やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その3・前編3「解説・兵法家伝書(活人剣)」

541やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 21:32:36.43 ID:XcrTFUY0
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレの外伝であり、
柳生一族と関連のある物事についてあれこれ紹介するスレです。

【今回のメイン柳生:なし】

          だといいんだが…。
  \  /                 \  /
    X   / ̄ ̄ ̄\           X
  / ∩ ./ _ノ   ヽ、 \.       / ∩
/ ( ⊂) |  ( ●)(● ) |      / ( ⊂)      ____   今度こそ前編終了だお!
     | | |   (__人__)  |         | |    /⌒  ⌒\
    トニィ'|   `⌒´   |        トニィ'. /( ●) (● ). \
    |    |         }         |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \
    \   ヽ        }         \  |     |r┬-|      |
     \  ヽ     ノ           \\_  `ー'´    _/
        ン ゝ ''''''/>ー、_           ン ゝ ''''''/>ー、_
       / イ( /  /   \        / イ( /  /   \
       /  | Y  |  / 入  \     /  | Y  |  / 入  \
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l     (   | :、 |  / /  ヽ、 l
       j  | :   | / ィ    |  |       j  | :   | / ィ    |  |
       くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」       くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
        ー 〕   \  〉(⌒ノ        ー 〕   \  〉(⌒ノ

543やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 21:34:47.06 ID:XcrTFUY0
          / ̄ ̄\
        /  _ノ   \     こんばんは、やらない夫だ。
     |  (⌒) (⌒)
        |    (__人__)|     前回までで「進履橋」「殺人刀」を紹介したから、
       |     `⌒´ .l    今回、最後になる「活人剣(かつにんけん)」を紹介しようと思う。
      |         }
      ヽ        }
       ゝ     丿
  ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|


       ____  て
     /ノ   ヽ、_\ そ 
   /( ○)}liil{(○)\   や、やらない夫!?
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /

545やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 21:38:52.57 ID:XcrTFUY0
              .                            ひどいお!
                                          こっちでもやらない夫が挨拶するとかないお!
                                  γ ⌒⌒ヽ
                 / ̄ ̄\           ( ( ヽ ) ノ  本編じゃ全然出番がないんだから、
 わかったわかった。   ./ノ  \.  \     (⌒) 三  ノ 从 ゝ   こっちでくらいやる夫に最初の挨拶させてくれお!
次からはそうするよ…。 ( ●)( ●)  ヽ   三/ | ニ  ____     (⌒)
               . | (__人__) u  }   |  |   /\   / ) し / |  ミ
                | ` ⌒´    ノ   !   、 /(○ )::(○ )⌒\/ | ミ
               .  |         }    \./:::::::(_人_)::::::::  i'   |
               .  ヽ        }      |     )ww)     |  |
                 ヽ     ノ   ヘ   \    `ー"      ノ
                  /    く 、_/っ/      \ .    .   \
                 |       \--一''         \
                 |    |ヽ、二⌒)、          \

546やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 21:41:29.59 ID:XcrTFUY0
   / ̄ ̄\       さて、それじゃ紹介に入るぞ。
 /   _ノ  \     まず、「活人剣」は、その構成で大別すると2つに分けられるんだ。
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)      ・ 本文
  |     ` ⌒´ノ      ・ 無刀之巻
.  |         }
.  ヽ        }     というわけで、まずは本文から紹介する。
   ヽ     ノ   
   /    く__,-ュ__  
   |    ___ 三)  
    |    |       ̄  

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |    無刀之巻…。
   /( ●)  (●)\  !   !   あの「無刀取り」についての話かお?
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /    そいつは楽しみだお!
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /


547やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 21:44:43.39 ID:XcrTFUY0
     / ̄ ̄\        ははは。
   /   _ノ  \      そいつは後のお楽しみだ。
   |    ( ⌒)(⌒)
   |      (__人__)      さて、「活人剣」の本文だが、
.   |        ノ     内容としては、
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ        ・技法論
  (.  \ / ./_ノ │       ・心法論
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /      この二つに大別される。


                             ____
 まーた心法なのかお…。       ...   / _ノ ヽ_\
「殺人刀」でも同じ事を表現を変えて   . / (ー)  (ー)\
何度も繰り返していたけど、        l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \
こっちでも同じなのかお?   ....    ヽ   L   |r┬-|    |
                         ゝ  ノ  `ー‐'    /
                       /   /         \
                      /   /            \
                    . /    /         -一'''''''ー-、.
                    人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))


   / ̄ ̄\       まあ、そう言うな。
 /   _ノ  \     要はそれだけ重要だってことだ。
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)     あと、こちらの心法論については、
  |      |r┬|}    若干違った表現も出てくるから、
  |      | | |}    その辺を軸に話をすることになるかな。
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

548やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 21:47:44.18 ID:XcrTFUY0

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)     だが、その前に、先に技法論についてから話す。
    |  (●)(●)/;;/     「活人剣」は、立ち合いにおける技法論から始まるんだ。
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l       まあ、この時代の伝書だから、
    | .l _ニソ    }       技そのものについて語るというより、
     /ヽ、_ノ    /       あくまでそのエッセンスを伝える、という感じだが、
    __/  /    ノ__.       概ねは理解できるかな。
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

         ___
       / ⌒  ⌒\       ちなみに>>1曰く、今回も前回と同じで、
      / (⌒)  (⌒)\     説明の都合上、書いてある順通りではなく、、
    /   ///(__人__)///\    若干順を入れ替えたり、省略したりの説明になるけど、
     |   u.   `Y⌒y'´    |   そこはお許しください、とのことですお!
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     じゃあやらない夫、始めてくれお!
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

549やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 21:50:53.88 ID:XcrTFUY0
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『一 百様の構えあり共、唯一つに勝つ事
| ._         .|_|   右きはまる所は、手字種利剣(しゅじしゅりけん)、是也。
| |活|        .|_|   百様千様にをしへなし、ならひなして、身がまへ、太刀がまへ、百手につかひなすも
| |人|        .|_|  此手字種利剣一つを眼とする也。
| |剣|        .|_|  敵のかまへの百様ありとも、わが身に百様あり共、手字種利剣の目付に極る也。
|.  ̄         .|_|  秘伝なる故に、本字に書あらはさずして、音をかりて手字種利剣と書く者也』
|            |_| 
|            |_| 
|________.|_| 
└───────┘

              宗矩が「活人剣」で最初に話すのは、
             この
   / ̄ ̄\ 
 / ノ  \ \     「手字種利剣」
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |    になる。
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }   『あらゆる型を習い、使いこなすのも、
.  ヽ        }    全ては「手字種利剣」に集約される。
   ヽ     ノ     それは敵の構え、己の構えがどれほど変わろうと同じである』
   /    く 
   |     \     というわけだな。
    |    |ヽ、二⌒)

550やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 21:54:43.89 ID:XcrTFUY0
      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・  そもそも「手字種利剣」って何のことだお?
. | ( ●)   ⌒)   |  
. |   (__ノ ̄    /   「本字に書あらはさずして、音をかりて手字種利剣と書く者也」
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\    とあるけど、どういうことだお?
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ


   / ̄ ̄\       まあ、正直、この「本字」というものについては
 /   _ノ  \     なんともいえないんだが、意味だけを簡単に言えば、
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)      『相手の手の内を読む』
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l   ということだな。
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

551やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 21:57:49.39 ID:XcrTFUY0
     ____
   /     \
  /  ─    ─\    …結局、またそれかお。
/   ‐=・=‐ ‐=・= \
|       (__人__)    |
\     ` ⌒´   ,/


       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \     まあ、お前がそう言いたくなるのもわからなくはないが、
     |    ( ⌒)(⌒)   実は、ここから少し具体的な話になってくるんだな。
     |  u   (__人__).   そこを紹介しよう。
     |      ` ⌒´ノ
     ,|         } 
   / ヽ       }
  く  く ヽ     ノ
   \ `'     く
     ヽ、      |
      .|       |

552やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 22:01:03.36 ID:XcrTFUY0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『一 有無の拍子、附(つけたり)有も無、無も有と云ふ事
| ._         .|_|   右是は、手字種利剣に付きて、有と無といふ習あり。
| |活|        .|_|  あらはるる時は有也、隠るる時は無也。
| |人|        .|_|  此かくれあらはるる有無、即ち手字種利剣也。
| |剣|        .|_|  太刀をにぎる手にあり、仏法に有無の沙汰あり。
|.  ̄         .|_|  是になぞらへていへり』
|            |_|  
|            |_|  
|________.|_|  
└───────┘ 

                 まず、ここで「手字種利剣」について、
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \    『あらはるる時は有也、隠るる時は無也。
   |    ( ●)(●     此かくれあらはるる有無、即ち手字種利剣也。
   |      (__人__)    太刀をにぎる手にあり』
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃    と説明している。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │    つまり、立ち合いにおいて、
  \  “ /___|  |    「太刀をにぎる手」に表れるもの/隠れるものが、
.    \/ ___ /    「手字種利剣」である、というわけだな。


     ____
   /      \ ( ;;;;(    なるほど。
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   とりあえず、目に見える物らしいことは
/    (─)  (─ /;;/   わかったお。
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/     「心を読め」みたいなことを言われたら
(  \ / _ノ´.|  |     どうしようかと思ったお。
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


554やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 22:05:36.98 ID:XcrTFUY0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『太刀をにぎる手に、有無と云ふ事あり、秘伝也。
| ._         .|_|  これを種利剣と云ふ也。
| |活|        .|_|  手を伏せぬれば、有かくるる也。手を仰くれば無又顕るる也。
| |人|        .|_|  此の如く云へども、相伝せずば、此等の言葉しりがたき事也。
| |剣|        .|_|   (中略)
|.  ̄         .|_|  此種利剣の有無をみる事ちがはば、百手をつくしてつかふとも、
|            |_|  勝利あるべからず。百様の兵法も、此一段に極る所也』
|            |_|
|________.|_|
└───────┘

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)     で、その続きがこれだ。
    |  (●)(●)/;;/     ここを読む限り、
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l       『太刀をにぎる手に、有無と云ふ事あり、秘伝也。
    | .l _ニソ    }         これを種利剣と云ふ也。
     /ヽ、_ノ    /         手を伏せぬれば、有かくるる也。手を仰くれば無又顕るる也』
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.     とあるから、ざっくりと言うと、
  /´  ./       ,.  ヽ.   「太刀を握った手の動きに注視せよ」ということらしいな。
  ト、_,/.       |、  ヽ  つまり、手の内…文字通りの「相手の手」を見よ、ということだな。
   |         |/  /

         ____      
       /      \        なるほど。
      / ─    ─ \      確かに、刀を見るより、
    /   (●)  (●)  \     その刀を扱う手の動きを見る方が、
    |      (__人__)     |    初動も察知しやすいのかもしれないお…。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ       でも、そうして言われると、
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |      「なあんだ」という感じがするお。
   /    / r─--⊃、  |     「秘伝也」というのは大げさなんじゃないかお?
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


556やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 22:10:04.01 ID:XcrTFUY0
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      まあ、その辺りは時代もあるんだろうな。
 |    ( ー)(ー)    どういうものであれ、芸の重要事はできるだけ外部には隠す、
. |     (__人__)    というのが当時の風潮なわけだし。
  |     ` ⌒´ノ    千葉周作の「地擦りの星眼」の逸話とかもあるしな。
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ    ましてや、柳生新陰流は御流儀だしな。
   ヽ    ヽ く 
   /     ヽ \

                                ...     ____
   まあ、そんなもんかお。               ...   /      \
   でも、それを差し引いても、                /─    ─  \
                                .../ (●)  (●)   \
   『此種利剣の有無をみる事ちがはば、      ...|    (__人__)      |
    百手をつくしてつかふとも、勝利あるべからず。 \   ⊂ ヽ∩     <
    百様の兵法も、此一段に極る所也』       ...  |  |  '、_ \ /  )
                                ...  |  |__\  “  /
    とか、えらく重視してるお。            ......  \ ___\_/


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      それは確かにそうだな。
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)     それだけに、この有無を見る分については、
  |     ` ⌒´ノ    他にも説明があってな。
.  |         }    若干ややこしくなるかもしれんが、一応補足しておこうか。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |

560やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 22:15:13.10 ID:XcrTFUY0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『凡夫は有を見て無を見ざる也。
| ._         .|_|  手字種利剣には、有をも見、無をもみる也。
| |活|        .|_|  有もあり無もある也。
| |人|        .|_|  有の時は有に付けてうち、無の時は無に付けてうち、又有をまたずして無をうち、
| |剣|        .|_|  無をまたずして有をうつ程に、有も有、無も有と云ふ也。
|.  ̄         .|_|  老子経の註に、常に有常に無と云ふ事あり。
|            |_|  有も常にあり、無も常にあり。かくるる時は、有即ち無となる。
|            |_|  あらはるる時は、無即ち有となる。
|________.|_|   (中略)
└───────┘  さあれば、有無はただかくれあらはるる也。其躰は一つなり。
               然れば、有も無も常なる者也。仏法には、本無本有(ほんむほんう)と云ふ也』


     ____        ややっこしいお…。
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\     『手字種利剣には、有をも見、無をもみる也。
/    (●)  (●) \     有もあり無もある也』
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /     これって、
(  \ / _ノ |  |     「動きが有る事だけではなく、無いことも見よ」ってことかお?
.\ “  /__|  |     わかるようなわからないような感じだお。
  \ /___ /

                           まあ、確かにな。
        / ̄ ̄\             ただ、相手の動きを読むに際し、
      /   _ノ  \           その見抜くきっかけは多いに越した事は無いだろう。
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)           冒頭で「凡夫は有を見て無を見ざる也」と
       |     ` ⌒´ノ          書いているが、宗矩クラスだと、
     .l^l^ln        }           「無い」ということも「動き」としても見る事ができた、
     .ヽ   L       }           ということなのかもな。
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \            だからこそ、
    /   /        \         「有も無も常なる者也」と書いているのかもしれん。
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))   さて、次に移ろうか。

563やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 22:19:13.30 ID:XcrTFUY0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『一 是極一刀の事
| ._         .|_|   是極とは、これ至極也と云ふ儀也。一刀とは、刀にあらず。
| |活|        .|_|  敵の機を見るを、一刀と秘する也。
| |人|        .|_|  大事の一刀とは、敵のはたらきを見るが、無上極意の一刀也。
| |剣|        .|_|  敵の機を見るを一刀と心得、はたらきに随ひて打つ太刀をば、第ニ刀と心得べし。
|.  ̄         .|_|  是を根本にして、様々につかふなり』
|            |_|  
|            |_|  
|________.|_| 
└───────┘

       ., ──‐、            この文は、所謂「後の先」への言及だな。
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ          『是極とは、これ至極也と云ふ儀也。
     |     ( ●) (●)          一刀とは、刀にあらず。
     |       (__人__) , -―ーっ    敵の機を見るを、一刀と秘する也』
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
.      ン         } ゙| ̄'|       まず、相手の動きを見る事を
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |      最初の攻撃(アクション)と見立てるべし、というわけだ。
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     ____         今までも何度も語られていたことだけど、
   /      \ ( ;;;;(    それにしても徹底してるお…。
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/    『敵の機を見るを一刀と心得、
|       (__人__) l;;,´|      はたらきに随ひて打つ太刀をば、第ニ刀と心得べし』
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |       とか、よっぽどだお。
.\  "  /__|  |      逆に言えば、考えなしの攻撃は論外、ということかお。
  \ /___ /

566やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 22:22:23.66 ID:XcrTFUY0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『手利剣、水月、神妙剣、病気、此四、手足の動き、以上五也。
| ._         .|_|  是を五観一見と習ふ也。
| |活|        .|_|  手利剣を見る、是を一見と云ふ。
| |人|        .|_|  残り四つをば、心に持つ程に、観と云ふ也。
| |剣|        .|_|  目に見るをば見と云ひ、心に見るをば観と云ふ。心に観念する儀也。
|.  ̄         .|_|  四観一見といはずして五観と云ふは、おしこめて五観と云ひ、
|            |_|  其の内より手利剣を一見と云ふ也』
|            |_| 
|________.|_| 
└───────┘

       (⊃ ̄ ̄\        そして、こいつはさっきの文の続きでな、
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)      『是を根本にして、様々につかふなり。
     |     (__人__)        手利剣、水月、神妙剣~』
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \     とあるから、相手の動きを読むことを第一としつつ、
     /ヽ       }  \   その上で心がけなければならないこと、として
   /   ヽ、____ノ     )  「五観一見」を挙げているわけだ。
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)


             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))      「水月」とか「神妙剣」とか、
        /⌒  ⌒\ \   聞いた事のあるような単語だお…。
      /( ●)  (●)\ )   なんだかカッコいい響きだお!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |    ちなみに、なんで
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /      「手利剣・水月・神妙剣・病気・手足の動き」
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄          これで5つなのに、「五観一見」なんだお?

568やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 22:26:38.74 ID:XcrTFUY0

             それはちゃんと書いてあるだろ。

             『四観一見といはずして五観と云ふは、おしこめて五観と云ひ、
              其の内より手利剣を一見と云ふ也』
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    「五観」の中に手利剣も含まれているけど、
 |    ( ●)(●)  手利剣は「見」の要素があるから、「一見」としているんだ。
. |     (__人__)   つまり、二つの意味を持っている、ということなんだな。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }  ミ        ピコッ
.  ヽ        } ミ  /\  ,☆____
   ヽ     ノ    \  \ /     \      なるほどわかったお。
   /    く  \.  /\/ ─    ─ \    じゃあ次に進んでくれお。
   |     `ー一⌒)  /   (●)  (●)  \
    |    i´ ̄ ̄ ̄ \ |      (__人__)     |
               \_   ` ⌒´    /
                /          \

569やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 22:30:18.86 ID:XcrTFUY0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『一 水月、神妙剣、病気、身手足、此四の分別
| ._         .|_| 
| |活|        .|_|  一 水月は、立合の場の座取也。
| |人|        .|_|  一 神妙剣は、身の内の座取也。
| |剣|        .|_|  一 身手足は、一 敵のはたらきを見る。
|.  ̄         .|_|           .一 我身のはたらき。
|            |_|  一 去病は、手利剣を見む為也。
|            |_| 
|________.|_|  右、然れば、極る所は手利剣の有無を見る事専一也。
└───────┘  四は大躰也』


   / ̄ ̄\           というわけで、手利剣を除く「四観」の説明になるんだが、
  /  ノ  \\        まあ、割とそのままだな。
 |  .(●)(●)  |       ...
. |  (__人__)  |       ....  水月  : 相手との距離の取り方
  |    `⌒´  |    ) ;;;;) .....  神妙剣 : 姿勢の取り方
.  |        |    .) ;;;;)   .  身手足 : 実際の体の動き
.  ヽ       }   /;;/      去病  : 手利剣を見極めるための心の持ち様
   ヽ     ノ   .l;;,´     .
. /    ∩ ノ)━・'      . といったところか。
 (  \ /|_ノ ヽ      ..
. \  ""  /_ノ  |      
   \ /___/      ..

          ____
       / ノ  \\            そう言われるとわかりやすく聞こえるお。
      / (●)  (●)\          でも、
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |          「結局は手利剣が一番重要です。
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)    この辺は大体できればよろしい」
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/     とか言っちゃうのはどうなのかお…。
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

570やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 22:34:36.63 ID:XcrTFUY0
           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \            まあ、その辺りは冒頭でもあった通り、
         |    ( ●)(●)
         |     (__人__)           『敵のかまへの百様ありとも、わが身に百様あり共、
         |      `⌒´ノ             手字種利剣の目付に極る也』
          |         }
          ヽ        }      (      ということなんだろうな。
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )    ここで挙げられた四観は、
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (    その「我が身の百様」のためのものなわけだし。
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁     でも、一応、いくつか説明はあるんだぜ?
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|    そいつも紹介しておこう。
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !


571やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 22:37:46.27 ID:XcrTFUY0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『一 水月 付 其影の事
| ._         .|_| 
| |活|        .|_|  右、敵と我との間に、凡そ何尺あれば、
| |人|        .|_|  敵の太刀我身にあたらぬと云ふつもりありて、
| |剣|        .|_|  その尺をへだてて兵法をつかふ。
|.  ̄         .|_|  此尺のうちへ蹈入(ふみい)り、ぬすみこみ、敵に近付くを、
|            |_|  月の水に影をさすにたとへて、水月と云ふ也。
|            |_|  心の水月の場を、立ちあはぬ以前におもひまふけて立ふべし。
|________.|_|  尺の事は口伝すべし』
└───────┘

      / ̄ ̄\          まず、こいつは「水月」についてだ。
      _ノ  ヽ、  \   ,.:┐   要するに、
    .( ●)( ●)  ..| / |
    (__人__)     .|./   /     「相手の太刀が当たらない距離を取りつつ、
     i⌒ ´ .r-、  |/  /      太刀を入れる際、そうと気づかれないように踏み込む」
     {     ヽ, ',. .,/ :/',
     .ヽ   .|  l_/_, -‐、',      この距離の取り方と、その後の踏み込みのことを、
      .ヽ . |   / , --'i|     月影が水に差すのに例えて、「水月」と称してるわけだ。
      /   {  V , --ヘ    存外に雅やかなもんだな。
      |   ヽ  L| r= |

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |    『心の水月の場を、立ちあはぬ以前におもひまふけて立ふべし』
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l    ってのは、立ち合う前から常々考えておけ、ということだお。
  |     |r┬-|       |  /   確かにイメージトレーニングは大切だお!
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /

573やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 22:41:06.22 ID:XcrTFUY0
       ____
     /_ノ   ヽ_\       …でも、肝心の「相手の太刀が当たらない尺」は口伝、
   /( ●)( ●)\     というのは、どうなのかお?
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   そこが書いてないのはどうかと思うお。
  |     (  (      |
  \     `ー'      /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      そこはそれぞれだからなあ。
 |    ( ー)(ー)    彼我の体格や、刀の尺がどれくらいあるかで、
. |     (__人__)    適当な尺は変わるわけだし。
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l    ただ、その点について、
.  ヽ      |   ノ   少し触れている箇所もあるな。
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


574やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 22:45:04.00 ID:XcrTFUY0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『一 敵身方両一尺の事 相寸、無刀の用心也。
| ._         .|_|  道具、両方ともに身をはなるる事一尺なり。
| |活|        .|_|  一尺にては、はづす物也。
| |人|        .|_|  此尺よりちかくよるは、あやふし』
| |剣|        .|_| 
|.  ̄         .|_| 
|            |_| 
|            |_| 
|________.|_| 
└───────┘

       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ         これを大雑把に言えば、
     |     ( ●) (●)
     |       (__人__) , -―ーっ   『武器から一尺(30cm)離れれば、概ね当たらない』
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
.      ン         } ゙| ̄'|       というところかな。
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |     これより近付くと当たるかもしれない、というわけだな。
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'  |
| |  /   /    r_____ /
| | /   /      |i   
| | ( 〆⌒'──r─≒、.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         ____             一寸(3cm)の見切り、というのはよく聞くけど、
         / _ノ ヽ_\           この場合はそこそこ安全枠を取ってるお。
.     / (ー)  (ー)\
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \         …まあ、実際にギリギリしか
    ヽ   L   |r┬-|    |        安全枠取ってなかったら、それを割った時、
     ゝ  ノ  `ー‐'    /        エラいことになるから、ギリギリに取れとか論外だお。
   /   /         \        スケジュールの〆切はデッドラインのずっと手前に置かないと
  /   /            \       怖くて洒落にならないお。
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ‐=・=‐‐=・=   (…何の話をしてるんだよお前は)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |

577やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 22:50:52.47 ID:XcrTFUY0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『一 敵のかまへ、太刀先、我方へむかはば、あぐる所につけてうつべし。
| ._         .|_| 
| |活|        .|_|  一 敵をうつとおもふて、我身をうたすべし。
| |人|        .|_|   敵が我をうちさへすれば、敵をばうつた物也。
| |剣|        .|_| 
|.  ̄         .|_|  一 水月の場をとれ。それより心持を専にすべし。
|            |_|   それより心持を専にすべし。われ場をとらんとするに、
|            |_|   敵すでに先づ場を取りたらば、それをわがにすべし。
|________.|_|   つもりさへちがはねば、敵がよるて五尺も、わがよつて五尺も、
└───────┘   敵と我との間の尺は同じ事也。
                人が場をとりたらば、とらせてをくがよき也。
                場をとるとかたまりたるはあしし。身をうきやかに持つべし』


                      あと、割と具体的な話としては、こんなのもあるな。

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(       「敵がこっちに斬りかけてきたところを打て」
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/        「敵に先に打たせよ。打ってきたら、こちらが打ったも同然である」
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l         「場取りより心持を固めよ。
    | .l _ニソ    }          相手が先に場を取っても、調整すれば事足りる。
     /ヽ、_ノ    /           場は取らせておけばいいのである。場取りにこだわるな」
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.       という感じかな。
  /´  ./       ,.  ヽ.     最後の一文に関しては、場取りについても、
  ト、_,/.       |、  ヽ    「こだわりを捨てよ」としているのが面白いな。
   |         |/  /

     ____
   /      \      なるほど。
  /  ─    ─\    しかし、三つのどれにしても、
/    (●)  (●) \   「後の先」が徹底してるもんだお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

578やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 22:55:14.29 ID:XcrTFUY0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『一 神妙剣の事 付 座の心懸身に取り足にとる事
| ._         .|_|  右、神妙剣、至極の大事也。我が身に神妙剣とさす所あり。
| |活|        .|_| わが身にありては、神妙剣の剣の字を剣の字に書きてしるべし。
| |人|        .|_| 右にかまへても左にかまへても、太刀神妙剣の座をはなれぬ程に、
| |剣|        .|_| 剣と云ふ字に心あり』
|.  ̄         .|_| 
|            |_| 
|            |_| 
|________.|_| 
└───────┘

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \      で、こいつは「神妙剣」についてだ。
   |    ( ●)(●     これだけだと、どうもわかりづらいが、
   |      (__人__)
.   |        ノ      『神妙剣の座』
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ      という表現で、「基本となる姿勢」について述べているようなんだな。
  (.  \ / ./_ノ │    で、左右どちらに構えても、太刀がそこから外れないように、
  \  “ /___|  |    ということのようだ。
.    \/ ___ /

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)    確かに、これだけだとどうもよくわからんお…。
/    (─)  (─ /;;/    もうちょっと他に説明はないのかお?
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


579やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 23:00:31.94 ID:XcrTFUY0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『一 足ぶみも、身のあてがひも、神妙剣の座にはづれぬ様にすべし。
| ._         .|_|  立ちあはぬさきから、此心がけわするべからず。
| |活|        .|_| 
| |人|        .|_|  一 神妙剣見る事 三段の分別
| |剣|        .|_|  心にて見るを根本とす。心から見てこそ目もつくべき物なれ。
|.  ̄         .|_| 然らば、目にて見るは心の次也。
|            |_| 目にて見て、その次に身足手にて見るべし。
|            |_| 身足手にて見るとは、敵の神妙剣にわが身足手のはづれぬ様にするを、
|________.|_| 身足手にて見ると云ふ也。心にて見るは、目にて見む為也。
└───────┘ 目にて見るは、足手を敵の神妙剣の座にあてんと云ふ事也』


      __             他だと、例えばこの辺りがあるんだが…
    / ~\          どうも「神妙剣の座」がどういうものか、
  / ノ  (●)\        具体的に記した箇所がないようなんだな。
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \      ただ、読んだ限りでは、
  \          |     姿勢についてのことであるのはまず間違いないと思う。
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩      あと、この文では身手足(ここでは身足手だが)にも
      /´    (,_ \.    触れてるんだが、これも殆ど説明が無いんだ。
       /       \. \  「姿勢」や「体の動かし方」は、実際に体で憶える事だから、
      ./   /       |. \ソ  説明してないってことなのかもしれん。
    (  y'      .|

                       このの文を読んだ限りだと、
                      身手足ってのは、

         ___          「敵の手足の動きに対し、
      /)/ノ ' ヽ、\         相手の姿勢から外れないように自分も動け」
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \     ということっぽいお?
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |    まあ、確かにこれ以上となると、
  . \ ヽ           /    実際にその時にでもならないとわかんないお…。

581やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 23:05:12.49 ID:XcrTFUY0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『一 歩みの事
| ._         .|_|   歩みは、早きもあしく、遅きもあしし。
| |活|        .|_|  常のごとくするすると何となき歩みよし。
| |人|        .|_|  過ぎたるも及ばざるもあしし、中をとる也。
| |剣|        .|_|  早きは、おどろきふためく故也。おそきは、臆して敵をおそるる故也。
|.  ̄         .|_|    (中略)
|            |_|  只常の心をうしなはぬ心持がせんなり』
|            |_| 
|________.|_| 
└───────┘

   / ̄ ̄\
  /  ノ  \\
 |  .(●)(●)  |        さて、身手足ってわけでもないが、
. |  (__人__)  |        体の動き、という点では、こんなことが書かれているな。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)  歩き方についても、いつも通りである事を重要視している。
.  |        |    .) ;;;;)  こいつは割と具体的な方だな。
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

         ____
       /      \
      / ─    ─ \     まあ、この辺りは割とわかりやすいお。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

582やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 23:09:28.69 ID:XcrTFUY0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『一 心は水の中の月に似たり、形は鏡の上の影の如し。
| ._         .|_|   右の句を兵法に取用ゐる心持は、水には月のかげをやどす物也。
| |活|        .|_|   鏡には身のかげをやどす物也。人の心の物にうつる事は、月の水にうつるごとく也。
| |人|        .|_|   いかにもすみやかにうつる物也。
| |剣|        .|_|   神妙剣の座を水にたとへ、わが心を月にたとへ、心を神妙剣の座へ移すべし。
|.  ̄         .|_|   心がうつれば、身が神妙剣の座へうつる也。
|            |_|     (中略)
|            |_|   人の心のものにうつる事、月の水にうつるがごとくすみやかなと云ふたとえなり。
|________.|_|   意の速かなること水月鏡像の如しと云ふ経文も、月が水にうつりて、さだかにあれども、
└───────┘   水のそこをさぐれば、月はなひと云ふ儀理にはあらず。
                  (中略)
                か様に心のうつりゆく事を、水月鏡像にたとへて仏は説き給ふと也。
                経は呉音によむ程に、水月(すいがつ)とよむと也。
                  (中略)
               一 右の句を、又兵法の水月(すいげつ)にあてても同じ事也。
                我心を月のごとく場へうつすべし。心がゆけば身がゆく程に、立あふてより、
                鏡にかげのうつるごとく、場へ身をうつすべし。
                心がゆけば身がゆく程に、立あふてより、鏡にかげのうつるごとく、
                場へ身をうつすべし。下作に、かねて心をやらねば、身がゆかぬ也。
                場にては水月、身には神妙剣也。いづれも、身足手をうつす心持は同じ事也』

   / ̄ ̄\       
 /   _ノ  \     で、こいつはさっきまでの話の複合パターンだ。
 |    ( ●)(●)   少しややこしいが、場取りとしての「水月(すいげつ)」とは別に、
. |     (__人__)
  |     |vvv|ノ     「場に応じて自在に心が応じ、
.  |      `^^´}      その心のままに身体も動く」
  |        }
  ヽ_.   l~~i ノp~~i   という境地の事を、「水月(すいがつ)」と称している。
   ( \/ / 卜 /  字が同じだからややこしいが、読みは別、というわけだな。
   |\  /  .| /
   |     /⌒i
  i⌒ 、`ヽ  ´/
  レ^丶、_)_`)

     ____
   /     \
  /  ─    ─\    つーか長いお。
/   ‐=・=‐ ‐=・= \
|       (__人__)    |
\     ` ⌒´   ,/

583やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 23:13:55.73 ID:XcrTFUY0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 
| ._         .|_| 『一 急々にかかる事、以ての外あしき事也。
| |活|        .|_|  下作によく持ちて、立あふてから、
| |人|        .|_|  よく見すまして後の急々懸々也。
| |剣|        .|_|  ふためかぬ事、簡要也』
|.  ̄         .|_| 
|            |_| 
|            |_| 
|________.|_| 
└───────┘

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \     で、今度はまた具体的な話になる。
 |  (●)(●) |    大体書いてある通りだが、平たく言えば、
. |  (__人__)  |
  |   ` ⌒´  ノ     「慌てて仕掛けるな」
.  |         }
.  ヽ        }     ということだな。
   ヽ     ノ    仕掛けるにしても、よく見てからにせよ、というわけだ。
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)、 

       ____
     /      \
    / ─    ─ \    まあ、こっちはすぐわかるところだお。
  /   (●)  (●)  \ 慌ててもろくなことが無いのはその通りだお。
  |      (__人__)     | 
  \     ` ⌒´   ,/
  /     ー‐    \

585やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 23:17:42.24 ID:XcrTFUY0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『一 心をかへす事
| ._         .|_|  右の心持は、一太刀うつて、うつたよとおもへば、
| |活|        .|_|  うつたよとおもふ心がそのままそこにとどまる也。
| |人|        .|_|  うつた所を心がかへらぬによりて、うつかと成りて
| |剣|        .|_|  二の太刀を敵にうたれて、先を入れたる事も無に成り、二の太刀を打たれて負也。
|.  ̄         .|_|  心をかへすと云ふは、一太刀うつたらば、うつた所に心ををかず、
|            |_|  うつてから心をひつかへして敵の色を見よ。うたれて、敵気をちがゆる物也。
|            |_|  うたれて、やれ口惜しや、うたれたよろおもひて、いかりも出る物也。
|________.|_|  いかれば、敵きびしく成る物也。ここを油断して、敵にうたるる物也。
└───────┘  うたれた敵は、いかり猪とおもふべし。
               われはうつたとおもふて心をとどめて油断する。敵はうたれて、気が出ると覚悟すべし。
               又うたれたる所を敵ははや用心するを、われは前の心にてうつて、うちはづす物也。
               うちはづせば、こして敵が我をうつべし。心をかへすとは、わがうつた所に心をとどめず、
               心を我身へとひつとれと云ふ儀也。心をかへして、敵の気色を見よと云ふ儀也』

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }     これまた長いお。
     /⌒  ⌒\   |   |     でも、言ってることはわかりやすいお。
   /( ●)  (●)\  !   !    一言で言えば、
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /     「一太刀入れたくらいで油断するな」
  \     ` ー'´     //
  / __        /         ということだお?
  (___)      /


         / ̄ ̄\             ま、そういうことだな。
        /   _ノ  \           ただ、表現が他と比べてもやたら具体的で面白かったから
        |    (⌒ )(⌒)          思わず全文引用してしまったんだよ。
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ           『うたれて、敵気をちがゆる物也。
        |         }            うたれて、やれ口惜しや、うたれたよろおもひて、いかりも出る物也』
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,          とか、
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__        『うたれた敵は、いかり猪とおもふべし』
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|      とか、見てきたような表現だから、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l      実際に宗矩が立ち合って一太刀入れた時、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ     負けた側が真っ赤になってるのをまんま書いた感じだよなあ。
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、   頭から湯気が立ってそうなイメージすら浮かぶようじゃないか。
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/

587やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 23:21:57.88 ID:XcrTFUY0
    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \       あと、
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)       『われはうつたとおもふて心をとどめて油断する。
   |     `⌒´ノ        敵はうたれて、気が出ると覚悟すべし』
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃     というのも、結構実感篭もってる感じがするな。
   ヽ、l    ´ヽ〉     逆襲されて、ピンチになったことがあったりしたとかさ。
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_    そういう経験から、「油断するな」という言葉が出たのかもな。
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|

588やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 23:25:33.42 ID:XcrTFUY0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『又は、一むきに打つた所を、心をかへさずして、
| ._         .|_|  程をぬかさず二重三重にたたみかけてうつて、
| |活|        .|_|  かほをも敵にふらせぬはたらきも、至極の心持也。
| |人|        .|_|  間に髪を容れずとは是を云ふ也。
| |剣|        .|_|  一の太刀と二の太刀との間へは、髪一すぢ入るべき間もなく、
|.  ̄         .|_|  はしはしはしとつづけてうつ心也。
|            |_|   (中略)
|            |_|  延びたれば人にこまるる也。
|________.|_|  勝負文明也』
└───────┘

          ____              …で、さっき「一太刀打ったからって油断するな」と言ったすぐ後に、
       / ノ  \\            これが来るのかお。
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \          「とにかく打ちまくれ。それが至極の心持なり」
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)    とかさっきと言ってる事が180度違うお…。
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/     というか、殺人刀でも似たようなこと言ってたけど、
 |    l  |     ノ  /  )  /     宗矩もやたらアグレッシブな時があるのはなんでだお?
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


     / ̄ ̄\        いや、こいつは、「油断するな」という
   /   _ノ  \      一点に関して言えば、さっきと同じ話だぜ?
   |    ( ●)(●     要は、
   |      (__人__)
.   |        ノ      「敵に反撃されないようにせよ」
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ       という意味では、一太刀入れた後、
  (.  \ / ./_ノ │    相手の反撃に備えるのも、
  \  “ /___|  |     そもそも相手に反撃をさせないのも、同じわけだしな。
.    \/ ___ /


592やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 23:31:16.16 ID:XcrTFUY0
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/    さて、このくらいが技法論ってとこだな。
. |    (__人__)  l;;,´    大体は殺人刀でも語られていたように、
  |     `∩_ノ)━・'     立ち合いにおける心がけに近いところがあるけど、
.  |     |_ノ        比較的具体的な話があるというのが違いかな。
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/
                                   ____
                                 /_ノ   ヽ_\
 つーか、あんまり殺人刀と変わんなかったお?   /(● ) (● )\
                              / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
                              |        ̄      |
                              \               /

     / ̄ ̄\          まあ、確かにな。
   /   _ノ  \       実際のところ、「殺人刀」「活人剣」は、「進履橋」と違い
   |    ( ー)(ー)      「活人剣・治国平天下の剣」を説くための
.   |     (__人__)      合わせて一つの書であるだけに、
    |     ` ⌒´ノ      内容的にそう違いがあるわけではないからな。
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }        さて、それはそれとして、
    ゝ  ノ   ノ        ここからは再び心法論になる。
   /  /    \       まずは、さっきの四観でひとつだけ
  /  /       \      話に上がってなかった「去病」について
. /  /      |ヽ、二⌒)、  紹介するところから始まるぞ。
 ヽ__ノ

594やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 23:41:18.15 ID:XcrTFUY0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『一 一去と云ふ心持の事
| ._         .|_|  一 空の心持の事
| |活|        .|_|  一 捧心(ぼうしん)の心持の事
| |人|        .|_| 
| |剣|        .|_|   右、一去と云ふ心は、数々を一つにさると云ふ心也。
|.  ̄         .|_|  数々とは、病の数々也。
|            |_|    (中略)
|            |_|  凡そ病とは、心のとどまるを云ふ也。
|________.|_|  仏法に、是を着とて、以ての外きらふ也。
└───────┘  心が一所に着しとどまれば、見る所をみはづし、思ひの他に負を取る也』

       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ           さて、ここでは「一去」とあるが、
     |     ( ●) (●)         まあ、「去病」の事だな。
     |       (__人__) , -―ーっ
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄      すでに語られている通り、
.      ン         } ゙| ̄'|        この兵法家伝書においては、
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |       「何かにこだわる心」を「病」と称している。
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫
| |  /   /    r_____ ∬        これを取り去るのが「一去」というわけだ。
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                                 ___
 で、それはどうやるんだお?            /)/ノ ' ヽ、\
あと、「空」と「捧心」は項目だけあるけど、   ./ .イ '(●)  .(●)\
説明がないお?                .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
                          .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
                          . \ ヽ           /

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     まあ、ちょっと待て。
. |     (__人__)    まだこの話は続くんだ。
  |     ` ⌒´ノ    「空」も「捧心」もな。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄

595やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 23:45:00.22 ID:XcrTFUY0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『数々の病を一去して、唯一(ただひとつ)を見はづさぬ様にと也。
| ._         .|_|  さて唯一とは、空を云ふ也。空とはかくしこと葉也。秘伝すべし。
| |活|        .|_|  空とは、敵の心を云ふ也。
| |人|        .|_|  心はかたちもなく色もなくして、空なる故也。
| |剣|        .|_|  空唯一を見るとは、敵の心を見よと云ふ義也。
|.  ̄         .|_|  仏法とは、此心空をさとる事也』
|            |_|
|            |_|
|________.|_|
└───────┘

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \    で、これが「空」だ。
 |  (●)(●) |   「相手の心を読む」ということだな。
. |  (__人__)  |
  |   ` ⌒´  ノ    手利剣は、相手の「手の内」を「見る」、というものだったが、
.  |         }   こちらの場合、「空」、即ち「心」を「読む」ことが
.  ヽ        }   重要というわけだ。
   ヽ     ノ    
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)、

                                     ___
 なんだかえらくレベルが上がってきたお…。      /      \
あと何気に                          /ノ  \   u. \ 
                              / (●)  (●)    \
 「仏法とは、此心空をさとる事也」          |   (__人__)    u.   | 
                               \ u.` ⌒´       /
 とか書いてるけど、                  ノ            \
これってもしかして伏線かお?          /´               ヽ


     .  / ̄ ̄\
     ./ _ノ  .ヽ、\     そいつは読み進めていけばわかるさ。
     .|  (●)(●) |    ちなみに、空についての話は暫く続くんだが、
.     .|  (__人__) .|    概ねは手字種利剣の有無に近い話なので略す。
      .|   ` ⌒´  ノ
      ヽ  ._   .}      ただ、ここで「心」=「空」としていることを
       ヽ_/ } . ノ     憶えておいてくれればいい。
       /、 〈  く
      ハ ヽ Y`ー.、i
      { ヽ_ゾノ-‐1
      `¨´┬' . |

※Firefoxが落ちてました。すいません…。


596やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 23:50:23.83 ID:XcrTFUY0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『又捧心と云ふは、心を捧(ささぐ)るとよむ字也。
| ._         .|_|  敵の心は、太刀をにぎつたる手にささげてゐるなり。
| |活|        .|_|  敵のにぎつたる拳の、いまだうごかざる所をそのままうつ也。
| |人|        .|_|  そのうごくかうごかぬかの所を見む為に、一去と云ふ也。
| |剣|        .|_|  百病を一去して、空をみはづすなと云ふなり。
|.  ̄         .|_|  敵の心が手にある也。手にささげて居る也』
|            |_| 
|            |_|
|________.|_|
└───────┘

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(      そしてこいつが「捧心」だ。
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)     表現としては違うものだが、
    |  (●)(●)/;;/      内容としては手利剣に近い内容だな。
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l        ただ、
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /         『敵のにぎつたる拳の、
    __/  /    ノ__          いまだうごかざる所をそのままうつ也』
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.     とあるように、手利剣で言われていた「有無」のうち、
  ト、_,/.       |、  ヽ   「無」…即ち、動きが無いところにも機を見出すことを
   |         |/  /    主眼にしているようだ。

     ____
   /      \
  /  ─    ─\     「無」を見る、というのは話に出ていたけど、
/    (●)  (●) \   こっちに繋がるのかお。
|       (__人__)    |   続けてくれお。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


597やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 23:54:49.48 ID:XcrTFUY0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『人の様々のわざ、きどく、皆心のわざなれば、又天地にも此心あり。
| ._         .|_|  是を天地の心と云ふ。此心がうごけば、雷電風雨をおこし、時ならぬ雲の景色、
| |活|        .|_|  炎天に雪霰を飛ばし…(略)…然れば、此空は天地にありては天地のあるじ、
| |人|        .|_|  人の身にありては人の身のあるじ…(略)…鉄砲をうてば鉄砲のあるじ、
| |剣|        .|_|  弓を射れば弓のあるじ、馬をのれば馬のあるじ也。
|.  ̄         .|_|  此あるじに私曲あれば、馬にものられず、弓もあたらず、鉄砲もはずるべし。
|            |_|  此心が座敷、位を得て、在所にすはりぬれば、よろづの道自由也。
|            |_|  此心を一度見付けて、さとり明くる事大切也』
|________.|_|  
└───────┘

     ____    ━┓   
   /      \   ┏┛   …こいつはどういうことだお?
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \      『人の様々のわざ、きどく、皆心のわざなれば』
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /      こいつは、人の動きは心によるもの、と解釈したとして、
(  \ / _ノ |  |       その後、なんなんだお?
.\ “  /__|  |       天にも心があるとか、わかりづらいお。
  \ /___ /


        / ̄ ̄\       まあ、そいつはあくまで表現だな。
      / _ノ  ヽ、_\     ここで宗矩の言っていることをまとめれば、
      .|  (●)(●)  |
      |  (__人__)  |      「万事、心こそ根本である」
      っ   `⌒´   |
     / ミ)       /      というわけだ。
    / ノヽ      /      何事をするにせよ、その主体は空…即ち心にあり、
    | |/      ヽ     それが私曲、つまりよくない状態にあれば、
    |  | /|     | |     何事も上手くいかない、としている。

598やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/27(日) 23:58:09.85 ID:XcrTFUY0
       (⊃ ̄ ̄\      
     (⊃   _ノ  \       そして、そこから導き出した結論として、
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)       『此心が座敷、位を得て、在所にすはりぬれば、よろづの道自由也。
     |     ` ⌒´ノ        此心を一度見付けて、さとり明くる事大切也』
       |         } \
     /ヽ       }  \     としている。
   /   ヽ、____ノ     )   つまり、あるべき心、理想的な心理状況を得たならば、
  /        .   | _/   あらゆることは自由自在にこなせる、
 |         / ̄ ̄(_)    だから、その心を得ることこそが大切だ、というわけだ。
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)
                             .     ____
                                 /      \
 今までの話から見ても、             ...  //    \  \
とにかく「心」が重視されるのはわかるお。    / (-)  (-)   \
                             .|    (__人__)      |
 しかし、肝心の「此心」とは何か、とか、      \   ⊂ ヽ∩     <
その「此心」を得るにはどうすればいいか、とか   |  |  '、_ \ /  )
そっちの話が出てこないお?            .  |  |__\  “  /
                                \ ___\_/

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    まあ待て。
. |     (__人__)    実はこの後も結構色々と話が出るんだが、
  |     ` ⌒´ノ   テンポが悪くなるから、ここで一気に結論を出すぞ。
.  |         }
.  ヽ        }     それじゃ進めるぜ。
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄

599やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:01:51.59 ID:LgeqtBQ0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『禅とは此心を伝へたる宗旨也と承はる所也。
| ._         .|_|    (中略)
| |活|        .|_|  妄心は心の病なり、
| |人|        .|_|  此妄心をさるを病気をさるといふ也。
| |剣|        .|_|  此病気をされば、無病の心也。
|.  ̄         .|_|  即ち此無病の心を本心と云ふ。
|            |_|  本心にかなはば、兵法は名人になるべし。
|            |_|  ありとあらゆる程の事、一つも此道理にはづるべからず』
|________.|_| 
└───────┘

         ____
       /      \       なるほど…ここで禅が出てくるのかお。
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \     今まで散々「心が重要だ」と煽っておいて、
    |      (__人__)     |   そのためにどうすればいいか、を伏せてたのは、
     \    ` ⌒´    ,/    ここに繋げるためだったのかお。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |      「此心」を得るために禅をせよ、ということかお。
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ          まあ、そういうことだな。
     |     ( ●) (●)        宗矩自身も「此心」については
     |       (__人__) , -―ーっ   兵法だけでは説明しきれないと割り切って、
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄    禅に委ねた、というわけなんだ。
.      ン         } ゙| ̄'|
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |       だからこそ、それを説くことが出来る沢庵を
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫     あそこまで重視した、というわけだ。
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

600やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:04:14.36 ID:LgeqtBQ0

          ____          確かにこういう風に話をつなげられたら、
        /_ノ  ヽ\       
      / ( ●) (●)、       「じゃあ、その禅を修めるにはどうすればいい?」
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |     と、相手が思うのも当然だお。
    \       `ー'´  /     で、そこに「実は沢庵という僧が…」と持っていったわけだお。
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ   上手いことやってるお。
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ


         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \       まったくだ。
        |    (⌒ )(⌒)     ちなみに、実はここで本文については〆になるんだが、
        |     (__人__)      この結論に至るまでの箇所で、
          |     ` ⌒´ノ      いくつか面白い項目もあるから、
        |         }      そこを抜き出して紹介した後、次に移ることにしよう。
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__

601やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:07:21.85 ID:LgeqtBQ0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『此こと葉、われよく心を得て、此の如く云ふにあらず。
| ._         .|_|  此の如くいふといへども、われも心のすぐにして、すぐなる心にかなふごとくに
| |活|        .|_|  身の進退動静する事は成り難き事なれども、道なればしるす者也。
| |人|        .|_| 
| |剣|        .|_|  しかりといへ共、兵法には、此心まつすぐにして
|.  ̄         .|_|  身手足にかなはざればならざるわざなり。
|            |_|  平生のわが身の進退は、身地にかなはざれども、
|            |_|  兵法の道には、此得道なくてはならざる也』
|________.|_| 
└───────┘

       ____        …なんだかえらく謙虚だお。
     /      \
   / ─    ─ \     『此こと葉、われよく心を得て、此の如く云ふにあらず』
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |   自分もわかっているわけではないが、とか
  \     ` ⌒´     /  教える側がこんな風だと、教わる側も不安になってくるお?


   / ̄ ̄\        まあ、この辺りは、
 /   _ノ  \      「此心を得るために参禅するべし」という
 |    ( ⌒)(⌒)     結論に至るまでの煽りだからな。
. |  u  (__人__)
  |      |r┬|}      この「自分でもわかっていない(此心を得ていない)」というのは
  |      | | |}     おそらく宗矩の本心でもあったんだろうが、
.  ヽ     `ニ}      「だから(これをわかっているであろう)沢庵を」と繋げるための
   ヽ     ノ      伏線、というわけだ。
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

602やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:10:04.56 ID:LgeqtBQ0

    / ̄ ̄\           あと、ここでポイントになるのは、
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)        『平生のわが身の進退は、身地にかなはざれども、
  |     (__人__)          兵法の道には、此得道なくてはならざる也』
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃       というところだ。
   ヽ / /  '‐、ニ⊃       将軍家指南役である宗矩ですら、
   ヽ、l    ´ヽ〉        「此心」を会得しきれているわけではない、
''"::l:::::::/    __人〉        だが、兵法の道を得るには、これを会得しなければならない。
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、     「だから稽古(or参禅)が必要だ」
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|    という話なわけだ。


 まあ、そりゃ目的があれば、                     ____
そこに至るための努力は必要だお。               /      \
                                    /─    ─  \
 この場合、「此心」に達していないのなら、        / (●)  (●)   \
稽古というか、参禅が必要だ、という結論になるのは   |    (__人__)      |
当然といえば当然だお。                    \   ⊂ ヽ∩     <
それがどうかしたのかお?                    |  |  '、_ \ /  )
                                    |  |__\  “  /
                                    \ ___\_/


603やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:12:22.84 ID:LgeqtBQ0

                            うん。
           / ̄ ̄\           そして宗矩は家伝書の別の箇所で、
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●)         『此心をとくと見付けたる人はまれ也』
         |     (__人__)
         |      `⌒´ノ          とも書いている。
          |         }         つまり、そう簡単に「此心」を得ることはできない、
          ヽ        }      (   としているわけだ。
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (   こいつを転じて言えば、
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁   「稽古に限りなど無い」
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |   ということでもあるわけだ。
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !


     ____
   /      \       …あー、なるほど。
  /   _ノ ヽ、_.\     目標を明確にした上で
/    (●)  (●) \    稽古の必要性を説いてるわけだお。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /     …でもこれだと、
(  \ / _ノ |  |     一生稽古とか、そういう話にならないかお?
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


      / ̄ ̄\           というか、そういう話だろう、ということさ。
      _ノ  ヽ、  \   ,.:┐    こいつを突き詰めれば、
    .( ●)( ●)  ..| / |
    (__人__)     .|./   /       「生涯修行」
     i⌒ ´ .r-、  |/  /
     {     ヽ, ',. .,/ :/',       という話になる。
     .ヽ   .|  l_/_, -‐、',      後の「武道」の礎とも言える考え方が
      .ヽ . |   / , --'i|      ここにはあるわけだ。
      /   {  V , --ヘ
      |   ヽ  L| r= |      まあ、この辺りはまた後で話をしようか。
                      それじゃ続けるぜ。

605やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:16:41.71 ID:LgeqtBQ0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『よろづの所作に此心はづれず、其道々の上には此心かなへども、
| ._         .|_|  よの所へ通じてする事は成らざる物也。
| |活|        .|_|  通じてしり、通じてなす事をば、通達の人と云ふ也。
| |人|        .|_|  一能一芸の上に通ずるは、其道々の達者と云ふ也。
| |剣|        .|_|  通達とはいふまじき也』
|.  ̄         .|_| 
|            |_| 
|            |_| 
|________.|_| 
└───────┘

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \       ここでは、「芸」と「心」を区別している。
 |    ( ●)(●)     一芸に通じる…つまり、技を極めた者を「達者」とし、
. |     (__人__)     「此心」を得た人を「通達の人」としているんだな。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }       まあ、心の重要性を重ねて強調しつつ、
.  ヽ        }      芸を極める事は、「此心」を得ることと
   ヽ     ノ       イコールではない、という話だ。
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)、 


 まあそりゃそうだお。              ......       ___
腕は立つけど、人間としてどうなの、というのは      /   ヽ、_ \
それこそいくらでもいるお。                  /(● ) (● ) \
                            ....  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
 …この時、誰の顔が思い浮かんだのか、  .....  |  l^l^lnー'´       |
宗矩に聞いてみたいところだお~?       .  \ヽ   L        /
                                  ゝ  ノ
                                /   /

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)    …ははは。
. |  u  (__人__)    まあ、それ以上はやめとけよ。
  |      |r┬|}    さ、次いくぜ。
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

606やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:19:01.22 ID:LgeqtBQ0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『さる歌に、
| ._         .|_| 
| |活|        .|_|  (妄)心こそ     妄心とてあしき心也。わが本心をまよはする也。
| |人|        .|_|  (本)心まよはす  本心也。此心を妄心がまよはす也。
| |剣|        .|_|  (妄)心なれ.     妄心をさして心なれと云ふ也。心をまよはす心也とさしていふ也。妄心也。
|.  ̄         .|_|  (妄)心に      妄心也。此妄心にと云ふ也。
|            |_|  (本)心        本心也。心殿とよびかけて、本心よ妄心に心ゆるすなと也。
|            |_|  (本)心ゆるすな  本心也。妄心に本心をゆるすなといふなり。
|________.|_| 
└───────┘  右の歌、真妄をいふ也。心に本心、妄心とて二つあり。
               本心を得て、本心の様になせば、一切の事すぐ也』

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/      そしてこいつが最後だが、ここで挙げられている歌は、
    |  (__人__)l;;,´|      沢庵が宗矩に与えた「不動智神妙録」にある歌なんだ。
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }        内容については、既に述べていることと
     /ヽ、_ノ    /       それほど変わりはないわけだが、
    __/  /    ノ__       宗矩が沢庵の影響を強く受けていた、ということを示す
  / /  /       `ヽ.    一要素、ということでここに挙げておく。
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

      ____
    /  ⌒  ^\       まあ、「不動智神妙録」が
   /  ( ●)  (●)      「兵法家伝書」よりも成立が先であろう、というネタだお。
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ    次に進めるお。
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /

609やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:21:50.28 ID:LgeqtBQ0

 …てなところで、
「活人剣」の本文の紹介は終わりだ。
ここをまとめると、こうなるかな。

    / ̄ ̄\        ...
   /   _ノ  \.      ....【技法論】
   |    ( ●)(●)     .... 手字種利剣 : 相手の「手の内」を見ることが最重要
.   |  ::::::⌒(__人__)      .          是極一刀・一見五観もこれに付随する。
   |     ` ⌒´ノ       .【心法論】
.   |         }.    。   此心     : 「此心」を得ることが至極。
.   ヽ        }    /  ...          そのために禅が必要である。
    ヽ     ノ   ./   ..
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)    
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

               ∩_     
              〈〈〈 ヽ    大体分かったお。
      ____   〈⊃  }   技法論はともかく、心法論に関しては、
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !    『”此心”を得れば、兵法も名人になる。
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l     このための心法を修めるため、参禅するべし』
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //      としたわけだお。
  / __        /       …あ!これが「剣禅一致」なのかお?
  (___)      /

610やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:24:00.72 ID:LgeqtBQ0

       (⊃ ̄ ̄\         いや、ここではまだ、そこまでストレートに言ってない。
     (⊃   _ノ  \       この時点では、あくまで「此心」を得るために禅が必要、と
    (⊃   ( ●)(●)      述べているに過ぎないんだ。
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ        心の動きを読むのが新陰流の重要事であり、
       |         } \     そのために、敵の心を読むこともそうだが、
     /ヽ       }  \    まず己自身の心も制御できなければならない…
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/    「だから禅を修めよ」という理屈だな。
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)
                                          ____
                                        / _ノ ヽ_\
 うーん…。                         ....     / (ー)  (ー)\
じゃあ、何時になったら「剣禅一致」になるんだお?  .    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \
もう本文は終わってしまったお?            .....    ヽ   L   |r┬-|    |
                                      ゝ  ノ  `ー‐'    /
                                    /   /         \
                                   /   /            \
                                 . /    /         -一'''''''ー-、.
                                 人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |     安心しろ。
. |  (__人__)  |    その話については、次からの
  |   ` ⌒´  ノ    「無刀之巻」で語られることになるんだ。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)、

611やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:25:58.80 ID:LgeqtBQ0
           _____
         / '⌒ヽ  ; '⌒゙\       ||  ||
        /        ∪     \      ||  ||
      / /´  `ヽ   /´  `ヽ \     o   o
     /  (   ● l    l ●   )  \
   /    ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ  ; \    無刀之巻!
   |  ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪  |
   |  ∪      `┬─'^ー┬'′      |    柳生といえば、裏柳生と並ぶ名物の「無刀取り」だお!
    \          |/⌒i⌒、|         /    ここで紹介してるのかお?
     \       !、__,!    U  /
     /       、____,,      \
    /                        ヽ
     |  、                 ,   |

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)     お前なあ…。
. |     (__人__)    まあ、確かに無刀取りについての話も
  |     ` ⌒´ノ    あるにはあるんだけどな。
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

           ____
         /_,r'  ' !、\         やったお!
       /(≡)   (≡)\       やっぱり「甲種無刀取り」とか「乙種無刀取り」とか
     n/ ::::⌒(__人__)⌒::::::\      あるのかお!?
    y |     |r┬-|     |⌒)
    l \_   `ー'ォ     //     「徳川家康(トクチョンカガン)」上下巻は
     \      ・    ・  ̄ /     好評発売中だお!
       \         /       .皆で溢れるホワイティ宗矩パワァを堪能すると吉だお!
        >      <
       〃   (::)っ   ヽ
       ヽ  <  `‐' >  )
        と__)   (__)

613やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:28:47.70 ID:LgeqtBQ0

      / ̄ ̄\   
    /ノ( _ノ  \   んなわきゃねーだろ!!
    | ⌒(( ●)(●)
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''|
    / ⌒ヽ     }  |  |
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\   アベシッ!!
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
       .|             三三三三三三三三三 ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
         \       , '´        し/..     | J
          \     (           /      |
            \    \         し-  '^`-J

615やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:30:21.88 ID:LgeqtBQ0

      / ̄ ̄\
     / _ノ  .ヽ、ヽ
     | (●)(●) |    ったく、伝奇と現実を混同するんじゃねえよ。
     |  (__人__) |   裏柳生も甲種無刀取りも実在しねえっての。
     |   ` ⌒´ ノ
     ヽ  ._   .}     …まあ、あったら面白いのになあ、とか、
      ヽ_/ }   ノ    白もいいけど、やっぱり僕らは黒宗矩くんも好きなんです!とか
      /、 〈  く     .思っててもそこは言わないのがたしなみってもんだろ。
     ハ ヽ Y`ー.、i
     { ヽ_ゾノ-‐1
     `¨´┬' . |


 このタイミングで蹴りが入るとか予想外だったお。      ____
冒頭で大丈夫だったから油断したお…。           /,:' /,';;;}: \
                                  ./_, 。ィ' li:.、ヒァ' \
 でも、結局やらない夫も好きなんだお?        / ⌒';,゙i, ri:.:i .::' メ、 \
                                |    ,:' /,';;;}:.ヾ:.     |
                                \     ' {;!゙'     /

         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \     …そりゃあ…なぁ?
       |    ( ⌒)(⌒)
          | ///  (__人__)    まあ、そこについてはここまでだ。
        |      ` ⌒´ノ   それじゃ次から「無刀之巻」について説明に入るぞ。
          ,|         }
       / ヽ       }     最初は少し量が多いから、意訳と平行で出して、
     く  く ヽ     ノ     あとでまとめて解説させてもらおうかな。
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |

617やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:33:03.18 ID:LgeqtBQ0
【無刀之巻】

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『○無刀之巻
|   ._       .|_|   無刀とて、必しも人の刀をとらずしてかなはぬと云ふ儀にあらず、
| 無 |活|      .|_|  又刀取て見せて、是を名誉にせんにてもなし。
| 刀 |人|      .|_|  わが刀なき時、人にきられじとの無刀也。
| 之 |剣|      .|_|  いで取て見せるなどと云ふ事を、本意とするにあらず』
| 巻.  ̄       .|_| 
|            |_| 
|            |_| 
|________.|_| 
└───────┘

(意訳:まず言っとくけど、無刀取りって絶対刀取らなきゃいけないわけじゃないよ?
    ましてや、刀取って自慢するとかも有り得ないから。
    刀が無い時、斬られないためにやることが無刀取りなんだよ。
    だから、無刀取りなんかわざわざ自分からやるもんじゃないよ)

619やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:34:27.14 ID:LgeqtBQ0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『一 とられじとするを、是非とらんとするにはあらず。
|   ._       .|_|   取られじとするをば、とらぬも無刀也。
| 無 |活|      .|_|   とられじとられじとする人は、きらふ事をばわすれて、
| 刀 |人|      .|_|   とられまいとばかりする程に、人をきる事ばなるまじき也。
| 之 |剣|      .|_|   われはきられぬを勝とする也。
| 巻.  ̄       .|_|   人の刀を取るを芸とする道理にてはなし。
|            |_|   われ刀なき時に、人にきられまじき用の習也』
|            |_| 
|________.|_| 
└───────┘

(意訳:別に無刀取りってったって無理に取らなくていいんだよ。
    向こうが無刀取り警戒して、斬りかけてこなけりゃそれでもいいんだから。
    こっちは斬られなきゃ勝ちって思えばいいんだよ。
    大体、見世物じゃないんだから刀なんかわざわざ取ってどうするの?
    馬鹿なの?死ぬの?
    刀がない時、斬られない為の技なんだよ、コレは)

621やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:35:37.62 ID:LgeqtBQ0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『一 無刀と云ふは、人の刀を取る芸にはあらず、諸道具を自由につかわむが為也。
|   ._       .|_|   刀なくして、人の刀をとりてさへ、我が刀とするならば、
| 無 |活|      .|_|   何かわが手に持ちて用にたたざらん。
| 刀 |人|      .|_|   扇を持ちて也共、人の刀に勝べし。
| 之 |剣|      .|_|   無刀は此懸りなり。
| 巻.  ̄       .|_|   刀もたずして、 竹杖つひて行く時、人寸の長き刀をひんぬいてかかる時、
|            |_|   竹杖にあしらひても人の刀を取り、もし又必ずとらず共、おさへてきられぬが勝也。
|            |_|   此心持を本意とおもふべし』
|________.|_| 
└───────┘

(意訳:なんか何回も言ってるけど、無刀取りってのは、別に刀取ることじゃないよ。
    道具(刀も含む)を自由に使うためのものなんだよ。
    わざわざ人の刀を取って使うくらいなら、
    他のものがあれば、そっち使った方が早いだろ?
    扇でも杖でも何だって使ってもいいから、斬られないように持ち込めばいいんだよ。
    とにかく斬られなきゃいいんだよ。それが大事なの)

624やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:37:11.53 ID:LgeqtBQ0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『一 無刀は、とる用にてもなし、人をきらんにてもなし。
|   ._       .|_|   敵から是非きらんとせば、取るべき也。
| 無 |活|      .|_|   取る事をはじめより本意とはせざる也。よくつもりを心得んが為也。
| 刀 |人|      .|_|   敵と我が身の間何程あれば、太刀があたらぬと云ふ事をつもりしる也。
| 之 |剣|      .|_|   あたらぬつもりをよくしれば、敵の打つ太刀におそれず、
| 巻.  ̄       .|_|   身にあたる時は、あたる分別のはたらきあり。
|            |_|   無刀は、刀のわが身にあたらざる程にはとる事ならぬ也。
|            |_|   太刀のわが身にあたる座にて取る也。
|________.|_|   きられてとるべし』
└───────┘

(意訳:しつこいけど、無刀はわざわざ取らなくてもいいの。あと、斬らなくてもいいの。
    相手が何が何でも斬ろうとしてきた時だけだよ、取るのは。
    つーか離れてたら斬られないんだから、それでいいだろ。
    わざわざ取ろうとしてどうする。
    取るのは、刀が当たりそうな時だけだよ)

625やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:38:22.09 ID:LgeqtBQ0

     / ̄ ̄\
   /   ⌒  \      というわけで、
   |  ミィ赱、i .i_r赱     これが世に名高い柳生の「無刀取り」だ。
.   | ::::::⌒ (__人__)
.   |     トエエエイ      …さて、どう思った?
.   ヽ     `""´}
    ヽ     ノ
     /    く
                                         ____
                                       / _ノ ヽ_\      
 なんていうか…しつこいお。               .     / (ー)  (ー)\
そこまで繰り返さなくてもいいじゃない、っていうくらい    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \
何回も同じこと言ってるお…。                  ヽ   L   |r┬-|    |
                                     ゝ  ノ  `ー‐'    /
 つーか訳が超訳過ぎないかお?              /   /         \
                                  /   /            \
                                . /    /         -一'''''''ー-、.
                                人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)    まあ、確かにな。
   |      (__人__) /;;/   よっぽど嫌なことがあったんじゃないかと思うくらい、
.   |        ノ l;;,´     細かく、しかも繰り返し書いてあるよな。
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´        まあ、訳については、宗矩の心情を
  (.  \ / ./   │       >>1が臨場感溢れる形で代弁してみました、だそうだ。
  \  “ /___|  |        夢で怒られてもしらねえぞ…。
.    \/ ___ /

627やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:40:00.55 ID:LgeqtBQ0

           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \            つーか、宗矩は、新参の割にかなり出世してるから、
         |    ( ●)(●)          結構嫌味とか色々言われていたと思うんだが、
         |     (__人__)          その中で、
         |      `⌒´ノ
          |         }            「名高い柳生の無刀取りをやってみろ」
          ヽ        }      (
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )     とか言われたりしてたんじゃないかな?
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)    で、あんまりしつこく言われてたから、
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁     その鬱憤がこういう風に、何回も念を押す形で
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|     発露したのかもしれないな。
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !


       ___
     /   ヽ、_ \       なるほど…。
    /(● ) (● ) \     つまり、これはアレだお…
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

628やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:41:38.72 ID:LgeqtBQ0
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、  \ \、_ハノ
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.\ ヽ\).',..、
         .′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽrー .  /  
      ./ :.:.:.:.:.:.:.:∧.:.:ト,:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ヽ,) 自分では気の利いた嫌味を言ったつもりでしょうが
        {:.:.:.:.:.:.:.{≧x:kヘ.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_;_;)
        ':.:.:,ィ.:.:.込尤!i}∧.:ト,:.:.:.:.厶:.:.:.:.:.:.`ヽ  それを言うのはあなたで100万人目なのです!
          ∨^Ⅵトー― '  ハ!ヘ.:.:/i!i∧:.:.:.卜_)  
        ヽ,ム`    ' '  ∨ ムノヽ:.:.! .,ソ/ヘ '"
         }.:∧、  r===ぇ  /.:.:|  ∨ /  //7/ヘ /l ト、 |\ヘ /l ト、 |\
           j/小.:ヽ、{こ二'」 ,/.:ij.:i          /   V | l ヽ|    V | l ヽ|
           |.:.:.j:} ` - ' {、.:.仆{
            j/"|     | ヽ{
           /⌒'┤     ├'⌒ヽ                     (^ヽ {^ヽ
            /  {f¨ ̄「 ̄¨^/    '.                  rヘ   '. '. '. '. Y^}
         /   ;ーr宀ー‐/      '.                 '. '.  / ,// 厶/ {
     -一¬ヘ    '.     . ′     / '¬=ー-            '. ー'  ¨  ´  _」
 /´     .′'.   '.  /      . ′ '.      `ヽ       〉      /´}
 ′    /   '.    '. , ′    . ′   '.        '.     /      厶 '
/      ′   '.    /    /      '.       '.    {     /
!      /      '.  ′    /      '.          '.   ム,___j___
|      '         './      .′      '.        '.  {      ○ |
!    j        /      /           i          '. ,j     _rー┘
      柳生宗矩、心の叫び(イメージ図)

629やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:43:17.62 ID:LgeqtBQ0

 …案外、当たらずとも
  遠からずかもな…。

        / ̄ ̄\
      /       \      ____
      |::::::        |   /      \   …ってことだお?
.      |:::::::::::  u  |  /  ⌒  ⌒  \
       |::::::::::::::    |/   (●) (●)   \
.       |::::::::::::::    } |     (__人__)    |
.       ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´   _/
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――

632やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:45:09.39 ID:LgeqtBQ0
         ____
         / _ノ ヽ_\       …しかし、それにしたって
.     / (ー)  (ー)\     これが「無刀取り」とかあんまりだお。
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \   地味過ぎるお。
    ヽ   L   |r┬-|    |
     ゝ  ノ  `ー‐'    /     wktkしていた全国の伝奇少年の期待は
   /   /         \    どこに行けばいいんだお?
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))


                そんなこと言われてもな…。
   / ̄ ̄\       斬られないのに一番いいのは、危ない奴に近寄らないことだろ。
 /   _ノ  \     どれだけ腕が立っても、力があっても、
 |    ( ー)(ー)    届かなきゃ意味無いんだからさ。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ     宗矩自身も言ってる通り、
.  |       nl^l^l   「芸ではない」んだから、地味だろうがなんだろうが、
.  ヽ      |   ノ   「斬られないため」という目的を考えると、
   ヽ    ヽ く     ここで言われていることがベターだろ。
   /     ヽ \

633やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:46:57.30 ID:LgeqtBQ0
         ___
      /)/ノ ' ヽ、\       そうは言っても…他に何かないのかお?
     / .イ '(●)  .(●)\     もうちょっと具体的な方法とか…。
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /


   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |     …まあ、一応
. |  (__人__)  |    具体的な心がけについても語っている箇所はある。
  |   ` ⌒´  ノ    そこも紹介しておこうか。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    
   /    く 
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)


634やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:48:25.73 ID:LgeqtBQ0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『一 無刀は、人には刀をもたせ、我は手を道具にして仕合するつもり也。
|   ._       .|_|   然れば、刀はながく、手はみじかし。
| 無 |活|      .|_|   敵の身ちかくよりて、きらるる程にあらずば、成間敷也。
| 刀 |人|      .|_|   敵の太刀と我手としあふ分別すべきにや。
| 之 |剣|      .|_|   さあれば、敵の刀はわが身より外へゆきこして、
| 巻.  ̄       .|_|   われは敵の太刀の柄の下になりて、
|            |_|   ひらきて太刀をおさふべき心あてなるべきにや。
|            |_|   時にあたつて、一様にかたまるべからず。
|________.|_|   いづれにても、身によりそはずば、とられまじき也』
└───────┘

(意訳:もし、無刀取りをする羽目になったら、
    手を道具として仕合うつもりでやれ。
    で、手は刀と比べたら短いから、やるなら敵の懐に飛び込め。
    そうすりゃ敵の太刀は外れるし、手は届くだろ?
    あと、変に固まったりすんなよ?とにかく相手にくっつけ)


                   そうそう、こういうのが無刀取りってもんだお!
          ____     距離取れとか、地味過ぎるんだお!!
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o       ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒) :::::⌒(__人__)⌒:::\      /⌒)⌒)⌒)
| / / /      |r┬-|    |   (⌒)/ / / //
| ::::::::::::(⌒)    | |  |   /    ゝ  ::::::::::/
|     .ノ      | |  |   \   /  )  /
ヽ    /      `ー'´       ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   バ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、 ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒)) バ
                             ン

635やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:50:25.39 ID:LgeqtBQ0
          ____
        / ─  ─\       …でも、あらためて見ると、やっぱり普通だお。
       / (●) (●)\     真剣白刃取りとか、そういう雰囲気は全然ないお。
     /    (__人__)    \   これじゃボクシングのクリンチだお。
     |     ` ⌒´     |
     \             /
     ノ            \
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

                         ....        / ̄ ̄\
                                 / ヽ、_   \
 そりゃ刀はリーチがあるからな。    ......     . ( (● )    |
懐に入られてたら、使いづらくなるだろ。       . (人__)      |
そこを押さえるわけだ。                 r-ヽ         |
                         ....     (三) |        |
  命が掛かってんだし、           ..     > ノ       /
白刃取りなんてやってられないだろ。         /  / ヽ     /
常識的に考えて…。                  /  / へ>    <
                             |___ヽ  \/  )
                                 |\   /|
                                 |  \_/ |

         ____
         / _ノ ヽ_\          …そう言ってしまうとミもフタもないお。
.     / (ー)  (ー)\        まあでも確かに、その通りだお。
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \
    ヽ   L   |r┬-|    |       これで終わりかお?
     ゝ  ノ  `ー‐'    /
   /   /         \
  /   /            \      「いや、一応最後の一文がまだある」
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))


636やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:52:44.54 ID:LgeqtBQ0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『一 無刀は、当流に、是を専一の秘事とする也。
|   ._       .|_|   身構、太刀構、場の位、遠近、うごき、はたらき、つけ、かけ、表裏、
| 無 |活|      .|_|   悉皆無刀のつもりより出る故に、是簡要の眼也』
| 刀 |人|      .|_| 
| 之 |剣|      .|_| 
| 巻.  ̄       .|_| 
|            |_| 
|            |_| 
|________.|_| 
└───────┘

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●     まあ、ここまできたら意訳も何もいらないだろ。
   |      (__人__)
.   |        ノ     無刀は柳生新陰流の秘事であり、
    |      ∩ ノ ⊃    立ち合い時のあらゆる物事は、
  /     ./ _ノ     全て無刀のつもりでやれ、というわけだ。
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /
                              ...     ____
                                   / ⌒  ⌒  \
 お?                             ./( ―) ( ●)  \
「新陰流」じゃなくて「柳生新陰流」と読んだかお?   /::⌒(_人_)⌒:::::  | 
                                 |    ー       .|
                                 \          /
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(    まあな。
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)   無刀をここまで強調するのは、
   |      (__人__) /;;/   柳生新陰流…より正確に言えば江戸柳生の特徴だ。
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'      だからこそ、石舟斎の逸話も相まって、
  /    / _ノ´       柳生といえば「無刀取り」と定着したんだろうな。
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

637やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:54:26.91 ID:LgeqtBQ0
      (              , ---――---、
      (            _/lllllllllllllllllllllllllllllll`ヽ、
      (           /lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllヽ
       (         /\、llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll冫
       (         |:/ ヽlllllllllll,,--ーヽ--'´::::::::::|
       (         | `ヽ、二二_..-''''-、 |:::::::::::::|   とんだところで、
       (         / -ニヽ、   _..-'ニヽ \::::::::::|  護身完成ってか…。
       (        r-‐‐‐--、  二二____   ,!‐-<
       (        〔 | ̄ ̄`i --' r‐‐---、`/ /^ 冫
        (       i、----//~l\ヽ_____//  > 〉/
        (        `| ̄ / ノ┐`‐--‐'´ / __ノ
        (        `l`l<ヽニ-'´ヽ、  ,-‐' /ト、
        (         \`‐‐-‐-‐->    / | \
        (        ,-'´ |トニ二ニニ/ __/ / | |\
         (     .,-'´ //|ー‐‐‐‐' /   / ///\
          (         ヽ――'´    ///
           ⌒⌒○⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
     ____   ○
   /      \。○   
  /  ─    ─\     なんにせよ、実際の無刀取りというのがどういうものか、
/    (●)  (●) \   技法はともかく、その心がけはよくわかったお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /    「達人ッ!」とか「護身完成ッ!」とかいう単語が
(  \ / _ノ |  |     脳に浮かぶのはスルーしとくお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


      / ̄ ̄\ ( ;;;;(    (何想像してるか丸分かりだなー)
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/      まあ、ある意味、
    |  (__人__)l;;,´|      (自ら立ち合いを求める)武芸者からすれば、
    | ./´ニト━・' .l      論外と言えなくもない思想だが、
    | .l _ニソ    }      こいつはまず護身ありきの家光のための兵法だからな。
     /ヽ、_ノ    /       むしろ、こうでないとマズいわけだ。
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.     さて、それじゃ続きになるぞ。
  /´  ./       ,.  ヽ.   先にも出ていた禅が、ここで本格的に顔を出してくるんだ。
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

638やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:56:05.94 ID:LgeqtBQ0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『一 大機大用(だいきだいゆう)。用(よう)を用(ゆう)ととむべし。
|   ._       .|_|   物の躰用の時、用とよむべし。
| 無 |活|      .|_|   物ごとに躰用と云ふ事あり。
| 刀 |人|      .|_|   躰があれば、用がある物也。
| 之 |剣|      .|_|   たとへば、弓は躰也、ひくぞ、いるぞ、あたるぞと云ふは弓の用也。
| 巻.  ̄       .|_|     (中略)
|            |_|   刀は躰也、きる、つくは用也。
|            |_|   然れば、機は躰也、機から外へあらはれて、様々のはたらきあるを用と云ふ也。
|________.|_|     (中略)
└───────┘   大はほむる言葉也。
                大明神、大権現、大菩薩などと云ふも、大は褒美の言葉也。
                大機なる故に、大用があらはるる也。
                禅僧の自由自在に身をはたらかし、何事をいふも、何事をするも、
                皆道理にかなふて理に通ずる、是を大神通と云ひ、大機大用と云ふ也』

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \     ここで言う「大機大用」は、
 |  (●)(●) |    言ってること自体は、心があって、それに行動が従うので云々、という
. |  (__人__)  |    従来通りの話だが、ここで「大」の文字が付くことにより、
  |   ` ⌒´  ノ    より大きな次元の話になる、としているわけだ。
.  |         }
.  ヽ        }     そして、ここでもそのモデルケースとして、
   ヽ     ノ     「禅僧」…まあ、ぶっちゃけ沢庵を引き合いに出している。
   /    く 
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

639やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:57:35.45 ID:LgeqtBQ0
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   …なんていうか、
/    (─)  (─ /;;/   宗矩は沢庵を信頼し切ってる感じだお。
|       (__人__) l;;,´|    これ、沢庵がいなかったらどうなってたんだお…?
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


      .__             
    / ~\           さあなあ…。
  / ノ  (●)\        実際のところ、この兵法家伝書の
. | (./)   ⌒)\       禅的思想の部分については、
. |   (__ノ ̄   \     かなりの部分が沢庵の影響を受けているからな。
  \          |     もしいなかった場合、というのが想像も付かん。
    \       /     
.      \  ⊂ヽ∩      だから、もし沢庵がいなかったら、
      /´    (,_ \.    この「兵法家伝書」も成立しなかったかも、という意味でも
       /       \. \  やはり沢庵は宗矩を語るのに欠かせない人物だよ。
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|

640やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 00:59:13.84 ID:LgeqtBQ0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 
|   ._       .|_| 『数々の太刀構、表裏、偽り、諸道具のさばき、
| 無 |活|      .|_|  飛びあがり飛びさがり、手にやいばをとり、足に蹴をとし、
| 刀 |人|      .|_|  様々にはたらき、習の外に自在を得る事、是を大用と云ふ也。
| 之 |剣|      .|_|  常々内に機を具せざれば、大用はあらはるまじき也。
| 巻.  ̄       .|_|    (中略)
|            |_|  此機常に内にある故に、自然の時、
|            |_|  きどくの早速が出で合ふ、是を大用と云ふ』
|________.|_| 
└───────┘

       ., ──‐、
      /     \           そして、ここではその大用を発するためには、
.     .|     _ノ  ヽ         常に機を内にある状態…つまり、注意を怠らない状態を
     |     ( ●) (●)        常のものとすることが大事、としている。
     |       (__人__) , -―ーっ
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄     そうすれば、何かあった時、
.      ン         } ゙| ̄'|       おのずと大用…この場合は適切な行動が
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |      発揮されるだろう、というわけだ。
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                              ____
 まあ、そりゃそうだお。              /      \
それが前に出ていた「平常心」あたりと    /─    ─  \
繋がるというわけかお?           / (●)  (●)   \
                         |    (__人__)      |
                         \   ⊂ ヽ∩     <
                           |  |  '、_ \ /  )
                           |  |__\  “  /
                           \ ___\_/

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)     そういうことだな。
. |     (__人__)    単に注意ばかりしているのでは、いつか疲れるし、隙も出る。
  |     ` ⌒´ノ    自然の状態でそのようにできることが至上、というわけだ。
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

641やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 01:02:16.08 ID:LgeqtBQ0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『此大機大用の人にあふては、習のたけをつかふ兵法は、
|   ._       .|_|  手をあぐる事もならぬ物也。
| 無 |活|      .|_|   (中略)
| 刀 |人|      .|_|  禅句に、大用現前軌則を存ぜずと云ふ。
| 之 |剣|      .|_|    (中略)
| 巻.  ̄       .|_|  この大機大用の人は、そつとも習・法符にかかはらぬを、
|            |_|  軌則を存ぜずと云ふ也。
|            |_|  軌則とは、習・法符・法度の事也。
|________.|_|  よろづの道に、習・法符・法度と云ふ事有る也。
└───────┘  至極の人は、はらりとそれをはなるる也。
               自由自在をする也。
               法の外に自在をする、是を大機大用の人と云ふ也』

             ____
           /      \      …なんていうか、実物が目の前にいると、
          / ─    ─ \    例え話もやりやすい、という実例のようだお。
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |   どう見ても沢庵です。本当に(ry
        \     ` ⌒´    ,/
       r、/          ヘ
      |:l1             ヽ


   / ̄ ̄\        こらこら終わらせるな。
 /   _ノ  \      まあ、でも、確かにそうなんだがな。
 |    ( ⌒)(⌒)
. |     (__人__)      大機大用の人物には、
  |      |r┬|}     そこに至らない人物では到底太刀打ちできないし、
  |      | | |}     更に、その人物の自由自在さを強調することで、
.  ヽ     `ニ}      「理想像の強化」をしているわけだ。
   ヽ     ノ
   /    く  \     目指すべき理想が具体的で素晴らしいほど
   |     \   \   目指すモチベーションも上がるわけだからな。
    |    |ヽ、二⌒)、

642やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 01:04:23.72 ID:LgeqtBQ0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『一 摩拏羅(まぬら)尊者の偈に云く、心は万境に随つて転ず。
|   ._       .|_|   転処実に能く幽なり。
| 無 |活|      .|_| 
| 刀 |人|      .|_|   右の偈は、参学に秘する事也。
| 之 |剣|      .|_|   兵法に此意簡要なる故に、引合ひてここに之を記す。
| 巻.  ̄       .|_|    (中略)
|            |_|   万境とは、兵法ならば敵の数々のはたらき也。
|            |_|   其一つ一つのはたらきに、心がてんずる也。
|________.|_|   たとへば、敵が太刀をふりあぐれば、其太刀に心がてんじ、
└───────┘   右へまはせば右へ心がてんじ、左へまはせば左へてんずる、
                是を心は万境に随つて転ずと云ふ也。
                転処実に能く幽なりと云ふ所が兵法の眼也。
                其所に心があとを残さずして、こぎ行く舟のあとのしら波と云ふごとく、
                あとはきえてさきへ転じ、そつともとまらぬ処を、転処実に能く幽なりと心得べし』

           (ヽ三/) ))
       __  ( i)))
      /⌒  ⌒\ \
    /( ⌒)  (⌒)\ )     これは…「転(まろばし)」かお!
  ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\    新陰流の極意の一つってやつだお!
  |    (⌒)|r┬-|     |
  ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
  | | | |  __ヽ、    /
  レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
  `ー---‐一' ̄


 まあ、確かにそうだが、
ここで宗矩が述べているのは、       ....
「転(まろばし)」そのものではなく、     ....     / ̄ ̄\
あくまでその根本の部分…          ..    / ヽ、_   \
つまり、                     ....  . ( (● )    |
                          ...  . (人__)      |
 「周囲の変化に心を移し、且つ留めず、    r-ヽ         |
  自由自在に応ずる」             .  (三) |        |
                          ...  > ノ       /
 ということだな。                  /  / ヽ     /
                          .../  / へ>    <
 …ちなみに、こいつについては、      .|___ヽ  \/  )
後で挙げられた例文が愉快なので、          |\   /|
少し挙げておこう。               ..    |  \_/ |

643やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 01:06:41.46 ID:LgeqtBQ0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 
|   ._       .|_| 『人の心も、物にうつればあらはれ見ゆる也。
| 無 |活|      .|_|  ちご若衆に心をうつせば、やがて人が見しるなり』
| 刀 |人|      .|_|   ・ ・ ・ ・
| 之 |剣|      .|_| 
| 巻.  ̄       .|_| 
|            |_| 
|            |_| 
|________.|_| 
└───────┘

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
            \
-‐7" ヾー---┐ \
 ̄   ./゙ニ,ニF、''    \      ど う 見 て も 家 光 限 定 で す。
 :   ,.,. |ヽ 」9L.`    \
    l'  """        l     本当にアッーりがとうございました。
   h、,.ヘ.      ;:::    |
(    j    )       l
:.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
  ≡≡        /
         イ\
 `ー- -‐'"´      \
 : .                \


       / ̄ ̄\
     /   ⌒  \     …まあ、実際に宗矩が家光相手にも
     |  ミィ赱、i .i_r赱    これを言ったかどうかは分からんが、
.     | ::::::⌒ (__人__)   もし言ってたら色々な意味でナイス度胸だよなー。
.     |     トエエエイ
.     ヽ     `""´}     いやあ、味わい深い(ニヤニヤ
      ヽ     ノ
       /    く

645やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 01:09:00.88 ID:LgeqtBQ0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『○兵法の、仏法にかなひ、禅に通ずる事多し。
|   ._       .|_|  中に殊更着をきらひ、物ごとにとどまる事をきらふ。
| 無 |活|      .|_|  尤も是親切の所也。とどまらぬ所を簡要とする也。
| 刀 |人|      .|_|    (中略)
| 之 |剣|      .|_|  如何様の秘伝を得て手をつかふも、
| 巻.  ̄       .|_|  其手に心がとどまらば、兵法は負くべし。
|            |_|  敵のはたらきにも、我手前にも、きつてもつひても、
|            |_|  其所々にとどまらぬ心の稽古、専用也』
|________.|_| 
└───────┘

                      そして、ここで遂に
    / ̄ ̄\            「剣禅一致」について記した話が出るわけだ。
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)          『兵法の、仏法にかなひ、禅に通ずる事多し』
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ           兵法上の心法と、禅は、
   |   ,.<))/´二⊃        「着(執着・こだわり・心が留まること)を嫌う」
   ヽ / /  '‐、ニ⊃         という点に於いて同じである、というわけだな。
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉           今まで、あくまで兵法のために禅を、と言っていたのが、
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_        この段階では同列、あるいは同一のものとして語っている。
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!      …即ち、「剣禅一致」だ。
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|

     ____
   /      \       なるほど。
  /  ─    ─\     そして最後に「心の稽古に励むべし」とくるわけかお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |    …確かに、ここまでくると、
./     ∩ノ ⊃  /    兵法の修行でも禅の修業でも、
(  \ / _ノ |  |     どちらでも変わらないような感じだお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

646やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 01:11:29.13 ID:LgeqtBQ0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『一切の道理を見おはりて、皆胸にとどめず、はらりはらりとすてて、
|   ._       .|_|  胸を空虚になして、平生の何となき心にて、所作をなす。
| 無 |活|      .|_|  此位にいたらずば、兵法の名人とは言ひ難き也。
| 刀 |人|      .|_|  兵法は我が家の事なれば、さして兵法と申す也。
| 之 |剣|      .|_|  兵法一つに限るべからず、よろづの道此の如き也』
| 巻.  ̄       .|_| 
|            |_| 
|            |_| 
|________.|_| 
└───────┘

                       , -、    さて、ここが「無刀之巻」の最後の部分なんだが、
                  , -   / /    宗矩はこの最後の段で、このように述べている。
       / ̄ ̄\      / ノ/ /
     /ノ,、\_  \    / / /`ヽ      前にも、平常心を以って事に当たる人を「名人」と
     ( ●)( ●)    |   {    (__/}    呼んでいたが、ここで再びその言葉が出てくる。
    (__人__)     |   {    (__/}    「平常心」を得て、「名人」に至ることを至極とし、
     (`⌒ ´     |   /     (__.ノ    これを結論としたわけだな。
      {        |   /   ,;-ー'´     そして、
      {         /  . /  . ノ
       ヾ      /  / ./           『兵法一つに限るべからず、よろづの道此の如き也』
       ソgヘ二ニ=7./  /
      ∧ii/ oィ/厂  /             として、ここまでで述べた心法が、兵法に限らず、
     / .|//=≠. r'´              万事諸道全てに通じるものであるとして、
     l  |。     `~/               一気に格上げして風呂敷を畳み込んだ、というところだな。
     /  |。      /

647やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 01:13:23.29 ID:LgeqtBQ0

                    風呂敷を広げるだけ広げて、
                   最後に上手いことまとめられた感じだお…。
      _____     
    / ―   \          …というか、これって
  /ノ  ( ●)   \ 
. | ( ●)   ⌒)   |       「上様の兵法稽古はこれからだ!」 (完)
. |   (__ノ ̄    /
. |             /        ってことなんじゃないのかお?
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\     だって、この理屈だと、
.    |  /     \_ノ    これから禅を修めなければならないわけだお?


                         / ̄ ̄\
   まあ、そうだな。           /  ヽ、_  \
  というか、それこそが        (-)(- )   |
  宗矩の目的だっただろうしな。  (__人__)     |
                       (          |
                  .     {          |
                      ⊂ ヽ∩     く
                       | '、_ \ /  )
                       |  |_\  “ ./
                       ヽ、 __\_/

     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \     …それってどういうことだお?
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

648やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 01:15:17.24 ID:LgeqtBQ0
    / ̄ ̄\
  /:::::::⌒ ⌒\
  |:::::::::(●)(●)|     …まあ、そいつについては、
 . |:::::::::::(__人__)|   ここで語ると終わらないから、次にするさ。
   |::::::::::::` ⌒´ |   さ、それじゃあ、最後の〆に入るぜ?
 .  |::::::::::::::    }
 .  ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /ヽ三\´
    |:::::::::::::::: \

651やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 01:16:39.30 ID:LgeqtBQ0

 まず、「無刀之巻」についてだ。
こいつの内容は、まとめればこうなるな。

    / ̄ ̄\        ... 【無刀】
   /   _ノ  \.      ....  無刀は、柳生新陰流の秘事にして、
   |    ( ●)(●)     .... 基本ともなる心得である。
.   |  ::::::⌒(__人__)      .
   |     ` ⌒´ノ       . 【剣禅一致】
.   |         }.    。    兵法上で必須となる心法は、
.   ヽ        }    /  ... 突き詰めれば禅の心と同じである。
    ヽ     ノ   ./   .. その行き着く先は「平常心」である。
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)    
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)    こうして見返すと、つくづく心法の比重が大きいお…。
/    (─)  (─ /;;/    「殺人刀」でも、かなりの部分が心法だったし、
|       (__人__) l;;,´|     全体だとどれくらいになるんだお?
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


652やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 01:18:25.77 ID:LgeqtBQ0

 うむ。
じゃあ、通しでまとめてみようか。
                    【進履橋】
                     ・新陰流についての伝書
    / ̄ ̄\        ... 
   /   _ノ  \.      ....  【殺人刀】
   |    ( ⌒)(⌒)     ....   ・序文(「活人剣」「大なる兵法」など「活人剣・治国平天下の剣」概論)
.   |  ::::::⌒(__人__)      .   ・心法論(「平常心」を目指すべき)
   |     ` ⌒´ノ       .   ・勝負論(勝負は「表裏(=略:はかりごと)」が基本である)
.   |         }.    。   
.   ヽ        }    /  ...  【活人剣】
    ヽ     ノ   ./   ..   ・技法論(「手字種利剣」を心がけること)
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)       ・心法論(「此心(=平常心)」を得る事)
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'        ・無刀之巻(「無刀」の心得。「剣禅一致」)
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

                      なるほど…。
                     これが「活人剣・治国平天下の剣」を説いた
         ___        「兵法家伝書」の概要というわけかお。
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\      でも、こうして見ると、
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \   「殺人刀」と「活人剣」に大きな差はないお。
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |   むしろ、「序文」「本文」「無刀之巻」で分けた方が
  . \ ヽ           /   バランスよかったかもしれないお?


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●    ああ、そこについては、
   |      (__人__)   一応後書きの方で補足がしてあるな。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

653やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 01:20:14.18 ID:LgeqtBQ0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『此巻上下を、殺人刀、活人剣と名付けたる心は、
| ._         .|_|  人をころす刀、却而人をいかすつるぎ也とは、
| |活|        .|_|  夫れ乱れたる世には、故なき者多く死する也。
| |人|        .|_|  乱れたる世を治める為に、殺人刀を用ゐて、
| |剣|        .|_|  巳に治まる時は、殺人刀即ち活人剣ならずや。
|.  ̄         .|_|  ここを以て名付くる所也』
|            |_| 
|            |_| 
|________.|_| 
└───────┘

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \      まあ、分割したことそのものは、
    (⊃   ( ●)(●)     製本上の都合とかがあったのかもしれんが、
     |     (__人__)     上下間の命名に関しては、
     |     ` ⌒´ノ     「活人剣・治国平天下の剣」の肝と言うべき
       |         } \
     /ヽ       }  \     「殺人刀・活人剣」
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/   を題することで、この兵法(というか思想)が、
 |         / ̄ ̄(_)   どういうものであるかを示した、ということらしいな。
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)

654やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 01:22:05.01 ID:LgeqtBQ0

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(      
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)      そして、こうして通しで見ると、
    |  (●)(●)/;;/      さっきお前も言った通り、
    |  (__人__)l;;,´|       序文の「活人剣」「大なる兵法」を除けば、
    | ./´ニト━・' .l       兵法上の心法(「剣禅一致」含む)への言及が
    | .l _ニソ    }        大半を占めることがわかる。
     /ヽ、_ノ    /        
    __/  /    ノ__         これが、江戸柳生が
  / /  /       `ヽ.     
  /´  ./       ,.  ヽ.      『心法の江戸柳生』
  ト、_,/.       |、  ヽ   
   |         |/  /     と称される所以だ。


          ____
        /_ノ  ヽ\         あー、そういえば、
      / ( ●) (●)、      尾張柳生が『刀法の尾張柳生』と
    /::::::::⌒(__人__)⌒\     呼ばれていたというけど、
    |      |r┬-|    |     それは江戸柳生と対比して、ということだったのかお。
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ    まあ、こうして見ると、
  \ ヽ  /         ヽ /     そう呼ばれるのも納得だお。
   \_,,ノ      |、_ノ

655やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 01:24:15.08 ID:LgeqtBQ0

        / ̄ ̄\
      / ⌒  ⌒ \
      |  (⌒)(⌒) |     …いや、長くかかったが、
      |  (__人__)  |    とにかくまとめきれてほっとしてるぜ。
       |    `⌒´  │ 
       |         .|     それじゃあとは後書きを紹介だ。
       ヽ        /    
        ヽ     ノ   
      _/     l__   
 __ゝ_/         ヽ  
 \___ノ'        ヽ⌒)

656やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 01:25:23.74 ID:LgeqtBQ0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『兵法の本書一巻は、進履橋と名づく。大凡の目録なり。
| ._         .|_|  亡父但馬守宗厳、上泉武蔵守藤原秀綱より、直伝するところ也。
| |活|        .|_|  右の目録の分、相窮むる人に於ては、右の本書一巻を写筆して之を授け、
| |人|        .|_|  相伝の証と為すべき者なり。
| |剣|        .|_|  今此の上下両巻は、習の外の別伝也。
|.  ̄         .|_|  亡父一生此の道を以て、寝食の間此を忘れず。
|            |_|  故に此の道に於て妙理を得、平生予を左右に置き、妙を談じ玄を説く。
|            |_|  聊かも聞き得ること有るときんば、拳々として胸に服く。
|________.|_|  予人と成り、手に刀柄を握つて父の業を継ぐと雖も、未だ嘗て自由ならず。
└───────┘  漸く知命の年を過ぎ、此の道の滋味を得たり。
               一件の理を得る毎に此を記す。積んで多端に渉り、窮むる所一心に帰し、
               一心多事に渉り、多事一心に収まる。畢竟茲に在り。
               今之を書きて両巻と為し、併せて本書共三巻、以て之を家に遺すと云ふ。

                                         寛永九年壬申長月吉辰
                                          上泉武蔵守    藤原 秀綱
                                          亡父柳生但馬守 平   宗厳
                                          的子柳生但馬守 平   宗矩』

                                          ___
…なんだか随分謙虚な感じだお。             ......     /   ヽ、_ \
                                        /(● ) (● ) \
『知命の年(50歳)を過ぎ、此の道の滋味を得たり』        /:::⌒(__人__)⌒::::: \
                                      |  l^l^lnー'´       |
とか、将軍家指南役が言っちゃっても大丈夫なのかお?   \ヽ   L        /
                                        ゝ  ノ
                                      /   /

                 まあ、これを書いた頃には、
                もう耳順(60歳)を過ぎてるわけだからな。
                その辺は割と正直な気持ちだったんじゃないか?
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \     俺がここで面白いと思うのは、
   |    ( ⌒)(⌒)   文から滲み出る石舟斎への感情だな。
   |      (__人__)   総体として、
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃    「親父は偉かったなー(超訳)」
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │    という素直な思慕と尊敬のトーンで統一されている。
  \  “ /___|  |    伝奇での印象が一気に変わって見えてくるな。
.    \/ ___ /    ここを読むと、なんで不仲に描かれる事が多いのか
                不思議になってくるぞ。

657やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 01:28:55.24 ID:LgeqtBQ0
               
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_|   
| ._         .|_| .... 『今此三巻にしるすは、家を出でざる書也。
| |殺|        . |_|    しかあれど、道は秘するにあらず。
| |人|        . |_|    秘するは、しらせむが為也。
| |刀|        .|_| .... .しらせざれば、書無きに同じ。
|.  ̄         .|_| .... 子孫よく之を思へ』
|          . .|_|  
|            |_| ....
|________.|_|  
└───────┘  

           / ̄ ̄\             あと、こいつは「殺人刀」の序文の最後にある一文だったんだが、
         /   _ノ  \          全体の流れから見ると入れづらかったので省いてたんだ。
         |    ( ●)(●)         でも、せっかくなのでここに追記しておく。
         |     (__人__)         内容としては、子孫向けの一文なわけだが、
         |      `⌒´ノ
          |         }            『秘するは知らせむがため』
          ヽ        }      (
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )    というのは、世阿弥が書いた
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (   「風姿花伝」の影響があるのかもしれない。
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁    「風姿花伝」が公開されたのは明治に入ってからだが、
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|   概念自体は能楽者の間では広まっていただろう。
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |   能と関わりのあった宗矩は、そこから知見を得たのかもな。
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\   能狂いも無駄じゃなかったってわけだお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄

658やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 01:30:16.92 ID:LgeqtBQ0

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)    …さて、これで「兵法家伝書」の紹介は全て終りだ。
   | u    (__人__) /;;/   岩波文庫版のページ数にすれば、
.   |        ノ l;;,´     111pに過ぎない伝書なわけだが、
    |     ∩ ノ)━・'     こうして紹介してみると、長く掛かったなー。
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

         ____
         / _ノ ヽ_\       …>>1の手際が悪かった、というのもあると思うお。
.     / (ー)  (ー)\     完全にエッセンスだけ抜き出して紹介した方が
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \   手っ取り早かったんじゃないかお?
    ヽ   L   |r┬-|    |
     ゝ  ノ  `ー‐'    /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

659やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 01:31:29.92 ID:LgeqtBQ0

   / ̄ ̄\       まあ、それも一手だったんだが、
 / ノ  \ \     >>1の解釈が間違ってる可能性だってあるんだ。
 |  (●)(●) |     その場合、原文を紹介しつつであれば、
. |  (__人__)  |    気づいた人から指摘をもらえるかもしれないだろ?
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }     それに、>>1の目標の一つに、
.  ヽ        }    「兵法家伝書」の全文現代語訳があるからな。
   ヽ     ノ     ある意味、この紹介はその為のものでもあるんだよ。
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)、

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)    まあ、結局は言い訳だお。
/    (─)  (─ /;;/    これの是非は、読者に判断頂くことだお。
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/      …で、やらない夫、
(  \ / _ノ´.|  |      この後、どうするつもりなんだお?
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


660やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 01:33:28.85 ID:LgeqtBQ0
                 / ̄ ̄\
               / ._ノ   \\     _,,
               | ( ●) (●) |     l;l            ああ、次は、今までの話を下敷きに、
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,    
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶          『「活人剣・治国平天下の剣」とはなんだったのか?』
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l  
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,          という点について話をしていこうと思う。
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,       これは言ってみれば、
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i        「柳生宗矩という人物は如何なる存在だったのか?」
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、    という話にも繋がるわけだから、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、  ある意味、このスレで一番>>1
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l やりたかったことと言える。
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|
   ヽ, ,, i、   _,,tv   /iiiii      ム、 / /  ヽ、ヽ、_x--ー‐- 、
 __,,,l ii Yi___,lk /   }iiiiil    ヘ __,,,,,,___/    `x'"^   ,,,,,   \
     ^ ̄⌒ヽ  ヘ、  ,ノiiiii|、__,,,y,,_,,,/ ヽ、  ,/   ,,,-‐‐ `',,   ヘ,、
   ,,,_  \  ヽ  `>- liiiiiiil ¬">--  ヽ ヽ  i   i/   _,, /   } i
     "- ,,   }  / /iiiiiiil  /      l  l l   lK   ^~'  / |
        \ーヾ  /iiiiiiiil  /        i   i |   |i`'ヽーミ_/  /

      ____
    /_ノ   ヽ_\       わかったお。
   /( ●) ( ●)\     今回、まとめとか総論がえらく短く終わったのは、
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\   そっちに話を繋げるためだったのかお。
 |        ̄      |
 \               /    …じゃあ、今回はこれで終わりかお?

661やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 01:35:01.20 ID:LgeqtBQ0

               ま、そういうことだな。
              今日もお疲れさんだ。
      / ̄ ̄\
     /   ⌒  ⌒ …それじゃあ恒例の飯にしようぜ!
     |    ( ⌒)(⌒)                                 待ってたお!
.      |     (__人__)                         / ̄ ̄ ̄\    今回は久々にお好み焼きが食べたいお!
      |     ` ⌒´ノ                    /⌒    ⌒  \
      |         }                     /(⌒)  (⌒)    \
.     ヽ       |                     |   (__人__)///    |
   _/⌒ヽ     ィ                       \          /
  i'⌒゙l |   l       \                    / ̄         ̄ ̄)___
  |  |. |   |       ト \                    / //        /'./ / 〃 ⌒l.
  |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、 _____/⌒\./         /   し'_|;;;;;;;;;;;;|
  |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソ,),) ̄`ヽ ̄⌒ヽ|,),)ソ .l'⌒゙l  ( ゙̄^  ヾ  /⌒ l\ /   |⌒゙|;;;;;;;;;;;;;|
  |        l  .| y  |_ィ   |  .| |  |──=`──‐/  /────|   |;;;;;;;;;;;;;|
  |        |  .|.|   |  |  |   | |  |         ノ_  /       |   |;;;;;;;;;;;;;|
  |        |   |___|  |__|  | |  |        iヘ__ソ         |   |;;;;;;;;;;;;;|
  |_______.|___(__゙)__{___゙)_|__|__|_______ ̄_______.|__|;;;;;;;;;;;;;|

662やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)2009/09/28(月) 01:36:00.84 ID:LgeqtBQ0

           / ̄ ̄\
         /  ー  ‐\    そうと決まれば善は急げだ!
         |   ( ●) ( ●)  早く行かないと店が閉じちまうぜ!
         |     (__人__)
         |   )  ` ⌒´ノ
         |        }
       r⌒ヽrヽ,    }
      /  i/ | __  ノヽ        _____
     ./  /  /      ) __  .  / ー  ー\    …言っといてなんだけど、
     ./ /  /     //  \. / ( ●) ( ●)   この時間帯にお好み焼き屋って
    /   ./     / ̄、⌒) /     (__人__) \ 開いてるのかお…?
    .ヽ、__./     / ⌒ヽ ̄  |       ` ⌒´   |
        r    /     | /  \     i⌒\   /  ま、とりあえず行ってみるお!
      /          ノ    / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
     /      /    /   ./     |./ー、\   \
    ./    //   /i,        ノ    \^   .i
    /.   ./ ./  /、/ ヽ、_../   /      .  ヽ、__ノ
   i   /  / / | ./  //  /
   i  ./  ノ.^/  .ヽ、_./ ./ /
   i  ./  |_/      / /
   i /             ノ.^/
  / /             |_/
  (_/

【やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・前編3)「解説・兵法家伝書(活人剣)」】 完

関連記事
[ 2018/03/08 02:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する