FC2ブログ

やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その15「大坂の陣・前夜の巻」

112009/02/22(日) 21:00:17.28 ID:KP9rd5I80
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレです。

【今回のメイン柳生:柳生又右衛門宗矩&柳生兵庫助利厳】

   / ̄ ̄\
  /  ノ  \\
 |  .(●)(●)  |    柳生家の当主にして徳川将軍家剣術指南役、
. |  (__人__)  |      柳生又右衛門宗矩だろ。常識的に考えて…。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)    
.  |        |    .) ;;;;)   
.  ヽ       }   /;;/     
   ヽ     ノ   .l;;,´     
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ    
. \  ""  /_ノ  |     
   \ /___/  

       / ̄\
      .|    |
       \_/
         |
     / ̄ ̄ ̄\
    /  ::\:::/::. \    新陰流正統三世、柳生兵庫助利厳だ。
  /  .<●>::::::<●> .\   よくぞこのスレを開いてくれた。
  |    (__人__)    |    褒美として新陰流を学ぶ権利をやる。
  \     `⌒´    /
   /,,― -ー  、 , -‐ 、
  (   , -‐ '"      )
   `;ー" ` ー-ー -ー'

712009/02/22(日) 21:04:52.45 ID:KP9rd5I80
【慶長十五年(1610)時の柳生一族系譜】

   大膳長永
      :
   <柳生家>
      :
     ├─────┐
   柳生永珍   中坊源専
      :
     ├─────┐
     家厳      重厳
     |    (七郎左衛門)
     |     (松吟庵)
     ├───────────────────────────┐
     宗厳                                      .妹
   (新左衛門)                                     |
    (石舟斎)                                  <幸徳井家>
     ├───┬───┬────┬──────┐           .|
     厳勝   久斎   徳斎     宗章        宗矩         .友景
   (新次郎)             (五郎右衛門)   .(又右衛門)   
     |                            |
     |                           七郎
     ├────┬────┬────┐ 
     純厳    利厳     妹     厳倚 
    (久三郎)  (兵庫助)         (権右衛門) 

1112009/02/22(日) 21:06:28.32 ID:KP9rd5I80
【第1部(その1~11)のあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の領主、柳生新左衛門宗厳は、上泉伊勢守秀綱創始の新陰流の正統を継ぎ、
後に名を石舟斎とあらため、その剣名を天下に上げた。

 しかし、長男新次郎厳勝の不具廃嫡、豊臣家による所領の没収、
そして新次郎の長男、久三郎純厳の死など、柳生家に辛く重い苦難が襲い掛かる。
だが、徳川家康の招きに応じ、「無刀取り」を以って家康に指南を請われた際、
末子・又右衛門宗矩を推挙したことで、再び柳生家にも光が差す。

 その後、関が原の戦にて徳川家に味方したことにより、柳生家は旧領を回復する。
更に、家康が幕府を開き、後継たる秀忠を二代将軍とすることで、
宗矩は将軍家剣術指南役となった。
それと同時に、石舟斎は己の工夫の全てを込めた新陰流の正統を、
新次郎の次男、兵庫助長慶(利厳)に引き継がせた。

 こうして、柳生家の家督を宗矩に、新陰流の正統を兵庫助に継がせた石舟斎は、
慶長六年(1611)、78年の生涯に幕を閉じたのであった…。

【第2部(その12~14)のあらすじ】
 石舟斎の死後、宗矩は正式に家督を継ぎ、新たなる柳生家の当主となった。
また、新陰流の正統を継いだ兵庫助は修行の旅に出た。
そして石舟斎の死の翌年、柳生庄にて宗矩に待望の嫡男・七郎…後の柳生十兵衛三厳が誕生する。

 その後、将軍家剣術指南役として、また徳川家の家臣として順当に務める宗矩だが、
世が急速に戦乱の時代から秩序の時代へ転換を迎えつつあることを実感し、
柳生家当主として如何に対応するか、その答えを見出すべく、思索を続ける。

 それに対し、島左近の遺女・お珠を妻に迎えた兵庫助も、
自身が如何にあるべきかという疑問に答えを見出そうと、修行に励むのであった…。

1312009/02/22(日) 21:07:56.17 ID:KP9rd5I80
 さて、時は慶長十五年(1610)、
柳生兵庫助利厳は島左近の遺女、お珠を娶り、柳生庄へ戻っていた。

       / ̄\
       |    |
       \_/
       __|__         今までは一人身であったが、
     / ::\:::/\      今はお珠がいる。いずれ子もできよう。
    /  <->::<->\
  /    (__人__)   \    …しかし、今の俺は父上の…、
  |      `⌒´     |   ひいては叔父上の元で生きているに過ぎぬ。
  \            / 
  /              \
    柳生兵庫助利厳

                 \ ____/
                     |
                     |
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           /                   \
         /      \        /       \        このままでいいのか…。
       /       ...::::::\ :::::::::: /::::::..       \         
      /       _ .::::::::::::\:::::::/:::::::::::.. _       \     「将軍家の御指南役の甥」と見られて生きるのが、
    /      /,..::::::::::.ヽ\:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;::::/,..::::::::::.ヽ\     \   この新陰流の正統を継いだ俺の生き方なのか…?
   /      <  {:::::::::::::::::}  >::::;;;;;;;;;;;;;::<  {:::::::::::::::::}  >      \
 /       \ ヽ;;;;;;;;;//::::::::::::::::::::::::\ ヽ;;;;;;;;;//       \
/                /     i     \              ヽ
|              /        ∧      ',              |
|              {        / ヽ     }             |
|              ヽ___/ __ \___ノ                |

1512009/02/22(日) 21:09:36.96 ID:KP9rd5I80
           , - ─ - 、        
        , ' ´.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:::\         さて、今回は僕が解説を行う。
      / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:ヽ.:.:\.:ヽ,      もし、前回僕と同票だった綾崎ハーマイオニー君(男)が
       / .:.:.:.:.:.:..:./.:.:,;:入.::ヽ.:.:.:ヽ.ヽ,     決まっていれば、三回連続女装男子に
     / .:....:.:.:..:./.:.;.':/ ヽ:..:.!:.:.:.:.l.:.:i     なるところだったのだが、まあ、これも縁というものだよ。
    ,' .:.:!:.l.:.:___イ.:/;/, -‐‐ヽ:!:.:!:.:l:.:.|    
    !.:.:.:ヾト´:/ '//  _,rzxト|/:|ノ:イ:.|      では解説を始めさせてもらう。
    ,'.l:ト、ベィ卞ォ   孑_,l7:.:.:!);':|:.:iヽ    現在、知られている通り、兵庫助はこの後、
    /.::ト!:`tヘヾニソ  ,   `¨/:.:.:,'.:.:.イ:ハ:.!   尾張柳生家の家祖として名を成すわけなんだが、
   ,':.:l、:.:.:.:.`ヽ、  -- ‐ /.:.:/.://' リ   この時点での兵庫助は、まだどこにも仕官していない
.   {.lヽ!ヽトー、ーヾ t _ , イ/〆.        「将軍家剣術指南役(宗矩)の甥」に過ぎなかったんだよ。
   ヾ  _,f´!-―イ    ト--/ヘL.__     
      /: : : 冫 ー-、 , -‐  」::.: : : |      無論、新陰流の正統が兵庫助にあったことは
     ,': :、: :f- .._   _.. ヽ/:..: : !     間違いないのだが、それが生活の糧になるのか、
     !: : :ヽl_: . : . : .  ̄: . :._..k::/...:|     公的な身分として通用するのか、と言うと、
    |: : : :/: : ̄: : --. .- ´: :.ヘ::::::::|.      まあ、残念ながら、些か心許ない話だったんだよ。
      !: : :.!: : : : : : : : 、: : : : :...:!:::::::i  
     |: :.:.|. : .::::::::::::::::;::::::::::::::/:::::::/ .     そんなわけで、この時期の兵庫助の生活を
.      |:、:.:.l.:..:::::::::::::::;::::::::::::::,'::::::::/.     支えていたのは父である新次郎厳勝であり、
      !:ヽ:.}: ::.:: : : : / ; : : : ;!. .::/       更に辿れば、柳生庄の領主である宗矩だったんだよ。
     ヘ ./i : : : : : /: : : : /::!: :/  
        y: | : : : : : : : : : : : /|:/        だから、兵庫助の気持ちとしては、
     / `ヽ、: : : : : : : : : :,:イ        お珠を娶った事で、尚更それについて考える事が
                         増えたんじゃないかな。

1912009/02/22(日) 21:12:07.35 ID:KP9rd5I80
  !. :./: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : ,'.:.!    \:ヽ : :.、:.:.:!:.:.:.ヽ     
 l: . .!. : : . : : . : : : :.!: : : : : : : : : : :,':./   _ゝ‐-: :|、:.!:.:.:.:.ヽ      ちなみに尾張柳生系の資料(正傳 新陰流)だと、
 !. ..l. : . : : : : : : : : :|: : : : : : : : :l: イ;.!, -'"´    ト:.:.:!:l:..|:.:.:.:.:.:!     柳生庄二千石を継いでいたのは厳勝で、
. !. . |: : : : : : : : : : : :ト; : : : : : : :.! l !イ       !ヽ |.!/:.:.:.:.:.:.:l     兵庫助はそのうち五百石を分地された、とあるんだ。
| : !: : : : : : :',: : : :, x-─ :.:...:.:l!.| レ    彡≠、k_ヾ:..r-、.:.:.:.:.!    
. !: . .! : : : ヘ: : ,x '´: : ト、ヽ . :.:.:!レ    ー斗匕て',ラ゙:.:.:.:!., ヽ.:.:.:}     まあ、そうなると、宗矩の所領はどこになるのか、
. l. . :.',: : : : :.X: :.ヘ-、:.::fヽ \_,'     "ヘっ_..::.ノ.! :.:.:.:k' /:.:.:.i     という話になるわけなんだけど、おそらく考えるに、
 !. : : ',: ヽ:.´.:ヽ、:.ヘ xz≠ミk           ゝ- ´ ! :.:.:.:.Y.:.:.:...ヘ    宗矩は自分がいない間の柳生庄の支配を、
 l. : : : ヽ: ヽ、:.\X〈!ら::..:;.ぅ           |:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.|.:ヽ   厳勝に頼んでいたのではないかな?
. ',. : : : : ` -`_t xz、 ヘヒr- ´    、        |. :.:.:.:.:.!.:.:.:.:ト、.:ヽ  
.  ', : : : : : :.:.:.:.iヘしヽ           ,     ,.l :./:l./:.ィ:ハ.}  ー`   普通、江戸詰めの旗本の場合、
   ', : : : ヽ :.:.:.ヽ ニ >       ー "´     イi:.////ソ リ     遠地に所領がある場合、代官を立てるものなんだけど
   i : : : : ヽ: .:.:.::.:.:.:..:.:.ヽ、 _           / リ/iイ'          宗矩の場合、それを兄である厳勝に頼み、
.   }: : :.ト: :、ヽ:.:\.:.:.:.:..:.:.:.:.、ニ ― t - '   メ            その役料を出す、という形で、兄の生活を支えていた、
    | : :.ヽヽ:.ー 、_ヽ_Zー‐ ̄ー` i        ' ,           というのが有り得る話ではないかと思うんだ。
    l: ハ:トヘ  ̄             j        ` - _        母親たる春桃御前もいたことだしね。
   // ゙ー              /            ` - y`   
                    /               <: :/:   つまり、宗矩は自分がいない間、
              /レ '  __    r ' ´ ̄    <´: :/: :   擬似的な柳生庄の領主とすることで兄を立てたことが
            _ ,ヘ: :.ラ      `          Σ: / . .  この話の元になったのではないか、ということだね。
          ,´: : : :ヽ::}            _ ― :.: ̄i     推測に推測が重なるので、確証が無いのが残念だけど。
          ,' : : : : : : y _ - ―..- ‐  ̄ ..::.....    {    

2112009/02/22(日) 21:13:34.28 ID:KP9rd5I80
 さて、兵庫助がそのような悩みを抱えている間も時は過ぎ、
慶長十六年(1611)、三月…。

             ,-,ii|||||||||||||||||ii、‐、
  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_/ i|||||||||||||||||||||||||i ヽ_,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
   ゛゛llll||||||||||/ ' i||||||  |||||||||||||||||i ` ヾ|||||||||||llll""
       ゛lll/   |||||||  ||||||||||||||||||    ,llll""
         \   l|||||||||||||||||||||||||||l   /  
         彡   ゛ll||||||||||||||||||ll"   ミ  
         \_      ゛゛Y""     __ノ    ホホホ…
           | ]下ミ─-。、_|_, 。-―テ「 [ l    久しぶりの上洛ですね。
           ゝ_,. lミミi=´<_,.`=i=ヲ 、__ノ   
                 ヽlミ| 「‐、=ラ7 |ヲ'´         …さあ、秀頼は出てくるでしょうかね…?
           , へ ノ`i=、_ 二 _,=iゝ、_,へ、  _  宗矩、どう思いますか?
               徳川家康

         / ̄ ̄\
       /    \ /\
       |    ( ●)(●)
       |     (__人__)   はっ…。
         |     ` ⌒´ノ  加藤様、福島様をはじめ、豊臣方も尽力していると聞きます。
         |         }   今更、お話が覆る事はないかと。
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

 慶長十六年(1611)三月、大御所家康は五万の軍勢を率い、上洛した。
この時、宗矩は秀忠に命じられ、大御所・家康の護衛として付けられていたという。

2312009/02/22(日) 21:15:09.63 ID:KP9rd5I80
=京・二条城=
.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i
ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ
ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ
ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ

 この家康の上洛は、後水尾天皇の即位祝い、
徳川義直・結城忠直の叙任への御礼などのためであり、またそれが名目でもあったが、
真の目的は、豊臣家の当主にして、孫娘・千姫の婿でもある豊臣秀頼を二条城へ招き、
これによって徳川と豊臣の関係-無論、徳川を上とする-を確定させることであった。

2512009/02/22(日) 21:16:57.22 ID:KP9rd5I80
 当時の武家にとって、名目はどうあれ、相手のところへ自ら挨拶に行くというのは、
自分が目下である事を認める…即ち、臣従することとほぼ同義であった。
それ故、秀頼が二条城へ向かうことについては、暗殺の警戒なども含めて
豊臣家中でも反発があったのだが…。

                 _,,.「`i_,. へ、__
              _ノ⌒:::::`:::::::::::::::::::::::.`ヽへ.
            r' ::::::::::::::::::::::;iヘ、::::::::::::::::::::.. ヽ       もはや議論はいらぬ!
            人 、::::く`'´`′ `フ::::::::::::::::::::.:. `ーヘ.    秀頼様が二条城へ行かれるというのなら、
           〈 :::ヽ(`ー'´ ノ    \:::::::::::::::::::.:.:.   L   この加藤清正が、お守りするに決まっておろうがァーッ!
     r‐'⌒'ー'フ'′:::::::)i¬ュl  l<ニiユ L::::::::::::::::.:.:.:.:..  lへ、_
     ノ    .:::::::::::::::::::|-‐ //  ー- .._,. `フ:::::::::::::::::.:.:.:...  └へ
    〔   .:::::::::::::::::::::::::|  l, 、      / }::::ヘ:::::::::::::.:.:.:.:.:.:.   く_
    ノ   :::::::::::::::::::::::::::::l  F==-、  l: └'ソ:::::::::::::::::::::.:.:.:.:    L
  f′  ..:::::::::::::::::::::::::::::::l. レー-‐‐、|   l  イ´:::::::::::::::::::::::::::::.:.:.::.:.   /
  フ  ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l.└- --‐′  / \::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.  く
 く   ::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;L_...二...____,..ィ'   く:::::::::::;;;;;;;;;;;;:::::.:.:.:.:.:..  ノ
  > :::::::::::::/ ̄ ̄. -…‐-ト、::::::::::  l     レ''"´    `ヽ;:::.:.:  ぐ
  ヽ ;;: -‐'フ|    il|||i!--‐イ l;::::   /    /""    ィ-三l'''ー- .,ム._
                 加藤清正

 豊臣恩顧の大名達や、秀吉の正室・高台院などの働きもあり、
また、加藤清正が秀頼の側に付き、一命に代えても秀頼を守るなどとしたことで、
最終的に、「あくまで正室(千姫)の祖父、家康へ挨拶に行く」という形式で、
この家康と秀頼の会見は実現することとなった。

 なお、この会見の際、清正は秀頼に万が一のことがあれば、と、
懐に脇差を隠し持っていたとも言われている。

2712009/02/22(日) 21:18:34.55 ID:KP9rd5I80
 「おい、聞いたか…?」
 「ああ、秀頼様が二条城へ向かわれたと…」
 「やはり、もう豊臣も徳川に臣従するしかないのか…」
 「まあ、あんな軍勢見せられちゃ、どうしようもないよな…」
 「…とはいえ、これでようやく世の中も落ち着くのかもな…」

 「「「「「…徳川の天下として………」」」」」
                              _  _        _
           _ヽ`Y ,Z._    , -─- 、  ,>  `´  '‐z    ≦-` `' ¨ Z_
  ,. -─- 、  > `    \. 〃^''ー-‐uヘヽ .7 ,ィr=、,.=ヽ、ヾ   >,.ィィィィィィ_`ヽ
 〃^''ー-‐へヽ/ィ   ,.イハ i、  ゝ.|{ ‐-、  , -‐ }| 1/‐-、  ,.-‐i. |   ´7‐-、  ,.-‐ 7 .|
. |{.‐-、  ,.-‐ }| レlイ/_ヽ  ゝ!ヽ. | nTこ・lニl・つフhn|. -, .- }h    r|:=。  。= 7n!
.r!| こ・  ・つ |h n| ´_0i i 0_` |hL|v ̄L_.」 ̄u|ノL|ur |__| 、v|レ    l_L ̄L_」 ̄_, |レ|
.L|.u /_ヽ  |リ Ll v r'_'ァ .u ル' .|: :-──- : | /l ! -─‐- l |ヽ    | (三三三) :N、
 l -──- |  l -──-  l _ハ : : : ̄: : : ノヽ_ l\.  ̄ , イ | `'ー-⊥._  ̄ _,,. イ/ |`ー
.'ハ\  ̄ ,.イl`iー/l\.  ̄ ,.イヽ l |` ー─‐ 1| | `ー-.二_/|  |     ハ ̄  // |
.| l\、二/レ‐''| ヽ. `ー ' /l |` ー- 、__.ノ|⊥_|      /ヾ ̄      l l ̄/_ ̄\|
l/ヽ. l .ハ´   |_.⊥ヽー/ _⊥._|    /ヽ |_       .l  ヽ       |  l./
_    ゚ヽ/ .l        ゚∨`         l  l. |        |  ∧ r─┐| /l
  ` ‐ 、/ヽ |       |   r──┐| /,!|_    lニ。ニl |  / ∧ト 。イ |. /l°   lニ。ニl
    ./ヽ\|         | 。   ト 。 イ | / ヘ    |   | |  /  〉_| L_, イ   |   |
    /.  l\|         |    |    | |   ,.イ    ̄ ̄ |   _,.イ   |   |。    ̄ ̄
                     京の町衆たち

 三月二十八日、秀頼は二条城へ入り、家康と会見した。
京・大坂の庶民たちの間では、豊臣が反発し、再び戦が起こるかもしれぬ、
という噂も立っていたため、この会見が実現したことで、
最早徳川の天下は動かない、という認識が広がっていった。

 しかし…。

3012009/02/22(日) 21:20:08.19 ID:KP9rd5I80
 会見終了後、二条城…。

   \      ,..''  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  __,,,,/    /  |
  |   \        ` .、::::::::::::::::::::::::::.,-‐'"'"     /    .|
   i    `'''ヽ、       -:::::::::::::::::::      -‐'"'" /    /
   `i    |  `、'''ヽ、、     .ヽ.Y    , ..-':''" ゙/   /   ../
    `、  |    `、  (:、、   . .|  ,..-')   /   /  ‐-‐'  
     ‐-‐'| \  `、....,,,`_゙ヽ_、_,| ノ、."..-'''''''" // .. /     ……………………………。
       |  \\γ .,--‐-‐ "゛"゛‐-‐'''"゙'' |///  /     
       `i| \\ |        、      .|///  /\`i   
       /`i  \ |       ゙''-''"'     . |///. /   `、   
     /   `i\\|      ´──`     |/ / /
          `i \|             //.-
           ~\      ‐'''''‐   / '
               \      /
                 "'''゙''-''"~

         / ̄ ̄\
       /    ⌒ ⌒
       |    ( ●)(●)
       |     (__人__)   大御所様、如何なされましたでしょうか?
         |      `⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

3312009/02/22(日) 21:21:24.46 ID:KP9rd5I80
             ,-,ii|||||||||||||||||ii、‐、
  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_/ i|||||||||||||||||||||||||i ヽ_,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
   ゛゛llll||||||||||/ ' i||||||  |||||||||||||||||i ` ヾ|||||||||||llll""
       ゛lll/   |||||||  ||||||||||||||||||    ,llll""
         \   l|||||||||||||||||||||||||||l   / 
         彡   ゛ll||||||||||||||||||ll"   ミ  
         \_      ゛゛Y""     __ノ   …宗矩、あなたは
           | ]下ミ─-。、_|_, 。-―テ「 [ l   この会見、どう思いましたか?
           ゝ_,. lミミi=´<_,.`=i=ヲ 、__ノ 
                 ヽlミ| 「 ─   |ヲ'´      
_______  , へ ノ`i=、_ 二 _,=iゝ、_,へ、  _
i    i    i  ̄| |――-\ ̄∠-――| | ̄ i


         / ̄ ̄\
       /    \ /\
       |    ( ⌒)(⌒)    ははっ。
       |     (__人__)    無事、何事もなく終わり、
         |      `⌒´ノ    .我ら一同、胸を撫で下ろしておりまする。
         |         }     それは、豊臣方も同じ事でしょう。
         ヽ        }    
    /  ⌒ヽ    '´(      …これにて、徳川の世は動かぬものになるかと。
   / ,_ \ \/\ \    
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

3412009/02/22(日) 21:23:15.87 ID:KP9rd5I80
      ____     
    /i||||||||||||||||||iヽ      
 / ̄ヽ||||||||||||||||||||||||iヽ    
'""ヽ  ヽ!|||||||||||| ||||||! ヘ 、―    …宗矩、そのようなことでは困りますね。
||l   ___ヽll,‐''''__ゞi .|||||  あなたも見たでしょう、秀頼を…。
||l  /ヽ、 o>┴<o /ヽ\|||||
ヽ‐イ  |ミソ ̄'"ノ"/li゙ ̄゛l;|l |、    この私…今年で七十の老人である私と比べ、
.\/l  .|ミミl l―--―`..l;ll /     十九歳の…若さに満ちた秀頼を!
 .\ノ  |ミミ.l..   ̄  l;|/   
   ̄\ |ミミ.l..    ,,,l;/    
   l \ヾ゙゙....  ̄."/i     
 _/_``\ ̄、 ̄/ /l___ 


         / ̄ ̄\  て
       /    \ /\そ
       |    ( ○)(○)    そ、それは…!
       | u.   (__人__)   …大御所様、まさか!?
         |      `⌒´ノ    
         |         }      
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(     
   / ,_ \ \/\ \    
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

3712009/02/22(日) 21:25:20.43 ID:KP9rd5I80
   \      ,..''  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  __,,,,/    /  |
  |   \        ` .、::::::::::::::::::::::::::.,-‐'"'"     /    .|   …あの太閤とて、老いには勝てなかったのです。
   i    `'''ヽ、       -:::::::::::::::::::      -‐'"'" /    /  この私も、また同様…。
   `i    |  `、'''ヽ、、     .ヽ.Y    , ..-':''" ゙/   /   ../  
    `、  |    `、  (:、、   . .|  ,..-')   / u./  ‐-‐'     私が十九の頃といえば、信長殿や信玄など、
     ‐-‐'| \  `、....,,,`_゙ヽ_、_,| ノ、."..-'''''''" // .. /      強者の間で生き残るために必死でした。
       |  \\γ .,--‐-‐ "゛"゛‐-‐'''"゙'' |///  /       それでも、ここまでやってきたのです。
       `i| \\ |        、   u.  .|///  /\`i.    
       /`i  \ |       ゙''-''"'     . |///. /   `、     秀頼に同じことができないと、どうして言えます…?
     /   `i\\|      ´──`     |/ / /          ましてや、あの者は一度は天下を治めた
          `i \|             //.-            豊臣家の当主…太閤の血を引く者なのですよ…!
           ~\      ‐'''''‐   / '             
               \      /                 …老いが私を打ち負かす前に、やらなければ…!
                 "'''゙''-''"~                  

         / ̄ ̄\;
       ;/    \i||i/
       |    ( ○)(○)
       | u.   (__人__);   ……………!
       .;|   u. ` ⌒´ノ   (大御所様のお心は…やはり…!)
         |         };
         ヽ        };
   ;/  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \;
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

4012009/02/22(日) 21:27:11.19 ID:KP9rd5I80
             ,-,ii|||||||||||||||||ii、‐、
  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_/ i|||||||||||||||||||||||||i ヽ_,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
   ゛゛llll||||||||||/ ' i||||||  |||||||||||||||||i ` ヾ|||||||||||llll""
       ゛lll/   |||||||  ||||||||||||||||||    ,llll""
         \   l|||||||||||||||||||||||||||l   / 
         彡   ゛ll||||||||||||||||||ll"   ミ  
         \_      ゛゛Y""     __ノ   …宗矩、今の話は他言無用です。
           | ]下ミ─-。、_|_, 。-―テ「 [ l   
           ゝ_,. lミミi=´<_,.`=i=ヲ 、__ノ     下がりなさい。
                 ヽlミ| 「 ─   |ヲ'´      
_______  , へ ノ`i=、_ 二 _,=iゝ、_,へ、  _
i    i    i  ̄| |――-\ ̄∠-――| | ̄ i


        /⌒`"⌒ヽ、
       /,, / ̄ ̄ ̄\
       /,//::  u.    \       ……ははっ!
     ;/⌒'":::..     u.  |⌒ヽ    
    /  /、:::::...       |ヽ_ \
  __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、 /⌒`ー'⌒  )
━━━`ー──ゝィソノ-ヾy_ノー─━━

 世評と異なり、会見の当事者たる家康は、また異なる印象を受けていた。
まず、この会見自体、あくまで「正室(千姫)の祖父に対し、挨拶に赴く」という形式から外れず、
家康の眼には、豊臣家が完全に屈服したものとは映らなかったという。

 なにより、この時、家康は70歳。それに対し、秀頼は19歳。
若さに溢れ、見事な武者振りを見せたという秀頼の存在は、
自分亡き後の徳川家のため、家康に「ある考え」を持たせるには
十分だったのではないかと思われる。

4212009/02/22(日) 21:28:58.15 ID:KP9rd5I80
 ともあれ、家康の上洛に伴う用は全て終わり、宗矩も江戸へ戻った。
(この時、七郎とおりんも江戸へ引き取ったとも言われるが、詳細は不明)

 そして、この六月に兵庫助の元主君、加藤清正が病に倒れ、亡くなる。

  ノ        /ヽ=- ' i ヽ- i lヽ、、' ヽ-
/        ( .レ'"´oヾ:、 l!, ___l   ヽヽl丶、
       r '`ヽ´   ̄ l、iヽ.oヽ´7ヽ
        !   , -  `'´ ィi   ヾl   )
   ,.ヘー ,-':、_/、,.. --- 、  、   ! (   〃
  '  ヽ_:;::: i  ト-‐ ―- .,`ヽ, i /     ヽ  ふははははッ、絶好調である!!(でも死亡)
      !:l:: ! l __     `/  /       
  ,.....,r l:::!:   !´ ` ー ''ヽ/ //
 ム '7´::::ヽ.  ヽ、_   ,/ /
  l {::::|:::::::ヽ.  ` ー ̄イ ./
ヽ、r- '::::l::::::::::ヽ.   ̄ ´  ,'
  `ヽ、:::!::::::::::::`ー.. __ ,.イ
     \:::::::::::::::::::::::ー'´/-- 、

       ./ ̄\
       |    |
       .\_/
         |
        / ̄ ̄ ̄ \
     /   :::::\:::/\
    /    。<>>:::::<<>。   …殿ッッ!!
    |    .:::。゚~(__人__)~゚j
    \、   ゜  `⌒´/゜
    /          \

4612009/02/22(日) 21:30:48.35 ID:KP9rd5I80
      |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|  
      |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|   加藤清正の死は、徳川家と豊臣家のそれぞれ折衝役のうち、
      |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|  豊臣家側第一の人物の消失を意味していた…。
      |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|  これにより、豊臣家では対徳川強硬論を抑える抑制力が
      |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|  大幅に減衰することになったんだ。
      |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|  
      |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|   更に、慶長十九年(1614)、
      |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|  大久保長安事件に端を発する大久保忠隣の失墜により、
      |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|.  徳川家側でも、対豊臣融和派の勢力が
    /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l  大幅に減衰することになったんだよ。
     ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/  
   l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/    結果、この頃から、豊臣方は牢人や武具を
   _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'.    密かに集め始めたらしいんだ。
   l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l     尤も、幕府にはすぐ露見したと思うけどね。
    〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

4812009/02/22(日) 21:32:58.51 ID:KP9rd5I80
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/   
. |    (__人__)  l;;,´   もはやこうなっては、
  |     `∩_ノ)━・'   誰もこの流れを止めることは出来ぬであろうな…。
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_       …いや、止める事のできる唯一の御方に、
 |  \_/ ノ ヽ     止める気が無い、か。
 \     /_|  |     .
 | \ /  _/


        / ̄ ̄\
      /       \     あとは、いつ「それ」が起こるかだが…。
      |::::::        |   さて、相手に応じるか、我より仕掛けるか、
     . |:::::::::::     |  いずれであろうか…?
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

 そして、この年(慶長十九年)の七月、「それ」は起こった。

5112009/02/22(日) 21:34:44.97 ID:KP9rd5I80
慶長十九年(1614)七月、所は方広寺…。

                 Д_____________________Д
                 [[]!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!![]]
               |-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.|
                  ノ-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.ゝ.
              ノ=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.ゝ、
            キIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIヤ.
           ノ_二三_-==-_─ ̄三─≡ ̄-三==_-二=三≡-_─_二三_-==ヽ、.
          /二=_-三 ̄≡_-==─≡_- ̄_=≡_二三二=_-三 ̄≡_-==─≡_- ̄_=\,,
      ,,_,,,-''''=_-三 ̄≡_-==─≡- ̄_=≡__二三二=_-三≡_-==─≡_- ̄=≡_二三''''-,,_,,.
_,_,,_,,,-'''____________________________________ "''-、,,,_,,_,_,,_
ヽ @==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@ ヤ
 `ヽ丶.}{ |艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸| }{  /
   \}{ |l|! ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄::┣━Д━┫:: ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄γ∴⌒∴⌒ .;}{./
     }{ |l|!: ::::::::|iiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiiii|jjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjj|iiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiiii|ir;(∵ ∴丿;∵;∴ヾ∴ヽ
  γ;;⌒ ノヽ;;);⌒ ヽ|:::::::::::::::::| :::: :: ::::::| :: :::: :::::::||  |__||__||__|  .| :: :: :: :::::| :: :: : (:;;ソ∴∵丿∴ゝ∵∴):∴::∴):
r;;ゞ(;:: 丿;:: ;;;;;ヾ;;),,):.__|.___|..___||=.=.======= |____|____`(∵(;ゝ(:::∴ ソ)::〆:ソ":(∴;(∴;ヾ)
(:: ;;;;ソ;; ) ;::ソゝヾ) ;;):::)==ii==ii==ii==ii==ii==|^|_________|^|==ii==ii==ii(ソ∴∵丿 ∴(;ゝ(:::∴ ソ)::〆:ソ" |;`ベ
(::: :(;;;;;(  ;::). (;ゝノ ::)Y...|| ̄ ̄`゙r| ̄ ̄ ̄/l--------------------lヽ ̄ ̄ ̄|(∴ミ∵丿 ;`ベ∴;(∴ ∴(;ゝ(:::∴ ソ)::〆:
((:::(::;〆;;;ゝ;:: ;::))( ;::),ブ__||_________||________/l----------------------lヽ____(∵ゝ丿;`ベ∴;(;ゝ(:::∴ ソ)(∴ ∴::〆:ソ"ヘ∴;
`ベ(; ゛(;;; (:::: ソ)::〆:ソ|il!li!li|il!li!li|il!li!li|il!li/l------------------------|ヽ (;ゝノ∵∴;(∴)::(:;;ソ∴∵丿∴ゝ∵:(:;;∴∵丿∴;
: : : : : : : : ゝ|;il|!|ソ´~: : : : ; : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : ; : : :ゞ|;il|!|;il|!|/: : : : : ; : : : : : : : :
: : : : : : : : ノ;ハノリヽ_ : : : : ; : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : ; : :ノ;ハノリハノリヽ_: : : : ; : : : : : : : :
:
 方広寺は一度焼け落ち、それを豊臣家が再建したのだが、
その際、新たに鋳造された鐘に刻まれた銘文に対し、徳川家に仕える僧・金地院崇伝が
「不吉な語句がある」と言い立て、これを受け、徳川家は間近になった大仏供養を延期させた。

 世に言う「方広寺鐘銘事件」である。

5412009/02/22(日) 21:36:24.43 ID:KP9rd5I80
              _,,. - ..,_
            ,.イ‐-、     丶、     
           / i   ',       ハ    
 .           ,'  ヽ.  }、       !i    
           i   F‐、{ \     ,ィ.!
           /¨ヽ. l: :l :〉>: `:ー一';ル'     さて…本日諸君を招いたのは、他でもない。
        ,..ィi:f:ゝヽ {<ヽ〉: :i : : : :》:}    
       /_;.::l入__、 :l.i: ィt:ッ、シ、 ;.ィfフ      この度の方広寺再建に伴い、
 .    /:::L.ノ:::i: : :.l: : )): : ̄ : : ,:i `/、     鋳造されたこの大鐘の銘文についてだが…、
   /::::::::i::r‐'ハ: : \' i.: : : :._'´: !:/:::::ヽ    極めて罪深い文が刻まれていたことが発覚した。
 ./:::::::::/ト、ー'::::::;\: :\: : ←-`オ:::::::::::::',   
 ::::::::::::/::::::l::::\::( ):::/. ̄ ヽ:`ニ/::__::::::::::i     そう…
 ::::::::::〈:::::::::i::::::::::>::⊥..__,,.彳ヽ::(_  i::::ノ   
  ̄`ヽレ-、:::\::::::::___:::::\ ll. レ'" /:/      「国家安康」
 :::::::::::ノ:\:::::::::∨  r':__..ノ__ll    〈::}.       「君臣豊楽、子孫殷昌」
 :::: ̄::::::::::\:::::::}    / i >':´ ̄: 〉、     
 :::::::::::::::::::::::::)、::\ / l/: : : 、: : /: : }、     これらの銘文だ。
 ::::::::::::::_:_:/::::ヽ::/l /l: : : : : :.}/: : : /: i    わかるかね?私の言っていることが…。
 ::::::::::::::::::::::::_\:::/ l/l i: : 、_ノ": : : : /: : iヽ.  
 ::::::::::;:::::'"´:/ 几 /i l ';: : : : : : : :l / : :/:./            _
 ::::::::::::::::::::// /::::::`::ー.、 V: : : : -‐' : i: i: / __..、,.. -‐y…ニ¨ ̄ ヽ
 :::::::::::::::::::l i i:::::::::::::::::::l_,,..ヽ-‐…''ニヤ¨二....f.⊥=ニカ ! rニ¨`>-‐‐
 :::::::::::::::::::〉.〉 ヽ-‐ニ丁Lー{ニ⊂ニヽ「r‐‐、 \‐‐-、 .i´ ̄  ( _
           金地院崇伝

 金地院崇伝は「黒衣の宰相」とも呼ばれ、南禅寺の住職として紫衣を賜り、
更に、朝廷や寺社などの行政にも当たっていた実務家で、家康のブレーンの一人であった。
(「伴天連追放令」「寺院制度」「武家諸法度」「禁中並公家諸法度」なども起草したという)

5712009/02/22(日) 21:38:26.39 ID:KP9rd5I80
               __,.,.,.,.,.,.____,._     
            ,..-'"´         >-、, 
         /  /´゙i ゙!:⌒ヽ   `'"´ ヽ、
        /   / ,.-,ニ,、゙i,::::::::\  ,..イ rニi,
       /    レ'/_::::::::〉〉::::::::::::`'":::::::|
       /彡  //_'、ヽ,=-'゙:::::::::::::::::::::::::└--‐   この「国家安康」はッ!
  ゙ヽ,  /三  /::/__:::::\\:::::::::;:;:;;;;.-、:::::::::::::::::
   ,,..-v'三 iー-':`-, r''‐ァ-、\`'',.-‐'"´゙!l;;;;:;:;:;:;:;..   我が大御所家康様の名である「家」と「康」を切り離しッ!
  ´::::::ヾニ ゙i;:::::::,.ノ_ヽl゙_;;;;}ヽ;ヽ_」i::::::/:::!l;;:::::::::|「
  >、::::::::`ヽ `,ン´::,.-`,.-‐`゙''`::〉゙ヾk::__ノ l;;:_;||:    更にッ!
  ,r'゙〉::::::::::::} レ',.-'´:::::::::::::::::'::::::::::/二二,`ー--
  {::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::::::::::::::::;:;/;;;ヽr';;;;ヽ,.:;:;:    「君臣豊楽、子孫殷昌」とはッ!
  ヽ;:::/::::::/ /:::::::::::::::::::::::,,;::::::::::::::l;;;;;;;:::゙ヾ',ノL;;:
   .)/::::::/ /::::::::::::::::,..-、ヽ::::::::,;:ノ;;;;;:::::::::::::;;;;;//    それを以って豊臣が主となり、子孫の繁栄を楽しむ、ということだッ!
  ゙}/:::/ /::::::::::''∠__,...、.ヾ__ '"、::::::::::::::::__//::
  ::゙i´   j::::::::::::::l  ヽ`+、゙--、 ゙!|::::::::::/,.-7''゙ーy'    つまり、大御所様への重大な呪詛に違いないッッ!!
  l:::゙i,  |:::::::::::::::゙i,,  ヽ,,,_ヽ/ .!|:::::://:::/,.-__;//
   i,:::ヽノ:::::::::::::::::::::`゙'ー、    〉':::://:::://:/  //    これが貴様らの罪だッッ!!
  l,゙i,::;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::;;;゙''ー'":::://:::/-':::ノ ///
  ;゙i,.ヽ;;;;:::ヽ、:::::::::::::::::::::;;'゙:::::/ レ'::,イ´´/ /// /   理解ったかッ!この愚昧なる罪人どもめがァーーーッッ!!
  ;;;/ \:::::::::゙''-、:::::::'"゙:::/-;:ジ) /// /// /
  / .∧  `'-、::::::::`゙゙'''";:;,..-'// ./// /// //
   /  `'''- .,_`゙゙''二,.-;;'":::/  /// /// ///
  '        `i };;;;/:::/i;ヽ, /// /// ///
           / /;;:イ:/ i゙:::::;)// /// /// /
  、        /,// l:L,ノ/::゙y、  /// /// /
   ゝ、___//;;(_,ノ::/:::/::;ハ/// /// //

 こうして、崇伝が鐘銘について、このように異議を唱えたことで、
この問題は一気に徳川家と豊臣家の間での政治問題と化した。

6112009/02/22(日) 21:40:22.98 ID:KP9rd5I80
 この崇伝の意見を元にした徳川家からの詰問に対し、豊臣家側は弁明の使者として、
この方広寺再建の総奉行にして、以前より徳川家との折衝に当たっていた家老・片桐且元と、
梵鐘の銘文を選定した南禅寺の長老・文英清韓を家康の元へ派遣した。

   γ⌒ ⌒ ヽ,
 γ        )
 )    ノ⌒ヽ   (
 (    ノ    ((|  )
 (   ろ __,,i_|) (    大御所様に、この度の件についてご納得頂ければ、
 (   ),  ゚̄  ゚̄ )   豊臣家はあと10年は生き残れる…。
  )  ) 丶  」〉イ (´
  (、, _ そ  - { ノ     清韓殿、あなたも頼みますぞ。
    |  \ ´_/  
   |イ ̄匡「/ヽl  
   片桐且元

  rv-'''"⌒ ̄ ゙゙゙゙̄''ri''''- .、
. r!-''         ::!"::::::::::}
 {          .:.::.:::::::::::{
 }:::'    、    :.:.::.::.:::::::::}
 {::   /丶、 .:.:.:.::.::.:::::::::{
. }  ,へ、_   ` _,、:.::.:::::::::::}    さあ、どうだかな。
. { /ィ゙t・ソ;  ィf・テ,ヽ:::::::::::::{   俺は崇伝の野郎とは対立しているからな。
. } ./|   ハ `   /ミ:::::::::::}   あの野郎が俺の言を受け入れるとは思えん。
  { ヽ!,  ヽ     /|::::::::/
  !、,人. `"ー     .,ヘ_;;/
  /  ヽ、____/  /''"
//    ヽ     /\,,,_
     文英清韓

6312009/02/22(日) 21:42:41.10 ID:KP9rd5I80
 だがしかし、二人は家康のいる駿府城へ入ることもできず、
本多正純の命により、阿部川宿に足止めを受け、
崇伝と、家康の側近たるもう一人の僧、南光坊天海の糾問を受けたという。

 そして更に、

   l i: : : :\\ : : : : : : : : : : : : : //: : : ___ヽ:V
.  l ん : : : / /: : : : : : : : : : : : :└、 ヽ'´ >'"´:リ
   l { ,、 \/./:_: : : : _/: : : : : : : :/ >'" :_: : :/ ー、  /: 
..  LK: :`: ー- _¨ Y´ : : : :/ ィ,.ィ" __竺三-ミ : : : : l /: : :
  /´ヽ: : イ¨迂疋トミヽト-‐ '¨  ィ_´ 辷仄レ': : : : : :l /: : :/「
  \: ハ.:.`: :ヾ┴': : / }:.: : : : :.、: : `¨  ̄ ´: : : : : :// : : 〈 :}:    私は、この件について、
.    V i.: : : : : : :// i:_:_: : : : : ヾ: : : : : : : : : : :.//: : : : :)リ:   私の主張の”正しさ”を問うために、
.    ヽi: : : : : : : : i. ,': : :`ヽ: : : : : : : : : : : : : ://: : : :i:ノ: : :   五山十刹の学僧達を召し、
.      l:ヽ : : : : : : V : : : : : : : : : : : : : : : : : //: : : :.(: : :_;.ィ   審議を行う事を求めるッ!
     ヽ:_!: : : : : : :{ : : : : : :_: : : : : : : : : : : | l: : : : : l: ̄:/:::
       ',: : : : : : :ヽ:ー'::::ノ: : : : : : : : : : :l l: : : : : i: : /::::::
.        ハ: : : : :_/ヽヾ-" ‐- .._: : : : : : : :! l : : : : ;!: /:::::::::.
     _,,. -‐'; : : : r‐ 、`_´==‐- ニ): : : : :! l: : : :/ :/:::::::::::
 _.. -:::¨:::::::::::::ハ: : : ヽ       _.ノ: : : : : l l: : :/: :/:::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::'; : : : `¨: :´  ̄: : : : : : : : : :j !: / : /::::::::::::::::

 こうして、幕府からの命により、天海・林羅山立会いの下、
京都五山十刹の多数の学僧達を招き、今回の銘文に対する審議を行う事になった。

6612009/02/22(日) 21:44:29.49 ID:KP9rd5I80
 こうして行われた審議において、先に行われた崇伝の主張の他、
立会人のはずの林羅山からも、銘文に対して批判的意見が述べられたという。

                             __
                       _r─=ニニ ̄`¬、__
                   __     r仁二ニ ¬、 `丶、 ト、_
                '⌒ハ(´ _/`¨^ヽ  `ヽ、 、 、\ l└t、
           -=ニ ヽ r'人)'⌒'<⌒ヽ `ー、 ! 、  } ハ ゙l 、 ,八
               > 〉{し'⌒ミヽ ト、 ヽ _乂ー'^¨¨ヽ、i} |l i} }}
               〃 〈 〈 (⌒ヽノ ィヽ \ 广´   ::   ´ヾル1 l 〃
                {辷卞-`ー‐く^Y ハ ト\f″   :::        `"^^i   
               '´ ̄廴r==ミ、|{ (_j Lハ l   ;:::             '    
             /⌒ト-'_/´ ̄ハ ヽ'   H、 ヽ、   ::j} u   /     くっくっく…更に言えば、
                   _>┬ンミノヽ  / へィ^>;、 y' ノ /:' !    
              f´   l l     ' ! i ニ{ {ー'ノ }K__,ィ斗孑;′    「右僕射源朝臣家康」
              ,  '´|     l l    |   ハ」___`二フ' 7¨7辷ソ/     
         /   |   l ゙.   ∧ {  ‐r_‐  r_ゝ'__∧_/       この言葉も問題ですねェ~。
.       /      l    ! 、 ′ \  ト卞;、_ヽ-'/´        なにしろ、「源朝臣家康」を「射」する…。
     /       '    l  ヽ     ヽ ヽ` ┴'‐'フ′    (⌒Y   即ち、「大御所様を射る」と言っているのですから。
.    /     ::::::::::::... ,     l  \.ィ'了ヽ、 `  ̄/  '⌒ヽ _ -'  }
   '        ::::::::..  ,     l  /く /l  l`  ̄ヽ   ゝ.    _r‐ ′   いやァ~大したものですねェ~。
 /            :::::::.  l    l/::;;j|′l   l    ハ   )   ノ     実に興味深い!
./           :::::::.   l    l::::::::|  l   !     l    `⌒´
             :::::  |    l:::::::|   l      l
 ─- -   _     ::i  l      l::::::l  |      l
 ̄ `       Y   l |  |      l::::::l  |     l
                    林羅山

 この他、他の学僧達よりも、「銘文が長過ぎ、勧進帳のようだ」、
「このような文章は田舎僧のもの」などと、言い掛かりに近い批判が浴びせられたという。

7112009/02/22(日) 21:45:57.51 ID:KP9rd5I80
 だが、この一方的な批判に対し、ただ一人、これを一喝した僧がいた。

:::/;;;;/;;'';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;;;;ii;;;;;;;;;;;;;;;;/ {;;;;I;;;;;;;;》;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
/;;;;;;j;;;{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;I;;;;;i [;;;;;、;;;;;| |;;;;;{;;;;;;;I\;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;ヽ
|;;;;;;|;;;I;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{;;;;;;;||;;;;;i |;;;;;;||;;;;;;|  i;;;;;I;;;;;;I ヾ;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;};;;;;;ヾ;ヽ
;;;;;;;[;;;i;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;iI;;;;;;;II;;;;| |::::|ヾ;;;;{  丶ヽ-ヽ-"\;;;;;ヾ;;;\;;];;;√⌒ヾヽ
;;;;;/i;;;I;;;;;;;;;ii;;;;;;;;;;;{i;;;;└;;;;;{--i;;iヽl;;;;i 丿;;\}ヽに二__\;;jヽ;;;ヾ/I∠ヾ }
{;;|--ヽI '    〆《.::::ソ>〆ヾ」χI;;;;;;p ソ  く;;;;I :::lヾ;;{;;;;;;;;;/l;;;;;;;{;;;;i:| |::::|
{;;;i  {;;;;;;;;| I;;;;;;;l;;;;;iヾl >《 ̄ソヾ ヽ   ,,〟===ヾヽ // I;;;;;[ / ノ;;}ヽj   
ヾI  ヽ;;;;;;l ヾ;;;;[;;{ヽマ,,''===ヾ ______ {|oλ:::::::::::ヾO"   };;;;;;レ /;;;;N    お前ら、くだらねえこと言ってんじゃねえッ!
 \  {;;;;;l  ヽ;;;;Ц i__{::0 ‰::::::ヾ----ヾ :::::ο;;;:::::ソ     l;;;;;}ソ;;;;;;;;/    俺の説法を聞けえッッ!!
    \;{  \;;;;|=- {{;::::::::υ ソ ノ|   ヾ====;″      レN|;;;;;;;|      .
      ヽ   ヾ ::; ゞ====″  ヘ /--           | |;;;;;;;j
             丶    _______      :  {;;;;/       
              ヽ   ヾi        //       /  |ノ     
                ヽ   ゞi  ___ ノ/          |i
                  \ ヾ____/       "     |
                   ヽ ___    '        |ゝ-_>}
                   〆|                 i ノ  I
                //::|  "        __ー ̄     |
                     海山元珠(大竜和尚)

 それが、妙心寺の僧にして、兵庫助の師僧でもある海山珠和尚であった。
海山珠和尚は、この批判を「愚にもつかぬひがごと」と一言の下に言い切ったという。

7312009/02/22(日) 21:48:13.27 ID:KP9rd5I80
   ,'  ゙、       /'    ノ l
 .  f、  ノヽ、   _./: ノr=-‐'"   !
 .  l 「ヽ : : `¨ ´: :/': : : i:l   l   
 ... l !: :《 : : : i : : : ヽ>_:,.:j l  /¨ヽ  .
   ,.、ト.、'<: /:l : :_ノ '∠: j: :L/: :/: i  .  老僧が一人、何か言っているようだが…
   ヽ:V:'弋ラゥ⊥レィ'ヽヒソ: 、: : : : ):リ    大勢は変わらぬッッ!
    i:l: :` ̄: l:、: : : : ̄ : : i: : /:/    この崇伝の主張の正しさは実証されたッッ!!
    `ハ : : : :,': :ヽ : : : : : : :! : l‐'ソ
     `'; : : :ヽ-ァ : : : : : : : : !:l: :iヽ    清韓、貴様は追放だッッ!!
       ハ : :-、_ ニニ : : : : /:/ :リ i、
       ヽ ー:-  イ: : :/ : :i :/ .i::\
        ト、: : : : : ;.イ : : : //  ';:::::::
       /::/ ̄ ̄: : : : ;.イ /   〉::::
 .     /:::::ヽ`¨ニ ¨ ̄  /   /:::::::

               / !``ヽ
              :::::  :::::\:,ノ゙
                   :: :|:.:.:
;           |,.--ヘ‐‐‐.==、r‐'´.:/
;;ヽ   ,.-、,-‐、/ペ-<|:ヽ::/_;;;ソ ::.:/     ド畜生ッ!
;;;;;;`--'´:l  .::: ,,;;::::`´ ゙゙゙Y<゚,-</     覚えてやがれ崇伝ッ!
):) >:|  :l :::      '""゙/∠,,|r'⌒i      この「大欲山気根院潜山悪国師」がッ!
:}; ;l::li‐-、l    ,.-、__ヾ,ノ゙i   ! :::/
i;;i /;;i:l   \  ゝ::ノ‐'´:/  '"〉::|
:ヾ;;;;;;;;;|    `ー‐'´`ー‐-'   / ::〉
::::ヾ;;;Y;;!    \=:::::::::   /;'; ∧

 だがしかし、海山珠和尚の反論も蟷螂の斧であった。
結局、大多数が崇伝の解釈を支持したことで、この一件は豊臣方に非あり、となった。
結果、これにより清韓は南禅寺を追放された。

7612009/02/22(日) 21:50:28.93 ID:KP9rd5I80
        _ -  ̄` ー         
      /         \        さて、この件については、
     , '       ,、 、   ヽ      基本的には徳川方の言い掛かりである、
    / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ     とする意見が一般的なのだけど、
    ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',     実際のところ、解釈上そのように読み取れる事、
    i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !     及び、豊臣方にそのように読み取れるところで、
   ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l     するべき配慮が抜けていた事などもあり、
   ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i     一概に言い掛かりのみとも言いづらいんだよ。
    { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'     (清韓自身も、ある程度の意図があったことを
   トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ       認めていたという)
            r z'   ,k-、
        _ ┬ ヘ   只  /`7-、        尤も、問題はこの銘文そのものではなく、
    / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \     豊臣方を糾弾・挑発すること自体が目的だった為、
     ! 、 ヽ 丶         / /  X!    この審議の結果はどうあれ、
   | !   ヽ ヽ    , ' , '   ' |    この後の結果に変わりはなかったと思うよ。
    |   !    \\ _//   , |   
    |  l     \ /     ,'   |

7812009/02/22(日) 21:52:30.46 ID:KP9rd5I80
 さて、その後、相変わらず家康と会うことを許されない片桐且元が、
大坂へ戻ってこないことを不安に思い、淀殿は、自らも家康に使者として
側近・大蔵卿局を遣わした。

 ::::::::::::::;/::/::/::/i:!゙、 ゙、:::::i、:::::: i::::: ',     ,':/ .:: / :::::,,:::::/:::/:;/.:i:!i:::i:::::::::::::::::
 ::::::::///:/::/ !! ゙; i::゙、:i i :::: i:::::: i     ,'/ ,' :: / /::/ :://:/://:/i i:::i:::::i::::::::::::
 ノ`メ 、//:ノ ,''  ゙, i:;,、i i :::: i:::::: i:!    / i .::/::// i:::/ i:,'/ /:;' ! !::i、::i::::::::::::
 .,,_,  '"ヽ、 /   ,,.レ''" ゙,i::: i:i!:::i:ノ      l :;':i::/-‐iナ"i!'  i:;'  ';:i'`;メ!、:::゙、:    どうしたんだろうね、片桐様?
  i~` ==-     --== i i::i:ノi:::/       l;'::i::i, ,, -=‐   '  ,.-=- .,,!:::゙、:::
  i.::''''::::i       i,,;;:::i ,'i;:;:/ i:/        l:::i:::i゙, i::;;,,i     ' i:::;;;;,~゙i 、::     もしかしたら
 .ヽ ;;;;;ノ,      i;;;;:ノ,.,' ::/ "         ゙;::゙、/:;.、!;;ノ       、::::::::ノ `    徳川に捕まってるのかも…。
 ⊂⊃        ⊂つ::::i            ゙;::/::::i⊂⊃        '' '" ,.'"
 、            ノ:::i:::l            l::i::/:         ⊂つ /:::,
 ::゙:、: 、   ^^  ,,. '" l:::i::l            l:i::;' ` 、  ` ‐‐'     ,,/:::/
 、::゙:、i! ` ‐-、 ‐''"/    l:::i::l            li::l   i::::`:.‐-, --‐‐,''":::::/
 '"゙、:i` 、   ゙  .⌒`、  l::i:,'            ゙;:l   ,!_,,..:: ./    i:::;'::::;'
   ゙!i  ',   、    ',   l::i             i::! ,'       ___ `‐/:i、
   i!   ',   ` 、  ゙ 、 i,!             i!' .,'  ,     '   /:!' ` 、
    局のお付                        大蔵卿局

8112009/02/22(日) 21:54:39.38 ID:KP9rd5I80
 この淀殿から使者とは、家康はすぐに会った。
そしてその上で、このように言った。

   \      ,..''  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  __,,,,/    /  |
  |   \        ` .、::::::::::::::::::::::::::.,-‐'"'"     /    .|   ホホホ…。
   i    `'''ヽ、       -:::::::::::::::::::      -‐'"'" /    /  何も心配する事はありませんよ。
   `i    |  `、'''ヽ、、     .ヽ.Y    , ..-':''" ゙/   /   ../   私はただ、天下が平和たらんことを
    `、  |    `、  (:、、   . .|  ,..-')   /   /  ‐-‐'    望むだけです。
     ‐-‐'| \  `、....,,,`_゙ヽ_、_,| ノ、."..-'''''''" // .. /      戦をするつもりなど毛頭ありませんよ。
       |  \\γ .,--‐-‐ "゛"゛‐-‐'''"゙'' |///  /       
       `i| \\ |        、      |///  /\`i      そういう意味では…そうですね。
       /`i  \ |   < ___ ゙''-''"'_,,,, >.. |///. /   `、     大坂城にいる牢人どもが気になりますね…。
     /   `i\\|     ヽ゛⌒⌒/゛   |/ / /          
          `i \|     `.、__ ノ     //.-            そのことを、秀頼殿と淀殿にお伝えなさい。
           ~\\    ‐'''''‐   / '               いいですね、ホホホ…。
               \      /              
                 "'''゙''-''"~

       ,-―- 、      ,- - - 、
      /ロ≠   ヽ     /ロ≠   ヽ
      .i    ノ|ノ)从)    i|    ノ!ノ)从)  
     ヾ、 イ┬ イ|l     ヾ、イ l l i   「「わかりましたー!」」
       ゞl|、 ー, イ!      ゞ!!  ヮノ
.       i_⌒ilVlr 、      /ヽゝ/}、
.       (´ヽ)ムー》 ノ      〈  }jlー》 〉

 家康は大蔵卿局を丁重に扱い、徳川には、豊臣を害する気など無い旨を伝え、帰らせた。

8412009/02/22(日) 21:56:57.11 ID:KP9rd5I80
 そしてその後、それまで留め置かれていた片桐且元を
本多正純が接見し、こちらではこのように言い放った。

                         /:::::::::::::ヽ    |l         l
                     /l /:::::::::::::::::::ヽ   l ヽ       l
                  ///::::l /::::::::::::::::::::::::::ヽ、 l__ヽ      |l|
                /::::/:::::~^//‐-::::::::::::::::::,,..-‐ヽ l:::::ヽ    |
               ノ ______/__:::::::::::::::::___\|_ヽ ノ| /
     |     /  ̄|  |  ̄U ̄ ̄ ̄ ;;;;;;:::::: 人 U ̄ ̄ ̄ //// 
     .|     l |⌒|  |:::::ヽ、  __,,../:::;;;;::: /;;;;ヽ..,,,_,, -‐'::::lノ     片桐殿…。
     |      l |⌒|  .|::::::::::::: ̄::::::::::::::::::   l :::::::::::::::::::::::::l      今、あんた、やっとそれがしに会えて、
    .|      l. ヽ._|  .| | |           ヽ、,_     .l      どうにかなるか、と思っただろ…?
    |       ヽ.._|  .| | |  、、、、       ./     l   
     |        |  ノ U            /     l        …もう、駄目なんだよ。
     l        /V;;ヽ       ._            l       大御所様のお怒りを解くには、
      |/| .l|   /  ;;;ヽ       ~'''''''…---‐・    l    
       |/ l   /    ;;;;ヽ、               ./          「秀頼殿が自ら江戸へ挨拶に来る」
        |∧ /     ;;;;;;;ヽ        ;;;;;;;;;    /           「淀殿を江戸へ出す」
         /V      ;;;;;;;;ヽ,       ''''   ./            .「国替えに応じ、大坂城を出る」
       /  /        ;;;;;;ヽ、       ./_,,.、- 、
     /  /          ;;;;;;;;;;;ヽ.、  ,-‐/'~ ,..、、--‐、.         このどれかを選ぶ道しか、
     /   /            ;;;;;;;;;;;;;;;;`/ /7 / _,. -‐''' '''__ヽ..,,,_    豊臣家にはないんだよ…!
   //  ./             ;;;;;;;;;;;;/  (ノノ / γ‐''~___,,... ヽ
 / ./   |\             ;;;;/       /7 ./  /    \ヽ)
   /    l \            ./      (ノ,ノ  / /⌒\   ̄\
  ./     l  .\          /      `~  /7 /ヽ        ヽ
 /     .  l   .\        /          (/ノ  ヽ       ヽ
                   本多正純

 実質、「他の大名と同じく、徳川家へ臣従せよ」という通達であった。

8612009/02/22(日) 21:59:34.84 ID:KP9rd5I80
 まったく異なる二つの意見を受けた豊臣家は、混乱し、大いに揺れた。
そして慶長十九年九月…。
                  __
              ,,r''"~:................~`ヽ、
           ,r'"::::::::::::::::::::::::::::::............゙ヽ、
           r'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.........:::.ヽ.
         ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...::::::..゙:,     
         l':::::r:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.゙:,       最早、ここに至っては一戦交えるしかない…。
        ,:':::::::|::::::::i::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::...゙:,     というのが秀頼様のお言葉だ。
       ,r':::::::::::ヽ、l,::;::i,::::::l:::::::::::::i:::::::ノ::::ノ::::::::::::::...゙:、  
     ,,,r'::::::::::::::::::|~-ニ.._-、;;!、;;:::ノ-‐''-'',!::::::::::::::::::::::..゙:,     太閤様御恩顧の諸大名へ文を、
    ,:':::::::::::::::::::::::::゙iヾ.ヾ::シフ  ヾゞ::シニ' .!:ヽ::::::::::::::::::::::::゙:、  あと、牢人どもと武器、食料を集めよ。
  ,r''"::::::::::::::::::::::::::::::゙i,     ,; ,     !:.,':::::::::::::::::::::::::::、::゙::、
,r"r"::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙:、   ゙'"     !,j::::::::::::::::::::::::::::::::)、::::ヽ
 `'ー:、_:::::::::::::::::::/:::::::::::::::ヽ,  ~ ̄   ,,ri':::::::::::::::::::::::::i:::::::,,r'' ゙''''"
    ゙'-、:::::::::/;:::::::::::::::::::::l ヽ、_,,,..r'', !::::::::,:::::::::::::::,,jr'"
       ゙ ー''-、_::::::::::;;;;;;;;i  ''''''''/::::|;;;;;;;;;i;;;;;;;;;r'''"
         _ ,,r'";;;;:r-l    i'::::::::`ー、;;;:;;;;;;`ー-、_
       /";;;;;;";;;;;;;;;;l      l__,,,r'''"~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'ヽ
      ,-';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ー-;;;;;''"~~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙i,
                 淀殿

 何より、片桐且元の持ち帰った最終通達ともいえる要求に対し、
豊臣家は、遂に一戦を交える決意をし、戦の準備を始めた。

 諸大名に豊臣方に味方するよう通達し、
また、牢人たちを大々的に募集し、武具・兵糧を集め始めた。 

8812009/02/22(日) 22:01:37.46 ID:KP9rd5I80
    /  ヽ.l ,-
   /   _r`´⌒ヽ丶
   |   /     `)        …最早、どうにもならんか。
   !   |      (         あの城(大坂城)は、いい城だったのだが…。
   (   !       `ー-ニ~丶
   丶  !          `)
    )  !          (
    (  丶_ , _,:-ー='`  !_        (
    丶   !_i./`=ニ~    λ       )
     `ー´`)ノ`i       /_.)ノ     ノ
        (' ヽ.      ヽ     /乂ヽ
           ', ァ     ー┬^--'    丶
           `-^ゝ _,:-  .:/|.// /|    ヽ
              `'i_'',;:  /.// /./|  . //
                i  /-''.| / /|  )`/
                `ー'i.ノ'| | | `/| .//
                  //:| |_/ `/ //
                 /::!i::::|   ./ //
                /:::::!:!::::::|  / //

 なお、片桐且元は、翌月の十月、大坂城を退去した。
これは自らの意思で出たとも言うし、和睦を唱えた故に追放されたとも言うが、
ともかく、豊臣家の家老にして、徳川家との折衝役ともいうべき人物が城を出たことで、
最早、豊臣家中の強硬論派を抑える存在はいなくなった。

 なお、片桐且元は、退去後、そのまま徳川家の家臣となった。

9112009/02/22(日) 22:03:18.68 ID:KP9rd5I80
  /:::::::::::::::::::/      ,イ|  / ///      ヽ "' :::::/二::::::
  ,':::::::::::::::::::/     / ┃              /:::::/|   \
  |::::::::::::::::/     /    ┃    /        /::::::::| :|
 .|:::::::::::::,.'     /     ┃  /          |::::::ノ ヽ
 |:::::::::/l   /  /     ┃ /            |‐''"   \
 |‐'''"  |   |  /     // ̄ \         ヽ     \_    ホーホッホッホッ!
 | |   ヽ  | ┃   //     \        ゙、           遂に乗ってきましたね!
 | |    |ヽ|  ┃◯//     _ \       \    /::    本当に、本当にお馬鹿さんですよ…!
 | / 、 ヽ,|   ┃ / /     __ ヽ \        ヽ、...:_,,,   
 /┌‐   ゝヽ  レ'"// /   ___\  \       \,,,,,,,,-‐     さあ、戦ですよ皆さん!
 ヽ,  イヽ、\=ソl‐///   /  \\  \               豊臣を、この戦で…ッ!!
  | /   ○フニl//‐''ヽ  / ,-''"""゙|l |  \         |、
  ヽヘ   // |/|  ,-  /,-"   ヽ||   \ \         |ヽ
    \ ゝヽ/ | ノ |  //    /、|゙、   | l \       |
     >、 |  |ヽニ'' /'"    /ヽ  |ヽ   | | \       |
  / ̄:::ヽ 、  l  ,//    /   /::::|   |/  \      |
./::::::::::::::::::ヘヽ   | ゝ   /    /:::/       \    /
:::::::::::::::::::::::::::゙、ヽ  | \、  /   /:::/         .|  //
::::::::::::::::::::::::::::ヽ \ \ \ヽ'ヽ  /:::/  ,::::::,,,-     | / /
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ヽ、 ヽ ヘヽ-::::/  /::/"      / /
::::::::::::::::::::::::::::::::::\  \   '''''"   //       / /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ヽ 、 \     |/        /,.イ ,,,,,,_
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ- 、 \         /──-、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   ヽ-、_     ,,,/--,,,,,,,,,,,  ゙'''ヽ、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     ヽ、"''─''"       二ニ、

 この豊臣家の動きに対し、遂に幕府も豊臣家との戦を決定した。
諸大名に集結の命を掛け、大坂城の攻撃・豊臣家の討伐を宣言した。

9312009/02/22(日) 22:05:10.94 ID:KP9rd5I80
   / ̄ ̄\
  /   \  /
 |     (●)(●)       これが大御所様の「大将の兵法」か…!
. |  u   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ ) ;;;;)    淀殿よりの使者には融和的に、片桐殿へは強硬に接し、
.  |         }  .) ;;;;)   これを以って相手を惑わし、動いたところを…打つ!
.  ヽ        }  /;;/
   ヽ     ノ  .l;;,´     我が新陰流の活人剣そのものじゃ…!
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

   / ̄ ̄\
 /    \i||i/
 |    ( ●)(●)    なんにせよ、これが最後の大戦となろう…。
. |     (__人__)   我が柳生家にとっても、戦働きをお見せできるかもしれぬ最後の機会じゃ!
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }      ) ;;;;)  
   ヽ     ノ      .) ;;;;) 
   /    く  \    /;;/
   |     \   \  .l;;,´   
    |    |ヽ、二⌒)━・'

 この幕府の決定により、当然、徳川旗下たる柳生家も戦の準備を始めた。
関ヶ原では後方支援が主体だったため、徳川家の下で、柳生家が参戦するのは
実質、これが初めてである。

9412009/02/22(日) 22:07:03.22 ID:KP9rd5I80
 …さて、江戸で宗矩が戦の準備を始めていた頃、兵庫助は京へ上っていた。
行き先は、海山珠和尚のいる妙心寺である。

     |┃三       / ̄\
     |┃          |    |
     |┃         \_/
 ガラッ. |┃            |           和尚!
     |┃        / ̄ ̄ ̄ \      なにやら一騒動あったとかで、
     |┃三    /  ::\:::/:::: \     気になって参ったですぞ!
     |┃     /  <●>::::::<●>  \   
     |┃     |    (__人__)     |    あと、和尚も
     |┃三   \    ` ⌒´    /    新陰流を学ぶ権利は如何ですかな?
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \   

         ,i´, i´ , 'ィ , '´ノ_,. -‐''"=-‐- 、._
        / / /,i´, - '::::::::::::::::::::::::_.. -‐ ' "/
       /iト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      く レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.、-ー'"
      リ:::::::::::::::::::::::ノハ::::::::::::::::く
      >:::::::::::::`, 'ナ-、 ノ_オ,. - `ヤ   おう、久しぶりだな!
      シ::::::::::ノ くゝ'  r从ノ人ノ''    まあ、大した事じゃねぇよ。
       ',:::::f ̄~¨¨`'(⌒)-こij       ちょっと幕府に噛み付いただけだ。
        ヶヽ|     ___〉 j       大して痛がりもしなかったみたいだがな。
        ` ー     `ニ゛/      
         |   ヽ,   /          あとその権利は別の奴にくれてやれ。
         |     「`ヽ、        それよりもな…。
   _,.、-ー'"¨゛´     |  , '´〈ニ三ヘ_
   i    , '´     | /     , - ', '´ ` ー- 、._
   ゝ、  /    /''^⌒       /::::r'

9812009/02/22(日) 22:08:55.09 ID:KP9rd5I80
         ,i´, i´ , 'ィ , '´ノ_,. -‐''"=-‐- 、._
        / / /,i´, - '::::::::::::::::::::::::_.. -‐ ' "/
       /iト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      く レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.、-ー'"
      リ:::::::::::::::::::::::ノハ::::::::::::::::く
      >:::::::::::::`, 'ナ-、 ノ_オ,. - `ヤ
      シ::::::::::ノ くゝ'  r从ノ人ノ''
       ',:::::f ̄~¨¨`'(⌒)-こij        それで鉄牛…お前、どうするって?
        ヶヽ|     ___〉 j   
        ` ー     ,─ ./   
         |   ヽ,   /
         |     「`ヽ、
   _,.、-ー'"¨゛´     |  , '´〈ニ三ヘ_
   i    , '´     | /     , - ', '´ ` ー- 、._
   ゝ、  /    /''^⌒       /::::r'

               _
 二、__          ノ L'.二、ー-、
   _  }         l⌒:/-=、\__`―、
  f´、ノ        i´ノ{ └ ゚'`' r=-、 ヽ
  l 丶      /_/       l.゚仆-'`i}       師匠…俺はもう到底我慢できませんや…。
.  人 \     7´ l      '´ _メ‐、. リ        やっぱり僧になるのは、やめさせてもらいます!
/__ \ \ _/   l\  ´ ̄ ,イ _, ―'  ̄ ̄ ̄ \ ,.
    ̄ \r ==、`―、 !   ー一' /     _.. -'´‘ ̄  ̄`i
     f^_/ 二 、 ` 、   / /   _..ノ`´  __ -――ァ'
     ll〈     二、 ̄ ̄ __/  /  _/ :.:., -ァ―‐'´
     _ヽl      `y / /-'´  ,/ :.:., ―' ´ノ
   //l     r-┘┴、/   .,/ :.:.:.:/   /二 l
_, ―'  ̄ . |      ! {´\ /   / .:.:.:.:.:.:/  └―´
         鉄牛(塙団右衛門)

10012009/02/22(日) 22:10:54.46 ID:KP9rd5I80
                        rヘ、_, ィ" ̄`ヽo==co==co
                        /      /   }      》
                   r'´ ̄`ソ!.   i ,'    八=co==co'
                   _,ゝ、 ,r-'^ヽ,_i_/ /⌒ヽ \
                __,ィ个f/」 /  ⌒ヽ)}___    ハ
                /__,rク       ,才fヘ.::::::::::::::.`Y⌒ヽ!
      .      ,∠≦____/      ,ィ"  卞 __フマ}:::::.ト __人
            ̄ ̄       //才´ K ー°メ6)├'   !     俺はもう鉄牛じゃねぇ!
                        ////   r=ニつ jiiチィ}     |    …塙団右衛門だ!
                     {ii/ ,'  /└┬f壬/ ̄⌒ヽ  「ヽ
                     |{   {___j./ii/ /  `ヽ. {  |  \   うおおおおおおっっ!!
       r‐―--、___        ∧`ヽ__r=={iiii/   { 丶、  `ート、__ ヽ 行くぜうりゃあああああっ!!
      /      ` ̄`ヽ__く  V// ̄´    }   `ー―'" ̄ヽ |
      i⌒i       __n-マ≧ {iii{        {   ,r‐―--、  八」_
      |⌒|      / | |    `ー-、         | /   `ヽ \    \
         |        | /∧》〉x、_   `ー-、__   Y       |  ` ̄ ̄`ヽ
        |        L久 V》》》》》》x、____  `ー-、_j>" ̄`ヽヘ!    _,斗-‐'
          ム   「`ー-、_j/////////////∧  } i`ー-、,〉=〉=h _/
         〉  マ   `寸//////////////∧__久, ___/  / ノ ト、_
           {     、    `寸i/////////////〉__ く「j `Y_/ ノノ 〉-、
         ヽ    \    `"¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´     \人>个ー〈__〉⌒!j
          }       \                    /         `ニイ
          \      丶.        ____,斗‐'´   \
           \          ̄ ̄ ̄       _____j
             ゝ __________/

 こうして海山珠和尚の弟子、鉄牛こと塙団右衛門(塙直之)は還俗し、
豊臣へ味方することを決めた。

 そして、牢人として大坂城へ入ることになる。

10312009/02/22(日) 22:12:34.10 ID:KP9rd5I80
         ,i´, i´ , 'ィ , '´ノ_,. -‐''"=-‐- 、._
        / / /,i´, - '::::::::::::::::::::::::_.. -‐ ' "/
       /iト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      く レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.、-ー'"
      リ:::::::::::::::::::::::ノハ::::::::::::::::く
      >:::::::::::::`, 'ナ-、 ノ_オ,. - `ヤ
      シ::::::::::ノ くゝ'  r从ノ人ノ''
       ',:::::f ̄~¨¨`'(⌒)-こij      
        ヶヽ|     ___〉 j        馬鹿野郎が…!
        ` ー     ─ /       戦なんて、くだらねぇぜ…!
         |   ヽ,   /
         |     「`ヽ、
   _,.、-ー'"¨゛´     |  , '´〈ニ三ヘ_
   i    , '´     | /     , - ', '´ ` ー- 、._
   ゝ、  /    /''^⌒       /::::r'


┃|/ ̄\
┃||    |
┃|\_/
┃|  |
┃| ̄ ̄ ̄\
┃|  ノ :::::\\    …難しい場面に、来てしまったようですな。
┃|<●>:::::<●>\   (やりにくいぜ、こういうのは…)
┃|  (__人__)   |
┃|  ` ⌒´  /
┃|      /
┃|{ヽ,__   )

10612009/02/22(日) 22:14:31.61 ID:KP9rd5I80
         ,i´, i´ , 'ィ , '´ノ_,. -‐''"=-‐- 、._
        / / /,i´, - '::::::::::::::::::::::::_.. -‐ ' "/
       /iト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      く レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.、-ー'"
      リ:::::::::::::::::::::::ノハ::::::::::::::::く
      >:::::::::::::`, 'ナ-、 ノ_オ,. - `ヤ
      シ::::::::::ノ くゝ'  r从ノ人ノ''
       ',:::::f ̄~¨¨`'(⌒)-こij      
        ヶヽ|     ___〉 j      …気にすんな。
        ` ー     `ニ゛/      それより、お前はどうするんだ?
         |   ヽ,   / 
         |     「`ヽ、
   _,.、-ー'"¨゛´     |  , '´〈ニ三ヘ_
   i    , '´     | /     , - ', '´ ` ー- 、._
   ゝ、  /    /''^⌒       /::::r'

           / ̄\
           |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \       …実を言うと、決めかねております。
        /  ::\:::/::  \     叔父上と違い、俺は、どうも豊臣と縁があるらしい…。
      /  .<●>::::::<●> .u\   おそらく叔父上は郎党を集める際、俺にも声を掛けるでしょうが、
      |    (__人__)     |   …正直言って、気乗りしませんな。
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、   「…そうか」
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

11012009/02/22(日) 22:16:58.48 ID:KP9rd5I80
            __    __               
         _. - '´       .::::::::::` 、             さて、この時点での兵庫助なんだけど、
        , '´            .::::::::::::::::`ヽ、         お珠を娶ってから、この年(慶長十九年)までの
    /              .:::::::::::::::::::::::ヽ         その詳細は不明なんだ。
   /                   .:::i:::::::::::::::::::::ヽ
  /           .:::::ト、    .::l::::::::::::::::::::::::`、        どこかに仕官したという記録も無いし、
  ,'   i      i   .:::/ ヽ   i .:|:::::::::::::::::::::::::::!       おそらく、今まで通り、柳生庄を軸に、
 i !  |l      |   .::/   `、  | .:|:::::::::::::::::::::::::::i       武者修行をしていたものと思われるよ。
 | |   |」_ ./| .|  .:::/ _,.. -‐十 :.| !::::::::::::::::::::::::::::|
 | ! .| .| `メ┼/| .::/ "     ヽ ::.! .|:|::::::::::::::::::::::::::::l      そして、この兵庫助の言なんだけど、
 | l .! l/  |/ ! .:/    _===、ヽ:! :|:|::::::::::::::::::::::::::::|     実際、兵庫助の周囲の人物をまとめると、
 | i |l |イ子ミN l./   " F';;;;;:::ヾ/ :|:|`!.::::::::::::::::、:::::|     こんな風になる。
  | ヽl ! | 弋;;::::j ′     辷;;::;チl  ::|:|.ノ:::::::::::::::::::lヽ.i
  l  `ヽ!   ̄            ̄ i i .|/:::::::::::::、 .:::::| |i      妻   : お珠(西軍の将、島左近の末姫)
  !    ハ    ′         | l |.:::::::::::::::lヽ::::| l|      師匠 : 阿多棒庵(西軍に属した阿多一族)
  ヽl、 l  \    ‐ --‐'     | | |:::::/|::/|::| ∨ ′     師僧 : 海山元珠(唯一、豊臣寄りの論を張った僧)
    \|ヽ  i `        , '´ !,イ .!ヘ{ l/ .l/
       ヽ/lノW ` ー-‐ i´    / ! .|               更に言えば、この妙心寺内にて海山珠和尚が
         _  _ , -‐ノ       l/‐-、            住職を務める祥雲寺は、元々秀吉の嫡男・鶴松を
      l´|:|: : : : : : :|´        了: :` ‐- __       弔う為のものであり、その開山は海山珠和尚の師、
      /| |:|: : : : : :._| `ヽ , -‐‐  !: : : : : : : //lヽ      南下玄興だったりもするんだよ。
      / | |:|: : : : : ト、_____/: : : : : : ://:.!  l
      i  | |:|: : : : : |`ー────/: : : : : : ://: l   |      そういう意味では、兵庫助は柳生家において
      |  | |:|: : : : : |       /: : : : : : ://: : |    l     比較的、豊臣と縁のある人物だったと言えるかもね。
   /_,ィ||:|: : : : :.|      /: : : : : : ://: : /    |

11212009/02/22(日) 22:18:15.49 ID:KP9rd5I80
       ,, - "  : : : { : : : : : : : : : :ヽ、
     /       : : : : : : : :.,': : : : : :\
      / /        : : : : : : /: : : : : : : : :ヽ
    /: :/: : :,、   : i、 ヽ  :.,'  : : : : : : :., ハ
   ,' /: :.,':八: : : : : :ハ: ; :ヘ l    : : : : : :.'; :∧
   .|: ;': : :i: l ヽ:.'; : : :Lヘ'; 、:.:|   : : : : : : |: :.ハ
   |: :{: : :|:,'-ニヘヘ: : :}`ニヽヽ:|    : : : : |: : :.|    お師匠様ぁ…。
  |: :|: :.:.:リ{''ィハ`ヾハ'´ -=ィハ、|       : : : :.|:.:.:.:}   鉄牛さんは大坂に行っちゃいましたし、
  |: :ヾ: ト:| 弋リ      弋zり |: : :  : : : :.:.:.|:.ル'   私、これからどうしたら…?
  |: : : ヾj:|  ̄ /     ̄`゙ |: : :   : : :.:.:.:.:|'
  |: : :.:.:.::.:l   ヽ       |: : : : :.:.: :.:.:.:.:リ
  |: : :.:.:.:.:人   _      .|: : : : :.:.:.:.:.:.:.:.,'  ̄ヽ
  l: : :.:.:.:.:.:.:.:ヽ、 `      |: : : :.:.:.:.:.:;':.マ` -ヽ ヘ
  ヽ: : :.:.:.:ト;.:x:.:ヽ、 _   < |!:i: : :.:.:.:.ノレ'リ ヽ、_゙  ヘ
    Wルレ, '' >'´   リ、  j>l!:_ - ''''  ̄ ヽ、 ̄  ̄
      '' ,' /    /  / }´           ヽ
           霊峰元奨

         ,i´, i´ , 'ィ , '´ノ_,. -‐''"=-‐- 、._
        / / /,i´, - '::::::::::::::::::::::::_.. -‐ ' "/
       /iト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      く レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.、-ー'"
      リ:::::::::::::::::::::::ノハ::::::::::::::::く
      >:::::::::::::`, 'ナ-、 ノ_オ,. - `ヤ
      シ::::::::::ノ くゝ'  r从ノ人ノ''
       ',:::::f ̄~¨¨`'(⌒)-こij      お前もいちいち気にするんじゃねぇ!
        ヶヽ|     ___〉 j      お前は、やりたいことがあって戻ってきたんだろうが!
        ` ー     `ニ゛/      …そいつを思い出せ。
         |   ヽ,   /      
         |     「`ヽ、

11412009/02/22(日) 22:20:17.03 ID:KP9rd5I80
              _   ---  ‐‐‐‐‐- 、
     _ . -‐. ´: : : : : : : _、 -‐¬‐、: : : : \_/乙へ
  _ ‐ ´: : : : : : : : :_、 - ´_士_   / ヽ: : : l:|   ⊂、
/: : : : : : : : _、ィ ´     ` l |_′・   |: : : |:|   t_┘   …そうですね。
`ー 、: : : : : : :l 牛寺      _、 -‐ ´: : : :l:|   、__冫    私、学問を続けます…!
    `` …┴-   ______ _、_:_:´__ : : : : : : : _, イ r、__>  
                ァ'´:.:.:.:.:.:\  ̄ ̄ ̄  └┘  ┌‐┐
-┐           /.:,ィ.:.:.:.:.:.:/:|           「`Y  V´`>___,-、
. </>  __    /: / | : : : : |: | <`´,丁ヽJ ̄>く _、 --- 、 /  / く
   ´丁V トイ´У/ .|: : :_: :トJ //. ̄ . ̄`く/ . . . . . . . . `く_/ __ ┌
\_√`  _⊥._ └'乙 / : : : : `、У: : : : : : : : : /. : . : . : . : . : . : .\ >└|
: :Λ`>' ´: : : : :>、,ノ l: : : : : : : | |: : : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : | \、 -
: : : Y: : : : : : : : : : Λ|:`´「「:´||: : : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : レ'´. . .
: : : :.V : : : : : : : : : :||: :r┴L : |,」: : : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : :/. : . : . :
: : : : :V : : : : : : <´ `Vト┴┐ |:/  `> : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : :|: : : : : :

        / ̄::\
       |  : : : ::|
        \_;;;;/
        |
     /  ̄ ̄ ̄\
   /;    . . : : : :\   (…学問って何をやってんだ、霊峰殿は…?)
 / ∪   . . : : : : : :\
 |         . : : : : : : : :|
 \_    . : :〃: : : :,/
   /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.
  / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\

 霊峰はこの後、元和五年(1620)、30歳で大悟するまで妙心寺にて学道に努めたという。

11812009/02/22(日) 22:21:58.53 ID:KP9rd5I80
         / ̄\
          |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\    …とりあえず、和尚が無事で何よりです。
    /u  <●>::::::<●> \  幕府に歯向かった事で、何か処分でもあるかと思いましたが
    |     (__人__)    |  とりあえず、大丈夫そうですな…。
    \     ` ⌒´   /  
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ     では、俺は失礼します。
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)   和尚もお元気で…。
         ヽー―'^ー-'
          〉    │

         ,i´, i´ , 'ィ , '´ノ_,. -‐''"=-‐- 、._
        / / /,i´, - '::::::::::::::::::::::::_.. -‐ ' "/
       /iト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      く レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.、-ー'"
      リ:::::::::::::::::::::::ノハ::::::::::::::::く
      >:::::::::::::`, 'ナ-、 ノ_オ,. - `ヤ
      シ::::::::::ノ くゝ'  r从ノ人ノ''
       ',:::::f ̄~¨¨`'(⌒)-こij      おう、元気でな。
        ヶヽ|     ___〉 j     なぁに、気にするこたぁねえよ。
        ` ー     `ニ゛/      お前はお前で、しっかりやれ。
         |   ヽ,   /      じゃあな。
         |     「`ヽ、    
   _,.、-ー'"¨゛´     |  , '´〈ニ三ヘ_
   i    , '´     | /     , - ', '´ ` ー- 、._
   ゝ、  /    /''^⌒       /::::r'

12112009/02/22(日) 22:23:21.67 ID:KP9rd5I80
=西陣・武蔵屋=

┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||::::::::::::::::::::::::: ||-|-|-|-|-|-|-|-|-|││
┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||::::::::::::::::::::::::: ||-|-|-|-|-|-|-|-|-|││
┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||::::::::::::::::::::::::: ||-|-|-|-|-|-|-|-|-|││
┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||─────||-|-|-|-|-|-|-|-|-|││
┳┥│  ││;;[田田田田][田田田田][田田田田][田田田田] |..│
┻┥└─┘,,|/=======================================;;;|..│
 ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
 ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
==@==@==@==@==@==r─ー─‐-──ー┐@==@==@==@==@==@==
─────────‐|  武  蔵  屋.│─────────
:: : :| |;;| :::: :::: :____`ー─-─-‐ー─┘____:::::::::::::: :| |;;| :
  | |;;|   ::||三三三| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|三三三||:    | |;;|
  | |;;|   ::||三三三|__|__,,ノ___,ノ___,,|三三三||:    | |;;|
  | |;;|   ::||三三三三||::::: :::::::: :: ::: ::::: ::||三三三三||:    | |;;|
  | |;;|   ::||三三三三||:::::: ::: :: :::::::: :::: ::||三三三三||:    | |;;|
  | |;;|:::: /||三三三三||:::::: ::: :: :::::::: :::: ::||三三三 /:: :::::::::::::| |;;|:::::
| ̄ ̄| ̄ ̄|. ||三三三三||:::::: ::: :: :::::::: :::: ::||三三三|| ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄
|    |    |. ||三三三三||::::: :::::::: :: ::: ::::: ::||三三三||  |    |    |
|    |    |. ||三三三三||::::: :::::::: :: ::: ::::: ::||三三三||  |    |    |
|__|__|/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||_|__|__|_

 妙心寺を辞した兵庫助は、その帰り、また武蔵屋へ寄った。
そして…。

12212009/02/22(日) 22:25:00.80 ID:KP9rd5I80
           ∵:: .   ∵:.  : i^i_i^i_,‐、
    ∵∴∵         : . .. :∵..::::/U::∪:`U
    ∵∴∵∴: : . . / ̄\   ::(つ´    ヽ
. : ∴∵   ....... :  .:|  . =-―‐‐ /0      ',-,,,_  ‐-,,,_
.. : :     ....:: :: . :::::::\_,,;-‐=ニ二_{o       :}_二ニ=-‐'''~
∵     ::..::   .:::::::  | ~'''‐-  ヽ ~~"'''―-----―'''
      ∵::  :::∵/ ̄ ̄ ̄\.   |ヽ、___,.,/  ∴∵
    ∴∵::.  ::/ ::\:::::::/:::: \ /   ::/   ∵   行くぞ九郎兵衛…!
    ∵∴:: .::::   <○>;::::::<○>  \...:∴::         必殺・スタークェイク!!
  ∵:..:.: /⌒ヽ::l⌒`i (__人__)    |∵::
  :/⌒ヽ|  |;; ;|  | ` ⌒´    /∴::
 (  ヽ;;ヽ__ノ;;; ヽ__ノ ! ̄ ̄ ̄ ̄
 >‐' /´.:.:.:.::::::::::::ヽ`ト、 .:∴::  . ∴∵∴
( : :/0   .:.:.:.::::::::::::', :    .. ...::∴

        |    l: : /: :_-//\: \: |   l
         l   l: /イく{/' l  ヒソ\: ヽ    |
         !     ',: {   r== 、  /ハ: |    |
      |     l:ハ   レ‐、/ /:/Ⅳ   |   なんのッ!
       l    | ノ:ハ  ー'  /:/イl    l    負けないよッッ!!
      !    l: 人ヘ、  イ:/: : |    |
       }   r亠―く:j    レ--、     l
       ト、 { -― y_ /__,   〉   /
       l l 〈, -―-、(__)__   {   /l
         V/`ァー<  ゝ- 、_ソ   l |
          'l  /       /   ヽ `l  /ノ
           l /             l  ヽ/
           佐野九郎兵衛

 兵庫助は、お珠を娶った後も度々武蔵屋を訪れ、弟子・佐野九郎兵衛を鍛えていたという。

12612009/02/22(日) 22:26:31.75 ID:KP9rd5I80
      ',ト、__|__  -‐    ̄`ヽ /|
       ',\_                |/}
       V´    /  /      ヾ
         / /  ,イ  ∠|  ∠l  l  ヘ
        /イ  / l  ,イj:l | /fJ:N |  ハ      ほらッ!この通りッ!!
        || /l レf} しノ V しノ八.|ヽl |
          l /|  | " _'__ " 〃V人 | ○   「やるなッ!それでこそ我が弟子だッッ!!」
         ∨ |  小、 V  /  l|イ \V /l
             j/リ V\ ー'  /l|ーャマ /|
           / l / `T ´ _jl//´ ̄`\
         r―-、 |ハ    / | /|     -┴-  _
         |   V| l // ̄ ヽ /_       ̄ ー―‐- 、
         /  `Y⌒)'´ ̄`ヽ   ∠ --  _
        /ー‐ァ'^ーく ̄   /ー、 __/       ̄ ̄`丶 __
         { /  l l\_丿    {
          ヽ __ ヽ \    /  人_, -―- 、
             \ ` ー--‐'´  ̄   /       \

          |、
          |∧
. __      .| :∧    
. ヽ:.\     l__:ヽ           
.   \:.:`:ーァ_:二:Z__ミヽ          (九郎兵衛が兵庫助様に弟子入りして
.     \:∧:Y´__j. l!\     _   もう4年か…今では、私など足元にも及ばん…。
      V/Ⅳr_7'二}|ニミ、   //    大したものだ)
      「7>,Y彡ニ7 ハー┴―ァ'/:.:.:
       V/i〉ー'^´ノz=>z=彡'-:彡 
       ノハzァ彡/´ /´:.:/7:.:.:/ 
      //.:.::}〉‐ァ==<.:..:..:..丁イト、
         加藤浄与

12812009/02/22(日) 22:27:58.64 ID:KP9rd5I80
                  ト、
             ,  -―- 、l \ /|
             /        /' ノ
    ___.  ´         ⌒\
    ` ー/   /   イ  /     ヽ
      /   /  /_,/ /ヘ   \|
     /  / /   /介.// ーヘ  |  \     ふうッ!
     / /  / /Y {り/   介 y l l l  |    今日の稽古も終わりッ!!
    ̄ /   l/f〈 | ー   ト, りノレl | /\|
     | /l /⌒7 /¨}-/⌒`L /|イ l/       師匠!ありがとうございましたッ!
     |/  /|:.:.:.く` { {ノ|  l l||_,ノ.:}      …って、師匠、どうしたの?
     / ̄厂`ヽ:.ハ| `¨ / / 〉l:.:.:./
    /7⌒`\ ヾヘYヘ __ /|/:.:./
    l/     ヽ | 人__ノlKヘノー、_
    l      / / ̄``ーく l l | ̄{丶l

           / ̄\
           |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \ 
      /  .<->::::::<->  \    …………。
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l 

13212009/02/22(日) 22:31:30.06 ID:KP9rd5I80
         / ̄\
          |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\     ……うむ、やはり間違いない。
    /   <●>::::::<●> \    
    |     (__人__)    |   九郎兵衛よ。
    \     ` ⌒´   /
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │
                    \ 、   _ ,, -─ '' " '' ‐-、|ヽ
                     ゝ,` ̄"-‐,-‐i二`-、   ヽ |,
                      >''"  イ   ("''=´ヽ, ´ノ
                     /   /  / /ヽ、、 `\ヽ、
                    / .///. ∠_// -‐ヽ\ ヽ\l   なに、師匠?
.                   // / / イイハ´ ´`イ"ハヽ\\ヽ   
                   "  / ,.|/ l t:'リ )  ゝ_ノ´|.|ヽヽヽl
                     / //.  l `" ヽ  `   ||ヽ>ヽ`
                      / // /ヽ   ̄   ,イ| |<、
                 ,-、   //// l ヽ、  / || ||ヽ|
                 丶' 、  "  "  ヽ  `l´   | |ヽ
                  `、\   _,,_ /ヽ、 ノ    |´
                   `、 )''"  )‐- 、`ヽ、  ヽ、_-_
                   /`´   /` ‐- _ヽ_ \_ __ / ヽ、

13412009/02/22(日) 22:33:52.13 ID:KP9rd5I80
           / ̄\
          .|    |
           \_/
          __|___
        / :::\::::::/\
       / < ⌒>:::::<⌒>\   お前に、これをやろう!
     /     (__人__)    \
     |        `⌒´     |
      \,,     :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       /⌒ヽ(^う    新 陰 流   (,,)
        `ァー─イ   免 許 書   .|
       /     |_____________|
        /      /
      /      ⌒ヽ
  ___/  / ̄ ̄`)  ノ           -―-、.  -―‐-、
 (__r___ノ     (.__つ       ∠  -‐-、        \ト、
                       / ̄ ̄ _        V
                      /    /  、 ィ  /ハ    \
                     / /7 /  /\| /ー|  l  ! |
                     l/ / /  ィ y'⌒|//⌒\ト、| \     ………え!?
                       //| / | {  ・ j/ハ ・  }∧|   |
                      /  |/ ノ/`ー'//// ー '/ /^| 卜|
                       / /ハ ::::::::::::::::::::::::::::::! |_ノ!ノ
                        ̄  ノ小\ ,、_,、  / ハ
                           「「 ̄个r-- イ |/ヘ|
                           ヽヽ r‐」___hl |  |
                           rぅ| |リ      lノ l/(ぅ 、
                         /-ーj jト-----ァイ∠   \二ヽ_
                        /]__レl|    / //\\ /  人ノl

13612009/02/22(日) 22:35:41.55 ID:KP9rd5I80
                  ト、
             ,  -―- 、l \ /|
             /        /' ノ
    ___.  ´         ⌒\
    ` ー/   /   イ  /     ヽ
      /   /  /_,/ /ヘ   \|
     /  / /   /介.//u ーヘ  |  \    し、師匠…。
     / /  / /Y {り/   介 y l l l  |   これって、新陰流の免許じゃない…。
    ̄ /   l/f〈 | ー   ト, りノレl | /\|   私まだ、弟子入りして4年しか経ってないよ?
     | /l /⌒7 /¨}-/⌒`L /|イ l/      いいの、これ?
     |/  /|:.:.:.く` { {ノ|  l l||_,ノ.:}
     / ̄厂`ヽ:.ハ| `¨ / / 〉l:.:.:./
    /7⌒`\ ヾヘYヘ __ /|/:.:./
    l/     ヽ | 人__ノlKヘノー、_
    l      / / ̄``ーく l l | ̄{丶l

      / ̄\
      .|    |
       \_/
        |
     / ̄ ̄ ̄\       ふふふ、俺はお前の師匠だぞ?
   /  \ /  \    腕の無い奴にくれてやるほど、
  /   ⌒   ⌒  \   新陰流の免許は軽く無いつもりだがな…。
  |    (__人__)    | 
  \    `⌒´    /    これは紛れもなく、お前の実力の証しだ。
  /,,― -ー  、 , -‐ 、   誇りに思うがいい。
  (   , -‐ '"      )
  `;ー" ` ー-ー -ー'|

13812009/02/22(日) 22:37:08.13 ID:KP9rd5I80
          ノl
         ト、/ /_.. -― -- ..._,... -‐ァ'
        .ゝ'' ´          <
      .∠ ‐''    . ‐''"   ヽ    ヽ
.  ‐-=ニ´   .  ./   . -‐イ  ト、 ヽ. 、ヽ
     >'´ /  ∠._  |  /_...ト、 l l., ヽ
    / / / 、 ./. へ`' |  /へ. | V| | ヽl
   /  イ  ///`く {Ч .|/L.{Чレl | |     ありがとうございます、師匠!
  // |  .イ |   `ー'     /‐ヘ .レ'| l    この佐野九郎兵衛、より一層、新陰流のために励みます!
  ′  | ∧| .| ///  ._____. /   |/
     レヘ、 | |l    ├--、 / /|
      ∠-|| ト、     ヽ.___/ / |
      / |l |     ,_ rrー'-|.|-、  . -、‐-、
     /-'''フ レ|  __,,. -`.| 「`´`|.| _,>ッ´ , ┴-く`;
     rr='| ∧. ̄   ‐'´||_..-‐レ´ / /     ヽl
       ||_,|/-ノ`     _.=/‐--/==イ l      ヽ

      / ̄\
      |    |
      \_/
        |  _
     / ̄ ̄ ̄ \      
   /  \ /  \     うむ、それでこそだ!
  /   ⌒   ⌒   \   頑張れよ!
  |    (__人__)     |
  \    ` ⌒´    /
  /ヽ、--ー、__,-‐´ \

 こうして、兵庫助の最初の高弟、佐野九郎兵衛は、その天性の才能が開花し、
わずか3・4年で新陰流の兵法目録(免許書)を兵庫助から与えられたという。

14112009/02/22(日) 22:39:17.31 ID:KP9rd5I80
          _,,.. -ー― -ー―- 、- 、             
        ,.: ::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙':::`ヽ、           この時の新陰流の免許は、
     , ':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、        通常なら、白髪になる頃まで修行を続けて
    /:::::::::::::::::::::,::::::::::::i:::lヽ:::::::、::::::::::::::::::::::::゙i、      始めて得られるほどのもの…と言われているけど、
    /:::::::::::::::::::l:::!:::::::::::l::::l ゙、:::::i:::::::::::::::::::::::::::゙,     この佐野九郎兵衛は、僅か3・4年の修行で
   ,':::::::::::::::::::::l:::i:::::::::::il:::i  ゙、::::i:::::::l:::::::::::::::::::i      これを得るほどの域に達したというんだ。
    !:::::::::::::::!:::::li:,'i::::::::::,':l::, ̄`¨゙、::i::::::!::::::::::::::::::゙、.    
   イ:::::!:::::::::l_;;;l lj l:::::::,' l:'    ゙、:i,::::i:::::::::::::::::::::ヽ.    後の兵庫助自身の言によると、
  ,'/l:.:.i:.::.::.::l:.:.l i,' l:::::,'  l! ,,ィttーァ、-:.:l_,,.._:::.:.:.:.i:.:i:.゙、  
  / .l:.:.l:.:l:ヽli.:;ィftt-、'  '  弋'o;;ノ l:.l:.l -、゙,..:..:.l:.:.ト:.゙、. 「生付て相手へ仕掛けて間境えを計って
 '   l:.、!:.l:.:.:l.iヾ;or';ナ     ~´ .i::.:il _iノ.,':i:::l::li:::l `ヾ、 間境えを越す足の法も、拍子もきいて
    l、,'、:li::::l,  `¨´  '      ,'::::l, - '::イ::.l゙:l.l:.l     その他にも天性の器用を多分に備えていた。
     l:.、:!゙、:l      、´ ̄i   l:.:.:l::l::,i::/ l:,' j! ',i     そのような生まれ付きの者は
     l:.:l、:、:.:l` 、,'^、. ` ー'  /l::::::l:.i/l,'  i'        当新陰流が始まってから今までにあるまい」
.      l::l ゙、ヽ:.,-'-t, lー,- - '゙l´ ,':::::!l:_,,..-ー-、.     
      l:!.  , ',_ーt ト'゙./,,-tー-'  jl::::,'、l:::::::::::::::l        という程の人物だったらしい。
      .i' .l ._/l ,l.ノ. ,'::::::/、,,、_,,,_ l::,'::::`::::::;;;;;;;:l.       外見はともかく、その兵法(剣術)においては
       iト、゙-'´_,,-'゙l:ィ/,XXXXXl'l::,'-:::::;;;;;;;;:,'        実子の茂左衛門利方よりも兵庫助に
 _ ,,,...  -―ー゙¨´ ̄ ̄l~l`゙ー--ー''゙:::i::::::::;;;;;;;;;;,'        似ていたらしいね。
¨                l. l:;;;;;:::::::::;;;;;;;;;,':::::::;;;;;;;;;:,'.     
                l. l:::;;;;;;;;;;;;::::::::,':::::::;;;;;;;;;:,'.         まあ、ただ一人、唯一の例外がいるわけだけど、
  dynabook.    l. l::::::::::::::;;;;;;;;,':::::::;;;;;;;;;;,'.         彼が出てくるのは、もっと後、だね。
              l. l::::;;;;;;;;;;;;;;;;:,'::::::;;;;;;;;;;/       

14312009/02/22(日) 22:40:59.32 ID:KP9rd5I80
    /    {_/: : : /: :/`7-、: :_: -―z―-、|
   ,    /: : : : /|/     \:_:_: : : \ !
   l   /:/: : : / '  /二二7  |\  ̄\||
    |  /イ : : / !    /   丨 ,: : :ヽ.   |
    |   |: : / |\  l_--'⌒ | /:ト、: :|   |     こんな…!
   l   |/   l: : ヽ ヽ\__/l /: :| ∨   l    こんなところで……!
          卜: :|  ー一'|:从     l
    ',       ',: V>―― イノ― 、     !
    ',       マ¬ー、   |___」 \, -┴i
     ヽ      ',\   \ !  /. /   |
        ',        \. -―-、r⌒〈 __ ヽ
       ',   ヽ   /    __ ゝ_ノ、___ソ\
       \    l  \  / /丶l ―- 、   ',
            ヽ.  l   ∧/ //   \    \ |

        / ̄\;
       ;|    |
        \_/;
        __;|_
       /      .\;
    ./::::::::::::::::     \;
  ;/::::::::::::::::        \   …九郎兵衛ッ!
  |::::::::::::::::::::::::         |;    その若さで……!
  ;\::::::::::::::::         /
  / :::::::::::::::       ヽ;

 しかし、後(おそらく尾張に行く前)に、九郎兵衛は「不仕合せ者で若死し」、
そのことを兵庫助は後々まで思い出しては残念がったという。

 だが、それは後の話である。

14512009/02/22(日) 22:42:21.74 ID:KP9rd5I80
      / ̄\
      |    |
      \_/
        |  _        …禍福は糾える縄の如し、か。
     / ̄ ̄ ̄ \      世は徳川と豊臣の戦一色ではあるが、
   /  \ /  \    .遂に、俺の弟子に免許を与えられるほどの者が出てくれた…。
  /   ⌒   ⌒   \   
  |    (__人__)     |    お珠のこともそうだが、
  \    ` ⌒´    /   浄与、お前の紹介あってこそだ。
  /ヽ、--ー、__,-‐´ \   礼を言うぞ。


          |、
          |∧
. __      .| :∧               いえ、これは九郎兵衛の努力の賜物…。
. ヽ:.\     l__:ヽ             それがしは仲介したのみでございます。
.   \:.:`:ーァ_:二:Z__ミヽ            お珠様については、それこそ私の方こそ…。
.     \:∧:Y´__j. l!\     _ 
      V/Ⅳr_7'二}|ニミ、   //      …おお、そういえば兵庫助様。
      「7>,Y彡ニ7 ハー┴―ァ'/:.:.:    前にお話したこともある新免武蔵が、
       V/i〉ー'^´ノz=>z=彡'-:彡    少し前、決闘をしたそうなのですが、ご存知ですか?
       ノハzァ彡/´ /´:.:/7:.:.:/ 
      //.:.::}〉‐ァ==<.:..:..:..丁イト、     「ほう、それは初耳だな」
     /':.:/ィ 〈:.ノ}_:..:..:..:..:../⌒::

14612009/02/22(日) 22:43:47.67 ID:KP9rd5I80
=慶長十七年四月、舟島=

      __,、-'" ̄ ̄ ̄ ̄"'-、、_
    /        :::    \
  /~        :::       \
 /          ::: //      ヽ
../      l   / ∠/ヾ、_      ヽ     
│      |   /'" /'''''ヽヾ    \ |      武蔵、遅かったのう…ッ!
│_,,,、、-\ ヘ / ̄<二゚/三ミ   ,,,,,ト-、   臆したかッッ!?
//,,、----l◇V |  ヽ\__ミミ   ミ ∧ ヽ
\ ∠゚/ |  |   ヽ-、ヽ ヽ \  /| |\|/   …フンハッ!!
 / フ--/ |,- ∥ ̄\ ヽ,、-、,_  / / ミ//   
 | /ヽ/ /  ヽ---∠ ̄   ヾ、,,/ ミ丿\
∠ニ\,、∠\-'"  ___,,、、-''""\ ミ    ミ~  |\/\--,,、、
. ヾl |/ __,,U/,,,イ ̄ /  )     ミ  |  \ ヽヽヽ
  \彡 | ヾ--''''''~ / ,,,__丿ノ    ミ   /   |  \\
   ミ ヘ  / ̄ ̄\_,,,,ノ ミ   ミ   (    |  ヽ /  
    ミ  \__/ ミ  ミ  ミミ   ミ    \   |   ヽ ヽ
    彡 彡   ミ       彡/        イ   |  |
      ミ ミ   彡     彡/         //    |  |
      彡,,,, ,,,, ,,,, ,,, ,, 彡 /      / ̄  / |  ∧| |
       佐々木小次郎(佐々木巌流(岩流))

 時を遡る事2年前、慶長十七年四月、
豊前小倉藩・細川家の指南役・佐々木小次郎と新免武蔵(宮本武蔵)は
舟島(後の巌流島)にて決闘する事になった。

※ 実在自体が疑われてる佐々木小次郎こと佐々木巌流(岩流)/巌流小次郎で砂。
 年齢も老若両説あるんですが、とりあえず今回は爺で。

14912009/02/22(日) 22:45:18.65 ID:KP9rd5I80
             (,、i;!|、.,i.l|リjィ!rグ(‐!,.il/ |ッ,i,ミミソソ
             ''vノノ..i,,/"ヽ'二./ :::::j゙".、.'゙/"ノノミ
              .|l' /   'ヽ..!l二リ,二.,゙"゙',,,,/ノノノ
              |.l/      ,;'!'!'jlll!゙!'".くl=セノ
              :/         ''''''ノノ""ヽミ'ミ
             ./||li          ((    kミ
            ノ _:::::'i|:/         ヽ
            |  {''ヽL  __ノ
  ,_ ---- ー、   ゛/  ト,o:|::;:_ii,,,,,,,,_ _,,,,,,,,,
/      _ \  i    /'"  !;;''' 'ニ_ _:''ヽ     小次郎、敗れたりッ!!
       \_ヽ /| ,_,,,ノ     ノo_ フ:::: '     邪ッッ!!
   ,ー‐、   | ヽ| ! 、                 
.__     ヽ  |/ .| ノv、             
   :''-、   i ト__ノ| }ト, ヽ                
   ノゝ  | ヽ 、 ト ヒ _ニ=‐‐ ′     /::   
トーゝ  |、__ト-′.. ノ ー‐          ,/::  
 ニ_'ー´  .    !      _ _,.,,.... -・';/::::
              'ー-―‐''ト     ::::::::ノ::::
            新免武蔵(宮本武蔵)

 この決闘の内容については、あまりにも虚実が入り混じり過ぎている為、
真否は明らかではないが、世に知られている講談調に言えば、

 「武蔵は小次郎よりも遅れて到着し、焦れた小次郎が鞘を捨てたのを見て、
  ”小次郎敗れたり。勝つつもりならば、何故鞘を捨てたか”と叫び…」

15112009/02/22(日) 22:46:49.40 ID:KP9rd5I80
        ,、-''"~ ̄ ̄ ̄~~"'-、,_
      _,-'" ̄ ̄\         "'-、     
    /  ∧   \           \    
    /   / \    \         \
   ./   /--- ト、、--,|ヽ(_∠、--、、,_ ; ヽ
  .|  / /'''''--、|____ )__,、----、, l  .|    / ̄ヽ
  | / -/''--、|,,|~'_ |  (_ソ-←'''--ミ\.|   ./   /
  |'~ _r'''"''--、,,,\ヽ ▽フ__,、--''''""'-、\.ヘ   (,,、、,, |     ザ ク ッ !!
  .|  .,l,/ニニ';;;;--ニv ' | / |,r--'';;ニミミ、'i \|  ./   (
.,,,,,(-彡ニ/●-.'.i. ヽ└∠シ'--''7"; ;; .ヾ_Yヽ \__/    .|
|┐トミ乙(、_,イV ミヽ|| |/ /イ\_●ミニミヽ )  ̄\  |
|/∧ ト-ニ彡//  |.《 》イ ''-、ヾミ;;ニミミ\ノ      .|
|V/ト \〆// >⌒凵 ト--、  \、ヾヾヾ  \     .|
|V |~\ /\/-'~ト、,,(  ~i,,,,)\  ~"-、,_   )     イ、
》《 |  .V |  / ,、-へ--ヘ、,, \     ヽトく    /  ~"'---
| Y 'i、 / /,;;-'''~  __,;;、___  "'-、\  '   .) ミヽ--''' イ"'''
|/"  V//   /''┴┴┴\  ~\   ノ ミヽ  _ヽ、_
>)l;   /  /<lTTT工エT'YT>  '''''''"~ ミ | V~  "'- 、
/ 彡ヽ 《イ ( ̄>、二,,,,,,,,二_,イ~ ) l ミ   ミ   | ,_
/  彡ニ   l\__Y__) ;; ;;.(_l l l、ノ ヽ   ミ、_∠/__
 . / 川.l                 ' 川       "''-、,_
 /  /川川 i        ミ     川、  \ 
./ / / ∧川川 l i         i 川 \ \  へ
. //      川川 | | | | 川.川.i.川   \\  \

15512009/02/22(日) 22:49:11.91 ID:KP9rd5I80
  |.V:.ヽ.    ..-、___r‐..、 /:.:.:./ :../
  Ⅵ、:.:\ /:/:::::::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:./ ..:/
    V:.V:.:.:/:.:./::::::/|:\:::::::::}:.:.:.:/..:../
    V:ヽ/:.:./-/-:ト‐-:.≧..、 ̄`..くl、   
     ヽ/ ̄/:.:.:._/:|:ヽ:r≦三 __   |   
      |:: >彡三|:.:|..:/ァ-―‐ァ:7ミヽ}    …てな感じで、細川様お抱えの剣士、佐々木巌流(小次郎)と
      V!イく_ ._..-Ⅵ:/≧=<:/__}:.::{    舟島にて決闘した武蔵は、櫂を削った木刀を用いて、
      .ハ_}:/r‐.、Ⅵ  /フィォ /ト::::〉   小次郎の長太刀に打ち勝ったとか何とか…。
      7ヘく「ト{::::_\} !__::::::}/jト:::::{    (え?あれ?櫂?腕じゃなくて?…ううむ)
     |:::∧ヽV´ ̄::|! | ̄ ̄`l!/l:.::.::〈   
     .Y:::∧.l!{_::::==l! |==ミ/!/ィ\::}  
::\   |_/:小 ヽ:,ト、:j! |::,ト、:/ /爪、:..:\
::::::::\  /://_::\ |_/ \ !_ ∠ =-‐ヽ:..:.ヽ._
::.. :::::::\//く -ミ_z=‐ ̄´ ̄  __. --ヽ:..ーミ{、
\::.. :/;ノ/´}      _ .._-≦ -――- \:..:.`ミx、

       ./ ̄\
       |    |
      \_/
        |
      / ̄ ̄ ̄\       ふーん。
    /  ::⌒ :::::: ⌒\    佐々木なる剣士は聞いた事が無いが…、
  /   <●>::::::<●> \   細川様のお抱えであるならば、弱くはあるまい。
  |     (__人__)   |
  /     ∩ノ ⊃  /    前の吉岡の件もそうだが、
  (  \ / _ノ |  |   なかなか大したものだな、武蔵というのは。
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /

15812009/02/22(日) 22:50:55.80 ID:KP9rd5I80
             _ -  ̄` ー
           /         \
          , '       ,、 、   ヽ
.         / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ          さて、俗に言う「巌流島の決闘」である
.         ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',         「宮本武蔵と佐々木小次郎」の決闘が、
.           i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !        この頃、あったそうなんだけど、さ。
         ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
         ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i         正直、これについては、
           { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'        この決闘自体が本当にあったのか、及び、
         トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ         そもそも「佐々木小次郎」なる剣士自体が
           ソ く\|  〉'井、 / | /ヽ、        実在したのかどうかも不明瞭な箇所があって、
          /  | \ | /ーゞレ´  / /        史実として書くには扱いに困るんだよね。
         / /.|  | |  Y丿  S  レ |
        ( / |  .|/   /     〉 |          なので、ここでは、
         \| |  ,|  /      〈 |
           | /  /      | |           「この辺の時期に巌流島の決闘が
           |    /      .|  |           あったと言われている」
          〈 |   /_,,_    .|   |
          | 丶_ /ー7''ト >_ イ   |          ということだけ書いておくよ。
        /´   ,. -    ̄  ` - 、!         まあ、一応、これは柳生メインの話だし、
       /   /     __      |         この決闘を検証してるとキリがないからね。
       /   /    ,.  '´       ノ|
      /  /   /        ,.  ´ ´\        誰か史実準拠で
       〉 /  /       ,.  ' ´      }      「やる夫が巌流島で決闘するようです」とか
     /, - | /     ,. ' ´         ノ ~―、  書いてくれないものかな…。
   _<_ /    ,. '´        ,. - '´ー つ=
 / / ̄    ,. '´_  -ー=   ̄
/  /    /  ̄
ー'    /
〈   /

16012009/02/22(日) 22:52:35.90 ID:KP9rd5I80
          |、
          |∧
. __      .| :∧    
. ヽ:.\     l__:ヽ            
.   \:.:`:ーァ_:二:Z__ミヽ            そういえば、その武蔵ですが、
.     \:∧:Y´__j. l!\     _   なんでも江戸にも行って
      V/Ⅳr_7'二}|ニミ、   //    宗矩さまの家臣を倒したとかいう噂も…。
      「7>,Y彡ニ7 ハー┴―ァ'/:.:.:   
       V/i〉ー'^´ノz=>z=彡'-:彡   
       ノハzァ彡/´ /´:.:/7:.:.:/ 
      //.:.::}〉‐ァ==<.:..:..:..丁イト、   
     /':.:/ィ 〈:.ノ}_:..:..:..:..:../⌒::

       / ̄\
       |    |
      \_/
        |
      / ̄ ̄ ̄ \       叔父上の家臣だと?
    /   ::\i||i/::\     俺は少なくとも聞いておらぬが…。
  /   <●>::::::<●> \    
  |  u   (__人__)    |    まあ、仮にそれが事実であったとしても、
  /     ∩ノ ⊃  /   叔父上が動いておらぬということは、
  (  \ / _ノ |  |    おそらく、大したことではないのだろうな…。
  .\ “  /__|  | 
   . \ /___ /

16212009/02/22(日) 22:55:06.57 ID:KP9rd5I80
                    , -ー - 、   
             __      r'  r-、   ヽ,
           /´  。  ̄~`゙ '  l;;;;r,`、,  l       ちなみに、この頃の武蔵と柳生といえば、
    ,r '^゙`ヽ、/   ゚         `ー-`´ ノ       慶長十年(1605)だか十五年(1610)だかに、
   /  /、        _, ,_ _      <´.        江戸で宗矩の家臣、大瀬戸隼人・辻風典馬というのが
  /   ./;〈/l    , -i'´l:.:.::::l:.:l:.:.:.:l`゙ヽ、_   \..     武蔵に挑んで返り討ちにあったっていう話が
  l   /;;;;;ノ  _r ':.:.:.:.:::.:l:.:::::l:..|ヽ、:::i,:.:.::::.:ヽ,   ヽ,     あるんだけど…よくわからないんだよね、これ。
   k      /...:.:.:.:.:.::::.l.:.::::,':.,'  ゙、:i,:.:.:l:.:.:.゙i、   ゙i,     
   `ー-フ /:.:.:l:.:,:...:.:::::ハ::/l:,' ‐''゙´ ヽ;i,:.,'::.:.:l.:.゙i,   ゙i,    まず、柳生側にそういう史料は無いし、
     /  ,l.:.:.:.:.l:.,、:.:.:.,'_i'l,'/'   ,,rtz-/:::ト,:.:.:.:..l    ゙k .  一方の武蔵側なんだけど…史料が、
     /  l..l,;、:.、ト、l゙_ィztt、     辷_l,':.:.l,':.:.:i:.:.l    }.  武蔵の死後100年以上後に書かれた
 .   {   .l.:.i、;ト、:ヾ'て辷_l     ~¨r'.:.:.l:.:.:/l:.ノ    ,'  「二天記」だけだったりするからね。
     l   /'Y:.:.`゙:.:T、ヽ`゙¨´   '_    l:.:.:..l゙./_/'    /.  
    ヽ_,l_.ト k、:.:.i:.:.:.:.~` 、 _ ゙-' ィイ:.:,'/-ー'    /.    単純に考えたら、「虚構である」というのが
  r yー'、.、i~'-'-, 、;;、'``~''r-ーTニ_ニ-'、~} (~)_,,- ´      一番矛盾がないんだけど、
  ヾ、i^.、{.i,l  /,アr--、__,,}     ゞト、ノl {  `ヽ, _    仮にこれに近い事実があったとしても、
  _,l'_,_ __,,-´/´        r-、_ノ l, l  l ,l`-'' ゙_~_.)   「ニ天記」以外に載ってない程度の物事だから
  ト、i_ ~ィく , i´    /    ーt 、_ー' `'゙ ヽ_,' /~ k .    大した影響もなかった、というところじゃないかな。
  ,i 0 `~'゙{ r      ,r'  _ ,,..r''-' 、-i   i   l   i,    (別に一族が倒されたわけでも無いですし)
  l 0   / .}   ,r'´ ,r'´  /`^゙`ヽ、      l  ,/'    
 ,l    l ,'   ,/  /    /l     ヽ、   〈 l, {.      まあ、江戸時代を通じて、
 |    l/   l ,/    l .|      l_     l l     柳生は、剣術流派の中で一大ブランドだったから
 |     l、   ,i、 l        |       ,i゙k     l { .     たとえ流派の末端であろうとも、倒したとあれば
 ゙l       / ゙y     , i       ,i i    `゙i、    「我が流派は柳生より強し」と言えなくも無い分、
  ゙l     /  /       | . i     i ィ'      l    こういう話の引き合いに出されるのも
  l、_   /   /,'      l   i    / / ゙、    ,/    仕方ないと思うね。
    `~     ./ ,l     l        / /  `ヽ,__ノ     
        / /      l     ,i 〈

16512009/02/22(日) 22:57:06.37 ID:KP9rd5I80
       / ̄\
       |    |
       \_/
       __|__         …その武蔵とやらも、
     / ::-:::-\      今回の大坂の牢人募集に向かっているのかね…?
    /  <●>::<●>\
  /    (__人__)   \    今日、ここへ来る前、妙心寺に寄ったが、
  |      `⌒´     |   海山珠和尚の弟子、鉄牛殿が還俗されたよ。
  \            /   いずれ、塙団右衛門の名が聞こえてくるに違いない。
  /              \

          |、
          |∧
. __      .| :∧    
. ヽ:.\     l__:ヽ         
.   \:.:`:ーァ_:二:Z__ミヽ          兵庫助様も此度の戦では、
.     \:∧:Y´__j. l!\     _ 宗矩さまの元でお働きになるのでしょう?
      V/Ⅳr_7'二}|ニミ、   // 
      「7>,Y彡ニ7 ハー┴―ァ'/:.:.  兵庫助様ならば、きっとそれ以上の武名を
       V/i〉ー'^´ノz=>z=彡'-:彡 挙げることができますとも!
       ノハzァ彡/´ /´:.:/7:.:.:/
      //.:.::}〉‐ァ==<.:..:..:..丁イト、
     /':.:/ィ 〈:.ノ}_:..:..:..:..:../⌒::

16812009/02/22(日) 22:59:14.06 ID:KP9rd5I80
       / ̄\
       |    |
       \_/
         |
     / ̄ ̄ ̄\
    /  ::\:::/:: \     ……さあ、どうだろうな。
  /  .<->::::::<-> \   ともかく、今日も世話になった。
  |    (__人__)    |   さらばだ、浄与。
  \     `⌒´    /
  /,,― -ー  、 , -‐ 、
  (   , -‐ '"      )
   `;ー" ` ー-ー -ー'|

  |.V:.ヽ.    ..-、___r‐..、 /:.:.:./ :../
  Ⅵ、:.:\ /:/:::::::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:./ ..:/
    V:.V:.:.:/:.:./::::::/|:\:::::::::}:.:.:.:/..:../
    V:ヽ/:.:./-/-:ト‐-:.≧..、 ̄`..くl、   
     ヽ/ ̄/:.:.:._/:|:ヽ:r≦三 __   |   
      |:: >彡三|:.:|..:/ァ-―‐ァ:7ミヽ}    ええ、またお出でくださいませ。
      V!イく_ ._..-Ⅵ:/≧=<:/__}:.::{    御武運を、お祈り致しますぞ!
      .ハ_}:/r‐.、Ⅵ  /フィォ /ト::::〉   
      7ヘく「ト{::::_\} !__::::::}/jト:::::{   
     |:::∧ヽV´ ̄::|! | ̄ ̄`l!/l:.::.::〈   
     .Y:::∧.l!{_::::==l! |==ミ/!/ィ\::}  
::\   |_/:小 ヽ:,ト、:j! |::,ト、:/ /爪、:..:\
::::::::\  /://_::\ |_/ \ !_ ∠ =-‐ヽ:..:.ヽ._
::.. :::::::\//く -ミ_z=‐ ̄´ ̄  __. --ヽ:..ーミ{、
\::.. :/;ノ/´}      _ .._-≦ -――- \:..:.`ミx、

 こうして、兵庫助は再び武蔵屋を辞し、柳生庄へ戻った。

17012009/02/22(日) 23:00:32.12 ID:KP9rd5I80
 そして、場所は駿府へ移る。
時に慶長十九年(1614)十月、大御所家康は、軍勢を率いて駿府を出発した。

   \      ,..''  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  __,,,,/    /  |
  |   \        ` .、::::::::::::::::::::::::::.,-‐'"'"     /    .|
   i    `'''ヽ、       -:::::::::::::::::::      -‐'"'" /    /
   `i    |  `、'''ヽ、、     .ヽ.Y    , ..-':''" ゙/   /   ../   ホホホ…。
    `、  |    `、  (:、、   . .|  ,..-')   /   /  ‐-‐'   なんとか、私の命は間に合いそうですね。
     ‐-‐'| \  `、....,,,`_゙ヽ_、_,| ノ、."..-'''''''" // .. /
       |  \\γ .,--‐-‐ "゛"゛‐-‐'''"゙'' |///  /       それにしても、戦はいいものです。
       `i| \\ |        、      |///  /\`i     久しぶりに若返ったような気持ちですよ…!
       /`i  \ |   < ___ ゙''-''"'_,,,, >.. |///. /   `、   ひとつ歌でも歌いたくなるような気分ですねェ~♪
     /   `i\\|     ヽ゛⌒⌒/゛   |/ / /
          `i \|     `.、__ ノ     //.-
           ~\      ‐'''''‐   / '
               \      /
                 "'''゙''-''"~
            /`ヽ  
        ∠l /_l/  _.l_l.|_  `l
      /`~l/'''' u   '''ll'''l1/`
  l /⌒|.|  ===   ==.|
  l |   ||   、゚__,  / ゚__, ./   大御所様、心なしか若返っておられるような…。
  l ヽ、_|| ij  、、  `''7 .l   やはり戦があると活力が沸くのだろうか…?
  ヽl| / ヽ         ′l
    ヾ/  ヽ、   ⊂ニ⊃ /
  //   ;;;;ヽ、   ≡ /
-‐/-/    ;;;;;;; ヽ、 _,/
-‐|ー.|\    ;;;;/ l-lー-、、,,_

 この時、久々の戦ということで、家康は上機嫌となり、「大御所様は若返られたようだ」と言われたという。

17312009/02/22(日) 23:02:36.53 ID:KP9rd5I80
 更にその頃、東海道を下る一団があった。

          / ̄ ̄\
        / ._ノ  ヽ、\
        |  (●)(●) |     奈良奉行の中坊秀政殿と共に、
        |  (__人__)  |    大坂へ向かう我が軍の道中案内か。
        .|   `⌒´   }   
       ./ヽ       }     それが終われば、秀忠様の本陣にて護衛の任…。
      / ノ.ヽ    . ./\   まあ、わかっておったが、槍働きをお任せされることは
.     〈  〈|   / ̄|  |ニニ|  .なさそうじゃのう…。
      \. ∧ /  :| /  /
        ∧ /|ハ__ハ/ /
        |トv'   / |/ |
       / ゝ._ノ/^,.|│ |
.       // 」 0_ 0_ L\へ
      / V {_:_:_} {:_:_:} V  :|
      |_人__--=ニ人  |
         |__|フ/ ̄|   ̄
         |:::::::| /‐‐‐|
         | ̄ |/::::::::/
          ̄〈ニニ/

 宗矩の率いる柳生家の一団である。

17612009/02/22(日) 23:04:02.84 ID:KP9rd5I80
                 ,..-ー '' ´  ̄ ~ ゙¨''ー 、        
               ,r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙ヽ, 
              , ':.:::/::/:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.!、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`i  
             ,':.::./:.,':/::.:.ィ:.:/:.:::.,! ヽ:.:.:.:.:.:.:...:.:.゙i      宗矩は、この戦に際し、
              ,'/:::,':.,':/:::.:/:.:/:.:ノ:,'__゙i:.i:!:.::.!:.:.:.:.:i.     奈良奉行・中坊秀政と共に、
               ,':.i::.:il:.:l:!.:..:イ_/!:.:,':/´ _, `!:i:.:.:.::i:.:.:.:.:ト、    徳川勢の大和から大坂への
            i:,i:.l:.ハ:,':i:.i´!i/,';/''´´ ,rtTハi!:.:l:l:.:.:.:.:゙,:',.   道中案内を命じられていたんだ。
            i!l:.l:.i:.i,':.l:.:/ィiテォ,    辷ノi:.l:i:;:.:.:.:.:.l:l:.i    そのため、他の者たちよりも、
            ' .iハ:、:.l:.:ヽ! 弋,ソ  ,     ノ,i:.:,':.:.:.i:,'i:.l、!   先行していたものと思われる。
             ' ヾ,:`:.:.: ゙、   _.. '  , 'i:.l:.:ノ:i:.,'.i,'.  
               l:.i;、:.、_`. 、 __ , ' i从ノ,'// ' .      また、この頃の宗矩の
                ヾ ,ヾ、_,,_,,,.l    _,}ー-'¨゙`ヽ,.    「旗本としての役職」は、先にも書いた通り、
               , ':::::::::;;;;/ー-  ' ´ }:/::::::::::::::::i     おそらく書院番/小姓番であるため、
                 !:::;;:::::/'゙_     ,','::::::::::::::::::;;}    戦が始まれば、将軍秀忠の親衛隊として
                   };;r':/;; ;; ;; ;;  ̄;; ー-'_:::::::::;;:::::;;:;i.    本陣に控えることになっていただろうね。
              ,';;l:.:.´  ̄  ̄ ¨ ''ー-,_{:::::::;;::;;;::k.  
              l;;l;;;;;;;;;,,,:::::::::::::...,,,,,:::::::::::::::;;;:::;;::i      あと、宗矩の場合、
                l:::l;;;;;;;;;;;;::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;::;;:::i.      その所領たる柳生庄が大和にある分、
               ,':::,'::::::;;;::::::::::::;;;;,,:::::::::::::::::,;;;;;;;;:::l      先に指示を出し、そちらで地元の郎党と
              ,':::,':::::::::::;;::::::::::::;;;;;;:::::::::::::,';;;;::::;;!'      合流する、という都合もあったと思うよ。
             ,';;;,'::::::::::::;;::::::::::::;;::::;;;;:::::::/;;;;:::;;;::l  
            ,'::/::::::::::::::::::;;;;::::::::::;;:::::::::/;;;;;;;;:::::!   
           ,<,ノ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,::;;;;;;:::;;;::ハ;;;;::;;::::::l.    
    _,,,.._,,,--く´:.:.ヽ、;;;;;;;;;;;:::::::::::;;;;;;;;;;:::::::::!i;;;;::::::::::l  
,,..-ー'゙´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、:..:..:`ヽ、:;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::i'' ̄ ̄~i 

17912009/02/22(日) 23:06:05.71 ID:KP9rd5I80
  ヾ、 ! iミ、ヽ、゙" /ノノ_/|// _ノ´ノヽ
  ヘ,=、,,_ヽ、   ^ト、,_二=、,, /‐|
  "^___,,,ノ`     `ヾ-=、ノ 彡  ,ィ
   (彡‐'´      ,、==、、  } -彡'    でも、久々に柳生庄にも戻れますね。
     ,、r==、     !"r‐、ヽ  `i",ィ'    皆も折角の戦ですから、張り切って参加すると思いますよ。
  ゝ  ソ r' 。i      ヽ゚,シ   }_シ
  {   、`ーノ /⌒ヽ  ̄    レ⌒ヽ    それに、殿も初めて左門様にお会いできますし、
  ノ    ̄      _,,ィァ   //^} }   楽しみでございましょう?
 ヽ、    ト─=ニニ‐ノ    iヽ / ノ
  、{、i,    ``'ー─‐‐'´,    i-‐'/
 、`ー-i,    `ー‐      /ー'´
  `'ー‐'ヘ          /
    r'~`!`'、,ー、,,___,/-/-v'⌒ヽ,r-、
 -‐'^, -'ヽ  `'=---┬''~´/‐-リ r==、|
  '´    \ □] i| □ノ  /ヽ,ー‐' |
        ゙──┴‐'~ /   `ーイヽ
          源太
     (宗矩付の小者・仮名)

   / ̄ ̄\
 /  _ノ   \
 |   ( ⌒)(⌒)l   ははは、それはそうかもしれんの。
. |    (__人__) |  なんでも随分と美しい子だというが…どうであろうかの?
  |    ` ⌒´ |  
.  |         }   さ、急ぐぞ、源太。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    「はい!」
   /    く
   /     ヽ

18212009/02/22(日) 23:07:41.92 ID:KP9rd5I80

           .. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... ..
.. . ... ... ..::. .. . .. . .. .::::: :: :. ... .:::::
 :... . .:::: .. . .

          .. .. . ... .::::.. . . .:: : :..
                    . ... ::: :::.. ... .. .. . ...
                             ... ..::. .. . .. . .. .:::
                :: :: :. ... .::::: :... .
              .::::
          .. . .
                  ,,-‐''"´'':、,,                ,,_,__
_,,.--ー''''''"゙゙ ゙゙̄"'''''―--.,,,,,,-‐'゛.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:  _,,.;:--''"´`゙''ー、/ヽヾ\
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"';,_,,.-ー'''"゙゙:,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,:゙',`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,~゙"'ー-:;、,"'.:
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: :;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :
'' ;~ ; ::; : ;:; '',;''゚  ; ::; : ;:; ;~'',;'' ;~'',;''  ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; '',;'' ; ; ::; : ;:; '',;''゚ ;~'',;
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;'' ;~'',;''  ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; ': ;:; ;~'',;'' ;~'',;''゚  ; ::
:::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... ....::::::::::
.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. .::::: :: :. ... .::::: :...


 こうして、戦乱の世の残照とも、総仕上げとも言うべき最後の大戦、
「大坂の陣」が始まろうとしていた…。

18412009/02/22(日) 23:09:25.46 ID:KP9rd5I80
  \ヽ, ,、
   `''|/ノ
    .|           \ヽ, ,、  
_   |            `''|/ノ  
\`ヽ、|             .|   
 \, V"         _   |   
   `L,,_         \`ヽ、|   
    |ヽ、) ,、        \, V"  
   /  ヽYノ           `L,,_  
  / r''ヽ、.|            |ヽ、)    ,、   
  | `ー-ヽ|ヮ          /     ヽYノ    
  |    `|          /    r''ヽ、.| 
  |.     |         |     `ー-ヽ|ヮ 
  ヽ、   |         |   ./ ̄\`|   
   / ̄ ̄\         |.  |    | |  
 /  _ノ ヽ_ \       ヽ、 \_/ |  
 |  (≡)(≡) l         ヽ__|___ノ     
. |   (__人__) .|        /_ノ::::::ヽ_\    
  |   ` ⌒´  |       /<≡>:::::::<≡>\  
.  |        }      /    (__人__)   .\   
.  ヽ       }     |      |r┬-|     |  
   ヽ     ノ       \      `ー'´     /  
  
┼ヽ  -|r‐、. レ |
d⌒) ./| _ノ  __ノ 

【やる夫で学ぶ柳生一族(その15):「大坂の陣・前夜の巻」】 完

関連記事
[ 2018/03/06 02:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する