FC2ブログ

やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫は鎌倉幕府を成立させるようです 【鎌倉こぼれ話3】

339◆OSXMqpvhvA2010/05/18(火) 01:42:04 ID:CxD7gctk





                     【鎌倉こぼれ話:あの人は実は】





.

340◆OSXMqpvhvA2010/05/18(火) 01:42:39 ID:CxD7gctk
                 / ̄\
                 | 成  |
                 \_/
                )\    |    /(
             (O V  ̄  ̄ V  O)     ┌───────────────────────┐
               >  ―   ―  <       皆さんはこの人を覚えていらっしゃるだろうか。
              /   <●>  <●>  \    └───────────────────────┘
               |      (__人__)     |
         <⌒\     `⌒´    ,/
          ^^ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄( ⌒
           /           \^
        __/  /          \  \_
     (( 〈__/ノ         ノ.\__ ノ ))  ┌───────────────────────┐
            /   /⌒\ /             そう、里見義成さんである。
           |        \             └───────────────────────┘
           \___ノ\  l
     ε≡Ξ   ノ  ノ   ) ノ
               レ´ ^    レ´

341◆OSXMqpvhvA2010/05/18(火) 01:43:14 ID:CxD7gctk


                   / ̄\
                   | 成  |
                   \_/
                )\    |    /(     ┌───────────────────────┐
               (O V  ̄  ̄ V  O)     第2部に入って一向に消息不明な彼であったが。
                >   ノ   ⌒ <     └───────────────────────┘
               /   .<●>  <●> \
               |     (__人__)    |     ┌───────────────────────┐
            <⌒\    ` ⌒´   /⌒      最近の作者調べで消息が判明した。何と――、
              ^^/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \^     └───────────────────────┘

.

342◆OSXMqpvhvA2010/05/18(火) 01:43:57 ID:CxD7gctk







          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               ――元久元年(1204年)より数年間、伊賀守だったらしい――
          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                           / ̄\
                           | 成  |
                           \_/
                        )\    |    /(
                       (O V  ̄  ̄ V  O)
                  ∩     >   ::\:::/::   < .   ∩
                  l ヽ∩ /  .<●>::::::<●>  \ ∩ノ j
                  ヽ ノ |    (__人__)     | ヽ ノ
                   | ヽ \    ` ⌒´    / / j
                      \  ̄ ───────  ̄  /
                        \              /

344◆OSXMqpvhvA2010/05/18(火) 01:47:54 ID:CxD7gctk
                    ____
        、       ´   `´ ̄ ‐-`丶、
         ((≧ーァ´ /         `丶、
         >'  /            `丶、丶.
          / // / ー=≠ァァ´ {、  、  ヽ ヽ、__ノ
        レ/ レ' / /   / / /  ハヽ  ト、  \ァく´
         〈 リ / /  /__ ノ {// //{ {\V  l  i トヽ ヽ、
          ヽ{〈丁77iTく  //V斗ヘ.ムイ}   }  l l   ⌒´
            _ノ ヽ〈 {{ ! ヽX{ ーァfァァトノメ、 / //{
         `≧ィ′  トト\__{ ` {:{fッ' i{乂イ イ´ _ノ
           { // /{⌒i    `~`   ハト、(_
           ,、Vハ(メ、 {、       { ´
         /  丶、i     \  --‐ァ '´
         /ヽ/   `}}ー―r‐{ト、_  ´
        /ヽ/ /ヽ、 」j   / /ハー --  、
        /    ′ / /`¨¨~7ハ       ヽ
        . ´      `77¨¨7¨{廴 ` ー- 、   ト、
     /        //  く  `丁 i{゙~`ヽ Vノ \
    /_____     //   〈    仁i{   }}  メ、  丶、
   {, -‐‐‐‐-- 、⌒´イ    }   仁i{   lレ'  \  ノ ノヽ、

 元久元年(1204年)と言えば、平賀朝雅が三日平氏の乱の結果、伊賀国の知行国主になっており、
 彼の推挙を受けた可能性は非常に高いのである。なのであるが――、

345◆OSXMqpvhvA2010/05/18(火) 01:49:43 ID:CxD7gctk

                                / ̄\
                                  | 成  |
                                \_/
                                  | __   /(
                              )\ ┴´   ` V  O)
                                 (O/::::::::::|::::::     <
                              /:::\::::::::<● >   `ヽ
                         ((   / <●>::::::::::⌒      )
                             |  ⌒(_人__)       ノ | |
                             ヽ    )vvノ:      / ノノ
                               ヽ (__ン       人⌒>
                              人           \^


                  /: : : : : :      \  、\
                 -=彡:    , {:   .       ヽ  \丶
                /:/:  . ノ !l、\ : .     、_,ヽi
                  lイ: : . / ノ'、丶ニ=‐ .  ヽ‐ ´ `.ニ=‐
     ,   ̄ 丶、       l: /_ イ/l'!ハ: l: .ヽ: ! !: .  !:l   ヽヽ
   /ニニ. 、    > ._  -≠: :l : l|:l r|=l∧ : },| | ト、: | l l: .  lヽi
.   /   彡'  /l   ヽニ.lム: :l | llリ 、 (;)ヘ l//ソ:l|/=l: l//:l ゝ ',
  ∧, ,. ´  . イ  l    | |   トトトl`  三´彡'ノノt;¬!//: :l  ハ`\
. ハ/. -‐  ィ  |    | |   |ヽヽ〉      ̄「{ ミ、彡': :/:l l/
 {、/ 三三イ: ¬ l   | |   |レ 〉ス ,. 、_ ノ  ムルl/:/lム
 三三 / / : /人  //   |/ヘ.ヽ`__一'_ 、< ′ ̄ ´  ヽ
 ___l: :/: :└  _ //   / 〉 /`>ヽ< /       __   ハ
   , / /: : : : : ``''‐-、/ /_//:::::l レ/,. ニニニニ ¬ | {ム
    l/ /: : : : : : : : : ∧i´::::::::::f <//:::::::::::::::::::::::::| l  ヽ}
  r/ /: :/ ̄: : : : l: / l::::::::::::::\/::::::::::::::/:::::::::::ゝ\_ム
  l' /: :/: : : : : : : ̄ l  、:::::::::::::::::::::::::::::::∠ニニニ二::`ー、__}_
  | /: : l: : : : : : : : :l  ゝ二.\__/ ̄\――――---:L._
  └―‐ |: : : : : : : : |::...   , 7ーァ'´     丶、::::::::;;;:::::::::::::::::\
      |: : : : : : : : |   ,r彡' /         `ヽ、:::::::::::::::::::::::::`丶、

 畠山重忠の乱、牧氏事件で朝雅が没するのは翌年のこと。
 彼が知行国主であった伊賀に入れなかった理由は、案外彼の策謀かも知れない。

346◆OSXMqpvhvA2010/05/18(火) 01:51:14 ID:CxD7gctk


                           / ̄\
                               |  成 |
                          \___/
                          ノ ̄`ヽ、
                        / ´`ヽ _ \
                       ヽ--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄
                       }  ...|  /!
                       }`ー‐し'ゝL
                       :ヘr--‐‐'´}    ;ー----
                       ヾ--‐'ーr‐'"-´
                            人
                       )\ / (\  /(
                       (O V ノ     V  O)
                            >      :::<●> <
                      /  <●>:::::: u   \
                      | /// (__人__) /// |
                   <⌒ \    ` ⌒´    /⌒>
                    ^^ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \^

 ただ、連座して失脚した方が面白い気もする。
 なお、吾妻鏡に里見義成についての記録は皆無である。
 間違いなく吾妻鏡編者は知っていたハズなのだが……。

404◆OSXMqpvhvA2010/05/22(土) 20:01:49 ID:za08kyPE






                     【鎌倉こぼれ話:いやちゃんとした学説っすよ】





.

406◆OSXMqpvhvA2010/05/22(土) 20:02:40 ID:za08kyPE
┌───────────────────────┐
  頼朝が後白河法皇と尻合いと言う話はしたと思う。
└───────────────────────┘
                             ,'/  ,.ヘ
                         /' /   ヽ_
                      _,ノー'"       ∨ ` >__、
                    ,.  '"      、      ゙、  ` 、
               , '"              ヽ    、\   ヽ
              , ´            丶  !、     ! 丶、  \
            , '       l  i      ∨ l ヽ .   !  ヽ`丶、 ヽ
           /           !  l   l   ∧. |   、  ト、  ヽ   ヽ、
            ,'           l  |   l , ' l. Ⅵ   :, !ヘ\ ヽ
            .i            | . |   |'   ! v ヽ i. ト .ヘ \ヽ
          |.           |  , |    |  ,'  , ,,,冬 、トL.ヽ  ヽ!
             !    i  |  l ∧. |    ! ; く"らン"   |
             ∨ .   |.  !  ,' / .l.、 |   |! ,'∧ `,,,,       ! (⌒⌒)
             ∨.  |  |. ,'/  |. 、.|  |レ ヘ 丶      ゚ ,  .\/
           ∨.  | l|. ;/   | ヘ.  |、  \丶    ノ
             ∨ |. |l '     !ゝ ∨.| \   ` .\,. ヘ  _,.<>、
               ∨.|,'|!       i  ∨ ̄l゙\   `.` 、∨ イ '  `ヽ
                `/ !.       |       | レ´` 、     `' 、     }
                 / |      !       !|   "´>   、   ` 、 /
              /   !      |       i! ,'/ , "     \    ヽ
               , '   .|.      |       ! ,';; !       、丶、    ヽ
                    ┌───────────────────────┐
                      これ、中世研究の大家、
                      五味文彦氏のきちんとした学説である。
                    └───────────────────────┘

407◆OSXMqpvhvA2010/05/22(土) 20:03:42 ID:za08kyPE


                           ,,.. -─‐‐:: ‐─- .、
                         ,. ::' ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    ,.:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i,
                     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                   /:::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                  ,':/;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                  |!/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                   |::::;/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;!
                    |:::/!::::::::::::r 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                   l::| !:::|i::::::::ヽ,ー;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                    !|  !:|'l::::::;、!'|'l'\:::::::::::::::::::::ヽ:;:ヽ;:::::::::::|i:;'
                      l:| l::::|ヾ ヽ  \::ヽ:::::::::::::トヘ::iヽ:::::::!':!、
                      ヾ l:|   ヽ、 `>;::、ヾ:;:、:!, `'| ヾ;::|  ヽ
                         `    `ヽ{  `  ,.゙ゞ!==-‐゙‐'''ヾ;ー- 、
                               | ,.-‐"'i´        ` ヽ 、 ` ヽ 、 _
                             ,. ‐'´ ,.-'"             `ヽ、   `
                          ,. ‐'"   /

 ┏━━━───────────────────────────────────────━━━━┓

  神護寺似絵が根拠と以前言ったと思うが、正確には、
  「神護寺略記」と言う古記録の記述が根拠である。
  神護寺三像が頼朝かどうかの真贋は全く関係がないのでその辺りご注意を。

 ┗━━━───────────────────────────────────────━━━━┛

409◆OSXMqpvhvA2010/05/22(土) 20:04:43 ID:za08kyPE
                    _, -‐''"`: : : : : :j: : : : : : : : : : : : : : : :`: <
                 ,. ‐'"   ,.-''"    j: : : : : :.:i: : : : : : : : : : ヽ: : :`: 、
             ,.-'゙;.: -― ァ': : : : . . . .   !    ::{: : :::. : : : : : : : :`、: : : `:、
           ,.=' '"´   /: : :,: : : : :/: : .::|: : : . . ...jV. . i:::. : : : : : : :. V:   ヽ
           '′     ,:': : .:::/: : : ::/: : ,;::/!:.i: : : :.:::l V:_:j_、::. : : : : : : : : V. . : : :i,
               ./: : .:::/: : :.::::j: :/゙:/ヽ|: !: : : :::j ゙V: iヾ`:、: : : : : : :!: :V: : : :.i,
                .,': :.:::;:イ: : .:::::::!: : :/  l:j !: : .:::|  V:.! ヾ::::. : : : : : i::. :V: : : :i
               ': ::; ' .i: : :.:::::::j: : /    !| ∨: ::|    Vi `、::::. : : : : !::. :.i: : : :.!
               !: /   !: : ::::::::::!: ;′   ゙| V: :|     ヾ   ∨::. : : : |::::. :i: : : j
              j:/   j: : ::::i:::::::!:{ --―‐  `、|  ニ二二ミ ∨:. : : ji:j!::. i: : :l
              {'     !: : ::::l::::::!{:l 三三     ヾ  三三三ミ λ:::. : !:!|:.V:i: :,!
                 !: :::::};:::|::::!      '            ・ /::ヘ::. :|-、l|:Vi:.j
                  i: : ::| V|::/                   /::::::ヘ/゙i |:|: Vj
                    V: :! ヾ:゙:.、    ー'ー‐'′       /:::::::::/ ./ノ:.|:,:-、
                   V:!   `:::::`:.,、            /::::: : / /:::::/ ,ノ
                    `:|  |: :::::::::|::l:`i::..、    _,,.. ィ'::::: : :/ /::/ ,ィi
                        l: : ::::::|:ハ:::i::/ ̄「   ,./:: : : :/  `゛__,∠:|i
                           !: : :::::|l >'゙  /-'} //: : :r''゙⌒ヽr'´ ,__)|
                         l: : : ::レ"   /  / /: : : { -`ーく_/  }:|

 ┏━━━───────────────────────────────────────━━━━┓

  神護寺略記の記述によると、
   「一、仙洞院 奉安置 後白河法皇御影一舗
      又内大臣重盛卿 右大将頼朝卿 参議右兵衞督光能卿 左衛門佐業房朝臣影等在之
      右京権大夫隆信朝臣一筆奉図之者也」

  後白河院の似絵を取り巻く形で安置されていたらしい。
  この時期「随身庭騎絵巻」や、「稚児絵巻」のように、似絵は男色関連で書かれることが多いらしい。

 ┗━━━───────────────────────────────────────━━━━┛

410◆OSXMqpvhvA2010/05/22(土) 20:05:09 ID:za08kyPE
  ,彡ニ三三三三三三三ニ=ヾ;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:i'
  ,彡ニ三三三三ニ三三ニニ;〃ヾ、;:;:;:;:;:;::;:;::;:::;:/;:;:/
 ,彡彡,'',ニ=ミミミ三三三三ニニ彡  `゙゙''ー-、;:;/;;:;/
 ',彡'/ r' ノヽヾミ三三三三三彡'   _,,,,,,、ヽ;:;ィ''|
  彡'|.|(‐'''" 'iミニニ三彡"´ ̄     `゙゙ー'  ;;;:|
.  彡i、ヾ ('  ヾミニ三'          __,,、 ....ノ   /
  彡ゝ `'' "  |ミミミ'            ,;'´ ,,  ァ'
   '彳`ー‐i  |ミミミ'          `゙ニシ'   |、ニ'
 --、/    i  |ミミ         .,,r‐''"   | ノ
 く'ノ    :i  ミミ         ´  ., '   |'     はいはい君臣合体君臣合体
 、\     .l  ヾ            .ノ(_,,、.   |
 :\ヽ,   ヽ          /   `t‐一'
 ::::ヽ ヽ   `::.       ,; '      .:i
 :::::::ヘ ヽ    `::.        ''"⌒゙''一ノ
 ::::::::::ヘ.ヽ    ヽ、       ` ー'ーノ
 ::::::::::::::ヽヘ     `ー┬‐一;;''""´
 \、:::::::::ヽヽ      /::ヘ ) `゙'ー、_
 〃`゙ー、;;;;\\   /i:::::::丿 ' , ' , '`゙ヽ、

 ┏━━━───────────────────────────────────────━━━━┓

  後白河法皇が男色を行っていたのはまあこの人のおかげではっきりしている。
  平重盛と藤原光能と後白河院の男色関係ははっきりした証拠はないが、可能性は高い模様。
  となると頼朝もではないか、と言うのが五味氏の説である。

  この時代基本史料が少ないので、これで目くじらたててたら何もならなくなるのでご注意。
  五味氏はトンデモ学者では全く無い。この説も普通に受け入れられました。

  作者は面白いのでこの説を採用した。脚色はしてあるけど、作者の創作では無いことをここでお知らせしておきます。

 ┗━━━───────────────────────────────────────━━━━┛

411◆OSXMqpvhvA2010/05/22(土) 20:07:13 ID:za08kyPE
以上。
某所でなんか迷惑かけたみたいなのでここで補足しておきます。

なお、某所がどこか分かっても報告とかしないで下さい。
あくまで、五味氏の説を、おれなんかの創作と間違われるのは、
SAN値削って論文描いた五味氏へ申し訳ないのです。

なお、この内容について書いてあるのは以下の本です。

院政期社会の研究
ttp://www.bk1.jp/review/484364

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する