やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その3・後編4「活人剣・治国平天下の剣、その礎2(沢庵・不動智神妙録)」

382やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 21:03:11.06 ID:gFjt7120
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレの外伝であり、
柳生一族と関連のある物事についてあれこれ紹介するスレです。

【今回のメイン柳生:なし】

                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /     いま せーんごーくと ひとのいう~
   /( >)  (<)\/  /     こらーえて いーきて じゅーよーねん~♪
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |        あああぁ~
  \     ` ー'´     / ●ォ、_   よもすえーのー らんせーいーに~♪
  /          \    ”¶ト.
 /             \    .||
/  /\           ヽ   .||
 /   \          ノ   .||

383やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 21:05:41.42 ID:gFjt7120
    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\|| ガチャ
 |:::::::::::::::|| _ノ  \\
 |:::::::::::::::||( ●) (●)|  調子よさそうだなオイ。
 |:::::::::::::::||  (__人__)  |   
 |:::::::::::::::||  ` ⌒´  |
 |:::::::::::::::||       }
 |:::::::::::::::||        }
 |:::::::::::::::||ヽ___  ノ
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||       立て!竹千代!行け!竹千代!
 |:::::::::::::::||/    ||               夜明けは目の前じゃ!>
 |:::::::::::::::||      || 
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::||      ||
   \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
    \||

385やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 21:08:15.97 ID:gFjt7120
 *o ゚ |+|   。*゚  +゚ } o  |*  o。!    |!
 o○+ | ∨    | {r|! *l:     + |!*l::j o ○。
・+     ,-i| o.+  ___  。*゚}‐ 、゚ + |
゚ |i   | {r|! *l:  /_ノ ' ヽ_\   ノヾ}  |
o。!    |! * .゚ /(≡)::::::(≡)\  レ ノ  ゚|     やらない夫!
  。*゚  l ・ / /// (__人__) ///\o  ゚。・ ゚    一人カラオケは最高だお!
 *o゚ |   |     |r┬-|      |   *|
。 | ・   o ゚ l\     ` ー'´    /*゚・+゚ ||
 |o   |・゚ ,.‐- .ハ       イ | * ゚   |
* ゚  l| /    、` ニ ´ ノ  ノ   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    |_|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_|
    >
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o


   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \   
. | ( ●)(● ) |     いきなりテンション高ぇな、おい。
. |  (__人__) u│    カラオケといえば、前は俺と一緒だったたのに…。
  |    `⌒´   |   
.  |           |     …そんなに楽しいのか?
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |

387やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 21:10:12.48 ID:gFjt7120
         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\     やる夫もここまで爽快とは思わなかったお!
    /   ///(__人__)///\   ウチの近所だと平日昼は30分50円+ワンドリンクだから
     |       `Y⌒y'´    |    500円以下で済むんだお!
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     昼休みに30分だけ思いっきり唄って、
      / rー'ゝ       〆ヽ    残り30分で昼飯を食うんだお!
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●     30分か…。
   |      (__人__)    少し余裕を見ても、5曲は唄えるな。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

388やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 21:12:03.56 ID:gFjt7120

     ____        一人で続けて唄うんだから、
    / ⌒  ⌒  \     それくらいでちょうどいいお!
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |    テンション高めの歌なら5曲も連続で歌えば十分だし、
  |    ー       .|   ストレス解消にちょうどいいんだお!
  \          /


       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ⌒)(⌒)       そんな風に勧められたら気になるだろ…。
     |     (__人__)      今度、俺もやってみるかな。
     |     ` ⌒´ノ  
       |         } \      あ、最後の一曲は一緒に唄わせてくれよ。
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\     じゃあ「鋼鉄ジーグのうた」でも入れるお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄

390やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 21:14:18.17 ID:gFjt7120

 お前それ、
俺はバンバンバラバラ言うだけじゃねえか!
    ___
    /    \       ___
  /ノし   u;  \   ;/(>)^ ヽ\;
  | ⌒        ) ;/  (_  (<) \;    わ、わかったお…!
  |   、       );/   /rェヾ__)⌒:::  ヾ;   じゃあ、「ガンバの冒険」を二人で唄うお…!
  |  ^       | i   `⌒´-'´  u;  ノ;;
  |          | \ヽ 、  ,     /;
  |  ;j        |/ \-^^n ∠   ヾ、
  \       / ! 、 / ̄~ノ __/ i;
  /      ⌒ヽ ヽ二)  /(⌒    ノ
 /       r、 \ /  ./   ̄ ̄ ̄/

391やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 21:15:11.28 ID:gFjt7120

            / ̄ ̄\
          /    _ノ' ,,\
         |     ( ●)(●)    まあ、そっちならまだいいかな。
.          |     (__人__)   しかし、「少年徳川家康」といい、
          |      `⌒´ノ    どういうチョイスなんだよ、今日は…?
        |        ノ
         ヽ        }
           ヽ      ノ     ●ォ、_
          /⌒Y◆・◆、        ”¶ト.
         /  y   |。=, \.      ||
         ノ  ,/___,ン)_|,、 ソ'~,‐っっ||
        (_"___リ_ソ `ー─iソ´~ ||


                  __ _
   _,rーく´\  , --、   /⌒  ⌒ \      今日は75年のアニソン&特ソンしばりなんだお!
 ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /   /(●)  (●) \    でも、「少年徳川家康」の主題歌が入ってたのは
 { -! l _」_ノ‐′/   /    (__人__)    \   予想外だったお。
 ヽ ゙ー'´ ヽ  /   |     . `Y⌒y'´     |
  ゝ、  ノ_ イ    \     ゛ー ′   ,/    じゃあ、唄うお!
    ヽ     |     /    ー‐     ヽ

394やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 21:18:04.64 ID:gFjt7120
 カラオケ終了後-

       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\ 
   /   ( ⌒)  (⌒)\   あースッキリしたお。
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ


     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ⌒) (⌒)      まったくだな。
    |      (__人__)  ∫   さて、スッキリしたところで、本題の話を始めようか。
    |     `⌒´ノ ∬
.   ヽ         } | ̄|
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

396やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 21:19:56.44 ID:gFjt7120
       ., ──‐、
      /     \
.     .|      ⌒  ⌒
     |     ( ●) (●)         さて、今回は、
     |       (__人__) , -―ーっ  「活人剣・治国平天下の剣」の礎となった「剣・禅・政」の三要素のうち、
      |     `⌒´ノ ( ゝ彡 ̄   「禅」について話をすることにする。
.      ン         } ゙| ̄'|
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |       まあ、「剣禅一致」の元について、というところだな。
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                              _∩
                             / 〉〉〉
                             {  ⊂〉     ____
                              |   |    /⌒  ⌒ \
                              |   |  /(●)  (● ) \  
  宗矩と禅といえば…沢庵和尚の話かお?   |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \
                              ヽ   |     |,┬‐ |       |
                               \.\   `ー ´     /
                                 \       __ ヽ
                                  ヽ      (____/

   / ̄ ̄\
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、   そうだな。
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /  ここでは「活人剣・治国平天下の剣」に
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../   直接影響を与えたと思われる沢庵和尚の著作、
  |    ` /       ``77   /    『不動智神妙録』をテキストとして話を進めるぜ。
.  ヽ   /          / /   /
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./     まあ、実際には題名はついてないんだが、
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /     通称として通りがいいから、それで通すことにさせてもらう。
   |. \   〈\.\,〉 `,  f      
    | . \  (ヽ ヽ `..   |       では、早速解説しよう。
    |    .\ \      ノ

397やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 21:23:04.27 ID:gFjt7120

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_|
| ._         .|_|   『 無明住地煩悩
| |不|        . |_|
| |動|        . |_|    無明とは、明(あきらか)になしと申す文字にて候。
| |智|        .|_|    迷ひを申し候。
| |神|         .|_|    住地とは、止る(とどまる)位と申す文字にて候。
| |妙|        .|_|    仏法修行に五十二位と申す事の候。
| |録|        .|_|    その五十二位の内に、物毎に心の止る所を住地と申し候。
|.  ̄         .|_|    住は止まると申す義理にて候。
|________.|_|    止ると申すは、何事に付いても其事に心を止る(とどむる)を申し候』
└───────

        / ̄ ̄\
      / -  - \  
      |  (●)(●) |     まず、沢庵は冒頭で、問題提起を行なう。
      |  (__人__)  |    即ち、
       |    `⌒´  │  
       |         .|     『無明住地煩悩』=「迷い、こだわりにとらわれた心」
       ヽ        /   
        ヽ     ノ      という心を取り上げ、
      _/     l__     これを「問題」として持ち出すんだ。
 __ゝ_/         ヽ   
 \___ノ'        ヽ⌒)

         ___
      /)/ノ ' ヽ、\       こいつは『兵法家伝書』でも
     / .イ '(●)  .(●)\     散々に出てきた問題だお。
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |    あっちでも、その心にはなるなと
  . \ ヽ           /   口を酸っぱくして宗矩が言ってたお。

399やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 21:25:58.03 ID:gFjt7120
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_|
| ._         .|_|  『貴殿の兵法にて申し候はゝ、
| |不|        . |_|   向ふより切太刀を一目見て、其儘(そのまま)にそこにて合はんと思へは、
| |動|        . |_|   向ふの太刀に其儘に心が止りて、手前の働(はたらき)か抜け候て、
| |智|        .|_|   向ふの人にきられ候、是れを止る(とどむる)と申し候』
| |神|         .|_| 
| |妙|        .|_| 
| |録|        .|_| 
|.  ̄         .|_| 
|________.|_| 
└───────

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \       そして、「止る」ことが具体的にどうマズいのかを、
 |  (●)(●) |      兵法…即ち、ここでは剣術を例えに使って説くんだ。
. |  (__人__)  |
  |   `⌒´   ノ       「相手の刀に心がとらわれると、
.  |         }       動きが自由にならなくなり、遂には斬られてしまう。
.  ヽ        }        このことを「止る」という」
   ヽ     ノ    
   /    く         という形で、一つの事にこだわり、
   |     \       心がとらわれることの害を具体的に説いたわけだな。
    |    |ヽ、二⌒)

       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\     確かに、こういう風に言われるとわかりやすいお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   すんなりと「”止る”のはよくない」と理解できるお。
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


400やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 21:28:19.87 ID:gFjt7120
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_|   
| ._         .|_|   『打太刀を見る事は見れども、そこに心をとめず、
| |不|        . |_|    向ふの打太刀に拍子合はせて、
| |動|        . |_|    打たうとも思はず、思案分別を残さず、
| |智|        .|_|    振上ぐる太刀を見るや否や、心を卒度止めず、
| |神|         .|_|    其のまま付入て、向ふの太刀にとりつかは、
| |妙|        .|_|    我をきらんとする刀を、我が方へもぎとりて、
| |録|        .|_|    却て向ふを切る刀となるべく候』
|.  ̄         .|_|
|________.|_|
└─────── 

       ., ──‐、
      /     \           では、「止る」がダメとすれば、
.     .|     _ノ  ヽ         どうすればいいのか、ということについて、
     |     ( ●) (●)        沢庵はここで、
     |       (__人__) , -―ーっ
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄     「心をとめず」
.      ン         } ゙| ̄'|        「思慮分別を残さず」
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |       .「心を卒度も止めず」
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'  |
| |  /   /    r____/        と何度も繰り返して、
| | /   /      |i             「こだわらないこと」が重要である事を説いている。
| | ( 〆⌒'──r─≒、.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                     【問題】
          ____           「”止る”と斬られるが、この場合、どうするべきか?」
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、      【回答】
    /::::::::⌒(__人__)⌒\      「心を一つの事に留めず、こだわらないようにするのだ」
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /       ってことかお。
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ    スピード回答だお。
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ       しかし、「我をきらんとする刀を、我が方へもぎとりて」って、
                      なんだか「無刀」のことみたいだお。

402やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 21:30:53.13 ID:gFjt7120
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 
| ._         .|_|   『禅宗には是を、還把鎗頭倒刺人来ると申し候。
| |不|        . |_|    鎗はほこにて候。
| |動|        . |_|    人の持ちたる刀を我か方へもぎ取りて、
| |智|        .|_|    還て相手を切ると申す心にて候。
| |神|         .|_|    貴殿(宗矩)の無刀と披仰候事にて候』
| |妙|        .|_| 
| |録|        .|_| 
|.  ̄         .|_|
|________.|_|
└─────── 

      / ̄ ̄\
      _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
    .( ●)( ●)  ..| / |   その通りだ。
    (__人__)     .|./   /   実際、続けて沢庵は「無刀」についても触れている。
     i⌒ ´ .r-、  |/  /
     {     ヽ, ',. .,/ :/',      「人の持ちたる刀を我か方へもぎ取りて、
     .ヽ   .|  l_/_, -‐、',      還て相手を切ると申す心にて候」
      .ヽ . |   / , --'i|
      /   {  V , --ヘ     の具体例として「無刀」を挙げているんだな。
      |   ヽ  L| r= |

                          .       ___
「お前(宗矩)が言ってる”無刀”の心得が、      /   ヽ、_ \
  即ち、”心をとどめず”ということだよ」  ..    /(● ) (● ) \
                          .  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
 ってことかお。                 .  |  l^l^lnー'´       |
しかし、和尚も無刀のことを知ってるとか、   \ヽ   L        /
結構有名だったんだお…>宗矩の無刀  .     ゝ  ノ
                              /   /

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●     いや、この話の流れだと、
   |      (__人__)    無刀の心得についても知っていないとダメだから
.   |        ノ    むしろ、それだけ宗矩と沢庵の間で
    |      ∩ ノ ⊃    深い交流があった、という見方もできると思うぜ。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │     まあ、両方とも合ってそうな気もするけどな。
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

403やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 21:33:38.18 ID:gFjt7120

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『向ふから打つとも、吾から打つとも、
| ._         .|_|  打人にも打太刀にも、程にも拍子にも卒度も心を止めば、
| |不|        . |_|  手前の働は皆抜け候て、人に切られ可申候。
| |動|        . |_| 
| |智|        .|_|  敵に我か身を置けば敵に心を取られ候間、
| |神|         .|_|  我が身にも心を置くべからず。
| |妙|        .|_|  我が身に心を引きしめて置くも、
| |録|        .|_|  初心の間、習入り候時の事なるべし。
|.  ̄         .|_|
|________.|_|  拍子合に心を置けば拍子合に心をとられ候、
└───────   我が太刀に心を置けば我が太刀に心をとられ候、
               これ皆心のとまりて手前ぬけ殻になり申し候』

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(   この辺りはおさらいだな。
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/   「相手から打ってこようが、自分から打とうが、
.   |        ノ l;;,´     あるいは身でも刀でも、または拍子でもなんでも、
    |     ∩ ノ)━・'      何かに心が「止る」と、動きが自由でなくなり、斬られてしまう」
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │       と強調している。
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

         ____
         / _ノ ヽ_\
.     / (ー)  (ー)\       まあ、これだけ繰り返して言われたら、
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \
    ヽ   L   |r┬-|    |      「何か一つに心が止るのはよくない」
     ゝ  ノ  `ー‐'    /
   /   /         \      というのが肝心ってことは、やる夫でもわかってくるお。
  /   /            \    念の入った話だお。
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))


404やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 21:36:02.11 ID:gFjt7120
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 
| ._         .|_|   『貴殿御覧可有候、仏法で引当て申すにて候。
| |不|        . |_|    仏法には此の心の止る心を迷(まよい)と申し候。
| |動|        . |_|    故に、無明住地煩悩と申すことにて候』
| |智|        .|_| 
| |神|         .|_| 
| |妙|        .|_| 
| |録|        .|_| 
|.  ̄         .|_|
|________.|_| 
└───────  

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)     そして、この段落(無明住地煩悩)の最後は、
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|       「お前(宗矩)にもそういう経験があると思うので、
    | ./´ニト━・' .l        それを仏法に当てはめて説明してみた。
    | .l _ニソ    }        今言った物事は、仏法だと「迷」といい、
     /ヽ、_ノ    /         「無明住地煩悩」と言うのだ」
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.     という形でまとめている。
  /´  ./       ,.  ヽ.   つまり、剣を通じて仏法(禅)を説いたわけだ。
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

                             ____
                           /      \
                          /_ノ   ヽ_  \
 つまり、「剣禅一致」ってことかお?  / (●)  (●)   \
                        |    (__人__)      |
                        \   ⊂ ヽ∩     <
                          |  |  '、_ \ /  )
                          |  |__\  “  /
                          \ ___\_/

   / ̄ ̄\
  / ⌒  ⌒ \
 |  .(●)(●)  |         正確には「これ”も”剣禅一致」というところだな。
. |  (__人__)  |        「剣禅一致」の一側面として、
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)   剣を通じても仏法を語ることは出来る、というわけだ。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

406やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 21:38:06.52 ID:gFjt7120

                          …と、まあ、ここまでが最初の一段落目だ。
              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \     この後も、和尚は何度も繰り返して
         i !  |  (●)(●) |    仏法(禅)を、兵法(剣)の話で例えながら、
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
      〈_L (`ヽ .}  |    `⌒´  ノ     「一つの事にとらわれない自由な心の重要性」
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }      を説いていく。
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ   その結果として…

                              ...          (ヽ三/) ))
                                     __  ( i)))
                                    /⌒  ⌒\ \
 「剣も禅も極まるところは同じではないのか」   .   /( ●)  (●)\ )
 「剣の極致は禅に通じるのではないか」       . ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
                              ... |    (⌒)|r┬-|     |
 と、読み手が自然に思うようになってくる…     ,┌、-、!.~〈 `ー´/   _/
ってわけかお?                      | | | |  __ヽ、    /
                                レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
                                `ー---‐一' ̄

        / ̄ ̄\
      / -  - \
      |  (⌒)(⌒) |    そういうことだ。
      |  (__人__)  |   沢庵はここで、既存の禅と剣について、
       |    `⌒´  │   その共通性を証明してみせたわけだな。
       |         .|  
       ヽ        /     そして、それこそが宗矩が沢庵に求めていたもの…
        ヽ     ノ    即ち「剣禅一致」であったわけだ。
      _/     l__   
 __ゝ_/         ヽ  
 \___ノ'        ヽ⌒)

407やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 21:40:18.77 ID:gFjt7120

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \          実際、この証明こそが「剣禅一致」を成立させる上で、
  |    ( 一)(●)        宗矩にとって最大の問題だっただろうと思われる。
  |     (__人__)         「ある境地に達する」事と、
   |     `⌒´ノ         「それを説明できる」事は別だからな。
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃        宗矩本人が「剣禅一致」の境地に達していたとしても、
   ヽ、l    ´ヽ〉        あくまで宗矩は武士で、剣士だ。
''"::l:::::::/    __人〉         剣はともかく、禅について説くには、
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_      どうしたって知識が足りないわけだ。
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|


            
 現代で言えば、  
専門職同士だとお互いの作業のことが   .        ___
わかるのはある程度まで、ってことかお?      /)/ノ ' ヽ、\
                           .    / .イ '(●)  .(●)\
 プログラマが絵を描くにしても        .   /,'才.ミ).  (__人__)   \
限度があるって感じだお。           .   | ≧シ'   ´ ⌒`     |
絵が要るならデザイナーに頼めって話だお。 . \ ヽ           /


       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)        まあ、例えとしてはそんなもんだな。
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ         だからこそ宗矩は、
       |         } \      「禅の専門職」である禅僧・沢庵に、
     /ヽ       }  \     「剣禅一致」の証明への助力を求め、
   /   ヽ、____ノ     )    沢庵がそれに応えた結果が、
  /        .   | _/    この『不動智神妙録』、ということだ。
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)

410やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 21:43:13.95 ID:gFjt7120

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \   
      |    ( ●)(●)   さて、この『不動智神妙録』は
     . |     (__人__)   こういう風に複数の項目(全部で13個)で構成されているんだが、
       |     ` ⌒´ノ   キモとなる部分は、今、述べた通りだ。
     .l^l^ln        } 
     .ヽ   L       }    なので、この後は、今の話の補足になる事項を拾いながら
       ゝ  ノ    ノ    進めていこうと思う。
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))

       ____
     /      \      
   / ─    ─ \      まあ、全部でやったら、また『兵法家伝書』の時みたいに
  / -=・=-   -=・=- \   分割になりかねないからお…。
  |      (__人__)  U  |   これ以上話が伸びるのは流石に勘弁だお。
  \.     `⌒´     /

411やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 21:46:03.60 ID:gFjt7120

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_|   『諸仏不動智
| ._         .|_|    諸仏不動智と申す事は、
| |不|        . |_|    不動とはうごかずといふ文字にて候。
| |動|        . |_|    智は智慧の智にて候。
| |智|        .|_| 
| |神|         .|_|    不動と申し候ても、石か木かのやうに
| |妙|        .|_|    無性なる義理にてはなく候。
| |録|        .|_|    向ふへも左へも右へも、
|.  ̄         .|_|    十方八方へ心は動き度(た)きやうに動きながら、
|________.|_|    卒度も止まらぬ心を不動智と申し候』
└───────  

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●     さて、さっきの「無明住地煩悩」の次が、
   |      (__人__)    この「諸仏不動智」だ。
.   |        ノ    『不動智神妙録』のタイトルは、
    |      ∩ ノ ⊃    こいつから採られている。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

                                ____
 ここでは、                       /⌒  ⌒\
                            /( ー)  (ー) \
 「とらわれぬ自由な心」=「不動智」     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
                           |     |r┬-|     |
 と言ってるわけかお?         .    \      `ー'´     /
「目指すべき境地」に「不動智」という     r´、___∩∩__,  /
具体名を与えたわけだお。       .     \__ ´人 ` _ノ
                             ヽ   ̄   ̄ |
 つまり、「無明住地煩悩」を抜けて、 .      |      /
「不動智」に達せよ、というわけだお。 .       |   r  /
                              ヽ  ヽ/
                               >__ノ;:::......

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)    そういうことだな。
. |    (__人__)   『兵法家伝書』だと、
  |     ` ⌒´ノ   「平常心」と形容された境地のことだな。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |

412やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 21:49:02.58 ID:gFjt7120

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_|   『千手観音とて手が千御入候は、
| ._         .|_|    弓を取る手に心が止らば、
| |不|        . |_|    九百九十九の手は皆用に立ち申す間敷候。
| |動|        . |_|    一所に心を止めぬにより、手が皆用に立つなり。
| |智|        .|_|     (中略)
| |神|         .|_|    是れを得心したる人は、即ち千手千眼の観音にて候。
| |妙|        .|_| 
| |録|        .|_|    然るを一向の凡夫は、
|.  ̄         .|_|    唯一筋に身一つに千の手、千の眼が
|________.|_|    御座して難有(ありがたし)と信じ候。
└───────     又、なまものじりなる人は、
                 身ひとつに千の眼が何しにあるらん、虚言よと
                 破り譏る(そしる)なり』

         ____ 
       /     \        これは…前半はいつも通り
.    /       \      「千手観音も心をひとつにとどめないからこそ、
.  / /) ノ '  ヽ、 \     千手全てを用いる事が出来るのだ」てな話だけど、
  | / .イ '=・=  =・= u|    後半はなんだおこれ?
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \     素人よりも半可通の方がタチが悪い、って話かお?
 /\ ヽ          ヽ   何で和尚がこんなこと言ってんだお?


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)    まあ、具体的な話は避けるが、
. |  u  (__人__)    いつの時代も似たようなもんだってことだな。
  |      |r┬|}
  |      | | |}     とりあえずこいつはただの枕だ。
.  ヽ     `ニ}    本題は次になるんだ。
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

413やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 21:51:19.87 ID:gFjt7120

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_|   『今少し能く知れば、凡夫の信ずるにても破るにてもなく
| ._         .|_|    道理の上にて尊信し、
| |不|        . |_|    仏法はよく一物にして其理を顕す事にて候。
| |動|        . |_| 
| |智|        .|_|    諸道ともに斯様の物にて候。
| |神|         .|_|    神道は別して其の道と見及び候。
| |妙|        .|_| 
| |録|        .|_|    有の儘に思ふも凡夫、又打破れば猶悪し。
|.  ̄         .|_|    其の内に道理有る事にて候、
|________.|_|    此の道、彼の道
└───────    .さまざまに候へとも、極所は落着候』


      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/      さっきの話はあくまで前置きだ。
    |  (__人__)l;;,´|      本題はこっち…つまり、道理を極めれば、
    | ./´ニト━・' .l      より深く通じることが出来るし、
    | .l _ニソ    }       それは仏法に限らず、諸道全て同じだ、ということだな。
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__        そして、この「諸道」には
  / /  /       `ヽ.    剣術だって含まれる…というわけだ。
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\      なるほど…。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   『不動智神妙録』内での
  |     |r┬-/      |    「剣禅一致」に通じる具体的な話ってわけだお。
  \     ` ̄'´     /


414やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 21:53:19.49 ID:gFjt7120

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_|   『扨(さて)、初心の地より修行して
| ._         .|_|    不動智の位に至れば、立帰て
| |不|        . |_|    住地の初心の位へ落つべき子細御入り候。
| |動|        . |_|    貴殿の兵法にて可申候。
| |智|        .|_|     (中略)
| |神|         .|_|    故に初の住地の、無明と煩悩と、
| |妙|        .|_|    後の不動智とが一つに成りて、
| |録|        .|_|    皆智慧働の分は失せて、無心無念の位に落着申し候。
|.  ̄         .|_|    至極の位に至り候えば、手足身が覚え候て、
|________.|_|    心は一切入らぬ位になる物にて候』
└───────  

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      次の話だが、前に少し書いた
 |    ( ●)(●)    「何も知らない故の無心」…「無明」と
. |     (__人__)    「至極の域に達した故の無心」…「不動智」について
  |     ` ⌒´ノ    ここではその違いを説明している。
.  |         }
.  ヽ        }      「無心」という意味では似たようなところがあるが、
   ヽ     ノ      「不動智」を得た者は、もはや意識せずとも手足が働く、
   .>    <       という面で全く異なる、というわけだな。
   |     |
    |     |

         ____
         / _ノ ヽ_\        まあ、そりゃそうだお。
.     / (ー)  (ー)\      知らない故の気楽さってのは確かにあるお。
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \
    ヽ   L   |r┬-|    |     分かることがある程度ある方が、
     ゝ  ノ  `ー‐'    /     何も知らないより悩みやすいのはよくあることだお。
   /   /         \    突き抜けるまでは苦労は続くわけだお。
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

415やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 21:56:17.86 ID:gFjt7120

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_|   『理の修行、事の修行と申す事の候。
| ._         .|_|    理とは右に申し上げ候如く、至りて何も取合わず。
| |不|        . |_|    唯一心の捨てようにて候。
| |動|        . |_|    段々右に書付け候如くにて候。
| |智|        .|_|    
| |神|         .|_|    然れども事之修行を不仕候得ば、
| |妙|        .|_|    道理ばかり胸に有りて、身も手も不働候。
| |録|        .|_|    
|.  ̄         .|_|    事之修行と申し候は、貴殿の兵法にてなれば、
|________.|_|    身構えの五箇に一字のさまざまの習事にて候。
└───────     理を知りても、事の自由に働かねばならず候。
                 身持、太刀の取りまわし能く候ても、
                 理の極り候処の闇く候ては、相成間敷候。
                
                 事理の二つは車の輪の如くなるべく候』

         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \ 
        |    (⌒ )(⌒)        これは次の項目で「理の修行、事の修行」という。
        |     (__人__)        話の中身は、
          |     ` ⌒´ノ
        |         }         「理屈だけ、あるいは技だけなど、
        ヽ     ヘミ|          どちらか片方だけでは不十分だ。
        /,` 、` -`,--` ,         両方やれ」
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__      という話だが、心法を説いたこの書において、
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ    この「事理一致」の警告があるのは、なかなか面白いな。
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|   .この辺りは沢庵の実感なのかもしれん。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ    ちなみに、さっき紹介した「諸仏不動智」の最後に、
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、  この辺に絡んだ最近の僧侶に対する愚痴らしきものもあるんだ。
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l   そいつも紹介しよう。
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/


416やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 21:59:18.59 ID:gFjt7120
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 
| ._         .|_|   『また物知りなるによって
| |不|        . |_|    智慧が頭へ出申し候て、をかしく候。
| |動|        . |_|    今時分の出家の作法ども、
| |智|        .|_|    嘸(さぞ)をかしく可思召候。
| |神|         .|_|    御恥ずかしく候』
| |妙|        .|_| 
| |録|        .|_| 
|.  ̄         .|_| 
|________.|_| 
└───────  
                   これ…

       ____         「最近の若いモンは
     /      \        頭でっかちでイカン!」
   / ─    ─ \    
  / -=・=-   -=・=- \    ってことかお?
  |      (__人__)  U  |   沢庵和尚なのに、
  \     ` ⌒´     /   なんだか普通の爺ちゃんみたいな愚痴だお…。


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)    そりゃ沢庵だって生身の人間だからな。
. | u    (__人__)    まあ、この辺りは普遍的な話だろ。
  |      `⌒´ノ    別に沢庵に限った話じゃない。
.  |         }
.  ヽ        }     ただ、沢庵は普段の言動が言動だけに、
   ヽ     ノ     こういう普通の爺さんみたいな話があると、
   /    く      個人的には少しニンマリできるんだな。
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)、

417やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 22:02:06.41 ID:gFjt7120

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『間不容髪
| ._         .|_|  間不容髪と申す事の候。
| |不|        . |_|  貴殿の兵法にたとへて可申候。
| |動|        . |_| 
| |智|        .|_|  間とは、物を二つかさね合ふたる間へは、
| |神|         .|_|  髪筋も入らぬと申す義にて候。
| |妙|        .|_|    (略)
| |録|        .|_|  禅の問答には、此心ある事にて候』
|.  ̄         .|_| 
|________.|_| 『石火之機
└───────   石火の機と申す事の候。
               是も前の心持にて候。
                 (略)
               石をハタと打つや否や、光が出で
               打つと其のまゝ出る火なれば、
               間も透間もなき事にて候。

               是も心の止まるべき間のなき事を申し候』


        / ̄ ̄\         この二項目は同じ意味で用いられているので、
      / -  - \       二つまとめて紹介しよう。
      |  (●)(●) |
      |  (__人__)  |         『間不容髪』
       |    `⌒´  │        『石火之機』
       |         .|  
       ヽ        /        まあ、大体わかると思うが、
        ヽ     ノ        両方とも、「すぐに」「隙を空けずに」という意味で
      _/     l__        用いられている。
 __ゝ_/         ヽ  
 \___ノ'        ヽ⌒)    剣を使う際、「心を止めない」だけではなく、
                      瞬時の反応の重要性を説いているんだな。

                          ____
                        /      \
                       /─    ─  \
 なるほど…。             / (●)  (●)   \
でも、どちらかと言えば、      |    (__人__)      |
心法よりも身体的な話っぽいお。 \   ⊂ ヽ∩     <
                       |  |  '、_ \ /  )
                       |  |__\  “  /
                       \ ___\_/

418やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 22:04:21.29 ID:gFjt7120

      / ̄ ̄\
     /      ノ \
     |      ( ●) |   
.     |  u   (__人_)   …なんで身体の話になるんだ?
     |      ` ⌒ノ   こいつは心法論のバリエーションだぞ。
      |        }
      ヽ       }
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\     そんなわけないお?
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   だって瞬間的に反応して、って話なんだから、
  |     (  (      |   これは心というより、身体…反射神経の話だお?
  \     `ー'      /


   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │   反応…ああ、そういうことか。
  |   `⌒ ´   |   やる夫、この話にはまだ続きがあるんだ。
.  |           |   そいつを読んでくれれば、
.  ヽ       /    こいつが心法のバリエーションというのがわかるぞ。
   ヽ      /
   >     <
   |      |

419やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 22:06:12.00 ID:gFjt7120

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 
| ._         .|_|  『是も心の止まるべき間のなき事を申し候。
| |不|        . |_|   早き事とばかり心得候へば、悪敷候。
| |動|        . |_|   心を物に止め間敷と云ふが詮にて候。
| |智|        .|_|   早きにも心の止まらぬ所を詮に申し候。
| |神|         .|_|   心が止まれば、我心を人にとられ申し候。
| |妙|        .|_|   早くせんと思ひ設けて早くせば、
| |録|        .|_|   思ひ設ける心に、又心を奪われ候。
|.  ̄         .|_|    (略)
|________.|_|   心をとどめぬが肝要にて候』
└───────  

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \          前の「石火之機」には、
 |  .(●)(●)  |         そのままこう続いているんだ。
. |  (__人__)  |
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)    「石火之機を単なる早さだと思うのは間違いである。
.  |        |    .) ;;;;)     心が止らない結果として、早くなるのであり、
.  ヽ       }   /;;/      肝心なのは心を止めないことである」
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'       というわけだな。
 (  \ /|_ノ ヽ       身体的な面を否定しているわけではないが、
. \  ""  /_ノ  |       まあ、言ってみれば別の話、ってことだな。
   \ /___/

         ___
      /)/ノ ' ヽ、\       そうだったのかお…。
     / .イ '(●)  .(●)\     まあ、読んだ限りだと、
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \   「禅問答における即答」を元にした話だし、
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |   確かに身体的反射神経というより、
  . \ ヽ           /   心の話なのかお…。

420やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 22:08:51.64 ID:gFjt7120

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 
| ._         .|_|  『禅宗にて、如何是仏(これいかなるほとけか)と
| |不|        . |_|   問ひ候はば、拳をさしあぐべし。
| |動|        . |_|   如何か仏法の極意と問はば、
| |智|        .|_|   其声未だ絶たざるに、
| |神|         .|_|   一枝の梅香となりとも、
| |妙|        .|_|   庭前の柏樹子となりとも答ふべし。
| |録|        .|_|  
|.  ̄         .|_|   其答話の善悪を撰ぶにてはなし。
|________.|_|   止まらぬ心を尊ぶなり』
└───────  

              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \    その辺を更に補足する形で、
         i !  |  (●)(●) |   禅宗での問答についても述べている。
      r;r‐r/ |   |  (__人__)  |
      〈_L (`ヽ .}  |   .`⌒´  ノ    どういう答えを出すかより、
     l` ( ``/ .  |        }    問われた瞬間に答えを返す、
     ヽ   l  .  ヽ       }    その「止まらぬ心」こそが重要だ、ということだな。
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)    あー、確かに、禅問答とかだと、
/    (─)  (─ /;;/    妙な問いに、妙な答えが返ってくる話が
|       (__人__) l;;,´|     あったりするけど、そういうことなのかお。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |  
.\  "  /__|  |  
  \ /___ /  

421やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 22:10:37.28 ID:gFjt7120

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_|  『石火の機と申すも、
| ._         .|_|   ひかりとする電光のはやきを申し候。
| |不|        . |_|   たとへば右衛門とよびかくると、
| |動|        . |_|   あっと答ふるを、不動智と申し候。
| |智|        .|_|  
| |神|         .|_|   右衛門と呼びかけられて何の用にてか有る可きなどと思案して、
| |妙|        .|_|   跡に何の用か抔(など)いふ心は住地煩悩にて候。
| |録|        .|_|    (略)
|.  ̄         .|_|   又右衛門と呼ばれて、をつと答ふるは、諸仏智なり。
|________.|_|  
└───────    仏と衆生と二つ無く、神と人と二つ無く候。
                此の心の如くなるを、神とも仏とも申し候。
                神道、歌道、儒道とて、道多く候へども、
                皆この一心の明なる所を申し候』

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \      そして、更に補足になるが、
 |  (●)(●) |     この「石化之機」が、即ち「不動智(諸仏智)」であると述べ、
. |  (__人__)  |     これを得ることが即ち神や仏ということであり、
  |    `⌒´  ノ     諸道は全てこれを得る為のものである、とまた述べている。
.  |         }
.  ヽ        }      まあ、話としては「諸仏不動智」で書かれていたことと同じなんだが、
   ヽ     ノ      こっちでは具体例の中に、「又右衛門」と
   /    く       宗矩の名前が上がっているから紹介してみたところだ。
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

         ____
       /      \
      / ─    ─ \     まあ、ここに限らず、文章を読んでたら、
    /   (●)  (●)  \   これが宗矩宛だってのはすぐわかるお。
    |      (__人__)     |  進めてくれお。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

422やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 22:12:17.75 ID:gFjt7120

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_|  『心の置き所
| ._         .|_|   心を何処に置かうぞ。
| |不|        . |_|     (略)
| |動|        . |_|   何処なりとも一所に心を置けば、
| |智|        .|_|   余の方の用は皆欠けるなり。
| |神|         .|_|     (略)
| |妙|        .|_|   然らば即ち心を何処に置くべきぞ。
| |録|        .|_|     (略)
|.  ̄         .|_|   何処に置かうとて、思なければ、
|________.|_|   心は全体に伸びひろごりて行き渡りて有るものなり。
└───────      (略)
                唯一所に止めぬ工夫、是れ皆修行なり。
                心をばいつこにも止めぬが眼なり、肝要なり。
                いつこにも置かねば、いつこにもあるぞ』

       ____
     /      \
   / ─    ─ \      …略入り過ぎだお。
  / -=・=-   -=・=- \   まあ、言ってる事は大体わかるけど…。
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)    まあ、そう言うな。
. |  u  (__人__)    この「心の置き所」は結構長いんだ。
  |      |r┬|}    全文引用がやりづらいんだよ。
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

423やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 22:14:46.03 ID:gFjt7120
               /7
                 //
             //    さて、ここでは、
       __    //    
.    /ノ ヽ\ .//      「”心を止めない”と言うが、
.   / (●)(●〉/       では、何処に心を置けばいいのか?」
  l    (__人_,//l
.  |    `⌒// ノ       という疑問に対し、
   l       // ./      手とか眼とか刀とか、あるいは臍の下とか、
.   ヽ r-‐''7/)/       どこか一つに押し込むのではなく、
    / と'_{'´ヽ
    /  _.、__〉 ト,        「何処にも置かず、体全体に広げてしまえ」
    {  、__}  |.i
    ヽ _,.フ  .|.|        と説いているわけだ。

                                ____
                              /      \
 簡単に言ってくれるお…。        ..   / ─    ─ \
そんなこと、どうやったらできるんだお?   / -=・=-   -=・=- \
                           |      (__人__)  U  |
                           \     ` ⌒´     /

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \      まあ、そう思うのが自然だよな。
   |    ( ●)(●     で、そう思うところに、
   |      (__人__)
.   |        ノ      「唯一所に止めぬ工夫、是れ皆修行なり」
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ      …ってわけだ。
  (.  \ / ./_ノ │    説明はできるにしても、そこに到達するには
  \  “ /___|  |     やはり厳しい修行が要る、ということだな。
.    \/ ___ /


424やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 22:17:10.63 ID:gFjt7120

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_|  『世の中に、仏道も儒道も心を説き候得共、
| ._         .|_|   其説く如く、其人の身持なく候心は、
| |不|        . |_|   明に知らぬ物にて候。
| |動|        . |_|   人々我が身にある一心本来を
| |智|        .|_|   篤と極め悟り候はねば不明候。
| |神|         .|_|  
| |妙|        .|_|   又参学をしたる人の心が明かならぬは、
| |録|        .|_|   参学する人も多く候へども、それにもよらず候。
|.  ̄         .|_|   参学したる人、心持皆々悪敷候。
|________.|_|  
└───────    此一心の明めやうは、
                深く工夫の上より出で可申候』


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \        その点については、
 |    ( ●)(●)      少し戻るが「石火之機」の中でも、述べているんだ。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ       仏道も儒道も心は説いているけど、
.  |         }       実際に「心が明か」な人はほとんどいないと言い、
.  ヽ        }       結局は、この心を得ようとするならば、
   ヽ     ノ  mm   「深く工夫」するしかない、というわけだ。
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄

         ____
         / _ノ ヽ_\
.     / (ー)  (ー)\      まあ、楽はできないってことかお。
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \
    ヽ   L   |r┬-|    |
     ゝ  ノ  `ー‐'    /     「そういうことだな」
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

426やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 22:19:42.52 ID:gFjt7120

                      …と、まあ、大体こんな感じかな。
                     この他にも、

                      「本心妄心」
    / ̄ ̄\             「有心之心無心之心」
  /   _ノ  \           「水上打胡蘆子捺即転」
  |    ( 一)(●)          「応無所住而生其心」
  |     (__人__)           「求放心」
   |     `⌒´ノ           「前後際断」
   |   ,.<))/´二⊃         「敬の一字」
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉           という具合に項が続き、
''"::l:::::::/    __人〉          それぞれ、様々な例と説明があるんだが、
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_.        その要諦は全て
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!      「一つの事にとらわれない自由な心」
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|
                      この重要性に集約される。


       ____
     /⌒  ⌒\        まあ、ここまで読んだだけでも、
   /( >)  (<)\      どれだけそれが肝心かはよくわかったお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    「大事な事だから2回言いました」ってことだお!
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /     「まあ、2回どころじゃないわけだけどな」
       ̄ ̄ ̄

427やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 22:22:06.18 ID:gFjt7120

 まとめると、『不動智神妙録』の要点は、
こんなところになるかな。
         |
    / ̄ ̄\ 
   /   _ノ  \.      ....【不動智】
   |    ( ●)(●)     .... 「一つの事にとらわれない自由な心」の
.   |  ::::::⌒(__人__)      .重要性を説き、それが如何なるものかを解説。
   |     ` ⌒´ノ 
.   |         }.    。  【諸道一致】
.   ヽ        }    /  ... 「不動智」を得るという点に於いて言えば、
    ヽ     ノ   ./   ..どのような道も同じである。
     / lヽ介/lヽ、 ,rE) 
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'  
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

     ____
   /      \
  /  ─    ─\      こうして見ると、
/    (●)  (●) \    「活人剣・治国平天下の剣」で説かれた心法と
|       (__人__)    |    かなりの部分で共通してるのがよくわかるお…。
./     ∩ノ ⊃  /    「礎」というだけあるお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

429やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 22:24:50.39 ID:gFjt7120

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \        まあ、実際、宗矩も『兵法家伝書』の中で、
 |  .(●)(●)  |
. |  (__人__)  |        「法の師の示しをうけてここに記す者也」
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)   「さる智識の示されける兵法におもひあて、爰に記置者也」
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/   というように、
   ヽ     ノ   .l;;,´    具体的な名前こそ出していないものの、
. /    ∩ ノ)━・'     沢庵の教えを得たことを明記しているからな。
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |       それだけ影響が大きかった、ということだな。
   \ /___/


                        で、家光に
                       「活人剣・治国平天下の剣」を説いた際、
          ____
        /_ノ  ヽ\           「この法の師とは誰か?」
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\        と問われて、
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /        「それは沢庵と申す僧のことでございまして…」
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /       と繋げたってわけだお。
   \_,,ノ      |、_ノ       うまいやり方だお。

430やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 22:27:14.81 ID:gFjt7120
       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ
     |     ( ●) (●)          それだけ和尚は宗矩にとって、
     |       (__人__) , -―ーっ    重要な人物だった、ってことだな。
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
.      ン         } ゙| ̄'|        …まあ、そういう域を越えて、
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |       単純に「友だから」という見方も
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'  |       あると言えばあるんだがな。
| |  /   /    r_____/
| | /   /      |i   
| | ( 〆⌒'──r─≒、.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \     なんか含みのある言い方だお~?
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \   どういうことだお?
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /


431やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 22:29:57.16 ID:gFjt7120
        / ̄ ̄\
      / -  - \
      |  (●)(●) |
      |  (__人__)  |    ああ、実を言えば、
       |    `⌒´  │   この『不動智神妙録』には、まだ続きがあるんだ。
       |         .|   
       ヽ        /   
        ヽ     ノ    
      _/     l__    
 __ゝ_/         ヽ   
 \___ノ'        ヽ⌒)


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\      続き?
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \    それってなんだお?
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |    今までので全部じゃないのかお?
  . \ ヽ           /

432やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 22:31:10.60 ID:gFjt7120

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      まあ、厳密に言えば、
 |    ( ー)(ー)    『不動智神妙録』という書としては
. |     (__人__)    今までの箇所で完結しているが、
  |     ` ⌒´ノ    「沢庵から宗矩に宛てた書」としては
.  |       nl^l^l   まだ続きがある、ってことだ。
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く      つまり、沢庵から宗矩へ宛てた
   /     ヽ \   私的な話がこの後続くんだよ。


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !    それって、確か「その28」で言ってた
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l   「沢庵和尚の説教」ってやつかお?
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /

433やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 22:32:45.09 ID:gFjt7120

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)      ま、そういうことだ。
    |  (●)(●)/;;/      ただ、こいつは、説教と言っても、
    |  (__人__)l;;,´|       かなりの部分が、
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }         「人は如何に振舞うべきか」
     /ヽ、_ノ    /         「家臣とは、また領主とはどうあるべきか」
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.      といった一般論としての
  /´  ./       ,.  ヽ.    修身論、君臣論、士道論が多いから、
  ト、_,/.       |、  ヽ   その辺は適当に略して、要点を抜粋して紹介するぜ。
   |         |/  /

434やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 22:34:27.84 ID:gFjt7120
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\     \ \、_ハノ\、_ハノ\、_ハノ
    / / / /    夢  | ヽ    ヽ\).',..、
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',   /    前から思っていたことを
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |   ヽ,)   ここで言ってやるから、よく聞くがよいわー!
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     )   
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|    ヽ    貴様は兵法では古今無双の達人で、
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ   _)   世間の受けもいいようだが、
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\   )      だからって調子に乗るんじゃねえ!!
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |    /-、 
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、 ,ソ/ヘ '"
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!    /  //7/ヘ /l ト、 |\
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ___,/ _____V__ | l ヽ|
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
         沢庵宗彭

『内々存寄候事、御諫可申入候由、愚案如何に存候得共、
 折節幸と存じ及見候所、あらまし書付進し申候。

 貴殿事、兵法に於て古今無双の達人故、
 当時官位俸禄世の聞えも美々しく候。
 此大厚恩を寝ても覚めても忘るゝことなく、
 旦夕恩を報じ忠を尽くさんことをのみ思ひ玉ふべし』

435やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 22:37:18.96 ID:gFjt7120
                               
                ,. '"´三二二三`ヽ     
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ    
              /   /    夢     ', ヽ   
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ\、_ハノ\、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)   
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )    まず、好き嫌いで
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ   弟子の取り立てに
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)   えこひいきするでないわー!!
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)   
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  

『善人ありても我が気に合はざれば、善事を用ひず、
 無智なれとも一旦我が気に合へば、登し用ひ好むゆえに、
 善人はありても用いざれば無きが如し。
  (略)
 貴殿の弟子を御取立被成にもか様の事有之由、苦々敷存候』

436やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 22:39:56.62 ID:gFjt7120
               _.. -ー'''''''―-..,,,
             /゛         `゙''ー ..,,,,,,__、    \ \、_ハノ\、_ハノ\、_ハノ
           ,i'゙,,....,,,、                ,,,,.....,,..二T" ヽ\).',..、
        i./    `''、                  `'';;;;;;i、 /
       ,!l 夢>   i'i|.゙l ,               `'- ヽ,)    次に貴様、この間息子(十兵衛)のことで
       l:|.`.゛ ./´゙7i}゙'、                ) )    散々愚痴って文句を言っておったが、
          !l,,_  l / '´   ...}               /`ヽ   子供が悪いのは親の責任じゃー!!
        .',_/       / !                /..l_)   .まず自分を改めるがよいわー!!
           l ._i、 ,、ヽ !;:;:;ヽ              /   .l,) 
            l. i-'" ゙',/ l;:;:;:;:;\  _,,,,.............../ !    /-、 
            リ',、  .l゙''、|;:;:;:;:;,ノ゙ /   .,.‐',   l    .,ソ/ヘ '"
             '!|.l.  / .゛', ;;l" /   ., /  l,  .',  //  //7/ヘ /l ト、 |\
             _,.l,', ;;,'-'./ ゙./  _,,,/  !  ..l  ,ゞ゛   ___,/ _____V__ | l ヽ|
      ,./ '"   ゙''" / , ''"'''"| / .l   l   .l./
     i'"    ./ ./ /   ., '~',  .l   ! / ;',
   _..-'"゙゙フ'./ / ,/   ./',  .',  .l /;:;:;:;:;:|
 /゛  イ゛,/./ ,/   ,,-',  .l  .', _ '";:;:;:;:;:;:;:;:;|      .、  ,
   , ',゛i!〃゛ /   ., ''.l  ',  .l ,,ミ'゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:',゙''-、、   ゙',ゝ、,.l,
 ,..┴-iフ" ./   ._‐{  . !  ', ._ノ'l丶;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|   `''' !./ -',、`′
   / /   .// l  ', .,ゞ゛  !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: !     . ゙'- `'
 / . /   .,,/゙l゙ .!  .l ._ソ"    .l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: !
   /   ., ''l'7 !  ヽ,,,,','"|      ',;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
 ./  .,-{..,i,' |  ′    .l_      !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!
: '.l.,,i'゙.l |i./ .ヽ      .',,'',、     .l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
..ィ ! ', ',`'、.      _,,,',. ゙リ..,,,_   !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
 ', l  l..,ノ'´ `'-、 .,,...../   ゙'イ;:;:;:;:; ゙゙̄''゙‐' ..、;:;:;:;:;:;:;:;!
 .l .!/      `'-,, \,ノ゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
 .,','----.... ......,,,,,_、  `'く、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.!
. ゛―----........,,,,_、 .`゙''''ー-ミ;;ッ、,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.!
 ------ ....,,__ .`゙"'― ..,,、.゙/゙'''-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l゙
 ー''''''''''''―-..,,_ ゙゙゙̄"'''ー ,,, ./゛    `''ー ..,,,_;:;: /
             `゙'''‐    ~

『就中、御賢息御行跡の事、親の身正しからずして、
 子の悪しきを責むること逆なり。
 先ず貴殿の御身を正しく成され、其の上に御異見も成され候はば、
 自ら正しく御舎弟内膳殿も兄の行跡にならひ正しかるべければ、
 父子ともに善人となり、目出度かるべし』

437やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 22:42:09.67 ID:gFjt7120
           _,,、....... --........,,,
            ,/゙,.. -―ー ,,   `'''-、、
          / /   、,,,   .`'-、    \\ \、_ハノ\、_ハノ\、_ハノ
         / /   .ll夢i_、   .ヽ.    ..ヽ\).',..、
       / . /     "      ,i"<   /     今、将軍から目を掛けられてるからって、
     / . i',,            ,, ;;ソー'''ッ',   ヽ,)   大名どもから賄賂とか取るんじゃねえぞ!
     ,'  l;:;:,゙;;iii- 、    ,i.l二rミ';;./ i',    )   
    . !  ,!;|,'..,;{゙l_,/./    .`''T゙゙´  " .|   ヽ     今だって、挨拶のいい大名どもを
    !  .!゙"  ̄゛ ′             ,...!  _)   将軍に取り成ししてるらしいじゃねえか!
    .,!  .!       _,,,,,.      /´;:;:| ,)      よくよく己を見つめ直さんかー!
    .l゙  .l'ー、 .、  ゙‐'ニ>-, .l  .|;:;:;:;:| /-、 
    .l  .|;:;:', !', /ニ',;;二ニコ;.l.,l} .!;:;:;:;:} .,ソ/ヘ '"
    .!   !;:;:.! .',゙ゞ゙'";:;:;:;:;:;:`゙;:;:;〈. :!;:;:;:;:l゙ /  //7/ヘ /l ト、 |\
   |  .l;:;: l l';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,,;:l''、.l !;:;:;:;|   ___,/ _____V__ | l ヽ|
    |   .!;:;:;',.|;:l',;:./''''''"゛ `| l;! .|;:;:;:;|
   .|    .l;:;: ! l}',′    │ ゙l .l;:;:,i|
   .!    . l;:;:;l │ヽ   ._,,,./  ゛ .l./ .!
   |     .',-.l ′ `゙´      /   !
   l      l \、      . ,/   !
   .,!      .l   `''ー----‐'´     l
   .!       !                 ゙
   !       ."
  .|
『唯今寵臣たるにより諸大名より賄を厚くし、
 欲に義を忘れ候事努々(ゆめゆめ)不可有候。
  (略)
 また挨拶のよき大名衆をば、
 御前に於てもつよく御取りなし成さるる由、
 重ねて能く能く御思案可然可然歟』

438やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 22:44:06.31 ID:gFjt7120
                _.. -―'''''''―-- ..,,_
              ,/           `゙''-、
               ,/     _..-'''''―- ..、    \
             /     .,/          \    .ヽ
         . /      /              ヽ    .ヽ
        /      ./      夢       ヽ    ヽ
       /      ./               , .l,    .',
      ./     ,i!゙',、            _ノ.l/j    !
      !     .,'―‐`-lii、       . ,,rl┴''''ー l!    l,
     ./     i!'-、 .!ゝ . '.l、       /   .!′ ,..''7    .ヽ
     ./     ./ 'イ''ニ=rirr,'|./     .ヽ`-`-`-''',/゙l      l
    /      .l゙         "       ゙′     l      l.
   . /       !                       ,.|     ., ヽ.
  .'"       !ヽ   y     i;;;;;;、    'i,  ../ ;:;l     ..l゙‐'′
         |;:.!  ,/,' .,,r;;ニッiiiiiiiiiiiiii;;;;r、 .l',  .!;:;:;:.!  \ \、_ハノ
          |;:;:;:! .// i',{ .iー'''''''''''''ー'i i!|i ,!} l;:;:;:;l   ヽ\).',..、
          |;:;:;:| .{ ! ./ ゙"      !" l',./;,! l;:;:;:.!     /
          !;:;:;:.! ヾイ.,..-ー'''''''''''―- ..,..!!./  |;:;:;:|   ヽ,)   あと、貴様、能にハマって
            !;:;:;:;.! /,ii/            l;,ii;| .l;:;:;/     )   人の家に押しかけて
         l;:;:;:;:;| .l;| }            !,!:l" /;:;:/     ヽ   能を勧めたりしてるそうじゃねえか!
         l゙'-,;:;| !| .l         :l".! │;,イ    _)  そこまできたら病気だ馬鹿!
            !、 `'',  │           !  l,i,'-/    ,)     あと変な謡い方するんじゃねえ!
            i,',',iiiii、\ .!        . ! .r',゙.l'''7     /-、 
        ., .l',  .リ、\.l        レ'.l- l!.│     .,ソ/ヘ '"
        . l, .!l 、  l`-',/、      ,i;;;;,','" l_./、    /  //7/ヘ /l ト、 |\
            l、',l \ l  ',`'リー .... イ゛   !., '"/.i',  、    ___,/ _____V__ | l ヽ|
     l l,  .,!`′ .`-,!  ! .!    !  ,ノ゛ // .l .|,  .|,
      ! ,'i  l      ゙゙''ヘ..,|_   ._l..-'"   .′ ', .l ! . l ゙',
      .l ! l./           ̄゛            l" !/゛ ',
      ´                               ′

『貴殿、乱舞を好み自身の能に奢り、
 諸大名衆へ押て参られ、能を勤められ候事、偏に病と存じ候なり。
 上唱は猿楽の様に申し候由』

440やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 22:47:43.93 ID:gFjt7120
                 .rニYニヽ      
   |レ               /    j |         …以上だ。
   !!_           イ     } |      
   ゙- '´ ,、       /j      j        「心こそ心迷はす心なれ 心に心心ゆるすな」
      -''´   ,r'´ ̄`゙}     j l|rニ二ト、 
           〉─7-'´l|jト、 -イl;|`--l一〈     これを忘れるなよ。
     __ii__    |   |  ルリ-ト、|州リ  |  .| 
     イi    j  |           |  |,
      `  , イ  |     |      |  |
        ノ  }        |         |
      /           |          |
    //  /                  |
.  //  /                   ',|
/ /    l                     |  
 / i   /                     ヽ
ん-ト、               |          |'
   ヽ/    /    |    |           l
    ヽ   /     |    |      レ-、  /
     `-- ´--、__  |___|__ _|  `丶{
             ̄|    / ̄|    j
             ',   {   |.    |
              ',__,r' }  .|    j
               ',   |   |`丶、r'
               ',  |  |   j

 『歌に、「心こそ心迷はす心なれ 心に心心ゆるすな」』

441やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 22:49:20.40 ID:gFjt7120
 
   / ̄ ̄\      これで終わりだが、
 /   _ノ  \    「剣禅一致」を記した書の最後に、
 |    ( ー)(ー)   いきなり自分宛の説教が始まったら驚くだろ。
. | u.   (__人__)   宗矩の気持ち的に考えて…。
  |     ` ⌒´ノ  
.  |         }
.  ヽ        }      / ̄ ̄ ̄\
   ヽ     ノ       /  ⌒  ⌒ \
    i⌒\ ,__(‐- 、    / u (ー) ::::(ー)ヽ   …ボロクソ言われてるお。
    l \ 巛ー─;\  |   :::⌒(__人_)⌒:l  よくこれだけ言われて怒らなかったもんだお。
    | `ヽ-‐ーく_)  \    `  ̄´ /
.    |      l      i⌒\、___ ィヽ
    |      |     .l \ 巛ー゙‐;\
     リー──‐‐t____.  |   ヽ-‐≠ー '′
    l   " ~ ̄ ̄⌒ヽ`ヽ.|゙ ̄ ̄⌒ヽ ̄ヽ
───`ー───ソ  |  |┴‐─-r  |i'  |───────┐
           |  |  |       |,_|, __|              |,
            |_、| __|.     (´_)゙_)             |,
            l'___)__)             

444やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 22:52:48.53 ID:gFjt7120
      __    
    / ~\   
  / ノ  (●)\       まあ、これを読んだ宗矩が、
. | (./)   ⌒)\     怒ったかどうか、というのは正直、わからん。
. |   (__ノ ̄   \
  \          |     ただ、後々の沢庵と宗矩の交流の深さを見るに、
    \       /    「自分の事を想っての忠告」として
.      \  ⊂ヽ∩    真摯に受け止めたようではあるな。
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|

     ____
   /      \
  /  ─    ─\     …なかなか大したもんだお。
/    (●)  (●) \   だとすると、説教された部分を
|       (__人__)    |   ちゃんと改めたってことかお?
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

445やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/22(日) 22:55:10.74 ID:gFjt7120

 そうだなあ…。
まず、今の話をまとめると、寛永九年(1632)当時、
宗矩が忠告されたのは以下の点ということになる。
         |
    / ̄ ̄\    
   /   _ノ  \.  
   |    ( ●)(●)    ....1 : 弟子の取立てでえこひいきがあること。
.   |  ::::::⌒(__人__)     .2 : 十兵衛・宗冬の件で愚痴ったこと。
   |     ` ⌒´ノ      .3 : 挨拶の良し悪しで将軍への取り成しを変えること。
.   |         }.    。 4 : 能のやり過ぎと他人にも能を押し付けること。
.   ヽ        }    / 
    ヽ     ノ   ./  
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)  
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'    
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |    なるほど!
   /( ●)  (●)\  !   !   それぞれ後で直ったかどうかが
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l   わかればいいわけだお!
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /

466やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 21:03:25.80 ID:kJdE9ag0

       ., ──‐、             いや、それがな、
      /     \ 
.     .|     _ノ  ヽ           「その1 : 弟子の取立てでえこひいきがあること」
     |     ( ●) (●)         「その3 : 挨拶の良し悪しで将軍への取り成しを変えること」
     |       (__人__) , -―ーっ
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄     この2つについては、実はこの沢庵からの指摘以外、
.      ン         } ゙| ̄'|       他に宗矩への批判を裏付ける史料が無いんだ。
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  | 
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'  |        その点に於いて言えば、
| |  /   /    r_____/       そもそもこの批判自体の信憑性に
| | /   /      |i.             微妙なところがあるんだよ。
| | ( 〆⌒'──r─≒、.          
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\     というと?
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

468やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 21:08:00.78 ID:kJdE9ag0

                   沢庵自身も書いている通り、
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)   
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)     「~か様の事有之由」
 |    (─)(─)  /;;/      「~成さるる由」
. |    (__人__)  l;;,´     
  |     `∩_ノ)━・'        とあるだろ?
.  |     |_ノ         こいつは今の言葉で言えば、
 /ヽ    |  |_        
 |  \_/ ノ ヽ         「~というように聞きました」
 \     /_|  | 
 | \ /  _/         ということなんだ。

                         .     ____
                             /      \
                            /_ノ  ヽ_.  \
 つまり、あくまで「世間の噂」に過ぎず、 / (●)  (●)   \
実際にはそういうことは           |    (__人__)      |
なかったのでは、ということかお?    ...\   ⊂ ヽ∩     <
                            |  |  '、_ \ /  )
                            |  |__\  “  /
                            \ ___\_/

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)   まあ、平たく言えばそういう事だな。
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

470やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 21:11:33.94 ID:kJdE9ag0

     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ●) (●)      というのは、当時の宗矩は、
    |      (__人__)  ∫   大身の直参旗本で、将軍家の寵臣…。
    |     `⌒´ノ ∬    それに加え、家光の最側近である酒井忠勝や、
.   ヽ         } | ̄|.    細川、鍋島、伊達などの有力な外様大名とも
     ヽ     ノ |_|)   繋がりがあるという、かなり目立つ立場にあったんだ。
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/    しかも、旗本としては比較的新参だしな。
| |  /  /      |       なおさらだ。
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


 そういや和尚も冒頭で、             
                            .        ___
 「当時官位俸禄世の聞えも美々しく候」         /)/ノ ' ヽ、\
                            .    / .イ '(●)  .(●)\
 って書いてたお。                  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
前にも、宗矩への客が多くて、           .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
和尚が会うのを諦めた、って話もあったし…。  . \ ヽ           /


       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ
     |     ( ●) (●)          そういうことだ。
     |       (__人__) , -―ーっ    実際、仕官や出世を期待して
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄    .宗矩に接近する人間も多かったし、
.      ン         } ゙| ̄'|       .その中に、思うようにいかなかった人間がいれば、
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |       不満不平の一つも出るだろう、ということだな。
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫
| |  /   /    r_____ ∬        ここいらが「噂」の根ではないか、ということさ。
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

471やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 21:14:01.73 ID:kJdE9ag0
     ____
   /      \ ( ;;;;(     つまり、1については、取り立てられなかった奴が
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   
/    (─)  (─ /;;/     「自分が取り立てられずに、
|       (__人__) l;;,´|      あんな奴が取り立てられるのは、
./      ∩ ノ)━・'/       きっとえこひいきに違いない!そうに決まってる!」
(  \ / _ノ´.|  |      
.\  "  /__|  |        とか口に出したのが噂になって、
  \ /___ /       和尚の耳に入った…そういうことかお?


   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)    まあ、そんなところだな。
 |    (─)(─)  /;;/    「弟子の取り立て」って書いてあるから、
. |    (__人__)  l;;,´     剣術の上での仕官や出世絡みが原因のようだが、
  |     `∩_ノ)━・'     .案外、
.  |     |_ノ        
 /ヽ    |  |_         「腕は立つけど、性格に難がある奴より、
 |  \_/ ノ ヽ         .若干腕は落ちても、まともな奴を取り立てたら、逆恨みされた」
 \     /_|  | 
 | \ /  _/        とかいうオチかもしれんな。

475やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 21:18:45.84 ID:kJdE9ag0
                                   ____
                                 /     \
 …それって、本当にえこひいきしてるより .    /       \
タチが悪いんじゃないかお?        .  / /) ノ '  ヽ、 \
風評被害ってとこだお。              | / .イ '(ー) (ー) u|
迷惑な話だお。                .   /,'才.ミ). (__人__)  /
                          .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                           /\ ヽ          ヽ


      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/      まあ、あくまで仮定ではあるがな。
    |  (__人__)l;;,´|      それに、えこひいきの話とは少し違うが、
    | ./´ニト━・' .l      十兵衛の著作『月之抄』の中に、
    | .l _ニソ    }       宗矩が話したという
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__        「免許を出す際の心掛け」
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.    というのがあるんだ。
  ト、_,/.       |、  ヽ   そいつを紹介しよう。
   |         |/  /

477やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 21:23:38.38 ID:kJdE9ag0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 
| ._         .|_|  『師匠之心持之事
| |月|        . |_|   (前略)父云、四つの教へあり。
| |之|        . |_|   主人と子と徳と深き執心の人と、是四つには不残可者也。
| |抄|        .|_|   其のくるる人に、教へとよ云ば、よくに似たれとも、
|.  ̄         .|_|   たからを入れて習ぬれは、あだにせざるなり。
|             |_|   卒爾にもさせぬもの也。
|            |_|   古今伝授も黄金をつむ也。
|________.|_|   云、師道上手のをしへは、本を外さざると也』
└─────── 

         ____
        /     \      これは…免許を出すのは、
      /  u   ノ  \    「主君・子・徳のある人・熱心な人」で、
    /      u (●)  \  あと、宝を差し出してくる人は丁寧に対応せよ、ってことかお?
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/    …えこひいきじゃないけど、
    ノ           \   これはこれで問題があるんじゃないかお?
  /´               ヽ


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \         いや、この頃の剣術指南なんてのは、
 |    ( ●)(●)       大体こんなもんだぞ。
. |     (__人__)       それに、これはあくまで免許についてだからな。
  |     ` ⌒´ノ       仕官や取り立てはまた別の話だ。
.  |         }
.  ヽ        }         ただ、これらの対象外の人間からすれば、
   ヽ     ノ         不満が出たとしてもおかしくはない。
   /    く__,-ュ__     その辺りも噂の種だったのかもしれんな。
   |    ___ 三)
    |    |       ̄  

478やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 21:26:00.95 ID:kJdE9ag0
       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)      まあ、1についてはそんなもんだ。
     |     (__人__)      続けて、同じように微妙な話として、
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \     「3 : 挨拶の良し悪しで将軍への取り成しを変えること」
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )   についても話をしよう。
  /        .   | _/  これも「~というように聞きました」と、
 |         / ̄ ̄(_)   人づての話が元になっているので、
  \   \ /| JJJ (     信憑性という意味では、1と近いところがある。
   \  /   /⊂_)


                       .     ____
 というか、こうなると          ..   /      \
1と3については説教というより、      / ノ '  ヽ、   \
                       ./ (●)  (●)   \
 「そういう噂があるから気をつけろ」 |    (__人__)      |
                       .\   ⊂ ヽ∩     <
 っていう「忠告」と解釈した方が       |  |  '、_ \ /  )
妥当な気がするお。              |  |__\  “  /
                          \ ___\_/


              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \    まあ、そうだな。
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |.  .|  (__人__)  |    ただ、挨拶の良し悪し…、
      〈_L (`ヽ .}  |    `⌒´  ノ   まあ、ぶっちゃけた話、賄賂なんだが、
     l` ( ``/ .  |        }    これに対して宗矩がどのように対応したか、
     ヽ   l  .  ヽ       }.    ある記録が残っているので、そいつを引用しよう。
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ

479やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 21:28:21.94 ID:kJdE9ag0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_|  
| ._         .|_|   【公儀所日常】(萩藩江戸屋敷の記録)
| |公|        . |_|  
| |儀|        . |_|    『同日(寛永十年十二月二十九日)
| |所|        .|_|    柳生但馬守殿へ御案内に参上仕り候。
| |日|         .|_|    御太刀馬代銀一枚持参いたし候。
| |常|        .|_|    右の進物御請引なく、御返進候事』
|.  ̄         .|_|  
|________.|_|  
└───────   

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●     こいつは萩藩の江戸留守居役が、
   |      (__人__)    宗矩への挨拶の際、進物として太刀や銀を持っていったが、
.   |        ノ    宗矩はこれを断った、という話だな。
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ      あと、この他にも、寛永十二年(1635)、
  (.  \ / ./_ノ │    屋敷普請の際に金二百両を進呈したのを
  \  “ /___|  |    宗矩から礼状を添えて返進された、という記録もある。
.    \/ ___ /

                                       ___
                                  /      \
 少なくとも、寛永十年以降の宗矩は、          ./ノ  \    \ 
賄賂云々の批判をされるようなことはなかった、  / (●)  (●).   \
…ということかお?                     |   (__人__)        |
                                \   `⌒´       /
                               ノ            \
                             /´               ヽ

480やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 21:31:07.14 ID:kJdE9ag0

                        まあ、史料を見る限りではそうだな。
                        ただ、全く受け取っていないわけでもなく、
   / ̄ ̄\               ごく常識的な「進物」の類については
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、.  受け取っていたようだ。
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../   実際、当時の武家社会というのは、
  |    ` /       ``77   /   折々の際に進物を出すのが常識だった。
.  ヽ   /          / /   /    .それに下手な断り方をすると、
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /      「当家からの進物を何故断るのか。
   |. \   〈\.\,〉 `,  f        もしや当家に含むものがあるのではないか」
    | . \  (ヽ ヽ `..   |
    |    .\ \      ノ       という具合に、別の問題が出かねないわけだからな。


         ____
         / _ノ ヽ_\
.     / (ー)  (ー)\      …めんどくせー話だお。
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \    お歳暮や暑中見舞いが
    ヽ   L   |r┬-|    |    凄くややこしくなってるような感じだお。
     ゝ  ノ  `ー‐'    /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

481やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 21:33:47.88 ID:kJdE9ag0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      まあ、そうだな。
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)     ただ、宗矩の場合、
  |     ` ⌒´ノ    実際に親交のある大名家がいくつかあり、
.  |       nl^l^l   その縁から取り成しをしたことが、
.  ヽ      |   ノ   噂の元になったのかもしれんな。
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

                            ..         ___
 ん?                         .      /)/ノ ' ヽ、\
じゃあ、賄賂を受け取ったりはしないけど、         / .イ '(●)  .(●)\
仲のいい大名家のために、               .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
取り成しをすること自体はあったってことかお?  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
                               . \ ヽ           /


        / ̄ ̄\         そりゃあるだろ。
      / -  - \       当時の常識的に考えて…。
      |  (●)(●) |
      |  (__人__)  |        大名家が有力な旗本と縁を持つのは
       |    `⌒´  │      そもそもそのためでもあるわけだからな。
       |         .|       .藩の盛衰に関わりかねないことだから、先方だって必死だ。
       ヽ        /       幕府側だって統治の都合上、
        ヽ     ノ        .諸大名との縁はある程度確保しておく必要があった。
      _/     l__    
 __ゝ_/         ヽ       ここまできたら、もう賄賂以前に政治の話だな。
 \___ノ'        ヽ⌒)   .宗矩がそういう立場(有力な大身旗本)にある以上、
                      避け様のないことだったのさ。

483やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 21:37:50.82 ID:kJdE9ag0
         ____
         / _ノ ヽ_\            …めんどくせー話だお。
.     / (ー)  (ー)\         .それを聞くと、1・3については、
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \        それが事実であれ噂であれ、
    ヽ   L   |r┬-|    |        宗矩も承知の上の話だった、ということかも
     ゝ  ノ  `ー‐'    /         .しれないわけかお。
   /   /         \
  /   /            \        …「忠告」を読んだ時、
. /    /         -一'''''''ー-、.     苦笑いする宗矩の顔が浮かんでくる感じだお。
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))


   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \      「沢庵和尚からの忠告!
 |  (⌒)(⌒) |       これには宗矩も苦笑い」ってか?
. |  (__人__)  |
  |.   `⌒´  ノ      まあ、真偽はともかく
.  |        }     偉くなると、どうしたってこういう批判は出る、
.  ヽ       }      というところだな。
   ヽ     ノ 
   /    く        さて、それじゃ1・3はここまでとして、
   |     \       実際の説教になる2・4の話に移るぞ。
    |    |ヽ、二⌒)

484やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 21:42:10.04 ID:kJdE9ag0

                          まず、

         / ̄ ̄\            「2 : 十兵衛・宗冬の件で愚痴ったこと」
       / ⌒  ⌒ \
       |  (●)(●) |          だが…まあ、この件の顛末は、
       |  (__人__) |         本編で語る方が良さそうだから、
          |.   `⌒´  |          詳細はここでは外させてもらうとしよう。
        |        }
        ヽ       }           ただ、結論を言えば、
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \      「十兵衛・宗冬共に、それなりにまともになった」
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \   というところだ。
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                               ____
                             /      \
                            / ─    ─ \
                          /   (●)  (●)  \
 宗矩自身の方はどうだったんだお?   |      (__人__)     |
                           \    ` ⌒´    ,/
                           /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                          /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                         /    / r─--⊃、  |
                         | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●    まあ、この後、
   |      (__人__)   煙草の事以外では特に説教されてないから、
.   |        ノ   和尚から見て問題なかったんじゃないか?
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ     煙草の説教は面白いから、
  (.  \ / ./_ノ │   これはまたいずれ紹介させてもらおう。
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

485やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 21:44:40.64 ID:kJdE9ag0
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \       そもそも、この件については、
 |    ( ⌒)(⌒) 
. |  u  (__人__)        「お前、自分の子供の事、
  |      |r┬|}        そこまで言ってやるなよ…。
  |      | | |}        つーかもう愚痴るな」
.  ヽ     `ニ}  
   ヽ     ノ        と、和尚が辟易したことの文句が主で、
   /    く         宗矩への説教は、そのついでみたいな感じなんだよな。
   |     \   
    |    |ヽ、二⌒)

                                    ____
                                  /^  ⌒  \
 逆に言えば、                        (●)  (● )   \
宗矩がそこまで愚痴を吐ける位、            /⌒(__人_)⌒::::::  \
和尚は気の置けない相手だったってことかお?    |   |-┬r|       |
.                                \  `'ー`        /


       (⊃ ̄ ̄\         まあ、そうなるな。
     (⊃   _ノ  \       自分の嫡男への愚痴なんて、
    (⊃   ( ●)(●)      家の恥を晒すようなもんだからな。
     |     (__人__)       普通、口には出せねえよ。
     |     ` ⌒´ノ 
       |         } \      十兵衛に対し、
     /ヽ       }  \    宗矩がどれだけストレスを溜めてたかは、
   /   ヽ、____ノ     )   本編でも散々語った通りだし、
  /        .   | _/   .それだけに、それを言っても大丈夫な
 |         / ̄ ̄(_)     和尚相手に一気に愚痴が出た…というところかもな。
  \   \ /| JJJ ( 
   \  /   /⊂_)       和尚からすればとんだ災難だったわけだが。

486やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 21:47:56.62 ID:kJdE9ag0
               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |    なるほど…。
   /( ●)  (●)\  !   !   さて、それじゃ最後の4番目だお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /    「4 : 能のやり過ぎと他人にも能を押し付けること」
  \     ` ー'´     //
  / __        /       についてだお!
  (___)      /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \       まあ、こいつはなあ…。
 |    ( ⌒)(⌒)     宗矩が能に熱心で、
. |  u  (__人__)      相当執心していたのは事実なんだよな。
  |      |r┬|}
  |      | | |}       そして、この寛永九年以降も
.  ヽ     `ニ}      こいつは全然直ってないようなんだな。
   ヽ     ノ       この件について、和尚自身の書があるから、
   /    く        そいつを紹介しよう。
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

487やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 21:50:13.55 ID:kJdE9ag0

       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |       【沢庵和尚から細川光尚(忠利の子)への手紙】
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____   『柳生但州、先日は二の丸の御能仕り候とて、
       /   じじい        /ヽ__//   半ばに目をまはし申され、手を引き候て入り、
     /     踊り過ぎw     /  /   /    のり物にて、無性に成り帰られ候へ共、
     /              /  /   /     霍乱にて候故、やがて快気申され、一昨日も罷り出られ候。
    /   ____     /  /   /     去年八月より、此の頃まで能を仕られ候。
   /             /  /   /      其の困、積もり申し候て、気も尽き申すと見え申し候。
 /             /    /   /       去り乍ら、生れ付き強く御座候条、苦しかるまじく存じ候』
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /        (寛永十九年七月十八日付)

       . … .
       :____:
     :/_ノ  ー、\:       …これ、江戸城での能があったから、
   :/( ●) (●)。 \:     張り切って1年も前から練習してたせいで疲れが溜まって
  :/:::::: r(__人__) 、 :::::\:   当日に日射病で倒れた…ってことかお?
  :|    { l/⌒ヽ    |:
  :\   /   /    /:


       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (- ) .   |    ついでにいえば、
     . (人__)  u.  |   その日は乗り物に乗って帰ったけど、
     r‐-、    .   |   後で回復して、また出てきて踊ってたらしいな。
     (三))   .   |
     > ノ       /    これ、今回の説教の十年後なんだぜ…。
    /  / ヽ、 .   /
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|

490やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 21:52:33.17 ID:kJdE9ag0

          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\    この他、寛永年代に
          |  (⌒)(⌒) .|   幾度か宗矩が能を演じた記録は
        !  (__人__)  |   「徳川実紀」にも載っているし、
          , っ  `⌒´ u. |   逸話でも、宗矩と能についての話があるくらいだ。
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /     だから、この4に関してだけは、
      i レ'´      ヽ    ありのままの事を説教された、と見ていいだろうな。
      | |/|     | |

                                     _____
                                   /ノ  ヽ \
 余所の大名家に押し掛けて          .      ,(● ) (● ) \
そこで能を勧めたりする事はどうなんだお?      /⌒(__人__)⌒:::::::::\
本当なのかお?                 ....    |   |r┬-|       |
                                \   `ー'´     /
                            ⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
                              \ ヽ  /         ヽ /
                               \_,,ノ      |、_ノ


   / ̄ ̄\        まあ、外部からの推測に過ぎない1・3と違い、
 /   _ノ  \     この場合、現に家に押し掛けられた大名がいたから
 |    ( ー)(ー)    文句の一つも出たわけだろうからなあ…。
. | u    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ     沢庵の書き方も、
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ    「諸大名衆へ押て参られ、能を勤められ候事」
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \    と、実際に起きたことを元にした風の文章だし。

494やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 21:54:45.63 ID:kJdE9ag0

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \      まあ、無理矢理勧めたことについては
 |  (⌒)(⌒) |     後の記録がないからわからんが、
. |  (__人__)  |      ただ、十年後の相変わらずのハマりっぷりを見るに、
  | u  `⌒´  ノ
.  |        }       「偏に病と存じ候なり」
.  ヽ       .}
   ヽ     ノ       と怒られた能好きは全然直ってないみたいだし、
   /    く        そっちも直ってなかったりするかもな…。
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\          とりあえず押し付けはよくないお。
    / ∪  (__人__)  \        これじゃただの迷惑な爺さんだお。
    |      ` ⌒´    | 
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   なんていうか…これはフォローのしようがないお。
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /   イメージとしてはこんな感じかお?
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

495やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 21:56:57.97 ID:kJdE9ag0
=柳生但馬守、大名家に押しかけるの巻(イメージ)=

            _-─― 、.
           _´        ヽ
         /           ヽ
         匚二=-    u  ゛l     万府守様!
        │  _ ..        │   但馬守様がまた来ました!
            l  /   ̄二=-  │
         l    ̄ ̄     /
          }          /
          \      ノ│
            `  彡;:;:;:;:;:;:\
               |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\
              |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`
               /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
             l:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`
            │:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`、
            |:;:;:;:;┌─:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
            |:;:;:;:;├─:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;}
            {:;:;:;:;│:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
            {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;}
            |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;}
             不労謝意無家家臣1

          | |  |
          | |  | 
 i、        _, -!--'-  、      ,'i て
_!\  _,  '          丶   //  そ
\  ` ー---=ニニニニニニ=-`ー'  >
ー'=----- 、------t'^tー-----,-t----~=-
   i | |ヽ、_,,//i i \,  ノ | | |      えー、但馬守殿がまた来たの?
    | | |     | |.   ¨   | | |     もう能はいいって言ってるのに…。
    | | ト、.     ! |    r:| | |
、  .| | |:::i    ん、_,,ふ   .i:::| | |   ,
. ` ー=====ニニへ,_ へニニ======-ー'
   | | |::::! < -ー-ー-> .|:::| | |   
   | | | u   `>-=-く   .|__| |
   レ'> 、___    ,,,,   .,__ノヽヽ、|
   `-ミニリ| \_i;;;i  // ヽへ <
     /::/:{ヽヽ   V   / /::::ノ:::::\
      不労謝意無万府守

497やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 22:00:04.66 ID:kJdE9ag0

 │ ̄>┬。‐。┬< ̄│
  |/   | 。 。│  \│
  /  ノ | 。 。│ ヽ 〈
 イ  ・   ̄ ̄  ・  │   やだなあ…。
 │∪    。     |   あの方、教えるって言ってる割に、
  ヽ   (二人二)  ノ   最後は自分が踊ってるんだもの…。
    >ーーーー<
   / |  r ゙⌒ヽ ヘ
  │、_二ニ) 〇 (_ 」
   ヽ   ヽ _ ノ ノ
 不労謝意無家家臣2


       __/⌒_ i i
     /     .゙|_|  ̄`ヽ
    f  ||||||||         ゙i
    |  、____________________,|,
    |ミ≡≡≡≡ ≡≡=彡
    |  | :| =ノ  ゙i、= || |     本当にねえ…。
    |  | :| u   ,、,.〉  || |    でも、あの方は上様のお気に入りだし
.  ー‐|─|‐抂─ノ‐v-、‐刊┼─  あんまり強く断れないんだよねえ…。
   /\.| :| } `ヾ`ー''フ. f|| .|ヽ   あーあ…。
  /    ヽ ̄\__fff__/ ̄ \
 |      ゙i   ヽ jjii /  /   ゙i

498やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 22:02:23.72 ID:kJdE9ag0
                   ___
                 ./'´    ''ヽ、
                / ∧      |ヽ
               .|<○>    |. |     おう!
               |__V__   |. |    今日も能の素晴らしさってやつを
              (____゚)  |/|    教えにやってきたぞ!
                丶 ∥      / |    さあ、早速やるぜ!
                 ', ∥     ノ ̄|
                 ヽ|    / !  ^l、
                 ,ヽ イ   !  ヽ、
              , イ |   イ 〃 ,〃 ノハ`r==、― 、_
        ,イ「 ̄`v'´   {{    , 〃-――=、  /八ヽ ヽ  ヽ、
      /  {{ /  ̄ ヾ `((::))´        ヽ       ヘ   ヽ
     /  /ハV       〃     ヽ、     i        !〃|
    i    /     -={!       》      |        | /
    |    i        {!     -==ニ==、-T―- 、    イ
    ヽ  /|         !           /i    _ ヽ、  ヽ、
   /    ヽ、__ / {` ‐- 、___ /  ト==<   ヽ   i
  /{ /      人 i'´  }     ヽ  /,へー‐ 、      i i〃 |
  i  /  ==-==/ヽ {  丿_    ノー/{  ヾュ_ `i , ィ‐-- ,j  |  |
  | i   ==" /ヽ、ト 〉'´ {   `ヽ〈  ハ ヽ     V‐'´ヾ{⌒ `   i
 ∧ !     /  ヽヽ{、_ j、    } iヘ `  ヽ、      ヾ、   {
 レ      {     }  r'  } `‐- {  ヽ` 、ヽ  ‐=ァ=        ヽ、
/  ヽ    |    ├-―┌――‐┴--入 ヽ   〃  `---―'´   〉
|    }   }|    「「|  ̄ |{ ̄|{ 「| ̄ ̄| | 「` ̄ ̄ ―==   ヽ、.  /
                柳生但馬守


\         / ̄ ̄ 冂|           /       /
  \       / _,、 -┬┼┼┬┬ 、   /     /
   \    イ_/l│| │││││| ト、 /   /
丶   ミ≧=l_|_|_|⊥レ┴┴┴┴ 「」_|_|,>=彡/ 
  丶 ≧三三三三三三フ厂「三三三三三≦  
`ヽ、  丶/   | | \__// |\_//| | |   
   `丶│   | |    ̄  ′ l   ̄  | | |   
- 、_  │   | |      u   l   u  | | |    は、はいっ…!
    ` │   | |   u    〈_, _|   u | | |   (あー、やだなあ…)
 _ -  │__|_ト、___,=≦」│≧=_,イ」_|__ 
´     │  ̄| | ̄|「 ̄<二、_,二> ̄|| | | ̄  
    / 」   | |  ||   \__/ u || | |   
  / /│   | |  || u  / ̄\    || | |   
/  / │__|_|\____,从,___||_|_|   \
  /  / ̄「| ̄  ∨////∧Ⅵリ ////  ̄\  \  `ヽ、

=終わり=

500やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 22:04:43.63 ID:kJdE9ag0
       ____
     /      \
   / ─    ─ \    …自分でイメージ出しておいてなんだけど、
  / -=・=-   -=・=- \  これ、本当に迷惑な人だお…。
  |      (__人__)  U  |  怒られて当然だお。
  \     ` ⌒´     /


    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |   (…確かに迷惑な爺だろ、こうして見ると…)
. |        |
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |

502やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 22:07:55.28 ID:kJdE9ag0

         ___         あ、そういえば、説教の最後に
      /)/ノ ' ヽ、\      
     / .イ '(●)  .(●)\      「上唱は猿楽の様に申し候由」
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |     ってのもあったけど、
  . \ ヽ           /    これはなんだお?


              
   / ̄ ̄\       正直、そっちはよくわからん。
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |    ・ 能の謡を猿楽のように謡った
. |  (__人__)  │    ・ お上(将軍家or重臣)の唱を”猿楽の様だ”と言った。
  |   `⌒ ´   |
.  |           |     この二つの解釈があるんだが、
.  ヽ       /     宗矩の性格的に考えて、後者のようなことを
   ヽ      /     .口に出すとは思えないので、前者じゃないかと思うんだが…。
   >     <
   |      |       まあ、ここは「~由」と、「~と聞いたが」という伝聞なので、
    |      |       なんとも言えないんだがな。

553やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/25(水) 21:30:31.49 ID:p118vio0


   / ̄ ̄\           4つ目についてこんなところだ。
  / ノ  \ \         あと、ついでだが、この忠告文の最後に
 |  .(●)(●)  |
. |  (__人__)  |          「心こそ心迷はす心なれ 心に心心ゆるすな」
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)
.  |        |    .) ;;;;)    こんな歌があるんだが、宗矩は自身の解釈も加えた上で、
.  ヽ       }   /;;/    この歌を『兵法家伝書』で引用している。
   ヽ     ノ   .l;;,´     (外伝その3・前編3の>>606
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ        この忠告分も含めて、
. \  ""  /_ノ  |       沢庵からの教示と認識していた、ということかな。
   \ /___/


       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \     説教されてもタダでは起きない、というところかお。
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \   しっかりしてるというか、腹が据わっているというか…。
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

554やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/25(水) 21:33:55.76 ID:p118vio0

 さて、その辺を踏まえた上で、この沢庵からの”忠告”を見直すと、
ここで取り上げた四つの内訳は、大体こんな感じになるかな。
         | 
    / ̄ ̄\        ...【噂に対する”忠告”】
   /   _ノ  \.      .... 1 : 弟子の取立てでえこひいきがある、という噂への忠告
   |    ( ●)(●)     .... 3 : 挨拶の良し悪しで将軍への取り成しを変える、という噂への忠告
.   |  ::::::⌒(__人__) 
   |     ` ⌒´ノ       .【宗矩の愚痴に対する”説教”】
.   |         }.    。   2 : 十兵衛・宗冬の件で愚痴ったことへの説教
.   ヽ        }    / 
    ヽ     ノ   ./   ..【事実に対する”叱責”】
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)     4 : 能のやり過ぎと他人にも能を押し付けることへの叱責
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'  
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

         ____
         / _ノ ヽ_\
.     / (ー)  (ー)\      1・3が「世間でそういう噂があるから気をつけろ」という忠告で、
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \    2は説教とはいえ宗矩にも同情の余地があるにしても、
    ヽ   L   |r┬-|    |    4は「お前のそういうところは良くないから直せよ!」というものだから、
     ゝ  ノ  `ー‐'    /     確かに「叱責」って感じだお。
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

504やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 22:12:11.99 ID:kJdE9ag0

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |    まあ、なんにせよ、
. |  (__人__)  |   沢庵がわざわざこういうことを書くこと自体、
  |   ` ⌒´  ノ    宗矩に対する思いやり、と見ていいだろう。
.  |         }
.  ヽ        }    事実、心配だからこそ敢えて書いた、と
   ヽ     ノ    和尚自身も言ってるわけだしな。
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

                                  ____
                               /      \
 それだけ仲が良かったってことかお。       /─    ─  \
まあ、確かに人を…それも友達を怒るのは  / (●)  (●)   \
結構気を使うし、そう思うと、          ...|    (__人__)      |
宗矩はいい友達を持てたってことかお…。   \   ⊂ ヽ∩     <
                              |  |  '、_ \ /  )
                              |  |__\  “  /
                              \ ___\_/

     / ̄ ̄\
   /     ⌒  ⌒
   |    ( ⌒)(⌒)     そういうことだな。
   |      (__人__)    その後の交流を見るに、
.   |        ノ     最後まで仲は良かったみたいだし、
    |      ∩ ノ ⊃    こういう関係は羨ましいもんだな。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

506やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 22:14:19.66 ID:kJdE9ag0

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |         さて、忠告も含めた『不動智神妙録』の解説と、
. |  (__人__)  |         「活人剣・治国平天下の剣」への影響については
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)   こんなところだ。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/    …だがな、実を言えば、
   ヽ     ノ   .l;;,´     この『不動智神妙録』自体も
. /    ∩ ノ)━・'      武道史において重要な伝書と言えるんだ。
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

                 ..         ___   ━┓
                         / ―  \  ┏┛
                        /  (●)  \ヽ ・
                       /   (⌒  (●) /
 それはどういうことだお?      /      ̄ヽ__) /
                    /´     ___/
                    |        \
                    |        |

     / ̄ ̄\
    _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
   .( ●)( ●)  ..| / |   ああ。
   (__人__)     .|./   /   実を言えば、『不動智神妙録』は、
    i⌒ ´ .r-、  |/  /   「活人剣・治国平天下の剣」の禅における礎というだけではなく、
    {     ヽ, ',. .,/ :/',    それ単体でも、武道に大きな影響を与えている、ってことさ。
    .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
     .ヽ . |   / , --'i|
     /   {  V , --ヘ
     |   ヽ  L| r= |

507やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 22:16:35.52 ID:kJdE9ag0

        / ̄ ̄\
      / -  - \
      |  (●)(●) |
      |  (__人__)  |   というのはな、『兵法家伝書』と違い、
       |    `⌒´  │  この『不動智神妙録』は、
       |         .|  かなり世間に出回っているんだよ。
       ヽ        /  
        ヽ     ノ   
      _/     l__   
 __ゝ_/         ヽ  
 \___ノ'        ヽ⌒)


         _____
       / '⌒ヽ  ; '⌒゙\       ||  ||
      /        ∪     \      ||  ||
    /   /´  `ヽ/´  `ヽ   \     o   o
   /    (    ●ll●    )   \
 /      ヽ_   _ノヽ_  _ノ    ; \   ええっ!?
 |  ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪  .|  .そうなのかお!?
 |  ∪      `┬─'^ー┬'′  ∪    |  .てっきり柳生家の秘伝書だと思ってたお!
  \          |/⌒i⌒、|          /
   \ ∪    !、__,!    U  /
   /       、____,,      \
  /                        ヽ
  |  、                 ,   |

509やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 22:18:17.28 ID:kJdE9ag0

    / ̄ ̄\          いや、事実、ある程度の時期までは
  /   _ノ  \        柳生家の秘書として扱われていたらしい。
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)        例えば、正保二年(1645)五月十二日、
   |     `⌒´ノ       鍋島能直(元茂の子)に与えられた
   |   ,.<))/´二⊃      『兵法之書(不動智の別題)』の奥書に、
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉        『右此一巻者(は)柳生但馬守平宗矩兵法之奥蔵也。
''"::l:::::::/    __人〉         多年令懇望而写之畢(たねんこんもうしてこれをうつさしめおわんぬ)』
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、    とあるから、少なくともこの頃までは、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!  「柳生家の秘書」として認識されていたと見ていいだろう。
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|


                          ____
                        /      \
                       /ノ   \   \
 じゃあ、                ./ (●)  (●)   \
「世間に出回った」っていうのは  |    (__人__)      |
どういうことなんだお?        .\   ⊂ ヽ∩     <
                       |  |  '、_ \ /  )
                       |  |__\  “  /
                       \ ___\_/


      / ̄ ̄\ ( ;;;;(     
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)      ああ、どういう経緯があったかは不明だが、
    |  (●)(●)/;;/       その後、『不動智神妙録』の写本が世に出回ったようなんだな。
    |  (__人__)l;;,´|       
    | ./´ニト━・' .l        そのことを記したものとして、一気に年代が飛んで、
    | .l _ニソ    }        ほぼ二百年後の弘化元年(1844)、
     /ヽ、_ノ    /        沼田藩士・工藤行広が書いた
    __/  /    ノ__        沢庵和尚の伝記『万松祖録』に
  / /  /       `ヽ.      次のような記述がある。
  /´  ./       ,.  ヽ. 
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

510やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 22:21:05.52 ID:kJdE9ag0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_|  
| ._         .|_|   『世に和尚の書し剣法の一書あり、
| |万|        . |_|    神明録、石火機、不動智などと表題す。
| |松|        . |_|    是なん柳生公の為に書きしものとか聞く。
| |祖|        .|_|     (略)
| |録|         .|_|    そは和尚が宗矩公に与へし不動智のうち、石火の機の弁の中に
|.  ̄         .|_|    「又右衛門と呼ばれて」と云々』
|________.|_|  
└───────  

         ___
      /)/ノ ' ヽ、\       二百年後…つまり幕末も近い頃だお。
     / .イ '(●)  .(●)\     随分時間が飛びすぎなんじゃないかお?
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |    それに、この記述だと、
  . \ ヽ           /   単に表題がわからないだけにも見えるお?


                                  / ̄ ̄\
 おいおい、よく読めよ。           .     /  ヽ、_  \
「又右衛門と呼ばれて」と、        .....    (●)(● )   |
内容について記述してるだろ?      ..    (__人__)     |
                               (`⌒ ´     |
 これは「石化之機」の項を読まないと   .      {          |
わからないことじゃないか。              {         ノ
つまり、工藤行広は『不動智神妙録』を    mm   ヽ      ノ
読んでいたってことだよ。          . (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                               ̄ ̄ ̄|    |

         ____  て
       /     \ そ
      /  \    /\     あっ…!
    /    (○)  (○) \
     |      (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

511やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 22:26:56.54 ID:kJdE9ag0

                     更に言えば、
      / ̄ ̄\ ( ;;;;(     この「万松祖録」を書いた工藤行広の
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)     藩内での地位は不明だが、
    |  (●)(●)/;;/      まず、柳生家と縁のある人物ではないと思われる。
    |  (__人__)l;;,´|      
    | ./´ニト━・' .l        逆に言えば、そんな人物でも、
    | .l _ニソ    }        普通に参照できたくらい、
     /ヽ、_ノ    /        「不動智神妙録」は広まっていた、ということだ。
    __/  /    ノ__       
  / /  /       `ヽ.      他にも、さっきの「兵法之書」の他、
  /´  ./       ,.  ヽ.    「剣術法語」なんてタイトルのものもあって、
  ト、_,/.       |、  ヽ   写本だけに内容も違っていたり(※)と
   |         |/  /    色々とバリエーションがあったらしいな。

     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\      ふーむ…。
/    (●)  (●) \   すると、一体いつくらいから
|       (__人__)    |   世間に広まったんだお…?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

 ※ 例えば、柳生家に現存する『不動智神妙録』の写本には沢庵からの忠告文がない、など。
   なお、『不動智神妙録』の原本は行方不明。

512やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 22:28:27.01 ID:kJdE9ag0

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |    調べた限りだと、少なくとも、
. |  (__人__)  |   沢庵の死後から四十年経った天和三年(1683)の頃には
  |   ` ⌒´  ノ   それなりに広まっていたらしいな。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    
   /    く 
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

 
         ____  て
        /     \ そ
      /  u   ノ  \    そ、そんなに早く広まったのかお?
    /      u (●)  \ 
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ

514やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 22:30:37.23 ID:kJdE9ag0

        / ̄ ̄\
      / -  - \      ああ。
      |  (●)(●) |     貴直流という流派の開祖に
      |  (__人__)  |     稲垣十郎兵衛貴直という武芸者がいるんだが、
       |    `⌒´  │    この人物が『不動智神妙録』を批判したのを、
       |         .|     門人の湯川久右衛門が聞き書きした
       ヽ        /     『儀理之評判』という書物があってな。
        ヽ     ノ    
      _/     l__       そいつができたのが
 __ゝ_/         ヽ     天和三年だったってわけだ。
 \___ノ'        ヽ⌒)


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\    批判ってのは、どういう内容なんだお?
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

515やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 22:37:51.58 ID:kJdE9ag0

       (⊃ ̄ ̄\ 
     (⊃   _ノ  \        例えば「無明住地煩悩」のうち、
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)       『向ふから打つとも、左から打つとも、
     |     ` ⌒´ノ       右から打つとも、打つ人にも、打つ太刀にも、
       |         } \      程にも拍子にも、卒度も心を留むれば、
     /ヽ       }  \     手前の働き、みな脱け候て、
   /   ヽ、____ノ     )    人に切られ申すべく候』
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)     この部分に対して、
  \   \ /| JJJ (      「これは沢庵が兵法を知らぬからだ」と批判したそうだ。
   \  /   /⊂_)


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\ 
/    (●)  (●) \   どういうことだお?
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

516やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 22:39:53.53 ID:kJdE9ag0
      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)    稲垣が言うには、
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|      「兵法は拍子というものが大事で、
    | ./´ニト━・' .l       この敵が打つか打たないかの拍子を
    | .l _ニソ    }        よくよく習い覚えて、すかさず打つのが「先前先機」という。
     /ヽ、_ノ    /        このような拍子の事を心得ないのでは、兵法上手とは言えぬ」
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.    ということだそうだ。
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /


 …なんだおそれ?                               ____
そもそも和尚は僧なんだし、『不動智神妙録』自体、          /     \
「不動智」の重要性と「剣禅一致」を説くのが主眼だお?.    /       \
拍子の件は、宗矩が『兵法家伝書』で            .  / /) ノ '  ヽ、 \
色々書いてるから和尚が書く必要なんてないし…。     | / .イ '=・=  =・= u|
                                 ..    /,'才.ミ) (__人__) /
 なんだか筋違いの批判な気がするお。         ..   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                   /\ ヽ          ヽ


   / ̄ ̄\          まあ、批判の妥当性については
 /   _ノ  \        この場合、割とどうでもよくてな。
 |    ( ●)(●)      問題は、
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ        「宗矩の死後、僅か四十年程度で、
.  |         }         将軍家とも柳生家とも縁のない一般の武芸者ですら、
.  ヽ        }         『不動智神妙録』を読むことができた」
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ    というところにある。
   |    | ̄ ̄ ̄     それくらい早期に広まった、というわけだな。

517やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 22:42:37.69 ID:kJdE9ag0

         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)         そして、世に広く広まった『不動智神妙録』は、
        |     (__人__)         武芸者達に大きく影響を与えて、
          |     ` ⌒´ノ
        |         }          「此書一度見れば、一度だけ上達するなり」
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,         とまで評されたそうだ。
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |        先の批判にしたところで、それだけ
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__     「剣禅一致」の僧としての沢庵像が広まっていた証左とも言えるしな。
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ    
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|      「剣禅一致」を広めたという意味では、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l    『不動智神妙録』は、それ自体が
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ    武道史に大きな影響を与えた書だった、ということさ。
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/


        ___
      /      \
   /          \  
  /   ⌒   ⌒   \   やっぱり沢庵和尚は大したもんだお…!
  |  /// (__人__) ///  |
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ

519やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 22:45:12.81 ID:kJdE9ag0

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |      それと、あと、沢庵が兵法を説いた書には
. |  (__人__)  |     実はもうひとつ『太阿記』という書もあるんだ。
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }      こいつも原本が所在不明の上、
.  ヽ        }     そもそも宗矩に与えられたかどうかもわからないんだが、
   ヽ     ノ      とりあえず、写本は現存しているので、
   /    く       存在が確認できるシロモノだ。
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

                      .      ____
                          /ノ   ヽ_\
                         /(● ) (● ) \
 そっちはどういう内容なんだお?   / :::⌒(__人__)⌒::::::\
                       |       ̄      |
                       \             /


       ., ──‐、              ざっくりと言うと、『太阿記』は、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ            「仏法から見た兵法者の在り方」
     |     ( ●) (●)
     |       (__人__) , -―ーっ     について説いているのが特徴というところかな。
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄     『不動智神妙録』が
.      ン         } ゙| ̄'|
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |         「仏法と兵法の一致」
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'  |
| |  /   /    r_____/         を説いているのとは少し違う感じだな。
| | /   /      |i               全部解説すると長くなるから、
| | ( 〆⌒'──r─≒、.           特徴的なところだけ紹介しようか、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

522やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 22:47:47.34 ID:kJdE9ag0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_|  『兵法者は勝負を争わず
| ._         .|_|   蓋兵法者、不争勝負。不拘強弱。
| |太|        . |_|   不出一歩。不退一歩。
| |阿|        . |_|   敵不見我。我不見敵。
| |記|        .|_|   徹天地未分陰陽不到処直須得功』
|.  ̄         .|_|  
|             |_|  (蓋し兵法者は勝負を争わず、強弱に拘わらず、
|            |_|   一歩も出でず、一歩も退かず。
|________.|_|   敵、我を見ず、我、敵を見ず。
└───────    天地未分、陰陽到らざる処に徹して、直に功を得べし)

     ____
   /      \
  /  ─    ─\      結構聞いたことのあるような話だお…。
/    (●)  (●) \    「武道家は勝負にこだわらない」とか
|       (__人__)    |    その辺りの元ネタかお?
./     ∩ノ ⊃  /    
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


   / ̄ ̄\         まあ、冒頭が漢文だから、
 /   _ノ  \       引用って可能性もあるけど、
 |    ( ー)(ー)      ひとまず、『太阿記』はここから始まる。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ       しかし、初っ端から
.  |       nl^l^l    「兵法者は勝負を争わない!」とか言い出すのは
.  ヽ      |   ノ     相変わらずの沢庵クオリティだよなあ…。
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

523やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 22:50:25.59 ID:kJdE9ag0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_|  
| ._         .|_|  『夫通達者。不用刀殺人。用刀活人。
| |太|        . |_|   要殺即殺。要活即活。
| |阿|        . |_|   殺々三昧。活々三昧也』
| |記|        .|_|  
|.  ̄         .|_|  (夫れ通達の人は、刀を用いずして人を殺し、刀を用いて人を活かす。
|             |_|   殺すを要さば即ち殺し、活かすを要さば即ち活かす。
|            |_|   殺々三昧、活々三昧也)
|________.|_|  
└───────   

      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ●)  (●)      これまた聞いたことのあるような話だお…!
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ    でもこれ、そもそもどういう意味なんだお?
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     ああ、こいつについては
. |     (__人__)     後で沢庵の解説が入る。
  |     ` ⌒´ノ    次を見てくれ。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄

524やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 22:52:31.73 ID:kJdE9ag0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_|   『通達人者とは、兵法通達の人を云ふ。
| ._         .|_|   不用刀殺人とは、刀を用いて人を斬ることをせねども、
| |太|        . |_|   人皆此理に逢ひては、おのれとすくみて、
| |阿|        . |_|   死漢となるが故に、人を殺すの必用なきなり。
| |記|        .|_|   用刀活人とは、刀を用いて人をあひしらひつつ、
|.  ̄         .|_|   敵の働くに任せて見物せんと己が儘なり。
|             |_|   要殺即殺。要活即活。殺々三昧。活々三昧也とは、
|            |_|   活さうとも、殺さうとも自由三昧なりとなり』
|________.|_|  
└───────   

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }   つまり、
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !   「達人の前では、敵は身動きすら自由にならなくなるから、
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l    そのまま放っておくこともできるし、適当にあしらうこともできる。
  |     |r┬-|       |  /    活かすも殺すも自由自在である」
  \     ` ー'´     //
  / __        /       ってことかお?
  (___)      /


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)     まあ、大体そんなもんだな。
.   |        ノ    ちなみに、ここでいう「通達者人」ってのは、
    |      ∩ ノ ⊃    所謂「不動智」を得た人、くらいの意味だ。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

526やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 22:54:43.16 ID:kJdE9ag0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 
| ._         .|_|  『斯く自由を得たる兵法家は
| |太|        . |_|   尽くの大地の人が寄りて謀るとも、
| |阿|        . |_|   なんとも為すよう有るまじとなり。
| |記|        .|_|    (略)
|.  ̄         .|_|   世界に並ぶものなしの云う事にて、
|             |_|   謂ゆる天上天下唯我独尊なり』
|            |_| 
|________.|_| 
└───────  

       ____
     /      \       …で、その達人の境地に達すれば、
   / ─    ─ \     天上天下唯我独尊って…。
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |    なんだか”アレ”が頭に浮かぶんだお…。
  \     ` ⌒´     /

527やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 22:58:06.69 ID:kJdE9ag0
   ._,iill''''"'''';;i、      ミミ巛巛ミミミ巛ミミミ巛巛彡彡ミ巛彡  _,,,,,./   _  
 .,l!~  ._..-''´;;;;`''―‐:、,,,.'ミミミミミミミミ巛ミミ巛巛ミ彡彡彡彡 -''''"゙゙-、 \/
 '! .,i'":;;;'.;ミ´;..;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;´゙'',ミミミミミミミi''''''''ヽ彡彡彡彡 /゙;;;;;;;;;‐;;.;;;;;;;:;ヽ,  ゙''、
 .| !;:::;:;;;_'."..;.;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;.;;.;゙lljlj.iil彡-イ   .'l- !; l...、f〃;:;;;;_,i;;;;;;;;;/ ;;;;;;;;;;.ヽ  . i./
 .!,/;;;;;;;;;;;:-;;;;;;;;;:;:;;..;;;;;;;;;,..;..;;;;;;;;'゙|../   ゙' Y'′  |;;; ̄";;;;..;;;;゙::::::;;;;;;;;;;;.;;;;;;;;:;:;ヽ `.l.
\.lレ;;;;;;;;;....゙'.;..;;:;:;;;;;;;;;;;;..´ー.;;.;;;;..;;;;'!゙!、   .゙l゙   .,/;;;;;;;;;...;;;;.;;.;::;:;../ ;.;;;;;.;;;;;;;:;:;.;;.l  ゙l/ 
  .!;;;;;;;.."ヽ.;.;:;:.;;..,,_,.;゙ゞ;;i./ ;;;;;;;,./ '|    l    /  ;;;;;;;;;;;;.;::..;:.、;;;;'、.;;;;;;;;;;;;;:;;;;;}  .l、   殺
   !;;;;:;;.iiレ=,゙;;;;fi、、`''-..,,.‐;;;;、l  i     |   ,/  .、.;;.....、;;;;.;:.'./ ;;;;、;;.;;;;;;.;;.;'l  ,ii     々
  .ヽ,;:;;';.l,illゞ;゙'ii、ヽ,. ..、 `'、リ ゙'l! : 'l゙'、,,,、l,,,,,,,丿  ;'!;,i‐ --,,,,,,,,,;'ll>、.;;;;.;.;;;;;;;.|,, ゙‐'    三
    `'i..,,、|l \ `\`ヽ,゙ヽ、..l ゙l;  ヽ   | . l′/i   /_.ノ゛/ ./;;;;;;;;;..'.;/        味
     .|.,゙ll´゙゙lll, \ .`-,,`--ゞ゙,゙..`_ゝ,_,|__ / /;./  ̄-─-_ />;;;;;;;;.!         さ
     !;.;:|li、 ゙゙ヘヾ- `-!'".._,,....,,,   l  ._i it二゙"''ゝ─-ー三,..!゙l;;;;;;;;;;;;'l'       せ
     .゙'ll!゙.'ヘ_   .`゙゙"'―''' ̄    \ |..‐~   .´`゙¨'ーー'''''゙~    .i;;;;;;;;l.       て
       ヽ.:;;;`'-iii、      ,__.     |゙. 、  ___           ,iノ/`゙'''i:::i       も
        ゙l;;;;;;;;;;;;;;;>;;;;!.l!⌒  .`''''''! ̄!" .`´   `゙゙'―--‐l〃;;;;;;l゛   ゛       .ら
        ゙|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!        |l'           `'''!llll`-;;;;;;;!           う
            !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i,          ||           '/;;;;;;;;:;/           ぜ
         ゙ー;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'|'' ̄''' ̄'''' ̄|l'!゙'" ̄ ̄ ̄'''!;;;;;;;;;;;;;;;;..;|            !!!
               \;;;;;;;;;;;;;;;;;! 、_.   .l!       ,/;;;;;;;;;;;;;;;./   ← アレ
             `''i;;ヽ、;;;;;;;;;;;;;゙;;i_,,| _,,,,,..i;;;;''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
               |ヽ;;;`''ヽ;;;;;;;;;;;:::::|.;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;:::::::i
                ,/ヽ≡二三三/l!llllllニ'!'~゙'三≡≡三二、
           .,.i:;;;;丶:;:;`''-,;;三≡三三三三≡=二三,./ .::、
           / ;./ ;;;;;;::;;;;;;;`.l!!-=三≡......ニ;ミi三≡-'";.;;;;;;;;;;;;l
        : ,/;;;::;:;;;;;;;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;:;;:;;;:;:;;;;:;;::;ー、,,
      .,/;;;;;;;;;;;;;;;;,i、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、;;::;;;:;;:;;:;:;:;:;:;::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;:;:;:;:;:;.;;,;.\
      .../ ;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;::::;;::;:;;::;;::;:;:;;:;:;:::::::::::::;::;;;;;;::;;;;;;;;;;;;:;:;;:;;;;;;;::;;:;;;;;;;;;;;;..;  \
     / .;-'、;;;;.;...;..;::;;:;;;:; l;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;;;;;;;;;;;::;;;;;::;;;;;;;;;;;;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;-;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
    / ;;:;;丶;;;.;;;;;;..;;;;;;.'';;;;;;;;;..;;;;;;.;;;;;;;;;;; ";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';.;;;;;;;;;;;;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;..;;;;;;;..;:ヽ
   |;;:._....;;;;;;.,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;,, _;;.;.;;;;;;;..;;;;;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;;;;;;;.;;';;;;;;;...;;;;;;; ‐ヽ丶;;;..;;;;;;;;;;;....;;;;;;;.;;;
           「斯く自由を得たる兵法家(やる夫イメージ)」

528やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 23:00:19.70 ID:kJdE9ag0

      / ̄ ̄\
    /ノ( _ノ  \       だから「通達者人」って言ってんだろ!
    | ⌒(( ●)(●)     これは(多分)違うッ!
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''|
    / ⌒ヽ     }  |  |
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\ チガウノッ!?
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
       .|             三三三三三三三三三 ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
         \       , '´        し/..     | J
          \     (           /      |
            \    \         し-  '^`-J

529やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 23:02:16.57 ID:kJdE9ag0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 『太阿は天下に比類なき名剣の名なり。
| ._         .|_|  是の名剣は、金鉄の剛きより、玉石の堅きまで、
| |太|        . |_|  自由に伐れて天下に刃障になる物なし。
| |阿|        . |_|  彼の無作の妙用を得たる者は、
| |記|        .|_|  三軍の元帥も、百万の強敵も、
|.  ̄         .|_|  是れが手に対ふるもの無きこと、
|             |_|  猶彼の名剣の刃に障るものなきと一般なるが故に、
|            |_|  此の妙用の力を太阿の剣と名づくるなり』
|________.|_| 
└───────  

       ., ──‐、
      /     \            さて、続きだ。
.     .|     _ノ  ヽ          ここで表題の「太阿」が出てくる。
     |     ( ●) (●)
     |       (__人__) , -―ーっ     ここでいう「太阿」というのは、
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄     仏法で言う「太阿の剣」の事を指す。
.      ン         } ゙| ̄'|        まあ、何でも切れる剣の象徴とでもいうところか。
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'  |        で、「無作の妙用」…つまり「不動智」を得れば、
| |  /   /    r_____/        太阿の剣で切れないものがないように、
| | /   /      |i              誰にも妨げられない働きが出来る、ということだな。
| | ( 〆⌒'──r─≒、.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\      …結局それって、言ってることは
/    (●)  (●) \    『不動智神妙録』と一緒なんじゃないかお?
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

530やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 23:04:31.53 ID:kJdE9ag0

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_| 
| ._         .|_|  『学之者莫軽惣(これをまなぶものけいこつかなれ)とは、
| |太|        . |_|   此の剣の妙理を学する者は、
| |阿|        . |_|   たやすく粗相なる観念をすることなく、
| |記|        .|_|   高く精彩を励まし、切に工夫を着けて
|.  ̄         .|_|   片時も怠ること勿れ(なかれ)となり』
|             |_| 
|            |_| 
|________.|_| 
└───────  

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \       いや、この『太阿記』の場合、
    (⊃   ( ●)(●)      『不動智神妙録』と違い、兵法者(剣士)に対し、
     |     (__人__)      兵法(剣)を学ぶ上での心得を示して終わるんだ。
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \      「剣を学ぶ者は、
     /ヽ       }  \      簡単に粗雑な考えを持つことなく、
   /   ヽ、____ノ     )     心を気高く保ち、修行を怠らないように」
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)     というところだな。
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)


             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \     なるほど…。
      /( ●)  (●)\ )    『不動智神妙録』は、宗矩宛だから、
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\    それに必要な分だけ書いてた感じだけど、
    |    (⌒)|r┬-|     |    こっちは不特定多数の読み手を想定した感じだお!
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /      うまいこと結論に持っていったわけだお。
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

531やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 23:06:58.71 ID:kJdE9ag0

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/       まあな。
    |  (__人__)l;;,´|       『太阿記』は『不動智神妙録』と比べると
    | ./´ニト━・' .l       些かマイナーだが、
    | .l _ニソ    }        そこで説かれている説は、
     /ヽ、_ノ    /        やはり「武道」に通じる内容になっている。
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.      畑違いの兵法で、これだけのものを
  /´  ./       ,.  ヽ.    二本も書けるってのは、やはり大したもんだよ。
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\       しかし…『不動智神妙録』の方は大体わかるけど、、
     / .イ '(●)  .(●)\     この『太阿記』はどういう経緯で書かれたんだお?
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

555やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/25(水) 21:35:15.65 ID:p118vio0


   / ̄ ̄\
  /  ノ  \\         そいつはわからん。
 |  .(●)(●)  |        ただ、推測ではあるが、寛永十三年(1636)、
. |  (__人__)  |        将軍家主催で「沢庵に話を聞く会」というようなものがあり、
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)   ここで宗矩が家光の命により、
.  |        |    .) ;;;;)  「沢庵と兵法についての話をせよ」と言われている。
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´     そして、この時の話を、書にまとめて提出した、
. /    ∩ ノ)━・'      という記録が残されているから、
 (  \ /|_ノ ヽ       可能性として、この時の書が『太阿記』なんじゃないかと思う。
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/


   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)    あと、『兵法家伝書』の記述を読むと、
 |    (─)(─)  /;;/    『不動智神妙録』だけではなく、『太阿記』の内容とも
. |    (__人__)  l;;,´     リンクする部分がいくつかあるんだ。
  |     `∩_ノ)━・'
.  |     |_ノ          …もしかすると
 /ヽ    |  |_        『不動智神妙録』と合わせて渡された可能性も
 |  \_/ ノ ヽ       あるかもしれないな。
 \     /_|  |
 | \ /  _/


                   ふーん。
        ____      でも、ネットや資料で調べてると、
      /      \    「太阿記は小野忠明に与えられた」って説が
     /  ─    ─\   ちょこちょこあるけど、そっちはどうなんだお?
   /    (●)  (●) \
    |       (__人__)    |   ___________
   \      ` ⌒´  ,/   .| |             |
   ノ           \   .| |             |
. /´                   | |             |
 |    l              | |             |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、    .|_|___________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニニニ   _|_|__|_

533やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 23:13:20.00 ID:kJdE9ag0

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \      それについては、
   |    ( ー)(ー)    何でそんな説がまだあるのか俺の方が知りたいよ。
.   |     (__人__)    正直、史料を見る限りでは、
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }       「それはない」
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ      という結論が妥当だと思うんだがな。
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

     ____
   /      \
  /  ─    ─\      あらま、言っちゃったお。
/    (●)  (●) \    ちなみにその論拠はどの辺にあるんだお?
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

534やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 23:16:07.97 ID:kJdE9ag0

   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \      だって…沢庵の初上府は
. | ( ●)(● ) |     .寛永六年(1629)…紫衣事件の時だけど、
. |  (__人__)  │    忠明はその前年の寛永五年(1628)に
  |    `⌒´   |     死んでるんだぜ?
.  |           |
.  ヽ       /       それまでの事績を見る限りでも、
   ヽ      /       忠明と沢庵に接点はないし、
   >     <        そうすると、相手が死んでるんだから、
   |      |       与えようがないだろう?
    |      |


         ____
         / _ノ ヽ_\
.     / (●)  (●)\      …なるほど。
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \
    ヽ   L   |r┬-|    |     でも、実は忠明じゃなくて、
     ゝ  ノ  `ー‐'    /     息子の忠常だったとか、そういうことはないかお?
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))


535やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 23:20:25.04 ID:kJdE9ag0

                         それもなあ…。
   / ̄ ̄\                今、紹介した通り、
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、   『太阿記』の文面は不特定多数を
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /   想定した文面になっている。
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../
  |    ` /       ``77   /     もし、『太阿記』が
.  ヽ   /          / /   /     特定の誰かに与えられたものなら、
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./     『不動智神妙録』のように、
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /      それとわかる文章になってる方が妥当だろ。
   |. \   〈\.\,〉 `,  f
    | . \  (ヽ ヽ `..   |        というか、忠常にも
    |    .\ \      ノ       沢庵との接点はないんだけどな。


      _____  
    / ―   \       
  /ノ  ( ●)   \     ふーむ…。
. | ( ●)   ⌒)   |    そうなると、逆に何でこんな説が出たのか、
. |   (__ノ ̄    /    そっちの方が気になってくるところだお。
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

556やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/25(水) 21:38:26.50 ID:p118vio0


        / ̄ ̄\         まあ、ぶっちゃけた話、
      / -  - \      
      |  (●)(●) |      「柳生と小野は同じ将軍家剣術指南役なんだから、
      |  (__人__)  |        和尚の書が二つあるなら、一つずつ与えられたんじゃないの?」
       |    `⌒´  │
       |         .|       というところからの「後世の思いつき」だろうな。
       ヽ        /
        ヽ     ノ        …誰もおかしいと思わなかったのかね?
      _/     l__  
 __ゝ_/         ヽ     
 \___ノ'        ヽ⌒) 


          ____
       / ノ  \\       いや、一応、同じ将軍家剣術指南役ってのは事実だし、
      / (●)  (●)\     なら、同じように「剣術の書」を与えられても、おかしくない、
    / ∪  (__人__)  \    …って思うのはそれほど変でもないと思うお?
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

537やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 23:26:54.48 ID:kJdE9ag0

           / ̄ ̄\             それって剣の視点だけでしか見てないじゃねえか。
         /   _ノ  \          沢庵は、「剣禅一如を説いた僧」って以前に、
         |    ( ●)(●)         そもそも「宗矩の友人」なんだぜ?
         |     (__人__)          
         |      `⌒´ノ            現代で例えれば、
          |         }           同じ会社の社内のクラブで
          ヽ        }      (     コーチもやってる取締役部長と係長がいて、
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )   部長の古い友達の坊さんが、
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (   何故か部長にあげたのと別のものを用意して、
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)   一面識も無い係長にもあげた、と言うようなもんだぞ。
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁    
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|    そんなことがあると思うか?
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |   おかしいだろ、常識的に考えて。
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   ! 


     ____       
   /      \      
  /         \       …やらない夫、
/           \    現代に例えると、ミもフタもないお…。
|     \   ,_   |   
/  u  ∩ノ ⊃―)/     まあ、十兵衛の逸話の時と同じで、
(  \ / _ノ |  |     「剣禅一致を説いた沢庵和尚」という評判が
.\ “  /__|  |     確立した後で作られた話ってのは、ありそうなことだお…。
  \ /___ /    

538やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 23:29:02.46 ID:kJdE9ag0

             ま、ともあれ、ちょっと延びたけど、
            今回の話はこれで終わりだ。
            これでやっと外伝の終わりが見えてきたなあ…。
      / ̄ ̄\
     /   ⌒  \
     |    ( -)(-)
.      |     (__人__)                         / ̄ ̄ ̄\    まったくだお…。
      | u.    `⌒´ノ                    /_ノ  ヽ.   \  なんとか次で終わらせたいもんだお…。
      |         }                     /(-)  (-)    \
.     ヽ       |                     |   (__人__)  u   |  これからどうするお?
   _/⌒ヽ     ィ                       \          /
  i'⌒゙l |   l       \                    / ̄         ̄ ̄)___
  |  |. |   |       ト \                    / //        /'./ / 〃 ⌒l.
  |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、 _____/⌒\./         /   し'_|;;;;;;;;;;;;|
  |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソ,),) ̄`ヽ ̄⌒ヽ|,),)ソ .l'⌒゙l  ( ゙̄^  ヾ  /⌒ l\ /   |⌒゙|;;;;;;;;;;;;;|
  |        l  .| y  |_ィ   |  .| |  |──=`──‐/  /────|   |;;;;;;;;;;;;;|
  |        |  .|.|   |  |  |   | |  |         ノ_  /       |   |;;;;;;;;;;;;;|
  |        |   |___|  |__|  | |  |        iヘ__ソ         |   |;;;;;;;;;;;;;|
  |_______.|___(__゙)__{___゙)_|__|__|_______ ̄_______.|__|;;;;;;;;;;;;;|

539やる夫で学ぶ柳生一族(外伝その3・後編4)2009/11/23(月) 23:31:04.01 ID:kJdE9ag0

 そりゃお前、カラオケに決まってんだろ!
俺はまだ1曲しか歌ってないんだからな!
腹ごしらえはパセラでハニトーにするぞ!
                            それならやる夫も受けて立ってやるお!
        / ̄\                80年代しばりで朝までやるんだお!
 ,---、  /     \   ,----、
 |   l |        |   |    |     ,---、  __     ,----、
 ゙|  l' |       |   ヽ  /     |   l /    \  |   |
  |  | |         }   l  |     ゙|  /        \ヽ  /
  |  | ヽ       }  /  /     | |           l  |
  、  \_     ノ  / /      | \        /  /
   \       '---´ /        、  \       ´ /
     \         ィ            \         ィ
      |       |              |       |
      |       |              |       |
      |       |              /          |
      |   l\   \            /    / |   |
      |   |  \   |          /   / |   |
      |   |   /  /           \   ヽ, /   /
      |   |  <   ヽ            \__/〈    ヽ
      L______ヽ  \_/                `゙‐-‐'"

【やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その3・後編4「活人剣・治国平天下の剣、その礎(沢庵・不動智神妙録)」】完

関連記事
[ 2018/03/08 12:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する