FC2ブログ

やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

水銀燈はデモンズソウルを求めるようです 最終話


318◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:14:17 ID:3i8p24vQ

皆さん、乙と感想ありがとうございます!!大変嬉しいです。

このスレももう終わりです。

ついに最終回です。

約3ヶ月の間、お付き合い頂き、ありがとうございました。



319◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:14:40 ID:3i8p24vQ

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘
                        世界の根幹をなすソウル達よ...

                       主人を失い彷徨えるソウル達よ...

                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘
                       その身を固め、主のもとへ還れ 
                      
                       世界を繋ぎ止めるために.
    
                          
                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘
                        世界を繋ぎ止めるために…...

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・



320◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:14:54 ID:3i8p24vQ

  フ彡三ニ==-ミミミミミミWミW杉彡彡三ニ==彡W彡イN
 彡彳ニ彡''´ ̄ ̄ ̄¨`ー=≠=─''¨ ̄ ̄ ̄¨`'''ァ>ヾミシ
 Σ彡 イ ::::::::     、  i li           Zミミ三ミ
  彡 彳リ ::::::::   \  ヾ {;! } z= ,ィ  ,    ヾ彡 ,Zノ
  ゞ  /! -==ミ ー- ヽ } i!  //  /,ィ==-  }ィ ./       む…。揺れが止まりましたね。
  Y⌒}! '':::::::>'' ̄ ̄`ヾ\|..i!../ ,z三≦─ 、   .レ⌒!
   ! }ト|\__{{弋 ̄t__ァ-z}ハ;;;;;;;;;;Y x t__ァ ̄フ}}__/! il リ
   ! i! i ::::人 `ー ==以 ノ ̄ {! ミ== ─''´ ノ   |! {!
   ヽ酛 :::::: ゝ ___ /::    ト\ ___ /   | ノ
    ヾ! ::::::    ̄ ̄.::::::::i    ! ヽ  ̄ ̄     ,;/´
    ,从;;,,:::::     ...:::i . : |    ! ::..      .;∧
  /:::::ハ;;,, ::........::::::::::::ヽ::::i   .ィ..::        ,,;;;i::::::\









               /    //  /‐───- 、   \
              /r‐─‐ァーf/    /-────-、 \\ ヽ
               / ∨三/'¨7   /   / /      \厶 ハ ',
.              /  \/__,/   /  ,イ l  |       il V∧ハ
            /  _//〉‐/    /\/ |i |l | 丶    i|  l ト、 ',
             ,′ f⌒∨ /    /ハ {\! |l !{   \  i|  | トく l       本当だわ!ソウルの乱れが無くなった!!
            / ハ.  V    /ィfテミ、 ヽ八 ヽ    ヽ_|  l |/ |
             l l 〈_∧   ',   ハ{_f::j:リヾ    ヽ∧>七 j  ! |_  |
             | l   _ム _ ゝへ| V;之_        _ ヽハ ,' /  | \|
             | l  >'´     ヽ           ィ≡气 / /  l\/!
             | l  |   -ー―一ヘ   , 、__  ヽ    〃:/|   ∧ |
          j八 |       __}  {  `ア    ,ムイ /  ,イ__j│
         ,r≦三ヘ   ̄    ト、 ` ー'  ,. イl│ ?  / | jlリ
        /  /  ハ   _,  --‐〈. >‐r<  /l│ 〃  / j /
          // /   | ハ     , イ1  /   ヽ./ ∧/   / /'
.        〆 /    い \ -<  }}/ ̄ ̄`ヽ>ーイ 、 /
      〈  /     ∨ 代\   ハ、 , -―‐- 丶 //丁fヽ
      ∧/       ∨   `三彡' \    __ ∨´  |│ l








             |/::::::::::::::::::::__  -─ -- ?.__
          _..L -─   ̄ ______,,、--、 .,___ ̄ ‐- .._
   _,.. -‐ 二 .....::-┬<二,l___に二二 -<ヽ\`ヽ::::::::::::: ̄:::::`ソ
     ̄::::::::::::::::::::::∨,ィ弋tタン /ヽ 、弋タ ン, ミ!ヽ\ハ::::::::::::::::: /    (やったのか…水銀燈、真紅…)
    :::::::::::::::::::::::::::::l,   ̄´トへ \` ̄  / ミl-‐、ヽ.}::::::::::::::;.'
     ヽ::::::::::::::::::::::::_l/`ー'´\ソー‐'`ー一' 、.!/ヽ!ミl:::::::::::::/
.     \::::::::::::::/-l/, , ,ィ ll´ ll l゙iト、  l  ミl )ノ,!ヽl::::::::/
        丶、::::{ l l///l, '´ ̄ ̄`゙ヽlヽィ{、ミl(_ノミミ)/
           `¨ \l }リ   ,=- .,__ リl\ヽ,! l| ヽ〈
             ハ/ /// |l |l llヽl lハミミ/  l|\、}
              〈/|∨l | _リ リ リ川 ll─-- ⊥.__l__
         ┌─---ヽ! \/:::::::`Tフノノl/、 l    ,. -‐‐}
.        ;  l   ノ:!   丶:::::_j;ィ'" //:ヽ. l  /
.        ,'/| l  ./ : |  l  /   /./::::::| l (__ノ
       // l l /: : : l    /  _/ / :..:::| L.____
.       //::::l l_/__-‐┴─=  ̄      ̄
     /:// ̄`ソ´⌒ヽ∠ニニ>-──‐-、     /´ ̄ヽ



321◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:15:09 ID:3i8p24vQ

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

:          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                :::::::::::::::::::::::::::::

                   ::::::::::


   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ○   ○ |   クマ──!!揺れが止まった!
  |    ( _○_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)







          ____
        /      \
       ─   ─    \
      (●)  ( ●)      \     (何だお…この感覚は…)
      | (_人__)        |
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `







   ∩___∩
   |::ノ  ...::::::... ヽ
  / .:::::●:: . ::●::|      やる夫!宮殿の中へ行って真実を確かめるクマ!!
  | .:::::::::''( _●_) ::::ミ
 彡、   |∪| :、:::\
/::::::::   .:::.ヽノ..:/´>:::::)
(:::二:::::)    / (_/
 |:::.............::..:::/
 | ::: /\::::\
 | ::/    ) : )
 ∪    ( :::\
       \::: :)







        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \    あ…ああ。
  |    (●)  (●)  | 
.  \    (__人__)  /    (何かが終わった…そんな気がするお…)
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ







::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

:          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                :::::::::::::::::::::::::::::

                   ::::::::::






   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | ・・・・・・──!!これは!?
  |    ( _●_)  ミ
 彡、     ̄  、`\
/ __     ./´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)



322◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:15:33 ID:3i8p24vQ

                               ,ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_
  イ三二二ニニニゞ                    ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    .,.:,..:..    .,.:,..:..
               ... ,...               ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄
         ,ィゞ          .,.:,..:..                               .,.:,..:.. ... ,...
             ー====-                         ー====-
  ... ,...                       .,.:,..:..                        ... ,...    .,.:,..:..
          _,  -─‐- 、ー‐-、ー-、  ;: ;:;: :;:;: ; ;           ,ィゞ
        ,イ、,r'⌒ヾ    ヽ ヾ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;:  .           .,.:,..:..
       ,r/  (::;;:;:;;/ー-、  j  `,   _ /ィ´  ;:; :; ;:; : ;:               ,ィゞ
       ヽ 「i''ー'"´   ,r-‐'ー''''"´ ̄
                                              ,ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_
                イ三二二ニニニゞ                    ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    .,.:,..:..    .,.:,..:..
                             ... ,...               ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄
                       ,ィゞ          .,.:,..:..                               .,.:,..:.. ... ,...
                           ー====-                         ー====-
                ... ,...                       .,.:,..:..                        ... ,...    .,.:,..:..
                       _,  -─‐- 、ー‐-、ー-、  ;: ;:;: :;:;: ; ;           ,ィゞ
                      ,イ、,r'⌒ヾ    ヽ ヾ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;:  .           .,.:,..:..
                    ,r/  (::;;:;:;;/ー-、  j  `,   _ /ィ´  ;:; :; ;:; : ;:  ,.-'''"-─ `ー,--─'''''''''''i-、,,
                    ヽ 「i''ー'"´   ,r-‐'ー''''"´ ̄








           ____
         /       \
        /      ―   ‐     ソウルに狂っていた者たちかお…
      /        ( ●)  )
      |            (__ノ、_)
      \           `_⌒
      /           \






   ∩___∩
   | ノ    u ヽ
  /  ●   ● |
  | u  ( _●_)  ミ      なぜまとめて死んでいるんだクマ?
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)







     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)      さあな……
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|      (全てが終わり…世界に還ったっということかお…
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |        やる夫は何故生きていられるんだお…?)
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



323◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:15:54 ID:3i8p24vQ

     ∩___ ∩
    /       ヽ |
    | ●   ●  丶
   ミ  (_●_ )    |        陛下はいずこにおわす!
  /´、  |∪|   、彡
  ( <`丶 ヽノ  __\
  \_) 丶   (___)
      丶       |
      / /\  |
      (  (    丶 |
      /  )    ∪
     (_/






              / ̄ ̄\
             /  ヽ、_   \
           (ー)(ー )    .|  
            (__人__)     |
              (,`⌒ ´     |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.               {         |           ヽ\__
       ____.,{        /           \__)_
        (____`ヽ_(  ̄ ゙̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、       )
                 ̄ ̄ ̄                 ̄ ̄ ̄








   ∩___∩
   | ノ  ヽ, 、ノuヽ
  / u ●   ● |      陛下!!!!
  | u  (__●_) ミ
 彡、  \ ∪ / `\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)







       ____
     /⌒三 ⌒\     !!!!!
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /








   ∩___∩
   | ノ  ヽ, 、ノuヽ
  / u ◎   ◎ |
  | u  (__●_) ミ    こ…これは陛下なのか!?
 彡、  \ ∪ / `\
/ __  ヽノ /´>  )   身体が…木でできている…!
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \        人形!?
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)







      ___
    /     \       (そうか…やはり…偽物であったか。)
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /







::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \        (きっと本物の陛下は既に……)
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./





::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

:          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                :::::::::::::::::::::::::::::

                   ::::::::::



324◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:16:13 ID:3i8p24vQ

      |    V      _______ ___   | |
      |    !     イ |! | | | ! ト、 、 _ヽ__ ̄\_|__
      |    !/,/  | |= ! ≠= ! 、| イトト¨ヽ`, ヽヽr'´
      |    V   iイ| ∧十トミ 从     jzニヽハ ! ト、|
      |   イ | | | ハィ云升ゞ       '´ん:ハ从_..ゝ|        ガル…大丈夫ですか?
      |     从ハ|V/´ん:::01        fz::リ 八  '.
      |      | |` 弋z沙       ` ´  |  |
      |      |  ヽ  ´´      '      釗:.|  !
      |      ト!   !                 人:.|  ヽ
      人      |:!   ヽ        rっ     イ:.:.:.ヽ|\   \
    /      `ヽ   \         ..く:.|:.:.:.:.: |  iヽ.   ヽ
.   〈          \   ヽ`  ‐-‐ ´| ィ Y:.:.:.:.:..|  | |   釗
    ヽ           )ハ   }ー──'´  |\ 从   |     ヽ







          丶、   ヽ        レ'/ ,
       ,. -‐ 、ヾ\`ヾ  \ ト、i' |   /イ
       / r‐ 、ヽ    _z--‐‐‐' ヽ | ,   ,ィ'
     / 〈  ヽ 〉-ー'"    ヽ、 ヽ/ ,/
     | {´ ,. '          }  ∨
  ,. - " l ヽ l             iヽ./   /
''"    ヽ Y            |r':j|   l       ええ、しかしさっきまでの異変は一体……
      〉            Y´L ノj
\   / ′                 /
: : :\/  {                 {
: : : : :\ l   u           \
: : : : : : :\、      r'ニ‐-、  ....::;:: ゝ
: : : : : : : : :ヾ、     `ヽ\\_」'´
 ̄ ̄`ヽ、:.:::::ヽ     、 `Y´
::::::::....: : : :\::::ヽ    ,r゙'´
::::::::::::::..: : : : \::l   /
:::::::::::::::::..: : : : : ヾ  ノ






           ' | :/ : :./: : :./: : : /: : : : : /: : :.Y   ヽ
             /' |: :..:/ : : /: : : / : : : : :/: : : : :/|   |
            ′ |:/_ ..-‐──=┬=───- _ |   |
         |    l/ | ∧ i! /:1 ∧  |、    \!    |
         |/  丿  |十T丁/N V  |/|丁弋|+|  、__ゝ   !
         | -=イ| | V =?!ミ     j/z==ヽト ゝ||! \  釗
         |   |ヘ 从|'イ::::::0`       h:::oハ ヾi从 トゝ !      (終わったのですね…水銀燈さん。
         |   |从ハ ' 弋 炒         弋 炒 '’| |:?  |
         |  ∧:| |ヘ                     | |:.|     |       私も自分の役目を果たします。
           /|  !:.:.:| |: ヘ         ′        ' | |:.|     |
        /   i!:.: | |:.:.:i       _   _     ヘ .| |:.|    ハ       この谷を必ずや元の姿に…!)
      / i!   i! .: | |:.:.:i!:.:へ           .ィ:.:.:.:.:| |:.|:!  / ヽ
       .′:.:i!   i! .: | |.:.:.i!:.:ir-:.> . __ .. <::| :.:.:. | |:.|:!       丶
     /   .:.i!  ∧:.:.| |:.:.:|レヘ::l^`ー------ ' ト\:.:.:| |:.: !       ヽ
     .′  :.:i!  /:. !:. | |:.:/::::: ヽ.          /:|:ノ:::V ! !、:.!      ヽ.   !
   /      /:.:.: !:. | |∧:::::::::: \     /:: |!::::/`'| |:::ヽ      \ |
   .'      /:.:.: z==| |  ヽ:.:.ィz::======:トz:′ | トヾ::ヽ        \
   !      !イ イ  | |    《__ぅ::::::ヽ.=/:: ===イ.   | | :.:./\!       ヽ.
   !      !| |   |    \:::::::::::/ ::::::::::/|   | |: /  |ヽ       i
   !       | 、 !  ||     \: / ::::::::::/ i|   | |: |   / |       !



325◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:16:30 ID:3i8p24vQ

       ________________
      |                          |
      |                          |
      |                          |
      |                          |
      |                          |
      |                          |
      |                          |
      |                          |
      |________________|

世界は少しづつ、元の姿に戻りつつある。

       ____________
      |                  |
      |                  |
      |                  |
      |                  |
      |____________|

今までがそうであったように…今回も破壊と再生を繰り返して世界は廻り続ける……

     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     |_________|

そして伝説は、今回も真実となった……。



326◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:16:43 ID:3i8p24vQ

    ____
 /´_   / ̄ヽ
/ ,/ 二二 ̄\ \
l /  \/│  l  l  _                _     _    /l
l l    │|   l  l / lーl`l _ __ ___   ___ / l_ィ ヽ │ l / ̄_l
ヽl  /`、l l_ /  l l l ̄∠  ' ′ ' '   ヽ. l´ _ `l ヽ  _-_ │`´(_ 二、ヽ
  /      ̄ / ̄ ヽ` ̄フ l l⌒l /l⌒l  l l│_l│ l/l l l  lヽー´ /    / ̄ l
  ー' ̄ ̄ ̄`'      ̄ ̄´ l l  l  l  .l⌒l `ー‐´´ ̄`  ̄` l l. ̄´     ´ ̄l/l
                 ` ̄´ ` ̄´. ` ̄´/──´l       `'           l' l
                           / ( ̄`、l    __  __  _ .  l l   _/l
                          (  ─‐--   l´ _ `l'ーi │∠l_l   l/ l  / _l
                        /ヽ \∠_  丶 .l l  l-l  l/l  l/ l  l  l (_二、ヽ
                       /  ヽ    /  / l l_ _.l‐l  l、/ヽー´_ l_. l\l  lヽー´/
                      / /\ `──´  /  ー─‐´   ̄ ̄ ー´ l  l  l l ̄´
                      ヽ´  `ー─‐─´               ´ ̄ ̄` `'













┌───────┐
│エピローグ  ......│
└───────┘



327◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:16:56 ID:3i8p24vQ

┌────────┐
│魔女ユーリア  ......│
└────────┘

        /:::::::::l::/:::::/:::::::;ィ::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヘ::::::ヽ:::ヽ::l::::::::ヽ
      _,ム‐ ¬l/:::::/:::::::/ |:::::::、::::::::::::::::::::::::';::::::::::';::::::::';:::::';ト=ー-ゝ、
     l´  ,.-;ァ'/:::::;'::::::::/ 1:::::|ヽ:::::::::::::::::::::::l、:::::::::l::::::_」::::::ト'、   |
     〉∠/ ,l::::::T::::::7ー-、';::::| ヽ::::、:::::::::::::::| l_;:-:7´::::::!::::::| ヽ、-.イ
      ,'::::::〈  |:::::::::|:::::;     ヾ:{、 ヽ:';、::::::::;:イ l::::::ハ::::;l::::::::|  ,ン:::|
    ;::::;r' ,ヘ.」::::::::::l::::|,.===z、ヾ`  ヾ、\::::::| ,rァ=z/|::::::::|.ィヘヽ.ヽ
.    l::/ ,/::/,ハ::::::::::';::|/!こr:<`l`      \ ヽ:{´!/、  lヽ〉::::::「ヽ. ';:::',.ヽ
    |/ /:::;' ,' !::::::::::ト:| Vニ:-' ,i|           | ´ノ_,.イ 1::::::::h`|l l:::∨
.   |{ /::::l l. |:::::::::::l` t::'三ソ           tこ」ワ' ,':::::::::|/::l l::::|
.    l:h':::::| |:`ヽ:::::::::::!         ′       ,.:':;::::::::;!::::::;::'´::l::|         /
.   l:| l:::ヽ」::::::::';:::::::::::l      rー─‐一┐    ´ ,::::::::;':::::::;!::::::;1:| _..._r'ニ.ヽ>
    !l. l::::::::::::::::::ヘ::::::::::ト、     l,r   ̄ ヽl     /:::::::/!:::::/::::::/ リ,ム-、_ヽ、_`)'
.     l| ';:::::::::::::::::::ヽ::::::::',.\   ',      /   ,/::::::::/::!:::イヽ:;:' r'ニ、 _  フ '
.    1  ':;::;:-ヘ:::::::ヽ::::::ヘ′ ヽ 、 ヽ ___ ノ _,.-' ヽ:::::::/l ソ;イ::l_'ヘ lノ /  ̄
    ヽ,_-'´ ` ヽ '、:::::\:::ヘ    ` ‐-‐ ´ハ  /l:::,.イ/'イ-<.__`-;' ´
   /    ` ヽ 、 ';ト::::l.\:ヘ          /  ∨ l:;r' _,∠.....__.ノ´
.  /,r  ̄`ヽ、   \ |;ノ\ ヘ       ′ ハレ /´     ノ


異変の後、師であるフレーキと共に魔法を用いて復興に当たる。

復興に尽力した後、魔法の制御についての多数の論文を発表。

彼女の作った魔術体系は広く世界に浸透することとなった。

後年、「賢者ユーリア」と呼ばれる。



328◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:17:08 ID:3i8p24vQ

┌───────┐
│ウルベイン   ..│
└───────┘

                 、yjソ从イイイイツツ:::::::::::::メ
                トV /イ从从イイイイツ:::::::::::::ミ
                     ミミヘヘ//从从イイイイ辷=:::::::ミ
                  Zミミミミ /イイイイ--ーz三ニ=::::::ソ
                  彡,イ`¨''´      `Y彡r-、::{
                / jミ、__  f==-<_/Yイ「 )j
                    `Y =キ⌒{ ==y'   r / }
                       人__/   ゝ__ス、  ,;;Yヾ }
                         トー‐`    \/  ヾ}
                    ヽt-ー- 、 ミ/     |
                     ヽ''''   ,;シ      |ミヽ
          /ヽ         rー{¨Y'ヌシ'''     >イ  }、
            / ._ム-ー-、----''¨´\  |┐   ┌‐:::¨/     > 、__
.          / / ィ-<.    ||  \ヘ::|----|:::::/  彡'l´     `
        レ' / ,、____).   ||   l^l|ー-‐‐レ.l^レ'¨´  ||
         /    / 、 \.   ||   <ニニ>。。。。<ニニ>   ||
       , |     / `ヽノ  ||    {_}|     | {_}     ||
        / .|      ,イ_ノ   ||    |,   |     ||
     /  .|     (      ||    | ' , ,' |     ||
.     /   .|     |     ||     |.  ||  |      ||
    /   .rf、    .}     ||     | ==||==|      ||
.   /  ___|:::::ヽ、____/.     ||    |   ||  |     ||
  /  人/:::::::::::::::::::::::〉    ||      |.  ||  |     ||                



優れた奇跡を以って人々の信仰の支えとなる。

教会関係者には数少ない魔法との共存論を唱え、両者の溝を埋めることに力を注いだ。

彼が信仰していたのは神と、ある魔法使いの女性であったというが真偽は定かではない。



329◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:17:21 ID:3i8p24vQ

┌──────┐
│フレーキ   ..│
└──────┘


        ,. -‐''~´   _,/ )          _,. -‐ミミ
       | ̄ ̄ ̄`~/ヽヽ_ノ____,,,._-='_二-ヘミミ/
       ヽ;;;;;;;;;;;;/,_  レ'<弋;;;ッ、 ヽ_,/,./i;;;;;;ラヽ .//|
         `'''''/ `ヽY/  . ̄ ̄/| /ヽ `'―'''´‐ !/ |
         /   ノ! !_   _;;;|  | |  |;';;;  ,| |//./
        l´/´‐'''‐'-‐'''~ヽ' ̄ ヽ__i'''ヽ__ノ   ̄| | |/
       .// (´`´   _,.ノ彡彡 ,`ヾ''´'´ミミ_ / //ミミ
       / /    '‐''~   )/''‐-----‐''~´|川 iミ/川ヽ
      /  /     j‐' _,. く  :;;;,,,,,,,,,,,,,,   /川 /|川
     ./ /        '´  ノ彡〃川川ヽミ川,.-'´/lll/
    / /        )) /ノ〃川川川ヽ,.-'´  |/
  ,.-''''~~~''-、       ノ~´ ヽ,,,,,,__/    /



弟子であるユーリアに全ての技術を教え、数年後、この世を去る。

彼の遺した文献は異端とされていたが、後年見直され、高く評価されている。

彼の弟子で最も有名なのはユーリアだが、彼曰く「あいつは今までの生徒の中で2番目に出来が良かった。」

と語ったそうである。

一番が誰なのかは、語られることは無かった。



330◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:17:33 ID:3i8p24vQ

┌──────┐
│ビヨール   ..│
└──────┘




   ∩___∩
   | ノ\    /ヽ
  /  ●   ● |
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)




ボーレタリアが壊滅した後も、不屈の精神で復興を支える。

復興がある程度進み、老いを感じた彼は森の中で隠居を始めた。

優しい性格の彼は「森のクマさん」として皆から親しまれた。

しかし、怒らせると凄く恐かったらしい…。



331◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:17:46 ID:3i8p24vQ

┌──────────┐
│ガル=ヴィンランド   .│
└──────────┘

                             _ ,
                           __ノ´:/   __
                         /:.:.:.:./ノ´ ̄´::::<
                  ヽ、 /i./´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`\
                   )∨:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\、_
                   /:.:i!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,イ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ一`
                  i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:./ ヾ;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   \{:.:.:.:.:.!:.:i:.:|:.:.〃     `''ミ::::::/ ヽ::::::::::\|
               \,__ヾヘ::::i:::レ:レ′     /  ミ{ (、 )}:::::::ヾゝ
                 \`:.:.:ヘヾ"     ,、<,rャソ    ) ノ!::::::!:::i
                   `\ヘ      _/<弋歹     ソ::::::::iヘゝ
                     ヾ、  ヾ彡"´`        iヽ::::::::',
                       弋心            ! ヘ!レヘ
                        `'" }         ,       ルヘ
                         ヽ !、_,,,、   _/    /    >ヘ、__
                          ` 、 ー "     /   ,、'´;;;;;;;\>.、
                             \   /  _,、-';;;;;;;;;;;;,、-'´::::::ヘ_
                              ___> 〈 ┌''´;;;;;;;;;,、-'":::::::::::::_,、;'´`ヽ
                            /::::::i;;工),,,L;;,、-'":::::::::::::::_,、;'´:::::___
                           ∧::::::/7´:.:.:.:.:.:.:!:::::::::::::::::/:://´:::::::::
                        __,、;'´i!::〉∧/:.:.:.:.:.:.:.:.:i::::::::_,,/://:::::::::::::::::::
                  _.,,、、-ー'"´/:::::::i//;;;;;ゝ=ニ>ー''´:::::::/´/´::::::::::::::::::::::::
                 //::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ二\//::::::::::::::::::/::/::::::::::::::::::::::::::::::
                /::::/:::::::::::::::::::::::,、:::::::::ノ;;;〉  ノ;;;;/7:::::/::::/:/´:::::::::::::::::::::::::::::::
               ,':::::i:l:::::::;'::::::::ヘ〈/::::/;;;;;;/ /;;;;;;;;;;;Xヘソ:::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::


頑強な肉体、不屈の精神でアストラエアを支え続ける。

その肉体は老齢に至っても壮健であった。

後年アストラエアが使命を果たした後、二人であてのない旅に出る。

見た目麗しい彼は結婚の誘いも多かったが、生涯独身であった。



332◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:18:01 ID:3i8p24vQ

┌───────┐
│アストラエア   │
└───────┘



        /           _______   \  \
.        /   ハ _ ..-‐・・・7 :. :. :. :. :. :. : √. :. ̄:ヽ   ヽ.
        /     レ´7 :. :. :. :. : / :. :. :. :.    '  :. :.ノノ: ハ   '.
      ′   ! :〃 :. :. :. :../ :. :. :. :.   '⌒ヽ +:. /:. .|     |
      .i      |〃:. :. :. :. 〃 :. :. :. :. 〆:. :. :.ノ:._:. :.〃:....:|    |
.       i     |:.+:.(( :..ム_-‐='「 ̄'干i:ー―ト、 ̄ヽ:ー┤   |
     i    | ..イ ,..千ハ∧ !   | ト、 ハ∧ ∧ ミz - |
     |     レ′/イ /升小 、i    ノ '/ィァテミV、, ) ト、!   !
     |   -=彡' ! |,ィてVi!ミ       f0::::::ハ Vイ ハ!\  |
     |    / 从| '〃し::::oハ        iハ::: ○ ハ||    |
     |    ∧  | 从 iハ:::(⌒       ゝ-‐' ,, i! l:     |
     |      ∨| !   `ー_ ’             i! |:     |
     |        ',| !          ,           i! |:    |
     |        |ハ、                 ,イ 人;   |
     人       | ヽ.ト、         ,_、      イ /!: : :!   |
    ′ ',      ト、 \i>           イ }|イ!: : :!   |
    ! ::!:       レ' ヽ ヽ:. \>‐- __ .. '´ ノ /| !! : |   |
    |  ::|:     |   ヽ. ヽ :.\‐--一… ¨  .:..| !! :∧   ヽ.
    !  ::|:     |     \ ヽ-、ヽ.       /:. :.! !ト   ヽ.   ヽ
    ノ  :::!:     |       〉 i / :...>=≡了:):. ! !|ノ\! i|     '.
.  /         |   \ /:!  i′((_))_\〃 :. :.! !\_ノヽ!      !
/             |   ∧:!  |:. :. :. :. ¨ 7:\:. :..| |  ゝ- '|      i
              |   ! i!  ト、:. :. :. :./ .:i : ヽ/| |   !   !      !
             |   \ー'| | \ /__:f⌒:y:从: |!  |  |    ヽ.
            ノ    ヽ.!  |   ヘ: : ゝ-イ/ :. ヾ.  !  |      \
            /       i! |    ヘ: :|:/ :. :. :. |  !  ∧        .
          ,.へ        i!  |、  / :. :.`ハ :. :. :.リ ノ   ハ        '.
        /:.:.:.| \      !  | \./:. :. .:/ ! ∧:. :...:!/     ∧        |
          /:.:.:.:∧  ヽ.    ノ 人:. :.ヽ :. /: !  !〉:. 人    /:.:.:ハ         |
       /:.:.:.:./!:.ハ    、 z彡 '⌒) )、:. :. /::  ! / :./   ヽ /:.:.:/.::.!       |




長い時間と苦労を経て、谷を元のような美しい姿に戻すことに成功する。

その時には谷からの呪縛は外れており、ガル=ヴィンランドと共に救済の旅に出る。

各地で多くの人々を救った彼女は「聖女」として伝説となった。

不老であり、数百年生きたとされるが、真相は定かではない。

伝説では、最後に自分の消滅を悟り、自分の敬愛する女性と一つになることを望み、消えたという。



334◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:18:15 ID:3i8p24vQ

┌─────┐
│トマス   ...│
└─────┘


    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| +
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||




結局妻子が見つかることは無く、それを悔やみ続けた彼であったが、持ち前の明るさで

しっかり生きていくことを決意する。

復興後のボーレタリアで、同じく家族を無くした少女と共に雑貨屋を経営した。

二人は本当の親子のように仲が良かったという。



335◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:18:32 ID:3i8p24vQ

┌─────┐
│シオン  .....│
└─────┘




      /.:::::/.:::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::「`ーヘ::::::::::::::::::::::::::::::::\::ヽ
      /.:::::/::::::::::::::::::::i::::::::::::!::::::::{    l::::::::::j:::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ
    ,.:::::::,::::::::::::::::::::::::|::::::::::;|::::::::|    :!::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::ト '.
    l:::::::l:::::::::::::::::::::::::!:::::::/_l:::___|     :|::::_/_l::::::::::::::::::::::::::l } l
    |:::::::!::::::::::::::::::::::::|:::ィ´ ' ::::::!`    j´/ィ=、}::::::::::::::::::::::::::! ′
    |::::/|::::::::::::::::::::::::ll:::::!   ',::::|   /' //::ぃ'.:::::::/:::::::::::::::l
    l::/:ハ:::::::::::::::::::::::l l:::|   __ヽ{     l::::::lj}::::ィ:::::/:::::::::::;
    V/ィ!:::::i::::::::|:::::::l ヽ|____,,ィ、     弋ッ' |//::::/::::::::::::;
    /}:::::'.:::::l!:::::::ト、:::::'、  ̄ ̄´       `^  /::::/:::::::::::::;'
   /_ l:::::::'.:::l::::::::::::ヽ:::::'.         ,   ∠ィ:::::::/:::::::/
   〈 { \:::::ト::!:::::::::::::::\:ヽ     r─ ァ    /::::::::/::::::::;
    ∨ヽ ヽ:::::::::'.:::::::::::::|:::ト\    `¨¨  ,..:::´::::::::;イ:::::::/
    /':::::ハ ヽ:::r 、:::::::::::|:::|  ` - _   /::|::::::::::::/::|::::/
  / l::::::l:::ハ  、| ',::::::::::|:r|--- 、___ エ_::::::::!::::::::;イ::::|:/
 / l::::::l:::::::>、ヽ ',::::::::|j l   |   | }::::::::l::::::/:::::::’l
く  l:::::::::::::/ __ \. ',:::::::l! l   |   | l:::::::::l:::/:::::::::::::l
 `l__.:::{   \ ヽ'.ヘ::| j         ヘ:::|::l:::::::::::::::::l
 /l   f'´ \__ヽ´ ヽfvr=、,. = 、,=、,=、   レ' /─ - ニ, 、
/  '.    '. ,、_)   V1{__ハ'  }}! }ハ_j    ヽ.    j  '.



姉が帰ってくるのをずっと待っていたが再会することは無かった。

その後、トマスと共に暮らし、店を切り盛りした。

後年良き伴侶を得て、最後は多くの家族に看取られ、逝った。

その顔は幸せそうであったという。



336◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:18:47 ID:3i8p24vQ

┌─────┐
│ユルト   ..│
└─────┘




             ,,.r-‐''''''''""" ̄ ゙゙゙゙゙゙̄''''ー、
            /               `ヽ、
          ,.:'                   `ヽ、
         /                        ヽ、
        /   ,..-、        ,r''"´``ヽ、        ヽ
       |  /,:-、 l!      /      ヾ、       ヽ
        |  / 7 i! 7  _,.-''"__,,...---、   `ヾ、_      i
       | :| i く / ,/"   ヽ、_ `ゞ ヽ、    `''ー---i /
       l  l ゝ' / : /     ヽ、oヽ、ゝ `'フ      .;: ノ/
       //ヽ `y'  ,/        ``ー”`";彡りrー‐'",i;'/
      /   '"  ,.:'      ,.. - ‐ '"  ; i;r 。,、 ;:i;/
    /l     `'`"   ,. - '"     ,:;   ; ,i:;~`'''’::/
  /  ヾ    i             ,.... , ,;i;   /
      ヽ   ヾ ヽ      ,.    `ゞ -'"  ,.'
       ヽ  ヾ  ヽ     "~~~~~`ー-、   /
        ヽ  ヽ  \    、,,..-‐、  ~`./
         \  ヽ  ヽ、     :;:;:;,. '"
           \   `ヽ、 `ヽ、.,__,.r'



「沈黙」と呼ばれる暗殺組織の長である彼の足取りは全く掴めない…

しかし、歴史の陰謀の影には彼の姿があると言われている。

その射撃の腕はもはや伝説であり、彼が受けた依頼は必ず達成されたという。



337◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:19:02 ID:3i8p24vQ

┌──────┐
│ウーラン   ..│
└──────┘




                           ..-‐''" ̄ ̄ ̄'''' ー 、
                        ,...< : : : :、: : : : : : : : 、`\
                       /: : : :`: : : :i: : : : : ::ヽ: : ヽ : : :ヽ、
                      ./ : : { ハ : : !: : ハ: : : : : ::ハ: :: :ヽ: : :ハ
                     /: : : : :i i i: : {: : : :ハ: : : : : : :i: : : :ハ : : ハ、.
                     |: : :!: : i i i: ::l、 : : .ハ: : : : : ::ト、: :: :i: : : :}i
                     .i i: :{ : :.ハ.i i :{、ゝ、: ハ: : : : :/,人: :: :} : : iリ
                     l| i: :ハ: :l ムヾ`iー. ヾ ハ: : ;ィ=-,ハ: : jll j リ
                    ./ | :i: :ハ: :| .ム ,ィ灯沁,`ノ/ .ヒソ〃 ,'ク〃}、
                   /: ノ: :i: :ム: :i: : ム ゞ斗 ′ 、`´彡´/ィ/ノ :ヘ
                  /: :/ : : i : : y : :i :ム     , 、  .// ./´: :ヘ、 `ー-- 、
                /: :/: ::/: :}: :丿 : :}: : ,ト ._   ¨ ,// 〃 / ヽ、\: : : :ムハ
               /: : : : : / : : l/: :: :/ _ノ`ー≧ ‐匕{ :(: : ハ/: : : : : ::∧ : : : : }
              /: : : : : /: :: :/ : : _彡´彡三ミlムl工l ミハ: : ヽ;;_: : : : : : :}: : : ::/
             / :/: : //: :: :/: : / //ム‐^´, =ヾ''ミ{水}彡ミゝ、l : : : : : /, 、.:/  ∩r:、
           /: ::/,': :/: : ,-‐′:////./      `,-ヤー、--、/.ハ l: : : : : :{:.ヽ\  | l:||
           {: : l.i/: : / : : ノ/////./., {    /  {  ヽ,Vi ヽ///∨: : : ハ: :.:\\ノ :!}|
             {_/: : / : : ゝし ‐ X // .{ ..ヽ{.  ヘ、 | ゝ、 ∨i }`ー ∨: :r――へ. ヽ:l' /―- .、
          /: :: :./ : : : : : :: : : : : ::V  ハ.  ゙''ーく`キへ ヘl',__〉J}、  \:  ̄ ̄}    .ノ: : : : : : \



災厄の中でも彼女は残存部隊を率いてしぶとく生き残っていた。

その後、彼女と、その部下たちはボーレタリア復興に大きく貢献した。

復興がある程度落ち着いた時、彼女は突然騎士を引退する。

惜しまれながらの引退であったが、彼女が望んでのことであった。

それからの彼女は、温厚で、皆によく好かれる素敵な女性であった。



338◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:19:23 ID:3i8p24vQ

┌───────────┐
│セレン=ヴィンランド  ......│
└───────────┘

                 , -=== 、、
              /      \、
                     _ ヾ!へ/^ヽ__
                  , . ‐'   リ  ̄  ̄`"'ー、`ヽ、
                 /‐ " ̄ `ヽl! _,..   、_ \!^ヽ
                 /      / `ヽ  `ヽ、 ヽ ヽ.}^ヽ
                //.:                ヽ ヽ. }
             /:/ /:/  /  /              Y彡Y^i
               //: /:.:/:.  /   / ,イ i      ヽ.    Y彡l人
           /イ: /: /:. /. l: /./ :/ | :l  ヽ  i:.  i     Yント..ノ
             { ,/イ:. i:. l:. l: ;イ:;{:. :! !:. :ト、 .l:. l:.  l    lソリハ
               ( | /!:../!:ム_l_!:ハ. :|  ';.:.| ', :ト、 ト、. :| :  ;. :lソソノ
             {,{リV::V ,ィt疋ト、|   ヽ!_,イ戈艾云!:   i :|ソ::}
             ___V./.ハ ` {ミ尨!`   ' .ィ'モ;添ミ!'オ:  .i ト/ソ
            `ヽ::::::::::// !ハ  ゞ='        ゞ乏ソ 〃.  .i |,イ
         _  ̄`//   ::}                /: :.,': :!:ハ;;\
         /: : : `ーl:i: ,  :::ハ.    〈        /: :./.://;;ハ;;ヾ;ヽ
       /.:: : : : : : : :l|: i: ::/ニ、\    ー ‐    ,.イ: ../:.//:/ };;;;;};;;;)
        /:::::: : : : : : : :!l: i /:::::::\ \       /./: ./:.//シ  じ';;ノ
      ./:::::::: : : : : : : :リレ! {:::::::::: ::`ー兮ー-‐ '__ノイ/ //ン'
      /:::::::::: : : : : : ::: : :::V::: : : :::::::::::/::ヽ ̄二-‐':::リ!./`ヽ_       ___
     /::::::::::: : : : : : ::::: : ::::::: ::: : : : : i: : :::/ / : : : ノ レ': : : : ::::`ー^ー' ̄: : : : : : : :`ヽ、
     {:::::::::::: : : : : : ::i::::::::/:/: : : : _ - '"ニニ、: : : : : : : : : : : :/: : /:: : : : : : : : : : : : : : :\
      !::::::::::: : : : : : :ヽ:::::::/,. - '"  ヽ    \: : : : : : : : : : :: :::i:::: : : : : : : : : : : : : : : : : \
     ト、:::::::: : : : : : :::ヽ:::K       `  ー-\: : : : : : : : ::: ::i:::: : : : : : : : : : : : : : :



アストラエアと弟を助けつつ、教会の復興に尽力した。

後に、オストラヴァから求婚され、それを受ける。

美しく、強い彼女は良き妻であり、良き母となった。



339◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:19:39 ID:3i8p24vQ

┌───────┐
│オストラヴァ   │
└───────┘


             (ヽ,,.
        __,,,,,,,))))ヽ,i彡,
       (・ │   ● 彡ミ      ____
        >イ|      彡|    /\    /\
         ̄| ̄ヽ_  彡彡ミ  /( ●)  (●) .\
          |  /   彡ミ |     __´ _    |
          ヽ∠__彡ミ.  \      ̄    /
        彡彡彡彡彡\ミ    ソ     / )
        /    彡彡彡|____/   / ./
       /彡彡彡彡彡彡{!!!____//
       |        ___y      /
   / \ ヽ      (      _ ノ
 //\ \|       \ \ ̄ ̄\
丶◆| ̄ ̄ ̄   ノ   と__ヽ    \
   | | ̄ ̄ ̄""\            .|
   | |        ヽ           |ノ⌒ミ
   丶◆        \__|        | )))ミ
                 ヽ     / ((((
                 /    /ヽ    )))
                /   /\ \   ((
                \  \  \ \   )),
                  \ \ //
                  ////
                 // ■"



ボーレタリア復興に情熱を燃やす彼は、オーラントの後を継いだライデルの片腕となり、敏腕を発揮する。

後年、ライデルが病死した時、皆の推挙によってボーレタリアの王となる。

彼がオーラント王の子供だということは誰も知らなかったが、皆に望まれて王に成った彼は、

まさにオーラントが望んだ王の姿であった。



340◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:19:56 ID:3i8p24vQ

┌─────────────┐
│ヴァラルファクス=やる夫    │
└─────────────┘



           ___
          /       \
        / ―   ― .\
       /   (●)  (●)  \
       |     (__人__)     |
       \    `⌒ ´     /
      /´ ̄          ィヽ
      〈    ̄  ‐- 、       i
      `ー,‐ -、_   ヽ       | l
       /   ヽ.て  〉     .| l
       l    | 、彡イ   ヽ_⊥-‐ 、
       l    _,l       ̄/     l
      γ    ト、_  / ̄ `l_-‐ ´
      (___〉    ̄ヽ --‐'



彼がどこに行ったのか、誰も知るものはいない。

たまにビヨールやウーランを尋ねていったという話もあるが……

その強さは神域に達し、その身は既に人では無かったという。



341◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:20:12 ID:3i8p24vQ

       ________________
      |                          |
      |                          |
      |                          |
      |                          |
      |                          |
      |                          |
      |                          |
      |                          |
      |________________|

それから長い、長い時が流れた。

       ____________
      |                  |
      |                  |
      |                  |
      |                  |
      |____________|

あまりに長く、どれくらいと言われても表現することはできない。

     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     |_________|

既に人間と言う種は絶滅し、世界には新たな生物が闊歩していた。



342◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:20:23 ID:3i8p24vQ

\       .\         L         l      \.|             |     |            ,! i
  \       \       !          l      ! !          |    |             ! .i
   .|         l     ゙l          l      l }         !   .|                ! .i
   .l        ..l     !        ュ  l     .!.|         l    !                |  |
    .`'-、       l    .|           リ、  l     l l            l゙   !             ,! l
      .\      ヽ   .|         lヽ │    .゙┤       │ r 、.l             / .l゙
        .\     .|  │            l ヽ.!                ,r'゙ ./  l!               / . !
         ヽ    ヽ  l             l  ll、              /  /   ′              /  !

そしてついに異変は起こる。世界のソウルが荒れ狂い、雷が世界を焼いた。
          ヽ    ヽ !          l  .ゝ             /  ./            _,  /   l゙
           ヽ、   ″          !         ,r- /   /             /゛  ゙"  ./
                \            ∧ l         !    l         /   __,,_、  ./
              ヽ              | ヽ |           l     !           / .,i'″  .`''゛
               |i,          | ..l,.!        :!    l゙         l .!

世界にデーモンが現れ、それを殺す者が現れる。

、               ヽ            /゙  !ト        ゝ、   !         !│
.\               l        l             !   |            !.|
  \            '.l-、  .l           !                l   !         l !
    \           ヽ.\ !        ,!             │  !          !.!
'、    .\          ヽ ゛           l              ! /             | ヽ
. ヽ     l        ゙l,             l                 l │          l !           /

そして、全てのデーモンを殺した者が心臓部に到達した。
  .ヽ     !           ヽ         ヽ  、           |│          / l       /
   ヽ    |         `'- ..、         ヽ/|           |.l           / /     /
    .!    !              ゙'-、         !      .i、    !!          / ./    ./
、    .!   l                 \      l      .|.l    .l!            / ./    /    .,ν
`'ミ~、,,_..l   ヽ                 l     .l.     ! .l    !            / /   /    / ,i′
  `'ii、 ゛    \                !     .ヽ    ! .l    !        / /    ,i′,/゛ /
   `'- ..,,     \            l,      .ヽ   !  .!              / /   .ノ./   .,/
       `''ー、、  .\              l      ..l  │ |           / /  〃゛  .../゛     ,,-
          `\,  .\             l       l,  ! .!             / /   ゛  . /      /
            \  \         l      ..l  l  |            / ./    /         /



343◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:20:42 ID:3i8p24vQ

 、,,--,,,__            ,,,.. -ー┬‐ァ   .,,'i
  ゙''-,!,. ~~゙゙''゙''゙~ ̄ ̄ ̄~゙''゙''゙゙   ,,-''゙~  ,,-''゙ |
     ~゙''-,,'          ,,-''゙~  _,,-''゙   ,!
       ,',.c、    ,c..、  ヽ、  r''゙  _,;=‐''゙~
      ,!ヒ;;ノ _   ヒ;;_ノ    |  \ ゙ヽ、        ここが「獣」の住む場所の入り口なの?
      {D 、_,__,,   ○    ゙|   / /
      ゙ヽ、         ‐==ニ| /,/
       ,! ゙''ー         ,   |ヾ''\
         {  i       / ノ-=ニ|/ /
       },,,,}       〉,,,}   |' <゙
       !、        ,   //
        ヽ、      (  .ノ゙~
        f゙' ,,‐~ー-- f゙ i゙~
        ~''゙       '゙'゙'~






        ィ-────-、
       /         ヽ
      /   i、____,、   ヽ
      /   /::::::::::::::::::::::::ト、  ヽ     そうだ。後はお前次第…
    /   |:::::::(__人__):::::\   〉
    |   、 k:::::::`⌒:´:::::::::/  /     どんな選択をするかは自由だ。
    \_  \`\__ー‐:::_/ ィェイ
   /::::::::::::::|:::::::::∪::::::::::::::|:::::/:::|
   |:::::::::::|::::::|:::::::::∥::::::::::::|::::|:::::::|
   |:::::::::::|::::§:::::::∥::::::::::§::|:::::::|








          {`丶、
        `、::::::,ヘ
          丶::|.  \
              ヽ!    、              __, ----、
  | 丶           \   ヽ  __.   _.  ´  /::::_, '´
  |.   \       \   ´     ` ´    _, '- ´
  |      ヽ      /    _       _ヽ ̄
  |.        \   i     !:::-1    ト1|
  |         \ |  , -- `ー"   - .ー' |        分かった!!今までありがとう!!
.  !            `j  {::::::::::|.   ー一  /:}
.  L_          /  `  ´         ,レ'
    ` ー- 、     /             く
       /   - i:ヽ            |
      ∠ __ ` ー!ー'  、.    i.   /   i
          / /|、   ヽ.    |  |   /
        'ー 、`|::).    \. _,!  ヽ ,./ i
            >:;;|       ´       |
             `i                  !
            ヽ         ___ ノ
                i'ー┬ ‐ ´  `ー--`
             `'´








        ィ-────-、
       /         ヽ
      /   i、____,、   ヽ
      /   /::::::::::::::::::::::::ト、  ヽ        ………。
    /   |:::::::(__人__):::::\   〉
    |   、 k:::::::`⌒:´:::::::::/  /
    \_  \`\__ー‐:::_/ ィェイ
     イ⌒ー ̄三 ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ








          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ      人間が滅び、新たな生き物がこの世の覇者となるまで幾千年。
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /::::::::::(●)ヘl 〉    よく今まで異変を起こさずに持ったもんだ。
     ヽ   | /::::(__人__):::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.`_⌒´__,/У
      Y(⌒)_|:::::::::∪:::::::::|/
     /::::::::::::/:|:::::::::∥:::::::/|
    ./::::::::::::/::§:::::::∥::::::::§
    /::::::::::::/::::::::::::::::::∥::::::::|



344◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:21:04 ID:3i8p24vQ

           ____
         /      \
        /(●)  (●) \      最後に取り入れたソウルが余程相性が良かったのか…。
      /   (__人__)    \
      |     `⌒ ´      |    水銀燈、真紅…俺はお前たちを待っていたが結局帰ってこなかったな。
      \           ,/
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ








               ___
          /   ー \
         /    (● ) ヽ      お前たちが世界の要となってからの間…異変は長く起こらなかった。
         /       (⌒  l
      ,;:.''";'''"''";;"'';;;.,  _ ̄l__)      俺はまだ消えない。
 .   ,,::",.,..,:::;:,;;:::,,,::,,,;;..,,"':;,_` ノ
    |          _"':; ,.;."       もはや生きることに対して執着も無いが死に対して執着するわけでもない。
    |      _,'"    Y
    \____,''" ̄  Y    ∨        ただ、存在するだけの存在となった。
     |       |    、|
      |       |    |
      |          |   \|
     |        |    |








                    ., '                     ヽ.
                   , '                     ,__、\    ヽ
                 , '                   イ  \ \    `ヽ、
               , '                        || ,ilililili;\ \    ',
             ,'                      || lilil∩ilil `.  `    ',        まあ、それでもいい。
              ,'                      \lilil| |ilil |      ;
              ,'                        \Ulilil ,!      ;、       このまま生き続けて、世界を見続けるのも
            ;                           ` ー'        ヽ.
              ;                                       ヽ.     悪くはないお。
            .j                                        ;
           ;              __,,....,,___ __                ,  ;
             ?        _,. -.='彡三ー―-- ミ、 `ヽ、`ヽ、     ,___   ____ノ  ,'
              キ  _ -  ̄,=-'" ̄           `\`ヽ、``ヽ、     ̄    `ヽノ
               ,X´ ,/´         _____ _....   \ `  ``ヽ、..,,__  /´
          r''",/´   _,.-==ニ二 ̄   ___ 三二ニ=キ-‐ー''""''ー‐ヲキ≠ー--‐ー‐‐- 、
           ?、  ,、‐'´     , -ー''" ̄   _,,、-‐''"”   ......    //::::::::::::::::::::::: /` `ヽミミ=
           ?  ___,、-''"   ,,、=-‐''"”        ....:::::::::::::::::::::/ / :::::::;;:'''  '''''/      ......`ヽ、
           .ト‐''" ̄  " l、     .....:::::::::;    .....:::::::::::::;;::''''  '''/ /        /.. ...........  :::::::::::.. i、
      ._,.,.=-=キ-ー     |            ::::::::::;;::'''     ..../ /:.::::::::::::.   /:::::::::::::::::::::::;  ''':::::::::::::



345◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:21:28 ID:3i8p24vQ



┌──────────────────────────────────┐
│世界を観測し続ける存在──────                         ..│
│                                                  │
│それが世界に影響を与えるわけではない。                       ..│
│                                                  │
│異変は収まり、長い長い時間をかけて破壊と再生は繰り返されるのだろう。   ....│
└──────────────────────────────────┘







    !                                       l
    .!      `'ー ,,_                  _,,,___       !
    |     -.、   `''ー ..,、   | |   ...ーー''"´   ._,-       !
    l         ノ          ゛    'i        }         i!
 ,..-'".l      ヽ,、   _./         ヽ_   ./         ,l~ ..,,
´    ヽ       .`゙゙゙゙゙./            ヾ゙゙゙゙゙゙          /     ゙゙'-、、
     .\       │                l              /
       .`'-、,     ゝ..____,..-ー .____イ





┌────────────────────────────┐
│そして決して滅びることなく、世界と共に在る存在─────    │
│                                         .│
│それをきっと、「神」と呼ぶのだろう。                  ....│
└────────────────────────────┘




                         _,,  --  _
                       ,ィ ´    ::::::::::::`::. ,
                      /  ,ィ      :::::::::::::::\
                     / /  ,ィ::::jヽ    :::::::::::::::ヽ
                     ト   ゝ `¨′     :::::::::::::::〉
             ,v、        !::::.     `ヽ    .:::::::::::::/.
             j )'j.)      .ヘ:::::.      ノ   _,;..---.イ-、 ,-.、
             〈.//j f.〉      !:::l ヽ, -‐'"   r-',::::::::::::::::,-:イ::::/:ヘ
             .}! L-'.ゝ       ',::`ー'     ..lハヘ::::::::;イ::::::::::/::::::::-'-、
             ヽ   ヽj      ヽ    ..::::::::r ',.〉::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::ヽ
               >_,,ィ>、      >ーr-‐‐‐7ハ 〈:::::::::::::::::::::::`ヽ:::::::::::::::::ヘ
               /、, イ::::ヘ      \',ヽ / 〈 .∨::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::ヘ
               〈':::::::::::::::::ヘ     _/「::ヽイ  l  ∨::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヘ
                    ∨:::::::::::::::ヘ    /::ヽ:::!::l ヽr'     \:::::::::::::::::::::::::::::::〉イ`:::::∧
                ヽ::::::::::::::::ヘ ./:::::_:::::l::!   ',       ヽ::::::::::::::::::::::::::「'':::::,イ::::/
                    ∨:::::::::::::::〉:、:::::::::::::::!    .!      \::::::::::::::::::r'イ::::::::::::/ヽ
                  ∨:::::::::::'::::::`::::::::;イl    !       \::::::::::/::::::::::::::::/::::::ヘ
                       ∨::::::::::::::::::;イ ,':::,   l         \::/::::::::::::::::/:::::::::::∧
                   ヽ:::::::; <   ,::::::;   〉    /     /:_:::::::::::::/::::::::::::::::∧



346◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:21:50 ID:3i8p24vQ

┼ヽ  -|r‐、. レ |
d⌒) ./| _ノ  __ノ



                        __,.--ft-x
                     >'´ ,.イ:::::::::::辷ソ',
                     , ´  〃::::::::::::==' > 、
                    /    f::::::::::r'´/  ,     \
                 /  T 二Yi< /  / 7 i   ヘ
                ,.'     `´//iハ_ノ i  / ,'i  i l .iハ
                  , '      //:::i:i  i 7|V{ i  j i .iハ.i
              , '      i:i i::::i:i  | !ゞx、iヽ7! j| !||ト、
             ,.'       /i:i从::i:i  i .i `ヒツi /j /i /リ||  ヽ
            /       イノl_!、ハ:j   Ni    {./イ i//レ'   ヽ
            /    r-< ̄V: : : : :\.i   iヾ_ュ-‐`、   ヘ  ',.   ヘ
    ̄¨`テニ≠     ,イ: : : : : : : ヽィヘ: : :{!i   i'     '.,   ハ ',   ハ
 ー=ニニニ/    /: : : : : : : : : : ∧ヽ Y!∨ム  ヘ、   ',    i .',     ',
   ,イニニi/    ,.イ: : : : : : : :',: : : : :i: :ヽ八i{V.ハ  ',ミ=-i   | ハ   '、
 イ<フニ/    {: : : : : : : : : : :',: : : : V: :.i ヽ V !-,kチり',,,,i| !ヽ ヘ    !
  /ニ,.イ      V: : : : : : : : : : ',: : : : :i: : ∨辷ハ |',  ´   | i| i,-, =x ヽ   i
  爻=/     / ヽ: : : : : : : : : : ヽ : : :| : : ∨ハ.リ ト  ィ  i ij i: : : : : : ヽ、 i
イニニ/     /   .7>z、z._ : : : : : :_,.ノ: : : : i'  } i V>-:'7/i ': : : : : : : : :ヽム
チニリ,      , '   7i{イ/iハヽ:ヾ>'´: : : : : : : ヘ j_/ /. : .:@'///: : : : : : : : : : :.ヘ ヽ
   i     ,′   !//: :i{ヾ': 7ヽ: : : : : : : : : :ハ7j .{: : : : :/ ,イ: : : : : : : : : : : : : ヘ ヽ
   |    i| i| il/: : :ij: : /   i: :- 、: : : : : : /:.i .i:ヽz_./ /_: : : : : : : :∨: : : --z_>x,
   | !   .7i |i i 八: : : : : :i  T: ヽ、: :\: : : :ト、j__ニニ---z_ヽ: : : : : : :ヽ、: : : : : : Y:7
.  八{ヘ  i i !i i  {,::、 : : : i ノ: : : : :\: : : :.ハ<_ _,. -ニニソ: : : : : : ;--ヽ: : : : :ノ∧
    ヾハ | i|ヾY:/ハ',ヾ: : i: : : : : : : : : : : : : :.i( (ヽ: -- ニニ-z〃ヽ_/ /. :7-< ' , ',
     ∧| ヘ ,  `Y: : ヾ: : : .! : : : : : : : : : : :jヘ:ヽヽ .i: :{ /イ: .i. : . : . : /. : 7_   ヽ∧
       i  ヾ ∨ i | ij : : : i: : : : : : : : : : : |、 ト、∨|. //i_: . :.7. : . : . :/. : /.ハ. :  ̄``ヽ、 ヽ
          ,イ | | i:: : : : :i : : : : : : : : : :.|\iヘ:.ヘ:'/: ヽ:ト、.': . : . : /. : /. : j、. : . : . : ../ヽ、ヽ、
         /:ヒ_j i ∨: : : :',: : : : : : : : : :.| iト、∨i. : . : V7. : . : . .{. , '. : . : . ヽ. : . : /    \ ヽ、
          ,イ: : 7 ノ T介i: : : : :.',: : : : : : : : : :ト、ij Tトi. : . : ./. : . : . :.i. : . : . 7. : ハヽ、ノ`ヽ、  ハ  ハ
      ,イ: : : :7z_j__! i V: : : : ',: : : : : : : : : |〉X、_j|.j: . :, イ. : . : . : . !. : . : .i. : . : . ',. : `ーx',    }   |-──-



347◆20L.ujnjAg2011/05/03(火) 10:22:05 ID:3i8p24vQ


終わりました。

今まで読んで下さった皆さん、合いの手を入れて下さった皆さん、書き込んでくれた皆さんのおかげで

エターにならずに終わらせることが出来ました。

初めてのやる夫スレでしたが、読むのと書くのは大違い…いろいろ苦労しましたが、今はホッとしています。

ご懇意にして下さった他のデモンズスレの作者さんにもここで感謝を表したいと思います。

ありがとうございました。スレの継続頑張って下さい。








                        rく{它}ァニニ ー 、
                         /..::.:>三く ::.::.::.::.::.::.::.::..\
                   /..::.::  -‐    ̄ ̄  ー- 、\
                      /.::.::/                ヽ _
                  /.::/                   くヘ
                     厶/              ヽ  |     |:トヽ
               /イ/                 | l |l }|     |:| |:|
                 l::l//     |l |ヽ      | |川ノ|/|  | |:| |:|         ありがとうございました!!
                 |//|:| |  | | l |  \    厂「丁7  |  ' ∧ごヘ
               /∧|:||  | い>イ \ l /  _,,≧z | / / | |:| |:|
                  ヾこ イ|  |\斗fて下  } /  〃 ̄   j//l | |:|〈ノ
                l| |ハ   、 彡弋_ツ      ..:.:.::.: /|  |ヾ l
                 |乂∧\ \  ..:.:.::   、        /|   |   l
                  | / ∧  ̄\         ,     イ|   l    l            __/
        \、__ \ー-、}\ヽ  ヽ`  .   `     /|ヽ |  ∧  |/{_,,. ィ≦三干′
      、__   ー-、三≧三三三\ 、\ l>  _/ / ..::|   ′/{ r≦三三三三三≦三三≧=-
    _ 二≧三三三三三/...::.::.::.::..\\ ∨.::.::.:>┬< ::.::.:/| /ー厶イ ̄`丶 三三三三<¨ ̄
   -一…¬ァ三三三三/...::.::.::.::.::.::.::.::. ヽ |ヾ/ 7^Y^Vヾ/ l /  |::.::.::.::.::.::.::.:..\ニ二三三三≧、
     _,,.ィ≦三三三三 / .::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.l }ノ 〈〈_/ /Yヘ ∨  |'   |::.::.::.::.::.::.::.::.::.:..\三三三三三\
  ∠三三三三三三/...::.::.::.::.::.::.::.| ::.::.::.::|r冖r フ / | '. \r冖r冖|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ. 三三三三三ヽ
 /三三三/ ̄}三 /...::.::.::.::.::.::.::.::.::.|::/「> ''´ / .公、\ ` ー<}\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::..\ ̄ヾ三三三ハ
.厶イ ̄}テ’ 厶イ .::.::.::.::.::.::.::.::.::._/  廴     / | \     rく  ヽ_ ::.::.::.::.::.::.::.::.:::..\ }ア¨ ̄ヾヨ
           〈::.::.::.::.::.::.::.::.::.://  /  |    ` ー‐个ー‐'    | \ ∨\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ノ     jノ
           /∧::.::.::.::.::.::.::.:/(       _」_,ィ^ー-个ー―ヘ _勹ヽ /   |::.::.::.::.::.::.::.:/\
.          // /\ ::.::.::.:__/  ヽ   /{   |::.|   ヽ  .′   r┴┤  {_   |__::.::.::.::.:/ヽ  ヽ
         // / /ィTト∧    〉    \「::.:.ヽ   | 釗  /L[ ̄`ー _ノ\ヽ}\::ィト、  ',   ,
.        // / / |:|_|:|/ |  イ      〕┐:::..\ノ 人 /..::.::.:}_〉   |\    ノ  |:| |:トヽ l   l
       // / / ヾ√|   \ | /  /「 | :::.::.::..\/..::.::.::{了    └ヘ   「   |:レ:ノ |:| l   l
     ' ' ′,′ |/ イ    ノ `⌒Y   |丁::.::.::.:: ィ不ヽ::.::.::.::.L.     } └ヘ  弋冖 |:| |   |
      l l | |   ∧ | /〔    r┘ ―{ | ::.::.::.〈〈:|:||:|:〉〉::.::.::.| |   ノ⌒ヽ \/\  } l |:| |   |



関連記事
完結乙、まとめ乙でした
この人のやる夫スレは改変が心地良いなあ
[ 2018/12/01 10:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する