やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫は戦う先生にあこがれるそうです あとがき+次回作予告

849蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/01(日) 23:51:45 ID:DMLPjnEQ

 ~ かぶらだより ~




                    どうも、あけましておめでとうございます
                    毎度お馴染み、>>1代理の川相回収人です
        ∧ ∧
        [ー。ー]        いやぁ、完結しましたね。サモ3スレ
     //\ ̄ ̄旦~ ̄\      最初は3ヶ月ぐらいで終わるだろうとか思っていたのが
    // ※ \_____.\   遠い昔に感じられます
    \\※ ※ ※ ※ ※ ※ヽ
      \`ー───────ヽ.
       ー―――――――一




                         という訳で、本日は恒例の原作紹介
                         このスレの原作『サモンナイト3』について、
                 ∧_∧    シリーズ全体の説明を簡単に踏まえた上で紹介したいと思います
     ______        [ー。ー]
   /  /  /|      (つと ヽ   後、本編中では必要ないと省いたリィンバウムの世界観も
   | ̄ ̄ ̄ ̄ | .|       しー-J    ちょこっとだけ
   | みかん |/
     ̄ ̄ ̄ ̄

850蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/01(日) 23:52:55 ID:DMLPjnEQ

              ______
             ./i_______|
            / /       ./
    _____/ /      ∠___
    |_______i/ ∧_∧∠____|      さて、まずはシリーズの根幹となる『サモンナイト』の、
    |__/二二 ̄[ ー。ー]ヽ_____/      今回はナンバリングに限ったところで紹介しておきます
       / ノ/ / /     , へ \_  _
      / / / / / /⌒i/   \__二っノ     『サモンナイト』は、2000年1月6日にバンプレストより
     ノ i / / // / |                第1作目が発売された、シミュレーションRPGのシリーズです
     ー' / / i   |  |                ナンバリング以外では、アクションRPGとかもあります
       / /  .ト-イ .| |
      /_//  / ( ヽ_
         ノ /   ヽ、つ
       / ノ
      ノ /
     / /
     し'




 *o ゚ |+ | ・゚ _二ー-゙ヽ/_ +・  o |*
 o○+ |  |i -= ´      ` ミ、 ゚| o ○。
・+    ・ l /,          ヽ ・|*゚ + |
゚ |i    | +/ i |ー|-|i | i l .  i | |!     |
o。!    |! ゚o! ー- ー-' |i iト、 l |   | *  ゚ |      ほぼ全ての作品が『異世界リィンバウム』を舞台とした
  。*゚  l ・ ゚|     リ!ノ /|  |o  ゚。・ ゚      作品となっており、人間社会の問題から魔王との戦いまで、
 *o゚ |!   | 。 ○ ノi| {  +   *|         様々な事件の中でそれを解決するために奔走する
。 | ・   o  ゚l  ゚+ ` イ  jハ l  *゚・ +゚ ||      主人公を描いています
 |o   |・゚ ,.‐- .._ -‐}!    ヽ!  |  ゚   |
* ゚  l| /    、  i  }  \   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
    >  回 収 状 態 ! !    <

851蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/01(日) 23:53:33 ID:DMLPjnEQ

┌―――――――――――――─┐
|       かいしゅう       .│
|  .        さぼりすぎ     │
|    (;´w`)   [*ー。ー](^-^*).│
| × |U.U ̄|   (|   |つと   .| . |
|-10 .|回収 | .    UU   UU .│
| 点 |してね|              │
└――――――――――――――┘


      さて、このスレでは『帝国』、『聖王国』、『旧王国』という単語が説明無しで
      出てきましたが、このリィンバウムはかつて一人の英雄が大陸に築いた大王国が存在した時代があり、
      彼の死後、この国が内部分裂を起こし、現在上記3つの国が存在する状態となっています。

      大陸中央には、立憲君主制を唱える『聖王国』。
      大陸北部には、元老院を国権の最高機関とした軍事国家『旧王国』。
      大陸西武には、旧王国から離反した者達が起こした新興国家『帝国』が存在します。

      この3国は前述の英雄、『エルゴの王』の末裔を君主とすることで国家の正当性を謳っており、
      旧時代の王国を復興させることを目的とする旧王国に、他2国が反発するという状態が続いています。

.

852蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/01(日) 23:54:15 ID:DMLPjnEQ

        . ::゜.゜。・゜゜゜゜ .                 ┌‐┐
        :::.゜。 ゜・。゜゜. .  . .             ⊂二二⊃Ψ    ちなみに、スレの中ではフェイトとやる夫が
            : ::.゜ ゜ ゜゜。・。゜.゜..          [ー。ー] |     帝国生まれの帝国育ちです
                  .: ::.゜゜゜゜・            〈∥Y ∥]つ
              ..: :.゜゜。・。゜.゜. ..          ||| T ||| |     後、この国家間の問題はサモンナイト2が、
     ____      :::.゜。 ゜・。゜゜. .   .       ∪ ∪ |    エルゴの王絡みはサモンナイト1がそれぞれ
   〃 ̄ ̄ ̄ ̄゛、        : ::.゜ ゜ ゜゜。・。゜.゜..             関わってくるものなので、
  ((    ハ☆ハ   ))       :::.゜。 ゜・。゜゜. .  . .            ここではそういう情勢という説明だけに留めておきます
    ゛)) 彡| ; \ ("             : ::.゜ ゜ ゜゜。・。゜.゜..
   (( 彡| ヽ_)             :::.゜。 ゜・。゜゜. .  . .
      ノ   ヽっ                 : ::.゜ ゜ ゜゜。・。゜.゜..
     と__)_) u

853蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/01(日) 23:54:40 ID:DMLPjnEQ

       ______
     / ┃><┃ \
      _ ┣━━┫_
.        !!____!!
. ┌'"" ̄ ̄____ ̄ ̄""'┐
 | || ̄ ̄ ̄    ||   ̄ ̄ ̄|| |
 | ||          ||.[出町柳].|| |
 | ||          || ̄ ̄ ̄ ̄|| |      さて、ナンバリングタイトルの時系列は3→1→2→4となっており、
 | ||          || ヽ=@=/ || |     このスレの原作である『サモンナイト3』は、このナンバリングタイトルの中で
 | ||          ||_[ー。ー]_.|| |      最も古い話となっております
 | ||_____,/./二三三三|
 | __EIDEN__/// ___ |      ちなみに、3から2までは約20年くらい開いてるとのこと
 | |ロロ|___.813.. ̄ ̄|ロロ| |
 |三三三三/_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|
 |____________.|
  |.|   o |:|  :〔ヒ>:  |:|   .|.|
  |」│  lニニニニニニニニニl丿│|」
   └┏┻━━━⊥┻┓┘
  ―//―――――\\―
―//―――――――\\―

854蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/01(日) 23:55:32 ID:DMLPjnEQ

   ./: !: !:. : : : :.r‐、! .|  |:.:/: :/: : : /: : /!: : : ! : : :.|: :|: :|
   /: : |: |.: |: : : :|  i  |  |/: :/: : : /: :.:/ .i: : : |:.: : :.|: :|: :|
  ./: /: |: |.: |: : : :|  |  !  !:.:/: : : /: : :/  \:. ! : : :.|: :|: :ヽ、
 //: /|: |.: |: : : :|  |  |  |/: : : /|: : /  ,  ≦!:.:.:.:. !:. !` ー`‐   そして、シリーズ通して重要となる要素が『召喚術』
/ /: / ヽヽ:ヽ: : イ  i  |  |: : : /.//      .|: : : /:.:.|
 .//  |\: / l.  !  !  !: :.// ー――  |: : /: :.:.|       サモンナイトの世界では、この召喚術が戦闘から
./    .|:./ ./!  |  |  |: /           ノ/:.: :|:ヘ       シナリオにまで、様々な形で絡んでいきます
      |ヽ ヽ !  |  |  |/          /: : :|:.: |: :.ヽ、     ぶっちゃけ召喚術に振り回されすぎです
     ノノヘ. ∨.     !      , -‐‐、/:. :.: !: :.!` ー `-
    /  |         ヽ ○ ノ´ , ' ´|: /|:. !:.: !
        |           ̄ ̄ /    !/. !:∧: |
        |           /   ._!))/ ヽ|
        |          /ニニニ.|─‐' |




                  __>    ̄
                  /   /\ |\
               ハ  // ̄
            (6)  / |
          ∀  / .|
         _ノ(ノヽノ  .ヽ-ヾ _
       /           \       サモンナイトの召喚術の原理は、このスレでも最初の頃に
      /  ノ人         ヽ       紹介したとおりです
        | イ  \)        )
      | .|     ヾ)        )      リィンバウムを取り巻く4つの別世界から、そこの住人を
      ヾノー―   ヽ       /       サモナイト石と様々な触媒を掛け合わせて呼び出す、というものです
       |         |   ノ  ノ       この辺りの設定は、公式などを見た方が早いので
       人   O    レノ   /        説明は省きます
        ヽ、      ノノノノ
       /~/`ーーーー´/___/ヽ

855蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/01(日) 23:55:51 ID:DMLPjnEQ

    r=三三ミヽ)ヽ「ヽ
   r//彡三ミヾリ////ノ
   |/////r三∨//rノ
  //////||i`"iヽーr))
 /////ノ-ヽトl、 ノリ-ッ|/      さて……それではスレ原作、サモンナイト3の紹介に
////,ィ'l| ー―  ー―|l|       移ります
|リ//f{ {l゙|        |リ
|リ /ハヾ,!,       |lト。      原作は2003年8月7日、バンプレストより発売されたシリーズ3作目
|川|  `l |ヽ   ○,/|||`°     前2作(本作より前に発売したクラフトソードは除く)同様のシミュレーションRPGです
|川   !| \___/ |リ       ハードは前2作のPSからPS2に移行し、システム、グラフィック共に質が向上しました
川   f=r=====l
/ノ   |「| || :「 ̄|: : : :|
_,..-‐‐||」 || :|_」: : : :|-、__
: : : : : : :ヽO: :_,.-‐_,.-‐‐'': : /




いろはがるた
【い】
井端はいいバッター
                       主人公は、若くして軍を退役した新米教師
 ┌──────────┐     スレでは女教師としてフェイトを登場させましたが、
  |  ☆ , ' ☆   ∧_∧  |     原作では男女どちらかを、プレイヤーが選ぶこととなります
  | ヾ , './    [ー。ー]  |
  |0_二. ニ =⊂こ    丿  |     サモンナイトシリーズは大抵この方式です
  | ,`.. カキン ! !  〈 く\ \ |
  |, '        (__丿 (__丿 |
  |○ .              |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

856蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/01(日) 23:57:17 ID:DMLPjnEQ

     γ ⌒`ヾ)
     {:i:i:i:i:i:i:i:i:}
     [ー。ー]        この主人公はスレの時と同じく、
   ⊂_(  、_(O)        家庭教師として有力な家系の子供を預かる訳ですが、
    /!⌒! )ヾ         ここもスレではやる夫を当てはめましたが、原作では男女2人ずつ、
    (γ'^ヽ'          その中から一人をプレイヤーが選びます
     i    ヽ
     ゝ、___ノ゚:,.
        ': .     ,.
        ,. ‐''"´ ̄
       ,.‐´
      ,i´
     /
    ,.i

857蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/01(日) 23:57:48 ID:DMLPjnEQ

       / ̄ ̄\_[ー。ー]___
     /   /-∧i. /  jテ、      f ̄ヨ
    /   ./´w`) /  / /.il iー――‐u' ̄    主人公と生徒を選んだら、物語は始まります
   ./   /ー'' / /  / / l l            船に乗ったら嵐に見舞われて、船から落ちて……
   i'  /   l ヽ../  レ'  l l
.  /  _/ \  !、 lヽ____」 l           ほぼスレの内容と同じように進みますが、
.   !、/ \. \ \lN =口= ト./           この辺りのイベントは、原作ではADV方式の会話画面で
   |   ト \/ト、/ト、  y   l             進んでいきます
   l    ̄(  )y )  /l   i
   l   l   Y''/ー'  / .l   l




 ♪
  ヽ         ♪
    ∩∧,,,,,∧  /  ( ´w`)
    ゝ[ー。ー ]  /         戦闘はSRPG、イベントはADV。基本的にはこの二つのパートを
☆- ┌┴--っ ヽ            繰り返していきます
     | [|≡(∪==◇        選択肢も多く、戦闘での行動もまた、エンディングを
    / 丶-O ~丿 \           左右することになります
  ♭     ∪   ★

858蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/01(日) 23:58:49 ID:DMLPjnEQ



                           戦闘パートは、基本的には比較的簡単でプレイしやすい
                           システムとなっており、SRPG初心者でもとっつきやすいものと
           ∧_∧             思います
          [ー。ー]
           (    )___  ___    逆に言えば、特徴が薄いシステムなのですが、
      / ̄ ̄目 ̄ ̄ /||Uー。ーU    サモンナイト3では『抜剣覚醒』……プレイヤー側では
     /         //|| /   |      主人公のみが使えるコマンドがあります
   /         // ~(OUUつ    ゴニョゴニョはコマンド無いのであえて除外
    || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||/
    || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||




                 ∧_∧                    抜剣覚醒はスレの扱いと同様、
                [ー。ー ]  ∬                 リスクを負う代りに魔剣『碧の賢帝(シャルトス)』を
                (   ,_) ̄旦 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|   抜くことで、強力な力を得るというものです
                 ,' /                .//|
     _________________    //|/    後に抜剣覚醒・改というコマンドに代り、
     |ヽ                      /|_//       こちらはノーリスクで使える……このスレで言う
     | ヽ______________/......|.|___/|        『果てしなき蒼(ウィスタリアス)』を手に入れることで
     |  |                    |    |___|/        覚えます
     |  |                    |    |
     |  |                    |    |
     |  |                    |    |
     |  |                    |    |

859蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/01(日) 23:59:29 ID:DMLPjnEQ

.       ∧_∧
       [;ー。ー]
  -=≡  /    ヽ                 抜剣覚醒はリスクの高いコマンドですが、
.      /| |   |. |               許容範囲内で使いこなせれば、窮地を脱す心強い
 -=≡ /. \ヽ/\\_             力となります
    /    ヽ⌒)==ヽ_)= ∧_∧
-=   / /⌒\.\ ||  ||  ( ´w`)      ピンチの時はこれで逆転
  / /    > ) ||   || ( つ旦O      抜剣前ならば、主人公は敵に倒されても抜剣することで
 / /     / /_||_ || と_)_) _.   もう一度戦うことが出来ます。この場合の抜剣はリスクが更に高いですが
 し'     (_つ ̄(_)) ̄ (.)) ̄ (_)) ̄(.)




      ____
     /____\
   //\     \\
 //\ .∧_∧∩...\\
 | |   .[ ー。ー]ノ   .| |     さて、次はADVパートのご紹介
 | |  .⊂    ノ     | |
 | |   .ノ  γヽ\  | |     こちらはシナリオの進行だけではなく、物語の舞台である『名も無き島』での、
 \\ . (__丿\_ノ   //     島の住人や来訪者とコミュニケーションを取るためのパートでもあります
   \\______//       聞こえは悪いですが、ギャルゲーみたいなものです
    \____/
     __|_|__
     | あげ禁止 |
      ̄ ̄| ̄| ̄

860蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/02(月) 00:00:17 ID:YhLGDRxc

.         ∧__,,∧   ;。・
        ⊂[ー。ー]⊃'';:;;;):;:::))゜))  ::)))
    ☆   ノ   丿   ;:;;;,,))...)))))) ::::)
((;;;:;;    ヽ .ノ  (⌒) 彡;:;;))):...,),)):;:::::))))     個別にエンディングがあるキャラクターは20人+α
 ("((;:;;;   と_丿=.⌒;;;; ; :))                ただしこの中には生徒4人が含まれており、この4人は
 ┼// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ\*           共存することはないので、1プレイで攻略できるのは
 * \\ ̄ヽ ̄ ̄ ̄/ ̄//┼          16人+αとなります
    .\\ ヽ   / .//
      .\\ ヽ /.//  +
  + .   \\//
         .\/ *




         _         _
         /::::::;ゝ-──- 、._/::::::ヽ
        ヾ-"´         \::::::|
        /              ヾノ
       ,,.r/               ヽ
       ,'::;'|   ー―     ー―  |     なお、この人数は男女を合わせた人数で、なんと主人公と同性であっても、
     l:::l l.              l     エンディングを迎えられるという徹底した作り込みが成されています
     |::ヽ` 、....     ○     /
     }:::::::ヽ!`ー 、_          /      なので、シマシマ獣人のオッサンとウホッてもいいし、
     {:::::::::::::::::::::::::::.ー―――''"´       未亡人と百合ん百合んな関係になってもいいし、
     '三三ミト、::::::::::::::i^i三三/          妖精さんとこれってどーすんだろう……なエンディングを迎えても
       `ー--' ヽ:::::::::::l l;;;;::::ノ         問題ない、といったことになってます
           `ー-"

  ※ 誇張表現が多々含まれております
.

861蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/02(月) 00:00:47 ID:YhLGDRxc

      _____
     /      /|
      | ̄ ̄ ̄ ̄ |  |
      |[]::       |  |     また先生らしく、生徒との授業会話も存在します
      |──── |  |     こちらは生徒の戦闘時のパラメーターや、召喚術に深く絡んでおり、
      |[]::       |  |     生徒を戦闘で使う上では重要なものです
ガラ   |_____|  |
  彡 /[ー。ー]/|  |
   | ̄ ̄ ̄ ̄|  |/
   |____|/




 _     -―-    _      そして、各話数の最後には夜会話という、エンディングのあるキャラとの
, ', -、ヽ'´       `'´, -、ヽ     交友を深める会話があります
! {  /          ゙   } i     これはサモンナイトシリーズ全体で採用されていますが、
ヽ`ー,' ―─   ―─ ゙ー'ノ      3からは立ち絵がこちらと向かい合う専用のものが使われるようになりました
 ` !             l"
  `ヽ.    ○     ノ       ドキドキやで?
    /`==ァ'⌒ヽ=='ヽ

863蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/02(月) 00:02:26 ID:YhLGDRxc

        ,-、            ,.-、
       ./:::::\          /::::::ヽ
      /::::::::::::;ゝ--──-- 、._/:::::::::::::|
      /,.-‐''"´          \::::::::::|
     ./               ヽ、::::|
     /                 |′
      l.   ___   ___   l      基本的な特徴はこんなところです
     .| ///             // |      後はやり込み要素で規定レベル以下でクリアする事で
      l.                  /      得られる『ブレイブクリア』
     `..        ○        /
   ../..\` 、__             //\     最下層を目指して勝ち進んでいく『無限回廊』
 . /::::::::::. /`'''ー‐‐──‐‐‐┬'" ::::::::.:::.\
   ⌒⌒ ./        ___ l _ ⌒⌒⌒    そして、4ではなくなってしまいましたが、クリア後特典である
        l   ./    /  |/ |         『番外編』があります
  ..▼~~`ー-<    /  ./  ./         番外編では、前作サモンナイト2のキャラを中心にした内容と
          `ー‐--{___/ゝ、,ノ          なっております




      _   (⌒Y´ ̄ヽ  ∧_/( ̄))∧_∧
    γ´  `ヽ_`と.__   ][ー ∩( 《 [ ー。ー]  ゴロン
     )) ,、 , ] <、_,.ノ  ヽ、.__,ノ l  つ つ
    ((_/し∪V              ヽ.__ノ!__)) ゴロン
  ∧__∧       ∧__∧         ∧_∧       とまぁ、シリーズの中でも結構なボリュームを有した
 [    ]        ( ;´w`)        [ー。ー ]      作品となっており、やり込むには相当の時間を
 (    つ      o(u_u)っ        (つ  と)      要することになります
 ヽ___ノj                      (⌒Y⌒)
    ∧__∧                 /´ ̄ヽ ̄      そうなると、若干低めの難易度はすぐ飽きる原因に
   。ー  ]           __   [ __  ] (  ゴロン    なるかも知れませんね
    と   ヽ ( ̄))∧_∧  /´ `Y⌒)VUVJ_)
    (__ト、__丿 〉 》∩ _] [   .__つ´
          ヽ、.__,ノ   ヽ、__,.>

864蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/02(月) 00:03:33 ID:YhLGDRxc

┌──────────────────────―─┐
│                                    |
│            ((⌒ ⌒ ))                 .|
│             ((⌒⌒)                   |
│             (( ))                  |    個人的には、広くて浅いけど所々に
│             ∫                     |    深みがある、そういうゲームだと思います
│            ∫                            |
│           [ ̄ ̄]                         |    ちなみに、ナンバリングのシリーズは基本的に
│           |_○_|                       |    タイトル間でのシナリオの繋がりはありませんが、
│           ^^^^   ⊂⌒~⊃ー゜ー]⊃ ..  .  .  .  |     前作のキャラがゲスト出演していたり、番外編は
│                                    |     前作と深く絡んでいるので、他のタイトルも
│             Now Shichiring. ...         ..  |    プレイしておいた方が楽しめると思います
│                                    |
│                                    |
│         そのまま七輪でお待ちください。           |
│                                    |
│                                    |
└───────────────────────―┘

865蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/02(月) 00:04:17 ID:YhLGDRxc

                        |   |  \\
/   /   / /  / / /;;;;:::::    ̄| ̄ ̄| ̄
  /   /  / / ヽ,ノ/;;;;;;;;:::::::::       /
/   /   /  / /;;;;;;;;;;:::::::::::::::...    ノ
  /   /  /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;;;:::...      ̄| ̄/
    /    /  i         |;;;;::::....     ノ       さて、ここまでサモンナイト3の紹介をしてきましたが、
/   /   /              |;;;;;:::::....            いかがだったでしょうか?
  /   /  /  i          |;;;;;;;;:::::....     ア
    /                 |;;;;;;;;;;;;:::::::....     ァ    このシリーズは3Dモデルを使った超絶グラなゲームとは
  /   /  /        ∧_∧|;;;;;;;;             違うので、10年近く前のソフトとはいえ今でも楽しめると
    /            [ー。ー];;;;;;;;;;::::        o   思います
/   /   /  。|    ,,へヘ⊂ );;;;;;;          o
  /   /   ヽ,^´′ (_(_)/;;;;;;;;;;;;:i^″i~i     。   つかバンプレストさん、続編はよ
´´ ̄  ̄ ̄ ⌒''''''^''' ̄ ̄^″´´´ ̄ ̄ ̄′ヽ--´




              ┼ .(´\           /`/`)    +
             *   (ヽ、\         // ,/)  *
            +  *  (ヽ、   \      /   /)   +
               ⊂ニ      )∧_∧       ニ⊃       では、至らないところもありますが、
             +  ⊂、     [ー。ー]      ⊃        本日のかぶらだよりはここまで
                (/(/(∧∧ノ(   /⊃     、)ヽ)   +
                  (;´w`)ノ  /     、)ヽ)  *       また次回作が完成した時に会いましょう
                 ⊂(   .ノ(つ ノ
                   し'し'  (ノ
           *     +   +     +   +     *
    + * +                  +           + * +
      +              +   *                  +

866蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/02(月) 00:04:53 ID:YhLGDRxc
















     __
|\_/   \_/|
\_|  ー ー|_/             ……あ、この後ちょっとしたおまけがあるので、
   \  o /                もう少しだけタブ閉じないでね?
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


 ~ かぶらだより・おわり ~

.

870蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/02(月) 00:06:23 ID:YhLGDRxc

__________________________________________________
】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           _,,,,..,,_
        ,. -''"..:;;;;;.:.:゙`゙''-、
       ,.";;;;;.:.:.:.:......::    :.:. ヽ.
     /;;;,:.:.:.:.        :.:.:;`、
     ,':.;;;;;,:...       .:.:.  :.:.;;i._,,,,..,,_
     !  .;;;,;,:.:..      .:.:.:,. -''"..:;;;;;.:.:゙`゙''-、
      ', .:.:.:.:.;;;;;.:.:..     .,.";;;;;.:.:.:.:......::    :.:. ヽ.        ―― 二つの月が輝き、この国は生まれた ――
      、  :.:.:.:.:.:.   /;;;,:.:.:.:.        :.:.:;`、
     丶 ..::.:.:.:.:.:.:.:....,':.;;;;;,:...       .:.:.  :.:.;;i.
       `' .、      !  .;;;,;,:.:..      .:.:.:.:.:...:.:;;l
         `゙''ー- ', .:.:.:.:.;;;;;.:.:..     .:.:.:.:.:....:: ,'
               、  :.:.:.:.:.:.   .:.:.::    /
              丶 ..::.:.:.:.:.:.:.:....     , '
                `' .、      ..:.:.:,. '
                  `゙''ー--''"´
__________________________________________________
】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

872蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/02(月) 00:06:44 ID:YhLGDRxc

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /               |.;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;;.;.;.;.;.;.;;.;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;::;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;:;;;;:;;;;:;:;;;:;::;:;::;::;;:;:;: |.              |.;..;.;..;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;;.;.;
::::;:::;::;::;:::;:::;;:;:;::;::::;::::;:::;::;::;:::;:::;::;:::;:::;::;::;:;::;::;::;:::;::;::;::;::;:::;:::;::;:;::::::               ,:;==、..、.;.;.;.;..;;.;.;.;.;.;.;..;;.;.;.;;.;.;.;.;.;.;;.;.;.;.;.;
                                ヽ             /:/;;;;;;;;;;;;;\\.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
                                 \.          /:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ::ヽ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
                                   `   ー ─ '゙|::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::::|.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
                                           |::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::::|.;.;.;.;.;.;.;;.;.;..;.;.;.;;.;.;.;..;.;.;.;.;.;
                                           |::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::::|.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
                                           |::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::::|.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
~`゙゙''--、.__,,;;  ,,,,__.、--─--、_____  ,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::::|.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
~`y、___ ___ ̄______...,,-‐‐''~       ~` -、....__ ,,,,, ,..............................,,,,-‐‐''..|::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::::|.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
     ̄  ̄   ̄~^‐-‐''''"~.  _  _  _  _  _  _  _  _  _   _. |:::::|.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
,,;;;;,,,,;;;;,;;;;,;;,,,,;;;;;,,,;;;.,,,,,,,,,,..;;;;;;;;;;;;;;;;;. |::::|___|::::|___|::::|___|::::|___|::::|___|::::|___|::::|___|::::|___|::::|___|::::|〔::::::〕.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
illllll゙,   .,   . ,   .   , . ,  .,\:;:;:.:.:..;.:;;::.:.;.:; :.:.:.:;.;;.; .;.;.;.;;:;.:;:;:; :;.:;:;:;; ;:;.;.;: ;:;.;.;.;. .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    / / /  {  ./   ム_/元V元ヘj   \ ̄__ノ
.   {/  {  | /      ヾ_ノ介r<|  :ヽ、 ̄_」
   ヽ__ λ .| {          }ィλ  ハ  `.,ィチ     ~♪
       ̄ ヘ l ハ     i    Y {    ,イji.|ハ
.        ヽ| 、 ヽ_ノj    片、..    //j i:.:.\
          ヽ ト-‐  ' ,..ィチノ:.:廴 //イ∧:.:.:.:.\         ttp://www.youtube.com/watch?v=zd8rbBbiimE
          `ー, <|:.:.:./:.:.:/:. ̄////|iヽ:.:.:.:.:.:\
        _, ィチ  ハ/:.:.:.:./:.:.:.//:.://:/ | ` へ/. `> ,
     /, < /     ヽ:.:/:.:.:.:.:i」:.:.:.:{ i/ .|       \   `ー‐ァォ
    .ィチ  /           \:.:.:.:/:.:.:./¨| 「  .|         ヽ、/__ノ
.    /\__/          \':.:.:.:/ .|_|  |          ヘ: : {
   ≧=‐‐/                \/      .|     十ヘ__/:`〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

873蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/02(月) 00:07:00 ID:YhLGDRxc

        /.       >‐'Y
     /    /   _ノ
    ,イ   /  ∧ \_             /
.    /|  .{    / ヘ У ̄ヽ         /
   / .|    i   }  /  .} ヽ       ,
ー‐'   |   |   |./   ノ_ -才、     ´    /. |
ヽ、   .l    .|  /    //    V\      イ   |
  `\ |   ./      /   _ - __i  \-‐    l     |
、     |   ハ         /    `<_ \_    |_     |      ―― イースの二人の女神は、
.}   .|   ハ           ,‐-‐- ノ  {二 ̄_>- _|
.|.    |    .ハ         / ,へ.\  ヽ_  ̄   _ }          はじめに『黒真珠』の力を人に与え ――
.l.    |     ハ         `i\/\\ {   ̄ ̄    |
|  .|     |ハ          |\\/\\ー‐- __
. |   . |     | ハ.           ||\\/\\ ムL_  ’
 l   |     | ハ.          |-{  j\\/r‐'´ ,  `i }
 |   |     |  ハ         } i /  \\`ブ >‐  レ'
 |..  |     |   ハ        ノ .V   .ノ\>'i  、   |
 l.   |     |   /       /   .|  /  |  、 `  /
                  /..   | ,      `  /
                     /     | ,         /
                  / ̄ ̄ ̄ } .i      /
                      | ヽ     /

874蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/02(月) 00:07:12 ID:YhLGDRxc

__;!___;!_;!/l/レ|;:.;:;.;:;::;.:::.;:;:;:::.;:.;:::.;:::;.::.;:;:;:::.;:.;:::.;:::;.;::;::;.::;::;.:::;:.:;::.:;:;:;:;.::;.;::;:.;::
__;!___;!_;!/l/レ|..:.::::.::::.:.:.:.::::.:...:.:.:.:.::::.:.:.:.::::.:...:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.::.::.::.::::.::::.:.:.::.:.
__;!___;!_;!/l/レ|:.:.:.:.::::.:...:.:.:.:.::::.:.:.:::.:.:..:.. .. .... .. .::.::..:... .
__;!___;!_;!/l/レ|          Ⅲ
_;!____;!_;!_|/l/l/|          Ⅲ               ,.,:.;:.
__;!___;!_;!/l/レ|          Ⅲ              .::'   ":,.
_;!____;!_;!_|/l/l/|          Ⅲ             i'      !
__;!___;!_;!/l/レ| ̄ ̄ ̄ ̄ヽ=イ ̄ヘ  ""''''""""'"""''""""'""'''""""''""
_;!____;!_;!_|/l/l/|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
__;!___;!_;!/l/レ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
__;!___;!_;!/l/レ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
_;!____;!_;!_|/l/l/|
_;!____;!_;!_|/l/l/|          ―― 人は同時に、『大地』『力』『光』
__;!___;!_;!/レl/|
_;!____;!_;!_|/l/l/|                           『時』『知恵』『心』を手に入れた ――
__;!___;!_;}/l/レ|
_;!____;!_;!_|/l/l/|_/ニニ7!__/ニニ7!__/ニニ7!_/ニニ7!_./ニニ7!_./ニニィ!
__;!___;!___;}/レl/ィ─┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬‐'/ ̄/|
_;!____;!_;!_|/l/lィi┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴:/_/::,|
__;!___;l_;}ィ/l/レ┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴‐,r─ォ.|/ |
_;!____;!_;!_|/l//::::. : .:.. : ::.  : :: :.  : . .                     /  / |/|/|
__;!___;!_;レl/:::::. :...:::: ::: :. : . .                     /_/ / / /|
_;!____;!_;!_|/::::. : . .                                 ,⊥.⊥/|/|/レ|
__;!___;!_,ノ'                                    /  /レ'| /l/レ|
                                        /__/ / /|/|/レ|
                                      ,r┴─ォ/|/|//|/,レ|

875蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/02(月) 00:07:22 ID:YhLGDRxc

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ー‐'   |   |   |./   ノ_ -才、
ヽ、   .l    .|  /    //    V\
  `\ |   ./      /   _ - __i  \
、     |   ハ         /    `<_ \_
.}   .|   ハ           ,‐-‐- ノ  {二 ̄_>- _
.|.    |    .ハ         / ,へ.\  ヽ_  ̄   _ }
.l.    |     ハ         `i\/\\ {   ̄ ̄    |
|  .|     |ハ          |\\/\\ー‐- __
. |   . |     | ハ.           ||\\/\\ ムL_  ’
 l   |     | ハ.          |-{  j\\/r‐'´ ,  `i }
 |   |     |  ハ         } i /  \\`ブ >‐  レ'
 |..  |     |   ハ        ノ .V   .ノ\>'i  、   |
 l.   |     |   /       /   .|  /  |  、 `  /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                  ―― だが、その日からこの国にも ――



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       /        ,             \
                     γ ,     /      iヽ      ヽ
                    / /      i.     i \        ',
                       /  i.       i    λ|‐Ω'ヽ       i
                   〃  |       |.     ,' .i i    } i、    ゝ、
                    i   i.       i    ノ j/   ,'イヾ,  } ヽ  ゝ
                      i  .,'        |_ィ≦≠、      {c.:i ∨   Y-=`
                      /  ノ  ∧    |〃て.:::ヽ     弋ソ  i  ∧
                  / ∠ , ./r=',   i ヾ  zソ       ヾ   | .,  ∧
                    ソ   ノ 才  l y',   ヾ             / ヽ 八
                   〃i  ̄  i  ゝ=ゝイ\ヾ       _ - /   冫  ヽ
            》≧ ,,,/' ji     ∧_ .. ニ´===ヘ ゝ、         /     }   }
     .     《三三三≧|   />          ヽヽ>、  __ ./     /   ,'
        ァ======≧三彡≦ 二`ヽ        ∨,  ≫z、    i i  /i  /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

878蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/02(月) 00:07:36 ID:YhLGDRxc

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿'     , _,,γ  -..    __゙,_    、       ,;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ,::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,__,ノ    ,_,,;'´'ー‐‐'  , '⌒丶r 、.ⅢⅢ. `ー‐ヽ、'ヽ,   r ´~´::::, ´ `ヽ::::::::::::::::::::::::,!   /::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::,_____,ノ      (  γ⌒   γ⌒   ⅢⅢ..゙ヽーー ヽ, `ヽ、,゙`ー'~~´    `i::::::::::::::::::::ノ   `ヽ、,__
:::::::::::::::::::::::,/ ̄'    ,,,,;;;;'゙゙゙゙゙゙゙゙,'´  ´  ,__,rー'⌒`ヽ ⌒ ⅢⅢ..゙`ヽ,_____, `)::::::::,'        `ヽ、,___,ノ
::::::::::::::::::::(,  .,,,,,,,,, ´;;;;;;;;;;     ,' ,'⌒`), '´     , '⌒⌒⌒ⅢⅢ γ´  `丶,::::::::',                ....::::::::::
::::::::::::::::::::::,) ´''''' '''''''´     ,r       ,_ ,、, ' `ヽー‐ r' ⅢⅢ={}.‐‐‐、___,  )::::::::',             ::::::::''
::::γー'ー'~           ( (⌒   , '"  ,,γ⌒⌒ヽ,. ⅢⅢ `丶`ヽ  `ヽ':::::::::',        .....::::::::::゙゙゙゙
..,_, '´`',___, ,;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,    ,r'''_, -‐''""'ー'⌒⌒´      ....ⅢⅢ..゙/´~`ヽ   ',:::::::,'    ,,,,,,,,,,,,',' '      ......::::::::::
´::::::::::::::::::::`::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,, ,'         ,ィ⌒  ,'⌒⌒⌒゙'...ⅢⅢ....丶       ,'::::::::', ''''''''''''''''''   .....     ,,,,,,,;;;;;;;;
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.;;::,,,,,, ', ,ィ' '⌒⌒`Υ   ,!         ⅢⅢ '" ̄ ) /⌒ヽ, '__ノ
`ー‐~`ーー'゙''''゙~゙゛`゛´   , '  ,r - 、_    `   γー、 γ.ⅢⅢ゙,__,, `ヽr⌒
        :::::::::::::  .', ⌒´rー、          (   '´.  ⅢⅢヽ,  (
                 γ ,'⌒、 rー、⌒ `ヽ, `丶, , 、  (`゙.ⅢⅢ.__,`ヽ
 : : : : : :        ,'  ⌒'         `ー’      ⅢⅢ
                                   ⅢⅢ         ―― 光と闇が生まれた ――
                                   ⅢⅢ
_ _    __Ⅲ互幵或T                 ⅢⅢ
/////}  {´////////ノノ下x、 ̄ ̄//―― __.        ⅢⅢ
ィチ ̄i__j/////////|ヾ寸//`ヾェュ、/////////`´`ヽ_  ⅢⅢ
/////j//i/////////..|// } {//////三≧ュ、/////{///| ノ三ヾ{、                             从仆、 .λ    从
////.ノ//|/////////..|///i }//////////\\//////..| i/////}                      从  从森森仆'森ォx人森
森x/{/从|人小ト、////|///| |///////////∧ ヽ////..ト、j////∧____         ,,,,、  人x、森、森W森森森森森森森森森
森森|森森森森森Ⅸ从从从从从从从从大廾于升'''¨¨゚゚ー===-―ー―――=弌森ハ仆'森森森森森森森森森森森森森森
森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森仆从xz_______,ィチ大森森森森森森森森森森森森森森森森森

879蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/02(月) 00:07:47 ID:YhLGDRxc


            -Original-
        Nihon Falcom Corporation
       
            ‐ Ys Ⅰ&Ⅱ ‐

                              _,,r‐-‐--、__
                             /         -‐--
                           /:.              :.`:‐-、_____
                            /:.:.:              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ   `ヽ
                  _____    l:.:.:               :.:.:.:.:.:.:.:.::.. ヽ   `ヽ
              _,-‐-'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_l:.:.:.:.                 .:.:.:.:.:...  ヽ   ヽ
       ____,--'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:              ,-‐--、_ :.:.:.:.:.:.   ヽ   ヽ
   .,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:         /;,;,;,;,;,;,;,;,;,;`-‐--、___ヽ   ヽ
 /i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ       ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三=ゝ
 .li:i:i:il                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:    ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;__,--'´三三‐'´
  li:i:i:il                       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.. /;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三‐-'´
  .li:i:i:il                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヾ´__,--'´三三-'´
  li:i:i:il                      ..:._,-‐-'´ ̄=_/ ̄ヽ、三三-'´
  .li:i:i:il               _,-‐'´ ̄三三三三,-'´___,-'´
   li:i:i:il            _,-‐'´三三三三三三-‐'´ ̄ "´
   .li:i:i:il        _,-‐'´三三三三三-‐'´ ̄                  ‐ Ancient Ys Vanished ‐
   li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄
   .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´
    li:i:l/三三三三-‐'´
    .li:/三_,-‐'´ ̄
.

880蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/02(月) 00:07:59 ID:YhLGDRxc




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 __ _           ____    ____          _ __
                '―‥ 、ヽ       ,ィチ, -―、  r‐'   ラ  >‐'       , ’, ‥―`
              , - 、 rァ `\      {  {___, ヘ  ヘ   /  /           /´ ‐ュ , - 、
            . /'⌒㌦j.{     >'⌒ト、  `ー一 '  .ヘ  ヘ '  ,二¨ヽ    γ7⌒<    }才⌒ヽ、
                  `ヽ、 { /`\ヽ}        /  /{ ヘ. }/ ‐=x。、{, '/´ヽ}  /'
                    `六===ァ>,ニ=‐-.、/  /イ. ', ハ  , ィ} .}====六´
                   ミ='-'`ー (  (    > ,、  `´ l_ノ _ノ¨ ̄`才 /  一´`‐=彡
                         ` 、二ニ -‐'  >- __    ̄ ̄ __/
                                         ̄ ¨¨¨  ̄
                              ‐ Ys ‐ Ancient Ys Vanished

                        ~ やる夫は冒険日誌を書くようです ~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.

882蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/02(月) 00:08:17 ID:YhLGDRxc

                                   , -―――- 、
                                 /        .\
                           /             \
                          /               ヽ,
                         /                  ヽ
                            |                       l
                         !                       !
                         ',                   /  ._,.--´ ̄ ̄ ̄
                         ヽ,                     /γ´:l: : : :/ .::; ::: ....:::
                           \            _/  |; : :l/ .::; ::: ....:::.... .;;
                  _                   ` ー | -ー ^^^ヽ/ヽil     |. ;. l/ .::; ::: ....:::.... .;;
            // /`ヽ            γ' ⌒⌒ ⌒ ⌒ヽ、 ヽ、  /_,.-´===========
          /ヽ-´/    )         /           ヾ  ヽ、>. : ./.::; ::: ....::::: :: ::::::
         /`/   /ヽ、       /             il   ヽ; ; ll/ .::; ::: ....:::.... .;;
        / /    /ヽ: : :ヽ、    /               il    l.::; ii::: ....:::.... .;; ::: :: ::::::
       /     /)// ): : : :ヽ    /                il   .il.::;il :...:::.... .;; ::: :: ::::::
      ヽ_____/: : : ヽ//l: : : : : :\_/                  il    il.::;il ::: :.... .;; ::: :: ::::::
         /: : : : : : : :)/ |: : : : : : : :/ヘ                 li   il.::;ll ::: ....::;; ::: :: ::::::
        /: : : : : : : :/ ミ |: : : : : //: :`\、              /   il.::; ::: ....:::.... .; :: ::::::
       /: : : : : ,,-ー=  ,,-´ ̄ ̄  il、: : : : `ト 、         イ/    /.::; + ::: ....:::.... .;; ::::
       / , -=´/ /´ ,.-´         il : : : : : : : :`ヽ─── /´´     il.::;l´ ::: ....:::.... .;; ::: :: :
     /´    l l  (´          i: : : : : : : : : : : : : : : : : . . . ..    ノ.::;ll ::: ....:::.... .;; ::: :: :::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         しかし、賢明な者がその試金石に触れ、

         判断の材料に出来れば、似たような過ちは減るに違いない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.

883蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/02(月) 00:08:29 ID:YhLGDRxc

三ヽ:; ;:;: :;'':; : ;;:: ;:: ∨ :ハ:;: ;: ;:;/:; :; :ソ:; :; :! /:;: :;: '':;  :;  :. : :;;'':;Y:;:;
: :;`ヾ\ :; :: ;ィ、:; __:rゝ ハ:;.: :.: : ; r'´ :''; :j !:. :,イ ''  /..;: :'  .,;:;':,イ:;:
; ;:;: ;: `ヾ,、==≧ュ、Ylj  .}:;: ;:; ;;rj:;  ::.; / j:;ノ:;: ;: :; :: ;:; :;: ::; '' :;: :;j!;;: ;:
X;:: :;: : :;:ハlヽ;:ミ`ー-、ミi! hヾ:;: :ソ;::: :; ,;イ/ゞY:;彡_ノ:;: :;:  :;; '' ,;イ-='´
;: : '': :;:; : : :ヾ`ヽ;:; :;:j| li! ト=、\j! :;ィー' ,ノ:; ;イ7j /_:;: :;: :; :: :;: :; :ノ/:;: ;;: ;::
: : : : : :; ; ; : : : \`Y  i! l|: ;:ヘ ソ彡 Y ,rf'ノ ̄ ̄: :: :: :;;ィr==': :;:; ::;: :; :
;: ;: ; :., ., : ' '' ;: ;: r'ヾ; !i !,l:;: ノイr''  r ~:;,イ_:;:_,,-―'イ :; :;: ; _ ;:;: :ゞ,、:
;; : ;:; ;:: :; ; ;;:ヽ;.ィ: : :l  l iト、´ノ  イ/ il, r--、r―'' ̄:;: :;: :: ;:'' :;: :; ~ ソイ
;: :: :;;: :;: :: : : ::.,, : : : ! i! ゞ≧   j  ハゝ:;: ;:;'' :;: :; .,. :;: :;;:: ;:;:'':;: :j/:;__
;: ;::;:;: ;:; :;: :: :;:; :;:: : ::,} j!  _三ニ イ  `Y;:: ;: :; ,ィ´ :;  .:;: :,ィ⌒ヽ,:: /rュ_
: : :: ;:;rュ__;: : ;:; : :; :.;;」(イ彡イ彡 r'   j/j;: :≧'=-、.,;'' .,:;:'  r==\j/ ,:; :;;:
ヽ='イ彡三≧=イ三彡 j!/彡  i!ト  ( ̄7イ:;: :; : :;:., '' :_イ;: :; :; イハ .,;:; :
ゞ‐=-‐'´:;:; :; ̄¨ー-!7''イソ´ ミヽ!,, ヾY : : , '':; :;:: :; :; : . .,.: ;; ヾ l.;: :;:
:; :;:;::;: : ;:;: : :; :;; : ; r、j 彡   : :lr'イ !{ ヽ__    :; :;:: :; :; :: : ;:;: :;: :; } l|:;: :;
: ;:; :;;: ;: ;;: :;' :;; ;: : .Y|}ィ    ミ{ト'' ヘ `ヾ、_,,ィ'' :; :;: '' _ _三ニノ:: ;:
;: ;; ;:: :; :;; ;:: :: ;:'' :; ::T'' __,,ィ =ュ''  ヾハ ,,ィ´   __ ==--'´:;: :;:; :;: :; : ;::
;;':; :;;' ;: :;:: :;; :; : ; :; ノソvゞ,、  `ヾ` ミ Y/j/  ィ´:;: .;:: ;:; '':;:' :;: :;: ;: ; :: ;:;
;:; :;; ;: ;::; ;:;;'' :;: :;ィ’ノ!fy彡ヘ_rィY  ミ }!j/j/ j:: :; :; ::: ;: ;: ;::: ;: : :; ::;''': ;:
;:;; ;::: :;;:; :;: ;: :; {イヾ''tソvゞソxfyヾ  ̄ヾミ!|-':;`´ : ;: ;: ;:::;':; :;::: ;,.,..;:::' . :;;ィヾ
:;; :;; :;: :;;;: ;'' :;:; 〉イ/ソfyゝ=-yソfミ`ヽィ ミl! : ;: :: ;;;: :::';;;:': :: :: :;:; ;:;-''¨´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
`;: :;; :; :: ;:'': ;::;/1j!/j/'´  ̄`ミ ノ彡 ̄ヾ!|::; ;:'' :;: :;: :;; ''´
 ヾ:;:: ;:;: ;;::: ',//j/イ      ゝ''  ̄ミl!:;: :;: :;: ;イ´
  ゝ:; '':;;:: ::;ノX/j/´-― ー-、 j   ゙''ヾ!: ;:; :; ´~          私は、公正に伝えることをここに誓う。
  {:;:: :;:;;: r'ミY彡yィ彡 イ{   Yイ  ー ゝ;''´
   `ヾ:;: '-yイ!/´ rイ>=ュ、 ''     ミノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       /j/jィ  ソ' イ彡≧ l|  =‐-{l
       /j/lj/j/イ `'' 三ヾ!     ::;l|、
      /j/i/j!/ ソ  ミ     i!  ミ≧、  ハ
    /ミヾ!j/ ィ /: :     j|ミ     {〈 \
 , イ´ミヾソイ/j彡!:: j  ミソi    r、 ゞ、ハヘ`ヽ、
´ミヾ、 ソイ//イj l: :イ  ミ|l|  _,,//   、>‐=-: ≧ュ、____
  ソイ/シ/: :;' jソ彡 _,.、ヾ  `7 r ̄  iイ r' ⌒ヾミー、: : : : : : : ̄ ̄
ソイ/!///:_ノ /_ ソ'   )   / /  : : :ハヽ.j/j/ >ュ、ミ: : : : : : : : : : :
/!l///r''´;_:_:: r-'j __,ィ''  / /  '/: : :i/lソ  j r' ,イ `≧ュ、_: : : : : :
/!イ,ソ´ヾミ}  ヾ!/イ≦'´}  / /  \: : : ::イ彡ハ、__ソ⌒ヾ /// ィ ̄ ̄/j
ヾミイ 彡ソ   ハ 川イx 、./ /,z ヽ、ヾrf;::彡ヽ    `ヾ=-ュ`=-、j/j/j
: : : : : :/ ;;:'ソ: : ∨イ: : :ヽ~ ̄`: : : : : :ミヾ: : : :`''ー--{ イ彡 ミ、: : : : ̄¨
: : : :/  彡: : : : :ヘ!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ー=、'' ヾ,、: : : : :

884蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/02(月) 00:08:47 ID:YhLGDRxc



                      , -‐-、             __         , -‐-、
            (⌒ヽ    / /¨ヽヽ   ,, -‐,,.'-‐i  i‐-'.,,‐- ,,   ./ /¨ヽ ヽ    , '⌒)
             `ヽ、`ー一 .ノ   } .} //´   ヽ_ノ   `\\  { .{   ヽ ー一´ ,. '´
                 ̄ ̄   / /// γ⌒ヽ  .r,  .γ⌒ヽ \\ヽヽ    ̄ ̄
                     / //  \ ゝ_ノ  .| |.  ゝ_ノ / ヘヽヽ
                    / / //ー一' r 、 γ 二,,,二ヽ、  , ュ`ー‐ヘヘ.ヽヽ
                   ,' , .i i     \`´/γ = ヽヽ`´/     i i. , ',
                   i i  | | γ⌒ヽ { { {{.γ⌒ヾ.}} } }. γ⌒ヽ | |  i i
                    | l  | |. ゝ_ノ .{ { {{ ゝ___ノ }} } }.  ゝ_ノ..| |  l |
                    | l  i i     / ゝミx====x',.ノ \.      i i......l |
                   ', ,  ', 'ー‐ 、 ー'.⌒ヽ 二¨二r'⌒`ー' , ‐一'./  , ,'
                    ヽヽ ヽ  / γ⌒ヽ .| | γ⌒ヽ  \ / ./ /
                     ヽヽ ヽヽ.   ゝ_ノ  ー  ゝ_ノ // / /
                     _\\\\     /¨',    // //_
                __   /γ⌒、`ー-''_‐-''=='   '==''_-‐_''-‐´,.⌒ヽ、\   __
                { `ー ' ノ    `ー--ミx、  ̄ ̄ ,.x彡--一      ヘ `ー ' .}
                ー‐一'          }__}    {__{          `ー‐一'



                              C O M I N G S O O N


.

889蕪菁 ◆a.EZJKuZr22012/01/02(月) 00:13:25 ID:YhLGDRxc
以上、次回作予告。イースの1と2を、PC完全版をベースにやります
この部分だけで原作知ってる方にはカブ様の配役は分かるかと思いますが、
まぁそこは大っぴらにしない方向でw

基本的なところは、前に投下した予告を踏まえたものになります
現在は配役も決まり、リプレイしながらシナリオ思い出して
本編作ろうというところ。前述の通り、早ければ今月にも始められると思います

レトロゲーは初めてですが、まぁ何とかなるさ!
という訳で、次回作もよろしくお願いします

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する