FC2ブログ

やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫が聖地巡礼を機に町おこしに取り組むようです 第十七話

160作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:00:55.86 ID:0NZ16GMo

その日の夜
やらない夫はどこか遠くを見るようなまなざしでブラブラと家路についていた。
頭にあるのはただひとつ「今後どうするか」ということ


      / ̄ ̄ ̄\
    /         \
   ./          ヽ
   .l           l
    l             l
    .l           l
    ヽ          l
     ヽ         l
      .)     __,,../
     /===、_〈
   /       \
  /            ヽ
 .i       、    . l
 .l i         l     l
 l .l        l     l
 l l       . l     l
 l l       . l    l
 l .l       、   .ヽ
 ヽ .l       ヽ   ヽ
  ヾ、__  ___ヽ_, ')
   l_ ̄_ ̄ ̄__ __ .ヽ_ノ
   l   l   l  l   l



161作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:02:36.94 ID:0NZ16GMo


        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( 一)(一)     /
.      |     (__人__)     |   r―
       |     ` ⌒´ノ     r'  _ノ
.        |         }       |   l   …なんでまた、こんなことになっちまうんだろうなぁ…
.       ヽ        }     ) ノ   イベント会場の目処は立たない、グッズは未だに形が見えない、
     /ノヘヽ     ノミヽ  丿 (    あまつさえ補助金まで降りないかもしれないとは…
    片、 i | ヽ/ヽrフ |´ l/.| / _ノ
    }: `l   ト^ー┘ハj .丿 |,ッ´
.    ハ      ヽ   〉  r-//
   /.: ヽ iミヽ   ハ  {二. ヽ
   人-、 ∧::.     |.   ト- /iァ
.  〈_ン>_ }〈:::     く  介、_ノ!
  }:./-ィ.V ‐'     /   弋_ン
  ヽ:./、::. \へ  `ー子‐′〈
   `ーへ:. ヽ ヾ=┐ 〉    〉
    / :トl::.  〉\V  ハー、 ゝ
     ヽ 幺彡^i::.    |:.′  |
      l」:.:)、、i|:::::.  ト、   |
       |:.}:.´:l:.:.:ィ爪ソ ヽ ノ
        j:.|:.:.:. レ’∧リ|:.:.:.:.Y
        !l.|:.:.   / |.:j:.:.:. |



        / ̄ ̄\       この調子で大丈夫なんだろうか…
      /       \
      |::::::        |    竜崎のやつはこんな時に限ってロクに意見してこないし、ほんっと役に立たん…!
     . |:::::::::::     |    どうすりゃいいんだ…
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
        |:::::::::::::::: \       ノ::ノ
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´



162作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:03:53.61 ID:0NZ16GMo

数時間前

          _,,,,,_
   _ξ__ `γ ^ヽ/___
   |(◎)   ヾゝーノテ    |
   |         (/     |
   |     /\      !/ξ .|
<⌒。ー-、  /X /\   (( ))⊂ー、
 |  〔|〉 ̄ / x/  \ ┌──γ⌒7
<,__ ゚ノi  /タ \  /  |i !|ii|||(〈  〕|
  `ヽ⊃ ζ /  /  └── ゝ-、!
    | (◎) o /       ⊂ノ
   n    \/     (◎)   |
   /~〉‐‐、η__ ,-- 、∩_|
   ゝ   フ)ノ     (~~__)ノ
      ̄       `ーー´

昼にできる夫の報告を受けたあと、
商工会ではすぐに補助金に関する会議が開かれることになった。
補助金の申請をどうしたら通すことが出来るか
そして、補助金無しでもイベントは可能であるか、が議題である



163作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:05:04.62 ID:0NZ16GMo


しかし、前者については明確な結論が出ず、後者については

                        ,.        /
                   /,.. .:-ニ''"__ _    /
               〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::` _ ,'.
               (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::__l
              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、l
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::l
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::l   こちらである程度プランが出来ていますし、
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::l   関係各所への調整もすでに行っています。
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::l.
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、:::::::::    補助金が降りないのなら少なくともイベントはできません
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::',
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、',
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽヽ,
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァiヽ、
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、ヽ、_____
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー- ...,,;__ _ _,
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.  ,.\//
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
     〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
     ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >
.       |:',   \  ',i  ', ヽ |、ヽ l.  ヽl | レ     l /',   'lメ、
      |:::',    ゝ  i ', l  ' ,', \l   |! |!|      l / i    l ヽ


と、竜崎(つまり初芝側)の反応はけんもほろろ
結局、有効な手立てを打ち出せないままその場はお開き、ということになったのである。




164作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:07:12.24 ID:0NZ16GMo

    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     (● )
.  |:::::::::::   (__人)    あの物言いだとグッズについては協力を惜しまない、という含みのようだが…
   |::::::::::::::   ⌒ノ     実際のところ、あの編集長だからイベントがフイになれば
.   |::::::::::::::    }     関係がギクシャクするのは間違いないし、
.   ヽ::::::::::::::    }      ヘタすりゃ一度出した版権の使用許可を取り消すことも…
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く       やはり、補助金が降りないと、取り組みは行き詰まる…
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |



          _____
         /       \
       i,-'´}        ヽ
      .,-' ,‐i" _ノ  ヽ、_   i
     ./ //´l (ー) (ー)   i
    .l  '- ' , l (__人___)    i    しかし…補助金が降りたところで、
    l   ,〈,'   `⌒ ´    i     神社が使えないならイベントが出来ないわけだし…
    l   i i          ,i
    /   / iヽ,        /     やはり、あの二人を説得するしかなさそうだ…
  .,、 i   .' /,‐'.l\     /l )),
  .l \  .i、 ム `‐、_` ̄ ̄´-‐'´ .ヽ
  .l   `‐-'i _.-ヽ .,-、i  i,‐、 . /  .`‐、_
  .l     .i   l l  l  l  l /     `‐、_
  .l     .l   .l/  ヽ ,'  .l/     ,  , `‐、_
 /l     .l      /‐-l  .     .,.' .,'  ,-‐`i
. i.,'     .l 、     l;;;;;;;;l  '    , '  ,.'  .,.'   .i
. /     .l  、    l;;;;;;;;l    , .'   i  ,.'    i


165作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:09:13.13 ID:0NZ16GMo
          _______
        /          \
      __/             \
    /.            、    |   でも、いのりの奴は妙に意固地なところがあるし
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |   どう説得したものかな…
    l  lヽ      )>       /   
   /    ヽ\   `(__,(○) / /    版権がとれたと思ったらこれなんだから
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \   世の中うまくいかんね…全く…
   |     |ヽ、二⌒)、          \


166作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:10:42.54 ID:0NZ16GMo




               やる夫が聖地巡礼を機に

               町おこしに取り組むようです 第十七話





●注意(講義除く)
この物語はいくつかの事例をモチーフにしたフィクションであり、事実を克明に描いたドキュメンタリーではありません

物語仕立てのため誇張や脚色、妄想が混じっております、ウソをウソと見抜けない人は注意してください



167作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:12:30.32 ID:0NZ16GMo
翌日

会長室
                          :::                |
  |  <`==================">       :: ::        ____|
  |  |i|     _,,..         |i|    ::             |\    \
  |  |i|   /,' 3~~\ ⊂.⊃.|i|    ::             |三:\    \
  |  |i|.,,,,傘傘傘::::::::傘傘傘|i|.            llヽ.      |\[_] \    \
  |  <_,=================、_>            llヾi      |//|\[iiii|| ̄ ̄ ̄|
  |                            l| ∫       |\|iii. \||      |
  |                              || (        |,ヘ \llllll||      |   |\
  |                          || ,i.      |\|iii|l\||      |   |三|
  |_________               l|| ,' _____||l|l.\l凸||      |   |三|
/            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      \l三\.||      |     \|
             /   (")       冂三i   ヽ三ヽ\     \iロ: ||      |
                [二二二二二二二二二二二二二二]        \||___|
             |           |||||||||||||           |               \
             |           |||||||||||||           |               \
             |______|||||||||||||______|                    \



            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ
              |         }  …失礼します
              ヽ        }  
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::



168作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:14:17.59 ID:0NZ16GMo


                    _,,. ..,,__
                ,.-‐':´:::::::::::::::::`ヽ、
               /:::;;-、_::_::::::::_::_::-、::ハ
                 l:::::i  ' ゙|"´) !  ';::ハ
               !::;',,.-、_  ,,.-‐-、 ';/
               〉l ´ ┰゙ ゙!  '┰` y、  ああ、いきなり呼び出してすまんな
               { !、 ` ´ |  ` ´ イソ
                ヽl     L     i´   少しつかれているようだが、大丈夫か?
                ,,..ハ   __ _   ハー、
            ,,、-'´:.:ハ 丶   ‐  / !:.:`≧。-、
        ,,..-f´-゚‐´:.:.:.:.:.:.l  、ヽ、_ /  i:.:.:.:.:.`ー':.:L`ヽ、.
      /゙〈"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|ヽ▽,〈;;;;;〉、▽/!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.7´::ヽ
     /::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l ヽ' 「;;;i `",':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::::::ハ
     !::::::::::::::ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l]]|    |;;;;;!  ,'l]]:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::::::::::ハ
      !:::::::::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!  l;;;;;;;|  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::::::::::::::|
     ,':::::::::::::::::::::ヽ:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ!;;;;;;;」-´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:::::::::::::::::::::l
    ノ-':::::::::::::::::::::ヽ:|_:.:.:.:.:.:.:.:.,.‐´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:┌ヽノ::::::::::::::::::::::`i
    〉::::::::::::::::::::::::::::゙| o├--――‐:.''':.´ ̄ ̄「| o |ヾ::::::::::::::::::::::::::!
    /::::::::::::::::::::::::::/ヽ./:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:`":.:.:ヾ::::::::::::::::::::::ハ



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ
        |         }     いえ、大丈夫です
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` , それよりも、どのようなご用事ですか?
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/




169作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:14:56.23 ID:0NZ16GMo


       _.. -= ' ´  ̄ ` - .,_
     ,r'",,;;  ,;;;; ,,;;;  ,;;;;;;;;;;,,ヽ、
    / ;;;,  ,,   ,,,,,;;;;;;;;;;;;;; _ ;;;;;, ヽ
   ./;; r- ...,__  ,.. -y ヽ  ̄`i ;;;;;;,,ヽ,
  ,i ;;; l  / ノ ~l;'~       l ;;;;;;;;;; i
  i ;;;; i __, ...、 ! ,.- ., ___  .v ;;;;;;;; l
  !, ;; i'-,- '''ヾヽ  ~`r' ー=-~` i r- 、i      とりあえず、昨日の件について、お前の忌憚の無い意見を
   ヽ、i 'rーu-,i l   t'~"uー,.   l,lr' ll      きかせてもらおう、と思ってな。
    i, i ヽ、_,/,i   ヽ, -'"   リ j i       昨日の会議はあまり身入りがなかったしな…
     i     l :::.      ..::::  ,/      
      l    i_ ヽ     ..:::::: r'"-.,_     
     i   ..,__ _ _、 ::::::::: i ヾ\~"ヽ   とりあえず、お前の思っている所を言ってみてくれ
     ,._,-'"-' ~`二  '"  :::::: ,y ,i ヽ,
     ~_.ヽ    ''    ..::: ,-'" i   /i
  _,.-=' /, ヽ、      ,.-' ,'  ,r  ,y l
- '"   / i l丶,-ヽ- ='"  ,'  /  ,'  i




170作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:17:11.95 ID:0NZ16GMo


                      _
                     ,/´:::::::`ヽ、
                 /::::::::::: ,. -‐ - 、_
                   /:::::::: ,,.-':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`ヽ         ,,..-
                /::::::: 〃"つ,'ヾ、_:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`ヽ    /´:::::::
              /::::::::: /,,、{、   `ヾ、:;:;:;:;:;:;:;:;:`ヽ/ :::::::::::::
             /:::::::: ,.ノ ,. 、ヾ:、      〉:;:;:;:;:;:;:;/ ::::::::::::::::::::
           /:::: ,..-'´ ' /'ヽl  l::!   /:;:;:;:;:;:;/ ::::::::::::::::::::::::::
          / /: 〈_    ー ´   ゙  /:;:;:;:;:;:/ ::::::::::::::::::::::::::::::::
         / /:: /            }:;:;:;:;/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ,〃::::::: }-、              ノ:;/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ,〃:::::::: /       r'´   ,.〃´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      /:::::,//          /::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     /::: /::: (  ,、      ,./::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    /: /:::::::: __〕、/ノ\,,..-‐'"':::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   /: /::,,.-="´ー"-'r‐v´:::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
,..-┴'"二,、_,,ノ=ーフ:{:::::i ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


それから、やらない夫は何か解決の糸口をつかむきっかけに、と思い
昨日一人考えたことについて、出来る限り仔細に述べた
しかし、会長は耳も傾けつつも何か別のことを考えているようで
少なくとも身を入れて聞いているふうではない。

一通り話し終わったあと、少し考える素振りをして会長が口を開いた




171作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:18:42.86 ID:0NZ16GMo


   , -‐―- 、        , -― - 、          , - ― - 、
  /:: :: :: \ヽヽ、    r'´::::::::::::::::::::::::ヽ、     //:: :: :: :: :: ::ヽ
  .|:: :: :: :: :: ::ヽ、:: ヽ、  ./::l´,ゝ-┌、‐´`i:::l   ,-/:: i:/::/⌒:: :: :: ::|
  ヾ:: :: :: :: :: l:|Y⌒ 、`‐l:::ノ_,---ヽ--、__ヾ:l-'´:: l:: /::l '´:: :: :: :: :: :/
   ヾ:: :: :: :: ::l::ヾ:: :: |:: ::l::i  f・ソ,. 、f・.>`):|:: :: :: 〉レ´:: :: :: :: :: :: ::/
   l:: :: :: :: ::|:: ∧:: ::l:: ::ilト、 ` ,  `  レi:::::::::::Sレ‐i:: :: :: :: :: :::/
   ヾ:::lヽ:: ::|::l:: ::`ヾ_ヾi !  ゙ ‐'   /レソ;;-っ´:: :: |:: i:: :: :/:: :/
    l::|;;l:: ::|:::!:: :: :/:.ヾ=l   r┐  /__,/´ヽ:: :: ::l::|:: ::/:: :/
    ヾ!::l:: ::|:: :: ::/:. :.,,>》ヽ、. i ./-‐| ヾ、 ヽ;; :: |::l:: /:: :/
     ヾ|:: ::l:: :::/:. :.ヽ'´:.i`ヽソZ二Zゞ,ノ!:. :. v:. :ヽ:: l::|::/:: /   なるほどね…お前はそう考えてる、と…
      i:: :::l:: /:. :. :. :.ロ:∧‐、_ヾ::/ `‐/l:ロ:. :. :. :ヾ!::l::l:: /    それで、解決の目処はたってるのか?
      l:: :::|::/:. :. :. :. :./  ` /::l /   l:. :. :. :. :. iノ:l::/
      ヾ;: :レiヽ、:. :. :.〈   ./::::l ´  ,-└:. :. :., -|、::/
       ∨ lO) `ヽ _ ` ヽ.」:::;;;レ' ´  _, -―lol:.Y
        i:. /「ヽ:. :. ;._ >‐'´_ , -―´ l:. :. :. :./l:. :.|




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( 一)(一)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ.   いえ、何も…
.  |         }.    正直なところ、行き詰まっているのが現状です
.  ヽ        }.
   ヽ     ノ     …会長は、なにか良い案がありませんか?
   /    く
   |     |
    |     .|




172作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:19:14.83 ID:0NZ16GMo



                \-_
                 /  \
        ,,,,___,,.-‐一'' ";;-‐ヽ  ヽ
        「        \ ノ    l
       i         , へ
        "j          <
        }      __,,_,,./ } ヽ
        "「   .,/'゙ !`\   /
   __   ll   /″  ・〆ゝ  ヽ
  √  i !!!!/      丶.´ l /  \
  | r⌒ヾ !!          '     丶.
  | { て !!!               /
  | L  )  !!!   ゝ、          ゝ  
  \ ""ヽ      \         /
    \_ソ      {         "";  …まあ、ないわけじゃないが、望ましくはないな
     i        {          /
_,, .-‐''"    i ゝ             ヽ
         i  l              i
         l  -             /
          t  ゝ丶、._______/
          ゝ        ノ
           ヽ      /



      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \
  \          |  はぁ、それはどういう…
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|




173作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:24:42.64 ID:HuV7Umgo


       _.. -= ' ´  ̄ ` - .,_
     ,r'",,;;  ,;;;; ,,;;;  ,;;;;;;;;;;,,ヽ、
    / ;;;,  ,,   ,,,,,;;;;;;;;;;;;;; _ ;;;;;, ヽ
   ./;; r- ...,__  ,.. -y ヽ  ̄`i ;;;;;;,,ヽ,
  ,i ;;; l  / ノ ~l;'~       l ;;;;;;;;;; i
  i ;;;; i __, ...、 ! ,.- ., ___  .v ;;;;;;;; l
  !, ;; i'-,- '''ヾヽ  ~`r' ー=-~` i r- 、i
   ヽ、i 'rーu-,i l   t'~"uー,.   l,lr' ll
    i, i ヽ、_,/,i   ヽ, -'"   リ j i     まず、神社を使わせてもらえるか云々についてだが…
     i     l :::.      ..::::  ,/
      l    i_ ヽ     ..:::::: r'"-.,_    結論から言うと、宮司の柊さんの許可はもらってるから、使おうと思えば使える。
     i   ..,__ _ _、 ::::::::: i ヾ\~"ヽ  だからこれについては何とかいけるとおもう
     ,._,-'"-' ~`二  '"  :::::: ,y ,i ヽ,
     ~_.ヽ    ''    ..::: ,-'" i   /i
  _,.-=' /, ヽ、      ,.-' ,'  ,r  ,y l
- '"   / i l丶,-ヽ- ='"  ,'  /  ,'  i



      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |   え!?
.     |      (__人_)
     |      ` ⌒ノ  し、しかし…それでは家族の意向が…
      |        }
      ヽ u      }
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ




174作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:26:37.73 ID:HuV7Umgo



      ,ゝ:;:l´    i::::::::::::::::::::::::::::::::::i
     '´ /l (     ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::l       だから望ましくない、ってことだ。
       ! | ヽー‐-‐   `i:::::::;;::::::::::::::::::l
 :: ;;; ,,    l        !:/´`ヽ:::::::::::::|       もちろん円満に事が進めばそれに越したことはないが、
  :::;;;;ヽ   l ミ=-‐'    ,'   l::::::::::::/       説得ができないならしょうがない。
   ヾ::::::)  l       i ー-‐'ヾ:::::::く
   ノ;::ノ   「       '     〉;;;,-‐L      ここがあやふやだと話が前に進まないしな。
   ヾ::)   ヽ-┬┬ ' >     ./く    \
     ゙・━  ゝ┴┴ '   ,/   ヽ、
          ヽ__,,,..-‐ '´ /    | ヽ-‐ '´




       _.. -= ' ´  ̄ ` - .,_
     ,r'",,;;  ,;;;; ,,;;;  ,;;;;;;;;;;,,ヽ、
    / ;;;,  ,,   ,,,,,;;;;;;;;;;;;;; _ ;;;;;, ヽ
   ./;; r- ...,__  ,.. -y ヽ  ̄`i ;;;;;;,,ヽ,
  ,i ;;; l  / ノ ~l;'~       l ;;;;;;;;;; i
  i ;;;; i __, ...、 ! ,.- ., ___  .v ;;;;;;;; l
  !, ;; i'-,- '''ヾヽ  ~`r' ー=-~` i r- 、i
   ヽ、i 'rーu-,i l   t'~"uー,.   l,lr' ll
    i, i ヽ、_,/,i   ヽ, -'"   リ j i   とりあえず約束は取り付けてあるし、
     i     l :::.      ..::::  ,/   いざという時にはあの会場が使用できる前提で話を進めるべきだと思う
      l    i_ ヽ     ..:::::: r'"-.,_
     i   ..,__ _ _、 ::::::::: i ヾ\~"ヽ
     ,._,-'"-' ~`二  '"  :::::: ,y ,i ヽ,
     ~_.ヽ    ''    ..::: ,-'" i   /i
  _,.-=' /, ヽ、      ,.-' ,'  ,r  ,y l
- '"   / i l丶,-ヽ- ='"  ,'  /  ,'  i



176作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:30:18.58 ID:HuV7Umgo


       , -――-、
     /      \
    /::::::::::::::     ヽ
   /::::::::::::::::::     ヽ  …
   |::::::::::::::::::::::    /
   .|          /
    \        /



               _,,.. ._
            ,r;';;;;;;, _,..、`、
           i´_,.. - ' _゙、,ヽ あと、補助金は現状を考えると
           l゙、 ,.、 '´rニ,゙v i .  何の策もない、というわけじゃないんだが…
            ヾ iャ'j; `  i' r'~ヽ,ーュ: ; _
            ュ'ヘ ヽ ' _,  i .! .i !`ー┴-ニ`y、
         ,.r'´;l´::.:..ヽ, '´.  / ! .l, :::.:.:.:.:.::: }' i .
       _,.-'~ヽ l ::::.:.:. `!ー '" ry'`ーi ::.:.:.::::..: l  r,!
    ..,.-='´   `、゙、,l ::::.:.:.:. l .`t-r'  i ::.:.:.::.:.:: l リ !
   / `ヽ,    ヽ l :::::.:.:. .i 冫l '",i .:::.:.:..:.:. l ,  i,
 .,rー'ュ、 ゙,  _, -=' ト-t_ :.:. \_⊥-' :.::.:.:.,..._,./  ,7 `;t
. ,ヘ.! i^,.`i /' ~ .   loj :.:~`rー '"~  ̄ ̄l oj l ;'     l
ヾ、」y' _r' ´      .i´、:.:.:∫::.:.:.:.:. .:. :.: , `´ `t ..,_   !
. `7,' ´         _,l._ ` ! :.:::.:.:.:. :. :.:. :.:. :.:.: { l,  `  `i




       / ̄ ̄\
     /   ⌒  \
     |  ミィ赱、i .i_r赱
.     | ::::::⌒ (__人__)
.     |     トエエエイ  え!ほんとうですか!?
.     ヽ     `""´}
      ヽ     ノ
       /    く





177作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:32:15.12 ID:HuV7Umgo


    ,, -―――
   〃:::〃::::::;;、:::::::::::ヽ
    Yア( ̄  {_:::彡::::|    ああ…ただこれをやると役場の人達と色々気まずくなるんで
    {{;ィ..::ャ=ミ ヽ::r:、|    言えないんだ、今はね
    代・} 弋・フ / ^}リ     
     ';::.:L .:::  {  r〈     それに、今の段階では効果があるかどうか確定しているわけでもないし、
     ';t‐ェェタ  イ >、_   実行に移すのはいささか時期尚早だろう
      i:::二  / // \
       `ー</ /o\  \
        rヘo// ̄ ̄:.::\∧
        ∨//.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽハ
        /7ロ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.} _}
         { |圦:.::.::.:.::.::.::.::.::.::.::「 |
        V |.:}ヽ.::.::.::.::.::.::.::.::. く|
         {ノ:ノ ハ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.}
         Ⅳ   ∧.::.::.::.::.::.::.::.::.:}
         }リ / 〈.::.::.::.::.::.::.::.::.::}
        くく   〔.::.::.::.::.::.::.::.::.:{




    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ    …どういう策かも、お話できませんか?
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|





178作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:35:01.33 ID:HuV7Umgo



      ,ゝ:;:l´    i::::::::::::::::::::::::::::::::::i
     '´ /l (     ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::l
       ! | ヽー‐-‐   `i:::::::;;::::::::::::::::::l
 :: ;;; ,,    l        !:/´`ヽ:::::::::::::| 哀しいことに
  :::;;;;ヽ   l ミ=-‐'    ,'   l::::::::::::/  俺にも立場ってもんがあるからね。
   ヾ::::::)  l       i ー-‐'ヾ:::::::く
   ノ;::ノ   「       '     〉;;;,-‐L
   ヾ::)   ヽ-┬┬ ' >     ./く    \
     ゙・━  ゝ┴┴ '   ,/   ヽ、
          ヽ__,,,..-‐ '´ /    | ヽ-‐ '´



                    _,,. ..,,__
                ,.-‐':´:::::::::::::::::`ヽ、
               /:::;;-、_::_::::::::_::_::-、::ハ         …とにかく、俺としては会場の使用が出来ることを前提に、
                 l:::::i  ' ゙|"´) !  ';::ハ        補助金を取るための説得とグッズの開発に傾注したほうがいいと思うんだが…
               !::;',,.-、_  ,,.-‐-、 ';/
               〉l ´ ┰゙ ゙!  '┰` y、        とはいえ、最終的に決めるのはお前たちだからな。
               { !、 ` ´ |  ` ´ イソ         一度話しあって、それからまたおまえたちの考えを聴かせてくれ。
                ヽl     L     i´
                ,,..ハ   __ _   ハー、        ただ、言うまでもないと思うが時間がない、それを念頭において考えてくれ
            ,,、-'´:.:ハ 丶   ‐  / !:.:`≧。-、
        ,,..-f´-゚‐´:.:.:.:.:.:.l  、ヽ、_ /  i:.:.:.:.:.`ー':.:L`ヽ、.
      /゙〈"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|ヽ▽,〈;;;;;〉、▽/!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.7´::ヽ
     /::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l ヽ' 「;;;i `",':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::::::ハ
     !::::::::::::::ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l]]|    |;;;;;!  ,'l]]:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::::::::::ハ
      !:::::::::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!  l;;;;;;;|  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::::::::::::::|
     ,':::::::::::::::::::::ヽ:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ!;;;;;;;」-´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:::::::::::::::::::::l
    ノ-':::::::::::::::::::::ヽ:|_:.:.:.:.:.:.:.:.,.‐´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:┌ヽノ::::::::::::::::::::::`i
    〉::::::::::::::::::::::::::::゙| o├--――‐:.''':.´ ̄ ̄「| o |ヾ::::::::::::::::::::::::::!
    /::::::::::::::::::::::::::/ヽ./:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:`":.:.:ヾ::::::::::::::::::::::ハ



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ.  …わかりました
.  |         }.
.  ヽ        }.
   ヽ     ノ
   /    く
   |     |
    |     .|


181作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:39:52.09 ID:HuV7Umgo


       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |
     . (人__)     |
     r‐-、    .   |    (…なにか釈然としない
     (三))   .   |    会長が策があることを公言して、その内容を言わない・・?
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /     役所を引っ掛けるための何かのブラフか?
    /  / ⌒ヾ   .〈      会長ならそれぐらい考えていそうだが…)
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)   (いや、そんなことより…
   |      (__人__) /;;/   たしかに、会長が言うとおりにすれば取り組みはできるだろう
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'     だけど、この取り組みは、訪れる人や地域の人達に
  /    / _ノ´       何か出来ないか、ということで始めたもの
  (.  \ / ./   │       だから、この取組によって不幸になる人が出るのは望ましくない…)
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


               / ̄ ̄\
             /       \
             | _ノ  ヽ、   |      (まあ、ひとりで考えても仕方ない
             | (ー)(ー)  |      とりあえず、やる夫に会長の意見を伝えて
             |  (__人__)   |      その上で二人で考えよう…)
.             l  `⌒ ´   }
              ヽ      ./
             /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、
         ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
          //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
       ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
      /::::/::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,
      |:::::|::/::,ィ'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、
      l:::::;/:/: :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l::::::゙,
      i::::/,': : |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙,::::::::::::::::ト::::::}
      〉/,': : :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ.::::::::::::::::ゞイ

182作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:42:14.94 ID:HuV7Umgo


                 / ̄ ̄\
               / _ノ    .\      _,,
               | ( ●) (●) |.     l;l     かくかくしかじか…
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,     …と、会長は考えているみたいだ。
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l    やる夫、お前はどう思う?
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|



     ____
   /      \
  /         \     う~む、確かに…会長が言ってることも事実だお…
/           \    イベントをするにしても会場が決まらないとどうしようもないし、
|     \   ,_   |    やる夫達には時間が無いお。
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |     現に予定日の12月頭まであと2ヶ月もないわけで…
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




183作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:44:03.56 ID:HuV7Umgo


           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /    でも…それが原因でトラブルが起こることはできるだけ避けるべきだと思うお。
         `ー,、_         /     少なくとも協力してくれる人たちが不幸な目に合うのはイヤだお…
         /  `''ー─‐─''"´\



                ―― 、
             / 〉 ´      \
            / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ     …奇遇だな、俺も同感だよ。
         / //〉  ( ー) (ー )  l
          l  ´ イl   (___人___)  l     できればいのりやまつりの承諾を得た上でイベントを行いたい…
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l     となると、結局神社側と役所側双方を説得するより手がないわけだが…
.       /   ハ !.!          !
.        /  /  ' ヽ           /     果たして、2ヶ月でできるんだろうか?
       l   // 、ゝ       / ヽ_
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !




184作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:45:14.49 ID:HuV7Umgo


    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::ヽ ゞ、 \::::::::::::::::::::::::::::::::/
    i::::::::::::::::::::::::::::::li__‐-、ヘ::::ヽ::::iヽ::::::::::レヘ´,、_ヽ:::::::::::::::::::::::/
   {::::::::::::::::::::::::::::::,ハ (;;;;`ュヽ::iヽ::::!ヽ::::i|´バ{;;;;;;,ヽ ::::::::::::::/
    i::::::::::::::::::::::::::::i ヽ、 `‐-イ \ヽ:! \:i ll ! ヽ=-人::::::::::i    いえ、2ヶ月なんて暇はありません
    i:::::::::::::::::::::::::ヽ ゛'''''"    ヽ l!   ヽ 、_,,,,,,,ノ  i::::::::l    少なくとも、1ヶ月以内でケリをつけるつもりでないと話になりません。
     i::::::::::::::::::::::::::\        i   i ゛''''"   l:::::::l    そうでなければ、イベント自体物理的に不可能です
      >::::::::::::::::::iヽ \ ,                i:::li:::l
    /  ヽ:::::::::::ヽ    {                i::/i<
  /     l:::::::::::::ヽ    \  ,-‐          リ i::::::ヽ
 /        lヽ::::iヽ::ヽ    ヽ         '    !  /丿::i
 |        l ヽ::i ヽヽ < 、               //ノl::::ヽ
 |  ヽ     l  ヽi ヽ`、 ア`"‐,-、,__          /::  l:/l::∧、
 |   ヽ       リ    V    Y⌒ ̄`丶     /::  l:l l::l::ヽi`,>‐、___,,,-‐´
 |    ヽ   l  i    /     |-‐       /::    リ l:l  レ   /
 ! \   ヽ  l  i ,/~      /:.      ,/:::        ソ /  /, ´/
 `‐-、_ゝ-‐´ ̄ ̄ ̄       ノ::::ゝ、, -‐´:::         /  /  /



185作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:46:20.71 ID:HuV7Umgo


        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
      /: : : :          \
     /: : : : :           '.,
     |: : : :                 :|
     | : :u : : : : : .,           :|
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|   …お前、いつからそこにいたんだ
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|
     |: : : ´"''",        "''"´ :l
      ',: : . . (    j    )   ./
   _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__                    ,ィ
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__            /  ,// _、-
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__      , '/ /‐'::::,、ン'/
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ    , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ   _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :/::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ/:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ//i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
                                !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
                                 /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
 つい先ほどからです。                  /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
                                /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
 お二人がお話していたのが聞こえたので、  _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
 聞かせていただきました           ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
                         / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
                         ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
                         ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
                         、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
                       .  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
                       .   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
                          i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
                       .   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
                           ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=
                           iヽ    i! ヽ ヽ               , '/i!   /



186作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:48:17.04 ID:HuV7Umgo

           ____
         /       \
        /   ─   ― ヽ   話を聞いてたのなら話は早いですお
      /    ( ●)  ( ●)'
      |        (__人__)   |  竜崎さんはどう思うかお?この件について…
      \       ` ⌒´  ,/
      /      ー‐   ヽ



      /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
     /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
      /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
    ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、      申し訳ありませんが、私も会長とほぼ同じ意見ですね。
    /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
   /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、      少なくとも、家族の抵抗にあって承諾が取れない、というのならまだしも…
      i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ      御主人の許可が取れている以上、家族の意向を尊重する理由に乏しい…
      'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
      'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、      ましてや、このような時間のない状況下です。
        ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ      家族の意向に固執してイベントが出来ない愚だけは避けねばなりません
        ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
             リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                 ``ヽ、 //  〃         ヽ



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /    確かに、イベントが出来ないのは駄目だが…
      ./ ノゝ     /     だからといってこのイベントで泣きをみる人が出るのは避けたいんだ
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |    これは、俺ひとりの意見じゃない。ふたりとも共通の意見だ。




187作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:51:23.26 ID:HuV7Umgo


             ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、、:::::::::
            i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
          i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
             !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
.           l:! ki::、:ヽ::',ヽ|}`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、:::::::::::::::::::::::::::
             i! ヾ:、:::::::::、 ゙、.;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、::::::::::::::::::
            !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X"、:::::::ヽ:::::::   だからといって、イベントが出来ないんじゃもっと多くの人が泣きを見ますよ?
                /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、:::
             '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`   少なくとも、こちら側は大泣きです
                `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
         ,、..、         'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
         f " ,`;ー 、      ヽ、、      /::::    : //
         ーア::ヾミッ、` 、_       i    ., '""'-、,,__.._ //
   ,:-、 ,x、, 〈::::::::::::r'^,ニ'ー `=r-、、. ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、::ソ/
   /   iヽ `'ヾー "{ノ ノ    `  ヽ.         |.  ヾ、:/




                             , ――-、   …それでも、やりたくないんだ
                            /       .:\ わかってくれ、竜崎
                               / __     .::|                         ,.-、
                           ∨     ヽ ....:::/                     _,.、/:∠_
  ___, - 、             __,. -――<二二二>≦――-,、           ,. ‐'´::::ヽ:.:.:.:.:二ニヽ
 ゙ーァ:.:.:|::::::::`` ―- 、、    _r:'Ti::、:::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::/:ハ、       ,. ‐'´:::::::::::::::::|‐--―一'
 /:_,:.:.,|::::::::::::::::::::::::::::``ー-‐'´:::::::ヾ', '、::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::://:ィ::`>―‐-- ‐'´::::::::::::::::::,. - '
 '-´一'´`ー- 、、:::::::::::::::::::::::::::::::`丶:ヾ}}::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::/:'シ':/::::::::::::::::::::::::::::::::,. ‐ '´
          `` ‐- 、_::::::::::_,. -‐``^ヾ::::::::::::::::::::〈:::::::::::::::::::::::::fr‐'<-_::::::::::::::::::::_,. ‐'´
               ` ̄      /:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::〈     `'-一''"´




188作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:52:24.39 ID:HuV7Umgo



     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!   いいえ、残念ながら私にはわかりかねますね
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |      第一、 あまりに甘すぎます
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、        
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、





             / ̄ ̄ ヽ
            / ,/    |
          . { (● )   |
          . (ノ、__)     |
           .{         |  …何だと?
      _      丶      イ
           /::/::ロ:::::::::ノ
            /:/::`:ー=‐"::ヽ
          ノ:io:::::::::::::::::::::::::::i、
          r'/::::::::::::::::::;.ィ'⌒゙ヽ
 _r 、      //:::::::::::::::/:::::::::::::::::::)
 ヽ\゙t-、 ,、/:::i:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::ノ
  ,.r\ ヽ i:::::::::::l:::::::::::::i:::::::::::::::::::::::/
  ヽ)く ノ::::::::::::;!:::::::::::::l::::::::::::::::::::/




189作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:54:23.12 ID:HuV7Umgo


',::::::::::ヽ :::::::::::ヽ :::::::、:::::::::::::. '::::::::、ヽ、ヽ::::ヽ\:::、::::::::::ヽ、
.ヾ 、::::::::'.,::::、::::ヽ、::::::::::::へ::::ヽ':::::'.,ヽ\':,':,:::ヽヾ::':,::.:::::::::;_`;;,、,
:'::\ヾ::::::ヽ'::::ヽ::::\:::::::::`:::ヽ:::`、::::'.,:ヽ.ヽヽ:::::':,ヽ::`:::、::、ミ;;,、.``''ー
::',::',:,ヽヽ、:::\'::::ヽ::::ヽ,::::、::::::ヽ、\:::::'::::'., ':,ヽ:::::':,:ヽ:::ヽ:', ``>
、:',:::',:':;:`::.`、;_:ヽ、::::\:ヽ:',ヽ;'::、;;;;ヽ`、::::::::'., ':,゛,'::::::::::',:::::::':,
.!:::゛::',::ヽ:::\::::::::::ヽ:::::`:、:'yッンァ::::ヾ;\';::::::ヽ':,::',,::ヾ::::',:::::   だってそうでしょう
::::::::::::'::::\::::ヾ:::::::::、、:`:::::::i! !::::::::::メ'ッ、`:::::::::':,:::',,::ヽ::::::
::::::::、::::',:、:::::ヽ\::::::::'.,\::::,ヽ ` ー "/ `;:ヽ::::'.,:::l!:::ヽ,     あなた達は確か訪れた人たちのためになるようなことを、
:::ハi!ハ::、 ヽ:::ヽ. i ヽ、::ヽ ヽ::',`''、'''"    !:',::、::::::::!:::、     そして地域や商店街に利益をもたらすために、
:::i,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、     i:::',:!:、::::::::::::i     このプロジェクトを始めたとお聞きしていますが…
::::!   `  `   `iヽ、     ヽ          i::::',:i:ヽ:::::::::!
:::::l,        !             i!.ノ';,:::;::':,::::::l     それなのに、たったひとりふたりが反対したからと言って
:::、:i      ..、ヽ、 _,,,..         !,、:'::::::'::::':,::::!     プロジェクトを取りやめてしまう、というのは
::::.、',         ´          /::::::::::::::',.:::::::::'     あまりに優先順位を間違えていませんかね?
::::::ヾ'、     ..、、......            ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::::',
::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''ー     ,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:::::',
';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i \::',、
. !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',  ヽ;ヽ
 ';! ヾ'i: : /    /    ,.ィ'´'    ..  !:::::i::::::::', '、 ヾ    ヽ
  '、. ソイ'    /‐-ー;:シ'      ::/  i:::::!':,:x:::',   `
  /:. !    /:. :._、-'´       .::/  ',:::! ':;ヾ;
、='´:. :. '   ン:. :,'´         /  ':;:.ヾ'、 ヽ `
:. :. :. :    ,':. :. ',           /   ';: `ヾ、



            / ̄ ̄\
           / ヽ、. _ノ \
           |  (●)(●) |
             .|   (__人__)  |
            .|   ` ⌒´  |  取りやめるとは言ってないだろ!きちんと説得をすれば…
    _        ヽ         /
    l !        ゝ     イ_
    | !       ,/i「`TT ´_.. -┴- 、
  _ノ ┴、__     フ⊆ノ |/   -‐`ー!、
  | `二l. )   / 〃 /,-、〔__)、__    ヽ
.  |  r'_,「l  /|||   ト⊂二)}ヽ\  |
   |   )ノ  _/ | ||   ヽ.)-‐'')} } | 〉 〉
  rL -┴i. / `「 ||    l`で´ノノ / /




190作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:55:51.45 ID:HuV7Umgo


      ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
.     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
.     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
      ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //     できるんですか?
       li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
         ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /        何度もいいますが、残された時間はあと2ヶ月しかありません。
         ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!          しかも、具体的な準備をするとなる残された猶予はさらに短い…
            ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
              ,'       _,.-'"' ソ   '/il _         それまでにその人達を説得できる見込みはあるんですか?
                l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
              ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                        ヽ ヽソ



           / ̄ ̄\
         /       \
         |   u     |
         | ヽ   ノ  u |  そ、それは…
       /´ fト、_{ル{,ィ'eラ,  |
     /'   ヾ| .(__人__)⌒`/ |
    ,゙  / )ヽ(,`⌒ ´   | | ヾ、
     |/_/  ハ      /:}  V:::::ヽ
    // 二二二7  /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ




191作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 19:57:52.32 ID:HuV7Umgo


',::::::::::ヽ :::::::::::ヽ :::::::、:::::::::::::. '::::::::、ヽ、ヽ::::ヽ\:::、::::::::::ヽ、
.ヾ 、::::::::'.,::::、::::ヽ、::::::::::::へ::::ヽ':::::'.,ヽ\':,':,:::ヽヾ::':,::.:::::::::;_`;;,、,
:'::\ヾ::::::ヽ'::::ヽ::::\:::::::::`:::ヽ:::`、::::'.,:ヽ.ヽヽ:::::':,ヽ::`:::、::、ミ;;,、.``''ー
::',::',:,ヽヽ、:::\'::::ヽ::::ヽ,::::、::::::ヽ、\:::::'::::'., ':,ヽ:::::':,:ヽ:::ヽ:', ``>
、:',:::',:':;:`::.`、;_:ヽ、::::\:ヽ:',ヽ;'::、;;;;ヽ`、::::::::'., ':,゛,'::::::::::',:::::::':,
.!:::゛::',::ヽ:::\::::::::::ヽ:::::`:、:'yッンァ::::ヾ;\';::::::ヽ':,::',,::ヾ::::',:::::
::::::::::::'::::\::::ヾ:::::::::、、:`:::::::i! !::::::::::メ'ッ、`:::::::::':,:::',,::ヽ::::::
::::::::、::::',:、:::::ヽ\::::::::'.,\::::,ヽ ` ー "/ `;:ヽ::::'.,:::l!:::ヽ,
:::ハi!ハ::、 ヽ:::ヽ. i ヽ、::ヽ ヽ::',`''、'''"    !:',::、::::::::!:::、        それに、いのりさん…でしたか。
:::i,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、     i:::',:!:、::::::::::::i       確か、あなたはあの人と幼なじみだそうじゃないですか。
::::!   `  `   `iヽ、     ヽ          i::::',:i:ヽ:::::::::!
:::::l,        !             i!.ノ';,:::;::':,::::::l        あの人と面倒事になりたくないから、そんな風に考えているのではないですか?
:::、:i      ..、ヽ、 _,,,..         !,、:'::::::'::::':,::::!
::::.、',         ´          /::::::::::::::',.:::::::::'        私的な関係をこんなところに持ち込むのはどうかと思いますよ
::::::ヾ'、     ..、、......            ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::::',
::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''ー     ,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:::::',
';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i \::',、
. !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',  ヽ;ヽ
 ';! ヾ'i: : /    /    ,.ィ'´'    ..  !:::::i::::::::', '、 ヾ    ヽ
  '、. ソイ'    /‐-ー;:シ'      ::/  i:::::!':,:x:::',   `
  /:. !    /:. :._、-'´       .::/  ',:::! ':;ヾ;
、='´:. :. '   ン:. :,'´         /  ':;:.ヾ'、 ヽ `
:. :. :. :    ,':. :. ',           /   ';: `ヾ、






    `丶=二ー-_、_       、   │    \
 :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;` ̄──__二三三二`\_」│ ∥  │
  ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;::;:;:;:;:;:;:;:          ;:;:;:;:;:;:;:;:;:  ∥  │
     ;:;:;:;:;:;:;:;:;: > ─ ̄´二 ̄ ̄ 丶\;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\  /
        _/     ,ィ炙ノ ㌧     \;:;:;:;:;:;:;:;:;:│ ノ /
      //     ,彷/O ゚亥. 心     〉 ;:;:;:;:;: ノ//-   違う!
      く│     以亥亥主主/!    /    //二
        i      W圭靈圭' ,У    /   //≡=、     確かにアイツとは幼なじみだが、それとこれとは関係ないだろう!
       ハ、     `冬圭竺才   ノ   ;:;:;          少なくとも、そんなふうに考えてなんかいない!
         \            ;:;:;:      /
                  ;:;:;:;:;:;:; ;:        i.        俺たちをバカにするのも、いい加減にしろ!
               ;:;:;/:;:;:;:;:;:;::            i:
                /:;:;:;:;:             i!:;
                |:;:                  i!;:;




192作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:00:07.16 ID:HuV7Umgo


                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\  …
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
   i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
.   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
    ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=
    iヽ    i! ヽ ヽ               , '/i!   /


        ____
      /      \
     /ノ  \   u \ 
   / (●)  (●)    \
    |   (__人__)    u.   |  や、やらない夫…
   \ u.` ⌒´      /
   ノ            \
. /´                 ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))




193作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:01:22.99 ID:HuV7Umgo
ガラッ!



            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、ん?
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ

          ____
        /      \
       ─   ─    \
      (●)  ( ●)      \  お?
      | (_人__)        |
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `

194作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:03:03.25 ID:HuV7Umgo

              (⌒)
              (こ○こ)       ,-、
              (___)       てOう
                 _      ‘ー’   (⌒)
.        ,-、       //⌒   /     (こ○こ)
       てOう      〈.::.{  __, ベ.ー-<   ‘ーヘ_ノ
       ‘ー’      ,ゝ'´.::.::.::.::.::|.::.::.::.::`丶、
              / :.::.::.::.::.::.::.::j.::.::.::.:: く ̄
          {ヽ   ,'.:/.::.::⌒/|.::.::ハ⌒.::.::.:ヽ ハ
          ∨\_ {/.::.::/:./ |::/ ヽ\.::.::|.::V }
.          / / ∨イ.::/≡≡l/  ≡= ハ.:.|ヽ「∨
            ヽ_{     |.:ハ:::::: 、_,、_, ::・{:.Ⅳ ∨   どうも~
             \.  |ヘ.::.:l、 _(_ ノ_ イ.::|  /
          /.::.\ ヽ::|   ∨{  / |.:/ .xく    副会長にここに居るって言われて来たんですけど
          /:/.::./\ ヾ\ 「] /| ノ'/.::.::l    やる夫さんとやらない夫さんは…
        /.::./.::./.::.::.: _}   |lヽV/ l|r'´.::.::l.::.|
          l_;斗-く :.::.::. 〈 j   >ω<.| :.::.:: l.::.|
         V`ーく¨ヽ.::j≧ヘ  /  ∧ }| :.::.:: l.::.|
          /.::.::.∧/∨l|  Ⅵ_/  レく :/l.:|l:ノ
.        |.::/l.::ヽ_,,斗‐'´/ 了丁 //  リ


195作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:04:11.98 ID:HuV7Umgo



       ____
     /^  ⌒  \       お、おお!
    (へ)  (へ )   \     
   /⌒(__人_)⌒::::::  \
   |   ヽvwwノ       |    こなちゃん久しぶりだお!
   \   `'ー'        /    今日は一体何の用事かお?


                    }:/
               ! へ、_ x'/ ___
    __.x< ̄ ̄ |: : : : : : : : : : : : ∧: : \
.     ̄ > : : : : : : :| : : : : : : : : : : : { } \: :ヽ
     / : : : : : : : : ハ: : : : : : ∧: : : ゝノ : : ヽ.:ハ
.    /: : : : : : : :>'-|: : : : : :| ヽ⌒ヽ: : : : : ヽハ
   /: : : : : : : : : :/ ∨: : : : |   ヽ: : : : : :ヽ: :∨}
    : : : : : : : : : /  ∨: : : :|   ∨ 、: : : :V∨
    :,ィ: : : : : : : .',ニ辷ヘ:ト : ∧ 行云气ト.: : : :|: |
    !: :| : : : : 圦 r'ハ  ヽ | じ::::り !|:ヽ: : :|: ハ   いや、久しぶりって…
    ! ∧: : : :∧ V:::り   ヽ! 辷以 |: : ヽ.:|ヽ:|
     |'  '.: : : |:∧ ゞ"          . ・┴、 ∧|\|   たしか一昨日来たばっかりじゃ…
       ヽ : |、.:}     ーf ´ ヽ  `7_´ ヽ': :|
          |ヽト、: `>―.- 、=='ィ二r' _   } : !
          |: : : : フ ⌒ ヽ、: : ヽ. フ⊂ ,  /: : |
          l : : /       \: :∨   {   V}: :|
          |: :/       ∧: | ̄ ヽヘ  V: |
          |:/        } }:/     |  |: :|

196作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:05:33.22 ID:HuV7Umgo


        彡彡彡             ミミミミ     `ヽ、
     彡彡彡彡                ミミミミ      `ヽ、
  彡彡彡彡                     ミミミミ       \
                                         \
       ,,ヅ彡ニミ;;,,              ヅ彡ニミ;;,,          l
      ィ<"  , ‐ 、 ゙ミ、          ィ<"  , ‐ 、 ゙ミ、         ゙i
      ミミ、, ゝ_゚_,ノ,, イ           :ミミ、, ゝ_゚_,ノ,, イ           ゙i
       ゙'ヾ三≡彡'"            ゙'ヾ三≡彡'             i!
                /        ヽ                    i!
              /            \                  !
             /       ',/       ',                 l
             !          l        l                l
              、        ,' 、        ,'                i!
              ヽ . _ .. '  ヽ . _ .. '                 i!



                      |:::|      ,、       ___
                 _,.-┴':‐:─:─/::.:\─:-:‐'"::.:..:.:;二ニ=‐-
                  ,ィ'´:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.::;':.:.:.:.:.:.:.:.:l::.:.:.::.:.:.:.:.:<
                 /...:;'.:.::/:.:.:.:.:.:.:../.:.:.;:.:.:.:.: :.:|:.:.:.:.:.:.:..\::.:\
              / . ../. . / . . . . . / : :/::.:.:.:.: :.:|、:.:.::、: : : .\: :.\
               / . ../....:/.:.:.:.:.:-‐;'‐:.:/|::|::.:.:.:..:::| ∨:.:|:.:.:.:.:.:.ハヽ、::\
           /:.:.::/.::.:/:.:.:.:.:.:.:::/:::.:/ |:|:.:.:.: ::i::| ,-l‐:|、:::..:.:.:.:.∧  ̄`
             l:.:.::/:.::,イ::..:.:.:.::::/|::.:/  |l:.:.:.:.::.|::|  |:.:|::::.:.:.:.:.:.:.:∧
             |:::/::.://.:.:.:.:;/__|:;/_、  |:.:.:.:.:.:|::|  |:.:|:::::.:.:l:::.:.:.:.:∧
             |/::/:/:.:.:.::;:イ'マテ弐z、 |:.:.:.:.:人|,.__|:;ハ:::.:.:.|:::.:.::.:. ::|
          /::/:::|::;/: ::| | |::::::(_/` /::;/ テ弐マアV:::.::|l::.:.|:::.: :|
            j:/:::/j/:l:: : :::| 、. V:::;/, '"´  /::::(_/,''∧::.:.:||::.::|、::: :|
           |::/::("|:.:.: :::|  ゛ ̄        V:::;/, ,ハ:::|::./ |::/ \|
           |/: ::::`|:.: : :::|:、 u       `  ̄"・,lノ:::|/::| l/     そ、そうでした、お久しぶりでした
            |:.:.:.:.::::|:.:.:.:.:::|::ヽ、  ゝ-'ーr' u,.イ:::::::;'::.:;':l
             |:.:.:..:::::|:.:.:.:.::::|::::::::>r-`=="‐<::::ノ::::;:':.:./: :|      実は、今日はちょっと二人に話したいことがあって、
              |.:.:..:.::::|:.:.:.:.:.:::|:/ / ' /  /:;:'::;::':.:/:::: :|      それで来たんですよ




197作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:08:43.40 ID:HuV7Umgo


           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人   お、そーかおそーかお!
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´   それじゃあちょっと奥に行くお
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十  ほら,やらない夫もさっさと来るお
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \



      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |
.     |      (__人_)
     |      ` ⌒ノ   え?あ
      |        }   お、おう…
      ヽ u      }
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ








    ,,,,,,,,,,,,_   
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;,,
|ー--}彡彡";;/ミ
|___/=、ヾ"l/.{   ・・・
--'ー-、ミ、/ /___
: :,: : : : :`.'、ニ,-、_~~`ー-、.....
://: : : : : : : : /ヽ=`ー--、--
/: : : : : : : : :/: :| = = =||
: : : : : : :/: /: ::/}、= = ||
: : : : : :ヽ|,/^~: :ヽ=/~<〉
: : : : : : : :/、: : : : ヽニヽ.....
: : : : : : : l: :ヽ: : :δ/: |:::::
__: : : : : : : : l: : :|ヽ: : _,.='`--、
: : : : : : :/: : :|: : | `-'   ̄~`   
: :_:_:_:_:_: : :|:_:_: :|ー--、_
三-l-l三|: : /:~:~>:|: : : : : ,:ヽ



198作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:10:15.17 ID:HuV7Umgo


                              
         _,,,ィー=ニ=ュ,,,,、,           
       ,.-彡三三三彡三三ミンィ.       
     /彡彡三三三彡三ミ;i彡ミ、      
     /彡彡彡三ミ 彡彡三ミシミミミト     
   .〈彡彡彡⌒ーァ/ _,ィ彡⌒ヾミiリ      
     V彡く  ー=― ''"     {ミl      
     V彡}  /´⌒ー---       V__      やれやれ、あの場は何とかとりなせたようだが…
    r-V´  ,.r-===='  ヾ=⌒  |k }    
    {ノハ    <二9シ i゙/ニ9`  .|ノノ    それにしても、あの調子で本当に大丈夫なのか…?
    ヽ. ハ         ',     |/      あまり悪い方向に向かわなければいいんだが…
      \!       ,.- ヽ    l
   _/二L___     ヽ____ノ    ハー、__
 /: : r':| r' ̄二ユ --、__.    ./ : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)  ^    ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_   /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|




                                           続く


200作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:13:08.35 ID:HuV7Umgo


【講義コーナー】


                 _  ,─、
                / ヽ-,   ヽ、‐、_
               /,  , ,、 ,ヘ   、 、ヽ
              //  /├ Tヽ !  ! \ヽ
             // ,   LL__ |. Vl、_j_  ヽ|
             / l |   j !  ` !. 「lヽ j  l  l
            l./| |  l'|.!    !  !| ヽト  ト l
            |l |  l  |ヒ≡ミ   モ≡ミ,ヽ |ヽ|
              l  | | '     丶   '' '∧.│ l|
              ヽ├N、   ー‐'   ,ノヒl |
               〉Lヾ,|ニ>, 、__ ィ1、┤┼、
              / l  Y  │  l  ∀ ̄.l l
              l  l /`_,┤  ト、  l  l  l
              l   l_ '-´フ  l  l ヽヽ' l   |
             /   l | 〈   V  /  Y   l
            l   |.│   \ ヽ、〃   |l   |
            /    |人    \ヽ     ノ|   l
           /    l| ゝ     ヾヽ  ハl     ヽ
           l     l  l  〇    〇l  l |       l
          |     | /        | ハ|     l
         │     l l         | / |     |
          |     | |   〇    〇|/ │       l
         レ=二=、 l  |         |   |l /ニ、│
     __(二_(二_)'_|_______|___lr二_´Y´`ュ_、____


                黒井ななこ先生の

  /\  .┌──┐ -┴-..i   、   -┼─   -┼、\     -┼─   ー--、 ヽ、_. 
/ ニ \ │┌┐│  二 |   ヽ   /.-─   / |       /.-─  ,       /    
   /   │└┘│  口 ヽ/   '   / ヽ_  ./  J    つ.   / ヽ_  ヽ__. (____. 
        ̄ ̄




202作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:14:25.06 ID:HuV7Umgo


          ┌-─ ´ ̄ ー-- 、
         /`ーヽ  ヽ    ヽ ヽ、
          / , レヽl、 ヽ 、    \ ヽ
          /  l l __ ヽヽ、 く ̄ヽ、  ヽ ヽ       うーっす!
         l l  l f´ ヽヽ ヽヽヽ ヽ  lヾ、」 ,、
       l l l│   ヽ、 >ヒz七、  ト、Y┤r┐    それじゃあ、前回に引き続き
        リ l N、,,三ミ `  '´´〃ヾ,、 V│ l ├、
       l|`l|  N、   '_ , -,、   l∧、|││ |│   「役所が聖地巡礼に関する取り組みにかかわろうとした場合、
         l ヽ M.   {   l   レ┤ l ` ' l、 l    どんな問題が起きるか?」
           ヽ l リー 、_ `ー- ' , イ | l  ヽ    l
             ヽl l|/  >、´  レlヽヘ  `   l   というテーマでやっていくで
             ` { ,/ ├   / ' ├'`┐ 、  lト 、
          , -_ニ''フ  |  /   l  ∧  /〉 l
          / l  //1 / \、_ l / メ' ´/  l
            l   l / イ,/ l l   ヽ」、l l∧ /    lヽ
         ,┘  Y  <  lv'  /,   l/        N
         l    l   \ ヽ/, ´   \○     l ヽ



203作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:15:04.70 ID:HuV7Umgo


            /                 | ヽー-  ._
.            /                  |     \─`-
           |    /,    / /    |      \
           l/  //′  /   /l. /   ∧ |  \  ヽ
          /  〃 /  _./-ァ' |/  ,' -H.、 !  '.、 ',
          ///' ,/  ///  j/  /   '.| :|l  | ヽ |
           /' |  i´i  /:fr≠=r  | /ァ=ォ !|   |  '.|
  (⌒ー、      /, ´ヽ|. / N!ら、_リ  ,! ' ん, ソ' ! /,ハ ,′   
  \  {  __  / l   |/  :| ‘ー‐'   ,  ー-'/N// |/
    l  ∨  y  |   'l.   |>、._  ーー'_ ノ !ル'     で、今回は三つ目と四つ目の問題点について、でしたよね?
    l.  './,  ,ハ  | | ヾミこ彡'ヽ|   ||
    |  .f / ,.'/   ____'.   '. _/ ̄ ̄ ̄¨¨¨丶、__, ' ´ ̄ ̄〉
    /////レ'´,. -‐-'、,ノ´ v         / 7    _/.
   { ( /l/' K「 '´ ̄   ヽ.`)       / /    r'ーf



               /`ヽ、__,/´`ヽ-──-.、_
             /   i、:: .'::| :  、      `ヽ、
               /    /ヽ、, ;;| ト、::  ヽ:  ヽ、: \
            /    /|`゛`゛"| | |∨:: |:: :  ハ::  ハ
             //   /ヽ|    | | | ∨ |::. i.  |::    }
           l ,' :  |'  |`    | | ,|─|‐i-:.|:  |::   ,'|
            | i i  |__、     |/ |  | |、:.:|:  |::  /::|
              | | :| ハ!マ弐ォ、     ,__| | ∨:、  |、 /:.:リ
          j || ::|i |:}、V:::;|    ィ弐ヰミ レ∨|ヽ| }::: /
          |/|! :|レ' j ゛-‐          |/   | |_,,ノ:∠_  そうや、この二つは作中で扱わんから、ここで一気に紹介してしまうで
            | :|  ヽ、  '        /| |'::ヾ:::__::::::|__ ___
            | :|     ヽ、lヽー(    ,.ィ,ィ'´| |\:::::::: ̄:::/´;;;/
            ヽ|       ノ ノー-‐ '"´/  jノ/ヽ:__::;;ノ::_;;/
                 / ´ ̄_〕 / ,ィ'´ ̄ ̄ `ヽ、ヾ~`ヽ、
               /   二、〉 /,/ /       ハ::ヽ、::.∧
                j  r-‐r_/,ノ'" ./   i       ,}::  :: .ハ
             __l ̄二ニ=‐┐/ __/   :|      ,'.|::  !:: : |
             |゛ ̄"  : : :::::/  \    :|        |::  !:: : |
            |      : :::::::|  /    :|        |::  |:: : |





204作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:16:45.86 ID:HuV7Umgo


                 __
              /\': ̄::/`\ ̄ `ー--、_
              /   . ヽ: /   \     `ヽ、
          /   /: /ヘ: ;ィ::| :i  ヽ.       ∧
            /    /: /|゛`´""| :|、 、     、: ハ
        /   ,': / |    | :|∨  ヽ:i  |  |:: |
        | :,'  |:: |\|    | :| \/:|  |  |:::...|
        | |   |l: |  |ヽ   | :| ヽ'´\|  |:  |::::リ     第3に上げられるのが「民間との商習慣・考え方の違い」や。
         | |   |ヽ|===ォ、  ヽ|zァ==ャ.|  |: :i|:;/
          |/|  |:|、弋z:リ     弋z:リ ,| ,|: :||'      キャラクターの権利を持つ版元は大体民間企業なわけやけど、
         ∨ :|:|| ‐-‐      ‐-‐ |/r|: /|j       民間には民間の、行政には行政の習慣や考え方と言うものがある。
            \|:||、         ゛゛ ,||‐'|/
            || ヽ、   Δ    /'||          ただ、実際に取り組みを行うに当たって、この習慣や考え方の違いが
            |j  ,>‐-r -r‐<__ リ          互いの衝突や円滑な実施を妨げる要因になる可能性があるんや。
              〈::,-‐r'l  l ァ‐-、::\
            ,.-‐'´  |\_,//  `ー'-、
           /´    ヽ/:::∨       \
          /ヽ、 :,    〉-〈     i:,'  ∧
        /   :::/    |::::::|     |::  ,.'  \



206作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:19:25.84 ID:HuV7Umgo


  |  l|  l|  l| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| |  |  | ̄|ー |ー |ー | | | | | | | | | | f|  │| │
  | ー゙| ー゙| ー゙|  |  |  |  |  |  | |  |  |  | !| !| !| | | | | | | | | | f|  │| │
  | . │ . |  .|´`|´`|´`|´`|´`|´`| ,‐-、__/`ヽ-、| !| !| | | | | | | | | | f|  │| │
  | . │ . |  .|  |  |  |  |  |  |/. /ヽ、」 l    `、ヽ、!l | | | | | | | | | f|  │| │
  |二二二二二二二二二二二ニ/ !/// ̄| |, |   l  ヽ二二二二二|  │| │
  | ̄l ̄l ̄l ̄l┐,,、、、l_  -,_,- l !|l,-|、  lLLA、_ l |   l ,,,/77//7|`l|  │| │
  |  l  l  l  l | |ll|lllll| ヾ | |-| | N 、|_  jl !ハ  | ト l |/////// | |  │| │
  | ̄l ̄l ̄l ̄l .| |ll|lllll| l | |-| l∧',l「b>  イ,ハフ Nヾ ノ/////// | |  │| │
  |  l  l  l  l .|. |ll|lllll| l.l | .| l| l | ´ ,   ``l 「r')/'///////|`,l| |  │| │
  |_l_l_l_l__|. |ll|lllll|_..l| |_.|_  l ゝ、 .   ∧ト' \//////__|ュ||_..|  │| │
  |──────────__─ー.|Vl| >ェ'´┼|フ  〉─────.|  │| │
  |‐l|`YY'l     ┌r.t-l`''|||┐|´|| ,-/コ ,-‐- 'l└‐'´,,,,,,,rl┬┬、_,f┤ _│| │
  |l | l l ┴,ィ、ィ、 | | | |. |||::|.l |/〃-レ´    l | l||ll|lll|゙| | 、| |l l| .|  │| │
  |.l | l l l l l l  | | | |  |||::レ,,´''` y        } | l||ll|lll| | | 、| |l l| .|  │| │
  | l | l l l l l l. | | | |.┌世ァ/_ノ´    , ‐ ノ |.l||ll|lll| | | 、| |l l| .|  │| │
  |__l__|__l_l_l__l__l__l!__|_|_|_..r'7/  ´<: ̄: : :/ /|| |゙||ll|lll| | | 、| |l l| .|  │| │
               Y 、      ー、: : l ̄|| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|  │| │
二二二二二二二二二二. ヽ_>───‐ Y '二l| |二二二二二二二二.」 _二
____________lノ         /___|l |________ T _
                  コ≡≡ー、≡エ.   l| |           │| |
                  〉::.::.:/::.:l::.::.::.::l、   l| |             │| |


例えば、行政の習慣のなかに書類での手続きを非常に重視する、っちゅうのがある。
いわゆる「文章主義」というやつやが…ここで提出する書類は公文書として残る分、
法律にのっとった正確さや丁寧さが求められる。




             _,.-‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄`ー-、
            /    /`ヽ./`ヽ、  `ヽ、
             / /   / /ヽ:ヘ  ヘ  ::   ヘ
           j /  :: / :/:|`゛`´| λ i::  ∧
            | | λ:: || :| |   | | | .|:::   ハ
            {-,|:(_j:: ||-|‐|   } ,j‐|-j|:::   |、 |
           ヽ|   :: |:ヽ|__,    j/__j,/ |::   | |.|
            |∧   | zニ彡    ミニz ハ:   | リ
           /|jゝ∨ |     、      {:} | j
           \::::::::::ヽ|、         ,.ィ::|j/j/     けど、民間からすると一々書類を出さないかんし
           〈::::::::::;/_/>‐--ニ-‐r<:::::::||      書式を間違えとったら改めて提出せないかんかったりと、非常にめんどくさい。
           /´ ̄´  \_,,/7rァヘ,〉`ー||、_     そのせいで時間をくったりして
           / ::`ヽ,    /   |'  λ .リ,ハ     円滑な取り組みが妨げられてしまう事があるんや。
        /´   ::::/   /   |   ハ λ `ー、
       /`\、   :::{    〈__   |     }  }    ,〉
        〈   vヽ、_ ::∨   {___j;_,ノ´ /   ,/\
       \   \ `‐-〉      ,':::.    〈ー‐'/   /


207作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:21:17.08 ID:HuV7Umgo



         ,.> '´ : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
       ,. '´/: : : : : :/: : : |: : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     / ,/: : : : : : : /: : : ,.!: : : : : : : :l : : : : : : : : : : : : \ : : : : : ';
    /:,. '/: : : : : : : : /: : : / | : | : : : : : |、: : : : : : : : : : : ヽ: ヽ : : : : |
  /:/ / : : : : : /: : :l : : /  |: :l:!: : : : : | ヽ:__: : : : : : : : : :!: : ',: : : : |
  //  /: : : : : :/: : : :!:,. /-、 l: : !: : : : : l ''´\` 丶: : : : : :l: : ハ: : : l
 /'   /: : : /: : l: : : : |: :/    l: :!: : : : : |   \: : : : : : : |: : : l: : :|
.      !: : ,イ : : |: : : : |: l _    !:|、: : : : |     \: : : : : ト、: : l: : |
     |: :/ |: : : |: : : : :!:| ヽ! ̄`ヽl:! ヽ : : |. ´! ̄ ̄ l'7、: : :| ,!: : | : |
     | / |: : : ,!: : : /|' ヽ 'r'、__,| !  ヽ: :l  r'、__ノ | l:|ヽ: : |´ヽ: ! : |
      |/   !: :/ ヽ: : ! |: : '、ヽ___,!     ヽ: ! ヽ._,ノ |:|: ヽ: |-‐ヘ|: : |   あー、お役所って確かにそんなイメージですよね。
     __ヽ:|  ヽ: | |: : : !    '   ヽ!     ・|:|: : ヽ|: |: : : : :|   何でもかんでも書類書類っていう。
,. -‐ ' ´__ ` 丶、 ヽ! !: : : ヽ、,. -‐ '" ̄ ̄ ̄ `丶<!:!: : : :|: :l: : : : :|
‐ '"´    `ヽ、  \ |: : ,. ''´ ,. -‐ ''´ ̄ ̄ ` '' ‐- 、`ヽ: : ト 、! : : : |
          \_∨´ /             `'ヾ. |/> 、: |
、           ヽ  `ヾ                     |:l/ / ヾ、
ヽ           ヽ   ヽ              r--┴、/   ',
(`丶、          ヽ   ヽ              r--`=-  ヽ     !
.〉-`、´._           ヽ   ヽ            ( ' ー-    ヽ   ヽ
ヽ ---‐'、           ヽ   ヽ               `丶、    \   \



                ,.-‐、    |`ー-.、_
                 /'   \-‐'´|、 .、   ̄ ̄`ー-.、_
                   /     _\/::∨ ヽ、ヽ、:.     `ヽ、
              /     : |;ヘ: : : :∨  |、 ヽ:.     ∧
               /.,'     :: |'`゛``|´∨ |∨ :ハ::.   ヘ::ハ
                | :     i: |   |  ∨:| ∨  :| ::: :、:: ∧:|
                 | :   i |l: |\  |   | :|  V/|、:::.∧:: ∧
                  | i   |: :|| |   ヽ.|  | |、/l  |∨:::.∧::、:.∧
             | |   |: :||/___、 |  |/  ∨ | ∨::: ∧リ\ヘ
             | |   |: マ弐テォ、      ,_∨l,, ∨::: ∧   `  まあ、そういう書類云々のイメージは間違いではない
              | |i   |i::|、 V:ィ:;|     ミ三彡"ハ\:: : |    こういうのに限らず、官僚制の持つ逆作用の一つとして度々指摘されとる。
               | ||   |l:∧ ゛-‐            |:|_ノ\:|
                | |:|   |ト、ゝ      `      ゛゛/|:|    `    こういう行き過ぎた文章主義のことを難しい言葉で
                | | ∨   ||:::|`ヽ、  ー-‐(   / |:|        「繁文縟礼(はんぶんじょくれい)」というんや
               | | ∨  ||::|   ,>:::r -::r::<、  |:|
             |:|  ∨ ||::| /_r:‐┴v┴‐ュ_::\__|:|       高校の範囲超えとるけど、ついでやから覚えとき。
             |:|   \||::|‐'´ゝ::─‐r‐r──‐:;'´ |:|‐-、
             |'   /´  |:|   `ヽ. |o:|   ..ノ´:  レ ,ハ
                |ヽ  .|:|      |o:|'"      /:: |
                | `Y |'      ~        ハ::: |





208作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:23:01.62 ID:HuV7Umgo

                  ,、  ,ィ'´ヽ‐-.、_
               ,..-‐/ ∀〃  \  `ー-、
            ,ィ'´,. / ,;ヘ:,ィ'::\ i 、     `ヽ、
             / /  | /'゛``|"´| |、 ハ   、  ヘ、
          / /   i|-|-‐、 |  |.| ,|-‐|-::  ヘ.  ハ\
           | j:.:  :|:| |     |  || ∨:|、::.  ハ  ト、 ヘ、
           | |: :  |_|/___、  |  |',___∨_|:::   |  | `゛`
             j._,|i: : マ弐テォ゛ |   'ィチ弐ア:::   |、. |
          {: ::||: : |、 {:ィ::;|   !   {:ィ::;リ,,'ハ:::   | | |
          ∨:リ: : l ゛-‐'     `‐-" {::|∨ | j/ 
           ( |: : :,:'|、      '       ;:::| ∨リ   もっとも、今のははほんの一例にすぎん
             `|:.:/|:| .ヽ、    -     ,.ィ'.|:| j/    それ以外にも色々衝突する場面、というのは考えられるんやけど…
            |;/ ,||'´:::::;>‐r -r;‐<:::::`|:|、    
               /::|'r‐'/  {'´  `ヽ ∧ーリ:::\   その中でも、民間と行政の考え方の違いが最も先鋭化するのが「版権の扱い」や。
              ヽ:/'´ /  λ‐-  ,-}  ヘ  ハ::/
              /   /    ハ    ,|  ハ  ∧
           _,/  ´ ̄ ̄ヽ }\,/| '" ̄` .ハ
          ノ ノ   /::.   〈  :i  |   ',:::   }
          / / ̄゛ヽ./:::    | ..:...::ノ    ノ:::.  |




209作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:25:33.04 ID:HuV7Umgo


                                       ____
   作者の地元、ということで                  /      \
   作者の作品を使った地域振興を考えております    / ヽ、   _ノ \
                                  /   (●)  (●)   \
   ファンや地域のためなのです             |      __´ _      |
   ぜひ、イラストを使わせてください!         \       ̄      /ヽ
                                  /    行政       \
                                  (  ヽγ⌒)        ヘ   \
                               ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                        
                                        
       /: :.::.:: : .:/イ´: :/´.. -― ̄`:.=ミ:_..
      /:.: .::.::.::..:/: :.: : / ノ: : : : : : : : : `: .、‐ `ヽ、
     i: .::.::.::.::.:/ .: .::.: :/ .イ:: :. : : : : : : :>.、  \-‐ヘ.
      |.::.::.::.::.:/:: :l.::.: : |/::.::.::..:..: : ヽ:イ_ . :\´: ヽ:.ヽ:ヽ  ←版元
      !::!::.!::.::ハ::.|::.|: :.|::.::|::.:斗-‐´: : ::.::.::.. : : :ヽ::斗: :.l: :!
    j::.|::.}::.::|::.:斗v:: :.!::.イ::.::.ト、::.:ト、: :ヽ:_::.::.:../ト :l:: : ト:|
   ノ‐ |:/::.:/ イ|:. |::.::ハ::.::.l \:、\: \7'ァミl::.|:: :l }}
       l::l::.:ヽム/ |::.::.::.::.::.ト:斗---`孑` ーイォ::小::./l/′
       |::{::.::.::V77!::.::.::l:: ´l `,≧zzミ     |ュリ }:./::.|     そうは言ってもねぇ…
      l:ハ:.}:.l/:.| |::.::.::.:ト、:.V/ト-':...}     ´ イ::.: :|
       | `j小:.| ト::.::.:..:ヽ-ミ` Vユツ     ヽ  ハ::j:リ     作者の地元って言っても、この作品は都会が舞台なんだから、
      ヽ / |! リ_トヘ:l::.:...:.ヽ「 {       _,  .イ::.イ/      田舎の地域振興で使われたら作品のイメージを壊しかねないじゃない…
         _ノ.. ..:..|:ト、::.::.:、\` ー-、   ´ '/:.|:/フ:>、
      r‐<::`丶:..:ハト、_\::.:ヽ ̄`  }┬‐.:: : :〃::/: : /、    ウチとしてはあまりねぇ…
     /´ ̄` ミヽ:\ヽ:..:.「 >:}-- 、 ノ|:... : : l:::./: :./  ヽ
      !      \\:ヽ..:.Vーノ-- 、\7:..: : : :|::/: :/     !
.     |          ヽ:ヽ:〉ム二ニ、‐- 7|:..:. : :/::l: ://    |
     V     ー 、 V  /    ` ‐{ノ:..:..:./::/ //      |
      |      --- {         ヽ..:./::/ ///     |



例えば、既存のイラストを使用する場合、行政側は振興を目的とするから
「地域や訪れる人のために」ということでイラストやキャラクターを使おうとする。

一方で、版元はそういう「地域のため」という理由で無軌道な使い方をされることによって、
「作品のイメージが損なわれる」という事にものすごい危機感を抱くわけや。
せやから、無軌道な使われ方をされんように色々と制限とつけようとする。

この時点でもう双方の利害や考え方の違いが出るわけや。
これは、版権交渉の折にも少し説明したな

210作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:27:47.07 ID:HuV7Umgo

                                           ____
                                          /     \
  こちらが費用を負担して制作したイラストなのですから     /ノ   \  \
  もう少し使う範囲を広くしてもいいじゃないですか!      /(●) (●)  u \
                                      | u  __´__   U    |
                                      \_ `ー'´    _/
                     ィ ‐―- 、__        ⊂ ヽ∩ /        \
                ,-‐ァ´/  ∠-―‐-、‐ 、       '、_ \|         |
               〃 _,':  /-―――-\ ヽ         \ \  /  /
      〃   ̄ ̄\  入{≧ 7: /::../:/:   ,イ}ハ:\l
     |     ヾヽーく<゙{:ナ./.::..,'::/厶!:. /l:: i:::}:!:バ―――― --  、
     |       !l   ¨ヽYl:::::::l:ハ{八X_ , l:;!ィリ:: } }´          ヽ
.     l       l   }=l:::::::l:{ ャtr-ュミ  jノtrァルリ!    ∠彡    /
     l       l ノ人fl:::::::l  `ー'   、`' {´イ::|  /      ./
      l       k≠^ヽ|:::::::l       _ ,  八i ::|'/       /
      l       ヘ\::ハ :::ハ.    '´‐,‐' イ::::l|::l       /
       ヽ       {ハ、::ヽ::::i> , 、.. _/:/:: / リ      ./
        ヽ       |ヘ:::jヽ::! fヘ ヽ::::/{::./      /
          丶       !| |lV j/|>‐<ヘ ヽ{ハ:{     /   何言ってんのよ…
          |~\    i | |l   |ニ二ニ! || !    /
          |  | ヽ  ./ | |l   |   l. || !  >'´       これはウチの作品で、ウチが書いたイラストなんだから
             ヽ_| ヘメ  | |l   |   l. || !/         あくまで権利はウチのものよ、当然じゃない
       _ ____l     l ll   |   / /イ
.     〃〃   l     \\ l{{T}// /
      | || o   |       \`jl 〃 /
      | ||     !        ヽ!V/  {



そういう事態を避けようと、地域のイメージにあった
既存キャラのイラストを書下ろしで作ってもらったとする。

行政側からすれば、そのキャラクター絵は「税金を使って作られたもの」やから、
地域資源として市民や観光振興のためにある程度自由に使いたい、と考える。

一方、版元は原資はどうあれ自分たちで作ったんやから、
権利は当然自分たちにある、と考える。

結局、これまた双方の考え方や利害が対立してしまうわけや。



211作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:29:26.71 ID:HuV7Umgo

              ,r:-::‐:::-:.、
               |:/" ̄`ヽ::}
           __,.:-┴::─ィ'ヽj/:‐:-.、       
         ,.ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ::.::.:.:.:`ヽ、    
        ,/:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::i:.:.:.:.:.::|:.:.:.ヽ、:::.:.\   
       ../:.:.:.:.:.:.,'.:.:.:.:::i::.:|;/|:.:.:.:|:.:|i:.:.:.:ヘ:::.:.::ヘ  
       .j.......:.:.:/:.:.:.::;-i‐- |:.:.:.:|:.:||‐-:.:ハ:::.:.:ハ  
       l: : : :.:/:.:.:.:.:.:/|:.:|. |:.:.::リj/| ∨:.:.:|::::∧:| 
       {:.:.:.::/:.:./::.:/__j;/_ |:.:/ __!__|:V:..}:.:}     まあ、地元からすれば「地元のため」に作品を使うわけですけど、
       ∨:〃::/:.:./オ≡≡ j;/ ≡≡|:.∨::/     版元にしたらあくまで「PRの一環」ですもんね。
       . ∨:.:/:.::/:|          ’|::.:|;/      そりゃ歩み寄りがない限り決着が着くはずありませんよ。
         |::/.:.:/::.:|、゛   ー'ー'   ィ|::.:|   
         /⌒Y⌒i^Yヽ:.:ヽハー::':´::: :.:∨⌒i⌒i^Yヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ーヘ.ノしし' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨゙ーヘ.ノしし' ̄ ̄ ̄ ̄


              ,、
        ,r‐‐-、_,.-} `ヽ-‐──‐--、__
          j   rヘ _,,j;;,ハ、  、       `ヽ、
        |    {'´  |  ∨ |  i  、.   ヘ
        |   |   |    ∨、.ー-|、 ヘ:::.   ヘ
          |    |_,,ノ      ||ヘ  |、  ヘ:::  }
          |i   i |____    || _ヽ._|_∨  ヾ:: |     そういう事、よくわかっとるやないか。
       ||   | i|ミ三Z゛   リ Z三彡|i\. |::: リ
        ||   ト、|i   i        i   i||'´,\|:;/      そういう理由から、取り組みを始めてみたはいいものの、
       ||   |::ゝ   ! ,-─v、 !   !||__,ノ'"__     イメージを崩すことを恐れる版元が使用の条件を厳しくしたせいで、
       リi  |::::|ヽ、! ゝ__,ノ_,.!.ィ´:||ユ-‐'´:::::::\__   訪れる人のニーズに応えることができない、と言うケースも実際に発生しとる。
      ,ィ'´ ̄ `ヽ|    ̄_ニィλ  ",ア;リ::ヾ:__;/-‐‐'´
       / `┌ヽ,〉、〉┐/" {、 ゝ=='"/j  ̄ `ヽ`ヽ、    デリケートな話しやから、何処の事例とは言わんけど…
     {   ヽ|i: u   i|ノ 、  ~`|゚|"   }  __  ヘ、 \
     j  {´|i::::::::::::::i|  ヾ   { {    j'´ "~ヘ. / ヘ  .ハ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::ノ〃´ |゚|"i|~ :|     〉  }   }〉
            ̄ ̄丁:{     | |  ::j     |::  {  /
                  |:::;〉   {゚{  .::ノ      j:::  | /
                |/.}   ,| |_,r/      }:::  |'
               |γ'´ ̄ ̄〃      ,,ノ::::  |
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




212作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:34:22.03 ID:HuV7Umgo


             _  |   \       `\
               / `く|∧         \}  ヽ
           _/   !ヘ仏. \ー、\     \ ハ
            /   | ト'"""\ \ヽ、\/    \j
          //,′  | |__, ヽ } ヽ'´\     \\      そもそも、版権交渉自体、民間同士でも長期化する傾向がある。
       〃  |    | |      V    ⊂⊃ 、  :|_, 〉、\     ただ、それやとアニメが話題になっとるうちにグッズを出せんのや。
           |    | 小 ⊂⊃////ハ  |\| Y   ̄    せやから、最近のアニメではグッズ化を前提とした「製作委員会」方式がとられとる。
           | ハ ∨レヘ ハ      ,--、U  | l ヾノ_
           ∨ハ.   | j ∪  /⌒′ ^  , | | ̄.:.:.:.:)     民間同士でもこの調子なのに、これがお互いの事情を知らん
                ',   l人 _______ , イ.:.:| |.:.:.:.:.:./      行政と民間ならどうなるかなんぞ、もう火を見るより明らか…
                ヽ  |ヽ∨.:.:.:.:.: |ヘ|__/ \V⌒`<      少なくとも、どちらかの歩み寄りや理解がない限り、まとめるのは難しいやろ。
                \|くV.:.:x─〈  }-ヘ  /   /`ヽ
                  ∨    ヽ∧ /V /⌒{  |\   以前も言ったが、こういうのはお互いのメリットを尊重してなんぼなわけやしな
                  |      {⌒}  (/`Y⌒ヽ∨ \ 
                  |  ∨ ̄  | | /      } ∨\\
                       /   ヽ|  | l(    _, イ  〉  \\







               /´\__
          _,,/`ヽー/    \  ̄`ー‐-.、__
         ,イ´/   ∨   ∧         `ヽ、
      /  /   ,ィ::ヘ ,イ::::V:: ヘ:::..\   `ヽ `ヽ、
     /   /    |::γ´`'"´"|ヘ、. }ヘ:: ヘ   ヘ、 \
      /    /    i |'´ /`   | } | ∨::. ヘ.  ∧_ \
    j    /    | j ,/      |. |.|   ∨::: i::   ヘ`ヽ、\
    |   j  ,   |:. |         | || __∨: ,ハ:::  ::. ハ  \. {
     {   |  |  :;|: .| ___   || ┳━|:;/┥:: | :: |    `|
    ∨ j  ,|  ::|:| ;┳━━ゝ   |j ┃  ´  | ::: | :: |     まあ、他にも色々な例を上げることができるが、キリがないからこの辺にしとこか。
     ∨ ,| ./|  ::|:| |┃       '  、   ,'.ハ::: ト、: |
     ∨|/ :|  ::|:|人    ,'       `ー‐' ハ.}:: / \|    ともかく、行政と版元の考え方や習慣の違いが、
      〈:( .r|  ::ト、  `ー-‐'              { j;人       円滑で迅速な取り組みを妨げたり、双方にすれ違いを
      `ゝ-,ヘ  :|. \、                 ノ   ヾ、、    起こしてしまう可能性がある、と言うことや。
       /::::::|  |ヽ、ヾ、、  `ー--    ,..イ       }}
        /:::::::;;|  |;;;;;`>}}‐-、-.-r-τ'´;;;::::::\      リ    もちろん、民間同士でもこういう事は起こりうるが、
        〈::::::::::;;ヽ、|;;;;;/  ||`ヽ、 {、::〉ヽ;;;;;;::::::::/          普段交わりがなく、風土や慣習の面で大きな違いのある行政を相手にした場合
       \::::::;;;;;;;;;;;;ノ\ リ  ,ヘ\./ ヘ_〉 ̄ メ、_         特に顕著に起こりうるわけやな。
        \:::;;;/   \,,/ヽム-‐'::::/     `ヽ
                                     


213作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:36:15.00 ID:HuV7Umgo

                 __
              /\': ̄::/`\ ̄ `ー--、_
              /   . ヽ: /   \     `ヽ、
          /   /: /ヘ: ;ィ::| :i  ヽ.       ∧
            /    /: /|゛`´""| :|、 、     、: ハ
        /   ,': / |    | :|∨  ヽ:i  |  |:: |
        | :,'  |:: |\|    | :| \/:|  |  |:::...|
        | |   |l: |  |ヽ   | :| ヽ'´\|  |:  |::::リ
         | |   |ヽ|===ォ、  ヽ|zァ==ャ.|  |: :i|:;/
          |/|  |:|、弋z:リ     弋z:リ ,| ,|: :||'   で、最後の「責任の所在」についてやが、これは簡単に済まそう
         ∨ :|:|| ‐-‐      ‐-‐ |/r|: /|j   
            \|:||、         ゛゛ ,||‐'|/     行政に限らず官僚制の組織は「縄張り主義」と呼ばれる逆作用がある。
            || ヽ、   Δ    /'||       そのため、なにかあったときに何処の責任となるかで揉め事が起きることが度々ある
            |j  ,>‐-r -r‐<__ リ
              〈::,-‐r'l  l ァ‐-、::\       せやから、新しいことをするときには、なにか起こったときに
            ,.-‐'´  |\_,//  `ー'-、      対応できるよう、事例ごとに予め責任の範囲を決めておくんや
           /´    ヽ/:::∨       \
          /ヽ、 :,    〉-〈     i:,'  ∧
        /   :::/    |::::::|     |::  ,.'  \




214作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:38:52.76 ID:HuV7Umgo


   |              ,.ィ'´`ヽ-ー-,ィ'ヽ-、__
   |             /     ,ヘ / ,ヘ ゛`   ̄`ー-、
   |               /     /ヽ、,,.イ ,;::} i        `ヽ、
   |             /    /`´"`"|´ | |ヽ、、 .      ヘ
   |              /     /      |  | |  | :i i       ハ
   |          /.      |\.    |  | |  |/ .ト、   :.   }
   |         j.i:      |   \  |  | j/| :| | ∨   i::.  |
   |          | |    i|_____` |  | j __ヽ|__|_. |   |:::  |
   |           | |   i i|テ弐:オ  |  j/ チテ|:::|:;ア|   i.|::: リ
   |           レ|  j:| ,||、ヒ::z:ソ  !     ヒz|::j:ノ |  ,|リ:::../
   |             {   |::|/リ            |/  /:| /j:i::;/    例えば、「イベント会場に向かう最中声優を載せた
   |            ∨ |::|:j               /:/:|/,ノ:|::{     公用車が事故を起こし、声優が怪我した」というとき
   |           ヽ、{::|:|:ヽ、  _,.-‐'" ̄`v、,ィ'´ ̄`ヽ::: |    それぞれの部署がどうするか、ということまで予め定めておく
   |            |j::||:::::::`>´‐- __ -‐:"〈 クュ._    }:: |    
   |            |'::||::::::;r}"i ̄~|:i ̄| ̄:i~`V_クj.  {:: |
   |           ,.ィ'"~リ~´ ヽ、j  j!|i !j |li j!i:|:__;;::|   |:: |    これによっていざという時無用なトラブルがおきんようにするんや
   |          ,ノ'"       ~ ̄`─--─'"~ .:::|.   |:: |   
   |   〃    /  ::i /       ,       {~j丁TT丁~}
   |       ノ´   :::|./       ;'"       j  | ! i | i |





                 ,ィ'`ヽ、     /´`\____
               /: : : : :`ヽ-‐‐/: : : : : :\: : ゛ ̄`‐-.、_
               /: .: : : : : : : ::\/: : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
             /: : : : : : /:. : :/ヽ、:::/´ヽヽ、: : :ヽ、: : : `ヽ:: : ::ヘ
                /: : : : : : ::|: : i::|゛u`´゛´"´´|、 |: : : : :.|: : : : : : :\::。ヘ
             |       | .::| |:u       | ::|ヽu、 |: : : : : : : ヘ :::ハ
               |  u i   | :::| |⌒~'  ヽ| ::|~|-‐、|      |: ::ハ :::|
           |    |   | ::/| |         | :|   |  j、     |::  ::|:::|
           |   |   | / |/___     | .j _| / ∨    |::... .:|::,j
            |    | u::ハ:|ャ=zzzォ、   |/,ォzz|/zヤV  u |ヽ:::::|;/
           |  /| ::( ハ ', 弋:z;リ     弋:z:;クノ ∨:u  |´ヽ:::|
               | / | ::::::|λ  ー-‐'      `‐- "  |∨:   |_ソヽ|   ただ、そうすると今度は「何処が責任をもつか」でこれまた揉める。
            |/  |u :::::| :j u    '        " ,| i∨  j      これが決まらんうちは、取り組みをすることはでけんわけやから
                 | :::::| |ヽ、   r-‐─v、   ,.ィ´| |:|  /⌒ヽ、  これもまた、取り組みが迅速に行えなくなる要因の一つというわけや
               ヽ、/| |  `>‐、二__二 -‐ "V'"´:|.| | ,/   oハ
                  | |  i´u    ヽ,.:.:.:..:/    |.| |/    :::}
                   ヽ|  |u    `ヽ  ノ´      ||     u ::|
                     | ノ            ! ::u     :::j




215作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:40:12.82 ID:HuV7Umgo


                ---
          _.  ' ´        ` 、
         / /            \
       / //             ` ー-
.      //ィ'   ./ __ _,./  | |
      ,ィ' /   / ´,  ' ^ ′   ,| |
     '´ l′  _/ .__/    /    7ト/.
.      / . ィ'/  「'7女ァr /   / !'| lヽ |
     //,r1' ,.イ ム.  / / / ぇ、リ |  |
.     ´ l.{ |/ | [_/  //   ' ヾ:、  |
       | ヽ|   |     '    ん /|  / |
       | |   |         ヽ、/,r´|/  ,ハ
       | |   |\   ´’      /  ,  , ' l/
       | |   | j` ー--‐ャ  ´ / |/    なるほど…こうしてみると、行政とオタク関連のモノって
      '. ハ.   |/   / /  , <   !      ほんと食い合せ悪いですよね。なんでここまで違いが出るんですか?
 ⊂,. ̄`ヽ∨ ∨ | ̄`/   / , /,r⌒.ー、
 /     ゙l   V' |  /   //'´ i´   `ヾ
 }',. , /  |   ヽl. /  /'    !     )




   |              ,.ィ'´`ヽ-ー-,ィ'ヽ-、__
   |             /     ,ヘ / ,ヘ ゛`   ̄`ー-、
   |               /     /ヽ、,,.イ ,;::} i        `ヽ、
   |             /    /`´"`"|´ | |ヽ、、 .      ヘ
   |              /     /      |  | |  | :i i       ハ
   |          /.      |\.    |  | |  |/ .ト、   :.   }
   |         j.i:      |   \  |  | j/| :| | ∨   i::.  |
   |          | |    i|_____` |  | j __ヽ|__|_. |   |:::  |
   |           | |   i i|テ弐:オ  |  j/ チテ|:::|:;ア|   i.|::: リ
   |           レ|  j:| ,||、ヒ::z:ソ  !     ヒz|::j:ノ |  ,|リ:::../
   |             {   |::|/リ            |/  /:| /j:i::;/
   |            ∨ |::|:j               /:/:|/,ノ:|::{
   |           ヽ、{::|:|:ヽ、  _,.-‐'" ̄`v、,ィ'´ ̄`ヽ::: |   そうやな…これはあくまで>>1の考えやけど、
   |            |j::||:::::::`>´‐- __ -‐:"〈 クュ._    }:: |   官僚制という組織形態とオタク産業の持つ特性の差やと思う。
   |            |'::||::::::;r}"i ̄~|:i ̄| ̄:i~`V_クj.  {:: |
   |           ,.ィ'"~リ~´ ヽ、j  j!|i !j |li j!i:|:__;;::|   |:: |
   |          ,ノ'"       ~ ̄`─--─'"~ .:::|.   |:: |
   |   〃    /  ::i /       ,       {~j丁TT丁~}
   |       ノ´   :::|./       ;'"       j  | ! i | i |



216作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:43:40.06 ID:HuV7Umgo

                      ,、
             /\,. --/ \ _
         ,  ´′ ヽ ′     ` 、
        /   i  ,、 /´丶 、      \
       /     l /''7´ ̄ ヽ ヽ   ヽ   \
     /   / l  ! i.  |    ヽ ト、 丶  、 ヽ
     i.  , i   | ,| 1⌒!       l l⌒ヽ i 、 ヽ 丶
     |  | |   | ハ |  {.       l !  ヽ ! ヽ ',.  ヽ
     l  l/!   ! ! -_-_、      !}, - _i,. |  } il\ !
     l / |   「Y「{__,ハ`     r_,フi ハ |   |  ヽ!
     ヽ{ |  ヽ`l !rーヘ!       トヘ.} ハ!    |      行政に代表されるような官僚制と言うのは、
      ヽハ. |  |、代'zrソ      込ク i  、  l      原則として仕事が予め決められ、そこに人が割り当てられる。
       `_} |  ! N        '     }  ハ ,!      せやから、その仕事をする人が変わっても、
    ,. ´: : ヽ!、l. ト、     _    ,. ヘ! /  !/       組織全体では従来と同じような職務が行える。
   / : : : : : : : ヽ! K_i`_ ー--r_-‐ ' ヽ lイ  ′
   ヽ; : : : :_:___/l. !    ヽ l ,`i   〉!l          つまり、官僚制と言うのは「同じことを長期にわたって
    {.: :/ ___`ヽ!   /、ヽl /、 l― '-l!、          安定して行う」にはこれ以上ない組織と言える。
    `{          ヽ/\>┴ 、N ̄ `  ヽ        ただ、その反面「急速な変化や極めて短期的に起こる現象」
     r′  、        ヽ..:..:..}        }        に対応することを極めて苦手とするんや。
   /       ヽ        `r‐{   、 ! `i
  /       }  ___ |..:..ヽ   V   \



               /´\__
          _,,/`ヽー/    \  ̄`ー‐-.、__
         ,イ´/   ∨   ∧         `ヽ、
      /  /   ,ィ::ヘ ,イ::::V:: ヘ:::..\   `ヽ `ヽ、
     /   /    |::γ´`'"´"|ヘ、. }ヘ:: ヘ   ヘ、 \
      /    /    i |'´ /`   | } | ∨::. ヘ.  ∧_ \
    j    /    | j ,/      |. |.|   ∨::: i::   ヘ`ヽ、\
    |   j  ,   |:. |         | || __∨: ,ハ:::  ::. ハ  \. {
     {   |  |  :;|: .| ___   || ┳━|:;/┥:: | :: |    `|
    ∨ j  ,|  ::|:| ;┳━━ゝ   |j ┃  ´  | ::: | :: |
     ∨ ,| ./|  ::|:| |┃       '  、   ,'.ハ::: ト、: |
     ∨|/ :|  ::|:|人    ,'       `ー‐' ハ.}:: / \|
      〈:( .r|  ::ト、  `ー-‐'              { j;人      一方、オタク産業というのは恐ろしく流行り廃りが激しい。
      `ゝ-,ヘ  :|. \、                 ノ   ヾ、、    ついこの前まで絶大な人気を誇っていたはずの作品が
       /::::::|  |ヽ、ヾ、、  `ー--    ,..イ       }}    数カ月で話題にのぼることがなくなる・・と言うんはよくある話しや。
        /:::::::;;|  |;;;;;`>}}‐-、-.-r-τ'´;;;::::::\      リ
        〈::::::::::;;ヽ、|;;;;;/  ||`ヽ、 {、::〉ヽ;;;;;;::::::::/         実際「アニメ最萌ランキング」で2008年にワンツーフィニッシュした柊姉妹が、
       \::::::;;;;;;;;;;;;ノ\ リ  ,ヘ\./ ヘ_〉 ̄ メ、_         2009年は両方共予選落ちしたことからも、それがうかがえる。
        \:::;;;/   \,,/ヽム-‐'::::/     `ヽ


(※ただ、「アニメ最萌トーナメント」は文字通りトーナメント方式のため組み合わせの影響を受ける
そのため、予選落ち=人気が全くない、というわけでない点に注意)


217作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:47:00.52 ID:HuV7Umgo

              __ /ヽ、-‐-/\_
             ,イ´  '´/  \:'     ̄`ヽ、
           //   j  /ヽ、 ,ヘ ヽ   ヘ::   `ヽ、
         / / /  | ,/|゛"´`´"|: |:::   ヘ:: ヘ_\
         / j   |  __|:|__|_,ノ〟  | |ノ⌒ヽ. |:::: \ ̄`
        j  :|   |  ,/|:| |     | |`ヽ、::: |:::::  ヘ
         |  :|  | /__|j__ |    j/___ ∨: |::::::  }
        | /|  |マfテオァ、     ィfチヤア∨ |:::::::::: |
          V :|   |/んr刋      んィ刈 ハ j:::::::::: j
          ヽ|  ::|.、込:炒      込z:;リ〈::j/:::/|::: /
          |/ヘ ::|        、     〉::::/ j:/   せやから、そういう顧客の嗜好の変化にすぐさま対応できるような
           ゝヽ|、     ,r-‐ァ    ,イ::::/  '"    迅速性や柔軟性が、オタク産業を担う組織には求められる。
         /::::::::|:|>.、   ゝ__,ノ  ,ィ´|::|:/
         \::::::::|:|::::::::,ィj` ‐-‐τ´:、:::::|::|'       実際、コンテンツを担う会社の多くは数十人以下の少人数制組織で、
           \:::|:|::::::::〉 `\__ 〉∧ 〉_|:|_       資力が弱い反面、嗜好の変化にすぐさま対応できるようになっとる事が多い
          ,イ´~|リ ̄\  /λノ j/ |リ `ヽ、
           /    '´ ̄ ̄\/ヽ、厶'´     / λ
           /   ヽ         {:::}   `ヽ.  ヘ、
        /   ::: ヽ        |::::|      ヽ::: \
         /    ::::  / " ̄ ̄ ̄゛|::::| " ̄ ̄゛ 〉:::  \
         /     :: /ヽ        |::::|      /::::::    〉




                        _/\_
                   /´` く/. : . ヽ: .> 、
                   /. : . : . : .,ヘ : . : . : . : . \
                  /    /^ヽム..∨ ヽ : ヽ. :\.ヽ
               / . : . :| {'⌒  ヽ ', : |. : .|: . : .ヽ ',  
               .′. i.: . :|ム-、   ' V:|'⌒|ヽ. : . ∨  
              |: |. : |. : イ:|     | | |、 :ト. : . : |ヘ
              |/|. : |. :i|ヘ{     | | | V:| V. : .ト.:',  
              l{ |. : |. :i| ヽ__    j/ィ三气 . : |ヘ ', 
                    |. : ト. iト.イ≠气  .  ´ .:.:.:.∨ |ノヽ}
               ∨ | V|ハ:.:.:.:.   r―v.  :.:.:.:.:ハ:.′
          fヘ    ,ィァV| ヘ{ ヘ、:.:  ヽ __ノ  /} j/    けど、そういう柔軟な対応は官僚制組織が最も苦手とするところや。
       .イ ) ,三 /)ノノ ヽ , } |.:.:≧ 、 .. __ . <.:.:.:| |:.\   そう考えると、両者の食い合せが悪いんは、至極当然のことと言える。
     彡 | } ヽ  /^) l/ .、 く.:ヘ:|.:.:./´{ノ  / ヽ_:}/.:.:.:.:〉
        ヘ ヽ、/ ′}/ / _.>|{ ´{ /^ヽ/ヽ  // >、/
.           ', / ヽ   / / {  ヽ |/ {⌒ヽ-へ/   /ヽ.
         { {   } / /  ',      }-、/       /    ',
         ノ    / /   ヽ     /  {       /    ',




218作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:48:11.18 ID:HuV7Umgo



            _          ,、     .ノソ
      -一=ニニ ,, ̄ ゙'一T ̄~! ヽー- '´'',,_
            ,, -‐ ゙´: : : : : : : :i!: : : : : : : : : : ::`゙:.、
        ,/: : : ;; : : : : : : i: : ::|: : : : : : : : : : : : : : 、ヽ
.       /: : _/     :i!::: /|: : : : : :i : : :     ヽ`,
.      /:,, ィ/    /: : : | : / .|: i: : : : |:ハ,: : : : . . .  ヘi!
      // ./ . : : : :/: : : ,,|-‐ト、.|: |: : : ::|!_⊥ _ : i: : : ::i: ハ
.    /  /: : :/: : :::i!: ://|: /  |::|i; : ::::|  ヽ`ヾ|: : : :i!: :|
         l: : ::i: : : ::l: : : ./ |/   !:| l! : : :|   Y: :|:::: : ::| : |
.        l: : /l: : ::::l: : :/  |     !| l.: ::::|    ヾ:}::: : : |};: |
       l: :/ |: : :::::l: : ! ___, i!  ヘ: ::|___i!;:: : ::l::i!::|
.        !/. l: : ::ハ:!: i!. ━━━    ヽ:|━━━ i!::::: l:::|ヘ!
         l.   !: ::{::!,X:|:i  ,,,,       .  ` .,,,,, ・i!::|::::l::::|
            ヘ:::|!:`ヘ| l               l::::|::i!:: |    う~ん…そこまで根本的な問題があるなら、役所は聖地巡礼での振興には
          ヾ||:::::|:::::゙'s、.,  ⊂ニニ⊃   ,..ィ゙:::::レ' : :|    関わらない方がいいんじゃないですか?
            | ::::|: : : .|::::≧=‐----‐=≦::::|::: : :|:::::::|
.   _y⌒ヽ-一ッ  |:::::::l: : : :i!´  {~     ~}  `|::: : :|:::::: |    いくら地域の振興だからって、そんなんなら
  ´      <´   .|::::::::}: : : :| . ヘー-一ノ  . l: : : i!、::::::|    役所を入れなくてもいいじゃないですか。
 (        }   l:::::::ハ: : : lヽ  ',   /    |: : : l /,:::: |
  ヽ   _,,ノ   l ::::/ ヘ: : ::l 、ヽ ヽ /   .ノ|: : ://:ハ :: |
   ゝ一''      |:::::!   ヽ: ::l ヘヽ V  /´l: : /'   ハ:: |



            _  ,─、
              / ヽ-,   ヽ、‐、_
           /,  , ,、 ,ヘ   、 、ヽ
         //  /├ Tヽ !  ! \ヽ
           // ,   LL__ |. Vl、_j_  ヽ|
        / l |   j !  ` !. 「lヽ j  l  l
          l./| |  l'|.!    !  !| ヽト  ト l      まあ、この話しを聞いたらそう思うやろな。
          |l |  l  |ヒ≡ミ   モ≡ミ,ヽ |ヽ|      これまで、そういうスタンスで話をしてきたわけやし…
           l  | | '     丶   '' '∧.│ l|
           ヽ├N、   ー‐'   ,ノヒl |       
             〉Lヾ,|ニ>, 、__ ィ1、┤┼、       ただ、だからといってすぐに「行政が関わるな」と言うのはいささか現実的やない。
         / l  Y  │  l  ∀ ̄.l l
           l  l /`_,┤  ト、  l  l  l      というのも、行政は地域において有数の
         l   l_ '-´フ  l  l ヽヽ' l   |     「資本と権威」を持っとる主体やからや。
        /   l | 〈   V  /  Y   l
          l   |.│   \ ヽ、〃   |l   |
       /    |人    \ヽ     ノ|   l




219作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:50:25.69 ID:HuV7Umgo


          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l      資本と権威…ねぇ
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l
  /: : /      l \ヾ、: l ヽ  l //l: :/
 /: : :l       l ハ ヾ、l、、l  l////l



               ,、   ,へ、
              / ヽ-/   \ ̄`゙丶、
            /   x ∧ヘ,       \
           /   l !;;∨斗, k  ヘ    ヽ ゙ ,
            /  ;  ∥    |ヘ:iヽ  k    ヘ. l
.           /  i ‐Tt-   | l | ヘ ̄iT-:.  li l
          j l .:|  ,ハ|.     | ∥ ヘ iヘ :::. l, ∥ |     まあ「資本と権威」何ていうといささか大仰やけど・・・
            l/| |::|  ! __ .  | | _,,i⊥k,;:::. | .ト,j
.          |! .!.l::l .,ヘ.ト' ̄i     ト' ̄i./::::..li |::{     行政は地域のために市民から税金を集めて運用されとる。
.           | .',.!::l |、.マ-ッ|     |ト=}j }:::::ハ,lシ      税金と言うのは取りっぱぐれがなく比較的安定しとるわけやから、
           ヾ:::} |ハ. ゞ''   ,    ゙ ''" .i'i;:::!ッ!|      行政は地域における最も磐石な資金を持つ主体と言える。
            '!::N|゙i、 '゙゙   r-、   ゙゙ リi;∧
              ヘ!∥ >. _    _ x≦|::´:.. \      これは有力な企業や団体がない地方で特に顕著や。
                 | ヽ;: : >ミT ´r‐''゙. |、:     >
              !  >//X!/人  |´ゝ、,,/     それに、地域振興のために数百万、数千万という多額の資金を提供したり、
              x ´ "  |'´::>‐'゙ ∨    `ヽ,,    イベントや取り組みを行うために市民ホールや運動公園等のスペースを
               /、      !;;;/          'l    すぐに提供できる程の資力を持っとる主体は、行政をおいて他にない。
               j ∨     /::::|      i       |
             j  /-一‐ /::::├‐一ー┤  /    .|
.   、ー- .,,_ . ,、_/. ,.!、~ ̄|.i:::::::::|_ -‐、. | /     .i
   ヘ;::::::::::::::::/ '^'^l .|,. -一゙'' ~´::::::::::::::ヽ、|./     |

220作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:52:59.44 ID:HuV7Umgo


               /´ヽ-‐-/`ヽ-‐──-.、__
             /  ,ィ´ヽ  ,.、        :.`ヽ、
               /  /  /:ヽ,/:;; ヽ、  、    \:: ヘ
            /  /  |'゛`|'"'|  |`ヽ、 `ヽ、:::. ヽ、:ハ
              / ,  /   |   |  | ,l-‐-\   ヘ:::.   ヘ::}
            j i  | :|-‐-  |  | l ,__ ∨  ハ:::.  |j  それに、いざ取り組みを始めるとしても、どこの馬の骨ともわからん人が
              | |  | ::|,/___、 |  | jオ弐マ7∨  |:\、: |'  いきなり地域の人に協力を求めたって、スムーズに話が進むとは考えにくい
          | ∧ | /マ弐z、  |,/、V::;リ,' | ト、  |: ,∧|
           |/ | :::∧、V::;j,      ̄´" | | ∨ l/_   でも、行政がその取り組みに関わるようになれば、行政の持つ人脈や権威を使って
               | i::::ハ" ̄ '   __   | |/ ∨::::::::::::}   地域の有力者に話しを通すとかして、円滑に事を進めることもできる。
             | ∧::::{.   ┌‐'´`´ }  ,.| |'‐'"::::::::::::/
             |/ {::::.ヽ、_ ∨_,∠,イュj/_:、::::::::;/    地方やと、地域の有力者の鶴の一声で方向性が決まることも度々あるそうやから
               |'´ヽ::|  ̄ 〉、  /  | `ー-、      そういう意味でもこの特性は非常に役立つ。
                 `  / |  /   |   \
                     /  | /    |    ハ


                           ,、
                    /´`ヽ,..-‐─| \ ̄ ̄`ー‐-.、_
                     /    _ \  /∨  、       `ヽ、
                 /     |ヘ::、 /;:::;∨ |  i       \
                 ノ     |  |゛`"´ ∨ |   ||     \::. ∧
                  |     |  |       ヽ|  | |      ヘ:::. ハ     そういう行政の持つメリットや得意分野なんかも考えると
_______          |    : |-‐|       | ,|‐|-i       ハ::: }     聖地巡礼に関わる取り組みに実効性を持たせ、
    |  |          | :i   | |  |       | / | :ト、   、:: |:: |     財源の裏付けを得るためにも、できるなら行政の協力を得た方が良い。
    |  |         | :|   |ヽ| __、      |/,__ |/| ∨   |::.|:: |
    |  |         ヽ|∨  |::ハ 弍ミ、      ィチ弐ミ| | ∨   ト、|: |     少なくとも、行政がオタク産業と食い合せが悪いからと言って
    |  |           ∨ |::::}           | |,r ∨ |:::: :i/     すぐ排除するのも、あまり賢い方法ではないと言える。
    |  |             |`ヽ|:::j       __      | |_,ノ::\|ノ::: |
    |  |            |i: : :::::ヽ、   {  ,)   ,.ィ'| |::::  /:: 人     行政からしたら地域の活性化に役立つわけやしな。
    |  |          | ̄ ̄ ̄ ̄|:>‐;rゝ‐"r '´::;ノ |/:::/:: /:::::∧    お互い様と言うことで協力した方がお互いにとってええと思う。
    |  |           (´|        | |'´j   /,/ :::: /::: /:::\::::::∧
    |  |         /´|        | |-、 / ./,'   / / `ヽ、:\:::∧
    |  |         {ヽ|        | | / ,/:/  / /ヽ::/´ \_::ヽ::::\
    |  |        _,>jt======r'  |/ ///| ,',/ .,r‐、─ヘ─.、 ̄\::::::::\
    |  |        |::::::::/  _,ノ   \./イ´ // :| ./  {:::::::ハ ハ  ゛   \:::::::\
    |  |       | ̄ ̄`ー/" ̄|:.   /o/ 〈/ ..::| {  /" ̄:;}  }       〉::::::::::\



221作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:55:25.18 ID:HuV7Umgo

                    }:/
               ! へ、_ x'/ ___
    __.x< ̄ ̄ |: : : : : : : : : : : : ∧: : \
.     ̄ > : : : : : : :| : : : : : : : : : : : { } \: :ヽ
     / : : : : : : : : ハ: : : : : : ∧: : : ゝノ : : ヽ.:ハ
.    /: : : : : : : :>'-|: : : : : :| ヽ⌒ヽ: : : : : ヽハ
   /: : : : : : : : : :/ ∨: : : : |   ヽ: : : : : :ヽ: :∨}
    : : : : : : : : : /  ∨: : : :|   ∨ 、: : : :V∨
    :,ィ: : : : : : : .',ニ辷ヘ:ト : ∧ 行云气ト.: : : :|: |
    !: :| : : : : 圦 r'ハ  ヽ | じ::::り !|:ヽ: : :|: ハ
    ! ∧: : : :∧ V:::り   ヽ! 辷以 |: : ヽ.:|ヽ:|
     |'  '.: : : |:∧ ゞ"          . ・┴、 ∧|\|    そりゃ、そうかもしれませんけど…
       ヽ : |、.:}     ーf ´ ヽ  `7_´ ヽ': :|     でも、それってこれまで言ってきたことと矛盾しません?
          |ヽト、: `>―.- 、=='ィ二r' _   } : !
          |: : : : フ ⌒ ヽ、: : ヽ. フ⊂ ,  /: : |
          l : : /       \: :∨   {   V}: :|
          |: :/       ∧: | ̄ ヽヘ  V: |
          |:/        } }:/     |  |: :|


                 __
              /\': ̄::/`\ ̄ `ー--、_
              /   . ヽ: /   \     `ヽ、
          /   /: /ヘ: ;ィ::| :i  ヽ.       ∧
            /    /: /|゛`´""| :|、 、     、: ハ
        /   ,': / |    | :|∨  ヽ:i  |  |:: |
        | :,'  |:: |\|    | :| \/:|  |  |:::...|
        | |   |l: |  |ヽ   | :| ヽ'´\|  |:  |::::リ
         | |   |ヽ|===ォ、  ヽ|zァ==ャ.|  |: :i|:;/  いーや、そんな事ないで
          |/|  |:|、弋z:リ     弋z:リ ,| ,|: :||'   
         ∨ :|:|| ‐-‐      ‐-‐ |/r|: /|j    確かに、色々と問題や食い合せの悪さはあるが
            \|:||、         ゛゛ ,||‐'|/     そういう食い合せの悪さを回避しつつ、
            || ヽ、   Δ    /'||       行政の持つメリットを生かす手段はある。
            |j  ,>‐-r -r‐<__ リ       では、それは具体的にはなんなのか?というのが次回のテーマや
              〈::,-‐r'l  l ァ‐-、::\       
            ,.-‐'´  |\_,//  `ー'-、      じゃあ、次回までの宿題としてみなさんに出してみよか。
           /´    ヽ/:::∨       \
          /ヽ、 :,    〉-〈     i:,'  ∧
        /   :::/    |::::::|     |::  ,.'  \



222作者 ◆JunreiB.Bc2010/01/31(日) 20:57:01.89 ID:HuV7Umgo

                                _
                               /   ̄二ニ=─-.、_
                                  _,/ :|             ̄ `ヽ、
                    | ̄ ̄`ー-、_,.-‐'´/ ;:|               \
                     |        ̄_ヾ 〃:|  i   |、 、.         ∧
                      |        |ヘ::: ./|  :|:  | ∨ ヽ.        ∧
                       | ,'       |'゛゛`| | : ::|:  | ∨__ :l           ハ
                        | /       |l  |/´ | | : ::|:  |  ∨ `lヽ、 \: : : : i:  |
                   |/       |:| |   | .| :.::|:  |  ∨ |、     \:: :|:  |
      _________/ ,':       | | :|   | ∨:|:  |   | |∨     ∧::|  |
      |  /: : : : : : : : : : : :/ ,':       |_ヽ|_、 |  ∨|  |  ,__|:/__∨    ∧:,': |
      |/: : : : : : : : : : : : :/ /    i  ||マ弐心、|  |:,'  |,ィチ弐マア∨   | ∧:/
      |: : : : : : : : : : : : : :/ /|     | ||i |_)c::::l`   |  /  |_)c:::::| |::∨   |\.∧
      |: : : : : : : : : : : : : :| .| |    /:| |:l、V::::::::|    | /  |:::::::../,'| ::∨  |: /\|
      |: : : : : : : : : : : : : :|/:::∨   |::| |:| ゛ -‐     |/   ‐- '" | /∨  |'__      「聖地巡礼などのコンテンツ産業と行政の持つ
      |: : : : : : : : : : : : : : : : ::∨   |:::ヽ|::|     '       "" / / ,∨ |:::::\    相性の悪さを回避しつつ、行政の持つメリットや利点を
      |: : : : : : : : : : : : : : : : : ::∨ |:∧:| :ll:.、    、_,ノ'    / /‐-':: :\|::::::::::|    活用する方法とは何か?」
      l'|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \|: : : | l::::ヽ、          ,.ィ/ /:::::::::::::::::::::::j ̄
.       ||: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| |: : ::::::>::.....r -‐ '"´_,/ /-‐'´|"| ̄ ̄|.、     皆さんもぜひ、考えてみて下さい
.       ||: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| |: : : ::::::::::::::::| :/ ̄ / /    〈:::|   ∧:\
.       || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ| ̄ ̄/´ ̄,/   ,/ /-‐-=ニ >、.   ∧:::ヽ、 そんなら、今日の講義はここまで
        l|_____/⌒>_______ /ヽ.,.イ   /,' /     `ヽ. ∧   ∧::::::|  お疲れさんでした!
      |: : : : . . . . / /        _,.-‐'´/:::::ヽ|__/  |/        〈、 ∧   ∧::::|
.        |     '´ /       ,イ ̄    /:_::;/            ヽ  ハ   ∧:::|
.       |      /       / :i    /:::::/    ヽ.         /`ヽ |    ∧:|



                                                       続く

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する