やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その8・続「柳生家禍福交々の巻」

412008/11/29(土) 20:05:30.60 ID:rniroTqq0
 これは、江戸時代前半において「天下一の流派」と呼ばれた剣術流派
「柳生新陰流」を担った「柳生一族」についての物語である…。

【物語現時点(慶安八年(1603))での柳生一族】

   大膳長永
      :
   <柳生家>
      :
     ├─────┐
   柳生永珍   中坊源専
      :
     ├─────┐
     家厳      重厳
     |    (七郎左衛門)
     |     (松吟庵)
     ├──────────────────────────┐
     宗厳                                     妹
   (新左衛門)                                    |
    (石舟斎)                                 <幸徳井家>
     ├───┬───┬────┬──────┐         |
     厳勝   久斎   徳斎     宗章        宗矩        友景
   (新次郎)             (五郎右衛門)   (又右衛門)                             
     ├────┬─────┬────┐     
     純厳    長慶      厳倚     妹  
    (久三郎)  (兵庫助)   (権右衛門)

512008/11/29(土) 20:05:52.06 ID:rniroTqq0
【前回までのあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の小豪族、柳生家の当主、柳生新左衛門宗厳は、
新陰流創始者・上泉伊勢守秀綱と運命の出会いを果たし、新陰流に入門。
克己努力の末、ついに「無刀取り」を開眼し、秀綱より新陰流の正統を受け継ぐ。

 こうして、新陰流正統二世となった宗厳であったが、
戦国の風雲児、織田信長の登場により、世は大きく揺れ動く。
嫡男厳勝の受難、足利幕府の滅亡、長年友誼を結んでいた松永久秀の滅亡など、
世の流れに対する己の無力さを噛み締めた宗厳は、遂に柳生庄への隠遁を決意。
剣の道を究めることに全力を注いだ。

 そして、隠遁から20年経った文禄三年(1594)。
名を石舟斎と改めた宗厳は、自らの創意工夫を加えた新陰流を天下に広めるべく、
四男宗章、五男宗矩、嫡孫純厳を柳生庄より旅立たせた。
その後、大納言徳川家康の前での新陰流上覧の場において、
見事家康を無刀取りで打ち負かした石舟斎は、家康より弟子入りの誓紙を受ける。
ここで石舟斎は自らに代わり、宗矩を推挙したことで、
宗矩は二百石で家康の侍従として仕える事になるのであった。

 しかし、宗矩の仕官をはじめ、宗章、純厳の仕官も適い、
柳生家の将来は明るく見えたその時、隠し田の密告による柳生庄没収の大難が降りかかる。
更に、嫡孫・久三郎純厳の討死などの悲劇により、柳生家は没落の憂き目に逢う。

612008/11/29(土) 20:06:13.83 ID:rniroTqq0
 そんな中、諦めずに家の復興を狙う柳生家に、絶好の機会が訪れた。
慶安三年(1597)、太閤・豊臣秀吉の逝去後、宗矩の主君、徳川家康と石田三成が不和となり、
結果、日本全土を巻き込んでの一大決戦「関が原の戦い」が発生、家康が日本の覇者となる。
その戦いにおいて、柳生家は一族を挙げて徳川家に味方した事で、
ついに柳生庄二千石を取り戻すことに成功、ここに柳生家は復興を果たした。

 そして、柳生家を復興させた功によって柳生家の家督を継いだ宗矩は、
徳川家の後継・秀忠の剣術指南役となることで更に千石加増され三千石に、
また、江戸に道場を兼ねた屋敷を下賜され、柳生の名声は更に高まっていった。

 その後、慶長八年(1608)、徳川家康が征夷大将軍となり、江戸幕府が開府、
その前後に宗矩は松下石見守の娘・おりんを正室に迎え入れ、柳生家の礎を着々と固めていった。
また、柳生庄では加藤清正・伊達政宗の仕官の誘いに応じ、
遂に兵庫助・権右衛門が旅立つ時を迎えようとしていた…。

712008/11/29(土) 20:06:58.43 ID:rniroTqq0

 そして、石舟斎と兵庫助の一夜が過ぎ、
兵庫助、権右衛門の旅立ちの朝が来た。

       / ̄\
       |    |
        \_/
          |           
     ./ ̄ ̄ ̄ \        お爺様、父上!
    / ::\:::::::::/:: \      行って参ります!!
   /  <⌒>::::::<⌒>  \   
   |    (__人__)     |     
   \    `⌒´    /      
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \


   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |::::::::ゝ  ⌒  ⌒ |    我ら兄弟、決して柳生の名に恥じぬよう、
   |::::::( ( ●) (●)|   立派に働いて参ります!
   (@  ::::⌒(__人__)⌒)
    |     |r┬-|  |
    \      `ー'´ / 

912008/11/29(土) 20:08:35.14 ID:rniroTqq0
         ____
       /     \      
     / \   / \      うむ。
    /   (●)  (●)  \    二人とも、立派に働くのだぞ!
   |      __´___    . |   
   \      `ー'´     /   
   /           \   

       ____  
      / ⌒三⌒\
    /-((◎)-(◎))-\     達者での!
   /    ((__人__))  \    たまには連絡するといいお!
   |     |r┬-|      |   
   \     `ー'´    /
  /           \   

         ___ 
       / ⌒三⌒ \
      /-((◎)-(◎))-\    ついでに、土産があるとなお嬉しいお!
    /   (((__人__)))  ヽ   肥後と仙台だと、どっちも牛(和牛と牛タン)になるのかお?
     |     `Y⌒y'´    |   送る時はクール宅急便で…
      \     ゙ー ′  ,/  
      /⌒ヽ  ー‐    ィヽ    「「それでは、さらばでござる!!」」
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

1012008/11/29(土) 20:08:55.89 ID:rniroTqq0
       ____
       /:::::::::::  \
     /::::::::::::    -\      
    /:::::::::::::     ( ●)\    ………
   |:::::::::::::::::::         |   
   \:::::::::::::::::::     -/
    /:::::::::::::::::::     く    
-――|::::::::::::::::::::::::::     \-―――

       ____
     /     \
   / - 三 - \      …行ってしまったの。
  / -((◎) - (◎))- \    新次郎、少し、寂しくなるの。
  |    (((__人__)))   |    
  \    `⌒´     /
  ノ           \ 

         ____
       /::::::::::  \        …いえ、父上。
     /::::::::: -  -\     我が子の門出です。めでたいことでござりますよ。
    /:::::::::  (⌒ ) (⌒ )\    
   |:::::::::::::::::   __´___    |   …今晩、一献如何ですか?
   \::::::::::::::   `ー'´   /    
    /:::::::::::::::::::     く     「そうじゃの、悪くないの…」
-――|:::::::::::::::::::::::::::::     \-―  

1212008/11/29(土) 20:11:03.55 ID:rniroTqq0
 そして、柳生庄から他国へ出る街道にて…

   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |::::::::ゝ  ⌒  ⌒ |    兄上、ここが分かれ道ですな。
   |::::::( ( ●) (●)|   それがしは東へ、兄上は西へ…。
   (@  ::::⌒(__人__)⌒)
    |     |r┬-|  |
    \      `ー'´ / 

     / ̄\
     |     | 
     \_/
        |  
   ./ ̄ ̄ ̄ \     
. ./  ::\:::/:::: \      そうだな。
/  <●>::::::<●>  \    権右衛門、達者でおれよ。
|    (__人__)     | 
\    ` ⌒´    /
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \


   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |::::::::ゝ  ⌒  ⌒ |    ははは。それがしとてお爺様と兄上に鍛えられたのです。
   |::::::( ( ⌒) (⌒)|   そうそう他の者に後れを取るわけがござりませぬ。
   (@  ::::⌒(__人__)⌒)
    |     |r┬-|  |    ところで…
    \      `ー'´ / 

14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2008/11/29(土) 20:11:36.25 ID:rniroTqq0
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |::::::::ゝ  -  - |    …兄上、最後にお尋ね申す。
   |::::::( ( ●) (●)|   兄上は、これからどうなさるおつもりで?
   (@  ::::⌒(__人__)⌒)
    |     `⌒´   |
    \         / 

     / ̄\
     |    | 
     \_/
        |  
   ./ ̄ ̄ ̄ \     
. ./  ::\:::/:::: \     …柳生家は、又右衛門叔父上が継いだ。
/  <->::::::<->  \    ならば、我らは我らで一家を立てるしかあるまいよ。
|    (__人__)     | 
\    ` ⌒´    /
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

      / ̄\
      |    |
      \_/
        |     
     /  ̄  ̄ \     
   /  \ /  \     だが…今は剣を極めたいのう!
  /   ⌒   ⌒   \   新陰流はまだまだ奥が深い!
  |    (__人__)    |   工夫の余地はいくらでもあるぞ!
  \    `⌒´    /   はっはっは!!
  /ヽ、--ー、__,-‐´ \

1512008/11/29(土) 20:12:05.90 ID:rniroTqq0
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|   (…やはり、兄上は物が違う…)
    |::::::::ゝ  ⌒  ⌒ |   
   |::::::( ( ●) (●)|    兄上…ではここでおさらばです。
   (@ u:::⌒(__人__)⌒)  いと久しく、御武運を。
    |     `⌒´   |  
    \         / 

         / ̄\    
        |     |      
         \_/       
           |        
       /  ̄  ̄ \    
     /  \ /  \    うむ、ではさらばじゃ!
    /   ⌒   ⌒   \ 
    |    (__人__)     | 
    \    ` ⌒´    / 
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \ .☆
   / >   ヽ▼●▼<\  ∩ー、.
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
 l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ

 こうして、兵庫助、権右衛門の二人は、柳生庄を旅立った。
時に慶長八年(1603)三月、兵庫助26歳、権右衛門はおそらく20代前半のことである。

1712008/11/29(土) 20:12:46.15 ID:rniroTqq0

         \  /:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:\ ヽ \     さて、こうして兵庫助・権右衛門は柳生庄を旅立ったわけですけど、
          ヽ/:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:/:.:.:.:.!ヽ ヽlヽ   ここで気になるのは、
            /:.:.:.:|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:l:.:.:.:|:.:ヽ / l  
.           |:.:.:.:..|ィ‐_-_、_. -///;ハ:.:|:.:.:.:!:.:.:.V   l     「何故、このタイミングで旅立つのか?」
.           |l:.:.:.:.N r‐ァ-、` ̄  メ/‐-ヽ|、:.:|:.:.:.:|   _」 
            ハ:.:.:.:l  弋:ソ  /´ ィ=‐、、\/:.:.:./-r ´    というところですぅ。
          /:.li \_\      ,   弋:ソ '´/:.:.:./:.:.:.l     言い方を変えれば、「何故、石舟斎は仕官を許したのか?」ですね。
.      __ /:.:.li   il、   , -- ‐、   _/:.:./:.:.:.:.:.!    
     /´‐-、ト,:./:li ※ il:.:\ {__   }  ア ̄/l:.:.:.:.:.:l:.l     これについては、結論から言えば、
.   /  ‐-〈//li  il:.:.:.:.:.> 二ニ´ィ:li ※〃:.l:.:.:.:.:.:.l:l   
   l  `ニ7'´: :.li   il ̄ ̄ _\ノヽ._l:li   il-lユ‐_-、:.:!l     「兵庫助(&権右衛門)自身が望んだから」
  r‐l   |フ!: : にli  il〃 ̄  ィトK\  li  ilこ|ー‐  |:.:.:.l   
  |〉l  イ _): :.にli※/ \///)l:l l:l ヽli. ilこ!|二  /:.:.:.:.:!    だと思うのですぅ。
/>にLイ<:.:にli /´     //(!|:| L!==li※!こl./  /!:.:.:.:.:.:.l  
丁L__|ーLノ:.:.:.にX      // )!|:|   ハ ilこ! l  /ヽl:.:.:.:.:.:.:l  

1812008/11/29(土) 20:13:12.61 ID:rniroTqq0
                 _               そもそも、兵庫助がこの時まで仕官しなかったのは、
            , - '',.ニ -‐- ニ、''ヽ          石舟斎が仕官の誘いを断り続けたから、と言われているのですぅ。
            / /ィ'´ _, .ィ ,ハ. ヽ. \        その理由として、嫡孫・久三郎の死が大きく影響していたのでは、
         ∠_ /',r、‐'  ''´ ⌒\l、 ン       というのは>>1が前にも書いた通りです。
          ,、/`!  ●    ○  lT´        (兵庫助の場合、その剣才を見込んで修行のために、というのもありますが、
          ヽY'〉 , , , ___ , , ,  l. |         それだけだと、権右衛門まで手放さなかった理由が不明ですし)
            (`)_}ト、   丶 ,/    ,イ l、       
           r `´ | \  ∨   / |   l、       そして、今回、石舟斎が許したのは、
         |    |  l`>-,-<´l  |   l、      一般には勧誘のしつこさに負けて、と言われているのですが、
         ∧   |   l `7,、ヽ´/ ,/ヽ   l、     そもそも、柳生家が領地を没収されていた時ですら手放さなかった二人を、
        / `` ヽ∟..,ヽ l.l ∠-f  `i.  l、     所領を取り戻し、生活も安定して、剣術三昧に過ごせるようになった身で、
        /      _ト-r'└r{ ,._ヽィ' l.  l、    なんでわざわざ手放すのか、という面では不自然だと思うですよ。
       /      / 〉  `´ 〈'-/´   l   l、    
       /   _, ィ  /     丶ヽ   」   l、    その石舟斎が許すとすれば、 
      / _,.-' /  /         丶ヽ_,. t'´   l、   一番自然なのは「兵庫助・権右衛門自身が望んだから」なのですぅ。
      ル '´  /  /        丶  ヽ\.  l、  仕官の誘いを受けている当の本人たちが仕官を望みだしたから、 
   ,/    ,/   \       /   ヽ  \l、  石舟斎も抗しきれなくなったのでは…ということですね。
   ヽ、  //        \   /      l、  `` (先方から誘われてるわけですから、本人が行くと決めたら、 
     ` '´ ′          `  ´          `      ある意味、止めようも無いですし)

2012008/11/29(土) 20:13:56.98 ID:rniroTqq0
              ,  -‐―‐ 、      
             /,  -―‐-、\      では、何故ふたりがこの時になって士官を望んだのか、ですが、
          // ,.  -――‐\\    ここでキモになるのは、宗矩が家督を継いだことなのですぅ。
        // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>    
     / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,   つまり、宗矩が柳生家を継いだことで、
    ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !   二人が別に自分の家を立てる必要が出たから仕官を望んだ、ということですね。 
       / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i   このまま柳生庄に留まっていても、後の見込みもない…そう思ったからこそ、
      / ::: | |lト、         ̄Z /l|   二人は石舟斎を説き伏せたのではないか…ですぅ。
     /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|   
    / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|   
   / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|   
  / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\
  ' /    | |l| | l|  丶

2212008/11/29(土) 20:15:06.28 ID:rniroTqq0
. /  | /  / /  /  / // / ハ.    ヽ    ヽ. \
/' 丁|'  i l /   /// 〃/  \ ̄ \!     |\| 
\/ j|  ,レ' _ / /.///./  _ \  |\. | |/   それに対し、石舟斎が決して納得していないのは、
. /__」ヒ.´_彡'_>=,ニドノ'  //  'ァ,.'ニ=<} '  | |    清正に宛てた手紙から伺えるのではないかと思うですよ。
/  {{ ̄ { \ P⌒!i  //    P⌒!i ノ ,'   /! /    つまり、「三度までは何をやっても死罪はお許し頂きたい」という
,/  {ハ..  \__, ゞ冖^  /' !     ̄^` ブ ///     兵庫助の仕官の条件の手紙のことですぅ。 
   ハ. \   く             __  ∠ イ ,ノ'     
  ,/ ,ハ 7`ト _,>       __,. イ !   /〃/        普通、いくら先方から仕官を請われているとはいえ、
f´ ̄ヽ ヾ、'.{}ヘ.     `'マ二..__ /   /{}ヽ》       この条件は相当なものだと思いますですよ。
_) >┴=く¨ヽ ヽ.、       --     , イ   }}       他にも、「一徹の短慮者」って記述も褒め言葉でもなんでもないですしぃ。
/  '´   \レ-、V__. 、      _,. イ/{{ヽ{}/《        悪く言ったら「頭が悪くて人の話を聞かない」ってことですよ?
  .'      `て{ ヽ\ `  -- /  / {{-- -}}       普通、仕官させるつもりがあるなら、孫の事をこんな風に書かないですぅ。
 '    '    __j| ,ヘ \.  ∧_/  {{ /{}ヽ }}       
,'    ,'   (_ |ヽ{i,ハ   ヽ、」.  \ {{.    }}       それこそ、「わざと先方に断らせる」つもりでもない限り…ね?
    ,'     〕|__ __ |/.,二f丑:‐ 、\{ ヽ {} /}}      
         ( }}/{}ヽ|/  /ハ 「 \ヽ|{ ー i ‐.}}      

2312008/11/29(土) 20:15:49.04 ID:rniroTqq0
                    ___
               , 二¨-―-- 、`丶、               
               /_ ..-――-.. 、十ヽ\               推測ですけど、石舟斎の考えは、清正に無茶な条件を出し、わざと断らせることで、
            //::.::,:.:.:./::/::.::.l::.::`ヽ、\ヽ             「加藤様はお主を召抱えるのを止めるそうじゃ」と言うつもりだったんじゃないですかね。
               〃::/:::/:.:.:/::/::.:/::|::.:、:.::.::ヽ ハ `、           これなら、如何に兵庫助が仕官を望んでいても、
           l::.:::l:: ,':l:::/::/::.:/::;小:::l::ト、::.:V l ヽ           その前提となる加藤家からの誘いがなくなるわけですから、
            {::.:::|:::l::|::l::/::.:/::/:/:_j⊥l::ヽ:!}  \         話は丸く収まるはず…だったのですぅ。
.           ハ::.::l:::|┼く:/::/ /'´ノ ヽ:∨::.:l |  /         
           〈 l::.:|:::l::|∠、ノ   , =≡V::.::/|/           でも、石舟斎の見込みは外れ、清正はこれを快諾してしまいます。
           ヽヘ::ヽ::V⌒゙  ,   "゙ / :::,'  l〔             そうなると、下手に条件を出してしまった以上、 
           /rヘ::\ ゛゛ rーヘ  彡: /  /:::Y⌒i         これを受け入れられた後で断るのは、誠実じゃないですぅ。カス野郎ですぅ。
            l冫/ }`ヽミヽ、ヽ、ノ, イ:`7十/::.::.:l |        (なら、最初から断ればいいではないか、と言われてしまう)  
           // /:::_rヘ_`二√ __〉/  レヘ::}  |         
             //  ,'/夕r==、∨---/、/ f==ミフ  厂ト、        結果、石舟斎は自縄自縛に陥り、  
.        //  〃r7,イ|   >トマ ̄〉 7ヽ厶ィ {ヽ 」__/ / 〉     兵庫助と権右衛門を仕官させる(=手元から手放す)ことに 
     , -‐'7/ /:.rク/ {ニ=彳/ ハ ∨,  / ̄:{八_‐-┴勹      なってしまったのではないか、と考えられるんじゃないか、という話なのですよ。 
   /   /  /: :/7/  /,イ/ / /、/_ /: : : :|:厶 `^´ 人      
   ヽ冫< /   {: : :Y〈__ //〃 ,' / 7ヽ ,仆、: : :|| : :`¨¨´: :冫、      まあ、この推測が当たっていれば、という話ですけど、
    \/   rヘ :`ヾ//__/> //V/ /」 ハ: : l|: :丶: : : ,': ヽヽ     なんていうか、普段やらない事をやろうとすると、ロクな結果にならない、
            /::/^ヽ_/厶>rく/ /l丶/ハ/;'/`ヽj| : : `、 /: : : :} ト、    という典型例な気がするですぅ。 
        /::.:|/{/    Y^厶-z_ノ;';';';'∧::.::.:\: : : : : : : : j ハ:ヽ   
        //:::,': :〃    {V  `ー<;';';';'/::.:ヽ::.::.:::ヽ、: : : : : {〈 `、ヽ  もし、これが宗矩だったらどう捌いたか、ちょっと興味がありますね。
     〃:::,':::/: :/乃ヘ、 ({人 、`丶、)';'ヘ::.::.::.:、::.、.::.::\: : : rヘヽ l:::|  
     /::.::.:':: l: :/r':〈;';';';'>ミV`丶>ー';';';'ハ::.::.::`.::ヽ::.::.::ヽ_/  l:「 |:::|  
.     l::.::.::l::.::|: l_」 : :ハ;';';';';入;';';';';';';'_;'_;'_;'_;'_〉::.::.::.ヽ::`、::.::.:`、  l:|  }:::}  
    |::.::.::l::. {: {{: : /∧;'/: : }>‐'´: : Vハ: : :ヽ::.::.::.:`、::丶::.::. ∨::l ,'::/  
     |::.::.::l::.::∨/:// : : : : : : : : : : : : : : Vハ: : : :\::.::.::ヽ:::ヽ、::.:l:::レ'::/  
.    j::.::.::l::.::/ //: : : : : : : : : : : : : : : : :Vハ: : : : :.\::.::.:\::.::.:/::/::/   

2412008/11/29(土) 20:16:19.63 ID:rniroTqq0
       |               
       |--―- 、          最後に、この手紙を石舟斎が兵庫助に見せたかどうかですが、
       |--―‐- 、\        まあ、内容的に考えて、見せてないと思うですよ。
       |--― -、 ヽ ヽ       というか、この条件自体、兵庫助に伝えてなかった可能性がありますぅ。
       |/.: :: :: ::イ::\. l ヘ、     だって、こういう条件をつけるのは、
       |_,:/.:/!:: :: | |_/
       |ミ:イ/ ーl‐:|::l |:l         「お前は絶対失敗する。しかも3回くらいは切腹確定の大失敗をする。
       |ソ   イ::ツV:/ l::|          だから、この条件を飲んでくれるところでもないと、
       |'' 。 `∠:イ |::l          とてもじゃないけど仕官させられない」
       |>--r:: '´:: l {::l
       |_\/` ー、| l::l        と言ってるのと同じようなもんですし。
       | ,小`ヽ /' l| l::|       まあ、石舟斎からすれば、駆け引きでもありつつ、
       |/il|└' /  lL」::l       孫可愛さの一心でつけた条件なんでしょうけど、
     r―i:|.__/  |:: :: :i      兵庫助からすれば、自分は全然信頼されてない、と感じると思うですよ。
      T ∨::〈 r、 」:: :: ::i
       ト、ノフ ̄l寸]:: :: :: ::',      まあ、これが今まで残ってる以上、
       |¨´ト、__ノ |、:: :: :: ::ヽ     バレたわけですけどね。

2512008/11/29(土) 20:16:56.70 ID:rniroTqq0
 それから幾日か経ち、兵庫助・権右衛門はそれぞれ加藤家、伊達家に参着し、仕官した。

=仙台=
                             rnm、
        ,,/`V`ヘーヘ、ー-、─---ー-;:へ-、r'⌒(IIIIII)        
       ,/ ィ__ィヽ_、、、、、、, ,, , _ _/  `ヽ`<:(IIIIII)         
.    , ‐-、/  l: ``ヾ.ヾヾヾi i i 〃 〃 , i :.  .....   \(IIII)        
   d{lii:. .}ミ、 :l::.  .:::\ {R三i∠、ミ ,' ,'| l::.. .:::::::.... l、\        
    ゞ=彡)) ハ :. .::   {`,F、セ<'eニァVr、! ::l|::::::::     ヽi \       我が伊達家の石高はァァァアアア
    ),::f´ /::..} .::: .イ } ゝ=スノ`⌒' }yノ! :: l:::::::   ハ. 〉  :}\     奥州一ィィィィィイイイイ!!
    /,' :| l :::::| :/ | l 〉 !f`ニニア ' |ヘ、|!::! ヽ::::  .:::::} n|:...;リ  }   .   
.   // ::l | :::l..:l::.l  Y ヘ l`二ニ′イ ; ト|::ト、:::::::. .:::::/ リヽ/__/ト、 .   お主があの石舟斎の孫か!
 _/〈  ::l ; : l.:|, ! -┴-ゝレ‐-v'´;ノ ; | | l ::\::、::.. /   ト{  i|ヽ   よくぞ参った!
(@ ;\.::::| l /..::: ::::_,.ノ 不´;∠::-‐'¬、l ヽ::::::::::.ー-‐'´  ヾ⌒! }   お主には、我が仙台藩の兵法指南として働いてもらうぞ!!
. \,,, ,リYn<~'二ニ´-‐'´`y'´fn)     ヽ:、ヽ:::::::::--‐'    {ミ{ー()     
   `Tヽ)ノカ)く rf'⌒Yク7./   |||: __fi_;ヽ\ ::::::::..   ,   じヘ/      
    ,ゝ=彳0j }iヽiレoニ'';;‐ 、0ト@ニつ-─。ァ=c!  ヽ ::ーニ´   , }      
   ( 〈//9_ノl!::.. }トィ、rf7>カ| | Ll¬jjjDカミ!:::!   }、ー=:::....  / ,'     
   ノ  {:::......|i|⌒)、∵Liヽ ||| |=!| |..|nmhシト、|   ノ、ゞニ三;´/       
  (   :i!`ー≦刋」」ミ∵∴l ||| | 「l」ルr‐<く<ヽヽ.( リノ K- ,ゝ            
  ゝ  :|!  _{三ョナカ`==彡ニワ[∈'H、__ノヽ/}| }\\レ `ソ           
 r'    :|! 「:::::::〈::(二):)ニ:‐-く∠匚| 「| レ1,ィ ノル':::、::\`く           
.{   ト、/ =三≠-二ニ -::、::::\{::| l_| |.7y'‐ァ  ヽ\\\          
 ヽ__f`! \‐=ニキ ー-ニ‐-  \::::`yー-'//∠_     i ヽ ヽ. \        
 ̄  { | \ ーチ ニ=‐- 、\ヽ/   {ニココ>  :|  i   ヽ ヽ       
   l  ! ヽ.`メ -─==  \ ヽゝ   {─┼!>  :l      .) :}
             伊達政宗

2712008/11/29(土) 20:17:51.75 ID:rniroTqq0
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |::::::::ゝ  \  / |    ははっ!
   |::::::( ( ●) (●)|   
   (@  ::::⌒(__人__)⌒)
    |     |r┬-|  |
    \      `ー'´ / 

 権右衛門は仙台伊達家の兵法指南役となった。
石高は当初百石、後に七百石に加増されたとも言われているが、詳細は不明。

 なお、余談ではあるが、仙台にも柳生という場所がある。
これと権右衛門の関係は不明。

【宮城県仙台市太白区柳生】
 ttp://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&q=%E4%BB%99%E5%8F%B0%E5%B8%82%E6%9F%B3%E7%94%9F&lr=lang_ja&um=1&ie=UTF-8&sa=X&oi=geocode_result&resnum=1&ct=title

2812008/11/29(土) 20:19:06.69 ID:rniroTqq0
=肥後熊本=
                 ,.-―-、,r ‐-、
                r'⌒ ⌒ ヾr ⌒^ヽ
              /`    ,.~vへ   ⌒)
            ,.-'    ( ソ     〉,, )  ヽ
            r'     ノ,ニ、_ ヾ ソ _,ノヘ    )      柳生兵庫助、大儀である!
          r'    ゝ 〉 `''’'`,i l '‐・'ゝ 〉ー⌒く     お前には、五百石を与える!
        _i⌒" y (  (^ヽ     ' '  - :レ、 、) )_     役目に励むがよい!
     ,.-メ  _ r      ゞi  r<ニ三ミ:、  / ノ  ヽ  ヽ_
    ,.-(   (     ;  :ハ ヾ-=-.ソ /-'   ∠ 、  ヽ
   rf   ,.-{   ( _ :::i  ヽ  ~   / |::: _ノ   ) ’、
 ,.-ゝ  ゝ'   ,.- ' "   ,:|   `ニニ´ .: |'´ 、  ` ヽ、 ) )
(   r   /   ..::::/   丶   ,:'  ヾ:、ヽ    ヽ  ミヽ、
(~  (   ,./    .::/     ヾ        ヾ;     ト、   く
    r '" |   : ::i"       ゙  '       ,!    | `ヾ、:::}
                 加藤清正

3012008/11/29(土) 20:19:30.23 ID:rniroTqq0
         / ̄\
         |     |
         \_/
        __|_        
       /      \ キリッ
.     /  \ /   \      ははっ!
    /   ⌒   ⌒   \     (五百石…悪くない!)
    |     (__人__)    |
     \    ` ⌒´    /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \       
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.          
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))       

 兵庫助は肥後熊本において、五百石で仕官した。
ただ、兵庫助が兵法指南役であったかどうかは記録が無く、不明である。
(仕官の際のことを考えると、その役目を期待されていたであろうと思われる)

3112008/11/29(土) 20:20:12.71 ID:rniroTqq0
       / ̄\
       |    |
       \_/
         |
      / ̄ ̄ ̄ \ 
    /   ::\:::/::::\     五百石…叔父上が最初に徳川家に召抱えられた時の倍以上か。
  /   <●>::::::<●> \   これが俺の…柳生の評価か!
  |     (__人__)    |   
  \     ` ⌒´   /      
     ̄(⌒`::::  ⌒ヽ       
      ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
       ヽー―'^ー-'

       / ̄\
       |    |
       \_/
       __|__         
     / ::-:::-\        そういえば…叔父上といえば、
    /  <●>::<●>\       五郎右衛門叔父上はどうしておられるのか…?
  /    (__人__)   \    
  |      `⌒´     |     今は米子におられるそうだし、
  \            /    途中、寄ればよかったかな…。
  /              \     

3312008/11/29(土) 20:22:44.80 ID:rniroTqq0
 さて、ここで話は変わる。
柳生五郎右衛門宗章の物語である。

    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| +
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|      小早川家で三百石!
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

 石舟斎の四男にして宗矩の兄・五郎右衛門宗章は、
柳生庄を出た後、小早川秀秋の家臣として働いていた。

3512008/11/29(土) 20:23:09.77 ID:rniroTqq0
                          /\___/ヽ
    〃ニ;;::`lヽ,,_           ≡  /''''''   '''''':::::::\
    〈 (lll!! テ-;;;;゙fn    __,,--、_  ..  . |(●),   、(●)、.:| + ≡
   /ヽ-〃;;;;;;;llllll7,,__/"  \三=ー |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|     ≡   くらえっ!
   >、/:::/<;;;lllメ   \ヾ、  ヽTf=ヽ`   `-=ニ=- ' .:::::::| +
  j,, ヾて)r=- | ヾ:   :ヽ;;:     | l |  l \  `ニニ´  .:::::/     +  ≡
 ,イ ヽ二)l(_,>" l|    ::\;::    | |  |  ヽ,,-‐、i'  / V
 i、ヽ--イll"/ ,, ,//,,    :;;   l //  l く> /::l"'i::lll1-=:::: ̄\
 ヾ==:"::^::;;:::/;;;;;;;;;:::::::::::::: :::::ゞ ノ/   L/〈:::t_イ::/ll|─-== ヾ
  \__::::::::/::::::::::::_;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ   ヘ   >(゙ )l:::l-┴ヾ、ヽ  )
      ̄~~ ̄ ̄/ :::|T==--:::::  //  / ト=-|:|-─ ( l   /
         / ::  ::l l::::::::::::::::::/ /:::::::::::/:::::(ヽ--─  / |  /
         ヽ_=--"⌒ ゙゙̄ヾ:/ /:::::::/:::::::::`<==-- ノ / /
         /   /   \/::::::::::::::::::::::::::::: ̄'''"":://
        /   /     :::: ヾ::::::::::::::::::::::::::::べ__;;;--

 朝鮮出兵、及び、関が原での戦いでも、
小早川家の家臣として働いていたはずであるが、
具体的にどのように働いていたかは不明である。

3612008/11/29(土) 20:23:41.19 ID:rniroTqq0
             ,,,,,,,,,,,,,,,,,-‐''゙ヽ、.、_
          _,r'_,,............     ゙''゙'=iヽ、
          _r'"            |:| ゙,i゙i
       _r‐''"        :、      ゙i | ゙t   
      | ,r    ,      ゙i,r'゙i     | "  ゙ヽ .
      ノr'  ,,r,r'r",r    ,rj:|,ri ゙i         |      こ………こんなところで
   r;;:ニ,,r::::::...:::i"r'::    i ,!;;゙y',r、 i    、    /| ,!|    この小早川秀秋が………!!
  ,,;‐'":::::::::::::::|/i::::   /| | ゙"~`ー、゙    ヽ   ,k",!
  "''ニ=:::::::::::::|!:|::: / i、、| !、  ,  ゙i  |::  |   " ヽ
   '" `ヽ,:::::::::|:::!:::l::.. it:ッ|!、i i"_,.:ュ ! ! /ri    ,r
      ゙j_:::::::::::ヽ_゙i::.| ~!, |  `ヾ'┤/  / i'ノ..::::::/
       ヽ___,r  ヽ. !  ,.!、    ,!ノ,!::,r'ノ:::::''''~/
       -='___,rj ,r゙i゙ ヽ-  ,.r',r',:,r':::::、tー‐"
           ,,r'"~゙j、 ゙こ''' ,,r''/',r、i~i,~
    __,--,r'",;;;;;;;;| |.':、  _,,r'"  ,r',!;;;: ゙i,
 ̄''''"~ -''''"/ ;;;;;;;;/r'"~~゙''''"ヽ, r'" "'"  ゙i
             小早川秀秋

 しかし、関ヶ原の戦いの2年後、慶長七年(1602)、21歳の若さで主君・秀秋が死去。
(病死と言われているが詳細は不明)

3812008/11/29(土) 20:28:54.10 ID:rniroTqq0
                |      `゙''ー- 、  ________
                |    ,. -‐ ''´ ̄ ̄`ヽ、_        /
                |, - '´ ̄              `ヽ、     /
              /               `ヽ、ヽ   /
             _/                    ヽヽ/
           / / /   /  /  /            ヽハ
          く  / /!   |   〃 _/__ l|   | |   |  |  | | ||ヽ
           \l// / |  /|'´ ∧  ||   | |ー、||  |  | l | ヽ
            /ハ/ |  | ヽ/ ヽ | ヽ  | || /|ヽ/!  |/ | ヽ
            / |  ||ヽ { ,r===、   \| _!V |// //  .!   |
            | ||   |l |ヽ!'´ ̄`゙   ,  ==ミ、 /イ川  |─┘
            | ハ||  || | """ ┌---┐  `  / //  |
            V !ヽ ト! ヽ、    |     !    / //| /
               ヽ! \ハ` 、 ヽ、__ノ    ,.イ/ // | /
    ┌/)/)/)/)/)/)/)/)/)/)lー/ ` ー‐┬ '´ レ//l/ |/
    |(/(/(/(/(/(/(/(/(/(/│||      |\  〃
  r'´ ̄ヽ.              | | ト    /    \
  /  ̄`ア  小早川家は   | | |  ⌒/     入
  〉  ̄二)   取り潰し     | | |  /     // ヽ
 〈!   ,. -'                 | | ヽ∠-----', '´    ',
  | \| |   .             | |<二Z二 ̄  /     ',
                幕府の使者
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
 後継が無かった事もあり、小早川家は断絶、宗章も浪々の身となる。

3912008/11/29(土) 20:29:30.78 ID:rniroTqq0
       /\___/ヽ
      /:::::::       \
     .|:::.   ''''''   ''''''  |
      |::::.,(●),   、(●)|
     .|::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |
      \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /          |
     /   `一`ニニ´-,ー´           |
     /  | |   / |             |
    /   | |  / | |             |
    /   l | /  | |             |
__/    | ⊥_ーー | ⊥_ ________|
   |  `ーヽl_l_l.} ヽl_l_l.}              \
  (、`ーー、ィ   } ̄`   ノ      ①        \
    `ー、、___/`"''-‐"    ⑩  ⑤        \
                                 \

 この頃には既に柳生家は宗矩が継いでおり、
そのこともあってか、宗章は柳生庄へは戻っていない。
しばらくの間、宗章がどのように過ごしていたかは不明である。

4212008/11/29(土) 20:31:32.73 ID:rniroTqq0
       /\    /ヽ
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
/⌒ヽ  / ''''''     ''''''   ヽ
|  /   | (●),   、(●)   |     そうだ、米子、行こう。
| |   |    ,,ノ(、_, )ヽ、,,     |     行くぞ五郎八。
| |   |    `-=ニ=- '      |    
| |   !     `ニニ´      .!     
| /    \ _______ /
| |    ////W\ヽヽヽヽ\
| |   ////WWWヽヽヽヽヽヽヽ
| |  ////WWWWヽヽヽヽヽヽヽ
E⊂////WWWWWヽヽヽヽヽヽヽ

           ル√    .:.:.:.:.:   ̄``ト、    
          rル ;;: ::   .:.:.:.:.:.:..     リ     了
         ルリ  ;;: ::   ,;:;ミ≧=_-、::;i    解
         ルリ ,r‐'三ミヽ  ;:;;;r予ェ-ュ、ミゞ|    !
        ヾミ ゞィェモ予 .:;`ヾ;:;  ̄`~` :|   
           ヾミi ´~,;,;1          |   
           `i  .:;:/ `;:. .:;:;;:;.     |   
            ', :;'^ゞ=ニソ^ .::;:;    ,ヽ   
            ', :;' 、_,,、、、、,,, _ノ   ,:' i
            ゙,   `ー‐‐'¨´   ,:'  ノ⌒ヽ _, イ
              _」 .:;;`ニ三ニ´   , ' ,イ;;;:  ll1 |]]]]]/
          /.::;;i ;i!       //;:;:;:.  ||. |]]]/;;
          /.:.::;;:;;;;L     .:; , イ  i;;:;:.:.   || l]/;;;;;;
                森池五郎八

 そして、慶長八年(1603)の春頃、父・石舟斎の門人である横田内膳正村詮を頼るため、
彼が重臣として仕えている中村家が治める伯耆国米子藩へ従者の森池五郎八と共に向かった。

4312008/11/29(土) 20:32:09.96 ID:rniroTqq0
                         ,  ´        `  、
                        /               \
                          , '                 丶
                      ri                   ゙i,
                      l:|, ,                 , ノ:!
                       l:.| |                 | !:.!
                       |:.l |                 |ノ:.|
                      ムン         、   ,       ヽ:ム
                     lヘヽ´ ̄,≧==-、 〉  ノr , -==≦ ̄ /r' 〉
                     | ハ lミ 〃‐t_;=ミ、ヽ  /r‐t_;テァ,ィ,〈ム{
                     '、〈リ =!゙ ̄ ̄,r' lr===ュミ ̄ ̄´ ,r" リi ノ
                         ヽ'、  ゝ  ̄´ ノ'〈  〉  ` '"´  レ/
                           ヽト    ̄ , ノ j { 、,     ィfン
                        jl:.゙、___,,__r'_ゝrーzノゝ,,_,_,_,r'':.l|
                       /lヘ:.:.:.:.:.:.:.:._,, =_ニ_=、__:.:.:.:.:.:.〃ヽ
                      /.小ヘ:.:.:.:.:ィ"゙´-―- ``'ト:.:.:.:./ム  \
                   __/  ハ iヘ:.:.:ゝ,,__,、,、,、_,,ノ:.:.:,:イ ノ〉  丶、__
              _ -‐ ゙´/    l  l  ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ !/ /     、 ` ‐ 、_
         __ -‐''       /    丶. l   ヽ:.:.:.:.:.:.:/   / /l       、    ` ‐ 、_
.    , ‐z ´           /       ト l     ヽ、/ /   {  l       、        ` ー‐z‐-、
    /   ヽ         /       | ハ       /    |  l,         ゙、            /    ヽ
.   /     l          〈       /||      /     l l \      〉          /     ',
  /      l          ‐ 、 /  ヽ!        /      V   \    /        /      l
. /       l            ン    |      ,/      /     ` く         /         |
                             中村一氏

 さて、この中村家は、伯耆国米子藩17万5千石を治める家である。
元々は毛利氏のうち、吉川広家の治める地であったが、
豊臣氏三中老の一人であった中村一氏が東軍側に付いたことで、
加増移封となって米子藩が立藩したのである。

4412008/11/29(土) 20:32:33.48 ID:rniroTqq0
                     ______
                  . ィ  {  // /〉 、
                ∠. \ ヽ: . .  ∠>、
                  // ̄\\: l:// /: . : ∧
               〃 //⌒```ヽツ""⌒ヽ: : ∧
               { . l/          V : ∧
               ゝ: :{ ―==、    _ ==‐}: : : :}
               } :ヽ`エfァ ヽ r´ィヤア/ : : /
                /: : : l      ,    / : : : {
              {∧: : :ム      |    V : : :lヽ
              ` }: :〈 .ィ  __`.'__   ム}: : 〈}ノ
              `彳: : :}:」\ `ニ´ /l/イ: : ト-
                 V: ly∧l 丶.__/ ∧ヘ: : |
                _>:ゝ| \  / / |、_)ム
            _ -‐' / ` |   >‐<  | \ `ー-、_
     _ -‐…`     /   _l   ∧  ∧   |、   ヽ    ` …‐┬ 、
                    中村一忠
                 (松平伯耆守一忠)

 ただ、一氏自身は関ヶ原の直前、病で亡くなっており、
その遺志を継いだ嫡男一忠が初代藩主として米子藩を治めていた。
関ヶ原の軍功もあって、家康から松平の姓を授かり、松平伯耆守一忠とも名乗っている。
(慶長八年の時点ではまだ一忠は13歳頃ですが、AAは気にしないでください)

4612008/11/29(土) 20:33:43.33 ID:rniroTqq0
                 ,、 - ====-..、、
              ,.'"´     .: .: .: .: .:. :.`丶、
             /          ̄``ヽ, .: .:``丶
           ,〃.:.:.     - == ‐- y'´. :.: .: : .:. :.ヽ
          ,〃.::.:   '"´   ̄二ニミV   .:. :. :.: .: .:.::.',
          ,j〃.:.:.     .:.:.:. :.:. :.:.:.; ハ    、 .:. :.: .: .:',
            lN';:;:.:.:.,r'´.:.:.:.:.::..::..:;/  ', ミヾ;:; 、 `、 .:. :.:.:.:::!
           !1!.;r'´:. ..:;..:.:; ィ イ    ヾミミヽ;:;:;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:!
          ',V.:::;,.‐''"´  }  '、     `ヾミミミヽ;:;;;;;;;;;;;,!      おお、これは五郎右衛門殿!
           ヾミヽ、、,,  ,,,,,、、z==''' ``   `〒ミ ハ;;;;;;;;,′     お久しぶりでござる!
           `it-ァテ  ' '''"‐tテテァ ,_ - ´,   ミ'  !;:;;;,′
               l`"´i   `ニ ト、  <      ハ ,!;;;/
            l   l      '、  <  :′ )イ ノ;;/
               ',  !   )、   Vヽ  Y´  、_ ノ V
              ', `ー '"´      `Y  /    ',
               i '''゙ - _`'''' '    ,′ / /  ノヽ
               ヽ _´ ̄``''ー,,  ,ノ /.::;/ /  i
                丁  ̄``"´  /.:;.:;:;/ '´    !
               L _ _ __ , イ. ‐'´      ノト、
               `コ´. :. :.: .: .:.         //.:.:.丶、
          , .-‐ '"´.:.:.i. :.: .: .:       //.:.:.:.    丶、
         '"´     .:.:.:/∧. :.: .     ,、‐' /          `゙゙
                 横田内膳正村詮
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|     横田様、ご無沙汰しており申す。
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|    実は恥ずかしながら、お頼みしたことがあり申す。
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\

4712008/11/29(土) 20:34:07.59 ID:rniroTqq0
      /\___/ヽ
     /       :::::::\
    .|          .::::|
    |  ''''''   ''''''   .:::|
    .|(●),   、(●)、::::|
     \ ,,ノ(、_, )ヽ、,,.:::::/
     /``ーニ=-'"一´\
   _/((┃))_____i |_ キュッキュッ
.. / /ヽ,,⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ (,,ノ   \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       /\___/ヽ
     /''''''   '''''':::::::\
    . |(●),   、(●)、.:| +
    |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
  .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
     \  `ニニ´  .:::::/     +
     /ヽ、ニ__ ーーノ゙\_
    .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|  トン
   _(,,)  仕官したい  (,,)_
.. /. |..            |  \
/   .|_________|   \
 
 宗章は、小早川家取り潰し以降の話をし、何か仕官の口はないかと村詮に頼んだ。

4812008/11/29(土) 20:34:30.65 ID:rniroTqq0
                         ,.. -‐''::: ̄ ̄` 丶.、
                    /::::::::::::::::::::::::::─--ヽ\
                       /::::::::::::::::::::::::;:::-:::::::::::‐;::};::ヽ
                   /:;::::::/::::::::;/::::::::::::::;::::':::/iヽ::l
                    |::i:::/::::::/:::::::::_;;::-::::::;ィ´ ヽ:::::!
                ,. -‐!:::/:::/:;::-:__;::: -‐''"´i ヽ, |::::l
             , -' ´  /ヘ::l:::/ィ'ニ二、_     ! _i__∨
           /      // 〉ヘ:;i´ 、=ーtュミゞヽ r='rュ"ヘ〈、         ふぅーむ、五郎右衛門殿ほどの勇猛の士が浪々の身とは勿体無い。
         /     /| ! { r) '   ` ̄`ノ   iヘ¬" |ノ \       是非、我が藩の指南役として推薦したく思うので、
       /         /  l | ヾ`i !        | !rヘソ    \     よろしければ、我が城でしばし滞在頂けませぬか?
     /        /   l l  Yl, ヽ   ,r〈 、 _ソ ′/     ヽ
    /             ヽヽ ヽi ヽ _,, - ''__''ヽ、 /         \    「かたじけない!
   /               \  >、. ヽ ',´ --、` /          ヽ   それでは、お言葉に甘えさせて頂き申す!」
  /          ヽ      ヽヽ/ >、     ´/′     ,    l
  {            ヽ  /   //>'´  ,ゝ --‐ '~\     /       l
  |  ヽ         | /  ,r'"´     `ー'ニニヽ、`'ー-、 /      l
  !   \           |,/ ,r〈r- 、 ヽ    /_,rー、ヽノ-、  ヽ、   ,  |
  ト、     \      〃/  \ ヽ '>='^ー-- 、 ` ー ' >`ノト、 /  /ヽ
  {ヽ\    丶    / /    \〉ソ       `¬ニ,ニ-' ´ / ∨ / ,ノ
  ! `i }ヽ    \ '、/ ,/l     ヾ        / ∧  /  ∧   〈
  〉 ヽヽ 丶、    /^'/||      〉     /  / '/     | ト,   ヽ
  {   } }      /  \ | |    /      ヽ  〈 '"     l l \  |

 村詮は宗章を歓迎し、藩の剣術指南へ推薦するため、
しばし自分の居城である飯山城に滞在してくれるように頼み、宗章もこれを快諾した。

4912008/11/29(土) 20:35:15.58 ID:rniroTqq0
 しかし…
                 ___
             ,   ´      `    、_
           /    ,  ´_  -―   二二ゝ、
          /    /             \
.         /  , / /            __ノ 〉
        /   // / _ -‐  __ー― ´ _ ィ゙,
          '   /, /, ≠ ¬ 、二 _ヽ 、  ̄! ̄「l  ! l
       |! >く//    マ_j心ヽ\__!  j!ヽ|l     殿、我侭もいい加減にしてくだされ!
       |!〃  V  j    ヽ `゙ _,r`¬! く勿刀/    殿の仰るままに進めては、藩が成り立ちませぬ!
.         v|{ 〈 (   {         ゙´      ヒ疋{     殿はこの米子藩を、中村家を潰すおつもりですか!?
        ゙| >、\゙  ヽ       /〕    ヽ, }
          | | ム__,  l    ,  _`__⌒ /∨
          | |/ 、 |  l    ノ ´ィ 二二Z_ヽ. /
         W  . 、 l   { 〃`ー 、 ∠./ '/
           リ  i  \ 、   廴__j_/ '
          l   l    ヽヽ   ` ー―‐ ┘/
           l    !     ヽ   ̄ ̄ ̄`v'
         ノ          \       ノ
         /     l       ̄厂「

5012008/11/29(土) 20:35:57.68 ID:rniroTqq0
       ,. ,.´ ̄ ̄` - 、
     ./ '´ -‐_ ´ ̄ - ._\
    //    //     、`''ヽ
   ./ l !   /ィ´.__, 、   、 \ l
  ∧ !| ,.,イィィ彡xェ、  ヽ   \  l         ふん、私の藩だ、私が潰して何が悪い!
  〈 i ト!レ/    _,.| / ノ!r-、  ヽ }
   リ.|  /  _,ィ´ |/ 〈 |Y) ヘ_  /
  _ノ \ ‐べ___,.r'゙ソ    く j ノ ラェi         (…駄目だこいつ、早く何とかしないと…)
 (    "7   ´   |     、〈イィ',ハ_   ,
  ヽ  /  ,    ヽ...、  /ハ / |}   ̄ く
   ヽ r`ヽ____, 、_ノノ/    |ゝ .、    ヽ
  ヽ‐''´  ヘー‐    /l {    |人ノ   ノ
      ヽ_ハ__,.イ / `  /  ,ゝ i ( ,
       `¨´  _ヘ / _, ‐ ´  /  ヽ }`¨´
        __,ハ,/'ィ"´   , /    〉、
     _, '´ ,.イ <ヽ  //       | ` 、
    '´  / .ノ、./  | /イ      '

 若年の藩主一忠は我侭で藩政を乱すことが多く、
それ故に、老臣にして義理の叔父(一氏の妹婿)である村詮は諌言せざるを得ず、
この二人の仲は悪かった(というか、一忠が一方的に村詮を嫌っていた)

 また、実質的に藩政を担う村詮の辣腕に嫉妬する一忠の側近からの讒言もあり、
その仲はますます悪化し、そのこともあってか、なかなか宗章の仕官の話も進まなかった。
(逆に村詮が君主若年のため横暴に振舞っていた、という説もあり。詳細は不明)

5312008/11/29(土) 20:37:40.94 ID:rniroTqq0
            /\___/ヽ.   
            /''''''    ''''''::::::::\          {二二_¨¨7
            |(●),   、(●)、.:::|          ,へ/ ./
          |   ,,ノ(、_, )ヽ、,,   :::|          \__ >
          |   `-=ニ=- ' .:::::::::|   ┌i ┌i  ,-、,-、 .,-、
           \  `ニニ´  .:::::/人 {二 二 二}ヽ-`-゙/ ./     これが新陰流の心持でござる。
            ,..- '゙。 ゞ、≡//x:`Y´、 凵_j | 、─ ' ノ
     ,-.、   /*:x・'┼゚ ゞ/(~)_..:::..::x.X  匚..,,ノ   ,ニ ´     我が父、石舟斎は能にも堪能で云々…
    _,ノミ}ハ / X..|。.::*.+゚// `ヒ \...*  く~> ,.へ ノ ,_ ̄二}   
  / iゞ_ノY人。.:x|・.'゚x。'゙//::+`ゞ  人※   _/ / `¨_ノ ノ
 / X | /:x`Y´, 。|.::・'゚。/./::*.+∧ゞ `、o:: ゞ_,/   ヽ- '゙      米子藩士(…嘘くせえ)
 !:x・人,レ'::::+::・ix: ・|::x../ /.x,/..゚。:..:ハ. ハ x ,ヘ r-ロロ く~> ,.へ
 l  `Y´。.:x・'..xl..::x..l//,/..:::.::x.。.l八/:::i / .ハ. ヽ、 _/ /
 ゞ、X 。.::*:;+:;:。''xトく;;ノ_..:::x.::...+。l.*ハ、j〈_/...X 廴.>ゞ_,/
   }。.:+:*...:::...::x..:/  / /~`7''ァ‐ィハ:;:。''x:::.: /
  j;:;+:;x:;:。''x-.. /⊥∠ノ ,ノ ノ ノ|Y※:::.::x.。/.
  i:+:。*x:;%..。/ゞ:x・ゞ|` ̄`;'─ヶ-|:;%..。:;:。'/
  `ー- -一'   `Y´゙|;;'‐、'`''ー-、,`ー-、イ    
               |:+:|・。 ヽ、X 。.::*   

 その間、宗章は横田家の家中の者に剣を教えていたらしい。
あるいは米子城下へ出向いて、米子藩士を相手にすることもあったのかもしれない。

 そして半年以上が過ぎたある日、事態は急変する。

5512008/11/29(土) 20:40:55.05 ID:rniroTqq0
                     _  ¨,.ニニ= 、、_
                       ,  ´  /     _>、\
                 /      ,  ´   ∧ ∧
                    /      /     ィ ∧ ∧        「奸臣横田内膳!主命じゃ!覚悟!!」
                |   /       ///  V |
                | || 〃/ //   . ィ \ V          な、なんだとッ!?
                V || | ///  _/  V≦zム           うぐぁ…ッッ!!
                 Ⅵv/´∠. ≦__)、 」イ刋アヘl、_
                 _>「\l ミ ィ立アソ  〈'ーヘ 、 |  ` ー―  、
              .  ´ /ヘ (_ {    /  ,. ヽ  Vソ        \
          -‐ ´  /| | >、_ヽ    ノ{ _ ,__〉ヽ l             \
       /           VV∧ ∧ヽ   / r=彡ッァヽ |           丶
      /            V∨ \ ヽ\ 〃f=彡く ′     _ / ̄ ̄`ヽ
.      /             ゝゝ  >、丶、  /   ノ     __ノム∠. ̄    \

                ,-y'  / /     ⌒ヽ \
            / /  / :/. :⌒ヽヽ   ヽ: ヽ
           /{ {  :{. :/:ィ''゙"⌒゙ゞミ、   : !: ぃ
            / ヽ:≫w'゙゙      __ い : :{ヽ:ヽ
          ヽ :「         ,. ≦:z lノ . : :トヽ! |
           ゙、∧ー= 、 r=彡テ丐ソ / : : :{ リ:V      ハハハ…ざまあみろ!
           |:∧代念         〈  : : : V: :|     私を侮辱した罰だよ、これが!
           |:l:ハ   !        ‘, : : :V/
           |:ゝ:∧  j  _    、  }  : : リ___
            ` ¬: : \` 、,,. -‐ァ ゞ彳 . : ! 从: .ヽヽ
                !: : : :l\ゝ= ´   /! . : ル'{:ハ: :い__ノ
             ‐彳: :ヽN ヽ  ∠ -゙|:/l/::::::| : : : : . く
              V: : ノ    ̄j:::::::::__l'-‐…''ニニ=‐-、l
 慶長八年(1603)十一月、ついに一忠は村詮を城中にて惨殺してしまった。
複数の侍従たちによる滅多刺しだったとも言われている。

6212008/11/29(土) 21:02:54.19 ID:rniroTqq0
     {   /     _   -‐──ァ─= .._   ‐-  .._    \     ノ
     \j/      イ      ,  '´       `丶、    `ト、   `゙Y´
       {   / :|    , '´              `丶、  l `丶、  |
       | _.イ    :|  /                   \ |    l\ノ
        `゙| |     l∠.._                 _  -─゙|    | l
        | |     |二.._  ̄ ̄`゙ミ、    ーァ=ニ.._  二.._|    | l
        | |     |{¬〒き示ミ、 `     ≧示き〒¬}|    | l
        | |     ト  { {::V}   `   /  ´  {{:::V}   彳    | l      なんですって!父上が!?
        | l     | \ヽニツ      {      ヽニツ_,/ |    : l
        | :    l、  ` ̄´     ¦     ` ̄´  |    i l
        | i    lヘ          |ヽ           ,'l    l l
        | l    |ハ        , jノ           /.イ     ! !
        | |    l  ト、       __        /| |    | l
        | |    l  | l\    ‘ー─‐’      . イ .| |    | l
        | |    l  | | rlヽ、   ` ̄´    ∠l : l: :| |    | l
        | |  : : l: : | l: :}`゙「{゙丶、      , ´   }: :l: :|: .|  : : | l
        | | . : : :l: : | l_」| | |   ` ‐-‐ ´     {_:」: :!: :! . : : :! !
        | | : : : :l: :_レヘ { | |            ノ ハ|: :| : : : :| l
        |_:」 : : : : |´   ヽ`| |         //   `゙l: : : : : |_,」_
    _,. -‐ '´ | : : : : |      `}{ ‐------‐ ´{ {       l: : : : : |   ` ‐- 、_
           | : : : : |-‐  二ソ、_         } }     |: : : : :|
                    横田主馬之助

 これを聞いた村詮の嫡男、主馬之助は飯山城に篭り、これを反逆とみなした忠一と一戦交えることとなった。
当然、城内は大騒ぎである。

6512008/11/29(土) 21:06:05.62 ID:rniroTqq0
 そして、主馬之助は宗章を呼ぶと、こう切り出した。

          _  ´ ̄ ̄ ̄`  、
        . ´ __         `ヽ、
       /  /- 、  \ \      ヽ
     /  /  / ` ‐、_  \ヽ    ヽ
      /l/  />― _  `ヽ、 ヽ! 、    ',   
    '〃 /  ∠ _   `丶、 \_!  V   i    五郎右衛門殿、このようなことに巻き込んでしまい、申し訳ござらぬ。
     l|/,  /    ` ‐-、_     |  | |   |   我らは武門の意地に掛けて、討ち手を相手に一戦する所存でござるが、
     | l///           `丶、|  |_|  !   客人である貴殿には関係のないこと。
     | |//            _,.-‐''´|  |、ヽ |   
     | |く―‐- 、    ,  ´,x元斤「  { ! } |    これ以上、ご迷惑をお掛けするわけにも行かぬ。立ち去られよ。
    l | |ヽマ弁心、    〃 弋vリ !   |ノ/ {   
    l | ||、弋vナ ヽ     ー‘”´|  Ⅵ  {   
    ヽ |||ヘ  ̄   !          l   l ! l |   
     `! ||.ト、  〈 ,         l   l ! l |
     |||.| lゝ.  `,,......_   , |   ! V 、!
      'l ||.| | | >  ―  /-|   ! V {
.      | ! | |l  {  >┬ァ´   {  {  Vヘ
.      | !/  ,! |  ! l ヘj/    |  ハ  Vヘ
.      | |  ハ 、 ゝ !/|     |  ト、\ Vハ
.      | l / j >‘´  |   /|  /   ̄`
.      | l .'        L - ´  j /

(※すいません、さるってました。こんなに長い事さるったのは初めてで砂)

6812008/11/29(土) 21:08:45.20 ID:rniroTqq0
    /\___/\
   /''''''     ''''''::\
   |(●),    、(●)、.|   ……。
   |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:|
   |   `-=ニ=- '  .:::::|
   \  `ニニ´  ._/
   (`ー‐--‐‐―/  ).|´
    |       |  ヽ|
    ゝ ノ     ヽ  ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


    /\___/\
   /''''''     ''''''::\
   |(へ),    、(へ)、.|   …主馬之助殿。
   |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:|
   |   `-=ニ=- '  .:::::|
   \  `ニニ´  ._/
   (`ー‐--‐‐―/  ).|´
    |       |  ヽ|
    ゝ ノ     ヽ  ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

6912008/11/29(土) 21:10:17.98 ID:rniroTqq0
  /\___/\
/ ⌒   ⌒ ::\   今更何を仰る。
| (●), 、 (●)、 ::|  縁あって助力を願いに来た者が、
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,   :::|  その相手が苦境に陥ったからといって
|   ト‐=‐ァ'   .:::|  手のひらを返して立ち去るなどできようものか。
\  `ニニ´  .::/  
/`ー‐--‐‐一''´\   「しかし…」


      /\___/\
    / \ i||i / ::\
    | (●), 、 (●)、 :::|   それがしを見縊るな!
    |  ,,ノ(、_, )ヽ、,   :::|  それがしは柳生石舟斎が息子・五郎右衛門宗章でござるぞ!
    |    {‐=‐}   .:::::|
    \   ` _ ´  .::/   「!!」
    /`ー‐--‐‐一''´\l!| !     
   /            \ |i    
 /            ヽ !l ヽi
(   丶- 、          しE |そ  ドンッ!!
  `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl

7212008/11/29(土) 21:12:11.11 ID:rniroTqq0
                                 /\___/ヽ
   (.`ヽ(`> 、                      /''''''   '''''':::::\
    `'<`ゝr'フ\                 +  |(⌒),   、(⌒)、.:| +   義の戦じゃ。血が滾り申す!
⊂コ二Lフ^´  ノ, /⌒)                  |  ,,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|     のう、五郎八!はっはっは!
 ⊂l二L7_ / -ゝ-')´                 .+ |   `-=ニ=- ' .::::::| + .
      \_  、__,.イ\           +      \   `ニニ´  .:::/    +
       (T__ノ   Tヽ        , -r'⌒! ̄ `":::7ヽ.`- 、   ./|  .
        ヽ¬.   / ノ`ー-、ヘ<ー1´|  ヽ | :::::::::::::ト、 \ (  ./ヽ
         \l__,./       i l.ヽ! |   .| ::::::::::::::l ヽ   `7ー.、‐'´ |\-、

           ル√    .:.:.:.:.:   ̄``ト、    ま
          rル ;;: ::   .:.:.:.:.:.:..  J  リ     っ
         ルリ  ;;: ::   ,;:;ミ≧=_-、::;i    た
   ニ     ルリ ,r‐'三ミヽ  ;:;;;r予ェ-ュ、ミゞ|    く
   コ    ヾミ ゞィェモ予 .:;`ヾ;:;  ̄`~` :|    じ
   :       ヾミi ´~,;,;1          |    ゃ
   :       `i  .:;:/ `;:. .:;:;;:;.     |    な
            ', :;'^ゞ=ニソ^ .::;:;    ,ヽ   い
            ', :;' 、_,,、、、、,,, _ノ   ,:' i   !
            ゙,   `ー‐‐'¨´   ,:'  ノ⌒ヽ _, イ
              _」 .:;;`ニ三ニ´   , ' ,イ;;;:  ll1 |]]]]]/
          /.::;;i ;i!       //;:;:;:.  ||. |]]]/;;
          /.:.::;;:;;;;L     .:; , イ  i;;:;:.:.   || l]/;;;;;;
       _/ .:.:;:;:::;:;;;:;;;:「`ー‐ < 7  i;;:;:;.   j!,イ::::;;;;;;;
    ,.イ.:  .:.:;:;:;:;::;:;:;:;:;;ト、XXXX/   i;:;::.:   //::;;;;;;;;;;

7512008/11/29(土) 21:14:57.61 ID:rniroTqq0
 /     .レ'ン ./    _,-‐`゙ヽ,ヽ,゙|    | |
: l .|   .|シ'",   _,,-‐'゙ ー、_ヽ, `ヽ.|   .| .|
: | |    |.,,-'ン‐″     `ヽ、ヽ, |    | .|
: | .|   .|/            `ヽ,|    | |
..| .|     |._.                .__i   | .|
.| |. l  .|_゙'';;;‐-.、   , -‐''゙゙゙,,,,,,|    |.| .|    五郎右衛門殿…!
.| .| .|   .| !万''ド、       ィ'7兀h!.|   .|.| |    かたじけない!!
.| .| |   ト、ヾ゙.ノ ゙  `  '゙ ゙、゙.;ン,,ィ   .| | |
.| .| |   |  ゙゙̄`        ̄ ゛ .|   | | .|
.|  |. |   |、       ,!       .| i  .| | .|
.|  | |  .lヽ,       ヽ      ,.| |  .| | .|
l゙ |.| ||  .| | ゙>、    ‐''__''‐   ./i | |  | | |
| .| | ||  |. イメ、i`' 、      ,/i゙>il゙| |   | .| .|
| |. | ||  |. | | |゙'ーニ‐.,_,,-ニ-''"゙ | ||.|  .| .|  |
| | i || .|r'、」 .|         .人|.|   | .|  .|
| | | || .|ヽy |         ,/.,イ.|   |ー-,,_.|
-‐''".| || |ニ-‐'゙"''‐ .,---‐ーi´.r'"//  │  `゙''ー-

7712008/11/29(土) 21:17:13.22 ID:rniroTqq0
                   ______
                      | 只今篭城中 |
.     ザワザワ・・・        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ∧
                   <⌒> ザワザワ・・・・
                     /⌒\
      _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧._/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ
            飯山城

 こうして、宗章とその従者、森池五郎八は、横田家の者たちと共に飯山城に篭もった。

7812008/11/29(土) 21:19:22.28 ID:rniroTqq0
                \\ ナカムラケ、ゲンキ!ナカムラケ、ゲンキ! //
r‐゙ 、              r‐゙ 、               r‐゙ 、              r‐゙ 、                  
ヽ ヽ\           ヽ ヽ\            ヽ ヽ\           ヽ ヽ\            ―┐
  \ \\  ___   j// \ \\  ____   j// \ \\  ___   j// \ \\  ___   j// ̄/ 
    /> "´_   _` く≦ .  /> "´_   _`_` く≦ .  /> "´_   __` く≦ .  /> "´_   _` く≦ .  ´   
   〃    {_}   {_}   `く  〃    {_}   {_{_}   `く  〃    {_}   {{_}   `く  〃    {_}   {_}   `く     
r‐゙ 、     __     r‐゙ 、      __       r‐゙ 、    __     r‐゙ 、     __          
ヽ ヽ\           ヽ ヽ\            ヽ ヽ\            ヽ ヽ\            ―┐
  \ \\  ___   j// \ \\  ____   j// \ \\  ___   j// \ \\  ___   j// ̄/ 
    /> "´_   _` く≦ .  /> "´_   _`_` く≦ .  /> "´_   __` く≦ .  /> "´_   _` く≦ .  ´   
   〃    {_}   {_}   `く  〃    {_}   {_{_}   `く  〃    {_}   {{_}   `く  〃    {_}   {_}   `く     
  /      ___    ヽ /      _ __    ヽ /      _ __    ヽ /      ___    ヽ    
  ,'i     ´       、  ,'i     ´       、 、  ,'i     ´       、  ,'i     ´       、   ,    
  l―             丶、_ll―             丶、_ll―             丶、_ll―             丶、_l    
  l 、             __,'l 、             ____,'l 、             __,'l 、             __,'    
  ゝ. \         / , ' ゝ. \         / , ' ゝ. \         / , ' ゝ. \         / , '    
   >  ヽ        ,  /   >  ヽ        , ,  /   >  ヽ        ,  /   >  ヽ        ,  /     
     \ l       l/      \ l       l l/      \ l       ll/      \ l       l/       
      `¨¨¨¨¨¨¨´         `¨¨¨¨¨¨¨¨¨´         `¨¨¨¨¨¨¨´         `¨¨¨¨¨¨¨´         

 そして、遂に中村家からの討手の軍勢が飯山城を取り囲み、攻め立て始めた。


8212008/11/29(土) 21:22:45.70 ID:rniroTqq0
      ィ 、.._  ,      、 、_   、..j i
     /:L..,、.‐f'´ ̄ `ヽ、 \ `ヽ  _ ,j 、
    /:::;r'´ ´ ,.__ ,..ィ':::::\.  \  '、>  ヽ
   f:::/ ヽ  <:::::::::::::;::ィ'´ _ヽ,  `'ー--‐'ソ
    f,、 'l   〉:::::/ :z'_'"´  `‐ 、__, ィ、}
    / ヘ l  /::::/ /| ,=`,ヽ 、   ヽ.}) .},〉、
   |、  ヘ l /::::/ |/| |ヘ、し`'' ` r;ニ,_〉| .|  ヽ     来たか!我が横田家の意地、満天下に見せてくれようぞ!
   |_ヽ   〉イ:::〈 ト、_|      ぃソイ | .|.  l
   l Jヽ<::::_:::::::ヾ、_,.ヽ,     ' /  ! j !  j
   ヘ ,ノ   `ヽ、::::`ヽ、\ ―-  ,/ ナ^ヽ /
  /::::`:::''''ー-=,-,、_ `'ー 、:`:‐::ー 、イノイ'´ ,ノ  ,........_
/;;_::::::::::::::::::::::::|ヘ! `ー 、_ `'ー 、::::_::::ー‐シ  /:;|__::|
:、:::;;__:`::''::ー-::::l::ノ     |`l:ー-......... イ ./:/:j:::::::::_l
'ァィヽィヽ:;_::::::::ァ:::〉     | t:::::::;:ィ‐、 /:/:/::::::::::/
'::r:'-:r'゙´,ノ^>':::::〉__,. -,ォ' ´__ヽヽ/ ' |―- 、:イ:::::::::/
_::::ー'--'ノ:::::f 、_ r< \  o`''ヘ''|  ,.  ヽ:イ
::::::::`フ::`:::''''>'     \ ヽ、......ノハヽ 'イ   i
::::/:::::::::;:イ  :::::::::::::::::::  `ー---‐'  'ヽ-、  t
'::::::::;:イ、/               ::::::ヘ  >-‐'^ヽ
:::::::::_::|                    } /ィ'´ _..ノ       ,.、..、
:::::::::::::イ.i,/:\                 / `'''´  ヽ    ,.ィ:´:::::ヽヽ

8312008/11/29(土) 21:24:28.25 ID:rniroTqq0
                  _______
      _              | 飯山城戦闘中 |
   `))               | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ジ
       ( )            ∧              ジ ャ
      ( )         <⌒>     (⌒ ⌒)    ャ |
 ウーウー.( .人         /⌒\  \( ,,  ⌒)// | ン
    人/  ヽ  ______]皿皿[-∧( ⌒ ,,  ,, )  ン
   ( ( )( )  ).三三三∧_/\_|,,|「|,,,! (  ,,   )   !!!
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「(    )
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「|ガシャーン |「| | *   +
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[ *
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ ++*:
   λワー  ∧     λワー   λワー
  λワー   | |  λワー    λワー

 こうして、城に篭った横田勢に対し、中村家の討手は激しく攻め寄せたが、
横田勢は頑強に抵抗したという。

 そして横田勢において、最も豪勇を振るったのが宗章であったと言われている。

8712008/11/29(土) 21:26:15.75 ID:rniroTqq0
   /___    _/         ___    __    /\
  /|    |     / ̄ ̄  ._|_  ./   |     /     /
   | □ │     \/     |   ./   .|     ヽ、    .|
   |   ヽ|     /\     ..|_ /  ..\/   O_/     .o
            └──
                               /\___/ヽ
                             /''''''   '''''':::::\(   ) ノ
                          +  |(●),   、(●)、.:( ( ) +
.                             |   ,,/⌒ヽー、 .:::ノ )     我こそは柳生五郎右衛門宗章…!
.                           + | ,.-'   ヽ 〉、ヽ== ノ
                       +     / __⌒〉ノ./ユ`J’/    +
                         / ̄ /  /  ̄´iノ、  ./|  .
.                        レイ   ./ト、 \ (  ./ヽ
                       (    _ノl ヽ   `7ー.、‐'´ |\-、

9012008/11/29(土) 21:29:07.63 ID:rniroTqq0
      人          |    __   │ _____    ____
    /  \       -─┴─-│  /    │    |   |         /     | |
   /     \     |  /   .|  /    |__ │  |        /      | |
 / -─┬─- \  _____│ <    ̄|    │  │     ∠__     | |
       .|        ___  |  \  .│  |  |  │    /     \   .| |
   .──┼──    |   | │   |  │  │ /  │   '        )   
       .|        |   |  | \/     ̄ ̄/ \/      ( ̄\_/   | |
 .───┴───    ̄ ̄ .│        /            ̄ ̄
               //
             //                  /\___/ヽ
    (.`ヽ(`> 、 //                 /'\ i||i /':::::\
     `'<`ゝr'フ//               +  |(●),   、(●)、.:| +   我と思わん者は
  ⊂コ二Lフ^´/ ,/⌒)                  |  ,,,ノ(、_, )ヽ、,,  .::::|       掛かってこい!!
  ⊂l二L7/ / -ゝ-')´               .+ | ;;; `-=ニ=- '  ..::::::| +
      //_  、__,.イ\           +    \;;;;;; `ニニ´ /:::/    +
    // (T__ノ   Tヽ        , -r'⌒! ̄ `":::7ヽ.`- 、    /
  //     ヽ¬.   / ノ`ー-、ヘ<ー1´|  ヽ | :::::::::::::ト、 \ (  ./ヽ
 //       \l__,./       i l.ヽ! |   .| ::::::::::::::l ヽ   `7ー.、‐'´ |\-、

 宗章はこの時、「山姥」と呼ばれる槍を振るい、奮闘したという。

9212008/11/29(土) 21:31:49.28 ID:rniroTqq0
    /  /  /   /                   __ヽ   ヽ  ヽ  ヽ
ヘ   /  /  /   /                  /´ ̄ ̄` ヽ  丶  丶 丶
.∧ /  /  /   / ____      、    /r==≦彡===ミ l l  l  l   lV
  ∨  ,'  /   l  l ´ ̄`≧======ヘ   { ´  フ´__ {仞  / ∨__|__|   l !_
  l.|   | |   l / 弋 ̄ ̄{仞 ̄`  ヽ        `¨¨¨¨´ /l ∧ \     V
  l.|   | ┴ 7  7ヽ  `¨¨¨´      ノ         ゝ=彳  V ∧  \   |/
/`!     ∧ /  丶           '、  _           /,   V ∧   \, '     ええい!
  |    ∧ ∨   丶           ヽ  `         l l   V  ∧   '       なにをやっているのだ!
 ヽ!    ∧ ∨     ゙,        ____ ヽ     lハ   ∨ ∧ /
、  \  ∧ ∨       !    r, 二 -―――、_l     | l    >― lヘ
. l、   ヽヘ___!     丿     {l┘         l       |   ∧ V  V  ∧
. |ム   ∧  ∧  / , /       リ          l       l   ∧ V   V /
. l ∧ /  V ∧ ' ||     |   ____  |         |  l∧ V    V
. l   V   V ∧ ||     |_〃      \_|  {    ノ ,∧ V    ム
. |   V   V ∧ ヽヽ       Ⅵ         l !  ゝー‐ ´ ,∧ V    ∧
. |   V   V ∧  ヽヽ      ゞ         〃   `¨¨フ ,∧ V     /

 討ち手だけで飯山城を落としきれぬ状況に業を煮やした一忠は、
隣国・出雲松江藩の堀尾吉晴に助勢を頼み、更なる大群を持って取り囲んだ。

9412008/11/29(土) 21:34:10.61 ID:rniroTqq0
              /               、
             /       _ ... --  t彳_ヽ、   l
           /     ,  ´ ____   《.lミ!l|    l
          /    / _.. ィ ´ |\  `丶マ″ i   l     如何に若年とはいえ、なんという愚昧な君主だ。
.          i   / ,イ  l  l  \   ヽ 丶 、 l    それに引き換え、横田の者たちはよく持ちこたえている…。
          !   l/ .l 、 ヽ ヽ   丈_.l  ∨ │   特に、あの者の立ち回りは凄まじいな。
          ヽ  l  |-云ニヌ\! イニ云ア}  !  ノ    あれが噂に聞く柳生の者か。 
           \ .!  ! _ ノ = 、 __ , /  / /    
.             `ス、\.    i      ノ /rノ      …まったく、惜しいものだ。
              ゝ ! ̄    `      久 ノ       
.               大   <二ヽ    人ノ
                 心 、  ー . .ィ /
                  |   、_ イ l, ′
                r/ ` - ..__ ... 入、
             , ィ ´ l    r ‐-、   l` 、、
         _...- ' /   |   /   >  | ヽ`  、
     _ .. - ' r ─./   |  , ´ ヽ_._/ ヽ |   ヽ 、` ‐- .... __ ..
 r ヽ     /  ィ \ /|/  /  |  ヽ ト、 _ゝ \       ´ ` 、
./   ヽ    / /  /  l   /   l   `l  \ \  \     /   ヽ
                  堀尾吉晴

9712008/11/29(土) 21:36:31.64 ID:rniroTqq0
                _______
                 | 飯山上炎上中 |
                  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  ∧              < ベニヤガ モエテキタゾー
     (   ).      <⌒>     (⌒ ⌒)
      ( )      /⌒\  \( ,,  ⌒)//
       ()  _____]皿皿[-∧( ⌒ ,,  ,, )
  (  )  #==三∧_/\_|,,|「|,,,! (  ,,   )< ショウカイソゲー
 ( )    ##  ̄Π . ∩  |'|「|'''|「(    )
( )  #..━┳┃ ̄|「|ガシャーン |「| | *   + < エングンヲヨコセ! ザクデイイザクデ!
 ( )  ##╋-田 |「|  田 田 |「|[[ *
从从从# .━┻   |「|        |「|ミミミミミミ ++*:
   λワー  ∧     λワー   λワー
  λワー   | |  λワー    λワー

 かくして、彼我の差は更に広がり、
遂には衆寡敵せず、飯山城にも最後の時が迫った。

10012008/11/29(土) 21:39:03.78 ID:rniroTqq0
      ィ 、.._  ,      、 、_   、..j i
     /:L..,、.‐f'´ ̄ `ヽ、 \ `ヽ  _ ,j 、
    /:::;r'´ ´ ,.__ ,..ィ':::::\.  \  '、>  ヽ
   f:::/ ヽ  <:::::::::::::;::ィ'´ _ヽ,  `'ー--‐'ソ
    f,、 'l   〉:::::/ :z'_'"´  `‐ 、__, ィ、}
    / ヘ l  /::::/ /| ,=`,ヽ 、   ヽ.}) .},〉、
   |、  ヘ l /::::/ |/| |ヘ、し`'' ` r;ニ,_〉| .|  ヽ    五郎右衛門殿。
   |_ヽ   〉イ:::〈 ト、_|      ぃソイ | .|.  l
   l Jヽ<::::_:::::::ヾ、_,.ヽ,     ' /  ! j !  j
   ヘ ,ノ   `ヽ、::::`ヽ、\ ―-  ,/ ナ^ヽ /
  /::::`:::''''ー-=,-,、_ `'ー 、:`:‐::ー 、イノイ'´ ,ノ  ,........_
/;;_::::::::::::::::::::::::|ヘ! `ー 、_ `'ー 、::::_::::ー‐シ  /:;|__::|
:、:::;;__:`::''::ー-::::l::ノ     |`l:ー-......... イ ./:/:j:::::::::_l
'ァィヽィヽ:;_::::::::ァ:::〉     | t:::::::;:ィ‐、 /:/:/::::::::::/
'::r:'-:r'゙´,ノ^>':::::〉__,. -,ォ' ´__ヽヽ/ ' |―- 、:イ:::::::::/
_::::ー'--'ノ:::::f 、_ r< \  o`''ヘ''|  ,.  ヽ:イ
::::::::`フ::`:::''''>'     \ ヽ、......ノハヽ 'イ   i
::::/:::::::::;:イ  :::::::::::::::::::  `ー---‐'  'ヽ-、  t
'::::::::;:イ、/               ::::::ヘ  >-‐'^ヽ
:::::::::_::|                    } /ィ'´ _..ノ       ,.、..、
:::::::::::::イ.i,/:\                 / `'''´  ヽ    ,.ィ:´:::::ヽヽ

    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|  おお、主馬之助殿。
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\

10312008/11/29(土) 21:42:16.02 ID:rniroTqq0
 /     .レ'ン ./    _,-‐`゙ヽ,ヽ,゙|    | |
: l .|   .|シ'",   _,,-‐'゙ ー、_ヽ, `ヽ.|   .| .|
: | |    |.,,-'ン‐″     `ヽ、ヽ, |    | .|     
: | .|   .|/            `ヽ,|    | |    
..| .|     |._.                .__i   | .|     最早これまででござる。
.| |. l  .|_゙'';;;‐-.、   , -‐''゙゙゙,,,,,,|    |.| .|    城に火を放ち申す。
.| .| .|   .| !万''ド、       ィ'7兀h!.|   .|.| |    
.| .| |   ト、ヾ゙.ノ ゙  `  '゙ ゙、゙.;ン,,ィ   .| | |     五郎右衛門殿、その隙に貴殿はなんとか脱出してくだされ。
.| .| |   |  ゙゙̄`        ̄ ゛ .|   | | .|    貴殿ほどの豪勇の士が、ここで死なれるのはあまりに…惜しい。
.|  |. |   |、       ,!       .| i  .| | .|    貴殿ならば、どこの藩であろうと存分に働ける筈。
.|  | |  .lヽ,       ヽ      ,.| |  .| | .|
l゙ |.| ||  .| | ゙>、    ‐''__''‐   ./i | |  | | |
| .| | ||  |. イメ、i`' 、      ,/i゙>il゙| |   | .| .|
| |. | ||  |. | | |゙'ーニ‐.,_,,-ニ-''"゙ | ||.|  .| .|  |
| | i || .|r'、」 .|         .人|.|   | .|  .|
| | | || .|ヽy |         ,/.,イ.|   |ー-,,_.|
-‐''".| || |ニ-‐'゙"''‐ .,---‐ーi´.r'"//  │  `゙''ー-

    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\   …何を言っておられる。
  . |(●),   、(●)、.:|  それがしは、ここで存分に働けた。
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|  実に満足でござる。
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   
   \  `ニニ´  .:::::/   ここで火を放たれるのならば重畳。
   /`ー‐--‐‐―´\  ならば、今、ここがそれがしの死に場でござる。

10512008/11/29(土) 21:45:02.87 ID:rniroTqq0
     \>/:: :: ::,,.. -‐''',.¨・"`゙・¨、'''ー- 、_:: :: :: \ノ
       ゙|:: ,.-''"|  ,.-'"      ` -、  |¨ヽ、:: j
       升  .|∠,,_          _`_j   |ダ
        ||   |  __`ー-、   ,-‐'''"´  |  | |   
        |.|  .| ゙㌻¨゙ー、      -"¨㍉-|  |.j    五郎右衛門殿…!
        | |  i |              j  |.j   もう何も申しますまい!
        | |  l |!     、_゙__,    イi  .l.j   
        | |  :| ト     {     }   /+|  j |     さらばでござる!
        | i', :|::|::ト、   l     /  ./:i:j:|:. l |   
        | |:', ::|:::|:|:|:.>、 \__/  /:|:|:j:|: j: |
        | |::', ::|:::|:||:}¨||:\___/¨´{:|:|j::|::. j:: |
        |::|:::| ::|:::v処:||: : ::::::::::: : : :ノク|:::!:: j::: |
       _,j.┴ハ ::|:::|::ゞrj : ;; ;; ;; ;; :〈〈´.::|:::|::.卜┤、_
  ,,..-‐''":: :: :: :: ハ:::|:::|ニゾ;; ニ二ニ ;:〉〉::|:::|::.,':: :: :: :: `::ー- 、_
''": :: :: :: :: :: :: ;:-'"ハ:::|:::|:: :: :: :: :: :: :: ::| |::|:::|:::,':: :: :: :: :: :: :: :: :: `ヽ

  /\___/\
/ ⌒   ⌒ ::\   おぬしもな。
| (⌒), 、 (⌒)、 ::|  では、これにて御免!
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,   :::|  
|   ト‐=‐ァ'   .:::|   いくぞ、五郎八!
\  `ニニ´  .::/  
/`ー‐--‐‐一''´\   「はっ!」

 こうして、主馬之助と最後の別れを交わした宗章は、五郎八を連れ、飯山城を打って出た。

10812008/11/29(土) 21:47:41.00 ID:rniroTqq0
         //
     , -\//
    / 、ヽ⊂!\
   /'┐ i'´     /\___/ヽ
     l  l    / \    / :::\
      !  l    |(●),   、(●)、.:|   +
     l   l .  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|       +
     |    l   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +       さあ、これが柳生五郎右衛門宗章、最後の大立ち回りじゃ!
     t    ’ヽ、\  `ニニ´  .:::::/     +  我と思わんものは、この首、取ってみよ!!
      ヽ、:.    \ヾ: 、 -゙ヾヽー、
       ヽ:..     ヾ:,. ':,.   ゙i::l,、゙ヽ
        \::... .::.:   .!::ヽ';   l:::::l . l
          :.  ::  ,/::::::゙i   ノ:::::::l  l
           i    /::::::::::`二:::::::::::::| ヽ
           i   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::ト
          i   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ゙、

 この時、逸話によると、宗章は腰に何本もの刀を差し、
斬りに斬って、刀が斬れなくなれば、次の刀を抜き…と、八面六臂の大暴れ、
遂には18人もの敵兵を切り倒したという。

11012008/11/29(土) 21:51:14.78 ID:rniroTqq0
    い    ┌───┐            .__ .. │一│ 彡
\  ̄| ̄   |┌干┐|            | 二│彡│人│
フ |_|_|  |└┼┘ |            .| 人│
Z__|__ ┘  ̄ ̄ゝ└             .__    __
                             .| 三│ 彡|十| .__
                       │四│ .│人│  |四| |十 |
                       │人│            │三│ヾ
                  ...__ 彡      /\___/ヽ  . . __   これが我が父・柳生石舟斎直伝、
  (.`ヽ(`> 、          │五│      /\    /::::\  │十│  新陰流、逆風の太刀じゃ!
..`'<`ゝr'フ\         . │人│ +   |(●),   、(●)、.:|+│二│  覚えたかッ!!
..⊂コ二Lフ^´  ノ, /⌒)   .__. 彡       |  ,,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|     ヾ
⊂l二L7_ / -ゝ-')´   ...│六│       + |   `-=ニ=- ' .:::::::|+  __
     \_  、__,.イ\   │人│ +     .\   `ニニ´  .:::/   │十│
__   (T__ノ   Tヽ        , -r'⌒! ̄ `":::7ヽ.`- 、   ./|  ...│一│
| 十 |     ヽ¬.   / ノ`ー-、ヘ<ー1´|  ヽ | :::::::::::::ト、 \ (  ./ヽ__  彡
| 八 |ヾ     \l__,./       i l.ヽ! |  ......| ::::::::::::::l ヽ   `7ー│十│
  __  | 十 | __ .ヾ..│七│ ヾ .__ .   │九│   .│人│
  | 十 |彡 | 六 | | 十 |彡 . │人│  │八│   │人│     彡
  | 七 |      | 五 |         │人│   彡

 そして、この時振るったのが、
新陰流九箇の太刀の一つ、「逆風」と言われている。

11112008/11/29(土) 21:54:35.88 ID:rniroTqq0
           ル√    .:.:.:.:.:   ̄``ト、    や や
          rル ;;: ::   .:.:.:.:.:.:..     リ    ろ  っ
         ルリ  ;;: ::   ,;:;ミ≧=_-、::;i    う  て
         ルリ ,r‐'三ミヽ  ;:;;;r予ェ-ュ、ミゞ|    じ
        ヾミ ゞィェモ予 .:;`ヾ;:;  ̄`~` :|    ゃ
           ヾミi ´~,;,;1          |    な
           `i  .:;:/ `;:. .:;:;;:;.     |    い
            ', :;'^ゞ=ニソ^ .::;:;    ,ヽ   !
            ', :;' 、_,,、、、、,,, _ノ   ,:' i
            ゙,   `ー‐‐'¨´   ,:'  ノ⌒ヽ _, イ
              _」 .:;;`ニ三ニ´   , ' ,イ;;;:  ll1 |]]]]]/
          /.::;;i ;i!       //;:;:;:.  ||. |]]]/;;
          /.:.::;;:;;;;L     .:; , イ  i;;:;:.:.   || l]/;;;;;;
       _/ .:.:;:;:::;:;;;:;;;:「`ー‐ < 7  i;;:;:;.   j!,イ::::;;;;;;;
    ,.イ.:  .:.:;:;:;:;::;:;:;:;:;;ト、XXXX/   i;:;::.:   //::;;;;;;;;;;

 この時、五郎八も勇猛に戦い、三人を斬り倒したという。

11212008/11/29(土) 21:56:17.42 ID:rniroTqq0
 そして

    ( ヽ    ⌒)⌒ )
     (  )  丿 )⌒丿⌒)
      (  ノ ノノ ノ )
       ( 人从从|::|从((、  アーッ!
      (:::从∧ △|从人:)ミ^!、
  _  从从从Π从人:)|「|||:ll;|
 /_从从::::从||O;;(:人:) ボォォォオ!!
/_| ロ 人从:: ::人:::人从人::::|[[[[|
|ll.|ロ ロ_)(:: ::人:::人从:::: |ミミミミミミ

 宗章主従の奮闘の最中、遂に飯山城は炎を上げて燃え上がった。

11512008/11/29(土) 21:59:16.18 ID:rniroTqq0
   /`ー──一'\  て      
  ,(● ) (● ) :::\ て  
  | 。,,ノ(、_, )ヽ、,, u .:::|    主馬之助殿…!
  | u `--- ' .:。::::| 
  | ,   u  メ  :::::|
  \_゚`ニニ´ _::::/
  /  ゚ u 。   \
  |゚ / ・   ・    ヽ |

   /\___/ヽ
  /⌒ u ゚  ⌒::::\
  |(-),゚  u 、(-)、゚.|     随分…戦ったな。
  | 。 ,,ノ(、_, )ヽ、,, u.:::|    もはや刀も残るはこの一本のみか。
  | u ` -=ニ=- ' .:。::| 
  \_゚`ニニ´ _::::/    「左様ですな。私の刀ももうぼろぼろです」
  /  ゚ u 。   \
  |゚ / ・   ・    ヽ |

 宗章主従は、まだ生きていた。
しかし、頂点に達した疲労は動きを鈍らせ、武器も鎧もぼろぼろ、
しかも、城が燃えたことにより、周囲は明々と照らされ、
主従の姿をはっきりと見せていた。
(夜だったかどうかは実際には不明なのですが)

 こうなると、もはや弓鉄砲の格好の的である。
ここで二人を討ち取ろうと、討手側の兵士たちが押し掛けてきた。

11812008/11/29(土) 22:02:20.12 ID:rniroTqq0
   | |               l ヽへヽ     |└┘|
   | |               ∧| Vヘヽ  |    |        このオレ様の槍をくらえッ!!
   ∨ヘ            /    / { |  ,≧ヤl  |    ∧        これで殿の御褒美は戴きだぜーッッ!!
   ∨ヘ      /   /   ィ / { |ィ分 l | |  l    ′        
.    ∨ヘ    /   /_/ / /  // -‐ '´リ|  |  ∧        ”ドスッ!”
     ∨ヘ  |   乍!`ア/\//  ̄  _ノィ  ハ ハ ∨
      \\ l  / ̄彡´  / ヘ       ム∨  ′  ∨     ,. ─ 、     /
\      l\\ { ̄   〃   ,     ∧V  /     ∨     { f⌒i }  /
. ̄\    \\`ヽ    /   ヽ {)    ∧V  ,        \   ゝニン /
.   \    ヽ、 ヽ、≧=-  ,_ -‐_'ニ} ∧V  /       /∧      / ̄ ̄
    /`       ヽ、`丶、  {にニ彡´ / V  /       V  ∧__,/`   _
    ヽ   >  _    _ > _/ ̄ / /|         ∨   |  |
    __|       ≧z  > 三三./ / |    厂| |   |  |

11912008/11/29(土) 22:04:59.33 ID:rniroTqq0
           ル√ u  .:.:.:.:.: u  ̄``ト、
          rル ;;: ::メ  .:.:.:.:.:.:..  J  リ    や  お
         ルリ  ;;: ::   ,;:;ミ≧=_-、::;i    る  前
   ニ     ルリ ,r‐'三ミヽ  ;:;;;r予ェ-ュ、ミゞ|    じ  :
   コ    ヾミ ゞィェモ予 .:;`ヾ;:;  ̄`~` :|    ゃ  :
   :       ヾミi ´~,;,;1 u   メ  = |   な 
   :       `iメ  .:;:/ `;:. .:;:;;:;.u  |||  |   い 
            ', :;'^ゞ=ニソ^ .::;:;   ||| ,ヽ  !
            ', :;' 、_,,、、、、,,, _ノ  |,:' i
            ゙,   `ー‐‐'杯¨´  ,:'  ノ⌒ヽ _, イ
              _」 .:;;`ニ三´jji! u, ' ,イ;;;:  ll1 |]]]]]/
          /.::;;i ;i!    iリ   //;:;:;:.  ||. |]]]/;;
          /.:.::;;:;;;;L   メ  .:; , イ  i;;:;:.:.   || l]/;;;;;;
       _/ .:.:;:;:::;:;;;:;;;:「`ー‐ < 7  i;;:;:;.   j!,イ::::;;;;;;;
    ,.イ.:  .:.:;:;:;:;::;:;:;:;:;;ト、XXXX/   i;:;::.:   //::;;;;;;;;;;

 先に五郎八が討ち取られたという。
彼を討ち取った者の名は不明。

12212008/11/29(土) 22:07:49.54 ID:rniroTqq0
 そして…
                  _
           _∠二 ̄`ヽ \__
         {、_,  ´          ―ヽ
      >―   _、}         、\ 
      / /  /     、  \    ``ヽ        
      ,レ !__/       ヽ ヽ   ヽ      ,     柳生宗章殿!藤井助兵衛推参!
   辷彡 人_,       ,}   、  '、  |   |   
    ア  l | /   ,  //{ ! |  ヽ  ヽヽ! i |    よもや剛勇名高き宗章殿と立ち合えようとは…!
    / 、___l Ⅳ!  / // l八l\ i  iヽl、 ゞミ、   乙女座の私には、センチメンタリズムな運命を感じずにはいられない!
    { { ¬ | !l l/l/ ,xャラア∧l  !┬≧=-
     ヽハ {ヾ、lへl  ∠二二/ } / /ノ /
     ` jノヽ 「 厂   ―――ノル'r ト{
         V    ___    {/|川z┐
          ヽ匸二.‐-、ヽ  丿 レ /∧
           弋__\ く __// 〃 ハ
           /{⌒ヽヽ彡≪  /   ∧
           ,l∧__ン   》_〃     ` ‐- 、__
        __/ !!`ー―― ´ {{           ` - 、_
   _ -‐    /ll          ||                `ヽ、
  ´           ||、______/||  /                丶、
             藤井助兵衛

12412008/11/29(土) 22:10:21.88 ID:rniroTqq0

                                  /\___/ヽ    …よくぞ我が前に来てくれた!
    (.`ヽ(`> 、                      /'\ #u /::::::\     いざ、いざ参られよ!!    ,. <´),r'´.)   
     `'<`ゝr'フ\                  +  |(⌒),u 。 、(⌒)、:| +                   /フ'rゝ´>'`   
  ⊂コ二Lフ^´  ノ, /⌒)                   |  ,,,ノ(、_, )ヽ、,, #::::|     「おおう!」      (⌒\ ,!、  `^フ_l二コ⊃
  ⊂l二L7_ / -ゝ-')´                 + | u  `-=ニ=- 'メ.:::::::| +                `('-ゝ- ゙i _7_l二l⊃   
       \_  、__,.イ\           +     \ u  `ニニ´  .:::/   + +           /ト.,__、  _/
        (T__ノ   Tヽ        , -r'⌒! ̄ `":::7ヽ.`- 、  。 ./|   `  ̄!⌒'r- ,        ,r'T   !、__T)
         ヽ¬.   / ノ`ー-、ヘ<ー1´|  ヽ | :::::::::::::ト、 \ (  ./ヽ :::: | ,r'  |`「ー>ヘ、-ー`(, ゙i   .¬,r'
          \l__,./       i l.ヽ! |   .| ::::::::::::::l ヽ   `7ー.、‐'´::::::: |.   | !,r'.l i       \.,__l/

127以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2008/11/29(土) 22:14:01.48 ID:rniroTqq0
::::::::::::::/> '      ィ´  __{   /::::::::::::::∨ |           ト 、  /      \   {
::::::::::::::\r─‐ァ 7´ /  f -| / >::::、 ::::::\ ト、              !  ゝ--  、       ',   `ー1
::::::::::::::/    // /   :l  !, l  ん心` <::::\ \        } | ト、___ ァ 丶、    ,    /
:::::::::::7    /: l  トr‐ 、:ヘ  `| 弋zソ   }::::::::`ヾ}        /  Ⅳ|\  }     \   、  /::
:::::::::/     !   l  |:::::::::::ゝ> 、       ゝ::::::::::::リ  /  /  /:::::::::::ヘ  !      \   ' /:::::
::::::::{     |  ト 八:::、___:::::>--一 ´- `Y⌒´} /  /  /──- 、}ノ、       ハ  V::::::::     うおおぉぉぉーーッッ!!
::::::::|     |  Ⅵ:`\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::フ´ ノ  /ァ ´  んハ /ヾ1 |  ト、人 〉 /:::::::::
::::::::ヘ     |   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄7´ ̄::::::::ヾ、 ゞ-'    / / 八  Ⅴ /::::::::::::::
:::::::::::ヘr‐─ ゝ-- 、\r─ 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::>-- 一ァ イ  ト、  /_/:::::::::::::::
:::::::::::::::>  、   \ゝ--: :>ァ 、:::::::::::::::r──-   、::::::|:::::::::::::::::::::::::::`ー┐/  ノⅥ /´:::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::∧    \{{ 1: /  丶、_{_         ゝ|,、::::::::::::::::::::::::::::::::::7 ∧   /:::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::∧     | /:/           ´  /´   〉:::::::::::::::::::ト、_/ / } 7::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::∧     | }f     /──‐-   、 /  ∠ _,  ´ ̄ 7 フ f    /:::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::∧     |/{   , '` ̄ ̄ ̄`丶、 `丶、        /乂ノ}   /:r一 ´
:::::::::::::::::::::::::::::::::::∧    !: l   /::::::::::::::::::::::::::::::::`丶 ゝァ       /    /:/
::::、::::::::::::::::::::::::::::::∧  Ⅳ  f⌒ 丶、:::::::::::::::::::::::::::::::7        /      /:/
::::::\:::::::::::::::::::::::::::::∧  !   |       ̄`丶、::::::::::/       /     /:/
:::::、:::\::::::::::::::::::::::::::∧ 、   ト 、          ' ,::::::/      /     /:::::::\
:::::::\:::::\:::::::::::::::::::::::∧ \ \\       ト、/    /     /:::::::::::::::::::\

 宗章の最後の相手として名を残しているのは、この藤井助兵衛である。
二人の勝負がどのようなものであったかは定かではない。

12912008/11/29(土) 22:16:19.73 ID:rniroTqq0



   ”ザシュッ!”



    /`ー──一'\         
   ,r(⌒)(、_, )、(⌒)\       …ここまでか!
  .|  '"トニニニ┤'`u:.:|      
  .|. "u |   .:::| メ :::::|       (まあ、いい)
  .| #  ヽ  .::::ノ ,.::::::|        (いい戦であった…!)
   \u u `ニニ´ .u:::/         (それがしは………満足だ!!)
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ーーノ゙-、.      
:      ';         i

 ただ、こうして名が残っていること自体、柳生五郎右衛門宗章という人物が、
倒した者がそれを誉れとするだけの豪勇の士であったことの証明といえる。
(当時、宗章は身分としては横田家に寄食していた一牢人に過ぎず、
 それだけなら討ち取っても大した価値が無かったため)

13212008/11/29(土) 22:19:02.60 ID:rniroTqq0
          ,__,, -‐=ミ-、
          フ_,r'^ 、ヽ ヽ
         `ァ`7 ,{ 小ヽぃi {      「…柳生宗章殿!
            {爪ハ{ルiィァリ ドデ      この藤井助兵衛が討ち取ったぞーッ!!」
          ノヘ{__¬仆         
            弋_ツ∠入       (宗章殿…見事でござる…!)
          _rf^ー‐{{ /`ー‐- 、_
       _  ´__リ――リ__    \
       《  l「 ̄!:::::::::::l ̄ ̄l[     ∠》
        ∧  !!  l::::::::::::!  〃   /: : {
      ,、/: : 、 ll  l::::::::::::!  ll   〃: : : へ
.    /:::\: :`ll  l:::::::::::l   ll  Ⅵ: :/:::::::::〉


 こうして、石舟斎四男・柳生五郎右衛門宗章は戦場で亡くなった。
飯山城も落ち、横田勢は討ち取られ、主家への謀反として扱われた。

 しかし、この宗章の豪勇は語り草となり、この地に柳生の名を長く語らしめたという。
石舟斎の息子のうち、ただ一人、戦場での討ち死である。

 時に慶長8年(1603)11月15日、享年は不明ながら、おそらく30代半ばの若さであった。

13412008/11/29(土) 22:22:49.09 ID:rniroTqq0
 この悲報は当然柳生庄へも届いた。

        : / ̄ ̄ ̄ \;:
      ;/   :::::\三/\;:     
     ;/     。((>):::::(<))。;      五郎右衛門…!
     ;|    .:::。゚~((__人__))~゚j;     ようやく柳生家も上向いたというのに…!
     ;\、   ゜ ` ⌒´,;/゜;    
    ;/  ⌒ヽ゚  '""'""´(;゚ 。  
   ;/ ,_ \ \/\ \;:;
    ;と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

    ;γ::::::::::::::::桃::::::::::::ヽ、;
   ;/:::::::::::::::::::::::::::::::::::  ヽ;   
  ;γ:::::::::人::::人::人::::人  ヽ;    久三郎だけでなく、五郎右衛門まで…!
 ;(:::::::::/ :::/:三\::: \  );;  なんで柳生庄に戻ってきてくれなかったんだい…!?
  ;\:/ o゚((○)) ((○))゚o\ノ;     あたしゃもうこれ以上は真っ平だよ……!!
    ;|    (((__人__)))   |;       
   ;\     ` ̄´    /;  
    ;/           \;;

13512008/11/29(土) 22:25:30.81 ID:rniroTqq0
         ____
       /     \      
     / \   / \    
    /   (-)  (-)  \   …五郎右衛門…!!
   |  u   __´___      |    
   \      `ー'´     /    
   /           \   

       ____
      /::::::::::  \
     /:::::::::      \     あやつの一徹さが仇になったのか……!?
  /:::::::::          \   兵助…頼むぞ、お前は自重してくれ…!
  |:::::::::::::::::         |  
   \::::::::::::::         /   
   /:::::::::::::::::::       く   
――|:::::::::::::::::::::::::      \-―――

13712008/11/29(土) 22:27:08.55 ID:rniroTqq0
 そして、宗章の奮闘も含むこの米子騒動の顛末は江戸へも届けられた、

.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i
ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ
ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ
ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ
ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ
ヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ソゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞ

14012008/11/29(土) 22:32:03.17 ID:rniroTqq0
             ,-,ii|||||||||||||||||ii、‐、
  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_/ i|||||||||||||||||||||||||i ヽ_,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
   ゛゛llll||||||||||/ ' i||||||  |||||||||||||||||i ` ヾ|||||||||||llll"""
       ゛lll/   |||||||  ||||||||||||||||||    ,llll"""
         \   l|||||||||||||||||||||||||||l   /  
         彡   ゛ll||||||||||||||||||ll"   ミ     宗矩…この五郎右衛門宗章、というのは
         \_      ゛゛Y"""     __ノ     あなたの兄でしたね?
           | ]下ミ─-。、_|_, 。-―テ「 [ l      
           ゝ_,. lミミi=´<_,.`=i=ヲ 、__ノ      
                 ヽlミ| 「‐、=ラ7 |ヲ'´       
_______  , へ ノ`i=、_ 二 _,=iゝ、_,へ、  _ ______
i    i    i  ̄| |――-\ ̄∠-――| | ̄ i    i    i
               徳川家康

         / ̄ ̄\   
       /    \ /\
       |   ( _)(_)      …はっ
       | u  ゜(__人__)     (兄上…ッ。まさかこんなことに…!
         |     ` ⌒´ノ      どうする…?)
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(  
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

14212008/11/29(土) 22:36:43.65 ID:rniroTqq0
    /i||||||||||||||||||iヽ       
 / ̄ヽ||||||||||||||||||||||||iヽ                  
'""ヽ  ヽ!|||||||||||| ||||||! ヘ 、― /    
||l   ___ヽll,‐''''__ゞi .||||||    …安心なさい。
||l  /ヽ、 o>┴<o /ヽ\||||||   少なくとも、こちらが調べた限りでは、
ヽ‐イ  |ミソ ̄'"ノ"/li゙ ̄゛l;|l |、     幕府への謀叛というものではないのです。
.\/l  .|ミミl l―――フ..l;ll /      そなたたち柳生家への咎めはありません。
 .\ノ  |ミミ.l..\=ヲ/ l;|/       
   ̄\ |ミミ.l..  ̄ ̄,,,l;/        そなたの兄の豪勇は永く語り継がれることでしょう。
   l \ヾ゙゙....  ̄."/i     
 _/_``\ ̄、 ̄/ /l___  


         / ̄ ̄\   
       /    ー ー\
       |   ( -)(-)     ありがとうございます。
       | u 。゜(__人__)    その上様のお言葉だけで、兄も武人として面目が立ちまする。
         |     ` ⌒´ノ    (…助かった…こっちでもなんとかするつもりだったけどな)
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(  
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

 実際、この宗章の行為によって、柳生家が咎められたという記録はない。
可能性ではあるが、宗矩による宗章の擁護などもあったのかもしれない。

14412008/11/29(土) 22:39:07.00 ID:rniroTqq0
   \      ,..''  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  __,,,,/    /  |
  |   \        ` .、::::::::::::::::::::::::::.,-‐'"'"     /    .|
   i    `'''ヽ、       -:::::::::::::::::::      -‐'"'" /    /   しかし…愚かな君主ですね。
   `i    |  `、'''ヽ、、     .ヽ.Y    , ..-':''" ゙/   /   ../   若輩とはいえ、側近に唆されて、義理の叔父を討つとは。
    `、  |    `、  (:、、   . .|  ,..-')   /   /  ‐-‐'    そして藩政を担う重臣を妬心で殺すなど…、
     ‐-‐'| \  `、....,,,`_゙ヽ_、_,| ノ、."..-'''''''" // .. /       あの家には人もいないようですね。
       |  \\γ .,--‐-‐ "゛"゛‐-‐'''"゙'' |///  /         
       `i| \\ |        、      |///  /\`i       …米子藩はそう長く続かないでしょう。
       /`i  \ |   < ___ ゙''-''"'_,,,, >.. |///. /   `、     宗矩、しばらくは様子を見なさい。
     /   `i\\|     ヽ゛⌒⌒/゛   |/ / /           
          `i \|     `.、__ ノ     //.-
           ~\      ‐'''''‐   / '
               \      /
                 "'''゙''-''"~

            /⌒`"⌒ヽ、             
           /,, / ̄ ̄ ̄\             
          /,//::       \         …ははっ!
         ;/⌒'":::..        |⌒ヽ     
       /  /、:::::...       |ヽ_ \   
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、 /⌒`ー'⌒  )   
    ━━━`ー──ゝィソノ-ヾy_ノー─━━

14712008/11/29(土) 22:41:31.49 ID:rniroTqq0
   l   , -''     /                   ヽ、
   |       .,ノ     ,       _..ィ''"´ ̄`゙゙''''‐、  \
   |  /   _'´  ,. f/ ∥    ,.ィ/´            ヽ
   / /   / ヽ、 !ノ  {   ,ノ/.. __...ニニ..__ 、  ヽ、   /
 .ノ-‐''´  ,.| , ___ゝV'__ ゞ=ァラ'´,/´t'__ミっ `ヾ、-ニ `  l
      / .}/ fメ`v⌒ヾニ_ <イ__        _,..ィ,    ヽ     この私が!私が…!
    / _.ノ!.. ‐'´        ヽ、__ | ̄¨¨¨¨¨¨´     /
    「 ̄                `|ト-         /
    |                  l ヽ、      _.. イ
  / .∧                 ヽ  `''''''''''"´
 ヽ| / ヽ  `ヽ              ` ‐ ..._...     _. ‐'
  人 !  ヽ   `   ヽ        ,.ィ''´    __,. - "
 '   |`'          ヽ、       /     //
 / .| l lー ''''"゙ ヽ、  ヽ ヽ    |     / /

 そして6年後の慶長十四年(1609)5月11日、中村一忠は20歳で病死する。

14912008/11/29(土) 22:43:57.38 ID:rniroTqq0
                 ___     つ
               ,. ‐¬'´.:.:.:.::`:ー- 、   つ
              /.:.:.:.:.::;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::丶、
             /.:.:.::,.::/:/7: :..:.: .::i.::、.::、:、.:.:.:ヾ:、
          /.:/ .: / / 1 | .: .: .: .:| : ト .:i.::ヽ.:.:.:ヽ:、
            /.:/.:.::/.:/:/ !.:|.: .: .: .: !: :j i.::|.:.::l .: .: l.::i
.         ,'.:/!.:.:_レ'千⌒ヘ.:.:.:.:.:jrァ¬ャ:、」: .:.:.::! :l
          ,.:/ |.:.:.:|! ,二、ヾ、.:.::/レ' _, 」/ i:| .:.:.:.:|.::|
        !′|.:.:i:|.f' 匕ハヽ ∨/ 1J`ト、.l:!.:.:.:.::j.::l
            |.:.:|:!  じ リ      lぃリ !リ.:.:.:.:,'.:.:!
           l.:.:|:l ""   丶    ` ´""/.:.:.:.:ハ.:,'
          '、:トヾ、  ┌──-ュ    /:;ィ.::/ 〃
           ヾ\  ゝ     ノ  /イ:/イ:i
    「`¨'¬===┴─────‐--イ不1_ト、|__
    |                             |
    |         米子中村家は          |
    レ ¬                      r─ 、|
    r'′-┴、       取り潰し       i⌒ヽ \
   i´  -イ                       `ト、 \ ヽ
              幕府の使者2

 嗣子もいたというが、幕府は米子藩中村家が続くことを許さず、そのまま廃藩処分を下した。
結果的に言えば、家康の言った通りになったのである。

15412008/11/29(土) 22:47:16.18 ID:rniroTqq0
       / ̄ ̄\      
      /       \      これで兄上の義も立ち申した。
      |::::::        |    …安らかに眠ってほしいだろ、常識的に…考えて…。
     . |:::::::::::     |   
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――  
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━

 中村家が取り潰された事によって、
横田家の、そして宗章の名誉も回復された。


 そして、平成の今、
柳生庄にある柳生家の菩提寺、芳徳寺には、
宗章・五郎八主従両者の石碑が並んで立っている-。

15712008/11/29(土) 22:49:05.28 ID:rniroTqq0
                 _,. -ァ――‐-- 、_
                / ノ* , - '^⌒"´`丶、         
              / ノ  r'´         ヽ         
             /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ     これが石舟斎の四男、柳生五郎右衛門宗章の物語なのですぅ。
               /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',       
            /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l    一説によると、実はこの時点まで、柳生家は然程知名度は高くなく、
             ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l   この戦いでの宗章の豪勇さが語り草になったからこそ
             ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l   柳生の名声が大いに上がった…とすら言われているです。
             l l  '、  }、' ト。'ー' ´ , 'ーイ /リリ        
              l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ       ここら辺については、「でも、宗矩が将軍家指南役になってる」、
            l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´       「兵庫助や権右衛門だって大藩に抱えられている」と反論もあるでしょうが、
             l l l  入  l^ヽミエ二、 l *l        ある意味、無視できない部分もあるのですぅ。
            ,' ,' / ,イ rt, *'、, -‐ロ‐-ミt  l        
           ,' ,' l イ    (l  ヽ/||ヽ. ハ  l        というのは、石舟斎が元亀四年(1573)に隠棲してから既に30年、
           ,' ,' K     l  ', |l|  (lヘ) l       朝鮮において討死した久三郎純厳を除けば、
          / / ,ハ、、   l * l, |ll|  (l '、 l       柳生家の人間が戦場で槍働きをしたのは、実に久々のことなのですぅ。
          / /l / ノ     l  l |{l}|  (lてy       (関が原の時は後方支援でしたしね) 
          / / l / くー- 、 、__,j、_V!l |  {l (ヘ        
         / / / /7、 / ,rへ!ノ  j} {l__,、j トl        30年、という時間は長いです。
         / /  く__/| |`´{ト、  〉三ミ彡fri~l^l '、      いかに若き日の柳生宗厳が豪勇さで名を上げた武将であったとしても、
       ,/ /  /  ,| ,| {l) ヾ'、三三ミYハ,.」}、'、ヽ      30年という時間は、柳生家から”武士としての”名声を
    ,. --イ /  /   / '、 {l)   入_  ゙ー'^ー'`丶ミヾ、     押し流してしまったのですぅ。
   ,'´、  / /  /   l  ノ人  ノイム、  丶、  ヽ`ヘー- 、   
   l  ヽ/ /  /    l / {l`´ ^'く, , ,)    ヽ  ', //7 ヽ  
  ノ!  /\      ノ!イ   し=~'´゙"´`丶、   ヽ  ,'/ノ`ヽ. ヽ       
 / r,/、  \  ,.ィ" '´          `'ーt、    l lj   丶ヽ、    
i´   メ `二ニ>'´                 `丶ニ'ノ     }ヽj`ヽ.  
リ⌒ヾ),'"´ーxメ、  ,.                、       //ノ丶ヽ

16112008/11/29(土) 22:51:11.31 ID:rniroTqq0
      / .,※,...-―:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ー-.、  \       
    /  /,.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:\※ヽ    前にも書いた通り、剣術者/武芸者という存在は、
    \ /:.:.:.::/:.:.:.::.:.:.:.:.:.:!:.!:.:.:.:.:.\::.:.:.:..:ヽ ',   武芸という"芸"を修めた"芸者"として見られることがあり、
     /:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:../.;イ.:ト、.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヽ    そちらで名を上げても、武士としての評価に直結しない部分があったのですぅ。
    ,':.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.,:イ:/ ;:/ ヽ.:..:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.'※.  それでなくとも、刀は戦場じゃまず使わないわけですし。
    !:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:/.// //   \:.:.:.:.|:.:.:.:..:.:i      
     |:.!:.:.:.:.:.|;∠..-'" 〃゛` ―--\:.!:.:..:.:.::,' }    つまり、いくら剣豪として石舟斎が名を上げていても、
    !ハ:.:.:.:.:.!   _,,  /   、_    /:.:.:./:/∧   剣術流派として新陰流が高く評価され、柳生家の人間が引っ張りだこになっても、
    i! \:.:.:\`=''"    `ー=''イ/:.ィ//:.:.   それは”芸者”の名声であり、”武士”の名声ではない…そういう話なのですよ。
       }ヾ、_\   '      //´ /:.:.:.    
       ト、※,.>-―…―--<7´※ /:.:.:.:.     まあ、平たく言えば、
       !:.r(´.._'' ¨´ ̄ ̄`¨r-┴ 、  /ユュ_:.:.    
       /:.{ 〉ーュ__...::::::::::.r―_`ヽ〈 // {j:.:.     「戦場での槍働きも無い分際で」
.     /:.:/{Y´,.-<:::::::::::::::`ー、` ノュ!_j⌒ーリ:.:.   
     /:.:.:! >` ー'、..__>-、_.ノス  ,'  |:.:.    という話で、或る意味、柳生家は武士扱いされてなかった、というわけですね。
     /:.:.:.| {~`^ーセ┘!}{} !㍉x-イ } ,'  |:.    
.   /:.:.::.,'  !    !  | }{} ! i!   ト、  |:.    で、それを覆したのが、この宗章の大立ち回りであり、
.   /:.:..:./  !    ,' }{} ! |   | ヽ   !:.:.    それ故に、柳生家の”武士としての”名声が上がった、と
  /:.:./   ト   イ }{} ∧   | 〉  ハ:.    見ることができるのではないか…そういう話なわけですぅ。

16512008/11/29(土) 22:53:43.63 ID:rniroTqq0
   / V´ *_rー'  ̄ ̄ i :Tヽ、* ヽ \       尤も、有名な「逆風の太刀」による十八人斬りについては
 /  ::/ ノ:  ̄/: : : : : : :i: : :i : : :ヽ、 .}  \     流石にそのまま事実と受け取るのは微妙な感じがするですね。 
く   :::レ': : : :/ : : : : : : : ::/: : ::i: : ヽ: ::\}.   \   この時、宗章は太刀を何本も腰に挟み、斬って刃こぼれが出来れば、
 \ ::/: : : : /: : : : : : :/: /: : /: i: : : :.i: : : ヽ   /   それを捨てて、また次の一本で…と言われているのですが、
   Y: : : : :`:く;; : : : :/://: //:/^レ:'":|: : : : :レ'´     正直、刀だけでそこまで戦うのはいくらなんでも無茶ですぅ。
   |: : : : : :|__>ァ'-.// /_ェ‐ニL;_: |: : : :i:|        
   |: : : : i レイつ^トv" / イブい/゙| : : :i:i        実際は、「山姥」の槍を振るって戦い、それが失われたことで、
   .∧: : : い ヒニソ /    ヒ二ソ ./: : :./:|       刀も抜いて戦い…というところだったのではないかと思うのですぅ。
   ,': :(V\:\      、     /: :/}: :|       逆に言えば、槍もなく、刀だけになっても、なお奮闘した、というわけで、
  ,': : :} ヽ. `rー   -ー-ァ   "フ´  ノ__::|       なんにせよ宗章の豪勇さは変わりない、という話ですね。
  ,': : : :{ * .}: `i 、  `''  _. .イi * /:::  ヽ.    
 ,': : : : :{.   |: : i: :i _| ー‐ .「: i:r┴┐|:::::...   |     「柳生宗章は義心を発揮して横田家に味方し、
.,': : : : :.r┤  レー ' ヽ.   .ノ `>く⌒ マ:::イ__ク      敵味方共に称えられるほどの戦いぶりを示した」
: : : :.r'´.ハ{  .|    ェ=>くェ.く \ ヽ  V 「 ヽ|    
: : :/ /: ( ハ フ|=="゙ /^Tヽ| ヽ `   ノ |  |i      ということは事実だったでしょうし。
: :/ /  ノ |ハ |    / |( /\.    / |   l:|     そこまでの名声がなければ、従者の名前まで残ったりしないですよ。

16812008/11/29(土) 22:56:24.29 ID:rniroTqq0
.   / * /:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、        
_、 /  /:_:_:_:/:.ィ:.;:.:イ:.:.i:.:ヽ       ちなみに、この時の宗章の獲物として有名な「山姥」の槍ですが、
/:Vi * !:.:.:.7≧メ-‐/ィ/:.:.:.:.',      これは「日本号」「蜻蛉切」のように固有の号ではなく、
:.:.:.{   {.:.:.:i:! f:t7 ´ノハ:.:i:.i:.:l       そのような装飾を施した槍の総称のようなものだそうですぅ。
:.:.:.i * ト、:.:.、 xx`  fヌ〉:!:ル'        
:.:.:.ヽ  {: .\ゝ 、 _ ' x'.:/         後に宗矩も「山姥」の槍を得ており、もしこれが宗章の槍なのであれば、
ィTえ! * '; : : .__ .ィ´} '         随分ロマンのある話なのですけど、まあ、これは別物のようですよ。
::::::::::::{  トv':.:.:.:.:.:l { !   __ _.ィ´`ヽ  残念ですぅ。
::::::::::::::{ * }/!`T!、:.!ハ { /   `ヾ!  j  
:::::::::::::::}  { {i}ノ!{ ヽ 'ィ'´      r''    

17012008/11/29(土) 22:58:05.03 ID:rniroTqq0
 さて、宗章の死から、時は更に過ぎる。

 年は明け、慶長九年(1604)となった。
兵庫助は肥後熊本藩において加藤家の家臣として働きつつ、新陰流の伝播に勤めていた。
        _
      /O \
       | .°  |
      \_,/
        |          ◯
     / ̄ ̄ ̄ \      ,-┴-、 /
   /   ::\:::/::::\    r(   n/     ◯      さあ、足を踏ん張り、腰を入れよ!
 /   <●>::::::<●> \   >   ,/ .   ,-┴-、 /    そんなことでは敵兵の一人すら倒せぬぞ!
 |   ///(__人__)/// |  しー、_)    r(    )/
  \、   ` ⌒´   ,/          `/   <_
   /   .    . ,\           し -一┘◯
  しイ        ト 、ノ               ,-┴-、
 // |       /                .( ´・ω) /
.//   \  Y ,/           ◯     /  っっ/
./     `ー' ̄            ,-┴-、  └ー-、ぅ
              ◯     .r、´・ω・))__
             ,-┴-、    >   _/´
     ◯.n__n    (´・ω・`) / .し-一┘
    ,-┴-、 ノ    c'    っ/
  c('・ω・`)っ    (_,'ー、_)

 最初のうち、何ヶ月かは順当に仕えていたらしい。
新陰流の弟子も出来ていたのではないかと思われるが詳細は不明。

17412008/11/29(土) 23:00:12.73 ID:rniroTqq0
 だがしかし、そんな平穏な日々も長くは続かなかった。
年も明けてすぐの1月、兵庫助は清正に呼ばれた。

     |┃三       / ̄\
     |┃        |     |
     |┃         \_/
 ガラッ. |┃            |
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \      
     |┃三    /  ::\:::/:::: \     殿!お呼びでございますか?
     |┃     /  <●>::::::<●>  \  
     |┃     |    (__人__)     |    「おお兵庫か、参れ!」
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

17612008/11/29(土) 23:01:18.59 ID:rniroTqq0
            「"`、      
        ..-----ゝ ヽ―――
     /⌒      ̄      
   _ノ  /⌒ヾ  :               
   (   ノ:    ::                  兵庫!
   )γ´:::  _∫:::  λ  :.::...          貴様に命じる!
  .ノ 7::::::.  )`^` ̄ l___ノ⌒ノ::         
  ヾγ:::.:::: ノ  ノ _ノ___--、└┐ _ノ:    今から兵を率いて、伊藤長門のところへ行け!
  ノノ::.::::: ζ__.l__レ´く__o`)ノ ノ λ-、ヽ:   
 _)ζ:::::┌´:::K/^ `⌒   ̄ /^""(-、 |:  
 )   ̄レ ::::::./      ̄`--´_/   )/ /:   
(      :::::::lヽ、^   _   |    .┴´::   
ヽ┐   ::::::λ、___ノ_.、ノ`ヽ    /::::::       「むむ、それは例の一揆の件ですか!?」
 ζ  ::::::::::::::| `r―′__.-┤   `l::::     
ノ´    ::::::::::ヽ |.--┴--ノ  .--´::      
ζ ::::...  :::::::::::|√ ̄ ̄`´  く::::::::..:
ヾ:::::::::     :::ヽ  ̄`     )::::::
(:::::: :::..   ...:::::::|____./  ゝ::
ヾ:::       ::::::::::::::::ヽ    (:::
 \_        ::::::ノ     ヽ_

17912008/11/29(土) 23:02:12.38 ID:rniroTqq0
 この頃、肥後ではキリシタン宗徒が裏にいるという噂の一揆が起こっていた。

..           ''';;';';;'';;;,.,十   シコシコシコ ・・・
  十          ''';;';'';';''';;'';;;,.,      __
  |     十     ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;    |十|
  |     |    ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;   |  |
  |     |vymyvwymyvymyvy、   |  |
  |   ヽ(゚д゚)vヽ(゚д゚)yヽ(゚д゚)v(゚д゚)っ|_」
 ⊂( ゚д゚ ) と( ゚д゚ ) 〃ミ ( ゚д゚ )っ ( ゚д゚ )つ
   ゝηミ ( ゚д゚ )っ ミ) ⊂( ゚д゚ ) .(彡η r
    しu(彡η r⊂( ゚д゚ ) .ゝ.η.ミ) i_ノ┘
.       i_ノ┘  ヽ ηミ)しu
           (⌒) .|
            三`J

18012008/11/29(土) 23:04:35.37 ID:rniroTqq0
 この報告を受けた清正は、家臣の一人、伊藤長門守光兼に鎮圧を命じた。

                  _,,.「`i_,. へ、__
               _ノ⌒:::::`:::::::::::::::::::::::.`ヽへ.
             r' ::::::::::::::::::::::;iヘ、::::::::::::::::::::.. ヽ
             人 、::::く`'´`′ `フ::::::::::::::::::::.:. `ーヘ.         なんだぁ!?一揆だと?
            〈 :::ヽ(`ー'´ ノ    \:::::::::::::::::::.:.:.   L        キリシタン如きが、この加藤清正に逆らうというのかあ!
      r‐'⌒'ー'フ'′:::::::)i¬ュl  l<ニiユ L::::::::::::::::.:.:.:.:..  lへ、_     光兼!行って蹴散らして来い!!
      ノ    .:::::::::::::::::::|-‐ //  ー- .._,. `フ:::::::::::::::::.:.:.:...  └へ    
     〔   .:::::::::::::::::::::::::|  l, 、      / }::::ヘ:::::::::::::.:.:.:.:.:.:.   く_     
     ノ   :::::::::::::::::::::::::::::l  F==-、  l: └'ソ:::::::::::::::::::::.:.:.:.:    L
   f′  ..:::::::::::::::::::::::::::::::l. レー-‐‐、|   l  イ´:::::::::::::::::::::::::::::.:.:.::.:.   /
   フ  ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l.└- --‐′  / \::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.  く
  く   ::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;L_...二...____,..ィ'   く:::::::::::;;;;;;;;;;;;:::::.:.:.:.:.:..  ノ
   > :::::::::::::/ ̄ ̄. -…‐-ト、::::::::::  l     レ''"´    `ヽ;:::.:.:  ぐ

          _r=======ュ._
         // / ,' l  .i.  i,  、 ` 、
.       / .,' ,' i  l  l.  'i   ',  ヽ
.     // / ,' .l  l   l   'i  ',. `、. ヽ
     // /  / .l  l  _l__'i_   ', `、. ヽ     へへーい
   // /.ィ‐'77.二、 ̄ ‐'ニ,-、 |「ミヾiー-、. ヽ
   //ブ´/ Λ〉ィてj   ┴゙′||ミj-( `、`、ヾ. ',
  ゝ,/ / / l| ^ フ  ヽ il||||| |レ^i }  ', `、 }ノ
.   ` 'ー-'、..__|  ヽ ^′ `|||l .||_,.イ_.. -‐ ''´
         l、 `ーニ=-‐'    |レ'{
            |lヽ. `ー‐'´   .イ| l
         _.||-|ヽL___,..-‐''´/||  トッ、
.     _, -イ il|||/! ヽ    / ||/:./:.:.`' ー- .,_
          伊藤長門守光兼

18212008/11/29(土) 23:06:16.10 ID:rniroTqq0
 光兼は兵を率い、一揆勢を討とうとした。

                l
               _|i-‐‐- 、
           r―‐∠ニ ___〇 、-―ァ
            \Λll0llr-‐'’l7⌒く´                 三=―  俺は一揆を起こす村人なんか
        _. -‐i_l]Λ| 」l0)l)「| l! ` ーr[エェ、                        大きれえなんだよぉ~!
      ∠__`フ´    l`il)0)`i. l!-ヘノ  ヾ` r=(二l rー┼┼┼┼┼=≦
     ム-、_フ    √ヘO)丁(ニ二く〉  [ニL|「l「l「ll}} ≡i≡!≡i≡!≡≦    三=―
     / / /    /二Λl /`ヘー、__く\  `ー‐‐'└‐┼┼┼┼┼=≦
    √77'i    l-ァ、 /V ̄ \ \__ヽ〉、
     |Λト(    7_ス_l/    Λ__l--ヽΛ               三=―
                    ¨ ヽ_iヘ_「

18312008/11/29(土) 23:07:10.18 ID:rniroTqq0
                       \\ やーい加藤家の武将は戦下手ー //
                        \\ 鬼さんこちら、手の鳴る方へー //
    _ __   ♪                   _ __   ♪                    _ __   ♪
    |「|「              》》       |「|「              》》        |「|「              》》
   /ヽ」|」|            《 _ / |      /ヽ」|」|            《 _ / |       /ヽ」|」|            《 _ / |
  〈 _|    _ .... _     _/  /     〈 _|    _ .... _     _/  /      〈 _|    _ .... _     _/  /
   iーi_ /ヽ、_. へ、 /, <〉/\     iーi_ /ヽ、_. へ、 /, <〉/\      iーi_ /ヽ、_. へ、 /, <〉/\
/ /iーi\,=ニニヾフニニ=/^ \〉_/   / /iーi\,=ニニヾフニニ=/^ \〉_/    / /iーi\,=ニニヾフニニ=/^ \〉_/   
\ { ○ ||    |〕 |!コ  || ○ ノ     \ { ○ ||    |〕 |!コ  || ○ ノ      \ { ○ ||    |〕 |!コ  || ○ ノ
   `ー=-'||   !コ| 〔|   ||ー=‐'         `ー=-'||   !コ| 〔|   ||ー=‐'          `ー=-'||   !コ| 〔|   ||ー=‐'
       ヽ.   |〕 |!コ ノ                ヽ.   |〕 |!コ ノ                 ヽ.   |〕 |!コ ノ
      _ _>=◎=-<.                _ _>=◎=-<.                 _ _>=◎=-<.
    /_ ̄ヽ) ) )|__/、彡ヽ、>     ♪      /_ ̄ヽ) ) )|__/、彡ヽ、>     ♪      /_ ̄ヽ) ) )|__/、彡ヽ、>     ♪
  ,-//ヽ ノ~ ~ ~   i ー'  |           ,-//ヽ ノ~ ~ ~   i ー'  |            ,-//ヽ ノ~ ~ ~   i ー'  |
   ̄`' \>'     |/riヽノ            ̄`' \>'     |/riヽノ             ̄`' \>'     |/riヽノ
           =ニ‐|」-ニ=                   =ニ‐|」-ニ=                    =ニ‐|」-ニ=

 しかし、一揆勢は粘り強く、光兼はなかなか鎮圧できなかった。

18712008/11/29(土) 23:09:08.91 ID:rniroTqq0
 これを聞いた清正は怒り狂った

            「"`、      
        ..-----ゝ ヽ―――
     /⌒      ̄      
   _ノ  /⌒ヾ  :               
   (   ノ:    ::                 
   )γ´:::  _∫:::  λ  :.::...        
  .ノ 7::::::.  )`^` ̄ l___ノ⌒ノ::        
  ヾγ:::.:::: ノ  ノ _ノ___--、└┐ _ノ:    
  ノノ::.::::: ζ__.l__レ´く__o`)ノ ノ λ-、ヽ:     オ・ノーレ!
 _)ζ:::::┌´:::K/^ `⌒   ̄ /^""(-、 |:   何をやっておるんだ!
 )   ̄レ ::::::./      ̄`--´_/   )/ /:   
(      :::::::lヽ、^   _   |    .┴´::   
ヽ┐   ::::::λ、___ノ_.、ノ`ヽ    /::::::       
 ζ  ::::::::::::::| `r―′__.-┤   `l::::     
ノ´    ::::::::::ヽ |.--┴--ノ  .--´::      
ζ ::::...  :::::::::::|√ ̄ ̄`´  く::::::::..:
ヾ:::::::::     :::ヽ  ̄`     )::::::
(:::::: :::..   ...:::::::|____./  ゝ::
ヾ:::       ::::::::::::::::ヽ    (:::

 怒り心頭に発したのには理由がある。
元々清正は日蓮宗の熱心な宗徒であった上、犬猿の仲であった小西行長(西軍側:関が原後斬首)が
キリシタンであったことから、キリシタンを非常に嫌っていた。
(所領のうち、キリシタン勢力が強い天草を返上し、距離の離れた豊後の鶴崎と交換しているほど)

 それに、関が原でこそ東軍側についたものの、福島正則と並ぶ豊臣家の重鎮である自分に対し、
徳川家が警戒していることは重々承知していた。
そのためにも、取り潰しの口実となりえるようなこと-例えば一揆など-は極力押さえ込む必要があった。

19112008/11/29(土) 23:11:19.23 ID:rniroTqq0
                  _,,.「`i_,. へ、__
               _ノ⌒:::::`:::::::::::::::::::::::.`ヽへ.
             r' ::::::::::::::::::::::;iヘ、::::::::::::::::::::.. ヽ
             人 、::::く`'´`′ `フ::::::::::::::::::::.:. `ーヘ.            
            〈 :::ヽ(`ー'´ ノ    \:::::::::::::::::::.:.:.   L           そういうわけだ!
      r‐'⌒'ー'フ'′:::::::)i¬ュl  l<ニiユ L::::::::::::::::.:.:.:.:..  lへ、_       兵庫、お前は光兼に加勢して、 
      ノ    .:::::::::::::::::::|-‐ //  ー- .._,. `フ:::::::::::::::::.:.:.:...  └へ    一揆勢を…キリシタンどもを鎮圧してこい!
     〔   .:::::::::::::::::::::::::|  l, 、      / }::::ヘ:::::::::::::.:.:.:.:.:.:.   く_   
     ノ   :::::::::::::::::::::::::::::l  F==-、  l: └'ソ:::::::::::::::::::::.:.:.:.:    L
   f′  ..:::::::::::::::::::::::::::::::l. レー-‐‐、|   l  イ´:::::::::::::::::::::::::::::.:.:.::.:.   /
   フ  ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l.└- --‐′  / \::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.  く
  く   ::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;L_...二...____,..ィ'   く:::::::::::;;;;;;;;;;;;:::::.:.:.:.:.:..  ノ
   > :::::::::::::/ ̄ ̄. -…‐-ト、::::::::::  l     レ''"´    `ヽ;:::.:.:  ぐ
   ヽ ;;: -‐'フ|    il|||i!--‐イ l;::::   /    /""    ィ-三l'''ー- .,ム._

       / ̄\
       |    |
       \_/
      ___|___
     /u     \
    / :::\,::::、/:::: \     ははっ。
  /  < ●>::::::<● >  \   しかし、まがりなりにも光兼殿は当家の古くからの武将。
 |   '" (__人__)"' u  |   新参の当方が加勢することで、面目を潰すのではないでしょうか?
  \     `⌒ ´     /
  /ゝ     "`   ィ `ヽ.

19212008/11/29(土) 23:13:42.95 ID:rniroTqq0
   _ノ  /⌒ヾ  :               
   (   ノ:    ::                 
   )γ´:::  _∫:::  λ  :.::...           光兼の面目だと?
  .ノ 7::::::.  )`^` ̄ l___ノ⌒ノ::         そんなものににこだわる必要などあるものかよ! 
  ヾγ:::.:::: ノ  ノ _ノ___--、└┐ _ノ:    このままではらちがあかんわ。  
  ノノ::.::::: ζ__.l__レ´く__o`)ノ ノ λ-、ヽ:    兵庫、出撃準備!思う存分らちをあけよ!   
 _)ζ:::::┌´:::K/^ `⌒   ̄ /^""(-、 |:   
 )   ̄レ ::::::./      ̄`--´_/   )/ /:     キリシタンどものデーターを取りつつ、
(      :::::::lヽ、^   _   |    .┴´::    神の国への引導を渡してやれい!!
ヽ┐   ::::::λ、___ノ_.、ノ`ヽ    /::::::       存分にせよ!
 ζ  ::::::::::::::| `r―′__.-┤   `l::::     
ノ´    ::::::::::ヽ |.--┴--ノ  .--´::      
ζ ::::...  :::::::::::|√ ̄ ̄`´  く::::::::..:
ヾ:::::::::     :::ヽ  ̄`     )::::::
(:::::: :::..   ...:::::::|____./  ゝ::
ヾ:::       ::::::::::::::::ヽ    (:::

             / ̄\
             |     |           
             \_/        
            / ⌒`"|⌒`ヽ、         
           /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\    …ははっ!
          /,//::         \     
         ;/⌒'":::..            |⌒ヽ     
       /  /、:::::...           /ヽ_ \    
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )    
    ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"  

 清正の下知を受けた兵庫は鎧兜に身を固め、
以前よりの従者たちに加え、少数の(肥後で得た)弟子たちと共に光兼のところへ向かった。

19312008/11/29(土) 23:15:27.74 ID:rniroTqq0
             / ̄\
             |    |
             \_/
               |        
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  ∀        \ 、 l |
.      l.  /  __::\:::/::::___   l i ノ l    出陣じゃ!
     li   l r'<●>::::::::<●>、ヽ  l レ'  /   ワゴンひけい!
     |li  l ヽ._(__人__).ニニ´-' ,. - '  /
     ヽ`'┴ー--「 ̄|l-‐‐ ''"´   ,ィ l
      ヽ、_  |__.||     _,,.. イ /┘
        >二j^ーヘiニ二 --く.∠.
        /,,― -ー  、 , -‐ 、
       (   , -‐ '"      )
        `;ー" ` ー-ー -ー'
        l           l


  、、、┯、、、  はーい  
  彡(・)(・)ミ       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  彡 д  ミ_      .|   ワ ゴ ン  | 
⊂彡      ミ⊃     .|          .|  
  彡"  "" ミ      /.|_______|
  彡_ミ""ミ_ミ     / __  ◎   ◎ 
 兵庫助従者    

19712008/11/29(土) 23:17:34.14 ID:rniroTqq0
             / ̄\
             |    |三=---
             \_/
               |        三=---
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  ∀        \ 、 l |
.      l.  / __::\:::/::::___    l i ノ l三=---
     li   l r<● >::<● >  、ヽ  l レ' /        さあ行くぞ…戦じゃ!!
     |li  l ヽ.(__人__).ニニ´-' ,. - '  /三=--- 
     ヽ`'┴ー--「 ̄|l-‐‐ ''"´   ,ィ l
      ヽ、_  |__.||     _,,.. イ /┘    三=---
        >二j^ーヘiニ二 --く.∠.
        /,,― -ー  、 , -‐ 、           三=---
       (   , -‐ '"      )三=---    
        `;ー" ` ー-ー -ー'
        l           l            三=---
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 三=---
     | ワ     ゴ      ン     |
     |                      |
     |______________| 三=---
        ◎           ◎
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

19912008/11/29(土) 23:18:16.50 ID:rniroTqq0
=加藤家討ち手勢・本陣=

   ;ヾ、,.、,、.、rツ ッッシ、:':' r':' _,、-'゙_,  や 光 兵 そ
 ,、,、,ミッン、,._        _,、-'゙_,、-'゙.   っ 兼. 庫 ん
 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,  て の  助 な
 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_|  来 本  は わ
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|_   た 陣     け
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|  の に    で
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|_   だ 
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|_
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__| _|
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__
  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_
  二二二二二二二`''ーニ_''ー 、_       |⊥ |__

 そして兵庫助は光兼のいる本陣にたどり着いた。

20212008/11/29(土) 23:20:38.97 ID:rniroTqq0
     |┃三        / ̄\
     |┃         |     |
     |┃          \_/
 ガラッ. |┃            |
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \      
     |┃三    /  ::\:::/:::: \      伊藤殿!
     |┃     /  <●>::::::<●>  \  
     |┃     |    (__人__)     |    
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \


           ,. -┬┬┬r--、 
        . 'i´li_.l._i...;j...i..,j_川ii:\ 
         {:i    〃,:::::,ヽ}/ j:ト
         7.-、  ‐'ニ,-、 |「ミヾi    ん?
         〉ィてj   ┴゙′ |ミj-(   …なんだ柳生じゃねぇかよ?
         | ^ フ  ヽ il||||| レ^i    なぁにしにきたんだ?
.         |  ヽ ^′ `|||l .|_,.イ
         l、 `ーニ=-‐'    レ'{
             ヽ. `ー‐'´   .イ| l
         _. -|ヽL___,..-‐''´/  トッ、
.     _, -イ il |/! ヽ    / /:./:.:.`' ー- .,_
  ,ィ-イ/:::::/::::l/`ー、 l _.∠-‐':.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:......`..:、

20312008/11/29(土) 23:22:34.33 ID:rniroTqq0
       / ̄\
       |    |
        \_/
          |           
     ./ ̄ ̄ ̄ \         それがし、殿よりご下命を受け、伊藤殿に加勢に参った!
    / ::\:::::::::/:: \      現在の状況をお知らせくだされい!
   /  <●>::::::<●>  \   
   |    (__人__)     |     
   \    `⌒´    /      
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

                    ,. -┬┬┬r--、                        
                  . 'i´li_.l._i...;j...i..,j_川ii:\                      
                 /li '"        "'jノ jヽ.                ……気にいらねぇな。
               /,r'         ,,   }/ j i:|
               {:i       〃 ,:::::, ヽ }/ j:トー‐‐---, 、_                
           _,. -‐''´| 、_  ヽ.  / ,.::::::.:::::, - }/,-'、::::::::::::::::| |`',ー--    「…なんですと?」
         .r-i´:::::::::::::/|  ,ゝ‐-<: レ、_, -‐-<_  レ^j ト、:::::::::::::| |     ヽ
     . --‐'´ i |:::::::::::::λ|  、 (.゚);" 、 、__(.゚)ノ   〉_, / |:::::::::::::::| |  ヾ    /'ー\
   / "    | |:::::::::::::ト、|  " ̄/   ` ;::::::::::::;  ,___/ヾ.|::::::::::::::::| |        \
  / "       | |:::::::::::::| |   l   ヽ  ;:::::::;  |   /::::::::::::::::| |          |
  /    〃  | |:::::::::::::| ト、 、_ヽ,_,'^.____,┐;:;  /i:  /:::::::::::::::::::| |       "    |
  |    〃´   | 〉::::::::::::|. ゝ'、 ⌒ゝ-‐'´,    ./li  /:::::::::::::::::::::| |      "      ゝ,
  ゝ,       ノ/:::::::::::::::`':、 `ー、`'ー''´  _,/:: /::::::::::::::::::::::::〈 〈r‐-、         |
   〉_______ゝ;:::::::::::::::::::::\ ' 、`ー-―''´  _./::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ√`''、       |
 .  |:::::::::::::::::;:'::::::::;ヽ;::::::::::::::::::::::`ー`◯)´-‐‐''´::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;j/"        ゝ,
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧:::_. -―''77:::::::↓:::::::::::::::::::::il´`'ー-、、:::::;;;;;;;;;;;;/ "    

20412008/11/29(土) 23:24:25.66 ID:rniroTqq0
                                                 〃 ⊂ニニ,ヽ
                                                    r;ニニ;., ヽ
                    ,. -┬┬┬r--、                        >,レ―-、 〉
                  . 'i´li_.l._i...;j...i..,j_川ii:\                      | ▽ > ヽ| 
                 /li '"        "'jノ jヽ.                      i  /   |  
               /,r'         ,,   }/ j i:|                     ゝ, i   ノ   気にいらねぇって言ってんだよぉッ!
               {:i       〃 ,:::::, ヽ }/ j:トー‐‐---, 、_                r't--‐‐i   この度の一揆の鎮圧は
           _,. -‐''´| 、_  ヽ.  / ,.::::::.:::::, - }/,-'、::::::::::::::::| |`',ー-- 、          {:::::::::::::::}   オレ様に任された話なんだからよぉ、
         .r-i´:::::::::::::/|  ,ゝ‐-<: レ、_, -‐-<_  レ^j ト、:::::::::::::| |     ヽ._        {;;;;;;;;;;;;;;;;}  
     . --‐'´ i |:::::::::::::λ|  、 (.゚);" 、 、__(.゚)ノ   〉_, / |:::::::::::::::| |  ヾ    /'ー‐--、    |    |    殿の御下命とはいえ、
   / "    | |:::::::::::::ト、|  " ̄/   ` ;::::::::::::;  ,___/ヾ.|::::::::::::::::| |     /:::::::::::::::/`'ー、 i     |   お前みてぇな新参に加勢されるなんざ
  / "       | |:::::::::::::| |   l   ヽ  ;:::::::;  |   /::::::::::::::::| |    /::::::::::::::/   ノ     .:|   迷惑千万なんだよ!
  /    〃  | |:::::::::::::| ト、 、_ヽ,_,'^.____,┐;:;  /i:  /:::::::::::::::::::| |    |:::::::::::::::|   /     ..::|
  |    〃´   | 〉::::::::::::|. ゝ'、 ⌒ゝ-‐'´,    ./li  /:::::::::::::::::::::| |    |:::::::::::::::|   |     .:::::|
  ゝ,       ノ/:::::::::::::::`':、 `ー、`'ー''´  _,/:: /::::::::::::::::::::::::〈 〈r‐-、   |:::::::::::::::ト‥ i:.    ..:::::::|
   〉_______ゝ;:::::::::::::::::::::\ ' 、`ー-―''´  _./::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ√`'ー'、;;:::::::::::i."'  `   .::::::::::::|
 .  |:::::::::::::::::;:'::::::::;ヽ;::::::::::::::::::::::`ー`◯)´-‐‐''´::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;j/     ` ー-:::ゝ,_    ..::::::::::::|
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧:::_. -―''77:::::::↓:::::::::::::::::::::il´`'ー-、、:::::;;;;;;;;;;;;/           `'ー- 、;;;;;;;;;;;;;ノ

20612008/11/29(土) 23:26:09.70 ID:rniroTqq0
     , (⌒      ⌒)
   (⌒  (      )  ⌒)
  (             )  )
    (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ
          | || | |
       ノ L,l ,|| |、l、
       ⌒:::\:::::/::\
      / <●>::::<●>\ 
     /    (__人__)   \    …!
     |       |::::::|     |   それでは、殿のご命令が聞けぬと申されるか! 
     \       l;;;;;;l    /l!|    
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |    ドンッ!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ >
               レY^V^ヽ

           ,. -┬┬┬r--、 
        . 'i´li_.l._i...;j...i..,j_川ii:\ 
         {:i    〃,:::::,ヽ}/ j:ト  
         7.-、  ‐'ニ,-、 |「ミヾi   そんなこと言ってねぇよ。要は一揆を鎮圧すればいいんだろ?
         〉ィてj   ┴゙′ |ミj-(   ちゃっちゃとやってやんよぉ! 
         | ^ フ  ヽ il||||| レ^i }  
.         |  ヽ ^′ `|||l .|_,.イ   
         l、 `ーニ=-‐'    レ'{   
             ヽ. `ー‐'´   .イ| l
         _. -|ヽL___,..-‐''´/  トッ、
.     _, -イ il |/! ヽ    / /:./:.:.`' ー- .,_

光兼は言を左右して兵庫助をあしらい、なかなか動こうとしなかった。

20812008/11/29(土) 23:29:22.27 ID:rniroTqq0
     |┃三        / ̄\
     |┃          |     |
     |┃         \_/
 ガラッ. |┃         __|__
     |┃  ノ//   ./     \
     |┃三    /  ノ (     \     わかった、もういいッ!
     |┃    /   ⌒       \  俺は勝手にやるッ!!
     |┃     |               |
     |┃三   \            /
     |┃三   /           \

 光兼の態度に業を煮やした兵庫助は、独自に動くことにした。

21312008/11/29(土) 23:42:47.44 ID:rniroTqq0
 兵庫助は己の連れていた部下に命じ、高原郷の一揆衆の本陣を探らせた。

   ./ ̄ ̄ヽ
  ./   /  ̄  ̄ \
 ./  /::\:::/::   \     エナジーボンボンに
 |  /<◎>::::::<◎>   \  一揆衆の本陣がぼんやりと浮かび上がる…
. |  |   (__人__)     |
,-、\  ` ⌒´,--、 _/  
| ∩/´     ∩  |  ヽ
ヽ _ / ̄\   ヽ  丶 |
 ヽ |    |    \__ノ .|
   \_/        |

         _, ─''''''''─ ,、 _
       , '´         `‐、
      /              ヽ
      |   __ ノヽ __    |   若!これを!
     .|  (/●)  (●\)   .|
      |    ̄ ̄    ̄ ̄    .|
      'i      ___    _ ノ'    「ん?どうした?」
       `''─ ノ´└┘`ヽ ─''
     , '´            ` ヽ、
          ./ ̄ ̄ ̄\
         ├────┤
         ├────┤
         兵庫助従者2

21712008/11/29(土) 23:45:22.26 ID:rniroTqq0
  __                __
  i     ̄ ̄\ ∧ / ̄ ̄    i
  ヽ        ∨ ∨        /
   \               /
      \         /
       ` -、    ,.- '゙     「こいつは…キリシタンの!
        (_|    |_)       ガチャピン(仮名)!ムック(仮名)!
          ( <|   |> )       これをどこで見つけてきたのだ!?」
        \\ |/         
        /|\\
         \\> ,)
         (〈\\
         Y´ `Y
          ,ゝ._,ノ、
        /    \

  `〆⌒ヽ
  ( Θ_Θ)   高原郷の連中の本陣ですぅ。
  (  目 )
  | | |
  (__)_)

  、、、┯、、、
  彡(・)(・)ミ  
  彡 д  ミ_   今、きゃつらは陣の中で油断をしておりますぞ~。
⊂彡      ミ⊃ 今が好機ですぞ~。
  彡"  "" ミ
  彡_ミ""ミ_ミ

22012008/11/29(土) 23:47:38.57 ID:rniroTqq0
      / ̄\
     |     |     ∩_
      \_/    〈〈〈 ヽ 
      _|___   〈⊃  }
     /:::\:::/::\   |   |     よし、わかった!引き返すぞ!!
   / <●>::::::<●>\  !   !   伊藤殿にこの旨を伝え、軍勢を一つにまとめ、
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l.   一気に敵の本陣を叩くのだ!
  |     |!!il|!|!l|      |  |
  \     |ェェェェ|     / /     
  / __         /
  (___)       /

 こうして兵庫助は本陣へ戻った。
だが。
          _r=======ュ._
         // / ,' l  .i.  i,  、 ` 、
.       / .,' ,' i  l  l.  'i   ',  ヽ
.     // / ,' .l  l   l   'i  ',. `、. ヽ
     // /  / .l  l  _l__'i_   ', `、. ヽ    ダハハハハッ!
   // /.ィ‐'77.二、 ̄ ‐'ニ,-、 |「ミヾiー-、. ヽ   これぞ男の生きる道~ッ!! 
   //ブ´/ Λ〉ィてj   ┴゙′||ミj-( `、`、ヾ. ',
  ゝ,/ / / l| ^ フ  ヽ il||||| |レ^i }  ', `、 }ノ
.   ` 'ー-'、..__|  ヽ ^′ `|||l .||_,.イ_.. -‐ ''´
         l、 `ーニ=-‐'    |レ'{
            |lヽ. `ー‐'´   .イ| l
         _.||-|ヽL___,..-‐''´/||  トッ、
.     _, -イ il|||/! ヽ    / ||/:./:.:.`' ー- .,_
  ,ィ-イ/:::::/::::l/`ー、 l _.∠-‐':.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:......`..:、

 光兼は相変わらず動く気配が無かった。

22212008/11/29(土) 23:49:19.84 ID:rniroTqq0
     , (⌒      ⌒)
   (⌒  (      )  ⌒)
  (             )  )
    (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ
          | || | |
       ノ L,l ,|| |、l、
       ⌒:::\:::::/::\
      / <●>::::<●>\       伊藤殿!何故に動かれぬのじゃ!
     /    (__人__)   \     今、油断しておる敵の本陣を突けば、一気にこの一揆を鎮圧でき申す!
     |       |::::::|     |    
     \       l;;;;;;l    /l!|    「…オレはにオレのやり方があるんだよぉ~。
     /     `ー'    \ |i     柳生チャンは黙って見ておいてくれねぇかぁ~?」
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |    ドンッ!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ >
               レY^V^ヽ

22312008/11/29(土) 23:51:09.75 ID:rniroTqq0
         / ̄\
         |     |       )    伊藤殿!
          \_/        )   そのような悠長なことでは何も出来ませぬぞ!
       ノ L__|___       )    既に殿も焦れておられる!
       ⌒:::\:::::/::\      ヽ   今 す ぐ 出 陣 の 用 意 を !
      / <●>::::<●>\ ,    ) 
     /    (__人__)   \,   `v'⌒ヽ/⌒ヽ/       ,. ‐- .. _
     |       |::::::|     |                   /  __  `` ー- 、
     |       |::::::|     |               , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '
     \       l;;;;;;l    /"             _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉  
       \    `ー'    \_ -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'
  / / //| 〉‐f/ \'    !   ´       
 / ,' > .|/ レ   ゚ノ 

                    ,. -┬┬┬r--、           ……うるせぇぇぇぇぇぇぇぇぇっっ!
                  . 'i´li_.l._i...;j...i..,j_川ii:\        新入りの分際で生意気なんだよお前は!!
                 /li '"        "'jノ jヽ.                      
               /,r'         ,,   }/ j i:|        「新入りであろうと無かろうと、それがしは…!」
               {:i       〃 ,:::::, ヽ }/ j:トー‐‐---, 、_                
           _,. -‐''´| 、_  ヽ.  / ,.::::::.:::::, - }/,-'、::::::::::::::::| |`',ー--
         .r-i´:::::::::::::/|  ,ゝ‐-<: レ、_, -‐-<_  レ^j ト、:::::::::::::| |     ヽ
     . --‐'´ i |:::::::::::::λ|  、 (.゚);" 、 、__(.゚)ノ   〉_, / |:::::::::::::::| |  ヾ    /'ー\
   / "    | |:::::::::::::ト、|  " ̄/   ` ;::::::::::::;  ,___/ヾ.|::::::::::::::::| |        \
  / "       | |:::::::::::::| |   l   ヽ  ;:::::::;  |   /::::::::::::::::| |          |
  /    〃  | |:::::::::::::| ト、 、_ヽ,_,'^.____,┐;:;  /i:  /:::::::::::::::::::| |       "    |
  |    〃´   | 〉::::::::::::|. ゝ'、 ⌒ゝ-‐'´,    ./li  /:::::::::::::::::::::| |      "      ゝ,
  ゝ,       ノ/:::::::::::::::`':、 `ー、`'ー''´  _,/:: /::::::::::::::::::::::::〈 〈r‐-、         |
   〉_______ゝ;:::::::::::::::::::::\ ' 、`ー-―''´  _./::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ√`''、       |

22612008/11/29(土) 23:53:03.00 ID:rniroTqq0
                                                 〃 ⊂ニニ,ヽ
                                                    r;ニニ;., ヽ
                    ,. -┬┬┬r--、                        >,レ―-、 〉
                  . 'i´li_.l._i...;j...i..,j_川ii:\                      | ▽ > ヽ|   大体よぉ、新参者の武芸者風情が、
                 /li '"        "'jノ jヽ.                      i  /   |  このオレ様に意見するなんざ、
               /,r'         ,,   }/ j i:|                     ゝ, i   ノ  何様のつもりなんだよぉ!
               {:i       〃 ,:::::, ヽ }/ j:トー‐‐---, 、_                r't--‐‐i   戦場に出たことの無い若造の分際で
           _,. -‐''´| 、_  ヽ.  / ,.::::::.:::::, - }/,-'、::::::::::::::::| |`',ー-- 、          {:::::::::::::::}  偉そうに言いやがって!
         .r-i´:::::::::::::/|  ,ゝ‐-<: レ、_, -‐-<_  レ^j ト、:::::::::::::| |     ヽ._        {;;;;;;;;;;;;;;;;}    
     . --‐'´ i |:::::::::::::λ|  、 (.゚);" 、 、__(.゚)ノ   〉_, / |:::::::::::::::| |  ヾ    /'ー‐--、    |    |   叔父が徳川将軍家のご指南役だからって、
   / "    | |:::::::::::::ト、|  " ̄/   ` ;::::::::::::;  ,___/ヾ.|::::::::::::::::| |     /:::::::::::::::/`'ー、 i     |  ワゴンだけじゃなくて、
  / "       | |:::::::::::::| |   l   ヽ  ;:::::::;  |   /::::::::::::::::| |    /::::::::::::::/   ノ     .:|  調子にも乗ってんじゃねぇのかぁ!?
  /    〃  | |:::::::::::::| ト、 、_ヽ,_,'^.____,┐;:;  /i:  /:::::::::::::::::::| |    |:::::::::::::::|   /     ..::|
  |    〃´   | 〉::::::::::::|. ゝ'、 ⌒ゝ-‐'´,    ./li  /:::::::::::::::::::::| |    |:::::::::::::::|   |     .:::::|
  ゝ,       ノ/:::::::::::::::`':、 `ー、`'ー''´  _,/:: /::::::::::::::::::::::::〈 〈r‐-、   |:::::::::::::::ト‥ i:.    ..:::::::|
   〉_______ゝ;:::::::::::::::::::::\ ' 、`ー-―''´  _./::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ√`'ー'、;;:::::::::::i."'  `   .::::::::::::|
 .  |:::::::::::::::::;:'::::::::;ヽ;::::::::::::::::::::::`ー`◯)´-‐‐''´::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;j/     ` ー-:::ゝ,_    ..::::::::::::|
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧:::_. -―''77:::::::↓:::::::::::::::::::::il´`'ー-、、:::::;;;;;;;;;;;;/           `'ー- 、;;;;;;;;;;;;;ノ

22912008/11/29(土) 23:55:02.40 ID:rniroTqq0


    「ぷちん」


`〆⌒ヽ
( Θ_Θ)  あ
(  目 )
| | |
(__)_)

       / ̄\
       |    .|
       \_/
         |  ノ(
     / ̄ ̄ ̄ ⌒   
   / (○)}liil{(○)\    (キ、キレた…俺の中の決定的な何かが、今、音を立てて…!)
  /ノ(   (__人__)   \  
  | ⌒ ヽ `⌒´  /   |  
  \             /

23012008/11/29(土) 23:57:18.28 ID:rniroTqq0
              / ̄\
        l|l    |     |
  ,r'ニニニヾヽ、     \_/      //ニニニヽ、l|l  
 ("; ̄ ̄ヾ))     __|___   ((/ ̄ ̄`゙`)
 |   、ィ_ノと)'   / ::\i||i/::\  (つ(_,,ア   |!
 i|   ` イ_/  / :<◎>::::::<◎>: \. \_Y   |!   叔父は関係ねぇだろ!
 .ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  /    叔父はよォォォォォォーーーーッ!!
   \  \l     i|    |!     l/  /   
  l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l
      \  ヾ   `ー一';  ィ    /   i
         ヾ、    ``";      / l|l  
    ゚   |!  Y           ィ |!  。
    ,.  '  、/               ヾ ; ;  `
  ゚, i! `| ゜、l!            i|!; ゚ ゜ 。l|l  
   ヾ从ソヾ、, ;;ソ'人゚;,ィ~;;へ、ィヘ;;;ンy从/ゞ〆;  ,.,
 _..〆  ..:::ソ  ..:_::ノ .::j   .:::ノ`ソ;::ゝ .::::...ヽ _.:::`


  `〆⌒ヽ
  ( Θ_Θ)  
  (  目 )   あーあ、若に一番言っちゃいけないことを…
  | | |
  (__)_)

  、、、┯、、、
  彡(・)(・)ミ  
  彡 д  ミ_   もうこりゃおさまりませんなー
⊂彡      ミ⊃
  彡"  "" ミ
  彡_ミ""ミ_ミ

23312008/11/29(土) 23:59:49.71 ID:rniroTqq0
       / ̄\
       |    .|
       \_/
         |  ノ(
     / ̄ ̄ ̄ ⌒      ああそうかいそうかい。お前の性根はよーくわかった!
   /( ○)}liil{(○)\   あらためて、殿のお言葉を伝えてやる。 
  /    (__人__)   \  
  |  ノ(  |r┬ | .     |   「存 分 に せ よ !」だッッ!! 
  \ ⌒  .|r l |    /   
  /     `ー'     \   この言葉…冥土の土産に持って行け!!


   / ̄ ̄ ̄ ̄\ そ
 / ._i...;j...i..,j_川ii\〃て         
 | >     `ヽ/ ̄\〃 ∵. ・_====三\_ ノ(      新陰流・ボンボンアタック!!
. | >      ミ }    ー=- ̄ ̄       /     ⌒     死ねえぇぇぇッッ!!
  |>ε      >、_ ノて        /\i||i/::::  \    
.  |      " ノ`ヾ}  そ       /:<◎>::::<◎>:::   \   「ギャアアアッ!!」
.  ヽ           }           |   (__人__)      |
   ヽ        ノ           \   l;;;;;;l      /\

 兵庫助は光兼を一刀のもとに切り捨てた。 
当然のように即死である。

23712008/11/30(日) 00:01:49.45 ID:D8U4p4W80
 騒然とする陣内の諸兵に対し、兵庫助は血刀をぶら下げ、一喝した。

     , (⌒      ⌒)
   (⌒  (      )  ⌒)
  (             )  )
    (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ
          | || | |
       ノ L,l ,|| |、l、          聞けい!
       ⌒:::\:::::/::\       伊藤長門は主命に逆らったのじゃ! 
      / <○>::::<○>\      我が命に従わぬ者は、同じく斬り捨てるぞ! 
     /    (__人__)   \    
     |       |::::::|     |     これより高原郷の本陣を攻める!
     \       l;;;;;;l    /l!|    ワゴン引けい!
     /     `ー'    \ |i    
   /          ヽ !l ヽi    「はーい」
   (   丶- 、       しE |    
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ > ドンッ!
               レY^V^ヽ

24012008/11/30(日) 00:03:04.25 ID:D8U4p4W80
             / ̄\
             |    |
             \_/
                |            
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1  
      /.  / :  ∀        \ 、 l |  
.      l.  /  __::\:::/::::___   l i ノ l   では参るぞ!
     li   l r'<●>::::::::<●>、ヽ   l レ' /   者ども、続けええええええッッ!!
     |li  l ヽ._(__人__).ニニ´-' ,. - '  /   
     ヽ`'┴ー--「 ̄|l-‐‐ ''"´   ,ィ l    
      ヽ、_  |__.||     _,,.. イ /┘    
        >二j^ーヘiニ二 --く.∠.
        /,,― -ー  、 , -‐ 、
       (   , -‐ '"      )
        `;ー" ` ー-ー -ー'

 兵庫助は兵士たちを一喝し、指揮権を握ると、
すぐさま戦準備を整え、高原郷へと総攻撃をかけた。

243以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2008/11/30(日) 00:05:10.72 ID:D8U4p4W80
=高原郷・一揆衆本陣=
  __
  ‘ュL 「!_
  (o厂l厂   、_人_ノー'
    o    ノ    _.. ─- 、
         )  /      \
          /         ヽ   ___
         /_  /   ;:  _`:;  >",.-=、`!
           {●)/   ;: (●), ´ /r、`ノ/    お頭ぁ!
           | ノ    ;:; `~"   ` _/     加藤家の者どもがすごい勢いでこちらに!!
        │ l      )         ヽ    準備が整いません!
           ヽ ヽ    ,.-'__   ;;.     `l
           ヽ `ー ´ ̄ `ー''/     .ノ
            ー 、      /     .:ノ
            |   ` ー---{    .:ノ
            \.:.:: ._ノ   ヽ::.. ´ ヽ_
              ヽ__ }      ヽ;__  )
          rrー‐'´   !    _..ノ    |
          ゙-ー------‐'    (__(__(__ノ
              一揆衆

24712008/11/30(日) 00:07:24.31 ID:D8U4p4W80
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'''==っ;;`ー‐‐‐'''==:、;゙''--;;、:;ヾ::ヾ;;,ヽ;:.゙ヽヽ,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙''=、、;==,- 、`-、ヾ,:;:;:;;ヾ;、:ヽヽi!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!i;;;;;;ミミ;:、;゙!i;;`-、vi::゙-/:!ミ;;ヾ:Y゙!゙l_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;:;:ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ヾ;:::i!゙!;;;;;ゞ、ミ;;ヾ゙';;;:ヽV:!;.゙i:゙!  ;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙"、;;;;l:、;ヾ::、ヾ:、;ゞ゙'i,ヾi,゙i, i;:!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:.!;;;;ヾ;::i;ゞ:、;ヾ:、;゙i::i!゙'i゙i,V;/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ミ、;}ユゞ::、;;;゙i::!;i:!;;ミ:゙i!゙ r'i〈
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ゙i,;;;;;ヾ::、;;;;ヾ::、;,l,゙i;;ヾ:゙i:j>ベi:l,          なんだとぉ!?
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝr;ヽ,`i;;;;;ヾ::i,;;;;l,::i;;:、:゙、;>y゙ヘ:゙!゙!゙!         よりにもよって、皆が休んでおるこの時間に…!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,....、;;;;;;;;;;,、;;;;;;;;;;゙''';;;=;::ヾ;;;;;ヾ::ヽ;゙i,:!;;ヾ::、;:゙、;:゙i,::i:l,         ええい、とにかく迎え撃つ準備だ!!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::゙i;;;;;iミ;:::};;;;:,.へ;;;;;;;;`;ツ:{;;;;;;;;;`i::l,;;ゝ';;;;;゙i::i;,.ヽ;:ヽ:゙、     ∩
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,..、;;;;iミ:メi;/:::;.イ;;;;//‐''"´`;:ヾ;:゙!;;;゙7:};;;;;;;;;;r'/;;;;;;;;,.ミ゙:::::゙::.:゙'i:.゙i:.l,     ,'::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i,;::ヽ;!:i:;/;;:/;;;/:::::::::::::;:;:;:;;;;;;;゙!l!;゙i!;;;ゞ::};;;;;;;;;;;;;;ミ'":::::::.:.:.:   ` ヽ  /;:/   「そこまでだッ!!」
;;;;;;;;;;;;;;;i::::゙!i;};:::ハ;:;:;i゙;ソ/::::::::::::;:;:;:;;;;;;;;;;;__;;::--、;;;;;゙'ーr'"⌒ヽ:::::::::::.:.:.:.:........   >':;:/
;;;;;;;;;;;;;;;|::/;/:;/;;;;;V;;;;;;i::::::::::::;;;;,.==''フ;:;:;:;_,..---、;;;;{:::;◎;::::}::::::〈:〈::::::::::::::::/;;;ハ
;;;;;;;;;;;;;;;レ゙;;;U;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::i'´;;;;;;;,.-'゙__::::゙''>==゙Yヽ、__;:ノ:::::::::〉:`-- ':r:/:;;;/:::::.:l,      
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l,:::::::::|;;;;i::!;;彡,.--─‐、;:二;:i::;{;;;:;:ヽ_、.:.゙!:::::'´⌒゙:Y:;;;;/::::::::::::!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l,:::::::l,;;;;i::;レ'r''二''ー'"゙;::ー=、ヾ゙!;ヽ、,.),,.::::゙i,l_;i;,.::.:.:|;;;i゙::::::::::::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.、;;;;;;;;;!::::::::i;;;;;i,;. ;r=;テi゙,.二}=、゙i:゙i;;゙i;;;;;;,.:::,;;l:::、{ o゙!::/:,.l;ノ::::::::::::::/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,ィ;;r'゙"` ヾ;;;;;l::::::::::|;;;;;;゙i:;!:::r'__,r  _)__i:l:::|;;;|;;;;;;;,、_::;r‐゙T'i;;、彡シ:-、::::.:.r;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;r' ゙i;;!   ,..-'゙:::::::::::/;;;;;;;;r'::::| i;,...゙i‐'"`゙iノ!i;:i:;;:!;;;;;;;;;;゙i:;;゙;i;:::゙:,=;;:=ニ.,゙''i;;r‐'゙゙
;;;;;;;;;;;,.;;;;! /   /::::::::::_:/;;;;;;;;;;;|::::i:`゙Y ;:ヽr'",.ノゞi:;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'J;;r'、i;;;;;__/
;;;;;;;;;ノ ゙i;i   /:::::::::/ ゙'i;;;;;;;;;;;;;;;i:::i;!::人 ,r‐'T __,..-゙i,゙i:!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`-';;ソ´
;;;;_;;;i      |::::::::/    l;、;;;;;;;;;;ノノi:/;i::,r゙Y゙_,,..゙.、__,..-゙、ミミ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r'゙
;;'゙{;;;;!     |::::::::l   i゙ `''i;;;;;i:i;;;;;;//;r:;:ハ、__,.人_,.、-ィ,、`;;-;;;i⌒~'゙
;! .i;;!     l:::::::::i,     ゙ i:i、;;ri:!,.-;;;;;;;;`-===';;゙i´ ゙i,;;;;;;;;;゙、
i i;!        ゙、:::::.:ヽ,      〃i:ソ {;;/i;;;;i!;;;|゙i;!i;;;:!
 '゙         \::::.:.\           '゙ l;r' i;;;! i;;シ
           ゙ヽ、::::.:゙ヽ、       ゙i;! ツ" '"
                 一揆衆・頭領

250以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2008/11/30(日) 00:09:24.88 ID:D8U4p4W80
              / ̄\
              |    |
              \_/
                | \\ 
           . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
       /.  / :  ∀        \ 、 l |
.       l.  / __::\:::/::::___   l i\ノ l        柳生兵庫助長慶推参!!
      li   l r <●>::<●>  、ヽ  l レ' /        一揆衆ども、素直に降参すればそれでよし!
      |li  l ヽ. (__人__).ニニ´-' ,. - '  /\       手向かうならば、この兵庫、容赦せん!!
      ヽ`'┴ー--「 ̄|l-‐‐ ''"´   ,ィ l (⌒)\
       ヽ、_  |__.||     _,,.. イ /┘ | )\\     「うるさいッ!ならば貴様を倒して、
         >二j^ーヘiニ二 --く.∠._/ |  \\    勢いを取り戻してやるわッッ!!」
         /, 、              _/    \\
        / __         / ̄ ̄        \\
        (___)       /              \\
         l           l                \\
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|            \\
     |   ワ     ゴ      ン   |               ̄
     |                      |
     |______________|
         ◎           ◎

25212008/11/30(日) 00:11:45.08 ID:D8U4p4W80
             , -───- 、
             / 死 夜 な ゙ i
           /   に .が ら  l
           l   続 明  :  |
           |   け け     |
           |   ろ る    |
           ゙、      ま     l
            \    で   /
              ` ー── '"   
               ___
              /:ノ::::::ヽ、\
            /<⑪>::::::<⑪>\
           /::::::::::(__人__)::::::::::\
           |::::ノ(:::::::|r┬ |:::::::::::::::|
.           \⌒::::::::|r l |:::::::::::/
           /::::::::::::::::`ー'::::::::::::\
            / rー'ゝ:::::::::::::::::::::::::〆ヽ    
          /,ノヾ ,>::::::::::::::::::::::ヾ_ノ,|    
          | ヽ〆:::::::::::::::::::::::::::::|´:::|   

25612008/11/30(日) 00:13:57.48 ID:D8U4p4W80
            /      / ̄\
          //       |     |
        ///       \_/ (⌒\
       ///         ____|___ \  ヽ 
       (  (        /:::\:::::/::\ \ \   シャー!!
       \ \    /  <⑪>::::<⑪>\ \ヽ
         \ \ /    (__人__)   \|  \ヽ    「ギャアアアア!!」
          \ \.       |::::::|     |ノ  ノ  \
            \  ヽ    `ー'´    / /    
             /              /  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
           //  /             ̄ ̄ ̄ ̄)  )
         /  (  ⌒ ̄ ̄ ̄ヽ           ノノ/
      _/  / `ー―――、  )          ノ/
 ー=二三 __ノ        ノノ/         /
                  ノ/
                /

25712008/11/30(日) 00:15:37.94 ID:D8U4p4W80
           ,,,,,┯,,,,,
          彡    ミ
         彡. (・) (・) ミ    ワタクシもやりますぞー
         彡       ミ    
         彡  ▲   ミ     彡ミミ,.
       彡彡   "   ゛  ミミ彡   ,し
      彡      ",,,,,.,, "       彡
      彡   ミ  ""   ミ 彡彡彡
       彡,,щ9 て ビシッ   ミ
        ミ"" そ        ミ

          /⌒\
         / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         |/             \
         /   ∠,,_ノ ソ _ ,,.. _)     食べちゃうぞ♪食べちゃうぞ♪
        /|  '',,((ノ )   ノ (\)  |       キリシタンの一揆衆は 食べちゃうぞ♪
        | |     ̄'      ̄ イ ハァ ハァ
       \| υ     、_/ロロロ)_   ノ
        /|    υ         \
        ( .|    /  ノ ̄ ̄ ̄)  ノ  \

 兵庫助率いる加藤家の討手は、高原郷で休んでいた一揆勢の主力を強襲。
不意を突かれる形となった一揆勢は大勢を討ち取られ、主力を失ったことにより壊滅。
更にその後は、尾張柳生家に伝わる史料によると、

  「一、利厳公肥後に於て、百姓一揆勢二十数名を斬罪の事」
  「一、同、一村切払い(皆殺し)の事」

 が行われたと言われている。
こうして、清正の求める通り、一揆は鎮圧された。

26112008/11/30(日) 00:17:27.22 ID:D8U4p4W80
    -=三 =-=三 / ̄\           
             |    |               
            \_/ヽ            
                 \              
         -= =-=三=/  ̄  ̄ \         
   -=三=       /     ::\::::ノ\       
             /    < ●>::::<●>ヽ   これで主命は果たした…!
             |       (__人__)  |     しかし…!
-=三 =-=三  =-=三\       ` ⌒´  /
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
-=. =- =..-    | ワ     ゴ      ン     |
       .二三 |                      |
         |______________|
             ◎           ◎
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 一揆を鎮圧した後、兵庫助は熊本城へ戻った。

26412008/11/30(日) 00:19:02.40 ID:D8U4p4W80
=熊本城=
                   ∧_∧           ∧_∧
                   ( =========( ・∀・)
                   / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄//_ //^\ゝ
                  / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄//_ ///== \ゝ
                 / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄//_. /// ∥  \ゝ
            ⅱ  ノ ̄ノノ ̄// ̄// ̄//  ⅱ_ノ//======== \ゝ .ⅱ
             .ヒ==,@==@,==@==@,==@== ノ人ノ     ∥      ン
               ̄∥~  ̄~ ̄~  ̄~ ̄~ ̄  ∥| ̄ ̄ .∥ ̄ ̄ ∥
                ∥==================.∥|=====∥==== ∥
                ∥|  ∥  ∥ ∥ ∥ .∥|    ∥   .∥
                ∥|  ∥  ∥ ∥ ∥ .∥|    ∥   .∥
                ∥===================   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
                ____@))____|_______ |
               /    //ヘ \冫      |        |
               /   //     \\冫    |         |
       ∧_∧  /  //   ⅢⅢ   \\冫   |         ∧_∧
      (  (( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄( ・∀・)
     / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//人\\
    / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//人\_\
  / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//人_\\_
/ ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//ⅱ人人_ \\
@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@ノ人_@_@、_
     |          |          |           |
     |  △ △ △  |           |  △ △ △   | △ △ △
    |=======| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|========|====

26512008/11/30(日) 00:21:11.24 ID:D8U4p4W80
     |┃三       / ̄\
     |┃        |     |
     |┃         \_/
 ガラッ. |┃            |
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \      
     |┃三    /  ::\:::/:::: \     殿!兵庫助、戻りましてござる!
     |┃     /  <●>::::::<●>  \  
     |┃     |    (__人__)     |    
     |┃三   \    ` ⌒´    /    
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

                 ,.-―-、,r ‐-、
                r'⌒ ⌒ ヾr ⌒^ヽ
              /`    ,.~vへ   ⌒)       
            ,.-'    ( ソ     〉,, )  ヽ       おお、戻ったか!
            r'     ノ,ニ、_ ヾ ソ _,ノヘ    )      して、首尾はどうだ?
          r'    ゝ 〉 `''’'`,i l '‐・'ゝ 〉ー⌒く      
        _i⌒" y (  (^ヽ     ' '  - :レ、 、) )_     「殿、一揆勢は殲滅いたしました。 
     ,.-メ  _ r      ゞi  r<ニ三ミ:、  / ノ  ヽ  ヽ_    しかし、殿にご報告せねばならぬことが…」 
    ,.-(   (     ;  :ハ ヾ-=-.ソ /-'   ∠ 、  ヽ  
   rf   ,.-{   ( _ :::i  ヽ  ~   / |::: _ノ   ) ’、
 ,.-ゝ  ゝ'   ,.- ' "   ,:|   `ニニ´ .: |'´ 、  ` ヽ、 ) )
(   r   /   ..::::/   丶   ,:'  ヾ:、ヽ    ヽ  ミヽ、
(~  (   ,./    .::/     ヾ        ヾ;     ト、   く
    r '" |   : ::i"       ゙  '       ,!    | `ヾ、:::}

 兵庫助は一揆鎮圧と、それに絡んで光兼を切ったことを全て話した。

26612008/11/30(日) 00:22:47.51 ID:D8U4p4W80
::: ノ::::::::::::::::::::::::::::/ヽ=- ' i ヽ- i lヽ、、' ヽ-
/:::::::::::::::::::::(:: レ'"´oヾ:、 l!, ___l :::::::::ヽヽl丶、
:::::::::::::::::::::: r '`ヽ´   ̄ l、iヽ.oヽ´7ヽ::::::::::::::::
:::::::::::: :::::::::: !   , -  `'´ ィi   ヾl::::: )::::::::::::    
:::::::::,.ヘー ,-':、_/、,.. --- 、  、   !::(:::::::::::〃    …そうか、ならばよし!!
:::::::'::::::ヽ_:;::: i  ト-‐ ―- .,`ヽ, i /::::::::::::::::ヽ     
::::::::::::::::::(:l:: ! l __     `/  /:::::::::::::::::::::::
:::::::;;::::::; l:::l::   !´ ` ー ''ヽ/ //::::::::::::::::::::::::::
:::ム ''7´::::ヽ.   ヽ、_   ,/ /:::::::::::::::::::::::::::::
::::::::l {:::|:::::::ヽ.  ` ー ̄イ /::::::::::::::::::::::::::::::::
ヽ、r- '::::l::::::::::ヽ.   ̄ ´  ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::
  `ヽ、:::!::::::::::::`ー.. __ ,.イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     \:::::::::::::::::::::::ー'´/-- 、:::::::::::::::::::::::::::::
\      \:::::::::::   /    `ヽ::::::::::::::::::::::

         / ̄\
         |    |
         \_/
           |
         / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::::\:::/::\     …いえ、殿。
     /   <●>::::::<●> |    それがし、これにて当家を退転したく思います。
     |      (__人__)  j    如何に主命とはいえ、新参のそれがしが古くからの家中の将を切って、
     \、     `⌒´ /    お咎めなしでは、家中に不穏の種を撒くことにもなりかねませぬ。
    /  ⌒ヽ  '"'"´ (     どうかお許しを。
   / ,_ \ \/\ \   
    と___)_ヽ_つ_; _ヾ_つ.;.

26912008/11/30(日) 00:25:52.60 ID:D8U4p4W80
            「"`、      
        ..-----ゝ ヽ―――
     /⌒      ̄      
   _ノ  /⌒ヾ  :               
   (   ノ:    ::               
   )γ´:::  _∫:::  λ  :.::...           やめんでいい!
  .ノ 7::::::.  )`^` ̄ l___ノ⌒ノ::          貴様の行動を認めたのはこの加藤清正だ!
  ヾγ:::.:::: ノ  ノ _ノ___--、└┐ _ノ:    
  ノノ::.::::: ζ__.l__レ´く__o`)ノ ノ λ-、ヽ:     …それにな、貴様の爺、石舟斎から
 _)ζ:::::┌´:::K/^ `⌒   ̄ /^""(-、 |:   三度まで貴様を許してくれとの頼み、受け取っておる!
 )   ̄レ ::::::./      ̄`--´_/   )/ /:    その条件で召抱えておるのだ!貴様は!
(      :::::::lヽ、^   _   |    .┴´::   
ヽ┐   ::::::λ、___ノ_.、ノ`ヽ    /::::::       …聞いておらんかったのか?
 ζ  ::::::::::::::| `r―′__.-┤   `l::::     
ノ´    ::::::::::ヽ |.--┴--ノ  .--´::      
ζ ::::...  :::::::::::|√ ̄ ̄`´  く::::::::..:
ヾ:::::::::     :::ヽ  ̄`     )::::::
(:::::: :::..   ...:::::::|____./  ゝ::
ヾ:::       ::::::::::::::::ヽ    (:::
 \_        ::::::ノ     ヽ_

27112008/11/30(日) 00:27:51.62 ID:D8U4p4W80
      __|\/|__ パーン
      \      /
      <<      >>
      /      \
       ̄\/|\/ ̄
       / ̄ ̄ ̄\  
      /::- :::: -:: \    !!
    /  <○>::::::<○>  \   
    |    (__人__)     |   
     \    `⌒´    /
    ノ           \


         / ̄\
         |  \0 |
         \_/
            |
         / ̄ ̄ \
       /   " `..,::\ 
     :/       ::::;::::::|:.    そんな…ことが…!?
     :|         :;;::::::|,,   
       ヽ.....::::::::::::  ::::_::/    ははは…なんだよそりゃあ…お爺様……!
       r "     .r ミ~.    全ッ然信頼してくれてなかったってことかよ…!
     :|::|    ::::| :::i ゚。    
     :|::|    ::::| :::|:     
     :` |    ::::| :::|_:    
     :.,'    ::(  :::}      
       ::i     `.-‐" 

27612008/11/30(日) 00:30:30.72 ID:D8U4p4W80
  __,冖__ ,、  __冖__   / /// ̄\
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ / |    | )) ピクピク
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    /  \_/
  __,冖__ ,、   ,へ        (( |  ))
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//  ̄ ̄ ̄ \
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /   ::\:::/::\  
   n     「 |        o゚< >>::::::<<>゚o   
   ll     || .,ヘ   /    ` (__人__)  | 
. n. n. n  ヽ二ノ__  {      |r┬-/ ' |     
  |!  |!  |!      _| ゙っ  ̄フ   ` ⌒´ /  
  o  o  o     (,・_,゙>  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \


     |┃三て       ;/ ̄\;
     |┃         ;|    |:;
     |┃         ;.\_/;
 ガラッ! |┃            ;|:;
     |┃  ノ//   .;/ ̄ ̄ ̄ \;:
     |┃三そ   ;/        \;:゚o ゚o    なら、尚更当家に留まるわけにはいきもうさぬ!
     |┃     ;/            \;    これにて御免!
     |┃     ;|              |;
     |┃三て  ;\           /;:     「なんだとォ!?」
     |┃三そ  ;/           \;:

27812008/11/30(日) 00:32:26.46 ID:D8U4p4W80
    ―― [] [] / ̄\
   | l ̄ |  |  .|    |
   |_| 匚. |   \_/
\\   | |     |
   \\ |_|  / ̄ ̄ ̄\
     \\/  :::\:::/:::\       (お爺様…そりゃあんまりだぜ……!)
 [] [] ,-, / o゚< >>::::::<<>゚o   
   // /    (__人__)    \    ,.r-、
 匚/ /     |r┬-/ '     \  P{三)
    /       `⌒´     |\  \/\ノ
    /ヽ/^y            |  ヽ     |
\  (、、J  |            |   \_/
 \\    |            |
   \\ |            |       「またんか兵庫…ッ!
\    \/           7        …ええいクソッ……!!」
从从   (            /
Σ  ヽ、  へ        ω/
Σ  /  ̄   \     \
Σ_ノ \、__ / \      ヽ
  \\  \ \   \    〉
 ̄\\\ ̄| \\  //  /
 ̄ ̄\\\ ̄\ \//  /
 ̄ ̄ ̄\\\ ̄|  // /
 ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄\二フ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄|_

 こうして兵庫助は加藤家を退転した。

 こちらで得た弟子たちとも別れ、
元々柳生より付いてきていた従者だけを連れての牢人の身となった。

28112008/11/30(日) 00:34:35.21 ID:D8U4p4W80
               ___
          _, -' ´___\
     ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、     
    /  ./ /      l ト、\    
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',    さて、この話なのですが、
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !   実は兵庫助が加藤家を退転した正確な理由は不明なのです。
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |   今回の話は、尾張柳生に伝えられた史料(「明話之目録」)が元になっているのですが、
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /   もう一方の当事者たる加藤家が二代目で断絶したため、
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/   そちらの史料が残ってないのですね。
      ! | |ヽ|        -   リ    
      ! | lゝ、      n /|      結果、兵庫助が退転した理由たる一揆の一件に加え、
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::l !´l. |     兵庫助が肥後熊本藩にてどのように過ごしていたのかが不明なのです。
     /| l::::::::::;ィ´ {X}i〈_〕l. !     おそらく、新陰流の教授もしていたのではないかと思われるのですが、
     l l__j::::::::/: i_lil__|: !: /. !     それも史料が無いので確信が持てない状態なのですね。
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::L:ノl_|!    勿体無い話ですぅ。
    / /  ::: /: :ノ:!::::::i:::lヽ  ::: i.    
    l !   ,/: :/l/: :T: : Tヽ\::: i     ちなみに、もう一つ残っている話としては、
   / / / ヽ//: : : !: : : :ヽヽ ヽ〕    古くからの家臣が城下で新参の兵庫助を嘲ったため、これを切り捨てたことで退転した、
   ヽ{/  /: : : :|: : : : :〉:ヽ ヽ   というのもあるのですが、信憑性としては微妙としかいいようがないですぅ。
    く  //: : : : : : :\ : : /: : :ヽ┘   (ちなみに、この時、兵庫助が黙って通り過ぎた後、その家臣の上半身が
    └イ_:/ : : : : : : : : :  ̄: : : : :∧    ずるりと滑り落ちた…なんていう七丁念仏ばりの逸話でもあったり
       /:ー: :-、:_: : : : : : : : :/ : i   
     ヽ: : : : : : : :丶:_:_/ : /
         丶、:_:_:_:_:_; -- ‐'´

28312008/11/30(日) 00:37:42.55 ID:D8U4p4W80
       , --― ,===== 、       
     /    / , -―‐-、`ヽ、    
    く    / /    ,ィ l`ヽ 〉     ただ、ひとつ気になるのは、この二つの話の共通項、
      `7ヽ/ / /  // } |l   `ヽ   つまり「新参の兵庫助が古くからの家臣たちに良く思われてなかった」という点ですぅ。
     / / ∠-‐,..二`X // l  l  |   
     ! l | {〈::.:::.::.:ハ   -‐ヘ l|  }    それ自体が真実かどうか不明ですけど、
      | | ト、ヘヽ::_::/   /::下Y /    加藤家家中で兵庫助を良く思わなかった人間がいる場合、
      ! |  |\_〉  , --、 ヽ::/_/ /    理由として考えられるのは、単に新参であるということだけではなく、
    /  「|斗-ヘヽ 〈  /  フ ∧     「兵庫助が(戦場働きの無い)武芸者/兵法者である」ことがあるのですよ。
     レ‐┘し┐ :|| > ニ-<彡1 \  
    ∧_}ノ´V |l r个〈:\   ト、_/    というのは、先にも述べた通り、
    / \:.:「\l〉:ー-YT‐|: : }   |      武芸者は、武士というより芸者の類として認識されていた面があり、
.   /  / ヽ}/:.`ヽ、乂:人: :ヽ、 ヽ     それ故に、武芸者であった兵庫助が清正直々の命で五百石で召抱えられたことは、
  /  /   / :\: : : : : : :.:/ヽ: :}\ \   戦場での働きでのし上がった古くからの家臣からすれば、面白くなかったでしょうね。
. 〈ー≠ニ二/: : : : \: : : : /: : :∨/_}//   ましてや、兵庫助自身は戦場に出たことなどなかったわけですしぃ。
  ヾー-ニ_/ヽ: : : : : :`丶/: : : : :`Y_二ニ〉   朝鮮で泥沼の戦いを越えた加藤家の人間であれば尚更ですぅ。
  〈二ニ7: : :`丶、:_:_:_:_:_:_:_; : -‐ヘ=={   (この辺の話を詰めると、そもそも戦場経験の無い兵庫助が
  `¬く:_:_:_: : : : : : : : : : : : : : :_:_:_:〉<    どうやって一揆鎮圧の指揮を取ったのか、とか色々疑問は出ますが…)
        ̄`========'´ ̄

28512008/11/30(日) 00:39:34.91 ID:D8U4p4W80
           _ -―´ ̄ ̄ ̄`ヽ、     だから、"芸"に過ぎない剣術で評価された兵庫助を、
          ,/ ,===''⌒''== 、、     戦場働きの荒武者たる家臣たちが良く思わなかった、
        / ,=          ヽ    というのは十分ありえるであろう話ですし、
       /  ,='  _  ∧_ _,,         その辺と、石舟斎も認める兵庫助の短気が重なれば、
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_      まあ、ひと悶着起こる方が当然だと思うですぅ。
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\     内容はどうあれ、古参の臣との諍いが
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ     退転の原因というのは間違いないでしょうね。
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/      ちなみに、清正はこの時引き止めたそうですが、
  r"      | |{i t    _     / |     その時に、例の石舟斎との約束を持ち出した可能性もありますぅ。
 (   =‐'  | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
  ゝ-'     // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |      尤も、それを聞いて納得するような性格なら、
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ    そもそもこんな問題を起こさなかったでしょうし、
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |     普通に逆効果な気もするのですけどね。
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

28612008/11/30(日) 00:41:11.46 ID:D8U4p4W80
    そだ   |           ____                   
    れが   |     , ィ ´ __,.、__ `>、              
    が    |   / __.r‐┘   \ └‐t _ \              あと、辞めた理由もそうですが、
    い    | // / //   l  ', 、  \ハ\            清正が兵庫助を召抱えた理由も不明なのが勿体無い話なのですぅ。
    い    / /イ   //  /  l  |  \  ヽ!  \         稲富一夢斎のエピソードなんかを考慮すると、
    !!    /ヾ/   / /.: :  :/  / l |:.:.  ',   V   \       清正はあまり武芸者を重用してない気配がありますし、
 \___/ハ{{/ / /.:. : : / / / l |\:.:  ',   ',  ,.: 〉        そうなると、五百石を出してまで兵庫助を誘ったのは何故なのか、と。
      /    /   l:. リ ノニミミョェ、,,イナェィ彡三ヽ  !イ::/に      
       ̄ヾー-|l _ 斗  イエユミ、i/iミィエフシ' j:.:  j l/  や       ちなみに、兵庫助の石高は五百石と書きましたが、
         \|:!:. :.:.liヽ   ,,.-‐'/i !`゙゙ー-  iイ.:. /! l  っ       内実は三千石である、という説もあるのですぅ。
          l|小、:.:.:.ヽl     /; i !、    /.:.: イ } l         ただ、一面識も無い武芸者に三千石、というのは流石に考えづらいですし、
           l| { ヽ、:.:.:.\   ヾく_ソ    /ィ´_ {!_ l: l         まあ、宗矩の三千石に絡んで出てきた創作なんでは、と。
            l|  } _{!下T、   ゙ー_‐--‐ァ'  / /:.  {! }:. ',       
            ∥  { {! }:::ヽ:ヽ.  、二二  /::://::.:}   {:.:.  ,         まあ、色々書きましたが、この肥後熊本藩のエピソードは、
         /'   }  }:::i:::\\       /::://:.::::.{'_{!_/:.:.:  ',        或る意味、非常に兵庫助らしいエピソードだと思うですよ。
         / /  ト、 {::l.:.::::ヽ\ヽ、__,,ノ ノ/:.:.:.r、} }!/ .:.:.:..  ',       その是非はともかく、未完成の若者の図、って感じで。
        ,' /  {こ入 { イ ,.‐',二¨T¨二.'‐、  { j/¨ヽ:.:.:.:.. ヽ     少なくとも>>1は嫌いじゃないで砂。
       ,' .:'  / _r'_{! ノ { // / ,小.ヽ \ヽ r' |!」 i  l :.:.:.:..  ヽ    
        /.:.: r ‥'.ノ ノi { ヽ.二 ィ | {|ト 二.ノ { 〈| ! ヽ V :.:.:..  ヽ   
        /.:,:-' /ヽ _/, = , ‐ 、二二二二二 _-- 、{. \ ! ヽ :.:.:.:..  \

28912008/11/30(日) 00:44:30.85 ID:D8U4p4W80
     |┃三        / ̄\
     |┃          |    |
     |┃ ノ//         \_/
     |┃三           |    
     |┃    -ニ二二二二二二二二ニニ-    さて、支度も済んだ。
 ガラッ. |┃   /                  ヽ  行くぞ、お前たち。
     |┃   | ,   i   ,i      i  , |  
     |┃三 |_n__|i__|i____i|__|   しかし、これからどうするべきか…。 
     |┃      /  <●>::::::<●> \     柳生庄に戻るか、それとも…?
     |┃     .|     (__人__)    |     
     |┃三    \   〆⌒?   /
     |┃三    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

  、、、┯、、、
  彡(・)(・)ミ  
  彡 д  ミ_   若、どこにでもついていくですぞー
⊂彡      ミ⊃
  彡"  "" ミ
  彡_ミ""ミ_ミ

  `〆⌒ヽ
  ( Θ_Θ)   ぼくらも揃って浪々の身。
  (  目 )  どこに向かうにせよ気兼ねなどいらないですよー。
  | | |
  (__)_)

29012008/11/30(日) 00:46:42.66 ID:D8U4p4W80
       / ̄\
       |    |
       \_/
       __|__
     / ::-:::-\
    /  <●>::<●>\      浪々の身、か…。
  /    (__人__)  \   そうだな、流祖伊勢守様にならい、諸国を巡って腕を磨くのもいいか…。 
  |      `⌒´     |    
  \            /
  /              \


  ___              / ̄\        ム  i
 「 ヒ_i〉   .       .  |    .|         ゝ 〈
 ト ノ             \_/         iニ(()     
 i  {               ___|__           |  ヽ      確か、細川家に疋田様が、相良家に丸目様もおられるそうだし、
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }    そちらへ伺い、新陰流の更なる深みを探るのもいいかもな…。
 |   i         /<●>::::: <●>\       {、  λ    
 ト-┤.      /:::::  (__人__):::::  \    ,ノ  ̄ ,!      よし、まずは九州を廻るか!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
    / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
    |   |   正  解  :  武 者 修 行  │|
    \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ

29112008/11/30(日) 00:48:05.96 ID:D8U4p4W80
         、、,......,_.,.,,,...                   ,,,.;-;;¨`'ー‐-.,..
        (、 ;;.,.;: ";: ,-'         _ , ,,... ..._     .:;,, :::.,,-'゙゚~^´
         "`~`'ー~     _ ,... - ' "^    ^`- ......,,  '`~"
  _     _ ..... ...,, 、.、、, ; '"^       ...:.:.:...:.:;;;;:;: ::.. . :::::::: ...: ... ..., 、、 ; :;;;'' "`~
   '"'ヽ'''~'゙ ::::::::::::::::::::::::      :::::.:.:.:..:.:.:..:.::.:.:.:...:..   _,,,,... 、、 -‐‐''''"
 ;;:::::::;;:;;::;:;:;;::;;::;:;:;:;:;:;:;:;::.:.:....    .::.:.:.:..::.:.:.,..,...,     '"^      :::....:,::'':':.:.:.':::::....:...:..
                    ...,...,,;,:,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,..   .:::::::::.::::::::::::.......:::::::::::::...
          . ; .;..:.:::::::::::::::::::::::::::::,:.:.      ..: ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;::,,,,,,,,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 "`''''''ー――---------- ,..................,,,,,,,,,,,,,.,__    __,.,,,,,,,,,,,,,,,,....................,---------‐―'''''''`"
   . : ..: .:. ::. :..:.. ::.:..: .:.: : .::.:. :.... ....: ;.: ̄. . .  :. . . .. .  .: . : . :. . :.  : .  .  .:  .. .. .
  . . .  :. . . .. .  .: . : . :. . :. . :. : . . :. . ..: .  .  i..i ::.:: .: : : :: : : ::  : :: :  : :: . :. :. .: :.:.  :. :..:  :. . ;:
  :: .: : : :: : : ::  : :: : . ... : :: . :. :. .: :.:.  :. :..:  l .l ::. :: .:: ::: :  : :: : :: : : :: . :. :. . : :.:. :. :..: :. . ;:. .;: .
  : :  : :: : :: : : :: . :. :. . : :.:. :. :.. .:. :. :..: :. . ;: .| | ::;;: ;:;: ;:;  : :; :;; ::; :;:  ;;: ::;;: ;:;: ;:;  :
 ;:;: ;:;  : :; :;; ::; :;:  ;;: ::;;: ;:;: ;:; ::;;:   ,!. !, .', '. ', .'' ,.'' .,' , ',' .', '.', .'',.''.,' ,','.','.',.'',.''., ',', '.','.',
   ::;;: ;:;: ;:;  : :; :;; ::; :;:  ;;:::;;: ;: .:.  ,i  .i, ;. ;.: .::; :., ::. :, :,; ., .: :, :,; .,.: :, :,; .,.:
  .','.',.'',.''.,',','.','.',.'',.''.,',','.','.',.'',.''.,',','.','.',','..',','.  ,l   .l, . ... .,;: ;:. .... .,:,.,..... . ..,,,,, .、
  ;. ;.: .::; :., ::. :, :,; .,~.: :, :,; .,.: :, :,; .,.: ;. ;.: .::; : ノ    !、  ;: ..., '' ;;:  ; : . ' : ' ;;, ,,;
  ... .,;: ;:. .... .,:,.,..... . ..,,,,, .、 ,. ... ... .,;: ;  /     `i、  ,, ;.;" " `:;; :;:" ".'';;;"
 . ;: ..., '' ;;:  ; : . ' : ' ;;, ,,;. ;: ...,. ;: .. , /       \ ."~ ;: ; ;: ;: """,   ."~
 ,, ;.;" .;. ".'';;;" ~, .;"’ .:.:".'';;;"  ,;'´          `';, ;;: : ; "' ; ~ ;;: ; ; "' ; ~ ;;: ; ; ~

29512008/11/30(日) 00:49:27.85 ID:D8U4p4W80
      / ̄\
      .|    |
       \_/
        |     
     / ̄ ̄ ̄\       …広いな。
   /  \ /  \    
  /   ⌒   ⌒  \    この道の果てに、どんな奴がいるのか。 
  |    (__人__)    |   俺の剣はどこまで届くのか。
  \    `⌒´    /   
   ヽ、--ー、__,-‐´     楽しみだ……! 
  ( |        / )    
   `|       /'
    |    r   /
    ヽ   ヽ/   
     >__ノ;:::......

 こうして、兵庫助の武者修行の旅が始まった。
時に慶長九年(1604)、柳生兵庫助長慶、27歳のことである。

29712008/11/30(日) 00:52:09.82 ID:D8U4p4W80
                                \ヽ, ,、
                                 `''|/ノ
                                  .|    
   \ヽ, ,、                       _   |    
    `''|/ノ                       \`ヽ、|    
     .|                          \, V"     
_   |                            `L,,_    
 \`ヽ、|                             |ヽ、) ,、  
   \, V"                            /  ヽYノ  
     `L,,_                          / r''ヽ、.|  
     |ヽ、)   ,、                       | `ー-ヽ|ヮ 
      /    ヽYノ                     |    `|  
     /   r''ヽ、.|                      |.    |  
    |    `ー-ヽ|ヮ   / ̄\         +   ヽ、  |  
    |       `|    |    |    +  +    / ̄ ̄\
     |.       |    \_/   /\___/ヽ /  _ノ ヽ_ \
     ヽ、     |    ____|__  /  _ノ   ヽ_ ::\  (=)(=) |
      ヽ___ノ   /      \|  (=), 、(=) :|  (__人__) |
     /     \/  ::::ノ:::::::ヽ_:::\   ,,ノ(、_, )ヽ、,::::|   `⌒´  ノ
    /   ノ 三 ヽ_\ <=>::::::<=> \ `-=ニ=- ' ::::|        }
  /   ((=)  (=)) \. (__人__)⌒:: | `ニニ´  :::::|       .}
  |  :::::⌒((__人__))⌒:: |  `⌒´   /ヽ __ニ_ ノヽヽ _   ノヽ
  \     |r┬-|   /.      |  |        |  |      |  |
   /     `ー'´   \      .|  |        |  |      |  |

                                ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                 d⌒) ./| _ノ  __ノ

【やる夫で学ぶ柳生一族(その8):「柳生家禍福交々」】 完

関連記事
[ 2018/03/05 04:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する