FC2ブログ

やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫がフランス革命を生き抜きます 第11話「最後の抵抗」~中編~

384◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:05:27.64 ID:PwhZTMEo
それでは、これより投下を開始します。

かしらかしらご存知かしら~。
世界を革命する物語の続きが始まるわよ~。
かしらかしらご存知かしら~。

第11話「最後の抵抗」~中編~

385◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:07:34.21 ID:PwhZTMEo
――1791年10月
テュイルリー宮殿


            *     ______ *
 ┼                    | テュイルリー |
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ


        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |   ピルニッツでの宣言以来、
   | ─|─  |─ |___/   お義兄様たちは動いてくれないね。
   |` - c`─ ′U 6 l    
.   ヽ (____  ,-′   やっぱり、戦争には躊躇しているみたいだ。
     ヽ ___ /ヽ    
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 



386◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:08:25.42 ID:PwhZTMEo

                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l     バルナーヴの尽力によって
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!       混乱が収拾されたわ。
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._    それで介入の余地もなくなったしね……
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ 逆にお兄様は、ロシアやプロイセンを警戒して
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´    私に議会と妥協することを勧めているわ。
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |




        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |   そ、そうなのかい……?
   | ─|─  |─ |___/   だけどそうなると、ボクたちはこのままテュイルリーに
   |` - c`─ ′U 6 l    名ばかりの王としているしか手はなくなるんだね。
.   ヽ (____  ,-′   
     ヽ ___ /ヽ     もう、仕方のないことのかもしれないけど……
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 



388◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:10:30.01 ID:PwhZTMEo

\\\\、   〈::::::::::::::::レへ:::::::::::::::::/  |::::::::::::;;;;:::::::::::::
\\\\\   ゝ、:::::::::|   \::::::::::|  了:::::::::/-、\:::::::
\\\、 、    | 7ヘフ―-、  \:::::| 、\::::::|   ヽヽ::::
            , イ   //⌒l |    ̄  >―\|    | |::::
         / r|  / { ・ / !     / /⌒l ヽ    |::::
三       | {|  { `ー' /       / {.・ | |     !::::   ダメよ、あなた!
三三      | /   \__r‐-、    {  `ー' /    |::   偉大なるブルボン朝を
三三      ∨      {_      \__/      |:::   このまま衰退させる気!?
三三_     |   /⌒                   レ
         |   \_______             バルナーヴの修正にも不満だわ!
         ゝ     |         \        {   私は戦い続けるわよ!
三=       /´:::\    ヽ          ヽ
≡=-   /:::::::::::::::::\   \/´ ̄ ̄ ̄ヽ |     、__
//   /:::::::::::::::::::::::::/ \   \ ___,/    /





今回は投下間隔1分程度で行っています。

389◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:11:34.86 ID:PwhZTMEo


        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |    
   |  ・|・  |─ |___/    マ、マリー……!
   |` - c`─ ′U 6 l     で、でも、これ以上、ボクたちには……
.   ヽ (____  ,-′   
     ヽ ___ /ヽ    
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 




                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l      フェルセンが協力してくれるわ。
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!       三頭派の意見を聞くふりをしながら、
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._    彼を通して諸外国と交渉しましょう!
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ  戦争にさえ突入すれば、こちらのものよ!
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´    
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |



390◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:13:05.46 ID:PwhZTMEo


        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |    
   |  -| ・  |─ |___/     戦争突入……
   |` - c`─ ′  6 l     確かに、現在の統一されていない国内情勢を考えれば、
.   ヽ (____  ,-′    フランスの物質的・精神的状態では、
     ヽ ___ /ヽ      内乱はおろか、半分の戦争だって支え切れないだろう……
     / |/\/ l ^ヽ    民衆には悪いけどね……
     | |      |  | 


                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l      あなたは議会で拒否権を発動して
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!       国内の統一を阻んで欲しいの。
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._    
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、 戦争をしたい連中は、ピルニッツ宣言を
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ 根拠に開戦の論調を取り止めやしないわ。
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´    
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |



391◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:14:16.91 ID:PwhZTMEo


        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |    
   |  -| ・  |─ |___/     意思統一もされていない状況では
   |` - c`─ ′  6 l     何もかも上手くいくはずはないからね……
.   ヽ (____  ,-′    
     ヽ ___ /ヽ      戦争に敗れれば、影響力は低下するものの
     / |/\/ l ^ヽ    ヨーロッパの均衡という名の下に
     | |      |  |    ブルボン朝の復権は認められるだろう……



393◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:15:45.98 ID:PwhZTMEo


                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l       あなた……
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!       王位は最高の死に場よ。
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._    
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、 私はそれを捨ててまで生き長らえようとする
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ 人を夫に持たないわ!
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´    
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |




        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |    
   |  ・|・  |─ |___/    マ、マリー……!
   |` - c`─ ′U 6 l    
.   ヽ (____  ,-′   
     ヽ ___ /ヽ    
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 



394◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:16:56.64 ID:PwhZTMEo


――1791年12月



            *     ________ *
 ┼                    | ジャコバン・クラブ|
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ



    |┃三 ガラッ
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃(●)  (●) \
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\  えへへっ、ヤラナイオ!
    |┃  |r┬-|     |⌒)顔を出しに来たお!
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)



395◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:17:50.75 ID:PwhZTMEo


      / ̄ ̄\
    /ノ( _ノ  \
    | ⌒(( ●)(●)      ちったぁー成長しろや!
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''| 
    / ⌒ヽ     }  |  |            ____
   /  へ  \   }__/ /           /─  ―\   
 / / |      ノ   ノ           /●))  ((●\ . ’, ・
( _ ノ    |      \´       _   /    (__人__)’,∴\ ,  ’   たわばがに!!
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ/  > て 
       .|                        __ ノ /  (
       ヽ           _,, -‐ ''" ̄ヽ、 ̄ `ー'´  /  r'" ̄
         \       , '´          /       .| 
          \     (           /       |
            \    \        /         |



397◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:19:17.85 ID:PwhZTMEo


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)   話に聞けば、なかなか見識があるって噂だったけど、
          |     (__人__)   相変わらずおちゃらけな性格は変わらないな。
             |     ` ⌒´ノ   
              |         }   で、突然、やってくるなんて何か用なのか?
              ヽ        }   
            ヽ、.,__ __ノ   
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、




398◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:20:24.40 ID:PwhZTMEo

        ___
      /      \      
   /          \     用はないお。
  /   ⌒   ⌒   \    立派な政治家になったヤラナイオを見に来たんだお!
  |  /// (__人__) ///  | 
. (⌒)              (⌒) グッ
./ i\            /i ヽ
l___ノ            ヽ___i




         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)  そ、そうか……?
          |     ` ⌒´ノ   照れるじゃねえか、この!
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ



400◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:22:30.71 ID:PwhZTMEo


                   /:  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                 /: : : :              \
               /: : : : : :                 \
              /: : : : : : : :..                \
             .l : : : : : : : : _ ノ゛,, ;、、、 '⌒ゝ、      l    嘘だお……!
             | : : : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |
             .l : : : : : : : ´"''",       "''"´       l      平議員が
              \: : : : : : . . (    j    )       /
               \: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /           何を照れているんだお……?
               _ノ>'´小、    `ー―'´,),. /\イ
       _,.二ニ-‐フ´ / /!| \ ` ー --‐ , イl、 丶、ト、__
  ,r‐<´     /  '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、   /⌒〉
 ノハ   \   /    /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \/   /
∧丶ヽ   V       /    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ   /   /、
l l、 、 }   ヽ     /     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \丿   厂\
、_}/ノレー‐-、\  / 、    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     レ- '⌒ヽ__ ヽ
´ /´{    `ヽV___、>--、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ     /   _,. イへ\ \
 ∧0 ノヽr─-、___)一´- 、/ ) ∨ / / jl   ∨/=-、  (⌒>‐イ  _∠´ /l /! \ \
 {. ハ |  {、_     ____) / /   / |    /    \ (⌒(   __`二´-‐┬' 7/l |   ハ ヽ
 ヽ、ハ   \ ̄ ̄ - '´ /i /  '  / 'l   /       ヽ\  ̄ヽ、  _, / /∧リ--  〉 〉
、 〈 `>‐-`ニ>─<   !/     /  | /        \\,_  ̄ 丿_∠´  厂丶 / /



401◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:23:35.54 ID:PwhZTMEo

            ┛┗ ̄ ̄\
            ┓┏  _ノ 、_\   ちょーしこいてんじゃねぞオラァ!!
            |    ( 〇)(〇)
     ,ィ⌒,>    |     (__人__)
     ト _〆トュ   |      |r┬`|ノ         オ⌒´`ゝ、
    /ゝ イ´    |       `ー'´}       /^ヾ ムイ´ ̄ ̄ ̄\
    /  彳_     ヽ       /      イ ト   /  U       \   や、やめるお!
   〈  イ` _´⌒`ヽート   ノ      / 、ゝ、__ ィ´´          ヽ   暴力は良くない!!!
    ゝー、_  ヽ /   `ゞ  ̄ ヽ /    / /         U   |   ,、_,r、,、
        ⌒ゝ 、     彳   /    /,   \   U        |   `ャ'  `i
          |  `     ,イ    //ゞーイ⌒`ゝ_       ,/   /  イ
            |   /   ,<´    / \   ヽ  ,        "ヽ、_/  /
          |    /     ,イ  ,ィ^l、  ̄ ̄ド ̄、         /   /
          |   イ      ∠'─ィ'〆~ヽ    |     / l    rー─ ~
          / /      ∠/  _ゝ_/    /           /
          /イ      ^  |` ̄       /           /
        /       イ   |       /           /
        |      ノ     |     /             |
        \_ _,ィ´ ノ    |    /        ノ     /
            `ー、     /    |    イ⌒ ̄ヘ     /
             /     /     |   /      |    /
             /     /     |   ト      |   /
             /      /      /  ノ         |   /
  _     __/    /      ゝ、_/        /  /
 /  `~ ̄ ̄   <    /                /  /
 |             ノ               /   |
 |  / ̄ ̄───ーイ               イ__ィー'
 ゝ ゝ
  `~´



402◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:25:20.05 ID:PwhZTMEo

     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/ U  (●)  (●) \  
|       (__人__)    |   ここのところ、議会の雲行き怪しいから、
/     ∩ノ ⊃  /    そこら辺がどうなっているか聞きに来たんだお。
(  \ / _ノ |  |     会員じゃないのに迷惑かお?
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)    まあ、ヤルオには金の面とかで借りがある。
             |     ` ⌒´ノ    そこら辺は都合をつけるさ。
              |         }
              ヽ        }     でもまあ、入会してくれれば一番いいんだけどな。
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_




403◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:26:39.45 ID:PwhZTMEo

     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (─)  (─) \    ヤラナイオに言われたとおり、
|       (__人__)    |    ヤルオも少しは考えて行動することにしたんだお。
/     ∩ノ ⊃  /     
(  \ / _ノ |  |      ……無学なヤルオは、今は無頼の徒でいるお。
.\ “  /__|  |      
  \ /___ /      




            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)    そうか……本当にに少しは成長したな……
             |     ` ⌒´ノ    で、聞きたいのは議会の動向についてだったな。
              |         }
              ヽ        }     確かに今の状況が悪いのは確かだ。
            ヽ、.,__ __ノ     国王が拒否権を乱発したおかげで
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、    収まりがつかない状態だ。
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_



404◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:27:39.98 ID:PwhZTMEo

     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \  
|       (__人__)    |   亡命貴族の策動に対して、
/     ∩ノ ⊃  /    王様が議会の決定に反対したんだおね?
(  \ / _ノ |  |     どうして王様はそんなに反対をするんだお……
.\ “  /__|  |     やっぱり王様は貴族の味方なのかお?
  \ /___ /



405◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:28:58.80 ID:PwhZTMEo

        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ    ヴェトー(拒否)だ……!
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |
   |  -| ・  |─ |___/     ヴェトー(拒否)だ……!
   |` - c`─ ′  6 l
.   ヽ (____  ,-′    ヴェトー(拒否)だ……!
     ヽ ___ /ヽ
     / |/\/ l ^ヽ     ヴェトー(拒否)だ……!
     | |      |  | 




【補足解説・説明】

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  開戦の方向へと傾きつつある議会は、諸外国と亡命貴族への牽制として、
 iミ}ミ{━ ━ミ! その対抗措置となる法令を可決させたが、国王ルイ16世は、
 iミ}ミ{U ー ミ! それら全てに拒否権を発動し、議会の政治統一を妨げました。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´   可決され、拒否権を発動された法令は次の通りです。
    }_ノノ
    ヒ}ノ

①王弟プロヴァンス伯への帰国命令
亡命貴族のリーダーであるプロヴァンス伯が二ヶ月以内に帰国しない場合は、摂政の資格を取上げる。

②亡命貴族の財産没収
翌1792年1月1日までに帰国をしない場合、財産を没収して国家財産に収容して売却をする。

③亡命貴族を保護するドイツ諸侯への勧告
亡命貴族の団体に援助を与えているドイツ諸侯に対し、援助をやめさせるようルイ16世が勧告する。

④宣誓忌避僧の追放
宣誓をしない聖職者は、公共の宗教建造物に入ることを禁じ、小教区より立ち去ることを命じた。
また、年金を取り上げ、騒動などを起こすことがあれば追放するとした。


    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  早期開戦を望む議会諸勢力にとって、これは想定外のことであり、
 iミ}ミ{@ @ミ! 特に開戦を強く望むジロンド派は、議会での修正に取り掛からざるをえなくなります。
 iミ}ミ{U ー ミ! 


406◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:30:42.51 ID:PwhZTMEo


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)    単純にそういった話じゃないな。
             |     ` ⌒´ノ    国王だって、前のように馬鹿みたいな
              |         }     貴族・聖職者偏重の政治体制なんか
              ヽ        }     望んじゃいないだろう。
            ヽ、.,__ __ノ     国王が狙っているのは、国内世論の混乱と
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、    諸外国への戦争だ。
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_




     ____  
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\ 
/ U  (─)  (─) \    そうなるとやっぱり……
|       (__人__)    |    王様はフランスが戦争を仕掛けて負けるのを
/     ∩ノ ⊃  /     期待しているってことかお?
(  \ / _ノ |  |     
.\ “  /__|  |      
  \ /___ /      



407◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:32:04.01 ID:PwhZTMEo


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)     
          | U   (__人__)      そうだな……。
             |     ` ⌒´ノ      亡命貴族を援助しているドイツ諸侯に
              |         }      対する勧告を拒否した時点で、
              ヽ        }      国王は、東部国境でいざこざが起きるのを
            ヽ、.,__ __ノ      期待しているのは明白だ。
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、




            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ー)(ー)     
          | U   (__人__)      国王は、戦争を仕掛けた議会の立場を
             |     ` ⌒´ノ      悪くし、敗戦が続けば、国民が自分に助けを
              |         }      求めてくるんだろうと思っているんだろう……
              ヽ        }      
            ヽ、.,__ __ノ      そうすりゃ、確かに王権は復活し、ブルボンも
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、     安泰だろうが……



408◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:33:30.28 ID:PwhZTMEo

     ____  
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\ 
/ U  (─)  (─) \    もし、そんなことになったら、フランス国内は大変だお……
|       (__人__)    |    混乱の真っ只中に落とされたら、国民の生活は
/     ∩ノ ⊃  /     困窮の一途だお……
(  \ / _ノ |  |     
.\ “  /__|  |      既にヤルオのエロ同人の購入量は減少は限界にきているお……!
  \ /___ /      



            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)     
          | U   (__人__)      (エロ同人は生活に関係ないだろう……jk)
             |     ` ⌒´ノ      世論もブリッソーやヴェルニヨ――
              |         }      いわゆるジロンド派のプロパガンダで開戦に向かいつつある。
              ヽ        }      戦争に反対していたバルナーヴも、フイヤン派での
            ヽ、.,__ __ノ      影響力が低下して、開戦派のラファイエットに
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、     主導権を握られちまった……



409◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:34:38.41 ID:PwhZTMEo


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ー)(ー)     
          | U   (__人__)      ロベスピエールさんが頑張っているが、
             |     ` ⌒´ノ      ジャコバン・クラブでもその声に押されつつある……。
              |         }      ヤルオ……すまないが、お前たちの生活を守るには、
              ヽ        }      俺はまだ力不足だ……
            ヽ、.,__ __ノ      
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、     



       ____
    /     \
   /  ─    ─\      
 /    (●) (●) \   ヤラナイオ……
 |       (__人__)    |  
 \     ` ⌒´   /



412◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:35:25.04 ID:PwhZTMEo


国民生活の改善がほとんど図られない中でも、市民の間では開戦の気運は国内で高まりつつあった。
特にジロンド派の影響力は強く、ブリッソーらの発言が、年末から年始にかけて熱を帯びていく……

――1791年12月某日。


   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::           i  フッ
  |::::::::    ⌒   ⌒ |     フランス人は、常に自由のために戦う用意があってな、
  |:::::    -・=- , (-・=-
  | (6    ⌒ ) ・ ・)( ^ヽ    常に自由のために死んで、再び鎖に縛られるんよりは、
  | |.     ┏━━┓ |
  ∧ |      ┃ヽ三ノ ┃ |    むしろ地上から全く消え去る用意があるんや!
/\\ヽ     ┗━┛ ノ     
/  \ \ヽ.  ─── /|\     ノ7_,,, 、
    (⌒、"⌒ソ⌒ヽ- イノ  `、  ( ィ⌒ -'"",う    簡単に言えば、フランスブランド偉いってことや!
    ~''(_)(_)(_)(_)ソ-ィ     ヽノ   ,イ^
  _ヽ /`、_, ィ/   ヽ      ヽ─/
/,ィ'"/     /    `、     ) /
         /   i
ピエール・ヴィクトリアン・ヴェルニヨ(1753年 - 1793年)
ジロンド県リモージュの裕福なブルジョワの家に生まれる。
テュルゴーの支援によりパリで法律を学び、ボルドーで弁護士となり、
ジャコバン・クラブのボルドー支部を経て立法議会の議員となる。
ブリッソーとともにロラン夫人のサロンの常連であり、ジロンド派のリーダー的存在であった。
非常に日和見的で無節操な性格の持ち主であることを明示しておく。




     ┏━━━┓                               ┏┓┏┓
     ┃┏━┓┃                               ┃┃┃┃  ////////
 \   ┗┛  ┃┃┏━━━━━━━━━━━━━┓┏┳┓┏┓  ┃┃┃┃   /////
\\\    ┏┛┃┗━━━━━━━━━━━━━┛┗┻┛┃┃  ┃┃┃┃   //////
\\\  ┏┛┏┛                         .┏┛┃  ┣┫┣┫ ///////
\\\  ┗━┛                          .┗━┛  ┗┛┗┛ ///////
\\\\                                           ////////
\\\  ∧ ∧      ∧ ∧    ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧   //////
\\  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ///////
\  ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧  ////
 ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ////
(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ )) ///
   <  >     <  >     <  >     <  >     <  >     <  >     <  >     //



414◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:36:58.10 ID:PwhZTMEo

――1791年12月16日。


     ,..:;;;;;;;;;;;;;;;:::,
   ./;::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
   /;;;;;;;;''''''''''''V''''''''';
  |;;;;;;;;」        !
  |;;;;;;|   ━、  ,━ I  10世紀間の奴隷制の後、自由を得た国民は
  i 、'||   ⌒   ⌒ |  
  '; ' |]     ' i,.   |  戦争を必要としているんや!
  ノーi ::::::   ._`ー'゙ ..!  
イ i  ゙t:::::::、'、 三ツ::;'    自由を固めるために戦争が必要なんやで!
   !.  ヽ,.:::::゙::::::::::::/ヽ
   ヽ、  ':.、:::;;;;:/ |  ゙ヽ、
     \___ ノ.    ゙ヽ





     ┏━━━┓                               ┏┓┏┓
     ┃┏━┓┃                               ┃┃┃┃  ////////
 \   ┗┛  ┃┃┏━━━━━━━━━━━━━┓┏┳┓┏┓  ┃┃┃┃   /////
\\\    ┏┛┃┗━━━━━━━━━━━━━┛┗┻┛┃┃  ┃┃┃┃   //////
\\\  ┏┛┏┛                         .┏┛┃  ┣┫┣┫ ///////
\\\  ┗━┛                          .┗━┛  ┗┛┗┛ ///////
\\\\                                           ////////
\\\  ∧ ∧      ∧ ∧    ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧   //////
\\  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ///////
\  ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧  ////
 ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ////
(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ )) ///
   <  >     <  >     <  >     <  >     <  >     <  >     <  >     //



415◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:38:37.21 ID:PwhZTMEo


――1791年12月31日。


     ,..:;;;;;;;;;;;;;;;:::,
   ./;::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
   /;;;;;;;;''''''''''''V''''''''';
  |;;;;;;;;」        !
  |;;;;;;|   ━、  ,━ i
  i 、'||   ⌒   ⌒ |   新しい十字軍の時代が来たんや!
  '; ' |]     ' i,.   |
  ノーi ::::::   ._`ー'゙ ..!    ワールドワイドなフリーダムのためのクルセイダースや!
イ i  ゙t:::::::、'、 三ツ::;'   
   !.  ヽ,.:::::゙::::::::::::/ヽ       名付けてメイクフリーダム!
   ヽ、  ':.、:::;;;;:/ |  ゙ヽ、
     \___ ノ.    ゙ヽ




     ┏━━━┓                               ┏┓┏┓
     ┃┏━┓┃                               ┃┃┃┃  ////////
 \   ┗┛  ┃┃┏━━━━━━━━━━━━━┓┏┳┓┏┓  ┃┃┃┃   /////
\\\    ┏┛┃┗━━━━━━━━━━━━━┛┗┻┛┃┃  ┃┃┃┃   //////
\\\  ┏┛┏┛                         .┏┛┃  ┣┫┣┫ ///////
\\\  ┗━┛                          .┗━┛  ┗┛┗┛ ///////
\\\\                                           ////////
\\\  ∧ ∧      ∧ ∧    ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧   //////
\\  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ///////
\  ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧  ////
 ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ////
(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ )) ///
   <  >     <  >     <  >     <  >     <  >     <  >     <  >     //



416◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:39:55.74 ID:PwhZTMEo

――1792年1月5日。



    __-=ニニ二ニ二=-__
  //          ヽ
 /  彡           i;
 |   彡  ..,;;;;;;;;;,  .,;;;;;;,,. |;:
 レ-、 彡  =====、__,=====、、
 |∩====|| -=・-/―ヽ=・-.(||
 |(  ̄    ==== i  i. ====  自由を維持するだけでは不十分だ!
 しi      /⊂  )_\ |  
  i   ー /    ̄   ト.ノ 革命を完成させるためには戦争が必要なんだ!
   |   i   <三.三> i  
   ヽ ヽ     ー  //  
     \ ヽ \___ノノ
       ー―----
マクシマン・イスナール(1751年 - 1830年)
南フランスのマルセイユに生まれる。
香料商人をしていたが、立法議会議員となり、
ジロンド派の一員として開戦を強く主張し、対外戦争を扇動した。





     ┏━━━┓                               ┏┓┏┓
     ┃┏━┓┃                               ┃┃┃┃  ////////
 \   ┗┛  ┃┃┏━━━━━━━━━━━━━┓┏┳┓┏┓  ┃┃┃┃   /////
\\\    ┏┛┃┗━━━━━━━━━━━━━┛┗┻┛┃┃  ┃┃┃┃   //////
\\\  ┏┛┏┛                         .┏┛┃  ┣┫┣┫ ///////
\\\  ┗━┛                          .┗━┛  ┗┛┗┛ ///////
\\\\                                           ////////
\\\  ∧ ∧      ∧ ∧    ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧   //////
\\  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ///////
\  ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧  ////
 ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ////
(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ )) ///
   <  >     <  >     <  >     <  >     <  >     <  >     <  >     //



417◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:41:36.52 ID:PwhZTMEo

このような国内の開戦気運に、反動的な拒否権を発動し、
敵国への密通しているとの噂があったルイ16世を非難する発言が
議会の中でも出され、ルイ16世は一部妥協を余儀なくされる。

――1791年12月14日。


        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |   余はプロヴァンス伯に帰国を促している。
   | ─|─  |─ |___/
   |` - c`─ ′U 6 l    また、トリエルの選挙侯に対し、
.   ヽ (____  ,-′  1月15日までに亡命者の団体を
     ヽ ___ /ヽ     解散させない限りは敵とみなすと宣言をする!
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 



419◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:42:46.00 ID:PwhZTMEo

だが、その裏で戦争を望むルイ16世は、
プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世宛てに
次のような手紙を送っていた。

――1791年12月3日。


        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   余は、今、ドイツ皇帝、ロシア女帝、
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |    スペインとスウェーデンの国王に次のことを依頼した……。
   |  -| ・  |─ |___/    すなわち、フランスの反乱者の息の根を止め、
   |` - c`─ ′  6 l    治安を回復させる手段を提供し、フランスを悩ましている不幸が、
.   ヽ (____  ,-′   他のヨーロッパの国々に広がることを防ぐ最良の手段として、
     ヽ ___ /ヽ     ヨーロッパ主要国の会議が開かれんことを……
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 




【補足解説・説明】

    __
  , r、 vァ    最早この時点で、ほとんどの人間は開戦やむなしの方向へと進んでいました。
  ノ,}ミ{~`7ソ{
 iミ}ミ{ ̄ー ̄ミ!  国王はフランス軍が戦争に負けて革命が失敗するのを期待し、
 }ミ{足_〒)ヽ   立憲派であるフイヤン派は、ラフェイエットが主導権をとってからは、
  `i,J( 了´    戦争が王政の強化につながると期待をします。(勝っても負けても)
    }_ノノ
    ヒ}ノ


    __
  , r、 vァ    一方、対立するジロンド派も、拒否権を発動をした国王が
  ノ,}ミ{~`7ソ {   反革命であることは明白であるととらえ、戦争によって反革命的な亡命貴族と
 iミ}ミ{━ ━ミ!  諸外国を打倒し、王権を弱体化させることでさらなる革命の推進が
 iミ}ミ{U ー ミ!  図られることを期待しました。
 }ミ{足_〒)ヽ   
  `i,J( 了´    ……正直、積極的な開戦派は自分たちのことしか考えていません。
    }_ノノ    踊らされている方もそうですがね……。
    ヒ}ノ


420◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:44:03.53 ID:PwhZTMEo

だが、そのような中でもただ一人、戦争に反対をする人物がパリには存在した。
亡命したマラーやダントンと並ぶ民主派の巨頭――マクシミリアン・ロベスピエールである。
彼は自らの所属するジャコバン・クラブで熱弁を奮って反戦を訴えた。


              _,.........―=≧=..、__
           ...ィ7'´:彡刈/ヽ乂ミ:ー.ミー.、_
           ///イ´:_/:/::::::://:i:!、:\:\::\
.        //:::,/::::イ/:/:::::/://}:l:::lヽ:ヽ:::ヽ:::ヽ
.      /::/:,:イ/'´::::,//:::/:/,:イ:::l:::l::::i::::i::i::!::i:li
      〃::/:/:/:/::::/:!:l/:/:::/:::!:::;!:::l:::::!:::l::l:::i::l::l!  悪の在り処は亡命貴族の根拠地である
     /:/:/;イ:/!::!:::/::!:l:://〃:/:/il::::l:::i:l:::l::l::::l::l::ll  コブレンツではない……。
.     l:::!/〃/:;l::|:/::〃l:!':;イ::::::/:/:/::':l::::!:::!:l::l::l:::::l::!:ll  
    |:::!:'l::!:':/:|:l/:/,イ!!〃':::::::/!/:/:::!::::!:':::!:l::!::::l!::::l!   ……真のコブレンツはフランス国内にある。
    |:::::::l:!':l::ハ:l才:;ィ:!//:::::;イi::::/;イ::小:::ハ::l::lリ::i:!l:::ll  それは諸君の中、諸君のただ中にある!
    |:i::i::!l::!://!/ィ:! !〃::/::ハ//// i:::/:::!:l::!:::;':,:l:l:!!
    |:l:::!:!l::!':/弋ト、./'/',::::!.ィ弋:フ7;イ::::!//!//.}:i::!
    !ハ:::!:!:!;' `  ̄/   ヾ! --´/ ;:::イ::!//.、j:l::!'
     iト::!:::l     !         /'´:/:/´〉.ノ:l:!    今は、これを除去することが必要なんだ!
     || l:トハ                // ´才i::!'
.     ! ヾ!ハ     ` ´          /'`T´l:l::!リ
       ヽ  、  ‐-  __ _     '  l:.:!!.l
          ヽ  、_       /   Ⅵ:!ーァ-、
               ヽ       /      才´   \
              iヽ.     ィ        .‘       \
                !: :  ̄      . イ              /ー‐、_
          .-‐、_',: : :     : i '⌒ヽ.          /    `ー、_
        /     ヾ.: : :    .: l l:.:.:.:.:.入       /    才´   `ー、
       /       i、: : : . . : :  ! !:.:./ i `ー、   / _.才´   .. -‐--ミ、


※コブレンツは亡命貴族の根拠地となっていたライン川とモーゼル川の合流点にあるドイツの西方の都市。



421◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:45:39.34 ID:PwhZTMEo

     ,..:;;;;;;;;;;;;;;;:::,
   ./;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
   /;;;;;;;;'''''''''''''''V''''''''';
  |;;;;;;;;」        !
  |;;;;;;|   ━、 , ━ i   オイ、ワラァ!
  i 、'||  <・> < ・> |   何をたわけたこと言っておるんじゃい!
  '; ' |]     ' i,.
  ノーi ::::::   ._`ー'゙ ..!   ワシらが反革命の亡命貴族どもの
イ i  ゙t:::::::、'、v三ツ::;'   仲間やと言うんか!?
   !.  ヽ,.:::::゙::::::::::::/ヽ、
   ヽ、  ':.、:::;;;;:/ |  ゙ヽ、
     \___ ノ.    ゙ヽ





              _,.........―=≧=..、__
           ...ィ7'´:彡刈/ヽ乂ミ:ー.ミー.、_
           ///イ´:_/:/::::::://:i:!、:\:\::\
.        //:::,/::::イ/:/:::::/://}:l:::lヽ:ヽ:::ヽ:::ヽ
.      /::/:,:イ/'´::::,//:::/:/,:イ:::l:::l::::i::::i::i::!::i:li
      〃::/:/:/:/::::/:!:l/:/:::/:::!:::;!:::l:::::!:::l::l:::i::l::l!
     /:/:/;イ:/!::!:::/::!:l:://〃:/:/il::::l:::i:l:::l::l::::l::l::ll  そうじゃない!
.     l:::!/〃/:;l::|:/::〃l:!':;イ::::::/:/:/::':l::::!:::!:l::l::l:::::l::!:ll   戦争は亡命貴族や宮廷を喜ばせるだけであり、
    |:::!:'l::!:':/:|:l/:/,イ!!〃':::::::/!/:/:::!::::!:':::!:l::!::::l!::::l!   国外の敵を叩く前に国内の敵を叩くべきであると
    |:::::::l:!':l::ハ:l才:;ィ:!//:::::;イi::::/;イ::小:::ハ::l::lリ::i:!l:::ll  ボクは訴えているんだ!
    |:i::i::!l::!://!/ィ:! !〃::/::ハ//// i:::/:::!:l::!:::;':,:l:l:!!
    |:l:::!:!l::!':/弋ト、./'/',::::!.ィ弋:フ7;イ::::!//!//.}:i::!   そして、その国内にいる敵とは、亡命貴族と連絡を
    !ハ:::!:!:!;' `  ̄/   ヾ! --´/ ;:::イ::!//.、j:l::!'    取り合っている連中のことを指す……
     iト::!:::l     !         /'´:/:/´〉.ノ:l:!
     || l:トハ                // ´才i::!'     悪の本拠はパリにないというのか?
.     ! ヾ!ハ     ` ´          /'`T´l:l::!リ     コブレンツとボクたちから遠くない
       ヽ  、  ‐-  __ _     '  l:.:!!.l       もう一つの地点の間に、何の連絡もないというのか?
          ヽ  、_       /   Ⅵ:!ーァ-、
               ヽ       /      才´   \
              iヽ.     ィ        .‘       \
                !: :  ̄      . イ              /ー‐、_
          .-‐、_',: : :     : i '⌒ヽ.          /    `ー、_
        /     ヾ.: : :    .: l l:.:.:.:.:.入       /    才´   `ー、
       /       i、: : : . . : :  ! !:.:./ i `ー、   / _.才´   .. -‐--ミ、



422◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:48:26.15 ID:PwhZTMEo


       _,r'"川レルノ川レリル
      ,rイ         (
     ,イ    ,,r'' ゙""゙`゙`゙`ヽ
    i     ゝ    _,ノ' 'ヽ、ヽ
    |    /    r=・- ,  (=・-      酷いやっちゃなー……
    lr'"ヽ」    `   ( r、_r) ヽ    革命の敵に向かって戦いを挑もうという時に、
    .li り        ,,;;;''',r-、'';;; i    国王陛下に反革命のレッテルを貼っておる。
     レー'|   `ヽ   ii ノユ(. ii |
     ,|  !        || `ー一' || |    非国民や!
    ノ\  ヽ      ヾ`ー'"゙ー'`!
  ,r<   `ー、 `ヾ''ー-''"_,,、  ,ノ
/   \    `ヽ、_`゙"´   `~(ヽ、





              ;;:::''''''''''''''''''''''''ヾ、
             ;'X: 八        ミ
             彡...⌒ -==l;∨;l==-.i   
            ,=ミ___,====、 ,=====i、
            i 、''ー||≒・‐||=||≒・‐||  
            '; '::::::::: """"  i,゙""",l        そのとおり!
             ーi::i:::   ,'"`ー'゙`; _ j   
               |:::|:::   i' ,-ュュャ'  i        革命の真の敵は、革命を押さえ込もうとする
             人:::::  ゙ "" ゙̄ ._ノ        亡命貴族と手を結んだ諸外国の君主たちだぞ!
          ,r―''''''ヽ,ヽ、ニ__ ーーノ
      ,r‐' ,、;-‐''''""''ヾ、、,     l          それら革命の圧殺者を葬るべく、
     / ./     r''"ヽ, \,     l`ヽ、       「自由、平等、安全、所有、社会保障、圧政への抵抗」
     j l ,. /    '    l   ヽ、 ト,   ヽ       という革命の理念を広めるべきなんだ!
    ,.Lj∠、'´   , i,    /     `ヾ、`'ヽゝ
    l,      / 二'''"    ,;、,     `''ー゙--、    ワシの言うことは正しいだぞ、わかっとるかね?
     /゙ヽ-ッ-‐'´ ./`ト-:rイ「´ ゙l;:`''ト-、,_ ノ'i,
   /  / ,;∠∠,ノ´  イ  l l, ├''|  |、,/ l  |
../ノ ./ /、,    ,、' ./  / .l |:::::l,. | ゙ヽ、!_,,、L,
ヽ---ツ  ∧   ̄ ̄  /    | |:::::::| |  r'"/  l,
   /  ./ .ト、,_    /      | |:::::::|. ! l'´! /   |
  ./、 ./   l,  ` ̄ ./        |.|::::::::l |. !. l, l     l
 .l、,.ノ     l,     ;'      .j |:::::::::! | ゙'ーベニ,ノ



423◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:49:47.26 ID:PwhZTMEo

          ____  , ==-- 、
      _.-_=三ニ≧弐=コ'´ ̄ニ_‐ ._
   /,.-ニ‐'´/:::::〃::::∧\`ヽ=ミ、`ヽ、
.  ,.' /:,イ:::::::/;'::::::/l|:::::;';;;|\ ヽ、\`ヽ、\
  / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l;l|;'::ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ヾ ::::::}ハ:l::;:::l::/}:/   だが、革命を他国に広める前に、
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ!         rリノ:/:::/    フランス国内で革命を固める必要がある!
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ      軍隊は今、戦争に耐えられる状況にはなく、
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´       勝つことはできないだろう……。
    ::∥ {  ゙、ヽ        ‐=ユr-'
     |    ヽ\         _ノ          もし、仮に勝ったとしても、カエサルのような男が現れ、
          ヽ\      /            自由が破壊されたら何にもならない!
           ,.-‐=ニ_、   _ノ
  .         \,イヽ、    ̄
           \ \



424◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:50:50.09 ID:PwhZTMEo


  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、:.:.:.
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.::.:.
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.:.:.:.  自由をよそへ持ち出す前に、
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:.:.:.:   身の周りから秩序を取り戻したまえ!
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.:.:.:.
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.:.:.:.:.
      | i.{ ∨     _                       ムヘ:..:.:.:.:
         |  \   '"´                          /   }:.:.:.:.
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:.:.:.:
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:./
               \ 辷x‐十'                    /三   /イ
                ヽ L__                /三



425◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:52:10.06 ID:PwhZTMEo

      rfニ、ヽ
      l。 。 f9i
      t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,
     /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l
      ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''    ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
     l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'"  ゙'´ノ),)
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ 
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





 ..   _________________
..    \                        \
.     \             一へ         .|
      \/\      ,─  ̄  :::::\       .|
.         /   \_ -‐ ̄        :::::::::\     |
..     /                _ ─‐:::::::::\   .|
..    /─_           ─    :::::::::/     |
.    |    ‐    -‐ ̄     ::::::/       |
    ┏━━━━━━━━━━━┳━ /⌒i   |
    |llllllllli:::  |━━|llllllllllllli::    |:::::| :|⌒l |   . |
     |lllllllii:::  /,::::::: |llllllllllllllii:::  ノ:::::| :|⌒|:|   .|
      \lllliii::/,::::::::::: \llllllllllllii:::ノ::::::::|::|⌒|:|    |       ………………
        |. ̄/,:::::::::::::    ̄ ̄ ̄::::::::::::|:| ノ丿   .|
.       | /,::::::::::::_::)      :::::::::::/l :<´   .|
       (::: '______  :::::::::::/: :\     |\
       | \        ) :::::::::/::  :\    |:::::\
        |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ::::::/::    \   |::::::::::\
        |    __    :::::/::     \ |:::::::::::::::\
       /|    ::::::::    ::::/::      ::\|::::::::::::::::::::\
     /:::::::::|         ::/::        /|::::::::::::::::::::
   /::::::::::::::::::l______/:::       /  |:::::::::::::::::::
 /:::::::::::::::::::::::::| \:::::::::::      /   |:::::::::::::::::
           ジャコバン・クラブ会員


427◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:53:07.40 ID:PwhZTMEo


     ,..:;;;;;;;;;;;;;;;:::,
   ./;::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
   /;;;;;;;;''''''''''''V''''''''';
  |;;;;;;;;」        !
  |;;;;;;|   ━、  ,━ i
  i 、'||   ⌒   ⌒ |  
  '; ' |]     ' i,.   |  ……言いたいことはそれだけか?
  ノーi ::::::   ._`ー'゙ ..!  
イ i  ゙t:::::::、'、 三ツ::;'   
   !.  ヽ,.:::::゙::::::::::::/ヽ
   ヽ、  ':.、:::;;;;:/ |  ゙ヽ、
     \___ ノ.    ゙ヽ




                  ,. -─- .、,
                 不:::く`ヽ;::、:::`丶
                ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                 ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
                l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
                ヾヽヘu  |';二::!  入',    くっ…………!
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l


ロベスピエールの反戦論は、既にジロンド派が多くを占めていたジャコバン・クラブでは支持されなかった。
もはや大多数の民衆は、ジロンド派によって革命の情熱と推進を煽られ、
問題解決の手段としての開戦を要求していたのだった……。


428◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:55:05.22 ID:PwhZTMEo


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)     
          | U   (__人__)     
             |     ` ⌒´ノ      ロベスピエールさん……。
              |         }      
              ヽ        }      
            ヽ、.,__ __ノ      
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、     




         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´      ヤラナイオくん……。
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈       
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ        見ての通り、ボクの負けだ。
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/         ジロンド派は春には戦争を開始するだろう。
      |:∧l\:{    \       /          止めることは出来ないよ……
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ           
     /           ,′           
.  /\.____     人_              
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、          
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \



429◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:56:11.03 ID:PwhZTMEo

             _ -―……―- _
.         .  ´          ` 、
      /                \
.     /       /        、  ヽ
.      /        / //    /  ヽ ∧
    /         /'´/  /  /  . | ∨ ∧
.    ′    .  //  /   /  | |  |   ',
    |   /  /  l'  /   // . // . /| ||
    |  ' ' | | |//   // / ィ /| /┤ ||
    |//  | | |/ /∠、 彡 ´///∠イ l, V
    l//  / | | |/代汀ヘ≧='彡ィfjアノ/ .イv |
    | l  / | ト l|`{  ̄   ´}__,_{ ̄イイ l| ,l |    分別のつかない民衆ども……
    | | ′| ∨ゝゝ    rソ⌒V` / イ|l|/    ブリッソーごときのアジ演説に
    l || | ヘヘ\   ̄  - / イ /l/l/ノ     惑わされるなんて、何と愚かな!
    `l|| {   ヘヽ   ,. __¬/| | |/ ノ      
    | | |  ヘ ||ヽl> .   / |!||        諸外国に武力介入することで
    | | |   ∧∧ヘ \/  ̄l   | lヽ|        革命が遂行できると思っているのか!
     ゝv∨  ∧ ヘヘ ∧  |   | | ト
     Vv V  ∧ トヽ{   |   | | /
          サン=ジュスト




            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)     
          | U   (__人__)      (革命家の思いと国民の乖離……
             |     ` ⌒´ノ      人間は見たいものばかりに目を向け、
              |         }      見たくないものには目を背ける……。
              ヽ        }      
            ヽ、.,__ __ノ      目先の戦争が現状を打破すると
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、     誰もが夢想しているんだ……)



430◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:57:39.77 ID:PwhZTMEo

            / ̄ ̄\
          /   \  /
          |    ( ●)(●)     
          | U   (__人__)      だけど、ロベスピエールさん!
             |     ` ⌒´ノ      絶望的な状況でも、俺はあなたを信じて
              |         }      立法議会では反戦を貫きます!
              ヽ        }      
            ヽ、.,__ __ノ      だから……ロベスピエールさんも諦めないでください!
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、     




                 ,  ´       `   、
             /              \
            /                \
              /                   ヽ
          /   /   / /           |  ∧
            '    l    / /,  -―    / /|  ∧
.           |   l |  |´/        ィ ,.l||| ∧
.           |   l |  K_  、―‐'´//|||| | トヽ
.           |    ヽ.|  | 沁tx、\‐ 彡 ´_/イ/||v|
.           |      \ V弋z^ヽヽ l  ィケアテへ,' ,' ハ|
.           |       ト\__,rッ={i≦ィ/`ソ./l/ ノ
.           || |   |   |  `      ゝ=/=イl//    (だが、戦争が回避できないのと同様に、
.           || |   |  |      ´/ /  {      敗戦も避けられないだろう……
.           リ |   | |  l、   ¨二 ` /  |     
          `ヽ  | |  |、> .   イ | | |       軍に巣食うのは反革命的な貴族と
               /\| |  ヽ\ 厂\{ { | |      ラファエイットの息のかかった者ばかりだ。
            /\ ヽ|、 l | 〈| |    \  | l.|      
       _  ´     \ 丶N 八ト、    /lVl N      革命によって士気上がる兵士だけでは
       /          \  ∧└、ヽ. ムト l /       戦争を戦い抜くことは不可能――!)
.     /           ヽヘ ∧ l V 〉 ヽl' ー 、    
.   /                 V∧ L..j∧ヘ    \   
  /                ヽ. ヽ`ヽ.∧ヘ
. /   /               \\ V∧ヘ



432◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 19:58:51.94 ID:PwhZTMEo

――1792年。
もはや、立法議会はジロンド派の独壇場であった。


     ,..:;;;;;;;;;;;;;;;:::,
   ./;::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
   /;;;;;;;;''''''''''''V''''''''';
  |;;;;;;;;」        !
  |;;;;;;|   ━、  ,━ i
  i 、'||   ⌒   ⌒ |  
  '; ' |]     ' i,.   |  
  ノーi ::::::   ._`ー'゙ ..!  
イ i  ゙t:::::::、'、 三ツ::;'   
   !.  ヽ,.:::::゙::::::::::::/ヽ
   ヽ、  ':.、:::;;;;:/ |  ゙ヽ、
     \___ ノ.    ゙ヽ

――1792年1月25日。
レオポルト2世が発したピルニッツ宣言の取り消しを要求することを議会で可決。
開戦を望むルイ16世もそれを承認し、決議は成立した。


433◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:00:27.02 ID:PwhZTMEo


   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::          i  ホジホジ
  |::::::::     /' '\ |
  |:::::    -・=- , (-・=-  
  | (6    ⌒ ) ・ と'⌒^^ヽ、
  | |    ┃ _ノョヨコョヽ   ヽ
  ∧ |     ┃ ヽニニソ ト、   \
/\\ヽ   ┗━━┛ ノ`、/ ̄\
/  \ \ヽ.   __ / \ |    ヽ
.    r‐-‐-‐/⌒ヽ-ーイ   `、     i
ヽ、  |_,|_,|_,h( ̄.ノヽ  ビシッ  ヽ    |
ー-ヽノ| `~`".`´ ´"⌒⌒)     ヽ  /
ノ^ //人  入_ノ´~ ̄       )-'


――1792年3月23日。
オーストリアと妥協的な交渉を行っていると噂のあった外相ド・レッサールは非難され、
国内ではジロンド派が攻勢となり、3月10日にはフイヤン派内閣の総辞職が要求された。
この事態にルイ16世はフイヤン派の大臣に代わり、ジロンド派大臣4名が指名された。
その4名は内務大臣ロラン、大蔵大臣クラヴィエール、陸軍大臣セルヴァン、
そして――


434◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:01:24.50 ID:PwhZTMEo


            ,,.. -rー-- .,
              /  / ,r ''ー _`ヽ
         / _,.. 」 --- ..,_´ `ヽ.\
        / /,. -―‐ ''' ー-``_- 、 ヽ
       l //      ,. -  `ヽヽ. ',
       i l/         /r= 、    ヽ_j
       /  r'"7/´ー'´   \    ',
         !  ィ   ! l       ヽ、   ',
       l  /l  `ヽ    _,__-‐ !'    !
       l  l l‐┬--、  , ィ--‐'  l'´l.   l
       |  ゝ',´  ̄        |リi   |
       | !ヽ ヘ    _ ,.     /.7i |  l
       ',l l l`ーヽ  、`__,.   /|´ 〃 i l
        ヽヽヽ  |ヽ   ''  / !ィ' / ノ
     __,,ゝヽ_ー'r、 `,ー-‐_,. -,'- 1ノ- '´ヽ
    ヽ      `|`ヽl r,ニ ‐'"  l .ノ  /
      ヽ     r.|   l ||     / /!
r 7ー―‐ ヽ__  |ィl、  | !! _,. -.7 // `' - .,_
レ' - ..,,_   !レ'  l r、`ニ_'_'ニ,- ,.イー' /      `` ー-、, -、
     ` ヽ lヽ  .!.ト ヽ=‐ '´/ ノ / , -------―‐/ /i
  シャルル・フランソワ・デュムーリエ(1739年 - 1823年)
カンブレー出身の王党派軍人。
若い頃から七年戦争に参加するなど、歴戦の勇士として知られる。
軍事と秘密交渉の手練であり、革命勃発時には諸派に近づきながら
決して議員にはならずに情勢の把握に努めていた。



435◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:02:39.16 ID:PwhZTMEo

――1792年3月26日。


           ,.. -──- .、
       , ‐'´   __     `ヽ、
      / , ‐'"´       ``''‐、  \
     / /             \ ヽ
.      y'   /` ‐ 、    ,.. -'ヘ   ヽ. }
    ,'     /   /`,ゝ' ´     ヽ   Y.
.    i    ,'     { {        ヽ   `、
    l    ,イ─- 、.._ ヽ ,, _,.. -─:}   !   陛下に上奏いたします。
.    |  r‐i| ー=ェェ:ゝ ,.∠ィェェ=ー' |r 、.  l   開戦に慎重だったレオポルト2世の跡を継ぎ、
   |  {ト」l|.      : | "    ``: |!トリ  |   今度は開戦に前向きなフランツ2世が皇帝となりました。
.  │  ヽ、|      ;.」_      |'ソ    !
.  │     ヽ     r──ッ    /ノ    |  つきましては、避けられぬ戦争に先んじるために、
    |      lヽ    ̄ ̄     / イ    │  こちらから積極的に開戦を煽っていただきたい。
.    !    丶ヾヽ    ~   , ' ノ │   !
    ト.    ミ.ゝ ヽ.____./  /  l   /
    ヽ  ヽ├ ============/イ ,' / , '
     \.   |    ゝ-|||‐ァ'    |ノレ'/
        ` ┤    ヽ.|||ノ    ト,
     __,. -‐'´ゞ:=====|||=====' ' ` ー-

議会は1月に可決されたピルニッツ宣言の取り消しと
オーストリア・プロイセン同盟の解消を求めることをルイ16世に要請。
開戦を望む国王は議会に従い、それらを新皇帝フランツ2世に要求した。



436◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:03:37.94 ID:PwhZTMEo


神聖ローマ帝国オーストリアの首都ウィーン。

             ,-,ii|||||||||||||||||ii、‐、
  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_/ i|||||||||||||||||||||||||i ヽ_,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
   ゛゛llll||||||||||/ ' i||||||  |||||||||||||||||i ` ヾ|||||||||||llll""
       ゛lll/   |||||||  ||||||||||||||||||    ,llll""
         \   l|||||||||||||||||||||||||||l   /  
         彡   ゛ll||||||||||||||||||ll"   ミ  
         \_      ゛゛Y""     __ノ  私の皇位は神聖ローマ帝国皇帝です!
           | ]下ミ─-。、_|_, 。-―テ「 [ l  
           ゝ_,. lミミi=´<_,.`=i=ヲ 、__ノ 
                 ヽlミ| 「‐、=ラ7 |ヲ'´      
_______  , へ ノ`i=、_ 二 _,=iゝ、_,へ、  _______
i    i    i  ̄| |――-\ ̄∠-――| | ̄ i    i    i
           フランツ2世(1768年 - 1835年)
神聖ローマ帝国皇帝。レオポルト2世の息子。
マリー・アントワネットは叔母にあたる。
その人物像の評価は真っ二つに分かれるほどで、不幸な賢君なのか、
嫉妬の塊の俗物なのか、またはその両方を兼ね揃えた人物とも言える。



437◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:04:50.77 ID:PwhZTMEo

                ,-‐,,ii||||||||||||ii、-、
 `゛!!!iiiiiiiiiiiiiii;;;;;;;;;;,,,,,-‐/ i||||||||||||||||||||||||i ヽ‐-、,,,,,;;;;;;;;;;iiiiiiiiiiiiiii!!!"´
    '''''!!!!!|||||||||||||/   i|||||  |||||||||||||||||i   ヘ|||||||||||||!!!!!'''''
       ''''''''!!!!!I/   ||||||  ||||||||||||||||||   `iI!!!!!''''''''    /Vー-へノ\ノ\ノ\ノ\
           ヽ,   !|||||||||||||||||||||||||!"   〈      ノV               \
─────----了     ゛!!||||||||||||||!!"     `ヽ---─く 何だ、この恥知らずな要求は!?
 |    |    | `ゝ.__       ̄Y ̄     ___ノ   ノ
 |    |    |  ,| ]下ミ ̄`。、_|_;'。´ ̄7エ"┬| |  ノ  絶対許さんぞ!!!!
 |    |    |  |└、 トミミi─'´<_,l、三´,E=|#ナノ |  )
 |    |    |  | | `ヽトミ||^=====^|E彡/  ' | | |<   こうなったら、叔母様を救うべく、
、 |    |    |  | | ーヾミ||]⌒i⌒「|ソ‐'-─/ / |  )  何としても邪悪な革命を滅ぼし、
  ヽ、  |   /^‐━, \_ `、`===='',/  _/ /\ |  └、じわじわとなぶり殺しにしてくれる!!!
    ヽ、 | /ノ―、='、 \_二二`─´二二_/    \   Vヽ
      ヽ/´ /  / ̄`i、    ̄|| ̄        / \    ヽ/ ̄ ̄ヽノ⌒Vー-、/⌒V
      ノ  丿   l   | `i---┼-----------'´
      |   〈 l   〈 〉  |
      ゝ         ,/

既に2月7日にはプロイセン王国との同盟が成立しており、オーストリア側でも戦争は不可避と考えられていた。



438◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:06:25.55 ID:PwhZTMEo

――1792年4月20日。
立法議会議場。


      rfニ、ヽ
      l。 。 f9i
      t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,
     /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l
      ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''    ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
     l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'"  ゙'´ノ),)
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ 
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


・・・・・・           ・・・・・・       ・・・・・・         ・・・・・・
       ・・・・・・           ・・・・・・       ・・・・・・         ・・・・・・

 ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧
(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)`・ω・´)`・ω・´)
 ∧,,∧ )( ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧)  ∧_∧  ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧
(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´) ・ω・´)`・ω・´)(`・ω・´)
 ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧
(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´) ・ω・´)`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´ )

・・・・・・           ・・・・・・       ・・・・・・         ・・・・・・
       ・・・・・・           ・・・・・・       ・・・・・・         ・・・・・・



439◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:07:59.20 ID:PwhZTMEo

――議会傍聴席。


         ____
        /      \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \  な、何だか今日の議会の雰囲気は重苦しいお……
    |         (__人__)|  何か大事なことが始まるのかお……
     \    u   .` ⌒/  
    ノ           \
  /´               ヽ



440◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:09:14.76 ID:PwhZTMEo

                ─- 、 、
            ,   -───-ヽレ_
          ,  ´             `  、
        /                    \
.      , '                       丶
.    /                       ヽ
.    i       ,ィ ,ヘ                  l
    |       / !.{ ヽ \  ヽ          |
   l      ,イl| ヾ;、 \  ` ー-ゝ、_ 、      |
    i  l. i / ヾゝ  `''ー   ̄_ニ;三=ーヽ . |    |
.    ヽ ヽ!T'==-_、 `‐ `〒‐'fr;ゥj´ _j j リヽ  し1!
     \` l `'´ hタヽ    --゚‐'_  `T!´r) }   ,リ
        }. l   ̄ /j          `   リ r 'ノ    ラ    か、開戦が決議されるんだ。
     ._.ノ  l.   ヾ:-            、_ニ1    ノ
      `ー;ァ. ヽ    -ー‐一       ゞー-  ,∠ _     オ、オーストリアに対する戦争……
        ` ー ゝ、   `     r‐;-‐`''"~ ̄   |     こ、国王は、議会の決議を認めて
           _,.> 、__, -‐',コ |        |     宣戦を布告するだろう!
        「f´ ̄   ∠∟-‐''´ | |      ,. =‐ |
        | |     |       | |    /  -='     
       | |    ,  j      ,>ヽ    /_ -‐`ー─
      _,.ゝニゝ/ / `ー---‐ '´  〉〉 / '´
     ̄  ノ/ .レ'        f ,ニニン /
.       くく ./l        | |   /  / ̄ ̄ ̄




           ____
       /      \
      /ノ  \   u. \     そ、そんな……
    / (●)  (●)    \    こんな時に戦争をして大丈夫なのかお?
    |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \



441◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:10:26.14 ID:PwhZTMEo


            /   _ , , ,、__    \
           /―-= '  //l ハヘ `ー==   ヽ
           //;'´    i/ l.l ヽヘ   `ヽ、  ヽ
          i' /     !  l   ヽ     \  l
          l '/ ---、ヽ、 ヽ /   , __  ヾミ l
          l l -''¨`ヽ_ \,  i_/ , --- i  .l
         .r=ゞ=<て;ヽ`      ' 7¨ヽ\_,, i` /   大丈夫なわけねえだろう……!
         i ' `i}  ヽ 二ノ i   \¨`´ 彡  l /,、`I   ラファイエットの犬が大手を振るっている
         { i l       l          |/  |  軍隊なんだぜ。ヘボいに決まっているだろしな。
         ヽ、 i       l          l ノ ノ  
          丶-       `         l_ ノ    なあ、マラー?
            i   r 、_____ヽ   il
            ヽ    `ー――-'    /l
             l \     ̄¨    , - ' l
             l  ヽ、____ ノ    ト、
           / ヽ           , ・´  l
          /   ヽ 、     , ・´    ヽ
        ィ       ` ┐r '          >、
    , ・ ´ ` 、     /~ `'ヽ       /  丶、
, ・ ¨        、   /|    |ヽ、     /     ` ー-


442◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:11:36.51 ID:PwhZTMEo

  /: : : :.i: : : : : : : : :.:.l、: : : :l: : : : : : : : : : .:. : 、: : : : : : : : : i
  /: : : : :l: : : : : .:.:. : :.:l ': : .:.ト: : : : : : : : : .:.:.: : i:. : : : : : .:. : :l
 i: : .:.:/l: : :i: : :.:.:.: :.:.:l X / ヽ、: : : : .:.: : :.:.:.: :l:.:. : : : : .:.: : :l
 l: .:.:/:.:.:.i: .:l:.:. :.:.:.:l:.:.:.l/ l/=ニN: : : :.:.:. :.:、:.:.:. :l:.:. : :. : :.:.: :./
 l .:.ハ:.:.:.': :l、:.:.:.:.:.l i:,イ 〃f::゚ハ l: : .:,イ:.:.:.:.:〉:.:.:.l:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:/
 l:./  :.:.:.:ヽl:.'、:.:.:.l ヘ:l. l' 弋/ ,: .:./ l:.:.:.:/ へ:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    そうだな。
 V   ':.:.:.:.`i:.ヽ:.:.l、リ   ´  , :/ l:.:.:/  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l'     上も下も戦争戦争……
.     ヽ:.:.:.:l、:.:ヾ:ヽ      ' ´  .l:.:/    ヽ:ト、:.:.:ト、l
      ヽ:.:.:lヽ:.:.:.:.:.}     ,    l/     ヾ \il       国がバラバラな状態で
       \.i. \:.:ノ._   /            `I       どうやって戦争を継続できるんだ……
        ヽ  ヽ:.i:.:.l` ー、_     /    _... -└- ..
            ヽヘl   ヽ_ / ヽ, .. - ''        l    常識的に考えろよ……
                  __r ''           .l   なあ、ヤルオ……
                  /   l .i        , - '' ¨ヽ
.                 /  i  l l     , '
                 i /l / .l   /   ,, --



【補足解説・説明】
    __
  , r、 vァ   身を隠していたダントンとマラーでしたが、
  ノ,}ミ{~`7ソ{  立法議会開催の恩赦によって罪を軽減され、
 iミ}ミ{ ̄ー ̄ミ! 年末年始の慌しい時期を見計らってパリに舞い戻っていました。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´   二人はパリの市町村区(コミューン)を地盤として活動し、
    }_ノノ   そこで影響力を増していくことになります。
    ヒ}ノ



443◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:13:56.60 ID:PwhZTMEo

           ____
       /      \
      /ノ  \   u. \     そうだお。
    / (●)  (●)    \    ジャコバン・クラブでロベスピエールさんが
    |   (__人__)    u.   |    反戦を訴えていたってヤラナイオも言っていたお……
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \     今のままでは負けるって!!
  /´               ヽ
 |    l              \




444◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:15:02.48 ID:PwhZTMEo

――議会議員席。


     ,..:;;;;;;;;;;;;;;;:::,
   ./;::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
   /;;;;;;;;''''''''''''V''''''''';
  |;;;;;;;;」        !
  |;;;;;;|   ━、  ,━ i
  i 、'||   ⌒   ⌒ |   よっしゃあ!
  '; ' |]     ' i,.   |  じゃ、ワシからの手案や!
  ノーi ::::::   ._`ー'゙ ..!   革命を邪魔するオーストリアに対し、
イ i  ゙t:::::::、'、 三ツ::;'    フランスは戦争を仕掛ける!
   !.  ヽ,.:::::゙::::::::::::/ヽ
   ヽ、  ':.、:::;;;;:/ |  ゙ヽ、  どや? みんな賛成やろ!
     \___ ノ.    ゙ヽ     賛成やったら挙手してくれや。



445◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:16:00.58 ID:PwhZTMEo

            / ̄ ̄\
          /   \  /
          |    ( ●)(●)     
          | U   (__人__)      お、俺は反対だ!
             |     ` ⌒´ノ     
              |         }      ロベスピエールさんの言葉だけじゃない。
              ヽ        }      俺自身としても、今、戦争を行うのは間違っている!
            ヽ、.,__ __ノ      そう確信しているぜ!
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、     



446◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:17:14.37 ID:PwhZTMEo


       / ̄ ̄\
      /  \    \   ――!?
    .(●)(● )  u. |
     (__人__)  u   |   軟弱者め……!>
     .(`⌒ ´     |
     {         |
      {      u. /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ





      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |   ――!!?
.     |      (__人_)
     |      ` ⌒ノ
      |        }    空気よめよ!>
      ヽ u      }
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ



447◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:18:05.93 ID:PwhZTMEo

                、 /::::::::::::::::::- - 、::`'ー;=‐
                ){::r:::v:、::::::::ヽ、:::::::::`'<,_,
               //:ト、{::::\::::::::ヽ::::::::::::::::\       (……なるほど。
               |l::::l::|:::::\:::::\:::::::\:::::::\:::\      もはや、立法議会は
               ヽ:::l:|:::l、::::::::::::::\:::::::\:::::、{⌒ヽ      ジロンド派の独壇場です。
          _,、-rK"´|:\:::|_\:::ト_、_、::::::::::ヽ:::lヽ ー - 、
         /   `ヽ,}∧::::|、゚ノ ヽ!ヽ゚ノヽ::ヽ::::N      \   これでは反戦を訴えるのは無駄ですね)
       /      /'  !::{、   _ _   /::/}ハj        \
      /      ヽ l l  /l:l\ ____ /j/ //  ||/      \
       /       ヽ!|   lヽ \__/  //    l |/ /      \
     /     / ̄ ̄ ̄\\\____,/// ̄ ̄ ̄\       ヽ
    /   -、 /|l  l      l ` ̄ ̄ ̄ ̄ /        ト、,r,_    ヽ
   / ヽ、ヽ‐、/ l!  l、  ヽ  l   \    / /     l|  |/ _,、-'ニ,,_ |
  l     `⌒ヽ、  l \  \\ \\___l /     |!  /ー'"     `|
  | \       ` ̄`ヽ、  ヽ l_) ,r‐/l/     / ̄´          |
  ヽ, ヽ\      / ̄`'- 、}」_¬'⌒´} /_,.-'" ̄\        //



448◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:18:57.74 ID:PwhZTMEo


     ,..:;;;;;;;;;;;;;;;:::,
   ./;::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
   /;;;;;;;;''''''''''''V''''''''';
  |;;;;;;;;」        !
  |;;;;;;|   ━、  ,━ i
  i 、'||   ⌒   ⌒ |  
  '; ' |]     ' i,.   |  じゃ、結果を発表するでー!
  ノーi ::::::   ._`ー'゙ ..!   まあ、さっきの様子を見れば、
イ i  ゙t:::::::、'、 三ツ::;'    結果なんぞ明らかなんじゃがのー。
   !.  ヽ,.:::::゙::::::::::::/ヽ
   ヽ、  ':.、:::;;;;:/ |  ゙ヽ、  
     \___ ノ.    ゙ヽ



449◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:19:51.00 ID:PwhZTMEo


              巛彡彡ミミミミミ彡彡
              巛巛巛巛巛巛巛彡彡
          r、r.r 、|:::::           |
         r |_,|_,|_,||::::::     ⌒   ⌒| 賛成票747?
         |_,|_,|_,|/⌒     -="-  (-="     ぁぁそうなんや・・・・
         |_,|_,|_人そ(^i    '"" ) ・ ・)""ヽ    なるほどね・・・
         | )   ヽノ |.  ┃`ー-ニ-イ`┃
         |  `".`´  ノ   ┃  ⌒  ┃|
         人  入_ノ´   ┃    ┃ノ\
       /  \_/\\   ┗━━┛/ \\
             /   \ ト ───イ/   ヽヽ




              巛彡彡ミミミミミ彡彡
              巛巛巛巛巛巛巛彡彡
          r、r.r 、|:::::           |
         r |_,|_,|_,||::::::     /'  '\ |
         |_,|_,|_,|/⌒      (・ )  (・ )|
         |_,|_,|_人そ(^i    ⌒ ) ・・)'⌒ヽ   ・・・で、反対は?
         | )   ヽノ |.   ┏━━━┓|      7票!?
         |  `".`´  ノ   ┃ ノ ̄i ┃|       しょっぱいな~・・・
         人  入_ノ´   ┃ヽニニノ┃ノ\
       /  \_/\\   ┗━━┛/|\\
             /   \ ト ───イ/   ヽヽ



450◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:21:12.98 ID:PwhZTMEo

       .,Å、
    .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
   o| o! .o  i o !o
  .|\__|`‐´`‐/|__/|
   |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
  /_______ヽ      よろしい!
\  | | , ─ _ヽ/_─ 、 | |      では、我がフランス王国は――
   | |_|   / o|o ヽ  |_| |
─ (^| |  j/ | \|  j |^) ─   オーストリアの皇帝に対し――
   (⌒ ` ─ ヘ ─ ´⌒)
   \_/ ̄ ̄\_/  \   ――宣戦を布告する!
/   | |        | |  | |   
  | |  | |.       | |  | |  
  | | _|_|__(⌒v⌒)_.|_|_ | |. 
  | | ヽ、__ ̄ ̄ ̄_ノ    
      /▽▽\      
       | |   | |       



451◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:23:00.31 ID:PwhZTMEo

     ┏━━━┓                               ┏┓┏┓
     ┃┏━┓┃                               ┃┃┃┃  ////////
 \   ┗┛  ┃┃┏━━━━━━━━━━━━━┓┏┳┓┏┓  ┃┃┃┃   /////
\\\    ┏┛┃┗━━━━━━━━━━━━━┛┗┻┛┃┃  ┃┃┃┃   //////
\\\  ┏┛┏┛                         .┏┛┃  ┣┫┣┫ ///////
\\\  ┗━┛                          .┗━┛  ┗┛┗┛ ///////
\\\\                                           ////////
\\\  ∧ ∧      ∧ ∧    ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧   //////
\\  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ///////
\  ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧  ////
 ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ////
(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ )) ///
   <  >     <  >     <  >     <  >     <  >     <  >     <  >     //




 ┏━━━┓                               ┏┓┏┓
 ┃┏━┓┃                               ┃┃┃┃
 ┗┛  ┃┃┏━━━━━━━━━━━━━┓┏┳┓┏┓  ┃┃┃┃
     ┏┛┃┗━━━━━━━━━━━━━┛┗┻┛┃┃  ┃┃┃┃
   ┏┛┏┛                         .┏┛┃  ┣┫┣┫
   ┗━┛                          .┗━┛  ┗┛┗┛
       
                 ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
                j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)
            r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、
            `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ.
             にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
            ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l
            ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ
            W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
              ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
               lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
               ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           .    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
             r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
             ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                   /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;



452◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:24:19.59 ID:PwhZTMEo


      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _) 戦争だ~っ!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/ 




                                   、_人_从_人__/
                                   _)
 ,..r;;:  (  人)  ) ,;`ー、          | ヽ丶       _) 消  戦
 ヾゞ、  ゞ'´   '`´   `ヾ、     ─|─           _) 毒   争
          -‐':、ゞ'``  ,l      / | ヽ            _) だ  で
ヾ、 ゞ;;.  ,r-、   `ヾ、    ヽ、                   _)  l
, rヾ    ,r!/r'ヽ    '`      \      _|_      _) っ
   _,,,.,ノ、_ ヽ,       `ゞ;;    ;:、    /|        `) !
,r‐'''" ,.r ,イ彡ミミヾ、      ``  ´;;i             V^V⌒W^Y⌒
__,.;;,ィ'´ ,:;;;;彳彡ミ;j`、        `i;:、      オ
;; ヾ、彡;;;ノリ;jjjjj;;;jr' i   . ノ;;:'' `゙`、 ``ー、                   ,ィ
彡冫;;il;;;ミ;;;;;y;レ  ,t'´           ,.、ー、  ゝ     ォ             i|l;
;'イ;;;'ヾ``ヽ、ィ;;i ,ri'´    ヽ ヾノ ,ry' il'Y゙r    ヽ、            ,j|l;;
j'´ '´ '´/ゞ';;::`´ヽ    ``´ー  ゙i ;;: ,r'      )  ,r、       ,rヾlir'ミ,
  / ,;:' '´/ ー≡;i{、      /ヾr'´  ,.   '`;;:、 〉ゝ  r-ー-、_ ,{i=i= }i、
ーr-、j ,! ,;',;'ィ;;:イ''``ゞ、_,、-‐'´ヽ:;/ 、 ``ヽ  ;:、 `' (´  `ゞ、;;;;'',,fi、,≡:;イ==、
,,:'  ``ゞ、,;;ゞ、 "´イ ,... `'彡 ,/´  `ヾ、ヾ   '    ー、  ii;j `i;;!'´ニil';;;;ゞr、_,r'ミ
'   ー‐─ ,rー'゙ー─-、_j;:r'´     ヾ,ゞ         、 ゞ,ミ;:l;;l  ,!  ,!,i;;'´¨/
;.   r-‐;;'"}            ``ヾ、  ノ       ,;;;: (i,;)))、,,:;!、__,:};!_,.、l
....   _,,,ィ、 i        'ヾ人  、}( /     ノ   ,r'i  r'"ヾ-‐i‐-:;イ, / ヾ

453◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:25:26.44 ID:PwhZTMEo

         ____
       /   u \
      /  ―    ―\    そ、そんな――!?
    /  し (●)  (●) \  本当に戦争が始まるのかお……!
    | ∪    (__人__)  J |   何で王様は拒否権を発動してくれないんだお……
     \  u   `⌒´   /



454◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:26:30.92 ID:PwhZTMEo


                   /          `丶、   ヽ ヽ
                   ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
                  ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
                  .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
                  l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
                  l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
                  '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
                  V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /
                   '. ト、i  ヽ.          i ` ' !  ……ヤルオくん。
                  r /'  l   ヽ         l   /   国王は今も人民を愛して入るだろうが、
                 ノ i   、     , - '   -‐--'  .'    革命を認めているわけじゃない。
               , ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/
           _... - ''  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /      革命の成果を消し去ってしまうであろう
       _ ... ィ´ i     l     \ '.   丶、  __ノ       戦争に反対する理由はないよ……
  , - '''    i  l     l      \      ̄ ハ、




            _z=- 、,. -=z_
       ,. '´:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
   -=ヲ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::\
   -=7 :::::::::::/::::::::::::ヽ:ヽ:::::::ヽ:::::ヽ:\_
.    /::::::::::::/::::/:::: - 、::|:::|:::|::::::|::::::::ト、「
   /::::::::::::/::::/:::::/,イ/`ト、!:::|::::::|:::i::::}:::ト、
 =イ::::::::::::::{:::/:::::/卞マハレ'|::::i,≠|:::|:::|i:::|
  |::::::::::::/レ'i::::: レ' 込ソ |: /rぇ|:::|::{ レ'  そうだ……。
  レi:::::::〈 ( |ト、:: j      レ!弋タレ'|:/    むしろ国王は敗戦を望んでいる。
   }::::::::`トノ  V        〉  |:::!′   
.    レ个、j         -‐  /レ'     だから、俺たちは開戦が避けられないのであれば、
 ,. --┴--- 、\      /       何とかその崩壊を食い止めなければならないと考えている……。
/    --─一'´ ̄`ヽ‐ '



455◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:28:03.23 ID:PwhZTMEo


                   /          `丶、   ヽ ヽ
                   ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
                  ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
                  .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
                  l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
                  l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
                  '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
                  V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /
                   '. ト、i  ヽ.          i ` ' !  たくさんの血が流れるだろう……。
                  r /'  l   ヽ         l   /  
                 ノ i   、     , - '   -‐--'  .'    だが、俺は血が流れるのを躊躇しない。
               , ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/    100人助かるのなら1人には死んでもらう。
           _... - ''  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /      それが、今後の方針だ……!
       _ ... ィ´ i     l     \ '.   丶、  __ノ      
  , - '''    i  l     l      \      ̄ ハ、



         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \    ――そ、そんな!?
     | ∪    (__人__)  J |     ダ、ダントンさん……!!!
    \  u   `⌒´   /



456◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:29:17.92 ID:PwhZTMEo

――外務大臣執務室。


            ,,.. -rー-- .,
              /  / ,r ''ー _`ヽ
         / _,.. 」 --- ..,_´ `ヽ.\
        / /,. -―‐ ''' ー-``_- 、 ヽ
       l //      ,. -  `ヽヽ. ',
       i l/         /r= 、    ヽ_j
       /  r'"7/´ー'´   \    ',
         !  ィ   ! l       ヽ、   ',   さて、ついに開戦が決議された。
       l  /l  `ヽ    _,__-‐ !'    !
       l  l l‐┬--、  , ィ--‐'  l'´l.   L  まずは手薄なベルギーに侵攻し、
       |  ゝ',´  ̄        |リi   |   革命の機運が高いネーデルラント(ベルギー・オランダ)
       | !ヽ ヘ    _ ,.     /.7i |  l   での蜂起を期待しよう……
       ',l l l`ーヽ  、`__,.   /|´ 〃 i l   
        ヽヽヽ  |ヽ   ''  / !ィ' / ノ    デュロン!
     __,,ゝヽ_ー'r、 `,ー-‐_,. -,'- 1ノ- '´ヽ   ロシャンボー!
    ヽ      `|`ヽl r,ニ ‐'"  l .ノ  /
      ヽ     r.|   l ||     / /!
r 7ー―‐ ヽ__  |ィl、  | !! _,. -.7 // `' - .,_
レ' - ..,,_   !レ'  l r、`ニ_'_'ニ,- ,.イー' /      `` ー-、, -、
     ` ヽ lヽ  .!.ト ヽ=‐ '´/ ノ / , -------―‐/ /i



457◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:30:25.25 ID:PwhZTMEo

      _,. -―‐-- 、_
    ,.‐'"     ヾ  `ー-、
   / ///  _,.-―-、-‐‐'" `i
   `r、__,.-'"     ヽ    .|
    i'          l    |
    l         〈    |
.    l.     ,,...__   |    |
    l. ,.=、  '゙ー’   l. ,.-、 |
.    l `゙7゙       ! j h | |     はっ!
     l  !  、     └;__.ノ |
.     l. ,ゝ'"´゙ヽ    j. `ー|
     l. `゛ニ ̄`    j   |
.     !       ,:' /  |
      ヽ、  ___...ノ /   .|
       「 ̄ __,..===|
.       |ll厂 ̄ ̄ ̄    |
      _,.!l  l三三l _,.--―!、_
     ̄ヽ、ll__,..--―'"        ̄ ̄
       ll
        デュロン
開戦支持派の将軍。


458◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:31:17.98 ID:PwhZTMEo

              __ ,, ... __
          ,,.. '' ´       ヽ,
       ,,. '"´          `ヽ
     /           ,,r ,,,  ',
     !           /   .l  ',
     !            /    l、 .i
.     !           !       i l
      !            !  ,,.‐'"`i,ド、
       !       、、ハ' ='ィ i;j`,. i.!. l
      ヽ、 , 、 f"tj`'ヽ   ` "   !",'
        i'ヾ.   ` ´ ";         ト'   ……何か用ですか?
        ヾvヽ     丶 .'     i
           '.-ヽ    r"´ `)   ,.'
               ヘ    `  ´  /.L、
           r',ト``' ‐- ... r ´ 」. 1、
            ト、'= 、, __  _ / '´ ヾ`~丶-、 ,, ___,,....,、_
       _ ,, / ! /~" '== =1H、ヽ i_ l.|         __ ,..ヘ,=ヽ
 ,, - ‐ '' ~´    ヾ、!` ゝ==!  i il l lヽヽ,/   ,-=_'',~-´‐ '' ´   |
              ヽヽ¨、´__// ! !.! ヽ'    | |´~
------ ‐― '' " ==ヾ ` ' ―´  !.! !     l l
   ジャン=バティスト・ド・ロシャンボー(1725年 - 1807年)
ヴァンドーム生まれの貴族。
デュムーリエと同じく7年戦争で活躍。
その後、アメリカ大陸に渡り独立戦争でも活躍をするなど軍事的才能に秀でていた。
デュムーリエよりも年長だが、若く見えるのはご愛嬌。



459◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:32:31.99 ID:PwhZTMEo

           ,.. -──- .、
       , ‐'´   __     `ヽ、
      / , ‐'"´       ``''‐、  \
     / /             \ ヽ
.      y'   /` ‐ 、    ,.. -'ヘ   ヽ. }
    ,'     /   /`,ゝ' ´     ヽ   Y.
.    i    ,'     { {        ヽ   `、
    l    ,イ─- 、.._ ヽ ,, _,.. -─:}   !   ベルギー領に進駐しているオーストリア軍は3万。
.    |  r‐i| ー=ェェ:ゝ ,.∠ィェェ=ー' |r 、.  l   それに対して我がフランス軍は10万の大軍である。
   |  {ト」l|.      : | "    ``: |!トリ  |  
.  │  ヽ、|      ;.」_      |'ソ    !  我々はこの圧倒的な兵力の優勢を活かして
.  │     ヽ     r──ッ    /ノ    |  一気にネーデルラント方面に進軍し、
    |      lヽ    ̄ ̄     / イ    │  かの地の革命を誘発して勝利を目指す!
.    !    丶ヾヽ    ~   , ' ノ │   !
    ト.    ミ.ゝ ヽ.____./  /  l   /
    ヽ  ヽ├ ============/イ ,' / , '
     \.   |    ゝ-|||‐ァ'    |ノレ'/
        ` ┤    ヽ.|||ノ    ト,
     __,. -‐'´ゞ:=====|||=====' ' ` ー-



460◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:33:41.55 ID:PwhZTMEo

              __ ,, ... __
          ,,.. '' ´       ヽ,
       ,,. '"´          `ヽ
     /           ,,r ,,,  ',
     !           /   .l  ',
     !            /    l、 .i
.     !           !       i l
      !            !  ,,.‐'"`i,ド、
       !       、、ハ' ='ィ i;j`,. i.!. l
      ヽ、 , 、 f"tj`'ヽ   ` "   !",'   ちょっと待ってください。
        i'ヾ.   ` ´ ";         ト'   現在のフランス軍は革命によって
        ヾvヽ     丶 .'     I    半数近い将校が亡命しています。
           '.-ヽ    r"´ `)   ,.'
               ヘ    `  ´  /.L、   有能な指揮官も少なく、その指揮系統が
           r',ト``' ‐- ... r ´ 」. 1、  ボロボロな状態で電撃戦を仕掛けるなど無謀です!
            ト、'= 、, __  _ / '´ ヾ`~丶-、 ,, ___,,....,、_
       _ ,, / ! /~" '== =1H、ヽ i_ l.|         __ ,..ヘ,=ヽ
 ,, - ‐ '' ~´    ヾ、!` ゝ==!  i il l lヽヽ,/   ,-=_'',~-´‐ '' ´   |
              ヽヽ¨、´__// ! !.! ヽ'    | |´~
------ ‐― '' " ==ヾ ` ' ―´  !.! !     l l




      _,. -―‐-- 、_
    ,.‐'"     ヾ  `ー-、
   / ///  _,.-―-、-‐‐'" `i
   `r、__,.-'"     ヽ    .|
    i'          l    |
    l         〈    |
.    l.     ,,...__   |    |
    l. ,.=、  '゙ー’   l. ,.-、 |
.    l `゙7゙       ! j h | |     何を臆病なことを!
     l  !  、     └;__.ノ |     大陸で名を馳せた偉大なる陸軍は、
.     l. ,ゝ'"´゙ヽ    j. `ー|     そのようなことで後れを取ったりなどしない!
     l. `゛ニ ̄`    j   |
.     !       ,:' /  |
      ヽ、  ___...ノ /   .|      後半へ続く……(キートン山田)
       「 ̄ __,..===|
.       |ll厂 ̄ ̄ ̄    |
      _,.!l  l三三l _,.--―!、_
     ̄ヽ、ll__,..--―'"        ̄ ̄
       ll



461◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:34:49.55 ID:PwhZTMEo

              __ ,, ... __
          ,,.. '' ´       ヽ,
       ,,. '"´          `ヽ
     /           ,,r ,,,  ',
     !           /   .l  ',
     !            /    l、 .i
.     !           !       i l
      !            !  ,,.‐'"`i,ド、
       !       、、ハ' ='ィ i;j`,. i.!. l
      ヽ、 , 、 f"tj`'ヽ   ` "   !",'   ですが、残っている将校たちも、
        i'ヾ.   ` ´ ";         ト'   少なからず革命に不満を持つ貴族です。
        ヾvヽ     丶 .'     I    革命のために本気で戦う気などあるとは思えません……
           '.-ヽ    r"´ `)   ,.'
               ヘ    `  ´  /.L、   それに多いとは言え、兵士のほとんどは素人の集まりです。
           r',ト``' ‐- ... r ´ 」. 1、  熟練の兵を揃えるオーストリア軍には歯が立たないでしょう……
            ト、'= 、, __  _ / '´ ヾ`~丶-、 ,, ___,,....,、_
       _ ,, / ! /~" '== =1H、ヽ i_ l.|         __ ,..ヘ,=ヽ
 ,, - ‐ '' ~´    ヾ、!` ゝ==!  i il l lヽヽ,/   ,-=_'',~-´‐ '' ´   |
              ヽヽ¨、´__// ! !.! ヽ'    | |´~
------ ‐― '' " ==ヾ ` ' ―´  !.! !     l l




                        __,,_、
                      ,,,,―‐'""    `~゙'‐,i,,,,、
                    ,/`           、,\, `'ミ''‐,、
                ,,i´            `'',\ ゙'i、 \
                  ,/     .,,,,-----,,,,,_   ヾl.,l゙`'i、.ヽ
               l゙    .,r'"      `'''-,,,,,,,,!'"  │゙l
              |    |                 |.|
              |   .|                    レ
              |    |                 │
              |    |                 ,l゙
                 |   .|    ,,,,,,,,、 、    ,,,,、 │    勝てると言ったら勝てるのだ!
                 | ._,,,,,,, ヽ    ."゙゙lllll゙l、  .rll|,i´  ...l゙     つべこべ言わずに戦争だ!
               |/.,,,,,.│゙l、  'l'll゙゙゙゙・,,r  .,!'l.・.゙.゙i、 .|_     一気にネーデルラントを支配下に置くぞ!
               ||`.|, ゙.| .|    `゙''ll゙~   .|   ̄ .,l゙゙i、
               ゙l|、|ノ | 、|            |   ,l゙./`
               ゙゙l,.゙‐ ゙lミノ      .i、   .゙l  ./,/
                ゙l\ 、     ._,,,-―,,,,,/゙'i、 .|"     数が多ければ楽勝だ!
                   | `'│     .゙l|ニ,,,,,,,,,,,-'" │      ……そう思うデュロンであった。(キートン山田)
                |   ,゙l      ゙ヽ,,,,,,ノ   /
                  ,,|   .|.ヽ       ー、  l゙
                   | |'-,、゙l、`ヽ.i、        /
             __,,-| `゙''ミヾl、 `' li、      ,(
   .ー'''''''''''''''''''''"゙゙゙゙`  |   `-,,,,'‐、,,,,,゙‐'---‐r‐'',,r\,,---ー'゙゙゙゙゙''''''''''''''"゙゙/)ニ'゙l'"''、



462◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:36:34.29 ID:PwhZTMEo

      ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      レ" ̄ ̄ ̄\ヽ  \
     /    ,, ,   ヾ`、 ヽ
.    /  /「「`ー' ̄ヽ   \  |
   /  ,イ ! |     \   Y
   |  ノ_      __i    |l.    ロシャンボーの意見はもっともだが、
   |  l ≧ェr /≦ェr' Vヽ  l.     今は陛下が宣戦を布告したのだ。
   |  f|    !    |lj/   |
.   |! |!'┤  ヽゝ   ,ヶ ! ! j!.    各自、最大限の努力を払って
    l  ト ヽ. 「._つ , | / ./ ツ    勝利を目指してくれたまえ!
    \ヾ ,へ.__/_,.ク〈 ./_/  
       |ヘ\_/'  ├'
_,. -―√イ| V | (_ノ1  ノ)iー--、__,、__
べ’     ー1!r―‐' ̄       〃ー'\
  ヽ\       |||          /    ヽ


こうして慎重論は避けられ、数を頼みにした電撃戦が行われることとなり、
フランス軍10万はベルギーへと侵攻を開始した。



464◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:37:57.42 ID:PwhZTMEo

が、そのベルギー戦線は、ロシャンボーの懸念どおりに惨憺たる内容となった。


――フランドル戦線。

         ____
       /     \
     / \   / \
    /   (○)  (○)   \  さあ、行きますよ!
   |      __´___     |  世界を革命する力を見せてやりましょう!
   \      |il!|!il|    /
   /       ̄ ̄    \
    革命に燃える志願兵



    / ̄ ̄\
  /  ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .|    (__人__) |   あ~、かったり~……
 .|      `⌒´  |   (お前ら新兵のくせに武器使えるのかよ……)
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ
 やる気のない熟練兵



465◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:39:05.67 ID:PwhZTMEo


      , ' ̄ ̄ ̄へ、=-、
      / // /  キ  `ヽ
     / //  / //lヽ /lヽ|  |
   // /  // //"""""|   |
  /   /  // //,,,___,,,,,,|| | |
  |    // //_  `o´ __.|| | |    ふ……
  |ヾー  //≡二(:ヽ  'l:ノ=|| | |  
  ミ三三彡//     l  /\| ll    醜い農民主体の兵か……
   ヾミ/`,ノ    、_ゝ /彡/    栄光ある双頭の鷲の前にひれ伏すがいい!
――--ノ|o' ヽ` 、 `´/o'|---――
 i  i |  |    \_7´/ | | |   i  
 |  | ゝ_ `ー――――' ノ  |  |  
   オーストリア軍司令官



466◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:39:59.72 ID:PwhZTMEo
         ____
       /ノ   ヽ、_\
     /( ○)}liil{(○)\
    /     _´_    \  な、なんですか、この強さは!?
    |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   革命に燃える私たちが押されている!?
    \    |ェェェェ|     /



     / ̄ ̄\
   /:::::::  / ヽ
   /:::::::::  (○)(○)    武器も満足に使えない奴らと
  .|::::::u:::   (__人__)    一緒に戦えるかっつーの!
  .|:::::::::::::   |r┬| |     とにかく逃げろ! 退却だ!
  ヽ::::u:::::::   `ー'./
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く
  |:::::        \
  |::::        ヽ、二⌒)


         ____
       /ノ   ヽ、_\
     /( ○)}liil{(○)\
    /     _´_    \  い、いやぁぁぁあ!!
    |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   逃げたくない!
    \    |ェェェェ|     /   でも、死にたくない!


467◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:41:18.95 ID:PwhZTMEo

      _,. -―‐-- 、_
    ,.‐'"     ヾ  `ー-、
   / ///  _,.-―-、-‐‐'" `i
   `r、__,.-'"     ヽ    .|
    i'          l    |
    l         〈    |
.    l.     ,,...__   |    |
    l. ,.=、  '゙ー’   l. ,.-、 |
.    l `゙7゙    U  ! j h | |     前線の軍隊が退却!?
     l  !  、     └;__.ノ |     ほとんど戦わずにか!?
.     l. ,ゝ'"´゙ヽ    j. `ー|     
     l. `゛ニ ̄`    j   |      いくらなんでも脆すぎないか……
.     !       ,:' /  |
      ヽ、  ___...ノ /   .|      ……と今さらながら開戦したことを不安に思うデュロンであった。
       「 ̄ __,..===|                                  (キートン山田)
.       |ll厂 ̄ ̄ ̄    |
      _,.!l  l三三l _,.--―!、_
     ̄ヽ、ll__,..--―'"        ̄ ̄
       ll


468◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:42:25.66 ID:PwhZTMEo

士気の高さのわりに、あまりにも兵の錬度が低いため、将軍たちの間では戦闘への不安が出ていた。


     / ̄ ̄\
   /:::::::  / ヽ
   /:::::::::  (○)(○)
  .|::::::u:::   (__人__)    哨戒に出ていた兵がオーストリア軍を
  .|:::::::::::::   |r┬| |     発見しました……!
  ヽ::::u:::::::   `ー'./
  /::ヽ:::::::::::    ノ     デュロン将軍、戦いますか?
  /::::       く
  |:::::        \
  |::::        ヽ、二⌒)



      _,. -―‐-- 、_
    ,.‐'"     ヾ  `ー-、
   / ///  _,.-―-、-‐‐'" `i
   `r、__,.-'"     ヽ    .|
    i'          l    |
    l         〈    |
.    l.     ,,...__   |    |
    l. ,.=、  '゙ー’   l. ,.-、 |
.    l `゙7゙    U  ! j h | |     さ、先に見つけたのか!?
     l  !  、     └;__.ノ |     ――よ、よくやった!
.     l. ,ゝ'"´゙ヽ    j. `ー|     
     l. `゛ニ ̄`    j   |      退却するぞ、迅速にだ!
.     !       ,:' /  |
      ヽ、  ___...ノ /   .|      ……このままでは戦っていけない。
       「 ̄ __,..===|     そう心に誓うデュロンであった。(キートン山田)
.       |ll厂 ̄ ̄ ̄    |
      _,.!l  l三三l _,.--―!、_
     ̄ヽ、ll__,..--―'"        ̄ ̄
       ll



470◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:43:47.35 ID:PwhZTMEo

      , ' ̄ ̄ ̄へ、=-、
      / // /  キ  `ヽ
     / //  / //lヽ /lヽ|  |
   // /  // //"""""|   |
  /   /  // //,,,___,,,,,,|| | |
  |    // //_  `o´ __.|| | |    何だ、あのフランス軍の弱さは……。
  |ヾー  //≡二(:ヽ  'l:ノ=|| | |  
  ミ三三彡//     l  /\| ll    我々を見ただけで逃げていくではないか。
   ヾミ/`,ノ    、_ゝ /彡/    
――--ノ|o' ヽ` 、 `´/o'|---――
 i  i |  |    \_7´/ | | |   i  
 |  | ゝ_ `ー――――' ノ  |  |  
フランス軍の弱さを目にしたオーストリア軍は、
「フランス軍は敗北か、しからずんば敗走」と揶揄したと言う。



472◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:45:09.94 ID:PwhZTMEo

              __ ,, ... __
          ,,.. '' ´       ヽ,
       ,,. '"´          `ヽ
     /           ,,r ,,,  ',
     !           /   .l  ',
     !            /    l、 .i
.     !           !       i l
      !            !  ,,.‐'"`i,ド、
       !       、、ハ' ='ィ i;j`,. i.!. l
      ヽ、 , 、 f"tj`'ヽ   ` "   !",'
        i'ヾ.   ` ´ ";         ト'   ……ダメだこりゃ。
        ヾvヽ     丶 .'     i
           '.-ヽ    r"´ `)   ,.'
               ヘ    `  ´  /.L、
           r',ト``' ‐- ... r ´ 」. 1、
            ト、'= 、, __  _ / '´ ヾ`~丶-、 ,, ___,,....,、_
       _ ,, / ! /~" '== =1H、ヽ i_ l.|         __ ,..ヘ,=ヽ
 ,, - ‐ '' ~´    ヾ、!` ゝ==!  i il l lヽヽ,/   ,-=_'',~-´‐ '' ´   |
              ヽヽ¨、´__// ! !.! ヽ'    | |´~
------ ‐― '' " ==ヾ ` ' ―´  !.! !     l l

この事態にロシャンボーは、意に沿わない戦争に嫌気が差し、
前線から無断で離脱した挙句、司令官の座を辞してしまう。



473◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:46:02.60 ID:PwhZTMEo

一方、デュロンの方はと言うと――

――1792年4月29日。
トゥールネー。


                        __,,_、
                      ,,,,―‐'""    `~゙'‐,i,,,,、
                    ,/`           、,\, `'ミ''‐,、
                ,,i´            `'',\ ゙'i、 \
                  ,/     .,,,,-----,,,,,_   ヾl.,l゙`'i、.ヽ
               l゙    .,r'"      `'''-,,,,,,,,!'"  │゙l
              |    |         U       |.|
              |   .|  U                 レ
              |    |            U    │
              |    |    U            ,l゙
                 |   .|    ,,,,,,,,、 、    ,,,,、 │    退却!
                 | ._,,,,,,, ヽ    ."゙゙lllll゙l、  .rll|,i´  ...l゙     退却だ!
               |/.,,,,,.│゙l、  'l'll゙゙゙゙・,,r  .,!'l.・.゙.゙i、 .|_     トゥールネーを捨てて退却だ!
               ||`.|, ゙.| .|    `゙''ll゙~   .|   ̄ .,l゙゙i、
               ゙l|、|ノ | 、|            |   ,l゙./`
               ゙゙l,.゙‐ ゙lミノ      .i、   .゙l  ./,/
                ゙l\ 、     ._,,,-―,,,,,/゙'i、 .|"
                   | `'│     .゙l|ニ,,,,,,,,,,,-'" │      ……もはやなりふり構っていられない。
                |   ,゙l      ゙ヽ,,,,,,ノ   /       この戦争が終わったら引退しよう。
                  ,,|   .|.ヽ       ー、  l゙       そう思うデュロンであった。(キートン山田)
                   | |'-,、゙l、`ヽ.i、        /
             __,,-| `゙''ミヾl、 `' li、      ,(
   .ー'''''''''''''''''''''"゙゙゙゙`  |   `-,,,,'‐、,,,,,゙‐'---‐r‐'',,r\,,---ー'゙゙゙゙゙''''''''''''''"゙゙/)ニ'゙l'"''、



474◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:47:06.25 ID:PwhZTMEo

         ____
       /ノ   ヽ、_\
     /( ○)}liil{(○)\
    /     _´_    \  何でまた退却なんです!
    |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   もしや、将軍は革命を潰そうと
    \    |ェェェェ|     /   ワザと退却しているのでは!?



          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒::::\
     /   (●)}ili{(●)::::::\    ――裏切り者は、
    |       __´___   :::::::|   殺すしかありませんね……
    \      `ー'´  ...:::::/



477◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:48:03.40 ID:PwhZTMEo

          ____
        /      \
      / ⌒   ⌒::::\           〃,  裏切り者は消毒です……!
     /   (●)}ili{(●)::::::\         //-‐っ
    |       __´___   :::::::|___, -‐^ヽ、こ=っ
    \      `ー'´  ...:::::/       __二つ
     (\        ,   ヾ、 ̄  ̄ ̄                    ,   ヾ、
〃ヽ  \ \ ヾ、         \( 、      ,   ヾ、             ,   ヾ、    , ,   ヾ、
ゝ、 ̄ ̄(ヽ、 `,ノ )´( 、 ゝ、     \ヽ),    (ヽ、 ,ノ )´( 、 ゝ、       ,   ヾ、     (ヽ、 ,ノ )´( 、 ゝ、
   ̄ ̄ ) Y  人 ヽ)ゝ'丿,   ´, ヽ ヾ    ) Y  人 ヽ)ゝ'丿,   ´、(ヽ、 ,ノ )´( 、 ゝ、 ) Y  人 ヽ)ゝ'丿,
    !)ノ'  ノ ,(  `    ´(    (ヽ、ヽ  !)ノ'  ノ ,(  `    ´(     ,ノ ) Y  人 ヽ)ゝ!)ノ'  ノ ,(  `    ´(
   / ((  ´!. 、   t ヽ、 `t  , ) Y `i/ ((  ´!. 、   t ヽ、 `t  , !)ノ'  ノ ,(  `  / ((  ´!. 、   t ヽ、 `t  ,
   ,′, ヽ    tゝ、丿)ノ i    Y!)ノ'  ノ , ,′, ヽ    tゝ、丿)ノ i    Y/ ((  ´!. 、   t ,′, ヽ    tゝ、丿)ノ i    Y(
  i /f  ゛   ) Y´ l'′  / ((  ´!. i /f  ゛   ) Y´ l'′  ,′, ヽ    tゝ、丿i /f  ゛   ) Y´ l'′
       / ((  ´!. 、   t ,′, ヽ    tゝ、丿)ノ i    Y(   )  i /f  ゛   ) Y´ l'′   )
       ,′, ヽ    tゝ、丿i /f  ゛   ) Y´ l'′   )
      i /f  ゛   ) Y´ l'′   )



479◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:49:31.74 ID:PwhZTMEo

                        __,,_、
                      ,,,,―‐'""    `~゙'‐,i,,,,、
                    ,/`           、,\, `'ミ''‐,、
                ,,i´            `'',\ ゙'i、 \
                  ,/     .,,,,-----,,,,,_   ヾl.,l゙`'i、.ヽ
               l゙    .,r'"      `'''-,,,,,,,,!'"  │゙l
              |    |         U       |.|
              |   .|  U                 レ
              |    |            U    │
              |    |    U            ,l゙
                 |   .|    ,,,,,,,,、 、    ,,,,、 │
                 | ._,,,,,,, ヽ    ."゙゙lllll゙l、  .rll|,i´  ...l゙
               |/.,,,,,.│゙l、  'l'll゙゙゙゙・,,r  .,!'l.・.゙.゙i、 .|_    (いくら退却しても味方に焼却されては
               ||`.|, ゙.| .|    `゙''ll゙~   .|   ̄ .,l゙゙i、     どうしようもない……。
               ゙l|、|ノ | 、|            |   ,l゙./`
               ゙゙l,.゙‐ ゙lミノ      .i、   .゙l  ./,/     今さら後悔してもどうにもならないことを
                ゙l\ 、     ._,,,-―,,,,,/゙'i、 .|"       薪の上で燃やされながら実感する
                   | `'│     .゙l|ニ,,,,,,,,,,,-'" │       デュロンであった……(キートン山田)  )
                |   ,゙l      ゙ヽ,,,,,,ノ   /
                  ,,|   .|.ヽ       ー、  l゙
                   | |'-,、゙l、`ヽ.i、        /
             __,,-| `゙''ミヾl、 `' li、      ,(
   .ー'''''''''''''''''''''"゙゙゙゙`  |   `-,,,,'‐、,,,,,゙‐'---‐r‐'',,r\,,---ー'゙゙゙゙゙''''''''''''''"゙゙/)ニ'゙l'"''、

デュロンは戦わずして退却を行う行為を「裏切り」とされ、混乱の中、味方の兵士たちに殺されて薪で燃やされた。




【補足解説・説明】
    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  デュロン将軍が悪いようにとらえられていますが、
 iミ}ミ{━ ━ミ! 血気あふれる前線の兵士が勝手に暴走したというのが定説です。
 iミ}ミ{U ー ミ! そりゃ、ネトウヨや九条の会メンバーでの軍でヤクザの事務所に殴り込めって言われたら逃げますわな……


480◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:51:33.08 ID:PwhZTMEo

この度重なるフランス軍の敗北と失態に、開戦を支持した者たちは動揺する。


              タ´`ヾリ////〃〃// .彡 /
             タ   `"""´´´`ミ ニ 彡彡/
            /   〃    J ミ ニ彡彡/    デュロンが味方の兵士に殺されて、
            { __{(( .._   ミ ニ 彡 /     ロシャンボーが司令官の座を辞任!?
            }どo ゞ‐`ヱo~ゞ ヾミ彳う)     
            ,'   /   ```     りノ     い、いや、これは軍部だけの責任ではない!
            !  ({ 、       ├タ<      ジロンド派の無能どもが準備もせずに
         /|  ィニ‐-、      /〃リ      戦争を始めたのが悪いんだ!
        r'´}! }   __ ',      / r'")   
      ,r==、Zノ| レ三‐ -フ   / <ノ       
    /  ハ {      ̄  /    |リ        
  _../ ヲ /_ ノ) \ -‐-       リ
/´/ 〉ー "/ー‐ ヽ |`==‐ '"     ト、

国民衛兵司令官の座を辞していたラファイエットは、一司令官として
オーストリア戦線で指揮を執っていたが、敗戦の連続に軍の責任を
ジロンド派の準備不足に転換をした。
しかし、その内心は――


×九条の会メンバーでの軍
○九条の会メンバーの軍

482◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:52:53.64 ID:PwhZTMEo

                |=l      ヾ,ヅ     |=|      
               r、V         U   Vヘ      
               |ヘl(      、 li r     )lイ|    
                |.ト| `r‐toッ‐ィ_}l_ノr toッ‐ァ゛|ノ|  
              l.ト|  " ̄´":i  ヾ" ゙̄` |ノ|    (予想外の敗北の連続だが、
            ヾ|ヽ    { |        / |<     これで議会の失態は明らかになった。
              ノノll ¦  ', :L.     ¦ lト,ヽ     
           f⌒>{.ll l¦    ヾノ     ¦l l } <⌒I  王権の回復には持って来いだな……)
          ヽr゙ |l.| ',l   ー‐--一   l/ l.| ゙tノ
            ,r'"ヾ|   ',   ====="  /  リ`ヽ、
        /   |    ',   t=   /   |   \_
__.... -‐''"  ̄     l     ヽ________/    l    /:::::::`:`ァ- ....__

軍部の発言力が増さなくても、戦争の不調による責任問題は議会へと向けられる。
ラファイエットは、これを利用して立憲制での王権の強化を目論んでいた。



483◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:54:23.53 ID:PwhZTMEo

                        ____
                     ,  '"~´    ``ヽ、``ヽ、
                 /     _____}}:::::::)
                /  ,  '"´ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄``ヽ、
               /  /              :::::::\
              { /           , --、 |::. .:::::::::::ヽ
               /           /  r屮⌒ヽ::::::::::}   おのれ!
             /      __.. -‐'´   〃{{     |::::::::::j   自分でも開戦に賛成しながら、
             /     /^Y |  - 、  u  ! | u  |::::::::/    私たちだけの責任とするか……!
            /     〈 Y1 ||  zu‐ミ、__j  _,. -‐/:::::/
            /   /  ヽ )| リ     ̄    {ゞ┴'/:::r'′     仕方ない……
           /  〃  ト| ト-!{          | u /::::|       一時停戦をし、体制を整えよう。
           | | {{  | ト1 i         ' ‐'  /::::::|
           | | !!   Vヽ  \     -=='  /:::::::{{
             ヽ | !!   ∧\  ヽ、     ´ 〃:::::::::||
  , --rメ77───一ゝ┴一1ハ \`Y--`ー----' ト- ::::::|
/               〈 ヽト、  | l二二二フ /〉   ``  ──---rrく^ス

だが、すでにロシャンボーの跡を引き継いだラファイエットら前線の将軍たちは、
ヴァランシエンヌに集まって政府の命を待たずに停戦を行うべしの決議を採択していた。
このことからも、政府と軍指導部の不一致は明らかであった。



484◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:56:05.75 ID:PwhZTMEo

――内務大臣執務室。

   .!
   !     ┌ ~ ⌒ ヽ
   .!     !       `)
   !     .!        (
  ヽ    ..!        丶
   ヽ   .l          `~ - ,
    )   !              ヽ
   ζ   !              /         (     停戦は良い判断だが、どうも国王には
    ヽ    ヽ.  , _,.-::::'''~~`    l           )    再び議会と対立する気配がある……
    丶    !__! /~`=ニ''~      !,         <    
      ` ' ⌒)丿i            t┐        >    上手くことが運べば良いのだが……
         ('. 丶          / .l        ノ
         `  `,         i ._ノ      _ノ     
             i ア        ヽ___.,:-__/      
              '-^ヾ  ___,,     | | //
                └i`'~__,.    ノ ./ /
                 ~ii~~    /_/ / /^l
                  i    ν __( (  l
                   ~ -- ~ | /ノ| l  l.  l
                      // i!l l /  l /
                     /`/, i' l `'  / //
                    /' i.i  i  l  ./ //
                    /  i i  i   l ` //
                   i  i i  i    ` '



485◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:57:32.50 ID:PwhZTMEo

――1792年5月27日。


        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |    
   |  -| ・  |─ |___/     もう、停戦か……。
   |` - c`─ ′  6 l     いや、そんなことよりもジロンド派が
.   ヽ (____  ,-′    宣誓忌避僧の追放を議決したらしいね……。
     ヽ ___ /ヽ      
     / |/\/ l ^ヽ    「人権宣言」に明記された信仰の自由を守るために、
     | |      |  |    ボクはその法案を拒否するよ……!




         ,.-'""゙゙ ‐'´ ̄ ̄`ヽ
       /           .\
      /        _     \
.     r'  ,.r‐'"/ ,r'"´  ヽ      ヽ
    /   j  〈. ヽ    L_      .|
    j  i´   `i 〉    `ー、    .|
.    |  |     V       j    |   ――!?
    |  !.´,Ξ=,r'  ニ=,_ ./    |
.    |   l `ニ´,';   `ニ´ (     ,!    都合の良い時に革命に擦り寄るとは、
    \  !、   : j      ,.j.    /    何と恥知らずな御仁だ……!
      7 ゙;   `r-゙    / ,.!   〈   
      ゝ .l   __ __.   ,.J   ノ     しかも、どこぞの常任理事国のように
      \ .!、  `ニ´   ゝ‐'  /      自らの都合だけで拒否権を発動する!
       く ヽ       ヒ  ノ    
        `ー`Tー-‐'"   `T´        剥奪だ!
          ,.!、_ _,...._,.-l゙l        あのような男に王位は相応しくない!
          lフ,.-、 !、,.==,.J、l
          //  :、 Ξヨ ,.ト、
         / ∧ l ;. ‐フ/   `ー
.        / / ;./; l`ー'
        `y  l_H_/
        〈   |
.         \_ /

敗戦に動揺するジロンド派に対し、国王は強気の姿勢を見せ、
その姿勢に反発する議会も対立を辞せぬ様相を見せていた。

しかし、なぜ、これほどまでに国王が強気なのか……


486◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 20:58:33.33 ID:PwhZTMEo

――神聖ローマ帝国オーストリアの首都ウィーン。



             ,-,ii|||||||||||||||||ii、‐、
  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_/ i|||||||||||||||||||||||||i ヽ_,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
   ゛゛llll||||||||||/ ' i||||||  |||||||||||||||||i ` ヾ|||||||||||llll""
       ゛lll/   |||||||  ||||||||||||||||||    ,llll"" 駐ブリュッセル大使メルシィ・アルジャントーより
         \   l|||||||||||||||||||||||||||l   /     ファイエットからの手紙が届いたのですか?
         彡   ゛ll||||||||||||||||||ll"   ミ    
         \_      ゛゛Y""     __ノ   なるほど。停戦のお願いですね……。
           | ]下ミ─-。、_|_, 。-―テ「 [ l    停戦の暁には前線の軍隊をパリに引き返させて、
           ゝ_,. lミミi=´<_,.`=i=ヲ 、__ノ     議会を解散。そして亡命した王族や貴族を呼び戻して、
                 ヽlミ| 「‐、=ラ7 |ヲ'´         新たな議会を作り上げた上で憲法改正させると……
_______  , へ ノ`i=、_ 二 _,=iゝ、_,へ、  _ ________
i    i    i  ̄| |――-\ ̄∠-――| | ̄ i    i    i



488◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:00:28.52 ID:PwhZTMEo

    ヽ ゙''‐、,,,,,| ,,,    .|.:.:   .:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|        /
    \     ;;  '"|.:.:   .:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ,,,"  ''",,,,/,,  お話になりませんねぇ……
    ,, >、,ノノ  ノ '"'''|.:.:   .:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ,,,  ミ、/  ゙
  ,,,-‐'''"  |゙ヽ、''ノ/,  ''|.:.   .:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,, ヽ,,,,/ /     革命に心酔している
\"    ヽ"‐、|゙'' ,,   ゙、.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    |/./ ,,,, "  兵士たちでは反乱を
ミ ヽ     \ ノ '"'"  ヽ.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ミミ ,,ヽ/       起こされてしまうのがオチですよ。
ミ三゙、" ,,彡 \ ,,,, /,,/,,,\.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  '''" _ /  ,,,,- 
二二゙、 ''"" " .\|l\///  ゙ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  '" ,//        まったく……
,,へ─\ ''"    ヽ、 \__,, ,,   ゙ヽ.、::::::::::::::::;;;-'"   ,,,,,-‐"|/      ミ.  頭が足りない子です……
彡三\∧,/   ''" ゙-、.ll|ヽミ\‐-、,,,  ゙''''Y"~   ,,,-/// l  / ,,, "  /,,
二二/  \/,,     ゙ヽl゙、ミ,,\_゙'o、 ,, .| ,, o'"/-、/ |l-''",,-'''  ,/ ""
三=/     \ l l,," ''  ,゙、ヽミlヽ、__  ̄ ゙'''~''"  ̄-‐フ// / 、、、、,,-‐'" ,,,  
ヽ",,,    '"  ゙''‐-、ミヽヽ、゙、ヽヽ\        ////-‐'イ"~        ,,
 \   ,,      ゙゙''''─、─\ヽ\‐-,,,,,,,,,,,,-'''/,/":::::::::/      ////
  \  "          ゙、 ,,::::::\ヽ-,,,,,,,,,ノ//::::::::::::::::::/───---‐イ"
    ヽ-、,,,  ,:::://// |l,,-゙、 ''::::::::::\.二二/::::::::::::::::/      彡/
      ゙、゙゙"'''─"'-─'"  \ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/        /



489◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:02:22.68 ID:PwhZTMEo

   \      ,..''  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  __,,,,/    /  |
  |   \        ` .、::::::::::::::::::::::::::.,-‐'"'"     /    .|
   i    `'''ヽ、       -:::::::::::::::::::      -‐'"'" /    /  それに、こちらには叔母様から
   `i    |  `、'''ヽ、、     .ヽ.Y    , ..-':''" ゙/   /   ../    いただいたフランス軍の作戦図があります。
    `、  |    `、  (:、、   . .|  ,..-')   /   /  ‐-‐'
     ‐-‐'| \  `、....,,,`_゙ヽ_、_,| ノ、."..-'''''''" // .. /       わざわざ見込みのない停戦の話に
       |  \\γ .,--‐-‐ "゛"゛‐-‐'''"゙'' |///  /        乗るわけがないでしょう……
       `i| \\ |        、      |///  /\`i
       /`i  \ |   < ___ ゙''-''"'_,,,, >.. |///. /   `、
     /   `i\\|     ヽ゛⌒⌒/゛   |/ / /
          `i \|     `.、__ ノ     //.-
           ~\      ‐'''''‐   / '
               \      /
                 "'''゙''-''"~





                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l     
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!      
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._    
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、 
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ 
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´    
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |

ルイ16世も、諸外国の王へ干渉戦争を行うように手紙を送っていたが、
それ以上に、この王妃の内通行為がフランス軍にとって致命的であった。
情報が筒抜けのフランス軍は、軍隊の惨状だけではなく、
作戦面でも勝てるはずのない戦争に向かわなければならなかったのである。



490◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:03:16.97 ID:PwhZTMEo

――1792年6月8日。


           /        ゙i,::::::::::::::,r'     \
        /    ,,、r''~i、 i,:::::::: ,i"  _,、-''' /
          /    /     ゙:、 i;:::,r",、-'"     \
       /  /;;l::' 、,.r- 、:,ヽ,'r''" ,r,r'",.r''' /
        /'"/;;;;;;;;l '''i  () ヽj、,,r--、-<_  \   国家に対して裏切りを働く背信者どもが!
     /,/;;;;;;;;;;;;;l、 ヽ-‐'''ソ,r"`ヽ、'':::.... ` /
      ll';;;;;;;;;;;;;;;;;;;,!l,    ''",:':/:::::::::::ヽ.  ''  \  こうなったら軍隊による脅しをかけてやりなさい!
     l|;;;;;;;;;;;;;;;;;;,!l:i,    ,:':::/::::::::::::::::::ヽ.  ./  
     l';;;;;;;;;;;;;;;;;,!.l:::゙t /:::/:::::::::::::::::::::::::::ヽ、\ 
     'l;;;;;;;;;;;;;;;;,! l:::::::~::::::::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ 
      l;;;;;;;;;;;;;;;,!',|::::::::::::::::i,'-、:::::::::::::::::::::::::::::::\ 
       l;;;;;;;;;;;;;,!.'|::::::::::::::::::゙:;;;ノ:::::::::::::::::::::::::::::/
        i,;;;;;;;;;;l', ゙i,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ 
         ゙i,;;;;;;;l ', ゙i、:::::::::::::';;;:::::::::::::::::::::::::::::::::/ 

停戦交渉は不調で、国王夫妻が敵と内通行為を働いているのを
薄々感ずいていたジロンド派は危機を覚え、5月29日には近衛兵の一部を解散させて、
王室の防衛力を削ぐ一方、パリ市内の防衛力の強化と国王夫妻への脅しとして
議会にて2万人の義勇兵をパリに募集し、パリの近郊に配置させるという法案を可決した。




【補足解説・説明】

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  なお、解散させた近衛兵の補充として、忠誠度の不明な国民衛兵と、
 iミ}ミ{◎ ◎ミ! 高度な軍事技術を誇るスイス人傭兵が配置されました。
 iミ}ミ{  ー ミ! 


    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  まさか、このことが後の重大事件に影響することになろうとは……
 iミ}ミ{= =ミ! 夢にも思わなかったのです……
 iミ}ミ{U ー ミ! 



492◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:04:54.61 ID:PwhZTMEo

              _,-----.,,,,,,
           / ̄       ヽ、_
         r="             \
        (                |
        r"  ,..,,     ,....,,,,      'i
        y ./ ノ    ノ   ヽ     'i
        |  |  "'---'''"    'i      )
.        \|           ノ     ノ
.         |"モtァ _,,...,,,,,,,,,__ r'    ノ
         (  ̄ i   ミモア` .ノr'''" /     魂胆が見え見えですな。
          |  'i'      ./.|ξ丿      パリ近郊に兵が配置され、
         λ_ r'"'-''ヾ、  '"ノ ,i'.'ノ       このまま戦争に敗北を続ければ、
         λ、''''=--...,j   r"ノ イ_        ジロンド派の連中は陛下を人質にし、
         (ヾ、 ~'''    ノ ノ .ノ|        自らの支援者がいる南仏に侵攻することでしょう。
 _r      _ゝ"^`-.,,,,.-''''" ノ_,,-'".|
 ̄'j''''" ̄ ̄ ̄  ゞレナ]、_,--'" ̄   ノ'\、
  /         .トミi.|^=-々  _,.-彡'" ヾヽ-、_
.リ/         \i|├ ̄ _//     `   '''-.,,,__
.|リ          //"=-''""/           ヾ >
           デュポール



                     .,Å、
                .r-‐i''''''''''''''''''i''''‐-、
                o|  o! .o.  i o  !o
               .|\___|`‐´ `‐/|___/|
                |_, ─'''''''''''''''''''─ ,、 / _
              _,:'" : : : : : : : : : : : : :: : : :: :゙'::、
                ,:' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `、
               ,' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ゙:
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i
            i: : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : |     その通りだ。
            l: : : : : : ,-´^´´ ̄´´´`` ̄``-、; : : : :|
            i: : : : :r´              ヾ: : :i     そのような兵の配置を行って
            |:、: : r                   ヽ、゙i : l     得をするのは議会の連中しかない。
          /ヾ::/ソ  ‐‐--、 ,  ,  ,_ノ^\ヽ l::l"゙ヽ    ラファイエットも、自分たち愛国者に
          '、 (ヾ,,   r‐‐--、_`il,i゙__-‐‐==、  |lヽ l     対する侮蔑だと反対しているしね。
            ヽ、`| \(゜  c/;;i=i    c )゙/|l'ノ/
                ヽ|  弋_/⌒⌒). ヾ____ノ´ /l.,/     もちろん、拒否権を発動するよ……
          __,∠| 、 ./ / / )       / 入─、、,,_
       _,.-´'"  |.r- |./゙ ,/ /  /_!/`   / .l /./    ~\
  _,、-‐´'"     |.| / /  /   /    /ヽ / / ./         `:,,、_
‐'"          |.| ノ / .ノ  /  ̄ ̄` .ノ / / /          ゙''`,,、_
.            ノ/ ノ  /  / ./ ./  / _/               `
           /    /  /./ / _/ /
          ノ   ,    `゙  /―''' /
          |             ノ ̄ ̄


493◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:06:24.02 ID:PwhZTMEo

――1792年6月9日。
ロラン邸。

|___|  |  |ー――
 /    |ヽ/ /
 |    \/    /\
 |   /\    /    \
| / / へ\/  /^ヽ ζ\
/ζヘ __(( ∠__  ζ 
|/;;ζ / ゚ー´,へ、゚ー-‐´/ζ   ……そうか。
||;;;ζ |\/ノ  `\/   ζ   またもや拒否権を発動されたか……
||;;;;;ζ|  く          
 ||;;;;;;ζ|           |    もはや、我々が国王に譲歩する
∧;;;;;;ζ|          /    最終段階なのかもしれないな……
\\;;;;; ヘ        /  /
  \   ヘ      /
    \  ヘ__/
          |


494◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:07:51.37 ID:PwhZTMEo

   .!
   !     ┌ ~ ⌒ ヽ
   .!     !       `)
   !     .!        (
  ヽ    ..!        丶
   ヽ   .l          `~ - ,
    )   !              ヽ
   ζ   !              /         (
    ヽ    ヽ.  , _,.-::::'''~~`    l           )    マノン……
    丶    !__! /~`=ニ''~      !,         <
      ` ' ⌒)丿i            t┐        >    何か考えでもあるのですか?
         ('. 丶          / .l        ノ
         `  `,         i ._ノ      _ノ
             i ア        ヽ___.,:-__/
              '-^ヾ  ___,,     | | //
                └i`'~__,.    ノ ./ /
                 ~ii~~    /_/ / /^l
                  i    ν __( (  l
                   ~ -- ~ | /ノ| l  l.  l
                      // i!l l /  l /
                     /`/, i' l `'  / //
                    /' i.i  i  l  ./ //
                    /  i i  i   l ` //




        . /        |.|.|   .|  .|  |  ヽ|| |
        ./        .| | |   ,|  |  |  `|| .|
        .|        | .|`ヽ--メ.,. .|   |_,.. +| .|
        |        .|  `丶--,,| |   |_,..- ' .|
       . |         ト.,,_    / .|   |  _/
       .|          ´`ヽ-y  `i  /|./'  |
      . /              .ヽ  V /   |
      /         /⌒\   \. //    |
     ./        /....,,__   \   ソ _,.-ナ'ヽ.|
     /        //-;-=t_ァミ;,. ._ \_.∠,;‐-/ ノ.ヽ
    ./      . /,,ノ  ` ‐- .'´  ' /ゝ`'´`ソ ノ.;. |
  . /       / ;'.ノ         |   /ノ.ソ ./   我が党派の率直な意見を
  /      ./´ _ノ, ヽ.        |  ノ 丿 /    一気に書き上げる!
 ./   _,,.. ;''_,,,..-'''' .ソ         -., '  ./.,;'ノ ./
../.,.,.-'´  ヽ  _/./ .ヽ..     ::;-‐ァ  / .ノ /     ロラン……貴方はその手紙を
.(.._      ´'-';,,ノ.,_  \     `,~  / '  /      国王に届けるのです!
. .´''- .,,__     /  `ヽ-,,,_ヽ . _._   ,.' . /
      `丶--./     ._ソソ´  `ヽ'_ /
         ./    .r' ./     .`ソ.'ヽ
       __ノ´     .| .'         .|
 ---‐‐''''´´       |         .ノ`‐---


495◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:09:09.78 ID:PwhZTMEo

――1792年6月10日。

              _,-----.,,,,,,
           / ̄       ヽ、_
         r="             \
        (                |
        r"  ,..,,     ,....,,,,      'i
        y ./ ノ    ノ   ヽ     'i
        |  |  "'---'''"    'i      )
.        \|           ノ     ノ
.         |"モtァ _,,...,,,,,,,,,__ r'    ノ
         (  ̄ i   ミモア` .ノr'''" /     陛下……
          |  'i'      ./.|ξ丿
         λ_ r'"'-''ヾ、  '"ノ ,i'.'ノ       ロラン内務大臣より信書が届いております。
         λ、''''=--...,j   r"ノ イ_
         (ヾ、 ~'''    ノ ノ .ノ|
 _r      _ゝ"^`-.,,,,.-''''" ノ_,,-'".|
 ̄'j''''" ̄ ̄ ̄  ゞレナ]、_,--'" ̄   ノ'\、
  /         .トミi.|^=-々  _,.-彡'" ヾヽ-、_
.リ/         \i|├ ̄ _//     `   '''-.,,,__
.|リ          //"=-''""/           ヾ >




        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |    
   |  -| ・  |─ |___/     なん……だと……?
   |` - c`─ ′  6 l     
.   ヽ (____  ,-′    よし、見せてくれ。
     ヽ ___ /ヽ      
     / |/\/ l ^ヽ    
     | |      |  |   



496◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:10:03.53 ID:PwhZTMEo

________________________________________
     ∥     ∥
     ∥/ ̄ ̄ | |-
     |│ ∧  | | ヽ
    /|│  | ||  | |  ヽ
    / |│  | ||_|  |    ヽ
   / \ ̄| ||  /    ヽ
  /   \| ||/  ヽ    ヽ
  |     ∨          ヽ  国家の安泰と陛下の幸福は固く結びついております……。
  | /二_\ /二二ヽ     |  
  │|=|`ー゚-'__`ー゚-' |=ヽ   |   しかし、陛下はこれまで国民に敵対するように
   | ||=| __/:::::ヽ__ノ|==ヽ  |   残酷に欺かれてきました……。
    |:ヾ ヽ:::::::丶::::::::::: |==|  /   
   \::ヾ\:::::::::::::: /:ヾノ||/   祖国を軽んじることは、国民は許しはしないのです!
       ヽ\::::::/:::: :|丿
        |:  ̄ :::::: :|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


497◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:12:04.95 ID:PwhZTMEo

________________________________________________
        . /        |.|.|   .|  .|  |  ヽ|| |
        ./        .| | |   ,|  |  |  `|| .|
        .|        | .|`ヽ--メ.,. .|   |_,.. +| .|
        |        .|  `丶--,,| |   |_,..- ' .|
       . |         ト.,,_    / .|   |  _/
       .|          ´`ヽ-y  `i  /|./'  |   そして、その祖国とは、想像力が悦に入って
      . /              .ヽ  V /   |  美化してきた単なる言葉では断じてありません!
      /         /⌒\   \. //    |
     ./        /....,,__   \   ソ _,.-ナ'ヽ.|  祖国とは人々がそのために犠牲を払ってきたもの!
     /        //-;-=t_ァミ;,. ._ \_.∠,;‐-/ ノ.ヽ
    ./      . /,,ノ  ` ‐- .'´  ' /ゝ`'´`ソ ノ.;. |  それに対する心遣いによって日々、更に愛着を感じるもの!
  . /       / ;'.ノ         |   /ノ.ソ ./
  /      ./´ _ノ, ヽ.        |  ノ 丿 /  人々が大きな努力を重ねて築き上げてきたもの!
 ./   _,,.. ;''_,,,..-'''' .ソ         -., '  ./.,;'ノ ./
../.,.,.-'´  ヽ  _/./ .ヽ..     ::;-‐ァ  / .ノ /    不安の中においても高くそびえたつもの!
.(.._      ´'-';,,ノ.,_  \     `,~  / '  /
. .´''- .,,__     /  `ヽ-,,,_ヽ . _._   ,.' . /       頼りとする気持ちと同じように
      `丶--./     ._ソソ´  `ヽ'_ /         奉仕の気持ちによって愛するもの!
         ./    .r' ./     .`ソ.'ヽ
       __ノ´     .| .'         .|
 ---‐‐''''´´       |         .ノ`‐---
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     /        //-;-=t_ァミ;,. ._ \_.∠,;‐-/ ノ.ヽ
    ./      . /,,ノ  ` ‐- .'´  ' /ゝ`'´`ソ ノ.;. |    ――それが『祖国』なのです!
  . /       / ;'.ノ         |   /ノ.ソ ./
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




498◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:13:20.65 ID:PwhZTMEo

_____________________________________________
             l!   ;!_
             ;l! ,.ィ7;!  `丶、
            ;il/! /;!    : ::ヽ         たとえば、二つの重要な法案が制定されましたが、
            ;!〈;;|r;',i;j    : : ::;;:!         二つとも公共の安寧と国家の安泰に本質的に
              〉jヽr''´  : : : :::;;;;;:::!         関わるものでございます。
            ,!レ'^丶、 ::::::::: : : : :|,
           ,'   _,,...> ::::::: : : : ヽ       陛下が、この二つの法令に対する認可を拒絶し、
           '-r';´ '^’'´人 : :::::: : : ヽ、  |iTh  遅滞させていることが不信を産み出しているのです。
            iム:: :  : :::::丶、_ ::::: :_...ゝ ,!リ; ;n
               ヘ    ;:   〉ミ三フ''´  //ク!,!リ、
             ヽ_,.∠.. /       ,ィ^ノ丿`ヾ:リ     もし、こうした事態が長引くようなことがあれば、
                   `ト、     i 彡'ノ   `'ー 、   それは不満を呼び起こしましょう。
                   ヾミ;:ヽ、   リミソ   : : : :\  そして私は、こう申し上げなければなりません。
                    V:::ミ::ヽ,イ∧` ゞ 、_    : : :\
                 ,.-‐- ゞ、y"ノ リ ハ  `ヽ- 、 : : ::::\
                /     `丶、:' /:;;' ヽ  : : :ハ`ヽ.、: : :::\    
                /         `丶、 ヽ  : ::ハ  `丶、 :ヽ,   
                /  . : : ::::::: .      `ヾ  : ::ハ'" ,. '" `^ゝ、
                 /  : : : :::::; : : : .      ヽ   : :ヽ ,.r''"  ,,.ィ'^:、
                 /   . : :::::::'^ヽ、: : .       ヽ  : :ヽ彡' ,,.ィ": : ::::::゙>、
             /    : : :::::/   \: : . .      ヽ;:==ヽ:く   ,,.r''"- ヽ
              /   . : ::::::/       〉、:: . .      ! : : :::|i`:、ーr'" 三 ミ ヽ
               /  . . :::::::/     ,:'..:::`:,、:: : . .   l'ー---1| | `ヾミ 、  ` ヽ
           /  . :::::::/     ,.ィ"::::/ ` 、:: .   |   : ::|' | | ト ヽ      ゙!
              /  . .:::::,:'    _,.ィ" `y'     \:: : |  : :::| | |  ;:  `      |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       /゙-,/、_∧.-'、  
                       / ,..,ヽ|ノ,....、':,   現在のような興奮した状況においては、
                     / ,r"━,>< ━,),':,  どのような結末にたどり着くやも
                     /,/'l `''" :  `'",!゙:,゙:, わからないのでございます!
                    //:、゙i,    :   ,! ,r゙i,',
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



499◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:14:24.47 ID:PwhZTMEo

____________________________________________
                  ,r  :;,    
                 /,!    l゙i,   
                ,! t</゙':,゙ソ l     もはや尻込みをしている時ではございません!
                /゙-,/、_∧.-'、     時間を稼ぐ手段すらもないのです!
               / ,..,ヽ|ノ,....、':,   なぜならば――
              / ,r"━,>< ━,),':,
              /,/'l `''" :  `'",!゙:,゙:,  既に革命は人々の心の中に
             //:、゙i,    :   ,! ,r゙i,',  しっかりと根を下ろしているからです!
             i / ゙;  ゙i 、 :.  ,! ,!'.ヽl ,
            〈;;;;;;;゙:, | ....:::::'' |,.ノ;;;;;;;ノ        _
     ,rヽ、        ゙t,;;;;;;`'|     |;;;;;;;;,r'      ,,..r''"~ /
    ,!、 ゙i,゙:.、       `''-,,|     !-''"     ,r'"    /y 今であればまだ避けることが出来る
   l   〉-、゙`''i''''┬、,---'"     ゙'-、、,..,...,r'"      ,/  不幸を賢明にも予防しないのならば――
‐'''"`''''ー二、゙i,  ヾ.r'-';;`'-;、,_      _,,、-''!,r'"     ,r/;  
      ゙'、゙、-  i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~`''''''''";;;;;;;;;;;;;;;;゙i,     ,,/,.!
       `'゙t、.゙l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,!゙i,     フ ./
         |`'t';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,! ゙i  ,,,/ヽ/
-、_        |  ゙t、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,r' .  |  /   ヽ
   ~`'ー---t--|   ゙'t、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,:r''"     l /     ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



500◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:15:44.44 ID:PwhZTMEo

____________________________________________
                       ,.ヘ、___ __
                    ,心、_| ハ \ミ\ \ヘ癶、
                  /ノ ノ rミl:l:lハ  ヽ `ヽ \ー'\     ――革命は
                 〈  /  |ジ´,,´´} /Nヽ ト,l\ V Yヘ     ・ ・ ・ ・ ・ ・. .・ .・ ・ ・
                 ノ 〈l  lハ  ゞjノー--H/、| } lハ \〉   血の代価をあがなって
                // / Nゝ!'^`ヽ  ~''´_,z≧、_N | l ∧ ヽ
               /  l {イ弓彡、ミ_j  、_´¬‐’='^j/ l ハj)ハ                 遂行され――
                |  l ! トト!〃_(・'`/        ゚ // /イ 〉 |
                \l,! ヘ|Z孖彡7ヽ r、      !イ/ /ト! } |      ∫⌒
                 ヽ、|ミ彡彡{          ス//|rノ |
                   |lマ三彡7∠_ 二`ニー'    j/´| ! |       ((
                   | l∨辷/           |  | ! |    ( ⌒ )
                   | ll \払   ´ ミ      /|  | ! l   (~  ノ
              /}       | |l  l\}         /ケl  |   |   ノ
     ヾ 彡\ /ー'/        ! li  | l |\           |  |   lヽ∫
    /`ヾ /  /       ノ| l  | llハ ::::\ _ ィ   _ィ|  |l   r_i~\
   /  /  / \─‐-、_/ム|  l  l/ハ  ヾ壬/   `ヾ|  l|ハノ人、ヽ_三⌒ヽ
  | _/  /‐ヾ、ノリ\::::::::::::::::|  l |三∧    _ _    __,|z ニ1'\ヘ\ _`ヽ_ミリ
  ヽ  ー'´ー=ハヾ、ジ ==二_ァこ- |-¬'}^´ ̄ー´  ̄   │! lヘ:::::::`ー--..、ル(_rヘ
   l     _/  〉:::::::::::::::::::::::/  ノ |  /     ノ    ',  、、\::::::::::::::::::::`丶、
   |l       .ィ:::::::::::::::::::::::/ ハ/  l ─--、   く_.. --─∧ゞ ニ _\__:::::::::::::::::::::
   /::\    ´ ヽ:::::::::::::::::/{ !  _ノ|ゝヘ   `~    z‐、/::::::\ _ ヽ ム:::::::::::::::::
  /:::::::::∧      }::::::::::::〈 ノヽソ (::::||彡〈       〈ミ/::::::::::::::::::ソ フ ノ::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



502◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:18:23.49 ID:PwhZTMEo



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      // / Nゝ!'^`ヽ  ~''´_,z≧、_N | l ∧ ヽ
     /  l {イ弓彡、ミ_j  、_´¬‐’='^j/ l ハj)ハ  それにより革命はさらに確固としたものとなるだろう!!
      |  l ! トト!〃_(・'`/        ゚ // /イ 〉 |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


503◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:19:16.03 ID:PwhZTMEo

              _,-----.,,,,,,
           / ̄       ヽ、_
         r="             \
        (                |
        r"  ,..,,     ,....,,,,      'i
        y ./ ノ    ノ   ヽ     'i
        |  |  "'---'''"    'i      )
.        \|           ノ     ノ    ……陛下。
.         |"モtァ _,,...,,,,,,,,,__ r'    ノ
         (  ̄ i   ミモア` .ノr'''" /      今、何か、見えてはいけないものが見えましたが、
          |  'i'      ./.|ξ丿
         λ_ r'"'-''ヾ、  '"ノ ,i'.'ノ       これはジロンド派による明確な脅しです。
         λ、''''=--...,j   r"ノ イ_
         (ヾ、 ~'''    ノ ノ .ノ|        これに屈しては、我々の目論見は水泡に帰してしまいます!
 _r      _ゝ"^`-.,,,,.-''''" ノ_,,-'".|
 ̄'j''''" ̄ ̄ ̄  ゞレナ]、_,--'" ̄   ノ'\、
  /         .トミi.|^=-々  _,.-彡'" ヾヽ-、_



                     .,Å、
                .r-‐i''''''''''''''''''i''''‐-、
                o|  o! .o.  i o  !o
               .|\___|`‐´ `‐/|___/|
                |_, ─'''''''''''''''''''─ ,、 / _
              _,:'" : : : : : : : : : : : : :: : : :: :゙'::、
                ,:' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `、
               ,' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ゙:
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i
            i: : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : |      ああ……わかっている。
            l: : : : : : ,-´^´´ ̄´´´`` ̄``-、; : : : :|
            i: : : : :r´              ヾ: : :I      今のは幻覚だ。幻覚なんだ……
            |:、: : r                   ヽ、゙i : l
          /ヾ::/ソ  ‐‐--、 ,  ,  ,_ノ^\ヽ l::l"゙ヽ     ――生意気なジロンド派内閣。
          '、 (ヾ,,   r‐‐--、_`il,i゙__-‐‐==、  |lヽ l      ……奴らはクビだ。
            ヽ、`| \(゜  c/;;i=i    c )゙/|l'ノ/
                ヽ|  弋_/⌒⌒). ヾ____ノ´ /l.,/       戦争失敗の責任も取ってもらわないとな……
          __,∠| 、 ./ / / )       / 入─、、,,_
       _,.-´'"  |.r- |./゙ ,/ /  /_!/`   / .l /./    ~\
  _,、-‐´'"     |.| / /  /   /    /ヽ / / ./         `:,,、_
‐'"          |.| ノ / .ノ  /  ̄ ̄` .ノ / / /          ゙''`,,、_
.            ノ/ ノ  /  / ./ ./  / _/               `
           /    /  /./ / _/ /
          ノ   ,    `゙  /―''' /

――1792年6月13日。
国王の不興を買ったジロンド派の内閣は戦争の責任を取らされて罷免された。
そして、後任の大臣には再びフイヤン派が就任した。


504◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:20:34.88 ID:PwhZTMEo

【補足解説・説明】

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  ジロンド派は、ジロンド派なりに国王のことを
 iミ}ミ{/ \ミ! 考えていましたが、革命に妥協せよという
 iミ}ミ{U ー ミ! ロラン夫人の手紙(夫人の回想録で自分が書いたと証言)は、
 }ミ{足_〒)ヽ  完全に無視をされました。
  `i,J( 了´
    }_ノノ
    ヒ}ノ

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  なお、この罷免措置に憤慨したロランは、
 iミ}ミ{━ ━ミ! 議会にて手紙を公表し、喝采を浴びて、
 iミ}ミ{  ー ミ! フランス全県に配布されることが決議されました。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´   この措置も、これから起きる熱狂の一因となるのです。
    }_ノノ
    ヒ}ノ



506◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:22:25.50 ID:PwhZTMEo

パリ市内某所。

                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\    ジ、ジロンド派の大臣がクビになったお!
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\   戦争で負け続きで大変な時に、
                  |     ` ー'´  u   |   王様は一体何を考えているんだお!?
                  \  u   :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }



507◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:23:40.10 ID:PwhZTMEo

            /   _ , , ,、__    \
           /―-= '  //l ハヘ `ー==   ヽ
           //;'´    i/ l.l ヽヘ   `ヽ、  ヽ
          i' /     !  l   ヽ     \  l
          l '/ ---、ヽ、 ヽ /   , __  ヾミ l
          l l -''¨`ヽ_ \,  i_/ , --- i  .l
         .r=ゞ=<て;ヽ`      ' 7¨ヽ\_,, i` /   戦争に負けることでも考えているんじゃねえのか?
         i ' `i}  ヽ 二ノ i   \¨`´ 彡  l /,、`I  
         { i l       l          |/  |  国内の政治統一がなされていないのに戦争を
         ヽ、 i       l          l ノ ノ   しかけるからこうなるんだ。
          丶-       `         l_ ノ   
            i   r 、_____ヽ   il      ジロンド派の連中も、先が読めるようで読めてねえな。
            ヽ    `ー――-'    /l      政治の主導権は取っていても、国内の動向は王党派の
             l \     ̄¨    , - ' l       連中ががっちりと握ってやがるからな……
             l  ヽ、____ ノ    ト、
           / ヽ           , ・´  l
          /   ヽ 、     , ・´    ヽ
        ィ       ` ┐r '          >、
    , ・ ´ ` 、     /~ `'ヽ       /  丶、
, ・ ¨        、   /|    |ヽ、     /     ` ー-





            _z=- 、,. -=z_
       ,. '´:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
   -=ヲ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::\
   -=7 :::::::::::/::::::::::::ヽ:ヽ:::::::ヽ:::::ヽ:\_
.    /::::::::::::/::::/:::: - 、::|:::|:::|::::::|::::::::ト、「
   /::::::::::::/::::/:::::/,イ/`ト、!:::|::::::|:::i::::}:::ト、
 =イ::::::::::::::{:::/:::::/卞マハレ'|::::i,≠|:::|:::|i:::|
  |::::::::::::/レ'i::::: レ' 込ソ |: /rぇ|:::|::{ レ'
  レi:::::::〈 ( |ト、:: j      レ!弋タレ'|:/    だが、ジロンド派の罷免は失敗だ。
   }::::::::`トノ  V        〉  |:::!′   支持層であるブルジョワは不安を覚え、
.    レ个、j         -‐  /レ'     悪化を続ける経済情勢が更に深刻なものに
 ,. --┴--- 、\      /       なることを懸念している。
/    --─一'´ ̄`ヽ‐ '



508◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:25:04.69 ID:PwhZTMEo

         ____
       /   u \
      /  /    \\    そ、そうだお……
    /  し (●)  (●) \   1月頃から生活必需品のインフレは酷いんだお。
    | ∪    (__人__)  J |    ブルジョワが買占めをしているだけじゃないのかお?
     \  u   `⌒´   /




      /_i /∠       ヽ
    ,イ,ク ll´ ̄'―z _ -‐‐- 、 ハ
   / 〉{ ,ゝ‐    >-‐‐=ミ、 }
    ドy ,_zィ'=- `ミ ̄>、 ゛,'     生活物資のインフレは、アッシニアの暴落が原因だ。
     〉ゝ `マ''ーェァ、 = l .l,イ`} '      ただでさえ信用が低かった物を増発し、
     l 7   ヽ ー ´  ノィl 〉,イ、l、`ヽ    議会も風前の灯火だからな。紙クズ寸前だろう……。
     ', L.._     '  ノ  vヽ、 ヽ
     ', '- .. .._ヽ、   !   / ハ、ヽ. ',  それに、西インド諸島で独立運動が起きて、
      `i  ー   ′,, -,イ /   〉ヽヽ. I  植民地商品の不足が経済の混乱に拍車をかけている。
       `ーァ-、 '' ´_ - '''    /  ハ ', !
       /〈 r‐ '' ¨      /   ハ '.!
        / / ___ ... - ''      ', l',
    /ゝ'´ ̄  ,, -――- 、      i lヘ
   / ,'   ,ィ,´ィ´  ̄ ̄ ``ヽヽ    l l ヘ



509◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:27:43.68 ID:PwhZTMEo

                       ,.ィ´三三三三≧ト、
                     /三三三三三三三ミヾ
         ,ィヽ         /三三,/´: : : : :`丶ミ三ベ
           / /     .    /三三/: : : : : : : : : : : : : :` ヘ
        / /        __/三┌'': : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
.       / /        //ハ三/: : : : :ェエ≧ト: : :.j: : : : : : l
      / /     ,ィヽ  |'  j: : : : : : : :.ゞツヽ / /≦エト :リ
    ,ィ≦´ ̄ ̄ ` V  /   lー-'l: : : : : : : : : : : : ,.': : l ムツ: : :,'
    |  ̄ ̄ ̄ `V  /    ヽ‐': : : : : : : : : : :/:l: : l: : : : : ,'
    |  ̄ ̄ ̄Vリ Y   _ リ: : : : : : : : : : :'ー 、__,、): : : /
    | ´ l ̄ハ l  /_,x</l:.:.:. : : : : : : : :/:__,、: __: :_. l: . /   Yes!
____j  .j   'ー' ン::::::::::::j .ヘ:.:... . : . : : :/: :|‐'‐‐- -'リ./:.,.'    We Can!
:::::::::::::リ      /:::::::::::::::|  ヘ:.:.:.:. : : : :l: : :ヽ、ェェェン:./
::::::/!     ./ :::::::::::::::::::|   ヘ:.:.:.:.ヽ: :ヽ: : : ー‐ "/
/:::::|    ,ィ':::::::::::::::::::::::::∧   ヽ:.:.:.:.:\: : : : : :ン'
::::::::::lヽ__/ l::V:::::::::::::::::::::::::∧  /\:..:...: / ー "!
::::::::::l   /:::lハ::::::::::::::::ヽ::::::::l-‐'    ハ: : ム__∧
::::::::::`ー'---.':/:::::::::::::::::::::l::::::l      l /  l /:::::\
トゥーサン・ルーヴェルチュール(1739年or1743年 - 1803年)
「黒いスパルタクス」または「黒いジャコバン」の異名を持つハイチ独立運動指導者。

西インド諸島のフランス植民地サン=ドマングで独立運動が発生し、
その影響で砂糖、石鹸、コーヒーなどの植民地商品は不足し、
この年の1月には砂糖は平均20~25スーであったのが30スーにまで値上がりしたため、
パリ市内では高騰に抗議する暴動が発生していた。
また、戦争によって軍隊に小麦や、それを運搬する馬車や馬も徴発されたため、
全国で食糧不足が深刻化して食糧暴動が発生していた。


510◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:29:10.40 ID:PwhZTMEo

           /       ヽ i     ||     ヽ
          /          ヾi    〃,,,     ヽ
          /           /`_   ヘ''''''――、 彡ヽ
         i      ,,,,-―` ̄i ./ i |.ヘヽ    \   .|
         |  ,,ー'''' ツ     |./  i. | ヽ i  ,,,   ヽ  .|
         ! ´ /,´     -〃  .! |  i.|/     ヽ |
         i /彡´      | \ | ― !  ,, ,,,,   ヽソ、
         ヽ / /i   ,,,,,,,\,,,      ,i//''''''  》ィ I   経済の混乱はブルジョワを不安にし、
          >-、 |    ニニ\ミゞ_,,,,   ゾ弋ジ>=|イi .|    食糧不足は一般市民を不安にする……。
          |ヽ ヽ | ー <弋_ツ`,,,    i 、'''''''''''   リ メ
          ! |` ヽ|  ̄  ''''  /    |   ̄    |´/     特に自分たちの要望を聞き届けてくれる
          ヽ ヽ,i `、  `         |       |/     ジロンド派内閣が罷免されたブルジョワの
           ヽ ヾ ヽ           j      ト、     衝撃は計り知れない……
             ヽ-i        ´ ` ´      ノ |
            / .|i    ,,         _ `i /| ト-、
           r/  iヽ  く  -ー――'''''''   ノ / `i  \
          ,ノヽ  \ヽ、,,      ''''''   ノ´ /   .|   `ヽ、
      ,, - ´   ヘ    \ `ー、       ノ /   .|      ` ヘ`'''''ヘー-
 _,,―'''''      ヘ     \  `ー---ー'''’/     |       ヘ  ヘ
  /  /        ヘ       \      /      |        ヘ  ヘ
 /  /          ヽ       \、   i´       |         ヘ  ヘ
./   /          ヽ        /――ヘ      |         ヘ  ヘ




      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶     ブルジョワも不安に……
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
  l    |r┬-|     l     不安なのは一般市民だけじゃないのかお……
  \   `ー'´   /    一体、フランスはどうなるんだお……?
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l



511◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:30:06.15 ID:PwhZTMEo

――ジャコバン・クラブ。


                          ,:'.  /// // // il   l::::l::::::::
                         ,:'   // /l|| ///i l   ,'::::i.i:::::::::
                          ,'   / /  ,ソi |. i i ! l i /:llンi:::::::::
                      ,'      ; .l l l !ill !i  i:/ メ、l::::::::
                      ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l    ヤラナイオ……
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l     サン=ジュスト……
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:I    ボクは自分のなすことをようやく見つけたよ。
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l   この悪徳に満ちた世界で、
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `   ボクが取るべき行動をね……。
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
          i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i



512◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:31:02.94 ID:PwhZTMEo


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)     
          | U   (__人__)      ど、どうするんですか?
             |     ` ⌒´ノ      もう、戦争が敗北に終わってしまうのも
              |         }      現実的になってきました……
              ヽ        }      
            ヽ、.,__ __ノ      解決すべき手があれば教えてください!
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、     



514◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:32:32.55 ID:PwhZTMEo


              _,.........―=≧=..、__
           ...ィ7'´:彡刈/ヽ乂ミ:ー.ミー.、_
           ///イ´:_/:/::::::://:i:!、:\:\::\
.        //:::,/::::イ/:/:::::/://}:l:::lヽ:ヽ:::ヽ:::ヽ
.      /::/:,:イ/'´::::,//:::/:/,:イ:::l:::l::::i::::i::i::!::i:li
      〃::/:/:/:/::::/:!:l/:/:::/:::!:::;!:::l:::::!:::l::l:::i::l::l!
     /:/:/;イ:/!::!:::/::!:l:://〃:/:/il::::l:::i:l:::l::l::::l::l::ll
.     l:::!/〃/:;l::|:/::〃l:!':;イ::::::/:/:/::':l::::!:::!:l::l::l:::::l::!:ll
    |:::!:'l::!:':/:|:l/:/,イ!!〃':::::::/!/:/:::!::::!:':::!:l::!::::l!::::l!
    |:::::::l:!':l::ハ:l才:;ィ:!//:::::;イi::::/;イ::小:::ハ::l::lリ::i:!l:::ll
    |:i::i::!l::!://!/ィ:! !〃::/::ハ//// i:::/:::!:l::!:::;':,:l:l:!!
    |:l:::!:!l::!':/弋ト、./'/',::::!.ィ弋:フ7;イ::::!//!//.}:i::!
    !ハ:::!:!:!;' `  ̄/   ヾ! --´/ ;:::イ::!//.、j:l::!'      民衆が必要とするのはパンだよ……。
     iト::!:::l     !         /'´:/:/´〉.ノ:l:!      そして、ボクが彼らにパンを
     || l:トハ                // ´才i::!'       与えることが出来るのを示せば良いんだ……。
.     ! ヾ!ハ     ` ´          /'`T´l:l::!リ
       ヽ  、  ‐-  __ _     '  l:.:!!.l
          ヽ  、_       /   Ⅵ:!ーァ-、
               ヽ       /      才´   \
              iヽ.     ィ        .‘       \
                !: :  ̄      . イ              /ー‐、_
          .-‐、_',: : :     : i '⌒ヽ.          /    `ー、_
        /     ヾ.: : :    .: l l:.:.:.:.:.入       /    才´   `ー、     一緒になってね。
       /       i、: : : . . : :  ! !:.:./ i `ー、   / _.才´   .. -‐--ミ、
     /       /l ヽ: : : : :  // ' / / / ヽ/ //./ /         ヽ
   / _才⌒ヽ   /: : } }: : :  ノ/  /  '   /   !// /          i
 /:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:::!  l: : : : : . . . /  /     /  l     ///     -‐      !
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::)  !: : : : : : : i   !    /   !   //´     /          !
:., -― ´`ー、_::::ゝ   !: : : : : : :i    .! ___    〃   /             l




            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)     
          | U   (__人__)      ……?
             |     ` ⌒´ノ      今までのロベスピエールさんの
              |         }      主張とどう違うんです?
              ヽ        }      
            ヽ、.,__ __ノ      
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、     



515◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:33:34.77 ID:PwhZTMEo


                 ,  ´       `   、
             /              \
            /                \
              /                   ヽ
          /   /   / /           |  ∧
            '    l    / /,  -―    / /|  ∧
.           |   l |  |´/        ィ ,.l||| ∧
.           |   l |  K_  、―‐'´//|||| | トヽ
.           |    ヽ.|  | 沁tx、\‐ 彡 ´_/イ/||v|
.           |      \ V弋z^ヽヽ l  ィケアテへ,' ,' ハ|
.           |       ト\__,rッ={i≦ィ/`ソ./l/ ノ
.           || |   |   |  `      ゝ=/=イl//    まさか、民衆に蜂起を呼びかけるつもりか!?
.           || |   |  |      ´/ /  {      
.           リ |   | |  l、   ¨二 ` /  |      ロベスピエール!
          `ヽ  | |  |、> .   イ | | |      それは、真の革命家であるキミに相応しくない!
               /\| |  ヽ\ 厂\{ { | |      
            /\ ヽ|、 l | 〈| |    \  | l.|      キミには力ある演説を持っている。
       _  ´     \ 丶N 八ト、    /lVl N      その武器で議会に介入すべきだ!
       /          \  ∧└、ヽ. ムト l /      
.     /           ヽヘ ∧ l V 〉 ヽl' ー 、    
.   /                 V∧ L..j∧ヘ    \   
  /                ヽ. ヽ`ヽ.∧ヘ
. /   /               \\ V∧ヘ


          /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
          /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
         /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!   勘違いをするな……。
         !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|I    ボクは蜂起を呼びかけるつもりはない。
          i、:!:|:、N ゞヽゝ\ヾゝ :::>、ヽi:、|!:|:l
            ト、::!ハ弋心ヾ ` ヾィ赱ハj |::/lj:::!リ    議会への陳情書に、
              ヾ、          リイ:|リ      「所有権よりは人間の生存権の方が尊い」
              リヽ  _ `´ _  /イ:::I      という主張があった。
            /i"ト:l゙ 、  `二´ ./:::::, |::!
          /.:::::::::::::::::: ヽ、 _,. ':::::::::::::::::.\           ボクは各地で起きている暴動を支持しないが、
    ,  -‐¬'´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.` ー-  、     民衆の「生存権」への思いのこもった文書を見て、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\  確かに感じ取ることが出来たんだ……。
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..',
 ,'..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.',   その「生への渇望」というものの強さを!
 i :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |



516◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:35:03.92 ID:PwhZTMEo


  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:  今までのボクは自分の理想を
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:   かなえるための行動を取ってきた。
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:  だが、理想だけで民衆は付いてこない。
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.::  ボクは民衆の要求を聞き取り、
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:  その欲するものをかなえるための行動を
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:  取らなければならないことを知った!
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.
      | i.{ ∨     _                       ムヘ:..  だが、そのために非合法である
         |  \   '"´                          /   }:.  蜂起を取ることはしない。
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:.:  模索する民衆との結合手段は、
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:  革命家が共に行動を取ることだ!
               \ 辷x‐十'                    /三   /
                ヽ L__                /三



517◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:36:06.78 ID:PwhZTMEo

: : : | : : | : : : : :/: : : /: : : : : : : : : : : _, : :':´: : /   /: : : : : :/   __」: : : /: : : : : l
: : : | : :|: : : /: : ∠: :-‐: : : _: : -‐: ´_ ..  ' ´  /: : : : :∠ -‐ ¬′:〃: : : : : |
: : :|: : |: : :/: /_: :-‐:_: 二 : -‐≪´        /: : : : :_;斗孑≠テ': : :く:} : : l : :!
: : : : : : :l: :/: 厶斗¬二托恭トミ丶`ミ==-‐'/: : _.. イ廴笊{′/ : :/ヘヽ: :|: : |
: : : : : : :∨ / ∨ 、 い込{‐ワ   \  ヽ /:,  '´  / 辷_ク / :,〃: : / }: : | : :,′
: : : : :l : : ヽ{ヘ._」  丶`二ニ´ -‐    ∠:イ   __/ -‐‥ ¬'//: l: :/ /: : :|: /
\: : : ヽ: : :ト-┤                 _」___/ __7⌒ヽ     / : :レ' イ/ : /}/
: : :ヽ: : :丶 {   、            / 厶 -‐ ]┴、  }   /:_/ィ: 〃/ '′  革命家が民衆と共に行動する……
: : : :l:\ : :い   \            〉'′   /   廴'┐_厶.イ: :l:/イ
: : : :l: : :\: :\    丶、      _/      {  -‐{  ∨: } !:| :|: :|      ……蜂起という手段を捨てて。
: : : :l: : : : :l:ト- `=-     ̄ ̄ ̄          `、  `、  ∨厶{ :|: :|
: : : :|: : : : :!{                 -  , ヘ   \_ _ヽ `ヽl: :|     可能か、そんなことは?
: : : :|: : : : :い、                       '′ }  ‐ ¬  `}  \{
: : : :l: :l : : :|: :|\            _ -‐ ¬   /    }   廴 -‐ヘ
: : : :|: :| : :| |   丶、   , ⌒ヽ   '´-‐ …'´  ,〃     ,    {、      }
: : : :|: :l: : : |: :|    丶、{    ヽ -‐‥   / /    ,′  l }    ム
: : : :|: :|: : : |: :l`丶     `、   `、   /{ /    {    ∪    {  ヽ
: : : :|: :|: : : |: :ト、  \____」    ├-< /∨      }    {    |   }
: : : :|: :|: : : |: :| \  \  }      {   V  {   {  {      }     {   {






         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈      難しいだろう……。
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/        人民が欲しいのは美辞麗句じゃなく、実をともなう結果……。
      |:∧l\:{    \       /         バスティーユの時のように暴走を招いてしまうかもしれない。
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′             それでも、革命を推進させるためにも、模索していく価値はある。
.  /\.____     人_              革命を動かしたのは間違いなく、民衆の力なんだから。
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \        ボクは――血を覚悟する!
          \    \ ` ┘!  \ \



518◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:37:05.76 ID:PwhZTMEo

            / ̄ ̄\
          /   \  /
          |    ( ●)(●)     
          | U   (__人__)      ロ、ロベスピエールさん!
             |     ` ⌒´ノ     
              |         }      俺は元々、ロベスピエールさんの声を信じてここまできたんです。
              ヽ        }       自分の言葉を言葉を信じてください!
            ヽ、.,__ __ノ      どんなに血が流れようと、民衆はそれを覚悟しています!
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、     





          ____  _,.-==-- 、
     ...-‐=三ニ≧弐ニミ´三ニ=-、
   /:,::::‐:'´/::::::,イ::::::∧:`:、`:、=:ミ、`::.、
  .::'::/::,:イ,イ:/::::::/i|::::::':::: ヽ:::ヽ:::ヽ:::ヽ::::\
. /:::/::::::'::::///:i:i:::': !|i:::i:::i:i::i::\:`::、::\:\::::::、
/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八 {{ }!ヾ!::/i::: |:::: !: !
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ  }ハ. |::::|: /}:/
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'
  ::::::!:::|::l::i: '    !'                V,'/    ありがとう……ヤラナイオ。
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´
   :::::|| |!. 、                r ´        まずはジャコバン・クラブでの地位の回復だ。
     ::ll {.  \          - ― 、‐'         民衆は力ある者についてくるからね。
     :!.     ヽ          _ノ
            、        /           ジロンド派の失敗がボクに味方するだろう……!
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ


この民衆との共闘という動きは、もう一人の民衆派の大物が先に実践することになるが、
ロベスピエールのこの考えは、これ以降起きる民衆の動きを教訓として発展させていき、
最終局面へと達する。しかし、それはまだもう少し先の話である……。



519◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:39:10.42 ID:PwhZTMEo
第11話 中編終わり。

後編~8月10日~へ続く。

526◆5u6jcKSVew2009/10/10(土) 21:47:21.26 ID:PwhZTMEo
本日の出演
ヤルオ・カネクレーヨ…………やる夫
ヤラナイオ・ウッゼーナ…………やらない夫

ルイ16世…………野比のび太(ドラえもん)
マリー・アントワネット…………源しずか(ドラえもん)

ラファイエット…………ポルナレフ(ジョジョ第3部)

デュポール…………ジオンズム・ダイクン(1stガンダム)

マクシミリアン・ロベスピエール…………ライト(Death Note)
サン=ジュスト…………ティエリア(ガンダム00)
クートン…………L(Death Note)

ダントン…………大石蔵人(ひぐらし)
デムーラン…………カミーユ(Zガンダム)
マラー…………前原圭一(ひぐらし)

ブリッソー…………清原(プロ野球)
ヴェルニヨ…………中村ノリ(プロ野球)
イスナール…………ナベツネ(プロ野球)

ロラン…………マ・クベ(1stガンダム)
ロラン夫人…………キシリア(1stガンダム)

デュムーリエ…………シロッコ(Zガンダム)
ロシャンボー…………アジス・アジバ(Zガンダム)
デュロン…………ジャマイカン(Zガンダム)

フランツ2世…………フリーザ(ドラゴンボール)


やる夫がフランス革命を生き抜きます 第11話「最後の抵抗」~前編~

225仁井人 ◆NjmTle4fDw2009/09/26(土) 22:17:28.86 ID:7/qpFd60
           
           
    Λ  Λ       
   ( `・ω・´)      先生!このスレの内容はテストに出ますか!?
 _, ‐'´  \  / `ー、_   あと、お疲れ様です!
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ 
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl 
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-く
               

226◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 16:02:22.73 ID:rrNWnqUo
    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ{
 iミ}ミ{ ̄ー ̄ミ!
 }ミ{足_〒)ヽ  どうもお疲れ様でした。
  `i,J( 了´   このスレの内容は、も少ししないとテストにでないかもしれません。
    }_ノノ    恐怖政治ばかり好きなんだから……
    ヒ}ノ

          それでは、これより投下を開始します。

かしらかしらご存知かしら~。
世界を革命する物語が始まるわよ~。
かしらかしらご存知かしら~。

第11話「最後の抵抗」~前編~



227◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 16:04:43.71 ID:rrNWnqUo

――1791年8月25日。
ピルニッツ。

     _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
     , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
   /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ        
  く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|   .  
   ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \ .   この墺帝!
    ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',    さっさとフランスに攻め込んで
   \/    |-!|ー\、  \ ト、! i    兄さんと義姉さんを救うニダ!
     l:::: i:: l┬::cr ヽヽ┬crl| l
     l:::: l:: l l:::::::j |!|!|!|!|!| l::::j {!   そして、またボクに浪費をさせるニダ!
     ';:::l ト:⊂⊃‐       ‐⊂: !
      '、:ヽ:| ヽ|    (__人__) ノ
      ヽ lト、;;;;;,,,    (_( /
         l ト从 ー┐ r‐:::イ:/::/
         ヽ| Vィ´ {X}ik'´l/!'´
         アルトワ伯






     l|                                |l
     |'|                               |`|
     |-|                                 |-|
     |-‐|                            |ヽ|
      |/|                           |`ヽ|
      |/ |       _,-‐,,ii|||||||||||||||ii、-、_         |`ヽ、|
     | / `ー;‐‐;‐‐i ̄ ii|||||||||||||||||||||||||ii  ̄i--:--:--'` ヽ |
      ! /  |  | /=  i|||||  |||||||||||||||||ii   ヘ |  |  ヽ /
      ゛ー- !_!/   ||||||  ||||||||||||||||||   =i_!_!,--‐'
           ヽ, U !|||||||||||||||||||||||||||!    /     
          了 彡  ゛!!!!||||||||||||||!!!!"'`   ミヽ     (勝手にやってきて態度がデカイな……
           `ゝ.__        ̄Y ̄ U '  ,__ノ    
             | ]下ミ─-。、_|_; 。-‐≠丁 [ |       ここに呼んだのはザクセン選挙候と
             └、,キミミ`三ノ| 、三´E=メ ,-┘       プロイセン国王だけで、
                ,iヽキミ《ー‐''―‐'`E// i         アルトワ伯などお呼びではないのだが……)
            // | |  `‐、 二 ,‐´  ヘ\      
 ̄ ̄ ̄7^i⌒iー-∠_  | | \ ` ̄´/    _ヽー―i⌒i^ゝ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ノ  |  |     ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ー´ ̄ ̄ ̄ ̄`    |  | |
              レオポルト2世


228◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 16:06:39.53 ID:rrNWnqUo


           ヽ\イヽ ヽ l, - 、!|  , - 、    冫、_
          /ゝー\/  ,ヘヽ /,ヘ,  \_ ‐'/ \
      〟==ィ ̄冫 ̄゛  /  ヽ〃  ',  ヽヽ⌒ヽ  ヽ
    〃  /            |~ゝ〃~ーl ヽ     ヽ ヽ
   〃  イ           !       ! lヽ 、   ヽ ヽ
  /   イ /      ,ィ l | |       ! | ヽ l    ヽ  !
 l|   ///  l    / | 」 」 」       | / ヽ | 、  、 ヽ |
 l  // ! j  !   l ,イ´l |「 !|      ナ=-|、ハ |  |ヽヽ'
   l |  | ||  ト、 彳 ゝ=从ヾ、    ,-二- |/|ト、|  | ヽ|
.   !|  l | ヽ ヽヽ、| ィ7てうゞ l __ / ,ィ⊂ゞト、 /〉 ,/  リ
    ヽ ヽ  ト、〈 |`ト7 l、`‐'_》 リ' ̄`lj  i| ゞ´》 ゞ/ノ-、 /
.        l ゝへ',  -ニ´ / ,  ヽ  ニニ´ '´ノr^ |/    とりあえず、今回は革命に対する
           〃ヽ、ゝー---‐'  〈l   \_   _,/ヾ、〃     示威を宣言しましょう。
      , - -!|〈\`ーヽ     、― -,    ̄ /_, ィ |l、_
     ヽ、 || ヾ、>ー\    ` ´     /ゝ彡イ|| `ヽ、  私の国でも革命に理解を示す人たちがいるから、
       | ヾ、  |   `ヽ、  ´   ,.ィ ´ r '   ∥ ,  ,ゝ その波及を食い止めないとね。
     ヽ=ィ  ィ ,― '     | ` ー ' ´  ト、 `ー-、〃 ヽ〈_
       ヽ〈ヽゝ    , イ´l     / ヽ、  ノイ〉 ノ`ー ′
        ヽ    / /  l    /   / \  ヽ- '
          , -‐/  /   !  /    /   /`-、
      _, -‐'´  /  / _ |r亠ー- 、 /   /   `ヽ 、
    , イ     /  /'二,ゝ l,. --‐ ⌒ヽ   /      `ヽ、
.   /  !     / 〈 ィ´ /イ〈  _. -   ',  /  ,    , ' ´´ ヽ
  │ |   / /  ヽヽ´ イ | 〉'´  , -  ', /  /  /      |
    フリードリヒ・ヴィルヘルム2世(1744年 - 1797年)
プロイセン国王。
愛人を多く作ったことで有名。
フランス革命の中では最も出番の少ない国王の一人だが、ピルニッツ宣言があるだけましだろう。



229◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 16:07:38.26 ID:rrNWnqUo


     l|                                |l
     |'|                               |`|
     |-|                                 |-|
     |-‐|                            |ヽ|
      |/|                           |`ヽ|
      |/ |       _,-‐,,ii|||||||||||||||ii、-、_         |`ヽ、|
     | / `ー;‐‐;‐‐i ̄ ii|||||||||||||||||||||||||ii  ̄i--:--:--'` ヽ |
      ! /  |  | /=  i|||||  |||||||||||||||||ii   ヘ |  |  ヽ /
      ゛ー- !_!/   ||||||  ||||||||||||||||||   =i_!_!,--‐'
           ヽ,   !|||||||||||||||||||||||||||!    /     
          了 彡  ゛!!!!||||||||||||||!!!!"'`   ミヽ     俺の妹を虐げる革命は許せん!
           `ゝ.__        ̄Y ̄   '  ,__ノ      今すぐに国王夫妻を解放せよ!
             | ]下ミ─-。、_|_; 。-‐≠丁 [ |       俺の言うことが聞けないのなら、
             └、,キミミ`三ノ| 、三´E=メ ,-┘        欧州諸国とともに戦争を始める
                ,iヽキミ《ー‐''―‐'`E// i          用意があるぞ!!
            // | |  `‐、 二 ,‐´  ヘ\
 ̄ ̄ ̄7^i⌒iー-∠_  | | \ ` ̄´/    _ヽー―i⌒i^ゝ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ノ  |  |     ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ー´ ̄ ̄ ̄ ̄`    |  | |

8月27日。レオポルト2世とフリードリヒ・ヴィルヘルム2世は、ドイツのピルニッツにて
フランスの革命に干渉する用意があることを共同で宣言をした。
これを「ピルニッツ宣言」と言い、革命によってルイ16世一家が危険に晒された場合、
諸外国が武力介入を行う考えがあると明言された。








【補足解説・説明】

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ{   シャン・ド・マルスの虐殺と合わせて、
 iミ}ミ{ ̄ー ̄ミ!  この宣言が国王の立場を限定してしまいました……。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´   つまり、革命の推進とは相容れない存在である王の扱いを
    }_ノノ    どうするのかが今後の焦点となり、王が革命を阻むのなら、
    ヒ}ノ     最終手段に出ざるをえないという局面に移行してしまうのです。




230◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 16:10:04.18 ID:rrNWnqUo


――1791年10月1日
早朝。


            *     ______ *
 ┼                    |  議会議場  |
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ




            / ̄ ̄\
          /   \  /
          |    ( ●)(●)  つ、遂に――この日が来たな!
          | U   (__人__)
             |     ` ⌒´ノ   俺が立法議会議員だなんて、
              |         }   普通、ありえないだろう……
              ヽ        }    常識的に考えて……
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



前日に立憲議会は解散し、この日から立法議会が開催されることとなった。
なお、解散の日、バルナーヴら立憲派が退場した際にはパリ市民は無視をしたが、
ロベスピエールとペティヨンはパリ市民の祝福を受けたのだった。

231◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 16:11:50.34 ID:rrNWnqUo


         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈      何を言っているんだい。
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ       国民議会の議員が選挙に出られないとは言え、
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/        議員に当選出来たのはヤラナイオくん……
      |:∧l\:{    \       /         キミの実力だよ。
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ          
     /           ,′            
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \
  マクシミリアン・ロベスピエール







【補足解説・説明】

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  ぶっちゃけ一介の貧乏弁護士が受かる可能性は
 iミ}ミ{━ ━ミ! 国民公会ならまだしも、立法議会ではほとんどないですね。
 iミ}ミ{U ー ミ!  説明は後にするとして、これは演出と割り切ってください。



232◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 16:15:18.24 ID:rrNWnqUo


            / ̄ ̄\
          /   \  /
          |    ( ●)(●)  ロベスピエールさん……
          | U   (__人__)   ありがとうございます!
             |     ` ⌒´ノ  
              |         }   でも、俺は不安なんです。
              ヽ        }    立法議会では、俺たち民主派は
            ヽ、.,__ __ノ    第二勢力……。
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、   第一勢力のフイヤン派に立ち向かえるか……







         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈      フイヤン派……。
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ       その指導者は国民議会の頃から
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/        革命の修正にやっきだった。
      |:∧l\:{    \       /         
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ          おかげで、9月3日に可決された
     /           ,′              憲法は数々の修正が行われ、
.  /\.____     人_              王権に妥協したブルジョワ的な
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、          ものとならざるをえなかった……
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \




233◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 16:18:34.20 ID:rrNWnqUo


9月13日に国王の最終憲法案への承認を持って制定されることとなった憲法は、
後に「1791年憲法」と呼ばれ、当初の理想に反し、急進化を恐れた三頭派らの修正により、
ブルジョワに有利な憲法となっていた。


            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ ! 
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |   
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !    
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_

特にその修正に尽力をしたのが、聖職者であり、革命の指導者であったシエイエスだった。
彼は宣誓忌避僧への措置を「人権宣言」に明記された信仰の自由を侵すものとして反対し、
5月7日に可決された「宗教的寛容についての法令」を皮切りに急進を抑える姿勢を強め、
国民の選挙権については、極めてブルジョワに有利な修正を施した。



234◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 16:21:45.93 ID:rrNWnqUo


         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\      シエイエスの提案によって、全ての市民は公共心の
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\     有無によって「能動的市民」と「受動的市民」に分けられた。
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ   
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|    その公共心の有無は納税額によって定められ、
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||    多額の税金を納めていない公共心の乏しい者は
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!    政治参加能力を持たないとされている。
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´      
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈         納税額で計られた国民を「能動的市民」と
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ         「受動的市民」に区別し、選挙は「能動市民」が
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/          「選挙人」を選び、選挙人が「議員」を選ぶという、
      |:∧l\:{    \       /            普通選挙ではない制限選挙方式……。
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ        
     /           ,′
.  /\.____     人_                ……僕らの理想は敗れ去った。
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、       
          \     `ヽ ヽ、  | |   \     
          \    \ ` ┘!  \ \



235◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 16:28:15.75 ID:rrNWnqUo


              ,,/Z_
          ,//'"´::::::::::::::::Z__
         (:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠ ̄  そして、その選挙権は25歳以上の青年男子で、
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠_  3~9日の賃金に相当する直接納税をした能動市民にのみ与えられ、
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,∠  その「能動的市民」のうち、10日の賃金に相当する直接税を
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  納める者が選挙人に選ばれる資格を持ち、
       l:::::::::i、::::_ 、,,::::::::::::::::::::::::::::l/\ さらに50日の賃金に値する直接税を納めた者が
       八::::.lハtュヾ rtッ、:::::::::::::::::zヽ、   議員に選ばれる資格を持てることが出来る――
          /'i:;;:l `'´、 `'´ ゙j l'、:レヘ/
       /  " l!\ ‐=  , ソ! リ /       ――まさに選挙権は二重に制限されていますね。
      /、 ヽ   ヽ_/   丿∧
      / ゙'- \  ヽ_,, /   ヽ
  ,, -/゙/゙,゙゙!ヽ'ーヽ ヽ      ,/゙⌒`''-、l    ,! l
  |..l.!│ l `'''、   ゙ヽ \   // ,,....,   `、ヽ、,ノ、 l
  / i`'ゝ!‐゙  、 \ ヽレl'i、  lレi / /`''―ッイ  、゙!、 |
 | i    \  l  `'-./ ,゙i゙' / "゛  .、  !/   ゙L `l、
 |  i     ヽ l   , ゙ゝ、 l     l   `'''''‐- l  ゙l
  !       `'ヽ   ヽ、  i    |  !   l  \ ` /
  ヽi    \   ヽ ''-、,` { / !  !   i ヽ`'、`゙/
   ヽ l    \   ヽ  `'‐ l      ! l, i  !  }
    l, i     \  ヽ,   l.,..-'''"   l  i  〉 !
     l, i   l し\ ヽ,  !`''ー、、  l  / ノ ノ   キコキコ……
     ヽ i  i      l- /       l / __/
      ヽ, ´      l |       li゙‐'゙″
        `''ッ '"゙゛ ゙'-__ ! !  __,,,,,,,__/
          ,ノ¬- ,,_、/  ! ̄_..―ー'i.,|
          l/i'゙,i'  /´   l゙´   、.!
        ゙'`-‐ ´      l ! | .l.//








            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)  だ、誰ですか……?
          | U   (__人__)
             |     ` ⌒´ノ   突然話しかけてきて……
              |         }   
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



236◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 16:32:47.27 ID:rrNWnqUo


     ,    、_    ヽ、                        __
   / / 、,,,__,,=`"''''':='::`ヽ,         ――-、            ,'、i)  ,、,_
  "   `''ー=,:::::::::::::::::::::::::::::::)    -―――--          ,'),! i, i < )、
     ,-==:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ      __          / ノ、V´ ノ |
      ,=´::::::::::::::::::::::ノ:::/!:::7!::'!i  ,-‐‐=ニ、__`゛"'ー--、____,/  )/  / ノ   私の名前はジョルジュ・クートン。
   -=ニニ::::::::::::::::::::::::::::iリァ!i' li),:i!,i'´、   、         / /  く/   /
         ,'::::::::::::i::::i::i:!`''" `, !i| \    \        y |   ヽ   I     あなたと同じ立法議会議員ですよ。
  __  r'"i:,:、!::,,!_リ:i!  --‐ /i!l  ! \    -‐、   ,、----ヽ  丶、_ノ    よろしくお願いします。
..rヽ   ̄`''‐/ー-、 `''‐--、ー‐7、ヽ, i        \´   \\ー、ノ
  lヽ     l    \    `ー  ` ! \ ヽ フ´ ̄`):::\、 __ヽ`Y′
   lヽ    ,'     \      、\\ヽ `     ヽ´:::::::::.`'ヽ、'´
   ゙Λ    ヽ    ノi /     ヽ ', ヽ       \::::::.   \
    ゙Λ   |    >, !/::..     ', 丶 \        \:::...    丶
     ゙Λ  く   !::.ノ:::::::....    / ,、-‐''"゛´ ̄ノ       \:::..   ヽ
      ゙Λ |   l`'\:::::::_,、、-‐''´::,=‐'ヽ  ̄´         `、‐、   ', 、ヽ
       ゙∧! 、 |_,,,,-‐''´,,::::::::::::::/   \  \        ゙ヽ    i  | |
        ',ヽ  ̄`ヽ-‐''´\::::::::::::',    !\ 、\        !   丿   /
         ゙、l,、    \     ',:::::::::::',  、 丶丶\,______∠、
         ゙l i\   \   ',:::::::::::',  `_,=-‐': : : : : : : : : : : : : : : : : |
          ゙l i, \,   ,、-、 ',::::::::::::',‐'':´: : : : : : : : :______,!
          ゙l i,   `''\ \、_::::::::',: : : : :,,,,-=''''"´:::::::::::::::::::::::::,/´
              l i,  _,,,-‐''` '',//´ ̄`ニニ-'''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             ゙l゙i/´: : : : : : ://i    ゙!:::::::::::::::::::::::::::::::::::=-'''´       キコキコ……
            ゙l i,: : : :,,-‐'''§ヽ、、、\::::::::::::::::::,,=-''´
               ヽヽ/:::::::::::§:::::`''`''`''`::::::::::::::ヽ
            ジョルジュ・クートン(1755年 - 1794年)

オーヴェルニュ地方の公証人の子として生まれる。
シエイエスらと同じく彼もまた生まれつき体が弱かったが、法律の勉強を続け、
弁護士となると、無料の法律相談、病院や慈善事業などの利益擁護など、
社会奉仕に力を注ぎ、無欲で実直な性格から広く尊敬を集める。
革命当初は立憲自由主義者であったが、ヴァレンヌ逃亡事件以後、共和制へと傾いていた。

238◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 16:38:13.88 ID:rrNWnqUo

【補足解説・説明】

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  なお、下半身麻痺で車椅子生活を余儀なくされているのは、
 iミ}ミ{━ ━ミ! 糖分の取り過ぎによる糖尿病が原因ではなく、
 iミ}ミ{U ー ミ! リューマチが悪化したためです。勘違いしないように。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´   あと、キコキコは車椅子の音です。
    }_ノノ    押している人はNPCということでお願いします。
    ヒ}ノ



239◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 16:41:30.22 ID:rrNWnqUo


    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ::\::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',::::: 
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::  フランス国民は約2,600万人います。
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、   そのうち、選挙権が与えられる対象となる
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`   青年男子は約700万人ほどでしょうか……。
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',   さらにその中で選挙権を持つ能動市民は
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`   約430万人(全人口の16.3%)……
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i    そして選挙人は約5万人(全人口の0.19%)。
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!    被選挙人は……口にするだけ虚しいですね。
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ



240◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 16:45:58.64 ID:rrNWnqUo


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)  そ、そうなんです。
          | U   (__人__)   国民の大多数は、ブルジョワ的な方式によって
             |     ` ⌒´ノ   政治から排除された議会に不満をもっています。
              |         }   
              ヽ        }    俺だって、議員に当選しただけでも奇跡的なのに、
            ヽ、.,__ __ノ    とんでもない借金をしてなれたんですから……
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、







     ,    、_    ヽ、                        __
   / / 、,,,__,,=`"''''':='::`ヽ,         ――-、            ,'、i)  ,、,_
  "   `''ー=,:::::::::::::::::::::::::::::::)    -―――--          ,'),! i, i < )、
     ,-==:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ      __          / ノ、V´ ノ |
      ,=´::::::::::::::::::::::ノ:::/!:::7!::'!i  ,-‐‐=ニ、__`゛"'ー--、____,/  )/  / ノ   虚しいですよね……
   -=ニニ::::::::::::::::::::::::::::iリァ!i' li),:i!,i'´、   、         / /  く/   /
         ,'::::::::::::i::::i::i:!`''" `, !i| \    \        y |   ヽ   I     せっかく、国民が選挙に
  __  r'"i:,:、!::,,!_リ:i!  --‐ /i!l  ! \    -‐、   ,、----ヽ  丶、_ノ     参加出来るようになったのに、
..rヽ   ̄`''‐/ー-、 `''‐--、ー‐7、ヽ, i        \´   \\ー、ノ        ブルジョワしか議会に
  lヽ     l    \    `ー  ` ! \ ヽ フ´ ̄`):::\、 __ヽ`Y′       関わることが出来ないなんて……
   lヽ    ,'     \      、\\ヽ `     ヽ´:::::::::.`'ヽ、'´
   ゙Λ    ヽ    ノi /     ヽ ', ヽ       \::::::.   \
    ゙Λ   |    >, !/::..     ', 丶 \        \:::...    丶
     ゙Λ  く   !::.ノ:::::::....    / ,、-‐''"゛´ ̄ノ       \:::..   ヽ
      ゙Λ |   l`'\:::::::_,、、-‐''´::,=‐'ヽ  ̄´         `、‐、   ', 、ヽ
       ゙∧! 、 |_,,,,-‐''´,,::::::::::::::/   \  \        ゙ヽ    i  | |
        ',ヽ  ̄`ヽ-‐''´\::::::::::::',    !\ 、\        !   丿   /
         ゙、l,、    \     ',:::::::::::',  、 丶丶\,______∠、
         ゙l i\   \   ',:::::::::::',  `_,=-‐': : : : : : : : : : : : : : : : : |
          ゙l i, \,   ,、-、 ',::::::::::::',‐'':´: : : : : : : : :______,!
          ゙l i,   `''\ \、_::::::::',: : : : :,,,,-=''''"´:::::::::::::::::::::::::,/´
              l i,  _,,,-‐''` '',//´ ̄`ニニ-'''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             ゙l゙i/´: : : : : : ://i    ゙!:::::::::::::::::::::::::::::::::::=-'''´       キコキコ……
            ゙l i,: : : :,,-‐'''§ヽ、、、\::::::::::::::::::,,=-''´
               ヽヽ/:::::::::::§:::::`''`''`''`::::::::::::::ヽ




243◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 16:50:28.54 ID:rrNWnqUo


         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´   キミは自由主義者のようだが、
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈     目指す政治体制は立憲制か?
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ     それとも共和制か?
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/     
      |:∧l\:{    \       /       
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ       
     /           ,′           
.  /\.____     人_             
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、         
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \


     / ,-:::::::::::::::::::::::::::::l
     /i /:::/::::::::::::::::::::::::i
     !:i i::::/::::::::::::::::::::::::::::::|  昔は立憲制でした……
     >::ヾ::::::\::::::::丶::::::::I  しかし、今はどちらかと言えば共和制です。
    /i:::::::::::::::!,::::\:::::::::::::!,
   //::!,:::::::::!::::::!:::::::\::::::::::!,  今回の憲法によって、国王の権限が
  /::::':::::!:\:::::ヽ::::::::::::::丶:::::::::!、一応は制限されたのは喜ばしいのですが……
 /:::::!:::::::::::!'!\::::::::i\:::::::\::::::\
..,i::::::::!::::::::/=、!:::!!:::::::i, ,ァ\::::\:::::::ヽ、,,___ ___,,、=''"
..!::::!::::!::::::/r:iヾ!:i\:::i,!(:::)ヽ::::::::\\:::::::::∨::::::::::::::::::::::::\
..i::::!:::ii:!::::il ''',,ノ ヽ \i'==‐'''´ \ヽ::::\::::::::::ヽ::::::::::::::::::::ー=
 !ii::::!::::ヾ!゙゙,´       ゙       !:!:::::i::::::ヾ:::::::\::::::::::::::::::::::
 ゙!!::i!::::::::! ヽ ‐          !ii:::::i::::::::::::::::::::::',:::::::::::::\‐
  !i ヾ::::i,             i!|:::::!:::::::::::::::::::::::\::::::::::::\
   i! ゙!:::i、  F二ニ=-‐        ! !:!::!:::::ヾ::::::::::::::::::ヽー-、,,,,
   ゙!  ゙!:i゙!、              !:i/゙\::::::i-、::::::::::\
      !i ゙i、           イ゙!i゙    \i、`゛'ー、:_::\
      ゙! ゙!、      ,,、イ   !i     ヽ     ) )`
        !i'ー---‐ヾ:::::::::::   !         // |
           ゙!,、-‐'フ´/ヽ::::        /      // !
      ,-'"´  / / i"\      /      //
      ノ        ( i 、 ヽ     /     / /



245◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 16:54:24.40 ID:rrNWnqUo

【補足解説・説明】
    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ{   なお、憲法に基づき制限されることとなった国王の権限は次の通りです。
 iミ}ミ{ ̄ー ̄ミ!
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´
    }_ノノ
    ヒ}ノ

①国王は「国民の代表者」とし、歳費を貰う一官吏として規定される。
②5億リーヴルの収入があった王室の財産は、20分の1となる2,500万リーヴルと定める。
そして、その中から軍隊などの官吏を雇う費用を支出しなければならない。
ただ、所有していた資産は国王の物とし、そこから上がってくる収入は受け取ることが出来る。
③国王の拒否権(ヴェトー)は1回だけ行使出来るが、6ヶ月後に議会が再度同一決議をした場合はこれを拒否出来ない。
④国王の決定は内閣の書名を必要とする。※その内閣は議会に監視される。
⑤国王は内務、司法、陸軍、海軍、外務、国税の大臣を選任出来るが、議員の中から大臣を選任できない。
⑥国王は、議会の同意なしに宣戦布告をすることも条約に署名することも出来ない。
⑦国王は軍隊の保有を認められるが、その数は歩兵1,200人以下、騎兵600人以下に制限され、
議会開催地から12キロ以内には軍隊を駐屯させることを禁じられる。
また、親衛隊から選ぶことが出来ず、国民衛兵か原隊の兵士から選ばなければならないとされた。

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  絶対王政時代に比べれば制限はされていますけど、
 iミ}ミ{━ ━ミ! これで妥協しても悪くないと思われる内容です……。
 iミ}ミ{U ー ミ! この状況に甘んじるを良しとしなかったのが致命傷に……



246◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 16:56:29.09 ID:rrNWnqUo


               /|:::::::::::::::::::::ヽ.:.:.:.:、:.:.:.:、:.:.:.、.:.、.:.:.:.:.:.::`゛>
           /{::|:\:::::::\.:.:.:\.:.:.ヽ::.::.ヽ:.:.ヽ::::::::::.:.`゛ー- ..,__
         /:|::',:ト、::::::ヽ、:.\:.:.:.\:.:.ヽ:.:.:\.:.:.:.:.:::.:.:.:.:::.::::_;:-'´
        //:/:::|::',|::'、:::::::::\:.:\.:.:.ヽ:.:.:\:.:..\::::::::::::\、::::\
       /!::|::l::::/|:::l:ヽ:\::ヽ:.:\:.:\.:::ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:\::::::::::::\ ̄  旧体制に変わり立法・行政・司法の政治権利を
       |/l::|::|::|:ト、:::::::::、、:ヽ、:.:.:.:::::::::::::::ヽ::::.:ヽ:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:::\.   分け与えられたのが、実質、ブルジョワ層のみ
       |::|::/l::|::|r‐ヽ:::::ヽ(ヽー,―\::::::、::::::::::ヽ::.:.::::::.:::::::ヾ. ̄   というのは許せませんね。
        }//l::|:::|{(:::)ヾ、:::ヽ \!(:::) ヽ,:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、
       |/l::|::|:::|ヽ==''" \:ヽ、ヽ=='" |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::\
        / ',|::|:::|   /   `゛       |!::::::::::::::::::::::::::::ト、::ト、_` ゛`
         l::!::::ト、  '、 _         ||::::::::::::::::::::::::ト:ヽヾ| | ̄ ̄ ̄`ヽ、
         r'"´||',::::',                 |:::::/l:::::|\:::ト、ヾ | |     / / \
       /   ll ',::', 、 ーこニ=-       /!::/ ヽ:::|  ヾ、  ノ ノ  /  ,イ   ヽ、
       ,'    |  '、:, \ --       ,. '´ |;'  l ヾ、.   //     / |    l: l
      |   |!  ヽ;  ヽ       /.:    i!  /   ゛// |l      / |      | |



248◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 16:58:36.99 ID:rrNWnqUo


    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ::\::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::   政治参加への権利拡大の名の下に
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',:::::   経済自由主義が宣言されました。
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::   おかげで旧制度下の様々な経済制限は
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::   廃止されましたが、共同体の慣行に
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、   支えられていた貧農や、流通や生産の規制で
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`   保護されてきた都市民衆の生活が脅かされる
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、  ことは必然です。
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',   
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`   更にはアッシニアの下落による猛烈な
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i   インフレと相まって、民衆の生活は困窮を
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!   余儀なくされるでしょう……。
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ    



            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( 〇)(〇)  (す、すげえ見識力だ――!?
          | U   (__人__)
             |     ` ⌒´ノ   立法議会の議員は、
              |         }   こんな人ばかりなのか……?)
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



249◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:00:08.04 ID:rrNWnqUo


          ____  , ==-- 、
      _.-_=三ニ≧弐=コ'´ ̄ニ_‐ ._
   /,.-ニ‐'´/:::::〃::::∧\`ヽ=ミ、`ヽ、
.  ,.' /:,イ:::::::/;'::::::/l|:::::;';;;|\ ヽ、\`ヽ、\
  / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l;l|;'::ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ヾ ::::::}ハ:l::;:::l::/}:/
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ!         rリノ:/:::/
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´       クートンくん……。
    ::∥ {  ゙、ヽ        ‐=ユr-'         キミの素晴らしい見識と洞察、賞賛に値する。
     |    ヽ\         _ノ          どうか、ボクたちジャコバンの仲間になってくれないか?
          ヽ\      /
           ,.-‐=ニ_、   _ノ            
  .         \,イヽ、    ̄
           \ \



250◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:02:07.48 ID:rrNWnqUo


     ,    、_    ヽ、                        __
   / / 、,,,__,,=`"''''':='::`ヽ,         ――-、            ,'、i)  ,、,_
  "   `''ー=,:::::::::::::::::::::::::::::::)    -―――--          ,'),! i, i < )、
     ,-==:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ      __          / ノ、V´ ノ |
      ,=´::::::::::::::::::::::ノ:::/!:::7!::'!i  ,-‐‐=ニ、__`゛"'ー--、____,/  )/  / ノ   せっかちですね……
   -=ニニ::::::::::::::::::::::::::::iリァ!i' li),:i!,i'´、   、         / /  く/   /
         ,'::::::::::::i::::i::i:!`''" `, !i| \    \        y |   ヽ   I     立法議会はまだ始まっても
  __  r'"i:,:、!::,,!_リ:i!  --‐ /i!l  ! \    -‐、   ,、----ヽ  丶、_ノ     いないのですよ。
..rヽ   ̄`''‐/ー-、 `''‐--、ー‐7、ヽ, i        \´   \\ー、ノ       
  lヽ     l    \    `ー  ` ! \ ヽ フ´ ̄`):::\、 __ヽ`Y′       とりあえずボクは議会の
   lヽ    ,'     \      、\\ヽ `     ヽ´:::::::::.`'ヽ、'´         行く末を見定めた後、
   ゙Λ    ヽ    ノi /     ヽ ', ヽ       \::::::.   \         身の振り方を考えます。
    ゙Λ   |    >, !/::..     ', 丶 \        \:::...    丶
     ゙Λ  く   !::.ノ:::::::....    / ,、-‐''"゛´ ̄ノ       \:::..   ヽ       まあ、出会えたことも何かの
      ゙Λ |   l`'\:::::::_,、、-‐''´::,=‐'ヽ  ̄´         `、‐、   ', 、ヽ   縁ですし、貴方たちとは
       ゙∧! 、 |_,,,,-‐''´,,::::::::::::::/   \  \        ゙ヽ    i  | |   今後も仲良くしていきますよ。
        ',ヽ  ̄`ヽ-‐''´\::::::::::::',    !\ 、\        !   丿   /
         ゙、l,、    \     ',:::::::::::',  、 丶丶\,______∠、      では、初登院に行きますか……
         ゙l i\   \   ',:::::::::::',  `_,=-‐': : : : : : : : : : : : : : : : : |
          ゙l i, \,   ,、-、 ',::::::::::::',‐'':´: : : : : : : : :______,!
          ゙l i,   `''\ \、_::::::::',: : : : :,,,,-=''''"´:::::::::::::::::::::::::,/´
              l i,  _,,,-‐''` '',//´ ̄`ニニ-'''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             ゙l゙i/´: : : : : : ://i    ゙!:::::::::::::::::::::::::::::::::::=-'''´       キコキコ……
            ゙l i,: : : :,,-‐'''§ヽ、、、\::::::::::::::::::,,=-''´
               ヽヽ/:::::::::::§:::::`''`''`''`::::::::::::::ヽ



251◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:03:25.57 ID:rrNWnqUo


立法議会の議員定数は754人。
しかも、これまで活躍していた議員は再選を禁止されていたため、全てが新人議員であった。
特に大きく変わっていたのは次の点である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
      .|_;:_;:_;:_;:_;_:_;:_;:_;:_;:_;:_;:i;:_;:_;:_;:_;:_;:|
      |_;:_;:_;:_;:_;_:_;:_;:_;:_;:_;:_;:;i;:_;:_;:_;:_;:_;:;|
     |=ニニミ     , 一,   、ー、 ヾミi
    /ニ三彡ゞ,. .. `""´    `"  ,iミi
    ,i三ニ彡ラ".:   , -‐‐-'.   .: ー- 、.ヾi
    ゞ彡彡'. .:  ,ィ'で入 . '. ,ィ'で)'、 ∥
   ,r=ミニ彡 ::    `゙゙゙"´ノ.::  ',`゙゙゙"´ .|
    ii ノ,,ゞ彡 : ::.      ' ,:::   ',     .:|
   ヽ.( 〉ヾリ : : ::...   /ゝ =、_,,r`、   ::l
    ヽ "ヾリ : : : :::.. ,'   : :   i .::l
     `卅ヾi : : : .::: :  _,ィェェェュ、 :i ::i
     ' 'ヾ| ', : : .::: i 〈-‐‐rー, i i .:/
       ヽヽ: : ::: i ヽzェェェュリ :! /
       ,、.|: :ヽ: ::.. ヽ ヽニ二ノ  /
      /i |ノ: : : ヽ: :.        /
      /:ヽ\: : : : .`゙ー- 、..,,,,,,...ノ |\,,_
   _,,/::::::::ヽ \: : :. :.  ::   / ./:::::ヾヽ、_
 ノ´\::::::::::::::ヽ \: :. :  ::.  / /::::::::::::ヽ i `` ー- 、,,
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブルジョワ寄りな選挙方式により、資産を持っていたブルジョワ層出身の議員が増え、
反革命的な貴族と僧侶の議員比率は大幅に減っていた。
しかも、当選した議員のほとんどが20~30歳代の青年議員であり、
革命を推し進めようとする気運が高かった。



253◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:05:24.58 ID:rrNWnqUo


          ____  , ==-- 、
      _.-_=三ニ≧弐=コ'´ ̄ニ_‐ ._
   /,.-ニ‐'´/:::::〃::::∧\`ヽ=ミ、`ヽ、
.  ,.' /:,イ:::::::/;'::::::/l|:::::;';;;|\ ヽ、\`ヽ、\
  / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l;l|;'::ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ヾ ::::::}ハ:l::;:::l::/}:/
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ!         rリノ:/:::/
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´       ヤラナイオくん……。
    ::∥ {  ゙、ヽ        ‐=ユr-'          今回、ジャコバンの代表の一人として
     |    ヽ\         _ノ          キミに無理をさせたが、議会では
          ヽ\      /            誠意を持って頑張ってきてもらいたい。
           ,.-‐=ニ_、   _ノ            ジャコバン・クラブ本部のことはボクと
  .         \,イヽ、    ̄              サン=ジュストに任せてくれ。
           \ \




254◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:06:49.58 ID:rrNWnqUo


議会最大派閥:フイヤン派264人

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"


                |=l      ヾ,ヅ     |=|      
               r、V             Vヘ      
               |ヘl(      、 li r     )lイ|    
                |.ト| `r‐toッ‐ィ_}l_ノr toッ‐ァ゛|ノ|  
              l.ト|  " ̄´":i  ヾ" ゙̄` |ノ|
            ヾ|ヽ    { |        / |<    
              ノノll ¦  ', :L.     ¦ lト,ヽ     
           f⌒>{.ll l¦    ヾノ     ¦l l } <⌒i
          ヽr゙ |l.| ',l   ー‐--一   l/ l.| ゙tノ
            ,r'"ヾ|   ',   ====="  /  リ`ヽ、
        /   |    ',   t=   /   |   \_
__.... -‐''"  ̄     l     ヽ________/    l    /:::::::`:`ァ- ....__
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バルナーヴ派とラファイエット派に分かれ、革命への妥協もしくは大幅な後退という点では一致していたが、
国王の政治的権限の扱いに関しては対立をしていた。



255◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:07:59.56 ID:rrNWnqUo


            / ̄ ̄\
          /   \  /
          |    ( ●)(●)  わ、わかりました!
          | U   (__人__)
             |     ` ⌒´ノ   民主派の代表として
              |         }   常識的に考えられない
              ヽ        }    粉骨砕身の思いで頑張ってきます!
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



256◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:09:39.69 ID:rrNWnqUo


対立派閥:民主派136人

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|  
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.  
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |   
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `   
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|   
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ







        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  ─   ─
      |  /    -   -
       (6        \   
       │    ,,,,, ─′
        \    ̄ ̄l
        |  ヽ  ;;;;;;;;l   
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

市民的なロベスピエール派とブルジョワ的なペティヨン派に分かれるが、
ペティヨン派のグループとは別に、港湾ブルジョワの支援を受けた
ブリッソーらが勢力を増していく。



257◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:11:43.69 ID:rrNWnqUo


     ,    、_    ヽ、                        __
   / / 、,,,__,,=`"''''':='::`ヽ,         ――-、            ,'、i)  ,、,_
  "   `''ー=,:::::::::::::::::::::::::::::::)    -―――--          ,'),! i, i < )、
     ,-==:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ      __          / ノ、V´ ノ |
      ,=´::::::::::::::::::::::ノ:::/!:::7!::'!i  ,-‐‐=ニ、__`゛"'ー--、____,/  )/  / ノ  (さすがはロベスピエールくんです。
   -=ニニ::::::::::::::::::::::::::::iリァ!i' li),:i!,i'´、   、         / /  く/   /
         ,'::::::::::::i::::i::i:!`''" `, !i| \    \        y |   ヽ   I    今は力を温存し、次の選挙に向けて
  __  r'"i:,:、!::,,!_リ:i!  --‐ /i!l  ! \    -‐、   ,、----ヽ  丶、_ノ    戦いを始めようとしていますね。
..rヽ   ̄`''‐/ー-、 `''‐--、ー‐7、ヽ, i        \´   \\ー、ノ      
  lヽ     l    \    `ー  ` ! \ ヽ フ´ ̄`):::\、 __ヽ`Y′      ジャコバン・クラブ……
   lヽ    ,'     \      、\\ヽ `     ヽ´:::::::::.`'ヽ、'´        調べていたとおり面白い存在です……。)
   ゙Λ    ヽ    ノi /     ヽ ', ヽ       \::::::.   \
    ゙Λ   |    >, !/::..     ', 丶 \        \:::...    丶
     ゙Λ  く   !::.ノ:::::::....    / ,、-‐''"゛´ ̄ノ       \:::..   ヽ
      ゙Λ |   l`'\:::::::_,、、-‐''´::,=‐'ヽ  ̄´         `、‐、   ', 、ヽ
       ゙∧! 、 |_,,,,-‐''´,,::::::::::::::/   \  \        ゙ヽ    i  | |
        ',ヽ  ̄`ヽ-‐''´\::::::::::::',    !\ 、\        !   丿   /
         ゙、l,、    \     ',:::::::::::',  、 丶丶\,______∠、
         ゙l i\   \   ',:::::::::::',  `_,=-‐': : : : : : : : : : : : : : : : : |
          ゙l i, \,   ,、-、 ',::::::::::::',‐'':´: : : : : : : : :______,!
          ゙l i,   `''\ \、_::::::::',: : : : :,,,,-=''''"´:::::::::::::::::::::::::,/´
              l i,  _,,,-‐''` '',//´ ̄`ニニ-'''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             ゙l゙i/´: : : : : : ://i    ゙!:::::::::::::::::::::::::::::::::::=-'''´       キコキコ……
            ゙l i,: : : :,,-‐'''§ヽ、、、\::::::::::::::::::,,=-''´
               ヽヽ/:::::::::::§:::::`''`''`''`::::::::::::::ヽ



258◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:13:39.69 ID:rrNWnqUo


その他:中間派350人

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   , ‐'´ _                         _`‐、
 ∠ -‐'' /     l||   l||      l|l    ||l      `‐、 ̄
    , '   l||          l|l  ,    l|l           ヽ
.    /      l||    l||   ,ィ  /l/|       ||l    、ヽ
   /   l||      ,イ ./!  / |  /  | lll ト、  ||l    |l  l\!
.  ,' ,.イ    l||   / l ll/ l |l/ | ll/   l  | l     ||l     |
 / | lll  /|   / | / | /  | /    ヽl !.ヽト、      ||
.    |  / :l lll /─|/‐-l/、 l/   ,. -─ヽ!ー` ヽ |ll  |ll |
   l ll /  | r:、 /         `    '´          ヽ  ,r‐、 |
   ! ./  |/| |ll|.====。==    ==。==== |l|l|'-、 l !
   |/    | | |  ` ー--‐ ' | :   ー--‐ ' ´   | !` i | ||
           | | !          ::| :          | .|ヽl l !      ここが立法議会か……。
       /l |l|       :::| :          |ll!_ノ.,' !\
      /  `i|         r_::| : _,         :| |_ノ ,'  \ 
    _, イ       ヽ   、     ー'       ,   ,|,! ll ,'    ト
-‐' ´  .|        ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:|  /       !
  -‐' ´|         |;;ヽ     ___     ./:: :| l /       :|
.     |        |;;;;;;;\    ̄ ̄    /:::  │/       |
     |        !;;::::::::::\       ./::::     |/         :|
.     |          l;:::::::::::::::::\    /:::::       |         |
    |         :|:::::::::::::::::::::::`ー:'::::::       |           |
.    |            |::::::::::::::::::::::::::          |            !
    |            |:::::::::::::             |         |
.   |      _,.. -‐' ヽ               | `` ‐- 、.     |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                ラザール・ニコラ・カルノー(1753年 - 1823年)
ブルゴーニュ地方の旧家に生まれる。
父は弁護士であり、裕福なブルジョワに組していたが、兄弟が18人もいたために貧しい青春時代を送る。
入学した工兵将校養成学校で優れた数学の才能を発揮し、卒業後には技術将校となるが、
恋愛関係のもつれから暴行騒ぎを起こし、上官から理不尽な尋問を受けたことが
革命への傾倒へとつながっていき、革命を推進させる立法議会議員となる。
数学だけではなく科学・文学に通じる秀才であり、なおかつ、組織運営能力に長けていた。


259◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:15:31.10 ID:rrNWnqUo


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              /;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;\;;;;;;;;;;;;;;|
               l;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;j;;;_;;;;/ |;;;;;;;;;/|ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
                l;;;;;;;';l;;;;;;;;//.l;;/,/ .l/  |// │ ヾヽ\i\;;;;;;;;;;;;;|
               |;;-i;;;;;/i/   i'    '   ' '    `    i;;;;;r-ヾ
               i/_,ヾ;;l j                    i |;;/ - |   ああ……
                 i  ヾ、 -=、,,____ ヽ, / ___,,r==-  ,イ ,/ |
                丶ヽ i;r、 ,,r'':::::::::::::::ヾ__,、,_ir ':::::::::::::::::ヽ_/,liri' /    間違いない……
                   `j、 l;l ゙ii::::::::::::::,; -メ‐、 ヽ::::::::::::::::::::ノ  ,irメ /
                  /:lトヾ,, ヾ--./ / ./ヽ, `──‐‐´ ,r/l_/::::\
                /:::::|iiilヾヽ,_/ , '  /  i          !;i liiil::::::::::\ _
               _, -/´:::::::lr'ヽjl´   ,, '  ./  / _,-`       j;トjiii/:::::.:.::.:.:.:.|:ヽ_
        _, - '´.:.:.:.:|::::::::::::| /  ,i´  /  ,i_''_, _ ,-、  ,_j;;i //:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.\_
   _ , -─'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゞ::::::::::| /  /  /   /   _/ ,/,,,j';;/ 〃::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.::.:ヽ-、_ 
-‐'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::ヾ::::::/  /  /   /  フ´   /-'_;/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ,,_
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::/     /  ,ト -/  /;;;;;;rl, イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/         /;/  /;;;;; i,,-´ |::::::::::::::::::::::::::::::::: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              ピエール・ジョゼフ・カンボン(1756年 - 1820年)
南フランスのモンペリエの裕福な綿貿易商の家に生まれる。
初めは家業を手伝っていたが、実直な性格から自由主義の思想に共感すると、
店を兄弟に任せ、革命推進を目指す立法議会の議員となる。


彼らはフイヤン・民主どちらにも属しなかったが、ブルジョワ出身者が多く、
保守派と野心的な革命推進派が混在し、時勢を見て、有利な勢力へ加勢をするようになる。



261◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:18:12.08 ID:rrNWnqUo


【補足解説・説明】
    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ{   立法議会は3日までに、ルイ16世の指名によって6人の国務大臣が任命されました。
 iミ}ミ{ ̄ー ̄ミ!  先にも書きましたが、大臣の資格は議員以外の人間であることが条件だったので、
 }ミ{足_〒)ヽ   議員の中からは選ばれない方針となります。
  `i,J( 了´   ここら辺は資料を調べる時は気をつけないといけない点ですね。
    }_ノノ
    ヒ}ノ






          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ 
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /::::::::::(●)ヘl 〉
     ヽ   | /::::(__人__):::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.`_⌒´__,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ




    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  なお、議会の開催を記念して、宣誓忌避僧と徒刑囚に対する恩赦が行われ、
 iミ}ミ{━ ━ミ! 宣誓忌避僧には年金を。服役していた徒刑囚は自宅へと帰されたのでした。
 iミ}ミ{U ー ミ! ジャン・ヴァルジャン……惜しいな。



262◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:20:03.20 ID:rrNWnqUo


1791年10月中旬。
――立法議会。


     ,..:;;;;;;;;;;;;;;;:::,
   ./;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
   /;;;;;;;;'''''''''''''''V''''''''';
  |;;;;;;;;」        !
  |;;;;;;|   ━、 , ━ i   オイ、お前ら!
  i 、'||  <・> < ・> |   民衆は革命の後退を恐れとる!
  '; ' |]     ' i,.
  ノーi ::::::   ._`ー'゙ ..!   ワシのだんじり演説で革命を
イ i  ゙t:::::::、'、v三ツ::;'   推進しちゃるで!
   !.  ヽ,.:::::゙::::::::::::/ヽ、
   ヽ、  ':.、:::;;;;:/ |  ゙ヽ、
     \___ ノ.    ゙ヽ
ジャック・ピエール・ブリッソー(1754年 - 1793年)
ジロンド派の番長。
パリ近郊のシャルトルの飲食店の家に生まれる。
弁護士をしながら文筆家として活動していたが、過激な内容の文を書いたためバスティーユに投獄される。
多くの扇動家を雇うオルレアン公に拾われた後、ロラン夫人のサロンに出入りをして派閥を形成。
王党派に「第二のミラボー」と警戒されながらも見事当選して立法議会議員となる。



263◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:21:59.48 ID:rrNWnqUo


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)   ブ、ブリッソーさん!?
          | U   (__人__)   
             |     ` ⌒´ノ   ジャコバン・クラブに入会しておきながら
              |         }    ほとんど見ないと思っていたら、議員になっていたのか……
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、







     / ,-:::::::::::::::::::::::::::::l
     /i /:::/::::::::::::::::::::::::i
     !:i i::::/::::::::::::::::::::::::::::::|  アレがブリッソーさんですか……
     >::ヾ::::::\::::::::丶::::::::I  ロラン夫人のサロンでヴェルニヨとともに
    /i:::::::::::::::!,::::\:::::::::::::!,  大きな顔をしていると聞きます。
   //::!,:::::::::!::::::!:::::::\::::::::::!, 
  /::::':::::!:\:::::ヽ::::::::::::::丶:::::::::!、 確かに第二のミラボーと呼ばれるように雄弁ではありますが、
 /:::::!:::::::::::!'!\::::::::i\:::::::\::::::\ ちょっと品がありませんね……
..,i::::::::!::::::::/=、!:::!!:::::::i, ,ァ\::::\:::::::ヽ、,,___ ___,,、=''"
..!::::!::::!::::::/r:iヾ!:i\:::i,!(:::)ヽ::::::::\\:::::::::∨::::::::::::::::::::::::\
..i::::!:::ii:!::::il ''',,ノ ヽ \i'==‐'''´ \ヽ::::\::::::::::ヽ::::::::::::::::::::ー=
 !ii::::!::::ヾ!゙゙,´       ゙       !:!:::::i::::::ヾ:::::::\::::::::::::::::::::::
 ゙!!::i!::::::::! ヽ ‐          !ii:::::i::::::::::::::::::::::',:::::::::::::\‐
  !i ヾ::::i,             i!|:::::!:::::::::::::::::::::::\::::::::::::\
   i! ゙!:::i、  F二ニ=-‐        ! !:!::!:::::ヾ::::::::::::::::::ヽー-、,,,,
   ゙!  ゙!:i゙!、              !:i/゙\::::::i-、::::::::::\
      !i ゙i、           イ゙!i゙    \i、`゛'ー、:_::\
      ゙! ゙!、      ,,、イ   !i     ヽ     ) )`
        !i'ー---‐ヾ:::::::::::   !         // |
           ゙!,、-‐'フ´/ヽ::::        /      // !
      ,-'"´  / / i"\      /      //
      ノ        ( i 、 ヽ     /     / /




265◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:23:55.70 ID:rrNWnqUo


    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ::\::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',::::: 
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::  ヤラナイオくん。
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::  この立法議会はジャコバン対フイヤン
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、   では言い表せません。
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`   
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、   フイヤン派がバルナーヴとラファイエット
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',   の二派に分かれているように、
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`   ジャコバンもロベスピエール派と
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i   ペティヨン派、そしてブリッソー派に
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!    分かれています。
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ    








            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          | U   (__人__)      そ、そんな……
             |     ` ⌒´ノ
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



266◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:26:13.37 ID:rrNWnqUo


               /|:::::::::::::::::::::ヽ.:.:.:.:、:.:.:.:、:.:.:.、.:.、.:.:.:.:.:.::`゛>
           /{::|:\:::::::\.:.:.:\.:.:.ヽ::.::.ヽ:.:.ヽ::::::::::.:.`゛ー- ..,__
         /:|::',:ト、::::::ヽ、:.\:.:.:.\:.:.ヽ:.:.:\.:.:.:.:.:::.:.:.:.:::.::::_;:-'´
        //:/:::|::',|::'、:::::::::\:.:\.:.:.ヽ:.:.:\:.:..\::::::::::::\、::::\
       /!::|::l::::/|:::l:ヽ:\::ヽ:.:\:.:\.:::ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:\::::::::::::\ ̄   ブリッソー派は、民主的なジャコバン・クラブでは
       |/l::|::|::|:ト、:::::::::、、:ヽ、:.:.:.:::::::::::::::ヽ::::.:ヽ:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:::\.    一線を画しています。
       |::|::/l::|::|r‐ヽ:::::ヽ(ヽー,―\::::::、::::::::::ヽ::.:.::::::.:::::::ヾ. ̄    彼らは経済の発展が革命の推進につながると
        }//l::|:::|{(:::)ヾ、:::ヽ \!(:::) ヽ,:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、   盲信をし、その意向を無視するでしょう。
       |/l::|::|:::|ヽ==''" \:ヽ、ヽ=='" |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::\  自らの利益のみを追求する彼らの意見が強くなると
        / ',|::|:::|   /   `゛       |!::::::::::::::::::::::::::::ト、::ト、_` ゛` 
         l::!::::ト、  '、 _         ||::::::::::::::::::::::::ト:ヽヾ| | ̄ ̄ ̄`ヽ、    危険な存在となりますね……
         r'"´||',::::',                 |:::::/l:::::|\:::ト、ヾ | |     / / \
       /   ll ',::', 、 ーこニ=-       /!::/ ヽ:::|  ヾ、  ノ ノ  /  ,イ   ヽ、
       ,'    |  '、:, \ --       ,. '´ |;'  l ヾ、.   //     / |    l: l
      |   |!  ヽ;  ヽ       /.:    i!  /   ゛// |l      / |      | |



267◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:28:12.37 ID:rrNWnqUo

     ,..:;;;;;;;;;;;;;;;:::,
   ./;::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
   /;;;;;;;;''''''''''''V''''''''';
  |;;;;;;;;」        !
  |;;;;;;|   ━、  ,━ i   それに民衆は外国人が攻め込んで来るのも恐れておるな……
  i 、'||   ⌒   ⌒ |  
  '; ' |]     ' i,.   |  安心せい!
  ノーi ::::::   ._`ー'゙ ..!   ワシらに任せれば、外国の軍隊なんぞ蹴散らしてやるわい!
イ i  ゙t:::::::、'、 三ツ::;'    そしたら、亡命者も気楽に家に帰れるで!
   !.  ヽ,.:::::゙::::::::::::/ヽ
   ヽ、  ':.、:::;;;;:/ |  ゙ヽ、
     \___ ノ.    ゙ヽ



268◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:29:32.11 ID:rrNWnqUo


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \       ――!?
          |    ( ●)(●)     
          | U   (__人__)      そ、そう言えば、ブリッソーさんたちは
             |     ` ⌒´ノ      金の羽振りがよかったけど、
              |         }      もしかしたら、そのお金の出所は……
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、







    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ::\::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',::::: 
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::  恐らくは亡命してきた外国人が
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::  スポンサーなのでしょう……
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、  
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`   金融の中心であるネーデルラント地方でも
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、   革命運動は行われています。
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',   
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`   戦争に前向きなのも、彼らの帰国という
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i   意向が働いているというわけです。
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!   
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ    



270◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:30:43.84 ID:rrNWnqUo


――議会傍聴席。


                |=l      ヾ,ヅ     |=|      
               r、V             Vヘ      
               |ヘl(      、 li r     )lイ|    
                |.ト| `r‐toッ‐ィ_}l_ノr toッ‐ァ゛|ノ|    (良いぞ……
              l.ト|  " ̄´":i  ヾ" ゙̄` |ノ|     奴らの思惑がどうなのかは関係ない。
            ヾ|ヽ    { |        / |<    
              ノノll ¦  ', :L.     ¦ lト,ヽ    今は戦争を起こすことが大事だ……!)
           f⌒>{.ll l¦    ヾノ     ¦l l } <⌒i
          ヽr゙ |l.| ',l   ー‐--一   l/ l.| ゙tノ
            ,r'"ヾ|   ',   ====="  /  リ`ヽ、
        /   |    ',   t=   /   |   \_
__.... -‐''"  ̄     l     ヽ________/    l    /:::::::`:`ァ- ....__
                ラファイエット
「シャン・ド・マルスの虐殺」が共和派の激しい非難を呼び、国民軍司令官の職を辞していたが、
軍部への影響力を生かし、開戦方針を利用してフイヤン派の主導権をバルナーヴから奪おうとしていた。

271◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:33:34.68 ID:rrNWnqUo


              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i' U    _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,   (革命の沈静化を図ろうという時期に
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!    無謀な戦争をしかけるなど愚かなことを……!)
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"
              バルナーヴ
実現可能な範囲で憲法を修正したが、既存ブルジョワを優先した内容のため、
民衆だけではなく、更なる革命を望むブルジョワの支持も失っていた。
また、信頼を受けていたはずの国王一家からも、王権の制限が思った以上に
強いものであったため、その信頼も失いつつあった。



272◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:35:46.91 ID:rrNWnqUo


――再び議員席。


    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ::\::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',::::: 
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::  キミの考えはどうです?
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::  ロベスピエール派の意見を聞きたいですね?
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、  
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`   
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、  
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',   
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`  
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i   
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!   
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ    







            / ̄ ̄\
          /   \  /
          |    ( ●)(●)  お、俺の――!?
          | U   (__人__)
             |     ` ⌒´ノ   そ、そりゃ、もちろん、革命を推進し、
              |         }   共和国を樹立させるためには、
              ヽ        }    国内の政治統一が重要だ!
            ヽ、.,__ __ノ    今は戦争なんかしている場合じゃない!
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



273◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:37:09.18 ID:rrNWnqUo


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)     
          | U   (__人__)      それに戦争なんか始めたら、
             |     ` ⌒´ノ      ただでさえ物価高の現状が
              |         }      ますます酷いものになる……
              ヽ        }      これ以上、民衆の生活を
            ヽ、.,__ __ノ      圧迫させるわけにはいかないぜ……
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、


※つい一ヶ月前にもパンは10スー値上がりをしていた。





     / ,-:::::::::::::::::::::::::::::l
     /i /:::/::::::::::::::::::::::::i
     !:i i::::/::::::::::::::::::::::::::::::|  その通りです!
     >::ヾ::::::\::::::::丶::::::::I  戦争回避こそ、今、取るべき道。
    /i:::::::::::::::!,::::\:::::::::::::!,  勝っても負けても、戦争で得をするのは国王のみです。
   //::!,:::::::::!::::::!:::::::\::::::::::!, 
  /::::':::::!:\:::::ヽ::::::::::::::丶:::::::::!、しかし、それを理解している議員がどれだけいるか……
 /:::::!:::::::::::!'!\::::::::i\:::::::\::::::\
..,i::::::::!::::::::/=、!:::!!:::::::i, ,ァ\::::\:::::::ヽ、,,___ ___,,、=''"
..!::::!::::!::::::/r:iヾ!:i\:::i,!(:::)ヽ::::::::\\:::::::::∨::::::::::::::::::::::::\
..i::::!:::ii:!::::il ''',,ノ ヽ \i'==‐'''´ \ヽ::::\::::::::::ヽ::::::::::::::::::::ー=
 !ii::::!::::ヾ!゙゙,´       ゙       !:!:::::i::::::ヾ:::::::\::::::::::::::::::::::
 ゙!!::i!::::::::! ヽ ‐          !ii:::::i::::::::::::::::::::::',:::::::::::::\‐
  !i ヾ::::i,             i!|:::::!:::::::::::::::::::::::\::::::::::::\
   i! ゙!:::i、  F二ニ=-‐        ! !:!::!:::::ヾ::::::::::::::::::ヽー-、,,,,
   ゙!  ゙!:i゙!、              !:i/゙\::::::i-、::::::::::\
      !i ゙i、           イ゙!i゙    \i、`゛'ー、:_::\
      ゙! ゙!、      ,,、イ   !i     ヽ     ) )`
        !i'ー---‐ヾ:::::::::::   !         // |
           ゙!,、-‐'フ´/ヽ::::        /      // !
      ,-'"´  / / i"\      /      //
      ノ        ( i 、 ヽ     /     / /



275◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:39:17.52 ID:rrNWnqUo


     ,..:;;;;;;;;;;;;;;;:::,
   ./;::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
   /;;;;;;;;''''''''''''V''''''''';
  |;;;;;;;;」        !
  |;;;;;;|   ━、  ,━ i   政治不安も経済の混乱も、戦争によって一気に解決じゃ!
  i 、'||   ⌒   ⌒ |  
  '; ' |]     ' i,.   |  お前ら、ワシの演説どうやった?
  ノーi ::::::   ._`ー'゙ ..!   おもろかったやろ?
イ i  ゙t:::::::、'、 三ツ::;'    おもろかったら、ワシに付いて来いやー!
   !.  ヽ,.:::::゙::::::::::::/ヽ
   ヽ、  ':.、:::;;;;:/ |  ゙ヽ、
     \___ ノ.    ゙ヽ




276◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:41:07.72 ID:rrNWnqUo


――議会傍聴席。


      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _) 戦争で 解決だ~!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/ 
         パリ市民A


278◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:42:36.35 ID:rrNWnqUo


     ┏━━━┓                               ┏┓┏┓
     ┃┏━┓┃                               ┃┃┃┃  ////////
 \   ┗┛  ┃┃┏━━━━━━━━━━━━━┓┏┳┓┏┓  ┃┃┃┃   /////
\\\    ┏┛┃┗━━━━━━━━━━━━━┛┗┻┛┃┃  ┃┃┃┃   //////
\\\  ┏┛┏┛                         .┏┛┃  ┣┫┣┫ ///////
\\\  ┗━┛                          .┗━┛  ┗┛┗┛ ///////
\\\\                                           ////////
\\\  ∧ ∧      ∧ ∧    ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧   //////
\\  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ///////
\  ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧  ////
 ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ////
(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ )) ///
   <  >     <  >     <  >     <  >     <  >     <  >     <  >     //




         ∧ ∧
       ヽ(・∀ ・)ノ <戦争だー!
       (( ノ(  )ヽ ))  一心不乱の大戦争だー!
         <  >






         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´   (戦争……。
     Ⅵ: l:::::`爪|    U       〈    
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ     日々の生活に喘ぐ民衆すら戦争を望むか……。
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/      この熱狂をどう抑えれば良いのか……)
      |:∧l\:{    \       /       
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ       
     /           ,′           
.  /\.____     人_             
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、         
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \

279◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:45:02.21 ID:rrNWnqUo


――別席の議会傍聴席。


       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \  立法議会……
   .|   (ー)  (ー) .  |  気になって来てみたけど、
    \    (__人__) .  /  今のヤルオには……関係ないみたいだお……
     /    `⌒´    ヽ  ダントンさんたちもいないし……
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ



280◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:46:52.95 ID:rrNWnqUo


          ____
        /      \
       / ─    ─ \   
     /   (●)  (●)  \   
     |      (__人__)     |   でも、ヤラナイオ……
      \     ` ⌒´    ,/   ついに議員さんになったんだな……
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |   



        ___
      /      \
   /          \    それだけは嬉しいんだお!
  /   ⌒   ⌒   \   後で会いに行くお……
  |  /// (__人__) ///  |
  \              /



281◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:48:23.48 ID:rrNWnqUo


           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \
    / (●)  (●)    \   それよりも、さっきから隣にいる人たちが気になるお……
     |   (__人__)    u.   |    何だか、すごいプレッシャーが感じられるお……!
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ



283◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:49:52.36 ID:rrNWnqUo


     ∥     ∥
     ∥/ ̄ ̄ | |-
     |│ ∧  | | ヽ
    /|│  | ||  | |  ヽ
    / |│  | ||_|  |    ヽ
   / \ ̄| ||  /    ヽ
  /   \| ||/  ヽ    ヽ
  |     ∨          ヽ
  | /二_\ /二二ヽ     |   ――相変わらず品のないな、あの男は。
  │|=|`ー゚-'__`ー゚-' |=ヽ   |   演説も粗野で聴くに耐えないが、逆にあの雑さが
   | ||=| __/:::::ヽ__ノ|==ヽ  |   議員や民衆の心を捕らえたようだ。
    |:ヾ ヽ:::::::丶::::::::::: |==|  /
   \::ヾ\:::::::::::::: /:ヾノ||/   まず、我々の計画の第一歩は成功だな。
       ヽ\::::::/:::: :|丿
        |:  ̄ :::::: :|








         ,.-'""゙゙ ‐'´ ̄ ̄`ヽ
       /           .\
      /        _     \
.     r'  ,.r‐'"/ ,r'"´  ヽ      ヽ
    /   j  〈. ヽ    L_      .|
    j  i´   `i 〉    `ー、    .|
.    |  |     V       j    |
    |  !.´,Ξ=,r'  ニ=,_ ./    |
.    |   l `ニ´,';   `ニ´ (     ,!
    \  !、   : j      ,.j.    /
      7 ゙;   `r-゙    / ,.!   〈   そうですね……。
      ゝ .l   __ __.   ,.J   ノ
      \ .!、  `ニ´   ゝ‐'  /    ですが、マノン。
       く ヽ       ヒ  ノ    ブリッソー程度の男が、
        `ー`Tー-‐'"   `T´      あの場で大口を叩けるのも、
          ,.!、_ _,...._,.-l゙l      あなたの助言のおかげですよ……。
          lフ,.-、 !、,.==,.J、l
          //  :、 Ξヨ ,.ト、
         / ∧ l ;. ‐フ/   `ー
.        / / ;./; l`ー'
        `y  l_H_/
        〈   |
.         \_ /



284◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:51:57.12 ID:rrNWnqUo


     ∥     ∥
     ∥/ ̄ ̄ | |-
     |│ ∧  | | ヽ
    /|│  | ||  | |  ヽ
    / |│  | ||_|  |    ヽ
   / \ ̄| ||  /    ヽ
  /   \| ||/  ヽ    ヽ
  |     ∨          ヽ
  | /二_\ /二二ヽ     |
  │|=|`ー゚-'__`ー゚-' |=ヽ   |   いずれは、ロラン……
   | ||=| __/:::::ヽ__ノ|==ヽ  |   貴方は政府の中心に進出し、
    |:ヾ ヽ:::::::丶::::::::::: |==|  /   我々が政府の実権を握るのです……!
   \::ヾ\:::::::::::::: /:ヾノ||/   
       ヽ\::::::/:::: :|丿
        |:  ̄ :::::: :|
ジャヌ・マノン・フィリポン・ロラン(1754年 - 1793年)
ジロンド派の女王と呼ばれた才女。通称ロラン夫人。
パリの彫刻家の娘に生まれるが、子供の頃から知識探究心旺盛であり、
ルソーの「新エロイーズ」など啓蒙派の書物やプルタルコスの「英雄伝」
といった歴史書を愛読し、哲学、歴史、文学、芸術に通じていた。
父の反対を押し切って20歳も年上で工業監督官の要職についていたロランと結婚。
その豊富な知識で夫を助けながら、サロンを開いて民主派の人間と交わっていた。



286◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:53:01.51 ID:rrNWnqUo


         ,.-'""゙゙ ‐'´ ̄ ̄`ヽ
       /           .\
      /        _     \
.     r'  ,.r‐'"/ ,r'"´  ヽ      ヽ
    /   j  〈. ヽ    L_      .|
    j  i´   `i 〉    `ー、    .|
.    |  |     V       j    |
    |  !.´,Ξ=,r'  ニ=,_ ./    |
.    |   l `ニ´,';   `ニ´ (     ,!
    \  !、   : j      ,.j.    /
      7 ゙;   `r-゙    / ,.!   〈   ふふふ……。
      ゝ .l   __ __.   ,.J   ノ
      \ .!、  `ニ´   ゝ‐'  /    政府の要職……
       く ヽ       ヒ  ノ    アレは良いものだ……
        `ー`Tー-‐'"   `T´     
          ,.!、_ _,...._,.-l゙l     
          lフ,.-、 !、,.==,.J、l
          //  :、 Ξヨ ,.ト、
         / ∧ l ;. ‐フ/   `ー
.        / / ;./; l`ー'
        `y  l_H_/
        〈   |
.         \_ /
ジャン=マリ・ロラン・ド・ラ・ブラチエール(1734年 - 1793年)
ロラン夫人の夫。
フランス南東部ローヌの裕福な貴族の家に生まれる。
幼い頃から勉学に励み、聖職者になることを望んだ親の反対を
押し切って工業系の技術者となり、工業監督官として殖産興業を推し進めた。
やがて、その人柄と知識を愛した妻と歳の差カップルとなり結婚をする。



287◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:54:47.04 ID:rrNWnqUo


   !     ┌ ~ ⌒ ヽ
   .!     !       `)
   !     .!        (
  ヽ    ..!        丶
   ヽ   .l          `~ - ,
    )   !              ヽ
   ζ   !              /         (     ですが、マノン……問題はその政府です。
    ヽ    ヽ.  , _,.-::::'''~~`    l           )
    丶    !__! /~`=ニ''~      !,         <     いまだに宮廷は憲法を快いものとは
      ` ' ⌒)丿i            t┐        >    見ていませんね……。
         ('. 丶          / .l        ノ
         `  `,         i ._ノ      _ノ     議会への影響力を失うであろうバルナーヴを
             i ア        ヽ___.,:-__/       いつまで国王夫妻が信用しますか……
              '-^ヾ  ___,,     | | //
                └i`'~__,.    ノ ./ /
                 ~ii~~    /_/ / /^l
                  i    ν __( (  l
                   ~ -- ~ | /ノ| l  l.  l
                      // i!l l /  l /
                     /`/, i' l `'  / //
                    /' i.i  i  l  ./ //






        . /        |.|.|   .|  .|  |  ヽ|| |
        ./        .| | |   ,|  |  |  `|| .|
        .|        | .|`ヽ--メ.,. .|   |_,.. +| .|
        |        .|  `丶--,,| |   |_,..- ' .|
       . |         ト.,,_    / .|   |  _/
       .|          ´`ヽ-y  `i  /|./'  |
      . /              .ヽ  V /   |
      /         /⌒\   \. //    |
     ./        /....,,__   \   ソ _,.-ナ'ヽ.|
     /        //-;-=t_ァミ;,. ._ \_.∠,;‐-/ ノ.ヽ
    ./      . /,,ノ  ` ‐- .'´  ' /ゝ`'´`ソ ノ.;. |      それがチャンスなのだ……!
  . /       / ;'.ノ         |   /ノ.ソ ./      国王夫妻は戦争を望む。
  /      ./´ _ノ, ヽ.        |  ノ 丿 /       革命の失敗を狙ってな……
 ./   _,,.. ;''_,,,..-'''' .ソ         -., '  ./.,;'ノ ./
../.,.,.-'´  ヽ  _/./ .ヽ..     ::;-‐ァ  / .ノ /        諸外国の動きが鈍い今――
.(.._      ´'-';,,ノ.,_  \     `,~  / '  /         こちらの開戦意志に便乗するだろう……
. .´''- .,,__     /  `ヽ-,,,_ヽ . _._   ,.' . /           我々もそれを利用させてもらう!
      `丶--./     ._ソソ´  `ヽ'_ /
         ./    .r' ./     .`ソ.'ヽ
       __ノ´     .| .'         .|
 ---‐‐''''´´       |         .ノ`‐---

288◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:56:43.76 ID:rrNWnqUo


       / ̄ ̄ ̄ \
      /   \ , , /\
    /U   (○)  (○) \  う、嘘だお!
     |       (__人__)   |  お、王様が戦争を望んでいるなんて嘘だお!!
      \      ` ⌒ ´  ,/  お前らが勝手に妄想しているだけだお!!!
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ 
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |



289◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:57:38.60 ID:rrNWnqUo


|___|  |  |ー――
 /    |ヽ/ /
 |    \/    /\
 |   /\    /    \
| / / へ\/  /^ヽ ζ\
/ζヘ __(( ∠__  ζ 
|/;;ζ / ゚ー´,へ、゚ー-‐´/ζ   何だ、このハイジの白パンは?
||;;;ζ |\/ノ  `\/   ζ   ペーターの置忘れか。
||;;;;;ζ|  く          
 ||;;;;;;ζ|           |    ロラン、つまみ出して頂戴……
∧;;;;;;ζ|          /
\\;;;;; ヘ        /  /
  \   ヘ      /
    \  ヘ__/
          |







         ,.-'""゙゙ ‐'´ ̄ ̄`ヽ
       /           .\
      /        _     \
.     r'  ,.r‐'"/ ,r'"´  ヽ      ヽ
    /   j  〈. ヽ    L_      .|
    j  i´   `i 〉    `ー、    .|
.    |  |     V       j    |
    |  !.´,Ξ=,r'  ニ=,_ ./    |
.    |   l `ニ´,';   `ニ´ (     ,!
    \  !、   : j      ,.j.    /
      7 ゙;   `r-゙    / ,.!   〈   キミ……すまないが、マノンは不細工な男が嫌いだ。
      ゝ .l   __ __.   ,.J   ノ
      \ .!、  `ニ´   ゝ‐'  /    議会を見に来るにしても、
       く ヽ       ヒ  ノ    もう少し自分の容姿に自信をつけてから来たまえ。
        `ー`Tー-‐'"   `T´     
          ,.!、_ _,...._,.-l゙l     
          lフ,.-、 !、,.==,.J、l
          //  :、 Ξヨ ,.ト、
         / ∧ l ;. ‐フ/   `ー
.        / / ;./; l`ー'
        `y  l_H_/
        〈   |
.         \_ /



290◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 17:59:37.63 ID:rrNWnqUo

       ____
     /      \
   / ─    ─ \    な、何を言っているお……
  / -=・=-   -=・=- \  議会に容姿は関係ないお!
  |      (__人__)  U  |  そっちこそ、24歳――じゃなくて、37歳に見えないお……
  \     ` ⌒´     /  紫ババアがこんなトコにくるんじゃないお!



291◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:00:54.38 ID:rrNWnqUo


           /        ゙i,::::::::::::::,r'     \
        /    ,,、r''~i、 i,:::::::: ,i"  _,、-''' /
          /    /     ゙:、 i;:::,r",、-'"     \
       /  /;;l::' 、,.r- 、:,ヽ,'r''" ,r,r'",.r''' /
        /'"/;;;;;;;;l '''i  () ヽj、,,r--、-<_  \  ババア!?
     /,/;;;;;;;;;;;;;l、 ヽ-‐'''ソ,r"`ヽ、'':::.... ` /
      ll';;;;;;;;;;;;;;;;;;;,!l,    ''",:':/:::::::::::ヽ.  ''  \  この美しき私がババア!?
     l|;;;;;;;;;;;;;;;;;;,!l:i,    ,:':::/::::::::::::::::::ヽ.  ./
     l';;;;;;;;;;;;;;;;;,!.l:::゙t /:::/:::::::::::::::::::::::::::ヽ、\  ロラン!
     'l;;;;;;;;;;;;;;;;,! l:::::::~::::::::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  この痴れ者を今すぐ溶鉱炉に投げ入れて、
      l;;;;;;;;;;;;;;;,!',|::::::::::::::::i,'-、:::::::::::::::::::::::::::::::\  槍の人身御供にしなさい!
       l;;;;;;;;;;;;;,!.'|::::::::::::::::::゙:;;;ノ:::::::::::::::::::::::::::::/
        i,;;;;;;;;;;l', ゙i,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ 
         ゙i,;;;;;;;l ', ゙i、:::::::::::::';;;:::::::::::::::::::::::::::::::::/ 








         ___
        / .u   \   よ、溶鉱炉!?
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)  や、やだお――!
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/    ヤルオが人身御供になっても――
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /



292◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:02:54.64 ID:rrNWnqUo


                              _,....i、_i、_.--z._
                          ,.-‐'´::::::::::::::::::::::::::::ヽ._
                         ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ`
                         _フ:::::::::::;::-jルiハi`jノ`'').-、:::}
                         フ::::::ハj´....____   _,.-彡 |リ‐-、_
                       /',:∧| ..>■■■■■■|,j_,,.  ヽ      √〉
                      /"" ゝ、| '、.■■■■■■|∠-‐ .{       //
                      _|y''" `'ヽ.i.  ̄   彡、_  /_,..-  ノ    //
               _,.. -‐'''"   |y'' ,...=- `=、   ー--´‐/_,..=' . イ    //
              /  '''""    ゝ, _,...-_ー-`'ーy、___∠.. -- //  __r-'r''、
           __,.. -|,'" ̄    ,,.........ゝ、 _,-'"_.-'´`'v',..-‐''ー、./_,..'-‐'´ヽ.i^i、ノ
          /ヾ''゛゛ゞ、 _.....___,,,,.......ヾ、  //'´/_,.-‐ 、./"   _,.-、__,イ/
          `'ー------‐‐‐'´::::::::::..     `ヽ、.;,/~_,..-  ,イ _, -ッ' /
                    ::::::::::::::::::::..    /_,..-''"'' .イ ̄ .//|
                        ::::::::::::::::::::ノ ,.-'''´ ノ |ヾ//: |
                          ::::/ /   /:::|// : |
                          /〃"    ノ.//   : |
                     __..-‐‐/'´    ../,. イ    : |::::::::...
                    /, '"√/~~^Y__..//~"'ナ==- : |::::::::::::::::..
                   / . ' // ̄`Y/.∠...______|    ; _,く  ::::::::::::::::::...
                  } l| ∠-‐レ、 i,.|/~ ̄~`'''ー==、三≠人   :::::::::::::::::::....
                  | l|/  ../, ヘ_|'′      ヽ. ヾ.   ヽ.   ::::::::::::::::::::::::...
                ,ヘ }リ / /            ヽ, ヾ,  '゛ヽ,    ::::::::::::::::::::::...
              / " \ミ/                ` ,ヽ.   ゛|     ::::::::::::::::::::::...
             /\ /::::::|                  ヽ.ヾ   |      :::::::::::::::::::..
            /  /|:::::::::::|                    ヽ, ;  |       :::::::::::::::..
          /` 、./::::|::::::/                      | i  〉       :::::::::::::.
         /  /::::::::::::i/                        『~~i‐'i        ::::::::::.
       /  /::::::::::::/                         |只、_,i        :::::::::..
      /  /:::::::::::/                             ||三|  |       ::::::::.
    / /:::::::::::/                            ||三| |     ::::::::::.
   / /:::::::::/                              |~~`ヽ.ノ  ..::::::::::::::::
   //::::::::/                                `'ー‐''´::::::::::::::::: :
  ∠-‐' ´


295◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:05:38.20 ID:rrNWnqUo


         ___
        / .u   \     獣の槍にはならないんだお!
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //   獣の槍を作りたかったら、
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/    お、お前が溶鉱炉に入れだお!
|     ノ    | |  |    \  /  )  /     それが正しい作り方だお!
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /



296◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:08:05.98 ID:rrNWnqUo


                ─- 、 、
            ,   -───-ヽレ_
          ,  ´             `  、
        /                    \
.      , '                       丶
.    /                       ヽ
.    i       ,ィ ,ヘ                  l
    |       / !.{ ヽ \  ヽ          |
   l      ,イl| ヾ;、 \  ` ー-ゝ、_ 、      |
    i  l. i / ヾゝ  `''ー   ̄_ニ;三=ーヽ . |    |
.    ヽ ヽ!T'==-_、 `‐ `〒‐'fr;ゥj´ _j j リヽ  し1!
     \` l `'´ hタヽ    --゚‐'_  `T!´r) }   ,リ
        }. l   ̄ /j          `   リ r 'ノ    ラ    な、何を騒いでいるのかな?
     ._.ノ  l.   ヾ:-            、_ニ1    ノ
      `ー;ァ. ヽ    -ー‐一       ゞー-  ,∠ _     え、演説はまだ続いているんだ。
        ` ー ゝ、   `     r‐;-‐`''"~ ̄   |     し、静かにしてくれな……
           _,.> 、__, -‐',コ |        |     ……おや、ヤルオくんじゃないか。
        「f´ ̄   ∠∟-‐''´ | |      ,. =‐ |
        | |     |       | |    /  -='     ど、どうかしたのかい?
       | |    ,  j      ,>ヽ    /_ -‐`ー─
      _,.ゝニゝ/ / `ー---‐ '´  〉〉 / '´
     ̄  ノ/ .レ'        f ,ニニン /
.       くく ./l        | |   /  / ̄ ̄ ̄







         ___
        / .u   \     だ、誰だお?
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //   ――どこかで見たことが
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/    あるような気がするけど……
|     ノ    | |  |    \  /  )  /    
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /



297◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:09:35.97 ID:rrNWnqUo


         ,.-'""゙゙ ‐'´ ̄ ̄`ヽ
       /           .\
      /        _     \
.     r'  ,.r‐'"/ ,r'"´  ヽ      ヽ
    /   j  〈. ヽ    L_      .|
    j  i´   `i 〉    `ー、    .|
.    |  |     V       j    |
    |  !.´,Ξ=,r'  ニ=,_ ./    |
.    |   l `ニ´,';   `ニ´ (     ,!
    \  !、   : j      ,.j.    /  お前はバスティーユの
      7 ゙;   `r-゙    / ,.!   〈   英雄カミーユ・デムーラン……!
      ゝ .l   __ __.   ,.J   ノ
      \ .!、  `ニ´   ゝ‐'  /    彼とは知り合いかい?
       く ヽ       ヒ  ノ    
        `ー`Tー-‐'"   `T´     
          ,.!、_ _,...._,.-l゙l     
          lフ,.-、 !、,.==,.J、l
          //  :、 Ξヨ ,.ト、
         / ∧ l ;. ‐フ/   `ー
.        / / ;./; l`ー'
        `y  l_H_/
        〈   |
.         \_ /







         ___
        / .u   \     カ、カミーユ・デムーラン!?
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //   ――って、あの挙動不審者!?
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/    そんな。嘘だお……デムーランは――
|     ノ    | |  |    \  /  )  /    
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /



299◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:11:22.48 ID:rrNWnqUo


     _ _ _ _ __!!
    /ミ      ! 》》》
  /ミ  _  》》 ∬∬ ヽ
  /      ~~─-ヽ ヾ'' \
 /~彡 \          ヽ
 ~三~彡   U   \/  .|
~-~彡彡       \/  |~-
~≡三~      \,`、v,,´,/|~
 >/~\ U  /   )      ,ヽ
  | b(    <@     @ ヽ
  ヽ_               ヽ   ボ、ボボボクは!
   ヽ         ( о ) U   |   お、おおおおじぎりが大好きなんだな!
    ヽ    U      ノ    /  
    \     ├──┤  ./
     \       ~~;;   /
       \ 、_____ノ
   カミーユ・デムーラン(before)







         ___
        / .u   \     ――だったはず!
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //   ここにいるのは、
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/    ひふみんじゃなくて別人だお!
|     ノ    | |  |    \  /  )  /    
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /



300◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:13:01.69 ID:rrNWnqUo


        _  _,.. ---ー--- ..,,
       ゞ‐'´         `ヽ、
      /               \
     , '            ,、      ヽ
    /             ハヘ i      ヽ
   !            /ノヽ ヽィ、      ',
  l         ィニ'.,´_  ヽ ヽヽ ヽ   ',
.  {        /'1' ,.-r:cテ=ー ヽ_ーヽ   }
  ',          !   ー`=    r'1;Pj`リ  l
   }         {  ''      ヽ ー f'  /
  i         、ヽ_      r_ィ'  i´ /     ボ、ボクは生まれ変わった。
  1     ri   ヽf    ー---    !ノ      リュシルと結婚してね!
   ヽ     ヽ、_,,. ノ      -     / ゝ
    ヽ、   `フ'´ ヽ _      / l´       リ、リア充は、外見すら変える力を持っているんだ!
     ` ー-,-'-―‐、 ヽ ` ー , _ ィ , ‐'
    rー '´     |l_`_-__!ェ '_´,, -、        き、吃音だって、昔より改善しただろう?
     ヽ         |l     l      |
     ゝ-、 __   l.l      l     リ
-― '' "´   `ー_ `/ヽ__    l-、   〃
 ー- ..,,,,_   /_   ヽ` ー= ' |   ̄ヽ
     カミーユ・デムーラン(After)






         ___
        / .u   \     そ、そうなのかお……
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //   とりあえず助けて欲しいお!
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/    このままだと獣の槍の材料にされちゃうお!
|     ノ    | |  |    \  /  )  /    
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /



301◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:14:31.19 ID:rrNWnqUo


                ─- 、 、
            ,   -───-ヽレ_
          ,  ´             `  、
        /                    \
.      , '                       丶
.    /                       ヽ
.    i       ,ィ ,ヘ                  l
    |       / !.{ ヽ \  ヽ          |
   l      ,イl| ヾ;、 \  ` ー-ゝ、_ 、      |
    i  l. i / ヾゝ  `''ー   ̄_ニ;三=ーヽ . |    |
.    ヽ ヽ!T'==-_、 `‐ `〒‐'fr;ゥj´ _j j リヽ  し1!
     \` l `'´ hタヽ    --゚‐'_  `T!´r) }   ,リ
        }. l   ̄ /j          `   リ r 'ノ    ラ    か、彼は、コルドリエで一緒にいた仲間だ。
     ._.ノ  l.   ヾ:-            、_ニ1    ノ
      `ー;ァ. ヽ    -ー‐一       ゞー-  ,∠ _     な、何か失礼なことを言ったかもしれないが、
        ` ー ゝ、   `     r‐;-‐`''"~ ̄   |     ゆ、許してもらえないかな?
           _,.> 、__, -‐',コ |        |     
        「f´ ̄   ∠∟-‐''´ | |      ,. =‐ |
        | |     |       | |    /  -='     
       | |    ,  j      ,>ヽ    /_ -‐`ー─
      _,.ゝニゝ/ / `ー---‐ '´  〉〉 / '´
     ̄  ノ/ .レ'        f ,ニニン /
.       くく ./l        | |   /  / ̄ ̄ ̄







     ∥     ∥
     ∥/ ̄ ̄ | |-
     |│ ∧  | | ヽ
    /|│  | ||  | |  ヽ
    / |│  | ||_|  |    ヽ
   / \ ̄| ||  /    ヽ
  /   \| ||/  ヽ    ヽ
  |     ∨          ヽ
  | /二_\ /二二ヽ     |   ――吃音の男が。
  │|=|`ー゚-'__`ー゚-' |=ヽ   |   お前ごときの願いなど聞き入られるか。
   | ||=| __/:::::ヽ__ノ|==ヽ  |   
    |:ヾ ヽ:::::::丶::::::::::: |==|  /   じきに私の知り合いがやってくる。
   \::ヾ\:::::::::::::: /:ヾノ||/    そうしたら、この白パンは溶鉱炉行きだ!
       ヽ\::::::/:::: :|丿
        |:  ̄ :::::: :|



304◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:16:00.49 ID:rrNWnqUo


         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´     待ってくれ、ロラン夫人。
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈      彼はボクの知り合いの友人だ。
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ       ボクの顔に免じて許してもらえないか?
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/     
      |:∧l\:{    \       /       
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ       
     /           ,′           
.  /\.____     人_             
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、         
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \






     ∥     ∥
     ∥/ ̄ ̄ | |-
     |│ ∧  | | ヽ
    /|│  | ||  | |  ヽ
    / |│  | ||_|  |    ヽ
   / \ ̄| ||  /    ヽ
  /   \| ||/  ヽ    ヽ
  |     ∨          ヽ
  | /二_\ /二二ヽ     |   マクシミアリアン・ロベスピエール……!
  │|=|`ー゚-'__`ー゚-' |=ヽ   |   この白パンは貴方とも知り合いか……何者だ?
   | ||=| __/:::::ヽ__ノ|==ヽ  |   
    |:ヾ ヽ:::::::丶::::::::::: |==|  /   しょうがない。民主派最後の良心である
   \::ヾ\:::::::::::::: /:ヾノ||/    ロベスピエールの願いだ。聞き届けよう。
       ヽ\::::::/:::: :|丿
        |:  ̄ :::::: :|



305◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:18:34.31 ID:rrNWnqUo


         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´   ありがとう……。
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈     しかし、ロラン夫人。
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ     あまり人を容姿で判断しない方が良いですよ。
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/      女性の価値が容姿だけでないように、
      |:∧l\:{    \       /       男の知性も容姿では計れないのですから。
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ       
     /           ,′           
.  /\.____     人_             
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、         
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \







|___|  |  |ー――
 /    |ヽ/ /
 |    \/    /\
 |   /\    /    \
| / / へ\/  /^ヽ ζ\
/ζヘ __(( ∠__  ζ 
|/;;ζ / ゚ー´,へ、゚ー-‐´/ζ    忠告として聞いておくが、
||;;;ζ |\/ノ  `\/   ζ   私のサロンに顔を出す男どもの
||;;;;;ζ|  く             ほとんどは、私目当てだ。
 ||;;;;;;ζ|           |     ブリッソーもビョゾーもヴェルニヨだってな……。
∧;;;;;;ζ|          /
\\;;;;; ヘ        /  /
  \   ヘ      /
    \  ヘ__/
          |



306◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:19:44.42 ID:rrNWnqUo


【補足解説・説明】

    __
  , r、 vァ    革命勃発以前から上流階級の女性の間では、
  ノ,}ミ{~`7ソ{   政治的なサロンを開催することが流行していました。
 iミ}ミ{ ̄ー ̄ミ!
 }ミ{足_〒)ヽ   これは上流階級の身とはいえ、当時の女性の社会的地位は低く、
  `i,J( 了´    王の知遇を得なければ政治には関与出来なかったため、
    }_ノノ    当局にとって不都合な政治的話題でも黙認されていたことが理由にあげられます。
    ヒ}ノ



    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  
 iミ}ミ{━ ━ミ!  ……まあ、女に政治の何がわかるっていう蔑視なんですけどね。
 iミ}ミ{U ー ミ! 



307◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:21:30.48 ID:rrNWnqUo


            *     ____ *
 ┼                    | ロラン邸 |
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ



    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ{   もちろん、ロラン夫人もサロンを開催しており、
 iミ}ミ{ ̄ー ̄ミ!  シャン・ド・マルスの虐殺の影響で一時閉鎖はしましたが、
 }ミ{足_〒)ヽ   民主派の交流の場として盛況を博していました。
  `i,J( 了´
    }_ノノ    前述したとおり、ジロンド派がその常連となっていて、
    ヒ}ノ     ジロンド派の女王と呼ばれるようになるのも、
          その影響力の拡大解釈が原因なんですが、
          彼女自身の態度にも大きな要因があったと思います。




308◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:23:07.82 ID:rrNWnqUo


『サロンの様子を見ていたロラン夫人の回想』


|___|  |  |ー――
 /    |ヽ/ /
 |    \/    /\
 |   /\    /    \    会話の場に私はいつもいたが、話には加わらなかった。
| / / へ\/  /^ヽ ζ\   会話の場から離れて机の側に座り、編み物をしたり、
/ζヘ __(( ∠__  ζ     手紙を書いていたりしていたが、会話は一言も聞き漏らさなかった。
|/;;ζ / ゚ー´,へ、゚ー-‐´/ζ   
||;;;ζ |\/ノ  `\/   ζ   そんな中で私を驚かせてイライラさせたことは、
||;;;;;ζ|  く             見識ある男たちが3、4時間もしゃべりながら
 ||;;;;;;ζ|           |     何の結論も出さないという、無駄口の多さと軽薄さだった……。
∧;;;;;;ζ|          /
\\;;;;; ヘ        /  /   私は今にも我慢し切れずに、この小賢しさを
  \   ヘ      /       踏みにじってやりたい気持ちに時々襲われた……。
    \  ヘ__/
          |





           /        ゙i,::::::::::::::,r'     \
        /    ,,、r''~i、 i,:::::::: ,i"  _,、-''' /
          /    /     ゙:、 i;:::,r",、-'"     \
       /  /;;l::' 、,.r- 、:,ヽ,'r''" ,r,r'",.r''' /
        /'"/;;;;;;;;l '''i  () ヽj、,,r--、-<_  \   もっと綿密にお考えなさい!
     /,/;;;;;;;;;;;;;l、 ヽ-‐'''ソ,r"`ヽ、'':::.... ` /
      ll';;;;;;;;;;;;;;;;;;;,!l,    ''",:':/:::::::::::ヽ.  ''  \  あなた方は、優れた原理を主張し、名案を出し、
     l|;;;;;;;;;;;;;;;;;;,!l:i,    ,:':::/::::::::::::::::::ヽ.  ./  自らの見識を披露したいと思っていながら、
     l';;;;;;;;;;;;;;;;;,!.l:::゙t /:::/:::::::::::::::::::::::::::ヽ、\  概して、何ひとつ筋道だったことも、
     'l;;;;;;;;;;;;;;;;,! l:::::::~::::::::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  決まった結論も、不動の決定もないじゃありませんか!
      l;;;;;;;;;;;;;;;,!',|::::::::::::::::i,'-、:::::::::::::::::::::::::::::::\ 
       l;;;;;;;;;;;;;,!.'|::::::::::::::::::゙:;;;ノ:::::::::::::::::::::::::::::/
        i,;;;;;;;;;;l', ゙i,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ 
         ゙i,;;;;;;;l ', ゙i、:::::::::::::';;;:::::::::::::::::::::::::::::::::/ 



309◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:24:22.64 ID:rrNWnqUo


    __
  , r、 vァ    観察力の高さは認められますが、
  ノ,}ミ{~`7ソ {   どことなく高慢な感じが見受けられます……。
 iミ}ミ{━ ━ミ! 
 iミ}ミ{U ー ミ!  そしてその高慢な態度は人物眼にも現れています。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ∥     ∥
     ∥/ ̄ ̄ | |-
     |│ ∧  | | ヽ
    /|│  | ||  | |  ヽ
    / |│  | ||_|  |    ヽ
   / \ ̄| ||  /    ヽ     ダントンみたいなゴツイ顔の男が
  /   \| ||/  ヽ    ヽ     正直者とは想像すら出来ない!
  |     ∨          ヽ
  | /二_\ /二二ヽ     |    ヴェルニヨなど好きではないし、
  │|=|`ー゚-'__`ー゚-' |=ヽ   |     下品で粗野なブリッソーは不満だらけだ!
   | ||=| __/:::::ヽ__ノ|==ヽ  |   
    |:ヾ ヽ:::::::丶::::::::::: |==|  /     ロベスピエールは人民の擁護者だが、演説と性格が酷すぎる!
   \::ヾ\:::::::::::::: /:ヾノ||/     品のない声と下手な表現、悪い発音が全てを台無しにし、
       ヽ\::::::/:::: :|丿       あの人を侮蔑する高慢な態度が気に入らん。
        |:  ̄ :::::: :|        ……まあ、その知識は認めるのだがな。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


310◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:26:34.08 ID:rrNWnqUo


          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    ⌒  ⌒  \
     |       ,ノ(、_, )ヽ    |  ハハ ワロス
      \      トェェェイ   /
       /   _ ヽニソ,  く




    __
  , r、 vァ    正直、ロラン夫人は、知識人が目当てにサロンに通うほどの
  ノ,}ミ{~`7ソ {   絶世の美人とは思えませんが、彼女の回想では、
 iミ}ミ{━ ━ミ!  自分目当てで通っていると豪語しています……。
 iミ}ミ{U ー ミ!  たぶん、思い違いでしょうが……



311◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:27:27.30 ID:rrNWnqUo

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  
 iミ}ミ{━ ━ミ!  ちなみに、彼女の好みを簡潔に表すと――
 iミ}ミ{U ー ミ! 



好き
    顔が良くて頭も良い男(ビョゾー)
         ↑
    顔が普通で頭の良い男(ロベスピエール・ロラン)

眼中無し
    顔が普通で頭も普通(ブリッソー・ヴェルニヨ)
         ↑
    顔が良くて頭が悪い男
         ↑
    顔が悪くて頭が良い男(ダントン・マラー)
死ね
    顔が悪くて頭が普通の男

存在すら許さん
    顔が悪くて頭も悪い男(ヤルオ)


    __
  , r、 vァ
  ノ,}ミ{~`7ソ {   ――と、なります。
 iミ}ミ{━ ━ミ! 
 iミ}ミ{U ー ミ!  この女王気質の性格ゆえに、外部の者からは警戒され、
 }ミ{足_〒)ヽ   「ジロンド派の女王」という称号を与えられることになるんですが、
  `i,J( 了´    さすがに彼女がジロンド派全体の指導者であるというのは風評に過ぎないでしょう。
    }_ノノ
    ヒ}ノ



    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  ただ、ロランの重要な演説や手紙に関しては、
 iミ}ミ{ ̄  ̄ミ! この人が書き上げていたりしているのが多いんですよね……
 iミ}ミ{  ー ミ! よっぽど男として政治に関わりたかったんだろうな……


312◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:30:00.58 ID:rrNWnqUo


|___|  |  |ー――
 /    |ヽ/ /
 |    \/    /\
 |   /\    /    \
| / / へ\/  /^ヽ ζ\
/ζヘ __(( ∠__  ζ 
|/;;ζ / ゚ー´,へ、゚ー-‐´/ζ    たまにはサロンに顔を出しなさい。
||;;;ζ |\/ノ  `\/   ζ   
||;;;;;ζ|  く             私は別に貴方を嫌ってはいませんよ。
 ||;;;;;;ζ|           |    
∧;;;;;;ζ|          /
\\;;;;; ヘ        /  /
  \   ヘ      /
    \  ヘ__/
          |







         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´      ……いや、今はジャコバンの建て直しが先決だ。
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈       人民の苦労を解消しようとしない人たちの
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ        集まりに顔を出しても仕方がないよ。
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/         
      |:∧l\:{    \       /          ジャコバン・クラブは一般市民にも門戸を開放し、
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ            その入会は会員の投票で許可することとした。
     /           ,′           
.  /\.____     人_               昔みたいに敷居の高い政治クラブからの脱却を
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、          図らないとね。
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \



313◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:31:00.86 ID:rrNWnqUo


|___|  |  |ー――
 /    |ヽ/ /
 |    \/    /\
 |   /\    /    \
| / / へ\/  /^ヽ ζ\
/ζヘ __(( ∠__  ζ 
|/;;ζ / ゚ー´,へ、゚ー-‐´/ζ    ……そうか。
||;;;ζ |\/ノ  `\/   ζ   貴方のことだ。私の話は聞く耳も持たないのだろう。
||;;;;;ζ|  く             よろしい。その白パンを連れて、私の前から立ち去りなさい!
 ||;;;;;;ζ|           |    
∧;;;;;;ζ|          /
\\;;;;; ヘ        /  /
  \   ヘ      /
    \  ヘ__/
          |


314◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:33:13.83 ID:rrNWnqUo


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\    助かったお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  きっと、あの年増にはいつか天罰が下るお!
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /






               _,,.,_
           ,.-‐ '  ̄:lニヽ、: ̄ `::....、
          ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、
      /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.   ヤルオくん……だったかな?
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `   キミのことはヤラナイオくんや
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|    ダントンから聞いているよ。
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,



315◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:35:29.29 ID:rrNWnqUo


..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)   え……
  /     (__人__) \     ヤラナイオだけじゃなく、ダントンさんからも?
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ







               _,,.,_
           ,.-‐ '  ̄:lニヽ、: ̄ `::....、
          ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、
      /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.   ああ……。
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |    彼は今、パリから身を
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `   隠さなければならない状態だけど、
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|    パリの情勢を知っておくために逐一
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|     連絡をくれているよ。
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、     彼はカミーユを窓口に、ジャコバン・クラブの
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ   再建に力を貸してくれているんだ。
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,



317◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:37:12.78 ID:rrNWnqUo


                ─- 、 、
            ,   -───-ヽレ_
          ,  ´             `  、
        /                    \
.      , '                       丶
.    /                       ヽ
.    i       ,ィ ,ヘ                  l
    |       / !.{ ヽ \  ヽ          |
   l      ,イl| ヾ;、 \  ` ー-ゝ、_ 、      |
    i  l. i / ヾゝ  `''ー   ̄_ニ;三=ーヽ . |    |
.    ヽ ヽ!T'==-_、 `‐ `〒‐'fr;ゥj´ _j j リヽ  し1!
     \` l `'´ hタヽ    --゚‐'_  `T!´r) }   ,リ
        }. l   ̄ /j          `   リ r 'ノ    ラ    ダ、ダントンは、今後、ジャコバン・クラブを中心に
     ._.ノ  l.   ヾ:-            、_ニ1    ノ     活動をすることとなった!
      `ー;ァ. ヽ    -ー‐一       ゞー-  ,∠ _     ボ、ボクもジャコバンだ。キ、キミもジャコバンに
        ` ー ゝ、   `     r‐;-‐`''"~ ̄   |     は、入らないかい?
           _,.> 、__, -‐',コ |        |     
        「f´ ̄   ∠∟-‐''´ | |      ,. =‐ |
        | |     |       | |    /  -='     
       | |    ,  j      ,>ヽ    /_ -‐`ー─
      _,.ゝニゝ/ / `ー---‐ '´  〉〉 / '´
     ̄  ノ/ .レ'        f ,ニニン /
.       くく ./l        | |   /  / ̄ ̄ ̄






           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \    ダントンさんも入っているのかお……
      |      (__人__)     |    でも、ジャコバン・クラブは王様を
      \     ` ⌒´   ,/    裁こうとしている人が多いって聞くお。
      /     ー‐    \



318◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:39:19.09 ID:rrNWnqUo


         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´      ……そうだね。
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈       だけど勘違いしないで欲しい。
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ        それはジャコバン・クラブのメンバー独自の考えではない。
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/         ジャコバン・クラブはパリ市民の要求を
      |:∧l\:{    \       /          受け取る拠点として、ブルジョワも一般市民も
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ            関係のない多くの声が集まり、世論を形成しているんだ。
     /           ,′           
.  /\.____     人_               国王処罰の声が大きくなっているのは市民の要望なんだよ。
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、          
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \






        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \  やっぱりそうなのかお……
  |    (●)  (●)  |   国民は王様を……
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ



319◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:40:13.23 ID:rrNWnqUo


         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´      だけど、国王がこのまま何も余計なことをしなければ、
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈       国外への追放程度で済むから安心してほしい。
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ        
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/         今は戦争の回避が最優先だ。諸外国の干渉を招く、
      |:∧l\:{    \       /          国王の処刑などもってのほかだ……
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ           
     /           ,′               ボクらは血に飢えた獣じゃない。
.  /\.____     人_               血を流すのは、正当な理由がある場合のみだ。
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、          
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \






     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   そうなんだお……。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     パリのみんなは王様に対して極刑を望むとばかり思っていたお。
.\ “  /__|  |     それなら一安心だお。
  \ /___ /



320◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:41:45.84 ID:rrNWnqUo


                ─- 、 、
            ,   -───-ヽレ_
          ,  ´             `  、
        /                    \
.      , '                       丶
.    /                       ヽ
.    i       ,ィ ,ヘ                  l
    |       / !.{ ヽ \  ヽ          |
   l      ,イl| ヾ;、 \  ` ー-ゝ、_ 、      |
    i  l. i / ヾゝ  `''ー   ̄_ニ;三=ーヽ . |    |
.    ヽ ヽ!T'==-_、 `‐ `〒‐'fr;ゥj´ _j j リヽ  し1!
     \` l `'´ hタヽ    --゚‐'_  `T!´r) }   ,リ
        }. l   ̄ /j          `   リ r 'ノ    ラ    じ、じゃあ、ジャコバン・クラブに
     ._.ノ  l.   ヾ:-            、_ニ1    ノ     に、入会するんだね?
      `ー;ァ. ヽ    -ー‐一       ゞー-  ,∠ _     
        ` ー ゝ、   `     r‐;-‐`''"~ ̄   |     
           _,.> 、__, -‐',コ |        |     
        「f´ ̄   ∠∟-‐''´ | |      ,. =‐ |
        | |     |       | |    /  -='     
       | |    ,  j      ,>ヽ    /_ -‐`ー─
      _,.ゝニゝ/ / `ー---‐ '´  〉〉 / '´
     ̄  ノ/ .レ'        f ,ニニン /
.       くく ./l        | |   /  / ̄ ̄ ̄






         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \     ……とりあえず考えさせて欲しいお。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/     ヤルオも、今の国内情勢がどうなるか
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ       わからないのが不安だお……
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |      ダントンさんやヤラナイオには悪いけど、
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |      ヤルオは、自分で考えてみたいんだお。



321◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:43:04.86 ID:rrNWnqUo


         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´      そうか……。
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈       
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ        でも、いつでも入会は大歓迎だからね。
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/         キミはヤラナイオくんの友人だし、
      |:∧l\:{    \       /          いつでも顔を出してもらっても結構だよ。
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ           
     /           ,′           
.  /\.____     人_              
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、          
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \






            ____
  +        ./ \  /\ キリッ
        / (●)  (●)\    (昔のヤルオだったら、すぐに入会したけど、
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \   今は自分で考えるようになったお……!
      |      `-=ニ=-      |
      \      `ー'´     / +  ジャコバンは、ヤルオには合っていないから、保留なんだお……!)



323◆5u6jcKSVew2009/09/27(日) 18:44:34.65 ID:rrNWnqUo
第11話「最後の抵抗」~前編~ 終了

中編に続く

やる夫がフランス革命を生き抜きます 第10話「弾圧」-後編-

70◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 13:55:43.94 ID:DlHIyqMo
それでは、これより後編を開始します。

今回はゆっくりと行いますので、投下は3~5分です。
この回から途中で解説やツッコミを入れるかも。
よろしくお願いします。

かしら、かしら、ご存知かしら~?
世界を革命する物語の続きが始まるわよ~
かしら、かしら、ご存知かしら~?

第10話「弾圧」-後編-



71◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 13:57:50.39 ID:DlHIyqMo


――1791年7月15日。
議会は、国王「逃亡」事件をブイエ将軍と外国人勢力が結んだ「誘拐」事件とする結論を発表した。
そして国王が改めて憲法に宣誓するまで王権を一時停止するという議会の方針も合わせて決議された。
立憲派、王党派ともにこれで幕引きをはかり、後は憲法の修正を行うだけとなったが、
この議会の決定を知った民衆の怒りは、王制を廃止して共和制へという声になって現れていた。


            ____
  +        ./ \  /\ キリッ
        / (●)  (●)\    今日はダントンさんと腹を割って話し合うお。
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \   ヤルオの新しい覚悟を見せれば、ダントンさんも
      |      `-=ニ=-      |  わかってくれるお!
      \      `ー'´     / +






       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  ((●)) ((●))  \  ダントンさー……
  |     (__人__)  u |  ……ん?
  \     ` ⌒´     /  コルドリエ・クラブに人がいっぱいいるお……!




72◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 14:02:39.85 ID:DlHIyqMo



/:./::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.::.:.:.:.ヽ        /  .\
:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ::::::.:.:.::::',      /     .',
 l  ..:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.::.:.:|ヽ、::::ト、l     /       .l
:.:.!:.:.:.:.:.:!:.:.ト、{:::.::.:.:.::ハrfア|::::!}メ´ ̄`丶!        |
ヽl.:.!:.:.:.:!_N__ト、ト::N以' ノ|:ハ     |         ,'
 ヽ!::::{:ヽK上少 ヽ、   /  j     !        /    ダントン!
 ハト、::!:ヽヽ   r‐‐‐1 /  !        !      /     もう、コルドリエの中でも外でも民衆の
. {  ヽヽ `ヽ、 弋__ノ,.'  .::|:. :::. /ノ     /      共和制樹立の声であふれかえっている!
 ヽ    | {ヽ_`_7   ::::!:::.{:::://{      イー‐.、
.  \__  `ー―‐〃    :::!::::∨   ヽ   ノノ   └ 、  もう、国王に配慮する理由はないぜ!
   /  L    ノ       ヽノ       ,イ   ./  1
  ノ  ./ヽ     r―― ' ´       Y    /    イ、
f´   {   .\    {     _ - 、    \__.ノ  /  }
    ヽ.    \  `ー‐‐'´    `ー '´`ヽ \__/   ノ
              マラー






                   /          `丶、   ヽ ヽ
                   ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
                  ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
                  .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
                  l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
                  l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
                  '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
                  V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /
                   '. ト、i  ヽ.          i ` ' !   わかっている……。
                  r /'  l   ヽ         l   /    お前たちが作成した共和制要求の
                 ノ i   、     , - '   -‐--'  .'     請願大会の計画は、市長に報告済みだ。
               , ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/     だが、俺たちだけでは数が少なすぎる……
           _... - ''  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /
       _ ... ィ´ i     l     \ '.   丶、  __ノ
  , - '''    i  l     l      \      ̄ ハ、
                          ダントン



73◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 14:06:15.78 ID:DlHIyqMo


             /      |ヽ /:\     . ヽ  |     \
           /      i  i::::V:::/ \  、  : .ヽ |       \
            / ィ     i |V゙^"  ∠_V :|、  : . ∨         \
         i/ ,  . :i  ハ |ヽ、'、ィ≠__ X|_|l  }: : \.          ヽ
         i l  l: :l   |二、iy)\V (i!ツ ト|l / : : i、:\: .  : . .    ハ  そこを何とかするのがお前の役目だろ!
             |  i: : 、 メ (タノ 、  \ ̄`  ノィ: : : : | ヽiヽ、: : . : . .    ハ   ジャコバンでも何でも構わねえから、
            ヽ  ヽ: \ ヽ fニニュ     /フ}: ノ    } }ヽ: : . : :    }  とっとと人を集めて来いよ!
            へ i\i `‐ヽ|_r'⌒ヾ, '   /! |ノイ TT丶.ノノ: ハ : : . : : . ノ
           /_ `ヽ、.\  !{   ノj i /::| | |  | |  ヽ/  }: : : : /
        . "´    、   >`==彡'_ノ:ノ '|.|  | |    ハ  ノ: : /
      /         ,i -‐'    下二二/   ||  | |    K:__/
     ∠.....      /               || //      ヽ
`丶、  { / ヽ     /          /      、lj_// /      \
   ` <    ∨   {         /       ハ  | '   ....................\
.           |   ゝ.......     /        j  | | /      \`>
      ヽ   | ̄ ̄ノ      ヽ ̄ ̄ | /
                   エベール







                   /          `丶、   ヽ ヽ
                   ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
                  ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
                  .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
                  l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
                  l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
                  '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
                  V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /
                   '. ト、i  ヽ.          i ` ' !   そこも手は打ってある……。
                  r /'  l   ヽ         l   /    今頃、ジャコバン・クラブに
                 ノ i   、     , - '   -‐--'  .'     民衆が押し寄せているはずだ。
               , ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/     ロベスピエールが頭でっかちだからと言って、
           _... - ''  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /       民衆の声を無視するわけにもいかないだろう。
       _ ... ィ´ i     l     \ '.   丶、  __ノ
  , - '''    i  l     l      \      ̄ ハ、



74◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 14:10:23.52 ID:DlHIyqMo


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \  ダントンさーん!!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   何とか中に入ってきたけど、
  \    |ェェェェ|     /   人がいっぱいで大変だったお!!!








                   /          `丶、   ヽ ヽ
                   ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
                  ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
                  .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
                  l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
                  l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
                  '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
                  V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /
                   '. ト、i  ヽ.          i ` ' !   ――ヤルオくん!
                  r /'  l   ヽ         l   /    今回は非常事態だ。
                 ノ i   、     , - '   -‐--'  .'     コルドリエ・クラブ創設以来の最大の山場。
               , ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/     共和制樹立の請願を行うことになった!
           _... - ''  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /
       _ ... ィ´ i     l     \ '.   丶、  __ノ
  , - '''    i  l     l      \      ̄ ハ、



77◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 14:14:08.65 ID:DlHIyqMo


                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\    きょ、共和制樹立!?
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\   お、王様はどうなるんだお……?
                  |     ` ー'´  u   |
                  \  u   :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }







  ..へ  ト、   、   i、  i   ヽ: : : . \: : : : : : : : : : : : : : :
  i::::::::ヽi::ハ   ト、  |_ヽ |   : ヽ : : \ \: : : : : : : : : : : : :
  i::::::::::::ムハ.  | V |_ヽ|__: ハ\ ̄ ヽ ヽ、 -――-、: :
  |::;r'"´   V  |〃メ | ̄`゙|ヽ厂: . |  \ ヽi \     \
  'l'       V |i!〃リtgッ |   : :l: |,    \ `  ヽ
  i     , 、l_|ノ'     ̄ l ノィ:|: !}、    ハ    ヽ‐ 、     王だぁ!?
\ニ、三ミ一'ノ`l |   -==イ彡': : | リ \   i   ー- 、I    今は、あんな豚のことなんか
〃\'、__ `   | l       / / : : 爪:i   ヽ  |      `¨   心配していられっかよ!
{   fgツ  ,ィ i/ ヽ .へ/, 'l . : / | ヽ 、 i |  |
\   _/  / ,r‐'彡'^/メ | : :' ハ   `ヽ|_/> 、        廃位だ、廃位!
、_   ̄     「_/  ノ ヾl :l ∧      \   \       共和国には王なんざ、いらねぇんだよ!
 、\      i!{ {     }ハ :|' /        ヽ   .\
  \ > .    ゝニニニ彡' /リ/           ハ /  |



78◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 14:18:33.41 ID:DlHIyqMo


                   /          `丶、   ヽ ヽ
                   ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
                  ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
                  .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
                  l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
                  l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
                  '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
                  V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /
                   '. ト、i  ヽ.          i ` ' !   ヤルオくん……。
                  r /'  l   ヽ         l   /    今はみなの気が立っている。
                 ノ i   、     , - '   -‐--'  .'     国王をどうするかという話は、
               , ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/     後にしてくれ。
           _... - ''  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /
       _ ... ィ´ i     l     \ '.   丶、  __ノ
  , - '''    i  l     l      \      ̄ ハ、







         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \    ――そ、そんな!?
     | ∪    (__人__)  J |     せっかく、ヤルオは、本当に覚悟を完了したのに……!
    \  u   `⌒´   /



79◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 14:22:08.40 ID:DlHIyqMo



                   /          `丶、   ヽ ヽ
                   ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
                  ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
                  .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
                  l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
                  l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
                  '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
                  V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /
                   '. ト、i  ヽ.          i ` ' !   キミの思いを無視する形で悪いが、
                  r /'  l   ヽ         l   /    これからジャコバン・クラブに
                 ノ i   、     , - '   -‐--'  .'     行ってくれないか?
               , ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/     
           _... - ''  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /       友人もいることだし、キミが適任だ。
       _ ... ィ´ i     l     \ '.   丶、  __ノ








         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (●)  (●) \  わ、わかったお……
    | ∪    (__人__)  J |   だけど、ダントンさん。
     \  u   `⌒´   /   後でヤルオの話を聞いて欲しいお……






                   ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
                  ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
                  .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
                  l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
                  l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
                  '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
                  V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /
                   '. ト、i  ヽ.          i ` ' !   ……ああ。
                  r /'  l   ヽ         l   /    (余裕があればな……)
                 ノ i   、     , - '   -‐--'  .'
               , ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/     
           _... - ''  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /
       _ ... ィ´ i     l     \ '.   丶、  __ノ

80◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 14:25:36.70 ID:DlHIyqMo


                   ________
                      | ジャコバン・クラブ|
                      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ∧
                   <⌒> 
                     /⌒\
      _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧._/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ







ヽ、人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人
、)
_)  共和国万歳! 国民万歳! ついでにオルレアン公万歳!!
 )
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
     ||  |!       /          /
     ||  |      /         /
        ばんざーいッ ,-‐-、  /   /
   ,. - ─- 、        |_!_!ュ }    /
  /  ノノノノハヽ       `'}‐┴、     ヴィヴ! オルレアン公!!
  i ,-、_{___ l'  ,. -─- 、 { ̄`{          /
  } | r} ` / -' | |`i /  ,ヘr^、 | }_,  ,! -‐- 、    /
  { 'ァ'  `ー'/,_ )!/リノ二二jノノ`i, /     _i
 ,-ソ 、   ノ/ニ| `i//  - r {⌒ / |__∠__,へ / ̄ ̄ヽ  ,-rrr、
/#\  、   `='ノ iニij   ,ニ゙ | `i /| r、/__,| ̄/   ノノノij iっ,!,!,!
\#i\    ̄,ノ`i ヽ   |r┼-、 i'  v{_ (__ハ_!  | _ノ^i'_フ'i,!  `i  {
  \i#|\==|/`|\\`ー| ´|ニ、ヽ  | i ` ,.-i{   }、|-   ,-'i   |\_|>
   \|ヽ } ノ  i \ | 〉' `ー'/  ,<j   二ノ  /ソ  ヽ._`ファ-ァr{`ー-1
      O|/    |l/ i ノ´|  / /_ノ\\ "{ヽ /i「|i、rr、/|ヘ! /ノ   |
       |    リ /∧  V_i/   ヽ_|\ノ|ヘ !| !|.| | |/  |-── '
       |0`    | /  ヽ_/|\   、   `| {|   |゛゛|   |
       |      |    /ノ |  \ リ     | ノ  ri  ノ  |


81◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 14:28:54.67 ID:DlHIyqMo


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( >)(●)  ロベスピエールさん!
          | U   (__人__)   傍聴席にパレ・ロワイヤルから来た
             |     ` ⌒´ノ   多くの群衆が詰め掛けています!
              |         }   
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、







                  ____
                 ,  ´       `   、
             /              \
            /                \
              /                   ヽ
          /   /   / /           |  ∧
            '    l    / /,  -―    / /|  ∧
.           |   l |  |´/        ィ ,.l||| ∧
.           |   l |  K_  、―‐'´//|||| | トヽ
.           |    ヽ.|  | 沁tx、\‐ 彡 ´_/イ/||v|
.           |      \ V弋z^ヽヽ l  ィケアテへ,' ,' ハ|
.           |       ト\__,rッ={i≦ィ/`ソ./l/ ノ
.           || |   |   |  `      ゝ=/=イl//    彼らは議会の決定を覆すことを要求している……
.           || |   |  |      ´/ /  {
.           リ |   | |  l、   ¨二 ` /  |      国王の「逃亡」を「誘拐」と決議した議会を
          `ヽ  | |  |、> .   イ | | |      信用していないんだ……
               /\| |  ヽ\ 厂\{ { | |      
            /\ ヽ|、 l | 〈| |    \  | l.|      気持ちはわかるが、一度決定された決議を
       _  ´     \ 丶N 八ト、    /lVl N      無視することはできない……!
       /          \  ∧└、ヽ. ムト l /
.     /           ヽヘ ∧ l V 〉 ヽl' ー 、
.   /                 V∧ L..j∧ヘ    \
  /                ヽ. ヽ`ヽ.∧ヘ
. /   /               \\ V∧ヘ



82◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 14:32:38.02 ID:DlHIyqMo


       /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ
        /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',
  .     /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!
      ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
     /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !      そうだ……!
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!      サン=ジュストの言うとおりだ。
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ       しかし、このままでは……。
           ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/



83◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 14:35:27.15 ID:DlHIyqMo


                            ____
                   r⌒ヽ、   .  /ノ   ヽ、_\
                 / \  \. / ( ○)}liil{(○)
                _/ / ヽ   /     (__人__) \ ヤラナイオ!
               〈__/  . |  |     ヽ |!!il|!|!l| / | ヤラナイオはいるかお!?
                    /  .\     i⌒ェェ|   /
                   ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/   コルドリエ・クラブから
               .__   r  /     |/ー、\   \   伝言を預かってきたお!
              ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
                .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
                .i /  //  ./
                .ヽ、_./ ./  /
                    ./ /
                  .ノ.^/
                  |_/







            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)  ヤルオ――!?
          | U   (__人__)   ど、どんな伝言だ?
             |     ` ⌒´ノ  
              |         }   この騒ぎに関係あるのか?
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



84◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 14:39:38.94 ID:DlHIyqMo


      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ    こ、これを読んで欲しいお……!
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l







               _,,,,,,,,_、
          ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,;;;;;;;;ヽ
         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.,';;;;;;;;;;;、;;;;;;;";;;;;;;;;;;'';;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     /;;;;;;;;|;;;;;;;..ィ;;;;;;;;|;;;;;;;;i、;;;;;;;;;丶;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;ヽ
    /;;;;;;;;|;;;;;;;..;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;i、;;;;;;;;;丶;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;ヽ
    ;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;|;;;;/;;;;;;;|;;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;|;;;ヽ;;;;;;;ヽ
    ノ;;;;;;;;;;|;;;、;;;;;;;;;;;;;|;;;;;、;;;;;;;|:丶;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|;;;;;;;;;;;;ヽ;;l
   /;;;;;;;|;;;;;,,;;;;;;;;;;|;;;|.::::::|;;;;丶;;|;、|;;、;;;;;;;;;;;;|;ヽ;;;;;;;;|;;;:::;;ヽ;l
   l;;;;;;|;;;;;;;;|;;;,;;l,;;;i;;;|;;;|;;;|;;;;;|;;;;;|;;;ヽ;;ヽ;;;;;;;|;;;;ヽ;;;;;;;|;;;;;;|;;;;;;ゝ
   l;;|;;;;|;.;ヽ;;;|; ;;;|;;;|;;|;;;| ;;| .;;|;;;;;|;;;;;|;;;;;;| ヽ;;;;;|;;ヽ;;;;;;|;;;;|;;;;;
   l;;|;;;;|,:::ヽ;;;ゝ:::ヽ;;|ヽ|::;;|:: .;;| ;;;|.;;;;| ;;;l::::::::ヽ;;|;;;;;;;;;;|;;;;|;;;l
   l;;;;|;;;;|;;ヽ::::::テr‐z、;|:::::::::::;|::;;| ;;;| ;;l:::;;|:::::::::.ヽ;|;;;;ヽ;;|;;;|;,!
   ヽ,,,;|;;;|;;;ヽ::!_ゝ_フヽ::::::;;;;:::|:::;|::::ハ__フ }〉、 ::::;;l;;;;;;;;;;|;;;|;l
    l;;;;;;|;;|;;;l::::::` ̄"´:::::::::::::::  `::^ ̄""´ ::::::::::|;;/|;;;;|;     シャン・ド・マルス広場での
     .ヽ;;;|ヽ;ヽ:::::::::::::::::::::::            l;;|;;;ノ        共和制要求の請願大会!?
     ヽ;;;;;ヽヽ::::::::::::::::::::::           ノ;;;ll
      ヽ;;;:::::::::::::::::::::::::::          U l;;/        それに議会の決定に反対する
       ヾ\::::::::::::::::::::` ´         /;l;|         共同行動の申し入れ……
        ヽ;;ヽ::::::::::::::::::::::        /;;;;l;l
          l;;;;ヽ::::::::ヽ ̄ ̄ゝ    /;;;ゝl           ダントンめ、こんな思い切ったことを
          ...|;;ヽ;ヽ:::::: ̄ ̄   /‘":、!;            やるなんて……押し切られたか!?
          ill゙゙'|l゙l ヽ::::: ̄  /llllll!l゙゙,l



85◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 14:42:49.57 ID:DlHIyqMo


      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ    つ、つきましては
  l    |r┬-|     l     ジャコバン・クラブより
  \   `ー'´   /    請願書用の文章を作成してほしいお……!
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l








         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈      ……議会の決定を無視しろと。
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ       弁護士で議員のボクに?
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \



86◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 14:45:59.38 ID:DlHIyqMo


             _ -―……―- _
.         .  ´          ` 、
      /                \
.     /       /        、  ヽ
.      /        / //    /  ヽ ∧
    /         /'´/  /  /  . | ∨ ∧
.    ′    .  //  /   /  | |  |   ',
    |   /  /  l'  /   // . // . /| ||
    |  ' ' | | |//   // / ィ /| /┤ ||
    |//  | | |/ /∠、 彡 ´///∠イ l, V
    l//  / | | |/代汀ヘ≧='彡ィfjアノ/ .イv |
    | l  / | ト l|`{  ̄   ´}__,_{ ̄イイ l| ,l |    まて、ロベスピエール。
    | | ′| ∨ゝゝ    rソ⌒V` / イ|l|/    コルドリエ・クラブからの要請というのが
    l || | ヘヘ\   ̄  - / イ /l/l/ノ     気に入らないが、押し寄せた群衆を
    `l|| {   ヘヽ   ,. __¬/| | |/ ノ      無視するわけにはいかない!
    | | |  ヘ ||ヽl> .   / |!||
    | | |   ∧∧ヘ \/  ̄l   | lヽ|        ここは共闘を行うべきだ!
     ゝv∨  ∧ ヘヘ ∧  |   | | ト
     Vv V  ∧ トヽ{   |   | | /








        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  \   /
      |  /    -   -
       (6 U      \     ボクも賛成だ……
       │    ,,,,, ─′    今は味方が多いに越したことはない。
        \    ̄ ̄l     
        |  ヽ  ;;;;;;;;l     
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\



88◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 14:49:34.35 ID:DlHIyqMo


           /;;;;r' ̄´      ` ̄ゝ、;;;;;;;;;;ハヽ
          /ソ´              (ヘ;;;;;;;ハ)ハ
         //´      /             (ヘ;;;;;;;|) ハ
           レ'         /|   ヽヽ ヽ    (ヘ;;;;|) ハ 
          /      /   /│    |_\|__|__ (ヘ;|)) ハ
          l    /  l | |   r'|   | ハ  ` ((!!))   |
          |     | | 」-ト、ト、  |   _x===|   }((ト、ヽ |
          |    レ|´| | | ヽ |  rテ´   | / ハヽ__」〉| 
        _| |    | | |_==ヾ、 ∨        |/ / {{ ̄ ̄||
      〈l ̄〉ハハ \\x゙     ,        /// / llヾ〉 |||        私も一ジャコバン・クラブの
      ヾ_'-'∧. ヽ \\             jノ ,イ /| ll |ヾ_ |         会員として賛成するわ~。
       /||ゞ´∧ \_\ゝ   、__;__ノ       /// | {{|  | |
        //´|| 〉〉、_ ヽ ̄ヽ、        /イ‐,,/  ゙|  | |∧/;;;;;;    きっとオルレアン公も
     //   ゙ |_| /\\_|` - -、- < ̄;;;;;/l   } /`│_;;;;;;;;;;;    協力してくれるわよぉ~。
      /\ー─-、 /  / ̄/|   ||   |;;;;;;;|;;;;;;;;;;;//|   |_/;;;;;;;;| ;;;;;;;
 ____/___〉;;;;;;;;;;;;>'  /  /l l/ ||  |;;;;;∧;;;;;;;;;/_ |  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;
__ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;// /| /-ト─--' ̄\/ |ヽ;;;/  | /レ';;;;;;;;';;;;;;;;;;;;| ;;;;;;
_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/イ /;;;|/;;;;;;;;;;;;;;;/》/    \  《 レ'/;;|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;
                  ラクロ


89◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 14:52:41.63 ID:DlHIyqMo


         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈      ……わかった。
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ       だが、あくまでもこちらが協力するのは
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/        共和制要求の請願という理由があるからだ。
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ          議会の方針に必ずしも反旗をひるがえした
     /           ,′             わけじゃないからね……
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、







           /;;;;r' ̄´      ` ̄ゝ、;;;;;;;;;;ハヽ
          /ソ´              (ヘ;;;;;;;ハ)ハ
         //´      /             (ヘ;;;;;;;|) ハ
           レ'         /|   ヽヽ ヽ    (ヘ;;;;|) ハ 
          /      /   /│    |_\|__|__ (ヘ;|)) ハ
          l    /  l | |   r'|   | ハ  ` ((!!))   |
          |     | | 」-ト、ト、  |   _x===|   }((ト、ヽ |
          |    レ|´| | | ヽ |  rテ´   | / ハヽ__」〉| 
        _| |    | | |_==ヾ、 ∨        |/ / {{ ̄ ̄||
      〈l ̄〉ハハ \\x゙     ,        /// / llヾ〉 |||        そうと決まれば早速、
      ヾ_'-'∧. ヽ \\             jノ ,イ /| ll |ヾ_ |         請願書を起草しないといけないわぁ~。
       /||ゞ´∧ \_\ゝ   、__;__ノ       /// | {{|  | |
        //´|| 〉〉、_ ヽ ̄ヽ、        /イ‐,,/  ゙|  | |∧/;;;;;;    私に任せてちょうだぁ~い。
     //   ゙ |_| /\\_|` - -、- < ̄;;;;;/l   } /`│_;;;;;;;;;;;
      /\ー─-、 /  / ̄/|   ||   |;;;;;;;|;;;;;;;;;;;//|   |_/;;;;;;;;| ;;;;;;;
 ____/___〉;;;;;;;;;;;;>'  /  /l l/ ||  |;;;;;∧;;;;;;;;;/_ |  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;


こうしてジャコバン、コルドリエの民主・共和派の共闘が決定された。
王制に反対するこの一大勢力の結集は、議会の方針を覆すことも可能であったかもしれないが、
この共闘の約束は、わずか一日で破談となる。


90◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 14:57:49.06 ID:DlHIyqMo


――1791年7月16日。
コルドリエ・クラブ

                            ____
                   r⌒ヽ、   .  /ノ   ヽ、_\
                 / \  \. / ( ○)}liil{(○)
                _/ / ヽ   /     (__人__) \ ダントンさーん!
               〈__/  . |  |     ヽ |!!il|!|!l| / |  請願書をもらってきたお!
                    /  .\     i⌒ェェ|   /
                   ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/   ジャコバン・クラブから
               .__   r  /     |/ー、\   \   預かってきたお!
              ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
                .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
                .i /  //  ./
                .ヽ、_./ ./  /
                    ./ /
                  .ノ.^/
                  |_/







                   /          `丶、   ヽ ヽ
                   ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
                  ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
                  .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
                  l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
                  l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
                  '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
                  V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /
                   '. ト、i  ヽ.          i ` ' !   ……ん。
                  r /'  l   ヽ         l   /    どれどれ……
                 ノ i   、     , - '   -‐--'  .'     ふむ……これは……むう……
               , ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/     
           _... - ''  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /
       _ ... ィ´ i     l     \ '.   丶、  __ノ
  , - '''    i  l     l      \      ̄ ハ、


91◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 15:00:59.36 ID:DlHIyqMo


         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (●)  (●) \     どうかしたのかお?
    | ∪    (__人__)  J |      ヤルオは間違ってエロ同人を
     \  u   `⌒´   /      持ってきちゃったのかお?








                   /          `丶、   ヽ ヽ
                   ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
                  ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
                  .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
                  l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
                  l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
                  '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
                  V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /
                   '. ト、i  ヽ.          i ` ' !   いや、そうじゃない。
                  r /'  l   ヽ         l   /    この文書を起草したのは
                 ノ i   、     , - '   -‐--'  .'     誰かわかるかい?
               , ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/     
           _... - ''  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /
       _ ... ィ´ i     l     \ '.   丶、  __ノ
  , - '''    i  l     l      \      ̄ ハ、



92◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 15:04:33.41 ID:DlHIyqMo



         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (●)  (●) \     た、確か……ラクロさんだったお。
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /







  | ./ l  |      lゝ |   、_l_,../-''"" '' /      |   \
 l ./ !   l   l   l__ゞ+‐ '  ノ,.イ-=ミミヾ/l      |    |
 !/  !   .l   l ''"l,r=ミ、  / ' p!:::`yミ>l  l     |    |
 '  l    ハ    ! ,<'i:pi゙i      ll;:i_;j |,, /  /     |       |   ラクロ――!?
   l   /  ヽ  lゝl! |!::lj     ---¨,, / /  .l |     |
   i  !i   ヽ ヽ\ー゛ ,      /,.ィ'       l  l.      |   オルレアン公の腰巾着じゃない!
    l  ! ',   ヽ \         /'" l     l/      |   あたしにも見せて!
    l l ゛、   `ー!`     --      ノ   l ./       |
    ゝ'、  ゛、  l   ヽ、         !    レi       |
          ゛、 lゝ  `i ・ .._ ,.ィ "____」  /  l        |
            `Y  l  ケT烋''"    l /        |



93◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 15:07:06.62 ID:DlHIyqMo


             /      |ヽ /:\     . ヽ  |     \
           /      i  i::::V:::/ \  、  : .ヽ |       \
            / ィ     i |V゙^"  ∠_V :|、  : . ∨         \
         i/ ,  . :i  ハ |ヽ、'、ィ≠__ X|_|l  }: : \.          ヽ
         i l  l: :l   |二、iy)\V (i!ツ ト|l / : : i、:\: .  : . .    ハ  何だ、この文章は!?
             |  i: : 、 メ (タノ 、  \ ̄`  ノィ: : : : | ヽiヽ、: : . : . .    ハ
            ヽ  ヽ: \ ヽ fニニュ     /フ}: ノ    } }ヽ: : . : :    }  『あらゆる憲法上の手段を用いて
            へ i\i `‐ヽ|_r'⌒ヾ, '   /! |ノイ TT丶.ノノ: ハ : : . : : . ノ  ルイ16世を取り替えるぅ!?』
           /_ `ヽ、.\  !{   ノj i /::| | |  | |  ヽ/  }: : : : /
        . "´    、   >`==彡'_ノ:ノ '|.|  | |    ハ  ノ: : /     これは王制の廃止じゃねえ!
      /         ,i -‐'    下二二/   ||  | |    K:__/       オルレアン公が王位の簒奪を
     ∠.....      /               || //      ヽ         狙っている証だ!!!
`丶、  { / ヽ     /          /      、lj_// /      \
   ` <    ∨   {         /       ハ  | '   ....................\
.           |   ゝ.......     /        j  | | /      \`>







                   /          `丶、   ヽ ヽ
                   ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
                  ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
                  .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
                  l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
                  l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
                  '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
                  V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /   王制廃止までの一時的な処置として、
                   '. ト、i  ヽ.          i ` ' !   オルレアン公をルイ・シャルルの
                  r /'  l   ヽ         l   /    摂政という話が出ているが、
                 ノ i   、     , - '   -‐--'  .'    
               , ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/     こいつを読む限りは、あの御仁には
           _... - ''  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /       国を乗っ取る意志がありありと見えるな……
       _ ... ィ´ i     l     \ '.   丶、  __ノ
  , - '''    i  l     l      \      ̄ ハ、


94◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 15:09:26.32 ID:DlHIyqMo

         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \  オルレアン公――!?
     | ∪    (__人__)  J |   この大変な時にドサクサにまぎれるなんて卑怯だお!
    \  u   `⌒´   /  王族の風上にも置けない奴だお!!







 /                    ヽ       ヽ
/     /        ヘ ._      ヽ      ヽ
     /   ィ  |   / ∨|   |    ヽ   ヽ  ヽ
      l   l  ハ   | ̄ ̄|   ハ    ヽ   ヽ   ',
     |   ハ .| ∨ |   |  ノ ',  /i  }     ヽ  ',
     |   l l l ∨ .|    |  /  ', / |  |     ヽ |
      ヘ .|-サ‐‐ト、|   | /-‐‐‐サ- | /      | l
 |     ∨,,==ラ=zzヘ|   | / ,,,,z==zz、,,レ      ハ l     ダントン……。
 |     ヘ`弋、__n ノ     レ "ヌ、__n ノ /         l | l     ロベスピエールの陰険が
..ハ      ヘ  `='        ` ー ´ / ./    / | l      どんな思惑かわからなけいど、
│',    \  ヽ、     ,      //   /| / レ      ジャコバンとの共闘は考えた方が
│ ',  |   ゙ ・、_ヽ、    _ _      フ´|    / | /        良いかもね……
│ ', ヘ    |ヽ ̄        , ':::::::|   /  レ
リ  ヽ ヘ    |:::::::`+ 、   , ・´:::::::::::::|  /
     ヽゝ   |:::::::::::|  ` ´  |:::::::::::::::|  /
      ヽ   | ̄ ̄ノ      ヽ ̄ ̄ | /



95◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 15:13:47.97 ID:DlHIyqMo


――ジャコバン・クラブ。

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)  ロベスピエールさん……
          | U   (__人__)   コルドリエ・クラブより請願大会の
             |     ` ⌒´ノ   延期と文書の再検討の要請が来ています。
              |         }   
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、







         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈       ラクロの文章が引っかかったらしいね。
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ      ボクもアレを読んでみておかしいと感じた。
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/       
      |:∧l\:{    \       /         だけど、一度決められたことは覆せないだろう。
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ          一応は討議をしてみるけどね……
     /           ,′            
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \


その夜、ジャコバン・クラブは請願大会参加の取り消しを決定。
議会の方針に反対する根拠はないとのロベスピエールの意見に従った。

結局、請願大会はコルドリエ・クラブ単独で望むこととなる。

97◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 15:17:13.72 ID:DlHIyqMo


――1791年7月17日。
シャン・ド・マルス広場。
ジャコバン・クラブの協力が得られないまま、コルドリエ・クラブは
第2回連盟祭で作られたシャン・ド・マルスの広場の国民の祭壇を中心に、
共和制を要求する請願書の署名を求める大会を開始した。


             /      |ヽ /:\     . ヽ  |     \
           /      i  i::::V:::/ \  、  : .ヽ |       \
            / ィ     i |V゙^"  ∠_V :|、  : . ∨         \
         i/ ,  . :i  ハ |ヽ、'、ィ≠__ X|_|l  }: : \.          ヽ
         i l  l: :l   |二、iy)\V (i!ツ ト|l / : : i、:\: .  : . .    ハ  おらぁ!
             |  i: : 、 メ (タノ 、  \ ̄`  ノィ: : : : | ヽiヽ、: : . : . .    ハ
            ヽ  ヽ: \ ヽ fニニュ     /フ}: ノ    } }ヽ: : . : :    }  王制を終わらせる一大大会だ!
            へ i\i `‐ヽ|_r'⌒ヾ, '   /! |ノイ TT丶.ノノ: ハ : : . : : . ノ  お前ら、ちゃっちゃと署名しやがれ!
           /_ `ヽ、.\  !{   ノj i /::| | |  | |  ヽ/  }: : : : /
        . "´    、   >`==彡'_ノ:ノ '|.|  | |    ハ  ノ: : /
      /         ,i -‐'    下二二/   ||  | |    K:__/
     ∠.....      /               || //      ヽ
`丶、  { / ヽ     /          /      、lj_// /      \
   ` <    ∨   {         /       ハ  | '   ....................\
.           |   ゝ.......     /        j  | | /      \`>



98◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 15:21:14.76 ID:DlHIyqMo


         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
        /           丶 
        :'     ____      ヽ  
       :'  >  | .|  <  ・ i  しょ、署名お願いしまーす!
       i      / |      I 何でも良いんで書いてくださ~い!
        ':     /ー┤     ’ | 
        `:、            ノ
          パリ市民A







      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _) 俺は文盲だ~っ!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/ 
          パリ市民B



99◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 15:23:37.82 ID:DlHIyqMo


              __,,..-
               l | ノ
             ┌────┐
      ィ、        l |_‘_|!      r'゙フ
       l 、        /二7 ー、       ( (
      ヽ二゙ヽ\二二二__/\__二二二二/~゙7
     )幵ィー──────────‐‐、幵幵(         
      ̄)、______________,r'´ ̄\
_人_,  / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::::ヽ .|     |
`Y´  ⌒/:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ、:::::::ヽ|/ ̄\|  
     |:::::::::::@ヽ-------‐‐'′    ヽ:::::::::|
    |::::::::::/                 |:::::::::|
    |:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|:::::::::|
   |::::::=ロ  -=・=-  |,  |  -=・=-  ロ=::::::|
    |::::::::/ヽ      /ノ  ヽ      /ヽ:::::::|
   |:::::/  `─── /   ` ───  丶:::|   署名よ!
   |:::ノ        (●_●)        |::|
   |::|           l l           |::|   石田三成×直江兼続
   |::|       __-- ̄`´ ̄--__       |::|
   |::|        -二二二二-        |::|   もしくは、
   |::::\                   /::::|
   \::::::\     _- ̄ ̄ ̄-_     /::::::/   真田幸村×伊達政宗
     |Ξ|~ \             / ~|Ξ|
    /::::::ヽ/|\_______/|\ /:::::::ヽ    と書くのを忘れないでね!
    |::::::::::|  \         /  |::::::::::::|
   /|:::::::::::|    \      /    |::::::::::::|
       テロワーニュ・ド・メリクール



100◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 15:26:43.28 ID:DlHIyqMo


         rt((し)ゝ)m
       __ (シイ(((イト、 ⌒)、
     (从Y  ̄    ミ;(  ⌒ヽ
     (y/         (ソ((jし))
     / __,   、__    乂リソそ)
    _i_/_ソ_  Tへ\、__  从(の))
    .T ,.ィrj lー|〃ぃヽ、T \(シ(r)))
   / 'ー ' /   'ー──'   j)ソル);)   要求の的確さで主婦の
   {   fc っ )       Yルしノ )  
   l   / _,_,__  ヽ       tl } ))    右に出るものはいないわ。
   .l Y ィニニ ≧ 〉}     、ノソノ
    !    ̄    ノノ   y'シノ     署名しないと!
    Y 'ー─        ハ⌒ヽ
   /  \-----     / |  )⌒)
 / |   ム____/  /  ノ   )\
   ,.イ ̄ ̄        /  ノ  )
 /           /  ノ  イ
      パリ市民C






            /彡::/;://:;从::!::l;:. '、
          //;:彡;::://.〃从:!ト;:.,、ヽ、
         /:;彡∠彡;::川//  l } ヾ;:.、;、ヽ
         /彡::彡:;彡///   j},,,,_ヾ!{;:、:j:!
        j彡:;彡;//川===、   ̄__ヾ;:|:;:リ
        j川:彡;:彡|!l ,.r┰、:::  r'┸‐'ヾN:!
        {彡/:;j::!     ̄ ̄彡:: '、`ニ   };l:!
        |彡::/:;:!     , ' r:::.  '、:.......::|リ
       j|::/:;/|!:|!       / -'`-'゙ヽ::::::/
       ヽ;}:|川、‐;        , 、,..、!:. !    共和国要求をしているなら請願はよくある。
         ヽ:;川jハ     ,.-';‐==:;ァ l    (国王は)配慮してくれないと!
        /!川| ヽ,  __ノ 、.`ー ' ,ィ!__ 
       /, --'´゙i \ ヽ,    、___ノ,ハ  `ヽ、
    /r'  ヽ.  |   ゙ヽ、 `''‐、--   /   ヽ   l\
   〈  |/ヽ, ヽ !    ゙ヽ、  ``''‐-- 、__L  |ヾ\
             パリ市民D



101◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 15:30:34.45 ID:DlHIyqMo


             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::ノ ̄ヘ::::::;―、::::::::::::::::::::::::ヘ
          /:::::::::::;-' ̄     ̄    ̄ヘーァ:::::::::i
          i:::::::::彡              ミ:::::::::::ヘ
          |:::::::メ   ........        ......,   ヾ:::::::::::|
          |:::ノ   /   ヽ    /   ヽ ミ::::::::::|
          |::| /    _       _    ヾ::::::l   共和制♪
          |::|    イ(:::)ヽ     イ(:::)メ    |::::::|    共和制♪
          |ノ i    `ー'ノ i    ヽ` ~    イ::イ    共和制♪
          | j }    ~~  ノ;            い    さっさと共和制♪♪
          ゝ:.:.{: . : .    γ    ,、 )、      i丿
          厶:.:.ヾ : .    ` ''`  ~   ヽ     ノつ
          /i:.:.:.:. : .       ,_    i    /
        /  ヘ:.:.:. : .  i   ハニエ!-!‐ヽ |    ,イゝ、__
      /|     ヘ:.: .  │〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ ノ    /   \:;:- 、 _
    /:;:;:;:;ヽ     ヽ   ! ヾエエEァ´     /      i:;:;:;:;:;:;:;\
  /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ      \  ゝ、:::::::::::  '   ノ       |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヘ
/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ      \        /       /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ       ` ー--― '         /:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\                    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;|
:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\                 /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\             /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
                    パリ市民E

共和制要求の請願書の署名者には、コルドリエ・クラブの会員はもちろん、
共闘を破棄したジャコバン・クラブからもアンリオといった若干名が署名に加わっていた。
他にも国民衛兵やパリ市民が署名するが、そのほとんどは文盲で署名が出来ず、
十字を書いた者が多く、また、女性の署名も多かった。


【補足解説・説明】
    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ{   予想外に民衆が集まったらしく、その数は約5万とも言われています。
 iミ}ミ{ ̄ー ̄ミ!  やっぱり請願大会に関係していたオルレアン公が
           これまでの事件のように後ろで糸を引いていたんでしょうかね・・・・・・。





103◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 15:33:27.48 ID:DlHIyqMo

      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ    ジャコバン・クラブと共闘じゃないのに、
  l    |r┬-|     l     凄い人数が署名に参加しているお……
  \   `ー'´   /
  /         ヽ     やっぱりパリ市民は、王様のことを
  し、       ト、ノ     見限ったのかお……
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l







           /       ヽ i     ||     ヽ
          /          ヾi    〃,,,     ヽ
          /           /`_   ヘ''''''――、 彡ヽ
         i      ,,,,-―` ̄i ./ i |.ヘヽ    \   .|
         |  ,,ー'''' ツ     |./  i. | ヽ i  ,,,   ヽ  .|
         ! ´ /,´     -〃  .! |  i.|/     ヽ |
         i /彡´      | \ | ― !  ,, ,,,,   ヽソ、
         ヽ / /i   ,,,,,,,\,,,      ,i//''''''  》ィ i
          >-、 |    ニニ\ミゞ_,,,,   ゾ弋ジ>=|イi .|
          |ヽ ヽ | ー <弋_ツ`,,,    i 、'''''''''''   リ メ     ヤルオくん……
          ! |` ヽ|  ̄  ''''  /    |   ̄    |´/      ちょっといいかな?
          ヽ ヽ,i `、  `         |       |/
           ヽ ヾ ヽ           j      ト、
             ヽ-i        ´ ` ´      ノ |
            / .|i    ,,         _ `i /| ト-、
           r/  iヽ  く  -ー――'''''''   ノ / `i  \
          ,ノヽ  \ヽ、,,      ''''''   ノ´ /   .|   `ヽ、
      ,, - ´   ヘ    \ `ー、       ノ /   .|      ` ヘ`'''''ヘー-
 _,,―'''''      ヘ     \  `ー---ー'''’/     |       ヘ  ヘ
  /  /        ヘ       \      /      |        ヘ  ヘ
 /  /          ヽ       \、   i´       |         ヘ  ヘ
./   /          ヽ        /――ヘ      |         ヘ  ヘ



104◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 15:36:25.44 ID:DlHIyqMo


         ____
       /   u \
      /  ―    ―\
    /  し (●)  (●) \  ダントンさん……
    | ∪    (__人__)  J |   何だお。こんな人のいない所に連れ込んで……
     \  u   `⌒´   /







        l 彡'/     l/ ` `l /´ l.l    ヾミ-`l
        l  /  =ニ`ー\、l/  /'二´=、 ヽ /
        / `iヘ '¨´   ̄ `ー`  ''' ¨´   ̄¨` //'`i
        l l >、liニ ー===-     -==- =l//` l
       ヽ、!〈`.l  `ー '¨    |  `ー - '  l 〉 !ノ   あらかじめキミにコレを渡しておく。
         \ミ i         |l       / ' /   私の自宅の住所と金だ。
          〉- ト     ,    jl       ./ <
         rl l l  r '´     ´    `ヽ ./l ト、
     ,  - ' /  ヽヽ. ! ー――――― ' !// !、` ー 、
 ,  ' ¨    .l   \l丶、  ''''''''''''''   ,イ /  ヽ     ¨ ` - 、
         li     \ ヽ、     ///    /l
         l ヽ     `丶 ー―-', ・´     //       ___ ,,,,,
         l \       ,ヽ_r_' __ ,,,,,,/└-./¨二ミヽ、
          l  ヽ     /´r-¨¨          .{ l´  `} l
          l  \   //    -         ヾー--' /



105◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 15:39:44.21 ID:DlHIyqMo


         ____
       /   u \
      /  ―    ―\
    /  し (●)  (●) \  な、何だお……。
    | ∪    (__人__)  J |   何でこんなモノをヤルオに……?
     \  u   `⌒´   /







           /       ヽ i     ||     ヽ
          /          ヾi    〃,,,     ヽ
          /           /`_   ヘ''''''――、 彡ヽ
         i      ,,,,-―` ̄i ./ i |.ヘヽ    \   .|
         |  ,,ー'''' ツ     |./  i. | ヽ i  ,,,   ヽ  .|
         ! ´ /,´     -〃  .! |  i.|/     ヽ |
         i /彡´      | \ | ― !  ,, ,,,,   ヽソ、
         ヽ / /i   ,,,,,,,\,,,      ,i//''''''  》ィ i
          >-、 |    ニニ\ミゞ_,,,,   ゾ弋ジ>=|イi .|
          |ヽ ヽ | ー <弋_ツ`,,,    i 、'''''''''''   リ メ     保険だ……
          ! |` ヽ|  ̄  ''''  /    |   ̄    |´/      もし、私の身が危なくなったら、
          ヽ ヽ,i `、  `         |       |/       妻にその金を渡して生活を
           ヽ ヾ ヽ           j      ト、      して欲しいと伝えてくれ……
             ヽ-i        ´ ` ´      ノ |
            / .|i    ,,         _ `i /| ト-、
           r/  iヽ  く  -ー――'''''''   ノ / `i  \
          ,ノヽ  \ヽ、,,      ''''''   ノ´ /   .|   `ヽ、
      ,, - ´   ヘ    \ `ー、       ノ /   .|      ` ヘ`'''''ヘー-
 _,,―'''''      ヘ     \  `ー---ー'''’/     |       ヘ  ヘ
  /  /        ヘ       \      /      |        ヘ  ヘ
 /  /          ヽ       \、   i´       |         ヘ  ヘ
./   /          ヽ        /――ヘ      |         ヘ  ヘ



107◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 15:42:47.23 ID:DlHIyqMo


                   /          `丶、   ヽ ヽ
                   ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
                  ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
                  .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
                  l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
                  l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
                  '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
                  V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /   それとヤルオくん……。
                   '. ト、i  ヽ.          i ` ' !
                  r /'  l   ヽ         l   /    共和制は時期尚早だが、
                 ノ i   、     , - '   -‐--'  .'     ご覧の通り民衆の要望は
               , ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/      熱狂を帯びている。
           _... - ''  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /
       _ ... ィ´ i     l     \ '.   丶、  __ノ        キミの思いが伝わることを
  , - '''    i  l     l      \      ̄ ハ、         願いたいが……恐らくは無理だろう。



108◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 15:45:43.45 ID:DlHIyqMo


         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (●)  (●) \     な、何を言うんだお……
    | ∪    (__人__)  J |      「寛容」の精神はダントンさんのモットーだお。
     \  u   `⌒´   /      思いは一つだお……!






          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\   きっとこの請願を受け取った王様は
    / ∪  (__人__)  \  自発的に退位して、物事は丸く収まるお!
    |      ` ⌒´    |  きっとそうなんだお……!
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /







                   /          `丶、   ヽ ヽ
                   ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
                  ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
                  .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
                  l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
                  l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
                  '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
                  V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /   ああ……。
                   '. ト、i  ヽ.          i ` ' !    私もそれを願っているよ。
                  r /'  l   ヽ         l   /    (だが、国王までそれが届くか
                 ノ i   、     , - '   -‐--'  .'     が問題だ……)
               , ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/
           _... - ''  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /
       _ ... ィ´ i     l     \ '.   丶、  __ノ        
  , - '''    i  l     l      \      ̄ ハ、        


109◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 15:49:09.09 ID:DlHIyqMo


同時刻、パリ市庁舎。


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                  ヽ  市長!
    l:::::::::.    ノ             |  議会より請願大会の中止の要請がきております!
    |::::::::::   (●)     (●)   |  どうやら議会は暴動を恐れているようで……
   |:::::::::::::::::   \___/     |  
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ
           役人






                 ,,rz_ ,r -、
              _,.-'' "       ` ー - 、
            _/               ~(
           ノ″          ,       ~ヽ,
         ノ            ノ /        ゞ
         ノ            _,, i r ' ~ヾ,'ヾ   )
        ,/             ノ      (  \ ヽ
       (            ,ノ      ゝ  i/
        ヽ,           ノリ U        i
         !         /      !  ,   ゝ
          \      / U     ゝi  ,-==,
            i     i_    ,==-ヘ!;ー く`ミ~ .) )
           ゙ヽ. r"~`ゞ二 i~ ~ミ' /   i ゝ _iノ
            ヽ| i゙`i   ヽ、  /ノ '  i   !   た、確かに……許可はしたが、5万人近く
            ,.ゝ 从 ゙'ゝ、 ~'"      ,ゝ  .!    集まるような大集会になるとは
           /  \.  フ ' ゙i    ( 、,,ィ   !   思ってもいなかった……。
          ,ノ、 Y  ~ヽ !     ,  _, - ー'、 !
        _,r/ i  i    ゝ、   '  {,- ─ 、/./    今すぐ解散を命じろ!
       _ ノ /  !   !    ノ ヽ、   `'-ー ' /、
   _ ,r ‐' ノ !  !  ヽ  (    ヽ、      ! ヾ 、
  -"    i i   !   \       ` - ー i"  ヽ `'ー
       丶   !     ヽ、_     ノ. , 、 i  ヽ
           |       __ゝ  / / 丶ノ  !
           |      / ヽヽ  /   !
           !   ./!    、 r

              パリ市長バイイ


だが、バイイの解散命令は効果もなく、請願大会は次第に熱狂を帯びていく。


110◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 15:52:29.96 ID:DlHIyqMo


              /     /   /
.            /    ∠i__  /
            l   ̄     丶 _
             \          丶 、  ____
                ̄   -    __  /|\j::l:::::i
                 ヽ   \     -、 /、ゞ-
                  丶   ヽ    \ ヽ\
                   丶   i      \|::::|
                    丶   i       ヽ:j
                     丶  i
                      丶  i
                       丶 i
                        ト-イi、
                       /、__|i/、
                        |  /:::::::>
                       | /::::l ̄
                       |/::::/
                       L/


         _    _
       /;;;;;;;;;;;;`Y´;;;;;;;;\
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;',
      l;;;;;r'´ ̄ ̄~  ̄ ̄ヽ;;;;;!
       |;;;;;;|         |;;;;;|
       {;;;;r',;;'"゙`、  .,,;-ー、 ',:;}      (お……!
      rゝl!. (●)│l (●), :l;jヽ      ミラーチェックチャンス!)
       〉),|   . ノ ヽ   :!ノ/
        ゝ_.l   ゝ- '   ,jノ
        l、  ___,  /!       __ ☆
         lヽ  ー‐'  ,/ !      |   |"
          /!、`ー─‐'" /ヽ     r~) // :|ワ
                     ノ |__|ワ
         パリ市民F



     ,r~~~~~、
    (  ( il    , }.
     レ~^^\)r'^^~ヽl |  (こっちもチャンス!)
 .__」! ,_へ《 、_  l! |
(0j)jjニニ(l)_H_)-(_h_)- |).
{‐っlloT{ ̄_)__、__.、 i´!
{三ヨ.o」)≧〉辷''''j"〈/
  l L__/ヽ_ニ´_/`ヽ
  ヽ____.  て)、   l
      \. \_/ .l
      パリ市民G

112◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 15:56:56.06 ID:DlHIyqMo


       _________________
     /                        /
     |      ./`ー _         ,ヘ  /
     |     /::     ─ _    / ヽ/
     |    ./::::          ─ _/   ヽ
     |   /:::::::::ミ_ ─ _            /'〃
     |   \::::::::::  ─ _ ─ _      /::/ヽ
     |    \::::      ─ _|||    ||:::/   ヽ
     |  /⌒l ━┳━━━━━━━━━━━━┓
     |   |:i⌒|::|:::::|   :::illlllllllllllllll|━━|   ::illllllllll|
     |  |:l⌒| |::::: |  :::iillllllllllllllll/  ::::::| :::iillllllllllノ
     |  |::「]| |::::: \::iillllllllllllllノ/   :::::| :iillllllllノ     おい……!
     |.  \_.l |:::::::   ̄ ̄ ̄ ::/    :::::|  ̄ ./      きさまら……何をしている……!
.   ./|     N::::::::::       (_  ::::_:丿  /
  ./::: |    /: :|:::::::::          ー    /
 / :::::: |.  ./:: ::|:::::::    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄) /
/:::::::::::::|  ./::::  ::|:::::      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
: : :::::::::::::|.../:::    ::|::::        __   /
: : :::::::::::::|/::      ::l::        ::::::::   /\
::::::::::::::::::|\       ::\           /:::::::::\
:::::::::::::::::|  \       ::::\______/:::::::::::::::::
::::::::::::::::|    \      ::::::::::::/ |::::::::::::::::::::
              民主活動家



113◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 15:59:01.59 ID:DlHIyqMo

         __    _
        /;;;;;;;;;;;;`Y´;;;;;;;;\
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;',
      l;;;;;r'´ ̄ ̄~  ̄ ̄ヽ;;;;;!
       |;;;;;;|         |;;;;;|
       {;;;;r' ,rェz 、 ,rzェ 、',;;;}
      rゝl!. r'Oァ ! l r'Oァ  ljヽ
      l(),| U  ノ ヽ     !ノ,! あ……いや、これは……その……!
        ゝ_l    ゝ- ' U ,jノ
        l、.   ___   /!
         lヽ  ー‐'  ,/ !
          /!、`ー─‐'" /ヽ、
      _, -r'´ ! \   /  l `、- 、_
, -‐''"´ /   !   ><     !   ヽ   ` ー-







          ,,,...、,ィ-- 、,,,,,___
        ,,ィiii;:;:;:;:iii;:;:;:;:i;:i;:;:!;:!;:;:;:l、,,_
       r'":;:;:;:;:;:;:;:ヾ;:;: 彡ノノ'ヾ、;:;:;:i!
       |:;:;:;、ゞゞゞ'7''"~     `l;:;:;i!
       l:;:;l     ヽ、   U  l;:;:;:ミ
       l;:;:|   ,,....、    __,;;;;;;;,,,,,ヾ;:;-、
       ヾl,r"‐''''―、,-r'",..,、  i!`T")|
       l^ーi '"' ’'` ノ ヽ、,,,...-‐' j!  |
       i! :; `''ー'''';:',, ,,, )    : |ー'"
        ヽ-l    ,,.;:;::;;;;:,,,,,    |    ミニにタコが出来たんです!
           ヽ i '"ー''''"~~`' / ,,.!、_
           `ヽ、 "" '''  ,,.:'"/' :ヽ
            j^'ー--‐''".ィ'ン"   `ー-、
   r''"~~ ̄ ̄ ̄ ̄i\___,..-'" /    /
            | /`ヽ /
   ヽ   :;:      ^|ヾ,r`'    ,.    ,,.r'
   ミヽ  ヾ ::;;:    |     /   ,.ィ"




114◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 16:02:38.00 ID:DlHIyqMo


                         ______
                         |  ,.へ、__,.ヘ/
                         | / \  ∠ヽ
                         |i^|「::::::ノ=l:::::ィ   / ̄ ̄ ̄ ̄
   ,. -‐- 、               |ヽ|   r_ \l   | 静粛に……!
  _/       \     ____/| ∧. (二二7!   < この男たちは今 ステージの下で
∠   ハヾミニ.r-、\∠L:r‐-‐-、:::::::::|/ ヽ_‐__.」`ー- |  夫人のスカートを覗こうとした
. /ィ ,L V∠ \l \\.)j j j j`二i\    /:|:::::::::::: | 最初に言ったはずだ
  W、ゞi ,、~ __ 「 ̄∧ ヾ´´´   |.  \ / |:::::::::::: | そういう行為は一切認めていないと・・・・・・!
    ,ゝし'/ ,ノ.|  / i  l.     l    \、.|::::::::::::   繰り返す! 猥褻な行為は
   l 、`ヾニンl\./\|l、_」     ヽ、 /  ヾ::::::::::::   無条件で縛り首だっ・・・・!
.    | l    | _l\ト、  | \r──‐┐ト/ / r‐┴-、:::
.   |. |    7 l  ヽ | /☆☆☆.| | ∨ {ニニヾヽ






         __    _
        /;;;;;;;;;;;;`Y´;;;;;;;;\
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;',
      l;;;;;r'´ ̄ ̄~  ̄ ̄ヽ;;;;;!
       |;;;;;;|         |;;;;;|
       {;;;;r' ,rェz 、 ,rzェ 、',;;;}
      rゝl!. r'Oァ ! l r'Oァ  ljヽ ね、捏造だー!
      l(),| U  ノ ヽ     !ノ,! 陰謀だー!
        ゝ_l    ゝ- ' U ,jノ
        l、.   ___   /!
         lヽ  ー‐'  ,/ !
          /!、`ー─‐'" /ヽ、
      _, -r'´ ! \   /  l `、- 、_
, -‐''"´ /   !   ><     !   ヽ   ` ー-



夫人の足元を覗こうとする不審な男二人が縛り首にされた。
このことをきっかけに騒ぎが広まり、議会はこれを利用するため、
暴動という形で誇大に報告されたことで鎮圧が決議され、
国民衛兵司令官のラファイエットがその任に赴いた。



115◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 16:07:02.02 ID:DlHIyqMo


         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|         
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       市民の連中め……!
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ       いい気になりやがって!
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |      
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人      しょせん、貴様らは烏合の衆なんだ。
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ    さっさと解散しやがれ!
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ   
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ 
         ラフェイエット







         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
        /           丶 
        :'  \ ____  /   ヽ  ラ、ラファイエット司令!
       :'  ○  | .|  ○  ・ i  民衆が言うことを聞かないぞゴラァ!
       i      / |      i
        ':     ├ー┤    ’ | 
        `:、            ノ
           国民衛兵
※ギコはパリ市民と国民衛兵を兼ねております。



117◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 16:10:11.59 ID:DlHIyqMo


  ..へ  ト、   、   i、  i   ヽ: : : . \: : : : : : : : : : : : : : :
  i::::::::ヽi::ハ   ト、  |_ヽ |   : ヽ : : \ \: : : : : : : : : : : : :
  i::::::::::::ムハ.  | V |_ヽ|__: ハ\ ̄ ヽ ヽ、 -――-、: :
  |::;r'"´   V  |〃メ | ̄`゙|ヽ厂: . |  \ ヽi \     \
  'l'       V |i!〃リtgッ |   : :l: |,    \ `  ヽ
  i     , 、l_|ノ'     ̄ l ノィ:|: !}、    ハ    ヽ‐ 、     アレは保守化して豚の飼い犬になった
\ニ、三ミ一'ノ`l |   -==イ彡': : | リ \   i   ー- 、I    ラファエイエットじゃねぇか!!
〃\'、__ `   | l       / / : : 爪:i   ヽ  |      `¨   
{   fgツ  ,ィ i/ ヽ .へ/, 'l . : / | ヽ 、 i |  |           みんな言ってやれ!
\   _/  / ,r‐'彡'^/メ | : :' ハ   `ヽ|_/> 、        「ラファイエットの犬野郎」ってな!
、_   ̄     「_/  ノ ヾl :l ∧      \   \      
 、\      i!{ {     }ハ :|' /        ヽ   .\
  \ > .    ゝニニニ彡' /リ/           ハ /  |







      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _) ラファイエットは犬だ~っ!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/ 



118◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 16:13:18.03 ID:DlHIyqMo



     犬!                犬野郎!               イヌ!
               変態!                 政府の狗!

 ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧
(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)`・ω・´)`・ω・´)
 ∧,,∧ )( ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧)  ∧_∧  ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧
(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´) ・ω・´)`・ω・´)(`・ω・´)
 ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧
(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´) ・ω・´)`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´ )

    バター犬!              犬!               初犬!
             イヌっころ!                 戌!



集まった群衆は、ラファエイエットに向って、一斉に罵詈雑言と投石を始めた。



119◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 16:16:38.60 ID:DlHIyqMo


    _,...  -‐  .l .、
. ,. ‐ "   _,.-‐' ´  l
.l--‐‐''''''::::  l ∥,、 l
. l、.`、`、 :::: .l ∥,' .l l
 l`、__、.、 ::: l. , ' 、l.l
 .l. ,' \ .:: .レ   l l.l
  .lミl   `.:::: '  .:... l ll
  lミl   ....:::  ::   .`l゙,.、
   lミ.    ::   _,.' .lハ.l       野郎――!
. ',` ミ.-、__.::.  ィ'-'.ノ .lッノ        貴族の名誉を汚しやがるとは許せねぇ!
.  、ィ、' `、'=´', .::  ̄ ィ l.`、. '.、     
  `、 .l.、 ゙゙゙ 、 ::    l |`、`、_l      国民衛兵!
    ".l`、  `- ',.ェ, l.l .`、      
   _∥、`  ,.,ィイ'-'  / : `、      銃の照準を壇上に合わせろ!!!
   ,' z \ `´-‐'  /  .: `、;;;;;;;;;;;;;;;
   、,.'  .`、 \   ./ :  .: ., '´
       `、 :.`"""´ .:: .,., ':::::.
.       `、 :  :::::, '´ ::::::::::.
        `、  , '´::     ::::
         / .,' :::       :::.
        / ,' :::        ::
        /;;;l  ::     .:::::::::
.       /;;;;;l   :::::::::  :::::::::::::::::::::







         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \ ――な、なんだお?
    | ∪    (__人__)  J |  国民衛兵が、銃を壇上に向けているお……
     \  u   `⌒´   /



121◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 16:19:11.92 ID:DlHIyqMo


         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
        /           丶 
        :'  \ ____  /   ヽ  し、司令……
       :'  ○  | .|  ○  ・ I  騒いでいる群衆じゃなく、
       i      / |   U  I  無防備な民衆に、でよろしいですか……?
        ':     ├ー┤    ’ | 
        `:、            ノ







       、_      _......
  、、_  ノヽ  ̄ ̄ ̄ ̄  └゛゙゙゙´`ヘ─¬_
   )    こ  く   お  く  発  そ
  /    の ら  れ  ら  砲  う
  ヽ    ド え  の  い  だ  だ
    |   グ  ッ 銃  や  ッ  ッ
    |   サ !  を   が  !  !
    |    レ        れ
    |    が        ッ
  ノ´    ッ        !
    |    !
    ヽ
   /ト     __
   /|,-‐'' ̄ ̄ /::`ヽ( `⌒`⌒
   / | \l // ::::: /  ヾ |  |//
   / |、  ヽ""´l /::::: -⊇ |υ |//
   //|ヽ  .:::. /:::::::::: -っ ゝ  |/ /
   //| ヽ、:/イ|::: l  :::...../::::... l .//
   //|:: /イ: ::: /::::::_,,.、- 、:::///ヽ
   // 、<_、!、  ┌´o ,〟彡 //7
   // `l .o ゝ`~´ ゝ'''"'´  // /
   /// |`= |  ̄  ヽ:::  .// :〈::::.
   ///,.ヘ  |:::   )  //っ ::ヽ::ヾ
   /// .ゝ└::::::::   //-‐、 ::i//
   / / ´  ヽ 、;;=-‐.//─' ヽ  //::
   // ̄....   ヽ ヽ-//;;;;;- ⌒ヽ/∧:
     |  :::::::::::::::ヽ //;;;;;;;{ .::::::..// ui
    /:::::::::::    ./〈 ヽ;;;;;;| :: // |  .|
     ::::     //ヽヽ } ┐ // -|
      ::::::::.....// ,,-ヘヽ|へ//''" ノ
         //    ヽヽ//─''"



122◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 16:21:50.07 ID:DlHIyqMo


         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /    や――止めるんだお~!!!!
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)


侮辱の言葉と同時に石さえも投げつけられたラファイエットの怒りは、
市長の許可を得て、安心して武装すらしていなかった壇上の民衆に向けられた。



123以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/13(日) 16:23:31.66 ID:DlHIyqM0


      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,    
         `、||i |i i l|,    
          ',||i }i | ;,〃,,  
          .}.|||| | ! l-'~、ミ 
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ                    ▂ ▪ ▂▄▅▆▇■▀▀〓◣▬ ▪ ■ … .
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ                .▂▅■▀ ▪ ■ ▂¨ ∵▃ ▪ ・
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _         ◢◤ ◢▇█▀ ¨▂▄▅▆▇██■■〓◥◣▄▂
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三        ■ ▂▅██▅▆▇██■〓▀▀ ◥◣ ∴ ▪ .
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;    ▐▅▇███████▀ ▪ ∴ ….▅ ■  ◥◣
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '◥▅▆▇████████▆▃▂  ▪ ■▂▄▃▄▂
'''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ ● )__;;;;   ■  ¨ ▀▀▀■▀▀▀ ▪ ■ ∴‥




                                     ▂ ▪ ▂▄▅▆▇■▀▀〓◣▬ ▪ ■ … .
         rt((し)ゝ)m                   .▂▅■▀ ▪ ■ ▂¨ ∵▃ ▪ ・
       __ (シイ(((イト、 ⌒)、           ◢◤ ◢▇█▀ ¨▂▄▅▆▇██■■〓◥◣▄▂
     (从Y  ̄    ミ;(  ⌒ヽ         ■ ▂▅██▅▆▇██■〓▀▀ ◥◣ ∴ ▪ .
     (y/         (ソ((jし))     ▐▅▇███████▀ ▪ ∴ ….▅ ■  ◥◣
     / __, ● 、__    乂リソそ) ◥▅▆▇████████▆▃▂  ▪ ■▂▄▃▄▂
    _i_/_ソ_  Tへ\、__  从(の))    ■  ¨ ▀▀▀■▀▀▀ ▪ ■ ∴‥
    .T ,.ィrj lー|〃ぃヽ、T \(シ(r)))
   / 'ー ' /   'ー──'   j)ソル);)
   {   fc っ )       Yルしノ )
   l   / _,_,__  ヽ       tl } ))
   .l Y ィニニ ≧ 〉}     、ノソノ
    !    ̄    ノノ   y'シノ
    Y 'ー─        ハ⌒ヽ
   /  \-----     / |  )⌒)
 / |   ム____/  /  ノ   )\




キャー!!               ギャアー!!
          ウワー!!
       +   +   | |   | | | |   | |  +
               | | Π| | | | Π| |     +
     / ̄ ̄ ̄ ̄/三三三三// ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄l +
   / ̄ ̄ ̄ ̄ /三三三三// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i、 ̄ ̄ ̄ i、
  / ̄ ̄ ̄ ̄ _/三三三三// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄', ̄ ̄ ̄ ̄l
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/三三三三// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄',三二二ニl   +
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/三三三三// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


124◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 16:26:49.44 ID:DlHIyqMo


       /     .:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:           .:.:.:.:          ヽ
     , ′  .:.:.:.:-一 ′.:.:.:.:.:.:.:/:.     .:.:.:.:.:._,ィ:.:.:.:.:.             ',
   /  .:_;.: '´   / :.:.:.:.:.:.:.:/:.  .:.:.:.:__, -一'´--、/:.:.:.                ヽ
  /  ..:/     / .:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.; -ヾ´         ./:.:.:.:     /ニ|
/ .:.:/      /.:.:.:.:.:.,: イ:.:.:.:.:イ    \      /:.:.     /三ニ!     :   :|
 .:./       /.:.:.:.:/__/:.:.:/_,lィ===ミヽ  /:.:.     /三三:/     .:.:   |ヽ
         /.:.:./  ./:./! } | `ヽ  __`ヾX:.    / 三ニ/ /!   .:.:.   |
      -ー ' ソ.:/   }/  ゝ`'|   、 ゞ'/ヾ\ィ<  ニ三/ /三l  .:.:.:.:.:  :l  あ、あの犬野郎!!
   /    /´     /'   入,.|    `ァ'-_ィ二 `ー ニ三/ /三ニ/ .:.:/:.:.:.  :!  民衆を――無防備な民衆を
--イ            l  //ノ!  / ´ __,   ミ .アミ/ァ'´─ー 、/  .:.∧.:.:.:. .:.|  撃ち殺しやがった!
  }             // / .}  / ´, 、     、  ̄ `ミ'─ー'/ .:.:.:/.:.:.}.:.:.:.: .:.|
  |             /   ', ', 〈、 /  `ー、      ニ三ニ/ .:.:/.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:./   許さない――っ!
  ',       /   〈     ヽ ヽ ヘ `'ー-、  ` ー─ァ ノ/ニ,/.:./.:.:.:.:.:/!.:.:.:./   絶対に許すもんかっ!!!
   ヽ     /      \     ヽ\ゞ-- 、   ̄` ー//ニ/イ.:.:.:.:.:/  l.:.:.:/
    \  /        \/´  l ヽ    ̄` __∠ -/´三|.:.:./   |.:.:/    あいつも――!
     /            /ヽ    \ ` ー-、 ィ´ニ三三三ニニ:|.:∧   //     そして王族の連中も――!!
ー- 、 /        -ー '    \    >--─-  ニ三彡   :|/ ヽ  /



125◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 16:29:30.81 ID:DlHIyqMo


         __,‐⌒ヽ、
         /   '─ \
        ノ ノ-、 (○) \
        | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ   ど、どうしてこうなるんだお――?
        ヽ  ヽ__,,,トー'i   )
         ノ    ` ⌒''  ノ   ――ヤルオが覚悟を完了して
        (           }     無益な血を流させないって決意したばかりなのに……
        ヽ         /
         ヽ     /    何でだお・・・・・・神様?
       ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ        何でだお・・・・・・王様?
      (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
       ´`´ー-、_,. -‐'´/l .ト''ヽ



126◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 16:32:34.48 ID:DlHIyqMo


       /     .:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:           .:.:.:.:          ヽ
     , ′  .:.:.:.:-一 ′.:.:.:.:.:.:.:/:.     .:.:.:.:.:._,ィ:.:.:.:.:.             ',
   /  .:_;.: '´   / :.:.:.:.:.:.:.:/:.  .:.:.:.:__, -一'´--、/:.:.:.                ヽ
  /  ..:/     / .:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.; -ヾ´         ./:.:.:.:     /ニ|
/ .:.:/      /.:.:.:.:.:.,: イ:.:.:.:.:イ    \      /:.:.     /三ニ!     :   :|
 .:./       /.:.:.:.:/__/:.:.:/_,lィ===ミヽ  /:.:.     /三三:/     .:.:   |ヽ
         /.:.:./  ./:./! } | `ヽ  __`ヾX:.    / 三ニ/ /!   .:.:.   |
      -ー ' ソ.:/   }/  ゝ`'|   、 ゞ'/ヾ\ィ<  ニ三/ /三l  .:.:.:.:.:  :l  デコ助野郎!
   /    /´     /'   入,.|    `ァ'-_ィ二 `ー ニ三/ /三ニ/ .:.:/:.:.:.  :!  何をボケッとしてやがる!
--イ            l  //ノ!  / ´ __,   ミ .アミ/ァ'´─ー 、/  .:.∧.:.:.:. .:.|  
  }             // / .}  / ´, 、     、  ̄ `ミ'─ー'/ .:.:.:/.:.:.}.:.:.:.: .:.|  さっさとデブとヤブを
  |             /   ', ', 〈、 /  `ー、      ニ三ニ/ .:.:/.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:./  探して来い!
  ',       /   〈     ヽ ヽ ヘ `'ー-、  ` ー─ァ ノ/ニ,/.:./.:.:.:.:.:/!.:.:.:./   
   ヽ     /      \     ヽ\ゞ-- 、   ̄` ー//ニ/イ.:.:.:.:.:/  l.:.:.:/    あの犬野郎に復讐するには、
    \  /        \/´  l ヽ    ̄` __∠ -/´三|.:.:./   |.:.:/    あいつらの力が必要なんだ!
     /            /ヽ    \ ` ー-、 ィ´ニ三三三ニニ:|.:∧   //     兵隊どもに逮捕させるんじゃねえぞ!
ー- 、 /        -ー '    \    >--─-  ニ三彡   :|/ ヽ  /







         ____
       /     \
      /  _ノ   ヽ、\
    /   (○)  (O)  \   エ、エベール……
    |       ||  (__人__)  ..|
    \    ノi   !  |.  /   わ、わかったお……!
     /    し'   `⌒´ .ノ    ヤルオが二人を見つけてくるお!
     |       ./ ./



127◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 16:35:53.22 ID:DlHIyqMo


                     _____  
           r⌒ヽ、   .  / ー  ー\
          / \  \. /o゚(( ○) ( ○))゚o 
         _/ / ヽ   /    U(__人__) \    ダントンさん!
        〈__/  . |  |       ` ⌒´   |    マラーさん!
             /  .\     i⌒\   /    無事かお!
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、\   \     ヤルオは、ここにいるお!
       ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
         .i /  //  ./   
         .ヽ、_./ ./  /    
             ./ /      
           .ノ.^/   ダッ
           |_/  



128◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 16:39:17.42 ID:DlHIyqMo


         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
        /           丶 
        :'  \ ____  /   ヽ  貴様ら……!
       :'  ○  | .|  ○  ・ I  た、逮捕するぞゴラァ!
       i      / |   U  I 
        ':     ├ー┤    ’ | 
        `:、            ノ







|: : : : |: : : :_._,|:_:_: /      |: : : /: : : : :    . : イ: : : / l: : : : . : : :
|: : : : |: : : : :!1 ̄7 =-、 ._   !: : / |: : : : :  . : ://: : :/   !: : : : : : : :
|: : : : |: : : : :l ≧'=ォ-..、ヽ \_|: :/ |:ノ: : : . : //: : :/   l: : : : : : : :
l: : : : :. : : : : l | /::::::::::f>、_>!: l イ: : : : : : ∨_/: ∠三 =l: : : : : : :
ハ: : : : :、: : : : ト弋>__,:::ノ  ` V  |: : : : :/,>7'::::::r-;ヾ.v': : : : : :  .
 '、: : : : ヽ: : : :'. ` ̄ ̄ ̄>―   |: : /    {r7_,::ノ  /'′:/: : . : :     く……っ!
ヽ `、: : : : ト、: : :'.           j/   ` ̄ ¨¨  イ: :/: :  /:/:
: : i` ト. : : :! ヽ: :'.            :       J //: : : . //: /    体力勝負は苦手だぜ……
: : l: :| 、 : |   \'、           i      u .ノ´: : :_: : ´: :/j /
/、: |  、: | u   `/_ -― 、__    '′     /_ ィ´: : : :/./ /
  ヽ!  ヘ:|、    〈ー- 、  ` ー-- ィ   -≠ , ′ j : : / //
        \   ` ー--  ___ ノ     /  /: /   /'′



129◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 16:42:35.56 ID:DlHIyqMo



  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄
───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄
                          _ _
                        /      \
                       /\、 ,/゛ , ノし
        , -、 _ 三二―       /,(〇)ヾ'(◯ )) ⌒ \   マラーさんに何をするだーっ!
     __/  / `>、 三二―  l゛⌒(__人__)⌒゛ヾ   |    許さん!
     /  l, - -ノ、   l`――、    \  `ヾソ ´    ノ、<
    / l  |    l /´ l|      ̄ ̄⌒  〆 ̄ヾ   ハ \   ヤルオギャラクティカファントム!
   / l  l  -‐ ヾ   ヽ          彡   `y_γ   )
   {、 \ \    }   イ      ー:: ;-、  ヽーr  ∨  ソ /
   '、  丶--ヽ /   /イー‐´ ̄     ̄\  ' ,  '  )/ j
    \ー----/ _ / 三二―        \ ヾ_/ リ
     丶---{ { / 三二―
          ̄
───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄
  ̄-==____  ─ ̄ ̄







         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
        /           丶 
        :'  \ ____  /   ヽ  
       :'  >  | .|  <  ・ I  ゴラァ~~~~!
       i      / |   U  I 
        ':     ├ー┤    ’ | 
        `:、            ノ



131◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 16:47:08.47 ID:DlHIyqMo


|: : : : |: : : :_._,|:_:_: /      |: : : /: : : : :    . : イ: : : / l: : : : . : : :
|: : : : |: : : : :!1 ̄7 =-、 ._   !: : / |: : : : :  . : ://: : :/   !: : : : : : : :
|: : : : |: : : : :l ≧'=ォ-..、ヽ \_|: :/ |:ノ: : : . : //: : :/   l: : : : : : : :
l: : : : :. : : : : l | /::::::::::f>、_>!: l イ: : : : : : ∨_/: ∠三 =l: : : : : : :
ハ: : : : :、: : : : ト弋>__,:::ノ  ` V  |: : : : :/,>7'::::::r-;ヾ.v': : : : : :  .    ヤルオ……!
 '、: : : : ヽ: : : :'. ` ̄ ̄ ̄>―   |: : /    {r7_,::ノ  /'′:/: : . : :     助かったよ……
ヽ `、: : : : ト、: : :'.           j/   ` ̄ ¨¨  イ: :/: :  /:/:
: : i` ト. : : :! ヽ: :'.            :       J //: : : . //: /    だけど、ちくしょう……
: : l: :| 、 : |   \'、           i      u .ノ´: : :_: : ´: :/j /     俺たちの請願大会は失敗だ……!
/、: |  、: | u   `/_ -― 、__    '′     /_ ィ´: : : :/./ /      共和国が遠のいていく……
  ヽ!  ヘ:|、    〈ー- 、  ` ー-- ィ   -≠ , ′ j : : / //
        \   ` ー--  ___ ノ     /  /: /   /'′





         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \  マラーさん……。
     | ∪    (__人__)  J |   そんなことないお!
    \  u   `⌒´   /  マラーさんの熱意はきっと王さ――!?



           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ   (そうか――!
      / _ノ (>)三(<) \ `、   王様と共和制は相容れないというのは
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )  こういうことだったのかお!)
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://   


                -─‐──‐-、
             /             \
            / ;              ヽ.          (怒りに満ちた民衆がいる限り、
           l  U                l          立憲制への平穏な移行は難しいんだお……
           |      , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、
           !、  _ノ" "ヽ、__  ∪         \  そして。王様がいる限り、
            ヽ ((ー)  (ー) )::  /⌒゛`       l:  革命の推進はおろか、共和国への移行も
             /ヽ∪(_人__)∪__ ,ノ|     ,      |  夢のまた夢なんだお……
             /   /` ⌒ ´     |.    |    ,   !
               /   ∪    |∪`-,,,.|"   |___,ノ   |      せっかく、新しく覚悟を完了したのに……)
           /.   /     |    |    |     ,lー─- 、
        , --‐-ー、_/∪    l ∪   ,|    |   ,/ )    )
       く / / ァ- ,ノ _   \ノ^ノ^/⌒ヽj\   /^ー-‐'
        `ー' ー´ ̄ (_)  (_(_イ_,イ、_,ィ'´__/  ̄

132◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 16:56:35.88 ID:DlHIyqMo


     / // / ハ l_.. -         < _  ___
      |/  l / l/ヾ、  ,,          ー=ニ_   ¨ '' ‐- ...     `ヽ、
         l/ ノ__., ィX/'ニ== 、       ミ 、`丶 、      `ヽ、
         { ヽ、__ 彡´__           ヾ、   `ヽ、, -‐‐ 、 ヽ、
         ヽ_   / ''¨ ヾ、                ゝ   ィ/ ,∠._ ヽ.
         .ゝ`   fj   》  =ニ二          |  l´   , ヘ、   ',
        /´                    !   !  /   ̄   ',
.       /     ミ `ー '  ,              !   !  ヽ´  ヽ  /    マラー!
      /      ヽ、  '      u      /l  l   /  / , '     ヤルオ!
      , '                        / L - '  l _/ ,ィ
     ヽ、    ヽ              /      '´  ./ ',      二人とも無事のようだな……
      ` 、    ′`ー- 、         ' i         /   ',
        }     _.... -ヽヽ、          l      ┌ ''    ',     この場は逃げるぞ!
        `ー-ェニ --‐ーヽ.ヽ                  !      ミ、   兵隊どもに捕まるな!!
            ヽ:.:.:.:, -‐ ', l              l    /
             _V_    j ! l            l   /
              l´    ̄ ̄   l              ノ  ./

この発砲により約50人の死者が出て、参加者のうち数百人が逮捕者された。
これを『シャン・ド・マルスの虐殺』と言い、ラファイエットの信用失墜はもちろんとして、
国王の存在が民衆の要求する共和制と相容れないことを決定付けさせる出来事となった。
そして、それから1年後――積もり積もった民衆の不満は遂に爆発することとなる……


【補足解説・説明】
    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  
 iミ}ミ{━ ━ミ! ラファイエットのこの行為は明らかな失策ですね。
 iミ}ミ{U ー ミ! これでパリ市民は立憲派と敵対関係になります。

          なんで、こんなことをやっちゃったのか、大いに疑問が残りますが、
          理由として
          ①誇り高いラファイエットが、1年前の連盟祭で自分を褒め称えた民衆の
            侮辱に耐えられなかった『ブチ切れ説』
          ②もともと民衆を下賎なものとみなしていたので、無思慮に革命の急進を
            計る民衆に打撃を与えようとした『市民弾圧説』
          ③軍の力を見せ付けて、その後の政治活動を優位に進めようとした『専軍政治説』
          などがあります。

134◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 17:00:59.80 ID:DlHIyqMo


民主・共和派への弾圧は銃火の攻撃だけではなく、言論の上でも攻撃を受けた。


               _,..----、_
              / ,r ̄\!!;へ
             /〃/   、  , ;i
             i,__ i ‐=・ァj,ir=・゙)       懸命なる国民議会の議員諸君!
             lk i.l  /',!゙i\ I       不逞の輩が無法を持って王家の転覆を図ろうと画策をした!
             ゙iヾ,.   ,..-ニ_ /
             Y ト、  ト-:=┘I        私はここで提案をする!
              l ! \__j'.l        無思慮な共和制を要求する民主派の言論を抑え、
              」-ゝr―‐==;十i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____    その巣窟たるコルドリエ・クラブを
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \   閉鎖しようではないか!
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\


こうして民主・共和主義的な傾向の新聞は発行停止になり、コルドリエ・クラブは閉鎖を命じられた。
そして、この影響によって選挙の時期であった立法議会議員の選挙では民主派の議員は当選を阻まれ、
ダントンらは落選し、身の危険を感じてパリから離れることを余儀なくされる。



137◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 17:04:11.39 ID:DlHIyqMo


                  ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
                  .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
                  l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
                  l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
                  '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
                  V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /
                   '. ト、i  ヽ.          i ` ' !
                  r /'  l   ヽ         l   /
                 ノ i   、     , - '   -‐--'  .'
               , ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/
           _... - ''  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /
       _ ... ィ´ i     l     \ '.   丶、  __ノ            
     ダントン――故郷シャンパーニュへ隠遁の後にイギリスへ亡命



            _z=- 、,. -=z_
       ,. '´:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
   -=ヲ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::\
   -=7 :::::::::::/::::::::::::ヽ:ヽ:::::::ヽ:::::ヽ:\_
.    /::::::::::::/::::/:::: - 、::|:::|:::|::::::|::::::::ト、「
   /::::::::::::/::::/:::::/,イ/`ト、!:::|::::::|:::i::::}:::ト、
 =イ::::::::::::::{:::/:::::/卞マハレ'|::::i,≠|:::|:::|i:::|
  |::::::::::::/レ'i::::: レ' 込ソ |: /rぇ|:::|::{ レ'
  レi:::::::〈 ( |ト、:: j      レ!弋タレ'|:/
   }::::::::`トノ  V        〉  |:::!′
.    レ个、j         -‐  /レ'
 ,. --┴--- 、\      /
/    --─一'´ ̄`ヽ‐ '
マラー――イギリスへ亡命



/     /        ヘ ._      ヽ      ヽ
     /   ィ  |   / ∨|   |    ヽ   ヽ  ヽ
      l   l  ハ   | ̄ ̄|   ハ    ヽ   ヽ   ',
     |   ハ .| ∨ |   |  ノ ',  /i  }     ヽ  ',
     |   l l l ∨ .|    |  /  ', / |  |     ヽ |
      ヘ .|-サ‐‐ト、|   | /-‐‐‐サ- | /      | l
 |     ∨,,==ラ=zzヘ|   | / ,,,,z==zz、,,レ      ハ l 
 |     ヘ`弋、__n ノ     レ "ヌ、__n ノ /         l | l
..ハ      ヘ  `='        ` ー ´ / ./    / | l
│',    \  ヽ、     ,      //   /| / レ
│ ',  |   ゙ ・、_ヽ、    _ _      フ´|    / | /
│ ', ヘ    |ヽ ̄        , ':::::::|   /  レ
リ  ヽ ヘ    |:::::::`+ 、   , ・´:::::::::::::|  /
     ヽゝ   |:::::::::::|  ` ´  |:::::::::::::::|  /
エベール――消息不明。地方に潜伏と思われる。

138◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 17:08:51.83 ID:DlHIyqMo


       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:
     ;: |          :::::::| :  ……みんな、バラバラになっちゃったお……
      \.....:::::::::    ::::, /
      r "     .r  /゚。
    :|::|     ::::| :::i
    :|::|:     .::::| :::|:
    :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"



139◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 17:12:53.46 ID:DlHIyqMo


そして、その矛先は、民主派の巨頭であるロベスピエールにも向けられた。



      ―― [] ]    / ̄三\
     | l ̄ | |    /   \三/\
     |_| 匚. |   三   ( ○) ( ○)
        | |   三 u    (__人__)
         |_|   ≡     ` ⌒´ノ    ロベスピエールさーん!
             二        }     に、逃げて下さい!
   [] [] ,-    r⌒ヽ  rヽ,  }
     //   三    i/ | ノヽ
   匚/     三   三   /    )≡
           三  三  /   /≡
         ニ三   ./   /
        二≡、__./    /、⌒)
        三          \  ̄
      三     /\    \
      三     /ニ ヽ 三   三
     三    /  ニ_二__/
     三  ./ .
   ≡  /  |
   ≡ /
  三_ノ







    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!  どうした、ヤラナイオくん!
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ  どうしてそんなに慌てているんだ!?
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'



140◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 17:16:28.43 ID:DlHIyqMo


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ○)(○)  暴徒がロベスピエールさんを出せって――!
          | U   (__人__)
             |     ` ⌒´ノ   ここは危険です。
              |         }   しばらく身を隠してください!
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、







           /:::::::::|:::::::::::|:::::::::::丶,,::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
          /:::::::::::::: |::ヽ:::::::|:ヽ:::::::::::ヾ,:::::::::::::::::::::
         /::::: |::::::::::::|::::ヽ::::::i \::::::::::::ヽ,,::::::::::::::::
         /::::::::::|::::::::| |::::::ヽ:::::ゝ::ヽ:::::::::::::ヽ,,:::::::::::
        /:/:::::::::ヽ::::|:::i::::|:::::ヽ:::ヽ:::ヽ:::::::::::::::ヾ:::::::
        /|:|::::::::::::::ヽ∥::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
       |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
      ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
       ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|   くっ……!
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::   わかった。当面、ジャコバン・クラブのことは
            ヽヽ                 | リl:/:/::::   サン=ジュストとキミに任せる。
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
              丶,    ,             / |::::::/   ペティヨンだって安全とは言いがたいだろうからな……
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ



141◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 17:20:17.14 ID:DlHIyqMo


      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _) ロベスピエールはどこだ~っ!?
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/ 
 暴徒(射殺された市民Bじゃないよ)






 .../ :::::::::::::l::::":::::::、:::: :ヽ.::::::::::::::::.:::::.::::::.:
 / ::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ:::::ヽ`:、::::::::::::::::::::::::::
 .!:::、::::.:::::::::.l:.:::::::::::::::ヽ::\:::ヽ.::::::::::..::::::. ..
 :..: :::|,::: :: :、丶: ヽ: :: :ヽ :::'-::ヽ:::::::::..:::::..
 ::::|:::::::y::::::::ヽ:::::ゝ:ヽ,::::::\.::::゙''.::ヽ::::::::::: .
 :,:::.l:::::lヽ::::::::、:":::::、: 、:::::::゙'.l'-、::.:l:::::::::.: .
 .!:,::::ミ、:゙!,ヽ::::: l::::.\ヽ,\::..,.\\.l::.::::: …  くそ……っ!
 .! l::.:::、::::l从_:::::l::,,'.:/_、ニ,,__、i::|:、''"!:::::::, .   しつこい奴だ……
 :::.ゝ. !./゙! :^lゝ\|::l ゞ='ハ":`.,!`)l:'":::::":::/ ..
 ::ヘ::: `''`:ゝ-:"::::::::ソ":.、:´ `-'‐' ι,.|,i::i'::::/..  早くまかないと……!
 . ::ミ `::::::::::::::::::::::::         ノ.|.l::::i./ ...
.  ヽ''l、:::::::::::::::::::         .i .,l/::::|:,i"
    .'ル:::::::::::::::::ゝ_-       U,..l,i|::l/:. .
.      ヽ::::::::             ゙'/ゞ.从、.! ...
     . ヽ::::::`ヽ..二"''‐    / ,i゙.::|"l/‐ .
      /゙:、::: `―    ./,,、/ .゙| ! ......
    /  .ヽ: \    _/ / l./  ゙
. , /    l ヽ .`'― :(,゙/゙  //



142◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 17:23:36.92 ID:DlHIyqMo


      r /  '7  ,  .l !    ,"  li  li l  i
      ,' .'  .' .i  i  il i      ,' .i li  j
     ,  i  ! .li  l  il l   .l  ,," .'  i ハ
      i   i  ' il  ト i! i'.  i  /  /  l ,,' ii
     !jl .li li l i  i', .i l il  ll /  /il  i j  l
     jメ li l  l l i_l_ .l__i li  il/,'  ソ |,,_乂::::li
      i ll  l ||==ミ ゛ヾ ゛ヽi--, _二ニ _:::l
      | il  i liiヽ’ノ ヾ      r ィt・'j ̄ ''フ::l
      lj.il  ! li  ̄"" '         =- ''"::::j  l
      リ i  li ゝ         ::          l  !  あら……?
       ','. iヾ _!         :::         ii j
        、i! 从        ::::.        lンl   ロベスピエールさん。
       ∧'.'. ilヘ      ヽ :-       ":::I   慌ててどうしたの?
      / ヽヾi!lト        __          :::ソ i
     /   ヽ'i.i il丶     / liヾ、        .':i ll
   /     ヘヾll |iヽ   .' l!;;j"      /::li i
  /        ヾ'.i li liヽ .i  'i"      ィ":::::::l! j
/         ',ij i! l::  i   l    ,...."::::::::::::::l i
 ___       ij il il::.  !.  i イ::::::::::::::::::::::::ii
               売春婦







 .../ :::::::::::::l::::":::::::、:::: :ヽ.::::::::::::::::.:::::.::::::.:
 / ::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ:::::ヽ`:、::::::::::::::::::::::::::
 .!:::、::::.:::::::::.l:.:::::::::::::::ヽ::\:::ヽ.::::::::::..::::::. ..
 :..: :::|,::: :: :、丶: ヽ: :: :ヽ :::'-::ヽ:::::::::..:::::..
 ::::|:::::::y::::::::ヽ:::::ゝ:ヽ,::::::\.::::゙''.::ヽ::::::::::: .
 :,:::.l:::::lヽ::::::::、:":::::、: 、:::::::゙'.l'-、::.:l:::::::::.: .
 .!:,::::ミ、:゙!,ヽ::::: l::::.\ヽ,\::..,.\\.l::.::::: …  モヒカンに追われている!
 .! l::.:::、::::l从_:::::l::,,'.:/_、ニ,,__、i::|:、''"!:::::::, .    しかも極めて凶暴な奴だ……!
 :::.ゝ. !./゙! :^lゝ\|::l ゞ='ハ":`.,!`)l:'":::::":::/ ..
 ::ヘ::: `''`:ゝ-:"::::::::ソ":.、:´ `-'‐' ι,.|,i::i'::::/..
 . ::ミ `::::::::::::::::::::::::         ノ.|.l::::i./ ...
.  ヽ''l、:::::::::::::::::::         .i .,l/::::|:,i"
    .'ル:::::::::::::::::ゝ_-       U,..l,i|::l/:. .
.      ヽ::::::::             ゙'/ゞ.从、.! ...
     . ヽ::::::`ヽ..二"''‐    / ,i゙.::|"l/‐ .
      /゙:、::: `―    ./,,、/ .゙| ! ......
    /  .ヽ: \    _/ / l./  ゙
. , /    l ヽ .`'― :(,゙/゙  //


143◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 17:28:06.08 ID:DlHIyqMo


       7 7 .'/ i  ! .l    /  ii  i!  l!
      r /  '7  ,  .l !    ,"  li  li l  i
      ,' .'  .' .i  i  il i      ,' .i li  j
     ,  i  ! .li  l  il l   .l  ,," .'  i ハ
      i   i  ' il  ト i! i'.  i  /  /  l ,,' ii
     !jl .li li l i  i', .i l il  ll /  /il  i j  l
     jメ li l  l l i_l_ .l__i li  il/,'  ソ |,,_乂::::li
      i ll  l ||==ミ ゛ヾ ゛ヽi--, _二ニ _:::l
      | il  i liiヽ’ノ ヾ      r ィt・'j ̄ ''フ::l
      lj.il  ! li  ̄"" '         =- ''"::::j  l
      リ i  li ゝ         ::          l  !  ――!
       ','. iヾ _!         :::         ii j
        、i! 从        ::::.        lンl   店の裏口を使って!
       ∧'.'. ilヘ      ヽ :-       ":::I   モヒカンは私がうまく足止めしておくから。
      / ヽヾi!lト        __          :::ソ i
     /   ヽ'i.i il丶     / liヾ、        .':i ll
   /     ヘヾll |iヽ   .' l!;;j"      /::li i
  /        ヾ'.i li liヽ .i  'i"      ィ":::::::l! j
/         ',ij i! l::  i   l    ,...."::::::::::::::l i
 ___       ij il il::.  !.  i イ::::::::::::::::::::::::ii
     ゛ヽ    i  li j:::  i  l:::::::::::::::::::::::::::::jメil





 .!:::、::::.:::::::::.l:.:::::::::::::::ヽ::\:::ヽ.::::::::::..::::::. ..
 :..: :::|,::: :: :、丶: ヽ: :: :ヽ :::'-::ヽ:::::::::..:::::..
 ::::|:::::::y::::::::ヽ:::::ゝ:ヽ,::::::\.::::゙''.::ヽ::::::::::: .
 :,:::.l:::::lヽ::::::::、:":::::、: 、:::::::゙'.l'-、::.:l:::::::::.: .
 .!:,::::ミ、:゙!,ヽ::::: l::::.\ヽ,\::..,.\\.l::.::::: …  ありがとう!
 .! l::.:::、::::l从_:::::l::,,'.:/_、ニ,,__、i::|:、''"!:::::::, .    お礼は後で必ずするよ!
 :::.ゝ. !./゙! :^lゝ\|::l ゞ='ハ":`.,!`)l:'":::::":::/ ..
 ::ヘ::: `''`:ゝ-:"::::::::ソ":.、:´ `-'‐' ι,.|,i::i'::::/..
 . ::ミ `::::::::::::::::::::::::         ノ.|.l::::i./ ...
.  ヽ''l、:::::::::::::::::::         .i .,l/::::|:,i"
    .'ル:::::::::::::::::ゝ_-       U,..l,i|::l/:. .
.      ヽ::::::::             ゙'/ゞ.从、.! ...
     . ヽ::::::`ヽ..二"''‐    / ,i゙.::|"l/‐ .
      /゙:、::: `―    ./,,、/ .゙| ! ......
    /  .ヽ: \    _/ / l./  ゙
. , /    l ヽ .`'― :(,゙/゙  //


144◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 17:32:09.23 ID:DlHIyqMo
【補足解説・説明】
    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ{   ロベスピエールに関する噂に売春宿に入るのを見かけたという話がありますが、
 iミ}ミ{ ̄ー ̄ミ!  研究者は、身の危険を回避するために裏口を利用させてもらっていたとしています。
          
           また、議会がパリに移った頃から、26歳くらいの婦人に月々135リーヴルを与えて
           情婦として囲っていたする話もありますが、これについては真偽は不明です。

           この後の政敵からの中傷のほとんどが性的なものが多いので、
           その一つともされていますね。

           童貞?
           どうでしょう?  研究者でも別れるみたいです。はい。

145◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 17:36:02.67 ID:DlHIyqMo


       /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ
        /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',
  .     /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!
      ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
     /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ  ハアハア……!
           ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/    何とかまくことは出来たが、
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://     自宅に戻るのは危険だな。
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/      どこか、身を隠せる家を探さないと……
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/




148◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 17:39:51.65 ID:DlHIyqMo


          ,  ------- 、         ___
          /    ´ ̄`ヽ)ン´ ̄ ̄ ̄``<{{{ ⌒ヽ、
      ///   / ソ\  // |ハ\\<⌒ヽ\
     / / /     ////|   / /  /   | ヽ ヽ \  ヽヽ
     / / /     // // 〉 / /  ,イ   | | │ ヽ| ヽヽ
    / / /   //|/// / / /  //     | | │  |ハ ヽヽ
    | l l / // |// ハ / /   //    / | /!   |  ヽ   l
    | | l / // / | | l / /   /ノ  /  / / //  /| | | |¦|
    | | |│ l/ /l |│|│l   / _.ィ=ミ、// ///リl | | |│|
    | | |│ | /  | |│|│l  l'´〃|::::|ヾ     ィバ | | |│|
    | | |│ |/   | ト|│| |  |   └┘      〈 しリノ / ll | |   あ……ロベスピエールさんだ。
     .l l |│〃   | 卩 | |│ |            イイ | l/
     l l | l/j  |  | ノ。 |│| │        ' ノ    |丨 | l    どうしたの?
     l│ | | |  | | |}8┤|│ |               //│| |    何だか暗い顔しているけど……
      .l | V/ /| | lニ;;コl l ヽ |       r_丁  // 川 |
      | / |ハハl |ノ||;;| ll  ヽ|           // // /1l
      |/|  ∧| |八 Ll /ハ  ヽ 丶、       ////ル' ||
      〃,⊥厶LL| 八Vノノ\ `丶\  ` T T´////
    /      ヽ::::::}}ヽ:::::::` ー------┴<∠厶∠ 、
   /         |:::::{{ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::}}:::::::ヽ    `ヽ




          ____  , ==-- 、
      _.-_=三ニ≧弐=コ'´ ̄ニ_‐ ._
   /,.-ニ‐'´/:::::〃::::∧\`ヽ=ミ、`ヽ、
.  ,.' /:,イ:::::::/;'::::::/l|:::::;';;;|\ ヽ、\`ヽ、\
  / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l;l|;'::ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ヾ ::::::}ハ:l::;:::l::/}:/
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ!         rリノ:/:::/
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´       暗い顔は生まれつきだよ。
    ::∥ {  ゙、ヽ        ‐=ユr-'         ボクは子供の頃から妹たちの
     |    ヽ\         _ノ          世話ばかりだったからね……
          ヽ\      /
           ,.-‐=ニ_、   _ノ            ……って、何の話をしているんだボクは。
  .         \,イヽ、    ̄
           \ \



149◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 17:43:09.92 ID:DlHIyqMo


   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|    ねえ、キミ。
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|    ここの近くに男一人が住めるような
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|    家はないかい?
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.  
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |     危険な連中から身を隠すために
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `    家を探さなきゃならないんだ。
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|     難しいかもしれないけど、心当たりがあれば……
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ







             ,.-─、
           //  /`:L、 ,. -‐,. -‐─- 、__
          / /   /::::/:/ /  ,. '´ ̄ ト、N`ヽ
         / /  / >イ/   /   / /   / |l \ヽ \
           l  |  / ./〃/  〃  / / /  |i  ||   ヽ ヽ
         |  |  l /  / / / / /.| |   li   ||   li l l___
         |  | |/ /  / / / / / .| |   |l  ||    |l | |::〉ヽ、
         |  | | l  l / l / ./l | |   |l   |.|    || | |レ   ',
         |  | | | | |  | | ∧__ljハ  |l |.| |   || | | |l!  |
         |   | | | |  | | l./7:.汀i `  ヽ !人| 从 /i| / /| |   |
         |   | | | l|  | | | 、ゞ-┘       rテ、 / / /|| |   |
            |   | | i| |  | i|i|    ̄       〈:::..j | //| | |   |     あるよ。
         |  i| | | |  |  ||           `ニイ〃| ! i| |   |
            ト、  l| | | |  |  |!      、 ,       / |  ハ .|   |     ちょうどいい家が。
         |ハ  ∨ ||i  | |    、___      / | |  | | |  |     案内してあげる。
         |川ヽ、 \ |i  |i |     ヽ二ア`     /| | | il |    |
         | /|川. ̄川li  l i| \         /l |i! i!/ .| |  |
         // |川|  i|||∧  l|  ヽ、    ,. イ | | |  | |.  | / //
        /∠⊥|川| |||! ハ ヽ __   ̄ /  | | | |  | |   |// /
     /     `ヽ─-‐-- \ヽ::::::: ̄ ̄::|  川|l |,./___レ  ///
     /        l:::|      ̄ ̄ ──ヽ__,. '´     ``ヽ、



150◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 17:45:02.16 ID:DlHIyqMo


     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!    ほ、本当かい!?
         !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ
           ヾト、:!               j!/ j|:::リ    お、お願いするよ!!
          ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/
            }ト.、   r ===ァ      /' !:://
             リl::l゛、  、 _ ,ノ    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/



151◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 17:47:39.47 ID:DlHIyqMo


: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. : ((.,_,.)):.:.:.:. :. ...::ヘ:. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. :.:. :.:. :.: .: .:: .:.. :. .:.. :.ヘ:. :. :. .: ::. :. :. : ____________
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:.:.:======‐ヽ:.::.::.:.:..ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
::: : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:./,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,\ ヽ. ::.:..: ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,,
‐- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::://:.:/,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_, i,_,i,_\ ヽ: :. .:.ヘ:. :. :. .: ::. . :. :ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
:.. .: `ヽ、::::::::::::::::::::::/// ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_i,_,i,\ ヽ: .. :ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,
: :.... . :. :. :゙;:',,.:::::::::::::/[=:i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i ̄i====]----‐‐‐‐‐‐‐l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
..:. . :. :.::. :.:. :~`-, |  ::|#           ::;       |  |    |          |  :;:;,;,;,:;,,
::::; ; : :. :. :. :. :. . . :} |  ::|    ;:;;;;:;×;:;        ..:.√|_|;; ;;:;;|          |     }三三三{
:;、/::. :. :. :. :. :.:..ノ |  ::|:.:.  ;;:;;;;;;        ;:;:;:;;;;;:|デ|  .:ヘ|          |     ||  ||√||
:._::=;::. :.:. :..‐~   |  ::|  :{≡≡≡≡≡≡≡}  : . |.ュ|    |          |     ||--||--||
; l:;;::;:;::; :ノ::::::::::::::::: :|  ::|    |l┌┐ ∥ ┌┐l|  :メ|プ|;;:;;:; |          |     ||×||  || ::;:;k:;;
.:.:;::;:: :;.i~::::::::::::::::::: :|  ::|    |l  │ ∥   │l|     |レ| ;;:;;;;|          |     }三三三{
:. .: :. ソ::::::::::::::::::::::: :|  ::| :;:;:::|l     ∥     l|     | ̄| ;;:;;;;|          |:;.;:;#:;;
:.:ヽーr⌒)‐- .、:::::::|  ::| ;;;:;;:;;|l┌ Ⅱ∥Ⅱ ┐l|: メ   |  |    |          |        ;::;:;x:;:;;
:::::::;:;::;::::;::;:;::: :. }:::::::|  ::| ;;;:;:;|l  │ ∥   │l| ;メ;:;;;|  |;;;;;:;;#|          |;;;;;;wliwliwwliliw;;;_wliwlw_
:::::::;::::;::::;:;::::::: : } wli|,,_ ;;|,,____,,|l  ┘ ∥   ┘l|,,___,,__|__,,|,,__,,__|__,,.. .-‐'''""~;;:;,:;,:;wliiwliililw :;:;:;:;
::::::::::::;::::;::rーwijknwn      ̄:.:  ̄ .. ̄:.  ̄     wliwliWliwlilwli  wlilijlijwlijwWlij  :;;::;:;;;;;;;;wliwliw
;;;;; , ' ´~ liliiwliliwil :. :.   : ::.. .:. .. ,, ,,.. .-‐ '''" "゙WililjlilijWwwliil゙゙゙ ゙゙゙゙゙゙ wwWliliwjlilijlijlw゙゙
 wwliilwnw__,,-‐'''"    :.. .: .:  :. ,/'`゙;;;;;;;;:;;;;;;::'´゙;ll;l wliwliwli,,  ゙゙゙´''` ゙゙゙´'`゙゙wwliwli゙ ゙゙ '''' ,, ゙゙´´'
__,,.. -‐''  ...,,     :.:. :. .   :..,,/,,  ゙゙´'`゙゙゙゙゙'''' ,, ゙゙゙゙゙´´''''' wli liwl  ゙゙´''`゙゙´'''`vjjjyyv゙ ,,


152◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 17:52:21.83 ID:DlHIyqMo

             ,.-─、
           //  /`:L、 ,. -‐,. -‐─- 、__
          / /   /::::/:/ /  ,. '´ ̄ ト、N`ヽ
         / /  / >イ/   /   / /   / |l \ヽ \
           l  |  / ./〃/  〃  / / /  |i  ||   ヽ ヽ
         |  |  l /  / / / / /.| |   li   ||   li l l___
         |  | |/ /  / / / / / .| |   |l  ||    |l | |::〉ヽ、
         |  | | l  l / l / ./l | |   |l   |.|    || | |レ   ',
         |  | | | | |  | | ∧__ljハ  |l |.| |   || | | |l!  |
         |   | | | |  | | l./7:.汀i `  ヽ !人| 从 /i| / /| |   |
         |   | | | l|  | | | 、ゞ-┘       rテ、 / / /|| |   |
            |   | | i| |  | i|i|    ̄       〈:::..j | //| | |   |     ただいまー!
         |  i| | | |  |  ||           `ニイ〃| ! i| |   |
            ト、  l| | | |  |  |!      、 ,       / |  ハ .|   |
         |ハ  ∨ ||i  | |    、___      / | |  | | |  |
         |川ヽ、 \ |i  |i |     ヽ二ア`     /| | | il |    |
         | /|川. ̄川li  l i| \         /l |i! i!/ .| |  |
         // |川|  i|||∧  l|  ヽ、    ,. イ | | |  | |.  | / //
        /∠⊥|川| |||! ハ ヽ __   ̄ /  | | | |  | |   |// /
     /     `ヽ─-‐-- \ヽ::::::: ̄ ̄::|  川|l |,./___レ  ///






  >  <  \/   \ _,. --─-- | 
//\\/\ /_, '"            |
  // \  _,r'"           | おや、今日は随分と早い――
>  <   / ,.イl/r' /⌒´       |
        j≧i{ルzえr‐==宀Y!→三  | 
      /ト{⌒`´″      l|   三 | 
      { }i{             リ  三 |
 \/   ソ -、           三  \__  _____/
 /\   i=-、   ,r==‐一   `ミミ    」/
     _r==≠ー‐' r‐テ宍ぃ,___ヾミ     ヽ、 !
    └}- i 亠}⌒ヽ{ 、_  ̄´ }r───―r‐rイ ⌒トi }| |
      ヽ_!`_j   ヽ _ _ノ'_ノ'´   ノ ミ! i片 l//ll |
        ヽ }   '´ `!       /  ミ!  し'ノ/l!lリ
   \/  、ヽ _ r‐- ノ  `ヽ、       i_,ノヘ川
   /\   川从川从川从  !  i       !   ノル{
          ヽ‐ー→―ー‐ァ'’ j   !      ! }   {_
  ×      ヽi`ー─-^'´/  !      / /    ソヽ
           い、____,.   /      /l  }   / /ヽ
        ×  }            ,. '"   } / / /
\  /        '、         _/    ///  /
  ×        ``=ニr‐ '"/      /  /
           指物師デュプレ
パリで指物師(さしものし・釘を一本も使わずに木工品を作る家具職人)を営む一市民。

153◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 17:56:12.65 ID:DlHIyqMo


   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|    こんにちは……
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.  
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ







 /;;;;;i          ,   ;;  _,.-r::::~_,,,,,,,,,,,. \;;; ;;;;;;
 i;;;;;;;i..∪...-- ;;;;;..__ :: .i  . .  ..イ- ̄_=,_\丶--;; ;;;;
 i;;;;;;;/ ~'''   >=.._ヽi__......∨i~| / i"o')  ヽヽ\r-,;;;;
  i;;;;;i_..r- ""~二'''ヽヽ...;;;:::_:::/"∥__"''~...-y....ヾ iヾ ヽ;;
  i;;;;/"-/ / (o_) ヽハi   Yヽ   ̄""~/     i   i;;;
 q=∥..  ”-.......-フ’'i;;     ハ_ ヾヾ  .._...r"  ”ミ;
  i~;;;i :/  """"~;;;.r /;;....  '  个----:::イ~    ミ::
  ヾ;へ._   ""_....r∧;;:"   .. ヾ.         ミ:
  ∧;;i  '"--''''~   /;;;:::....  丿 i:.        ミ:
  i ヽ;;i       i;;;;. -;;.~  -"'-.r.    .    ミ:
  .i:::::ヾ:;::...     . ' "ヽ:::ヽ--:ノ;;::'     ヾ     ミ
  .ヽ ;yA:::::::..  .::    ~""''''"......;;----.. ::::   ミ
   ヽ ;;ヽ. :::.. ::::  .--'"""""       i  :::.  ヽミ
    \ヾ:i   :: .::: /   _....... --- '''''':-.._i  ::::.  り
     i ::┐ :  ' |..-r""__,,,.-- '''''~ ̄  :ヽ  :::  丿
     ヽ. i.  : ::  | ~ ̄     __..-- "'ヽ|  ::  ∥
      \ヽ ' ;:  ヽ /"""''''''~     ハ  :  /




154◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 17:57:10.37 ID:DlHIyqMo


              _ __ __
           _、rくミミミミミミWW彡彡\
          /三三ミミミミWWレ///彡\
        ノ三==ミミ衍ミ>}jiMjiルf///ll|彡\
        }ニ彡彳  l|          |||ミミミヘ、
         j三≠ |!  |         ||! ミミlト}l
         {三シ      ヽ V /    ii|ミミl| l|
         {彡ノ ‐''ニ‐_、、,_j} ハjl、_,、-ニIIiill|ミ/} |!
       /~Y/===| f´_・_j! l|=|!f´_・_,}! |=llヘ.
        | {フトl|  ヽ[[[[「「l /|  iL`iiiiii'_/ |卩|
       l ヽ} lト、    ,,,、 /_|  l、 、、  /リレ|
       ヽ \} ヽ  ´  {[´_、_ ,_j  `` / l/ /    おい……
         \j/ l| l「 _,,rijlflliillillflk,,  |! |_/     隣にいるのは誰だ!?
          | リ   ,ィ'" ̄ ̄ ̄ト} jf|
          l     ´ ̄ ̄ ̄ ̄´ ノ |      私の可愛い娘に群がる毒虫は!?
          |\ヽ'ー   ̄ ̄ ̄  _,イ__
        r-┤ヽ\\       //| \j \
         |\八  \\_',_;'_,,';_;_,';/ / /\/   |ー―-
     _,r‐ノ  \ヽ ヽ` ー ─ ─ ‐ / ( /     |〉/
_, -、,_/// {   r‐\   \ r‐、    ト、,/_     |//
    //  }! /\  \   ノ_}___  | / /:::\   |´
\ \/   ハ/\:::\ \/ヾ   ``ヽ=v':::::// \|
 //\ l |    \::::\/  /´ ̄>ー‐':::::://
//    ヽ ヽ    \:/ _/-''T「 ̄ ̄`lトく,__
      ヽ \     {/    _,rー‐r-、_゙ブ
             /   ‐''"  `,,_,、_ `ブ






   /;;;;;;;|;;;;;,,;;;;;;;;;;|;;;|.::::::|;;;;丶;;|;、|;;、;;;;;;;;;;;;|;ヽ;;;;;;;;|;;;:::;;ヽ;l
   l;;;;;;|;;;;;;;;|;;;,;;l,;;;i;;;|;;;|;;;|;;;;;|;;;;;|;;;ヽ;;ヽ;;;;;;;|;;;;ヽ;;;;;;;|;;;;;;|;;;;;;ゝ
   l;;|;;;;|;.;ヽ;;;|; ;;;|;;;|;;|;;;| ;;| .;;|;;;;;|;;;;;|;;;;;;| ヽ;;;;;|;;ヽ;;;;;;|;;;;|;;;;;
   l;;|;;;;|,:::ヽ;;;ゝ:::ヽ;;|ヽ|::;;|:: .;;| ;;;|.;;;;| ;;;l::::::::ヽ;;|;;;;;;;;;;|;;;;|;;;l
   l;;;;|;;;;|;;ヽ::::::テr‐z、;|:::::::::::;|::;;| ;;;| ;;l:::;;|:::::::::.ヽ;|;;;;ヽ;;|;;;|;,!
   ヽ,,,;|;;;|;;;ヽ::!_ゝ_フヽ::::::;;;;:::|:::;|::::ハ__フ }〉、 ::::;;l;;;;;;;;;;|;;;|;l
    l;;;;;;|;;|;;;l::::::` ̄"´:::::::::::::::  `::^ ̄""´ ::::::::::|;;/|;;;;|;    ちょ――ちょっと待ってください!
     .ヽ;;;|ヽ;ヽ:::::::::::::::::::::::            l;;|;;;ノ
     ヽ;;;;;ヽヽ::::::::::::::::::::::           ノ;;;ll       ボクは彼女からすぐに住める家を
      ヽ;;;:::::::::::::::::::::::::::          U l;;/       教えてもらいに来ただけです。
       ヾ\::::::::::::::::::::` ´         /;l;|
        ヽ;;ヽ::::::::::::::::::::::        /;;;;l;l
          l;;;;ヽ::::::::ヽ ̄ ̄ゝ    /;;;ゝl
          ...|;;ヽ;ヽ:::::: ̄ ̄   /‘":、!;
          ill゙゙'|l゙l ヽ::::: ̄  /llllll!l゙゙,l


155◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 17:58:47.22 ID:DlHIyqMo


             ,.-─、
           //  /`:L、 ,. -‐,. -‐─- 、__
          / /   /::::/:/ /  ,. '´ ̄ ト、N`ヽ
         / /  / >イ/   /   / /   / |l \ヽ \
           l  |  / ./〃/  〃  / / /  |i  ||   ヽ ヽ
         |  |  l /  / / / / /.| |   li   ||   li l l___
         |  | |/ /  / / / / / .| |   |l  ||    |l | |::〉ヽ、
         |  | | l  l / l / ./l | |   |l   |.|    || | |レ   ',
         |  | | | | |  | | ∧__ljハ  |l |.| |   || | | |l!  |
         |   | | | |  | | l./7:.汀i `  ヽ !人| 从 /i| / /| |   |
         |   | | | l|  | | | 、ゞ-┘       rテ、 / / /|| |   |
            |   | | i| |  | i|i|    ̄       〈:::..j | //| | |   |     ここがそうだよ。
         |  i| | | |  |  ||           `ニイ〃| ! i| |   |
            ト、  l| | | |  |  |!      、 ,       / |  ハ .|   |     私の家。
         |ハ  ∨ ||i  | |    、___      / | |  | | |  |     下宿も兼ねているから
         |川ヽ、 \ |i  |i |     ヽ二ア`     /| | | il |    |     余っている部屋があるよ。
         | /|川. ̄川li  l i| \         /l |i! i!/ .| |  |
         // |川|  i|||∧  l|  ヽ、    ,. イ | | |  | |.  | / //
        /∠⊥|川| |||! ハ ヽ __   ̄ /  | | | |  | |   |// /
     /     `ヽ─-‐-- \ヽ::::::: ̄ ̄::|  川|l |,./___レ  ///






  :::.                  i:::::::i   /~) /~)
  ::::..                  l;;:;;l  ////
  :::::                   i;;:;:| o  o
  ::''       ;;          .,:;:::|ミ;:|ヽ
           ';  ;;  .ii    " .lミ;l"|
  __,,,,....,,,,,_       ;li  ;i!    _,.;;;::::|ii |
     "'''≡::::;;;;;..,,,  ´;  ';、,,.;;;:::="  (;;;| .|,  .,r-、,rー
    ,.::=======:、、  ィ,',:;==''''''''''''lュ | /
. 旦_/  ◎ .i; " i ,-''-'''i;´_.◎_ノ ;;i´i.  |/
   "i -=::;;::::''" ..;'  ノ    ',..'''''" .::iiノ
    :、_ ::::    _ノ     ii、...:::-==''"
     " '''''''''''"".      ;ii;    .|_
.          .,  '、    :'ii   ,;" "''ー--ー''ー-::-ー
          .(       'ii、  ;;
     ,..::    ヽ-:;;:、_  ._;:'ii; ; /  
   .,;::'' ,.;:i;:;:il;:;/;:/ノノii;:;'ー,'"ノ;ii  /.     何を言っているんだ!
  ..;::"  //;:/::':.,,,,,___'''''_,,.::;;-ァノ ./    
  '::'   ,r'''''ーー----~-'ー''";/'/ ./       こんなどこの馬の骨ともわからない
  ::  ;il : : : : : : : : : ヽヽ;;r' .' ./:|       男を家に入れるだなんて、お父さんは、
   '  i-、_: : : : : : : : : ) ii .. /:::l        お父さんは絶対に許さないぞ!
   '  ;-、 "''-:::;;;;;;;:::-' ノ;i ./:: ::l
      . ~''ー-::;;;;;;:--ー''..;' |:::: : |

156◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 18:00:06.85 ID:DlHIyqMo


          ,  ------- 、         ___
          /    ´ ̄`ヽ)ン´ ̄ ̄ ̄``<{{{ ⌒ヽ、
      ///   / ソ\  // |ハ\\<⌒ヽ\
     / / /     ////|   / /  /   | ヽ ヽ \  ヽヽ
     / / /     // // 〉 / /  ,イ   | | │ ヽ| ヽヽ
    / / /   //|/// / / /  //     | | │  |ハ ヽヽ
    | l l / // |// ハ / /   //    / | /!   |  ヽ   l
    | | l / // / | | l / /   /ノ  /  / / //  /| | | |¦|
    | | |│ l/ /l |│|│l   / _.ィ=ミ、// ///リl | | |│|
    | | |│ | /  | |│|│l  l'´〃|::::|ヾ     ィバ | | |│|
    | | |│ |/   | ト|│| |  |   └┘      〈 しリノ / ll | |   お父さん。
     .l l |│〃   | 卩 | |│ |            イイ | l/
     l l | l/j  |  | ノ。 |│| │        ' ノ    |丨 | l    この人馬の骨なんかじゃないよ。
     l│ | | |  | | |}8┤|│ |               //│| |    ロベスピエールさん。
      .l | V/ /| | lニ;;コl l ヽ |       r_丁  // 川 |    ジャコバン・クラブで有名な人よ。
      | / |ハハl |ノ||;;| ll  ヽ|           // // /1l
      |/|  ∧| |八 Ll /ハ  ヽ 丶、       ////ル' ||
      〃,⊥厶LL| 八Vノノ\ `丶\  ` T T´////
    /      ヽ::::::}}ヽ:::::::` ー------┴<∠厶∠ 、
   /         |:::::{{ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::}}:::::::ヽ    `ヽ








 /;;;;;i          ,   ;;  _,.-r::::~_,,,,,,,,,,,. \;;; ;;;;;;
 i;;;;;;;i..∪...-- ;;;;;..__ :: .i  . .  ..イ- ̄_=,_\丶--;; ;;;;
 i;;;;;;;/ ~'''   >=.._ヽi__......∨i~| / i"o')  ヽヽ\r-,;;;;
  i;;;;;i_..r- ""~二'''ヽヽ...;;;:::_:::/"∥__"''~...-y....ヾ iヾ ヽ;;
  i;;;;/"-/ / (o_) ヽハi   Yヽ   ̄""~/     i   i;;;
 q=∥..  ”-.......-フ’'i;;     ハ_ ヾヾ  .._...r"  ”ミ;
  i~;;;i :/  """"~;;;.r /;;....  '  个----:::イ~    ミ::
  ヾ;へ._   ""_....r∧;;:"   .. ヾ.         ミ:
  ∧;;i  '"--''''~   /;;;:::....  丿 i:.        ミ:
  i ヽ;;i       i;;;;. -;;.~  -"'-.r.    .    ミ:
  .i:::::ヾ:;::...     . ' "ヽ:::ヽ--:ノ;;::'     ヾ     ミ
  .ヽ ;yA:::::::..  .::    ~""''''"......;;----.. ::::   ミ
   ヽ ;;ヽ. :::.. ::::  .--'"""""       i  :::.  ヽミ
    \ヾ:i   :: .::: /   _....... --- '''''':-.._i  ::::.  り
     i ::┐ :  ' |..-r""__,,,.-- '''''~ ̄  :ヽ  :::  丿
     ヽ. i.  : ::  | ~ ̄     __..-- "'ヽ|  ::  ∥
      \ヽ ' ;:  ヽ /"""''''''~     ハ  :  /



157◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 18:00:58.10 ID:DlHIyqMo

              _ __ __
           _、rくミミミミミミWW彡彡\
          /三三ミミミミWWレ///彡\
        ノ三==ミミ衍ミ>}jiMjiルf///ll|彡\
        }ニ彡彳  l|          |||ミミミヘ、
         j三≠ |!  |         ||! ミミlト}l
         {三シ      ヽ V /    ii|ミミl| l|
         {彡ノ ‐''ニ‐_、、,_j} ハjl、_,、-ニIIiill|ミ/} |!
       /~Y/===| f´_・_j! l|=|!f´_・_,}! |=llヘ.
        | {フトl|  ヽ[[[[「「l /|  iL`iiiiii'_/ |卩|
       l ヽ} lト、    ,,,、 /_|  l、 、、  /リレ|
       ヽ \} ヽ  ´  {[´_、_ ,_j  `` / l/ /    ロ、ロベスピエールさん……?
         \j/ l| l「 _,,rijlflliillillflk,,  |! |_/     家内が狂信的ファンのロベスピエールさん?
          | リ   ,ィ'" ̄ ̄ ̄ト} jf|
          l     ´ ̄ ̄ ̄ ̄´ ノ |      弱気を助け強気をくじく、正義の味方……
          |\ヽ'ー   ̄ ̄ ̄  _,イ__    マクシミリアン・ロベスピエールさん!?
        r-┤ヽ\\       //| \j \
         |\八  \\_',_;'_,,';_;_,';/ / /\/   |ー―-
     _,r‐ノ  \ヽ ヽ` ー ─ ─ ‐ / ( /     |〉/
_, -、,_/// {   r‐\   \ r‐、    ト、,/_     |//
    //  }! /\  \   ノ_}___  | / /:::\   |´
\ \/   ハ/\:::\ \/ヾ   ``ヽ=v':::::// \|
 //\ l |    \::::\/  /´ ̄>ー‐':::::://
//    ヽ ヽ    \:/ _/-''T「 ̄ ̄`lトく,__
      ヽ \     {/    _,rー‐r-、_゙ブ
             /   ‐''"  `,,_,、_ `ブ







    ノ;;;;;;;;;;|;;;、;;;;;;;;;;;;;|;;;;;、;;;;;;;|:丶;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|;;;;;;;;;;;;ヽ;;l
   /;;;;;;;|;;;;;,,;;;;;;;;;;|;;;|.::::::|;;;;丶;;|;、|;;、;;;;;;;;;;;;|;ヽ;;;;;;;;|;;;:::;;ヽ;l
   l;;;;;;|;;;;;;;;|;;;,;;l,;;;i;;;|;;;|;;;|;;;;;|;;;;;|;;;ヽ;;ヽ;;;;;;;|;;;;ヽ;;;;;;;|;;;;;;|;;;;;;ゝ
   l;;|;;;;|;.;ヽ;;;|; ;;;|;;;|;;|;;;| ;;| .;;|;;;;;|;;;;;|;;;;;;| ヽ;;;;;|;;ヽ;;;;;;|;;;;|;;;;;
   l;;|;;;;|,:::ヽ;;;ゝ:::ヽ;;|ヽ|::;;|:: .;;| ;;;|.;;;;| ;;;l::::::::ヽ;;|;;;;;;;;;;|;;;;|;;;l
   l;;;;|;;;;|;;ヽ::::::テr‐z、;|:::::::::::;|::;;| ;;;| ;;l:::;;|:::::::::.ヽ;|;;;;ヽ;;|;;;|;,!
   ヽ,,,;|;;;|;;;ヽ::!_ゝ_フヽ::::::;;;;:::|:::;|::::ハ__フ }〉、 ::::;;l;;;;;;;;;;|;;;|;l
    l;;;;;;|;;|;;;l::::::` ̄"´:::::::::::::::  `::^ ̄""´ ::::::::::|;;/|;;;;|;    は、はあ……
     .ヽ;;;|ヽ;ヽ:::::::::::::::::::::::            l;;|;;;ノ
     ヽ;;;;;ヽヽ::::::::::::::::::::::           ノ;;;ll       そんな形容詞が正しいかわかりませんが、
      ヽ;;;:::::::::::::::::::::::::::          U l;;/       ボクはマクシミリアン・ロベスピエールです。
       ヾ\::::::::::::::::::::` ´         /;l;|        国民議会議員の。
        ヽ;;ヽ::::::::::::::::::::::        /;;;;l;l
          l;;;;ヽ::::::::ヽ ̄ ̄ゝ    /;;;ゝl
          ...|;;ヽ;ヽ:::::: ̄ ̄   /‘":、!;
          ill゙゙'|l゙l ヽ::::: ̄  /llllll!l゙゙,l

158◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 18:02:43.93 ID:DlHIyqMo


             ,.-─、
           //  /`:L、 ,. -‐,. -‐─- 、__
          / /   /::::/:/ /  ,. '´ ̄ ト、N`ヽ
         / /  / >イ/   /   / /   / |l \ヽ \
           l  |  / ./〃/  〃  / / /  |i  ||   ヽ ヽ
         |  |  l /  / / / / /.| |   li   ||   li l l___
         |  | |/ /  / / / / / .| |   |l  ||    |l | |::〉ヽ、
         |  | | l  l / l / ./l | |   |l   |.|    || | |レ   ',
         |  | | | | |  | | ∧__ljハ  |l |.| |   || | | |l!  |
         |   | | | |  | | l./7:.汀i `  ヽ !人| 从 /i| / /| |   |
         |   | | | l|  | | | 、ゞ-┘       rテ、 / / /|| |   |
            |   | | i| |  | i|i|    ̄       〈:::..j | //| | |   |     ねえ、良いでしょう?
         |  i| | | |  |  ||           `ニイ〃| ! i| |   |
            ト、  l| | | |  |  |!      、 ,       / |  ハ .|   |     この危険なご時世なんだし、
         |ハ  ∨ ||i  | |    、___      / | |  | | |  |     女ばかりの家に男手は必要だよ。
         |川ヽ、 \ |i  |i |     ヽ二ア`     /| | | il |    |     議員さんだから、お金もあるだろうし。
         | /|川. ̄川li  l i| \         /l |i! i!/ .| |  |
         // |川|  i|||∧  l|  ヽ、    ,. イ | | |  | |.  | / //
        /∠⊥|川| |||! ハ ヽ __   ̄ /  | | | |  | |   |// /
     /     `ヽ─-‐-- \ヽ::::::: ̄ ̄::|  川|l |,./___レ  ///
     /        l:::|      ̄ ̄ ──ヽ__,. '´     ``ヽ、







    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!    お金は故郷の妹たちに渡していて
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ     あまりないんだけど……。
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ      家賃くらいなら大丈夫かな……?
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'




159◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 18:03:34.91 ID:DlHIyqMo


              _ __ __
           _、rくミミミミミミWW彡彡\
          /三三ミミミミWWレ///彡\
        ノ三==ミミ衍ミ>}jiMjiルf///ll|彡\
        }ニ彡彳  l|          |||ミミミヘ、
         j三≠ |!  |         ||! ミミlト}l
         {三シ      ヽ V /    ii|ミミl| l|
         {彡ノ ‐''ニ‐_、、,_j} ハjl、_,、-ニIIiill|ミ/} |!
       /~Y/===| f´_・_j! l|=|!f´_・_,}! |=llヘ.
        | {フトl|  ヽ[[[[「「l /|  iL`iiiiii'_/ |卩|
       l ヽ} lト、    ,,,、 /_|  l、 、、  /リレ|
       ヽ \} ヽ  ´  {[´_、_ ,_j  `` / l/ /    ロベスピエールさん……
         \j/ l| l「 _,,rijlflliillillflk,,  |! |_/     あなたのような立派な人をこんな粗末な家に
          | リ   ,ィ'" ̄ ̄ ̄ト} jf|     招き入れるなんて恥ずかしい限りですが、
          l     ´ ̄ ̄ ̄ ̄´ ノ |      それでも良ければ住んでください!
          |\ヽ'ー   ̄ ̄ ̄  _,イ__    家賃? そんなものはいりません。
        r-┤ヽ\\       //| \j \  是非、ご自由に住んでもらって結構です!
         |\八  \\_',_;'_,,';_;_,';/ / /\/   |ー―-
     _,r‐ノ  \ヽ ヽ` ー ─ ─ ‐ / ( /     |〉/
_, -、,_/// {   r‐\   \ r‐、    ト、,/_     |//
    //  }! /\  \   ノ_}___  | / /:::\   |´
\ \/   ハ/\:::\ \/ヾ   ``ヽ=v':::::// \|
 //\ l |    \::::\/  /´ ̄>ー‐':::::://
//    ヽ ヽ    \:/ _/-''T「 ̄ ̄`lトく,__
      ヽ \     {/    _,rー‐r-、_゙ブ
             /   ‐''"  `,,_,、_ `ブ







     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!   本当ですか!?
         !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ  そんな、こちらこそ助かります!
           ヾト、:!               j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/    では、しばらくの間、この家に
            }ト.、   r ===ァ      /' !:://     厄介にならせていただきます!
             リl::l゛、  、 _ ,ノ    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/




160◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 18:04:55.07 ID:DlHIyqMo


             ,.-─、
           //  /`:L、 ,. -‐,. -‐─- 、__
          / /   /::::/:/ /  ,. '´ ̄ ト、N`ヽ
         / /  / >イ/   /   / /   / |l \ヽ \
           l  |  / ./〃/  〃  / / /  |i  ||   ヽ ヽ
         |  |  l /  / / / / /.| |   li   ||   li l l___
         |  | |/ /  / / / / / .| |   |l  ||    |l | |::〉ヽ、
         |  | | l  l / l / ./l | |   |l   |.|    || | |レ   ',
         |  | | | | |  | | ∧__ljハ  |l |.| |   || | | |l!  |
         |   | | | |  | | l./7:.汀i `  ヽ !人| 从 /i| / /| |   |
         |   | | | l|  | | | 、ゞ-┘       rテ、 / / /|| |   |
            |   | | i| |  | i|i|    ̄       〈:::..j | //| | |   |     良かったね。
         |  i| | | |  |  ||           `ニイ〃| ! i| |   |     ロベスピエールさん!
            ト、  l| | | |  |  |!      、 ,       / |  ハ .|   |
         |ハ  ∨ ||i  | |    、___      / | |  | | |  |
         |川ヽ、 \ |i  |i |     ヽ二ア`     /| | | il |    |
         | /|川. ̄川li  l i| \         /l |i! i!/ .| |  |
         // |川|  i|||∧  l|  ヽ、    ,. イ | | |  | |.  | / //
        /∠⊥|川| |||! ハ ヽ __   ̄ /  | | | |  | |   |// /
     /     `ヽ─-‐-- \ヽ::::::: ̄ ̄::|  川|l |,./___レ  ///
     /        l:::|      ̄ ̄ ──ヽ__,. '´     ``ヽ、







     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
         !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ  ありがとう!
           ヾト、:!               j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/    キミのおかげだよ!
            }ト.、   r ===ァ      /' !:://     そう言えば、まだ名前を聞いていなかったね。
             リl::l゛、  、 _ ,ノ    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/




161◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 18:06:17.47 ID:DlHIyqMo


             ,.-─、
           //  /`:L、 ,. -‐,. -‐─- 、__
          / /   /::::/:/ /  ,. '´ ̄ ト、N`ヽ
         / /  / >イ/   /   / /   / |l \ヽ \
           l  |  / ./〃/  〃  / / /  |i  ||   ヽ ヽ
         |  |  l /  / / / / /.| |   li   ||   li l l___
         |  | |/ /  / / / / / .| |   |l  ||    |l | |::〉ヽ、
         |  | | l  l / l / ./l | |   |l   |.|    || | |レ   ',
         |  | | | | |  | | ∧__ljハ  |l |.| |   || | | |l!  |
         |   | | | |  | | l./7:.汀i `  ヽ !人| 从 /i| / /| |   |
         |   | | | l|  | | | 、ゞ-┘       rテ、 / / /|| |   |
            |   | | i| |  | i|i|    ̄       〈:::..j | //| | |   |     私?
         |  i| | | |  |  ||           `ニイ〃| ! i| |   |     私の名前はエレオノール。
            ト、  l| | | |  |  |!      、 ,       / |  ハ .|   |     よろしくね、ロベスピエールさん!
         |ハ  ∨ ||i  | |    、___      / | |  | | |  |
         |川ヽ、 \ |i  |i |     ヽ二ア`     /| | | il |    |
         | /|川. ̄川li  l i| \         /l |i! i!/ .| |  |
         // |川|  i|||∧  l|  ヽ、    ,. イ | | |  | |.  | / //
        /∠⊥|川| |||! ハ ヽ __   ̄ /  | | | |  | |   |// /
     /     `ヽ─-‐-- \ヽ::::::: ̄ ̄::|  川|l |,./___レ  ///
     /        l:::|      ̄ ̄ ──ヽ__,. '´     ``ヽ、
               エレオノール・デュプレ
デュプレ三姉妹の長女。


以後、ロベスピエールは、このデュプレの家に家族同然の関係として住むこととなる。




第10話「弾圧」終わり
第11話「最後の抵抗」へと続く


165◆5u6jcKSVew2009/09/13(日) 18:14:26.22 ID:DlHIyqMo
    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ{   今回は初めての日曜日で、投下間隔3~5分は長かったです。
 iミ}ミ{ ̄ー ̄ミ!  4時間の長丁場はいかがでしたでしょうか?
 }ミ{足_〒)ヽ   投下予定日とともに次回の参考としたいです。
  `i,J( 了´  
    }_ノノ    レス返しはちょっと待ってください。
    ヒ}ノ     嫁に怒られてまう……

やる夫がフランス革命を生き抜きます 第10話「弾圧」―前編―

92712009/09/07(月) 19:29:40.64 ID:wg2XK7Uo
それではこれより投下します。


かしらかしらご存知かしら~。
世界を革命する物語が始まるわよ~。
かしらかしらご存知かしら~。

第10話「弾圧」―前編―



92812009/09/07(月) 19:31:02.35 ID:wg2XK7Uo



――1791年6月23日、午前8時。

国王一家の連れ戻しを決定した翌日、議会はこの「逃亡」についての見解を迫られたが、
三頭派は、これを逃亡と判断するのは早急であり、「誘拐」という線で収拾を図った。



              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i' U    _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,   今は性急な判断をすべきではない!
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   私が国王陛下に謁見し、この「事件」の顛末を
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ    聞きに行こうではないか!
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"
              バルナーヴ


92912009/09/07(月) 19:32:44.98 ID:wg2XK7Uo


        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  ─   ─
      |  /    -   -     バルナーヴさん。
       (6        \     あなただけでは発言を故意に捏造される恐れがある。
       │    ,,,,, ─′
        \    ̄ ̄l     国王へのインタビューが編集されて、
        |  ヽ  ;;;;;;;;l      恣意的なものにならないよう、ボクも付いて行くよ。
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\
        ペティヨン


国王誘拐説でひとまず議会の鎮静化は図られ、
それぞれ別個の思想を持つ議員3人の派遣が決定された。



93012009/09/07(月) 19:34:05.49 ID:wg2XK7Uo


           ____
       /      \
      /ノ  \   u. \     ヤラナイオ……
    / (●)  (●)    \    ジャコバン・クラブの様子はどうだお?
    |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \







            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ー)(ー)  真っ二つだ……
          | U   (__人__)   どちらかといえば立憲派が優勢かな。
             |     ` ⌒´ノ
              |         }   立憲派のラトゥール・モーブールさんと
              ヽ        }   共和派のペティヨンさん。
            ヽ、.,__ __ノ   二人が議員代表としてバルナーヴと
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、  一緒に国王を迎えに行ったよ……。




93112009/09/07(月) 19:35:41.84 ID:wg2XK7Uo


         ____
        /      \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \  コルドリエ・クラブは急進的な意見ばかりだお。
    |         (__人__)|  マラーさんやエベールが煽っていて、
     \    u   .` ⌒/   ダントンさんも対処に苦慮しているお……
    ノ           \
  /´               ヽ





            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( >)(●)  もしかしたら、
          | U   (__人__)   共和制が実現するかもしれないな。
             |     ` ⌒´ノ
              |         }   議会と民衆の意見は完全に乖離
              ヽ        }   しているようだし……
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



93212009/09/07(月) 19:37:21.72 ID:wg2XK7Uo


         ____
       /   u \
      /  \    ─\    
    /  し (>)  (●) \  王様は、きっと赤字夫人に引っ張られただけだお。
    | ∪    (__人__)  J |  だから、王様はそんなに悪くないんだお。
     \  u   `⌒´   /   きっとそうだお……。
    ノ           \






            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ー)(ー)  ヤルオ……
          | U   (__人__)   そろそろお前も覚悟を決めた方が良い。
             |     ` ⌒´ノ
              |         }   俺は、王政廃止の覚悟は決めているし、
              ヽ        }   処罰もやむをえないと考えている。
            ヽ、.,__ __ノ   これは、今のパリ市民の大多数の意志だ。
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



93312009/09/07(月) 19:39:00.03 ID:wg2XK7Uo


                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/   だが、お前は、少数派になる勇気があるか!?
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''



         ____
       /   u \
      /  \    /\    
    /  し (>)  (<) \  ――!?
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /
    ノ           \



93512009/09/07(月) 19:41:42.94 ID:wg2XK7Uo


                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/   俺は自分の考えで革命に共感して共和派になった。
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/    だが、お前はその場の流れで革命に参加しただけだ。
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|      国王を守るなら王党派か立憲派になれば良い。
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l     だけど、お前が所属しているコルドリエ・クラブは
r   、  /           !::::::::::: i..:..i     今やジャコバン・クラブ以上に共和派の巣窟になっている。
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i    お前は、その中で国王擁護を口にしていけるか?
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''



93612009/09/07(月) 19:42:44.54 ID:wg2XK7Uo

         ____
       /   u \
      /  \    ─\    
    /  し (>)  (●) \  ダ、ダントンさんは……
    | ∪    (__人__)  J |   ま、まだ……急進を抑えているお。
     \  u   `⌒´   /  ヤルオは……ダントンさんに付いていくお……
    ノ           \



93712009/09/07(月) 19:43:38.66 ID:wg2XK7Uo


      / ̄ ̄\
    /    _ノ \
    |    ( ●)(●)
    |     (__人__)
     |      |r┬| .}    人に頼るなっ!!!!!!
     |       | | | }
   ,..-'ヽ     `ニニ }
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ





         ____
       /   u \
      /  \    /\    
    /  し (>)  (<) \  ――!?
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /
    ノ           \


93812009/09/07(月) 19:44:51.37 ID:wg2XK7Uo


      / ̄ ̄\
    /    _ノ \
    |    ( ●)(●)
    |     (__人__)
     |      |r┬| .}    じゃあ、ダントンさんが国王処刑に賛同したらどうする!?
     |       | | | }     あの人だって立場を共和派だ!
   ,..-'ヽ     `ニニ }    民衆の強い要望を無視することは出来ないんだぞ!
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ





           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、  うう~……
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )  やめてくれお……。
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://   今は、今は……考え中なんだお……



93912009/09/07(月) 19:45:57.87 ID:wg2XK7Uo


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)  ……ヤルオ。
          |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ   国王が戻ってきたパリ市民の反応を
              |         }   見てみるんだな。
              ヽ        }   
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、







                -─‐──‐-、
             /             \
            / ;              ヽ.           革命は……
           l  U                l           ……こんなに重いのかお!
           |      , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、
           !、  _ノ" "ヽ、__  ∪         \
            ヽ ((ー)  (ー) )::  /⌒゛`       l:
             /ヽ∪(_人__)∪__ ,ノ|     ,      |
             /   /` ⌒ ´     |.    |    ,   !
               /   ∪    |∪`-,,,.|"   |___,ノ   |
           /.   /     |    |    |     ,lー─- 、
        , --‐-ー、_/∪    l ∪   ,|    |   ,/ )    )
       く / / ァ- ,ノ _   \ノ^ノ^/⌒ヽj\   /^ー-‐'
        `ー' ー´ ̄ (_)  (_(_イ_,イ、_,ィ'´__/  ̄



94012009/09/07(月) 19:47:15.94 ID:wg2XK7Uo


――1791年6月23日、夕刻。
エペルネの街道。
バルナーヴら代表議員を乗せた馬車が、国王一家が乗った馬車と合流をした。



              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,   陛下……
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   私は国民議会の議員をしている
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ    アントワーヌ・ピエール・ジョゼフ・マリ・バルナーヴ
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |    と申します。
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|    陛下をお迎えに参りました。
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"







        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  ─   ─
      |  /    -   -      同じく国民議会の議員をしている
       (6        \     ジェローム・ド・ペティヨンだ。
       │    ,,,,, ─′   
        \    ̄ ̄l     この度は、大変なご災難でしたね。
        |  ヽ  ;;;;;;;;l
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\



94112009/09/07(月) 19:48:18.17 ID:wg2XK7Uo


                        _,,t-‐‐-、,-‐‐-、
                     三'::::::............... .....::::::`y,.
                     ナ::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::ヾ
              | ̄|   V::::::::::::::::_{{ ({∫∬ノノjヾ:::::{
           | ̄| | ̄|   ナ::::::::::::::i`__,,,,,,,ァ_  _,,,,,_ t;;:ヌ
           |  | |  |  イヘ::::::(ヾ~!,ャt、 !'''i ィtン )=f }f
           |  | |  |  i {t)テ" ヘ' '___,イ ヽ_/ 介'
           |  | |  | _,rヘ_,j|!'     /ー--''!     |'     ハアハア……!
           |,.ィ―'''' ̄ /| |       /二ク     !      ラトゥール・モーブールです。
           /;;:::'';;::''::;;:/ { ! 、     ヾニン   ノ\     国王陛下にお目にかかれて光栄です。
            /'''::::;r|''':::;;;|  | ! \       _,,./|::;;'''\
        /:;;/ |;;;''::;;|   丶\  `__>-ー´   !;;;:'''::iヽ、
          i/   |'::;;;;''|      三 ―''"       !''::;;;;| /ヽ
        /⌒ヽ  |;;''':::;|       \            !;;::''|/  i
         /     \{'';;;::''}          ̄二ニ=    !::;;|   |
        /ヘ     |;;:::::;{            ‐-      !/   |
        /  i     |:::;;;''!             ー       !  / |
     /   l     |;;'';イ                   }   {、
     〉、      ∧テ{ ヽ  _   _,,,,;;;;;:::-==ニ;;;_   ノ __,イ´
      / \_    //レ!      ̄           ̄ { ̄  |
    /    `ー::v'´/ | i                     i    |
    i       / ̄   | |                     i、  |
    i       /    ||                         ヽ  |
                ラトゥール・モーブール
革命派貴族としてジャコバン・クラブに在籍していた立憲派議員。
太っている。



94212009/09/07(月) 19:50:03.92 ID:wg2XK7Uo


         ____
       /´       `\レ
     /_______  ヽ
      |ノ─ 、 ─ \  |  ヽ
       |   v|・     l_|    !  ご、ご苦労……。
     ,|     |    | Ul´⌒Y   ボクたちは逃げ出そうなんて考えていないよ。
      l/`ー ヘ ` ─  ′  ( |   国外じゃなくてモンメディへ――
     l__            _ ノ- 、
     (_/⌒ヽ_/⌒ //    l
       ` ─┬─┬ /ヽ/    /|
          |___| `  /\ / |
          ルイ16世



94312009/09/07(月) 19:51:29.53 ID:wg2XK7Uo


              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,   ここで止まっているのもなんです。
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   私たちも同乗させていただけませんか?
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ   
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |    伺いたい話もありますし……
           `" ト、    " `    /   |    なあ、ペティヨンくん?
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"







        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  ─   ─
      |  /    -   -      そうだね。
       (6        \     だけど、この馬車は
       │    ,,,,, ─′    6人くらいしか乗れないね。
        \    ̄ ̄l
        |  ヽ  ;;;;;;;;l      国王一家は分けられないから……
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\



94412009/09/07(月) 19:52:24.32 ID:wg2XK7Uo


              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,   ……モーブールくん。
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   君は一人で二人分の席を取ってしまう。
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ   
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |    侍女の方々と一緒の馬車に乗っていってくれたまえ。
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"






                        _,,t-‐‐-、,-‐‐-、
                     三'::::::............... .....::::::`y,.
                     ナ::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::ヾ
              | ̄|   V::::::::::::::::_{{ ({∫∬ノノjヾ:::::{
           | ̄| | ̄|   ナ::::::::::::::i`__,,,,,,,ァ_  _,,,,,_ t;;:ヌ
           |  | |  |  イヘ::::::(ヾ~!,ャt、 !'''i ィtン )=f }f
           |  | |  |  i {t)テ" ヘ' '___,イ ヽ_/ 介'     おい!?
           |  | |  | _,rヘ_,j|!'     /ー--''!     |'      両手に花は嬉しいけど、
           |,.ィ―'''' ̄ /| |       /二ク     !      これで拙者の出番は終わりかよ!
           /;;:::'';;::''::;;:/ { ! 、     ヾニン   ノ\
            /'''::::;r|''':::;;;|  | ! \       _,,./|::;;'''\
        /:;;/ |;;;''::;;|   丶\  `__>-ー´   !;;;:'''::iヽ、
          i/   |'::;;;;''|      三 ―''"       !''::;;;;| /ヽ
        /⌒ヽ  |;;''':::;|       \            !;;::''|/  i
         /     \{'';;;::''}          ̄二ニ=    !::;;|   |
        /ヘ     |;;:::::;{            ‐-      !/   |
        /  i     |:::;;;''!             ー       !  / |
     /   l     |;;'';イ                   }   {、
     〉、      ∧テ{ ヽ  _   _,,,,;;;;;:::-==ニ;;;_   ノ __,イ´
      / \_    //レ!      ̄           ̄ { ̄  |


94512009/09/07(月) 19:54:24.52 ID:wg2XK7Uo


こうしてベルリン馬車に乗り込んだバルナーヴとペティヨンであったが、
国王一家の沈んだ雰囲気を一層暗くするだけで、重苦しい出発となった。


         ____
       /´       `\レ
     /_______  ヽ
      |ノ─ 、 ─ \  |  ヽ
       |   v|・     l_|    !
     ,|     |    | Ul´⌒Y  ………………
      l/`ー ヘ ` ─  ′  ( |
     l__            _ ノ- 、
     (_/⌒ヽ_/⌒ //    l
       ` ─┬─┬ /ヽ/    /|
          |___| `  /\ / |






                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._    ………………
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |
             マリー・アントワネット



94612009/09/07(月) 19:55:51.10 ID:wg2XK7Uo


              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   ………………
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ   
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"







        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  ─   ─
      |  /    -   -
       (6        \     ………………
       │    ,,,,, ─′
        \    ̄ ̄l
        |  ヽ  ;;;;;;;;l
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\


沈黙が支配する馬車内。
立場や思想が違うとはいえ、共通の話題は国王の処遇である。
自然と口が閉じられるのも無理はなかった。


94712009/09/07(月) 19:57:04.23 ID:wg2XK7Uo


       , -──- 、
     /   _      \
      /    /_\ |\ ヽ
    j    / .-、_ V - 、ヽ|
    /  __/ | |' | / | |' | |   あ――!
   /  i r    ̄   _  ̄ |   明日の天気はどうでしょうかね?
   /  `- 、    _   !   こんな遅い馬車の旅ですもの、
  /     ヽ、_   _./I   天気が続けば良いですね!
  |     ___j┴-- ̄-、._ノ
   |  /ヽ `───┘ \
   !./  |__ j^─、.__l ヽ
.    |   |  l^   ノ  |  |
     王妹エリザベート

そんな沈黙を破ったのはエリザベートだった。
彼女の機転は功を奏し、次第に馬車の中の雰囲気は明るいものとなっていった。



94812009/09/07(月) 19:58:25.33 ID:wg2XK7Uo


この時の様子をペティヨンは次のように記録に残している。



        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  ─   ─
      |  /    -   -      国王一家との会話は、
       (6        \     ボクの王家への先入観を変えた。
       │    ,,,,, ─′
        \    ̄ ̄l     ボクは心地よい率直さと
        |  ヽ  ;;;;;;;;l      親しさの空気を感じたのだ。
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\



94912009/09/07(月) 19:59:42.68 ID:wg2XK7Uo


特に彼を印象付けさせたのは――


       , -──- 、
     /   _      \
      /    /_\ |\ ヽ
    j    / .-、_ V - 、ヽ|
    /  __/ | |' | / | |' | |   ペティヨンさんは、活発で雄弁な方ですね。
   /  i r    ̄   _  ̄ |
   /  `- 、    _   !   議員の皆さんは、暗く陰湿なイメージがあったけど、
  /     ヽ、_   _./I   誤解をしていましたわ。
  |     ___j┴-- ̄-、._ノ
   |  /ヽ `───┘ \
   !./  |__ j^─、.__l ヽ
.    |   |  l^   ノ  |  |






        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  ─   ─
      |  /    -   -
       (6 ////    \     ……ポッ!
       │    ,,,,, ─′   (隣に座っているこの女性は、
        \    ̄ ̄l      もしかしたらボクに気があるのかな?
        |  ヽ  ;;;;;;;;l      バルナーヴなんかには無関心だし、
    __/\   . /\_     きっとそうに違いない!)
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\

王妹エリザベートに対するペティヨン35歳の恋であった。



95012009/09/07(月) 20:01:32.67 ID:wg2XK7Uo


では、そんな勘違いは別として馬車の中はどうであったかと言うと……


        _____
     ゝ/´        `\
    /   ________ヽ
   /   | / / ⌒ ヽ  ⌒ ヽ!
   l    |_l      ヘlヘ     l
   V ⌒`  |     |      |     何もボクは贅沢をしたいわけじゃないよ。
   | d   ヽ.__ノ ヘ _ ノ⌒I   お祖父様から受け継いだ王国のために働き、
   ヽ__  |\ ________ ノ   余暇には狩りと錠前作りをやっていければ十分さ!
     ヽ |      |
      ヽヽ、_(二二)_|_       ブルボン家伝統の錠前作りは良いよ~。
      / ` ー──── '       やっぱり手に職を持たないといけないのさ!
       /\  / \|\   /|      狩りもね、馬に乗って草原を駆け抜ける爽快感といったら
 .    |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  二)    例えようもないくらいさ! キミたちもどうだい?






              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   国王陛下は政治に懸命なだけではなく、
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ    多彩なご趣味をお持ちで親近感が沸きますな。
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
           `" ト、    " `    /   |     国民も、陛下のそのようなお姿を知っている
              | 'ヽ.   .|    /   .|     からこそ、敬愛の念を抱いているのです。
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"



95112009/09/07(月) 20:02:42.71 ID:wg2XK7Uo


    !::::::::::::::::::::::::::::、ッ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     ゙i::::::::::::::::::/  |::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i
     \:::::::::::ゝ、- ゙i::::::::::::::::::,r' !::::::::::::::::::::::、-:::::::::::::::::::::::::゙i
       |゙i::::::::|   \::::::::::::::l  ゙i:::::::::::::::/  ゙i:::::::::::::::::::::::゙i
       l 冫、.|、- ,   \::::::::!   \:::::::::l\  ゙i::::::::::::::::::::::|.
       、|   |、 ''\゙i    ' ‐  \、 ─- ,l  ゙i   ゙i:::::::::::::::::::|
      ,r' |  | |   !!        コ'´`\ ゙i   |  |::::::::::::::::::|
      | |  l | !. | !.|        || _,  l |       |、- ̄'‐,r'
      !、 l  ゙i| 二!.!           |゙i, ! ! !      ,r'     l
     、 -ト  ...... ̄、-         !、‐ー´/        /  |     まあ……バルナーヴさんはお上手ですね。
   /´::::::::゙i ...:::::::::... '       ...::::::二-.,_::..    (,!  ,r'__     ペティヨンさんも、そう思いますよね?
  /:::::::::::::::::::\             l  ゙i ゙i ゙i       ,./::::::\,
 !::::::::、-::::::::::::::::::\    =-   〔`'r ゙i │ ゙i l _/|'‐‐´::::::::::::::::::::`'- ,
 (/´/::::::::::::::::/`\,       ゙i  ゙i |.  | | |゙i  ゙i:::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ̄ ̄ ̄  _、 -t'`''-.,,_    _l   l!   ! |、l.- ,  ゙i:::::::::::::::::::::::::::::::::
        /  、T   `'ゝ´二/     ,.イ`/ ̄\'‐ ,::::::::::::::7-.,::::
       |   ,r'!     _,r'´ ゙',r'      ,.l| `     \ `\:::::::::゙i `




95212009/09/07(月) 20:05:32.85 ID:wg2XK7Uo


        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  ─   ─
      |  /    -   -     (ハッ……!
       (6        \     オタクキモい……!)
       │    ,,,,, ─′   ええ、そうですね。
        \    ̄ ̄l     やってみれば楽しいんじゃないですか。
        |  ヽ  ;;;;;;;;l
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\





        _____
       /´           `\
   ゝ/  _________ヽ
   /    |    ヘ、    ノ⌒ |
   |   |  /  ̄`ヽ /  ̄`ヽl
   l    |  l     lj | lj    l
   ヽ  |_|        |     |
   /⌒`  ヽ       l     ノ、    …………!!
   | )     ` ー─ ´ っー ´ l
   ヽ__   /⌒\____つ ノ
       \ ( ______ ノ /
       >ー───、─ ´
        / \ / \/ \
      l   l      |/\
      ├─┤      |、



95312009/09/07(月) 20:06:44.72 ID:wg2XK7Uo


バルナーヴはルイ16世の態度にも紳士に振舞ったが、ペティヨンは侮蔑の色を隠さなかった。
心の中で一笑に付し、あれは生まれつきだと自己弁護しながらも、

        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  ─   ─
      |  /    -   -
       (6        \     彼のぎこちない態度。
       │    ,,,,, ─′   馬鹿みたいなオタク話。
        \    ̄ ̄l     そんなもの聞く必要もないね。
        |  ヽ  ;;;;;;;;l
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\

として、尊大な態度を崩さなかった。



95412009/09/07(月) 20:07:54.07 ID:wg2XK7Uo


                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._    ……ところでペティヨンさん。
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、 あなたは共和主義者らしいわね。
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´     わたくしたちをどうなさるおつもり?
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |



95512009/09/07(月) 20:08:57.65 ID:wg2XK7Uo


        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  ─   ─
      |  /    -   -
       (6        \     ボクは共和主義者ですが、
       │    ,,,,, ─′   今ある王制を廃止するつもりはありませんよ。
        \    ̄ ̄l     上手く回っているものを破壊する必要なんて
        |  ヽ  ;;;;;;;;l      ないじゃないですか。
    __/\   . /\_    ねえ、エリザベートさん?
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\






       , -──- 、
     /   _      \
      /    /_\ |\ ヽ
    j    / .-、_ V - 、ヽ|
    /  __/ | |' | / | |' | |   え、ええ……
   /  i r    ̄   _  ̄ |
   /  `- 、    _   !   そうしていただけると助かりますわ。
  /     ヽ、_   _./I   
  |     ___j┴-- ̄-、._ノ
   |  /ヽ `───┘ \
   !./  |__ j^─、.__l ヽ
.    |   |  l^   ノ  |  |



95612009/09/07(月) 20:09:52.26 ID:wg2XK7Uo


                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._  (どうしてエリザベートに話を振るのよ……!)
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |



95712009/09/07(月) 20:10:48.49 ID:wg2XK7Uo


身勝手で気品もないペティヨンの態度は、対照的なバルナーヴを一層際立てさせた。
裕福なブルジョワ出身で、高等法院検事の父と教養ある母から育てられたバルナーヴは、
上品な振る舞いと言葉でルイ16世夫妻へ自らを強く印象付けることに成功し、


        _____
     ゝ/´        `\
    /   ________ヽ
   /   | / / ⌒ ヽ  ⌒ ヽ!
   l    |_l      ヘlヘ     l
   V ⌒`  |     |      |
   | d   ヽ.__ノ ヘ _ ノ⌒I  ボクたちはバルナーヴの態度に感心し、
   ヽ__  |\ ________ ノ   彼のことを大変気に入ったよ!
     ヽ |      |
      ヽヽ、_(二二)_|_
      / ` ー──── '
       /\  / \|\   /|
 .    |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  二)






    !::::::::::::::::::::::::::::、ッ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     ゙i::::::::::::::::::/  |::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i
     \:::::::::::ゝ、- ゙i::::::::::::::::::,r' !::::::::::::::::::::::、-:::::::::::::::::::::::::゙i
       |゙i::::::::|   \::::::::::::::l  ゙i:::::::::::::::/  ゙i:::::::::::::::::::::::゙i
       l 冫、.|、- ,   \::::::::!   \:::::::::l\  ゙i::::::::::::::::::::::|.
       、|   |、 ''\゙i    ' ‐  \、 ─- ,l  ゙i   ゙i:::::::::::::::::::|
      ,r' |  | |   !!        コ'´`\ ゙i   |  |::::::::::::::::::|
      | |  l | !. | !.|        || _,  l |       |、- ̄'‐,r'
      !、 l  ゙i| 二!.!           |゙i, ! ! !      ,r'     l
     、 -ト  ...... ̄、-         !、‐ー´/        /  |     一緒に過ごした2日間。
   /´::::::::゙i ...:::::::::... '       ...::::::二-.,_::..    (,!  ,r'__    彼の紳士的で率直な態度……。
  /:::::::::::::::::::\             l  ゙i ゙i ゙i       ,./::::::\,
 !::::::::、-::::::::::::::::::\    =-   〔`'r ゙i │ ゙i l _/|'‐‐´::::::::::::::::::::`'- ,   それが私たちの命運を三頭派に
 (/´/::::::::::::::::/`\,       ゙i  ゙i |.  | | |゙i  ゙i:::::::::::::::::::::::::::::::::::   託すことを決定付けさせました。
     ̄ ̄ ̄  _、 -t'`''-.,,_    _l   l!   ! |、l.- ,  ゙i:::::::::::::::::::::::::::::::::
        /  、T   `'ゝ´二/     ,.イ`/ ̄\'‐ ,::::::::::::::7-.,::::
       |   ,r'!     _,r'´ ゙',r'      ,.l| `     \ `\:::::::::゙i `


と言わしめ、国王一家を三頭派へと接近させることを決定付けさせたのだった。



95812009/09/07(月) 20:12:24.46 ID:wg2XK7Uo


――1791年6月25日、夕刻。
パリ市内



            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)    そろそろ国王が到着する予定だな……
             |     ` ⌒´ノ    パリ市民も総勢でかけつけているぜ。
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、






         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (●)  (●) \  警備の国民衛兵の様子もおかしいお……
    | ∪    (__人__)  J |   不気味なくらい静かだお……
     \  u   `⌒´   /



95912009/09/07(月) 20:13:18.96 ID:wg2XK7Uo


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ー)(ー)  ……市民だって同じだ。
          | U   (__人__)   もう、出迎えの準備をしている。
             |     ` ⌒´ノ
              |         }   派手なことなんて何もない。
              ヽ        }   自分たちを見捨てた親に対し、
            ヽ、.,__ __ノ   子供がどんな対応をする?
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、  簡単なことだ……



96012009/09/07(月) 20:14:13.26 ID:wg2XK7Uo


         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
      ,..ィ´ ̄`)        丶 
     /  ´`)'´  ____     ヽ   こ、国王が来たぞゴラァ!
    /   :'  ○  | .|  ○ U i 
    i   i     / |     i
    i,   ':     ├ー┤   ’ | 
    ヽ  `:、           ノ






         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \  ――!?
    | ∪    (__人__)  J |   王様!!!
     \  u   `⌒´   /



96112009/09/07(月) 20:15:26.02 ID:wg2XK7Uo


国王一家を乗せた馬車が市門を越える際、警備の国民衛兵は
弔問の意を込めて銃を逆さにして王の帰還を迎えた。


         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
        /           丶 
        :'     ____      ヽ  
       :'  ―  | .|  ―  ・ i         …………
       i      / |      i
        ':     /ー┤     ’ | 
        `:、            ノ




96212009/09/07(月) 20:16:21.79 ID:wg2XK7Uo


国王に裏切られたと感じているパリの民衆も、
蜂起の熱狂とは逆に、死んだような沈黙で国王を迎えた。


      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,
         `、||i |i i l|,
          ',||i }i | ;,〃,,
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ   …………
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/ 







         …………   ,-‐-、
   ,. - ─- 、        |_!_!ュ }
  /  ノノノノハヽ       `'}‐┴、
  i ,-、_{___ l'  ,. -─- 、 { ̄`{
  } | r} ` / -' | |`i /  ,ヘr^、 | }_,  ,! -‐- 、     …………
  { 'ァ'  `ー'/,_ )!/リノ二二jノノ`i, /     _i
 ,-ソ 、   ノ/ニ| `i//  - r {⌒ / |__∠__,へ / ̄ ̄ヽ  ,-rrr、
/#\  、   `='ノ iニij   ,ニ゙ | `i /| r、/__,| ̄/   ノノノij iっ,!,!,!
\#i\    ̄,ノ`i ヽ   |r┼-、 i'  v{_ (__ハ_!  | _ノ^i'_フ'i,!  `i  {
  \i#|\==|/`|\\`ー| ´|ニ、ヽ  | i ` ,.-i{   }、|-   ,-'i   |\_|>
   \|ヽ } ノ  i \ | 〉' `ー'/  ,<j   二ノ  /ソ  ヽ._`ファ-ァr{`ー-1
      O|/    |l/ i ノ´|  / /_ノ\\ "{ヽ /i「|i、rr、/|ヘ! /ノ   |
       |    リ /∧  V_i/   ヽ_|\ノ|ヘ !| !|.| | |/  |-── '
       |0`    | /  ヽ_/|\   、   `| {|   |゛゛|   |
       |      |    /ノ |  \ リ     | ノ  ri  ノ  |



96312009/09/07(月) 20:17:19.41 ID:wg2XK7Uo


           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |     (……な、なんなんだお。
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \      誰も王様の無事を歓迎しないのかお……)
  /´               ヽ






         ____
        /     \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \     (パリ市民は王様に見切りをつけたのかお?
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/      王様は、処刑されなければならないのかお……?)
    ノ           \
  /´               ヽ



96412009/09/07(月) 20:18:28.67 ID:wg2XK7Uo


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          | U  ( ●)(●)   (ロベスピエールさん……
          |     (__人__)    こいつは予想以上だ。
             |     ` ⌒´ノ   
              |         }     民衆の怒りは内に秘められているが、
              ヽ        }     これが爆発したとなると大変なことになるぞ。
            ヽ、.,__ __ノ     常識的に考えて……)
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、







          ____
        / _ノ ヽ_\
       / ∩l^l^lnnl^l^|\
     /  。ヽ   ∥  ノ \    (ヤルオは――!!
     |   /   人   l   |    革命に殉じる――!!
     \ /   /|ii!i!|\ \/     だけど、王様も――!!
.      |    /. |;;;;;;|  \ |      救いたいんだお――!!!)
            `ー´



96512009/09/07(月) 20:19:20.43 ID:wg2XK7Uo


         ____
       /´       `\レ
     /_______  ヽ
      |ノ─ 、 ─ \  |  ヽ
       |   v|・     l_|    !
     ,|     |    | Ul´⌒Y     ……みんな怒っているね。
      l/`ー ヘ ` ─  ′  ( |      正直、市民には悪かったと思っているよ。
     l__            _ ノ- 、
     (_/⌒ヽ_/⌒ //    l
       ` ─┬─┬ /ヽ/    /|
          |___| `  /\ / |



96612009/09/07(月) 20:20:30.91 ID:wg2XK7Uo


              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   そのお気持ちが大事なのです。
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ    今は、国王陛下に対して怒りを感じている
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |    市民が多いでしょうが、議会の改革に対して
           `" ト、    " `    /   |     陛下が真摯な態度で臨めば、そのような態度を
              | 'ヽ.   .|    /   .|     取ったことを恥じ、陛下の御威光にひれ伏しましょう。
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"






        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  ─   ─
      |  /    -   -
       (6        \     そうだね。
       │    ,,,,, ─′   今度は議会の方を
        \    ̄ ̄l     よろしくお願いしま~す!
        |  ヽ  ;;;;;;;;l
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\



96712009/09/07(月) 20:22:18.17 ID:wg2XK7Uo


         ____
       /´       `\レ
     /_______  ヽ
      |ノ─ 、 ─ \  |  ヽ
       |   v|・     l_|    !
     ,|     |    | Ul´⌒Y     ……わ、わかったよ。
      l/`ー ヘ ` ─  ′  ( |      議会には譲歩するようにするよ。
     l__            _ ノ- 、
     (_/⌒ヽ_/⌒ //    l
       ` ─┬─┬ /ヽ/    /|
          |___| `  /\ / |







        , -── 、
       /       \
      /          ヽ    
     ( /(  ( /\    |     (ああ……
      `mn mn   ヽ⌒ i      どうすれば、どうすれば……
      l l l l l l l !、∩  _ノ⌒\   ブルボンは救われるの!?)
      ヽ  jヽ   ノ  ノ \ _ヽ
       u  |ー|  ヽー |//^ヽ
      u |  |7`|   |/  /|
          |  l´|/|     / |
        ヽ__ ノ|. ヽ_ /  |


96812009/09/07(月) 20:23:34.07 ID:wg2XK7Uo


――1791年7月。
国王帰還後の議会では、この国王の行為についての責任を追及する発言が次々と出された。


  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、:.:.:.
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.::.:.
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.   人民を見捨てた国王よ!
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.   もはや、貴様はフランスの王などではない!
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.:.:.:.   
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:.:.:.:    自らの過ちを悟っているのなら、
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.:.:.:.   今すぐにでも退位し、
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.:.:.:.:.   簒奪した主権を国民に返すがいい!!!
      | i.{ ∨     _                       ムヘ:..:.:.:.:   
         |  \   '"´                          /   }:.:.:.:.   
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:.:.:.:    
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:./
               \ 辷x‐十'                    /三   /イ
                ヽ L__                /三



96912009/09/07(月) 20:24:33.94 ID:wg2XK7Uo


        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  \   /
      |  /    -   -
       (6        \     その通りだ!
       │    ,,,,, ─′   エリザベートさんの色香に惑わされたけど、
        \    ̄ ̄l     やっぱりボクは王制を許せない!
        |  ヽ  ;;;;;;;;l      国王は退位をし、共和国を認めるんだ!
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\







       -,---γ''''''''--_
     /  ;;; ;;;;;;ミミ ミミ  \
    /  ;;; ;;;;;; ミミミ     \
   ( (( ( ( ( ( ( ( ミミミミミ ミミミミ从ミ
  ///ノノノノノノ从 ヾミミミ ミミミミミミヽミ
  //;;;;ノノノノ ノノ  ミミヽミヽミミミミノ从
   ;;;;;;;ノノ -=・     =・ゝ ;ミミミ
   ミ;ミミミミ    ノ      |ミミ  サポーターも、今回の国王の行動には
    ミ从    (___)    /ミ    怒りを感じている!
     ミミ::ヽ  ____    |ミ
       ヽ::: ー==--'  /     フーリガンになられるのが恐ろしかったら、
        ヽ   ̄   /      今すぐにでも辞任しないと!
    __/\ __,. /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\
 //::::::::::::::::::::::\/:::::\/::::::::::::::::\
          ビョゾー



97012009/09/07(月) 20:25:41.92 ID:wg2XK7Uo


しかし、ロベスピエールら民主派は議会では少数勢力であり、
立憲主義者が大勢を占める議会は、事を何とか穏便にすませるために
議会の調査委員会にもその意向を伝えていた。
そして――


              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   調査委員会からの報告を申し上げる。
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ    この度の「事件」は、フェルセンら「外国人勢力」と
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |    ブイエ将軍が企んだ「陰謀」である。
           `" ト、    " `    /   |     彼らはパリ市民を信頼する国王を「強引に連れ出し、」
              | 'ヽ.   .|    /   .|     嫌がる家族を「オーストリア」へ手渡そうとした!
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐  これはまごうことなき「誘拐」であり、
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |   国王陛下は「被害者」なのである!
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"







        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ)(_     │
      |  │⌒ \   /
      |  /    -   -
       (6        \     捏造するな!
       │    ,,,,, ─′   バルナーヴさん。ボクはあなたと一緒に
        \    ̄ ̄l     国王を迎えに行ったんだよ!
        |  ヽ  ;;;;;;;;l      そんな嘘が通ると思っているのかい!?
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\



97112009/09/07(月) 20:27:12.45 ID:wg2XK7Uo


              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   ……誰が、そのことを証明する?
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ   
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |     これは議会の調査委員会の報告だ。
           `" ト、    " `    /   |     君は、議会が「正しく」、「偽りなく」
              | 'ヽ.   .|    /   .|     報告した「事実」を認めないというのか!?
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"






        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  \   /
      |  /    -   -
       (6 U      \     う……
       │    ,,,,, ─′   く……!!!
        \    ̄ ̄l     
        |  ヽ  ;;;;;;;;l     
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\



97212009/09/07(月) 20:29:16.56 ID:wg2XK7Uo


...........................,..:--――‐--.、_
::::::::::::::::::,.:r'"/        ゙ヽ、_
:::::::::::::/ iill /          \
::::::::::/,∧ N / "  _,.r―ヽ、  ‐:、  \
::::::::,i!" i! il゙ _,.;r'"     ヽ   ミ、  ゙i.
::::::,i   V;/         i!   ヾ、  !
:::::i    "      ヽ   ,ゝ   ヾi  l
::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!
:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !  それに君は、
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /
::::l   .:!   \_        l レへ !./   国王の裁判を求めているようだが、
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y    ここで私は、本当の問題を提出しようではないか……!
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!
::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l
:::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l.
::::::::::::::::r゙、___,.∠/.:/   __,.-‐ト、
:::::::::::::::l.「 ,  ┌-===―‐‐tTr-―‐ニ┐!







               _,,,,,,,,_、
          ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,;;;;;;;;ヽ
         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.,';;;;;;;;;;;、;;;;;;;";;;;;;;;;;;'';;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     /;;;;;;;;|;;;;;;;..ィ;;;;;;;;|;;;;;;;;i、;;;;;;;;;丶;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;ヽ
    /;;;;;;;;|;;;;;;;..;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;i、;;;;;;;;;丶;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;ヽ
    ;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;|;;;;/;;;;;;;|;;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;|;;;ヽ;;;;;;;ヽ
    ノ;;;;;;;;;;|;;;、;;;;;;;;;;;;;|;;;;;、;;;;;;;|:丶;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|;;;;;;;;;;;;ヽ;;l
   /;;;;;;;|;;;;;,,;;;;;;;;;;|;;;|.::::::|;;;;丶;;|;、|;;、;;;;;;;;;;;;|;ヽ;;;;;;;;|;;;:::;;ヽ;l
   l;;;;;;|;;;;;;;;|;;;,;;l,;;;i;;;|;;;|;;;|;;;;;|;;;;;|;;;ヽ;;ヽ;;;;;;;|;;;;ヽ;;;;;;;|;;;;;;|;;;;;;ゝ
   l;;|;;;;|;.;ヽ;;;|; ;;;|;;;|;;|;;;| ;;| .;;|;;;;;|;;;;;|;;;;;;| ヽ;;;;;|;;ヽ;;;;;;|;;;;|;;;;;
   l;;|;;;;|,:::ヽ;;;ゝ:::ヽ;;|ヽ|::;;|:: .;;| ;;;|.;;;;| ;;;l::::::::ヽ;;|;;;;;;;;;;|;;;;|;;;l   な、何をするつもりだ・・・・・・?
   l;;;;|;;;;|;;ヽ::::::テr‐z、;|:::::::::::;|::;;| ;;;| ;;l:::;;|:::::::::.ヽ;|;;;;ヽ;;|;;;|;,!
   ヽ,,,;|;;;|;;;ヽ::!_ゝ_フヽ::::::;;;;:::|:::;|::::ハ__フ }〉、 ::::;;l;;;;;;;;;;|;;;|;l
    l;;;;;;|;;|;;;l::::::` ̄"´:::::::::::::::  `::^ ̄""´ ::::::::::|;;/|;;;;|;
     .ヽ;;;|ヽ;ヽ:::::::::::::::::::::::            l;;|;;;ノ
     ヽ;;;;;ヽヽ::::::::::::::::::::::           ノ;;;ll
      ヽ;;;:::::::::::::::::::::::::::          U l;;/
       ヾ\::::::::::::::::::::` ´         /;l;|
        ヽ;;ヽ::::::::::::::::::::::        /;;;;l;l
          l;;;;ヽ::::::::ヽ ̄ ̄ゝ    /;;;ゝl
          ...|;;ヽ;ヽ:::::: ̄ ̄   /‘":、!;

97312009/09/07(月) 20:31:15.75 ID:wg2XK7Uo


               _,..----、_
              / ,r ̄\!!;へ       いったい、我々は、
             /〃/   、  , ;I       
             i,__ i ‐=・ァj,ir=・゙)       革命を終わらせようとしているのか!?
             lk i.l  /',!゙i\ I      
             ゙iヾ,.   ,..-ニ_ /       それとも――
             Y ト、  ト-:=┘I        
              l ! \__j'.l        再び革命を始めようとしているのか!?
              」-ゝr―‐==;十i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\



97412009/09/07(月) 20:33:06.91 ID:wg2XK7Uo


              ___                           .┌i「゙il
             /,,/,rf,,,、ー\                         ! :l i
               ,;ノべ/   \, \  これが今、            r‐、.  ゙i ヽヽ
            ij 、 i /   ,ミ  l                    i.__,>-┴-゙ l!
           〈'-=j";'==・=' ヾr=、!   我々が直面している     r'_,.--、__ l!
            l .ノ   ゙̄   ,リy.,!                    レ'"二:、  !
            l ヾ゙>      , /  本当の問題である!      .ト-'" ノ ,! .!
            ヽ. [ ̄ヽ   ,「!                      rヽ. く ./  i!
             ヽ└=-' _/! l                     人(ト、 ヾy ,!
             ,ト.二._/__,┴i                  _ノ. \ト、 j_ヲi)
             「r=t;T゙Ff 二! ] li     _,.-―-、_        「トー'  \_/,リ
        _,..:-r-‐j=ミ- l __ヲ_,.-‐<)ニニf =、\\\      入ヽ   i、_フ[/
  ,r=―‐ッ==‐‐'",.ニ‐‐≧十'゙ >-、     ,r゙ー-ニ、_\\>、_,.-/  \\  し ,r'
 ,レタ__/ \   i' ,r‐‐i l ! f"「 ̄>゙i   /      ̄ ̄         \ー' :ダ
 V//  r.、」  .l  ̄!L.j l .L」 i"  i   しr                  ゙ーr'
 レレ' i  .L_   l  .l  ./ _ .l  i   -=;'                  ,/
  ( "i ┌‐'  .l ヾ' 「! ! l  l ,フ .ノ  -‐┘                  /
  ,レ.ノ  .ト--  ヽ、 ゙" l .i! l!  ゙"/   -ニフ      _         /
  ]  !  し== ,.-、_゙‐-' ! ゙ー",.:-‐‐-、゙`i      /   ゙̄ー--、____/



97512009/09/07(月) 20:34:57.41 ID:wg2XK7Uo


      rfニ、ヽ
      l。 。 F9i  (何を言っているんだ……?)
      t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,
     /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l  (革命は進行中に決まっているだろう?)
      ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''    ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
     l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'"  ゙'´ノ),)
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ 
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                議員の皆さん



97612009/09/07(月) 20:36:02.68 ID:wg2XK7Uo


               _,..----、_
              / ,r ̄\!!;へ
             /〃/   、  , ;i    諸君!
             i,__ i ‐=・ァj,ir=・゙)    諸君らは――
             lk i.l  /',!゙i\ I
             ゙iヾ,.   ,..-ニ_ /    全ての人々を法の前に平等にし、
             Y ト、  ト-:=┘I    
              l ! \__j'.l     人民の主権を確立した!
              」-ゝr―‐==;十i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\



97812009/09/07(月) 20:38:08.80 ID:wg2XK7Uo


...........................,..:--――‐--.、_
::::::::::::::::::,.:r'"/        ゙ヽ、_
:::::::::::::/ iill /          \
::::::::::/,∧ N / "  _,.r―ヽ、  ‐:、  \
::::::::,i!" i! il゙ _,.;r'"     ヽ   ミ、  ゙i.
::::::,i   V;/         i!   ヾ、  !
:::::i    "      ヽ   ,ゝ   ヾi  l  だが……
::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!
:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !  もし、それをもう一歩進めれば、
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /
::::l   .:!   \_        l レへ !./   それは――
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y     不幸な罪悪行為となるだろう……!
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!
::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l
:::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l.
::::::::::::::::r゙、___,.∠/.:/   __,.-‐ト、
:::::::::::::::l.「 ,  ┌-===―‐‐tTr-―‐ニ┐!
:::::::::::::::l゙ーj  ト--  ゙l  l l l 「 ̄ .」 l



97912009/09/07(月) 20:40:04.59 ID:wg2XK7Uo


      rfニ、ヽ
      l。 。 F9i  (不幸な……)
      t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,
     /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l  (罪悪行為……)
      ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''  U ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
     l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'" U゙'´ノ),)
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ 
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



98012009/09/07(月) 20:49:17.40 ID:wg2XK7Uo


              ___                           .┌i「゙il
             /,,/,rf,,,、ー\                         ! :l i
               ,;ノべ/   \, \  では――!            r‐、.  ゙i ヽヽ
            ij 、 i /   ,ミ  l                    i.__,>-┴-゙ l!
           〈'-=j";'==・=' ヾr=、!   それが意味するものは    r'_,.--、__ l!
            l .ノ   ゙̄   ,リy.,!                    レ'"二:、  !
            l ヾ゙>      , /  いったい何だ!?         .ト-'" ノ ,! .!
            ヽ. [ ̄ヽ   ,「!                      rヽ. く ./  i!
             ヽ└=-' _/! l                     人(ト、 ヾy ,!
             ,ト.二._/__,┴i                  _ノ. \ト、 j_ヲi)
             「r=t;T゙Ff 二! ] li     _,.-―-、_        「トー'  \_/,リ
        _,..:-r-‐j=ミ- l __ヲ_,.-‐<)ニニf =、\\\      入ヽ   i、_フ[/
  ,r=―‐ッ==‐‐'",.ニ‐‐≧十'゙ >-、     ,r゙ー-ニ、_\\>、_,.-/  \\  し ,r'
 ,レタ__/ \   i' ,r‐‐i l ! f"「 ̄>゙i   /      ̄ ̄         \ー' :ダ
 V//  r.、」  .l  ̄!L.j l .L」 i"  i   しr                  ゙ーr'
 レレ' i  .L_   l  .l  ./ _ .l  i   -=;'                  ,/
  ( "i ┌‐'  .l ヾ' 「! ! l  l ,フ .ノ  -‐┘                  /
  ,レ.ノ  .ト--  ヽ、 ゙" l .i! l!  ゙"/   -ニフ      _         /
  ]  !  し== ,.-、_゙‐-' ! ゙ー",.:-‐‐-、゙`i      /   ゙̄ー--、____/







              _,-----.,,,,,,
           / ̄       ヽ、_
         r="             \
        (                |
        r"  ,..,,     ,....,,,,      'i
        y ./ ノ    ノ   ヽ     'i
        |  |  "'---'''"    'i      )
.        \|           ノ     ノ
.         |"モtァ _,,...,,,,,,,,,__ r'    ノ
         (  ̄ i   ミモア` .ノr'''" /      破壊!
          |  'i'      ./.|ξ丿      
         λ_ r'"'-''ヾ、  '"ノ ,i'.'ノ        破壊だ!
         λ、''''=--...,j   r"ノ イ_
         (ヾ、 ~'''    ノ ノ .ノ|       
           デュポール



98112009/09/07(月) 20:50:17.61 ID:wg2XK7Uo


               _,..----、_
              / ,r ̄\!!;へ     その通りだ!
             /〃/   、  , ;i    
             i,__ i ‐=・ァj,ir=・゙)    つまり、もう一歩自由の線を
             lk i.l  /',!゙i\ I
             ゙iヾ,.   ,..-ニ_ /    踏み越えれば王制の破壊となり、
             Y ト、  ト-:=┘I    
              l ! \__j'.l     もう一歩平等の線を踏み越えれば
              」-ゝr―‐==;十i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ  財産の破壊となるのは自明である!!!
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\



98212009/09/07(月) 20:51:13.80 ID:wg2XK7Uo


               ,、
             //
           ///)                 国王の裁判を望む無慈悲な議員諸君!
          /,.=゙''"/       _,r'三 ̄`ヽ、     
         i f ,.r='"-‐'つ     /ヘ/" ゙̄\,ミ\   君たちは国王を処刑し、
         /   _,.-‐'゙~     ,! 、!r r。-r ミ   I   祖国を動乱に引き込もうと言うのか!?
        ,i    ,二ニー;     ドツ ヽ ̄  fハ, il
        ノ    il゙ ̄ ̄      l ー-_゙   ,、/ /   引きこされた戦争によって苦しめられるのは民衆であり、
      ,イ「ト、  ,!,!         ゙! )二」゙  ,!i Y   
     / iトヾヽ_/ィ"___.     ヽ.t  _/,!  I    机上の空論を振りかざす議員などではない!
    r;  !\ヽi._jl/゙_ブ,フヽヾーtー:、__ ,トf-≦-=、_,L   
    ∧l   \゙7'゙ .j!/ / /\jr=ニ:ー-゙┴、 ゙ミ三ヽi]l「/l      _____
   ./ i !   \.// /./  ./   \ ┌‐ヽミ≦‐十'"!    r",.-、, \  よって――
  /  i゙i     /  ̄ ̄ ̄       i .l ッー-、\_ミ「彡゙'ー=‐ (_.人 ヽ._ ヽ 私は国民の名において宣言をする!
 ノ   ヾ、  /            i! ! \_ ̄i i l r‐へ.__ ゝ. \   /
/      ゙''y'              l .i  、 l  !.j .l l 「,> (  \   人



98312009/09/07(月) 20:52:04.90 ID:wg2XK7Uo


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  .     ij 、 i /   ,ミ  l  
___∧,、 〈'-=j";'==・=' ヾr=、! ____  あえて言おう!
 ̄ ̄ ̄`'`  l .ノ   ゙̄   ,リy.,! ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




98412009/09/07(月) 20:53:30.54 ID:wg2XK7Uo


              ___
             /,,/,rf,,,、ー\
               ,;ノべ/   \, \
            ij 、 i /   ,ミ  l
           〈'-=j";'==・=' ヾr=、!
            l .ノ   ゙̄   ,リy.,!
            l ヾ゙>      , /   国王は無実であると!!!!
            ヽ. [ ̄ヽ   ,「!
             ヽ└=-' _/! l 
             ,ト.二._/__,┴i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\



98512009/09/07(月) 20:55:02.81 ID:wg2XK7Uo


うおおおおおおおおおお!     その通りだZE!

      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)  陛下は無実だYO!
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ.
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l  国王陛下万歳!!!!
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;



98612009/09/07(月) 20:55:55.36 ID:wg2XK7Uo


このバルナーヴの雄弁に立ち向かえる民主派議員たちはいなかった。

        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  \   /
      |  /   〇  〇
       (6 U      \     ぐ……あ……うっ!!
       │    ,,,,, ─′
        \    ̄ ̄l     
        |  ヽ  ;;;;;;;;l     
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\


98812009/09/07(月) 20:57:45.03 ID:wg2XK7Uo


     ノ           /            ___  _ヽ{ ___          ヽ
     ヽ             {        ,.イ /,二二フフ⌒ー‐、ミ...、         |
                 }      , '´,..イ{:.:/ニニ爪:.、`ヽ、:.:.:.:.ヽ、:`ー‐z    l
                 {   ,ィ彡´ ̄ ̄:.:.:./:.:.く:.l:.ヽヽ、:.ヽ、:.:.:.:.ヽ、:下ヽ、__ !
                 }  /ノ,彡:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:/\ヽ、ヽ:.ヽ、:.\:.:.:.:.、ヽ:{ ヽヽ ヽ、
                 { / //7:.:./:.:.:.l:.:.:.:l::.:l:.:.:.:.「ヽミ丶ト、:ヽ、:.ヽ:.:.:ト、:.! i ノ`ー┐
     フ             レ //,..:':./:.:.:.l:.!:.:.:.:ト、ヽ、:!:.:.ヽ`T'ー-:.:ヽ、ヽ:!ハ! !/   ノ
     て            {/_./:.:/:./:.:.:.:ハ、、:.ヽ:ヽ:.ヽヽ:.:.:ヽ!}:.:.:.:.::.:.、ヽ(.   l   /
                  〉:/:./:.:/:.:.:.:.:!:.l:\ヽ、ヽ:ヽ:ヽヽ、:リ:.:.:.::.:.:.:.ヽト、     7
                    {:/:/!:.:,':.:.:.:.:.:l:.:.!:.:.:.ヽ、:.、`:.:.:.ヽー1:.:.::.:.:.:ト、:ヽ ヽ    フ
                    }:!/::!/!:.:.:.:.:.:.:l:.:.',:.:.:、:.: ̄:.`:.:.::.:.`ソ:.ノヽ:.:.:l:.:.:ハ:!     ´⌒⌒ヽ、,r―-....、__,
                   {:::::::!7:.:.:.:.:.:./,L、、:.:.トく,ィ=、ミ7:.ノ:.:.:.!:.:.:!りr‐}、     ;/:::::::;:::':`::;::::::::::'::::::::
                  }::::::::|:.:!、:.:.:.l:{!f;jヽト=ー/ {(;:) 入フιヽ/ ̄´;:':::::::\    ;/:::;:::'::::::::'::::::::::::::;::::::::'
     つ           〈::::::::::!:.Nヽ:.ヽ`¨´!`ヽ~ ` ̄      /:::::;::'::::;;;::::::::::`ヽ /:;::::::::::::::::::::::;::::':::::::::::::
                 /::::::::::::/:::::ヽ、:! |  ,r    _..  /::::;:':::::;;;;:::::::::::::::::::::ヽ、:::::::::::::::: ':::::::::::::;::::::::
                   {::::::::::::/:::::::::::::ヽト、ゝ..._     ` l:::;:':::::::::::::;::: ':::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::;:::::::':::::::::::::
                   }:::::::::::|:::::::::::::::;::::!:::\ー、-‐¬´`ヽ/;:'::::::::::;::: ':::::::::::::::::::::::::::::::〉::::::::'::::::::/7:__::::;::
                     {::::::::::::!::::::::::::::::::'::;:'::;:::ヽヾニ`ニン 7:::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/7:::::/ ///;:::::::
                     }::::::::::::!::::::::::::::::::;::::'::;':;::::::`T= .ノ:::::::;::':::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::://___ L/ L!::::::::::
    ┃ ┃         {:::::::::::::|:`::::、::::::::l::::::::'::::;:::::::ヽ、/:::::;:: ':::::::::/:::::::::::::::::::::::/::r―‐┘__ /:::::;:::::::::;:::::
    ┃ ┃         }::::::::::::::!:::、::::`:::::::!:::::::::::::::':::::/::;::: ':::::::::::/:::::::::::::::::::::::/:::└┐ // /:::,:::::::::':::::::::,
    ・  ・         )::::::::::::|:::::!:::::::::ノ:::, --、__/:::;:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::/:::::::::::/  //_/:::;::::::::::::,  ´
                 }:::::::::::::l:::::!::::::::/ ̄   /::::;:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::/::::ヽ:::::: ̄:/ 二 7, ´
  ヽ、         ___{:::::::::::/:::/::::/     /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::;:::'::/::::::::::!:::::::::/.└┘/
    |  , -- 、 /:::::::::::::`::::::::::::/::/ ̄`ー―/:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::;::'::::::/::::::::::/:::::::/_/`7 /


パリ市民同様、国王の行動に怒りを感じていたが、諸外国の干渉と言う脅しをかけられては、
国王の告発を取り下げるほかなく、「逃亡事件」も「誘拐事件」として承認するしかなかった。
民主派は三頭派によって完全に打ち負かされたのだった。

98912009/09/07(月) 20:59:23.72 ID:wg2XK7Uo


また、国王の懐柔も滞りなく勧められた。


         _,.--―'~ ̄`ー-、
       /,.-‐'"~ ̄`、   、 ̄ヽ、
      / /       `ー-〉`ーヽ. \
     r' /.            〈.  ヽ
     ; i              〉   |
.     |.|       ,.:'"      `i   |
      l.l  ,._____ l i__,.--‐‐-、.  l   |
      !.`i<´_,.--、_」'^L_,.===、_`;. j  .j
.     /i | 、-‐・./  ヽ!、 ̄`・,.   l /^ヽ      陛下。
     |.(|. | ``=-7  ,...; ` ̄´   j l ハ |      この度、バルナーヴ殿から宮廷との
     ヽ:l !、  、__,.、_,.、i    ,.-'〈  し/      交渉を担当するようにと言われた
       j ! ,..-‐'" ゛ー--、、    j  Yl       ラメットと申します。
      j.  `r' -―===-' ヾ`、 _.ノ  l|
      `、 ヽ. ー-,.-、-‐ ,.-'   _./_|       まあ、他に2人いますが、都合上、
       \_`゙゙゙"  ゙゙゙""  ,.-‐',.. '" l       私が代表して話を伺います。
        |.  `゙゙'""`゙"`´`゙゙ .:::::::::   |
.        |          .::::::::::: ,....-'―
        ‐^ー‐;―‐‐''""~~ ̄ ̄ ̄
            ラメット



99012009/09/07(月) 21:01:40.21 ID:wg2XK7Uo


        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |    
   |  ・|・  |─ |___/    ご苦労。
   |` - c`─ ′U 6 l     で、ボクはいったい何をすればいいのかな?
.   ヽ (____  ,-′  
     ヽ ___ /ヽ    
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 






         _,.--―'~ ̄`ー-、
       /,.-‐'"~ ̄`、   、 ̄ヽ、
      / /       `ー-〉`ーヽ. \
     r' /.            〈.  ヽ
     ; i              〉   |
.     |.|       ,.:'"      `i   |
      l.l  ,._____ l i__,.--‐‐-、.  l   |
      !.`i<´_,.--、_」'^L_,.===、_`;. j  .j
.     /i | 、-‐・./  ヽ!、 ̄`・,.   l /^ヽ      国内には動揺が広がっております。
     |.(|. | ``=-7  ,...; ` ̄´   j l ハ |      陛下の身柄が軟禁状態にあるのを機会に、
     ヽ:l !、  、__,.、_,.、i    ,.-'〈  し/      オーストラリアやプロイセンが干渉の材料として
       j ! ,..-‐'" ゛ー--、、    j  Yl       攻めてくるものと危惧されているのです。
      j.  `r' -―===-' ヾ`、 _.ノ  l|
      `、 ヽ. ー-,.-、-‐ ,.-'   _./_|
       \_`゙゙゙"  ゙゙゙""  ,.-‐',.. '" l
        |.  `゙゙'""`゙"`´`゙゙ .:::::::::   |
.        |          .::::::::::: ,....-'―
        ‐^ー‐;―‐‐''""~~ ̄ ̄ ̄



99112009/09/07(月) 21:02:35.31 ID:wg2XK7Uo


国王がパリに帰った当日の新聞でも、既に外国勢力への懸念が掲載されていた。

                                 ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
                    ______    < 憲法の敵である外国に我々を攻撃する口実を
                   /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ   < 与えることは避けるべきニダ!
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  < もしルイ16世を退位させるならば、
                  |::"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ:::|  <  敵は侮辱を受けた国王の復讐を口実にして、
                  |:::|           |:::|  <  全ヨーロッパを我々に差し向けてくるニダ!
                 ヽ/ -=.、   _,=-  ゾ  <  ルイ16世が不名誉な裏切りによって
                  | |  -ェゝ ";ュ-   |ヽ  <  フランス国民に対する罪を負うとしても、
                  ヽト、  ´i `   ,.イ/  < 彼をそっとしておこうではないかニダ。
                  〈  i  /L_、  i 〉   _ノ 彼のためではなく、我々のために、彼とその家族をそっとしておこうニダ……
               __,. -‐ヘ  -=三=-  /──、∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
          _ -‐ ''"   /  \     /\    ̄゛ー- 、
         ハ       /   |ヽ ̄ ̄//  ヽ、      ∧
         |  ヽ      く     ! .>ーく /     >      / !
           |   |     _>  ∨-、r‐/   <_     /  !
        ∧   !    ヽ     | 厂L/   ■/      i  .∧
       / \  |     \   ∨  !    /      | / ハ



2以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/07/29(水) 21:26:41.33 ID:gJh923oo
その頃、ルイ16世は――


 ..  .:.:.:.  ... ...:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .... .. ... ..  .... .. ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:... ......  . .... . .... .. .:.:.:.:. .... r ⌒ヽ .:.:.. .. .
......:.:...:.:. .:. .:. (⌒ 、 . .. .. .     .. .......:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .:.:.:.:.:...... .. ..:.:.:.... ..:.:.:.: .: .. .. ... (⌒   ⌒) ... ..
:.:.:. ...... .:.:. (⌒   ⌒) ... .... .:.:.:. .. . :. .:.:.:.:. . . .....:.:.:.:.:....  .....   . ..:.:.:.:....:.:.:..: .:.:.. (⌒    . . ... .:.:.
 .. .... .. . (⌒      r'. ..:.:.:....   ..:.:.: .....:.:.:.:.:. .:.:.:..... r ⌒ヽ .:.:.. ... .. ... . :..:.:. . . ...   . . .. ...:.:.:.:
.:..  .. (⌒'        .   .. .:.:.:.:.:.... .... .. ... ....:.:.:.: (⌒   ⌒) ...:.:.:.... :. :.:.:.:.. .  ... :.   .:.:.:.:. . ....
..:. . (         . ..  ..:..   . ... .    .. .:.:.: ...  (⌒     r'⌒ヽ ..  .. .. .... .  . .. ...:.:.:... .
... . .    .;i;';.      . ...  ......  ... ....    ...          ⌒ヽ    . .. .:.:.:.:..      ... ..
   ,.;i;';.,,;;`;;i`、    ... .      . .. .   ... ....    ...        . ...  ......       . .. .
  ,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,.
 ,.,;:;;`;;i`:;:i;,|i!''".                                 .;i;';..;i;';.
.....  ""'|i!''''"  i|!、....,........... .......,.,.......,..,.,,.,,. ...... .......,. ,.......,..,........... ...    ,.;;.;i;';.,,;;`;;i`、;i`、 . ............ .
'::',:'':';:,.,i|!、:.,"'`::'::',:'':'`::'::',:'':'`  "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..,"'`::'::',: '"'`,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,;:。;:;;, ,.;i;';.
 "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;:;;`;`;;i`:;:i;,|i!''";,|i!'',.;;:。;:;;::、
':: ',:'':'`::'::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;.., "'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::', '""''|i!''"  ,i|! .....i|!,.,;:;;`;;i`:;:i;,.
'::',:'':';:;'"'"''::',: '"'"''::',:::':: ',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',: '':';:;..,":,.,i|!、'`'::',:、'':';:;..,..、""'|i!''"
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::              '::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::',:'':'`::':: '::',:'': ';:;..,":,.,i|!、
'''.''' '''.''"'"''"'"' " "'''.''' "'''.''"'"''"'"' "'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'"'''.'''  "'''.''"'"''"'"
:::       ;..,"'`',:'':'`::''" ;;                    :::;..,"'`',:'':      :::;..,"'`',:'': ;:;: .
'':'`::'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::'.,"'`',:'':'`::':' "'`:       :'::',:'':';:;     ..,"'`',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`',:'': '`::'::'.,"'`',
  '':'`::'::',:'':';:;..,.            ';:;:;..,"'`',:'':'`::'::'':    '':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;.
                           '':'`       ::'::',:'':';:;:;..,
    "'"'''':'`::':;:;..,"'`',:'':'`::'::'':':';:"'"''' "''''':'`::':':',     :'':';:;:;..,"'`',:'':'`::'::'':;:;..,    "'`',:'':'`::'::'':


3以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/07/29(水) 21:27:34.95 ID:gJh923oo

       r''"~ ̄ ̄^'ヽ
      /        ;ヽ
      l __,,,,,,,,,,,,,_,;;;;i
     ,l l''|~/ -、 -、lミ;l   
     ゙l;| |─|   ・|・ |;i |    
     ゙l;| |  ` - o-|;i |    よし!
     ,r\ヽ   ___っc=/    今度は、あの鹿だ!!!
   ,/  ヽヽ、__─、- ノヽ    
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l,    
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_        ri                   ri 
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |      
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ       
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |



5以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/07/29(水) 21:31:02.36 ID:gJh923oo


       |     |
    \|\|    |/|/
        |    |
        |    |
        .|   | 
    i'⌒ヽ  |  .| /⌒丶
    \ヽ .\| __ |ノ / .| 
     ヽ/ i≡ i  \./
     /  .ヽ /    .ヽ
 .   .|          |
   . |        u. |
     | ●   ●  ./     野生のみなさん、ご存知ですか……。
     ヽ        /|   
      |      / .|     ボクがもう、自然で見られなくなるんです……。
     . |     /  |
      |    ./  / \
       .<≡>__ /  /ヽ
    //        .ヽ、.\
   /  i ┼.┼┼┐  / \ ヽ
 . /  /i ┴.└─    |  ) .)


 _人人人人人人人人人人人_
 >  シンゴー!シンゴー!!<
  ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
     \|\| |/|/
    「\   | |  /7!
    ヾ >‐┴┴<.//'
     Y ●  ●\/⌒)
   /⌒)       |  |
  /  /  \   /  /
. (  ヽ   \●' /
  \       /
   /       /
  |        /
  |  /\ \    
  | /    )  )   
  ∪    (  \
        \_)



6以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/07/29(水) 21:31:56.76 ID:gJh923oo


       r''"~ ̄ ̄^'ヽ
      /        ;ヽ
      l __,,,,,,,,,,,,,_,;;;;i  <いいぞ ベイべー!
     ,l l''|~/ \、y/ 、lミ;l   逃げる鹿は野生の鹿だ!!
     ゙l;| |─|   ・|・ |;i |   逃げない鹿はよく飼育された鹿だ!!
     ゙l;| |  ` - o-|;i |   
     ,r\ヽ   rーjc=/    ホント 狩場は地獄だぜ! フゥハハハーハァー
   ,/  ヽヽ、__ `ー" /ヽ    
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l,    
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_        ri                   ri 
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |      
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ       
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |



ヴェルサイユ近郊で狩りをしていた。



9以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:07:24.89 ID:wg2XK7Uo


         _,.--―'~ ̄`ー-、
       /,.-‐'"~ ̄`、   、 ̄ヽ、
      / /       `ー-〉`ーヽ. \
     r' /.            〈.  ヽ
     ; i              〉   |
.     |.|       ,.:'"      `i   |
      l.l  ,._____ l i__,.--‐‐-、.  l   |
      !.`i<´_,.--、_」'^L_,.===、_`;. j  .j       実際、これまで静観していた
.     /i | 、-‐・./  ヽ!、 ̄`・,.   l /^ヽ      神聖ローマ皇帝レオポルト二世が
     |.(|. | ``=-7  ,...; ` ̄´   j l ハ |      ヴァレンヌ逃亡事件を期に行動を取り始めた模様です。
     ヽ:l !、  、__,.、_,.、i    ,.-'〈  し/     
       j ! ,..-‐'" ゛ー--、、    j  Yl      議会もこの動きに国境を閉鎖し、
      j.  `r' -―===-' ヾ`、 _.ノ  l|      正貨と武器の流出を禁止させました。
      `、 ヽ. ー-,.-、-‐ ,.-'   _./_|      北東国境付近に国民衛兵が動員され、
       \_`゙゙゙"  ゙゙゙""  ,.-‐',.. '" l      義勇兵10万の徴収も決定されております。
        |.  `゙゙'""`゙"`´`゙゙ .:::::::::   |
.        |          .::::::::::: ,....-'―
        ‐^ー‐;―‐‐''""~~ ̄ ̄ ̄



10以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:09:14.02 ID:wg2XK7Uo


7月6日。レオポルト二世は滞在していた北イタリアのパドワから各国宛に、
急進化するフランス革命への介入するために自分とともに行動することを要求した。


     l|                                |l
     |'|                               |`|
     |-|                                 |-|
     |-‐|                            |ヽ|
      |/|                           |`ヽ|
      |/ |       _,-‐,,ii|||||||||||||||ii、-、_         |`ヽ、|
     | / `ー;‐‐;‐‐i ̄ ii|||||||||||||||||||||||||ii  ̄i--:--:--'` ヽ |
      ! /  |  | /=  i|||||  |||||||||||||||||ii   ヘ |  |  ヽ /
      ゛ー- !_!/   ||||||  ||||||||||||||||||   =i_!_!,--‐'
           ヽ,   !|||||||||||||||||||||||||||!    /     
          了 彡  ゛!!!!||||||||||||||!!!!"'`   ミヽ    妹夫婦をいじめる革命は許せんな……
           `ゝ.__        ̄Y ̄   '  ,__ノ
             | ]下ミ─-。、_|_; 。-‐≠丁 [ |      欧州の君主ども、俺に協力せよ!
             └、,キミミ`三ノ| 、三´E=メ ,-┘   
                ,iヽキミ《ー‐''―‐'`E// i     
            // | |  `‐、 二 ,‐´  ヘ\      
 ̄ ̄ ̄7^i⌒iー-∠_  | | \ ` ̄´/    _ヽー―i⌒i^ゝ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ノ  |  |     ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ー´ ̄ ̄ ̄ ̄`    |  | |
レオポルト2世(1747年 - 1792年)
神聖ローマ皇帝。
マリー・アントワネットの兄であり、
消極的だったヨーゼフ2世よりは幾分か積極的であった。



11以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:11:26.53 ID:wg2XK7Uo


        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |    
   |  ・|・  |─ |___/    確かに。
   |` - c`─ ′U 6 l     今、諸外国の干渉を受ければ、
.   ヽ (____  ,-′    暴発寸前の農民を巻き込んだ全面戦争に突入だ……。
     ヽ ___ /ヽ     それだけは避けるべきだね。
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 







         _,.--―'~ ̄`ー-、
       /,.-‐'"~ ̄`、   、 ̄ヽ、
      / /       `ー-〉`ーヽ. \
     r' /.            〈.  ヽ
     ; i              〉   |
.     |.|       ,.:'"      `i   |
      l.l  ,._____ l i__,.--‐‐-、.  l   |
      !.`i<´_,.--、_」'^L_,.===、_`;. j  .j
.     /i | 、-‐・./  ヽ!、 ̄`・,.   l /^ヽ      陛下にはレオポルト二世の宣戦に対し、
     |.(|. | ``=-7  ,...; ` ̄´   j l ハ |      開戦の延期を要求していただます。
     ヽ:l !、  、__,.、_,.、i    ,.-'〈  し/      議会もそれに同調しますので、
       j ! ,..-‐'" ゛ー--、、    j  Yl      後は、諸外国が安心するように
      j.  `r' -―===-' ヾ`、 _.ノ  l|       憲法の修正を行えば万事解決です。
      `、 ヽ. ー-,.-、-‐ ,.-'   _./_|
       \_`゙゙゙"  ゙゙゙""  ,.-‐',.. '" l
        |.  `゙゙'""`゙"`´`゙゙ .:::::::::   |
.        |          .::::::::::: ,....-'―
        ‐^ー‐;―‐‐''""~~ ̄ ̄ ̄


三頭派の考えは、まさに革命を終わらせ、旧体制を無難な形で軟着陸させるものだった。
これが通れば間違いなく、立憲議会制の新フランス王国が誕生するはずであった。
だが、それは国民の要望とは相容れないものでもあり、立憲制を目指す保守勢力は、
議会と国民とが乖離する象徴ともいうべき次の行動を取った。



12以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:13:04.55 ID:wg2XK7Uo


                   ________
                      | ジャコバン・クラブ|
                      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ∧
                   <⌒> 
                     /⌒\
      _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧._/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ







            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( >)(●)  チーッス……
          | U   (__人__)   ――って、アレ?
             |     ` ⌒´ノ
              |         }   何だか寂しくないか?
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、




13以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:15:51.29 ID:wg2XK7Uo


                  ____
                 ,  ´       `   、
             /              \
            /                \
              /                   ヽ
          /   /   / /           |  ∧
            '    l    / /,  -―    / /|  ∧
.           |   l |  |´/        ィ ,.l||| ∧
.           |   l |  K_  、―‐'´//|||| | トヽ
.           |    ヽ.|  | 沁tx、\‐ 彡 ´_/イ/||v|
.           |      \ V弋z^ヽヽ l  ィケアテへ,' ,' ハ|
.           |       ト\__,rッ={i≦ィ/`ソ./l/ ノ
.           || |   |   |  `      ゝ=/=イl//    ヤラナイオくん……
.           || |   |  |      ´/ /  {
.           リ |   | |  l、   ¨二 ` /  |      やられたよ。先手を打たれた。
          `ヽ  | |  |、> .   イ | | |
               /\| |  ヽ\ 厂\{ { | |
            /\ ヽ|、 l | 〈| |    \  | l.|
       _  ´     \ 丶N 八ト、    /lVl N
       /          \  ∧└、ヽ. ムト l /
.     /           ヽヘ ∧ l V 〉 ヽl' ー 、
.   /                 V∧ L..j∧ヘ    \
  /                ヽ. ヽ`ヽ.∧ヘ
. /   /               \\ V∧ヘ
                サン=ジュスト






            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( >)(●)  サ、サン=ジュストくん!?
          | U   (__人__)  
             |     ` ⌒´ノ   どうしたんですか。み、みんなどこへ?
              |         }   ロ、ロベスピエールさんは!?
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



14以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:16:46.43 ID:wg2XK7Uo


       /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ
        /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',
  .     /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!
      ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
     /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!      ヤラナイオくん……。
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!       ボクならここにいるよ……
         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
           ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ       だけど、おしまいだ……何もかも…
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/        もう全ておしまいだ……!!
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/         ククク…ッ クハハハ……!
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/         ハハハハハハハ!!
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/








            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( >)(●)  ロベスピエールさん…!
          | U   (__人__)   どうしたんですか一体…
             |     ` ⌒´ノ
              |         }   中二病絶頂なトコ、スイマセンが
              ヽ        }   ジャコバン・クラブに何があったんです!?
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



15以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:18:07.83 ID:wg2XK7Uo


           /:::::::::|:::::::::::|:::::::::::丶,,::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
          /:::::::::::::: |::ヽ:::::::|:ヽ:::::::::::ヾ,:::::::::::::::::::::
         /::::: |::::::::::::|::::ヽ::::::i \::::::::::::ヽ,,::::::::::::::::
         /::::::::::|::::::::| |::::::ヽ:::::ゝ::ヽ:::::::::::::ヽ,,:::::::::::
        /:/:::::::::ヽ::::|:::i::::|:::::ヽ:::ヽ:::ヽ:::::::::::::::ヾ:::::::
        /|:|::::::::::::::ヽ∥::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
       |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
      ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::   ……ラファイエット、バルナーヴら立憲制を主張する保守勢力が、
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::   ジャコバン・クラブを脱会し、パリのサン・トレノ街にある
       ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::   フイヤン修道院に集まって、フイヤン・クラブを設立した……。
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|   しかも、奴らを追うようにジャコバン・クラブのメンバー
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /   会員2,400人のうち1,800人がフイヤン・クラブに移動した……。
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
            ヽヽ                 | リl:/:/::::   この惨状は、その結果なんだよ。ヤラナイオくん……。
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
              丶,    ,             / |::::::/   ジャコバン・クラブは……消滅の危機だ。
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ






            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ○)(○)
          | U   (__人__)   そ、そんな……
             |     ` ⌒´ノ
              |         }   じゃ、ここには600人しか残っていないんですか!?
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



16以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:19:54.38 ID:wg2XK7Uo


        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  \   /
      |  /    -   -
       (6 U      \     ラメット兄弟はもちろん……
       │    ,,,,, ─′    シエイエスもフイヤンに行ってしまった……。
        \    ̄ ̄l      大物は誰一人として残っていないよ……。
        |  ヽ  ;;;;;;;;l     
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\







       /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ
        /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',
  .     /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!
      ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
     /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!      …………。
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!       残った構成員は民主・共和派だけだ……。
         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
           ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ       そして議員として名のあるのはボク、ペティヨン、
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/        ビョゾーの3人だけ……
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/         どうだい?
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/         笑うしかないだろう?
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/



18以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:22:15.83 ID:wg2XK7Uo


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ○)(○)
          | U   (__人__)   な、何を弱気なことを言っているんです……!
             |     ` ⌒´ノ
              |         }   逆に考えるんです!
              ヽ        }   これはジャコバン・クラブを民主派の
            ヽ、.,__ __ノ   拠点に変える絶好の機会じゃないですか!
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、







        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  \   /
      |  /    -   -
       (6 U      \     確かにそうだが……
       │    ,,,,, ─′    それは容易なことではない。
        \    ̄ ̄l      それに、ロベスピエールがこうでは……。
        |  ヽ  ;;;;;;;;l     
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\



19以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:23:33.01 ID:wg2XK7Uo


                  ____
                 ,  ´       `   、
             /              \
            /                \
              /                   ヽ
          /   /   / /           |  ∧
            '    l    / /,  -―    / /|  ∧
.           |   l |  |´/        ィ ,.l||| ∧
.           |   l |  K_  、―‐'´//|||| | トヽ
.           |    ヽ.|  | 沁tx、\‐ 彡 ´_/イ/||v|
.           |      \ V弋z^ヽヽ l  ィケアテへ,' ,' ハ|
.           |       ト\__,rッ={i≦ィ/`ソ./l/ ノ
.           || |   |   |  `      ゝ=/=イl//    ヤラナイオの言う通りだ!
.           || |   |  |      ´/ /  {      革命家は命よりも革命の遂行、
.           リ |   | |  l、   ¨二 ` /  |      人民の幸福を優先する!
          `ヽ  | |  |、> .   イ | | |
               /\| |  ヽ\ 厂\{ { | |      それは、革命が始まる前から決まっていたことだ……
            /\ ヽ|、 l | 〈| |    \  | l.|      いや、その覚悟無くして革命を
       _  ´     \ 丶N 八ト、    /lVl N      遂行することはできない……!
       /          \  ∧└、ヽ. ムト l /
.     /           ヽヘ ∧ l V 〉 ヽl' ー 、    違うのか!?
.   /                 V∧ L..j∧ヘ    \   ロベスピエール――!!!
  /                ヽ. ヽ`ヽ.∧ヘ
. /   /               \\ V∧ヘ
                サン=ジュスト



20以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:24:28.03 ID:wg2XK7Uo


          ____  , ==-- 、
      _.-_=三ニ≧弐=コ'´ ̄ニ_‐ ._
   /,.-ニ‐'´/:::::〃::::∧\`ヽ=ミ、`ヽ、
.  ,.' /:,イ:::::::/;'::::::/l|:::::;';;;|\ ヽ、\`ヽ、\
  / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l;l|;'::ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ヾ ::::::}ハ:l::;:::l::/}:/
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ!         rリノ:/:::/
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ      ……ヤラナイオ。
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´        ……サンジュスト。
    ::∥ {  ゙、ヽ        ‐=ユr-'
     |    ヽ\         _ノ
          ヽ\      /
           ,.-‐=ニ_、   _ノ
  .         \,イヽ、    ̄
           \ \



21以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:26:04.03 ID:wg2XK7Uo


         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈      ありがとう……。
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ      目が覚めたよ。
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /         二人の言うとおりだ。
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ          これからジャコバン・クラブを立て直さなければならない!
     /           ,′             民主派の拠点として、人民の幸福を守るためにね!
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \







            / ̄ ̄\
          /   \  /
          | U  ( ●)(●)   そ、その意気です!
          |     (__人__)    パリ市民は共和制を望んでいます。
             |     ` ⌒´ノ    その声を吸収して、ジャコバン・クラブの
              |         }    さらなる発展を目指しましょう!
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ   
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、  



22以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:27:43.33 ID:wg2XK7Uo


                          ,:'.  /// // // il   l::::l::::::::
                         ,:'   // /l|| ///i l   ,'::::i.i:::::::::
                          ,'   / /  ,ソi |. i i ! l i /:llンi:::::::::
                      ,'      ; .l l l !ill !i  i:/ メ、l::::::::
                      ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::I   (見ていろ……革命家を
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l   気取ったペテン師ども!
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `  
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、   ボクが必ず、貴様らを
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,     地獄へ送ってやる!)
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
          i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i



23以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:29:29.36 ID:wg2XK7Uo


―― 一方、その頃

            *     _______*
 ┼                    | パレ・ロワイヤル|
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ







      )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二)) 
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈 
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l  
         l l  l _L | |ノ  rT´? | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l 
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |      よく来たバル。
            ,' ハ (_人__)    リ ,| |//´  | |.      民衆の様子はどうバル?
            |  〉 、      lレ' | h、     |  |
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |
            /'   ノl j/ ?ト(  ノ l (   \  |  |
           ヽヽ/ヽ j!    > ´ / /     ハ |  |
         オルレアン公ルイ・フィリップ



24以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:30:52.35 ID:wg2XK7Uo


                   /          `丶、   ヽ ヽ
                   ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
                  ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
                  .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
                  l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
                  l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
                  '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
                  V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /
                   '. ト、i  ヽ.          i ` ' !   どうもこうもねえ。
                  r /'  l   ヽ         l   /    猫も杓子も共和制を喚いてやがる。
                 ノ i   、     , - '   -‐--'  .'
               , ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/      簡単に実現するなら苦労はないって
           _... - ''  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /       言うのにな……
       _ ... ィ´ i     l     \ '.   丶、  __ノ
  , - '''    i  l     l      \      ̄ ハ、
                     ダントン







            >′´    \::::::::>、____
          /      l ヽ    ̄ //小 \Y/
            . ' /      | |ト  |  \'」ト \\__
          /  l      | ∥| } _|   l \_ヽ_ \\
         /   |   | | イ厂|,ハ !  | ゙,  ̄\\ ヽ.ヽ
       ′ | i |ヽ   |// /,.-‐刋 | |    ̄  レ′   そうよねぇ~。
      |  | ||_\ |! / 〃ヽ_ノ ' / /  |     \     ジャコバンはボコボコだしぃ~、
       || ゝ \ -\∨       / イ   ト     \ \   軍部の力を握っているラファイエットも
      | ト  \ィ  ノ       / |    | \     \   完全に王様側に付いちゃってるから、
  \___ 、 \\ヽ ̄´  ヽ         |    |\ \       蜂起に訴えるのは難しいわ~……。
__ \\|\ \  ̄二   、_,,_,      |    |  \ >-...    _
::::::::::::::::::\, ――‐∠ヽ_         / |   ∧__>'´::.::.::.::.::`<::::::::::::
::::::::::::::_/   ―ッ厂   、\ー-  <::.::/   /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\:::::::
:::::::∧/   /  /   l l ト )//「\::V  /::.:,′::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\:
::::::′冫 /    | _」  | | |∠〈〈仆:::::マ /.::./::.::.::.::.::.::.::.::.::___::.::.
:::::| ハ _  ,―┴ぐ_ノ-イ‐'::.::/フ┘|::|/ /´::.::./::.::.::  -―――-
:::/   7 Y´    |__  了::.::.//z_r‐レ'/.::.:::./ レ'´::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
〈|   /  \ -―{_  ̄|_::.::レ燈}彡イ::.::.::.::./ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
                 ラクロ



25以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:32:17.55 ID:wg2XK7Uo


                   /          `丶、   ヽ ヽ
                   ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
                  ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
                  .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
                  l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
                  l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
                  '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
                  V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /
                   '. ト、i  ヽ.          i ` ' !   こっちもコルドリエで突き上げをくらっている。
                  r /'  l   ヽ         l   /    時期尚早だろうが何だろうが、とりあえず
                 ノ i   、     , - '   -‐--'  .'     行動を起こさなきゃならない事態になった。
               , ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/
           _... - ''  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /       ついては、オルレアン公にお願いがある。
       _ ... ィ´ i     l     \ '.   丶、  __ノ
  , - '''    i  l     l      \      ̄ ハ、







  |  ./    /  /    i      i ヽ::__ノ::l イ.LL:|. 
  } /  /  /  /     :l:  l    :l  | ::: |:::| T"゙T:::}
 「 /  /  /   i     :|:  :l   :l ::l l }.|:::|..:く /:::/
  イ.  l  :l i :i     :::|:  :| .l :|  :| 「 ] |:::| "ト^/
  .|:i | i ::l ::i ::i i     :::|  ::| :l ::|  :| .} |.l:::ト ∧:}
. /:|:i | i L 」 _i__i i  : ::::i  ::| :: .l: :|  :l(: il::/{  |::|
/:/|:i | iいハL|_リ`i::::::::/ナ ‐ト 、L _:i  :| .}/::/イ  |:::|     どんなお願いバルか?
:/ .| いいハ ィrテぇミい/ レィ‐ ∠レ/` :///:/ /  |:::|
|  |  ト゚| i i いィ}     イテフハVイ/ レrヲL.|.  レ'     ルイ16世を退位させるなら、
.  |  .| i | i ゙ ゙̄      にクソ "|. i レイ / |.  |      何でも協力するバル。
  |  レ i |. ヽ.  (_人__)    /| i |  | .|   |
  | //.| |_ /` 、     _ rく ァi.ハ ', | .||   |
  レ /ィ| |::::::. ::::::..`_- .:::'´:::::::  ..メ/. ', V ||   |



26以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:34:01.38 ID:wg2XK7Uo


                   /          `丶、   ヽ ヽ
                   ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
                  ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
                  .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
                  l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
                  l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
                  '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
                  V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /
                   '. ト、i  ヽ.          i ` ' !   7月15日には議会が国王の逃亡を
                  r /'  l   ヽ         l   /    事件として幕引きを計る。
                 ノ i   、     , - '   -‐--'  .'     そうしたら、民衆が激怒するのも明白だ。
               , ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/
           _... - ''  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /       貴方は、その民衆を扇動してジャコバンの
       _ ... ィ´ i     l     \ '.   丶、  __ノ        指導部を動かしてもらいたい。
  , - '''    i  l     l      \      ̄ ハ、







 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } | 
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !  
.  | !:l   ∧. !  ゝ  _ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !   あら?
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐-ァ/ /| ,/   レ   民主共同ってワケ?
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゝノ//ノ |,イ      
  !    ト、         !   .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´  面白そうじゃない。それだけ組織的な動員をすれば、
  i    |. 丶      、___;__,    /',  ,    //   そう簡単に押さえ込むことは出来ないわぁ~!
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::



27以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:35:05.48 ID:wg2XK7Uo


                     r=..、、
                  rー-ヘ::.::.r':.:\
                r‐、_)ヽ::.:.:.:.:.::.:ー^j_rヽ
               r:j_):..:..:.:.:.:丶::.:..:..:.:.:.::.:r':ヽ
             r..、}:.:.:.:....:..:..:..:.:.:..:.:.:.:.::.::.::.ーr':\
             _ヽ:.:.:.:.:.:._.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.::.::.::.:ーヘ:..ヽ
            {_:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> ―、― - {`::.:.:.:.\-..、
              _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  l   \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、   _
            {:.`:.:.:.:.:.:.:/     l         Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}/_:.ヽ
             ⌒}:.:.:.:/      |    l    ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ∠⊥ノ、
              {_:rュ/ /  /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.|:._:小 ̄ ヽ:ヽ 
           /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィト\__ノ:.:}
          /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':./:../:.:_レj:.ト- ヘ´  よろしいバル!
         /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::.{__/:.:‐ァv' |::l:. l |
        / /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イVrj、}:.:.{ィ  |:.|:. l |   このオルレアン公に任せるバル!
      , イ ´..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi :ト{にソ{^´  |:j:: j|   必ずや、ルイ16世を「退位」させるように
     /イ ..::j//    ノイ /ヽ、  (__人__)  ,リ /_:/⌒´    リ: .:/ !、   力を尽くすバル!
   /´ / ..::/_ --_.ニイ//, -ァ >、    _ /}/´       j:..:/  l }〉
  /'  / :: /// ̄   /' <_:.ノ..: :`:._ァァ{、.:://:\        /:/  /ノ'







                   /          `丶、   ヽ ヽ
                   ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
                  ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
                  .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
                  l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
                  l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
                  '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
                  V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /
                   '. ト、i  ヽ.          i ` ' !   (随分と「退位」にこだわるじゃねぇか……
                  r /'  l   ヽ         l   /
                 ノ i   、     , - '   -‐--'  .'     この御仁は、民衆が望んでいるのが
               , ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/      共和制であるってことをわかっているのか?)
           _... - ''  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /
       _ ... ィ´ i     l     \ '.   丶、  __ノ
  , - '''    i  l     l      \      ̄ ハ、



28以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:36:12.64 ID:wg2XK7Uo


その頃、ヤルオは――


         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\     そうか……革命の行く末に悩んででいるか。
    /   <ー>::::::<ー> \
    |     (__人__)    |    無理もない。革命はもはや、旧体制の破壊だけではなく、
    \     ` ⌒´   /    その価値観の根絶にまで足を踏み入れようとしているからな。
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/  
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.  
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ. 
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
      ワゴン・オプーナ






           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ  そうなんだお。
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)   革命は、王様を否定して、
       ` 、        (__人_)  /   神様も蔑ろにしているお……
         `ー,、_         /   悪いことをしていないのに、どうして否定するお?
         /  `''ー─‐─''"´\



29以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:37:45.72 ID:wg2XK7Uo


         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\     ふむ……。
    /   <ー>::::::<●> \     私は、革命から身を引いたとはいえ、
    |     (__人__)    |    嫌でも革命の結果は聞こえてくる。
    \     ` ⌒´   /    王制の廃止を訴える市民の声は
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/ 日増しに高まるばかり……。
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.  
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \







      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、   そうだお……。
  (  < (●)  (●)   |  )   この間までは王様LOVE!
  \ ヽ (__人__)   / /   ――だった市民が恐ろしく見えるお……



30以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:39:20.72 ID:wg2XK7Uo


         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\     
    /   <●>::::::<●> \     信じていた者に裏切られた市民は、
    |     (__人__)    |      逆に、自分たちの権利を侵害する
    \     ` ⌒´   /      根源としての姿を王に見たのだろう。
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.    自分たちが苦しんでいるのは、
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.  貴族が悪いからで、政治を担う
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \ 王も悪いと……




31以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:40:28.80 ID:wg2XK7Uo


         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\     立憲派の強硬な態度は、それに拍車をかけている。
    /   <ー>::::::<●> \   
    |     (__人__)    |    民衆の急進を恐れた立憲派は、憲法をブルジョワ的に
    \     ` ⌒´   /    修正しようと躍起だ。
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/  
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.   選挙権の問題にしろ、下層の民衆にまで革命の
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ. 恩恵が行き渡るかどうか……
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \







      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u    ゚ 。 \\
  / /    ノ  ヽ、   \\   そ――そうなると、また、バスティーユ
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |     みたいなことが起きるのかお!?
  \\    (__人__)   /く<    今度は、王様が危ないお!!!
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ



32以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:42:05.10 ID:wg2XK7Uo


         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\     ヤルオくん……。
    /   <ー>::::::<ー> \
    |     (__人__)    |    君は革命が間違った方向に行かせないと言った……
    \     ` ⌒´   /    だが、革命という大きな流れは、個人ではどうにもならない。
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/  
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.  残念ながら革命は――王制を潰す!
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ. 
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \






         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \    ――そ、そんな!?
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /



33以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:43:30.66 ID:wg2XK7Uo


         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\      私はね……。
    /   <ー>::::::<●> \    王党派じゃない。
    |     (__人__)    |    民主派と立憲派の間だ。
    \     ` ⌒´   /    とても曖昧だろう?
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/  
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.   恐らく民衆のほとんどもそのはずだ。
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ. いや、はずだった。
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \






         ____
       /   u \
      /  \    /\      今は違うのかお?
    /  し (○)  (○) \    ヤルオは、ダントンさんみたいな
     | ∪    (__人__)  J |     寛容をモットーの世界になってほしいお!
    \  u   `⌒´   /




34以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:44:52.93 ID:wg2XK7Uo


         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\      寛容など、民衆は求めんよ。
    /   <●>::::::<●> \    民衆が求めるのは自由と所有。
    |     (__人__)    |    平等などまやかしだとわかっているから、
    \     ` ⌒´   /    価値観の違う相手を排除しようとする。
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/  
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.   ヤルオくん。わかっているはずだ。
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ. 革命は……血を欲している!
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \






         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (>)  (<) \    ――や、やだお!?
     | ∪    (__人__)  J |     血なんていらないお!
    \  u   `⌒´   /



35以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:46:29.10 ID:wg2XK7Uo


         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\      ならば革命をやめればいい。
    /   <ー>::::::<ー> \    眼を閉じ、
    |     (__人__)    |    耳をふさぎ、
    \     ` ⌒´   /    口をつぐんで孤独に暮らしなさい。
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/  
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.   そうすれば、嫌なことも考えずに生きていけるよ。
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ. 君は、革命とは関係ないのだからね……
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \







         ____
       /   u \
      /  \    /\      そ、それはダメだお!
    /  し (●)  (●) \    ヤルオは覚悟を完了したんだお!
     | ∪    (__人__)  J |     そして、革命が人を不幸にしないように、
    \  u   `⌒´   /    革命と一緒に王様も救うんだお!



36以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:48:55.79 ID:wg2XK7Uo


         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\      …………。
    /   <ー>::::::<●> \   
    |     (__人__)    |    それでも、戦うというのか、ヤルオ?
    \     ` ⌒´   /    
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/  人を捨てず、革命を容認する。
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.   それはとても大変なことなんだぞ?
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \



38以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:50:02.96 ID:wg2XK7Uo


         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (ー)  (ー) \    …………!
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /



39以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:52:02.26 ID:wg2XK7Uo


         ____
       /   u \
      /  \    /\      ――い、今、わかったお!
    /  し (●)  (●) \    ダントンさんが言っていた信念というのは、
     | ∪    (__人__)  J |     こういうことなんだお!
    \  u   `⌒´   /



41以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:53:52.30 ID:wg2XK7Uo


         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (>)  (<) \    人間には信念が必要なんだお!
     | ∪    (__人__)  J |     それをなくしたら、人間は獣になっていまうんだお!
    \  u   `⌒´   /    だから――絶対なくしてはならないモノがあるんだお!



42以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:55:00.93 ID:wg2XK7Uo


         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\     
    /   <●>::::::<●> \
    |     (__人__)    |      ――では、それはなんだ!?
    \     ` ⌒´   /      ヤルオ・カネクレーヨ!
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、. 
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ. 
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \



43以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:56:31.02 ID:wg2XK7Uo


         ______        
       /:::\:::::/::\   ヤルオの信念は、無益な流血を防ぐことだお!
      / <●>::::<●>\  ヤルオの革命に対する覚悟完了は「寛容の精神」!
     /    (__人__)   \, 先生! どうだお !        ,. ‐- .. _
     |       |::::::|     |                   /  __  `` ー- 、    
     |       |::::::|     |               , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '   
     \       l;;;;;;l    /"             _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉  
       \    `ー'    \_ -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'
  / / //| 〉‐f/ \'    !



44以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:58:13.75 ID:wg2XK7Uo


         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\     
    /   <ー>::::::<●> \   
    |     (__人__)    |      …………
    \     ` ⌒´   /
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、. 
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ. 
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \








         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\     
    /   <ー>::::::<ー> \
    |     (__人__)    |      …………見事だ。
    \     ` ⌒´   /      ヤルオくん……。
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/    君は、立派な大人になったのだな……
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、. 
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ. 
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \



45以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 21:59:31.54 ID:wg2XK7Uo


          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |     先生……
     \      ` ⌒ ´  ,/      ありがとうございましただお……
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ     これからは自分で考え、行動するお!
    |    l  ( l / / / l      ここには……来ませんお……。
     l    l  ヽ       /



46以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 22:01:46.39 ID:wg2XK7Uo


         / ̄\
        |     |
         \_/
          |
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \
    /   ⌒   ⌒   \      はははっ!
    |    (__人__)     |      何を言っている!
    \    ` ⌒´    /   ☆  突然一丁前のことを言い出しおって!
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/   そんなことを言わずに気軽に遊び来るんだ。
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.   今度はヤラナイオくんと一緒にな!
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \





                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |        わかっただお!
  \     ` ー'´     /
  /          \         今度来る時はヤラナイオも一緒だお!
 /             \        硬い話し抜きで語り合うお!
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ



47以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 22:02:38.00 ID:wg2XK7Uo


         / ̄\
        |     |
         \_/
          |
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \
    /   ⌒   ⌒   \      そうだな!
    |    (__人__)     |      楽しみにしているぞ!
    \    ` ⌒´    /   ☆ 
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/   今度は酒でも飲みながら
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.   語り合おう!
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \



48以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします2009/09/07(月) 22:08:06.09 ID:wg2XK7Uo

        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\   …………
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ







        __
      /    \
    /        .\   行ってくるお……!
   /           \
   |:::::::::         :::::|
   \:::::::      :::::::::/      ∩
  ,. -‐'´:::::::    ::::`⌒ ̄ ̄, ̄ ̄〆´ )
  ノ :::::::::::::::      :::::::.,__゛___、r  ソ



決意を見せたヤルオだったが――彼は地獄を見る。


第10話「弾圧」―前編― 終わり

やる夫がフランス革命を生き抜きます 第9話「ヴァレンヌへの道」後編

70112009/08/26(水) 19:34:07.69 ID:MZA0fO.o
かしら、かしら、ご存知かしら~?
世界を革命する物語の続きが始まるわよ~
かしら、かしら、ご存知かしら~?

第9話「ヴァレンヌへの道」後編

70212009/08/26(水) 19:35:04.69 ID:MZA0fO.o

――1791年6月


            *     ______ *
 ┼                    | テュイルリー |
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ



     V,,,-‐'''^''"゙''''ーi、、
     ./         `'i、
     l   r‐---,,,,,,_、  `'i、
     l゙  | r'ニミ'   "ニ"'''',!'"
    ゙.l- -,l {.i''rl   |l,!.} j゙l
     .l゙゙li.ゝ ''‐'` .,. ''‐' |,l゙
     ゙'-r、   ,,, _..   ,l゙  ボクの愛しき人……。
       ゙',,,,、  `` ,/    ……マリー。
     .,-'''''''|`'二ニ''"ニ、
    ,r"   ゙―'"`-" ゙'、
  .,/`   、       ,!゙l
  ,i´  .,,,i´          | ゙l
  !,   .゙l|           | .|
  \  ゙l_,,,,,,,,,,_ _,._,_l゙ .|
   `r'"` |`  ``  ` │.|



70312009/08/26(水) 19:36:16.88 ID:MZA0fO.o


    !::::::::::::::::::::::::::::、ッ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     ゙i::::::::::::::::::/  |::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i
     \:::::::::::ゝ、- ゙i::::::::::::::::::,r' !::::::::::::::::::::::、-:::::::::::::::::::::::::゙i
       |゙i::::::::|   \::::::::::::::l  ゙i:::::::::::::::/  ゙i:::::::::::::::::::::::゙i
       l 冫、.|、- ,   \::::::::!   \:::::::::l\  ゙i::::::::::::::::::::::|.
       、|   |、 ''\゙i    ' ‐  \、 ─- ,l  ゙i   ゙i:::::::::::::::::::|
      ,r' |  | |   !!        コ'´`\ ゙i   |  |::::::::::::::::::|
      | |  l | !. | !.|        || _,  l |       |、- ̄'‐,r'
      !、 l  ゙i| 二!.!           |゙i, ! ! !      ,r'     l
     、 -ト  ...... ̄、-         !、‐ー´/        /  |     ああ……フェルセン。
   /´::::::::゙i ...:::::::::... '       ...::::::二-.,_::..    (,!  ,r'__
  /:::::::::::::::::::\             l  ゙i ゙i ゙i       ,./::::::\,
 !::::::::、-::::::::::::::::::\    =-   〔`'r ゙i │ ゙i l _/|'‐‐´::::::::::::::::::::`'- ,
 (/´/::::::::::::::::/`\,       ゙i  ゙i |.  | | |゙i  ゙i:::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ̄ ̄ ̄  _、 -t'`''-.,,_    _l   l!   ! |、l.- ,  ゙i:::::::::::::::::::::::::::::::::
        /  、T   `'ゝ´二/     ,.イ`/ ̄\'‐ ,::::::::::::::7-.,::::
       |   ,r'!     _,r'´ ゙',r'      ,.l| `     \ `\:::::::::゙i `








     V,,,-‐'''^''"゙''''ーi、、
     ./         `'i、
     l   r‐---,,,,,,_、  `'i、
     l゙  | r'ニミ'   "ニ"'''',!'"
    ゙.l- -,l {.i''rl   |l,!.} j゙l
     .l゙゙li.ゝ ''‐'` .,. ''‐' |,l゙
     ゙'-r、   ,,, _..   ,l゙
       ゙',,,,、  `` ,/
     .,-'''''''|`'二ニ''"ニ、
    ,r"   ゙―'"`-" ゙'、
  .,/`   、       ,!゙l
  ,i´  .,,,i´          | ゙l
  !,   .゙l|           | .|
  \  ゙l_,,,,,,,,,,_ _,._,_l゙ .|
   `r'"` |`  ``  ` │.|
ハンス・アクセル・フォン・フェルセン(1755年 - 1810年)
スウェーデンの名門貴族。
有能な政治家としてスウェーデン王グスタフ3世の寵臣であったが、
18歳の時にパリの社交界にデビューして以来、
その洗練された容姿・仕草からパリの上流階級では知らない女性はいないとされる超セレブだった。
仮面舞踏会でマリー・アントワネットに出会ってからは運命の女性として一途に思い続けるようになる。
なお、愛人とも言われているが、その関係はプラトニックだけとも言われている。


70412009/08/26(水) 19:37:18.33 ID:MZA0fO.o


     V,,,-‐'''^''"゙''''ーi、、
     ./         `'i、
     l   r‐---,,,,,,_、  `'i、
     l゙  | r'ニミ'   "ニ"'''',!'"
    ゙.l- -,l {.i''rl   |l,!.} j゙l
     .l゙゙li.ゝ ''‐'` .,. ''‐' |,l゙
     ゙'-r、   ,,, _..   ,l゙  もう、後戻りは出来ない。
       ゙',,,,、  `` ,/   計画は進み出しているよ。
     .,-'''''''|`'二ニ''"ニ、
    ,r"   ゙―'"`-" ゙'、
  .,/`   、       ,!゙l
  ,i´  .,,,i´          | ゙l
  !,   .゙l|           | .|
  \  ゙l_,,,,,,,,,,_ _,._,_l゙ .|
   `r'"` |`  ``  ` │.|








                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!      そうね……
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._     お兄様たちは私を助けることには
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、  消極的だったわ。
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ  夫の従兄弟も頼りにならないのなら、
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´     もう、私たちが自ら行動しないと……
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |



70512009/08/26(水) 19:38:16.14 ID:MZA0fO.o


ルイ16世は諸外国に革命への干渉を行うよう密書を送っていた。
特に、同じブルボン王家であるスペイン王室に期待しており、従兄弟のスペイン王カルロス4世に対し、


        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |   革命家の圧迫を受けて、これ以後行い、
   | ─|─  |─ |___/   また、署名するはずの一連のことがらを
   |` - c`─ ′  6 l    あらかじめ取り消しておく。
.   ヽ (____  ,-′   
     ヽ ___ /ヽ    
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 

という通告を渡していたが、ルイ16世が期待するような返答はなかった。



70612009/08/26(水) 19:39:24.99 ID:MZA0fO.o


                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._ 
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´ 
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |

そして妻の実家であるオーストリア王室にも干渉することを要請するが、
マリー・アントワネットの懇願も虚しく、兄ヨーゼフ2世及び弟のレオポルト2世は、
妹のことを心配しながらも、干渉する口実がないとして積極的な行動を取らず、
議会と妥協するようにと忠告をするだけだった。



70712009/08/26(水) 19:40:18.49 ID:MZA0fO.o


           ,,-、く~~ヽ、 っ  ヽ,          /~~ (
           (    __ノ ヽ-,  |          )  /´
          _/     | _ ,ノ   ヽ         `) ~|
         \___ノ )`´    |        __ ,)  レ~、
                ,-´、_    ´つ   /~~~´
              ,,-~~`   ,,ノ   /
              ´~~~~、_ノ ,~-´
                  、-、 ,,-ノ
              |~~~~`ツ
              `ヽ,
                ~ヽ
                 )
     ,,、,,-、          |
     |   `‐- 、,     ノ                  ,--,
     /      ~`~~´             __     )  ヽ
    /                  ,~、__  _~´ `丶   ヽ  `ヽ
   /                  |   `-´     `|   `|,  \
  /                ,__,-´           \   \
  `/              /
  /,             (
  ~ `´ヽ,         /´
     |__,,-‐‐-、,, ,,-‐`
     ,,-‐、


そもそも、オーストリアは国内にハンガリー問題があり、
東部ではフリードリヒ大王以来、プロイセンに圧迫され、
未だに東欧に勢力を維持しているオスマン帝国にも気が許せない状況だった。

このことから、革命の波及を恐れることよりも、それによりフランスが混乱することで、
西部の安全が保障されるため、皇帝としては歓迎すべきものであった。



70912009/08/26(水) 19:41:17.63 ID:MZA0fO.o


                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l      もう、私たちが逃亡して現状を打開するか、
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!       それによりお兄様へ干渉を強制するかの
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._     二つしか手はないわ。
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ  これは最後の賭けよ!
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´ 
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |








     V,,,-‐'''^''"゙''''ーi、、
     ./         `'i、
     l   r‐---,,,,,,_、  `'i、
     l゙  | r'ニミ'   "ニ"'''',!'"
    ゙.l- -,l {.i''rl   |l,!.} j゙l
     .l゙゙li.ゝ ''‐'` .,. ''‐' |,l゙
     ゙'-r、   ,,, _..   ,l゙  既に亡命したプルトゥイユやラマルク、
       ゙',,,,、  `` ,/   そして王に忠実なブイエ将軍が計画に
     .,-'''''''|`'二ニ''"ニ、     参加している。
    ,r"   ゙―'"`-" ゙'、
  .,/`   、       ,!゙l   キミのためにも、必ずや成功させて見せるよ!
  ,i´  .,,,i´          | ゙l
  !,   .゙l|           | .|
  \  ゙l_,,,,,,,,,,_ _,._,_l゙ .|
   `r'"` |`  ``  ` │.|



71012009/08/26(水) 19:42:11.88 ID:MZA0fO.o


    !::::::::::::::::::::::::::::、ッ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     ゙i::::::::::::::::::/  |::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i
     \:::::::::::ゝ、- ゙i::::::::::::::::::,r' !::::::::::::::::::::::、-:::::::::::::::::::::::::゙i
       |゙i::::::::|   \::::::::::::::l  ゙i:::::::::::::::/  ゙i:::::::::::::::::::::::゙i
       l 冫、.|、- ,   \::::::::!   \:::::::::l\  ゙i::::::::::::::::::::::|.
       、|   |、 ''\゙i    ' ‐  \、 ─- ,l  ゙i   ゙i:::::::::::::::::::|
      ,r' |  | |   !!        コ'´`\ ゙i   |  |::::::::::::::::::|
      | |  l | !. | !.|        || _,  l |       |、- ̄'‐,r'
      !、 l  ゙i| 二!.!           |゙i, ! ! !      ,r'     l
     、 -ト  ...... ̄、-         !、‐ー´/        /  |     ああ……フェルセン。
   /´::::::::゙i ...:::::::::... '       ...::::::二-.,_::..    (,!  ,r'__
  /:::::::::::::::::::\             l  ゙i ゙i ゙i       ,./::::::\,
 !::::::::、-::::::::::::::::::\    =-   〔`'r ゙i │ ゙i l _/|'‐‐´::::::::::::::::::::`'- ,
 (/´/::::::::::::::::/`\,       ゙i  ゙i |.  | | |゙i  ゙i:::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ̄ ̄ ̄  _、 -t'`''-.,,_    _l   l!   ! |、l.- ,  ゙i:::::::::::::::::::::::::::::::::
        /  、T   `'ゝ´二/     ,.イ`/ ̄\'‐ ,::::::::::::::7-.,::::
       |   ,r'!     _,r'´ ゙',r'      ,.l| `     \ `\:::::::::゙i `



71112009/08/26(水) 19:43:10.80 ID:MZA0fO.o


フェルセンは有能な人物である。
物事の判断力に優れ、行動も迅速であった。
しかし、彼の思考力は愛のために酷く衰えていたと言わざるをえない。

そもそも、国王逃亡の噂は4月の時点で噂になっており、
4月18日、復活祭に参加するために、パリから離れたサン・クルーの離宮
に赴こうとした時でさえ、パリ市民によって阻止された。



     V,,,-‐'''^''"゙''''ーi、、
     ./         `'i、
     l   r‐---,,,,,,_、  `'i、
     l゙  | r'ニミ'   "ニ"'''',!'"
    ゙.l- -,l {.i''rl   |l,!.} j゙l
     .l゙゙li.ゝ ''‐'` .,. ''‐' |,l゙
     ゙'-r、   ,,, _..   ,l゙
       ゙',,,,、  `` ,/
     .,-'''''''|`'二ニ''"ニ、
    ,r"   ゙―'"`-" ゙'、
  .,/`   、       ,!゙l
  ,i´  .,,,i´          | ゙l
  !,   .゙l|           | .|
  \  ゙l_,,,,,,,,,,_ _,._,_l゙ .|
   `r'"` |`  ``  ` │.|

警戒される中、逃亡計画は順延を余儀なくされ、
次第に護衛に当たる軍隊の規律も疑わしいとなると、
身を守るために軍資金も必要となった。

このため6月初めに王室費200万リーヴルを受け取ってから脱出ということとなったが、
民主派に通じている疑いのある王太子づきの女官が退職するのを待ったため、
最終的には6月20日の夜に決行が決まった。



71212009/08/26(水) 19:44:34.77 ID:MZA0fO.o


計画的とされながらも、機会を逸し続けた。
だが、問題なのは、その計画が外国人であるフェルセン主導で、
なおかつ国内情勢に疎い亡命貴族が参加。
そして――


            ,.- '''ヽー- 、.._
         ,.ィ (ー-一つ  >  `ヽ 、
       / `ー─-----' ´      `ヽ、
      /-__..二.._ ー-、            ヽ.、
     /,.-'´  _  ` ー、`ヽ、        __,ノ ノ、.._
    /'´  ,r'´   `ヽー、 _` ー `二.¬ 二 -‐' ,イー…ー-=
   y'¨ ̄`l.、   r。, lr'´ `ヽ    ̄  ,.-''ブ ヽ.
    |    パ^  ` __,!|     l‐--=- ´ -く  ノ、
   ゝ--''/`ヘヽr'ア∠」    ヽ-一 ´     ̄``
   ´'z ‐'    `´   ヽ、 __,ノュ
                 !'^`
           ブイエ将軍

ラファイエットの従兄。メツの軍司令官としてナンシー事件の鎮圧を担当した。

ラファイエットの従兄であるブイエ将軍が何故参加していたのか?


71312009/08/26(水) 19:45:59.32 ID:MZA0fO.o

――同時刻。
国王寝室。


                |=l      ヾ,ヅ     |=|      
               r、V             Vヘ      
               |ヘl(      、 li r     )lイ|    
                |.ト| `r‐toッ‐ィ_}l_ノr toッ‐ァ゛|ノ|   陛下……
              l.ト|  " ̄´":i  ヾ" ゙̄` |ノ|    重大な計画について上奏いたします……
            ヾ|ヽ    { |        / |<    
              ノノll ¦  ', :L.     ¦ lト,ヽ   
           f⌒>{.ll l¦    ヾノ     ¦l l } <⌒I 
          ヽr゙ |l.| ',l   ー‐--一   l/ l.| ゙tノ
            ,r'"ヾ|   ',   ====="  /  リ`ヽ、
        /   |    ',   t=   /   |   \_
__.... -‐''"  ̄     l     ヽ________/    l    /:::::::`:`ァ- ....__







        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |    
   |  ・|・  |─ |___/    なんだい……改まって。
   |` - c`─ ′U 6 l    マリーを同席しないって条件だけど、
.   ヽ (____  ,-′    彼女に聞かれちゃまずい話なの?
     ヽ ___ /ヽ    
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 



71412009/08/26(水) 19:47:10.65 ID:MZA0fO.o


                |=l      ヾ,ヅ     |=|      
               r、V             Vヘ      
               |ヘl(      、 li r     )lイ|    
                |.ト| `r‐toッ‐ィ_}l_ノr toッ‐ァ゛|ノ|    はい……。
              l.ト|  " ̄´":i  ヾ" ゙̄` |ノ|     この計画は、王妃の耳に入れてはならないもの。
            ヾ|ヽ    { |        / |<     決して口外しないで下さい。
              ノノll ¦  ', :L.     ¦ lト,ヽ   
           f⌒>{.ll l¦    ヾノ     ¦l l } <⌒I  では……
          ヽr゙ |l.| ',l   ー‐--一   l/ l.| ゙tノ
            ,r'"ヾ|   ',   ====="  /  リ`ヽ、
        /   |    ',   t=   /   |   \_
__.... -‐''"  ̄     l     ヽ________/    l    /:::::::`:`ァ- ....__



71612009/08/26(水) 19:48:26.06 ID:MZA0fO.o































71712009/08/26(水) 19:49:23.67 ID:MZA0fO.o


        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |    
   |  ・|・  |─ |___/    ――な、何だって!?
   |` - c`─ ′U 6 l    そ、そんなことをしたら
.   ヽ (____  ,-′    ボクたち家族は――!
     ヽ ___ /ヽ    
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 



71812009/08/26(水) 19:51:01.34 ID:MZA0fO.o


                |=l      ヾ,ヅ     |=|      
               r、V             Vヘ      
               |ヘl(      、 li r     )lイ|    
                |.ト| `r‐toッ‐ィ_}l_ノr toッ‐ァ゛|ノ|    しかし、ブルボン朝を救うには、
              l.ト|  " ̄´":i  ヾ" ゙̄` |ノ|     もはや、これしか方法はありません!
            ヾ|ヽ    { |        / |<      お辛いことかもしれませんが、
              ノノll ¦  ', :L.     ¦ lト,ヽ    ここは断腸の思いで堪えて下さい!
           f⌒>{.ll l¦    ヾノ     ¦l l } <⌒I 
          ヽr゙ |l.| ',l   ー‐--一   l/ l.| ゙tノ
            ,r'"ヾ|   ',   ====="  /  リ`ヽ、
        /   |    ',   t=   /   |   \_
__.... -‐''"  ̄     l     ヽ________/    l    /:::::::`:`ァ- ....__



71912009/08/26(水) 19:52:00.01 ID:MZA0fO.o


        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |    
   |  >|<  |─ |___/    く……く――っ!?
   |` - c`─ ′U 6 l   
.   ヽ (____  ,-′    
     ヽ ___ /ヽ    
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 




72012009/08/26(水) 19:53:15.07 ID:MZA0fO.o












――そして1791年6月20日、午後10時。



            *     ______ *
 ┼                    | テュイルリー |
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ








                |=l      ヾ,ヅ     |=|      
               r、V             Vヘ      
               |ヘl(      、 li r     )lイ|    
                |.ト| `r‐toッ‐ィ_}l_ノr toッ‐ァ゛|ノ|    
              l.ト|  " ̄´":i  ヾ" ゙̄` |ノ|   
            ヾ|ヽ    { |        / |<      ……陛下。
              ノノll ¦  ', :L.     ¦ lト,ヽ    これで、今日一日の報告を終わります。
           f⌒>{.ll l¦    ヾノ     ¦l l } <⌒i
          ヽr゙ |l.| ',l   ー‐--一   l/ l.| ゙tノ
            ,r'"ヾ|   ',   ====="  /  リ`ヽ、
        /   |    ',   t=   /   |   \_
__.... -‐''"  ̄     l     ヽ________/    l    /:::::::`:`ァ- ....__



72112009/08/26(水) 19:54:54.79 ID:MZA0fO.o


        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |    
   |  ・|・  |─ |___/    あ、ああ……ご苦労だった。
   |` - c`─ ′U 6 l    も、ももももう下がって良いよ。
.   ヽ (____  ,-′  
     ヽ ___ /ヽ    
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 







                |=l      ヾ,ヅ     |=|      
               r、V             Vヘ      
               |ヘl(      、 li r     )lイ|    
                |.ト| `r‐toッ‐ィ_}l_ノr toッ‐ァ゛|ノ|    
              l.ト|  " ̄´":i  ヾ" ゙̄` |ノ|   
            ヾ|ヽ    { |        / |<      …………。
              ノノll ¦  ', :L.     ¦ lト,ヽ    ………………は。
           f⌒>{.ll l¦    ヾノ     ¦l l } <⌒i
          ヽr゙ |l.| ',l   ー‐--一   l/ l.| ゙tノ
            ,r'"ヾ|   ',   ====="  /  リ`ヽ、
        /   |    ',   t=   /   |   \_
__.... -‐''"  ̄     l     ヽ________/    l    /:::::::`:`ァ- ....__



72212009/08/26(水) 19:56:14.02 ID:MZA0fO.o


                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l     …………
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!      ラファイエットは行ったようね。
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._    気付かれなかったかしら?
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´ 
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |



72312009/08/26(水) 19:57:27.76 ID:MZA0fO.o


        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |    
   |  ・|・  |─ |___/    た、たた多分……大丈夫だと思うよ。
   |` - c`─ ′U 6 l    ふ、普段と何も変わりなかったからね。
.   ヽ (____  ,-′  
     ヽ ___ /ヽ    
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 







                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l     (何を焦っているのよ……)
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!      さあ、二人とも
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._    早く着替えなさい!
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´ 
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |



72412009/08/26(水) 19:58:20.58 ID:MZA0fO.o


      _..  ==== ._
   ,x≪          ㌧、
  /    /        }    ㍉
〃   {  {   {   /      ヾ
Y {  从  八ト、 ヽ ハ  /   ハ
{ 从 ゞミ、{ __,.. )ノ}/、 )イ 从 圦
 仆rゞ ̄_.      ._ `<彡イ 从ハ
人 圦 _.二z      z二._  ナ 人\}
:::ノ::个/f:::し:}     {:::し:ハ ム∧:::ヽ::\
__::{^ヽ ゝ-'′     ゝ-< / )ハ:::::}ィ'′  お母様……
、`ト、_ュ       '       /ィ今リ/¦
` { i l\     '=`   ,.ィ′川  ノ  |
  ハ| ! 个:.、.._  _..ィ灸jノ_ノノ 〃 ノ
㌢ f! | _,ィ=ミトv-=彡'::::::::⌒\イ从(
  l ,.イ{::i::≫rゞぐ7::/..:::::::::::〈`宀^`
x㌢\:i:::::|     rf::::::/⌒ヽミj
    ド-さ__x=ミV/      从
    ∨;;//;,; : : :ノ〈     /,小
、   `Yハ⌒: :〈 ノ      / 八
:::ヽ    Vヘ: : ノ /     /    ヽ
ルイ・シャルル(1785年 - 1795年)
ルイ16世とマリー・アントワネットの息子。
次期正統王位継承者。



72512009/08/26(水) 19:59:17.86 ID:MZA0fO.o


         /.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:|.:.:.:.:.:,, ヽ,.i.:.:\:ヽ.:.:\.:.:> くニニ_--__
        ./.::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:/.::.:|.:.:.:.:.i ヽ,.i:.:.:..:.:\::ヽ.:.:ヽ`-'`i   ´` =`_.、
        i:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.:.:.:.:i.:.:.:.::i   i.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽ:.i:.\i.|     ` ,`、
      ,,ィ´i.:.:.:.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:/.:.://i.::.:.::/    i.:.:.:.i.:.:.:.:i.:.:.:.:.:i.:.:.i:.:.:.:|      `=`、
    ィ"  |.:.:i.:.:i.:.:.:.:.:/.:.::/:.:.:/// i.:.:.:/    i.:.:.:ハ.:.:.:.:i.:.:.:.:i.:.:.:i.:.:.:|        `ォ
   ィ"   |.:.:i.:.:i.:i./.::/.:.:/.::/// /:.:.:/,r-ーー-i.:.:i .i.:.:.:.:i.:.:.:.:i.:i.:i:.:.:.:|        ",,
  イ´   |.:.:i.:.:i.::リ:i.:i.:i.:.:i / // /.:.:/      i.:.i`ャ.:.:.:.:i.:.:.::i.:i::i.:.:.:.:|         i,
 イ    |:/i.:.:i.:.:i.::i.:/.:.:/  // /.::/   ゥーー=ェタ,  i.:.:.:.:i.:.:.:i.:.:リ.:.:.::.:|
.ii′    |.:i i.:.:i.:i.:.::i.:i.:/,ャ-/' /./   ´ r"ァ:::::::r`v|.:.:.:i i.:.:i.:..:i.:.:.:i.:::|
ii      ||..:i.:.:.:i.:.:..:i.:i/'==ァ'/      : .i:: ::::::::ェォi.::/ i:/ュゥ.:.:.:.:.:i.:.:| どこへ行くの……?
ii      i ト,.:.:i.:.:.:i ォ, ::.:`ォi,        : `''ゥ::::::: i/'´ /ト- `i.:.:.:.:i.:.:|
ii      ヽ |\:.ト,:.i : '''ァ::::i .       ' iォ:::::::''´  '´`ァ. /.:.:..:.:.:i.:|
.i        .|.:.:i`i.:\' _: i:::::::i              ./,r' /.:.:.:.:.:.:.:.:`|
. i        |:..i:.'.:.:.::.',     ィ:::.          /-''´.:.:i.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:|
  ` 、      |:/.:.:.:.:.::..',      ャ:―,      , '.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
         |'.:.:.:i.:.:.:.:i.:.` 、,     `'''´     /i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:|
         /.:.:.i:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:i.`r ,、     , '´  .i__,__,,ッ.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:|
         マリー・テレーズ・シャルロット(1778年 - 1851年)
ルイ16世とマリー・アントワネットの娘。



72612009/08/26(水) 20:00:20.81 ID:MZA0fO.o


                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!      お母さんの実家に帰るのよ。
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._    そこには怖い人たちはいなくて、
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、 優しい人たちばかりがいるから
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ 安心して。
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´ 
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |







     _,,.-'';;;;;;;;;;/  l| i   /// {{i´      `''=シ、彡'、
    ヾ;;;;;;;;;;;;:-''{   ヽ`ニ=彡/  `''ー    (´  iヽ  ヽ
       ヾ/   '、_,,ノ ,,..ニシ--、,,_        _,-i ヽ }!
      /    /   / ((彡, ミ=r=≧;;-   /≦=ヤト、 )ツ
     {!   /    >、ミ= 、ヽゝヾ;;シ``   l"k;;シチ ))´ノ!   妃殿下。
     lヽ、 ,'    (   ̄`ヾ.) ^^^`    i ´^^`/'´ ハ   こちらの準備はすんでおりますわ。
     >、ヽ|    ヾミ=‐イ          '、  (__彡'  ',
    /,.- ヾミ、    {`=彡r,.       /  (´_彡'i、  ! 
    .l/=-'´ ̄ヽ、   `{´ { {{{i、_ノ  ー-`ニ-   ∧ !  ヾ!,ノ
   /´/ ,,. ‐={ヽ、   ``ヽ ̄ヽ、 `''ー'  ,.イリノ' ヽ  |l!
  ./ ,,.=l/ ,,.=={ヽ、` = _  、ヽ  ` 、   ,.イ ,,.ノ  l ノ==、
  l/ ,r=f//´ ̄ト、 `= __ ヾ、ヽ ',    `´ !/  _,,,.ノヽ==、ヽ
              トゥルーゼル夫人
王太子と王女の養育係。



72812009/08/26(水) 20:02:04.90 ID:MZA0fO.o


     _,,.-'';;;;;;;;;;/  l| i   /// {{i´      `''=シ、彡'、
    ヾ;;;;;;;;;;;;:-''{   ヽ`ニ=彡/  `''ー    (´  iヽ  ヽ
       ヾ/   '、_,,ノ ,,..ニシ--、,,_        _,-i ヽ }!
      /    /   / ((彡, ミ=r=≧;;-   /≦=ヤト、 )ツ
     {!   /    >、ミ= 、ヽゝヾ;;シ``   l"k;;シチ ))´ノ!   わたくしがこの度、祖国へ帰国する
     lヽ、 ,'    (   ̄`ヾ.) ^^^`    i ´^^`/'´ ハ   ロシア貴族コルフ侯爵夫人となります。
     >、ヽ|    ヾミ=‐イ          '、  (__彡'  ',  
    /,.- ヾミ、    {`=彡r,.       /  (´_彡'i、  !  殿下は召使い。
    .l/=-'´ ̄ヽ、   `{´ { {{{i、_ノ  ー-`ニ-   ∧ !  ヾ!,ノ  王太子様は女装していただき、王女様と姉妹ということに。
   /´/ ,,. ‐={ヽ、   ``ヽ ̄ヽ、 `''ー'  ,.イリノ' ヽ  |l!   妃殿下は養育係。
  ./ ,,.=l/ ,,.=={ヽ、` = _  、ヽ  ` 、   ,.イ ,,.ノ  l ノ==、  エリザベート様は乳母です。
  l/ ,r=f//´ ̄ト、 `= __ ヾ、ヽ ',    `´ !/  _,,,.ノヽ==、ヽ







        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |    
   |  ・|・  |─ |___/    ……わかった。
   |` - c`─ ′U 6 l    しかし、宮殿の中は国民衛兵から
.   ヽ (____  ,-′    厳しい監視を受けているけど、
     ヽ ___ /ヽ     脱出できるアテはあるのかい?
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 



72912009/08/26(水) 20:03:24.46 ID:MZA0fO.o


                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!      大丈夫よ。
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._    私に秘密道具があるから。
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´ 
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |


国王逃亡の噂が流れる中、国王を護衛するはずの国民衛兵は、
ラフェイエットの命を受け、監視役としてテュイルリー宮殿に配置されていた。



73112009/08/26(水) 20:04:40.13 ID:MZA0fO.o


                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!      準備は出来たわね。
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._    さあ、行くわよ!
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´ 
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |


寝室を出た国王一家は、宮殿の使われていない部屋――ヴィルキエ卿の個室へと向かった。



73212009/08/26(水) 20:05:45.28 ID:MZA0fO.o


    / ̄ ̄ ̄ ̄\,,     
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |    
   |  ・|・  |─ |___/    ……こんなところに来てどうするんだい?
   |` - c`─ ′U 6 l
.   ヽ (____  ,-′    運良く兵士が配置されていなけど、
     ヽ ___ /ヽ     鍵もかかっていてどうしようもないよ。
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 




73312009/08/26(水) 20:06:50.54 ID:MZA0fO.o


                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!       実は、この部屋は中庭に出ることが
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._     出来る造りになっているなっているの。
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ   そして、こんなこともあろうかと、
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´     私が事前に、この部屋の鍵を準備しておいたわ。
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |







     _,,.-'';;;;;;;;;;/  l| i   /// {{i´      `''=シ、彡'、
    ヾ;;;;;;;;;;;;:-''{   ヽ`ニ=彡/  `''ー    (´  iヽ  ヽ
       ヾ/   '、_,,ノ ,,..ニシ--、,,_        _,-i ヽ }!
      /    /   / ((彡, ミ=r=≧;;-   /≦=ヤト、 )ツ
     {!   /    >、ミ= 、ヽゝヾ;;シ``   l"k;;シチ ))´ノ!   さすがは妃殿下!
     lヽ、 ,'    (   ̄`ヾ.) ^^^`    i ´^^`/'´ ハ   外に出るのが困難かと思いましたが、
     >、ヽ|    ヾミ=‐イ          '、  (__彡'  ',  これで王宮を脱出できますわ!
    /,.- ヾミ、    {`=彡r,.       /  (´_彡'i、  ! 
    .l/=-'´ ̄ヽ、   `{´ { {{{i、_ノ  ー-`ニ-   ∧ !  ヾ!,ノ
   /´/ ,,. ‐={ヽ、   ``ヽ ̄ヽ、 `''ー'  ,.イリノ' ヽ  |l!
  ./ ,,.=l/ ,,.=={ヽ、` = _  、ヽ  ` 、   ,.イ ,,.ノ  l ノ==、
  l/ ,r=f//´ ̄ト、 `= __ ヾ、ヽ ',    `´ !/  _,,,.ノヽ==、ヽ



73412009/08/26(水) 20:08:05.69 ID:MZA0fO.o


    / ̄ ̄ ̄ ̄\,,     
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |    
   |  ・|・  |─ |___/    (……やっぱり準備が良いな。
   |` - c`─ ′U 6 l     ラファエイエットの言うとおりだ。
.   ヽ (____  ,-′    僕の知らないところで、マリーはこの部屋を
     ヽ ___ /ヽ     使っていたんだろう……)
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 




73512009/08/26(水) 20:08:56.75 ID:MZA0fO.o


                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!       あなた!
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._     ボケっと突っ立っていないで、早く行くわよ!
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、 
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´ 
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |







    / ̄ ̄ ̄ ̄\,,     
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |    
   |  ・|・  |─ |___/    あ……うん。
   |` - c`─ ′U 6 l
.   ヽ (____  ,-′
     ヽ ___ /ヽ
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 

こうして国王一家は変装してテュイルリー宮殿から抜け出て、
外で準備を整えていたフェルセンと合流することに成功した。



73612009/08/26(水) 20:10:00.73 ID:MZA0fO.o


     V,,,-‐'''^''"゙''''ーi、、
     ./         `'i、
     l   r‐---,,,,,,_、  `'i、
     l゙  | r'ニミ'   "ニ"'''',!'"
    ゙.l- -,l {.i''rl   |l,!.} j゙l
     .l゙゙li.ゝ ''‐'` .,. ''‐' |,l゙  よく抜け出してきたね。
     ゙'-r、   ,,, _..   ,l゙   先発のショワズール公がマリー……
       ゙',,,,、  `` ,/    ……妃殿下の宝石類を持って行ったよ。
     .,-'''''''|`'二ニ''"ニ、
    ,r"   ゙―'"`-" ゙'、
  .,/`   、       ,!゙l
  ,i´  .,,,i´          | ゙l   だけど、本当にこれで良かったのかい?
  !,   .゙l|           | .|
  \  ゙l_,,,,,,,,,,_ _,._,_l゙ .|
   `r'"` |`  ``  ` │.|








                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!       どういうこと、フェルセン?
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._ 
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、 
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´ 
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |



73712009/08/26(水) 20:11:34.74 ID:MZA0fO.o


     V,,,-‐'''^''"゙''''ーi、、
     ./         `'i、
     l   r‐---,,,,,,_、  `'i、
     l゙  | r'ニミ'   "ニ"'''',!'"
    ゙.l- -,l {.i''rl   |l,!.} j゙l
     .l゙゙li.ゝ ''‐'` .,. ''‐' |,l゙  養育係のトゥルーゼル夫人。彼女の忠義は感心するけど、
     ゙'-r、   ,,, _..   ,l゙   コルフ夫人の役は妃殿下でも大丈夫なはずだ。
       ゙',,,,、  `` ,/    王太子の旅には養育係が必要だなんてこの際どうでもいいことだ。
     .,-'''''''|`'二ニ''"ニ、
    ,r"   ゙―'"`-" ゙'、   それに護衛の兵士の代わりに侍女を連れて行くだなんて正気じゃない!
  .,/`   、       ,!゙l   
  ,i´  .,,,i´          | ゙l
  !,   .゙l|           | .|
  \  ゙l_,,,,,,,,,,_ _,._,_l゙ .|
   `r'"` |`  ``  ` │.|








                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._    …………
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、 
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´ 
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |



73812009/08/26(水) 20:12:41.84 ID:MZA0fO.o



     V,,,-‐'''^''"゙''''ーi、、
     ./         `'i、
     l   r‐---,,,,,,_、  `'i、
     l゙  | r'ニミ'   "ニ"'''',!'"
    ゙.l- -,l {.i''rl   |l,!.} j゙l
     .l゙゙li.ゝ ''‐'` .,. ''‐' |,l゙  言いたいことはまだある。
     ゙'-r、   ,,, _..   ,l゙   これから乗るベルリン馬車だ!
       ゙',,,,、  `` ,/   
     .,-'''''''|`'二ニ''"ニ、     これは6人も乗れる大型馬車で、
    ,r"   ゙―'"`-" ゙'、    荷台には君の衣装や宝石・黄金を散りばめた装飾品、
  .,/`   、       ,!゙l    そして陛下の好きな高級ワインが積まれている……。
  ,i´  .,,,i´          | ゙l
  !,   .゙l|           | .|    これじゃただでさえ足の遅い馬車のスピードは、
  \  ゙l_,,,,,,,,,,_ _,._,_l゙ .|   重量オーバーでますます鈍ってしまう。旅をするには目立ちすぎるよ……。
   `r'"` |`  ``  ` │.|







                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._    ……で、でも、フェルセンがいれば……
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、 
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´ 
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |



73912009/08/26(水) 20:14:09.55 ID:MZA0fO.o


     V,,,-‐'''^''"゙''''ーi、、
     ./         `'i、
     l   r‐---,,,,,,_、  `'i、
     l゙  | r'ニミ'   "ニ"'''',!'"
    ゙.l- -,l {.i''rl   |l,!.} j゙l
     .l゙゙li.ゝ ''‐'` .,. ''‐' |,l゙  それもだ!
     ゙'-r、   ,,, _..   ,l゙   馬車を運転する御者をボクに変更するように強く要望したのは君だ!
       ゙',,,,、  `` ,/   
     .,-'''''''|`'二ニ''"ニ、     馬の操作に手馴れた御者だったら、それなりにうまく馬車を進めてくれるだろう。
    ,r"   ゙―'"`-" ゙'、   でも、ボクじゃ、馬車の扱いには馴れていないし、
  .,/`   、       ,!゙l    自慢じゃないけど、ボクの要望では目立ちすぎてしまう……!
  ,i´  .,,,i´          | ゙l
  !,   .゙l|           | .|
  \  ゙l_,,,,,,,,,,_ _,._,_l゙ .|
   `r'"` |`  ``  ` │.|



74012009/08/26(水) 20:15:27.95 ID:MZA0fO.o


         .-‐ '''""~     `゙''ー-、
       /                \V
     /                   \
     /                      ヽ
    / __,,.. .-‐ '''""~;;;;;へ`゙''ー-、,       |
    ´. |;;;;;;;_\し ノ(;;;;;/---;;;;;;;;;;;;;;;|      |
      ;;;;/   ヽi;;;;;/´     \;;;;;|      /     む……!
     __|/    ┰ V  ( ・ ). . |;;;;;ヽ / ̄ヽ     なんだい、その言い方は!!
    /  | .      i      .  | ̄ ̄´    |
    ヽ ヽ     ∧     .  / し    6 |     ボクたちはフランスの国王一家だぞ!
     \/ \__ /  \ __ /        丿    お、お前なんかにとやかく言われる筋合いはないんだ!
      |     (⌒  `゙''ー-、       /´__
      ヽ                 /  |  / ヽ  ボクの護衛をさせてやるだけでもありがたく思え!
     ヽ \;⌒  _,,..-‐ー-、_      /  | /   |
         ー―´___    _/   //     ヽ
               ヽ\   /\   /ヽ      \
                |  \/   \/  \      \
                |   |         \      |



74112009/08/26(水) 20:17:04.78 ID:MZA0fO.o


     V,,,-‐'''^''"゙''''ーi、、
     ./         `'i、
     l   r‐---,,,,,,_、  `'i、
     l゙  | r'ニミ'   "ニ"'''',!'"
    ゙.l- -,l {.i''rl   |l,!.} j゙l
     .l゙゙li.ゝ ''‐'` .,. ''‐' |,l゙
     ゙'-r、   ,,, _..   ,l゙   …………そ、そんな、ボクは……
       ゙',,,,、  `` ,/   
     .,-'''''''|`'二ニ''"ニ、    
    ,r"   ゙―'"`-" ゙'、 
  .,/`   、       ,!゙l
  ,i´  .,,,i´          | ゙l
  !,   .゙l|           | .|
  \  ゙l_,,,,,,,,,,_ _,._,_l゙ .|
   `r'"` |`  ``  ` │.|








       , -──- 、
     /   _      \
      /    /_\ |\ ヽ
    j    / .-、_ V - 、ヽ|
    /  __/ | |' | / | |' | |   お兄様!
   /  i r    ̄   _  ̄ |   今はパリから抜け出すのが先決です!
   /  `- 、    _   !   フェルセンさんも、過ぎたことを口にしないで……
  /     ヽ、_   _./i
  |     ___j┴-- ̄-、._ノ
   |  /ヽ `───┘ \
   !./  |__ j^─、.__l ヽ
.    |   |  l^   ノ  |  |
エリザベート・フィリッピーヌ・ド・フランス(1764年 - 1794年)
ルイ16世の妹。
慈愛に溢れ、信仰心の篤かった彼女は、アルトワ伯ら他の兄弟が国外へ逃亡する中、
国外へ脱出することを拒絶し、ルイ16世のもとに残っていた。


74212009/08/26(水) 20:18:06.83 ID:MZA0fO.o


     V,,,-‐'''^''"゙''''ーi、、
     ./         `'i、
     l   r‐---,,,,,,_、  `'i、
     l゙  | r'ニミ'   "ニ"'''',!'"
    ゙.l- -,l {.i''rl   |l,!.} j゙l
     .l゙゙li.ゝ ''‐'` .,. ''‐' |,l゙  ……
     ゙'-r、   ,,, _..   ,l゙   …………そうですね。
       ゙',,,,、  `` ,/   
     .,-'''''''|`'二ニ''"ニ、     今は愚痴を言っている場合じゃありません。
    ,r"   ゙―'"`-" ゙'、   一刻も早くパリから抜け出さないと……。
  .,/`   、       ,!゙l
  ,i´  .,,,i´          | ゙l   馬車は門を越えた郊外に控えさせてあります。
  !,   .゙l|           | .|    見つからないように行きましょう!
  \  ゙l_,,,,,,,,,,_ _,._,_l゙ .|
   `r'"` |`  ``  ` │.|

闇夜に紛れ、国王一家はテュルリー宮殿を抜け出すことに成功し、
遂にパリ脱出に向けて計画が動き出した。



74412009/08/26(水) 20:19:21.23 ID:MZA0fO.o


……そして主が不在となったテュイルリー宮殿。

            *     ______ *
 ┼                    | テュイルリー |
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ



74512009/08/26(水) 20:21:08.97 ID:MZA0fO.o

――そこに、この脱出計画を利用する男が残っていた。













                |=l      ヾ,ヅ     |=|      
               r、V             Vヘ      
               |ヘl(      、 li r     )lイ|    
                |.ト| `r‐toッ‐ィ_}l_ノr toッ‐ァ゛|ノ|    
              l.ト|  " ̄´":i  ヾ" ゙̄` |ノ|   
            ヾ|ヽ    { |        / |<      …………行ったようだな。
              ノノll ¦  ', :L.     ¦ lト,ヽ
           f⌒>{.ll l¦    ヾノ     ¦l l } <⌒i
          ヽr゙ |l.| ',l   ー‐--一   l/ l.| ゙tノ
            ,r'"ヾ|   ',   ====="  /  リ`ヽ、
        /   |    ',   t=   /   |   \_
__.... -‐''"  ̄     l     ヽ________/    l    /:::::::`:`ァ- ....__


国王逃亡の噂が広がり、バイイ市長の命を受けて警備が厳重となる中、
何故、ヴィルキエ卿の部屋の戸口の前に兵士がいなかったのか?

単にラフェイエットの職務怠慢とは考えにくく、これは事前に逃亡計画を
知っていたラファイエットが、国民衛兵の司令官として手心を加えて
国王一家の逃亡を手助けしたと推測されている。


74612009/08/26(水) 20:22:24.17 ID:MZA0fO.o


    _,...  -‐  .l .、
. ,. ‐ "   _,.-‐' ´  l
.l--‐‐''''''::::  l ∥,、 l
. l、.`、`、 :::: .l ∥,' .l l
 l`、__、.、 ::: l. , ' 、l.l
 .l. ,' \ .:: .レ   l l.l
  .lミl   `.:::: '  .:... l ll
  lミl   ....:::  ::   .`l゙,.、
   lミ.    ::   _,.' .lハ.l
. ',` ミ.-、__.::.  ィ'-'.ノ .lッノ
.  、ィ、' `、'=´', .::  ̄ ィ l.`、. '.、
  `、 .l.、 ゙゙゙ 、 ::    l |`、`、_l
    ".l`、  `- ',.ェ, l.l .`、
   _∥、`  ,.,ィイ'-'  / : `、
   ,' z \ `´-‐'  /  .: `、;;;;;;;;;;;;;;;
   、,.'  .`、 \   ./ :  .: ., '´
       `、 :.`"""´ .:: .,., ':::::.
.       `、 :  :::::, '´ ::::::::::.
        `、  , '´::     ::::
         / .,' :::       :::.
        / ,' :::        ::
        /;;;l  ::     .:::::::::
.       /;;;;;l   :::::::::  :::::::::::::::::::::

この説は古くかあり、サン=プリースト伯が書いた『回想録』に記述されている。
それによると、ラファイエットは以前からマリー・アントワネットとフェルセンの逢引きに協力しており、
中庭から出入りできるヴィルキエ卿の部屋を利用させていたので、国王一家を逃亡させるために
ワザとヴィルキエ卿の個室の警備を手薄にしたというのだ。

しかし、サン=プリースト伯は、妻がフェルセンに熱を上げ、寝取られていたと考えていた男だった。
それに、ラファイエットとマリー・アントワネットは犬猿の仲であり、逃亡はともかくとして、
一応は騎士道精神の塊である彼が、主を裏切って逢引に協力をしていたとは考えにくい。

あまりにも逆恨み的な内容のために信憑性に疑問が残るとされるが、
ラファイエットの思惑は、王妃に協力するとは別の意味で、この逃亡に便宜を図っていた。
それも、旅の経過とともに明らかにしていくこととする。



74712009/08/26(水) 20:23:56.49 ID:MZA0fO.o


国王一家は、11時頃には門の外に出ることに成功し、
荷物を満載したベルリン馬車に乗ることが出来た。


     V,,,-‐'''^''"゙''''ーi、、
     ./         `'i、
     l   r‐---,,,,,,_、  `'i、
     l゙  | r'ニミ'   "ニ"'''',!'"
    ゙.l- -,l {.i''rl   |l,!.} j゙l
     .l゙゙li.ゝ ''‐'` .,. ''‐' |,l゙
     ゙'-r、   ,,, _..   ,l゙  ボクの運転じゃ、快適じゃないかもしれないけど、
       ゙',,,,、  `` ,/    みんなを無事にオーストリアまで運んでみせるよ。
     .,-'''''''|`'二ニ''"ニ、
    ,r"   ゙―'"`-" ゙'、
  .,/`   、       ,!゙l
  ,i´  .,,,i´          | ゙l
  !,   .゙l|           | .|
  \  ゙l_,,,,,,,,,,_ _,._,_l゙ .|
   `r'"` |`  ``  ` │.|



74812009/08/26(水) 20:25:08.59 ID:MZA0fO.o


                    ,.. -‐ '  ̄ ̄ `丶、
                 , ‐'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
               _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               , '´:::::::::::::::;::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::',
             /::::::::::::::::/|:::::::::::::::, '_l::::::::::::::/ \:::::::::::::::!
             |:::::::::::::::レ '´l::::::::::/   ',:::::::::/\  !:::::::::::::|
             ヽ、:::::::|  , 、.!::::/    〉、:::ト、 ` ',:::::::::::|
              `ヽ,::! ,   ヽ|    l  `'  |    !r'´`ヽ
               /l ` |   i     |  _ |     / |
               | ト、_!r=- 、'     r'´ ̄`'::'::::::::  l ! l─- 、      やったわ!!
                i !:::::::::   r       ::::::::::::::::  ' /::::::::::::::\      これで恐ろしいパリから解放よ!
               /l      ヽ           r_ '´::::::::::::::::::::::,>
                /::::::\     ィ-‐ 'ニニア     / `ヽ:::::::ー-'-´ァ    見てなさい。革命なんて潰してやるから!
             / - '7:::::`>、   ヽ'、__ノ    /l     l--‐' ´
               'ー‐イ   `!丶 .,_    ,. ‐'´  !       |
                 l   | ___>`-'´'´   /ヽ     l
                  / ,. - '´/    ` ゙ ヽ、  /  !       ',
                / '´   /       /`ヽ!   !     l







    / ̄ ̄ ̄ ̄\,,     
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |   そうだね。
   |  ─| ・  |─ |___/   これで議会と協力しているから無理だなんて
   |` - c`─ ′  6 l    干渉を渋っていた諸外国も重い腰を上げざるをえない。
.   ヽ (____  ,-′  
     ヽ ___ /ヽ    革命は終わりだ。ブルボン朝が復権するんだ!
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 



74912009/08/26(水) 20:26:10.67 ID:MZA0fO.o


国王一家ら6人を乗せた馬車は市内を出発。
途中、馬の宿舎に寄るなどしていたが、やはり手馴れていないフェルセンでは
馬車馬の交換に手間取り、貴重な時間を消費していた。
そして――

               ___
         .-‐ '''""~     `゙''ー-、
       /                \V
     /                   \
     /                      ヽ
    / __,,.. .-‐ '''""~;;;;;へ`゙''ー-、,       |
    ´. |;;;;;;;_\し ノ(;;;;;/---;;;;;;;;;;;;;;;|      |
      ;;;;/   ヽi;;;;;/´     \;;;;;|      /   ねえ……フェルセンくん。
     __|/    ┰ V  ( ・ ). . |;;;;;ヽ / ̄ヽ   パリを抜ければ後は
    /  | .      i      .  | ̄ ̄´    |   そう簡単に追いつけないだろう……?
    ヽ ヽ     ∧     .  / し    6 |
     \/ \__ /  \ __ /        丿
      |     (⌒  `゙''ー-、       /´__
      ヽ                 /  |  / ヽ
     ヽ \;⌒  _,,..-‐ー-、_      /  | /   |
         ー―´___    _/   //     ヽ
               ヽ\   /\   /ヽ      \
                |  \/   \/  \      \
                |   |         \      |



75012009/08/26(水) 20:27:14.87 ID:MZA0fO.o


     V,,,-‐'''^''"゙''''ーi、、
     ./         `'i、
     l   r‐---,,,,,,_、  `'i、
     l゙  | r'ニミ'   "ニ"'''',!'"
    ゙.l- -,l {.i''rl   |l,!.} j゙l
     .l゙゙li.ゝ ''‐'` .,. ''‐' |,l゙
     ゙'-r、   ,,, _..   ,l゙  そうですね……。
       ゙',,,,、  `` ,/    計画通り進めば、追っ手に捕まることも
     .,-'''''''|`'二ニ''"ニ、     ないと思いますけど……。
    ,r"   ゙―'"`-" ゙'、
  .,/`   、       ,!゙l
  ,i´  .,,,i´          | ゙l
  !,   .゙l|           | .|
  \  ゙l_,,,,,,,,,,_ _,._,_l゙ .|
   `r'"` |`  ``  ` │.|






               ___
         .-‐ '''""~     `゙''ー-、
       /                \V
     /                   \
     /                      ヽ
    / __,,.. .-‐ '''""~;;;;;へ`゙''ー-、,       |
    ´. |;;;;;;;_\し ノ(;;;;;/---;;;;;;;;;;;;;;;|      |
      ;;;;/   ヽi;;;;;/´     \;;;;;|      /  だったら、ここら辺でキミとお別れだ。
     __|/    ┰ V  ( ・ ). . |;;;;;ヽ / ̄ヽ   きちんとした御者に代わってもらい、
    /  | .      i      .  | ̄ ̄´    |   早く国境を抜けよう!
    ヽ ヽ     ∧     .  / し    6 |
     \/ \__ /  \ __ /        丿
      |     (⌒  `゙''ー-、       /´__
      ヽ                 /  |  / ヽ
     ヽ \;⌒  _,,..-‐ー-、_      /  | /   |
         ー―´___    _/   //     ヽ
               ヽ\   /\   /ヽ      \
                |  \/   \/  \      \
                |   |         \      |



75112009/08/26(水) 20:28:27.01 ID:MZA0fO.o


\\\\、   〈::::::::::::::::レへ:::::::::::::::::/  |::::::::::::;;;;:::::::::::::
\\\\\   ゝ、:::::::::|   \::::::::::|  了:::::::::/-、\:::::::
\\\、 、    | 7ヘフ―-、  \:::::| 、\::::::|   ヽヽ::::
            , イ   //⌒l |    ̄  >―\|    | |::::
         / r|  / { ・ / !     / /⌒l ヽ    |::::
三       | {|  { `ー' /       / {.・ | |     !::::
三三      | /   \__r‐-、    {  `ー' /    |::
三三      ∨      {_      \__/      |:::  ――あなた!?
三三_     |   /⌒                   レ  突然何を言うの!!
         |   \_______
         ゝ     |         \        {
三=       /´:::\    ヽ          ヽ
≡=-   /:::::::::::::::::\   \/´ ̄ ̄ ̄ヽ |     、__
//   /:::::::::::::::::::::::::/ \   \ ___,/    /



75212009/08/26(水) 20:29:53.55 ID:MZA0fO.o


       , -───- 、
     /⌒            \
     /          ヘ      ヽ
     ヽ、(  (  ( \\     ヽ
      ト/^ヽ   ー/⌒ヽ  ヽ     |
      | |(゚)|    |(゚) |   |    !    フェ、フェルセンがいなきゃ、
      / ヽ__j   ヽ._ ノ   ⌒ヽ/     安全な旅が出来るワケないじゃないの!?
      l  ヽ     U    (  !⌒\
      ! `ー── ⌒ヽ    .__ノ   ヽ   兵士だって連れて来ていないのよ!
      \  \    ノ  イ 、  ヽ、_ヽ  彼なしでどうすんのよ、あんたは!?
         ヽ、 _ー_ / ノ |\
          / \._/  ノ   ヽ
         /\/  \/     l
         |  |    |       |
          |  |    |      |







               ___
         .-‐ '''""~     `゙''ー-、
       /                \V
     /                   \
     /                      ヽ
    / __,,.. .-‐ '''""~;;;;;へ`゙''ー-、,       |
    ´. |;;;;;;;_\し ノ(;;;;;/---;;;;;;;;;;;;;;;|      |
      ;;;;/   ヽi;;;;;/´     \;;;;;|      /   黙ってくれ、マリー。
     __|/    ┰ V  ( ・ ). . |;;;;;ヽ / ̄ヽ   理由はそれだけじゃない。
    /  | .      i      .  | ̄ ̄´    |  
    ヽ ヽ     ∧     .  / し    6 |     このまま進めば、ただでさえ大型の馬車で
     \/ \__ /  \ __ /        丿    目立つというのに、御者が女に色目を使う男じゃ、
      |     (⌒  `゙''ー-、       /´__   余計、注目の的だ!
      ヽ                 /  |  / ヽ
     ヽ \;⌒  _,,..-‐ー-、_      /  | /   |  もちろん、同じ理由で護衛の任もいらないよ。
         ー―´___    _/   //     ヽ
               ヽ\   /\   /ヽ      \
                |  \/   \/  \      \
                |   |         \      |

ルイ16世の反対理由は、王妃の想い人とされるフェルセンに対する嫉妬だった。
確かに、このままフェルセンが同行するには、彼の存在は目立ちすぎたが、
彼は、妻と一緒の旅にフェルセンが同行するのがとにかく気に入らなかった。

だが、本当に嫉妬だけが原因なのか?

75312009/08/26(水) 20:31:00.31 ID:MZA0fO.o


     V,,,-‐'''^''"゙''''ーi、、
     ./         `'i、
     l   r‐---,,,,,,_、  `'i、
     l゙  | r'ニミ'   "ニ"'''',!'"
    ゙.l- -,l {.i''rl   |l,!.} j゙l
     .l゙゙li.ゝ ''‐'` .,. ''‐' |,l゙
     ゙'-r、   ,,, _..   ,l゙  で、ですが……まだ国内は危険です。
       ゙',,,,、  `` ,/    兵士の力が得られない今、少しでもお役に――
     .,-'''''''|`'二ニ''"ニ、    
    ,r"   ゙―'"`-" ゙'、
  .,/`   、       ,!゙l
  ,i´  .,,,i´          | ゙l
  !,   .゙l|           | .|
  \  ゙l_,,,,,,,,,,_ _,._,_l゙ .|
   `r'"` |`  ``  ` │.|







      _____
  ゝ/         \  /
  /  _______ヽ
  |  | : : : : : :\_人ノ: : :|   /
  |  | : : / ⌒ ヽ: :/ ⌒ ヽ
  /^v─ i      |    |
(( |:d: :♯|     ((・|・))   !
  ヽ: : /^ヽ、 _ ノっ _ ノ-、      黙れ!
   |: :|   \_/^\/^\_:ノ      ボクはマリーの夫だ!
   |: :|               \   マリーを守るのはお前なんかじゃない!
 /⌒\ヽ (⌒ヽ⌒)   ))        ボクの役目だ!
 |    \\_/^\_/ノ          お前なんかさっさといなくなれ!
 |     \─┬─ ´




75412009/08/26(水) 20:32:35.36 ID:MZA0fO.o


     V,,,-‐'''^''"゙''''ーi、、
     ./         `'i、
     l   r‐---,,,,,,_、  `'i、
     l゙  | r'ニミ'   "ニ"'''',!'"
    ゙.l- -,l {.i''rl   |l,!.} j゙l
     .l゙゙li.ゝ ''‐'` .,. ''‐' |,l゙
     ゙'-r、   ,,, _..   ,l゙  ……わかりました。
       ゙',,,,、  `` ,/    ここまで来ればそこまで心配は必要ないでしょう。
     .,-'''''''|`'二ニ''"ニ、     これ以上、ボクが陛下の心を煩わせることもないですね……。
    ,r"   ゙―'"`-" ゙'、
  .,/`   、       ,!゙l
  ,i´  .,,,i´          | ゙l
  !,   .゙l|           | .|
  \  ゙l_,,,,,,,,,,_ _,._,_l゙ .|
   `r'"` |`  ``  ` │.|







       , -───- 、
     /⌒            \
     /          ヘ      ヽ
     ヽ、(  (  ( \\     ヽ
      ト/^ヽ   ー/⌒ヽ  ヽ     |
      | |(゚)|    |(゚) |   |    !    フェルセン……
      / ヽ__j   ヽ._ ノ   ⌒ヽ/    そんな……
      l  ヽ     U    (  !⌒\
      ! `ー── ⌒ヽ    .__ノ   ヽ
      \  \    ノ  イ 、  ヽ、_ヽ
         ヽ、 _ー_ / ノ |\
          / \._/  ノ   ヽ
         /\/  \/     l
         |  |    |       |
          |  |    |      |



75512009/08/26(水) 20:33:28.53 ID:MZA0fO.o


     V,,,-‐'''^''"゙''''ーi、、
     ./         `'i、
     l   r‐---,,,,,,_、  `'i、
     l゙  | r'ニミ'   "ニ"'''',!'"
    ゙.l- -,l {.i''rl   |l,!.} j゙l
     .l゙゙li.ゝ ''‐'` .,. ''‐' |,l゙
     ゙'-r、   ,,, _..   ,l゙  (マリー……。
       ゙',,,,、  `` ,/    キミの無事を祈っているよ。)
     .,-'''''''|`'二ニ''"ニ、     さようなら、コルフ夫人!
    ,r"   ゙―'"`-" ゙'、
  .,/`   、       ,!゙l
  ,i´  .,,,i´          | ゙l
  !,   .゙l|           | .|
  \  ゙l_,,,,,,,,,,_ _,._,_l゙ .|
   `r'"` |`  ``  ` │.|

こうしてフェルセンと別れた国王一家であったが、馬車は順調に進み、
日付の変わった21日の午前2時30分にはパリから抜け出すことに成功した。
このまま行けば、国境を越えられる……。
希望の光がルイ16世たちを差したが、国王不在のままに朝を迎えたパリは騒然となる。



75712009/08/26(水) 20:36:24.40 ID:MZA0fO.o


――1791年6月21日、午前10時。
早朝に国王逃亡の報を聞いた議会はその対応に追われていた。
特に立憲派は、この事態を捉えればよいか、判断に苦慮せざるをえない。


              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i' U    _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,   何故、このような時期に逃亡など……。
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   我々の苦労が台無しではないか……!
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"



75812009/08/26(水) 20:37:50.97 ID:MZA0fO.o


            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !  (俺が起草していた「自発的宣言」は無駄になっちまったな……。
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |   これを宣言すれば、国王の信頼は回復しただろうに……)
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_



75912009/08/26(水) 20:39:00.78 ID:MZA0fO.o


逆に攻勢に出たのは民主派であった。
得にロベスピエールは過激な宣言を要求する。


  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、:.:.:.
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.::.:.
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.   国王は人民を見捨ててパリから逃亡した!
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.:.:.:.   国民議会との共存の姿勢はまやかしであり、
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:.:.:.:    このままでは革命を潰すために、国王は諸外国の
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.:.:.:.   干渉戦争を引き起こすであろう!
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.:.:.:.:.
      | i.{ ∨     _                       ムヘ:..:.:.:.:   ボクはここに宣言する!
         |  \   '"´                          /   }:.:.:.:.   国王は罪人だ!!
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:.:.:.:    裁判にかけろ!!!
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:./
               \ 辷x‐十'                    /三   /イ
                ヽ L__                /三



76012009/08/26(水) 20:40:08.10 ID:MZA0fO.o


            ,. -ー' 二二二 ー- 、
            //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
.         /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
         //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ   その前に、国王が余計な命令を行わないよう、
         /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__  ルイ16世の王権の停止を要求するわ~。
         !:::::::/ヽ      ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》
      _ |::::ハ  ',       l }   ! !  ',<ノ||\  重ねて、正式な政治体制が決まるまで、その息子を国王に、
      《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>  そしてオルレアン公を摂政として政治を進めようじゃな~い?
       ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´
.        | ', \\,.>一ゝ, |/ /,ィ   ノ | | l  |ヾ       
        ハ \ \ィ    ヾ'   ` ̄ / //   l ',)    , --─'::´
 ̄:::`ヽ、  〈/|:} ヽ,\ \ ̄    、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
/:::;:ィ:::::\ //|  |\\ `ゝ  - -´  /!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、
:::/:::::ハ::::∨ム'〉 「`::ゝ,\_个 ーtヽ_ /─ヘ,ィ' l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
::::::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::| |::::ハ;:::::_::_:::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
:/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |:::::::l! !/  ∨ } /::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ
  ∨/!:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく 〈_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ\:::ヽ \
  //|:::::::::::::::レ ::::::::::::::::::| |::_〉 }  ─ー、ヾ才/} /:::::::::::\:\\〉\
///ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::! /:::〉ヘ!   ̄\ヽ)=::、/ /::::::::::::::::::::::::::\
/// 人::::::::::::::::::::::::::::::::|/::{ `入_  ゝ}_ソ/`´}/::::::::::::::::::::::::::::::::::}
// / |::::::::::::::::::::::::::::::::::::(\__  ̄Z_r、_「| ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト
/ /   /ヽ;__::::::::::/:::::::::::::::〔 ゝ,>、  _,ィ'7´}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ゝ
      ピエール・コデルロス・ド・ラクロ(1741年 - 1803年)
アミアン出身でオルレアン派の元砲兵中尉の議員。
日本や韓国でも映像化された「危険な関係」の作者。
文才に長けていたため、オルレアン派の活動家となる。



76212009/08/26(水) 20:41:10.12 ID:MZA0fO.o


 !:::::::::::::::::::::/::::/   l l    ,l   | |  l   ! !   l      l l::
 !:::::::::::::::/!:::/ |    ! ! |  / !    !_!-‐ァ l | |    |      ! !: