やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その21「十兵衛の致仕の巻」 前編

27やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:09:15 ID:YrVx+uS5
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレです。

【今回のメイン柳生:柳生又右衛門宗矩&柳生十兵衛三厳(七郎)】

   / ̄ ̄\
  /  ノ  \\
 |  .(●)(●)  |    柳生家の当主にして徳川将軍家世子の剣術指南役、
. |  (__人__)  |      柳生又右衛門宗矩だろ。常識的に考えて…。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)    
.  |        |    .) ;;;;)   
.  ヽ       }   /;;/     
   ヽ     ノ   .l;;,´     
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ    
. \  ""  /_ノ  |   
   \ /___/  

           (ヽ三/) ))
       ____ ( i)))
      /⌒  ⌒\\
    /( ●)  (●)\ )  柳生家の嫡男、柳生十兵衛三厳(七郎)だお!
  ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
  |    (⌒)|r┬-|     |
  ,┌、-、!.~〈 `ー´/   _/
  | | | |  __ヽ、   /
  レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
  `ー---‐一' ̄



31やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:12:08 ID:YrVx+uS5
【元和七年(1621)時の柳生一族系譜】

   大膳長永
      :
   <柳生家>
      :
     ├─────┐
   柳生永珍   中坊源専
      :
     ├─────┐
     家厳      重厳
     |    (七郎左衛門)
     |     (松吟庵)
     ├─────────────────────────────────┐
     宗厳                                               妹
   (新左衛門)                                             .|
    (石舟斎)                                           .<幸徳井家>
     ├───┬───┬────┬──────┐                   |
     厳勝   久斎   徳斎     宗章        宗矩                  友景
   (新次郎)             (五郎右衛門)   .(又右衛門)                 .|
     |                            .|                  友種
     |                            .|     
     ├────┬────┬────┐       ├────┬───┐
     純厳    利厳     妹     厳倚     三厳    .左門  又十郎
    (久三郎)  (兵庫助)         (権右衛門)  (十兵衛)
            |                  (幼名:七郎)
            ├────┐
          新左衛門 .茂左衛門



32やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:12:39 ID:YrVx+uS5
【第1部(その1~11)のあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の領主、柳生新左衛門宗厳は、上泉伊勢守秀綱創始の新陰流の正統を継ぎ、
後に名を石舟斎とあらため、その剣名を天下に上げた。
しかし、長男新次郎厳勝の不具廃嫡、豊臣家による所領の没収、
新次郎の長男、久三郎純厳の死など、柳生家に辛く重い苦難が襲い掛かる。
だが、徳川家康の招きに応じ、「無刀取り」を以って家康に指南を請われた際、
末子・又右衛門宗矩を推挙したことで、再び柳生家にも光が差す。
その後、関が原の戦にて徳川家に味方したことにより、柳生家は旧領を回復する。
更に、家康が幕府を開き、後継たる秀忠を二代将軍とすることで、宗矩は将軍家剣術指南役となった。
そして、柳生家の家督を宗矩に、新陰流の正統を兵庫助に継がせた石舟斎は、
慶長六年(1611)、78年の生涯に幕を閉じたのであった…。

【第2部(その12~20)のあらすじ】
 石舟斎の死後、宗矩は正式に家督を継ぎ、新たなる柳生家の当主となった。
またその翌年、柳生庄にて宗矩に待望の嫡男・七郎…後の柳生十兵衛三厳が誕生する。
同時に、兵庫助も島左近の遺女・お珠を妻に迎えた。
その後、起こった戦乱の世の残照にして最後の大戦、「大坂の陣」。
冬と夏、二度にわたる戦の末、遂に豊臣家は滅亡、
幕府(徳川家)の天下が固まったことで戦乱の世は終わり、「元和厭武」が宣言される。
同時に、兵庫助は尾張徳川家の剣術指南役に仕官し、尾張柳生の礎を築いた。
そして元和二年、遂に一代の英傑、徳川家康がこの世を去り、二代将軍秀忠の治世が始まる。
徳川の天下が守成の時期に入る中、宗矩は「坂崎事件」を見事収めるなど
単なる剣術指南役以上の才能があることを証明、その後、息子・七郎ともども、
その生涯の主君となる後の三代将軍・家光に仕えることになるのであった…。



33やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:13:09 ID:YrVx+uS5
 元和七年(1621)、宗矩は将軍秀忠の命により、将軍家世子・家光の剣術(兵法)指南役となった。
時に宗矩51歳、七郎15歳…。

              
   / ̄ ̄\.     それでは家光様、まずは打ち込みから!
 /    \ /  それがしに、存分にお打ち込みくだされ!
 |    ( ●)(●)           _
. |     (__人__)          //
  |     ` ⌒´ノ         //  「おう!」
.  |         }        //
.  ヽ        }       // .
   ヽ     ノ      //    
   /    く      //    
   |     \    //  
    |    |ヽ、二⌒)ゝ   .

             ___
           ,ノ' ´    ` ''ヾ、
         /            ヽ
        }f^'^^了t^'^'`'ー1  l
        |L_ ! ___ { ,..、|    それじゃあ、遠慮なく打ち込ませてもらうぜ。
         }f'tr'i  ''^'tォー` }j/i',|
          l.| ´ |    ̄  vijソ.!
         丶 └、     Fイ l′
     /    ',  ‐--‐  ,イ ケ|
   , ,/.       ヽ `''"´,/ !  ^|ー、
  / /      _,,」、'....ィ'       '|. \、_
. /./  ,. ‐'''"´    ! /   ,  _」__ヾ',
.,'.,'  /´   └ 、_ ノi   ノ  (、_  ``ヾ!
,'/ /     ヽ、 ` ''ー 、ィ-─'' r`'^    `
l|  !            リ    `ぅ ー=、_
| |          サ     〉
  ト             ′    ./''ー- 、,.._
  |  ヽl            (B     /    ヽ、
  |     !,、      !     /     ∠_
  ,イ     ヾ'     ィ 、   . /   ,,ィ'´
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、
          徳川家光

 なおこの時、江戸柳生家の新陰流(所謂"柳生新陰流"、または"柳生流")が、
正式に徳川家御流儀として秀忠に認められたという話もあるが、詳細は不明。



35やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:15:37 ID:YrVx+uS5
   / ̄ ̄\    家光様!しないを!
 /   _ノ  \   しないをお持ちくだされ!
 |    ( ○)(○)            _
. |  U  (__人__)           //  「ん?俺の股間の”しない”に
  |     |r┬-|          //    何か問題があるのかい?」
.  | ι   `ー'´}        .//   
.  ヽ     u  }       .//     
   ヽ     ノ      //    
   /    く      //    
   |     \    //  
    |    |ヽ、二⌒)ゝ   .


       . … .
       :____:
     :/_ノ  ー、\:     (ぷっ…くくくっ…!
   :/( ●) (●)。 \:     父上があんな風に焦るとか爆笑モンだお!)
  :/:::::: r(__人__) 、 :::::\:
  :|    { l/⌒ヽ    |:
  :\   /   /    /:



38やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:17:37 ID:YrVx+uS5
   / ̄三\
 ノ L;; _ノ 三 \
 ⌒:;;  ( ○)(○)
. |;;;;;    (__人__)    …家光様、稽古の方法を変えまする。
  |;;;     `⌒´ノ    七郎、お前がお相手をせよ。
.  |;;;;        }    わしはそれを見て御手直しすることとする。
.  ヽ;;;       }
   ヽ;;;l    ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }     おお、七郎。
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }    お前が相手になるのか?
    |! ,,_      {'  }    じゃあ、行くぜ。力を抜けよ。
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \

          ____
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\    /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

 このようにして、宗矩と家光、そして七郎の剣術稽古が始まったのである。



42やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:19:10 ID:YrVx+uS5
 …さて、少し時は戻る。
それまで竹千代を名乗っていた家光が元服したのは、元和六年(1620)九月七日のことである。
なお、同時に従二位に昇叙し、権大納言に任官している。
(この年の一月には正三位に叙されており、それに続いての昇格)

       |  !                        |  |       |
      | │                   〈   !      人
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    |
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !    今日から俺の名は家光だ。
    ヽ {  |           !           |ノ  /   だが、ブラザーと呼んでもいいんだぜ、七郎。
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
    |    `!                    /
    人     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
  ̄ .Y  ̄    |\      ー ─‐       , ′ !
    |       |  \             /   |

     ____
   /     \
  /  ─    ─\    謹んでお断りさせて頂きますお。
/ u  ‐=・=‐ ‐=・= \  家光様。
|       (__人__)    |
\     ` ⌒´   ,/



44やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:20:26 ID:YrVx+uS5
      // / /  /  ノ / /./ /  //// /彡  / ,
     / / / /  /  / // / / / // , / /, ///,   従四位下…か。
   |  || | | .| | | 彡 // / // " //  //,-"//
    | || |, |  | | / / / / ,,--'' ,,,--'''彡 , / '' ̄彡 /     ,,---''' ̄''''-
   .ヽ || || |、ヽ / /  ,,,,--''''''' ̄'''''ミミ二二-''''  ,,--'''-/___   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,-
    丶ヾ\ヽ ∨,--/        ミミ=≡  彡彡-'',=--'''''' /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
     ,,ゝミミヾ___,-''''          ミ ミ 二-彡彡、   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |  
    /,-, / /''|| ヾ、、   ,,--、   ノ ミ,,--、彡彡/ヘ  ,-/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   ノ// | ||| .ヾ、  ''ヾ-,,/'' ,,,,,,,ヽ   ミミ/ /ヾ、Υ//;ヽノ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   / |、ヾ| |、ヾ、 /  /''/-┼-    ''' /,,ヽν//;;;;;//;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ||  ||\\|、 ヾ、 / /フ / ,,,-     ヾ-v''/;;;;;;;;//;/;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   |  ヽ、 |.,-、 (ヾ,,/,/"//        /-";;;;;;;;;|;;|;;ノ;;ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   .ヽ  ヽ、 ゞ-,'=。ヾ '''ヾゝ、__        //;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;;;;ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       \ \\ノ ,  、  ̄      .//;;;;;;;;;;;;/;;;,-ヽ,;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           )/,,--,  ,- ヽ        ∧;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;ヽ、;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、;;;;;;;
           .ヽ"" -'" ,,、       /;;;ミ==、;;;;;;|;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;
            ヽ            /-==ゝ )|  .ヽ、;;;;;;;\;;;;;;人;\;;;;;;------
           ,-''"\、       /    ∨';;;;;;;;;;ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;7|;;;;;;;;;;;;;
        ,,--''/;;;;;;;;;;;;;;\、   ,,/-ヽ、   //;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、;;;;;;;;;\/;;ヾ;;;;;;|ト-、;;;;;
      <、三-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''''"";;;;;;|  .ヽ__ヽ|/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ;;;;;;;;|;;/;;'ミミヾヾ
           -、-、,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ヾ,  ヽ\--,,---っ-、--∨;;;;;;;;;//;;;;;;;;;;ヽミミ
             |'' ̄--┐==、;;;;;;;;;ヾ、''''┴ヽ,j   ノ;;;;;;/ ̄'''''''---=====、、;;;;;;;
             |;;;;;;;;;;;;;;ゝ--彡;;;;;;;;;\\、________,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;
             .ヽ;;;;;;;;;;"-==--、;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄。
                     徳川忠長

 またこの時、弟である国千代も同時に元服し、忠長を名乗った。
なお、忠長は、八月二十二日に従四位下参議左近衛権中将に叙任されている。



45やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:21:04 ID:YrVx+uS5
 そして…

   / ̄ ̄\
 / \  / \
 |  (●)(●) |      七郎…。
. |  (__人__)  |     今日よりお前は「十兵衛」である。
  |.   `⌒´  ノ    
.  |        }        『柳生十兵衛三厳』
.  ヽ       }     
   ヽ      ノ       それがお前の名だ!
   /    く        柳生家の嫡男として、家の名に恥じぬよう振舞うのだぞ!
   |     \      
    |    |ヽ、二⌒)

         .____
        /\  /\ キリッ
       /(●)  (●) \     わかりましたお!
     /   (__人__)     \   この十兵衛三厳、嫡男として今後も精進して参りますお!
     |     `⌒´      |
      \            /
        /         \
       |             )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ    (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ



47やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:23:50 ID:YrVx+uS5
                   …なーんてお!
                  この十兵衛に敵う奴なんて、既に道場にも殆どいねーお!
                  小姓の同輩にしても弱っちい連中ばっかだお!
          ____     この十兵衛が継ぐ限り、柳生家の将来に心配なんていらねーお!!
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o       ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\      /⌒)⌒)⌒)
| / / /      |r┬-|    |   (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /    ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \   /  )  /
ヽ    /      `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l    バ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、   ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒)) バ
                               ン

     / ̄ ̄\
   /    \i||iノ
   |    ( ○)(○)
.   | ノ(  (__人__)   …………!
    | ⌒    `⌒´ノ
.    |         }
.    ヽ        }
     ヽ     ノ     
     l/   く  
     |     \
      |    |ヽ、二⌒).、 



50やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:25:38 ID:YrVx+uS5
                                          /⌒\
                                          /      \
                                         /  人    \
                                        / / |      ⌒ヽ、
                                       /__)  入        \
                                      (__/ / ヽ、        \______
      / ̄ ̄\    調子に乗るな!             ./ /   /            ____つ
    /ノ(.  \  /   この馬鹿者がッ!          ./ / ( \/ /     .,ー、   \
    | ⌒(( ●)(●)                      /__)   ヽ、__ ノ|      |ーiー|  ::::: |
    .|     (__人__) /⌒l                  (__/        \ ::::_( ̄γ ̄)_/  甘いですお!
     |     ` ⌒´ノ |`'''|                   .           \ ( ●)  ( ●)
    / ⌒ヽ     }  |  |                 //.             \_ / \/
   /  へ  \   }__/ /                 /                    ̄ ̄ ̄
 / / |      ノ   ノ
( _ ノ    |      \´       _               ヒュッ
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ 三
       .|                        __ ノ
       ヽ           _,, -‐ ''" ̄   ̄
         \       , '´
          \     (             〃
            \    \         、ハ/|,,、   タンッ!!
                           ̄ ̄´´ ̄



53やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:27:14 ID:YrVx+uS5
      / ̄ ̄\
    / ノ(  \i|||i/    くっ!このッッ!!
    |  ⌒ ( ○)(○)                             ___
    .| u   (__人__) /⌒l                        / ⌒  \
     |      `⌒´ノ |`'''|                        /(●)      \   見える!見えますお!父上!!
    / ⌒ヽ     }  |  |                    l⌒゙i (_人_)⌒::::::::   \ 
   /  へ  \   }__/ /                     |'''` | ||r┬-|         |
 / / |      ノ   ノ                     |  | \-    r'⌒ \ /
( _ ノ    |      \´       _  v从从vヽ         ヽ ヽ__    /  へ  \
       |       \_,, -‐ ''"   >      く'´ ̄`ヽ    ヽ   !、      |  \ \
   ( ( .|               <      そ   ノ     `/       |    !、 _)
       ヽ           _,, -∑"     て ̄ ゛'' ‐- ,,_/        |
         \       , '´ !、   VvVYYYv                  |.
          \     (             ゛'' ‐- ,,_           ,r'
            \    \                  `' ,       /
             \    \                  )     /
               \    \               /    /



55やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:29:48 ID:YrVx+uS5
  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄
───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄
                          _ _
                        /      \     もう父上の攻撃は読めたお!
                       /\、 ,/゛ , ノし    この十兵衛の「活人剣(※)」で決まりだおッ!!
        , -、 _ 三二―       /,(〇)ヾ'(◯ )) ⌒ \  
     __/  / `>、 三二―  l゛⌒(__人__)⌒゛ヾ   |
     /  l, - -ノ、   l`――、    \  `ヾソ ´    ノ、<
    / l  |    l /´ l|      ̄ ̄⌒  〆 ̄ヾ   ハ \
   / l  l  -‐ ヾ   ヽ          彡   `y_γ   )
   {、 \ \    }   イ      ー:: ;-、  ヽーr  ∨  ソ /
   '、  丶--ヽ /   /イー‐´ ̄     ̄\  ' ,  '  )/ j
    \ー----/ _ / 三二―        \ ヾ_/ リ
     丶---{ { / 三二―  ブオッッ!!
          ̄
───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄
  ̄-==____  ─ ̄ ̄

※ 新陰流の技法としての「活人剣」。
 即ち、相手を活かして(動かして)、その動きに合わせて打つ太刀のこと。
 近いイメージで言えばカウンター。



57やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:31:29 ID:YrVx+uS5

         左様か。   .(● )   ’、   ′ ’.   .
   ノ(  ̄ ̄\           ’、ヽ′・  ’、.・”;  ”  ’、
 /⌒  _ノ  \ て     ’、′ ’、  (;;ノ;; (′‘ ・. ’、′”; ( ●)
 |    ( ●━●━━━━.’;^`⌒)∴⌒`.・  ”; ’、′・    〃
. |     (__人__) そ BEEEEEE……EEMM!!'人    ヽ    ぐえあ
  |     ` ⌒´ノ     、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;:;;) ;⌒ ;; :) )、  ヽ
.  |         }      ( ´;`ヾ,;⌒:: :: :.从⌒;) :`.・__人__)
.  ヽ        }       :::::. :::   ´⌒(,ゞ、⌒) ;)r┬-|
   ヽ     ノ         .;:;_)  ...::ノ  ソ ...::ノ :;; ; -'
   /    く             、′    、 ’、  ′    ’
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)



60やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:33:20 ID:YrVx+uS5
            _______
           ./ /  #  ;,;  ヽ
        : /ノ  ;;#  ,;.;:: \  :     父上…流石にビームは反則だと思いますお。
         /  -==、   '==-  ..:::::|    今のは流石に危なかったですお…。
           | ::::::  (__人__)   :::::.::::| : 
       : ! #;;:..  l  |    .::::::/
         ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/
          >;;;;::..    ..;,.;-\

  / ̄三\
 /;;;; _ノ 三 \
 |;;;;;;;   ( ○)(○)   元服の儀式中に、そんな自惚れたこと言う方が反則だろ。
. |;;;;;    (__人__)   常識的に考えて…。
  |;;;    ` ⌒´ノ
.  |;;;;        }     たかが剣の腕前が立つ程度で柳生家を背負うなど、寝言もいいところなんだよ。
.  ヽ;;;       }    精進せよ!!
   ヽ;;;l    ノ
   /    く       「わ、わかりましたお」
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)



63やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:34:31 ID:YrVx+uS5
             ___               
         ,,、‐ ''`:::::::::::::::::::` ヽ 、        
       ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、      
      ,/                  ヽ     
      /:::::::::::::::!i:::::::::::::::::::ll:::::::::::::::::::::::::::::゙、   
.      |::::::::::::::::!i:::::::::::::::::::::l|:::::::l!::::i!:i:::::li:::::::l   
     |:::::::::::::::!i:::::::::::::::::;ィ::||:::::::l|:::::!i:l:::::li:::::::|   
.     |::::::::::::::::ll::::::::::::/〃|:||:::::::l|:::|:| |l::::|l:::::::|    
    |::::::::::::::::l|::::::__/-/=|」|_」|__」=-L」::::::::|  
    |:::::|:::::::::l|:::「 r'T行、     ,ィ垳゙!l|:::::::::|   おめでとうございます、兄上。
    |:::::|:|:::::::ll:::|   ゞツ        ゞリ .l|::::::::i!   
    l:::::|::l:::::::ll::ll ``´      , `` i|:::ll:::i!    やっぱり兄上はすごいや…。
    `ヽ|::l:::::::|l::|l       __   ,/:|:::il::i!    父上とあそこまで打ち合えるなんて…。
      ``'ヽ、::|:::|ト 、    ´-′ ,/‐/::j|/
         ``ンr!‐、、`' ‐--::::1´   '‐''´
        ,ィ'′゙、   ̄=`'=く |\、
      ,、 '` ::| .:::::. ゙ 、/、   ト| ::.ヽヽ、
    ,/   ::| ::::/ ヽ ゙y⌒ { } \゙、::.`ヽ、
  ,/     :└/ .......\l   V ...\:::::::... ヽ
  / ...................:::::::ヽ 、::::::::::.. \  / .:::::::/:::::::::::::. i
 ,! ..`、::::::::::::::::::::::::::::` ヽ 、::.. `Y .::::/:::::::::::::::::::/l
          柳生左門(後の友矩)

    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
  / /" `ヽ ヽ  \
 //, '/ ─  ─ヽハ 、ヽ
 レ!小l (●) (●)从|i|
  .| ⊂⊃(__人__)⊂|     でしゅね。
  .|      ( <   |     すごいでしゅ。
   ヽ     `-'  ./     おめでとうでしゅ。
  /   ヽ     ノヽ
 柳生又十郎(後の宗冬)

 なお、この時、異母弟である左門は8歳、同腹の弟、又十郎は6歳であった。



68やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:39:50 ID:YrVx+uS5
           (ヽ三/) ))
       __  ( i)))
      /⌒  ⌒\ \
    /( ●)  (●)\ )     お前達も一生懸命修行すれば、きっと強くなれるお!
  ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\    後でまたビシバシ相手してやるお!
  |    (⌒)|r┬-|     |
  ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/     「…はい!」
  | | | |  __ヽ、    /       「…またじゅはおなかがいたいでしゅ…」
  レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
  `ー---‐一' ̄

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\     又十郎!
     /    (__人__)   \   そんなことじゃ何時までたっても強くなれねーお!
      |       |::::::|     |   この十兵衛が小さい頃は、もう父上とバシバシやってたお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i   「…またじゅはあにうえとはちがうでしゅ…」
   /          ヽ !l ヽi 
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl

       ____
     /      \     
   / ─    ─ \     …っていうか、左門。
  / -=・=-   -=・=- \  お前は本当に、この兄の弟なのかお?
  |      (__人__)  U  |  何で兄弟でここまでタッチが違うんだお…。
  \     ` ⌒´     /  なんか不公平だお…。



71やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:41:50 ID:YrVx+uS5

  ┌――‐二二二ー―┐ ||.            _―¬
  | [ ̄ ̄:::::::::r―二7/ ____   .//=ニ― ̄| |
  `ヽヽ::::::::::::::| Πгー/_ノ   ヽ_\ V/::::::::::::::::://
    ヽヽ:::::::::::ヽ∨/::/( >)  (<)\:::::::::::::::::::| |
     ヽヽ::.::.::.:ヽ//::::::⌒(__人__)⌒::::: \|:::.::.::.| |   つーわけで、これからは「十兵衛三厳」だお!
      ヽヽ::―=|     |r┬-/      | |::.::.::.| |
       ヽヽ:.:.:.:.\     ` ̄'´     /| |:::.::.::.| |
        | |:.:.:.:.:.| |   | |ノ:.:.:.:ヽ `ー┘|| |::.::.::.| |
        ノノ:..:..:..:..ヽヽ、 | ||..:..:..:..:..| 「 ̄フノ:..:..:..:..ヽヽ、
      | |:..:..:..:..:..:..:. | | .||二二二 」  | |:..:..:..:..:..:..:. | |
       ∟二二二二 」  |       ∟二二二二 」

 ともあれ、こうして(おそらくではあるが)、この頃には七郎も元服し、
世に周知の名である「十兵衛三厳」の名を名乗るようになったものと思われる。
(詳細な時期は不明。また「厳矩」と名乗っていたともいうがこれも詳細不明)

 ただ、周囲の人物からは変わらず「七郎」と呼ばれていた様子。
しかし、ここから先は表記を「十兵衛」で統一する。



74やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:43:41 ID:YrVx+uS5
 またこの年は、後の幕閣の中枢を担う人物達も、家光の元へ集まった年でもあった。

            _,-ー'´           `'´<._
            >           \  l    \
         _∠´            >Nレ'     ヽ_
         /                       1‐-
         /.:::  ..:                      ',
        /::::.: .:/   ...::  ..:/    l: l:.        ヘ、
        /イ:::: .::/   ..::::/ /l    / ノ \ヽ::..:. :. :. l:. l`ヽ
         l.::イ  .:::::::/:/  レi   /:: /_.. -ー\‐、l:: l:. ∧!
         j:::::l .:: .::://ナこニ;ミl:: /:/l::/7Z=サナ‐ャ.〉l:: |:リ '   小姓はいいねえ…。
         ノ:::::|.::リ l.::/<'ヘ::リ..`,l:/l´ l/  " ヾ-' " /f`|! |'    主君の御側に仕えることができる。
       /-イl::i:l´リl/X   ̄ /         /)ソ:l::リ     武士に生まれたものの誉れの極みだよ。
          l:/::|::::|、Kヘ      〈L      /-'/|/
          /´l/ヽ:l::::::::::\   ー- - -一'  , '::/        そうは思わないかい、御義祖母様。
             ノノl/V|::::`-、,.      /l |/′
                 l´  |:::`' -、_,/ .|
                /i7:::ノ:::::..      ',l  l、
               ../::: `ー、_::::::..    ..::r'´  ト、
             _/´レ:::: /`ー`):::-、:. -‐十⌒〉 \ `ー、
            /∠´-ー┘::::「{...____.. -‐|! く.___\  `ヽ、
        _,.-''´     .了 / |::三=ー ̄:|:\  ` ̄、    `ヽ、
     _,.-'´     _,-'´   `ヽ、l、::::::::::::::::::::/:/     ``-、   `ヽ
                    堀田正盛

          _,. 一…ー- ._
       ,.r ´   __   \
      /    / '´___`丶、. ヽ
.     /  ,. /  '´     `丶ヘ  ヘ
    /  ,./ f / ,ィ' |        ! | |
.    ' <,/|  | l| / | l|    |  |  | N
    | /7 |  | 」 / | l|\  |、 |_ | |'|
    | | | l|  | ハト、_ヽ!  \l. x1| | / |    …アンタ、その喋り方は何とかしなさいよ。
    | L|(|  | |'亡'ナ`    千t十! ル | |   (正勝といいこの子といい…なんでウチはこんなのばっかなのかしら?)
    | l.| Ll|  N      、  ̄ |'|1 !
    | l.l  ヽ !\    ,.-、   .イ / イ/
    ヽハ、| \ゝ|` 、   ̄_. ´/ へ'._′
    /{ | N、 !  l!   `¨´| レ′|.|.ト、
      |.| | ヽ|  l|>──<l     |.|.||
        お福(後の春日局)

 後に家光の側近となる人物の一人、堀田正盛も、
この年、家光に初めて接見し、小姓として仕える事となった。
当時13歳。

 なお、母は、お福の元夫・稲葉正成と先妻との間にできた娘であるため、
血縁関係はないものの、正盛はお福の「(義理の)孫」である。



76やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:47:52 ID:YrVx+uS5
 また、後に老中、大老を歴任し、
家光が「我が右手は讃岐(酒井忠勝)、我が左手は伊豆(松平信綱)」と述べたという重臣、酒井忠勝も、
この年の四月、秀忠の命により、家光に付けられる事となった。
なお、家光より17歳上なので、この年、34歳になる。

              ,. -──¬ー、-- -- 、        
           /厂:::: ':::::::,::::`ト、:::: 、:` 丶      
           /;--:::/::::::::::、:::::: l::::::: ヽ:::ヽ:: \     
         /::::´::::::/::::,::::::|l::::l::i::::: l::::::ヾ:::\::',:`:ヽ    
     /´ヽ/:::::´::::::/::::::|:::: |l:::l::ハ:::: li::::::::ヾ::゙::,:::::::`, ト、   
     ´::::::〃:`丶::/::::::: |:::: |l`y l、;:ヽ::::::l};:::ハ::`ト、:::、:ヽ  
   /厂:::/イ:ヾ:::::::イ::::i::: |l::: |.lL'-ヾ;;;::`:::::!ヽ;:::l:::::iト:::ド::`,
   |:〆::/:ハ|;;:::::\/-、l:::: |l::::: ィ勹Tヾ ヾ;:`:i-‐ヾl::::l|::;i`ヾ:l
   |:!::;::ト::l l;l|::代:::l -' l:::: ト、::lゞユソ   ヾィTjlヾ小:|l::::!  l:l   (酒井)忠世とは一応従兄弟なんだが…。
   |i:::〃;:l l;;l|:{|::ミ;! { !:::: i ヾ!        ! `-´l'l|::::|i:::!  リ  なんであいつ、パンダなんだ…?
   |:::li';::::l l;;;;l|;ヾ;;`、__ l::::::il        丶 ヾ !;;::::小;| ´ 
   |:::|l;:::::l l;;;;;/ミ::::;;ヽ、 !;:: }il         ′ ';;;,:::l::| !  
   |:::|ヾ:::l l;;;;/ハlト:::::::|  `゙     , =ァ /;;/!:::l:;|   
   l|::|:::::::l l:/;少;j};;ゞ/          ̄  ′   `゙    
  j}::::|,::::::l li´;;;;;;'|!;;/      ` 、     イ         
  イ;::::,!`::::l |!;_√ ー--、      ` ー ´           
 ´::::;;ハヽソ        \     /              
/:::,´_,-ーヘ         ヘ,   | \            
|l;/iミミミミミ\     /ミj\ \ \  
              酒井讃岐守忠勝



78やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:50:00 ID:YrVx+uS5
 余談ではあるが、酒井忠勝については、このような逸話がある。
時期は不明だが、家光が病に倒れた際、忠勝はずっと傍につき、看病をしていたという。

       ______
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i    ああ、忠勝…。
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |   熱いぜ、熱いぜ、アツクテシヌゼ…
 |'. (|       彡|          |)) |
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i
  ヽ_|        `         .|_/
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |

         _/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
       /: : : : : : : : : : : : : : : : \
        /: : : : : ,': : : ; : :: :、: :ヽ: : : ::',
     /:: : :; : ::,': : : :l :l : : l: :l: l 、: : : ',
     /: : :/: ;: :l :; : ::l: :l : : l: :l: l: l: : : :',
    /:; : / : l :l!::{ : ::l: :l、: : l :l!: l :l 、: : ',
     {!:l : l: l ; M;M\l: :l llヽM;M: :l: }::; :}
    l人: l l { 《弋歹゙`、l "弋歹》 Y: :ハノ   家光様。
    `、 `||从      `      l::リ    …大丈夫ですか?
.      ||:∧`              l: ト、   (なんだか随分余裕があるような気が…)
      /|| ; ヘ、    `´     / l!| 》
     《》 ハ;;ル\   -=-   /イル《》
     ノノ /;;;ノル;; l` 、 _ , ィヾ、:ヽ `、
  r‐‐ii"‐―‐、{:{  ト、:::::||:::::;イ`}:}`ゞー―‐-、
 / ) ||     }:}   `ー ‐'´ 〃/      ( ヽ



81やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:51:44 ID:YrVx+uS5
 そして、看病の途中で廊下に出たところ、家光の為の食事の膳を持ってくる者たちがいた。
その膳は豪勢なものであり、到底体の弱った家光に食べられるものではなかった。

    / : :.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.ヽ' ノ}、::{.| 
   〃、 :.:.:/:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.、\.:.:.:.:.:.:.ノ|゚´リ、/:ハ:l.| 
   /  ` -{‐ !ー{ー ‐!--ヽ'ヽ ̄二_,!´;}l.:!:::::}ハ! 
  ハ;`‐/ -|-:|ー:|ー-'{‐|:‐:ハ::|"!:.:.:.:}}イ:::}.}:::ソ:∧ 
  !:!{ :.:!.:.:.:|.:.:!:.:.:.{.:.:.:.:.l∧N レヽト、:.:.リ.|::::|´';:!l::::ハ    
  !| !.::i!:::.i:ト、|ヽ:∧::::::ハニ|三,ニニ、.Y.:.:|::::|f. }l.l:::::ハ     こんなものは、今の家光様の体調では受け付けらない(…はずなんだが)
  !! ',::ll:::::l:!ェニニミヽ::::∧ /´ヒzリノノ!.:.|::::|リ/:!l::::::::}.    これは下げていいぞ。
  { ∨:::i::l{《弋zj`  \::ヘ  ̄ ´ |!.:|::::|ノ::::!l::::::::ハ 
  `. 弋::l:::i` ̄     \!.     |!.:!::::!:::::f }:::::::::ハ      「ははっ」
     レ!::∧         `    ||.:|::::|ヘ::l,,,!:::::::::::}, 
     {.!:::!∧     丶'      ,!|.:|::;:| '、;、:::::::::::::l   …いや、ちょっと待て。
     l.!:::l::{ \    ‐= ‐   ´ハル'´ .//‐、::::::::::! 
      {!:::l::| l´ >    ̄     / /  //  '::::::::::! 
      `ゞ、j {.    ≧ __ . < ./  //    \::::! 
         \ 、   \!lヽ、  ./  //        ヘ:| 
          ヽ!    !l`'、ヘ / ./'´          \ 
            }    !l   ´¨//-、__,...__      \ 

 そのため、膳を下げるように命じた忠勝だが、そこであることに気づいた。



82やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:53:24 ID:YrVx+uS5
              __,..__          
      _,.r-‐¬≡三゙:::::::::..`''..、_        
    /./.r:::::::::::::::.\:::::::::::::::::...丶久f:}    
   /.::;/..:::i.:::::;、:::::l;:::::..ヘ::::::::::::::::::::::i} l:::1    
. /..:::::;il.::::;l..:::::;;;l::::|;;i::::::..}::::ノ;::::::;ィ'^|} |:::|    
  |ハ::::;;i|.:::;;|..:::::i;;ト;:lレl∧:ソY;;;;::l:::::::::/;li l::::l    
. ! {:;;l{:∧ハ.::::lv_.二ニ=‐|;;;;i::l:::/;;;;l}l.|;:::!    
    `!i{‐-_、ヘ:::}´ィr;z=ャュ |;;;;l:|´ };;;;;;l};l.li;::1 …なんで同じ膳が二つあるんだ?
    l;;;i《屯ハ ヾゝ `¨´ " |;;;;l:| , |;;;;;ノ;;|.|l::::!    
.   l;;;l;l"  ,   `     |;;;;|:|_,ノ:ソ|;;;;l.|;i:::!    
   |;;;;l;{  /          !;;;il:l |'" |;;;;l.|;;l::1    
   |;;;il人 `ヽ       ノ;;;ill:l l  |;;;;l.l;;l:::|    
   '" ̄¨ゝ マ三>   ,/"¨´ ト、. 1;;;l.l;;;l:::|    
.       ヽ "  ,.ィ    / ヘ;;;;l.l;;;l::::!    
         ` -<    /    ,/ミミゝ;:!,.      
      _,=≡/ 人  /´   /ムホfヲ苑盆z、      
    _,xl盆fホ/  /`  /∧   /      ̄`ヽホミz、_      
  ,xタ壬シ'¨く_  ヽ.//タ ゝv´   /    f ´     }      

   ,....-──-..、  
  /::::::;、;、:::::::;、;::ヽ  
  !::::/ -‐``´‐-Y   
  l:::::〉(. ・).....(・ )|    はい。
  l^Y "´  >`゙ l   こちらは忠長様の膳でございます。
  `ー、   (二) ノ
    __,.|` ー-r_´   
 /、 〈.    )i`\ 
./  l ヽ  / |.   l 
l   |.  \/ リ  | 
|__」   〈゚ 〈__| 
.}ヽ.  ヽ   }。/  /|  

 家光の為の膳と同じ物が、忠長の分として用意されていたのである。



83やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:54:11 ID:YrVx+uS5
 それを聞いた瞬間、忠勝はその膳をひっくり返した

       _∠ ̄`\ ___
      ∠ ..:::::::>'"      `丶、
     〃 .:::::/            \
     {{ :::::/     /       \  :丶
     | ::::/{:  / :/ / / :!      ヽ  :ヽ
     | ::::l:ヘ: ∨.:/:/::/   |   |:.、:.   l ::::ハ
    /l/l ::::lヘ:∨ ::l.::| ::l{.::|:.  |l:.ヽ:. | ::. j::|
      :| ::::{∧:| ::|/:| :j∧{::.  |:::∧:|::::Ⅳ:           __,ノ
.     .:!.:::::{:r‐| ::|.::l.::Ⅳトヘ:::.. l ィ 式ァ:l  ー_- 、.      ) が  た  こ
     /::::::ヘ{i^l ::ヾト、仁式_{\::V  |从l    `ヽ 丶、  -=ニ  っ  わ   の
     ヽ::::::人_|  l:|  .:.:::::::  `ト\::::,':::l|     丶. 、\   ,)!!  け
.       ',_{   |  l:|       〉  /l:::l|        ヽ\丶⌒ヽ..    者
        Ⅵ   |  l:|      ,. --ィ /::l:::l|     /.`,ニニ= 、ヽ ノ-、   め
、       _ L l:::| \   `ニニ /::::l:::l|      y'/ , - 、 } }   ⌒ヽ, -、/^ヽ「`
. ! r─-‐'´x x x/x/l.|.  >  _ _, イ      o 。' {/  / ロ .イ ' `-~' rュ
 `┴- x 、x_ x /x/xl |     ‐' ノ ̄ノ `;ー- . _ />ゞこ °, -- 、 ⊂ヾ ,...---......、
           ̄ ¨T''┴‐- 、, -<._,∠x_x x x x/∠、   }./゙ズ三'ノ . , ':::::::::::::::::::::::::\
-‐, 、    ー_-  ⊥ x x_ ヽ x xヽ. x x  ̄//`ヽ| 々 / / rう 、_j /::;:、::::::::::;;::::::::::::::::ヽ
. /x l ` ‐x.、_   ̄ l x ‐- -_ ニ、 ‐-ゝ x x// x x xLノ / / ′ヽ-'  レ'-‐`'^" 、´゙ヽ::::::::::l
. 〉 | | x x x /`i ー-| x x x x x ̄ヽ>ニ._x _ ニ -‐ ノ レ' / /  ″| =-  ,..__ヽ j::::::::::l
/ xヾ!x x x l x| x xノl x x x x x x ` ー-\ヽ\\ -‐' ノ  / ヾ) ノ|  ノ   ``  〉-、:/
x x /x x x | xハ/x x\ x x x x x x x x x  ̄__.二. -_‐ァ ,ィ 〃 ,く l r`ー- 、   "6/ -=
\x| x x x/.ノ/ \ x x _>ー,、_ x x x x∠二 -‐ 'フ´   〈ノ__/  l.ヽ└-二ノ  ; ‐1、_
ヽ/j x x /x/ x x ゙オ´x x x| x Tヽx x x x x x ,イx|  r7,ニ     ./ヽ.`ァー┬    /   ヽ.
y'./x , イx x/x x // x x x x|x x| x \x x ヾニ′ニ¨>〈//, ─っ ノ    7  /´ _./     l
ー'/x.〈.x xlx /x./.x x x x x|x x|.x x x`ヽx // 'イ´  `´  ‘ー' ij ゙ ノ  「 ̄    /  ̄ |



87やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:56:41 ID:YrVx+uS5
 そして、このように一喝したという。

    _∠ ̄`\ ___
   ∠ ..:::::::>'"      `丶、
  〃 .:::::/            \
  {{ :::::/     /       \  :丶
  | ::::/{:  / :/ / / :!      ヽ  :ヽ
  | ::::l:ヘ: ∨.:/:/::/   |   |:.、:.   l ::::ハ
 /l ::::lヘ:∨ ::l.::l.::| ::l{.::|:.  |l:.ヽ:. | ::. j::|    いいか!
  :| ::::{∧:| ::|.::l.::| :j∧{::.  |:::∧:. | ::::Ⅳ   兄である家光様が苦しんでおられる時に、
 .:!.:::::{:r‐| ::|.::l.::Ⅳトヘ:::.. l ィ 式ァ:j:::|     弟である忠長様が、このような食事などなさるはずがない!
  /::::::ヘ{i^l ::ヾト、仁式_{\::V ̄´ |从l
 ヽ::::::人_|  l:::|  .:.:::::::  `ト\:::,':│      それに、たとえ兄弟とはいえ、臣下に過ぎぬ忠長様に、
  ',_{   |  l:::|       〉  /::: |     主君である家光様と同じ膳を用意するとは何事か!
   Ⅵ   |  l:::|      ,. --ィ /::::::l|     その程度のこともわからないのか!
   :}ヘ  L_ l:::| \   `ニニ’/j\_:リ_
   ノ |ヽ. `ヾ|¨\>‐  _,.イく    几|
 ,イ|l |       rヘ「l ̄|│l∧   / |ト、
 :/ |l |\     ノ :|.|  V /:::::〉 |  || `ー‐-、
  〃 /  }\  /  L! 〈 >:::゙\ | ,ハ\ー─∧



90やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:58:14 ID:YrVx+uS5
 それから暫くして、忠勝は将軍秀忠に呼び出され、
この件について述べるように言われた。

      ヽ:::.. \  \  ! .::::|:::.. ::...  :::::::::|       ::| l -‐ 、  ',  |::::..
        \::.. \:::..\|:.:::::!:::::.\:::..:::::::| !        ::| {_    ヽ l  |:::::::..ヽ
::.       \ \:::..>‐-|::::::|\::::::.ヽ::::::::!:|       ::|  ヽ  l !  !::::::::::.. \
::::..       \ヽ xく::::.\|!:::::l  ヽ::.:!::ト :::ハ|       ::|   }   /  |:::::::::::::.. ::::::...
:ヘ::::..   ::.ヽ Ⅹ\ >-j|/  , }∧:! }/ |       ::|    !  /   ;::::::::::::::..\:::::::..     自分は、正しいと信じたことを行ったまでです。
::::.ヽ:::::..  ::.\ \ヽ `、    ,./    | /   !       :|:|   ヽ    /.::::::::::::::::::::..\::::::   無論、忠長様へのご無礼は覚悟の上でございます。
:::::::: \::::.  ::.、:ヽ \ ヽ. _//        |       :|::!     ,.へ:::::::::::::: ',:::::::::::..\::   御裁可には、如何様にも従います。
\:::::::. \::::::::.ヽ::.\    j , '           |     :: :::|!|       |   ヽ::::::::::i::::、:::::::::::::::::
::::|ヽ::::::::::{\:::::::.\| \ '´           |     : ::.:::| |       |   ',::::::::|::::.ヽ::::::::::::::
:: l  ヽ:::: l  \:::::::.\                !:|   :l:.::::::::| |       !    ;:::::::|!::::::..\::::::::
::::i   `、:|    \r ト、\           |!|   :|::::::::::! |        ¦:::::!ヽ:::::::::..\::
\!   }:'      | `\          | !::   :|:::::::::i !         !::::::|  ',::::::::::::::::
  \  !'        !              i|::.....:::|:::::::::| |         |::::::|   !:ト、::::::::::
      /         |   ,.      ,  | |::::::::::::!:::::::::! |         |::::::|   !:| ヽ:::::
             └ -‐ ヽ    /   ! !:::::::::::l::::/  |    , '    |::!:|  l:i   \
                  └‐ <_     | |:::::::::_|!'     |  /     |::l::!  ',t
                    ヽ    ´ ̄      /l::.`ヽ.     |:::::!:|   ヾ、
                        ',            /   !:::::::. \   !::::|::!    \

         ,v、ノ`ヽ、   
       iv'     vi   
      N        レi, 
      |  { ̄V´ ̄}  |
      ヽ j,   ._」レ‐、l.  そうか、お前の言い分はよくわかった…
      {h'、=。、jf,.。fi[(ヽl〕  
   ー―‐゙ーl  ̄〈.`"´.|{ ,i、――‐ァ
   )\    ,リ\_曰_/il, [ 」、  /
  ./  ヽ_/ト`:==テ=="´ l  )、イ
 /   /ヽ___l__/「 ̄ ,}
        徳川秀忠

 忠勝は特に申し開きをするでもなく、起きた通りの話をし、秀忠の裁可を待った。



91やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 21:59:41 ID:YrVx+uS5
////////|   /ヽ              /       ヽ
////////|  |  ヽ            /          ヽ               /\
////////| |    ヽ         /            ヽ     |\       /  \
////////| |      ヽ       /              ヽ    |  \    /     \
//////// |        ヽ    /            |    |    |   \  /       \
///////  |          ヽ  /          / \!    |    |    \/         \
/////// | /\        V          /     ヾ、∠___|
/////// ∠   \               /    _-― ̄`\
//////// | ̄ -ヽ  \           /  /  ̄|       \
//////// |  |  \ \    |   /  /   /       /  ハーッハッハッハ!!
/////////|   ヽ、_  (\\_  |__/ /◯ _,.-'        /
///////// | ._  ` ‐-‐' ヽ!.l|, l__/ヽ‐-‐‐'´   __,.   /     これからも家光を頼むぞ!!
//////////|   ̄=≡/ =i i= ヽ≡=== ̄     \
////////// |         | 「       -┐        \   お前は徳川家良弼の第一だ!!
////////// |       /|       , ヘ        /ー \
///////////|    __ヽ| ヽ    / /|       /  /
/////////// |    |‐--二二二二 =-イ  /       /  /     /|
/////////// |    Y´         `、/      /  /    /   |    /\
//////////// \   |          /     /  /  /      |   /  \
//////////////\  |         /     /  / /        |  /    \
///////////////ヽ  !二二二二/    / /  //          | /      \
////////////////ヽ   ━==    /   /              |/        \
/////////////////\_____/    /
////////////////

 しかし、秀忠は、この忠勝の忠信を賞賛し、咎めることなく済ませたと言う。

──病が回復した後、この話を聞いた家光からの信頼が以前にも増したのは言うまでもない。



93やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 22:01:14 ID:YrVx+uS5
 さて、時は戻り、そして進む。
宗矩が家光の指南役となってから2年後の元和九年(1623)六月、
家光は父秀忠とともに上洛した。

  ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
   ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
   ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
    ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
      vymyvwymyvymyvy     ザッ
ザッ    n_n,n_n、n_n,n_n、n_n,n_n、
      ∩_∩^-^∩_∩^-^∩_∩^-
  ザッ   ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩
         ∩_ ∩__∩ ∩__∩ _∩ ∩_    ザッ
     ∩___∩    ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩
     | ノ      ヽ   | ノ      ヽ | ノ      ヽノ      ヽ
     /  ●   ● | /  ●   ● |  ●   ● | ●   ● |
    |    ( _●_)  ミ |    ( _●_)  ミ  ( _●_)  ミ  ( _●_) ミ
    彡、   |∪|  、` 彡、   |∪|  、`\ |∪|  、`\ |∪| 、`\
   / __  ヽノ / / __  ヽノ /´>  ) ヽノ  / ノ //ヽノ /´>  )
   (___)   / (___)   / (_/_)   / (_/    / (_/
                上洛する将軍家の軍勢



94やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 22:03:10 ID:YrVx+uS5
 そして、七月二十七日、伏見城にて将軍宣下を受け、征夷大将軍・源氏長者となる。
この年、家光20歳。
                    ,,、 - ―─ -- 、
                  ,.'"  _,,. -…;.,     ヽ    この俺が将軍か…!
                 〈i'"((´  __ 〈;       }   思う存分、ヤってやろうじゃないの。
                  i |: /  `ヽヽfハ.   }  
                  |i {イア    :.:.:.}|トi   }         _... -‐―
                  7 {::     :.:.:.イ_ハ  {       /   ̄ `:.:
                  ヽ_ ,     :.:./:.:.:.:.`ヘ   _ ィ ':.:.:.:.:.:.:.
                   `{_     ., イ:.i:.:.:l:.:.:.:.:. ̄:., :.:.:.:.:_:.:.:.
                     |  _... -:.:.:.:.:.:| :.:|:.:.:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.三ミ、:.:.:.:.:.:.:
                    ` ̄`ヽ:.:.  :.| :|三/  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄_>
                          ハノ.: :.:| ,ゝ'   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://__
                       /∧: .:.:.|/     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:':.:.:.:.:.z<ミ
                    __/_. '-‐-:.:.イ       :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ミiミ:.ヽ
                   /‐ ''´    .:  /      :.:.:.:.:.:.:.:':.:三|ミミ:.
                  /´     -―-、}/        .:.:.:.:.:.:.:.:.:三}ミ:.{:.:
                    /          ′       .:.:.:.:.:.:.:.:.:三/:.:.:l|:.
                /  .:.:,        {      .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:三/:.:.:.:.:}:.
                 |   :|        :.:、:.:.:.:.: ____ z≦:.:.:./:.:.:.:
                |   .:{       .:.ノ:.:.:. ̄:.:.:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:ー ''´:.:.:.:/:.:.
.     _              ',  ∧    .:.:./;.:  {     :.ヽ  :.:.ー---‐':.:.,:.
  _ , -く ヽ__          } '  \:.:.:.:.:/  {   `:.:===―:.:.:、  :.:.:.:.:.:-‐':.:.
 /--‐、{ ̄:.:.:|            | |!   :.:ヽ¨´   `.:.:./ {      .:.:.:ヽ:.   :.:.:.:.:.:.:.:
r' ´`ヽ :ソ ̄`:.!         | !   :.:.:.:ト- '  :.:.i   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
l :.ィ- ' ヘ、:.:.:.:.}           |    :.:.:.:.}:ヽー ' .:.:{ .:.:., イ ̄ :.:.:.`ヽ、ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
ヽ、:.:.:   ):.、:.ヽ.         ',     :.:.:.:.}ミミ\_:.:.:.ヽ,  {     :.:.:.:}ミ:l:  :.:.:.:.:.:
.  \:.:.:.:.:′ヾ、:.:\       ヽ、  .:.:.:.:ノミミミミ|:.:.:.:.{    ,:.:.:.:.:.:.:.:_:.:.:'ミ:|:   :.:.:.:.
    `マ:.:.:.:.:.:.:`  ` ー==―――- 、:.:.:.:':.ミ:.:.:.:ハ:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.ゝ‐ '''´ :.:ヾミ|:   .:.:.:
      `ヽ、:.:.:.:.:.:ヽ、          \:.:ミ:.:.:.1 V:.:.:.:.:.>イ´    :.:.:ミ|:  .:.:.:.:.:
        \:.:.:.:.:.:.:ミ 、           ヽミ:.:.:.| 〉、 :./  !     .:.:.:.:.:ヽ.:/:.:/
             \:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:...............:.:.:.:.:.:.:.:イ / ∨   {_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〃:.:.:/
            \:.:.:.:.:.:.:`ヾヾヾヾヾヾヾ:.リ i  :.:.} ,  ´    :.:`ミミ、':.:.:.:./
              `ー‐------------ ' / :.:./        :.:.:`ミミ/
                           / :.:./         :.:.:.:.:/  .:.

 徳川幕府三代将軍・徳川家光の誕生である。



96やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 22:05:26 ID:YrVx+uS5
 そしてこの時、有名なエピソードとして、以下のものがある。
将軍就任直後、家光は大広間に外様大名たちを集めて、このように言い放ったという。
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ   お前達、今日はよくホイホイ来てくれたな。
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ  今日、将軍になったことで、お前達に言っておきたいことがある。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

              (………………………)                  /:::::::::::::::::::::::::ヽミミ:::::::ヽ
              (………………………)                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              (………………………)        ____    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
              (ウホッ)              /::::::::::::::::::::::::""'''-vリリvvvvvvv'vvん;;::::::::::::::::::::::|
                                 .//, -‐―、::::::::::::::::::::::: |   i   ___    ヽ;::::::::::::::::|
           __,                    巛/    \:::::::::::::::;;;: |  |,,_ ノ;7__     リ-ヽ:::::::|
         /   ヽ        _-=三三三ミミ、.//!       l、::::::::::::: '!シ<'ヒ'' ヒニ'_フ-     Y |:::::| 
       ,/:: : : : : : : : :\    ==三= ̄      《|ll|ニヽ l∠三,,`\\:::: |:::/           ,,_ノ',:::| 
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : \    /              |||"''》 ''"└┴‐` `ヽ::: | ヽ,,             ヽ  
     ,ノ'''=',_⌒ヽ::;,:;,:;,:;,:;,:;,:;:;:\  !             | /          ::::: |  ',_,             ヽ- 
     /  ニ__, ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽ|‐-、:::、∠三"`    | ヽ=           |  '-=ヽ       /     ヽ'ヽ
     k_,-' L'-'ノ  ヽ::::::::::::::::::::::::: |"''》 ''"└┴`       | ゝ―-          |  -       /      /  ヽ 
    ノ><ニ,) ̄   ヽ::::::::::::::::::::::::: | /           ヽ ""        ,.    ヽ、_......     '''      /   ヽ
    | Y   ヽ    '!::::::::::::::::::::::::: | ヽ=   、         lヽ、___,,,...-‐''"       |         .........,,/ 
    |ノ'Y''yェ、 \   :|:::::::::::::::::::::::: | ゝ―-'′          |  |::::::::::::_,,,...-‐'"   _|' ̄\/''''' ̄ ̄ ̄  
    {_.ニニ,_\__>/:::::::::::::::::::::::::: ヽ ""        ,.    | | ̄ ̄ ̄       ノ'''
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ、___,,,...-‐''"  ,,..-'''~          /
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 厂|  厂‐'''~      〇     /      〇  
/:::/⌒''i、_,ii''''''''⌒'''''''\::::::::::::::::::::::: | ̄\| /               /   
                        外様大名の皆さん



101やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 22:08:57 ID:YrVx+uS5
    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|   我が祖父と父はノンケ…もとい、かつてお前達と同格であった時期もあった。
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|   故に、お前達に対して、遠慮していた部分もあった…。
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\

                     
     r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ〈
     !  :|      ,リ|}    |.}
    {.   |          ′   | }  に
    レ-、{|∠ニ'==ァ   、==ニゞ<.  や
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|  っ   だがしかし、俺は生まれながらのホ…将軍だ!
    l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|      だから、お前達がもし俺のケ…天下を狙いたいのなら、
 .    ヽ.ヽ        {:.    lリ      今すぐ所領に戻って準備するがいい。
 .    }.iーi       ^ r'    ,'        俺はノンケだって構わずに食っ…叩き潰してやるんだからな!
      !| ヽ.   ー_ ‐-‐ァ'  /
 .   /}   \   二"  ,イ
  __/ ∥  .  ヽ、_ __/:::|\



103やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 22:11:26 ID:YrVx+uS5
  、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,!|ノソノ
  _)                                                (_=-''''' =―-、
  _)  ナ ゝ        ナ ゝ  /   ナ_``  -─;ァ              l7 l7   (_::::::::::ヽミミ:::::::ヽ
  _)   ⊂ナヽ °°°° ⊂ナヽ /'^し / 、_ つ (__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ o o    (_:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  )                                                (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ 'vvん;;::::::::::::::::::::::|
                                 .//, -‐―、::::::::::::::::::::::: |   i   ___    ヽ;::::::::::::::::|
           __,                    巛/    \:::::::::::::::;;;: |  |,,_ ノ;7__     リ-ヽ:::::::|
         /   ヽ  て     _-=三三三ミミ、.//!       l、::::::::::::: '!シ<'ヒ'' ヒニ'_フ-     Y |:::::| 
       ,/:: : : : : : : : :\そ   ==三= ̄      《|ll|ニヽ l∠三,,`\\:::: |:::/       u    ,,_ノ',:::| 
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : \    /              |||"''》 ''"└┴‐` `ヽ::: | ヽ,,             ヽ  
ウホウホッ ,ノ'''=',_⌒ヽ::;,:;,:;,:;,:;,:;,:;:;:\  !             | /          ::::: |  ',_,             ヽ- 
     /  ニ__, ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽ|‐-、:::、∠三"`    | ヽ=     U     |  '-=ヽ       /     ヽ'ヽ
     k_,-' L'-'ノ  ヽ::::::::::::::::::::::::: |"''》 ''"└┴`       | ゝ―-          |  -       /      /  ヽ 
    ノ><ニ,) ̄/// ヽ:::::::::::::::::::::::: | /           ヽ ""        ,.    ヽ、_......     '''      /   ヽ
    | Y   ヽ    '!::::::::::::::::::::::::: | ヽ=   、    U    lヽ、___,,,...-‐''"       |         .........,,/ 
    |ノ'Y''yェ、 \   :|:::::::::::::::::::::::: | ゝ―-'′          |  |::::::::::::_,,,...-‐'"   _|' ̄\/''''' ̄ ̄ ̄  
    {_.ニニ,_\__>/:::::::::::::::::::::::::: ヽ ""        ,.    | | ̄ ̄ ̄       ノ'''
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ、___,,,...-‐''"  ,,..-'''~          /
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 厂|  厂‐'''~      〇     /      〇  
/:::/⌒''i、_,ii''''''''⌒'''''''\::::::::::::::::::::::: | ̄\| /               /   

 この発言には、かつて戦国の世を駆けた諸大名たちも愕然とした。
そこに…



106やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 22:13:56 ID:YrVx+uS5
                        ト、           _
                       l ヽ-‐ニニニニ二二/` 
   ┌┐    ┌┐        `ヽ    ミミ、ヽV//     上様!流石でございます!!
 ┌┘└┐ ┌┘└─┐.      ノ   __ヽf´/マェ‐、   
 ├‐  ‐┤ └┐┌r‐┴┐ ┌─ V,,  / _ハ‐ヨrtk' ̄ ────┐
 └┐┌┘    | |└─ ┘ └‐./   i´ ̄リ)っ'_」  ‐────┘┌─‐┐
.  「└┴┐   .| | ┌─┐,. <::::::\  トr‐' r_T             └┐ |
. └─‐ ┘   └┘└,. : :´: : : : :丶:::::\ ヽ. `了              「__/
.          ,. - '": : : :/ : : : : : : : ̄ ̄ ̄`丶       _
.         /: : : : : : :/ : : : : : : : / : : : : :、 : : ハ     /、) ,.ィ),.、
        /: : : : : : : :/ : : : : : : : /: : : : : : : : \: : i   _ |-! /ソ/ /
.        i : : : : : : : ,': : : : : : : : i: : : /: /: : : i: : ヽノ、 /ノ(o(o/oソ、'つ
          : : : : i : : : : : : : : i: : / :/: : : :/ : : : : :ヽ ヽ! l / /`/
                 : : : : : : : : ヽ/: /: : : /: / : : : : : `Y⌒゙ヽ/ _/
                     : : : : :\ : : / : i: : : : : : : :ハ: : : : :∨
                          i: : : : :l : |: : :、: /: : : : : :/
                            : : :i : i: \` : : : /: /
                                : : :ヽ: / /
                 伊達政宗
                             rnm、
        ,,/`V`ヘーヘ、ー-、─---ー-;:へ-、r'⌒(IIIIII)
       ,/ ィ__ィヽ_、、、、、、, ,, , _ _/  `ヽ`<:(IIIIII)
.    , ‐-、/  l: ``ヾ.ヾヾヾi i i 〃 〃 , i :.  .....   \(IIII)
   d{lii:. .}ミ、 :l::.  .:::\ {R三i∠、ミ ,' ,'| l::.. .:::::::.... l、\
    ゞ=彡)) ハ :. .::   {`,F、セ<'eニァVr、! ::l|::::::::     ヽi \     この伊達政宗、
    ),::f´ /::..} .::: .イ } ゝ=スノ`⌒' }yノ! :: l:::::::   ハ. 〉  :}\   斯様な不埒な者がおりましたなら、
    /,' :| l :::::| :/ | l 〉 !f`ニニア ' |ヘ、|!::! ヽ::::  .:::::} n|:...;リ  }  真っ先に上様の先手となって、
.   // ::l | :::l..:l::.l  Y ヘ l`二ニ′イ ; ト|::ト、:::::::. .:::::/ リヽ/__/ト、 その者を叩き潰してみせますぞ
 _/〈  ::l ; : l.:|, ! -┴-ゝレ‐-v'´;ノ ; | | l ::\::、::.. /  ト{  i|ヽ 
(@ ;\.::::| l /..::: ::::_,.ノ 不´;∠::-‐'¬、l ヽ::::::::::.ー-‐'´ ヾ⌒! }  我が伊達家のォォォォォォ!
. \,,, ,リYn<~'二ニ´-‐'´`y'´fn)     ヽ:、ヽ:::::::::--‐'   {ミ{ー() 忠心はァァァァァァァァ!
   `Tヽ)ノカ)く rf'⌒Yク7./   |||: __fi_;ヽ\ ::::::::..   ,   じヘ/ 日本一ィィィィィィィィィィィィーーーッ!!
    ,ゝ=彳0j }iヽiレoニ'';;‐ 、0ト@ニつ-─。ァ=c!  ヽ ::ーニ´   , } 
   ( 〈//9_ノl!::.. }トィ、rf7>カ| | Ll¬jjjDカミ!:::!   }、ー=:::....  / ,' 
   ノ  {:::......|i|⌒)、∵Liヽ ||| |=!| |..|nmhシト、|   ノ、ゞニ三;´/  
  (   :i!`ー≦刋」」ミ∵∴l ||| | 「l」ルr‐<く<ヽヽ.( リノ K- ,ゝ     
  ゝ  :|!  _{三ョナカ`==彡ニワ[∈'H、__ノヽ/}| }\\レ `ソ     
 r'    :|! 「:::::::〈::(二):)ニ:‐-く∠匚| 「| レ1,ィ ノル':::、::\`く      
.{   ト、/ =三≠-二ニ -::、::::\{::| l_| |.7y'‐ァ  ヽ\\\     
 ヽ__f`! \‐=ニキ ー-ニ‐-  \::::`yー-'//∠_     i ヽ ヽ. \  
 ̄  { | \ ーチ ニ=‐- 、\ヽ/   {ニココ>  :|  i   ヽ ヽ
   l  ! ヽ.`メ -─==  \ ヽゝ   {─┼!>  :l      .) :}



112やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 22:15:47 ID:YrVx+uS5
 そしてこの時、伊達政宗が即座に立ち上がり、
「将軍家に反逆する者があれば、自分が真っ先に叩き潰す」と述べたという。

   、ミ川川川彡                 ,ィr彡'";;;;;;;;;;;;;;;
  ミ       彡              ,.ィi彡',.=从i、;;;;;;;;;;;;
 三  ギ  そ  三            ,ィ/イ,r'" .i!li,il i、ミ',:;;;;
 三.  ャ  れ  三    ,. -‐==- 、, /!li/'/   l'' l', ',ヾ,ヽ;
 三  グ  は  三  ,,__-=ニ三三ニヾヽl!/,_ ,_i 、,,.ィ'=-、_ヾヾ
 三  で       三,. ‐ニ三=,==‐ ''' `‐゛j,ェツ''''ー=5r‐ォ、, ヽ
 三.   言  ひ  三  .,,__/      . ,' ン′    ̄
 三   っ  ょ  三   /           i l,
 三.  て   っ  三  ノ ..::.:... ,_  i    !  `´'      J
 三   る  と  三  iェァメ`'7rェ、,ー'    i }エ=、
  三   の   し  三 ノ "'    ̄     ! '';;;;;;;
  三   か  て  三. iヽ,_ン     J   l
  三  !?    三  !し=、 ヽ         i         ,.
   彡      ミ   ! "'' `'′      ヽ、,,__,,..,_ィ,..r,',",
    彡川川川ミ.   l        _, ,   | ` ー、≡=,ン _,,,
              ヽ、 _,,,,,ィニ三"'"  ,,.'ヘ rー‐ ''''''"
                `, i'''ニ'" ,. -‐'"   `/
               ヽ !  i´       /
               ノレ'ー'!      / O



120やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 22:18:07 ID:YrVx+uS5
 更にその後、家光は大名一人一人を小部屋に呼び寄せると、
己の脇差を相手に持たせ、このように言ったという。

             ___
           ,ノ' ´    ` ''ヾ、
         /            ヽ
        }f^'^^了t^'^'`'ー1  l
        |L_ ! ___ { ,..、|     よう、来たか。
         }f'tr'i  ''^'tォー` }j/i',|    お前、ちょっとコイツ(脇差)を持つがいい。
          l.| ´ |    ̄  vijソ.!
         丶 └、     Fイ l′    …こいつをどう思う?
     /    ',  ‐--‐  ,イ ケ|
   , ,/.       ヽ `''"´,/ !  ^|ー、
  / /      _,,」、'....ィ'       '|. \、_
. /./  ,. ‐'''"´    ! /   ,  _」__ヾ',
.,'.,'  /´   └ 、_ ノi   ノ  (、_  ``ヾ!
,'/ /     ヽ、 ` ''ー 、ィ-─'' r`'^    `
l|  !            リ    `ぅ ー=、_
| |          サ     〉
  ト             ′    ./''ー- 、,.._
  |  ヽl            (B     /    ヽ、
  |     !,、      !     /     ∠_
  ,イ     ヾ'     ィ 、   . /   ,,ィ'´
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、



125やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 22:22:43 ID:YrVx+uS5
         _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、.     
        {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i.    
         ゙l'´゙《   __,,,ゝ:::r、:::::l     今、俺は丸裸…もとい丸腰だ。
         ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}    お前が天下を取りたいのなら、その脇差で
          ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ    俺のケツを掘る…もとい刺すがいいぜ。
          ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、  
           ヽ ゙こ´  /     ヽ、   
            ヽ、  /__,∠、    `'-、  
             `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ
              /           〉 ヽヽ
            ィ               ヽヽ
         _,,-'´:::                 ゙i
        /    `                  }
      /         ,-ィ‐r'´´      /   l
   __r'〈      ,ノ   / ```l       /     l
-‐ ´      ‐ '' ´  /l:::    l     ー'´      l

           __,
         /   ヽ
       ,/:: : : : : : : : :\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : \
     ,ノ'''=',_⌒ヽ::;,:;,:;,:;,:;,:;,:;:;:\
     /  ニ__, ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     k_,-' L'-'ノ  ヽ:::::::::::::::::::::::::::ヽ     ………。
    ノ><ニ,) ̄   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::\
    | Y   ヽ    '!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |ノ'Y''yェ、 \   :|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    {_.ニニ,_\__>/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
/:::/⌒''i、_,ii''''''''⌒'''''''\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           外様大名



128やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 22:24:42 ID:YrVx+uS5
           __,
         /   ヽ
       ,/:: : : : : : : : :\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : \
     ,ノ'''=',_⌒ヽ::;,:;,:;,:;,:;,:;,:;:;:\       …ウホッ!
     /  ニ__, ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     k_,-' L'-'ノ  ヽ:::::::::::::::::::::::::::ヽ    
    ノ><ニ,) ̄ /// ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::\  
    | Y   ヽ    '!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |ノ'Y''yェ、 \   :|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    {_.ニニ,_\__>/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
/:::/⌒''i、_,ii''''''''⌒'''''''\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

             ___
           ,ノ' ´    ` ''ヾ、
         /            ヽ
        }f^'^^了t^'^'`'ー1  l
        |L_ ! ___ { ,..、|     そうか、お前の忠心、よくわかったぜ。
         }f'tr'i  ''^'tォー` }j/i',|    だが、俺は獣姦の興味はないんだ。帰んな。
          l.| ´ |    ̄  vijソ.!
         丶 └、     Fイ l′     「…ウホ~~~」
     /    ',  ‐--‐  ,イ ケ|
   , ,/.       ヽ `''"´,/ !  ^|ー、
  / /      _,,」、'....ィ'       '|. \、_ ←着直してます
. /./  ,. ‐'''"´    ! /   ,  _」__ヾ',
.,'.,'  /´   └ 、_ ノi   ノ  (、_  ``ヾ!
,'/ /     ヽ、 ` ''ー 、ィ-─'' r`'^    `
l|  !            リ    `ぅ ー=、_
| |          サ     〉
  ト             ′    ./''ー- 、,.._
  |  ヽl            (B     /    ヽ、
  |     !,、      !     /     ∠_
  ,イ     ヾ'     ィ 、   . /   ,,ィ'´
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

 このようにして、家光は将軍家の絶対的地位を、改めて諸大名へ認識させたという。

 この逸話が真実かどうかは不明であるが、
ただ、この逸話で語られるような意気込みを持っていたことは間違いない。



131やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 22:27:06 ID:YrVx+uS5
 また秀忠と家光は朝廷へも参内し、
後水尾天皇や、入内し皇后となった秀忠の娘(家光からすれば妹)・和子と対面している。

         -‐ ̄ ̄|| ̄‐-
      /___  ||  __\
    //-─‐ヽヽl─‐//──、、\  
    ///    //二二、、   \、 |          ____
   /| |   ////||\\\   || |        /
   |、二ニ=/ /===、 \二ニ/ヽ|      /  ん  お
   |\二二ニ/|川川川川=、二ニ//∩ヽ__   |   
   |/‐/川川 ̄二 ヽ、_/ 二   川 ||-、| | | |_  |   ち  父
 /─、川   / | |‐| | |    |人 ‐┼ヽl |  |   
 | |  ||l、      / |      /l |)     |  |   ゃ  様
 | |  ||l|\ 〃  / " \_〃_/ ||/\   / <   
 l│  ||l|   ̄ ̄ /ニ|   ̄  |/   ─/   \  ! !  !
  ̄‐‐//|..、     |  |     /    /      \
    \/||\    |‐‐|   //、    /         ̄ ̄ ̄ ̄
    l_l // ヘ─\ニ/─" ||||\  /、ノl
  ((_/|//|川|          |川  ̄川 ̄
    / / |川          川   川ヽ
   /_ /__川リ==ニ二二ニ=川==ノ川ノ
   / ̄|二─‐l‐l ̄ ┐‐| l l ̄─lノ‐|
  / l |     ─--| |ニ-‐    /
  \ニ|       ̄| /__     |
     |       ̄ | ̄   _---|
     ヽ─===〒〒=─┬"
        |____| |_____|
       ノニ─---||─-ニニヽ_
     /レ/ヽノ    | レ ヽ/ ̄  \
    /__──ニ二┴二二ニ=─ノ
            和子



135やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 22:29:16 ID:YrVx+uS5
 やれやれ…わかってはいたけど、
やっぱりこの位置に収まると安心するだろ…お家の安泰的に考えて。

  \  /                 \  /
    X   / ̄ ̄ ̄\           X
  / ∩ / _ノ   ヽ、 \        / ∩       まったくですお!
/  ( ⊂)|  ( ⌒)(⌒ ) |      / ( ⊂)     ____
     | |.|  (__人__)  |         | |.    /⌒  ⌒\
    トニィ'|   `⌒´   |        トニィ'  /( ⌒) (⌒ ) \
    |    |         }         |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \
    \   ヽ        }         \  |     |r┬-|      |
     \  ヽ     ノ           \\_  `ー'´    _/
        ン ゝ ''''''/>ー、_           ン ゝ ''''''/>ー、_
       / イ( /  /   \        / イ( /  /   \
       /  | Y  |  / 入  \     /  | Y  |  / 入  \
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l     (   | :、 |  / /  ヽ、 l
       j  | :   | / ィ    |  |      j  | :   | / ィ    |  |
       くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」     くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
        ー 〕   \  〉(⌒ノ        ー 〕   \  〉(⌒ノ

 そして、家光が将軍に就任した事により、
宗矩は再び将軍家剣術指南役へと返り咲いた。
(なお、この時、おそらく宗矩と十兵衛は、家光に付随して上洛したものと思われる)



138やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 22:33:48 ID:YrVx+uS5
 なお、この将軍家剣術指南役への就任は、秀忠の時と異なり、宗矩単独と思われる。

.ミ:::三::/|::| /://:::::/|:|::| |::|}:!、:|ヽヽ:!ヽ::|  ≦:三::::::::/
ヽ::ーイ/ァl::「|/|:! |:::|/|:|:|! |::!リ l:! レ__,. -ヘ、、 ヾミ::::::彡ィ
>::::/::j /-- 、_l:L_!__ |:!l V|:L -‐'´ ,. -へ、> 〈ミ:::三:::彡
〉//://-- 、,,,___ Y川 {Lヽ--‐'´==、、〉 ヾミ::::::彳
ノ:;ィ/!    _ 二ヾ彡l ⌒ミ!l イ__○___》_  〈ミ::::::::ソ
ヽ彡!   ッ===ミ / '⌒  `ヽ` ̄ ̄ ̄    ト、::ミ:ィ′
く::::/| U      //´ `ヽ、,、        u |ミ::;-<
 |/::|       |//゙! |ヽ y'      \   ミ/ ヘ !
 l ヾ!       `ー'  -‐'     ヽ、   \ ミ/ ィ_ ||    __人__人__人__人__人__人
 |入|     / _,. r─;‐┬ T'''T ̄l ̄l:!l 、 ;、   !〈__j l|   <                 >
 {〈_」! l   | l:r| L.⊥┼ ┼┼、.」__j::!|. | ヾ!  _ノ r ノ  < ・・・・・・・・・・・!!   >
 ヽ-L! |  j|:YY´l l |  | |  | |_y'! |   lヽ ト-イ   <               >
  ヽ__l |  ヾLト-'─'一''´ ̄ ̄`゙ //  |:/ jヾ i|     Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
    | !.!     -‐'''"´ ̄ ̄     /     /  /|
      !ヽヽ                  /  /   / |
     | ヽヽ              //    ,'  |     __
      ! | ヾ、         | __,r''´     ,'  |  ,. -'´;:;:::::::::
     |  !  `゙''ー──= ''´        ∧ i _レ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
         小野次郎右衛門忠明

     :::::::::::::::::::::::::...........,. ‐ / /   ./ ゙'‐、                 _
       :::::::::::::.............._ヽ'"ヽ/   _,,./__/`;.ヽ     , -ー-;;‐ー''''''''"´   )
       :::::::::::::::::::../゙(_iヽ rヽ,'  / 二 .`_r; ',  ./  ./   , -‐- 、,,__, '"
          ::::::::::::ヽ"゙{_ノ.(    _/_,, -ー'´,,(>ノ /   ./   . /
          :::::ヾ'"ヽ ,ノ゙ヽ, \ヾヾ/  ノ` -/   ./   /
        :::::::::::::..............l_,//,!ヽ-゛-";.  ( ノi ‐ー'" ,  '"
              :::::::::::::ヽ/'、__ノ三 彡,'"~ ',=ニ "~  ____________
           でゅ  :::::::::`'i′, '" ∧. ` 、.ノヽ,__,, ←| 将軍家指南役予定図(仮) |
             わ   ::::::| /   l三三l  `、ヽ -ー    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               っ   「.,'  -┬┬─- .',.........::::::::::::::::::
                 !   `!< _l三l_ニゝ >.!...::::::::::::::
                  ,-くヽ     | 人  , '................::::::::::::::::::::
              , -‐{ `ー ` 、,,,_∨_,,,, 'ヽ:::::::::::::::
                 ′ .ヽ, ", ' ノl ', ! ! ', }::::::::::
                ヽ~`"-ー"\' ,_',_i_,'/
                  ~!        ヽ  ',
                         \ ' ,
                          「  ̄`ヽ
                小野次郎右衛門忠常

 小野忠明については、先に紹介した騒動の後、閉門を許されたことのみ記され、
家光付きになったという記録は無く、また、息子・忠常についても、
剣術を上覧したという記述はあるものの、指南役であるとの記載は無く、不明な為である。
(「徳川実紀」「寛政重修諸家譜」にもその旨記載なし)



141やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 22:37:11 ID:YrVx+uS5
 さて、こうして家光は三代将軍となったが、
政治の実権について、すぐさま掌握できたわけではなかった。

                       }k
                       ノ;'l{
                     _ノ;人'、
                }、、__,. -'',r'/p、ヾ、
               ,}”ー--、."ニー--゙'ゝ ゙'‐、__,、ャ,
              ,、 /;;,rlT=イ__~ ̄~^~^''ー‐---、.y"
             ,irこ;;;},|i ||  ~||~゙ ''l!tー-n-;t{;/
             ,j r'i!_、_}-二 ニニ゛‐-,k!i、,、、」|__,|トッ
           、_ ヤ{/iコ};,^;;,,,;;;,‐,-,=ノ,ム=_-__ーネ{´,
           ,};コニニ/7r'|”~,__,゛,/ノ 。 \~^~^”””'ヤ
           i!;;;;;;;;;;;、i!__| ,i-!;'"/,r'^v^‐、\iコ~|レ=i、
         ,}`ー';;;;;;;;;;;;;;;}r‐''”_,.-''/ [iillIII}}}] 、゛\i!、;;;;i、
        /,Eャッririririrnm;y、^,、ニニ ー_ー‐-ー' ゛\,;;;i{、_     ,.ィ
        /,r"=|、__    ̄~””””””'''''''ー,rk':;firiririnnm;y^~三ニ;:ニ'}
       ,/,r"=/|::::.. ̄~゛゛``''';::::::::::::ー‐,ノ,ム-.,, 、.、.゛,.___゛~^~゛^i;/
     ,、 /,r"=/,;l,,,::::i::::|iillIIIIIIIIII|||:::::;7/,r' ``i、:::.iヘ::::::::. ̄~''''''':|
.    ォ}仁二Vェ^仁 ̄~"""゛””””''ー/,r'" .,・、 `\[iillIIIII|||]:::::::::::|  ,
    i!;;;;;;;;;;;/イ'^トー‐-ニニ二、こ,.-'" ,r' ,.-ー{  }ー、`、\"^"^"^"^゛''ー'}
    ,il;;;;;;;;;;;;;:^^i'|::::::::::::... ,. -''"_, -'/―‐‐`´ ―`i、゛、\゛^゛""ー'r/
    i l;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'|::::i,,. -''^_,,.-''′/' ,;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiilllll `i、` 、゙-、:::::::::|;it======r'7
 _r,=ーヲー",,:;;;;;;'7rイ~,. -'''~,._-_''~´..::::::|iillIIIIIIIIII|||||||||}.:::::゙'‐、 ` 、゙''-、:|;;;`i、;;;;;;;;;;;;~ヽ、
 〕{ュョiririririrm;;;;;~_,n、 ̄__二;;;,,  ̄~゛゛゛'''''',,;;;;;;;;;ー―‐---`ゝ、` -、~ヾ,,;;ヽ、;、;,._;;_;;_,,'‐、
../,r'ーl~~~^~_,.,r'%%r===%%''ュ.,_"‐^"‐''=fhifhicifcifriririririyr'g'y'ng'y''ngmgigpmgwwiV} `''‐、._
/,r'=r|::::::::,r7=-ー''^`ー"^ -、_=フ:::::::::::: ..................._________    ~"””””””””””””|”””riririririnfzmir'7
ゞ゛ヾ゛;:"゛ゞ"'';;,r';";;ヾ、:::::::::|::::::i####lllllllllllliiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ "''''' ::::::::::::::::::::::::::::|”””””””ヽ、””””"
ヾ、ハ,;;^",,;;;;;,r''^"::;''"",r'::::::::|、::::||iiiiilllllllllIIIIIIIIII||||||||||||||||||||:::::::::::|llllliii|::::::::::::::::::::::|^~^~^~'i~"
ヾゞ,、;:,,y''''7''""""'';;'':::::::::::::|;;`ヽ;、 _,、::;;;;;”””””””””””'''''''''..::;;;:::::;!!!!!iil::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|
::ヾ、,,;;;ハ;''"""'''';;::''"""''r,、hhhhhhm}{メfタfタfチfツfヨfヨfヨfヨfモfヨfルfルffルfル%%$%$%$$ユ:::::::::::|
''"゛;;;;:::"''',,《;;;;''ヾ、,;""~~^~^~^~^~|^`‐'___`ー'___`ー'__`'ー' ``ー' ``ー' ``ー' ``ー'`-ー'"::::::::::::::|
ヾ;;;,,ゞ,r'"";;,," .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|~^r'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,Tニソニi`ウニ{''T;ニj7{ヘ""""""""
;;'ヾ,r";r'ヾ'";:" ;;;;;;;;;i:::::::::::::::::::::::::::::|´)、_}ーv'´ヽ^{~フ~v_~ゝく,ノ~i´_K´メv_~Kトー{_{、ヽ、j、_}~ス、
;;;''ゞ;;;,i^'',、lll||||||||||||:::::::::::::::::::::::::::::|r'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,´)、_}ーv'ケ^~v__ゝ;く,ノ~i_jヘヽv~「^j´)、



142やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 22:38:42 ID:YrVx+uS5
                    /   / |   |    /|
             /|  /|  /    / |   |   / /
            / |  / | /     /  | //  | /   /
           /  | / /       /  |// /    /|
     |      /   /    /  //  | //  /  / |
     | |      ////     /   //  |'"//‐/  / |
     | |   / //      /   / /  |//'" /  / /     /
     |  |  /  /      /   / /  |/   / / /   / /
     |  | / /      /   / / /    / / / /   /
     |  | / /      /    / ///    // // // /
     |  |/ /      /    //    //  / // / ─'''/
     |   | /      /    / /     / /  /// /─"/
      |  | |     / /   ///     / /  / / / /
 ヽ\  |  l│    / / /゙'ヽ/     /  / ///  _   俺はもう将軍じゃねえ…。
  ヽ \ |  / |    / /   ヽ       /  ///─'''"/  これからは「大御所」だ!
   \  | / |   || /      ヽ     /   /    /
    \ |/ ヽ   |l/  |└    | __   / /   / ,,,-─‐-,,,,,
     \ |  ゙、  /   ヽ 「 ヽ //ヾ、/  / ̄/ / ̄:::::::::::::::::::::::\
      ヽ,| |l ゙、 /     ll-ヾ、  /=l |  /─二/"~:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       |__.  ∨ /  //゙"  ┌ノ// / ̄ //'''"""ヽ::::::::::::::::::::.. ヽ:::::::\
        └ヽ、   /ノ/    | /::::::::|──//|      ヽ::::::::::::::::: :::::::::::|
        ─、ヽヽ/l"''‐"    l /:::::::::|   | ||        |:::::::::::::::::::::::::::::|
     /     \ レ/ヽ   //::::::::::|ニニ | |ヽ     /  ̄─--、:::::::::/
    /    :::::::| ヽ、ヽ‐"  ////:::::::|_,,,,,,,| |:\  /    :::::::::::::::::\ヽ、
   /     :::::| ̄ | |ヽ--'"''":::/ :::::::/ ,,,,,,-、\:::::/       ::::::::::::::::、ヽ\
   |     :::::::|─'''| |──ヽ、/::::::::::::/ /'''"   \\|        :::::::::::::\ヽ::|
    |     ::::::/二二\:::::::::::::| ::::::://      ゙''‐|        :::::::::::::::::l/::::|
    | |  ::::::::::::|/  \\──''''"/          |        :::::::::::::::|:::::::ヽ
    | | ::::::::::/|     ──,┌ ̄            |        :::::::::/:::::::::|

 将軍家を家光に譲った秀忠が、かつての家康と同じく、「大御所」となり、
政治的実権を保持し続けたためである。
(一応、江戸城本丸を家光に譲り、西の丸へ隠居という形を取ったが)

 そのため、家光の将軍家就任当初の幕政は、
(かつての秀忠の時と同じく)将軍家と大御所による二元政治となった。



147やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 22:40:37 ID:YrVx+uS5
 そして、これに伴い、それまで秀忠付であった者のうち、
土井利勝、酒井忠世が家光付の年寄となった。

       _.. -= ' ´  ̄ ` - .,_
     ,r'",,;;  ,;;;; ,,;;;  ,;;;;;;;;;;,,ヽ、
    / ;;;,  ,,   ,,,,,;;;;;;;;;;;;;; _ ;;;;;, ヽ
   ./;; r- ...,__  ,.. -y ヽ  ̄`i ;;;;;;,,ヽ,
  ,i ;;; l  / ノ ~l;'~       l ;;;;;;;;;; i
  i ;;;; i __, ...、 ! ,.- ., ___  .v ;;;;;;;; l
  !, ;; i'-,- '''ヾヽ  ~`r' ー=-~` i r- 、i    本日付を以って、
   ヽ、i 'rーu-,i l   t'~"uー,.   l,lr' ll   こちら(本丸)付の年寄に着任しました。
    i, i ヽ、_,/,i   ヽ, -'"   リ j i
     i     l :::.      ..::::  ,/    …よろしくお願いしますね。
      l    i_ ヽ     ..:::::: r'"-.,_
     i   ..,__ _ _、 ::::::::: i ヾ\~"ヽ
     ,._,-'"-' ~`二  '"  :::::: ,y ,i ヽ,
     ~_.ヽ    ''    ..::: ,-'" i   /i
  _,.-=' /, ヽ、      ,.-' ,'  ,r  ,y l
- '"   / i l丶,-ヽ- ='"  ,'  /  ,'  i
       土井大炊頭利勝
                       .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                       .|      よ    ..|
                       .|      ろ     |
                       .|     し    ..|
                       .|     く     |
              lヽ          /ノ  .|            |
           ヽ,ヽ, - ー‐-、/、ノ   .|              |
           /        \   ̄ ̄ ̄| ̄| ̄ ̄ ̄
           /              ヽ     .|  |
          l   _____    ____     lヽ   ./^ヽ |    パフォ
        /, , ':::::::::::::', ,':::::::::::`ヽ   ヽ, ':::::::::::::ヽ
      /  l l、ー- 、::::::l l:::::::, -ー ァ) , /:::::::::::::::::::::l
     /ヽ  l l:::` ー ゜ソ. ヽr'_゜- ´:ノ / /:::::::::::::::::::::::::l
     /:::::::::ヽ ',ヽ、;;;;;;ノ   ヽ-ー ' ノ l::::::::::::::::::::::::::::l
   /:::::::::::::::::ヽ、`- ,,_l ___   __,,  ', -':::::::::::::::::::::::::::::::l
.  /:::::::::::::::::::::::::::`:二ニゝー- イ--- 、::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
  l::::::::::::::::::::::::::/            ` 、:::::::::::::::/
  l::::::::::::::::::::/                \:::::::::l
  l:::::::::::::::/                   ヽ:::::l
            酒井雅楽頭忠世

 この2名に、傅役だった青山忠俊を加え、家光の輔導(教育)役として「寛永の三輔」と称され、
「智の利勝・仁の忠世・勇の忠俊」とも評されたという。



148やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 22:42:37 ID:YrVx+uS5
 また、この頃、家光は正室を迎え入れる事となったため、
元和九年(1623)十二月、摂家鷹司家から鷹司孝子が輿入れすることとなった。

        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙    …………。
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
    /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
            l /  __      !
            l, l  く,_  、   |

    |┃三 ガラッ
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃(●)  (●) \     上様、準備が整ったそうですお!
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\   いよいよ正室様とのご対面ですお!
    |┃  |r┬-|     |⌒)
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ       ̄ /
    |┃ノ        /
    |┃        <
    |┃  __   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)



149やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 22:44:57 ID:YrVx+uS5
       ______
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i  
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |   ああ…わかった。
 |'. (|       彡|          |)) |  今、イクぜ。
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i
  ヽ_|        `         .|_/
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |

       ____
     /      \
   / ─    ─ \     その妙なイントネーションは勘弁してくださいお。
  / -=・=-   -=・=- \  上様は、正室様とのご対面が嫌なんですかお?
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /



151やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 22:46:14 ID:YrVx+uS5
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ    …さあ、どうだろうな。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ    俺としては男らしい奴の方がいいんだが…。
     ヾ、!      !;     ,レソ。 
       `|      ^'='^     ム'′ ○
       ,rト、  ー- ─-:  /|    ○⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、   (   〃N::::::::;ィ´    ノ:::::::::ヽ
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、 (    Y  ヾ'′ ,-‐  ´´};:::::::::i
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\(    } -=ニ r'"´ _,,..- 、 j:::Y゙`ヽ 
        ゙、      :::/::::::|::::::   (    レー-ミ、 ヽ-=ニ二´ ',::{r ) j  (家光妄想中)
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、(    `T7rッ、  ´ゞ'-く`  }::ヽ(,ノ
                      (    _ト、~´rj'''' xー-、   ,j:::::::ミ   ※鷹司孝子と関係ありません
                      (     Viハ::::Yッー‐'=ァァ、::゙゙:::::::::ノ`
                      (     ::', ヽ:::ヾニニ∠ノ.:::::::://
                       .(     ::::!  j\::::::::::::::::::::://



154やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 22:49:09 ID:YrVx+uS5
     ___
   /      \
  /  ─    ─\    (男らしい女…?
/    (●)  (●) \    男装っ娘ってことかお?
|       (__人__)    |    …上様にしてはいい趣味してるお。
./     ∩ノ ⊃  /。    まあ、摂家の御姫様だから、こんな感じかお?)
(  \ / _ノ |  |  ○
.\ “  /__|  |    ○⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
  \ /___ /   (    ,. -─- 、  ,.- 、 ,...
              (   ;'.      ヾ  "   ヽ
              (    '、 _,.. ,-:==}==:-; 、 j
             (     ヾr' ¨    ノ    ンヽ,
             (    {、_,゙ ー''"¨ ̄ ̄ ̄¨ '' x-'
             (    l   r' "ャー---、)、   ヽ  ←鷹司孝子(十兵衛想像図)
             (    ヽ   '、__,し_,..-、 )_ Y   l
             (      `ー Jl{ij'! (IjゝJr5   /
             (         '、ヾ__,.  ,、-' _,.. '
             (     .     ` -r‐' i'  ̄
             (       /¨`ノハ  ̄ゝァ'⌒ 、
             (      / /`'// `ー'´{   ヽ
             (      ヽ  { }{    /     {



159やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 22:55:52 ID:YrVx+uS5
          (         ,.-‐―‐ーッ―‐---、_
           (       /    `ヾ´      ヽ.
           (     / .-''  ,‐-、__ー-、     l
           (    / /  ,.ッ'"~`゛´`ヽ ヽ   ヽ.l
           (    | ノ  / /      `、 ヽ ヽ.  〈
           (    | | / ノ__    _,,...', ', ', 、|
           (    | |/ イyp、`  ''ラp-rv ヽr''ヽ'. `|
            (    у´.イ | '┴′  ┴'-′ノ)^λ`'i|
            (   ノ ノ|| |  、      roィ''´》  |  ←←鷹司孝子(十兵衛想像図2)
            (   ト、'| |i l`ッ、 ー-    |& /  ノ
            (   ト、ヽ.| ヽ;:::_'ッr-‐''"_..-'''1 /_.-'´
            (   ヽト、 〉 ノ::| `Y´ ̄   ..ヘ′
             (    イ ノ イ/`'ーュ--‐‐''´/ /`''ー- ..._
             (    〉/ λ`'ーユ--‐‐''//       ス
              ○⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
      ____  ○
     /_ノ ' ヽ_\。
   /(≡)   (≡)\  (でも、個人的にはこんな感じだとグッド!なんだお…。
  / /// (__人__) ///\  楽しみだお…!)
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /



161& ◆99SFCOY8DY09/05/17 22:57:58 ID:YrVx+uS5
                       .|┃┃
                       .|┃┃
                       .|┃┃
       ____            |┃┃
     /      \        .....|┃┃  では、お開けますお。
    /   ⌒  ⌒ \        |┃┃ いよいよご対面ですお!
  /    (●)  (●) .\     .....|┃┃
  |       (__人__)   |     .....|┃┃  「ああ…」
  . \           ,/        |┃┃
  ノ            \      ...|┃┃
  |              \      |┃┃
  |            |ヽ、二⌒)  |┃┃


                     |┃┃    
                     |┃┃    
                     |┃┃                    \
                     |┃┃    上様の、おなーりー…!!
                     |┃┃三                   /
       ____       |┃┃
     /      \      |┃┃
    /   ⌒  ⌒ \    |┃┃三
  /    ( ⌒)  (⌒).\   |┃┃
  |       (__人__)   |   |┃┃ ガラッ 
  . \           ,/    |┃┃
  ノ            \    |┃┃三
  |             |   |┃┃
  |              二⌒) ..┃



164やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 23:02:41 ID:YrVx+uS5
===============
二二二二二二二二二二二二二二二      あなたが…家光様ですか。
三三三三三三三三三三三三三三三≡
:::::::l l:::::l l::::}        /:::l:::::::l::::::::::::::::|
:::::::l l:::::l l::::|        /:::::l:::::::l::::::::::::::::|
:::::::l l::::::l l:::ト、_      ハ::::::|:::::::|:::::::::::::::|\
:::::::l l:::::::l l::|:. : ` ‐ 、_   \}:::::::|::::::::::l::::|:. :.\
:::::::l l::::::::l l:|:. :. :. :. :. : \  \:::|::::::::::l:::::| :. :. :.\
\::! !::::::::l.l:|三三三三三\ .人|::::::::::|:::::|三三三\
  \!:::::::::l|:ト、: : : : : : ヽ: :`YTT|::::::::::|!:::::|/    \
   \:::::lリ ` ー 、_}: : } } :}:\_||::::::|   \  |
     \|        } : リ:/´ ̄   ̄´     \ |
              {二二}             ヽ

            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ   ああ、そうだ。
             ト.i   ,__''_  !   俺が家光だ。
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |

      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\   (おおっ、黒髪ストレートロング!
  / /// (__人__) ///\   これはこれで悪くないお!
  |     |r┬-|      |   早く、早くお顔を…!)
  \     ` ー'´    /



167やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 23:05:11 ID:YrVx+uS5
          _,.. - ,_
      ,. - ' ´:::::::::::::::::´"' - ,_
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::ハ:::::::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::r─‐┴─┘L:::::::::::ヘ
 /:::::::::::::::::::::::≧ニ=x,_ー┐  `ヽ/}::ヽ     , 、  
/::::::::::::::::::::::::::::7癶 ‘’ `ラ仏_,ノ_  V:::ヘ  く ヾ )  ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
::::::::::::::::::. ::::: ::::!    ̄´イ { ⌒ト‘’\ }::::::}  rく/  <                 >
:::::::::::::.   .. :::!i ´   r冖-  ヘ`¨^7\┘/´   <  ワシの名は…      >
:::::.   .: .::::: ::! ト-    `⌒ - _,ノ ´{:::::j/       <                 >
:::   :: ::::: ::!   _,r=ニつく   丿/         <   摂 家 鷹 司 家     >
::   .::: :::: :! !    {王王ミtヾYf‐ ':::::|       <   鷹 司 孝 子 !     >
:   .:::: :::: l ヽ     、__ ` ソ :::::::: |       <                 >
:::..::. ::::::: :::: |  }\    ` ` Y:::..  :::::|       <  メ卩 |   ナ_ 乙、|  >
:::::::: ::::::: :::: |  |: : :ヽ、_   丿::::  :::{       <  ナLノ L.ノ / 、__, oノ o   >
:::::::: l:::::: l:::::!  }: : :/ /: :厂「:::::::::::::::. ::::|       <                     >
:::::::l l:::::: l:::::}  !: : ' /: :/ ./:::::::::::::::::: ::::{         ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
:::::::l l:::::l l::::{    /: : ' /:l:::::::l::::::::::::::::|
:::::::l l:::::l l::::}        /:::l:::::::l::::::::::::::::|
:::::::l l:::::l l::::|        /:::::l:::::::l::::::::::::::::|
:::::::l l::::::l l:::ト、_      ハ::::::|:::::::|:::::::::::::::|\
:::::::l l:::::::l l::|:. : ` ‐ 、_   \}:::::::|::::::::::l::::|:. :.\
:::::::l l::::::::l l:|:. :. :. :. :. : \  \:::|::::::::::l:::::| :. :. :.\
\::! !::::::::l.l:|三三三三三\ .人|::::::::::|:::::|三三三\
  \!:::::::::l|:ト、: : : : : : ヽ: :`YTT|::::::::::|!:::::|/    \
   \:::::lリ ` ー 、_}: : } } :}:\_||::::::|   \  |
     \|        } : リ:/´ ̄   ̄´     \ |
              {二二}             ヽ
             /: : : : :!
             鷹司孝子



175やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 23:07:18 ID:YrVx+uS5
          ____
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\    /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ    ……………………………。
             ト.i   ,__''_  !
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
  |      |.|-<    \ i / ,イ____!/ |
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    |  |



178やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 23:10:03 ID:YrVx+uS5
         _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、.      /
        {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i.     !
         ゙l'´゙《 u. __,,,ゝ:::r、:::::l     |
         ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}    ヽ  CHANGE!
          ゙i`"l   ̄u   ソ::::ヽ    l′
          ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、   ヽ,
           ヽ ゙こ´  /     ヽ、   ∠_
            ヽ、  /__,∠、    `'-、   ^ー――
             `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ
              /           〉 ヽヽ
            ィ               ヽヽ
         _,,-'´:::                 ゙i
        /    `                  }
      /         ,-ィ‐r'´´      /   l
   __r'〈      ,ノ   / ```l       /     l
-‐ ´      ‐ '' ´  /l:::    l     ー'´      l

             ____
           /      \
          / ─    ─ \      いやいや、上様。
        /   (●)  (●)  \    南蛮の言葉で喋っても無理なモンは無理だお。
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/     ここはあきらめてけっこんするといいお。
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |



179やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 23:12:21 ID:YrVx+uS5
         ___ _        ノ^ヽ.ノ^ヽ/^ヽ ,「´
    __ -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、「 ̄`´
  ,ノ"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::__,ノ
  f ,-、ィ'^w'!::::::::::::::::::::::(´    ね  ま  俺  お 十
 └!{ u.  {::::::::::::::::::::::::\     え  ち  .を  前 兵
  !  _,.-ー、ヽ::::::::::::::_::::,-┘   の ,が  異    .衛
  lzニヘ´i ̄ \:::/´,.ヽ\    か  え  常    .!
.  /  「レ l{   i l:::ヤl(_」 l:::::)   !?  て  .趣
 /  ,´'" __  j l.ミ' ヒ,、 .!:r′       ん  味
 L_,、 ,.ィ´ !`ヽ   り /::`)       じ  者
  `Lく !  !  l    し':/         ゃ  と
     ! !  ! l   l /             
      ! !. V    / `ー---、                l^Uヽ
      l_,レ'´  /      /             ,、|
.‐''´ ̄`ヽ}   ,/|  _      ̄フ           |`
'" ,    _>-'┴'''''<、    ' ''フ,r‐、  ,r、 /^、--'
,. '   /                /´ 、. ヽノ  `く.  \

          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\         そんなこと言ってもどうしようもないですお。
    / ∪  (__人__)  \       きっと公卿の間ではあれが美人なんですお。
    |      ` ⌒´    |       さっさと行くといいですお。
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)  
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /   「お前なあ!俺は男は好きだけど、
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/     バケモノは好きじゃないんだよ!」
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /



185やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 23:15:07 ID:YrVx+uS5
 こうして、孝子は家光の正室となったが、
家光との間に夫婦としてのやり取りはほぼなく、後に大奥からも追放され、
別に江戸城内に設けられた邸宅に押し込められ、実質の離縁&軟禁状態に置かれたという。
(そういう意味では、悲劇の女性と言える)

          _,.. - ,_
      ,. - ' ´:::::::::::::::::´"' - ,_
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::ハ:::::::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::r─‐┴─┘L:::::::::::ヘ
 /:::::::::::::::::::::::≧ニ=x,_ー┐u `ヽ/}::ヽ     , 、
/::::::::::::::::::::::::::::7癶 ‘’ `ラ仏_,ノ_  V:::ヘ  く ヾ )
::::::::::::::::::. ::::: ::::!    ̄´イ { ⌒ト‘’\ }::::::}  rく/ 
:::::::::::::.   .. :::!i ´u  r冖-  ヘ`¨^7\┘/´   
:::::.   .: .::::: ::! ト-    `⌒ - _,ノ ´{:::::j/      な、なんじゃと…!
:::   :: ::::: ::!   _,r=ニつく   丿/       この美貌のワシに指一本触れんとは、どういうつもりじゃああッ!!
::   .::: :::: :! !    {王王ミtヾYf‐ ':::::|      
:   .:::: :::: l ヽ     、__ ` ソ :::::::: |       
:::..::. ::::::: :::: |  }\    ` ` Y:::..  :::::|       
:::::::: ::::::: :::: |  |: : :ヽ、_   丿::::  :::{       
:::::::: l:::::: l:::::!  }: : :/ /: :厂「:::::::::::::::. ::::| ←悲劇の女性
:::::::l l:::::: l:::::}  !: : ' /: :/ ./:::::::::::::::::: ::::{
:::::::l l:::::l l::::{    /: : ' /:l:::::::l::::::::::::::::|
:::::::l l:::::l l::::}        /:::l:::::::l::::::::::::::::|

 理由は政治的なものも含めて諸説あるが、
一因として考えられる要素がひとつある。



188やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 23:17:45 ID:YrVx+uS5
  ,r'´ ̄ ̄ ̄ ̄ `,  ,r'´ヽ'´ヽ、_j'⌒ヽ_  ,r─、    r‐、
  |  =  =   |  >   l´      `i l   ,!    |  l
  |  =  =   |  ゝ'j  |、_,r=r-、_,j |   l _  |   |
  ゝー'´ ̄`ゝー '   /  i!       ノ l   ´ j  ,!   l
 (二二     ̄ ̄`i ゝイ `|゙i⌒ヽ   |´  ヽ _ / /  /
   /   /´ ̄」  ,!  _」  | ヽ,_丿  !      r'´   /
  ヽ __/   i´  _丿 i__」 i___ノ      ヽ __/
                 ., '´  ̄ ̄ ` 、
              .i r-ー-┬-‐、 i
  /^i           | |,,_   _,{ |           ,r、
 ,! ,!             N| "゚'` { "゚`lリ          _ノ ,j
 | `ゝ,             トi  ,__''_  .!}        ,i´ ,/
 丶   ヽ、        _ ,i/ l\ ー ..イ|、      /  ./
   `,   `ヽ   , ィ´7;:;j `ヾ,,r'´ `,;:ゝー- 、 ,/   /
    \    `Y´  /:;:/   ; ;    i;:;i    Y  /
     \   /   /;:;,!  -‐;;‐-  |;:;:i    l  /
       ヽ /   j;:;:;:|    ; ;   ,|;:;:;l    l /
        ,!    ト、;:;!          l;:;イ|!   l
        |   /  \   .;;.   /  !   |
         {  -、i    `,-ーーー-/    〉  l
        ト   `,    `,´ ̄ ̄`7   /   !
        l     i ,r-、'´  ̄ ̄ `ゝ、 /    ,!
        `、    /´" ´       `ヽ   /
         ヽ, /'' "´         `"ヽ  ./
          ,l/ .。;          :。,.`, ./ヽ
          /;/     '"´,' ; `"'    `,;:;:;:;i
        /;:/ :;j     ,ノ ヽ     ;: `,;:;:;l
       , '´;:;:;:;/     イ    `ゝ、   ;:;: ``ヾ,
    ,r'"´    ,! . : : ;:; '    `,         \
   /   /   /      |  j  !  .| `,         ヽ
  ./   `ヽ,_, ィー.:‐'´7 ̄!'´゙;:;:;:;:;:;:゙`,´Yゝ、_        `,
  {     \:.:.:.:.:.:.:.:/ ,/  _   i `ヽ.:.: ̄`ゞ'´    !
   ゙、     `ヽ、,レ' /jl、 ヽニニソ :|!ヽ ,!.:.:,ィ´     /
    `ゝ、     `ヽ'ゝリ、、,,, ' ' ,,,,、,ij〈‐-レ´        ,イ
    /´.:.:.: ̄`ー-、  `ゝ`"'____'"´//     _, -ー'´.:`ヽ
   ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,! `丶、_ `ゞ;;:cゝー'´ _,,、-‐イ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,!     ̄     ̄´    ゙i;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙i
  !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/                l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
  !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/                 l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!

         「衆道」…即ち、男色である。



191やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 23:20:35 ID:YrVx+uS5
 家光は男色家…即ちホモであった。
この時代、武士同士の間での恋愛…衆道は決して珍しいものではなく、
むしろ、男女の間のものよりも気高いものとしてすら扱われたという。

     )                      ィ─;;;-..-..--、〈
     )                   ,,...-= ̄ ̄ /::::::::::::::〈
義 あ  )                  /       ̄ヾ::::::::::/ 義 某 今
弟 あ (_ヽ:r‐'、  ___       /          |::::::::::,'.  兄 の 度
よ あ  /〉‐‐r '´      `丶    /     _     |::::::::::{.  上 番 は
・  っ  (:::::::::::ヽ         ヽ  |_.. -'_"-'´   r'⌒ヽ::::::::{     で 
・  !!   )::::::::::::::::::ヽ        '、 ゙i`'''Tjフ    } ミトー:::::::}     す
・    (:::::::::::::::::::::/  ’- 'ノノ 冫=} ,' ,.‐'"    { {い) /::::::ノ_     ぞ
Vヽハj⌒:::::::::::::::::/〃ー_''ニ ,、:: {ニ'”,'        ゞ゙ f クァ ―`‐- 、.._,、-'´
   l.:::::::f⌒ヽ::::l ”´-'' "    `、 ',〈.、,..        ,.‐'´      `' 、``丶、
    i、::i ⌒>:::!   l!   r, ノ  l  )__.. -ァ   /
    i:::::\((::::!   lj  , ‐--.ィ. !   Y´_   ./   \    \\
     `、:::: こ、:i.      {    j. i j  ゙i゙   {     \    \\
      ヽ:::リ `'.    `_'二. ,' /ノノ  丶、,、イ       \    \\
       V    ヽ       /         {        \    \\

         ヽ、        /  思 佳              ↑
  務 今 そ   !        !   い き
  め 宵 な   !       |   つ こ    ← 衆道に励む武士の皆さん
  よ. の た   |      !,  い と
     伽     ノ      l′ た
     を     ゙!  ___ 丶
          ,,ノ' ´    ` ' /=ミ
         /           彡ll'''´
        }          彡lll
       ノ|L_ ! ___ {彡lノ
'- 、.....、r‐''´  }f'tr'i  ''^'tォー` }j/i',|
     ヽ    l.| ´ |    ̄  vijソ.!
         丶 └、     Fイ l′
     /    ',''゙ ,,、二''‐ ,イ ケ|
   , ,/.       ヽ `''"´,/ !  ^|ー、
  / /      _,,」、'....ィ'       '|. \、__
. /./  ,. ‐'''"´    ! /   ,  _」__ヾ',
.,'.,'  /´   └ 、_ ノi   ノ  (、_  ``ヾ!
,'/ /     ヽ、 ` ''ー 、ィ-─'' r`'^    `
l|  !            リ    `ぅ ー=、_
| |          サ     〉
  ト             ′    ./''ー- 、,.._
  |  ヽl                /    ヽ、
  |     !,、      !     /     ∠_
  ,イ     ヾ'     ィ 、   . /   ,,ィ'´

…が、そのような時代性を除外しても、家光は男色家として有名であった。



193やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 23:23:03 ID:YrVx+uS5
 家光の、この時点(元和九年末)までの衆道の記録は以下のようなものである。

       ,--一―_-_、
      /-''''~、_______^γ''^-、
.   / ⌒''''--、,\ヾ ! rヘヾ ヽ
   / ノ ,-⌒  ―-'-'- .i/ )
   / ∠.  {         レi /
  ノ  / ノ,-''^'-、_  ./ヽV
 ζノ /./   (个j  .i^Tj .|    ワタシだって必要とあれば
   ) r⌒!i        |   |     こういうこともする…!
    }ぃ !      , ν  j
    ゝ_,、    _____   /
     Y::::ヘ    ^  ' /
     i::::::::::\    λ
    /⌒'''' --^ニ'― イ
.....';  r      !.i   i
     坂部五左衛門

 まず、家光の最初の恋人(衆道的な意味で)として名が挙がっているのは、
小姓の坂部五左衛門…家光が生まれた時から付けられた人物の一人である。



195やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 23:24:34 ID:YrVx+uS5
 だが、元和五年(1619)五月十四日、
家光をはじめ、坂部を含む小姓たちで入浴していた時…

         | |   | |          ||          ||          | |         | :| |
         | |   | |          |[]'       |[]'       | |     - 〈ニ| |
         | |   | |          ||          ||          | |     / | :| |
         | |   | |          ||          ||          | |      / .`ー| |
         | |;:;:;:;|_|_____||_____||_____|_|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:| |
         |  |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|  |
          |._.|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|._.|
        /  ________________________   /|
       / //   '~''~~~( )~~'~'~~~'''~~'~~~~~/ /
     / // 、ili,l.。 ) )  ~~ ( )   ~~  ( )     ~~  / /
   / //     ~~( )     ~~     ( ) ~~~   / /
  / //          ( )   ~     ( )    ~~   / /u
/ //   ~~~~     ~~     ~( )~~  ~~  / /
_//          ~~                     / /ij
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
[]| ̄|'lj | ̄| ̄| u'| ̄| ̄| ̄| ̄|!j' | ̄| ̄| ̄| ̄|U''| ̄| ̄| ̄| ̄|[]||
[]|  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |[]||



196やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 23:26:15 ID:YrVx+uS5
/    チ              |/ ! l  ! | {
  ィ´ーケ              __ lイ ハ l `ヽ
∠ヽ 7   _ - .、          / ̄`ノイ
 ハl !  '´  ̄ 二`、ー 、  /-_   !/
  l { ! |    <T::丁 ゝ    ! イ:::レ'` リ
ヽ、ヽミ      ̄      l   ̄  l     フフフ…いい子だ。
 !ヽ` l             |     l    どうだい、今晩あたり?
 `)`ハ               l    l
  `Y ヽ         - /   /
 _/{   ヽ      、__ ,  /
  ヽ    ヽ     ー - ´ /
   ヽ.   \         / `丶、
     \   \      /ノ    ヽ` ー- ._
      `丶、  ` ー― /     ヽ

            . -‐  ´ ̄ ̄` ヽ、
         /               \
         , 仁二二二二ニ、      Y
      /                   ヽ
      /                      |
     /   l ヽ.   l |    |   l         |
    ノ         |     l|  |  |  .| |
    | |  |  |__ l_|_  ,イ|   |   h    |    さ、坂部さま…おたわむれを…!
    | |  |  L___」_Lレ′|   | l リ    | 
    | |   | 「i  ´{l:::ン  レイ  |   |   |   「フフフ、いいではないか。
    l|| | lノ   :;;;:      |   |   |   |    いいではないか…」
     } }| ! 丶_         |   |   |   |
    ノ ィ 人 l  `つ      |   |  |   |
      | | ト、ヽ   `ー┬‐'´  |   |  |   |
       | | | ト┘ヽ  ,イ.    |   |  |   |
      L_ /  ヽ、l/ |     ノ   |∧ l  __」 ←他の小姓
        ノ_lヽ、_ソ        `ー'/.   \

 坂部が他の小姓と戯れていたところ…



198やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 23:28:35 ID:YrVx+uS5
          _,,,....-::::,,..-;:'
     _, -=''""""    =--、,、`,"+`ゞ,;:
     _,.-'^ "              ̄=.、".
     -'^               \`,`,;⌒`;・",;+
   >                    ミ`+,;:;"・ヽ` `
  :"  ._=__            ヽゞ,:;*ヾ"`丶 ┼
 /  彡  .       -ミ、         ミ   `,;:"
 /〆"           \       `i       丶
                 丶      |i     +   +
                  ミ     .ミ
                  |     |l    /  +
                   .i|    |i      ´
                   .i|    |i  ゞ
                  i|    |i  ´`  +
                 j|    ,/  '  /
                 .i|   ,/;:";:|;,/×
                i|   ,/";:`, 、 丶
            \  i|  ,/`,;:ノ`,
               .j|  /;`,;:+
               / ./+``
              ././  ,'
            /"`;丶
           / `,
          '
       /    ゞ



200やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 23:29:49 ID:YrVx+uS5
                                      ___ _
                                  -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
                              ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                            r(:::::::::::::::::,、_ィ:::::::::::::::::ノ L::::::::
                r‐、   r‐、    _,,,_ ゞ, rr~ヅ   ミ::::::::::::::⌒:::::::::::
          _,,_      ヽ ヽ  ! l    / / !  フハ       ミ:::::::::::::::::::::::::::
        __,,-r‐' ,r''''ヽ. _,,,,_ ヽr' ヽ !'´ !  ! ! l  l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::   …坂部…無礼者が!!
    ./´ ;  ,'    /} l、r‐、! >  l  !  ! ! l___〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::
  ______!  ; ,'    / }_`l¨''__>、____l_/¨ヽ! l l _. /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ::::
//7X/ !  ,     / {XXXXXXXX!____,ノ !  !l__/..             "´ 2ノ/ l:::   「ヒィ…!た…竹千代様…!!」
ヽーーi '  ,    /   ヾ''''''i'''''''''''''''''''',r'’ /i l. ヽ.ニ,`           __/ :l::
    !  ,   ,r''' _,,-"´ l   , ' /     ! i !.!   'ーr_‐;        ィ    l:::
   ,/  ,   _!,,/     ヽ _    、__,ノ`:L,!」   〈..        /:{      ヽ
  /'       ;!         `ー-、` 、 ヽ    \、   `}     /:: ! i'''‐‐‐‐-
/´       ;!            `ヽ、ヽ ヽ   `\ 丶、,、. イ::::::    ! _,, -
       .    ;!                丶,   _,,-‐'''''''''''`ヽヽ ∠_     `、
      :    ;!               ',,r''´         ヽ、  ヽ、     \
      :   ;!             /             ヽ   ヽ

 家光(当時竹千代)は、これを「すこぶる無礼をはたらいた」ため、その場で手打にしたという。
他の小姓と戯れていた故の嫉妬…というのが原因とまでは書いていないが、
状況的に考えると、十分ありえるものと思われる。



205やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 23:32:14 ID:YrVx+uS5
                          ,  '":.:.:.:`'  、
                        , '":.:.:/:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.' ,
                        /:.:.:./., '"`ヽ\:.:.:.:.::.:',
                       ./:.-‐':.:.:.:' ,__,ノ:.:.:.`:.‐-.:.:l
                     l:.:.:__:.:._____:.:.__:.:|
              _   -― ' "__::::::::::::__::::__::::::::::__:::::::` ' ―-  _
             (:::::::::::::::::::::::,- ―_-_、,l lミr-__‐‐''ヽ::::l:::::::::::::::::::::::)
              `  '' ―--i. / <_◎.>}   l;;<◎_ゝ l'ヽ--― ''  "
                       l !   -‐"ノ  !`ヾ‐-ミ i'"|    このスキン小僧の若様が!
                       ! !    ,.{ ,,_ _,,!}ヽ   .!)!   徹底的にしごいてやる!
                        `l  ./  ___;;____  !   |-'    泣いたり笑ったりできないようにしてやる!!
                        ! .i .<++++++フヽ ,'/
                      ,, /iヽ !  ` ̄ ̄  ノ//ヽ――――- 、
             ,  -ー:.:.:.:':."´:.:.:!:.:.:',. \   ̄ ̄  // !:.:.\ーー---:.:.-ヽ
           ,、'":.:.,:.ー-:.:.:':.":., -‐,⌒ヽ . , '、ー -ー '  .!:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l',
         .! ヽ'":.:.:.:.:.:,, -‐'‐ 、  _ノヽ/:::::)` ̄>、 .|:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:ヽ
           r\.`、:.:.:.:,ノ      `ヾ'、:.:.:`、:/  .(::::\ !:.:.:.:.:., -┘:.:.:.:.:.:.:.:.:l/:.!
        /ヽ ヽ.ヽ'   `, '`ヽ、 /゙ ヽ:.:.ヽ    .\:::::|:.:.:.:.:.:.ヽ.-‐―‐┐:,':.:.:',
        /` 、.\ /  .、/ /  )l, __ ノ:.:.:.:.\   .`,:,:.:.:.:.:.:.:.:/二三二l:.:l:.:.:.:.!
      ./\ /:.:.:.:',    `' 、/   /:.、:.:.:.:.:.:.:\    i:.:.:.:.:.:./i≡i≡i≡,'/:.:.:.:.:|
      ./\ /:.:./:l  ' 、、___ノ-ー '":.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\ ,':.:.:.:.:./:.:,:.:.:.:--ー.,':.:.:.:.:/
     /\ /:./:.:.:.:!::::   ,'ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙`   、:._:.゙/:.:.:.:.:/:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:〉
     /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:',::::::::::::/:::: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.: イi:.:.:/

 なお、この時、傅役の青山忠俊が、もろ肌を脱いで、これを諌めたという。



206やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 23:34:11 ID:YrVx+uS5
                    /: :  ̄ `  、
                  / `i: : : : : : : : ` 、
              , "i   ノ: : : :` 、,,__ ヽ
             /: : : : ̄: : : : : : : : : : : : : :::`;
            __,,l,,,,..........,,,,,,,___: : : : : : : : : :::|
      , -‐ ' ":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::'' ―- ,,_
     /::::::::::::::::::::::::;;===i ;;;;;====、:::::::::::::::::::::::::::::::::::`' 、
     '.,:::::::::::::::::::::::|l∩'>/  ;;;(.∩~ゝ、` 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、
      .` 、:::::::::::::::! .`~/   `ヾ ̄::::`; ...:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
        ` ‐- 、/`" !   _ )  `":::::  :::::::::::`'´  l::::::::::_,,  '"
            |   i:`゛"::`     :::     j;;;;;| / '' "
            .!  .! r--、    ::::::::::::::::,i .`~ /     なんてこった!!
            ',   ',;;;;;;;;\    `::::::::::::::| -‐"    魔女の婆さんの呪いか!?
             ',   l;;;;;;;;;;/       ::::::ノ /
             ', └- "'   i ::::::  (. /
              , `;;;'"   ,'::::::::   l
              ヽ ,,__,, '゙ ノ:::::::/  ,/ ',
                 / ヽ _, "_ -‐'. /   ',ゝ ‐- ._
            _.  -‐ '"!  `ー-::__:- '"    / ''' ‐- 二''' ‐-   _

 ちなみに忠俊は、これ以外にも様々なことで家光に諫言を繰り返したため、
結果、家光の不興を買い、元和九年(1623)十月十九日、免職の上、
上総国大多喜藩(二万石)に減封され、最終的には相模国今泉で蟄居を命ぜられる。
(ただ、後に反省した家光から再出仕するように言われたが、これを断ったという)



208やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 23:36:27 ID:YrVx+uS5
 さて、その次が、元和六年(1620)に仕えた堀田正盛である。
彼と家光の関係は、後々まで続く事になるので、ここでは詳細は割愛する。

            /                 i   \    \
           ノ    /              i    ヽ,    ヽ,
           リ//  /,/     /       l l      ヽ 、  ゝ
           7ノ  / /     /  ,      //  i、    ` l   >
           ,_>'" ,/    / / //    ノ/ , ノハ     、 i  ┐
           リ   //   ,/ ノ / i/l i    / / /リハ、 ,   i,i   ヽ
           / , /ハ    ' iリ二_''l/l ,  / ///二'l_''ヽ、 ,  li; ,ノリヽl   フフフ、家光様。
          /,/ ノ  i,  /i /ツi”。ij'`/ /  ,/ハ/'"li“。iyヘ,`y ,  liil     僕とひとつになろう…。
          ノ/ ハ ,i  /ハ/  “"'' リ//" /ハ  ”^''’''  iトハ /,/ll,     それはとても気持ちのいい事なんだよ…。
          ノハ /ハ リ ,,ヘ,     ノリ' il         / l // l/` 、
        ,, -リ//ヘ// ハiヽ、      il、       /リ,ハ/     `ヽ、
     ,,r ''"    ,,       ヽ、  ー-- - -‐   /       ,     `'' - 、
   ,/        `ヽ,      ヽ、     '''    /       ,,/         ヽ、
   /            ` 、     ` 、     , '"/     ,, '"             、
  ,/            "''  `ヽ,   \ ` 、_,/  /   ,, ‐                 ヽ
 /                   `ヽ 、 ヽ    / ,, '"
                                                ヽ、ゞ-‐''""

     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }   嬉しいこと言ってくれるじゃないの。
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }  それじゃ、とことん可愛がってやるからな…。
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }
    |! ,,_      {'  }
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \



211やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 23:39:39 ID:YrVx+uS5
 そして(名前の分かっているうちで)3人目が、
元和八年(1622)、小姓となった酒井(金森)重澄である。

          ,..:‐- :''" ̄ ̄ ̄ ̄ >―-. 、
.         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /:::::::::::/:::/:::::;:::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::'.
     /:/:::/::/:::/:/::/、:::::::::_,|::::::::::|:::|:::::::::::::::::::',
     /イ::/::/:/:::/:/::::!  ゙'´ |:::::::ハ::|:::|::::::::::::::::|
      |/::/:/:::/,イ:::l::|     |::::::|l |:|:::|::|:::::::::::::|
       イ/l::/  |:::ハ|     |:::::ハ |:|:::|::|:::::::::::::}
        |ハ._|/        l::::ハ| |ハ∧|:::::::::::/
         /} rtzミ、_ , z ニ|/三二 ̄ _|:;: -v′
         V! ` ´ソ「`i    `ー「'ィ=Z^´ィ  |   見てろよ、俺は出世してみせる…!
         ,ト-- '  !  、   ノ    ,ノ  |
       .  lハ   ノ     ̄      _ ノ
           ヘ  ヽ            / /
.            ヘ  ー‐一 '     / |
            ヘ   `     /   .|
               ハ、___,. イ  /  _ノ、
             _/}      ,.ム '"  {
        __//,イ'⌒ヽ‐ '"      ノヽ
  ,. ― ''"  //}/ |、  ハ     ,. イ  /⌒ヽ、
 /.     //   /  Y´  |_, イ    /    ヽ、
             酒井重澄

 元は飛騨高山藩二代藩主・金森可重の七男であったが、
家光の寵愛を受けた事で、「酒井(左衛門尉酒井家)」の姓を名乗ることを許されたため、
酒井姓を名乗ることとなった。



212やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 23:42:29 ID:YrVx+uS5
                   ,,,,____,..-'''- ...,,__
                 /    ヽ    __  ヽ、
      , -ー- .._     /          {_^ ヽ、}
    _,‐'      \_,,/         i____}二  /  もう我慢できないぜ…!
   r´    ,、    ;ヽ      、____,..''"   {___ノ   重澄、今夜もお前に決めた!!
    ゞrr-'''" ヾ .r 、 ヽ,     ,,   |
    { /rィァ リメ、_ノ=、        |
     `i      }_,,__   /      \
      i´ヽ''´  /ヽー―、i     |   \_
      |  ヽ-´ ヽ   ヽ_,,,,/       \
      |      ;__,,, _/ゝ  __,,,,       |
      ヽ、__   ノ ヽー――フ___"'-,-'{^~ヽ |
        ヽ、     ゝ--、 |    〔 ノ   | |
          \_i      ~"''' ‐- __〕  /  |
            \____          /  /__
               ~""''' ‐-‐ '''""~   /;
                   /        //
                  /       /
                  |      /    /
                  |     ,,;     /
                  ヽ、        /
                    ヽ_____  /
                      ー――´
                   __,..__          
           _,.r-‐¬≡三゙:::::::::..`''..、_        
          /./.r:::::::::::::::.\:::::::::::::::::...丶久f:}    
         /.::;/..:::i.:::::;、:::::l;:::::..ヘ::::::::::::::::::::::i} l:::1    
.        /..:::::;il.::::;l..:::::;;;l::::|;;i::::::..}::::ノ;::::::;ィ'^|} |:::|    
       |ハ::::;;i|.:::;;|..:::::i;;ト;:lレl∧:ソY;;;;::l:::::::::/;li l::::l    
.        ! {:;;l{:∧ハ.::::lv_.二ニ=‐|;;;;i::l:::/;;;;l}l.|;:::!    
         `!i{‐-_、ヘ:::}´ィr;z=ャュ |;;;;l:|´ };;;;;;l};l.li;::1   家光様!全裸で外出はやめてください!!
          l;;;i《屯ハ ヾゝ `¨´ " |;;;;l:| , |;;;;;ノ;;|.|l::::!   せめて御召し物を!!
.        l;;;l;l"  ,   `     |;;;;|:|_,ノ:ソ|;;;;l.|;i:::!    
        |;;;;l;{  /       u.  !;;;il:l |'" |;;;;l.|;;l::1    
        |;;;il人 `ヽ       ノ;;;ill:l l  |;;;;l.l;;l:::|    
        '" ̄¨ゝ マ三>   ,/"¨´ ト、. 1;;;l.l;;;l:::|    
.            ヽ "  ,.ィ    / ヘ;;;;l.l;;;l::::!    
              ` -<    /    ,/ミミゝ;:!,.      
           _,=≡/ 人  /´   /ムホfヲ苑盆z、      
         _,xl盆fホ/  /`  /∧   /      ̄`ヽホミz、_      
        ,xタ壬シ'¨く_  ヽ.//タ ゝv´   /    f ´     }  

 出仕後、重澄は家光から一番の寵愛を受け、
翌年の元和九年(1623)には、下総国生実二万五千石を与えられるまでに出世する。
(一時は、毎夜重澄の元へ通い、その際、忠勝がわらじを暖めたなどというエピソードもある)



214やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 23:44:57 ID:YrVx+uS5
 だがしかし、それから後の寛永十年(1633)…

        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::ノ L::::::::::::::::::. '、
     | :::::::⌒::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{     重澄は改易だ。
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙    もう顔も見たくないぜ。
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
    /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
            l /  __      !
            l, l  く,_  、   |

 病により、自宅で静養していたという重澄は、突如、「奉職無状なれば」として改易される。
そして、備後福山藩水野勝成にお預けとなる。



217やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 23:47:05 ID:YrVx+uS5
 理由としては、病で静養しているため、出てこなくなった重澄のところへ、
家光が忍んでいったところ、静養中、正室と側室との間に子を作ったことが発覚、
家光がこれに激怒した故と言われている。

        ,. -r"⌒``ヽ、  
      /  i      \
    ,.イ,ィ/〃-゙-‐"川ヾヽ. ゙i,              , '´  ̄` ` `ヽ、
    "'リi'l !リ-、 --リリ| !l i リ             /  ;'ィ//_((~リi:.ミ、
     ゙`川r;、  -t;川 iィノ/'              l,:  i '"´_.、 _`!ヽ
       `i´ ノ  ``'リノ。'               {:ィ^' >fJ`  i.j<
           \`´  './                j:;:ゞ) "  、_.`ノ
          `i'´  |                /.:j :i゙  、 _/
      /´yー-'   ゝ、_             /ノノ:.. !、 I'_"ゝ、
     ,.-k)/ー-ニ-'´ /ヽ           ((_/⌒`ヾ:ヾ__ゞ:ヾi、
    r'‐ァ´   .. : :  /    〉          ,イ  `゙、ヽ、:)ノヽ ヾリ:.:i、
   {.!´:..  .::"   Y   ,.-{          ./::!, 、  ゙、 (( 、:.:ヽ ヽ:.:トi
    il         \ '"  ゙i,        ん{,    .〉   \:ヽ ∨'ト,
    .!:il          ∧.   ゙i,         ./___  ,}     \:!j .|'{
    !:i ト、       ;イ ゙i,   'i,       く_rー-、`y'        `゚i. |/}
   .!:i l :..       !   'i,   i,        /  /「_i       ゚i. |~:、
   !:i ゝ、_,.___  ___,.ィ     ゙i,   i,       /  / Lj二二ニニニ={':、 ヽ
   !:i、j,!(__)l] ̄`i]`ji!|    r}、   〉     ノ  /  /.:.:!: :i: : : : : : :゙i! ヽ ヽ
  ,!:i /:.. i |   ̄i``:.ヾ   ノヽ. ___f     . /  ,:'  /:/: :.i: : : : : : : :il ヽ ヽ
r'ニ_|:|,':.. i |       _:._!_. '"  ゝ、-'     /  ./  /.: : : : :i : : : : : : : i:l  ヽ ヽ
.|  ゙.|:.. i |   と_´   __.. ''"´         ,/  /.:.: : : : :j: : : : : : : : i:|  ヽ ヽ
       正室                        側室

 その後、重澄は寛永十九年(1642)、自らの境遇を恥じ、食を絶って自殺したという。



219やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 23:49:12 ID:YrVx+uS5
 この他、阿部重次も、その意味に於いて家光の寵愛を受けていたという。

  /⌒ ̄ ̄ ̄\ ρ   「う~~厠厠」
  /川∥∥| ∥|  ゝ  今厠を求めて全力疾走している僕は
 〈巛《〈〈 \巛 |    幕府で勤めるごく一般的な武士
  │个 个 ヘ |     強いて違うところをあげるとすれば
  │┌-   )/     上様に寵愛されてるってとこかナー
   ヽヽ 丿//      名前は阿部重次
    ┼┬┼
 /┴┴┴┴┴ ̄\
 | │       ┤ \
 | │       │\ \
 | │       │ \ \
 | │      /│  │ │
 | │     / │  │ │
┌─ヽ       」   │ │
│ ├┴┴┴┴┤   田田
│ │  ∥   ヽ   / │
├-┤   /   /   LllLノ
   阿部重次

 また、名は上がっていないものの、家光の寵愛を受けたと思われる者(男)、
あるいは一時の関係を持ったと思われる者(男)は、更にいるものと思われる。



223やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 23:53:57 ID:YrVx+uS5
 男色への傾倒ゆえに、この頃の家光は、女性には殆ど関心を持たなかったという。
そのため、乳母であるお福は、家光の女性開眼の為に相当苦慮していたという。

        / : : ; : : /_..-───- ._: :\
.      / : ; : :/: : /´ ______\: ヽ
     /: : _/: :/: : 厶 '´: : : : : : : : : : : : : :`ヽ: ヘ
     /:/ ,.'7: : :/: : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : ヘ: ',
    /' , '/ i: : : :|: : : ∧ : : : : : : : : |: : : |: : : : i: |    
.     ハ厶i. |: : : :|: :.|:.l ',: : | : : : : : |: : : レ': : :|: |     まったく…上様の衆道狂いにも困ったもんだわ。
    |:.7 /トr|: : : :∟」_|  \|\ : : : | x'´ハ: : : ;' ハ    女に興味がないってのがこれ以上続いたら、
    |:.' /: | r{ : : : |: ∧「`ヽ、.___,.\: イ__V_,|: :rf:/| |    お世継ぎも作れないし、最悪、廃位されちゃうかもしれないのに…!
    |:| |: :.| | |: : : :N 'Tに叮    ヾ hィ}r〈 { 'j.ト'|
    |:ヽ: :.| |、|: : : :| u ゞ-‐’       ̄´l | | l': :!     ねえ、宗矩。
    l: : : └ : ヘ: : :|、         '   ノ } リ : |    どうしたらいいと思う?
    ∨: : : : : :|ヘ: :.l \     r─ャ _.  '´   l: ,l: |
   ,.、ヘ\ : : | ト: l  `   ._  ,r´       イ、 j/
  ,〈 ', ', ヽ: } | ヽ     / 「|    ィ ´|||',
  / ',. ', ',  V  |          ム -‐ ´ } ||| |

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |    確かにこのままでは、上様の御立場的にもまずいですな…。
. |  (__人__)  |   .しかし、今は、上様ご自身がお変わりになるか、
  |   ` ⌒´  ノ   あるいは、ご興味を持てる女性を探し出すしか方法はないと
.  |         }   思われまする…。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ      
   /    く 
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)


   / ̄ ̄\
 /  _ノ   \
 |   ( ⌒)(⌒)l    ま、今しばらく待ちましょう。
. |    (__人__) |   まだ上様はお若いのですから。
  |    ` ⌒´ |   それがしとて、十兵衛ができたのは37の時でしたぞ。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   /     ヽ



226やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/17 23:56:00 ID:YrVx+uS5
          _,. 一…ー- ._
       ,.r ´   __   \
      /    / '´___`丶、. ヽ
.     /  ,. /  '´     `丶ヘ  ヘ
    /  ,./ f / ,ィ' |        ! | |
.    ' <,/|  | l| / | l|    |  |  | N    気楽に言うわね、アンタ。
    | /7 |  | 」 / | l|\  |、 |_ | |'|   まあ、あの白饅頭じゃ、そういう意味での上様の寵愛はないから
    | | | l|  | ハト、_ヽ!  \l. x1| | / |   アンタも安心してるのかもしれないけどね。
    | L|(|  | |'亡'ナ`    千t十! ル | |  
    | l.| Ll|  N      、  ̄ |'|1 !   
    | l.l  ヽ !\    ,.-、   .イ / イ/   
    ヽハ、| \ゝ|` 、   ̄_. ´/ へ'._′   
    /{ | N、 !  l!   `¨´| レ′|.|.ト、
      |.| | ヽ|  l|>──<l     |.|.||

          / ̄ ̄\
        / -  - \
        |  (⌒)(⌒) |     
        |  (__人__)  |       はっはっは。まったくですな。
         |   ` ⌒´  ノ      あのような危うい出世など、ない方がようござる。
        |         }     その意味では、我が家は安心でございますよ。
        ヽ        }      
         ヽ     ノ     _  「まったく、無関係って気楽でいいわね…」
        _/     l__   / /
   __ゝ_/         ヽノ   ノ
   \___ノ'          ノ



230やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/18 00:00:55 ID:ZQrF8t/D
                 ____
               /::::/:::::::::::::::::: ̄"-. -.
       γへ.  /::::.:/:::::::::/:::::::丶: : \: : : :\
       /:::::::::::ソ:::::彡/::::::::/:::: :::!: ::/::::::::::',::::',:::::::::',
      /:::::::/ /\::::l: :l::::│:::ソ:: ::!:::ヽ::::::::!::ヽ:::::::::::ヘ_        さて、やっと私の出番がきましたね。
     /::::::://  /:::::::! !:::::::1::::::::!YY─マ:::i i:::::::::l:::::l::::::::::::`!      しかし…どうして最初の解説が、
     /::::::/:/ /:::!;;;;;;V:::::::!::! vムf乙弌i  V  V:::/::v::::::ll::::i::l      よりによって男色絡みになるのかしら…。
    /:::::/:;/ l:::i::::ヽ::ヽ::::::l:il Y^弋鞠i     l,ィY、v iノ;:i.i:i:l
    l:i:::i::ノ  i:::i:::::ヘ:l:::::::l:l      ̄    :  {也リ y::::::i i:i::i       この時期の家光は、男色家であると同時に、
    i:i:::::i    i'+.{ k i:::::::i:i    ""    '   ̄・i::::::::i i::l:l      女性に殆ど興味を示していませんでした。
    i;i;;;;i   i::_:::::\_.i::::::::i.i           "" i:::::::::i l/:i      そのため、世継ぎを作るのが極めて困難であり、
    i:i::::i    l:::i:::::ii::::: i:::::::::ii      r‐‐-,   /i:::::::::i i:::i      これは、家光の立場的にも非常に危険な話でした。
    i:i:::i   i::::i::::ii:::::i::丶:::::::ヽ     ` ̄   .イ i:::::::::ii: ::i
     ii::l    il::::i::ii::::::::i:i::丶:::::iヘ.、       /:i:l l::::::::il: :/        なぜなら、徳川家による将軍家の世襲、という
     ii:l   i::::l::ii:::::::i i::::y:::::l::  ` ‐ . . ./:::::i i l i::::/::;リ       徳川家による支配の根源にも関わること…即ち、
      i:i   l::::l i:::::::i l:::i::゙ヽ:::ヽ   l::i:::l:::::i::::::i::i i:::/:::i:l        「将軍家は直系の世継を作る必要があったから」です。
       ll   i:::i::::::::::i i:::i:/:::ヽ:ヾ´ ̄ ̄ 丶:::i:::i::::i:l /:::/ l:l
      il  i::i:::::::::::/:::i llv:::vi:::i       l:::::::ii:::::l::::/  il         そこで、将軍家に世継ぎを作る気がない、と
      ill i::i:::::::::/ i::/_l:::::v-i::_ - ─イ:::ヾ-/:i::/_ _ _i,       判断されれば、いまだ健在な大御所・秀忠により
      l:i i:i::_.. - -´..::::::† 丶:::lil..ヽ  ´  /:/:::/::::::::::::::::\      家光が廃位される危険性すらあったのです。
      i/:: ̄:::/:::ソ/l::/│i..lヽ::::::::::ヽ   /::/:::/::丿::::::::::::i:::ヽ
     /:::::::::::::::/ "厶/ │ i::.l 丶:::::::::> /:::i::/::i:::/:::::::::::::::/::::::i     そのため、乳母であるお福は、
    /::::::::::::::::/  /::/ │ i:::l  丶‐´ /::::ハ:::::::ハ:::::::::::::::/::::::::::i     このことについて人一倍危機感を持っていたものと
    /:::::::::::::::ム_/::/_ - ‐i:::l ― ´:::::::i::::::Y::::::::::::::::/:::::::::::::::i    思われます。
    i:::::::::::::::::::::::::::l::::l::::::::::::::::::ヽ:l::::::::::::::::::::::i:::/:::::::::::::::`:::::::::::::::::::>
    l::::::::::::::::::::::::::丶":::::::::::::::::::::;l::::::::::::::::::::::Y::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::ヽ



232やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/18 00:04:08 ID:ZQrF8t/D
                                          また、そのような地位的な面を除外しても、

     /   .:://  /  l  .l   |    ', l.ヽ   ',  ! i   ',. ヽ    「家光が男色的な意味で寵愛している者に、
    /  .:/ .,' ./   |  |  .:::  : .::l !: i i:::::  l !  |   .l  i     個人的恋愛感情から大幅な加増を行う」
    .,'  .::! l.  | :. l  : l  ::::: .: ::/!./.:l |::::.  |   l    |  l
    l  .::l  l., .l  ::i ',ヽ ::::| :::i/ :/ /''!/i/!/!l::::.  l  | |ヽ  l  .|    ことは、当然、他の者たちの嫉妬や憎悪を招き、
    |  ::l  |.l  | i ::|'\ヽ' ;:! ::|'l// ' '  ' !:|::: .l.|ヽl l l. ',  |  l   幕府の政治的安定性を考えても危険な事でした。
    l  ::|  l l  l !'.!   \:/   ,z===x !:l:::  l.l i l l ',. ', .l  |
.    |  ::l  | l  !ヽ':,z=-   ,    ,, , ,  ' |::  l.| /:::l l i i .| .l    また、立身した本人達からしても、
    l ::|   l l  :\ヽ , ,,   !          ! : .l.レ:::::: l.l | ll  |    この男色関係による立身は、裏を返せば、
.    | l   | ! :::::l',             l :  ,'/l:::::::: l.| l | l    家光の寵愛を失った瞬間、全てを失う、
     l |   l  ::::::|::'.,           ,|  .//l:l::::::::. !l | .l |    ということでもあったのです。
.     l. l   .| :::::::l::|_ヽ、_ ` 、´   /.l  ,'.,'::::l:::::::::. l l | .l
     l. |   l_...: - ''"´`.,ヽ 、!  ,. '   _!  i.,':!::::l:::::::: :.l! l .|     酒井重澄への処罰は、その端的な例として
     ,! '‐ '''"       、ヽ ,゙i  ,..、-''' l  l l';::';::::l::::::: :: | | l     近似の立場にあった者たちへの戒めでもあり、
    /          ,、 \. ゙i / l  .|  l | ヽ';::::';:::::: :: ','l |     また、他の者たちへの慰撫的な要素もあったと思われます。



234やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/18 00:07:50 ID:ZQrF8t/D
    /  /  /      ,      、  ヽ ハY⌒ヽ、
    ′ 〃 /  /   /       ',   i'  |ハ、  |
    i  /{  ′ / / ,'          i   | ノ|´`| i |
    | ' }V   ハ i |      /   l   |,′|  | l |   そして、この時期の宗矩にとっては、
    | i |,|   {NVヽj、   イ ノ  |  リ ,ノ|  | l |  このことは、あくまで他人事に過ぎませんでした。
    | l {.|   |  `   {ヽレ'/イ .ィ ノ  /く  |  |  .'
    l | !'|   |      ! ′ '´・'イ_r‐{,ノ  |  j  |    いずれ、柳生家の命運すら揺るがしかねない
    ', l |ハ   !、 、_     /^〈 ヽi 〉 | |  ;   大問題になるとも知らずに、ね。
     リ | ∧  Vヽ    ̄ .ィゝ'     /   i|  | /
      ノ ̄{'}ヽ. ',弌.¬=´/   x≦、__  l  l /    …ふふっ。
    〃  |:| }  }、 `Y}' 〈  ,/  {:} ハ |  l'
   /′  |:| |  | \jノ>'´ ̄ ̄ ̄! j:j' | | ′
   /      !:! ノ ノ_,.イ^ハ      | |:|  | |



241やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/18 00:14:46 ID:ZQrF8t/D
       _人人人人人人人人人人人人人人人_
       >   ゆっくりしていってね!!!   <
        ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
         /      .\
         ( rデミ     |     ____
         l `ー′ /でン |    /      \
         l   、 .ゝ   |  /  rデミ    \
        . {  ヾニァ'  |/     `ー′ /でン \
          {       / |      、   .ゝ    |
     ,-、   ヽ     ノ、 \     ヾニァ'   /
    / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/><        ┌、 ヽ  ヽ,
   /  L_         ̄  /           _l__( { r-、 .ト
      _,,二)     /            〔― ‐} Ll  | l) )
      >_,フ      /               }二 コ\   Li.‐'
   __,,,i‐ノ     l              └―イ   ヽ |
   l                            i   ヽ.l  

                                    つづく



242やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/18 00:15:24 ID:ZQrF8t/D
 てなわけで、ここで一区切りでございます。
今回も遅くまで御付き合い、ありがとうございました。

 …いや、思ったより掛かりましたな。
2分割して正解でした。
全部やってたら、2時か3時まで掛かってたんじゃなかろうかと。

 今回の前編は、今後の為に主に家光周辺のことについて書きましたが、
次回の後編では、柳生家を中心に書く所存ー。
ベタの続きになるので、「その21」のままでー。

 よろしゅうです。



関連記事
[ 2018/03/06 16:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する