FC2ブログ

やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その25「紫衣事件の巻」 前編

510やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:02:08 ID:i4P/fBpd
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレです。

【今回のメイン柳生:柳生但馬守宗矩】

   / ̄ ̄\
  /  ノ  \\
 |  .(●)(●)  |    柳生家の当主にして徳川将軍家剣術指南役、
. |  (__人__)  |      従五位下・柳生但馬守宗矩だろ。常識的に考えて…。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)    
.  |        |    .) ;;;;)   
.  ヽ       }   /;;/     
   ヽ     ノ   .l;;,´     
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ    
. \  ""  /_ノ  |   
   \ /___/  



514やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:03:54 ID:i4P/fBpd
【寛永六年(1629)時の柳生一族系譜】

  大膳長永
     :
  <柳生家>
     :
    ├─────┐
  柳生永珍   中坊源専
     :
    ├─────┐
    家厳      重厳
    |    (七郎左衛門)
    |     (松吟庵)
    ├───────────────────────────────────┐
    宗厳                                                  妹
  (新左衛門)                                                .|
   (石舟斎)                        【江戸柳生】               <幸徳井家>
    ├───┬───┬────┬───────┐                     |
    厳勝   久斎   徳斎     宗章          宗矩                    友景
  (新次郎)             (五郎右衛門).     (又右衛門)                   .|
    |                             .|                    友種
    |   【尾張柳生】                   |
    ├────┬────┬────┐        ├─────┬────┐
    純厳    利厳.     妹     厳倚      三厳      左門    又十郎
   (久三郎)  (兵庫助).         (権右衛門)    (十兵衛)
           |                    (幼名:七郎)
           |
           ├────┬────┐
         新左衛門 .茂左衛門   .新六



516やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:04:30 ID:i4P/fBpd
【第1部(その1~11)のあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の領主、柳生新左衛門宗厳は、上泉伊勢守秀綱創始の新陰流の正統を継ぎ、
後に名を石舟斎とあらため、その剣名を天下に上げた。
しかし、長男新次郎厳勝の不具廃嫡、豊臣家による所領の没収、
新次郎の長男、久三郎純厳の死など、柳生家に辛く重い苦難が襲い掛かる。
だが、徳川家康の招きに応じ、「無刀取り」を以って家康に指南を請われた際、
末子・又右衛門宗矩を推挙したことで、再び柳生家にも光が差す。
その後、関が原の戦にて徳川家に味方したことにより、柳生家は旧領を回復する。
更に、家康が幕府を開き、後継たる秀忠を二代将軍とすることで、宗矩は将軍家剣術指南役となった。
そして、柳生家の家督を宗矩に、新陰流の正統を兵庫助に継がせた石舟斎は、
慶長六年(1611)、78年の生涯に幕を閉じたのであった…。

【第2部(その12~24)のあらすじ】
 石舟斎の死後、宗矩は正式に家督を継ぎ、新たなる柳生家の当主となった。
またその翌年、柳生庄にて宗矩に待望の嫡男・七郎…後の柳生十兵衛三厳が誕生する。
同時に、兵庫助も島左近の遺女・お珠を妻に迎えた。
その後、起こった戦乱の世の残照にして最後の大戦、「大坂の陣」。
冬と夏、二度にわたる戦の末、遂に豊臣家は滅亡、
幕府(徳川家)の天下が固まったことで戦乱の世は終わり、「元和厭武」が宣言される。
長き太平の世「江戸時代」の始まりである。

 元和二年、遂に一代の英傑、徳川家康がこの世を去り、二代将軍秀忠の治世が始まる。
その治世において、江戸の宗矩、尾張の兵庫助は、それぞれの道を歩む。
江戸においては、徳川の天下が守成の時期に入る中、宗矩は「坂崎事件」を見事収めるなど
単なる剣術指南役以上の才能があることを証明、その後、息子・七郎ともども、
その生涯の主君となる将軍家世子・家光に仕えることになり、大いに好意を得る。
同じ頃、兵庫助は尾張徳川家の剣術指南役に仕官、尾張柳生の礎を築き、
後に「直立たる身」の工夫を編み出し、尾張藩主・徳川義利へ新陰流正統四世を相伝する。

 時は寛永に移り、尾張においては後の連也斎厳包こと新六が誕生した頃、
元服した七郎こと十兵衛は三代将軍となった家光の勘気を受け、小姓を致仕し、柳生庄に戻る。
そして、家光に印可を与えた宗矩は、従五位下・諸大夫に叙せられ、但馬守の官位を受けることになった。

 「柳生但馬守宗矩」がここに誕生したのである──。



517やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:05:04 ID:i4P/fBpd
 寛永六年(1629)三月十六日。
将軍家光より「但馬守」の官位を授かり、ここに「柳生但馬守宗矩」が誕生した。

           ,__ , _ 、           _, .._ 、
        _....j|lllll_|lllll_|lョ__      _j|lll|l|llll|:ョ 、
    __uョllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll亡uョllllllllllllllllllllllllョllllllllllllllllョョu_
  _ullllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllF]lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllョ_
,,,ョlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll〔ョ lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllL_
 ̄ ̄ ̄’ ̄ ̄lll ̄ ̄”'lテ ̄"匸 二 ̄""'lllll_ ̄lllll"、lllll" ̄_]ll厂゙゙"ア''llllllll'、
         ゙゙ゞlll_ _____llll′"lllllL_ `゙lllllj リlr 'lllll!_ョll厂 __llll广
          __;]lllllテllll′    ゙゙''lllllョj ]lllllョェ__,三ニ_jllll广′
         ulll广    ゙lllll       ´~~~~`lllll~~゙lllllニ
                            ~~   ゙゙

                 / ̄ ̄\
               / - - \
               |  (●)(●) |
              . |.  (__人__)  |
                |   `⌒´  .|
              .  |.       |
              .  ヽ      /
                 ヽ     ノ
                 /     ヽ

              【柳生但馬守宗矩】



518やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:06:51 ID:i4P/fBpd
 旗本にとって憧れとも言うべき「諸大夫成」である。
当然、柳生家中は喜びに沸いたものと思われる。

           /";;;;;;、、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡三三二り
          (;;(,、-'''"三;;;;;;;;;;、、、;;;;、;;;;;;;;;;;/リ/;;;;;;;;;彡;;;ヽ'';;;;;;;;''"彡 三;;;;ヽヽ   
         ヽ、;;;;"彡,、 ';;;;;;;;)'7;;;;/~Y~'' 、、リソ~''ヽ''ヽヽ |;)|彡;;;;;;;;"Z二二;;;;;;リ    ご  お .殿
        ~'ー-y//"彡";;;;;;;| i;;;;;i | |i|    :::: リ リリ リリ| 彡;;;;;;;;三ミミミ;;;;>    ざ  め .!
          //"/"彡三;;;;;リ t;;;;ti ヽ, 、   ii  / // /;// ろ;;;;;;;;;彡;;;;;;;;ヽ<     い .で
          |(tii,、'~ 彡;;;;;;;、 ヽ、t、 ヽji,, i リ"/,, /"/// 彡;;;;;;;;;''~~ヽ、);;;;;;;;    ま  と
          ,,,r'"彡'了;;;;;;;;;r'、--、,,,,,'' ii リ r"","、、 -ーー-ゥヽ;;;;;;;、-i;;;;;;;;ミ;;;;ミ    す .う
        `''ー''/;;;/;;;;;;;、;;;;t`'-、-モzチ';;t tz(;"zニ竺'ン''",,  |;;;/),|L,、、;;;;; ;;;_   !
          /;;;/彡M;;;;ii;;;;;t  `~~~"":ri~'シ;;;;;;;:::""""::''"  リ;/´ ,r'" ,、~'''-、、  
          |;;//;;;;;;//;;;;;;t、;;;t  "::::ヽ |  :::::::::    ::   i/ ⌒t  ,r'~、'"  ヽ 
          Y/;;;/;;;川;;;;;;;ヽ;;t   '""、|、,,  ヽ    "  r"-,,rー' 、:::::      ヽ
          i;;;/(;;i;;;;M;;;;;;;;;;;;|:t   ::::ゝ、,,、 '"       /7`,,   `' 、:::      ヽ
          ヽ| /;;ノ/;;;;;;;;;;;;;i::ヽ   、,,,、:::",,,___,,,,    ,、-"、"     `' 、:      t
           〉"、-';;;;;;;;/W;;;;i::::ヽ   `~:~~"",, ̄    ,r"'  `' 、     `' 、,    i
- ''' """"~~"" ''' ー'i";;;;;;;;A;;/, iy;;;;;i::::::ヽ   ~''''''''"    ,,r';t'"    `' 、        ,,i::リ''-、,
 "~,、,, ~   ,、-'",|;;;;/;;//;;レY;;|;;;;;;| :::::ヽ  ::::::::::   ,r"'''"ヽ      `'、   、 、、  :;ノリ  ヽ、
''"、-ーz~>-'"、-'" t;;;i|;;i~|i;;;;;;||;;i't;;;;|   :::ヽ、 ''''''''': ,,、-':::t"   \         ヽ,'' ,r"i h  "|| ~'' ーー- 、、,
,、 ,,、-'"" r'"   /ヽt,/t;;;;;;itt;;t"''|   :::::::~~~~~:::::::::: ヽ,    \  ,,  、,,  ':::::: j ソ/ j、、 ,ノノ       ~
//i  <,    ,/   /ヽ ' 、;;,,,ヽ、    ::: ::::::::::::::::::  ,ノヽ,  ,,    "'':,, "'',, ,、-"ソ'/ /j  ~ ''' ー- 、,,
/;;;;;t  ヽ,   i   i     ~  ~''   :::  :::::::::::::: '"    "    `  "" ""  " "         ~
                       庄田喜左衛門



519やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:07:21 ID:i4P/fBpd
 ,,、-ー―――- 、
'"         \                 ,,、、-- 、、,_
            ヽ         、__,,,,、、、、ノ´      ヽ
  ご  お  フ   ',       ,、-''"   /         ヽ
                ',    ,、-'"     /      フ     ',
  ざ  め  フ    l   /        |
              | ,/   /    、/      ッ
  い  で  フ    | /        从       :
         :    |,イ  シ ン/l | || | |ヽ           /
  ま  と.  :     |/ // /      ヽ         /
              |/ / / ,,  ,、 ,, ,   `' 、,,   _,,,、 '"ヽ
  す  う      /|| " |l l| l| |||| || |ll|   l|、 `゙)ノ
               / l " l||||. |l|l ||| ||l | l|(ヽ、ヽヽ  ン  `'' 、
             /  |l  l|| l| |从.| |从 |从ミミ,三''ーi
          <   イ|l  l|l 並l | |ハl| 从>ィ≦-、, |ヽ、`' 、ヽ、
        / ̄   /''リ|l|l ll',゙アモェ'、-ヲ""ーデ'""  ',l|\::\`''
゙''ー - -- ー '´     // | | 、|ll',` ̄:::|   `~゙''    ' 、 \`''
                ,'/  ゙l|| |ll||',::: '"|          '、 \
            |.l     从'、. t,,、ィ'''´   ノ    / ヽ、 `'' 、
            、l |     イ从ヽ 、,z_-彡"    ,イ /' 、ミミ
           ;'、- 、,,,,_   ゙゙'、l|ヽ 、二、-'"   , '//   l|/
           从ヽ、  ヽ,_ ,,,,、 -、lヽ ::::..   //   ,,イ
           "从lヽ、  '、、   l| :ヽ;:::  /,r'    / /
             从 ヽ ll|ジ´  ゙''i、_ `゙'''"、イ   / ノ , '"
              |从 l| |"    ゙リ)゙'' 、 l| | / ,,、'´,r'
                      出渕孫兵衛



521やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:07:56 ID:i4P/fBpd
        ))-'´//  / ,,  , / ,,  ノ       |
     _. //´   ,  , / /,, 、、ミミヽ' - .|   と  と  .|
    ,..`l| '  // /  ,/ // ''  ',,,ヽ ヽヽミ .l、 .の  :   |
   、、 '  l、!  ,_-、ヽ、       |  リヾミ |  :   :   |
  , '   、\ ll/ \ヽノ     . ノ ,、、ト、ミ |  :   :   .}
 _{《 、_、_》-`      |/      _,-''',))iil \|        |
  } `_,l',,r         ''   _, -,'´- '´ 彡;;'  └l      |
.  |、=、l ll   ::::::: ( ) ヽ、',-,':, -、;--、,、、/   ,`--┐,,,- '´,
  ト_ ',,ヾ、  ヽ l、 、_.::::. //ヽ゜ノ_,, '-``    |,' | _/ `ヽヽ,
   |,' l!,...、, ,',',-_^ヽ ``-`'''''-'-、 `l.     { ,l! / 丿 | |
   '- 'lミミ, /ヽ,,-゙.|       `ヽ l     ヽリ` _'__//,, ヽ
    `、\ 》、`/,/ ,' ''__   、   ヽ:、       、 /´ヾ  リ
     `、l、''' :、.{   \ -  '    ヽ      |``´ヾ   `l
      `、ヽ ヽ ,  ```´、      ヽ、     |    レ,  ヽヽ
       `、 ヽ、    ,-ー_-,..- ヽ     |   `-;ii/ l l!
        ヽ、 ヽ  ;',-''',, --''´::::::ヽ、    |     `'l! ヽ
         ヽ  、   ::`:::´´,,,,,,,:::: :::::`´   ,::':::::......    l!
          `、 ヽ  ::::::'´::  ::::: ::: ::   ,:'::::::::::::::::     !!!
           `、 r,  :::  ;...  ::.. :::. :: , :'::::::::::::::::::::::
                \ ::: :::::;;;   ::::, '::::::::::  :::::::::::
             ヽ 、   ,,_______/:::::::::   ::::::::::::::
              ヽ ヽ-':::::::::::::::::::::::::     :::::::::::::
               村田与三久次



523やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:09:15 ID:i4P/fBpd
       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   ⌒ ⌒
    (⊃   ( =)(=)
     |  /// (__人__)      いやいや、これもわしを支えてくれた
     |     ` ⌒´ノ     お前達の苦労もあってこそじゃ。
       |         } \    わしこそ礼を言うぞ。
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/


--=ニ二ヽレ― 、
       ⌒ヽ、 〃 ⌒ヽ ',
     /=-Zr冖‐f^iヽ リ て
   /三==f ,ノ}Vノィ   そ
__ /:::r-r‐}く/ `く 
::::::/ /く !7   /メヽ V
:::::ヽi ハ/    jメ f'! レ    
::::::{! ヽ!     `ヽソ {_, 、  (ええっ!?
::::::ヽ、_} u.  .''"´ ノ    これって祝いの言葉だったの?(特に村田殿))
::::::r-、_,、       }
‐―‐ '  ,r'⌒ヽ    ./ ̄「
` ー‐‐ーヽ       .匸.⊥
      ヽ        ‐r'
       ヽ  .     }
           ノ‐-.r‐'’
-┬`ー~~r'´  リ‐'
  IエI レ1"´ ̄/ ̄ ̄\_,_,
宗矩の従者・源太(仮名)



524やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:10:54 ID:i4P/fBpd
      |┃三 ガラッ
      |┃  '´ ̄ ̄`ヽ、
      |┃/ " `ヽ ヽ  \
      |┃'/ /-  -_ハ、ヽ    父上、祝いの席の準備ができたでしゅ!
      |┃   (⌒) (⌒)从|i|   
───|┃⊂⊃(__人__)⊂⊃
      |┃    `⌒´  | |⌒)
      |┃          ///
      (⌒ヽヽ     ノ /
      |┃ノ        /
      |┃       <
      |┃  __   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)
      柳生又十郎
      (後の宗冬)


      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)    おお、そうか!
. |  ///(__人__)    では、皆の衆、今宵は大いに楽しむがよいぞ!
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     「「「ははっ!!」」」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |



525やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:12:09 ID:i4P/fBpd
      _,,.. - 、
     ,.-'      `' 、.
   ,r'       ,rfn、 \
    ,'  ,rffn.   '"     ヽ
   .i  '"     ,riiニヽ.   ',.    
   {  ,riiニヽ      _.    ',     ほれ、又十郎!
   !   ,..  _,,.. -‐' _,..r'  i   お前も早く行かぬか!
   ',   '、., __ ,.. -‐''"゙  }  |   今日はお前も大いに飲むが良いぞ!
    `、  ヽ        !   }   はっはっは!
     '、  ヽ      ./   !
     \  `ヽ==='゙    ,'
       ' 、        / .
        `''‐   . r' \
         /    く    \     
         |     \     \    
          |    |ヽ、二⌒)  \ 

  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ /_ノ  ヽ、_ハ、ヽ
レ!/(   (⌒) (⌒)从|i|   は、はいでしゅ…
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃  (父上…よっぽど嬉しかったんでしゅねえ…)
 .| u.    `⌒´  |    
  ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ



527やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:14:11 ID:i4P/fBpd
 また、この宗矩の叙爵について、
普段、付き合いのある諸大名や旗本衆達からも祝いがあったものと思われる。

 
/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ     _,r==\-ヾヽ、/∠=-、ノ
  祝い…?   |    /彡=⌒`ミミ゙ヽi;!!/''彡ノ;;、_
           .|ヽ、 _,彡'´彡;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;; /ミ‐-、;;;;;ミ、
  そんなん    |ヾミ三'/彡'' 彡;;;;; ;;;;; ヽ ミ‐-;;;;;ミ
  アタリまえ   .|ノ;;;;;  彡'  .ィ;;;;;;;;;;i il ヾ\ \、、ミ=彡
  じゃんッ    |//iキ// /彡;;;;;; ノ;;i/;;;;;;ヾ、  \、ミ=、、
ヽ、___ __ノ 彡ミi//ノソ クノゝ/;∧;;;;ヽ、ヽ ミキッヘ
      ヾ=-    彡/ノ彡iゝ=彡 ノノ ヽミ=ヽヽ-《;;;くキノ
         ./⌒/ノ/(゙'i ゝ ‐-、ヽ''´゙ヾ=二`ヽ´ .!!、,ミヽi、ヽ
        /   !' i リゝ!ヽ (゚_)' ,   ',。、`ヽ ノ / ノリノ`\
       /.     /`リリ|    .i    ゙ー'‐ '  ./‐イ' 'ヽ
      ./    /  ´'' i  、_ (_,,    .   /  |  i,
     /    /, -、  ! ``ー―‐=ニヲ  ./  .ノ::  ヽ
    /    '´´   `ヽヽ ヽヽ`ニ彡/ ./ ./:::   \
    /          ノ \. ヽ二´ '´    /r-=ヘ、__
              `ヽ  ヽ ー‐'´ /  ,/  i::
                  細川忠利

                      N. /ヽ_i'ヽ ,、
                   lヽr';;`';;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;';;;;;l_N
                  N;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'|
                、l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Z
               、ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;' 'z     今宵はめでたき日にござる…
      _ - 、-―- 、_. _ヽ;;;r―--- 、;;;;;;;;;,, -rr―''' Z;;;;;Z    上様はお選びなされた…宗矩殿…
_, -'~`-' __;;;;`- 、__;;;;;/`ヽ、;;;l      /λl"      |;;;;z__
;;;;;;;`i、 ヽ;;;;;;;` - 、;;;;./___<;;|      ` `       `l zヽ. \_, -―- ,,__
;;;;;;;;;;;;;`i、_;;;;;;;;;;;;;;;;_二_ Z__| ― -- 、_   _,, - - .,- i|.アノi _/;;;;`;;―- ,,, `r-、_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`i、_;;;;/    ~`-i~ | ヽ` --'_`   ' _` - '_, ノ// |/;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;_`_、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ .ノ  ;;__    ヽ_`_  ̄   l     ̄   rノi l__;;;;;;;/;;;;;;;て~ ̄;;;;;;;ヽ
-''`、_,-、;;;;;/  r'    ~` -、_ノ `i     l |      /  /;;;;;;;;;/ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;`i;;;;ヽ_,,,,ヽ
;;;;;;; );;;;;);;|  `l ~ ̄._   ノ.l   r'.、     `      /i  .r';;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_|_ ____`i
ヽ_人;;;;/;;;;|   i   ~ - ,人___i'_.ノヽ   ~ - ̄  / .`i_ /;;;;;;;/ __,,, -― ''''  ` -、;;;;;i;;;;;ヽ
_;;;;;;;;;`';;;;;;;l     - ,,,, ノ  /__  _ `r - - ''     /;;;;;i. |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;, - '"~~ イヽ `i;;;;`i
. ̄` ―--` 、_      ノ r'~`-i. ヽ__,, - .、 -ー     /;;;;、 l. |;;;;;;;;;;;, - '";;;;;;;;;;;;;;;/"/~\__ヽ-ヽ
    __  `―r-―'';;;;;.l   ヽ  (    \._     く_;;;;ヽ i |;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/_ -  ̄ ~  ̄ ̄
  /~   ` - 、_|;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、   \ ヽ、    ~` ―- _ヽ;;;;ヾ__,,,,,,, -―'''―"_,,,_ _,,,
r'~       __,,,|;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ_ヽ   ヽ  ` 、        ~`--^-,,___  r'~ ̄`.、r';;;;;;;~`、;;` 、
      , - ' /ヽ;;;;;;;;;;;;;;; r'::::ヽ` -  ` 、  ` 、_          ヾ,,ヽ `i、_;;;;;;;人_;;;;;;; ノヽ_ノ
     /   i  `i;;;;;;;;;;;;;;;i_::::ノ |\ヽ  ヽ   ~~ 、         ii |;;;;;;;;;`;;'';;;;;;;;;` ''";;
                     鍋島元茂



530やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:16:09 ID:i4P/fBpd
 だが、単純に喜んでばかりもいられなかった側面もある。
一通りの祝いも終わり、柳生家の家中も落ち着きを取り戻した頃…。

   / ̄ ̄\
  /  _ノ ヽ_\
 |     (●)(●)      …して、結局差し引きで
. |     (__人__)     如何ほど掛かったのじゃ…?
  |     ` ⌒´ノ ) ;;;;)
.  |         }  .) ;;;;)
.  ヽ        }  /;;/
   ヽ     ノ  .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

      ,,,r''((ノリii 从"リ リノ)ー、、    
      -ミi| ,, ,, )   ((  リシヽ)( rァ 
―- 、,,, ,,r'((:(" " Y  iiiソッ シ父シリツ:)ノ ,  
::::::::::::::~(: j iiレ(/) ))& 彡}ナ"彡;、 '":: 
  :::::::ヽ ミミ'W〉〉r"次、))リ彡リ 彡:r'":::     は、それが……(説明中
    ::::之ミ(|(((从リ;;|ノ,)(彡fi|;;/"  ,,,   
,rー- 、 :::(ィ〉itモiiミ;i(r;;忝ヲツ}ノ/ r'' "、 |   
;;(  );;/::::リ;|iii、'' ̄j ,, ̄  リノ;i: |;;( ノ;;t 
r''''' 、;/ :リYiii|iヽii ',j,,ニ、  ノノノ| |(_ノ;;;i、-
,''ー'";i ,,ノ(|;j|r、i|ヽ '=='ii;/,,イ';;〉-ーi''":::::::::::
::~'''マ":::::::(( i|jij~'''`'ー '´i'"| |リノ::::r"   ::'



531やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:17:21 ID:i4P/fBpd
   ./ ̄ ̄\
 ./   _ノ  \
 |    ( ○)(○)    
. |  U  (__人__)      …………………マジ?
  |     |r┬-|  ) ;;;;)
.  | ι   `ー'´}  .) ;;;;)
.  ヽ     u }  /;;/
   ヽ     ノ  .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

      ,,,r''((ノリii 从"リ リノ)ー、、    
      -ミi| ,, ,, )   ((  リシヽ)( rァ 
―- 、,,, ,,r'((:(" " Y  iiiソッ シ父シリツ:)ノ ,  
::::::::::::::~(: j iiレ(/) ))& 彡}ナ"彡;、 '":: 
  :::::::ヽ ミミ'W〉〉r"次、))リ彡リ 彡:r'":::     マジでございます。
    ::::之ミ(|(((从リ;;|ノ,)(彡fi|;;/"  ,,,   お家が傾く、という程ではございませんが、
,rー- 、 :::(ィ〉itモiiミ;i(r;;忝ヲツ}ノ/ r'' "、 |    到底笑って済ませられる額ではありませぬ。
;;(  );;/::::リ;|iii、'' ̄j ,, ̄  リノ;i: |;;( ノ;;t 
r''''' 、;/ :リYiii|iヽii ',j,,ニ、  ノノノ| |(_ノ;;;i、-
,''ー'";i ,,ノ(|;j|r、i|ヽ '=='ii;/,,イ';;〉-ーi''":::::::::::
::~'''マ":::::::(( i|jij~'''`'ー '´i'"| |リノ::::r"   ::'



537やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:20:34 ID:i4P/fBpd
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. | u.  (__人__)  l;;,´   …まあ、当面は倹約じゃな。
  |     `∩_ノ)━・'   とはいえ、これからの付き合いの事も考えると、
.  |     |_ノ      諸大夫に相応しい格式も持たねばならぬし、
 /ヽ    |  |_      .どうしても出費はかさむ、か。
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |      …喜んでばかりもいられぬ、ということじゃの。
 | \ /  _/

      ,,,r''((ノリii 从"リ リノ)ー、、    
      -ミi| ,, ,, )   ((  リシヽ)( rァ 
―- 、,,, ,,r'((:(" " Y  iiiソッ シ父シリツ:)ノ ,  
::::::::::::::~(: j iiレ(/) ))& 彡}ナ"彡;、 '":: 
  :::::::ヽ ミミ'W〉〉r"次、))リ彡リ 彡:r'":::    
    ::::之ミ(|(((从リ;;|ノ,)(彡fi|;;/"  ,,,     まったくですな。
,rー- 、 :::(ィ〉itモiiミ;i(r;;忝ヲツ}ノ/ r'' "、 |   
;;(  );;/::::リ;|iii、'' ̄j ,, ̄  リノ;i: |;;( ノ;;t 
r''''' 、;/ :リYiii|iヽii ',j,,ニ、  ノノノ| |(_ノ;;;i、-
,''ー'";i ,,ノ(|;j|r、i|ヽ '=='ii;/,,イ';;〉-ーi''":::::::::::
::~'''マ":::::::(( i|jij~'''`'ー '´i'"| |リノ::::r"   ::'



540やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:22:38 ID:i4P/fBpd
 そう、立身に伴う多額の出費であった。

                       \\        /f゙ヘt、`-、_
      ヽ、;;;、\               \〉     /f~´  i゙;;'、';;t、`'‐ 、
        ` ー ゝ                     \(z、   ``ツr;;';;ゞz;;`'‐ 、
       __,.   ---───‐‐‐┐             `'‐、ゞ、_ '´ `゙゙ ゞネ'゙‐ヾミー 、_
       \´、`゙`ゞヾミ''ゞ~^`ji:|                `゙'-、ゞ 、     _,ノ;//
         `-- ─ー‐‐─‐--=!                     `゙''-、ゞrt.;.ォ//
     _                                       ゙、/
      /{
    / 代                                                 ,
   《ミ 、 ハ                                              /|
    ヽ:i; }                   _、-´、tベf\                  , ‐'゙ /
      ソ                 、 ‐'´、t;;'、';;゙i  `~f\           _,.. ‐´fじ''´
                    、 ‐'´;;z゙ィ;;';;rツ´´   、z)/            ノ_,. -''´
                  _、 ーミッ‐゙'ネ゙ィ ゙゙` `' _、゙ィ、‐'´             ´
                \\;!、,_     、 ゙ィ、-'゙´   
                  \\ォ.;.tr゙ィ、-''゙´      
                      \、゙           

 現在もそうであるが、儀礼というものには金が掛かる。
しかし、面目を重んじる武士にとって、これは避けて通れない出費であった。

 特に、柳生家の場合、石高は三千石のまま、格式だけが上がったのである。
当然、負担が増え、台所事情は厳しいものとなったと思われる。



544やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:24:36 ID:i4P/fBpd
            -‐   ̄ ̄ `丶、
         /           ヽ
           / / /〃/{ { ヽ `ヽ. ∧       こんばんは!
        l / /斗/ハ ィー‐ヽ  ∨ l      今回はアンコールにお答えして、
        { {  レテく  ヽ\{ヽ\ ヾ│      2回目の登場になりました!
          乂l f r'ハ     __ 7ハ\リ l      渡良瀬準です!
  (⌒⌒)    .八,}弋ソ    ''⌒ソノ ) 八    
.  ヽ〃`ひ、 ノイ }ゝ" n  "" { {´  丶\     そして…
       / rz-、_ ,>‐r<_∧!>、   \丶
.    , -‐"  とノハ/  ヽ{>ロ<フ〈.  ヽ     \
    //  / / ヽ、__,/∨{   j><__〉\   丶.ヽ
.    {八 〃 ハ  { /{  / 大   , <   }ヽ  }  }
     )/ ヽ(. ヽ人{ >‐ヽ/ j \/  ∨} ノ  ヽjイノ
     "   ` ′ ヽ ヘ_,ん</__j_{_/ ((   ( "
              /  /  |  l
                /  /   .|  l
             /` V   l  .,′
             `ー'′   ├-/
                    ̄



548やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:26:02 ID:i4P/fBpd
                                         ,.-、
                                ,-,     ,r-‐ァl i´
                               ヽヽ   / Y ! i             ,z---- 、
                                ヽ.ヽ  ゞ、 .l‐-! !- 、          /;:;:rっ;:;:oi
                            r- ...、   ヽ`く    l l   ヽ      /;:;:;:;:;:;;:::;.::::::l
 もうひとつおまけにこんばんは!      .....!o:rっ:ヽ./ `'",.    u    ヽ   /;r-y:;:;:とつ::o:l
下妻市非公認マスコット・シモンです!      !:n::.:.rチ :/ _」_/ ヽ.  .:ト、 .:、   , ヽ/:;:く_,.イ::r‐ァ::;、;:::/
                            l;:u::::,ン :/  :V`  \:弋~ゝ :l   :l::. .:`Zヽ:.:::.::.:.:::::::'J:/
 今回はテストとして、ダブル解説役による .....VY:::l ;イ .  ,:;レ公   `r::=ミ V  .:l:.: . ./:{:r- 、:::.::::::/
「会話式解説」をすることになったの!      . V::o::'::l::l .:l.:トzJ    l孑リ/  .::l:.;∠: : : :}::一'::.:::.0:l
                             `i;、::.:.Nヽ.:ト`¨ '__ `ー'/  ,.イ:こ) : : r':.:仁) . .:::.l
 その分、少し尺が伸びるかもしれないけど  .  V::.::.:.こ) i>、Y__ノ_ ,.,ムイヽl⊂⊃: :,!: :.: . .::::::.:ol
その辺も含めてのテストなので、ごめんね。      ヽ。::.::.:.::ト、,..、 T´,r'´  `ヽ: : : : : :{:.:r'⌒) . .::.: ナ
あとで感想を聞かせてくれると嬉しいな!    .    ヽ、_:_.l !: :`o':~:ブ`~ナ´: : : :_:_:ノ:.::`ー':.::::. /
                                Y´:;:: l ,ゝイ }-イ' /l`ー=-´、_:;,:o_;,,;;;;,;_/
                                 !0:::::::lヾ;ノ: ヒ:;」 /: `ヽ:.:. :/::.::.::.:::.::.:::〉
                                 ヽ;::r-l  l:/  /:    l 〕::.:f⌒x:.:/
                                  kヘjl /  ノ:    ハヽ::.::.:.:/
                                 ,rェ'ヾ、l/  /;__,_,..-''´,.l'ヘ ヾ''´
                                //  V  /r--ー''zx´,、_,.ノ
                                l '   ノ /i    /ッv"
                                ヽ_,/´,  Yl   / /
                                  ヽi、l_i_ノ ヽ__/



552やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:29:19 ID:i4P/fBpd
                                      ,.-、
                             ,-,     ,r-‐ァl i´
                            ヽヽ   / Y ! i             ,z---- 、
                             ヽ.ヽ  ゞ、 .l‐-! !- 、          /;:;:rっ;:;:oi
                         r- ...、   ヽ`く    l l   ヽ      /;:;:;:;:;:;;:::;.::::::l
 …というわけで、早速なんだけど、    !o:rっ:ヽ./ `'",.    u    ヽ   /;r-y:;:;:とつ::o:l
この「叙爵に伴う出費」っていうのは、  !:n::.:.rチ :/ _」_/ ヽ.  .:ト、 .:、   , ヽ/:;:く_,.イ::r‐ァ::;、;:::/
結局どれくらい掛かったの?      ....l;:u::::,ン :/  :V`  \:弋~ゝ :l   :l::. .:`Zヽ:.:::.::.:.:::::::'J:/
                         VY:::l ;イ .  ,:;レ公   `r::=ミ V  .:l:.: . ./:{:r- 、:::.::::::/
                         V::o::'::l::l .:l.:トzJ    l孑リ/  .::l:.;∠: : : :}::一'::.:::.0:l
                          `i;、::.:.Nヽ.:ト`¨ '__ `ー'/  ,.イ:こ) : : r':.:仁) . .:::.l
                           V::.::.:.こ) i>、Y__ノ_ ,.,ムイヽl⊂⊃: :,!: :.: . .::::::.:ol
                           ヽ。::.::.:.::ト、,..、 T´,r'´  `ヽ: : : : : :{:.:r'⌒) . .::.: ナ

           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ        うーん…実を言えば、
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、      正確な額はわからないのよねー。
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\     何せ史料が残ってないのよ。
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!    ただ、こういう昇進や新役就任に際しては、
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ   関連する先には一通り御礼をする、というのが
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |      大体の習慣だったみたいね。
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/



556やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:32:06 ID:i4P/fBpd
                            .         _                 ,. ---、
                            .       ,.......!|            _,. - '´:::(__) |
                            . 「ヽ「ヽ  j/⌒!ト、          ,.ィ'´:/⌒ヽ:::::::::::::|
 御礼って…賄賂とかそういうの?      .....  ヽ.Vン',.´  ̄i「 、ヽ、    /:::::::::::ヽ,.-<::::(_)::|
「山吹色のお菓子でございます」みたいな?   __,/ヽ j、 、 ヽ ヽ \_ / - 、, 、::::ヽノ:::(_):/
                            . `7  l∠ヽメゝ、j、 l. ラ´//  /   ):::::::::::::::::::::{   
 ちなみにシモンはお菓子といえば、       .  j/ 、!,ニ、 ィ'升ュ|  j. レ':.:`ーへ_ - く:::::::::::::::(_)::|   
「道の駅・しもつま」の梨ソフトクリームが   ....  | ,ト、化! ヾ┴'  /く-、 __:.:.:.:ヽ-- ':_:::::::::::::::: |
好きだな~。                       r'ヽヽト `r;r' ーァヘゝ__ノ´ ):::::::.:.:.::(  )::::::(_):|   
                            . ,へ丶、 ) >ョ彡┴'7jヘヽ‐'´:;. --、:::::/⌒ヽ::::::::::::j   
                            . }=ニ三ヲ_//シ'_  /Y l j::::::丶__ノ:.:.:.ヽ--':::(_) /
                            . (_ヽ二7 7Yニ´ Vィ[r′ 「:::::::::::::, -- 、:.:.:.:.:.:_::::: /
                             <..X´7ri'゙ハ!、_ l  i   |::::::::::::ヽ_ノ:.:.:.:::(._):/
                             と) Y 」,Y \>- j、 ├─---、_─----‐'´
                              | / ヽ「ヽ    ̄    ,l::::::; - 、::::::..`ー 、
                              l/   l二¬‐---‐ '´\;-i.  }:::.:.:.:.:::::::::\


          , '´                     \
         //      ,イ           \
         / /        / / l l            ヽ      違うわよ。
       / /   ./ /ィl .イ l  .! ト               ハ     私達だって、身内に何か祝い事があったら
.       / /   ./ /ハl/ i l  ヽヽ\'、、           l    お祝いでいくらか出したりするでしょ?
     /.  l   十ナ-ェ、_ リ    __X‐弋\   \   l    それと同じようなものよ。
    /// l l  l V,ィ示`   ` ´ rァ‐-、ヽ、 \ \  l
.    // j  :l l  ト、{ h:::::}.       h::::::::i:l ト  ヽ ヽ.  ハ    それに、別に目上だけじゃなくて
   // .j   :l l   ハ. 、ノ::リ       ,_ノ::::::リ’ l l\ ', ', l ハ   家臣達にも祝儀を振舞ったりするし、
 /   .l   l |i.   l -ゞ'’,       ゞzッ’ j i lノ \ ! l  ハ  祝いの席を用意するお金も掛かるのよ。
     l l /.|l |  l "          ""    ノ l l_ノ ,入i l   ヽ  
     V / l| | 小     ⌒         ./ /ム-'  l    ヽ
.     //    l //i \             / / /             ヽ
    レ    j // |レ ’. > 、       _.  _/ / /               ヽ
          レ/ / ,へ  ヽ---ェニ-‐'フ /7/   i             \
         /'/ ィiヘ  \/ニ-===ノ /ヲイ   l l            \
      //' / |Lヽ-ニニヽ\  // ̄li l  l .l            \
   -―//‐'   /     \ V'/     | l   l l             \
..//¨フ/    /        〉ハヽ    | l  l .l              ヽ



559やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:34:04 ID:i4P/fBpd
                    ____
           ,. ‐''"´        ` ー- 、
        /                \   \
        ,イ            \   \::: : \
        /   /     !   :|  :|ヽ\   \:::::. ヽ
      ,'  .:/  .::::/ ,'   :,' .::iハ . ヽ:::: :::ヽ:::::. ヘ        特に、今回の宗矩みたいに、
     i   .:/  ::/ /  ::/!: .::,' | |∨:|ヘ:::: : :::ヘ:::::::ハ      「諸大夫成」なんかになると、
      |  .:,' /  .:/  ::/,' :::/ |:.! |:.:| |∨::::::::∧::::::i、      関連する相手先の数も相当なものになるし、
     | .::i:./  .:::,イ ::_/:::/   リ !斗f‐-、::::::::::ハ::::| !     かなりの出費になったのは間違いないわね。
     |/:|/  :/,ィ"´/:``   /  |/'_」」. i:`: :::::::|::::| |      正式な官位叙爵だから、
    ,ィ|  / ::::::/i,.>''"アiヽ      /´::::}`.|:::::::::::::l::::| |     朝廷方面もお礼を出すことになるわけだし…。
   / | ,'::::/{ rT{::::::::::r !     {:::::rリ ∥:: :::::/ト、ハ|     
   {  | {::/::::::ヽ|:|乂、_,ノリ      ヾ之' ,'|::::::::,'. | 乂       まあ、この場合、自分もお祝いを
   ヽ | |,' |::::|::::|`ト! ''' "´     、 ,,,,, ハ|::::.::i  !   `''ー‐   受け取ってるわけだから、
     i   |::::|::::l::::|ト、""゛          /:::|:::::::|  ヽ       ある程度差し引きすることはできるわけだけどね。
     ハ::  l: ::|::::|::::iハ \     ` ´  .イ:|!:::ハ:::::|
    ∧:  !::::i:,.-、「|∧  > 、 _,. <:i::|:::|:::::.ヘ:::ヘ
    /::::: _厶イ ./ |:.:.|` ー-L>、:::::::|::|:::|:::::::::.`iー\
.   />< \   ヘ. i:.:.i   ,'!ハ| `<ュ」::|::::::::.:.∧   `ー



562やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:37:06 ID:i4P/fBpd
                               ..        r 、                 
                               ..        l l                 
                               ..      , - ヽヽ                
                               .. rヽ    l / _ヽ、-‐- 、            
 ふーん、そうなんだー。               ...... ヽヽ   ゝ レ´ ヾ    "'- 、__..,      
あと、宗矩が「これから先も金が掛かる」、      .  ヽヽ  /          ....... l,    /:::
みたいなことを言ってたけど、あれはどういうこと?     ヾ〆 /、   \、 _ ヽ ヽ::::::::l   /:::::(_
                               ..    / l  l \ ,、×\ヽl  ヽ:::l /:/ヽ_,.:::
                               ..    l / ヽ ,l‐  `' ィ〒ミ、,l ::::::l::l /:::::/   
                               ..":'- 、l l  :lヽ,,れ、   pi:j )l.:::::l//::::/    
                               ..:(__, l l  : ::l h ri:j l    `ー'/ へ l:::::/     
                               ..:::::::::::l´ヽ :::::::ヽゝ ' `t―ァ ん>_`-/ヽ、   
                               ..:::: ○:(`丶!\_ヽ、 _ 丶ノ /と´  i )\{   
                                ::::::::::::::`,==´,-、____ ̄l   {/   l 3 ヽ   
                                ヽ:::::,-、::丶_, ノ ,´   l了 {/,へ  / >  ヽ   
                                ヽ:l j:::::::::::( l  ,__ヽ}_(//::::::l /イ    ヽ. 

      〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
     .,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ       ああ、あれはね。
     l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',      この時代、武士達は、その格式や石高に応じて
     l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!     雇う家臣の数や武具、服装、参加する儀式なんかが
    .| ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i     決まっていたのよ。
    .|,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i
   .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂     例えば家来の数なんだけど、
  (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、    三千石くらいの旗本だと、大体、江戸に20人程度、
   ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー   知行先(この場合は柳生庄)に数人、
    | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー     あと、奥向(妻妾の住居)の女中達が10人程度と
    | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ        大体男女合わせて30~40人程度はいたみたいなのね。
     ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ      (※天保の頃の話なので、そのままとは限りませんが)
   ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',
  / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/乙女 `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',      要するに、地位や収入が上がれば上がるだけ、
 |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ    自動的に出費もかさむ様になってたわけ。
 | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ



564& ◆99SFCOY8DY09/07/05 21:40:15 ID:i4P/fBpd
                     ......        r、      ,.、
                     ......     _  i |  ィ'7//
                     ......    /::ヽ、 y ┴'-!ト、
    でも、今回は別に            |:{_}::::V //  !|、\
   石高は変わってないんでしょう?    |:(_):イ/レ-、ヘ|-、| i `>     _,.. -───-、
   だったらそこまでキツくは   ......,.、-.( ー-'、): {/j‐、 ィテiy j l/_,. -,.ニ、´::::::::(__):::::(_):::}
   ならないんじゃないの?    .......ヽニ'´丶 l:(j:レl、'、__゙'彳レiィ'´::__::::ゝー<::::::::::::(_)::(_):/
                     ......  ` Y  |::(ィ` ニァ ,「'^ニ_::(_)::ヽ__ノ :::::::::::(_):/
                          |  j/レヘ_j_/  /<:: (_)::::::(⌒)::::::(_):/
                          |   {__,.「i  ̄! /  ヽ:::::::::::::( ̄) :::::::::/
                          ヽ_,.∠L∠.ゝイ 7:::\_,. \`):::: ̄::::(_):/

           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\     それがね…例えば諸大夫になると、
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ   登城に際し、乗物が使えるようになるのよ。
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/



569やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:42:47 ID:i4P/fBpd
                                                ____
                                  ri               ,.ィ'´.:::rュ:::〉
                                 ,.ィl.!           / く_,):::::(_)::}
                              ト、  ゝレヽ¬ヽ、__   /、:::::::<_)::::::::/
                          _   ` y'i ト、 、_ 、ヽ./| /i_.ノ⌒):::::::::(_):|
     乗物…って、つまり、駕籠の事? |i::::\   ハヽL..`>ァェ、 Vレ':::::::::ゝ'⌒):::::::::(_):l、   
     ホイサッサー♪っていう…      {l:〈_):::>| } lィテi , ヾ彳/j:::(_)‐、:::: ̄(⌒)::::(_):|
                           \(」::{_)lへ{ゞ'゙ <.フ,.j/-ィス`ー';. -、:::(⌒)::::::::|
                            \(_):::(_)::ィ`二I_/;  iハ:::::`- '_::::: ̄::(_):/
                              lY_)::(〈{_,r、j,>'´}_,<. \:::( __):::::(_)::/
                              ヽ:<ハ:Vl_ン<¬<.:.l\ 丶─_---‐'′
                                ヽY_):l.`Llゝイ、;.:.:ヽ  \::::>、._,.、

  「`' ―- 、,_ ∠、 ―――- 、 __/     l  
  ヽ.      /              \     l
    ヽ.   /      ,ィ         \     ハ
     \ /     / / / l i   ヽ     ヽ \ /  l
     /    j .ハ j l ヽヽ ヽ ヽ \  \ `<、 l      そう、その駕籠。
     .j /    l_l_ l l ヽヽヽ_ヽ__`__.\ \\-、 .l
.     l |. l l ハ l 弋  \\\  \\> ヽ\`ト、     まあ、あくまで「できる」っていうだけで、
     .l li .l l l fTテヽ   \ 'Τ圷ヽ、:f ( `ナ、 \\  「必ず駕籠を使う」という話ではないみたいなんだけど、
      l l.l l l ハ .b::::l       b:::::::::l | ノ ノ|   l\、   馬と違って、駕籠は担ぐ人が要るよね?
     ', ,ヽヽ、 l ヘ弋n!       .ヒ辷ッ |‐'´l l   l     (まあ、馬の場合も従者が付きますが)
       ヽ \\ ヘ "" ' __    "" ,イ |. i l l   l
        ヽ  }i| \>.、 ヽ )   / .i|:|__. i l l  ハ
           jj.l i. /: l l |l:>.、イ   ノ | >,‐ 、_ヽ  ヽ
        〃ノ//  l | |l, イ|_  __/ || .∧ _,. >、 \
       ノ ノ_ィ ノ /l l/ | ィl |ハ .  |レ  //´/ ヽ,、. \



572やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:45:06 ID:i4P/fBpd
                   .....                  ,.-、
                   .....       _         ,..‐ァ | /
                   .....      〈 ヽ     /  .:/ |. !
                   .....       ヽヽ、   (   :.:! ||                ,.. -‐一ー-、
                   .....        \ヽ、 ,.ゝ  :;「 ̄| |‐- 、            /::.:.:.r_つ::.::.0:!
                   ..... r─..-..、    `>、ヾ        | !   `ヽ、          /::.:.:.:.:::.::.:::.:.::.:::.::.|
                   ..... l:.o:.:r‐、\ ./  `'’       'J       ヽ.      /:::.::.:::.::.:.とつ:.:::.::.::::l
 ええと…つまり、駕篭かきの分、 |.::.::.::゙ー'::.:;:>'     .:ハ     .:|   :.      ヽ、  /::/´ ):.::.::.::.:::.:.:::.:.:.0:.l
家来が増えるってわけ?     . l:.0::.::.:.:f´/ .:/ _」__/ ヽ   :.:l\  ::ヽ   ;.  \'__:..:.ゝイ:r‐‐ァ::.:::.::.r 、:.::/
                   .    !:.::.::.:.:::V .:/   :.!V `u. \ 弋_卞、::l   :!::.. ..:::∠ ヽ::.::.:.:ー':.:.:.::.::.:し'.:/
                      V^!:.::.::l..;イ.:: .:.:|/,不    `>ァ=ミ、V  .::|:.: . .:/: :{:.:.r―-、::.:::.::.:.:::.:.:l
                       V:.:.::.:l/::|::i :.:〈 l.J::l    ' 勹::::::!V   :.:!::.:/ : : : : }:.:ー一':::.::.:::.:n:.:r'
                       ヽo:.::.:.::N、 :::l 弋_ソ    「廴xリ/.:   .:;ムイ二) : :r‐'::.:::.::.::::.:::.::.:.:.U:.:!
                   .       l::.::.:.:::に\ト、"  '___ `ー‐'/.:;  /! : : : : : : :!:.:(___)::::.::::.:.:::::.::.:.:|
                        V_)::.:::.::(二)i:> 、Y__.ノ_"ムイ/ ヽ| :(⌒) : r'::.:.:::.::.:::.:.::::.::::.:.:0:.::|
                         V_)::.::.:.:.:.:{´   |{、'  ,ィ'´ `ヽ、: : : : : : : : :{:.:(´ ̄ }:.:.::::.:::.::.:::.::::i
                          ヽ::。:.::.:.:.::ト、,.-、ヽ_,ィ'_  ___ 〉 : : :(´ ̄): :!:.:`ー‐':.:::.:::.:.:::.:.:::.::ノ


    , '"  ̄ `ヽ       
    //    ^ヽ ',      ご名答~!
   .///f / j  ヽ ヘ !     まあ、駕篭かきくらいなられっきとした家来ではなく、
   ノイl | レト'Vハ斗ト、_>   その時々に臨時雇いをすれば済む部分もあるけどね。
   lハj | >  < |レV  ))
((  ノ火ヽ"V ̄}"/゙) {      でも、そういうこと以外にも、
  //  匸 }>示iくこ八     諸大夫は「大名並の官位」を持つって言ったけど、
 .// ! / /《小.》「`ヽ ヽ    それって裏を返せば、三千石の石高で、万石以上の大名家と
 V{  !ヽノ   {: ト-イi }    同じような出費が発生することもある、ってことなのよねー。
  レl∧く   人__j /八/   
    / `7´/ l |'´       例えば、大名クラスしか参加できない儀礼に参加できる分、
   .`‐r</__!」       その儀礼に必要な出費も当然掛かるわけだし。
      |  / /



576やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:47:08 ID:i4P/fBpd
                       ....          r、      ,.、
                       ....       _  i |  ィ'7//
                       ....      /::ヽ、 y ┴'-!ト、
 えー?                         |:{_}::::V //  !|、\
そんなの、お金がなかったら              |:(_):イ/レ-、ヘ|-、| i `>     _,.. -───-、
キャンセルしちゃえば良いんじゃないの? ,.、-.( ー-'、): {/j‐、 ィテiy j l/_,. -,.ニ、´::::::::(__):::::(_):::}
                          ヽニ'´丶 l:(j:レl、'、__゙'彳レiィ'´::__::::ゝー<::::::::::::(_)::(_):/
                            ` Y  |::(ィ` ニァ ,「'^ニ_::(_)::ヽ__ノ :::::::::::(_):/
                              |  j/レヘ_j_/  /<:: (_)::::::(⌒)::::::(_):/
                              |   {__,.「i  ̄! /  ヽ:::::::::::::( ̄) :::::::::/
                              ヽ_,.∠L∠.ゝイ 7:::\_,. \`):::: ̄::::(_):/
                                /.:ijo.j{´.:〈.. - '´   )::::::::::(_):/


         '   /     /::: ,.イ ::: / |:: /´  | :::|! ::::: |\:::      
       .|     '  / .'.::... / !: /  |:::!    !::::ハ ::::::|:::::\::::    
       .|    |   ::!:::::| ::::j -‐|‐|─ ト::|    l::::| -‐─ヽ--ヾ::::     それがなかなかそうはいかないの。
        i⌒v::::|!  ::|::::::ィ:´::|  |: |   |:::|     ゝv  ゝ:::::ヾ::::::ヽ    こういう儀式に参加できる、という「面目」を保つ事は
       |  v ::|  i: l ::∧:::::|   V -- ゝ       \ __ \::::\    当時の武士にとって、とても大切なことだったのよ。
       |  |:::|:: !:::l:::| ヽ_:l _ __          __`_ー    
        |  | ::ハ::ij:::ハ::!イ`弋ゝ-'フ``        ´ !ノ__フハ     「お金がない」なんて理由で参加を取り止めたのが
       |  | :::|:V:::::::ヽヽ    ̄                `  ´      表沙汰になったら、それこそ家全体が笑い者よ。
     , -v ,イ V::| ::::::ハ::\ :::::::::::     ,.       ::::::::::::::    つまり「面目が立たない」ってことね。
   , -<.   `| ` ヽ| :::/ゝ∧`´         <:i              
, '⌒ヽ  ヽ  ヽ   ヽ/ヘ/::l!                          だからこそ、そういう場合、たとえいくら掛かろうと
!    |  | -.ハ    V|!:::∧                        「面目」を保つ必要があったってわけ。
l ー|  | r トi_ノ ゝ    |:|:::|:::,.\        ´ `         . イ
|  人 i´ト l_ノl      ノ/:::j:/::|::::ゝ.、             イ:::: |:::::



578やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:49:33 ID:i4P/fBpd
                   .  ___                  r'|
                   . |.:::::...  ̄`丶、             l |  ト、  r'7
                   . |:(_)::::(_):::. \       _,. ィ| ¬Y、_ //
                   .  !::(_):::(_ゝ:::::::::::..\    ト'´/ ,   ト ンく      ___
 なるほど…。          ..  ヽ::(_ゝ:::::::. /ヽ<_,>\  l V /,.-/ ,.ハ |ヽト、  ,. イ´ヽ::(_):|
身分が上がるってのも    ......   〉.::::::::::::::::>--く:::::::::\V!/,レ∠ -'⌒V ハ.」<::::::ゝ <:: :::/
いいことばかりじゃないのねー。  |.::(_)::::::_ヽ--'::( ヽ>、ヽ/,,⌒ , 冖 〉ハ |::r⌒)::::ヽノ(_)/
                      |:::(_):::(_,)::::_::: ̄:く `ーゝヽフ_,''ィレ' V::r⌒):::::::::(_):/
                      l.:::..::::::(_,):〈___ >:::∠、r 二ヽ「[i_,.ゝ 、i,>:∠フ::::::::(_):/
                      \:(_)::::::::::,.-- 、:::: /,.>l  ニYl;r<ヽ` 〉-、::(__,〉:::::: :/
                        \(_)::: ヽ__ノ::::/´  ヽ rィi lハ、` イl.∠::(__)::(_):/
                         ヽ-─ ニ=‐〈.___,. イ]「=Tラi ´ ヽ_ノ:::::::(_)::/
                           /.:::::::::/ン.:.:.:.:.:.:li o fハ\.___ノ_::::::(_):/

      /. . . . . . . . . . 、. . . . . . . :. \
      /:. . . . .|.|.|、 . . .ヽ.\. . . .\:. :. :ヽ  ,ノ
     ./:. . . . . .|.|.| ヽ . . . \.\. . . `:. :. ┴<
    /:. . l . . . .|.|.|  \. __.\.ヽ、 :. :. :. :. :. :.\    そういうこと。
    j:. . . |. .l ,斗H  ´ \. . . `\.ゝT. .T. Tヽ . 〉  でも、「面目」を保つためには、どうしても
    |:.:.. ..|. イ:.: |.|.|     >‐テミ,|. .|-、|:. :| 〉/   「格式」に応じた振る舞いを維持する必要があったの。
    |:.:.. ..|. .|: ‐Hリミ   イ トュ:::: リ . | } }:.:.:| 〃
    |:.:.. ..|. .|ヽ.j   ,.    弋匕zソj . | ノ: ..|       そうすると、その分だけ
    |:. :. .ヽハ z=='′        | . |イ: . : |      普段からお金が掛かるようになるわけだから、
    ヽ :.\ .ハ       '        | . |.|:. :..:.|      どんどん持ち出しが増えていくってわけね。
  ._r‐く\:.:ヽ:ハ、    ーr7   .イ| . |:|:. :.:.:|
  ./ .\ \ヽ:.l:.イ>   .._|j ,  '′ l.| . トi: . : .|       まあ、何時の時代も、見栄を張るには
  .{-‐マ_く Ⅵ:.// /ハ フ||    /..| ./ ヽ :.:.|      お金が掛かるって事よね。
  | 二ヽj ミ .>'、..上_jノ ||  /1  |/ />L._
  ヽ しj| i Y 、   /-、|| _/ .| /l./// /.ヽ
   \ .||川  ,. ,イ     ||´/  |./:/ ,'. /  ./ 二>.、
    /.} !!l .| /'=ヽ    リ jl   /:/  ./  /      二> 、
    l┴||| ハ/    ',    ,.||   !:l   /  /        二> 、



579やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:51:26 ID:i4P/fBpd
 さて、この宗矩の諸大夫成は、当然、江戸以外の場所にも伝えられた。
まずは柳生庄──

      ;;⌒  、
   (;;; ,,;;    ヽ、 _,,,...:-‐‐=-..,,,_
       (_,,,  ;;ノ,r'":: ::      ::\,,.....,            ;;⌒  、
          ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、      (;;; ,,;;    ヽ、
        ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、      (_,,,  ;;ノ
      ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_
    ,r'"::::  ...::: :...::: :: ;,,, - '''' ''':‐-,, ,,      ::. ::`'::、_          __,, - ''""
  ,r'"...::::.. ......:::::               " ''''‐- ,..,,,...  __,, -‐- ,... .-‐‐''''"
,r'":::,,,,,, :::::......:::::: ...               _,, - ''" ""'''"" `'' -,..
  :::.....                     -‐"             "'' -‐‐‐-,..,,.
     ::::,,,::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;::::,:::::;;;;;::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:::::::;;; :::,,:::::::::::::;;,,,
   ...:::::;;:::::::::::;;;;,::::::::::::::::::::://::::,,;;;;:::::::::::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;:::;;::;::::://:::::::.::::;;:.......
 ::::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:: :::::::::: //...::::.::::;;;;:;;;;;,:;;;;;::;;;;;;;;;;:::::::::: :::::::: ;;;;;;;;;;;; :::://:;::::::::::;;;::::::;;::::::::...,,,
WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWw
',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',


WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWwji
::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::_:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::: |::::::::::::
″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″



582やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:53:14 ID:i4P/fBpd
         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\     父上が諸大夫に?
    /   ///(__人__)///\   すげぇお!
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |
      柳生十兵衛三厳


      / ̄\
     .| ^o^ |   すごい ですね
      \_/
      _| |_
     |     |
    柳生庄代官



585やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:54:56 ID:i4P/fBpd
      γ⌒) ))
      / ⊃__ 
   〃/ / ⌒  ⌒\         あと、上様の勘気も解けたって本当かお?
  γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)   じゃあ…江戸に戻れってことかお?
 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
(  <|  |   |r┬(    / / ))
( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
               / /


      / ̄\
     .| ^o^ |  いえ わかは ここにとどまるように とのことです
      \_/
      _| |_
     |     |



586やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:56:45 ID:i4P/fBpd
      _____     
    / ―   \   
  /ノ  ( ●)   \   …どういうことだお?
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ


      / ̄\
     .| ^o^ |  つまり もどってくるな ということですね
      \_/
      _| |_
     |     |



590やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:58:06 ID:i4P/fBpd
         ____
        /     \      お前、そのまんま過ぎるお!
      /  u   ノ  \    もう少し言い方ってもんがあるお!
    /      u (●)  \  
    |         (__人__)|   …父上は、まだ怒っておられるのかお?
     \    u   .` ⌒/   じゃあ、十兵衛は、いつまでここにいればいいんだお?
    ノ           \
  /´               ヽ


      / ̄\
     .| ^o^ |   わたしには わかりません
      \_/  ただ わか…
      _| |_
     |     |



592やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 21:59:31 ID:i4P/fBpd
      / ̄\
     .| ^o^ |   とりあえず めかけさがしは
      \_/  もうあきらめたほうが いいですよ
      _| |_
     |     |

        ノ L____
       ⌒ \ / \      うっせーお!
      / (○) (○)\    もう魔法剣士までタイムリミットがあと七年しかねーんだお!
     /    (__人__)   \   それまでに、なんとしてもおにゃのこと
      |       |::::::|     |  .キャッキャウフフしてみせるんだお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl



597やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:01:41 ID:i4P/fBpd
      / ̄\
     .| ^o^ |   でも このあいだも
      \_/  なきながら かえってきましたよね?
      _| |_
     |     |

       ____
     /      \       あ、あれは…。
   / ─    ─ \     まさかあんなのが出てくるとは
  / -=・=-   -=・=- \   この十兵衛の目にも見抜けなかったんだお。
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /   ありゃーすごかったお…。



601やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:03:40 ID:i4P/fBpd
=回想=
             /,. -____、       、:.:.:. 
            /,.イ:.7:/ |/ ヽ、r-、     |ヽ 
            /:./::Vレ仁ヽ  ,==≒、|\` 、 !        おう!
            ヽト、.:|ヽゞィj__  行テト、Ⅵ≫、 〈   /    お前があの柳生十兵衛か!
              _| └ナ‐<ヽ `¨´ /⌒ルイ. /     どら!まずは一発使ってみてやるよ!
      / ̄ ̄`ー/∧  ヽ  ~'   //レ'/   /     .せっかく付いてるもん、使わないともったいないもんな!
      /  _ -―/´   ヽ`ヾ==‐ァ   》=' /   /
    // ̄   / -、  ハ ` こ´  ,〃/ ./  ∧
  /     /    ヽ  ∧___ // /  / `ー-- 、
../  /   / ,.     \     /  /  /      \
'   /   /        `ー',. -――/  /        ヽ
  ∠   /                /__. /             '.
/     ,'           i  /  r'´_,.-、\  ト、__ _
 __,. イ/::7         / /   _「_,. -‐  \     、___ ̄
く´ `ヽ |:::└┐        / /   〈 _,. ‐     `ー-、__ `
 ヽ  ! \r ┘     / |    〔 r--、            `
  `` ヽ  >┬―<⌒ヽ !   「:冫  ト、__,.__
、     \ /ト、ヽ   |  \「 ̄::/   /  / /`ー 、  、_
 `` 、     /   ! `ー ト、  `ー/  / イ/´ノ    ヽ_
    冫 /    ヽ.   '. `ー- /_   / /,.イ         ̄
    |  /      | ̄ ̄ヽ   〈⌒ヽ/_ア´  !
    ハ /     ` !   | `ーへ___}リ' /    ヽ
    { ム|       \  !    /´ /      ハ
     ̄|       \'.` 、_/ /      '.|
      | |       \ r┐ !          ヽ!
        | |      |   \Lj /   i       ヽ.
      ! l     | ,.    |               |
      ヽ.!     |     !    i          |
          ト、     !    /ヽ.    |        i |
             先日の妾候補


          ____      や、やめるお!
        / .u   \    褌から手を離してくれお!
      /((○)) ((○))\  (こ、これが女の力かお!?)
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /



607やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:05:58 ID:i4P/fBpd
     /--─┐ ┌┐ ┌───-\
    / 二二二 [__ __] 二二二二二ヽ
    /,--──┘ └┘ └───----|
   〔______________〕
   〃;;;;;;;;_L__ハ;;;;;;_l__;;;;;;ゝ..;;;;;;;|ノ
   リγ'^l 、二、__ゝ ' ̄'´_ニ二l;;;;.;;;;;;;;|     あら、たまには私にも
     |;;;| `バ-',ン〕  ごl-'_)で´|:;;;;;;;;;;;;;|    先に使わせてくれても良いでしょ。
     |;;;| ´  ̄ l|     ̄⌒´ |:::;;;;;;;;;;;;;|
      |;;.;;|     く、        |::::;;;;;;;;;;;;;|    さあ、あなたはさっさと立てるものを立てなさい!
      |;;.;;ヽ    ヽ三ニ-    /|:::::;;;;;;;;;;;;;|
      |;;.;;;;;;ヽ      ̄'   / |;;;;|;;;;;;;;;;;;;;|
     |;;;;;.;;;;;;;;;;\     /  /;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;|
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;). `ー一'´  /;;;;;;人;;;;;;;;;;;;;;|
     |;;;;;;;;l;;;;ノ ゝ        /;;;;ノ  \;;;;;;;;;|
  〃⌒|;;;;;;;|'´  ハ     /;;;/    〕l`⌒l〔⌒ヽ、
          妾候補その2

         __,‐⌒ヽ、
         /   '─ \
        ノ ノ-、 (○) \   (無理…無理無理無理……ッ!
        | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ    なんという不可能…ッ!
        ヽ  ヽ__,,,トー'i   )   柳生十兵衛、絶体絶命………ッ!!)
         ノ    ` ⌒''  ノ
        (           }
        ヽ         /
         ヽ     /
       ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ
      (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
       ´`´ー-、_,. -‐'´/l .ト''ヽ



612やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:08:31 ID:i4P/fBpd
<あっ、待てコラァ!
<お待ちなさいッ!!
                     ____      
           r⌒ヽ、   .三/ノ   ヽ、_\    
          / \  \. /゚o( >)}liil{(<)゚o.    さ、三十六計逃げるにしかずだおッ!!
         _/ / ヽ   / u    (__人__) \  もう来ねえお!!
        〈__/  . |  |     ヽ |!!il|!|!l| / |
            三/  .\     i⌒ェェ|   /
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__ ≡r  /     |/ー、`   \
       ."ヽ |  i,        ノ   .\\ ,,_/
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ/ 
       三.i /  //  ./   
         .ヽ、_./ ./  /     
             ./ /      
          三ノ.^/
           |_/



614やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:10:20 ID:i4P/fBpd
=回想終了=

      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ    あれは後で夢にまで出てエラい目にあったお…。
   / _ノ ノ    \  \ `、  …なんでいつもいつもこうなるんだお…?
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /


      / ̄\
     .| ^o^ |  (こんかいも とのの「けいかくどおり!」ですね)
      \_/ 
      _| |_
     |     |



620やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:12:27 ID:i4P/fBpd
          ___
         (⊃     \
       (⊃ _ノ  ヽ、_ \    …ま、なんにしても父上のお怒りが解けてない以上、
     (⊃  (ー)  (ー) u.\  仕方ないお。
    /|     (__人__)    |  
  /  \____` ⌒´    /    新陰流の研究もまだまだ途中だし、
 (               \    どっちにしても今はまだ江戸には戻れないお。
  \_ |            \  当面はここで研究に打ち込むことにするお。
     ヽ|          ト、  ヽ
      ヽ         | >   )


      / ̄\
     .| ^o^ |  それがいいですね
      \_/ 
      _| |_
     |     |

 こうして、十兵衛は変わらず柳生庄に残り、
新陰流の研究を続けるのであった。



624やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:14:47 ID:i4P/fBpd
           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、       というわけで、家光の誓紙とほぼ同時に与えられた書で
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\     赦された感のある十兵衛だけど、
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ   この後もずっと柳生庄に残ったままだったのよね。
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/

                ..                ,.-、
                ..       ,-,     ,r-‐ァl i´
                ..      ヽヽ   / Y ! i             ,z---- 、
                ..       ヽ.ヽ  ゞ、 .l‐-! !- 、          /;:;:rっ;:;:oi
                ..   r- ...、   ヽ`く    l l   ヽ      /;:;:;:;:;:;;:::;.::::::l
                ..   !o:rっ:ヽ./ `'",.    u    ヽ   /;r-y:;:;:とつ::o:l
      ふーん、なんで?   !:n::.:.rチ :/ _」_/ ヽ.  .:ト、 .:、   , ヽ/:;:く_,.イ::r‐ァ::;、;:::/
                    l;:u::::,ン :/  :V`  \:弋~ゝ :l   :l::. .:`Zヽ:.:::.::.:.:::::::'J:/
                    VY:::l ;イ .  ,:;レ公   `r::=ミ V  .:l:.: . ./:{:r- 、:::.::::::/
                    V::o::'::l::l .:l.:トzJ    l孑リ/  .::l:.;∠: : : :}::一'::.:::.0:l
                     `i;、::.:.Nヽ.:ト`¨ '__ `ー'/  ,.イ:こ) : : r':.:仁) . .:::.l
                      V::.::.:.こ) i>、Y__ノ_ ,.,ムイヽl⊂⊃: :,!: :.: . .::::::.:ol
                      ヽ。::.::.:.::ト、,..、 T´,r'´  `ヽ: : : : : :{:.:r'⌒) . .::.: ナ
                        ヽ、_:_.l !: :`o':~:ブ`~ナ´: : : :_:_:ノ:.::`ー':.::::. /
                        Y´:;:: l ,ゝイ }-イ' /l`ー=-´、_:;,:o_;,,;;;;,;_/



625やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:17:02 ID:i4P/fBpd
         '   /     /::: ,.イ ::: / |:: /´  | :::|! ::::: |\:::
       .|     '  / .'.::... / !: /  |:::!    !::::ハ ::::::|:::::\::::
       .|    |   ::!:::::| ::::j -‐|‐|─ ト::|    l::::| -‐─ヽ--ヾ::::   まあ、正確なところはわからないんだけど、
        i⌒v::::|!  ::|::::::ィ:´::|  |: |   |:::|     ゝv  ゝ:::::ヾ::::::ヽ  考えられる理由は2つあって、
       |  v ::|  i: l ::∧:::::|   V -- ゝ       \ __ \::::\
       |  |:::|:: !:::l:::| ヽ_:l _ __          __`_ー    1 : 十兵衛の行跡がまともになるまで宗矩が謹慎させた
        |  | ::ハ::ij:::ハ::!イ`弋ゝ-'フ``        ´ !ノ__フハ
       |  | :::|:V:::::::ヽヽ    ̄                `  ´     2 : 十兵衛が新陰流研究のために自発的に残った
     , -v ,イ V::| ::::::ハ::\ :::::::::::     ,.       ::::::::::::::
   , -<.   `| ` ヽ| :::/ゝ∧`´         <:i               というところね。
, '⌒ヽ  ヽ  ヽ   ヽ/ヘ/::l!                        実際のところは、1と2の両方、というのが
!    |  | -.ハ    V|!:::∧                       一番妥当そうなんだけど。
l ー|  | r トi_ノ ゝ    |:|:::|:::,.\        ´ `         . イ
|  人 i´ト l_ノl      ノ/:::j:/::|::::ゝ.、             イ:::: |:::::



627やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:19:13 ID:i4P/fBpd
            , '´                     \
           //      ,イ           \
           / /        / / l l            ヽ
         / /   ./ /ィl .イ l  .! ト               ハ         とりあえず、2はそのままだから置いておくとして、
.         / /   ./ /ハl/ i l  ヽヽ\'、、           l        1の場合、宗矩が
         /.  l   十ナ-ェ、_ リ    __X‐弋\   \   l        
      /// l l  l V,ィ示`   ` ´ rァ‐-、ヽ、 \ \  l        「諸大夫になって、更に大変になる時期に
.      // j  :l l  ト、{ h:::::}.       h::::::::i:l ト  ヽ ヽ.  ハ         これ以上面倒ごとを増やしたくない」
     // .j   :l l   ハ. 、ノ::リ       ,_ノ::::::リ’ l l\ ', ', l ハ      
    /   .l   l |i.   l -ゞ'’,       ゞzッ’ j i lノ \ ! l  ハ       と考えて、相応に落ち着くまでは
       l l /.|l |  l "          ""    ノ l l_ノ ,入i l   ヽ     十兵衛を柳生庄から出さないようにした、
       V / l| | 小     ⌒         ./ /ム-'  l    ヽ    というところだったのかもね。
.       //    l //i \             / / /             ヽ   
       レ    j // |レ ’. > 、       _.  _/ / /               ヽ   それくらい、江戸にいた頃の十兵衛は
              レ/ / ,へ  ヽ---ェニ-‐'フ /7/   i               不行跡が目立っていて、柳生庄での謹慎も、
           /'/ ィiヘ  \/ニ-===ノ /ヲイ   l l            . それを反省させるため、というのも
        //' / |Lヽ-ニニヽ\  // ̄li l  l .l            あっただろうし…。
     -―//‐'   /     \ V'/     | l   l l      
   //¨フ/    /        〉ハヽ    | l  l .l     

                             _                 ,. ---、
                           ,.......!|            _,. - '´:::(__) |
                     「ヽ「ヽ  j/⌒!ト、          ,.ィ'´:/⌒ヽ:::::::::::::|
                      ヽ.Vン',.´  ̄i「 、ヽ、    /:::::::::::ヽ,.-<::::(_)::|
                     __,/ヽ j、 、 ヽ ヽ \_ / - 、, 、::::ヽノ:::(_):/
                     `7  l∠ヽメゝ、j、 l. ラ´//  /   ):::::::::::::::::::::{
         大変だよねえ…。  j/ 、!,ニ、 ィ'升ュ|  j. レ':.:`ーへ_ - く:::::::::::::::(_)::|
        みんな。         | ,ト、化! ヾ┴'  /く-、 __:.:.:.:ヽ-- ':_:::::::::::::::: |
                      r'ヽヽト `r;r' ーァヘゝ__ノ´ ):::::::.:.:.::(  )::::::(_):|
                     ,へ丶、 ) >ョ彡┴'7jヘヽ‐'´:;. --、:::::/⌒ヽ::::::::::::j
                     }=ニ三ヲ_//シ'_  /Y l j::::::丶__ノ:.:.:.ヽ--':::(_) /
                     (_ヽ二7 7Yニ´ Vィ[r′ 「:::::::::::::, -- 、:.:.:.:.:.:_::::: /
                     <..X´7ri'゙ハ!、_ l  i   |::::::::::::ヽ_ノ:.:.:.:::(._):/



630やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:21:19 ID:i4P/fBpd
 そしてまた、宗矩の使者は尾張へも向けられていた。

                               (:;:〃::;;;)
        g _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,:;::;;(:;〃:;;::〃:;;″
      ,ノ,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;丿:;〃:;;::〃:;;″''',
  ,,,,,,,,,,,,ノ゙,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;:;(:;:;;::〃:;;″,);::〃
 ,',',',',ノlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll:;(:;〃:;;::〃:;;″ :;;::〃
  ̄ ̄ ̄l:   ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヾ:〃:;;:〃:;;;:〃:;;)
       |  丿,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,丿il″.゙:;ソ'l:;;::〃,:;;;:〃:;;)
       |     .l|l     l:〃:;):;     l  ⌒     |    |ヽヽ
 ,,,,,,,,,,,,,,,,|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚l|l''''''''''''''''''l :〃 ;),,    l゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚| ;丿:;〃
   l:l'''l |:::::::::::::::::l|l | ̄| _ l:;:〃:;;). .   |::::::::::::::::::::::|::::::::l| ̄l|: ,:.;,丿;;;:〃:;;)
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l |_|:| : |:l: /~~゙ヽ'    |::::::::::::::::::::::|::::::::l|柳l| ”ー、,,,,,_
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l   :  ::.l: ヽ;;:;丿,,,,-' |::::::::::::::::::::::|::::::::l|生l|.,l:    `゚‐
   """"|:::::::::::::::::l|l ._,,,,,,,,,,,,、lr''''''゙゙゙~    |::::::::::::::::::::::|:::;;;,.l|  l|゙`  ,'''゙゚゙"ヽ
  .lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,!'''゙゚゙"ヾ l|  l| *i,,,'l_ :;:;::゙:;
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .'l_ :;:;::゙:;|l" ̄:;:ヽ  `─"'
                             `─"' ヽ_,,丿   .,.,:;;.,;
              尾張・兵庫助邸



633やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:26:08 ID:i4P/fBpd
           / ̄\
              |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \     叔父上が諸大夫か。
      /  .<●>::::::<●>  \   …大したものだな。
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l
        柳生兵庫助利厳

 |    __
 |_,.へ、-、ヽこ Vヽ_
 |三ヽ/ ヽ }//└ーァ
 |フ `{_ (⌒Vi|//⌒ Tュi、
 |-=‐'_'い{〉´`くア ノlV ハ
 |/,.へ! ソ  /^ー<__ノノ-1  
 |二、      =、‐、ヽ(ニ二}  
 |⌒ヽ       ヽ} トー-={    はい、そして殿はこの度、
 |、(・)l    ,.-=、   トニ= /   正式に「但馬守」の名乗りを許されました!
 | `´ ,.、  '(・) }  」こ‐ノ    
 |‐、 '  }  ´``''′ /ーソ′   
 |ヽ `ー- ...__   /-く     
 |、 ``' ー-}ノ  /7^i/
 | `_ー--一'´  /_ノノ      
 |   ̄   /ー'´
 | 、__,.. イ´
 |/=== rーv─r- 、
 |//:::::::ノ {つノ-─--、ヽ



635やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:28:01 ID:i4P/fBpd
      / ̄\
     .|    |
      \_/
      __|___
    /      \
   /  \ i||i / .\     「但馬守」…だと。
 /  .<○>::::::<○>  \   …やはりその名を選んだか。
 |     (__人__)     |
 \    .`⌒´    /
 ノ           \

   ,-='"´ヾ          \
   ⌒T^ヽヾミリr‐-、    ,   \
  ヾ、 ! iミ、ヽ、゙" /ノノ_/|// _ノ´ノヽ
  ヘ,=、,,_ヽ、   ^ト、,_二=、,, /‐|
  "^___,,,ノ`     `ヾ-=、ノ 彡  ,ィ
   (彡‐'´      ,、==、、  } -彡'     そりゃあ以前からそう名乗っておられましたから、
     ,、r==、     !"r‐、ヽ  `i",ィ'    この名乗りが一番通りがいいですしねえ。
  ゝ  ソ r' 。i      ヽ゚,シ   }_シ
  {   、`ーノ /⌒ヽ  ̄    レ⌒ヽ
  ノ    ̄      _,,ィァ   //^} }   
 ヽ、    ト─=ニニ‐ノ    iヽ / ノ
  、{、i,    ``'ー─‐‐'´,    i-‐'/
 、`ー-i,    `ー‐      /ー'´
  `'ー‐'ヘ          /
    r'~`!`'、,ー、,,___,/-/-v'⌒ヽ,r-、
 -‐'^, -'ヽ  `'=---┬''~´/‐-リ r==、|
  '´    \ □] i| □ノ  /ヽ,ー‐' |
        ゙──┴‐'~ /   `ーイヽ



639やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:29:38 ID:i4P/fBpd
       / ̄\
       |    |
       \_/
         |
     / ̄ ̄ ̄\
    / ::\i||i/:: \    ……源太よ。
  /  .<->::::::<-> \  叔父上に伝えよ。
  |    (__人__)    |
  \     `⌒´    /
  /,,― -ー  、 , -‐ 、
  (   , -‐ '"      )
   `;ー" ` ー-ー -ー'|



642やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:31:09 ID:i4P/fBpd
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ \
                 /          \
                 |             |
                 |             |
                 |             |
                 \          /
                  \ ____/
                       |
                       |
               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
              /                \
            /                   \
           /      \        /       \   
         /       ...::::::\ :::::::::: /::::::..       \      この度の件、尾張は祝賀の使者を出さぬ。
        /       _ .::::::::::::\:::::::/:::::::::::.. _       \    兵庫助はそのように申した、とな。
      /      /,..::::::::::.ヽ\:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;::::/,..::::::::::.ヽ\     \
    /      <  {:::::::::::::::::}  >::::;;;;;;;;;;;;;::<  {:::::::::::::::::}  >      \
   /       \ ヽ;;;;;;;;;//::::::::::::::::::::::::\ ヽ;;;;;;;;;//       \
  /                /     i     \              ヽ
  |              /        ∧      ',              |
  |              {        / ヽ     }             |
  |              ヽ___/ __ \___ノ                |
  |                ヽ   ´    `  '                 |
  \                                      /
   \                                    /



645やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:33:18 ID:i4P/fBpd
--=ニ二ヽレ― 、
       ⌒ヽ、 〃 ⌒ヽ ',
     /=-Zr冖‐f^iヽ リ
   /三==f ,ノ}Vノィ  
__ /:::r-r‐}く/ `く 
::::::/ /く !7   /メヽ V
:::::ヽi ハ/    jメ f'! レ    
::::::{! ヽ!     `ヽソ {_, 、    そ、それは!?
:::::.ソヽ、_} u.  .''"´ ノ   な、何故でございますか!?
::::::r-、_,、       }   
‐―‐ '  ,r'⌒ヽ    ./ ̄「
` ー‐‐ーヽ       .匸.⊥
      ヽ        ‐r'
       ヽ  .     }
           ノ‐-.r‐'’
-┬`ー~~r'´  リ‐'
  IエI レ1"´ ̄/ ̄ ̄\_,_,


       / ̄\
      .|    |
       \_/
         |
     / ̄ ̄ ̄\
    /       .\    …理由は叔父上が一番よくわかっておられるであろう。
  /  .         \  最早、俺に言うことはない。
  |             |
  \          /   去るがいい。
   /,          ヽ、
  (             )  「ひょ、兵庫助様…」
   `;           '
   l           l



646やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:35:29 ID:i4P/fBpd
 そして使者が去った後…

               、、、┯、、、     兵庫助様…本当によかったの?
   `〆⌒ヽ       彡(-)(-)ミ    
   (uΘ_Θ)      彡 д u ミ_    そうですぞー。
   (  目 )     ⊂彡      ミ⊃  この度の宗矩様の立身は、上様直々のお話だそうですし、
   | | |      彡"  "" ミ    .もうこちらが何をどう言ったところで、どうにもなりませぬぞー?
   (__)_)       彡_ミ""ミ_ミ
  兵庫助の従者2  兵庫助の従者1
 ガチャピン(仮名)  ムック(仮名)

       / ̄\
       |    |
       \_/
         |
     / ̄ ̄ ̄\
    /  ::\:::/:: \     …わかっておる。
  /  .<->::::::<-> \   だが、俺は、俺だけは、あの名乗りを
  |    (__人__)    |  認めるわけにはいかんのだ…。
  \     `⌒´    /
  /,,― -ー  、 , -‐ 、   我が尾張柳生家こそが、
  (   , -‐ '"      ) お爺様の…柳生家の真の正統なのだからな。
   `;ー" ` ー-ー -ー'|

 こうして、この度の件について尾張柳生家からは
「祝賀の使者は出さない」という返答のみが返ってきたという。



649やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:38:28 ID:i4P/fBpd
                                .          r、      ,.、
                                .       _  i |  ィ'7//
                                .      /::ヽ、 y ┴'-!ト、
                                .      |:{_}::::V //  !|、\
                                .      |:(_):イ/レ-、ヘ|-、| i `>     _,.. -───-、
 ええと…これってどういうこと?             .  ,.、-.( ー-'、): {/j‐、 ィテiy j l/_,. -,.ニ、´::::::::(__):::::(_):::}
読者の皆さんからも、「なんで但馬守なの?」って    .ヽニ'´丶 l:(j:レl、'、__゙'彳レiィ'´::__::::ゝー<::::::::::::(_)::(_):/
質問がいくつか上がってたけど、                ` Y  |::(ィ` ニァ ,「'^ニ_::(_)::ヽ__ノ :::::::::::(_):/
この「但馬守」って名乗りは、そんなに特別なものなの?    |  j/レヘ_j_/  /<:: (_)::::::(⌒)::::::(_):/
                                     |   {__,.「i  ̄! /  ヽ:::::::::::::( ̄) :::::::::/
                                     ヽ_,.∠L∠.ゝイ 7:::\_,. \`):::: ̄::::(_):/
                                        /.:ijo.j{´.:〈.. - '´   )::::::::::(_):/
                                      r'.:.:,jf oj{.:.:/   _,. -<\::(_);/
                                     ィミ、:fj.o_{L.:ゝ、.__ン<::::::::::..ヽ  ̄
                                     `ヽ‐三三彡==r彡'´:::::(\::::〉
                                        |、゙⌒l´___,.ィ、):(_):(_)>'´
                                       7!  ̄l.  r Tiフ─ '´



650やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:39:49 ID:i4P/fBpd
                       ____
              ,. ‐''"´        ` ー- 、
           /                \   \
             ,イ            \   \::: : \
           /   /     !   :|  :|ヽ\   \:::::. ヽ
           ,'  .:/  .::::/ ,'   :,' .::iハ . ヽ:::: :::ヽ:::::. ヘ
        i   .:/  ::/ /  ::/!: .::,' | |∨:|ヘ:::: : :::ヘ:::::::ハ
         |  .:,' /  .:/  ::/,' :::/ |:.! |:.:| |∨::::::::∧::::::i、
          | .::i:./  .:::,イ ::_/:::/   リ !斗f‐-、::::::::::ハ::::| !
          |/:|/  :/,ィ"´/:``   /  |/'_」」. i:`: :::::::|::::| |       ううん、違うよ?
         ,ィ|  / ::::::/i,.>''"アiヽ      /´::::}`.|:::::::::::::l::::| |      名乗りとしては、別に特別な呼称でもないし、
      / | ,'::::/{ rT{::::::::::r !     {:::::rリ ∥:: :::::/ト、ハ|      「但馬」って場所自体も、
        {  | {::/::::::ヽ|:|乂、_,ノリ      ヾ之' ,'|::::::::,'. | 乂      今でいう兵庫県の辺りだから、
      ヽ | |,' |::::|::::|`ト! ''' "´     、 ,,,,, ハ|::::.::i  !   `''ー‐   大和国の柳生庄とは関係もないしね。
        i   |::::|::::l::::|ト、""゛          /:::|:::::::|  ヽ
          ハ::  l: ::|::::|::::iハ \     ` ´  .イ:|!:::ハ:::::|
       ∧:  !::::i:,.-、「|∧  > 、 _,. <:i::|:::|:::::.ヘ:::ヘ
       /::::: _厶イ ./ |:.:.|` ー-L>、:::::::|::|:::|:::::::::.`iー\
.      />< \   ヘ. i:.:.i   ,'!ハ| `<ュ」::|::::::::.:.∧   `ー
.     ,イ-― 、` 、\  ヽ|,イ   /_||__〉   ハ`ヽ :::::.:.:.∧
    / :: :: :: :: \ \`'''" `''ー-イ>=<ヽ  | !:: ヘ:::::.:.:.∧
    ,i :: :: :: :: :: :: :\ \  く/,' ハ ト、\ ` | |:: :: }:::::::.:.:.ヘ
.   /:| / ̄\:: :: :/:ヽ ヽ   // ,':: ヘヽ ) | |:: :/!:::::∧::.:.ヘ
  /::::| :: :: :: :: :ヽ::/:: :: ヘ ヘ く/ /:: ::.∧.   | |,イ/:::::::::::ヘ:::.:.ヽ



5やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:42:40 ID:i4P/fBpd
                               ,.-、
                      ,-,     ,r-‐ァl i´
                     ヽヽ   / Y ! i             ,z---- 、
                      ヽ.ヽ  ゞ、 .l‐-! !- 、          /;:;:rっ;:;:oi
                  r- ...、   ヽ`く    l l   ヽ      /;:;:;:;:;:;;:::;.::::::l
                  !o:rっ:ヽ./ `'",.    u    ヽ   /;r-y:;:;:とつ::o:l
                  !:n::.:.rチ :/ _」_/ ヽ.  .:ト、 .:、   , ヽ/:;:く_,.イ::r‐ァ::;、;:::/
                  l;:u::::,ン :/  :V`  \:弋~ゝ :l   :l::. .:`Zヽ:.:::.::.:.:::::::'J:/
                  VY:::l ;イ .  ,:;レ公   `r::=ミ V  .:l:.: . ./:{:r- 、:::.::::::/
 じゃあどうして、        V::o::'::l::l .:l.:トzJ    l孑リ/  .::l:.;∠: : : :}::一'::.:::.0:l
この「但馬守」って名乗りが   `i;、::.:.Nヽ.:ト`¨ '__ `ー'/  ,.イ:こ) : : r':.:仁) . .:::.l
そんなに問題になるの?     V::.::.:.こ) i>、Y__ノ_ ,.,ムイヽl⊂⊃: :,!: :.: . .::::::.:ol
                     ヽ。::.::.:.::ト、,..、 T´,r'´  `ヽ: : : : : :{:.:r'⌒) . .::.: ナ
                      ヽ、_:_.l !: :`o':~:ブ`~ナ´: : : :_:_:ノ:.::`ー':.::::. /
                      Y´:;:: l ,ゝイ }-イ' /l`ー=-´、_:;,:o_;,,;;;;,;_/
                       !0:::::::lヾ;ノ: ヒ:;」 /: `ヽ:.:. :/::.::.::.:::.::.:::〉
                       ヽ;::r-l  l:/  /:    l 〕::.:f⌒x:.:/
                        kヘjl /  ノ:    ハヽ::.::.:.:/
                       ,rェ'ヾ、l/  /;__,_,..-''´,.l'ヘ ヾ''´
                      //  V  /r--ー''zx´,、_,.ノ
                      l '   ノ /i    /ッv"
                      ヽ_,/´,  Yl   / /
                        ヽi、l_i_ノ ヽ__/ 

           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、       うん、ここからは、>>1の推測になるから、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\     それは承知しておいて欲しいんだけど…、
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ   この「但馬守」という名はね、
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!   少なくとも、宗矩、そして兵庫助にとっては
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ   特別な意味を持っていたんじゃないか、と思うの。
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/



7やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:44:23 ID:i4P/fBpd
                                    ____
                      ri               ,.ィ'´.:::rュ:::〉
                     ,.ィl.!           / く_,):::::(_)::}
                  ト、  ゝレヽ¬ヽ、__   /、:::::::<_)::::::::/
              _   ` y'i ト、 、_ 、ヽ./| /i_.ノ⌒):::::::::(_):|
   どういうこと?   |i::::\   ハヽL..`>ァェ、 Vレ':::::::::ゝ'⌒):::::::::(_):l、
              {l:〈_):::>| } lィテi , ヾ彳/j:::(_)‐、:::: ̄(⌒)::::(_):|
               \(」::{_)lへ{ゞ'゙ <.フ,.j/-ィス`ー';. -、:::(⌒)::::::::|
                \(_):::(_)::ィ`二I_/;  iハ:::::`- '_::::: ̄::(_):/
                  lY_)::(〈{_,r、j,>'´}_,<. \:::( __):::::(_)::/
                  ヽ:<ハ:Vl_ン<¬<.:.l\ 丶─_---‐'′
                    ヽY_):l.`Llゝイ、;.:.:ヽ  \::::>、._,.、

            , '´                     \
           //      ,イ           \
           / /        / / l l            ヽ
         / /   ./ /ィl .イ l  .! ト               ハ      それはね…かつてこの名乗りを、
.         / /   ./ /ハl/ i l  ヽヽ\'、、           l     石舟斎も名乗っていたからなのよ。
         /.  l   十ナ-ェ、_ リ    __X‐弋\   \   l
      /// l l  l V,ィ示`   ` ´ rァ‐-、ヽ、 \ \  l      「柳生但馬守宗厳」
.      // j  :l l  ト、{ h:::::}.       h::::::::i:l ト  ヽ ヽ.  ハ
     // .j   :l l   ハ. 、ノ::リ       ,_ノ::::::リ’ l l\ ', ', l ハ    これが、石舟斎が剃髪する前に
    /   .l   l |i.   l -ゞ'’,       ゞzッ’ j i lノ \ ! l  ハ   名乗っていた名前だったの。
       l l /.|l |  l "          ""    ノ l l_ノ ,入i l   ヽ  
       V / l| | 小     ⌒         ./ /ム-'  l    ヽ
.       //    l //i \             / / /             ヽ
       レ    j // |レ ’. > 、       _.  _/ / /               ヽ
              レ/ / ,へ  ヽ---ェニ-‐'フ /7/   i             \
           /'/ ィiヘ  \/ニ-===ノ /ヲイ   l l            \
        //' / |Lヽ-ニニヽ\  // ̄li l  l .l            \
     -―//‐'   /     \ V'/     | l   l l             \
   //¨フ/    /        〉ハヽ    | l  l .l              ヽ



9やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:48:03 ID:i4P/fBpd
                           ___                  r'|
                          |.:::::...  ̄`丶、             l |  ト、  r'7
                          |:(_)::::(_):::. \       _,. ィ| ¬Y、_ //
                           !::(_):::(_ゝ:::::::::::..\    ト'´/ ,   ト ンく      ___
 え?                       ヽ::(_ゝ:::::::. /ヽ<_,>\  l V /,.-/ ,.ハ |ヽト、  ,. イ´ヽ::(_):|
じゃあ、石舟斎も官位は貰っていたの?    〉.::::::::::::::::>--く:::::::::\V!/,レ∠ -'⌒V ハ.」<::::::ゝ <:: :::/
すごいじゃない!                 |.::(_)::::::_ヽ--'::( ヽ>、ヽ/,,⌒ , 冖 〉ハ |::r⌒)::::ヽノ(_)/
                           |:::(_):::(_,)::::_::: ̄:く `ーゝヽフ_,''ィレ' V::r⌒):::::::::(_):/
                           l.:::..::::::(_,):〈___ >:::∠、r 二ヽ「[i_,.ゝ 、i,>:∠フ::::::::(_):/
                            \:(_)::::::::::,.-- 、:::: /,.>l  ニYl;r<ヽ` 〉-、::(__,〉:::::: :/
                             \(_)::: ヽ__ノ::::/´  ヽ rィi lハ、` イl.∠::(__)::(_):/
                               ヽ-─ ニ=‐〈.___,. イ]「=Tラi ´ ヽ_ノ:::::::(_)::/


          '   /     /::: ,.イ ::: / |:: /´  | :::|! ::::: |\:::
        .|     '  / .'.::... / !: /  |:::!    !::::ハ ::::::|:::::\::::
        .|    |   ::!:::::| ::::j -‐|‐|─ ト::|    l::::| -‐─ヽ--ヾ::::    ううん、石舟斎の名乗りはあくまでも、自称。
         i⌒v::::|!  ::|::::::ィ:´::|  |: |   |:::|     ゝv  ゝ:::::ヾ::::::ヽ
        |  v ::|  i: l ::∧:::::|   V -- ゝ       \ __ \::::\     あるいは、朝廷とは無関係に与えられた
        |  |:::|:: !:::l:::| ヽ_:l _ __          __`_ー    「受領名(※)」だったのかもしれないけど、
         |  | ::ハ::ij:::ハ::!イ`弋ゝ-'フ``        ´ !ノ__フハ   それならそれで書状なりが残るはずだから、
        |  | :::|:V:::::::ヽヽ    ̄                `  ´     まず自称でしょうね。
      , -v ,イ V::| ::::::ハ::\ :::::::::::     ,.       ::::::::::::::
    , -<.   `| ` ヽ| :::/ゝ∧`´         <:i               だからこそ、この話では「柳生新左衛門宗厳」で
 , '⌒ヽ  ヽ  ヽ   ヽ/ヘ/::l!                        通してきたわけだし。
 !    |  | -.ハ    V|!:::∧                        
 l ー|  | r トi_ノ ゝ    |:|:::|:::,.\        ´ `         . イ     ※ 位階(従五位下など)を伴わない
 |  人 i´ト l_ノl      ノ/:::j:/::|::::ゝ.、             イ:::: |:::::      名称だけの非公式な官位。



13やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:50:56 ID:i4P/fBpd
                   ___
                 ´       ` 丶、
             '"                  丶
          /                  \          ちなみに、石舟斎は「但馬守」を名乗っていたけど、
         /  /  //!    \       .:.:.:.:ヽ        その父…つまり宗矩の祖父である家厳は「美作守」、
          〃 /    ,小      \   丶.:.:.:.:.:.: ',        更に曽祖父の重永は「因幡守」を名乗っていたから、
       /:/ :/.:./.:.:./.:. ,' !.:l.:.:.:.:l    丶 ...:.:.:.\:.:.:.:.: l       「但馬守」の名自体は、柳生家そのものとしては
        /:/ :/.:./.:.〃.:.:/  |:ハ.:.:.:lヽ     .:\ .:.:.:.:.`<.:{_       特に意味はなかったみたいね。
     ,' / :|.:.:l.:.: l{.:.:.:|  |l  ヽ.:{_. \―-.:、.:.:丶、 .:.:.:.:.:.:.:\
     l l  |.:.:l.:.:イヽ丁ヽ {   \   \.:.:.:.ヽ.:.:.:.:\ー‐-!、.:.\     多分、気に入った名乗りを
     | !  ハ.:.|!.:.:j r仗沁 ヽ    \  `ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.\:ハ ヽ:.:ヽ  それぞれ名乗っていたんじゃないかな?
     | | l Ⅵ.:.:ハ  う;;:ハ      ‐ __  l! `≠ト、.:.:.:.ヾ.:', 〉.:リ
     | | l   Ⅳ{ i', _Vソ      〃 ̄`゙ヾ|l  ノl.:.\ .:.;小 j/´
     l ヘ│  j .:リいxxx.  ,     xxxX !!_/ :l.:.:.:.:j:/.:.:.:',
 (⌒⌒)ヘ⌒乂 } ハ人     _       イヽ :.:..:| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  \/  \   ,′'.:. V个    ヽ._)   /ト-、: \:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ
         / .:.:: _ノ /;_jz≧  _,  <_/ ∧_.:.:\ _ .:.:.:.:.:.:..:\
         / /.:.// /  ∠ ノ`7| r‐≠  (  Y ̄ 丶 `ヽ   .:..:.:.\
        / /.:._j/ ヘ / ノ| ∧l/∧    {  /    `ー=i、  ヽ :.:.:\
       / /.:/ 、_,-、ヽ/ Ⅳ_/j{/__j    (/!         l    \.:.:.:\

                      r 、                 
                      l l                 
                    , - ヽヽ                
              rヽ    l / _ヽ、-‐- 、            
   け、結構      ヽヽ   ゝ レ´ ヾ    "'- 、__..,      
  適当なのね…。    ヽヽ  /          ....... l,    /:::
                 ヾ〆 /、   \、 _ ヽ ヽ::::::::l   /:::::(_
         ,- 、       / l  l \ ,、×\ヽl  ヽ:::l /:/ヽ_,.:::
        l::::: "'''- ._    l / ヽ ,l‐u `' ィ〒ミ、,l ::::::l::l /:::::/   
        ヽ::::l´`l:::: ":'- 、l l  :lヽ,,れ、   pi:j )l.:::::l//::::/    
         ヽ::`´::::::::(__, l l  : ::l h ri:j l    `ー'/ へ l:::::/     
          ヽ::l´`l::::::::::::l´ヽ :::::::ヽゝ ' `t―ァ ん>_`-/ヽ、   
           ヽ`´:::::: ○:(`丶!\_ヽ、 _ 丶ノ /と´  i )\{   
            \::::::::::::::::`,==´,-、____ ̄l   {/   l 3 ヽ   
              ヽ:::::,-、::丶_, ノ ,´   l了 {/,へ  / >  ヽ   



16やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:53:04 ID:i4P/fBpd
      〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
     .,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
     l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
     l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!       でもね、ここで重要なのは、
    .| ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i      それが正式かどうかじゃなくて、
    .|,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i
   .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂      「石舟斎が”柳生但馬守”を名乗っていた」
  (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、
   ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー     ということなの。
    | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー
    | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ          …つまり、「柳生但馬守」を名乗ることは、
     ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ       石舟斎の後を継ぐ、という意味にも繋がるからこそ、、
   ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',       宗矩は「但馬守」を選んだのではないか、ということね。
  / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/乙女 `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',
 |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ
 | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ

                                              r、      ,.、
                                           _  i |  ィ'7//
                                          /::ヽ、 y ┴'-!ト、
                                          |:{_}::::V //  !|、\
 …だから、兵庫助は認められなかった、というわけ?         |:(_):イ/レ-、ヘ|-、| i `>     _,.. -───-、
うーん…でも、だったら                         ,.、-.( ー-'、): {/j‐、 ィテiy j l/_,. -,.ニ、´::::::::(__):::::(_):::}
兵庫助も勝手に「但馬守」を名乗れば良いんじゃないの?   ヽニ'´丶 l:(j:レl、'、__゙'彳レiィ'´::__::::ゝー<::::::::::::(_)::(_):/
石舟斎だって自称なわけだし。                      ` Y  |::(ィ` ニァ ,「'^ニ_::(_)::ヽ__ノ :::::::::::(_):/
                                          |  j/レヘ_j_/  /<:: (_)::::::(⌒)::::::(_):/
                                          |   {__,.「i  ̄! /  ヽ:::::::::::::( ̄) :::::::::/
                                          ヽ_,.∠L∠.ゝイ 7:::\_,. \`):::: ̄::::(_):/
                                            /.:ijo.j{´.:〈.. - '´   )::::::::::(_):/
                                           r'.:.:,jf oj{.:.:/   _,. -<\::(_);/
                                          ィミ、:fj.o_{L.:ゝ、.__ン<::::::::::..ヽ  ̄
                                          `ヽ‐三三彡==r彡'´:::::(\::::〉
                                            |、゙⌒l´___,.ィ、):(_):(_)>'´



19やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:55:02 ID:i4P/fBpd
           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \             …それをするには、もう「時代が違った」のよ。
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、           戦国時代みたいに、「権威」が曖昧な時代であれば、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\         それを背景にした名乗りも、また軽いものになるけど、
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ       「権威」が確立した江戸時代において、
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!       宗矩が「柳生但馬守」を正式に受けた以上、
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ    .   許しを得ていない兵庫助が、勝手に「柳生但馬守」を称するのは
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |          場合によっては処罰の対象になり兼ねなかったの。
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |          (同姓同官名は禁止、というのもありましたし)
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ          
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ          あと、兵庫助は既に自称として
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_   「伊予守」を名乗っていた、というのもあるかな。
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/



21やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 22:57:12 ID:i4P/fBpd
            , '´                     \
           //      ,イ           \
           / /        / / l l            ヽ
         / /   ./ /ィl .イ l  .! ト               ハ
.         / /   ./ /ハl/ i l  ヽヽ\'、、           l       第一、異議申し立てをしようにも、
         /.  l   十ナ-ェ、_ リ    __X‐弋\   \   l      柳生本家の当主で直参旗本の宗矩と、
      /// l l  l V,ィ示`   ` ´ rァ‐-、ヽ、 \ \  l      分家で陪臣の兵庫助じゃ分が悪すぎるし、
.      // j  :l l  ト、{ h:::::}.       h::::::::i:l ト  ヽ ヽ.  ハ     どうにもならなかったでしょうしね。
     // .j   :l l   ハ. 、ノ::リ       ,_ノ::::::リ’ l l\ ', ', l ハ
    /   .l   l |i.   l -ゞ'’,       ゞzッ’ j i lノ \ ! l  ハ     だから、せめて祝賀の使者を出さないことで、
       l l /.|l |  l "          ""    ノ l l_ノ ,入i l   ヽ   「自分は認めてない」と意思表示するのが
       V / l| | 小     ⌒         ./ /ム-'  l    ヽ  兵庫助にできるせめても抗議だった…と
.       //    l //i \             / / /             ヽ いうことなんじゃないかな?
       レ    j // |レ ’. > 、       _.  _/ / /               ヽ
              レ/ / ,へ  ヽ---ェニ-‐'フ /7/   i             \
           /'/ ィiヘ  \/ニ-===ノ /ヲイ   l l            \
        //' / |Lヽ-ニニヽ\  // ̄li l  l .l            \
     -―//‐'   /     \ V'/     | l   l l             \
   //¨フ/    /        〉ハヽ    | l  l .l              ヽ
                                     ,.-、
                          _         ,..‐ァ | /
                         〈 ヽ     /  .:/ |. !
                          ヽヽ、   (   :.:! ||           
                           \ヽ、 ,.ゝ  :;「 ̄| |‐- 、         
                    r─..-..、    `>、ヾ        | !   `ヽ、       
                    l:.o:.:r‐、\ ./  `'’       'J       ヽ.     
                    |.::.::.::゙ー'::.:;:>'     .:ハ     .:|   :.      ヽ、  /:
                    l:.0::.::.:.:f´/ .:/ _」__/ ヽ   :.:l\  ::ヽ   ;.  \'__:..:
                    !:.::.::.:.:::V .:/   :.!V `u. \ 弋_卞、::l   :!::.. ..:::∠
 …なんだか微妙な話よねえ。  V^!:.::.::l..;イ.:: .:.:|/,不    `>ァ=ミ、V  .::|:.: . .:/: :
                     V:.:.::.:l/::|::i :.:〈 l.J::l    ' 勹::::::!V   :.:!::.:/ : : :
                      ヽo:.::.:.::N、 :::l 弋_ソ    「廴xリ/.:   .:;ムイ二) : :r
                       l::.::.:.:::に\ト、"  '___ `ー‐'/.:;  /! : : : : : : :!:.
                       V_)::.:::.::(二)i:> 、Y__.ノ_"ムイ/ ヽ| :(⌒) : r'::.
                        V_)::.::.:.:.:.:{´   |{、'  ,ィ'´ `ヽ、: : : : : : : : :{:.:(
                        ヽ::。:.::.:.:.::ト、,.-、ヽ_,ィ'_  ___ 〉 : : :(´ ̄): :!:.:
                         `ヽ、o::.:', !:.:.::Y:Y:.:.:.:/^´ /: : : : : : : : :_:ノ::::
                          /` ̄', ゝイ^ト-イ   /!`ー==ニ二. __



24やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 23:00:15 ID:i4P/fBpd
     /: . /: . :/: .;イヽ: . \: \: . : . : . : . \: . ヽ
    ./:/ /: . : j: . | | \ . :>:‐\‐:‐:-: . : . \: キ==、
    ,: /: ,′: .:.|: .:.| |   `く . ,rテ气ミ、┬i- 、: . ヽ:',   j!
    j/l: .|: . : .:.| ,斗1    Y.Vi ::: レトj: |) }\: V',  リ     ま、仕方ないわよ。
    |! |: .|: . : .イ ,.rテミ     V、:::_ ソ |:.| ノ: . :ヽj. :,       それに、こんなのまだマシな方よ。
    |! |: .|: . : .小〈.Vi: ハ     `ー '′ |:.|´ヽ: . : . : .',      この祝賀の使者を出さなかった理由は、
    l! |: .|: . : . }小.弋zン     xww j:.j_:.',: . : . : .,      「妹の結婚の件でまだ怒っていたから」
     ヽ:j: . : . レ1ハ wx  ' _ .,   ,.イ|:.| >.ヘ_,: . : . : ',     なんて話もあるんだから。
      ヽ: . /|:.|!: i>  ..      /  |:.|';;;;;;;;};\: . : . ,
         j: / .|:.||: |: . ,.斗孑 .ァく  /|:.|;;;;;;;/\;;\: . :,     そこまで怒るくらいなら、
        |/  |:.||: |/;;;〃 /  i {;;;;;|:.|;;/;;;;;;; \;\: ,    なんで妹の面倒くらい自分で見なかったのか、って
            |:.|l:/;;;;;;;;く. /      V;;|:.|´;;;;;;;;;;;;;/; ̄ヽヽ  突っ込まれるより、まだ正統云々の方が格好が付くでしょ?
          |:.|∧;;;;;;;/∨`ー   ‐'〉;|:.|;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;}:l
            |:.{;;;;ヽ/;;/      〈;; |:.|;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |:|    さ、それじゃ次にいきましょ。
            |:.j;;;;;;/;;;;/         ヽ|:.|;;;;〈;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |:|
     _,r‐-、 |/;;;;;;{;;;イ:         :: |:.|;;;;;;;Y;;;;;;;;;/;;;;;;;; |:|



26やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 23:03:08 ID:i4P/fBpd
 さて、こうして、宗矩は柳生一族内で随一の地位に立つ事になった。
ただ、その翌年、寛永七年(1630)十二月…

    『あの日、宗矩のところに
     1通の手紙が届きました・・・ 』

          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     /   従 五 位 上 に   /  /   /
     /    な り ま し た  /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /          友景/  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



28やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 23:05:10 ID:i4P/fBpd
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/    ふうむ、友景が従五位上に叙されたか…。
. |    (__人__)  l;;,´    あやつももう48…時が経つのは早いものじゃ。
  |     `∩_ノ)━・'
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/

 宗矩の従兄弟(石舟斎の妹の子)にして、陰陽頭でもある幸徳井友景が、
寛永七年十二月十六日、従五位上(宗矩は従五位下)に叙されている。

 (既に友景は幸徳井家の当主なので、一族扱いをするのも微妙なのですが)



30やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 23:07:25 ID:i4P/fBpd
 ここで少し話が逸れて、友景の話になる。

      |il |il| |i i l|i / / / //////      | ハ ,ハ`ヽ ヽ  
      |il |il| |i i i|/ //_,斗====、       |/ | i i |  ! i |  
    / ̄ ̄`Y⌒`Yィ"/ニ{f´,rfて k丁` `Y二Yr===ュ丿ノ ノ /从ノ  
    |i i i i  | i i i i/ /|  || ヽゝニィノ   i厂}j fてkT `Y´-rく     
    |i i i i  弋ノノノ! /il|  ||         /  |i ヽニィ  f⌒ヽハ     この私がもう12年も…。
    人   _,斗-==ィlilii|   ゝ======ィ   弋       | i i i i |    月日が経つのは早いものですね。
     /´    Y⌒`Yili|             くフ `===ィ!代ノノノ人   
      |i i i i   | i i i i刈         -―┐      , i |`ーく     
      |i i i i  弋ノノノ//\         `こ´     /i i f⌒ヽハ    
     人______//   \             /i i i | i i | |    
 ___          /       \         / i i i i弋ノノノ人   
/    `ヽ ___r=======r=== \      仆、`ー`ー`ーーく    
      \__/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ `ー‐一'^===、__rク´ ̄ ̄`ヽ
        l         | |              Y
                    幸徳井友景

 寛永七年、友景が陰陽頭となって、既に12年が経っていた。
(友景の陰陽頭就任は元和4年(1618))



33やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 23:08:41 ID:i4P/fBpd
       /  ― 、/ ̄1
.       / / ̄\_/| |
      / 厶、  |/ ̄ ̄ ヽ ー- 、
.     / /   >'             \
    / / / /              \
.   / /「ヾ /         ィヘ     \ ヽ __     あの時の私はどうかしていた…。
‐一  / |  \       j  ル'__ヽ 、   )/l|    やはり陰陽頭の地位は我が土御門家のものなのだ!
―一' 、  ! \∨ ノ ノ /_ヱ{ ぅ≡c}>=}ハy r j !    幸徳井などに任せておけるものか!
      \∨{ ハ,〉匕√レ  \竺/ )ノ レ/7/ √乙こ>、_
  ̄ \  ト { ∨「  _ _       _u } Y/ /  `テ=' ¬
     \ | ヽ`ー1j 川‐ tァ┐-r tテ┐ソノ/ /   __/    /
 _    レハTァrヘ   `ー‐'   | ー‐'∠-,/ /  (( ) /
 \  ̄ ヽ \! |  ! u     ┘  厂´/ /   √ /
   \     \トい \   ∠.二) /  / /   / , fヘ
  \  ヽー― ヘヽ\__ >、   /ーァ' /  // { f允
 ̄\\   \  } >ー 二ィ7二_< / //    ヾ久ヘ
   \\  \ ヽ  寸万</ /ー '_/        \弌、
.      \\  \\ ∠ -<_∠! ̄丁            寸}
      √>\   Y{_ -‐7´ 人   ヽ            \
    / / ` 二ニレ‐ァ≠ /   \  ` ‐- 、        \
.  /  /     / / /     〉ー- 、   \        \
            土御門泰重

 友景の陰陽頭就任は、
元々、失態続きにより自ら役を辞した安倍氏宗家・土御門泰重の推挙によるものであったが、
後に泰重はこれを後悔し、陰陽頭の地位を土御門家に取り戻そうとした。



36やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 23:11:07 ID:i4P/fBpd
 |\ヽ、            __
 | ヽ、 \       ─ /__.)─ 、
 \ヽ   \   / __      \       _
   ┘ / ̄ ヽ/ /───ヽ\     \  / ̄  \
   \//   //__108.__ノヽ\    │ / / / ヽ、 |     うーん、泰重に
     |l    | |l M I  Z  U  l |     | |_ | |   |  |    また陰陽頭を任すのは心配だでよー。
     \ _|、ニ______ノノ     | ̄ \ ノノ /
      /             フ| /ニ--、    \/      そーゆーわけで、
      >‐--ニニニニニ‐ ̄l | | /   /、 |     \    当面はお前にやってもらうがね。
     / | | |   || | |    | |. | | | / | | |      \  
    /   \ヽ、_ノノ_ヽ、   // | | |  |ヽ//        ヽ、
    /  /   |二/二\─''" /  \─''/  /       |
   /  /   /  ̄ \ | |   /   / / /         |
   |   |    |‐‐、ヽ   |‐_/─/ / /            |
  |   |    |\ヽ | | /──    / /  |          |
  |__|     l\ニノ   \\   / /   |          |
              後水尾上皇

    /' ,.ィ / /  ,.ヘ/  i   l ll  l. ヽ  | | !
.   /./ /  l  /ヾl   ト.   l lト  lヽ. \l l | l
    l /!  !  l!  {  {   !ヽ.   l llヽ. ヽ.` ‐-ゝ! !
    !. !.{ ,イ、 lト. l   !  l \. ヾ、`‐、._\/;:三ヾ ̄
   ヽ! l. |{ ヽ、i \!   ヽ、 ヽ  `'ー-ゝ-‐  Ti l r 、l
      ヽ!ヽ { `‐ゝ___ `'ーゝ____-‐_,,.!{ ! ! {i } .} } }
         `'‐ゝ[i´   l二{ ̄ {" ̄(:゚r゙i ] -‐!l l し'リ ノノノ
             l   リ .l  l  ̄ ̄ !   ,ゞ三<--─     かしこまりました。
            ヽ、__/  ヽ、._l___ ノ    !〃r' ヽ     
                 <.__           { ! !( l } .} } }  
              t___,.          !.l l ` リ ノノノ 
                 l  ̄           ヽミニシ' __   
               `T          / /´ ̄ ̄ ̄   
                 !         / ,r'-──- 、.
                  ヽ、.___,. イ ,. ‐'´  、     `
                    ,.. -┴ヽ、    \
                 ,.‐'´       \    \

 だがしかし、一度失った信頼はなかなか取り戻せず、
引き続き、友景が陰陽頭を続ける事となった。



38やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 23:13:09 ID:i4P/fBpd
そして…
           _,
            /;;,(
         _/;;;;;八
         /;;;;;;;;;;;;;;`,,、,
  i,     r;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`,''‐,-,,,,、, ヽ、
  l`、   i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ、ふ,  ,
  |;;;;丶_ ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  il
.   l;;;;;;;;;;;`'┘;;;;;;;;;;;;;;,'、;;;;;;;;,‐-'、,;;;;;;;;;;;;;;;;;;i,ノ;|
   l,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /;;;;;;/__ ~\;;;;;;;;;;;;丿
   \_;;;;;;;;;;;;;;;;,-"ヲ_,,/     ``,、\;;/    父上、どうだった?
 ,,_,_/;;;;;;;;;r⌒ヽ   /⌒'ヾ    il´⌒ヽ
  ~\_,;;;;;;;;;;;;;〉 ,-‐、    (;9)   ,''く`', }
      ̄ ̄フ 入 9 ;           、ソ ハ
     _/ λ 〉 '' _,       .r‐<;;,ゝ
  ,_ - " _// i l           / , -‐ ̄入_
  \_ ,/ /  l' .i  ─    //~, - ",-<//
        /´ l'  `  、_ ,イ_r´- ",-<//////
     <_ _/'      _/~,-<~///////////
           , -_"_  \//////////////
           7ヘ⌒` ‐ - ,\///////////
          幸徳井友種


      |il |il| |i i l|i / / / //////      | ハ ,ハ`ヽ ヽ   
      |il |il| |i i i|/ //_,斗====、       |/ | i i |  ! i |  
    / ̄ ̄`Y⌒`Yィ"/ニ{f´,rfて k丁` `Y二Yr===ュ丿ノ ノ /从ノ  
    |i i i i  | i i i i/ /|  || ヽゝニィノ   i厂}j fてkT `Y´-rく     
    |i i i i  弋ノノノ! /il|  ||         /  |i ヽニィ  f⌒ヽハ     引き続き、陰陽頭を続ける事になりましたよ。
    人   _,斗-==ィlilii|   ゝ======ィ   弋       | i i i i |    友種、あなたもこの役目を継ぐことになるのですから
     /´    Y⌒`Yili|             くフ `===ィ!代ノノノ人    今のうちにしっかりと励むのですよ。
      |i i i i   | i i i i刈         -―┐      , i |`ーく     
      |i i i i  弋ノノノ//\         `こ´     /i i f⌒ヽハ     
     人______//   \             /i i i | i i | |   
 ___          /       \         / i i i i弋ノノノ人   
/    `ヽ ___r=======r=== \      仆、`ー`ー`ーーく   
      \__/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ `ー‐一'^===、__rク´ ̄ ̄`ヽ
        l         | |              Y

 友景には、友種という息子がいた。
慶長十三年(1608)生まれなので、十兵衛の1つ下になる。

 実は宗矩の甥だとか、朝鮮新陰流の使い手だとかいう話もあるが
全て史実を弁えぬ愚者の妄言である。
本当だったら超おもしれえとか思ってないのでそのように。



43やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 23:16:09 ID:i4P/fBpd
                  _/;;;;;;;;;;;`ヽ_);;;;;;;;;;;;;,ヽ,
               _/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,'l
                _/~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'l     ,
         ,    ./´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;λ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'l_,, _/l
        lヾ, /;;;;;;_/ ̄ヘ;;;;;;;|ニ'i;;;;;;;;;;R;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'ノ
        l;;;;;`';;;;/l i l_/^` 、i=`、;;;;i'-ゝ,;;;;;;;;;;;;;;;;;'メ
          \_,-'‐、フ |ソ     `  `、'i ー',;;;;;;;;;-"´     任せてくれよ父上!
           7,へ/, l     、_,,,  `'  '、;_;;;,\_    どーんと、大舟に乗ったつもりでさ!!
          〈 l( //. l  ""  ` ̄´ , ヾ、、/ ` ̄ ̄`
             〉_// ,l'    _  -ゝ  /ソ
         _,_ / / .,'ト.     い  ̄丶_ ν'
   , -‐ "´  ,イ  /;;l.丶   丶,  ‐-ヲ /
    \ _, -'フ   ,/´`l  丶、 `‐‐ '"ノ
      ' ´/   /.  l   '';;丶_,/
 ,,, -─、‐- - 、 / . r‐┴'‐─一Y'‐‐一ヘ  _ ,, - ‐ "`τ´'┐
/丶 -‐ヽ   ヽ`‐┴ -      |  _, ‐ ト´,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;,, `i⌒F丶

    /' ,.ィ / /  ,.ヘ/  i   l ll  l. ヽ  | | !
.   /./ /  l  /ヾl   ト.   l lト  lヽ. \l l | l
    l /!  !  l!  {  {   !ヽ.   l llヽ. ヽ.` ‐-ゝ! !
    !. !.{ ,イ、 lト. l   !  l \. ヾ、`‐、._\/;:三ヾ ̄
   ヽ! l. |{ ヽ、i \!   ヽ、 ヽ  `'ー-ゝ-‐  Ti l r 、l
      ヽ!ヽ { `‐ゝ___ `'ーゝ____-‐_,,.!{ ! ! {i } .} } }
         `'‐ゝ[i´   l二{ ̄ {" ̄(:゚r゙i ] -‐!l l し'リ ノノノ
             l   リ .l  l  ̄ ̄ !   ,ゞ三<--─    (…大丈夫ですかね、この子は…)
            ヽ、__/  ヽ、._l___ ノ    !〃r' ヽ     
                 <.__       u.   { ! !( l } .} } }  
              t___,.          !.l l ` リ ノノノ 
                 l  ̄           ヽミニシ' __   
               `T          / /´ ̄ ̄ ̄   
                 !         / ,r'-──- 、.
                  ヽ、.___,. イ ,. ‐'´  、     `
                    ,.. -┴ヽ、    \
                 ,.‐'´       \    \

 なお、この後、友種は、友景から陰陽頭の地位を受け継ぐことになる。
そして最終的に父すら越える従四位下まで叙される。

 そして幸徳井家は、友景、友種、そしてその子の友傳と、
三代続けて陰陽頭を輩出することになるのである。



47やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 23:18:14 ID:i4P/fBpd
 さて話は戻る。
こうして宗矩が立身を遂げた寛永六年の七月…

             ,r-――-、
           /      ヽ_
          /        〉l^l^)    …なんということじゃ。
          l        //ノ ソl
          ハ_ノ   ヽ_ /   /
         /(●)   (●)l    lヽ
        /  ヘ(__人__) ム   イ  `ー―-、
       /   / \⌒´<´ |   .l    /   ∨
      /    /   ヘ     l   |   ,'     l
    .  /   ,'   ∧     |   | ノ     ハ
      /    .l   / ヽ    |    レ'    ノ l
    /     l  ノ   ヽ   |        /  }
   ∧     / ,〆     ヘ  l      /   l
    ヽ、_,ノ'´         ∨l      /   ノ
                 ', |     /    ,'
                   ト、   ノ     ノ
                     `ー'

  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ ─  ─ヽハ 、ヽ
レ!小l (●) (●)从|i|   父上、どうなされたんでしゅか?
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|
 .|      ( <   |
  ヽ     `-'  ./
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /



51やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 23:20:28 ID:i4P/fBpd
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)    又十郎、お前も噂で聞いておるやもしれぬが、
.   |     (__人__)   遂に紫衣事件に関して、裁可が下された…。
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }     沢庵殿、玉室殿が、
.   ヽ   L     }    それぞれ出羽上山、陸奥棚倉に遠流となったのじゃ。
    ゝ  ノ   ノ     一人、江月殿だけは無罪と相成ったがの…。
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ


      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
    / /" `ヽ ヽ  \
    //, '/ /_ノ  ヽ、_ハ、ヽ  
    レ/) (●) (●)从|i|   沢庵和尚といえば、
   / .イ'⊂⊃(__人__)⊂⊃  確か、父上が堀丹後守様と一緒に
.   /,'才.ミ)     `⌒´  |    赦免のために活動してた方でしゅね?
.   | ≧シ'         /    結局、駄目だったんでしゅか?
 . \ ヽ  ヽ     ノヽ



53やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 23:22:56 ID:i4P/fBpd
   / ̄ ̄\      その身も蓋もない物言いはやめんか。
 /   _ノ  \    まるっきり駄目というわけでもないのじゃ。
 |    ( ●)(●)   元は遠島の恐れすらあったから、一応、減刑はできたのだからな。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }  ミ        ピコッ
.  ヽ        } ミ  /\  ,☆
   ヽ     ノ    \  \-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   /    く  \.  /\//" `ヽ ヽ  \
   |     `ー一⌒)   //,'//-  -_ハ、ヽ   そうでしゅか。
    |    i´ ̄ ̄ ̄ \  レ!/ (●) (●)从|i|  すいません。
               \⊂⊃ (__人__)⊂⊃ 
                 .|     `⌒´   |   
                 .ヽ         /
                 / ヽ      ノヽ



54やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 23:24:09 ID:i4P/fBpd
   / ̄ ̄\
  /  _ノ ヽ_\       とはいえ、沢庵殿には
 |     (●)(●)      わしの目標である「真の大将の剣」確立のため、
. |     (__人__)      相談に乗っていただきたかっただけに、
  |     ` ⌒´ノ ) ;;;;)   この裁可は残念じゃ…。
.  |         }  .) ;;;;)
.  ヽ        }  /;;/    また別の手を打って、
   ヽ     ノ  .l;;,´    なんとか罪が赦されるようにせねばな。
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/


  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ ─  ─ヽハ 、ヽ
レ!小l (●) (●)从|i|     …父上、そもそも、
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃    どうして沢庵和尚は配流されることになったんでしゅか?
 .|      ( <   |
  ヽ     `-'  ./
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /



55やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 23:25:49 ID:i4P/fBpd
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /   _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |     (●)(●)  /;;/    なんだ?
. |     (__人__)  l;;,´    お前は紫衣事件の事を知らぬのか?
  |     `∩_ノ)━・'
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 |\     /_|  |
 | \ /  _/


  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、         ええと…
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ /_ノ  ヽ、_ハ、ヽ      「幕府の決めた法度に逆らった僧が
レ!/(   (●) (●)从|i|       処罰された」
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃ 
 .|      `⌒´  |       という風には聞いているんでしゅが…。
  ヽ         /      なんで和尚がそんなことをしたのか、
 /   ヽ     ノヽ      その理由はよく知らないんでしゅ。



57やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 23:27:17 ID:i4P/fBpd
           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●)    そうか…。
         |     (__人__)   そういえば、そもそもわしがいつ和尚と知己を得たかも、
         |      `⌒´ノ    お前には話しておらなんだな。
          |         }
          ヽ        }      (
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ | 
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !



60やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 23:29:19 ID:i4P/fBpd
                 / ̄ ̄\
               / _ノ  .\\     _,,
               | ( ●) (●) |     l;l
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,        よかろう。
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶      ここで一通り、此度の「紫衣事件」の一件と、
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l     .沢庵和尚について、話して進ぜよう。
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,    まず、この一件については、
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,   和尚の人物についてから語らねばならぬの…。
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i   
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,   長くなるから、しかと聞くのじゃぞ。
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|
   ヽ, ,, i、   _,,tv   /iiiii      ム、 / /  ヽ、ヽ、_x--ー‐- 、
 __,,,l ii Yi___,lk /   }iiiiil    ヘ __,,,,,,___/    `x'"^   ,,,,,   \
     ^ ̄⌒ヽ  ヘ、  ,ノiiiii|、__,,,y,,_,,,/ ヽ、  ,/   ,,,-‐‐ `',,   ヘ,
   ,,,_  \  ヽ  `>- liiiiiiil ¬">--  ヽ ヽ  i   i/   _,, /   } i
     "- ,,   }  / /iiiiiiil  /      l  l l   lK   ^~'  / |
        \ーヾ  /iiiiiiiil  /        i   i |   |i`'ヽーミ_/  /

  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ /_ノ  ヽ、_ハ、ヽ
レ!/(   (-) (-)从|i|    は、はいでしゅ。
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃   (…父上の長話…墓穴を掘ったでしゅ。
 .|   u.  `⌒´  |      …とほほでしゅ)
  ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ



62やる夫で学ぶ柳生一族(その25)09/07/05 23:31:14 ID:i4P/fBpd
            -‐   ̄ ̄ `丶、
         /           ヽ
           / / /〃/{ { ヽ `ヽ. ∧
        l / /斗/ハ ィー‐ヽ  ∨ l    今日はここまで!
        { {  レテく  ヽ\{ヽ\ ヾ│  ゴメンね!
          乂l f r'ハ     __ 7ハ\リ l 
  (⌒⌒)    .八,}弋ソ    ''⌒ソノ ) 八    
.  ヽ〃`ひ、 ノイ }ゝ" n  "" { {´  丶\
       / rz-、_ ,>‐r<_∧!>、   \丶
.    , -‐"  とノハ/  ヽ{>ロ<フ〈.  ヽ     \
    //  / / ヽ、__,/∨{   j><__〉\   丶.ヽ
.    {八 〃 ハ  { /{  / 大   , <   }ヽ  }  }
     )/ ヽ(. ヽ人{ >‐ヽ/ j \/  ∨} ノ  ヽjイノ
     "   ` ′ ヽ ヘ_,ん</__j_{_/ ((   ( "
              /  /  |  l
                /  /   .|  l
             /` V   l  .,′     
             `ー'′   ├-/       __ __¨ ./
                    ̄         _)  _) \



関連記事
[ 2018/03/07 06:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する