FC2ブログ

やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

百八星が梁山泊へ集うようです 第六章「祝家荘風雲」 ゲリラ解説「宋江三十六人賛」

628◆lUVweQdkfM2010/09/27(月) 22:42:54 ID:TAMNfx8o
約束通りのゲリラ投下。



第五章あだ名解説で少し触れた「宋江三十六人賛」。

解説では柴進・劉唐ら二人の詩を紹介したが、
他の人の詩も紹介してみる。




                   【霹靂火  秦明】



                                                  /   /    
                                              /   / .    
                                                 /   /       
                                             /   /       
                                              //i{ /       
         /    .    , へー‐┐                      // !l /         
        /     ,  ' ´  ̄ ゙̄¨ ヾ ゙̄7                ///,'i/          
        {    /            __\' ̄〉  : rヘ     ,ヘ.   ,ヘi//i/ .        
        `、  , '           ≡ ヽ/    / /     / 、ヽ ∧//i/          
          ヽ       ´ ̄ ̄`丶. 彡 V゙ゝ  } !   ヘ  〈│ヽ. j7iハt/           
           レ'⌒        ̄ ヽ.  \ j li´ 〉ヾノ  / /  \┐\ /            
         〃          、 ヽ  ヾ.  ゙ 、!i,/} ,'  >/ / _._ ,. -、┐` ̄ ̄/ヽ       
         j ! iⅰi,\丶.  、ヾ、._ヾ、_,>、 iヘ´}/ ,ィ'´ ̄/r┘ ヽ..∠._/ /        
         /,イ ! l l \丶.\ ヽ、,r≦-、_i ⅰj l´j.//  ,' _,l  \〃ゝ、-‐'"         
         l l!i !__\ i トヘi代ナ ノ !  l´ム/  ,゙  / ,l \_ノj'゙{_,.ノ            
         { |∧N てゝ.ヽN  └-‐'゙ ,.r‐ァ'´ /   L゚.___i 〈 \.ノj´               
         ` i! l i \ヾソ ,   , '´/ /  ,'。/    ヽ/ヽ._,ノj´へ._             
             l i i 丶.     ,' ,'  ,'  i/     / /  /´  _ ,..二 へ‐-、.       
          , l i l    .> 、.! i   i ゚/    r'T二 ̄iKてヾ´⊂ヽ.⊂ヽ V_. ヽ     
           ,. -‐  ´, '7ー '"゙! L゚_./     「`Τ ゙̄ li |   i   i  i  i  i      
          ,′   , ' /    ヽ.       /!  l    il l   l   l  !  l  /_.へ.  __,.
          /     / {      > ..__,../ ,-i  l    il l   l   l  !  レ′   `┘ 
        , /    ,′ 丶.  , イ     ヽヽ /ヽ._L_____ル゙____ノ   丿  j  .!  \ ̄ ̄ ̄
        〈            /=ニ二ニニ= 、´〈//中 | i l \ ̄ ̄ """ ー-゙    ヽ   
         ` ー-  ...___..//ヽ、 -=ニニニ=ヽ._ゝ| !/  \  !                |   
         .            ̄   ヽ >ー--El‐─┘ ' r‐ 、 ヽ.!                l   
                        \i t'ニ二ニ=-\ `- ゝ ト、.   ___       !   


              ┏                               ┓
              ┃       霹靂火という男がいる         ┃
              ┃                               ┃
              ┃    山を砕き崖を破る武勇を持つ男だ.      ┃
              ┗                               ┛



.

629◆lUVweQdkfM2010/09/27(月) 22:43:24 ID:TAMNfx8o



                 /  ̄ \
         .        /
                /
                 |       _____
            __ |   ー  ̄            ̄ \
          /   二 \               \ ___
         ′ ,/                        \  |
          /      /    /    |           ヽ\ |
         /       /    |    |   |        |  ヽ\
                |    | / |   | ` ー | __」__  ∨ 〉
              `ー┼―― ' 「    \   \   ヽ   |   ∨
         ヽ=- |   |       ヽ.      \       /    ト、
            |   | ―― 二==ニ三    三三ニニ=     ||
            |   | ニ三三三二==      ニ三三三三.    ||
            |   |  ||||             |   |  /i |
            |   |  ||||             |   |. /T¨
            |   |           ___      |   |/ |
            |  ∧       /     ]!     |  ,ハー┘
            |  /  \      ´ ̄ ̄ ̄ ̄    /|  ハ \
            | ./     ‐-   ____   イ \.| ∧ \ \
            |/        / / /| |     |  |ハ \   ̄
                       / / / |  |. /    |   \ \
                    /  |_/  \j人     |      \/
                      /\      /  У  |


        ┏                                 ┓
        ┃         だが天は全てお見通しだ           ┃
        ┃                                 ┃
        ┃       こいつは自ら罪業を作ったのだ       ┃
        ┗                                 ┛




勇猛な前半部分に比べて、ものすごいショボさの後半部分。
いったい秦明に何があった。

なにか自業自得で罰せられることがあり、
その後、山賊になったことを指しているのだろうか。



「宋江三十六人賛」はわずか四文字×四行と短いうえ、
古文で意味が難解なため、どうにも説明不足で仕方がない。



.

630◆lUVweQdkfM2010/09/27(月) 22:43:47 ID:TAMNfx8o




                   【花和尚  魯智深】



                             __,,.,.,.,.,.,.,_
        -====_-、       _,,r‐‐‐<¨ ̄¨'''‐-   `ヽ、
             `ヽ、  i'¨¨''<__     ¨''''‐‐--,,_     ヽ
              `、 ! 、         ::... ¨'''‐-、 ¨''-,,,_  ヽ
            _____ ヽ! i`ー--,,__    ::::::::::::::.....ヽ    ヽ ヽ
          ,r'´    `ヽ,! !  ,r'i´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨'''、‐-`、  、ヽ ヽ
              ,r'''´  ,f´ i  ! ヽ  ヽヽ  `、 ヽヽヽ` 、 ヽ   ヽ
               !   f i !  ! ヽ  `、ヽ,r‐''i、''¨! ! _!_,ヽ ヽ   ヽ
               !   l i ! !  ! `、ヽ,r'、 i、,r‐''''''、i´ l! i,!   !  ヽヽ
                !   ! ! ! !__,ト、 `、 ヽ!,/ 〈。:.:.:.,!l   !   !   `、!
                !   ! ! l/ヽ,r‐、ヾ、     ,>‐''''´l   l   l i   !`
                 !  ヽヽ ヽ〈丶。:ヽ     /// !  i l,  l i l   !
                 !    `ヽ/ ヽ 、/          !  ! !i   ! ! !、 l
                  ! i  i   `ー` 、''  ' r '´ヽ    !  ! l/! !V! !ヽ,!、__
                 l l   !   `、 ` - ,,_`ー'′ /l   ! ! V’  l,! _,ノ L
                  ! !   !   ヽ  `、  ¨ ‐''´`、/! ,!  _,,,-‐'''´   .:::
                  l l'i   l   `、`、  ` 、  ` 、./ !/_,r'´    .....:::::::::::
                   l,! !   !    ヽ ヽ、 ヽ`ー.〈..:::::/     .::::::::::::::::::
                    r`、、 ヽ、  `、ヽ `ヽ、`、 `y′  ..:  ::::::::::::::::::::::
               __    ヽ ヽ`ヽ、!` 、 ヽ `、     /  ,r'.:::¨¨¨ヽ  ..:::::::::
              ` 、`ヽ、   ヽ ヽ    >''i_ヽ!    !,r'´ ::    `、.::::::::::::
             _   ヽ `ヽ、 ヽ ヽ   / ,! `      l         `、::::::::
             ! `ヽ、 ヽ  `ー' ヽ_,!  !       ,!        .::ヽ:::::::
              `ヽ、 `ヽ、_ゝ   ,r /  !        / !‐-、     ..:::::::::ヽ:::
                 r‐-`==-   ,r'´ /   !     / 〈 :::::::ヽ     .::::::::::i::
               `ー--- ,,,_,/  i   _,,!,_   /   ! ::::/     .::::::::::/:


             ┏                                      ┓
             ┃        出家ほどいいものはない          ┃
             ┃                                      ┃
             ┃      だが花和尚なんかと同門とあっては      ┃
             ┃         仏様も悩みが絶えないだろう           ┃
             ┗                                      ┛




昔から傍若無人だった様子の和尚。
秦明もそうだが、宋江三十六人「賛」といいつつ、ちっとも褒めているように見えない。
実際、半数ぐらいの詩は褒めるというよりディスってるのが、「宋江三十六人賛」クォリティ。


なお省略した詩の第一句目は「有飛飛児」。
意味がさっぱりわかりません。ボスケテ。



.

631◆lUVweQdkfM2010/09/27(月) 22:44:41 ID:TAMNfx8o




                     【短命二郎  阮小二】
       
       
       
               /    │  /{    ' }リ   ヽ '.'.       ',  '.
                /   l   |   / ハ    ,: ,',゙-─-- ', ,'. :    i   '.
                ,゙   |   | :厶:{ ',  ,' :/     ハ }:}: : :    i   ,
       .         {  : :│ レ{ :/ {:{ { / /  ィ'ニ''.,㍉从}: : :    i   |
              {  : : :! l { :{,ッ-ミ、乂/   ゙ 「。:::ハ j〉ハ: : : .  i   |
       .         {   : : ', | Ⅴ ん:゙。       込tり '′ }: : : .  i   |
              ',{  : : ', | `' [_zり         ,, ,  リ: : : :   j:    |
                V{  : : ヘ   ,,             /: : : :  リ:    |
                い  : : \      '          /: : : リ/ハ/: :    |
                 V⌒\: :ト.     ィ ー-ァ  _, ヘ'⌒V ://: : : : :    |
                 / , ~\ )' {\    \ -‐く ヽ. ヽ ∨,: : : : : : : .   |
                〉/\ ヽ {: :} |l:....、 / ,  '.  '. ′ 〉-┐: : : : : . !
               /   ヘ、ヽ) Vノ:il: r‐〈__/ }  ′   / / ̄ ̄~`丶、i
               〉  -、 \)  }-‐'゙ │ /       /     _...::::::_,ニ≧、
       .        ‘、   ヽ )  }     /      /   ,...::;: ‐'"´     \
                rヘ    )   }   /      /    ,..:::/  . -‐      ヽ
              / ':.':.      }  ,{      /   ,..:::/ /            ',
       .       /   ':.':.      リ   |     l   ,.:::/ /              }
             |     /     /   │      {  /::/  j/               /
       
       
       
           ┏                                           ┓
           ┃             灌江のある若者は                 ┃
           ┃           短命次郎などと名乗っている.           ┃
           ┃                                           ┃
           ┃           いったいそんなあだ名で              ┃
           ┃          何の御利益があるのだろう?              ┃
           ┗                                           ┛



.

632◆lUVweQdkfM2010/09/27(月) 22:45:22 ID:TAMNfx8o



                                             / 〃=ゝ
                                         / 〃三
                                           / 〃三
                                       /、〃三
                    __                  ∠) 〉'三
                    /: : : : : : ̄`ヽ、         //レ'/三
                  , -ァ― く : : : : : : : ヽ        //  〃三
                 ///: : :i: : :ヽ : : : : : : : ヽ    ///  〃三
                   /: : :l : : : l、 : : ハ:ヽ: : : : : : :\// /  〃三
                il: :!: :!: : : ハ, l : :ハ: :.',: : : : :ヘ : \.  \〃三
                l|: l : ',: 、ムィzァ! : : lヽ ',: :ヽ: : ヽ` 、:`丶、  ̄
                 | l: : !乂   /イ: : lノl: i: : ハ: : : ヽ `ヽ、:\
                 Ⅵ : ト、__    リ: :リ l:l: :l: : :ハ: :ヘ: ヽ  ヽ: :ヽ.
                  ヽ| \_,ィ' :/ /: !: l: : : ハ : ヘ: : \  ヽ: ハ
                  , -//l´ ./: :.lヽ:!: : : ハ : : \: :.\  l: |
                      ////` ィ:/l/__...ゝ、: :小: : : :ヾ、 : \リ
                    // /`ゝイ/ / , -‐ V: :l:ヘ、: : :ヘ`ヽ、:\
              , --//!/|// _..- '' /    V: l:ヘヽ、:l :ヘ   ヽ }
            ∧ と´Y r-'、K‐''    /      i_: l: ヽ i: l: :|    リ
             〈`ァ'イ l /ーイl_ノ    、|ノ    、  }:.ト、:.\l_l: |
         / ス  ヽ. `!/ l |      ヽ.       ̄ ヽ `サ‐≠‐'
        //  `ヽ、 |  !     _,  `丶、     \  ′
       //      \', .ト、 -=二_      /ヽ.       \


┏                                           ┓
┃         そう思う人は重要なことを見逃している               ┃
┃                                           ┃
┃           阮小二がこう名乗ることで人を脅し           ┃
┃        二郎真君廟の利益の上前をはねていることを         ┃
┗                                           ┛




灌江は以前小ネタで触れた二郎真君の廟がある所。
昔の阮三兄弟はそこの出身、もしくは縄張りにしていた様子。

なんか最後がチンピラっぽいが、神様を恐れない度胸のある男、と
褒めているように見えないこともない。



.

633◆lUVweQdkfM2010/09/27(月) 22:45:50 ID:TAMNfx8o


            /       __ , -ミ ___ヽ  \
            ,       /´/ / '⌒ヽ、  ヽ
          /      , //' /   /    } \  ヽ
            /    // '    /        ハ    '
        /     / / /   /イ /,/ /   /ヽ |  ヽ  .
          ′  〃  , / /´/ ,イ ′  /  | l!     !
        i   /′,  ! ,ム/ ._/ / / //   } |  ||
         | .′ ,  i |/l_, {i/ |/ / /}厂 ̄ミメ.} | ||
         |   |i!  |  |,ィf:::ミト`|彡'  / 'ィチ::ミiヽリ j  l! | __ ...:
         |   |l!  i  {ヽヒ::ツ ´{     ヒ:ツノ } ,  l| ど_
          }′  l! 小 .                   //  il_.斗-- : ::
        ,|   |i  { トヽ       ,      ノ'} (⌒ご」> _.. :
         |l    .  .小.ミ\     ____   (⌒`ー'__,    ..:
         !  |   ヽ ヽ. \     ⌒ニ´`   .不フ´不} 廴 厂
       l   li    ト 廴ィ| 、       イ廴/イ |i |  |
        |  }l    |ヘ { V}  > -- ≦ { ∨ヽl } ′ {
        !  ,ハ i   !{ \⌒´ー} `ミ_  ̄`ミヽ{ ノ  イ l|
      .  / ,ム .   {ヽ.i′  リ         }∨ /| !
       / /:::: i |  :ミ|    |         {/}:`\| |
     //::::::::::: |i     ト|   ノ         |ノ:::::::::: \|
   ,.イ:::::::::::::::::: || l  ト}!              |.:::::::::::::::::. `ヽ、
  / ::::::::::::::::::::::: |ト. |  トハ              | :::::::::::::::::::::::::. \




ところですでに気づかれた人もいるだろうが、
阮小二のあだ名が『立地太歳』ではなく『短命二郎』。

水滸伝では阮小五のあだ名になっているものである。


ちなみに「宋江三十六人賛」における阮小五のあだ名は『立地太歳』になっている。
阮小二、と次男っぽい名前なのだから、こっちの方がマッチしてる気もする。



.

634◆lUVweQdkfM2010/09/27(月) 22:46:29 ID:TAMNfx8o


                        , =='}ヽ
                    ,. : :二:{ : :__.ノ.ノ`ヽ.
                    /./ . . ./ . . . . ヽ`ヽ \
                  /. :/ . . . / . ./ . . . |. . .丶 ヽ
               /. :/ . . : :イ i. .' . . . . }. . . . V: .
               .′.' . . . / |:イ.| . ./:ハ ト .  l: |
                l :l  . . 仏 -{l. :| . /}ァ‐l.l、!. . .{|
                | :! . .,|{ィ=-ミⅥ //ィ-=}ミ|l :バ:|
                | l| .:小 ヒ:::ツ `メ′ヒ::ツノ}/:.:..|.|
                | ll ハ{           ノ}:. . |.|
                | || . : i.   __ ' __,    八 . |.|
                | || . : |l:> .        ..イl|: : . |.|
                | l: i  . :ト _}> -- ´l、 、|: : . |Z_
                 i.:lフ|  . :トイi′    小.|: . .l く
              ′7||. :| ハ     ノハl : . { <
             /./Z! | |ヽ._≧―_彡 ′ ! : . ∨ヽ
              /:/   i !  l 〈{` ̄ー   ハ. . . . ハ. !
       .      / .′ ,: :! : :l く|        l∧: }}: ||
           .′l   | . :|. :| (ヽ         |{{.}/': リ|
            | i :|   i . :|. :ハV}ハ. ∨       | ハ:./ |



また、席次もずいぶんと水滸伝とは違う。

末弟のはずの阮小七が一番上の第五席。
小二が第十二席、小五が第二十五席と、兄弟でずいぶん離れている。

それにしても兄貴やその他多くの好漢を差し置いて第五席とは、
昔の小七はすごく偉かったようだ。



.

635◆lUVweQdkfM2010/09/27(月) 22:47:02 ID:TAMNfx8o




                    【船火児  張横】



             ∠// /   /  /   ∧ヽ|/∧ヽ \ \  \\
       .      ノ..ノ  /   /  /   i´`"゙`´',  i ヽ \  ヽ ヽ
       .     i ,.イ / ,'   ,'  i  i !    i  ji  !、 ', ヽ\ }
       .      l /   i   i  ハ _」メ.   ゝ.ハ / i  i 〉 }  }  } リ
            l 'i i  ハ   i:!ィ「 Ⅵ:{ ヽ  ノ 「/ フナ!:ノ |  〉 ハ   }
            \ハ/| .L i  八::.,.-=-、ミ     γ‐=ミ、厶∠ソ L/
              V\ト ∨{  {'   ハ     {{     ハノ  /l )/
              レヘ..ゝ ハ弋   ,リ  ,   弋   ,リイ/ レイ
                 ハ ヽ .; ヽc'ー‐'"         ゙'┐ f /  /
              Y⌒ヽ ,'∧;《三ミヲ r-----、.  ヽノイ '/
              i     Vハハ.彡巛}|:::::::::::::::::}    / /i
              i     } i.  `トミ彡 ゝ:::::::::::ノ   ..イ   i
            ___.ハ   ノ .|  .i  ト..       .イ i   i
           /    ヽ.  `ヽ   i  |  `   ´  ! |    !
          /´    i__   ∨  ∨ノ      ,ノ  !    !
         ノ  ヽ.   !´    八  ハ  \   { `ヽj    j


┏                                           ┓
┃            太行山の好漢は三十六人               ┃
┃                                           ┃
┃        もし船火児がいなければその数は足りない        ┃
┗                                           ┛




いったいなんなんだろうか、この適当な詩は。
誰がいなくても人数足りなくなるのは当たり前だろうに。


三十六人に必要不可欠なやつ、と言いたかったのかもしれないが、
どっちにしろえらく迫力の無い詩ではある。



.

636◆lUVweQdkfM2010/09/27(月) 22:47:48 ID:TAMNfx8o

              ,.             へー-
             〃                  \.____
       ≧ ̄ ̄¨`ー‐- 、_,. / / /     /^\  \__ ` ー-、
      . {  `ヽ_     \ / 、_ :/ ',  rV/l \\ ヽ::::::::Zミ 彡
       ∨   了¨\  ,/ー-、/   i ト/^\< ̄ヾヘ .ハ:::::_::Z /
        ヽ、 彳:::::::::::!r―´      ヘ | ,、  \ヽ  \\ \!,.V
         !\{ィ::::ハNノ        / ハi,|/|/∧ヽ  ヽ\  ヽ ヽ ゝ
        / i ト、_/: :/,.イ  ハ  i /  i|`  `´ ', ! 、   ', ヽi ヽ
        |  ! ヽ  'i i  ハ ト! ィ:ハ i ハ   /リ |  〉  }  }l  i
        |  ! !ヽ ハ/|  |iL__V`'くハハ    、__/厶| /|  /} | |
      .  !. i.l  \  \  >t,≧彡     ミ三 .,イl | / /
         ! il|   iヽ   `7l |ヽゞ:.:7        〃 } ||メ/
         ! ll|   ! } !  { l l !ミ彡{  _ ,.   /  !
         ! lリ  i  从__ l|ヽ  ヽ::/ `ー ' _, イ   /、
         ! 〃  i / / `ト, \  `.!'ー-ァ' ´ {´  /-、_ヽ
         ! ii    !./ / / __,.>、〉  iヽ ト'^ヽ l  |--、``ヽ,
        //   //,./ ノ!/-‐- 、!  ! Y´:ヽ,.:ヽ, ヽ,/~ヽ、 ヽ
        〃  ノ ./ ./' /     |  |  ト : : |: : :ヽ、 ヽ、 ヽ




しかし一点、注目すべき部分がある。
「太行山の好漢」の部分である。

太行山は他の好漢の詩にも出てきており、
この三十六人は梁山泊ではなく太行山を拠点にしていたことがわかる。


水滸伝の原型の一つ「大宋宣和遺事」においても、
一部の好漢が一時期太行山を拠点にしている。



.

637◆lUVweQdkfM2010/09/27(月) 22:48:19 ID:TAMNfx8o

        ,/':::::::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::'::::::::::::::,','、
       ./;.:::'.::::'::::'::::::':::::::::':::::::::::'::'::'::::'::::::::,':::':::::'::::,':i,
      ./:' ':: :::' :' ':::'.,::'::',' ::'.:'゙:::' :: :' ':: ':'':::':、'::゙':::` ': :l,
      l::':,:::,:::'::.,::: ゙ ,:,: ,::,,::: ,:: ,:,::.:::,.:,.:, :,.::,゙.,':, ,, ' :,:,,.::l
      .l::;:,:::::'::::.::::,:: ;:::,::::::::,::::,:::::::∧::::,:;,::,:::, : :,.,:::,.:,'::::::.:l
      l::::l!::::l!::::::::::ll:::::::::::::::::::;::::::,l .l:::::::::::::::::::,::ll:::::::l!:::::::l
     .l::::l!::::l!::::::::::l!::::::/l:::::::/リ::::l' 'l:::: ハ:::::;::::::::l!:::::::l!::::::l
     l::::l!:::::l!::::::::::lll;::/l.l::::/、ll!::/! ,.l;::ll l::::lヽ:::::l!:::::::l!:::::l!
     l::::l!::::ll::::::::::lllk"''7llll''ll、'.リl  l リ=illllァt:l,l::l!:::::::ll:::::l
     l::::l!::::ll:::::::::l.l! ヘ、l{,゙ニリ゙'   l / .lt;;;;kヅl:ll:::::::l!::::i
     l:::l!:::::ll:::::::::ll ≡=.  ̄_,,.、;;;:=l=、 `"'''''"=.,!:ll::::::ll:::::l
      ヽl:::::l.l:::::::l.l   ~ ̄    .} `"''=- ./:::ll:::::リ:':l'
       \::l.l:::::::ト、.        '     /:::::ll:::::l/ll'
        ヾl::::::l! .ヽ,    ,、-‐-    rへ::::ll:::〃リ
         l;::::::l!  .l.\,       ,/   'lリ::〃
          '、::::l,_ l!  ヽ、, __ ,、イ,,、、、  ,l::::/
         /i::::l ,>'       ,lヽ;;;;; `ヽ,llニニニ--- .、.....,,,__
       ,/; ; ; 'i;::i,   ,.r‐ 、,   /;;/; ; ;,f.l     ̄``''''''‐--二ニニニ
     /; ; ; ; ; ; ; lヾ ,/;l   l `ヽ、/;/; ; ; ; l l 
   ,r ' ´; ; ; ; ; ; ; ;.;, ;l/; ; ;l   l; ; ; ; /; ; ; ; ;,l l 
.,.<`ヽ、; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,l,;;;r‐'゙    ̄7,;; ;,;,;,;;;;;l.l      楊家将演義
   "ヾ=`ヾ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,':, ,,,   r-,/,;;;;;;;;;;;;;;;l.l
   / .l.l ~ヾ=-`''-、;;;;;;;;;;ヾ;;;l  .l;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;l l  
、 ./  ll .ヽ .~ヾ"=-,'-;;;;;ヽ;l  l;/;;;;;;;;;;r‐ラ ,l 




また楊志のご先祖様が主人公の「楊家将演義」では、
最後に楊家の一族は官職を捨て、太行山に篭って山賊となる。


どうやら水滸伝登場以前は、山賊と言えば太行山なぐらい、
賊徒のメッカ的存在だったようである。


ついでに付け加えれば、史実において宋江率いる賊徒は、
梁山泊も太行山も拠点になんぞしていなかったりする。



.

638◆lUVweQdkfM2010/09/27(月) 22:48:46 ID:TAMNfx8o



        /\                              ,.l/ /ー-、/、_ :/ ', i /^\ `‐、
    「r\__} i \        __/{             /´ / //    ´  /   i /rV/l \\
  ___, ∨`ー‐┘ ノム.、_人_   〉   >          /  / /,ィ r―      ヘ /^\< ̄ヾヘ  :__∧__
  | .iヘヽ\ー 、  `ー-..`Y´   ― 、/ 。  o。     / /  /.//.| /        / ハi|/∧ヽ \ \  `i,.、i
  Ⅵ `  ̄ ′ 、_,.ノ.            ゚    ・ 。_  /   l// |/| イ ハ i /  i|` ゙`´ ', ! /^\ ヽゝ
  \ー―┐     ̄`ヽト _               ,' / , | l/,. -、 ト! ィ:ハ i ノ   リ |,、  \ヽ  \  _人_
    ` ̄ /'  /r―==ト ミ__ _)             ! ! ii/乂,./ /L__V`'くハハ   、/ /∧ヽ  ヽ\ゝ   `Y´
      /{  //    廴_`¨ヽ             l///  / / |l  z'==ミ{/、   キ|⌒ _/厶  ', ヽ
      廴_ ノ      / ノnト、                  イ  ノ⌒j、|l/ゞ:.:彡7 `     ィラ:Tヽ|  〉  }
           ┌‐ ´ / }_}_}ハ         <\ { .//   r' _ ノ }-‐'――‐ 、     辷ツノ/厶∠/  ☆    l
             ̄´   _ /ノ.      ┌―‐z不 l   ‘7__ノ ,r┬――___’  ノ  `¨`//,.イl |/       - + -
                     `¨´       > ´ { {    `ヽ  /:|l i三彡∨ `ヽ     人| i l          l
             人     。o..斗゚ ´     ヽヽ.     ー〈::ハ|l}|!ゞ::、 `ー ´r― xく ! l l|!
             `Y_ノ ーァ  ,  ´          _人_イ_>―、  }ヽ|lii  ` ._ . ィ{ヘXX} | l i !i
              `j,.- ゚ /           ,. イ`Y´{´  廴._ }__ノ、!l.|!  !  /、:{/   `く ,ん.!l.|ゝ≦ヘ.__  __j__     |
                 /          /、    ∨.。 ゚  }  ヽi !i .`ヽ._ {  >    /  厂}、〉,、f´   i′     人
               ノ        ト ん{ >  o. ・゚ \   廴._ !l.|ゝ |       {   ,.イ´{  / / }ィ^ヽ__    ̄ `Y´  ̄




全く関係無いけど、バラライカさん可愛いAA多いな。

本編で絶対使う機会なさそうなんで、ここで使っとく。



.

639◆lUVweQdkfM2010/09/27(月) 22:49:21 ID:TAMNfx8o




                【天立星の人】



┏                                       ┓
┃              昔の樊會将軍は                 ┃
┃        鴻門の会において主人が危機に陥ると         ┃
┃            まっしぐらに駆けていった               ┃
┃                                       ┃
┃            さらに一斗の酒を飲み干し             ┃
┃            豚の肩肉を豪快に食らい                ┃
┃           その言動は甚だ壮大であった           ┃
┗                                       ┛




まだ出てきてないんで、詩だけ紹介。

樊會は漢の劉邦に仕えた有名な臣。
鴻門の会で活躍したのが有名で、この詩もその時の様子を指している。

ていうか、樊會のことしか語ってなくね?



なお天立星のあだ名は水滸伝と違って「一直撞」。
天立星が水滸伝本編でしばしば「董一撞」と呼ばれるのはここに由来している。



.

640◆lUVweQdkfM2010/09/27(月) 22:50:10 ID:TAMNfx8o




                【弃命三郎  石秀】
    
    
    
                   _  -───-   _
                   ,  '´           `ヽ
                 /                 \
               /                    ヽ
             / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
              ' 「      ´ {ハi′          }  l
             |  |                    |  |
              |  !                        |  |
             | │                   〈   !
             | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
            /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !
            ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
           | | /ヽ!        |            |ヽ i !
           ヽ {  |           !           |ノ  /
            ヽ  |        _   ,、            ! , ′
             \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
               `!                    /
               ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
                   |\      ー ─‐       , ′ !
                  |  \             /   |
             _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
        _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_


         ┏                                     ┓
         ┃         石秀が命知らずなのは         ┃
         ┃       金銀財宝に志があるためだ.         ┃
         ┃                                     ┃
         ┃         その姿は河豚にすごく似てる          ┃
         ┗                                     ┛




ちっともいい男じゃなかった昔の石秀。
生命を捨てる理由が金のためって、あんたねぇ。

しかも河豚にそっくりときてはもうどうしようもない。


省略した第四句は「腹果一飽」。
分かりそうでさっぱり分からない。



.

641◆lUVweQdkfM2010/09/27(月) 22:50:57 ID:TAMNfx8o




                 【撲天鵬  李応】
     
     
     
                  ,、-''"´    ` ‐ 、
                 //  //     \
                / 7´ /イ ,イi l        ヽ
                ,イ ,イ/ ァ.、l|. l         ',
                レ 「  〈ノ ゝl|',l l        i
                  !  :::::::... !,' ,'´ヽ ,-ニヽノ
                  ',`      ,'.,'__ノヽ/  ヽ
                    `ー‐r  ,','ヽ_.,、l   ',
                    _r"´ノ ̄¬ / .l   i
                   ノフレ,-ー-、',  l    l
                ,、-"´/l  / i   l',',  il   l
               く_  / ! lr┴、__,イl .l  l l  l
                ``L._.」 〈    〉 l  l ヽ  ',
                 ,'   /ヽ、_ノ  」  l  \ヽ
                 i  /  /ノl',  /  l l   ヽ\
                 l /   ノ ト /",-、 l l     ', ヽ
                 /    /__〉,- 、 〉l l     l   ',
                /    /    ',-ニヽ. l ヽ    l  i


       ┏                                  ┓
       ┃          巨大な猛禽類の中で.           ┃
       ┃          イヌワシが最も狡い           ┃
       ┃                                  ┃
       ┃       しかし空を打つようにして飛べば        ┃
       ┃       狐が草むらの中へ逃げ込むから.        ┃
       ┃         狐を封じることができる            ┃
       ┗                                   ┛




もうちょっとマシな褒め方あるだろ、と言いたくなるような詩ばかりである。
狡いと言われるわ、たかだか狐相手のカカシ呼ばわりだわ……。


ただこの時点で李応の席次は第三十六席。つまりドンケツ。
水滸伝における時遷や段景住あたりの席次だったと考えれば、
この程度でも妥当かもしれない。



.

642◆lUVweQdkfM2010/09/27(月) 22:52:15 ID:TAMNfx8o


他にも数人、詩の意訳だけ紹介。




・呉用

「古の人は智を用いて国を治め、民を安んじた。
 だが惜しいかな、現代では呉用みたいな酒食好きで粗暴なやつに
 智慧が与えられてしまった」

(第四句は「酒食粗人」。粗人には「うっかり者」という意味もあり
 こちらの方が呉用らしいかもしれない)



・武松

「出家というものは五戒を身につけているものである。
 なのに武松は行者でありながら酒・女・財宝が大好きで、
 殺人はそれより大好きときている」



。花栄

「漢の李広将軍は敵に捕われても
 馬を奪って漢に帰ってきた。
 花栄も小李広などと名乗って李広将軍を慕っているなら
 ろくでもない運命を嘆かず、賊を辞めて戻ってくればいいのに」



・楊志

「聖人の治世下では、四方に霊獣がいたものである。
 お前はそのうちどの獣の名を名乗っているのだ」

(省略した第四句は「走昿労労」。わかんねー)



・穆弘

「太行山に出没しているが、岸辺で茫然としていることが多い。
 没遮闌といえども、一度賊になってしまえば
 離脱して正業に戻るのは難しいのだ」




以上です。
一部の意訳に関しては絵巻水滸伝作者である
森下翠女史の意訳を参考にさせてもらっています。


なお>>1は漢文テストで七十点以上取ったことがないやつなので、
自力で訳したとこはすっげぇ適当です。



.

645◆lUVweQdkfM2010/09/27(月) 23:12:18 ID:TAMNfx8o
まともな詩もあるけど、すっげえつまらないんで省いたw



・楊雄

「関索のような英雄で、知恵は関索を超えている。
 よく義勇を持っている人なので、自らの命を全うしないことはないだろう」


・索超

「出陣すればいつも先鋒。
 鋭く前進する様は、天兵が目の前にいるようである」



ほら、普通すぎてつまんないw

関連記事
[ 2019/12/07 20:00 ] 百八星が梁山泊へ集うようです | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する