FC2ブログ

やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶフェルマーの最終定理 第一章 フェルマー

12112009/01/31(土) 20:30:31.85 ID:LY4Am/Gd0

     第 一 章 フェルマー

12212009/01/31(土) 20:32:34.62 ID:LY4Am/Gd0
17世紀、フランス

             ,. -‐' 二二二二ニ、‐- 、
        / _r‐┘  ※  ※ `^ヽ\
       /r‐'´ ※ _r-:‐ヘf^^¬‐-、※\`ヽ、
      / /※ _r‐┘::.::.::.:lト、::.::.、::.::.:: ̄ヽ} /
.     / l 「 _r┘::/::.::.::l::|::.||l:ト、::.::\::.::.::.::.:V|
    /  ∨::.::.::.::l::.::|;ノ:/::.l:|T 弋ー:ヘ::.::.::.::|:|
.    く   |::.::.::.::.」::イ://l::/// _  `ー┤::.::.::ハ
    `゙┬|::.::.::.´:|::// ‐ / '  、二ニ }::.::.:/::.::l    私がフェルマーですぅ。
      |::.ヽ.::.::.::.V -‐'′ ,   〃__/:::/l::.::.:|      裁判所で働いてるですぅ。
.      l::.::.::.「ヽ、_::\" r-―‐1 `ーイ※|::.::.::l   
      ト、\::} 、レヘ ̄   !   |  ,.ィ′ /::.::.::.|    
      |_込_\小 |> 、 ヽ、_ノ ,.イ::.{   }::.::.::.::.l     趣味は数論ですぅ。
     /´ ー--ミ、  |::.:/l::`フ ‐'´L_|::( 、レ|::.::.::.::.:|
.     |   二ニ、∧ヽ レ‐'´ rミニへ `7 小Ln::.::.: |
  rーl   ,.:‐ァ'′|\\/ ,.イ^ヽ \!   | | ト、 ::.:|
  ト厶  }::/:.:.:.:.:li  \ヽ//| }{ ト、  }、レ | |{:.:l ::.:|
 rへ、`ーグ:.:.:.:.:.:|i、レ i}//:/l }{ |::|ヽ{ 小 | | ):ト、 :|
 |  `¨´ヽ:.:.:.:.:.:{i小 i}イ::/|}{ |::| |   }| ):.:.:.| :l
_/     /:.:.:.:.:.:.:{i  i} {:{ | ハ|::| | 、レ } | }:.:.:ヽ ヽ、
ヾ、     |:\:.:.:.:.{i  i} |::| / } {|::| | 小 }| ):.:.:.:.:.\ \
          ピエール・ド・フェルマー

12512009/01/31(土) 20:34:30.63 ID:LY4Am/Gd0
                    ___
               , 二¨-―-- 、`丶、
               /_ ..-――-.. 、十ヽ\
            //::.::,:.:.:./::/::.::.l::.::`ヽ、\ヽ
               〃::/:::/:.:.:/::/::.:/::|::.:、:.::.::ヽ ハ `、
           l::.:::l:: ,':l:::/::/::.:/::;小:::l::ト、::.:V l ヽ  さっさと判決下して家で算術を考えるですぅ。
            {::.:::|:::l::|::l::/::.:/::/:/:_j⊥l::ヽ:!}  \   
.           ハ::.::l:::|┼く:/::/ /'´ノ ヽ:∨::.:l |  /   
           〈 l::.:|:::l::|∠、ノ   , =≡V::.::/|/
           ヽヘ::ヽ::V⌒゙  ,   "゙ / :::,'  l〔     そこの横領僧侶、おまえは火あぶりの刑ですぅ!
           /rヘ::\ ゛゛ rーヘ  彡: /  /:::Y⌒i
            l冫/ }`ヽミヽ、ヽ、ノ, イ:`7十/::.::.:l |
           // /:::_rヘ_`二√ __〉/  レヘ::}  |
             //  ,'/夕r==、∨---/、/ f==ミフ  厂ト、
.        //  〃r7,イ|   >トマ ̄〉 7ヽ厶ィ {ヽ 」__/ / 〉
     , -‐'7/ /:.rク/ {ニ=彳/ ハ ∨,  / ̄:{八_‐-┴勹
   /   /  /: :/7/  /,イ/ / /、/_ /: : : :|:厶 `^´ 人

13312009/01/31(土) 20:36:30.65 ID:LY4Am/Gd0
         ____
      /::::::─三三─\
    /:::::::: ( ○)三(○)\    火あぶり!?
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |   …なんかいきなりすごいこと言ってるお。
     \:::::::::   |r┬-|   ,/ 
    ノ::::::::::::  `ー'´   \

             -‐ '´:: ̄`ヽ、
        /::::::::::Y:::::ヽ::::::::\    
       /:/:/.:/::::ヽ :::ヽヘ:::::::ヽ
      〃{:_{:::::|:::::::リ|::::::|::|::::::::::|ヘ フェルマーは裁判所に勤める有能な地方役人であり、
      !:::、小__|、::,ィ___:| }:|:::::::::i|ヘ    数論はただの趣味。
      /:i:::|l ●  ̄ ● }:::::::::::/::ヘ  
     /:::l:::⊃   __   ⊂⊃::/:::::::ヘ   つまりは、アマチュアの数学者だった。
     l:::::::',:::/⌒l,__,  .イ::::::::/:::::::::::::ヘ
.    {:::::::ハ/___ /7|Y〉Y:::::::/.:ヽ:::::::::::::ヘ
    {::::::/.|.:.:.:.:l:,イTト{::::::/ ヒ.:.ヽ:::::::::::::ヽ

13412009/01/31(土) 20:38:30.65 ID:LY4Am/Gd0
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |        フェルマーには悪い癖があった。
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//   それは、自分の数論の成果を海を越えた遠く
     /   英吉利牛へ     /  /   /    イギリスの本職の数学者たちに、手紙として送りつけることである。
     /              /  /   /  
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /

13712009/01/31(土) 20:40:32.85 ID:LY4Am/Gd0
            r ―――――-- 、
        ,ィ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽヽ、
       //__, ィ―――、――、   \ヽ、
     ∠_/´7 : : : : ィ´ : : : : : : :ハ`ヽ、  \ \
     / : : / : : / : : // : : /: :! :ヽ :\  ヽ \
      /: : //: : / : : /: :/: : : ノ: : |: : !ヽ: : ヽ ヽ  ヽ   
    /: : : /: : /: :/: : /: : /: :i ∧: : :|: :ヽ!  } /\ヽ  
    ! i : : !: :/: :/: : /: : /ィ: : /: : ヽ: :!: : : ! Y_  ヽヽ
    .!: :| : : !/、_/_/ _ィ//: : /∧: : : : !: : : : } | `ヽ、 ヽ! イギリスの数学者さん、このフェルマーが
    ! ハ: : |./> ̄/ ノ :入〈  !: : : : !: : : :! /!    `ヽ! 新しい命題を証明したですぅ。
    |〉、ヽ ! ゙ミミ三、  //  `〈__! : : /: : : :イ: :!
    | 「ヽ!`ゝ:::       ミ、、_  〉へ : : :ノ :|: :|
    | | ヽヽ  ::::  l    ::: `゙゙=ミ/: :/:/ /: ! : !
    | | ヽ \    !ーァ   ::: /://  /: : |: :|
    ! .\   \ `´    ,イ⌒ア^〉  /| : : !: :!
   /|   }-、,-、__}>r-ァ´ ̄ / /  /: :! : : |: :!
 /: !  >-、_ 7―、`/      ノ  /: : :! : : ヽ:|
/ : : /  /\  /==Y〈`-"⌒ヽ<  / : : : |: : : : :ヽ

14412009/01/31(土) 20:42:40.67 ID:LY4Am/Gd0
. /  | /  / /  /  / // / ハ.    ヽ    ヽ. \
/' 丁|'  i l /   /// 〃/  \ ̄ \!     |\|
\/ j|  ,レ' _ / /.///./  _ \  |\. | |/
. /__」ヒ.´_彡'_>=,ニドノ'  //  'ァ,.'ニ=<} '  | |  
/  {{ ̄ { \ P⌒!i  //    P⌒!i ノ ,'   /! /
,/  {ハ..  \__, ゞ冖^  /' !     ̄^` ブ ///   でも貴様ら人間には証明方法は教えてあげないですぅ。
   ハ. \   く             __  ∠ イ ,ノ'
  ,/ ,ハ 7`ト _,>       __,. イ !   /〃/
f´ ̄ヽ ヾ、'.{}ヘ.     `'マ二..__ /   /{}ヽ》
_) >┴=く¨ヽ ヽ.、       --     , イ   }}
/  '´   \レ-、V__. 、      _,. イ/{{ヽ{}/《
  .'      `て{ ヽ\ `  -- /  / {{-- -}}
 '    '    __j| ,ヘ \.  ∧_/  {{ /{}ヽ }}
,'    ,'   (_ |ヽ{i,ハ   ヽ、」.  \ {{.    }}
    ,'     〕|__ __ |/.,二f丑:‐ 、\{ ヽ {} /}}
         ( }}/{}ヽ|/  /ハ 「 \ヽ|{ ー i ‐.}}

14712009/01/31(土) 20:44:33.72 ID:LY4Am/Gd0
         ,l、::::::::::::::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
        ,ハ::`丶、:::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,, -‐:〈
        {;;;;ヽ、:::::`丶、:::::::::::::l:;:;:;:;:;:; ィ";:;:;:;:;:;:;:}
        ,l;;;;;;;;;シ丶、:::::::`:`:ー'‐::'':"::::::::_, ィ"´;;l
       fうl;;;ミミ、  ``丶 、::::::::,: - ''"´  リ;;;;;;f-、
       { l l;;;;;ッ=`   (三> `^´ (三シ  ム;;;;;;ソl}
       t !;;;リ    _,,...,,_     _,,..,,_    l;;;//
        ゙l ヾ;l  :'ィテヘ9ンミ   ,: ',シヒ9ン、  l;//
        `ーll!   `''==ヲ'  l:.:^''==彡'" ,!リノ     証明もZIPも無しに命題とな!?
            ll   ` '' "   l:.:.:` '' "  ,i;;l´
          li,     ,r .: :.ヽ、    ,:,り       アマチュアが何を生意気なっ!!
           t、   / ゙ー、 ,r '゙ヽ  /,K′
           ゝ、 ,:'   :~:    } // /ヽ、
           /{lヽ ,ィ==ニニ==,ノ,ノ7 /:.:.:.:ヾニヽ
         , ィ/:.:い ヽ `` ー一 ''"/,/,/:.:.:.:.:.:.:.:ソ }- 、、
        / /:.:.:.:ヽヽ `' ー‐ -- '"//:.:.:.:.:.:.:/ /   ` 丶、
     ,, - {  ヾ:.:.:.:.ヽ丶     //:.:.:.:.:, -'" ,/       ` 丶 、
  ,, - ''"   丶、 `` ーゝ、ヽ.,_,,ィ"ェくユ- ''" , ィ"
           イギリスのプロの数学者

15012009/01/31(土) 20:46:29.94 ID:LY4Am/Gd0
             -‐ '´:: ̄`ヽ、
        /::::::::::Y:::::ヽ::::::::\    
       /:/:/.:/::::ヽ :::ヽヘ::::::ヽ     
      〃{:_{:::::|:::::::リ|::::::|::|::::::::::|ヘ   しかし、これがとても難しい。
      !:::、小__|、::,ィ___:| }:|:::::::::i|ヘ   
      /:i:::|l ━  ̄ ━ }::::::::::/::ヘ   当時の最新の数学手法を駆使してもさっぱりわからなかった。
     /:::l:::⊃  _   ⊂⊃::::/:::::::ヘ   
     l:::::::',:::`> ,__,  .イ:::::::/::::::::::::ヘ  
.    {:::::::ハ:::::ヽ~7|Y〉Y::::::::/.:ヽ:::::::::::ヘ
    {::::::/.:.ヽ::::ヽイTト{::::::/ ヒ.:.ヽ::::::::::ヽ

15412009/01/31(土) 20:48:33.26 ID:LY4Am/Gd0
 

               l;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:`丶、;:;:;:;l
              ,l;ィ'----┴――--、、;:丶、!
              ,ノ7 '"^   ^`'   ,ィ'三ミ、_〉
              {:/, ニ丶  ,r,=-、 ヾ:::::::ミヾ     
             〃ィ'。`>ソ { ィ'。`'ァ::..  !::::::ミ:l      わ、わからないでおじゃる!
                l:! `~´/ ,l、  ̄´   ,. }:::::三<
              ll   (、 っ)     : ,l::::シ久'l      そもそも、アマチュアがこんなの証明できたなんて、
                 l   ,.,__、     ,:' f::/ン ノ/                       嘘に決まっているでおじゃる!
                l 、 f{二ミァ ,)    {,ツ>-‐'′
              ヽヽ`ー ' : ヽ   ,_ソ/
               丶、__, -―''"/,/           ええい、もう諦めるでおじゃるよ!!
               ,} ヽニニ  =彡シ,ンヽ,
              ,/(`=- r‐ ''" / ,/丶、
             ノヽヽ、_;__,∠..ィ"-――ュ、
           ,∠三二二,,___,,.  -― ''"~⌒`丶、、_
     ,, - '"´ ̄/        /             /``

15712009/01/31(土) 20:50:32.95 ID:LY4Am/Gd0
そのたびに、フェルマーは少しづつ証明のヒントを教えていったという。

    /ノ´: /: : : : : : : : : : : : : :i: : : ::i: ::ヽ: : : : : :\   \
   /": : :/: : : : : : : : : : : : : : ::|: : :|: |: : : ヽ: : : : : : :ヽ  /
  /: : : ::/: : : : : : : : : : : : :/:/}: : i: :|: : : : :ヽ: : : : : : :V
  /: : : : :|: : : : : : : /: ::/:: / /: :/: / ヽ: : : : }: : : : : : :l
`.{: : : : : :|: : : : : : : : ::/.// /://:/-―--:、; |: : : : : : :|    こーんな証明もできないんですかぁ?
 |: : : :{: : |: : : :,斗ァ''フ"  /"  //    \ヽ|: : i : : ::|
 |:i: : :i: : :l r彡"´    "   /        }: :ノ : : ::|     やれやれ、頭の悪いやつばっかですぅ。
 l: i: : { : : l |     __,..    /  ''ェ;___,ェ; /: : : : /∧
.  ',ヽ: : : : ヽl ,r==="         ̄ ̄ ./: : : :ノ/  l     しかたないです、
   \\: : : \        !       /, r '´ }: : :ヽl        ヒントを教えてあげるですぅ。
   |: : : { `ー >              /{ * }: :  ヽl
   |:/: : { __ i/ ヽ             ./: {   }:_:: : : : l
.  //: : : :{  "iヽ { :ヽ、    ⌒   /:__ : { / ノ: : : : :.'.,
  l/: : : : : :} r-┘、: ::r`vr‐ -  ´|: : : | _」_{./  ./: : : : : : : '.,
 /: : : : : : : { `ヽ、 ヽ.L._ヽ.    レ'V__ ヽ/: : : : : : : : : :'.,
/: : : : : : : : r ト *|ヽ/ ノ ヽ.'、  / { (___  〕r、_: : : : : : : '.,
: : : : : : : : :∧.l.}  }〔 ´ / ヽG=ニ:|(    ./r'/rく: : : : : : : : :',
: : : : : : : ::/ )|.ト}  }ヽ    へ)|ノ\.{ |/ーi  /`./ ( ヽ: : : : : : : : ',
: : : : : : : /  .)|.「.) .} ∧     ) 7 .ヽ |    { フ  |  ヽ: : : : : : : : ',

16012009/01/31(土) 20:53:21.68 ID:LY4Am/Gd0
        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \    なんて嫌なやつだお!
     |       |::::::|     |     どうせアマチュアだから証明できて無いに決まってるお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !   釣り決定だお!!
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <

             -‐ '´:: ̄`ヽ、
        /::::::::::Y:::::ヽ::::::::\    
       /:/:/.:/::::ヽ :::ヽヘ::::::ヽ    実際、彼は
      〃{:_{:::::|:::::::リ|::::::|::|::::::::::|ヘ    ルネ・デカルトから「大法螺ふき」
      !:::、小__|、::,ィ___:| }:|:::::::::i|ヘ     ジョン・ウォリスからは「あの忌々しいフランス人」
      /:i:::|l ━  ̄ ━ }::::::::::/::ヘ   
     /:::l:::⊃   _   ⊂⊃::::/:::::::ヘ   と言われていた。
     l:::::::',:::`> ,__,  .イ:::::::/::::::::::::ヘ
.    {:::::::ハ:::::ヽ~7|Y〉Y::::::::/.:ヽ:::::::::::ヘ
    {::::::/.:.ヽ::::ヽイTト{::::::/ ヒ.:.ヽ::::::::::ヽ

16412009/01/31(土) 20:55:40.81 ID:LY4Am/Gd0
             -‐ '´:: ̄`ヽ、
        /::::::::::Y:::::ヽ::::::::\    
       /:/:/.:/::::ヽ :::ヽヘ::::::ヽ     
      〃{:_{:::::|:::::::リ|::::::|::|::::::::::|ヘ   しかし彼の数学者としての能力が
      !:::、小__|、::,ィ___:| }:|:::::::::i|ヘ     プロ並みであったことはたしか。
      /:i:::|l ━  ̄ ━ }::::::::::/::ヘ   
     /:::l:::⊃   _   ⊂⊃::::/:::::::ヘ   
     l:::::::',:::`> ,__,  .イ:::::::/::::::::::::ヘ
.    {:::::::ハ:::::ヽ~7|Y〉Y::::::::/.:ヽ:::::::::::ヘ
    {::::::/.:.ヽ::::ヽイTト{::::::/ ヒ.:.ヽ::::::::::ヽ

・確率論の創設
 フェルマーは人付き合いが嫌いだったが、例外的に懇意にしていたのがパスカルである。
 パスカルは「確率論の父」と呼ばれ、数学における確率論を作ったと言われるが、
 実は、それらはすべてフェルマーとの文通で作られたものであった。
 つまり、確率論の半分はフェルマーの功績なのである。

・微分の発見
 数学の微分・積分はニュートンが発明したとされているが、実はそのアイデアに近いものは、
 すでにフェルマーによって考えられていた。
 なにより、ニュートンが「フェルマー氏からアイデアを得た」とはっきり書き残している。


16512009/01/31(土) 20:57:38.80 ID:LY4Am/Gd0
          ____
        / .u   \
        ((○)) ((○))
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\    /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //   パスカルとかニュートンとか、信じられないお!!
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /     ほんとにアマチュアだったのかお!?
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

16812009/01/31(土) 20:59:30.84 ID:LY4Am/Gd0
       |
       |--―- 、
       |--―‐- 、\
       |--― -、 ヽ ヽ
       |/.: :: :: ::イ::\. l ヘ、
       |_,:/.:/!:: :: | |_/  ちなみに、普段のフェルマーは揉め事や目立つ事が嫌いであり、
       |ミ:イ/ ーl‐:|::l |:l   平穏で静かな人生を好むタイプの人間であった。
       |ソ   イ::ツV:/ l::|   
       |'' 。 `∠:イ |::l
       |>--r:: '´:: l {::l   今の、ネットワーク上でのみ血気盛んな
       |_\/` ー、| l::l      VIPPERのはしりのようなものであろう。
       | ,小`ヽ /' l| l::|
       |/il|└' /  lL」::l
     r―i:|.__/  |:: :: :i
      T ∨::〈 r、 」:: :: ::i
       ト、ノフ ̄l寸]:: :: :: ::',
       |¨´ト、__ノ |、:: :: :: ::ヽ

17112009/01/31(土) 21:01:32.51 ID:LY4Am/Gd0
             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |  いやそれはどうかお。
         \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |

17212009/01/31(土) 21:03:29.61 ID:LY4Am/Gd0
フェルマーは1665年1月9日に死亡。 最後の裁判を終えたその3日後だった。
 :::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::___::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::゜.:::::::::::::::::::::::::::::::::::, 二¨-―-- 、`丶、:::::::::::::::::::: ..::::: . ..:::::::::::: :::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/_ ..-――-.. 、十ヽ\:::::::::::お前も火あぶりですぅ!
 ::::::::::::::::::::::::゜.:::::::://::.::,:.:.:./::/::.::.l::.::`ヽ、\ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::〃::/:::/:.:.:/::/::.:/::|::.:、:.::.::ヽ ハ `、::::::::::::::::::::゜.:::::::::
 :::::::::。:::::::::::::::::::::l::.:::l:: ,':l:::/::/::.:/::;小:::l::ト、::.:V l ヽ :::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::{::.:::|:::l::|::l::/::.:/::/:/:_j⊥l::ヽ:!}  \:::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::☆彡::::::::ハ::.::l:::|┼く:/::/ /'´ノ ヽ:∨::.:l |  /:::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::〈 l::.:|:::l::|∠、ノ   , =≡V::.::/|/:::::::::::::::::::::。::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヘ::ヽ::V⌒゙  ,   "゙ / :::,'  l〔:::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::/rヘ::\ ゛゛ rーヘ  彡: /  /:::Y⌒i::::::::゜.:::::::::::::::
 :::::::::::::::゜.::::::::::::::l冫/ }`ヽミヽ、ヽ、ノ, イ:`7十/::.::.:l |:::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::// /:::_rヘ_`二√ __〉/  レヘ::}  |:::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::://  ,'/夕r==、∨---/、/ f==ミフ  厂ト、:::::::::。::::
 :::。:::::::::::::::::://  〃r7,イ|   >トマ ̄〉 7ヽ厶ィ {ヽ 」__/ / 〉::::::::::::
 :::::::::::::, -‐'7/ /:.rク/ {ニ=彳/ ハ ∨,  / ̄:{八_‐-┴勹:::::::::::::
:.... .... ..:.... .... ..... .... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
:.... . ∧∧   ∧∧  ∧∧   ∧∧ .... .... .. .:.... .... ..... .... .. .
... ..:(   )ゝ (   )ゝ(   )ゝ(   )ゝ無茶しやがって… ..........
....  i⌒ /   i⌒ /  i⌒ /   i⌒ / .. ..... ................... .. . ...
..   三  |   三  |   三  |   三 |  ... ............. ........... . .....
...  ∪ ∪   ∪ ∪   ∪ ∪  ∪ ∪ ............. ............. .. ........ ...
  三三  三三  三三   三三
 三三  三三  三三   三三

17312009/01/31(土) 21:05:29.84 ID:LY4Am/Gd0
      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \    死亡…って、え…?
   /  (○)  (○)  \.   最終定理はどこいったんだお?
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \

             -‐ '´:: ̄`ヽ、
        /::::::::::Y:::::ヽ::::::::\   
       /:/:/.:/::::ヽ :::ヽヘ:::::::ヽ   
      〃{:_{:::::|:::::::リ|::::::|::|::::::::::|ヘ   フェルマーの死後、その息子が、フェルマーがメモとして
      !:::、小__|、::,ィ___:| }:|:::::::::i|ヘ    書き留めていた内容を5年をかけて吟味を行い出版した。
      /:i:::|l ●  ̄ ● }:::::::::::/::ヘ  
     /:::l:::⊃   __   ⊂⊃::/:::::::ヘ   そのことにより、突然、フェルマーは脚光を浴びることになる。
     l:::::::',:::/⌒l,__,  .イ::::::::/:::::::::::::ヘ
.    {:::::::ハ/___ /7|Y〉Y:::::::/.:ヽ:::::::::::::ヘ
    {::::::/.|.:.:.:.:l:,イTト{::::::/ ヒ.:.ヽ:::::::::::::ヽ


17712009/01/31(土) 21:07:29.84 ID:LY4Am/Gd0
         _,. -──-- 、_
       ,.-__ r-、-.    ト--.、
      ' イ   \\\   \::::::\
     / イ |      ヽハ. \  ヽ:::::::ヽ
    ' ' |│、|    ォ什十ト! |  レ::::::::l
   /li! | vl-トゝ、,. j/z!‐j/、レイr::::::::::イ 
  (:::|l ヾ ヽj =,、 l./ ヘハt!  j {:::/..ヽ
   V|ゝ \ハ 7rj    ` "/ イ ::::::::::: \       息子のクレマン・サミュエル・フェルマーなのです。
    レゝ\lヾ!" '   ,     イイ\ ::::::::::: \ 
       |l !:::ゝ. `     / |::::::::::\: :::::::::::::`. 、    
       |i :::::::::|`..ー─r'  / \::____:\:::::::::::ヾ:::`..、    
      ゞ ::::::::ゝ::__,:イ/ ,.イ ,. ---、ヾヽ:::::::::::`:::::::\    
       \:,.イ´| / / / /     |ト、::::\:::::::::::\:::`i、
       _/ノ! / /  レ'     /:::::\.:::: i、:::::::::::: 'i::::ヽ.
      /_/ / /    「_ ̄_:.`ーく::\::::::::゙l.,::::ハ :::::  |!::  !
      〈 ,! ,'  /    「:.~: : :~: rィ'ヽ::::\::: i::. |ヽ:::  |!::  |
      イ.:レ  /   ,.イ: : : : : : ∧ :::::l::::::::゙!::|:  | |::  |!::  !
     /: : :|___l!___/:.:|: : : : : :/ :::l::::: l :::::: !::!:: | |:. ノ   ,.'
          クレマン・サミュエル・フェルマー

18112009/01/31(土) 21:09:29.81 ID:LY4Am/Gd0
      , -―-、__
    ,イ /  , ヽ `ヽ、
   / {  {  lヽ }  i  !_    父には読んでる本の余白にアイディアを書き残しておく癖があったのです。
   /{ i N\リーソヽ lハi;;;ヽ  
   |;ヽル-‐  ‐‐- ソ }l;;;;;|   愛読書だった、ディオファントスの『算術』の余白には、
   {;;;;| {  _, "∠ノ |;;;/  .             いっぱいアイディアが落書きされているのです。
   ヾハ ゝ、 _ , イルノi.イ
    ノ、_l/ノ ! />、│/ |
    / ,イ i// _イ / |     これを48の所見にまとめて、父の落書き入りの『算術』を再販するですよ。
   J r / / /  / Y 八  

18412009/01/31(土) 21:11:30.44 ID:LY4Am/Gd0
      , -―-、__
    ,イ /  , ヽ `ヽ、   あ、でも…。
   / {  {  lヽ }  i  !_   
   /{ i N\リーソヽ lハi;;;ヽ  色々な定理や予想に証明を見つけたですぅ!とか書いてありますが、
   |;ヽル-‐  ‐‐- ソ }l;;;;;|
   {;;;;| {  _, "∠ノ |;;;/  .  証明が書いてないから本当かどうかはわからないのですよ?
   ヾハ ゝ、 _ , イルノi.イ
    ノ、_l/ノ ! />、│/ |
    / ,イ i// _イ / |
   J r / / /  / Y 八

18512009/01/31(土) 21:13:30.72 ID:LY4Am/Gd0
             -‐ '´:: ̄`ヽ、
        /::::::::::Y:::::ヽ::::::::\   フェルマーは今まで多くの数学者に難問を与え、からかってきたものの、
       /:/:/.:/::::ヽ :::ヽヘ::::::ヽ     一度として嘘の定理を送ってきたことはなかった。
      〃{:_{:::::|:::::::リ|::::::|::|::::::::::|ヘ
      !:::、小__|、::,ィ___:| }:|:::::::::i|ヘ   その数学的才能からフェルマーが残した定理は、
      /:i:::|l ━  ̄ ━ }::::::::::/::ヘ                 正しいものであると信じられた。
     /:::l:::⊃   _   ⊂⊃::::/:::::::ヘ
     l:::::::',:::`> ,__,  .イ:::::::/::::::::::::ヘ
.    {:::::::ハ:::::ヽ~7|Y〉Y::::::::/.:ヽ:::::::::::ヘ
    {::::::/.:.ヽ::::ヽイTト{::::::/ ヒ.:.ヽ::::::::::ヽ


18712009/01/31(土) 21:15:32.42 ID:LY4Am/Gd0
たくさんの数学者が、この失われてしまった証明を求め、フェルマーが残した定理の証明に挑戦していった。

 ∧_∧         フェルマー?ぼこぼこにしてやんよ
 ( ・ω・)=つ≡つ
 (っ ≡つ=つ
 /   ) ババババ
 ( / ̄∪


だが、その挑戦は困難を極めることになる。

     ∧_∧     ごめんやめてまじゆるして…
 ;;;;;、(・ω(:;(⊂=⊂≡
    (っΣ⊂≡⊂=    
    /   ) ババババ
    ( / ̄∪


19112009/01/31(土) 21:17:33.44 ID:LY4Am/Gd0
         ,. -‐           `ヽ、 ___
         //´              f^jr= K.
      / /  ,              __,{くリニリ_ノ
.      / / , イ             {{"  レ'T,ハ
     / / / /  i i l ヽ.         ' j i  l }
      ' ,' , ,' / |i l i l l ヽ. i    i   //l l  l l
    l i il ! l  l , l ,.斗l‐l‐‐l、 i l l  l //l l l  lリ
    | l斗l-ト、メ. li l、l_l__l__Ni l l l  j// l l l  リ  例えば、フェルマーの定理のひとつ、素数定理。
    | i l l⊥ムヽlヽト ィ弋ッツフl l l j/,ィヽ. l l l  |
     乂Nメ'::::;; ::} ヽ  ` ̄´ l/!〃 rチ}l l l  |   この証明はフェルマーの死後100年後に、
       ヾr‐ '´,        /'  _,.イ lV !  !   1700年代最大の数学者であるオイラーが7年もの年月をかけて
        '、           , ヘl__ll__//l lハ   証明をやっと見つけた。
          \  ^^       / __V//,i| l 小.
          |iヽ、  _,.  ' _,rく| ∨/Nハ lハ
          |l ! l`Tl | >v'てノ { ! / ∧| ト┼l--ヽ.
          |小l _,レ l斗} 八_ jイてlハ/| l  い   \
         _,斗j 「 l l//_{ / L_l/´l l  ヽ.ヽ
        /   i j ,ム斗r{ V{_〉〉/ト{ , 'い   ヽ \
          {  .//'Zて`ソ小r┘_// l/  ヽヽ
      r‐トr‐/ん'て } i { ┤l7/{__ノヽ、_  ヽ\ /
            レオンハルト・オイラー

19412009/01/31(土) 21:19:38.41 ID:LY4Am/Gd0
           ____
        /      \    
      /u  ノ  \ \    7年かけて証明!?
    /   u (●) (●) \    やる夫なら3日持たない自身があるお…
    |      (__人__) u  |  
     \  u  .` ⌒    /
    ノ            \

             -‐ '´:: ̄`ヽ、
        /::::::::::Y:::::ヽ::::::::\    
       /:/:/.:/::::ヽ :::ヽヘ::::::ヽ    長い時間の中でたくさんの数学者の努力により、
      〃{:_{:::::|:::::::リ|::::::|::|::::::::::|ヘ   
      !:::、小__|、::,ィ___:| }:|:::::::::i|ヘ    ひとつ、またひとつと、フェルマーが残した定理の証明方法が見つかっていった。
      /:i:::|l ━  ̄ ━ }::::::::::/::ヘ   
     /:::l:::⊃   _   ⊂⊃::::/:::::::ヘ   
     l:::::::',:::`> ,__,  .イ:::::::/::::::::::::ヘ
.    {:::::::ハ:::::ヽ~7|Y〉Y::::::::/.:ヽ:::::::::::ヘ
    {::::::/.:.ヽ::::ヽイTト{::::::/ ヒ.:.ヽ::::::::::ヽ


20012009/01/31(土) 21:21:32.97 ID:LY4Am/Gd0
    |
    |
    |__
    |___ `  、
    |----└ 、 \
    |::.     ̄L.t ヽ
    |::. , /     ヽl ハ   でも、どうしてもひとつ残ってしまった。
    |=シ| l l     |」 ハ
    |  |ル'ゝ|  ! !} _〉
    |::::;:.|..! ヒヌ∨ /'´   誰にも、証明を導くことができない定理が。
    | 、   ::: / /!
    |トzッ イ―イ!|
   i⌒ヽ / |+/l l     それはあまりにも簡潔で、
   L. ノ\」+{| !           すぐに証明できてしまいそうな簡単な定理だった。
    |;,\_/ |+{ l l
    |;;;;/´ ヽ+ } l l
    |:::l__/L.」  ハ
    |´ l / \ィ二三ス
    |_/  /\ __ ス
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    |ワ   ゴ    ン          |
    |                     |



20412009/01/31(土) 21:23:31.16 ID:LY4Am/Gd0

     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \  
|       (__人__)    |  なるほど、それが…
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /

20712009/01/31(土) 21:25:29.24 ID:LY4Am/Gd0
その定理について、フェルマーが残したメモはこんな内容だった。

     ___                _,.---- .__
   /´: : : : :_ヽ`ヽ、       ,.ィ´ ̄ _____  `ヽ、
    | :,.、 zュ`‐' ヽ. i        /   ,.ィス゛__ 米 `¨''ェ,-、\
   | :`゛: : : : : : :| |     / , /´__r‐'´/.:.:.:.:.`¨¨''ー-ニ、ヽ ヽ     
   ヽ: : : : : : :___j_ノ      / / /, //.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:,ノ.:./.:.:.:.:.:.:ヾヽ ',   
    ヽ.__,.'¨ヽ._}、_    /.イ イk//.:.:.:/.:.:.:.:.:.//.:/:/.:..:.:.:.:.|:ヽ| ヽ
           ,ゝr{, ヽ、 ´ ハ'´ '.:i:-‐/‐‐;:<.;.イ.:/.;ハ;__.:.|.:.:i! /   
         (  `¨ヽ、ヽ ,'.:.jィ,|.:.|__/_,∠__/ ノイ,イ二ヽ___`!!:.:|ノ
         {`ー---'V、 |,イホ !.:.!`Yひバヽ // ィアハY´||.:.:||     n ≧ 3のとき、X~n + Y~n = Z~nを満たす
.         ∧`¨'''ー'ハj j.:{  |.:.:!| ゙又_ツ   ,  又ツ゛`リ/.:!!
.         ヽ,{_¨''‐,zク'N.:.:j_L|.:.:.:ヽ///   _   ///            自然数 X、Y、Zは存在しないですぅ!
         r'-〈 ̄ 人ノ Vヾト{:.:.:ヽ \   / ̄`| 、__/´.ィi.:.|      
         `Y゙`'‐' ノ|  )ヘ、ヽ.:__\.ミ、 ヽ. ノ  `ア,イ  |.:.!              _
.          \  ヽ  j:ヽ::\ \ ̄`ヾヽ___,.<ノ'、__!  |.:.|           ハ
            ,ゝ、  ,'::.::ト、::.:}  ヽ.   ̄`V´ `ヾ-{米 !.:|            ||
          /::.::.ヽ__/:.::.::!.::i.::ヽ 米l    /ハ\  Y  |;ノ            ||
         / .::.::.::.::.::/.::.::.::|.::.ヽ::|  l  〈_/|{}iヽ_〉  |   {:|            ||
        ヽ.::.::.::.::.::.:〈::.::.::.::.!.::.::.:ヾ  !     !{}|    !米 |:!             ! |
.         ヽ ::.::.::.::.:i::.::.::./、_,ノ| 米!     !{}|    !   トヽ、          !=ノ
         /|.::.::.::.::.::ヽ ::/ /ヽ:::::::!   ',    |{}|    | 米|::.`7    ___  ,.、__,」__|
       /.:.:.:\__.::.::.::.:V.:/.:.:.:.\:|   i     |{}|    ',  {::.:/|-‐‐''¨ -`Y_,イ   __,ゝ
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー'´.:/.:.:.:.:.::く`} 米 |ニ}=}ソ乂\スヌイ  |ノ,イ\ ヽ    || ̄{ ,仁ノ

21412009/01/31(土) 21:27:41.05 ID:LY4Am/Gd0
::::::/::::l::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.::::/:.:/.:/ !:.:/.::::::::丶.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::!:::::::
 ̄| ̄:r=ェ,‐-:::_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:::::/.:,イ:./ /.:/.::::::::::::::_ヽ-―  ̄ ̄|:::::::
:::::l:::::/ /:::.:.:.:.:.丶、:.:.:/.:::::::::/〃:.イ /:/.::::::::,.イ´.:::::.\.:.:.:.:.:.:.:.:|::::::::
:::::|::/ /::.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ -く .:::::::::/// //.:::::/.::::::::::::. .::::::ヽ、:.:.:l:::::::::
_/ /  _ -‐ ニ´_ :::::::.ヽ/ /イ  //.::/.::::::::.  _ -‐ ___」:.:.:.:.:
.:://:::.. ̄ ‐- 、‐テ、-    /   〃   -‐ 二 == キ  ̄ア/.:.:.:.:
,'.;'.::::::::::::..:.:.:.:.:.:.:. く ヽ / ..:::::/:::::::..  イ lrイr:::::j i l  /イ.:./.:.:.:.:  これについて、あっと驚く証明があるですが、
:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.    \::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::-ゝ――- '< /.:/.:.:.:.:.:.
:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     丶/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.../.:/.:.:.:.:.:.:.:  残念ながらそれを書くには
:::::::.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.      ',           .:::::::::::::::::::::::/イ:.:.:.:.:.:./
::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.      l    j            / /.:.:.:.:./                 余白が足りないですぅ。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    :. l_  ___,         /.:.:./ ヽ l7
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..  .::::. l、      /       /ァ'「! =‐ ′
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::: l ` ‐-‐ ´         /|l:.{(  =' /!
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::: l            _ イ:.:.:.|l/     レ_
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..::::::::::::::::: l           _.. '"|:.:.:|:.:.:.:/  _.. '"
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::/ _     _.. "´|:.:.:.:.|:.:.:|:.:.:.」‐ '"
:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::/   ` ー "´    |:.:.:.:ll:.:.:|/

21512009/01/31(土) 21:29:33.21 ID:LY4Am/Gd0
      ____
     /ノ   ヽ、_\      余白が足りない…だと…
   /( ○)}liil{(○)\ 
  /    (__人__)   \      なんという最後っ屁・・・!!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |     やっぱり嫌な奴だお!!
  \    |ェェェェ|     /

21812009/01/31(土) 21:31:29.91 ID:LY4Am/Gd0
            ,. ¨ ̄ ̄ ̄¨  、
          /: : : : : : : : : : : : : : : :\
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ :ヽ     ―――最後まで残った―――誰にも証明できない定理―――
.         ,′: : : :/: : : : : : : :ヽ: : : : :|: ヘ  
        l : : |: : :| : : : : : :、: :.|: : : : : |: : :∧           ―――それは「フェルマーの最終定理」と呼ばれることに。
        | : :,∟. |、: : :-‐|ヘー.|: : : : : |: : : :∧   
        ∧.: :| ィ=kヾ--ィ≠ T}: : : : :,′: : : ∧    ―――――もっとも、この時点では――――
       /: l\| 弋リ   乂.ノ,′: : :ハ: : : : : ∧
.      /: : :', : ゝ ._  _  _. /: : : :/: : ∨: : : : :.ヽ_________    フェルマーの最終予想というべき――かも……
      /.: : : :ハ.: :r-ミニヾ/厶--i::::\: \: : : : : \___: : : : : : : : :`ヽ、
.      /: : : : /: :ヽ|   Y´Y´   /::::::::::ヽ.: :\: : : : : \: : : : :`ヽ、--、: : : ハ
    ,′: : :/: : : : |     ゝ'{     〉 __lヽヘ.: : : : : : : : : : ヽ .__,. : : 〉 r': : __ノ
.    {: : : : :{: : : :, ヘ.   ,.ヘハ    |'´      ',: : : : : : : : : : : : : : :/  {: : >
.     乂: : : :`ーヘ. 〈ヽ.ノ  |  `ー、┘     ,!ー--------- ´    `´
      `  ーtーヘ `¨弋フ´`´`ー'  〈`ヽ  /
          ` ー\__,..- ¨ ̄` -'、_ノ- '

21912009/01/31(土) 21:33:30.88 ID:LY4Am/Gd0
             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ところで九曜ちゃん、命題とか、証明ってどういうことなんだお?
    |    (⌒)|r┬-|     | 
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/  タイトルが素晴らしいとか、ピッカピッカに明るいことかお?
    | | | |  __ヽ、   /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

             -‐ '´:: ̄`ヽ、
        /::::::::::Y:::::ヽ::::::::\    
       /:/:/.:/::::ヽ :::ヽヘ:::::::ヽ   それは名題と照明。
      〃{:_{:::::|:::::::リ|::::::|::|::::::::::|ヘ  
      !:::、小__|、::,ィ___:| }:|:::::::::i|ヘ   "命題"とは、意味に不明瞭なところがない文章の事。
      /:i:::|l ●  ̄ ● }:::::::::::/::ヘ  
     /:::l:::⊃   __   ⊂⊃::/:::::::ヘ   事前に認められた仮定(公理という)から、事前に認められた推論規則のみを用いて
     l:::::::',:::/⌒l,__,  .イ::::::::/:::::::::::::ヘ  有限ステップで導くことができるとき、その命題は証明可能であるといい、
.    {:::::::ハ/___ /7|Y〉Y:::::::/.:ヽ:::::::::::::ヘ   公理から命題を導くためのステップの有限列を"証明"と呼ぶ。
    {::::::/.|.:.:.:.:l:,イTト{::::::/ ヒ.:.ヽ:::::::::::::ヽ


22112009/01/31(土) 21:35:33.80 ID:LY4Am/Gd0
     ____  
   /      \
  /  ─    ─\    ……ふむん、エロゲに例えれば、攻略サイト(証明)通りにエロゲをやれば
/    (●)  (●) \       かならずエンディング(命題)にたどりつけるのは攻略可能キャラ(証明可能)というわけかお。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /    つまり、この時点でのフェルマーの最終定理は
(  \ / _ノ |  |       攻略可能キャラ(証明可能)か攻略不可能キャラ(証明不可能)かわからないってことかお?
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /       これは萌えるお……

             -‐ '´:: ̄`ヽ、
        /::::::::::Y:::::ヽ::::::::\    
       /:/:/.:/::::ヽ :::ヽヘ::::::ヽ     
      〃{:_{:::::|:::::::リ|::::::|::|::::::::::|ヘ   
      !:::、小__|、::,ィ___:| }:|:::::::::i|ヘ   (――――エロゲ脳……)
      /:i:::|l ━  ̄ ━ }::::::::::/::ヘ   
     /:::l:::⊃   _   ⊂⊃::::/:::::::ヘ   
     l:::::::',:::`> ,__,  .イ:::::::/::::::::::::ヘ
.    {:::::::ハ:::::ヽ~7|Y〉Y::::::::/.:ヽ:::::::::::ヘ
    {::::::/.:.ヽ::::ヽイTト{::::::/ ヒ.:.ヽ::::::::::ヽ


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する