FC2ブログ

やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その3・後編2「活人剣・治国平天下の剣、その評価と影響」

82512009/10/12(月) 21:01:59.34 ID:qoYHOwg0
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレの外伝であり、
柳生一族と関連のある物事についてあれこれ紹介するスレです。

【今回のメイン柳生:なし】
                            ."⌒ヽ.
                            ヽ  ,'
                             ゙、;´     フゴゴ……
                           _(_`Y´ )
                         / |r┬`| \
                        /   `ー'´   \   、´`ヽ
                      /           ヽ ⊂´rィ_;ヽ、
                      |   、__/;;:  `   `⌒ ̄ ̄`  >
           「`ィ、- -‐ャ,--─´⌒      ̄`,. ̄   ,イ  , -─ ´
          、'ゝ_ /,____`_     ゝ、          ヽ´
           X/          ̄`ヽ             ヽ
                         |             、
                          |             ヽ
                         |,´  `      ´   `ヽ
                         /                ヽ
                        /      .,_──‐-、      ヽ
                        ′    /         、     ヽ
                      , ′   ヽ'           ヽ,´    ヽ    ,-、
                    ,イ     /              ヽ     ゝ- ´`'"ゝ
                 l、` ̄      ,'                 l        `j ラ
                 ヽ       i                  `、_  ,_  _.,~ノ
                  ゝ- ‐ ^─´

82712009/10/12(月) 21:04:02.81 ID:qoYHOwg0

             開始早々寝るんじゃねえ!
      / ̄ ̄\                        ゙i\
    /ノ(  ゝ 、_,ノヽ                       ゙i (,
    | ⌒(( ●)(●)                     i  ゙i
.    |     (__人__) /⌒l                     i|  i,
     |     ` ⌒´ノ |`'''|                 i|  ',
    / ⌒ヽ     }  |  |                 i|   |i
   /  へ  \   }__/ /                i|.   |i
 / / |      ノ   ノ                ,.i.    |
( _ ノ    |      \´                 ,.i     ゝ
       |       \_,              ゝ      |i.
       .|         \              , '       |i.
       ヽ      \  \        /       |i.
         \      \  \      , '        |i.
          \     ( \   ,, ,. ,., ' , '    _/⌒  ⌒\_
            \    \ \  `゙ィ/   /:●))(__人__)((● \ ぐぇあ
                    , ,. /`    |     |r┬-|     |
                    ゙ィ/`, ' `   \      `ー'┃     /

82912009/10/12(月) 21:05:24.56 ID:qoYHOwg0

                     / ̄ ̄\
                  /ノ(    \
                  | ⌒ _ノ  \ |    やっと女っ気ネタがなくなったと思ったら、
                 .|   ( ●)(●)|   今度は眠気かよ!
              /\  |    (__人__) |   もう2・3発眠気覚ましを打ってやろうか!?
            (.  ヽ\|    ` ⌒´ ノ
             \ ヽヘヽ       }
              (   ソ       ノ ⌒)
               ` イ          /
           _   | mm     / /___
         /  \  | ヽ  η   //  ::::::\      や、やめるお!
        _/     \| |   |   /     :::::::::\   もう眠気スッキリだお!
      /´   \   / |  |  /u       .::::::::\.  ノーサンキューだお!
      ゝ_/ ̄\\/   |   \ |       ...::::::::::::.| 
       /     /    / \    \      ::::::::::::/
     (___へ   {     /ヘ  \          ::::::::::ヽ  。
         \___/  \ |         ::::u:::::::::ヽ
                   \          ,/\ ::::i
                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄

83012009/10/12(月) 21:06:40.13 ID:qoYHOwg0
       ___
     /_ノ ヽ、\       でも、ここ最近、どうも眠くていけないお。
    / (-) (-).\     本格的に秋になってきたから、
  /   (__人__)  ...\   夜は長いし、布団も暖かくなってくるし…。
  |     ノ   ヽ,   |
  .\   (/⌒ノ´フ   ./    季節の変わり目って、どうしてこう眠いんだお?
   . .>   . ̄ ̄´  <.


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      まあ、気持ちは分からなくもないが、
 |    ( ー)(ー)    そんなんじゃコタツを出した後が思いやられるぜ?
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ     さ、それじゃ本題に入ろうか。
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

831やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 21:09:17.25 ID:qoYHOwg0

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |         さて、「活人剣・治国平天下の剣」についてあれこれ話をする
. |  (__人__)  |         この外伝も後編2回目、通しで5回目だ。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)
.  |        |    .) ;;;;)    前回は、この宗矩の思想が生み出された「原因」について述べたが、
.  ヽ       }   /;;/   今回は、その「評価」と「影響」について話をする。
   ヽ     ノ   .l;;,´ 
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \     おお!
      /( ●)  (●)\ )    「評価」に「影響」というと、
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\    廻国隠密とか陰謀とか魔界転生とか
    |    (⌒)|r┬-|     |    裏柳生とか朝鮮柳生とかシベリア柳生とか
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/    そういうことかお!?
    | | | |  __ヽ、    /      めくるめく伝奇のターン!だお!
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

832やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 21:11:03.18 ID:qoYHOwg0

   / ̄ ̄\       それは「柳生」の「評価」「影響」だろ。
 /   _ノ  \    ここで扱うのは、あくまで「活人剣・治国平天下の剣」という
 |    ( ●)(●)   「思想」についてだよ。
. |     (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }  ミ        ピコッ
.  ヽ        } ミ  /\  ,☆____
   ヽ     ノ    \  \ /     \
   /    く  \.  /\/ ─    ─ \    なんでもいいから
   |     `ー一⌒)  /   (-)  (-)  \  早いトコせがわ先生版の
    |    i´ ̄ ̄ ̄ \ |      (__人__)     |  「魔界転生」が読みたいもんだお。
               \_   ` ⌒´    /
                /          \

833やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 21:13:14.83 ID:qoYHOwg0

           / ̄ ̄\
      rヽ  / ノ  \ \    というかな、「柳生」はもちろんのこと、
      i !  |  (●)(●) |   宗矩の評価にしても、この思想だけで収まらないものも多いし、
   r;r‐r/ |   |  (__人__)  |   まだ話題にしていないことだって色々あるんだ。
  〈_L (`ヽ .}  |    `⌒´  ノ   だから、そっちは本編で追々やっていくつもりだ。
  l` ( ``/ .  |        }
  ヽ   l  .  ヽ       }     …というか、「宗矩への評価の変遷(伝奇含む)」は、
   |,.   l   /⌒  ー‐  ィ ヽ  いずれ別にやるだろ、伝奇的に考えて…。


       ____
     /      \       宗矩の思想だけでこれだけ延々語ってるくせに、
   / ─    ─ \     まだやるつもりなのかお…。
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |    よくもまあ、ネタが尽きないもんだお。
  \     ` ⌒´     /

835やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 21:15:40.79 ID:qoYHOwg0

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \     
      |    ( ●)(●)     まあ、それだけネタに困らないってことさ。
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ     …さて、「評価」と「影響」の話に移る前に、
     .l^l^ln        }     .あらためて、この「活人剣・治国平天下の剣」が、
     .ヽ   L       }     当時、どういう目的を持っていたか、言ってみてくれ。
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }     とりあえず、
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !     1 : 「剣術の新しい意義の確立」
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l     2 : 「将軍・家光の教導」
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //       この2つってとこだお!
  / __        /        あと、前提条件として、
  (___)      /         「柳生家の生き残り」が入るお!

837やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 21:17:36.94 ID:qoYHOwg0

        / ̄ ̄\         そうだな。
      / -  - \       そして、それによって発生したのは、
      |  (●)(●) |
      |  (__人__)  |        『剣術はただ実戦の為だけの術ではない』
       |    `⌒´  │
       |         .|        『稽古を通じて心を鍛え、至極の境地を目指し、
       ヽ        /        諸事(家光の場合は治国)に活かすものである』
        ヽ     ノ  
      _/     l__         という「価値観の変化」だ。
 __ゝ_/         ヽ      つまり、戦場での実用術に過ぎなかった剣術が「求道性」を帯び、
 \___ノ'        ヽ⌒)   また、剣術を修める目的自体が変わったわけだ。


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   まあ、その辺は前編で散々出た話だお。
/    (─)  (─ /;;/   戦がなくなったら、そりゃ剣術に限らず、
|       (__人__) l;;,´|    実用術としての武芸全般の必要性が薄れるのは当然だお。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |      …うまいこと理屈付けたもんだお。
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

838やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 21:19:44.07 ID:qoYHOwg0

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/     あと、もう少し言えば、
    |  (__人__)l;;,´|     こいつは戦を望まない幕府の方針にも合致していた…というか、
    | ./´ニト━・' .l     意図的に宗矩が合わせたものと思われる。
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /       実際、「殺人刀」序文の冒頭は、
    __/  /    ノ__      「武家諸法度」に合わせたものだしな。
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /


           ___   ━┓
         / ―  \  ┏┛
        /  (●)  \ヽ ・    …そうだったかお?
       /   (⌒  (●) /    武家諸法度とかうろ覚え気味だお。
       /      ̄ヽ__) /
.    /´     ___/      「じゃあ、少し比較してみるか」
    |        \
    |        |

839やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 21:23:38.25 ID:qoYHOwg0
【武家諸法度(元和令)】

  _■_ _________________________
 |∵∴∵|:::ー-ーーー-ー─ーー--ーーーー--ー─ーー--ーーーー-ーー-ー,||
 |∵∴∵|::::                                   i ||
 |∵∴∵|::::                                   ; ||
 |∵∴∵|::::  一、文武弓馬の道、専ら相嗜むべき事。           :; ||
 |∵∴∵|::::                                     | ||
 |∵∴∵|::::    文を左にし武を右にするは、古の法也。      .; ||
 |===|::::    兼備せざるべからず、                   ! ||===-3
 |∵∴∵|::::    弓馬は是れ 武家の要枢也。             ; ||
 |∵∴∵|::::    兵を号んで凶器となす、                ; ||
 |∵∴∵|::::    已むを得ずして之を用ふ。               |  ||
 |∵∴∵|::::    治に乱 を忘れず、何ぞ修錬を励まざらんや。  .i  ||
 |∵∴∵|::::                                  ; ||
 |∵∴∵|::::                                     .| ||
 |∵∴∵|:::ーーー ーー- -ーー-ーー-ーー-ーー- -ーー-ーー-ーー-ーー─ ||
   ̄■ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


【兵法家伝書・殺人刀(序文)】

              ...『古にいへる事あり、
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_|  
| ._         .|_| ..... 「兵は不祥の器なり。天道之を悪む。
| |殺|        . |_|     .止むことを獲ずして之を用ゐる、是れ天道也」と。
| |人|        . |_|  
| |刀|        .|_| ..... 此の如何にとならば、弓矢・太刀・長刀、是を兵(つわもの)と云ひ、
|.  ̄         .|_| ..... 是を不吉不祥の器也といへり。
|          . .|_|  . 其故は、天道は物をいかす道なるに、却而(かえって)ころす事をとるは、
|            |_| ..... 実に不祥の器也。
|________.|_| ..... しかれば、天道にたがふ所を即ちにくむといへる也。
└───────┘   .しかあれど、止むことを得ずして兵を用ゐて人をころすを、又天道と云ふ』
                     (中略)
                その兵を用ゐるに法(兵法)あり。
                法をしらざれば、人をころすとして、人にころさるるならし』

840やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 21:26:14.94 ID:qoYHOwg0
       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ          見ての通り、大意を言えば、どちらも
     |     ( ●) (●)        
     |       (__人__) , -―ーっ    『武力は使わずに済むならそれに越した事は無い。
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄      が、止むを得ず使わなければならない時もある。
.      ン         } ゙| ̄'|         そのために武芸は修めなければならない』
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   |        ということで、意味としては共通している。
| |  /   /    r____/       まあ、これ自体は「老子」の一説を底にしているわけだが、
| | /   /      |i             その大本でもかなり兵…武力を用いる事に批判的だしな。
| | ( 〆⌒'──r─≒、.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


    γ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
    (;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
     ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ
 γ二ヽヽγ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
 (;;,);;)ll .(;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
  ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ

『第三十一章 「夫兵者不祥之器」(または「夫佳兵者、不祥之器」)

 夫(そ)れ兵は不祥の器、物或いは之を悪(にく)む。
 故に有道者は処(お)らず。
 君子居れば則ち左を貴び、兵を用うれば則ち右を貴ぶ。
 兵は不祥の器にして、君子の器に非ず。
 已むを得ずしてこれを用うれば、
 恬淡なるを上と為す。勝ちて而(しか)も美ならず。
 而るにこれを美とする者は、是れ人を殺すを楽しむなり。
 夫れ人を殺すを楽しむ者は、則ち以って志を天下に得べからず』

841やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 21:29:16.55 ID:qoYHOwg0

   / ̄ ̄\        少し話が逸れたが、
 / ノ  \ \      まあ、宗矩の思想というのはそういうものだった。
 |  (●)(●) |     当時の「剣術」の常識から
. |  (__人__)  |     随分とかけ離れたものだったのは間違いない。
  |.   `⌒´  ノ
.  |         }      これに対し、当時の人物が
.  ヽ        }      どのように評価したか、というところを以って、
   ヽ     ノ      まず「評価」とする。
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)、 


     ____
   /      \
  /   _ノ   ヽ、_\      ?
/    (●)  (●) \    当時、柳生新陰流(江戸柳生)があれだけ栄えたんだから、
|       (__人__)    |   .思想的にも評価されたと考えていいんじゃないかお?
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  | 
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


843やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 21:33:41.12 ID:qoYHOwg0

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃  _ノ  \ 
    (⊃   ( ●)(●)       いや、この時点での流派の繁栄と、思想に対する評価は別物だ。
     |     (__人__) 
     |     ` ⌒´ノ.       実際、思想だけで評価されたというには、
       |         } \     宗矩には他にも色々と要素があり過ぎるからな。
     /ヽ       }  \    「思想が評価されたから、流派が繁栄した」というのは
   /   ヽ、____ノ     )   .論としては微妙だと思うぜ。
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)       まあ、流派と思想の関係については、
  \   \ /| JJJ (      また「影響」に絡めて話すことにするさ。
   \  /   /⊂_)


       ____
     /_ノ   ヽ_\       …なんか含みのある言い方だお。
   /( ●)( ●)\     .まあ、とりあえず、当時の人物からの評価を
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   聞かせてくれお。
  |     (  (      |
  \     `ー'      /

844やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 21:35:31.28 ID:qoYHOwg0

                    そうだな。
                   では、当時、「活人剣・治国平天下の剣」の思想を
      / ̄ ̄\ ( ;;;;(    確実に宗矩から伝えられたと見る事ができる人物なんだが、
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)    まず、候補となるのは、
    |  (●)(●)/;;/ 
    |  (__人__)l;;,´|     ... ・ 家光
    | ./´ニト━・' .l        ・ 十兵衛
    | .l _ニソ    }      . ・ 鍋島勝茂
     /ヽ、_ノ    /      .. ・ 鍋島元茂
    __/  /    ノ__        ・ 細川忠利
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.    このあたりだな。
  ト、_,/.       |、  ヽ  まあ、家光以外について言えば、
   |         |/  /   「兵法家伝書」を与えられた人物、というわけだ。


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\     おっ!?
    /   ///(__人__)///\   十兵衛にもちゃんと与えられたのかお?
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

845やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 21:37:36.85 ID:qoYHOwg0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    そりゃまあ嫡男だからな。
. |     (__人__)   家伝書にも「之を家に遺す」と書いてあるわけだし、
  |     ` ⌒´ノ   十兵衛にも伝えられたのは当然だろ。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ 
   /    く__,-ュ__  
   |    ___ 三)
    |    |       ̄ 


   今までの話だと、                  .      ____   
  どうも不仲気味だったから             ...    /_ノ   ヽ_\ 
  ちょっと気になってたんだお。               /(● ) (● )\
                                . / ::⌒(__人__)⌒::::::::\
   じゃあ、十兵衛がこの宗矩の思想に対して     |       ̄       |
  どういう感想を持ったか、聞かせてくれお。     \               /


   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |    ああ。
. |  (__人__)  |   では、後に十兵衛が寛永十四年(1637)に書き上げた
  |   ` ⌒´  ノ   『昔飛衛といふ者あり』から、その辺りを抜粋しようか。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

846やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 21:41:45.52 ID:qoYHOwg0

              ...『一家の書を作りて子孫に伝へむとてあつめ、上巻を殺人刀と名付、下巻をば活人剣と名付。
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_|    この上下は唯授一子の書也とて秘之。
| .___       .|_| ..... 又進履橋と名付る一巻は、おもてとする書にて、門弟たる人、
| |.  昔|       |_|    此巻の内の目録共習究たる人に、この巻を書て門弟之験授る者也。
| |い 飛|       |_|    此三巻に書述たるは、此道の諸道、或は長も或短も、
| |.う 衛|       |_| ..... おのれおのれの得たる道具たりとも、立相時に、太刀一つにて、
| |者 と.|       |_| ..... 兵法の心においては、はつるべからず。
| |あ   |       |_|  . 無刀と云事さへあれは、あいての持道具にはかかはらす、
| |り__.|       |_| ..... かかる秘伝ともみなつくせり。重畳せり。丁寧なり。
|________.|_| ..... 上泉武蔵守より三代なり。我其流の末に生れて身器にあたらす、修行功薄し。
└───────┘   此道に付て何をかいはむ』


                     うーん…。
                    これは思想への評価って感じじゃないお。
                    というより、あくまでも「剣術の伝書」としての評価って感じだお。
         ___
      /)/ノ ' ヽ、\      おまけに、読んでる限りだと、
     / .イ '(●)  .(●)\    「自分は未熟なので、この道に対し、
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \   まだ何か言えるほどでもない」とか言ってるお。
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /   …えらく謙遜したもんだお。

847やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 21:43:55.94 ID:qoYHOwg0

                     まあ、そうだな。
                    ただ、十兵衛は、この『昔飛衛といふ者あり』内で、
                    「列子」にある弓の名人伝を引用し、

        / ̄ ̄\        「名人同士が争ったらどうなるか」
      / -  - \
      |  (●)(●) |      という問いに対する回答として、
      |  (__人__)  |   
       |    `⌒´  │     『互に優劣なきあいてならは、太刀を一所に置いて礼をして退へし。
       |         .|      「把手共行山下路、眼頭各自見風烟」とはかかる風清をやいうへき。
       ヽ        /       兵法はここにおひてつきぬ』
        ヽ     ノ    
      _/     l__       という結論を出している。
 __ゝ_/         ヽ     剣の至極として「争わない」境地がある、という話だ。
 \___ノ'        ヽ⌒)  ある意味、宗矩の「活人剣」に重なるところがあると言える。


     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・      …ところで、なんか、ずっと前に似たような話を
/    (●)゛ (●) \      聞いたことがあるような気がするお…?
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /        …なんだったかお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

848やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 21:46:46.18 ID:qoYHOwg0

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)    ああ、無住心剣流か。
     . |     (__人__)    最初の外伝で、柳生以外の新陰流の剣士を紹介した時、
       |     ` ⌒´ノ    奥山休賀斎の弟子筋になる針ヶ谷夕雲が創始した流派だ。
     .l^l^ln        }
     .ヽ   L       }     あれも達人同士が立ち合った際の「相抜け」を提唱していたが、
       ゝ  ノ    ノ      十兵衛のそれより更に哲学的というか、ややこしいからな…。
     /   /     \     とりあえず今回は置いといていいぞ。
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))


         ____
       /      \
      / ─    ─ \     わかったお。
    /   (●)  (●)  \   じゃあ、十兵衛以外からの評価を
    |      (__人__)     |  教えてくれお。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

849やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 21:49:29.97 ID:qoYHOwg0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      …それがなあ。
 |    ( ー)(ー)    どうも調べた限り、この宗矩の思想そのものに対して、
. |     (__人__)    言及している史料というのは殆どないんだな。
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l    まあ、「兵法家伝書」自体、秘伝書の類だから、
.  ヽ      |   ノ   考えてみれば当たり前なんだが。
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/    なんだおそりゃ…。
|       (__人__) l;;,´|    じゃあ、評価と言っても、
./      ∩ ノ)━・'/    同時代だと、殆ど無いも同然なのかお?
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

850やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 21:51:42.09 ID:qoYHOwg0

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)    うーん…。
.   | u   (__人__)   あと、一応、思想そのものに対してかどうかはわからんが、
    |     ` ⌒´ノ   当時の宗矩の兵法に対する批評と言えるらしいものとしては、
   .l^l^ln      }    細川忠興が言った(らしい)評というのがあるにはあるんだが…。
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ      とりあえず紹介だけはしておこうか。
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

       ____
     /      \   
   / ─    ─ \      よりにもよって細川忠興かお…。
  / -=・=-   -=・=- \   またなんか嫌な予感がするお…。
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /

852やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 21:54:13.68 ID:qoYHOwg0

【細川忠興、柳生新陰流について語る(?)】

 〈    、 、   ∠ニニ/  >く \\ \、_ハノ
  \  < ̄\_∠_ //´ヽ\∠ヽ\).',..、
   ̄≧-∠_\ \|\  ̄\   Y∠ / 
  \__.    ヽ ` |>、   ヽ//. ヽ,)  
 \ー┴‐    /イニニ二\___` ) )  . 新陰は
   >┬‐‐ト--'´ il{〈 句 `Yiト<__, ヽ   .柳生殿よりあしく成申候ッ!!
 \//」 ̄´| 〉  u u`ヽ-‐'人、ニ/_)  .
 ―‐'イ´トヽ、___ij_ .ト-</7/ \,)   
 >ーハ. l ヽー----、.入二7//0 0 ト/-、
  ̄ン'ヘ. |    __ト、.__レ'´//0〔リ0丿.,ソ/ヘ '"
 /  ハ|.   / \__/{.[ 0 0./j /  //7/ヘ /l ト、 |\
 、_/, ハ`、,、 / 丶=∠イ〉〉、,- //∧ ∠   /   V | l ヽ|
 `‐'".__/ハ[' `ー-,_,,.,/ノ// ./||∧ヽヽヽ
 //`7ィノ .l`ー---‐'´.// ./|lィ|ヽヽ/ ヽ
 / /  /ゝ、____/// ./ィv\>// \
 ―'   ` └-‐─7/ ./   /    / /  〉  
     /|ヘ     l_l__」 /    / ///
 、   ./ | l      ._/     ////
 冫 ∧ 丶 ` ̄ ̄´|  >、    /// 
 / /、  ̄ ̄ ̄ ̄/ / / \ ///   
./ / 丶     / / /   \      
       細川忠興

853やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 21:56:27.22 ID:qoYHOwg0

       / ̄ ̄\  ………。
     /  ヽ_  .\
     (●)(● )   |         ____
     (__人__)      |           /      \
     l` ⌒´    |      /─    ─  \  ………。
.     {         |       / (●)  (●)   \
      {       /      |     (__人__)     |
      ヽ     ノ、     \    ` ⌒´     ,/
     / |/\/ l ^ヽ     /7             l─、
     | |      |  |    |l           | |

856やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 21:57:43.41 ID:qoYHOwg0
    __
   /   \
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)         キリッ ____
. |     (__人__)           /\   / \   「新陰は柳生殿よりあしく成申候ッ!!」
  |     ` ⌒´ノ          /(ー)  (ー) \
.  |         }         / ⌒(__人__)⌒   \
.  ヽ        }     \     |    |r┬-|      |
   ヽ     ノ       \  \   `ー'´     _/
   /    く. \         \  ノ          \
   |     \  \    (⌒二                |
    |    |ヽ、二⌒)、        \        |  |

858やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 21:58:49.89 ID:qoYHOwg0
    __
   /   \   これだけ。
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)             ____
. |     (__人__)            /      \     
  |     ` ⌒´ノ          / ─  ─   \   ……これだけ?
.  |         }         / (●) (●)    \
.  ヽ        }     \    |    (__人__)       |
   ヽ     ノ       \  \    `⌒´     ,/
   /    く. \         \  ノ          \
   |     \  \    (⌒二                |
    |    |ヽ、二⌒)、        \        |  |

860やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:00:09.02 ID:qoYHOwg0

 ないから困ってんだよ。
常識的に考えて…。
                   γ ⌒⌒ヽ   これだけじゃ何がなんだかわかんねーお!
   / ̄ ̄\           ( ( ヽ ) ノ  具体的にどうなのかとか、続きはないのかお!?
 /_ノ  \  \     (⌒) 三  ノ 从 ゝ
 ( ●)( ●)  ヽ   三/ | ニ  ____     (⌒)
. | (__人__) u  }   |  |   /\   / ) し / |  ミ
  | ` ⌒´    ノ   !   、 /(○ )::(○ )⌒\/ | ミ
.  |         }    \./:::::::(_人_)::::::::  i'   |
.  ヽ        }      |     )ww)     |  |
   ヽ     ノ   ヘ   \    `ー"      ノ
   /    く 、_/っ/      \ .    .   \
   |     \--一''           \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

862やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:02:23.59 ID:qoYHOwg0

               そもそもこいつは、十兵衛が写したという
              「兵法書状」なる書に載っている一文なんだが、
              この文が載っているくだりを書き出すと、

   / ̄ ̄\     『  後八月廿三日
  / _ノ  ヽ、_ \     一 関新五左衛門兵法厚キと申進候由、私書違申物と存候。
. | ( ●)(● ) |      ひろき申様ニて御座候。新陰ハ柳生殿よりあしく成由候由申候。
. |  (__人__)  │     伊勢も習ハ不存者などと申候。福田五郎介などハ、
  |    `⌒´   |       来世にケ様之名人出来申事なとと申しほめ申候。
.  |           |      一円合点不参候』
.  ヽ       /
   ヽ      /      となっていて、正直、状況がよくわからん。
   >     <      .批判というより、内輪の雑談で盛り上がってる感じもするし…。
   |      |      書状も「遠江殿」なる人物からの状とはあるんだが、
    |      |      .これが誰かもわからんしなあ。


     ____
   /      \
  /         \      そもそも、これ本当に忠興の言葉なのかお?(※)
/           \    念のため「関新五左衛門」でぐぐったら、
|     \   ,_   |    なんか幕末の福山藩軍監とか出てきたお…?
/  u  ∩ノ ⊃―)/    .忠興は越中守だから遠江守じゃないし…。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /      (※一応、岩波版「兵法家伝書」の解説ではそうあるのですが)

863やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:04:54.32 ID:qoYHOwg0

      __  
    / ~\           まあ、色々わからんところは多いが、
  / ノ  (●)\        こいつを忠興が言ったと仮定した場合、一つの推測ができる。
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \      「戦国武将であった忠興からすれば、
  \          |       宗矩の思想はよくないものに映った」
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩      というところだ。
      /´    (,_ \.    戦国武将であった忠興からすれば、
       /       \. \  剣術は実用術以外の何物でもなかっただろうし、
      ./   /       |. \ソ  実際、同じ新陰流の疋田豊五郎とも縁があるだけに、
    (  y'      .|     宗矩の思想に対し、余計にそう感じたのでは、というところだな。


         ____
         / _ノ ヽ_\        うーん…そう仮定すれば、確かにわからなくはないお。
.     / (ー)  (ー)\      今までただ単に実戦術として扱っていたものに、
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \    急に「道」とか「活人」とか言い出す奴がいたら、
    ヽ   L   |r┬-|    |    「なにそれ?」と思うのが普通だお。
     ゝ  ノ  `ー‐'    /
   /   /         \     というか、よくその程度の批判で済んだもんだお。
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

864やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:07:18.23 ID:qoYHOwg0

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)       それもなあ…。
     |     (__人__)       この批判が本当に忠興のものなのかどうか、
     |     ` ⌒´ノ       今ひとつ自信がないのは、この後も忠興は、
       |         } \     普通に宗矩との付き合いを続けたり、
     /ヽ       }  \    .宗矩門下の剣士(雲林院弥四郎光成)を
   /   ヽ、____ノ     )   個人的に召したりしているんだな。
  /        .   | _/ 
 |         / ̄ ̄(_)     付き合いはともかく、
  \   \ /| JJJ (.     兵法上の批判をしておいて、
   \  /   /⊂_)      その門下の剣士を召すとか、そんなことするか?


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\      ほんと、面倒だお…。
/    (●)  (●) \    とりあえず、そんなよくわからない話も
|       (__人__)    |    出さなければならないくらい、
/     ∩ノ ⊃  /     当時の「活人剣・治国平天下の剣」の評価は
(  \ / _ノ |  |      明確なものがなかった、ということかお?
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

865やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:09:09.73 ID:qoYHOwg0

           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \          まあ、厳密に言えば、
         |    ( ●)(●)
         |     (__人__)         「思想そのものを評した当時の史料が無い」
         |      `⌒´ノ
          |         }          というところだな。
          ヽ        }      (   史料なしの推測でもいいなら、
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )  .そりゃなんとでも話はできるぜ?
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !    なんだお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l   それができるならサクッとやってくれお!
  |     |r┬-|       |  /   大体のところが分かればそれで十分だお!
  \     ` ー'´     //
  / __        /   
  (___)      /

866やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:11:25.30 ID:qoYHOwg0

                 / ̄ ̄\
               / ._ノ   \\     _,,
               | ( ●) (●) |     l;l        わかった。
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,      じゃあかなり推測になるが、
                |   `⌒´   |, ト-=y  丶     その分、一気に「評価」について結論を出させてもらうぜ?
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l 
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,      相当ぶっちゃけた話になるが、
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,   まあ、そういうものだと思って勘弁してくれ。
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,  
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|

867やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:14:10.92 ID:qoYHOwg0

   / ̄ ̄\            では、「評価」について結論から言おう。
  / ノ  \ \         .この「活人剣・治国平天下の剣」は、
 |  .(●)(●)  |         おそらく出された当時、殆どまともに評価されなかったと思われる。
. |  (__人__)  | 
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)    むしろ、細川忠興が評したように、
.  |        |    .) ;;;;)   「従来の剣術とは異なるもの」として
.  ヽ       }   /;;/    反発すら受けたんじゃないか?
   ヽ     ノ   .l;;,´      まあ、一言で言えば、
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ         「お 前 は 何 を 言 っ て る ん だ」
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/        というのが、これを聞いた当時の人間の概ねの評価だろうな。


       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\    …ぶっちゃけるにも程があるお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  もうちょっとオブラートに包む気はないのかお?
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

869やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:16:47.29 ID:qoYHOwg0

   / ̄ ̄\        そんなこと言ってもな…。
 /   _ノ  \      剣術は、結局のところ剣を使う技法だし、
 |    ( ー)(ー)     剣は、基本的に何かを斬る為の道具だ。
. | u.   (__人__)     この時代、皆、それが普通だったんだ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }      そういう人間ばかりのところで、
.  ヽ        }     「活人剣」「剣禅一致」とか言われても、
   ヽ     ノ        大抵の奴は途方に暮れるのが普通だろ。
    i⌒\ ,__(‐- 、    
    l \ 巛ー─;\    何度も言うが、剣術が「道」として認識され、
    | `ヽ-‐ーく_)   「武士の表芸」と化すのは、まだ後の話だ。
.    |      l     そこを踏まえて考えないとややこしくなる。


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\       じゃあ、そこまで反発されたなら、
     / .イ '(●)  .(●)\     なんで「活人剣」とか「剣禅一致」とかが
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \   通っちゃったんだお?
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

870やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:18:51.08 ID:qoYHOwg0

        / ̄ ̄\         それについては前回も言ったが、
      / -  - \       この「活人剣・治国平天下の剣」は、
      |  (●)(●) |
      |  (__人__)  |         「寛永九年当時の家光と宗矩」
       |    `⌒´  │ 
       |         .|        という限定的な状況があったからこそ通ったんだ。
       ヽ        /  
        ヽ     ノ         要するに、家光と宗矩の個人的信頼関係と、
      _/     l__        予断を許さない政治的情勢という機をついて、
 __ゝ_/         ヽ      打ち込んだのが通った、というわけだ。
 \___ノ'        ヽ⌒)   他の状況じゃまず無理だっただろうな。


                                ...      ___
                                     /     \     
 そんなもんなのかお?                  .   /  _ノ '' 'ー \   
だったら、何もそんな変な思想を作らなくとも、      /  (●)  (●)  \  
もっと普通の剣を教えてもよかったんじゃないかお?  |      (__人__)    |
                                  \      `⌒´   /


       ., ──‐、 
      /     \            それじゃダメなのは前にも言っただろ?
.     .|     _ノ  ヽ          元々12年間、普通に剣を教えていたんだぜ。
     |     ( ●) (●)
     |       (__人__) , -―ーっ     そこで、これ以上上がりそうもないにも関わらず、
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄     自身の剣の腕に不満がある家光を、
.      ン         } ゙| ̄'|        納得させる必要があったから、
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |       「活人剣・治国平天下の剣」の出番が来たんだ。
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'  |
| |  /   /    r_____/         言ってみれば、
| | /   /      |i              「状況」という扉と「思想」という鍵というところだ。
| | ( 〆⌒'──r─≒、.           どちらが欠けてもダメだったのさ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

871やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:21:07.21 ID:qoYHOwg0
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/    しかし…その評価だけ聞いてると、
|       (__人__) l;;,´|    なんでこの思想が今まで残ったのか、
./      ∩ ノ)━・'/    そっちの方が不思議になってくるお…。
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/      まあ、そうだな。
    |  (__人__)l;;,´|      そこで、次からは「影響」についての話をする。
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }        ここの部分が見えれば、
     /ヽ、_ノ    /       何故、「活人剣」「剣禅一致」という概念が
    __/  /    ノ__       現代まで残り続けてきたかわかるからな。
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

873やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:23:37.77 ID:qoYHOwg0

           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●)          さて、それじゃ
         |     (__人__)         「活人剣・治国平天下の剣」の「影響」についてだ。
         |      `⌒´ノ
          |         }           当の家光以外からは、おそらく
          ヽ        }      (
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )      「な に そ れ」
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)   扱いだったこの思想が、
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁   後世にどのような影響を与えることになるのか。
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|   そいつを順に見ていこう。
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !

874やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:25:50.67 ID:qoYHOwg0

   / ̄ ̄\           まず、この「活人剣・治国平天下の剣」が
  / ノ  \ \         当時の剣術の常識からすれば、
 |  .(●)(●)  |         かなり変わった思想だったのは間違いない。
. |  (__人__)  | 
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)    だが、他の人間ならまだしも、
.  |        |    .) ;;;;)   この宗矩の思想を受け容れたのは、
.  ヽ       }   /;;/    当時の日本の最高権力者である家光だった。
   ヽ     ノ   .l;;,´ 
. /    ∩ ノ)━・'        そして、その思想が如何に妙なものであれ、
 (  \ /|_ノ ヽ       現実問題、それによって、
. \  ""  /_ノ  |       感情的で扱いづらい将軍が少しは落ち着きだし、
   \ /___/       且つ、その思想に特に実害が無いとなれば…。


         ____
         / _ノ ヽ_\       
.     / (●)  (ー)\      「みんな慣れてくる」
    l^l^ln    (__人__)   \
    ヽ   L    `⌒´    |     …ということかお?
     ゝ  ノ         /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

876やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:28:36.82 ID:qoYHOwg0

                   そういうことだな。
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)   そして、一旦慣れてしまえば、
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)   戦の無い世を求める幕府の人間にとって、
 |    (─)(─)  /;;/    .この思想はなかなか都合がよかった。
. |    (__人__)  l;;,´    
  |     `∩_ノ)━・'       「普段は自ら求めて剣を振わず、
.  |     |_ノ          しかし、事あれば修めた剣を振るって悪を切る」
 /ヽ    |  |_        
 |  \_/ ノ ヽ        というのは、
 \     /_|  |       武家諸法度にある通りの姿だからな。
 | \ /  _/       そりゃ受けるよ。


                      まあ、確かに、旗本奴とか
         ___         色々暴れていた連中もいたわけだし、
      /)/ノ ' ヽ、\      それにも悩まされた幕閣が、
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \    「こいつらがこの通りになってくれたらなあ」
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /    と思ったとしても不自然じゃないお。

877やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:30:25.73 ID:qoYHOwg0

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \      そして、こいつは幕閣だけではなく、
 |  (●)(●) |     諸大名にとっても都合のいい思想だった。
. |  (__人__)  |
  |    `⌒´  ノ      家臣が暴れたら困るのは
.  |         }     幕閣に限った話じゃないからな。
.  ヽ        }     むしろ、改易の危険がある分、
   ヽ     ノ      諸大名の方が切実だったと言えるだろう。
   /    く  
   |     \       しかし、諸法度にあるように、戦に備えて武術はさせる必要はある。
    |    |ヽ、二⌒)  そこにこの「活人剣・治国平天下の剣」の思想があれば…。


     ____
   /      \       『単に腕が立つだけでは駄目で、
  /  ─    ─\       心も鍛えなければならない。
/    (●)  (●) \     それも、単に度胸がある、とかではなく、
|       (__人__)    |    「活人剣」「剣禅一致」の方向でなければ』
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      …という具合に、武術をさせつつも
.\ “  /__|  |     それで暴れる事を否定するように
  \ /___ /      仕向けられる、ということかお。

878やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:32:36.92 ID:qoYHOwg0

   / ̄ ̄\        そういうわけだ。
 /   _ノ  \      この宗矩の思想は、当時の幕閣/諸大名にとって
 |    ( ー)(ー)     実に都合のいい思想だった。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ      正直、こいつは家光のためとか以前に、
.  |       nl^l^l   幕府の治安政策の一部として
.  ヽ      |   ノ    用意されたんじゃないかと思えるくらいだよ。
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


     ____
   /      \       そりゃ上からすれば
  /   _ノ ヽ、_.\     下が暴れない方がいいのは当然だお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |    でも、こう言われたところで、
/     ∩ノ ⊃  /    当時の常識から言えば、この思想は変なわけだお?
(  \ / _ノ |  |     よく下の連中(旗本・諸大名の家臣)も黙ってたもんだお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

881やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:34:49.67 ID:qoYHOwg0

        / ̄ ̄\       まあ、そこはそうすんなりとはいかなかったとは思うぜ。
      / -  - \     実際、今までやってきたこと(剣術)を、
      |  (●)(●) |
      |  (__人__)  |       「それでは駄目だ」
       |    `⌒´  │ 
       |         .|      と言われて納得できる奴の方が少ないだろ。
       ヽ        /  
        ヽ     ノ        だからこそ、宗矩の弟子が
      _/     l__       あちこちに指南役として入ったんじゃないか、という見方も
 __ゝ_/         ヽ     できると思うんだ。
 \___ノ'        ヽ⌒)


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・    どういうことだお?
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

883やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:36:36.77 ID:qoYHOwg0

       ., ──‐、            まあ、こいつは本編でやるつもりだが、
      /     \          この頃から宗矩の弟子は、ほぼ全国的な規模で
.     .|     _ノ  ヽ         指南役として散らばっていったんだ。
     |     ( ●) (●)
     |       (__人__) , -―ーっ   こいつを惣目付としての宗矩の
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄   「耳目」として捉える見方もあるわけだが、
.      ン         } ゙| ̄'|      思想的な側面から見れば、
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |      「伝道者」という捉え方もできるということさ。
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'  |
| |  /   /    r_____/       つまり、途中から言っても聞かないのなら、
| | /   /      |i            最初から教え込めばいい、というわけだな。
| | ( 〆⌒'──r─≒、.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


       ____         
     /_ノ   ヽ_\         それって「刷り込み」ってことかお…。
   /( ●)( ●)\       気の長い話だお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |      よくそんな手が通ったもんだお。
  \     `ー'      /

884やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:38:31.51 ID:qoYHOwg0

.        / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \/`i
     |  (●)(●)./  リ        まあな。
    . |  (__人__)..|  /       だが、時が経つにつれ、
      |   ` ⌒´ リ  ヒ       その「気の長い」手による効果が表れる。
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l     「価値観の変化」だ。
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|


     ____   
   /      \ 
  /  \   ,_\. 
/    (●)゛ (●) \    …価値観の変化?
|  ∪   (__人__)    |   ここでそれが起こるのかお?
/     ∩ノ ⊃  /  
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

885やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:40:19.28 ID:qoYHOwg0

        / ̄ ̄\        ああ。
      / -  - \      それまでは剣術に限らず、武術というものは、
      |  (●)(●) |      基本、
      |  (__人__)  |   
       |    `⌒´  │      「戦が起こった時に備えて」
       |         .|   
       ヽ        /       というのが建前だった。
        ヽ     ノ       だが、幕府は戦を起こさせる気は無かったし、
      _/     l__       .また、当の武士達とて、それを望む者は
 __ゝ_/         ヽ     .時を経るに従い、少数派になっていったわけだ。
 \___ノ'        ヽ⌒)


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\      まあそりゃ戦国時代の生き残りも、
     / .イ '(●)  .(●)\    もう爺さんが殆どだし…そうなるのも当然だお。
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

886やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:42:12.36 ID:qoYHOwg0

        / ̄ ̄\           さて、そうなると問題が出てくる。
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)        「我々は何のために武術を修めているのか?」
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ         という疑問だ。
     .l^l^ln        }        .無論、建前上「戦のため」というのは変わらない。
     .ヽ   L       }        だが、その戦が起こる気配がないんだ。
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \         だとすれば、武術を修めることに、
    /   /        \       果たして何の意味があるのか、というわけだな。
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))


         ____
       /      \       …ミもフタもなく言えば、
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \     「コレやってる意味あるの?」
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/      ということかお。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


888やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:45:25.67 ID:qoYHOwg0

                     まあ、そういうことだ。
                    そして、そこで「活人剣・治国平天下の剣」に
                    意味が出てくる。

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(      「剣術は単なる実戦の為の技ではない。
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)      .心を鍛え、至極の境地に至るためのものである」
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|        というこの宗矩の思想を経る事で、
    | ./´ニト━・' .l       「武術(剣術)そのもの」に価値が発生するようになったのさ。
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /         それまでは、あくまで「戦のために」使うはずの「術」が、
    __/  /    ノ__        戦と無関係に、「それ自体を極める」ことに価値がある
  / /  /       `ヽ.     「道」になったんだ。
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ    やってることは同じ剣の稽古なのに、
   |         |/  /    捉え方が変わった…即ち「価値観の変化」というわけだ。


       ____         そこでそれに繋がるのかお…まあ、確かに、
     /_ノ   ヽ_\       使うかどうかわからないことを一生やれ、と言われるより、
   /( ●)( ●)\     「これをやること自体に価値がある」と思えることをやる方が、
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    まだモチベーションは上がるお。
  |     (  (      |
  \     `ー'      /     皆、そっちを取るのも納得だお。

889やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:47:31.49 ID:qoYHOwg0

           / ̄ ̄\             そしてこの宗矩の思想は、「柳生新陰流」という流派を
         /   _ノ  \           超えて剣術全体に定着し、普遍化する。
         |    ( ●)(●)         より厳密に言えば、
         |     (__人__) 
         |      `⌒´ノ            「剣術には、単なる実戦術以上の価値がある」
          |         }
          ヽ        }      (     という部分がな。
           _ヽ     ノ`ヽ、_     ) 
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (    こうして、「太平の世の武術」としての思想を確立した剣術は、
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)   身分証としての刀が携帯されることと合まって、
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁   「武士の表芸」としての地位を持つことになる。
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉| 
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |    そして、普遍化したこの宗矩の思想は、
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !   その後の江戸時代200年を通じて揺るがなかったんだが…。


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\     だが…?
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

890やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:51:53.65 ID:qoYHOwg0

   / ̄ ̄\           幕末だよ、幕末。
  / ノ  \ \         あの時代、世間が騒がしかった事もあって、
 |  .(●)(●)  |         従来以上に剣術が持て囃されることになった。
. |  (__人__)  |         
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)    そういう時代になると、
.  |        |    .) ;;;;)   「太平の世の武術」というのは影が薄くなる。
.  ヽ       }   /;;/    当時、江戸で人気が出たのは、幕府講武所の主流だった直心影流、
   ヽ     ノ   .l;;,´     江戸三大道場の北辰一刀流、神道無念流、鏡心明智流、
. /    ∩ ノ)━・'       あと、心行刀流といったところだな。
 (  \ /|_ノ ヽ       
. \  ""  /_ノ  |         まあ、実際に仕合に強く、
   \ /___/        名剣士も揃っている流派に人気が出た、というわけだ。


           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \     …あれ?
    / (●)  (●)    \   柳生は?柳生はどうなったんだお?
     |   (__人__)    u.   | 
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ

891やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:54:12.13 ID:qoYHOwg0

        / ̄ ̄\      まあ、一言で言えば
      /       \
      |::::::        |     「柳生?なにそれ?」
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |    というところだな。.
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\     お前もうちょっと言い方ってもんがあるお!
  /    (__人__)   \   ストレートすぎるお!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /

894やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:56:49.95 ID:qoYHOwg0

                / ̄ ̄ ̄\
          /     :::::::::.ヽ     まあ、江戸の話だから
          /    :::::::::::::::::::: 〉     尾張柳生ではなく、江戸柳生限定の話なんだが、
          |    ::::::::::::::::::/     少なくとも、流派としての勢いは、
          |     ::::::::::::::::::::l     上述の各流派に完全に負けていたようだ。
          |   ::::::::::::::::::/
           \__  :::::::::く       まあ、理由は色々考えられるが、
.            ,イ   :::::::::ヽ      「御流儀」として他流試合ができず、
           / `   :::::::::::}      流派同士の交流がなかったことが
            ,' :::j  .:::::::::/      かなり大きかったんじゃないのかね。
         ,-´ :::ノ  .:::::::::{
       (,. - ―.i_   ::::::::::i
          /      ::::::::::: }
.        l,. ----ゝ.ー―一´ー--.._
     _ _」.   `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
    {._  |    | 厂 ̄ ̄l ̄ ̄| |
.     `¨゙l____」__j    ∟..___|__j

896やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 22:58:42.02 ID:qoYHOwg0
        ____
      /      \
    /  _ノ  ヽ、_  \     …なんだか寂しいもんだお。
   /  /⌒)   ⌒゚o  \   諸行無常だお。
   |  / /(__人__)      |
   \/ /   ` ⌒´     /


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)     まあ、そうは言っても仕方が無い。
.   |     (__人__)    時代の流れってのはそういうもんだ。
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }      ただまあ、流派としての「格」は、
.   ヽ   L     }     相変わらず高かったようだな。
    ゝ  ノ   ノ      例えば…
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

902やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 23:00:39.03 ID:qoYHOwg0
                v-、___,,,,,,,,..........r-----‐‐‐‐‐‐‐‐‐、
               r'´                   ""'''''"\
              (                  _,,,,      >
            _|`''┘  /`-、           /       /
            }\  /  / ヘ        /      /\ /
           _r'  ゙'''┴</ィ'⌒ヽ,,,,,,,,,,_____    〃⌒ヽ//))) y
           _|        `ヽ,;;;ノ;;;;;;;;_,,____ '''‐-、,,\;;;ノ/〉///
           )  / ̄\    ゙'''‐、,,_゙'''‐、,,_゙'''‐-、,,_゙'''‐-、,,)//
          / //ヽ、|   _,,-''~_,,,,二_,_‐、,,>∨/''‐-、 ~\〕
         /^ 〈 ( /( |_,,,/   `ヽ、`ヾ、ッヾ、_ ゞソ_,,,,_〕~\ヽ       西部劇のガンマン風に言うと…
         |  \\ >      _ , ,,二二 -'´  ノ_=;;-‐''(ヽヾヽ、
        ,ノ゙    〉、oノ|     /          |`='/  )ノ  \\    『ぬきな!どっちが素早いか、試してみようぜ』
       r'     / ' ::::::|    /         ,,_,,___| /  〃    ::::)
      ,ノ゙    /(   :::|    '          \,::''"/`'‐‐‐(--- --- '´   というやつだぜ…。
     _∠-‐'''""~ ̄~"~ ̄ ̄~`ヽ      _,.......、_,.. /             例え柳生が御流儀だろうが関係ねえ。
 /"~ ̄  _,-‐-,_,ィ'⌒ヽ    //     ‐''''''-==-`/              .出てきてやり合おうじゃねえか。
 〉    ./   {    |   //\     "''ー-‐''/
./     { `-''' 人`-'''ノ   :|:| ::::\     r' /
|        `''‐''´  `''''´     |:|  :::::::゙'''‐-、,,__/            (原文)
"''ー-――             .:::|:|_________,,,;;:::::/    __,,,、、、、,,_    『槍剣とも、形ばかりの流儀も数多これあり候えども、
::::::::::::::::::                  / /--‐‐''"  _,,,,, /    講武所に召出し候ては、仕合仕るべし。
::::::::::::::.                ◯  } /"~ ̄~ ̄ ̄  ::://           (中略)
                       |/        .:::://      よって、柳生流なりともまかり出で候様、仕りたく存じ候』
               男谷精一郎信友
           (幕府講武所頭取並・直心影流)

904やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 23:03:07.12 ID:qoYHOwg0
       ____
     /      \
   / ─    ─ \      …つーかこれ、単に挑発というか、
  / -=・=-   -=・=- \   皮肉ってるだけじゃないのかお?
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /


       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \        どうだろうなあ…。
    (⊃   ( ●)(●)       男谷精一郎は普段から、
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ       「流儀にこだわるのはどうか。
       |         } \       剣術は剣術でいいではないか」
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )    と言っていた人物だからな。
  /        .   | _/   そういう人物から見て、そういう「流儀」の象徴として、
 |         / ̄ ̄(_)    「柳生」が挙げられた、というのは、
  \   \ /| JJJ (     それだけの「格」が認められていた、というところだな。
   \  /   /⊂_)

905やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 23:06:25.33 ID:qoYHOwg0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \        ま、とにかく、
 |    ( ●)(●)      幕末においては流派としての柳生新陰流は
. |     (__人__)      無視しても構わない。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }        それより、ここで注目するべきは、
.  ヽ        }       幕末から明治へ移り変わる情勢を含めた
   ヽ     ノ  mm   剣術の移り変わりについてだ。
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄

         ___
      /)/ノ ' ヽ、\       移り変わりったって、
     / .イ '(●)  .(●)\     今言った通りじゃないのかお?
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |    この後だと、明治に入って剣道になって、
  . \ ヽ           /   今に続いてるんじゃないのかお?

906やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 23:08:26.58 ID:qoYHOwg0

              / ̄ ̄\       そこで終わるなら、
         rヽ  / ノ  \ \     ここまで話を取り上げないだろ。
         i !  |  (●)(●) |    常識的に考えて…。
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ     実を言えば、
     l` ( ``/ .  |        }     .ここで大いに盛り上がったはずの剣術は、
     ヽ   l  .  ヽ       }     この後、従来無かったほどの大苦難を
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ   経ることになるんだよ。


          ___   ━┓
        / ―  \  ┏┛
       /  (●)  \ヽ ・
      /   (⌒  (●) /    …大苦難って、なんだお?
      /      ̄ヽ__) /
.   /´     ___/
   |        \
   |        |


908やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 23:10:37.56 ID:qoYHOwg0
        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
     |   ( ●)(●)
    . |     (__人__)   これだよ、これ。
      |     ` ⌒´ノ   「銃」だ。
    . |         }
    . ヽ        }
      ヽ      ノ
     ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ          
    (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈           
     `|  _r'゚lニニニl]_ ____/l      
fニニニニllニニ|  \[ l===ニニl]}||||||||ll]}コl|====iニコ
|l_,,=-'''~  | \... ヽ'''ニ「_,,,l⌒l。__。_]三i三三i
      | 〈,,/ヽ___)|ll [`ー' ̄


        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\      なんでそこで銃が出て来るんだお!
     /    (__人__)   \    剣の話をしてるんじゃなかったのかお!?
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl

914やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 23:15:48.16 ID:qoYHOwg0

                              「なんでそこで」じゃないだろ。
          / ̄ ̄\              最初に言ったじゃねえか。
        / \  /\            「世間が騒がしくなると」って。
        |  (●) (●) |    7Π
           |  (__人__)  |     | |       江戸期を通じて250年、
         |   `⌒´   |     |∥|      起こらなかった”戦”が起きるんだぜ?
  .       |        }     Ⅳ入      だから、
  .       ヽ       }    {幵仆i !〕l
           ヽ     ノ     ヾl´ `i      「実戦で役立つはずの強い流派」
   ,┌、-、,--、/  ̄ ̄ヘ  ⌒\   l   l
   | | | |二|| ((◎)) 〉>   \ ノ   i       が持て囃されたわけだろ?
   レレ'、ノヽ_/ヘ____/      Y   ノ     
    `ー---‐一'´


          /  ̄ ̄\ 
         _ノ,、 \_   \     そして、ついに実戦で剣を振る機会が
        ( ●)( ●)    |    来たわけじゃねえか。
  Π7   (__人__)      |
  | |     (`⌒ ´     |      なら、この頃の主力となる
  |∥|    {           |     銃が相手になるのは当然だろ?
  入Ⅵ     {         /     常識的に考えて…。
〔! i仆幵}   ヾ     /
 i` `lッ    ノ      ´`7⌒ ̄"⌒ ̄〆"⌒ヽ
 l   l   /          〃  〔二〕〔≠三〕三二()
 i   ヘ / /       ー─~゙─‐゙~'´`´
 ヽ  Y   l         `/
   \  _ノ/|        /

916やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 23:18:44.95 ID:qoYHOwg0
      ____
    /:::::::::  u\           無茶言うなお!
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__    戦国時代の火縄銃相手じゃないんだお!
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu    近付くまでに何発打たれると思ってんだお!?
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |     この時代の戦争になったら、
   ヽ           i    丿    剣で銃に勝てるわけないお!
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /


   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \/`i
 |  (●)(●)./  リ      ほれ、それだ。
. |  (__人__)..|  /      そいつが答えだ。
  |   ` ⌒´ リ  ヒ
.  ヽ     //  ,`弋ヽ
   ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
   /〈  `ー〈::....ノ   V
   | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //
    |    フ-、`ー┴‐-〃
         `ー‐一′

918やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 23:21:41.47 ID:qoYHOwg0

         / ̄ ̄\           「剣では銃に勝てない」
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |         つまり、当時の主力兵器である銃に対し、
       |  (__人__) |       剣では既に歯が立たなくなっていた、というわけだ。
          |   ` ⌒´  |
        |        }         無論、状況によっては剣で立ち向かえる時も
        ヽ       }        あったかもしれないが、少なくとも戦争全体で見た場合、
        人_____ノ"⌒ヽ      既に剣は実戦での実用性を失っていたのさ。
      /           \
     /            へ  \   …これが何を意味するかわかるか?
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


         ____         …つまり剣術が、
       /   u \       その本来の価値であるはずの
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \     「戦での実用術」
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /    という価値を失った、ということかお…?

921やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 23:23:46.68 ID:qoYHOwg0

                 そういうことだ。
   / ̄ ̄\        剣術の元々の意義を考えると、
 / ノ  \ \      こいつは大問題のはずだ。
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |       何故なら、剣に限らず、元々の武術の目的は、
  |   ` ⌒´  ノ      「戦の際に役に立てるため」だ。
.  |         }      そもそも、武士が武術を修めるのは
.  ヽ        }      そのためなんだぜ?
   ヽ     ノ       武士ってのはそういう身分なんだ。
   /    く  
   |     \         ところが、その武術が肝心の戦で、
    |    |ヽ、二⌒)、   「役に立たなかった」わけだ。


         ____
       /   u \
      /  \    /\    …………ッッ。
    /  し (>)  (<) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

925やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 23:26:53.74 ID:qoYHOwg0

        / ̄ ̄\ 
      / -  - \      「使うべき戦がないから使わない」
      |  (●)(●) |      「戦で役に立たないから使わない」
      |  (__人__)  |  
       |    `⌒´  │      この二者は全く意味が違う。
       |         .|      前者は、場さえ与えられれば、という言い訳も立つが、
       ヽ        /      後者はまさしく「不要」の一言で終わるわけだからな。
        ヽ     ノ   
      _/     l__         そう、この時、本来の実戦術という面に於いて
 __ゝ_/         ヽ      剣術そのものが「不要」という烙印を押されてしまったのさ。
 \___ノ'        ヽ⌒)  流派どうこう以前の問題だな。


         ____
       /   u \
      /  \    /\     それで…その後、剣術はどうなったんだお?
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

928やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 23:30:57.22 ID:qoYHOwg0

                     まず、個々の剣士の苦労は言うまでもない。
                    実際、榊原鍵吉の撃剣興行の話を見ても分かる通り、
                    剣術は一気に下火になった。
      / ̄ ̄\ ( ;;;;(     
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)      おまけに武士階級自体が消滅し、
    |  (-)(-)/;;/       これに廃刀令まで加わったので、規模は一気に縮小した。
    |  (__人__)l;;,´|       この時、伝書を焼き捨てて切腹した元指南役までいたんだぜ?
    | ./´ニト━・' .l       あと、剣術の稽古をしたことで剣士が逮捕されたこともあった。
    | .l _ニソ    }       
     /ヽ、_ノ    /        . こんな状況だから、西南戦争で抜刀隊が頑張らなかったら、
    __/  /    ノ__        .悪くしたら剣術は本当に終わってたんじゃないか?
  / /  /       `ヽ.     
  /´  ./       ,.  ヽ.      「剣もまだ実戦で役に立つことがある」
  ト、_,/.       |、  ヽ   
   |         |/  /    として、これをきっかけに剣術復興の運動が始まったんだ。

931やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 23:34:23.50 ID:qoYHOwg0
   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |     そして、そこから剣術は少しずつ復興する。
. |  (__人__)  |
  |   ` ⌒´  ノ     …で、ここで再び出てくるのが、
.  |         }    「活人剣・治国平天下の剣」というわけだ。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    
   /    く 
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)、

                      .      ___    ━┓
                           / ―\   ┏┛
                         /ノ  (●)\  ・
 どういうことだお?           .. | (●)   ⌒)\
柳生は流派として           ... |   (__ノ ̄  |
廃れてたんじゃなかったのかお?    \        /
                           \     _ノ
                           /´     `\
                            |       |
                            |       |

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \     無論、流派としての柳生がここで絡むわけじゃない。
   |    ( ●)(●    それに、宗矩の思想そのものが
   |      (__人__)   そのまま出てくるわけでもないんだ。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃    ただ、明治初期の剣士の代表格である山岡鉄舟が、
  /     ./ _ノ    自身の剣術を如何なるものとして位置づけ、これを説いたか、
  (.  \ / ./_ノ │   それを見てくれれば、わかると思うぜ。
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

935やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 23:37:45.18 ID:qoYHOwg0

                 |__________三|____
         r‐=ニ二三|!:::.:::.:::.:::.:::.:::.::.:.     .:.:.::::.:::.:::.|三三ミ〕
         { { (( {{八:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:.  .:.:.:::.:::.:::.:::.|〃ノ彡′
.         \三ニー\二二ニニ==ノニニ二二二三三三/  「余の剣法や、ひたすらその技をこれ重んずる技にあらざるなり。
.         \三三三三三三三三三三三三彡i´Y     その心理の極致に悟入せんことを欲するにあるのみ。
            ヽ=ニニ二二二二ニ斗テ寸彡'' .:::::::| .:!     換言すれば、天道の発源を極め、
             ハ`弋赱テ≧ミニ´ ̄彡'⌒\::::::| .:|     併せてその用法を弁ぜんことを願うにあり。
             {ハ::.   ソ| ' :::.:::.:::.:r'⌒ヽ、 \|.:::|     なお、百言すれば、見性悟道なるのみ」
                Vハ::.  : :| j 、   | 、__::   ー=彡!
                 ヽム .、寸ー' ′  しソ::. 彡 :彡|
          . .-―''´/∧ ,,ヽ=ー―一'彡イ{:::    .::::::ト、___
    . . -=''´: : : : : : /: : ∧ 癶=ー-=≦ .::::!:::   ::::::||: \∧: : :
 . .-=": : : : : : : : : : :/: : : |Vヘ. :::.:.  .:.:::: .::人:::. 〃::::ク: : : |:/: : : :
´: : : : : : : : : : : : : : /: : : :.:| \:ヽ.,,,__..イ:./ヽ彡'、::::{{: : : |: : : : :
: : : : : : : : : : : : : : /: : : : :.:|  /彡ヘ:::::::厂ノく   ∧ ノ⌒ヽ、:.!: : : : :
                  山岡鉄舟
               (一刀正伝無刀流)

936やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 23:40:11.27 ID:qoYHOwg0

   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \        結構難解な表現だが、大雑把に言えば、
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)       「ただ技のために剣術をやるのではない。
  |     ` ⌒´ノ        ”心理の極致”に至る為にやるのだ」
.  |         }
.  ヽ        }        というわけだな。
   ヽ     ノ        実際、山岡鉄舟は禅にも熱心でな、
   /    く__,-ュ__    その言は「剣禅話」という形で残っている。
   |    ___ 三)   彼もまた、「剣禅一如」を説いた人物だ。
    |    |       ̄  

                                 _____     
                               / ―   \   
 …これだと、実戦での剣というより、       /ノ  ( ●)   \ 
宗矩が説いた「活人剣・治国平天下の剣」に . | ( ●)   ⌒)   |
随分近い感じだお。               . |   (__ノ ̄    /
                           . |             /
                             \_    ⊂ヽ∩\
                               /´     (,_ \.\
                           .    |  /     \_ノ

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \/`i
 |  (●)(●)./  リ
. |  (__人__)..|  /      そう、そこがキモだ。
  |   ` ⌒´ リ  ヒ      それこそが、「活人剣・治国平天下の剣」の
.  ヽ     //  ,`弋ヽ  「影響」の最たるものだ。
   ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
   /〈  `ー〈::....ノ   V
   | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //
    |    フ-、`ー┴‐-〃
         `ー‐一′

938やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 23:42:19.20 ID:qoYHOwg0

                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i     この時代、実戦術としての価値を喪失した剣術は、
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|    その代わりとして、宗矩が説いた
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l     「活人剣・治国平天下の剣」の枢要、
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!     即ち、
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/       『稽古を通じて心を鍛え、至極の境地を目指す』
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/        これを、
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l         『剣の”本義”として再設定した』
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i        ということなんだよ。
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''


         ____  て
       /   u \ そ
      /  \    /\    あっ…!
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

939やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 23:44:46.20 ID:qoYHOwg0

         / ̄ ̄\             そういうことだ。
       / ヽ、. _ノ \          .戦国の気風が残る江戸初期、剣はまだ実戦術だった。
       |  (●)(●) |          だから、宗矩の思想はある種、異端ですらあった。
       |  (__人__) |
          |   `⌒´   |           しかし、太平の江戸時代200年という年月を経て、
        |        }          単なる実戦術が少しずつ「武道」として変わっていったことで、
        ヽ       }           剣術は実戦術としての意義を喪失しても、
        人_____ノ"⌒ヽ        その存在意義を失わずに済んだのさ。
      /           \     
     /            へ  \     つまり…剣術は実戦術ではなく、
     (  ヽγ⌒)     |  \   \   「心身鍛錬の為のもの」として生まれ変わったわけだな。
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


     ____   
   /      \ 
  /  \   ,_\.      …死んでから200年以上も経って、
/    (-)゛ (-) \    こんな形で自分の思想が実を結ぶとか、
|  ∪   (__人__)    |    流石の宗矩も思ってもいなかったと思うお…。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

941やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 23:47:54.81 ID:qoYHOwg0
       ., ──‐、 
      /     \             まあ、後世の影響なんてのは、
.     .|     _ノ  ヽ           本人の予想だにしなかった方向に出る、
     |     ( ●) (●)          というのは往々にしてあることだ。
     |       (__人__) , -―ーっ
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄       そういう思想的側面で見ると、柳生新陰流という流派は、
.      ン         } ゙| ̄'|         「技」の面では廃れたかもしれないが、
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |        思想…即ち「意義」や「心」などの面においては、
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'  |        現代の剣に於いても重要な位置を占める形で健在だと言える。
| |  /   /    r_____/
| | /   /      |i                まあ、「心法の江戸柳生」と
| | ( 〆⌒'──r─≒、.            呼ばれただけはある、ということだな。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【全日本剣道連盟:「剣道について」】
 http://www.kendo.or.jp/kendo/index.html

>剣道は剣道具を着用し竹刀を用いて
>一対一で打突しあう運動競技種目とみられますが、
>稽古を続けることによって、
>心身を鍛錬し、人間形成を目指す「武道」です。


【全日本剣道連盟:「歴史」】
 http://www.kendo.or.jp/kendo/history.html

>江戸幕府(1603~1867)の開府以後、平和な時代が訪れるに従い、
>剣術は人を殺す技術から武士としての人間形成を目指す「活人剣(かつにんけん)」へと昇華し
>技術論のみでなく生き方に関する心法まで拡がった。
>幕府初期には柳生宗矩の「兵法家伝書」、
>第三代将軍家光のために「剣と禅」を宗矩にたのまれて沢庵が解説した「不動智神妙録」、
>宮本武蔵の「五輪の書」などは、そうした思想を集大成した兵法書である。

     ____
   /     \
  /  ─    ─\     つーか、それって柳生新陰流と言うより、
/ u  ‐=・=‐ ‐=・= \    殆ど宗矩一人の話だと思うお…。
|       (__人__)    |
\     ` ⌒´   ,/

944やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 23:50:03.71 ID:qoYHOwg0
         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)         まあ、そこはなあ…。
        | u    (__人__)         それだけ宗矩が特異な人物だったということだな。
          |     ` ⌒´ノ
        |         }          さて、「影響」についてまとめると、
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,        『”活人剣・治国平天下の剣”という思想は、
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |         剣術の”武道化”の嚆矢となり、
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__       実戦術としての意義を失った剣術(剣道)に
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ      新たなる意義を与える礎にもなった』
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l     というところになるかな。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/


         ____
         / _ノ ヽ_\
.     / (ー)  (ー)\      …当時の状況を踏まえながら考えると、
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \    よくこんなの考え付いたもんだお…。
    ヽ   L   |r┬-|    |    
     ゝ  ノ  `ー‐'    /
   /   /         \ 
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

945やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 23:52:21.25 ID:qoYHOwg0

   / ̄ ̄\           …いや、やる夫。
 / ノ  \ \/`i      ここで見落としてはいけないのは、
 |  (●)(●)./  リ      この宗矩の思想が、決して宗矩一人の力で
. |  (__人__)..|  /       作られたわけではない、ということだ。
  |   ` ⌒´ リ  ヒ
.  ヽ     //  ,`弋ヽ     後の世の進歩に宗矩が寄与したのと同じく、
   ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l   ずっと昔からの積み重ねがあったからこそ、
   /〈  `ー〈::....ノ   V   宗矩は「活人剣・治国平天下の剣」という思想を
   | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //    .完成させることができたんだ。
    |    フ-、`ー┴‐-〃
         `ー‐一′


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !    それって、例の沢庵和尚の
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l   「不動智神妙録」のことかお?
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /

947やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 23:54:18.77 ID:qoYHOwg0

     / ̄ ̄\       まあ、そいつもあるが、
   /   _ノ  \     家伝書にも書いてあった通り、
   |    ( ●)(●    こいつはあくまで新陰流の「習の外の別伝」なんだ。
   |      (__人__)
.   |        ノ     つまり、沢庵の禅の知識だけではなく、
    |      ∩ ノ ⊃    父・石舟斎や流祖・上泉伊勢守以来の
  /     ./ _ノ     「新陰流」というバックボーンがあったからこそ
  (.  \ / ./_ノ │   作り上げることができたってわけだ。
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\           …ということは、この話の流れでいくと、
    / ∪  (__人__)  \         また次も外伝なのかお…。
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)    そろそろ本編に戻らないと、
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /    話を忘れられても知らねーお。
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

948やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 23:56:10.95 ID:qoYHOwg0

           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    (⌒ )(⌒)          まあ、一応次でこの長かった外伝も終わらせるつもりだから、
         | u   (__人__)         あと1回だけお付き合い願いたい、というところかな。
         |      `⌒´ノ          確かに、そろそろ本編の話もやりたいところだし…。
          |         }
          ヽ        }      (     というわけで、次は、
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (    「活人剣・治国平天下の剣の”礎”」
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁    について話をしようと思う。
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|   長くなって申し訳ない。
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !

949やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/12(月) 23:58:33.28 ID:qoYHOwg0

           …さて、これで今日も何とか終わりだ。
          やる夫、おつかれ!
     / ̄ ̄\
   /   ⌒ ⌒\
   |    ( ●)(●)               ____
.   |   ⌒(__人__)            /⌒  ⌒\     まったくだお!
    |     |r┬-|           /(●) (●) \   やらない夫もご苦労様だお!
.    |     `ー'´}  \      /:::⌒(__人__)⌒:::::: \ それじゃ恒例の晩飯はどうするお?
.    ヽ        }     \     |    |r┬ |      |
     ヽ     ノ       \   \   `ー ´    _/
     /    く. \         \  ノ           \
     |     \  \    (⌒二              |

950やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)2009/10/13(火) 00:01:04.10 ID:GNjGkVg0

    そろそろ冷えてきたし、今日は鍋にしよーぜ!
   うどん鍋とかやりてえな!

        / ̄\
 ,---、  /     \   ,----、
 |   l |        |   |    |     ,---、  __     ,----、
 ゙|  l' |       |   ヽ  /     |   l /    \  |   |
  |  | |         }   l  |     ゙|  /        \ヽ  /   もちろん鍋の後の
  |  | ヽ       }  /  /     | |           l  |   雑炊はデフォだお!
  、  \_     ノ  / /      | \        /  /   
   \       '---´ /        、  \       ´ /
     \         ィ            \         ィ
      |       |              |       |
      |       |              |       |
      |       |              /          |
      |   l\   \            /    / |   |
      |   |  \   |          /   / |   |
      |   |   /  /           \   ヽ, /   /
      |   |  <   ヽ            \__/〈    ヽ
      L______ヽ  \_/                `゙‐-‐'"


【やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編2)「活人剣・治国平天下の剣、その評価と影響」】 完

関連記事
[ 2018/03/08 06:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する