やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その14「慶長後半の柳生一族(兵庫助編)」

112009/02/18(水) 23:01:24.27 ID:h873OBPq0
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレです。

【今回のメイン柳生:柳生兵庫助長慶(利厳)】

       / ̄\
      .|    |
       \_/
         |
     / ̄ ̄ ̄\
    /  ::\:::/::. \    新陰流正統三世、柳生兵庫助長慶(利厳)だ。
  /  .<●>::::::<●> .\   よくぞこのスレを開いてくれた。
  |    (__人__)    |    褒美として新陰流を学ぶ権利をやる。
  \     `⌒´    /
   /,,― -ー  、 , -‐ 、
  (   , -‐ '"      )
   `;ー" ` ー-ー -ー'

912009/02/18(水) 23:07:11.63 ID:h873OBPq0
【慶長十二年(1607)時の柳生一族系譜】

   大膳長永
      :
   <柳生家>
      :
     ├─────┐
   柳生永珍   中坊源専
      :
     ├─────┐
     家厳      重厳
     |    (七郎左衛門)
     |     (松吟庵)
     ├───────────────────────────┐
     宗厳                                      .妹
   (新左衛門)                                     |
    (石舟斎)                                  <幸徳井家>
     ├───┬───┬────┬──────┐           .|
     厳勝   久斎   徳斎     宗章        宗矩         .友景
   (新次郎)             (五郎右衛門)   .(又右衛門)   
     |                            |
     |                           七郎
     ├────┬────┬────┐ 
     純厳    長厳     妹     厳倚 
    (久三郎)  (兵庫助)         (権右衛門) 

1112009/02/18(水) 23:10:09.78 ID:h873OBPq0
【第1部(その1~11)のあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の領主、柳生新左衛門宗厳は、上泉伊勢守秀綱創始の新陰流の正統を継ぎ、
後に名を石舟斎とあらため、その剣名を天下に上げた。

 しかし、長男新次郎厳勝の不具廃嫡、豊臣家による所領の没収、
そして新次郎の長男、久三郎純厳の死など、柳生家に辛く重い苦難が襲い掛かる。

 だが、徳川家康の招きに応じ、「無刀取り」を以って家康に指南を請われた際、
末子・又右衛門宗矩を推挙したことで、再び柳生家にも光が差す。

 その後、関が原の戦にて徳川家に味方したことにより、柳生家は旧領を回復する。
更に、家康が幕府を開き、後継たる秀忠を二代将軍とすることで、
宗矩は将軍家剣術指南役となった。

 それと同時に、石舟斎は己の工夫の全てを込めた新陰流の正統を、
新次郎の次男、兵庫助長慶に引き継がせた。

 こうして、柳生家の家督を宗矩に、新陰流の正統を兵庫助に継がせた石舟斎は、
慶長六年(1611)、78年の生涯に幕を閉じたのであった…。


【第2部(その12~13)のあらすじ】
 石舟斎の死後、宗矩は正式に家督を継ぎ、新たなる柳生家の当主となった。
また、新陰流の正統を継いだ兵庫助は修行の旅に出た。
そして石舟斎の死の翌年、柳生庄にて宗矩に待望の嫡男・七郎…後の柳生十兵衛三厳が誕生する。

 その後、将軍家剣術指南役として、また徳川家の家臣として順当に務める宗矩だが、
世が急速に戦乱の時代から秩序の時代へ転換を迎えつつあることを実感し、
柳生家当主として如何に対応するか、その答えを見出すべく、思索を続けるのであった…。

1512009/02/18(水) 23:11:46.28 ID:h873OBPq0
 宗矩が江戸で旗本として、指南役として努めていた頃、兵庫助は畿内で修行に励んでいた。
時は慶長十四年(1609)、九月…。

=熊野山中=
 ─┐∥─┐∥─┐∥─┐∥─┐∥ ─┐∥─┐∥─┐∥─┐∥─┐∥
 ─┘  ─┘  ─┘  ─┘  ─┘   ─┘  ─┘  ─┘  ─┘  ─┘
 :... . .:::: .. . .                       、ハ,   
          、ハ,         ガキンッ!!     ^ <  て
          <  て ... .::::.. . 、ハ,        /   ./'Y''~ヾ
          ./'Y''~    ^ <  て    ,;:''"゙゙'':.,  `  -‐
       -―==ニ二二./'Y''~ヾ‐ ‐     :; -―==ニ二ニ=―‐ ‐
   、ハ,           ::`     ,、    / ..,::'、‐- 
   <  て         .::::  ザッ!!   キ人_,/ノVi`v:: 、  キンッッ!!
   ./'Y''~バシッ! .. . .           )  て
             、ハ,   ,,-‐''"´'':、/´⌒Y,.           、ハ, ドウンッ!!
_,,.--ー''''''"゙゙ ゙゙̄"'''''―^ <  て‐'゛.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:  \;:--''"´`゙''ー<  てヾ\
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"';,_,,.- ./'Y''~ヾ.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,:゙',`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:./'Y''~-:;、,"'.:
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: :;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :
'' ;~ ; ::; :\ ,,_人、ノヽ ズガガガッ!!',;'' ;~'',;''  ; ::; : ;:; ::、ハ,  '',;'' ; ; ::; : ;:; '',;''゚ ;~'',;
":;;;: : ;: ;: ;: )ヽ    ( :; :  :: :; : ;:; ;~'',;'' ;~'',;''  ; ::; :<  て; ::; : ;:; ': ;:; ;~'',;'' ;~'',;''゚  ; ::
:::....::::::........<       >─::::....::::::........ . .::::::... .... ..::./'Y''~::....::::::........ . .::::::... ....::::::::::
      /^⌒`Y´^\
     _,,.-‐-..,,_    
  /     `''.v'ν /)
  i'   / ̄""''--i 7( i)))
  !ヘ /‐- 、u.   |' / ノ   おい、山の方のありゃ一体なんだ!?
  |'' !゙ i.oニ'ー'〈ュニ!  /   尋常なことじゃねーぞ!?
 ,`| u       ..ゝ!  /
<:::::\   (二> /   
 \::::\_''/

1912009/02/18(水) 23:13:06.12 ID:h873OBPq0
   `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ  
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }     そうか…わかったぞ!
         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|   
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、  !


    ,ィィr--  ..__、j
   ル! {       `ヽ,       ∧
  N { l `    ,、   i _|\/ ∨ ∨
  ゝヽ   _,,ィjjハ、   | \
  `ニr‐tミ-rr‐tュ<≧rヘ   > あれは…熊野の天狗たちが相撲を取っているんだよ!!
     {___,リ ヽ二´ノ  }ソ ∠  つまり……
    '、 `,-_-ュ  u /|   ∠
      ヽ`┴ ' //l\  |/\∧  /
--─‐ァ'| `ニ--‐'´ /  |`ー ..__   `´
    く__レ1;';';';>、  / __ |  ,=、 ___
   「 ∧ 7;';';'| ヽ/ _,|‐、|」 |L..! {L..l ))
   |  |::.V;';';';'| /.:.|トl`´.! l _,,,l | _,,|  , -,
    ! |:.:.:l;;';';';'|/.:.:.:||=|=; | |   | | .l / 〃 ))
    l |:.:.:.:l;';';'/.:.:.:.:| ! ヽ \!‐=:l/ `:lj  7
    | |:.:.:.:.l;'/.:.:.:.:.:.! ヽ:::\::  ::::|  ::l /

2112009/02/18(水) 23:15:00.81 ID:h873OBPq0
     )、._人_人__,.イ.、._人_人人
   <´ 天狗だ、天狗の仕業だ! >
// ///⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r v'⌒ヽr ' ⌒ /// /////
// ///N、Nヾヽ       ,;彡巛   ゙i  // /////
/ ////ミミミ=丶、   ,..,彡"ツ ヾヽ  l // /////
/ ///   ー-=二r冫=ヾ,,,,r='"ヾ`ト、_j  // ////
/ /// /////iヘi ;-゙゚'- イ゙゙iヽ-゙゚'-' i !rヽ // ///
/// /////// i(i゙===' i , ゙==='' .')゙/// ///
/// / /////l、i  ) r''"´ ̄ヽ ) .!,.'// /////
///// ////   i ( i;;;;;;;;;;;;;;;;;;i(  ,ィ  / ////////
//////////   ト、) lr'⌒'⌒ノj )ィ' i.._ / //////
//  / ////  r| ;;,゙ヾ.====''./,;' i ヘ// ////
/// / /////,j ;;,. `ー''" ,;'  ,!' ヽ_ // ///
//  \-y'" 、i  ;;,.  :.  .,;' /   ヾー///
   "/__  ゙、  ;;:.   .,;'./_,.. 、   \////
   " ̄  /'  ゙、- ,,_   / ゝ ,;`ー─-、ヽ//

         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!   
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・ 

     / ミ:::,..::- 、::;;;ミミミ彡)             ./´.: .:: ~:. :.`゙ー=,
    !'"  ミ:::/   u`ヽ--、'k.、  ,..-一、,.‐--、,,_   i '.: .: ,,..,.,..,.. ドヾ   __,,,,...::-一=、
    i. ミ::/ ゙゙゙''ヽ、  u   iミ;!,.'";: .: .: .: .:. :: ド;'.  i _,.ァ='-ノノi!_、i    /.: .: :   :. :.ミ
  /',、ヾ ! u ,'"´r。`ヽ、_ :. _,,iミi ''  彡_イィiレヾi゙`  iヘi ゙--゚,..` t_;7!   .i .: ,.=-、ソiヾ、.,ヾ
  ゙i 'ヘ i:┘  ゙ー---.,,  ゙i''f..i ,.i.-./r'"r。ヾ、ィ;、゙!   ゝ. u .,.-、.,.ゞ. i   .r、:i‐i' ( ;) i-i;"゙i'
   .! ゙ヾ  u    "   .:ヤ''〈ヘォi u ̄,._ ト‐-!   ,,.ィ''ヾ ド--、 〉丿   ゞ_ u゙ー=、'.冫ィ
  _,__7‐'i     ,.:-‐-、.´/ .i,゙F'i   /__.゙ラ' ,..j_,,ィ'" i. .:ヾ.==-'/  _,,../i' .、(ー-7 ノ
;'";;;゙i.  i.    /`==‐-/  .ノ: i. \ ゙、__././  ゙、  :i. ゙' .:::`゙T´ i`ー'-、;,.  ゙、 ::゙ーr-'_´
;;;;;;;;;;゙i.  ,;\  ゙、-- 、.:/ /;,: : :゙i :. ;,,`ーr'´、.__   ゙、  .i.-、 ,.-i: .i   ゙i ;,  ゙、;::::i  ';,ー、
;;;;;;;;;;;;゙i. , ; ;;\  ゙二ニ'./: : : ;,: : :゙ト、 ;;::i: : :;,: :.ヽ  ゙、 .:i.   i :i    ゙i ;,  ゙、ノ  ;'  :i

2512009/02/18(水) 23:16:50.81 ID:h873OBPq0
            , ;,勹
           ノノ   `'ミ
          / y ,,,,,  ,,, ミ
         / 彡 `゚   ゚' l
         〃 彡  "二二つ
         |  彡   ~~~~ミ      はいはい、わしのせい わしのせい
     ,-‐― |ll  川| ll || ll|ミ―-、
   /     |ll        |   ヽ
  /       z W`丶ノW     ヽ
 /        \\   / /      |
/    天      \`i / /  狗   |


  NヽN`              `゙、
.、Nヾミ                i
 ヾミミ、       _,.ィイ八、     !
  ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_    !?(なんだ今の?)
     {F|!  ̄ ゙iニ{'´   ゙̄!r'-r,^、i
      l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/
      `!  ̄ヽ '   ̄~´u ,'.,ィ'
       i.u  ___     ,' |
        ヽ、 ´ -- ``   ./  ト、
       ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_
    _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、

2812009/02/18(水) 23:18:33.99 ID:h873OBPq0

 …石舟斎が亡くなった後に始まった
兵庫助と阿多棒庵の修行は、今、大詰めを迎えていた…。


        '廴:::::::::::::::::::_-r一''''''ー-、、:::::::::::::::::::::,_--―''ー-- 、:::::::::::::::::::/゙゙
         ゙゙'、:::::::xr<____..r‐′::::::::::::::::::::::`ー..________>:::::::::::::::广
    __〃_..rー-A_r'´ \  __,,r―ゝy‐'、::::::::::::::::::/'ゝ_/‐+..___r''´ ___jゝ、jし-- 、    行くぞッ!!
   _j广 _j'´:::::::::_广   冖"’    |l! ゙'\::::::: / ..ll′  ""―'~~   "'、:::::::"'、   我が新当流の奥義!!
 y┘  丿:::::::,r''゙ll、          廴   ゙‐''′  ll!           ll゙' 、::::::::'、  ボォォォォォルテッカァァァァァァァァーーーーッッッ!!
''′   ,':::::::ノ′ ∥           廴      _/           ll  ゙ 、:::ヽ
    丿__/   l廴           ゙ゝ、   ィf'´           ;lll    \::ヽ、
   ノ"/′    |∧           "ゝ、ィノ            /リ      ゙ヽヽ、
  ,' ,丿      ヘ ヽ            ∥            /^丿      ''ゝ '、
  lン'´        ''、..'、           .|            ./’ j′       ゙'lぇ
 |l|          "'、ヽ.           |           .丿 ,'′         │
  廴          ゙ゝ '、          .|           / _┘         _〃  _u'、
lllllu]廴          "=廴         |          _jひ′         ;jl[..nltI}}广
"ヾ匸′           ヾu__       |        __r广            "ニャ广
   "ゝ、、            "゙ー-___   |    ___ulF~~            _nl广
     "゙ゝ、、           ___jテ'´      ''゙'巛_            _yl广
     _〃 ア-.._、  ___,,....-‐'"゙∟         _,,r广''--...._    _..r''亡゙∟

3312009/02/18(水) 23:20:16.03 ID:h873OBPq0
        ー ,,   \         ,,       ;  .l     ィ"´''┐
              `ヘ、 .\     /'" `l.       !   l      └-r'"
              `'-, `!、    ´゙'v'"      ./   !
                \ ヽ,           /   ./                  /
                ,,,,,,_.  ..\ヽ. ._,-‐===--、 ./   ,/             / ,
    ________       .`゙'‐、 ./ .i、 /\, ,ィ \ ,/                ,/ /
  ‘゙ ̄゛ ._______,゙_;;'ー-..,,_.   / _| `"  " |_.ヽ             ,,/ /   ならば行くぞ!
 ―''''"´       ゙゙゙̄'''ーニニ .! .ゝ 表示価格の/ |          .,, ‐´., /      必殺!10倍ボンボンアタックッッ!!
               -――- l .<   10倍!. `>..|        _..-'´.,..-"
                 _,,.. -¬ ヽ  ̄| , 、 ,.,、 ┌┘/    ,,.. ;;ニ―'''"゛
          _..-''"゛ _、ー''"  \ ´ ヾ  ヾ /-=`-''″             _..-''"゛
       _..‐"  . /    /  ,i  `ー-===-'"            _,,.. -''". _,,.. -‐''
     ,/゛   /    ./   /     |      ................ -‐;;二.... ー''''"゛
   .../    ,,ヾ     !  / :! /  ̄  ̄ \ ¬―ー''''''゙゙´
  /     /      ∩     / ::\i||i/::. \   ∩
 '"    /        l ヽ∩ ./  <◎>::::::<◎>.  \ ∩ j,_
     /      ,、  ヽ ノ |     (__人__)    | ヽ | 、,_ ´゙'''ー ,,,、
    /     i!゙´ `/  | ヽ \    `|ii||i|´   / / j   `'''ー ,,_  ⌒゙゙゙'''"
   ″    `>  ,ゝ \  ̄     .l;;;;;;l     ̄  /          `"''ー ..,,,,
          ´⌒´    \      .`ー'      /

3712009/02/18(水) 23:21:44.92 ID:h873OBPq0
          ,,-'  _,,-''"      "''- ,,_   ̄"''-,,__  ''--,,__
           ,,-''"  ,, --''"ニ_―- _  ''-,,_    ゞ    "-
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"
         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,
      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~
               ̄ ̄"..i|       .|i
                 .i|        |i
                 i|        |i
                 .i|          .|i
                .i|         ..|i
                .i|           |i
               .i|      ,,-、 、  |i
               i|      ノ::::i:::トiヽ、_.|i
           _,,  i|/"ヽ/:iヽ!::::::::ノ:::::Λ::::ヽ|i__n、ト、
     ,,/^ヽ,-''":::i/::::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ::::::::::::ヽ,_Λ
     ;;;;;;:::::;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;:::/;;;;;;:::::::::;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;:;;;;:::ヽ

4012009/02/18(水) 23:23:09.02 ID:h873OBPq0
                    _,-、
    _        _      _/ j: :゙、
    / 〉ヽ    // ヽ  _,,,r' /: : : \    ,.-ー、  ヒュウウウウウウウ……
  / く: : : \ ,,;' ,'゙"''ヾ:、r' __,,/: : : : : :゙ 、_,,r'"  ゙i、
,.‐'´   ヽ: : : / /   /,r'  }: : : : : : : :i \   ,': :\      _
 i!     ,r' , '    ,;' i!   /\: : : : : :〈: : :}、,,_ ,': :: : : ゙ 、  // ヽ
,ri;|!、,i!        / ,ri;|!、 i!   ヽ: : : : : : : : : .,': : : : : : : : ,,;' ,'゙   ゙:、
;;゙,:゙゚''ri;|! ,i!      ,,;i;;゙,:゙i;|!ri;|!、   i!: :_:,.:_:..:;.:_:_:_: : : : : : : : : :
''"´'r-゙"''" ̄⌒゙゚゙゚''"´゙"''゙"!''''"´'゙"''゙゚"''"゙`     '゙゚゙゚''''" ̄''''" ̄⌒゙"´'゙"''゙
                                   
  ィヾ|''┐     _,,.,,. -‐''‐''"i´ ̄`´ ̄``i ̄``i' ‐ .、_,r'    
  └-'"  ''゙r'゙i、"゙ ゙ 、 、 :i |  |   i:!   i:!  /  '´::、,'゙     ィヾ|''┐
         {  \  ゙ 、 、 i,  /i,  /   /  ,i ,r'   _,}    └-─'" 
         ゙"'' ー ── --・・・──・--・・・-- ─ ─ ''゛

         ,イ
         / |            ━┓¨
     ,r‐、λノ  ゙i、_,、ノゝ       ━┛
     ゙l  / ̄\    ゙、       ━┓¨
     .j´  |    |    (.      ━┛
     {   \_/     /     ━┓¨
      )    |       ,l~    ━┛
       /  ̄  ̄ \
     /  ::\:::/::  \    …棒庵殿、新当流長刀術の奥義、
    /  <●>::::::<●>   \  しかと憶えましたぞ!
    |    (__人__)     |  
    \    ` ⌒´    /

4412009/02/18(水) 23:24:52.89 ID:h873OBPq0
 /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|
/::.::.::.::.::.::.::/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::∧::.::.::.::.\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::|
|::.:/::.::.::.::./::.::.::.::.::.::.::./::.::.:/|::.::.| ヽ::.::.::.::.::\ :.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. |
|::/::.::.::.::. !::.::.::.::.::.::.::/|::.::.::| |::.::.|ヽ `' 、::.::.::.:ヽ、::.::.::.::.::.: ::.::.::.::.::.::.: :|
レ|::.::/::./::!.::.::.::.::.::.: |. |::.::.::| ヽ.: ト、丶  _` ー─`─ -、::.::.::.::.::.::.::.::ヘ     …これに耐えたか。
 !::/::./::.:|::.::.::.::.:/|::|. |::.::.::|  ヽ|. ヽィ´____    l: ||::|ノ 〉::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ   兵庫助殿、最早俺に教えられることは何も無い。
 レ|:.: !!::.:|::.::.::.::.:| リ ヽ::.::',   /,ィ代ソ/    |: !!::!_ノ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::   我が新当流の長刀術、槍術、全てお前に伝授した。
  !::.:!!::.:ト、::.::.::.:ヽ≧ェ.、ヽ:.', / /ー`‐'´、ヽ.   !::||::| |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.
  ヽ.||:.: ! ヽ::.::.::.|弋勾>、\        、ヽ.   !::||::| |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.    我が印可を受け取るがいい。
     ヽヘ  ヽ::.::',  ̄ |  ヽ        ヽ!   レ |::| |::.::|::.::.::.::.::.::.::.::.
      \  ∨ ' .  |          !    .|::| レ|::|::.::.::.::.::.|─-
              ヽ  |  , -           /レ'  |::|::.::∧::./ヽ /
             \`´  __, 一        /     レ|::./ ∨ /三
                    \  ̄ 一'       /     /.レ'  /三三
                ヽ         /   /    /三三三
                  ヽ      /   /    /三三三三
          , -‐  ´ ̄>‐‐`ー‐‐'´ヽ , ィ´    /三三三三三
      , ィ ´ニ三三三/三三ニ/ (___, ィ´    /三三三三三三
      /ニ三三三三/三三三ニヽ        /三三三三三三三
    /ニ三三三三/三三三三三ニ\     /三三三三三三三三
                  阿多棒庵道紹

 慶長十四年(1609)、九月、阿多棒庵は
新当流(穴沢流)の長刀術、槍術を兵庫助へ残らず伝授し、印可を授けた。

4712009/02/18(水) 23:26:19.37 ID:h873OBPq0
|::.:/::.::.::.::./::.::.::.::.::.::.::./::.::.:/|::.::.| ヽ::.::.::.::.::\ :.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. |
|::/::.::.::.::. !::.::.::.::.::.::.::/|::.::.::| |::.::.|ヽ `' 、::.::.::.:ヽ、::.::.::.::.::.: ::.::.::.::.::.::.: :|
レ|::.::/::./::!.::.::.::.::.::.: |. |::.::.::| ヽ.: ト、丶  _` ー─`─ -、::.::.::.::.::.::.::.::ヘ    
 !::/::./::.:|::.::.::.::.:/|::|. |::.::.::|  ヽ|. ヽィ´____    l: ||::|ノ 〉::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ    柳生兵庫頭長…いや、そういえば、
 レ|:.: !!::.:|::.::.::.::.:| リ ヽ::.::',   /,ィ代ソ/    |: !!::!_ノ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::    名を変えたのであったな。
  !::.:!!::.:ト、::.::.::.:ヽ≧ェ.、ヽ:.', / /ー`‐'´、ヽ.   !::||::| |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.
  ヽ.||:.: ! ヽ::.::.::.|弋勾>、\        、ヽ.   !::||::| |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.      さあ、これだ。
     ヽヘ  ヽ::.::',  ̄ |  ヽ        ヽ!   レ |::| |::.::|::.::.::.::.::.::.::.::.    受け取ってくれ…!
      \  ∨ ' .  |          !    .|::| レ|::|::.::.::.::.::.|─-
              ヽ  |  , -           /レ'  |::|::.::∧::./ヽ /
             \`´  __, 一        /     レ|::./ ∨ /三
                    \  ̄ 一'       /     /.レ'  /三三
                ヽ         /   /    /三三三
                  ヽ      /   /    /三三三三
          , -‐  ´ ̄>‐‐`ー‐‐'´ヽ , ィ´    /三三三三三

      / ̄\
      .|    |
       \_/
        |     
     / ̄ ̄ ̄\     
   /  \ /  \    ああ、今の俺は長慶ではない…。
  /   ⌒   ⌒  \  「利厳(としとし)」だ。柳生兵庫助利厳。
  |    (__人__)    | 
  \    `⌒´    /  
 /ヽ、--ー、__,-‐´\  

 なお、この修行の途中(慶長十年頃と思われる)、
兵庫助は「長慶」から名を改め、「利厳」を名乗るようになった。

5012009/02/18(水) 23:27:49.39 ID:h873OBPq0
 この時、兵庫助が受けた印可は、元々棒庵がその師、穴沢浄見秀俊(秀頼の薙刀指南役)から
慶長二年(1597)に受けた印可状に、更に紙を足したものであったという。
(なので、基本は新当流だが、穴沢流とも称される)
             ____
             /ヽ_//
            /  /  /      
            /  /  /
           /  /  /      
           /  /  /
          /  /  /
           ̄ ̄ ̄
【棒庵が浄見から受けた印可】
 一流の極意向上の長刀迄相伝申しおわんぬ。(中略)獅子の洞出、虎乱入、この二つの長刀、呉家の至宝也。
 方々に於て数度手柄を露わし、天下に其隠れ無し。
 御執心御懇志に感じ、則ち貴命に応じ、残さず伝授申す処明白也。
 (中略)後証の為、愚毫を染め進献せしむる者也。件の如し。

 慶長二年 八月吉辰
 穴沢浄見秀俊            棒庵尊老 参

【兵庫助へ譲られる際に書き足された箇所】
 右長刀一通り、極意向上一つの長刀、虎乱入、獅子洞出、又、余が蚊捷、工夫鍛錬残さず相伝なしおわれリ。
 宣なるかな、兵法向上の家たる此の長刀を、兵法の広知、工夫に任すに於いては、
 諸道具彼れ此れ相対し、必勝の利を得る者乎。
 (中略)然りといえども、執心の人此れあるに於いては、
 御相伝の為、条件より伝授の赴、並に目録奥書、一字一点、此れを変えず与えらる可し。
 後生の為、愚毫を染め加うる者也。

 干時慶長十四年己酉 九月吉辰
 棒庵道紹                柳生兵庫頭殿

5212009/02/18(水) 23:29:20.22 ID:h873OBPq0
                             |. `|  |  l  l.  |
           / ̄\      「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  ,' / ノ ̄ ̄|
          |     |      |         ヽ_j  / //     |
           \_/      |   教授権利書ヽ_ハ/′     |
             |        |                    |
         /  ̄  ̄ \    |        新 陰 流        |   ありがたい…!
        /  \ /  \..  |     ・・・ ・・・ ・・・       |  では、代わりに俺からもこの権利書を…
      /   ⌒   ⌒   \ |     ・ ・ ・・ ・・・        |
      |    (__人__)     |/|                    |
      \    ` ⌒´    /l|.| :::::::::::::::::::::::: |
      ヽ、--ー、__,-‐´イ   l リ :::::::::::::::::::::::: |
        >'´/ / _,.ノ|/    l.| :::::::::::::::::::::::: .|
      ,r7′_,.レァ‐‐'′、 l  i  l|              __     |
     /,厶イ_:.:/    ヽヽ. :l  |             〃.  `ヾ   .|
     /7   /:.:「       ゝL/|   ::::..... |l .柳 .||..  |
   /〈  /:.:.:.:',    /  //   |   ::::        |l .生 l.|..  |
  ∧',. ヘ /:.:.:.:.:.:',  /   〃   |            ヾー-‐シ   .|

|::/::.::.::.::. !::.::.::.::.::.::.::/|::.::.::| |::.::.|ヽ `' 、::.::.::.:ヽ、::.::.::.::.::.: ::.::.::.::.::.::.: :|
レ|::.::/::./::!.::.::.::.::.::.: |. |::.::.::| ヽ.: ト、丶  _` ー─`─ -、::.::.::.::.::.::.::.::ヘ
 !::/::./::.:|::.::.::.::.:/|::|. |::.::.::|  ヽ|. ヽィ´____    l: ||::|ノ 〉::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ
 レ|:.: !!::.:|::.::.::.::.:| リ ヽ::.::',   /,ィ代ソ/    |: !!::!_ノ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::    (無視して)兵庫助殿。
  !::.:!!::.:ト、::.::.::.:ヽ≧ェ.、ヽ:.', / /ー`‐'´、ヽ.   !::||::| |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.   …お前は最初俺に弟子入りする時、
  ヽ.||:.: ! ヽ::.::.::.|弋勾>、\        、ヽ.   !::||::| |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.   豊臣に弓引かぬ、と言ったな?
     ヽヘ  ヽ::.::',  ̄ |  ヽ        ヽ!   レ |::| |::.::|::.::.::.::.::.::.::.::.   
      \  ∨ ' .  |          !    .|::| レ|::|::.::.::.::.::.|─-
              ヽ  |  , -           /レ'  |::|::.::∧::./ヽ /
             \`´  __, 一        /     レ|::./ ∨ /三  
                    \  ̄ 一'       /     /.レ'  /三三  
                ヽ         /   /    /三三三

5512009/02/18(水) 23:30:44.20 ID:h873OBPq0
      / ̄\
     .|    |
      \_/
      __|___
    /      \
   /  \ i||i / .\     ああ…(スルーかよオイ)
 /  .<○>::::::<○>  \
 |     (__人__)     |
 \    .`⌒´    /
 ノ           \

|::/::.::.::.::. !::.::.::.::.::.::.::/|::.::.::| |::.::.|ヽ `' 、::.::.::.:ヽ、::.::.::.::.::.: ::.::.::.::.::.::.: :|
レ|::.::/::./::!.::.::.::.::.::.: |. |::.::.::| ヽ.: ト、丶  _` ー─`─ -、::.::.::.::.::.::.::.::ヘ
 !::/::./::.:|::.::.::.::.:/|::|. |::.::.::|  ヽ|. ヽィ´____    l: ||::|ノ 〉::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ   いいか、そんな言葉は忘れろ。
 レ|:.: !!::.:|::.::.::.::.:| リ ヽ::.::',   /,ィ代ソ/    |: !!::!_ノ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::   どれほど優れた腕前を持っていたところで、
  !::.:!!::.:ト、::.::.::.:ヽ≧ェ.、ヽ:.', / /ー`‐'´、ヽ.   !::||::| |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.   世に隠れればその腕前に意味はない。
  ヽ.||:.: ! ヽ::.::.::.|弋勾>、\        、ヽ.   !::||::| |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.  
     ヽヘ  ヽ::.::',  ̄ |  ヽ        ヽ!   レ |::| |::.::|::.::.::.::.::.::.::.::.   お前は俺とは違う。
      \  ∨ ' .  |          !    .|::| レ|::|::.::.::.::.::.|─-.  お前ほどの男が、俺への義理立てだけのために
              ヽ  |  , -           /レ'  |::|::.::∧::./ヽ /  仕官を止めるようなことだけはやめてくれ。
             \`´  __, 一        /     レ|::./ ∨ /三  
                    \  ̄ 一'       /     /.レ'  /三三  
                ヽ         /   /    /三三三

5812009/02/18(水) 23:32:13.13 ID:h873OBPq0
           / ̄\
           |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::/:::\::  \     いや、しかし…俺は、あの誓いを破るつもりはないぞ?
      /  .<●>::::::<●>  \   あれだって俺が自分から言い出したことだからな。
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

|::/::.::.::.::. !::.::.::.::.::.::.::/|::.::.::| |::.::.|ヽ `' 、::.::.::.:ヽ、::.::.::.::.::.: ::.::.::.::.::.::.: :|
レ|::.::/::./::!.::.::.::.::.::.: |. |::.::.::| ヽ.: ト、丶  _` ー─`─ -、::.::.::.::.::.::.::.::ヘ
 !::/::./::.:|::.::.::.::.:/|::|. |::.::.::|  ヽ|. ヽィ´____    l: ||::|ノ 〉::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ    …ではせめて、
 レ|:.: !!::.:|::.::.::.::.:| リ ヽ::.::',   /,ィ代ソ/    |: !!::!_ノ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::    いつか、お前を必要とする人間が出てきた時、
  !::.:!!::.:ト、::.::.::.:ヽ≧ェ.、ヽ:.', / /ー`‐'´、ヽ.   !::||::| |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.    その時は、その力を貸してやってくれ。
  ヽ.||:.: ! ヽ::.::.::.|弋勾>、\        、ヽ.   !::||::| |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. 
     ヽヘ  ヽ::.::',  ̄ |  ヽ        ヽ!   レ |::| |::.::|::.::.::.::.::.::.::.::.    それが俺の、
      \  ∨ ' .  |          !    .|::| レ|::|::.::.::.::.::.|─-   まがりなりにも師としての願いだ。
              ヽ  |  , -           /レ'  |::|::.::∧::./ヽ /
             \`´  __, 一        /     レ|::./ ∨ /三
                    \  ̄ 一'       /     /.レ'  /三三
                ヽ         /   /    /三三三

6312009/02/18(水) 23:34:01.62 ID:h873OBPq0
      / ̄\
      .|    |
       \_/
        |
     / ̄ ̄ ̄\        …わかった。
   /  \ /  \      それなら、約束しよう。
  /   ⌒   ⌒  \
  |    (__人__)    |     ではさらばだ。
  \    `⌒´    /    我がもう一人の師よ。
  /,,― -ー  、 , -‐ 、
  (   , -‐ '"      )   「ああ…」
  `;ー" ` ー-ー -ー'|

 こうして兵庫助は修行を終え、熊野を出た。

6512009/02/18(水) 23:35:54.14 ID:h873OBPq0
  「`' ―- 、,_ ∠、 ―――- 、 __/     l            剣豪スレも読んでる人はお馴染みさま、
  ヽ.      /              \     l           そうでない人ははじめましてかな?
    ヽ.   /      ,ィ         \     ハ          今回は私が解説役をするね。
     \ /     / / / l i   ヽ     ヽ \ /  l          あと、>>1曰く、「口調が怪しいのはご容赦をば」だって。
     /    j .ハ j l ヽヽ ヽ ヽ \  \ `<、 l          
     .j /    l_l_ l l ヽヽヽ_ヽ__`__.\ \\-、 .l           この時の印可だけど、尾張柳生の伝承によると、
.     l |. l l ハ l 弋  \\\  \\> ヽ\`ト、          新当流長刀、槍についても「唯授一人」の相伝を受けて、
     .l li .l l l fTテヽ   \ 'Τ圷ヽ、:f ( `ナ、 \\        正統七世を継いだ、と言われているの。
      l l.l l l ハ .b::::l       b:::::::::l | ノ ノ|   l\、        以後、元々の新陰流と合わせて、代々、
     ', ,ヽヽ、 l ヘ弋n!       .ヒ辷ッ |‐'´l l   l          この新当流の長刀術、槍術も相伝されていったんだって。
       ヽ \\ ヘ "" ' __    "" ,イ |. i l l   l          
        ヽ  }i| \>.、 ヽ )   / .i|:|__. i l l  ハ          尤も、この新当流の正統云々については
           jj.l i. /: l l |l:>.、イ   ノ | >,‐ 、_ヽ  ヽ        開祖である塚原ト伝自身の流れ(ト伝流)のこともあるし、
        〃ノ//  l | |l, イ|_  __/ || .∧ _,. >、 \       そもそも穴沢浄見自身が
       ノ ノ_ィ ノ /l l/ | ィl |ハ .  |レ  //´/ ヽ,、. \      自流派(穴沢流)を立ち上げているのもあるしで、
        ' ノ / / rl ||  lハ| || ヽ,/.!|.  // /   ハ \ \    ある程度は割り引いて見ておいた方がいいかもね。
       / / /  .l.| ||  ,.-H-、 ∨リ // / / /  ヽ、\ \  (まあ、長刀、槍に限定しての話かもしれませんが)
     /__,∠∠___ l| || 〈/7介、 \__,//_/  l /    |_   \`、‐、
    / f     \  | ||  ,イ| .l l>'´   \ ̄\ /    V 人 ヽ、\\
  / / ', l i i 、 .il l || ./ハ| L| 、 ,    ヽ ヽ\    V.  ヽ    \\
 / /  / `'L_! .l {ト r| l !V/ .{{  | .| | l. ェ_l   ', `‐-< ヽ   ヽ   ヽ l
./ /  / // 「¨セン' | ヘ /  }}  `|`-L,_L,イ   }    `\\   \   リ
  / ./ //  入   /  .人  l! ○ ヽ    /    /      l  } \ \
. /  / j j   l  \∠__ノ ハ  ll    \/  /       .人ヽ ヽ \
/   j  l l  l  l  |   ̄ ̄ヘ. ll      ̄ ̄7ー―┬--r ´l l  ',  ヽ、 ',

7012009/02/18(水) 23:37:19.58 ID:h873OBPq0
           __
      ,   ´     `   、
   /              丶
  /                :...:::\        それと、「長慶」から「利厳」に名を変えた件だけど、
 〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.       これは「としとし」と読むの。
,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ      実は、江戸と尾張では「厳」の読みが違ってて、
l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',     江戸では「よし」、尾張では「とし」と読ませるのよ。
l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!    (だから十兵衛三厳は「みつよし」)
| ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i
|,彳/:::::ノ=i_=ナテ=tヽ    チ´::7` !:::::::i:::l::::| i     何故、この時、この名にしたのかは不明だけど、
| ::l::::〃(ヤ"i :::::::わ     i、::ゎ l::::::::lリiヾ乂    曽祖父・家厳、祖父・宗厳(石舟斎)、父・厳勝に
| ::|::〃::::ヾ、ぃr'__;;;」     ヾ-" ハ::::;;;;l li 乂、   共通の「厳」の字を当てたのは、
| ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー  自分が代々の嫡流たらん、ということを意識して、
| :::.: i::::::::::::i::iヽ    ー‐   ィ:i:::i:: :::,i ヾー    というのがあるんじゃないかな?
| :::  i :::::__」i:::! `  ,    イ:::::l::!::ヽ::ヾ
! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::i::::::l::i::::::::心ヽ       そのこともあってか、
マヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`ーャ、:::i::i::::',::::::',      この「厳」が尾張柳生の名として伝わっていくの。
ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/げい  l i`ヽ、:::',::::::',       (尤も、兵庫助の子が「利方」だったりするのですが)
   \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i  l:::',::::::ヽ     
、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !  }:::':,:::::::ヽ     ちなみに江戸柳生の方だと「宗」が
 \  / ヽ ヽ   <_/| i丶ヽ_> l | イヽ::::ヽ:::::::\   伝わっていたんだけど…まあ、それはまた後で、ね。
    Y    ヽ ヽ / / i! ヽヽ l |' /ヽヽ::::::ヽ::::ヽ\
   li    ヘ. ∨./  i!  ヽヽ| レ:::::::::ヽ:::::::::::丶:\\
/   | l      │ /  〃   メ、ハ::::::::::::ヽ:::::::::::::ヽ \\
  ハ ヽ    |_/ O〃   / ∧ ヽ::::::::::::::\:::::::::::ヽ  \\

7212009/02/18(水) 23:38:43.43 ID:h873OBPq0
           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ         あと、余談だけど、兵庫助は「伊予守」とも名乗ってるの。
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、       なので、柳生伊予、伊予守と記名しているものも多いのよ。
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ     …まあ、公式な官位じゃないので、あくまで自称なんだけどね。
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!    (ちなみに石舟斎は但馬守、家厳は美作守を自称してる)
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ    >>1が使ってないのは、単に兵助・兵庫助で
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |        呼称統一してるだけなんだって。
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ        あと、宗矩も一応、この時期但馬守を名乗ってるけど、
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ      これについては話が変わってくるので、別に置くね。
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/

7612009/02/18(水) 23:40:08.91 ID:h873OBPq0
 さて、修行を終えた兵庫助は柳生庄へ戻った。


    -=三 =-=三 / ̄\
            |    |
            \_/ヽ
                 \
         -= =-=三=/  ̄  ̄ \
   -=三=       /     ::\::::ノ\
             /    < ●>:::< ●>ヽ
             |       (__人__)  |
-=三 =-=三  =-=三\       ` ⌒´  /
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|          _____
-=. =- =..-    | ワ     ゴ      ン   R |         |柳生庄→ | 
       .二三 |                      |          ̄ ̄|| ̄ ̄ 
         |______________|            ||    
             ◎           ◎            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

8012009/02/18(水) 23:42:55.36 ID:h873OBPq0
  `〆⌒ヽ
  ( Θ_Θ)   あー、久々の柳生庄だよ…。
  (  目 )   若、随分長く掛かったねー。
  | | |  
  (__)_)
兵庫助の従者2
ガチャピン(仮名)

  、、、┯、、、
  彡(・)(・)ミ     そうですぞー。
  彡 д  ミ_   仕官はどうなさるのですか。
⊂彡      ミ⊃  もう30越えた身で、独身の主無しの身とは感心しませんぞー。
  彡"  "" ミ   
  彡_ミ""ミ_ミ
兵庫助の従者1
 ムック(仮名)

          / ̄\
          |     |
     /≡)  \_/ /ミ ヽ
  . /_ノ  ___|___ ヽ_ \       あー、わかったわかった。
  / /  ./::\::::::/::\  \ \    説教は父上にもされるであろうから、
  (  く  ./< >>:::::<<>u\  > )    お前たちまでするのはやめてくれ。
  \ `/u  (__人__)    \'./
    ヽ|      `⌒´  u   |/      …って、おや、あれは?
      \             /

 ちなみに慶長十四年(1609)当時、兵庫助は31歳になっていた。
しかし、相変わらず独身で、主を持たぬ身であった。
(尤も、領主である宗矩の一族なので、牢人ではないのですが)

8412009/02/18(水) 23:45:17.22 ID:h873OBPq0
       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)    あれ、お兄様。
      リ::::::( ( ●) (●::(    お久しぶりー。
.      ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )
        Y ヽ    ̄イ' y
        / 'ヘ   j ̄ヽ
           やなぎ
        (兵庫助の妹)

         / ̄\
         .|    |
          \_/
           |
        / ̄ ̄ ̄\  ,
      /  - -  \ -    おお、やはりやなぎか。
     /  <●> <●>  \   どうしたのだ、こんなところで。
     |    (__人__)    |
     \     `⌒´    /
    /,,― -ー  、 , -‐ 、
    (   , -‐ '"      )
     `;ー" ` ー-ー -ー'|

 兵庫助にはすぐ下の妹(厳勝の長女)がいた。
権右衛門より前の子であるので、兵庫助とは1~5歳程度の年齢差と思われる。
伊賀国の山崎惣左衛門に嫁いだという。
(ちなみに実際の名は不明。「やなぎ」は山荘先生版準拠で)

8812009/02/18(水) 23:46:45.15 ID:h873OBPq0
   l ヽ,,, -ー -', l
   /  @ o  @ ヽ
  .Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
  l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
  `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)    お父様のお具合がよろしくないと聞いたので、
  リ::::::( ( ●) (●::(    様子を見に、久しぶりに戻ってきたのよ。
  ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )
    Y ヽ    ̄イ' y
    / 'ヘ   j ̄ヽ

      / ̄\
     .|    |
      \_/
      __|___ 
    /      \        む、そうなのか?
   /  \ i||i / .\      ではすぐ参らねば。
 /  .<○>::::::<○>  \
 |     (__人__)     |    しかし、お前がこちらに顔を見せるとは珍しいな。
 \    .`⌒´    /   …夫と上手くいっておらんのか?

   r 、.     ,、
   l ヽ,,, -ー -', l
   /  @ o  @ ヽ
  .Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
  l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
  `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)   まあ、ちょっとね…。
  リ::::::(u( -) (-)::(  
  ハ::::ハ  ,,  _  j) )
    Y ヽ     イ' y     「やなぎ様!」
    / 'ヘ   j ̄ヽ

9112009/02/18(水) 23:48:09.50 ID:h873OBPq0
  ',   ハ           /  ヽノ / ニヽ、      ノl     l     /
  ヽ   \         ,' -=、 l / / -、 `ー- ..,,. ィ´ l     l       i、
   \   丶、        ,'ニ>、 l / /.   ヽ 、     ノ l      l.     l \
     ヽ.    >、.    /'´   \i /'´,.、`ヽ i、`¨ ¨´  /l       i.     l  \
      丶、    `¨ブ   ,.-‐ミ、_ i '" V\ l >、__,.  /./      i      ', \    やなぎ様、厳勝様が…。
      ,. -‐ ──< .__,.ィ´ イ/` i     ', .\n゙i  / /     /\    ヽ    …と、あなた様は兵庫助様…でございまスカ?
    /           、`¨.〕   〉    /ィ丶 ヽ!  /     ノ‐-、`<..__
 .  / ,. -=‐-.、       l ヽf‐- .._i、   ィ,.ィチフ !l〉 ',<    ,x<   ヽ    ̄ ¨   「そうだが…お前は何者だ?
   /.'´      `二ニ ==- ',.ヘハ.弋刄フi ´`¨ ´ l l:::', ',:::::`¨: ̄::::::ヽ::::\  ',         見ない顔だが」
  ,'         \    ノ>lハ.、   !      !/:::::', ;::::::::::::::::::::::::::\:::ハ i
  i       _,,.. ..__`¨ ´/ ノ:l  ト、   ヽ__,.   /;.-n:i l::::::::::::::::::::::::::::::';:::::l \
 . l    ,.イ´ />''"丁7./:::/ ./l::::\ ´ーr ' /:::l.ノノ:l. l::::::::::::::::::::::::::::::i::::::l\丶、
  !  /  .//   ,ムイ::::::::/ //::::::::ト` .ー'f::::`¨´::::! l::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::! \ `¨
 . ', /    i,'   /::::::i:::::::/ //::::::::::::ヽ、::::l:::i:::/:::::::l l::::::::::::::::::::::::::::::l::::::j \\
   ヽ   \!    !:::::::l::::/ / /:::::::::::::::::::::::>⌒t‐ 、:::::l l::::::::::::::::::::::::::::::l::/、._  \
 ト、. \.._  ゙丶、 l:::::::l:/ .//:::::::::::::::::::::::/,.ィニゝ>ヽ:l .l::::::::::::::::::::::::::::/   `¨ニ¨´
. l `ー--‐' `}ヽ  /ト、:::;' /::::::::::::::::::::::::f ノ○○○ィヽl. i::/::::::::==-、ム、
  l  \.__ _ノ ,ソ/ ハ. `i. i:::::::::::::::::::::::└弋フ弋フヽ-イ!.l/::::::::::::::::::/:イ´
  `丶、  ` ̄_ノ / / .l /:::::::::::::::::::::::::::ト、::::::∠>:::/l.l:::/::::::;.-:::::::::::::〉
     `¨¨ ´  l//  l/ \ヽ:::::ト:、:__;.::ヽ `>、/ ;./イ:::::::::::l:::::i:::::<:::i
          ,' /  /   V:::::::l::::i:::::::::::〉 l「二コ. リ::::::::::::::::l::::::リ::〉::/
         i /  /      ';:::::::l::l:l:::::::/>'" ⌒゙<ヽ:::::::::::l::::::::/::/
 ヽ.       l    ,'      .ソ:::lハ::::,.zニ=z、,.ィ'´ ̄ヽ::::::::::l::::/:l:/l
 ::::ハ       l   ;      i:::::::::::l::i:{( (て.>、ヽ、.__ノノ::::::::l:::i::::::::l         /
 、:::::i       ',   i      l::::::::::l:/::` ー'´∠::::`¨フ´/:::::/〉:::::::::ハ       /::::::
  ヘ::l       ヽ. !      人():::/:::::::::::l\:::::::_,,. -ァ::::::::〈/l:::::::::i ',     ,.ィ:::::::::::::
 、 ';!        \    ./,ィヒ〉:::::::::::::/ ,.トァ¨´ /::::::::/〉' l:::::::iヽヽ、,..<´:::::::::::::::;:
  ',  ゙、          // /::ハ:::::::::::ム-、 ./:::::::::;.ィヒ〉  .l::::/  丶、 ` ー--‐ ブ´
  i   ',、         /::::/ /:/イ:::/:::::::::::::::レ':::::::::::::::レ:レ'   i::;'l     ` ¨ フ¨´
                       佐野主馬

9412009/02/18(水) 23:49:32.74 ID:h873OBPq0
     /  ヽノ / ニヽ、      ノl 
    ,' -=、 l / / -、 `ー- ..,,. ィ´ l  
    ,'ニ>、 l / /.   ヽ 、     ノ l  
   /'´   \i /'´,.、`ヽ i、`¨ ¨´  /l  
`¨ブ   ,.-‐ミ、_ i '" V\ l >、__,.  /./   お初にお目にかかりマス。
< .__,.ィ´ イ/` i     ', .\n゙i  / /   私は佐野主馬と申しマス。
    、`¨.〕   〉    /ィ丶 ヽ!  /    殿に命じられて、こちらにてお仕え致しておりマス。
     l ヽf‐- .._i、   ィ,.ィチフ !l〉 ',<   
ニ ==- ',.ヘハ.弋刄フi ´`¨ ´ l l:::', ',:::::`¨: ̄
    ノ>lハ.、   !      !/:::::', ;:::::::::::::::::
_`¨ ´/ ノ:l  ト、   ヽ__,.   /;.-n:i l::::::::::::::::
"丁7./:::/ ./l::::\ ´ーr ' /:::l.ノノ:l. l:::::::::::::
ムイ::::::::/ //::::::::ト` .ー'f::::`¨´::::! l:::::::::::::::

       ./ ̄\
       |    |
      \_/
        |
      / ̄ ̄ ̄\
    /  .\ ::::. ─ \
  /u  <●>::::::<●> .\   妙な訛りがあるな…お前、もしや唐人か?
  |     (__人__)   | 
  /     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /

9612009/02/18(水) 23:51:16.07 ID:h873OBPq0
  ',   ハ           /  ヽノ / ニヽ、      ノl     l     /
  ヽ   \         ,' -=、 l / / -、 `ー- ..,,. ィ´ l     l       i、
   \   丶、        ,'ニ>、 l / /.   ヽ 、     ノ l      l.     l \
     ヽ.    >、.    /'´   \i /'´,.、`ヽ i、`¨ ¨´  /l       i.     l  \
      丶、    `¨ブ   ,.-‐ミ、_ i '" V\ l >、__,.  /./      i      ', \   
      ,. -‐ ──< .__,.ィ´ イ/` i     ', .\n゙i  / /     /\    ヽ    よくぞ聞いてくれまシタ。
    /           、`¨.〕   〉    /ィ丶 ヽ!  /     ノ‐-、`<..__     実は私……宇ちゅ…もとい、韓人なんデス。
 .  / ,. -=‐-.、       l ヽf‐- .._i、   ィ,.ィチフ !l〉 ',<    ,x<   ヽ    ̄ ¨  
   /.'´      `二ニ ==- ',.ヘハ.弋刄フi ´`¨ ´ l l:::', ',:::::`¨: ̄::::::ヽ::::\  ',       (…今、何か言い直した…)
  ,'         \    ノ>lハ.、   !      !/:::::', ;::::::::::::::::::::::::::\:::ハ i
  i       _,,.. ..__`¨ ´/ ノ:l  ト、   ヽ__,.   /;.-n:i l::::::::::::::::::::::::::::::';:::::l \
 . l    ,.イ´ />''"丁7./:::/ ./l::::\ ´ーr ' /:::l.ノノ:l. l::::::::::::::::::::::::::::::i::::::l\丶、
  !  /  .//   ,ムイ::::::::/ //::::::::ト` .ー'f::::`¨´::::! l::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::! \ `¨
 . ', /    i,'   /::::::i:::::::/ //::::::::::::ヽ、::::l:::i:::/:::::::l l::::::::::::::::::::::::::::::l::::::j \\
   ヽ   \!    !:::::::l::::/ / /:::::::::::::::::::::::>⌒t‐ 、:::::l l::::::::::::::::::::::::::::::l::/、._  \
 ト、. \.._  ゙丶、 l:::::::l:/ .//:::::::::::::::::::::::/,.ィニゝ>ヽ:l .l::::::::::::::::::::::::::::/   `¨ニ¨´
. l `ー--‐' `}ヽ  /ト、:::;' /::::::::::::::::::::::::f ノ○○○ィヽl. i::/::::::::==-、ム、
  l  \.__ _ノ ,ソ/ ハ. `i. i:::::::::::::::::::::::└弋フ弋フヽ-イ!.l/::::::::::::::::::/:イ´
  `丶、  ` ̄_ノ / / .l /:::::::::::::::::::::::::::ト、::::::∠>:::/l.l:::/::::::;.-:::::::::::::〉

 佐野主馬はいつ頃からか宗矩の元で仕えることになった人物である。
伝に「朝鮮国の胤也」とあり、本人、あるいは父母のどちらかが韓人と言われている。
どのような縁で宗矩に使えるようになったかは不明。
(朝鮮に渡った宗矩と縁のある人物(久三郎、宗章、鍋島勝茂、坂崎出羽守など)に
 付いてきたとも言われているが)

 ちなみに柳生庄で働いていたかどうかも不明。

9912009/02/18(水) 23:52:55.24 ID:h873OBPq0
      / ̄\
     .|    |
      \_/
      __|___
    /      \ て   …韓人!?
   /  \ i||i / .\そ  
 /  .<○>::::::<○>  \   …叔父上も変わった者を召抱えたものじゃな。
 |     (__人__)     |  まあ、よい。父上が呼んでおられるとな?
 \    .`⌒´    /
 ノ           \

     /  ヽノ / ニヽ、      ノl 
    ,' -=、 l / / -、 `ー- ..,,. ィ´ l  
    ,'ニ>、 l / /.   ヽ 、     ノ l  
   /'´   \i /'´,.、`ヽ i、`¨ ¨´  /l  
`¨ブ   ,.-‐ミ、_ i '" V\ l >、__,.  /./   はっ。
< .__,.ィ´ イ/` i     ', .\n゙i  / /   やなぎさまをお呼びせよト…。
    、`¨.〕   〉    /ィ丶 ヽ!  /   
     l ヽf‐- .._i、   ィ,.ィチフ !l〉 ',<   
ニ ==- ',.ヘハ.弋刄フi ´`¨ ´ l l:::', ',:::::`¨: ̄
    ノ>lハ.、   !      !/:::::', ;:::::::::::::::::
_`¨ ´/ ノ:l  ト、   ヽ__,.   /;.-n:i l::::::::::::::::
"丁7./:::/ ./l::::\ ´ーr ' /:::l.ノノ:l. l:::::::::::::
ムイ::::::::/ //::::::::ト` .ー'f::::`¨´::::! l:::::::::::::::

10112009/02/18(水) 23:54:20.87 ID:h873OBPq0
         / ̄\
         |     |
         \_/
         __|__
       / ::\:::/::\     うむ、ならばやなぎよ、ちょうどよい。
      / <⌒>::::::<⌒>\   俺もこれから参るから、お前にもワゴンに乗る権利をやろう!
    /     (__人__)   \
     |       `Y⌒y'´    |  さあ遠慮せず乗るがいい!
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|     ワ    ゴ    ン    |

   r 、.     ,、
   l ヽ,,, -ー -', l
   /  @ o  @ ヽ
  .Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
  l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
  `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)   …いえ、私は歩いて戻るからいいわ。
  リ::::::(u( -) (-)::(   (てゆーか、乗りたくないわよ、そんなの)
  ハ::::ハ  ,,  _  j) )
    Y ヽ   .n:nノ    nn
        nf|||    | | |^!n
        f|.| | ∩  ∩|..| |.|
        |: ::  ! }  {! ::: :|
        ヽ  ,イ   ヽ  :イ
   NO THANK YOU

10312009/02/18(水) 23:55:45.94 ID:h873OBPq0
/ ̄\
\_/  ___    ━┓
   \/::―  \   ┏┛
   /ノ::::<●>  \  ・    どうした?遠慮などいらぬのだぞ?
 . | <●>  ⌒) \
 . |   (__ノ ̄    |
    \        ノ
    /´       `\

   l ヽ,,, -ー -', l
   /  @ o  @ ヽ
  .Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
  l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j   (お兄様は剣は凄いのに、こういうところはズレてるのよね…)
  `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)     
  リ::::::(u( -) (-)::(     遠慮なんてしてないってば…。
  ハ::::ハ  ,,  _  j) )    さ、行きましょ、主馬殿。
    Y ヽ     イ' y    
    / 'ヘ   j ̄ヽ

    ,'ニ>、 l / /.   ヽ 、     ノ l  
   /'´   \i /'´,.、`ヽ i、`¨ ¨´  /l  
`¨ブ   ,.-‐ミ、_ i '" V\ l >、__,.  /./  
< .__,.ィ´ イ/` i .u   ', .\n゙i  / /   は、はい。
    、`¨.〕   〉    /ィ丶 ヽ!  /    では、失礼致しマス。
     l ヽf‐- .._i、   ィ,.ィチフ !l〉 ',<   
ニ ==- ',.ヘハ.弋刄フi ´`¨ ´ l l:::', ',:::::`¨: ̄ (どうしてワゴンに乗られないのだろう…?)
    ノ>lハ.、   !      !/:::::', ;:::::::::::::::::  あんなに格好いいのに…)
_`¨ ´/ ノ:l  ト、   ヽ__,.   /;.-n:i l::::::::::::::::
"丁7./:::/ ./l::::\ ´ーr ' /:::l.ノノ:l. l:::::::::::::
ムイ::::::::/ //::::::::ト` .ー'f::::`¨´::::! l:::::::::::::::

10812009/02/18(水) 23:57:10.67 ID:h873OBPq0
         / ̄\
        .|    |
         \_/
         __|__ノ(
       /     ⌒      やなぎ…。
      /  \ i||i / .\    何故、兄のワゴンに乗らず、韓人などと…。
    /  .<○>::::::<○>  \
    |     (__人__)     |   …気に入らん。
    \    .`⌒´    /   あやつ、もしや妹をかどわかしておるのではあるまいな!?
    ノ           \
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|   ワ     ゴ      ン   |


          、、、┯、、、
  `〆⌒ヽ    彡(-)(-)ミ    (…いやあ…ワゴンが問題だと思うなー)
  (uΘ_Θ)   彡 д u ミ_   (…これは…ワゴンが問題でしょうなー)
  (  目 )  ⊂彡      ミ⊃ 
  | | |  彡"  "" ミ 
  (__)_)    彡_ミ""ミ_ミ

11112009/02/18(水) 23:58:37.72 ID:h873OBPq0
     |┃三       / ̄\
     |┃          |    |
     |┃         \_/
 ガラッ. |┃            |
     |┃        / ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /  ::\:::/:::: \  父上、兵庫助、ただいま戻り申した!
     |┃     /  <●>::::::<●>  \
     |┃     |    (__人__)     |
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \


         ____
       / ~~ \
     / ⌒   ⌒ \
    /   (⌒)  (⌒)  \  …兵助か。よう戻ったな。
   .|     ./__´___ヽ    .|
   \     | `ー'´ |   /
   /           \
    柳生新次郎厳勝

 慶長十四年(1609)、新次郎厳勝は57歳になっていた。
60も間近に控え、当時としては既に十分老人である。

11412009/02/19(木) 00:00:02.53 ID:CRC5vcDM0
       / ̄\
      .|    |
       \_/
      ___|___
     /u     \
    / :::\,::::、/:::: \    父上…暫く見ぬうちに、随分老けられましたな…。
  /  < ●>::::::<● >  \  お具合は?
 |   '" (__人__)"' u  |
  \     `⌒ ´     /
  /ゝ     "`   ィ `ヽ.

        ____
      / ~~ \
    / /   ⌒ \     …最近、あまり体が動かぬ。
  /   (-)  (-)  \   ふふふ、だが、不具のこの身が、
  .|     ./__´___ヽ   . |   ここまで生きただけでも僥倖よ…。
  \     | `ー'´ |    /
  /           \

       / ̄\
       |     |
       \_/
         |
      / ̄ ̄ ̄ \
    / :::\:::/:::  \
   /  <○>::::::<○>   \  父上…。
   |    U(__人__)U    .|
   \     `⌒´    /
    /         \

11812009/02/19(木) 00:01:26.66 ID:CRC5vcDM0
        ____       
      / ~~ \       また…強くなったようだな。見ればわかる。
    / \   / \    強さで言えば、おそらく又右衛門を越えておろう…。
  /   (●)  (●)  \   
  .|     ./__´___ヽ   . |    …兵助、お前は我が生涯の誇りぞ。
  \     | `ー'´ |    /   お前がいてくれたからこそ、
  /           \   わしも、後の世に名を残せよう…。
                  
      / ̄\
      |    |
      \_/
       _|__
     /      \  
    /\ :::::: /:::: u \    …父上、それは…。
  / <○>::::::<○>    \
  |   (__人__)    u.   |
  \ u. `⌒´      /
  ノ           \

12012009/02/19(木) 00:03:20.44 ID:CRC5vcDM0
         ____
       / ~~ \      継ぐ者がおるから、繋いだ者の名も残る…。
     / \ .i||i. / \    たとえ家は又右衛門が継ごうと、
    /   (○)  (○)  \  お前がおる限り、我が名は残ろうよ。
   .|     ./ ´ ヽ    .|  父上の真の嫡男たるわしの名が…!
   \     |  ̄` |   /
   /           \

      / ̄\
     .|    |
      \_/
      __|___
    /      \ て
   /  \ i||i / .\そ
 /  .<○>::::::<○>  \  (…真の嫡男…嫡流!)
 |     (__人__)     |
 \    .`⌒´    /
 ノ           \

12412009/02/19(木) 00:04:44.53 ID:CRC5vcDM0
         ____
       /:::::::::::  \       …だがな、兵助。
     /:::::::::::::     \     そのためには、己の才を見誤るな。
    /:::::::::::::        \    お前に又右衛門の真似は無理じゃ。
   |:::::::::::::::::::         |  
   \::::::::::::::::::::::     /    それに、今更、ただ単にわしやお前が
    /:::::::::::::::::::     く     柳生の正統を唱えたところで、誰も相手にせぬ…。
-――|:::::::::::::::::::::::::::     \-―――


         ____
       /::::::::::. ~\        だから兵助…剣を振るのだ!
     /::::::::: \   /.\      重ねて言っておる通り、人にはそれぞれ得分があるのじゃ。
    /:::::::::: (● ) (● )\     又右衛門には家を守る才が、お前には一族随一の剣才が…!
   |::::::::::::::::::::  / ´ ヽ  |   
   \:::::::::::::::::. |  ̄` |/      お前の剣才を以ってすれば、
    /:::::::::::::::::::     く      又右衛門はおろか、父上すら越えることも夢ではない…!
-――|:::::::::::::::::::::::::::     \-―

      / ̄\
     .|    |
      \_/
      __|___
    /      \ て
   /  \ i||i / .\そ
 /  .<○>::::::<○>  \  (俺が…お爺様を…越える!?)
 |     (__人__)     |
 \    .`⌒´    /
 ノ           \

12812009/02/19(木) 00:06:10.60 ID:CRC5vcDM0
         ____
       / ~~ \     剣を以って世に出よ。
     / \   / \   .父上の歌の通り、「朽ちぬうき名」を末に残せ。
    /   (⌒)  (⌒)  \  家を継がぬお前なら、多少の浪々の身も構うものか。
   .|     ./ ´ ヽ    .| 
   \     | ` ̄´ |   /   存分にやるがいい!
   /           \

         / ̄\
         |    |
         \_/
           |
         / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::::\:::/::\
     /   。<○>::<○>。|   …はい!
    |    .:::。゚~(__人__)~゚|
     \、     `⌒´ /
    /  ⌒ヽ  '"'"´ (
   / ,_ \ \/\  \
    と___)_ヽ_つ_; _ヾ_つ.;.

13212009/02/19(木) 00:07:54.32 ID:CRC5vcDM0
       ./ ̄\
       |     |
        \_/
       __|__    (っ巛)
     ./      \  |  |    父上…しばらくは俺も柳生庄に残ります。
     /  :::─ :::::: ─\ |  |   安心くだされ。
   /    <●>:::::<●> \  .|  
   |       (__人__)    | /    そういえば、父上。
   ./     ∩ノ ⊃  /ノ    やなぎを呼びに来させた者ですが…。
   (  \ / _ノ   |/
   .\ “  /     |

        ____
      / ~~ \ ,      ん?主馬のことか?
    / -   - \-    あれは又右衛門のところから来て、
  /   (●)  (●)  \    おりん殿や七郎に付いておるついでに、
  .|     ./__´___ヽ   . |    こちらの用使いもこなす者だが…どうかしたのか?
  \     | `ー'´ |    /
  /           \

13612009/02/19(木) 00:09:19.16 ID:CRC5vcDM0
       ./ ̄\
       |    |
      \_/
        |
      / ̄ ̄ ̄\      あやつとやなぎはあまり近づけない方がよろしい。
    /  ::\i||i/::\    先ほども、この兄のワゴンに乗せてやろうとしたというに、
  /u  <○>::::::<-> .\  わざわざ主馬と連れ立って去っていったのです。
  |     (__人__)   |
  /     ∩ノ ⊃  /   おかしな間違いが起こる前に、離すのが上策ですぞ。
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /

         ____      
       / ~~ \     (…それはワゴンが問題だと思うぞ、兵助…)
     / -   - \  
    /   (-)  (-) u.\   まあ、どうもやなぎは嫁ぎ先で上手くいっておらぬようだ…。
   .|     ./ ´ ヽ    .|  そのこともあるのかもしれぬ。
   \     |  ̄  |   / 
   /           \

14112009/02/19(木) 00:10:44.12 ID:CRC5vcDM0
         ____      
       / ~~ \      とはいえ、まがりなりにも他家に嫁いでおる身。
     / \   / \    それに、異国の者ときては、あまり近くにおるのも
    /   (●)  (●)  \   よろしくないかもしれぬな。
   .|     ./ ´ ヽ    .|  
   \     |  ̄  |   /    うむ、やなぎにはわしからも言っておこう。
   /           \

      / ̄\
      .|    |
       \_/
        |
     / ̄ ̄ ̄\       それがようございます。
   /  \ /  \
  /   ⌒   ⌒  \    …おお、そうだ。
  |    (__人__)    |   お婆様にも挨拶に行かねば。
  \    `⌒´    /   父上、出かけて参りますぞ。
  /,,― -ー  、 , -‐ 、
  (   , -‐ '"      )
  `;ー" ` ー-ー -ー'|

14312009/02/19(木) 00:12:06.23 ID:CRC5vcDM0
     |┃三       / ̄\
     |┃          |    |
     |┃         \_/
 ガラッ. |┃            |
     |┃        / ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /  ::\:::/:::: \  お婆様、兵庫助、ただいま戻り申した!
     |┃     /  <●>::::::<●>  \
     |┃     |    (__人__)     |
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

    γ::::::::::::::::桃::::::::::::ヽ、    
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::  ヽ    
  γ:::::::::人::::人::人::::人  ヽ   
 (:::::::::/ ⌒ 三 ⌒ \  )    おお、兵助でないかい!
  \:/ ((●) (●)) \ノ    久しぶりだねえ、元気だったかい?
    |    (((__人__)))   |   
   \    `⌒´    /     
    /          \

      / ̄\
      .|    |
       \_/
        |
     / ̄ ̄ ̄\      ええ、新当流を修めて帰って参りました。
   /  \ /  \    しばらくはここにおるつもりです。
  /   ⌒   ⌒  \
  |    (__人__)    |   ところで、その子は…?
  \    `⌒´    /
  /           \

14612009/02/19(木) 00:13:54.47 ID:CRC5vcDM0
           __
         n_ / - -\
       (_/ (● ●)\   おばあさま、おなかすいたお!
       ( :::: (_人_) ::: )
       ヽ   ヽノ   ヽ
        l         l、_つ
        |   x   |
       柳生七郎(2歳)

    γ::::::::::::::::桃::::::::::::ヽ、    
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::  ヽ    
  γ:::::::::人::::人::人::::人  ヽ   
 (:::::::::/ ⌒ 三 ⌒ \  )    ええ、又右衛門の子、七郎ですよ。
  \:/ ((=) (=)) \ノ    そして、あの人の生まれ変わりの子じゃ…。
    | xxx (((__人__))) xxx |   
   \    `⌒´    /     
    /          \

       / ̄\
       |    |
      \_/
        |
      / ̄ ̄ ̄ \ て
    /   ::\i||i/::\ そ    ほう、この子が叔父上の…って、お爺様の…!?
  /   <●>::::::<●> \   この子が!?
  |  u   (__人__)    |
  /     ∩ノ ⊃  /     …言われてみれば…そこはかとなく似ている気も…
  (  \ / _ノ |  |     ううむ。
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /

14812009/02/19(木) 00:15:30.11 ID:CRC5vcDM0
    γ::::::::::::::::桃::::::::::::ヽ、    
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::  ヽ    
  γ:::::::::人::::人::人::::人  ヽ    お前もお爺様に瓜二つだけど、
 (:::::::::/ ⌒ 三 ⌒ \  )   この子も育てば、お爺様にそっくりとなるだろうねえ…。
  \:/ ((⌒) (⌒)) \ノ    
    |    (((__人__)))   |     …又右衛門も一時は魔法剣士になりかけて、
   \    `⌒´    /     一体どうなることやらと思うたけど、
    /          \     こうやって立派な嫡男が生まれてくれて、一安心したよ。

      / ̄\
     .|    |
      \_/
      __|___
    /      \
   / / ::: \ \    ……。
 /  .<●>::::::<●>  \
 |     (__人__)     |
 \    .`⌒´    /
 ノ           \

15312009/02/19(木) 00:17:52.66 ID:CRC5vcDM0
    γ::::::::::::::::桃::::::::::::ヽ、    
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::  ヽ     …兵助、新次郎やお前の気持ちはわからぬでもないけど、
  γ:::::::::人::::人::人::::人  ヽ   あの人の間際のお言葉を忘れないでおくれ。
 (:::::::::/  ノ 三 \ \  )   どうか、一族仲良く、いがみ合う事のないようにしておくれ…。
  \:/ ((●) (●)) \ノ    
    |    (((__人__)))   |     又右衛門とて、お前が望むなら、
   \    `⌒´    /     いくらでも仕官の先を用意してくれるであろうに…。
    /          \     

      / ̄\
     .|    |
      \_/
      __|___        …お婆様。
    /      \      俺は、今の柳生家の当主が叔父上であることに
   / - ::: \ \    今更異議を唱えるつもりはありませんよ。
 /  .<⌒>::::::<⌒>  \
 |     (__人__)     |    叔父上のご活躍の噂を伝え聞くに、
 \    .`⌒´    /   己ではそれが務まらぬことも重々承知しております。
 ノ           \   ご安心ください。

        / ̄::\
       |  : : : ::|
        \_;;;;/       …ただ、俺には俺の得分があるように思うのです。
        |        その点において、俺と叔父上は違う気がするのです。
     /  ̄ ̄ ̄\     
   /    . . : : : :\     だから俺は、それが得心できるまで、
 /      . . : : : : : :\  仕官をするつもりはありませんよ。
 |         . : : : : : : : :|  
 \_    . : :〃: : : :::,/  
   /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.   「そうかい…まあ、今はそれでいいよ…」

15512009/02/19(木) 00:19:35.15 ID:CRC5vcDM0
    γ::::::::::::::::桃::::::::::::ヽ、
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::  ヽ    というかね、仕官もそうだけど、
  γ:::::::::人::::人::人::::人  ヽ  お前、嫁はどうするつもりなんだい!?
 (:::::::::/  \ i||i / \ ヽ  お前も、もう31なんだよ?
  \:/ ((○)  (○)) \ノ  
   |    .((__人__))   |    もしかして…お前も魔法使いなのかい?
   |      `Y⌒y'´    |   どうなの?柳生の正統が魔法剣士ってどうなの!?
   \      ゙ー′  ,/   草葉の陰であの人が泣いてるとか思わないのかい!
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   / rー'ゝ       〆ヽ    どこかいい嫁の当ては無いのかい!?
  /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|   え!どうなんだい!?
  | ヽ〆        |´ |

           / ̄\て
          .| \980 | そ
           \_/チーン!
         __|__     お、お婆様、落ち着いてくだされ。
        / ./::::::\u\   浪々の身で嫁を持つなど…。
      / <●>::::::<●> \  (勘弁してくれ…嫁の当てなんかねーぞ)
/⌒)⌒)⌒.    (__人__)  u \     /⌒)⌒)⌒)
| / / /   u. `⌒´      .|  (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)           /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ            \  /  )  /
ヽ    /             ヽ /    /

15812009/02/19(木) 00:21:05.47 ID:CRC5vcDM0
      __
     /  ___`ヽ
   / ノ  ●) | ┏┓  おばあさま、「魔法使い」ってなーにー?
   |  (●, ,⊃ノ .┏┛
   ゝ   `´ ヘ   .・

    ;γ::::::::::::::::桃::::::::::::ヽ、;    
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::  ヽ ;   
  ;γ:::::::::人::::人::人::::人  ヽ;    七郎…おお七郎!よく聞くんだよ!
  (:::::::::/ \ i||i / \  );   男子は三十路までに嫁を持たなければ、
  ;\:/ ((○) (○)) \ノ;    魔法使いと化してしまうんだよ…!
    ;|   (((__人__)))   |;    おお!それはディ・モールト(非常に)恐ろしいことなのじゃよ…!
    .\    ` ̄´    /;     
    ;/          \

        / ̄\
         | \398 |
         \_/
      ノ L__|__
      ⌒:::\:::::/::\       お、お婆様!
     / <●>::::<●>\     七郎におかしなことを教えるのはお止めください!
    / u   (__人__)   \    (つーか、なんで異国語?)
    |       |::::::|     |   
    \       l;;;;;;l    /l!|    七郎、いいか、違うのだぞ!
    /     `ー'    \ |i   嫁を持たぬのではなく、三十までに女人とだな…!
  /          ヽ !l ヽi
  (   丶- 、       しE |
   `ー、_ノ       ∑ l、E ノ
              レY^V^ヽ ワゴンッ!

16212009/02/19(木) 00:22:29.64 ID:CRC5vcDM0
      __
    /_ノ ヽ_\
   / (≡ ≡) \  そうかー兵庫助さまは魔法使いだったのかおー
  ( ::::: (_人_) ;:::: )
   >   `‐'   <

        / ̄\
        | \100 |
   (⌒) 三 \_/
 三/ | ニ  _|___    (⌒)
   |  |   /\::::/:: \  / |  ミ
   !   、 /<◎ >::<◎ >u.\/ | ミ    違うッ!違うぞ七郎ッッ!!
   \./:::::::(_人_)::::::::   i'  |     断じて俺は魔法剣士などでは…!!
     |     )ww)  u   |  |
     \    `ー"        ノ
      \ .    .     \

      __
     /⌒ ⌒\     
   / (⌒ ⌒)\   すごいお!七郎も魔法をつかいたいですお!
   (  ///(_人_)// )  兵庫助さま、七郎にも魔法をおしえてくださいお!
   / ,○ `´ ○,i
   丶__ノ     |ノ

16612009/02/19(木) 00:24:25.97 ID:CRC5vcDM0
         / ̄\
         | \10 .|
         \_/
            |
         / ̄ ̄ \
       /   " `..,::\
     :/       ::::;::::::|:. う、ううう…ち、ち…
     :|         :;;::::::|,,
       ヽ.....::::::::::::  ::::_::/
       r "     .r ミ~.
     :|::|    ::::| :::i ゚。

  __,冖__ ,、  __冖__   / /// ̄\て
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ / |  \0 | )) ピクピク
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    /  \_/
  __,冖__ ,、   ,へ        (( |  ))
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//  ̄ ̄ ̄ \
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /   ::\:::/::\
   n     「 |        o゚< >>::::::<<>゚o
   ll     || .,ヘ   /    ` (__人__)  |
. n. n. n  ヽ二ノ__  {      |r┬-/ ' |
  |!  |!  |!      _| ゙っ  ̄フ   ` ⌒´ /
  o  o  o     (,・_,゙>  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

17112009/02/19(木) 00:26:13.16 ID:CRC5vcDM0
    ―― [] [] / ̄\
   | l ̄ |  |  .|  00 |
   |_| 匚. |   \_/
\\   | |     |
   \\ |_|  / ̄ ̄ ̄\
     \\/  :::\:::/:::\         くそッ!こうなったらまた修行だ!
 [] [] ,-, / o゚< >>::::::<<>゚o         今度は上洛して、海山珠和尚のところへ行くんだッ!
   // /    (__人__)    \    ,.r-、  どちくしょおおおおおおおおおっっっ!!
 匚/ /     |r┬-/ '     \  P{三)
    /       `⌒´     |\  \/\ノ
    /ヽ/^y            |  ヽ     |
\  (、、J  |            |   \_/
 \\    |            |
   \\ |            |
\    \/           7
从从   (            /
Σ  ヽ、  へ        ω/
Σ  /  ̄   \     \
Σ_ノ \、__ / \      ヽ
  \\  \ \   \    〉
 ̄\\\ ̄| \\  //  /
 ̄ ̄\\\ ̄\ \//  /
 ̄ ̄ ̄\\\ ̄|  // /
 ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄\二フ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄|_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\  \

17512009/02/19(木) 00:27:51.09 ID:CRC5vcDM0
      __
    /   \
   /   u  \  兵庫助さま…なきながらどっかいっちゃったお…。
  ( :        )
   >       <

    γ::::::::::::::::桃::::::::::::ヽ、    
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::  ヽ    
  γ:::::::::人::::人::人::::人  ヽ   ほほほ、これはいじめすぎたかね。
 (:::::::::/ ⌒ 三 ⌒ \  )  これに懲りて、あんまりフラフラせずに、
  \:/ ((>) (●)) \ノ   もう少し落ち着くことを考えてくれればいいのだけど。
    |    (((__人__)))   |   
   \    /⌒ヽ   /    
    /  /   /    \    

17812009/02/19(木) 00:29:20.72 ID:CRC5vcDM0
    γ::::::::::::::::桃::::::::::::ヽ、
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::  ヽ
  γ:::::::::人::::人::人::::人  ヽ  
 (:::::::::/  ⌒ 三 ⌒ \ ヽ   七郎、お前は兵助や又右衛門のように
  \:/ ((⌒)  (⌒)) \ノ  魔法使いになってはいけないよ!
   |  ///((__人__))/// |   その点、あの人はそりゃ-毎晩大ハッスルで、
   |      `Y⌒y'´    |   毎日夜の立ち合いが乱取り10本20本と…。
   \      ゙ー′  ,/   
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   / rー'ゝ       〆ヽ   
  /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|   
  | ヽ〆        |´ |

       __
     /ノ ヽ \   (…よくわかんないけど、
    /u(-) (-)\   まごにそういうはなしをするのはカンベンしてほしいお。
   (   (_人_)  )   じぶんのばーさんにそういうはなしをされるとドンびきだお…)
   ./  ∩ノ ⊃|  |
   \V _ノ_|  |
     \/__/

18012009/02/19(木) 00:30:40.03 ID:CRC5vcDM0
=京・妙心寺=

         |
          ll
          !l
  _ ,,..._    ト{              .,,___ 、..,__,,.
"´::ヾ::゙゙;`>''´ ̄`ゝ、__          `:;、;;`::ゞ:;゙
::´;;::=::;;::ヾ芥芥芥l壬{            ,;''´;'::;; =、::;;゙  _,,....._
''´;;ヽ:::;゙=<゙二二二\_,「「゙ニニニニニニ7´::;''::゙!::、:_'^:ヾ';"::゙;;ヽ::
、ゞ;;::''゙::;;、::`゙;芥芥lア''´j |         ゙:;`ヾ;;`゙:=::丶::;''::,;''゙:::;:゙
::`':;;::''´::`゙''=;,テテテニ´_______゙ゞ、::ゞ:;;_`丶::゙':;;::='::;'
_゙´::i::`;;'"::゙:_::゙;,┴┴弌竺竺竺竺竺竺竺;''::;::;;:::'':;;::ゞ:;;'゙::_::'
::`j':!::゙;;._::::;;::"゙ヾ‐;;.. -'┴┴┴┴┴┴┴ゞ;;::"!゙!;;::ヾ、l !'´::゙;
'';;:: i⌒;;::`゙i:;ー:''´゙;;===n==n===rn===n=゙;;::ヾ!:l::`:=::'゙:i::''´;;
ゞ;l;;'゙::''゙;;..:゙i::;;.:゙::;;' i i i l丁丁! ̄丁l ̄丁「 i:´:;''゙:iヾ::ヾj;il゙;;::;'::
::';;!:..;''::ヾ;;''";;)'´「「入「j_辷j_辷ヒ|_辷ゴ_辷ゞ;;ゞ,:========、
T゙j''i"i´´ |l|´ニニl:l幵;; ̄ ̄/フ三三三「l ̄;゙j::゙}______{
`゙::''"":⌒゙''=::"゙゙ヾ゙''"ア7"二二二二二二l:|i{:「゙l`TTニニTT´
厂厂厂厂厂厂厂「l/ r―――――――|jl{jー{';;|_L二」_|::

 こうして、再び柳生庄を出た兵庫助は上洛し、
禅の師、海山珠和尚のいる妙心寺へと赴いた。

18212009/02/19(木) 00:32:16.56 ID:CRC5vcDM0
         / ̄\
         |    |
         \_/
           |  _
        / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::::\:::/::\
     /   <●>::::::<●> |   …和尚、ご無沙汰しております。
     |      (__人__)  j
     \、     `⌒´ /
    /  ⌒ヽ  '"'"´ (
   / ,_ \ \/\  \
    と___)_ヽ_つ_; _ヾ_つ.;.

         ,i´, i´ , 'ィ , '´ノ_,. -‐''"=-‐- 、._
        / / /,i´, - '::::::::::::::::::::::::_.. -‐ ' "/
       /iト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      く レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.、-ー'"
      リ:::::::::::::::::::::::ノハ::::::::::::::::く
      >:::::::::::::`, 'ナ-、 ノ_オ,. - `ヤ
      シ::::::::::ノ くゝ'  r从ノ人ノ''
       ',:::::f ̄~¨¨`'(⌒)-こij       おう、久しぶりだな!
        ヶヽ|     ___〉 j        爺さんの跡を継いだっていうが、
        ` ー     `ニ゛/         どうだ、迷いは吹っ切れたか?
         |   ヽ,   /
         |     「`ヽ、
   _,.、-ー'"¨゛´     |  , '´〈ニ三ヘ_
   i    , '´     | /     , - ', '´ ` ー- 、._
   ゝ、  /    /''^⌒       /::::r'
        海山元珠(大竜和尚)

18412009/02/19(木) 00:33:40.89 ID:CRC5vcDM0
         / ̄\
        |     |
         \_/
          |
       /  ̄  ̄ \       いやあ、なかなかですな。
     /  \ /  \     ただ、俺は俺、叔父上は叔父上というのが
    /   ⌒   ⌒   \   ようやく腑に落ちたくらいですか。
    |    (__人__)     |   はっはっは。
    \    ` ⌒´    /  
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \

       ,i´, i´ , 'ィ , '´ノ_,. -‐''"=-‐- 、._
      / / /,i´, - '::::::::::::::::::::::::_.. -‐ ' "/
     /iト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    く レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.、-ー'"
    リ:::::::::::::::::::::::ノハ::::::::::::::::く      
    >:::::::::::::`, 'ナ-、 ノ_オ,. - `ヤ    それがわかれば上等だ。
    シ::::::::::ノ くゝ'  r从ノ人ノ''      たまには膝を割って話してみるのもいいもんだぞ。
     ',:::::f ̄~¨¨`'(⌒)-こij      
      ヶヽ|     ___〉 j        …なんなら、沢庵殿でも紹介してやろうか?
      ` ー     `ニ゛/
       |   ヽ,   /
       |     「`ヽ、
 _,.、-ー'"¨゛´     |  , '´〈ニ三ヘ_

18612009/02/19(木) 00:34:59.25 ID:CRC5vcDM0
       ./ ̄\
       |     |
        \_/
       __|__    (っ巛)
     ./      \  |  |    沢庵殿といえば、
     /  ─ ::::::. ─\ |  |   叔父上と懇意にしているという御仁でしたな。
   /    <●>:::::<●> \  .|   確か先日、名刹・大徳寺の住持になって、
   |       (__人__)    | /   紫衣を纏われたという…。
   /     ∩ノ ⊃  /ノ
   (  \ / _ノ   |/
   .\ “  /     |

:::/;;;;/;;'';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;;;;ii;;;;;;;;;;;;;;;;/ {;;;;I;;;;;;;;》;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
/;;;;;;j;;;{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;I;;;;;i [;;;;;、;;;;;| |;;;;;{;;;;;;;I\;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;ヽ
|;;;;;;|;;;I;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{;;;;;;;||;;;;;i |;;;;;;||;;;;;;|  i;;;;;I;;;;;;I ヾ;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;};;;;;;ヾ;ヽ
;;;;;;;[;;;i;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;iI;;;;;;;II;;;;| |::::|ヾ;;;;{  丶ヽ-ヽ-"\;;;;;ヾ;;;\;;];;;√⌒ヾヽ
;;;;;/i;;;I;;;;;;;;;ii;;;;;;;;;;;{i;;;;└;;;;;{--i;;iヽl;;;;i 丿;;\}ヽに二__\;;jヽ;;;ヾ/I∠ヾ }
{;;|--ヽI '    〆《.::::ソ>〆ヾ」χI;;;;;;p ソ  く;;;;I :::lヾ;;{;;;;;;;;;/l;;;;;;;{;;;;i:| |::::|
{;;;i  {;;;;;;;;| I;;;;;;;l;;;;;iヾl >《 ̄ソヾ ヽ   ,,〟===ヾヽ // I;;;;;[ / ノ;;}ヽj    ああ、あれな。
ヾI  ヽ;;;;;;l ヾ;;;;[;;{ヽマ,,''===ヾ ______ {|oλ:::::::::::ヾO"   };;;;;;レ /;;;;N    あれは三日で辞めて、
 \  {;;;;;l  ヽ;;;;Ц i__{::0 ‰::::::ヾ----ヾ :::::ο;;;:::::ソ     l;;;;;}ソ;;;;;;;;/     元々の自坊の南宗寺に
    \;{  \;;;;|=- {{;::::::::υ ソ ノ|   ヾ====;″      レN|;;;;;;;|      .帰っちまったぜ。
      ヽ   ヾ ::; ゞ====″  ヘ /--           | |;;;;;;;j
             丶       ’ __        :  {;;;;/        面白い奴だよなあ。
              ヽ     ヾ ̄  ソ/       /  |ノ        しかも残した一偈が洒落ててな…
                ヽ       ̄            |i
                  \    "       "     |
                   ヽ ___    '        |ゝ-_>}
                   〆|                 i ノ  I
                //::|  "        __ー ̄     |

18812009/02/19(木) 00:36:20.53 ID:CRC5vcDM0
                                 Y
                ,. '"´三二二三`ヽ      _ノ 
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ     〈 
              /   /    殺     ', ヽ    ノ  
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   く  
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ ノノ  由来 吾はこれ水雲の身ッ!
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ )  
            /    /     ,,   ,,      ',    〈{  吻(みだり)に名藍を董(ただ)すッ!
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   〃.
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V //   紫陌(しはく)の春 耐えにがたしッ!
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V /   
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ    明朝南海の上.ッ!
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i 弋   白鴎 ついに紅鹿に走らずッッ!!
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | _ノ  
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | |  ヽ  
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  ム  
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |   __,)  
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |  `ヽ. 
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! !   ノ  
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  く.   
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | !   ゝ  
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/   .ノ  
                沢庵宗彭

19012009/02/19(木) 00:37:41.93 ID:CRC5vcDM0
       ,i´, i´ , 'ィ , '´ノ_,. -‐''"=-‐- 、._
      / / /,i´, - '::::::::::::::::::::::::_.. -‐ ' "/
     /iト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   
    く レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.、-ー'"
    リ:::::::::::::::::::::::ノハ::::::::::::::::く     
    >:::::::::::::`, 'ナ-、 ノ_オ,. - `ヤ  
    シ::::::::::ノ くゝ'  r从ノ人ノ''      …だとさ。
     ',:::::f ̄~¨¨`'(⌒)-こij       洒落た話じゃねぇか。
      ヶヽ|     ___〉 j       
      ` ー     `ニ゛/
       |   ヽ,   /          
       |     「`ヽ、          
 _,.、-ー'"¨゛´     |  , '´〈ニ三ヘ_

       / ̄\
       |    |
       \_/
         |
     / ̄ ̄ ̄\        ふーむ…あの大徳寺の住持を…。
    /  ::\:::/:: \      そんな僧侶もいるのですな。
  /  .<⌒>::::::<⌒> \
  |    (__人__)    |     そして、そういう人物と叔父上が
  \     `⌒´    /    懇意というのもまた面白い。
  /,,― -ー  、 , -‐ 、    いずれ機会があれば、お会いしたいものですな。
  (   , -‐ '"      )
   `;ー" ` ー-ー -ー'|                       \
                               バタバタバタ 
                                      / 
 ※ 沢庵については兵庫助と絡まない上、書くと長くなるので、
  その著「不動智」も含めて、また別に説明しようかとー。

19212009/02/19(木) 00:39:26.01 ID:CRC5vcDM0
          ,. '´: : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
         /            ',: : : : : : : : : \
       /         ,    i: : : : : : : : : : : ヽ
      /       : : : : ;': : : : : }: : : : : : : : : : : : : \
      , ′: : : : : : : : :,': ,';': :ノ: : : : ;':ハ:',: : : : : : : : : : : : : :.ヽ
    /; : : : : : : : : : ;': /:ム:/l: : : :./:.八:ヽ :',: : : : : : : : : : : ハヽ、
  /:/:.:. : : : : : : : :レ'レ´ リ`{: : :///´`ヾム、: : : : : : : : : : : ハ )
 ' //:.:.:. : : : : : : :/ ,.-ィハヽヽ' ´ ''二ハ 、',: : : : : : : : : : : :}    お師匠様ー!
  l {:.:.:.:.: : : : : : ∧.  匕ソ      匕ソ } ∧: : : : : : : : : ∨   お客様が…って、こちらの方は?
  ! |:.:.:.:,':.: : : :.:.ハ l  '' ̄`       ´ ゙̄ レ'';.:.:. : : : : :リ: iリ
   ∨:.:{、:.:.:.:.:.{:.:.:i'、     、,     / リル:.:.: :.: :.ノレ ′
      ヽヾヽ:.:.:.:.ヾx{.ヘ    ー -    /   }:.y:.:i:/ ′
      冫'ヾ'' ;{. ゙' \         /    レレ'´
      i´   ヽ`     >、 _  イ       ノ  ヽ
      |     ヽ、     `''-''´     /   |
      |      } \             ./}      }
               霊峰元奨
         / ̄\
         .|    |
          \_/
           |
        / ̄ ̄ ̄\  ,
      /  - -  \ -
     /  <●> <●>  \   ん?新しいお弟子殿ですか?
     |    (__人__)    |
     \     `⌒´    /    
    /,,― -ー  、 , -‐ 、   「そういえばお前とは初対面だったな。
    (   , -‐ '"      )   名は霊峰という。
     `;ー" ` ー-ー -ー'|    霊峰、こちらは柳生兵庫助殿だ」

19712009/02/19(木) 00:41:26.37 ID:CRC5vcDM0
                         X   ,. -. ‐'"´ ̄``丶、 ノ}          X
                     /} /: : : : : : : : : ーヘ
                 ×   / //: : : :l: .:. .} | . : : : : } . . ゜
                     _ノ_,ム′: : : |:::::::/! l.::. : !  /: :\    
               _/ /,. -‐〉 : : :_ !:;イ¬.|:i::: |i.|. :.i::: : : ヽ    はじめまして!
        ☆ . .     ,. '´!{  ゝ-‐''^""¨二.ノ:〔__- V!::!LTV{::: : : :.',    霊峰元奨です!!(キラッ
            ×x .   ぃ     .イ::. : : |⌒`  }:リ'示Y1:: : : i }    
       . '´     ,. 介iー-、 {:::::::::. : : !     ^' ヒ'リ ',.|:::. :..  :.!リ    
  X    /       /ヽ' L!  ヽ. Y::::i::::. .::. |r:ゥ- 、' `^ /:::l::::.::::.x:リ′ ; ☆
   x /      / /⌒ヽ  込Jヽ:ト:{>、:ィ八_ ,.‐く  イ:ィ:::!x::X::/ ゛
   i'´       /-r‘ー、  ヘ-┴‐〉 `'i¬  ヘ.__{:::::::}.彳〔__レ1::ル'゜   ゜ .
    ー 、 ---'´   コ:..:.}:    \ 丶  .l | -、匸⌒´:_;-、ノ }_ ´        ゜ ×.
     `ヽ、    └;.:.    ..  }  〉 ヽ.| 〈__:,.イv/´〕、冫`i  x          ☆
        ` ¬ゥ´:..:....:..:..:..: ,ノ、 \ { !    {.{j_/,ィう′ !
      x '   Y:..:..:..X:..:..:.∠.._    ヽ.} |.     } `マ^V   |      X
          , ゛ヽ:..:..:..:../  ,.⊥_  /小\¬-{   ∨ヘ._,. -‐¬、

       ,i´, i´ , 'ィ , '´ノ_,. -‐''"=-‐- 、._
      / / /,i´, - '::::::::::::::::::::::::_.. -‐ ' "/
     /iト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   
    く レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.、-ー'"    こいつは、この間、名古屋入りされた
    リ:::::::::::::::::::::::ノハ::::::::::::::::く       徳川義直様のところで文学の教授をしていたんだが…。
    >:::::::::::::`, 'ナ-、 ノ_オ,. - `ヤ    まだまだ自分の学問が足りないっていってな、
    シ::::::::::ノ くゝ'  r从ノ人ノ''      戻ってきやがった。
     ',:::::f ̄~¨¨`'(⌒)-こij       
      ヶヽ|     ___〉 j          まあ、義直様も許してくれたから、
      ` ー     `ニ゛/         推挙した成瀬殿の顔も潰さずに済んだんだけどな。
       |   ヽ,   /          まあ、仲良くやってくれ。
       |     「`ヽ、          
 _,.、-ー'"¨゛´     |  , '´〈ニ三ヘ_

20012009/02/19(木) 00:44:23.35 ID:CRC5vcDM0
           _ ____
           ´: : : : : : : : : : : : :`ヽ、   _, -‐- 、     
      / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _>=≠イ⌒^⌒ヽ      後に兵庫助だけではなく、
     / .:.:.:.:.:.:/.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::::ノ  7⌒ヽ  }ヽ    尾張柳生家と長く縁を結ぶ事になる
    /.:.:/:.:.:.:.: / .:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. {:::::{  {/〃{ヘ Y"ノ {   霊峰元奨こと後の霊峰和尚は、
    /.:.:/.:.:.:.:. / .:.:.:/│:l :.:.:.:.\.:.:.: ヽ:::}  ゞ;.<ノ⌒ヽ ノ   慶長十五年当時は、21歳の禅僧だったの。
   l.:.:/.:.: /.:.,' .:.:.:/.:.:l.: | \.:.:.: 丶.:.:.:.V ー=/   ー.:::::;勹
   | .:|.:.:.:.| .:l.: __/.:.:ハ | ヽ_\__\.:.:`ーくヽ、____,ノ:_ノ     3年前の慶長十二年四月、18歳の若さで、
   | .:|.:.:.:.|.:イ.:./.:.:/.:ハ!  \-\.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.`8o┬ー'´     当時8歳だった家康の第九子、
    l .:|.:.:.:ハ.:.jィ仔テ女 ヽ   ァ7仔i心、_.:ヾ.:.:.:.88`ヽ       徳川義直の文学の師匠として推挙され、
    l .:| (ヽヘ小ヘ::::::j|       lヘ::::::j|│.:lヘ\()8、.:.\      2年間、師として勤めていたんだけど、
    | .:! (ノハ{ r'仁j        r'仁リ│.:|.:.!.:.:ハ()|\.: ヽ    慶長十四年、更なる学究のために
  ノ イ.:.: /てヘ .:.:.:::   ,    :::.:.:.: /!.:.j´j.:/ }}:|   ヽ.:}    また妙心寺に戻ってきたんだって。
   /.: /.: /しゝ、    、  ,     /./.:/.:/|.ノ人!   j/
   /.: /.: /.:./.:.:..:>      イ_l.:./.:/|´.:.: |.:. l.: |         ちなみに、霊峰は兵庫助以外にも、
  ./.:.,.':. / j:/.:.:.:./ l_,ハえi ‐</_,,V.:厶l.:.:.:. |.:. l.: |        もう一人の剣豪と縁を持つ人物なんだけど…
 //.:/ /.:.:.:.///l│ノ /,. '/7/  ヽ.:.: !.:. l.: |       まあ、それはまたいずれ、ね。
/.:/   /.:.:.:.〃 .∧i│/,. '/ //    \.:.: {:八

20212009/02/19(木) 00:45:51.84 ID:CRC5vcDM0
      / ̄\
      .|    |
       \_/
        |
     / ̄ ̄ ̄\    
   /  \ /  \     まだ若いのに、大したものではありませぬか。
  /   ⌒   ⌒  \   …弟子と言えば、そういえば鉄牛殿は?
  |    (__人__)    |
  \    `⌒´    /
  /,,― -ー  、 , -‐ 、
  (   , -‐ '"      )
  `;ー" ` ー-ー -ー'|

       ,i´, i´ , 'ィ , '´ノ_,. -‐''"=-‐- 、._
      / / /,i´, - '::::::::::::::::::::::::_.. -‐ ' "/
     /iト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    ああ、あいつは今、用事で留守だ。
    く レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.、-ー'"     今のまま何事もなければ、
    リ:::::::::::::::::::::::ノハ::::::::::::::::く         あいつも僧としてやっていけると思うんだが…。
    >:::::::::::::`, 'ナ-、 ノ_オ,. - `ヤ     
    シ::::::::::ノ くゝ'  r从ノ人ノ''          まあ、そんなところだ。
     ',:::::f ̄~¨¨`'(⌒)-こij           客も来ているらしいし、ここいらでお開きだ。
      ヶヽ|     ___〉 j           じゃあな。達者でやれよ。
      ` ー     `ニ゛/         
       |   ヽ,   /           
       |     「`ヽ、             「ええ、和尚も息災で」
 _,.、-ー'"¨゛´     |  , '´〈ニ三ヘ_

20412009/02/19(木) 00:47:22.45 ID:CRC5vcDM0
=西陣・武蔵屋=

┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||::::::::::::::::::::::::: ||-|-|-|-|-|-|-|-|-|││
┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||::::::::::::::::::::::::: ||-|-|-|-|-|-|-|-|-|││
┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||::::::::::::::::::::::::: ||-|-|-|-|-|-|-|-|-|││
┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||─────||-|-|-|-|-|-|-|-|-|││
┳┥│  ││;;[田田田田][田田田田][田田田田][田田田田] |..│
┻┥└─┘,,|/=======================================;;;|..│
 ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
 ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
==@==@==@==@==@==r─ー─‐-──ー┐@==@==@==@==@==@==
─────────‐|  武  蔵  屋.│─────────
:: : :| |;;| :::: :::: :____`ー─-─-‐ー─┘____:::::::::::::: :| |;;| :
  | |;;|   ::||三三三| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|三三三||:    | |;;|
  | |;;|   ::||三三三|__|__,,ノ___,ノ___,,|三三三||:    | |;;|
  | |;;|   ::||三三三三||::::: :::::::: :: ::: ::::: ::||三三三三||:    | |;;|
  | |;;|   ::||三三三三||:::::: ::: :: :::::::: :::: ::||三三三三||:    | |;;|
  | |;;|:::: /||三三三三||:::::: ::: :: :::::::: :::: ::||三三三 /:: :::::::::::::| |;;|:::::
| ̄ ̄| ̄ ̄|. ||三三三三||:::::: ::: :: :::::::: :::: ::||三三三|| ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄
|    |    |. ||三三三三||::::: :::::::: :: ::: ::::: ::||三三三||  |    |    |
|    |    |. ||三三三三||::::: :::::::: :: ::: ::::: ::||三三三||  |    |    |
|__|__|/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||_|__|__|_


 さて、妙心寺を辞した兵庫助は、その帰り、いつも通り武蔵屋へ寄った。

20712009/02/19(木) 00:48:46.92 ID:CRC5vcDM0
     |┃三       / ̄\
     |┃          |    |
     |┃         \_/
 ガラッ. |┃            |
     |┃        / ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /  ::\:::/:::: \    浄与、久しぶりだな!
     |┃     /  <●>::::::<●>  \  お前に新陰流を学ぶ権利をやろう!!
     |┃     |    (__人__)     |
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

  |.V:.ヽ.    ..-、___r‐..、 /:.:.:./ :../
  Ⅵ、:.:\ /:/:::::::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:./ ..:/
    V:.V:.:.:/:.:./::::::/|:\:::::::::}:.:.:.:/..:../
    V:ヽ/:.:./-/-:ト‐-:.≧..、 ̄`..くl、   
     ヽ/ ̄/:.:.:._/:|:ヽ:r≦三 __   |   
      |:: >彡三|:.:|..:/ァ-―‐ァ:7ミヽ}    これは兵庫助様!
      V!イく_ ._..-Ⅵ:/≧=<:/__}:.::{   …お待ちしておりました!
      .ハ_}:/r‐.、Ⅵ  /フィォ /ト::::〉   
      7ヘく「ト{::::_\} !__::::::}/jト:::::{    その権利ですが…実は一人、
     |:::∧ヽV´ ̄::|! | ̄ ̄`l!/l:.::.::〈   紹介したい者がおるのですよ。
     .Y:::∧.l!{_::::==l! |==ミ/!/ィ\::}  
::\   |_/:小 ヽ:,ト、:j! |::,ト、:/ /爪、:..:\
::::::::\  /://_::\ |_/ \ !_ ∠ =-‐ヽ:..:.ヽ._
::.. :::::::\//く -ミ_z=‐ ̄´ ̄  __. --ヽ:..ーミ{、
\::.. :/;ノ/´}      _ .._-≦ -――- \:..:.`ミx、
          加藤浄与

20912009/02/19(木) 00:50:15.21 ID:CRC5vcDM0
/ ̄\
\_/  ___    ━┓
   \/::―  \   ┏┛
   /ノ::::<●>  \  ・    紹介だと?
 . | <●>  ⌒) \    お前相手のこれは、挨拶の代わりみたいなものだが…。
 . |   (__ノ ̄    |    素性の知れぬ奴に教授するほど、新陰流は軽く無いぞ?
    \        ノ
    /´       `\
    |          |

          |、
          |∧
. __      .| :∧    
. ヽ:.\     l__:ヽ  
.   \:.:`:ーァ_:二:Z__ミヽ           ええ、それだけの者と見ております。
.     \:∧:Y´__j. l!\     _  今はこの店出入りの織屋ですが、元は駿河の出の侍でして…。
      V/Ⅳr_7'二}|ニミ、   //   九郎兵衛!兵庫助様がお見えになられたぞ!!
      「7>,Y彡ニ7 ハー┴―ァ'/:.:.:
       V/i〉ー'^´ノz=>z=彡'-:彡   「ええっ、ホント!?
       ノハzァ彡/´ /´:.:/7:.:.:/    待ってて、今行く!!」
      //.:.::}〉‐ァ==<.:..:..:..丁イト、
     /':.:/ィ 〈:.ノ}_:..:..:..:..:../⌒::

21312009/02/19(木) 00:51:50.40 ID:CRC5vcDM0
          _,-'´::::::::::::::::::::::::::::::::::`、)::::レ'ノ
         /´ .: .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'::´く_
       _ノ´ .:    ::::::   :::::::::::::::::::::::::::`i
`こー-一'´:::::::: ....:::::::::::..........:::::::::::::::::...  ::::::::::`i        
  `、_:::::::::r'::::...::::::::,:::::::::::::i::::::::::|::::::i::::::::..  :. :. `亠、
    `フ´:::::::::::;/:::::::::::::ル::::::::il:::::::l::::::::::::.....::::::ヽ;:::`ヽ,
    /´:::::::::::::;/:::::::::::;/ i::::::::::i `、:::i>、:::::::`、::::::::::`i、:::::`、    あなたが新陰流の柳生兵庫助様?
   /:::::::/:::::::/:::::::::::;<_ /::::::::/,,_=ニ、「 ` 、_::::`ト、::::::i`、:::::::|    私、佐野九郎兵衛!!
  /::::::::ハ:::::i:::::::::::/r'l;;`i::::::::/´/ );;l `i'´|::i`i、i'i`、:::::l `i:::i
 ,!:::;/ ,l:::::l::::::::;イ〈'J;;;;レ'´  `i´;ハ;レ'´l::::レ'`ソ::∧:::l  `v     …早速だけど、あなたに
. i:::/   i::::;イ::::/ .i:.`ー'´,::.     `┴''´  i:::::ト-'::_ノ V       剣術ファイトを申し込むよ!!
. レ´  /:::ハ::レ´::;イl:. 〃`、     〃〃 .l:::::|i::::::r`j
    ム'´ j::::::::ノ | 〉、:.   ー一'    __ム-亠ー亠、
      i:::::::/ ,/ノ i`i、:.      r'´r-一'´ ̄`ヽ`i        「九郎兵衛ッ!!失礼な!!」
       i:::::/ レ'  」::レ`ヽ,   , へ;:`i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;|
      レ'   r'´;:i::|´;:;:;ンく_,,-'´|;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_」_ノ
          〈;:く´リ;:;:;:;:`i;;;;;;;;;;;;;,イ;:i;:;:;:;/ ̄r-テー、_
           `、`、;:;:;:ノj;;;;;;;/;;;|;:i/:.:.:.:.:.:.:.`ーミこ ̄`ー、
             佐野九郎兵衛

      / ̄\
      |    |
      \_/
        |  _
     / ̄ ̄ ̄ \       はっはっは。
   /  \ /  \     構わん。面白いぞ!
  /   ⌒   ⌒   \   (…でも剣術ファイトってなんだ?駿河の立ち合いの方言か?)
  |    (__人__)     |  
  \    ` ⌒´    /    では早速、お前の手筋を見てやろう。
  /ヽ、--ー、__,-‐´ \   浄与、庭を借りるぞ。

21612009/02/19(木) 00:53:18.66 ID:CRC5vcDM0
=武蔵屋・庭=
                  トレ'          丶---‐'´    /   ,
                 __ N                        /   //
          r―--、  \ \    、  ー―――一ァ   ∠ -    /
        /廴_r-、 h  r=ァ'ニ!  / \___/ ̄  ー―――――‐ァ
_       | /  |  |l_ V 〈 /| イ  `ヽ    \            /
 ̄`ヽ ̄ ̄`  ̄ ̄` l / _」__V / / _ノ示ミ\     L ______∠,
    \_ / ̄了ア´ /  \ |  l ヒ{ノ    _ ノ\        _/
       /    / /  /  1 l ヽ ''      , {ヒノ/ 丶<. ̄
>、      l   /l |  / {  l l_ノ  \   〈   /\__/        さあ行くよ!
    ー―ヘ  l 丶ー ' _ |  |ノ_人    ` ー  ィ〈:┐            剣術ファイト、レディー・ゴーッ!!
/      / \  `Tーr'^ |--' └く>r=≦  rヘ ∨     ___
:、___/    >‐' ̄`ー'   _ヽ/ l/_/ ∧|    /  , - └、
 \      /           ` \ |h |// |  / ⌒ヽ/   l
 ̄`¨7ー一'´              /0 V_\     Y ーイ  / 卜
   /            ノ      l  l∧_ \\   〈ト-、 `¨{_, /l|
ーく          ̄ ̄       /\j ∧ヽ.l  \  l \\__/ /
  l             . -―'` ー―‐'    \, l  |   / ̄ \___/

      / ̄\
       | .°  |
      \_,/
        |       
     / ̄ ̄ ̄ \ て   _
   /  ::\:::/:::: \ そ .//    おうッ…これは!?
 /  <○>::::::<○> .\ //
 |     (__人__)    .| //
  \、   .`⌒´   ,/.// 
   /   .    . ,\//  
   しイ        ト 、ノ  

21912009/02/19(木) 00:54:52.82 ID:CRC5vcDM0
      (⌒)  |  \7_, -――' / /
    < 7 /  ゙̄ヽ|    -―       /_
      / /   __/   /  ∠|       ̄ ̄\
 -――く /-\ \___∠ -イ 0ハ    \-――ヽ
=‐      \     / /    ''_   ト、      ̄\
        K´   l /    /⌒ ヽ _〉l   |―'  ̄
        | ̄l| /ヒZ  |L.  |/ / 丶  〉    えいっ!
三二  ̄  !  V      ー┴ ' /!\_: |     ほらほらほらほらほらっっ!!
二一     ゝ/ ̄\  xヘ __/l |    レj
 -―=   /へ、   V´ |ノ    (⌒)__
    . -‐ '´\  ヽ |∧刀\   / / ー-、|
ニ=/  -―- 、 \ |yヘ/―‐〈―く /    |
∨/      丶-- トく 二..,,_ヽ   \
il/        :   ー-、`ヽ  |    /ニ=              _ -=
ハ         |     ',  i/-― ' =二               -
 丶       /       |  |  三二一            二

            /      / ̄\
          //       |     |
        ///       \_/ (⌒\
       ///         ____|___ \  ヽ    …やるなっ!!
       (  (        /:::\:::::/::\ \ \    ならばこうだッ!!
       \ \    /  <●>::::<●>\ \ヽ    (…こいつ…俺と剣筋が似ている…!?)
         \ \ /    (__人__)   \|  \ヽ   
          \ \.       |::::::|     |ノ  ノ  \
            \  ヽ    `ー'´    / /
             /              / 

22112009/02/19(木) 00:56:53.57 ID:CRC5vcDM0
そして数刻後-                  |. `|  |  l  l.  |
          / ̄\      「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  ,' / ノ ̄ ̄|
         |     |      |         ヽ_j  / //     |
          \_/      |   教授権利書ヽ_ハ/′     |
            |        |                    |
        /  ̄  ̄ \    |        新 陰 流        |   気に入ったぞ…!
       /  \ /  \..  |     ・・・ ・・・ ・・・       |  お前に新陰流を学ぶ権利をやろう!!
     /   ⌒   ⌒   \ |     ・ ・ ・・ ・・・        |
     |    (__人__)     |/|                    |
     \    ` ⌒´    /l|.| :::::::::::::::::::::::: |
     ヽ、--ー、__,-‐´イ   l リ :::::::::::::::::::::::: |
       >'´/ / _,.ノ|/    l.| :::::::::::::::::::::::: .|
     ,r7′_,.レァ‐‐'′、 l  i  l|              __     |
    /,厶イ_:.:/    ヽヽ. :l  |             〃.  `ヾ   .|
    /7   /:.:「       ゝL/|   ::::..... |l .柳 .||..  |
  /〈  /:.:.:.:',    /  //   |   ::::        |l .生 l.|..  |
 ∧',. ヘ /:.:.:.:.:.:',  /   〃   |            ヾー-‐シ   .|
                  ト、
             ,  -―- 、l \ /|
             /        /' ノ
    ___.  ´         ⌒\
    ` ー/   /   イ  /     ヽ
      /   /  /_,/ /ヘ   \|    (この人、凄く強い…さすが新陰流の正統…!)
     /  / /   /介.// ーヘ  |  \
     / /  / /Y {り/   介 y l l l  |    ありがとう!!
    ̄ /   l/f〈 | ー   ト, りノレl | /\|   …いえ、ありがとうございます!
     | /l /⌒7 /¨}-/⌒`L /|イ l/     
     |/  /|:.:.:.く` { {ノ|  l l||_,ノ.:}      この佐野九郎兵衛、
     / ̄厂`ヽ:.ハ| `¨ / / 〉l:.:.:./      先生の弟子として、新陰流を修めてみせます!!
    /7⌒`\ ヾヘYヘ __ /|/:.:./      

22412009/02/19(木) 00:58:24.58 ID:CRC5vcDM0
      / ̄\
      .|    |
       \_/
        |
     / ̄ ̄ ̄\
   /  \ /  \    はっはっは、よく学ぶがいいぞ!
  /   ⌒   ⌒  \  …遂に俺も弟子を持つ身になったか…!
  |    (__人__)    |  感慨深いな…!
  \    `⌒´    /
  /,,― -ー  、 , -‐ 、  (つーか、今まで誰も権利を
  (   , -‐ '"      )  受け取らんかったからなあ…何故だ?)
  `;ー" ` ー-ー -ー'|

          |、
          |∧
. __      .| :∧    
. ヽ:.\     l__:ヽ  
.   \:.:`:ーァ_:二:Z__ミヽ    (いいのかなー)
.     \:∧:Y´__j. l!\     _ 
      V/Ⅳr_7'二}|ニミ、   // 
      「7>,Y彡ニ7 ハー┴―ァ'/:.:.:
       V/i〉ー'^´ノz=>z=彡'-:彡 
       ノハzァ彡/´ /´:.:/7:.:.:/ 
      //.:.::}〉‐ァ==<.:..:..:..丁イト、
     /':.:/ィ 〈:.ノ}_:..:..:..:..:../⌒::

22712009/02/19(木) 01:00:11.78 ID:CRC5vcDM0
                  /rゝ_‐-.、   イ .ィ
                  乂r::::__ゝ\ |レ' /
             _ .. -─'── - 、 rー..、|' /ーr-ォ
           ' ´            \::!::V:::/ |:_j___
        /             ::::::ヾ:::l ///ヽ::ヽ  さて、この佐野九郎兵衛なんだけど、
        '     /          ヾ::::::V/∠ __ |::/  実際は仕合を挑んできたんじゃなくて、
       /     イ  ィ'  ト.,   V  !::::::ト///´`ヽi'   最初、元侍の織屋として紹介されただけなの。
       /!    _/_|__./ トi j __ゝ   \ |/l ハ/⌒i     
.      / ' /   /j_.| l` |ハ.ヽ. `.,     V /::|       兵庫助が浄与に剣を教えるついでに、
     / l l  / イ::レ、  \ヽ_ゝ_ ヽ,.    \|_      九郎兵衛が元は侍であるという話を思いだし、
     i  l |:  !  r::::::j    イ:::::ヽトi|\    ハヽ     試しに剣を振らせてみたら、
     | ノイ  |  ゝフ     r::::__ハ├、\ /:: i|ヾ!     「生まれ付き器用也(剣才がある)」ということで、
    (_/ |  ハ ::::::        ー'  | |ヌ,レ/l:::: イ.ノ     これは見込みがある、と見込んで
       / ハ-ゝ    ′   :::::::  | レ'l::/!:::/::j      弟子にしたんだって。
    、 _,j/ '   ゝ. ` ´   . イ< ヒ-―_フ       
        |      ` r  ´    | l `<           で、百日ほど新陰流を習わせた後、
        |  !  ヽ   ___   | l ,/ `        浄与と立ち合わせたら、全勝しちゃったみたい。
        |   |       ´      | レ'    !      
        |  ∧.              |〃    l         ちなみに記録に残っているうちでは、
         、/ __.!_.            i      ,       兵庫助が新陰流を継いだ後からだと、
        レ´/ /、r--_ー─==='7     /       .一番最初の弟子(高弟)は
         ! ' / /-, : : : `''ー : :.:/    /        この佐野九郎兵衛みたいね。
        ゝ  _ イヽ. : : \:: : :./     /         (熊本時代の弟子は詳細不明なので除外)
         `T: : \: : \: : : : :/     /

22912009/02/19(木) 01:01:42.08 ID:CRC5vcDM0
      / ̄\
      |    |
      \_/
       _|__
     /      \       いや、楽しいひと時であった。
    /⌒ :::::: ⌒::::  \    浄与、礼を言うぞ。
  / <⌒>::::::<⌒>   \
  |   (__人__)        |   そういえば、今日は
  \   `⌒´      /   あの島様の末姫殿はおらんのか?
  ノ           \


  |.V:.ヽ.    ..-、___r‐..、 /:.:.:./ :../ 
  Ⅵ、:.:\ /:/:::::::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:./ ..:/  
    V:.V:.:.:/:.:./::::::/|:\:::::::::}:.:.:.:/..:../
    V:ヽ/:.:./-/-:ト‐-:.≧..、 ̄`..くl、       それなのですが、
     ヽ/ ̄/:.:.:._/:|:ヽ:r≦三 __   |     残念な事に今日は用事で出ておられまして…。
      |:: >彡三|:.:|..:/ァ-―‐ァ:7ミヽ}    お珠様も、今日、兵庫様が来られるとわかっていれば、
      V!イく_ ._..-Ⅵ:/≧=<:/__}:.::{     絶対に外には出られなかったでしょうに。
      .ハ_}:/r‐.、Ⅵ  /フィォ /ト::::〉     
      7ヘく「ト{::::_\} !__::::::}/jト:::::{       …兵庫助様。
     |:::∧ヽV´ ̄::|! | ̄ ̄`l!/l:.::.::〈      いずれで結構ですので、また近いうちに
     .Y:::∧.l!{_::::==l! |==ミ/!/ィ\::}    こちらへおいで頂けませんか?
::\   |_/:小 ヽ:,ト、:j! |::,ト、:/ /爪、:..:\    お珠様も喜びましょう。
::::::::\  /://_::\ |_/ \ !_ ∠ =-‐ヽ:..:.ヽ. _ 
::.. :::::::\//く -ミ_z=‐ ̄´ ̄  __. --ヽ:..ーミ{、
\::.. :/;ノ/´}      _ .._-≦ -――- \:..:.`ミx、

23112009/02/19(木) 01:03:01.31 ID:CRC5vcDM0
       ./ ̄\
       |    |
      \_/
        |
      / ̄ ̄ ̄\      
    /  ::⌒ :::::: ⌒\    
  /   <⌒>::::::<⌒> \    ほう、この兵庫のどこがそんなに気に入ったのやら…?
  |     (__人__)   |  まあ、そういうことなら、近いうちにまた顔を出させてもらおうかな。
  /     ∩ノ ⊃  /  
  (  \ / _ノ |  |     確か、前に会ったのが…もう6年も前になるのか。
  .\ “  /__|  |    さぞ大きくなったことであろう。
   . \ /___ /

          |、
          |∧
. __      .| :∧    
. ヽ:.\     l__:ヽ         
.   \:.:`:ーァ_:二:Z__ミヽ          
.     \:∧:Y´__j. l!\     _  ええ、きっと逢われたら驚かれると思いますよ。
      V/Ⅳr_7'二}|ニミ、   //  是非、よろしくお願いします。
      「7>,Y彡ニ7 ハー┴―ァ'/:.:.
       V/i〉ー'^´ノz=>z=彡'-:彡
       ノハzァ彡/´ /´:.:/7:.:.:/
      //.:.::}〉‐ァ==<.:..:..:..丁イト、
     /':.:/ィ 〈:.ノ}_:..:..:..:..:../⌒::

23512009/02/19(木) 01:04:18.43 ID:CRC5vcDM0
     |┃三        / ̄\
     |┃         |     |
     |┃          \_/
 ガラッ. |┃             |
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /        \     では、さらばだ。
     |┃     /            \   達者でな。
     |┃     |              |
     |┃三   \           /
     |┃三    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

  |.V:.ヽ.    ..-、___r‐..、 /:.:.:./ :../ 
  Ⅵ、:.:\ /:/:::::::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:./ ..:/  
    V:.V:.:.:/:.:./::::::/|:\:::::::::}:.:.:.:/..:../
    V:ヽ/:.:./-/-:ト‐-:.≧..、 ̄`..くl、     
     ヽ/ ̄/:.:.:._/:|:ヽ:r≦三 __   |     
      |:: >彡三|:.:|..:/ァ-―‐ァ:7ミヽ}    (…そろそろ頃合かも知れぬな。
      V!イく_ ._..-Ⅵ:/≧=<:/__}:.::{      この浄与、一世一代の働き時ぞ…!
      .ハ_}:/r‐.、Ⅵ  /フィォ /ト::::〉      まずは柳生庄の方々に…)
      7ヘく「ト{::::_\} !__::::::}/jト:::::{     
     |:::∧ヽV´ ̄::|! | ̄ ̄`l!/l:.::.::〈     
     .Y:::∧.l!{_::::==l! |==ミ/!/ィ\::}    
::\   |_/:小 ヽ:,ト、:j! |::,ト、:/ /爪、:..:\    
::::::::\  /://_::\ |_/ \ !_ ∠ =-‐ヽ:..:.ヽ. _ 
::.. :::::::\//く -ミ_z=‐ ̄´ ̄  __. --ヽ:..ーミ{、
\::.. :/;ノ/´}      _ .._-≦ -――- \:..:.`ミx、

 こうして、兵庫助は京を出て、柳生庄へ戻った。

23812009/02/19(木) 01:05:43.77 ID:CRC5vcDM0
そして年も明けて慶長十五年(1610)、柳生庄…

       / ̄\
       |    |
       \_/
       __|__
     / ::-:::-\     
    /  <●>::<●>\     ふうむ…次の工夫はどうしたものか…。
  /    (__人__)   \  やはり一度、金沢へ行って、富田流の達者を
  |      `⌒´     |  訊ねてみるのもいいかもしれぬな…。
  \            /
  /              \

     |┃三   
 ガラッ. |┃          ____     
     |┃  ノ//     / ~~ \    
     |┃三     / \   / \     兵助、何をしておる。
     |┃     /   (●)  (●)  \   浄与とも約束しているのであろう!
     |┃      |     ./__´___ヽ   . |.   いい加減、京へ行くのだ!
     |┃三    \     | `ー'´ |    / 
     |┃三    /           \

24012009/02/19(木) 01:07:06.80 ID:CRC5vcDM0
      / ̄\
     .|    |
      \_/
      __|___
    /      \
   / - ::: - \     浄与との約束…?
 /  .<●>::::::<●>  \  . ああ、そういえばそんな話もありましたな。
 |     (__人__)     |   まあ、いずれ行けばよろしいのでは?
 \    .`⌒´    /
 ノ           \

     |┃三   γ::::::::::::::::桃::::::::::::ヽ、 
 ガラッ. |┃    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::  ヽ
     |┃  ノ/γ:::::::::人::::人::人::::人  ヽ   なにやってんだい兵助!
     |┃三  (:::::::::/ \ i||i / \  )  さっさと京に行くんだよ!!
     |┃    \:/ ((○) (○)) \ノ  というか武蔵屋に行くんだよ!
     |┃      |   (((__人__)))   |
     |┃三    .\    ` ̄´    /
     |┃三    /          \

     |┃三      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
 ガラッ. |┃     / /" `ヽ _ノ( \
     |┃  ノ// //, '/     ヽ⌒ 、 ヽ
     |┃三  〃 {.._{ \ i||i /リ| l │ i|    何やってるんだお兵助!
     |┃   レ!小l( ○) (○)从 |、i|   今すぐ準備して京へ行くんだお!!
     |┃     レ ヽ   、_,、_,   .| |ノ     後その格好!もう少しマシなものに着替えるお!
     |┃三     ヽ、  ゝ._))  j /
     |┃三      ヘ,、 __, イ
            お清(新次郎妻)

24312009/02/19(木) 01:08:20.05 ID:CRC5vcDM0
           / ̄\
          .|    |
           \_/       な、なんですか一体。
         __|__      父上だけではなく、お婆様に母上まで。
        / ./::::::\u\    武蔵屋で何があるというのですか?
      / <○>::::::<○> \   俺はこれから金沢に行こうかと…。
/⌒)⌒)⌒.    (__人__)  u \     /⌒)⌒)⌒)
| / / /   u. `⌒´      .|  (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)           /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ            \  /  )  /
ヽ    /             ヽ /    /


      ____     やかましいッ!!
    / ~~ \    さっさと行けと言ったら、行くのだッッ!!
   /     \i||i/\               / ̄\
 /      (①)(①)\./⌒l           |     |
 |        /__´__ヽ  ||`'''|           \_/
 \        ||ii||||エ|/. |  |            _ )
   /  へ    ̄  }___/ /           /::::\:::/::\  ヘベッ!?
 / / |           ノ           /●>>::::::::<<●\ . ’, ・
( _ ノ    |      \´       _    /    (__人__)’,∴\ ,  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ/   > て
       .|                        __ ノ  /  (
       ヽ           _,, -‐ ''" ̄ヽ、 ̄ `ー'´  /  r'" ̄
         \       , '´


24912009/02/19(木) 01:11:06.45 ID:CRC5vcDM0
        / ̄/ ̄\\
       |     | |     |
        \\_/_/
         _|_| ____
      //   ̄  \\
     //--.--:::: :::: -─\\   ち、父上に蹴られた…!?
   //::::(○ ○) ((○(○):::: \   不具のはずの父上が…!?
 .| |.|    ( . ((_人_人__)    |  
     \\    ⌒ ` /,/ 
    ノ         \\| |

         ____
       /:::::::::::  \      
     /:::::::::::::  ノ L \    
    /:::::::::::::    ⌒:::  \    つまらんことを聞く前に、さっさと京へ行くがいい…。
   |:::::::::::::::::::         |  さもなくば、もう一発見舞ってくれるぞ…!
   \::::::::::::::::::::::     /  
    /:::::::::::::::::::     く     「わ、わかり申した…」
-――|:::::::::::::::::::::::::::     \-―

 こうして、兵庫助は再び京へ上った。

25312009/02/19(木) 01:13:05.58 ID:CRC5vcDM0
=京・西陣=

     |┃三       / ̄\
     |┃          |    |
     |┃         \_/
 ガラッ. |┃            |
     |┃        / ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /  ::\:::/:::: \    浄与、来たぞ。
     |┃     /  <●>::::::<●>u. \  なんなのだ、一体…?
     |┃     |    (__人__)     |
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

  |.V:.ヽ.    ..-、___r‐..、 /:.:.:./ :../
  Ⅵ、:.:\ /:/:::::::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:./ ..:/
    V:.V:.:.:/:.:./::::::/|:\:::::::::}:.:.:.:/..:../
    V:ヽ/:.:./-/-:ト‐-:.≧..、 ̄`..くl、   
     ヽ/ ̄/:.:.:._/:|:ヽ:r≦三 __   |   
      |:: >彡三|:.:|..:/ァ-―‐ァ:7ミヽ}    お待ち申しておりましたぞ、兵庫助様!
      V!イく_ ._..-Ⅵ:/≧=<:/__}:.::{   さあ、こちらでございます!!
      .ハ_}:/r‐.、Ⅵ  /フィォ /ト::::〉   
      7ヘく「ト{::::_\} !__::::::}/jト:::::{    「あ、コラ、ボンボンを引っ張るな…!
     |:::∧ヽV´ ̄::|! | ̄ ̄`l!/l:.::.::〈     なんだというのだ本当に…!?」
     .Y:::∧.l!{_::::==l! |==ミ/!/ィ\::}  
::\   |_/:小 ヽ:,ト、:j! |::,ト、:/ /爪、:..:\
::::::::\  /://_::\ |_/ \ !_ ∠ =-‐ヽ:..:.ヽ._
::.. :::::::\//く -ミ_z=‐ ̄´ ̄  __. --ヽ:..ーミ{、
\::.. :/;ノ/´}      _ .._-≦ -――- \:..:.`ミx、

25612009/02/19(木) 01:14:29.96 ID:CRC5vcDM0
          |∧
. __      .| :∧    
. ヽ:.\     l__:ヽ         
.   \:.:`:ーァ_:二:Z__ミヽ   では、少々お待ちください。
.     \:∧:Y´__j. l!\   今、お珠様をお呼びしますので…!
      V/Ⅳr_7'二}|ニミ、   //
      「7>,Y彡ニ7 ハー┴―ァ'/:.:.
       V/i〉ー'^´ノz=>z=彡'-:彡
       ノハzァ彡/´ /´:.:/7:.:.:/
      //.:.::}〉‐ァ==<.:..:..:..丁イト、

/ ̄\
\_/  ___    ━┓
   \/::―  \   ┏┛
   /ノ::::<●>  \  ・   お珠殿?
 . | <●>  ⌒) \  …何故ここでお珠殿が出てくるのだ?
 . |   (__ノ ̄    |  
    \        ノ   
    /´       `\
    |          |

__      .| :∧    
ヽ:.\     l__:ヽ         
  \:.:`:ーァ_:二:Z__ミヽ     
    \:∧:Y´__j. l!\   (…本当にわからないのかこの人…?)
     V/Ⅳr_7'二}|u.ミ、   //
     「7>,Y彡ニ7 ハー┴―ァ'/:.:.
      V/i〉ー'^´ノz=>z=彡'-:彡
      ノハzァ彡/´ /´:.:/7:.:.:/
     //.:.::}〉‐ァ==<.:..:..:..丁イト、

26012009/02/19(木) 01:15:53.14 ID:CRC5vcDM0
 それから更に少し経って…

  |.V:.ヽ.    ..-、___r‐..、 /:.:.:./ :../
  Ⅵ、:.:\ /:/:::::::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:./ ..:/
    V:.V:.:.:/:.:./::::::/|:\:::::::::}:.:.:.:/..:../
    V:ヽ/:.:./-/-:ト‐-:.≧..、 ̄`..くl、   
     ヽ/ ̄/:.:.:._/:|:ヽ:r≦三 __   |   
      |:: >彡三|:.:|..:/ァ-―‐ァ:7ミヽ}   お待たせしました。
      V!イく_ ._..-Ⅵ:/≧=<:/__}:.::{  兵庫助様、お珠様でございます。
      .ハ_}:/r‐.、Ⅵ  /フィォ /ト::::〉  
      7ヘく「ト{::::_\} !__::::::}/jト:::::{  
     |:::∧ヽV´ ̄::|! | ̄ ̄`l!/l:.::.::〈  
     .Y:::∧.l!{_::::==l! |==ミ/!/ィ\::}  
::\   |_/:小 ヽ:,ト、:j! |::,ト、:/ /爪、:..:\
::::::::\  /://_::\ |_/ \ !_ ∠ =-‐ヽ:..:.ヽ._
::.. :::::::\//く -ミ_z=‐ ̄´ ̄  __. --ヽ:..ーミ{、
\::.. :/;ノ/´}      _ .._-≦ -――- \:..:.`ミx、


     |┃三
     |┃  
     |┃ 
 ガラッ. |┃       兵庫助様…。
     |┃ 
     |┃三
     |┃  
     |┃ 
     |┃三
     |┃三

26412009/02/19(木) 01:17:15.51 ID:CRC5vcDM0
           _/`゛' .、      ,.r‐.、
          ,'´`゛' .、: : :ヽ  /`゛' .、:ヽ、
          ,': :,. -‐‐ '‐、,ハ ム-‐‐- .,_ : :ト、
          ,':./:.:.,. ‐'"´, r.'"´ ̄ ̄゛'‐ :.`¨¨''‐-- .,
        i:.//: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`' 、
        /:./: : :/: : : : : : , ィ": : /:./: ハ:ヽ. : : : : : : :ヽ
.         !:./ : :./: : :/: : :/: : : :/: : /: :.!:ハ: :ハ : : : : : : :.ヽ
.        !: i : :./: : :/: :,ィ': : : :/: :/: /:/:,'.i!:.ハ: :ハ: : :ヘ : : : :ヘ
.      !:.:i: : ,' : :./: :/ : : ,ィ',: :./: /:/ /. !.!:.:.!',:.ハ : : ハ: : :ヘ: ',
       ! :.i: : !: : ,': :,' : : :/_,,..、、、/:イ:/  | |: :!.!::.ハ : : ハ: :.: :ハ:',
.       ! : i:.: !: :.:i:.:.i :.:.:.//:// / ソ  i .|,,.! !,,_ハ : : :.|: : :|: :!:i
      !: :.| /l: : .|: :| : /,>‐= 、 ,/   /´!.リ | i`'i: : : :|: : :!: i!:.!   
.      !: :.:| { !: : :!: :! ,'/::::::::::、iハ       , ''."'メリ.|: :.:.:.!: : :!:.:il:.|   兵庫助様、
      !: : :|: : !: : ヘ: 'ハ!{:::::::::::リ         ,' ::::ζ } ! :.:.:,': :.,'!: :!| !    お久しぶりです…。
.     ! : : |: :.ハ: :ハ:ヽ.', ヽ-‐ '         ! ::::,/,イ.,': :.:/: :/,':.:,' リ
     !: : :.i!: !:.:ヘ: :.',ヽ \'''        ,   `"'' ./: ,.イ: ,.'.,.':./ /
.     !: : :,'i: :|: :!: ヽ ',:.ヽ        ゛  "",.イr'" /.//
     !: :. i i: :l : |: : :.|ヽ|. \    `ー ‐.'   .イ:| !イ /
.     !: : :! !: :!: :.| : : !:.:.|  `' .,    ,. r '":.:.:.:.| |
.   !: :. ! i: :.!: :.:|: : :!:.:,'     ` ‐7´:.:.:.:/|:.:.:.:.:|:.|
    !: : :!. !: .!: : :.!: : |/.         ト.、:.:/. }:. : :.!: !
   !: : ,' !:.:ハ_/´:!: :.!:ヽ        ト.、'‐._ ハ: :.,':.:.|
  !: : ,' ./,r'" : : : ',:.:.! : :.\     | .ヽ : /゛!:.ハ:ハ
  !: :_,ィ'" : : : : : : : ',:.:! : : : :.ヽ `゛'‐.,! . ハ/: :.!/: :.`'‐.,
 !/===‐- .,_ : : : : :ヽ: : : : : :.ヽr‐'" ̄`ハ: :/: : : : :| |ヘ.
             お珠(成長後)

 慶長十五年(1610)頃、伝承によると、お珠は14歳だったと言われている。
兵庫助との最初の出会いは6年前の慶長九年(1604)頃らしいので、8歳の時になる。

26912009/02/19(木) 01:19:24.51 ID:CRC5vcDM0
      __|\/|__ パーン
      \      /
      <<      >>
      /      \
       ̄\/|\/ ̄
       / ̄ ̄ ̄\  
      /::- :::: -:: \  
    /  <○>::::::<○>  \ 
    |    (__人__)     |
     \    `⌒´    /
    ノ           \

     /^ \  ,ヘヘ、
     l/, 二=‐宀ー~-、
    l /          ` ヽ、
    l i /  /  / i  i    ヽ
   l i/ i /  /  iハ i i    ヽ
   l i  i/  _厶L/_i iハi i  i  i    あの、憶えておられますか?
   | レi i ///∠/ノ i ナナトi i  i|  …お珠です。
  l  |i  i レ欠}f^   テマト||  i  ハi
  l  ハ  ト`辷ソ    .じ:ソソ  iノ / i  …兵庫助様?
  l  l  i ヽ     、 ゙^' /ノ ///  
  .l  i  i  i|\  ー'  , イ「//   
  l ii  ハ  |  ` -r 'i´ハ i |      

27112009/02/19(木) 01:20:52.88 ID:CRC5vcDM0
       ○))
      __|___
    /      \
   / ─    ─ \     ……浄与。
 /  .<○>::::::<○>  \  これは一体どういうことだ?
 |     (__人__)     |  …トイウカ、コノヒト…誰?
 \    .`⌒´    /
 ノ           \

          |、
          |∧
. __      .| :∧    
. ヽ:.\     l__:ヽ         
.   \:.:`:ーァ_:二:Z__ミヽ   勿論、お珠様でございます。
.     \:∧:Y´__j. l!\  
      V/Ⅳr_7'二}|ニミ、   //
      「7>,Y彡ニ7 ハー┴―ァ'/:.:.
       V/i〉ー'^´ノz=>z=彡'-:彡
       ノハzァ彡/´ /´:.:/7:.:.:/
      //.:.::}〉‐ァ==<.:..:..:..丁イト、
     /':.:/ィ 〈:.ノ}_:..:..:..:..:../⌒::

27512009/02/19(木) 01:22:33.24 ID:CRC5vcDM0
           / ̄\
            |    |
            \_/
         ノ L__|__
         ⌒:::\:::::/::\      浄与!
        / <●>::::<●>\    適当な事を申すでない!
       / /// (__人__)/// \   どう見ても別人であろうが!
       |       |::::::|     |  具体的に言えばキャラデザとか!
       \       l;;;;;;l    /l!|
       /     `ー'    \ |i
     /          ヽ !l ヽi
     (   丶- 、       しE |
      `ー、_ノ       ∑ l、E ノ
                 レY^V^ヽ ワゴンッ!

『よくわかるお珠の変化』                   /^ \  ,ヘヘ、
                                l/, 二=‐宀ー~-、
       ,.. ::: ''  ̄ ̄ ̄::` ヽ、             l /          ` ヽ、
     / : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ            l i /  /  / i  i    ヽ
   /: : : :| : : : |::|: : : : :l: ヽ: : : : ヽ          l i/ i /  /  iハ i i    ヽ
  //: : : l: :l: : : : |::|ヽ: : : l: : :l://::::',   .      l i  i/  _厶L/_i iハi i  i  i
 /:/: : : : l : l: : : : リ 州川:.:.:.lゝ:.:.:.:.::l        | レi i ///∠/ノ i ナナトi i  i|
 l::l: : : : ::|州: : : ::}オア垤、|.:.:.:.:レヽ.:.:.:l   .     l  |i  i レ欠}f^   テマト||  i  ハi
 { | l: : : ::|rハl :::::/ 弋:::_ノ |:.:.:.:.lソ}:::,'        l  ハ  ト`辷ソ    .じ:ソソ  iノ / i
  { l : : ::{{:::}V'      }: : : |/::∧        l  l  i ヽ     、 ゙^' /ノ ///  
   |ヽ|::ハ  ` __     川小/ヾ:::',   .    l  i  i  i|\  ー'  , イ「//  
   | |:::{:ヽ.       ./}彡ヽ  }::::}      l ii  ハ  |  ` -r 'i´ハ i |     
   | .l:::|ヽ::> . _/__{   j:ソ      l i i i__i .<    | ノノ i i |     
    i .l::| {::{ r ⌒`ヽ 、  ヽ         l i i/  i | \ 、 iヽ\;iハ |
          6年前          →         現在?

27812009/02/19(木) 01:24:04.00 ID:CRC5vcDM0
          |、
          |∧
. __      .| :∧    
. ヽ:.\     l__:ヽ       まあ、歳を取れば女性は変わるものですからな。
.   \:.:`:ーァ_:二:Z__ミヽ    そして、今回、兵庫助様をお呼びした訳を
.     \:∧:Y´__j. l!\   端的に申し上げます…。
      V/Ⅳr_7'二}|ニミ、   //
      「7>,Y彡ニ7 ハー┴―ァ'/:.:.
       V/i〉ー'^´ノz=>z=彡'-:彡
       ノハzァ彡/´ /´:.:/7:.:.:/
      //.:.::}〉‐ァ==<.:..:..:..丁イト、
     /':.:/ィ 〈:.ノ}_:..:..:..:..:../⌒::

      / ̄\
      |    |
      \_/
       _|__
     /      \  
    /\ :::::: /:::: u \   (いやその一言で流すなよ…)
  / <○>::::::<○>    \
  |   (__人__)    u.   |  …なんだ?
  \ u. `⌒´      /
  ノ           \

28012009/02/19(木) 01:25:32.10 ID:CRC5vcDM0
                |.V:.ヽ.    ..-、___r‐..、 /:.:.:./ :../
                   Ⅵ、:.:\ /:/:::::::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:./ ..:/
                   V:.V:.:.:/:.:./::::::/|:\:::::::::}:.:.:.:/..:../
                 V:ヽ/:.:./-/-:ト‐-:.≧..、 ̄`..くl、
  r――、              ヽ/ ̄/:.:.:._/:|:ヽ:r≦三 __   |
  | 、  \            |:: >彡三|:.:|..:/ァ-―‐ァ:7ミヽ}    兵庫助様、
  \_/´: ̄\           V!イく_ ._..-Ⅵ:/≧=<:/__}:.::{     お珠様をお娶りください!
.     \:.. ::::::::\          ハ_}:/r‐.、Ⅵ  /フィォ /ト::::〉
.       \:... :::::::\        7ヘく「ト{::::_\} !__::::::}/jト:::::{
       \:::.....:::::\      |:::∧ヽV´ ̄::|! | ̄ ̄`l!/l:.::.::〈
          \:::.. :::::::\    Y:::∧.l!{_::::==l! |==ミ/!/ィ\::}
            \::....:::::::\   |_/:小 ヽ:,ト、:j! |::,ト、:/ /爪、:..:\
              \::... ::::::\  /://_::\ |_/ \ !_ ∠ =-‐ヽ:..:.ヽ._
                \::.. :::::::\//く -ミ_z=‐ ̄´ ̄  __. --ヽ:..ーミ{、
                  \::.. :/;ノ/´}      _ .._-≦ -――- \:..:.`ミx、
       ___    ソ:/rヘ ≧z、_. - ´ ̄      ___\:..:..:..:..≧ーz‐‐z- ==ー-
     {´r――-- .二二/ 7::.::ヽ  _ .. -‐ T ‐<  ,..-.:: ̄::.::.::.::.::.::.:`>ミ_: 彡:'´:..:..:..:..:..:..:..:.
    ...>ー――-:.ミ// /::.:> ´__     |    _`___<::.::.::.::.::.::.::./ /:.:.: ̄:.:.:.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:
  /´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/..:./ {//´..:..:..:.ヽ   |  /..:..:..:..>.、`ヽ::.::.:/ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.

28512009/02/19(木) 01:26:55.27 ID:CRC5vcDM0
      __|\/|__ パーン
      \      /
      <<      >>
      /      \
       ̄\/|\/ ̄
         _|__
        /\ :::: /\        ━━┓┃┃
      /<◎>::::::<◎> \         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                        ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。

28712009/02/19(木) 01:28:24.90 ID:CRC5vcDM0
       ○))
      __|___
    /      \
   / ─    ─ \     …………(回復中)。
 /  .<○>::::::<○>  \  
 |     (__人__)     |
 \    .`⌒´    /
 ノ           \


  |.V:.ヽ.    ..-、___r‐..、 /:.:.:./ :../
  Ⅵ、:.:\ /:/:::::::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:./ ..:/
    V:.V:.:.:/:.:./::::::/|:\:::::::::}:.:.:.:/..:../
    V:ヽ/:.:./-/-:ト‐-:.≧..、 ̄`..くl、   
     ヽ/ ̄/:.:.:._/:|:ヽ:r≦三 __   |    兵庫助様にお話がなかった事は
      |:: >彡三|:.:|..:/ァ-―‐ァ:7ミヽ}   非常に申し訳ないことだったのですが、
      V!イく_ ._..-Ⅵ:/≧=<:/__}:.::{    昔のお珠様しかご存じない以上、
      .ハ_}:/r‐.、Ⅵ  /フィォ /ト::::〉    この話をしても断られるやもしれぬと思うたのです。
      7ヘく「ト{::::_\} !__::::::}/jト:::::{   
     |:::∧ヽV´ ̄::|! | ̄ ̄`l!/l:.::.::〈     なので、厳勝様ご夫妻と於鍋様にもご相談し、
     .Y:::∧.l!{_::::==l! |==ミ/!/ィ\::}   話を纏め上げた後、このように手配させて頂いた次第です。
::\   |_/:小 ヽ:,ト、:j! |::,ト、:/ /爪、:..:\ 
::::::::\  /://_::\ |_/ \ !_ ∠ =-‐ヽ:..:.ヽ._
::.. :::::::\//く -ミ_z=‐ ̄´ ̄  __. --ヽ:..ーミ{、
\::.. :/;ノ/´}      _ .._-≦ -――- \:..:.`ミx、

29212009/02/19(木) 01:30:07.43 ID:CRC5vcDM0
           / ̄\
            |    |
            \_/
         ノ L__|__
         ⌒:::\:::::/::\ て   
        / <●>::::<●>\そ     そうか、それで父上たちがあれほど…!
       / /// (__人__)/// \    
       |       |::::::|     |     しかし、それにしても変わり過ぎであろう!
       \       l;;;;;;l    /l!|    なんというか、その…美…いや、そう!驚いたではないか!
       /     `ー'    \ |i
     /          ヽ !l ヽi
     (   丶- 、       しE |
      `ー、_ノ       ∑ l、E ノ
                 レY^V^ヽ ワゴンッ!

        /=、>-‐-‐-<-=ヽ
.       //        \ハ
       , ', '´         ` ii
     〃,'  〃// ハ    ヽヽii
     {{ i i{代ム{ ,'  }⊥}_} } }} }i   
      iハ {Yfr' {   ' }r'`ハ} iハ!i     あら、そんなに変わりましたか?
      i iiヽヽ ,,‐'  ,  ,,ー' }//}!i    私は、何も変わったつもりはないのですけど。
     ,' ハ、ヽヽ  ーー  イ'イノi!i   
.     ' ,'i ii ii ト、> _ イ`iト.j i ii !   
    ,' ,' i ゝii'´  i    ! i!  \i i   「…全然違うではないか。どこが同じだというのだ」
    ,',' i/  }   i、__」 j    ゝ、
   ,',' /ヾ、    i  ̄,' '   /ハ
   ,',' 〈  {へ、  ヽ /   /} /  i、

29512009/02/19(木) 01:31:30.60 ID:CRC5vcDM0
   | ii i il |  |   | ! ! ,'      ', i i l  |     | i i |│
   | ii i !| ヒ.二!    H | '       ', i i l  |     | i i |│  i
 i i | ii i !レ≦三三≧トl、|i         vレ≦三三≧<! ! ノノ│  i
 i i | li i,イレ7云三三三rvi{         Y´/云三三三少くノi │  i
 i i | |i く!7 ハ(__)三三三|             |(__)o三三三}ハ ゝ !   i    ずっと…ずっと、あなただけを
 i ii| ||   { {{二二二三|             l E三三三ヲ//´ } j   /    お慕いしておりました。
 i i i iハ    、ヾニニニヲフj            |弋三三三//  / /  / /
  V! V ハ    `っ=-‐ ~´              `   ‐-=≠/  / /  / / ,'    それだけは初めて逢ってから、
, ヘ   ∨{ ヘ   :::::::::::                   :::::::::::    / /  / / /   一度も変わっていません。
 人 ヽ. ヽ、ヽ   ' ' '            |           ' ' '   / /  / / /  ,'
/// \ヽ、 ヘ\                         , '/  / / /  ,
//   トへ.ヽ、ヘ ` ー-      `ー-‐‐-‐'       、_ /´/ / / /  /
/  / i  i \ ` ヽ                           イ/ //  ,
  ,'| i  i i  ` ‐-\                         ∠少/,.イj  /  
' /│ i  i i  i l\ > 、                  ∠三/, イ!川  |   
//,'| i  i i  i |  \/ > 、             イ三ヲ゚,イ川jノi |   |  | i
//│ i  i i  i lヽ /二三ヘ `  、_ ,.  ´   ト=彳///< ノ |   |  | i
/,'/| i  i i  i l/`ー==三ハ              |三 ///三三トj  |  | i

30112009/02/19(木) 01:33:25.73 ID:CRC5vcDM0
      __|\/|__ パパパーン!
     て\      /て
      <<      >>
     そ/      \そ
       ̄\/|\/ ̄
       / ̄ ̄ ̄\  
      /::- :::: -:: \   
    /  <○>::::::<○>  \   ~~~~~~~~ッッッ!!?
    |  /// (__人__) /// |
     \    `⌒´    /
    ノ           \

          |、
          |∧
. __      .| :∧    
. ヽ:.\     l__:ヽ            (今日はよく割れるなあ…)
.   \:.:`:ーァ_:二:Z__ミヽ          
.     \:∧:Y´__j. l!\         …そういうわけなのです。
      V/Ⅳr_7'二}|ニミ、       お珠様のたってのお願いということで、
      「7>,Y彡ニ7 ハー┴―ァ'/:.:.   それがし、断ることなどできませんでした。
       V/i〉ー'^´ノz=>z=彡'-:彡  
       ノハzァ彡/´ /´:.:/7:.:.:/    …兵庫助様。
      //.:.::}〉‐ァ==<.:..:..:..丁イト、   このお話、何卒お受け頂けませんでしょうか…!
     /':.:/ィ 〈:.ノ}_:..:..:..:..:../⌒::

30612009/02/19(木) 01:35:16.99 ID:CRC5vcDM0
       ○))
      __|___    。´
    /      \~ 丶
   / ─    ─ \      ………………。
 /  .<○>::::::<○>  \  
 |  /// (__人__) /// |
 \    .       /

          |∧
. __      .| :∧    
. ヽ:.\     l__:ヽ     
.   \:.:`:ーァ_:二:Z__ミヽ          
.     \:∧:Y´__j. l!\          あの、兵庫助様…?
      V/Ⅳr_7'二}|ニミ、       
      「7>,Y彡ニ7 ハー┴―ァ'/:.:.   参ったな。戻ってこられぬ。
       V/i〉ー'^´ノz=>z=彡'-:彡  …って、お珠様?
       ノハzァ彡/´ /´:.:/7:.:.:/  
      //.:.::}〉‐ァ==<.:..:..:..丁イト、

     /`ヽ∠>- 、
      | 〃,´   j、 `ヽ   …浄与。
      | { { ノ_ノハ } }  ちょっとそこどいて。
      |(i  Yー ,ー{ノjノ  
      | iヽ l、" - ,ィ´     …兵庫助様、女にここまで言わせておいて、
      | i i リ  爪ii{     惚けているなんてそれでも男なの?
      レ<{ \ム∨}\   そろそろいい加減にしないと…捻り潰すわよ?
     /   )`> K` く  
   /  ,イヽく/ ∧,ゝノ
  〈  ーくi j jノく_厶ム〉}    「な、なにをする!?やめろ!アーッ!?」
    \  ヽゝ、__∧_〈

31112009/02/19(木) 01:38:24.58 ID:CRC5vcDM0

        /ヽ_/',      …兵庫助様、御返事は?
        / ^/ , >― -- 、  私の想い、受けて…頂けますか?
       ,' / ,' /       ヽ               ノ ̄ヽ, て   
       j ,' ,' ,'    ,'   ∧ ハ            .〆√ ニヨ て
      ,' ,'  l    l   /::::',  ',       ,./`‐=、ゝ _ 三ヲ そ
      ,' l   !  l l   ノ::::::;  リ      /     Y\_/ ギュウウウウウウウウウウッッ!!
      ! l   ', ヽ!l|/ l:::ノ|ノリ     /      /   .|
     ,'    l ',\N   >     , /       /   .| て
     ,'  l.  l  |ヾ、、_/   _,,./        /    人 そ
    ,'   l   l l‐┴―、..、-''´ .:        /    / .(\
    ,'    ト   l |::::::::/           /    / ノ    \   お、おおおおおおおおおおおッッ!?
   ,'   l l  l l::://         _,./     /    :::<◎>\  わ、わかった!わかったから、離せッ!
   / /  l  l   l//     __..--‐'´      /  <◎>:::::: u   \ ボンボンを…ボンボンを離せぇぇぇッ!!
  / /.  l  .l   |    ,- '´ `i         | /// (__人__) /// |
  / /  l  l   l  ‐-ヘ.   ノ          \    |!!il|!|!l|   /
                             / ̄ ̄ |ェェェェ| ̄ ̄ \
          |、;
          |∧;
. __      .| :∧    
.;ヽ:.\;    l__:ヽ;           
.   \:.:`:ーァ_:二:Z__ミヽ;         
.   ;\:∧:Y´__j. l!\        (…で、出た…お珠様必殺の…握撃ッッ!!)
      V/Ⅳr_7'二}|ニミ、;      
      「7>,Y彡ニ7 ハー┴―ァ'/:.:.
       V/i〉ー'^´ノz=>z=彡'-:彡 
       ノハzァ彡/´ /´:.:/7:.:.:/
      //.:.::}〉‐ァ==<.:..:..:..丁イト、 
     /':.:/ィ 〈:.ノ}_:..:..:..:..:../⌒:: 

31512009/02/19(木) 01:40:41.11 ID:CRC5vcDM0
         ;》 ̄《;:
         ;》  《;
         ;《_《;
           |
         / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::::\:::/::\    し、死ぬかと思った…。
     /   。<>>::<<>。|   (こ、これが女の握力か!?ボ、ボンボンが…)
    |    .:::。゚~(__人__)~゚|
     \、     `⌒´ /
    /  ⌒ヽ  '"'"´ (
   / ,_ \ \/\  \
    と___)_ヽ_つ_; _ヾ_つ.;.

        /^ \  ,ヘヘ、
        l/, 二=‐宀ー~-、
       l /          ` ヽ、
       l i /  /  / i  i    ヽ
      l i/ i /  /  iハ i i    ヽ
.      l i  i/  _厶L/_i iハi i  i  i
      | レi i ///∠/ノ i ナナトi i  i|
.     l  |i  i レ欠}f^   テマト||  i  ハi
      l  ハ  ト`辷ソ    .じ:ソソ  iノ / i  うん!これで兵庫助様にも認めて頂けたし、
     l  l  i ヽ     、 ゙^' /ノ ///  我が人生、順風満帆ね!
.    l  i  i  i|\  ー'  , イ「//  
    l ii  ハ  |  ` -r 'i´ハ i |      あとは…強い子を産むだけだわ!
    l i i i__i .<    | ノノ i i |      …島家を復興する為にもね!!
   l i i/  i | \ 、 iヽ\;iハ |
   l .<,,__   il  \r=ーl iハ ト、

31812009/02/19(木) 01:42:14.97 ID:CRC5vcDM0
           / ̄\
          .|    |
           \_/        し、島家の復興?
         __|__      やはりそれが目的なのか?
        / ./::::::\u\     なら、俺でなくとも…。
      / <●>::::::<●> \    (というか、口調変わってねぇか?)
/⌒)⌒)⌒.    (__人__)  u \     /⌒)⌒)⌒)
| / / /   u. `⌒´      .|  (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)           /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ            \  /  )  /
ヽ    /             ヽ /    /


            /j\        ___
        /斗‐=`===‐<_/`i|
       //,            \ i|
      〃/ /  ,          ヽハi|
      ii ii i i i i !ii !!、 ヽヽヽハハl    あら駄目よ。
      lハil i i i,ムiハハゝ-、jハ i ii il   だって、私はあなたがいいんだもの。
      ヽ NNV r'_}   ir' jハ i ! ii !!   目的は目的、恋は恋よ!
       | Nハ ,,¨  ,  `¨,, ム i !ノi !l   
       | i Lム、  iー;   厶イトi、!ハ    小さい頃、初めてあなたを見た時から、
       ,斗へ. `ミ≧ ` r1{ {川ノi ト、ハ  絶対、あなただって決めてたんだから!
    x<    \ `ト==1 !ハ Vハノ i  V\    
 x<    \     `ヘ   ! f二 ∨V  ,>、\

32412009/02/19(木) 01:43:41.67 ID:CRC5vcDM0
      / ̄\
     .|    |
      \_/
      __|___
    /      \
   /  \ i||i / .\    (なんて女だ…。
 /  .<○>::::::<○> u.\    小さい頃は、あんなに可憐な感じだったのに…。
 |     (__人__)     |   何がどうなってここまで変わったんだ…)
 \    .`⌒´    /
 ノ           \

    ┌ -、        ,. - ┐
     | ヽ > ――‐ <  / |
     l /         ヽ、 !
     /  / // :l l  l  l ヽ
    l i  ⊥__l_l ハ ! _L --|‐ }
    | |  |!_⊥i!`l 仆、,⊥_|   !   さあ、これからが忙しくなるわよー!
    | l  |.f   l    f  l! ノ  えいえいおー!
  ,-、 レ ヽ⊂)ー'     'ー⊂| イ
  | |  ! ト、   'ー'ー'   ノ/ |
.  l l  l |ヽ`l‐ ┐ ┌rイ´/|  !
   ! l l | l! | '´ヽー! `'|, < |  !
    ', 'l, | / ヽ>ーH-<'´\  !
    ヽ. ヽ〈 -<{___,.Ll、__}>ー .〉 |

32712009/02/19(木) 01:45:08.49 ID:CRC5vcDM0
          |、
          |∧
. __      .| :∧    
. ヽ:.\     l__:ヽ           
.   \:.:`:ーァ_:二:Z__ミヽ          …兵庫助様、諦めてください。
.     \:∧:Y´__j. l!\        お珠様は、こうと決めたら
      V/Ⅳr_7'二}|ニミ、       絶対にやり遂げる方ですので…。
      「7>,Y彡ニ7 ハー┴―ァ'/:.:.
       V/i〉ー'^´ノz=>z=彡'-:彡   もし逃げられるようなら、
       ノハzァ彡/´ /´:.:/7:.:.:/  それこそ、柳生庄に居着いて
      //.:.::}〉‐ァ==<.:..:..:..丁イト、  延々兵庫助様を待たれることかと…。
     /':.:/ィ 〈:.ノ}_:..:..:..:..:../⌒::  

       / ̄\
       |     |
       \_/
         |
      / ̄ ̄ ̄ \     浄与…俺がここまで追い込まれたのは
    / :::\:::/:::  \   新陰流の正統を継いで以来、かつてなかったぞ…。
   /  <○>::::::<○>   \
   |    U(__人__)U    .|  とはいえ…。
   \     `⌒´    /
    /         \

32912009/02/19(木) 01:46:44.33 ID:CRC5vcDM0
        / ̄\
       |     |
        \_/
        |
     /  ̄ ̄ ̄\      …正直に言おう。
   / ノ   \ .\    一目惚れだ。この話、喜んで受けよう。
  /  <●>::::::<●>  \  
  | /// (__人__) /// |    江戸の叔父上に報告に行かねばな。
  \     `⌒´    /   今少し、待っていてくれ。
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \


  |.V:.ヽ.    ..-、___r‐..、 /:.:.:./ :../
  Ⅵ、:.:\ /:/:::::::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:./ ..:/
    V:.V:.:.:/:.:./::::::/|:\:::::::::}:.:.:.:/..:../
    V:ヽ/:.:./-/-:ト‐-:.≧..、 ̄`..くl、   
     ヽ/ ̄/:.:.:._/:|:ヽ:r≦三 __   |  
      |:: >彡三|:.:|..:/ァ-―‐ァ:7ミヽ}   …兵庫助様。
      V!イく_ ._..-Ⅵ:/≧=<:/__}:.::{   ありがとうございます。
      .ハ_}:/r‐.、Ⅵ  /フィォ /ト::::〉  
      7ヘく「ト{::::_\} !__::::::}/jト:::::{   (…それが最大の問題なのですが…)
     |:::∧ヽV´ ̄::|! | ̄ ̄`l!/l:.::.::〈  
     .Y:::∧.l!{_::::==l! |==ミ/!/ィ\::}  
::\   |_/:小 ヽ:,ト、:j! |::,ト、:/ /爪、:..:\ 
::::::::\  /://_::\ |_/ \ !_ ∠ =-‐ヽ:..:.ヽ._
::.. :::::::\//く -ミ_z=‐ ̄´ ̄  __. --ヽ:..ーミ{、
\::.. :/;ノ/´}      _ .._-≦ -――- \:..:.`ミx、


 こうして、兵庫助はお珠を娶ることを心に決めたのであった。

33112009/02/19(木) 01:48:20.93 ID:CRC5vcDM0
 ,__ \\\  ,. - ――――――‐- 、
/   \ \l |/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /二二二二二二二二二二二二ヽ. :::::\
 //.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\ :::::\
.〈/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\:::: |          さて、このお珠と兵庫助の一件について、
 ∨:::::::::::__________ :::::::::::::::::\\|         どうして兵庫助がお珠を娶ったのかというと、
  ∨::::::/    / / / /|      \::::::::::::(V)\\        結局、兵庫助がお珠に惚れた…、
   \/ ' / /_/_/__/  | ||||   \::::(_)::::\\      あるいは相惚れだったからなんじゃないかな。
      |   | '´人ルレ' ` | |十十ト、    \::::::::::::::::: \ヽ
      |   | | |ィチ示ミ   ∨从,厶レ| |  | l\::::::::::::::::::|ノ      というか、そうでもないと説明つかないもの。
      |   | | l |c℃i      'て示ミ\\ ヽl | |::::::::::::/
      | l  \,ゝ辷ソ     |c.℃|`| |\\\|:___/        石舟斎と島左近の間の友情故に、とか、
    ノ丿ノ ノ|    丶   ヽzン | |i | \\_>         清正に兵庫助を推薦したのが左近だったので、
   ∠∠ィノ从     i ̄`l       ,_| |ノ  l \_>         その縁から…とか色々と説はあるけど、
    .| l | l ヽ、  ヽ. ノ    イl j l'   |||          わざわざ娘を娶るほどの義理は、
     | l l |l l > 、 __ .、r<l l | // ||||          実際にはなさそうなのよね。
    / / /__/ / 厂V`マ ̄ ̄ ̄//| ||||
    / /,/:::::\_// 丿 |     /厶__.,r┴┴゙┴ 、          そして、両者の立場の違い…、
   / /::/ ̄ >┴z'´ ̄\三三//::::/ .:::::::::::::::::::::::ヽ       即ち「将軍家剣術指南役の甥」と、
  / /::/ ⊂|  |⊃    \:://:/.::::::::::::::::::::::::::::::::::|       「西軍方有力武将の遺児で商家の養女」を考えると、
 / |:::|    ノ―┤ヽ   ///:/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       利害が絡んで…というのも考えづらいし。
/___ノ:::>‐-イ::::::::/\___ノ:://:/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
:ヽ::::::/   /:::::::::|    |:::: //:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;{        そういう意味では、この二人の結婚は
::::::: く___/:::::::::: |    |:::::| |:::/ノ.:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::|\      この時代の武家の婚姻では少数派になる
:::::::::::: |l:::::0:::::: |/\|:::::|/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ\      恋愛結婚だったんじゃないかと思うの。
∧:::::::::::||:::::::::::::::::||:::::::::::::〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ\
. ∧:::::::::||:::::|l:::::::::||::::::::::::::::\___;::_:::_::::_::::_:::___/\ 
 .∧:::::::||:::::||:::::::::||::::::::::::::::::::::::::::::/l ::::::::::::::::::/:.:il \ \
∨ ̄ ̄\:::||:::::::::||:::::::::::::::::::::::::::/:.:|:::::::::::::::::::| :.:l|  \ 
/ / ̄  \:::::::::||::::::::::::::::::::::::: l:.:.:|:::::::::::::::::::| :.:l|`\  \

33412009/02/19(木) 01:49:39.79 ID:CRC5vcDM0
        , '´                     \
       //      ,イ           \       
       / /        / / l l            ヽ         あと、蛇足なんだけど、
     / /   ./ /ィl .イ l  .! ト               ハ        慶長十五年当時、32歳だった兵庫助に対し、
     / /   ./ /ハl/ i l  ヽヽ\'、、           l       お珠は14歳…年の差倍以上なのよねー。
    /.  l   十ナ-ェ、_ リ    __X‐弋\   \   l       …ええと…30男と女子中学生?
  /// l l  l V,ィ示`   ` ´ rァ‐-、ヽ、 \ \  l     
  // j  :l l  ト、{ h:::::}.       h::::::::i:l ト  ヽ ヽ.  ハ       まあ、お珠については、
 //.j   :l l   ハ. 、ノ::リ       ,_ノ::::::リ’ l l\ ', ', l ハ   
   l   l |i.   l -ゞ'’,       ゞzッ’ j i lノ \ ! l  ハ   .   「14歳なのに大柄で、16・7歳位にしか見えない」
   l l /.|l |  l "          ""    ノ l l_ノ ,入i l   ヽ  
   V / l| | 小     ⌒         ./ /ム-'  l    ヽ    という記述もあるし、10代前半での結婚は
   //    l //i \             / / /             ヽ  この時代、普通の範疇だったわけなんだけど、
  レ    j // |レ ’. > 、       _.  _/ / /               ヽ  でも、一応これは言っておくのがお約束かな、
        レ/ / ,へ  ヽ---ェニ-‐'フ /7/   i               ということで…
     /'/ ィiヘ  \/ニ-===ノ /ヲイ   l l           
    //' / |Lヽ-ニニヽ\  // ̄li l  l .l             さあ、先生、どうぞ!
 -―//‐'   /     \ V'/     | l   l l          
/¨フ/    /        〉ハヽ    | l  l .l        
  //     /            lハ | |    | l  l  l         
 レ     /           | | |    | l   .l  l         

33612009/02/19(木) 01:51:22.95 ID:CRC5vcDM0
                       ( __      /三ゞ‐、
              ロ  こ      /..-──-... レ'_イ三!|ヽ
            .  .リ   .の   /, ':::::::::::ヽ、::::::::::ヽ三三\ヽ
              コ       (〉' ::::::::::: li::ハ!:::::,、::::V三_ィ彳:|
              ン        > :::::::::: |lリ∠jハ_j!:::|_ーァヾ,.::::\
              め       (::|::::::::::::::::|l イ_::ォ| |:::|/ー rー..-.-ァ!
              !       > :::::::::: レ  ` ´ |:::|__ .. --:ィ:.:/ :ヽ
                     //ムl´ヽゝV/⌒!   .イ'レ∧_j /: :/ :::::::::v
                   /:::::fl三ヽ V>、ー'< /:.:.:.:.:..V: : _ハ :::::::::::l
            ⌒ヽ.  ∧/::::::::::::| /`、_V //_三ヾl:.:.:.:.:.:.:.:ゝ:ノ. | ::::::::::l
               \/  |::::::::::::| ! ーン /``:='く::::::: /::::::::::::::l | :::::::::.|
            .        |::::::::::::| ゝニフ(_::::::ゝ:::::::: /::::::::::::_.ノ | ::::::::::|
                   !::::::::: ′      /`ー-、::_/、::rー' |  | :::: |:::|
                   ハ::::: /       /:`ー‐/   Y--..イ  | :::: |ノ
                   l::! :/      ' ::::::::/    | :::::::|   ゝ、:l
                   ゞV        j ::::::/      l :::::::|    \
                          ' ::::::/        ! ::::ハ
                         / :::::::i       l :::::::::l
                         ′::::::,         l ::::::::,
                         ' .::::::/          l ::::::::i
                        ':::::::/           l:::::::::l
             ビクッ        i:::::::::|            , :::::::|
         ;/ ̄\;て       . L_::_:j          /:::::::::j!
         ;!  u. ! そ       K_O_>l        KG>に
         ;\_/;         ゝ:三ン        ゝ三ン
            |     ,_
      ̄\_/ ̄ ̄\/ ̄     「…………………」(ひょうごのすけは ちんもくしている!)
  ___/ ̄へ√⌒l⌒´ ̄ ̄\_
  ´        /   \

33812009/02/19(木) 01:52:54.24 ID:CRC5vcDM0
 さて、ロリコ…もとい兵庫助は、
お珠を嫁に迎えるべく、宗矩の元を訪れることにした。


    -=三 =-=三 / ̄\
            |    |
            \_/ヽ
                 \
         -= =-=三=/  ̄  ̄ \
   -=三=       /     ::\::::ノ\
             /    < ●>:::< ●>ヽ
             |       (__人__)  |
-=三 =-=三  =-=三\       ` ⌒´  /
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|             _____
-=. =- =..-   | ワ     ゴ      ン  R .|            | 江戸→ | 
       .二三 |                      |             ̄ ̄|| ̄ ̄ 
         |______________|               ||    
             ◎           ◎               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 当時の兵庫助は、新陰流こそ正統を継いでいたものの、
家の観点からすれば、後でいう部屋住みにあたるの身だったため、
その婚姻については、家の当主たる宗矩の許可が必要だったと思われる。

34012009/02/19(木) 01:54:32.49 ID:CRC5vcDM0
=江戸・柳生屋敷=

     |┃三        / ̄\
     |┃          |     |
     |┃         \_/
 ガラッ. |┃         __|__          叔父上!
     |┃  ノ//   ./:::\:::/:::\       久しぶりでござる。
     |┃三    / <●>::::::<●> \
     |┃    /   (__人__)    \     早速だが、ひとつ相談したいことがあるのだ。
     |┃     |       l;;;;;;;l      |     あと叔父上にも新陰流を学ぶ権利をやる!
     |┃三   \      l;;;;;;;l     /
     |┃三   / ̄ ̄ヽ`ー'ノ ̄ ̄ ̄\


        / ̄ ̄\
      /ノ L     \
      |::::⌒::      |              …聞いておる。
     . |:::::::::::     |             浄与の元におる、島左近殿の末姫との縁談の件であろう。
       |::::::::::::::    |          ....,:::´既に、兄上も、母上も乗り気であるということもな。
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .  あと、この将軍家剣術指南役に剣を教えようとは
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .  面白い冗談だろ、常識的に考えて…。
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´
      柳生又右衛門宗矩

34412009/02/19(木) 01:56:56.00 ID:CRC5vcDM0
   / ̄ ̄\
  / \ / \
 |  .(●)(●)  |       それはさておき、
. |  (__人__)  |      …兵助、あの娘をお前の正室として迎えることは罷りならぬ。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

         / ̄\
         |    |
         \_/
         ___|__
       /     .\  て
      /   .\ :::: /\ そ    な、何故だ叔父上!?
    /    <○>:::::<○>\    (そんなに癇に障ったのか?
    |      (__人__) u. |
     \    u.` ⌒´   /
    ノ            \

34612009/02/19(木) 01:59:05.52 ID:CRC5vcDM0
     / ̄ ̄\
   /    \i||i/
   |    ( -)(-)     何故だと?
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ    …その程度のこともわからぬのか?
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

   / ̄ ̄\
  / \i||i/ .\         いいか、よく聞け…。
 |  .(●)(●)  |        島左近殿は父上とも親交のあった名将であったが、
. |  (__人__)  |        同時に、徳川家に歯向かいし反逆者よ。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)   その遺児たる娘を、将軍家のご指南役たる
.  |        |    .) ;;;;)  我が柳生家が迎えることなどできるものか!
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´     元西軍方の牢人の召抱えが禁じられておる今、
. /    ∩ ノ)━・'      あらぬ疑いを招かぬためにも、
 (  \ /|_ノ ヽ       そのようなことは断じて避けねばならぬ!
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/        柳生家の浮沈は…お前が考えているより、
                   遥かに儚く、危ういものなのだぞ!

35112009/02/19(木) 02:00:55.66 ID:CRC5vcDM0
       / ̄ ̄\
     / \   / \
     |  (●)(●) |     そもそも、お前は新陰流の正統としての自覚が薄すぎる!
    . |  (__人__)  |    30も越えて牢人まがいの武者修行を繰り返し、
      |    |::::::|   |    未だに仕官する気すらみせぬ…。
      |    l;;;;;;l   }    
      ヽ   `ー'   }      母上も兄上も、それが心配だからこそ、この話に乗ったのであろうが、
       ヽ     ノ     わしは、父上より受け継ぎし柳生家の当主として、
      /      く l!| !   この話を許すわけにはいかぬ!
     /       \ |i
   /       ヽ !l ヽi
   (   丶- 、    しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ    ∑ l、E ノ <
             レY^V^ヽl


      / ̄\
     .|    |
      \_/
      __|___
    /      \
   /  \ i||i / .\     ……………。
 /  .<○>::::::<○>  \
 |     (__人__)     |
 \    .`⌒´    /
 ノ           \

35512009/02/19(木) 02:02:32.14 ID:CRC5vcDM0
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \       
   |    ( ー)(ー)      
.   |     (__人__)     …とはいえ、お前がこちらに来たのはちょうど良い。
    |     ` ⌒´ノ    この先、お前の身の振り方について決めようぞ。
   .l^l^ln      }     .お前を指南役にと望む大名家は、山ほどあるのじゃ。
.   ヽ   L     }      
    ゝ  ノ   ノ       …お前をいつまでも浪々の身にしておっては、
   /  /    \      兄上に対し、わしの面目も立たぬわ。
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ


   / ̄ ̄\
 /  _ノ   \
 |   ( ⌒)(⌒)l     それにの、お前に相応しいだけの嫁なら、
. |    (__人__) |   わしがなんとしてでも探してやる。
  |    ` ⌒´ |    今やわしは諸国の大名方とも親交のある身…。
.  |         }    お前も大名の姫御を…「うるさいッッ!!」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   /     ヽ

36012009/02/19(木) 02:04:58.78 ID:CRC5vcDM0
     , (⌒      ⌒)
   (⌒  (      )  ⌒)
    (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ
          | || | |
       ノ L,l ,|| |、l、
       ⌒:::\:::::/::\
      / <●>::::<●>\     大名の姫だと…そんなもんいらねぇ!
     /    (__人__)   \   俺の嫁は…お珠だけだ!
     |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!|
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |    ドンッ!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ >
               レY^V^ヽ

      ノ L ̄ ̄\
     / ⌒\i||i/  \
     |  (●)(●) |     だから!
    . |  (__人__)  |    それは許さぬと言うておろうが!
      |    |:ii|||   |    
      |    l;;;;;;l   }     お前は柳生家を潰すつもりか!?
      ヽ   `ー'   }    そのような軽率な思い込みで、
       ヽ     ノ    どれほどの家がお取り潰しになったか…わかっておるのか!?
      /      く l!| !
     /       \ |i
   /       ヽ !l ヽi
   (   丶- 、    しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ    ∑ l、E ノ <
             レY^V^ヽl

36412009/02/19(木) 02:07:08.68 ID:CRC5vcDM0
         / ̄\
         |     |       )
          \_/        )
       ノ L__|___       )   ならば…側室としてならどうだ!?
       ⌒:::\:::::/::\      ヽ
      / <●>::::<●>\ ,    )
     /    (__人__)   \,   `v'⌒ヽ/⌒ヽ/       ,. ‐- .. _
     |       |::::::|     |                   /  __  `` ー- 、
     |       |::::::|     |               , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '
     \       l;;;;;;l    /"             _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉
       \    `ー'    \_ -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'
  / / //| 〉‐f/ \'    !   ´
 / ,' > .|/ レ   ゚ノ


      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |
.     |      (__人_)    側室…だと!?
     |      ` ⌒ノ
      |        }
      ヽ u      }
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ

36812009/02/19(木) 02:08:45.53 ID:CRC5vcDM0
            / ̄\   
            |    |     そうだ!
            \_/     古来、敵方の姫を側室として娶ることは珍しくもない!
              |       大御所様ですら、信玄公の娘(松姫)を側室に迎えようとしたのだからな。
           /  ̄  ̄ \  それなら文句ないだろ!
   ∩     /  ::\:::/::  \ .   ∩
   l ヽ∩ /  .<●>::::::<●>  \ ∩ノ j
   ヽ ノ |    (__人__)     | ヽ ノ
    | ヽ \    ` ⌒´    / / j
  .  \  ̄ ───────  ̄  /
  .    \              /


     / ̄ ̄\
   /    \i||i/
   |    ( ー)(ー)     ……わしが言うのもなんだが、
.   |     (__人__)    それでお珠が納得すると思うか?
    |     ` ⌒´ノ    第一、正室もおらぬ身で、側室だけ迎えるなど…。
   .l^l^ln      } 
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

37212009/02/19(木) 02:10:32.99 ID:CRC5vcDM0
         / ̄\
          |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\     …だから、俺は正室など迎えん。
    /   <●>::::::<●> \   俺の妻は、お珠だけだ。
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´   /    名目は側室とはいえ、他に妻がおらぬのなら…
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ     実質、正室と変わりあるまい!
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │

37612009/02/19(木) 02:12:26.54 ID:CRC5vcDM0
          , --────-- 、
        /           \
       /::::::            \
     /:::::ノ( :::       l:::::::::::::::::\
    ./::::::::⌒::::      ノ::::::::::::::::::::::.\
   /::::::::::::::::::::::    _, -'´:::::::;;;;;;;;;;;;;;:::::: \
  |:::::::::::::::::::::::: / / ̄\\:;;;;;;:// ̄\\
  .|::::::::::::::::::::::::| |. ○ .|  ,|:;;;;::| |. ○ .||
   |::::::::::::::::::::::::: \ \_/ /::;;;;::\\_//
   .|::::::::::::::::::::::::::    ,/   ::|::     \        (兵助………………!)
    |:::::::::::::::::::::::::::   |    |     |
    |::::::::::::::::::::::::::::::  |    |     |   
    .|::::::::::::::::::::::::::::::::  \__/\__/|   
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::   ´────´  /   
    .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::           /    
     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::          )     
      丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::         l    
      \:::::::::::::::::::::::::::::::::        )  
       .\:::::::::::::::::::::::::::::::::       / ,.
        ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::    / 

37912009/02/19(木) 02:14:29.32 ID:CRC5vcDM0
                 \ ____/
                     |
                     |
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
            /                \
           /                   \
         /      \        /       \
       /       ...::::::\ :::::::::: /::::::..       \         ………………………。
      /       _ .::::::::::::\:::::::/:::::::::::.. _       \
    /      /,..::::::::::.ヽ\:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;::::/,..::::::::::.ヽ\     \
   /      <  {:::::::::::::::::}  >::::;;;;;;;;;;;;;::<  {:::::::::::::::::}  >      \
 /       \ ヽ;;;;;;;;;//::::::::::::::::::::::::\ ヽ;;;;;;;;;//       \
/                /     i     \              ヽ
|              /        ∧      ',              |
|              {        / ヽ     }             |
|              ヽ___/ __ \___ノ                |

38212009/02/19(木) 02:15:50.06 ID:CRC5vcDM0
          / ̄ ̄\
        / \  / \
        |  (-)(-) |     
        |  (__人__)  |     …………ふん。
         |   ` ⌒´  ノ
   r"ヽ   |         }     
  (   =‐' ヽ        }      
   ゝ-'    ヽ     ノ     _
        _/     l__   / /
   __ゝ_/         ヽノ   ノ
   \___ノ'          ノ


    / ̄ ̄\
  /:::::::\ /\     ……いいだろう。それで許してやる。
  |:::::::::(●)(●)| 
 . |:::::::::::(__人__)|    ただし、この件は、お前がお珠に言うのだぞ。
   |::::::::::::` ⌒´ |   それでお珠が否むのであれば、諦めよ。
 .  |::::::::::::::    }
 .  ヽ::::::::::::::    }     …よいな!
    ヽ::::::::::  ノ
    /ヽ三\´
    |:::::::::::::::: \

38512009/02/19(木) 02:17:09.82 ID:CRC5vcDM0

     |┃三        / ̄\
     |┃         |     |
     |┃          \_/
 ガラッ. |┃            |
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \        …わかった。
     |┃三    /        \      では、さらばじゃ、叔父上。
     |┃     /            \
     |┃     |              |
     |┃三   \           /
     |┃三    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \


 こうして宗矩の許可を得た兵庫助は、三度、京へ上った。

38712009/02/19(木) 02:19:09.93 ID:CRC5vcDM0
           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、                 さて、この兵庫助とお珠の件について、
          /     、    、 \               最大のポイントとなるのは、
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、              「何故お珠は側室だったのか?」
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ           という点だと思うの。
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ          どういうことかというと、
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |            「側室」がいるということは、「正室」もいるのだろう、
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |            というのが普通の判断なんだけど…、
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ            兵庫助の場合、この「正室」について
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ           記録がまったくと言っていい程ないのよ。
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐    左門(友矩)の母親のように、
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人    側室のことがわからない、というのは珍しくもないけど、
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/    側室のことはわかるのに、正室のことがわからない、
                                      というのはかなり変わってると思うの。

38912009/02/19(木) 02:21:34.31 ID:CRC5vcDM0
                   ,. ‐   ̄ ̄ `ヽ、  
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\           まず、当時の武士にとって婚姻というのは、
                 /.:.:.:.:./.:.:.:./.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ         基本的に家同士の結びつきとほぼイコールであり、
                    /.:.:.:.:./.:.:.:./l:|:.l:、:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ.:.:';         必然的に、本人だけの問題ではなく、
                /.:.:.:l.:.:!.:.:.:./ |:l|:!:、ヽ.:.:ヾ:、:.:.:.\|        家、または一族の問題だったのよね。
                  /.:.:.:.:|.:.l -‐/'/l:!|! ヽ` ー-ハ\.:.:.:ヽ        ま、要するに「政略結婚」ってことね。
              /:.:.:.:.:.:l:.l ィ_¨ヽ! | | ィ_¨ 丶、ヾ:、ヽ:.:ハ
              |:./:.:.:.:.|:l r'::::::}    r':::::::::}:.:.|'ヽ l\:';        だからこそ、嫁個人の情報はなくとも、
              |/l:.:.:.:.:l:.! ゝ- ' ,   ゝ-- 'l:.:l ノ:.|  ヾ      どこの家(or一族)出身であるかなどは
              |'∧:.:.:.:l:.':、 '"'"   '"'u"' /!/,:':.:.:.|         残っていることが多いのよ。
              /  ヽ:.:|__::丶、  ^  ,.ィ':.//:.l:.:.:.:.:!        (兵庫助の母も名前は不明だが、仁木氏出身で、
                /´ヾ 7'ーr,!`  ´ ト/イー-、:.:.:l         家康の正室・築山殿の姪であることは明記されている)
               ;'  , / ./{     // |   ヽ.:.l
               _!_,..∠、 / ヽ__,//  l     !:.l         そして、正室は影響力の大きさを考えても、
             /   ー-`、` ー--―{/、  l'   l:.:.!        記録がまったく残らない、というのは考えづらいの。
               {     、ヾ 、ゝ        }  l   l.:.:.l        つまり、正室を娶っているのなら、普通、記録は残るはずなのよ。
             l ー-; 、 ヽ、\ゝ       l  |   .!:.:.:.l        ましてや、後の話になるけど、「正室の子」として
                〉 / }_` ー'          /  ,'   l.:.:.:.:.!       嫡男・清厳、次男・利方も生まれるわけだし。
              /.:!/ /   ̄ ̄ `  ┬-‐'   /  l.:.:.:.:.:.l
         ,.. '´.:.:.:/ /           |    /   l.:.:.:.:.:.:.l        でも、兵庫助の場合、正室の情報はなくて、
     ,.. -‐ '.:.:.:.:;. , ' /             l   /   |.:.:.:.:.:.:.:l      お珠だけが側室(or後室)とはいえ、
 ,. ‐ ''´.:.,. -― '´/ /            l   /|     l.:.:.:.:.:.:.:.',      「兵庫助の妻」として、名を残している…。
 ヽ(´ ̄   ,.. ''´ /             l    l.:.l     |.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ    
    ___,.. =´_/            ,'    .|.:.|     !、.:.:.:ヽ、.:.:.:\     このことから考えるに、
‐  ̄      `ヽ、         /    lヽl   l \.:.:.:ヽ.:.:.:.:   兵庫助には最初から「正室」は存在せず、
              ! ヽ.. ___       /       l |    l   `ヽ、ヽ.:.:.   お珠が名目のみ「側室」だけど、
           {     `>―-'-- .、     l l    `丶、  ノノ\   事実上の正室だったのではないのか…?
           ',  ,..  '´         `ヽ   l !      、ヾ:、´      と思われるのよね。
           ,ゝ'             '; l  ヽ._ ヽ- 、ヽ\
__ ,..  --‐, '´                  },/     ` ー' 丶ゝ'

39212009/02/19(木) 02:23:32.59 ID:CRC5vcDM0
               __
          ,   ´     `   、
        /              丶            そして、何故そんなことをする羽目になったのかというと、
       /                :...:::\         これは政略結婚のマイナス面、即ち、
      〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.         相手の家が罪人…または反逆者である場合、
      ,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ       婚姻した家にまで疑いが掛かる、ということが
     l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',      影響していると思うの。
     l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!      (細川ガラシャの件とかはその典型で砂)
      | ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i
      |,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i       お珠は島左近の末姫…。
   .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂      即ち、徳川の世における大罪人、石田三成の
  (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、     腹心中の腹心、西軍有数の武将の娘なだけに、
   ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー    それを娶るというのは、周囲の疑いを招く危険性が高く、
    | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー      政略結婚という側面で見れば、論外だったのよ。
    | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ         特に、新参の柳生家からしてみれば、ね。
     ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ
    ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',        だからこそ、あくまで正室ではなく、側室とすることで、
  / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/げい `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',      その疑いの目を避けようとしたのではないか?
 |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ     …と考えることができるんじゃないかと思うの。
 | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ
/レ'   \  / ヽ ヽ   <_/| i丶ヽ_> l | /i{ニ二二}、:::::::::\    まあ、「愛ゆえに」ということかしらねー。
::::!       Y    ヽ ヽ / / i! ヽヽ l |く |      h::::::::ヽ\ (>>1の個人的には、よく宗矩が認めたなあと思うのですが)
:/:|     li    ヘ. ∨./  i!  ヽヽ| | `|      |::::::::丶:\ 
/::|   /  | l      │ /  〃   メ、ハ /     /:::::::::::::ヽ \
:::::|  /  ハ ヽ    |_/ O〃   / ∧ ヽ     ,/:::\:::::::::::ヽ  \

39612009/02/19(木) 02:26:17.67 ID:CRC5vcDM0
=京都・西陣=

     |┃三        / ̄\
     |┃          |     |
     |┃         \_/
 ガラッ. |┃         __|__
     |┃  ノ//   ./:::\:::/:::\      御免!
     |┃三    / <●>::::::<●> \    お珠、浄与、今、戻ったぞ!
     |┃    /   (__人__)    \
     |┃     |       l;;;;;;;l      |
     |┃三   \      l;;;;;;;l     /
     |┃三   / ̄ ̄ヽ`ー'ノ ̄ ̄ ̄\

          |、
          |∧
. __      .| :∧    
. ヽ:.\     l__:ヽ         
.   \:.:`:ーァ_:二:Z__ミヽ        
.     \:∧:Y´__j. l!\        おお、兵庫助様!
      V/Ⅳr_7'二}|ニミ、      如何でござりましたか…!?
      「7>,Y彡ニ7 ハー┴―ァ'/:.:.
       V/i〉ー'^´ノz=>z=彡'-:彡
       ノハzァ彡/´ /´:.:/7:.:.:/
      //.:.::}〉‐ァ==<.:..:..:..丁イト、
     /':.:/ィ 〈:.ノ}_:..:..:..:..:../⌒::

39912009/02/19(木) 02:27:36.04 ID:CRC5vcDM0
        /=、>-‐-‐-<-=ヽ
.       //        \ハ
       , ', '´         ` ii
     〃,'  〃// ハ    ヽヽii
     {{ i i{代ム{ ,'  }⊥}_} } }} }i
      iハ {Yfr' {   ' }r'`ハ} iハ!i      
      i iiヽヽ ,,‐'  ,  ,,ー' }//}!i       ………。
     ,' ハ、ヽヽ  -   イ'イノi!i   . 
.     ' ,'i ii ii ト、> _ イ`iト.j i ii !     
    ,' ,' i ゝii'´  i    ! i!  \i i     
    ,',' i/  }   i、__」 j    ゝ、
   ,',' /ヾ、    i  ̄,' '   /ハ
   ,',' 〈  {へ、  ヽ /   /} /  i、
  ,',' iiヽヽi   > 、 V  <   i'   iハ
  ,','  ii ハヽ/ / マヽ   ヽ. j/  iハ   

       / ̄\
       |    |
       \_/
         |
     / ̄ ̄ ̄\
    / :::\i||i/::: \      ああ…。
  /  .<->::::::<-> \    二人とも、俺の話を聞いてくれ…。
  |    (__人__) u.  |
  \     `⌒´    /
  /,,― -ー  、 , -‐ 、
  (   , -‐ '"      )
   `;ー" ` ー-ー -ー'|

 兵庫助は、宗矩との一連のやり取りを二人に説明した。

40012009/02/19(木) 02:29:02.96 ID:CRC5vcDM0
         / ̄\
         |    |
         \_/
           |
         / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::::\:::/::\     …というわけなのだ。
     /   。<○>::<○>。|
    |    .:::。゚~(__人__)~゚|    …すまぬ、お珠!
     \、     `⌒´ /    俺の力不足故、お前を正室として、
    /  ⌒ヽ  '"'"´ (      迎えることができぬ…!
   / ,_ \ \/\  \
    と___)_ヽ_つ_; _ヾ_つ.;.


          .;/ ̄\;
          ;|    |
           \_/;
        ;/ ⌒`"|⌒`ヽ、;
       ;/,, / ̄ ̄ ̄ ̄\
        /,//::         \;      すまぬ…すまぬ!!
     ;;/⌒'":::..            |⌒ヽ;
     /  /、:::::...           /ヽ_ \
    ;( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  );
━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"

 なお、当時の武家社会において、
名目上、側室は正室の使用人、という扱いであったという。
(まあ、実質的にはそう酷い訳でもないとは思うのですが)

40112009/02/19(木) 02:30:25.08 ID:CRC5vcDM0
    ┌ -、        ,. - ┐
     | ヽ > ――‐ <  / |
     l /         ヽ、 !
     /  / // :l l  l  l ヽ    
    l i  ⊥__l_l ハ ! _L --|‐ }
    | |  |!_⊥i!`l 仆、,⊥_|   !     …なんだ、そんなことなの。
    | l  |.f   l    f  l! ノ    心配して損したわ♪
  ,-、 レ ヽ⊂)ー'     'ー⊂| イ
  | |  ! ト、   'ー'ー'   ノ/ |
.  l l  l |ヽ`l‐ ┐ ┌rイ´/|  !
   ! l l | l! | '´ヽー! `'|, < |  !
    ', 'l, | / ヽ>ーH-<'´\  !
    ヽ. ヽ〈 -<{___,.Ll、__}>ー .〉 |

         / ̄\
         |    |
         \_/
           |
         / ̄ ̄ ̄ \  て
      /   ::::\:::/::\ そ
     /   。<○>::<○>。|     なん…だと…?
    |    .:::。゚~(__人__)~゚|
     \、     `⌒´ /
    /  ⌒ヽ  '"'"´ (
   / ,_ \ \/\  \
    と___)_ヽ_つ_; _ヾ_つ.;.

40312009/02/19(木) 02:32:03.96 ID:CRC5vcDM0
        /ヽ_/',         
        / ^/ , >― -- 、   
       ,' / ,' /       ヽ 
       j ,' ,' ,'    ,'   ∧ ハ 
      ,' ,'  l    l   /::::',  ',      てっきり「絶対許さぬ!」って言われるかと思ったもの。
      ,' l   !  l l   ノ::::::;  リ|
      ! l   ', ヽ!l|/ l:::ノ|ノリ      まあ、お父様の…叛逆者の娘なんだし、
     ,'    l ',\N   >        そのくらいの覚悟はあったわ。
     ,'  l.  l  |ヾ、、_/   
    ,'   l   l l‐┴―、_
    ,'    ト   l |::::::::/  丶
   ,'   l l  l l::://     ヽ
   / /  l  l   l//      |.
  / /.  l  .l   |       i 
  / /  l  l   l  ‐.    ノ

40612009/02/19(木) 02:33:30.95 ID:CRC5vcDM0
      ___      ,ィ===、
    /三三ミ、   ////三ヘ
    / ///イ≧ゝ ‐〈乂== 三ヘ、_
   / // / >=    ヾ彡二二ニ‐- 、
   / /// //   /       イ二ニ 、 \
  / /// //   /  / / /        \\ヽ \
  / /// //   /  / / /  /  | |! | } 、 ヽ ヽ\ ヽ
 / /:{/ イ |  / // / /  /  /! !! | | ヘ ヘ ヘ ヽヘ
./ //.{ /.| l!  イ //イ / / /  / | | ! ! | | | ハ  | ハ
. /イ |イ l |  | イ/ /|/ / / /  | | | | | | | :| :! |
/イ/ ∧: | !  ! /_/z/7/ ̄/ ̄ l! / /イ 丁 :! :! | :!    でも…形はどうあれ、あなたと一緒にいられるんだもの。
// //∧:!:|  |7 / /_/ェュ/、   / /r=、 / /|  | l  !   私は文句ないわよ。
/ //川∧.l  | /ィ升代7ミ   / /ィ升 〉/ // / :/! /
:://州川.ヘヘ :!ヘ弋:辷ソ       辷ソ / // /| / |/
/州川川 | ヽゝゝ         ,   ∠,/// !/ /
/川州川 | | 7l\            イ / |!  /
川州川∧∧ :| |  \    ー'   イ|i:|/ |!
州川州/∧∧|イ   > .、 _ , イ|川:|l:トュ、l!
川州川:/; ;ヘヘ \     / ヽ, l:|川リN; ; \
州川 l/; ; ; ; ;ヾ'、; \      r∨リ|!リ; ; ; ; ヘヽ、

40812009/02/19(木) 02:34:56.30 ID:CRC5vcDM0
   | ii i il |  |   | ! ! ,'      ', i i l  |     | i i |│
   | ii i !| ヒ.二!    H | '       ', i i l  |     | i i |│  i
 i i | ii i !レ≦三三≧トl、|i         vレ≦三三≧<! ! ノノ│  i
 i i | li i,イレ7云三三三rvi{         Y´/云三三三少くノi │  i
 i i | |i く!7 ハ(__)三三三|             |(__)o三三三}ハ ゝ !   i  
 i ii| ||   { {{二二二三|             l E三三三ヲ//´ } j   /   
 i i i iハ    、ヾニニニヲフj            |弋三三三//  / /  / /     だから…気にしないで。
  V! V ハ    `っ=-‐ ~´              `   ‐-=≠/  / /  / / ,'  
, ヘ   ∨{ ヘ   :::::::::::                   :::::::::::    / /  / / /  
 人 ヽ. ヽ、ヽ   ' ' '            |           ' ' '   / /  / / /  ,'
/// \ヽ、 ヘ\                         , '/  / / /  ,
//   トへ.ヽ、ヘ ` ー-      `ー-‐‐-‐'       、_ /´/ / / /  /
/  / i  i \ ` ヽ                           イ/ //  ,
  ,'| i  i i  ` ‐-\                         ∠少/,.イj  /  
' /│ i  i i  i l\ > 、                  ∠三/, イ!川  |   
//,'| i  i i  i |  \/ > 、             イ三ヲ゚,イ川jノi |   |  | i
//│ i  i i  i lヽ /二三ヘ `  、_ ,.  ´   ト=彳///< ノ |   |  | i
/,'/| i  i i  i l/`ー==三ハ              |三 ///三三トj  |  | i

41112009/02/19(木) 02:37:37.48 ID:CRC5vcDM0
         / ̄\
         |    |
         \_/
           |
         / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::::\:::/::\   
     /   。<○>::<○>。|   お珠…。
    |    .:::。゚~(__人__)~゚|  
     \、     `⌒´ /   
    /  ⌒ヽ  '"'"´ (
   / ,_ \ \/\  \
    と___)_ヽ_つ_; _ヾ_つ.;.


          .;/ ̄\;
          ;|    |
           \_/;
        ;/ ⌒`"|⌒`ヽ、;
       ;/,, / ̄ ̄ ̄ ̄\
        /,//::         \;    ありがとう…ッ!
     ;;/⌒'":::..            |⌒ヽ;
     /  /、:::::...           /ヽ_ \
    ;( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  );
━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"

41312009/02/19(木) 02:39:07.41 ID:CRC5vcDM0

    < ̄ ̄ ̄>            _rヘ,┐__ ,-rへ
       ̄>/            //´ ̄    `ヾ,r‐┴.、
     / /           ./           `ー L
    /  <___/|      .// /  l  l :| l  l   l ヽ |
    |______/      // /  l |  | lヘヽ ',  l   ',:|
        |         .l/! ,イ -H!-、l | ヽl-‐ヾ‐l‐  }|
     /  ̄  ̄ \       .| ! { ハ |l__|V   ヾ>r十!}  i|
   / ⌒   ⌒ \     .l/ |Vト、リ’ト-i`.    トリ/ ./:| 
  /  <⌒>::::::<⌒>  \     | | ヾl},,'ー   _,  ー',,ン | !
  | /// (__人__) /// |     .| !   ` _ 、 __ .ィ´/| | :|
  \___`⌒´____/    ! /  l / l、 {___/|:/、! | !
  /;;;;;;;;;;;;;;;;\//;;;;;;;;;;;;;\    .l !l:  /`<ヾ>、l∠_l!-‐! ! !

 こうして、柳生兵庫助利厳は、島左近勝猛の末姫、お珠を「側室」として娶った。
時に、慶長十五年(1610)のことと思われる。

41612009/02/19(木) 02:40:36.45 ID:CRC5vcDM0
        / ̄\
        |     |
         \_/
          |
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \    父上、母上、お婆様。
    /   ⌒   ⌒   \  彼女が俺の嫁、お珠だ!
    |    (__人__)     |
    \    ` ⌒´    /   ☆
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \

          /^ \  ,ヘヘ、
          l/, 二=‐宀ー~-、
         l /          ` ヽ、
         l i /  /  / i  i    ヽ
        l i/ i /  /  iハ i i    ヽ
.        l i  i/  _厶L/_i iハi i  i  i
        | レi i ///∠/ノ i ナナトi i  i|    はじめまして。
.       l  |i  i レ欠}f^   テマト||  i  ハi   お珠と申します。
        l  ハ  ト`辷ソ    .じ:ソソ  iノ / i 
       l  l  i ヽ     、 ゙^' /ノ ///      不束者ではありますが、
.      l  i  i  i|\  ー'  , イ「//      何卒お願い致します。
      l ii  ハ  |  ` -r 'i´ハ i |      
      l i i i__i .<    | ノノ i i |

 そして兵庫助はお珠を連れ、柳生庄へ戻った。
おそらく、父・新次郎厳勝の喜びは一際だったと思われる。

41812009/02/19(木) 02:42:08.92 ID:CRC5vcDM0
         ____
       / ~~ \
     / ⌒   ⌒ \     めでたい!本当にめでたい…!!
    /  o゚⌒   ⌒゚o  \   ようやくお前もこれで落ち着いてくれるか…!
   .|     ./__´___ヽ    .|   これで男子が生まれてくれれば…!
   \     |.` ̄´||    /
   /           \

     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
    / /" `ヽ ヽ  \
  //, '/     ヽハ  、 ヽ
  〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|    お珠さん…。
  レ!  o゚(≡) (≡)゚o |、i|   この子はそりゃあ難儀な子だけれど、
  レ /// 、_,、_, /// |ノ    どうか、よろしくお願いします…。
    ヽ、       j /
     ヘ,、 __, イ
  r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、

    γ::::::::::::::::桃::::::::::::ヽ、
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::  ヽ  
  γ:::::::::人::::人::人::::人  ヽ    キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
 (:::::::::/  \ i||i / \ ヽ    又右衛門に続いて、ようやく兵助にも嫁がッ!
  \:/ ((=)  (=)) \ノ   これはもう勝ち星11のこの婆が
   | *** ((__人__)) *** |    50年の研究を重ねて編み出した
   |      `Y⌒y'´    |    柳生家秘伝の子作り術を直伝するしかないね!!
   \      ゙ー′  ,/     お珠さん、今から早速伝授をするから
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     母屋に床を敷くのを手伝っておくれ!!
   / rー'ゝ       〆ヽ ムッハー!!
  /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|  
  | ヽ〆        |´ |

42012009/02/19(木) 02:43:52.85 ID:CRC5vcDM0
                  /j\        ___
              /斗‐=`===‐<_/`i|
             //,            \ i|
            〃/ /  ,          ヽハi|
            ii ii i i i i !ii !!、 ヽヽヽハハl       んふふー。
            lハil i i i,ムiハハゝ-、jハ i ii il      お義父様もお婆様も期待してらっしゃるわけだし、
            ヽ NNV r'_}   ir' jハ i ! ii !!      張り切って頑張っちゃうわよー!
             | Nハ ,,¨  ,  `¨,, ム i !ノi !l      
             | i Lム、  iー;   厶イトi、!ハ       まず、早速お婆様の仰る通り、
             ,斗へ. `ミ≧ ` r1{ {川ノi ト、ハ     床の準備を…。
          x<    \ `ト==1 !ハ Vハノ i  V\    
       x<    \     `ヘ   ! f二 ∨V  ,>、\
     /       `  、    ヽ | {‐  },⊥∠∠ニへ \
    /   ヽ  _>-、   >-=个`ヘ_,ノ`マ´      ヽ \
.   〈    \厂     マ /  / 爪r个tx,ノ       人ヽ. \
    \    \_    ∨{/  /∧ 广`弌_____/\ \ ヽ.ヽ
     \     }      〉 \,イL厂}ト==、_ /\ヽヽ  ヽ ヽ }ハ
.        \_/`>、___入     〃  | ̄´\   ヽヽヽヽハハjハノ
        _フて__ノ>' / `テテテ'┬┬ヘ_   ヽ. ijノi !ノ jノ   }

        / ̄\
       |     |
        \_/
        |
     /  ̄  ̄ \       あー、まあ、なんだ…。
   / ノ   \ .\     なんというか、もう少し落ち着いてくれ。
  /  <->::::::<->  \   .あとお婆様。孫の前でそういうのは勘弁して下さい。
  | /// (__人__) /// |   
  \    ` ⌒´    /   (七郎が生まれる前は、これが叔父上とおりん殿に…。
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \    同情するぜ、叔父上、おりん殿…)

42212009/02/19(木) 02:45:12.21 ID:CRC5vcDM0
       / ̄\
       |    |
      \_/
        |
      / ̄ ̄ ̄ \      …しかし、子か…。
    /   ::\i||i/::\
  /   <->::::::<-> \   ………俺はこのままでいいのか?
  |  u   (__人__)    |
  /     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /

       / ̄\
       |    |
       \_/
       __|__         一人の時は、ただ心赴くままに
     / ::-:::-\      修行していて、それでもよかった…。
    /  <●>::<●>\
  /    (__人__)   \    だが、今はお珠がいる。
  |      `⌒´     |   子も生まれれば、その子も育てねばならぬ…。
  \            /
  /              \

42512009/02/19(木) 02:47:36.74 ID:CRC5vcDM0
                 \ ____/
                     |
                     |
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
            /                \
           /                   \
         /      \        /       \
       /       ...::::::\ :::::::::: /::::::..       \          …俺は、このまま柳生庄で…、
      /       _ .::::::::::::\:::::::/:::::::::::.. _       \
    /      /,..::::::::::.ヽ\:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;::::/,..::::::::::.ヽ\     \       いや…叔父上の下にいていいのか…?
   /      <  {:::::::::::::::::}  >::::;;;;;;;;;;;;;::<  {:::::::::::::::::}  >      \
 /       \ ヽ;;;;;;;;;//::::::::::::::::::::::::\ ヽ;;;;;;;;;//       \
/                /     i     \              ヽ
|              /        ∧      ',              |
|              {        / ヽ     }             |
|              ヽ___/ __ \___ノ                |


 こうして兵庫助が新たなる悩みを抱えつつある時も、
時は更に流れ、天下は大きく変わる転換点を迎えつつあるのであった…。

42712009/02/19(木) 02:49:20.43 ID:CRC5vcDM0
         ._
         \ヽ, ,、
           `''|/ノ
            .|
        _   |
        \`ヽ、|
         \, V
           `L,,_
           |ヽ、)  ,、
           /    ヽYノ
          /    r''ヽ、.|
         |     `ー-ヽ|ヮ
         |  / ̄\ `|
         |.  |    | |
         ヽ、 \_/  |
           ヽ  |   ノ
            / ̄ ̄\
            |___○__|
             ¶  |  ¶
             ( ゚∀゚)/
             /  /
            〈  (
            ∫ヽ__)
           __U U__
         /  ::\:::/::  \
        /  .<=>::::::<=>  \
        |    (__人__)     |    ┼ヽ  -|r‐、. レ |
        \    ` ⌒´    /    d⌒) ./| _ノ  __ノ

【やる夫で学ぶ柳生一族(その14) 「慶長後半の柳生一族(兵庫助編)」】 完

関連記事
[ 2018/03/06 00:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する