やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その9「柳生兵庫助、新陰流の後継者となる」

412008/12/07(日) 20:03:40.76 ID:BLGmHZMg0
 これは、江戸時代前半において「天下一の流派」と呼ばれた剣術流派
「柳生新陰流」を担った「柳生一族」についての物語である…。

【物語現時点(慶安九年(1604))での柳生一族(※)】

   大膳長永
      :
   <柳生家>
      :
     ├─────┐
   柳生永珍   中坊源専
      :
     ├─────┐
     家厳      重厳
     |    (七郎左衛門)
     |     (松吟庵)
     ├──────────────────────────┐
     宗厳                                     妹
   (新左衛門)                                    |
    (石舟斎)                                 <幸徳井家>
     ├───┬───┬────┬──────┐         |
     厳勝   久斎   徳斎     宗章        宗矩        友景
   (新次郎)             (五郎右衛門)   (又右衛門) 
     ├────┬───┬───┐     
     純厳    長慶    妹    厳倚
    (久三郎)  (兵庫助)      (権右衛門)


※ 兵庫助の妹が権右衛門よりも年上であるらしいことがわかったので、
  そこを訂正しました。

512008/12/07(日) 20:04:00.06 ID:BLGmHZMg0
【前回までのあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の小豪族、柳生家の当主、柳生新左衛門宗厳は、
新陰流創始者・上泉伊勢守秀綱と運命の出会いを果たし、新陰流に入門。
克己努力の末、ついに「無刀取り」を開眼し、秀綱より新陰流の正統を受け継ぐ。

 こうして、新陰流正統二世となった宗厳であったが、
戦国の風雲児、織田信長の登場により、世は大きく揺れ動く。
嫡男厳勝の受難、足利幕府の滅亡、長年友誼を結んでいた松永久秀の滅亡など、
世の流れに対する己の無力さを噛み締めた宗厳は、遂に柳生庄への隠遁を決意。
剣の道を究めることに全力を注いだ。

 そして、隠遁から20年経った文禄三年(1594)。
名を石舟斎と改めた宗厳は、自らの創意工夫を加えた新陰流を天下に広めるべく、
四男宗章、五男宗矩、嫡孫純厳を柳生庄より旅立たせた。
その後、大納言徳川家康の前での新陰流上覧の場において、
見事家康を無刀取りで打ち負かした石舟斎は、家康より弟子入りの誓紙を受ける。
ここで石舟斎は自らに代わり、宗矩を推挙したことで、
宗矩は二百石で家康の侍従として仕える事になるのであった。

 しかし、宗矩の仕官をはじめ、宗章、純厳の仕官も適い、
柳生家の将来は明るく見えたその時、隠し田の密告による柳生庄没収の大難が降りかかる。
更に、嫡孫・久三郎純厳の討死などの悲劇により、柳生家は没落の憂き目に逢う。

612008/12/07(日) 20:04:24.79 ID:BLGmHZMg0
 そんな中、諦めずに家の復興を狙う柳生家に、絶好の機会が訪れた。
慶安三年(1597)、太閤・豊臣秀吉の逝去後、宗矩の主君、徳川家康と石田三成が不和となり、
結果、日本全土を巻き込んでの一大決戦「関が原の戦い」が発生、家康が日本の覇者となる。
その戦いにおいて、柳生家は一族を挙げて徳川家に味方した事で、
ついに柳生庄二千石を取り戻すことに成功、ここに柳生家は復興を果たした。

 そして、柳生家を復興させた功によって柳生家の家督を継いだ宗矩は、
徳川家の後継・秀忠の剣術指南役となることで更に千石加増され三千石に、
また、江戸に道場を兼ねた屋敷を下賜され、柳生の名声は更に高まっていった。

 その後、慶長八年(1608)、徳川家康が征夷大将軍となり、江戸幕府が開府、
その前後に宗矩は松下石見守の娘・おりんを正室に迎え入れ、柳生家繁栄の礎を着々と固めていった。
また、柳生庄では加藤清正・伊達政宗の仕官の誘いに応じ、
兵庫助・権右衛門がそれぞれ柳生庄を旅立っていった。

 しかし、陽の当たる時があれば、陰る時もある。
石舟斎の四男にして宗矩の兄、五郎右衛門宗章が、米子藩中村家の騒動に巻き込まれ、
武名を上げつつも凄絶な闘死を遂げる。
更に、肥後熊本藩加藤家に仕えていた兵庫助は、同僚と諍いを起こし、
僅か1年足らずで加藤家を退転してしまう。
柳生家は、いまだ禍福入り混じる運命に揺られていたのである…。

712008/12/07(日) 20:04:55.93 ID:BLGmHZMg0
 さて、慶長九年(1604)、加藤家を退転した兵庫助は諸国を巡る武者修行の旅に出た。
柳生兵庫助長慶、27歳のことである。

         、、,......,_.,.,,,...                   ,,,.;-;;¨`'ー‐-.,..
        (、 ;;.,.;: ";: ,-'         _ , ,,... ..._     .:;,, :::.,,-'゙゚~^´
         "`~`'ー~     _ ,... - ' "^    ^`- ......,,  '`~"
  _     _ ..... ...,, 、.、、, ; '"^       ...:.:.:...:.:;;;;:;: ::.. . :::::::: ...: ... ..., 、、 ; :;;;'' "`~
   '"'ヽ'''~'゙ ::::::::::::::::::::::::      :::::.:.:.:..:.:.:..:.::.:.:.:...:..   _,,,,... 、、 -‐‐''''"
 ;;:::::::;;:;;::;:;:;;::;;::;:;:;:;:;:;:;:;::.:.:....    .::.:.:.:..::.:.:.,..,...,     '"^      :::....:,::'':':.:.:.':::::....:...:..
                    ...,...,,;,:,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,..   .:::::::::.::::::::::::.......:::::::::::::...
          . ; .;..:.:::::::::::::::::::::::::::::,:.:.      ..: ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;::,,,,,,,,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 "`''''''ー――---------- ,..................,,,,,,,,,,,,,.,__    __,.,,,,,,,,,,,,,,,,....................,---------‐―'''''''`"
   . : ..: .:. ::. :..:.. ::.:..: .:.: : .::.:. :.... ....: ;.: ̄. . .  :. . . .. .  .: . : . :. . :.  : .  .  .:  .. .. .
  . . .  :. . . .. .  .: . : . :. . :. . :. : . . :. . ..: .  .  i..i ::.:: .: : : :: : : ::  : :: :  : :: . :. :. .: :.:.  :. :..:  :. . ;:
  :: .: : : :: : : ::  : :: : . ... : :: . :. :. .: :.:.  :. :..:  l .l ::. :: .:: ::: :  : :: : :: : : :: . :. :. . : :.:. :. :..: :. . ;:. .;: .
  : :  : :: : :: : : :: . :. :. . : :.:. :. :.. .:. :. :..: :. . ;: .| | ::;;: ;:;: ;:;  : :; :;; ::; :;:  ;;: ::;;: ;:;: ;:;  :
 ;:;: ;:;  : :; :;; ::; :;:  ;;: ::;;: ;:;: ;:; ::;;:   ,!. !, .', '. ', .'' ,.'' .,' , ',' .', '.', .'',.''.,' ,','.','.',.'',.''., ',', '.','.',
   ::;;: ;:;: ;:;  : :; :;; ::; :;:  ;;:::;;: ;: .:.  ,i  .i, ;. ;.: .::; :., ::. :, :,; ., .: :, :,; .,.: :, :,; .,.:
  .','.',.'',.''.,',','.','.',.'',.''.,',','.','.',.'',.''.,',','.','.',','..',','.  ,l   .l, . ... .,;: ;:. .... .,:,.,..... . ..,,,,, .、
  ;. ;.: .::; :., ::. :, :,; .,~.: :, :,; .,.: :, :,; .,.: ;. ;.: .::; : ノ    !、  ;: ..., '' ;;:  ; : . ' : ' ;;, ,,;
  ... .,;: ;:. .... .,:,.,..... . ..,,,,, .、 ,. ... ... .,;: ;  /     `i、  ,, ;.;" " `:;; :;:" ".'';;;"
 . ;: ..., '' ;;:  ; : . ' : ' ;;, ,,;. ;: ...,. ;: .. , /       \ ."~ ;: ; ;: ;: """,   ."~
 ,, ;.;" .;. ".'';;;" ~, .;"’ .:.:".'';;;"  ,;'´          `';, ;;: : ; "' ; ~ ;;: ; ; "' ; ~ ;;: ; ; ~

912008/12/07(日) 20:06:24.76 ID:BLGmHZMg0
       / ̄\
       |    |
       \_/
         |           ううむ、勇んで行ってみたものの、
     /  ̄  ̄ \      疋田様は細川家を退散して大坂へ向かわれたそうだし、
    /  ::\:::/::  \    丸目様は留守で会えずじまい…。
  /  .<->::::::<->  \  
  |    (__人__)     |    せっかく九州にいるってのに、
  \    ` ⌒´    /   なかなか思ったような巡り合わせにはならんものだな。
  /,,― -ー  、 , -‐ 、
  (   , -‐ '"      )
   `;ー" ` ー-ー -ー'|

1212008/12/07(日) 20:07:46.00 ID:BLGmHZMg0
              _,,,,------,,,,,,,,,_         
             ,,-‐'゙⌒         ゙゙'''ー-,,、     
        ,,-'"                 `''-、、  
       ./       ,,-r‐―‐r‐-、,,,、     ゙,!  
      /      _,-'l°    |   `゙''-、,,、 丿  
     ./  _,,―''"^   .|     ゙l       `''イ   
     .,},,,-'"`      ,,ノ  .,、―く,,、   .ィi、  .|   
    .l゙       .,,-‐″  .゙ー''¬、,"'-,、 .|.゙l'゙,! .|   
    l゙  _、   ,/`       .,,,,,,,,,,゙''-,"'-,と,i´ ゙l   
    .l゙ ,,i´:`''i、 │   { ゙゙̄'''-,,゙ーヽi"''i、`'x,ノ .y-∧  
    .|,,i´` l, | .| }ィ¬. \   `'-,,,_`゙__r'′ ./''l/'''フ  
    .|l゙  .,∠`-゚ ゙---)、 \     ̄  ._、 .ヽヘ.,/  
    { ゙ヽ | .゙l      ヽ  ゙l     .,-',_, . ゙'⊥  
    .| 丿 .ヽl゙      ‘ l゙     Z"` ` ‘'''/.7  
    .レ'゙'゙l,          {     /ン''''''''¬ー",l゙   
   ,i´  ‘ヽ,,,,y       l゙     _,,,,--、,,_  ,l゙   
   .l゙      |″      ,"   .r'"`,--‐t―,,`'丿   
   l゙      .|       .l゙    \ `'--,,,,"'゙‐',!   
  ,i´      |       .|     ゙l,_.,r‐-i、,゙l ,!    
 .,/       ″      .|      ゙"''ー、,,フ /    
  |    .|゙\   、_    `i、             |     
: ,/    l゙  .゙l    ゙''ー-,_  \、        ゙l     
. l     .|  .|       `''-,,,,`.、      ,l゙     
.l゙     .l゙  |  /''-,、     ``゙「,,,,,,,,二ニ,/`     
       疋田豊五郎景兼

 慶長九年頃、新陰流の重鎮の一人、疋田豊五郎は、
それまで兵法指南を勤めていた小倉藩細川家を離れ、大坂へ向かったと言われている。
(細川家退転後、寺沢広高にも仕えたというが詳細不明)

1312008/12/07(日) 20:08:34.16 ID:BLGmHZMg0
       , , , , , ,.,.,.,.,.,
    .,,.,..:;:;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;,.,.
   .;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:,
  ;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.,
  ;;:;:,' ' ' `' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ''':;:;:;:;:;:;:;:;:;
  |;:;:,           ':;:;:;:;:;:;:;:;:;:
  i ,,_     l!      , ' :;:;:;:;:;:;:;...,_
_,.- } "`_''=;;,  !,;;==¬''"   ',:;:;:;:' ‐‐/ ̄ '' ~-
::. ,;; 〉`'-゚-''ヽ  `ニゐフ’   /⌒i;: /;;, .::::::::::..
::. ,;;.l!    /   "''      ;彳/ /;;, .:::::::::::..
::.. ,;;;}   /           /ノ  ノ;;, .:::::::::::..
::.. ,;;;iヽ  ゝr-        /  /,;;, .:::::::::::::..
::.. ,;;;;l ヽ'‐‐'--‐‐‐   /.::  /,;;; .::::::::::::::..
::::.. ,,;;ヽ `r ̄ ̄   /..::   ノ,;;;; .:::::::::::::::..
:::::::.. ,,;;;\ ` ‐-、-‐ '    /,;;;;;;; .:::::::::::::::::..
        丸目蔵人長恵

 また、もう一人の重鎮、丸目蔵人は、この時期には既に隠居、
名を徹斎と改め、隠居先の切原野で開墾しながら過ごしていたという。

1512008/12/07(日) 20:09:18.95 ID:BLGmHZMg0
  、、、┯、、、
  彡(・)(・)ミ  
  彡 д  ミ_   で、若、これからどうしますぞー?
⊂彡      ミ⊃
  彡"  "" ミ
  彡_ミ""ミ_ミ
兵庫助の従者1
 ムック(仮名)

  `〆⌒ヽ
  ( Θ_Θ)   一度、柳生庄に戻るー?
  (  目 )   もう退転したことは連絡しているわけだしー。
  | | |
  (__)_)
兵庫助の従者2
ガチャピン(仮名)

1712008/12/07(日) 20:10:42.36 ID:BLGmHZMg0
=その頃の柳生庄=
          ____
        / u 三  \ て
      /((○)) ((○))\そ            へ、兵助が昔からの家臣を斬って、
/⌒)⌒)⌒. :::: (((__人__)))l_j :::\    /⌒)⌒)⌒)  加藤様のところ退転したじゃと!?
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //  
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /
         ____
       /     \      
     / \   / \     
    /   (-)  (-)  \    …なんということじゃ…!
   |  u   __´___      |    あの馬鹿者め…!
   \      `ー'´     /    
   /           \   
     柳生新次郎厳勝

    γ::::::::::::::::桃::::::::::::ヽ、     
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::  ヽ     
  γ:::::::::人::::人::人::::人  ヽ   
 (:::::::::/  ノ 三ヽ、_\  )   もうわたしゃ死んでさえなければそれでいいよ。
  \:/ ((-) (-)) \ノ     早いとこ戻ってきて安心させてほしいよ…。
    |  u (((__人__)))   |    
   \     `⌒´    /  
    /          \
     於鍋(春桃御前)

 書状などが残っているかどうか不明ではあるが、
兵庫助の退転の報は柳生庄にも伝わっていたものと思われる。

1912008/12/07(日) 20:11:35.69 ID:BLGmHZMg0
        / ̄\
       |     |
       \_/
         |
      / ̄ ̄ ̄ \       …いや、このまま何も為さずに戻っては、
     /   ::\i||i/::\     お爺様にも、父上にも面目も立たぬ。
   /   <->::::::<-> \   柳生庄へは戻らぬ…戻らぬが…。
   |  u   (__人__)    |   
   /     ∩ノ ⊃  /
   (  \ / _ノ |  |
   .\ “  /__|  |
    . \ /___ /

         |
     \  __  /
     _ (m) _       
        |ミ|           …そうだ、京へ上ろう!
      / _|__\       久々に海山和尚にお会いするのだ!
     / ::⌒:::⌒\
    /  <●>::<●>\       よし、行くぞ!
  /    (__人__)  \   
  |      `⌒´     |    「はーい」
  \            /    「はいですぞー」
  /              \

 こうして、兵庫助一行は京へ向かった。

2012008/12/07(日) 20:12:29.00 ID:BLGmHZMg0
                       ,.ィ≦三ヽ、_           今回はこの私が解説なのだわ。
               ,..::'´:._j三三三ニ廴         ローゼンはやる夫スレで多用されてるから、
               /:r'二´三三三三二}        原作読んでなくてもなんとなくの口調はわかって重畳とか
               /:.:.:.:.)三三三三三三く_        不届きなことを言ってる>>1はどうかと思うのだわ。
    rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)      
    |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_         さて、加藤家を退転してからの兵庫助の足跡は
  /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ       不明なところが多いのだわ。
  \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉       とりあえず、武者修行と称して、まず2年程牢人として
   └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、     諸国を放浪していたらしいのだけど、
  / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'∥ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\    その間、どのような人物と出会い、どのような出来事があったか、
  // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ   それを残した史料はないのだわ。
  | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′
 l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\         九州という土地柄と、兵庫助という人物を考えれば、
|V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ       祖父石舟斎の同門で、その頃、九州にいたという
`7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\     疋田豊五郎や丸目蔵人を訪問したのでは、と考えたくなるのだけど
  /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ   両者と兵庫助が会ったという記録は、
 ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /   柳生側だけではなく、疋田側・丸目側にもないらしいのだわ。
/ /    /ハ !/:.:.:._:_;>=≠-‐、::.f‐ミ ヽV  \ } 〉 /    もし会っていれば、少しくらいは記述があったでしょうに、
/ /    / 'rヘヽ:.:.:. ヽ二ニ==、 }:「`{  ,ゝ、_V_/∠_   勿体無い話なのだわ。伝奇的に考えて。

2312008/12/07(日) 20:16:22.71 ID:BLGmHZMg0
ゝ:::::::::::::L__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽー- 、,r  ':::::::::::::::::::::: |_/rヽ
(::::::::::::::::::f:::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  ヽ::::::::::::::::/_ イ二二 ヌ  
 \:::::::::::::つ:::::::. \::::::::::::::::::::::::::::.|   |:::::::::::::::::::::::::::!ニニ´ ' /!  ただ、正確な時期は不明なのだけど、
  (::::::::::::::::ゝl::_ _:::::::::::::::::::::::::::ー┤   |::::::::::::::::::::::::::ノ\_//  この武者修行の間、京に上って禅の名刹・妙心寺へ赴き、
   jゝ:::::::::::/`ーj:::::::::::::::::::::::::::::::::::.|   |ッ:::::::::::::::::rイヾ ー'\  そこの高僧、海山元珠と会っていたことはあるらしいのだわ。
   ゞ:::::: /   ゝr! :::::::::::::::::::::::::::.|   | ::::::::::::::::::._) | |   |
     \/    /  ゝ__,:::::::::::::::::::: |   |:::::::::::::::::_:(  l! |   |     沢庵のこともあって、柳生家の中で
.       Yl!  |    ゝつ:::::::::::::: l, 、 /:::::::::::⊂´  ノ!/|   |    禅門との結びつきが強いのは宗矩のイメージが強いけど、
      | !|  ,、   ト, ヽr、::::::::frtッゝ::::::::rイ  / | |   |    実際のところ、新陰流自体が禅との関わりの深い流派なのよ。
      ヽヽ、!.,\l! !li j/! ゝ_:::ゞニメ::rゝ′  /!! | |   |    (「一刀両段、斬釘截鉄、半開半合、右旋左転」などの
             >!ノヘ! レ' j!  ト' //´ /   ,イ ''  | |   |     新陰流の勢法の名称は、禅語からの引用)
          / ト、    /,  | ,/ゝj/ _ ,. イ| |   | |   |
       r‐-―- ‐、ー j/|  |/   `_j _ l!ヾ! |   | |   |     それ故、石舟斎は若き日の宗矩、兵庫助にも参禅させ、
       /!     />/│,. トー <_ ::: r:/ | ! |   | |   |    宗矩は大徳寺へ、兵庫助は妙心寺へ赴き、
        ! ゝ    / r,<ヽ |./│/ ノ`ー<__,j  |   | |   |    そこでそれぞれ沢庵、海山元珠と知己を得たのだわ。
     r.. t `ニニ'く ゝイヽノ  ヽ /ヾ :::: ヽヽ. |   | |   |
     ヾ::::Li´::`/::/  _j/ __,∠ノ:::::::\::::::: ヽ|   | |   |     そして、それ以降も兵庫助と海山元珠の付き合いは続き、
     √\:::::::::::::イ_ 〆/ _,, -―r゙ :::::::::: \:::::.ヽ.  | |   |    こうして京に上った時には顔を出していた、というわけなの。
    /:::::ゞ:::::::::::::< / ´!   ∠_::::/ l:::::::::::::ゞ :::. 、 | |   |
   /:::::::::::::::::::::::::: 7`ー ̄ 二ノ/:::/  .:::::::::::::::::::::: ヽ│ !|
   / ::::::::::/:::::::::::::/     j/ヽ ::::   :::::::::::::::::::::::::::: \ l|!

2612008/12/07(日) 20:17:51.58 ID:BLGmHZMg0
=京・妙心寺=

         |
          ll
          !l
  _ ,,..._    ト{              .,,___ 、..,__,,.
"´::ヾ::゙゙;`>''´ ̄`ゝ、__          `:;、;;`::ゞ:;゙
::´;;::=::;;::ヾ芥芥芥l壬{            ,;''´;'::;; =、::;;゙  _,,....._
''´;;ヽ:::;゙=<゙二二二\_,「「゙ニニニニニニ7´::;''::゙!::、:_'^:ヾ';"::゙;;ヽ::
、ゞ;;::''゙::;;、::`゙;芥芥lア''´j |         ゙:;`ヾ;;`゙:=::丶::;''::,;''゙:::;:゙
::`':;;::''´::`゙''=;,テテテニ´_______゙ゞ、::ゞ:;;_`丶::゙':;;::='::;'
_゙´::i::`;;'"::゙:_::゙;,┴┴弌竺竺竺竺竺竺竺;''::;::;;:::'':;;::ゞ:;;'゙::_::'
::`j':!::゙;;._::::;;::"゙ヾ‐;;.. -'┴┴┴┴┴┴┴ゞ;;::"!゙!;;::ヾ、l !'´::゙;
'';;:: i⌒;;::`゙i:;ー:''´゙;;===n==n===rn===n=゙;;::ヾ!:l::`:=::'゙:i::''´;;
ゞ;l;;'゙::''゙;;..:゙i::;;.:゙::;;' i i i l丁丁! ̄丁l ̄丁「 i:´:;''゙:iヾ::ヾj;il゙;;::;'::
::';;!:..;''::ヾ;;''";;)'´「「入「j_辷j_辷ヒ|_辷ゴ_辷ゞ;;ゞ,:========、
T゙j''i"i´´ |l|´ニニl:l幵;; ̄ ̄/フ三三三「l ̄;゙j::゙}______{
`゙::''"":⌒゙''=::"゙゙ヾ゙''"ア7"二二二二二二l:|i{:「゙l`TTニニTT´
厂厂厂厂厂厂厂「l/ r―――――――|jl{jー{';;|_L二」_|::

2812008/12/07(日) 20:18:40.03 ID:BLGmHZMg0
         ,i´, i´ , 'ィ , '´ノ_,. -‐''"=-‐- 、._
        / / /,i´, - '::::::::::::::::::::::::_.. -‐ ' "/
       /iト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      く レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.、-ー'"
      リ:::::::::::::::::::::::ノハ::::::::::::::::く
      >:::::::::::::`, 'ナ-、 ノ_オ,. - `ヤ
      シ::::::::::ノ くゝ'  r从ノ人ノ''
       ',:::::f ̄~¨¨`'(⌒)-こij       お前ら!俺の説法を聞けえ!
        ヶヽ|     ___〉 j
        ` ー     `ニ゛/
         |   ヽ,   /
         |     「`ヽ、
   _,.、-ー'"¨゛´     |  , '´〈ニ三ヘ_
   i    , '´     | /     , - ', '´ ` ー- 、._
   ゝ、  /    /''^⌒       /::::r'
  / 久,-'  ,,,_ノ , '´`ヽ、   /::: i
 r'      r'"    (   ノ  /:::::::|  
        海山元珠(大竜和尚)

     |┃三        / ̄\
     |┃         |     |
     |┃          \_/
 ガラッ. |┃            |           
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \        
     |┃三    /  ::\:::/:::: \      おお、やっておられますな。和尚。
     |┃     /  <●>::::::<●>  \   
     |┃     |    (__人__)     |     
     |┃三   \    ` ⌒´    /      
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

3112008/12/07(日) 20:21:27.36 ID:BLGmHZMg0
       ,i´, i´ , 'ィ , '´ノ_,. -‐''"=-‐- 、._
      / / /,i´, - '::::::::::::::::::::::::_.. -‐ ' "/
     /iト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    く レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.、-ー'"
    リ:::::::::::::::::::::::ノハ::::::::::::::::く        ん?
    >:::::::::::::`, 'ナ-、 ノ_オ,. - `ヤ    誰かと思えば、柳生の小倅か!
    シ::::::::::ノ くゝ'  r从ノ人ノ''       図体ばかりでかくなりやがって、元気にしていたか?
     ',:::::f ̄~¨¨`'(⌒)-こij       
      ヶヽ|     ___〉 j
      ` ー     `ニ゛/
       |   ヽ,   /
       |     「`ヽ、
 _,.、-ー'"¨゛´     |  , '´〈ニ三ヘ_

         / ̄\
        |     |
         \_/
          |
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \     ははは、相変わらずですな、和尚。
    /   ⌒   ⌒   \   お元気そうで何より。
    |    (__人__)     |      
    \    ` ⌒´    /  
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \

 海山元珠は、またの名を大竜和尚と言い、臨済宗妙心寺派の高僧である。
硬骨漢としても名を知られ、後に世を動かす一大事件にも関わる人物でもある。

3312008/12/07(日) 20:22:41.47 ID:BLGmHZMg0
 兵庫助は、海山元珠と久闊を叙した後、これまでの話を語った。

       ,i´, i´ , 'ィ , '´ノ_,. -‐''"=-‐- 、._
      / / /,i´, - '::::::::::::::::::::::::_.. -‐ ' "/
     /iト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    
    く レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.、-ー'"   …ふん、主命を果たすためにいけすかねぇ野郎をぶった斬って、
    リ:::::::::::::::::::::::ノハ::::::::::::::::く      一揆衆は村ごと皆殺し、挙句の果てに主家を退転してきた、ってか。
    >:::::::::::::`, 'ナ-、 ノ_オ,. - `ヤ
    シ::::::::::ノ くゝ'  r从ノ人ノ''      まあ、爺さんの心配が的中したってわけだ。
     ',:::::f ̄~¨¨`'(⌒)-こij       まさか、今更退転したのを後悔してるのか?
      ヶヽ|     ___〉 j
      ` ー     `ニ゛/
       |   ヽ,   /
       |     「`ヽ、
 _,.、-ー'"¨゛´     |  , '´〈ニ三ヘ_

       / ̄\
       |    |
       \_/
         |
     /  ̄  ̄ \      いや…そういうわけじゃないんです。
    /  ::/:::\::  \    あれは俺なりに筋を通しただけで、
  /  .<●>::::::<●>  \  加藤家を退転したこと自体は後悔してないですよ、俺は。
  |    (__人__)     |   
  \    ` ⌒´    / 
  /              \

3712008/12/07(日) 20:25:08.58 ID:BLGmHZMg0
       / ̄\
       |    |
       \_/        ただ、今更ながら、あれでよかったのかどうか、
       __|__       迷うところがあって…もっといいやり方があったんじゃないかと。
     / ::-:::-\     
    /  <●>::<●>\      …又右衛門叔父上ならば、
  /    (__人__)  \   もっと丸く収めていたのかもしれませんが、
  |      `⌒´     |  俺はああするしか思いつかなかった…。
  \            /  ああやって…一揆衆を…村人ごと……。
  /              \   

     .;/ ̄\;:
     ;|    |;
     .;\_/;:
    __;|__       その結果、俺はこうして浪々の身。
  .;/       \;:     叔父上は、江戸で三千石の大身で徳川様のご指南役…。
  ;/         \;:
  :l          .|;:   …和尚、この醜態、お笑いくだされ。
 :(            |;:
  ;\       〃_/;:
    ;>'⌒ ̄ ̄、,\;:
   ;/         \;

4112008/12/07(日) 20:27:20.65 ID:BLGmHZMg0
       ,i´, i´ , 'ィ , '´ノ_,. -‐''"=-‐- 、._
      / / /,i´, - '::::::::::::::::::::::::_.. -‐ ' "/
     /iト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    く レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.、-ー'"    
    リ:::::::::::::::::::::::ノハ::::::::::::::::く       
    >:::::::::::::`, 'ナ-、 ノ_オ,. - `ヤ    何だお前。
    シ::::::::::ノ くゝ'  r从ノ人ノ''      そんなこと気にしてたのか?
     ',:::::f ̄~¨¨`'(⌒)-こij       
      ヶヽ|     ___〉 j
      ` ー     `ニ゛/
       |   ヽ,   /
       |     「`ヽ、

     , (⌒      ⌒)
   (⌒  (      )  ⌒)
  (             )  )
    (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ
          | || | |
       ノ L,l ,|| |、l、
       ⌒:::\:::::/::\
      / <●>::::<●>\ 
     /    (__人__)   \     そ、そんなことですと!?
     |       |::::::|     |    
     \       l;;;;;;l    /l!|    
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |    ドンッ!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ >
               レY^V^ヽ

4312008/12/07(日) 20:28:54.32 ID:BLGmHZMg0
       ,i´, i´ , 'ィ , '´ノ_,. -‐''"=-‐- 、._
      / / /,i´, - '::::::::::::::::::::::::_.. -‐ ' "/
     /iト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    く レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.、-ー'"
    リ:::::::::::::::::::::::ノハ::::::::::::::::く
    >:::::::::::::`, 'ナ-、 ノ_オ,. - `ヤ    ああ、そんなことだ。
    シ::::::::::ノ くゝ'  r从ノ人ノ''      お前、つまんねーことにこだわってんじゃねぇよ。
     ',:::::f ̄~¨¨`'(⌒)-こij       
      ヶヽ|     ___〉 j
      ` ー     `ニ゛/
       |   ヽ,   /
       |     「`ヽ、
 _,.、-ー'"¨゛´     |  , '´〈ニ三ヘ_

        / ̄\
        |    |           
   (⌒) 三 \_/
 三/ | ニ  _|___     (⌒)     
   |  |   /\::::/::) し   / |  ミ   つ、つまらん!?
   !   、 /<● >::<● >⌒\/ | ミ   和尚!いくら和尚でも言っていい事と悪いことが…!!
   \./:::::::(_人_)::::::::   i'  |       
     |     )ww)      |  |
     \    `ー"        ノ
      \ .    .     \

4412008/12/07(日) 20:30:07.89 ID:BLGmHZMg0
ヽ               _
 二、__          .へ-'.二、ー-、
   _  }         l//-=、\__`―、
  f´、ノ        i´ノ{ └‘'`' r=-、 ヽ     お師匠!薪割り終わりましたぜ!
  l 丶      /_/ 、      l‘仆-'`i}    …ん?こちらの方は?
.  人 \     7´ l   ` ‐、_ '´ _メ‐、. リ
/__ \ \ _/   l\  ^  ,イ _, ―'  ̄ ̄ ̄ \ ,.
    ̄ \r ==、`―、 !   ー一' /     _.. -'´‘ ̄  ̄`i
     f^_/ 二 、 ` 、   / /   _..ノ`´  __ -――ァ'
     ll〈     二、 ̄ ̄ __/  /  _/ :.:., -ァ―‐'´
     _ヽl      `y / /-'´  ,/ :.:., ―' ´ノ
   //l     r-┘┴、/   .,/ :.:.:.:/   /二 l
_, ―'  ̄ . |      ! {´\ /   / .:.:.:.:.:.:/  └―´
             鉄牛

4712008/12/07(日) 20:32:46.90 ID:BLGmHZMg0
       ,i´, i´ , 'ィ , '´ノ_,. -‐''"=-‐- 、._  
      / / /,i´, - '::::::::::::::::::::::::_.. -‐ ' "/  
     /iト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    おお、鉄牛か。
    く レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.、-ー'"
    リ:::::::::::::::::::::::ノハ::::::::::::::::く          ちょうどいい。紹介してやる。
    >:::::::::::::`, 'ナ-、 ノ_オ,. - `ヤ      こいつは俗名を塙団右衛門(塙直之)って言ってな、
    シ::::::::::ノ くゝ'  r从ノ人ノ''        元は加藤嘉明殿に仕えていたが、主君を罵倒して退転、
     ',:::::f ̄~¨¨`'(⌒)-こij          その後はいくつも家を渡り歩いた挙句、今はここで俺の弟子をやってる。
      ヶヽ|     ___〉 j
      ` ー     `ニ゛/            図体ばかりでかいが、お前と同じで辛抱が足りねぇから、
       |   ヽ,   /            ここで鍛えてやってんだよ。
       |     「`ヽ、
 _,.、-ー'"¨゛´     |  , '´〈ニ三ヘ_

 実際は、塙団右衛門がこの頃、出家していたかどうか不明瞭である。
出家していた事自体も若干不明瞭なところがあるが、
ひとまず、ここではこの時期、既に出家していたものとして扱う。

5112008/12/07(日) 20:34:26.52 ID:BLGmHZMg0
ヽ               _
 二、__          .へ-'.二、ー-、
   _  }         l//-=、\__`―、
  f´、ノ        i´ノ{ └‘'`' r=-、 ヽ    へへっ、お師匠にはかなわねぇや。
  l 丶      /_/ 、      l‘仆-'`i}   で、この方は?
.  人 \     7´ l   ` ‐、_ '´ _メ‐、. リ
/__ \ \ _/   l\  ^  ,イ _, ―'  ̄ ̄ ̄ \ ,.
    ̄ \r ==、`―、 !   ー一' /     _.. -'´‘ ̄  ̄`i
     f^_/ 二 、 ` 、   / /   _..ノ`´  __ -――ァ'
     ll〈     二、 ̄ ̄ __/  /  _/ :.:., -ァ―‐'´
     _ヽl      `y / /-'´  ,/ :.:., ―' ´ノ
   //l     r-┘┴、/   .,/ :.:.:.:/   /二 l
_, ―'  ̄ . |      ! {´\ /   / .:.:.:.:.:.:/  └―´

       ,i´, i´ , 'ィ , '´ノ_,. -‐''"=-‐- 、._
      / / /,i´, - '::::::::::::::::::::::::_.. -‐ ' "/
     /iト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    く レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.、-ー'"
    リ:::::::::::::::::::::::ノハ::::::::::::::::く
    >:::::::::::::`, 'ナ-、 ノ_オ,. - `ヤ
    シ::::::::::ノ くゝ'  r从ノ人ノ''
     ',:::::f ̄~¨¨`'(⌒)-こij      ああ、柳生石舟斎殿の秘蔵っ子、兵庫助殿だ。
      ヶヽ|     ___〉 j
      ` ー     `ニ゛/
       |   ヽ,   /
       |     「`ヽ、
 _,.、-ー'"¨゛´     |  , '´〈ニ三ヘ_

5312008/12/07(日) 20:35:32.71 ID:BLGmHZMg0
ヽ               _
 二、__          .へ-'.二、ー-、
   _  }         l//-=、\__`―、
  f´、ノ        i´ノ{ └‘'`' r=-、 ヽ    へぇ、あの石舟斎の!
  l 丶      /_/ 、      l‘仆-'`i}   そりゃてぇしたもんだ!
.  人 \     7´ l   ` ‐、_ '´ _メ‐、. リ
/__ \ \ _/   l\  ^  ,イ _, ―'  ̄ ̄ ̄ \ ,.
    ̄ \r ==、`―、 !   ー一' /     _.. -'´‘ ̄  ̄`i
     f^_/ 二 、 ` 、   / /   _..ノ`´  __ -――ァ'
     ll〈     二、 ̄ ̄ __/  /  _/ :.:., -ァ―‐'´
     _ヽl      `y / /-'´  ,/ :.:., ―' ´ノ
   //l     r-┘┴、/   .,/ :.:.:.:/   /二 l
_, ―'  ̄ . |      ! {´\ /   / .:.:.:.:.:.:/  └―´

     / ̄\
     |    | 
     \_/
        |  
   ./ ̄ ̄ ̄ \      よしてくだされ。
. ./  ::/:::\:::: \    今や天下一の名も間近い叔父上と比べて浪々のこの身、
/  <●>::::::<●>  \  祖父の威名を借りているだけの未熟者でござる。
|    (__人__)     | 
\    .`⌒´    /
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

5512008/12/07(日) 20:36:54.06 ID:BLGmHZMg0
       / ̄\
       |     |
       \_/
         |
      / ̄ ̄ ̄ \
    / :::\:::/:::  \       俺は、俺は……。
   /  <○>::::::<○>   \    
   |    U(__人__)U    .|   
   \     `⌒´    /
    /         \ 

       ,i´, i´ , 'ィ , '´ノ_,. -‐''"=-‐- 、._
      / / /,i´, - '::::::::::::::::::::::::_.. -‐ ' "/
     /iト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    く レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.、-ー'"
    リ:::::::::::::::::::::::ノハ::::::::::::::::く
    >:::::::::::::`, 'ナ-、 ノ_オ,. - `ヤ
    シ::::::::::ノ くゝ'  r从ノ人ノ''
     ',:::::f ̄~¨¨`'(⌒)-こij      ………。
      ヶヽ|     ___〉 j
      ` ー     `ニ゛/
       |   ヽ,   /
       |     「`ヽ、
 _,.、-ー'"¨゛´     |  , '´〈ニ三ヘ_


5712008/12/07(日) 20:40:12.68 ID:BLGmHZMg0
/;;;;;;j;;;{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;I;;;;;i [;;;;;、;;;;;| |;;;;;{;;;;;;;I\;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;ヽ
|;;;;;;|;;;I;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{;;;;;;;||;;;;;i |;;;;;;||;;;;;;|  i;;;;;I;;;;;;I ヾ;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;};;;;;;ヾ;ヽ
;;;;;;;[;;;i;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;iI;;;;;;;II;;;;| |::::|ヾ;;;;{  丶ヽ-ヽ-"\;;;;;ヾ;;;\;;];;;√⌒ヾヽ
;;;;;/i;;;I;;;;;;;;;ii;;;;;;;;;;;{i;;;;└;;;;;{--i;;iヽl;;;;i 丿;;\}ヽに二__\;;jヽ;;;ヾ/I∠ヾ }
{;;|--ヽI '    〆《.::::ソ>〆ヾ」χI;;;;;;p ソ  く;;;;I :::lヾ;;{;;;;;;;;;/l;;;;;;;{;;;;i:| |::::|   …なあ、兵庫助殿。
{;;;i  {;;;;;;;;| I;;;;;;;l;;;;;iヾl >《 ̄ソヾ ヽ   ,,〟===ヾヽ // I;;;;;[ / ノ;;}ヽj   一揆衆を切り払ったことは今は横に置いてやる。
ヾI  ヽ;;;;;;l ヾ;;;;[;;{ヽマ,,''===ヾ ______ {|oλ:::::::::::ヾO"   };;;;;;レ /;;;;N    お前ら武士に、今更殺生するなと言っても始まらんしな。
 \  {;;;;;l  ヽ;;;;Ц i__{::0 ‰::::::ヾ----ヾ :::::ο;;;:::::ソ     l;;;;;}ソ;;;;;;;;/   
    \;{  \;;;;|=- {{;::::::::υ ソ ノ|   ヾ====;″      レN|;;;;;;;|        で、ひとつ聞くぞ。
      ヽ   ヾ ::; ゞ====″  ヘ /--           | |;;;;;;;j        お前はなんで剣術をやってるんだ?
             丶       ’ __        :  {;;;;/         家のためか?親のためか?
              ヽ     ヾ ̄  ソ/       /  |ノ
                ヽ       ̄            |i
                  \    "       "     |
                   ヽ ___    '        |ゝ-_>}
                   〆|                 i ノ  I
                //::|  "        __ー ̄     |
              //    :|          / ̄      ヽ

        / ̄\
        |    |
        \_/
         _|__
       /      \  そ
      /   - :::::: -\て     なんのため…?
    /    <○>::::::<○> \     
    |      (__人__) u.   |   
     \    u.` ⌒´   /
    ノ            \

5912008/12/07(日) 20:41:37.95 ID:BLGmHZMg0
       ,i´, i´ , 'ィ , '´ノ_,. -‐''"=-‐- 、._
      / / /,i´, - '::::::::::::::::::::::::_.. -‐ ' "/
     /iト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    く レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.、-ー'"
    リ:::::::::::::::::::::::ノハ::::::::::::::::く       それがわかれば、少しはすっきりするんじゃねぇか?
    >:::::::::::::`, 'ナ-、 ノ_オ,. - `ヤ   ずっと気にしてるようだが、宗矩殿と自分を比べるなよ。
    シ::::::::::ノ くゝ'  r从ノ人ノ''      お前はお前、宗矩殿は宗矩殿だ。
     ',:::::f ̄~¨¨`'(⌒)-こij       
      ヶヽ|     ___〉 j         それにな…あの御仁はあの御仁で相当苦労してると思うぜ。
      ` ー     `ニ゛/         お前、さっき天下一がどうとか言ってたが、
       |   ヽ,   /         なら、宗矩殿の代わりに徳川家の指南役になってみたいのか?
       |     「`ヽ、
 _,.、-ー'"¨゛´     |  , '´〈ニ三ヘ_

       / ̄\
       |     |
       \_/
         |            …指南役?俺が?徳川家の?
      / ̄ ̄ ̄ \  て
    / :::\:::/:::  \そ      「そうさ。
   /  <○>::::::<○>   \      何せお前は天下の柳生石舟斎の秘蔵っ子。
   |     (__人__)     .|      決して格として見劣りしないと思うがな」
   \     `⌒´    /
    /         \ 

6112008/12/07(日) 20:45:08.58 ID:BLGmHZMg0
=その頃の宗矩=

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      秀忠様。
 |    ( ●)(●)    あらためて申しますが、”大将の剣”と申すものは
. |     (__人__)     自ら太刀を持って戦場を駆け回るものではござりませぬ。
  |     ` ⌒´ノ 
.  |         }      危うき際に身を守り、
.  ヽ        }     大将として生き残ることを…云々。
   ヽ     ノ 
   /    く  \    
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

              |ヽ
             ,ヘノ:::::ヽ
           /:::::::::::::::::ヽ
        /| /::::::::::::::::::::::::::ゝ
       /::::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::〉/!
       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://|
       |::::::::::::::;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      |\:::::::::/  `、::::::::/ ヽ:::::::::::::::|/ 
      ヽ:::::::::/    !::::/   !:::::::::::/  
      \::::::::>    V __<,,=-、/  
         ヽ「`|〒=。,_;' 。=〒|#l)     なるほど、つまり…
        ‐ゝ、!  ̄",└≡=ナ-┘  
         `∧  i=`==、 ∧´     
―┬─┬―i⌒/  \ー='/ ヽ⌒i―┬─┬─┬―
  !   !  |  | |.  ハ`ー'´ハ  | |  |  !   !   !
           徳川秀忠

65愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票2008/12/07(日) 20:46:57.38 ID:BLGmHZMg0
////////|   /ヽ              /       ヽ
////////|  |  ヽ            /          ヽ               /\
////////| |    ヽ         /            ヽ     |\       /  \
////////| |      ヽ       /              ヽ    |  \    /     \
//////// |        ヽ    /            |    |    |   \  /       \
///////  |          ヽ  /          / \!    |    |    \/         \
/////// | /\        V          /     ヾ、∠___|
/////// ∠   \               /    _-― ̄`\
//////// | ̄ -ヽ  \           /  /  ̄|       \
//////// |  |  \ \    |   /  /   /       /  よくわかったぞ宗矩!
/////////|   ヽ、_  (\\_  |__/ /◯ _,.-'        /
///////// | ._  ` ‐-‐' ヽ!.l|, l__/ヽ‐-‐‐'´   __,.   /      要は強ければいいんだな!
//////////|   ̄=≡/ =i i= ヽ≡=== ̄     \
////////// |         | 「       -┐        \    ハーッハッハッハ!!
////////// |       /|       , ヘ        /ー \
///////////|    __ヽ| ヽ    / /|       /  /
/////////// |    |‐--二二二二 =-イ  /       /  /     /|
/////////// |    Y´         `、/      /  /    /   |    /\
//////////// \   |          /     /  /  /      |   /  \
//////////////\  |         /     /  / /        |  /    \
///////////////ヽ  !二二二二/    / /  //          | /      \
////////////////ヽ   ━==    /   /              |/        \
/////////////////\_____/    /
////////////////

7112008/12/07(日) 20:50:44.71 ID:BLGmHZMg0
       / ̄ ̄\ 
     / _ノi||i\ \  
     | (●) (●) |   
.     |  (__人__)   |    いや、強いとか弱いとかの問題ではござりませぬ。
      | u `⌒´    |   大将の剣と、雑兵の剣では、必要なものが違うのでございます。
.      |        }   大将自ら剣を振るったところで、そのようなもの、何の意味もござりませぬ。
.      ヽ       }    かの足利将軍、義輝公の最後を思い返し下され。
       ヽ     ノ   
       /     }      秀忠様はいずれは将軍家をお継ぎになるお方。
       .n:n    nn    上様の申されました通り、秀忠様にはこの大将の剣こそお学び頂きたいのです。
      nf|||    | | |^!n  (つーか、俺の話聞いてたのか?)
      f|.| | ∩  ∩|..| |.|   
      |: ::  ! }  {! ::: :|
      ヽ  ,イ   ヽ  :イ


   | /    \ j冫`ヽ        /
    | |   ヽ / | 卜  |      /   
   ||  /\ ヾー'  | /     /     ふん、またそれか。
    |  |/´     ∨/     ´' -,,,_  そんなことより宗矩よ。
   |  ||\     _ム,,,,,,,,、__──'''''´  俺はお前の新陰流と、忠明の一刀流、どちらが強いか見てみたい。
    |、_| / ,,         ヽ、       父上には俺から言ってやるから、一度試合ってみよ。
    ) ` ´       〉     ヽ
    /,,  /| ,    /:    !  ヽ、
     `~'''‐'、   /;;     !   \
           ̄

7512008/12/07(日) 20:53:24.21 ID:BLGmHZMg0
   / ̄ ̄\
 / \i||i / \     
 |  (○)(○) |    
. |  (__人__)  |     秀忠様!
  |    |::::::|   |    (ああもう物分り悪いなこのお方は!
  |    l;;;;;;l   }     上様とは大違いだよ!!)
  ヽ   `ー'   }    
   ヽ     ノ    
   /    く  \   
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、         


   \      ,..''  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  __,,,,/    /  |
  |   \        ` .、::::::::::::::::::::::::::.,-‐'"'"     /    .|
   i    `'''ヽ、       -:::::::::::::::::::      -‐'"'" /    /
   `i    |  `、'''ヽ、、     .ヽ.Y    , ..-':''" ゙/   /   ../
    `、  |    `、  (:、、   . .|  ,..-')   /   /  ‐-‐'    (フフフ…苦労してますね宗矩。
     ‐-‐'| \  `、....,,,`_゙ヽ_、_,| ノ、."..-'''''''" // .. /      しかし、これはお前にしかできぬことなのです。
       |  \\γ .,--‐-‐ "゛"゛‐-‐'''"゙'' |///  /       頑張りなさい…)
       `i| \\ |        、      |///  /\`i
       /`i  \ |   < ___ ゙''-''"'_,,,, >.. |///. /   `、
     /   `i\\|     ヽ゛⌒⌒/゛   |/ / /
          `i \|     `.、__ ノ     //.-
           ~\      ‐'''''‐   / '
               \      /
                 "'''゙''-''"~
                 徳川家康

7912008/12/07(日) 20:55:18.94 ID:BLGmHZMg0
            、 _rへ、几_r┐                 
         rヘ)      '^勹┐               さて、これは推測なのだけど、
          r┘           之              何かとタッグ扱いされることの多い秀忠と宗矩だけど、
      くY′  _             L.,            実際のところ、当初は宗矩よりも小野忠明の方が
     ヒ′     _,. 二ニニ‐、,   く_            秀忠の受けは良かったのではないか、と思うのだわ。
    lF匕`  ,.ィ´    ,.  ,  `ヽ 爿
   _||亡_ / / / /  // /   i┘ヘ             というのは、忠明は元々秀忠には先に付いていた上、
 / 《辷′ / / / / /// /. /! | 〕  ハ  、        己の名から一字与えるなど、かなり秀忠に重用されていた節があるのよ。
/{ /´ }}ヒ′ !l/ / / ./ /〃,/ l/ l| 仟  / ∨ ヽ=、、     一刀流の修練が厳しさから秀忠は忠明を遠ざけた、と言われるけど、
ハ |  {{ く厶 ||l /メ、/ / / //| ll iノ /   } t┘ 》     それなら、忠明が上田城の戦いの件で閉門を食らった後、
  ',!  }}   とl}lrァ㍉ l! /// / //ム /   / n]=='′     復帰させなければ済むだけの話なのだわ。
ヽ ヽ〃   〃 八.ノ! '´/ /メ、ノ!/Z. /  , ',.ィ〉ヾ===-   でも、復帰させた上、「忠」の字もその後で与えているのよね。
  〉 〉  / /{   ,.    rァ‐く/>,」 / / _厂n 、 ヽ
. /__,.' ‐'´ /`ヽ  、_    '、_ノ,〉イ_〈,/ _方 {{ }}|l、 \    まあ、単純に言えば、
/.{ `` <二 ー-ヽ、    _,. ィ/{疱}nノ‐'´ハV/ |ト、ヽ \  ぽっと出で親に付けられた指南役よりも、
  `ヽ、\\  ̄{做}二 ̄_フ | | |ソ        ~  || ヽ     付き合いが長い家来の方が信頼できるし、気安い、ということね。
 ̄`ヽ、\ ヽ{ /テく\   / | l |心_ノ⌒)__rヘ   | 〉      それに、まだこの時代の剣術家は、あくまで武芸者の扱いで、
ヽ ト、 \ト、∨/@ト、 ヽ.\/ _|  !ヽ      〉 l/       宗矩(家康)の言う「大将の剣」という思想は、殆ど浸透してなかったのよ。
} \ `丶、.「/,  | r'ニ二 ̄ ‐-.}  \    V^ヽ      
`ヽ、 \  /{.@ | L_ ̄ 弋‐=ニ{    ⌒ヽ     〉       だから、秀忠に付けられた当初の宗矩は、
   \ \{ ヽ  !   `>、 `ヽ、           └勹     相当苦労してたんじゃないかと思うのだわ。
 r─ァゝ、 ヽ @ | r<___\  〉   \  \ r┘    

8212008/12/07(日) 20:57:14.58 ID:BLGmHZMg0
           / ̄\
           |     |
           \_/
             |
          / ̄ ̄ ̄ \ 
        /   ::\:::/::::\  
      /u  <->::::::<-> \    (…なんか今、絶対俺には向いてねぇ光景が
      |     (__人__)    |     頭に浮かんだような気が…気のせいか?)
      /     ∩ノ ⊃  /
      (  \ / _ノ |  |
      .\ “  /__|  |
       . \ /___ /


       ./ ̄\
       |     |
        \_/
       __|__    (っ巛)   
     ./      \  |  |   …いや、そうじゃないな。
     /   :::─::::::─\ |  |   俺がやりたいのは、そうじゃない。
   /    <●>:::::<●> \  .|  
   |       (__人__)    | /   上手く言えないけど、将軍家のご指南役とか、
   /     ∩ノ ⊃  /ノ   そういうのじゃあないんだ。
   (  \ / _ノ   |/    それだけは言える。
   .\ “  /     |

8412008/12/07(日) 20:59:03.54 ID:BLGmHZMg0
:::/;;;;/;;'';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;;;;ii;;;;;;;;;;;;;;;;/ {;;;;I;;;;;;;;》;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
/;;;;;;j;;;{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;I;;;;;i [;;;;;、;;;;;| |;;;;;{;;;;;;;I\;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;ヽ
|;;;;;;|;;;I;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{;;;;;;;||;;;;;i |;;;;;;||;;;;;;|  i;;;;;I;;;;;;I ヾ;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;};;;;;;ヾ;ヽ
;;;;;;;[;;;i;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;iI;;;;;;;II;;;;| |::::|ヾ;;;;{  丶ヽ-ヽ-"\;;;;;ヾ;;;\;;];;;√⌒ヾヽ
;;;;;/i;;;I;;;;;;;;;ii;;;;;;;;;;;{i;;;;└;;;;;{--i;;iヽl;;;;i 丿;;\}ヽに二__\;;jヽ;;;ヾ/I∠ヾ }
{;;|--ヽI '    〆《.::::ソ>〆ヾ」χI;;;;;;p ソ  く;;;;I :::lヾ;;{;;;;;;;;;/l;;;;;;;{;;;;i:| |::::|
{;;;i  {;;;;;;;;| I;;;;;;;l;;;;;iヾl >《 ̄ソヾ ヽ   ,,〟===ヾヽ // I;;;;;[ / ノ;;}ヽj     それがわかれば上等だ。
ヾI  ヽ;;;;;;l ヾ;;;;[;;{ヽマ,,''===ヾ ______ {|oλ:::::::::::ヾO"   };;;;;;レ /;;;;N      一度、柳生庄に戻ってみろ。
 \  {;;;;;l  ヽ;;;;Ц i__{::0 ‰::::::ヾ----ヾ :::::ο;;;:::::ソ     l;;;;;}ソ;;;;;;;;/
    \;{  \;;;;|=- {{;::::::::υ ソ ノ|   ヾ====;″      レN|;;;;;;;|       爺さん、だいぶ弱ってるらしいぜ?
      ヽ   ヾ ::; ゞ====″  ヘ /--           | |;;;;;;;j
             丶       ’ __        :  {;;;;/
              ヽ     ヾ ̄  ソ/       /  |ノ
                ヽ       ̄            |i
                  \    "       "     |
                   ヽ ___    '        |ゝ-_>}
                   〆|                 i ノ  I

      __|\/|__ パーン
      \      /
      <<      >>
      /      \
       ̄\/|\/ ̄
       / ̄ ̄ ̄\  
      /::- :::: -:: \    そ、それはまことですか?
    /  <○>::::::<○>  \   
    |    (__人__)     |   
     \    `⌒´    /
    ノ           \

8812008/12/07(日) 21:00:21.50 ID:BLGmHZMg0
       ,i´, i´ , 'ィ , '´ノ_,. -‐''"=-‐- 、._
      / / /,i´, - '::::::::::::::::::::::::_.. -‐ ' "/
     /iト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    く レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.、-ー'"
    リ:::::::::::::::::::::::ノハ::::::::::::::::く
    >:::::::::::::`, 'ナ-、 ノ_オ,. - `ヤ    嘘言ってどうすんだよ。
    シ::::::::::ノ くゝ'  r从ノ人ノ''      この間、柳生庄に行ってたっていう沢庵殿と会ってな、
     ',:::::f ̄~¨¨`'(⌒)-こij        そういう話が出たんだよ。
      ヶヽ|     ___〉 j
      ` ー     `ニ゛/          そろそろ戻ってやったらどうだ?
       |   ヽ,   /
       |     「`ヽ、
 _,.、-ー'"¨゛´     |  , '´〈ニ三ヘ_

       / ̄\
       |    |
       \_/
       __|__       
     / ::-:::-\      …そうですね。
    /  <●>::<●>\     一度、お爺様とちゃんと話をしてみたい。
  /    (__人__)  \   
  |      `⌒´     |  「そうしろそうしろ。
  \            /   爺さん、いつくたばるかわかったもんじゃねぇしな!」
  /              \

 慶長九年当時、石舟斎は既に76歳。
確かに、いつ亡くなっても不思議ではない年齢ではあった。

9112008/12/07(日) 21:02:39.08 ID:BLGmHZMg0
         / ̄\
         |    |
         \_/
           |
         / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::::\:::/::\      和尚…ありがとうございました。
     /   <●>::::::<●> |     それがし、これにて失礼致します。
     |      (__人__)  j     御元気で。
     \、     `⌒´ /     
    /  ⌒ヽ  '"'"´ (       「おう!お前も達者でな!」
   / ,_ \ \/\ \   
    と___)_ヽ_つ_; _ヾ_つ.;.

 こうして、少し吹っ切れた兵庫助は妙心寺を後にした。

9312008/12/07(日) 21:04:15.00 ID:BLGmHZMg0
       ,i´, i´ , 'ィ , '´ノ_,. -‐''"=-‐- 、._
      / / /,i´, - '::::::::::::::::::::::::_.. -‐ ' "/
     /iト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    く レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.、-ー'"
    リ:::::::::::::::::::::::ノハ::::::::::::::::く
    >:::::::::::::`, 'ナ-、 ノ_オ,. - `ヤ
    シ::::::::::ノ くゝ'  r从ノ人ノ''    …あいつも少しは迷うようになったか。
     ',:::::f ̄~¨¨`'(⌒)-こij      まあ、めでたいことだ。
      ヶヽ|     ___〉 j
      ` ー     `ニ゛/
       |   ヽ,   /
       |     「`ヽ、
 _,.、-ー'"¨゛´     |  , '´〈ニ三ヘ_

ヽ               _
 二、__          .へ-'.二、ー-、
   _  }         l//-=、\__`―、
  f´、ノ        i´ノ{ └‘'`' r=-、 ヽ    迷う方がいいってのも妙な話ですな。
  l 丶      /_/ 、      l‘仆-'`i}   俺にはさっぱりわかんねぇですぜお師匠。
.  人 \     7´ l   ` ‐、_ '´ _メ‐、. リ
/__ \ \ _/   l\  ^  ,イ _, ―'  ̄ ̄ ̄ \ ,.    「お前ももう少し迷え」
    ̄ \r ==、`―、 !   ー一' /     _.. -'´‘ ̄  ̄`i
     f^_/ 二 、 ` 、   / /   _..ノ`´  __ -――ァ'
     ll〈     二、 ̄ ̄ __/  /  _/ :.:., -ァ―‐'´
     _ヽl      `y / /-'´  ,/ :.:., ―' ´ノ
   //l     r-┘┴、/   .,/ :.:.:.:/   /二 l
_, ―'  ̄ . |      ! {´\ /   / .:.:.:.:.:.:/  └―´

9712008/12/07(日) 21:06:43.63 ID:BLGmHZMg0
                  ,. '   ヽ          
                ,.イ     /          
            ,. - ' /三三_   /            さて、この海山元珠との話は一応>>1の創作なのだけど、
   _     ,_,.. /  / ̄ ̄ ̄ `ヽ r-ァ― 、      それはそれとして、何かしらのきっかけがあったから、
  / ヽ  /..f|    -|         ヽ〔 三  ヽ.    兵庫助は柳生庄に戻ったのではないか、と思うのよね。
 |   ヽ/....三l    v'           ヽ./   |!
 f   l! .|三三l   f             \  j      というのは、兵庫助の武者修行は、
 __ゝ,. l. l.三三|   ,'./ /              V,.,__  他の武芸者のそれとは少し違う部分があったのよ。
.7 ゝォ ゝ!三三|  ラ/ /|   l | l   l `!    ヾ三. /  それは
  攸.  |三,r ! Lイ、 j. l ィ l |.il:l  l l ,l    i 〕三 /
   ケヽ  ヽ:::::::ヽ ノ 刈l lメ lv'l |il|l|  / / |l  l !/|\ L    「兵庫助は好き好んで武者修行をやっていた」
  / 〉'´ヽ 〉rt:ヾ| レ!ヾvrl'ルヽji リ / / !|: ! レ' |ニトv'
 'Y |i ヽヽ√ミfr@jY/, f´Yミ-ァ`lヾ'レ' //__/ノ// rイ`!i     という点なのだわ。
 \ヾ,/¨ヽ ヽヘ`´〃l ヘ ゝ-'     'r'::メ j// /:::L_l!    他の武芸者…特に牢人の武芸者の場合、
   ヾ!l! |-l\'ヘ::ソ  ハ!       t_ク/ |/,_∧::|      この武者修行というものは、就職活動の側面も持っていて
  .__ ||、 |:! 'rゞ:|! | ヾ      ,  /if |  f ルヘ     己の実力を磨き、各地で人の縁や情報を得つつ、
  \`|| ヽ|:! ,f三::|! ト___i|  -、  /ヘ`ヽ | /∧ \    これと見込んだ(あるいは見込まれた)主に召抱えられる、
    | レ  ´`!、三.|! '\.|!   , r ´=ー、j-,. ヽ// f'|`ー,i   というのが大きな目的だったのよ。
    ヽ  l  Vゝミ\  \-r ',== / ヾ'∧  |  l |
    l  l   |八,j- .\ _ヽ\く三= (  v'/ ヽ_ノ  l j    つまり、武芸者にとって、武芸(剣術含む)は
    l    l <´_    ̄ \三  \ レヽ\ \ `   仕官のための手段、という面が強かったわけなのよ。
  /⌒l    |` 三三⌒'ー - 、 \   へl |,r--ォ

99愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票2008/12/07(日) 21:08:40.88 ID:BLGmHZMg0
              /.:/.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ        でも、兵庫助の場合、祖父が新陰流の正統二世、
            , ィ´.:/.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:.(       叔父が徳川家の指南役の上、実力は折り紙付きでしょう?
    ,r‐-、_ , ィ .:.::::ん"´  ̄ ̄``ヽ、.:.::::::::::::::::.:.:.)      それに、退転した理由が理由だけに、
    /.:.:.:::::::/ `7:.:::::::._ノ        \.:.::::::::::::ノ       その気になれば再仕官もできるはずだったのに、
    ).:.::::::/  /::::::.(   ,   /   ヽ 、  \.::::::(        こうして武者修行を続けたというのは、
   ノ.:.::::::/  /::::::::.ノ  |  l     !  ! ヽ. !::::ノ
  〔.:::;:;:;;;! /.!::::::( i  .!  !|     |  |  .:| |:/           「剣術自体が好きだから修行していた」
  /).:.;:;;;;| //|:::::::ノ |  | .:||    |:. l:. .::.l | |
  j〔.:.:;;;;;;;.レ/ |::,:イjト、| j| ::|ト、   !::.:/::.:.:/ .! |           と見ることができると思うのよ。
  l |>、.:;;:|_」ん1ート‐y-、l  ト、 /-/仆イ::./l/          言うなれば、手段自体が目的化していたんじゃないかしら?
  | |ン}.:;;:V,旡、l |,ィr=㍉>、`   ,ィ=ミ,〉 ij:/ _ ___      (まあ、いつでも仕官できるという余裕あってのことでしょうけど)
  | |  `ト、〈f薇f〉|ヾ込ソ      辷ソソ l/1\      \
  ! !   \`Y」:.i |        '    / :ト  \     \   そうなると、今まで柳生庄にずっといた兵庫助が、
 | |l    \リ:.| |L._     く\ , イ  | \/ ̄ ̄ ̄ /  他の流派の事を知るために諸国を廻ろうとするのも当然で、
 | ||       ,イ:| l|::.:.:.:.``ヽ.__>、\|   1/|━━━━|   それを1年も経たないうちに柳生庄に戻った、というのは、
 | ||     _「 `ト、|:::::::.::. i.:.::l朮ト、>‐'つ/  .!  Pocky |   それなりの理由…例えば「石舟斎の危篤の報」とかが
 | ||    /.:| 」二二乃.:|.:::|薔jソ ,ィ戈 .:.:::|━━━━|   あったからではないか、ということなのだわ。
 | i|  / .:.::::|〔_  ̄``ー弍:!氷リ   . ノi:.:: :::::!    .:.:.:::::|   (本当は手紙で連絡していたのかもしれませんが、
 | l| ,/ .:.:::/.:.:.:.:.:.丁> - コ_ノ  / :::|.:.:::::::|  . .:.::::::::|    こちらで調べた限りではそういう史料は無かったので)
 | l| / .:.:.:/.:.:.:.:.:.:./ /イ ̄了/ _ノ .:::::!.:.:::::::! .:.:.:.:.:.::::::::|

10312008/12/07(日) 21:11:42.96 ID:BLGmHZMg0
        /.::/       ``ヽ\          
       /.::/          \\          ちなみにこれは余談なのだけど、
     /.::::/   ,.-──‐‐- 、.   〉::ヽ        この時期の兵庫助が宗矩に対して持っていた感情は、
      〈.:.:.::::.ヽ /         \ /.:.::::〉        結構複雑なものがあったと思うのだわ。
     \.:;:ィ7, ィ´.:: ̄ ̄ ̄``ゝ-</^V/
      ,.イ:! i. .:.十ム、トト、 _ノ_ノj_j!:  N           本来の嫡流でもあり、石舟斎から可愛がられていたこともあって
      //|:|トト:::ヽ!r=ュ ヾ:.ノ´,r=ミ、リ:.:./ ト、         割と自然に「自分が柳生家を継ぐのだ」と考えていたところに、
     .〃 l|:|`7^Y´辷ソ    辷シ,ィイ〈 l ヽ        宗矩の家督相続、更に徳川家での剣術指南役就任と、
       |1| | l 人    _'_    /1 .i |   !       一気に水を開けられた上、石舟斎の反対を押し切って
      i  1lノノ> ─-、  ,. -‐< | 1:| | i |       加藤家に仕官してみれば、1年も立たないうちに退転する始末…。
      |  ||l 1.:.:.:.:.:.:.:.:V.:.:.:.:.:.:.ヽ! |::| | | |
      |  || _>.-‐::「o´こ`ol;i:.:.:.:l |::| | | |        これで、宗矩を意識しないというのはあまりに不自然だし、
      | /二ニ7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l;|.:.:丿ニ二7! 1       かといって、宗矩の立場に異議を唱えられるだけの
      |/<孑<.:.:.:o.:.:.:.:.:.:o|;|.:.:孑-、.:.\ゝ       立場も実績も無い身では、どうしようもないわけで、
      /.:.:.:孑.:.:.:.:.:.o.:.:.:.:.:.:ol;;l.:.:.孑´:::.:.:.:.`ヽ、     そういう意味では、この武者修行の旅は、
     ,/.:.:.:.:.:.:.::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//.:.:.:.:)::::::::.::.:.:.:.:.:.\    己の生きる目的自体を探すための「自分探し」か、
     /.:.:.:.:.:.::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.//.:.:.:.:.::::::::::::::::::.:.;:ィ⌒ハ   傷心旅行(センチメンタルジャーニー)な面もあったんじゃないかしら。
    ,/.:.:.:.:.::::::::::::::::::::.:.:.:.::::/人_.:.:_.:.:.:.:.:.:.:., ィ7:.::::::::::.:.〉  (羽海野チカ風の絵面の柳生モノとかあったら愉快で砂)
   〈r─y──-、::__.:./    ̄`T´ ̄_ノ.:.:.::::::::.:./  
    \/``7.:::i     .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.L _/.:.:.:::::::::::::::/     まあ、若者の懊悩と煩悶故の放浪、というところね。
    / .:::::.::/    .:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::i `ヽ:::.:.:.:.:./    個人的にはこういうところが兵庫助のいいところだと思うのだけど。
   ,/ .:.:.::::::/.:.:.:::::.:.:.:.:.  .:.:.:.:.:.::::.:::::人_ノ.:.::::::〈     少なくとも、宗矩はこういうことをするタイプじゃなさそうだし。

10512008/12/07(日) 21:14:57.61 ID:BLGmHZMg0
  `〆⌒ヽ
  ( Θ_Θ)   若、なにかいいことがあったの?
  (  目 )  
  | | |
  (__)_)

  、、、┯、、、
  彡(・)(・)ミ  
  彡 д  ミ_   随分表情が柔らかくなったですぞー
⊂彡      ミ⊃
  彡"  "" ミ
  彡_ミ""ミ_ミ

         / ̄\
        |     |      
         \_/        そうか?
          |         
       /  ̄  ̄ \       ああ、そうそう。
     /  \ /  \    今から柳生庄に戻るぞ!
    /   ⌒   ⌒   \      
    |    (__人__)     |      
    \    ` ⌒´    /    「え?どうしたの急に?」
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \   「何かあったんでしょうかー?」

10712008/12/07(日) 21:15:52.13 ID:BLGmHZMg0
       / ̄\
       |    |
       \_/
         |
     /  ̄  ̄ \      うむ、どうもお爺様の体調が優れぬらしい。
    /  ::\:::/::  \   万が一のこともあるしな。行くぞ。
  /  .<●>::::::<●>  \  
  |    (__人__)     |  「大殿様が!?それは一大事ですぞー!」
  \    ` ⌒´    /   「こうしちゃいられないね!すぐ戻ろうよ!」
  /,,― -ー  、 , -‐ 、
  (   , -‐ '"      )
   `;ー" ` ー-ー -ー'|

       / ̄\
       |     |
       \_/
         |
      / ̄ ̄ ̄ \ 
    /   ::\:::/::::\     うむ、しかし、せっかくだから、
  /   <●>::::::<●> \   帰る前に武蔵屋に顔だけ出すか。
  |     (__人__)    |   
  \     ` ⌒´   /      
     ̄(⌒`::::  ⌒ヽ       
      ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
       ヽー―'^ー-'
        〉    │

11112008/12/07(日) 21:17:24.18 ID:BLGmHZMg0
=西陣・武蔵屋=

┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||::::::::::::::::::::::::: ||-|-|-|-|-|-|-|-|-|││
┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||::::::::::::::::::::::::: ||-|-|-|-|-|-|-|-|-|││
┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||::::::::::::::::::::::::: ||-|-|-|-|-|-|-|-|-|││
┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||─────||-|-|-|-|-|-|-|-|-|││
┳┥│  ││;;[田田田田][田田田田][田田田田][田田田田] |..│
┻┥└─┘,,|/=======================================;;;|..│
 ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
 ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
==@==@==@==@==@==r─ー─‐-──ー┐@==@==@==@==@==@==
─────────‐|  武  蔵  屋.│─────────
:: : :| |;;| :::: :::: :____`ー─-─-‐ー─┘____:::::::::::::: :| |;;| :
  | |;;|   ::||三三三| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|三三三||:    | |;;|
  | |;;|   ::||三三三|__|__,,ノ___,ノ___,,|三三三||:    | |;;|
  | |;;|   ::||三三三三||::::: :::::::: :: ::: ::::: ::||三三三三||:    | |;;|
  | |;;|   ::||三三三三||:::::: ::: :: :::::::: :::: ::||三三三三||:    | |;;|
  | |;;|:::: /||三三三三||:::::: ::: :: :::::::: :::: ::||三三三 /:: :::::::::::::| |;;|:::::
| ̄ ̄| ̄ ̄|. ||三三三三||:::::: ::: :: :::::::: :::: ::||三三三|| ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄
|    |    |. ||三三三三||::::: :::::::: :: ::: ::::: ::||三三三||  |    |    |
|    |    |. ||三三三三||::::: :::::::: :: ::: ::::: ::||三三三||  |    |    |
|__|__|/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||_|__|__|_

11512008/12/07(日) 21:20:02.45 ID:BLGmHZMg0
     |┃三       / ̄\
     |┃         .|    |
     |┃        .\_/
 ガラッ. |┃            |           
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \        
     |┃三    /  ::\:::/:::: \       浄与、いるか!?
     |┃     /  <●>::::::<●>  \    兵庫助だ!
     |┃     |    (__人__)     |     
     |┃三   \    ` ⌒´    /      
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

                |.V:.ヽ.    ..-、___r‐..、 /:.:.:./ :../
                   Ⅵ、:.:\ /:/:::::::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:./ ..:/
                   V:.V:.:.:/:.:./::::::/|:\:::::::::}:.:.:.:/..:../
                 V:ヽ/:.:./-/-:ト‐-:.≧..、 ̄`..くl、
  r――、              ヽ/ ̄/:.:.:._/:|:ヽ:r≦三 __   |     これはこれは兵助様!
  | 、  \            |:: >彡三|:.:|..:/ァ-―‐ァ:7ミヽ}    急なお越しで、如何なされましたか。
  \_/´: ̄\           V!イく_ ._..-Ⅵ:/≧=<:/__}:.::{
.     \:.. ::::::::\          ハ_}:/r‐.、Ⅵ  /フィォ /ト::::〉     「なに、用というほどではない。
.       \:... :::::::\        7ヘく「ト{::::_\} !__::::::}/jト:::::{     京に来たのでな、顔を出しただけだ。
       \:::.....:::::\      |:::∧ヽV´ ̄::|! | ̄ ̄`l!/l:.::.::〈     すぐ帰るさ」
          \:::.. :::::::\    Y:::∧.l!{_::::==l! |==ミ/!/ィ\::}
            \::....:::::::\   |_/:小 ヽ:,ト、:j! |::,ト、:/ /爪、:..:\
              \::... ::::::\  /://_::\ |_/ \ !_ ∠ =-‐ヽ:..:.ヽ._
                \::.. :::::::\//く -ミ_z=‐ ̄´ ̄  __. --ヽ:..ーミ{、
                       加藤浄与

 島左近の世話を受けていた加藤数馬は、この頃、加藤浄与(屋号は武蔵屋伊兵衛)を名乗り、
京の西陣において呉服屋を営んでいた。そして、時期は不明ながら宗矩の弟子でもあったといわれている。
その縁から柳生家とは付き合いが深かったという。

11712008/12/07(日) 21:21:12.79 ID:BLGmHZMg0
         |、
         |∧
__      .| :∧    
ヽ:.\     l__:ヽ  
  \:.:`:ーァ_:二:Z__ミヽ           そうそう、加藤家を退転されたそうですな。
    \:∧:Y´__j. l!\     _  皆様、ご心配なさっておられますよ?
      V/Ⅳr_7'二}|ニミ、   //
      「7>,Y彡ニ7 ハー┴―ァ'/:.:.:
       V/i〉ー'^´ノz=>z=彡'-:彡
       ノハzァ彡/´ /´:.:/7:.:.:/
      //.:.::}〉‐ァ==<.:..:..:..丁イト、
     /':.:/ィ 〈:.ノ}_:..:..:..:..:../⌒::

           / ̄\
           |     |
           \_/
             |
          / ̄ ̄ ̄ \ 
        /   ::/:::\::::\     ああ、まあ、それは言わないでくれ。
      /u  <->::::::<-> \   これから柳生庄に帰るんだからさ。
      |     (__人__)    |   
      /     ∩ノ ⊃  /
      (  \ / _ノ |  |     「それはようございました」
      .\ “  /__|  |
       . \ /___ /

12012008/12/07(日) 21:22:29.52 ID:BLGmHZMg0
  |.V:.ヽ.    ..-、___r‐..、 /:.:.:./ :../
  Ⅵ、:.:\ /:/:::::::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:./ ..:/
    V:.V:.:.:/:.:./::::::/|:\:::::::::}:.:.:.:/..:../
   V:ヽ/:.:./-/-:ト‐-:.≧..、 ̄`..くl、     しかし、浪々の身で武者修行とは、
    ヽ/ ̄/:.:.:._/:|:ヽ:r≦三 __   |    石舟斎様の嫡孫たるお方が、何を好き好んで…。
      |:: >彡三|:.:|..:/ァ-―‐ァ:7ミヽ}   
      V!イく_ ._..-Ⅵ:/≧=<:/__}:.::{     そういえば、この頃、新免武蔵と名乗る牢人が
      ハ_}:/r‐.、Ⅵ  /フィォ /ト::::〉    吉岡様と事を構えて、大騒ぎだったそうですよ。
      7ヘく「ト{::::_\} !__::::::}/jト:::::{   
     |:::∧ヽV´ ̄::|! | ̄ ̄`l!/l:.::.::〈     なんでも、清十郎様、伝七郎様、又三郎様を
\    Y:::∧.l!{_::::==l! |==ミ/!/ィ\::}   全て破ったとか何とか…。
::\   |_/:小 ヽ:,ト、:j! |::,ト、:/ /爪、:..:\
::::::\  /://_::\ |_/ \ !_ ∠ =-‐ヽ:..:.ヽ._
::.. :::::::\//く -ミ_z=‐ ̄´ ̄  __. --ヽ:..ーミ{、
\::.. :/;ノ/´}      _ .._-≦ -――- \:..:.`ミx、

       / ̄\
       |    |
       \_/
         |
     /  ̄  ̄ \ て   
    /  ::\:::/::  \そ    ほう!吉岡というと、あの吉岡憲法か!
  /  .<●>::::::<●>  \   やるな、その牢人!
  |    (__人__)     |   
  \    ` ⌒´    / 
  /,,― -ー  、 , -‐ 、
  (   , -‐ '"      )
   `;ー" ` ー-ー -ー'|

12512008/12/07(日) 21:25:24.60 ID:BLGmHZMg0
   |我らを足利将軍家の指南役・吉岡家と知っての挑発か?|
    |      い   ず   れ   に   し   ろ      |
    \   緊   急   事   態   だ   ッ   ッ   /
       ̄ ̄ ̄| / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| / ̄ ̄ ̄
            |/             |/             |/
    , r:'':´ ̄``'''ー=.、、 , r:'':´ ̄``'''ー=.、、 , r:'':´ ̄``'''ー=.、
   /:::::::::::::::::::::::::::::: : :/:::::::::::::::::::::::::::::: : :/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\、__
  / ::::::::::;:-=ニ_;;;::: : :/ ::::::::::;:-=ニ_;;;::: : :/ ::::::::::;:-=ニ_;;;::::::::::::::::::::\`ヽ、
 / ::::::::::r'゙ 清  ゙lY;:i/ ::::::::::r'゙ 伝  ゙lY;:i/ ::::::::::r'゙ 又  ゙lY;::::、::::::::::::::::::\;;`'ー=、._
./::::::::::::ミ゙! 十 ゙.,|Y/::::::::::::ミ゙!. 七  ,|Y/::::::::::::ミ゙! 三 ,|Y=;_:`ヽ;:::::::::::::::::::\;__:::::)
l :::::::::::::::゙入郎,ノノ'l :::::::::::::::゙入.郎,ノノ'l :::::::::::::::゙入.郎,ノノ'::::::::`'ー`=、::::::::::::::::::_;/
.\:::::::/´;:r゙'''_二ニ\:::::::/´;:r゙'''_二ニ\:::::::/´;:r゙'''_二二_`'ー-:、:__::`'ー--,ァ<゙
  \r';゙-:'':´::::::::::::::`゙\r';゙-:'':´::::::::::::::`゙\r';゙-:'':´::::::::::::::``'ー-:、_工);r-i'/^゙!
   /´:::::::::::::::::::::::::::::: :/´:::::::::::::::::::::::::::::: :/´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::ン’l^)/
  /:::::::_;;=-‐''iニェ:;- /:::::::_;;=-‐''iニェ:;- /:::::::_;;=-‐''iニェ:;-:、__;;;;::ノ_:::;'::::;f'/!
  ゙'ー''゙l,`ー''´~|_.::;:、` ゙'ー''゙l,`ー''´~|_.::;:、` ゙'ー''゙l,`ー''´~|_.::;:、`''ー-‐'´ :::;'::::::ト:' l,
     ';、  .i'  )r'::::::. . ';、  .i'  )r'::::::. . ';、  .i'  )r'::::::    :::::::::::l::: ト:、._
..     |゙':  ゙,ニ;;ェ、     :|゙':  ゙,ニ;;ェ、     :|゙':  ゙,ニ;;ェ、    ::::::::::ノ::  |:::::゙、`ァ'''ー.、._
        ゙、 ゙`l'ー‐',`ー''’ :::゙、 ゙`l'ー‐',`ー''’ :::゙、 ゙`l'ー‐',`ー''’ :::::/:::::: /:::::::::\!、(二)::
..     ,.rlヽ .:`~´ ::::::::::;;r,.rlヽ .:`~´ ::::::::::;;r,.rlヽ .:`~´ ::::::::::;;/:::::::::::/::::::::::::::::::\`ー=:
.,.=x''',!ァ'゙:::/l :゙、.  ,.=x''',!ァ'゙:::/l :゙、.  ,.=x''',!ァ'゙:::/l :゙、   ..::://:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::;>::::::
..=彡'´i:::_,,..、-‐;'二゙=彡'´i:::_,,..、-‐;'二゙=彡'´::::::/:  :::`ー-‐'''´::::/:::::::::::/ ::::::::::::::::;;::-'''´::::::::::
.;´::::: :,./‐''''゙ ̄::::::<;´::::: :,./‐''''゙ ̄::::::<;´::::::::::::::l::   :::';::::::::::::::/:::::::/:\::;;::-'''´:::::::::::::::::::::::
^`、/':::::::::::::::::::::::::::`、/':::::::::::::::::::::::::::\:::::/|-.、,__ ::';:::::::::/ :;/:::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::
    吉岡清十郎直綱  吉岡伝七郎直重   吉岡又三郎

13012008/12/07(日) 21:28:40.84 ID:BLGmHZMg0
、ヽ'ノ    、__,..-‐'  ヽ` } ''´ヘ_',彡Z//  
-ソ'   ,       -'" ̄` } i /ヽ、_`ヽ三/   名門の吉岡家を倒さずして
イ!  /  ,.  _,.rニ_`ヽ   ' -' ! ,-_、,, `''!ミl
ソ  ヽ _,.ィ二ィニ-'´ィ     ヽ'='=`' (三|   この武蔵の功名は
'   -‐ '"´´`"´´  _,    ` ヽ、__  ヽ三、
             ノ   ,.-'" ̄ ,.ト、 ',ミニヽ あ り え ね ェ ・ ・ ・
         _,.-‐'´   ,ィ r:-'、 イ ,ヽ ノミミ三ヽ、  ________
       /   _,-'" `   ___ ヽiミミ三ニZ7/ニ、-、ミ三キニヽ,
、      ,'  -'"     ,.-_',´..--, } i三ニキ二くヱ、ヽヾ-、ヽr⌒ /´⌒`ヽ
 `,=‐'  :  ,. ,.-‐'   , -,'-' _, -―┴,)} iミミ、ヾミヽハヽ | ヽ_  `='、
r''ヽ、   ヽ 'i ( 、_,,,.∠-‐'"     f i /ミミヾヽ,`fヽ ヽ|_ヽ、_,  ̄ヽ  )
'   r-、  ヽヽヽ    ` -―_''  _ i./ミ三、iヾ、}iヽ-_ヽ__,
`ヽ-'、   ',  ヽ ヽ      r'      ヽ!、-―}トtrノニ-―、_,
 ,   ` ‐-' 、  ',  '    ,ィ       ',-ヽマ'´| i´` ̄`
  ;         `ー、ヽ '  r'  `‐     .イ、 `T`ヽヽ-'´
              新免武蔵
            (宮本武蔵玄信)

 慶長九年、この頃、武蔵は京において吉岡一門と立ち合いをした。
勝敗については諸説あるが、立ち合いをしたこと自体は事実のようなので、
ここでは武蔵の勝ちということで話を進める。

 吉岡家は、代々足利将軍家の剣術指南役を勤めており、足利幕府の滅んだ今となっても、
かつての名声から、京における剣の名門として名を馳せていた。
武蔵は、当代の当主、清十郎直綱、次いで弟の伝七郎直重、そして直綱の息子の又三郎に
それぞれ試合を挑み、全て打ち勝った。
一牢人が剣の名門を打ち破ったこの試合、おそらく京において大きな話題になっていたと思われる。

※ そういえば関が原の時、「宮本武蔵」と書いてましたが、
 この時はまだ新免姓を名乗っていたらしいので、そちらを補足をば。

13712008/12/07(日) 21:33:25.46 ID:BLGmHZMg0

         / ̄\
        |     |
         \_/
          |
       /  ̄  ̄ \      ふーん、武蔵ってのはなかなかのもんだな。
     /  \ /  \    どんな剣を使うんだろうな。
    /   ⌒   ⌒   \      
    |    (__人__)     |  俺とどっちが強いのかね。
    \    ` ⌒´    /  
    /,,― -ー  、 , -‐ 、
    (   , -‐ '"      )
     `;ー" ` ー-ー -ー'|

        |、
        |∧
__      | :∧       まあ、所詮は一牢人のことです。
ヽ:.\     l__:ヽ     もしこの私が立ち合わば、必殺のアトミックファイヤーブレードで…。
  \:.:`:ーァ_:二:Z__ミヽ    …って、うれしそうですな、兵助様
    \:∧:Y´__j. l!\     _
      V/Ⅳr_7'二}|ニミ、   //
      「7>,Y彡ニ7 ハー┴―ァ'/:.:.:
       V/i〉ー'^´ノz=>z=彡'-:彡
       ノハzァ彡/´ /´:.:/7:.:.:/
      //.:.::}〉‐ァ==<.:..:..:..丁イト、
     /':.:/ィ 〈:.ノ}_:..:..:..:..:../⌒::

14012008/12/07(日) 21:36:24.38 ID:BLGmHZMg0
        / ̄\
        .|    |
         \_/
          |
       /  ̄  ̄ \  ,
     /  - -  \ -
    /  <●> <●>   \   そうか?   
    |    (__人__)     |      
    \    ` ⌒´    /  
    /,,― -ー  、 , -‐ 、
    (   , -‐ '"      )
     `;ー" ` ー-ー -ー'|

         |、
         |∧
__      .| :∧            
ヽ:.\     l__:ヽ            そうですとも。
  \:.:`:ーァ_:二:Z__ミヽ           なんというか、生き生きしてましたぞ
    \:∧:Y´__j. l!\     _
      V/Ⅳr_7'二}|ニミ、   //   「ふふふ、そうか。
      「7>,Y彡ニ7 ハー┴―ァ'/:.:.:    ハハハ…こやつめ」
       V/i〉ー'^´ノz=>z=彡'-:彡
       ノハzァ彡/´ /´:.:/7:.:.:/
      //.:.::}〉‐ァ==<.:..:..:..丁イト、
     /':.:/ィ 〈:.ノ}_:..:..:..:..:../⌒::

14212008/12/07(日) 21:37:52.15 ID:BLGmHZMg0
 ハ   ( l         ',____,、                / ̄ ̄ ̄\
 ハ   ( .',         ト───‐'      / ̄\     l        |
 ハ   (  .',         |             |     |     |  ハ こ  .|
     ( /ィ   浄与   h          \_/     |  ハ や  |
(⌒ヽ(⌒ヽ/ ',         l.l             |       |  ハ つ  |
      ̄   ',       fllJ.        /  ̄  ̄ \   |  ! め  |
          ヾ     ル'ノ |ll       /  \ /  \ l        |
           〉vw'レハノ   l.lll     /   ⌒   ⌒   \ヽ ____/
           l_,,, =====、_ !'lll    |    (__人__)     | )ノ
        _,,ノ※※※※※`ー,,,    \    ` ⌒´    /
     -‐'"´ ヽ※※※※※_,, -''"`''ー-、/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \


14412008/12/07(日) 21:38:24.03 ID:BLGmHZMg0
  じー…

.  /:::::::::::::::::::::/::::/:::/|:::::::::::::::i::ハ:::|\ヘ::::::::::::::::::::..ヘ
  //!::::::::::::::::::ハ:::/|:/ |::::::::::::::|::|⊥!_!:ト、:::::::::::::::::::ヘ
. // |::::::::|:i:::::├i::|¨| ̄ |ハ:::::::::ハ| リ_サ ∨::::::::::::::::::トヽ
/'  |:::::::::|ハ:::::|ィ斤气k |' ∨::::! |彳テヘミ、|ィ:::::::::::::::::ハ ヘ
   |:::::::::|:::ト:::ハイ:::::ネリ   ∨:|  lY::::::ソ.ハ|:::::::i::::::::::|ハ
   |:::|:::::::::::ヘ|`ゝュzソ   V   込zュノ |::::::イ:/::::::|、ヘ
   |:::|:::::ト:::::|       ,        /イ´::|/|::::i::| V|
   |:::ハ:::|丶ヘ                |:::::/:::|::::|::| |'
   |::! !::::::∨! 、     ─        イ:::::::::::|:::,'|'
   |::! ∨::::::|:::i ヽ          / |:::::::::/|/
   ヽ!  ∨::::|、:|   ` t、 _ ,. - i´|   |::::::/ |
      ∨::|ヘ|   入        |^ヽ /:://
.         ∨|    / r'      / }':://
               お珠
  _
/  \
\_/  ___    ━┓
   \/::―  \   ┏┛
   /ノ::::<●>  \  ・     …ん?
 . | <●>  ⌒) \      浄与、そこな娘は?
 . |   (__ノ ̄    |
    \        ノ
    /´       `\
    |          |

14612008/12/07(日) 21:39:37.06 ID:BLGmHZMg0
        |、
        |∧
__      | :∧    
ヽ:.\     l__:ヽ  
  \:.:`:ーァ_:二:Z__ミヽ            .ィ         おお、お珠様!
    \:∧:Y´__j. l!\     ___/ノ  ___    こちらの御仁がお気になられたのですか?
      V/Ⅳr_7'二}|ニミ、   // ̄ ̄:/三三―-ミ}   こちらはあの柳生石舟斎様の嫡孫、兵庫助様ですぞ。
      「7>,Y彡ニ7 ハー┴―ァ'/:.:.:,/´/:: ̄}.}`\{   
       V/i〉ー'^´ノz=>z=彡'-:彡.:./:.\::.:/ム、  ヽ   兵助様…我が殿の末姫、お珠様でございます。
       ノハzァ彡/´ /´:.:/7:.:.:/=ミ--:..`:く _   }    
      //.:.::}〉‐ァ==<.:..:..:..丁イト、:::::::::ミ===彡 ̄ミ、ノ
     /':.:/ィ 〈:.ノ}_:..:..:..:..:../⌒:::\_:::::::::::.::.:`ヽ::.::.:\_
    //.:/´ノ、/:7´: ̄`ミ='.:.:.:.:.:::::::::::::::|` ミ__ヽ::.::.::ヽ::.:ミl
    `7:://ヽ/_:.:..:..:..:..:..:..:..:.:.:.:.:-‐ヘ.:|    }`}/´ ̄`ヽ}、
    ノ-ノ..//l´..:::::::::>ミ:ー―::´::_::::-、:リ     j .{{ .:.:.::} :..:..|
    廴_V:::イ:..{.:.:.:.:/.:..:..:..:.`:.:.ー:.´:.:.〈.V    / ∧:.::/. .:.:リ

      __|\/|__ パーン
      \      /
      <<      >>
      /      \
       ̄\/|\/ ̄
       / ̄ ̄ ̄\      
      /::- :::: -:: \     我が殿というと…!
    /  <○>::::::<○>  \   島様の末姫殿だと!?
    |    (__人__)     |   
     \    `⌒´    /
    ノ           \

14912008/12/07(日) 21:41:20.45 ID:BLGmHZMg0
  |.V:.ヽ.    ..-、___r‐..、 /:.:.:./ :../
  Ⅵ、:.:\ /:/:::::::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:./ ..:/
    V:.V:.:.:/:.:./::::::/|:\:::::::::}:.:.:.:/..:../
   V:ヽ/:.:./-/-:ト‐-:.≧..、 ̄`..くl、      はい…殿の最後の命でございます。
    ヽ/ ̄/:.:.:._/:|:ヽ:r≦三 __   |     お珠様をお守りし、いつか良き方と娶わせすると。
      |:: >彡三|:.:|..:/ァ-―‐ァ:7ミヽ}    いつの日か、島家を再興させよと。
      V!イく_ ._..-Ⅵ:/≧=<:/__}:.::{
      ハ_}:/r‐.、Ⅵ  /フィォ /ト::::〉     それが、この浄与が生きる意味でございます。
      7ヘく「ト{::::_\} !__::::::}/jト:::::{
     |:::∧ヽV´ ̄::|! | ̄ ̄`l!/l:.::.::〈
\    Y:::∧.l!{_::::==l! |==ミ/!/ィ\::}
::\   |_/:小 ヽ:,ト、:j! |::,ト、:/ /爪、:..:\
::::::\  /://_::\ |_/ \ !_ ∠ =-‐ヽ:..:.ヽ._
::.. :::::::\//く -ミ_z=‐ ̄´ ̄  __. --ヽ:..ーミ{、
\::.. :/;ノ/´}      _ .._-≦ -――- \:..:.`ミx、

        / ̄\
        |    |
        \_/
         _|__  
       /      \      …そうか。
      /ノ ::::\:::: u. \   良き者が見つかり、島家を再興できればいいのう。
    / <●>::::::<●>    \ (島家の再興か…難しいだろうな)
    |   (__人__)    u.   |   
     \ u.` ⌒´      /   「…ええ」
    ノ           \

 それから少しの間、浄与、お珠と言葉を交わした。

15112008/12/07(日) 21:43:04.98 ID:BLGmHZMg0
         / ̄\
        |     |
         \_/
          |
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \      …では、俺は行く。
    /   ⌒   ⌒   \    浄与、お珠殿、達者でな。
    |    (__人__)     |      
    \    ` ⌒´    /    「お構いも無く、すいません。
    /,,― -ー  、 , -‐ 、     またのおこしを」
    (   , -‐ '"      )
     `;ー" ` ー-ー -ー'|


  // : !: |:: ::|\: ::.:.: ::.:ヽ
  , : ::|: |!リx::小ニzjハ: :.: :::.',
  {:|: :|: レム、 :| 廴) |:.:.:.:レリ    ……
  1: lハ代_)、  "" !:.:.:.ムノ、
   レヘ:::ヽ.'' -   ,イ:::〃 _. >-、
     ヽ:::ア …< ,lハ//
      /\! ヽ `^ ´ /〃

15312008/12/07(日) 21:43:42.70 ID:BLGmHZMg0
  // : !: |:: ::|\: ::.:.: ::.:ヽ
  , : ::|: |!リx::小ニzjハ: :.: :::.',
  {:|: :|: レム、 :| 廴) |:.:.:.:レリ    …は…ら……すか?
  1: lハ代_)、  "" !:.:.:.ムノ、
   レヘ:::ヽ.'' -   ,イ:::〃 _. >-、
     ヽ:::ア …< ,lハ//
      /\! ヽ `^ ´ /〃
  _
/  \
\_/  ___    ━┓
   \/::―  \   ┏┛
   /ノ::::<●>  \  ・    
 . | <●>  ⌒) \      ん?
 . |   (__ノ ̄    |
    \        ノ
    /´       `\
    |          |

15412008/12/07(日) 21:44:35.22 ID:BLGmHZMg0
.  /:::::::::::::::::::::/::::/:::/|:::::::::::::::i::ハ:::|\ヘ::::::::::::::::::::..ヘ
  //!::::::::::::::::::ハ:::/|:/ |::::::::::::::|::|⊥!_!:ト、:::::::::::::::::::ヘ
. // |::::::::|:i:::::├i::|¨| ̄ |ハ:::::::::ハ| リ_サ ∨::::::::::::::::::トヽ
/'  |:::::::::|ハ:::::|ィ斤气k |' ∨::::! |彳テヘミ、|ィ:::::::::::::::::ハ ヘ
   |:::::::::|:::ト:::ハイ:::::ネリ   ∨:|  lY::::::ソ.ハ|:::::::i::::::::::|ハ
   |:::|:::::::::::ヘ|`ゝュzソ   V   込zュノ |::::::イ:/::::::|、ヘ   …次はいつ来られますか?
   |:::|:::::ト:::::|       ,        /イ´::|/|::::i::| V|
   |:::ハ:::|丶ヘ                |:::::/:::|::::|::| |'
   |::! !::::::∨! 、     ─        イ:::::::::::|:::,'|'
   |::! ∨::::::|:::i ヽ          / |:::::::::/|/
   ヽ!  ∨::::|、:|   ` t、 _ ,. - i´|   |::::::/ |
      ∨::|ヘ|   入        |^ヽ /:://
.         ∨|    / r'      / }':://

        |、
        |∧
__      | :∧    
ヽ:.\     l__:ヽ  
  \:.:`:ーァ_:二:Z__ミヽ    (お珠様…?)
    \:∧:Y´__j. l!\     _
      V/Ⅳr_7'二}|ニミ、   //
      「7>,Y彡ニ7 ハー┴―ァ'/:.:.:
       V/i〉ー'^´ノz=>z=彡'-:彡
       ノハzァ彡/´ /´:.:/7:.:.:/
      //.:.::}〉‐ァ==<.:..:..:..丁イト、
     /':.:/ィ 〈:.ノ}_:..:..:..:..:../⌒::

15812008/12/07(日) 21:45:47.12 ID:BLGmHZMg0
         / ̄\
         |    |
         \_/
         __|__
       /     \      次か?
      / -    -  \   …うーむ、わからん。
    /  <●>::::::<●>  \     
    |    (__人__)     |   
     \    `⌒´    /   
    ノ           \

    /.:/ :|.::::|::l:::l: : : : :.| ト、.: : :.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  /.:/.:l.:|.::::|::l:::l: .: : :.:.| l \.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
  ,′: :.l::|:::l:|::l:::l:! .: : :. L!ー‐ |:‐ハ--.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
  i: :i. : :l::|:::l:| リ リ__.:.::::::| リ二ニl/三 1::..:.:.:.:.:.ト、:.!l    …きてください。約束です
  l: :|: : :l::|:::l:レ' 从ハ.:.:::::|´ C 。: :)ソ 1:..:.:.:.:.:.:l )!l
  l: :|: : :l::|:::l:レ'_,.ニ云、.:.:|  ,.ゝ-‐'   !.:.:.:.:.:.:.:レ'/リ
  ヽ|: : :l::ト、 ト、ィ.。 :.:1ヽ|   ' ' ' ' ' l.:.:.:.:.:.:.:.l/‐- 、
    |: :∧::::::.ヽl弋Zソ 、         !:.:.:.:.:.:.:.レ'´  ̄\
   |:/  ';:::::::.', 、、、、   _      ノ.:.:.:./.:./     \
    ′   ',::::::::ヽ         / .l.:.:/.:..;′ / ´  ̄ `ヽ
        ',:.::::::::ヽ>r‐---- く   l.:/l.:.;′/
          \::::::::|  l     \   l/,イ//   / /
           / \.:|  \    \/,. イ   /  / /

16612008/12/07(日) 21:48:31.07 ID:BLGmHZMg0
         / ̄\
        |     |
         \_/
          |
       /  ̄  ̄ \       ?
     /  \ /  \     ううむ、確約は出来ぬが、わかった。
    /   ⌒   ⌒   \   それでは次は土産なり持ってまいろう。
    |    (__人__)     |      
    \    ` ⌒´    /   では、これにて失礼!
    /,,― -ー  、 , -‐ 、
    (   , -‐ '"      )
     `;ー" ` ー-ー -ー'|  スタスタ
           _  . . . .  _
        ,. : : ´: : : : : : : : : : `: :.、
                 : : : : : : : :ヽ
     / : : . i、 . .. . .         .: : :.
     //{::{::.:ト',:. :::. : : : : : :. : : . .
      {:い∧::ト、V:!:: .: : : : .::::. : : : : : .. ..',   ……。
.       { 人l!|` :! .:: : : .:::::::::. : : : : : .:トゝ   
         {  `___//:: : .:::::::::::::. : : .: :.:::
          .  ー/i′:..:/!:::::::::::::.....::∧:′  「お珠様…」
        ヽ . __!:::.::/ 从:::::::::::::::/ }!   (殿!もしやすると、我が使命、
          / /-─ヘト、iル′    果たせる日はさほど遠くないかもしれませぬぞ…!)
           /'厶=≦、  ̄ ̄、ヽ
        __ /     \、  } .}}、

 このお珠と兵庫助の縁については、又いずれ語る。
ちなみにお珠は生年が不明のため、ここでは関ヶ原より少し前程度の生まれで、
慶長九年頃は、まだ10歳にもなっていないものとして扱う。

16812008/12/07(日) 21:49:58.88 ID:BLGmHZMg0
                                       ノト     |
                                      彳ミ    ノiミ
                       __,,.. .-‐ '''""~~""''' ‐-彡彡ミ .彡ミ..,,____
                  _,..-'''"              彡彡ミミ 彡;;;ミミ
         __,,.. .-‐ '''""~                  彡彡ミミミミ彡彡ミミミ
__,,.. .-‐ '''""~""''' ‐- ...,,____,,.. .-‐ '''""~''''''''''''''''''''''''~""''' ‐-、_ii|_,,.. .-‐'''""~
    .,.:,..:..   .,. :,..:.. ,.:,..:..   , -'"  :.:.:...:::. ....  ," .,.:,..:..   .,.:,..:..   .,.:,..:..   .,.:,.
   .,.:,..:..  .,.:,..:..   .,.:,..:.. , -'"    ... ,.:.:.:...:::.. . ,'   .,.:,.   .:..   .,.:,..:..   .,.:
.,.:, .. ..    .,. :,..:..  , -'"    ... ,..  ... ,..  .. ,'   .,.:,..:..   .,.:,..:..
  .,.: ,..:..   .,.:,..:., -'"  ... ,..          .  ,' .,.:,..:..   .,.:,. .:..   .,.:,..:..   .,.:,.
        , -'"        ...           ,'   .,.:,..:..   .,.:, ..:..   .,.  :,..:..
   .,.:,..:., -'"... ,..       ..   ... ,..      ,"  .,.:, ..:..   .,.:,..:..   .,.  :,..:..   .
   , -'"          ... ,...  ... ,..   .   ,"  .,.:,..:..   .,. :,..:..   .,.:,..:..   .,.:,..:..
, -'"               ...         ,"    .,.:,..:..   .,.:,  ..:..   .,.:,..:..   .

 こうして、兵庫助は柳生への帰路についた。
京から柳生庄まで、成人男性の脚なら、歩いても丸一日程度の距離である。

17012008/12/07(日) 21:50:54.03 ID:BLGmHZMg0
     |┃三        / ̄\
     |┃          |    |
     |┃ ノ//         \_/
     |┃三           |    
     |┃    -ニ二二二二二二二二ニニ-   
 ガラッ. |┃   /                  ヽ  
     |┃   | ,   i   ,i      i  , |  
     |┃三 |_n__|i__|i____i|__|  
     |┃      /  <●>::::::<●> \      父上!
     |┃     .|     (__人__)    |     兵庫助、ただいま戻り申した!
     |┃三    \   〆⌒?   /
     |┃三    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

           ____
         /     \
       /  \i|||i/  \       
      /   (○)  (○)  \      
     |      __´___    . |    やっと戻ってきたか、
     |        |::::::|     |     この馬鹿者め!!
     \      l;;;;;;l    /l!|     
     /      `ー'     \ |i
   /            ヽ !l ヽi
   (   丶- 、         しE | ドンッ!
    `ー、_ノ        ∑ l、E ノ >
                  レY^V^ヽ

17312008/12/07(日) 21:52:05.48 ID:BLGmHZMg0
     / ̄\
     |    | 
     \_/
        |  
   ./ ̄ ̄ ̄ \      ち、父上、
. ./  ::/:::\::::u.\    帰ってきて最初に
/  <●>::::::<●>  \  「馬鹿者」は酷くありませぬか。
| u.  (__人__)     |   
\    .`⌒´    /
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

         ____
       /     \       何を言っておる。
     /  \ i||i /  \     せっかくの仕官を1年も経たずに棒に振りおって!
    /   (●) (●)  \    権右衛門は無事に勤めておるというに、
   |      __´__     |   兄のお前がそんなことでどうする!
   \             /   
   /           \   

176愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票2008/12/07(日) 21:53:49.67 ID:BLGmHZMg0
       / ̄\
       |     |
       \_/
         |
      / ̄ ̄ ̄ \
    /  ::/:::\:::: \     か、返す言葉もござりませぬ。
   /  <○>::::::<○> u \   (覚悟してたとはいえ…会う人全員から
   | u.  (__人__)     .|    退転のことを言われると流石に堪えるな…)
   \     `⌒´    /
    /         \ 

         ____
       /     \
     / \   / \      とにかく、まずは父上に詫びを入れてこい。
    /   (-)  (-)  \    お前のことを随分心配なさっておられたのだ。
   |      __´___    . |     
   \      `ー'´     /      「は、はい!」
   /           \   

 兵庫助が柳生庄へ戻ったのは、慶長九年八月、27歳の時である。
祖父・石舟斎は76歳、父・厳勝は52歳になっていた。

18012008/12/07(日) 21:55:30.41 ID:BLGmHZMg0
┃|/ ̄\
┃||    |
┃|\_/
┃|  |
┃| ̄ ̄ ̄\
┃|  ノ :::::\\     …お爺様。
┃|<●>:::::<●>\   兵庫助、ただいま戻り申した。
┃|  (__人__)   |
┃|  ` ⌒´  /
┃|      /
┃|{ヽ,__   )


       ;/ ̄ ̄ ̄ \ ;
      ;/   ノ 三\ \;       
  __ ;/ ヽ ((○))ii((○))/ \;    おお…兵助、戻ってきたかお。
    ;(    |(((__人__))) |  |;      
  \ヽ\__  `⌒ ´__/ \;     
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
     ヽ               \
      \               \

18112008/12/07(日) 21:56:20.16 ID:BLGmHZMg0
       / ̄\
       |     |
       \_/
         |
      / ̄ ̄ ̄ \
    /  ::/:::\:::: \    はい、恥ずかしながら戻って参りました。
   /  <○>::::::<○> u \   退転の件、申し訳ござりませぬ…。
   | u.  (__人__)     .|   (こ、こんなに弱ってたのかよ…お爺様)
   \     `⌒´    /
    /         \ 

    γ::::::::::::::::桃::::::::::::ヽ、     
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::  ヽ     
  γ:::::::::人::::人::人::::人  ヽ    おかえり兵助。
 (:::::::::/  ノ 三ヽ、_\  )   この人も最近は流石に体が弱ってねえ。
  \:/ ((●) (●)) \ノ    でも、お前が戻ってくれて、本当に良かったよ…。
    |  u (((__人__)))   |    
   \     `⌒´    /     (…坊主の言うことは聞くもんだな)
    /          \      

18312008/12/07(日) 21:57:41.54 ID:BLGmHZMg0
    γ::::::::::::::::桃::::::::::::ヽ、     
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::  ヽ     
  γ:::::::::人::::人::人::::人  ヽ    それより兵助、お前が加藤家を退転してから
 (:::::::::/  \ 三 / \  )   大変だったんだよ!
  \:/ ((●) (●)) \ノ    加藤様からは戻ってくるようにって使者が来るし、
    |   (((__人__)))   |    お前は全然連絡寄越さないし…。
   \     `⌒´    /  
    /          \

         ____
       / _ノ 三ヽ_\
.     / -((◎)-(◎)) \       あ、よっこいしょ…。
    l^l^ln  ⌒((__人__))⌒ \   
    ヽ   L   |r┬-|    |      …まさかとは思ってたけど、
     ゝ  ノ   `ー‐'   /     本当にやっちゃうとは思わなかったお。
   /   /          \     しかも、1年も持たないってどういうことじゃお?
  /   /             \   兵助、いくらなんでもそりゃあんまりじゃないかお?
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

18512008/12/07(日) 21:58:53.45 ID:BLGmHZMg0
             / ̄\
             |     |           
             \_/        
            / ⌒`"|⌒`ヽ、         
           /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\    
          /,//::         \     …申し訳ござりませぬ。
         ;/⌒'":::..            |⌒ヽ     
       /  /、:::::...           /ヽ_ \    
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )    
    ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"  


         ____
       /     \
     / \   / \     父上、この者の不行跡は、父たる私の責でございます。
    /   (●)  (●)  \   兵助ではなく、それがしをお叱り下され。
   | し    __´___    . |
   \      `ー'´     /
   /           \  

18712008/12/07(日) 22:00:00.80 ID:BLGmHZMg0
     ____  
   /      \       新次郎、お前が謝ることじゃないお。
  /  _ノ三ヽ__\     ロクに世間も知らせずに手元に置いてた
/  -((◎)-(◎)-\   ワシも悪かったんじゃお。
|     (((__人__)))  |  
/     ∩ノ ⊃  /     こりゃ次の仕官が苦労しそうじゃのう…。
(  \ / _ノ |  |     又右衛門にも相談せねばならんのう。
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /

         ___ 
       / ⌒三⌒ \
      /-((◎)-(◎))-\    …ところで兵助、それはそれとして、お前、
    /   (((__人__)))  ヽ   加藤様のところを退転した後、どうしてたんじゃお?
     |     `Y⌒y'´    |  それを聞かせるお!
      \     ゙ー ′  ,/   
      /⌒ヽ  ー‐    ィヽ    「はっ、まずは細川家の疋田様を訪ねようと…」
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


18912008/12/07(日) 22:00:33.45 ID:BLGmHZMg0
       / ̄\
       |    |
       \_/
      ___|___
     /u     \
    / :::\,::::、/:::: \     …というわけで、妙心寺で海山元珠殿に諭されて、
  /  < ●>::::::<● >  \   恥ずかしながら、戻って参った次第です。
 |   '" (__人__)"' u  |  
  \     `⌒ ´     /
  /ゝ     "`   ィ `ヽ.

     ____  
   /      \
  /  _ノ三ヽ__\     ふうむ、そうだったのかお。
/  -((◎)-(◎)-\   
|     (((__人__)))  |   …兵助、ひとつ聞くお。
/     ∩ノ ⊃  /    お前は剣は好きかお?
(  \ / _ノ |  |      やっていて面白いかお?
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /

19112008/12/07(日) 22:01:38.91 ID:BLGmHZMg0
         / ̄\
        |     |
         \_/
          |
       /  ̄  ̄ \       ええ、好きです!面白いですな!
     /  \ /  \
    /   ⌒   ⌒   \    仮にこの先、
    |    (__人__)     |   仕官が出来なかったとしても、
    \    ` ⌒´    /   それがしは剣を、新陰流を
    /,,― -ー  、 , -‐ 、   一生続けることができればそれで十分です。
    (   , -‐ '"      )
     `;ー" ` ー-ー -ー'|

193愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票2008/12/07(日) 22:02:23.68 ID:BLGmHZMg0
          ____
       / \ 三/\ 
.     / (◎)-(◎)\       ………。
    /  ⌒(((__人__)))⌒\   
    |      |r┬-|    |     …兵助、夜になったら道場に来るお。
     \     `ー'´   /    
    ノ            \   
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''""~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

         ____
       /     \ て
     / \   / \そ     
    /   (●)  (●)  \    …!!
   | し    __´___    . |
   \      `ー'´     /
   /           \  

  _
/  \
\_/  ___    ━┓
   \/::―  \   ┏┛    …わかりました。
   /ノ::::<●>  \  ・    それでは、俺はこれで…。
 . | <●>  ⌒) \     
 . |   (__ノ ̄    |      (お爺様、何を今更わかりきったことを
    \        ノ       お尋ねになられたのかね…?
    /´       `\      つか、また説教なのか?)
    |          |

19612008/12/07(日) 22:03:29.35 ID:BLGmHZMg0
         ____
       /     \
     / \   / \     
    /   (●)  (●)  \    …父上、よろしいのですか?
   | u.    __´___    . |
   \      `ー'´     /
   /           \  
 
         ____
       / _ノ 三ヽ_\         構わんお。
.     / -((◎)-(◎)) \       今、話して、あらためてわかったお。
    l^l^ln  ⌒((__人__))⌒ \      やはりあの子しかおらんお。
    ヽ   L   |r┬-|    | 
     ゝ  ノ   `ー‐'   /       「相応しい者に任せる」
   /   /          \      …これはあの時のお前の言葉じゃお?
  /   /             \    それに、せめて、このくらいはことはしてやらねば、
. /    /         -一'''''''ー-、.  お前にも、あの世の久三郎にも、申し訳が立たぬお。
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

19712008/12/07(日) 22:04:04.39 ID:BLGmHZMg0
         ____
       /     \
     / \   / \     
    /   (●)  (●)  \    …又右衛門は承知しておるのですか?
   | u.    __´___    . |
   \      `ー'´     /
   /           \  

       ____
     / -  -\      …さて、どうかのう。
    / -(◎) -(◎)-\    ともかく、待ってやってくれお。
  /   (((__人__)))  \ 
  |      ` ⌒´     |   「…はい。
  \            /   ありがとうございます」
  /               \

20012008/12/07(日) 22:05:40.14 ID:BLGmHZMg0
 そして夜。
柳生家の道場に、影ふたつ。

         / ̄\
         |    |
         \_/
           |
         / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::::\:::/::\  
     /   <●>::::::<●> |    お爺様。
     |      (__人__)  j   兵庫助、参りました。
     \、     `⌒´ /  
    /  ⌒ヽ  '"'"´ (    
   / ,_ \ \/\ \   
    と___)_ヽ_つ_; _ヾ_つ.;.

     ____  
   /      \
  /  _ノ三ヽ__\     
/  -((◎)-(◎)-\    来たかお。
|     (((__人__)))  |   よっこいしょ…兵助、そこに座るお。
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |      
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /

20212008/12/07(日) 22:06:07.59 ID:BLGmHZMg0
        / ̄\
        |    |
         \_/
           |           
      ./ ̄ ̄ ̄ \        
     / ::-:::::::::-:: \    お爺様、大丈夫か?
    /  <●>::::::<●> u \   
    |    (__人__)     |     
    \    ` ⌒´    /      
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

       ____
     /   u. \       大丈夫、大丈夫じゃお…。
   / \. 三 ./ \    ゲホゲホッ。
  / -(◎) - (◎)- \   
  | u.  (((__人__)))   |    とにかく、そこに正座して座るお。
  \    `⌒´     /
  ノ           \    (…ホントかよ)

204愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票2008/12/07(日) 22:06:38.49 ID:BLGmHZMg0
         / ̄\
         |    |
         \_/
           |
         / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::::\:::/::\  
     /   <●>::::::<●> |   して、お爺様。
     |      (__人__)  j  今回はなんのために俺を?
     \、     `⌒´ /  (また説教だったら勘弁だぜ、流石に…)
    /  ⌒ヽ  '"'"´ (    
   / ,_ \ \/\ \   
    と___)_ヽ_つ_; _ヾ_つ.;.

     ____  
   /      \
  /  _ノ三ヽ__\ 
/   ((●)  (●))\    うむ…それはのう…。
|      (((__人__)))  |    
\           /
 /      彡   \ 
( -つ◎-◎-  スチャ…  

20612008/12/07(日) 22:07:10.82 ID:BLGmHZMg0
      _____
     / \ 三/ \
   / ((●) (●)) \
  /    (((__人__)))  \   …柳生兵庫助長慶ッ!
 |        |::::::|      |    
  \       l;;;;;;l    /
 /       `ー'     \

        / ̄\
        |    |
        \_/
         _|__
       /      \  そ
      /ノ ::::\::::  u. \て   は、はいっ!?(急にしゃっきりと?
    / <○>::::::<○>    \     
    |   (__人__)    u.   |   
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \

20812008/12/07(日) 22:07:43.71 ID:BLGmHZMg0
          ____
       / \ 三/\ 
.     / ((●) (●)\      柳生兵庫助長慶!
    /    (((__人__)))  \    お前を、我が新陰流の後継者とするお!!
    |      |r┬-|    |     
     \     `ー'´   /      
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''""~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

21012008/12/07(日) 22:10:32.31 ID:BLGmHZMg0
      __|\/|__ パーン
      \      /
      <<      >>
      /      \
       ̄\/|\/ ̄
       / ̄ ̄ ̄\  
      /::- :::: -:: \
    /  <○>::::::<○>  \    ……へ?
    |    (__人__)     |   
     \    `⌒´    /
    ノ           \

          ○))
           |
       / ̄ ̄ ̄\  
      /::- :::: -:: \
    /  <○>::::::<○>  \    な、な…
    |    (__人__)     |   
     \    `⌒´    /
    ノ           \

21412008/12/07(日) 22:11:26.52 ID:BLGmHZMg0
         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ ̄\
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l   |
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   / _/
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u / |
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  / ̄ ̄ ̄ \
  ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /  ::\:::/:::: \
        ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、:::: <●>::::::<●> u\
       /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \. (__人__)     |
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソ` ⌒´    /
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i ̄ ̄ ̄ \

21512008/12/07(日) 22:11:54.13 ID:BLGmHZMg0
              / ̄\
              |    |
             ./\_/     あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
        ., ――┴- 、          
        /     u' .ヽ、       『俺は退転のことで説教されるかと思ったら
       ./:: ::\:::/:: ::   ヽ       何故か新陰流の後継者にすると言われた』
    ./´| <○>::::::<○>  .|                 
    /'  |  (__人__)    |      な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
   ,゙  / )  `⌒´   u' /ヾ、     俺も何がおきているのかわからなかった…
    |/_/.ヽ        /V:::::ヽ       頭がどうにかなりそうだった…
   // 二二二7__u'_/u'/:::::::/`ヽ     
  /'´r ー---ァ‐ T '"´ /::::/-‐  \  家督継いでねぇとかそれどころか絶賛牢人中だとか
  / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ  そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
 ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ 
                               もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

21712008/12/07(日) 22:12:11.78 ID:BLGmHZMg0
                γ⌒ヽ
              ゝ__ ノ     コングラッチュレーション
               -----、   Congratulation!  コングラッチュレーション
           ./ ヾ  /\                Congratulation!
             |  ・ .. ・  |
            .|        .|    おめでとう・・・・・・・・!
          _,.|     ^   |
  / ̄ ̄\..-‘≡≡:| ><´|≡::|ヽ     おめでとう・・・・・・・・!  おめでとう・・・・・・・・!
./.   |\__人l≡≡≡| |::| |≡:::/::|
|.    ぃヽ___|__||≡≡≡|.|:::|l≡::/::::|       新陰流の後継おめでとう・・・・・・・・・・・・!
\ .  ヾミll田.ノ≡≡≡::||:::|'≡/≡| 
/|\,.・|::≡:|ヽ|≡≡≡≡≡:::/|≡::|        / ̄\          r'ニ;v'ニ;、
≡|/}:ヽ|:≡|::::|{≡≡≡≡≡:::{ .|≡::|.       |    |          ,!(9 i(9i :、
≡:| |:::|l≡:|≡|:|≡≡≡≡≡:::|. .|≡::|       \_/        /  `ヽ,. ┘ヽ
:::≡l|:::|'≡:|≡:|::|≡≡≡≡≡:::|. .|≡::|        |          i′′       }
≡≡≡≡/|≡ヽ≡≡≡≡≡::::|. ..|≡::|.      / ̄ ̄\       |         |
::≡≡≡::/ ヽ≡ヽ≡::|―、≡≡::l ..|≡::|   /  ::\:::/::\      ヽ.____,ノ` ,∠!
::≡≡≡|   \≡ヽ::|  ヽ≡≡l  .ljヽl ./ .<●>::::::<●>.\     _,,,..~.-‐三=ー-
::≡≡≡|    |ヽ/ー.、.. ヽ≡≡l.  .|/ |    (__人__)    |    /ヽ、≡≡≡≡≡
:|¬、≡≡ヽ.  |≡ゞー=ッ  |≡≡|   __\    ` ⌒´   /    /≡::ヽ≡≡≡≡≡
:|  ヽ≡≡ヽ |≡≡ヽミ.   |≡≡|   l|. ll7| ヽ =/l二ll二l'''ヽ /≡:::/≡≡≡≡≡
:|   ヽ≡≡ヽ≡≡|     |≡≡|   | | llヽ|w-ヽ/Nヽll  |  |/≡:::/≡≡≡≡≡≡

21812008/12/07(日) 22:12:38.66 ID:BLGmHZMg0
       / ̄\
       |    |
       \_/
      _,..-┴-----、_
     r| |      | /ヽ,
     | l l ,.へ  | || iユ、     俺が新陰流の後継者に?
     |j_l∠へ-゙-⊥」_/゙T´
     |_,.. -:;;:-- 、...__n`y
     ⊥\:::::::u/:::::::リト|      まてまて あわてるな
     <●>::::::<●> ||,ヘ      これはお爺様の罠だ
       ! (__人__) u ||_ソ
      |u l;;;;;;l u , リ,へ、
     人 .`ー'  `_〃゙ (9入_
  _,..-=|| ,.`'ー|l|ー</// ̄人9、>-、_
/(9ト-||('-ジ'リト=-ソ__ゞ´/ニ、9ト9Y゙/6\

22212008/12/07(日) 22:14:35.12 ID:BLGmHZMg0
     ____  
   /      \
  /   ノ 三 ヽ_\      …兵助、何が罠なのかわからんけど、
/ u. ((○)  (○)) \   とにかく戻ってくるお。
|      (((__人__)))   |   (もしかして…わし、失敗したかお?
\           /     てゆーか、今色々湧いたのはなんじゃお?)
 /           \ 

      / ̄\
      |    |
      \_/
       _|__
     /      \  そ    し、失礼しました。
    /- :::::: -:::: u \て   
  / <○>::::::<○>    \     でも、お爺様!なんでだよ?
  |   (__人__)    u.   |    柳生は江戸の叔父上が継ぐんじゃないのか?
  \ u.` ⌒´      /
  ノ           \

22612008/12/07(日) 22:16:25.23 ID:BLGmHZMg0
     ____  
   /      \       そうじゃお。
  /   ノ 三 ヽ_\     実際、わしゃもう隠居じゃお。
/   ((●)  (●)) \   家のことはもうぜーんぶ又右衛門がやってるお。
|      (((__人__)))   |   家臣も、半分方江戸に行ってしまっておるしのう。
\           /    
 /           \ 

     / ̄ ̄ ̄ \
   /    -三 -\     江戸の道場も大したもんじゃそうじゃお。
  /   ((⌒) (⌒)) |    大名家や旗本の方々が既に何人も入門されたそうでのう。
 .|     (((__人__))) j    随分評判も良いそうじゃ。
  \、    ` ⌒´,; /
  /          ヽ 
     / ̄\
     |    | 
     \_/
        |  
   ./ ̄ ̄ ̄ \
. ./  ::\:::/:::: \    やはり、叔父上は大したものですな。
/  <●>::::::<●>  \  …なのに、何で俺を新陰流の後継者に?
|    (__人__)     | 
\    .`⌒´    /
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

22812008/12/07(日) 22:17:26.00 ID:BLGmHZMg0
     ____        
   /      \       
  /   ノ 三 ヽ_\     
/   ((●)  (●)) \    ……。
|      (((__人__)))   |  
\           /     
 /           \    

     ____         …兵助、お前は昔から気短で、
   /      \       こうと決めたら、他のことが見えなくなるところがあるお。
  /   ノ 三 ヽ_\      せっかく仕官した加藤様のところも勝手に退転して皆を心配させるし、
/   ((-)  (-)) \   その後も一人でふらふら出向いて、家のことを考えないお。
|      (((__人__)))   |   
\           /      これじゃ柳生家を任せるのは無理ってもんじゃお。
 /           \     …わかるかお?わしの言ってること?

      / ̄\
      |    |
      \_/
       _|__
     /      \  
    /ノ ::::\::::  u. \      め、面目次第もありません。
  / <○>::::::<○>    \    (や、薮蛇だったか!って結局説教か!)
  |   (__人__)    u.   |   
  \ u.` ⌒´      /
  ノ           \

23112008/12/07(日) 22:18:12.31 ID:BLGmHZMg0
       ___        
     / /三\\      
    / ((-) (-))\       …しかしの、お前の剣への熱心は誰よりも上じゃお。
  /   (((__人__)))  \    そして、お前の剣才は、ずっと育ててきたわしが
  |              |    一番良く分かってるお。
  \            /   
  /              \    

     ____        
   /      \       
  /   ノ 三 ヽ_\      兵助、覚えているかお?
/   ((●)  (●)) \   「相応しいものに継がせるのが一番じゃ」という 
|      (((__人__)))   |  あの新次郎の言葉を。
\           /     
 /           \    

       / ̄\
       |     |
       \_/
         |
      / ̄ ̄ ̄ \  て
    / :::\:::/:::  \そ     も、勿論、憶えております…。
   /  <○>::::::<○>   \    
   |    (__人__)     .|   
   \     `⌒´    /
    /         \ 

23312008/12/07(日) 22:18:56.89 ID:BLGmHZMg0
     ____        
   /      \       
  /   ノ 三 ヽ_\      又右衛門にはの、確かに家督は継がせたお。
/   ((●)  (●)) \   あやつこそが柳生家を継ぐに最も相応しいと見込んだからの。
|      (((__人__)))   |  
\           /     じゃがしかし、新陰流の正統はそれとはまた別じゃお。
 /           \    

     ____        
   /      \       柳生の家督と、新陰流の正統は別物じゃお。
  /  - 三 - \     そもそも、血統や地位で流派の正統が決まるなら、
/   ((●) (●)) \   わしとて秀綱先生から新陰流の正統を継ぐことは
|     (((__人__)))  |   なかったわけじゃしのう。
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |      新陰流の正統は、血統などではなく、
.\ “  /__|  |      一族門弟全ての中で最も相応しいものが継ぐべき…。
  \ /___ /     わしはそう考えておるお。

23612008/12/07(日) 22:20:26.81 ID:BLGmHZMg0
     ____        
   /      \        そして兵助。
  /   ノ 三 ヽ_\      お前は我が一族、我が弟子の中で一番相応しい資質、
/   ((●)  (●)) \    一番優れた剣の才能と熱心を持っていると見込んでいるお。
|      (((__人__)))   |  
\           /      それに新陰流を継がせたい、と思うのが
 /           \    そんなにおかしいことかお?

       / ̄\
       |     |
        \_/ 
         |
         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\  
     /    。<○>:::::<○>。  …お、お爺様…。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j    
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /           \    

23812008/12/07(日) 22:21:21.65 ID:BLGmHZMg0
     ____         兵助、お前は剣が好きだと答えたお。
   /      \       
  /   ノ 三 ヽ_\      「へいほうは むようのものとしりつつも
/   ((●)  (●)) \     好きのみちこそ すてられもせず」
|      (((__人__)))   |  
\           /     このわしの道歌を覚えているかお?
 /           \    これが、お前と又右衛門の違いなんじゃお。

       ___        
     / /三\\       …又右衛門はの、ただ剣を好きでいることができなかったんじゃお。
    / ((-) (-))\       正確には、ただ好きでいていい立場じゃなかったんじゃお。
  /   (((__人__)))  \   
  |              |     あやつは柳生家を背負っておる。
  \            /   お前のように、感情に流されることもないお。
  /              \    加藤家の件も、あやつならば、なんとしても奉公を続けたであろう。

24012008/12/07(日) 22:22:25.38 ID:BLGmHZMg0
     ____        
   /      \       しかしの、その背負うものの重さ故に、
  /   ノ 三 ヽ_\     あやつには新陰流を継がせることはできぬのじゃお。
/   ((-)  (-)) \   
|      (((__人__)))   |    新陰流の正統は、なによりも剣が第一じゃお。
\           /     あやつは新陰流と柳生家ならば、柳生家を取る…。
 /           \     だから、新陰流の正統を継がせるわけにはいかんのじゃお。

     ____        
   /      \        …さあ、兵助。
  /   \ 三 / \     まだわしは答えを聞いておらぬお。
/   ((●)  (●)) \   
|      (((__人__)))   |   我が意志…受けてくれるかお?
\           /     
 /           \    

24312008/12/07(日) 22:24:07.47 ID:BLGmHZMg0
       / ̄\
       |    |
       \_/
       __|__
     / :::\:::/\
    /  。<○>::<○>。     
  /  :::。゚~(__人__)~゚ \ グッ…
  |      `⌒´     |    
  \            /
  /              \

         / ̄\
         |    |
         \_/
           |
         / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::::\:::/::\    我が師・柳生石舟斎様!
     /   。<○>::<○>。|  柳生兵庫助長慶、謹んで、新陰流を継ぐことを誓いまする!
    |    .:::。゚~(__人__)~゚|
     \、     `⌒´ /  
    /  ⌒ヽ  '"'"´ (    
   / ,_ \ \/\ \   
    と___)_ヽ_つ_; _ヾ_つ.;.

24612008/12/07(日) 22:27:50.62 ID:BLGmHZMg0
     ____        
   /      \        …よう言うてくれた。
  /   ⌒ 三 ⌒\      それでこそじゃ。
/   ((⌒)  (⌒)) \   
|      (((__人__)))   |    正統三世を継ぐその日まで、精進するがいいお。
\           /     
 /           \    


          / ̄\
          |     |           
          \_/        
        / ⌒`"|⌒`ヽ、         
       /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\       ははっ!
      /,//::         \     
     ;/⌒'":::..            |⌒ヽ     
    /  /、:::::...           /ヽ_ \    
  __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )    
━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"  

 こうして柳生兵庫助長慶は新陰流の後継者となった。
時に慶長九年八月、兵庫助27歳のことであった。

24712008/12/07(日) 22:28:29.77 ID:BLGmHZMg0
   \ヽ, ,、
    `''|/ノ 
     .|  
_   |  
 \`ヽ、|  
   \, V" 
     `L,,_ 
     |ヽ、)   ,、    
      /    ヽYノ  
     /   r''ヽ、.|          
    |    `ー-ヽ|ヮ   / ̄\ 
    |       `|    |    | 
     |.       |    \_/  
     ヽ、     |    ____|__ 
      ヽ___ノ   /      \
     /     \/  ::::ノ:::::::ヽ_:::\  
    /   ノ 三 ヽ_\ <=>::::::<=> \ 
  /   ((=)  (=)) \. (__人__)⌒:: | 
  |  :::::⌒((__人__))⌒:: |  `⌒´   /
  \     |r┬-|   /.      |  |  
   /     `ー'´   \      .|  | 
                        ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                         d⌒) ./| _ノ  __ノ

【やる夫で学ぶ柳生一族(その9):「柳生兵庫助、新陰流の後継者となる」】 完

関連記事
[ 2018/03/05 06:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する