FC2ブログ

やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その26「大御所秀忠の死の巻」 前編

16やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:01:49 ID:Vn20I+gd
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレです。

【今回のメイン柳生:柳生但馬守宗矩】

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |    柳生家の当主にして徳川将軍家剣術指南役、
. |  (__人__)  |      従五位下・柳生但馬守宗矩だろ。常識的に考えて…。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/


21やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:04:55 ID:Vn20I+gd
【寛永六年(1629)時の柳生一族系譜】

  大膳長永
     :
  <柳生家>
     :
    ├─────┐
  柳生永珍   中坊源専
     :
    ├─────┐
    家厳      重厳
    |    (七郎左衛門)
    |     (松吟庵)
    ├─────────────────────────────────────┐
    宗厳                                                     妹
  (新左衛門)                                                    .|
   (石舟斎)                        【江戸柳生】                  <幸徳井家>
    ├───┬───┬────┬───────┐                        |
    厳勝   久斎   徳斎     宗章          宗矩                       友景
  (新次郎)             (五郎右衛門).     (又右衛門)                     .|
    |                            (但馬守)                       |
    |   【尾張柳生】                   |                         |
    ├────┬────┬────┐        ├─────┬────┐         |
    純厳    利厳.     妹     厳倚      三厳      左門    又十郎     .友種
   (久三郎)  (兵庫助).         (権右衛門)   .(十兵衛)
           |                   (幼名:七郎)
           |
           ├────┬────┐
         新左衛門 .茂左衛門   .新六


22やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:05:16 ID:Vn20I+gd
【第1部(その1~11)のあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の領主、柳生新左衛門宗厳は、上泉伊勢守秀綱創始の新陰流の正統を継ぎ、
後に名を石舟斎とあらため、その剣名を天下に上げた。
しかし、長男新次郎厳勝の不具廃嫡、豊臣家による所領の没収、
新次郎の長男、久三郎純厳の死など、柳生家に辛く重い苦難が襲い掛かる。
だが、徳川家康の招きに応じ、「無刀取り」を以って家康に指南を請われた際、
末子・又右衛門宗矩を推挙したことで、再び柳生家にも光が差す。
その後、関が原の戦にて徳川家に味方したことにより、柳生家は旧領を回復する。
更に、家康が幕府を開き、後継たる秀忠を二代将軍とすることで、宗矩は将軍家剣術指南役となった。
そして、柳生家の家督を宗矩に、新陰流の正統を兵庫助に継がせた石舟斎は、
慶長六年(1611)、78年の生涯に幕を閉じたのであった…。

【第2部前編(その12~24)のあらすじ】
 石舟斎の死後、宗矩は正式に家督を継ぎ、新たなる柳生家の当主となった。
またその翌年、柳生庄にて宗矩に待望の嫡男・七郎…後の柳生十兵衛三厳が誕生する。
そして、大坂の陣による豊臣家の滅亡、一代の英傑・徳川家康の死を以って、
戦国の世は完全に終りを告げ、新たな時代「江戸時代」が始まる。
その世において、柳生家は二つに分かれる。
将軍家指南役となった宗矩の「江戸柳生」、尾張徳川家指南役となった兵庫助の「尾張柳生」である。
宗矩は「坂崎事件」を見事解決するなど、一剣術指南役の枠を超えた才を発揮し、
また、三代将軍家光の指南役ともなることで、柳生の権威を確立させた。
同じ頃、兵庫助は「直立たる身」の工夫を編み出し、尾張藩主・徳川義利へ新陰流正統四世を相伝する。
そして時は寛永に移り、尾張においては後の柳生連也斎厳包こと新六が誕生、
江戸においては十兵衛が小姓を致仕するなどがあったが、その末に、遂に宗矩が諸大夫成を成し遂げる。
「柳生但馬守宗矩」がここに誕生したのである。

【第2部後編(その25)のあらすじ】
 晴れて但馬守となった宗矩だが、知己の沢庵和尚が紫衣事件の件で罪に問われたため、
その赦免のために奔走することになる。
しかし、その努力も空しく、軽減こそされたものの、沢庵は配流となってしまうのであった…。


24やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:06:13 ID:Vn20I+gd
 寛永六年(1629)七月二十五日、
幕府による大徳寺・妙心寺への法度に端を発した「紫衣事件」は、
大徳寺の沢庵と玉室、妙心寺の東源と単伝が、それぞれ流罪となることで一旦決着した。

                       }k
                       ノ;'l{
                     _ノ;人'、
                }、、__,. -'',r'/p、ヾ、
               ,}”ー--、."ニー--゙'ゝ ゙'‐、__,、ャ,
              ,、 /;;,rlT=イ__~ ̄~^~^''ー‐---、.y"
             ,irこ;;;},|i ||  ~||~゙ ''l!tー-n-;t{;/
             ,j r'i!_、_}-二 ニニ゛‐-,k!i、,、、」|__,|トッ
           、_ ヤ{/iコ};,^;;,,,;;;,‐,-,=ノ,ム=_-__ーネ{´,
           ,};コニニ/7r'|”~,__,゛,/ノ 。 \~^~^”””'ヤ
           i!;;;;;;;;;;;、i!__| ,i-!;'"/,r'^v^‐、\iコ~|レ=i、
         ,}`ー';;;;;;;;;;;;;;;}r‐''”_,.-''/ [iillIII}}}] 、゛\i!、;;;;i、
        /,Eャッririririrnm;y、^,、ニニ ー_ー‐-ー' ゛\,;;;i{、_     ,.ィ
        /,r"=|、__    ̄~””””””'''''''ー,rk':;firiririnnm;y^~三ニ;:ニ'}
       ,/,r"=/|::::.. ̄~゛゛``''';::::::::::::ー‐,ノ,ム-.,, 、.、.゛,.___゛~^~゛^i;/
     ,、 /,r"=/,;l,,,::::i::::|iillIIIIIIIIII|||:::::;7/,r' ``i、:::.iヘ::::::::. ̄~''''''':|
.    ォ}仁二Vェ^仁 ̄~"""゛””””''ー/,r'" .,・、 `\[iillIIIII|||]:::::::::::|  ,
    i!;;;;;;;;;;;/イ'^トー‐-ニニ二、こ,.-'" ,r' ,.-ー{  }ー、`、\"^"^"^"^゛''ー'}
    ,il;;;;;;;;;;;;;:^^i'|::::::::::::... ,. -''"_, -'/―‐‐`´ ―`i、゛、\゛^゛""ー'r/
    i l;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'|::::i,,. -''^_,,.-''′/' ,;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiilllll `i、` 、゙-、:::::::::|;it======r'7
 _r,=ーヲー",,:;;;;;;'7rイ~,. -'''~,._-_''~´..::::::|iillIIIIIIIIII|||||||||}.:::::゙'‐、 ` 、゙''-、:|;;;`i、;;;;;;;;;;;;~ヽ、
 〕{ュョiririririrm;;;;;~_,n、 ̄__二;;;,,  ̄~゛゛゛'''''',,;;;;;;;;;ー―‐---`ゝ、` -、~ヾ,,;;ヽ、;、;,._;;_;;_,,'‐、
../,r'ーl~~~^~_,.,r'%%r===%%''ュ.,_"‐^"‐''=fhifhicifcifriririririyr'g'y'ng'y''ngmgigpmgwwiV} `''‐、._
/,r'=r|::::::::,r7=-ー''^`ー"^ -、_=フ:::::::::::: ..................._________    ~"””””””””””””|”””riririririnfzmir'7
ゞ゛ヾ゛;:"゛ゞ"'';;,r';";;ヾ、:::::::::|::::::i####lllllllllllliiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ "''''' ::::::::::::::::::::::::::::|”””””””ヽ、””””"
ヾ、ハ,;;^",,;;;;;,r''^"::;''"",r'::::::::|、::::||iiiiilllllllllIIIIIIIIII||||||||||||||||||||:::::::::::|llllliii|::::::::::::::::::::::|^~^~^~'i~"
ヾゞ,、;:,,y''''7''""""'';;'':::::::::::::|;;`ヽ;、 _,、::;;;;;”””””””””””'''''''''..::;;;:::::;!!!!!iil::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|
::ヾ、,,;;;ハ;''"""'''';;::''"""''r,、hhhhhhm}{メfタfタfチfツfヨfヨfヨfヨfモfヨfルfルffルfル%%$%$%$$ユ:::::::::::|
''"゛;;;;:::"''',,《;;;;''ヾ、,;""~~^~^~^~^~|^`‐'___`ー'___`ー'__`'ー' ``ー' ``ー' ``ー' ``ー'`-ー'"::::::::::::::|
ヾ;;;,,ゞ,r'"";;,," .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|~^r'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,Tニソニi`ウニ{''T;ニj7{ヘ""""""""
;;'ヾ,r";r'ヾ'";:" ;;;;;;;;;i:::::::::::::::::::::::::::::|´)、_}ーv'´ヽ^{~フ~v_~ゝく,ノ~i´_K´メv_~Kトー{_{、ヽ、j、_}~ス、
;;;''ゞ;;;,i^'',、lll||||||||||||:::::::::::::::::::::::::::::|r'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,´)、_}ーv'ケ^~v__ゝ;く,ノ~i_jヘヽv~「^j´)、
;;',;ヾ;ヾ;、;;;'''゛iil||||||||l::::::::::::::::::::::::::::;|シ、_}~ス、く,ノ~i´_K´ナv^ーヌ_ヽ^{~フv7_,r`}フ~vレン、ヽフv_,r`}ヽ


25やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:08:05 ID:Vn20I+gd
 なお、その際、玉室・沢庵に下された判決は以下の通りであった。

   l i: : : :\\ : : : : : : : : : : : : : //: : : ___ヽ:V
.  l ん : : : / /: : : : : : : : : : : : :└、 ヽ'´ >'"´:リ
   l { ,、 \/./:_: : : : _/: : : : : : : :/ >'" :_: : :/ ー、  /:   玉室…。
..  LK: :`: ー- _¨ Y´ : : : :/ ィ,.ィ" __竺三-ミ : : : : l /: : :  貴様は法度作成の際、大徳寺からの者として
  /´ヽ: : イ¨迂疋トミヽト-‐ '¨  ィ_´ 辷仄レ': : : : : :l /: : :/「  その場に立ち合い、一度は納得していたはずだ。
  \: ハ.:.`: :ヾ┴': : / }:.: : : : :.、: : `¨  ̄ ´: : : : : :// : : 〈 :}:
.    V i.: : : : : : :// i:_:_: : : : : ヾ: : : : : : : : : : :.//: : : : :)リ:   しかし、後になって異議に及び、
.    ヽi: : : : : : : : i. ,': : :`ヽ: : : : : : : : : : : : : ://: : : :i:ノ: : :  更には法度に叛いてみだりに出世をさせ、
.      l:ヽ : : : : : : V : : : : : : : : : : : : : : : : : //: : : :.(: : :_;.ィ  しかも抗弁書に加判するなど以ての外だ。
     ヽ:_!: : : : : : :{ : : : : : :_: : : : : : : : : : : | l: : : : : l: ̄:/:::
       ',: : : : : : :ヽ:ー'::::ノ: : : : : : : : : : :l l: : : : : i: : /::::::   このようなことなど前代未聞である。
.        ハ: : : : :_/ヽヾ-" ‐- .._: : : : : : : :! l : : : : ;!: /:::::::::. 故に、流罪に処するのだ…ッ!
     _,,. -‐'; : : : r‐ 、`_´==‐- ニ): : : : :! l: : : :/ :/:::::::::::
 _.. -:::¨:::::::::::::ハ: : : ヽ       _.ノ: : : : : l l: : :/: :/:::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::'; : : : `¨: :´  ̄: : : : : : : : : :j !: / : /::::::::::::::::
             金地院崇伝


26やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:10:27 ID:Vn20I+gd
               __,.,.,.,.,.,.____,._
           ,..-'"´         >-、,
         ./  /´゙i ゙!:⌒ヽ   `'"´ ヽ、
       /   / ,.-,ニ,、゙i,::::::::\  ,..イ rニi, \ \、_ハノ
       /    レ'/_::::::::〉〉::::::::::::`'":::::::|    ヽ\).',..、
       /彡  //_'、ヽ,=-'゙:::::::::::::::::::::::::└--‐  /  そして沢庵ッ!
  ゙ヽ,  /三  /::/__:::::\\:::::::::;:;:;;;;.-、::::::::::::::::: ヽ,)  貴様は法度の作成時にも公布時にも
   ,,..-v'三 iー-':`-, r''‐ァ-、\`'',.-‐'"´゙!l;;;;:;:;:;:;:;.. ) ) .大徳寺に居なかった分際で、
  ´::::::ヾニ ゙i;:::::::,.ノ_ヽl゙_;;;;}ヽ;ヽ_」i::::::/:::!l;;:::::::::|「 ヽ   後になって法度に叛き、逐一抗弁し、
  >、::::::::`ヽ `,ン´::,.-`,.-‐`゙''`::〉゙ヾk::__ノ l;;:_;||: _)  公儀に叛く事明白なりッッ!!
  ,r'゙〉::::::::::::} レ',.-'´:::::::::::::::::'::::::::::/二二,`ー-- ,)
  {::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::::::::::::::::;:;/;;;ヽr';;;;ヽ,.:;:;: /-、  貴様は遠流だーーーッッ!!
  ヽ;:::/::::::/ /:::::::::::::::::::::::,,;::::::::::::::l;;;;;;;:::゙ヾ',ノL;;: .,ソ/ヘ
   .)/::::::/ /::::::::::::::::,..-、ヽ::::::::,;:ノ;;;;;:::::::::::::;;;;;// /  //7/ヘ /l ト、 |\
  ゙}/:::/ /::::::::::''∠__,...、.ヾ__ '"、::::::::::::::::__//::       /   V | l ヽ|
  ::゙i´   j::::::::::::::l  ヽ`+、゙--、 ゙!|::::::::::/,.-7''゙ーy'
  l:::゙i,  |:::::::::::::::゙i,,  ヽ,,,_ヽ/ .!|:::::://:::/,.-__;//
   i,:::ヽノ:::::::::::::::::::::`゙'ー、    〉':::://:::://:/  //
  l,゙i,::;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::;;;゙''ー'":::://:::/-':::ノ ///
  ;゙i,.ヽ;;;;:::ヽ、:::::::::::::::::::::;;'゙:::::/ レ'::,イ´´/ /// /
  ;;;/ \:::::::::゙''-、:::::::'"゙:::/-;:ジ) /// /// /
  / .∧  `'-、::::::::`゙゙'''";:;,..-'// ./// /// //
   /  `'''- .,_`゙゙''二,.-;;'":::/  /// /// ///
  '        `i };;;;/:::/i;ヽ, /// /// ///
           / /;;:イ:/ i゙:::::;)// /// /// /
  、        /,// l:L,ノ/::゙y、  /// /// /
   ゝ、___//;;(_,ノ::/:::/::;ハ/// /// //
  / /,.----';;;;;;;:;:;:;::l:::,.::::,..-':::::::::\/// //

 つまり、「法度に叛き、公儀を軽んじたこと」が罪状ということであった。


27やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:12:02 ID:Vn20I+gd
 また、これに伴い、元和の法度が発布された後に出世した僧のうち、
幕府の許可を得ず出世していた者は、その紫衣を剥奪される事となった。

              _,,. - ..,_
            ,.イ‐-、     丶、
           / i   ',       ハ
 .           ,'  ヽ.  }、       !i     元和以降に幕府の許可なく出世した
           i   F‐、{ \     ,ィ.!    大徳寺・妙心寺の僧については、その紫衣を脱いでもらう。
           /¨ヽ. l: :l :〉>: `:ー一';ル'
        ,..ィi:f:ゝヽ {<ヽ〉: :i : : : :》:}      …お前達が紫衣を脱がされる原因は…『罪』のためだ
       /_;.::l入__、 :l.i: ィt:ッ、シ、 ;.ィfフ     その『罪』のために紫衣を脱がされる。
 .    /:::L.ノ:::i: : :.l: : )): : ̄ : : ,:i `/、
   /::::::::i::r‐'ハ: : \' i.: : : :._'´: !:/:::::ヽ     わかるか?
 ./:::::::::/ト、ー'::::::;\: :\: : ←-`オ:::::::::::::',    私の言っている事が。
 ::::::::::::/::::::l::::\::( ):::/. ̄ ヽ:`ニ/::__::::::::::i    貴様達の『罪』は、「法度に叛き、公儀を軽んじたこと」なのだ…!
 ::::::::::〈:::::::::i::::::::::>::⊥..__,,.彳ヽ::(_  i::::ノ
  ̄`ヽレ-、:::\::::::::___:::::\ ll. レ'" /:/
 :::::::::::ノ:\:::::::::∨  r':__..ノ__ll    〈::}.
 :::: ̄::::::::::\:::::::}    / i >':´ ̄: 〉、
 :::::::::::::::::::::::::)、::\ / l/: : : 、: : /: : }、
 ::::::::::::::_:_:/::::ヽ::/l /l: : : : : :.}/: : : /: i
 ::::::::::::::::::::::::_\:::/ l/l i: : 、_ノ": : : : /: : iヽ.
 ::::::::::;:::::'"´:/ 几 /i l ';: : : : : : : :l / : :/:./            _
 ::::::::::::::::::::// /::::::`::ー.、 V: : : : -‐' : i: i: / __..、,.. -‐y…ニ¨ ̄ ヽ
 :::::::::::::::::::l i i:::::::::::::::::::l_,,..ヽ-‐…''ニヤ¨二....f.⊥=ニカ ! rニ¨`>-‐‐
 :::::::::::::::::::〉.〉 ヽ-‐ニ丁Lー{ニ⊂ニヽ「r‐‐、 \‐‐-、 .i´ ̄  ( _


28やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:14:01 ID:Vn20I+gd
 だがしかし、この判決は(実態は不明ながら)、
「崇伝の個人的野心(五山派の僧録司である崇伝による権勢拡張)によるもの」と
見られていたこともあり、世間は崇伝を厳しく見、
逆に沢庵・玉室に同情的で、また、彼らを庇った天海の評価も上がったという。

             _,. -―,.、
          _,. '" .:.   ヽト-、_
       _,. -'´   .:     丶、_ ``ー_ッ'" ̄`丶、
    _, '´    〃 >ー'""丶ソ ` ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:.:......:.`ヽ、
  ,. "   丶.: "":.   /彳ニ=彡'ヾミ、.:.:.:.:.:.:.:   :.:.:.:.:.:.:.:.. ヽ
 /    . '.:.:.:.:.:.:.:. 、,l /r'',二,_,.、ti} .:.:.:.:.、          l    …今回は残念でしたね。
 l     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.v':,(ヾ'、r。ュ;;t,。ッf7:.._.:.:ノ    、ヽ.   l| l
 {   .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. し! `゙ラ、_)゙´l|':.:.:.:.:.:.:.:z、  _  ヽ ,トシr'    しかし、いずれ機会は来るはず。
 '、  .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.,. - /,ヘ '卞= 'ライ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}   丶  :.:./    それまで待ちましょう。
  ヽ .:  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:{ヽ` ー-彡イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ-、   / :./
   l:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.|:.:>‐。‐f´:.|:.:.:.:.,、_:.:.:ヾ"'  _,ィ":.:.l
   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}/:.:|。:.:|:.:.:|:i:.:.:. t::.ヾ::.  .:.:.:.:.:.:.:/
   `ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:{。:.:.!:.:ノ:l:.:. r- ニ..:.:.:.:.:.:.:.:.:./
    '、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:|:.:.从__|/:.:.l:.:.、ヾ:.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:/
     ヽ、:.:.:.:.:.:  /:.:.:ヽノ「l:.:|:.:.:.:',:.:.:.、___,,. ィ"
     /`丶、:.:,イ:.:.:.'、;.:.:.lニ ニl!:.:.:.:.',:/ |:.:.....   ',
     !:.:.:.:.:.:`´:ト-、_',:.:.:.:l」:.:L_ノ:. ノ!:.:.:.:.....  」
     「 ̄ ̄``l:.:.:.:.:.:.:` ̄ ̄`T'ー:.'"´ L.:-‐.:'´..l
             南光坊天海

         / ̄ ̄\
       /    \ /\
       |    ( -)(-)
       |     (__人__)    …ははっ。
         |     ` ⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


29やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:16:02 ID:Vn20I+gd
 そして、この判決は、思わぬところに波及した。
時は流れ、その年の十一月八日、後水尾天皇が突如譲位を決行したのである。

 |\ヽ、            __
 | ヽ、 \       ─ /__.)─ 、
 \ヽ   \   / __    ┛┗       _
   ┘ / ̄ ヽ/ /───ヽ\ ┓┏ \  / ̄  \
   \//   //__.108__ノヽ\    │ / / / ヽ、 |
     |l    | |l M I  Z  U  l |     | |_ | |   |  |    あー、まあ、なんちゅーか、
     \ _|、ニ______ノノ     | ̄ \ ノノ /    もうここらが限界だでよー。
      /             フ| /ニ--、    \/     色々とよー。
      >‐--ニニニニニ‐ ̄l | | /   /、 |     \
     / | | |   || | |    | |. | | | / | | |      \
    /   \ヽ、_ノノ_ヽ、   // | | |  |ヽ//        ヽ、
    /  /   |二/二\─''" /  \─''/  /       |
   /  /   /  ̄ \ | |   /   / / /         |
   |   |    |‐‐、ヽ   |‐_/─/ / /            |
  |   |    |\ヽ | | /──    / /  |          |
  |__|     l\ニノ   \\   / /   |          |
   / |     |_/ニ─l‐‐l---ニ / /   |      _─/、
             後水尾天皇

 これは、天皇の詔勅によって与えた紫衣が、この判決によって取り消され、
「詔勅」という「天皇の権威」が蔑ろにされたことに対する憤りが原因であったという。
(公的な理由は、病の治療の為、ということになっていたが)

 秀忠の娘である和子が幕府の力で入内させられるなど、
幕府の態度に反感を持っていた後水尾帝は、以前から譲位する意思があったというが、
今回のことでそれが決定的になったと言える。
(別説にはこの年の十月、家光の乳母お福が無位無官のまま参内したことも一因だという)


30やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:18:13 ID:Vn20I+gd
 これは幕府にとっても寝耳に水であった。
なにせ、幕府どころか摂家クラスの公家にすら知らされていなかったのである。

  \         /_ /     ヽ /   } レ,'        / ̄ ̄ ̄ ̄\
  |`l`ヽ    /ヽ/ <´`ヽ u  ∨ u  i レ'          /
  └l> ̄    !i´-)     |\ `、 ヽ), />/        /
   !´ヽ、   ヽ ( _ U   !、 ヽ。ヽ/,レ,。7´/-┬―┬―┬./   何考えてんだ
  _|_/;:;:;7ヽ-ヽ、 '')  ""'''`` ‐'"='-'" /    !   !   /     帝は…!!
   |  |;:;:;:{  U u ̄|| u u  ,..、_ -> /`i   !   !  \
   |  |;:;:;:;i\    iヽ、   i {++-`7, /|  i   !   !  <_
  __i ヽ;:;:;ヽ `、  i   ヽ、  ̄ ̄/ =、_i_  !   !   /
   ヽ ヽ;:;:;:\ `ヽ、i   /,ゝ_/|  i   ̄ヽヽ !  ! ,, -'\
    ヽ、\;:;:;:;:`ー、`ー'´ ̄/;:;ノ  ノ      ヽ| / ,、-''´ \/ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ̄ ̄ ̄            Y´/;:;:;\
             徳川秀忠

 当然、幕府は復位を強く望んだ。


31やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:20:00 ID:Vn20I+gd
 が、天皇の決意は固く、
結局、翌年の寛永七年九月十二日、和子との間に生まれた娘、
女一宮が即位し、僅か7歳の女帝・明正天皇が誕生したのである。

  。   。
  fヽ' ^^メ-ァ
  ぃ 入人 ろ クプー
  ぇ(l‘ ー‘)'
 ⊂(  しJ
  明正天皇
              r-‐、
             ノ__人;\
           /   ,ヽ;;;ヽ;:┐_r--o、___
         r‐、'"   /:::::ヽ;;;ヽ:| ||   ||`ー- 、__,..、
       (;;;;;;;|  /:::::::::::::::);;;;|:\|| o. || ̄`ー'":::::\-,
          `l;;;;|/:::::::::::::::/'、 ;;;L:::::ヽ___ノ|:::::::::::::::::::::::::::\
         |;;;;|::::::::::::::::,入  >;;;ノ○:::|:n:T"||::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       //:ヽ;;`ー‐'";;;;;;;;;X;/ \:::ノ@:| ||:::::○::::::::::::::::::::::::'、
         Y::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;_/::::\ \|H |  \::::::::::::::::::::::::::::::::'、
       └ヮ-、_::::: ̄○::::::::::::/ \ \|    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::l
        | l l l ` >r、_::::::::/    ノ\ \,  ト;::: ::::::::::::::::::::::::|   ほよよー。
        └ ┬、__| _L_lヽ.Y / ̄__ ̄\ \ |::l:::::::::::::::::::::::::::::|
          l l| n ヽ_ヽ |/ ./::::::::::::\ ヽ `l:::|::::::::::::::::::::::::::::|
          | |]二ニ==|.l /:::// ニ⊃\::ヽl |::|::::::::::::::::::::::::::::|
          l l |::| |ニ,| |ll':::/ l └- 、  l::::|| .|/::::: ::::::::::::::::::::::|
         r''l | U   l゚ |||:::| └ ⌒) l |:::[||ノ/::::::::::::::::::::::::::::,'
           ノ `"    /  |:::ヽ┌-_,' ノ /::::/ //:::::::::::::::::::::: ::/
        (          l   '、::::::`::ー::::::::/ //::::::::::::::::::::::::::/
           \        |  、__`ー-r-‐ '"  \:::::○:::::::::::: /
          ( _     l 、./ ノ, L:l,r-──-、\:::::::::::::::/ノ/)
           `ヽ、_ `y/ /__,,ナ/ 、.\\\\ヽ、__:ノ//./
             ,,r-┴、_Lロ_| / // \\\\\\//丿ノ
           /   / ///::|l //\\\\\\\\//
          /   /:://:/:r //ニニヽ\\\\\\,ノ
                 東福門院和子

 このように、「紫衣事件」は、一事件に留まらず、
幕府と朝廷の関係性にすら影響を及ぼしたのであった。

 なお、これにより、幕府(及び徳川家)の従来の朝廷統制政策は破綻し、
その路線を変更せざるを得なくなったというが、それはまた別の物語である。


32やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:22:03 ID:Vn20I+gd
 さて、話は戻る。
流罪となった沢庵と玉室は、七月二十九日、
それぞれの流罪先である出羽上山藩(現在の山形県上山市)、
陸奥棚倉藩(現在の福島県棚倉町)へ向けて出発した。

                 .rニYニヽ
   |レ               /    j |      北か。
   !!_           イ     } |     …夏でまだ良かったな。
   ゙- '´ ,、       /j      j
      -''´   ,r'´ ̄`゙}     j l|rニ二ト、
           〉─7-'´l|jト、 -イl;|`--l一〈
     __ii__    |   |  ルリ-ト、|州リ  |  .|
     イi    j  |           |  |,
      `  , イ  |     |      |  |
        ノ  }        |         |
      /           |          |
    //  /                  |
.  //  /                   ',|
/ /    l                     |
 / i   /                     ヽ
ん-ト、               |          |'
   ヽ/    /    |    |           l
    ヽ   /     |    |      レ-、  /
     `-- ´--、__  |___|__ _|  `丶{
             ̄|    / ̄|    j
             ',   {   |.    |
              ',__,r' }  .|    j
               ',   |   |`丶、r'
               ',  |  |   j
                沢庵宗彭


35やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:24:20 ID:Vn20I+gd
 そして、3日ほど同行した後、4日目の下野小田原にて…。

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',    どうやらここで別れるようだな。
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |   俺は上山、貴様は棚倉というわけだ。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    …いつか京に戻る際には、
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ   共に戻ろうぞ。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


     ..----------------、....___
    |               `゙'、
    │               |
    f       r      1  . |
   │                '|
    !                .|、
   」 丶         丶    |
_   1  ..______        .|、
   l  丿       ̄`'`'''''''ー、 .|
   │ 丨      '、     |、 '|、
  '4,,_┘  冫   ..l卜   、  l _7|
  ∨'´   l「    丿   ∟ ゙〈 .!ヽ    …………。
  l廴 ゙'‐t-=′ ′ ....ェ:: ゙っ- ''リくl/
  ィ1ヽ  │         │  j/∥
  1 ┐  _ 、        ′_..rl !ノ
  l  |  ./ー--------、_  /  |丿
  │ !  |        〕 ノ 冫
  ∥ |  '、       ,' │丿
   (廴│ ∨ ̄''''''―‐‐丿 丿/'' 、
  │`へ.._ ′     '´ ン´ /′
   │   ゙''i --- ..-..r+''´  /
   卜''" ゙゙̄'''ヘ_..:=彡-、 /′
          `゙"    ヘゞ′
       玉室宗珀


36やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:26:03 ID:Vn20I+gd
     、 _r'''、  ..- ‐7              _..--―‐ー‐-- 、
    't´'、│ l..-- l l ∪              「  '' ゛ ; `′ |
    ) 一'  一''’ヾ ヾ              |         |
  '< -- f" (│                  !         !
     ┤ | |                   '、   、‐    !
      ′ {|!          l ̄ ̄''''''ゝ   f r---.. ⊥......、 |
        ∫         ||/⌒ 〉 /′  l│  」    !  |
        1         {′ / ,'    ..|l _│ │  L ^ぃ|
           _,,..-...._..っ     ノ./    {| ノ`゛ ′"''1` , !)
 -‐ー-..,,_    ,,ノ-゛ ゙l |丿     ノ/     ヾ! ____..、 /:レ′
-‐''' 、  '' 、 ..ュ'、 ..'>      ,'′      !│    │ノ/
    ヽ   ゙ヽ‐"′ "   l 、   ′_....r一―‐l'く ̄ ̄"゙' ,..!'')ー--...._
 ,,..,,ク'l    丨  _.... ‐´ 、  _- ''´´ |    |_ ヽ、‐コ∟丿    ,'`''' 、
、< ' _刀    1  ′  _,,r''っ'"     j′  `` .. ユこ、 ’     l   ヽ、
   ̄ '│    " 、 ―""   _    ┘      {        1     ゙ 、
    r1     ヽ 丶    l、 ′  ‐       f!        1     ヽ、
 ! ./ /    、u 'ヽ、_.............._′  -,, 、      " ゙゙̄       V=     ゝ
│ /  !   、  }」r'''´      )'''..ノ'´| 1''} r---  」         ゙{   、   ∟
  ィ  |'、   ゙..、 |{_       .. ミ、 」 |./ ( / ` ' `''′       ヽ  !l    ヘ 、
 ノ  ..!i : 、 l  {ゝ、..........- 彡 ′ ゛‐jト′ ’ l′  |          ! ャ'´ ゝ、、,、_ノ│
   - '|1'l` `ゝ丶ヘl''''''''l ̄´      - 」リゝ、 ーー‐      っ-..〃′    ̄`’ l〉
  ,, ぃ)t1 ぃ 、 'l 卜  \         l〕┘ `'‐-..       ,, '|          ヘ
 ー:丿 ィ゙U│ リゝ t`゙ヽ、 ゙ 、  _,,     ..l/      ゛`′   :_/    /‐- _― 、
  /′  /l1 ヽ ヘ 、'、 ヽ  ’  l "''''r-.. ニ         ..../r:厂    /’ / / /
       ナ  ´、 `ヘ  丶_  ' '、 |,,、 `"'' 、  __-‐'、 ゙'、 │   丿 / / 丿
  、    ′   >'´    ,,/ 、{  | ゙'ゝ、..  /"゙'L'ムヘ 、 丿 ''、   / 丿丿丿
  '、      ..‐     ../   `ゝ │  ユ/' ヽ、  'ヘ ` ニ-‐''∟  /'‐I’/‐T
  ..:r     /       '、   │ | ..、` `ヘ>メ∟ -"´ - ̄´ `゙!  `'‐’ `‐'′
 '' `′   ′      ′   ^‐'´'''^`  ゙‐ ´         '´


38やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:28:14 ID:Vn20I+gd
                  _,, iー' .、 '、. ..'-, .'、      . _..
              _.. イ'".ヽ .ヽ. \ .ヽ. \.ヽ. ..,,, -''"゛
          ,,, ィ'''"`'、  ヽ  ヽ .ヽ  ヽ ヽ,,..ノ‐'゙´
      ._..y‐''゙ヽ. .ヽ  .ヽ  ヽ _> |-.. ┴´
  ._.. -',"  ヽ  ヽ  ヽ  .ヽ./ ~    _,,二ー 、
."`',.  ヽ   ヽ  .ヽ  .l./ ゛    ./´   `'-.\
  .ヽ  .ヽ   ヽ._,, ;;ゞ゛     ./   : 夢   ヽ ',
 、 .ヽ  . ..lr‐'"´/      / .l,    ~''"   .! .!
 .ヽ._.. ゙‐'゙゛   ,./        /',''''''!ly、     ._.イ│
: '''´     ./ ,-      ,/'''''゙‐'t;;',',   ,i,'!!~゙゙} .|      何をするか貴様ー!!
      ././       /         ゙‐''゙⌒.! ',
     ,,i,'イ゛          /.l  .、   _      |  .l     「………………ッッ!!」
    / .,/ノ           ,' l゙ l.l .,,―`-ニ. ., .,.. l   ヽ
     .,/イ        ,'  l  l ',l゙,.. - ,,..,!.il! l ./    \
.\,  .,''゙,!        l  l ,i'/ッ._,,,,,, .゙!/│ !     .゙y
  .`'-,,"."        l'、 .!.l l .,!.l   ゙l .l',゙ll゙ i____,,,..-'"゛.ヽ..,,,_
    .`'ー、,、     / ゙' l .゙" .',.|    !/.|"!/          `''
        `゙'ー、、  .!   .\ .! !..,_, . 〃 /
              `'-',,_    ___;;,,.. --┴''''''¨'ー、、
               ̄ ̄           `'-、,
                               `''ー ..,,,,,,,,.. ‐'

     た、沢庵和尚と玉室和尚の
    闘争だー!
                 ∩ ∧ ∧ ∩
         ∩.∧ ∧∩  \(;゚∀゚) /  「うちゅうのほうそくがみだれる!」
         ヽ( ゚∀゚;)/   |    |  お止めしろー!
          |   .〈   |   |
          / /\_」    / /\」
           ̄       / /
                     ̄
 なおこの際、沢庵と玉室は小筒を取り出し、杯を交わして再会を期したという。
またその際、以下のような偈(げ)を詠んだという。

 沢庵「天南北に分ち両鳥飛ぶ。何れの日か旧栖に翼を同じくして帰らん。
     聚散常なく只この如し。世情の禽亦枢機あり」

 玉室「草鞋竹杖雲と飛ぶ。旧院何れの日か手をとって帰らん。
     水遠く山長石猶信を絶つ。別離今日既に機を忘ず」


40やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:30:03 ID:Vn20I+gd
 ともあれ、こうして玉室とも別れた沢庵は、
その後、八月十五日に配流先である上山へ到着したという。

       (⌒ ヽ
      (     )
       (    ヽ⌒ヽ 、
        (          )
               , ⌒ヽ.
             (    '
             ゝ   `ヽ
              (    ⌒ヽ
              _,,,...:-‐‐=-..,,,_
.、            ,r'":: ::      ::\,,..,、.,                   __,,.. -'''""
::.`'::.、      ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、        __,,.. - ‐‐ ''''"" ..:: :: ..::..
::  :::.`'::.、  ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、--‐‐''''"" ::: :: .::: ...::   ..::.. ...::
..:: ..:::.  ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_ ...:::  ::: ...:::..  ..:: ::__,,,,-‐
 ヾ  ,r'"::::   ;ゞ   ゞ    '''' ''':‐-,, ,,      ::. ::`'::、_     __,, - ''"":::.. ::.
ゞヾ; ゞ,;''ゞゞ ,;ゞヾ ,;ゞヾ''';ヾゞ; ::.. ::::... :: " ''''‐- ,..,,,...   __,,,-‐‐''''" ..:: ..::.. .:: ..::..
ヾ ;'''';,,;'''''';; ,;''''';;;''''''; ゞヾ;,,ゞ'''';. . . . . . . , , , , , , , . . . . . . . . , , , , , , , , , , , , . . . .
,,ヾヾ;;ゞi;;;;;i; ゞヾ; ゞ   ヾ;;ゞゞ ゞ'; : :: :,,,::;; ;; :::: :::: :::::;; ;;;: :: :::: ;;:: ::: ;::;;; ;:: ::,: :;;;; ;:: ;;; ;;:: ::
;ゞヾ ヾ ゞi;:,;:, ,、,、  ゞ;; ゞゞ ゞヾ;;;;i ''"~""'' ''""'' ''""'' ''"~""' ''"""'' ''""'' ''""'' ''""
ゞゞ ;ヾゞ , ;;ゞヾ;ゞ  ヾゞ ゞ;ヾ ゞil゙ ''"""~  ~"""'  ''""" ..:::::_::::::.......  ....:::::........::::::.......
                 .rニYニヽ
                  ./    j |
                .イ     } |      ここが上山か…!
              /j      j
           ,r'´ ̄`゙}     j l|rニ二ト、
           〉─7-'´l|jト、 -イl;|`--l一〈
           |   |  ルリ-ト、|州リ  |  .|
          j  |           |  |,
         , イ  |     |      |  |


42やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:31:58 ID:Vn20I+gd
L                    _,,..--..,,_        \ \、_ハノ
 ''l                  rて r、   `ー....、_    ヽ\).',..、
   'X.               /Lノ'、      ´ー-=ぃ   /
,,..  ` ゝ              !{-F廴  、    ゙  `! 冖ヽ,)
     ゙'、            く,斗 |!ヘr ゙^'_ 、' _ 、 .. '' '''1 ))  .このような山など
      ヘ             ゙卜〕 テ| 1‐ _ ''‐くぃ ワ>rヽ
       ''、           :ひ L l f ヘ_っコ.... >lミ[ニi_) 調伏してくれるわー!!
        1           ` 〉广 ,'フ´    、 ヘ_`''''ゞ,)
        ヽ、          │ 、丿    ィ' 1`'t.._/-、ノ
         "ー-..っ__......--‐''l、│   _/\l  ヽ、 .,ソ/ヘ '"
        __'ー ゙'广'、´     リ丿   /     ' "ゝ/  //7/ヘ /l ト、 |\
      _-r冖'^''''ヒ 、ェユニニニ --フ   丿  _,,-tニ┼..`'´ ..、ゝ  /   V | l ヽ|
      ..tコこコ  '' ‐1          丿 ..r彡メヒ三ナ ヽ、 丿
      ‐'モ―  =ー'゙'冖''―‐―----‐'ゝri ククと乙-tニ弋 ..广
              ゙'、   、 ..三Fン ゙ "'i|彡彡彡‐''""ィムヽ
               ゙t- -.丿,'=土二  ゙て-‐ _..r‐'' ゙̄'ぃT
                ゙ 、 {_ コナ‐ーに__ ヽン''′   _  "/
                 ∨’  ´゙゙''ー-u 〕 |'′ _..‐" ̄ >′
                 :l  ..---- 、  〉 T_r'∟    "'、
                 l/ _    ゙ゝ / /  - ′   '、
                 ¦ ´     〉/ン′       /い、
                 l  、   、 ノン′  丶   ,,/
                ′    /i1r)' ゝ      _/
             _、  ヽ    丿'l|广      _/
             !'ヽ !    │ 'i'、    _/
         丶   l `ぅこ    卜 `゙'、  _r''´
             1 `ヘェ.._   '、 ..jゝ`"1
、             ヽ   │`'''、 'l/   ∧
┘             ` 、 丿  、1 |    丿 ヽ、
                ゙'彳    卜   /   丶


44やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:34:07 ID:Vn20I+gd
      /;;;;;;;;;;;;;;_..-';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ
      ,';;;;;;;;;;;;;;'´;;;;;;;____,,..........................___ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     |!;;;;;;;;;;;;;/‐'""´           `゙''ー 、;;;;;;;;;;;;亅 て
     「;;;;;;;;;;;│ -----..__    -__..--一ー 、│;;;;;;;丿  そ
     │;;;;'、;;ノ  ニ..___   ゙〕}  !l  ___....-ー‐..1;;;;;/
     ┤;;〕|;;丿  ..┬'テ三 丿   l ニ三'1‐ュ-┘'、│
      l''''lソ′    ̄"`´〒   |'、  " ̄    '1メ-、   あ、あれは誰だ!?
    ‐ィ┤,'         `   ′       1 ,,,T  山に向かって何をやっておるのだ!?
     !(〕1   u.                 ユ !11
     |! 1卜        ナ    __'、       ノ''、卜   そこの怪しい奴!
     │1│        ゙'ゞニニテ ̄   u  _ノ ノ 丿  貴様ッ、何者だ!?
     ヘノ l′       .._ ∟-、、      ヾ|! ゙ /
      ヘ│      ..l{リに三E┐      ,' 丿
        1       -ニ'―‐'ワ       卜'´
        '、       "‐'' ̄        ノ
         ゝ                 ,,/′
         |!゙ゝ、__            ..t|"|
        ニl  `'lニゝ、___      _....''ワ’ '、
______,,..r‐""ゝ   `┐   ̄ ̄ ̄ ̄´ _r   ノサゝl'llIぅコ 、
‐''⊃'''´ /  ゝ ヽ、  ′         / │  ゙ゝ ゙`'"''、
            松本理左衛門定好


45やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:36:02 ID:Vn20I+gd
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',    誰が怪しい奴かッ!!
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |    俺の名は沢庵!!
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    ここに配流となった僧だ!!
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ    貴様はここの領主・土岐山城守殿の家臣か!?
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

      /;;;;;;;;;;;;;;_..-';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ
      ,';;;;;;;;;;;;;;'´;;;;;;;____,,..........................___ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     |!;;;;;;;;;;;;;/‐'""´           `゙''ー 、;;;;;;;;;;;;亅
     「;;;;;;;;;;;│ -----..__    -__..--一ー 、│;;;;;;;丿
     │;;;;'、;;ノ  ニ..___   ゙〕}  !l  ___....-ー‐..1;;;;;/
     ┤;;〕|;;丿  ..┬'テ三 丿   l ニ三'1‐ュ-┘'、│
      l''''lソ′    ̄"`´〒   |'、  " ̄    '1メ-、    いや、俺は山形の鳥居忠政様の家臣、
    ‐ィ┤,'         `   ′       1 ,,,T   松本理左衛門定好という者だが…。
     !(〕1                 u   ユ !11
     |! 1卜        ナ    __'、       ノ''、卜   貴様が「あの」沢庵和尚だと?
     │1│        ゙'ゞニニテ ̄      _ノ ノ 丿   ほ、本当なのか!?
     ヘノ l′       .._ ∟-、、      ヾ|! ゙ /
      ヘ│      ..l{リに三E┐      ,' 丿
        1       -ニ'―‐'ワ       卜'´
        '、       "‐'' ̄        ノ
         ゝ                 ,,/′
         |!゙ゝ、__            ..t|"|
        ニl  `'lニゝ、___      _....''ワ’ '、
______,,..r‐""ゝ   `┐   ̄ ̄ ̄ ̄´ _r   ノサゝl'llIぅコ 、
‐''⊃'''´ /  ゝ ヽ、  ′         / │  ゙ゝ ゙`'"''、


46やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:38:06 ID:Vn20I+gd
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ○ゝ イ○ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    あのも何も、この俺以外に
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|   沢庵などこの世におらぬわー!
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

     _....--:::::::::::::::::::::::::::´ ゛---.._   `‐
  _r'''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,..------ニl 、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/'´       `ヽ、
  ヘ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::/^′         `
  'こ::::::::::::::::::::::::::::::::丿
   ヘ、::::::::::::::::::::::::::/
   _ノ:::::::::::::::::::::::::〕    …よかろう、それが本当ならば、
  _r''r=匕r―'、  |    山城守様のところへ連行…もとい案内しようではないか。
  ―''"|ソ´ ヘ ゙' 、_ィ
    │_⊥  1j卜   ”ザーッ…あー、土岐家の方に報告。
     ゙liヒ>   l{     こちら松本定好。沢庵和尚を名乗る怪人を確保。
     !′    │    そちらへ連行する。どうぞ”
    丿     ||
    l’ _     'ト    『ザーッ…了解。すぐ連れてきてくれとの殿の命だ。
    〈__丿    ヽ    よろしく頼む。どうぞ』
    `゙│     │
  __-..エ 、    ヽ            _
 イ´ "フフ)/     「ゝ、       __,,-''′
  ?‐''''マlと'ヽ、    / `‐-_..---‐"`
  `ハ->'--ヽ   _ 、 ':::::::::::::::
  ゙''rE广L   ゝ ../ :::::
    `^ゝ''ユマミ''/:

 こうして沢庵和尚は、出羽上山藩守・土岐山城守頼行と面会することとなった。


49やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:40:19 ID:Vn20I+gd
 そして上山城にて…。

            /./'''゙''ヽヽ
           ./_jL.. .._}r〉            そなたが沢庵殿か。
           | ゙|  ̄ . ̄.| .|           噂はかねがね聞いている。
           l | ,,..二、.│ |           あの金地院殿をもおそれぬ態度には感心したものだ。
          ,' ∟`ニ" 丿 .|
         _/、 | 」┬''卩  ゝ....___       …だが、万が一にも
     _....-‐'''" |!L :| 弋 /‐∥ュ}    `ヽ     偽者と入れ替わっておらぬか調べる必要がある。
    /     f'!|ィl'、ノ│  ll|′     \    どうか、和尚が本物の沢庵和尚である証拠を
   丿 _Y、    「’ 丿│  `   」l    \   見せてくれぬか?
  _/   '〉       ,'  !      | 、    _ │
         土岐山城守頼行

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |    この俺が本物だという証拠だと…?
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |   …ならばよかろう、しかと見るがいい!!
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


51やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:42:10 ID:Vn20I+gd
                ,. '"´三二二三`ヽ      _)   .ロ日  ロ日  ロ日
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ     〈   .  匂 . 匂  . 匂
              /   /    夢     ', ヽ    ノ    ロ日  ロ日  ロ日
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   く  ..  匂 . 匂  . 匂
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ ノノ   . ロ日  ロ日  ロ日
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ )  .  匂 . 匂  . 匂
            /    /     ,,   ,,      ',    〈{   . ロ日  ロ日  ロ日
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   〃  .   匂 . 匂  . 匂
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V //  .. ロ日  ロ日  ロ日
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V /   .  匂 . 匂  . 匂
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ     . ロ日  ロ日  ロ日
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\     .  匂 . 匂  . 匂
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i 弋  .... ロ日  ロ日  ロ日
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | _ノ      匂 . 匂  . 匂
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | |  ヽ  ... ロ日  ロ日  ロ日
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  ム .....  匂 . 匂  . 匂
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |   __,) ... ロ日  ロ日  ロ日
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |  `ヽ.    匂 . 匂  . 匂
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! !   ノ ... ロ日  ロ日  ロ日
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  く.  ... 匂 . 匂  . 匂
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | !   ゝ ... ┃┃
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/   .ノ ... ・ ・


52やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:44:05 ID:Vn20I+gd
            ___
          , =ニ二三ミ '三`ヽ
         /  /, -─一ー‐、 ヾ
       /  ///        ヽi l
     /  ///          | |
     |  l l|         u| |
      |   | _ァ≒=、、  ir≒ァ|! |
      |  l l|  ´ ̄´,/|  ト ̄´ |! |   …………。
      |   |       |  |    |||
     |   ト  u  { _ _〉  ,ノ|||
     |   ∧    .r─‐  ./川!
     |  | }、        .|| |
      |    |\        || |
      |    |\`ー──‐ァ‐'|八
    _|    |  \___/  乂. }
   ̄  |j  川| | _/|_ _}\_   | |`ー-
         八|    ノ ̄|     jノ


54やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:46:11 ID:Vn20I+gd
            ___ .,  ガ ガ
          , =ニ二三ミ '三`ヽ ¨  タ  タ
         /  /, -─一ー‐、 ヾ :
       /  ///        ヽi l :
     /  ///          | | .
     |  l l|         u| | :  で、出た…
      |   | _ァ≒=、、  ir≒ァ|! | : .沢庵和尚の
      |  l l|  ´ ̄´,/|  ト ̄´ |! | . 1秒間に10回「喝」発言…
      |   |       |  |    |||:
     |   ト  u  { _ _〉  ,ノ|||:   ほ、本物だ!
     |   ∧    r─‐ァ  /川! .  本物の沢庵和尚だ!!
     |  | }、   }  |  || | :
      |    |\  `二´   || | :
      |    |\`ー──‐ァ‐'|八 :    /う┐
    _|    |  \___/  乂. }:..  / r个勺_
   ̄  |j  川| | _/|_ _}\_   | |`ー-/    〈/
         八|    ノ ̄|     jノ  匸つ   /

     _....--:::::::::::::::::::::::::::
  _r'''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ヘ、::::::::::::::::::::::::::::::::::′
  'こ::::::::::::::::::::::::::::::::
   ヘ、::::::::::::::::::::::::::
   _ノ:::::::::::::::::::::::::
  _r''r=匕r―'、
  ―''"|ソ´ ヘ ゙' 、_ィ
    │_⊥  1j卜  (いや、これはきっとそれ以上の…!
     ゙liヒ>   l{    けしからん…けしからんぞ和尚!
     !′ u       これは是非、俺も参禅せねば!!)
    丿
    l’ _
    〈__丿
    `゙│
  __-..エ 、
 イ´ "フフ)/
  ?‐''''マlと'ヽ、    / `‐-_
  `ハ->'--ヽ   _ 、 ':::::::::::::::
  ゙''rE广L   ゝ ../ :::::
    `^ゝ''ユマミ''/:


57やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:48:26 ID:Vn20I+gd
       , =ニ三ミ三`ヽ
     /  / , -一ー-、 ヾ
     / ///      ヽ l
    / ///       u l l
    |   | _, =.、、 i,r=.zl! |    和尚!
    |  l l|  ̄´/| ト ̄´l! |   ナマ言ってスイマセンでした!
    |   |    j l、  ll l   詫びの為にも、是非俺に和尚のお世話をさせてください!!
    |  ハ u  ゙--'  ノ!l l   家臣どもにも、絶対失礼のないようにさせますんで!
    |  l },    | ̄「 イl |
    |   l\  `ニ´  | | | ハアハア
    |   ト、` ――ァ‐' ! ハ :. ,rぅ┐
   ―|j 川 | ,>r―K   メ }、_/ '^'ァ、
       ハ| ´ ├‐┤`'  lノ 亡つ  У

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / / u  夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |     う、うむ。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    別に俺はどうでも構わんのだが…。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    では、せっかくだから世話になろうか。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 こうして沢庵の、土岐山城守の元に預けられての生活が始まったのであった。


59やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:50:06 ID:Vn20I+gd
     /.  . : : : . : : : . : : . . \       こんばんは。
     /. : . : :/. : /: . : : . i: : . : . .ヽ     藤岡ハルヒです。
   ./. : . : :, ': : /: : . : : : : . : i、: : .ヽ: .ハ     今回は自分が解説役です。
    ,'. : : : :/: : /: :,/ィ: : : : . : /へ: : ハ: . l
   { : : : : ': : : ////: : : : / /‐-.l: : : i: : l     さて、今回、出羽上山に流された沢庵和尚ですが、
    '. : : : :|: / /'゙/: : : : イ:/   |: : : ! :/   この時、沢庵を預かることになった上山藩主・土岐頼行は、
   ゝ: l : l/ 〒〒7 : : イ /'〒〒 l: : :/ /    後に自得記流という槍術流派を立てる程の武芸熱心な藩主で、
    トlヽ:ヽ ゝノ {/ l.  ゝノ l:/ }'     その絡みからか、将軍家指南役である宗矩と
     ゝ `ヽ             ノiノノ     親交のあった沢庵に興味を持っていた、とも
      ` ‐、           /¨´      言われてもいますが、その辺りの詳細は不明です。
        ト\  ´ ̄`  . イ         (いわゆる”剣禅一致”の概念が生まれるのは後の話ですし)
         ヽi> __ <l/
          /ゝ__,,,,__ノハ            ただ、沢庵が到着する前から頼行が
         /{  /::::ヽ  lヽ          既に沢庵の噂を聞いており、非常に好意的だったというのは
      _/. : :l/ゝ:::::ハ. |: .ト 、_       間違いないようです。
 _  -‐   /. : : :|  { ̄} ∨|: :i: . ` ‐- __

                    ...  ./ ./   . i: .   : i: ト、iレハ: 、:  \:
                      イ./ :/   ./. :|:i: .  : :l: l u , -ゝ-\__
                      //: /  . /. ノ|:トl  . /! l,/≠=kゝ ニ=-
                     /イ: :{ _/__|_/_/'_ノ/: :ムl l〃    ,u }:}:ヽ
                       {i:i: 、: {: : l≠=i{イ: {`ノ'  __/ ノィ ノ}
 (俺の事スルーされた…ッ!)    ゝi: :ヽi: . {   ゝi、 l三三____ノ' ソノ
                        j从|从: ゝ ̄彡ノ_`     U i,   /イ: /
                         ´i{ ゝニ=‐ `ヽ__ .. へ.  ll / l_/
                             _. \  マ¨´    ヽ ij/  〈 \
                         〈ヽ .ノ }  r> L................」イ_   >
                         .j. }. / / / ノ  \__ ∠  ゝ `<__
                        __〈 〈./ / / /   ,ri /| \_> ‐ 、
                        '‐-.i { '、 { { , -‐'ノィ l _∠...ゝ__
                          L   ト} Lj r'/ j  Vゝ-.-- 、 \
                          `L...   ` 〈、  /  V  ゝイ \
                            \、、   `゙ヽ\__ ∧ |::::l  ノ


61やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:52:17 ID:Vn20I+gd
 その後、沢庵と直に接する事で、頼行は更に沢庵に深く傾倒するようになり、
その態度は実の祖父(当時の頼行はまだ22歳)に対するような丁重さであり、
また、家臣たちにも同じく心がけるように命じたという(※

            /./'''゙''ヽヽ
           ./_jL.夢_}r〉   いいかお前ら!
           | ゙| ´゚`.´゚`| .|  和尚相手に失礼は絶対許さねぇからな!
           l |   」 │ | . 言いつけを守らん奴はSATSUGAIするぞ!
          ,' ∟゙.コ 丿 .|
         _/、 | 」┬''卩  ゝ....___     「イエー!わかってますよ殿!
     _....-‐'''" |!L :| 弋 /‐∥ュ}    `ヽ     ゴートゥー沢庵和尚!」
    /     f'!|ィl' . /│  ll|′     \  「ゴートゥー沢庵和尚!!」
   丿 _Y、    「’ | │  `   」l    \
  _/   '〉       ,'  !      | 、    _ │
  l′  |'、      「 │     1  /"` '、
 j{lコtx、l       ''廴_ |      | '''' 、    l
_/l从:とユ......__..r‐" 〈ヽ、     |   ヽ    1.
7乃riiゥナ‐'''     '' ..ヘ(┤     |   ;J,,   .l
l_ `  ー  __,,..-―--ュ ト"丶     |   ./′   |
´`''―''コ'"´      |!  ,'       | /     /
    ∥       丶丿 /'」て'ヘ_|/   _..‐"
    '│       ゙┤ ∟ ´     _..-‐'´
    ..广       │ ゙ゝ__....--'''´
    イ         ム      -'|、
    |        r'〕^∟     _]、

※ 寛永七年六月二十二日の沢庵当人の手紙に以下の記述あり。

 『山城守殿ねんごろさ、中々我等国本にての馳走の様なる事にてもなく、
  家中の侍衆までも、殿の祖父などのやうに、おもおもしくあひしらひ、馳走大方ならず候。
  何にても不足なる事なく候』


64やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:54:25 ID:Vn20I+gd
 また、他にこのようなこともあった。

            ___
          , =ニ二三ミ '三`ヽ
         /  /, -─一ー‐、 ヾ
       /  ///        ヽi l
     /  ///     夢    | |
     |  l l|          .| |
      |   | _ァ≒=、、  ir≒ァ|! |    和尚!
      |  l l|  ´ ̄´,/|  ト ̄´ |! |   和尚のための新築の庵が出来ました!
      |   |       |  |    |||   案内しますんで、どうぞこちらへ…!
     |   ト   .  { _ _〉  ,ノ|||
     |   ∧    r─‐ァ  /川!
     |  | }、   }  |  || |
      |    |\  `二´   || |
      |    |\`ー──‐ァ‐'|八      /う┐
    _|    |  \___/  乂. }:..  / r个勺_
   ̄  |j  川| | _/|_ _}\_   | |`ー-/    〈/
         八|    ノ ̄|     jノ  匸つ   /

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |   新築の庵だと…?
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


65やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:56:05 ID:Vn20I+gd
        vwwwwwwwwwwwwwwwwwv
        :ll----------------------ll             :;;ゞ;:;:ゞ.
       ,,r'゙:;;:; ;::; :;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:; ;:;::;:; :;:; ; :;:;゙゚'i、       彡ミ、r~:: : ;;ゞ(;;;:;:ゞ゚'゙
     ,r''゙;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:; ;:;::;:; ;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:; ;:;::;:; :゙゚'i、     ミ彡i゚゙(;;  :.';:;:.:ゞ ;;ゞ:;:ゞ
   .,,r''゙;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:; ;:;::;:; ;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:;,,,ソ “゙゚''''' ''゚゙゙゚  彡ミ;ヾ:::;;ゞ :;:ゞ.:ゞ
  ,,r゙‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰  (彡ミ彡ミ彡ミ彡゙》ミ彡ノ''゙(   ;;: .';:;:.: ゞ;゙゚ヾ;:;::ゞ;:;
《《,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  (彡:;:彡ミ; ;:;; :ミ;;:;:;彡`゚“':;;ゞ;:;:ゞゞ.:; ;ゞ :;:ゞ.:.
 ,r'~二二二二二二二二二二二二二 ヽミゞ ゞ::;ゞ; :;:ミ;:;:彡ミ彡゙゚'''):  ; :ゞ.:;;ゞ;:;:ゞ.:;;
 ゙~l~~~~~~~~~~~~~~~~ニニニwニニニ~~~~~ (彡  彡;:;:;ミ 彡ミ: ;;丿:;;ゞ :;:ゞ.:  ;;ゞ; :;:ゞ.:;;ゞ
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ∥   |目   .(ゞ;:ゞ;:,vr━i、
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ∥   |    l'''''''"'''''''''゚゜~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄llllllllllllllllllllllllll    │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙~'ヘ、;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :.、、;: ...:,:.:.、 ,:.:.、、; .:,:.、  :.、、;:.. .:,:.:.、.:.、 ~'ヘ;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :.、、 ;:...:,:.:.、,:.:.、、 ;:...:,.、 :.、、;:...:,:.:. 、,:.:.、、;:...:,:  .:.、~'ヘ;;::::::::::::::::::::::::::::::::
:.、、;:...:,:.:.、,:.:.、、;:...:,:.:.、  :.、、;:...:,:.:.、 ,:.:.、、;:...:,:.:.、 :.、、;:...

            /./'''゙''ヽヽ
           ./_jL..夢__}r〉   まあ、和尚は派手なのお嫌いですから、
           | ゙|  ̄ . ̄.| .|  4Kにクローゼットバストイレつき程度のものですけど、
           l | ,,..二、.│ |  どうか使ってもらえたら嬉しいッス!
          ,' ∟`ニ" 丿 .|
         _/、 | 」┬''卩  ゝ....___
     _....-‐'''" |!L :| 弋 /‐∥ュ}    `ヽ
    /     f'!|ィl'、ノ│  ll|′     \
   丿 _Y、    「’ 丿│  `   」l    \
  _/   '〉       ,'  !      | 、    _ │

 沢庵の為に建てられたこの新築の庵は、
6畳間2部屋に、請者部屋・小者部屋の2部屋、そして3畳の物置と、風呂と便所つきで、
更に、沢庵が風邪を引かぬようにと、寝床の下には鹿の皮を敷いて、冷えぬようにするなど
細かなところまで心配りが為されたものだったという。


67やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 21:58:20 ID:Vn20I+gd
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / / u  夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |    (ううむ…俺が宗鏡寺の裏に建てた投淵軒より、
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     よほど立派な庵であるな…。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     ここまでしてくれずともよいのだが…)
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / / u  夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |   (だが、流罪の身の俺にここまでやってくれる
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |    頼行殿の御好意を無駄にするのも悪い…。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    し、仕方ない…)
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


            /./'''゙''ヽヽ
           ./_jL.夢_}r〉
           | ゙| ´゚`.´゚`| .|    ど、どうっスかね?
           l |   」 │ | .  和尚、気に行って頂けましたか…?
          ,' ∟゙.コ 丿 .|
         _/、 | 」┬''卩  ゝ....___
     _....-‐'''" |!L :| 弋 /‐∥ュ}    `ヽ
    /     f'!|ィl' . /│  ll|′     \
   丿 _Y、    「’ | │  `   」l    \


68やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 22:00:05 ID:Vn20I+gd
L                    _,,..--..,,_        \ \、_ハノ
 ''l                  rて r、   `ー....、_    ヽ\).',..、
   'X.               /Lノ'、      ´ー-=ぃ   /
,,..  ` ゝ              !{-F廴  、    ゙  `! 冖ヽ,)
     ゙'、            く,斗 |!ヘr ゙^'_ 、' _ 、 .. '' '''1 ))  . き、気に入ったぞ頼行殿!
      ヘ             ゙卜〕 テ| 1‐ _ ''‐くぃ ワ>rヽ   この庵に早速
       ''、           :ひ L l f ヘ_っコ.... >lミ[ニi_) .俺の匂いをつけてくれるわー!
        1           ` 〉广 ,'フ´    、 ヘ_`''''ゞ,)
        ヽ、          │ 、丿    ィ' 1`'t.._/-、ノ
         "ー-..っ__......--‐''l、│   _/\l  ヽ、 .,ソ/ヘ '"
        __'ー ゙'广'、´     リ丿   /     ' "ゝ/  //7/ヘ /l ト、 |\
      _-r冖'^''''ヒ 、ェユニニニ --フ   丿  _,,-tニ┼..`'´ ..、ゝ  /   V | l ヽ|
      ..tコこコ  '' ‐1          丿 ..r彡メヒ三ナ ヽ、 丿
      ‐'モ―  =ー'゙'冖''―‐―----‐'ゝri ククと乙-tニ弋 ..广
              ゙'、   、 ..三Fン ゙ "'i|彡彡彡‐''""ィムヽ
               ゙t- -.丿,'=土二  ゙て-‐ _..r‐'' ゙̄'ぃT
                ゙ 、 {_ コナ‐ーに__ ヽン''′   _  "/
                 ∨’  ´゙゙''ー-u 〕 |'′ _..‐" ̄ >′
                 :l  ..---- 、  〉 T_r'∟    "'、
                 l/ _    ゙ゝ / /  - ′   '、
                 ¦ ´     〉/ン′       /い、
                 l  、   、 ノン′  丶   ,,/
                ′    /i1r)' ゝ      _/
             _、  ヽ    丿'l|广      _/
             !'ヽ !    │ 'i'、    _/
         丶   l `ぅこ    卜 `゙'、  _r''´
             1 `ヘェ.._   '、 ..jゝ`"1
、             ヽ   │`'''、 'l/   ∧
┘             ` 、 丿  、1 |    丿 ヽ、
                ゙'彳    卜   /   丶


70やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 22:02:26 ID:Vn20I+gd
            ___ .,  ガ ガ
          , =ニ二三ミ '三`ヽ ¨  タ  タ
         /  /, -─一ー‐、 ヾ :
       /  ///        ヽi l :
     /  ///      .夢   | | .
     |  l l|         u| | :
      |   | _ァ≒=、、  ir≒ァ|! | :   す、すげえ!
      |  l l|  ´ ̄´,/|  ト ̄´ |! | . 流石は沢庵和尚だ…!!
      |   |       |  |    |||:   もうこの庵を自分の物にしてらっしゃる…!
     |   ト  u  { _ _〉  ,ノ|||:
     |   ∧    r─‐ァ  /川! .
     |  | }、   }  |  || | :
      |    |\  `二´   || | :
      |    |\`ー──‐ァ‐'|八 :    /う┐
    _|    |  \___/  乂. }:..  / r个勺_
   ̄  |j  川| | _/|_ _}\_   | |`ー-/    〈/
         八|    ノ ̄|     jノ  匸つ   /

 こうして建てられた庵は、「春雨庵」と名づけられ、
以後、沢庵の上山における生活の場はここになる。

 このように、土岐頼行の沢庵に対する態度は、
「罪人」というより、一貫して、「賓客」に対するそれであったという。
(無論、領外に出ぬようにするなど、監視だけはしていたと思われるが)


71やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 22:04:12 ID:Vn20I+gd
 また、沢庵自身も、上山到着直後、堀直寄に
「自ら正しいと信じたことを述べて、それで流罪になったのなら、後悔はない(※)」と
手紙を出すなど、配流の身を嘆くようなことはなかったという。

               _.. -ー'''''''―-..,,,
             /゛         `゙''ー ..,,,,,,__、    \ \、_ハノ
           ,i'゙,,....,,,、                ,,,,.....,,..二T" ヽ\).',..、
        i./    `''、                  `'';;;;;;i、 /
       ,!l 夢>   i'i|.゙l ,               `'- ヽ,)
       l:|.`.゛ ./´゙7i}゙'、                ) )   . ヤることをヤってやっただけよ!
          !l,,_  l / '´   ...}               /`ヽ   この俺様に後悔など存在せんわー!!
        .',_/       / !                /..l_)
           l ._i、 ,、ヽ !;:;:;ヽ              /   .l,)
            l. i-'" ゙',/ l;:;:;:;:;\  _,,,,.............../ !    /-、
            リ',、  .l゙''、|;:;:;:;:;,ノ゙ /   .,.‐',   l    .,ソ/ヘ '"
             '!|.l.  / .゛', ;;l" /   ., /  l,  .',  //  //7/ヘ /l ト、 |\
             _,.l,', ;;,'-'./ ゙./  _,,,/  !  ..l  ,ゞ゛   ___,/ _____V__ | l ヽ|
      ,./ '"   ゙''" / , ''"'''"| / .l   l   .l./
     i'"    ./ ./ /   ., '~',  .l   ! / ;',
   _..-'"゙゙フ'./ / ,/   ./',  .',  .l /;:;:;:;:;:|
 /゛  イ゛,/./ ,/   ,,-',  .l  .', _ '";:;:;:;:;:;:;:;:;|      .、  ,
   , ',゛i!〃゛ /   ., ''.l  ',  .l ,,ミ'゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:',゙''-、、   ゙',ゝ、,.l,
 ,..┴-iフ" ./   ._‐{  . !  ', ._ノ'l丶;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|   `''' !./ -',、`′
   / /   .// l  ', .,ゞ゛  !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: !     . ゙'- `'
 / . /   .,,/゙l゙ .!  .l ._ソ"    .l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: !
   /   ., ''l'7 !  ヽ,,,,','"|      ',;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
 ./  .,-{..,i,' |  ′    .l_      !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!
: '.l.,,i'゙.l |i./ .ヽ      .',,'',、     .l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
..ィ ! ', ',`'、.      _,,,',. ゙リ..,,,_   !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
 ', l  l..,ノ'´ `'-、 .,,...../   ゙'イ;:;:;:;:; ゙゙̄''゙‐' ..、;:;:;:;:;:;:;:;!
 .l .!/      `'-,, \,ノ゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
 .,','----.... ......,,,,,_、  `'く、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.!
. ゛―----........,,,,_、 .`゙''''ー-ミ;;ッ、,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.!
 ------ ....,,__ .`゙"'― ..,,、.゙/゙'''-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l゙
 ー''''''''''''―-..,,_ ゙゙゙̄"'''ー ,,, ./゛    `''ー ..,,,_;:;: /
             `゙'''‐    ~

※『誠この度宗門の事にまっすぐなことを申して、御意に違い、出羽の国まで流されしと申すことは
  二代三代も人の口に残り申すべく候。名聞と申しながら、末世にはせめて名聞たりとも残り候へば、
  満足に存じ候間。心さへ塵に穢れ候はずは、身の苦しみなんとも存じぜず候。
  心をむさく人に見られて、身の安き事は、悦び申さず候。
  心をむさうして、身をやすく仕るべく候ほど、安き事はこれなく候。
  恥を思う計りに、人は身をもはたし、苦しみも仕り候事に候。
  又又いらざること申すと思し召すべく候』


74やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 22:06:01 ID:Vn20I+gd
                        ....    /},/    ,イ /     ト、   \  \
                            / /   ///」ィ)) /、_/ ヽ__   |< ̄
 ハルヒ、さっきはひどいじゃないか!    ∠  |i.  T¨_二´|  〃 7二__「 !.  ト、 |
俺だって解説役なんだからな!       .   },.イ|  |'て  》!/   《  》`リ  リ|!
俺にも喋らせてくれよ!          ....    / >、. |/ ) )/   /) )/∠.イリ |
                        ....   〃イ V(.r-―――――‐ 、 「ヾ. }/
 この時期、沢庵和尚に当てて、          | ||  _        / | .ノ
多くの手紙が届けられ、それに対し、  ...     ゝイ/´⌒ヽ )     /./´
沢庵も数多く返信していたんだ。     ..   ,ィ―/     ⌒ヽ ,..r<
                        .... /  |        `)レ∨
 そこから読み取る限り、          . \  |           ハ|\
沢庵の上山での生活は           .   ,ゝ  ヽ____/;;{ト、 >、
非常に恵まれたものだったんだよ     .  <   rF=-‐―--yイ:;ヾi Y    ̄\
…今の俺の扱いよりずっといいよ!      ヽ |        ̄l;:;:;|i l     / |
                             | |         |;:;:;!  |-┤/ ,/

         _____
       .  .´ -―  ´ ̄ ̄\
     // ./: .   .     ヽ-、
.  /   /: : : . : . : : .  : : :: .  ヽ     まあ、一人で喋った方が効率がいいかと思いまして。
  / :/: : :/ : . : /: : ,/: : . : :/:/!: : . ハ
. / : i. : . :/: : :/| : イ: : : : :/: ム!: : : ハ    さて、沢庵の生活について補足をすると、
/イ: :i : : /: : :メ、ノ´/: : :/, '|:/ |: : :|: :i:|   上記の春雨庵の新築などもそうですが、他にも、
 i{: :!: : 「.不¨ 卞./ィ/:/_ナ二 }: : /:i i:!
 ゝハ: :| 弋___タ//ィ イ⌒ハソ: :/ /:八    『当年の正月程、餅をたくさんにお入れ候事は一期になく候』
  〈 ヽ:| `ー‐     弋t._ムi/:/ /i/    . (この年の正月程、餅を沢山食べた事はなかった)
.   \‐!´ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶` ̄ //'}´
   iイヘ     _    ̄//./         などという具合に、
   |从: :> 、  ´ ̄`   ィ‐'´       土岐頼行の沢庵に対する対応は、
   .へ-く  \  _  イ:从         丁寧かつ親身この上なかったといいますし、
__/  ヽ \   /   "           また、上山という土地そのものについても、
 ヽ    ヽ ハ  ハ              『上山はいいところだ(大意)』と述べ、
  ヽ    V ハ / ハ             沢庵は、上山での生活に満足していたようですね。
    、   ∨7 i. |             .
  .  ハ    V V  |ヽ.             …正直、出石で隠遁していた時より
  i   i    ∨   |  \          いい生活してたんじゃないでしょうか。
 ,i    'i   /   |   ヽ、
 i     i  /   |      ハ


78やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 22:08:01 ID:Vn20I+gd
                   ......          ,r-‐' ̄ ̄ ̄`ヽ
                            ィ‐'"          `ー-、
                        `≧"´            ノへ \
                      ゝニ二                     ヽ ハ
                        /       /            }  }
                       丿      ノ/       人    |   |
 ふむ。                .  |ハ {  、_ / {    ノ / }     !  l|
庶民は餅が沢山食べられれば     | ,,、   / `|  //   |     }   !__ ___
それでいい生活なのか…!   ...   ヘハ\ {_、_ゝ / ' ̄ `ー=|丿 ノノヽゝゝ    ` ー-、
勉強になるな!          ....      }ノi ヽ ̄丶  =、___ ソ / //──── 、    `
                          ´ ヘ   ノ    `゙゙゙゙゙ノ/ンノ         ` ー-、
                            ヽ          /冖/
                             > ` ー- -   ,/__|,∧!        r‐ヘ
                            / ヽ、__  < /  ,`-、_ ,, -‐'´:::   }   /
                           /   /ヘ  /   / /      /::::::   |  /
                           i ,-‐'" / |/   /   /    /::::::::::   } /
                     / ̄`ー--‐'´ /  //:ヽ  /   /     /::::::::::::   ノ_

           _
        , -―‐-`.ヽ __
        / . . : . .  `. <`            (無視して)そのこともあってか、
      ./ /: /. ://: . . :, . : 、ヽ          上山における沢庵は、悠々自適に歌作・詩作に耽り、
     / /: /: : /l: : :/i: . : :ト.l   .      その他、頼行に頼まれて禅の面から政を説いた
      {: {: :i ≠=、ノ ∠=、V: : :l    .       「上中下三字説」という書を書いたりして過ごしていました。
     ゝゝ:トfしリ/´ i fしト} ル'
      { `l `¨  , `¨イ´}___ .        また、前にも述べた通り、沢庵はこの配流に対し、
      `i¨ヘ  ,.-┐ ノ´'ー-ッ , ``ゝ
      ,、へ> 二 <    ゝ{_{_tLヽ     「正しい事を述べてなった流罪だから、後悔は無い」
     .へ \ >くl \__   `¨ _f三三}    「こんなものは武士の国替えと同じである。
    /  L..乂L:}、∠ / }   |: : : : l      いちいち嘆くような事ではない」
   /  : : : :<: :ヽ|::|: : /:/ イ     l: : : : :l
  .{ : : :\: i: 、 : l:::|: ム/: : `丶、 |: : : :l     と述べ、自らの意思を貫けた事に満足し、
  」 : : : : jノ: : :、:l:::l:/:ム: : : : : : :\l: : : : |    流罪そのものについて嘆くような事はなかったようです。
  ゝ: : : : ゝ: : : : `ソ:/  ` ‐- 、_: :´: : : : l
 |: : : : l: : : : : :/ /       ` ‐- 、_ノ
  l: : : : : l: : : : : ゚ /
 ,l: : : : : l: : : : : :/


80やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 22:10:03 ID:Vn20I+gd
                   ....   / ./   . i: .   : i: ト、iレハ: 、:  \:
                     イ./ :/   ./. :|:i: .  : :l: l u , -ゝ-\__
                     //: /  . /. ノ|:トl  . /! l,/≠=kゝ ニ=-
 わかった!             . /イ: :{ _/__|_/_/'_ノ/: :ムl l〃    ,u }:}:ヽ
真面目にやるから           {i:i: 、: {: : l≠=i{イ: {`ノ'  __/ ノィ ノ}
無視するのだけはやめてくれ!   .ゝi: :ヽi: . {   ゝi、 l三三____ノ' ソノ
お父さんが悪かったから!   ...   j从|从: ゝ ̄彡ノ_`     U i,   /イ: /
                   ....    ´i{ ゝニ=‐ `ヽ__ .. へ.  ll / l_/
 …でも、そんな沢庵和尚も、   .        _. \  マ¨´    ヽ ij/  〈 \
たまには気弱になることも   .....    〈ヽ .ノ }  r> L................」イ_   >
あったんだよな!?            .j. }. / / / ノ  \__ ∠  ゝ `<__
                       __〈 〈./ / / /   ,ri /| \_> ‐ 、
                       '‐-.i { '、 { { , -‐'ノィ l _∠...ゝ__
                         L   ト} Lj r'/ j  Vゝ-.-- 、 \
                         `L...   ` 〈、  /  V  ゝイ \
                           \、、   `゙ヽ\__ ∧ |::::l  ノ


        ///  /: : : : : : : : : \  ヽ ヽ ヽ        ... はい。
       /:  /  /: : : : : : : : : : : : : :\  \ヽ ヽ         流石の沢庵和尚も歳を取る事で体が弱ってきたからか、
        /:  /   /: : : : : :/: : : : : : :i、: : |\ ヽ:.:.ハ        故郷の知人と思われる人物に対し、
     /.  /. / /: : : ィ /: : : : ,/: / ヽ: :l、 ヽ. |:.: |       .
     |. / /: :l: |: /-!イ: : : , '/:, ' ̄`V:l:|:.:.:  |:.: |        . 『当年五十八に成り候。酉の年にて候。
     |//ィ: : :| :|/≠土|: /ノ'´≠.=、|'l:|:.:.:.  l:.: ハ         目霞み候て、書状わけも見え申す間敷候。
     |イ 〈|、: |: i{ 〃⌒|/丶   〃⌒リ ト||:.:.:.  |:. l l      ..  貴殿一五・六の時分、昨日今日のやうに候。
      | 、 ハハ{ ヽ、| 弋__タ   !  弋t_タ_ リ:.:.:|. |:. | |      .  いつのまにやら年寄に成り候。
.      | :.V:.ハ:lゝハヽ` ̄      ` ̄´ ム|:.:八: |:. | |       .  いのちの中、一つ所に居り申し候て、
    | .:〉:| リ:.:.`‐.、           ヶ‐|/ ハ | | |        折々はなしなど仕りたく候』
     | / :|{{:.:.:.:.:.:.|i:\   ,r...ュ   /从:.:j' /:.:ヽ|   |     ...
     | /  l{{:.:.:.:.:.:.:i从i>     イ从!:.:.:〈.∧:.:.:  :  |,     . という具合に、
     l// :.ハ、:.:.: :.:.:.:.:.:.|.   ̄  |:.:.:.:.i:.|:.| ハ:.:.:  :.:. ハ      「最近年のせいか目が霞む」
     j/ .:.:l ハハ:. :.:.:.::.:.:ノ i    |:.:.:.|:.i:.| l ハ:.:  i:.: .ハ     「生きているうちに、皆で集まってまた話がしたい」などと
    / .:.:.'. ノ∠.. -一'′ i   ___ `---V . | ハ:.  i:.:. :ハ   ...珍しく気弱な事を書いた手紙が残っています。
   / .:.:./ /∧V―― / ̄ ̄  \-―‐V l  ヽ ヽ:.:. :.ハ   .
.  /  .:.:/, ', '  ll,  /     i    \  ∧ヽ  ヽ  :. : ハ   . なんにせよ、配流後も沢庵は
 /  .:./, '    ll//    .: |:.:.    ヽ//ハハ:.      :ハ .....直接・手紙を問わず、様々な交友関係を
./  //    V /    :i |:.:.:.:.    V/ Vハ:.      :ハ  維持していたようですね。


82やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 22:12:15 ID:Vn20I+gd
 そのようなこともあってか、藩自体も、
沢庵を尋ねてくる外部からの客に対して相当オープンだったようである。

      /;;;;;;;;;;;;;;_..-';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ
      ,';;;;;;;;;;;;;;'´;;;;;;;____,,..........................___ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     |!;;;;;;;;;;;;;/‐'""´    夢      `゙''ー 、;;;;;;;;;;;;亅
     「;;;;;;;;;;;│ -----..__    -__..--一ー 、│;;;;;;;丿
     │;;;;'、;;ノ  ニ..___   ゙〕}  !l  ___....-ー‐..1;;;;;/
     ┤;;〕|;;丿  ..┬'テ三 丿   l ニ三'1‐ュ-┘'、│     沢庵和尚…!
      l''''lソ′    ̄"`´〒   |'、  " ̄    '1メ-、    あの禅風、実にけしからん!
    ‐ィ┤,'         `   ′       1 ,,,T    なんとしても参禅して、
     !(〕1                     ユ !11    和尚の教えを我が物にせねば!
     |! 1卜        ナ    __'、       ノ''、卜
     │1│        ゙'ゞニニテ ̄      _ノ ノ 丿
     ヘノ l′       .._ ∟-、、      ヾ|! ゙ /
      ヘ│      ..l{リに三E┐      ,' 丿
        1       -ニ'―‐'ワ       卜'´
        '、       "‐'' ̄        ノ
         ゝ                 ,,/′
         |!゙ゝ、__            ..t|"|
        ニl  `'lニゝ、___      _....''ワ’ '、
______,,..r‐""ゝ   `┐   ̄ ̄ ̄ ̄´ _r   ノサゝl'llIぅコ 、
‐''⊃'''´ /  ゝ ヽ、  ′         / │  ゙ゝ ゙`'"''、

            /./'''゙''ヽヽ
           ./_jL.夢_}r〉
           | ゙|  ̄ . ̄.| .|    …お前もよく来るよなあ…。
           l | ,,..二、.│ |
          ,' ∟`ニ" 丿 .|
         _/、 | 」┬''卩  ゝ....___
     _....-‐'''" |!L :| 弋 /‐∥ュ}    `ヽ
    /     f'!|ィl'、ノ│  ll|′     \
   丿 _Y、    「’ 丿│  `   」l    \
  _/   '〉       ,'  !      | 、    _ │

 その一人が、この山形藩士・松本理左衛門定好であった。
元々は頼行に槍術を教えていた人物で、当初は最上義俊に、後に鳥居忠政に仕えたが、
沢庵の上山配流の報を聞くや、山形から上山に日参し、沢庵に参禅したという。

 後に、この参禅の結果かどうかは不明ながら、定好は槍術の極意に達して
「一旨流」という流派を創始、江戸へ出て、諸藩の士にこれを教授したという。


84やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 22:14:11 ID:Vn20I+gd
 また、ある日の事…。

      i  ............ハ}... ー|           :            / .:   ....:.......} l|  ここがあの沢庵様の庵ね…。
       | ........../:...::|:... 圦          :         / ,./:   ... .......′||
       } ....../:........}:....ノ小.       丶 -       /: //:.  ...  ..../  {
      ノ../:..:......... |:...{.{.j}{:ヽ.    ー--  .._,    {:. {イ:.  ...   ./   ハ
    / ..:..:..:..:....:......|:...`´. ∨丶   ー --       ,|....|′ ...:..   {./..  ′ ヽ
  ,/ ........:..:.......:..........{..ト、:..... ヽノ \        . イハ:.{... .:....  ||... |  /
< ̄ ̄¨ ―- z―くヽ\:....... \ \__ ..  ´  /:..:..:}:..  ..:    |!..... |/
´ ̄`  、     `ヽ \`ヽ:......  ヽ.         /:..:..:...|:.....:..:.    |:... /
     \         \ \:.....   {ヽ       ん、:..:. |:.....:..:..   {/
         \         ヽ:..... ヽ \    {  \:. |:....:..:.... /

     _....--:::::::::::::::::::::::::::
  _r'''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ヘ、::::::::::::::::::::::::::::::::::′
  'こ::::::::::::::::::::::::::::::::
   ヘ、::::::::::::::::::::::::::
   _ノ:::::::::::::::::::::::::  て
  _r''r=匕r―'、    そ
  ―''"|夢´ ヘ ゙' 、_ィ
    │_⊥  1j卜
     ゙liヒ>   l{     む、貴様何者!?
     !′ u       ここは沢庵和尚のおられる庵だぞ!!
    丿          怪しい奴め!
    l’ _
    〈__丿
    `゙│
  __-..エ 、
 イ´ "フフ)/
  ?‐''''マlと'ヽ、    / `‐-_
  `ハ->'--ヽ   _ 、 ':::::::::::::::
  ゙''rE广L   ゝ ../ :::::
    `^ゝ''ユマミ''/:


85やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 22:16:02 ID:Vn20I+gd
           /.:/:.../:......................./:.....     ´  ̄ ``ヽ.      ヽ.   ヽ
          ′l:.../:........:........ ....,|:......             ヽ       i:.    }
          i ...:{/:′..:..:  ...: .:イ:{..:..{:. .:           V     |::.   |
            | ....j.:.{:...:...::..  . /..|:...ヽハ:..: .  ..ヽ.   .   ∨    |:.:..   |   誰が怪しい奴よ!
         ハ..l.....ヽ{..:|:.{:....:........|:...:....:...:...: ....:...:..|:..: ..: :. .  .   .!::...   |  私の名は一絲文守!
           / ...::l:....:/ヽ.:ト:ド{:...ト、ハ:i:..、:..:..:.:....:.:ィ:.ト、.:...:...:.:...:}:. }  ..|::...  |  沢庵様に弟子入りしに来たの!
        } ......:|....バ} |斗=ァ=ミ{\ト{、:.//ィ厶lム}イ:.. .::i:../:}ノ   .|:....  l
        ノ .......:|...{ l ハl^`{, ト:f:r小¨` }イ´イ一j,≦厶zノ}イイ′  ...|:..... '.|    沢庵様と面識があるのならちょうどいいわ。
       / ...........:l:ハ {. |  '^`冖'′       ^´ドf::ri「`ヾ、}   ..|:..... {.|   さっさと案内なさい!!
        .′............:|.... } `|         :       ^`=='zz'^`ノ:   ....l:.....  ||
      i  ............ハ}... ー|           :            / .:   ....:.......} l|
       | ........../:...::|:... 圦          :         / ,./:   ... .......′||
       } ....../:........}:....ノ小.       丶 -       /: //:.  ...  ..../  {
      ノ../:..:......... |:...{.{.j}{:ヽ.    ー--  .._,    {:. {イ:.  ...   ./   ハ    ,.. -―
    / ..:..:..:..:....:......|:...`´. ∨丶   ー --       ,|....|′ ...:..   {./..  ′ ヽ /
  ,/ ........:..:.......:..........{..ト、:..... ヽノ \        . イハ:.{... .:....  ||... |  /
< ̄ ̄¨ ―- z―くヽ\:....... \ \__ ..  ´  /:..:..:}:..  ..:    |!..... |/
´ ̄`  、     `ヽ \`ヽ:......  ヽ.         /:..:..:...|:.....:..:.    |:... /
     \         \ \:.....   {ヽ       ん、:..:. |:.....:..:..   {/
         \         ヽ:..... ヽ \    {  \:. |:....:..:.... /
                     一絲文守

 一絲文守は近衛家の出身の僧で、以前、南宗寺にきて沢庵に入参していた人物である。
沢庵配流の報に際し、その境遇が侍僧一人いない不自由な生活だと聞き、
上山までやってきたのであった。


87やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 22:18:02 ID:Vn20I+gd
                    ,. '/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ. \
                  /: 〃:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.、:.:.:.:.::ヘ  ヽ
               /: :/__::.:__;,:.;.ヘ'´   \⌒ヽ、   ,
                 /: :/´: :´. . : / .       .   ぃ  '
             / ノ: : :/: : : : /. : .     : . : .   i ',  i
                /: : : :/: : : : : : i: : : . .   :} : :}: . . : :| : ,  !、
             イ: : : : :/ : : : : {: /| : イ: ト、:厶: ム: j: :jリ: : '  iヘ       沢庵様!
             ,{ ィ : : {:{ : : ハ厶ヒヘ:「jノ  / レ_,込.イ/: : ! |:い      ご無沙汰しております!
              /:jハ: :,小: :i√ _,,..=zミ     "{t:灯y′: |.,小. i',     一絲です!
        . -‐': : :/V /ヽ{  ヘt:炒_      冖''/:    l:/:,'   lヘ
     ,. :'´ : : : : : /: : :  {: : ∧  "^´         /: :     l': :  , ! :i
    /: : : : : : : /: : :   ∨:{ ム      _ .  , : :    |_:  / j : \
  /: : :  : : : : /: : :    V {:込、    _,,.. -‐1: : :   |`i¬ー- 、: :ヽ
  . : : :   : : : :{: : : .     ヽ´ i \    "´ |: : : .   ト、/ |    ヽ :}
 i: : : :    : : : : 、: : : :      }. |    `ぃ、 _,. ヘ: : : : .   \ !      iノ
.!: : : .   : : : : :丶:._: : . .   ; l      〉      \: : : .    ハ      j|
  、 : : :   : : : : : : : :{`7ー:、 /. | ` ー‐-- _   '"´):    . :/    /小

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |     む、貴様は…。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    こんなところまで
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    何をしにきたのだ…?
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


88やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 22:20:03 ID:Vn20I+gd
                 /  .././. /   ..!       ヽ. ヽ    `廴ァヽ
               ′  ..|..!:....:i:..  ..:|:.       ヽ i.. i    ヽ ハ
              i    .!.|:. ..:|:.{:.. ....:{:. |.   . .. .:i、:|.|. ト、.. .:{:.. ヽ!  '.       勿論、和尚に弟子入りする為です!
              |    ...::....:.{十:.:A:.ト:|:... ..:.l..:..:|,斗ト:.ヒヽ..「\:...}   .
              |    ...:.ヽ∧{ V≧{ミヽ:...:.トト:} r_七≦ミⅥ:ハノ   {       幕府相手にあの毅然とした態度!
           /.ヽ  l     ...:...:l ,ア7ぅ:心`ヾ\{ ′ 7´トィ::心 》|:....    ハ      私、感動しましたわ!
             {:::.. { /|      ..l:小{ ビ:zヅ           ゞ==く、|.      ヽ     是非、和尚の弟子になって、
            l::.:: ∨       ...Ⅵ  ^'¨^ ´     .           |:...       \    印可を受けたいと思いましたの!
             V:::..∨ !      ...|           :          |:....      |   ヽ
              ∨::..Ⅵ     ヽ.{           、,.          !:....      .    丶. 今日からよろしくお願いしますね!
             ∧::.. ヽ    ..  }〉=i       . --- 、       .{:....     l  、    .
          /_.ム::.:..:ヽ...  ...V..:..:〃     〈       ノ     ,小:...       |   ヽ.   '.
r― 、      _i´.::..:ヽ}::.:..:..\   /:..:..,∧      ` -- ´    .イ:.:!:ハ:..     |:...  ト.  i
\:..:.`ー.、  /´::V::.::.Vイ:..:..:..: ヽ.ノ:..:.,.∧:.:i 、     ー '     /:.:{:.:|:.:.::.:..     {:....   .\ヽ
  ` ミ:..:.. ̄{::.::.::.∨.::.ヘ::.. .:..:::.:,./:..:..:i { :..:.l \        イ {:.:.:.Ⅵ:.:.:丶..   ヽ:.....  ヽ 丶、
     `ヾ、_,ヘ::.::.:ヽ::.::.}:..:..:.::/..:..:..:..:{::|.:..|  `  .__ . ´  |{:.:.:..|:...:...:...、     V:....  .  ヽ.
       〈:.::.:\::.::〉ノ..:.::.:/..:..:..:..:..:l:.| ..:.|    __      _,jヘ、:.:.{:.:...:.... :..    V:...  i   } '.
          V::..:...`¨....:.::/::′..:..:..:..:.:}:.} :..「 ̄ ̄    ̄:..¨¨ {:rヘ.ト.、:.ヽ:..:..... :..    :....  }|   !|
          ヽ::..:. ..:...::..:..::..:..:..:..:..:..:/∧:..L: ------  :._:..:..:〉}:0)ノ.ヽ:..ヽ:......      i:..   ト、 ||
         {.\..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..//:..:}:..:}          ̄ヽ辷メ、:.丶{:\:.....      }   |..ヽ }ノ

 先にも書いた通り、一絲文守はその出身が近衛家であり、
外に従姉妹には後光明天皇の生母となる人物がいるなど、
朝廷と強い縁を持っており、勤皇意識の強い(そして幕府に反感を持つ)人物であった。

 そのため、紫衣事件に於いて、幕府に毅然と立ち向かった沢庵に対し、
強い憧れの気持ちを持ち、その印可を受けようと上山まで赴き、
沢庵の元で修行を始めたという。


89やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 22:22:22 ID:Vn20I+gd
 だがしかし…
                ,. '"´三二二三`ヽ
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ
              /   /    夢     ', ヽ
            /   /::(         ノ:::)  ヽ
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  /
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  .俺には弟子などいらぬわー!
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ   .
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  .帰れーッッ!!
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! !
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | !
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/

 沢庵には誰であろうが弟子を取るつもりはなかったため、
この一絲の申し出も受け入れなかったという。


93やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 22:24:47 ID:Vn20I+gd
                                    / ,. -―‐--⌒ヽ
                               , ′v' ,. -‐ ⌒ :.y`ヽ
                              / ,.-/ /イ:._;.;.:.:..    辷. ぃ
                                / 〃ク i'_,ヒ,^Yイ:___,ノ,小:.. }.}
                            ,.  '"´...:,. '/.:.:リ'心ハ. V_:.`¨´.;.:.:.}:.ノノ
          i'ヽ              / ./_∠.、:.:.:_/  `   'ー辷幺.:.:j:j/   沢庵様!
           、 \          _,ノ_∠ム-、ヽ:.ヽ'/ |     、/ ヾタワケ"/   .あなたの気持ちはよくわかったわ!
            \ ヽ     __,,.. 〔__:./心 ヾい:'. }: }\ 、(_ン ´  /`¨:/    弟子入りは諦めます。
         ,イ¨ヽ \ー<´    、..  '.  }:}::};〉  !:::: ヽ>‐--‐::'´/:.:.:;
       /´/ .:::〉`:::. >¬;     `  }  `¨.., =.く:::. 〉'ヲ/::r‐''"´  //      額に「夢」って書かれるのも嫌だし!
        r1 〈 ::Y_::::::;イ  /ヽ:.   ...:.:::::::∟:__;.イ{. .}jヘ ヾバ^ーr、:.r-‐r ′    
       ! {  ヽ____)/:::^  _,イ_:::::::_;.イT::::ー‐' 「 `‐′ヽ }}. ::Y ;ム':.:.:/       . でも、憶えてなさい!
      ヽ`ー‐r':::_; -‐'二 -' . ̄:.:'´!::|___,,.. 、 !      \ ::L_ ヽ:{        私は、貴方に弟子入りしなくても、
          ` ̄´¨´ ,. '´  .:.:.:.:/:.:.:.:|::;{ :...   ヘ 、     `{ }}./Tノ       立派な禅僧になってみせるんだから!
                (   :.:.:.:.':.:.:.:.:.:.l::i  :.   ヽ ヽ     ,.‐ぃ{.{.7
               ヽ   :.:.{:.:!:.:.:.:リ::|  丶....   丶 \  {、Y,.}i|┤
               .  :.:.!:l:.:.:./:::ハ.   ` ー-:_::::::\::`.ー、マリリ_}
                  _,ハ. .:.:.|j:.:.:.:∨        .::ヾr'ィ^:ー-=彳
            /´.:.:.:′:.:.:j:.:.:._/ _        j:{:::ヽ::__;;. <{
              、:.:.:.:.:.:.:.:r':./⌒ 、`ヽ.      /ノ::::::/,.-―-ぃ
             }:.:.:.:.;  '´             // :::/´::::::::::ヽ 丶
             .ゝ'´     ,. -┐    //  .:/::::::::::::::::::::ヘ. }
             ,. ´       j'广¨´     //  :∧ヽ:::::::::::::::::::} /
        ,. ´      :..../´     /'´  .::;ハ:. ぃ:::::::::::::://
       /        ;ム:´     /'  r'7 /ー'::. } }::::::::::〈〈.
     /        /'´.}::.    /'   ノ'´√辷._彡':::::::::::::} }!
    /          /'  .:ノ:     `′  j{  /\\::::::__:::/ リ

 それでも、一絲は半年間上山で修行を続けていたが、
遂には弟子入りを諦め、その後、京に戻ったという。


99やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 22:26:40 ID:Vn20I+gd
                   ,'⌒,ー、           _ ,,..  X
                 〈∨⌒ /\__,,..  -‐ '' " _,,. ‐''´
          〈\   _,,r'" 〉 // //     . ‐''"     じゃあね!
           ,ゝ `く/ /  〉 /  ∧_,. r ''"
- - - -_,,.. ‐''" _,.〉 / /  . {'⌒) ∠二二> -  - - - - - -
  _,.. ‐''"  _,,,.. -{(⌒)、  r'`ー''‐‐^‐'ヾ{} +
 '-‐ '' "  _,,. ‐''"`ー‐ヘj^‐'   ;;    ‐ -‐   _-
 - ‐_+      ;'"  ,;'' ,''   ,;゙ ‐-  ー_- ‐
______,''___,;;"_;;__,,___________


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',          …やれやれ。
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |         やっと帰りおったか。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|          俺に弟子などいらぬのに、
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ   ,r'゛ヽ   あのような者がこれからも来るかと思うと、
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\ ‐=   )   ウンザリするな。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |    ヽ- ノ
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


101やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 22:28:50 ID:Vn20I+gd
                 .rニYニヽ
   |レ               /    j |
   !!_           イ     } |       …さて、宗矩の奴から頼まれていた
   ゙- '´ ,、       /j      j      例のアレを続けるか…。
      -''´   ,r'´ ̄`゙}     j l|rニ二ト、
           〉─7-'´l|jト、 -イl;|`--l一〈
     __ii__    |   |  ルリ-ト、|州リ  |  .|
     イi    j  |           |  |,
      `  , イ  |     |      |  |
        ノ  }        |         |
      /           |          |
    //  /                  |
.  //  /                   ',|
/ /    l                     |
 / i   /                     ヽ
ん-ト、               |          |'
   ヽ/    /    |    |           l
    ヽ   /     |    |      レ-、  /
     `-- ´--、__  |___|__ _|  `丶{
             ̄|    / ̄|    j
             ',   {   |.    |
              ',__,r' }  .|    j
               ',   |   |`丶、r'
               ',  |  |   j

 このようにして、上山での沢庵の日々は流れていったのである。


102やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/09 22:30:25 ID:Vn20I+gd
         /  ./        ヽ. ヽ|   . |  |
         /  / .   . i |i  l  : :| 、: i〈ヽ.  |  |
        ,   :i i|l. . : | : |:|l: :|: :|: :|: |: Kヽ}  |  |
        |   :|:l|l: : : | : |:|l: : |: :| |: |: l、ヽ}  |  |
        |  :|:l|l: : : l: :|」|: :|__j__」: i: ト.ヽ!   |  |
        |  :|jj」__|_」、 ̄〃ヱ.テ| :h:| `¨  |  |
        |  :k ´ヱtム i   ̄ ̄|:リ:|h    |  |    …すいません。
        |  : {iハ          """ | : : |l h.   |  |   今回はここまでになります。
        |  : > U、   , -、  ∠| : : |l | i  | !
         |  :| : : |: : >  ゝ-'/|: :|: : /'/ ,'  |  |
          |  :|: : |: /  ヽ¨´  `7 : |{ ' 〈   |  |
          |  :|: :/    ヽ__ r/| : :ハ.  l   .|  |
          |  :i∠ニニニニニ \ ,レ| : :| | | | !
.        | |,{ \ ̄ ̄r――- V | : :|ノ .ノ   .!  !
       |l :|ハ   \  ゝ   ノt1:,へ /  .| !  __ __¨ ./
        |l :l:ハ    ヽ \// li/   `>  . |  |   ._)  _) \


関連記事
[ 2018/03/07 12:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する