FC2ブログ

やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

◆XHF82e6mgUの短編集 本のお話

940◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:19:13 ID:yX8PGaQM



      / /    /          |           |         `
.     / /    /              | l|        } } |
    / /    /            | l|        } } | |l
                  l 斗-| l|、{          斗-|l、 |l      |
   |  l           |  l   | |八 、       / /И 八N|       |
   |  |      |{       |  |-=イ_):::ハV\   /|/ィ__)::バく{                こんばんは!
   |  |    八/  |   |  {爪 {...i::::l....}^  \/   {...i::::l...} 爪    / /
   |  |      ヘ { |   {  {   乂辷ツ         乂辷ン/  }    ∧{          月末なので
   |  |    /  }∧|     \ヽヽヽ    {      ヽヽヽ7      |          本のお話をしましょう!
.  八       / И人   }ト--                   /    |
     ヽ     / ..-‐-ミ\jハ人      、   _,   ∠  イ  ...-‐-ミ
            / /::::::::::::::\|   个:..               /|   |/::::::::::::::::\
.           / _{::::/{:::::::::::|   |::::::::::ト .      イ:::::::|   |::::::::::| ̄\::::}\
          / {::::     ̄|::: |   |::::::::::::.   ー ´  ..::::::: |   |::::::::::|     〈   \
.         /   ∨     」::: |   |::::::::::::::\_____/::::::::::: |   |::::::::::|
        /           {::::: |   |::::::::::::::/V⌒V\::::::::::: |   |::{ ̄
.       /     |     \ |   |::::::::/[::::][___]::\:\::::: |   |::::::)       |     l




           _,. -=-- 、
        ,  '´ '´       ヾ、
       //             ヽ
     , ' /            |
.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !        池澤夏樹個人編集の世界文学全集
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |
  {!      {ハ | |  Ⅳ{示圷、 ∨ / ィチ圷、}/  / :.         その中の一冊、『短編コレクションⅠ』です。
   マ、    { 从 {  ム 弋こソ   ∨ 弋こソ/  /  |
    `\_     |从_从〉       ,     /,.イ/   :.
          /   | T 、   、   ,    /イ}     .      ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309709699/
            /   {  | >         <{  ∧   i
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \
   /    |::::,:::::::::::{| |::::|∨//ハ\/{:: | |}:::::::::/::::|     \
 /      |::::::、:::::::::| |::/ \/  \/i:: | |_::::::/::::: |        ヽ

941◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:19:31 ID:yX8PGaQM



         /         ´    . :/⌒7⌒             \
       / /         /      . :/   / : .    \     \
      / /             . :/     // : :     \     \
     / /       /    . : :/ . :/     ゙,' : : : .      ヽ
      ,′       /    . : :/       i:| : : : : .  | : :   : :          そんなこと言われても「?」
     i│         /: : :  / :/. : : | :i:| : : : : :  ∧: : : .  : : : :   |      って感じだと思うので
     | |       |  / . : :    ィ¬ト | :i:| : : : : : ¬ト|: : :  : : : :  |│
     | |       | :/. : : :   |  | / |:/| :i八.: :/ :/ : / |∧ :│ : : : :  |│      書誌情報をちょっと紹介しますね
     | |        乂i : : :  │| /ィ午ミ.| :i: : ∨ / |: ル弌トミ /∨ : : :  |│
     | |      ∠.イ| :|:.: : : :|:从{ トJ.::ハ|八  :∨ |イJ.::ノ| }}゙/ : : : :│ i八
     | |        ∨|八 : : : |:│ 弋うソ   \/  弋うソ  / : : : : :人/: : : .
      i      / :/ |\: : :人   ー     .      ー   厶: : :/|/  ゙ヽ : : : .
     ヽ、 _/ : : :゙ │:i:i\:\>::::::        :::::::∠ : : :/i:i|    }:.: : : :\
     /\   . : : :|   Ⅵi:i:i:|⌒ゝ    ` ーー'    ィ: : : /i:i:i|    |\: : : : :\
    /  / \: : : :/{   Ⅵi:i:i|  : |i:|> .         ´ |∨ : |i:i:i/   / ∧: :\ : : : : \
     //: : : /: : : |八   Ⅵi:i|  : |i:|   ≧=-<     |i:| : |i:i/     ノ}: : : : : : : : : : .
   | イ  : : : :/{: : : :{i:i∧  ∨ |  : |i:i\        /i:i| : |/  / /゙ |: : : :│ : : : :│




                l |         ´ /⌒     ` `
  . 、            | |     / //      \   \\
  \\  _        | |     '   /  | |   |
.    \,⊥∨      l l   .′    l | | | .ム斗ヽ ト     i   '.
      /ニヽ}\      从  | l    什ト、从|∧/リ }ノ | l / N  |      池澤夏樹は日本の作家です。
.    \‐У、 Υ     \ | |   |八l \|  =≠" И/ ハ|  |
      \ ヽ |         |从 八 =彡 ,      / /l.:  l |      代表作は『マシアス・ギリの失脚』という
.          '.  l          乂 \ト、ゝ         ≦z. イ|イ: : | |       南洋の独裁者を描いた話
          |  |          | 人    ^      |  | !: :   |
          |  |          人ハ个 .      . イ |  | |: : . '.        日本では珍しく
          |  '.              / | | |.: : :T__,. 斗/ |.:|.: : : ヘ      世界文学っぽい視点を持った作品を
          |    .           / -| | |アヽイ卉ヽ ̄|′|\: : : :      つくる感じがしますね。
         |    ∨    .ィ⌒ <  |.' 八_〃|| _,|  l   >‐ 、: .
.          .     ー ´ | |     / /  \    /|  |/   \:  \
                 | ト、     / / \/汁l<   |  |      \.  \
         ヘ._   -┴! \ / .′   / Ηヽ ` |  | /__       ̄| \
                 〉―‐/  i    / /l小 ヘ  |  | .′    ___ノ: .

942◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:19:47 ID:yX8PGaQM



    / /    //            /  /    :.       ヽ
.   / /    / / /            /   / /     }           :.
  / /    / / /  /    /  / /  , / /     '    |       :.
  .' /    / / /   '    /  / /; ,イ | /       /   '
  | |      {//,ィ  /   / / /__//_/ノ:.{ {      /    /         :
  { {    _/ィ { /   / /{/ {/ { / { | |    / ,'  /   }       i
  | |       リ ,| {    { / /    /   :. | |   .イ 7、_/! / /,      |
.  マム       /j/! ト.  | {       Ⅳマ! ////イ/ヽ. //     ;       ちなみに娘は
   \\__,/ / リ 、  !i |ー=ミ、,     ∨イ /     // }/ '    / /        池澤春菜という声優です
     `¨¨/ ,..-::´/:::::|\」ミ :.:.:.:.:              } /}/    ,イ '
     /   /::::::::::::::::::| 叭         ,     ー=ミ、,/ /     / } /
    ,    ,::i:::::::::::::::::::| :人            :.:.:.:. / イ  ,.:' /∧
    / /  {::::,::::::::::::::::::| i  ト       _       _,.イ  _,.ィ /  /イ  :.
   ,' /  |:::::',:::::,:::::: | l  | \    ゞ '      ≧__/イ::::ヽ  :.   :.
.  { /   / :::: \/::::::::} |  |    、         ...イ/  /::::::::::::.   |  }
   ({   {::::::::::::::{::::::::::Ⅵ|  |/\ ∧ ー = ≦  /  /:::::::::::::::::::}  |  |
   }|   ヽ::::::::: |::::::::::v-|  |///\!/r 、/}  /  /::::::::::::::::::::::::::ヽ !   |
    Ⅵ   }:::::::::|::::::::::{::::|  |//// //>rrr77/  /::::::::::::::::::/::::::::://   ;
     ヽ   |::::::八:::::::::,::::|  |//// {/ノ////,/ /:::/:::::::::::::/:::::::::::://  /



            - ─ '^ ヽ-'´` ` ‐ 、
          ´             `ヽ
       /                  ヽ
      γヽ  ノ)           、、   (()
     Λ_ノ       /l l 'ヽヽ  , 、 、)   -'ヽ
     ,'    ' ' '    ( V ヽノ  )ヽノ     `、
    /   (  ( l |       ノヽ  ノ )ヽ   l
    /     \ヽ‐‐'-'\  _,-'ノ レノノノノ     l
,、   l ノl  ヽ/'` ̄`l  `'´´   l´  ̄'`ヽく ノ、   l   、        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
| `ー ' ノ ノ/lヽ/ , -=、         ,-=- 、 ヽ''-|  l`、 \_ノ)       |   この子とか
|    | ノFヽ' l  (_)|        |(_) ヽ  Y'l |l |「   ノ        ヽ______乂_
`、_,  ,イく`lヽ l゚o  ノ        l  o ノ ´人 ' `  ┌
   l   `‐' | o ` ー‐'    ,     `ー‐ ' o /コ )  _, -'
   ゝ、_,    、      ┌ ┐      ノ_こノ  「
      `‐-、  、l´l     ヒ .ノ     /  _ ノ´
         、. |ト、          '  _ -‐´`
          ̄,L」 ` ト  ─  イ -─´
       ┘ ̄/  ``、<-─‐- '´) ``>─- 、
     /ヽ  /  ヽノ)l    / /   ノ `ヽ

943◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:20:05 ID:yX8PGaQM



::           ::ll::    ::     _,,   :  l
::           ::l l::   ::  _,,.-''"    :l: /
::           ::! l:: ,  _,.-''"ヽ     ::/! /
::l::      ::i::  ::l  ∨X::   _,,ヽ -''"lイl/l__._- T ̄
:: !::      ::l: :/l/ -ニ~  ``'''''"  ll  i:  l 、 ヽl
__j⊥- 、---‐''_,^‐''ト::{・}:)         l 7 l:  l ノ l!        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
/   \lー' "  `='"       /.>l::  l  /l         |   この子の声をやっているらしいです
::        ::.          /ゝ l::  .l /l        ヽ________________乂_
:::        :::::..       /彡  l::  l/:: !
:::          :::::::::::..―  ̄    l::  l:: :: l
::::            :::::::::::::     l::   !:: :: l
:::  ,          :::::     /::   l::  ;: !
:::: ___,,. へ     :::     /::   カ_: ∧: l
:::: l、___,、/!    :::   /;; l::  /._j:: ̄\!
:::: ヽ、   ,.:イ  :::   -'''";;;;;;;;;;l::  / 互:: ::  \



           _,. -=-- 、
        ,  '´ '´       ヾ、
       //             ヽ
     , ' /            |
.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !
   マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |
   {!      {ハ | |  Ⅳi リ    ∨ / / /  }/  / :.         AAじゃわかんないですかね……
    マ、    { 从 {  ム 、__,..  ∨ 、_,. /  /  |
     `\_     |从_从〉  ̄   ,    ̄ /,.イ/   :.          上がハム太郎のロコちゃんで
          /   | T 、         u /イ}     .          下がケロロ軍曹の西澤桃華ですね
            /   {  | >  v―っ  <{  ∧   i
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \
   /    |::::,:::::::::::{| |::::|∨//ハ\/{:: | |}:::::::::/::::|     \
 /      |::::::、:::::::::| |::/ \/  \/i:: | |_::::::/::::: |        ヽ

944◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:20:17 ID:yX8PGaQM



        //         \ _______
         //      。o<〉‐ ´ ̄ `ヽ丶                 __,ィ_,ィ
         //      /   / ii  ゚。   \ヽ           ,ノ///
        .:/      :′  │ ii   ゚。 }   ゚。:。         r≦/≫'’
       ||      / /     |、 ii .... }斗リ、}  い    {//≫'’
       ||     〃  |リ≧xぃ..../ィ圻ミ. . ..} i     V∧        まあとにかく、
       ||    |lイ   | 灯芥\/ 乂リ }... /| |       V∧        そんな池澤夏樹という作家が
       |{     乂{ {...小, ゞ''´  ' __  彡イリ....l       ∨ハ        突然世界文学全集を出し始めたわけです
        乂      Yゝトミ   r   }  彳 }..゚:,...。      Vハ
             |  }  个o。.`__´ イ./ ∧...゚:, ゚。       Vハ        七年くらい前の話ですかね
             |  |  ..|. .j.r} r‐</ /_._゚,__.゚:,..゚。      _Vハ‐ュ.,_
             }/ .| ../ィ=ミvf___ i  | : ./ \..゚。    し[___,  }
             /. . |__〈: }ニ{{ニニ}:..|  |: :.:′: . : }....゚。     {___,  }
             / /. /: ./ゞイハツ゚:_| ..{ : | : . :...∧.....゚o  /: ゝ--/
.          / /. . .イ: /  〃   /: . | ..| : | : .-==ニ二{_,> ´: . : . :Vハ
       / /. . ..../ |/   /   /: . .′...| ―――‐ /: . : . : . : . : .Vハ




.      //       /     /   /      \      \
.        /       /     /     /                  \
    / /       (,_____   /  l        ______}  ,
     /      /  // ̄   / , |             ̄\      l
    l |        /  _/   /  //  1  |       | |     l \____l
    | |     _.√ /   /  / 」 斗匕 l|     lト |l..」_| |       |
    | |       |l  l  l|  l { l| l| l  l|     从 八 | |  ;  .     |      かつて(読むかはともかく)
    | |       |l  |  l|  l {ハ_,メ冬ミ八    价 /lィ冬ミx/     | |      文学全集を家に買って置くのが
    | |       |l  |  l|  l 爪 {_)i::l..}^' \/  j/^{_)i:::l.} )〉  |l  | |      ステータスだった時代がありました
    | |     八 |  l|  lハ  乂..ツ     ´  乂..ツ/   八 l |
    | |       )人  l|l ぃ {  `¨´   ;     `¨^ フイ. イ  }/  |       ドストエフスキー、バルザック
.   八 、    /  \|l  \\"""   '    """∠ ;リ 八    |        フローベール、ディケンズetc
      ` ミニ=-     八|\{ミト-ー    .,_     _彡イ´| l\  |
                  |    |个:..    {_}    イ    | l ,__\  ,      彼らが本棚に鎮座してたわけですね
.                r'⌒|    |\___〕ト .    <}:::|   l |/⌒¨L.....`
.                |:::::::|    |::::::::/:::::::::{`ニ´  /:::::|   l |::::::::::::::::::::::::} \
             人:::::|    |:::::::{::::::::::::\__/:::::::::::|   l |::::::::::::::::::::::::},_   \
              /{::::::::::|    |:::::::{::::::/}⌒⌒{\:::::::|   l |::::::::::::/⌒V:::::}   \
.            // {::::::::::|    |:::::::{∠:::::「`i⌒iトミ:\]  l |:::::::::::i¨⌒¨`V     \

945◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:20:35 ID:yX8PGaQM



            //            l |
            //            //
           //               //
          / /          _ //―-  .
       / /        . ´    ⌒ヽ.     ` `  .
.      / /        /   / //  ハ\      \ \
     / /     /  / ,′ l |             \
     .' /          /   |   | |   |   \       '.
      ||     /   /  / |  l |   | \   '.    '.
      ||     .' /      ∧l 从   l.斗ヤT ヘ. |  |    |       しかし時代は下って21世紀
     l|    /|     l ヤT|、  \ハノ, |斗=kⅥ   |  ||
.      ' |     |||     |/kr=k\ / 〃{ ノ:::ハ 》| .'|ハ||       本なんて時代遅れの長物、
.      从   |l 从   |《 { ノ:ハ゛ ′  乂zン  ' / ハ lノ|       しかも仰々しく「世界文学全集」ですからね
       \  イ|||\ ∨乂ン  ,      ::::: // /l |   |
            人| | >.ゝ::::         < _ . イノ|   |       そんなのが新しく編まれるなんて……、
                 | / 八    (`ヽ.     ̄ /  |   |   |        と結構驚いたものです
              从/ 个 .   ー   .  /|   |  |   |
               __/__ |   | >┌ <  ||   |     '
            /::::::>、:::l   |_ ノ:::ヽ..._  ,⊥|   |       '.       ですが、おそらく、それなりの成功を
         /::::::::/  }::::'.  '\::::::::::::::/Υ〉::::|   |>‐V´) ヘ      収めているシリーズっぽいのがまた不思議です
.         /::::::::/  ,ノ::::∧  ∨,>七コYTYエコ ,-. V::::/ /:|
        |:::::::::l   (:::::::::::∧  〈┼┼┼「|フ┼N | ∨ /:::ヽ
       /、_)::::|   ` ー 、:::::〉  └┼┼厂Vl‐リ ⊥ノ. 〈:::::::::|    \
.       /  |::::::::/ |   _,ノ::〈┼'.  '┼‐/| 「∨/-―  }:::::ノ       \
      /  ,':::::/  '.  |:::::::::::::\‐  ├/‐L..|‐|//,二  /::::::ヽ       ハ
.    /  / ∨    \;:::::::::::::::::ハ|  |/┼|::::|‐|〈/| / |::::::::|          '
   /  /  \     V⌒ヽ:/ |  |‐┼|::::|‐|   /  |:::::ノ\

946◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:20:54 ID:yX8PGaQM




     , ' /            |
.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :        それはおそらく、
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !         編者の目利きによるのも大きいでしょうね
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |
  {!      {ハ | |  Ⅳ{示圷、 ∨ / ィチ圷、}/  / :.         イタロ・カルヴィーノ、トマス・ピンチョン、
   マ、    { 从 {  ム 弋こソ   ∨ 弋こソ/  /  |         ジャック・ケルアック、ギュンター・グラスetc
    `\_     |从_从〉       ,     /,.イ/   :.
          /   | T 、   、   ,    /イ}     .
            /   {  | >         <{  ∧   i
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、




                   //             /
                    .' ′       _ -厶==‐.
                l |         ´ /⌒     ` `
  . 、            | |     / //      \   \\
  \\  _        | |     '   /  | |   |
.    \,⊥∨      l l   .′    l | | | .ム斗ヽ ト     i   '.
      /ニヽ}\      从  | l    什ト、从|∧/リ }ノ | l / N  |    上にあげたのはいずれも超大人気作家ですが
.    \‐У、 Υ     \ | |   |八l \|  =≠" И/ ハ|  |    第二次世界大戦後のひとなので
      \ ヽ |         |从 八 =彡 ,      / /l.:  l |    なかなか昔の全集には載ってませんでした
.          '.  l          乂 \ト、ゝ         ≦z. イ|イ: : | |
          |  |          | 人    ^      |  | !: :   |     彼らの作品の、ものによっては新訳が
          |  |          人ハ个 .      . イ |  | |: : . '.     ラインナップされ――
          |  '.              / | | |.: : :T__,. 斗/ |.:|.: : : ヘ
          |    .           / -| | |アヽイ卉ヽ ̄|′|\: : : :
         |    ∨    .ィ⌒ <  |.' 八_〃|| _,|  l   >‐ 、: .
.          .     ー ´ | |     / /  \    /|  |/   \:  \
                 | ト、     / / \/汁l<   |  |      \.  \
         ヘ._   -┴! \ / .′   / Ηヽ ` |  | /__       ̄| \
                 〉―‐/  i    / /l小 ヘ  |  | .′    ___ノ: .
                    /  .: :′ |    Ⅵ | | Ⅳ  |  | __    / ヘ、: .  '.
                /   : :| |     || ||   | | ∧ ー―く/   \:
                  / /: : : :| |. |     L| L|   | |乂/.: : : : : : : :\    ヽ
              / /: : : : :l八/|/        |   八 |、/ : : : '. : : : : : /    /:  |
                / /: : : : : : : : /         |      \.: : :| : : : : /    .': : |
            / / : :/: : : : : 〈                  / : : | : : : /   / : :   |

947◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:21:10 ID:yX8PGaQM



                    //               ヽ ヽ
                //                  マ }
               〈{                     } |
                ||                      | |
                {|                      | |
            _,..   ̄ ̄ ̄ `ヽ、              | |
       ,  ´,  '´ /    、  `ヽ、               ;/
     ,. ' / ,.  '  /    ヽ    ヽ          /     『暗夜』残雪
.    /   /   /  ,   |! |    |  、   \         /       『鉄の時代』J・M・クッツェー
    /   /  /  / '  !Ⅵ    :|ハ ':,  、 ヽ     /        『精霊たちの家』イザベル・アジェンデ
   .' / :| | | / /{  |{ \   |{ | |   、 ',            『やし酒のみ』エイモス・チュツオーラ
    | |   | | | { /二 ー{ \ \:/ィⅥ { :  {、 }!              『アフリカの日々』イサク・ディーネセン
    | |   | | { Ⅳム心 \ \/ィミ、 } | |  ト、i、
    | |   | { 从 込斗     匕ソノj/ ハ. ! /
    | |i  从 \ 〉       ` `¨ { / }/             上から順に、中国、南アメリカ共和国、ペルー
    | |  {_∨ \_、     ,ィv     八{ /                ナイジェリア、デンマークの作家です
   Ⅵ     }   |     (__/  / |ィ、
    }  |   |  込、       / /_ノ-、
    |  |   |  | |  >--- ' /,.イ:::::::::::::`ヽ、
    |  /  /  :/ ム ∧ ̄ ´ //::/::::::::::::::::::: ̄`ヽ、
    |: /  /  ∧  } { \イ' /::::::{:::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ `ー 、r...、
    |/  /  /イ|  |∨   / /{:::::::|::::::::::::::::::::::::::::_:::::/:://:::::::`ヽ、
   /  /  /  / / i}   / /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::〉
.  /  /  /  / / |!   /  {::-':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::/




         /         /   `ヽ、                 }
       , ´        /  /   `ヽ             |
.      /            /     ヽ ヽ           l!
     /            /  /  ,  |   !  ',            |
      '    /       '  |  /_{   |  ,ハ          /
     |   /      _| |  { / {|_从`  } / |           /      「世界」文学全集とはいいながらも
     |  '      { |ハ  |!圦{刈`i! .イ/ ハ }                 採録されているのは
     | /    .:   ∨| Ⅵ{  ヒソ 圦/,.イ /
     Ⅳ    .:     }`! |ム       〉                       英仏独露米といった、
     /     /    / | | { `   、_ /                    ヨーロッパの一等国の作家ばかり……、
.    /     /    ,' ノ | ト、    ィ
   /     /  //-、! | | ` ¨ {                        ということがよくありましたが、
.  /   /  /:::::::_`ヽ、 | |_    |                        この全集は文字通り「世界」中から
  /  ./  /::::::::-、:::\::Ⅵ !∧   !                         作品が集められているように思います
/ /   .イ:::,_:::::::::\:::\| | \>_.|
 /   //,イ::::::::::_::::::〉:::: ! !//Y/ハ
´   / {:::::::::::::::__:::::::::〈| |///}、/!
  /    |:::/::::::::::::::,::::/::::: | |¨´{/ハ ヽ

948◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:22:42 ID:yX8PGaQM



      //                    |}
.     //             ,. -‐==∠⌒ヽ´ ̄
    //              ,  ´  ,  /  ,  、  \    \ 、
    ,′          /   /.  /  〃   ∨  ヽ    \ヽ
   ,'/           /   〃  /  { |     ',          \
.  〃         /    /       { |    ,}           ヽ ∧
.  {i.           //.   /     ∧   | |   从  丶
.  ||          /ィ     i   /i / i{.   | !  .∧ }、  ,     ∨  }
.  |l          //i.    {孑 ´ ̄ ト|、  レ 孑廾 ‐-、 l 从      }  !
.  |l         ノルノ     !/∨ノ'  ヾ∨   /|/ j丿 }八       |  .|
.  |{.         / . ,  、 八 ___  \ r'   ___  }     ハ ノ ′    訂正
.  { !       厶イ{  \〃 ):::::::リヾ  `   'てノ::::丿》 }     ノ   i       南アメリカ共和国なんてないです
 八 、          ト \   ゝ 乂ソ          乂ソ  厶イ /|/
   ヽ\        /丿 {` ヽj        `            / / ノ | レ        南アフリカ共和国ですね
     ` 丶.    〃      八     、__,、_,    ー=彡 一'   ! |        クッツェーの出身国は
          У  .人  ! \    乂::::::::::〉     イ   /   '  |
          /   /  ヽj  ,>    ` ¨´   </ノ l /.    |
            /   /  /  〃  |≧=-    /i仆 !/,       |
        /   /  / ‐一'::::::::::∨   ゝ、 / /{  ∨::}≧=-、

949◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:23:01 ID:yX8PGaQM



                   //             /
                    .' ′       _ -厶==‐.
                l |         ´ /⌒     ` `
  . 、            | |     / //      \   \\
  \\  _        | |     '   /  | |   |
.    \,⊥∨      l l   .′    l | | | .ム斗ヽ ト     i   '.
      /ニヽ}\      从  | l    什ト、从|∧/リ }ノ | l / N  |
.    \‐У、 Υ     \ | |   |八l \|  =≠" И/ ハ|  |       日本からも『苦海浄土』石牟礼道子
      \ ヽ |         |从 八 =彡 ,      / /l.:  l |       がエントリーされています
.          '.  l          乂 \ト、ゝ         ≦z. イ|イ: : | |
          |  |          | 人    ^      |  | !: :   |
          |  |          人ハ个 .      . イ |  | |: : . '.         未読ですが
          |  '.              / | | |.: : :T__,. 斗/ |.:|.: : : ヘ
          |    .           / -| | |アヽイ卉ヽ ̄|′|\: : : :
         |    ∨    .ィ⌒ <  |.' 八_〃|| _,|  l   >‐ 、: .
.          .     ー ´ | |     / /  \    /|  |/   \:  \
                 | ト、     / / \/汁l<   |  |      \.  \
         ヘ._   -┴! \ / .′   / Ηヽ ` |  | /__       ̄| \
                 〉―‐/  i    / /l小 ヘ  |  | .′    ___ノ: .
                    /  .: :′ |    Ⅵ | | Ⅳ  |  | __    / ヘ、: .  '.
                /   : :| |     || ||   | | ∧ ー―く/   \:
                  / /: : : :| |. |     L| L|   | |乂/.: : : : : : : :\    ヽ




.      / /        /   / //  ハ\      \ \
     / /     /  / ,′ l |             \
     .' /          /   |   | |   |   \       '.
      ||     /   /  / |  l |   | \   '.    '.
      ||     .' /      ∧l 从   l.斗ヤT ヘ. |  |    |
     l|    /|     l ヤT|、  \ハノ, |斗=kⅥ   |  ||        さて、前置きが長くなりましたが
.      ' |     |||     |/kr=k\ / 〃{ ノ:::ハ 》| .'|ハ||
.      从   |l 从   |《 { ノ:ハ゛ ′  乂zン  ' / ハ lノ|        この、「池澤夏樹全集」の
       \  イ|||\ ∨乂ン  ,      ::::: // /l |   |        第三期に刊行されたのが、
            人| | >.ゝ::::         < _ . イノ|   |
                 | / 八    (`ヽ.     ̄ /  |   |   |         今回紹介する
              从/ 个 .   ー   .  /|   |  |   |          『短編コレクションⅠ』だというわけです
               __/__ |   | >┌ <  ||   |     '
            /::::::>、:::l   |_ ノ:::ヽ..._  ,⊥|   |       '.
         /::::::::/  }::::'.  '\::::::::::::::/Υ〉::::|   |>‐V´) ヘ
.         /::::::::/  ,ノ::::∧  ∨,>七コYTYエコ ,-. V::::/ /:|
        |:::::::::l   (:::::::::::∧  〈┼┼┼「|フ┼N | ∨ /:::ヽ
       /、_)::::|   ` ー 、:::::〉  └┼┼厂Vl‐リ ⊥ノ. 〈:::::::::|    \
.       /  |::::::::/ |   _,ノ::〈┼'.  '┼‐/| 「∨/-―  }:::::ノ       \

950◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:23:16 ID:yX8PGaQM



.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !        この本にはヨーロッパを除いた世界各地から
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |         えりすぐりの短編が収録されています
  {!      {ハ | |  Ⅳ{示圷、 ∨ / ィチ圷、}/  / :.
   マ、    { 从 {  ム 弋こソ   ∨ 弋こソ/  /  |         まさに、短編の万国博覧会というわけですね
    `\_     |从_从〉       ,     /,.イ/   :.
          /   | T 、   、   ,    /イ}     .
            /   {  | >         <{  ∧   i
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \
   /    |::::,:::::::::::{| |::::|∨//ハ\/{:: | |}:::::::::/::::|     \
 /      |::::::、:::::::::| |::/ \/  \/i:: | |_::::::/::::: |        ヽ




             //     /     / ´ ヽ\    \
        ─‐、  //    /    /⌒' /    \    \
.       //⌒ヽ i  /      ,   /   i i|      丶    ヽ
     ―'/   i | | |   / /   / '   | i|   | ヽ   ∨
   //⌒    リ | |    /     / │| i|   | '|⌒:.  |  | │
    i |       {{ | |  i |  | :i | ィ'l⌒|:.   |八_.._∨:!  ∧        言わずと知れた有名な短編から、
.            / | |  | |  | i| |\l_.._八:. ∨〃⌒r∨ j/  ∨        本邦初翻訳の掘り出し物まで
     \、______〉〉  | 人|:.│ i| i∨〃⌒ \/  :::::::', ∨{\ |
      ────  /∨ 八ハ.八 Y゙} :::::       厶. \ / ':       全てが揃った一冊というわけです
                ∨ /\ /\{_  r‐   7  /   ∧  ':
                / /   /\ `<_ ` ー   ´  /    ':
                      xー=个 ..,_ `_ト- イ{  イ¨¨⌒Y\ \
             /    /:::::::::::::::: __}/ 入 人\__ト、:::::::::}  \ \
             /      /|::::::::::::::::::{_/:::/Vl:::::\__} :::::::|       \
            /   /   .|::::\ ::::::「::::8:::::〔_{}_〕::::::::::8::|:::::::::|    \  \
.         /   /   / /| :|:::::::ー=|:::::::::::ノV|V::::::::::::::::l/:::八      \  \
           /      |八 :::::::::::〉:::::::::::::}|{::::::::::::::〈 :::::/  \        \
.       /   /        / ∧::::\::::「 :::::::::::::ノ |人::::::::::::::〉:/    \     )

951◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:23:30 ID:yX8PGaQM



    / /    //            /  /    :.       ヽ
.   / /    / / /            /   / /     }           :.
  / /    / / /  /    /  / /  , / /     '    |       :.
  .' /    / / /   '    /  / /; ,イ | /       /   '
  | |      {//,ィ  /   / / /__//_/ノ:.{ {      /    /         :
  { {    _/ィ { /   / /{/ {/ { / { | |    / ,'  /   }       i
  | |       リ ,| {    { / /    /   :. | |   .イ 7、_/! / /,      |      ちなみにヨーロッパがないのは
.  マム       /j/! ト.  | {       Ⅳマ! ////イ/ヽ. //     ;       『短編コレクションⅡ』があるからです
   \\__,/ / リ 、  !i |ー=ミ、,     ∨イ /     // }/ '    / /
     `¨¨/ ,..-::´/:::::|\」ミ :.:.:.:.:              } /}/    ,イ '
     /   /::::::::::::::::::| 叭         ,     ー=ミ、,/ /     / } /        その話もまたいずれ
    ,    ,::i:::::::::::::::::::| :人            :.:.:.:. / イ  ,.:' /∧
    / /  {::::,::::::::::::::::::| i  ト    - 、       _,.イ  _,.ィ /  /イ  :.
   ,' /  |:::::',:::::,:::::: | l  | \       ̄`   ≧__/イ::::ヽ  :.   :.
.  { /   / :::: \/::::::::} |  |    、         ...イ/  /::::::::::::.   |  }
   ({   {::::::::::::::{::::::::::Ⅵ|  |/\ ∧ ー = ≦  /  /:::::::::::::::::::}  |  |
   }|   ヽ::::::::: |::::::::::v-|  |///\!/r 、/}  /  /::::::::::::::::::::::::::ヽ !   |
    Ⅵ   }:::::::::|::::::::::{::::|  |//// //>rrr77/  /::::::::::::::::::/::::::::://   ;
     ヽ   |::::::八:::::::::,::::|  |//// {/ノ////,/ /:::/:::::::::::::/:::::::::::://  /




        //         \ _______
         //      。o<〉‐ ´ ̄ `ヽ丶                 __,ィ_,ィ
         //      /   / ii  ゚。   \ヽ           ,ノ///
        .:/      :′  │ ii   ゚。 }   ゚。:。         r≦/≫'’
       ||      / /     |、 ii .... }斗リ、}  い    {//≫'’
       ||     〃  |リ≧xぃ..../ィ圻ミ. . ..} i     V∧         というわけで
       ||    |lイ   | 灯芥\/ 乂リ }... /| |       V∧         収録されている各短編を
       |{     乂{ {...小, ゞ''´  ' __  彡イリ....l       ∨ハ
        乂      Yゝトミ   r   }  彳 }..゚:,...。      Vハ         ちょっと紹介してみようと思います!
             |  }  个o。.`__´ イ./ ∧...゚:, ゚。       Vハ
             |  |  ..|. .j.r} r‐</ /_._゚,__.゚:,..゚。      _Vハ‐ュ.,_     アルバム全曲レビューのような気分で
             }/ .| ../ィ=ミvf___ i  | : ./ \..゚。    し[___,  }
             /. . |__〈: }ニ{{ニニ}:..|  |: :.:′: . : }....゚。     {___,  }
             / /. /: ./ゞイハツ゚:_| ..{ : | : . :...∧.....゚o  /: ゝ--/
.          / /. . .イ: /  〃   /: . | ..| : | : .-==ニ二{_,> ´: . : . :Vハ
       / /. . ..../ |/   /   /: . .′...| ―――‐ /: . : . : . : . : .Vハ
        ィ‐ァfゝ . . . /| {  ⅱ  i: .:/゚ .l|..| : . :j\: . : . : . : . :_._:_o/ Vハ
.    / }///〉. . . .|..| .′  ||   |.:/ |  ||..} : .:/. .|.\: . : . : ´/  \ Vハ
    /   ∧  ヽ___l..| |    l|   l/:...|  リ/ : /. . .|. . .\_/. \. .  \Vハ
.   /   / ∧  | |  り |      |: . :{ j/ : /. .| . |. . . . . . . ...}、. . .\. . . Vハ

952◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:23:51 ID:yX8PGaQM



                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \        1.「南部高速道路」 フリオ・コルタサル
  rく         `V〉,\\__       \
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂




.      / /        /   / //  ハ\      \ \
     / /     /  / ,′ l |             \
     .' /          /   |   | |   |   \       '.
      ||     /   /  / |  l |   | \   '.    '.
      ||     .' /      ∧l 从   l.斗ヤT ヘ. |  |    |
     l|    /|     l ヤT|、  \ハノ, |斗=kⅥ   |  ||
.      ' |     |||     |/kr=k\ / 〃{ ノ:::ハ 》| .'|ハ||       アルゼンチンの作家です
.      从   |l 从   |《 { ノ:ハ゛ ′  乂zン  ' / ハ lノ|
       \  イ|||\ ∨乂ン  ,      ::::: // /l |   |       舞台はパリ、日曜日の午後
            人| | >.ゝ::::         < _ . イノ|   |       行楽を終えた人たちで
                 | / 八    (`ヽ.     ̄ /  |   |   |        上りの高速道路は大混雑します
              从/ 个 .   ー   .  /|   |  |   |
               __/__ |   | >┌ <  ||   |     '
            /::::::>、:::l   |_ ノ:::ヽ..._  ,⊥|   |       '.
         /::::::::/  }::::'.  '\::::::::::::::/Υ〉::::|   |>‐V´) ヘ
.         /::::::::/  ,ノ::::∧  ∨,>七コYTYエコ ,-. V::::/ /:|
        |:::::::::l   (:::::::::::∧  〈┼┼┼「|フ┼N | ∨ /:::ヽ
       /、_)::::|   ` ー 、:::::〉  └┼┼厂Vl‐リ ⊥ノ. 〈:::::::::|    \
.       /  |::::::::/ |   _,ノ::〈┼'.  '┼‐/| 「∨/-―  }:::::ノ       \
      /  ,':::::/  '.  |:::::::::::::\‐  ├/‐L..|‐|//,二  /::::::ヽ       ハ
.    /  / ∨    \;:::::::::::::::::ハ|  |/┼|::::|‐|〈/| / |::::::::|          '
   /  /  \     V⌒ヽ:/ |  |‐┼|::::|‐|   /  |:::::ノ\

953◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:24:07 ID:yX8PGaQM


 ̄□ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~゙ヽ.           /
-‐=====‐-ミ 、                       ゙v′      . '
          }}                         i     /
=========  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ┃最初のうち、ドーフィヌの若い娘はどれくらい遅れたか時間を計ってやるわと息巻いていたが、 ┃
        ┃プジョー404の技師はもうどうでもいいやという気持になっていた。                      ┃
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
____________ . -‐=====‐-ミ  ____ ノ   ┌ヘ    /  〃       `ヽ
二二二二二二二二ニ>''"    _,,,............,,_    `'マ~く    l   '.   {   i|:::::.:.:.:.:. .      }
──────ァ=ーっ   ,x<´  ¢_¢  `>x   ヽ.ヽ\   \  '=‐ヘ.  |L二二二二二フ
          // 广´ /〃↑゙ヽ l÷l 〃♂ヽ {\__ノ ⌒^゙ヽ          `゙'ー三三 ̄ ̄ ̄´
.        //  } ∩/ ①乂__,.彡,.」⊥L乂__,.ノ__\       }           `  .
        /   U } `¨丁/      `丶.丁¨´{      /
       {       |ニニニ7    〃⌒ヽ.   マニニ|x-‐─《
       '.      jニニニ{     {{QQQ}}    }ニニ!::::::::::::::::.
       》==─-┤゚(ニ)人   弋__ノ   人(ニ)|:::::::::::::::::::.
       .:::::::::::::::::::|    ̄\       / ̄  ¦:::::::::::::::::::.




    / /       (,_____   /  l        ______}  ,
     /      /  // ̄   / , |             ̄\      l
    l |        /  _/   /  //  1  |       | |     l \____l
    | |     _.√ /   /  / 」 斗匕 l|     lト |l..」_| |       |
    | |       |l  l  l|  l { l| l| l  l|     从 八 | |  ;  .     |
    | |       |l  |  l|  l {ハ_,メ冬ミ八    价 /lィ冬ミx/     | |     高速道路の渋滞、
    | |       |l  |  l|  l 爪 {_)i::l..}^' \/  j/^{_)i:::l.} )〉  |l  | |     誰もが経験するいやーな出来事ですよね
    | |     八 |  l|  lハ  乂..ツ     ´  乂..ツ/   八 l |
    | |       )人  l|l ぃ {  `¨´   ;     `¨^ フイ. イ  }/  |      ですが、今回の渋滞は
.   八 、    /  \|l  \\"""   '    """∠ ;リ 八    |      少し様子がおかしい
      ` ミニ=-     八|\{ミト-ー    .,_     _彡イ´| l\  |
                  |    |个:..    {_}    イ    | l ,__\  ,
.                r'⌒|    |\___〕ト .    <}:::|   l |/⌒¨L.....`
.                |:::::::|    |::::::::/:::::::::{`ニ´  /:::::|   l |::::::::::::::::::::::::} \
             人:::::|    |:::::::{::::::::::::\__/:::::::::::|   l |::::::::::::::::::::::::},_   \
              /{::::::::::|    |:::::::{::::::/}⌒⌒{\:::::::|   l |::::::::::::/⌒V:::::}   \
.            // {::::::::::|    |:::::::{∠:::::「`i⌒iトミ:\]  l |:::::::::::i¨⌒¨`V     \
         /  {   \_:::|    |:::/::::|___L::}::::]__」_::\|   l |:::::::::::{    }         \

954◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:24:28 ID:yX8PGaQM



      / /    /          |           |         `
.     / /    /              | l|        } } |
    / /    /            | l|        } } | |l
                  l 斗-| l|、{          斗-|l、 |l      |
   |  l           |  l   | |八 、       / /И 八N|       |
   |  |      |{       |  |-=イ_):::ハV\   /|/ィ__)::バく{           原因もわからぬまま、
   |  |    八/  |   |  {爪 {...i::::l....}^  \/   {...i::::l...} 爪    / /      渋滞は一向に解消されません
   |  |      ヘ { |   {  {   乂辷ツ         乂辷ン/  }    ∧{
   |  |    /  }∧|     \ヽヽヽ    {      ヽヽヽ7      |     そして、翌日になり、翌々日になり
.  八       / И人   }ト--                   /    |     どんどん時間が加速し、
     ヽ     / ..-‐-ミ\jハ人      、   _,   ∠  イ  ...-‐-ミ      次の季節がやってきてしまう
            / /::::::::::::::\|   个:..               /|   |/::::::::::::::::\
.           / _{::::/{:::::::::::|   |::::::::::ト .      イ:::::::|   |::::::::::| ̄\::::}\
          / {::::     ̄|::: |   |::::::::::::.   ー ´  ..::::::: |   |::::::::::|     〈   \
.         /   ∨     」::: |   |::::::::::::::\_____/::::::::::: |   |::::::::::|
        /           {::::: |   |::::::::::::::/V⌒V\::::::::::: |   |::{ ̄



           _,. -=-- 、
        ,  '´ '´       ヾ、
       //             ヽ
     , ' /            |
.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :        人々は渋滞の中を生き残るため
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !         共同体を作ります
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |
  {!      {ハ | |  Ⅳ{示圷、 ∨ / ィチ圷、}/  / :.        食料や水を管理し、
   マ、    { 从 {  ム 弋こソ   ∨ 弋こソ/  /  |        農村への交渉役をつくり
    `\_     |从_从〉       ,     /,.イ/   :.
          /   | T 、   、   ,    /イ}     .          就寝用の車、医療用の車と分業を進めます
            /   {  | >         <{  ∧   i
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \
   /    |::::,:::::::::::{| |::::|∨//ハ\/{:: | |}:::::::::/::::|     \
 /      |::::::、:::::::::| |::/ \/  \/i:: | |_::::::/::::: |        ヽ

955◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:24:51 ID:yX8PGaQM


                   //             /
                    .' ′       _ -厶==‐.
                l |         ´ /⌒     ` `
  . 、            | |     / //      \   \\
  \\  _        | |     '   /  | |   |
.    \,⊥∨      l l   .′    l | | | .ム斗ヽ ト     i   '.
      /ニヽ}\      从  | l    什ト、从|∧/リ }ノ | l / N  |     都市へ向かう高速道路、
.    \‐У、 Υ     \ | |   |八l \|  =≠" И/ ハ|  |     本来ならただ隣を走るだけだった人々の間に
      \ ヽ |         |从 八 =彡 ,      / /l.:  l |     突如生まれた奇妙な連帯
.          '.  l          乂 \ト、ゝ         ≦z. イ|イ: : | |
          |  |          | 人    ^      |  | !: :   |      ……そして、その行方は?
          |  |          人ハ个 .      . イ |  | |: : . '.
          |  '.              / | | |.: : :T__,. 斗/ |.:|.: : : ヘ
          |    .           / -| | |アヽイ卉ヽ ̄|′|\: : : :
         |    ∨    .ィ⌒ <  |.' 八_〃|| _,|  l   >‐ 、: .
.          .     ー ´ | |     / /  \    /|  |/   \:  \
                 | ト、     / / \/汁l<   |  |      \.  \
         ヘ._   -┴! \ / .′   / Ηヽ ` |  | /__       ̄| \
                 〉―‐/  i    / /l小 ヘ  |  | .′    ___ノ: .



    / /    //            /  /    :.       ヽ
.   / /    / / /            /   / /     }           :.
  / /    / / /  /    /  / /  , / /     '    |       :.
  .' /    / / /   '    /  / /; ,イ | /       /   '
  | |      {//,ィ  /   / / /__//_/ノ:.{ {      /    /         :
  { {    _/ィ { /   / /{/ {/ { / { | |    / ,'  /   }       i
  | |       リ ,| {    { / /    /   :. | |   .イ 7、_/! / /,      |
.  マム       /j/! ト.  | {       Ⅳマ! ////イ/ヽ. //     ;    ラテンアメリカの作家らしい
   \\__,/ / リ 、  !i |ー=ミ、,     ∨イ /     // }/ '    / /     シュール・リアリズム
     `¨¨/ ,..-::´/:::::|\」ミ :.:.:.:.:              } /}/    ,イ '
     /   /::::::::::::::::::| 叭         ,     ー=ミ、,/ /     / } /      もちろん現実を見つめる視線も鋭い
    ,    ,::i:::::::::::::::::::| :人            :.:.:.:. / イ  ,.:' /∧
    / /  {::::,::::::::::::::::::| i  ト       _       _,.イ  _,.ィ /  /イ  :.    オチも最高で、
   ,' /  |:::::',:::::,:::::: | l  | \    ゞ '      ≧__/イ::::ヽ  :.   :.    はっきり言って、これ以上の短編なんて
.  { /   / :::: \/::::::::} |  |    、         ...イ/  /::::::::::::.   |  }    ほとんどありえないですよホント
   ({   {::::::::::::::{::::::::::Ⅵ|  |/\ ∧ ー = ≦  /  /:::::::::::::::::::}  |  |
   }|   ヽ::::::::: |::::::::::v-|  |///\!/r 、/}  /  /::::::::::::::::::::::::::ヽ !   |
    Ⅵ   }:::::::::|::::::::::{::::|  |//// //>rrr77/  /::::::::::::::::::/::::::::://   ;
     ヽ   |::::::八:::::::::,::::|  |//// {/ノ////,/ /:::/:::::::::::::/:::::::::::://  /

956◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:25:06 ID:yX8PGaQM


                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \        2.「波との生活」 オクタビオ・パス
    _______| |\\          \
  rく         `V〉,\\__       \
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂




.      //       /     /   /      \      \
.        /       /     /     /                  \
    / /       (,_____   /  l        ______}  ,
     /      /  // ̄   / , |             ̄\      l
    l |        /  _/   /  //  1  |       | |     l \____l
    | |     _.√ /   /  / 」 斗匕 l|     lト |l..」_| |       |
    | |       |l  l  l|  l { l| l| l  l|     从 八 | |  ;  .     |
    | |       |l  |  l|  l {ハ_,メ冬ミ八    价 /lィ冬ミx/     | |      メキシコの作家ですね
    | |       |l  |  l|  l 爪 {_)i::l..}^' \/  j/^{_)i:::l.} )〉  |l  | |
    | |     八 |  l|  lハ  乂..ツ     ´  乂..ツ/   八 l |      これは小説ですが、
    | |       )人  l|l ぃ {  `¨´   ;     `¨^ フイ. イ  }/  |       基本は詩を書く人です
.   八 、    /  \|l  \\"""   '    """∠ ;リ 八    |
      ` ミニ=-     八|\{ミト-ー    .,_     _彡イ´| l\  |
                  |    |个:..    {_}    イ    | l ,__\  ,
.                r'⌒|    |\___〕ト .    <}:::|   l |/⌒¨L.....`
.                |:::::::|    |::::::::/:::::::::{`ニ´  /:::::|   l |::::::::::::::::::::::::} \
             人:::::|    |:::::::{::::::::::::\__/:::::::::::|   l |::::::::::::::::::::::::},_   \
              /{::::::::::|    |:::::::{::::::/}⌒⌒{\:::::::|   l |::::::::::::/⌒V:::::}   \
.            // {::::::::::|    |:::::::{∠:::::「`i⌒iトミ:\]  l |:::::::::::i¨⌒¨`V     \
         /  {   \_:::|    |:::/::::|___L::}::::]__」_::\|   l |:::::::::::{    }         \
        /   人   __〕|    |::{::「__」:::::L/⌒|:::」__」:::|   l |::::{ ̄ / 八
      /   / ∧ {_::::|    |人「::::] ̄/l   「_」__」:::|   l |:::::::)/   ∧ \       }

957◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:25:19 ID:yX8PGaQM



.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |       ある日、主人公が海から上がると、
  {!      {ハ | |  Ⅳ{示圷、 ∨ / ィチ圷、}/  / :.       彼に恋した「波」がついてきた
   マ、    { 从 {  ム 弋こソ   ∨ 弋こソ/  /  |
    `\_     |从_从〉       ,     /,.イ/   :.        それから始まる、「波」との切ない
          /   | T 、   、   ,    /イ}     .       愛とすれ違いの物語です
            /   {  | >         <{  ∧   i
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \
   /    |::::,:::::::::::{| |::::|∨//ハ\/{:: | |}:::::::::/::::|     \
 /      |::::::、:::::::::| |::/ \/  \/i:: | |_::::::/::::: |        ヽ



                   //             /
                    .' ′       _ -厶==‐.
                l |         ´ /⌒     ` `
  . 、            | |     / //      \   \\
  \\  _        | |     '   /  | |   |
.    \,⊥∨      l l   .′    l | | | .ム斗ヽ ト     i   '.
      /ニヽ}\      从  | l    什ト、从|∧/リ }ノ | l / N  |     まあ、10ページぐらいで終わるんですがね
.    \‐У、 Υ     \ | |   |八l \|  =≠" И/ ハ|  |
      \ ヽ |         |从 八 =彡 ,      / /l.:  l |     全編を通して、不思議な空気と時間が流れる
.          '.  l          乂 \ト、ゝ         ≦z. イ|イ: : | |      素晴らしい短編です
          |  |          | 人    ^      |  | !: :   |
          |  |          人ハ个 .      . イ |  | |: : . '.
          |  '.              / | | |.: : :T__,. 斗/ |.:|.: : : ヘ
          |    .           / -| | |アヽイ卉ヽ ̄|′|\: : : :
         |    ∨    .ィ⌒ <  |.' 八_〃|| _,|  l   >‐ 、: .
.          .     ー ´ | |     / /  \    /|  |/   \:  \
                 | ト、     / / \/汁l<   |  |      \.  \
         ヘ._   -┴! \ / .′   / Ηヽ ` |  | /__       ̄| \
                 〉―‐/  i    / /l小 ヘ  |  | .′    ___ノ: .
                    /  .: :′ |    Ⅵ | | Ⅳ  |  | __    / ヘ、: .  '.
                /   : :| |     || ||   | | ∧ ー―く/   \:

958◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:25:34 ID:yX8PGaQM


                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \
  rく         `V〉,\\__       \      3.「白痴が先」 バーナード・マラマッド
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂



    / /    //            /  /    :.       ヽ
.   / /    / / /            /   / /     }           :.
  / /    / / /  /    /  / /  , / /     '    |       :.
  .' /    / / /   '    /  / /; ,イ | /       /   '
  | |      {//,ィ  /   / / /__//_/ノ:.{ {      /    /         :
  { {    _/ィ { /   / /{/ {/ { / { | |    / ,'  /   }       i
  | |       リ ,| {    { /,イ圷ミ、'   :. | |   .イ 7、_/! / /,      |      著者はアメリカ人で
.  マム       /j/! ト.  | { { 比し' ソ}. Ⅳマ! ////イ/ヽ. //     ;     貧しい初老の男の物語です
   \\__,/ / リ 、  !i | 弋こソ    ∨イ /,ィ芹ミ、/ }/ '    / /
     `¨¨/ ,..-::´/:::::|\」ミ :.:.:.:.:         ムし刈 } /}/    ,イ '       知的障害のある息子(大人ですが)
     /   /::::::::::::::::::| 叭         ,    弋こ_ソ/ /     / } /       を西部の叔父の元へ送り出すため
    ,    ,::i:::::::::::::::::::| :人            :.:.:.:. / イ  ,.:' /∧
    / /  {::::,::::::::::::::::::| i  ト    - 、       _,.イ  _,.ィ /  /イ  :.     彼は奮闘します
   ,' /  |:::::',:::::,:::::: | l  | \       ̄`   ≧__/イ::::ヽ  :.   :.
.  { /   / :::: \/::::::::} |  |    、         ...イ/  /::::::::::::.   |  }
   ({   {::::::::::::::{::::::::::Ⅵ|  |/\ ∧ ー = ≦  /  /:::::::::::::::::::}  |  |
   }|   ヽ::::::::: |::::::::::v-|  |///\!/r 、/}  /  /::::::::::::::::::::::::::ヽ !   |
    Ⅵ   }:::::::::|::::::::::{::::|  |//// //>rrr77/  /::::::::::::::::::/::::::::://   ;
     ヽ   |::::::八:::::::::,::::|  |//// {/ノ////,/ /:::/:::::::::::::/:::::::::::://  /

959◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:25:57 ID:yX8PGaQM


    / // /   / / //    }  } l ヽ\   ヽ ヽ
   / ///  / /  j / / !      !  j  l   ヽ   `、ハ
   / / //   / / / /l l l j    ,, j   ハ }    Y  い  ゙,
  j / //  /  -‐7"7T"「 { l     `7~/l__ j   l  l l l i  i
  {// / /   l /l/_l‐ l、い   / l / jノ/ト-  }   } l l |      が、本当に電車が出立する
  / / /l   { l彡勹示ミ< `、  / l/,,云zx、lハ j    ! l   i        ギリギリの夜を迎えても
    !/ {  λ ト{ {:::{:::}} ゙、ヾ∨ /〃__)沁ヾ},,ノ     }   !
    {{ ∧  l トl 乂`'シ  ヽ/ヽ  {:::{::::}:}∥ /  / / ;    !       あと、35ドルがどうしても足りない
      / ヽ l }   '''“        弋`''゙ソ  /イ /ノ j/ l  l
      {/{  \ ::/::/::/:    !      `“''゙ / ノ / }ノ  l  l      そのたった一夜の物語、
    / { い/lλ              ::/::/:: / // /    λ j      たった35ドルの物語です。
   /   ∨  {゙、       へ        / ノ/ー- L   ゙、l
   //:::::/ ̄ __\ \            /彡// ー- ニ \ ゙、
   i:::::::/ / /ヽ_l_> 、        '"//γ ̄ ヽー- ... } ヽ ヽ
   l:::::{      / ハ  { `ー‐    /〈/__⌒`ヽ \:::::::::ハ   Y \
   l:::::::ヽ      /_ノ  ヽ l   __/  /-、 \   }::::::/:::l l::l
   l:::::::::::ヽ     } l / } l /ヘ  { ヽ \    /:::::/:::::l l::l \



                   //             /
                    .' ′       _ -厶==‐.
                l |         ´ /⌒     ` `
  . 、            | |     / //      \   \\
  \\  _        | |     '   /  | |   |
.    \,⊥∨      l l   .′    l | | | .ム斗ヽ ト     i   '.
      /ニヽ}\      从  | l    什ト、从|∧/リ }ノ | l / N  |
.    \‐У、 Υ     \ | |   |八l \|  =≠" И/ ハ|  |       もちろん、
      \ ヽ |         |从 八 =彡 ,      / /l.:  l |       そのたった一夜、
.          '.  l          乂 \ト、ゝ         ≦z. イ|イ: : | |        たった35ドルが
          |  |          | 人    ^      |  | !: :   |
          |  |          人ハ个 .      . イ |  | |: : . '.         彼らにとって全てを分ける運命なのです
          |  '.              / | | |.: : :T__,. 斗/ |.:|.: : : ヘ
          |    .           / -| | |アヽイ卉ヽ ̄|′|\: : : :
         |    ∨    .ィ⌒ <  |.' 八_〃|| _,|  l   >‐ 、: .
.          .     ー ´ | |     / /  \    /|  |/   \:  \
                 | ト、     / / \/汁l<   |  |      \.  \
         ヘ._   -┴! \ / .′   / Ηヽ ` |  | /__       ̄| \
                 〉―‐/  i    / /l小 ヘ  |  | .′    ___ノ: .
                    /  .: :′ |    Ⅵ | | Ⅳ  |  | __    / ヘ、: .  '.
                /   : :| |     || ||   | | ∧ ー―く/   \:

960◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:26:14 ID:yX8PGaQM



                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \
  rく         `V〉,\\__       \         4.「タルパ」 ファン・ルルフォ
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂



           _,. -=-- 、
        ,  '´ '´       ヾ、
       //             ヽ
     , ' /            |
.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !       メキシコの作家です。
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |
  {!      {ハ | |  Ⅳ{示圷、 ∨ / ィチ圷、}/  / :.        突然、水腫ができる病気にかかった男は
   マ、    { 从 {  ム 弋こソ   ∨ 弋こソ/  /  |        タルパの女神像に助けをもとめます
    `\_     |从_从〉       ,     /,.イ/   :.
          /   | T 、   、   ,    /イ}     .        だが、同行した彼の妻と弟が不倫を始めてしまい……
            /   {  | >         <{  ∧   i       というお話
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \
   /    |::::,:::::::::::{| |::::|∨//ハ\/{:: | |}:::::::::/::::|     \
 /      |::::::、:::::::::| |::/ \/  \/i:: | |_::::::/::::: |        ヽ

961◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:26:31 ID:yX8PGaQM



                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \
  rく         `V〉,\\__       \       5.「色、戒」 張愛玲
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂



            //            l |
            //            //
           //               //
          / /          _ //―-  .
       / /        . ´    ⌒ヽ.     ` `  .
.      / /        /   / //  ハ\      \ \
     / /     /  / ,′ l |             \
     .' /          /   |   | |   |   \       '.
      ||     /   /  / |  l |   | \   '.    '.
      ||     .' /      ∧l 从   l.斗ヤT ヘ. |  |    |
     l|    /|     l ヤT|、  \ハノ, |斗=kⅥ   |  ||      これは初見の作家でしたが
.      ' |     |||     |/kr=k\ / 〃{ ノ:::ハ 》| .'|ハ||      超面白かったですねえ……。
.      从   |l 从   |《 { ノ:ハ゛ ′  乂zン  ' / ハ lノ|
       \  イ|||\ ∨乂ン  ,      ::::: // /l |   |      中国人作家で
            人| | >.ゝ::::         < _ . イノ|   |      舞台は太平洋戦争期の香港です
                 | / 八    (`ヽ.     ̄ /  |   |   |
              从/ 个 .   ー   .  /|   |  |   |
               __/__ |   | >┌ <  ||   |     '
            /::::::>、:::l   |_ ノ:::ヽ..._  ,⊥|   |       '.
         /::::::::/  }::::'.  '\::::::::::::::/Υ〉::::|   |>‐V´) ヘ
.         /::::::::/  ,ノ::::∧  ∨,>七コYTYエコ ,-. V::::/ /:|
        |:::::::::l   (:::::::::::∧  〈┼┼┼「|フ┼N | ∨ /:::ヽ
       /、_)::::|   ` ー 、:::::〉  └┼┼厂Vl‐リ ⊥ノ. 〈:::::::::|    \
.       /  |::::::::/ |   _,ノ::〈┼'.  '┼‐/| 「∨/-―  }:::::ノ       \
      /  ,':::::/  '.  |:::::::::::::\‐  ├/‐L..|‐|//,二  /::::::ヽ       ハ
.    /  / ∨    \;:::::::::::::::::ハ|  |/┼|::::|‐|〈/| / |::::::::|          '
   /  /  \     V⌒ヽ:/ |  |‐┼|::::|‐|   /  |:::::ノ\

962◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:26:49 ID:yX8PGaQM



   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |
  {!      {ハ | |  Ⅳ{示圷、 ∨ / ィチ圷、}/  / :.         女革命家が有力者に
   マ、    { 从 {  ム 弋こソ   ∨ 弋こソ/  /  |         テロを仕掛ける話なのですが
    `\_     |从_从〉       ,     /,.イ/   :.
          /   | T 、   、   ,    /イ}     .           それにかかわる、
            /   {  | >         <{  ∧   i         不釣り合いなほど純粋な(多分)恋のお話
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \




    / /    //            /  /    :.       ヽ
.   / /    / / /            /   / /     }           :.
  / /    / / /  /    /  / /  , / /     '    |       :.
  .' /    / / /   '    /  / /; ,イ | /       /   '
  | |      {//,ィ  /   / / /__//_/ノ:.{ {      /    /         :
  { {    _/ィ { /   / /{/ {/ { / { | |    / ,'  /   }       i
  | |       リ ,| {    { / /    /   :. | |   .イ 7、_/! / /,      |
.  マム       /j/! ト.  | {       Ⅳマ! ////イ/ヽ. //     ;     許されざる相手に恋をしてしまった
   \\__,/ / リ 、  !i |ー=ミ、,     ∨イ /     // }/ '    / /      事に気付く主人公
     `¨¨/ ,..-::´/:::::|\」ミ :.:.:.:.:              } /}/    ,イ '
     /   /::::::::::::::::::| 叭         ,     ー=ミ、,/ /     / } /       さて、暗殺計画はどうなるのでしょう?
    ,    ,::i:::::::::::::::::::| :人            :.:.:.:. / イ  ,.:' /∧
    / /  {::::,::::::::::::::::::| i  ト    - 、       _,.イ  _,.ィ /  /イ  :.
   ,' /  |:::::',:::::,:::::: | l  | \       ̄`   ≧__/イ::::ヽ  :.   :.
.  { /   / :::: \/::::::::} |  |    、         ...イ/  /::::::::::::.   |  }
   ({   {::::::::::::::{::::::::::Ⅵ|  |/\ ∧ ー = ≦  /  /:::::::::::::::::::}  |  |
   }|   ヽ::::::::: |::::::::::v-|  |///\!/r 、/}  /  /::::::::::::::::::::::::::ヽ !   |
    Ⅵ   }:::::::::|::::::::::{::::|  |//// //>rrr77/  /::::::::::::::::::/::::::::://   ;
     ヽ   |::::::八:::::::::,::::|  |//// {/ノ////,/ /:::/:::::::::::::/:::::::::::://  /

963◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:27:10 ID:yX8PGaQM


                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \
  rく         `V〉,\\__       \      6.「肉の家」 ユースフ・イドリーヌ
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂



             //     /     / ´ ヽ\    \
        ─‐、  //    /    /⌒' /    \    \
.       //⌒ヽ i  /      ,   /   i i|      丶    ヽ
     ―'/   i | | |   / /   / '   | i|   | ヽ   ∨
   //⌒    リ | |    /     / │| i|   | '|⌒:.  |  | │
    i |       {{ | |  i |  | :i | ィ'l⌒|:.   |八_.._∨:!  ∧        肉の家!
.            / | |  | |  | i| |\l_.._八:. ∨〃⌒r∨ j/  ∨
     \、______〉〉  | 人|:.│ i| i∨〃⌒ \/  :::::::', ∨{\ |        意味深なタイトルですね?
      ────  /∨ 八ハ.八 Y゙} :::::       厶. \ / ':       え? 焼肉屋? ……違いますよ?
                ∨ /\ /\{_  r‐   7  /   ∧  ':
                / /   /\ `<_ ` ー   ´  /    ':
                      xー=个 ..,_ `_ト- イ{  イ¨¨⌒Y\ \
             /    /:::::::::::::::: __}/ 入 人\__ト、:::::::::}  \ \
             /      /|::::::::::::::::::{_/:::/Vl:::::\__} :::::::|       \
            /   /   .|::::\ ::::::「::::8:::::〔_{}_〕::::::::::8::|:::::::::|    \  \
.         /   /   / /| :|:::::::ー=|:::::::::::ノV|V::::::::::::::::l/:::八      \  \
           /      |八 :::::::::::〉:::::::::::::}|{::::::::::::::〈 :::::/  \        \
.       /   /        / ∧::::\::::「 :::::::::::::ノ |人::::::::::::::〉:/    \     )

964◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:27:23 ID:yX8PGaQM



   //        /   / ! ll   l  `、     \ \    ヽ
   //       /     /  l  {{  l      ヽ  \    ヘ
  //         / /   /     l!    ゞ、,,,_l __ヽ Y   l ハ
  j !       / /  l j   l   ゙、   l l } }ヽ「}\ ハl    !ト i       つまり、そういうアダルトなお話です
  ! !       / /   l  l |lノ''ト、\   j j/リ }ノ  )ノ }   j l }
  l l         ! l   l  { l_,,イl ヽ! \  / ノ =ミz彡"  j / /λj!        著者はエジプト人
  { l      l /l      λト、 ! l  xァ \{    ;:;:;:;:;:;:;:;:// /  `、       もちろん、イスラム教徒でしょう
   ! !      l ! }      l { ヾッ彡'゙   ゝ    ;:;:;:;:;:;/ / l ヘ `、
   ベ、     ll j/l {  l ト、ヘ  ;:;:;:;:;:;:;:    ,,.、   ーニ彡/l  l  \ `、
    \       l/ l ト、 トl  ヽ__;:;:;:;,,     {⌒ヽ     /|l l    `、
     \   ノヽ ゝl\l \    ̄ノ    乂 ノ   /  l !|      `、
               j /  ヽ`ミ下 _       / l  l  l \    \
               / /   ハ  l l l  ̄ T ー- イ __l   l  l  l  \      ` 、
                / /   / l  !>-、 ノミーァf下 ヘ /^ト-!  l _  \     `丶 、
             / /   / -‐┤ } 弋 ̄ //l"ト、`i`''ーj λ ゙、: : \  `::..、      `ヽ、



           _,. -=-- 、
        ,  '´ '´       ヾ、
       //             ヽ
     , ' /            |
.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !        三人の不器量な娘を抱えた未亡人
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |         その家を訪れる盲目のコーラン暗誦者
  {!      {ハ | |  Ⅳi リ    ∨ / / /  }/  / :.
   マ、    { 从 {  ム ,ィ=ミ  ∨ ,ィ=ミ /  /  |         「母さんが結婚していないから
    `\_     |从_从〉      ,      /,.イ/   :.        この家には男が寄り付かないの!」
          /   | T 、   、   ,    /イ}     .
            /   {  | >         <{  ∧   i          娘たちにそう言われて、
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.        母親はその盲目の男と結婚します
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \
   /    |::::,:::::::::::{| |::::|∨//ハ\/{:: | |}:::::::::/::::|     \
 /      |::::::、:::::::::| |::/ \/  \/i:: | |_::::::/::::: |        ヽ

965◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:27:47 ID:yX8PGaQM




  / /    / / /  /    /  / /  , / /     '    |       :.
  .' /    / / /   '    /  / /; ,イ | /       /   '
  | |      {//,ィ  /   / / /__//_/ノ:.{ {      /    /         :
  { {    _/ィ { /   / /{/ {/ { / { | |    / ,'  /   }       i
  | |       リ ,| {    { /,イ圷ミ、'   :. | |   .イ 7、_/! / /,      |
.  マム       /j/! ト.  | { { 比し' ソ}. Ⅳマ! ////イ/ヽ. //     ;     男は誠実でよくできた人物です
   \\__,/ / リ 、  !i | 弋こソ    ∨イ /,ィ芹ミ、/ }/ '    / /
     `¨¨/ ,..-::´/:::::|\」ミ :.:.:.:.:         ムし刈 } /}/    ,イ '       貧しいながらも
     /   /::::::::::::::::::| 叭         ,    弋こ_ソ/ /     / } /       頑張ってためた金で
    ,    ,::i:::::::::::::::::::| :人            :.:.:.:. / イ  ,.:' /∧      未亡人に指輪を買ってあげました
    / /  {::::,::::::::::::::::::| i  ト    - 、       _,.イ  _,.ィ /  /イ  :.
   ,' /  |:::::',:::::,:::::: | l  | \       ̄`   ≧__/イ::::ヽ  :.   :.
.  { /   / :::: \/::::::::} |  |    、         ...イ/  /::::::::::::.   |  }
   ({   {::::::::::::::{::::::::::Ⅵ|  |/\ ∧ ー = ≦  /  /:::::::::::::::::::}  |  |
   }|   ヽ::::::::: |::::::::::v-|  |///\!/r 、/}  /  /::::::::::::::::::::::::::ヽ !   |




  .,′       /  \: : : :.:/: : /: : : : : :Ⅵ:.:ヽ: : : : : : : : :.ヽ..、: : :..マ
 i          ./  ,..__ .\: :.i: : :i: : : : : :、: Ⅵヽ: : :、: : : : : : : :Ⅵ: : : :.マ
 i       ./  /: : :  ̄`: :i: : :i: : : : : :.i: : }: :∧: : ヽ: : : : : : :.Ⅵ: : : : マ
 i       ' /./: : : : : : : : : : :.:i: 、 : : :.:}: :.i / ∧: : : Ⅵ : : : : :.Ⅵ: : .ヽi
 |       i./i/: : : : : : : : | : 、: :Ⅵ: : : :|: : ト、 ト、}: : : ::i:i: : : : : : }i : : :.:.:ト、        ここから動くのが物語の神髄です
 |       |:.|i : : : : : : : : 从_:.\.Ⅵ: : 从:.i__i_i__izzz、i: : : :.八: |: : : : : Ⅵ        盲目の夫が妻を妻と知るためには
 |       |:从: : : : : : :./z厶斗:.\、: / i:i`T广|ノ__zz、: ::/: :.:)}: : : : : :‘:.,
 |       |/i::i: : : : : 乂从ノ  \: :.X   '′,ィ孑戔iリ.八 \〃: : : : : : : : \       その指輪の手触りと
  :.       乂:ノ: : : : : : : } :气テ秀ァ/      ゝ≠"ト‐‐ヽ i: / ̄ ̄Ⅵ: : ::\    彼女の声しか手がかりがないんです
  ヽ.       Ⅵ乂: :ヽ: : \_ ゞ=´     .XXXXX /`ー、 Ⅵi/    \: : : :.\   ふふ……、解りますね?この意味
   \       /   `ー-...∧‐´XXX   i       ̄ノ: :/ / }       {: : : : : : \
     \           //:::::.、      ___.....,,ィ   `/  ./     /.  ∧: : : : : : : \
      )        i i / 介::..     ヽ__...ノ  /   /i     /    ) : : : : : : : :\
     /           |  Ⅵ/|\ヽ::::≧ ....__ ,イ/   /:::i   / __  〈: : : : : : : : : : : \
                 j    :|  \`ー------ /   イi  i ../ ´     /i: : : : : : : : : : : : : \
                / \  .|   `------- 〉   /Ⅵ /       / :i: : : : : : : : : : : : : : :

966◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:28:10 ID:yX8PGaQM


                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \        7.「小さな黒い箱」 フィリップ・K・ディック
  rく         `V〉,\\__       \
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂



           _,. -=-- 、
        ,  '´ '´       ヾ、
       //             ヽ
     , ' /            |
.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |         P・K・ディックを入れたい気持ちはわかるんですが
  {!      {ハ | |  Ⅳ{示圷、 ∨ / ィチ圷、}/  / :.         この中だと浮いているような……?
   マ、    { 从 {  ム 弋こソ   ∨ 弋こソ/  /  |
    `\_     |从_从〉       ,     /,.イ/   :.          言わずと知れた、アメリカのSFの大家ですね
          /   | T 、         u /イ}     .           『ユービック』とか、『アンドロイドは電気羊の~』とか
            /   {  | >  v―っ  <{  ∧   i
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.         まあ、普通に面白いんでいいんですけど
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \
   /    |::::,:::::::::::{| |::::|∨//ハ\/{:: | |}:::::::::/::::|     \
 /      |::::::、:::::::::| |::/ \/  \/i:: | |_::::::/::::: |        ヽ

967◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:28:32 ID:yX8PGaQM



                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \
  rく         `V〉,\\__       \       8.「呪い卵」 チヌア・アチェベ
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂



                   //             /
                    .' ′       _ -厶==‐.
                l |         ´ /⌒     ` `
  . 、            | |     / //      \   \\
  \\  _        | |     '   /  | |   |
.    \,⊥∨      l l   .′    l | | | .ム斗ヽ ト     i   '.
      /ニヽ}\      从  | l    什ト、从|∧/リ }ノ | l / N  |
.    \‐У、 Υ     \ | |   |八l \|  =≠" И/ ハ|  |      ナイジェリアの作家ですね
      \ ヽ |         |从 八 =彡 ,      / /l.:  l |      ノーベル賞もとってるので割と有名です
.          '.  l          乂 \ト、ゝ         ≦z. イ|イ: : | |
          |  |          | 人    ^      |  | !: :   |        天然痘のお話、
          |  |          人ハ个 .      . イ |  | |: : . '.        呪いや魔術がまだ色濃く残る大地の話ですね
          |  '.              / | | |.: : :T__,. 斗/ |.:|.: : : ヘ
          |    .           / -| | |アヽイ卉ヽ ̄|′|\: : : :
         |    ∨    .ィ⌒ <  |.' 八_〃|| _,|  l   >‐ 、: .
.          .     ー ´ | |     / /  \    /|  |/   \:  \
                 | ト、     / / \/汁l<   |  |      \.  \
         ヘ._   -┴! \ / .′   / Ηヽ ` |  | /__       ̄| \
                 〉―‐/  i    / /l小 ヘ  |  | .′    ___ノ: .
                    /  .: :′ |    Ⅵ | | Ⅳ  |  | __    / ヘ、: .  '.
                /   : :| |     || ||   | | ∧ ー―く/   \:
                  / /: : : :| |. |     L| L|   | |乂/.: : : : : : : :\    ヽ

968◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:28:49 ID:yX8PGaQM


                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \       9.「朴達の裁判」 金達寿
  rく         `V〉,\\__       \
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂




             //     /     / ´ ヽ\    \
        ─‐、  //    /    /⌒' /    \    \
.       //⌒ヽ i  /      ,   /   i i|      丶    ヽ
     ―'/   i | | |   / /   / '   | i|   | ヽ   ∨
   //⌒    リ | |    /     / │| i|   | '|⌒:.  |  | │
    i |       {{ | |  i |  | :i | ィ'l⌒|:.   |八_.._∨:!  ∧        こーれーも超面白かったですねえ
.            / | |  | |  | i| |\l_.._八:. ∨〃⌒r∨ j/  ∨
     \、______〉〉  | 人|:.│ i| i∨〃⌒ \/  :::::::', ∨{\ |        韓国人の作家ですが
      ────  /∨ 八ハ.八 Y゙} :::::       厶. \ / ':       この作品は日本語で書かれています
                ∨ /\ /\{_  r‐   7  /   ∧  ':
                / /   /\ `<_ ` ー   ´  /    ':
                      xー=个 ..,_ `_ト- イ{  イ¨¨⌒Y\ \
             /    /:::::::::::::::: __}/ 入 人\__ト、:::::::::}  \ \
             /      /|::::::::::::::::::{_/:::/Vl:::::\__} :::::::|       \
            /   /   .|::::\ ::::::「::::8:::::〔_{}_〕::::::::::8::|:::::::::|    \  \
.         /   /   / /| :|:::::::ー=|:::::::::::ノV|V::::::::::::::::l/:::八      \  \
           /      |八 :::::::::::〉:::::::::::::}|{::::::::::::::〈 :::::/  \        \
.       /   /        / ∧::::\::::「 :::::::::::::ノ |人::::::::::::::〉:/    \     )

969◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:31:26 ID:yX8PGaQM



    / /    //            /  /    :.       ヽ
.   / /    / / /            /   / /     }           :.
  / /    / / /  /    /  / /  , / /     '    |       :.
  .' /    / / /   '    /  / /; ,イ | /       /   '
  | |      {//,ィ  /   / / /__//_/ノ:.{ {      /    /         :
  { {    _/ィ { /   / /{/ {/ { / { | |    / ,'  /   }       i
  | |       リ ,| {    { /,イ圷ミ、'   :. | |   .イ 7、_/! / /,      |    主人公の朴達は
.  マム       /j/! ト.  | { { 比し' ソ}. Ⅳマ! ////イ/ヽ. //     ;     小作人出身のつかみどころのない男です
   \\__,/ / リ 、  !i | 弋こソ    ∨イ /,ィ芹ミ、/ }/ '    / /
     `¨¨/ ,..-::´/:::::|\」ミ :.:.:.:.:         ムし刈 } /}/    ,イ '      刑務所で思想を学びますが、
     /   /::::::::::::::::::| 叭         ,    弋こ_ソ/ /     / } /      掴まるたびに「すみません、もうしやせん」
    ,    ,::i:::::::::::::::::::| :人            :.:.:.:. / イ  ,.:' /∧     などといって「転向」する
    / /  {::::,::::::::::::::::::| i  ト    - 、       _,.イ  _,.ィ /  /イ  :.
   ,' /  |:::::',:::::,:::::: | l  | \       ̄`   ≧__/イ::::ヽ  :.   :.     簡単に釈放されてしまう
.  { /   / :::: \/::::::::} |  |    、         ...イ/  /::::::::::::.   |  }
   ({   {::::::::::::::{::::::::::Ⅵ|  |/\ ∧ ー = ≦  /  /:::::::::::::::::::}  |  |
   }|   ヽ::::::::: |::::::::::v-|  |///\!/r 、/}  /  /::::::::::::::::::::::::::ヽ !   |
    Ⅵ   }:::::::::|::::::::::{::::|  |//// //>rrr77/  /::::::::::::::::::/::::::::://   ;
     ヽ   |::::::八:::::::::,::::|  |//// {/ノ////,/ /:::/:::::::::::::/:::::::::::://  /



                   //             /
                    .' ′       _ -厶==‐.
                l |         ´ /⌒     ` `
  . 、            | |     / //      \   \\
  \\  _        | |     '   /  | |   |
.    \,⊥∨      l l   .′    l | | | .ム斗ヽ ト     i   '.
      /ニヽ}\      从  | l    什ト、从|∧/リ }ノ | l / N  |      官憲にシバかれては泣き声をあげ
.    \‐У、 Υ     \ | |   |八l \|  =≠" И/ ハ|  |      許しを請う彼の姿
      \ ヽ |         |从 八 =彡 ,      / /l.:  l |
.          '.  l          乂 \ト、ゝ         ≦z. イ|イ: : | |       周囲の住民も裁判官も
          |  |          | 人    ^      |  | !: :   |        妙に扱いかねている様子
          |  |          人ハ个 .      . イ |  | |: : . '.
          |  '.              / | | |.: : :T__,. 斗/ |.:|.: : : ヘ
          |    .           / -| | |アヽイ卉ヽ ̄|′|\: : : :
         |    ∨    .ィ⌒ <  |.' 八_〃|| _,|  l   >‐ 、: .
.          .     ー ´ | |     / /  \    /|  |/   \:  \
                 | ト、     / / \/汁l<   |  |      \.  \
         ヘ._   -┴! \ / .′   / Ηヽ ` |  | /__       ̄| \
                 〉―‐/  i    / /l小 ヘ  |  | .′    ___ノ: .
                    /  .: :′ |    Ⅵ | | Ⅳ  |  | __    / ヘ、: .  '.
                /   : :| |     || ||   | | ∧ ー―く/   \:

970◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:31:48 ID:yX8PGaQM



.      //       /     /   /      \      \
.        /       /     /     /                  \
    / /       (,_____   /  l        ______}  ,
     /      /  // ̄   / , |             ̄\      l
    l |        /  _/   /  //  1  |       | |     l \____l
    | |     _.√ /   /  / 」 斗匕 l|     lト |l..」_| |       |
    | |       |l  l  l|  l { l| l| l  l|     从 八 | |  ;  .     |    これは言うなれば英雄譚なのですが
    | |       |l  |  l|  l {ハ_,メ冬ミ八    价 /lィ冬ミx/     | |
    | |       |l  |  l|  l 爪 {_)i::l..}^' \/  j/^{_)i:::l.} )〉  |l  | |    勇敢で高潔で志を曲げない
    | |     八 |  l|  lハ  乂..ツ     ´  乂..ツ/   八 l |    昔ながらの英雄とは一味違います
    | |       )人  l|l ぃ {  `¨´   ;     `¨^ フイ. イ  }/  |
.   八 、    /  \|l  \\"""   '    """∠ ;リ 八    |
      ` ミニ=-     八|\{ミト-ー    .,_     _彡イ´| l\  |
                  |    |个:..    {_}    イ    | l ,__\  ,
.                r'⌒|    |\___〕ト .    <}:::|   l |/⌒¨L.....`
.                |:::::::|    |::::::::/:::::::::{`ニ´  /:::::|   l |::::::::::::::::::::::::} \
             人:::::|    |:::::::{::::::::::::\__/:::::::::::|   l |::::::::::::::::::::::::},_   \
              /{::::::::::|    |:::::::{::::::/}⌒⌒{\:::::::|   l |::::::::::::/⌒V:::::}   \
.            // {::::::::::|    |:::::::{∠:::::「`i⌒iトミ:\]  l |:::::::::::i¨⌒¨`V     \



          / /          _ //―-  .
       / /        . ´    ⌒ヽ.     ` `  .
.      / /        /   / //  ハ\      \ \
     / /     /  / ,′ l |             \
     .' /          /   |   | |   |   \       '.
      ||     /   /  / |  l |   | \   '.    '.
      ||     .' /      ∧l 从   l.斗ヤT ヘ. |  |    |      こういう、ちょっと変わった人物を
     l|    /|     l ヤT|、  \ハノ, |斗=kⅥ   |  ||      英雄に仕立て上げる冒険譚は
.      ' |     |||     |/kr=k\ / 〃{ ノ:::ハ 》| .'|ハ||      結構文学では常套手段で
.      从   |l 从   |《 { ノ:ハ゛ ′  乂zン  ' / ハ lノ|
       \  イ|||\ ∨乂ン  ,      ::::: // /l |   |      いろんなところでよく見かけるんですが……
            人| | >.ゝ::::         < _ . イノ|   |
                 | / 八    (`ヽ.     ̄ /  |   |   |       これ、やる夫スレにぴったりだと思うんですよね
              从/ 个 .   ー   .  /|   |  |   |        誰か作りませんかねえ
               __/__ |   | >┌ <  ||   |     '
            /::::::>、:::l   |_ ノ:::ヽ..._  ,⊥|   |       '.
         /::::::::/  }::::'.  '\::::::::::::::/Υ〉::::|   |>‐V´) ヘ
.         /::::::::/  ,ノ::::∧  ∨,>七コYTYエコ ,-. V::::/ /:|
        |:::::::::l   (:::::::::::∧  〈┼┼┼「|フ┼N | ∨ /:::ヽ
       /、_)::::|   ` ー 、:::::〉  └┼┼厂Vl‐リ ⊥ノ. 〈:::::::::|    \
.       /  |::::::::/ |   _,ノ::〈┼'.  '┼‐/| 「∨/-―  }:::::ノ       \

971◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:32:01 ID:yX8PGaQM



                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \        10.「夜の海の旅」 ジョン・バース
  rく         `V〉,\\__       \
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂




                   //             /
                    .' ′       _ -厶==‐.
                l |         ´ /⌒     ` `
  . 、            | |     / //      \   \\
  \\  _        | |     '   /  | |   |
.    \,⊥∨      l l   .′    l | | | .ム斗ヽ ト     i   '.       アメリカの作家です
      /ニヽ}\      从  | l    什ト、从|∧/リ }ノ | l / N  |
.    \‐У、 Υ     \ | |   |八l \|  =≠" И/ ハ|  |       読んでいてここで思ったんですが
      \ ヽ |         |从 八 =彡 ,      / /l.:  l |
.          '.  l          乂 \ト、ゝ         ≦z. イ|イ: : | |        なんでアメリカとその他を
          |  |          | 人    ^      |  | !: :   |         ひとくくりにしてしまったのか……
          |  |          人ハ个 .      . イ |  | |: : . '.
          |  '.              / | | |.: : :T__,. 斗/ |.:|.: : : ヘ
          |    .           / -| | |アヽイ卉ヽ ̄|′|\: : : :
         |    ∨    .ィ⌒ <  |.' 八_〃|| _,|  l   >‐ 、: .
.          .     ー ´ | |     / /  \    /|  |/   \:  \
                 | ト、     / / \/汁l<   |  |      \.  \
         ヘ._   -┴! \ / .′   / Ηヽ ` |  | /__       ̄| \
                 〉―‐/  i    / /l小 ヘ  |  | .′    ___ノ: .
                    /  .: :′ |    Ⅵ | | Ⅳ  |  | __    / ヘ、: .  '.
                /   : :| |     || ||   | | ∧ ー―く/   \:

972◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:32:25 ID:yX8PGaQM



     , ' /            |
.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !        ジョン・バースという人は
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |         いわゆるポストモダン文学の中心的な人物で
  {!      {ハ | |  Ⅳ{示圷、 ∨ / ィチ圷、}/  / :.
   マ、    { 从 {  ム 弋こソ   ∨ 弋こソ/  /  |         やっぱり短編でも実験的なんですよね
    `\_     |从_从〉       ,     /,.イ/   :.        短い分、より実験性が際立っているというか
          /   | T 、   、   ,    /イ}     .
            /   {  | >         <{  ∧   i
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \




    / /    //            /  /    :.       ヽ
.   / /    / / /            /   / /     }           :.
  / /    / / /  /    /  / /  , / /     '    |       :.
  .' /    / / /   '    /  / /; ,イ | /       /   '
  | |      {//,ィ  /   / / /__//_/ノ:.{ {      /    /         :
  { {    _/ィ { /   / /{/ {/ { / { | |    / ,'  /   }       i
  | |       リ ,| {    { /,イ圷ミ、'   :. | |   .イ 7、_/! / /,      |    他の旧植民地の作家たちの
.  マム       /j/! ト.  | { { 比し' ソ}. Ⅳマ! ////イ/ヽ. //     ;     圧倒的テーマを持った物語に対し
   \\__,/ / リ 、  !i | 弋こソ    ∨イ /,ィ芹ミ、/ }/ '    / /
     `¨¨/ ,..-::´/:::::|\」ミ :.:.:.:.:         ムし刈 } /}/    ,イ '      少し、弱いかな……、という気も
     /   /::::::::::::::::::| 叭         ,    弋こ_ソ/ /     / } /      してしまうのです。
    ,    ,::i:::::::::::::::::::| :人            :.:.:.:. / イ  ,.:' /∧
    / /  {::::,::::::::::::::::::| i  ト    - 、       _,.イ  _,.ィ /  /イ  :.
   ,' /  |:::::',:::::,:::::: | l  | \       ̄`   ≧__/イ::::ヽ  :.   :.
.  { /   / :::: \/::::::::} |  |    、         ...イ/  /::::::::::::.   |  }
   ({   {::::::::::::::{::::::::::Ⅵ|  |/\ ∧ ー = ≦  /  /:::::::::::::::::::}  |  |
   }|   ヽ::::::::: |::::::::::v-|  |///\!/r 、/}  /  /::::::::::::::::::::::::::ヽ !   |
    Ⅵ   }:::::::::|::::::::::{::::|  |//// //>rrr77/  /::::::::::::::::::/::::::::://   ;
     ヽ   |::::::八:::::::::,::::|  |//// {/ノ////,/ /:::/:::::::::::::/:::::::::::://  /

973◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:32:39 ID:yX8PGaQM



.      //       /     /   /      \      \
.        /       /     /     /                  \
    / /       (,_____   /  l        ______}  ,
     /      /  // ̄   / , |             ̄\      l
    l |        /  _/   /  //  1  |       | |     l \____l
    | |     _.√ /   /  / 」 斗匕 l|     lト |l..」_| |       |
    | |       |l  l  l|  l { l| l| l  l|     从 八 | |  ;  .     |    まあ、こういうのは
    | |       |l  |  l|  l {ハ_,メ冬ミ八    价 /lィ冬ミx/     | |    同じ土俵で比べるものでもないですし
    | |       |l  |  l|  l 爪 {_)i::l..}^' \/  j/^{_)i:::l.} )〉  |l  | |
    | |     八 |  l|  lハ  乂..ツ     ´  乂..ツ/   八 l |    バースの流麗で知的な言語実験に
    | |       )人  l|l ぃ {  `¨´   ;     `¨^ フイ. イ  }/  |     おぼれてみるのもいいと思います
.   八 、    /  \|l  \\"""   '    """∠ ;リ 八    |
      ` ミニ=-     八|\{ミト-ー    .,_     _彡イ´| l\  |
                  |    |个:..    {_}    イ    | l ,__\  ,
.                r'⌒|    |\___〕ト .    <}:::|   l |/⌒¨L.....`
.                |:::::::|    |::::::::/:::::::::{`ニ´  /:::::|   l |::::::::::::::::::::::::} \
             人:::::|    |:::::::{::::::::::::\__/:::::::::::|   l |::::::::::::::::::::::::},_   \
              /{::::::::::|    |:::::::{::::::/}⌒⌒{\:::::::|   l |::::::::::::/⌒V:::::}   \



      / /    /          |           |         `
.     / /    /              | l|        } } |
    / /    /            | l|        } } | |l
                  l 斗-| l|、{          斗-|l、 |l      |
   |  l           |  l   | |八 、       / /И 八N|       |    「彼岸」をめざす「ぼくたち」の物語
   |  |      |{       |  |-=イ_):::ハV\   /|/ィ__)::バく{
   |  |    八/  |   |  {爪 {...i::::l....}^  \/   {...i::::l...} 爪    / /      「ぼくたち」が何かといのは
   |  |      ヘ { |   {  {   乂辷ツ         乂辷ン/  }    ∧{      表面的にはなぞなぞですが
   |  |    /  }∧|     \ヽヽヽ    {      ヽヽヽ7      |
.  八       / И人   }ト--                   /    |      実際にはもう一つ上の暗喩なのでしょう
     ヽ     / ..-‐-ミ\jハ人      、   _,   ∠  イ  ...-‐-ミ
            / /::::::::::::::\|   个:..               /|   |/::::::::::::::::\
.           / _{::::/{:::::::::::|   |::::::::::ト .      イ:::::::|   |::::::::::| ̄\::::}\
          / {::::     ̄|::: |   |::::::::::::.   ー ´  ..::::::: |   |::::::::::|     〈   \
.         /   ∨     」::: |   |::::::::::::::\_____/::::::::::: |   |::::::::::|
        /           {::::: |   |::::::::::::::/V⌒V\::::::::::: |   |::{ ̄
.       /     |     \ |   |::::::::/[::::][___]::\:\::::: |   |::::::)       |     l

974◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:32:51 ID:yX8PGaQM


                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \
  rく         `V〉,\\__       \       11.「ジョーカー最大の勝利」 ドナルド・バーセルミ
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂



           _,. -=-- 、
        ,  '´ '´       ヾ、
       //             ヽ
     , ' /            |
.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |         いや、バースを入れるのはいいんですよ
  {!      {ハ | |  Ⅳi リ    ∨ / / /  }/  / :.         バーセルミを入れるのもいいんです……
   マ、    { 从 {  ム 、__,..  ∨ 、_,. /  /  |
    `\_     |从_从〉  ̄   ,    ̄ /,.イ/   :.          でも、なんでこの二人を並べたんだ……
          /   | T 、         u /イ}     .
            /   {  | >  v―っ  <{  ∧   i
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \
   /    |::::,:::::::::::{| |::::|∨//ハ\/{:: | |}:::::::::/::::|     \
 /      |::::::、:::::::::| |::/ \/  \/i:: | |_::::::/::::: |        ヽ

975◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:33:09 ID:yX8PGaQM



      //                    |}
.     //             ,. -‐==∠⌒ヽ´ ̄
    //              ,  ´  ,  /  ,  、  \    \ 、
    ,′          /   /.  /  〃   ∨  ヽ    \ヽ
   ,'/           /   〃  /  { |     ',          \
.  〃         /    /       { |    ,}           ヽ ∧
.  {i.           //.   /     ∧   | |   从  丶
.  ||          /ィ     i   /i / i{.   | !  .∧ }、  ,     ∨  }
.  |l          //i.    {孑 ´ ̄ ト|、  レ 孑廾 ‐-、 l 从      }  !    この人もアメリカのポストモダン作家
.  |l         ノルノ     !/∨ノ'  ヾ∨   /|/ j丿 }八       |  .|
.  |{.         / . ,  、 八 ___  \ r'   ___  }     ハ ノ ′    バースよりさらに奇天烈で知的で実験的
.  { !       厶イ{  \〃 ):::::::リヾ  `   'てノ::::丿》 }     ノ   i      って印象の作家ですね
 八 、          ト \   ゝ 乂ソ          乂ソ  厶イ /|/
   ヽ\        /丿 {` ヽj        `            / / ノ | レ      なんでこの二人を並べたんでしょう
     ` 丶.    〃      八     、__,、_,    ー=彡 一'   ! |
          У  .人  ! \    乂::::::::::〉     イ   /   '  |
          /   /  ヽj  ,>    ` ¨´   </ノ l /.    |
            /   /  /  〃  |≧=-    /i仆 !/,       |
        /   /  / ‐一'::::::::::∨   ゝ、 / /{  ∨::}≧=-、



                   //             /
                    .' ′       _ -厶==‐.
                l |         ´ /⌒     ` `
  . 、            | |     / //      \   \\
  \\  _        | |     '   /  | |   |
.    \,⊥∨      l l   .′    l | | | .ム斗ヽ ト     i   '.
      /ニヽ}\      从  | l    什ト、从|∧/リ }ノ | l / N  |      内容はバットマンのパロディで批評です
.    \‐У、 Υ     \ | |   |八l \|  =≠" И/ ハ|  |
      \ ヽ |         |从 八 =彡 ,      / /l.:  l |      元ネタへの知識を要求したり
.          '.  l          乂 \ト、ゝ         ≦z. イ|イ: : | |       くだらないギャグを入れたりするの
          |  |          | 人    ^      |  | !: :   |
          |  |          人ハ个 .      . イ |  | |: : . '.        すっごく好みです
          |  '.              / | | |.: : :T__,. 斗/ |.:|.: : : ヘ      合わない人にはとことん合いませんが
          |    .           / -| | |アヽイ卉ヽ ̄|′|\: : : :
         |    ∨    .ィ⌒ <  |.' 八_〃|| _,|  l   >‐ 、: .
.          .     ー ´ | |     / /  \    /|  |/   \:  \
                 | ト、     / / \/汁l<   |  |      \.  \
         ヘ._   -┴! \ / .′   / Ηヽ ` |  | /__       ̄| \
                 〉―‐/  i    / /l小 ヘ  |  | .′    ___ノ: .
                    /  .: :′ |    Ⅵ | | Ⅳ  |  | __    / ヘ、: .  '.
                /   : :| |     || ||   | | ∧ ー―く/   \:
                  / /: : : :| |. |     L| L|   | |乂/.: : : : : : : :\    ヽ
              / /: : : : :l八/|/        |   八 |、/ : : : '. : : : : : /    /:  |

976◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:33:31 ID:yX8PGaQM


                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \
  rく         `V〉,\\__       \      12.「レシタティフ――叙唱」 トニ・モリスン
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂




    / /    //            /  /    :.       ヽ
.   / /    / / /            /   / /     }           :.
  / /    / / /  /    /  / /  , / /     '    |       :.
  .' /    / / /   '    /  / /; ,イ | /       /   '
  | |      {//,ィ  /   / / /__//_/ノ:.{ {      /    /         :
  { {    _/ィ { /   / /{/ {/ { / { | |    / ,'  /   }       i
  | |       リ ,| {    { / /    /   :. | |   .イ 7、_/! / /,      |    テーマ性、文章力、レアリティ
.  マム       /j/! ト.  | {       Ⅳマ! ////イ/ヽ. //     ;     知名度、手法etc
   \\__,/ / リ 、  !i |ー=ミ、,     ∨イ /     // }/ '    / /
     `¨¨/ ,..-::´/:::::|\」ミ :.:.:.:.:              } /}/    ,イ '      あらゆる点を総合的に考えるなら
     /   /::::::::::::::::::| 叭         ,     ー=ミ、,/ /     / } /      この本の中で最高の短編はこれでしょう
    ,    ,::i:::::::::::::::::::| :人            :.:.:.:. / イ  ,.:' /∧
    / /  {::::,::::::::::::::::::| i  ト    - 、       _,.イ  _,.ィ /  /イ  :.     全く隙が無い最高の小説です
   ,' /  |:::::',:::::,:::::: | l  | \       ̄`   ≧__/イ::::ヽ  :.   :.
.  { /   / :::: \/::::::::} |  |    、         ...イ/  /::::::::::::.   |  }
   ({   {::::::::::::::{::::::::::Ⅵ|  |/\ ∧ ー = ≦  /  /:::::::::::::::::::}  |  |
   }|   ヽ::::::::: |::::::::::v-|  |///\!/r 、/}  /  /::::::::::::::::::::::::::ヽ !   |
    Ⅵ   }:::::::::|::::::::::{::::|  |//// //>rrr77/  /::::::::::::::::::/::::::::://   ;
     ヽ   |::::::八:::::::::,::::|  |//// {/ノ////,/ /:::/:::::::::::::/:::::::::::://  /

977◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:33:51 ID:yX8PGaQM



                   //             /
                    .' ′       _ -厶==‐.
                l |         ´ /⌒     ` `
  . 、            | |     / //      \   \\
  \\  _        | |     '   /  | |   |
.    \,⊥∨      l l   .′    l | | | .ム斗ヽ ト     i   '.
      /ニヽ}\      从  | l    什ト、从|∧/リ }ノ | l / N  |      著者のトニ・モリスンは
.    \‐У、 Υ     \ | |   |八l \|  =≠" И/ ハ|  |      アフリカ系のアメリカ人です
      \ ヽ |         |从 八 =彡 ,      / /l.:  l |
.          '.  l          乂 \ト、ゝ         ≦z. イ|イ: : | |       ノーベル賞も持ってます
          |  |          | 人    ^      |  | !: :   |        誰もが認める世界最高峰の作家ですね
          |  |          人ハ个 .      . イ |  | |: : . '.
          |  '.              / | | |.: : :T__,. 斗/ |.:|.: : : ヘ
          |    .           / -| | |アヽイ卉ヽ ̄|′|\: : : :
         |    ∨    .ィ⌒ <  |.' 八_〃|| _,|  l   >‐ 、: .
.          .     ー ´ | |     / /  \    /|  |/   \:  \
                 | ト、     / / \/汁l<   |  |      \.  \
         ヘ._   -┴! \ / .′   / Ηヽ ` |  | /__       ̄| \
                 〉―‐/  i    / /l小 ヘ  |  | .′    ___ノ: .
                    /  .: :′ |    Ⅵ | | Ⅳ  |  | __    / ヘ、: .  '.
                /   : :| |     || ||   | | ∧ ー―く/   \:



         /   /  / /  l \ヽ \  \ \           l  l
     /   /  /  / j  l l   ヽ 、 ヽ   \ \             l  l
     /   /  /    {  l|    い      ヽ ヽ             ! i
     /   /  /   l  i   i    i 斗-   ヽ ゙、い         l l    この作品、
    /  /     j    l   斗‐ い  }i jハ い  いヽヽ }         l l
    '  / j   { { { l/{ l ト、 ゙、  j jx云i i l |ト ト\         l }    トワイラとロバータという
   j  j  l    ! i λl ヽ从-l ヽ\//笊_Y } } } }ハ}             ! j     二人の女性のお話です
    {  j  l  {   l ト彡笊~ヾ  } /  {炒}}メ l l j ノ           } !
   i  l  l λ     《 {沁) } /    `''“Y `{トリ  ゙、            jノ     同じ孤児院で育ち、別れ
    ! ! ノ/ ヘ  トl\ゞ ゞシ      、 :;:;:;}  }    ヽ   \       〃     その後の人生で、ちょうど4回出会います
     ! l   { lヽl 人_ :;:;:;:;:        ハ j_ \ \   `ミー-‐/
    i l     乂lヽ   `<__     /゙  / }/:::::::`ー、ヽ ` 、   ̄        その、出会いの物語です。
     !i     __l l\}`ー<       // j::::::::::::::::::ヽ\  `''~- 、
      }  / /:::l l l::::::::`ト "'' ー---/j / /:::::/::::::::::::Y \    `ヽ、
     ノ  / /::::::l l }:::::::::{└-‐<::::::::://  /:::/::::::::::::::::::::}   \   \ \
     /  / !:::::::} l l !:::::::::\::::::::::::::::::/  /:::/::::::::::::::::::::::!  \ \    \ヽ
    /  / l::::::::ハ  !::::::::::::::::i:::::::::::/  /:::l:/:::::::::::::::::::::::::ト、   \ \    ヾ、__
   /  /γl::::::/   j::::::::::::::::::i:::::::/ / /::::::/::::::::::::::::::::::/:l::::ヽ\  ヽ ヽ     い‐-ミ ̄`ヽ、

978◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:35:03 ID:yX8PGaQM


           _,. -=-- 、
        ,  '´ '´       ヾ、
       //             ヽ
     , ' /            |
.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :       出会うたびに二人の境遇は悲しいほど違います
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |       あるときはミュージシャン(多分)の彼氏を持つイケ女と
  {!      {ハ | |  Ⅳ{示圷、 ∨ / ィチ圷、}/  / :.       しがないウェイトレスとして出会い
   マ、    { 从 {  ム 弋こソ   ∨ 弋こソ/  /  |
    `\_     |从_从〉       ,     /,.イ/   :.        あるときは裕福なコンピュータエンジニアの妻と
          /   | T 、   、   ,    /イ}     .       それほど豊かではない大家族の妻として
            /   {  | >         <{  ∧   i
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \
   /    |::::,:::::::::::{| |::::|∨//ハ\/{:: | |}:::::::::/::::|     \
 /      |::::::、:::::::::| |::/ \/  \/i:: | |_::::::/::::: |        ヽ



    / /    //            /  /    :.       ヽ
.   / /    / / /            /   / /     }           :.
  / /    / / /  /    /  / /  , / /     '    |       :.
  .' /    / / /   '    /  / /; ,イ | /       /   '
  | |      {//,ィ  /   / / /__//_/ノ:.{ {      /    /         :
  { {    _/ィ { /   / /{/ {/ { / { | |    / ,'  /   }       i
  | |       リ ,| {    { /,イ圷ミ、'   :. | |   .イ 7、_/! / /,      |
.  マム       /j/! ト.  | { { 比し' ソ}. Ⅳマ! ////イ/ヽ. //     ;
   \\__,/ / リ 、  !i | 弋こソ    ∨イ /,ィ芹ミ、/ }/ '    / /     あるときは
     `¨¨/ ,..-::´/:::::|\」ミ :.:.:.:.:         ムし刈 } /}/    ,イ '       人種差別反対運動の二つの側で
     /   /::::::::::::::::::| 叭         ,    弋こ_ソ/ /     / } /
    ,    ,::i:::::::::::::::::::| :人            :.:.:.:. / イ  ,.:' /∧
    / /  {::::,::::::::::::::::::| i  ト    - 、       _,.イ  _,.ィ /  /イ  :.
   ,' /  |:::::',:::::,:::::: | l  | \       ̄`   ≧__/イ::::ヽ  :.   :.
.  { /   / :::: \/::::::::} |  |    、         ...イ/  /::::::::::::.   |  }
   ({   {::::::::::::::{::::::::::Ⅵ|  |/\ ∧ ー = ≦  /  /:::::::::::::::::::}  |  |
   }|   ヽ::::::::: |::::::::::v-|  |///\!/r 、/}  /  /::::::::::::::::::::::::::ヽ !   |
    Ⅵ   }:::::::::|::::::::::{::::|  |//// //>rrr77/  /::::::::::::::::::/::::::::://   ;
     ヽ   |::::::八:::::::::,::::|  |//// {/ノ////,/ /:::/:::::::::::::/:::::::::::://  /

979◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:35:23 ID:yX8PGaQM


    / // /   / / //    }  } l ヽ\   ヽ ヽ
   / ///  / /  j / / !      !  j  l   ヽ   `、ハ
   / / //   / / / /l l l j    ,, j   ハ }    Y  い  ゙,
  j / //  /  -‐7"7T"「 { l     `7~/l__ j   l  l l l i  i
  {// / /   l /l/_l‐ l、い   / l / jノ/ト-  }   } l l |     それだけで、うまい人が書けば
  / / /l   { l彡勹示ミ< `、  / l/,,云zx、lハ j    ! l   i       素晴らしい小説になる題材です
    !/ {  λ ト{ {:::{:::}} ゙、ヾ∨ /〃__)沁ヾ},,ノ     }   !
    {{ ∧  l トl 乂`'シ  ヽ/ヽ  {:::{::::}:}∥ /  / / ;    !      しかし、さすがは巧者トニ・モリスン
      / ヽ l }   '''“        弋`''゙ソ  /イ /ノ j/ l  l      ひとつ、巧妙なギミックを物語に組み込むんですね
      {/{  \ ::/::/::/:    !      `“''゙ / ノ / }ノ  l  l
    / { い/lλ              ::/::/:: / // /    λ j
   /   ∨  {゙、       へ        / ノ/ー- L   ゙、l
   //:::::/ ̄ __\ \            /彡// ー- ニ \ ゙、
   i:::::::/ / /ヽ_l_> 、        '"//γ ̄ ヽー- ... } ヽ ヽ
   l:::::{      / ハ  { `ー‐    /〈/__⌒`ヽ \:::::::::ハ   Y \
   l:::::::ヽ      /_ノ  ヽ l   __/  /-、 \   }::::::/:::l l::l
   l:::::::::::ヽ     } l / } l /ヘ  { ヽ \    /:::::/:::::l l::l \



              //               } }
              //             -=ニ二77二ニ=-
              //        /  -──- // _  -─   `丶、
          /         ´    . :/⌒7⌒             \
         / /         /      . :/   / : .    \     \
.        / /             . :/     // : :     \     \
       / /       /    . : :/ . :/     ゙,' : : : .      ヽ
       ,′       /    . : :/       i:| : : : : .  | : :   : :
      i│         /: : :  / :/. : : | :i:| : : : : :  ∧: : : .  : : : :   |      トワイラとロバータ
      | |       |  / . : :    ィ¬ト | :i:| : : : : : ¬ト|: : :  : : : :  |│      二人の人種が違うことは
      | |       | :/. : : :   |  | / |:/| :i八.: :/ :/ : / |∧ :│ : : : :  |│      すぐ明らかになるのですが
      | |        乂i : : :  │| /ィ午ミ.| :i: : ∨ / |: ル弌トミ /∨ : : :  |│
      | |      ∠.イ| :|:.: : : :|:从{ トJ.::ハ|八  :∨ |イJ.::ノ| }}゙/ : : : :│ i八       どっちが黒人でどっちが白人かは
      | |        ∨|八 : : : |:│ 弋うソ   \/  弋うソ  / : : : : :人/: : : .      分からないようになっているのです
        i      / :/ |\: : :人   ー     .      ー   厶: : :/|/  ゙ヽ : : : .
       ヽ、 _/ : : :゙ │:i:i\:\>::::::        :::::::∠ : : :/i:i|    }:.: : : :\
.        /\   . : : :|   Ⅵi:i:i:|⌒ゝ    ` ーー'    ィ: : : /i:i:i|    |\: : : : :\
     /  / \: : : :/{   Ⅵi:i:i|  : |i:|> .         ´ |∨ : |i:i:i/   / ∧: :\ : : : : \
.      //: : : /: : : |八   Ⅵi:i|  : |i:|   ≧=-<     |i:| : |i:i/     ノ}: : : : : : : : : : .
     | イ  : : : :/{: : : :{i:i∧  ∨ |  : |i:i\        /i:i| : |/  / /゙ |: : : :│ : : : :│

980◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:35:42 ID:yX8PGaQM



                   //             /
                    .' ′       _ -厶==‐.
                l |         ´ /⌒     ` `
  . 、            | |     / //      \   \\
  \\  _        | |     '   /  | |   |
.    \,⊥∨      l l   .′    l | | | .ム斗ヽ ト     i   '.    ミステリ仕立てにしている、とかではなく
      /ニヽ}\      从  | l    什ト、从|∧/リ }ノ | l / N  |     本当にわかりません
.    \‐У、 Υ     \ | |   |八l \|  =≠" И/ ハ|  |
      \ ヽ |         |从 八 =彡 ,      / /l.:  l |     どちらがどちらであっても
.          '.  l          乂 \ト、ゝ         ≦z. イ|イ: : | |     話に不都合はないのです
          |  |          | 人    ^      |  | !: :   |
          |  |          人ハ个 .      . イ |  | |: : . '.
          |  '.              / | | |.: : :T__,. 斗/ |.:|.: : : ヘ
          |    .           / -| | |アヽイ卉ヽ ̄|′|\: : : :
         |    ∨    .ィ⌒ <  |.' 八_〃|| _,|  l   >‐ 、: .
.          .     ー ´ | |     / /  \    /|  |/   \:  \
                 | ト、     / / \/汁l<   |  |      \.  \
         ヘ._   -┴! \ / .′   / Ηヽ ` |  | /__       ̄| \
                 〉―‐/  i    / /l小 ヘ  |  | .′    ___ノ: .
                    /  .: :′ |    Ⅵ | | Ⅳ  |  | __    / ヘ、: .  '.
                /   : :| |     || ||   | | ∧ ー―く/   \:



           _,. -=-- 、
        ,  '´ '´       ヾ、
       //             ヽ
     , ' /            |
.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :       こういう話を書くと、やれ何人はなどと不毛な争いが
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !        起きるのが常ですが、
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |
  {!      {ハ | |  Ⅳ{示圷、 ∨ / ィチ圷、}/  / :.
   マ、    { 从 {  ム 弋こソ   ∨ 弋こソ/  /  |       そういう戦いを見事に無化し
    `\_     |从_从〉       ,     /,.イ/   :.        人種という区分を超えた一つの視点を見出した
          /   | T 、   、   ,    /イ}     .       物語の力の圧倒的な勝利ではないでしょうか
            /   {  | >         <{  ∧   i
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \
   /    |::::,:::::::::::{| |::::|∨//ハ\/{:: | |}:::::::::/::::|     \
 /      |::::::、:::::::::| |::/ \/  \/i:: | |_::::::/::::: |        ヽ

981◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:35:56 ID:yX8PGaQM



                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \         13.「サン・フランシスコYMCA賛歌」
  rく         `V〉,\\__       \                  リチャード・ブローティガン
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂



             //     /     / ´ ヽ\    \
        ─‐、  //    /    /⌒' /    \    \
.       //⌒ヽ i  /      ,   /   i i|      丶    ヽ
     ―'/   i | | |   / /   / '   | i|   | ヽ   ∨
   //⌒    リ | |    /     / │| i|   | '|⌒:.  |  | │
    i |       {{ | |  i |  | :i | ィ'l⌒|:.   |八_.._∨:!  ∧       アメリカ人です
.            / | |  | |  | i| |\l_.._八:. ∨〃⌒r∨ j/  ∨
     \、______〉〉  | 人|:.│ i| i∨〃⌒ \/  :::::::', ∨{\ |       ポストモダンでくくられることが多いですが
      ────  /∨ 八ハ.八 Y゙} :::::       厶. \ / ':      知的ないやみたらしさがなく、
                ∨ /\ /\{_  r‐   7  /   ∧  ':      ノスタルジックで虚構的で
                / /   /\ `<_ ` ー   ´  /    ':      ナイーブで優しい作家ってイメージですねえ
                      xー=个 ..,_ `_ト- イ{  イ¨¨⌒Y\ \
             /    /:::::::::::::::: __}/ 入 人\__ト、:::::::::}  \ \
             /      /|::::::::::::::::::{_/:::/Vl:::::\__} :::::::|       \
            /   /   .|::::\ ::::::「::::8:::::〔_{}_〕::::::::::8::|:::::::::|    \  \
.         /   /   / /| :|:::::::ー=|:::::::::::ノV|V::::::::::::::::l/:::八      \  \
           /      |八 :::::::::::〉:::::::::::::}|{::::::::::::::〈 :::::/  \        \
.       /   /        / ∧::::\::::「 :::::::::::::ノ |人::::::::::::::〉:/    \     )

982◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:36:12 ID:yX8PGaQM



    / // /   / / //    }  } l ヽ\   ヽ ヽ
   / ///  / /  j / / !      !  j  l   ヽ   `、ハ
   / / //   / / / /l l l j    ,, j   ハ }    Y  い  ゙,
  j / //  /  -‐7"7T"「 { l     `7~/l__ j   l  l l l i  i
  {// / /   l /l/_l‐ l、い   / l / jノ/ト-  }   } l l |
  / / /l   { l彡勹示ミ< `、  / l/,,云zx、lハ j    ! l   i      詩が好きすぎて
    !/ {  λ ト{ {:::{:::}} ゙、ヾ∨ /〃__)沁ヾ},,ノ     }   !      家の水回りの設備を全部詩に置き換えた男の
    {{ ∧  l トl 乂`'シ  ヽ/ヽ  {:::{::::}:}∥ /  / / ;    !       お話です
      / ヽ l }   '''“        弋`''゙ソ  /イ /ノ j/ l  l
      {/{  \ ::/::/::/:    !      `“''゙ / ノ / }ノ  l  l       全体的にナンセンスジョークですね
    / { い/lλ              ::/::/:: / // /    λ j       でも優しい、そしてセンチメンタル!
   /   ∨  {゙、       へ        / ノ/ー- L   ゙、l
   //:::::/ ̄ __\ \            /彡// ー- ニ \ ゙、
   i:::::::/ / /ヽ_l_> 、        '"//γ ̄ ヽー- ... } ヽ ヽ
   l:::::{      / ハ  { `ー‐    /〈/__⌒`ヽ \:::::::::ハ   Y \
   l:::::::ヽ      /_ノ  ヽ l   __/  /-、 \   }::::::/:::l l::l
   l:::::::::::ヽ     } l / } l /ヘ  { ヽ \    /:::::/:::::l l::l \




                   //             /
                    .' ′       _ -厶==‐.
                l |         ´ /⌒     ` `
  . 、            | |     / //      \   \\
  \\  _        | |     '   /  | |   |
.    \,⊥∨      l l   .′    l | | | .ム斗ヽ ト     i   '.
      /ニヽ}\      从  | l    什ト、从|∧/リ }ノ | l / N  |     まあ、お馬鹿な話なんですが
.    \‐У、 Υ     \ | |   |八l \|  =≠" И/ ハ|  |     前後に重い話があるので
      \ ヽ |         |从 八 =彡 ,      / /l.:  l |
.          '.  l          乂 \ト、ゝ         ≦z. イ|イ: : | |      よい気分転換になることでしょう
          |  |          | 人    ^      |  | !: :   |
          |  |          人ハ个 .      . イ |  | |: : . '.
          |  '.              / | | |.: : :T__,. 斗/ |.:|.: : : ヘ
          |    .           / -| | |アヽイ卉ヽ ̄|′|\: : : :
         |    ∨    .ィ⌒ <  |.' 八_〃|| _,|  l   >‐ 、: .
.          .     ー ´ | |     / /  \    /|  |/   \:  \
                 | ト、     / / \/汁l<   |  |      \.  \
         ヘ._   -┴! \ / .′   / Ηヽ ` |  | /__       ̄| \
                 〉―‐/  i    / /l小 ヘ  |  | .′    ___ノ: .
                    /  .: :′ |    Ⅵ | | Ⅳ  |  | __    / ヘ、: .  '.
                /   : :| |     || ||   | | ∧ ー―く/   \:

983◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:36:28 ID:yX8PGaQM


                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \       14.「ラムレの証言」
  rく         `V〉,\\__       \
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''          ガッサーン・カナファーニー
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂



        //    ,  ´ ̄ `   }! ´  ̄ ̄`ヽ、`ヽ
       //     /      /   ヽ       \\
       /, '     /       /      ∨ 、       ヽ ヽ
.      //    /  /   /  /        |   ヽ     ', ',
     //    /  /    / / !. |     ! !  :. :  :.    :. :.
.    //     /  /    | |! |! ||    | | | | |  |     :.  .
   / '      '  /    /| |{ |{ |{    | |リ ,ム }  !     i |  i
   | |     |  |  |  | |{`iーr〈 {、   }`T´}/_}ハ |!   | |
   | |     |  il | |  | |ィテ≧、\ \ / イら笊ミ/}   /| |   i      パレスチナ人の作家で、
   | |     { ∧| {  圦 比j刈  \∧   比j刈/ ' ' /i}| |   |       12歳で難民になりました
   { |     ∨{ {八  ト  込zソ       ゞ- ' / / ,イ /j/
   | |      /ハ! 从 ヽj!〉        '       イ '/ j!' :     :.      泥沼のパレスチナを劇的に描いた
   マ{           ∨ム.{      ,.- 、      ,|   | |    :.     短いですが確かな短編です
     \           } |人     ∨:.:.:.i     ィ {  | |     ',
                / | | >    ゞ- '   イ {: |   | |     __ :.
             /   ! ! |   `  ー ´  /∧|   | | _,.ィ//ハ .
              / //| | |\ __,.//r v-≦////|   |- '/////{//} .
    __ __     r.、/ ///| | |///  {// }  ∨/ / j  |///////|//|__ :.
   ヽー ヽ`ヽ、_,∧ ヽ {//li| | |//{ _,∨ィ介   }_// i   |/////「¨ ∨/}
   `ヽヽ\`¨ ` ` ヽ,//| | |///╋┼> ''´¨¨ ̄ ̄`丶、///|__   ∨|_ ヽ
      \ ` /___   ∨| | |イ┼イ二-_―_,        ∨///}   ∨/7 \
      /` 、     ヽ };   j!╋┼( -― ‐          ∨/ノ    \'   ヽ
      /   `  、_   |{   |┼╋┼7 ̄ ̄}`¨¨ rー '^',    ',     }    :.
     ,      i     ||   |\┼///{r―|╋+,|   |∧     :.____,/     }
     /     ,     ||   |╋`´┼{//|//,!┼+,!   !/∧    ∨///{      |

984◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:36:53 ID:yX8PGaQM


                   //             /
                    .' ′       _ -厶==‐.
                l |         ´ /⌒     ` `
  . 、            | |     / //      \   \\
  \\  _        | |     '   /  | |   |
.    \,⊥∨      l l   .′    l | | | .ム斗ヽ ト     i   '.
      /ニヽ}\      从  | l    什ト、从|∧/リ }ノ | l / N  |
.    \‐У、 Υ     \ | |   |八l \|  =≠" И/ ハ|  |      真夏の太陽のした
      \ ヽ |         |从 八 =彡 ,      / /l.:  l |      パレスチナ人達がずっと立たされています
.          '.  l          乂 \ト、ゝ         ≦z. イ|イ: : | |
          |  |          | 人    ^      |  | !: :   |        腕は頭の上で交差させていないといけません
          |  |          人ハ个 .      . イ |  | |: : . '.
          |  '.              / | | |.: : :T__,. 斗/ |.:|.: : : ヘ
          |    .           / -| | |アヽイ卉ヽ ̄|′|\: : : :
         |    ∨    .ィ⌒ <  |.' 八_〃|| _,|  l   >‐ 、: .
.          .     ー ´ | |     / /  \    /|  |/   \:  \
                 | ト、     / / \/汁l<   |  |      \.  \
         ヘ._   -┴! \ / .′   / Ηヽ ` |  | /__       ̄| \




         /   /  / /  l \ヽ \  \ \           l  l
     /   /  /  / j  l l   ヽ 、 ヽ   \ \             l  l
     /   /  /    {  l|    い      ヽ ヽ             ! i
     /   /  /   l  i   i    i 斗-   ヽ ゙、い         l l    銃を構えたユダヤ人が見張っています
    /  /     j    l   斗‐ い  }i jハ い  いヽヽ }         l l
    '  / j   { { { l/{ l ト、 ゙、  j jx云i i l |ト ト\         l }    主人公は少年ですが、
   j  j  l    ! i λl ヽ从-l ヽ\//笊_Y } } } }ハ}             ! j     兵士に目をつけられ
    {  j  l  {   l ト彡笊~ヾ  } /  {炒}}メ l l j ノ           } !     ずっと片足で立つように言われます
   i  l  l λ     《 {沁) } /    `''“Y `{トリ  ゙、            jノ
    ! ! ノ/ ヘ  トl\ゞ ゞシ      、 :;:;:;}  }    ヽ   \       〃     それが何時間もつづいたころ、
     ! l   { lヽl 人_ :;:;:;:;:        ハ j_ \ \   `ミー-‐/
    i l     乂lヽ   `<__     /゙  / }/:::::::`ー、ヽ ` 、   ̄
     !i     __l l\}`ー<       // j::::::::::::::::::ヽ\  `''~- 、
      }  / /:::l l l::::::::`ト "'' ー---/j / /:::::/::::::::::::Y \    `ヽ、
     ノ  / /::::::l l }:::::::::{└-‐<::::::::://  /:::/::::::::::::::::::::}   \   \ \
     /  / !:::::::} l l !:::::::::\::::::::::::::::::/  /:::/::::::::::::::::::::::!  \ \    \ヽ
    /  / l::::::::ハ  !::::::::::::::::i:::::::::::/  /:::l:/:::::::::::::::::::::::::ト、   \ \    ヾ、__

985◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:37:09 ID:yX8PGaQM



    / /    //            /  /    :.       ヽ
.   / /    / / /            /   / /     }           :.
  / /    / / /  /    /  / /  , / /     '    |       :.
  .' /    / / /   '    /  / /; ,イ | /       /   '
  | |      {//,ィ  /   / / /__//_/ノ:.{ {      /    /         :
  { {    _/ィ { /   / /{/ {/ { / { | |    / ,'  /   }       i
  | |       リ ,| {    { /,イ圷ミ、'   :. | |   .イ 7、_/! / /,      |     皆に尊敬されていた医師
.  マム       /j/! ト.  | { { 比し' ソ}. Ⅳマ! ////イ/ヽ. //     ;      アブー・オスマーンが
   \\__,/ / リ 、  !i | 弋こソ    ∨イ /,ィ芹ミ、/ }/ '    / /       目の前で娘を殺害されます
     `¨¨/ ,..-::´/:::::|\」ミ :.:.:.:.:         ムし刈 } /}/    ,イ '
     /   /::::::::::::::::::| 叭         ,    弋こ_ソ/ /     / } /       それに続いて起こった出来事とは……
    ,    ,::i:::::::::::::::::::| :人            :.:.:.:. / イ  ,.:' /∧
    / /  {::::,::::::::::::::::::| i  ト    - 、       _,.イ  _,.ィ /  /イ  :.
   ,' /  |:::::',:::::,:::::: | l  | \       ̄`   ≧__/イ::::ヽ  :.   :.
.  { /   / :::: \/::::::::} |  |    、         ...イ/  /::::::::::::.   |  }
   ({   {::::::::::::::{::::::::::Ⅵ|  |/\ ∧ ー = ≦  /  /:::::::::::::::::::}  |  |
   }|   ヽ::::::::: |::::::::::v-|  |///\!/r 、/}  /  /::::::::::::::::::::::::::ヽ !   |
    Ⅵ   }:::::::::|::::::::::{::::|  |//// //>rrr77/  /::::::::::::::::::/::::::::://   ;
     ヽ   |::::::八:::::::::,::::|  |//// {/ノ////,/ /:::/:::::::::::::/:::::::::::://  /



.      //       /     /   /      \      \
.        /       /     /     /                  \
    / /       (,_____   /  l        ______}  ,
     /      /  // ̄   / , |             ̄\      l
    l |        /  _/   /  //  1  |       | |     l \____l
    | |     _.√ /   /  / 」 斗匕 l|     lト |l..」_| |       |     ラムレの豊穣な土地に育つ木々
    | |       |l  l  l|  l { l| l| l  l|     从 八 | |  ;  .     |      そのイメージに、
    | |       |l  |  l|  l {ハ_,メ冬ミ八    价 /lィ冬ミx/     | |      いま炎天下、絶望の中に立たされている
    | |       |l  |  l|  l 爪 {_)i::l..}^' \/  j/^{_)i:::l.} )〉  |l  | |      パレスチナ人たちの風景を重ねます
    | |     八 |  l|  lハ  乂..ツ     ´  乂..ツ/   八 l |
    | |       )人  l|l ぃ {  `¨´   ;     `¨^ フイ. イ  }/  |      いまもどこかで起きている
.   八 、    /  \|l  \\"""   '    """∠ ;リ 八    |     悲劇を鮮烈に切り取った短編です
      ` ミニ=-     八|\{ミト-ー    .,_     _彡イ´| l\  |
                  |    |个:..    {_}    イ    | l ,__\  ,
.                r'⌒|    |\___〕ト .    <}:::|   l |/⌒¨L.....`
.                |:::::::|    |::::::::/:::::::::{`ニ´  /:::::|   l |::::::::::::::::::::::::} \
             人:::::|    |:::::::{::::::::::::\__/:::::::::::|   l |::::::::::::::::::::::::},_   \
              /{::::::::::|    |:::::::{::::::/}⌒⌒{\:::::::|   l |::::::::::::/⌒V:::::}   \
.            // {::::::::::|    |:::::::{∠:::::「`i⌒iトミ:\]  l |:::::::::::i¨⌒¨`V     \

986◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:37:25 ID:yX8PGaQM


                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \         15.「冬の犬」 アリステア・マクラウド
  rく         `V〉,\\__       \
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂



           _,. -=-- 、
        ,  '´ '´       ヾ、
       //             ヽ
     , ' /            |
.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !        カナダの作家です
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |
  {!      {ハ | |  Ⅳ{示圷、 ∨ / ィチ圷、}/  / :.         この中ではおそらくトップクラスに無名でしょう
   マ、    { 从 {  ム 弋こソ   ∨ 弋こソ/  /  |         私も知りませんでした
    `\_     |从_从〉       ,     /,.イ/   :.
          /   | T 、   、   ,    /イ}     .
            /   {  | >         <{  ∧   i        記憶と家族、そして繊細な描写
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.        これぞ物語という小説です
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \
   /    |::::,:::::::::::{| |::::|∨//ハ\/{:: | |}:::::::::/::::|     \
 /      |::::::、:::::::::| |::/ \/  \/i:: | |_::::::/::::: |        ヽ

987◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:37:37 ID:yX8PGaQM


                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \
  rく         `V〉,\\__       \      16.「ささやかだけど、役に立つこと」
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''                 レイモンド・カーヴァー
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂




    / /    //            /  /    :.       ヽ
.   / /    / / /            /   / /     }           :.
  / /    / / /  /    /  / /  , / /     '    |       :.
  .' /    / / /   '    /  / /; ,イ | /       /   '
  | |      {//,ィ  /   / / /__//_/ノ:.{ {      /    /         :
  { {    _/ィ { /   / /{/ {/ { / { | |    / ,'  /   }       i     言わずと知れたアメリカ人作家です
  | |       リ ,| {    { /,イ圷ミ、'   :. | |   .イ 7、_/! / /,      |
.  マム       /j/! ト.  | { { 比し' ソ}. Ⅳマ! ////イ/ヽ. //     ;      普通の人々の普通の悲劇を
   \\__,/ / リ 、  !i | 弋こソ    ∨イ /,ィ芹ミ、/ }/ '    / /      いかに物語にするのか
     `¨¨/ ,..-::´/:::::|\」ミ :.:.:.:.:         ムし刈 } /}/    ,イ '
     /   /::::::::::::::::::| 叭         ,    弋こ_ソ/ /     / } /       短編の完成形ともいえるくらい
    ,    ,::i:::::::::::::::::::| :人            :.:.:.:. / イ  ,.:' /∧       無駄がなくて、美しいです
    / /  {::::,::::::::::::::::::| i  ト    - 、       _,.イ  _,.ィ /  /イ  :.
   ,' /  |:::::',:::::,:::::: | l  | \       ̄`   ≧__/イ::::ヽ  :.   :.
.  { /   / :::: \/::::::::} |  |    、         ...イ/  /::::::::::::.   |  }
   ({   {::::::::::::::{::::::::::Ⅵ|  |/\ ∧ ー = ≦  /  /:::::::::::::::::::}  |  |
   }|   ヽ::::::::: |::::::::::v-|  |///\!/r 、/}  /  /::::::::::::::::::::::::::ヽ !   |
    Ⅵ   }:::::::::|::::::::::{::::|  |//// //>rrr77/  /::::::::::::::::::/::::::::://   ;
     ヽ   |::::::八:::::::::,::::|  |//// {/ノ////,/ /:::/:::::::::::::/:::::::::::://  /

988◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:37:56 ID:yX8PGaQM


                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \
  rく         `V〉,\\__       \       17.「ダンシング・ガールズ」
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''               マーガレット・アトウッド
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂




.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |      カナダの作家です
  {!      {ハ | |  Ⅳ{示圷、 ∨ / ィチ圷、}/  / :.
   マ、    { 从 {  ム 弋こソ   ∨ 弋こソ/  /  |      大学町の下宿で、異国の留学生に囲まれて暮らす主人公
    `\_     |从_从〉       ,     /,.イ/   :.
          /   | T 、   、   ,    /イ}     .      隣に越してきた寡黙な男の人が気になって……
            /   {  | >         <{  ∧   i      という話です
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \
   /    |::::,:::::::::::{| |::::|∨//ハ\/{:: | |}:::::::::/::::|     \
 /      |::::::、:::::::::| |::/ \/  \/i:: | |_::::::/::::: |        ヽ

989◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:38:10 ID:yX8PGaQM


                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \
  rく         `V〉,\\__       \     18.「母」 高行健
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂



.      //       /     /   /      \      \
.        /       /     /     /                  \
    / /       (,_____   /  l        ______}  ,
     /      /  // ̄   / , |             ̄\      l
    l |        /  _/   /  //  1  |       | |     l \____l
    | |     _.√ /   /  / 」 斗匕 l|     lト |l..」_| |       |
    | |       |l  l  l|  l { l| l| l  l|     从 八 | |  ;  .     |     中国のノーベル賞作家です
    | |       |l  |  l|  l {ハ_,メ冬ミ八    价 /lィ冬ミx/     | |
    | |       |l  |  l|  l 爪 {_)i::l..}^' \/  j/^{_)i:::l.} )〉  |l  | |     中国の歴史は革命、抗日戦争、文革と
    | |     八 |  l|  lハ  乂..ツ     ´  乂..ツ/   八 l |     事実に豊富すぎるので
    | |       )人  l|l ぃ {  `¨´   ;     `¨^ フイ. イ  }/  |      小説はめちゃくちゃ面白くなります
.   八 、    /  \|l  \\"""   '    """∠ ;リ 八    |
      ` ミニ=-     八|\{ミト-ー    .,_     _彡イ´| l\  |     真正面から扱ったものもいいですが、
                  |    |个:..    {_}    イ    | l ,__\  ,     歴史を背景に母への切実な思いを描く
.                r'⌒|    |\___〕ト .    <}:::|   l |/⌒¨L.....`     この作品もなかなかです
.                |:::::::|    |::::::::/:::::::::{`ニ´  /:::::|   l |::::::::::::::::::::::::} \
             人:::::|    |:::::::{::::::::::::\__/:::::::::::|   l |::::::::::::::::::::::::},_   \
              /{::::::::::|    |:::::::{::::::/}⌒⌒{\:::::::|   l |::::::::::::/⌒V:::::}   \
.            // {::::::::::|    |:::::::{∠:::::「`i⌒iトミ:\]  l |:::::::::::i¨⌒¨`V     \
         /  {   \_:::|    |:::/::::|___L::}::::]__」_::\|   l |:::::::::::{    }         \
        /   人   __〕|    |::{::「__」:::::L/⌒|:::」__」:::|   l |::::{ ̄ / 八
      /   / ∧ {_::::|    |人「::::] ̄/l   「_」__」:::|   l |:::::::)/   ∧ \       }

990◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:38:42 ID:yX8PGaQM


                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \
  rく         `V〉,\\__       \       19.「猫の首を刎ねる」 ガーダ・アル=サンマーン
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂



              //               } }
              //             -=ニ二77二ニ=-
              //        /  -──- // _  -─   `丶、
          /         ´    . :/⌒7⌒             \
         / /         /      . :/   / : .    \     \
.        / /             . :/     // : :     \     \
       / /       /    . : :/ . :/     ゙,' : : : .      ヽ
       ,′       /    . : :/       i:| : : : : .  | : :   : :
      i│         /: : :  / :/. : : | :i:| : : : : :  ∧: : : .  : : : :   |
      | |       |  / . : :    ィ¬ト | :i:| : : : : : ¬ト|: : :  : : : :  |│     シリア生まれの作家です
      | |       | :/. : : :   |  | / |:/| :i八.: :/ :/ : / |∧ :│ : : : :  |│
      | |        乂i : : :  │| /ィ午ミ.| :i: : ∨ / |: ル弌トミ /∨ : : :  |│     イスラムの伝統的女性像vs
      | |      ∠.イ| :|:.: : : :|:从{ トJ.::ハ|八  :∨ |イJ.::ノ| }}゙/ : : : :│ i八      自由な女性という話なのですが
      | |        ∨|八 : : : |:│ 弋うソ   \/  弋うソ  / : : : : :人/: : : .
        i      / :/ |\: : :人   ー     .      ー   厶: : :/|/  ゙ヽ : : : .    男の側から描いているのが面白い
       ヽ、 _/ : : :゙ │:i:i\:\>::::::        :::::::∠ : : :/i:i|    }:.: : : :\
.        /\   . : : :|   Ⅵi:i:i:|⌒ゝ    ` ーー'    ィ: : : /i:i:i|    |\: : : : :\
     /  / \: : : :/{   Ⅵi:i:i|  : |i:|> .         ´ |∨ : |i:i:i/   / ∧: :\ : : : : \
.      //: : : /: : : |八   Ⅵi:i|  : |i:|   ≧=-<     |i:| : |i:i/     ノ}: : : : : : : : : : .
     | イ  : : : :/{: : : :{i:i∧  ∨ |  : |i:i\        /i:i| : |/  / /゙ |: : : :│ : : : :│
     |: l 人: : : : >┬Y^Y⌒ヽ/´)|  : |i:i:i:i:i\       /:i:i:i:i| (`Y⌒|^Y Y^V : : : 丿 : : : :丿
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(/l | | {゙  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ { │ | |\) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              ーLノし′                      ーヘ_jー'

991◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:38:58 ID:yX8PGaQM



                   //             /
                    .' ′       _ -厶==‐.
                l |         ´ /⌒     ` `
  . 、            | |     / //      \   \\
  \\  _        | |     '   /  | |   |
.    \,⊥∨      l l   .′    l | | | .ム斗ヽ ト     i   '.       本文中にもあるように
      /ニヽ}\      从  | l    什ト、从|∧/リ }ノ | l / N  |
.    \‐У、 Υ     \ | |   |八l \|  =≠" И/ ハ|  |        イスラムの男性には
      \ ヽ |         |从 八 =彡 ,      / /l.:  l |        生まれながらにして従順な妻を娶る
.          '.  l          乂 \ト、ゝ         ≦z. イ|イ: : | |         権利がありました
          |  |          | 人    ^      |  | !: :   |
          |  |          人ハ个 .      . イ |  | |: : . '.       しかし、主人公は、自由で西欧化された女性
          |  '.              / | | |.: : :T__,. 斗/ |.:|.: : : ヘ      ナディーンに激しく恋をします
          |    .           / -| | |アヽイ卉ヽ ̄|′|\: : : :
         |    ∨    .ィ⌒ <  |.' 八_〃|| _,|  l   >‐ 、: .
.          .     ー ´ | |     / /  \    /|  |/   \:  \
                 | ト、     / / \/汁l<   |  |      \.  \
         ヘ._   -┴! \ / .′   / Ηヽ ` |  | /__       ̄| \



     , ' /            |
.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |       そんな彼の元を訪れる伯母さんの幽霊
  {!      {ハ | |  Ⅳ{示圷、 ∨ / ィチ圷、}/  / :.
   マ、    { 从 {  ム 弋こソ   ∨ 弋こソ/  /  |       彼女は「昼ははしため、夜は奴隷」とも言われる
    `\_     |从_从〉       ,     /,.イ/   :.        貞淑なムスリム女性との結婚を仲介するのですが…
          /   | T 、   、   ,    /イ}     .
            /   {  | >         <{  ∧   i       と、いうお話
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \
   /    |::::,:::::::::::{| |::::|∨//ハ\/{:: | |}:::::::::/::::|     \
 /      |::::::、:::::::::| |::/ \/  \/i:: | |_::::::/::::: |        ヽ

992◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:39:18 ID:yX8PGaQM


                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \
  rく         `V〉,\\__       \       20.「面影と連れて」 目取真俊
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂



         /   /  / /  l \ヽ \  \ \           l  l
     /   /  /  / j  l l   ヽ 、 ヽ   \ \             l  l
     /   /  /    {  l|    い      ヽ ヽ             ! i
     /   /  /   l  i   i    i 斗-   ヽ ゙、い         l l
    /  /     j    l   斗‐ い  }i jハ い  いヽヽ }         l l     ラストです
    '  / j   { { { l/{ l ト、 ゙、  j jx云i i l |ト ト\         l }
   j  j  l    ! i λl ヽ从-l ヽ\//笊_Y } } } }ハ}             ! j      全く日本人の作家なのですが
    {  j  l  {   l ト彡笊~ヾ  } /  {炒}}メ l l j ノ           } !      世界文学全集にある意味は
   i  l  l λ     《 {沁) } /    `''“Y `{トリ  ゙、            jノ      彼が沖縄出身だからでしょう
    ! ! ノ/ ヘ  トl\ゞ ゞシ      、 :;:;:;}  }    ヽ   \       〃
     ! l   { lヽl 人_ :;:;:;:;:        ハ j_ \ \   `ミー-‐/
    i l     乂lヽ   `<__     /゙  / }/:::::::`ー、ヽ ` 、   ̄
     !i     __l l\}`ー<       // j::::::::::::::::::ヽ\  `''~- 、
      }  / /:::l l l::::::::`ト "'' ー---/j / /:::::/::::::::::::Y \    `ヽ、
     ノ  / /::::::l l }:::::::::{└-‐<::::::::://  /:::/::::::::::::::::::::}   \   \ \
     /  / !:::::::} l l !:::::::::\::::::::::::::::::/  /:::/::::::::::::::::::::::!  \ \    \ヽ
    /  / l::::::::ハ  !::::::::::::::::i:::::::::::/  /:::l:/:::::::::::::::::::::::::ト、   \ \    ヾ、__

993◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:39:44 ID:yX8PGaQM



    / /    //            /  /    :.       ヽ
.   / /    / / /            /   / /     }           :.
  / /    / / /  /    /  / /  , / /     '    |       :.
  .' /    / / /   '    /  / /; ,イ | /       /   '
  | |      {//,ィ  /   / / /__//_/ノ:.{ {      /    /         :
  { {    _/ィ { /   / /{/ {/ { / { | |    / ,'  /   }       i
  | |       リ ,| {    { /,イ圷ミ、'   :. | |   .イ 7、_/! / /,      |     幽霊が見える女の子の物語です
.  マム       /j/! ト.  | { { 比し' ソ}. Ⅳマ! ////イ/ヽ. //     ;
   \\__,/ / リ 、  !i | 弋こソ    ∨イ /,ィ芹ミ、/ }/ '    / /
     `¨¨/ ,..-::´/:::::|\」ミ :.:.:.:.:         ムし刈 } /}/    ,イ '       この世の不器用な人々を襲う
     /   /::::::::::::::::::| 叭         ,    弋こ_ソ/ /     / } /       いつもの苦労の物語です
    ,    ,::i:::::::::::::::::::| :人            :.:.:.:. / イ  ,.:' /∧
    / /  {::::,::::::::::::::::::| i  ト    - 、       _,.イ  _,.ィ /  /イ  :.      つまり、いじめや家族の不理解
   ,' /  |:::::',:::::,:::::: | l  | \       ̄`   ≧__/イ::::ヽ  :.   :.
.  { /   / :::: \/::::::::} |  |    、         ...イ/  /::::::::::::.   |  }
   ({   {::::::::::::::{::::::::::Ⅵ|  |/\ ∧ ー = ≦  /  /:::::::::::::::::::}  |  |
   }|   ヽ::::::::: |::::::::::v-|  |///\!/r 、/}  /  /::::::::::::::::::::::::::ヽ !   |
    Ⅵ   }:::::::::|::::::::::{::::|  |//// //>rrr77/  /::::::::::::::::::/::::::::://   ;
     ヽ   |::::::八:::::::::,::::|  |//// {/ノ////,/ /:::/:::::::::::::/:::::::::::://  /



            //            l |
            //            //
           //               //
          / /          _ //―-  .
       / /        . ´    ⌒ヽ.     ` `  .
.      / /        /   / //  ハ\      \ \
     / /     /  / ,′ l |             \
     .' /          /   |   | |   |   \       '.
      ||     /   /  / |  l |   | \   '.    '.
      ||     .' /      ∧l 从   l.斗ヤT ヘ. |  |    |
     l|    /|     l ヤT|、  \ハノ, |斗=kⅥ   |  ||     成長した彼女は夜の仕事につきますが、
.      ' |     |||     |/kr=k\ / 〃{ ノ:::ハ 》| .'|ハ||
.      从   |l 从   |《 { ノ:ハ゛ ′  乂zン  ' / ハ lノ|     そこで、自分も霊が見えるという
       \  イ|||\ ∨乂ン  ,      ::::: // /l |   |     出稼ぎの男に出会います
            人| | >.ゝ::::         < _ . イノ|   |
                 | / 八    (`ヽ.     ̄ /  |   |   |      遅すぎた初恋が始まるわけですが……
              从/ 个 .   ー   .  /|   |  |   |
               __/__ |   | >┌ <  ||   |     '
            /::::::>、:::l   |_ ノ:::ヽ..._  ,⊥|   |       '.
         /::::::::/  }::::'.  '\::::::::::::::/Υ〉::::|   |>‐V´) ヘ
.         /::::::::/  ,ノ::::∧  ∨,>七コYTYエコ ,-. V::::/ /:|
        |:::::::::l   (:::::::::::∧  〈┼┼┼「|フ┼N | ∨ /:::ヽ
       /、_)::::|   ` ー 、:::::〉  └┼┼厂Vl‐リ ⊥ノ. 〈:::::::::|    \
.       /  |::::::::/ |   _,ノ::〈┼'.  '┼‐/| 「∨/-―  }:::::ノ       \

994◆XHF82e6mgU2015/02/28(土) 22:40:02 ID:yX8PGaQM



     , ' /            |
.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |        全編、沖縄の言葉で書かれています
  {!      {ハ | |  Ⅳ{示圷、 ∨ / ィチ圷、}/  / :.
   マ、    { 从 {  ム 弋こソ   ∨ 弋こソ/  /  |        方言というほどでもないのですが、
    `\_     |从_从〉       ,     /,.イ/   :.         語尾とか、細かい言い回しは沖縄だな、って感じですね
          /   | T 、   、   ,    /イ}     .
            /   {  | >         <{  ∧   i
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \
   /    |::::,:::::::::::{| |::::|∨//ハ\/{:: | |}:::::::::/::::|     \
 /      |::::::、:::::::::| |::/ \/  \/i:: | |_::::::/::::: |        ヽ




             //     /     / ´ ヽ\    \
        ─‐、  //    /    /⌒' /    \    \
.       //⌒ヽ i  /      ,   /   i i|      丶    ヽ
     ―'/   i | | |   / /   / '   | i|   | ヽ   ∨
   //⌒    リ | |    /     / │| i|   | '|⌒:.  |  | │
    i |       {{ | |  i |  | :i | ィ'l⌒|:.   |八_.._∨:!  ∧       というわけで以上でした!
.            / | |  | |  | i| |\l_.._八:. ∨〃⌒r∨ j/  ∨
     \、______〉〉  | 人|:.│ i| i∨〃⌒ \/  :::::::', ∨{\ |       長かった! OWARIです!
      ────  /∨ 八ハ.八 Y゙} :::::       厶. \ / ':
                ∨ /\ /\{_  r‐   7  /   ∧  ':
                / /   /\ `<_ ` ー   ´  /    ':
                      xー=个 ..,_ `_ト- イ{  イ¨¨⌒Y\ \
             /    /:::::::::::::::: __}/ 入 人\__ト、:::::::::}  \ \
             /      /|::::::::::::::::::{_/:::/Vl:::::\__} :::::::|       \
            /   /   .|::::\ ::::::「::::8:::::〔_{}_〕::::::::::8::|:::::::::|    \  \
.         /   /   / /| :|:::::::ー=|:::::::::::ノV|V::::::::::::::::l/:::八      \  \
           /      |八 :::::::::::〉:::::::::::::}|{::::::::::::::〈 :::::/  \        \
.       /   /        / ∧::::\::::「 :::::::::::::ノ |人::::::::::::::〉:/    \     )

関連記事
[ 2019/10/01 08:00 ] ◆XHF82e6mgUの短編集 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する