FC2ブログ

やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その21「十兵衛の致仕の巻」 後編

267やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:05:45 ID:VLHqjlaQ
       / _ `V´_ /  >‐     ‐ミ 、 ヽ、
      ″ ´ _,ソ´ ̄/  /        ′\ \ \
     //  / 〃i \/  /  /  ′   i|  l ヽ ヽ Y⌒ヽ、
    //  /  ,″ \.′〃  ,/ ,/    l|  |  ハ  Ⅵ、`ヽ|    皆様ごきげんよう。
   //  /  {{\ .′ {{、_i{__ j{    l|  |  i |   !| |  i |    前半では出番の少なかった私ですけど、
   ' ′ .′  '}}\`i  {{ハ 人 `ハ.   リ  |  l | /' !| |  l |    今回は頭からの登場になりますわ。
   |i   {    〃f⌒|  亥f芹ミ心{リ、 i| /jオナメj l,'  !| |  l |
   |l  :   |i八 (|  i{ 込_ク    Vル'´rf斧ミ刈  ,リ| ! !    当時の家光周辺の状況については、
   |l.   、  |l  iヽ|  |{、         {   込,ク ' ソ  〃 ,′//    先に書かれた話の通りでした。
   ヾ.   \ |l  l |i l |i |             ・彡' 〃 / //
     \、  '|l  l |l | !',j               /イ 〃 ,′//      なので、ここからは
      }i  |l  l |l | !∧    ` ー     イ l {i / //      「その頃の柳生家」を中心に
      |l  |l  l |l |  ∧、       /´!´ i    l|′//       物語っていく事になります。
      |l  |l  l |l ∧ l l| >--- イ| |  ! l  l|i l i
      リ   |l  l |l ′i  l|[>‐r‐<}| |  ! l  l|i l |        では手始めに、
     〃  |l  l | i/|  ll`冖岔冖´| |} i l  l|i l |
    〃  ,/!l ,r≦| l  |  l|_{_}_! {`ト{ i  l|i l |        「宗矩はどのように家光に指南をしたのか」
    {{   {{/ .\刈/|  リ  /{`V⌒ ヽV' リ   リ≧x|_
   ,r┴‐r≦、    ヽ \l /' ∧`〈/´⌒ , ∨ |  / // ,  `,     についての話から始めますね。
   |l `ヽ \\    \レ'、 / ∧/ /¨二、 }i リ / // /   |



268やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:06:57 ID:VLHqjlaQ
 さて、時は戻って元和七年(1621)。
家光に新陰流を指南することとなった宗矩だが、
当初の教授方法は、秀忠へのそれと基本的には同じものであったと思われる。

                / ̄ ̄\
               / ⌒  ⌒ \
               | (⌒)(⌒)  |   さ、家光様!
_              |   (__人__)  .|   それでは打ち込みを始めてくだされ!
\\           │  `⌒´   .|
  \\          .|         |
   \\         丶       /
     \\         ヽ      .ノ
      \\.      __l     ヽ_   
        \\.   ,/          \   
         \(⌒,´          ヽ、二⌒) .))

     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }   ああ…本当に力いっぱい打ち込んでいいんだな?
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }
    |! ,,_      {'  }   「構いませぬ。存分におやりくだされ!」
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
       徳川家光

 だが、秀忠の時と異なる点もあった。



271やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:07:59 ID:VLHqjlaQ
                                      ___ _
                                  -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
                              ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                            r(:::::::::::::::::,、_ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::
                r‐、   r‐、       ゞ, rr~ヅ   ミ::::::::::::::::::::::::::::::   よし、わかった。
          _,,_      ヽ ヽ  ! l       フハ       ミ:::::::::::::::::::::::::::   じゃあイクぜ、十兵衛…!
        __,,-r‐' ,r''''ヽ. _,,,,_ ヽr' ヽ !'´ !      .l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::
    ./´ ;  ,'    /} l、r‐、! >  l  !       〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::
  ______!  ; ,'    / }_`l¨''__>、____l_/¨ヽ._ __/   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ::::
//7X/ !  ,     / {XXXXXXXX!____,ノ |_!l__/..             "´ 2ノ/ l:::
ヽーーi '  ,    /   ヾ''''''i'''''''''''''''''''',r'’ /──ヽ.ニ,`           __/ :l::
    !  ,   ,r''' _,,-"´ l   , ' /     !       'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
   ,/  ,   _!,,/     ヽ _    、__,ノ`\    〈..        /:{      ヽ
  /'       ;!         `ー-、` 、 ヽ    \、   `}     /:: ! i'''‐‐‐‐-
/´       ;!            `ヽ、ヽ ヽ   `\ 丶、,、. イ::::::    ! _,, -
       .    ;!                丶,   _,,-‐'''''''''''`ヽヽ ∠_     `、
      :    ;!               ',,r''´         ヽ、  ヽ、     \
      :   ;!             /             ヽ   ヽ

   ____
    \ :\
     \ :\
       \ :\
        \ :\
         \ :\
           \ :\
             __\ :\
         /    \ :\   どうぞ、存分にお打ち込みくださいお!
       / ヽ、_  _.ノ \ :\,、
      /  (●)  (●)γ⌒ゞ7
      |     (__人__)_/ ヘ__ソ `)
      \_    ` ⌒/  / ゞ、久>、
       / `ー---ー"′ _/   \   \
       ヽ         /   /ヽ\   )
         i ``ー--ー"´     /  ヽ、__ノ

 打ち太刀を勤める歳の近い少年…即ち、十兵衛の存在である。
時に家光18歳、十兵衛15歳。



273やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:10:35 ID:VLHqjlaQ
       ______
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i  アオオオーーーーッッ!!
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |
 |'. (|       彡|          |)) |
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i
  ヽ_|        `         .|_/
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |

   ____ 
    \ :\三                  ____
     \ :\                 /: /
       \ :\三            人_,//
        キ人_,/ バシッ      三/)  て ビシッ
        )  て\       /: /´⌒Y
        /´⌒Y,. :\   三/: /
             __\ :\キ/: /
         /    \ :)  て バシッ
       / ヽ、_i||i_.ノ /´⌒Y,.      せっ、やっ、ほっ…と!
      /  (●)  (●)γ⌒ゞ7
      |     (__人__)_/ ヘ__ソ `) ))
      \_    ` ⌒/  / ゞ、久>、
       / `ー---ー"′ _/   \   \
       ヽ         /   /ヽ\   ) ))
         i ``ー--ー"´     /  ヽ、__ノ



274やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:12:22 ID:VLHqjlaQ
           , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
          | |,,_   _,{|      ,..、    …やるじゃないの。
          N| "゚'` {"゚`lリi    _,,r,'-ュヽ  じゃあ、もっと思い切りヤらせてもらおうか。
 ビ リ      ト.i   ,__''_  !l  ,イ彡く,-‐' ゙i,
  __,,, :-―, /i/ l\ ー .イ|、― ´ ̄`ゝニ'ィ,〉
,:f^三ヲ,r一''^ニ´、、_`ーァ ̄ヘ>'" ,,..,,、  /lトィヘ
ノ ニ、゙リ  ,..,,   ``''ヽ,,,  ''"´   ゙''ヾミ,r/:.l:.:し′
,ィテ'J´,,..::;;゙i,     ,;,, ;;; ,,;;       ,frア:.l:.:ヾ
リ:.:.:.{'"  ,ィト.     ';;;;;;;;;;;'      ,!;V:.:.ノ:.:.:.:
:.:l:.:.:.ヾ='":.:.:l      ':;;;;;:'      ,;;/;;:.:/:ノ:.j:.:.:.
:.:l:.ミ:.:.∨:.:.:.:ヽ、    人__,,,;;;;;ノ/N/:/:.ィ:.:.:.
:.:ト:.トミ:.:ヽ:.:.:.:.:ト-―テ" ⌒ `ヾj ::;;;;}/:.:.:.:/:/ ヽ:.:
:.:ト、:.:.:.:.:ヽ:.:.:.l   ' -:十:‐' ゙l,  〃:.:.:/:.リ  ゙i:.:
:.:l:.:ヽ:.:.:.:.:ヽ:.:.l   t,,__,災_,ノl  f:.リ:.:./:.j ,イ ヾ

       ____
     /      \      家光様、
   / ─    ─ \    とりあえず脱ぐのはやめて、
  / -=・=-   -=・=- \  しないを持ってくださいお。
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /



277やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:14:12 ID:VLHqjlaQ
                   ,,,,____,..-'''- ...,,__
                 /    ヽ    __  ヽ、
      , -ー- .._     /          {_^ ヽ、}
    _,‐'      \_,,/         i____}二  /    さぁて、それじゃあ本気で
   r´    ,、    ;ヽ      、____,..''"   {___ノ     イカせてもらうぜ…!
    ゞrr-'''" ヾ .r 、 ヽ,     ,,   |           (↑聞いてない)
    { /rィァ リメ、_ノ=、        |
     `i      }_,,__   /      \
      i´ヽ''´  /ヽー―、i     |   \_
      |  ヽ-´ ヽ   ヽ_,,,,/       \
      |      ;__,,, _/ゝ  __,,,,       |
      ヽ、__   ノ ヽー――フ___"'-,-'{^~ヽ |
        ヽ、     ゝ--、 |    〔 ノ   | |
          \_i      ~"''' ‐- __〕  /  |
            \____          /  /__
               ~""''' ‐-‐ '''""~   /;
                   /        //
                  /       /
                  |      /    /
                  |     ,,;     /
                  ヽ、        /
                    ヽ_____  /
                      ー――´
          ____
        / .u   \   
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\    /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /



279やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:16:22 ID:VLHqjlaQ

 俺ノ大太刀ヲ見テクレ…コイツヲドウ思ウッ!?
 アーッ!?


       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(●)(● )   .|   やれやれ、姿勢が崩れておられるのう。
     (__人__)     |  十兵衛の奴も、あの程度で押されるとは情けない。
     .(`⌒ ´     |   …帰ったらまた稽古だろ。
     {         |
      {        /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ
                            \
                    宗矩…宗矩!
                            /



280やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:18:11 ID:VLHqjlaQ
           ,.. -──- ..,_
          /        \_
        /`'ー─-、-─'''二二__ヽ
       |´ _ニ-‐´ ̄ __   |
         |´  __ニ二..,,,,__ ̄ ̄}
  ヽ`'ニ-、_レ' ̄   ‐、 /    ̄ヽ{_,.-‐'´/  宗矩よ、こちらも見てくれんか?
   `l  `ヽ'‐'T'‐- _ |  _ -‐-、__/ /! / 
    `l,  <.| l____・>‐<・___/ .//  /
     `l、 ヽ|   -‐´ |、`‐-  ./ | /
      `l_|     lノ    /_,.‐'´ ̄`\
    _,.-''´ヘ l'、.  ´ ̄`   /´-‐__,..-‐ 丶.
   /´  ̄ ̄\L\___ ,...-‐´ ̄ ̄      ヽ
   /      / ̄    ̄ ̄ ̄ ̄\
   >、    //             ,..-‐'
 ̄ ̄7 \  | ヽ         _,..-‐'´
   \  \     -─一´ ̄
          徳川頼宣


       从火乂YハYY从マミシノ  ト、=彡  
      乂从八八乂从仆爪〈く{{从リ小从イ 
      爻八乂乂爻'⌒⌒``⌒`ヾ}ソ'⌒`V 
      爻从乂八ミ             }.  
      スrrヘYハミ             {     師よ。
      イ{{⌒ヾ{ミ、 -‐=‐- ニ二, , {ノ,斗rz!.   私の打ち太刀だけでは、
      ノ{{V(し个   ーfモテラッ'' ノ rZfテア/   頼宣様も得心しきれないかと。
       八ヽ      、_`,,__´   〈   .i
      イ介ー}            〉  ,′    どうか私にも合わせてご指導を…。
        ((ノノ ト、.         ´イ   /
      ,-rf爪∨  \    =ニこア /
  __, -‐く  八  \   \      /              /
`V厂\.  \  \   >ー≧ー‐ァ〈V⌒>くこ≧ニ==―-<
_ノ`V⌒\   \  ` <二三二ニ彡' 〉}⌒>厂\{<⌒ヽ   V. /
  .八   )、   \       / }厂 /  /   \ノ    V
}}V 个ーく≦二>、 ` ー-   /  / /  /      人`丶、 {
V ∧}}リ }リ}リ}リ} //≧=‐- イ.  / イ  /     /  \ \
' ∧ ∨/小リ}リ//リ}リ}/^}ヽ {__// / `V       /     ∧ ∧
              鍋島元茂



281やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:20:45 ID:VLHqjlaQ
   / ̄ ̄\  そ
 /   _ノ  \ て
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)    おお、これは失礼を!
  |      |r┬|}   そうですな、それでは、
  |      | | |}   打ち合っていただけますかな?
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

 そして、この家光の剣術の稽古には、相伴として紀州徳川家の徳川頼宣、
また打ち太刀として十兵衛以外にも、宗矩の高弟である佐賀小城藩主・鍋島元茂、
及び、木村助九郎が「毎度登城し」参加していたという。
(ちなみにこの時、元茂はこの打ち太刀により、家光から終生一千俵の下賜米を賜ったという)



282やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:22:08 ID:VLHqjlaQ
    /  /  /    /    }     |\        |
   /  /  /    /     __/      }  \     |
 /  / /   __/      / }       }   \  |
/ / /__,‐-''´ ̄     /   }        }     \|
/ / ̄ ヽ  //    /  o  /  /____|
/   _  ( /   /   / /   \
______  ̄~ゝ‐-''´ゝ、、/_/        \
\`ヽ_  ̄o〕 |彡     ̄  _/~~\      \    よし!
.//\ ``''''''´ |//      /  )   \    /  
/// //ヽ   |   / / /V /~ ̄ }  /    では行くぞ、元茂!
./ /// ///}  |_// _//  /~|     } ./    
./// /// /\ <~....ゝ <_ /  i    <.     
// /// /// /\ \   {_ {   i   <  \   
. /// /// /////\ \ <_ {     / /  \
.// /// ////// // \ \ |\‐-''´/      \
/ /// ////// // /// /\ `''-‐/         /
/// ////// // /// /////´´~~ ̄~`'''-- - -  /     /|
./ ////// // /// ////,,‐-''´~~`'''-‐,,,___  /   /   |
.////// // /// ///‐-''´~ ̄ ̄ ̄       /  /      |
///// // /// //       \      //        |
./// // ////     \     \               |
// // ///   \     \     \             レ

                      N. /ヽ_i'ヽ ,、
                   lヽr';;`';;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;';;;;;l_N
                  N;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'|
                、l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Z
               、ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;' 'z     応!
      _ - 、-―- 、_. _ヽ;;;r―--- 、;;;;;;;;;,, -rr―''' Z;;;;;Z    参りなされませい!
_, -'~`-' __;;;;`- 、__;;;;;/`ヽ、;;;l      /λl"      |;;;;z__
;;;;;;;`i、 ヽ;;;;;;;` - 、;;;;./___<;;|      ` `       `l zヽ. \_, -―- ,,__
;;;;;;;;;;;;;`i、_;;;;;;;;;;;;;;;;_二_ Z__| ― -- 、_   _,, - - .,- i|.アノi _/;;;;`;;―- ,,, `r-、_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`i、_;;;;/    ~`-i~ | ヽ` --'_`   ' _` - '_, ノ// |/;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;_`_、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ .ノ  ;;__    ヽ_`_  ̄   l     ̄   rノi l__;;;;;;;/;;;;;;;て~ ̄;;;;;;;ヽ
-''`、_,-、;;;;;/  r'    ~` -、_ノ `i     l |      /  /;;;;;;;;;/ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;`i;;;;ヽ_,,,,ヽ
;;;;;;; );;;;;);;|  `l ~ ̄._   ノ.l   r'.、     `      /i  .r';;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_|_ ____`i
ヽ_人;;;;/;;;;|   i   ~ - ,人___i'_.ノヽ   ~ - ̄  / .`i_ /;;;;;;;/ __,,, -― ''''  ` -、;;;;;i;;;;;ヽ
_;;;;;;;;;`';;;;;;;l     - ,,,, ノ  /__  _ `r - - ''     /;;;;;i. |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;, - '"~~ イヽ `i;;;;`i
. ̄` ―--` 、_      ノ r'~`-i. ヽ__,, - .、 -ー     /;;;;、 l. |;;;;;;;;;;;, - '";;;;;;;;;;;;;;;/"/~\__ヽ-ヽ
    __  `―r-―'';;;;;.l   ヽ  (    \._     く_;;;;ヽ i |;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/_ -  ̄ ~  ̄ ̄
  /~   ` - 、_|;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、   \ ヽ、    ~` ―- _ヽ;;;;ヾ__,,,,,,, -―'''―"_,,,_ _,,,
r'~       __,,,|;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ_ヽ   ヽ  ` 、        ~`--^-,,___  r'~ ̄`.、r';;;;;;;~`、;;` 、
      , - ' /ヽ;;;;;;;;;;;;;;; r'::::ヽ` -  ` 、  ` 、_          ヾ,,ヽ `i、_;;;;;;;人_;;;;;;; ノヽ_ノ
     /   i  `i;;;;;;;;;;;;;;;i_::::ノ |\ヽ  ヽ   ~~ 、         ii |;;;;;;;;;`;;'';;;;;;;;;` ''";;



283やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:23:34 ID:VLHqjlaQ
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ⌒)(⌒)
. |     (__人__). rm、   おお、頼宣様、その調子でございます!
  |     ` ⌒´ノr川 ||  ただ、今少し、足が崩れておりますな。
.  |         },.!  ノ'  軸足をしっかりとお立てくだされ。
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´

       ____
     /ノ   ヽ、_\      ち、父上!
   /( ○)}liil{(○)\    のんきに笑ってないでお助けくださいお!
  /    (__人__)   \  家光様が股間の大太刀を振るってこられるんだお!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |  十兵衛の袋しないじゃ太刀打ちできませんお!
  \    |ェェェェ|     /
  /⌒ヽ    ー‐    ィヽ
 / rー'ゝ        〆ヽ    「む、そうなのか…?」
 /,ノヾ ,>       ヾ_ノ,|
 | ヽ〆         |´ |



285やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:26:31 ID:VLHqjlaQ
     / ̄ ̄\
   /    _ノ  \
   |    (● )(● )
.   |     (__人__)   十兵衛…
    |      `⌒´ノ
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ


      / ̄ ̄\      |
    / \  / \    人
    | (=) (=) |   ̄ .Y  ̄
    |   (__人__)  |    |
    .|   `⌒´   |       ガッツだッ!
    .|        .|    
    丶       /
      ヽ     ィ、   ∩て_
  ;'⌒ヽ        ヽ、{三)(
 /              . `/
 (  _/       l\、 ;′
  \, `ヽ.       i    ̄



287やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:28:24 ID:VLHqjlaQ
      ノ L____
      ⌒ \i||i/ \
     /(◎)}liil{(◎)\
    /   (__人__)    \    「ガッツだッ!」じゃねーおッ!!
    |     .|!!il|!|!l|     |
    \    .|ェェェェ|    /l!| !
    /     `ー'     \ |i
  /          ヽ !l ヽi
  (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
   `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
              レY^V^ヽl
                           \
                      十兵衛…
                           /



288やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:30:31 ID:VLHqjlaQ
         |                              /
  な そ     |                            ,'  い. そ  中 .俺
  い り     l                   ___      |.   う  の  断 .の
  だ ゃ   〈                 ,ノ' ´    ` ''ヾ、 |   .の ま  .し  楽
  ろ あ   L_             /            ヽ |   か ま  て   し
.   う      厂              }f^'^^了t^'^'`'ー1  l |   い 逃. お  み
  ?     /                |L_ ! ___ { ,..、|  〉  ? げ .い  を
\      /                 }f'tr'i  ''^'tォー` }j/i' |.     る. て .
  `ー一 <_____            l.| ´ |    ̄  vijソ. |     っ  
     /     u  \          丶 └、     Fイl  \    て
    /      u ((○))           ',  ‐--‐  ,イ ヽ   \         /
  /     l_j    (__人__)           ヽ `''"´,/ !  ^|、      ̄ ̄)厂 ̄ ̄
  |          |r┬-|   __,,、-‐'/'二二,」、'...ィ'        `ー- 、..__
  \    u     | | |  /   `‐- _ ′!    /  !  _,..、 ''"´  ``丶、
    \        .| | |__/  _   ヾ    ̄`` r┴'''"´ ̄   -''゙       ヽ.
   _、-''|      /└ー┘ ,`´  ̄\へ    ,i          i′         ゙;
=ニ´_   j i    /  i′/ / /  ィ‐-L.._\  ,!          :l           i
   `ー 、_'   _,,⊥-ヽl'' { j= r′   `ヽ、 l           ' 、       .::|
        ヽ '´      \ヽノ .ノ         ヽ|              ゙!       ::::|



291やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:33:35 ID:VLHqjlaQ
    〃                 i,        ,. -‐
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈    /     .⌒
    !  :l      ,リ|}    |. }   /   .や  続
.   {.   |          ′    | }    l
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<    |    ら  き
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|    |
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|   |     な  .を
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ     |       `-´
.    }.iーi       ^ r'    ,'    ノ    い
     !| ヽ.   ー===-   /    ⌒ヽ
.   /}   \    ー‐   ,イ       l    か
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\       ヽ


       ____
    /::::::─三三─\
  /:::::::: ( ○)三(○)\
  |::::::::::::::::::::(__人__)::::  | 
   \:::::::::   |r┬-|  ,/
   ノ::::::::   `ー'´  \



292やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:35:54 ID:VLHqjlaQ
 そして、しばらくして…

       |  ! ○⊂二⊃                |  |       |
      | │                   〈   !      人
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    |
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !     ふう…いい汗をかいた。
    ヽ {  |           !        ○  |ノ  /     今日も楽しかったぜ、宗矩。
     ヽ  |        _   ,、        ∩  ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙      | |  .レ'
    |    `!                 ∪ /  ツヤツヤ
    人     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
  ̄ .Y  ̄    |\      ー ─‐       , ′ !
    |       |  \             /   |


   / ̄ ̄\
 / ⌒  ⌒ \
 |  (⌒)(⌒) |     はっはっは。
. |  (__人__)  |    ありがたきお言葉。
  |    `⌒´  ノ    宗矩、光栄の至りでございまする。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

                      父上…身体よりも主に精神に大打撃を受けた
         , -─‐──‐-、    嫡男はスルーですかそうですか。
          /        ゚    \  あんまりですお残酷無残ですお。
       / ;  ゜      °  \
      l  U      ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ ヽ、
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;    u.    ;   |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
        ゝ。((-‐)  ;;;;;;;;;;;)::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜



293やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:38:13 ID:VLHqjlaQ
     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }     次の稽古まで少し日が開くが、
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }    それまでは十兵衛を借りるぜ?
    |! ,,_      {'  }
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \

       / ̄ ̄\
      / ⌒  ⌒ \
      | (⌒)(⌒)  |  
      |   (__人__)  .|    どうぞどうぞ
     │  `⌒´   .|  十兵衛、しっかりとお相手を勤めるのだぞ。
      |         .|
      丶       /
       ヽ      .ノ
      __l     ヽ_   
 .   ,/          \   
 (⌒,´          ヽ、二⌒) .

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\      ひでえっ!?
  /    (__人__)   \    ま、また明日もやるのかおっ!?
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /



295やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:40:55 ID:VLHqjlaQ
    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<     …では、ご苦労であった。
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|    俺は休む。
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|    お前たちも下がっていいぜ。
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\


         / ̄ ̄\
       /    \ /\
       |    ( ●)(●)
       |     (__人__)     ははっ。
         |     ` ⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.



297やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:42:08 ID:VLHqjlaQ
   / ̄ ̄\
 /       \
 |::::::        |
. |:::::::::::     |
  |::::::::::::::    |   ……行かれたか。
.  |::::::::::::::    }       
.  ヽ::::::::::::::    }       
   ヽ::::::::::  ノ        
   /:::::::::::: く      
   |:::::::::::::::: \
    |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●)     十兵衛、ご苦労であったな。
.   |     (__人__)
    |     `⌒´ノ      だが、お前がいることで、
   .l^l^ln      }     上様も稽古に張り合いが出るようだ。
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ       すまぬが、これからも頼むぞ。
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

         ___
       (⊃      \
     (⊃ ._ノ  ヽ、_ \     …まあ、仕方ないですお。
    (⊃  (ー)  (ー) u.\   これも修行だと思って、頑張りますお。
   /|     (__人__)     |  
 /  \____` ⌒´    ./    でも全裸だけは正直勘弁して欲しいですお。
(               \
 \_ |            \
    ヽ|          ト、  ヽ
     ヽ         | >   )



298やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:44:22 ID:VLHqjlaQ
      / /             | |             \{|:::::|    `l
     /   /  /   /     |    | |ヽヽ     l        ヽ!::::!     |
    / //! /  l.    |     ト、 ヽ.| | } |      |     ..:  ヽ:::|    |
.  ./;// | /  /    | ト    `l、  / |  | `!    |   .:::'''  / ∨    |
. /// ././   |     | |`、:l  | ヽ/ |、 | |    .|....::::'''  /  |     |
..//! ! | | |   | |     | | .`、ト、 | /__/、| | .|     |::"  ././     |    .|     宗矩殿。
.|:| | | | |/  .|| |、|   |'i |  ソ ヽ}   ヽ|ヽ ト |  l  .|, ―、,/   ..::|      |    今日もご苦労だったな。
.|| .| | | ||  |ヽ| リ`、  |ヾ|  _,,,、-=ー'''ヽ|-ヾヽ:|. .|  |` /´ ヽ、 ..:::::::::::|    .|
,リ. ||.| | j|  ト ___,,,_ヾ ヽ lー"´ y-r_ァテ≫  |.ヽ|.!,|  | /_ニ ヽ}.:::::::::::/|    .|     そなたの稽古は、ことの他、家光様にとって
.  リ.ヽ | | | |´,,,,.._、,_\ ヽ  "  ` "´    |  ,リ|  .|-、::::`ヽ |::::::::./ .|      |    楽しみになっているみたいだ。
    ヽ| | | |《弋;ソ'´l ヽ `、         |.   |   .| _ノ:::/./:::::::/} .|   ; |
     lヽ:ト|  |    /   ヽ、\       ,!   .|   | ヽイ. /:::::: /.|| /|   ;;  |
     |l|.ソ.| .|    ,'      ̄       |  /   |: : : : /::::::::/ || |||  .;;;  |
    リ|  .|  ト  l   __          |  |  ./! ̄、´::::::::/  ||//|  ;;;;  |
    ツji  .|  |ヽ  ヽ、´:::-゙          | / |/ /    ソヽ:/  ||/ |   ;;;;  |
   /リ|  | ,|| .!、   ``  ____      .|/    ./    リ j l  ||  |  ;;;;;  |
   ||:||  | .||/ `、   ´ー '´         /      .| |  ||| |  ;;;;;  |
   |リ.|   |/    ヽ    "゙´                  |/./!| |  ;;;;;  ||
   | ! |/         \                      |/ | |. |  ;;;;;; |.|
   | |           ヽ       /               ! .| | .|  ;;;;;  | |
                  ` 、_ イ     /       、   l| | | |   ;;;;;;  | |
                         |   /         |   || .||  ;;;;;;;;;; | |
                       |  /            }   !/  ;;;;;;;;;;; .|  |
                    / /            /    |  ;;;;;;;;;; |  |
                  酒井讃岐守忠勝

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)     これは酒井様。
     |   ///(__人__)    もったいないお言葉でございます。
     |      `⌒´ノ
       |          } \
     /ヽ        }  \
   /   ヽ、.,__ __ノ     )
  /        .   | _/



300やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:46:41 ID:VLHqjlaQ
          _..、.._ -─‐=¬==‐-、_
       /´::/:::::::::;,:::::: ::::::::::..、:::::.. `''、
       r::_r':::::::;:;/:::::r .:::::: ::::.. ヽ:ヾ:  丶
       〃:::::::;:;i〃::::.::/ .::li;::::.ヽ:::. \;::.  ト、
      /::;:::::;:i:;i/::::/.::;l .:::ll;::.:::. li;::::.、.. `,i::、.;. 丶
     l|;::i::::;:i:;l/::::/.:::;i} .:::l!::..|::. ト;:::. i;:... l;i:::i. 、::.ヽ     家光様は、普段、将軍家世子として、
   .  {l:i:;:;::;i;lイ::::::;::::i::li .::::、:..li::/ヽ:::.ハ:::.ハi;::l:. ト、::`,    数多くの学ばねばならぬことに追われておられる…。
      l|:i:;:i:;i:l:li::::::i;:::l::|l、::::l|;::.}:! |ィーy' V:::::.i ヾ:}
  .   li;:l:i:;l:;l|l:::;::li;/V_ヽ::ハ;::::}〃ィ=≠=、Y;:::::l.  }:l    そのような日々に於いて、
      ヽl:i-、|l:::i;:ィ;≦iラヽ ヘ::::ヘ `ミ垈:タ |l:::i::|  リ    力いっぱい打ち合える剣術の稽古は、
  .    `|丶|l;::l;::iゞ:坐タ '′ 、ヘ.     |ll:::l::| ´    良い気晴らしになるんだろう。
    .   1ヒ: |li:;li::|        ! ゙丶   llll:::|::i
       /ヾ_ll;i:;li::}       、 '   、  ハll:::|::|      便利なものだな、「袋しない」というのは。
      ∧{ l;|l;l:;l:ハ      _ ..-='..タ  /l ̄``゙
 .     ∧l l;:.ll;l:;li;i::;\    `ー ´   / il\
      l}:::i| l;:.=-‐'゙ ̄丶- 、..__    .イ .|  .\
     ハl::i| l;::i;:i:l:;夂少ハ    ̄` ´   |    ヘミlヽ
     |l:::i;| |;:i;;i:{:;i:;夕/  {        |     }堂盆z、
     /:::;i;l| |l;;:i:{::i::}:;/   Y        /    1国型香坐≡==‐--、
   /:::;i:;i;l」_|.z=≡/    lヽ=-、.__,..x-=/     | ̄`ヽ=≡苑型国ミ/ ヽ
  /:::_,x-=盆苑国/__ ∧:::::::::::::::::::::/ _____」          /   }
 ./::/香国苑彡=  毛/ ∧:::::::::::::::/ ヽ、物     /        {    l

          __
         /   \
       / ノ   ヽ_\
      | (⌒) (⌒) |    そうですな。
       |   (__人__)  |    大御所様が我が新陰流をお取り上げされたのも、
       .l    `⌒´   |    それがあるのやもしれませぬ。
       {         |
        {        /
   ,-、   ヽ     ノ、
  / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/ ヽ,
 /  L_         _( { r-、 ヽ
    _,,二)     〔― ‐}     |
    >?_,フ      }二 コ\   Li



303やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:49:05 ID:VLHqjlaQ
               __,..__          
       _,.r-‐¬≡三゙:::::::::..`''..、_        
     /./.r:::::::::::::::.\:::::::::::::::::...丶久f:}    
   /.::;/..:::i.:::::;、:::::l;:::::..ヘ::::::::::::::::::::::i} l:::1    
.  /..:::::;il.::::;l..:::::;;;l::::|;;i::::::..}::::ノ;::::::;ィ'^|} |:::|    
   |ハ::::;;i|.:::;;|..:::::i;;ト;:lレl∧:ソY;;;;::l:::::::::/;li l::::l    
.   ! {:;;l{:∧ハ.::::lv_.二ニ=‐|;;;;i::l:::/;;;;l}l.|;:::!    これからもよろしく頼むぞ。
     `!i{‐-_、ヘ:::}´ィr;z=ャュ |;;;;l:|´ };;;;;;l};l.li;::1   俺もまた、しばらくしたら道場の方に行くからな。
      l;;;i《屯ハ ヾゝ `¨´ " |;;;;l:| , |;;;;;ノ;;|.|l::::! 
.    l;;;l;l"  ,   `     |;;;;|:|_,ノ:ソ|;;;;l.|;i:::!   (※ 忠勝も宗矩の門下に入門している)
    |;;;;l;{  /          !;;;il:l |'" |;;;;l.|;;l::1    
    |;;;il人 `ヽ       ノ;;;ill:l l  |;;;;l.l;;l:::|    
    '" ̄¨ゝ マ三>   ,/"¨´ ト、. 1;;;l.l;;;l:::|    
.        ヽ "  ,.ィ    / ヘ;;;;l.l;;;l::::!    
          ` -<    /    ,/ミミゝ;:!,.      
       _,=≡/ 人  /´   /ムホfヲ苑盆z、      
     _,xl盆fホ/  /`  /∧   /      ̄`ヽホミz、_      
    ,xタ壬シ'¨く_  ヽ.//タ ゝv´   /    f ´     } 

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |    ははっ。
. |  (__人__)  |   お待ちしておりまする。
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }    さ、では帰るぞ。
.  ヽ        }   十兵衛。
   ヽ     ノ    
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)
                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /    わかりましたお!
 /   ///(__人__)///\ / `   /    父上、帰ったら稽古にお付き合い下さいお!
 |       `Y⌒y'´    |   /
 \.       ゙ー ′  ,/  /      「うむ」
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |

 ── 初期の頃の宗矩による家光の稽古の光景は、概ねこのようなものだったと思われる。



305やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:51:47 ID:VLHqjlaQ
            -‐==ニニ==-、
       ,. -=ーv'    -‐===‐- 、 \
       / '//癶 / /       ヽ ハ
.      {// //' /  / ' イ       V小/`\
      | i'/从/  / !{ l         ii {ミハヽ  }   さて、ここで解説ですわ。
      | { } }i {介マトN、 {/}ハハ不 }} {ミi } }  !
      | | 川 f斤元  }ノ 斗ミ从从 {ミノ {  |   まず、宗矩が行った稽古なのですけど、基本、秀忠の時と同じで、
      | | イ'^! !ゞ=='   }   {ム'フ'〉j | /  |   |  新陰流の「袋しない」を使ったものだったと思われます。
      | | 八ハ. | "        `¨ イ {ハ.  |   |
      | | }| l小{   、- 、    / ,'イ   |   |   しかし、秀忠のときと異なる点が大きく2つありました。
      | | || l i少、   `ー'´  / / / }   ! ,/
        j,ノ || l i } |7`ヽ..  イ { / /  {  | {    1 : 状況の違い
.         || i i | | ̄`ヾT卉'イ/ /   l   | |    2 : ”仲間”の存在
   /⌒ー'T¨下´}ノ    Y  {/ート、__!_」_/
   / l    ||  | 广>、____j_,.イ  {     l |     これらを軸にして、宗矩が行った稽古がどういうものだったのか、
  ,' l   ||  | 〈   }_」二.___ノ   }   l |    推察をしてみようと思います。
  }     ||  | { ̄ / \  `7  |   l |
  |     ||  ヽ `ー'′  \/  |   l |



306やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:54:02 ID:VLHqjlaQ
            / / .:.:.:.:/  .′ | i .:.:| .:l  .:.;.:.:./:.:/!:.:,:.:.: .:}′ .:.:} } ヽ/
         /  :/ .:.:.::/″ .:.:|   .:| :ハ:.:ム :l、:. .:.:!.:/{:./-!/リ:.:,:.:/  .:.:.:′|/  .:   まず、「状況の違い」についてです。
.        /  :/ .:.:/ / .: :.:.:|:. :i:.:l、{ V-リ、∨:.:!:{ `' ,-{_V /  .:.::/ /   .:.:/
       〃 / :/  .′:.:./.:∧ :|:.:{ィf斤不` \{リ   イ斤圷″ .:.::/ '    .:.:/    戦国の世に生を受けた秀忠と異なり、
        {{ //   .′:.:./.:/ ∧:V代V:::::ソ   |    V::::ソ′ .:.:〃  .:.:/    家光は、太平の世に生まれました。
      〃 /    i  :./.:/xf⌒{ヾ ¨ ̄        ` ̄′ .:.:/′ .:.:/      そして、「天下を治める」次期将軍家として、
      i :,″     |  :{:/,.:{´ハ  """         """ /  .:.:/ .:.:/|       修めねばならないことが大量にありました。
      | |  /´} ,|  :|/.:..:\、'.     f´ ̄ ̄ ̄`, /  .:.:/ .:.:/  |
      | l  .′ { ∧ :V.:./.:.:./`ヘ    ヽ      / ′.:/{ :.:/:   |        そして、当たり前ですが、
       ヽゝ |   |,/ ∧ :.:∨.:.:/.: .: .:.>、     ` ー ´ i :/イ:.| :.:l:.:   ト、      将軍家世子という立場の人間は、
.           |   l' ./ 〃、 :ヽ/:.:.:.:/ .:.:.>    `   ,| i:.:|:.:| :.:l:.:   | i|      毎日、及び、一日中、剣の稽古ができる身では
    r― 、  |   |,/ {{ :.:.\ \/ .:.:./ .:.:.:.}` ―‐ ´,| .:l:.:|:∧ :.:' ,.:  | l|      なかったのです。
   ノ    ヽ|   | / 〉.:/.:.\ \:/.:.:.:.: 〈工}>x<工| .:i〉j,'.: ゝ、__ヽ__!ソ      (例えば将軍の場合、各種芸能や学問を修める時間は、
.  (ー' ノ、  |   |/  /.:/.:.:.:.:/.: ̄`::{ ̄ ̄`ヽ`V}´x<! :{ ̄`}:.:.:/.:.`ヽ|'ヽ       基本的に午後の政務が終わってから夕方までのみ)
.  `{ ̄ `ヽ !  /  /.;厶- 、;__;>〈     ハ H/  廴ヽ_厶ィ.:.:.:.:.:.:.} }
  /´|   ,'  ´   /  ,'´  /  //   /}     、{ ̄{       ///`>、_j>-、     学問や礼儀作法の数々、弓馬の術、また能や茶など、
  | |  {    ,{   i   /  //   /(___ノ ̄`>、___〉/  //  / ハ    将軍として修めねばならない数々の物事に比べれば、
  | ヽ .}  /   | /  //   /く´     / //   _}′ //  /  '  ',   剣術は、二番手、三番手の芸事に過ぎませんでした。
  ト、 { ソ  /     | ,′ ,{/   // \ / // ___,ノ//  .//  /      !



308やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 15:58:18 ID:VLHqjlaQ
               ____
             /::::/:::::::::::::::::: ̄"-. -.
     γへ.  /::::.:/:::::::::/:::::::丶: : \: : : :\           しかし、普段、将軍家世子として、
     /:::::::::::ソ:::::彡/::::::::/:::: :::!: ::/::::::::::',::::',:::::::::',         毎日を習得せねばならないことに追われていた
    /:::::::/ /\::::l: :l::::│:::ソ:: ::!:::ヽ::::::::!::ヽ:::::::::::ヘ_       17歳の若者にとって、剣術は数少ない
   /::::::://  /:::::::! !:::::::1::::::::!YY─マ:::i i:::::::::l:::::l::::::::::::`!     「思い切り体を動かすことができる」芸事でした。
   /::::::/:/ /:::!;;;;;;V:::::::!::! vムf乙弌i  V  V:::/::v::::::ll::::i::l
  /:::::/:;/ l:::i::::ヽ::ヽ::::::l:il Y^弋鞠i     l,ィY、v iノ;:i.i:i:l       また、宗矩が付く8年前から一刀流を習い、
  l:i:::i::ノ  i:::i:::::ヘ:l:::::::l:l      ̄    :  {也リ y::::::i i:i::i      新陰流を学んだのも22歳からであった秀忠と異なり、
  i:i:::::i    i'+.{ k i:::::::i:i    ""    '   ̄・i::::::::i i::l:l      家光は17歳のこの年まで、
  i;i;;;;i   i::_:::::\_.i::::::::i.i           "" i:::::::::i l/:i      特定流派の剣術を習っていなかったと思われます。
  i:i::::i    l:::i:::::ii::::: i:::::::::ii      r‐‐-,   /i:::::::::i i:::i      (尤も、15歳の時、坂部五左衛門を手討ちにしているので、
  i:i:::i   i::::i::::ii:::::i::丶:::::::ヽ     ` ̄   .イ i:::::::::ii: ::i       青山忠俊辺りから簡単な手ほどきは受けていたと思われる)
   ii::l    il::::i::ii::::::::i:i::丶:::::iヘ.、       /:i:l l::::::::il: :/
   ii:l   i::::l::ii:::::::i i::::y:::::l::  ` ‐ . . ./:::::i i l i::::/::;リ        つまり、家光は、これが初めての剣術稽古だったわけです。
    i:i   l::::l i:::::::i l:::i::゙ヽ:::ヽ   l::i:::l:::::i::::::i::i i:::/:::i:l
     ll   i:::i::::::::::i i:::i:/:::ヽ:ヾ´ ̄ ̄ 丶:::i:::i::::i:l /:::/ l:l        そして、新陰流の稽古は、当時の主流であった
    il  i::i:::::::::::/:::i llv:::vi:::i       l:::::::ii:::::l::::/  il       木刀、または刃引の刀による寸止(or実戦同然の)稽古と異なり、
    ill i::i:::::::::/ i::/_l:::::v-i::_ - ─イ:::ヾ-/:i::/_ _ _i,       「袋しない」を用いて、安全且つ思い切り打ち合える稽古でした。
    l:i i:i::_.. - -´..::::::† 丶:::lil..ヽ  ´  /:/:::/::::::::::::::::\     (まあ、あくまで、木刀を使った稽古と比較して、ですが)
    i/:: ̄:::/:::ソ/l::/│i..lヽ::::::::::ヽ   /::/:::/::丿::::::::::::i:::ヽ    
   /:::::::::::::::/ "厶/ │ i::.l 丶:::::::::> /:::i::/::i:::/:::::::::::::::/::::::i      それ故に、初めて体験した本格的な剣術の稽古は、
  /::::::::::::::::/  /::/ │ i:::l  丶‐´ /::::ハ:::::::ハ:::::::::::::::/::::::::::i    絶好の「ストレス解消手段」として、
  /:::::::::::::::ム_/::/_ - ‐i:::l ― ´:::::::i::::::Y::::::::::::::::/:::::::::::::::i   家光を惹き込んだものと思われます。
 i:::::::::::::::::::::::::::l::::l::::::::::::::::::ヽ:l::::::::::::::::::::::i:::/:::::::::::::::`:::::::::::::::::::>
 l::::::::::::::::::::::::::丶":::::::::::::::::::::;l::::::::::::::::::::::Y::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::ヽ



309やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:00:57 ID:VLHqjlaQ
                                 …ってーか、既に徳川の天下が確立した世で、
                                「たかが剣術」のために、「万が一」もあり得る
                                木刀での寸止め稽古を将軍家世子にさせる方が不自然だろ。
                                (秀忠の頃は、戦の火種はまだまだ残っていましたし)
                                
                                 その意味では、宗矩が家光の指南役として選ばれたのは、
   /  /  /      ,      、  ヽ ハY⌒ヽ、   「袋しない」での稽古なら安全だろう、という安心感もあったんだろうな。
   ′ 〃 /  /   /       ',   i'  |ハ、  |   
   i  /{  ′ / / ,'          i   | ノ|´`| i |    余談だが、十兵衛、あるいは小野忠常が
   | ' }V   ハ i |      /   l   |,′|  | l |   家光を叩きのめした(ので不興を買い、遠ざけられた)って
   | i |,|   {NVヽj、   イ ノ  |  リ ,ノ|  | l |   逸話があるけど、あれはまず後世の創作だろ。
   | l {.|   |:::::::::::::::{ヽレ'/イ .ィ ノ  /く  |  |  .'   
   l | !'|   |:::::::::::::: ! ′::::'´・'イ_r‐{,ノ  |  j  |     たかが一旗本の息子が将軍家世子を叩きのめして、
   ', l |ハ   !、 、_     /^〈 ヽi 〉 | |  ;    「遠ざけられた」程度で済むわけねぇだろ。
    リ | ∧  Vヽ    ̄ .ィゝ'     /   i|  | /    大名クラスですら「不興を買った」ら改易食らうことがあるんだぜ?
    ノ ̄{'}ヽ. ',弌.¬=´/   x≦、__  l  l /     芸の道は別、なんてありがちな言い訳が通じるほど、
   〃  |:| }  }、 `Y}' 〈  ,/  {:} ハ |  l'     この時期の剣術は御大層なもんじゃねぇよ。
  /′  |:| |  | \jノ>'´ ̄ ̄ ̄! j:j' | | ′
  /      !:! ノ ノ_,.イ^ハ      | |:|  | |        作り話もほどほどにしとけ、ってこった。



311やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:05:49 ID:VLHqjlaQ
        /    /   /            \   \ ,   {_三ミ、 ヽ   
        ′/ /   / ,  /      ヽ   ヽ   ∨ / /  }、`ヽ.  i    …コホン。
       /    ′, /   / /       l  、  ',   ∨ ,'  i l ∨ハ  |   そして、もうひとつの点
       ′ / ,' / / ,' /   /      ,    /  ハ   l /   l | ∨ |  |   ”仲間”の存在について、ですわね。
      |  i | l 〃.′{ i  ′  / ,       / l   |/ ,′/ j  Vl  |   
      |  l | l |i { i l |  !   / /   ,    |   | / / /|   }   |    ここでいう”仲間”というのは、
      |  l | l |l ハ,从_リj !   ,' / / _〃_′  |   |'   /_j  |  |   一緒に剣の稽古を行った十兵衛や頼宣、元茂などの
      |    |   VⅣ Vリ、:   /ィ / ,イ /}`,/|   l   イ´i|   |   j   ”同世代の若者”たちのことです。
      |   l    {x=≠ミ、V! / //_/ノ'´/イ .|   |'⌒}.i l|   |  ,′  (当時、家光18、頼宣20、元茂20、十兵衛15。助九郎は37)
      j   /| i j从      V  '´,r=≠=ミ//'/   j〈 / l l|  ,′,′  
      ′ ,' | l ヽ{ゝ"""  ′         ・从/   /ソ/   ll  / /     つまり、秀忠に限らず、他の稽古であれば、
     /  /  | ! 八            """   /   ムイ   i l|. / /     基本的に指南役と一対一でやるところ、
    /  .′ | l ,′ヘ/´)              /   / i |  l l| { .′     ここでは同年代のグループで稽古を行っていたようなのです。
   / /    | l/ ′/ /、 `ヌ)__フ      /   /i l |  l l| | |      
   / ,′     | ′/ / /./ ‐     イ′ ,/}.j l |  ! !| | |       芸の腕前を上げるという点ではともかく、
  / /      ′, / ,// / ≧-- ≦ィ7′ /厂}、_l__j__j__j」_| |      単純にやる楽しさだけで言えば、指南役と二人きりより、
  { ,′     /   / / ,イ`厂} ̄}>く工}}/  ,〃/  /:/  /:/ / ̄`ヽ     同世代の人間と一緒にやる方が、
  V      /   / ´ ,∠}斗┴┴ ┴‐ァく,/  //   /:/  /:/ /     ',     「楽しさ」という意味で上回ったでしょうね。
  ′   /  {   .. -‐…¬て¨´∨/   /´ ̄ ̄ ̄ ̄}./:/ /       |   
      /     }    `ー┴‐-、 `{ ̄}′ ,′       / {:.{ {       |   



316やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:10:18 ID:VLHqjlaQ
                                           こうして、家光にとって、剣術の稽古は、
                                         武芸の稽古という点も勿論あるにせよ、それよりも

     /   .:://  /  l  .l   |    ', l.ヽ   ',  ! i   ',. ヽ     「ストレス解消」
    /  .:/ .,' ./   |  |  .:::  : .::l !: i i:::::  l !  |   .l  i     「同世代の仲間との交流」
    .,'  .::! l.  | :. l  : l  ::::: .: ::/!./.:l |::::.  |   l    |  l
    l  .::l  l., .l  ::i ',ヽ ::::| :::i/ :/ /''!/i/!/!l::::.  l  | |ヽ  l  .|    という側面が強いものであったと思われます。
    |  ::l  |.l  | i ::|'\ヽ' ;:! ::|'l// ' '  ' !:|::: .l.|ヽl l l. ',  |  l 
    l  ::|  l l  l !'.!   \:/   ,z===x !:l:::  l.l i l l ',. ', .l  |    宗矩が意図してこのようにしたかどうかは不明ですが、
.    |  ::l  | l  !ヽ':,z=-   ,    ,, , ,  ' |::  l.| /:::l l i i .| .l   結果的に、この稽古方法は家光の意に沿ったため、
    l ::|   l l  :\ヽ , ,,   !          ! : .l.レ:::::: l.l | ll  |    これを発端に、家光は武芸、特に剣術を好むようになります。
.    | l   | ! :::::l',             l :  ,'/l:::::::: l.| l | l
     l |   l  ::::::|::'.,           ,|  .//l:l::::::::. !l | .l |     「武芸の本質(戦場での実戦術)」という面から考えると、
.     l. l   .| :::::::l::|_ヽ、_ ` 、´   /.l  ,'.,'::::l:::::::::. l l | .l    「堕落」と断ざれることもあるわけですけど、
     l. |   l_...: - ''"´`.,ヽ 、!  ,. '   _!  i.,':!::::l:::::::: :.l! l .|    武家の頂点たる将軍(この時はまだ次期将軍ですが)を
     ,! '‐ '''"       、ヽ ,゙i  ,..、-''' l  l l';::';::::l::::::: :: | | l     「武芸好きにさせたこと」は、剣術指南役として、
    /          ,、 \. ゙i / l  .|  l | ヽ';::::';:::::: :: ','l |     また武芸者として、十分宗矩の功績だと言えると思いますわ。



317やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:13:02 ID:VLHqjlaQ
 さて、このようにして、剣術…より正確に言えば、新陰流にハマりこんでいった家光に合わせて、
その周辺にも新陰流に入門する者が増え始めた。

                ,.. -──- ..,_
               /        \_
             /`'ー─-、-─'''二二__ヽ
            |´ _ニ-‐´ ̄ __   |
              |´  __ニ二..,,,,__ ̄ ̄}
       ヽ`'ニ-、_レ' ̄   ‐、 /    ̄ヽ{_,.-‐'´/   さて、これから稽古だが…元茂がおらぬな。
        `l  `ヽ'‐'T'‐- _ |  _ -‐-、__/ /! /   では、今日はどうなるのだ?
         `l,  <.| l____・>‐<・___/ .//  /
          `l、 ヽ|   -‐´ |、`‐-  ./ | /
           `l_|     lノ    /_,.‐'´ ̄`\
         _,.-''´ヘ l'、.  ´ ̄`   /´-‐__,..-‐ 丶.
        /´  ̄ ̄\L\___ ,...-‐´ ̄ ̄      ヽ
        /      / ̄    ̄ ̄ ̄ ̄\
        >、    //             ,..-‐'
    ̄ ̄ ̄7 \  | ヽ         _,..-‐'´
        \  \     -─一´ ̄ ̄

 /
  頼宣様…
 \

 その中には、相伴として家光と共に入門した頼宣、
また、先に書いた通り、家光の側近第一である酒井忠勝の名が挙げられる。



318やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:15:01 ID:VLHqjlaQ
               ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,、、、,,,,
        ,、-ー'''''''''"~            ~'-、
     ,,、-'"" , '" r''"   ,、 '''iiiiiiii,,,,,;;;;;;;;;;;;;、、、 ヽ
     )  ( (  (Y イii"イ"iiiiiiiiii """"   ,,,,、,,,, ヽ
    r'   ミ((iii、,ii,,ii,,,,、、|iiiiiiii",、'"";;;;;;;;、z',彡三ミ ヽ
   り ミヽ,、-'"~~    "ヽ|:''"ノ"" "   ;;; 了ミ ヽ
   {  ミ |(::::::::     ii|   :::::::: ::::    ;;;; ミ   〉
   'y ≧入::::::::   ~::、ヽ;;::::::::::''"/:::...... ;;;;;;  ミミ  リ
   / ''"彡乙:;、ー '''""''ヽ;; ;;;:::''":''"ノ:::::::'''ー-:::: ミ、 ヽ
  j ''",、-'r"::,,,,,_____t::ノ ;、,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;、、::: iiミ'  ヽ     頼宣様。
  t、、ツ"'イ:::"シ;z-ミ;;テ-;;、;;Yュヌ);;;;;r;玉ヲ三ミミミ~'、ミ \ )    本日はこの助九郎が打ち太刀致します。
  /rイ|彡ii  シ,," ̄ ̄::::'"{ァ ~リヽ:::::::::::... フア:::" |ミ ミi| 'i
  i|'ii| |ヽィii   ""::::::::::::: 〉 、,j :|i:::::"""" tt  jレ)リリ リ     さ、存分に…。
  ヽ、tヽ't、t::::    ::::::(,,,(  ),,,)::::::::::   )),,;;iヒノ/  t
 、 ノ:::ヽマ'';;;:::::::::::'' '''",ゝ::~'''''"''"、、,,;;;;、::..../ "|、,,/、  、リ
  ''/ :;;/~'ー'i''''::::::: ,、'",, ,"iiiェ、;;ii、_ミミミヽ、::::::  i:::  リ,  t
  レ ,i    i  :::: iiii"ii,、-''~"""~''''マヽiiiリ::::::  |:::  ノ/  〉
、,  | i.    |  :::::'"tii'":イ;;;;;;;::::::;;;;;;、,,~')iiij:::::  リ:::  ヽii|/-、
;;;~'、,ゝ|    t、  ::::::::::::::;;、 '"::::::~'-、;;''   ::" ノ:::::   リ t:::
;;;r'"三|     ~'' 、 ''''':::" ::::::::::      ,、 '":::::   ヽ:: t:::
;;j 三ミ|    :::::::::::~' 、    '':::::::::''"  /、:::::::::::::::   リリノ;;
;|:: ミミリ   :::::::::::::;、 '":ヽ    '''''''" , r"::: j:::::::::::::::::::  ,r'三
;;i;;三::ヽ,   :::::/::::::::::::::~''' """"""::::::::: ノ:::::::::::::::::::;;;、-'ー''''
                  ,,,,,,,,, 、、、、 --ーー''''''""::::::
              木村助九郎



319やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:16:20 ID:VLHqjlaQ
           ,.. -──- ..,_
          /        \_
        /`'ー─-、-─'''二二__ヽ
       |´ _ニ-‐´ ̄ __   |
         |´  __ニ二..,,,,__ ̄ ̄}
  ヽ`'ニ-、_レ' ̄ ____,,,,,ノ ,!、,___ ̄ヽ{_,.-‐'´/
   `l  `ヽ'‐   ´.,ニ。=,  ,=。ニ、  / /! /    …………誰、お前?
    `l,  <.|   ´ ̄´ノ i` ̄``  //  / 
     `l、 ヽ| .   ´ /  }     ./ | /
      `l_|    ノ. ^,;^.ヽ   /_,.‐'´ ̄`\
    _,.-''´ヘ l'、   ,-三-、   /´-‐__,..-‐ 丶.
   /´  ̄ ̄\L\ '  "" .-‐´ ̄ ̄      ヽ
   /      / ̄    ̄ ̄ ̄ ̄\
   >、    //             ,..-‐'
  7 \  | ヽ         _,..-‐'´
   \  \     -─一´ ̄


       ,ィ''''''''" ̄ ゙゙'' 、
    ,r''~ w"www''''""ナヽ て
   ,r"ミr''"''''' ー'""" アシ''゙、 そ
   イ ''}´  ゙' 、ィ、__.u t゙'iiミ}     す、助九郎でございます!
   イ, ノリ r"""リ{~ヽ ̄''''}{ミ ゙'l    柳生門下の筆頭弟子、木村助九郎友重!
   ( lイ  ̄:::-(,,、lヽ ̄ノ:| jヽ)   木村助九郎友重!でございます!(←重要なので2回言った)
   ( ィt:|ツ  r''ヽ;ノ'、, 'ィ::'|/l,}リ   
   ノ.{゙=:| /:/ ,、― -、;j '': |シ )     こ、この助九郎の眼をもってすれば、
   { 〉i::|. ゙'" ミ,、-、;},  l 从 )   いずれ頼宣様にお仕えすることになることも見抜いておりますぞ!
  ,,,{ ;l| :`'' 、  'ー''  ,、-' ::::〉"ヽ
,,r⌒ヽ|  :::::::`'ー ''"'ー'´:::  /



321やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:19:16 ID:VLHqjlaQ
       |´ _ニ-‐´ ̄ __   |
         |´  __ニ二..,,,,__ ̄ ̄}
  ヽ`'ニ-、_レ' ̄ ____,,,,,ノ ,!、,___ ̄ヽ{_,.-‐'´/
   `l  `ヽ'‐   ´.,ニ。=,  ,=。ニ、  / /! /
    `l,  <.|   ´ ̄´ノ i` ̄``  //  /    えー
     `l、 ヽ| .   ´ /  }     ./ | /
       ヾ!    i ,、 ,..、ヽ   lノ 
        |      _ _    イ l
          l    ,ィチ‐-‐ヽ  i /、             ……チェンジで。
           ゙i、   ゝ、二フ′ ノ/'"\
            | \  ー一 / /   _,ン'゙\
        ,ィ|、  \     /_,、-'" _,.-''´ `丶、__
     _, イ  | ヽ_ 二=''" _,. -''´  """""´´  ``ー


     ┛┗'''''''" ̄ ゙゙'' 、
    ,┓┏"www''''""ナヽ 
   ,r"ミr''"''''' ー'""" アシ''゙、 
   イ ''}´-=-、  ,,,,,,,,,__゙'iiミ}
   イ, ノリ ーェェ'.:i .卜ェェ=-{ミ ゙'l      __________________________
   ( lイ.  ...,,ィ'  l .、  ノ:| jヽ)   / 久々に助九郎一生の不覚
   ( ィt:| .:/、ニニ_, ヽ ::'|/l,}リ  < こういう不覚はたまにしかなかったのが昔の助九郎なんだよな
   ノ.{゙=:| . . . `ニニ´ ,. l': |シ )   \今は無闇に不覚があるから困る
   { 〉i::|. ゙'" ミ,、-、;},  l 从 )      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ,,,{ ;l| :`'' 、  'ー''  ,、-' ::::〉"ヽ
,,r⌒ヽ|  :::::::`'ー ''"'ー'´:::  /

 後の話ではあるが、宗矩の筆頭弟子ともいうべき人物、木村助九郎は
後に紀州徳川家において剣術指南役を務めることになる。
それは、この時、頼宣の打ち太刀を勤めていたことも一因であったと思われる。



324やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:22:56 ID:VLHqjlaQ
                                                               ,,x-ー:: "::::: 
                                                            ,x '"::::::::::::::::::::
 /  .:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ,.、-''"..;:;:;:;:;:;:;:... `'ヽ、        ,.-''"~"''ー、_         ,、'":::::::::::::,, x-‐ ァ: 
〃  .:.:::::::::::::::::::,ィ.::::;ィ::::,:::::,、::. :::::::::::  /....:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.....ヽ、   <   ,.-'"  ~"'-、    ,,x '"::::::,,、- '"     |:::  
/ .:.::::::;ィ:::::;ィ' / i::::/ i /|イ/ ミ::::. :::::::: i_;;、:_;、;_;、;、;、、ィッ.;:;:;:;:;: /    >レ'~       \  `"i`ー'"        ヾ  
:::::i /! i l::i:::|l |::|:::| i l l!|l  ミ::::::. :::::  |      ,,,,,,  / ;:;:;:;:;:;: |    /     , ,.;'' '    . ヽ  !  、 、,,,,,,,,,;;;;;;;;;彡ミ  
ト l l l | '!ト、l `ゞ_ゞ、 `_,,.ニ、〈:... ::::::::: 、,! '''''        \ ;;;;;;;;;_|   /    ,.:''"        ';  |,,,,ノi `ーヾ;; '"----、  
V リト=三ヾヘ! `ー三-,_''"´` ゙!::; -、::::: |ヒニニュ ャニ,ニニ、> 〉;; / _|  ;'       _,.-'"ミ      '; ヾ::ヽ     -┴'~   
   ゙、VTヾ'i    ''"Tヾ''  l/ ,へ',:: `!゙l)_j   ' iリ__, `  }ii l f'ト〉 ヒニゝ、 ハ ヒ´_,.-'''"      .|  ~|:/ ' ' ' `ー ' "'"   
   i -'ー'ノ   、.,ー゙‐'- ヾ  fん } i |   l   ` " '''   }ii リノ |  ヾ-t''〉 ;';;,,r'五ニ7    r'^';|   /_              
   l ' ゙,!      `` ''    〉 j ,!:: .l! .{   、     ィ!ii;}' ノ|  /~~/ y´ ~~""''-、    タ i   l    '' )    i   
   l,  !、 ,-         r'゙ _ノ:::::  {! ゙ー<⌒'     ,ミi;i;}ー'゙ |  '; ( ノ ,_     ;i   'レ',イ   ヽ,,、'~`      U  
    ゙、   `,、__,,..、     厂ヾ;:::::.  }i、  -===-'  リiii;ツ   |   'i `t`"'っ     ;i  r-' 'ト   ゙, __ ,-、_,ノ`
    ゙、  `ニ二´     ./   '、::  _ノ}lli,  -r=‐  ,i;llilili|   >  | トこニ-.,__、   ;;  |   .'i    ゙, `'" ,,y
     ,>、        /     ゙、// '}llli, ,;i|i;, ,,ii;ilililll'゙リ /  ̄   | t--.,_,,      r'    .'i   ゙、`-'"
  ./  \     //  i      |   ゙ト!llllllllllliillllllllヅ_、-゙    /,l  '、       _,.-'     .|     i
  ゙     \  ,、 '゙//    l i     |  | |、'lトllトllトツ "´    // l   ゞ,二;;;;='''""     _,..-┴     !    ,, -'"
─-、,    ヽ、`´ V    |l     |   | | ゙、 //∧    / /  l    |i~  ̄   __,.-''"~   |:;iii    `ー '"|::
                                  家光の小姓たち


 この他、家光の小姓・近習たちも、新陰流を習うようになったと思われる。
ここに松平正信や堀田正盛なども含まれていたかどうかは不明。
(ただ、正盛については、兵法稽古の為に家光が正盛邸へ訪れた、いう記録もあるため、
 可能性としてはあり得る)



327やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:26:44 ID:VLHqjlaQ
 これに関しては、元和八年(1622)四月、
家光は数回にわたって芝海道脇の池上や碑文谷の原へ
小姓・近習達120騎を連れて出向き、彼らに「袋しない」を持たせて馬上で打ち合う
「しない打ち」を観賞した、という記録があるため、それなりの人数が入門していたものと思われる。

                            追 彼 拙 機
差 思 股 し 拙               い. ら 者 を
は う  間 か 者   ,,r、,,_           か は は 逃
つ よ. の し は  /i`'´r、ヽ_          .け 打 引 .し
ま. う  も     必 //l  { ,.((ス          て 合 .い た
る に の 不 死 ン'├A/ノ  ,l、        き い. た た
一 馬 が .覚 で  |;;|l /}  {ゞ'         た を .が め
方 を 怒 に 馬  |;;|ヘ,l`i´'i           止  
だ 抑 張 も .を ヽ,甘/{_,!'!, l             め  
.っ え し    .走 w从w,~ }, l             て
た .ら て    ら       .l l
   れ      せ   ヽヽヽl__l///
   ず      .た     w从丗从从ww
                       r=、
                      _,..ゞソ
な 思 彼 拙 こ         /;;;;l!;ソl!ヽ
か い ら 者 の          ,<_;;;;;;;|!;;;;;l!;;;}
っ が に の 時      ,_/〈 /;;;/;;;;/;;;;;ゝ
た ま 打 心        ヽ─〉/;;;;;;;;;;;;;i`~ヾ、
で. っ た の          ̄/;;;;;;;;;;;;;;;l  `"
あ た れ 中          /;;;;;;;;;;/!;;l /
ろ. く  た に          ヽ'-、/ l;;l 〃
う     い             ww\| | |ww
か                     ヽw`7-}ww/
.:                      ww゙ー'ww
     (小姓たちによる「しない打ち」イメージ図)



329やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:28:32 ID:VLHqjlaQ
     r(    ,、_         / 俺 こ
     ゞ, rr~ヅ´ ミ        ,'.  の ん
      フハ    _ ミ        {.  番 ど
.      |_.. -'_"-'´\  r'⌒ヽ  {  .だ は
      ゙i`'''Tjフ   } ミトー } l   ろ
       ,' ,.‐'"    { {い) / ノ_
      ,'        ゞ゙ f クァ ―`‐- 、.._,、-'´
      〈.、,..        ,.‐'´      `' 、``丶、
       )__.. -ァ   /
         Y´_   ./   \    \\
          ゙i゙   {     \    \\
          丶、,、イ       \    \\
             {        \    \\

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( -)(-)
. |  u  (__人__)   家光様。
  |      `⌒´ノ  今しばらく自重してくだされ。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄

 なお、家光はこの「しない打ち」を気に入ったらしく、
将軍になった後も、しばしば催している。

 …というところで、この頃の逸話をひとつ紹介する。



331やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:30:13 ID:VLHqjlaQ
 ─ある日、家光は、宗矩のすすめで川越へ放鷹に向かった。

 城から川越まで55km。  __                  --─────-- 、、
首都高で1時間弱だな。-''";;;;;;;;;;``'ヽ、            /                \    家光様、帰りに赤羽で降りて
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、        /               \ 「まるます家」に行ってみましょうお!
           /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、      /   ,.-‐-、      ,.-‐-、   \
           ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!    /                          \
      ┌──‐|;;;|      ノリ     ミ;;;|──┐      / '⌒`ヽ     / '⌒`ヽ       \
      │:::::::::::_ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ::::::::::::│      ヽ.   ,)     ヽ.    ,)       l
      │:::::::::::!ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ::::::::::│    //// (____人____)/////      |
      │:::::::::::!(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ : :::::::::|         ヽ      ,)           l
      │:::::::::::ヾ、!      !;     ,レソ : ::::::::│         |,/⌒'⌒ヽ|         /
      │::::::::::::::::`|      ^'='^     ム'′ :::::::::│\         l     j        /
ヽ      │::::::::::::::::,rト、  ー===-   /| : :::::::::::::::│/        `ー--‐''´      "´ \
::::\   └──/ i| \   ===   ,イ.:ト、───┘      、    ー ‐    /      ヽ
ヽ:::::\ __.'/  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、___,,
'´\:::::\ ̄./    ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\     ̄ ̄   _,..-‐''''""~´
   \:::::\\     ゙、      :::/::::::|::::::  /    _,,-'''"^´::::::::::::::::::::::::::
     \:::::\ `ヽ、  ゙、_ゝ   ./_.|::: ,-、 | _,..- "´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      \:::::\/   i  ヽ  /  i   ,, ='"´ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        \:::::\   ゙、.   ∨  ノ  ,-'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         \:::::\  |  .|.  | ,-´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,...-‐‐
_..,,r-=‐¨´"    \/"´~'-.,、   |/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,..-‐'"
          /     `^-<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.‐'´
       _.,..,.‐'        /`^ヽ、::::::::::::::::::::::::::::,.‐'"
       f           /     〉、:::::::::::::::::,.‐'"
   _.,-'''/  ヽ、  `‐-,.  ヽ.,、  / .l:::::::::::,.‐'"
 / /  ー‐`'ヽ--イ´::`゙‐- `^~  /::::::/
       川越に向けて馬を駆る家光(イメージ図)

 供をしたのは宗矩・十兵衛の他、酒井忠勝、堀田正盛、鍋島元茂、
三浦甚太郎(土井利勝の甥)、岡部七之助(秀忠の乳母の子)であったという。



336やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:33:20 ID:VLHqjlaQ
   ;ヾ、,.、,、.、rツ ッッシ、:':' r':' _,、-'゙_,   な 野 入 そ
 ,、,、,ミッン、,._        _,、-'゙_,、-'゙.    っ 試 間 ん
 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,   た 合 川 な
 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_|   の を 畔 わ
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|_    だ す で け
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|      る    で
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|_       こ
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|_     と
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__|. に
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__
  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_
  二二二二二二二`''ーニ_''ー 、_       |⊥ |__
         河畔沿いで張られた幕

 そして鷹狩の休憩中、勢子を遠ざけ、幕を張ったところで、
宗矩の発案により、入間川畔で野試合をすることになった。

 家光も含めての勝ち抜き戦である。
(勿論、全員袋しないによるもの)



338やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:35:22 ID:VLHqjlaQ
                    | |
          ____     .| |
         /_,r'  ' !、_\   | |   やったお!
       /(≡)   (≡)\  | |  また十兵衛の勝ちだお!
     n/ ::::⌒(__人__)⌒:::::\ | |  さあ、次は誰ですかおー!?
    y |     |r┬-|     |⌒)
    l \_   `ー'ォ     //_|
     \     ・    ・ ̄ /
       \         /
        >      <
       〃   (::)っ   ヽ
       ヽ  <  `‐' >  )
        と__)   (__)

      ,.、_、,、_, ,、、.,、,、、
    x': : : : : : : : : : : : :ヾ
   ,ミ: :ミY´ヾヾヾヾ〃ヘ: :ミ
   ミ: ミ         彡:ミ
    爻{ ====ミ ,x====ヘ: ミ   
.  ハ〈i| -=tッァ }-{ rッァ=-}リ,ハ   私だ、十兵衛。
.  い仆---- イ{ `ー--- 仆./
.   \_l   └r '   /シ′    …参るぞ!!
     レヘ   ─‐  ,仆リ
     ´イ\   ̄ / |
     ,'` ̄≧=≦ ̄´',
, -、. -<     |    >──<>-
⌒'´   ` ー┬介ー '´

 そして、試合が進み、今度は十兵衛と元茂が仕合うことになった。



339やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:36:04 ID:VLHqjlaQ
                                                   ___
                                        f''ーy冖 、 __....-一'' ´ `ゝ、
                     ,,, , , ;;; ; ; ;; ; ;;;,           |  |〕  |゙゙ヤ'マエ ''く〕  ナ´
                   ,シ| |||| ||| |||| |||| ll彡          |  サ  |!-|!_./エ_/ニ-宀 、、
                   シ||| |||| |||||| |||||| |||| |彡         |  [|  、 ''''ぇ_   ||゙´ j< ′
                  ミミミ ||||| |||||| |||| |||| ||彡        |  t′ ''’_/1 ""│ |冖
                 ミミミ!!!|||||| |||| ||||||||;;-!!彡\       |  l1  ィ''[`´ _n |1  |
                 ミミミ   ```|||||''"´  シ彡  )      |  tl  ! 丿 ノ 〕_卜  ヒゝ、
              ;-─ 爪ミ      (      ;彡./       |  f'-- |rン'´  ` T  l ̄
            ,.-'"   \|' >、,,,,_     _,,;=;''' 彡リ'         ̄´ ‐''´     ヘ--′
          /       `、.`、`-''''= ) |-,;''--'ノ/彡           ぃ-.._、  ---..、
         /       巛 `. ` ='´ .| i ` '''´/丿          _.._  T  廴_ノ ....r' ノ^゙- 、
       /        ミ   `、  ./(__レ   / /          `  ̄ ̄"〕   l ´` ゾくニ
     ,.-/`;   ,;-、 /       `i.、 `-==ノ / /             ̄''''''''''ゝ  f゛''''''''丿' 、
    / /  V/〃 ヽ   |/- ̄`─→──'< /            ‐―'广 ̄ン―‐'―っ辷‐''′
,;;─'"/ (´ ' `| i´i^i  l      `、/./   / メ              ノ   ]――‐'''、 `'、
/;;;;;//`;、 `、 ハ! !_.! ノ       } /   /-'<_____            _/   7-----│  !
;;;;;;;/ /\ \`--.'"       |/  ノ -、( ! =;~)`--、__      _jニ‐'、  ゝ、----l′ ||
;;/ /  ||》、;;; !、 i ;;     ,, ;;;}.  /__   ~~`''" ミ-ミ-        |   ∟__│ │
=o '    ||  \\|.!;;;;;;,,,,   ;;;;;;;''` <,,,  `-、    `-、__-、         -''''′    `''''''"



340やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:36:24 ID:VLHqjlaQ
         \                    /
           \  丶       i.   |      /     ./       /
            \  ヽ     i.   .|     /    /      /
              \  ヽ    i  |     /   /     /
           \
                                          -‐
          ー
         __                                --
             二                       = 二
           ̄                                 ̄
            -‐                            ‐-

            /
                    /               ヽ      \
            /                    丶     \
           /   /    /      |   i,      丶     \
         /    /    /       |    i,      丶     \



343やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:37:54 ID:VLHqjlaQ
         ll―-+y                    ∧                         ョx_ 'lョ+- 、 ,,ャ+___
    /lL_____│  |l____llヾL_             / ∧            /!             ,, 卜"∀∟ "l! 丿  ニゞ
  _y广 l|~~~~ ゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄工lト __ コ!       ..-=''.::.::.  ` ー.. .     //!            _ll'l儿_jllLllョョl[上,ョlllll冖= 、
  |l__jllu____J匸 jll厂    :   .x'´: . . .:.:..:| : .   `ヽ、  / ! i            jf'´ ,フハに二二二]癶'´_..-r卜
   ~~´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ __  '.∧/し'ヘ::.:. : : : ::..' | : : . . .ノ ノ しイ{ /|/ .x‐==ニニ三三ミゝvll┤  :llニニニニ∥  |l′
   :「二二二二二二二二二コ. 」ハ:.:.ヽ. rヘ: : 、.:.::j | L.> ィ.::rv、ノ;!/ノ/ . : :/: : :,; -==- .`ヽィll   l{ニニニニ]l   │
    ̄  |l   ∥ll   |l  ` _、ヘ`>ハ .:ゝ.'ー `ヽ:.:.`ヽ| / //r‐' ノ;';'ノ/.:::::} ///レ'.:::>''´ ̄`ヾ`ヽ │  :llニニニニ∥  |l _
      ,,l′ 〃│  l|  :几  Y ∧ .:.:.:.ーrノー〉ヽ..」/ー〈ー'ri{彡'〃{{/.>‐‐{ {〃´. : : : ..、  V}}::lト 、 ` ]lキ ̄ ┌-弋lll、
     〃 _/「 |l   ゙冖‐''´"エ八 :.ヽ. :.:.:.:.>.//.イト..`ヽ>ーミr〃{.〃´: .  ){{! 〈r,、: : : : : . .}}}}r_〃  _〃│  ー--┘゙∀
   __ul彡ャ广   '廴_______〃{:.:.i.:.:(:(ヘ:.Y´ `ヽ::.::.{ .ィ´   ノj.:レ'.::. : :x‐‐彡'{{. : : : ー--‐ __xョ匸-=‐'´ ゙廴_____〃
   ' ̄´        ̄~~"~~ ̄  人::`トミ7;人____ノフ水. ゝ.-=イ::〃ii::ノ.::::.:.:.:.:ノ彡ヘ. : : : . : :〃 ̄ ̄       ~~~~~~" ̄
      {..ノ!:.`ゞイ{{⌒ヾffヘー===ヘ{{ ノ>{`ヾY´  Y   j77ノ{{.:ノ:{:::彡く⌒ヾ/ /` =ニ三彡イ{ : : : . 、 ノ/´  `ヽノ  `ヽ
        {..;人:.`Y:八: :.:.ノノ:. Y'´⌒ヽヘ{/___>、:.ヘ.   !  〃''⌒ゞrr''=ニミヾv/.:/   ` ̄)::人ゝ: : : . : :.:./(      .Y⌒ヾ{
       {.:ノー''Y´. :rox'〃へし'⌒)ノヘト、::.(:...、`ミト-==彡''ノ .:.r〃.:.:/ `ヾ:::/.:/     .:.:./.::::>-=ニ彡イ⌒): . . :.:.:! }'´⌒ヾ、
      `ヾ三7三`ヽ彡'.:`ヽ く⌒ヽ::.:.ヾト、{`ヽトr'='=r'__r‐く.:.ノ.:::.:;′   j{ ::ゝ--...、 . :./.::/` ー=x))::乂(. : : :.:,ノ/   .:::ハ
           ̄`ヽ厂`ヽ:::.:.:.ヽ::.:.).:::人 ヽ .:}.:i:.:}.:.:.::}.:.:.!:::::}/.r‐=ニニミ、/ハー‐=ニミヘノ/.::/     .//´7;へ.ー=彡イ: . . ノ.::}}}}
                    `ー=ニ二彡ヘ`ヽヘ{`ヽr‐r‐r‐=ニ>{{ニ≠‐‐ミ{.:i八三三ミY/.::::ゝ-..、 //:.:/ ′ ヽ}}:::人..::::.:.:.刈リ
                          \}ー‐ト-'-{L..し==〃´::.:く   { :ヽ `二ニ彡'ト、三ニメ、.:!.!.:::{     〃/ゝ-=ニ彡''′
   ________jf゙゙ゝ、、         `ト'ト、::i::{L..{::::.:.人_ :::::.:.:.、___ヽ.::::.:.:.::. .イ{{ヽミー=ニミメlI'''''‐'ゃ____________jl力 、
   `───────′  ニっ          八 j `ヽr=x=ニ彡`ヽ.:.:〃⌒ヽ`¨:丁´乂ゝ=ニニ=彡 |l   ll `゙゙゙゙|l ̄` l|"ニ~~"゙゙
        jァ+--vfニ_..rl‐ ̄´           `ヽト、_j}}}{´ ̄   ノ`ヽ: : . .ノ__ノノ 人ゝ-=ニニ彡ョ│  |フ=..〃  |l〃"'ゝ、
        │  jI~~                   `Y⌒ヾ==ニニ二彡' ゝ彡'' / .::.::厂 ̄`Y´:::ノ冖  |ll| 、|l]!   l!|l   |l′
        │  |l                     人___ノ::.、     ノ77⌒)___.:::;ノ、    ゝll′   :ll゙‐'゙゙ル  |l |l   'ゞl 、
        │  |l                       `トー=ミメ三三彡''⌒ヾ〃´ ノハ     `ー┤  :ll'≡土―''テ‐t土宀'┘
        │  |l                        ヘ.  }}し'´ ̄   . :::}{   〃、,`ヽ    .│  ││"゙゙''lllll=4厂`゙''∟
      ___ 〕   |l                       >、ノハゞ===ニ三彡イ{   {{.:..ヘ.::.;     │  ││  l|  |l   |l′
     ''ヽ     ∥                  ..-='´〃⌒Y⌒Y´ ̄ ̄`ヾ{、..:.ゝ==.イ___.   │  ││  l|__│  l|
       ゙廴....rl┘                  〃´{´ ̄{{: :.、人.::;ノ    ).::)ゝ..:.:.:.:.:ノ`ヽ`ヽ   l___|l l|_____ll-─廴_..-ル




347やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:41:32 ID:VLHqjlaQ
         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●   ほう…
   |      (__人__)
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ   (…いい尻をしてるじゃないの)
             ト.i   ,__''_  !
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |

 この時、元茂は床机に腰を下ろした家光の前に走りより、
家光を己の背に守る形で、十兵衛に対し、八双に構えた。



348やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:43:52 ID:VLHqjlaQ
____             
二二二二ヽ,            
 ̄ ̄ ̄ ̄ヾ                 『 「敵」である。
::....:....::::::::.....::::\\       , 1 
::   ┌┐.......:::::::\ヽv1   / /         元茂はここを戦場と見立て、
::::┌┘└―,:::::....... 〉∨i/  ./ .       十兵衛を、将軍家を襲わんとする
::::└┐ l二_:::::::/ l:::く.   /         「敵」と見定めていたのであった。
:: 〈 ;|___l|::....∨:::::::ヾ. /   
::/r  ̄ ̄ ̄ヽ/::::::..   Y          その目には殺気すら浮かんでいた。』
::l:|:ll      /∧:::::::::....... |    
:八lヽ__ ノ/(ヽ):::::::::::::          /´〉,、     | ̄|rヘ
:: ...::::::: ̄7 ̄ .ゝ、::::::::::/    l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
::: :.....:::::::/::::://\/       二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
::: ::::::::::/::::::l l     \      /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
:::.  /:::::::/ l      \    '´               (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
::=≦ ̄7二二l ̄ ̄ ̄ ̄  __                              `ー-、__,|     ''
::三三∧:::::::人i 二}_  /::::.....:...∨  /
:: ̄ ̄ ̄´`,"  ゛/::::::: ̄{i`Y ⌒ ヽl  /
::,.::,'``'´`" , '`/::::::::: //:::::l.   ∧/\
::      , '/:::::::::::::://:::::::::∨ ̄ ヽ::::::::..〈
::;.:、、; '`´/:::::::::::::::::::i |::::::::::::::l__ノ:::::....丿



349やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:45:33 ID:VLHqjlaQ
               ____
             /   u \
            /  \    /\    (な、なんて迫力だお…。
          /  し (○)  (○) \    打ち込む隙がないお…。
          | ∪    (__人__)  J |    ……つーか、ちょっとチート過ぎね?あれ)
          \  u   `⌒´   /
           /⌒         ̄\
            |               ,、  ヽ
           \  \       ||   │
            \  \      /  /
            ,! \ .\ / ,,∠
|二二二二二二二二二二| |(ノ_))] . )コ ヽ
           /   /      ̄ヽ   |
         __|    |        |   \
          (___,,ノ        ヘ    )
                      `ー‐'′

 十兵衛はじりじりと廻り始めたが、その息は荒く、汗も浮かび始めていた。
一方、元茂は構えも呼吸も不動のままである。



351やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:46:59 ID:VLHqjlaQ
 そして遂には十兵衛は動けなくなってしまった。
最早、誰の眼にも勝敗は明らかであった。

        ____
      /   u \
     /  \    /\   (だ、駄目だお…
   /  し (>)  (<) \   こうなったら、せめて一か八かで…!)
    | ∪    (__人__)   J |
   \  u   `⌒´   /



  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  |       それまで       |
 ∠____________./



 そこに声が掛かった。



352やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:48:08 ID:VLHqjlaQ
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)      元茂殿、ご苦労でござる。
. |     (__人__)     あとは、この宗矩が上様をお守り致す。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         } 
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄

           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ 
    / (●)  (●)    \  ち、父上…
     |   (__人__)    u.   | 
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ

 宗矩の裁定である。
そして、今度は宗矩が進み出て、十兵衛に近づいた。



353やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:49:10 ID:VLHqjlaQ
       / ̄ ̄\     
   (( /     _ノ ヽ  …十兵衛よ。
     |     ( ●) |   _                 ____
     |      (__人)   \\             ./     \
     |        ⌒ノ.     \\           /ノ   .\ u\   父上…
     ン        ノ.       \\        / (● ) (● )  \
    /⌒ヽ、    _ノ         \\      |   (__人__)  u.    |
   /   ノ     ィ ´           \\.    \ u `⌒´      /
  /  /      '|.             \\.  ,/            \
 (  y        |.               \(⌒,´          


                                  お前の完敗だ。
                         三/ ̄ ̄\        __
                    スッ  (( /     _ノ ヽ      //
        .____             |     ( -) |     .//
      ./      \ て      =三|      (__人)   .//
     ./ノ   .\ u \そ         |        ⌒ノ.   //
   / (○ ) (○ )   \        ン        ノ.    //
   |   (__人__)  u.    .|    =≡/⌒ヽ、    _ノ    //
   \ u |r┬-|      /      /   ノ     ィ ゝ   //  
¨¨ ,/    `ー'´      \     /  /      '|. \  // そ   
(⌒,´                  (  y        |.\ /つ/ て    
  スカッ

 宗矩は十兵衛とすれ違いざま、一言声をかけると、
一瞬でしないを奪い取った。



355やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:51:31 ID:VLHqjlaQ
 そうして宗矩は、十兵衛から奪ったしないを持つと、元茂に向かい合った。

                / ̄ ̄\
               / -  - \
               | (●)(●)  |
_              |   (__人__)  .|   元茂殿…。
\\           │  `⌒´   .|
  \\          .|         |
   \\         丶       /
     \\         ヽ      .ノ
      \\.      __l     ヽ_   
        \\.   ,/          \
         \(⌒,´          ヽ、二⌒)


        /.:::/ ┌┐   \_
       /..:::::く ::l二 二l:: :    7}]]、
      / .へ,、∧__L二l ...  ..../`ヽ.ヽ}
      |/..:::::/   )i...::::∧./  .:: ∨   (これは…師が参られるのか…!)
      r-、/|   / / /爿}   ....:::::::.. |
      │.ノ::::`ー'ヾ/::.; ⌒ヾ;::.::::::    │
      |: ::: :: / ::::li.:....::: j....:::::::::......./ 
      ∧ ::   |....::::八_ノ:::::::::::::::/
       | ヽ.:__/::::::::::......:::ー―一く
      ゝヽ    ̄ ̄7、'´`'´``´´ ; └===、
     ノ   ヽ, "/    ," `、'/.::......::::.\
     ヽ ヽヾ '"´``



356やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:53:32 ID:VLHqjlaQ
          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /          l        \
    ./           !、  ::::::::::::::::::ノ.\
   /             _`'- :::::::;;;;;;;;;;-'´:::: \
  |         / / ̄\\:;;;;;;:// ̄\\
  .|        | |. ○ .|  ,|:;;;;::| .| ○ .||     
   |         \ \_/ /::;;;;::\\_//     …お上の楯になったおつもりか。
   .|             ,/   ::|::     \      「虎の威を借る狐」という俚諺もある。
    |            |    |     |      匠気(※)は固く避くべし、の秘伝を忘れまいぞ…!
    |            |    |     |      
    .|             \__/\__/|   
    |.              トエエエエエイ  |         「!!」
    .|                   '.{    :l    }/ /       
     |                   .{   :l    }/ /    
      丶                  .{       }  l         ※ 好評を得ようとする気持ち。
      \                 、`ー一一 ' /          この場合、先ほどの「家光への忠臣たらん」という
       .\                       /           アピールのことを指す。
       /ヽ                / 



357やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:54:37 ID:VLHqjlaQ
             , '
             〆
           //                       _,,,....-::::,,..-;:'
           ノ /                  _, -=''""""    =--、,、`,"+`ゞ,;:
          /  i                   _,.-'^ "              ̄=.、".
          ,i  |i                  -'^               \`,`,;⌒`;・",;+
         ,'  |i                 >                    ミ`+,;:;"・ヽ` `
         i|   |i                :"  ._=__            ヽゞ,:;*ヾ"`丶 ┼
        i|   .|i               /  彡  .       -ミ、         ミ   `,;:"
        |    .i、              /〆"           \       `i       丶
        ゝ     i、                            丶      |i     +   +
     '   i|      ゝ                             ミ     .ミ
         .i|      丶                            |     |l    /  +
         .i|       \                            .i|    |i      ´
          .i|        丶   .                      .i|    |i  ゞ
          .i|        丶丶、、,,                   i|    |i  ´`  +
           i|         \ゞ`                   j|    ,/  '  /
            i|、       `\ 、、,                 .i|   ,/;:";:|;,/×
             ゝ       `丶`\ゞ                i|   ,/";:`, 、 丶
               \  ,.   ミ\丶 `           \  i|  ,/`,;:ノ`,
                 `;丶\丶  、`丶              .j|  /;`,;:+
                       \ 丶              / ./+``
                           \            ././  ,'
                                       /"`;丶
                                     / `,
                                     '
                                  /    ゞ



358やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:55:02 ID:VLHqjlaQ
       从火乂YハYY从マミシノ  ト、=彡      ┏┓
      乂从八八乂从仆爪〈く{{从リ小从イ       ┃┃
      爻八乂乂爻'⌒⌒``⌒`ヾ}ソ'⌒`V      ┃┃
      爻从乂八ミ    U   ) ((    }.       ┗┛
      スrrヘYハミ    シzz、  ⌒)).   {        ┏┓
      イ{{⌒ヾ{ミ、 -‐=‐- ニ二, , {ノ,斗rz!.       ┗┛
      ノ{{V(し个 u. ーfモテラッ'' ノ rZfテア/
       八ヽ      、_`,,__´   〈⌒rシ.i
      イ介ー}     }厂}´     〉 j ,′   (これは…!)
        ((ノノ ト、.         ´イ   /
      ,-rf爪∨  \    =ニこア /
  __, -‐く  八  \   \   ミ    /              /
`V厂\.  \  \   >ー≧ー‐ァ〈V⌒>くこ≧ニ==―-<
_ノ`V⌒\   \  ` <二三二ニ彡' 〉}⌒>厂\{<⌒ヽ   V. /

   / ̄ ̄\
 /    \ /   ………。
 |    ( ●)(●)           _
. |     (__人__)          //
  |     ` ⌒´ノ         //
.  |         }        //
.  ヽ        }       //
   ヽ     ノ      //
   /    く      //
   |     \    //
    |    |ヽ、二⌒)ゝ

 こう声をかけると、宗矩は元茂のしないを払い、小手を取った。
そのしないは、元茂の肌の手前でピタリと止まっていたという。



361やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:57:58 ID:VLHqjlaQ
                / ̄ ̄\
               / .\i||i/ \ 
               | (○)(○)  |  (…ふむ、他には誰も出ぬか…)
_              |   (__人__)  .|
\\           │  `⌒´   .| 
  \\          .|         |
   \\         丶       /
     \\         ヽ      .ノ
      \\.      __l     ヽ_   
        \\.   ,/          \
         \(⌒,´          ヽ、二⌒)


      / ̄ ̄\
    /     _ノ\
    |       (●)   ならば、家光様…。
.    |       (___ノ)
  彡 |        ´ノ
.     |         }
.   彡ヽ        }
      ヽ     ノ
    /      \

 そして、そのまま他の者たちにも眼をやり、
出ようとする戦意のある者が無いことを確認したところで、
家光の方を振り返り…



362やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 16:58:51 ID:VLHqjlaQ
   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (⌒)(⌒) |     敵は悉く討ち取りましたが故、
. |  (__人__)  |    獲物が遠く逃げぬうち、さ、心ゆくまでお狩りの程を…
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

       ______
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i    ああ、そうだな…。
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |   狩りを楽しまないとな…。
 |'. (|       彡|          |)) |
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i
  ヽ_|        `         .|_/
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |

 こう言って、放鷹の再開を薦めた。
こうしてこの野試合は終わったのである。



364やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:00:23 ID:VLHqjlaQ
 そして、この時、元茂の脳裏に、祖父・直茂の言葉が蘇っていた…。

     、、、、、、、、、,
   、x`::::::::::::::::::::::`x、, 
.   x':::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
  f''´ ̄ ̄ ̄ `` ¬ー-、::Y
  |:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`i   (…師のあのお言葉は……)
  !'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽン^Y、  
  {≧x}、|l,__,,z≦、  リfリ}j.:.ヽ、
、_{{弋モテ={kニセテ}} f_'_人:.:.:.ヽ 
.:.:.:.ヾーノ _ヾ--‐''´ /ノハ >''´
ー一ヽ`-- 、   /=、{ ン´   
\:.:.:.:./.:ヽ`` _/、,. --/    
ー-ニ_! ::::::` ̄ヽ/   ヽ:::::::::__,
                             ri
           h                 ハ
           .ハ               ノ ノ
          r' |              { ;;, (
         ノ; ノ  _,.-''⌒''-.,_      ヽ;;, ヽ
        /;;  レ'"´;;;;;      `"'-,   ) ;;, ヽ
        |;;  _,/;;;;;;_;;; __     `'-,ノ ;'" }    『如何なる家にも家門が崩れる時節というものは訪れるものだ。
        〉-'´;;/;; ;;   ̄´   `"'-.,_ / ;;'"  ノ      その時、崩すまいと思うて下らぬ小才覚を弄すると
       (⌒'y'´ _,.ー、  ,.-'"二'-、 7ヽゝ、  フ´      却って見苦しい断絶の仕方をする。
        `y^|,r'|;;;;;;;;;/'^7`'y´◎;;ス、  |  `y'        .こういうときは、時機到来と観念し、潔く崩した方が良い。
         ゝ< .ゝ-'〈Д〈  `'''''´  } ト-'"-'フ       この覚悟さえあれば、死中に活を得て、
        弋^iヽ1;;;;;;i   "'::/:.T'┬っレ' P iワノ       崩壊するはずの家門を抱えとめることもできるものだ(大意)』
         ゝ-7;;r^'y^'y^y'^y-y'^i:::::|`'y-'"´
           |;;;ゝ-^-^-^-^'-^´ノ::::ト-|
        __ノ;;L^t'T^T^t^-J^;;;_ノ--|
    n_,.-r'´,.--,ヘ_二ニニ二__,.-i'_,.-'^7--、/^
 _,-'フ/ / /_,.--'"´ |,_>--.,_,.--ヽ,|'"´  ノ   ´フ
  /<⌒     /    /     ト-'"´ _,.-'"´
  | | `フ7'-.,_  /    ,イ   /   /
    / /   >{    | .!  ノ   ∠__
            鍋島直茂(故人)

 宗矩の言に、祖父の言葉を重ねた元茂は、一人赤面しつつも、
新たに感じることがあり、より一層稽古にも熱心になったという。



365やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:02:36 ID:VLHqjlaQ
    /  // //  |    ',  ヽ \ ヽ   ヽ
   ,'   //   ,  /    | i       ヽ, ヽ  ',    さて、最初に「逸話」と断った通り、
.   |  ,',' /  | ハ',    ' ,' , / , ヽ  ', |ヽ |  この話は、信憑性という点ではかなり怪しいものなのですけど
  |  |.| ,' /| |,ハヽ| i /| /ノ/| iノ i |  | | '  |   元和八年十一月、家光が川越へ放鷹へ出向いた事は
   |  ||  | |从ャ|ヤ从/ノ /ソ`从ノ|ソk| |ノ. |. |   実際に記録として残っているので、
   |  .||   ||行テ心  、'  '圻テ心ぇ,'  ,',i | | |   何かしらベースになる物事があったのではないか…?と
  ||  ト  ||'弋z;;ソ   l   弋zン./, /,}l |  | |   思われます。
.   | |  |',  ', ::::::::     ::::::::  ,/,' ,'ソ | ,| .|
   | | .| |、 |            /,' / i  | ||    この逸話の原典については、実は>>1も未確認なのですけど、
    ',| | | ',  |    r‐ヽ、    '/ イ |, |. | |    話のメインが鍋島元茂であることや、
     | | | ', |\ / / ヽ   イ/ / |  | | |.|     最後に出た直茂の話が「葉隠」記載であることを
    | ,'| | | ,〈 ´ -‐ `< |  ,' / |  | | ||     踏まえると、鍋島系の逸話の可能性が高いですね。
    |/ ,' /| ト‐-'   -‐ ´k-‐,| ,'  .|  | |||     (もしかすると「葉隠」に載ってるのかもですが)
    | / / ,| ,' : : :ヘ    r-_/: : | |ヽ、,|  | |'
     |.-ヤ´ |〈: : : : :ハ   ': : : : :.|.|  //`:丶|
  /||: : : :|| ||入: : : :ハ   | : : : /|| //: : : || `ヽ



366やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:04:33 ID:VLHqjlaQ
 さて、先ほどから頻繁に登場するこの鍋島元茂についてだが、
時を遡る元和四年(1618)十月、宗矩は彼に3巻からなる「新陰流口伝目録」を与えている。
この目録は、宗矩にとっても最初の伝書であった。
(3巻=「観之巻」「見之巻」「切合極意之巻」)

 三平殿…。
そなたに、この目録を授けますぞ。        |. `|  |  l  l.  |
                     「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  ,' / ノ ̄ ̄|
           / ̄ ̄\     |         ヽ_j  / //    .|
          / ノ  \ \   |          ヽ_ハ/′      |
          |  (●)(●) |   |                   .|
        . |  (__人__)  |   |     新陰流口伝目録      |
          |   ` ⌒´  ノ   |     ・・・ ・・・ ・・・       |
        .  |         }   |     ・ ・ ・・ ・・・        |
        .  ヽ        }  /|                     |
          .ノヽ     ノ /l|.| :::::::::::::::::::::::: .|
      ヽ、--ー、__,-‐´イ   l リ| :::::::::::::::::::::::: .|
        >'´/ / _,.ノ|/    l. .| :::::::::::::::::::::::: .|
      ,r7′_,.レァ‐‐'′、 l  i  l |              __    .|
     /,厶イ_:.:/    ヽヽ. :l   |            〃.  `ヾ   |
     /7   /:.:「       ゝL/ |   ::::..... |l. 宗 ||   |
   /〈  /:.:.:.:',    /  //   |   ::::        |l 矩 l.|..   |
  ∧',. ヘ /:.:.:.:.:.:',  /   〃   |             ヾー-‐シ    |
_/ ヽヽ V:.:.:.:.:.:;.イヘ     トr'′  .!                ̄´     |
  `ヽ >、フ:.:.:.:/:.:./     l    └─

      ,.、_、,、_, ,、、.,、,、、
    x': : : : : : : : : : : : :ヾ
   ,ミ: :ミY´ヾヾヾヾ〃ヘ: :ミ
   ミ: ミ         彡:ミ
    爻{ ====ミ ,x====ヘ: ミ
.  ハ〈i| -=tッァ }-{ rッァ=-}リ,ハ   ははっ。
.  い仆---- イ{ `ー--- 仆./  ありがたき仕合せ…。
.   \_l   └r '   /シ′
     レヘ   ─‐  ,仆リ
     ´イ\   ̄ / |
     ,'` ̄≧=≦ ̄´',
, -、. -<     |    >──<>-
⌒'´   ` ー┬介ー '´

 以前にも書いたが、鍋島元茂(初名:三平)が宗矩に弟子入りしたのは、
元和二年(1616)六月二十三日、15歳の時である。
即ち、僅か2年間の修行で、17歳の身でありながら、
新陰流の印可を与えられたということになる。



368やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:07:54 ID:VLHqjlaQ
                                      さて、この鍋島元茂への目録伝授についてですけど、
                                     上に書いた通り、僅か2年の修行の伝授ということもあって、
                                     義理許し的な印象もありますが、
                                     木村助九郎などと共に家光の稽古の打太刀を務めたことや、
      / _ `V´_ /  >‐     ‐ミ 、 ヽ、        後に宗矩に対し、
     ″ ´ _,ソ´ ̄/  /        ′\ \ \      
    //  / 〃i \/  /  /  ′   i|  l ヽ ヽ Y⌒ヽ、     「兵法者以思無邪為本」
   //  /  ,″ \.′〃  ,/ ,/    l|  |  ハ  Ⅵ、`ヽ|     (兵法者は”思無邪(思い邪ま無き)”を以って本と為す)
   //  /  {{\ .′ {{、_i{__ j{    l|  |  i |   !| |  i |
   ' ′ .′  '}}\`i  {{ハ 人 `ハ.   リ  |  l | /' !| |  l |   といった論を提出するなど、
  |i   {    〃f⌒|  亥f芹ミ心{リ、 i| /jオナメj l,'  !| |  l |   その才・技量の高さを裏付ける記録が残っている事を考えると、
  |l  :   |i八 (|  i{ 込_ク    Vル'´rf斧ミ刈  ,リ| ! !   相当な才能を持っていたが故の伝授であった可能性も
  |l.   、  |l  iヽ|  |{、         {   込,ク ' ソ  〃 ,′//   高いと言えるんです。
  ヾ.   \ |l  l |i l |i |             ・彡' 〃 / //  
   \、  '|l  l |l | !',j               /イ 〃 ,′//      実際、宗矩にとっても最初の伝書なわけですしね。
     }i  |l  l |l | !∧    ` ー     イ l {i / //      それなりに意気込むところはあったと思われます。
     |l  |l  l |l |  ∧、       /´!´ i    l|′//
     |l  |l  l |l ∧ l l| >--- イ| |  ! l  l|i l i        ちなみに元茂は、新陰流の他にも、
     リ   |l  l |l ′i  l|[>‐r‐<}| |  ! l  l|i l |      僅か13歳で大坪流の馬術を相伝したことをはじめ、
    〃  |l  l | i/|  ll`冖岔冖´| |} i l  l|i l |      弓・砲・柔術・軍学なども修め、
   〃  ,/!l ,r≦| l  |  l|_{_}_! {`ト{ i  l|i l |      また、蹴鞠・放鷹・諸礼法・筆道・能・茶の湯・立花・易学・雅楽なども
   {{   {{/ .\刈/|  リ  /{`V⌒ ヽV' リ   リ≧x|_     修めていたと言いますわ。
  ,r┴‐r≦、    ヽ \l /' ∧`〈/´⌒ , ∨ |  / // ,  `,
  |l `ヽ \\    \レ'、 / ∧/ /¨二、 }i リ / // /   |     実際に武芸に通じていた大名の一人、というところですね。



371やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:11:17 ID:VLHqjlaQ
                  .__ ____    
              |ヽ /:::::::||:::::::::ヽ/|._      強化外骨格着装中だが、
             ).|:::ヽ:::::::::::.||:::::::::::::::|丶___   葉隠スレの勝茂(キョン)が入ってるわけではないぞ。
            /..|:::::::::::::__/ヽ__::::::::||())_)ノヽ ____
    ___,,, ,,__  ((0|Iヽ武..\:::/::神 ||:::::) ..)-|/::ヽ____ヽ_/)ゝ
  .//―.|___.|.ヽ--ヾノ::::ヽ::::::/_.|._ヽ:::::::||0:/ /::::::ヽ------‐-.... \
  | |ー-..|-..|:::::::ヽヽゝ::┌--.i|::.i--┐:=::/::::::::::/....-===-.... ヾ ..ヽ
  |:::|(_(_(_.┘(O)ノ|:ヽ::ー-::|^|^|:ー-‐:i/::::::::::///....--.... \..\ ヽ
  |::|(_(_(I|_|)(O)/...._[ヽ::::|::ヽ-:::::::|:/:::::::::://// ___...\..\..\ ヽ
  \|(_(_(_|_.)ノ-┘―--―|::|::====:|:|::::::::::::/ / | |..../  .ヽ | . |  .| |
               |:::ー---―|::::::::::::| .|  | ..| |   . .| .| |..|/
              ...|:::| ゝ__ノ ヽ____/ ヽ ヽ..ヽヽ...____..././ ./ ./| 
              /:ヽヽヽ|..| ー::__|...-...:::\ \\__/./../...|
             ...| ..|:::ヾ.| |..--..../ ~~| ::::|.\..\_______/../::::/::)
              | ..|_..===.._/   .|:::::::|::::::\__________/::::::/:::::|
              ヽ_/ _○__ |     人::::|::::::::::::/::::::::::/:::::::/:::/ヽ
               ..|../ ~ ヽ |______/ /\::::::/:::::::/::_:/____..へゝ
                  鍋島勝茂

 そして元茂との縁で、父の鍋島勝茂も宗矩の門下に入門したという。
(入門の正確な時期は不明)



373やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:14:59 ID:VLHqjlaQ
        /,!
     / ./:|
      | |:::|                                     
      | |:::|               、、、、、、、、、,
      | |:::|             、x`::::::::::::::::::::::`x、,               
      | |:::|              x':::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
      | |:::|            f''´ ̄ ̄ ̄ `` ¬ー-、::Y          
    r- 、 |:::|            |:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`i
.  r 、 \ \:| fヽ -=ニ_ー.、     !'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽン^Y、    
.  ト 、\|\ \ヽ \  \:\   {≧x}、|l,__,,z≦、  リfリ}j.:.ヽ、
  ゝ、\``丶 `ヽ  |   ヽ:.:ヽ、_{{弋モテ={kニセテ}} f_'_人:.:.:.ヽ          
   \\` 、::.ヽ::、:. |    ヽ.:.:.:.:.ヾーノ _ヾ--‐''´ /ノハ >''´ ̄ `ヽ
    \:::ー、\::\  !,. -、ニ:.`ー一ヽ`-- 、   /=、{ ン´    ,.-、,.ヽ   
      l `ヽ、:ヽ丶::/ / \\:.:.:.:./.:ヽ`` _/、,. --/      ,`=' ハ
      | |:::| `丶/   /  /`ー-ニ_! ::::::` ̄ヽ/   ヽ:::::::::__,∠_/::.. }  
      | |:::l    \ /  , '::::ヽ、__>、``ー<´   ..::::::: ̄´  /  {` ̄ヽ
      | |:::|       丶/::、_::::`ー- ニー'ノ::... ``..::::、::::::........._,. ',>、 \::  }
      | |:::|       `ヽ`ヽ::{{:::::..`ヽヽ::::../´__,,>一''´.:/ /_ハヽ \ノ
      | |:::|            \ー!ト、_:::::::`ー'´_,.::::__,. --一''´__.::/::{ 0}:ヘ  | 
      | |:::|           `` ーr-`==--‐''´..:::l、:::::..   `':/..::/`ヽ,ヘ  |
    _,.!---!、_           _,{   .:人`Tーく::{` ー一'´`ヽ__/:::::| | 
    { |_::_! }       _,. -''´ `ヽ__/::::,ハ:ヘ,. -ヽ._ノ、_/{_ヽ__/j !
    ハ、__,ノヽ-r┬‐<´ `ヽ:::::::::::::::ヽ_ノ/  ',ー!:   :Y⌒`丶、ヽ.__/:: / 
    ハヽ_,r''´ヽ   ::! :!   !`ヽ::/´ ̄`丶、/    !、ヽ __',     }ヽ   :: /
   ハ ヽ{__ン'l^ー''´:::j :j   l::::::f  `ヽ、,ノ  \  |、ヽ!   ヽー--'-、:l  /  
   ヽヽ.__)>:|==-‐'…¬'´ ̄| ``ヽ {    :} ヽ !:l:::l    :|:     !ヽ |
    `┬'_>:!          { {:.    ..:::l:  ∨ :ヽ>::-:'ヽ--- '´ ::|: |
.     l:<_>:!         |ヽヽ:: ::: /: j:ヽ  ', ::{:.  :,,    ヽ::::'  !
.     l:<_>:!          .!、:ヽ:  /: ∧:. ヽ l゙、:ヽ:::.. ::    :jr、  !
.     l:<_>:!         |、ヽ、  l::  / ',:. lヽ()ヘ:::ヽ:::: .:/:::::/:ー'::,.ィ'==、
.     lー―|.          | ヽ ',   /   ',ヽ!: ヽハー 、_ :/:::::/::_/ ,!
     ` ̄           |  ! l / l::   ゙、:ヽ l !::  ` ̄ ´....:::,.イ:ヽ

 このように、江戸柳生と鍋島藩の間では、この後も長く交流が続くが、
その発端となったのが、この鍋島元茂だったのである。

 彼については、この後もまた登場することになる。



374やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:17:05 ID:VLHqjlaQ
 さて、話は戻る。
こうして熱心に新陰流を稽古するようになった家光だが、
熱心さの嵩じるあまり、元和八年(1622)の春頃、宗矩に印可を出すよう言い出した。
(この際、頼宣も一緒になって要求したという)

                           /..:::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
                           (,、:::::::::::_::::_,、::::::::::::::..゙:、
                           .l `'^'´ ..: :.: :. }::::::::::::::::::i   宗矩、
                           ._  、__,、 〈:::::::_::::::::::|  俺たちがお前の弟子になってもう1年…。
                           !)  ヘラヾ´ ゙! /ベ!::::::|  そろそろ印可をくれてもいいんじゃないか?
                           .ソ   ```  :.:.: ソ,iノノ::::::|
                           ヽ,-     .:..:.:シ_,イ、:::::l
                               i==-  .:..:.:イ   ヾヘv
                              , ゝ...:.  _,.ィ  i ,.'  }  ` 、─────────┐ 、
                             , ´  ゙'ーイシ″ ,  /.:. .  `  .///////////////}||ll\
                         ,.. '´   \ ヽ/,ハ::.:..:. /            ` ー- 、///////:}||ll|ll|}
                       /     ノト_,ノ┘″}:.:.:./ __  -─…        ヽ///// }||ll|ll|}
                         /  _,. イ      ヽ / -‐              '/////}||ll|ll|}
                       /    /  ,                  、         '////:}||ll|ll|}
                     /     ,/ .:レ        /           ヽ       ‘.///}||ll|ll|}
                         /     / /       ,′              ,::..         V//}||ll|ll|{
                      /      ′:′        ′           /;ハ:.:.        ∨/||ll|ll|{
                    /     .::' ..:.:{       .:i         ..:.:.:/:.:..:ヘ:.       ∨||ll|ll|{
                     , ′     .:.;:.:.:..:.':..         ‘       ...:..:.:.:./..:..:.:.:∧:.       'l||ll|ll|{
                  ′     .:.:j:..:..:/ !   ::...        ¨"´  ..:..:./..:.:.//∧       l|l|ll|{
                    .: .:..:.:;'.:.:; ′}   /    \       .:..:..: '.:.:://///ヽ       'l||ll|{
                   ‘.  .:..:..:://   }  /  .:'    ヽ      ..:.::'´..:.://///// ヘ __    'l|l|{
                 } ..:.:.:.:∠   -─}          }      ..:.:.:.::///////,.. ´  `ヽ  'l|l{
     ,.. . _      r─…   `ー‐匕.    -─,      }:.            .:.::_;厶 -‐ ''"´          'l{
  /    ` '   L._::{f¨ ̄三三三三三三,′    !:.:.        .:.:/                 j
 /                  ` <こ三三三三ン    .::/       !     , ′   .:}. -──…… ' 二二|
./                       `   、/  {     ′       j  / /   / / ̄ ̄三三三三三三|



376やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:19:37 ID:VLHqjlaQ
         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-  
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。

       / ̄ ̄\
     / _ノi||i\ \
     | (●) (●) |    い、家光様。
.     |  (__人__)   |   しかし、お二人には、まだ新陰流の勢法全てを
      | u `⌒´    |   ご教授致しておりませぬ。
.      |        }
.      ヽ       } 
       ヽ     ノ 
       /     }
       .n:n    nn
      nf|||    | | |^!n
      f|.| | ∩  ∩|..| |.|
      |: ::  ! }  {! ::: :|
      ヽ  ,イ   ヽ  :イ

    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<    だからだよ。
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|   今の調子で習うより、
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|   一気に全部教えて欲しいのさ…
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'      もう俺は、
     !| ヽ.   ー===-   /     知りたくて知りたくてイっちまいそうだぜ。
.   /}   \    ー‐   ,イ     だからさ、宗矩…。
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\



377やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:21:25 ID:VLHqjlaQ
    〃                 i,        ,. -‐
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈    /     ⌒
    !  :l      ,リ|}    |. }   /   .く  印
.   {.   |          ′    | }    l
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<    |    れ.  可
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|    |
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|   |     な.  を
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ     |       `-´
.    }.iーi       ^ r'    ,'    ノ    い
     !| ヽ.   ー===-   /    ⌒ヽ
.   /}   \    ー‐   ,イ       l    か
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\       ヽ

         / ̄ ̄\
       /    ー ー\
       |   ( -)(-)
       |     (__人__)    …わかり申した。
         |      `⌒´ノ   では、我が新陰流の目録を
         |         }    青山様・安藤様を通じて献上させて頂きます。
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(     「ああ、頼んだぜ」
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)   (えええええええっ!?
   /     (__人__) ヽ   父上、本気なのかお!?)
   |       |!!il|l|   |
   \        lェェェl /

 こうして宗矩は、家光に印可目録を献じる事になった。



379やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:23:51 ID:VLHqjlaQ
 その夜…
     ____
   /      \
  /  /    \\     …父上。
/   u (●)  (●) \   どうするんですかお?
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /    結局、いつかは印可をお渡しするにしても、
(  \ / _ノ |  |     いくらなんでも、まだ早過ぎますお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |   …まあ、見ておれ。
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´ 

 その後、宗矩は目録を書く日が続いた…。



381やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:25:53 ID:VLHqjlaQ
 そして幾日か経ったある日、
宗矩は、家光の傳役である青山忠俊、
及び、頼宣の傳役である安藤直次のところへ赴いた。

         / ̄ ̄\
       /    \ /\
       |    ( ●)(●)   青山様、安藤様。
       |     (__人__)   こちらが、家光様と頼宣様御所望の目録でございます。
         |     ` ⌒´ノ   .おあらためください。
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

       /⌒ヽ、
      ,i゙ ノ 0ヽi
    _,,,,ri--――''┼--,,     よく持ってきたなこの亀頭面野郎!
    'ー-r:::#て・7('・{"゙゙゙     今すぐ中身を確認してやる!
      k" /_゙,;'`;l    
       .{ i (ヽソ/        もしくだらんものだったら
    ,,,,,,,ノ"ヽ;,二ノヽ,,,,,_    クビ切り落としてクソ流し込むぞ!
 / ̄  \ / ▽ヽ/゙   \
/         ハ ゙r‐─-i ヽ
      青山忠俊

           /  ,,,,,,,,,,,;;;;;         \
          /''''',,,,;;''''           ,,,,,,,,,,,,,i;
          ;i,,,;;'''         ,,,,,,,;;;''''''''    l;
         .;i   ,,,,,,,,;;;''''''' ,,.-,,.'''       . i; 
          ;i,,,,,;;''''     ..i;髑;i;,,,,,;;;''''''''''''''''''''=i;  
        !;;;;.,ヽ  .,,,;;;iiiiiiiiiiii;i.髏i;iiiiiiiiiiiiii;;;,,,  / ,,;;;;! 
         iiiiilll|||||||||||||||||||||||IIII||||||||||||||||||||lll,,;;!iiiii  
         iiiii|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||iiiiiiiiii   やぎゅう、ごくろう
         `|||||||||||||||||| ● ||||||| ● ||||||||||||||||||"    たてわき
          ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||     かくにんする
        .((i|||||||||||||||||||"    `||||||||||||||||||||i))
         ((i||||||||||||||||||   ̄ ̄  |||||||||||||||||||i)) 
   __,,,;____.__ i|||||||||||||||||||iiiiiiiiiiiiiii|||||||||||||||||||||i__________,__
 iii"卍卍卍卍iii||||ii||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||ii||||卍卍卍卍卍`iiii
ii||||卍卍卍卍ii |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||卍卍卍卍卍i;||iii
               安藤直次(帯刀)



384やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:30:12 ID:VLHqjlaQ
 そして暫く後…          _, --―-  ,,,,
                  , "',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`' 、
                 , '  /:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /ヾ '".:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:、___;;;;;:.ヽ
     ,  -―..'''''''''' ―..- ..,,,_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
  , ":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``''......:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
  ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙..ー..、:.:.:.:.:.:.:.:.!
   \::::::::::::::::::::::r=ニj ヾニニ==、,, 、;;;:::::::::::::::::::::`'....、:.:.|
    \:::::::::::::::::k/  :::ヾソ~`_ヽ、:::::::``;,;,;,,、:::::::::::::::::`':.....、
      `'  、:::/   ..::::::,' ̄"::::::::ヽ:::::::ヽ;,;,;`;::、::::::::::::::::::::::::゙:....、       …ほう!
            ,ヾ ,,,_   i、         :::::::\;:;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::\     やるなこのハンペン頭が!
         !/,  `''":!         ..:::::::::::"ヾ-、゙ヽ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         |.″    |    ::::    :::::::::::ノ,,,_ノ ,' ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::!    気に入った!
           .!,´\   l    ::::::::::::::::::::::::  r;;,,__ ノ /:::::::::::::::::::::::::::::::_ノ   ウチに来て妹をファックしていいぞ!!
         l|:::::::ヽ       ::::::::::::::::::::l    ,...:::'";:,‐ー ''''''''''''''" ´
            ,'i_ -=,' !    ::::::::::::::::::::;;`"":::::::,';:/
         iヽ`"ノ .i   i:::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::,';ノ
         |     "  ,':::::::::::::::,:::'"::::::::::::::, '!
         !  _,,, '"  ...:::::::,:::'"::::::::::::::::::::/:.:.!
            ` 、::;;;__:::'"::::::::"::::::::::::::::::::::::::/:.:.:.i
             ` 、::::::::::::::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.|

         / ̄ ̄\
       /    \ /\
       |    ( ⌒)(⌒)
       | u   (__人__)    過分のお言葉、ありがたく…。
         |      `⌒´ノ    では拙者はこれにて。
         |         }
         ヽ        }     (青山様の妹っていくつだよ。.
    /  ⌒ヽ    '´(      冗談は南蛮語だけにして欲しいだろ。
   / ,_ \ \/\ \      常識的に考えて…)
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

 こうして宗矩は、忠俊、直次を通じて目録『玉成集』を献じた。

 これは当時、宗矩から家光へ直接書状などを献じる事はできなかったらしく、
そのため、まず側近(家光の場合、酒井忠勝や青山忠俊など)に出して、
そこから家光に披露する、という形式が取られていたからと言う。



385やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:32:03 ID:VLHqjlaQ
 そして数日後、忠俊は、家光の前で宗矩からの目録を披露した。

          /                 ヽ
         ノ                ___l,,,,,,,,,,,,___
           |           _,,,..-='''''~~~____::::::::::: ̄~~'''ュ
        |    _,,,...-='''''~~~:::::::::::::::::_,,-‐、ノノ 、〉::::::::::::::_,.=''
       _,,,|..-='''''~~~:::::::::::::::::::::::::::::r''''~,="ツ, 、_〈__,,..=''''~
 _,,,...-='''''~~~:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ~''~,ィ'~(i~  乂
(~::::::::::::::::::::::::::::r=~ _,,,_ :::::::::::::::::::    '  ̄ノ    ヽ      よし、準備はいいな家光様!
 ~''''''''''''''''''''''~(:::::(("~ヽ~ヽ :::::::::       ..:r   )    こいつが柳生からの目録だ!
         ):::::ヾ、  l|_、_ :::::::        r`ー'f      最後までじっくり読みやがれ!
          (:::::::::::`l、  _,-、         /  ヽ   
          ヽ:::::::::::ゝ,,_ ノ         '  ,イノ    
          `i::::      :::l          .〈 〈      
           \     :::l          ヽ1     
            \    ::ヘ       ノ    ソ   
              \   :::ヘ    /    f
               \      _,,..=ー---‐

    〃                .i,
   r'  ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
   !  :|      ,リ|}    |. }
.   {.   | |          ′   | }   
   レ-、{ |∠ニ'==ァ   、==ニゞ<    おお、こいつが新陰流の目録か。
   !∩|.} }. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|   期待で腹ン中がパンパンだぜ。
   l(( ゙ ′` ̄'"   f::` ̄  |l.|
.    ヽ.ヽヽ        {:.    lリ     …楽しみだな、十兵衛!
 .    }.iーi       ^ r'    ,'
      !| ヽ.   ー_ ‐-‐ァ'  /
 .   /}   \   二"  ,イ
  __/ ∥  .  ヽ、_ __/:::|\

           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \     そ、そうですお。
    / (●)  (●)    \   十兵衛もまだ見てないので、気になりますお。
     |   (__人__)    u.   |   (…父上、結局どうされたんだお?)
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ



388やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:34:06 ID:VLHqjlaQ
そして…

\\ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::
  r'::::::::::::::::::::;;:;;:;;:ッ、:::::::::::
\ レ''''jrTf"    lミ::::::::
   |        〈ミ::::::::
\ |、_ ャー‐__二ゞ ヾ::、     …おい、忠俊!
`` ゞ:}   ̄'互.ヾ  }:j ん   最後のこいつは…どういうことだ!?
   l/   """"´`    )ノ
=-- /           l  (ノ
== `弋"__,....._     !  !
     ゙、`ー‐'     ,'       \
''"´    ゙、 ̄    / ,'         \
/     ヽ__/::;' ,' ノ       `ヽ
  //      ヾ_,'∠..,,__
// //   /´

       /⌒ヽ、
      ,i゙ ノ 0ヽi
    _,,,,ri--――''┼--,,   
    'ー-r:::#て・7('・{"゙゙゙     おお、最後まで読めたか家光様!
      k" /_゙,;'`;l      じゃあ、どういうことだったかわかったな?
       .{ i (ヽソ/      
    ,,,,,,,ノ"ヽ;,二ノヽ,,,,,_    心優しい俺が復唱してやろう!!
 / ̄  \ / ▽ヽ/゙   \
/         ハ ゙r‐─-i ヽ



389やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:36:24 ID:VLHqjlaQ
                      ,  '":.:.:.:`'  、
                    , '":.:.:/:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.' ,
                    /:.:.:./., '"`ヽ\:.:.:.:.::.:',
                   ./:.-‐':.:.:.:' ,__,ノ:.:.:.`:.‐-.:.:l
                   l:.:.:__:.:._____:.:.__:.:|
            _   -― ' "__::::::::::::__::::__::::::::::__:::::::` ' ―-  _
           (:::::::::::::::::::::::,- ―_-_、,l lミr-__‐‐''ヽ::::l:::::::::::::::::::::::)      『…心中おさめたる所、又これよりこれなしと
            `  '' ―--i. / <_◎.>}   l;;<◎_ゝ l'ヽ--― ''  "        申所をたもつものに、人をみて印可是也。
                  l !   -‐"ノ  !`ヾ‐-ミ i'"|              上手なりとも、たもたぬものに、
                  ! !    ,.{ ,,_ _,,!}ヽ   .!)!              ゆるす事これなきを当流の第一とす。
                  `l  ./  ___;;____  !   |-'               印可則極意也』
                    ! .i .<++++++フヽ ,'/
                 ,, /iヽ !  ` ̄ ̄  ノ//ヽ――――- 、        …よ~するにだ、
         ,  -ー:.:.:.:':."´:.:.:!:.:.:',. \   ̄ ̄  // !:.:.\ーー---:.:.-ヽ
       ,、'":.:.,:.ー-:.:.:':.":., -‐,⌒ヽ . , '、ー -ー '  .!:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l',     「目録はこれで全部だが、印可はやらん」
       .! ヽ'":.:.:.:.:.:,, -‐'‐ 、  _ノヽ/:::::)` ̄>、 .|:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:ヽ
      r\.`、:.:.:.:,ノ      `ヾ'、:.:.:`、:/  .(::::\ !:.:.:.:.:., -┘:.:.:.:.:.:.:.:.:l/:.!     ってこったな!
      /ヽ ヽ.ヽ'   `, '`ヽ、 /゙ ヽ:.:.ヽ    .\:::::|:.:.:.:.:.:.ヽ.-‐―‐┐:,':.:.:',   わかったか、わがまま若様よ!?
     /` 、.\ /  .、/ /  )l, __ ノ:.:.:.:.\   .`,:,:.:.:.:.:.:.:.:/二三二l:.:l:.:.:.:.!
    ./\ /:.:.:.:',    `' 、/   /:.、:.:.:.:.:.:.:\    i:.:.:.:.:.:./i≡i≡i≡,'/:.:.:.:.:|
    ./\ /:.:./:l  ' 、、___ノ-ー '":.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\ ,':.:.:.:.:./:.:,:.:.:.:--ー.,':.:.:.:.:/
   /\ /:./:.:.:.:!::::   ,'ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙`   、:._:.゙/:.:.:.:.:/:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:〉
   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:',::::::::::::/:::: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.: イi:.:.:/

 つまり、この時、宗矩が取ったのは、

 「要望通り、新陰流の目録は書いて献上する。
  でも、最後に”これは印可ではありません”という旨を明記する」

 という手だったのである。



391やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:38:35 ID:VLHqjlaQ
       . … .
       :____:
     :/_ノ  ー、\:
   :/( ●) (●)。 \:   (父上、やってくれるお…!
  :/:::::: r(__人__) 、 :::::\:   確かにこれなら印可の「中身」は教えてるお…!)
  :|    { l/⌒ヽ    |:
  :\   /   /    /:

           __
        ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
    /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
    ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
    |;;;|      ノリ     ミ;;;|
   _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
    !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ   ……………………。
   !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
   ヾ、!      !;     ,レソ
     `|      ^'='^     ム'′
     ,rト、  ー- ─-:  /|
  _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
  /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
     ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
      ゙、      :::/::::::|::::::
  `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、



392やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:40:14 ID:VLHqjlaQ
        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{      ふふふっ…。
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙    十兵衛…まったく、お前の親父は大した奴だな。
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
    /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
            l /  __      !
            l, l  く,_  、   |

        ___
      /      \
   /          \    はいですお!
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///  |
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ

 結局、この時、印可は出されることはなかったが、
家光は、この後も稽古への熱が冷めることは無かった。
(むしろ、この後も宗矩に対する兵法の下問は続いたので、より熱心になったと言える)



393やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:42:08 ID:VLHqjlaQ
                                       当時に限らず、戦国時代からのことですが、
   .i  ::/:, i i:|: i    | ,  :::';:.:.. ::...l .i l |: :|:l::: !:: .::: ! ';:::. |   武芸者が権力者に対し、腕前に関わらず、
   |  :l:/ |l: !:|    l : l::. :i:!':;::i;::::::!. .l ll_!/-l:::/!i:: ::;'. l:::! l    免許を与えることはごく普通に行われていました。
    l :::/   ';. 'l  l   |:.: |,'-┼‐'-!ヽ;:::::: l| !'  |:,' ! | /  .|:l .!    いわゆる「義理許し」ですね。
   | .::/!  ヽ.:| l   l::i:! \:!  ヽ \:::l ,.z==ゞl:' .l l:l: |    
   .! :l:::l   lヽ!: l   ';l ! ,.z==x    ゙' ゙   , ,’ |:. l |:!:.l      宗矩の父・石舟斎も、世話になっていた三好一族のうち
    ', ::::|  | l.l.i';.. !.  ',ヽ ,, , ,        "    !: l il |:.|     三好新右衛門(おそらく房一)、三好左衛門尉などに
    ヽ :::!  l.l.l.ヽ!. !:  .lヽ、        !     |: l l.| ';::l     印可状を授けています。
     ヽ :'.,  i ! :l';:.';:.. |.,              l:.:l .l l ';::|    (なお、足利義昭の指南役にもなったという説もあるが、
      \ヽ.|l i ::lヽ::.::.. ',ヽ      ー .. ´  /!:: !l .|. ヽ',     詳細が不明のため除外)
       ヽ:ヽl l::l::::\:::. ヽr丶 、      /l::::|i:::: l l   ';:i
        .i':;ヽ::ll:::::::l:ヽ:::...\ヽ ` ' - .. ' l::ヽ:::l|!:::. l !   !'    その意味では、宗矩が家光に印可を与えるのは
        ,' .:i:l::ll:::::::l:::,r\::..:.'., `"'' -,-、 |:;'|l :、!:';:: ';:ヽ /   別段おかしいという程ではないのですが、
.       / .::::!|ll;;:r‐<´ ヽ:ヽ::.: i    // ':,l::l l.| ヾi-;::.';: i     ここでつっぱねたのは、意図は不明ながらも、
      /.:;: -''!´ `ヽヽ ヽヽ::::i';.  i./  i:|',|.l.  ',',ヽ::.i`'ー ..... _従来の宗矩像からすれば意外とも思える行動ですね。



396やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:44:04 ID:VLHqjlaQ
 そして時は流れ、元和九年(1623)二月二日。
この年、宗矩53歳、十兵衛17歳…。

        / ̄ ̄\
      /      \
      |   -   -   |
      |  (●)(●) |    …………。
      |  (__人__)  |
    .  ヽ  `⌒´  ノ
      ´ ヽ     ノヽ
   /´           `\ カキカキ…
  /  /          l  l   .___
__l  l_¶______/_/__/     ヽ
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l
   | 9=ε-8. | '''..--  |   l二二二二l:::..
   |   ..''  |  ''-.  ,|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


   / ̄ ̄\  ( ;;;;(
 / _ノ  ヽ\ ) ;;;;)
 |  ( ─) (─)/;;/
. |   (__人__) l;;,
  |    ∩ ノ)━・'   ふう…こんなところか。
.  |   /  ノ´ }    
.  ヽ  / /    }    
   ヽ/ /   ノ
  /     \



397やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:45:13 ID:VLHqjlaQ
    |┃三 ガラッ
    |┃  ____
    |┃/_,r'  .!、_\~゜
    |┃(≡)  (≡) \     ち、父上~
――‐.|┃//(__人__)///:::\   何をしておられるんですかお?
    |┃  |r┬-|     |⌒) ヒック!
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)

    |┃
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\~゜
    |┃ (―)  (―)\
――‐.|┃///(__人__)///:\
    |┃           |
    |┃          /
    |┃ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ \    ,.:∴~・:,゜・~・:,゜・ ,
    |┃ヽ_)つ‘∴・゜゜・・∴~・:,゜・・∴
    |┃  (::)(::)  ヽ    ・゜゜・∴~゜
    |┃/    >  )    ゜゜・∴:,゜・~
    |┃     (__)    :,゜・~:,゜・゜゜・~



399やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:46:47 ID:VLHqjlaQ
                     ノ( ̄ ̄\
                  /⌒ _ノ  \
                  |    ( 。 )( 。.)    お前は小便をしないと戸が開けられないのか!
                 . |     (__人__)   あと、酒は程ほどにせよとあれほど…!
           \\\   |       ` ⌒´ノ
               / ̄\ |         }
            (  . \  \         }
             \  ヽヘ .\     ノ
               (   ソ      / ⌒)
                |` イ           /
                | mm      /  /
                |ヽ  ノつ   ./  /
                     | |  |     /  /
                  /|  |    /  /
          / ̄\ /  |  | __  /  /
        /     /   | / ( ̄Y ̄)`ヽ    じょ、冗談ですお!
      (___へ   {     /  ( ○) (○)  )  これは馬鹿には見えない演出って奴ですお!
            \___/ゝ   ̄ゝ  /^/  
                  \___/

 既に元服し、当時の世で言えば既に成人扱いであった十兵衛は、
おそらく、この頃には既に飲酒の習慣ができていたものと思われる。



400やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:48:22 ID:VLHqjlaQ
   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |        まあ、よい。
. |  (__人__)  |        今やっておったのはな、
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)  家光様へご披露する為の伝書の作成よ。
.  |        |    .) ;;;;) 
.  ヽ       }   /;;/  
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

          ___
         (⊃     \       …またですかお。
       (⊃ _ノ  ヽ、_ \     もうちょっと地道に稽古をしてほしいですお。
     (⊃  (ー)  (ー) u.\   
    /|     (__人__)    |    それに、口伝をわざわざ書き起こすなんて、
  /  \____` ⌒´    /   そこまでする必要があるんですかお?
 (               \    
  \_ |            \  
     ヽ|          ト、  ヽ
      ヽ         | >   )



401やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:50:02 ID:VLHqjlaQ
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/    まあ、そう言うな。
. |    (__人__)  l;;,´    せっかくやる気を見せておられるのだ。
  |     `∩_ノ)━・'
.  |     |_ノ         それに、それだけ我が新陰流に対し、
 /ヽ    |  |_        熱心だということではないか。
 |  \_/ ノ ヽ       悪い話ではなかろう。
 \     /_|  |
 | \ /  _/

          ____
       / _ノ  ヽ_\
.     / .(ー)  (ー)\     …技が身につかない状態で、
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \   こんなのだけ読んでも意味ないですお。
    ヽ   L   |r┬-|    |  
     ゝ  ノ  `ー‐'   /   
   /   /          \
  /   /             \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))



402やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:51:46 ID:VLHqjlaQ
             ,. -――‐- 、  r‐y-、
       _ r┐ /_{ 二二 .   Y⌒Y_ソz.、                 この年、家光から再び下問があったようで、
      〃\⌒//  \    \‐弋__ノ )廴ハ                宗矩はこれに答えるために、また伝書をまとめます。
      廴f⌒//./     ヽ   ヽ./ 厂トヽ. ! |                これが「兵法截相心持之事」と呼ばれる書です。
     /イ 〃/ ! !      ヽ  V |! ト||
    // / /l |  | |  | |  ',   ∨ l|l ! |'⌒ア¨アヘ.          この書の特徴的なところは、
   // |  | | !  ',l l.  |||_ム斗∧ l |‐vヘ !||/ //⌒ヽ
  //  .|  | | ',ー|-N\|∧l/ ィ弐ラ'l| lf.}}   ! |二´/.:Y   {          「口伝を文書にした事」
  l/   ヽ. ', V Nr卞ぅ、    弋少 ! !ン′ ! V ./.:.:.:.:j   ヘ.
       Vハ ヽ ヽ 弋り        | ム \  ヽ∨:.:.:._ノ     }       でした。
        vハ .∧ ヘ   、       | |} }____,x≦\イ     _∧
       ||,f ヘ \   tこア  /! !イ:./.:.:.:.:.:.:_ノ    ,rfヘ ヘ      この時代、武術に限らず、芸能の大半は、
       ||{  { {\ `ト __ イ /| |∠-~…'´   _r'´| ハ  \\    その術理の伝承方法は、実際の稽古と口伝が殆どでした。
       /|/ ゝ、`~ヘ. |ム:.__ ̄,r'^ヘ.! __,__,_,. --:ヘ:.:.:,ノ ハ   \\  (世阿弥の「風姿花伝」は15世紀前半に
      /   ,.ィ廴,__,__| l_,.__,_∨ _,rハ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Y     '.     ヽ.ヘ  書かれてこそいましたが、この存在が公表されたのは、
      /  ///.:.:.:.:.:.:.:| |:.廴_:_ア ̄ ̄厂 ̄厂/!:.:.:.:.:.:.:!     '.    ヽ'.  なんと明治も後半になってから)
    / /__/イ:.:.:.:.:.:.:.:.j/.:.:/ /「 ̄ ̄ 「 ̄ 厂~| |:.:.:.:.:.:.ハ      '.    
 =テ,r‐ ¨´/:.:{:.:.:.:.:.:.:.:/:,r'´ノ:.:l     | /  | |__:.:.:.:.:.∧   !!  '       元々、芸者が芸を受け継ぐわけですから、
  /,.イ   f:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.{/´:.:.:ノ|_にニ(Of壬アニオ'|:.:}:.:.:.:.:.:.∧ |ト、 ',     芸者同士の間であれば、それでも支障はなかったのです。
 // ヽ  ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,イ:.:.:.:/.:.|_廴ィ((__)壬ア_j/|:.:'、:.:.:.:.:.:.:.ヘ |  ヽ|    習得しようと思えば、結局は稽古は必須でしたからね。
    {_   ヽ:.:.:.:.:.:.:./{ト:.:.:.:.:.:く  / _ハ  / |.!〉:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:\__
     }    `ー7´   !|:.:.:.:.:.:.:| ∨下|_∨ /´ー一ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ. \     それ故、従来の武芸の伝書は、
     廴_,.、/{    lハ:.:.:.:.:.:.!   !  _レ:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:マー、:.:.:.:.:.:.:,)  ヽ  技名の目録と心得のみのものが多く、
      |.ハ:.:f:.:.:.:{   ゝ',ヽ:.:|__r一.:´_,.ィ.:.:.:`:.ー:、:.:.:.:.:.}.、 `辷_´     j  補足的に説明が書いてあっても、
      || 〈:.|:.:.:.:.廴,__,__,ノ\:ヽ:\ ̄、二:.-‐:.:.ー--、:.ノ:.:{ ヽ.       _ノ  その詳細は「口伝也」というようになっていました。
      l| 廴_:.:.:.:.:,イ:.:.:.:.:.:Oハ:.:.Y:.\;〉ー=ニアフー-r:.:.:ノ  }`ト--'~´
          `ー'´ |:.:.:.:.:.:.:.:.|:.廴}:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  { 、{_,r'´   j:/        しかし、宗矩は、ここで口伝とされているものを
             |:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!   `ヽ.   __ノ′       実際に書き起こして家光へ伝えるようになったのです。
            /.:.:.:.:.:O.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.    ` ̄
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
          _厶イ:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r~ー‥¬、
          /  _ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{       ヽ



403やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:53:21 ID:VLHqjlaQ
   / ̄ ̄\  ( ;;;;(
 / _ノ  ヽ\ ) ;;;;)
 |  ( ─) (─)/;;/
. |   (__人__) l;;,    …納得しておらぬようだな。
  |    ∩ ノ)━・'   
.  |   /  ノ´ }    
.  ヽ  / /    }    
   ヽ/ /   ノ

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \     …まあ、正直言えば、そうですお。
 /  (●)  (●)  \  父上のお考えが、今ひとつよくわからないですお。
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /



404やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:54:43 ID:VLHqjlaQ
   / ̄ ̄\
  /  ノ  \\         …お前もこの柳生家を継ぐ者じゃ。
 |  .(●)(●)  |        今、わしが考えておることを話しておこうか。
. |  (__人__)  |        
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)    …かつて神君家康公は、
.  |        |    .) ;;;;)   父上が上覧した我が柳生の新陰流を以って、
.  ヽ       }   /;;/   「これこそ大将の剣」と激賞された…。
   ヽ     ノ   .l;;,´    
. /    ∩ ノ)━・'        何故かわかるか?
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |       
   \ /___/

           (ヽ三/) ))
       __  ( i)))        !!
      /⌒  ⌒\ \     
    /( ⌒)  (⌒)\ )    それは今まで何度も聞いたお話ですお!
  ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\     
  |    (⌒)|r┬-|     |     「大将たるものに必要な剣は、
  ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/     匹夫の如く戦場で立ち回る剣ではない。
  | | | |  __ヽ、    /        いざという時、生き残る為の剣なのである」
  レレ'、ノ‐´   ̄〉  |        
  `ー---‐一' ̄           ですお!

        ___
      /      \        そして、神君様がお爺様に誓紙を入れたことで、
   /          \      我が柳生家が天下に出ることになったんですお!
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///  |     末代までの誉れですお!
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ



405やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:56:08 ID:VLHqjlaQ
   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \/`i
 |  (●)(●)./  リ      そうじゃ。
. |  (__人__)..|  /      神君様も、大御所様も、
  |   ` ⌒´ リ  ヒ      柳生家に求めておられるのは、
.  ヽ     //  ,`弋ヽ   あくまで「大将の剣」なのだ。
   ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
   /〈  `ー〈::....ノ   V   それはわかるな?
   | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //
    |    フ-、`ー┴‐-〃
         `ー‐一′

         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \    まあ、それはわかりますお。
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |
      \           /
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ



406やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:57:02 ID:VLHqjlaQ
   / ̄ ̄\
  /  _ノ ヽ_\
 |     (●)(●)      …かつて、神君様がお認めになった父上の剣は、
. |     (__人__)     「無刀取り」、即ち、「護身の剣」であった。
  |     ` ⌒´ノ ) ;;;;)
.  |         }  .) ;;;;)   父上の「無刀取り」こそ、
.  ヽ        }  /;;/  万が一、武器などない際にも生き残る為の術、というわけだな。
   ヽ     ノ  .l;;,´   
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

        / ̄ ̄\
      /       \     だがしかし、
      |::::::        |   もはや戦場など起こり得ぬこの太平の世に於いては、
     . |:::::::::::     |   その「護身の剣」すら、
       |::::::::::::::    |   それだけでは「大将の剣」としては不足しておるのだ。
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

         ____
       /       \
      /  u   ノ  \       !!
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|    …不足、ですかお?
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ



407やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:58:04 ID:VLHqjlaQ
           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \           かつて昔、太祖伊勢守様は言われた…。
         |    ( ●)(●)
         |     (__人__)          「兵法は時代によって、恒に新たなるべし。
         |      `⌒´ノ            さにあらねば 戦場の用に立たず」
          |         }
          ヽ        }      (     古きに固執せず、新しい世に応じて、
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )   形を変えてこその兵法であり、
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (   それで無ければ役に立たぬ…ということだな。
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁    無論、それは古きを捨てよ、というわけではないが、
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|   ただ、古きを守るだけでは無意味だということだ。
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !



408やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 17:59:04 ID:VLHqjlaQ
       / ̄ ̄\
     / \   / \
     |  (●)(●) |    だからこそ、今、次期将軍家の指南役たる
    . |  (__人__)  |   わしが工夫せねばならぬのは、
      |    |::::::|   |   
      |    l;;;;;;l   }     「太平の世の大将の剣」
      ヽ   `ー'   }
       ヽ     ノ      なのじゃ!
      /      く l!| !
     /       \ |i
   /       ヽ !l ヽi
   (   丶- 、    しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ    ∑ l、E ノ <
             レY^V^ヽl

         ____
       /   u \ て
      /  \    /\そ    太平の世の…大将の剣!?
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /



409やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:00:52 ID:VLHqjlaQ
                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|     太平の世に戦は無い。
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l     即ち、剣は…兵法はいらぬ。
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/     …ならば、剣術を修めることに何の意味がある?
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/      わしはそれを、心法に求めようと思う。
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''



410やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:01:36 ID:VLHqjlaQ
      ___    ━┓
    / ―\   ┏┛
  /ノ  (●)\  ・
. | (●)   ⌒)\    心法…ですかお?
. |   (__ノ ̄  |
  \        /
    \     _ノ
    /´     `\
     |       |
     |       |

   / ̄ ̄\
  /  ノ  \\        そうじゃ。
 |  .(●)(●)  |       父上は、新陰流を、
. |  (__人__)  |       「武士が己を磨く為に修めるもの」と称されたが、
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)  ならば、今の世の我が新陰流は、
.  |        |    .) ;;;;) 「大将が己を磨くために修めるもの」であるべきじゃ。
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´    そして戦無き世に役立てるべきそれは、
. /    ∩ ノ)━・'     まず心法であるべきであろう。
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/



411やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:03:55 ID:VLHqjlaQ
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)   
 |    (─)(─)  /;;/  それを確立するためにこそ、
. |    (__人__)  l;;,´   わしは全精力を込めねばならぬ…。
  |     `∩_ノ)━・'   
.  |     |_ノ        この柳生の新陰流は将軍家の御流儀。
 /ヽ    |  |_       それだけに、他流に勝る「格」がなければ
 |  \_/ ノ ヽ      面目が立たぬのだからな。
 \     /_|  |
 | \ /  _/


    / ̄ ̄\
  /       \
  |::::::        |   …これからが、
 . |:::::::::::     |  わしの本当の戦いなのかもしれぬな。
   |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
 .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
 .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
    ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
    /:::::::::::: く         ,ふ´..
――-.|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
     |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´



412やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:04:53 ID:VLHqjlaQ
          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\           …とりあえずわかりましたお。
    / ∪  (__人__)  \         でも、最近の父上はどうかしてますお。
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)    学問はともかく、茶やら花やら能やらと
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /    いくら家光様が好きだからって、
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/    無理に合わせなくてもいいと思うお。
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \     
   |    ( ⌒)(⌒)     あー、まあ、あれはな…。
   |  u.   (__人__)    別に家光様がどうだからって話ではないぞ?
.   |        ノ     やってみると、なかなか面白いものでな…。
    |      ∩ ノ ⊃    
  /     ./ _ノ     
  (.  \ / ./_ノ │    
  \  “ /___|  |    
.    \/ ___ /



413やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:05:19 ID:VLHqjlaQ
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)      それに大名の方々や、旗本衆との
.   | u   (__人__)     付き合いというものもあるのだ。
    |      `⌒´ノ     .仕方なかろう。
   .l^l^ln      }      
.   ヽ   L     }        そもそも、我が柳生家は昔から
    ゝ  ノ   ノ       能とは縁のある家でもあるしのう…。
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

 宗矩はこの頃、能や踊り、茶の湯、立花など
当時の武家の間でのコミュニケーションツールとしても盛んであった芸能にも
取り組むようになっていた。
(以前からやっていたものが、回数などが目立ち始めた、という可能性もあるが)



414やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:07:06 ID:VLHqjlaQ
         / ̄ ̄\
       / \  / \
       |  (●)(●) |      …というか、お前も柳生家の嫡男として、
       |  (__人__)  |     そういう付き合いも覚えねばならぬのだぞ?
        |    `⌒´  ノ     それを酒なんぞ先に覚えおって…。
        |         }     
        ヽ        }      
         ヽ     ノ     _
       _/     l__   / /
  __ゝ_/         ヽノ   ノ
  \___ノ'          ノ


   / ̄ ̄\
 / \i||i/ \/`i
 |  (●)(●)./  リ     …そういえば、一体何時から飲んでおるのだ!?
. |  (__人__)..|  /     この部屋まで酒臭くなってきたではないか!
  |   ` ⌒´ リ  ヒ
.  ヽ     //  ,`弋ヽ
   ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
   /〈  `ー〈::....ノ   V
   | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //
    |    フ-、`ー┴‐-〃
         `ー‐一′

          ____
        / .u   \   (や、やべえお!風向きが変わってきたお!)
      / ((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\    /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /



418やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:09:03 ID:VLHqjlaQ
    |┃
    |┃  ____
    |┃/⌒ u.⌒\       ち、父上!
    |┃(⌒)  (⌒) \    父上のお心、よくわかりましたお!
――‐.|┃//(__人__)/// \   それじゃあ、十兵衛はあらためて稽古に励んできますお!
    |┃  |r┬-|     |⌒)
    |┃   `ー'ォ     //   「待て!十兵衛、わしの質問に…!」
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)


             |┃
             |┃
             |┃
             |┃ <失礼しますおっ!
..──────――‐|┃
             |┃    「十兵衛ッ!待たんかッ!!」
             |┃て
             |┃ て
             |┃ そバタン!
             |┃ て
             |┃そ
             |┃
             |┃



420やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:10:40 ID:VLHqjlaQ
  ノ L ̄ ̄\
  ⌒ \i||i/ \
 |  .(●)(●)  |         まったく、馬鹿者め…!
. |  (__人__)  |         もう子供ではないのだ。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)   剣さえやっておれば良いというものではないというに…。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/


   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´     ……この歳になって、
  |     `∩_ノ)━・'     最近、ようやく父上の仰っておったことが
.  |     |_ノ        少しずつ心に沁みてきたのう…。
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ       親とは、こういう苦労をするものなのじゃな…。
 \     /_|  |
 | \ /  _/



422やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:13:34 ID:VLHqjlaQ
        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |   …父上の工夫が
     . |:::::::::::     |  今、より深く感じ取れる想いじゃ…。
       |::::::::::::::    |  時間をみて、まとめなおしてみるかの。
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

 後に、『兵法家伝書』にいう

 「漸く知命の年(50歳)を過ぎ、此の道の滋味を得たり」

 という記述に従えば、この頃から宗矩は、
父・石舟斎の工夫をまとめ直し、独自の工夫を始めたものと思われる。



424やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:14:28 ID:VLHqjlaQ
 そして、宗矩は「兵法截相心持之事」を書き上げ、
これを酒井忠勝経由で家光へ献上した。

         / ̄ ̄\
       /    ⌒ ⌒
       |    ( ⌒)(⌒)    では、酒井様。
       |     (__人__)    こちらが上様への伝書でございます。
         |     ` ⌒´ノ
         |         }      よろしくお願い致しまする。
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

          _..、.._ -─‐=¬==‐-、_
       /´::/:::::::::;,:::::: ::::::::::..、:::::.. `''、
       r::_r':::::::;:;/:::::r .:::::: ::::.. ヽ:ヾ:  丶
       〃:::::::;:;i〃::::.::/ .::li;::::.ヽ:::. \;::.  ト、
      /::;:::::;:i:;i/::::/.::;l .:::ll;::.:::. li;::::.、.. `,i::、.;. 丶
     l|;::i::::;:i:;l/::::/.:::;i} .:::l!::..|::. ト;:::. i;:... l;i:::i. 、::.ヽ    
   .  {l:i:;:;::;i;lイ::::::;::::i::li .::::、:..li::/ヽ:::.ハ:::.ハi;::l:. ト、::`,   
      l|:i:;:i:;i:l:li::::::i;:::l::|l、::::l|;::.}:! |ィーy' V:::::.i ヾ:}
  .   li;:l:i:;l:;l|l:::;::li;/V_ヽ::ハ;::::}〃ィ=≠=、Y;:::::l.  }:l    宗矩殿、確かに受け取り申した。
      ヽl:i-、|l:::i;:ィ;≦iラヽ ヘ::::ヘ `ミ垈:タ |l:::i::|  リ   上様へのご披露、お任せあれ。
  .    `|丶|l;::l;::iゞ:坐タ '′ 、ヘ.     |ll:::l::| ´   
    .   1ヒ: |li:;li::|        ! ゙丶   llll:::|::i
       /ヾ_ll;i:;li::}       、 '   、  ハll:::|::|     
      ∧{ l;|l;l:;l:ハ      _ ..-='..タ  /l ̄``゙
 .     ∧l l;:.ll;l:;li;i::;\    `ー ´   / il\
      l}:::i| l;:.=-‐'゙ ̄丶- 、..__    .イ .|  .\
     ハl::i| l;::i;:i:l:;夂少ハ    ̄` ´   |    ヘミlヽ
     |l:::i;| |;:i;;i:{:;i:;夕/  {        |     }堂盆z、
     /:::;i;l| |l;;:i:{::i::}:;/   Y        /    1国型香坐≡==‐--、
   /:::;i:;i;l」_|.z=≡/    lヽ=-、.__,..x-=/     | ̄`ヽ=≡苑型国ミ/ ヽ
  /:::_,x-=盆苑国/__ ∧:::::::::::::::::::::/ _____」          /   }
 ./::/香国苑彡=  毛/ ∧:::::::::::::::/ ヽ、物     /        {    l

 この後、家光からの度々の下問に対しては、
このように、伝書の形での返答がなされることが増え始めることになる。



425やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:15:28 ID:VLHqjlaQ
 さて、ここで一気に年は流れ、遂に寛永年代へ突入する。
まず、寛永元年(1624)八月、家光の弟、忠長が駿府五十万石に移封された。
この時、駿府城も与えられたという。

                 __ _
               / //>、r>、
             /         >、ヘ、
                /   /     /⌒ヽへ
            // / /     /  ,. ┬ 、Yニヽ
            || / / / /  // /く///ノノミ、 ヘ
            || | / / / ///      ̄lミハ  ヘ      これで俺は「駿河中納言」というわけか…。
         ______   || | / / ///_.、 、     ト、 |  | __   「中納言」…ね。
     //r‐-ミ≪≫ | |  //ぜ㍉.、V  ___ハ !   |  ̄`》
     〈///上: : : : : :>∟L_ /  ≧ベ!tテテツ l !  /〉二〈
     レ<>㍉、: : : : : : : : :>x   、j ̄/|// 川 /|ニニ|
    /: : : : : : : : :ヽミ、: : : :/><´  こ , イ| ///// /  |三ニ|
  /;. -‐- 、: : : : : :=ド、ヽ///ニ`ー<///// /ヘニ7⌒)
 //_/ ̄ヽヽ |: : ニ||: }}: ≫≪=: : :_≫ ̄ ̄   / ィニにン-、
||`|`i⌒j |||二//: :}}: 二//: /           / ノ / _/-、
/∧ ゝ二 ノ ノ: !二ノ_ }}: =//: :\            |  (__,イ_,. -<
| ヽ` ー--イ : =∀ニ|r‐㍉、」」、}: : : ≫    (`ー‐┴ー┴‐ー┴---'‐'")
|: : :`:ー┬': : =/二 \: : :=}}ニVX´        ̄,《「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄
": : : :|=: |=: : =|ニ: : : : \ノ=三|:、\      ri´: : | ̄ ̄ ̄ ̄|
: : : : :|二|二二|ニ : : : : }}}=〉ニ=ト:二ユ__  /: i!: :_x≦'" ̄ ̄\
: : : : :ヽ=|二/ニ: : : : : }}}=|ニ=|ニ: : : : 〃´: : ;x<: :: :: ≧ \   |
: : : : : ヽ\/|二_: : : :}}}ニ|ニ=/<: : //: : :/:: : :: :://: :\___  ハ  
: : : : : :、:\=〉‐-- 二_ー‐'ニ/二二|: |//:: :: _:: ::l=/:: ::=_:ヽ=、:: ̄:\__
: : : : :、 ヽニ〉|||||ト]トrへ二ニニ/:=:: ::_::=:: :: l=|: =:: :: ≧\三≧x:: ::ヽ
: : : : : : 、 ∨ ̄`'┴-t⊥jj[]   >/::/:: :: l=/:= : 川:: ::=:: :: ::`:: :\三=Vヘ」
、: : :=: : :\\:: ::|:: :: :|::三r' /_/:: :: :: :: :l/:: :/三!:: :: `≧、_: :: :ノ三三}
`: : : : ニ\Y´|:: :: :: :: :: :: V/::=/:: :: :: :: ::/::/三三|:: :: :: :: \三三三三}
: : : : : :\ニ>}_-_―三V={:: ::≦三/三三三三ト、:ヽ≧、=ニ三三三ヘ、
: : : : :/二><!三三:: :: :: :: ``=ニ三/三三三三ニ!:!≧、:\三≧≦三三=〉
                徳川忠長



426やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:16:26 ID:VLHqjlaQ
   / ̄ ̄\
  / ⌒ ⌒ \
  | (⌒) (⌒) |       助九郎!
  .|  (__人__)  .|     徳川御一門の御指南役となれば、
  .|  ` ⌒´   |   、 我が門下では、やはり筆頭たるお前が出てしかるべきじゃ。
  |        }l⌒l ノノ
.  ヽ       .}`'''|     頑張るのだぞ!
   ヽ     ノ ./   
   /    く/ /    
   |     \ \  
    |    |ヽ、二⌒)、

       ,ィ''''''''" ̄ ゙゙'' 、
    ,r''~ w"www''''""ナヽ       は、はあ…。
   ,r"ミr''"''''' ー'""" アシ''゙、     殿…栄誉は栄誉なんでしょうが、
   イ ''}´ u ゙' 、ィ、__  t゙'iiミ}     その、なんというか、この助九郎の眼によれば、
   イ, ノリ r"""リ{~ヽ ̄''''}{ミ ゙'l     凄く嫌な予感がするんですが…。
   ( lイ  ̄:::-(,,、lヽ ̄ノ:| jヽ)   
   ( ィt:|ツ  r''ヽ;ノ'、, 'ィ::'|/l,}リ     『それがどうかしたのか?』
   ノ.{゙=:| /:/ ,、― -、;j '': |シ )
   { 〉i::|. ゙'" ミ,、-、;},  l 从 )   …行って参りまする。
  ,,,{ ;l| :`'' 、  'ー''  ,、-' ::::〉"ヽ
,,r⌒ヽ|  :::::::`'ー ''"'ー'´:::  /

 そして、これにあわせて、
木村助九郎が忠長の指南役となったと言われている。

 宗矩の門下では、初の大名家(しかも徳川一門)への指南役就任であり、
この後、続々と続く柳生門下の大名家指南役の1人目であった。



427やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:17:54 ID:VLHqjlaQ
 そして、寛永三年(1626)十月。
家光23歳、宗矩56歳、十兵衛20歳…。

     ノ L____
     ⌒ \ / \
    / (○) (○) \     又十郎!
  /    (__人__)    \   さっさと立つお!
  |       |::::::|     |
  \       l;;;;;;l    /
   /      `ー'    ヽ
    | ,         , ヽ
    | |         | ゝ丿\
   し.|         .|   \\ バシンッ!
    .|    /´ヽ   .|     \\ 人_,/
     .!___ノ    ヽ_丿      \ )  て
                     ´⌒Y,.

  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ /_ノ  ヽ、_ハ、ヽ
レ!/(o゚((●)) ((●))゚o     も、もう立てないでしゅ、兄上。
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃   それに、さっきからお腹も痛くて…。
 .|      `⌒´   |
  ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ
   柳生又十郎
   (後の宗冬)



430やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:19:35 ID:VLHqjlaQ
      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__    そんなことでどうするお!
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu   お前も、この柳生家の一員なんだお!
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |    大体、お前ももう11歳なんだお!
   ヽ          i    丿   その変な語尾はやめるお!!
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ /  \ヽハ 、ヽ    へ、変な語尾ってだけなら、
レ!小l (●) (●)从|i|    兄上だって、ずっと「~お」って言ってるでしゅ。
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃
 .|  u  `⌒´   |      又十郎だけ言われるのは
  ヽ        ./     納得いかないでしゅ。
 /   ヽ     ノヽ



432やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:20:20 ID:VLHqjlaQ
   
    ┛┗ ___
    ┓┏\.i|||i./\  プチッ
   /( ○)三(○)\
  /::::::::::::(__人__)::::::::::\
  |      `⌒´     .|
  \             ./



433やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:20:40 ID:VLHqjlaQ
                         `     '
                           、   ノヾ     '
                           )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´
                            `r      r'
                            )     (
                          , '´⌒`Y´⌒` 、        ,、    /
                             ,              キ人_,/
            `                                )  て
             \ ,,_人、ノヽ                       /´⌒Y,.
              )ヽ    (               、ハ,          \
           - <       >─           ^ <  て
              )     て              ./'Y''~ヾ
             /^⌒`Y´^\              `



435やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:21:40 ID:VLHqjlaQ
    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
  / /" `ヽ ヽ  \
 //, '/ /  \ヽハ 、ヽ
 レ!小l:::::::o゚((;:;:;:;)(●))゚o  あ、兄上…ご、ごめんなさいです…。
  .|::::::u:::   (__人__)   もう、言わないで…す。
  .|:::::::::::::   `⌒|||
  ヽ::::u::::::: メ   /
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く

       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \    これに懲りたら、
  / ノ( ●━━●)  \  もう二度とナメた口きくんじゃねーお。
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |
  \     ` ⌒´   ⌒/

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \    …ったく、やってらんねーお。
  /(●)三(●))   .\  一杯飲んだら、後で左門にでも相手させるお。
  |   (__人__)      |  あいつなら、お前より少しはマシだお。
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \



441やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:22:59 ID:VLHqjlaQ
           /";;;;;;、、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡三三二り
          (;;(,、-'''"三;;;;;;;;;;、、、;;;;、;;;;;;;;;;;/リ/;;;;;;;;;彡;;;ヽ'';;;;;;;;''"彡 三;;;;ヽヽ   
         ヽ、;;;;"彡,、 ';;;;;;;;)'7;;;;/~Y~'' 、、リソ~''ヽ''ヽヽ |;)|彡;;;;;;;;"Z二二;;;;;;リ   
        ~'ー-y//"彡";;;;;;;| i;;;;;i | |i|    :::: リ リリ リリ| 彡;;;;;;;;三ミミミ;;;;>   .
          //"/"彡三;;;;;リ t;;;;ti ヽ, 、   ii  / // /;// ろ;;;;;;;;;彡;;;;;;;;ヽ<    .
          |(tii,、'~ 彡;;;;;;;、 ヽ、t、 ヽji,, i リ"/,, /"/// 彡;;;;;;;;;''~~ヽ、);;;;;;;;     …大丈夫ですか、又十郎様。
          ,,,r'"彡'了;;;;;;;;;r'、--、,,,,,'' ii リ r"","、、 -ーー-ゥヽ;;;;;;;、-i;;;;;;;;ミ;;;;ミ    さ、それがしにお掴まりくだされ。
        `''ー''/;;;/;;;;;;;、;;;;t`'-、-モzチ';;t tz(;"zニ竺'ン''",,  |;;;/),|L,、、;;;;; ;;;_   
          /;;;/彡M;;;;ii;;;;;t  `~~~"":ri~'シ;;;;;;;:::""""::''"  リ;/´ ,r'" ,、~'''-、、  
          |;;//;;;;;;//;;;;;;t、;;;t  "::::ヽ |  :::::::::    ::   i/ ⌒t  ,r'~、'"  ヽ 
          Y/;;;/;;;川;;;;;;;ヽ;;t   '""、|、,,  ヽ    "  r"-,,rー' 、:::::      ヽ
          i;;;/(;;i;;;;M;;;;;;;;;;;;|:t   ::::ゝ、,,、 '"       /7`,,   `' 、:::      ヽ
          ヽ| /;;ノ/;;;;;;;;;;;;;i::ヽ   、,,,、:::",,,___,,,,    ,、-"、"     `' 、:      t
           〉"、-';;;;;;;;/W;;;;i::::ヽ   `~:~~"",, ̄    ,r"'  `' 、     `' 、,    i
- ''' """"~~"" ''' ー'i";;;;;;;;A;;/, iy;;;;;i::::::ヽ   ~''''''''"    ,,r';t'"    `' 、        ,,i::リ''-、,
 "~,、,, ~   ,、-'",|;;;;/;;//;;レY;;|;;;;;;| :::::ヽ  ::::::::::   ,r"'''"ヽ      `'、   、 、、  :;ノリ  ヽ、
''"、-ーz~>-'"、-'" t;;;i|;;i~|i;;;;;;||;;i't;;;;|   :::ヽ、 ''''''''': ,,、-':::t"   \         ヽ,'' ,r"i h  "|| ~'' ーー- 、、,
,、 ,,、-'"" r'"   /ヽt,/t;;;;;;itt;;t"''|   :::::::~~~~~:::::::::: ヽ,    \  ,,  、,,  ':::::: j ソ/ j、、 ,ノノ       ~
//i  <,    ,/   /ヽ ' 、;;,,,ヽ、    ::: ::::::::::::::::::  ,ノヽ,  ,,    "'':,, "'',, ,、-"ソ'/ /j  ~ ''' ー- 、,,
/;;;;;t  ヽ,   i   i     ~  ~''   :::  :::::::::::::: '"    "    `  "" ""  " "         ~
                       庄田喜左衛門

    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
  / /"/`ヽ ヽ  \
 //, '/ //  / ヽハ 、ヽ
 レ!小l   o゚((●)(●))゚o
  .|      (__人__)    …す、すまないでしゅ、喜左衛門。
  .|       `⌒´|
  ヽ         /
  /::ヽ      ノ
  /::::       く



442やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:24:00 ID:VLHqjlaQ
  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ /_ノ  ヽ、_ハ、ヽ    喜左衛門…!
レ!/(o゚((●)) ((●))゚o   兄上は、どうしてあんなに乱暴なんでしゅか…?
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃  兄上は強いから、弱い者のお気持ちがわからないのでしゅ!
 .|      `⌒´   |
  ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ

      ,,,r''((ノリii 从"リ リノ)ー、、    
      -ミi| ,, ,, )   ((  リシヽ)( rァ 
―- 、,,, ,,r'((:(" " Y  iiiソッ シ父シリツ:)ノ ,    …十兵衛様は、柳生家の跡を継ぐお方ですから、
::::::::::::::~(: j iiレ(/) ))& 彡}ナ"彡;、 '"::   どうしても、まず強くあらん、というお気持ちが強いあまりかと…。
  :::::::ヽ ミミ'W〉〉r"次、))リ彡リ 彡:r'":::  
    ::::之ミ(|(((从リ;;|ノ,)(彡fi|;;/"  ,,,      又十郎様へのお仕打ちも、強くなってほしいという
,rー- 、 :::(ィ〉itモiiミ;i(r;;忝ヲツ}ノ/ r'' "、 |    あの方なりの思いやりだと思うのですが…。
;;(  );;/::::リ;|iii、'' ̄j ,, ̄  リノ;i: |;;( ノ;;t 
r''''' 、;/ :リYiii|iヽii ',j,,ニ、  ノノノ| |(_ノ;;;i、-
,''ー'";i ,,ノ(|;j|r、i|ヽ '=='ii;/,,イ';;〉-ーi''":::::::::::
::~'''マ":::::::(( i|jij~'''`'ー '´i'"| |リノ::::r"   ::'



443やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:25:02 ID:VLHqjlaQ
  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ /_ノ  ヽ、_ハ、ヽ
レ!/(   (-) (-)从|i|    又十郎は…兄上とは違うでしゅ。
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃   …本当は、剣なんか好きじゃないんでしゅ…。
 .|      `⌒´  |    腹や胸が痛いのも、別に仮病でも何でもないのに…。
  ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ

 ( ,、-'|;;;;;;;;;/   ―=-、i,,,(/''|;;;;ii;// ::: / ''"::::~'t;ヽヽ;;/,、-'"
 L(::::(|;;;;;;;/ u.   i从,,二;;;;;、';;、/'"ii||| :: :::::::::::::::::;;;;);;;/'i'r
  /~''、|;;;;;/  ::::::::: '、""''''ー、,ヽヽ~'、ミ  ::: ::::::::::;;;;''"/;;ノノノ;;;; ̄~i''i'ァ
 ~''''::::::t;;/   ::::::::::::: `'-、 (:・:)~'' 、;;,,,,  :::: ,,r'''~::ノr"ノノ /;;;;;;i;;;;;Uノノ
 ヽミ、,_ y'   :::::::::::::::::::::::: ~'''ー--jヽ;;;;≧z'"" ノ"彡彡" リ;;;;;;;;();;_;;;;;
  /;t''/    :::::::::::::::''''"''::::::::::i、;;;;ミミ三'''_∠彡、;;;;マニ;ノ;;;;、;;;;
 /;;;;;リ:/   u     :::::::::::::::''" ~'-、ヽ /~''ー'z;;",,,,>";;;;;;;;ミニ="" ""
 ;;;;;ノir'   u     ::::::::'''" r'~~ヽ,  y /::::::~'''ー'",/;;;;;;;;;;;;;;~'''ー-、、,    ……又十郎様!
 ヽ t        "   :::::t~ヽ、 :::::::/、:::::::::''" ノ;;;;;;;(、ー---- 、, )   左様な事を言われては…!
 〉i | :ヽ       ,'"i' 、;::::   :::::ヽ:ヽ  ノ'":::::  /;;;r、;;;ミ ;;;;ヽ   ノ
  } |:::::ヽ     /  ~ー、'-、;; :::::)::ー'":::::::::: , ';りi;;;;) ~ヽ;)ノノ
 | |i::::::ヽ    :}、"~~~ヽ;;~''ー"'ニ=ーァ"::''"/;;ノノノノヽ, ノ'
 i. |i:::::: ヽ    :::t、  :::::"''~~ );;;/'", '";;;;;;("  、  ヽ,
  t t:::  ヽ  :::ヽ::`'、'''-、 __、ノ;/ /;;;;;;;;;;;;;;;;`' ー--- 、,ヽ
  t t"  ::ヽ  ::`' 、、,,~''' ー--''  /;;;;人;;;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~' 、
  t t  :::::ヽ  ~ ''ー-"、:::::''" ,、'";r'7   ~ '''' - 、;;,,    ヽ;リ
 :レ tt  :::::::ヽ  .....:::::::::::: //;;/ / ・  ⌒ー  ~);;)  ノ'i
  :::: tヽ:::::::::::~' 、 ::::::::'''"/r'"ノ /   >   ,,,、-''"     |
 :::::.. i |:::::::::::::::::::~~ ''''''"/-'",ノ   `、           |

 宗冬こと又十郎は、子供の頃、体が弱く、持病として癪持ちだったという。
また、それもあってか、剣術にあまり興味が持てなかったと言われている。



444やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:26:40 ID:VLHqjlaQ
  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \      なんにしても、
//, '/ /  \ヽハ 、ヽ    兄上はお酒を飲むようになってから、
レ!小l (●) (●)从|i|    乱暴さがひどくなってきたでしゅよ…。
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃    
 .|      `⌒´   |      なまじ強いから、
  ヽ        ./      暴れたら手がつけられないでしゅよ。
 /   ヽ     ノヽ     家僕たちも怖がって兄上には近づかないし…。


  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ ─  ─ヽハ 、ヽ
レ!小l (-) (-)从|i|    …又十郎が心配するようなことじゃないけど、
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃   そのうち、何か面倒が起こりそうな気がするでしゅ…。
 .|   u  `⌒´   |    
  ヽ         /     まあ、兄上は上様のお気に入りだから、
 /   ヽ     ノヽ    そうそう滅多なことにはならないとは思うでしゅが。
./ /   ∩ノ ⊃|  |    
(  \ / _ノ |  |        「又十郎様…」
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /



445やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:28:22 ID:VLHqjlaQ
                 ____
               /::::/:::::::::::::::::: ̄"-. -.
       γへ.  /::::.:/:::::::::/:::::::丶: : \: : : :\
       /:::::::::::ソ:::::彡/::::::::/:::: :::!: ::/::::::::::',::::',:::::::::',           さて、家光に小姓として仕えてからの十兵衛は、
      /:::::::/ /\::::l: :l::::│:::ソ:: ::!:::ヽ::::::::!::ヽ:::::::::::ヘ_        柳生家の記録である「玉栄拾遺」によれば、
     /::::::://  /:::::::! !:::::::1::::::::!YY─マ:::i i:::::::::l:::::l::::::::::::`!
     /::::::/:/ /:::!;;;;;;V:::::::!::! vムf乙弌i  V  V:::/::v::::::ll::::i::l       「弱冠にして天資甚だ梟雄、早く新陰流の術に達し」
    /:::::/:;/ l:::i::::ヽ::ヽ::::::l:il Y^弋鞠i     l,ィY、v iノ;:i.i:i:l       「寵遇甚だ厚し」
    l:i:::i::ノ  i:::i:::::ヘ:l:::::::l:l      ̄    :  {也リ y::::::i i:i::i
    i:i:::::i    i'+.{ k i:::::::i:i    ""    '   ̄・i::::::::i i::l:l        というのが、その人物としての評価と、
    i;i;;;;i   i::_:::::\_.i::::::::i.i           "" i:::::::::i l/:i       社会的な評価(特に言えば家光からの)と評されています。
    i:i::::i    l:::i:::::ii::::: i:::::::::ii      r‐‐-,   /i:::::::::i i:::i       つまり、
    i:i:::i   i::::i::::ii:::::i::丶:::::::ヽ     ` ̄   .イ i:::::::::ii: ::i
     ii::l    il::::i::ii::::::::i:i::丶:::::iヘ.、       /:i:l l::::::::il: :/        ・ 早々に新陰流の達者となったが、乱暴者であった
     ii:l   i::::l::ii:::::::i i::::y:::::l::  ` ‐ . . ./:::::i i l i::::/::;リ.         ・ 家光からの寵遇は厚く、お気に入りであった
      i:i   l::::l i:::::::i l:::i::゙ヽ:::ヽ   l::i:::l:::::i::::::i::i i:::/:::i:l
       ll   i:::i::::::::::i i:::i:/:::ヽ:ヾ´ ̄ ̄ 丶:::i:::i::::i:l /:::/ l:l         というわけですね。
      il  i::i:::::::::::/:::i llv:::vi:::i       l:::::::ii:::::l::::/  il        まあ、強さ云々についてはそのままとして、
      ill i::i:::::::::/ i::/_l:::::v-i::_ - ─イ:::ヾ-/:i::/_ _ _i,        衆道の噂については特にないので、
      l:i i:i::_.. - -´..::::::† 丶:::lil..ヽ  ´  /:/:::/::::::::::::::::\      おそらく、これは剣術の相手としての親近さが
      i/:: ̄:::/:::ソ/l::/│i..lヽ::::::::::ヽ   /::/:::/::丿::::::::::::i:::ヽ     影響しているものと思われます。
     /:::::::::::::::/ "厶/ │ i::.l 丶:::::::::> /:::i::/::i:::/:::::::::::::::/::::::i
    /::::::::::::::::/  /::/ │ i:::l  丶‐´ /::::ハ:::::::ハ:::::::::::::::/::::::::::i     そして、後の家光からの書状などから見ても、
    /:::::::::::::::ム_/::/_ - ‐i:::l ― ´:::::::i::::::Y::::::::::::::::/:::::::::::::::i    これらの評価はおそらく事実と見て良いと思われます。
    i:::::::::::::::::::::::::::l::::l::::::::::::::::::ヽ:l::::::::::::::::::::::i:::/:::::::::::::::`:::::::::::::::::::>
    l::::::::::::::::::::::::::丶":::::::::::::::::::::;l::::::::::::::::::::::Y::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::ヽ



447やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:30:28 ID:VLHqjlaQ
 そして、ある日のこと、またいつもの家光の稽古の時である。

          ___ ズキズキ
         (⊃     \
       (⊃ _ノ  ヽ、_ \   (…あー、頭いてぇお。
     (⊃  (ー)  (ー) u.\   昨日は流石に飲み過ぎたお…)
    /|     (__人__)    |  
  /  \____` ⌒´    /   
 (               \
  \_ |            \
     ヽ|          ト、  ヽ
      ヽ         | >   )

   / ̄ ̄\
 / \   / \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |    十兵衛!
  |    |::::::|   |   何をやっておる!
  |    l;;;;;;l   }   早くしないを構えぬか!
  ヽ   `ー'   }   御前であるぞ!
   ヽ     ノ
   /    く 
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)



448やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:31:31 ID:VLHqjlaQ
       _____ ズキズキ
      / / \ \          ._
     / (●) (-) \       //   (父上、うっせーお…。
   /     (__人__)   \    .//     大声出されると頭に響くんだお…)
   |       `⌒´     |  .//
   \              / //       どうぞですお、上様…。
    (⌒ヽ、       ィヽ.//
    l \  \     i //
    |  \  \  /, イ 
    |    \ , '⌒く/ /  
    l      ゝ、ニ≠ソ
     |     `´  ̄ |
     |    ,ィ'    |
      |    | ヽ   ,l
     |    ,|ノ   /

     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }    ああ、じゃあ、今日も存分にイカせてもらうからな…!
  ヾ|!   ┴'  }|トi  }
    |! ,,_      {'  }
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|
    { |     l   |     |   / |



449やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:32:30 ID:VLHqjlaQ
       ______
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|    アオオオオーーーッ!!
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |
 |'. (|       彡|          |)) |
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i
  ヽ_|        `         .|_/
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |


_                _____ズキズキ
\\             / /i||i\ \   
  \\          / (●) (-) \   (あー、まただお。
   \\       /     (__人__) u. \  この雄叫び、頭に響くんだお…)
     \\     |        `⌒´     |  
      \\.   \              / 
        \\.  ,/           \
         \(⌒,´           ヽ、二⌒)



450やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:33:32 ID:VLHqjlaQ
          ___ズキズキ   (アイタタ…頭がまたズキズキするお…)
         (⊃     \               _
       (⊃ _ノ  ヽ、_ \       人_,/ .//
     (⊃  (ー)  (ー) u.\     )  て// ))
    /|     (__人__)    |     ´⌒Y,/バシ
  /  \____` ⌒´    /     //
 (               \    .// 人_,/
  \_ |            \ //  )  て
     ヽ|           ト、⌒)/ ))  ´⌒Y,. バシ
      ヽ          |  ヒョイヒョイ


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  て
 |    ( ○)(○) そ
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|    (あの馬鹿、何やってんだ…!?
.  | ι   `ー'´}     あんな手を抜いて…!)
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)



452やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:34:47 ID:VLHqjlaQ
             ___
           ,ノ' ´    ` ''ヾ、
         /            ヽ    
        }f^'^^了t^'^'`'ー1  l    
        |L_ ! ___ { ,..、|     …随分と余裕だな、十兵衛。
         }f'tr'i  ''^'tォー` }j/i',|    なら、全力だ…!
          l.| ´ |    ̄  vijソ.!   
         丶 └、  u  Fイ l′
     /    ',  ‐--‐  ,イ ケ|
   , ,/.       ヽ `''"´,/ !  ^|ー、
  / /      _,,」、'....ィ'       '|. \、_
. /./  ,. ‐'''"´    ! /   ,  _」__ヾ',
.,'.,'  /´   └ 、_ ノi   ノ  (、_  ``ヾ!
,'/ /     ヽ、 ` ''ー 、ィ-─'' r`'^    `
l|  !            リ    `ぅ ー=、_
| |          サ     〉
  ト             ′    ./''ー- 、,.._
  |  ヽl            (B     /    ヽ、
  |     !,、      !     /     ∠_
  ,イ     ヾ'     ィ 、   . /   ,,ィ'´
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、



453やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:35:16 ID:VLHqjlaQ
                   ,,,,____,..-'''- ...,,__
                 /    ヽ    __  ヽ、
      , -ー- .._     /          {_^ ヽ、}
    _,‐'      \_,,/         i____}二  /
   r´    ,、    ;ヽ      、____,..''"   {___ノ   これでどうだっ!!
    ゞrr-'''" ヾ .r 、 ヽ,     ,,   |
    { /rィァ リメ、_ノ=、        |
     `i      }_,,__   /      \
      i´ヽ''´  /ヽー―、i     |   \_
      |  ヽ-´ ヽ   ヽ_,,,,/       \
      |      ;__,,, _/ゝ  __,,,,       |
      ヽ、__   ノ ヽー――フ___"'-,-'{^~ヽ |
        ヽ、     ゝ--、 |    〔 ノ   | |
          \_i      ~"''' ‐- __〕  /  |
            \____          /  /__
               ~""''' ‐-‐ '''""~   /;
                   /        //
                  /       /
                  |      /    /
                  |     ,,;     /
                  ヽ、        /
                    ヽ_____  /
                      ー――´



454やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:36:46 ID:VLHqjlaQ
              (あー、いてー、いてーお。
               早いトコ帰って寝ちまいたいお)

         ___ズキズキ  .゙i  \    
        (⊃     \       ゙i ゙i  ゙i   
      (⊃ _ノ  ヽ、_ \      |l l   l|  
    (⊃  (ー)  (ー) u.\     |l  l  l|   、ハ,    
   /|     (__人__)    |     |ll    !l|l  ^ <  て
  /  \____` ⌒´    /     |!  !  |. ./'Y''~ヾ
  \             \     |l  l   l| `  ペシッ
    ゝ           ,  ヽ   |ll   !l|l,r' 
      .|          | ゝ丿\/ ,r' ,',r' /  
     .|          |.   .\\ ,r'´ ,r'/ 
     .|    /´ヽ   .|     \\ /
      .!___ノ    ヽ_丿      \\
                        ̄

         / ̄ ̄\  そ
       / _ノ i||iヽ、_\ て
      | (○) (○)|   …………!!
      .| ||i (__人__)l_j|
/⌒)⌒)⌒.|   |r--|   |   /⌒)⌒)⌒)
| / / / | U.|   |  |  / / / / /
| :::::::::::(⌒)|  |   |  |ゝ⌒) :::::::::::/
|     ノ \ └ー┘ / / )    /
ヽ    / /       \ヽ /    /



456やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:38:14 ID:VLHqjlaQ
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽノ L
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;⌒::、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ    ……………ッ!!
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;  u  ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /    ゙、\  ;   / .::::\、_
          ゙、 `ー─''゙:::; ::::::::::
        ゙、      :::/::::::::::
         ゙、     ./  



457やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:38:36 ID:VLHqjlaQ
             ___
           ,ノ' ´    ` ''ノ L
         /          ⌒:ヽ
        }f^'^^了t^'^'`'ー1  l
        |L_ ! ___ { ,..、|     …宗矩、今日の稽古はもう終わりだ。
         }f'tr'i  ''^'tォー` }j/i',|    もう、二人とも下がっていいぜ。
          l.| ´ |    ̄  vijソ.!    帰んな。
         丶 └、  u  .Fイ l′   
     /    ',  ‐--‐  ,イ ケ|    
   , ,/.       ヽ `''"´,/ !  ^|ー、
  / /      _,,」、'....ィ'       '|. \、_← 着ている
. /./  ,. ‐'''"´    ! /   ,  _」__ヾ',
.,'.,'  /´   └ 、_ ノi   ノ  (、_  ``ヾ!
,'/ /     ヽ、 ` ''ー 、ィ-─'' r`'^    `
l|  !            リ    `ぅ ー=、_
| |          サ     〉
  ト             ′    ./''ー- 、,.._
  |  ヽl            (B     /    ヽ、
  |     !,、      !     /     ∠_
  ,イ     ヾ'     ィ 、   . /   ,,ィ'´
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

     __
..:...::./:..:..:..::\.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..::..:..:..::::...:.....
.::./.:..:.._ノ::::..:..\.:..:...::.:..:..::::....:::..:..::::..:.:..:....
:..|:::....  ( ○)(○).::..:..:..:..::::..:..::.:..:...::...::::..:.:..:....
.: |:::.... u (__人__).::..:..:..:…う、上様……?..:.::..:.:..:....
::. |::u:.   (.::..:..:..::::..:...:..::::::::..:..::.:...:..::::..:..::.::..:....
.::. |:::.....u  ` ⌒´ノ.::..:...:..::::..:..::.:...:..::::..:...:....
::..:.ヽ:::.....     }.::..:..:..:..::::..:..::..::::..:..::.:..:...::..:....
.::..:...ヽ::.....   ノ      
::..:..:..:/::..   く    
.::..:..: |::...   \  
::..:..:..:|:::.....  |ヽ、二⌒)



460やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:40:47 ID:VLHqjlaQ
 



  ──そして、家光より、

   『十兵衛を小姓の役目から罷免する』

  という連絡が来たのは、そのしばらく後であった…。



 



462やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:42:10 ID:VLHqjlaQ
   ノし ̄ ̄\ オラッ!
 /⌒\i||i/ \   1Hit!
 |  (①)(①) |
. |  (__人__) .i,r-v'ヽ、ノ ̄ ̄ ̄\
  |   ` ⌒´ r‐く   ヽ'\ノ  ヽ、_ .\
.  ヽ    .ノ   \ \.))))  .(( ◎))゚o
   ヽ  イ   \  ヽ い)__人__)'   |   へぶっ!?
   /  .|  \_  Y  )ノノ ノ .ノ .   /
   |  ,ゝ、 マ_ノー彡'´  `⌒´   <
    | ..  .'rー=≦'"


   / ̄ ̄\  ドラッ!
 /       \ 
 |    ノし   |  2Hit!
. |   ⌒    |  ___
  |          | /     \
.  |         } 、,:' /,';;;}: ; , \
.  ヽ        }` : ;ヽ ,.、_ノ ,; ' ‐ \  ぶべらっ!?
   ヽニニニニノ ,`冫<____〉イ'; 、  |
  /;:::::::::::::::::::: ̄`ー- ,/::::| //  (⌒)
/::/:::::::::::::::::::::/‐-//_::::::ノ //  /i ヽ
::::イ::::::::::::::::::::::/ //   ̄ /       ヽ___i


          ノし
        / ⌒ (①)  ヽヽ
       /   (⌒  (①)/   まだまだ…まだまだだろ!
      /       ̄ヽ__) /  貴様の失態的に考えて…!!
      /     ____/
      /   ;/(○)三(○)  3Hit!
    /   ;/ノし (__人__) ヽ;
  /   ;|   ^    `⌒″ ui   ギギギギギ…く、くるし………!
  i   ; |   ;j        |;    
  ヽ   \    n⌒)  /;
   | \  (⌒ヽ/ ./  ノ `i
   |   \  ̄_/ ̄ ̄ ノヽ.  グッ
   |    ;/ ̄   ̄ ̄ ̄   |



463やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:43:10 ID:VLHqjlaQ
   / ̄ ̄\
 /ノ(   \i||i/  オラオラオラオラオラッッ!
 | ⌒ ( ①)(①)
. |     (__人__)____    ドスドス  4,5,6,7,8,9…10hit!!
  |     ` ⌒/ ─' i;;三三ラ´
.  |       /( i;;三三ラ´;;三三ラ´ ドス
.  ヽ     /i;;三三n__人__)i;;三三ラ´     ………ッッ!?
   ヽ   |、・i;j:  (  ヨ ・i;j: |
   /    `ー─-  厂i;;三三ラ´ドドドッドス
   |   、 _   __,,/ ・i;j:  i;;三三ラ´
    |    /   ̄   i;;三三ラ・i;j: ドススドス
    |    |i;;三三ラ´・i;j:  i;;三三ラ´
       ドスス

          / ̄ ̄\
        /ノ(   \i||i/ 
        | ⌒ ( ①)(①)  決まったゴォォォォォォォォーーーール!!!<
        |     (__人__)
        |     ` ⌒´ノ
     r'7ニ|         }-;、                         / ̄
  .rァ'7´lf ヽ        } ̄l.ノ,ヘ._         ,.  -─ 、          /
/〈〈_,.、__|l          ノ,レ -‐>、_   く     _\          /
r ' ´^´  |ヽ      /∠-‐- くくr_ヘヘ,、   l         ̄`ヽ.    / l
     〈_,. -‐ '_´ -─く     `^ツソソ  ヽ            \ /    \ _
     ,く ,. ‐'"´ r-    l      _      \    ・.’   Y      ・
   / '´   /´    /    /   `ー- 、   ヽ         ヽ=ニ二_  ¨…
    l     /     ,.イ´     〈.       \  \        ヽ   \
   ヽ、_// ,∠.シ       |       _.ゝ、_L\  _|\__
    r '´ ./ /          |/   > ,二 /  ̄   \/   ̄   \   11hit!
   ,.く  / /        /‐- / /  /     _,.- /:・ヽ. ,・.  \
.  ルヘ7‐' /         ,.イヽ, '            「  /,  ‐;-<¨ ‐ 、_ \
 /_fシ!'"/     _,  -‐// ./,. - ───、-、  | /  _/⌒:  ⌒`  \
 ヽ二j ./   /´ ̄      /´          > \ 〈/,( ( (  /,シ ○';,   |
  |  /   ノ   ___/         ∠_’¨''/ ゝ…/⌒_r', } ノl 〉   |
.  j /  /    \      _/´ ̄ `''‐- 、. ̄/.¨´ ( ,._`イ '⌒/ イ  |
    /        \       |        \∥ ;・ `(\   ○j ,、   |
                                   ヽ.\ '゚_// l  ヽ |
                                   ヽ.\ '゚_// l  ヽ |



465やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:45:36 ID:VLHqjlaQ
                                 、_人_从_人__/
                                 _)
  12Hit!!                          _) 消  汚
                                 _) 毒   物
 ,..r;;:  (  人)  ) ,;`ー、          | ヽ丶       _) だ  は
 ヾゞ、  ゞ'´   '`´   `ヾ、     ─|─        _)  l   .
          -‐':、ゞ'``  ,l      / | ヽ        _) っ
ヾ、 ゞ;;.  ,r-、   `ヾ、    ヽ、               `) !
, rヾ    ,r!/r'ヽ    '`      \      _|_     V^V⌒W^Y⌒
   _,,,.,ノ、_ ヽ,       `ゞ;;    ;:、    /|            ,ィ
,r‐'''" ,.__ミミヾ、      ``  ´;;i                   i|l;
__,.;;,ィ'/  ノ ヽミ;j`、        `i;:、      オ          ,j|l;;
;;  /   (○  ゝjr' i   . ノ;;:'' `゙`、 ``ー、               ヾlir'ミ.ィ
彡(_     (_人_),t'´           ,.、ー、  ゝ     ォ        /⌒ ⌒\
;'イ;;;'ヾ``ヽ、ィ;;l;;;;;|´    ヽ ヾノ ,ry' il'Y゙r    ヽ、         |(①)(①)|
j'´ '´ '´/ゞ';;::`´ヽ    ``´ー  ゙i ;;: ,r'      )  ,r、      | (__人__) |
  / ,;:' '´/ ー≡;i{、      /ヾr'´  ,.   '`;;:、 〉ゝ  r-ー-、_!  iiiiiii  /
ーr-、j ,! ,;',;'ィ;;:イ''``ゞ、_,、-‐'´ヽ:;/ 、 ``ヽ  ;:、 `' (´  `ゞ、;;;;'',ヽ`⌒´ ノ=、
,,:'  ``ゞ、,;;ゞ、 "´イ ,... `'彡 ,/´  `ヾ、ヾ   '    ー、  ii;j `i;;!'´ニil';;;;ゞr、_,r'ミ
'   ー‐─ ,rー'゙ー─-、_j;:r'´     ヾ,ゞ         、 ゞ,ミ;:l;;l  ,!  ,!,i;;'´¨/
;.   r-‐;;'"}            ``ヾ、  ノ       ,;;;: (i,;)))、,,:;!、__,:};!_,.、l
....   _,,,ィ、 i        'ヾ人  、}( /     ノ   ,r'i  r'"ヾ-‐i‐-:;イ, / ヾ
    ,.r'´,ィ'l、   _ィ;;、   、,.ミミ'´ ,;:'´ハ   '´  ,j ,r'  }ミ,r;}ゞ‐'─l:::.i  ,jl
,l:.   ヾ;'´イ'´ト、_  j (_,r'´(`'´`ー'´,ノ  i; l  (`'´ Y´     ,イ≡=‐-ゞ、,r'
キ:.  ,.彡;:、    }ヽ、'´ `   、,;{   ゙レ   ,ゝ'        i;;;:: ,;:li三ミ;}jlK
'i   ,r'"´,;ゞ、_,.イレ'゙、         ,.{ i'   )        ,イ ;;;;;;jk三ミ}゙kiヾ、



467やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:46:16 ID:VLHqjlaQ
                                               \
                               まだまだこれからだろ…!
                              柳生家的に考えて…ッ!!
     |┃ ̄`ヽ、
     |┃ヽ ヽ  \                      アヒィィィィィッ!! 
     |┃ノ  ヽ、_ハ、ヽ                                 /
     |┃)) ((●))゚o   (ひ、ひいいいいい!
     |┃(__人__)⊂⊃  や、やっぱり怒った父上が一番怖いでしゅ!)
     |┃ `⌒´  |   
     |┃      /
     |┃    ノヽ



469やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:47:41 ID:VLHqjlaQ
 そして少しして…。
                    / ̄ ̄\
                  /ノ(  _ノ  \    …さて、落ち着いたところで、
                  | ⌒ ( ー)(ー)   そろそろ話を始めようか。
                  .|    (__人__)   なあ、十兵衛?
                  /     `⌒´ノ
                /  ヽ ⊂二二 ̄\
              /     \  ⊂、'    ヽ
             /        \_, `7  /
            /    へ     \ !/  /
            |      \    Υ  /
            |        \     /\
            |        / \__/.,,_r ヽ、
            /      _,,__|'"´      レi  }
           |   `'"´   `¨ー、     /ノノ
           |            }ィ    ´/
      / ⌒`^\___,,.._7     / /   , '
     /,, / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ {    / /  /      ……わ、わかりましたお…。
     /,//::    #   メ \!   / /  f:
    ;/⌒'":::.. #          /   / (    ヽ、
    /  /、:::::...      メ    /   {,_ `ヽ、__,,ゝ
    ( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`(_    `¨つ
━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノ─¨ー-'":



471やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:49:03 ID:VLHqjlaQ
   / ̄ ̄\  ( ;;;;(
 / _ノ  ヽ\ ) ;;;;)
 |  ( ─) (─)/;;/
. |   (__人__) l;;,    ……………。
  |    ∩ ノ)━・'
.  |   /  ノ´ }    
.  ヽ  / /    }    
   ヽ/ /   ノ

   / ̄ ̄\
  /  ノ  \\
 |  .(●)(●)  |         …とりあえず、お前の処遇は決まった。
. |  (__人__)  |         小姓は罷免、小田原にて謫居、ということじゃ。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)
.  |        |    .) ;;;;)    罪状については…今更言うまでも無いな?
.  ヽ       }   /;;/   上様の勘気を受けて、この程度で済んだことを
   ヽ     ノ   .l;;,´     幸いと思うがいい。
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/



472やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:50:16 ID:VLHqjlaQ
         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\     …わかりましたお。
     /    。<一>:::::<ー>。  これも身から出た錆ですお。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜   十兵衛、明日には小田原へ向かいますお…。
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。   
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


         ;/⌒`"⌒ヽ、;:
      ;/,,        \;
     ;/,/ / ̄ ̄ ̄ ̄\\;     …父上、申し訳…ございませんでしたお。
     ;;/⌒'":::..          |⌒ヽ;
     /  /、:::::...        |ヽ_ \;
   __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、  /⌒`ー'⌒  )
━━━`ー──ゝィソノ---ヾy_ノー─━━



475やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:51:40 ID:VLHqjlaQ
    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     (● )
.  |:::::::::::   (__人)   ……………。
   |::::::::::::::   ⌒ノ
.   |::::::::::::::    }
.   ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |

        / ̄ ̄\      十兵衛、今の小田原は番城になっておる。
      /       \    おそらく、お前も顔見知りの方が入られるであろう。
      |::::::        |   小田原では酒も控え、神妙にしておれ。
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |   …よいな?....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´



476やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:53:06 ID:VLHqjlaQ

          /⌒`"⌒ヽ、
       /,,        \
      /,/ / ̄ ̄ ̄ ̄\\     ははっ…!
     ;/⌒'":::..          |⌒ヽ
     /  /、:::::...        |ヽ_ \
   __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、  /⌒`ー'⌒  )
━━━`ー──ゝィソノ---ヾy_ノー─━━

 こうして、柳生十兵衛三厳は、
家光の勘気を受け、小姓を罷免、小田原へ謫居、ということになった。



478やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:55:20 ID:VLHqjlaQ
                                      さて、こうして十兵衛は小姓を罷免され、
                                     家光の下から致仕することになりました。

                                      実際のところ、この十兵衛の致仕は、
                                     その正確な理由が不明なのです。
                                     柳生家の記録にせよ、十兵衛本人の著作にせよ、
   .i  ::/:, i i:|: i    | ,  :::';:.:.. ::...l .i l |: :|:l::: !:: .::: ! ';:::. |  この件については、
   |  :l:/ |l: !:|    l : l::. :i:!':;::i;::::::!. .l ll_!/-l:::/!i:: ::;'. l:::! l
    l :::/   ';. 'l  l   |:.: |,'-┼‐'-!ヽ;:::::: l| !'  |:,' ! | /  .|:l .!      「故ありて」、または「さることありて」
   | .::/!  ヽ.:| l   l::i:! \:!  ヽ \:::l ,.z==ゞl:' .l l:l: | 
   .! :l:::l   lヽ!: l   ';l ! ,.z==x    ゙' ゙   , ,’ |:. l |:!:.l     としか書いていないのですわ。
    ', ::::|  | l.l.i';.. !.  ',ヽ ,, , ,        "    !: l il |:.|    それ故に、後の宗矩の大目付就任などと相まって
    ヽ :::!  l.l.l.ヽ!. !:  .lヽ、        !     |: l l.| ';::l
     ヽ :'.,  i ! :l';:.';:.. |.,              l:.:l .l l ';::|    「実は致仕というのは偽りで、宗矩の指示で
      \ヽ.|l i ::lヽ::.::.. ',ヽ      ー .. ´  /!:: !l .|. ヽ',    .隠密として、諸大名の秘密を探っているのだ」
       ヽ:ヽl l::l::::\:::. ヽr丶 、      /l::::|i:::: l l   ';:i
        .i':;ヽ::ll:::::::l:ヽ:::...\ヽ ` ' - .. ' l::ヽ:::l|!:::. l !   !'   という「十兵衛廻国隠密説」などが生まれ、
        ,' .:i:l::ll:::::::l:::,r\::..:.'., `"'' -,-、 |:;'|l :、!:';:: ';:ヽ /   後の伝奇ヒーローとしての十兵衛像を創り出す
.       / .::::!|ll;;:r‐<´ ヽ:ヽ::.: i    // ':,l::l l.| ヾi-;::.';: i    一因になったりします。
      /.:;: -''!´ `ヽヽ ヽヽ::::i';.  i./  i:|',|.l.  ',',ヽ::.i`'ー ..... (この辺りのことは、また別に述べます)



479やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:57:31 ID:VLHqjlaQ
                                  なので、今回述べたお話も、
                                 >>1の推測による創作なわけですが、
    /  // //  |    ',  ヽ \ ヽ   ヽ     一応、「多分こんな塩梅だったのでは」という
   ,'   //   ,  /    | i       ヽ, ヽ  ',    推測のもと、用意してみたそうです。
.   |  ,',' /  | ハ',    ' ,' , / , ヽ  ', |ヽ |
  |  |.| ,' /| |,ハヽ| i /| /ノ/| iノ i |  | | '  |     その論拠としましては、
   |  ||  | |从ャ|ヤ从/ノ /ソ`从ノ|ソk| |ノ. |. |
   |  .||   ||行テ心  、'  '圻テ心ぇ,'  ,',i | | |     1 : 元々の刑罰自体が軽微な上、
  ||  ト  ||'弋z;;ソ   l   弋zン./, /,}l |  | |       父たる宗矩、及び、柳生家に対しては
.   | |  |',  ', ::::::::     ::::::::  ,/,' ,'ソ | ,| .|        一切の咎めが無い。
   | | .| |、 |            /,' / i  | ||
    ',| | | ',  |    r‐ヽ、    '/ イ |, |. | |      2 : 比較的すぐに家光から赦免されている。
     | | | ', |\ / / ヽ   イ/ / |  | | |.|         (最速で寛永五・六年頃?)
    | ,'| | | ,〈 ´ -‐ `< |  ,' / |  | | ||
    |/ ,' /| ト‐-'   -‐ ´k-‐,| ,'  .|  | |||       3 : 後の沢庵和尚からの手紙に、
    | / / ,| ,' : : :ヘ    r-_/: : | |ヽ、,|  | |'         「御酒さえ参らずば万事相調う可く候」とあり
     |.-ヤ´ |〈: : : : :ハ   ': : : : :.|.|  //`:丶|          致仕の理由に酒が関係している可能性がある。
  /||: : : :|| ||入: : : :ハ   | : : : /|| //: : : || `ヽ
                                  というところだそうです。



483やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 18:59:04 ID:VLHqjlaQ
                                            そして、先ほど挙げた理由から推測するに、

                                            「稽古中に将軍をぶちのめす、とかした場合、
        /    /   /            \   \ ,   {_三ミ、 ヽ  宗矩の監督責任も発生するけど、1を見る限り、それはない」
        ′/ /   / ,  /      ヽ   ヽ   ∨ / /  }、`ヽ.  i
       /    ′, /   / /       l  、  ',   ∨ ,'  i l ∨ハ  | 「また、2によれば、家光によって赦免されていること、
       ′ / ,' / / ,' /   /      ,    /  ハ   l /   l | ∨ |  |  及び、この件で、他の誰かと怨恨などが起きている訳でもない事を
      |  i | l 〃.′{ i  ′  / ,       / l   |/ ,′/ j  Vl  |  考えると、家光本人との間でのトラブルと思われる。
      |  l | l |i { i l |  !   / /   ,    |   | / / /|   }   |  また、比較的早期に勘気が解けていることを踏まえると、
      |  l | l |l ハ,从_リj !   ,' / / _〃_′  |   |'   /_j  |  |  然程深刻ではない程度のものだったと考えられる」
      |    |   VⅣ Vリ、:   /ィ / ,イ /}`,/|   l   イ´i|   |   j
      |   l    {x=≠ミ、V! / //_/ノ'´/イ .|   |'⌒}.i l|   |  ,′ 「3にしても、流石に酒を飲んでから出仕、というのは、
      j   /| i j从      V  '´,r=≠=ミ//'/   j〈 / l l|  ,′,′  宗矩が許さない可能性が高いし、それであるとすれば
      ′ ,' | l ヽ{ゝ"""  ′         ・从/   /ソ/   ll  / /    二日酔いで頭が廻ってない、というのがあるのではないか」
     /  /  | ! 八            """   /   ムイ   i l|. / /
    /  .′ | l ,′ヘ/´)              /   / i |  l l| { .′     というところから、
   / /    | l/ ′/ /、 `ヌ)__フ      /   /i l |  l l| | |
   / ,′     | ′/ / /./ ‐     イ′ ,/}.j l |  ! !| | |     『剣術の稽古中、二日酔いで頭が廻らなかったので、
  / /      ′, / ,// / ≧-- ≦ィ7′ /厂}、_l__j__j__j」_| |      普段なら礼儀を弁えるところ、礼を失することがあった』
  { ,′     /   / / ,イ`厂} ̄}>く工}}/  ,〃/  /:/  /:/ / ̄`ヽ
  V      /   / ´ ,∠}斗┴┴ ┴‐ァく,/  //   /:/  /:/ /     ',     あたりだったんじゃないかなー、というように
  ′   /  {   .. -‐…¬て¨´∨/   /´ ̄ ̄ ̄ ̄}./:/ /       |   まとめてみたそうです。
      /     }    `ー┴‐-、 `{ ̄}′ ,′       / {:.{ {       |   (まあ、出仕中に城内で酒飲んで大暴れ、とかもありそうですが…)



485やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 19:01:51 ID:VLHqjlaQ
                                           あと、これも重要な点なのですが、
                                          伝奇ものでよく出てくるアングル(筋書)の

                                           『剣を政治に用いる父、宗矩(敵ボス)と、
                                            それに反発する息子、十兵衛(ヒーロー)』

                                           という対立構造と、それが原因となって
                                          十兵衛は宗矩に勘当されたのだ、というのも
     /   .:://  /  l  .l   |    ', l.ヽ   ',  ! i   ',. ヽ    この致仕の理由によくあるパターンなのですが、
    /  .:/ .,' ./   |  |  .:::  : .::l !: i i:::::  l !  |   .l  i    これもまず創作であろうと思われます。
    .,'  .::! l.  | :. l  : l  ::::: .: ::/!./.:l |::::.  |   l    |  l
    l  .::l  l., .l  ::i ',ヽ ::::| :::i/ :/ /''!/i/!/!l::::.  l  | |ヽ  l  .|     後に書かれた十兵衛の伝書、
    |  ::l  |.l  | i ::|'\ヽ' ;:! ::|'l// ' '  ' !:|::: .l.|ヽl l l. ',  |  l    「昔飛衛といふ者あり」「月之抄」などに書かれた
    l  ::|  l l  l !'.!   \:/   ,z===x !:l:::  l.l i l l ',. ', .l  |    全編にわたる宗矩への敬意を見る限り、
.    |  ::l  | l  !ヽ':,z=-   ,    ,, , ,  ' |::  l.| /:::l l i i .| .l    十兵衛と宗矩の間に、剣の上での思想的な対立は
    l ::|   l l  :\ヽ , ,,   !          ! : .l.レ:::::: l.l | ll  |     なかったと思われます。
.    | l   | ! :::::l',             l :  ,'/l:::::::: l.| l | l     (少なくとも、十兵衛側が宗矩の思想に反発した、
     l |   l  ::::::|::'.,           ,|  .//l:l::::::::. !l | .l |      というような記述はない)
.     l. l   .| :::::::l::|_ヽ、_ ` 、´   /.l  ,'.,'::::l:::::::::. l l | .l
     l. |   l_...: - ''"´`.,ヽ 、!  ,. '   _!  i.,':!::::l:::::::: :.l! l .|      この対立構造は、どちらかといえば
     ,! '‐ '''"       、ヽ ,゙i  ,..、-''' l  l l';::';::::l::::::: :: | | l      江戸と尾張の対立の方がまだ近いのですが、
    /          ,、 \. ゙i / l  .|  l | ヽ';::::';:::::: :: ','l |      これについては、また別に述べますね。



487やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 19:03:51 ID:VLHqjlaQ
         / /          `丶、/ ヘト、 `丶、        …まあ、この話を現代風に言えば、
   /⌒\_ / / /   ′ 丶 \  \  ∧\  \     「怒りっぽいクライアント(or社長)」相手に
   /     f7 /   /    !     ヽ  ヽ  ヽ ハ 丶    、   「酒」のせいで仕事をミスったボンクラが
  /   ,/∧/   /    |    !  }   ',   ∨/'.       |    クビになったってことだわな。
 |   /  |∨  '  {   {     |  | | ∧   Y'│  |   |    宗矩からすりゃいい迷惑だったろうよ。
 |    |  ト|  {{  | { '.    リ 厂| /lハ  i| |  |   |    
 |    |   {、|  |l丶{\「\ヽ /ル弋乞刃7|   i| |  |   |     実際、家を守る為に必死こいて頑張ってるのに、
 |    |  Vi,  いャ代乞ハ∨   V辷フ.   i|/'|   ∨  |    その家を継ぐ嫡男が馬鹿なんだから、
 |    |   }ハ  ト ゝV_フ   j  : : : : : :ム|   i| |   |  |    そりゃ宗矩からすれば、
 |    |   | ∧  ヘ`: : : : : :         |   i| |   |   j    
 |    |   |   .   丶       _ _     /|   'l l   j  ,′     「なんでお前までそんなんなんだよ!」
 |    |   │ ハ.   |\     `ニ´   /リ ∧! i|.  / /     
     |   |/ ∧  |  丶、   _  ´|∨ /   | / /       とか思うだろ。
  \  |   |i  ∧  |  /´}_ ` ´ _ ノ│ ∧ j ∨ /      ニートの甥っこがやっと手が離れたと思ったら、
   ヽ |   |i  / ∧ ! /  `7^ヽ /^ヽ | |八. | { ,′      今度はてめえの息子が面倒を起こした訳で、
    } |   /i / /__| {{    /  }{  ハ│ |}ム_| ,l |        まあ、胃の具合も悪くなるわな。
    | |/⌒^ ̄::::::| 八   厶<{.}>厶| |/  厂:ヽ{ー-、     
    |/::::::::::l::::::::::::::|/  //゙>介<゙ ヽ |  |::::::::::丶:::∧     なんにしても、こうしてボンクラのクソ餓鬼は
   /:::::::::::::|::::::::::::∧  { 〈 // 〈∧\〉 乂 /:::::::::::::::::/:::::'、   小田原に行くことになった。
   /::::::::::::::::!::::::::::::::: ヽ.....二| /_j_|_,|二......ノ:::::::::::::::::/::::::::::ヽ   この後の話は、また次ってこった。



494やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 19:08:25 ID:VLHqjlaQ
 ─翌朝
                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||  .||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 柳 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 生 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
  """ ̄ ̄ ̄'''''''''''''''""""" ̄""" ̄ ̄''''''''''""
..      ____
     /     \
.  . /         \   ……………。
  /            \
  |             |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ



495やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 19:09:30 ID:VLHqjlaQ
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \      …当たり前だけど、見送りはなし、かお。
 /  (●)  (●)  \   寂しいもんだお。
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

          ___
         (⊃     \
       (⊃ _ノ  ヽ、_ \     まあ、仕方ないお。
     (⊃  (ー)  (ー) u.\  さっさと行くかお…。
    /|     (__人__)    |  
  /  \____` ⌒´    /  
 (               \
  \_ |            \
     ヽ|          ト、  ヽ
      ヽ         | >   )


ギイイイ……





496やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 19:10:31 ID:VLHqjlaQ
  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ /_ノ  ヽ、_ハ、ヽ
レ!/(   (●) (●)从|i|  
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃   …兄上
 .|      `⌒´  |   
  ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ

           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \     ま、又十郎…?
    / (●)  (●)    \   お前、なんで出てきたんだお?
     |   (__人__)    u.   | 
     \ u.` ⌒´       /   
    ノ            \   
  /´               ヽ



497やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 19:11:13 ID:VLHqjlaQ
  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ /_ノ  ヽ、_ハ、ヽ     だって、誰も見送りに出ないなんて、
レ!/(   (●) (●)从|i|    寂しいでしゅよ…。
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃   
 .|      `⌒´  |      でも、兄上は、又十郎の兄上でしゅから…。
  ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ


  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ /  \ヽハ 、ヽ  
レ!小l (⌒) (⌒)从|i|     だから…早く戻ってきてくださいでしゅ。
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃
 .|.     `⌒´   |   
  ヽ        ./   
 /   ヽ     ノヽ

      ____
    /   u \
   /  /    \\    …又十郎。
 /  し (○)  (○) \
 | ∪    (__人__)  J |
 \  u   `⌒´   /



498やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 19:12:21 ID:VLHqjlaQ
        ____
      /      \
    /  _ノ  ヽ、_  \     …わかったお。
   /  /⌒)   ⌒゚o  \  神妙にして、早く上様の勘気が解けるようにするお。
   |  / /(__人__)      |  
   \/ /   ` ⌒´     /

       ____
     /      \
    /   _ノ  ヽ、_ \       じゃあ、行くお。
  /    (●) (●) \    又十郎、お前も、達者で過ごすといいお。
  .|      (__人__)   |
  \      `⌒´   /     …今まで、乱暴にして悪かったお。
   〉         ⌒ヽ
   |          、  \_
    !          ヽ   _⌒)


  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ /  \ヽハ 、ヽ  
レ!小l (⌒) (⌒)从|i|    …はいでしゅ!
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃  
 .|.     `⌒´   |   
  ヽ        ./   
 /   ヽ     ノヽ



500やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 19:13:43 ID:VLHqjlaQ
─柳生邸内・書斎

      ,,,r''((ノリii 从"リ リノ)ー、、    
      -ミi| ,, ,, )   ((  リシヽ)( rァ 
―- 、,,, ,,r'((:(" " Y  iiiソッ シ父シリツ:)ノ ,  
::::::::::::::~(: j iiレ(/) ))& 彡}ナ"彡;、 '":: 
  :::::::ヽ ミミ'W〉〉r"次、))リ彡リ 彡:r'":::     
    ::::之ミ(|(((从リ;;|ノ,)(彡fi|;;/"  ,,,    …殿。
,rー- 、 :::(ィ〉itモiiミ;i(r;;忝ヲツ}ノ/ r'' "、 |   その、又十郎様ですが…。
;;(  );;/::::リ;|iii、'' ̄j ,, ̄  リノ;i: |;;( ノ;;t 
r''''' 、;/ :リYiii|iヽii ',j,,ニ、  ノノノ| |(_ノ;;;i、-
,''ー'";i ,,ノ(|;j|r、i|ヽ '=='ii;/,,イ';;〉-ーi''":::::::::::
::~'''マ":::::::(( i|jij~'''`'ー '´i'"| |リノ::::r"   ::'


        / ̄ ̄\
      /       \      …わしは何も見ておらぬ。
      |::::::        |    お前もじゃ、よいな?
     . |:::::::::::     |  
       |::::::::::::::    |     「…ははっ」 
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,, 
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´



502やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 19:15:07 ID:VLHqjlaQ

  `¨ - 、
      | `Tー―ーヽ、
      |  !      `ヽ
      r /      ヽ  ヽ
 、    /´ \     \ \_j
  ` ー     ⌒ー、ヽ ヽ__j´  スッ
              ゛'^´
   ェェェェェェェェェエエエエエエエエエエェェェェェェェェェェ、
 、イNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiiNiNiNiNiNiNiiiiNNiNNNiNト、
、イNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNNiNiiNiNiNiNiNiNiiiiNNiNNNiNト、
NiNiNiNiNiiNiNii NiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNNiNiiNiNiiNNiNiN
NiNiNiNiNiiNiNii NiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNNiNiiNiNiiNNiNiN
NiNiNiNiNiiNiNii NiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNNiNiiNiNiiNNiNiN
{エエ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭エエ}



503やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 19:15:40 ID:VLHqjlaQ

     ェェェェェエエエエエェェェェェ、
   、イNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiiNNiNト、
  NiNiNiNiNiiNiNiNiNiNiNiNiiNNiNiN
  {エエ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭エエ} パサ
   ゝ:::/ ::::::: (__人__) ::::::\::::/      
     |     `⌒´     | ∩     …さて、行くお。
     \             / /    小田原に着いたら…また稽古するかお…。
       >            ./
      ( |        //
       `|       /'
          |   r  /
        ヽ  ヽ/
          >__ノ;:::......

 こうして、寛永三年(1626)十月、
柳生家の嫡男、柳生十兵衛三厳は、小田原へ旅立った。

 時に十兵衛、20歳のことであった。



507やる夫で学ぶ柳生一族(その21)09/05/24 19:16:20 ID:VLHqjlaQ
  \ヽ, ,、     
   `''|/ノ
    .|        \ヽ, ,、
_   |          `''|/ノ
\`ヽ、|           .|
 \, V"       _   |
   `L,,_      \`ヽ、|
    |ヽ、) ,、    \, V"
   /  ヽYノ      `L,,_
  / r''ヽ、.|        |ヽ、)  ,、
  | `ー-ヽ|ヮ      /    ヽYノ
  |    `|      /    r''ヽ、.|
  |.     |     |     `ー-ヽ|ヮ
  ヽ、   |     |       `|
   / ̄ ̄\     |.        |
 /  _ノ ヽ_ \   ヽ、      |
 |  (≡)(≡) l    ヽ____ノ      
. |   (__人__) .|    /_ノ ' ヽ_\
  |   ` ⌒´  |   /(≡)   (≡)\
.  |        } /::::::⌒(__人__)⌒::::: \      
.  ヽ       } |     |r┬-|     |      
   ヽ     ノ  \      `ー'´     /

┼ヽ  -|r‐、. レ |
d⌒) ./| _ノ  __ノ

【やる夫で学ぶ柳生一族(その21):「十兵衛の致仕の巻」】 完



関連記事
[ 2018/03/06 18:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する