FC2ブログ

やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やらない夫は死者の声を聞く 裏話

574◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 22:58:07 ID:5q33cZX6

    改めまして、皆様このスレを読んでいただきありがとうございました。
    それでは質問にお答えしつつ語っていきたいと思います。

    まず最初に

    Q:以前の作品があったら教えて下さい

    これから。

    こちらが過去作になります。
    以前トリップミスしてるんで、わかってた人もいるかと思いますけどね……

                          ギャンブル系

                       ・やる夫の麻雀放浪記
                       ・根こそぎ翠星石
                       ・やる夫は旅の博打打ちのようです
                       ・やる夫はポーカーで大勝負をするようです

                           ギャグ系

                       ・天才発明家やらない夫
                       ・太陽にほえるお!
                       ・ローゼンメイデン第七ドールの物語
                       ・やる夫は北斗神拳伝承者と旅をするようです
                       ・ゴルゴ13危機一髪!
                       ・勇者やらない夫の旅立ち

                           学ぶ系

                       ・やる夫で学ぶことわざ
                       ・やる夫で学ぶ符計算
                       ・やる夫で学ぶ麻雀の役

                           ラブコメ系

                       ・カナがない夫でない夫がカナで

                           ????
                       ・やらない夫は死者の声を聞く ←New!



    スレ立てる時も思ったんですが、このスレってジャンルなんだろうなぁ……
    ホラーってほど怖くは無いし、ギャグはあるけどメインじゃないし……
    人情モノかなと自分では思ってるのですが。

575◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 22:58:55 ID:5q33cZX6

    それでは次。

    Q:エピローグは本編終了から何年後位になりますか?

    大体五年後ですね。
    水銀燈は速攻で生まれ変わってやらない夫に会った計算になります。

    ただ、正確には五年後っていうより、最終話が現代でそれまでのお話が五年前、みたいな?
    第一話の最初(スーツのやらない夫)と最終話の最後が同じ時間軸となっております。

576◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 22:59:30 ID:5q33cZX6

    Q:ない夫はぽぷらさんとどうなりましたか?

    やらない夫から告白してフラレました。



         _,....-. ._  ,r:7
       /: : : : : : : : :` {:(
      ./: : : : : : : : : : : : : : `、
    .../: : : : : : :,.r:三三>‐、-‐': '': :‐:-. ...,_
     i: : : : : : :/::: : : : ,r'"/": /: : `:.、: : : : : `ー,ァ
     .i: : : : : : /:: : : :,:'i: : /: :/: : : : : :.`、: : : : 、: :'、
     .i: : : : : :i:: : : :/: i: :/: : i: : : : : : : :ト`、:ト: : `、: `ゝ
     .i.: : : : :.i: : : :.i: : i: i:,: : : : i.:.:l',.: : :.:i`、_リヽ: : : ','‐ ._
    .i: : : : : i.: : :.:l: : : /: : : :.,: ト:.レ',:ト: :.! ! _ ',:i:ト:.l.   ~"' .、
     i: : : : : : : : : i∠‐'i: :i.'; レ,l'`ゝ 'i ';,'  '´ `´_リ.)..,_       ヽ
     .i: : : : : : : : : ',: : : : {,.‘、! _r"´`   ,    .',ヾ:、 /~     ./
     .|: : i: : : : : : : :ト、: : : (         ,、.  .} ,.'ヾ、、    /    気持ちは嬉しいけど、
     .l: : i:: : : : : : : :i::::`:( ~"ヽ、.U  ( ̄ `}. ./.'   .',!',  ,.'      ムスカ君の友達だし、
      ,': : :i::: :i.: : : : :.:i::::::::ゝ...ヽ   ゝ- ' /     レ'        弟のようにしか見れないかなー……
    /:ノ.l: :i::::.i: : : : : :i:::::::::::l  (-,},‘,_ ‐-r' 〉       .l
  ∠‐" .l: : i:::::: : : : : :i::::::::::,'  .〉 、 i! `、. ト./`、、 l   ノ
     ..l: : :.i::::: : : : : :i::::::::,' /\ `ー  ゝ'- .',.',i ./
.       ,': : : :i::::: : : : : i::::::;:<  ヽ. `、   /l |`ト`'}. `<
      .,': : : : :i:::: : : : : i:::,'.  `、 ‘,‘, ゝ'l l`' ``、  `、
    /: : : : : i:::: : : : : i:i    .‘, ',. `.、,_.!.l,.ィ' .``、. ‘,




                    ガーン

                   / ̄ ̄\
                 / ._ノ  ヽ、\
                 |  ( ) ( ) ((●  ((●
                 |∪(__人__)   |
                 |   |   |   }
                  |   |   |   }
                  ヽ |r┬-|  /
                  __ヽ `ー'´ ノ__


         ただ、これには裏話があります。後ほど語ります。

577◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 23:00:45 ID:5q33cZX6

    >エピローグに至るまでのそれぞれのくっつき方が気になるw

    まずムスカですが、モロが死んで傷心のところを狙った感じですww
    なんて書くとムスカがちょっと小狡い感じなので、演出の都合上カットされた、ムスカのカッコイイ部分を公開。


    やらない夫がモロの申し出を断った後の話です。


                                / ̄ ̄ \
                              /_,ノ  `⌒ \
               -、          | (● ). (● )  |
              ヤ  ',           | .(___人___)   |    ムスカ。
               i.  l     ,.-、   |   ` ⌒ ´   |     モロが能力消してくれるらしいんだけどさ、どうする?
                ',  j   / /     .|         |
                ノ_..ヽ-、′,'       ',      ,/'|、
                    .l .___ ヽノ    __ .j '.、__ , ___ ィ/::L_
                   Y     )ハ.‐ ' ´ ..::ヽ::::::::::::::::::::::::::/:::::::...`' ー- 、 _
               ト.  ̄ ̄ 〕y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
               ハヽ 一ニイ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r;;;;;:::::::: ',
              /...::::::;;;;;;;;;;; /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ;;;;;::::::::::::::〉



                    │ /
            _、-‐‐‐-..,,__   ′/
            , ':::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`,
          /::::.:.:.:.:.:.:.:.:,;:.:.:.:ノl
           l::::::::::::i'`'v____n,j
          `k::::::::(,リ     .リ{、
           ヽ::::::::ゝ、   __,'
            l: : :゙i.    l
           ェ‐‐--ニニ==イ
         、‐'`::::.゛ミ_二三b-,,_
        ,r'    :.:.:.:.:`'ィ.,l \`ヽ
        イ..:.::.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:l   `v. \
       l:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  ,、ハ ,ノ
       .l::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'‐-'``'ィ'
      l:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l

578◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 23:01:05 ID:5q33cZX6

             /: : : : : : : : : : : : :`ヽ、
          /: : : : : : : : : : : : ;.イノ\ : ',
         i: : : : : : : : : : ;. - '´ ′ │: }
         |: : : : : : ://__       l /
         |: : : : : : :L -‐{〒ぇ>‐rfデ1
         ヽ: : f ヽ;|     ̄  ト -〈
          \:! ぃ         ′ ./   キミはどうするんだ?
            `!ヽ.、   r_:三ヨ /
            L:_| ヽ     ‐  /
             │ \      亅
             │ __二二ニヱ‐ 、_
               r弋/ _  -‐ フ´    | ̄  ‐- .._    __
         ,. ‐ '"´  ̄\=ニラ'´        !         ̄    \
      _ /   / /  |/   ____」      /        ヽ
      //      /.   |     \           /            ',
    / 〈ヽ       /    |         >        /             i
    /   \\   L. _  │_, -‐ ´         /               |





                               / ̄ ̄\
                             ⌒´ ヽ、,_  \
                                (●)(●.)    |    俺はいい。
                             (_人___)    |    このチカラと共に生きていくよ。
                                '、       │
                                  }       {
                              !、______ .ィ-ート、
                                V/:::::::::::::::::ヽ
                                    {::::::::::::::::::::::::::::::.、
                               /ー-:::::::::::::::::::::::::::::::,
                       「r'、     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
                       } r'、 ヘ、 /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                       i/ ム、} .{ i:::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::: |
                       { い、{  Y::::::::::::::::\::::V:::::::::::::::::::: |
                       \  ヽ {|V.::::::::::::::: \V:::::::::::::::::: |
                         \  ノ|:.V.::::::::::::::::::::::〉.:::::::::::::::::|

579◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 23:01:22 ID:5q33cZX6

           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::;;ィ"ッ/ノノノ ゙i:::::::::l
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::/::;ィ:/~ ⌒ノ ノノ   l:::::::::l
         /ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::/'´  `´          i':::::::::ji
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::/ -‐-_,,,,___          i:::::i::ノ
          {;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;::i_,,-‐l ̄   `'t-__' ,,,___-‐- i:::ノ'´
         l;;;;;;;;;/ ヽ;;:i   i     ノ  {    ゙̄l
         ヽ;;;;;;l i ) V    `'‐--─"   l、__  ,ノ、
          \ヽ ゝゝ          ,  〉  ̄ }ノ
            ヽ\     ,          /ノ
             \ト-i     `''‐- 、,,,_    /‐'     なら私もそのままだ。
              l ヽ       _  ̄ ノ       だって、私の能力は必要だろう?
              l゙  ゙i           /
             _,l    ヽ         /
           ,r'´ .l ,r‐- 、,_`'‐-─-- ,,_,,ィl` >
      _   \ l/r'     ̄``'''─--─'´ノ-、
  _,,-‐''"´ _,,二ニニ=-、______,,,,,--‐ッ‐'  ``‐、,,_

580◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 23:01:36 ID:5q33cZX6

                       /) ̄ ̄\
                     /∠___ ヽ、,_ \
                    / / ,-イ)(= )!!! |
                    l / /(__人___)   |     バカだなお前……
                    l   ', `⌒ ´  u |
                    ',    ',      |
                     j    ノ      /|_
                   _∠⌒ヽ j, _、___ ィ/::\__
               ___/ ...:::::::::::ヽV ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::...´´''' 、、、 _
             /::::/ ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... :::::..\
            | ::/ ...:::::::::::::::::::::::: /;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::: l




              /:::::,r'´      ヽ:::::::::l,
             l:::::::l_,,_    _,,-‐-: :'l:::::::::l
              ゝ::iィ'"`゙`t‐l´ ̄~〕、:.l:::::::::l
               ゙ビ'--‐i  ゙'‐-‐'  〉'´i丿
               ゙i    ``     : : : リノ
                  l  r--‐‐ ッ : :r、/       お互い様だ。
                  l ``''''"´ : :/::l'"
               .  !、,___/: :l_
               _,,(F-、, _,,-‐''''""´ !、,_
          _,,,..-‐/''´::l゙`-、-V_,,, -‐''''"ノ;;;;;;;`゙`'‐ 、,_
    ,,-‐'""´ ̄:::::::::/:::::::,rレ'´  i、ヽ--‐ 丿::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙`'‐-- 、
  ,ィ'::::::::::::::::::::::::::::/_/     i : ヽ ,ィ':::::::::::::::::::l:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ヽ
 r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::,r       i : : l:::::::<⌒ ̄:::::::::::::::::::,i::::::::::::::;;;;;;;;;;ヽ
_l;::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::i          :l::::::::::::::>::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;l
::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::ゝこヽ       :l::_,,,..-‐''´:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;l、
::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::/:::::::ゝ    ,,ィ''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;ヽ



      なんていうやりとりがありました。

581◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 23:01:58 ID:5q33cZX6

    次にやる夫ですが、途中まで親戚のくせに携帯電話の番号も聞いてないほど池田の事を嫌っていました。

    理由その1は、阿部さんが小さいころから池田とばかり遊んでいたから。
    勿論悪霊を払うためというちゃんとした理由があったのですが、当時はそんな事知りませんからね。


 |___
 |   \
 |  ,ノ  \
 | ( ●)u \    池田の奴ぅ~……
 |人__)    |    またうちの親父と……
 |⌒´    /
(⌒ー─' )


    今でこそ反抗期で父親を嫌ってますが、小さい頃はさすがに嫉妬がありました。

    理由その2は、池田に憑いている悪霊のせいで、なんとなく池田に嫌悪感を持っていた、というのがあります。
    見えも聞こえもしませんが、なんとなく嫌な感じというのを察知していたんですね。


      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu    池田ぁ!こっち来んな!
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /


                               l:`:丶、
                              l: :.:.:.:.:.:.:\___
                              .l: : :,  '´      ¨丶、___
                              |/l   _ ,/_ ィi    \::::::::::¨: -ァ
                            /\::|, '´ /´ / .l∧    ヽ:.:.:.:.:.:./
                           /..::://´_ \       l     ',:.:.:.:/
                          /:::/.::/rO(_)ヘ  〃ー- ._l::  }   l:::/
                          // :::/ {:::O:::/    r(__):、 l:  /   l/
                         / /,イ:{  `ー      {::O0::} l: /   l
                          {/ レ >、  L _‐- 、 `U ´ .l: /    l
                              /`丶、_ ¨     _ .ィ:/    .,'
                             / Y ヽ | / ̄/', /レ|::/ヽ/
                             ヽr-i  `┼ 7 ´  }  ,, 〃〃≧
                             ,-l  } o {  T¨ TT イ.:.:.:.:.: : : : :<<
                            L..j /7:::ァ--:l  .l:::: <:.:.: : ,,:──ヾ´
                           L{ ゝ´`)r/:::/ >L_ )ヽ/ヽ、¨
                            `ー‐ ´   ゝ、_ノ `丶

582◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 23:02:23 ID:5q33cZX6

    しかし、池田の霊媒体質を知ると、なんとなく気にかけるようになります。

*4話より*

      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \      その……
 /  (__人_,)  U \     池田に飯でも奢ってやろうかな、って……
 |  l^l^ln ⌒ ´        |
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /




       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \    あいつが調子に乗りすぎてたからって、
   .| U (ー)  (ー) .  |    さすがにやり方がまずかったお……
    \    (__人__) .  /    だからそのお詫びにと思って……
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ



*11話より*

     / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \
  /  (●)  (●)  \
  |    (__人__)    |     ああ、いや、謝礼貰ったけどさ、
  \    ` ⌒´    /     これで池田に飯の一つも奢ってやろうかな、と……
   ( ヽ  ___ ././
   .\ \|  .,レ゛/
     .\旨 爻ン

583◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 23:02:36 ID:5q33cZX6

*最終話より*


             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;| '____`  ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′   だが最近は会っても悪霊の姿が無いな。
       ,rト、  ー_ ‐-‐ァ'   /|     どうやらお前、頻繁に会って祓ってあげているみたいだな?
    _../ i| \   二"   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、




                                        ____
                                      /      \
                                    / ─    ─ \
                                   / ( ●) ( ●)  \
                                     | U    (__人__)     |   ま、まぁイトコだし……
                                   \     `⌒´    ,/
                                   /     ー‐    \

584◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 23:03:35 ID:5q33cZX6

    実はこの後、こんなシーンがありましたがカットしました。
    見え見えの恋愛フラグを立てるのもなんだなぁと思いまして。


       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)    ほう?池田と?頻繁に?会っていた?
     |     (__人__)     ちょっとその辺詳しく聞かせてもらいたいだろ。
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)




            _、-‐‐‐-..,,__
            , ':::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`,
          /::::.:.:.:.:.:.:.:.:,;:.:.:.:ノl
           l::::::::::::i'`'v____n,j
          `k::::::::(,リ     .リ{、    最近なんとなく付き合い悪いなーって思っていたのだが、
           ヽ::::::::ゝ、   __,'     もしかして池田とデートしてたのか?
            l: : :゙i.    l      なあ、どうなんだ?正直に言いたまえ。
           ェ‐‐--ニニ==イ
         、‐'`::::.゛ミ_二三b-,,_
        ,r'    :.:.:.:.:`'ィ.,l \`ヽ
        イ..:.::.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:l   `v. \
       l:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  ,、ハ ,ノ
       .l::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'‐-'``'ィ'
      l:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l




                          ____
                        /      \
                       / ヽ、   _ノ \
                     /   (●)  (●) U \ n         い、今はそれどころじゃ
                     | ///  (__人__) /// l^l.| | /)       ねーだろーが!
                     \    |i||||||i|   /| U レ'//)
                    γ⌒    ` ー'´    ノ    /
                     i  j         rニ     ノ
                     ヽ、 l           !ヽ、_,__/



    とまぁそんなわけで、頻繁に会って霊を祓ってやっているうちに、自然とくっついた、という感じです。

    ムスカとサンは、ムスカが高校卒業すると同時に結婚、
    やる夫と池田は池田が大学卒業するのを待って結婚、という感じ。

585◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 23:04:56 ID:5q33cZX6

      >ロリ銀燈はヒナの妹として生まれたのでしょうか?

      これについてはしっかり考えていたわけではないのですが、
      そうするのが自然かな、と思います。
      ヒナの妹ということは水銀燈の妹でもあるわけで、
      水銀燈そっくりでも不思議ではないな、と。

      >是非やらない夫と結ばれてください。
      >最低あと10年は手を出せないだろうけどw

      17歳差ですが、結ばれました。最初はその予定無かったんですけどね……ww

586◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 23:06:11 ID:5q33cZX6

    さて、この作品自体についてちょっと語ります。
    実は最初は、やらない夫、やる夫、ムスカの3人による日常系の作品にするつもりでした。
    第三話の前編とか、ギャグ部分はその名残です。が……


       , -‐―- 、                      , - ― - 、
      /:: :: :: \ヽヽ、      ./ ̄ ̄ \      //:: :: :: :: :: ::ヽ
      .|:: :: :: :: :: ::ヽ、:: ヽ、   /__,.ノ ヽ、,_ \  ,-/:: i:/::/⌒:: :: :: ::|
      v:: :: :: :: :: l:|Y⌒ 、`、 l ( = )( = ) l-'´:: l:: /::l '´:: :: :: :: :: ::/    イマイチパッとしないな~。
       v:: :: :: :: ::l::ヾ:: :: |:: :: :l.  (___人___)  .|:: :: :: 〉レ´:: :: :: :: :: :: ::/     もう一味何か欲しいな~。
       l:: :: :: :: ::|:: ∧:: ::l:: :: l   ` ⌒ ´ 'J |:::::::::::Sレ‐i:: :: :: :: :: ::/
        v:::lヽ:: ::|::l:: ::`ヾ_ i         |;;-っ´:: :: |:: i:: :: :/:: /
        l::|;;l:: ::|:::!:: :: :/:.ヾ =',       /L,/´ヽ:: :: ::l::|::/:: :/
         ';!::l:: ::|:: :: ::/:. :.,,>》'ヽ、._,_/:::ゞ ヾ、 ヽ;; :: |::l:: :/
         ';:: ::l:: :::/:. :.ヽ'´:.i`ヽ:. ニ二ニ :./ :. :. v:. :. l::|:: :: :/
          i:: :::l:: /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :!::l::l:: :/
          ∨:::|::/:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. v:l::/
           |;: :レiヽ、:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. |、/
           ∨ l :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: Y
            ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::|



    話が上手くまとまりませんでした。

587◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 23:06:45 ID:5q33cZX6

    そんな時、自分の好きなホラー漫画を思い出しました。

             _     ______
            l i  /    \
            l l_./ _,ノ  ヽ、,_\
            l/ ニヽ( ●) ( ●) .|
            l / y 「'i___人___)  |       心霊モノ……
            l   <、.l         |       これでいってみるか!
            ',    ',/       |
             j    ノ      ,/'|、
           _∠⌒ヽ j 'i, __ , __ ィ/::L___
         / ...::::::::::ヽVヽ::::::::::::::::::::::::::/:::..´''' 、、、 _
       / ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... i::..\
     / .:::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::::::: l

588◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 23:07:19 ID:5q33cZX6

    しかし、心霊モノにして、それぞれの役割は決めたものの、ラストバトルをどうするかで次は悩みました。



          ,  -─ - 、
       , -'´     l、   ` 、
     /       ノ ヽ    ヽ
    冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l
     7  l       _,. l!   l
     レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ
      ヽlー─'l  ー‐' `lノ /
       ',   `     /,ノ     やる夫!敵はそこだ!
        ヽ  -─-  ノi'
        lヽ、__ / _l、
     _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _
-‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;
;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;
;;;;;;;;;;/;;;< / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;




          ____
        /      \
       / ヽ、   _ノ \
     /   (●)  (●)   \ n
     |  U   (__人__)    l^l.| | /)    破ぁー!!
     \    |i||||||i|   /| U レ'//)
    γ⌒    ` ー'´    ノ    /
     i  j         rニ     ノ
     ヽ、 l           !ヽ、_,__/





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)      ……
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)




   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |    俺、主役なのにいらなくね?
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く.
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)


    というわけで、やらない夫が活躍する敵を考えなければなりません。

589◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 23:07:39 ID:5q33cZX6

    そこで考えたのが、霊の集合体でした。(AAは死体の集合体である超魔ゾンビですが)

                ト.       __     /i
             __ i∧-=ニY´__`Y⌒ニフ厶__r‐r― .
          . ´てリ } ∨`ーrヘニニハr‐< /  { i:::{   ヽ
            /   /:/ / 三≧ミj V/ {彡≦  ミ∧ ∨:.   '.
           , /し'::/ / -=ミ  从侖j侖从   -= ∧ ∨::::℃} i
        { {::彡' /  ー==ミ /,イ册ハ i -==ニミ1i i、\\:::://
         〉-=彡ヘ从/三ニ==弐iYi沙==ニ三ヲ从爻≧==≠ミ
        l| {爻イー=彳厶ヘ三ニ==夾=ニ三ヲヽ〉  }--=彡ヘハi
        i|i }/ー==彳   `ヘ{三ニ{{___}}=ニブ⌒ {   廴___彡'リ  /!
        i|i∧ー=彳     ハミ三三彡イ       ∨__彡'〈 //i
        i/⌒ヽ/      }  `辷=彡'.ト.         }---ミV//i
       /--ミ/     /∧\ ヾシ /}ハ\      {--=ミ}∨/!
        /{-=ミリ    /ハ/爻}Ⅵ  /爻i{爻ハ\     ∨=彡|i ∨!
     /从__/   〃从爻从爻厂 !从爻从爻ハ     ∨-=iリ }リ
     ∧しソ   / /{/{/{/{/ /    ∨{/{/{/{/{/∧    V彡' 从{
    /   }   /彡'彡'彡'∨     `<ミヾミヾミヽ    ‘,i//'.
   ./ _  {  /⌒ヽ川从iリ"        `川iリ从ル⌒ゝ   {    ',
   { /{ },ノ /}__ヾ> ∨/          /ル'iレ'<フ  <'.   「 -、 .i
   i iハ/  Ⅵ ヾ{_/リ/             {ハハハハ^ハリ   !_/ }i i
   i/    Ⅵ //ニ}             {ニニ}i  //     i/ //リリ
         Ⅵ { {ニ!              iニニリ //       /厶イ
            ‘リ.i iニ/                V彡 i/
         / ゞヘ〉             /し' ∧
      __彡'     ̄ト、         _ -{     \___
     / / /  . -‐'-'⌒          ̄`ー=ミ \`ー、_ト、
      /_厶フノ_/                   ヽ__/\{ \
                                 ̄


      そして、そいつを倒すために必要な霊。それが……

590◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 23:07:59 ID:5q33cZX6

            >′´    \::::::::>、____
          /      l ヽ    ̄ //小 \Y/
            . ' /      | |ト  |  \'」ト \\__
          /  l      | ∥| } _|   l \_ヽ_ \\
         /   |   | | イ厂|,ハ !  | ゙,  ̄\\ ヽ.ヽ
       ′ | i |ヽ   |// /,.斗:‐刋 | |    ̄  レ′
      |  | ||_\ |! / 〃ヽソ ' / /  |     \
       || ゝ \ -\∨       / イ   ト     \ \
      | ト  \ィヘ ソ       / |    | \     \ ゛ー
  \___ 、 \\ヽ ̄´  ヽ __,.      |    |\ \               私よぉ~。
__ \\|\ \  ̄二   '´´      |    |  \ >-...    _
::::::::::::::::::\, ――‐∠ヽ_         / |   ∧__>'´::.::.::.::.::`<::::::::::::
::::::::::::::_/   ―ッ厂   、\ー-  <::.::/   /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\:::::::
:::::::∧/   /  /   l l ト )//「\::V  /::.:,′::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\:
::::::′冫 /    | _」  | | |∠〈〈仆:::::マ /.::./::.::.::.::.::.::.::.::.::___::.::.
:::::| ハ _  ,―┴ぐ_ノ-イ‐'::.::/フ┘|::|/ /´::.::./::.::.::  -―――-
:::/   7 Y´    |__  了::.::.//z_r‐レ'/.::.:::./ レ'´::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
〈|   /  \ -―{_  ̄|_::.::レ燈}彡イ::.::.::.::./ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
├く    <__   | \「::.:_j ゞ '´〕/::.:/〈 〈::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
|  >     下 _ \ j::.:ノ /  〔/   _\\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
| /\_   」    L|::丿/  〔レ'´::.::.::.::.::.::.\` ::.:―- _::.::.::.::.::.::.:
 / /  \  `l__  |冫   r'::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::`::.:ー― -- 一=´::.::.
     / 〈   \ `丁:)    〉::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\::.::.::.::.::.::.::.
Y_ /__>-、ー┤::.`L   〉::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\::.::.::.::.::.:
 `ー'\       〉   |::.::.::.::ヾ i|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ::.::.::.::.:




      そう、水銀燈は最初の構想ではヒロインでもなんでもなく、
      ラスボスを倒すためのアイテム、ドラクエ3でいう光の玉のようなものでした。しかし……

591◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 23:08:43 ID:5q33cZX6

             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)        あれぇ~?なんか水銀燈人気、高くね?
            .|     ` ⌒´ノ__
            |     _/  ̄\ヽ
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_γ    |
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ;;;;;;;;;;;;;;;;::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;;;:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ



      自分は、普段は読者の意見に左右されずプロット通りに話を進めるのですが、あまりの水銀燈人気に
      今回はそれを曲げて、デートさせる話を作り、水銀燈をヒロインに昇格させました。

592◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 23:09:48 ID:5q33cZX6

      当初の予定では、ラストはこんなやりとりでした。



/        _r~-'   | |
    r~ミz孟zzzz≧x  |ノ
。   |   }!     H! .L」
..ヽ   ゚。       `¨´ 〈    やれやれ……これでは今日も朝帰り確定だな……
  }   >-┐      'T′   またサンにどやされてしまうよ。
  ゝr ´  ゚。    ⌒ :f                           ニイ
  r┴ ..._ ヽ     |       ちゃんと説明しておいてくれよ、義兄さん。
/>ミ、_ `¨ =r---'
::::::::::::::::::`丶¨ー- .」ア
、:::::::::::::::::::::::::\  厂二ミ 、
: \:::::::::::::::::::::::::`¨{ 、  \ \
::::::::\:::::::::/::::::::::::::|. ヽ.   \ \
::::::::::::::\:::: ̄ フ:::: |  、    \ \
::::::::::::::::::::ヽ:/::::::: |   \.    \ ヽ
:::::::::::::::::::: : \ミx__|    \    \ノ
::::::::::::::::::::::::::::::\:: |      \ /´




                   / ̄ ̄ \ -、_
                _,ノ ヽ、__   / / ,〉、     お互い様だろ。
               (=)(= )/ ´/ /)      そっちこそちゃんとぽぷらに言っておいてくれよ義兄さん。
                   (__人_) {    , ' ´,/
                '、`⌒ ´  V __, <´
                 |     〈´/::::Λ
                 |       ヤ::::::::::::::Λ
                `ュ`ー─ー V::::::::::::::Λ
                /ム _ , -./V::::::::::::::Λ、
              _,. -/:/:::ハ ,/´..::/i:::::::::::::::::::Vヘ
          //./.:::/:::l y .::::::/::::i::::::::::::::::::.∨}
          j ::::::::>.:::/:::::l ./ .::::::::::::::::i::::::::::::::::::::レ;
         i :::r :〈 ::::i::::::::レ .::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::ノ
           i :::| :::::'., :i::::::/.:::::::::::::::::::::::::::`::-==::イ
            | :::| ::::::::', :i::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



      そう、当初の予定ではぽぷらヒロインだったのです。
      これが>>576で言っていた裏話。本当はフラレさせる予定じゃなかったんですね。

593◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 23:10:15 ID:5q33cZX6

      しかしながら水銀燈がヒロインになったため降格。

               _.........-―‐-........_
              ,...:':´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.、
         ,....-:.'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        ´ ブ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ r:':´:. ̄:.`:.:.、
        /:.:.:.:.:.:.:,:.:,ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.';.:.:.:.:.:.:.:.:.';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        '1:,イ:.://'ヽl:.:.:ハ:.:.ハ:.:.;イ:.:. ト:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
        l,' l/l '  l.:/  l:/ l:/シ-lT';.lV.l';.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
            l  _\   '  '′  '' 'l  lヽ:l';.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
          ,rl  , ,_>      ェ-_‐_   `l:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
        ,r:-':ュ ー′  , _   `ヽ, ,   ,r:.':.:.:.:.:.:.;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'
      r':.:r' ヽ'      l   `l   /,Ч/:,.--、:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;'
        l:.:,'  ヽ     !    l  /// ,':/    !':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;'
      ';.',.    ヽ、   l_    !   ′l:.! , 、 _, イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;'
       ヾ、     ` -` _ ー'__ ... 、r ';:',     l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'
        `        <lr--―'- 7ヾ!  .  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;
       r,       ,rー7:::7:l:l::ヽ,- ,r-t、     l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
       ´' 'ty  /l l / /:/l !:l`-'/  /  ヽ    !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
             / y' t:/.ノ_l::!,ノ  l ,r `ヽ  ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
           / f     ヾ!   l_l ノ  l /:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
            ┼┼ ─ 、   ナ ヽ l  ヽ   / /
            |_  _ ノ   ' d、  し  ′・ ・


      ごめんね!

594◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 23:10:35 ID:5q33cZX6

      質問ではないですが、

      >泣かされそうになったところでギャグで引き戻されるの繰り返しだったぜw

      これについて。

      心霊モノでいこうと思った時、暗くなりすぎないようにしようと決めました。
      シリアスな中にもギャグを挟む、理想は ジャングルの王者ターちゃん のように、と。
      ただまぁこの辺は、好みが別れるかもしれません。
      シリアスな場面はシリアスなままでいてほしかった、という人もいたかもしれませんね。ごめんなさい。

595◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 23:10:59 ID:5q33cZX6

      その他のキャラクターについて。まずはファッキューさんこと八休和尚。阿部さん。

      うしおととらの蒼月紫暮のように、ふざけた人かと思いきや実は凄い人……

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! ー- ..,,_    ,,.-‐'''' ミ;リ
      !ヘl;| ,.=≡=、` ,´ィ,.=≡=、「ヽ
     !(,ヘ!    '"  |:::.`    ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^    ム'′
        .ト   ヽ二二二フ .,イ
        i| \   ===   ,イ.:|
        ,イi| ゙、\  ;   /リ.:;ト、
               `ー─''゙


      と思わせて本当にダメ人間だったという設定にしました。
      特に最終話は本当にダメダメでした。
      やる夫が阿部さんに対してきつく当たる理由もわかってもらえたかと思います。

      三枚目の阿部さんを描くのはとても楽しい。

596◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 23:11:14 ID:5q33cZX6

      サンは、AAの数の割にはあまり使っているスレが無いので使ってみました。
      現代世界で使うには服装に難があるキャラですが、
      使ってみたらあまり違和感なかったと思うのですがいかがでしたでしょうか。


.  i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l
.  '; : : : : l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.!
  /ミx__: :l{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i: :リ.、_
 ; /:ヾ=(〇)=ェェェェェェェェェェェェ===ヾ{:/:l: /: : : : : `: ー...、
 {:./: :/:/:::::、: : : 、: : : : : : : : : : : : : : : : ´: :'´: : : : : : : : :ヾ、ヾ、
 l/l: :l:/ヾ::::iヾ: ヽ:ヽ: :ヽ: :、: : : : : : : : __: : : : : : : : : : : : :ヽハ
  ヾ{`_ヽヾ! ヾl__ヾ}ヾ:ト、{ 、: l: : :.,.イ、 Y: : : : : : : : : : : : ハ
.    ' t:ミ}、 `´ =rョュ、 ̄` ヾ:..:/ r i !: : : : : : : : 、:ヽゞ、:}
     i、´ ;     辷リ冫    i:/ ノ / /: : : : : : : : 、ヽ:.} `
     ';:i /        r:::::::i  ´ _ /: : : : : :、:ヽ: : }ヾ{
      ';!ヽ        ;::::::::   / `´ ヽ: :l: : l: :ト、:}ヾ}
.       ヾ  、 __   ,::::::/  , イ    ヽト、∧:l ` ′
       ヽ ー  ` ::::/ ,.イ l       } ´ `
     ,.ィ ´ ヘ   ,' ィ´   l      /ヽ
   /     / ` ´∧     ヽ __/  〃ヽ、
   ,′     /   /{{ :,       /    ,ィタ   }` ー 、
  ,     /   / {{ ;       /   ,ィ″   /    `ヽ、
  !    {/   /、{{        ,ィ″   /      /´ `ヽ、

597◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 23:11:46 ID:5q33cZX6

  |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;」
 ├r―――┴――一 ''' ""三 ̄´::::::ヾ
 /::{  ィ'三)   (三ヽ   ,ッミ::::::::::::::::ヽ
 {:::シ ~´           `ヾ、:::::::::::::::::l
 l:::l ,. ニ 、 :.  .: ,r ニ 、   ミ:::::::::::::ム、
 l:::! 'イでiン、 : :. ,イでiンゞ:.:.  ミ::::::::::/^い
. l::l :.`^"´ノ.:  :. ヽ`~´ノ:.:.:.  ミ:::::::イ  リl
. ヾ! ` " ´ /  ::. ` ´     ミ:::::/ム_ノ/
  'i,     ,'  '^ヽ       ミ::::l 'ー' /
   'i    ヾ'ー ''"く、      j::::クーf′
   l        `ヽ     {:::リlミ:::ヽ、
   ヽヽ ,ィニニ丶、_ ゙:      "´fミ≧ゞ
     ヽ ^ヾ二´ノ´ _,ィ ,.ッ  //イぅ-、
     丶 `"   "´  ,/ ,.ィ" , -‐'",ノヽ
      `ト、 ___,, ィ"彡,r'´ , -'":.:.:.:.ヽ
       l    =ニ彡,ァ'",-'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:L..、、
       ハ ヾ    / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,, -''"  )
     , ィ'l l ヽ  / /:.:.:.:.:,, - '"´  , - ''"丶、



      麻呂は、


      洞窟に、霊の集合体が封印されていることにしよう
              ↓
      そうだ、やらない夫達の能力は10年前にその封印が解けた影響にしよう
              ↓
      10年前に再び封じたのは阿部さんとして、過去に封じたのは誰にしよう?
      ずっとほったらかしだったのは、どういう理由にしよう?
      なんでプロの霊媒師達ではなくやらない夫達が戦わなくちゃならないのかの理由は?
              ↓
      大昔の陰陽師が封じた事にしよう
      その陰陽師も殺されて封じられ、そのせいで資料が無いことにしよう
      陰陽師も敵にして街を封鎖してしまおう



      こんな感じで矛盾の無いように練っていったら自然と出来上がっていったキャラですね。
      難しかったのは初登場のタイミングでした。

598◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 23:12:06 ID:5q33cZX6

      最後に、やらない夫の母親代わりのモロ。
      最終話で読者を感動させられるかどうかはこの犬にかかっていました。

                 /|i   /|l,
               /:::| i  i |:::l
               /::::::| i  i. |::::l,
               |:::::_」 ヾ/ |:::::|
             //゙~      ~゙ヾ、
            / /      i    l、
           / / i 、 \  | /  ミ\
          〃 / ヽ ヽ=エハ. |/エシ´ /ミ  |
        彡  ii   ゝJ  イ-ト  / i|i.  |
       彡  / .i|  〃i  ヾ.! !〃|  .|i i  ハ
       〃  彡 i|  ヘ l、   i i  |  |i |  ! \,へ
      (    イ  i|!  i  !、.ヾヨ / |i  |  ヽ/    \
       i| / ̄ ̄ ̄~`゙゙ヽ ` ̄´ 〃  .|,_ i|     \
   ̄`~゙ー-ゝー-u..,,,,,      \iii//:::::::/ 、 |       ヽ
            `ヽ、    \;;;;;;;;;|    i ,):::::::::::::    ヘ
               \  \\\ |    ヽ─--u..,,,,,   )\_
                \,_人,从,,! ) | | ヾゝ      ̄`~゙ー- \\--、
                        ̄ ̄ ̄              ̄`~゙


      登場頻度はそれほど多くないにも関わらず、
      そこそこ上手くやらない夫との家族の絆を描けていたと思うのですがどうでしたかね。

599◆YBS1301VZg2013/11/21(木) 23:12:39 ID:5q33cZX6

      ってなところで質問へのお答え&作成秘話終了でございます。
      このスレの残りは雑談所として適当にダベって埋めます。


関連記事
[ 2020/11/01 08:00 ] やらない夫は死者の声を聞く | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する