FC2ブログ

やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その26「大御所秀忠の死の巻」 後編

136やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:03:25 ID:otpq++Ay
   |:::::::::::::i|::::|::::::::::::::i|:::|::|l:::::::::://.:::::::::::::/〃/.:/:|l::..   |     l
    |::::::::::::::ii|::ii|:::::::::|:::ii|:::|::||::::::://.:::::::::::::/〃/.:/ l:||:::::::::::|l   |: |
.    |::::::::::::iiiii|::ii|:::::::::|::lii|斗zテ云ミ㍉、ーく  /.:/ j:||:::::::::::||::.:...|:: :|
    l:::::::::::iiiiiii|::ii|:::::::::|::lii| ヾ〃.::::::.い ヾ   `   >ー-、l|:::::::|::::
   l::::::::::::iiiii/⌒|:::::::::|::lii|  | {:::::::::j(        '  ィ=ミメ、 \::|:/
  l:::::::::::::iii/ / |:::::::::|:liii| 弋 辷ノノ      l /.:::.い }} /iiiiУ   皆さんお疲れ様です。
  l::::::::::::::iii{ { イl::::::::|:liii|    ̄ ̄       {::::::::j l  厶イ    解説役の藤岡ハルヒです。
 l::::::::::::::iiiiii\ヽ|il::::::::liiiii|              ヾーシ .'|
 ::::::i!::::::ii|iiiii|iiiヽ|il:::::::::liiiii|           ン   ` {|       前回は途中で中断してしまったので、
l::::::::ii:::::iiii|iiiii|iiiiiii|iil:::::::::liiii|                 /|      今回はその続きになります。
::::::::iii::::iiiii|iiiii|iiiiiii|iiil:::::::::liiiil        < ヽ       .イi| |      
:::::iiiiii:::iiiiii|iiiii|iiiiiii|iiiiil::::::::liiiil 、               /iiiiiil |       沢庵和尚が配流先のの上山で
:::iiiiiiii::iiiiiii|iiiii|iiiiiii|iiiiiil::::::::liiiil \        ィiiiiiiiiiiiiiiil|      人生をエンジョイしてる間、
iiiiiiiiiiiiiiiiiiii|iiiii|iiiiiハiiiiiil:::::::liiiil、 />  __, イiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiil|      宗矩はどうだったのか、というところからです。
iiiiiiiiiiiiiiiiiiii|iiiii|ii/  ヾiiiiiiiiiiiiiiiiiii\iiiiiiiiiiiiiiiii/ |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiil|      
iiiiiiiiiiiiiiiiiiii|iiiii/    \iiiiiiiiiiiiiiiiiii\iiiii/  |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiil |        それでは、始めますね。
iiiiiiiiiiiiiiiiiiii|ii厶 -‐  ア ̄/ ̄ ̄` <    |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiil |
iiiiiiiiiiiiiiiiiiii|/    ///       \   |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiil |
iiiiiiiiiiiiiiiiiii/   ///            ヽ |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiil |
iiiiiiiiiiiiiiii/ ///             '.|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiil |
iiiiiiiiiiiiii/ / / /                    |liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiil |


137やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:05:33 ID:otpq++Ay
 さて、所変わって江戸である。
沢庵が上山に流されて後、宗矩は、折にふれて家光に沢庵の話をし、
その赦免を願ったという。

        / ̄ ̄\
      / -  - \   …というわけで、
      |  (●)(●) |  この沢庵殿は非常に面白い御仁でして…云々
      |  (__人__)  |              ._
       |    `⌒´  │           //
       |         .|          //
       ヽ        /         //
        ヽ     ノ        //
      _/     l__      .//
 __ゝ_/         ヽ   .//
 \___ノ'        ヽ⌒)/

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ     …ふむ、なかなかいい男じゃないの。
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ    お前がそこまで言うのなら、
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ    それなりの人物なんだろうな。
     ヾ、!      !;     ,レソ  
       `|      ^'='^     ム'′   
       ,rト、  ー- ─-:  /|     
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_ 
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、
          徳川家光


138やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:07:41 ID:otpq++Ay
    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }    …だが、その者への処分は、
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<   幕府からの正式なものだからな。
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|   一度出した処分を、すぐ撤回しては、
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|    幕府の権威にも関わる…。
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'      少なくとも、当面は許すわけにはいかないぜ。
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \        …無論、承知しております。
 |    ( ー)(ー)      ただ、かの御仁がどのような人物であるか、
. | u    (__人__)      上様のお耳に入れておきたく思いまして…。
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l     (…やはり、すぐにどうこうできるものではないか。
.  ヽ      |   ノ      天海様からもお口添えを頂いてはいるが、
   ヽ    ヽ く        まだ暫くはかかりそうじゃの…)
   /     ヽ \

 またこの時期、宗矩以外に、
天海僧正も、沢庵の赦免を家光に説いていたと言われている。
(一説にはこれに春日局なども加わっていたというが詳細不明)


140やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:09:42 ID:otpq++Ay
     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }       さあ、それでは但馬よ。
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }      そろそろ稽古を始めないか。
  ヾ|!   ┴'  }|トi  }
    |! ,,_      {'  }       体を動かしたくて、
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、     腹の中がパンパンだぜ。
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|
    { |     l   |     |   / |


   / ̄ ̄\                 (まあよい。
 /   _ノ  \                 これから先、話す機会はまだある…。
 |    ( ⌒)(⌒)           _  気長に説いていくとするかの)
. |     (__人__)          //
  |     ` ⌒´ノ         //    ははっ。
.  |         }        //     それでは、参られませい!
.  ヽ        }       //
   ヽ     ノ      //
   /    く      //
   |     \    //
    |    |ヽ、二⌒)ゝ

 なお、印可を受け、宗矩に弟子入りして以来、
家光の剣術好きは更に熱が入ったものと思われる。


141やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:11:20 ID:otpq++Ay
 そして…

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||  .||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 柳 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 生 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``````````````````````````````` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



142やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:12:04 ID:otpq++Ay
 ゙̄''ー-、.._                                _,,-―'" ̄
       || ゙̄''ー-、______________,,-―'" ̄
二.二二二二i===||________,| |              | |
    ||    ||;; |  | | ̄ ̄__i__ ̄ ̄| |―┬―┬―┬―| |  |\
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  |  \
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | |.  i i        | |  |   |
    ||    ||;; |_| |   |_|:   | | (_;;).       | |  |    |
    ||    ||/ /| |         | | ̄ ̄ ̄| ̄''''――| |  |    |
    ||    ||/  /三.三.三.三三|_|―――|゚____,|_|   \  |
    ||    || /                       \  \|
    ||    ||'                             \
//||   /                               \
//|| /
//   
/     
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´   ふう…今日も無事に勤めが終わったか。
  |     `∩_ノ)━・'   家に戻ってこの一服は、生き返るのう…。
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/


143やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:14:34 ID:otpq++Ay
          .、'''ー'`'''''"`"`'ー、 
        /   ,,  ,,,// ィ ,,,rr )  
        {   |从 lll",,," llllj '' `'ー、r
       { 从从´´´从从从iiiiiii lll从 ll ,
       { 从从ll|||'''从从:::''''""/"jj  }
      {、-、|lllll|、,,, l|||l从;;;;/''"'彡シ   }   
      (ミ'ミ   ゙゙''' 、ィヽ)ヽ::    '彡:シ }     殿、失礼致します。
      ミッ|      リノノ:::::::  ィ彡,,ノ,、}    本日、越後高田藩より、御使者が参りまして
      { ミ}r 、_ {  "彡::::::''" ,,゙'' 、::j´、',    殿にこの書状をと…。
        }::l|ー-、ヽ}_ O'"_,,、-''イ::ツ }jリ, リ
        ヽ',シミ゙'、;;ヶ、ili、ィ;ィ;;乏彡ミ /ノ''/|,,,,__
         '、 `""´: | ''''''::::: ̄  /イ,,/:::}
     ,,、- '''"ヽ   ,l,,  、:::::::   /リ:   } | ̄
 ,,、-''"      ヽ  `'-''´  ッ::  j::   レ
'"(         :ヽ  ー-ー ''´:::   ノ::: ヽ/
  ヽ,,,,,, 、-、    ::ヽ  '''''''"ツ:::: /:::   /
        ヽ  ri::::ヽ   レ' /:::::  /
゙' 、      ヽ/ t::::::::'、,,_,,/::::::  /
 ̄`'' -、     ゙' 、ヽ、::::::::::::::::: ::::/      ,,
          村田与三久次
       (むらた よぞう ひさつぐ)

   / ̄ ̄\
  /  ノ  \\
 |  .(●)(●)  |
. |  (__人__)  |          ん?
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)   越後高田といえば松平越後守(光長)様の…?
.  |        |    .) ;;;;)    ふむ、何が書いてあるのやら…。
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/


144やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:17:27 ID:otpq++Ay
          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    越後高田藩からの書状

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●)
   |      (__人__)   …ふむふむ、なるほど。
.   |        ノ   そういうことか。
    |      ∩ ノ ⊃   
  /     ./ _ノ    …与三、喜左衛門に、
  (.  \ / ./_ノ │   後で参るように伝えよ。
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /     「ははっ」


145やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:19:53 ID:otpq++Ay
そしてその夜…

           /";;;;;;、、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡三三二り
          (;;(,、-'''"三;;;;;;;;;;、、、;;;;、;;;;;;;;;;;/リ/;;;;;;;;;彡;;;ヽ'';;;;;;;;''"彡 三;;;;ヽヽ   
         ヽ、;;;;"彡,、 ';;;;;;;;)'7;;;;/~Y~'' 、、リソ~''ヽ''ヽヽ |;)|彡;;;;;;;;"Z二二;;;;;;リ   
        ~'ー-y//"彡";;;;;;;| i;;;;;i | |i|    :::: リ リリ リリ| 彡;;;;;;;;三ミミミ;;;;>   .
          //"/"彡三;;;;;リ t;;;;ti ヽ, 、   ii  / // /;// ろ;;;;;;;;;彡;;;;;;;;ヽ<    .  殿、失礼致します。
          |(tii,、'~ 彡;;;;;;;、 ヽ、t、 ヽji,, i リ"/,, /"/// 彡;;;;;;;;;''~~ヽ、);;;;;;;;     何用でござりましょうか…?
          ,,,r'"彡'了;;;;;;;;;r'、--、,,,,,'' ii リ r"","、、 -ーー-ゥヽ;;;;;;;、-i;;;;;;;;ミ;;;;ミ   
        `''ー''/;;;/;;;;;;;、;;;;t`'-、-モzチ';;t tz(;"zニ竺'ン''",,  |;;;/),|L,、、;;;;; ;;;_   
          /;;;/彡M;;;;ii;;;;;t  `~~~"":ri~'シ;;;;;;;:::""""::''"  リ;/´ ,r'" ,、~'''-、、  
          |;;//;;;;;;//;;;;;;t、;;;t  "::::ヽ |  :::::::::    ::   i/ ⌒t  ,r'~、'"  ヽ 
          Y/;;;/;;;川;;;;;;;ヽ;;t   '""、|、,,  ヽ    "  r"-,,rー' 、:::::      ヽ
          i;;;/(;;i;;;;M;;;;;;;;;;;;|:t   ::::ゝ、,,、 '"       /7`,,   `' 、:::      ヽ
          ヽ| /;;ノ/;;;;;;;;;;;;;i::ヽ   、,,,、:::",,,___,,,,    ,、-"、"     `' 、:      t
           〉"、-';;;;;;;;/W;;;;i::::ヽ   `~:~~"",, ̄    ,r"'  `' 、     `' 、,    i
- ''' """"~~"" ''' ー'i";;;;;;;;A;;/, iy;;;;;i::::::ヽ   ~''''''''"    ,,r';t'"    `' 、        ,,i::リ''-、,
 "~,、,, ~   ,、-'",|;;;;/;;//;;レY;;|;;;;;;| :::::ヽ  ::::::::::   ,r"'''"ヽ      `'、   、 、、  :;ノリ  ヽ、
''"、-ーz~>-'"、-'" t;;;i|;;i~|i;;;;;;||;;i't;;;;|   :::ヽ、 ''''''''': ,,、-':::t"   \         ヽ,'' ,r"i h  "|| ~'' ーー- 、、,
,、 ,,、-'"" r'"   /ヽt,/t;;;;;;itt;;t"''|   :::::::~~~~~:::::::::: ヽ,    \  ,,  、,,  ':::::: j ソ/ j、、 ,ノノ       ~
//i  <,    ,/   /ヽ ' 、;;,,,ヽ、    ::: ::::::::::::::::::  ,ノヽ,  ,,    "'':,, "'',, ,、-"ソ'/ /j  ~ ''' ー- 、,,
/;;;;;t  ヽ,   i   i     ~  ~''   :::  :::::::::::::: '"    "    `  "" ""  " "         ~
                       庄田喜左衛門
                   (または荘田嘉左衛門教高)
                   (しょうだ きざえもん のりたか)

   / ̄ ̄\
  /  ノ  \\
 |  .(●)(●)  |        うむ、参ったか。
. |  (__人__)  |        喜左衛門。
  |    `⌒´  |
.  |        |    .) ;;;;)   今宵、お前を呼んだのは、
.  ヽ       }   /;;/   ひとつ、お前に話があっての。
   ヽ     ノ   .l;;,´     さ、もそっと入るがよい。
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/


146やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:21:41 ID:otpq++Ay
   / ̄ ̄\  ( ;;;;(
 / _ノ  ヽ\ ) ;;;;)
 |  ( ─) (─)/;;/
. |   (__人__) l;;,     ………。
  |    ∩ ノ)━・'
.  |   /  ノ´ }    
.  ヽ  / /    }    
   ヽ/ /   ノ


   / ̄ ̄\
  /  ノ  \\
 |  .(●)(●)  |        …喜左衛門。
. |  (__人__)  |       お前は我が柳生家でも古くからの臣であった。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;) .松田織部を討ったのも、もう何年前になるのかのう…。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

      ,,,r''((ノリii 从"リ リノ)ー、、    
      -ミi| ,, ,, )   ((  リシヽ)( rァ 
―- 、,,, ,,r'((:(" " Y  iiiソッ シ父シリツ:)ノ ,  
::::::::::::::~(: j iiレ(/) ))& 彡}ナ"彡;、 '":: 
  :::::::ヽ ミミ'W〉〉r"次、))リ彡リ 彡:r'":::      …もう、30年近くも昔の事でございます。
    ::::之ミ(|(((从リ;;|ノ,)(彡fi|;;/"  ,,,    あの頃は、殿も拙者もまだ若うございました…。
,rー- 、 :::(ィ〉itモiiミ;i(r;;忝ヲツ}ノ/ r'' "、 |   
;;(  );;/::::リ;|iii、'' ̄j ,, ̄  リノ;i: |;;( ノ;;t 
r''''' 、;/ :リYiii|iヽii ',j,,ニ、  ノノノ| |(_ノ;;;i、-
,''ー'";i ,,ノ(|;j|r、i|ヽ '=='ii;/,,イ';;〉-ーi''":::::::::::
::~'''マ":::::::(( i|jij~'''`'ー '´i'"| |リノ::::r"   ::'


147やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:23:53 ID:otpq++Ay
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /   _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |     (●)(●)  /;;/    そうじゃな…。
. |     (__人__)  l;;,´
  |     `∩_ノ)━・'      …喜左衛門。
.  |     |_ノ         実はの、我が門下の中から、
 /ヽ    |  |_        腕の立つ者を指南役として迎えたいと、
 |  \_/ ノ ヽ       越後高田藩松平家より要請があったのじゃ。
 |\     /_|  |
 | \ /  _/

      ,,,r''((ノリii 从"リ リノ)ー、、    
      -ミi| ,, ,, )   ((  リシヽ)( rァ 
―- 、,,, ,,r'((:(" " Y  iiiソッ シ父シリツ:)ノ ,  
::::::::::::::~(: j iiレ(/) ))& 彡}ナ"彡;、 '":: 
  :::::::ヽ ミミ'W〉〉r"次、))リ彡リ 彡:r'":::      なんと!
    ::::之ミ(|(((从リ;;|ノ,)(彡fi|;;/"  ,,,     ということは、拙者をお呼びなされたのは…。
,rー- 、 :::(ィ〉itモiiミ;i(r;;忝ヲツ}ノ/ r'' "、 |   
;;(  );;/::::リ;|iii、'' ̄j ,, ̄  リノ;i: |;;( ノ;;t 
r''''' 、;/ :リYiii|iヽii ',j,,ニ、  ノノノ| |(_ノ;;;i、-
,''ー'";i ,,ノ(|;j|r、i|ヽ '=='ii;/,,イ';;〉-ーi''":::::::::::
::~'''マ":::::::(( i|jij~'''`'ー '´i'"| |リノ::::r"   ::'


149やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:26:05 ID:otpq++Ay
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)   そうじゃ。
 |    (─)(─)  /;;/   喜左衛門、お前は我が柳生家譜代の臣にして、
. |    (__人__)  l;;,´    父上とわしの二代に渡り、柳生の剣を身につけた男。
  |     `∩_ノ)━・'
.  |     |_ノ         いずれの藩であろうと、
 /ヽ    |  |_       お前ならば、推挙しても何の不安もない…。
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/


   / ̄ ̄\
  /  ノ  \\
 |  .(●)(●)  |        お前も、三千石の柳生家の家臣などではなく、
. |  (__人__)  |        名家・越後高田松平家の家臣となれる。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)  .石高はこれから相談、というところだそうだが、
.  |        |    .) ;;;;)  そう悪いものにはなるまい。
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´     …どうじゃ?
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/


150やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:28:32 ID:otpq++Ay
           /";;;;;;、、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡三三二り
          (;;(,、-'''"三;;;;;;;;;;、、、;;;;、;;;;;;;;;;;/リ/;;;;;;;;;彡;;;ヽ'';;;;;;;;''"彡 三;;;;ヽヽ   
         ヽ、;;;;"彡,、 ';;;;;;;;)'7;;;;/~Y~'' 、、リソ~''ヽ''ヽヽ |;)|彡;;;;;;;;"Z二二;;;;;;リ     殿…。
        ~'ー-y//"彡";;;;;;;| i;;;;;i | |i|    :::: リ リリ リリ| 彡;;;;;;;;三ミミミ;;;;>   .拙者は柳生家に不満などござりませぬ。
          //"/"彡三;;;;;リ t;;;;ti ヽ, 、   ii  / // /;// ろ;;;;;;;;;彡;;;;;;;;ヽ<    .殿もそれはご承知のはず。
          |(tii,、'~ 彡;;;;;;;、 ヽ、t、 ヽji,, i リ"/,, /"/// 彡;;;;;;;;;''~~ヽ、);;;;;;;;   
          ,,,r'"彡'了;;;;;;;;;r'、--、,,,,,'' ii リ r"","、、 -ーー-ゥヽ;;;;;;;、-i;;;;;;;;ミ;;;;ミ     …それでも拙者を出そうとするのは、
        `''ー''/;;;/;;;;;;;、;;;;t`'-、-モzチ';;t tz(;"zニ竺'ン''",,  |;;;/),|L,、、;;;;; ;;;_   何か理由がございますのでしょうか?
          /;;;/彡M;;;;ii;;;;;t  `~~~"":ri~'シ;;;;;;;:::""""::''"  リ;/´ ,r'" ,、~'''-、、  
          |;;//;;;;;;//;;;;;;t、;;;t  "::::ヽ |  :::::::::    ::   i/ ⌒t  ,r'~、'"  ヽ 
          Y/;;;/;;;川;;;;;;;ヽ;;t   '""、|、,,  ヽ    "  r"-,,rー' 、:::::      ヽ
          i;;;/(;;i;;;;M;;;;;;;;;;;;|:t   ::::ゝ、,,、 '"       /7`,,   `' 、:::      ヽ
          ヽ| /;;ノ/;;;;;;;;;;;;;i::ヽ   、,,,、:::",,,___,,,,    ,、-"、"     `' 、:      t
           〉"、-';;;;;;;;/W;;;;i::::ヽ   `~:~~"",, ̄    ,r"'  `' 、     `' 、,    i
- ''' """"~~"" ''' ー'i";;;;;;;;A;;/, iy;;;;;i::::::ヽ   ~''''''''"    ,,r';t'"    `' 、        ,,i::リ''-、,
 "~,、,, ~   ,、-'",|;;;;/;;//;;レY;;|;;;;;;| :::::ヽ  ::::::::::   ,r"'''"ヽ      `'、   、 、、  :;ノリ  ヽ、
''"、-ーz~>-'"、-'" t;;;i|;;i~|i;;;;;;||;;i't;;;;|   :::ヽ、 ''''''''': ,,、-':::t"   \         ヽ,'' ,r"i h  "|| ~'' ーー- 、、,
,、 ,,、-'"" r'"   /ヽt,/t;;;;;;itt;;t"''|   :::::::~~~~~:::::::::: ヽ,    \  ,,  、,,  ':::::: j ソ/ j、、 ,ノノ       ~
//i  <,    ,/   /ヽ ' 、;;,,,ヽ、    ::: ::::::::::::::::::  ,ノヽ,  ,,    "'':,, "'',, ,、-"ソ'/ /j  ~ ''' ー- 、,,
/;;;;;t  ヽ,   i   i     ~  ~''   :::  :::::::::::::: '"    "    `  "" ""  " "         ~


152やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:30:39 ID:otpq++Ay
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´    …………。
  |     `∩_ノ)━・'
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/


           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●)          喜左衛門よ。
         |     (__人__)         わしは、父上より受け継ぎし、我が柳生の新陰流を
         |      `⌒´ノ          世に広く伝えたいと思っておる…。
          |         }
          ヽ        }      (     単に上様が学んでおられる流派ゆえに天下一、というのではなく、
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )   この剣を学ぶ者が全国諸藩どこにでもいるという、
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (   真の「天下一の流派」にするためにの。
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !


153やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:33:20 ID:otpq++Ay
                  / ̄ ̄\
                / ._ノ   \\     _,,           …だが、わしは将軍家の御指南役にして柳生家の当主じゃ。
              . | ( ●) (●) |     l;l           武蔵守様(上泉信綱)のように自ら諸国を巡ることも出来ぬし、
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,           父上のように剣だけに専念することもできぬ…。
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶  
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l         故に、わしは門下のお前達を出すことで、
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,        我が柳生の剣を、世に広めようと考えておるのだ。
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,       
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,       そしてそれは、我が柳生の剣をしかと身につけた
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i      信の置ける者でなければ任せる事ができぬ…。
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,     
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、     喜左衛門、このわしの願いの為にも、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、  どうか行ってくれぬか。
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|
   ヽ, ,, i、   _,,tv   /iiiii      ム、 / /  ヽ、ヽ、_x--ー‐- 、
 __,,,l ii Yi___,lk /   }iiiiil    ヘ __,,,,,,___/    `x'"^   ,,,,,   \
     ^ ̄⌒ヽ  ヘ、  ,ノiiiii|、__,,,y,,_,,,/ ヽ、  ,/   ,,,-‐‐ `',,   ヘ,、
   ,,,_  \  ヽ  `>- liiiiiiil ¬">--  ヽ ヽ  i   i/   _,, /   } i
     "- ,,   }  / /iiiiiiil  /      l  l l   lK   ^~'  / |
        \ーヾ  /iiiiiiiil  /        i   i |   |i`'ヽーミ_/  /


      ,,,r''((ノリii 从"リ リノ)ー、、    
      -ミi| ,, ,, )   ((  リシヽ)( rァ 
―- 、,,, ,,r'((:(" " Y  iiiソッ シ父シリツ:)ノ ,  
::::::::::::::~(: j iiレ(/) ))& 彡}ナ"彡;、 '":: 
  :::::::ヽ ミミ'W〉〉r"次、))リ彡リ 彡:r'":::      ………。
    ::::之ミ(|(((从リ;;|ノ,)(彡fi|;;/"  ,,,    
,rー- 、 :::(ィ〉itモiiミ;i(r;;忝ヲツ}ノ/ r'' "、 |   
;;(  );;/::::リ;|iii、'' ̄j ,, ̄  リノ;i: |;;( ノ;;t 
r''''' 、;/ :リYiii|iヽii ',j,,ニ、  ノノノ| |(_ノ;;;i、-
,''ー'";i ,,ノ(|;j|r、i|ヽ '=='ii;/,,イ';;〉-ーi''":::::::::::
::~'''マ":::::::(( i|jij~'''`'ー '´i'"| |リノ::::r"   ::'


154やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:35:52 ID:otpq++Ay
           ,,,,,,,
 、-'|;;;;;;;;;/   ―=-、i,,,(/''|;;;;ii;// ::: / ''"::::~'t;ヽヽ;;/,、-'"
 ::::(|;;;;;;;/     i从,,二;;;;;、';;、/'"ii||| :: :::::::::::::::::;;;;);;;/'i'r――
 ~''、|;;;;;/  ::::::::: '、""''''ー、,ヽヽ~'、ミ  ::: ::::::::::;;;;''"/;;ノノノ;;;; ̄~i''i'
 ::::::t;;/   ::::::::::::: `'-、 (:・:)~'' 、;;,,,,  :::: ,,r'''~::ノr"ノノ /;;;;;;i;;;;;Uノ
 、,_ y'   :::::::::::::::::::::::: ~'''ー--jヽ;;;;≧z'"" ノ"彡彡" リ;;;;;;;;();;_;;
 ;t''/    :::::::::::::::''''"''::::::::::i、;;;;ミミ三'''_∠彡、;;;;マニ;ノ;;;;、;;;;//     …承知致しました!
 ;リ:/         :::::::::::::::''" ~'-、ヽ /~''ー'z;;",,,,>";;;;;;;;ミニ="" "   越後高田への仕官、お受け致します。
 ir'         ::::::::'''" r'~~ヽ,  y /::::::~'''ー'",/;;;;;;;;;;;;;;~'''ー-、、,
 t        "   :::::t~ヽ、 :::::::/、:::::::::''" ノ;;;;;;;(、ー---- 、, )     この喜左衛門、彼の地に於いて、
 :ヽ       ,'"i' 、;::::   :::::ヽ:ヽ  ノ'":::::  /;;;r、;;;ミ ;;;;ヽ   ノ     柳生の剣を指南して参りましょうぞ!
 ::::ヽ     /  ~ー、'-、;; :::::)::ー'":::::::::: , ';りi;;;;) ~ヽ;)ノノ
 ::::::ヽ    :}、"~~~ヽ;;~''ー"'ニ=ーァ"::''"/;;ノノノノヽ, ノ'
 :::::: ヽ    :::t、  :::::"''~~ );;;/'", '";;;;;;("  、  ヽ,
 :::  ヽ  :::ヽ::`'、'''-、 __、ノ;/ /;;;;;;;;;;;;;;;;`' ー--- 、,ヽ
 t"  ::ヽ  ::`' 、、,,~''' ー--''  /;;;;人;;;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~' 、
  t  :::::ヽ  ~ ''ー-"、:::::''" ,、'";r'7   ~ '''' - 、;;,,    ヽ;リ
 tt  :::::::ヽ  .....:::::::::::: //;;/ / ・  ⌒ー  ~);;)  ノ'i
 tヽ:::::::::::~' 、 ::::::::'''"/r'"ノ /   >   ,,,、-''"     |
  i |:::::::::::::::::::~~ ''''''"/-'",ノ   `、           |

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (⌒)(⌒) |     そうか、行ってくれるか…!
. |  (__人__)  |    では頼むぞ、喜左衛門!!
  |   .`⌒´  .|
.  |        }     「ははっ!」
.  ヽ       }
   ヽ     ノ    
   /    く   
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

 こうして、柳生家譜代の家臣(大物頭)にして、
石舟斎、宗矩の二代に渡る高弟でもある庄田喜左衛門は
この頃、剣術指南役として越後高田藩に仕えることとなったと思われる。
(厳密な時期は不明)


155やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:38:22 ID:otpq++Ay
     / . . :o。: : : : : : : : : : : : : : : : : : . ヽ :ヽ           ちなみに、この喜左衛門については、
    ,' . . . : : : : :o: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ:|          資料によると、
    l: /: . : : : : : : : : , : : : :゚: 。: : : : : : : : : : :l。:l
    l: | : . : : : : : : /|。: : : : : : : ゚: : ∧: : : : :l。l            「越後高田藩の榊原家に招かれて
    ゝl :o: : /、/ /  !: : : : : : : :,l: :/-‐!: :゚。: | l             剣術指南役となった」
.    f l: : : : ! /:/= l、,l: : : /://ナ/≠、! : : ムリ
.    {i |:l : : i/|/⌒ハ|:/|: :/l:/〃/⌒ハ |l: : :l }            とあるのですが、
.    ゝlハ:i : l 代tzタl'. l: //'  /代tさ jl: : :レノ           越後高田藩に榊原家が入るのは、
       ' 从: l `¨¨´  l/    `¨¨¨´从: :从            寛保元年(1741)のことですから、
       ハ:ヘ       ,i、     / ル'             榊原家に招かれた、というのは時期的に合わないので、
_        V へ    ,r‐‐ 、   /l从      ___       この頃、高田藩主だった松平光長(忠直の長男)に仕えた
}}_    _ -‐ l   >  `゙¨¨´  イ   l \_    iL ハ_     というのが実態ではないかと思われます。
 ヽ ̄ ̄    l    ヽ ` ー ' 7    |    \,r┴ ム_`ヽ
  ヽ     ,  / ̄.ヘ    ∠...   l    /    `  }     あと、後に
   l     l/  へ \_ノ  ム \ |    ./         '、   「荘田心流」と名乗ったと言われていますね。
   |     / /   |\|∠ -‐ュ L  `l   ,{         ノ
   {     i/   / /  / } \ |  / ゝ        {


157やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:40:28 ID:otpq++Ay
                             .      //  /  .  i | ⌒、ヽ、
                                  , ' ./  / . ://  }-、 ヽ ヽ‐\
                                 / /  // . ://  :/!^゙ll:ハ.ヽヽ
                                //. i i.////!ィ/ /i i―!!、 i ヽ!
 ふむふむ、そうか…ところでハルヒ!         ノイ:/j| ||ナナ ‐ !/ , 'ナ/_.|||. |: |ノ|
何故、ここでこの話が出たか、わかるかな?     ∠イ八 .|i弋tゥテi|/|ノ'弍tムリ} 从\
                                ´i从八|{  ̄ ̄ ′    ノヘ从 ̄
                                 ゝ{ rヘ!      riノ    /ノノ
                                  \へ   -‐_一 .イイ
                               . -――-.i「i>  _  /ルト!
                              //   __,ニヽ 7  V/V
                             ,i/  /__ノ  `{   V|、___
                             .{ /_ノ  .     ト _∧、\`ー---_-- 、
                             ノ/ /    ヽ   ゝ一 ′L.i∠......  _j__ ハ
                             ゝ} .{  、!   |   :|::::     ̄ ̄ ̄   `}|
                              { ヽ  丶.  |   .h:    , ―.----.‐ '´.|
                              ヽ ヽ  丶 ゝ-ッ''"--ッ一'ii:::ヽ|  | j   |
                               \ `一'゙‐ <_/へ  'i::::::V ムV  /く`7
                                | ` ― `== 、/   \ ハ:::::|ムf | /  〈
                                ヽ            ヽハ:::Kfン' /    \
            /.  . : : : . : : : . : : . . \
         /. : . : :/. : /: . : : . i: : . : . .ヽ
          /. : . : :, ': : /: : . : : : : . : i、: : .ヽ: .ハ
         ,'. : : : :/: : /: :,/ィ: : : : . : /へ: : ハ: . l
.       { : : : : ': : : ////: : : : / /‐-.l: : : i: : l
         '. : : : :|: / /'゙/: : : : イ:/   |: : : ! :/    知りません。
       ゝ: l : l/ 〒〒7 : : イ /'〒〒 l: : :/ /
        トlヽ:ヽ ゝノ {/ l.  ゝノ l:/ }'
           ゝ `ヽ             ノiノノ
          ` ‐、           /¨´
            ト\  ´ ̄`  . イ
             ヽi> __ <l/
              /ゝ__,,,,__ノハ
             /{  /::::ヽ  lヽ
          _/. : :l/ゝ:::::ハ. |: .ト 、_
     _  -‐   /. : : :|  { ̄} ∨|: :i: . ` ‐- __


158やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:41:36 ID:otpq++Ay
                               .   /},/    ,イ /     ト、   \  \
                                 / /   ///」ィ)) /、_/ ヽ__   |< ̄
                                ∠  |i.  T¨_二´|  〃 7二__「 !.  ト、 |
 ハルヒ!                        ...  },.イ|  |'て  》!/   《  》`リ  リ|!
若者には知的好奇心というものが必要なんだぞ!   / >、. |/ ) )/   /) )/∠.イリ |
もう少し話を聞いてくれたっていいじゃないか!     〃イ V(.r-―――――‐ 、 「ヾ. }/
お父さん泣いちゃうよ!                     | ||  _        / | .ノ
                                  . ゝイ/´⌒ヽ )     /./´
                                 ,ィ―/     ⌒ヽ ,..r<
                                /  |        `)レ∨
                                \  |           ハ|\
                                 ,ゝ  ヽ____/;;{ト、 >、
                                <   rF=-‐―--yイ:;ヾi Y    ̄\
                                 ヽ |        ̄l;:;:;|i l     / |
                                  .| |         |;:;:;!  |-┤/ ,/
          .  .´ -―  ´ ̄ ̄\
        // ./: .   .     ヽ-、
   .  /   /: : : . : . : : .  : : :: .  ヽ
     / :/: : :/ : . : /: : ,/: : . : :/:/!: : . ハ
   . / : i. : . :/: : :/| : イ: : : : :/: ム!: : : ハ
   /イ: :i : : /: : :メ、ノ´/: : :/, '|:/ |: : :|: :i:|   (しょうがないな、この人は…)
    i{: :!: : 「.不¨ 卞./ィ/:/_ナ二 }: : /:i i:!
    ゝハ: :| 弋___タ//ィ イ⌒ハソ: :/ /:八   はいはい、じゃあ、聞きますけど、
     〈 ヽ:| `ー‐     弋t._ムi/:/ /i/   なんでこんな話が出たんですか?
   .   \‐!´ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶` ̄ //'}´
      iイヘ     _    ̄//./
      |从: :> 、  ´ ̄`   ィ‐'´ 
      .へ-く  \  _  イ:从
   __/  ヽ \   /   "
    ヽ    ヽ ハ  ハ
     ヽ    V ハ / ハ


159やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:43:10 ID:otpq++Ay
                                              /      /   . ト、 .ヽ ヽ
                                            //: :   / .//  . :i ムハ : . iヽヽ
 うむ!よく聞いてくれた。                .            /イ : / . : /: イ/ : ./: ,!:/   V: |l: :ト.\
                                             ノ:| i: :/:/:/ '!l!: : :/:/:/ ̄ ̄!ト ||: 从
 ここでこの話をしたのはな、             ...            /ィ|:| |: -||:|/ ̄!|l` /:/|/ィ云歹|i: |ヘ|
宗矩の弟子達が、この頃から             ..            从| ||: :|l:|弋歹∨!イ ′  ̄ ̄iル| }
諸藩の指南役として招かれ始めたからだ!        _, -‐y'二. ‐-、.   V从:|l:|` ̄   ::|      レ ノ
                                  / , -‐K_  `ヽへ   \、ハ     `     .ヶ'′
 宗矩の新陰流…                   .  . ソ. :/f⌒ヽ ヽ: . V ハ   `-へ   マ__ ア   .イリ
便宜上、今後は「柳生新陰流」と言っておくが、  ... { { : :{ {(@ソ}) }: : /:  }     从>. 、    / レ
この流派が全国に広まり、              ... ゝゝ : ゝニニソノ: :/: : :/へ⌒ヽ  _r<` ミ、- ´  ハ
大いに盛況したのは知ってのとおりなんだが、 .....  {⌒ゝ_> ¨´: :/: : :ム.  \ \へ. \  \  |
その先駆けは、大体この頃から始まったと        `> _: :二二∠: イ^    ヽ   \ \  >く|
思われるんだ。                    ....    く⌒ゝイハV⌒ヽ      ヽ   ヽ  |Vヽ:::}\__   _  -―‐ 、
                                  __ゝ |V ハハ         ヽ  \ ̄ \Vハ、 \ ̄    |  }
                                /  ― >く、| Vハ         丶 /\   ヽ::::ヽ∠_    l  |
                              .∠.    イ  } r'⌒ヽ!   ..-‐┐    |. /  \  ヽ::::V  |  |  /  /
                                 ̄ ̄ ゝ  >、  ヽ // /     |/    丶  ヽ::::V. L |. /  .ム
                                     \/ノヘ  V/ ∠ -‐┐  /      ヽ  ヽ::|  |ハ レ  /ム}
            _
        , -―‐-`.ヽ __
        / . . : . .  `. <`
      ./ /: /. ://: . . :, . : 、ヽ
     / /: /: : /l: : :/i: . : :ト.l         あれ?
      {: {: :i ≠=、ノ ∠=、V: : :l         でも、宗矩のところには、
     ゝゝ:トfしリ/´ i fしト} ル'         前から大名や旗本が沢山入門していたんですよね?
      { `l `¨  , `¨イ´}___       実際、九州に所領がある鍋島家や細川家も
      `i¨ヘ  ,.-┐ ノ´'ー-ッ , ``ヽ、   藩主自ら入門しているわけですし…。
      ,、へ> 二 <    ゝ{_{_tL |
     .へ \ >くl \__   `¨ _f三三}   何で今更、「先駆け」とか言うんです?
    /  L..乂L:}、∠ / }   |: : : : l
   /  : : : :<: :ヽ|::|: : /:/ イ     l: : : : :l
  .{ : : :\: i: 、 : l:::|: ム/: : `丶、 |: : : :l
  」 : : : : jノ: : :、:l:::l:/:ム: : : : : : :\l: : : : |
  ゝ: : : : ゝ: : : : `ソ:/  ` ‐- 、_: :´: : : : l
 |: : : : l: : : : : :/ /       ` ‐- 、_ノ
  l: : : : : l: : : : : ゚ /
 ,l: : : : : l: : : : : :/


160やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:45:39 ID:otpq++Ay
                               ,r-‐' ̄ ̄ ̄`ヽ
                           ィ‐'"          `ー-、
 ふっふっふ。           .   `≧"´            ノへ \
ハルヒよ、これが違うんだな。 .... ゝニ二                     ヽ ハ
                        /       /            }  }
 今までの盛況は、あくまで、 .....  丿      ノ/       人    |   |
江戸にある宗矩の道場に   .....  |ハ {  、_ / {    ノ / }     !  l|
人が集まっていただけだ。       | ,,、   / `|  //   |     }   !__ ___
                        ヘハ\ {_、_ゝ / ' ̄ `ー=|丿 ノノヽゝゝ    ` ー-、
 ところが今回は、        ..      }ノi ヽ ̄丶  =、___ ソ / //──── 、    `
宗矩の弟子が指南役となって、      ´ ヘ   ノ    `゙゙゙゙゙ノ/ンノ         ` ー-、
各藩へ仕官し始めたんだ。  ....        ヽ          /冖/
                              > ` ー- -   ,/__|,∧!        r‐ヘ
 この違いが分かるかね?            / ヽ、__  < /  ,`-、_ ,, -‐'´:::   }   /
                           /   /ヘ  /   / /      /::::::   |  /
                          i ,-‐'" / |/   /   /    /::::::::::   } /
                    / ̄`ー--‐'´ /  //:ヽ  /   /     /::::::::::::   ノ_
                    /  i     /   /´|:.:./ ∨     /     /:::::::::::::  /´ }
                   / ::::|      ゝノ/ / :| / ゝ___/    ::!:::::::::::: :::::: /
                  . ノ :::::|   ノ ̄´/ /: :.:.!/    ̄/    ::|::::::::::::::::::::: /
                  . | ::::::|   /   //:. :.:./    /     :::::::::::::::::::::::::: /

           / ./ . : .   :ヽ. \ \
             , '  . /:   . : : . : . : :|ハ . ヽ: :ヽ
          /  . :/: . : : : |:l : : : : :|へ: : V: ハ     あ、わかりました。
.        //: : :|: . : : :ノ!l!: : . :|: i-‐ヽ: :V ハ    宗矩本人ではなく、その弟子たちが
           i:i : : : :|: . : :/‐リ| : : /|/ニ_ i:|: :|: |:|    藩の指南役として請われるほど、
        i i: . : : |: :/ニニ、 |: イ ノ不¨ハリ: | 从   「柳生新陰流」という「流派」自体が
        _j: i : : : | /彳⌒ハノ' {  弋zタ_|ル'ハ    名声を獲得し、繁栄し始めた、というわけですね。
.       f V|、: : :ヘ{ 弋zシ   `   ̄  レ'}
.       |  |リヽ>-\ ̄´   {iノ      ヶ ′    …でも、なんでこのタイミングなんです?
.       |  |  ノi八{ ヘ    、__ア  ∠ハ
         l  |  ′ `t‐> _     .ィ:ルi
    __ ,,,, | .|     ヽゝ从_i  ― ' _」1
   _{ ヽ ヽ . |__       j. \ / .{       _,......
  厂 'l  '| レ | ` > ⌒ヽ_,rへ.   V   _厂ゝ ´ ̄レ'´
  |ヘ i,  ir |  ゝ''´ . イ二二二ニ水ニ二二二}  |
 .} >ゝ-'¨´/   /|      // | l l      |  /


162やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:48:32 ID:otpq++Ay
                                 ‐=.ニ    , -‐ ___ L..   
 おや、忘れたのか?                    // // /   ノ 、:\=
                                 /ィ. :/ //   .  . :}  .ヽ: ヽ
 この寛永六年(1629)の春、        .       l/: /:/. ://. :/. : . : :ノ: : . i:|:トl
家光が宗矩に誓紙を入れ、         .       i/イ: :///ィ/: /: :/ハ__: :l:|ハ
弟子入りしたということを!        ..       彳rl: :lナ/―|l: /: /l/ ̄| : 从 
                                 イ ゝヘi/`==i/ イ `=ノィ/  , -‐ 、
 この                     .       i从へi、   l'´ l   /イ _/ /: .ハ
                                   ヽi へ  、__, ∠. ̄. . : : :': : : ハ             _
 『将軍家が師礼を取るほどの剣』   ....  ry‐y⌒ヽ_    /〈ヽ 、__ /|: : :\: :i,: :l: : : : |            f r‐ ゝュ
                           ノノ f{@}h }   ∧: :ヽ \/  V: : ∠: ll: |:/: : :{            ノ.〈{@ソム
 という評価によって、諸藩の大名に、 ... ゝゝ三彡'ノ  / l : : ハ ム::ゝ‐∨ : : |=ttj': : : . 〉          ゝ三彡'ノ
「それほどの剣であるならば」と     .... _ ゝ┬ <___/ . L:/ V ハ::ヽ l: : : :|tュく: : : :|            `¨fi´
宗矩本人が無理なら、その弟子でも、と  {、\|レl { . \. 、: : く: : : :\ハ::::ヽ|: : : |トム|: : : :|             〈ハ/〉
自藩の指南役へ招くようになったんだよ。  >へイh: : : :\:、: : \: : : \::::::l : : 厂:|: : : :|    _ _ , -‐ 、___,、}ムニア
                            `¨¨ソ }ゝ_ー-、:ヽ、: : : :`: 、: : \:|: : ハ: : :!: : : :|  /: ヽヽ   ーt一'〈 {
 こうして、この後も門下の弟子達が      く くt-ノ   Vrtゝ__: : :`: : 、:゙!: :l: : : :| : : : : レ': : : : : ハハ     `ニ.ノ
諸藩の指南役になることで、柳生新陰流は __ 〈ヽ       ゙! l: : : : :  ̄` ‐-:L L: : :」_: : : : |: : : : : : : : V⌒ヽ  、_ァ'^
日本全土に広く伝わるようになったのさ。. '-‐ `ニ.. ____,,||: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : :, ‐ ´   .\\
                                   └|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: 、- '´        `ヽ)
          、     .ィ
          ヽ、__ノ/--‐ッ
      -=ニ. ̄ ̄    ̄ ̄ニ=-
      / . . :  : :  : . . .  \        …なるほど。
     /: . :/: : : : : . :|: : : . ヽ: . ヽ      でも、理由はそれだけじゃなさそうですね。
    /イ: :// : /: :,l: : : : :|: ;、: : : V: :、ゝ
   ∠: : |:{: :/:/ !: : : /|/-ヽ: : :} : i `       考えられるとすれば、
    ./:イ |:l: |/= |イ:∠ ==!: /: :トヽ      自藩でも将軍家と同じ流派を学ぶ事で、
    i/ }:イ∧|   i/tヘ{   _jルi: トi       家光の…あるいは、家光に近しい
     ノ' |ゝ_{ ̄ ̄ ,   ̄ ̄レノ:トi        宗矩の好意を得ようとした…とか、
       i从:へ   ,....,  /ル'         そんなのもありそうですね。
          Wレ> ... イ: i/
      r.―‐ム \  /ハ―‐.┐         なんだか、社長と話を合わせる為に
       j_厂「「 VムVムV∠厂|_」        同じ趣味をやってみた、とかそんな感じでしょうか。
     /   ̄ ̄^ ┴┴^ ̄ ̄ \
    /                ヽ
   /                  ハ      「ハルヒぃ…」
  ,/  、              r  ハ
  八   |               |   i


164やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:51:25 ID:otpq++Ay
 そして、この頃には、木村助九郎・庄田喜左衛門など
石舟斎にも教えを請けていた古参の弟子達に続き、次の世代…即ち、
宗矩以降の弟子達にも、相応の実力を備えた者たちが出揃い始めていた。

       .,ィ ,  ,、  ___,,,、-、________ __
      / ;゙i,i゙ー(i i==、;/゙  i;;;;;;,i;/,、)i;;;ヽ, .,
      i ;;;;;;;;;;;;i゙.i;;;;;;/   .ト-ノ./;;;;;,;;;;;;;;;゙i,iヽ,
    /\i ;;;;;;;/i,_゙Yi,  ,ノ''゙_ノ゙゙ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;、-┐
    i ;;;;;;;;;;/,、-i'"ソ'=-'゙i, '´)''‐-、, ゙ヽ;;;;;;;;;;゙ラ.,イ
    .ヽ; ;;;;;i./;;_、;;;;;;i,  /゙;;;;;、ヘ;;;;;;;;;;、,゙ヽ-'ジ,イ    なあ、今度、庄田殿が
    ヽ;-;;;;;i'';;;;/‐,ヽ;;;;;;;;;;;;;i;'' .i;,,ノ;ァ、;;;;;ヽ、,_ /.ノ   越後高田藩に指南役として招かれる話を聞いたか?
     ヾ、;;;;i,';;;i ,゙i:;;ジjヽ、;;;;ヽ、'゙'"'' / ./゙'フi'''゙.,/!
      ヾ,、,iヾ'.゙゙''';''"  `゙゙"`  ./ ./''´,イ-'",イ
       ゙! .|   i;_       ./ .i‐''´,イ-''゙ノ
       i、:i,   i, ̄ヽ    i i-'゙´、イノン゙
        ゙ヽ!,   '''' ´    ;i,__,)/ノシノ゙
        ,/'jヽ,  ゙゙   /゙ ̄⌒`゙゙'‐、゙'´
       / ,ヘ,_゙i;、,,,、、‐''"j゙       i    _,,、
      / ./\シ//;;;;/゙´j       ,⊥‐'''"´
     ./  ゙フ///'''" ,/゙     /´
------;/  ./'"´_  /     ./    ,,、、-‐'''"゙
         小滝与三衛門
       (おたき よそうえもん)

       ,i,    ヽ;ヽ,  ,j゙ i、,,,__
       i !     i ゙i'";フ i゙;;;;;;;、、;;;;;ヽ、
       i |  ,,iヽ;;i i;/ .ノ;;;;;シ;;i,_`i,゙i;;;;;i、     ああ、聞いた。
,'i,     .| .i, i゙  .i゙'.Y゙i、/!,シ,イ__i__i__,-;ォ;;;i,    なんでも殿自ら御指名されたとか…。
ヽヽ    .ヽ,_>レ'゙゙.V'|/--'ジ;;;;;;;;;;;;;;''シ'i゙゙i;;;;ヽ,  .流石と言うべきだな。
. ヾヽ、,_  /;、i,.|  .,リ,ノ;-ラブ'i;;;'=;ラ'''''i´  | .|;;;;;;;;ヽ,
  .\,,_ `゙゙゙´_i,,,ヾY'゙ノii|'-;;イi゙ .,ニ'"  ゙i  | .|;;;;;;;;;;;ヽ、
   ./゙゙'''''T>フ ,イ;‐-';;;;;;ヾ,      ゙i  | ,レ-‐-、;;;;;ヽ、,、-
  /゙;;;;;;;、-‐'ニ-‐iレ'!;;i;、,____゙ニ=-   ,、ー'"´    ゙ヽ;;;;;i'゙ ./
  i;;;;;;i'゙i゙´;;;;;ヾ;、;;'、,二ノ        i゙          'i /゙
  .ヽ,;;i、ヽ;;;;;ヾ;=-、;''゙'ヽ、       .ヽ        /゙'
    ゙ヾ `゙゙´ヽ, ゙i,   '';"゙⌒)    〉,      ./  ./
         .ヽ, ヽ,  .゙' '゙,,    ノ ヽ,   /  ,/
           .〉'゙iヽ、  ´  ./;   .ヽ ノ  ,/゙
          ,イ .ト;;;;;゙ヽ,__,,/  i   /゙´.,、‐'゙
         ノ;;;i  ト====;i    i  ./,、‐'゙      ,、‐
              辻茂右衛門
            (つじ しげえもん)


166やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:53:54 ID:otpq++Ay
                   ゙i、,
                   .i, l.゙'i, 、
                   j.|.| ゙'i,゙iヽ,. 、
         .,       ,イ ,ノ |.!  l,.| ゙'i,゙i;、     .ト,
        /l   .,ィ ,r''゙.ノノ .ノ   ゙i  ゙'i,!.゙i、゙ト、  .j. |
        ! ゙i, ,イ./.{/       __       ノ .l / .|     俺たちも腕を上げれば、
        .|.  ゙i,!| ゙'       .ト;イ      ゙ ,iノ  | jl   いつか同じくいずれかの藩の指南役として
        ゙i,  ゙ヽ、,   .|\,_ j.゙゙.i, _,,/|  .,r‐'゙   .// |   仕官することができるのだろうか…?
        .l,い、   ゙l,_,r‐'l .|''ッ゙ヽ-;'゙t''゙| .l''‐ィ    _rシ'゙./
        ゙! ゙ヾ、,   レ-iヘ,ヾ、i,゙''゙./,シ',ィi;ーイ     _,,/、---、,_
      _,,,、、゙i、,_    l,. ゙l'Tt;、ヽ、,_,,ィ::i,l:::}. ノ  ,r''゙´      \
    ,r''゙´     `゙\,. ゙ト,゙ヾ`''゙´`゙'i:、゙l. ノィ゙i,. /゙           ゙i,
  ./          ゙ヽ.| `゙;=ー'., ',,.゙|. / ゙''‐゙Z'   _,,、、--、,_.    ゙i
  /    _,,、、,,_     ゙i   ゙ヽ.ヾ-'゙ .ノ゙i,.i,  ''ヾi/      `ト、  |
 .|   ,r'゙´    ゙ヽ,    ト,l,  l,|ヽ-:'´  j-,ヽ、 i,゙i.ト―‐-、,   |::゙'i  .l
 .|  /:!       ゙'i,   | ゙ヽ,i,.ヽ、  _,/ ,rジ'ij'゙ニ二'ヾ、,.゙ヽ, /:::::| /
  ゙i |::゙i  _,r‐''二二゙ヽ、,ィヽ、, ゙'iV゙~ヾノ゙ /シ'"゙ ̄`゙゙'ヾ;/iヾ,.゙'i,|:::::ノ/
  ゙'i,゙i;::゙!/ ,r''二r‐'''''ー-ミ'iト、. ゙'V゙   ゙'V,r''゙´´ブ ̄`゙ヾ/. ゙i,゙i,i,.|:;;/
    ゙ヾ|,/./ _,、r=-、,_゙'|`゙  .゙!    .l´_,r‐'7゙     ゙'i, .ス V゙
                 笠間九兵衛
               (かさま きゅうべえ)

          i'i
          i i,       ,,、、---、、, ‐ニ;ヽ、
          i i,  ,,、、、/=―-、,_::::::::゙ヽ, ゙i:::゙i, .゙iヽ,  ,、シ
  _,,       .i ':゙i/,;;===--::: ̄`゙゙'':::::::::::::iノ::::::i .ノ::::レ'シ'゙
 ,/,,,゙!__,,,    ゙i ': ゙i゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙::::::'‐'゙;、‐゙/
./-‐i:|'-<,イ  ./´゙i : ゙ヽ、;;;、;、;/゙i;:::::::::::::::::::::::::::;/゙ ;,<,
>''ジ、‐',/  ./::::::;、‐':、,゙''‐-i:.i:.i゙、/,、ゝ'i''i、----:''"//::::ヽ,     どうでしょうね。
‐ヅ/゙<オ;')  i:::;、ジ:::::/:;>-i;j;,i, .i  .i; i: ト-----''゙,/::::::::::::::i;    ただ、天下一の但馬守様の門下で
,/y'゙,イ, i )  .i;i゙/:::::::/'゙::::::::::::;、入!/iノiノ┬''ヾ;''"゙i;::::::::::::::i:::::i    腕を磨き続ける事は損にはならないはず…。
、,ィ'゙./゙,>゙   /:::::::/::::;、‐;=ニ゙;゙ノ::::;ィ'--‐i;::::::::゙i、::i::::::::::::::i::::::i    頑張りましょう。
-┴;、ィ゙    i::::::イi::::i:i ゙ i;i゙'i゙i;''"゙´ ゙;シ';';'‐、:::::i::::゙'゙;:::::::::::::i,::::i
`Y-'i'、'i、    !::/i:::ヽ;リ .'ヾ;;.ノ     i;i゙,゙i ゙>;:゙i;:::ノ:::::::::::::::i;/
'エニP,,ト'゙    ヾ.ノ:::::::i゙` ゙!     '┴-'ラ゙::゙'‐ソ:::::::;::::::::::i,
エ'';;K゙ニ)     ノ::::;;:::i;  .゙、_     /::::::::/::::::::λ::::::::i
‐i''"Tス'゙ -、;‐''"、-'":::::゙i,  ゙'、゙)    /:::::::::/;;;::、-┴'‐‐'┴‐-
.:レ、i,>;゙'i,、,、,==‐'´:::::;;:::::::゙i, ー   .,、レ-‐''"´;、‐'"´::;、、-―''''―
/  i.、ヾi'i-ミ、''―‐ブ::::;::::::;i、、、-=='"  ;、-''´ レ‐'´
  ノ'i,ヽ、'‐ヽヾ  /:::::/!::::/'''""゙ー--‐'´ ,、-‐'゙ ゙ヽ、,
.,ノ  i, ゙ヾ>;'ー'-ー┴‐''――--、、、、-‐'゙       i,
-=-‐'''" ̄                       :i;
              萩原栖左衛門
           (おぎはら すざえもん?)


168やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:56:31 ID:otpq++Ay
          r"    ,,、 -- (、、、,,
         (ヽ(ニゝ"       ~'' - 、
       /i (、ヽ        、  、、、ミミ ヽ
      /、ヽー       ソリ |ii|j|、||iijj、ii  ii、ヽ
      iヽー-        '""     |ii  ii、 ヽ     
    ヽ、 'ヽー'"     i! ! , ii ,、 、 i|ii |ii iii||、 t    
      ~''7"  i,y| ji |i| i| リ|!!||i  t tii |iii||||iii,i, i      お前達。
      //  、{ijj_、(i、_i、|,,i(ヽtヽ__ヽ、t!! 'iii|i jji ,i    そういう話はせめて稽古の時以外にやれ。
     // i,,i  ii ;;r',r-tzテty/::;t三モラニ) tヽ、i|ii ヽ, i    .気になるのはわかるがな。
    i | 、リ  | ;;;i " ̄;;;''"| ""'''':::::::-、、  iヽ、 |ヽヽ t   
    ヽー リ / リiii;;;t '"  i,',,,,、,,      |  i  |ヽヽt    さ、稽古を続けよ。
      i| / / iijji;;t    ヽ''ノ'      リ |i  iiiヽヽヽ  
      リ//リ jjiii i;;;t   ,、、、、,,     / |,||ii ii:::ヽヽヽ,,、  「「「「ははっ!!」」」」
     リiiii リ /リi| |;;;;ヽ  `j;;;;;;;;; `   /i | |i.|i||.iii::,、-''"  
     リjjj ソ  リ |i i;;;i;;;;t  r"、 " ,、 '"リ | |i |i,ir'"  ,、-''"
    リjjソ/  ./ |ii i;;;;;i;;;;;t `;;; ,、-"  ,,| | ,,|i |i ''""""   
    リ/ii/  ./| | iii t;;rt;;;" ̄~ン-''' ~,,| |/ノ リ        
    リ/|i  /iii| | r''~、~'''''''"~;;;;;;;;'""-'| リ、/ /      ,,,,,、
   リ i|  Y ||ii t >、;;;;>);;;;;;;;;;,、-(''y| |~''り===ー'''"ー'"
   i|  |  |,,-ー'~t"、、ヽr- ー '' ~""ヽ| | / ヽ(ヽ'"~~ ,,,,、-'
  ,,|-''i|.  iりY~,j~⌒ヽ〈;;;;;;;"";;;;;;;;;;;;;| |~'/~ニ~二二二二;;;;;;;
            出淵平兵衛盛次(※)
         (いずぶち へいべえ もりつぐ)

 ※ 以前、「孫兵衛」の表記になっていたのは誤記でアリマス。
  申し訳ない。


169やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 21:59:28 ID:otpq++Ay
          .、'''ー'`'''''"`"`'ー、 
        /   ,,  ,,,// ィ ,,,rr )  
        {   |从 lll",,," llllj '' `'ー、r
       { 从从´´´从从从iiiiiii lll从 ll ,
       { 从从ll|||'''从从:::''''""/"jj  }
      {、-、|lllll|、,,, l|||l从;;;;/''"'彡シ   }   
      (ミ'ミ   ゙゙''' 、ィヽ)ヽ::    '彡:シ }     ふっ、平兵衛。
      ミッ|      リノノ:::::::  ィ彡,,ノ,、}    そうは言っても、気にしておるのはお前も同じであろう。
      { ミ}r 、_ {  "彡::::::''" ,,゙'' 、::j´、',    
        }::l|ー-、ヽ}_ O'"_,,、-''イ::ツ }jリ, リ     .いずれは我らにも来るやもしれぬ
        ヽ',シミ゙'、;;ヶ、ili、ィ;ィ;;乏彡ミ /ノ''/|,,,,__  .話なのだからな。
         '、 `""´: | ''''''::::: ̄  /イ,,/:::}
     ,,、- '''"ヽ   ,l,,  、:::::::   /リ:   } | ̄
 ,,、-''"      ヽ  `'-''´  ッ::  j::   レ
'"(         :ヽ  ー-ー ''´:::   ノ::: ヽ/
  ヽ,,,,,, 、-、    ::ヽ  '''''''"ツ:::: /:::   /
        ヽ  ri::::ヽ   レ' /:::::  /
゙' 、      ヽ/ t::::::::'、,,_,,/::::::  /
 ̄`'' -、     ゙' 、ヽ、::::::::::::::::: ::::/      ,,

            ̄ ̄  ̄
     、/      ||      \
     ゞ〃       ヾ \\  \
    ゞ〃    〃〃         ヽ
   /     || || | | || | | |  ヽ
  //    /////|ノ ソヽ|ヽヾ ||  ヽ     
  //(   ー/=//ヽゞ〃ヽヾ|/丶\   \      …与三か。
 ..v |    |ヾ≠;:;⇒ .  ≠;:;―\ |  ヽヽ    まあ、気にならぬといえば嘘になるが…。
   |    ゝ ´ ̄` / . ´ ̄`´ .|\|| |  ヽ    なんにせよ、柳生新陰流が栄える限り、
   |/   ..|             | |\  \ ヽ  いずれまた話も来るであろう。
  //    |      ^.^     | |ソ \  \ヽ 
   |  ||丿|   ´  ゞ     .| | \    ヽ  その時に備えて、腕を磨くのみよ。
   |  || .ゝ    / ヽ    | \ ヽ   |
  /   |  |ヽ    .``   / | ||   .   |
  /   | .\| \      / .| ||  ..|   |
  |   ..|  |\、\_._/ /;| |   .   .|
  |   |  |  \    ../  .| |    .|..  /
  |   |  |    "ヾ〃    .| |    |  /
  |   |  \     ∥   / ..|   | /


171やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:01:22 ID:otpq++Ay
          r"    ,,、 -- (、、、,,
         (ヽ(ニゝ"       ~'' - 、
       /i (、ヽ        、  、、、ミミ ヽ
      /、ヽー       ソリ |ii|j|、||iijj、ii  ii、ヽ
      iヽー-        '""     |ii  ii、 ヽ      
    ヽ、 'ヽー'"     i! ! , ii ,、 、 i|ii |ii iii||、 t      そうだ。
      ~''7"  i,y| ji |i| i| リ|!!||i  t tii |iii||||iii,i, i     殿と上様がおられる限り、
      //  、{ijj_、(i、_i、|,,i(ヽtヽ__ヽ、t!! 'iii|i jji ,i     柳生新陰流に不安などあろうか…。
     // i,,i  ii ;;r',r-tzテty/::;t三モラニ) tヽ、i|ii ヽ, i    .
    i | 、リ  | ;;;i " ̄;;;''"| ""'''':::::::-、、  iヽ、 |ヽヽ t   
    ヽー リ / リiii;;;t '"  i,',,,,、,,      |  i  |ヽヽt   
      i| / / iijji;;t    ヽ''ノ'      リ |i  iiiヽヽヽ    「出淵殿!!」
      リ//リ jjiii i;;;t   ,、、、、,,     / |,||ii ii:::ヽヽヽ,,、 
     リiiii リ /リi| |;;;;ヽ  `j;;;;;;;;; `   /i | |i.|i||.iii::,、-''"  
     リjjj ソ  リ |i i;;;i;;;;t  r"、 " ,、 '"リ | |i |i,ir'"  ,、-''"
    リjjソ/  ./ |ii i;;;;;i;;;;;t `;;; ,、-"  ,,| | ,,|i |i ''""""   
    リ/ii/  ./| | iii t;;rt;;;" ̄~ン-''' ~,,| |/ノ リ        
    リ/|i  /iii| | r''~、~'''''''"~;;;;;;;;'""-'| リ、/ /      ,,,,,、
   リ i|  Y ||ii t >、;;;;>);;;;;;;;;;,、-(''y| |~''り===ー'''"ー'"
   i|  |  |,,-ー'~t"、、ヽr- ー '' ~""ヽ| | / ヽ(ヽ'"~~ ,,,,、-'
  ,,|-''i|.  iりY~,j~⌒ヽ〈;;;;;;;"";;;;;;;;;;;;;| |~'/~ニ~二二二二;;;;;;;


172やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:03:23 ID:otpq++Ay
          __ ヽー-、|\            
         ,. --、\ `ヽ!:.:.:.:|:.:.:|∧        
    ト、_∠.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.ハ       
   ト、!:.:.:::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::.:.: /|     / .:   出淵殿!
    ',:::`.:::::::::.:.:ト、::.\:.:.:.::.:.:::::::::::::.:.: レ!  / .::::,:  是非、一本お相手を!!
    ド=-::|::.:lゝ|/≧ーf:.:r‐、:.:::::::::.:.:.: / ./.:::::,.イ:::
    \_::ヽ:.|イりノ  Y´ ̄ ̄ ̄ ``ン'´.::::/::/⌒
      ー'入  ´ ̄_,ハ   :::::::::/:: :/:::::/  
       ヽ    7::::|_ ::::::/:::  .:/:::::::,:′  
        ヽ一'  ヾヘ!::.  ̄!::: .::::/:::::,.イ    
        |:{___ ,. イ./ :::: /|  ::::|:/::: !    
        ',:\__}/  ::::/ 廴:/:|: ::.ヘ.   
            ヽ::|::::. _.:/ :.  ::::::|:\  ヽ、 

            、__,,,,、、、、、-- 、、,_
           ,、-''"         ヽ  
        ,、-'"    
       /       
     ,/   /    、
     /        从
    イ  シ ン/l | || | |      
    / // /           
    |/ / / ,,  ,、 ,, , 、,,   _,,,、
    || " |l l| l| |||| || |ll|   l|、 `゙)ノ
    l " l||||. |l|l ||| ||l | l|(ヽ、ヽヽ  ン  `'' 、    …フッ、いいだろう。
    |l  l|| l| |从.| |从 |从ミミ,三''ーi          来るがいい!
    イ|l  l|l 並l | |ハl| 从>ィ≦-、, |ヽ、`' 、ヽ、
   /''リ|l|l ll',゙アモェ'、-ヲ""ーデ'""  ',l|\::\`''
   // | | 、|ll',` ̄:::|   `~゙''    ' 、 \`''
   ,'/  ゙l|| |ll||',::: '"|          '、 \
  |.l     从'、. t,,、ィ'''´   ノ    / ヽ、 `'' 、
  、l |     イ从ヽ 、,z_-彡"    ,イ /' 、ミミ
 ;;;'、- 、,,,,_   ゙゙'、l|ヽ 、二、-'"   , '//   l|/
 /;从ヽ、  ヽ,_ ,,,,、 -、lヽ ::::..   //   ,,イ
 "从lヽ、  '、、   l| :ヽ;:::  /,r'    / /
   从 ヽ ll|ジ´  ゙''i、_ `゙'''"、イ   / ノ , '"
  //l|从 l| |"    ゙リ)゙'' 、 l| | / ,,、'´,r'


173やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:05:48 ID:otpq++Ay
       : : : : :  ''*,,   ☆  +  '+   o    ,,*''
    : : : : :._,,_: ,-''~'ヽ\  ヽ  i,  |   /   /     o
 : : : : 、: .f´, `i, ::::::;゚ト、 \  ヽ  i,    /  ./    _,,-'´      。,
 : : : ,-''''弋,_::ノ'`'-ー'゙l: \ \ ヽ.  /゙ゝ、     _,,-'´    __,,,-ー'"
  ,,- !、....::.ノi,   ゙i _,,,,,f: ̄l、   f?/ゝ、,,,_ `'fi、     __,,,-ー'"
 i゙: ..:::i`'''゙  ゙i,_,,,-゙i、_,,,,i--i l-、、_,,!、i `,、、_-、___ヽー-、          。    では行くぜ!
  `=ー゙: ヽ ,,-'゙i、,-r゙ _,,. iノノヽヽ丶、゙i´イ'ッi.ィチi゙リ゙''ヽ i ___,,,,,,,-ー'''''""     新陰流!ペガサス流星剣!!
   \,,-'''`,-''゙ ,,-!,_i,-`'゙ノ゙` i. ! i i.`i. `゙ゝ`i ヽ,/ノ
    `-ー'゙''''''゙`'ー--、´ーr '´丶ニ,ノ-' 、.!'7/ ヽ,/ ,,,、------------ *゚'
'゚*------------   `'ーl丶 、__ `''- `'´ / i `'i卅|
      ___,,,,,,,-ー     ヽ-,,__`''ー-,,_,-'´ .ノ-ー'゙~~~ "'''''ー-,,,,,,,___
*-ー'''''""__,,,-ー'"       〉,,___`''-,,_/ _,,-'゙   丶 `'-,,_       ゚'
  __,,,-ー'" _,,-'´ / /  /'ー-ニく聖>ニi    \  丶   `'-,,_
*''゙    _,,-'´  / /  /゙      ヽ ヽ, 丶、 ヽ  \  丶    ☆
  _,,-'´   /   /  / ̄ ̄`'''''ーー´ ヘ `-´ヽ ヽ.  \  丶
+*''    ./   /   / ̄ ̄`'''''ーー-'゙  `-ー'´!、 ヽ.  \   o
    .,,/   /   ,i-'''´""`ヽ  /ヽ  r'´~゙"ヽ  +    +
   *''    *''   ,i _,,,,-- 、 ゙i, i   ゙i,  | f´"~ヽ

   ,-、   ,-、
  ゝ ` 、 .ゝ. 丶           ,,、           ,
   `'´、. `' ,'、..丶       / ノ         l!
  _    `' ,,_  `   丶、__ノ  ノ        |ゝ !ゝ.__,, -.. 、
  (  ゙̄"'''''''ー゙    ノ .,   γ        ,ゝ ` _,,   :::: '',,ヾ_,
  `゙""''''ー┬ ' γ ,ii|    ノ   .,,__ー- `,,,,__"" ,.,;;:    __ "' 彡
     _,.-'゙  f':;; :!l _,, ィ゙ `丶-==- 、"'''ーー''´ ;'  ノノリ リ, 彡
  , - '´_,, -、'゙     ノ  .ノ:::::::.. . Yー,ヽ 丶 ,,_,,..  ノノ、_   _,ィ 彡__,, -'´-
  `ー '´   `''ー、´-ー'´ :::::::::::::.l... ',.li  ヽー' ´ リ "'=` |'''';   ̄  ー- 、    甘いわ!
           \    /γノ:::::::::l.!|   !_.ノ! li、 、-=', ,'` ii"''' 、`' ミ   新 陰 流 千 手 龍 撃!!
              ` ー-,,. ;´    .ノ.!!、__ リ ..ノノリ 丶`ー','   jj   丶`'
              /   |>-<:::`! ii-゙| '.' .`     ̄  ,,''     ヽ
 .           , '´- 、 /:::::     ` ! || !  ' . ' ` l '´ 《.       〉   「うわあーーーっ!!」ドシャアッ
 .         /.:::::   `;::::::::  ,、   .l: !!,,」/〉` .._ ! '´ / `'ー- ,,_ノ 、
 .          ,'.::::: γ"i ゙,::::γ'゙、 ``´`''''´ ノ      ! ´ `'- ,,/    ヽヽ、
  ,ー‐ ,,_   _ノ,, ‐ー'゙ ,'、ー'--ー''´`ー゙ノ ,ー'´ , =''`' 、_!     ャ、      , '´ヽ
  丶 ,,,_,,  ̄    - _,,ノ. `',ォー-'ー'゙ノ .ノ   `'''´>'´__`_、  ノ  >`´、 ノ´)-, ...',
 _,, -ー''`'''´ ::jγ'´ノ_,, - .´ _, γ´''''´--ー'''"ノ´ ー'´/´, -ァ、i''''´ rー'''´ `´〉 l、..:::::}
´; _ノ,,,,イ, -'゙ / f /(__,, -ァ´ _ノ´     (~___,. ヘ__ `´/, - !   ヽ ) 、 `'゙! |、.ノ
'''"  ,  '゙ ノ f  ',/´ , -''´_, -'´ l          ,' 丶_`´  ノ :::::::..... ゝ,,,___ t ! !
. , ´ ,  '゙〉  _ノ    `'''''´     | '´ .__  "''ー= /= ''' ,  ̄"''ー-  ,,__   __>-ー!.j
(_, '´  / ./´            }`'ー-, ,,_'''ー- /____,,,'            ̄
 .    l !                / `'- l,,__  || ̄|| || 〈
     !ノ        

 こうして、この頃の柳生新陰流は、数多くの剣士たちを門下に擁し、
名実共に「天下一の流派」への道をまっすぐに進んでいたのであった…。


176やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:08:14 ID:otpq++Ay
 …そして、時が過ぎ、
寛永八年(1631)、年の瀬も近づいた頃…。

                   ,,,,____,..-'''- ...,,__
                 /    ヽ    __  ヽ、
      , -ー- .._     /          {_^ ヽ、}
    _,‐'      \_,,/         i____}二  /
   r´    ,、    ;ヽ      、____,..''"   {___ノ    では行くぞ!
    ゞrr-'''" ヾ .r 、 ヽ,     ,,   |          はあっ!!
    { /rィァ リメ、_ノ=、        |
     `i      }_,,__   /      \
      i´ヽ''´  /ヽー―、i     |   \_
      |  ヽ-´ ヽ   ヽ_,,,,/       \
      |      ;__,,, _/ゝ  __,,,,       |
      ヽ、__   ノ ヽー――フ___"'-,-'{^~ヽ |
        ヽ、     ゝ--、 |    〔 ノ   | |
          \_i      ~"''' ‐- __〕  /  |
            \____          /  /__
               ~""''' ‐-‐ '''""~   /;
                   /        //
                  /       /
                  |      /    /
                  |     ,,;     /
                  ヽ、        /
                    ヽ_____  /
                      ー――´

   / ̄ ̄\     まだまだっ!
 /    \ /   打ち手が甘うございますぞッ!!
 |    ( ●)(●)           _
. |     (__人__)          //
  |     ` ⌒´ノ         /、ハ,
.  |         }        /^ <  て
.  ヽ        }       // ./'Y''~ヾ
   ヽ     ノ      //
   /    く      //  、ハ,
   |     \    //  ^ <  て
    |    |ヽ、二⌒)ゝ   ./'Y''~ヾ
                  `


178やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:10:32 ID:otpq++Ay
       ______
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i    アオオオオーーーーーーッッ!!
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |
 |'. (|       彡|          |)) |
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i
  ヽ_|        `         .|_/
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |

              .//
     / ̄ ̄\   .//ハ,
   / _ノ   ヽ_\ ^ <  て
   |  (⌒)(⌒) .|/./'Y''~ヾ   おっ、今はよろしゅうございますぞ!
   |  (__人__) // バシッ  さ、お続けくだされ!!
   |   `⌒´ //
   |.     、ハ/,
   ヽ    ^   て バシッ
    ヽ   ./'Y''~ヾ
   /   //  \


180やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:12:13 ID:otpq++Ay
 そして稽古終了後…。

         / ̄ ̄\
       /    ⌒ ⌒
       |    ( ⌒)(⌒)   上様。
       |     (__人__)   お疲れ様でございました。
         |     ` ⌒´ノ   .本日もようございましたぞ。
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


       /..:::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
       (,、:::::::::::_::::_,、::::::::::::::..゙:、
       .l `'^'´     }::::::::::::::::::i
       ._  、__,、 〈:::::::_::::::::::|
        !)  ヘラヾ´ ゙! /ベ!::::::|   …ああ。
       .ソ   ``` i  ソ,iノノ::::::|
       ヽ,-     !  シ_,イ、:::::l
         i==-    イ   ヾヘ
        , ゝ. ̄  _,.ィ  i
       , ´  ゙'ーイシ″ ,
     /   、 \ヾ   /
     i    `  \,メ--─
     ハ.  y     /
    /   i     ミ


182やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:14:21 ID:otpq++Ay
         / ̄ ̄\
       /    \ /\
       |    ( ●)(●)
       |     (__人__)   …上様、何かお気になられたことでも?
         |     ` ⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{       …………。
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
    /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
            l /  __      !
            l, l  く,_  、   |


183やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:16:26 ID:otpq++Ay
   / ̄ ̄\
 / \   / \
 |  (●)(●) |     上様!
. |  (__人__)  |    お気になられたことがございますれば、
  |    |::::::|   |    すぐにでも仰ってくだされ。
  |    l;;;;;;l   }
  ヽ   `ー'   }     この但馬、
   ヽ     ノ     いくらでもお答え致しますぞ。
   /    く  
   |     \  

        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{   …ならばひとつ、聞きたいことがある。
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
    /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
            l /  __      !
            l, l  く,_  、   |


184やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:19:07 ID:otpq++Ay
\\ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::
  r'::::::::::::::::::::;;:;;:;;:ッ、:::::::::::
\ レ''''jrTf"    lミ::::::::
   |        〈ミ::::::::
\ |、_ ャー‐__二ゞ ヾ::、    但馬、俺はどうして強くなれないんだ!?
`` ゞ:}   ̄'互.ヾ  }:j ん
   l/   """"´`    )ノ
=-- /           l  (ノ
== `弋"__,....._     !  !
     ゙、`ー‐'     ,'       \
''"´    ゙、 ̄    / ,'         \
/     ヽ__/::;' ,' ノ       `ヽ
  //      ヾ_,'∠..,,__
// //   /´

         / ̄ ̄\
       /    \i||i/   て
       |    ( ○)(○)  そ
       | u.   (__人__)     …………!
         |   u. ` ⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


185やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:21:37 ID:otpq++Ay
    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }    お前が2年前、俺に新陰流の全てを教授し、
.   {.   |          ′    | }   印可まで授けてくれた事はわかっている。
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<   だからこそ、お前を諸大夫にまで取り立ててやったんだ。
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|     …しかし、どれほど稽古をしても、
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ    相変わらず、お前に勝てる気がまるでしない…。
.    }.iーi       ^ r'    ,'    
     !| ヽ.   ー===-   /     
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\

         / ̄ ̄\
       /    \i||i/
       |    ( ○)(○)
       | u.   (__人__)    ………。
         |   u. ` ⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


188やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:23:31 ID:otpq++Ay
       /..:::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
       (,、:::::::::::_::::_,、::::::::::::::..゙:、
       .l `'^'´     }::::::::::::::::::i
       ._  、__,、 〈:::::::_::::::::::|    …但馬。
        !)  ヘラヾ´ ゙! /ベ!::::::|   お前、俺に本気で剣を教えているのか?
       .ソ   ``` i  ソ,iノノ::::::|
       ヽ,-     !  シ_,イ、:::::l     いつも「よろしゅうございます」とは言うが、
         i==-    イ   ヾヘ   本当は手を抜いているんじゃないか?
        , ゝ. ̄  _,.ィ  i
       , ´  ゙'ーイシ″ ,
     /   、 \ヾ   /
     i    `  \,メ--─
     ハ.  y     /
    /   i     ミ

   / ̄ ̄\
 / .\i||i./ \
 |  (●)(●) |   
. |  (__人__)  |    …上様!
  |    |::::::| u |   そのようなお言葉、心外でございますぞ!
  |    l;;;;;;l   }   この但馬が手を抜く事など、断じてありえませぬ!!
  ヽ   `ー'   }
   ヽ     ノ  
   /    く  
   |     \  


189やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:25:58 ID:otpq++Ay
        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{      …そうか。
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙    なら、いいんだが…。
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /      今日はもういいぞ。
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_   下がれ。
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
    /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
            l /  __      !
            l, l  く,_  、   |


        /⌒`"⌒ヽ、
       /,, / ̄ ̄ ̄\
     /,//::       \      …ははっ。
     ;/⌒'":::..        |⌒ヽ
    /  /、:::::...       |ヽ_ \
  __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、 /⌒`ー'⌒  )
━━━`ー──ゝィソノ-ヾy_ノー─━━


192やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:27:53 ID:otpq++Ay

        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |    ……とうとう、来るべき時が来たか。
       |::::::::::::::    |
     .  |::::::::::::::    }     
     .  ヽ::::::::::::::    }
        ヽ::::::::::  ノ
        /:::::::::::: く
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)


193やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:29:59 ID:otpq++Ay
                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l
.    l         u.    冫.ー く    
   l               l    ノ!    だがしかし、いまだ準備が整わぬ…。
   l               `ー‐ f r'   .果たして、間に合うのか…?
   l                  ノ'  
   !                     /      いや、間に合わさねばならぬ…!
   ,'                   /      我が柳生家のためにも…!
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


195やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:33:11 ID:otpq++Ay
 そしてそれから数日後…。

       / : :.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.ヽ' ノ}、::{.| 
     〃、 :.:.:/:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.、\.:.:.:.:.:.:.ノ|゚´リ、/:ハ:l.| 
     /  ` -{‐ !ー{ー ‐!--ヽ'ヽ ̄二_,!´;}l.:!:::::}ハ! 
    ハ;`‐/ -|-:|ー:|ー-'{‐|:‐:ハ::|"!:.:.:.:}}イ:::}.}:::ソ:∧ 
     !:!{ :.:!.:.:.:|.:.:!:.:.:.{.:.:.:.:.l∧N レヽト、:.:.リ.|::::|´';:!l::::ハ 
     !| !.::i!:::.i:ト、|ヽ:∧::::::ハニ|三,ニニ、.Y.:.:|::::|f. }l.l:::::ハ      来たか、但馬殿。
     !! ',::ll:::::l:!ェニニミヽ::::∧ /´ヒzリノノ!.:.|::::|リ/:!l::::::::}.     今日呼んだのは他でもない。
     { ∨:::i::l{《弋zj`  \::ヘ  ̄ ´ |!.:|::::|ノ::::!l::::::::ハ    上様の件だ。
    `. 弋::l:::i` ̄     \!.     |!.:!::::!:::::f }:::::::::ハ 
.        レ!::∧         `    ||.:|::::|ヘ::l,,,!:::::::::::}, 
         {.!:::!∧     丶'      ,!|.:|::;:| '、;、:::::::::::::l 
       l.!:::l::{ \    ‐= ‐   ´ハル'´ .//‐、::::::::::! 
          {!:::l::| l´ >    ̄     / /  //  '::::::::::! 
          `ゞ、j {.    ≧ __ . < ./  //    \::::! 
             \ 、   \!lヽ、  ./  //        ヘ:| 
                ヽ!    !l`'、ヘ / ./'´          \ 
               }    !l   ´¨//-、__,...__      \ 
            酒井讃岐守忠勝
        (さかい さぬきのかみ ただかつ)


         / ̄ ̄\
       /    \ /\
       |    ( ●)(●)
       |     (__人__)    …ははっ。
         |     ` ⌒´ノ   上様は、讃岐守様になんとお話を…?
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


196やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:35:45 ID:otpq++Ay
                   __,..__          
           _,.r-‐¬≡三゙:::::::::..`''..、_        
          /./.r:::::::::::::::.\:::::::::::::::::...丶久f:}    
         /.::;/..:::i.:::::;、:::::l;:::::..ヘ::::::::::::::::::::::i} l:::1    
.        /..:::::;il.::::;l..:::::;;;l::::|;;i::::::..}::::ノ;::::::;ィ'^|} |:::|    
       |ハ::::;;i|.:::;;|..:::::i;;ト;:lレl∧:ソY;;;;::l:::::::::/;li l::::l      まあ、想像の通りだ。
.        ! {:;;l{:∧ハ.::::lv_.二ニ=‐|;;;;i::l:::/;;;;l}l.|;:::!    上様は、自身の剣の腕が上がらぬ事に
         `!i{‐-_、ヘ:::}´ィr;z=ャュ |;;;;l:|´ };;;;;;l};l.li;::1    ご不満を持っておられる。
          l;;;i《屯ハ ヾゝ `¨´ " |;;;;l:| , |;;;;;ノ;;|.|l::::!    
.        l;;;l;l"  ,   `     |;;;;|:|_,ノ:ソ|;;;;l.|;i:::!    自分が強くなれないのは、
        |;;;;l;{  /          !;;;il:l |'" |;;;;l.|;;l::1   そなたの教え方が悪いのではないか、とな。
        |;;;il人 `ヽ       ノ;;;ill:l l  |;;;;l.l;;l:::|    
        '" ̄¨ゝ マ三>   ,/"¨´ ト、. 1;;;l.l;;;l:::|    
.            ヽ "  ,.ィ    / ヘ;;;;l.l;;;l::::!    
              ` -<    /    ,/ミミゝ;:!,.      
           _,=≡/ 人  /´   /ムホfヲ苑盆z、      
         _,xl盆fホ/  /`  /∧   /      ̄`ヽホミz、_      
        ,xタ壬シ'¨く_  ヽ.//タ ゝv´   /    f ´     } 

         / ̄ ̄\
       /    \i||i/
       |    ( ○)(○)
       | u.   (__人__)   …やはりそうでしたか。
         |   u. ` ⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


197やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:37:47 ID:otpq++Ay
   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |      しかし、腕が上がらぬと申されましても、
. |  (__人__)  |     .正直、今の上様の稽古で達することのできる腕前には
  |   ` ⌒´  ノ     限度があり申す。
.  |         }
.  ヽ        }      誰が教えようが、使える時間が限られる以上、
   ヽ     ノ      一定以上には上がらぬでしょう。
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |    それに…畏れ多い話ですが、
       |::::::::::::::    |   上様ご本人の生まれ持った剣才というものもございます。
     .  |::::::::::::::    }
     .  ヽ::::::::::::::    }
        ヽ::::::::::  ノ
        /:::::::::::: く
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)


199やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:40:01 ID:otpq++Ay
              ,. -──¬ー、-- -- 、
           /厂:::: ':::::::,::::`ト、:::: 、:` 丶
           /;--:::/::::::::::、:::::: l::::::: ヽ:::ヽ:: \
         /::::´::::::/::::,::::::|l::::l::i::::: l::::::ヾ:::\::',:`:ヽ
     /´ヽ/:::::´::::::/::::::|:::: |l:::l::ハ:::: li::::::::ヾ::゙::,:::::::`, ト、
     ´::::::〃:`丶::/::::::: |:::: |l`y l、;:ヽ::::::l};:::ハ::`ト、:::、:ヽ
   /厂:::/イ:ヾ:::::::イ::::i::: |l::: |.lL'-ヾ;;;::`:::::!ヽ;:::l:::::iト:::ド::`,   …但馬殿。
   |:〆::/:ハ|;;:::::\/-、l:::: |l::::: ィ勹Tヾ ヾ;:`:i-‐ヾl::::l|::;i`ヾ:l  上様はこの国を治めるお方だ。
   |:!::;::ト::l l;l|::代:::l -' l:::: ト、::lゞユソ   ヾィTjlヾ小:|l::::!  l:l  匹夫の如く、剣の腕前を磨く為に
   |i:::〃;:l l;;l|:{|::ミ;! { !:::: i ヾ!        ! `-´l'l|::::|i:::!  リ  他のお役目を疎かにするわけにはいかぬ。
   |:::li';::::l l;;;;l|;ヾ;;`、__ l::::::il        丶 ヾ !;;::::小;| ´
   |:::|l;:::::l l;;;;;/ミ::::;;ヽ、 !;:: }il         ′ ';;;,:::l::| !.     そもそも、上様に剣の腕前など不要なのだが…
   |:::|ヾ:::l l;;;;/ハlト:::::::|  `゙     , =ァ /;;/!:::l:;|      あのように楽しんでおられると、
   l|::|:::::::l l:/;少;j};;ゞ/          ̄  ′   `゙       なかなか強くも言えぬ。
  j}::::|,::::::l li´;;;;;;'|!;;/      ` 、     イ
  イ;::::,!`::::l |!;_√ ー--、      ` ー ´
 ´::::;;ハヽソ        \     /
/:::,´_,-ーヘ         ヘ,   | \
|l;/iミミミミミ\     /ミj\ \ \

         / ̄ ̄\
       /    \ /\
       |    ( ●)(●)
       |     (__人__)   …お言葉の通りでございます。
         |     ` ⌒´ノ   神君様も、「匹夫の剣は将軍家には無用」と、
         |         }    仰っておられました…。
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


201やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:42:21 ID:otpq++Ay
       / : :.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.ヽ' ノ}、::{.| 
     〃、 :.:.:/:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.、\.:.:.:.:.:.:.ノ|゚´リ、/:ハ:l.| 
     /  ` -{‐ !ー{ー ‐!--ヽ'ヽ ̄二_,!´;}l.:!:::::}ハ! 
    ハ;`‐/ -|-:|ー:|ー-'{‐|:‐:ハ::|"!:.:.:.:}}イ:::}.}:::ソ:∧ 
     !:!{ :.:!.:.:.:|.:.:!:.:.:.{.:.:.:.:.l∧N レヽト、:.:.リ.|::::|´';:!l::::ハ 
     !| !.::i!:::.i:ト、|ヽ:∧::::::ハニ|三,ニニ、.Y.:.:|::::|f. }l.l:::::ハ      だが、それを言ったが最後、
     !! ',::ll:::::l:!ェニニミヽ::::∧ /´ヒzリノノ!.:.|::::|リ/:!l::::::::}.     そなたに上様の勘気が下るは間違いないぞ。
     { ∨:::i::l{《弋zj`  \::ヘ  ̄ ´ |!.:|::::|ノ::::!l::::::::ハ     柳生家とてどうなるかわからぬ。
    `. 弋::l:::i` ̄     \!.     |!.:!::::!:::::f }:::::::::ハ 
.        レ!::∧         `    ||.:|::::|ヘ::l,,,!:::::::::::},     …そなた、手はあるのか?
         {.!:::!∧     丶'      ,!|.:|::;:| '、;、:::::::::::::l 
       l.!:::l::{ \    ‐= ‐   ´ハル'´ .//‐、::::::::::! 
          {!:::l::| l´ >    ̄     / /  //  '::::::::::! 
          `ゞ、j {.    ≧ __ . < ./  //    \::::! 
             \ 、   \!lヽ、  ./  //        ヘ:| 
                ヽ!    !l`'、ヘ / ./'´          \ 
               }    !l   ´¨//-、__,...__      \ 

         / ̄ ̄\
       /    ー ー\
       |   ( -)(-)
       | u   .(__人__)    …手は、あり申す。
         |     ` ⌒´ノ   ただ、そのためにも、かの沢庵和尚の力が
         |         }    .必要なのでございます。
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


202やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:44:28 ID:otpq++Ay
        _rf´ ̄ ̄`´ ̄ ̄:ヽ
       /: : : : : : : : : : : : : : : :\
        /: : : : : ,' : : ; : : : 、: :ヽ: : : ヽ,
     /: : : ; : :,' : : : ! :!: : :l: l: :l 、: : : ',
     /:.:.:.:/:.;:.:l:.:.;:.:.;.l:.:l:.:.:.:l:.:l:.:l:.:!:.:.:.:.:}    沢庵和尚、か。
    ,'.;:.:.:/:.:.l:.:l!:.:l:.:{:.l:.:l、:.:.:l:.:l!:.l:.!:、:.:.:.!   だが、和尚を配流に処したは幕府の正式な決定…。
     {!:l::::l:::l::M;M=ュ`;l:::l llィMMl:l::::}:;:::}   既に二年の月日が経ち、世の同情も強いとはいえ、
    l人:::!::l:{ 《弋;ゾ `、l."弋;ソ》 }:::lハノ   よほどの事がない限り、難しいぞ。
    `、 `||从 ´ ¨   `   ¨ '` l:リ´
.      ||:∧`           ,' ト、
      /||:::::ヘ    ` '    ./:l!| ,》
.     《》|ハルト\.  ‐'ニ ‐ /イルl《》
     ノノ /;;;ノル;;;l`. 、__, ィヾ、:ヽ`、f }
.  ,r‐‐ii"‐―‐、{::{ ト、::;::||:::::;イ`}:}`ゞー―‐-、
 /::) ||     }:}.  `ー ‐'´ 〃/      (:::ヽ

         / ̄ ̄\
       /    \ /\
       |    ( ●)(●)
       |     (__人__)    「よほどの事」、でございますか…。
         |     ` ⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


203やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:47:10 ID:otpq++Ay
    / ̄ ̄\
  /:::::::\ /\
  |:::::::::(●)(●)|
 . |:::::::::::(__人__)|   …例えば、今、病に臥しておられる
   |::::::::::::` ⌒´ |  大御所様の御身に関わる事…ですかな?
 .  |::::::::::::::    }
 .  ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /ヽ三\´
    |:::::::::::::::: \


     _∠ ̄`\ ___
    ∠ ..:::::::>'"      `丶、
   〃 .:::::/            \
   {{ :::::/     /       \  :丶
   | ::::/{:  / :/ / / :!      ヽ  :ヽ
   | ::::l:ヘ: ∨.:/:/::/   |   |:.、:.   l ::::ハ
   /l ::::lヘ:∨ ::l.::l.::| ::l{.::|:.  |l:.ヽ:. | ::. j::|
 / :| ::::{∧:| ::|.::l.::| :j∧{::.  |:::∧:. | ::::Ⅳ
 / .:!.:::::{:r‐| ::|.::l.::Ⅳトヘ:::.. l ィ 式ァ:j:::|    但馬ッ!
 \ /::::::ヘ{i^l ::ヾト、仁式_{\::V ̄´ |从l   滅多な事を申すでないッ!
   ヽ::::::人_|  l:::|  .:.:::::::  `ト\:::,':│
    ',_{   |  l:::| u.     〉  /::: |
 ミ.  Ⅵ   |  l:::|      ,. --ィ /::::::l|
     :}ヘ  L_ l:::| \   `ニニ’/j\_:リ_
    ノ |ヽ. `ヾ|¨\>‐  _,.イく    几|
 _ ,イ|l |       rヘ「l ̄|│l∧   / |ト、 
 /::/ |l |\     ノ :|.|  V /:::::〉 |  || `ー‐-、    
 / 〃 /  }\  /  L! 〈 >:::゙\ | ,ハ\ー─∧

 大御所秀忠は、この年の九月頃から癪を病むようになり、
この頃には手足が不自由になり、胸も痛むなど病状が悪化し、
連日、諸大名が見舞いに詰め掛けるほどだったという。


204やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:49:21 ID:otpq++Ay
        /⌒`"⌒ヽ、           …これは迂闊でございました。
       /,, / ̄ ̄ ̄\
     /,//::       \         ただ、なんとしても和尚を赦免し、
     ;/⌒'":::..        |⌒ヽ      その智を借りねばならぬのでございます…。
    /  /、:::::...       |ヽ_ \    それまでの間だけでも、何卒讃岐守さまにも
  __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、 /⌒`ー'⌒  )    お取り成しを頂ければ…。
━━━`ー──ゝィソノ-ヾy_ノー─━━

              __,..__          
      _,.r-‐¬≡三゙:::::::::..`''..、_        
     /./.r:::::::::::::::.\:::::::::::::::::...丶久f:}    
   /.::;/..:::i.:::::;、:::::l;:::::..ヘ::::::::::::::::::::::i} l:::1    
  ./..:::::;il.::::;l..:::::;;;l::::|;;i::::::..}::::ノ;::::::;ィ'^|} |:::|    
  |ハ::::;;i|.:::;;|..:::::i;;ト;:lレl∧:ソY;;;;::l:::::::::/;li l::::l       …いいだろう。
  ! {:;;l{:∧ハ.::::lv_.二ニ=‐|;;;;i::l:::/;;;;l}l.|;:::!      だが、そう長くはもたぬぞ。
   `!i{‐-_、ヘ:::}´ィr;z=ャュ |;;;;l:|´ };;;;;;l};l.li;::1      その間に、おぬしの言う
    l;;;i《屯ハ ヾゝ `¨´ " |;;;;l:| , |;;;;;ノ;;|.|l::::!     「手」を打てるようにしておけ。
    l;;;l;l"  ,   `     |;;;;|:|_,ノ:ソ|;;;;l.|;i:::!     よいな。
   .|;;;;l;{  /          !;;;il:l |'" |;;;;l.|;;l::1    
   .|;;;il人 `ヽ       ノ;;;ill:l l  |;;;;l.l;;l:::|      「ははっ」
   '" ̄¨ゝ マ三>   ,/"¨´ ト、. 1;;;l.l;;;l:::|    
       ヽ "  ,.ィ    / ヘ;;;;l.l;;;l::::!    
         ` -<    /    ,/ミミゝ;:!,.      
      _,=≡/ 人  /´   /ムホfヲ苑盆z、      
    _,xl盆fホ/  /`  /∧   /      ̄`ヽホミz、_      
  ,xタ壬シ'¨く_  ヽ.//タ ゝv´   /    f ´     } 


205やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:52:06 ID:otpq++Ay
          . -‐  ̄ ̄  、
        / . . :      `ヽ、
      , '. . : : : . : //. : : : . : .Vf},
     /:/ : : : : //: : :/: i: : : . : :||.ハ
     ,:/: : : : :/! /: : :, '/: ハ : : : : |L||    …なんだか、さっき「天下一の流派」とか言ってた割に、
      |i: : i: : / ナ|: / //‐-l : : : :|fタ|   明日にも家の危機が迫ってる感じじゃないですか、柳生家。
      iヘ: :|: /ィ/tナメ./´不㍉||: i; : ||| |
      ヽト:{ 弋タ }  弋_t ル' }:/!||/    どうしてこうなったんです?
       ゝti` ̄ 、   ̄  ムソ/ ∨
       ` \  ..、   /://
            > __  ' j从{
          rf/{j  /ノヘヽ、
         //f|| !.//fLt.| \
      . -‐/  {ft||/ / ___ソ|  |> 、__
    /_ > へtハ. /t/: : `'‐-'、__: : :`ヽ
   ∠イ: : : /: \fタ:|: : i: : : : :` <: ハ
 /: : : : : /: : : il{: | : |: : : : : : :` -ヽ.
 V: : : : : /: : : /ハ |: : |: : : : ヽ: : : : }
  |: : : : :/: : : 〃t.j.|: : :|: : : : : \: : ノ
 / : : : /: : : 〃ftノ | : : |: : : : : : \: {

           ノ          |     //ノ /  |
           / ノ   /  |      | _r=//一}=,イ- .|
           ノ/i  / {  |   !-‐|'" //   { | ,!i  |    おお、ハルヒがちゃんと女の子らしい格好を!
            |,ノ  |  |  |  |  /____ l | |   |   お父さん嬉しいよ!!
             | ハ r、 !  l|  | /三三三ミ リ | l! |
               { | { ハ l|   l.  〈          | | |    …とりあえず、質問にちゃんと答えると、
                l! |ヽ |lト、 lト、ヘ / / / / l|!,/|   これは柳生家(というか宗矩)、
                   ヽ l! ヽ { ゞ           / |   及び、柳生新陰流の繁栄が
                 ゝー- N ゝ             | /|
                  `r-ム      ┌──y' |     『将軍家光に寵遇されている』
                  /:.:.:.い     │   /´  |
                 ,,イ:.:.:.:.∧ ト、    │  |  ,ノ!    ことに理由があるところにあるんだ。
               , -':.:.:|:.:.:.:.:.∧ ヘ ヽ     {. ノ / |
             ,, -':.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.∧ ヘ \   ∨ ,/   |     つまり、繁栄もそうだが、危機もまた、
         ,, -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.∧ ヘ  >、/ ´    ィ    家光の個人的好悪によって発生し得る、
   ,, -‐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:∧ ヘ    |     /.|   ということなんだよ。
,, -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.∧ヽ ヘ   |    ! |
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:∧ 、 \.|      }
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ \  |     |
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ \|     |


208やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:55:14 ID:otpq++Ay
                                    ,r-‐' ̄ ̄ ̄`ヽ
 まず、さっき酒井讃岐守が話した通り、        ィ‐'"          `ー-、
将軍家の周囲の者からすれば、          `≧"´            ノへ \
「将軍家に剣の腕など不要」というのが .... ゝニ二                     ヽ ハ
基本的な認識だったんだ。         .   /       /            }  }
                            丿      ノ/       人    |   |
 厳密に言えば、別に強くてもいいけど、....  |ハ {  、_ / {    ノ / }     !  l|
他の役目に悪影響が出るくらいなら、       | ,,、   / `|  //   |     }   !__ ___
やらなくともよい、というところだな。    .   ヘハ\ {_、_ゝ / ' ̄ `ー=|丿 ノノヽゝゝ    ` ー-、
                                }ノi ヽ ̄丶  =、___ ソ / //──── 、    `
 だが、剣に限らず、芸事というのは、        ´ ヘ   ノ    `゙゙゙゙゙ノ/ンノ         ` ー-、
その才能も勿論ながら、           .        ヽ          /冖/
何よりどれほど稽古をしたかが     ......         > ` ー- -   ,/__|,∧!        r‐ヘ
上達に際し、大きなウェイトを占める。 ......        / ヽ、__  < /  ,`-、_ ,, -‐'´:::   }   /
                                 /   /ヘ  /   / /      /::::::   |  /
 しかし、将軍家である家光が、       .      i ,-‐'" / |/   /   /    /::::::::::   } /
剣だけに執心する事など不可能だし、..  / ̄`ー--‐'´ /  //:ヽ  /   /     /::::::::::::   ノ_
そうである以上、その腕前は     ....  /  i     /   /´|:.:./ ∨     /     /:::::::::::::  /´ }
一定以上にはなりづらい。       .. / ::::|      ゝノ/ / :| / ゝ___/    ::!:::::::::::: :::::: /
それはわかるね?           ..... ノ :::::|   ノ ̄´/ /: :.:.!/    ̄/    ::|::::::::::::::::::::: /
                        . | ::::::|   /   //:. :.:./    /     :::::::::::::::::::::::::: /


       //: : . : :  . . : . . : :i:、 :  ヽ  /.水     まあ、それはわかります。
       //: : . : : : . : /. : . : : : ノ~V: . : : i // /|ヽ
.      i/{: : : : : : : /: : : :イィ: /  V: : : :i{ ∨/|.ハ     『プロ並の腕になろうと思ったら、
.      i' i: : : : : ∠|: //// ̄ ̄!: : :|: >イ|j.| L     .それなりに時間も手間も要る』
        ゝ: : : ムニi/、 /´不ニ癶|:i: :ル'  L...jT
        \ :{弋_t |   弋z之 j:ル'  f ノノ.| |八     『でも、趣味にかまけて
          ``i ̄ ノ       ノ′  _/:从リ       .仕事をおろそかにしては駄目』
           、 ヽ        /j: : |/
    r==.==┐.\`二¨¨ ´  /  从/l         というところですね。
    | rf7.|fヽヽ.|   \   . ´    ィへ
__   | {.{{. |l } ノ. |     ‐ く    //f水ハ _       …でも、当の家光は、
_ `ヽ.|‐ t‐--‐'" ̄ ̄ ̄`ヽ  ハ  //水} / \    強くなりたい、と言っていますね。
、`ヽ `¨ `ー―‥- 、    }//j}.//水f t/      \


210やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 22:59:30 ID:otpq++Ay
 そうだ。              
これがこの問題の根本で、   
                    
 『剣(趣味)に熱心な将軍と、  
  それ故に引き立てられた指南役』                  /      /   . ト、 .ヽ ヽ
                          ..           //: :   / .//  . :i ムハ : . iヽヽ
 という構造ゆえに立身できた宗矩が               /イ : / . : /: イ/ : ./: ,!:/   V: |l: :ト.\
今更、『将軍家に剣の腕など不要』などと             ノ:| i: :/:/:/ '!l!: : :/:/:/ ̄ ̄!ト ||: 从
言えるわけがないんだ。                       /ィ|:| |: -||:|/ ̄!|l` /:/|/ィ云歹|i: |ヘ|
「剣術をやるのは楽しい」という事を                从| ||: :|l:|弋歹∨!イ ′  ̄ ̄iル| }
家光に教えたのは、当の宗矩だしさ。   ......_, -‐y'二. ‐-、.   V从:|l:|` ̄   ::|      レ ノ
                      ..    / , -‐K_  `ヽへ   \、ハ     `     .ヶ'′
 かといって、家光に対し、     .....   . ソ. :/f⌒ヽ ヽ: . V ハ   `-へ   マ__ ア   .イリ
                      ..  { { : :{ {(@ソ}) }: : /:  }     从>. 、    / レ
 『今のままでは強くなれない。      ゝゝ : ゝニニソノ: :/: : :/へ⌒ヽ  _r<` ミ、- ´  ハ
  もっと稽古しましょう』            {⌒ゝ_> ¨´: :/: : :ム.  \ \へ. \  \  |
                      ..   `> _: :二二∠: イ^    ヽ   \ \  >く|
 などとも言えない。         .....     く⌒ゝイハV⌒ヽ      ヽ   ヽ  |Vヽ:::}\__   _  -―‐ 、
それをしたら最後、政務に関わる       __ゝ |V ハハ         ヽ  \ ̄ \Vハ、 \ ̄    |  }
幕閣達が黙っちゃいないだろうし、 ...  /  ― >く、| Vハ         丶 /\   ヽ::::ヽ∠_    l  |
宗矩自身も、自らが政務の遅滞の  ..∠.    イ  } r'⌒ヽ!   ..-‐┐    |. /  \  ヽ::::V  |  |  /  /
原因を作るなど、性格的に     .....    ̄ ̄ ゝ  >、  ヽ // /     |/    丶  ヽ::::V. L |. /  .ム
できなかっただろうしな。        .        \/ノヘ  V/ ∠ -‐┐  /      ヽ  ヽ::|  |ハ レ  /ム}


212やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 23:02:14 ID:otpq++Ay
        ///  /: : : : : : : : : \  ヽ ヽ ヽ
       /:  /  /: : : : : : : : : : : : : :\  \ヽ ヽ       
        /:  /   /: : : : : :/: : : : : : :i、: : |\ ヽ:.:.ハ        ああ、なるほど。
     /.  /. / /: : : ィ /: : : : ,/: / ヽ: :l、 ヽ. |:.: |       つまり、
     |. / /: :l: |: /-!イ: : : , '/:, ' ̄`V:l:|:.:.:  |:.: |      
     |//ィ: : :| :|/≠土|: /ノ'´≠.=、|'l:|:.:.:.  l:.: ハ      『家光を強くする事は(ほぼ)不可能』
     |イ 〈|、: |: i{ 〃⌒|/丶   〃⌒リ ト||:.:.:.  |:. l l       (というか、そもそも強くする必要がない)
      | 、 ハハ{ ヽ、| 弋__タ   !  弋t_タ_ リ:.:.:|. |:. | |     
.      | :.V:.ハ:lゝハヽ` ̄      ` ̄´ ム|:.:八: |:. | |      であるにも関わらず、
    | .:〉:| リ:.:.`‐.、           ヶ‐|/ ハ | | |
     | / :|{{:.:.:.:.:.:.|i:\   ,r...ュ   /从:.:j' /:.:ヽ|   |      『強くなりたい家光を満足させる必要がある』
     | /  l{{:.:.:.:.:.:.:i从i>     イ从!:.:.:〈.∧:.:.:  :  |,     (それができなければ柳生家の危機)
     l// :.ハ、:.:.: :.:.:.:.:.:.|.   ̄  |:.:.:.:.i:.|:.| ハ:.:.:  :.:. ハ
     j/ .:.:l ハハ:. :.:.:.::.:.:ノ i    |:.:.:.|:.i:.| l ハ:.:  i:.: .ハ      という、ある種、
    / .:.:.'. ノ∠.. -一'′ i   ___ `---V . | ハ:.  i:.:. :ハ     矛盾した状況に追い込まれたわけですね。
   / .:.:./ /∧V―― / ̄ ̄  \-―‐V l  ヽ ヽ:.:. :.ハ
.  /  .:.:/, ', '  ll,  /     i    \  ∧ヽ  ヽ  :. : ハ    …どうするんです、これ?
 /  .:./, '    ll//    .: |:.:.    ヽ//ハハ:.      :ハ
./  //    V /    :i |:.:.:.:.    V/ Vハ:.      :ハ

                        ......      //  /  .  i | ⌒、ヽ、
                        ......     , ' ./  / . ://  }-、 ヽ ヽ‐\
 まあ、この問題は、                 / /  // . ://  :/!^゙ll:ハ.ヽヽ
宗矩自身もずっと前から考えていて、       //. i i.////!ィ/ /i i―!!、 i ヽ!
そのために、様々な布石を         .  ノイ:/j| ||ナナ ‐ !/ , 'ナ/_.|||. |: |ノ|
打っていたようなんだな。              ∠イ八 .|i弋tゥテi|/|ノ'弍tムリ} 从\
                        ......   ´i从八|{  ̄ ̄ ′    ノヘ从 ̄
 そして、そのうちのひとつが、      ....    ゝ{ rヘ!      riノ    /ノノ
沢庵和尚に依頼していた書なわけで、 ......      \へ   -‐_一 .イイ
そのためにも、宗矩は           ....  . -――-.i「i>  _  /ルト!
沢庵赦免に奔走していた、というわけだ。  //   __,ニヽ 7  V/V
                        ...... ,i/  /__ノ  `{   V|、___
 …さ、というところで、           ... { /_ノ  .     ト _∧、\`ー---_-- 、
そろそろ次の場面に移るぞ!        . ノ/ /    ヽ   ゝ一 ′L.i∠......  _j__ ハ
                          ゝ} .{  、!   |   :|::::     ̄ ̄ ̄   `}|
                          { ヽ  丶.  |   .h:    , ―.----.‐ '´.|
                           ヽ ヽ  丶 ゝ-ッ''"--ッ一'ii:::ヽ|  | j   |
                            \ `一'゙‐ <_/へ  'i::::::V ムV  /く`7
                             | ` ― `== 、/   \ ハ:::::|ムf | /  〈
                             ヽ            ヽハ:::Kfン' /    \


214やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 23:05:39 ID:otpq++Ay
 そして、年も明けて
寛永九年(1632)、正月の二十四日…。

llllllii,,l!lllllllllllllll°: :::゙゙lllllll!゙:::,ill!!!!llllllllll,,: : : :::、::::::::::::::;,,i´;:;;;;;,,illllllllllll,、: ::'゙lllll!゙:_:、::::llllllllllllllll!゙゜::::
llllllllllllllllllllllllll|::: ,:'ュ、:゙!!°:'゙’,i´ .゙゙!lllllli,,: : : :゙i、:::;:::::.,l″;::;.,illlllllll!l゙ヾ′:::::゙!゙,il リ.,,>::::lllllllllll!゙゚l,;;;;;;;:
::゙!llllllllllllllllllllll::: l゙:iデ.゙i、:: : ::i、   ゙!lllllli,、: ::゙ヒ::!:::,″:::::,,illlllll!゙゜  .|: : :::::,レ"'i、″:::llllllll!゙゜:::,!;;;;;;:
;;;;;゙゙!lllllllllllllllll|:::: : ″,ヘ,゙l: : : |、   .゙!llllli,、:: :::、::`:::::::,,llllll!゙゜   .l゙:: :::::レ入::|: : ::::lllll!°: :::′;;:
;;;;;;;;;;゙l!!llllllllllll、: : !: ´,zル:: ::廴    ゙゙!llli,、: ::、::::::,,illll!゙゜    .,、:::::,广゙、:l: : ::::ll!l`  : :::";;;;;:   こ、ここまでか…!
;;;;;;;;;;;|:: .゚゙゙!!lllll::: : ゙l: :l゚'`゚゙l: : :゙l,     ゙゙!lli,,::,、,:::,,ill!゙°    .l゙:::::::,|、../`,!:: ::::,「;|  : :::‐;;;;;;:   クソッタレー!!
;;;;;;;;;;;}:    .l゙K:: ::ヽ:`x,:↓: ::゙く      ゙゙!llr:/lll!l゙`      ,": ::::j″:.、'":::::,r";,″ : ::::,′;;;;
;;;;;;;;;;;;、:   .|;;;゚'r,、::ヘ.,,'゙ト:: : :`、.,、,,,、.,,,,,,,.,"::,!lレ、ヽ、--:ーー′: :,l゙:::`: :::,,x'″;,l゙  : :::.l゙;;;;;;;;;:
;;;;;;;;;;;;゙i、:   ゙l;;;;;;;゙\、: :`リ: : : ::+¬丶`:'''':‐::'!、:`ー'''"゙"''~:::::: : :,l゙: : _,r''√;;;;;,i° : : :,″: :、:
;;、: : : ゙l、   ゙l,;;;;;;;;''i,"-,,,_゙l: : : : : : :、、: : :::::,!]: : : : : : : : : : : : : :,l∠'"、,i″;;;;,″ : : : ,i´`'丶、
".,,,r‐" ヽ:    ゙┐;;;;;;゙=、:`}: : : : : :'ン'''―-、゙'''..、-‐'"゙゙彳: : : : : ,":::::,ィ°;;;;,r゚  : : :,,l゙
'"`   .゚i、:    ゙'i、;;;;;;;;`l,,,::|: : : : : ::|;;;‘ー-、,.、,,、-´;;]: : : : : ,!:,,,ll″;;;;;.,r″ : : :.,i″
      `'i、:    .゚'r,;;;'lllliii,,::: : : : ゙l-,,,,-…;;,,,/‐、,,‐;/: : : : :,,iiilllll;;;;;;,,r'″:  : :.,i´
        `'ι.   ‘'=,llllllllllli,,: : : :リ:l゙::::::::::::′:::::::,!│: : ::,,,illlll!゙゙,,,r・° : .:丶,,r
                       徳川秀忠

 以前から病を患っていた大御所秀忠が逝去した。
享年五十四歳。

 法名は台徳院殿興蓮社徳譽入西大居士。
増上寺に葬られたという。


216やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 23:07:07 ID:otpq++Ay
 ゙̄''ー-、.._                                _,,-―'" ̄
       || ゙̄''ー-、______________,,-―'" ̄
二.二二二二i===||________,| |              | |
    ||    ||;; |  | | ̄ ̄__i__ ̄ ̄| |―┬―┬―┬―| |  |\
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  |  \
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | |.  i i        | |  |   |
    ||    ||;; |_| |   |_|:   | | (_;;).       | |  |    |
    ||    ||/ /| |         | | ̄ ̄ ̄| ̄''''――| |  |    |
    ||    ||/  /三.三.三.三三|_|―――|゚____,|_|   \  |
    ||    || /                       \  \|
    ||    ||'                             \
//||   /                               \
//|| /
//   
/     
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/   ついに大御所様が亡くなられたか。
. |    (__人__)  l;;,´   わしより八つも年下であったと言うのに…。
  |     `∩_ノ)━・'    (この年、宗矩は六十二歳)
.  |     |_ノ   
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/


217やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 23:09:28 ID:otpq++Ay
        / ̄ ̄\       思えば、大御所様の御指南役となった事が、
      /       \     今、わしがこうしてある契機のひとつであった…。
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |    それに、上様へ御指南役としてお付け下さったのも、
       |::::::::::::::    |    大御所様のご決定であった…。
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


        , -――-、
       /      \     …神君様、父上と並び、
      /::::::::::::::     ヽ    やはり、御恩のあるお方であったな。
     /::::::::::::::::::     ヽ
     |::::::::::::::::::::::     /    だが…
     .|          /
     \      ._/      (:::::ソ: .
      /:::::::::::: く         ,ふ´..
――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
       |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


218やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 23:12:08 ID:otpq++Ay
    / ̄ ̄\
  /:::::::\.i||i./\
  |:::::::::(●)(●)|
 . |:::::::::::(__人__)|    だがしかし…これで大赦が…!
   |::::::::::::` ⌒´ |   沢庵殿、これで準備が整ったぞ…!!
 .  |::::::::::::::    }
 .  ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /ヽ三\´
    |:::::::::::::::: \

    __
   /  . \
 /. \.i||i./ .\
 |  (●)(●) .|    我が柳生家の…柳生新陰流存続のため、
. |  (__人__).. |   この宗矩、六十余年の全てをここに懸ける…!
  |   ` ⌒    |  .
.  ヽ       /    真の「大将の剣」を打ち立てる時が来たのだ!!
   ヽ     ノ\ 
  /      __/ ̄`く._ __ て
  |      /〃 \   '"  \ そ
  |     ./¨\    \,_ ``ヾ} て
     . 人''" \  、__ ` 、_/ 
      〈 " \ __.ヽ ヾ、._,)'´
      ハ.  ヽ.  、__`ン
      ∧ !、_  `'_,/

 こうして、寛永九年という年は大御所秀忠の死によって始まった。

 そして、この年こそが、柳生家の、そして柳生新陰流の、
ひいてはこの先の「剣」の行き先を決定付けた運命の年であった…。


219やる夫で学ぶ柳生一族(その26)09/08/23 23:14:53 ID:otpq++Ay
  \ヽ, ,、
   `''|/ノ
    .|
_   |
\`ヽ、|
 \, V"
   `L,,_
    |ヽ、) ,、
   /  ヽYノ
  / r''ヽ、.|
  | `ー-ヽ|ヮ
  |    `|
  |.     |
  ヽ、   |
   / ̄ ̄\
 /  _ノ ヽ_ \
 |  (≡)(≡) l
. |   (__人__) .|
  |   ` ⌒´  |
.  |        }
.  ヽ       }
   ヽ     ノ

┼ヽ  -|r‐、. レ |
d⌒) ./| _ノ  __ノ

【やる夫で学ぶ柳生一族(その26):「大御所秀忠の死の巻」】 完


関連記事
[ 2018/03/07 14:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する