やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その23「十兵衛、故郷へ帰る」

267やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:02:15 ID:5UsQgyO2
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレです。

【今回のメイン柳生:柳生十兵衛三厳】

           (ヽ三/) ))
       ____ ( i)))
      /⌒  ⌒\\
    /( ●)  (●)\ )  柳生家の嫡男、柳生十兵衛三厳だお!
  ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
  |    (⌒)|r┬-|     |
  ,┌、-、!.~〈 `ー´/   _/
  | | | |  __ヽ、   /
  レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
  `ー---‐一' ̄



273やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:06:30 ID:5UsQgyO2
【寛永三年(1626)時の柳生一族系譜】

  大膳長永
     :
  <柳生家>
     :
    ├─────┐
  柳生永珍   中坊源専
     :
    ├─────┐
    家厳      重厳
    |    (七郎左衛門)
    |     (松吟庵)
    ├───────────────────────────────────┐
    宗厳                                                  妹
  (新左衛門)                                                .|
   (石舟斎)                        【江戸柳生】               <幸徳井家>
    ├───┬───┬────┬───────┐                     |
    厳勝   久斎   徳斎     宗章          宗矩                    友景
  (新次郎)             (五郎右衛門).     (又右衛門)                   .|
    |                             .|                    友種
    |   【尾張柳生】                   |
    ├────┬────┬────┐        ├─────┬────┐
    純厳    利厳.     妹     厳倚      三厳      左門    又十郎
   (久三郎)  (兵庫助).         (権右衛門)    (十兵衛)
           |                    (幼名:七郎)
           |
           ├────┬────┐
         新左衛門 .茂左衛門   .新六



274やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:07:17 ID:5UsQgyO2
【第1部(その1~11)のあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の領主、柳生新左衛門宗厳は、上泉伊勢守秀綱創始の新陰流の正統を継ぎ、
後に名を石舟斎とあらため、その剣名を天下に上げた。
しかし、長男新次郎厳勝の不具廃嫡、豊臣家による所領の没収、
新次郎の長男、久三郎純厳の死など、柳生家に辛く重い苦難が襲い掛かる。
だが、徳川家康の招きに応じ、「無刀取り」を以って家康に指南を請われた際、
末子・又右衛門宗矩を推挙したことで、再び柳生家にも光が差す。
その後、関が原の戦にて徳川家に味方したことにより、柳生家は旧領を回復する。
更に、家康が幕府を開き、後継たる秀忠を二代将軍とすることで、宗矩は将軍家剣術指南役となった。
そして、柳生家の家督を宗矩に、新陰流の正統を兵庫助に継がせた石舟斎は、
慶長六年(1611)、78年の生涯に幕を閉じたのであった…。

【第2部(その12~22)のあらすじ】
 石舟斎の死後、宗矩は正式に家督を継ぎ、新たなる柳生家の当主となった。
またその翌年、柳生庄にて宗矩に待望の嫡男・七郎…後の柳生十兵衛三厳が誕生する。
同時に、兵庫助も島左近の遺女・お珠を妻に迎えた。
その後、起こった戦乱の世の残照にして最後の大戦、「大坂の陣」。
冬と夏、二度にわたる戦の末、遂に豊臣家は滅亡、
幕府(徳川家)の天下が固まったことで戦乱の世は終わり、「元和厭武」が宣言される。
長き太平の世「江戸時代」の始まりである。

 そして元和二年、遂に一代の英傑、徳川家康がこの世を去り、二代将軍秀忠の治世が始まる。
その治世において、江戸の宗矩、尾張の兵庫助は、それぞれの道を歩む。
江戸においては、徳川の天下が守成の時期に入る中、宗矩は「坂崎事件」を見事収めるなど
単なる剣術指南役以上の才能があることを証明、その後、息子・七郎ともども、
その生涯の主君となる将軍家世子・家光に仕えることになり、大いに好意を得る。
同じ頃、兵庫助は尾張徳川家の剣術指南役に仕官、尾張柳生の礎を築き、
後に「直立たる身」の工夫を編み出し、尾張藩主・徳川義利へ新陰流正統四世を相伝する。

 そして、時は寛永、尾張においては後の連也斎厳包こと新六が誕生した頃、
元服した七郎こと十兵衛が三代将軍となった家光の勘気を受け、
小姓を致仕することになってしまうのであった…。



275やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:08:31 ID:5UsQgyO2
 さて、寛永三年(1629)十月、家光の勘気を受けたことで
小姓を致仕となり、小田原にて謫居となった十兵衛は、一路、小田原への道を歩んでいた…。


     ェェェェェエエエエエェェェェェ、
   、イNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNNiNト、
  NiNiNiNiNiiNiNiNiNiNiNiNiNNiNiN
  {エエ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭エエ}
   ヽ:::/ ::::::: (__人__) ::::::\:::/ 
    ヽ|     `⌒´     |/ 
     \             / 
       >          ヽ
      ( |        /丿
       `|       /'
          |   r  /
        ヽ  ヽ/
          >__ノ;:::......   スタスタ



277やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:09:42 ID:5UsQgyO2
             _,,,,,,__
      __,、- '"~:::::::::::::::::"''':-、
       \:::::::::::::::::::::,,、 -―ァ::::::::::ヽ
       /ヾー-‐ '"     /:::::::::::::::
      /        ,,,,、/::::::::::::::::
      /;;;;;,、/ 、、ヾ;;;;;彡"` ヾ:::::::x‐、       十兵衛殿。
      \l/ -ヽ    - `"l, ヾ::/r-、      今回は災難でしたのう。
  .     i` ミ/    `,,,,"   |::| ' i ノ
       i  i         '" ) ' /
       i  !、_,-‐ `      l /;:::
       i            |" ヾ
       ゙ ,    ̄ ̄     /
        ゙ ,       /l  /
         ゙ ,     /   //
          `ー┬'"   ///
          / /|    / / // 
        幕府の役人


     ェェェェェエエエエエェェェェェ、
   、イNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNNiNト、
   NiNiNiNiNiiNiNiNiNiNiNiNiNNiNiN
   {エエ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭エエ}   いや…この十兵衛の身から出た錆ですお。
   \::(⊃  (ー)  (ー) u.\/   父上や柳生家にお咎めはなかったし、
    /|     (__人__)    |    .それだけでも御の字ですお。
  /  \____` ⌒´    /   
 (                \
  \_ |             \
     ヽ|           ト、  ヽ
      ヽ          | >   )

 謫居は、他所へ預けられ、謹慎する「処罰」なので、
おそらく十兵衛一人ではなく、(逃亡や寄り道を防ぐ)監視も兼ねた付き添いがいたと思われる。



278やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:11:53 ID:5UsQgyO2
           ,,x-ー:: ":::::
        ,x '"::::::::::::::::::::
      ,、'":::::::::::::,, x-‐ ァ: 
    ,,x '"::::::,,、- '"     |::: 
    `"i`ー'"        ヾ 
      !  、 、,,,,,,,,,;;;;;;;;;彡ミ 
     |,,,,ノi `ーヾ;; '"----、    
     ヾ::ヽ     -┴'~      …できれば十兵衛殿を慰めてやりたいぜ…(肉体的に)
      ~|:/ ' ' ' `ー ' "'"  
      /_         ////
     l    '' )     
      ヽ,,、'~`     
       ゙, __ ,-、_,ノ`
       ゙, `'" ,,y
        ゙、`-'"
         i
          !    ,, -'"
         `ー '"|::
          /|||ヽ
          /|||||/心
          |ヾ/ /`ー

        ェェェェェエエエエエェェェェェ、
      、イNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNNiNト、
     NiNiNiNiNiiNiNiNiNiNiNiNiNNiNiN
     {エエ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭エエ}   け、結構ですお。
      \/   (○)  (○)  \/    遠慮しますお。
        |      (__人__)  u.  |     (なんだってこんなのが付き添いなんだお…?)
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |



281やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:13:48 ID:5UsQgyO2
             _,,,,,,__
      __,、- '"~:::::::::::::::::"''':-、
      \:::::::::::::::::::::,,、 -―ァ::::::::::ヽ
       /ヾー-‐ '"     /:::::::::::::::
      /        ,,,,、/::::::::::::::::
      /;;;;;,、/ 、、ヾ;;;;;彡"` ヾ:::::::x‐、     ふむ…また気が変わったら言ってくだされ。
      \l/gヽ    8`" l, ヾ::/r-、    …お、見えましたな。あれが小田原城ですぞ。
  .     i` ミ/    `,,,,"   |::| ' i ノ
       i  i        i '" ) ' /
       i  !、_,-‐ `    し l /;:::
       i  _,、ー-ー "` 、  |" ヾ
       ゙ , L -‐ ー-' `ー' /
        ゙ ,  ━ ・   /l  /
         ゙ ,     /   //
          `ー┬'"   ///
          / /|    / / //



282やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:14:50 ID:5UsQgyO2
                 |
                 |
            E!   __,||、_n
            E! r'´ i ェェェェiヨ
            E!ニ|   !_______iヨ
             ├' ,´!::::┌'
             r.r'|i,  'ュ、
             | | |::::',  ヽ!_
           r ‐r'─r''''ニエエエエュ=
           |  | !i !!  j __||l_|__
       , ----====-ニ、二、_r‐ヽ、r ---oヽ--o
     r7 /´ /` rィ rィ j  l L_i_Lニ二 ニ二´
     // /  /---r=====         ̄ i ̄ ̄|
  n  ヾ v/_ _ `ヽ、三三    |]    ',   ト、n   __
  E!  rィ rィ、! i`ヽ`ヽ、 `ヽ、- - - - ─ ─ ─ '' "´` ̄   /
 __Eir、=j-j- ト、ヽ  ` 、ヽ、_ ー、`ー 、_       iニi     !_
.ノヽ__ヽニニヽ ヽr──ュ' 、 ー、 ヽ 、 ー 、 _    iニi      ! r ──‐ァ-ァ--ァ-ァ-、_
[!| | ゚ ゚   |E:ヨ j  ( ニ o  `ー、 -  `ー 、_ ` ー - 、 _   i/     ハ_( 二 ニ ニ o ニ ニ o
ヽノ- -_-、- ニ  [   |  |    ! |   iii ` ー 、 _  _二二ー - - L _____i_
. `E「 {[ rr--!_ィ|  ( ニ o!     ! |   |||    = ` ー - ニ 二 ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ー - 、__
  E! /ハ タ、|_l  ̄二ニ- ‐ ' "´ ̄   __,,,,,,......ニ...,,,_    ` ー - 、、_  _  _  _  _  _  ヽ
  U   /ハ'、 ヽ二_、 _- = ニ <二_         ̄`ー - - 、 _ノノ __________7
       冫ー----ヽ、   ̄ ` ー - - - ニ = = = _____i` ー - - ニ ニ ニ ニ ニ /
    ヽ二/      `ー、         _ノ`ー - - - - - - 'ヽ、  ', ( 二 ニ ニ o ニ ニ o
                `ー - - - - - "            ` ー─────‐'
                      小田原城

 かつて北条家が誇った名城・小田原城は、北条家の滅亡後、大久保家に与えられた。
(その後の改修により、北条家時代よりも規模は縮小している)

 大久保忠隣の改易後、一時阿部正次が入っていたが、
寛永三年頃は城代が預かる番城となっていた。



284やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:16:47 ID:5UsQgyO2
     ェェェェェエエエエエェェェェェ、
   、イNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNNiNト、
  NiNiNiNiNiiNiNiNiNiNiNiNiNNiNiN
  {エエ圭./)圭圭圭圭圭圭圭圭エエ}    ここが元・北条家の城、小田原城かお。
  ヽ:::/ .イ '(●)  .(●)\::::::::/    …なんだか飛んでいきそうな城だお。
  .  /,'才.ミ).  (__人__) u \´
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

             _,,,,,,__
      __,、- '"~:::::::::::::::::"''':-、
       \:::::::::::::::::::::,,、 -―ァ::::::::::ヽ
       /ヾー-‐ '"     /:::::::::::::::
      /        ,,,,、/::::::::::::::::
      /;;;;;,、/ 、、ヾ;;;;;彡"` ヾ:::::::x‐、     十兵衛殿、
      \l/ -ヽ    - `"l, ヾ::/r-、    それでは、到着の報告と、謫居の件も含めて、
  .     i` ミ/    `,,,,"   |::| ' i ノ    御城代様に挨拶に参りましょうぞ。
       i  i         '" ) ' /
       i  !、_,-‐ `      l /;:::     「わかりましたお」
       i            |" ヾ
       ゙ ,    ̄ ̄     /
        ゙ ,       /l  /
         ゙ ,     /   //
          `ー┬'"   ///
          / /|    / / // 



287やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:18:08 ID:5UsQgyO2
-小田原城内・謁見の間-

          .____
       /    \
      /  ─  ─.\
    /    (●) (●) |  (少し前は阿部(重次)様のお父上、正次様が城主だったそうだけど、
    |       (__人__) .|   今はどなたが御城代なのかお…?)
    \     `⌒´ /
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

             _,,,,,,__
      __,、- '"~:::::::::::::::::"''':-、
       \:::::::::::::::::::::,,、 -―ァ::::::::::ヽ
       /ヾー-‐ '"     /:::::::::::::::
      /        ,,,,、/::::::::::::::::
      /;;;;;,、/ 、、ヾ;;;;;彡"` ヾ:::::::x‐、
      \l/ -ヽ    - `"l, ヾ::/r-、     十兵衛殿、御城代様のお出ましでござる。
  .     i` ミ/    `,,,,"   |::| ' i ノ
       i  i         '" ) ' /
       i  !、_,-‐ `      l /;:::
       i            |" ヾ
       ゙ ,    ̄ ̄     /
        ゙ ,       /l  /
         ゙ ,     /   //
          `ー┬'"   ///
          / /|    / / // 



288やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:18:48 ID:5UsQgyO2
     |┃
 ガラッ. |┃
     |┃ 
     |┃三
     |┃  
     |┃ 
     |┃三
     |┃三
     |┃
     |┃
     |┃
     |┃三
     |┃
     |┃



290やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:21:09 ID:5UsQgyO2
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
      / ̄|;;;;;;;;;| ̄ ̄ ̄ ゙̄|;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     /   ̄ ̄       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|    
     | --- ,-- - 、   |;;;;,;;;;;;;;;;;;;;;;;|
      |,,_  ___    ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|    おお…来たか、十兵衛。
     .{;;;;;;;;|! |;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ  ;;;;;;;;,へ,;;;;;;;;;/   お前のことを思ってせんずりかいちまったよ。
     }/_●l  i"´ ●ヽ-=  .|;;;; |^i;;;|   
     〈  / ,:,:    ̄二    |;;; | |      早速だが、布団を敷こう!
      |;;;;{___,,, )`ー--     |;;; )iノ     
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ  ;;;;;;;;-'_;;;; |      な!
      |;;;;、`ー----'_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;ミ ̄|
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ /\
        |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ ._/   \
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ_ノ       _>、
        ̄- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    _,. - '´  \
       /へ、     ,. --┬  ̄     \
          小田原城城代

 この頃、小田原城には阿部正次がいたともあるが、
同時期、正次は大坂城代となっているため、おそらく幕府から派遣された旗本の誰かが
城代として入っていたものと思われる。



292やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:22:53 ID:5UsQgyO2
         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。

           ,,x-ー:: ":::::
        ,x '"::::::::::::::::::::
      ,、'":::::::::::::,, x-‐ ァ:  
    ,,x '"::::::,,、- '"     |:::  
    `"i`ー'"        ヾ  
      !  、 、,,,,,,,,,;;;;;;;;;彡ミ  
     |,,,,ノi `ーヾ;; '"----、      (なんて漢らしい挨拶…!
     ヾ::ヽ     -┴'~       それにあの肉体…ゴクリ)
      ~|:/ ' ' ' `ー ' "'"   
      /_         ////
     l    '' )    i   
      ヽ,,、'~`      U
       ゙, __ ,-、_,ノ`
 |/      ゙, `'" ,,y
 |/  彡  ゙、`-'"
   /|/     i
   /        !    ,, -'"
    |     `ー '"|::
    |      /|||ヽ
          /|||||/心
          |ヾ/ /`ー  



297やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:25:21 ID:5UsQgyO2
        ノ L____
       ⌒ \ / \      ざけんなお!
      / (○) (○)\    なんで十兵衛の行く先々に出るのはこんな奴ばっかりなんだお!
     /    (__人__)   \   行く先々におにゃのこがいてモテモテというのがやる夫スレのお約束だお!
      |       |::::::|     |  でもこの十兵衛だけ出てくるのが衆道連中ばっかりってどういうことだお!?
     \       l;;;;;;l    /l!| ! 不公平だお!
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl

 ちなみに、史実の十兵衛に衆道趣味があったかどうかは不明。
ただ、時代的に考えて、あったとしても然程不自然ではないと思われる。

 とはいえ、一応、このスレの十兵衛はその趣味はないということで話を進める。
(今更ですが)



302やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:27:38 ID:5UsQgyO2
  r;ァ'N;:::::::::::::,ィ/      >::::::::::ヽ
 〃  ヽル1'´        ∠:::::::::::::::::i
  i′  ___, - ,. = -一   ̄l:::::::::::::::l       そんな細かいことはどうだっていいじゃねえか!
  ! , -==、´r'          l::::::/,ニ.ヽ      これから先、長い付き合いなんだからな!
  l        _,, -‐''二ゝ  l::::l f゙ヽ |、    
   レー-- 、ヽヾニ-ァ,ニ;=、_   !:::l ) } ト     だから、布団を敷こう
   ヾ¨'7"ry、`   ー゙='ニ,,,`    }::ヽ(ノ     
   !´ " ̄ 'l,;;;;,,,.、       ,i:::::::ミ        な!
 .-‐ ト、 r'_{   __)`ニゝ、  ,,iリ::::::::ミ      
 ::Vi/l:::V'´;ッ`ニ´ー-ッ-,、:::::`"::::::::::::::;゙ ,
   N. ゙、::::ヾ,.`二ニ´∠,,.i::::::::::::::::::::///
    l ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
    :! :|.\;::::::::::::::::::::::::::::::/ /
    / ヽ|;;,, `'' ‐---‐ ''"´_,/
 ヽ;/ へ、\;;;;:. ;;;-─ _,.ニ-ァ'´\
 ./ |××| | ;;; ;;;::::| ̄ /×××>、
 ニ=、\±L/;;;;:::_;;:」_,/×××/  \
 ー- ゝ |××× /×× ゝ‐''´==

          ____    
        / .u   \   
      /((○)) ((○))\  
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

 こうして十兵衛の小田原での新生活が始まってしまった…



303やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:29:18 ID:5UsQgyO2
 と思われたのだが…

  r;ァ'N;:::::::::::::,ィ/      >::::::::::ヽ
 〃  ヽル1'´        ∠:::::::::::::::::i
  i′  ___, - ,. = -一   ̄l:::::::::::::::l
  ! , -==、´r'          l::::::/,ニ.ヽ     …と、言いたいところなんだが、
  l        _,, -‐''二ゝ  l::::l f゙ヽ |、   どうも話が変わっちまったらしくてな。
   レー-- 、ヽヾニ-ァ,ニ;=、_   !:::l ) } ト
   ヾ¨'7"ry、`   ー゙='ニ,,,`    }::ヽ(ノ      お前、こっちにいるのは今月だけで、
   !´ " ̄ 'l,;;;;,,,.、       ,i:::::::ミ     来月には柳生庄へ戻れ、ということだそうだ。
 .-‐ ト、 r'_{   __)`ニゝ、  ,,iリ::::::::ミ
 ::Vi/l:::V'´;ッ`ニ´ー-ッ-,、:::::`"::::::::::::::;゙ ,  
   N ゙、::::ヾ,.`二ニ´∠,,.i::::::::::::::::::::///
    l ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
    :! :|.\;::::::::::::::::::::::::::::::/ /

         ____
       /   u \
      /  \    ─\   ………へ?
    /  し (>)  (●) \
    | ∪    (__人__)  J | 
     \  u   `⌒´   / 
    ノ           \ 
  /´               
 |    l             



306やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:31:35 ID:5UsQgyO2
     ____    ━┓
   /      \   ┏┛   や、柳生庄に…?
  /  \   ,_\.  ・    どういうことですかお?
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |      十兵衛は上様の勘気を受けて、
/     ∩ノ ⊃  /      こちらへ謫居となったはずですお。
(  \ / _ノ |  |       なんで故郷の柳生庄に戻ることになるんですお?
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
    / ̄|;;;;;;;;;| ̄ ̄ ̄ ゙̄|;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   /   ̄ ̄       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|    
   | --- ,-- - 、   |;;;;,;;;;;;;;;;;;;;;;;|     まあ、詳しい事情は俺にもわからん。
    |,,_  ___    ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|    だが、そういうご沙汰になったようだな。
   .{;;;;;;;;|! |;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ  ;;;;;;;;,へ,;;;;;;;;;/    
   }/_─l  i"´ ─ヽ-=  .|;;;; |^i;;;|       とりあえず、こちらでは謫居ということだし、
   〈  / ,:,:    ̄二    |;;; | |      少々不便だろうが、短い間だけでも大人しくしておけ。
    |;;;;{___,,, )`ー--     |;;; )iノ     
    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ  ;;;;;;;;-'_;;;; |       な!
    |;;;;、`ー----'_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;ミ ̄|
    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ /\
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ ._/   \
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ_ノ       _>、
      ̄- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    _,. - '´  \
     /へ、     ,. --┬  ̄     \



307やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:33:28 ID:5UsQgyO2
         ____
       /      \
      / ─    ─ \     とりあえず、わかりましたお。
    /   (●)  (●)  \   短い間ですが、お世話になりますお。
    |      (__人__)  u  |
     \    ` ⌒´    ,/    あと、布団は片付けてくださいお。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    十兵衛はノンケなんですお。勘弁してくださいお。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  | 
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


  r;ァ'N;:::::::::::::,ィ/      >::::::::::ヽ
 〃  ヽル1'´        ∠:::::::::::::::::i
  i′  ___, - ,. = -一   ̄l:::::::::::::::l
  ! , -==、´r'          l::::::/,ニ.ヽ     そうか。
  l        _,, -‐''二ゝ  l::::l f゙ヽ |、   …じゃあ、そっちのお前はどうだ?
   レー-- 、ヽヾニ-ァ,ニ;=、_   !:::l ) } ト
   ヾ¨'7"ry、`   ー゙='ニ,,,`    }::ヽ(ノ     な!
   !´ " ̄ 'l,;;;;,,,.、       ,i:::::::ミ     
 .-‐ ト、 r'_{   __)`ニゝ、  ,,iリ::::::::ミ
 ::Vi/l:::V'´;ッ`ニ´ー-ッ-,、:::::`"::::::::::::::;゙ ,  
   N ゙、::::ヾ,.`二ニ´∠,,.i::::::::::::::::::::///
    l ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
    :! :|.\;::::::::::::::::::::::::::::::/ /

           ,,x-ー:: ":::::
        ,x '"::::::::::::::::::::
      ,、'":::::::::::::,, x-‐ ァ:  
    ,,x '"::::::,,、- '"     |:::  
    `"i`ー'"        ヾ  
      !  、 、,,,,,,,,,;;;;;;;;;彡ミ  
     |,,,,ノi `ーヾ;; '"----、     
     ヾ::ヽ     -┴'~     ……オッス!
      ~|:/ ' ' ' `ー ' "'"   
      /_         ////
     l    '' )    i   
      ヽ,,、'~`      U
       ゙, __ ,-、_,ノ`
       ゙, `'" ,,y
        ゙、`-'"
         i
          !    ,, -'"
          `ー '"|::



308やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:35:13 ID:5UsQgyO2
                                  \
                      よし!じゃあやるか!
                                  /
                                \
    |┃                       オッス!
    |┃  ____                    /
    |┃/⌒  ⌒\     
    |┃(⌒)  (⌒) \    そ、それじゃ失礼しますお!
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
    |┃  |r┬-|  u  .|⌒)
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)



311やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:36:39 ID:5UsQgyO2
____________
               ...||┃┃                 \
               ...||┃┃          ギシギシオスオス
             三三三 .||┃┃                 /
               ...||┃┃
               ...||┃┃
          三三三  ||┃┃
               ...||┃┃
               ...||┃┃
               ...||┃┃て
               ...||┃┃ て
               ...||┃┃ そバタン!
               ...||┃┃ て
               ...||┃┃そ
          三三三  ||┃┃
               ...||┃┃
               ...||┃┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



314やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:38:44 ID:5UsQgyO2
                                         今回は俺が解説するぜー!
                                        ハルカさんがいないから口調は男のままだ!
                                        女装はしてるけどな!
        /  / . . . ./. : :/: : : : : : : : : .}: : \: . . .ヽ
          /. : /: : : : /: : :/: : : : : : : /: :/ヽ: ::ヽヽ: : ∧          さて、十兵衛は家光の勘気を受けて、
       /: : /:.〈 ̄7: : :〃:/: : : : :,イ: :./  ヽ: :.ヘ:ヘ: : :|         寛永三年十月、小田原へ謫居…となったんだけど、
      ,': ,': |: : :\|: : /|,:イ: : : : / j :/    ∨: !:.|: : :|         どうもその年のうちに柳生庄に戻ったらしいんだな!
      |: |: :|____ハ从ー 、|: : :./ //_ , ‐' ´ ̄!: |: |i: :.|
      |: |: :∨_| レ斤≠k!: / /' "ィ壬弌.ヽ|:|/:|: :|          というのは、
      |: |、: :〉"´K ら::::::::}|/    ら:::::::::} .〉| 人/: :|         後の十兵衛の著作「昔飛衛といふ者あり」に、
        ヽ ∨ヘ: :.| 弋_ソ      弋__ソ´//ん}: ,'        
          ヽ} ヽ:! www   ,    www レノ} /: :{        _    「めぐるとし十二年は古郷(=柳生庄)を出ず」
 `>、     ハ__.|`    r‐----‐ォ     |_ノ: : : :ヽ    /
    `>.、 /: : : ∧    |      |    ,': : :ヽー、_>─<      という記述があるからなんだ。
       `>─‐<: :ヽ.   v.    /   ,イ、_, < ̄}
       {   ( ̄ー、ヘ   ー‐ '  ィ、´/⌒)  /           先バレになるけど、十兵衛が再出仕するのは
        ヽ   ヘ  ヘー} ` ー‐ ' ´ .{ー.ア /             ちょうど12年後の寛永十五年(1638)だから…
            ヽ  \           / /     /        再出仕するまでの間は、ほぼ柳生庄にいた、と
`ヽ    ヽ      入   ー─── ' /、     /    > ´  いうことになるんだぜ!



315やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:40:37 ID:5UsQgyO2
              ___      
           ,. : :´_ ィ─'´`}:`: .、          つまり、この記述が正しければ、
         /: /: :./: : : /: j: ヽ : \       十兵衛は寛永三年のうちに
        /: : /: / /. . . . . . . 入: :.\. ヘ       柳生庄に戻ってる事になるわけなんだ。
        /: : /( `Y: : : : : : : :/ ヽ: : :ヽ: ヘ
       ,': : :,': : :7|:ハイ: : :./:/   ヽ: : :|: : |      そうすると、致仕が十月な上に
       |!: : |: : :./|j孑|: :/ノ' `ー- 、V: :|: : |     江戸→小田原→柳生庄の移動時間も考えると
       |v: :kr^|',ィ≠ミ|/   ィ,≠ミ、|ィ |: : }     小田原での謫居は1ヶ月あるかどうか…
       |'ヽ X´| 弋zノ      ヒzノ' リイ_: /     ということになるんだぜ!
         〉{ ヾ、 xxx    ,  xxx  / i}'
         ´ ヽj、       __     ノイ        なんでそんな処置になったのかは
          }:.ー.、     (_)   イ´ {       後でまた推測するとして、
          /イ : ,\       / |ヽヘ       小田原での十兵衛の動向については
          /´7/} ` ー ´!ヽヘー丶       記述がないのでわからないんだ。
            /)'、      >-、 
        , ─ ' \_ ` ̄ ̄´_/ `ー 、     まあ、一応「謫居」だから、
       /::::::::::::::::::/ ` ̄ ̄´ \::::::::::::::::ヘ    蟄居と同じで、定められた屋敷内で
       ,':::::::::::::::/            \::::::::::::::|    じっとしていたと思うんだけどな!



318やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:43:27 ID:5UsQgyO2
 そして幾日か過ぎ、十兵衛出立の日となった。

          .____
       /    \
      /  ─  ─.\     それでは御城代様。
    /    (●) (●) |    短い間でしたけど、お世話になりましたお。
    |       (__人__) .|    十兵衛、これにて失礼しますお。
    \     `⌒´ /
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

二二二二二二 .!   〃〃        _,,;i;i;iiii;i;i;,,_        |{lllllllllllllllll
.------,レ, ' 〃〃  ) ,   ,;;iillllllllllllllllllllllililミ、       {{llllllllllllllll
二二二二二 /' v j ((   ソ ,,;;;;iiilllllllllll;'''''''''''''';;llllllllili;;,      lミミillllllllll
.-----ム,,,,,,_ ,,、ヽ ャillliillllllll;llえ二、__          ゙、   'ミ;i;illllllll
二二二二 {lllllllllllllミゞ、ニェ- ''''¨¨'"イi芒i!ー-ニー-==、、、     )几  ¨':llllllll
---- ゙'lll{゙ fン゙¨  `ヾミ; ー-二 ̄ ̄二ニ、、、、三=   (ノ      }llll    ああ…達者でな。
.二二二二二,r''"`  ミュ、_ .:::. `  、 ,.、 ,   ̄``' ``-ニ、          |ll   俺のところに来たくなったら、
---- /  )(    ` ̄`ヽ, ':、 lj ~    -、         )    }ll   いつでも布団を敷いておくぜ?
二二二二 !、(ノ  ;r=ー-〟  ) ヾ':、       ヽ∩_ノ  ∪   )   ,illll
-----,(ヾュ,,,;;!;;iilllllllllllllllllllllllllll|lllii;i;i;,,     ノ|        / r'′ ,illllll    な!
.二二二二 ;illlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllili;i;i;;,,  (ノ        〈 ノ  ,illllllll
---- |||lllllハ、lllllllllllll;;'''''''¨¨「¨¨''''f'';lllllllllllllllililii;,          ,;lllllllllllil
二二二二 }}}lll|L__ノ!¨ _j、__,, -'ー─'^'ー-ヾllllllllllilillii;,     , , ,;、i,i;ilillllllllllilil    「いや、それはあり得ませんから
---- `':llllli,^ーfー'゙ .....:.:.:.::::::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;,゙ヾllllllllililil;l;l,i,i,i,i ; i,i,;i;i;iilililllllllllllllil     布団はしまっておいてくださいお」
.二二二二二 jlハli, {,............:.:.:.:.:.::::::;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;} ゙'lllllllllilill;l;l;l;l;l,i,i,i;i;ililililllllllllllllllll
------jljll; ゙i, .........:.:.:.:.:::::::;:;:;:;:;:;:;;;;;;i゙  ゙'lllllllllllilil;i;i;i;i;ililililllllllllllllllllllllll
二二二二二二クlllli, ゙! ........:.;,:.:.:_:_:::;:;:;:;:;:;;;;;;i゙ 'i,,;lllllllllilililili;i;i;i;ililililllllllllllllllllllll
------ツlllllレ┴i⌒Y´ `「  丁二ネ゙ ィッjlllllllllilililililililillllllllllllllllllllllllllllll
二二二二二 {||lllllll、.-┴'''"¨´ ̄ ̄ ̄-、ノ`’ ソツlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
------゙'llll;'¨



319やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:45:15 ID:5UsQgyO2
     ェェェェェエエエエエェェェェェ、
   、イNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNNiNト、
  NiNiNiNiNiiNiNiNiNiNiNiNiNNiNiN
  {エエ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭エエ}
   ヽ:::/ ::::::: (__人__) ::::::\:::/     さ、それじゃ、帰るお。
    ヽ|     `⌒´     |/    
     \             /       …柳生庄へ。
       >          ヽ
      ( |        /丿
       `|       /'
          |   r  /
        ヽ  ヽ/
          >__ノ;:::......   スタスタ

 こうして、十兵衛は小田原を後にして、故郷・柳生庄へ向かった。



321やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:47:02 ID:5UsQgyO2
 そして、柳生庄へ向かう旅の途中…

        ,~-,~-~-,
   十    |_名古屋城|     + + +
       _|_~~~~~~~~~           ┼ +  *
      __i .i-.、 __  +
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,   *       十           十
_  __.゙| '"         ." |__     +       +
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___       
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|   ┼
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|              
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|//|/| | ~  (|i' |_._|__|~''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL..|" ___ ^|       +
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''ーiー-トi|'"|_._|__|~''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|"'''l -i .r''|i"□_| ~!"|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'.|'"|_._|__|~.''|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|   |_~"'l'''' iー-i-.ニL.|" ___ ^.|
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l'' ーiー-ト|'"|_._|__|~''i|  +  
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|"'''l -i . r'|i"□_| ~!"l
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'"|'"|_._|__|~''i|          
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i .r i'|"|_._|__|~''i|-
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|//|/| ---^^  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



322やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:49:17 ID:5UsQgyO2
     ェェェェェエエエエエェェェェェ、
   、イNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNNiNト、
  NiNiNiNiNiiNiNiNiNiNiNiNiNNiNiN
  {エエ圭./)圭圭圭圭圭圭圭圭エエ}   
  ヽ:::/ .イ '(●)  .(●)\::::::::/   名古屋…だお。
  .  /,'才.ミ).  (__人__) u \´    
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |    
  . \ ヽ           /


     ェェェェェエエエエエェェェェェ、
   、イNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNNiNト、
  NiNiNiNiNiiNiNiNiNiNiNiNiNNiNiN
  {エエ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭エエ}   
   \/    (-)  (-) \/    …本来なら、兵庫助様に挨拶くらいしておきたいところだけど、
    |       (__人__) u |     致仕の身で出向くのは、流石に家の面目が立たないお。
    ./     ∩ノ ⊃  /    
    (  \ / _ノ |  |       残念だけど、今回は諦めるお…。
    .\ “  /__|  |      
      \ /___ /



324やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:52:04 ID:5UsQgyO2
                              さて、小田原から柳生庄に向かうのであれば、
                             その途中には名古屋があるんだな。
                             つまり、兵庫助の尾張柳生家があるわけだ。
             . --         
         , :'"´:..:..:..:..:..:..:..:`ー- 、         で、この途中、十兵衛が尾張柳生家に寄ったか…
       /:..:.,:.‐:-、:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:\      もっと言えば、兵庫助に会ったかどうかなんだけど
      , '´:../:/:..:..:.:\_:..:..:..:..:..:..:..: .:.. ',      実際のところ、史料がなくて不明なんだ。
     /,.' 〃:/:..:..:..:..:..:..:.\:..:..:..:..:..:..:..:.ぃ
    /厶.//...'..    i.....:..:..:ヽ:..:..:..:..:..:..:..!l      これは、この時期だけじゃないんだけど、
    ,:..:ヽi:.i:!:..:..:..:..:..i:.ト.:..i:..:..:..:.',:..:..:..:..:..:..:i|     十兵衛に関する史料の記述、
    i:.i:..:i:..l|:..:..:..:..:/l:| ',:ト、:..:..:.i:..:..:._:{:::..い     及び、十兵衛自身の著作においても、
   |:.i!:..|:小:..:..:.::/ ,リ   ぃ.',:..:..:!::..:.ヽ`:::::ドヽ    尾張柳生に関する言及はないんだよ。
    l:.lト、lハ:l‐',:.:/ /ヘ、   ヽi:..:.!|、:::::...\:::!
    い、」', 、__V   、` ̄`|:.リハ{`::::::iヽ{     そして、尾張柳生側も同様で、
    ヽヘい ''    `ー━ |:/ 〉,ノ::ト、_t      十兵衛のことを、兵庫助がどのように見ていたか、
       〉ヘ  '   ""'   '  ´jハ{  {     それを記した当時の史料はないんだ。
      ': : :{> 、‐-、   /  /     )、
      i: : : {ニ  ` ーぃ´ ,. '´      ハ    それを踏まえて考えると、
      |: : : : 「_,.   _`¨´      _、ソ: : :i   どうも十兵衛と兵庫助、及び尾張柳生の間には、
      l : : : : ヽ  /フ小   い. y´: : : : : :l   殆ど接触はなかったみたいなんだな。
      |: : : : : : Y/〃いハ}  V´¨′: : : : : : |  …つまんねー。



326やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:55:50 ID:5UsQgyO2
 そして、それから更に数日…

      ;;⌒  、
   (;;; ,,;;    ヽ、 _,,,...:-‐‐=-..,,,_
       (_,,,  ;;ノ,r'":: ::      ::\,,.....,            ;;⌒  、
          ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、      (;;; ,,;;    ヽ、
        ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、      (_,,,  ;;ノ
      ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_
    ,r'"::::  ...::: :...::: :: ;,,, - '''' ''':‐-,, ,,      ::. ::`'::、_          __,, - ''""
  ,r'"...::::.. ......:::::               " ''''‐- ,..,,,...  __,, -‐- ,... .-‐‐''''"
,r'":::,,,,,, :::::......:::::: ...               _,, - ''" ""'''"" `'' -,..
  :::.....                     -‐"             "'' -‐‐‐-,..,,.
     ::::,,,::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;::::,:::::;;;;;::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:::::::;;; :::,,:::::::::::::;;,,,
   ...:::::;;:::::::::::;;;;,::::::::::::::::::::://::::,,;;;;:::::::::::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;:::;;::;::::://:::::::.::::;;:.......
 ::::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:: :::::::::: //...::::.::::;;;;:;;;;;,:;;;;;::;;;;;;;;;;:::::::::: :::::::: ;;;;;;;;;;;; :::://:;::::::::::;;;::::::;;::::::::...,,,
WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWw
',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',


WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWwji
::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::_:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::: |::::::::::::
″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″

     ェェェェェエエエエエェェェェェ、
   、イNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNNiNト、
  NiNiNiNiNiiNiNiNiNiNiNiNiNNiNiN
  {エエ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭エエ}   …久々の、柳生庄だお。
     |:::::::::         :::::|     ここを出たのは、もう十年以上前だったんだお…。
     \:::::::      :::::::::/ 
    ,. -‐'´:::::::    ::::`⌒ヽ
    ノ :::::::::::::::      :::::::. |



328やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:57:31 ID:5UsQgyO2
_/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/
@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==
l」/'' l」/'' l」/'| l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/''
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─ .└───v─────┘─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━┫|  |
//////////┃//////////┃//////////┃//////////┃//////////┃|  |
━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┛|_|___
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
──────────────────────────────────
:::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi
:::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/
 ,,.,,.     ,,..    ,,..              ,,,,          ,,,,     ,,,,
                      ,..,         ,,..       ,,,

     ェェェェェエエエエエェェェェェ、
   、イNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNNiNト、
  NiNiNiNiNiiNiNiNiNiNiNiNiNNiNiN
  {エエ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭エエ}   この屋敷も、全然変わってないお…。
  \/  /⌒)   ⌒゚o  \/    お婆様が生きていた頃のままだお。
    |  / /(__人__)      |
    \/ /   `⌒´     /



329やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 21:59:31 ID:5UsQgyO2
            |l______________| |
           ./|:::::: |     /   \       | |:二二二二:|
         .//|:::::: |     |二二二 |         | |:::::::::::|:::::::::::|
        .//. .|:::::: |     |l| 香 |l|         | |:::::::::::|:::::::::::|
      .//   |:::::: |     |l| 取 |l|         | |:::::::::::|:::::::::::|
     /|/     |:::::: |     |l| 大 |l|         | |:::::::::::|:::::::::::|
   //|       |:::::: |     |l| 明 |l|         | |:::::::ll::|::ll:::::::|
  //. .|       |:::::: |     |l| 神 |l|         | |:::::::::::|:::::::::::|
//   |       |:::::: |     |.二二二.|       .| |:::::::::::|:::::::::::|
/     |       |:::::: |     0    0        | |:::::::::::|:::::::::::|
       |       |:::::: |____ _ ______ | |:::::::::::|:::::::::::|
       |    艸 ::|::::::/     __)''( _        | |:二二二二:|
       | 0: :::: 艸 ::|/     /_(~~~)_/       :| |  。|。  |
     :0 |::::艸:::: ::: | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |   |   |
       | ::::: ::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   :: 艸 ::|::艸:: /
:::::艸::::  |  /
  :: 艸 :: |/
:艸:::  /
   /
  /

  ..      ____
       / ―  -\
  .  . /  (-) (-)      …かつてのお爺様の部屋で、
    /     (__人__) \   この十兵衛が過ごす事になるとは、感慨深いものだお…。
    |       `⌒´    |
  .  \           /    明日からは、また新たな気持ちで稽古に励むんだお。
  .   ノ         \   
   /´            ヽ

 こうして十兵衛は、柳生庄へ戻ったのであった。



330やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:01:28 ID:5UsQgyO2
 それから更に時が過ぎ、
柳生庄における十兵衛の生活が落ち着いたある日…

                      ."⌒ヽ.
                      ヽ  ,'
                       ゙、;´     zzz……む、むうう…
                     _(_`Y´ )
                   / |r┬`| \
                  /   `ー'´   \   、´`ヽ
                /           ヽ ⊂´rィ_;ヽ、
                |   、__/;;:  `   `⌒ ̄ ̄`  >
     「`ィ、- -‐ャ,--─´⌒      ̄`,. ̄   ,イ  , -─ ´
    、'ゝ_ /,____`_     ゝ、          ヽ´
     X/          ̄`ヽ             ヽ
                   |             、
                    |             ヽ
                   |,´  `      ´   `ヽ
                   /                ヽ
                  /      .,_──‐-、      ヽ
                  ′    /         、     ヽ
                , ′   ヽ'           ヽ,´    ヽ    ,-、
              ,イ     /              ヽ     ゝ- ´`'"ゝ
           l、` ̄      ,'                 l        `j ラ
           ヽ       i                  `、_  ,_  _.,~ノ
            ゝ- ‐ ^─´



332やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:04:07 ID:5UsQgyO2
            ____
          /      \ 
         /─   ─   \  …よく寝たお。
       / (-) (●)     \
       |   (__人__)      |  ムクリ
       \   `⌒´    _/ ミ
        / l        ヽ
.       / /l       丶 .l
       / / l        } l

           ____
         /_,r'  ' !、\
       /(≡)   (≡)\    さあ、今日も一日、稽古に励むお!
     n/ ::::⌒(__人__)⌒::::::\
    y |     |r┬-|     |⌒)
    l \_   `ー'ォ     //
     \      ・    ・  ̄ /
       \         /
        >      <
       〃   (::)っ   ヽ
       ヽ  <  `‐' >  )
        と__)   (__)



334やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:05:50 ID:5UsQgyO2
      γ⌒) ))
      / ⊃__
   〃/ / ⌒  ⌒\         というか、誰にも気を遣わずに済む生活って素晴らしいお!
  γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)  十兵衛より目上の人間もいないし、ここは天国だお!
 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
(  <|  |   |r┬(    / / ))
( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
               / /

        ___(⌒ヽ
       /⌒  ⌒⊂_ ヽ
(⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒ヽ      里の管理は代官がやってくれてるし、
 ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、    ずっと新陰流の稽古だけしていても全然不都合ないお!
  \ \    )┬-|   / /> ) )) できれば、もうずっとこっちにいたいお!
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / /
  \ \ /          /
    ヽ_ ノ       │

 当時の柳生庄において、領主である宗矩の嫡男である十兵衛は、
この地における地位としては、最上位の人間であった。
(領主にして父である宗矩がいないため)

 そして、里の管理そのものは、宗矩より遣わされた代官(あるいは老職)が
行っていたと思われるため、十兵衛は極端な乱行さえしなければ、
ほぼ誰にも気兼ねせずに済む自由な身であったと思われる。



339やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:08:24 ID:5UsQgyO2
       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\    …………。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /


      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ     …でも、「あれ」だけはなんとかしてほしいお。
   / _ノ ノ    \  \ `、   つか、今、思い出しても参ってくるお。
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /



340やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:11:25 ID:5UsQgyO2
=ここから回想シーン=

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\      せっかくこっちに戻ったんだし
    /   ///(__人__)///\    .衆道と縁を切る為にも、妾の一人も探すんだお!
     |   u.   `Y⌒y'´    |    お婆様も「魔法剣士は駄目」と仰ってたんだお!
      \       ゙ー ′  ,/    
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      頼むお!
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


   / ̄\    
  | ^o^ |   わかりました
   \_/   めかけ ですね
   _| |_
  |     |
  | |  .| |
 柳生庄の代官



343やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:13:30 ID:5UsQgyO2
 その夜…

   / ̄\    
  | ^o^ |   みつけてきました
   \_/   こちらです
   _| |_
  |     |
  | |   | |


      / ̄ ̄ ̄ \
    //     \\     フフ…これは楽しみだお。
   /  ( ≡)   (≡)  \   これからはめくるめく夜が始まるんだお。
   | /// (__人__) ///   |  もう衆道とかはおさらばなんだお!
    \__ `ー ' __/
   /    ヾ、 //  \ ヽフ
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ



345やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:14:55 ID:5UsQgyO2
         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\   さ、恥ずかしがらずに、入ってくるお!
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


     |┃
 ガラッ. |┃
     |┃ 
     |┃三
     |┃  
     |┃ 
     |┃三
     |┃三
     |┃
     |┃
     |┃
     |┃三
     |┃
     |┃



346やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:17:08 ID:5UsQgyO2
                             _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_         |   グフフ…十兵衛様。
                          ,,, ‐''~    ,,  ~`''-,,     .|  妾がご入用とか…?
                        /,,;.''  .    ';:,    `''、,   |  このような姥桜にも今一度花咲く時が…
.                      ,, '' ,,;'' .:  :     ; ';   ;,   `、 \
                      /::  .:   :  :.  :: ;;  ';;;   `、 |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     /:: ,  ,; .:: ,:  ,:'   ;:  ::.. ; ':.   `、
.                    /::  l,  il ;;:: ;:: ::.   ;:::. ,; ::.   ::..   ,,}
                   /:::  li, {l;; '';; ';;i;;,,i;;,,,;;; ,';::: :i::: :! :::;;; ..::::}
                     /::   {{,,  \X^....    ゙´~~~`''''''''''''{;;::::;;'' }__
                   i゙:::..    \/:: ::  .::: :. :. :::. .::::::. { // i゙`、~'''-,,,,
                  l::.::::::::;;;;;; /:::: _;;;_ _ _ :::::.:::::.::  .::::: {// ./  ヽ   ~'''-,,,
                   \/~,,,,,ヽ/:: :. ,';;:::;;;;;;;::.'.     _;;;;;,,{, /‐、  `、;;,,.  ,,;;;|~''''-,,,
                 ,,-'''~゙i { :::゙i |~`-、 'ーん,,_;;`;、..,;.;,r'~___;;:`,_V~ i   `、;;,,,,;;;;;;|    ~'''-,,,,
               ,,-'~/    ゙i `i ( l_  `ー{;;;~゚^~ .ム‐-,{;;^゚~;;;::ノ :} {;/    |;;;;;;;;;;;|
            ,,-'゙゙ ,, /   .: ゙i ソ. `、 ...  `ー-‐'";;   | `ー-‐゙ ..:/_ソ.}i、   |;;;;;;;;;|‐t─--、,,,,_
         ,,,-''~  ,;;',,-IIi.  ::   ゙i ゙  } '''';;;,.::.:::..:;;;;;''   |;;;;::..,,,;''ソ~ ,,;;''}   |;;;;;; |  ';;;;
       ,,-''~    ,,=''  |;;|   ;;,  `‐--|.   ';;;;;;;''''Y ,;; | '';::;,..:;i  ,,;'' i    |;;;;; |   ';;
     ,,-''    ,,-i'~     |;;;|  ';;;;,,,   l_   ';;;;'\__2ュ,,,,∠,,;;:::::;'  ,;' i     |;:.:: |   ';;
   ,,-゙    ,,,-ii~ ,;'     |.;;;|   ';;;;;;;,, ...`、 ;,;''':."`、,,,,,,,,,,,,,,,,.....;::/ ,,;' i     |.  |    ,;
  .i゙、  ,,-ii~;;;;;;;  ,;;'    |.;;;;|   . '';;;;;;;,,,,, `‐;:,   ;;;'''''''''';;, :;/,,;;''  ,i      |  |    ,;;
  i゙ .l ~ ;::::::::;'  ,;;'    |.;;;;|   ;;,   ''';;;;,,,,,,`、,  '    ';; ;/ ,,;;;;-''        | |    ;;;
  i ゙ ゙l    ';;;;;'  ,;;;'    |.;;;;|    '';;;;,,,    ''-,,ヽ,_   ''_ノ  /  ,,-''     |. |    ;;;
 {    l   `;;'  ;;;;'      |  |     '';;;;;;;;;;;,,,,,  'ヽ ~~~ ̄  ノ _/       ||   ;;;;
                             妾候補その1
       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\    ……………。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



351やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:19:11 ID:5UsQgyO2
        ノ L____
       ⌒ \ / \       ざけんなお!
      / (○) (○)\     チェンジ!チェンジだお!!
     /    (__人__)   \    推定年齢差3倍以上ってどーゆーことだお!?
      |       |::::::|     |   ってか、こいつはそれ以前の問題だお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl

   / ̄\    
  | ^o^ |   わかりました
   \_/   つぎは わかいですよ
   _| |_
  |     |
  | |   | |



352やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:20:41 ID:5UsQgyO2
               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ   二度目の挑戦だお!
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |  
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \


     |┃
 ガラッ. |┃
     |┃ 
     |┃三
     |┃  
     |┃ 
     |┃三
     |┃三
     |┃
     |┃
     |┃
     |┃三
     |┃
     |┃



353やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:22:25 ID:5UsQgyO2
             ,. - ─── - 、
             /    ,       `ヽ.
            /〃//,. ,ィl/|l ト、 !、 、  ヽ
          ー'´| | l |1 | !l. l| ! | l.|ヽ ! !、 ',   
             YレV!ヒエ「! |l.「_ト!Ll」| l l  l   じゅ、じゅうべえさま、
           ! lハイJ |  ´|_jヽ. リ,! ! l. l |   はじめまして。
             |l |l.} ー ,   L _,ハl.lトl l. | l
             |l ilト、   n  ''  ,1l|ィ| |l l |
           _ 二,ニ^tュ--ェ_t1」l.|l !リ|_lノ
       r7´   f r┐| 〔/ミヽ>,-、 ̄´
       Y       ー个‐'t  ハ-、_'ゝ、
        ヽ ._・ rく ̄ヽト-'丿  ヽ l
            妾候補その2

         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。



360やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:23:46 ID:5UsQgyO2
          ____
       / ノ  \\      ちょ、ちょっとこれは流石にマズいお。
      / (●)  (●)\    十兵衛に幼女趣味はないんだお。
    / ∪  (__人__)  \   早いトコ帰らせてあげるんだお。
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

   / ̄\    
  | ^o^ |  でも わかいですよ?
   \_/  
   _| |_
  |     |
  | |   | |



365やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:25:11 ID:5UsQgyO2
         ____
       /     \
      /  u   ノ  \    だから、若ければいいってもんじゃないお!
    /      u (●)  \  
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ

             ,. - ─── - 、
             /    ,       `ヽ.
            /〃//,. ,ィl/|l ト、 !、 、  ヽ
          ー'´| | l |1 | !l. l| ! | l.|ヽ ! !、 ',   
             YレV!ヒエ「! |l.「_ト!Ll」| l l  l   あ、あの、じゅうべえさま。
           ! lハイJ |  ´|_jヽ. リ,! ! l. l |  ひとつ、いいですか?
             |l |l.} ー ,   L _,ハl.lトl l. | l
             |l ilト、   n  ''  ,1l|ィ| |l l |   「な、なんだお?」
           _ 二,ニ^tュ--ェ_t1」l.|l !リ|_lノ
       r7´   f r┐| 〔/ミヽ>,-、 ̄´
       Y       ー个‐'t  ハ-、_'ゝ、
        ヽ ._・ rく ̄ヽト-'丿  ヽ l



368やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:26:40 ID:5UsQgyO2
             ,. - ─── - 、
             /    ,       `ヽ.
            /〃//,. ,ィl/|l ト、 !、 、  ヽ
          ー'´| | l |1 | !l. l| ! | l.|ヽ ! !、 ',   
             YレV!ヒエ「! |l.「_ト!Ll」| l l  l    じゅうべえさまは
           ! lハイJ |  ´|_jヽ. リ,! ! l. l |   どうしてはたらかないの?
             |l |l.} ー ,   L _,ハl.lトl l. | l
             |l ilト、   n  ''  ,1l|ィ| |l l |
           _ 二,ニ^tュ--ェ_t1」l.|l !リ|_lノ
       r7´   f r┐| 〔/ミヽ>,-、 ̄´
       Y       ー个‐'t  ハ-、_'ゝ、
        ヽ ._・ rく ̄ヽト-'丿  ヽ l

           ____
       /::::::::::::::::\
      /::::::─三三─\
    /:::::::: ( ○)三(○)\
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  | 
     \:::::::::   |r┬-|   ,/ 
    ノ::::::::::::  `ー'´   \ 
  /:::::::::::::::::::::            
 |::::::::::::::::: l              



374やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:29:01 ID:5UsQgyO2
            ___    
     ____,../     \   
    ノ   /  u       \     …お願いだから帰らせてあげてくれお。
  /   /       u     \  .今、十兵衛のライフはゼロってとこなんだお。
 |     |::..            ..::::|  次で最後でいいから、頼むお…。
 ヽ    -一ー_~、     ;;:;:::/ー_、
  ヽ ____,ノ   ;;:;:::::/__,ノ 


   / ̄\  
  | ^o^ |   わかは わがままですね
   \_/  では つぎがさいごですよ
   _| |_
  |     |
  | |   | |



376やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:30:13 ID:5UsQgyO2
          ____
        / _ノ ヽ_\
       / ∩l^l^lnnl^l^|\   (ああ、でも、次もこの調子だと…見るのが怖いお!)
     /  。ヽ   ∥  ノ \
     |   /   人   l   |
     \ /   /|ii!i!|\ \/
.      |    /. |;;;;;;|  \ |
            `ー´

     |┃
 ガラッ. |┃
     |┃ 
     |┃三
     |┃  
     |┃ 
     |┃三
     |┃三
     |┃
     |┃
     |┃
     |┃三
     |┃
     |┃



377やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:31:48 ID:5UsQgyO2
         _/`ー''´ ̄ ̄ `''―-、
       ,.‐'´.:.:./_;. -‐_‐===.._- ._ !
        ,'.  :.:.:.:!   r`     'ヘ. ヽ
     /.:  :.:.:.:l   '1 -――--ヽ  ',
     /.:.: :.:.:.:.l _,.-r‐¬i'「 ! ̄l下. ¬i:
     /:!:.:. :.:.:.:ll´ | l! ___j !|i !-‐l-、ヽ ヽ.!:    
.     i::|:.:.: :.:.:.:l l,.ィ´l「 / リ l| _l,.」i l ヽ ト、:     あ、あの、ウチ
.     !:l:.:.:.. :.:.:.:.l´l. i!,rォ/ /  !イr'!`l.l トハl:.:!:.   なんでこんなとこに…?
    l:l:.:.:.:. :.:.:.:.| !iイ{r'::|      {:_{, !. /ハllヽ:.:.
    |l:.:.:.:.:..:.:.:.:.|.l ト!ゝ-'‐   ヽ ´'' }く 'リ ! ヽ:.::.
    |!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|ヽト\"u r‐ 1 ,.イヽヽ.   ヽ:.:.
    !:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.|/>'´ ̄ヽ_ ` ´.ィl!ハ| l i ',     ゙、:.
.    l:.:.:.:.::::.:.:.:.:.:.!'       i.孑-,/|! リ l |! i     ゙、:.
   l::.:.:.:.:::::.:.:.:.:.:!       !ノ / ̄ヽ`l〈. l l      i:.:!
    l:::.:.:.:.:::::.:.:.:.:.l 、      l〈〃}  }/ ヽ!.|     i.:!
    !:::.:.:.::::::::.:.:.:.:.l. i、     l`!ー-、 l  l l.       !:l
.   l:::::.:.:.::::::::.:.:.:.:l l',    lヘヽ-.l l  /イ      i.l
.   |::::::.:.:::::::::.:.:.:.:.lーl i.     l.ヘヽ //´ !        l.l
    !::::::::.::::::::::.:.:.:.:.!:.ヽ!    l,ハ ヽ    |      l|
   !::::::::::::::::::::.:.:.:.:.!:.:.:ハ    、ハ. 〉   !       ll
   ト、._r,===.、:.:.:.:.:、:.l ヘ.    ヽ l    l       l!
    !  l':..:..:└、 ̄ ',j__ハ    ヽ!.   l      l!
     !、_ !_:..:..:.._!   ,v'ハ.     `、   .!    〃
     、::`ー=='_r―''´:.:.ヽ ヘ     ',     !_- 、//
     ,ヽ:::::::::::::::::::.:.:.:.:.__ヽ.ヽ , -'⌒ヽ ,. --!、ヽ./
      /::::::`ー‐_,.ニ ̄_r―==´     ヽ   l
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__:.__\r` `¨ヽ    i   l`丶、
    ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./´   ̄`¨ ‐-' ._    !   r' `⊥_
     ヽ.____/            `丶、j _‘┐ r! ` ‐ .
.       |           _r‐ュ.._     ヽ ミ、`_」    `ヽ
‐ァ- ..,_  ! _,.、     _,. -‐7 /     ̄`   ヽ厂´       ',
/:.:.:.:.:.:.:`フ´,rァ`ー '' ´  , ' /           ヽ         i
:.:.:.:.:.:.:.::;.:./ ´      / ,イ. !            ',          !
:::::.:.::::::/:/         'l {. !            i         ノ
            妾候補その3



385やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:34:08 ID:5UsQgyO2
         ____
       /   u \
      /  \    ─\    チラッ
    /  し (>)  (●) \
    | ∪    (__人__)  J | 
     \  u   `⌒´   / 
    ノ           \ 
  /´               
 |    l             

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\    …おお!
    /   ///(__人__)///\  どうなる事かと思ったけど、三度目の正直ってやつだお!
     |   u.   `Y⌒y'´    |  .やったお!この娘に決まりだお!
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |



389やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:35:52 ID:5UsQgyO2
   / ̄\  
  | ^o^ |  よかったですね わか
   \_/  
   _| |_
  |     |
  | |   | |

           ____
         /_,r'  ' !、\        まったくだお!
       /(≡)   (≡)\      では、そこな娘!
     n/ ::::⌒(__人__)⌒::::::\    早速この十兵衛が夜の立ち合いを所望するお!
    y |     |r┬-|     |⌒)  お爺様が編み出した夜の新陰流を試す時が遂に来たんだお!
    l \_   `ー'ォ     //   頑張っちゃうお!うひょひょひょひょひょっ!!
     \      ・    ・  ̄ /
       \         /
        >      <
       〃   (::)っ   ヽ
       ヽ  <  `‐' >  )
        と__)   (__)



391やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:37:45 ID:5UsQgyO2
                   ,. ァ‐' _二ニ_ー- ._
                  , '.::/〃´  i ゞ'_)`ー .`ヽ、
                 / :::/ .i|    j,.二、 ゝゞヘ!i l
                / .:::/..: ll__,. --=辷く._ {r=、'j | レノ i|
      _         〈 :/ .:: :l / / ,.イ / | l卞、'_,.ィ<ノノ_,ノ
   _ノ´r‐-ヽ、--- ..__,く   .:::: :!' /-ァナ ‐{、 !l ,l_l ヽー-=ニ二.__,ノ        えっ?
-‐''´ -‐' / ̄` ー- ..__ ハ、:.{::::: :|/i,ィ;てヽl| リl,ム}iヽl ヽ`ーヽ ̄         そ、それって、その、ウチと?
-'´ ,. -‐''´:.:.::.::.::::::::::: / .:::}  ::::: :l'ic{:J:{    /yヘ!l || liヽ lハ._          む、無理ですって!や、やめて下さい!
. /:.:.: -―    ̄./ . :::::::{:. .:::::::. ! l.´ ̄ __ 、ヾ'q' ! l } !トヽ! リ.::`ー-、--―‐
'      .....::::::::/ .:: .::::::::::;ィ=、_,ノl l.ト、( __冫_,. ィ/,イ,リ/ l!ヘ.:.::.:.. :.:.:..\ :::::.  「そんなことないお!
    .::::::.::.:::/  .:.:: .::::r''´ /   ヽ l. トく7フ/lハ{.イl イ、..:.:.:ノ.:.:丶.:::.:::.::.::.:. 丶:   さあさ、あと一枚…!
.    .::::.::.::.::/   .:.:.:: :::.i  :;'    ヽl く>ヘ〈ト lトl、l l ヽ.:..:. . . ::\::::.::.::.::.:.:.:..   .これで女体の神秘が…!」
::::.   ::.::.:.:.:   .:.:.:.: :.:.l  :ハ     l l l-‐` ヽト、.L」_ l ヽ.:.: . . :.:.:.ヽ_ ::::.::.:.:.:.
:::::::::.  :.:.:.   . . : :.:. :.:'  ハ.ヘ     l !. ! {,r-'‐'´ニド、ヽ、 \   .:.:.:.:. ̄`:ー
   ::.   _,. . :. : .    /r‐-r.、._  |. ! r'´ヽ:j.::::::メヘ ヾ1  ハヽ  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
-―...::.::.''´:.:.:. :. :. : .   /r`1{_::.:.::>‐、/ !  VT´リ{,ハ`1l/:.:.ハ. ',  :..:..:..:.:..:.
::::::::.::.::.::.:.:.:. :. :. : : . . _,.ノー'7,ハ'、__;/   ,rマ〉 __,」 !/  /l l!l:.:.:ノ:.:}.リ:..     :..:..
       _,. -‐'' ´.:..: .:. :.'^J ! >'  ノ  \ l.  l   l リ!:.:.:./:'..:.:.:. . .
_ -― '' ´::.:.:.:.:..:..:..:...:   .:..:..:.ノヽ、/ヽ.   ヽ. |   ノ/イ-‐'´:. :.:.:.:.:. : : . .
       .: .: .:.:.:._:_:___;,;. /-‐ 、´ヽ,.ハ     ', | /イ   :.:.:.  :.:.:. : : . .
、     .:.:.:.:..:../-ー一ニ三二ー、\   ヽ   j:.     . : : :.:..   :. : . .
 ヽ  ..:.:..:. : : . .`ヽ.:._,∠二.___ ̄ .ヽ .ヾ-、/ `ー ':.:.      . : : : :.:..
  ヽ :.: . : : .  ,イ_ -―‐‐ 、.:}::.::.:.:./`ヽ_\:.:.:.. . .        : : . .    _,. -
   ', :    /-r::'´ ̄`i く ヘ、:.イ::.... /´ ̄ 丶、::.:.:.:...          く
   ‘ー‐- 、〈::.:::{:::..  :::::{._ `ヽ /_l:::::::/       丶、:.:.: . .        ノ
         i::.:ヘ::::::...:::::::::`7,/- l::::::;'           ヽ、       /
          ノ::::.::ヽ._:::::::::__`ー-' :::::i            \--―一'′
       r 'ー- ..___:::{ ̄ー--‐`ー-ゝ-ー‐一ー、ヽ- .._   ヽ
      /::::/::.:.: ..::.:. ̄`ハー― '' ´.:.:.:. . .   :.i !    `    ',
       {:ァ/ ,、.:.::.:: .::: /:..   ..:.:.:.:.:. :. :. . . .: .::!. |       /
      //:/ {r,>、 ::::.::.{:.:... /:.:.:.:.:.:.:.:. : . .:.:.: :./:.:i       /
     _,//r'、 `   `!::.:..t∠,-‐―‐‐、ー -----'-‐'ー--、-‐ '
    ト;:`Vゞ)  、.. ヽ:._ヾ.ク     \           ヽ
    r'‐’:!! ̄   .::こr''´          \           ゙、
     }コ:::lt  .::/              \.         ',
    t-;::ヾ-/                    ヽ        ',



395やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:40:59 ID:5UsQgyO2
             ,、'´  ,.、-'' "
      /    ,、'´ ,.、-''´        、 \
.    /    ,、'´.,、''´              \
   l    ,、'´,、''´              / ヽ \       ………………なん…だと…?
   |   ,、'´,、'´      n,  \:リ:::リ:::::i| 〈==、    \     そんな……そんな…バカなッ……!
.   | ,、'´,、'´        _|f=-、.\ u !|/ヾ.、 〉     ヽ.   こんなことが……女体の神秘……ッ!
.   ,!'´,、'´          r( リ   \!i  〈 o .ノノ      |.   ないはずの……もの……ッ!
,、-'´,、/            N ヾ、 o  》   ヾ ̄       |
,、-'´|              ~ ゝ==シ  |j.  \.|j~     /    そ ん な は ず が………ッ!!
   |              〃"  |ju  U u \  、/
   ヽ            u ___   r' __ u _)/ 、  ,、-'´
.    \         |j i´ _` ''ー----‐ァ/  ,.、ゝ''´,、-'´
      \          l ̄   ̄ ̄二ニ7.ム-''´ ,.、-'ヾ
       /          |j {    ,.、-'´ ,.、-r‐i ''' "´
.     /         :\ ,,ゝ-'´ ,.、-''´  | l       /
     〃        ,.、-''´,.、-t''´ ̄``_二ニ! l _.... -‐''´ ,、"
        _,.、-‐'' " ,.、-''´::::::\ゝ- '´ r== l ヽ、  |j ='"´
.   -‐'' "   ,.、-''´ヽ、  ::::::::`'-、.. u |j |  ヾ     u
/''´     ,、-''´     \   ::::::::::::`''..r-'′   \ U



397やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:43:31 ID:5UsQgyO2
                /,-────-、 `丶、
              ,/ ,j;:    ,,___, >>`ヽ、 `i,
             / .ノ_,,-─==、三-"   `i;:  i,
            /" /"   / ゛i `lヽ、  . |;:.  l
           ,ノ // /  /-  't iヽ、`ヽ、_|.   i
           /  //f  l.j,.- 、 ヽ j,二、、ヽ|  . 'l    …だから、言ったでしょ?
          ,f    i l.t  i、.t゚jl   / t。jヽ ヽ   l   「ムリ」だって。
         /;;/  ソ;;;;) .l..  /   .`ー゛ j .i` i;:   i
        r/  ,,/;;;f::i .l::::...`       | j  l;::  ,j
       /  ,ノ":::::::: |::i .i::::::: ー-- '   j i'  l;:: /
      ,/,,/" ::::::::::: i:: i ヽ;:::::: ‐   ,イ|.|;  l;: /
     ノ""        ゛,::i、 ゛lヽ;:::._ ,...‐". /| |;  l;: /
     \        _-'ヽ、:ヽi  \;;;::   )i.| l;  t"
   ,,-イ 丶  , 、─''"   ヽ  l   `yー",r'| l  |


                 「こんな可愛い子が男の子なわけがない」
   ,r' ̄ ̄ ̄`ヽ,    
  ,r'-一、 ` ―‐、ヽ,       そんなふうに考えていた時期が
,r' T辷iフ    f'辷jァ ヽ,    俺にもありました。
i    (_;;人_;;)    :::;! 
`ヽ__  `'二'´  ___;;;;r'     まーずいぶんとりっぱなものをおもちだお。
,r´   ̄  ̄ ̄  ̄  `ヽ,   うえさまのおおだちにもまけてないお。



400やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:45:59 ID:5UsQgyO2
         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。   十兵衛は…ッ
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j   十兵衛はこのまま魔法剣士になるしかないのかおッ!?
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜   でも、もう当面、妾は勘弁だおっ!!
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


   / ̄\    
  | ^o^ |   おつかれさまでした
   \_/  
   _| |_
  |     |
  | |   | |

=回想シーンここまで=



402やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:47:30 ID:5UsQgyO2
         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\     思い出しても泣けてくるお…!
     /    。<一>:::::<ー>。   一体全体どうなってんだお?
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j   この十兵衛は、なんでおにゃのこと縁がないんだお?
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\    
     /    。<一>:::::<ー>。   家にいるのはクソ生意気な妹二人だし、
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j   十兵衛は、十兵衛は…!
     \、   ゜i⌒i.⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ.ノ ノ'"´(;゚ 。
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ



403やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:49:20 ID:5UsQgyO2
    (              ,...-< ̄ ̄~ヽ 、
    (          /´ //       ,,-ヽ─--、_
    (         ('、__/ゝ /⌒彡> ̄ /     ヽ、ヽ 、
    (           ̄7 彳彡//   /--─=== l \ヽ、
    (           /// / /   ∧===二 ̄ l ヽヾ ハ
    (           /ムイ/ V   |l/ // //i /\\ ハ
     (         / / ll /   r//// / //  ヽ i  ハ
     (       /  / /l {    r‐/ ̄〃`` //,, __ リ  ハ
     (       ヽ / / l/    |   _-、 〃´   ` }   } \ 
     (   .    { /// /    l ゙^´  `   ==、 /  l
     (       /ri /  l    l l            シ|  |  ←十兵衛の理想の姉像
     (   .   ((~ゝ/⌒|    | |       ゝ   /´l  l
      (      ヽ二i=二l    l l     ー-   イ l  l
      (       / ̄  ハ    l :l \    ,...イ l l  |
      (   .   | ̄_ < (ヽ   l r- 、、`--r__   | |   |
      (     r= __    >ヽ   リi  !``ヽ、____\ l l   l
      (  .  / ̄ イ二 十=゙  ヽi≠= 、_i  i|! i)l l  l
       (   く彡イ/⌒ヽ 、} 《ハ   }i  ヽi、ヽ、__ ノハl  l、
        ⌒⌒○⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
      ____゚
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\     姉上…!そう!
  / /// (__人__) ///\   「あらあらうふふ」とか言って、
  |     |r┬-|      |   存分に十兵衛を甘やかしてくれる姉上とか欲しかったんだお!
  \     ` ー'´    /

 十兵衛の下には、左門、又十郎以外に、妹が2人いた。
つまり宗矩の娘である。十兵衛と同腹かどうかは不明。
生まれた順で言えば、十兵衛、左門、上の妹、又十郎、下の妹、となる。
(生意気だったかどうかは不明。後にそれぞれ他家へ嫁いだ)

 なお、史実の十兵衛が姉萌え属性持ちだったかどうかは
歴史の闇の彼方である。



407やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:51:30 ID:5UsQgyO2
       ____
      /_ノ ' ヽ_\
    /(≡)   (≡)\    ………。
   / /// (__人__) ///\
   |     |r┬-|      |
   \     ` ー'´    /


      /  ̄ ̄ ̄ \
    /        ::::\
    |          :::::::|    …妄想しても空しいだけだお。
    \.....:::::::::    ::::, /   もうやめとくお。
    r "     .r  /    どうせ十兵衛はMNO(もてない男)なんだお…。
    |::|     ::::| :::i

 実際のところ、この頃の十兵衛の周りに、
正妻・側室・妾を問わず、女性の存在があったかどうかは不明である。
(少なくとも、史料に記載はない)



409やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:53:24 ID:5UsQgyO2
     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (-)  (-) \   …ま、それはともかくとして、
|       (__人__)    |  やはり、故郷はいいものだお。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

         ___
       /      \      お爺様の残された目録や伝書が色々あるし、
      /  ─   ─ \    新陰流を極めるための研究には、
    /    (●) (●) \  うってつけの場所だお。
    .|      (__人__)   |    __ 
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |
    |           |_
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ



413やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:55:45 ID:5UsQgyO2
          ____
       / _ノ  ヽ_\
.     / .(ー)  (ー)\     それに、まだ生きてるお爺様の弟子達も残っているし、
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \   いい機会だから、それぞれに技を見せてもらうとするかお。
    ヽ   L   |r┬-|    |  
     ゝ  ノ  `ー‐'   /   
   /   /          \
  /   /             \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

     ____
   /      \
  /  ─    ─\     …もしかしたら、何か新しい発見があるかもしれないお。
/    (⌒)  (⌒) \   そう思うと、楽しみだお!
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

 柳生庄周辺には、石舟斎に剣を学んだ弟子達が生き残っていた。
そこで十兵衛は、それらの弟子たちを招き、また、あるいは自ら訪れて、
その技を確認することにしたのである。



415やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 22:57:41 ID:5UsQgyO2
 だが…。

"//三ミミll;//彡ー、;;;;;;从从从,,ll||lll;;;;;;、- ''",,、 '" ̄ ̄`''' ー、
// /;;;;ッッ从''""  |;;;l|;;;;;;;;;;ll;;;从l| ''",,、-,、 "
゙゙l|/;;;;r''"       |;;;;|l|;;;;;;;;|l;;;从| '";;;;;/  間 天 .こ 十
 ||;;;;|       _,、-|;;|'l|;;;;;;;;;l|;;;;;;;;l|;;ヽ;/   違 才 .こ 兵
ll||ll|;;;', _,,,、- ''"  ,,,、|;;|"l|;;;;;;;;;l|;;;;;;;ヽ;;;;|   い の は 衛
ll l|l',;;;;',  _,,、 ー '"  |;;| l |;;;;;;;;ヽ、;;;;;;ヽ|   は 俺 .こ 様
}ll| l|',;;;;l''"       ヽ;; ヽ;;彡;;;;;;゙';;;;ミ;|.   な に .う
| l| l||';;;ト、,    ミ、,,;;;;ィ=彡'"ノ´彡''"彡ヽ..  い   ..だ
リ|| l||;;;;tヽ=;夫,゙ミ'、:彡`'''"´::::-ーー 、彡彡\ !    !
.|从ll|;;;;;`'、゙'''"゙l  `゙''彡''"    ..::彡彡:::|\_ __,,,,、 '"
.゙、从lヽ、; ;;',.  |          ゙'::彡彡/l;;;;;;;;llノノ
 ヽ从ヽヽ;;;', j   ー 、      彡// |;;;;;;;;、ll、、゙゙゙从从从
    ゙|,,ll|;;;; j" _,,、 '""    ノ   ::::/ |;;;;;;;;;;| |||| l|;;|゙゙从l |
      ||| | ;;;;゙'、-::);;/_,,,...-;彡´      |;;;;;;;;;;;| ||リ||;;;;;lll 从
      | l| | ; ;;;ヽ"ー- ''''"´,、::     ll|l ::|;;;;l|;;;;;;l|ll|| |l;;;;;;;l| |||
    l゙lll从 ; ;;;;;;;'、 ー ''''"´彡    从:/|;;;|ll|;;;;;;| l| ||/||l|l|||,,
    ヽヽミ≧l ; ;;゙、 了´´     ..::/ ',;;| j;;;;;;l|从||l|从从;;
     ゙''''i゙jjjl|| ; ;;;;', l        /    ゙;| j;;;;;i;;;;;;从;;;;从;;;;
       | l||从;;;;;;;;l ヽ;;:    /      ',|l||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       ',从从;;;;;;;;`゙'''''''''''''"        |.||;;;;;;;/|;;;;;;;;;;;;从
       '、从从ミ、;;;;;;;;;;;;/ ノ`'' 、:::::""''::::: ヽ|、;;;;tヽ;;;/`''
        ヽ、ミミミー、;;;;イ   | `' 、     `゙ーミ/
          石舟斎の弟子・その1

       ____
     /      \
   / ─    ─ \     ………そうかお。
  / -=・=-   -=・=- \  (こいつ、ぜってーハッタリ言ってるお)
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /



418やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 23:00:10 ID:5UsQgyO2
                         ,,、ー '""~~~~~~~ ~'''-、
                       ,-'".. /'  レ "  //<<    聞 あ わ さ
    な 大 .十           / ::::: /ri'ノii "  (~ヽr''')    .く  っ か っ
    ん 事 兵.          /  ::::::: r"ツ人ン    ヽ,/    .と. た ら お
    で な  衛         /  ,,,、、、、;;;;ij,//~ 彡,,、-- 、,     よ .ら な 聞
    す 嫡 様         r"r'"::、、、  '""ヽツ"     ,,、    い    い .き
    か 男 は.        rニti 、,,,ー'''''ヽツ(,,--、 'tr''ニ"ニ彡    で な .事 .下
    ら             リ, '    ̄~)::)r"   ミ":::'".      す ん が さ
                 //    ;;ッ''"(,」⌒'',"~'' ,,:::::、、、,     よ で    い
                r'ii    r"/,、 ヽ-z⌒",, ヽヽ'~.        も
              A tii    `/;;"ヽ`'=zz三zz'7" 't;;|i
 r"ヽ  ,,、       /:::::|  i     |;i ii,,ゝ、_,、-''" ,ii  |;;i       ii
. |   ヽi;::ヽ     /::::::::|  t    i;| ~'' 、,,""",、-''"  jリ       ii'-、
. t    ヽ;:ヽ,,,,,,、、-'ーz=-t、r"t    i|,    ~~~    ノ/       ノ  ~' 、      
 ヽ、,,   ~' 、 ::::''";;;/~''i", ヽ;;;  j |ii       ,,,iij| /      ,、 '     ~'''''ー 、ー< ̄~
ーー ゝ、-―  ~''ー"、,'   | iii  ヽ、;;; t、wwwwwwiij"" "     '"           ~'i::'i
  ,r  ヽ、,,,、-'    i|   ヽi||;ii   ~' 、iiiiii、、,,,、、jjiiiii}iiiiii从ii        ,、-''"      |:::|
ー 、、,,,,z''   ,,、 '" Aヽ、  |t~' 、;;;;;;  ~'''ーー------ー'''"      ,,、-''"        i::::i:::::
   )  ''フ"" r" ii ヽ、、  ti  ~''-''、、;;;;;;;;;;;;::::    ,,,,,,,、 -ー ''''"            リ:::リ :::
,,,、-"-ー''"   i;;  ヽ,     リヽ      ~~~ """""                   リ:::リ:::::
、    /::   t;;;  `'   ノ  t                              /:::/ :::::
.リ  r":::::::   'ー、;;;;;;;;;;;;/   t.                            /:::/:::
" ,,、" ::::''"      ~"      i|                            /::::/:::::::::
~~                  石舟斎の弟子・その2

       ____
      /─  ─\   
    /‐=・=‐ ‐=・=\   (…お爺様はブタを飼っていたのかお?)
   / u  (__人__)  \ 
  |        `⌒´    | 
  \             / 
  ,/           \



421やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 23:02:13 ID:5UsQgyO2
                              ,, 、、-――― - 、
                          ,、- '' ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙'' 、
                         ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'、
                           ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
               , ;;;;;; 、          ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
               {(  )}         l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
              |ヽ=='イ            |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            rー| : ::::: |ュ          |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            }r''|、;;;; : |::}          |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          ,[,|;L}、,,|  :::::|:コ_[[]].       |゙' 、;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;l|
         rイ'l/r―;;''''''''ヽ―、','ツlヽ.      |   `゙''' ー――――ー '' "´ |
          | |/ 〉_'、___ノ_ノ.',' | |     |               |
      , ''"'|:Y'/,/or'"""' 、ol| | ','| |''" '',,,,、 -|               ,l`゙''' ー 、,
''"' '' '' ゙、⌒´'"|/./,/ f゙'、   :::ヽ l| | ',',l|、(´::::::::::::`'' ー ------------ー ''"::::::::::::::::::::)
´    ゙ ''、: | Y l|:: | :ヽ  :::::リ:::| 〉/,,l]'`゙' 、,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;、、 -,,,'"´   ,,,  
       ゙''|、,ヽヽ,| ::: ヽ、::ノ /,,/      ゙'フf;;i''''、ー。=、――z=。ー,ァ''' "|;イ゙l   ゙''、,,, '' "   これぞ石舟斎様直伝!
           ̄: | :::  ヽ`゙'' "       " |リ;/  `"´´(.イ  ` '''´   ||リ |     rエエ   新陰列車砲!!
―――― - 、,,,,   | :::   ヽ ___'''    /;/    ,,ィ、  ,,、、     ';;;V-ー――l三三
          `'''''''l,,、-ー '''"´´   /ヽ /;;イ  " ̄   `'´  `゙' ー ヽ  ';;ヽ     __,
    ――ー ,,、-'' ´         , " /''''\;l   、,,,,,,,,, ー_,,,,,,,,,,ィ     l;;;;;ヽ、_/\
      ,、 '"            / /,、 '";;;;;;l',       `´ ` ̄ ´    l;;;;;;;;;;;;ヽ ヽ  ヽ
     /              ,,、 '";;;;;;;;;;;;;;リ '、       ̄       /;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ヽ
――/              <;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/l|  \           / イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\',
   イ      ,、 - 、     ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/8    ヽ ヽ、,   ,,   イ/ '8|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`';
 /ヽ     /   `',     / );;;;;;;;;;;;;;;;;/8`'' - 、    `""´     '´,,,、8 |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/   ヽ   /     ノ   / /|;;;;;;;;;;;;;;;;/ 8     `'' 、    ,r ー ''' ´   8 |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
                          石舟斎の弟子・その3

             ____
           /      \
          / ─    ─ \   どう見てもオーパーツです本当に(ry
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |



425やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 23:05:11 ID:5UsQgyO2
       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/  ノ(    ::::\:
     ;: |   ⌒     :::::::| :   お、お前ら…
      \.....:::::::::    ::::, /
      r "     .r  /
    :|::|     ::::| :::i
    :|::|:     .::::| :::|:
    :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"

 ,r'ニニニヾヽ、                 //ニニニヽ、
("´ ̄ ̄ヾ))     ____ノ(  ((/ ̄ ̄`゙`)
|   、ィ_ノと)'   / \i||i/⌒ヽ (つ(_,,ア   |! 
i|   ` イ_/  ./ ( ◎)、 ,(◎ ) \. \_Y   |!   お前ら全員帰れおおおぉぉぉッッ!!
.ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  /
  \  \l     i||||iiiii  |!     l/  /
 l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l
     \  ヾ   `ー一'´  ィ    /   i
        ヾ、    ``"´      /
   ゚   |!  Y           ィ |!  。
   ,.  '  、/               ヾ ´ ’  `
 ゚, i! `| ゜、l!            i|!; ゚ ゜ 。
  ヾ从ソヾ、, ;;ソ'人゚;,ィ~;;へ、ィヘ;;´ンy∧从/∨ゞ〆´  ,.,
_..〆  ..:::ソ  ..:_::ノ .::j   .:::ノ`ソ´::ゝ .::::...ヽ _.:::`



427やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 23:06:58 ID:5UsQgyO2
       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \     ったく、ロクでもないお。
  /(●)三(●))   .\   どいつもこいつも独自解釈し過ぎだお。
  |   (__人__)      |  
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \     とはいえ…この「解釈の違い」に絡むズレは
 /  (●)  (●)  \  前から気になってはいたんだお。
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /



430やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 23:08:25 ID:5UsQgyO2
         ___
       /      \
      /  ─   ─ \          例えば、「西江水」の心得について、
    /    (●) (●) \        お爺様は「けつ(尻)をすぼむるなり」と書いてるお。
    .|      (__人__)   |    __  でも、父上は「けつをはる(張る)なり」と書いてるお。
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒      / How ./ 新陰 ./
    i\  \ ,(つ  To/   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |

        ____
     /     \
    /  .ノ   \ \      どちらが正しいかはともかく、
  /   (●) (●)  \    こういう風に教えに違いがあることが
  |     (__人__)     |    わかりづらくなってるのは困るお。
  \        |\  / /|
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |



433やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 23:11:14 ID:5UsQgyO2
           (ヽ三/) ))
       __  ( i)))
      /⌒  ⌒\ \
    /( ●)  (●)\ )    …ちょうどいいお。
  ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\   当面、呼び戻されそうにないし、
  |    (⌒)|r┬-|     |   ここにいる間に、この辺りを全部調べ直してみるお!
  ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
  | | | |  __ヽ、    /
  レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
  `ー---‐一' ̄

        ___
      /      \
   /          \      流派の為にもなるし、
  /   ⌒   ⌒   \    自分の修行にもなるし、一石二鳥だお!
  |  /// (__人__) ///  |   
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ


 こうして十兵衛は、柳生庄にいる間、己の修行に加え、
新陰流の研究に努めたという。



434やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 23:13:32 ID:5UsQgyO2
                           さて、ここで、
                          「十兵衛は致仕した後、何をしていたか」について
             , ,_          話をするぜ!
  __,>、    ,,,,'´,:::-ィー、`,,ヽ、
  !   ゝ. /::/:://!::::ヽ、\ヽ       そもそも、この十兵衛の致仕については
 _/   /  //::/::::://::/ヾ::::'!::::', :::`、    致仕の原因がはっきりしていないこともあって、
 ヽ__/  〃::〃::/,':/ j  ヽ:::!.::::!::::::`,    その後の活動についても、そりゃあ色々な説が出たんだ。
      i:i::〃:://_>、_ ,  ヽ!:::::!:::::ハ|
.       i:i:::!i:::!' !´>;;i    ,=,!ヽ/::::,'::!|    そしてその中には、
     . !:!::!:!:| ` `´    >;;))!':::/:,'!|
      /ハ,:!:|::!/!〃.___、 `´ /::/:/ !'     「十兵衛は本当は家光の勘気など受けていない。
      ´ !:!:!::!,   /.  i .〃!//:/'        実は父・宗矩によって公儀隠密の命を受け、
        !`ヽ! !,丶__/  /:人        諸国を巡る旅に出たのだ」
. .    _/ ̄`―'t!`ー, ' ´//
   /::::!:::::::::::|:::::!`ハ7`、           という説もあるんだな。
  /|::::::::!::::::::::::!:::::!/::!/::::::\          これが、隻眼説と並ぶ柳生十兵衛2つ目の謎、
 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー|ー- 、',
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!  ヽ,!:!            『柳生十兵衛 公儀隠密説』
 \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|-t,>>':::!
    _/ ̄ ̄ ̄\V/:::::/::::::!、         なんだ!
   !::::::::::::::::::::::::::∧::::::::!:::::::::::::!        今回はこれに関して検証しちゃうんだぜ!!



435やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 23:15:28 ID:5UsQgyO2
                                      まず、いつも通り結論から言うと、

     /: :./: : :/.: : : : : : :| ヽ; ヽ.: : : .:l: : : : : : \_          『十兵衛は諸国を巡るようなことはなく、
    ノ: :./: : :/: : : : : :,':.:.j.   i: :.|.: : : :.ト、 : : |: :`'(`          その殆どを柳生庄での新陰流の研究に努めた』
 -=彡': :/二}' : : : : : ,イ:.:/   |.:.:ハ.: : :||:.} }, : : :{、
   / : /: : /: : : : : :/ j:/  ー-匕「|: : | j:乂从 : :.{\         というのが実情ではないか、と思うんだ。
  /:,':/==/: :/.: :/_,ィ'′    ,ィ'T.:.:.:「゚o )}} : : :\_        要するに、公儀隠密説は創作だろう、ってことだな!
  { {/==イ:j/j: :'y'´  .__     ′ j:ノリ   ,ン': :.|` ̄`
  乂 / | |/: :/ )、 ン゙ ̄`       xxxx.  /.: : : :|          その論拠としては、まず、先にも紹介した
  イ   リ{ :/,ハハ,゚ xxx   、       ,n/j:ハ:ハ〉'´ ̄ ̄\    十兵衛自身の著作「昔、飛衛といふ者あり」の中の、
       j//:/:介ヘ,     r‐ つ__,[ ̄\  〉'′     \   この一文が挙げられるんだな。
        j:ハ/ .|:.:/>.., ____`´rく, ヽ `  .〉'′           |
           V j{: :.//l/ _,]ぇ    /          |   『愚夫 ゆえありて東公(家光)を退いて、
            /゙つ√ ̄ 》V'     / /: .         |   素生の国(柳生庄)に引き籠もぬれば、
            | {/ /'ヘ,_ 《 |    ハV.:. . . : : : : : .   |   君の左右をはなれたてまつりて、
            {    /,_}≒|   Vハ: : : : : : : : : : : : . j    世を心のままに逍遥すべきは、
           ∧    V   )、 /  Vー≠ッミ:.ヽ:.:;イ    礼儀も欠け、天道もいかがと存ずれば、
           j厂),     }   | ∨: :.   \ : 〈/7)y'´|    めくるとし十二年は故郷を出ず』
           〉,厶ハ   /}_____j./   : :.    \ //l|:  |
          /// /   / /ク个、\       V/l_}}、__j    つまり、家光の小姓を致仕した後は、柳生庄に戻り、
          〈〈/ /  ./ /〈__八_} ,ハ、      } / ̄`く   そのまま12年間、故郷から出なかった…ということなんだよ。



438やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 23:18:14 ID:5UsQgyO2
    ,   "  ‐-
  ,、,-  _     ヽ         そして、十兵衛がその12年間、
 <ヾ_i_'l `、_,     ',       何をしていたかについては、これも
 ,'    `ヾ !_    i|       十兵衛の著作である「月之抄」によれば、
 i i,'   ,  ヾ_}    i
 ', il  :∧',  r 、 ノ        『さるにより、秀綱公より宗厳公、今宗矩公の目録を取り集め、
  υ、:/゙テ=i   ,!ノ、ゝ        流れを得るその人々に問えば、彼は知り、彼は知らず。
   /ヽ __ノ/ リヾ`         彼知りたるは、則ちこれに寄し、彼知らざるは
   〉、 〃"` -´/‐` ‐-、     また知りたる方にて是を尋ねて書し、聞きつくし見つくし、
   ゝ {{:::::::::/ / ‐-r"< /     大形習いの心持ちならん事をよせて書き附けば、
    |!_}`ヽ/ ,'  、 ノ::::iノ      ことばには云いものえやせむ、身に得る事易からず』
    ヽ }   l 、 〈:::::::: >
     } i   {'"´:::::::,:: ァ      と、少し長めの引用になったけど、
      i >ミ、___i:::::;ン ト‐´{、     要するに、太祖上泉伊勢守から祖父石舟斎、
    ,'-/`" ‐ォン:::::;}  ,:..ヽ   そして父・宗矩の目録を比較研究し、
    }-{     ∥ゞ::::i  i::::{`   且つ、その上で、近隣の新陰流門下の剣士を尋ね、
   (.〉、ソ`‐ォ 、シ::::::::::, l:::,'    それぞれの知っている事を調べた…ということみたいなんだな。
    '、:::::"´:':::':::::::::::::::} '/
      `‐ャ- 、,-、__ {, i      実際、祖父・石舟斎は柳生庄に隠遁して数十年、
       ',   li  `i´     従兄弟である兵庫助にしても、
       丶  ヾ   i      正統相伝後、十年以上の修行をしてきたわけで、
           ',   ' i  i      そこから考えると、新陰流の研究のために12年というのは
         i  i ,  i      それ程不自然ではない、ということだな。
            i |  , l     
          ==、 i__!       記述にもある通り、目録にも書いてある内容が違っていたり、
        ノ / i= i     .弟子達も知ってることやら言うことが違っていたりして、
        ' - ´   l  !     その検証のためだけでも結構苦労していたみたいだし。
             `-´



443やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 23:22:58 ID:5UsQgyO2
        _ ,-‐,r--ァ, 、
       ,ノ{} !_!_/ ,ノノ/`>,         それに、単なる廻国ではなく、隠密となると、
       ノ、 >''"    `ヾ、´"}        それなりに世知に長けている必要があるけど、
     ∧/   / /    / ヾ´、       父・宗矩や、従兄弟である兵庫助と異なり、
     ,' ,'   i /i   ,//ヽ  ', i       生まれた時から三千石の大身旗本の嫡男で、
    i{ トヾ }Ai-|i´ fノ゙''‐-il   i }       しかも、子供の頃から将軍の小姓として
      ハト- lr七ミ、 | ´ァテォ  i ,'       城詰めを勤めていた…つまり、
     ヾ|、 '、'‐‐' `  '‐‐'ノ //       言うなれば「都会の坊ちゃん育ち」の十兵衛に、
        1} ゝ"  __  "彡ノ         隠密のような仕事ができるのかというと、
       '^i,、,> 、`,_<、トj{         まあ、些か厳しいんじゃないか、ということもあるな。
   r‐‐- '"7"l〈 __八__ 〉l-r-- 、___
   ',    i l:::::::::::::::::::::::l ト     }     大体、隠密に最優先されるのは、剣の腕よりも、
   ,´、'" l l::::::::::::::::::::::::l }   -ノ     まず情報を集めるための「人付き合い」の技術が
   〉:::ヾ´l └‐----‐‐┘l  、 ノ      高くないと駄目だから、乱暴者で酒グセが悪いと
   }::::::::::`l            l ン゛:::::}     評された十兵衛には無理な要求だと思うぜ?
  {:::::::::::::::l         l:::::::::::::::',
  ヽニ^ニュ:l         lr- ‐ュ"      変な例えだけど、
    } ̄",':l         l::}   {      ずっと都内で研究職やってた人間に、
   ,'   トr‐-`‐‐---'--´ノ{   ',      「お前、明日から地方廻りの営業な」と言われて
    ,   ,'-、-、------,-r-'‐i    }      即座にできるのか、という話だな。
   ,  r`、/       ヾ_ }   i      (まあ、現代では珍しくない話ですが…)
   i  ,{ _ l         }- }  i
   } '{" __ 〉、       ノ  フ:', !       そもそも、この「隠密」という話自体、
  ノ/::::ゞ /` ‐- r-‐、'"ヾト'::::', ',      後に宗矩が惣目付(大目付)となり、
  ハ.'::::::::` ‐、__/-} ト} { ^ ´::::::::::',丶     諸大名を監察することが役目となった事が
  `、;:::::::::::::::::::::::::: ̄:::''"´::::::::::::::::: y´     影響しているわけで、この時点では
    ヾ_-::_ ,、::::::::::,、::::::::::,::_;-r-ン-'      まだ普通の旗本だった宗矩と絡めて
      「 `"-^-r-'=-‐'^`‐''l`        「十兵衛は隠密だったのだ」と考えるのは
       i      i             無理があると思うな。
      |    ,'  l    i
      |    ,   i    '          無論、逆の考え方…つまり
      i   ,   !    ,
        } ,  {   }   l         「このような隠密働きがあったから、
       ,' i ´}   ハ  , i           後に宗矩は惣目付になったのだ」
      ,    {     l   i
      ,    '    l   i          とする見方もあるけど、だとしても、
      i   i    l     !         それと十兵衛が隠密として適切かどうかは
      |    i     ,    i         また別問題だしさ。
      |   i     !   l   
      i   ,      i  l   
     tニ==j       t'==ニj  
     j   i      j  ',
     ノ   ,j      t   丶
    ´‐--‐´       `‐--‐´



448やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 23:26:49 ID:5UsQgyO2
                                       ただ、隠密云々はともかく「十兵衛の廻国」説となると
                                      若干、話が変わってくるんだ。
            __ -=‐ ‐- 、r  ‐- 、              
       , -  ´、  丶    / 、  /` 、             というのは、当人の記述でこそないけど、
      <   〈-‐"   ヽ  ノ    /   / ` >' \       柳生藩の藩史である「玉栄拾遺」に、
    /しン   `    、 ___}_ _/   /  へ , _    
   /    、   ,, = "".... ̄:::::::: ̄:::::::``.....、/   __ >ヽ、    『一旦故ありて相模国小田原に謫居し玉ひ、
 ヘン ヽ  ,,>"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ /   -〉    尚諸州経歴ありと云』
〈    >≫:::::::::::::::::::::::::::::::/ .::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::ヾ /  レ}、 
  フ 、〃::::::::::::::::::::/:::::::::::/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::ヾ\'    j   という一文があったりするからなんだな。
  , .: :::::::::::::::::::::::::':::::::::::/ .: :::::::::::::::::::::::::::::::::}::::::. i .::::::::::::i::..ヾ イ   また、江戸中期の実録本「柳荒美談」にも、
 i .: :::::::::::::::::::::::::i:::::::::/, .:::/ .: .:::::::::::/:::::::::/ヽ::::::::i::::::::::::::::.::::.:.:. l   同じく十兵衛が諸国を巡ったという説が載っており、
 l .: .:::::::::::::::::::::::!::::::,' i:::::,'::::::::::::::::::,':::::::::::,'   ',::::::l::::::::::::::::l::::::.:.:.l   江戸時代半ばには、既にそのように言われていたことも
 l .: .:l_::::::::::::::::,'|::::::i l:::::l:::::::::::::::::/:::::/::/ ι i::.|:::::::::::::::|:::::.:.:.l   また事実ではあるんだ。
 l i::::ト  ヽ 、:l__|:::;'  {:::|i:::::::::::::/::::::/,:/    i::::|i__::::::::::::i::::::.:.:.i   そして、これを土台に講談師たちが叩き出したのが、
 l |::::| \   〉 |十‐-トL_;:::::::,':::/_〃__ --‐ 1"| .::::::::::::::|:::l:::.:.'   「柳生十兵衛公儀隠密説」なんじゃないかな?
 i l::::l\:::\/  {::i   i::| l:::::::l/ /       |ノ |:::::::::::::::|::::l:.:.'    
  ',l ',l:::::`丶|   i|   i{ 丶::{ ノ _,,   ,   j:::::::!:::::::ハノ}/     ちなみに、昭和に書かれた柳生の村史「柳生の里」に至っては、
   r十--:::i  ‐''""''=ミ、丶!   "≠''"""''‐ ,'::::,'::::::::,' }
    ' ,i:::::::',i                   ,'::/:::::::::,' ノ       『そして(十兵衛は)諸国漫遊の旅に出た。
     ' .::::::',、  l/l/          l/l/ /:::::::::::::/´        京都から山陽道を西に行き、
      丶:::ヾ         ,         //::::::::/          九州地方を廻って引き返し、
        >、::::\        __       /:::::::イ           山陰から北陸地方を歩いている。
      /-‐へ:::::....、    ´ ‐`     '"::::/ 、ヽ          歳月を費やす事十年に近かった』
         ノ_/ /`丶 、      , </へヾ  `
           /     `r=、''"   " \`            とまで書いていて、ここまで来ると、もうまんま時代劇だよなー。



451やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 23:30:16 ID:5UsQgyO2
    /. : :. :./ .:.:.:.: .:.:.:.:.: :.: :.: .: :.:.}:.: .ヽ         でも、この「玉栄拾遺」にしても、
   /:.:.:.: .:.:,.'.:. .:.:.:.;. :.:.:.:;./:.:.: .:.:.:.:.;′:. :. ',        「柳荒美談」にしても、書かれたのは
   /;.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:./:.;'://:/:. .:.:.:.j:.:ハ:.:.:. :.. :i       十兵衛が亡くなってから100年以上後の話だし、
  ;.:.i:.:.:.:.:.,':__j:.:/:.〃 ':.:.i:.:.:.:.:.:/;/ ',:.:. :.:.:.l       実録本に過ぎない「柳荒美談」はともかく、
  i:.i|:.:.:.:.小、_`i:./-‐十ァl:.:.:.//'"゙ヽi:.:.:.:.:.:|       「玉栄拾遺」にしても、先の一文の後に、
  | |l:.:.:/:.|二ニコ|i _,..-v、|:.:/ /,. __, |:.:.:|:i:.!
   !:!';.:.:.:f1:.:.:.:i:.| yi「い ` i:/  ' 小 ヽ!:.:.l.i|:!        『其他諸方里巷の説ありといへども、
   iい:.:.{ '!:.::.:.:.:', ヘじリ  j'    {tり ' !:.:.リリ         未だその証を見ず』
     〉:.ヽい::.:.:: 、 `¨"      `" 川//
   /ィ.:::::ヘヽ:::、:{\        '   イ〃          と、補足をしているんだ。
    厶イ;i::ヽ\:ヘ       __ュ   ,.イ/          これはつまり
      j:ハ;ハ{ \丶    ´ / ′
        ,'       `7 ー '                「十兵衛が諸国を巡ったという話はあるけど、
        /  __ 、 {丶 ..__               その証拠はない」
       / '´   `ヽ.ヽ ,   `ヽ
       ′          \     \          というわけだから、
      i              \ ;     ヽ       「当人の記述」と「100年以上後に書かれた記述」を比べると、
      |              ヽ     \     前者…即ち、「柳生庄での修行説」の方が
      |     _         `丶、_   /⌒ヽ、 信憑性という意味では上ではないかな、というところなんだな。



452やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 23:32:43 ID:5UsQgyO2
 ただ、諸国を巡る話とは少し違うが、「玉栄拾遺」には、
「十兵衛が山賊を退治した」という逸話を、このような記述で載せている。

        __             __             __             __
  ,ィ_,.-┬/∽ヘ┬-、   ,ィ_,.-┬/∽ヘ┬-、   ,ィ_,.-┬/∽ヘ┬-、    ,ィ_,.-┬/∽ヘ┬-、
 ((__] 、(。`ーr‐'゙。)__ノヽ ((__] 、(。`ーr‐'゙。)__ノヽ ((__] 、(。`ーr‐'゙。)__ノヽ ((__] 、(。`ーr‐'゙。)__ノヽ
  `{_ヨYヽニ匸lニ/ し-^  `{_ヨYヽニ匸lニ/ し-^  `{_ヨYヽニ匸lニ/ し-^  `{_ヨYヽニ匸lニ/ し-^
   .〈ん,に>-<^ヾ^V   .〈ん,に>-<^ヾ^V    .〈ん,に>-<^ヾ^V   .〈ん,に>-<^ヾ^V
     └‐┘  i二コ      └‐┘  i二コ      └‐┘  i二コ      └‐┘  i二コ   

┏━.たびびと ┓┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃>たたかう .┃┃さんぞくAが あらわれた!                           ┃
┃  ぼうぎょ ┃┃さんぞくBが あらわれた!                          .┃
┃  どうぐ  .┃┃さんぞくCが あらわれた!                          .┃
┃  にげる  .┃┃さんぞくDが あらわれた!                          .┃
┗━━━━━┛┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


  『寛永年中、父君(宗矩)の領地武蔵国八幡山(※)の辺、山賊あって旅客の愁をなす』

  ※ 今で言う埼玉県児玉郡、または世田谷区八幡山の辺りのどちらかかと。
   三千石のうち、 柳生庄二千石とは別に与えられた千石分の所領と思われる。



454やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 23:34:22 ID:5UsQgyO2
     ____
   /      \
  /  ─    ─\    …お前らがこの辺りの山賊かお?
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

               、---、
 ;/(_        ____--/゛_ _゜ゝ--:ゝ__       ああ、そうだ!
/  ゝ___/ゝ_  __/゛゛ヽヽ゛(_∞_) 丿/;;;; ---;__  おとなしく金目の物を置いていけ!
|; |   ;;| / ;;;;;;;;\    ;//; 、 --ゝ\
|  |    |/ (;;;;;;;;;;//゛\_____/゛`\_;;;;;;;;;;;|;;; ;|;
;|  |_  __--、____;;;;;/_。 ___::|::______。/|゛ゝ_______-;;|
 \_ ゜|゛ | |___ \/ゝ--;;    ;;; _ノ|| ヽ\ ; |∋
   ゛-- ;|゜b_)_丿|_/゜--------゜│;;|  | ∪゛∨
      /|_-_))_/゛゜゜\   _/゛゛\--_| |
      | |-__-- |   _丿____丿    ヽ | ;|
      ∨  ̄゛ゝ---゛;|゛゛  \_ ;;  |  ∨
      ゛   ∠----゛゛   |゛----ノ
                   (____)


 『公(十兵衛)彼土に到、微服独歩し』



455やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 23:35:38 ID:5UsQgyO2
          ____
         / \  /\ キリッ
       / (ー)  (ー)\     『おとなしく金目の物を置いていけ!』
     /   ⌒(__人__)⌒ \
.    |      |r┬-|    |
    \     `ー'´    /
    ノ           \
  /´              ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


                   だっておwwwwwwwwwww
                  今時、こんな古典的山賊も珍しいおwwwwwww
          ____     お前ら山賊辞めて、役者にでもなればいいおwwwwwwwwwwwwww
        /_ノ  ヽ、_\   
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o       ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\      /⌒)⌒)⌒)
| / / /      |r┬-|    |   (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /    ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \   /  )  /
ヽ    /      `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   バ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、 ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒)) バ
                             ン



457やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 23:37:24 ID:5UsQgyO2
      ┛┗--、     
      ┓┏   ヽ.      野郎!
      | (゜) (゜) |     草なんか生やして煽りやがって!
  /ヽ ̄       ̄ノヽ   氏ね!っていうかブッ殺す!
 /   ヽ_____/  ヽ
 |   /    l   |    |\
 |   |  。ノ ヽ。 .|___|  \
 ヽ___ヽ    +   ノ,、_、_、_ヽ  \
  |  ヽ| ̄ ̄ ̄ ̄ | ;;;;;;;;;;;;;;;\_ ノ
 < ````/\     /\;;;;;;;;;;;;;;;;;/
  ヽ;;;;;;|  \_/   ヽ;;;;;;;;;;;ノ
    ̄.|___/   \__) ̄   .____
    /   |     |   |    \ /
   (___|     |__)===⊃


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  .キッ!   / \   / \
___∧,、 /  (●)  (●)  \____
 ̄ ̄ ̄`'` |    (__人__)    | ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




458やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 23:38:13 ID:5UsQgyO2
             , '
             〆
           //                       _,,,....-::::,,..-;:'
           ノ /                  _, -=''""""    =--、,、`,"+`ゞ,;:
          /  i                   _,.-'^ "              ̄=.、".
          ,i  |i                  -'^               \`,`,;⌒`;・",;+
         ,'  |i                 >                    ミ`+,;:;"・ヽ` `
         i|   |i                :"  ._=__            ヽゞ,:;*ヾ"`丶 ┼
        i|   .|i               /  彡  .       -ミ、         ミ   `,;:"
        |    .i、              /〆"           \       `i       丶
        ゝ     i、                            丶      |i     +   +
     '   i|      ゝ                             ミ     .ミ
         .i|      丶                            |     |l    /  +
         .i|       \                            .i|    |i      ´
          .i|        丶   .                      .i|    |i  ゞ
          .i|        丶丶、、,,                   i|    |i  ´`  +
           i|         \ゞ`                   j|    ,/  '  /
            i|、       `\ 、、,                 .i|   ,/;:";:|;,/×
             ゝ       `丶`\ゞ                i|   ,/";:`, 、 丶
               \  ,.   ミ\丶 `           \  i|  ,/`,;:ノ`,
                 `;丶\丶  、`丶              .j|  /;`,;:+
                       \ 丶              / ./+``
                           \            ././  ,'
                                       /"`;丶
                                     / `,
                                     '
                                  /    ゞ



459やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 23:39:55 ID:5UsQgyO2
                   て
               、---、そ
 ;/(_        ____--/゛_ _゜ゝ--:ゝ__    そ、そんな…グハッ!?
/  ゝ___/ゝ_  __/゛゛ヽヽ゛(_∞_)u丿/;;;; ---;__  
|; |   ;;| / ;;;;;;;;\    ;//; 、 --ゝ\
.二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
|  |    |/ (;;;;;;;;;;//゛\_____/゛`\_;;;;;;;;;;;|;;; ;|;
;|  |_  __--、____;;;;;/_。 ___::|::______。/|゛ゝ_______-;;|
 \_ ゜|゛ | |___ \/ゝ--;;    ;;; _ノ|| ヽ\ ; |∋
   ゛-- ;|゜b_)_丿|_/゜--------゜│;;|  | ∪゛∨
      /|_-_))_/゛゜゜\   _/゛゛\--_| |
      | |-__-- |   _丿____丿    ヽ | ;|
      ∨  ̄゛ゝ---゛;|゛゛  \_ ;;  |  ∨
      ゛   ∠----゛゛   |゛----ノ
                   (____)

     ノ L____
     ⌒ \ / \      『ブッ殺す』…そんな言葉を使ってる時点でお前ら駄目だお!
    / (○) (○) \    『ブッ殺した』なら使っていいんだお!
  /    (__人__)    \   …今みたいに!!
  |       |::::::|     |
  \       l;;;;;;l    /
   /      `ー'    ヽ
    | ,         , ヽ
    | |         | ゝ丿\
   し.|         .|.   \\ 
    .|    /´ヽ   .|    \\ 
     .!___ノ    ヽ_丿     \\
                      ̄

  『賊徒を懲らしめ玉ふ』



461やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 23:41:25 ID:5UsQgyO2
              f´ ̄  ‐- ,. -ァ¬j,二ニ 、
              | 丶..__ // (フ´/´ ヽ ヽ      まあ、大体こんな感じで、
              |   │,フ7>イ//   ,ハヘ ,     十兵衛が山賊や盗賊を退治した、という
              l     ! ィ/{ /'⌒Y_/{  } j !    「武勇伝」は、一応史料上でもあるにはあるんだ。
               l     !,ハヘ{     ,  -、\j/ /     この他にも、柳生庄の近辺・山城国梅谷でも
               !  ,.-‐|ノハ  /|  fヘ)Y! イ     山賊を退治した、という記述があるんだぜ。
               ! ,ノ (二レヘ. し'′  〉 ノvヘ
               /  (ヘ._j_ ` ファ¬( ,〈_        そして、逸話であるなら、
             /─-,、 /x ,ハ>rァ-Vヘj\'´\     京都粟田口で数十名の山賊に囲まれて、
            '     ゝ`_/、ノ¨´ ;/`丶._ヽ  \   これを1人で12人斬って打ち破った…
           /     , ,'  'ヘ   i/        \  ヽ  なんていうものもあるけど、
        _r‐'´、     ;' ;    ,! .:,>─-  .._    iヽ ノ  史実として見るには、若干信憑性が低いよなあ。
    _,.. ‐ ´             . ..:.j;/        ̄ ¨¨´
-‐ァ'¨´ .            ,  . :/´                【日本武術神妙記-柳生三嚴】
/   ;:.        :!. .l:../                    http://www.geocities.jp/sinmyouki/s102.html#yagyu_jubee
     ,: :. .         .: :.;ノ´
    '.: :‐-_--‐ '  .:/                       あと、信憑性無視でいいなら、
   /.: :      . ..,ィ′                      薩摩に隠密で入って、数年過ごした上、
 , '      . ..:.:,:.'.;ノヘ、                      嫁を娶って子供まで作ったとか、
     . ..:,:.: .:.:/ /                       そんな話もあるけど、まあ、これは論外だな。
   . ..:.:_;/      〈
  ,: ニ´_: ..:    _,ノ
. ..:          /
ゞ._   ;. ! :,.ノ´
   ̄¨'⌒j_,丿
      ´



465やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 23:44:54 ID:5UsQgyO2
                                                まあ、なんにせよ、
       /       /|  /、 !::::::::::::::::::::::::::::|        |::::::::::::::::::::::::::::|    
        i      /f i  !'"'''!:::::::::::::::::::::::::::!         !::::::::::::::::::::::::::!       「大目付にして将軍家剣術指南役たる
        レ /    /L|_ i | i   ',::::::::::::::::::::::::l        i:::::::::::::::::::::::::!       柳生但馬守宗矩の嫡男にして、
        / / /|   レ=ヾトil {  /=!:::::::::::::::::::::l         ';::::::::::::::::::::::!       .柳生新陰流の達人・柳生十兵衛には
       ノ,/ ノrァl  代::::リ ヾ`   {:::|::::::::::::::::::::l         l::::::::::::::::::::|        .その経歴に謎の空白期間があった」
     ノ ´  {( l | i "´     `"l:::::::::::::::::::l          l::::::::::::::::::i     
    _, ン/-ァ 〉-ト、!       '   l::::::::::::::::::l           i:::::::::::::::::|        というのは、世間の興味を惹くし、
   ノ、    ´' |  i`ミ、   / ヽ  , !::::::::::::::::ト            i::::::::::::::::!       これが噂が噂を呼び、結果的に、
__(    \  }  l  `  、.└_ 'イ l ;:::::::::::::::|イ          l::::::::::::::|     
  ノ)=-‐   `} i  l  / ̄ト /  i l:::::::::::::::|λ          l::::::::::::::|       『隻眼の剣豪にして隠密・柳生十兵衛三厳』
/レ       j{    ',/ ヽ-‐'"  ̄`"‐- 、_::::| 'ァ       _l -‐''  ̄ ̄ ̄  
/´ __      /彡 >'" r´::::::::::....        `‐-‐=ニ二 ̄::::.... _         というヒーロー像を生み出した、ということだな。
 '"  ` ‐--- _ヽ_-、__r'' '"ニニ ̄―- 、二=--  `‐-‐'"  ̄  .....:::::...-=ニ  
      ,〃´  /:::::::フ"/"'‐-- 、:::::::::::::::`二ー-ン--ー‐‐‐= 三ニ‐-        そう思うと、当時の社会的評価はともかく、
   。。。r´/ r‐'"::::::::/:::/::::::::::::::‐---‐‐'"ヽ:::..` ´ー---=ニ二;;......:::::::::..      後の「柳生一族のイメージ」という意味に於いては
      i l レ´:::::::::::/::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::.... }:::::::::...         ..::::::::::::...    「災い転じて福となる」と言えるのかもな!



466やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 23:46:59 ID:5UsQgyO2
 そして、今日も柳生庄の朝が始まる。

      ;;⌒  、
   (;;; ,,;;    ヽ、 _,,,...:-‐‐=-..,,,_
       (_,,,  ;;ノ,r'":: ::      ::\,,.....,            ;;⌒  、
          ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、      (;;; ,,;;    ヽ、
        ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、      (_,,,  ;;ノ
      ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_
    ,r'"::::  ...::: :...::: :: ;,,, - '''' ''':‐-,, ,,      ::. ::`'::、_          __,, - ''""
  ,r'"...::::.. ......:::::               " ''''‐- ,..,,,...  __,, -‐- ,... .-‐‐''''"
,r'":::,,,,,, :::::......:::::: ...               _,, - ''" ""'''"" `'' -,..
  :::.....                     -‐"             "'' -‐‐‐-,..,,.
     ::::,,,::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;::::,:::::;;;;;::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:::::::;;; :::,,:::::::::::::;;,,,
   ...:::::;;:::::::::::;;;;,::::::::::::::::::::://::::,,;;;;:::::::::::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;:::;;::;::::://:::::::.::::;;:.......
 ::::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:: :::::::::: //...::::.::::;;;;:;;;;;,:;;;;;::;;;;;;;;;;:::::::::: :::::::: ;;;;;;;;;;;; :::://:;::::::::::;;;::::::;;::::::::...,,,
WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWw
',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',


WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWwji
::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::_:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::: |::::::::::::
″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″
         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\    今日もいい天気だお!
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /



467やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 23:48:19 ID:5UsQgyO2
       _____
      / \ / \          ._
     / (●) (●) \       //  
   /     (__人__)   \    .//   さあ、今日も
   |       `⌒´     |  .//   張り切って修行に励むお!
   \              / //
    (⌒ヽ、       ィヽ.//
    l \  \     i //
    |  \  \  /, イ 
    |    \ , '⌒く/ /  
    l      ゝ、ニ≠ソ
     |     `´  ̄ |
     |    ,ィ'    |
      |    | ヽ   ,l
     |    ,|ノ   /


 こうして、十兵衛の長い修行の日々が始まったのであった…。



468やる夫で学ぶ柳生一族(その23)09/06/14 23:48:44 ID:5UsQgyO2
  .\ヽ, ,、
   .`''|/ノ
     |
_   |
\`ヽ、.|
  \V"
    `L,,_
    |ヽ、)    ,、
   /     .ヽYノ
   /    .r''ヽ、.|
   |.    `ー-ヽ|ヮ
   |       `|
   |.        |
   ヽ、      |
    ヽ____ノ 
    /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\
 /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
 |     |r┬-|     |
 \      `ー'´     /

 ┼ヽ  -|r‐、. レ |
 d⌒) ./| _ノ  __ノ

【やる夫で学ぶ柳生一族(その23):「十兵衛、故郷へ帰る」】 完



関連記事
[ 2018/03/06 22:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する