ID:3U5RzzwM0
では、今回はこの5候補から選択したいと思います。勿論殴りあい安価で!
1:ムシュフシュ
2:天の鎖
3:BABIRONIA
4:ノートンバスター
5:サイ・フノヒモ
【第一部隊と代に部隊の名前を選択してください】
↓5,8(5と8が同じだった場合、違う名前が出るまで下にずれます)

2640名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:36:00 ID:6WWvHEq20
1

2643名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:36:04 ID:jEbRgu2o0


2648◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 23:41:37 ID:3U5RzzwM0
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \  「ふむ……部隊が2つできたというのに自警団といい続けるのは
    |      (__人__)     |   いささか不便だお。ここは私がゴッドファーザーになるべきだお」
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ                      「あ、サンタナは却下ですよ」>エリー
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |   「それどっかの街のなまえじゃねーかお。
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |    流石にまじめに決めるお。よし―-」


    , -──- 、
 /::::::::::::::    ::\
/:::::::::::        ::∨ト、
::::::::::          :: レ'ノ
::::::::::::::        ::: レ'⌒ヽ
ヽ-───i===i─-}ァ'  ノ    「最初の部隊は伝説上の悪魔より『ムシュフシュ』、
、` ー-===-゚---゚==‐' /      今回の部隊は『ノートンバスター』というのはどうだお!」
、`¨フ>;''ニニゞ,;アニニY´; )
_、;;)¨´ ( ●) ( ●) {ッリ'                  「意外と普通ですね。じゃあそれで」>涼
i1(リ     (__人__)  K
ヾ=、    l;;ω;;;;;;;;i .|; )
_,ノ| i.    {⌒゙'^ヽ.{ i;; ヽ
_,ノ!i ヽ、  ヾ二ニソ ,';;;  ;;冫=:、
_;(|.!.  \   ‐っ /!;;; ;;/ 、''"\__
'ト、\.   ,ゝ、.二..イリ\ / ー1\'ニゝヽ_
:ヽ  `ニア   ,. -┴‐‐'  ー-:l :=ゞ=ソ」=ヽ
:::::\ ニ=ト、.i___`ー-┴-、ノ .   l __l| ,ニト、くヽ
l::::::::::\ー:ト      __}/ト、゙ ー-‐| ,ニ|ゞ=ハ `¨´ー-
;ニ=ー:::::::ヾト、._    ̄ ノ|::ヽ ニ._‐-ゞ=' .ノ ::|:::::::::::
:\:::::::::::::::ヽ   ̄ ̄ !:|:::::    ̄ ̄  ::::|::::::::

【最初の自警団の部隊名は「ムシュフシュ」に決まりました!】
【今月作った部隊の名前は「ノートンバスター」に決まりました!】

2651◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 23:44:52 ID:3U5RzzwM0
では、成長フェイズの前に今回のリザルトを出します。
8月には物資が3→9になり、荒廃度が4になる計算です。
―【ステータス】――――――――――――――――――――――――――
|現在:7月

|【所有リソース】
|食料:7
|物資:3
|財貨:4

|【収支】(対応する国力-部隊や家臣の維持費)
|食料:+3(5-2)
|物資:+6(8-2)
|財貨:+1(3-2)

|【国力】(この値だけ、毎期毎に収入を得られます)
|技術力:10(この値が低いと、他の国力の増加にペナルティがかかります)
|農業力:05(1,4,7,10月に、この値と同じだけの食料が手に入ります)
|工業力:08(2,5,8,11月に、この値と同じだけの物資が手に入ります)
|商業力:03(3,6,9,12月に、この値と同じだけの財貨が手に入ります)

|【荒廃度】(毎月自動的に+1されます)
|3:安定しています

|【軍備】(戦闘で用いますが、あるだけ各収入を減少させます)
|第一部隊「ムシュフシュ」:兵力10(一般兵:各消費1)
|第二部隊「ノートンバスター」:兵力8(一般兵:各消費1)

|【総合評価】(国力の総計-荒廃度)
|23:遺跡を復旧させて作った工房とその周りの街

|【特記事項】
|・移民の中に吸血鬼エヴァンジェリンが混じっています。
| どうやら彼女は不死殺しという魔剣を探しているようです。
| →不死殺しは既に確保しています。
|・アルトマー王国に国家承認を受けました。
|・「食料5→物資4」の交易レートでアルトマーと通商条約を結んでいます。
|・隣国が失敗国家ばかりです。何とかしましょう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

2654◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 23:48:13 ID:3U5RzzwM0
では、成長フェイズに移ります。
やる夫:20→32(2回成長)
涼:33→48(3回成長)
エリー:36→45(2回成長)
ジャギ:27→39(2回成長)

となります。
まず【やる夫の成長を選んでください】。基本は殴りあい安価です。
1:能力成長
2:その他(もうやる夫のスキルは安価で決めることにしました。無理そうな能力なら下にずらします)
↓3,6

2657名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:48:42 ID:AWSdHNZgO
天運

2661名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:49:08 ID:6WWvHEq20
天運

2669◆75LBJGs9C62013/01/26(土) 23:58:29 ID:3U5RzzwM0
こうなりました。あくまで「自身が参加する判定」だけに効果を及ぼします。
皆、判定の成功率が上がったよ! もっと判定しようぜ!

       _____
       / _     _\
.    /      ̄` ´   \
.  /     (  ● )   ( ●)  \
. /         /   !   ヽ    \   ___,. -、
/           ゝ__ノ ゝ__ノ     ヽ ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
|           ` ⌒ ´       |  `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
|                        |__,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
ヽ      _____      /   / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´:::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_/ にニ'/,.、-t‐ ┴―'''''ヽ
  \_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /   .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ
┏【やる夫】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】0  【知略】0  【武力】0  【天運】14

┃成長点:32(2回成長)

┃スキル
┃《主人公》(成長しません)
┃ 成長点を得るとき、さらに1点の成長点を得る。

┃《謎の情報網》(成長しません)
┃ 参加者が知っているメタ情報を「家臣団から聞いた」という理由で知っていてもよい。
┃(具体的には【】で囲まれた情報は確実だと「やる夫が」理解できる)

┃《大豪運》(成長には【天運】15以上が必要です)
┃ 3ヶ月に2回、あらゆる判定を【天運】で判定できる。
┃この能力の使用回数は1月、4月、7月、10月に復活する。

┃《逆転運命》(成長には【天運】20以上が必要です)←new!
┃ 1月に1回、参加した判定の出目を2つの範囲安価としどちらか任意の値を採用できる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次に、涼の成長を選んでください。
1:能力成長
2::新たなスキル(規定路線)獲得
3:その他
↓1,4,7

2670,2013/01/26(土) 23:58:57 ID:/hXnS/TM0
既定路線スキル

2673名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:59:25 ID:17Zn4/Sw0
知略

2676名無しのやる夫だお2013/01/26(土) 23:59:37 ID:17Zn4/Sw0
知略

2683◆75LBJGs9C62013/01/27(日) 00:07:49 ID:nQIw.KTE0
こうなりました。ぶっつけに定評のある涼ちん。
::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ:::ヽ:::::::::::::: ヘ::::::::::::::::::ヽ:\:::
::::::::i:::::::::::::::::::/:::::::::〉、::::ヽ:::::::::::::: ヘ _,,,_:::::::::::ヽ::::::
:::::::::i::::::::::::::::/:::::::::/ \/\:::::::~:::i_ ヘ:::::::::|:::i:::::
::::::::::||:::::::::::::|:::::::::/__,,-"\::::\`'',<::i 〉|::::::|::イ:::::
::::::i:::|::::::::::::::ヘ|::::/   _,,_ ` -'" ノノ |',::/|ノ|:::::
:::::::',i:::::::::::::::::::',/  ./ソ:| `    `'  ',|/彡|/
:::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ'., <_i':::ノ       .、  |  "
::::',::::::| ヽ,::::::::::::::ヘ  ̄        ' ./
::::::ヽ::ヽ_ `ヽ:::__::::\         ./
ヘ|\;;;;|ヾへ_∧. ̄ ̄     -=ァ  /
       _/   -, ,, _ __,,./
     /   \ ` ミ/
    /       ', / \,_
  . /         ',|.  .|  |
  /           .|  |  ヘ
┏【秋月涼】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】8  【知略】9  【武力】4  【天運】5

┃成長点:48(3回成長)

┃スキル
┃《空気なんて読まない!》(成長しません)
┃ 出目がゾロ目(100含む)だった場合、成功確率に関わらず自動的に成功となる。
┃また、98%以上の成功確率で「判定の余地なく成功、成長点3」にできる。

┃《呪歌の達人》(成長には能力値の合計が36以上必要です)
┃ このキャラクターが参加した判定の成功確率を+10%する。

┃《変装》(成長には【知略】10以上が必要です)
┃ 変装できる。【知略】が2倍を超えるキャラクター以外には決してばれない。
┃但し、変わるのは外見のみである。データ的な恩恵は特にない。

┃《緊急即応》(成長しません)←new!
┃ どんな緊急事態にも即座に対応できます。
┃また、《伏兵》などの不意打ちを与えるのスキルを無効化する判定に自動成功します。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【次に、エリーの成長を選んでください】
1:能力成長
2:《ブレンド調合》成長(使用できる物資の上限が上がります)
3:《至高のチーズケーキ》成長1(使用できる食料の上限が上がります。これで成長限界です)
4:《至高のチーズケーキ》成長2(効率が上がる代わり、上限が下がります。これで成長限界です)
5:その他
↓4,8(3と4が選ばれた場合、8を下にずらします)

2686名無しのやる夫だお2013/01/27(日) 00:08:26 ID:Gl7lpvP20
指揮

2691名無しのやる夫だお2013/01/27(日) 00:09:27 ID:Thmo/YEE0
指揮

2695◆75LBJGs9C62013/01/27(日) 00:11:53 ID:nQIw.KTE0
そろそろエリーの能力合計がエヴァンジェリンに迫る勢い。
             , -''"´二二二二`丶、
           / , ' ,´ ---------- 、ヽ、\
            |//_ -‐───-- 、 \ヽ ハ/ゝ
            |/.:´:.:.:.:.:.:.、.:.:.、:.:.:`:.:.:.:.:、:..\㎝二l
        /.::/:.:.'.:.:.'.:.:.:.:ヾ.:.:ヾ.:.:.:.ヽ.:.:`、:ハ\\
          /.::/:':/.:..i.:.:.ト、.:ヾヾ::ヾ.:.:ヾ.:.`、:j.:.:.i l\\
       i.:.:l:.:!:|.:.:.|::__| \!、弋弋:ヾ:ヾ`リw.:i | ヽ ヽ
        i.:.!::i.:.:!:|リT !!     ,ィラ芥、リリ⌒y! |   〉 )
        レ.:.i.:.:.!//f:i芯      乂じリ’ リン.八 | / /
         ゝ.::r圦' 込リ        ̄  r-♀::.リ V  /
            |:|\ヽ    ヽ     ,小iリ ::::!  |  |
           |:i:i::♀\   ェ‐:ァ  ,イ:::|::/ :::リ   |三|
         |:!乂从w`::...._   /|ヾ:乂::/|  |
                 ,へ__」 ` 丁 ̄|     |  |
         __r─一'  / /   ハ  |`く` ー─-、__」
      r┴ i      |/ /l」\ ヽ |    .ヽ┴、
     r┴‐  ヽ     |__∠___\V      /  弋
    /⌒'ー--ヘ  ○ |<<))()((></ ○ /-‐´⌒\
    〈       ヽ,__ノ======ヽ,_/       〉
┏【エルフィール・トラウム】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】7  【知略】10 【武力】4  【天運】5

┃成長点:45(2回成長)

┃スキル
┃《錬金術》(成長には【指揮】と【知略】がそれぞれ10以上必要です)
┃ 国力(技術力、農業力、工業力、商業力)を増強させる行動に参加していた場合、
┃追加でその国力を+1する。

┃《ブレンド調合》(成長の条件を満たしています)
┃ 内政における行動に参加している際、
┃追加で物資1を消費するごとに成功確率を+10%できる。上限は+30%

┃《至高のチーズケーキ2》(成長の条件を満たしています)
┃ 食べたものに活力を与えるチーズケーキを作ることができる。但し錬金術で。
┃食料を1消費するごとに、あらゆる判定の成功確率を+5%する。上限は+50%
┃このスキルは自身が参加していない判定にも使用可能である。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【最後に、ジャギの成長を選んでください】
1:能力成長
2:その他
↓2,6

2697名無しのやる夫だお2013/01/27(日) 00:12:14 ID:p8adDaKc0
知略

2701名無しのやる夫だお2013/01/27(日) 00:13:15 ID:Thmo/YEE0
知略

2705◆75LBJGs9C62013/01/27(日) 00:17:02 ID:nQIw.KTE0

しかし、次のジャギの成長が今から恐ろしくてならない……。
r===============================、
|| 武器を持った奴が相手なら、       ||
|| 「北斗羅漢撃」を使わざるを得ない。 ||
ゞ==============================彳
                        ,ィz=ミ、
               rl          fム>〉::::}
                j」 _     _〈勿くこi
            _ 斤夭f批`}_)¬<_ノハ  〉
           〔_7 7{ f⌒ヽ<ニミー个z≦升/
           /i/ィ.人   /    ̄`ヾアr‐' ̄ ̄l__
      _r≦ニ∨/f∧Vな≧{  /> ミ辷ノ r――こi〕ト,
     /∠V⌒7 /`ヽ l ト毛vノ __l-( >--ィ\三ニ三ト、ハ
      {イ{ 〕C// 〉ifハ (⌒Y´`{/=)ニ≧ニニ{‐{≧===ヽ} 〉
.      Vト个-く シイ/`fこrヘ>イ==〉⇔ムV{斗z∠ ノイ/
        `<ニ> '  ` ー==` ー‐===' <ニニ> '
┏【ジャギ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】5  【知略】6  【武力】10 【天運】3

┃成長点:39

┃スキル
┃《羅漢撃》(成長には【武力】15以上が必要です)
┃ 戦闘に関するあらゆる判定の成功確率を+20%する。

┃《勝てばいいんだ何を使おうが!》(成長の条件を満たしています)
┃ 戦闘に参加している際、追加で物資1を消費するごとに成功確率を+10%できる。上限は+30%

┃《火計》(成長の条件を満たしています)
┃ 敵が拠点に篭っている、あるいは燃えるものが周囲にある戦闘において、
┃戦闘の成功確率を+10%する。

┃《や、やめてくれ、た、頼む!》(成長の条件を満たしています)
┃ 3ヶ月に1回、戦闘で自陣の誰かが死亡した場合、それを無効化する。
┃この能力の使用回数は1月、4月、7月、10月に復活する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【成長フェイズ終了】

では、明日は用事があるためおそらく小ネタをやるだけで限界かと思われます。
例によって事前に小ネタの内容をお聞きしておきますので、ネタの指定をお願いいたします。
【今回の小ネタを指定してください。流石に無理な場合は下にずらします】
↓7

2712名無しのやる夫だお2013/01/27(日) 00:18:22 ID:bKvmTXfk0
レンちゃんの事情

2720◆75LBJGs9C62013/01/27(日) 00:21:12 ID:nQIw.KTE0
【次回の小ネタは「レンの事情」に決定しました!】
【キャラ崩壊してても怒らないでね!】
というわけで、今宵はここまでにいたしとうございます。
みなさま、お疲れ様でした。

[ 2018/04/25 00:00 ] 開拓王やる夫の祖国復興一代記 | TB(-) | CM(0)

開拓王やる夫の祖国復興一代記 其の4

1511◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 22:01:56 ID:hlG8yeEk0

それでは、そろそろ開始させていただきます。
【1年目 6月】
【収入フェイズに資金が2入ってきました! 7→9】
【荒廃度が上がりました! 1→2】
【ところで、今回も交易フェイズはスキップでいいですか?】

1512◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 22:02:19 ID:hlG8yeEk0
キャラクター能力
【バビロン王国 国王(自称)(笑) やる夫】
┏【やる夫】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】0  【知略】0  【武力】0  【天運】11

┃成長点:12

┃スキル
┃《主人公》(成長しません)
┃ 成長点を得るとき、さらに1点の成長点を得る。

┃《謎の情報網》(成長しません)
┃ 参加者が知っているメタ情報を「家臣団から聞いた」という理由で知っていてもよい。
┃(具体的には【】で囲まれた情報は確実だと「やる夫が」理解できる)

┃《大豪運》(成長には【天運】15以上が必要です)
┃ 3ヶ月に2回、あらゆる判定を【天運】で判定できる。
┃この能力の使用回数は1月、4月、7月、10月に復活する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【バビロン王国 やる夫の副官 秋月涼】
┏【秋月涼】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】7  【知略】7  【武力】4  【天運】5

┃成長点:21

┃スキル
┃《空気なんて読まない!》(成長しません)
┃ 出目がゾロ目(100含む)だった場合、成功確率に関わらず自動的に成功となる。
┃また、98%以上の成功確率で「判定の余地なく成功、成長点3」にできる。

┃《呪歌の心得》(成長には能力値の合計が24以上必要です)
┃ このキャラクターが参加した判定の成功確率を+5%する。

┃《変装》(成長には【知略】10以上が必要です)
┃ 変装できる。【知略】が2倍を超えるキャラクター以外には決してばれない。
┃但し、変わるのは外見のみである。データ的な恩恵は特にない。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【バビロン王国 錬金術師 エルフィール・トラウム】
┏【エルフィール・トラウム】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】4  【知略】9  【武力】4  【天運】5

┃成長点:24

┃スキル
┃《錬金術》(成長には【指揮】と【知略】がそれぞれ10以上必要です)
┃ 国力(技術力、農業力、工業力、商業力)を増強させる行動に参加していた場合、
┃追加でその国力を+1する。

┃《ブレンド調合》(成長の条件を満たしています)
┃ 内政における行動に参加している際、
┃追加で物資1を消費するごとに成功確率を+10%できる。上限は+30%

┃《至高のチーズケーキ》(成長の条件を満たしています)
┃ 食べたものに活力を与えるチーズケーキを作ることができる。但し錬金術で。
┃食料を1消費するごとに、あらゆる判定の成功確率を+5%する。上限は+30%
┃このスキルは自身が参加していない判定にも使用可能である。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【バビロン王国 筆頭武官(自称) ジャギ】
┏【ジャギ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃能力値
┃【指揮】5  【知略】4  【武力】10 【天運】3

┃成長点:21

┃スキル
┃《千手殺》(成長の条件を満たしています)
┃ 戦闘に関するあらゆる判定の成功確率を+10%する。

┃《勝てばいいんだ何を使おうが!》(成長には【知略】6以上が必要です)
┃ 戦闘に参加している際、追加で物資1を消費するごとに成功確率を+10%できる。上限は+30%

┃《火計》(成長には【知略】6以上が必要です)
┃ 敵が拠点に篭っている、あるいは燃えるものが周囲にある戦闘において、
┃戦闘の成功確率を+10%する。

┃《や、やめてくれ、た、頼む!》(成長には【知略】6以上が必要です)
┃ 3ヶ月に1回、戦闘で自陣の誰かが死亡した場合、それを無効化する。
┃この能力の使用回数は1月、4月、7月、10月に復活する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1513◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 22:02:36 ID:hlG8yeEk0
―【ステータス】――――――――――――――――――――――――――
|現在:6月

|【所有リソース】
|食料:4
|物資:8
|財貨:9

|【収支】(対応する国力-部隊や家臣の維持費)
|食料:-1(0-1)
|物資:+2(3-1)
|財貨:+2(3-1)

|【国力】(この値だけ、毎期毎に収入を得られます)
|技術力:2(この値が低いと、他の国力の増加にペナルティがかかります)
|農業力:0(1,4,7,10月に、この値と同じだけの食料が手に入ります)
|工業力:3(2,5,8,11月に、この値と同じだけの物資が手に入ります)
|商業力:3(3,6,9,12月に、この値と同じだけの財貨が手に入ります)

|【荒廃度】(毎月自動的に+1されます)
|2:安定しています

|【軍備】(戦闘で用いますが、あるだけ各収入を減少させます)
|自警団:兵力9(一般兵:各消費1)

|【総合評価】(国力の総計-荒廃度)
|6:建設中の開拓村

|【特記事項】
|移民の中に吸血鬼エヴァンジェリンが混じっています。
|彼女は、バビロンの秘宝なるものを探しているようです。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

1514◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 22:03:02 ID:hlG8yeEk0
: : : : : : : : : : : : : : : : ∠_/|二!/  / ./  /      .|     /  ̄  `ヽ/   ./ ─ ̄==_=≡
: : : : : : : : : : : : : .:_| ̄|/l/!  /   l`ヽ/|        |    /  ̄  `ヽ/ ハハ/=    _ =─
: : : : : : : : : : : ,∠_/|二!/  |/    | ̄ |./|        |   「 ̄`ヽ  ,/   (n゚ロ゚)=─ ̄==_=≡
: : : : : : : : : ∠_/l/l/  /      .|/ <| |        |   L___.」/,::::) 、 l L」l〉   _
: : : : : : :./ /,/./|  ,/       .|// l/        |    | 、 , (:、:):::) /|〈_:」─=‐   ‐=─
: : : : _.| ̄|/l/  .|/ ./`ヽ     | /.          |    |(:::)::)(::::)//. しJ  ‐=─=
: : ∠_/|二!/   / /  /                   |    | ̄\)//─==≡=─   ̄三≡
∠_//|/|  ./   l`ヽ/|.             / |    |    |__|/ =≡
./l/l/  |/     .| ̄ |./|.            /  |    |  / =_≡─_=─=-=  =_≡
,/,/   /        |/ <| |         /     .|    |/   ─=‐  __ ‐=─
./|  ,/         |// l/        /   _∧∧  . |
  .|/ ./`ヽ       .| /        /゚ー゚)/ (`  .)/ ─= _ ̄_ =─=-=_≡─ ─
./ /  /                ∠_〈l_/ /〈   〉 __ ‐=─       ─=‐  _
   l`ヽ/|              /  / /   L___ゝ =─=     __  __
   | ̄ |./|             / ̄ ̄\/   /(___)_)─==≡=─   ̄三≡   ‐=‐
   |/ <| |            /  ̄ ̄ ̄ |  /
   |// l/         /_______|/ ─ ̄==_=≡    ─=    ─==
   | /         |∠/∠/                 =_≡─_     _ =
                 |∠//  =─ ̄==_=≡
                 |∠/               =_≡─_=─=-=  =_≡─
           /|  |/                     ─=‐  __ ‐=─
         /  |  |   ‐=─=     __
          |   o|  |─= _ ̄_ =─=-=  =_≡─ ─==≡=─   ̄三≡
          |   . |/                   __ ‐=─       ─=‐
          |  /  =─=     __  __
          | ─==≡=─   ̄三≡   ‐=‐
.        /                            __ ‐=─

             【サンダルノアナ 新商業地区の様子】

1515◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 22:03:23 ID:hlG8yeEk0
     ____
   /      \
  /  ─    ─\    「王国の復興は順調にいってるようだお。
/    (●)  (●) \   流石に農地はうまくいってるかの確認がまだだけど、
|       (__人__)    |   今月に確認して問題点を洗えば集落としての体裁が整うお。
./     ∩ノ ⊃  /    【来月あたりには王国の正式な再建について考え始めていいかもしれない】お」
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |    ※ 【演出で『栽培ははじめからしていた』ということにしておいてください】
  \ /___ /       【また、7月には王国再建(エンディング)について正式にアナウンスします】


             , -''"´二二二二`丶、
           / , ' ,´ ---------- 、ヽ、\
            |//_ -‐───-- 、 \ヽ ハ/ゝ
            |/.:´:.:.:.:.:.:.、.:.:.、:.:.:`:.:.:.:.:、:..\㎝二l
        /.::/:.:.'.:.:.'.:.:.:.:ヾ.:.:ヾ.:.:.:.ヽ.:.:`、:ハ\\
          /.::/:':/.:..i.:.:.ト、.:ヾヾ::ヾ.:.:ヾ.:.`、:j.:.:.i l\\
       i.:.:l:.:!:|.:.:.|::__| \!、弋弋:ヾ:ヾ`リw.:i | ヽ ヽ   「そうですね。とはいえ、まだまだ私達に
        i.:.!::i.:.:!:|リT !!     ,ィラ芥、リリ⌒y! |   〉 )   俸禄を払う余裕はなさそうですけど」
        レ.:.i.:.:.!//f:i芯      乂じリ’ リン.八 | / /
         ゝ.::r圦' 込リ        ̄  r-♀::.リ V  /        「う……それを言われるときついお……」やる夫
            |:|\ヽ    ヽ     ,小iリ ::::!  |  |
           |:i:i::♀\   ェ‐:ァ  ,イ:::|::/ :::リ   |三|
         |:!乂从w`::...._   /|ヾ:乂::/|  |
                 ,へ__」 ` 丁 ̄|     |  |
         __r─一'  / /   ハ  |`く` ー─-、__」
      r┴ i      |/ /l」\ ヽ |    .ヽ┴、
     r┴‐  ヽ     |__∠___\V      /  弋
    /⌒'ー--ヘ  ○ |<<))()((></ ○ /-‐´⌒\
    〈       ヽ,__ノ======ヽ,_/       〉

1516◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 22:03:56 ID:hlG8yeEk0
      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \
 /  (__人_,)    \    「そういえば、エリーや涼ちんたちクラスの家臣をまともに雇おうとしたら
 |  l^l^ln ⌒ ´        |     どれくらいかかるものなのかお? あと参考までにエヴァンジェリンも」
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /


             , -''"´二二二二`丶、
           / , ' ,´ ---------- 、ヽ、\
            |//_ -‐───-- 、 \ヽ ハ/ゝ
            |/.:´:.:.:.:.:.:.、.:.:.、:.:.:`:.:.:.:.:、:..\㎝二l
        /.::/:.:.'.:.:.'.:.:.:.:ヾ.:.:ヾ.:.:.:.ヽ.:.:`、:ハ\\
          /.::/:':/.:..i.:.:.ト、.:ヾヾ::ヾ.:.:ヾ.:.`、:j.:.:.i l\\
       i.:.:l:.:!:|.:.:.|::__| \!、弋弋:ヾ:ヾ`リw.:i | ヽ ヽ    「私達くらいの実力がある家臣を召抱える相場なら
        i.:.!::i.:.:!:|リT !!     、_,_ リリ⌒y! |   〉 )    【各期ごとに何らかのリソース5程度】、
        レ.:.i.:.:.!//,ゝ‐-     ´   ` 'リン.八 | / /    エヴァンジェリンのレベルなら【10程度】でしょうか。
         ゝ.::r圦                r-♀::.リ V  /     あ、私はできれば工房を発展させてから
            |:|\ヽ    ヽ     ,小iリ ::::!  |  |      それを自由に使う権利をお願いします。
           |:i:i::♀\    ー '   ,イ:::|::/ :::リ   |三|      【具体的には物資5を要求します】ね」
         |:!乂从w`::...._   /|ヾ:乂::/|  |
                 ,へ__」 ` 丁 ̄|     |  |
         __r─一'  / /   ハ  |`く` ー─-、__」
      r┴ i      |/ /l」\ ヽ |    .ヽ┴、
     r┴‐  ヽ     |__∠___\V      /  弋
    /⌒'ー--ヘ  ○ |<<))()((></ ○ /-‐´⌒\
    〈       ヽ,__ノ======ヽ,_/       〉


                   ____
                 /      \
                /⌒  ⌒    \
  ○  ○       /(  ) (  )    \        「心配しなくてもまだ要求しませんから」>エリー
               |   (__          |
              \   _l        /
              /  ー        \

1517◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 22:04:21 ID:hlG8yeEk0
     ____
   /      \
  /_、 ,,/"  \      「も、もう1人くらい家臣を探して召抱えようと思ってたけど、
/ (●) ゙(●) U \      ひょっとして見つけても雇えないかもしれないのかお?」
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <     (【エヴァが「もっと収入を得てからにしろと言ったのは
  |  |  '、_ \ /  )      単純に今の王国の収入じゃ雇えない】からかお……)
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/


                        -‐―‐‐-
                < ≪≫≪≫≪≫Λ
            <>≫≪  _   _≫ Λ
.            / / /,.....::'"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.ーヽ
          ,イ{/ //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:ヽ:.ヽ:.:.:.:ヽ:.`ヽ.
.          /{ { \/:.:./:.:./:.:.:/.:.:.:.:l:.:l:.:.',:.:.:',:.:.',:.:',.:.:.:.:.
      l ̄ ̄`ヽゝ/:.:.:.:/:.:./:.:.:/:/:.:/:.l:.:l:.: :',:.:.:',:.:.',:.:',:.:.:.;  「うーん。【心配しなくても現状の収入で雇える方も
     ヽ   0},/:.:.:.:/:.:./:.:.:/:/:.:/:.:/:/ ヽ:.l:.:.:.l:.:.:l:.:.l:.:.:.l   世の中にはたくさんいらっしゃいます】よ。
.       \_/'l:.:.:.l:.:l:.:.:l:.:.:/:/_:/_l/l/  l/ヽ/l:./l:.:.l:.:.,'   ただその場合【指揮する以外は素人同然とか
         / /l:.:.:.l:.:l:.:.:l:;;ィレ≠ミ、     ィ≠ミヽl:./:./   そういった方になるのは避けられない】ですけど」
.        /  l: |:.:ゝミ从  イし:::V}     .し:ハヘ 从/
       |  l: |:.{ ハ;;    ゞ-'"     、 ゞ‐'  '}
       |  l: |:.ヽヽ ,            /     ;′  ※ エリーたちの雇用費が高いのは
       |  l: |:.:.:.:':..,_。r、       _ _    ハ      「一芸ある上に他にもある程度広くできる」からと
       |  l: |:.:.:.:.:.:O:.:.:::..、     , -――ァ:.,'      何より「今現在支払いを待ってくれてるから」です。
       |  l: |ヽ从从ハN:.| ,>.、/ rー'フ´:.从
       |  l: |       i´ ̄:./ ,ィ,ゞ´ ̄`ヽ
       |  l: |       |: : : :{/: :{  二二ヘl_


               ____
             /      \    「広く浅くいろんなことができて安い人材は……」
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \        「涼さんの完全下位互換(全能力3とか)でよければ」>エリー
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/  「ですよねー」
          /     ー‐    \

1520◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 22:05:41 ID:hlG8yeEk0
             , -''"´二二二二`丶、
           / , ' ,´ ---------- 、ヽ、\
            |//_ -‐───-- 、 \ヽ ハ/ゝ
            |/.:´:.:.:.:.:.:.、.:.:.、:.:.:`:.:.:.:.:、:..\㎝二l
        /.::/:.:.'.:.:.'.:.:.:.:ヾ.:.:ヾ.:.:.:.ヽ.:.:`、:ハ\\
          /.::/:':/.:..i.:.:.ト、.:ヾヾ::ヾ.:.:ヾ.:.`、:j.:.:.i l\\    「とはいえ、まずは探さなければ見つかりません。
       i.:.:l:.:!:|.:.:.|::__| \!、弋弋:ヾ:ヾ`リw.:i | ヽ ヽ    【国力が大きくなれば自分から売り込んでくる方も
        i.:.!::i.:.:!:|リT !!     ,ィラ芥、リリ⌒y! |   〉 )   いらっしゃるかもしれません】けどね。
        レ.:.i.:.:.!//f:i芯      乂じリ’ リン.八 | / /    それから、例によってある程度調べられそうな
         ゝ.::r圦' 込リ        ̄  r-♀::.リ V  /     情報の難度をまとめておきましたよ」
            |:|\ヽ    ヽ     ,小iリ ::::!  |  |
           |:i:i::♀\   ェ‐:ァ  ,イ:::|::/ :::リ   |三|
         |:!乂从w`::...._   /|ヾ:乂::/|  |
                 ,へ__」 ` 丁 ̄|     |  |
         __r─一'  / /   ハ  |`く` ー─-、__」
      r┴ i      |/ /l」\ ヽ |    .ヽ┴、
     r┴‐  ヽ     |__∠___\V      /  弋
    /⌒'ー--ヘ  ○ |<<))()((></ ○ /-‐´⌒\
    〈       ヽ,__ノ======ヽ,_/       〉


・エヴァがバビロン秘宝の中で求めているもの:-30%
・人材発掘:-10%(【但し『いないことがわかる』可能性もあります】)
・過去どんな資源が取れたか:-20%
・バビロン王国三種の神器について:1つは-20%、もう1つは-30%(別項目として扱います)
・穀物の病気の原因:-100%

【交易フェイズはどうしますか?】
↓3~7から多数決

1524名無しのやる夫だお2013/01/25(金) 22:06:19 ID:zgMkzPzY0
交易は飛ばす

1526名無しのやる夫だお2013/01/25(金) 22:07:51 ID:GH.cq9zM0
すきっぷー

1529◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 22:10:12 ID:hlG8yeEk0

では、例によって交易フェイズはスキップします。
【情報収集フェイズはどうしますか?】
↓3~7から多数決

1531名無しのやる夫だお2013/01/25(金) 22:11:45 ID:2.rRC5hU0
・エヴァがバビロン秘宝の中で求めているもの:-30%
・人材発掘:-10%(【但し『いないことがわかる』可能性もあります】)
・過去どんな資源が取れたか:-20%

かなあ

1532名無しのやる夫だお2013/01/25(金) 22:11:52 ID:prk9v4WU0
エリー(メイン)、涼、ジャギ・・・これで基礎成功率150%だから

エリー(メイン)、涼、ジャギ:エヴァが求めるもの、過去にどんな資源がとれたか

でおねがいしやす

1534名無しのやる夫だお2013/01/25(金) 22:12:08 ID:zgMkzPzY0
エリー(メイン)、涼、ジャギ:エヴァが求めるもの、過去にどんな資源がとれたか

1535名無しのやる夫だお2013/01/25(金) 22:12:35 ID:A58rQXhw0
『エヴァの探し物』『過去どんな資源が取れたか』 → 合計難易度50
         エリー(M)、涼、ジャギ

1538◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 22:15:17 ID:hlG8yeEk0
【エリー(メイン)、涼、ジャギ:エヴァが求めるもの、過去にどんな資源がとれたか】に決定しました。
例によって判定の予知なく成功! このスレにおいて判定とは「したら負け」なものなのだろうか。

::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ:::ヽ:::::::::::::: ヘ::::::::::::::::::ヽ:\:::
::::::::i:::::::::::::::::::/:::::::::〉、::::ヽ:::::::::::::: ヘ _,,,_:::::::::::ヽ::::::
:::::::::i::::::::::::::::/:::::::::/ \/\:::::::~:::i_ ヘ:::::::::|:::i:::::
::::::::::||:::::::::::::|:::::::::/__,,-"\::::\`'',<::i 〉|::::::|::イ:::::   「今までのエヴァンジェリンの行動と情報を総合してみました。
::::::i:::|::::::::::::::ヘ|::::/   _,,_ ` -'" ノノ |',::/|ノ|:::::    おそらく【彼女が探しているのは『不死殺し』です】」
:::::::',i:::::::::::::::::::',/  ./ソ:| `    `'  ',|/彡|/
:::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ'., <_i':::ノ       .、  |  "            「ほう、その心は?」>やる夫
::::',::::::| ヽ,::::::::::::::ヘ  ̄        ' ./
::::::ヽ::ヽ_ `ヽ:::__::::\     、_,_,  ./   「まず三種の神器を探しているなら、やる夫さんに接触しないうえ
ヘ|\;;;;|ヾへ_∧. ̄ ̄         /     前回出会ったときに探りも入れないというのは余りにも慎重に過ぎます。
       _/   -, ,, _ __,,./     おそらく、三種の神器にはそこまで興味がないのでしょう」
     /   \ ` ミ/
    /       ', / \,_
  . /         ',|.  .|  |
  /           .|  |  ヘ


      /ニニニニニニニニニニニニニヽ
      ’ニニニニニニニニニニニニニニ ハ
     iニニニニニニニニニニ}ヽィニニニニi|
     |ニニニニニニニニ /}/ /∨ヽニニニ|          「それと関係あるかどうかわからねぇが、
.     ト.!ニニニニニニ==─…ミx 0 /》ニニニ│          アルトナーからやってきた魔術師連中から
    Ⅳ≧ー…ャ77//--。-ォ///l} 0 彳ニニニ|           中々面白い話を聞けたぞ。
     》 f77ハ  ∨/≧==彡//ノ   《ニニニl|      ト    【エヴァンジェリンって吸血鬼は
     `7 V//}  ∨////厶イ==ミ   iニニニ|      |∧    望んで吸血鬼になったわけじゃない】らしい」
       ⌒i ̄ __ ̄ ̄´   》//∧ lヽニニニl|      |/∧
   ト     ∨ .//| ト. {7∧ ∨///i| ∨\ニゝ __   |  ∧
   |∧    ∨//| |∧ ∨∧ ∨//l|  i}///777{厂三{  |  /∧     「お? どういうことだお?」>やる夫
   |/∧    }ヽ/| |/∧ ∨∧ ∨/l|  リ  }////|∧三≧|    ∧.=
   |  ∧  、|__i/| |//∧ 》/∧仆ー=彡' '/// l|/∧三 i|    三
   |  /∧  ≧彡. 》====≦///   l i '//三|  ∧三|    三
\ |    ∧イ三/三》 ∨////    j l //三 i|  /∧ .乂__ノ三
/∧.|    /∧./三 ィ/∧∨///    / '//三三|  //∧三三三三

1539◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 22:15:43 ID:hlG8yeEk0
        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}   「吸血鬼をスゲー簡単に言うと『他の種族を同属にすることで増える魔族』だ。
      l:::::::::::::ゝ---- ι   自分のしもべから気に入った奴に特別な儀式を行うことで子とするらしい。
       |::::::::::::)  ◯  ○ (    普通の生殖行為もできるという噂だが、基本そういうことはやらない。
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ   何せ不老不死だからな。わざわざ子供を作る必要はないってわけだ。
      ゝ---η.   |||||||  ゝ   『自分を吸血鬼に変身させる』って魔法やアーティファクトもあるそうで
        /≦ ヽ .|  | ≧    そもそもの吸血鬼の祖はそうやって吸血鬼に『成った』という話だ」
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l    ユウメイナ アーティファクト ハ イシカメン アタリダナ
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^


               _,,,,,,........,,,,_
        .,...-''"   ;;;;;:::::::::::::::゙゙''-.._
      , ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::ヽ
     ,r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::ヽ
    ./;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;;;;;; :::::::::::::::::::::..l、
    l. ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; :;: ::::::::::::::::::::::::.ヽ
   .| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.,,,,_.;:;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::..!    「でだ。前者はともかく後者、『自分を吸血鬼にする』だが……
   .!.;;;;;;;;;;;;;;...,、 ゙'、 .ヽ '|ヽ::;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.l     お前、そんな触れ込みの儀式やアイテムを発見したとして
   . };;;;;;;;;;;;;;;│゙i,ノ.;;;;.|/ !:;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::: |     いきなりぶっつけ本番で自分に試してみるか?
   .l、...._,.. ー"_iii、...;;....;:.,//| ;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::: |     ああ、吸血鬼に成りたいと思ってると仮定して、な」
   ヽ.二,,,,=二: :.コl..テ;..゙´,/ ;;;;;;;;: ::::::::::::::::::::::::l
   ./.,!;ハ・ー"::::_l."/.;. ..┴./ ;;;;;;;: ::::::::::::::::::::::::ヽ
   .l゙ .ゞミ- -''''゙"''..... ; . rッ″;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::\
   .!ヘニ''―-..._    _..ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ.   /i
    !、t;; .,i、.;;.'.l`i ; l ;;;;;;.,i、、;:;;;;;;;;;;;;;:.  : ::: :____._ /  ./ i
    l.l l;l .! !::..|  l  | ;;;./lヾ“'''''''''''"゙゙゙゙゙゙゙゙ ̄.ヽ     l .,!
    l, l.| | .!: l ;;│; | ./  ! ヽ             \   l .l
     .li`- .凵_,,l゙.;: .l″ i. i .ヽ        ,,....,゙ッ ./  !
   .|i、 ゙、|'ti、.:::...; /   /. .!  .ヽ     _.. -''"´: : │  !
    . l.\  `''''''l″  .,i  l   ゙!,i-‐''゙゛: : : : : : : :./  .!、
     .!. ゙'-   !  .__,,゙.. -'ヘ   .ヽ: : : : : : : : : : ./   | .゙!〟


      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \    「うーん、それがホンモノかどうかはやってみないとわからないってことかお?
 /  (__人_,)    \   それなら、まあ、自分に使う前にちゃんと動くかどうか試験してみたいお。
 |  l^l^ln ⌒ ´        |   もちろん、そんな儀式がわかっても吸血鬼に成ろうとは思わないけど」
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ                                         「そういうこった」>ジャギ
  /   /

1540◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 22:16:01 ID:hlG8yeEk0
    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!      「実際どういう理由かはしらねぇが、そんな感じで
!:::::::::::l ゙ ..:.:.:7"::;:::::_::、ヾ゙i:: :.: ,.ヾ、:::::::ハ       吸血鬼に『させられた』人間が少ないが存在する。
::::::::::::iゝ. .:.:.:.:.l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,!       エヴァンジェリンもそのうちの1人だそうだ」
::::::::::::lゝ :.:.:.:.:゙ー───‐'.:.:.:.: k'^ヽ、゙i  ノ
::::::::::::ゝ  :.:.ァ''''"::: ̄ ̄::''ー'':::ヽ`゚'-゙_,! 丿
:::::::::::::::〉.:.:  ,n :.: rャ:.:.:: z、 :.:.:. .:.:ヾ、:.:.: ,ノ
l:::::::::::::i.:.:  |:::| .:.:.|::::| :.: i:::::|.:.:.:.;ヘ.:.:.:. ,ヾ }
|::::::::::::l:.:  _レヘ:.:.|:::::!:.:. !:::::|.:.:.:l:::;!.:.:./::i 〉
}::::::::::::!:.: ´  .: ,}:.:|:::::l:.:. !::::::!.:.:,!::;!.:.:,'.:.:,',!
!::::::::::::l.:.:......:.: /:l.::l::::::!:: l:::::::|:.:,!::;!:.:,'.:.:7.!    ,ハ
:::::::::/i :.:.:  ,/::::ゝl::::::し':::::::i.::,!::;!.:;',!:/ `ー‐'" }
:::/   `ー、"::::::::::::::::::::::::::::::`´:::レ':!;/:.:.:.:......:.: ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソゝ.;,;_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\    「ということは、エヴァは不老不死でなくなるために
/    (●)  (●) \    不死殺しを探してるかもしれない、と?」
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /           「可能性はあるな。勿論ただ破壊したいだけかもしれんが」>ジャギ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

1542◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 22:16:21 ID:hlG8yeEk0
            __
      __ ⌒ヽ∠´
    /´ : : : : : : : : : : : `
   /: : : : : : : : /|: : : : : : : `
   |: : : i: : : : / {: : : ヽ、: : : ヽ   「それに、ダルノアナの聖印と王の宝物庫ですけど……。
    |: : : i: : : : lー弌: : : : i iヾ: : : `   【これらが一番ありそうな場所って、サンダルノアナ市街です】よね?
   ′: : : : : 弋:ソ ヽ_:l ヒノl: : : :, }   聖印や宝物庫を探してるなら、目立つのを覚悟で外をうろつく前に
 ''゙´: : : : : : : : l、_,/⌒l、__i: : : /    廃墟になってる旧市街を中心に探索を行うのが自然でしょう。
 ヾ: : : : : i\: :l        |: : 〈    こちらに来て真っ先に街の外へ調べに行っている以上、
  `ヽiヽ:.`ヽゝ! .   ─  ./: : : )    街の外にあると期待されるアーティファクトを探しているはずです」
      厂 ̄'7 ヽ  /: :/'',′
  / ̄ ̄"ヽ/i   |ー┐
  |       \ ヾ . .|;!ヽ、                         「なるほど。一理あるお」>やる夫
  厶ー       /、 \|   |
 ぐ        /:;:;゛:;:;:;';:|   ヽ、


       ____
     /      \
    /  ─    ─\   「なるほど。一理あるお。ということは
  /    (●)  (●) \  【不死殺しを手に入れるか場所を確定させれば、エヴァと交渉が可能】
  |       (__人__)    |  ということかお」
  \   ⊂ ヽ∩     <
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/

1544◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 22:16:58 ID:hlG8yeEk0
:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ:::ヽ:::::::::::::: ヘ::::::::::::::::::ヽ:\:::
::::::::i:::::::::::::::::::/:::::::::〉、::::ヽ:::::::::::::: ヘ _,,,_:::::::::::ヽ::::::
:::::::::i::::::::::::::::/:::::::::/ \/\:::::::~:::i_ ヘ:::::::::|:::i:::::
::::::::::||:::::::::::::|:::::::::/__,,-"\::::\`'',<::i 〉|::::::|::イ:::::
::::::i:::|::::::::::::::ヘ|::::/   _,,_ ` -'" ノノ |',::/|ノ|:::::  「そうでなくとも、不死殺しは確保しておきたいですね。
:::::::',i:::::::::::::::::::',/  ./ソ:| `    `'  ',|/彡|/   【エヴァンジェリンと戦う場合も、不死殺しがないと殺せません】
:::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ'., <_i':::ノ       .、  |  "    本来、吸血鬼を殺すには事実上不可能といわれるほどに
::::',::::::| ヽ,::::::::::::::ヘ  ̄        ' ./       難解な手順を踏んで儀式を完成させる必要があります。
::::::ヽ::ヽ_ `ヽ:::__::::\         ./        【少なくとも、今の僕達には不可能な方法です】。
ヘ|\;;;;|ヾへ_∧. ̄ ̄     '⌒ /         その方法も知りませんし」
       _/   -, ,, _ __,,./
     /   \ ` ミ/
    /       ', / \,_
  . /         ',|.  .|  |
  /           .|  |  ヘ


      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \   「そんなのを探してるとなると色々警戒されるかもしれないけど……。
 /  (__人_,)    \  とはいえ、確かに手に入れておきたい逸品なのは確かだお。
 |  l^l^ln ⌒ ´        |  それで、不死殺しがどこにあるかはわかるかお?」
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /

1545◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 22:17:26 ID:hlG8yeEk0
            -=≦ ̄`ヽ
                   ≧x: :v'⌒ヽ__
           ,. ´ : : : : : :Y´ ̄jノ: :` 、
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
          /                   ヽ
       /j : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',      「不死殺しで不死王を倒したんですから
.      //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .      【バビロンの古戦場の何処か】じゃないですか?
.      __//:. :.: : :.:/:〃:/: : : : : ヽ: :.:ヽ: : ヽ: : : : ヽ: : :.      【具体的には領内探索してください】」
   /:.〃: : : : : /j/ {∧ : : : : : : ト、: :ハ: : 八: : : :.|: : : .、__    (※ エヴァが今まで何の収穫もなかった
.   /::::::::{{: :〃: : :レ──\j\廴j L}┴く  |:.: : :|: : : : : : \     最大の原因である。天運ェ……)
  ヽ(_:::::::V {: : : :l                 |:.: : :l: : :.}\:ヽ:.:}
    {::::::::_::ヽ:.: 代 ,ォ==、       ,ォ==、 .│: :./: : /:::::::Vj/             「ですよねー」>やる夫
     \( {:::::::\                  ノ: :/:.:/::::::}ヽ}
        \:::: {       '         ∠_,.イ//j/
         `¨ヽ     、___,      イ≦_/
              \    ー‐'    , ´
                 i      ィヽ⊃    ※【以後、領内探索を行う際事前に「不死殺しを探す」と宣言できます。
              __|  `¨¨´  Vユ_      それで成功した場合、イベントが固定で発生します。
            {: :./         〈 ノ      戦闘が発生するかもしれないので、予めご了承ください。

1555◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 22:26:52 ID:hlG8yeEk0
              - ― - 、
           , ‐' ´ - ―--ゝ
       ,ィヘ´ ,. - ' ´ --―-‐-ゝ
  ___r'|ヘ い´ ,. - '´  _--¬ー ‐ヽ
  |   ,イ。)ぃ 〈 _, -‐' ´ ::::::::::::::::::::::::::∧
. └ァ'´ ~イヽヽイ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハハ  「それから、過去にバビロンで取れた資源ですけど……。
   \   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   【平地では『燃える水』が採取できた】そうです。
    /`〃::::::::::::::::::::::::::レj / jノ|:::::::lヽ:::::::::::|   錬金術の原料として初級から上級まで使う品ですね。
   / // ::::::::::::::::::〃//'十ト ゝ斗 }、:::::::l   それから【現在は未開の地となってる山岳地帯では
  / /|| l::::::::::::::::::::l'´厶=ミ    xzミV::::::;|   鉱物資源が一通り算出されていた】みたいですね。
/ // .| ::::::::::::rク:|/沁:リ      ヒツ .レ、:ノ   【林業も行われており、木材も豊富に産出されてました】
  /     |iぃ:::::::ゝyリ ` `´    、¨ ;     これら豊富な資源も、バビロン繁栄の一因だったようです」
.../     |いヽ:::::::♀         ′ /
.       !ヽNYrY:|\    r_ァ /
.          亅___> __ イ
     _______{ : :: :: :: :: ̄'Y´:|
    ,r'  `' <` ̄\ : :: :: ::|: ::|___
   {      \_   l:: :: :: ゙i:;:ラ   , \
  /         `'、.|::: :: /8\'ミ_=イ   \
、{__       \ ゙i \:;,/ ..8 \',ッ    ゙i
| >―`二ニ ,_  `'(__) j______゙i(_)_,、=‐イ
゙i/        ̄ ̄ ' 、.|)lll(,廴lll(廴,ム゙ッ  ,r'


               ____
             /      \
           / ─    ─ \    「何そのチート立地」
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |     「そんな立地だからこそ強国が生まれたんでしょう」>エリー
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

1560◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 22:29:57 ID:hlG8yeEk0




                      , -''"´二二二`丶、
               /\   /, ',´ ------- 、ヽ、\
               /    ∨|//_  -───-- 、\ |
               ̄`ヽ、f0|| //  / /  ||    \`|
             _ -‐ァ'"//レ' /  / / / ハ | | |  \
           _ -‐" /  //H / 〃 / /〃/ i | | | \ ヽ,   ,rr┐
       , '"  _ -‐'"入_〃 { | | ||」⊥/|/|/  リ|/ハ|川 ヽ!| /  {│
      /  , '´    /   / ̄`! r」i .ィ〒ド     ,二`ヽ|リ j|/f^7  /i !
    ./  /     /  /   / {爿 lノ:::′    lノ::ド!/! /(二二`ヽ! /
  /  /       /  /   // ハ_! ´ ̄    ヾ┴〃(二二二ヽク」
  || |レ′      /  /   |/| | 0ヽ   ..___'_,   , ┴'⊂ニニヽ〉 〉 !
  ||/        /  /     |ハ从|レ1\      /   . . . : i〉 / /
         /  /          レ!L ` ー‐‐'"!. . : : : : : : : | / /
         /  /         ,へ__」   丁 ̄| ヽ; : : : : : : ://  }
        ,'   !   __r─一'  / /   ハ  |`く` ー--_</  人_
        i   |  r┴ i      |/ /l」\ ヽ |     ̄ヾ彡′ヽ
        |   | r┴‐  ヽ     |__∠___\V      , ┴!    ヽ
        |   l/⌒'ー--ヘ  ○ |<<))()((></ ○ /  ヽ    \
        |==〈        ヽ,__ノ======ヽ,_/ ̄ ̄ ̄ヾ    \
        |ラ。ヘヽ        〃  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ ヽ! / /  ヽ      ヽ
        |弋ソ'^ヽ     /  /            ',   |__|_/     ヽ     i
        ヽ / /l〈‐-- ___!  |          |   |⌒``ヽ、        |
          ヽ/ |}─-- ハ   ',            /  /      `T┬、__/
             | |    | ヽ ヽ         / /       |│

   エリー「とはいえ、そういった鉱山や採掘所は他の国々が利用できないようにか
        魔王が完膚なきまで破壊しつくし、今ではどこにあったのかもわかりません。
        【再び採掘しようと思ったら、改めて場所を調査する必要があります】。
        とはいえ【山岳の資源を取りに行くには国力がぜんぜん足りません】けど」
   やる夫「となると燃える水くらいかお。それを調べるにはどうすればいいんだお?」

1563◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 22:33:32 ID:hlG8yeEk0


             , -''"´二二二二`丶、
           / , ' ,´ ---------- 、ヽ、\
            |//_ -‐───-- 、 \ヽ ハ/ゝ
            |/.:´:.:.:.:.:.:.、.:.:.、:.:.:`:.:.:.:.:、:..\㎝二l
        /.::/:.:.'.:.:.'.:.:.:.:ヾ.:.:ヾ.:.:.:.ヽ.:.:`、:ハ\\
          /.::/:':/.:..i.:.:.ト、.:ヾヾ::ヾ.:.:ヾ.:.`、:j.:.:.i l\\    「【領内探索してください】」
       i.:.:l:.:!:|.:.:.|::__| \!、弋弋:ヾ:ヾ`リw.:i | ヽ ヽ
        i.:.!::i.:.:!:|リT !!     、_,_ リリ⌒y! |   〉 )       「ですよねー」>やる夫
        レ.:.i.:.:.!//,ゝ‐-     ´   ` 'リン.八 | / /
         ゝ.::r圦                r-♀::.リ V  /
            |:|\ヽ    ヽ     ,小iリ ::::!  |  |
           |:i:i::♀\    ー '   ,イ:::|::/ :::リ   |三|  ※ 同じく領内探索で「燃える水の採掘場所を探す」と
         |:!乂从w`::...._   /|ヾ:乂::/|  |      宣言することが可能になりました。
                 ,へ__」 ` 丁 ̄|     |  |
         __r─一'  / /   ハ  |`く` ー─-、__」
      r┴ i      |/ /l」\ ヽ |    .ヽ┴、
     r┴‐  ヽ     |__∠___\V      /  弋
    /⌒'ー--ヘ  ○ |<<))()((></ ○ /-‐´⌒\
    〈       ヽ,__ノ======ヽ,_/       〉

【情報収集フェイズ終了】
【金銭が7→6になりました!】
【これより、行動フェイズに移行します】

1567◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 22:35:13 ID:hlG8yeEk0
━━【D:行動フェイズ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
下に記載された行動を3つまで行うことができます。
各行動には「メインキャラ1名、サポートキャラ2名」
合計3名が参加できます。
同じキャラが何回行動を行ってもかまいません。
但し、同じ行動を2回行うことはできません。
なお、行動の結果は都度反映されます。
例えば1回目の行動で技術力が上昇すれば、
2回目の農業開発には上昇した技術力を使用します。

0:自己鍛錬
 任意のリソースを1消費して、参加したキャラ全員が成長点を3点得ます。
この行動は何回でも行えます。

1:情報収集
 財貨1を消費し、情報収集フェイズと同様に様々な情報を収集します。
判定方法は情報収集フェイズと同様です。
この行動は何回でも行えます。

2:技術開発
 財貨1を消費して、技術力を上昇させます。
判定前に「N点上昇させる」と併記してください。Nは任意の自然数です。
この行動には【知略】を用います。
判定のペナルティは[-(現在の技術力+Nの二乗×5)]です。
例えば、3の状態から2点上昇させたいなら-(3+2×2×5)=-23のペナルティを受けます。

3;農業/工業/商業開発
 物資1を消費して、農業力/工業力/商業力を上昇させます。
宣言時に「N点上昇させる」と併記してください。Nは任意の自然数です。
上昇させる能力毎に別の行動として扱います。
この行動には【指揮】を用います。
判定のペナルティは[-Nの二乗×5]です。
また、農業力/工業力/商業力が技術力を上回っていた場合、
さらに[-(上昇前の上げたい国力-技術力)×10]のペナルティを受けます。

4:治安維持
 リソースは消費しません。荒廃度を減少させ、治安を回復させます。
宣言時に「N点減少させる」と併記してください。Nは現在の荒廃度以下の任意の自然数です。
各キャラクター毎に【指揮】または【武力】の好きなほうを使用します。
このとき-[Nの二乗]だけペナルティを受けます。
これにより荒廃度が0になった場合、即座に追加でランダムイベント表を振れます。

※2~4で上昇値または減少させたい荒廃度を"1"とした場合、判定なしに自動成功します。
 その際にも行動に参加したキャラクターは成長点を1点得ます。

5:領内探索
 リソースは消費しません。領地を探索します。資源や家臣となりうる人材が見つかるかもしれません。
この行動には【天運】を用います。
成功すればグッドイベント、失敗すればバッドイベントがおきます。
判定を行う際、[-今まで成功した回数の二乗×10]のペナルティを受けます。
例えば今までに2回成功していた場合、-2×2×10=-40のペナルティを受けます。
このペナルティは1月、5月、9月になるとリセットされます。
【現在のペナルティは-10%です】

6:部隊創設
 「物資1&財貨1」を消費して新たな部隊を創設します。
初期状態での兵力は5ですが、【指揮】による判定で初期値を上昇できます。
宣言時に「N点上昇させる」と併記してください。Nは任意の自然数です。
その際のペナルティは[-Nの二乗×5]です。
成功した場合初期から上昇した兵力で部隊を得ることができます。
失敗した場合も兵力5の部隊は創設されるので、ご安心ください。

7:軍事訓練
 物資1を消費して、全ての部隊の訓練を行います。
宣言時に「N点上昇させる」と併記してください。Nは任意の自然数です。
この行動には【指揮】を用います。
その際のペナルティは[-Nの二乗×5]です。
但し上昇値を"1"とした場合、判定なしに自動的に成功します。
その際にも行動に参加したキャラクターは成長点を1点得ます。

8:軍事行動
 魔物や盗賊などといった敵性勢力と戦闘します。
このとき、動員する部隊数と同じだけ食料を消費します。
戦闘における判定は戦闘を行う際に改めて説明します。

9:外交
 国内外の勢力や人材と外交します。

※:その他
 思いついたものを適当に提案してみるのもアリです。
但し、実現不可能な場合は無効とする可能性がありますのでご了承ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1571◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 22:39:03 ID:hlG8yeEk0

では、新たな情報も入ったので5分ほど相談タイムを設けます。
45分に改めて安価をとるので、どうするか話し合ってください。

1584◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 22:46:24 ID:hlG8yeEk0
では、お時間になりましたので改めて安価をとります。
【1回目の行動を指定してください。スキルを使用する場合、その指定もお願いします】
↓3~7から多数決

1588名無しのやる夫だお2013/01/25(金) 22:46:44 ID:GH.cq9zM0
技術開発:N=3:エリー(M)、涼、ジャギ

1590名無しのやる夫だお2013/01/25(金) 22:46:48 ID:prk9v4WU0
技術開発:N=3:エリー(M)、涼、ジャギ

1591名無しのやる夫だお2013/01/25(金) 22:46:50 ID:zgMkzPzY0
技術開発:N=3:エリー(M)、涼、ジャギ

1592名無しのやる夫だお2013/01/25(金) 22:46:55 ID:I7zZk/ok0
技術開発:N=3:エリー(M)、涼、ジャギ

1593名無しのやる夫だお2013/01/25(金) 22:47:02 ID:2.rRC5hU0
技術開発:N=3:エリー(M)、涼、ジャギ

1596◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 22:54:22 ID:hlG8yeEk0
【技術開発:N=3:エリー(M)、涼、ジャギ】に決まりました。
9*10+(7+4)*5-2-3*3*5+5=103%
判定の予知なく成功!


          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \   「そろそろ国民の教育にとりかかるお!
      |       (__人__)   |    せめて名前と重要な単語の読み書きくらいはできないと
     \      ` ⌒ ´  ,/    これ以上の発展は望めないお!」
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /


         /.:.:.:/.:.:.::/.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,
.           '.:.:.:.:l.:.:.::/.:.:.:.:.::/.://:/.:.:.:.:./ ',.::.:',:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:..:.::.:!
.         {:.:.:.:.:|:.:.:.l:: .//_」:⊥!」!_./ /  ',:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:::.:.:::.:..:.:.:.:}
        ハ:.:.:/|:::.:.|:.:/://:/_/|/l:/}/   リl;l;ィ_リソヽ:.:.:.::::.:.:リ
           レ'.:r{:::.:.レ';;ノ,ィァ=;、       x==、ヽノ人::::.:::{::/   「わかりました。では青空教室を開きますので
.          イ:/ム:::.:.! /' _,ルy:} ヽ     /ん;;心刈ゝ:.:.:.:.:.:j(    とりあえずやる夫さんもお手本として
         |{  ヘ::.j! ` 弋::::ノ         ト<'::::リ j}/.:.:.:.:トヽ     入学してください。
         |ハ:.、u从             ` ー'′厶イ.:.:|
         | リ::ヽ._ヾ、        :!          /ノ:.:.N
        弋:.:.i♀ヘ.          ′        /o.:.::.:'              「なにそれこわい」>やる夫
           ヽハ从ゞ、       __         ,ハ.:.イ:.l
              ヽ川l::|` 、    ` ′     ィ.:.:..:/' レ′
              j ハ::|  丶、    ,. '|:l:リ.:/
                :ト、__ ` ー ' .__|'´
               丿: : : : : : : : |: : : :.: :|
          ,.  '′:::::.:. : : : : : |: : : :.: : ヽ、

【財貨が8→7になりました】
【錬金術の効果により、技術力が2→6になりました】

1599◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 22:57:31 ID:hlG8yeEk0
しかし皆様欲訓練されてるなぁと感心しきりです。
【2回目の行動を指定してください】
↓3~7の多数決。

1602名無しのやる夫だお2013/01/25(金) 22:58:02 ID:I7zZk/ok0
農業開発:N=4:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼 物資1投入

1603名無しのやる夫だお2013/01/25(金) 22:58:12 ID:8x3W3e6c0
工業開発:N=4:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼 物資1投入

1604名無しのやる夫だお2013/01/25(金) 22:58:12 ID:prk9v4WU0
工業開発:N=4:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼 物資1投入

運だけ野郎による大豪運経済の始まりです

1605名無しのやる夫だお2013/01/25(金) 22:58:16 ID:zgMkzPzY0
工業開発:N=4:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼 物資1投入

1606名無しのやる夫だお2013/01/25(金) 22:58:34 ID:u3b7tpX20
工業開発:N=4:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼 物資1投入

1607◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 23:02:49 ID:hlG8yeEk0

【工業開発:N=4:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼 物資1投入】に決定しました。
11*10+(4+7)*5-4*4*5+10+5=100%
このゲームは「いかにして判定をしないようにするかゲー」のようです。

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \  「えー皆様。私先月、エヴァンジェリンに色々とアドバイスを受けたのを
    |      (__人__)     |   覚えてらっしゃるでしょうか?
     \    ` ⌒´    ,/   で、ですね。とりあえずそれを思い出しつつやってみたわけなんですよ。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    そうしたら――」
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

1615◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 23:11:28 ID:hlG8yeEk0



.              ___
             l   l!
             l   !l
              l   !l                                  ※ AAはイメージです
.           rl__!lュ
.            l.l`Y´il'
          kl〉=〈.il                           ⊆_ュ.
          kl.>_<.il                              }  {|
           kl二二l                              _l . l!
             kl.\/l                          _l. . . .l!        .上
.             Kli≧≦l                             〕__.l!       _i_l {
           KlX.X.Xli                      rkヘ  _〕__.l!  .上入.} l l l
.          E.l l l l.li                      l 二ト _.〕__.l!   }  ̄.l.l l l l      ー±ュ
          lZ.l_二二.li                       トl i !l  〕__.l!.  .l   .lil l l.=l!       l幵Tri
.         lX.l l  ll li              r=◎=ュ  .tl卞f匸l⊆ lf冂  ┤  l.l l l l _   r卅lKliliト
         l.Z.l i.><l><li            rェェlェェlェェlェェlェュlfl幵三三l l! 匸l匕..l ‐ l.l l l l 入入廴lil l幵幵 .r,_l__i_
      rュ i.y'.li . lKl l       __rl幵幵幵幵幵幵Fl幵lTF寺l l  l!卞.l   .l.l l l lNNMl┬‐l l______l l .ll! l   ll  ll
Tl7    「l .lFi'<l──l>l       」TT幵l┴┴┴┴┴┴┴┐l i..l   l幵叮卞ll   l.l三lf lMlNN┬..l l──l .l ll .l_鼎 ll  !ll
 ̄l   flil lE,.i.\lr───ュ      l=≡lkkll┬┬┬┬┬┬┐ l l巛l─.l l幵三f鬥鬥  l l鬥鬥鬥 l lKMKl l  l .lr三┴‐卅
 ̄ ̄ ̄l ̄ ̄EEl‐l      ,ィト___,ィヽ=Fl三二ll .ll...ll ll...ll. .ll...llF皿卅li..l   i==≡二二  .l l幵卅幵 l l l「二三皿皿「二___l
   / l\    .l‐l   ,イ .l___iニri'ソk乍lel .ll...ll ll...ll. .ll...ll乍卅l幵≡i..l. ̄ ̄.l 幵幵幵幵鬥鬥幵叭,l l il冂冂il冂冂li鬥鬥鬥
 イ  .l  ヽ  l=l ./   l     lr=.l ヘl<l巛ll...ll...ll ll...ll. .ll...llrャーーー─┴‐─┴┴┴┴┴┴───┴─┬───────‐
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄三三二二二二二二二二二二 ̄       /                        l
/              /            //               /                      l
__ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __

    やる夫「こんなんなっちゃった♪」
    エリー「なっちゃったじゃありませんよ! なんですかこれ!」
    やる夫「……多分錬金術の工房?」

【物資が8→6になりました】
【錬金術の効果により、工業力3→8になりました】

1620◆75LBJGs9C62013/01/25(金) 23:14:06 ID:hlG8yeEk0
――後に、エヴァンジェリンが語り手曰く――

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '///|! !∥ ヽハ、ヽ. ヘ
         〃 {_{」 」」 L|lトヽリ l │ |   「……なにあれ」
         レ!小l●    ● 从 |、|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノハ
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !ヽ
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  ///ハ
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧/ハ !
       7ヽ< } /  ヾ:∨:::/ヾ:::彡''ハ∨

【3回目の行動を宣言してください】
↓3~7

1623名無しのやる夫だお2013/01/25(金) 23:14:55 ID:uAYkM3520
農業開発:N=4:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼 物資1投入

1624名無しのやる夫だお2013/01/25(金) 23:14:56 ID:prk9v4WU0
農業開発:N=4:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼 物資1投入

恐れよ、崇めよ・・・これがやる夫の大豪運経済だ!

1625名無しのやる夫だお2013/01/25(金) 23:14:59 ID:zgMkzPzY0
農業開発:N=4:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼 物資1投入

1626名無しのやる夫だお2013/01/25(金) 23:15:00 ID:u3b7tpX20
農業開発:N=4:《大豪運》やる夫(M)、エリー、涼 物資1投入

1627