FC2ブログ

やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その18「徳川家康の死の巻」

534やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:04:13 ID:D8UdMgjX
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレです。

【今回のメイン柳生:柳生又右衛門宗矩】

   / ̄ ̄\
  /  ノ  \\
 |  .(●)(●)  |    柳生家の当主にして徳川将軍家剣術指南役、
. |  (__人__)  |      柳生又右衛門宗矩だろ。常識的に考えて…。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)    
.  |        |    .) ;;;;)   
.  ヽ       }   /;;/     
   ヽ     ノ   .l;;,´     
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ    
. \  ""  /_ノ  |   
   \ /___/  



539やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:07:00 ID:D8UdMgjX
【元和元年(1615)時の柳生一族系譜】

   大膳長永
      :
   <柳生家>
      :
     ├─────┐
   柳生永珍   中坊源専
      :
     ├─────┐
     家厳      重厳
     |    (七郎左衛門)
     |     (松吟庵)
     ├────────────────────────────────┐
     宗厳                                              .妹
   (新左衛門)                                             |
    (石舟斎)                                          <幸徳井家>
     ├───┬───┬────┬──────┐                   .|
     厳勝   久斎   徳斎     宗章        宗矩                 .友景
   (新次郎)             (五郎右衛門)   .(又右衛門)   
     |                            .|     
     |                            .|     
     ├────┬────┬────┐       ├───┬───┐
     純厳    利厳     妹     厳倚     七郎   .左門  又十郎
    (久三郎)  (兵庫助)         (権右衛門) 
            |
          新左衛門



540やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:07:38 ID:D8UdMgjX
【第1部(その1~11)のあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の領主、柳生新左衛門宗厳は、上泉伊勢守秀綱創始の新陰流の正統を継ぎ、
後に名を石舟斎とあらため、その剣名を天下に上げた。
しかし、長男新次郎厳勝の不具廃嫡、豊臣家による所領の没収、
そして新次郎の長男、久三郎純厳の死など、柳生家に辛く重い苦難が襲い掛かる。
だが、徳川家康の招きに応じ、「無刀取り」を以って家康に指南を請われた際、
末子・又右衛門宗矩を推挙したことで、再び柳生家にも光が差す。
その後、関が原の戦にて徳川家に味方したことにより、柳生家は旧領を回復する。
更に、家康が幕府を開き、後継たる秀忠を二代将軍とすることで、宗矩は将軍家剣術指南役となった。
そして、柳生家の家督を宗矩に、新陰流の正統を兵庫助に継がせた石舟斎は、
慶長六年(1611)、78年の生涯に幕を閉じたのであった…。

【第2部(その12~17)のあらすじ】
 石舟斎の死後、宗矩は正式に家督を継ぎ、新たなる柳生家の当主となった。
そしてその翌年、柳生庄にて宗矩に待望の嫡男・七郎…後の柳生十兵衛三厳が誕生する。
その後、将軍家剣術指南役として、また徳川家の家臣として順当に務める宗矩だが、
世が急速に戦乱の時代から秩序の時代へ転換を迎えつつあることを実感し、
柳生家当主として如何に対応するか、その答えを見出すべく、思索を続ける。
それに対し、島左近の遺女・お珠を妻に迎えた兵庫助も、
自身が如何にあるべきかという疑問に答えを見出そうと、修行に励むのであった。
そして、徳川家と豊臣家の対立は決定的となり、遂に慶長十九年、幕府は豊臣家討伐の命を下す。
戦乱の世の残照にして最後の大戦、「大坂の陣」。
冬と夏、二度にわたる戦の末、遂に豊臣家は滅亡、幕府(徳川家)の天下が固まった。
戦乱の世は終わり、新たなる時代「江戸時代」が始まったのである。

 そんな中、兵庫助は尾張徳川家の剣術指南役に仕官し、
遂に、尾張柳生の礎が築かれたのであった…。



541やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:08:16 ID:D8UdMgjX
 さて、兵庫助の仕官から時は再び戻る。
時は慶長二十年(1615)五月、大坂夏の陣が終わり、大坂城が遂に燃え落ちたところからである。
即ち、豊臣家の滅亡───

              -―‐- 、
          _/: : : : : : : : :` ー-、
       -‐': : :  -、: : : : : : :r 、:_: : : \
    /: : : : /   /: : : : : : :l  `ヽ: : :\
   ノ: : : : : :/    /: :/}:{ヽ: :l    \: : :`丶_
 r: : : : : : : :‘ー┐ー': : :{ノ: : }J: : ヽ _ __,ノ: : : : : : :\
ノ: : : : : : : : : : : :l |: : : : : : : : : : : : : : :l |: : : : : : : : : : : :ヽ        ┌‐t=r┐
{: : : : : : : : : : : : j|: : : : : : : : : : : : : :j|: : : : : : : : : : : :ノ       .二T匕}ニ.
 `T ー 、__ノ ヽ: : : : : : : : : : : : :ノ ヽ:_:_; -―rー '´ 广!ーrァ'__`¨´  \__
  |     i {__ノ T´〉: : : : : :rイ {__ノ l   j  r―k┴く/{ __(_)    |__(_)
  .     l  l |  : ゝ: : : :ノ  i l     |   | 「 {了_广ア《〈ー┘         l
         .  : !    〉: :(   l .     !    ノ └-、\{_l ` ー―------〈
         :       └、: :\        l     l /二>、\\ \ト 、_____}/
       .         }: : : }         | || r┘ ヽ l {_l/、\_{二j}二}
         ノ⌒: : ー一': : :〈         | l| {_   l |__}ー 、ー―| | | |
   - =: : : : : : : : : : : : : : : : : :`:ー--=: :⌒丶ヽjー┘   ̄ ̄´i   }  | | | |
           燃え落ちる大坂城



544やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:10:11 ID:D8UdMgjX
         ______ 
       ,;i|||||||||||||||||||||||||||||||ii;、         _/
     /||||||||||||||||||||||||||||||||||||||ii;、        \
  / ̄ ̄\||||||||||||||||||||||||||||||||||||ii;゙ヽ,      /
'" ̄ヽ     ヽ!!||||||||||||||||  ||||||||||!!"ヘ     <  
ヽ          ゙!!!||||||||||||  |||||||!!   iヽ── /
|||l            ゙゙ヽ、ll,,‐''''""     | ヽ|||||||||   ホーッホッホッホ!!
|||l     ____   ゙l   __   \|||||||||  
||!'    /ヽ、     o゙>┴<"o   /\   |'" ̄|   これで我が徳川家に抗える家は無くなりましたよ!
\  /  |ミミヽ──‐'"ノ≡- ゙'──''彡| |、 |   |
   ̄|    |ミミミ/" ̄ 、,,/|l ̄"'''ヽ彡|| |、/   /   正真正銘、徳川の天下ですよ!
 ヽ、l|    |ミミミ|  |、────フヽ |彡l| |/  /_  
  \/|l    |ミミミ| \_/ ̄ ̄フ_/  |彡|l/    ̄/
  \ ノ   l|ミミミ|  \二二、_/  |彡|      フ  
    ̄\  l|ミミミ|    ̄ ̄ ̄  |メ/       \ト
    | \ ヽ\ミヽ    ̄ ̄"'  |/        /
    /  \ヽ、ヾ''''ヽ、_____//       /_
  /  ヽ ゙ヽ─、──────'/|         ̄/
. /       ゙\ \     / / \__
   ───'''" ̄ ̄ ゙゙̄ヽ、__,,/,-'''" ̄   ゙''─
             徳川家康



545やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:10:47 ID:D8UdMgjX
////////|   /ヽ              /       ヽ
////////|  |  ヽ            /          ヽ               /\
////////| |    ヽ         /            ヽ     |\       /  \
////////| |      ヽ       /              ヽ    |  \    /     \
//////// |        ヽ    /            |    |    |   \  /       \
///////  |          ヽ  /          / \!    |    |    \/         \
/////// | /\        V          /     ヾ、∠___|
/////// ∠   \               /    _-― ̄`\
//////// | ̄ -ヽ  \           /  /  ̄|       \
//////// |  |  \ \    |   /  /   /       /  ハーハッハッハ!!!!
/////////|   ヽ、_  (\\_  |__/ /◯ _,.-'        /
///////// | ._  ` ‐-‐' ヽ!.l|, l__/ヽ‐-‐‐'´   __,.   /      遂にやりましたな父上!!
//////////|   ̄=≡/ =i i= ヽ≡=== ̄     \
////////// |         | 「       -┐        \    
////////// |       /|       , ヘ        /ー \
///////////|    __ヽ| ヽ    / /|       /  /
/////////// |    |‐--二二二二 =-イ  /       /  /     /|
/////////// |    Y´         `、/      /  /    /   |    /\
//////////// \   |          /     /  /  /      |   /  \
//////////////\  |         /     /  / /        |  /    \
///////////////ヽ  !二二二二/    / /  //          | /      \
////////////////ヽ   ━==    /   /              |/        \
/////////////////\_____/    /
////////////////
                           徳川秀忠



547やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:12:05 ID:D8UdMgjX
   / ̄ ̄\
 / \  / \
 |  (⌒)(⌒) |    めでたい…!
. |  (__人__)  |   これで徳川の天下は磐石のものとなった!
  |.   `⌒´  ノ
.  |        }   
.  ヽ       }   
   ヽ     ノ    
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \ 
   |    ( ー)(ー)      …とはいえ、結局、
.   |     (__人__)     目立った武功は上げられず、か。
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }       これから先、もはや戦らしい戦など起こらぬであろうし、
.   ヽ   L     }      そうなると、ますます忠勤に励まないといけないだろ。
    ゝ  ノ   ノ       柳生家の安泰的に考えて…!
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ



548やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:13:28 ID:D8UdMgjX
              /:l ,..-.‐-、
              〈:.:l/:/ ̄ ``
             _ヽl/-:.─:.-...、_
          ,..:'"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽ:.:.:ヽ         やあ!
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.ヽ:.:.:.ヽ       今回はボクが解説役なんだ!
       ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.iv、:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.ヽ:.:.:.ヽ      いつもの事だけど>>1はアイマスもやったことがないから
       !:.:.:.:.!:.:.:/:.;イ:.i:.:.:l´ヽ:.:.ヽ:.:.,,r彡:.:.:i:.:..:.:.i      口調は適当だよ!
      l:.:.:.:.:l:.:.:.!:.:i !:ハ:.:!  ☆彡'":.:!:.:.:.:l:.:.:.:.:i      ゴメンね!
      l:.:.:.:.:.!:.:.l:.:.! !l__ヽ:!   ,ゞ--:.、i:.:..:l:.:.:.:.:.:!
       !:.:.:.:.:!:.:!:.:'" _ `     _ヽ、!:.:.!:.:.:.:ル       さて、大坂の陣にまつわる宗矩の逸話、
         !:.、...:ヽ! /´!イ::l`    〃 ̄ヾ ル'l:.:.:/       「宗矩の七人切り」については、不明瞭な点が多く、
         ヾ!ヽ:..ハ` ゞ‐'   ,   """ l..イソ , -、     あくまで逸話として見る方が無難であることは
      r‐ r-、:`ーヽ"""           /:./ /`/ /      前にも書いた通りなんだ。
      \ \ \ハlヽ、  ` ー ´ , イ:ル' / / /
        \ \ \ル:.r‐、. _ .イヽリ / / /        でも、秀忠の本陣に大野治長が突撃を仕掛け、
         \ ヽ,r‐、l  lー-、_,- ! .ト‐'‐'‐、/        一時、混乱に陥ったことは事実であろうと言われているので、
          _/´ヽ、!ヽ l   ∪ ! l. l´ ̄`lー-.-.、     その際、迎撃に出たものと思われるし、
        ,r.:'"〈 .ゝ、_リ  !   ll  | ヽ_Y´ ./  / :ヽ   最低限、護衛の役目は果たしたんじゃないかな。
         /:ヽ ∧  `ヽ. /`: ーll‐'"ヽ /  ト,、/   : :l    (あまりにも不面目だと、それはそれで糾弾されたでしょうし)
      〈: : ヽ.lヾl_   _lリ: : : ll: : : f`!  _/: l、  : :l
      /:   /l、: :  ̄ : j、: : ll: : : : 〉 ̄: : : :ノ`!  : :l    でもね、宗矩の大坂の陣にまつわる物語は、
      l: :  l  `ー-‐'"丿_:_:ll_:_:_:_:!`ー--'"   ヽ : :/   実はもうひとつ別にあるんだよ!
      〈: :  ,イ.    /j______ll______`!、       ! ヽ/    それについてはまた次回、話をしていくから、
      !:  / i.     /イ______.ll________ヽ、    ハ :.!    もう少し待っててね!
        !: /  !   ' l_______ll__________!ヽ     iヾ:ヽ   
     /: ハ      ,イ: : : : :ll : : : : : : i       ヽ:.!
      ∨ !      / l : : : : ll: : : : : : : `!、      i:.l
      l:         / : : : : ll: : : : : : : : :l`      ヽ!



549やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:15:15 ID:D8UdMgjX
 ともあれ、豊臣家は滅び、その象徴たる大坂城も炎に燃え落ちた。
そして、それを見つめる一人の女性と、一人の男…。

        ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ゙゙''-
       ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::ヽ
       l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::ヽ
      .|: : : : : : : : : ,: : : ,r: : ::,/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l
       l: : : : : : ::、: :!: : / : :./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l
       l: : : : :、: l.: .!: :i|: : .!: : : : : : : : : _、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .!
        ヽ: : : :ヽ." ゝ l!、.!: : : : : :: / : :.,r: :l: : 、: : : : : : : : : : : : : : ,!
         ゙'-、:ヽ,.T'ーツッ liヽ: : :./: :_..-'゛_../ / : ./ : : : :,: : : : : : │
             /: : ::゙|  .l゙゙‐'゙|'\/-‐ニ;;-'''リニii;;;;,゙.. /: : : : : :|: : : : : : : :|        秀頼様……。
         / :.: : : .! : !;;./       .゙,i'゙ \ `'‐ !: : : : : .l゙: : : : : : : │
        / ::/: : : ::!    ,.     .l゙""│`- |.: : : :./ : : : : : : : : .!
          / ::/ : : : ,!    ヽ     .' |;;;;./   ノ/'i": : : : : : : : : : :.l
       !: : :!: : : : : |                  / /'' l′: : : : : : : : : : :.l
       .|: : │: : :./.l   .`'‐         |i/‐ン゙: : : : : : : : : : : : : :.l
      ,, 冖'''¨゙´/  .ヽ             , ◯゛: : : : : : : : : : : : : : : : .l
     ./    ./.イ   \.      _,,,.. ‐'" / : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.l
    ./    ./  l."    / .[゙゙゙ ̄ ̄゛     !: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
    l/   i|l′ !     .l l         _,, ‐''.!: : : : 、: : : : : : : : : : : : : : : : ::|
    〃   l`" .l      `―- --ー''"    ヽ: : : : ゝ..,,: : : : : : : : .、: : : : .!
   .l′   .!  `     l lィ」           ,、.、゙゙'ー- .... -┴''''^゙´cッiレ-、: │
   ./      .l                    l-″   ..、_、   ._,,.. -;;ニ=ill┤
  /      ..l  .、                      ¨,゙>‐'".,..-''"゙'_....=―-=、
 ./           ヽ lンW          〟    ._.. -''"゛  .,/".,./ '´      .`'、
 l゙         }、          'V゙‐'._.. ‐'"゛    ,r'" ,/゛             ヽ
 .!           /  ゙ー ....,,,,,,,,,.... --ー''''"゛       / /
 .゙        ゛     .゛               ゛ ´
                    千姫



550やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:16:31 ID:D8UdMgjX
      ./..::::             i    ヽ
     /.:::::::::::.            /     ヽ
     .i::::::::::::::        i  ./      |、
     |::::::::::::::         i .人ェュ、_    )、
    丶:::::::::::     ノ   .レ'´ /´:::::    / ヘ        姫様よォ…。
     i':::::ヽ::   ''''´ ヽ .,イ  i::::::    _  V.i        いつまでもいても体に良くねェぜ?
   ┌-t::::::::::::  .___ X ! /:::  _,,ィク´  .i |   
    .!ヽ:ヽ:::::/ ̄´;;;;;;;;;;;;;;;ヽ, ヽ ::::::: fエィ'´   ノノ.        さ、戻ろうぜ。
    i ヽ |:::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ノノi  :::::::::     ィヽヽ
     !`゙イ、::ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::ヘ  i::_::: -‐‐</ ヽヘ
     `ヽ(ヽ、__`>─'''´ ,r  .ゝ (. `)‐-クi ):  i:::ヘ
      .i.ヽi-‐'ヽ/ ,:::-‐'´ゝ‐-、_,,ィ'´==ッ' 〉ノ /::: iニヽ
      .| ::::i   i (ヽ、__,, -‐=ニ''´  ̄// // !::::  ./|ヾ゙\
     ,,イ、:::ヽ、 ヽ\ `゙‐`''‐--─''´/ / i/i::::  :::||>メミノ三
    i'´゙〈::ゝ::::::::`'ヽヽ::::::..  ̄` ´ ̄   ノ:::/:::  ::ノノ爻》彡
  ノ´) 《ム、:::::...  ``ヽ、:::..       /:::::!:::: /ミ矢父<
三タ〈 父メミ`ヽ::::::::..  `'-、..__,,.--‐'´ :::/:::./爻爻ノ.ノミ
              坂崎出羽守直盛

 そう、大御所家康の孫娘にして、将軍秀忠の長女、そして豊臣秀頼の正室であった千姫と、
彼女を護送し、家康の下へ送り届けた津和野三万石の大名、坂崎出羽守直盛であった。

 この2人こそが、宗矩がその名を上げるある事件の発端にして、当事者となるのである…。



551やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:17:49 ID:D8UdMgjX
 さて、大坂城落城の後、
大坂の町は、荒廃と混乱の極みにあった…。

                                    __
                                    /|: : :.:::|
                                l   | : : : :|
                                 |   |: : :. .:|
                                 |   |: : : :.:|
  iv'ヘ                                |  |:|l==|
  | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1
  | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ∥‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
                   廃墟と化した大坂の城下町



552やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:18:59 ID:D8UdMgjX
                               く        /
人_人_人_人_     /二二ニニ===ー―‐‐'   ノ  出  お >
       (.     //´                  ヽ   せ  ら  \   _____
 隠  金   (    //                      〉 出  |  / /       \
 す  目  (.  //        ___r冖‐、__.   }  せ  |   ゝ         ヽ
 な  .の  (  //    _∠-―‐く_/二ゝ―'  ノ  ぇ   |  /      ,人/    ヽ
  |  物   (. ヽニニr彡_,ィ_ミ、    {!__}   く   //  っ  〉    、フ /  /\ Yヘ
  っ  を  (    {V∠ノム}ミ=-  }!  }    ヽ  ・・     /.', 、 Z r'  , \/  ヾ.ヽ
       /    `コ匸e] L)ミ    j}´ ̄}     )        (  ', ミ _} (、 { 爪_ / /}i }
⌒Y⌒Y⌒´ ,r=ニ二¨ \=イ/_{=ァ\∠ゝ- イ      ⌒V⌒Y\/⌒ トミ _} {_\{_(イ_。7∠ィilノ-
        ィ三/´  `ヽ、\三彡'  ヽ    }        {  {.: .:::::::::::∧kー-<。≧⌒ミ   {l|l!ニ,
   _r‐ノ⌒´ ̄  _ミ} } `丁´   / / / ―==rニ)  \,ゝヘ.::::::{ ヽゝ 彡^ r_j__ィ  ィ ,l|||三!
  ,イ/´        ノミ}{  {   厶ノ-‐' ,,    辷}    ーr‐' .:::::ヽ   }ト、 ヽ‐--= ´/ ,i|l|l三|
_,イ{l{  ヽ― ´_,≦三ミゝ\__廴__/    .r{{‐y‐ァ' /       ヽ .:::::::::}   l|i!  弋三- ´/ ,|l|l|!厂}
/_圦,ゝ-―¬}丁´   ` ̄ ̄/ヽ=イ    rゝイ {_ ィ'        /^) .:::|  `l|il、,ヽ‐ ⌒´i|l||liィ /
       厶}_,. -r-i_  /  /   /{彡廴彡{.        ̄ヽ.:::::|    ヾi|l|i|l||i|l|i|l|r'//
       _//_廴} \_  /     (_ィヘ/^}___}          ∧.::{   ミミ'弍二二二/ /
      r仁二) =-、〈\_Y      { イ∨ { ̄^\_       ーヘ>.  ミミミ|彡彡´ /_
    /二X^\ ヽ |    }        ー' } -r‐-イー\_r¬―=rっ   `ヽ、ミミミ}彡彡 /:::::\
   /ー=イ\\    }    |         / ー/   \=‐} ィー{ //ミ)     `ミミ{彡   /:::::::::..
 /  ,/   ` `rz彡、__ゝ-― ´ ̄て /-=/     }=‐つ〉 ー'ー'        \  {:::/^)
                     徳川方雑兵の皆さん

 そこでは徳川方(のうち、主に足軽・雑兵?)による町人からの略奪──



554やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:20:03 ID:D8UdMgjX
  ,r'´ ̄ ̄ ̄ ̄ `,  ,r'´ヽ'´ヽ、_j'⌒ヽ_  ,r─、    r‐、
  |  =  =   |  >   l´      `i l   ,!    |  l
  |  =  =   |  ゝ'j  |、_,r=r-、_,j |   l _  |   |
  ゝー'´ ̄`ゝー '   /  i!       ノ l   ´ j  ,!   l
 (二二     ̄ ̄`i ゝイ `|゙i⌒ヽ   |´  ヽ _ / /  /
   /   /´ ̄」  ,!  _」  | ヽ,_丿  !      r'´   /
  ヽ __/   i´  _丿 i__」 i___ノ      ヽ __/
                     iillil
                ,r'´⌒`ヽ
  /^i            ,! "´} {~``,            ,r、
 ,! ,!              .ij  -=- !ノ          _ノ ,j
 | `ゝ,             ヽ ´ ̄` !'        ,i´ ,/
 丶   ヽ、        _ , ィ;|ゝ-:::::-イ、,,      /  ./
   `,   `ヽ   , ィ´7;:;j `ヾ,,r'´ `,;:ゝー- 、 ,/   /
    \    `Y´  /:;:/   ; ;    i;:;i    Y  /
     \   /   /;:;,!  -‐;;‐-  |;:;:i    l  /
       ヽ /   j;:;:;:|    ; ;   ,|;:;:;l    l /
        ,!    ト、;:;!          l;:;イ|!   l
        |   /  \   .;;.   /  !   |
         {  -、i    `,-ーーー-/    〉  l
        ト   `,    `,´ ̄ ̄`7   /   !
        l     i ,r-、'´  ̄ ̄ `ゝ、 /    ,!
        `、    /´" ´       `ヽ   /
         ヽ, /'' "´         `"ヽ  ./
          ,l/ .。;          :。,.`, ./ヽ
          /;/     '"´,' ; `"'    `,;:;:;:;i
        /;:/ :;j     ,ノ ヽ     ;: `,;:;:;l
       , '´;:;:;:;/     イ    `ゝ、   ;:;: ``ヾ,
    ,r'"´    ,! . : : ;:; '    `,         \
   /   /   /      |  j  !  .| `,         ヽ
  ./   `ヽ,_, ィー.:‐'´7 ̄!'´゙;:;:;:;:;:;:゙`,´Yゝ、_        `,
  {     \:.:.:.:.:.:.:.:/ ,/  _   i `ヽ.:.: ̄`ゞ'´    !
   ゙、     `ヽ、,レ' /jl、 ヽニニソ :|!ヽ ,!.:.:,ィ´     /
    `ゝ、     `ヽ'ゝリ、、,,, ' ' ,,,,、,ij〈‐-レ´        ,イ
    /´.:.:.: ̄`ー-、  `ゝ`"'____'"´//     _, -ー'´.:`ヽ
   ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,! `丶、_ `ゞ;;:cゝー'´ _,,、-‐イ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,!     ̄     ̄´    ゙i;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙i
  !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/                l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
  !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/                 l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!

 人狩り(奴隷狩り)──



556やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:22:23 ID:D8UdMgjX
    l ヽ. |   |  |   |
.   | __| | __ | |^)_ |    ,-、
   _ |  | |   | .|ノ  |.    i  ヽ
  i'i. ヽ. -‐、 !   !-! ‐- ヽ.  〉、 l    俺って最低だ…。
 / _ ノ.ヽ. `' (ノo(ヽο/ ヽノ (ノ |
 ヽ. ,`ヽ,ソ    )ノ   ノ/o   |
   \ '  / / l     ()ヽ l
    ヽ.   '    |  (⌒ヽ  |
     ヽ.     |   しノ  /

 婦女子への暴行──


      ./       ;ヽ
      l  _,,,,,,,,_,;;;;i  <いいぞ ベイべー!
      l l''|~___;;、_y__ lミ;l   逃げる奴は「落ち武者」だ!!
      ゙l;| | `'",;_,i`'"|;i |   逃げない奴はよく訓練された「落ち武者」だ!!
     ,r''i ヽ, '~rーj`c=/
   ,/  ヽ  ヽ`ー"/:: `ヽ
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l,  …ホント 「落ち武者」狩りは地獄だぜ! フゥハハハーハァー
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_        ri                   ri
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |

 偽首狩りなどが後を絶たなかったという。



557やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:23:59 ID:D8UdMgjX
                                   、_人_从_人__/
                                   _)
 ,..r;;:  (  人)  ) ,;`ー、          | ヽ丶       _) 消  豊
 ヾゞ、  ゞ'´   '`´   `ヾ、     ─|─           _) 毒   臣
          -‐':、ゞ'``  ,l      / | ヽ            _) だ  .方
ヾ、 ゞ;;.  ,r-、   `ヾ、    ヽ、                   _)  l   は
, rヾ    ,r!/r'ヽ    '`      \      _|_      _) っ
   _,,,.,ノ、_ ヽ,       `ゞ;;    ;:、    /|        `) !
,r‐'''" ,.r ,イ彡ミミヾ、      ``  ´;;i             V^V⌒W^Y⌒
__,.;;,ィ'´ ,:;;;;彳彡ミ;j`、        `i;:、      オ
;; ヾ、彡;;;ノリ;jjjjj;;;jr' i   . ノ;;:'' `゙`、 ``ー、                   ,ィ
彡冫;;il;;;ミ;;;;;y;レ  ,t'´           ,.、ー、  ゝ     ォ             i|l;
;'イ;;;'ヾ``ヽ、ィ;;i ,ri'´    ヽ ヾノ ,ry' il'Y゙r    ヽ、            ,j|l;;
j'´ '´ '´/ゞ';;::`´ヽ    ``´ー  ゙i ;;: ,r'      )  ,r、       ,rヾlir'ミ,
  / ,;:' '´/ ー≡;i{、      /ヾr'´  ,.   '`;;:、 〉ゝ  r-ー-、_ ,{i=i= }i、
ーr-、j ,! ,;',;'ィ;;:イ''``ゞ、_,、-‐'´ヽ:;/ 、 ``ヽ  ;:、 `' (´  `ゞ、;;;;'',,fi、,≡:;イ==、
,,:'  ``ゞ、,;;ゞ、 "´イ ,... `'彡 ,/´  `ヾ、ヾ   '    ー、  ii;j `i;;!'´ニil';;;;ゞr、_,r'ミ
'   ー‐─ ,rー'゙ー─-、_j;:r'´     ヾ,ゞ         、 ゞ,ミ;:l;;l  ,!  ,!,i;;'´¨/
;.   r-‐;;'"}            ``ヾ、  ノ       ,;;;: (i,;)))、,,:;!、__,:};!_,.、l
....   _,,,ィ、 i        'ヾ人  、}( /     ノ   ,r'i  r'"ヾ-‐i‐-:;イ, / ヾ

 このような徳川方による略奪・暴行、
更に大坂城炎上に伴う火事などからも町人たちは逃げ惑い、
大坂の町は地獄絵図さながらだったという。
(この時の火事で、大坂の町は残らず焼け落ちてしまった、とすらある)



559やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:25:13 ID:D8UdMgjX
                                 Y
                ,. '"´三二二三`ヽ      _ノ 
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ     〈    ──┐
              /   /    殺     ', ヽ    ノ      /
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   く     /
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ ノノ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ )      ア
            /    /     ,,   ,,      ',    〈{ 
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   〃.     │
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V //.     │
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V /      │
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ   
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\         ッ
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i 弋
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | _ノ     /─┐
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | |  ヽ       /
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  ム      /
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |   __,)  
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |  `ヽ.    //
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! !   ノ    //
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  く.     ¨
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | !   ゝ  
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/   .ノ  
                 沢庵宗彭

 なお、余談ではあるが、この時、沢庵の自坊である堺の南宗寺も巻き添えで焼けてしまい、
その復興に三年を要したという。



562やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:26:51 ID:D8UdMgjX
      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |    …ひどいものだ。
.     |      (__人_)  だがしかし、このような有様も、
     |      ` ⌒ノ   豊臣が滅んだ以上、最早起こることはあるまい。
      |        }
      ヽ u      }    戦自体がなくなるのだからな。
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ


   / ̄ ̄\
  /  _ノ ヽ_\
 |     (-)(-)      大御所様より、豊臣方の落ち武者どもを捕らえることも告知された。
. |     (__人__)     これで、徳川に歯向かう者どもは根こそぎ滅ぼされる事となる。
  |     ` ⌒´ノ ) ;;;;)
.  |         }  .) ;;;;)   …戦うことしかできぬ者たちの末路、か。
.  ヽ        }  /;;/  まあ、だからこそ、この戦が起きたのかも知れぬな…。
   ヽ     ノ  .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/



563やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:28:06 ID:D8UdMgjX
          _,,,,,         ―― |_| |_| >
         /川川ハ        | l ̄ | |    ノ   メ
        ///川川lト、      |_| 匚. |   \   シ
       (ゞ川从川/_,―' ̄ヽ    | |   ノ    食
     __>ームヾ ̄(  _-、 |  |_|   \   っ
    / メ |    u  .y-  ノ_|       <   て
    '-,,_ |  #    |  ムkノ) l_ll_l ,-,    )  る
       "|        |       // /   場
        | u.   #   |     匚/   ̄ヽ   合
       |     ___ |              ノ   じ
       r―――"    ‐|  \\     \   ゃ
       |  メ    メ ./     \\   <   ね
       人     乂  /       \\ ノ   え
ニヽ   /  |    ヾ /    ___―― ̄    っ
__\ /  /|     l         ̄ ̄―――__  !
     / /  \\  ヾ                 ν、
 ̄弋二/ ̄|   \\  \   \\            V⌒
 ̄ ̄\\\ ̄\  \\  \    \\
 ̄ ̄ ̄\\\ ̄|   "―_从从     \\
 ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄\    |   ζ      \\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄|    ヾ  \\       \\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\\ ̄フ \\ \\
            逃げる落ち武者

 事実、戦に破れ、落ち武者となった豊臣方の元家臣や牢人たちは、
捕縛を逃れるべく、必死で抗い、姿を隠した。



564やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:29:16 ID:D8UdMgjX
                ,-‐,,ii||||||||||||ii、-、
 `゛!!!iiiiiiiiiiiiiii;;;;;;;;;;,,,,,-‐/ i||||||||||||||||||||||||i ヽ‐-、,,,,,;;;;;;;;;;iiiiiiiiiiiiiii!!!"´
    '''''!!!!!|||||||||||||/   i|||||  |||||||||||||||||i   ヘ|||||||||||||!!!!!'''''
       ''''''''!!!!!I/   ||||||  ||||||||||||||||||   `iI!!!!!''''''''    /Vー-へノ\ノ\ノ\ノ\
           ヽ,   !|||||||||||||||||||||||||!"   〈      ノV               \
─────----了     ゛!!||||||||||||||!!"     `ヽ---─く
 |    |    | `ゝ.__       ̄Y ̄     ___ノ   ノ
 |    |    |  ,| ]下ミ ̄`。、_|_;'。´ ̄7エ"┬| |  ノ  ぜったいゆるさんぞ落ち武者ども!!!!!!
 |    |    |  |└、 トミミi─'´<_,l、三´,E=|#ナノ |  )
 |    |    |  | | `ヽトミ||^=====^|E彡/  ' | | |<   草の根を分けても探し出してくれる!!!!!
、 |    |    |  | | ーヾミ||]⌒i⌒「|ソ‐'-─/ / |  )
  ヽ、  |   /^‐━, \_ `、`===='',/  _/ /\ |  └、
    ヽ、 | /ノ―、='、 \_二二`─´二二_/    \   Vヽ
      ヽ/´ /  / ̄`i、    ̄|| ̄        / \    ヽ/ ̄ ̄ヽノ⌒Vー-、/⌒V
      ノ  丿   l   | `i---┼-----------'´
      |   〈 l   〈 〉  |
      ゝ         ,/

 これに対し、家康は徹底した落ち武者狩りを諸大名へ通達。
通常ならば、主要武将のみが対象となった落ち武者狩りが、
雑兵に至るまで対象が広げられたという。

 結果、従前より布告されていた諸大名への法度とあわせて、
日本全土で、豊臣方の落ち武者狩りが数年に渡り、行われた。



565やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:30:54 ID:D8UdMgjX




            _
        ノ |_   ll__l---||_
      rj「l__`ー'  ヽlーj  L---┐
      |―┴┴―`ーrュ-‐< ̄.ィj .__jl
      |[][][][][][] i """ _..,,rr=''´ l
      l ̄ ̄ ̄ ̄/7-‐'´     /
   f  jL-、 _-‐'      -‐´~~
   ヽ |  ̄  _j_ -‐'~´~~
     `ー~´~~~~

────都合により、画像を変更してお送りしています────



 この豊臣方の落ち武者狩りは苛烈を極め、
落ち武者達は次々と狩り出され、ある者はその場で、
またある者は京へ送られるなどして、次々と処刑されていった。

 一説には、こうして斬られた首は京から伏見の間に並べられ、
一列に千個以上の首が乗った棚が、十八列にも及び、
その景色・腐臭は凄まじいものであったという。

(※ グロAAを貼るのは当方も嫌なのでNice boatで)



567やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:32:49 ID:D8UdMgjX
 そして、捕らえられた者の中には、秀頼の子、国松、そしてその妹、奈阿姫(千代姫とも)がいた。
国松は当時わずか8歳、奈阿姫も7歳だったという。

             _,,_、,,
         ,, -ー''゙"    ` ..、
       /::::::::::::        ヽ
       /::::::::::::::::         ヽ
     /::::::/::::   人:::::::..     |  
      |/ノ ノ  _,-'_,,-ヽ::::::::..    |
     ('ヽ' _-┬'_tl.   ー_ゥ, ヽ、::::   | 
    _,-l-'( i  |  ノ,,       i::::  |
  ._,i' し i | |  、       /::   |
 /_ノヽ'    | ヘ   =一'  ノノノ   ゝ
   l /   ,| ) ヽ ^   ./ 'ヽ_/
    ヽ   /  `ー` -__''__|_'
   _|__l_   ,「=|||,-''ヲ ノ7|
   |l_)v(  l|_,,.|_-|||ニ'__,,..:::::|..,,,___ _,,
   /;;;;;;;;;;;;;;;;|_ (-ヘ ,-――-,   __フ;;;;(((ヘ
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ニ ヽ;;| |;;;;;;;;;;;;;;/   ニフ;;;;;;;|_L| | |ヽ
           豊臣国松

    /           i |          ヽ
    i            //          i
    ト、        / ,//∧          |
    ', \__∠ノノ/´   \、       |
     ゙、 丁, 三_   ヽ,.二三  i ,- 、   /
       ヽ i 、!Uj      lUj ,  } h } |   /
       }l         ̄  ノ イ_/  /
       `1    ` _         }   /
        ヽ   ` ’      ジ   (
         |:i\      _. ィ _>i | レ′
           ̄`F寸斤一 i ´  レ'_____
     ,.ィ===ァオ「 |.リ   /   // ニ二 ̄
    //∧ ̄〕 \ヽ!_,∠ -'´ く_  //|
          奈阿姫(千代姫)



570やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:35:06 ID:D8UdMgjX
 まだ子供であるが故、出家させ、僧として生きさせるいう見方もあった。
しかし…。

   \      ,..''  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  __,,,,/    /  |
  |   \        ` .、::::::::::::::::::::::::::.,-‐'"'"     /    .|
   i    `'''ヽ、       -:::::::::::::::::::   u.  -‐'"'" /    /
   `i    |  `、'''ヽ、、     .ヽ.Y    , ..-':''" ゙/   /   ../
    `、  |    `、  (:、、   . .|  ,..-')   /   /  ‐-‐'   かつて平清盛が、
     ‐-‐'| \  `、....,,,`_゙ヽ_、_,| ノ、."..-'''''''" // .. /    幼き日の頼朝公を助命した事で
       |  \\γ .,--‐-‐ "゛"゛‐-‐'''"゙'' |///  /     結果的に、平家は滅亡へと追い込まれました。
       `i| \\ |        、      .|///  /\`i   
       /`i  \ |       ゙''-''"'     . |///. /   `、   ここで情に流され、我が徳川家を
     /   `i\\|      ´──`     |/ / /       平家の二の舞にするわけには行かないのです。
          `i \|             //.-         …おやりなさい!
           ~\      ‐'''''‐   / '
               \      /
                 "'''゙''-''"~



571やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:36:02 ID:D8UdMgjX
     丿`"`"`"`'`'`'`'`'`'`'`'`'`'`'`'`'`'`'`'`'`'`'`'`'`'`'`'`'`'`て
     )  私とて、豊臣家の男だ!無駄死にはしない! (
     )                              (
     )    豊 臣 家 に 栄 光 あ れ ー !  (
     )                               (
     ヽ/V∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨
                 ,;――――――;,
                i::  '"~`ヽ    .:i
                i::. ,;;-‐''""~``'';;,, .i
                ,;;'"       ;. `;,
                ;´    .::´    ,;.  ::,
                i   .:'´    ,;;:.   :,
      ______/i  ;"    ,,,.:::'"::  ::,\______
     i" ,..._____..:t ,;   ..;ノ r・`yゞ::j::'~ソソソ;;,,____. `i
     i  i      _,,,;'''"´`;,,;  ,;''"ソ ` ̄ /::< ヾヾヾ_,,,ヽ,,    i i
     i  i    /,i〒i,,_  `;, r'  `_...、 /;;''"ソヘ ̄ ,;-i〒iヽ,   i i
     i  i.   / /"''‐-yソ=-y:::... ‐ /:::ヘ /`  ‘イ''-‐'')ヽ.. i i
     i  i..  / y `''‐-', =-ヾ ゞ ‐ "  へ  /`   (''‐'"~ソ:::ヽ,. i

 この家康の決断により、
秀頼の子、国松は慶長二十年(1615)5月23日、京で斬首された。
享年8歳。



573やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:37:06 ID:D8UdMgjX
              _, : '"´: : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
          _, :'": : : :/ノ/フ ┐ ┐: : _: r-へ: :\
       ,. :'": : : : : : : :´: ̄//レ‐┐ ̄_,へ⌒┘ : ヽ
     /:::::/: : : : : : : : : : : :´: : : : : : レ′: : : : : : : : : : !
    /;.ィ::::/,.イ: : : : : : : : : : : : : : : :/: : ; : ; : : : : : : : : : : :|
     レ/::::::::::|: : :{: : {: : : : : :/: : : :/ : ;イ ;イ: : : : : : : : : : : :|     お爺様!
      ,':::::::::::|:ト、: | : |::ヽ : : {: : :/;∠/∠ゞ、 : : : : : : : : : |    この子は私の娘!
    {:::::::::::::V::::ヽト、ヽ、::ヽ: l∨'"ュ≠'7テくr,\ ;へ : : : : : |    どうか命だけは…!!
     ';:::::::::::::::::::::くュ≠7テ、ー`    {゙Uo}   ハf` !: : : : : |
     \:::ト、::::::::::ヽ  { U}       r=>'^ /:/レノ: : : : : ハ
       ` `ー- ̄ハ^宀'/            {:/イ: : : : : : : :ハ
              /:ハ.  `_,....,      ,.レ |: : : : : : : : :ハ
           /:ノ ヽ.  `ご     /   /: : : : : : : : : ハ
         _ レ‐:: ̄::\   _,. '´    /|: : : : : : : : : : :ハ
    _ .-‐:: ̄::::::::::::::::::::::::::::: ̄「      /;ィ: : : : : : : : : : :|: |
_ -‐:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!       //|: : : : : : : : : : : |: |

      ____
    /i||||||||||||||||||iヽ
 / ̄ヽ||||||||||||||||||||||||iヽ
'""ヽ  ヽ!|||||||||||| ||||||! ヘ 、―   
||l   ___ヽll,‐''''__ゞi .|||||    …いいでしょう、お千。
||l  /ヽ、 o>┴<o /ヽ\|||||   お前に免じ、生涯尼として生きるのならば、
ヽ‐イ  |ミソ ̄'"ノ"/li゙ ̄゛l;|l |、    お奈阿については、命まではとりません。
.\/l  .|ミミl l―--―`..l;ll /
 .\ノ  |ミミ.l..   ̄  l;|/
   ̄\ |ミミ.l..    ,,,l;/
   l \ヾ゙゙....  ̄."/i
 _/_``\ ̄、 ̄/ /l___

 そして、奈阿姫については
千姫が養女として引き取り、家康に助命を嘆願したことで、
ある尼寺へ送られ、生涯、尼として生きることを条件に助命された。



574やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:38:04 ID:D8UdMgjX
                            ψ
                          ,.}{.、
                         ,.:'ナホヤ:、
                       /´ ̄  ̄`:ヽ.
    j|                    /        :.\                j|
.   f .`i               /           :::::.`i               f .`i
   _}Ii.I{                |    _________..:::::::::::|                ,}I!I:{
   下了   ,人        ノ:い,.:ォ''緜;;絲;;絲;;綿`ぇy'.八.          人.   下了
    | :|    }I i{     |i  / _;:Yf,,.--―――-- ,iY_.::ヽ. ,l|.     }i I{   | :|
    ! ::!.   |:|    .iHh lれ|∩l|:┌三三三三三┐:|l∩|iう:l frti.    ! :|   | . ::|
   {-‐-}   |::!     l ̄├三三||: | |';';';';';_;;_';';';';';| | :||三三┤ ̄:i   |.:l   .{-‐-}
.    |  ::l   {‐ }     lr‐i | |f⌒i l|: | l';':'父乂父、';l | :|lf⌒i | | r‐i:|     {‐::}   .! :::l
   |  :::|.  | :l     || |.| l|  .l:||: | |i'乂:ri‐i:i:乂'i| | :|||  .l:l | l l:l    i :|   |  :::|
.  ├-┤  j,.. :!    .l ニ. ! !;:三:;l|: | ll;王;lエエl;王;ll | :|l;:三 :! !. ニ.:l    j :!.  ├:‐::┤
  |   ::|   | ::!     .|r‐i | lf⌒i ||: | |l:干:ri‐i:i:干:l| | :||f⌒i l | r‐i:|     | :|  |  .:::|
  _|   :::|_.l ..;:| __,l|__l | ||_.l:l|, ニ;l;王;lエエl;王;l;ニ ;|l|_.l:| | |__|:!__,l .;;r!';ミ;ヾ;'ゝヾ|_
.  i 「  ̄,r;';';,、― ―i―i―i―i―i―l.-l--l--l--l--l--l.-l―i―i―i―i―i―i fバヾ';;:゛ヾ;,ヾ
  l.「 f;';'';ゞ';ヾ;:ヾ.,i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄l.~| ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l~.i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i,ノヾ';ゝ;'::;;ゞ';:;ゞ
   r'ゞ;;ヾ;';;ソ;ィ;';ゞ'::┴:┴;┴;┴;┴:┴‐;;:┴;┴:┴;┴;┴:': :┴;┴;┴:┴:┴‐':.ヾ''ゞ:;ヾ;:/';ツ゛
 _.: ;__.:.`_,刈',::_;::.;_::: ;_:::,,;';;';'''゛  ..::,;';;:''.:: !.    ! ::.゛';;,::..   ヾ';`';,,.::._:;:_.::;.:_;,_;:_j;l!i_;:_::.:_
 .,::;:::. ,::::::::::::;;:::....., ,:;';;: '''゛    .:::;;'';:'゛.::: |:     | :::::..゛';',;::..    ヾ':;';;:,.、:::...... ::,..:::::,:;::::::;..::
                       鎌倉・東慶寺

 その寺の名は、東慶寺という──。



577やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:39:59 ID:D8UdMgjX
 なお、奈阿姫が東慶寺に入れられるに際し、
家康と奈阿姫の間で、このような会話があったという。

             ,-,ii|||||||||||||||||ii、‐、
  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_/ i|||||||||||||||||||||||||i ヽ_,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
   ゛゛llll||||||||||/ ' i||||||  |||||||||||||||||i ` ヾ|||||||||||llll""
       ゛lll/   |||||||  ||||||||||||||||||    ,llll""
         \   l|||||||||||||||||||||||||||l   / 
         彡   ゛ll||||||||||||||||||ll"   ミ     お奈阿。
         \_      ゛゛Y""     __ノ    もし、何か望みがあるなら言いなさい。
           | ]下ミ─-。、_|_, 。-―テ「 [ l   
           ゝ_,. lミミi=´<_,.`=i=ヲ 、__ノ 
                 ヽlミ| 「 ─   |ヲ'´      
_______  , へ ノ`i=、_ 二 _,=iゝ、_,へ、  _
i    i    i  ̄| |――-\ ̄∠-――| | ̄ i




578やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:40:48 ID:D8UdMgjX
                 _,...:------.、_
             _,..-‐'"        \__
           _/               ゙ヽ、
         /           .___     ヽ.
        /           、゙ー-、_\     ゙i
       ./           i  ヾヽ、 ゙i. ヽ    ゙i
       i           , l . i i ))ノ .!     .i
      i"        ,. / ,/ ノ ,! !,リノ! .!    i l
      !       ////ノ_/"' ヽ. :.  :i l !
      l     _/`ーーー'"'"      \:、 リ リ   
      .i!    ./ ̄ニニヽ-、_   _,..-=ニニ二゙リ,! ,!   
       ヽ.  ,.-、!.ミ!"P0テ`     f"P0;)゙゙F !,.、. /     …なら、この東慶寺の寺法が、
        \.トヽi ゙ヽニニ-'  ,.   ヽニニr'゙ /,: レ!    末代まで守られる事を、御約束頂きたく思います。
         ヾヽヾ、      .ハ       /レノ/   
          \゙ー:、     ``      /‐"/      
           Y! iヽ、    (  ̄.)   ./ ハl       「いいでしょう。
            )ィ  _i:::....._   ̄ _,..ィ〔 ! (_.>       その望み、しかと聞き届けましたよ」
            "ヽ__ト‐i=ー==;=-≦'i.ト-‐'"      
         ___,...-l.! :E ┌i l i'゙l ヨ.,!ヘ____
     _,..rニ'" 、__>-' -ミミ≧.ヽ川ノ_ノ",  ヽ<_>、,___
   _,.-'ー-ニ..><_,.-‐‐-、 二ニ十ニ---、┌' ̄`゙i7、__,.>、_
  / ,  i  、   、ヽ.__j l"   l.l.l    ! ゙ー--'/ i  、 .i ヾヽ
. / /  ハ  ヽ.i  .! !    l   l.l.l    !   ̄ソ! .!  l ∧ .l l.i
 Y_  i i  !ハ .l-'ヽ-― .\_」.l.L___ノ 、ー、_/ ヽj!_j:_/ └┴┘
  .l ゙ー┘└-┘゙ーイ  ヽ-<_,..r ,.! :、  、___>'"    l       l

 東慶寺は、男子禁制の尼寺である他、別名「縁切寺」と呼ばれ、
そこに駆け込んだ女性は、3年間、尼として過ごせば、夫と離縁できるという
「縁切り」の寺法を認められた寺であった。

 奈阿姫は、「男子禁制」「縁切り」という寺法の存続を家康に願い、
家康もこれを認め、御墨付きを与えたという。
(実際には奈阿姫ではなく、千姫が代わりに願ったともいう)



580やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:42:11 ID:D8UdMgjX
          /
         //_ -‐
        < /| ,_ ´
   _ -.:´ ̄:::.   ̄ ` ヽ 、
   /.:,;::  ハ:::.  ,:..  ::.. ヽ、      さて、ここで少し余談になるよ。
  / '7/: 〃ノ|:.l i::.. l:::.  ::.. .. :;::\
   〈./::/ レ' |:| i:::. l:::.  |::: ::. ヽ\\    こうして、東慶寺に入れられ、
   〆,\   リ-弋:. ll:::. |:: l:::.. 〈::.,ゝ  名を「天秀尼」とした奈阿姫は、
  _ /( )   ( ) \ハ:::. l::: |\:. 〈    .後に東慶寺の第20代住持になるんだけど、
  \弋~ 、_,、_, ~~ ノノV\::ト、.\i    この慶長二十年(1615)から時は流れ、
    \` 、 _ i<_ノV人ゝ;,.\     26年後の寛永十八年(1641)、
      〉' >ー‐<.\           鎌倉東慶寺の名を
      / ̄/‐-  ヽ\\          天下に轟かせることになる事件が起きたんだ。
      / ̄ナー- _7 ーくつ        
     〈_j'__ \〈              その名も…「堀主水事件」!
     ヽーt‐- ̄=)
      `、_ri _リ|
       ト-┤\___|
      と._j  \j



583やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:44:02 ID:D8UdMgjX
 この事件は、かつて秀吉恩顧の「賤ヶ岳の七本槍」の一人でもある加藤嘉明の跡継、明成と、
その家老である掘主水との諍いが発端であった。

          _,.. -― 、_,-、
        , ‐'´       ヽ
      /       , -,  ヽ
     /        / / , -j  lj
   /    , = 、ヘ _j  イ 〃`´ !
    !      〃ヽ、   ヘ'ヽ  !
.   |      /   〃ーrー'   ! |
   !     /     ヽ     l !
   ヽ    {  _,,__    _,._‐''リ     ふっ、この会津四十万石…。
    l,  r 、 l '´-ニt'テ''  !┴' |     父上は伊予を出ることを嫌がられておられたが、
     i { r、l l       '、  !     この四十万石、加藤家に相応しいじゃねぇか!
      ! iヾーl j       - '  !
     _j人l Tl    ー―,,'  ト- 、    鶴ヶ城ももっと俺に相応しい姿に変えてやる!
    lく   Tヽ`ー- 、     l   〃
    ヽヽ  ! \ヽ、,-ミェ- くトi  〃
     >ヽ ヽ /7  ハヽヽヽl 〃、__
_, -‐ ''´  `´l  ヾ/  リ !  l! lヾく     `
       ヽ\ \   '  l /ィ7 '
 ̄ ̄ ̄ ` ー 、ヽ \ ヽ  /イ/    , - '
        l ヽ ヽl// レ  ,. -‐'´
          加藤明成

 嘉明の跡を継いだ明成は酒色に耽り、政務を省みず、民に重税を課すなど
あまり評判はよくなかったと言われている。
一分金を集めることを好み、それ故に「加藤一分殿」などと呼ばれた、とも言われている。



585やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:46:54 ID:D8UdMgjX
                _
            , -、,. '´   丶//
        ,. ''´           ヾ、/ ̄
.         f                `ヽ
    ―‐-/                  L __,
      r'       ,. '"⌒ 丶        r<
     、         f  ) (   ヽ_     ノ
      }       ,ツ  ⌒    -‐'1ハ'´',. !
     /      彳    ̄\  / ノ .}√ニ、
    丶  / `i { u   '´ 。ヾ ;!  ,// j\ `
    /7 ,f ヘf /   ミ  `゙   r'。" r'´
      /  !  }ヾゝ   ´      { ´ iヾ        殿!
      / ヘ,´ !            ノ  /       そのようなことでは、
.         l ~ |   u   , ' ` -、  /        先代様に申し訳が立ちませぬぞ!
       |   ヽ     /     ./ /
        |     \   !    / /   つ    「うるせえ!
      f ̄ ゙` ー- ヽ ヽ`‐-/ /   っ      先代からの家老が、この藩主に逆らうな!」
      |┌_ _┐ 「ニ`' 二 r〈      つ
       |└  ̄ ┘ |  | | 「i /
     r'ー-  ...,,_ 」,_ | | |l |
  _,. -'´            |ヾ !,」
                  l l l \
  _                l l l   ヽ、_ 、
     ̄ ̄ ー- 、     l l l     ヽヾヽ 、
            \   l l l   / ̄  ̄i ヽ
             掘主水

 これに諫言したのが、先代からの家老である堀主水であった。
この諫言を嫌った明成は主水を遠ざけ、それ故に更に主水も意地になり…と、
主従の仲は加速度的に険悪になっていった。

 そして…。



587やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:48:36 ID:D8UdMgjX
            , --- 、
       ,. -一'´      `ヽ、_
      /             `\
     r'´                 ヽ
     ノ  ,.ヘ、   ,. ‐'^ヽ、         l
    (.  /   /'l,ィi ´ ノ L   ゝ      |
   ノ ,'   |l |l \、 ⌒   ヽ     ヽ
   (  |    l' ヽ、 `'ー   _(      }
   ヽ. |´`==。、  ー=='。、  } ,r‐、  ノ
      )|.    }        { {,r‐.| 〈    メガ火縄銃!てーッ!
.    ヽ|    ノ         } } ;,リ  ノ   左、弾幕薄いよ!なにやってんの!
.       |   !._        ル'_ノ <´  
      l.  `__         |_,r'´
       l   ヽニニ二)     |     
         ヽ   ー    /   |
        ヽ.     _, ‐'´  _|、    
         「l`T 「 ̄ ̄ ̄    |
         |.|| ̄|       │

                           ○                    ○
                      ○                   ○

                      ○                     ○
                 ○                     ○
               ∧  ∧                 ∧  ∧
             ≪ @  @ ≫             ≪ @  @ ≫
              /∨/∨                 /∨/∨
了解!        ////   どんどん撃つよ!  ////
  Λ_Λ    ////        Λ_Λ    ////
冂( ・∀・)| ̄|/ ///│      冂( ・∀・)| ̄|/ ///│
\ \  つ¶| \/ /|        \ \  つ¶| \/ /| |
 │ \/ \ \| |/\\      | \/ \ \| |/\\
 │◯   ̄ ̄\ \ ̄ _\\   __│◯   ̄ ̄\ \ ̄_ \\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|




588やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:49:38 ID:D8UdMgjX
          .                                :;:.,':;":..,,,
                  ヾ>                 /\
             _____ ヾ_,ゝ __,,:::=====:::,,  ./^\/  /   _  " ';:. :,;':.:
          ;" /___   ./     .  ` ´ ´、ゝ'' \    /  /,/
        : ;        /  /  ..‐´   ゙        /   \    _  ; :.:,;'
          .;,..::,:'"    /    \              ./  /\ \ /_,/
       ::,;'' ,.,..;     /  /\/^            /  /  / `.    "';:; :.:,
              ; ./  / ,;                  \/  /  / ;.     ;:; :.:,
             / /  /                    /  /   キ  i^\
            ;゙ ^--'                    ^--'   ゙;  \, \
     ';:.:,;'      .;                               ;.  /丶, .ヽ
     ; :.:,;'    i;            、,.          ;i        .i ̄ /--;"´
    :. :;:;     /i|lli; i . .;, 、      ,       ,        `   ,i|;iil ̄
       ;:;:.:,     /゙||lii|li||,;,.il|i;,|il .:."          .;,, .i|i,..,.i|||l´i,.il|lヽ ,   ;:..,;::.''"
    ..,.,;           `;; ":':....:... .:.           ,,:: ..:.::.:..;,.. .从  ::.,  ;:;..,
      " ';:. :,;':.:        '   ". ..:       . ..:;"     ..,.,;;: .:':.,,"'"
                  '              ..
                       :::::::::::   :::::::::::



591やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:50:57 ID:D8UdMgjX
                  _
             ,r'  ̄`   ` ー 、_
         _, '"           `丶、
       , -' "                  ヽ
       f       ,-ィi  ,. -‐ 'ヘ     i、
       {   , ' ⌒/'{{ ヾ;、       ヽ     ヽ
.      丿  /'   〈 ヽ   `_,,. _  ヽ!       }
.     〈  イ ,.-‐ 、     ,.-‐、`  l  ,_  ヽ
     〉  |  '⌒r'       :::::   ヽ .f ,.、i   |    ははは、さらばだ暗君!!
      { i. | ::::: ヾ >        | k. }|  ノ   これが行きがけの駄賃だ!!
     ヽヽ,l    `_ ,.. --- ァ    / ノ´//
       ヾi   <´    /   ゞ_/-´ j
        l    ヽ __/      , | <
          !     -      / ! ノ
           ' ,          /   |
           ヽ、__ ,,..  -'"      |
                」,-、___r=‐―--- ┴i
           |┌┐| ┌‐┤       |
           | |. | | |  |        |
            | |  | | |  |       |
     ,,..  --‐ ヘヾ-、,」⊥」_,. ー‐---‐ └‐-
   二 , _       / / /     ,,. -――
       |    ///    /
        |  ///   /

 寛永十六年(1639)、とある裁きにおける諍いから、明成が主水を罷免したことにより、
これに怒った主水は三百人にもなるという一族郎党を連れて会津を出奔。
行きがけの駄賃とばかりに、若松城へ向けて火縄銃を撃ち立て、
橋を焼き、関所を押し通って立ち退いたという。



594やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:53:14 ID:D8UdMgjX
                   _,, -―――――-、
                 _, -"           `ー、_
                /                 \
               /        r――、       ノ
           ノ         /     \   __  l´
           /   __    /   ___   ヽ  /ニヽ ヽ
           |  / ヽ  /    、_,\  `Yー 、ヽ  l
          |   l r.ソイ /  ._ ー、 o、\ 、 ノ ノ |  /
          |  | |( / `'"  ´ ̄  `` ┘ ソ __ | /    なんだとを!?
           /  ヽヽイ             fー。、` |/    主水が出奔しただと!?
          / / ゝ,             ヽ`ー'/     すぐだ!すぐ追っ手を出せえ!!
           | l / ノ/              -ノ  l
         レレ"/ l.        / ̄ー、ヽ    /
           ./  '、       l|::::::::::::「/  /
           /    '、      ヽ、::::/  /
     /`ヽ/ヽ、     '、    _ ̄  /
___/;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、ヽ、     、    ̄  /
;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、ヽ_   `ーr、_/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r;;〉 `ー、__/__

 これに怒った明成は、すぐさま追っ手を出したものの、
主水たちは、自らは高野山へ入り、妻子は東慶寺へ預けた。

 両方とも寺格の高い寺であり、
特に高野山に対しては、如何に四十万石の大名といえど
兵を差し向け、立ち入る事などできなかった。



595やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:54:54 ID:D8UdMgjX
【可決】
      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧  /
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)  掘主水を高野山から出すように!
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ  \
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'

    な
    ん

     (
     (´ (((/⌒,>
 だ   (/"、/^ 了
  っ   〉7  ̄’u リ6)
 て     ヽ_,  i ゙''
 ?     ヽ ̄ _/_
          ̄「lll| E
        /゙'' ̄;;;;;;;
       ,r'⌒ヾ、´ ̄\
      |    ゙i

 …はずであったが、
明成が「会津四十万石を引き換えにしても」と申し出、
また、内実はどうあれ、主君に対し、家臣がこうもあからさまに叛逆するのを
見逃すわけにはいかない以上、幕府より高野山に圧力が掛かり、
結果、主水は高野山を出ることになった。
(寺に迷惑が掛かると判断した主水が自ら出た、という説もあるが
 それなら最初から入ったりしないと思われる)



598やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 20:58:37 ID:D8UdMgjX
        ,. - 'Tヽ、           γ⌒ ⌒ ⌒ヽ,
       /  ,ィ个; ヽ、        γ         ),
    / , -‐{ヾjレト、 |         )   /⌒\ /ヘ (
   /  /  _,.ゝ-―=!ノ〈〈〈〈 ヽ   (   /     )))  | )
  r '  r;彡r"ヾヾ ̄ ノ|  ⊃  }   (  /   へ,, /^ |)
   ̄ Y´`ト`ゞ_,,-ュチf.) [ 二 ]    ((| レ ;:;:;ノ ェェ 〈
   く ∩| ヲ”  |  |! │  │     )( {_{    」〉 | ・.∴
    }ゝtヽ/二ニ7 |、  !   !     ヽそ / ̄ 7 / ,.,
   /,.f( ヾ_=─ ┘  ハ/  / ,.,・ ,.,・ \=─┘/ノ
    t.{ ゞミー二ニく/\/  , ’, ∴・.∴ /、//|  ̄ ̄ヽ
   /、//|  ̄ ̄ 丶/  、・∵.’,∴ /   // |//  〉
   /   // |/   /         /    // | /  /

 こうして高野山を出た主水は、そ
惣目付・井上筑後守政重に明成の悪行を訴えたが、
審議の結果、これが却下されることとなり、その身柄を明成に引き渡された。
(一部、明らかに不自然な記載があったからとも言われている)

 そしてその後、明成は主水を拷問にかけた末、
寛永十八年(1641)3月25日、主水を斬首したという。



600やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 21:00:08 ID:D8UdMgjX
 ここまでであれば、その原因がどうあれ、
まだ「主君が叛逆した家臣を誅した」というだけで済んだのだが、
この事件を大きくしたのは、その次の明成の行動であった。

        ,. - 'Tヽ、
       /  ,ィ个; ヽ、
    / , -‐{ヾjレト、 |
   /  /  _,.ゝ-―=!ノ
  r '  r;彡r"ヾヾ ̄ ノ|     私は加藤家の使者である!
   ̄ Y´`ト`ゞ_,,-ュチf.)   そちらにいる謀反人・掘一族の妻子を引き渡し願う!
   く ∩| ヲ”  |  |!.    逆らえば、ためにならんぞ!!
    }ゝtヽ  二ニ- |、
   /,.f( ヾ_フ  "  ハ ヽ   「…………」
 / t.{ ゞミー二ニく| | ヽ
 l|   _ゞヽ{三}l | |{彡'|/,ヘヽ
 |! /⌒l|`ー-彳レ" //

 堀一族の妻子がいる「男子禁制の寺」東慶寺へ使者(あるいは兵)を踏み込ませ、
その身柄を要求したのである。



601やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 21:01:27 ID:D8UdMgjX
            ___
        ,.. - '´       ヽ、
.       /            \
    /                   ヽ
.   /                       i
   /                   |
   |             人          :l
 |、 |       / /  \.        l     お断りします。
. \ ー   _;彡ノ     /⌒ヽ ト、 |    ここは神君家康公の御墨付きを得た寺法の寺。
   ト、.__ ∠'´   ,.-彡ャ='  Y イ|ヽ ',    男子禁制のこの寺に、男が踏み込むとは何事です!
   ヽ、 { -tミ_   ´ >'´  ノ /ノ   }  
      \ヽ "’;i      _,;彡' |  ,ノ    あなた方に彼女達を引き渡す事はできません。
       ``、 {|_ 、      _ノイ(__,    今すぐ出て行きなさい!
        ヽ、 ー''''    _⊥__/
       、_ノ> 、_" _. <'´..-|´
        ` ー-─'|ヾ.//   |         「ぐ、ぐうう…お、覚えておれよ!」
            |ゝ=Kヾ  彡>__.へ.
       _,.イ\_,イ|ニKヾ    \) ヽ┐
.    _ノ\|  ! |  //| |´   _.. <⌒  ノイ_
  /\   \| ∧. / し ノ_. <  _>´/ /{_
 /     \   \∧>< __ア´    _,彡´  | \
ノ     ヽ>  \|_,>'´    _,ノ ./   ハ.. \
\       \   て____∠...... </   :| !   ハ
  Y      ` ーァヽ_,.へ ___,ノア    ./ :!   ハ
   ヽ|      /ノ        //    /  !´⌒ヽ}
           天秀尼(奈阿姫)

 しかし、この時、この東慶寺の住持を務めていた奈阿姫こと天秀尼は、
家康の御墨付きを得た「男子禁制」「女人保護」の寺法を盾に、
加藤家の要求を跳ね除け、堀一族の妻子を守ったという。
(その後、加藤家の兵が強引に堀の妻子を連れ出し、処刑したという説もあり)



602やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 21:04:57 ID:D8UdMgjX
 さて、加藤家側は引き下がったが、これで問題は済まなかった。
まがりなりにも家康が御墨付きを与えた寺法を、
如何に大藩とはいえ、一介の外様大名が破ったのである。

 このことを、天秀尼は幕府へ訴えた。

       .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ;:;:::;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:     …宗矩よ、これ(訴状)を見てくれ。
       ,rト、  ー- ─-:  /|    こいつをどう思う?
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、
          徳川家光

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |    神君様が御墨付きをお与えになった寺法を
. |  (__人__)  |   破るなど言語道断でしょう。
  |   ` ⌒´  ノ   常識的に考えて…。
.  |         }
.  ヽ        }    「ああ、その通りだ…」
   ヽ     ノ    
   /    く  \  
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、
  柳生但馬守宗矩



606やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 21:07:19 ID:D8UdMgjX
 こうして、元々の悪政も相まって、
寛永二十年(1643)4月、加藤家は所領召し上げ、石見国吉永一万石へ改易となった。
(明成自身から所領返上の申し出を出したとも)

                   _,, -―――――-、
                 _, -"           `ー、_
                /                 \
               /        r――、       ノ
           ノ         /     \   __  l´
           /   __    /   ___   ヽ  /ニヽ ヽ
           |  / ヽ  /    、_,\  `Yー 、ヽ  l
          |   l r.ソイ /  ._ ー、 o、\ 、 ノ ノ |  /
          |  | |( / `'"  ´ ̄|||i`` ┘ ソ __ | /
           /  ヽヽイ             fー。、` |/    主水!貴様は、俺の…
          / / ゝ,             ヽ`ー'/
           | l / ノ/              -ノ  l
         レレ"/ l.        / ̄ー、ヽ    /
           ./  '、       l|::::::::::::「/  /
           /    '、      ヽ、::::/  /
     /`ヽ/ヽ、     '、    _ ̄  /
___/;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、ヽ、     、    ̄  /
;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、ヽ_   `ーr、_/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r;;〉 `ー、__/__



608やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 21:08:18 ID:D8UdMgjX
                            ψ
                          ,.}{.、
                         ,.:'ナホヤ:、
                       /´ ̄  ̄`:ヽ.
    j|                    /        :.\                j|
.   f .`i               /           :::::.`i               f .`i
   _}Ii.I{                |    _________..:::::::::::|                ,}I!I:{
   下了   ,人        ノ:い,.:ォ''緜;;絲;;絲;;綿`ぇy'.八.          人.   下了
    | :|    }I i{     |i  / _;:Yf,,.--―――-- ,iY_.::ヽ. ,l|.     }i I{   | :|
    ! ::!.   |:|    .iHh lれ|∩l|:┌三三三三三┐:|l∩|iう:l frti.    ! :|   | . ::|
   {-‐-}   |::!     l ̄├三三||: | |';';';';';_;;_';';';';';| | :||三三┤ ̄:i   |.:l   .{-‐-}
.    |  ::l   {‐ }     lr‐i | |f⌒i l|: | l';':'父乂父、';l | :|lf⌒i | | r‐i:|     {‐::}   .! :::l
   |  :::|.  | :l     || |.| l|  .l:||: | |i'乂:ri‐i:i:乂'i| | :|||  .l:l | l l:l    i :|   |  :::|
.  ├-┤  j,.. :!    .l ニ. ! !;:三:;l|: | ll;王;lエエl;王;ll | :|l;:三 :! !. ニ.:l    j :!.  ├:‐::┤
  |   ::|   | ::!     .|r‐i | lf⌒i ||: | |l:干:ri‐i:i:干:l| | :||f⌒i l | r‐i:|     | :|  |  .:::|
  _|   :::|_.l ..;:| __,l|__l | ||_.l:l|, ニ;l;王;lエエl;王;l;ニ ;|l|_.l:| | |__|:!__,l .;;r!';ミ;ヾ;'ゝヾ|_
.  i 「  ̄,r;';';,、― ―i―i―i―i―i―l.-l--l--l--l--l--l.-l―i―i―i―i―i―i fバヾ';;:゛ヾ;,ヾ
  l.「 f;';'';ゞ';ヾ;:ヾ.,i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄l.~| ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l~.i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i,ノヾ';ゝ;'::;;ゞ';:;ゞ
   r'ゞ;;ヾ;';;ソ;ィ;';ゞ'::┴:┴;┴;┴;┴:┴‐;;:┴;┴:┴;┴;┴:': :┴;┴;┴:┴:┴‐':.ヾ''ゞ:;ヾ;:/';ツ゛
 _.: ;__.:.`_,刈',::_;::.;_::: ;_:::,,;';;';'''゛  ..::,;';;:''.:: !.    ! ::.゛';;,::..   ヾ';`';,,.::._:;:_.::;.:_;,_;:_j;l!i_;:_::.:_
 .,::;:::. ,::::::::::::;;:::....., ,:;';;: '''゛    .:::;;'';:'゛.::: |:     | :::::..゛';',;::..    ヾ':;';;:,.、:::...... ::,..:::::,:;::::::;..::

 これ以来、諸大名はこの寺を恐れるようになり、
東慶寺住職の行列には、大名行列ですら道を譲るようになった、と言われている。

 なお、天秀尼こと奈阿姫は正保二年(1645)に死去。享年37歳。
これにより、豊臣秀吉の直系は断絶した。



610やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 21:09:36 ID:D8UdMgjX

       / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
     / ―   ― \
    /   (●)  (●)  \
    |     (__人__)      |
    \   mj |⌒´     /
       〈__ノ
      ノ   ノ
      柳生十兵衛三厳

         ____   ,
       /     \  -
     /  ―   ― .\`   ・・・。
    /   (●) (●)  \
    |     (__人__)      |
    \ .   `⌒´     /
    mj~i
    〈__ノ
   ノ   ノ



613やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 21:11:41 ID:D8UdMgjX
           ___   ━┓
         / ―  \  ┏┛
        /  (●)  \ヽ ・
       /   (⌒  (●) /     ん?なんだお?
       /      ̄ヽ__) /     どうしてこの十兵衛がここで出てくるんだお?
.    /´     ___/      
    |        \
    |        |

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\     この頃のそれがしは、書院番として再出仕してるお!
     /    (__人__)   \   素浪人なんてなってねーお!
     |       |::::::|     |   
     \       l;;;;;;l    /l!| !   でも、女人とキャッキャウフフな仇討行とかなら是非希望するお!
     /     `ー'    \ |i   あるいは美人の姉とかでも全然OKだお!
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl



617やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 21:14:19 ID:D8UdMgjX
       /レ〃
      _{:.:./ _, ─r、
  r==、'´:.:.:.:ヾ'´.:.:.:..:. `ヾ i}        ちょっと余談が過ぎたけど、
  ∨ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽヽ:.:.:.:. \      伝奇ネタとしては柳生と縁の深い話なので、
  /ヾ.:.:.:./ ト、i ヽ ト、\:.:.:.:.:.\     この事件を紹介してみたよ。
 ,'.:.:.:.:.:∧__{-リ\}ィf:マ}ヘヽ:.:.:,ヘ!
 |.:.:.:.:.i l /f::オ    ゞ-' !レヘ }      少なくとも、史料上では
 |i.:.:i:_i l{! ゞ-'   __,  ゙゙ !ノ l/     この堀主水事件に関して柳生の関与はなく、
  lハKレヘ"   {¨  }  丿lゝ      あっても、せいぜい家光の相談に
    >r>r __ 二 ‐ ´         宗矩が乗ったくらいだろうね。
     '┘ (〃/ <ム__,
          ヾ`ヘ{_}、  )ニア        だから、どこぞの七本槍とか、
         }=)xx{xヌヘ        某国の妖術師とか、十兵衛の姉とか、
        ノ-{xxxヘxxヘ        無敵柳生とかは…まあ、いわゆる
          {ヘ!xxxx}xx ,ヘ
        /--\∠゙ヾ/ 人       「それはまた別の物語である」
      r,/  /    \-_'>、
      /、ゝ->      \ \     ってことだね。
      /  7           ヽ__ノ    さ、それじゃ話を戻そうか!
     ゝ-'



620やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 21:16:31 ID:D8UdMgjX
 さて、話は再び慶長二十年(1615)5月に戻る。
一通りの確認を済ませた家康・秀忠は、5月9日には京へ凱旋した。

   \      ,..''  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  __,,,,/    /  |
  |   \        ` .、::::::::::::::::::::::::::.,-‐'"'"     /    .|
   i    `'''ヽ、       -:::::::::::::::::::      -‐'"'" /    /
   `i    |  `、'''ヽ、、     .ヽ.Y    , ..-':''" ゙/   /   ../    ホホホ…。
    `、  |    `、  (:、、   . .|  ,..-')   /   /  ‐-‐'    あらためて、勝利の実感が湧いてきましたよ…。
     ‐-‐'| \  `、....,,,`_゙ヽ_、_,| ノ、."..-'''''''" // .. /       さあ、これからが、真の徳川の世の始まりです!
       |  \\γ .,--‐-‐ "゛"゛‐-‐'''"゙'' |///  /
       `i| \\ |        、      |///  /\`i
       /`i  \ |   < ___ ゙''-''"'_,,,, >.. |///. /   `、
     /   `i\\|     ヽ゛⌒⌒/゛   |/ / /
          `i \|     `.、__ ノ     //.-
           ~\      ‐'''''‐   / '
               \      /
                 "'''゙''-''"~

          | /    \ j冫`ヽ        /
             | |   ヽ / | 卜  |      /
           ||  /\ ヾー'  | /     /
            |  |/´     ∨/     ´' -,,,_    そうですな。
          |  ||\     _ム,,,,,,,,、__──'''''´   ある意味、これからが本番ですからね…!
           |、_| / ,,         ヽ、
           ) ` ´       〉     ヽ
           /,,  /| ,    /:    !  ヽ、
            `~'''‐'、   /;;     !   \
                  ̄



624やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 21:19:27 ID:D8UdMgjX
=伏見城=
                  ∫_____∫
                  |l|lllllllllllllllllllllllllll|l|
                  @:::::::::::::::::::::::::::@
                 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
               ヾ==================.ソ      ,;:"⌒⌒⌒⌒゙;,..
                 | iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii |      ,;:,,,,''''  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,)
               /;;;;;;;;;;;;;;;; /\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\    ,;:,,,  ;;;;;; ;;   ,,)
              ヾ=======.//\\ =======.ソ   ゙゙~,,,,,,~,,,,ノ
                 | // .[ ] .\\... |
            .───./:::::::::::::::::::::::::::::::::\───
           ゞ===============================ソ
            \.|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii田 田iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|/           /松
        .松\ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\         //::::::\
       /:::::\\:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\      ヾ===========ソ
      ヾ=/\===ソ===============================.ソ    /_| |iiiiiiiiiiiiiiiiiiii|/
      /::::::::::\ |ミ iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii田 田 田iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii |/=========./::::::::::::::::::::::::::\
     ヾ========ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::ヾ===============ソ
      |iiiiiiiiiiiiiiiiii||ミ========================ミ ミミ ミ ミミ ::::::::::::::: | |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|
      TTTTTTTt  iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii ミミ ミ ミミ ミミ ミミ.  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      |___  ヾ;yヾ;yヾ_口口口口口口口口 ミ ミミ ミ ミミ ミミ ==================ソ
      ◇◇◇◇ ゞヾ Yy;ヾヾ 口口口口口口口口 ミ ミ ミミ ミミ  iiiii| |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|
     ◇◇◇◇◇ ゞゞヾヾゞゞ 口口口口口口口口口 | ;;i /ミ    ∞◇◇◇◇◇◇◇
   ◇◇◇◇◇◇  ヾ|i|;ヾ  .口口口口口口口口  | @llヽ   .∞◇◇◇◇◇◇◇◇
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|i| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄) li!;lii!\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 そしてしばらく京にあって様々な戦後処理を済ませた家康と秀忠は、
七月七日、秀忠のいる伏見城に諸大名を集め、ひとつの法度を布告した。

 徳川の、そして江戸幕府の世の根幹ともいうべき法─『武家諸法度』である。



626やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 21:20:28 ID:D8UdMgjX
  ゙!  ひとつ!                   /
  ゙! 文武弓馬の道、専ら相嗜むべきことッ! |
   | 文を左とし武を右とす古よりの法なりッ!|
   | 兼ね備えざるべからず。弓馬は…    |
   |            __,.,.,.,.,.,.____,._       ヽ
   j         ,..-'"´         >-、,  /
  /      /  /´゙i ゙!:⌒ヽ   `'"´ ヽ、
 /      /   / ,.-,ニ,、゙i,::::::::\  ,..イ rニi,
       /    レ'/_::::::::〉〉::::::::::::`'":::::::|
       /彡  //_'、ヽ,=-'゙:::::::::::::::::::::::::└--‐
  ゙ヽ,  /三  /::/__:::::\\:::::::::;:;:;;;;.-、:::::::::::::::::
   ,,..-v'三 iー-':`-, r''‐ァ-、\`'',.-‐'"´゙!l;;;;:;:;:;:;:;..
  ´::::::ヾニ ゙i;:::::::,.ノ_ヽl゙_;;;;}ヽ;ヽ_」i::::::/:::!l;;:::::::::|「
  >、::::::::`ヽ `,ン´::,.-`,.-‐`゙''`::〉゙ヾk::__ノ l;;:_;||:
  ,r'゙〉::::::::::::} レ',.-'´:::::::::::::::::'::::::::::/二二,`ー--
  {::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::::::::::::::::;:;/;;;ヽr';;;;ヽ,.:;:;:
  ヽ;:::/::::::/ /:::::::::::::::::::::::,,;::::::::::::::l;;;;;;;:::゙ヾ',ノL;;:
   .)/::::::/ /::::::::::::::::,..-、ヽ::::::::,;:ノ;;;;;:::::::::::::;;;;;//
  ゙}/:::/ /::::::::::''∠__,...、.ヾ__ '"、::::::::::::::::__//::
  ::゙i´   j::::::::::::::l  ヽ`+、゙--、 ゙!|::::::::::/,.-7''゙ーy'
  l:::゙i,  |:::::::::::::::゙i,,  ヽ,,,_ヽ/ .!|:::::://:::/,.-__;//
   i,:::ヽノ:::::::::::::::::::::`゙'ー、    〉':::://:::://:/  //
  l,゙i,::;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::;;;゙''ー'":::://:::/-':::ノ ///
  ;゙i,.ヽ;;;;:::ヽ、:::::::::::::::::::::;;'゙:::::/ レ'::,イ´´/ /// /
  ;;;/ \:::::::::゙''-、:::::::'"゙:::/-;:ジ) /// /// /
  / .∧  `'-、::::::::`゙゙'''";:;,..-'// ./// /// //
   /  `'''- .,_`゙゙''二,.-;;'":::/  /// /// ///
  '        `i };;;;/:::/i;ヽ, /// /// ///
           / /;;:イ:/ i゙:::::;)// /// /// /
  、        /,// l:L,ノ/::゙y、  /// /// /
   ゝ、___//;;(_,ノ::/:::/::;ハ/// /// //
  / /,.----';;;;;;;:;:;:;::l:::,.::::,..-':::::::::\/// //
        金地院崇伝

 これは、以前より諸大名に布告していた三ヵ条に、
金地院崇伝らによって起草された十ヶ条を加えたものになっており、
崇伝がこれを読み上げた。



628やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 21:23:02 ID:D8UdMgjX
                    \          
           -‐==ニ二≧x  ヾヽ
             ____`ゝ\ ):.〉        さて、この武家諸法度。
          ,. ´ : : : : : : : : : `ヽ`∠、       内容は、「諸大名が守るべき決まりごと」であり、
          /:. : : : : : : : :.: : : : : : : : : : : :.\     この時点では柳生・及び武芸者には
.         //: : : : :./: : : : :/: : : : : :}: :ヽヽ: : ヽ    直接は関わってこない法度だったんだ。
      // : : : : __∧: : : :/:.:/:.:./: //}:.:il:.:| : : ハ
    //: : : 人r'》、_ハ : / ,イ:.:./i : //: /l:/}:}|: l∧    でも、この法度を大名が受けた事で、
.      ./:.:/_ⅦYk《r ノ:/ //: //⌒メ、/ ノ' jハ: :|: :l   武芸者のみならず、武芸そのものに関わる
    ///\_V___彡ヘ:ムイ//,ィfテホ=   _‐}/|: :}   大きな問題が発生したんだよ。
      '  /:il: :r'⌒>、__): :.l/'. 〈 Ⅶリr}`   {i'}':.ハ/  そして、その問題に関わってくるのは、
        l: :lljl/⌒´{ ⌒iヘ:.l    ` `‐'´     ヒ{/ '    法度のうち、次の2点なんだ。
        レ'¨l/i: ,ィ: :\ヽ `         , }
        レ.ムイ/:.ハj´        -=ァ /      ======================
            _'_j/  ',           /
        \-‐==≠====┐ .r' ──'´        一、文武弓馬の道、専ら相嗜むべきこと。
         ̄\       \/               文を左とし武を右とす古よりの法なり。
          r'´\_-‐=≠=-、 \              兼ね備えざるべからず。
       /|         `ヽ、\             弓馬はこれ武家の要枢なり。
        / {            ヾ》            兵を号し、凶器となすは已むを得ずしてこれを用う、
     /                    i|            治めて乱を忘れず、何ぞ修練を励まざる事あらん。
 r'⌒`/        /         ハ〉
Y´:.:.:.:.: \ } / ̄l /         /  }          一、国主は政務の器用を選ぶべきこと。
:.:.:.:.: `>⌒/:.:.:.:.:.:i|___   /  {            凡そ治国の道は人を得るにあり、明らかに功過を察すれば、
》、:.:.Y´:.:.r'´:.:.:.:.:.:.:.:.:l        / ハ l            賞罰必ず当る。国に善人あらば、即ち其の国弥々盛殷、
ヘ}:.:.{:.:. _|'⌒:.:/ :.:.:. |     / / Ⅵ\          国に善人無ければ其の国必ず亡ぶ。これ先哲の明誠なり。
.\\`´:.:.:.:. /:.:.:.:.:./     /    Y⌒ヽ
   .V´:.:.》':.:.:.:.: /      ∧    ハ          ======================
    \/:.:.:.:.:.:/  \  /  \  ノ }
     ∧:.:.:.:./\ \ \\      l           他にも絡む項目(謀反人・殺害者は追い出せ、とか)もあるけど
      /  \/   `\\ \\   ヽハ         ひとまず、この2点がどうして大きな問題に繋がるのか、
                    \\/  ヾ}         ということについて話をするよ!
                      \  j



629やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 21:25:24 ID:D8UdMgjX
                     .!:.///   
                l``ヽ、 _ヽ!i/_....-‐:.、                 そもそも、この武家諸法度の公布により、
                l l >-、´_  ̄``ヽ、_, -`──┐           二つの意味で大名は変わったんだ。
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄`ヽ、  -‐ "´,!/            それは、
              /:.:.:./:.:.;.:.:.:.;.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:\   .//
              ./:.:.:./:.:/_!_:.:.l.i:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  /ヽ             『諸大名は幕府の定めた法に服従する存在、
             i:.:i:.:!.イ .l:.:.:l .!:.ト、:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:i !:.:.ヽ             即ち、法的にも将軍家に従う立場となったこと』
             !:.i:.:i:./"㍉!:.:! ヽl .ヾーl、:.:.:.:.:.:.:.:i i:.:.:.:.ヽ
             !ハ:.:.! l::::!   lィ.たト、、:.:.:i:.:.:.:':.:.:.:.:lヾ、 , , , ,     『武勇ではなく、治国のための存在となったこと』
               ヽ:.! ` '     !::::j / ヽ:.l、:.:.:.:lヽ:.l ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ,
              _.r‐i、"" !      `´   ヾ!ノ:ハl ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ; ',   ということなんだ。
             /_rl::ヽヽ、,、_   """ , イ.ー'´ l/ ;' ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ,
   /`ー- 、_    ,..:".::::ヽ::::`/;;;;;: 〉__ , イ::::::::::::::::〉 ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ; ,  つまり、それまでの世-戦国の世であれば、
  ∠ _     : :`>.'´:.:.:.:.::::::::`:./;;;;: /   l:::::l::::::::::::::::〈 ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ; , 諸大名はあくまで「独立した存在」…
  レ 〈:.`ヽ: : : : :j.:.:.:.:.:.::::::::::::::::i;;;;:;: i\ !:::::!::::::::::::::::::i ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ; ,  即ち、自分の土地に根を張り、力をつけ、敵を倒し
    ヽ:.:ヽ: : :r'‐.:.:.:.:.:.:::::::::::::::!;;;;:;: !::::::ソ:::::i:::::::::i::::::::::! ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ,  .勢力を広げる…という存在だったんだけど、
     ヽ:.ヽ/.:.:.:.:.:.:.ヽ::::::::::::::::l;;;;:;: !:::/:::::./:::::::::l:::::::::::i ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ; '  この法度によって大名は
     l./.:.:.:.:.:.:.:.::::ヽ:::::::::::::::ソ7_ノ':::::::/:::::::::::i:::::::::::::i  ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ; ' ;
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::i::::::::::::://:/::::::::/:::::::::::丿:::::::::::::i  ' ; ' ; ' ; ' ; ' ; '     「将軍から与えられた土地を治める存在」
   ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::ノ-/` 〈 フ,-、/ヽ-/::::::::::::::::::::i   //' ' '
   i:::::::::, -‐"ヽ:::::::::::i /  ヽ、 〉    _, -イ:::::::::::::::::::::::::〉 ‐//、          になってしまったんだよ。
   .l::::/:::::,r ´ ̄ ̄ ̄    〉二 ´-─.7!::::::::::::::::::::::/l /-'-ヽ        こうなれば、当然、勝手に戦ができるわけがないよね?
   l::/:::::::/         /      / l::::::::::::::::::::::l. `´   /



630やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 21:26:42 ID:D8UdMgjX
                        __
                     r.'´::.:.二>
           r‐ァ── - 、, -‐{:.:r',´-..-...、___       
    _ィ─ 、   ヾ、´¨.::\/::.:.:.:.∨/.:f  ̄`ヾ  _ `<ヽ      当然、大名がこうなると、
  _,イ´/    , >、  \`/::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゞ´:.: .. `/      その家臣たちも影響を受けるわけで、
 (ヘマ マ  /   }    /:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \/       戦がなくなり、武士が治国のための存在となれば、
  ヾ、>‐'ーイ()   /   /:::.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:... ハ        それまで、戦場で功績を挙げてきた
   } {^^ノ   /   i::.:.:.:.:.:.:.;〃/.:.:.:.;.:.、:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ハ        荒武者達には居場所はなくなるわけなんだ。
   Vゝ'    l_    |.:.}.:.i.:.:/_|;ハ:.:.; ヘヽヘハ__.:.:}!:.:ヽ:.: l
   (`ー─ '´ 〉  !/|:ト、/ ___`レ'   `,ニr=、∨ム:.:.}.:.,'         つまり、既に幕府内部で起こっていた
    ヽ、__ /     !ハi´  `    弋ツ' /ソ|;ハ/        武士の価値における評価基準として
      |   |      ム    、     /ハ           「武勇」よりも「治国の才」が重んじられることが
      |   |        \  、_--,.  / i_」           今度は日本全国で発生した、ということだね。
      |   |     __    ' 、   _ イ
      |   |___/∠>_,ィノ` ¨  ヽ               となると、功績もなく、仕える家もなく、
      | , ´   / │ | ,〃   ,ィ'´ ̄ \             武芸を以って世渡りをしていた武芸者にとって
      ∨      {「」!  レ' / / .: .   / >'´ヽ         この変化は致命的といっていいものになるわけなんだ。
        ̄ ̄ ̄ ̄ゝ」ヾ/ ム'´       / /    ,>        何故なら、戦が起こらない以上、
               / /: {     ..__{  !   / \       武芸の存在意義も消滅するわけだからね。
                 / /:., ゝ、  ___>l ロ /     \
                  ∨:.〈   r.、} レ、 <`or '\    \     …本来なら、ね。
               `ヽゝ   > o ヾ r' 「 |   \    \



632やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 21:36:46 ID:D8UdMgjX
            ____
          l´:七,´‐― - 、
          ヤ::l/:/ ̄ ̄ `             そう、ここでひとつの問題が起こる。
        , -―-ヽ|/´ ̄..`..ヽ             武家諸法度の冒頭の一文にある
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....' ,
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           『文武弓馬の道、専ら相嗜むべきこと』
.    / : : : : : :::: : : : : : : : \:::::::::::::::、ヽ          『弓馬はこれ武家の要枢なり』
   /::::::/::::::::::::/|:/l:::::ハマヽ;、\:\:::::ヽ',
  ,'::::::/:::::::::::/ |l ',::| ヽヽ|_⊥|_|、l::::l::l         この一文に上がっている通り、
  l::i::::l:::::::ハ::l,-┼-ヽl   ´.ィ-c、 `lカ::l:::|        武士たちは「武士であり続けるために」、
  l::l::::レ::::l: :`,-,‐o、    ´:辷;j. ! lル'!Xl        武勇を示せることを要求されていたんだ。
  l:::l:::ヽ::l: : l .辷;j   ,      l /:l|
  ヤ::l:|::l `. : :             l'Vソ          ただ、それまでであれば、
   `マl|ハヽ_、: .     , - 、 _  ./リ          例え平時の武芸が稚拙であろうとも、
    ` ヽ!::lヽ: .    `ー/ ,__,`ゝ           戦場での働きさえ抜群であれば、
        l/ヽ!゙、ュ :_ . ./ -',.-_'ュ_           武勇を示すにはなんら問題はなかったんだ。
               l〈`l    ´,.ィ l           逆に言えば、戦場で役に立たない武芸は、
               l. ヤ!     !- '           それこそ見向きもされなかったんだよ。
           / __l    .}`\,_
     , -‐七´:l  /二二 ヽ/  /:::::|`ー― 、     でも、戦が無くなった以上、
    '     l::::::ヽ/      \〉 ./:::::::l .          戦働きの代替となるものが必要になる…。
    l    /:::::::/:.      //::::::::::',         そこで、武芸に新たなる存在価値が出てきたんだよ。
    l    `',:::くr‐-、.   /:::::::::::::::::::ヘ,.   
    ',    ヽ/   \_ゝ':::::::::::::::::::::::::yへ、      即ち、
     l.    /     /::::::::::::::::::::::::::::;;lリ   
     l   /     /::::::::::::::::::::::::::::::;i/         「このくらい武芸の腕があれば、
      l       /:::::::::::::::::::::::::::::::;;;!           戦場でも相応に働けるに違いない」
        l       /:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;!      
      l     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;!           という期待に基づく
        l    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!   
        ' 、_,/` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ '          『戦働きに代わる武勇の証明手段』
            ',                ,'    
            〉             l             となったということなんだ。



633やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 21:40:19 ID:D8UdMgjX
                  ト、       \   ヽ,
                  |:::::\___   ヾ、   }ヽ
              _ -‐=≠|:::::::::::::::::\ `ヽ、  )ヽ l:.:.:)
              ∠‐-/:.:.:.{:::::::::::::.  ´::..:.:.:.\|:///
              __/:.:.:.:.:.:.}::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.メく´
             f//:.:.:.:.:/:./:.:.:.:./:.:.:.:/ノ:.:.:.:.:.ヾi
              _ル':./:.:.:.:/:.r'´/:.:.:...イ//|:.|:.:.:l├─‐‐ァ
            _ル'__:.:.:.:ムイ‐/___/ /.メ、 川:.::.|:.|::::::/
               _7 ̄:.:.:.:.:.:{ lヽ// r'/テホ、/ メ〃/ |:.|/   つまり、武勇よりも治国の才が要求され、
                ̄l_:.:.:.:.:.ヽゝ  {ノ::::::ノ ー=彡'´‐//    戦そのものが発生しない…させてはならないにも関わらず、
  { ̄ ̄`ヽ、        辷===r‐〈_  `ー´    r'テi!//    武士は、武士である為…武士という存在であるために、
  `ヽ__〃´ヽ        /___ミ__''     {:///     使わないはずの武芸を必要としたんだ。
       `ヽ |     __/____   ̄ヽ マフ´ 'ノ       
         | |    r'((=真===x、 __├─‐ ´         でもね、あくまで武芸は「武士としての前提」に過ぎず、
         |!iハ___/\| /   /V r‐ハノ           戦が起きない以上、結局、必要になるのは
         |  \__//____ /ヾ.∧/ ̄ハ           「治国の才」だっただけに、遅かれ早かれ、
          \  \ ̄__  ト、  |  ∨ ∧           
          /入__》\    ≫=|   V ∧            「平和な世で何の為に武芸を修めるのか」
          {イ/ ̄´|小__/|´|   \__つ         
          {   { ヾ===三ト、入               という問いにぶつかることになるし、
         `lrヘ,rヘハ_     |' ̄`              誰かが、それに答えを出す必要があったんだ。
          | ⌒⌒ハrヘrヘrヘ|                 武芸そのものの存在価値を確立する為にもね。
          |    {   }  ̄ ̄ |                
          |__ 」  ト、__|                   まあ、この時代では、実際に戦で功名を上げた
          |__`|  |    )                 歴戦の荒武者達もまだ大勢生きていたから、
          |   |   |' ̄ ̄'|                 その段階へ切り替わるのはまだ少し先なんだけどね。
          |   |   |    |
             }  {    }   {
             ヽ__ヽ  ヽ____フ



636やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 21:41:23 ID:D8UdMgjX
:::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... ....::::::::::
.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. ... ... ..::. .. .
  .. . .. .:::::      :: :.         ... .::::: :... . .:::: .. . .
... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. . .. ..   .  ... ...      .. ..::   . .. . ..
 . .. . .. ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. ...     ::  ◯    :   . .. .
. .:: : :.. . ... ::: :::..   §. .. . .. .. .. ..     ... ... ...   .... ..::   .
 . .. . .. .. .. ..   . . . .. .  §  . ... ...      . .. .
 .. . .. .:::: ::     -‐'" ゙''‐-  . ... ...     . ... ...    ..::   .
  ..::   . .. . ..    ``侖侖''"               . .. .
              -‐'"韭 ゙''‐- . ... ...    ..::   .
゙''、,,_,,,,-‐'゛``''、,    ``侖侖侖''"
;'' ;~'',;'''',;'';'' ;~'',;''゚ ;~'',;;-‐'"韭韭 ゙''‐-
,;'',;''゚ ;~,;":;;;: : ;: ;: ;::::::``゙''ー-侖侖''"::;.-‐'゛~゙`゙''-、.,,,::    . ... ...
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:"゙''、,;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:`;'' ;``'‐.、;;;;;;;.,.,.,.,..,.,.,.,.
:;,':,:;.,:;'' ;~'',;''゚ ;~'',;;~'',;';~.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙ :: :;":;; ~゙"'ー-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; '' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' v'゚ ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;'',;'~,;゙''、,,_ュiュ... .. ..   . ...
::;...;;.;;ii:i;;:;i,'' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' '゚ ;~,;''゚ ;..;;.;;ii:i;;:;i'',;'',;''゚ ;~,;::;.:".:;.:'::;...;;.;;ii:i;;:;i|゙:.:゙,:;、,"コエ...HE
゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:;,`゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;"i|:;.::;,,;''゚ ;~゚''゚ ;":;.::;,゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:
:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,::.ミ,,;'',;' ;~,;:.ミ,,ii;'',;' ;~,;''゚ :.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:;,`゙ゞ:.ミ,;'',;' ;~゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;,:.:.、;:...:,:.:.、
.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙

 さて、こうして武家諸法度は公布された。
また、これとほぼ平行し、朝廷や公家への法となる「禁中並公家諸法度」を制定、
天皇すら法の元に規定し、幕府による日本全てへの統治体制を確立した。

 これと共に七月十三日、改元が行われ、「慶長」から「元和」と改められた事を以って、
「元和厭武」が宣言され、名実共に戦国の世は終わりを告げることになったのである。



637やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 21:42:32 ID:D8UdMgjX
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)    …元和厭武、か。
.   |     (__人__)   これから先、治世の世が始まる。
    |     ` ⌒´ノ   もはや徳川に歯向かえるものはおるまい。
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }          :::,, ..
    ゝ  ノ   ノ         (:::::ソ: .
   /  /    \        ,ふ´..
  /  /       \      ノ::ノ
. /  /      |ヽ、二⌒)━~~'´
 ヽ__ノ


        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |   …あるとすれば、
     . |:::::::::::     |  それは、同じ徳川だけ、か。
       |::::::::::::::    |        
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

 この頃の宗矩の状況は不明。
ただ、役職に変化がないようなので、おそらく小姓番のままであり、
秀忠に従い、京に滞在していたものと思われる。
(使番として京と江戸の間を往復していた可能性もあり)



639やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 21:44:12 ID:D8UdMgjX
 この頃、徳川家には、将軍家たる秀忠と諍いの種を抱えた存在があった。
即ち、秀忠の弟である松平忠輝。
秀忠の兄である結城信康の息子、松平忠直の二人である。

             __........._
             / , --、 〉
           /  /   ′
        ,.‐ 7  ノ~ `ー-,、
          / ’     ’  ヽ
       |           ,.┴-、
       [| ^ヽ  /⌒     [l |
         { ~゙ 、_,  '''゙゙   -r′
       _,...\  `ー′       ノ^ー-、_
    ,.<    ゝー ,..、 ---一<   __,>、
   /`ーr ̄^゙>-〈H/ー-、_,....-一´    \
  ./   `ー- / /′`ヽ \ ---‐      ヽ
        / /    \ ヽ
        V        ヽ _>
        松平上総介忠輝

    |ソリlヽ_-‐‐‐-、ノ |ルl|
    |ソフ|/l||||||||||l\|フレ|
    |フ「li||||||||||||||||||lilハレ|
    |ヘ>、l|||||||||||||||/<ソ,|   
    ゙|<ベ゙ll||||||||||l"/]エ'|   
    ム_二ニ゙゙Y"ニ二_ゝ  
    [l ||\_o>┴<_o/|| l]  
     ヽ|l|||  ゝ  ||||,//゙   
      |、||  ニフ ||l,/l|    
   ,ヽ、/| \、二ヽ/ l |\-、ヽ
    ヽ__\ ̄// ヽ  /
      松平越前守忠直



4やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 21:50:39 ID:D8UdMgjX
     /⌒ー 、
   (⌒ へ    \
     ̄  \    \
       /       ̄\
     / ・・・・・`ヽ   ノ・・
    /             \
  _/        \  /   |
 /         ""    ""  │    ハハハ~兄上の言う事なんか知らないよバーカ!
 | 0  ) ⌒ \_______ゝ  
 |     |                
 \    ヽ             ___  
   \   \         / /
   /ヽ     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /\ 

 忠輝は、越後高田75万石の太守であったが、問題の多い人物であった。
この大坂の陣においても、

 ・冬の陣では、江戸城留守役に不満を持ち、
  領国から出ようとしなかったが、舅の伊達政宗に説得されてようやく出馬

 ・夏の陣では、大和口総大将となったが遅参や出撃しなかったことに加え、
  自軍を騎乗したまま追い抜いた秀忠の旗本を無礼打ちし、謝罪しなかった。

 ・戦後の朝廷への戦勝の奏上について、供奉を命じられたにもかかわらず、
  仮病を使って出てこず、挙句、無断で領国へ帰ってしまった。

 などがあり、秀忠との対立は深刻なものがあった。



8やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 21:52:59 ID:D8UdMgjX
    |ソリlヽ_-‐‐‐-、ノ |ルl|
    |ソフ|/l||||||||||l\|フレ|
    |フ「li||||||||||||||||||lilハレ|
    |ヘ>、l|||||||||||||||/<ソ,|   
    ゙|<ベ゙ll||||||||||l"/]エ'|   
    ム_二ニ゙゙Y"ニ二_ゝ  
    [l ||\_o>┴<_o/|| l]    この私が武功第一なのだ…褒めろよ、父上。
     ヽ|l|||  ゝ  ||||,//゙   
      |、||  ニフ ||l,/l|    
   ,ヽ、/| \、二ヽ/ l |\-、ヽ
    ヽ__\ ̄// ヽ  /

 忠直は、越前北庄67万石の太守で、
家康の次男(長男信康が早逝したので事実上の長子)である結城秀康の嫡男である。
大坂の陣においても徳川方で最多の首級をあげ、大坂城へ一番乗りを果たすなど、戦功も大きかった。

 父・秀康は、秀吉への養子入りがなければ、家康の跡を継いでいた可能性も高く、
現将軍家の兄の家として「制外の御家」として扱われ、その分、忠直のプライドも非常に高かった。
しかし、家を継いだ際の家臣団の統率に失敗し、二度にわたる騒動を起こしたことで、
家康・秀忠に直に裁決されるなど、揉め事の種を抱えていた。



10やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 21:55:18 ID:D8UdMgjX
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)     …戦功に欠ける兄と、武勇に優れたという弟。
.   |     (__人__)    そして、当主たる弟と、兄の子、か。
    |     ` ⌒´ノ    …他人事とは思えんのう。
   .l^l^ln      }    
.   ヽ   L     }      外が治まったと思えば、次は内側か…。
    ゝ  ノ   ノ       さて、どうなることか。
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

          _,,:-ー''" ̄ ̄`ヽ、
        ,r'"          `ヽ.
        /  ::.           ヽ
  .     /  ::             ヽ
       .|  ::              |
    __,,__,|__,,____,,____,,____,,__,____,,____,,___,|____,,___,
   .================================/
     ( rー------ ::::r---------7)
    ⌒>l l ̄ ̄ ̄ l lへl l ̄ ̄ ̄~l lイヘ    よう、どうした柳生。
    ( ( l l___l l ::::| l___l/::〉:::l
    l ヘ`/ー---- ⊂_⊃ー----':::ト::/
    L |   「ー-_へ へ ー-一フ):::::ノU
      L  l ` 、廾廾廾i ,"::/::\:」
       /\  :::`ー-一":::::::::::::/::|
      /  \ (   :::):::::/:::::::::|
      人    Lー----一」::::::::::::::人



11やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 21:57:04 ID:D8UdMgjX
   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |    おお、これは坂崎様。
. |  (__人__)  |   いや、ちと考え事を…。
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }   坂崎様こそ、その格好は?
.  ヽ        }
   ヽ     ノ     
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

      _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、
    ,r'"             `ヽ.
    /  ::.              ヽ
.   /  ::                ヽ
   .|  ::                 |
__,,__,|__,,____,,____,,____,,___,,____,,____,,____,,___,|____,,___,
====================================/
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   _;;-==ェ;、 ヒ-彡|    おう、この間の千姫様護送の縁で、
  〉"l,_l||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)=f';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||゙レr-{   将軍家から千姫様の再嫁先を探してくれとご依頼があってな。
  | ヽ"::ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i,  iヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ r';' }    今、公家の方でどこかいい嫁ぎ先はないか、探してンだ。
 . ゙N l ::.ヾ====イ;:'  l 、====/ ,l,フ ノ
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"     なんせほれ、元が豊臣家の正室だろ?
   .| :゙l.''(<T''T''T''T''T'T>)゛|'",il"|     大名相手に嫁がせるには差し障りがあるからなあ。
    .{  ::| 、 \工工工工/ , il   | ニカッ
   /l  :|. ゙l;:ヽ========ノ ,i' ,l'  ト、
 / .|   ゝ、゙l;:       ,,/;;,ノ |  \
'"   |      `'ー--──'"   ,|    \_



13やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 21:58:36 ID:D8UdMgjX
   / ̄ ̄\
 /  _ノ   \
 |   ( ⌒)(⌒)l   ほう、それはそれは。
. |    (__人__) |  良縁が見つかれば何よりでございますな。
  |    ` ⌒´ |  姫様の悲しみも少しは癒えましょう。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   /     ヽ

          _,,:-ー''" ̄ ̄`ヽ、
        ,r'"          `ヽ.
        /  ::.           ヽ
  .     /  ::             ヽ
       .|  ::              |
    __,,__,|__,,____,,____,,____,,__,____,,____,,___,|____,,___,
   .================================/
     ( rー------ ::::r---------7)
    ⌒>l l ̄ ̄ ̄ l lへl l ̄ ̄ ̄~l lイヘ     まあ、そういうこった。
    ( ( l l___l l ::::| l___l/::〉:::l     じゃあな!
    l ヘ`/ー---- ⊂_⊃ー----':::ト::/
    L |   「ー-_へ へ ー-一フ):::::ノU
      L  l ` 、廾廾廾i ,"::/::\:」
       /\  :::`ー-一":::::::::::::/::|
      /  \ (   :::):::::/:::::::::|
      人    Lー----一」::::::::::::::人



15やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:00:51 ID:D8UdMgjX
    _ ,.- ‐=' ´ ゙̄^ー 、
  ./       ,.ャ,. -ュ=‐ `ヽ、
 / ヾ    ((/r_´,...., _     \
 l ゙ 、   ,r'⌒::'´:::::::::::::`:. 〃  ヘ〕
 l!   /:::::::::::、:::::::::::::::::::::\   ヽ)、_      さて、ここで簡単に坂崎直盛の説明をするよ。
 |;_ー-/::::::.:./!/ヽ:::iヾ:iヽ.:.:::::::::\ _ `:、ー-、_
 \ /::::::::::l::{‐-ヽ;}ヾ、 ヽ:::}/ノ     '!-‐'´   直盛は、豊臣五大老の一人、宇喜多秀家の叔父の子で、
  ' .l /::::l:| v=。、   r=。x::リ゚ ゝ   ノ     元の名を宇喜多詮家と言ったんだ。
    .i/ Vヽ 心ケ   ヒuノ !6ノ^ヾ   /      でも、秀家との折り合いが悪く、関ヶ原で東軍に味方して、
        .`k"  、_, "ノ  _ ,.代ゝ      津和野3万石(当初は2万石)を与えられたんだ。
         ` ‐--‐ ´ ~^´
        /´|| ` ´ ||`ヽ             で、その際、宇喜多の名を改め、「坂崎」にし、
      ィニヽ'~`X´~',r=ヽ            以後、「坂崎直盛」と名乗るようになったんだよ。
      ゝ_ノ  l! l  !、_ツ
          %  l i  ヘ。              あと、直盛は京で過ごしていた時期があって、
       / ゚ *。.。。o ゚^,            その頃、公家などとの交友もあったそうなんだ。
        /           ',ー*          今回、直盛に千姫の再稼先探しが依頼されたのは、
      く_       @ ヽ           そのこともあってのことだと言われているね。
       ,!`ー--‐'=ーi-‐'
       /   ノ '  ヽ             宗矩とも交友があったといわれているけど、
      i′ /   ヽ  ヽ            史料で見ている限りでは、特にそういう記載は無いから
      |  {    }≠<|            実際どうだったかはよくわからないんだ。
      ゝ_〉   〈_ノ



16やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:03:13 ID:D8UdMgjX
 そして、ある日の事…。

=柳生庄=

         / ̄ ̄\
       /    \ /
       |   ( >)(<)    母上…。
       |   o゚ (__人__)゚o   又右衛門、遅くなりましたが、只今参りました。
         |     `⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


        /⌒`"⌒ヽ、
       /,, / ̄ ̄ ̄\         この又右衛門、
      /,//::       \       父上より受け継いだ柳生家を守りきってみせます。
     ;/⌒'":::..        |⌒ヽ     どうか、見守ってやってくだされ…。
    /  /、:::::...       |ヽ_ \
  __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、 /⌒`ー'⌒  )
━━━`ー──ゝィソノ-ヾy_ノー─━━

 宗矩は京にあった際、間を見て柳生庄へ戻り、
母・春桃御前の弔ったのではないかと思われる。



17やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:04:36 ID:D8UdMgjX
      ,, ,、-ー'⌒゙ 'ー、
     /彡シ三ミヽ)))ヽ、
   ,、/从///ミ从从从ノ''ー、 
  ィ(彡''"//;;;;;;;;;;;;、- ll||-、;;彡) 
  ミ;rー"//;イ彡'  ,,,从l__';;;ミ=)     
 、、シ::;;/|;;;|从,、-'"  ,,>≧' 、;;;ラ     
 ヽ彡从ii从ミゝ=ァ:: {ィ均; ''i;;;(      あなた、お義母様への
  イヲ从;;;リリ'ィr均'ノ: ゙''´  lリ'     挨拶はお済みになられました…?
  ,ツ==;;;;イ::::`´   ,;;ッ   |゙      
  "{;;;ャi々{:::::     ,;.、   l,, ,,     
   `'、' 、',,,'、、::   ' ''´ ,';;;;r(''ー、  
     '、;|、;;;;;ヽ'::、、 , ,, ,,,,/r '`j ノ ヽヽ''ー
     `'ー、tヽ;;ヽ::::::::::;;;;///  ::;;;イ       
       /ノ::::::::ヽ::::;;/ l /"::::::::::;;;/::::''"  
     l i イ::::::::::::::::ヽ//ノ/ :::::::::;;;/::''"   
       おりん(宗矩の正室)

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |    うむ、今際の際に間に合わなんだのは残念だったが、
. |  (__人__)  |   その分、懸命に働いてご恩に報いようと思う…。
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }    おりん、腹の子も、そろそろかの…?
.  ヽ        }
   ヽ     ノ     
   /    く     
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)

 この頃、おりんはまだ出産前でお腹の大きな状況だったと思われる。



19やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:06:20 ID:D8UdMgjX
    、(`'''''"::::::::::::::::::::}}/::::::"::::::::"'''ー、;;;;;;;ヽ;;;;;ヽ
    ,>ァ:::::::::::;;;:::::::::::::Y::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;ヽ;;;;;;ヽ;;;;;',     
  ,r彡"::::::;r''":::::::::::;;;(:::::;;;;:::::::::::::::::::::;;ヽ;;;;ヽ;;;;;;ヽ;;'、    
 /::"::ノ:::ii":::::::::::::::;;r-、r'''''' 、ヽ、:::::::::::;;;;;ヽ从ヽ;;;;;ヽ|    
(イ//:::::彡::::::::|:::t(_____))::|:;;;:::::;;;;;;;;;;ヽ;;;;;ヽ;;;;;ヽ   
  〉:::/::::::/:::::::|:::i::}::|l ,,,,,o ,,,,,, ノ|イ|;;;::::;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;ヽ;;;;',   
 (:::イ::::::::::::::::j::|リリノ――――tイii|l::|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;y  
  ヽ||::i::::::::;;ノノ'__   、  ``'ー、;;从;;;;;ヽ;;;;;;;ヽ;;;;;;',   ええ…。
   、,ノノ{::"'〈 '"   ミヽ  `~~~~~~`'':ヽ::~''ー、ヽ;;;;;;ヽ;;;}  又十郎…でしたね。
   ー ''''t::::;;', ー'''""'ン  ヽ:'==ミ、;;;::::',t::;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;リリ  男の子だったら。
      ヽ::::l     ::/       '':::::::};;リ~'iー、;;;;ヽ;/   
     、,,,ノ1:l    、        :::::::リ/)"リ;;;;;~';;/    
        ')',    ''マ     ::::::::/ /;;;;;;/"
       -ー '、    、ー- 、,,  :::::::: 'リ~;;;;;;;;;;|;;|
          ヽ,  `'_''''"  :::::/ |イ;;;;;;;;;;;ヽミ
           ヽ      ,,、 '"ノ: i〉人从从;i
            ,仝ー- ≦--―― ''' "~'''ー、i||}カ

   / ̄ ̄\
 /  _ノ   \
 |   ( ⌒)(⌒)l
. |    (__人__) |    うむ、そうじゃ。
  |    ` ⌒´ |   母上が亡くなられた今、
.  |         }   お前にも負担が増えようが…体を労わるのじゃぞ。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    
   /    く
   /     ヽ



20やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:07:20 ID:D8UdMgjX
   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \      では、それがしは京へ戻る。
 |  (●)(●) |     おそらく、そのまま江戸にも戻る事になろう。
. |  (__人__)  |
  |   ` ⌒´  ノ      七郎も大剣士になるのだと、
.  |         }     毎日稽古に励んでおる。
.  ヽ        }     面倒を見てやらねばの。
   ヽ     ノ     
   /    く                                          \
   |     \                        もしもォ~し!          
    |    |ヽ、二⌒)                    どなたかおられませんかァ~?
                                                  /

     / ̄ ̄Y ̄ ̄\
    /  ヽ,_.   ノ  \
   (●)(● )  ( ●)(●)   ん?
   (__人__)     (__人__)  今、表から聞き覚えのある声が聞こえたようだが…?
   {`⌒ ´   彡 ` ⌒´ノ
    {             }   …まあ、ついでじゃ。
     {      彡    }   帰るついでに出て行くかの。
     ヽ、    /   ノ   ではおりん、さらばじゃ。
       .ン    ヽ 
      //    |      「はい、あなたも御元気で」
  (⌒二_/ |  .  |



21やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:08:27 ID:D8UdMgjX
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●   
   |      (__人__)    さて、聞き覚えのある声であるが…どなたかな?
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

         /                    ヽ
        /   _,/⌒ヽ、                   ,
        , -'‐ /       \, ヘ、               ',
      /   /       /    ヽ            i
     ′    ,′   ト、  /       ',          }
    |  ,   l    }ヽ\,} jト、     }、         ,′    
    { /   |    |\ヽV//ム、    ヽ、       ′     おお、又右衛門殿じゃないですか。
.    V / /l    }   ヽ'′   }         ヽ、    ハ     お久しぶりですねェ~!
    i ′,′     ノ         {、        ヽヘ / ノ
    |¦ {   / 厶   ___\    \  }「 }  /ヽ.     「おお、鈴木殿でござったか!」
    Ⅵ |  / /ft㍉  ´,二二三三ヽ.   i  V l/ 〈   '.
       ヽ| {、 厶゙=1={{   ´¬tf忙ハ  }  }/} } リ   i
         ヽ| V7ハ¬}  ヾ、__ ̄ ̄´7 // /イリ/ノ / {
         / /ハ. |   ` ̄ ̄ ̄7イ / / / : : { /   !
           / /∧ \ー _____,   ,}///. : : : 7  |
        { { { vハ  iヽ、 ー一  .   ´ /: : : : /    ハ
        | i l  vハ 」 ハ、__ ィ´-‐: : ´: : -‐ ´      / ',
        | l l   vハV     .ノ -‐  ´           /   ,
       /{ 弋ー…¬ ¨ ̄´                     ',
      /   ハ } rrヘ、          _ . -‐  ´       ',
                鈴木忠重

 鈴木忠重は元真田家の家臣である。
若い頃、出奔した際、宗矩の兄、五郎右衛門宗章と出会い、弟子になったという。
また、その縁で、柳生庄へも赴き、石舟斎にも剣を学んだと言われている。

 その頃、まだ柳生庄にも顔を出していた宗矩とも面識があったものと思われる。



22やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:09:43 ID:D8UdMgjX
        /  / /         r/‐--、
       /  // /  /   / / /!/     !
      /  /i/ // ///  //  / ノヾミ /  |
     /   l / / /イ//f‐{ /ムナ´   lV  l Ⅴ    いやぁ~、ワタクシ、
      l   l イ ll /ハ从r三 レ ス   -、!   l !    これから信之様の元へ戻ろうかと思ってまして…。
     ヽ-=ニイl {ハ j{、 ゞ=≠'  /‐-/ニ‐Y │ } |
      〉{ヒ / ヾ ヽ! ヽ、_   / /r=- /|. l  l│    で、せっかく近くまで来たので、
     く ヽ,_          ̄   { ¨´/ ! /  〃   石舟斎様と、五郎右衛門殿の墓前に挨拶しようかと。
 r―-、  ソハ{ 、       ___ ゚ノ `X/l/ /
./    `┴≠=_ヽ、    ヽ _ ア /  メ/
i          ¨ ー 、   =  /
|      ___     `ヽ、_/
     ´     ―  -‐┴―-、
                    ヽ
           /            ヽ
          /            ',
     /  //               !

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     …ほう。
  |     ` ⌒´ノ    真田家へ戻られるのですか。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ      
   /    く     
   |     \      
    |    |ヽ、二⌒)



23やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:11:16 ID:D8UdMgjX
    / ̄ ̄\
  /:::::::⌒ ⌒\    …鈴木殿、一応、お尋ね申す。
  |:::::::::(●)(●)|
 . |:::::::::::(__人__)|    ”花のようなる秀頼様を、
   |::::::::::::` ⌒´ |     鬼のようなる真田が連れて、
 .  |::::::::::::::    }     退きも退いたり鹿児島へ”
 .  ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ     などという戯れ歌が、昨今、世間ではあり申すが…、
    /ヽ三\´     信繁殿について、何かご存知の事はありますかの?
    |:::::::::::::::: \

    /   /        ト:.ヽ:V:.ヘ  ヽ. \ ヽ
   / /     /     :「`^` '´"リ . .|:. ヽ \. i     
   | /   / / / :/ :リ     / } :.}:.:... \ ヽl
  ./   ./ / :/ :/ :/   ,..-/ ::イ :A:.:.:.:.  ヽ ヽ    …ざぁ~んねんでしたァ!
  /  ../  / .:.| .:l :ト_、 ´/7 :/フ.:/__ l!:.:.:. }:.}:. l.!  ワタクシ、信繁殿のことなど知りませんよォ~。
  | .::/./ :l .:./| :イ / ヽ ___! l.:/ィ:イテ工}:.:.:. /.リ:.リ:}  ここに来たのは、本当に墓参りの為ですから!
  ヽ:/ :l .:.| :/´| :|_{三_ Y´||{ /´ ̄   !.:../:./:./:/
    ! .:|:..:.:|! .:| ,zヘ:.Lz斗` | {ヽ       /:.:イイイ}/
    | .:|.:.:.ハ :! ¨´ヽ    ノ ヽ ー---/‐´ ´ レ ハー--- 、    「…左様ですか。
    ハ.::l:.:.|:.:.トミー__ /  ' {          !イ:.:.:.:}     ヽ.    ともあれ、鈴木殿が参られれば、
、__ノ ..:.>:ヽリーヽ       ,.. -―= 、    ∧.:.:.{く    } l    泉下の兄上も喜びましょう。
 `¨¨´ ノ:/ ヽニヽ.    /^  ̄   /   /  l ̄}:.}    リ |   それがしは戻らねばならぬので、
    /´       {:.\.   \ _ /   イ    〉 ∨   /  .ト ._  それでは…」
           ヽ:.:.:>、..   ー ′/    /   ヽ./   |
               ̄`}:\≧ ‐- ´     /    , '    i′
             ,..∧:ト-ト、三   /     /     レ
              / / `  ヽ ー‐ ´    /      /
           /  /_    ヽ      /     /
          /   |--、 ヽ. /  ヽ.     /      /

 なお、この後、忠重は真田家に帰参。
京の伏見真田屋敷留守居役を務め、後に真田家の重臣に名を連ねたという。

 関ヶ原、大坂の陣の前後に出奔・帰参が重なっている上、
帰参後の待遇などから、主命として影で働いていたのではないか、とも言われているが、詳細は不明。



24やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:13:44 ID:D8UdMgjX
 さて、更に時は過ぎる。
宗矩は秀忠に従って江戸へ戻り、再び役目に励む間、
柳生庄では新左衛門、又十郎が相次いで生まれ、また、兵庫助も尾張徳川家へ仕官を果たした

   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´    やれやれ…一時はどうなるかと思うたが、
  |     `∩_ノ)━・'    なんとか兵助も仕官できたし、
.  |     |_ノ       新左衛門、又十郎も無事に生まれた…。
 /ヽ    |  |_       めでたい限りじゃ。
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/


   / ̄ ̄\
  /  _ノ ヽ_\
 |     (●)(●)
. |     (__人__)        しかし…我が柳生家はそれでいいとして、
  |     ` ⌒´ノ ) ;;;;)    徳川家に厄介ごとが立っておるのは…気になるのう。
.  |         }  .) ;;;;)   この時期にお家騒動など、断じて避けねばならぬというに…。
.  ヽ        }  /;;/
   ヽ     ノ  .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/



25やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:16:01 ID:D8UdMgjX
 元和に入り、徳川家では家中の諍いが、表面に見える形で噴出していた。
まず、九月、越後高田の松平忠輝が、これまでの問題を糾弾され、
家康・秀忠により、武蔵国深谷への蟄居を命ぜられた。
(その後、上野国藤岡に移されたと言う)

       ,,;;;;;''''                           /  / '", /   /
      ,,;;;;;;''                           /"  / /      /
     ,,;;;;;''                           | _       ,,  /   忠輝!
    ,,;;;;;;''                            |/ .ヽ 、   // //   お前に蟄居を命ずる!!
     ,,;;;;;'                            |/、 '"ヾ,   / /_    くらえっ!
     ;;;;;;''                            |/|  l/─‐‐、=‐''"/''''''ヽ
    ;;;;;;;                             冫ヽ,  / /:ヽ=/:::::::::::::::ヽ
   ;;;;;;;;                               ゙ヽ、 /‐'":::/=,|:::::::::::::::::::
   ;;;;;;;                            /:::://::::::/'"  | |:::、::/::::::::
   ;;;;;;;                          ,,-‐'"、/|ヽ,,-''"     lヽ、ヽ:::::::::
   ;;;;;;;                         / :::::::::/  ̄||   ___/'"‐-,ニlヽ:::
   ;;;;;;;;                         | :::::::::::|   llニ二二|"  /ヽ/   ヽ
   ;;;;;;;;                  ,、 /|,、/"ヽ、::::::,,,-ヽ/ニ二二二|  /、/  /
   '';;;;;;,                 | l,,,| |/ |::::::::::::l''"  | |ニ二,,-‐─ヽ-//   /"
     ;;;;;;;,                ヽ  |l  ゙‐--',    ヽヽ‐'"-‐''''''''''''ヽ、〉   |
    ';;;;;;,,               ,-‐'' ヽ、、,-‐'"     l,/::::::::::::::::::::::::::|   /‐-
     ';;;;;,,                ゙゙゙̄'''‐''"        /::::::::::::::::::::::::::::::::| /_'"|
     ';;;;,,,                           /、::::::::::::::::/::::::::::::::l",-|_,/ /
      ';;,;;,                         /:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ヽ‐' //
      ';;,,,                       /:::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::|  '‐"
      ';;;;,                     / ::::::::::::::::::::::::::::/|:::::::::::::::::::::::|
       ';;;;,                   / :::::::::::::::::::::::::::/  |:::::::::::::::::::::/
       ';;;;;;                  /:::::::::::::::::::::::,,,-'"   ヽ:::::::::::::::::/
       ;;;;;                  l::::::::::::::::::ヽ'"       lヽ::::::::::::\
       ;;;'                   ヽ::::::::::::::::/ヽ      |:::::::::::::::::::::|、
       ,;;'                    ゙、、_,/  lヽ     |::::::::::::::::::::/ ゙、
      ,;;''                    ヽ 、 ─''"/ /     l、__/  |
      ,;;;''                      / ニ‐"/      \      |-,
     ,;;;''                      /ヽ、  /         \___,,,ノノ |
    ,,;;;;;;;;;;;'                    /,,,-‐''"             ヽ‐''"  |
    ,,,''';;;;;;;;''                                      ヽ   /
      ,,;;;;;;;'''',,,                                     \ /



28やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:18:08 ID:D8UdMgjX
        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |    忠輝様、か。
     . |:::::::::::     |   今、どのようなお気持ちでおられるのかのう…。
       |::::::::::::::    |   
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


       , -――-、
     /      \  
    /::::::::::::::     ヽ  (…なんだかわからんが、妙な圧迫感を感じるのは
   /::::::::::::::::::     ヽ   一体なんなんだ…?
   |::::::::::::::::::::::    /    あと、裏なんとか…気のせいであろうか…?
   .|          /
    \        /
   /       \

 なお、史実において、宗矩と忠輝の間に交流その他があったという記録は無い。
(家康、秀忠の側に控えていた際、顔を見ることはあったかもしれないが)

 あと、言うまでもないが、百済の血を引いてるとか、
伊藤一刀斎と縁戚であったとか、斯様なことは後世の某作家による(ry



29やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:21:46 ID:D8UdMgjX
 そして、問題は徳川本家においても起こっていた。
現将軍家・秀忠の二人の息子、長男竹千代、次男国千代(国松)の件である。

                 __ __
               /:::::::::::::::ヽ
                _/       ヘ-、
             〈/:::::::::::::::::::::::::::::V/
               /l::::/:::::,'::::::::i:::::l::!:ハ     うーん…。
               ~|::::l:::::/:::::::::l:::::l::i:!」    マズいわね、これは。
             ヽ:{::::{:::::::::/:::/:::リ
             , ィ ト{八::::/リj/V-、
             {{ | |  `''   | l }}
             {:',|└─‐‐─┘|//
             {ヘ  ̄ ̄ ̄ ̄ / :}
          , -―-ゝヘ  _ノ  {_/ ___
         {   >=入_、____人=<  ヽ
         ヽ 〃   `┴‐┴'´   ヽ   /
          \|   /      ',   | /.∧
            ヾ_ {       }   レ′/団',
            `ーゝ ____」L=‐'  /_長__',
            お福(後の春日局)



30やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:23:25 ID:D8UdMgjX
          _,. 一…ー- ._
       ,.r ´   __   \
      /    / '´___`丶、. ヽ
.     /  ,. /  '´     `丶ヘ  ヘ
    /  ,./ f / ,ィ' |        ! | |
.    ' <,/|  | l| / | l|    |  |  | N    秀忠様も、お江世様も、
    | /7 |  | 」 / | l|\  |、 |_ | |'|   長男で嫡男のはずの竹千代様より、
    | | | l|  | ハト、_ヽ!  \l. x1| | / |   次男の国千代様に構ってる事が多い気がするわ…。
    | L|(|  | |'亡'ナ`    千t十! ル | |
    | l.| Ll|  N      、  ̄ |'|1 !
    | l.l  ヽ !\    ,.-、   .イ / イ/
    ヽハ、| \ゝ|` 、   ̄_. ´/ へ'._′
    /{ | N、 !  l!   `¨´| レ′|.|.ト、
      |.| | ヽ|  l|>──<l     |.|.||

                ィ ‐―- 、__
            ,-‐ァ´/  ∠-―‐-、‐ 、
           〃 _,':  /-―――-\ ヽ
.〃   ̄ ̄\  入{≧ 7: /::../:/:   ,イ}ハ:\l              いくら体が弱くて、どもりで、
.|     ヾヽーく<゙{:ナ./.::..,'::/厶!:. /l:: i:::}:!:バ―――― --  、   秀忠様ともお江世様ともタッチが違うからって、
.|       !l   ¨ヽYl:::::::l:ハ{八X_ , l:;!ィリ:: } }´         ヽ  嫡男は嫡男なのに、これじゃいけないわ!
.l       l   }=l:::::::l:{ ャtr-ュミ  jノtrァルリ!    ∠彡    /
 l       l ノ人fl:::::::l  `ー'   、`' {´イ::|  /       ./    どうしたものかしら…!?
  l       k≠^ヽ|:::::::l       _ ,  八i ::|'/       /  
  l       ヘ\::ハ :::ハ.    '´‐,‐' イ::::l|::l       /   
   ヽ       {ハ、::ヽ::::i> , 、.. _/:/:: / リ      ./    
    ヽ       |ヘ:::jヽ::! fヘ ヽ::::/{::./      /
      丶       !| |lV j/|>‐<ヘ ヽ{ハ:{     /        
      |~\    i | |l   |ニ二ニ! || !    /
      |  | ヽ  ./ | |l   |   l. || !  >'´
        ヽ_| ヘメ  | |l   |   l. || !/
   _ ____l     l ll   |   / /イ
 〃〃   l     \\ l{{T}// /
  | || o   |       \`jl 〃 /
  | ||     !        ヽ!V/  {



31やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:24:17 ID:D8UdMgjX
           // /  / : / /. : : : : l : `ヽ  ヽ: : l: : : : : : : : : : :l
          / :/ / / /l / l : : : : : l : : : lヽ  !: :! : : : : : :l : : : :l
        / . :i: l / / !/!: : l . .     ! : : : l: :∨ : ト、: : : : :l : : l: l
         / . : l: :l !/`ヽ! l: : :l : : : : . . .l   l  l   ト、 ヽ、|: : : !: !
.         ′: : l: :l !fモヽ ヽ: :lヽ : : : : : l: : . .!  !  l | ト、   ヽ、 l: !
.         l /. : : l//l k_ノ|  ヽ! \__: l_/. :/ : : l  lヽ\/´: /. :!    この状況を打破するには…。
       l ! : : : :/ :l ゞ ソ     ´ ≧ !::/l`/. : : :l  _!: ヽ、`>. :!     うーん…………。
       l l : : :/. :/!          〃/ ノ`ヾ l/. : : : l/´l : : : :∨ : : :
.         ! !: : :l :/ ∧  ′      トくノ /ノ/. : : : /|  l : : // : : :/
.         l l: : :l∧/ ∧ 、      ー ' /. : : : /´_ヽ」: /:/. : : /
         ! 、 : l /イ!::∧ ヽ       /. : : : /くノ ノ :/:/ : : /
       ∨ヽ! / j//.:ヽ、      __/. : : : /ー‐ ´: / / : : /
.       / ヽ /  /.::/ / ̄「 ̄  /. : : /. : / : / :/ : 〃
      /   /   /.::/ !  ノ  /. : : :イ. : :/ : //://
.   /   /     /.:::/ ノ  /_.. < l :/|//イ: //
.  / (ヽ/l     /.:::/     ̄  ‐-  j/   !   |/
/(ヽ、ヽ!::!     /.::::: ̄:::... ―-           |


      /:::/:/: /    ___  \ \  ヽ \
     /::::::/:/::. /;ァ‐ 7 ¨丁 \ \ `<\ \ l  ヽ
    /―=テ^/::. /::/:::::{  {:   \ \. 丶.ヘ  Vー― ┐ て
    /≦≠ア/::. / ..{.......|::.  |:::.     ヽ  ヽ ハ ',  V≧、___>  そ
  /:/ / ,'. :: l::::::l::::::::|::.  |::::::...     l:. l:.: l: l:  ∨\:ハ
  〆 /\ l::::: |::::厶:::::ハ:  i\:::::..::.  l::.. |::j;ィ|' |:.  l  > \
/ /:::::::/7|::::: l::/  ト{、小:. ! \::.::. iイl:::: /.l |::.  |メ´ l \\    …そうだ!
∨:::::::::: //|:l :::: l:{ ,.ィ≠ミk\\ヽ   X´;ィ=≠く リ :  |\\ .:\!   いい事を思いついたわ!
.l::l:::::|: //_j:ハ::::::l代〃 :ハヾ ` \、  "f〃下:ハ>|:::::  |、 \\:l    これならバッチリよ!!
.|::l:::::| { {/│:ヽ:: ', Vヘ:::j.|         |rヘ::j.リ '゙ |:::::  l、}  lヽ/!
.|::l:::::|::V !^|::::: \ヽゝ-‐'    ,    ゝ‐-'   |::::  l_ノ::.|: |: l: |
.|::l:::::l::::::: `l:::::: .::::f`      _____      ,'::::  ハ:::. l:: |: l: |
.l::ハ::: !:::::::::::l:::::::: ::ヘ     ∨     リ      /:::: /::  /::: l: l: |
.ヽ! ヽ::ヽ:::::::::ヽ::::: l.\       /   ,. ィ/:::: /::  /:::: /:/l:リ
.  \ \ゝ :::::: ヽ ::ハ  fヽ、   ー '  イ |: /::: イ::  /\/ノ リ
      X ヾ:::::::::lヘ::.ヽ l   >ー<   〃:/ l:: /  /\
   <  \\::::j リ \V l_`ヽ     x‐/イ   |〃 / /\
   { \   \V /゙\フ⌒!==、,ィ=≠/( `>ーヽ{/ /  ス′
   l  \   /  / `〈. ー-v-一/ /⌒ヽ  ∨   / }
    !:   >/ _,/   /¨ヽー-v-‐/〃 \  \_ ヽ <_ /
    |  ̄  {   _ イ  / ヽ  /⌒ヽ  `ー    }    /



33やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:25:58 ID:D8UdMgjX
                      ,. ―‐- 、
                   /´`       ヽ、
                      ,'        、} ト.
.    rr、                ,'    '   ,.イ゙V }
  ,イ川、             ,' .!  ,' .i  〈_,イ「l/     こうなれば善は急げだわ!
  |  !」_          / ,'::! .!,': ::! .:.:| ハ〉|    さっそく出発よ!駿府まで!!
  l  //```ヽ、       l:i::!::! :::l:::l :::l ::::,`:!:i::|
  `ーl_{     ``丶、__ _从{::|:::::l::,':::::| ::::,':::'l::l::!                 ,.┐
     \_          `/ Λ!::/:ノ!::/!::ノ::/ノノノ                 /フ′
       `¨` ー- 、_   / /  ´ ´ ''´ '´7´/´ ̄`¨¨`¬……――''"´`>ーァ'´,イ__
             \! ..___    / /               / /  '´,.-┘
                 ...___   ̄´ /     ___ ___      {___j--‐'´
              |      ̄ ̄´ ´厂 ̄´        ̄`¨¨´
                /         ノ'´
                }___、      |
            /     ``¬―v‐'
            /        ,.   |
          //        /     !
         //      ,'      '、
        / /l         !        ヽ
        \,'|         !          >

 こうして、お福は伊勢参りと称して駿府にいる大御所家康の元へ向かったという。



34やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:27:13 ID:D8UdMgjX
=駿府=

┌────┐:::::::::                 :::::::::::::::::;;;;;;;;
│        │ ::::::::::,,,,,,,,,,:::::::::::::::        ;;;;;;:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;
│  ┓ 魔 │  ::::::::::::::::::   ::::::::: :::::::::::::::   ;;;;;;;;:::::::::::;;;;
│ 駿    │        |    ;;;;;;;;;  :::::::::::::
│ 府  城 │        .|          :::::::::::::   
│ 城    │        ||  . . |     ;;;;;;;;;;::::::: 
│┗      │    |   _| |__   ||          
│        │   .|;|  /。 。ヽ  |,;|         
│        │   |.;;|  ヾi||i;;,,,ノ ,-'。'-,       おはようからおやすみまで
└────┘   ノ ヽ  .|,l.|iii|/。。。。ヽ      
       ..||   <。。。`)イ。ヽ|ヾiiii;;;''""ノ     暮らしを見つめる 駿府城
  .    .|;;|    |ii;;;"''(。。。。);;|ii;; ;:|     .  
       .| ;;,|  /'~~~';;; ヾii;;:iノ. . |;; ;|       の提供でお送りいたします 
  .    .ノ ;;ヽ_ ヾミlli;;∧;|i;;;i.|   ||;∧.||    ||    
    /。。。。\|ミ,-' '-,i;;;| ll  いノヽ   |.|        
   /o o o o o o .Y。。。。ヽ,, ll  .|i; |。。\,-'-',_  :::::::::::::  
   ヾミi;U;;o""''∧'~ヾii;;;;:''/ii ll ..|i; .|;;;;:::::''ノ______ヽ:::::::
    |iii;;;:∧::ヾ(,,,,,,,,,)ii|.ii;;'' |ii  ll  |ii; |;;;丿iii;;;/   ;;;;;;;;
     |iii;;;| |::ヾ`|ii..|´ ii|. ヾ|ii  _,ノii;; ヽ_ii;;::/   
  /'~'\ノ::ヽ  .|i;.|  iiii .ヾii,-'~。。。。。。 `\    .|

          _,. 一…ー- ._
       ,.r ´   __   \
      /    / '´___`丶、. ヽ
.     /  ,. /  '´     `丶ヘ  ヘ
    /  ,./ f / ,ィ' |        ! | |
.    ' <,/|  | l| / | l|    |  |  | N
    | /7 |  | 」 / | l|\  |、 |_ | |'|  (…いつもながらヘンな城よね、ここ。
    | | | l|  | ハト、_ヽ!  \l. x1| | / |   詰めてる連中も変なのが多いし、なんなのかしら。
    | L|(|  | |'亡'ナ`    千t十! ル | |   ま、いいわ!)
    | l.| Ll|  N      、  ̄ |'|1 !
    | l.l  ヽ !\    ,.-、   .イ / イ/
    ヽハ、| \ゝ|` 、   ̄_. ´/ へ'._′
    /{ | N、 !  l!   `¨´| レ′|.|.ト、
      |.| | ヽ|  l|>──<l     |.|.||



36やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:28:28 ID:D8UdMgjX
        ||        |
.          n     |     バン!!
      fヽ  | l  _  |
     __\`┘ V´/. |
     `ー-、 て  {
     fニニ -、 -‐イ)ヽ.          , ‐--‐ 、
         `rf彡く.: .\       /::/===ヽ\
、      :|l    \: : : :  \     夊l::/ト、ヘ\ルヘ心       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:.\      ||     \ : : : : . \   </l:fセユ` ´ヒユハ\>     <  大御所様!
  \    ||        \ : : : :  \ |::::::|:l  r==ォ  |:l):::|       |  お福、参りました!!
    \  ||     ミ  |: \: : : : . X_j_;ヘ:ゝ.`__´ィ´リ'::/!     _ \_____________
      \||        |.  \.: : : : . \\\ート{_:;//:ノ   ,r'^/〈
              |     \: : : : . : \\ヾ>レぐ    >=、Y
              |      \: : :ヽ: : :\\ヘ _jヽ,   /   ヽ
              |       \: : : : ..: :\ヽ: H:7‐< : : :/
              |         ヽj: : : : : : :ゝ V/: :| : ヽ: :/
              |          |: : : __に{}こ}:k;__;/
              |          ゙ヾtf´-┴ /ムヽィ'
              |          r'´  , / l Xヽ
              |        /    / 〈_/  :Ll
              |       /      /       l
              |      /      ∧ :...    .::ヘ
              |    /      /::::::',    ..:::. \
              |   ヽ⌒7ヽ __ /::::: :::l__ -┬=≦>
              |    ヽ/     { :::: :/       |::::::Vl



38やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:29:27 ID:D8UdMgjX
             ,-,ii|||||||||||||||||ii、‐、
  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_/ i|||||||||||||||||||||||||i ヽ_,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
   ゛゛llll||||||||||/ ' i||||||  |||||||||||||||||i ` ヾ|||||||||||llll""
       ゛lll/   |||||||  ||||||||||||||||||    ,llll""
         \   l|||||||||||||||||||||||||||l   /  
         彡   ゛ll||||||||||||||||||ll"   ミ   
         \_      ゛゛Y""   u. __ノ   おお、お福、どうしたのですか?
           | ]下ミ─-。、_|_, 。-―テ「 [ l   急に来たというので、こちらも驚いたのですが。
           ゝ_,. lミミi=´<_,.`=i=ヲ 、__ノ    …何用なのです?
                 ヽlミ| 「‐、=ラ7 |ヲ'´      
_______  , へ ノ`i=、_ 二 _,=iゝ、_,へ、  _
i    i    i  ̄| |――-\ ̄∠-――| | ̄ i    i    i

                      , - ─- 、_
                /        `丶
                rー‐<::/ ン-―ー- 、   、 \
           {(こ 〆.:::/  ____ \ ヽ..::::ヽ
           __/'´/  〃7了.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.j ::ヤ¬寸
         /,イ>/ .:::/,':::{:::::!:::::::::::::::::ヽ ::|:. ::::Vヽ_,イ     ええ、是非とも大御所様に
         レ/,イ ::/ :{:ハ\{ ::、::ヽ ::::::}::_|_: :::::l >::|    お聞きいただきたい事があって、
          {/::| :!{.::ィ'f坏ト\{ヽ ,><ム:!:::::::: Kヽ:ト、   こうして、ここまで来たの!
            |::::ヽ::i:ヽi. r'_;メ  ヽ´ イ圷ハ|::::::::::|\/ヽ>
            |i:::::::トl::ハ.     ,    r';ン´j::::::::: l: V      あのね、竹千代様のことなんだけど……
            |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/
            lN:ヽ:ヽ::',:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /
              ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨
          r<¨ リ\`ヽ、\__ {  〉/イ l  )}
          f⌒ \ \ヽ  )' \ニニ∧ | |!彡ヘ
          |    \ ヽム    ヽ‐' .| | }ヘ,__,イ
         r-ヽ     ̄ )\     Vrj/ ̄ヽ ヽ
         |  \     // /)ミ ー-∨   / ̄ ヽ
         |   (>―‐'/ /勺ヽ¨ア    /    }
         |   \三三‐'ノ ^ヽ/   /-―一 '

 こうして、お福は、大御所家康に、竹千代の置かれている状況について語ったという。



40やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:30:32 ID:D8UdMgjX
      ____     
    /i||||||||||||||||||iヽ      
 / ̄ヽ||||||||||||||||||||||||iヽ    
'""ヽ  ヽ!|||||||||||| ||||||! ヘ 、―   
||l   ___ヽll,‐''''__ゞi .|||||   …わかりました。
||l  /ヽ、 o>┴<o /ヽ\|||||  お福、ご苦労です。
ヽ‐イ  |ミソ ̄'"ノ"/li゙ ̄゛l;|l |、   
.\/l  .|ミミl l―--―`..l;ll /      その件については、私も考えていました。
 .\ノ  |ミミ.l..   ̄  l;|/      近々、結論は出します。
   ̄\ |ミミ.l..    ,,,l;/       あなたは江戸へお帰りなさい。
   l \ヾ゙゙....  ̄."/i     
 _/_``\ ̄、 ̄/ /l___ 

               _,...-─‐-─…─-....._
            ...:::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::...、
          ..::´:::::::::::::::::::_____::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::/:::::::::::/´      `\::::\::ヽ::::::ヽ
.      /::::::::::l:::/:::/.-::::´ ̄ ̄ ̄ `::::-.ヽ:::::ヽ::';:::::::::',
.     ,.':;. -─ 、/::::::/::::::/:::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::::::V──┐
     /::::},.─ャ 7:::::://:::;イ::j:::::::';::::::::::::::::::::';:::::::|:::::::::.-、_」',
.    /::::::`ァ´ ':::::_j_j__/ |:::|';::::::ヽ:::::';::::::::::::'::_;:|_::::l  ヽ:::::!      ええ!そうするわ!
   ,′::/>、_」:::::::l::|:::|`ヾ:!、ヽ:::::',\|ヽ;:イ::l::::|::|::::::ト._,.ベニ._‐、   .でも、せっかくだから、
    |://::::::/ ,|;::::::N∨-- 、 ` \:ヽ ヘヾ-fⅥノ!:::::j:|',ヽ::::::| ヽ\  このまま伊勢にも行っちゃうわ!
   i´/:::::::; ' ./.|:';::::V/ヒワ‐ミT   ``  'イう-ミ:ハ:〉::/::トヽ \   ∨  
   |イ:::!:::::/ ハ. |:::ヽ::'. マ-ツソ       vヾシ//::/::::|ノ::ヽ、ヽ     じゃあね!
   |.||::|::/  i::::`:';:::::::ヾ、`¨´           `¨´,/:;::'::::::l:::|:::小∠._
   lハ:l::ー、.」::::::::::';:::::::',     、_’_,.  ∠イ:::::::::/::/:/リ´-┐ ,!   
    |:||::::::|:::::::::::::::、:::::'\    「ヽ    _. イ:/:::::/::/:/ /`ヽ/ /     (…嵐のような女ですね…。
     ヾヾト:|::::::::::|/ 、:::',、::'.丶、_| | __.  '´l/イ::::://イ  /`ヽ'^ヽ、_   これに育てられた竹千代は
.         ヽ:::::::|   \ヽヾ!  .| |   ∠ィ´/::/l.イ |  ′   `l    `   本当に大丈夫なのでしょうか…?)
       ,〈 \:!',    ヾ、l____」 |__ _| ,シ'    l. l. ′   /
.      / ', ', ',.      |_/ '´-‐-.',__|    / / ′  /
.      i′ ', ', ',.     |_,/   ー-|フ_!   / / /  .i^i'
      y'   ', ', ',  ,.rァ'    ,rz:ノ ./   ,.' ,.' /  /J
     ,/    ヽ,.ヽ..ゝ1 | |   ノ '’ ./  / / /.|匸´__     /



41やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:32:21 ID:D8UdMgjX
 さて、こうしてお福の話を受けた後、
しばらくして、家康は江戸の秀忠のところへ赴き、竹千代、国千代を呼ぶように伝えた。

             ,-,ii|||||||||||||||||ii、‐、
  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_/ i|||||||||||||||||||||||||i ヽ_,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
   ゛゛llll||||||||||/ ' i||||||  |||||||||||||||||i ` ヾ|||||||||||llll""
       ゛lll/   |||||||  ||||||||||||||||||    ,llll""
         \   l|||||||||||||||||||||||||||l   /  
         彡   ゛ll||||||||||||||||||ll"   ミ  
         \_      ゛゛Y""     __ノ   ほっほっほ。
           | ]下ミ─-。、_|_, 。-―テ「 [ l   秀忠さん、竹千代と国千代を呼んでくれませんか?
           ゝ_,. lミミi=´<_,.`=i=ヲ 、__ノ   
                 ヽlミ| 「‐、=ラ7 |ヲ'´      
_______  , へ ノ`i=、_ 二 _,=iゝ、_,へ、  _
i    i    i  ̄| |――-\ ̄∠-――| | ̄ i  

              |ヽ
             ,ヘノ:::::ヽ
           /:::::::::::::::::ヽ
        /| /::::::::::::::::::::::::::ゝ
       /::::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::〉/!
       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://|
       |::::::::::::::;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      |\:::::::::/  `、::::::::/ ヽ:::::::::::::::|/ 
      ヽ:::::::::/    !::::/   !:::::::::::/  
      \::::::::>    V __<,,=-、/   竹千代と国千代を…?
         ヽ「`|〒=。,_;' 。=〒|#l)   …わかりました、今すぐ呼んで参ります。
        ‐ゝ、!  ̄",└≡=ナ-┘   
         `∧  i=`==、 ∧´     
―┬─┬―i⌒/  \ー='/ ヽ⌒i―┬─┬─┬―
  !   !  |  | |.  ハ`ー'´ハ  | |  |  !   !   !



42やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:34:06 ID:D8UdMgjX
 そして呼ばれた竹千代、国千代を前に、家康は竹千代を手招いて菓子を渡し…。

      ____        
    /i||||||||||||||||||iヽ      
 / ̄ヽ||||||||||||||||||||||||iヽ            
'""ヽ  ヽ!|||||||||||| ||||||! ヘ 、―
||l   ___ヽll,‐''''__ゞi .|||||| 
||l  /ヽ、 o>┴<o /ヽ\||||||   さあ、竹千代さん!
ヽ‐イ  |ミソ ̄'"ノ"/li゙ ̄゛l;|l |、    この私がお菓子をあげますよ!!
.\/l  .|ミミl l―――フ..l;ll / 
 .\ノ  |ミミ.l..\=ヲ/ l;|/      「ウホッ、これはいいお菓子…!」
   ̄\ |ミミ.l..  ̄ ̄,,,l;/   
   l \ヾ゙゙....  ̄."/i    
 _/_``\ ̄、 ̄/ /l___

             ___
           _,====ミミミヽ、
         ,,==≡ミヽミヾミミミ、ヾ、
       _=≡≡三ミミミ ミミヾ、ソ)),,》  .
     彡彡二二三≡ミ-_ ミミ|ノノj )||ヽ, )、
__,,,,,,,,,/彡二二二    ,- __ミ|/ノ ノノノノ) ||
-=二ミミミミ----==--'彡 ∠ミミ_ソノノノノ ノ
  //>=''"二二=-'"_/   ノ''''')λ彡/
  彡/-'''"" ̄-=彡彡/ ,,-''",,,,,,,ノ .彡''"
 彡 ,,-- ===彡彡彡"_,-_   ヽ Υ
 //=二二''''''彡ソ ̄ ∠__\ .\ソ  .|
 Ζ彡≡彡-'''',r-、>   l_"t。ミ\ノ,,r-v   お爺様、私も…。
  彡""彡彡-//ヽ" ''''''"" ̄'''""(エア/ 
\'''''')彡ヽ// | (tv   /|  , r_>'|  
 \'"  \ ,,"''-,,ノ,r-", /  r'''-, .j  
;;;  \ /,,>--'''二"''' r-|   二'" /  __  
\;;r'""彡_l:::::::::::::::::::::: /./_   " / ̄ ̄"===-,
  )''//rl_--::::::::::::::::/:/ヽ"'=--"::'  .//-'''""
/'-''"⌒ヽ'''--、:::::::::::::::"=〒/  \:::  .|=|_,,,,---,____
      国千代(後の徳川忠長)



43やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:37:58 ID:D8UdMgjX
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\        \     菓  誰
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ        ノ     
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::冫       \    .子  が
           /_,,,,,,_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ニヽ--,,,,,,,___ノ    
 ゙゙̄─ヽ,,,、    /    ゙ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ̄ヽ-、           を  貴
:::::::::::::::::::::::::゙ヽ、,/      ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     ゙,  >、        
:::::::::::::::::::::::::::::::::|       .ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      ,|''"::::::::::::\      や  様
:::::::::::::::::::::::::::::::::|  l   | l ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       |::::::::::::::::::::::\     
:::::::::::::::::::::::::::::::::|///|// | |  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ヽ/   |::::::::::::::::::::::::::::ヽ   る  に
:::::::::::::::::::::::::::::::::|///|/  | ゙、   ゙''ヽ、::::::::::::::::::::::::,.,.イ  ,l  ヽ|ゝ  /::::::::::::::::::::::::::::::::)  
::::::::::::::::::::::::::::::::::|///|  /,-、\     ゙""''''''''''''"~〃  / 〈   |  /:::::::::::::::::::::::::::::<.   と
::::::::::::::::::::::::::::::::∧〃l __ ヽ    、    |   彡 /-‐、   ゝ /゙ヽ,、:::::::::::::::::::::::::::::>  
::::::::::::::::::::::::/|ll |ヽ \  ゙'''ヽ、    \  |  /ミ/" ,.,.-‐─,  /   ゙'ヽ::::::::::::::::::::::\ 言
::::::::::::::::::::〈、   ヽ,゙、  \    ゙ヽ、  ヽ、   /   ,.‐''"   / /    //:::::::::::::::::::::::<
:::::::::::::::::::::゙ヘ     ゙、  \      \  ヾ |l// /     /ミ"/    ,//::::::::::::::::::::::::::::  っ
:::::::::::::::::::::::゙ヘ     ヽ  \    ○ \ | |,/"/○ ___.ノ      // \::::::::::::::::/ 
:::::::::::::::::::::/、ゝ,        メ──---ゝ、」-‐ニ二 ̄‐ヽ   // __/    ゙"''ヽ:/.   た
::::::::::::::/   ヽ-、,,,,,,,ヽ、  -十 ̄ ̄""''‐_'ミ‐/ ニ"   ,,,|;;;;  /‐'''"ミ/       /    
:::::/  ////   ヽ、 ゙゙゙゙、   |   , ,-、 く、__,,>_,,=、 、 ;;;|;;;  / ;; / ─-,,,,,_  / ,--‐''"!?
'"  ////'''""   \ \、 ::::|::::: l┃-、二━二,イ┃/ |   /''"/      /‐、       /
   // ,-‐''"    ゙ヽ、. ゙、;:;:;:;|;:;:;:.|┃    ̄   ┃|  |  / / ,.,.-----,.,.,.,.,.__  \\ヽ─
   ,‐'''",.,.----───- ゙''ヽ、;:|;:;: |┃ニ,‐┬‐ニ┃l;:;:;| /'"  "          __ノ
,/-‐''"~             \   ┃フ  l  =┃:::;;;/              <  弁   己
/        彡彡ミミ      \ ,┃┤   |┃ /      ///;:;;;;;;____ノ  
         ///ヾゞ,,,,,      \ヽニ──_ノ /ミ       /;;;;;;; \        え   を
ヽ     、、、  ノ//////,,,,,,,     \二二二/ヽ       //;;;/   \      
 \        ;;;;;;'''''"       ::'''''"   :::::::"                \    ろ   
;;;; \     '''''               ''|        ::::            ).   !

 続いて、寄ってきた国千代に対しては
「弟であるお前は兄の家臣である。それが分を弁えず、
 兄同様の待遇を得ようとは何事か」と一喝し、退けたという。



45やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:39:44 ID:D8UdMgjX
  \         /_ /     ヽ /   } レ,'      
  |`l`ヽ    /ヽ/ <´`ヽ u  ∨ u  i レ'         
  └l> ̄    !i´-)     |\ `、 ヽ), />/          (そうか、そのために
   !´ヽ、   ヽ ( _ U   !、 ヽ。ヽ/,レ,。7´/-┬―┬―┬.    急に来たのか…)
  _|_/;:;:;7ヽ-ヽ、 '')  ""'''`` ‐'"='-'" /    !   !       
   |  |;:;:;:{  U u ̄|| u u  ,..、_ -> /`i   !   !   
   |  |;:;:;:;i\    iヽ、   i {++-`7, /|  i   !   ! 
  __i ヽ;:;:;ヽ `、  i   ヽ、  ̄ ̄/ =、_i_  !   !   /
   ヽ ヽ;:;:;:\ `ヽ、i   /,ゝ_/|  i   ̄ヽヽ !  ! ,, -'
    ヽ、\;:;:;:;:`ー、`ー'´ ̄/;:;ノ  ノ      ヽ| / ,、-''´
                 ̄ ̄ ̄            Y´/;:;:;\

              / ̄ ヽl//─ヽ
            /  ,.-''"-'"  "'''  \
           /  /          、. ゙、
          /   /,.-‐'''"""""'ヽ、  ゙、 ヽ
         /  / /‐"  ____   ヽ, | |
         |  l|/ ,,-‐''l| ll l、\、‐、  || .|
         |  l| /   /| || ||l ゙、゙、 ゙'| l.|
         | l |/  l/ l/ || ||l  || |、|.川    (ここまでされたら、
         |,-、| l| | |  | //|//  |/ノ|| /,|     もう竹千代が後を継ぐのは変えられないわね…)
          |ヽ、lll ,-、─'"ヽ'" ,/、‐''',ヽ ノ
         .|| ノ゙、 .|。:|ヽヽ   イ。l .| /‐/
          |\ヾ、ヽ‐,__」   ヽ‐ニ/‐"|
          | l|| |゙.ヽ '''   ゝ   ,..'/二、
     ,,,,,-、─ | l| |,.-l|゙ 、_  ⌒ ,.‐"、/  .ノ|\_
  ,,,,,-/  ,,,,,||:::└/ l、"'''ヽ、,,. ''''" ノ |''" / |:::::::ヽ、'l    
/|  l| ,,,l,,,l-''"::::ヽ  ゙ヽ、  ヽ─--、/ ̄ ,.-"ノ|:::、|::::,-\、 _
                お江与

 この家康の行動により、長子である竹千代が世継ぎである事が確定したという。



46やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:41:35 ID:D8UdMgjX
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)  
.   |     (__人__)    長子相続、か。
    |     ` ⌒´ノ   我が身を顧みるに、複雑な気分であるが…。
   .l^l^ln      }    まあ、これが太平の世、ということなのであろうな。
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

三三彡〃ィ;;;;;;;;ィ'/;;;;;;;;;;r'"/;;;/l;リ l;;;;;;;;;;;;;;;;゙i l! lj
三彡イ7 l ! ゙'"んr7〃/ツ;;;;;;;ノ /;;/l;;ノ^l;;;l ll 
彡:ヲ;;;ヾ, jl f;;;;r/,-;ィ=i―'''''"^ ,ノノ ,lリ=、レ' リ
三ヲ;; /;;l レ/;;;fr'r''" ll,,..,,,.、 ''"   Eヲイ /
イ7;;H f;;;i /;;;;l゙″ ,ィ''^''ー',ノ: : :  : :i,: : :l'"
〃リハ l;;;;;;;;;;;;;t  ´`゙゙゙゙´ : : : : : :  : ゝ-i、    どうしたんだい、柳生殿…?
リソノll;;;;;;;;;iヽ;\_,; : : : : : : : :   : : : ィ′
イヲ ,ノ;;;;;r、;;`ヾ''ー''": : : : : : : : .   "`: l    「いえ、少し考え事ですよ。
イイミ;;く ヾ、;;;ヽ、,, : : : : : : : : : __,..,...ィ:l     さ、始めましょうかの…!」
゙i;;;;;ゝ、ヽゝ、`゙''''"´  : : : :、_,,ィ '''"´,ノ,l
,l;;;;,t、_`ヽ_入      : : : : : :  ̄ ̄´ ,i′
リ;;ハ、 ~´, :::::ヽ、      : : : : : : : : :l
ノ    ̄   ::::::`ヽ      : : : : : : :l ←三男だが細川本家相続
         細川忠利



48やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:43:36 ID:D8UdMgjX
          ____
        /| /::〃 ̄ ̄
        /::|/:::::/ _____
      ヽ:ヾ::/ ̄:::::::::::::::::::::::::::`丶、             これが竹千代こと家光と、
    / ̄` ´:::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::\           国千代こと忠長に絡む有名な逸話だね。
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、::\:::::::\         .でも、実際、お福の駿府城行きからの
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::\__`丶、:\        この一連の話は、事実かどうか不明瞭なんだ。
  /::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::\::\::::::::::::\ ̄ ̄__\
  |::::::::::::|::::|::::l:::|:::::|\:::::::::\::\::::::::ヽ\:::\ ̄       ただ、世が安定期に入った今、
  |::l:::::::::|::::|::::|、ヽ:::|  ,>─‐\‐、ヽ__|\|ヽ ̄       相続に絡む無用の混乱を避ける為、
  |::l:::::::::|::::|ヽ| _、ヽ|/ \,.z==、\{_r'ヽ::::\\      「長子相続」をルールとして決めるべく、
  |ハ:::::::レ'l| ̄ `ヾゝ  ≠う:::リ|ゝl| 〉)/: ̄ヽ ̄      竹千代が嫡男と定められた、という判断自体は
    ヾ:::|ヽ イラ沁    ヽ三='   r'/ヽ ̄ ̄       家康・秀忠の頭にあったと思われるんだ。
      ヽト、ヽヽV::ノ      xx  〈::::| ̄
         `ヽ xx   '      / |V __         まあ、それを差し引いても、才能の差や、
            `、     c   // ̄: : : :/        竹千代が嫌われ、国千代が愛されたというのも
              .`>‐--- </__,< ̄ ̄\       実際、どうだったかどうかわからないしね。
          | ̄: /;| {_) //: : :二二`丶/
          ∠-───</: : /: : : : :`丶ゝ       あと、言うまでもないけど、
        //: : : : : : : : :○))/: : : : ,-─‐-、ヽ      合計20人の忍者がこの相続問題に
       /: :/L -────´: : : : : /: : :/: : : ヽ|      絡んだとかいうのは(ry
      |: :/:(_}<二(_)二>|_): :/ /: /: : : /: |
     /: :|==||: : : : : ||===== / / : /: : : /: : : ト、
    ./: : :|: : : : ||: : : : : || : : : : / / : /: : : /: : : : |: |
    ヽ: l :|:r‐┐-r┐_||:_ /: /: :/: : : /: : : : : |: |
     |:l: |:ヾ_ノ==|ノ====|_V: /: :/: : : /: : : : : : |:/
     ∧| | : : : ||: : : : || : : : |/ : : : : : : : : : : : : : ||



49やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:45:05 ID:D8UdMgjX
 そして、更に時は過ぎ、
年も明けた元和二年(1616)1月21日──。

iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii\ヽiiiiiiiii
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii \`─'    
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii/  \     
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii/    <     
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii/       `i    
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii/    ___,,,--''' |   
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii/,,,,---''''''__,,--'''iiiii |   
    ̄'''''''---iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii/ / _.,,-' ̄i  ,-~,iii  .|   う、うぐうっ!!
           ̄''''-,,,iiii/ / ノ    i´; -~ii /   
,,,----;;;,________      ``i | /  o    ,-、'''ノ ̄|   
 ;;;\-~ `--;`─-;,__;;;`i ハ`ヽ,,____,,-' ̄  |ノ,,--ノ   「お、大御所様!
  ;;;;\~-~: .  o  i`´` ハ,i,,,,,---'''',,--''''|彡 ノ    大御所様ーーーッ!!」
 ` `---`≡=------─'`i iii `--'''' ̄    |彡)   
\` `ー- i'   ,,,;;;''''''''''´´ `,i´ -、_,,,,,,,,,,   .|,彡`i  
  \` ー\        (,-、,;-' _,━.、`l  . |,彡|  
   \`---\   ,,-''  ,━━'"" ,-''''┃ i  .|,彡|
,_____ミ .\`---.\  ヽ .┃`''''' ̄ ̄,--、┃ ,  |彡|  
   ヽ  \`----\\  \= i ⌒ i  i=┃ | /彡|  
ヽ.__`ヽ \`----\` \\=i,,,,,,--.i=:/  / /
 ヽ     `ヽ \`三三\   `━━'''"" ,,,i/ .
  `丶___ ̄ ̄ ̄ ̄,'''''''''''''''─--'''""""   
          ̄ ̄ ̄ ̄             

 鷹狩に出た先で、大御所・家康は倒れた。
夕食に天ぷらを食べたことで、持病の胃がんが悪化したのでは、と言われているが、詳細は不明。



51やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:46:50 ID:D8UdMgjX
   ' , \、 、|       ヽ   l / /    ヽ,   / /  /
  ``ヽ  ヽヽ! ,   lj   ヽ  i/ , '  u  !/ /  /
  、 ヽ\ ` l_/ /`ヽ、   ヽ/ / ,. ' ´ヽ l ,'/'´   /__
  、 ヽ、 ,へ、/ ,ヘ``ヽ、ヽ. ` / /,. -‐,´ _!,-、 / /'´/
 ヽ\`` l l^ヽ,',  ',  oヽ`、} レ/o   ,'  〉"^l//'´/    な、なんだとッ!?
   \、 l l r' ',  ー―‐",`ー´`ー―‐'  //_',/_,. -;ァ    父上が倒れられたというのかッ!
    ,.ゝ-\ー、 ','"""""  ノ_ ゛゛゛゛` /'_j /  /   
    ``,ゝ-ゝ、_',u     r====ョ    /-/_/        今すぐお見舞いに行かねば!
     ´ ̄``ー,ヘ    `====''    /=''"´         行くぞ宗矩ッ!!
          ,'、 `ヽ、,:' -‐-  , '``>、
         ノ`::ー-、_\__,/_,. ::'´:::::冫二ニ77ー-
  ,...-、‐ニ二{{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ニニニ〃::::::::
  :::::::::ヽニ二ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/二二ニ〃:::::::::::

         / ̄ ̄\
       /    \i||i/
       |    ( ○)(○)
       | u.   (__人__)    ははっ!
         |   u. ` ⌒´ノ   (大御所様が遂に…!
         |         }     これから先…どうなるッ!?)
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

 1月下旬、この報告を受けた秀忠は、2月1日、駿府へ見舞いに訪れた。
(この時、宗矩が付随したかどうかは実際には不明)



54やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:48:54 ID:D8UdMgjX
=駿府=

┌────┐:::::::::                 :::::::::::::::::;;;;;;;;
│        │ ::::::::::,,,,,,,,,,:::::::::::::::        ;;;;;;:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;
│  ┓ 魔 │  ::::::::::::::::::   ::::::::: :::::::::::::::   ;;;;;;;;:::::::::::;;;;
│ 駿    │        |    ;;;;;;;;;  :::::::::::::
│ 府  城 │        .|          :::::::::::::   
│ 城    │        ||  . . |     ;;;;;;;;;;::::::: 
│┗      │    |   _| |__   ||          
│        │   .|;|  /。 。ヽ  |,;|         
│        │   |.;;|  ヾi||i;;,,,ノ ,-'。'-,       おはようからおやすみまで
└────┘   ノ ヽ  .|,l.|iii|/。。。。ヽ      
       ..||   <。。。`)イ。ヽ|ヾiiii;;;''""ノ     暮らしを見つめる 駿府城
  .    .|;;|    |ii;;;"''(。。。。);;|ii;; ;:|     .  
       .| ;;,|  /'~~~';;; ヾii;;:iノ. . |;; ;|       の提供でお送りいたします 
  .    .ノ ;;ヽ_ ヾミlli;;∧;|i;;;i.|   ||;∧.||    ||    
    /。。。。\|ミ,-' '-,i;;;| ll  いノヽ   |.|        
   /o o o o o o .Y。。。。ヽ,, ll  .|i; |。。\,-'-',_  :::::::::::::  
   ヾミi;U;;o""''∧'~ヾii;;;;:''/ii ll ..|i; .|;;;;:::::''ノ______ヽ:::::::
    |iii;;;:∧::ヾ(,,,,,,,,,)ii|.ii;;'' |ii  ll  |ii; |;;;丿iii;;;/   ;;;;;;;;
     |iii;;;| |::ヾ`|ii..|´ ii|. ヾ|ii  _,ノii;; ヽ_ii;;::/   
  /'~'\ノ::ヽ  .|i;.|  iiii .ヾii,-'~。。。。。。 `\    .|

   / ̄ ̄\
 /    ー ー\
 |   ( -)(-)   
. | u.   (__人__)  (…大御所様がお体を悪くされたのって、
  |     `⌒´ノ    この城にも問題あるんじゃねぇか…?
.  |         }    まあ、気のせいだと思うが…)
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)



56やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:50:07 ID:D8UdMgjX
  \         /_ /     ヽ /   } レ,'       
  |`l`ヽ    /ヽ/ <´`ヽ u  ∨ u  i レ'         
  └l> ̄    !i´-)     |\ `、 ヽ), />/           父上…。
   !´ヽ、   ヽ ( _ U   !、 ヽ。ヽ/,レ,。7´/-┬―┬―┬  お具合はいかがですか?
  _|_/;:;:;7ヽ-ヽ、 '')  ""'''`` ‐'"='-'" /    !   !       
   |  |;:;:;:{  U u ̄|| u u  ,..、_ -> /`i   !   !      これからが、
   |  |;:;:;:;i\    iヽ、   i {++-`7, /|  i   !   !   _  これからが本当の徳川の世なのに…。
  __i ヽ;:;:;ヽ `、  i   ヽ、  ̄ ̄/ =、_i_  !   !   /
   ヽ ヽ;:;:;:\ `ヽ、i   /,ゝ_/|  i   ̄ヽヽ !  ! ,, -'\
    ヽ、\;:;:;:;:`ー、`ー'´ ̄/;:;ノ  ノ      ヽ| / ,、-''´
                 ̄ ̄ ̄            Y´/;:;:;\

   \      ,..''  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  __,,,,/    /  |
  |   \        ` .、::::::::::::::::::::::::::.,-‐'"'"  u.  /    .|  
   i    `'''ヽ、    u.  -:::::::::::::::::::      -‐'"'" /    /  
   `i    |  `、'''ヽ、、     .ヽ.Y    , ..-':''" ゙/   /   ../   ひ、秀忠…。
    `、  |    `、  (:、、   . .|  ,..-')   / u./  ‐-‐'   案ずる事はありません…。
     ‐-‐'| \  `、....,,,`_゙ヽ_、_,| ノ、."..-'ii||||| // .. /     確かにまだ問題はありますが、
       |  \\γ .,--‐-‐ "゛"゛‐-‐'''"゙''i|||///  /      最早、徳川を脅かす者はいません。
       `i| \\ |        、   u.  .|///  /\`i.    
       /`i  \ |       ゙''-''"'     . |///. /   `、   あとは、お前が
     /   `i\\|      ´──`     |/ / /        この徳川の世をしっかりと固めれば、
          `i \|             //.-          いいのです…頼みますよ。
           ~\      ‐'''''‐   / '             
               \      /               「は、ははっ!」
                 "'''゙''-''"~  



57やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:52:28 ID:D8UdMgjX
      ____ 
    /i||||||||||||||||||iヽ      
 / ̄ヽ||||||||||||||||||||||||iヽ    
'""ヽ u.ヽ!||||||||||||u.||||||! ヘ 、―   
||l   ___ヽll,‐''''__ゞi .|||||  
||l  /ヽ、 ->┴< .o/ヽ\|||||   宗矩…お前も、秀忠によく仕えるのですよ…。
ヽ‐イu. |ミソ ̄'"ノ"/li゙ ii|||l;|l |、   そして、将軍家が修めるべき「「大将の剣」を、
.\/l  .|ミミl l―--―`..l;ll /     世継ぎたる竹千代にも…。
 .\ノ  |ミミ.l..   ̄.u l;|/   
   ̄\ |ミミ.l..    ,,,l;/    
   l \ヾ゙゙....  ̄."/i     
 _/_``\ ̄、 ̄/ /l___ 


         / ̄ ̄\
       /    \i||i/
       |   。( ○)(○)。   大御所様…ッ!
       | u. 。゚~(__人__)~゚   承知致しました!!
         |   u.  `⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

 こうして家康が倒れたという報を受け、
秀忠だけではなく、諸大名、朝廷などからも続々と見舞いが訪れた。

 そして…。



59やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:54:15 ID:D8UdMgjX
      ____     
    /i||||||||||||||||||iヽ      
 / ̄ヽ||||||||||||||||||||||||iヽ    
'""ヽ  .ヽ!|||||||||||| .||||||! ヘ 、―   
||l   ___ヽll,‐''''__ゞi .|||||  
||l  /ヽ、 ->┴<- ./ヽ\|||||   ………………。
ヽ‐イu. |ミソ ̄'"ノ"/li゙ ii|||l;|l |、   
.\/l  .|ミミl l―--―`..l;ll /    
 .\ノ  |ミミ.l..   ̄  l;|/   
   ̄\ |ミミ.l..    ,,,l;/    
   l \ヾ゙゙....  ̄."/i     
 _/_``\ ̄、 ̄/ /l___ 


  「嬉やと 再び覚めて 一眠り 浮世の夢は 暁の空」

  「先にゆき 跡に残るも 同じ事 つれて行ぬを 別とぞ思ふ」


 この二首を辞世の句とし、元和二年四月一七日、
一代の英傑、徳川家康は世を去った。
享年75歳。



61やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:56:34 ID:D8UdMgjX
   / ̄ ̄\
 /    \i||i/
 |    ( ○)(○)    大御所様…。
. |     (__人__)  
  |      `⌒´ノ    大御所様と、父上がおられなければ、
.  |         }    この宗矩も、柳生家も、今の繁栄を得る事はなかった…!
.  ヽ        }   
   ヽ     ノ   
   /    く   
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)


        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |   この御恩を返すためにも、
     . |:::::::::::     |  大御所様にお認め頂いた「大将の剣」…。
       |::::::::::::::    |  これからの世で、将軍家が修めるに相応しい剣を、
     .  |::::::::::::::    }   .なんとしても、確立しなければならないだろ…。
     .  ヽ::::::::::::::    }   .
        ヽ::::::::::  ノ    将軍家剣術指南役的に考えて…!
        /:::::::::::: く   
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)

 こうして、家康の死により、徳川幕府は「創業」の時を終え、「守業」の時、
徳川の世を守り、維持する時代へと切り替わっていくのであった…。



62やる夫で学ぶ柳生一族(その18)09/04/05 22:58:20 ID:D8UdMgjX
  \ヽ, ,、
   `''|/ノ
    .|
_   |
\`ヽ、|
 \, V"
   `L,,_
    |ヽ、) ,、
   /  ヽYノ
  / r''ヽ、.|
  | `ー-ヽ|ヮ
  |    `|
  |.     |
  ヽ、   |
   / ̄ ̄\
 /  _ノ ヽ_ \
 |  (≡)(≡) l
. |   (__人__) .|
  |   ` ⌒´  |
.  |        }
.  ヽ       }
   ヽ     ノ

┼ヽ  -|r‐、. レ |
d⌒) ./| _ノ  __ノ

【やる夫で学ぶ柳生一族(その18):「徳川家康の死の巻」】 完



関連記事
[ 2018/03/06 10:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する