FC2ブログ

やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その29「寛永九年の諸々」

680やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:03:15.21 ID:1i67a2o0
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレです。

【今回のメイン柳生 : 柳生但馬守宗矩(やぎゅう たじまのかみ むねのり)
             .柳生主膳宗冬(やぎゅう しゅぜん むねふゆ)】

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |        柳生家の当主にして幕府惣目付、
. |  (__人__)  |        そして徳川将軍家剣術指南役、柳生但馬守宗矩だろ。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;).  常識的に考えて…。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/


    / ̄ ̄\
  / ⌒  ⌒ \
  /.  (●) (●) ヽ    柳生家の三男、主膳宗冬でございます。
 .|   (__人__)  |   又十郎は幼名です。
 .|    `⌒´   |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ

685やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:07:33.42 ID:1i67a2o0

【寛永九年(1632)時の柳生一族系譜】

  大膳長永
     :
  <柳生家>
     :
    ├─────┐
  柳生永珍   中坊源専
     :
    ├─────┐
    家厳      重厳
    |    (七郎左衛門)
    |     (松吟庵)
    ├─────────────────────────────────────┐
    宗厳                                                     妹
  (新左衛門)                                                    .|
   (石舟斎)                        【江戸柳生】                  <幸徳井家>
    ├───┬───┬────┬───────┐                        |
    厳勝   久斎   徳斎     宗章          宗矩                       友景
  (新次郎)             (五郎右衛門).     (又右衛門)                     .|
    |                            (但馬守)                       |
    |   【尾張柳生】                   |                         |
    ├────┬────┬────┐        ├─────┬────┐         |
    純厳    利厳.     妹     厳倚      三厳      友矩     宗冬      .友種
   (久三郎)  (兵庫助).         (権右衛門)   .(十兵衛).    (左門)   .(主膳)
           |                   (幼名:七郎)        (幼名:又十郎)
           |
           ├─────┬────┐
          .清厳      利方     .新六
        .(新左衛門)  .(茂左衛門)


686やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:08:36.93 ID:1i67a2o0

【第1部(その1~11)のあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の領主、柳生新左衛門宗厳は、上泉伊勢守秀綱創始の新陰流の正統を継ぎ、
後に名を石舟斎とあらため、その剣名を天下に上げた。
しかし、長男新次郎厳勝の不具廃嫡、豊臣家による所領の没収、
新次郎の長男、久三郎純厳の死など、柳生家に辛く重い苦難が襲い掛かる。
だが、徳川家康の招きに応じ、「無刀取り」を以って家康に指南を請われた際、
末子・又右衛門宗矩を推挙したことで、再び柳生家にも光が差す。
その後、関が原の戦にて徳川家に味方したことにより、柳生家は旧領を回復する。
更に、家康が幕府を開き、後継たる秀忠を二代将軍とすることで、宗矩は将軍家剣術指南役となった。
そして、柳生家の家督を宗矩に、新陰流の正統を兵庫助に継がせた石舟斎は、
慶長六年(1611)、78年の生涯に幕を閉じたのであった…。

【第2部前編(その12~24)のあらすじ】
 石舟斎の死後、宗矩は正式に家督を継ぎ、新たなる柳生家の当主となった。
またその翌年、柳生庄にて宗矩に待望の嫡男・七郎…後の柳生十兵衛三厳が誕生する。
そして、大坂の陣による豊臣家の滅亡、一代の英傑・徳川家康の死を以って、
戦国の世は完全に終りを告げ、新たな時代「江戸時代」が始まる。
その世において、柳生家は二つに分かれる。
将軍家指南役となった宗矩の「江戸柳生」、尾張徳川家指南役となった兵庫助の「尾張柳生」である。
宗矩は「坂崎事件」を見事解決するなど、一剣術指南役の枠を超えた才を発揮し、
また、三代将軍家光の指南役ともなることで、柳生の権威を確立させた。
同じ頃、兵庫助は「直立たる身」の工夫を編み出し、尾張藩主・徳川義利へ新陰流正統四世を相伝する。
そして時は寛永に移り、尾張においては後の柳生連也斎厳包こと新六が誕生、
江戸においては十兵衛が小姓を致仕するなどがあったが、その末に、遂に宗矩が諸大夫成を遂げる。
「柳生但馬守宗矩」がここに誕生したのである。

【第2部後編(その25~28)のあらすじ】
 晴れて但馬守となった宗矩だが、知己の沢庵和尚が紫衣事件の件で罪に問われたため、
その赦免のために奔走したものの、その努力も空しく、沢庵は配流となってしまう。
それから三年の時が過ぎた寛永九年(1632)の一月、
大御所・秀忠の逝去で幕を明けたこの年より、三代将軍・家光の親政が始まった。

 この国の最高権力者となった家光は、宗矩に対し、
「我が剣の腕を上げよ。さもなくば…」と最終通告を投げかける。
それに対し、宗矩は沢庵の助力があれば成し遂げられると言い、沢庵の除免を申し出る。
そして除免された沢庵の力を借り、宗矩は遂に真の大将の剣、『活人剣・治国平天下の剣』を確立。
これを家光に教授することで、更なる家光の信任を得る。

 そして、この寛永九年の末、宗矩は新設の役職「惣目付」への就任を
家光より申し渡されるのであった…。

687やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:10:43.60 ID:1i67a2o0
 寛永九年(1632)十二月十七日、
宗矩は新設の役職「惣目付」への就任を命じられ、これに就くことになった。
時に宗矩、62歳…。

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|    
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ      但馬、それに井上、秋山、水野。
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ    頼むぜ、俺をガッチリと支えてくれよ?
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ     
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、
           徳川家光


            /⌒`"⌒ヽ、
           /,, / ̄ ̄ ̄\
          /,//::       \       ははっ!
         ;/⌒'":::..        |⌒ヽ
       /  /、:::::...       |ヽ_ \
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、 /⌒`ー'⌒  )
    ━━━`ー──ゝィソノ-ヾy_ノー─━━

689やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:13:27.60 ID:1i67a2o0

         / ̄ ̄\
       /    ⌒ ⌒
       |    ( ●)(●)    時に上様、
       |     (__人__)    ひとつ御尋ねしてよろしゅうございましょうか?
         |     ` ⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }      ん?なんだ?
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }     俺の今宵の予定が知りたいのなら、
  ヾ|!   ┴'   }|トi  }     左門の奴に聞いてみるといいぜ?
    |! ,,_      {'  }
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_


691やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:16:05.44 ID:1i67a2o0
       / ̄ ̄\
     / _ノi||i\ \
     | (-) (-) |    いや、そうではなく、
.     |  (__人__)   |   この「惣目付」のお役目は何か、
      | u `⌒´    |   改めてお伺いしたく…。
.      |        }
.      ヽ       }    なにせ三ヶ月半ぶりでございますからして。
       ヽ     ノ
       /     }
       .n:n    nn
      nf|||    | | |^!n
      f|.| | ∩  ∩|..| |.|
      |: ::  ! }  {! ::: :|
      ヽ  ,イ   ヽ  :イ


    _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、.     
   {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i.        なんだ、そっちの方か。
    ゙l'´゙《   __,,,ゝ:::r、:::::l       まあ、簡単にいえば、
    ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}      
     ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ       「俺の耳目となれ」
     ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、     
      ヽ ゙こ´  /     ヽ、      というところだな。
       ヽ、  /__,∠、    `'-、 
        `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ


                  イ`ヽ、:::::::::::::`:ヽ-、_lllllllllllllllllllll`、
             __,―'´lllll|lllllllll`ヽ、:::::::::::::;;;;;;`ヽ、_lllllllllllll|
            `l ‐-、_lllllllllll|、lllllllllllll`、;;;;;;;ll;;;;;;;;;;;;;;ll`|lllllllllll`l
               `|l|ll|lll`ヽ、llllヽll'‐'´⌒`、llllllllllllll;;lllllll|ニ、lllll|   (三ヶ月半…?
                  |l|ll|lllllllli'´ ̄´ U   `、llllllllllllllllllll|,-、`|llll|    柳生殿は何を言っているのだ…?)
              |l|ll|llllllll|    ,  _,.‐ |ll,、l,lllllllllll|‐ 、/lll/
                  |lト、lllllllll`ー、_ ヽ`-',=iフ.|l|`l|`|l|、l/ー' /llll`l
                || ヽllト、lll`F|    ̄´. || ||ll|llノ i‐' ‐、lll|
               ll  `ヽ、`ヽ| l      l/ | |l||/ `l   |`i、
               |     `ー `し_ ー  /   |l/ /   / 人`、
                      \_, -‐―   /_, -、'`< ノ llllヽ、
┌‐────┐             ,.‐∧―-    / `l  `ヽ`ヽ、ノllllll\-、
│ イノウエ .|           /llllll/llll`、___,/ |  |  `ヽ  ヽllllllllll`ヽ
├───‐─┴────────────────────────
                    井上筑後守政重
               (いのうえ ちくごのかみ まさしげ)

695やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:18:05.05 ID:1i67a2o0
    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }     大御所様が亡くなられた以上、
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<    この天下の主人は俺だ。
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|    だが、それに納得できない奴もいるようだ。
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ      そう、”あいつ”のようにな…。
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\


         / ̄ ̄\
       /    \i||i/
       |    ( -)(-)
       |     (__人__)    ……………。
         |   u. ` ⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

697やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:20:01.29 ID:1i67a2o0
       ______
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|
  |;;;;|       ヽ`        |;;;;;|    この俺は生まれついての将軍…。
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|   故に、大御所様や神君様のように、実戦をヤッてはいない。
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |    だから、心にイチモツを持った連中には、
 |'. (|       彡|          |)) |    この俺が本当にヤれることを信じきれないのかもしれん。
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i
  ヽ_|        `         .|_/.    夜の立ち合いでいいなら、まとめて相手にしてヤるところだが、
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |      まったく残念な話だな。
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |


         / ̄ ̄\
       /    ー ー\
       |   ( -)(-)   (そりゃそっちの立ち合いなら
       | u.   (__人__)    上様にかなう奴なんていないだろ、衆道的に考えて…)
         |     ` ⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

702やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:22:10.70 ID:1i67a2o0
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、      そういうわけなんでな。
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!     .この俺が天下を治めるためには、
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|     俺の出した指示に、連中も含めた皆が従うことが必要だ。
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ      だから、お前たちは俺の代わりに、
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ     諸大名や寄合(大身旗本)、それに年寄をも監察し、
     ヾ、!      !;     ,レソ     .何か不審があればすぐ報告するんだ。
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|       .それが、この俺の「耳目」たる
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、.      お前たち「惣目付」の役目だ。
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、


         / ̄ ̄\
       /    \ /\
       |    ( ●)(●)    …なるほど。
       |     (__人__)    承知致しました。
         |     ` ⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

703やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:24:23.31 ID:1i67a2o0
     イ`ヽ、:::::::::::::`:ヽ-、_lllllllllllllllllllll`、
___,―'´lllll|lllllllll`ヽ、:::::::::::::;;;;;;`ヽ、_lllllllllllll|
`l ‐-、_lllllllllll|、lllllllllllll`、;;;;;;;ll;;;;;;;;;;;;;;ll`|lllllllllll`l
 `|l|ll|lll`ヽ、llllヽll'‐'´⌒`、llllllllllllll;;lllllll|ニ、lllll|     我らも承知致しました。
  |l|ll|lllllllli'´ ̄´     `、llllllllllllllllllll|,-、`|llll|
  |l|ll|llllllll|    ,  _,.‐ |ll,、l,lllllllllll|‐ 、/lll/     (諸大名だけではなく、
  |lト、lllllllll`ー、_ ヽ`-',=iフ.|l|`l|`|l|、l/ー' /llll`l     寄合衆…それに…)
    || ヽllト、lll`F|    ̄´. || ||ll|llノ i‐' ‐、lll|
   ll  `ヽ、`ヽ| l      l/ | |l||/ `l   |`i、
   |     `ー `し_ ー  /   |l/ /   / 人`、
          \_, -‐―   /_, -、'`< ノ llllヽ、
           ,.‐∧―-    / `l  `ヽ`ヽ、ノllllll\-、
        /llllll/llll`、___,/ |  |  `ヽ  ヽllllllllll`ヽ

         i、 ,/f´'´レ=ニ-ァ
        iv' '´, ,-‐=ー'´、
         >-‐=:ーュ、-=ニ`>    同じく。
        ,:i=三= ,! ト,)i、ミ`ミ、  
    rv‐t')</ヾ,==へノ;〈゙ レ、ミ`、   (年寄方の監視まで命ぜられるとはな…。
    /`tj''´i/  `ヽ;-  ,.:'_,.-‐ャ゙`     このお役目、相当なもんだぜ)
   i '´ /    `ーァ、´ ,.-',´.'`=‐ァー--、
  f`iー-|     ,.-'/7'^>'.,' :',:'.'/   ヽ
  |_|__j、  ,:/;':/ i /´.' ,:.',:' .'/      |
  /'    l ,r‐'/;./ レ',:'.; : ' : .,.:'´      !
  |     |,!、_/: ;|  /, ,: , : ; /        /
  ヽ   トi |l|.il| ///,:'.:',i ヽ、_   r'´
  |   ノ ||il:`y'//.',;.:-r' ̄`ー、ヽ、i´
        秋山修理亮正重
   (あきやま しゅりのすけ まさしげ)

              , -──‐‐-、
             / ,-─==-‐‐、\
            / ,,---、  ,,,---、ヽ
            i ''"フ-ァ'ハ ,r‐< i     同じくですぞ。
            |   '`ー゚ 」  L`゚‐'^ |
           __| ,,、--└Li┘---、 |___  (…まったく、責任重大ですな)
          { ti/   /\   \iァ }
           Y    ./´ ̄`\   Y´
          ノ  ∠__/\_ヾ、  ヽ
         / /  /  i  ヽ ヽ   \
        i  /   ,'    i   ヽ ヽ   !
        | i   i     i    i  }    }
    ,.、-‐‐┤ :   !     !    }  ! ノ ノ‐--、,_
,、-''"    ヽ ヽ  ヽ丶   !   ノ ノ  /    `‐-、,_
           水野河内守守信
       (みずの かわちのかみ もりのぶ)

704やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:27:20.36 ID:1i67a2o0
       |  !                        |  |       |
      | │                   〈   !      人
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    |
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !   よし、では改めて頼むぜ。
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′   この日の本の「治国平天下」のためな!
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
    |    `!                    /
    人     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
  ̄ .Y  ̄    |\      ー ─‐       , ′ !
    |       |  \             /   |


            /⌒`"⌒ヽ、
           /,, / ̄ ̄ ̄\      
          /,//::       \     ははっ!
         ;/⌒'":::..        |⌒ヽ
       /  /、:::::...       |ヽ_ \
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、 /⌒`ー'⌒  )
    ━━━`ー──ゝィソノ-ヾy_ノー─━━

 こうして、宗矩を含む四名の旗本は、
最初の「惣目付」(または大監察、大横目)として就任したのである。

705やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:29:27.67 ID:1i67a2o0
   /:.:/:.:.:.:.:.:.:.: .:...:.:.:. .:.:. :.  ...:..:.:.:.:.:.:. :. . . :.:.:. . .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.:|
 _ノ.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.: .:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.::!
.    i:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.}::.::.:.::.:.::.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.::.::.::.::!
.   |:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.::.::.:.|::.:.:.:.::::::.::!::ハ::.::.:.::.::i::.::.:.:.!:.:.:.!:.::.::.:.:.:.:.:.::.::.::.::.リ    さて、出番が決まってから
   !::.::.:.::.::.:!::.:.::.:.::.::{::!::.:.:.::.:l::.:|}'   \::.::.::l::.::.:.:l:.::.:!::.::.:.:.:.:.::.::.::.::.::〈    随分と時間が経っちゃったけど、
    ';:.ト::.::.::.::';:.:.::.::.::.ム:ト、:::::{:ト、レ‐_二._`ヽ:ト::.::.:|::./::.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.::.::ヽ   今回は私が解説をするわ。
      jノ ヽ::.::.::V{::.::.::.!:ャぃ\Y´ /{?j.:} `ン ハ::.j:/::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.::.:}
          \:トぃ::.::.l:〉:}:」 } ヽ.  `"¨´   /ノ:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.::.::.::.:}V   最初は、この「惣目付」という
         }  \::!'::.| ノ         /:.:.:.:. : . :.:.:.:.:.:.:.::.::.::y};ノ   役職についての話ね。
               ∧::.!/         /:.:.:.: . ..:.:.::.:.::,::.:ル'}ノ ′
               /:.:.:バヽ.         /:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.::.::./::/
               ,':.:.:.'.:.::ヘ 、__,,._    ,':.:/ :.:.:.:.:.:.:.::.::./イ___
            i:.:/ :.:.::.:.ヽ ー      {;イ:. :.:.:.:.::.:.::.::/  |:::_レ:`ヽ
             レ/ . .:.:.:.::.::.ハ       _,l:.:.:.:.:.::.::.::.::/ , -'´::.::.::.::::|
           / :.:.:.:.:.::.::/::.:`ァァフ¨´l |:.:.:.::.::.::.!::/-'´:::.:::.:::.:::.:::::::!、
             ;:.:,:.:.:.:.::.::.::.:///:::::::::::i:.:.:.::.::.:/j/.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:/ノ、__
              {〃::.::,イ::.//:::.::.:::::::::|:.::.::.::./::':::.:::.:::.:::.:::_; -'´// ノ}
             !::.::////:::.:::.::::::::::;. !:.::/::/.:::.:::.:::::_; -'´:::-:'´イ:ヘ∠:_」:、
            _」::./-‐/:::.:::.::::::::::/::,!::/レ'.:::.::::;.-'´:::‐'::_; <ゝー'`ー=ミ:へ
          ノ::|/‐/:::.:::.:、:::::::::/:::.::/'´.:::.:::.:/:::'_;,.-‐'´:::.:::.::\ヽ:::.::.::.::.ヘヽ\


           __.、         
          〃ri'j             少佐ー!
          `〈ラソ            ボクもいるよー!
          i´‐::`i      r:;   
          ,.!-- 、:i     j_:i       「あら、いたの?」
          !   i'i-‐ァ<´∴ヽ._ 
          |__j::l'´::::;ゝ‐ 、‐':`ヽ‐ 、 
       __ r〉、__:::_j、 ̄j ¨¨¨jrj=: 、::ヽj   __ 
      /:::::::::::`メ、ト- 'ヽi::iト`ニ´j:,;:=、、、i' /::::::`ヽ
     ,〈::::::::::::::::{i= !‐‐く'::_`ー_":{{ __ j、〉´}i、::::::::::::,:!
     !::!:::::::::::::::|_ノ_,ィ´ __ `Y´:::::ヽ|-r'__,}、:::::::::::|
     ,.i::l::::::::::::::人゛´ _x´ャ=ミ y|/´:::ヽiン:ヽ!:::i:::::::::::::|
   /:::i::l:::::::::::/ァ‐`¨´:{レ'`ー‐i/`:、,.-ュ、i:::::::|ヽ!:::::::::::ノ 

706やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:31:31.29 ID:1i67a2o0
                __r‐、    r-ヽ
            , '´      ̄ ̄`丶|  |
             /. -―― ¬、___,.r‐-|___|         ねえ、少佐。
          /   (C=o        i' ̄l、        そもそも「惣目付」っていうのは、
           ,. --、            __|_「. -- 、    どういう役職なの?
          /r;   }  , ´ ̄`>‐ '"´ー' 〃    ヽ._ _
       弌   / /   /   ,r‐、 、ヽ  ∴  }i`ヽ. ヽ
        l ヽ--' _ {  /    `ー'  ヽ、`ー‐‐' ノ 、)ヽ ',
          /     `ヽ'  r_―;      `  ̄ ´     _ {     _,. -- 、
        / ___     ヽ-― ニニニニニニニニニ ―_- .」  ,.‐'´    ヽ
      //   ヽ     〉 ,r_二._ヽ、_  ,r_´rr>'r ̄`ヽ-.ヽ)イ          ヽ
     ,〃       l    ハ {/ ,r r'´ ̄>_r'斥/ {{ ====}弍´/ヽ        { ヽ
    / l|     |     ! / ∨ {   i´r'r弌㍉t. ヽヽ.__ノ'--' _  l        l. ',
.   ,'  !!       |     !} r_-{___L  ゝ'_,.-'クく`ヽ==7´ , -‐`ヽ{j        l  l
   l   ||       l    ,リ_,. -_''7  `ー-='l___ `7ー- {  /   ,.-ヽ_         l. l
.   l.  ||     l     /-‐''´ヽ '、_    _,ノ--r<__,,ノ ヽ.{   /  Yf´l      l. l
  !   ||.      l    /- .._____ ̄二 r、/     ヽ  `ヽ.__trュv.} ト、     l. |
.  l    ||      l   /┬ー‐.‐ァ--― ''"^´        ヽ     l`ーr‐く_) ヽ.    | |
  l   /||    l  /  ヽ.___¨.ノ                ヽ   l |    ヽ   | |


                ,..ィ´  ̄ ̄ ̄`ヽ、
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
         _/ノ!,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽゝヽ
       /.:.:.:'フ=ァ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ヘ i、ヽゝ:i 
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` '.:.`'.:.:.!       まあ、簡単に言えば、
      i.:.,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,!.:.:.,:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ     「将軍直属の監視役」よ。
      |;'|.:.:イ.:.:.:.:.:i.:.:,ハ.:.i.:.:.:.:|!:|\.:.:.!.:.:.:.:i.:.:i 
       |.:.lヽ.i.:.:.:.|!:i-=ミ、!.:.:.:.|ゝ=-ヽ|!、.:.i.:.:.!      惣目付は後に「大目付」と改称されて、
       ヽ|、:|:\.:|i:|'j5jミ \.:.iラ'j5jヽi'ii.:./.:./     年寄の支配下になるけど、創設当時は
          ヽ,、:ヽ` ̄  ,ヽ  ̄´ /i/|.:/.      まだその辺りが曖昧で、実質、将軍直属だったってわけ。
          //!ー`     i|,     ,i.:|.:|'|
           ./.:i/!ヽ\  .__._.__.   .イ|∧.:.i.        尤も、「大目付」になってからでも、
         | :/.:|:::::::::iヽ. `=´ ,.イ:::|'::::|ヽi       年寄を介さず、直接将軍に言上できたから、
         |イ |ノ:::::ノi  `ー '´ |ヽ::::::i.:.i:|      .立場としてはあまり変わってないわね。
        __..,..i.:|:::|/! \    / i:::::i ,'ト|,、...___ 
  _,. -=ニニ´-‐'´`i:::| |、   >.--<  _,ノ〉:j/====._'`¨>;、
 /-――く     〉、! ヽ> ∧::::::∧<,ノ i:/ | i!    `7´   ヽ
 i     ヽ   |>'´ i` ' /´〈 `'i`ソ<i. i!     /      i

709やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:34:18.86 ID:1i67a2o0
 /::/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.::.:.::.:.::.:.::.:.::.:.::.:.::.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:`ヽ、
./:::::/イ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.::.,...,.::.:.::.:.::.:.::.:.::.:.::.:.:,、.:.:.:.:.:.:}`ヽ.:.:.:ヽ、 
i:::::::::::'イ.::.::.::.::ノ‐ァ.://ー'/.:/ィ_.:/〉.:,v、〈ヽ} ヽ.:ヽ|`_ | ヽ.:.:.:.:ヽ     
|:::::::::::リハ.::.::.:`´:/,.ィ ィ /.:/,    ,'iレ' ,、i:.i  ,_ヽ:ヽ|:`.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.     そして、惣目付(大目付)は、
l::::::::::::':::::|,イ/|.::.,{´.::'´.::´/i/}/,ィ / 'ノ'´:.;ノ:.ij:、ノ.:ヽ|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.i    直参旗本の就ける「旗本役」の中でも、
i:::::::::::::::::::::'::::、/:|.:,.::.::.:/!.::.::./´.1'.::.::,i.::.::.ノ!.:.:.:.:.:.:ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、.:.:|    半ば名誉職の留守居役を除けば、
i:::::::::::::::::::::::::::{::ヽi!.:ハ':リ.::.,ィ.::.::.::.:/:|.::./:::|.i!.:.:.:.:i:::i.:.:.ハ.:,.:.:.:.i|.:i::::i.:.i     実質、出世の頂点と言える役職なの。
i:::::::::::::::::::::::::::::::::::iノ:::::i.::/:|.::.::/:::::/ノ::::::|ハ.:.:.ノ:::ヽ.:!:|ハ.:.:,':}/j、:、:.i
ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|/:::|./:::,イ:/´,.イ::::::::|.:.,.ヘ::::::ソ::::::i./::::::i ヽ:ヘ     これ以上(老中・若年寄クラス)になると「大名役」、
 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'::::::´_,Z7≠x'、j::,イ:::ノ/ィzi:::::::::::::::´::::::ノ   ヽヘ   .つまり、大名にならないと就けない役職だから、
../:,ィ:::::::<{::::::ヽ、:、::::::::::::::::/v/'ブj卞ミラ'ソ::ノrj7r|:::ノ}:::::人::/     ヽ|   この違いを現代に例えてみれば、
 レ' i::::i、::::`:ヽ:::}ヽ!ヽ:::::::::::::Y ┴ -┘ /:/ ゝソ.:!/ |/ レ
   ヽ:|イ::::::::::i`'.::.:.:.:ヽ、i、:::::|`      '´   i l.:.i                大名 : 政治家
   /\\:::::::i.::.::.::.:.:.:.:.ヽヽ:i         ∨.:.:i               .旗本 : 官僚
  i! : : ヽ::ヽ::::ヽ、.::.::.:.:.:.:.:.:ヽ        r,.イ.:.:.:.|
  .|:、: : : ヽ::i:::::::::ヽ}、.::.:.:.:.:.:.:ヽ     ,. -r/.:.:.|!:!`ー 、           というところかしらね。
_」::ヽ : : : :i:|::::::::::::::::ヽ.:.、.:.:.:i、:|    ´ ̄ノ:、i、.:.ii:.i: : : : : :\        だから、省庁の事務次官か長官クラスと思えば
 ヽ`ヽヽ : : :iヽ、:::::::::::::ヽi、.:.i:iヽ、   ¨∧::::i|::!:.|!/: : : : : : : :ヽ       .地位のイメージはしやすいと思うわ。
`ヽ :`ヽ:ヽ、:ヽ:::\:::::::::::::::ヽ.:|:ト、|:ーァ ´| i:::::::::!:|::ヽ : : : : : : :,.イ
::::::::ヽ _:_ヽ:ヽ、ヽ::::\:::::::::::::`::i :Y|/ : :/: j:::::::::`!、|ヽ : : : /: ハ
::::::::::::` < :`ヽ`ヽ〉:::::::\::::::::::::∨i': : :/: /::ヽ::::::|::ij:::::ヽ/:/ / ノ


                     .   , -r---r-┬ァ= 、
 ふーん。              ..  / /└--'   :l/  :li
つまり、今回、宗矩は旗本として   i.入, ---- 、jk __,ノ'
一番上まで昇ったわけなんだ。    `Y r=tロ=┐  i 二 _  
                     .  _ィl_ll○)l呂l:l二i _Y _久
 それで、具体的に           ( _iヽ ω 〃 /ftl⌒ヽ lノ
「惣目付」は何をやるのかな? .  l lノY^Y --イ^ )!_ィ_久
                      レ' . V     V   l_,lノ

710やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:37:45.70 ID:1i67a2o0
.        /                      \
       |                        |
       |                 l ヽ   |    | | |  「惣目付」の主な役目は、
       l         |     /,ハ |   l | | | | | |/
         l       l  //7/ ‐-Vヽ //| | | ///   「将軍家の指示に、諸大名や年寄が
        /l        l j/l ' '、Tッヽ |/イj7////      従っているかどうかを監察する」
      / |        l  l     / ', |//'
     /  ヽ         l l        ,冫l′       ことにあるの。
   , イ    ヽ         l l    __ _ / l
二二 丶       ヽ       N    `二´/  l        大御所・秀忠が亡くなったことで、
    \\     \     |\    /   |      将軍による親政を行なうことになった家光が、
\     \\    ヽ    |,//>― ′  |      自身の統治方針に皆が従っているかどうかを
\ \    ヽ ヽ     ヽ   |/  | 卜、   |      監視する為に作られた役職、というわけ。


                     .       _l Cc ,.、 ̄  cC  |
                           _/´ l   |'¨|      l´ ヽ
                           ヾ j   r.! !---、   l.  r}
 つまり、皆の見張り役、ってこと?      `l    l 「¨|`ヽ |   ` i´
                     .      __ ! _,.⊥L⊥..」_ l     |
 「そういうことね」         .....    /  冫´        `く ̄ ヽl
                        _{  / (_) ,r ― 、(_)   ヽ.   ',
                   , -―-<. Y    /     ',     ヽ._/ ,. -‐‐、
                  /        }1  (_) 、 ∴  ノ (_)   ,ハ´ __  ヽ
                  イ       _トヽ    `ー‐ ´      ノ/'´   `ヽ l
             .    l |       ハ_ト`ニー_--- --- ―_,.ニ´イ       ヽ
             .     l |     {-‐1 __ヽ、,.r,三三、_ ̄_,.-'´ }ム、     ,. -ヽ
             .     | |     / /,r'´_  ヽ r'´ ̄ヽV´,. ―-く `ヽ!    /   l
                 | |   ,.イrノ/´  ヽ. }/ ニヽ. }}=l,. -- 、 }  l    l   |
                 | |  / Yr')i, --、  ,レ{ --- }}'`T′  `l  ヽ    l    |
                 | |  /   rくニヽ レ'  `ー‐ '′ !'´l「ヽ /   ヽ.   l.   |
                 ,ハl /   j_イ、Y'´         〉、l|_,.ィ'}       ヽ.  l   |
                 {.i オ´}  rく'^´_,}`}         ヾ=ヘVノ      ヽ. l   |
                 `Y_ノ  `´ `ー'´                     ', l ⊥.
                                                 l__レ´r, }

713やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:40:07.66 ID:1i67a2o0
    |       //   .: ..:.: ..:,ィ.:     |.        ',
     |    /:/: ..:/:.:,:イ:.:./ .!:.:l:   : |.:.       ト  !
     |     |:.|:.:.:/:// '´  l:.:.!:  .:l:.:ハ:...:. |  |  |. ', |
    ,ノ     !:.l:./|/`/' 、.  /:イ.: ..:./l/ |:.:l:.l.:/ ,ハ |  '|
.   /     V/  ヽTぅ:;、\'_/:.:/ _.. -|:/:// / | /    具体的な職務としては、
  /. :     l     `"‐   /イ/オァヘ /|//|/   /
  |:.:.:.: .:     ',         ,'  `´  /'´l '         ・ 様々な審議・評定の場に陪席しての監察
  |、:.:: .:.:.    ',          |    /   l         ・ 幕府から諸大名への布令の伝達
    V.:.:.:.:.:.    ',      ノ    /    !.          ・ 諸大名(年寄含む)の幕府の法度に関わる物事の監察
-- ..._トヘ:.:.:!.:.   ', ',   -‐‐ 、    /     !.        ・ 諸大名からの届出(病欠届など)の受理
      `ヽ、!:.:.:.  ', !   ´`  ,..:.'´:.: :.  :. !:|.         ・ 殿中での式日の際の監察
       ヽ:.:.:. lV \_ ...ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. :.:|:.!
      ____ヽ:.:. ト、 ∧.  ト、ト、:.:.:|、:.:ト:.:.:.:!:!         こんなところよ。
          ``丶、/  \__ヽ/. V ',:.:!'         後には道中奉行や宗門改の兼任も追加されたそうだから、
                 `丶、    `丶、|/         .かなり多岐に渡っていたようね。
                    \      \

        rォY、ヽ\
        | } 〈 ヘ_ノリ                /´7
        t'^ーヘ_∨              /_ /
          ` ̄rヘ_〉`ヽ        _ ,. -―' 、.}- 、         あれ?隠密は?
          l ー ' ノヽ , '⌒>ニ、7〈  ∴  ヽ..__`ヽ、     
             lー‐ '   ヽ_´_ `゙´ ヽ.`ー- ..__ノ}ヽ、`ヽヽ     柳生で惣目付といえば、
           〉、__,.、  ハ_―-- ..__` ー‐ '' ´ (.ヽ\亠、   「公儀隠密・柳生衆」の出番でしょ?
             f、_  / V  l、 ̄`〃´ ̄ ヽ_‐ ._  `  ヽ、ヽ 
          !  ̄ !  ゙、 }、ヽ {{ `丶 ノ}__` ‐`.丶 (ヽ、i l }
       _   ヽ   ! /´_ノ ! l.{{ヽニ ´イ辷} __`ヽ\' | lイ    _
     /   `丶冫T_7<-'_,ノノ ヽ、__,.ノノ ,r', -―-ヽ ヽ Y´ ,. ‐''´   `ヽ
    /        _ノ、 ̄  `i' ̄ ―=._'´ { { _   }___ノノ`}         ヽ
   / !       l'´  }ニニ=!      `ヽ〉'´___ ヾ. /_/ `l        rl
.  / ,'        r|   /ヽ.__,. -ヘ¨ 二_‐ ._   {/´   `Y l     ト.      ||
 / /       ハ|-‐i'   ノ   `!ー-ー_' `ヽイ   ,r¬ォ、 },ゝ、__l}j        |. |

715やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:42:28.94 ID:1i67a2o0
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
           l :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ィ:.:l:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
            l:.:.:.:.:.:.:.:.:.∠_!/l:.:.:.:.:/ .!:.:.:.:.:.:.:.:.:.l  
              l:.:.:.:.:.:.:/て::lヽl:.:.;:イ-,=l:.:.:.:.:.:.:.:.ト|     いわゆる「柳生公儀隠密説」ついては、
           ,':.:.:.:.:.:.:ト、  /'" .l `"'l:.:.:.:.:.:.:リ     いずれ別に語る予定だそうだけど、
              l.l:.:.:.:.:、:\     '   ル:.:.:/|:!      .まず惣目付について言えば、
           l:l!:.:.:.:.:.:ト、:ヽ ‐- 、   /!:.:.:.l  
            lハ:!,、:.:.:l、 `ヽ  `  //:.:.:.:li         「惣目付の役職の中に
            '´ ヽ;!. ` 、    /:,:.:.:.!ハ!         ”隠密の支配”はない」
                l    ` ー .' lハ/ .V '
               _ノ   ',     .l             というところね。
    ,. -――f"""\     ',   ,' ト、
   /       !:.:.:.: . \` - 、',  ,' ト、:`:..、
  /       l:.:.:.:.:.:.:.:.\  ` ' r‐-!`:.、::`::..、
 ,'        l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ー..、_    l:::::::\` ヾ`::..、

                                _, 、 __
                           r ュ .‐'´∴ ̄   `丶、
                            | |´_  -__―_‐ ニニ ‐-、ヽ
                            l__」´ ̄ー一'  oO)}  `ヽ. _
    えー!?                   |. |''            __ヽ_!
   なんで?どうして!?     ___ , -- 、」..⊥.. __ ∴  ,. -- 、   {  r;ヽ
   つまんなーい!      . - j_/.   ヽ ー`   ̄ ヽ    ヽ  ヽ   ハ
                   /´/ {  ¨    / r‐、    \    }  `ー'´l. l
                 { /rタ `ー--‐''´   ` ´      `ヽ /   ___!. l
                 Y_          _____⊂ニ⊃__  | /    `ヽ
        ,. ―- .._    / == __=__ ̄‐ ̄――   ニニ_  ―_-_>'     , -、ヽ
      _∠      `ヽ、 `ヽ_/´ ヽヽ`ヽヽ 、、  /xくr==、 、-,rく       i    ヘ
  ____rく__ヘヽ_―、¨ ̄ ヽ ̄`く {.== }.}=;= }リ { { /fヽ>r=i´Y  }     |     ',ヽ
  ‘ー'ュf)こ丘}.} }    }   ヽー-__'ノ__ノノノ'――‐{.ヽ.j {  ノ }ヽ_|     |       i|. ',
    ヽヘ</ニ´_ノ    /   /フ` ̄_ニヽ´      ヽ`___´_.∠ヾt:{     |       ll. i
    / `ー'  ヽ `¨^` ー-,t‐ '-ァ‐'´ー`ーr‐―t――‐‐''"--‐'´   ̄´ヽ    |       l!  l
   /      ` ーァ―‐ '|  l      !    `ー―-- ニニ二二´ァヘ    |       l  |
   /       /     |   |    /           ヽ __,ノ  ヽ   |       l.  |

716やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:44:23.56 ID:1i67a2o0
              ,  -‐‐ー-ーr-
            ,,r;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ir,、
          ,/iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii、,
         ノ/iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii、,
          ノリiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,
         ノiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiil,
          ,〉iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii/'""ノ/iiiiiiiiiiiiiiiiill
          ,/リハiiiiiiiiiiiiiiiiiiil 、 ヽソii/リiiiiiiiiiiiiill   つまんないって言われてもね…。
        ,/"  liiiiiiiiiiiiiiiiiil'  ,>、"i, ,liiiiiiiiiiiiiiiil  調べた限りだと、惣目付の支配下に
      ,/    リliiiiiiiiiiiiiル  ‘'゚‘`"/ノiiiiiiiiiiiiハl   いわゆる「隠密」…情報収集を行なう役職は
_,,,,--ーヾ       liiiiiiiリハi      rミ,/iiiiiiiiiii/    なかったようなの。
    \\      lii/リ'      ,,_  lゞ7ii/iiハi/ 
      ヽヽ     ヘ    , ` 、 _,=-' "  リ i'      どうも情報収集については
      i, l `、,,   / \   ,`r'iiiツ            惣目付という「役職」で担ったのではなく、
      i l  l `' <    `lri"iiiハ/.             惣目付に就任した各個人の裁量に
      i l   l、 `' ,   リハii'"              .任されていたようなのよ。
      i,l   ヽ、  `、 
      //     \、  'r、
      レ       `ーJl` 、
      i'          `i l

                                          /:::
    そうなのかー。                     r‐;:      /___, -
                                  |:::ij!     _i_::::::`´
     ……!                        !::_:i     (C9)::::::
                                 「::::`i     ,.i:::::::::::
    ということは、だからこそ            ._j___:::j_ _ / |::::,.-‐
   「柳生衆」を抱えていた宗矩は     ,.. -‐‐<:::,. -,:::::::::::::r〉´  ̄ ` く:
   惣目付(大目付)の代表格として   /     ノ!:`´:::::::::::::::!ヽ、   ∴i
   皆に恐れられていたってこと?   j∴   //:i´`!::::::::::::::::::\ヽ、 _ノ
                         i{`ー '´/::::`:´::___:,. -―- 、‐-‐
                    -- 、   |::` ̄´::::::::::::::::::'---‐/::::::::::::::::::::ヽ、
                 ./::::::::::::::::::`ゝ==========i:::::::::::∴::::::::::::
                 /::::::::::::::,.----<ミヽ- 、ヽ、:::/,r '¨¨i::::::::::,. -―‐-、
           _   .!::::::::::::i´ ヽヽ___ヽii!iヽ`ヽヽ`i   !:::::::/::::::::::::::::::
          <,. -<ヽ __,i...ィ´ ̄:! ̄'j j` ̄´ノリj_ノ,.ノ'´ ̄::`ヽ i:::::::!::::::::::::::::::::
         ,!、,rj‐::Yr_ 、ヽ:::::::::`Y-'―‐='ィ-', '‐- 、:::::::::::::::レヽ:::i::::::::::::::::::::
         :ヽ..ゝ、`ソス‐ノ j:::::::r‐┴―ァ_ノj:'´:::::::::::::ヽ::::::::::ノ ̄ヽヽ:::::::::::::::::
           `´ `´ `「´¨:i¨´   ,.┬_-'¨ヽ、::::::::::::i:::::/    ヽヽ:::::::::::::
                .!::::::::`¨77¨! {´/    i::::::_,.. ィイ      ヽヽ::::::::::

719やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:46:59.44 ID:1i67a2o0
          ,.  ´ ̄ ``丶、
        /        . .ヽ
       /  / ,:/!、ヽ.ぃ   :...:...:.',
         |.l .:|:. l:l:l小ヽ:l:l:| :..:::::::::::|        ま、その辺りについては、
         l:|:l:代川イ.ェャl|:| .:::::l:::::::::|       その「公儀隠密・柳生衆」の存在の是非についても
         ヽ小トヲl′  /l/.::::::l::::::::l|       絡む話だから、また後でね。
          lヽ   ル| :::::::l::::::,小 
         小.'=   jli::::::l::::l:l/j         今回は、「惣目付」という役職が
.          ル!小.__,. ハ|川:l川ハ        どういうものか大まかに知ってもらえれば
            川川リ ,l 'リ川ソ>-、.       それで十分よ。
         乂小/:j /'// : / ̄`ヽ 
            // /: : :/:/.       ', 
            //   /: : : :/:/ i       |
          / /    /: : : :/ :l   l       |
.         /:/    /: : : :/: : l / l    |
.      //  /: : : : : : : / '  !      l
      /: /  /: : : : : :/ / i   l      !
.     / :/   /:/: : :/ :/  l    l    l
    |: :| r、/:/: /_;. ´    , ′   ,l    l
    |: :|}二 、ヽ´ ` ‐--‐'    / l    l
    |: :|}―   \     _,.  -'‐ ´ ̄`` l


      , ┬┬- - -┬┬- 、
     l   ll └----┘ ..ll.  l
     l  _ll_ ----r==!!、 l
     V fo_r=tf二l=_┐_,リY      はーい!
     , -l__二l:l((○)iR;l:l 二__l- 、
   /⌒ヽ └` 3  '┘~ ノ⌒\
   ヽヽ___ ハ⌒l-==-l⌒) 'ィ ___ ノノ
    `T T_l `Y  ̄ T'  l__T T'
     ヒjl   小    イ    ヒjl

721やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:48:50.05 ID:1i67a2o0

 さて、その日の夜…。

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||  .||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 柳 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 生 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``````````````````````````````` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


722やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:50:58.86 ID:1i67a2o0

    / ̄ ̄~\
  / ⌒   ⌒\
  /   (●) (●)ヽ    父上、おめでとうございます。
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃  上様直属のお役目とは、大変な栄誉ではありませんか!
 .|      (_/´  .|
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ
  柳生主膳宗冬
(柳生内膳正俊矩)


   / ̄ ̄\  ( ;;;;(
 / _ノ  ヽ\ ) ;;;;)
 |  ( ─) (─)/;;/
. |   (__人__) l;;,     ……。
  |    ∩ ノ)━・'
.  |   /  ノ´ }    
.  ヽ  / /    }    
   ヽ/ /   ノ

723やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:52:29.33 ID:1i67a2o0
   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |
. |  (__人__)  |          …主膳よ。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)
.  |        |    .) ;;;;)    このお役目、なかなか難しいものだ。
.  ヽ       }   /;;/    そう簡単に喜んでばかりもいられぬ。
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/
                                         ____    ━┓
                                      /   ― \   ┏┛
 何故でございますか?                     .. | ノ  (●). \  ・
先日の加増により、我が柳生家の家禄は六千石。      . | (●)   ⌒) \
それに、この度の惣目付就任によって、           .... |   (__ノ ̄   |
ほぼ直参の頂点と言っていい立場にまでなったのでしょう?  \         /
                                        \      _ノ
 実に喜ばしいことではありませんか。                 /´      `\
                                        |        |
                                        |        |
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)       
.   |     (__人__)           …ふーっ。
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ   
   .l^l^ln      } `‐=   )    (わかっておらぬな…)
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;)
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ

724やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:54:18.38 ID:1i67a2o0
   / ̄ ̄\
  /  _ノ ヽ\
 |     (●)(●)       …よいか主膳。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ ) ;;;;)    我が柳生家の繁栄は、
.  |         }  .) ;;;;)   お前が思うておるより遥かに危うく、
.  ヽ        }  /;;/   .儚いものなのじゃ。
   ヽ     ノ  .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/


   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \/`i
 |  (●)(●)./  リ       上様直属といえば聞こえはいいが、
. |  (__人__)..|  /       言葉を変えれば、上様の威を借り
  |   ` ⌒´ リ  ヒ       お歴々を監視する役に他ならぬ。
.  ヽ     //  ,`弋ヽ
   ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l    そのような者が
   /〈  `ー〈::....ノ   V    煙たがられぬわけがなかろう。
   | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //
    |    フ-、`ー┴‐-〃
         `ー‐一′


     / ̄ ̄\  て
   /    _ノ ヽ そ
   /    (○)(○)     あっ…!
  .|  u.   (__人__)
  .|       |r┬| |
  ヽ      `ー'./ 
  / ヽ       ノ 
  /        く  

727やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:57:00.14 ID:1i67a2o0
     __
    /   \
  / \,  、/\     それでなくとも、上様よりの寵遇により、
  | (●) (●) |   我が柳生家は他家より妬み嫉みを受けておる。
  |  (__人__)  |
  l   `⌒´  .|    それに加えて、今後は下手を打てば
  .l         |   .年寄方や大名衆まで敵に回しかねぬ。
   {        ./    従前にも増して、気を付けねばならぬのじゃ。
   .ヽ      ノ
  /      `ヽ.


    / ̄ ̄\
  /  \  ./\
  /   (●) (●)ヽ     ………。
 .| u.  (__人__) |
 .|      `⌒´  |    (…言われてみれば、父上の仰る通り…。
 ヽ         /     浮かれ過ぎていた…!)
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ

729やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 21:59:07.11 ID:1i67a2o0

                 / ̄ ̄\
               / .\,  、/\     _,,         よいか、繁栄と破滅は紙一重と心得よ。
               | (●) (●) .|     l;l         さながら、立ち合いで刃を重ねた瞬間、
              . |  (__人__)  .|  _,_,|,|_,        生死が分かれるが如くな。
                |    `⌒´   |, ト-=y  丶  
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l       かつての相模守様(大久保忠隣)、
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,      上野介様(本田正純)のことを思えば
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,    得心できるであろう。
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i    近い話では、井上様の一件があったではないか。
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|
   ヽ, ,, i、   _,,tv   /iiiii      ム、 / /  ヽ、ヽ、_x--ー‐- 、
 __,,,l ii Yi___,lk /   }iiiiil    ヘ __,,,,,,___/    `x'"^   ,,,,,   \
     ^ ̄⌒ヽ  ヘ、  ,ノiiiii|、__,,,y,,_,,,/ ヽ、  ,/   ,,,-‐‐ `',,   ヘ,、
   ,,,_  \  ヽ  `>- liiiiiiil ¬">--  ヽ ヽ  i   i/   _,, /   } i
     "- ,,   }  / /iiiiiiil  /      l  l l   lK   ^~'  / |
        \ーヾ  /iiiiiiiil  /        i   i |   |i`'ヽーミ_/  /


    / ̄ ̄\
  /  \  ./\
  /   (●) (●)ヽ 
 .| u   (__人__) |   井上様…主計頭様(井上正就)のことですね。
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

730やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 22:02:26.59 ID:1i67a2o0

 ここで少し話は変わる。
井上正就は秀忠付の年寄として
一時期、相当の権勢を誇った人物であった。

                   ,..- ――― - 、
              ,/{:!i、::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
              /:::ハ{:!i、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
             /:::::::::::{:{、ゞ、:::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ハ
              /::::::::r'´ヽヾ、ヾト、、::::::ヽ\:::::::::::::::::::::',
           /:::::/:/  ヽヾ、\\≦ニ≧:、:::::::::::::::::::!
            {::::/./≦三≧_./r:´  ̄ ̄ヾー゙ヾ::::::::::::!    いやはや、ありがたいことだよねえ。
          ゞ{.// ̄ ̄ `}-‐{ !     ,》--レ⌒ヽ}
            《     .//  ヾ、___//   "/、) };’
            ヾ、___.f  ハ`  ̄ ̄ ´    ノ' ./′
               `i ̄ ´ ヽ       __     `.ノ
                  ',  --―――一ヽ   i`´l、__
               ハ    ー        ,./ ./ l :.\__
                ∧           /  ./ .|:. :. :ヽ`゙`
                   〉、      / /,/  .!:. :. :. !:. :. :.
               ,/ /`T r―‐ ´  /    /!:. :. :..!:. :. :.
               /:. :./:. :..!  \__,.'´      ./ .|:. :. :. ',:. :. :.
         ,.."´:. :. :./:. :. ハ   /三ニ、     /  !:. :. :. :.',:. :. :.
         ,.<:. :. :. :. :. /:. :. ;' ', .∧三ニ/\  ./   l:. :. :. :. _!:. :. :.
      ,/:. :. :. :. :. :. :. /:. :. :.i   ∨ 〉ー〈  ヽ/   ト:、:. :./:. :. :. :.
                  井上 主計頭 正就
             (いのうえ かずえのかみ まさなり)

 例えば、元和六年(1620)、細川忠利の手紙において、正就のことが
「弥(いよいよ)出頭あがり申し候、何も江戸中ほめぬ衆はござなく候事」と記されている。
そして、元和八年(1622)には遠江横須賀五万二千五百石の城主となり、
寛永三年(1626)の秀忠上洛の際には、両番頭も兼ねて供奉する程の寵遇を受けていた。

732やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 22:04:24.90 ID:1i67a2o0
 だが、寛永五年(1628)八月十日、
江戸城西の丸─

     ,,'´   ヽ、
    j′ お   '、    ,,_..-‐ ┐
    /   っ   卜   | r'彡=ニ冖丿
   │   と   /   <ノ´ _..イ'エ\
    |      ,'   _..-l_ l ]!゙□□′
    ヽ、    ./  /" ̄〈tノ 、__丿ニ  ̄ 、    トン
     ゙‐--‐''´,,-ニュ、  ヘ <Tナ´;;;;´^''f`ー丶、
        ,,-''´    /  .. ゙メ , '、;;;;;;;;;;;ヽ、;;;;;;;`''、,
       .|―゛\..-../ ''′ ヽ Vゝ;;;;;;;;;;;;;;;;゙1;;;;;;;;;ヽヽ
        ヾ ̄`'|  |      `'│ ′;;;;;;;;;_丿;;;;;;;;;ヘ;;'ヽ
         ヽ、 | /        ヘヽ、;;_/;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙1;;|
          / | /..........__    /| ` /;;;;;;;;;;;;;;;;__,,,,|../
         ..j⊥ソ〈 ゙′  `′  丿′./ _..-'''''''‐′;;;;ヽ
        '' iに1ヾ       ノ/Eメ'ヤ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,|
          ゙'''⊂」ー-....__  / '、`ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿
              ヽ 、 `"′ ¦ ゙'lj ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_/
               ゙\ ノ    ∟ 〔';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''、
              ..--´'' .ン′ ゙| /''、;;;;;;;;;;;;;;;;丿
            ___r'’../ ̄´    ,,/{;;;;ゝ、;;;;;;;;;;;;;;;\、
           リ  !‐      _-''′ヘ、;;;;゙\、;;;;;;;;;;;;;\、
           `〉'′    _ノ'′    ゙ 、;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;\
            〔    ,,/       ヽ、;;;;;''L_;;;;;;;;;;;_.│
           エ ゙ー..、,/          ''、っ-=て'ゥvニr''゙'、
           ゙゙''-- ゙'′         _ェ仝廴__..l1jト'、..-‐│

734やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 22:06:28.16 ID:1i67a2o0
       ´     /′   _..―─;;;;;;;;;;;;;;;/ ̄
          '、  /   _..‐´;;( ^'、;;;;;;;;;;;;;/
    主     .1 / ..‐';;;;;;;;;;;;;;`''′;;;;;;;;;;/     お
    計     l _レ'' ''、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|      久
    頭     |.′;;;;..‐ 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|      し
    様     │;;;;;丿  」ゝ、;;;;;;;;;;;;;;,─|      ぶ
           l;;;;;;;|   ニ ,,  ̄''‐'"` _│      り
          j′;;;;!  / ̄""_....ェー'Eナl      で
丨        _/ '、;;;;`'ゝ y-l'll ]l}L}ン‐''゙''"'、    .す
  、      /   ゙ー-'j{r」 _t彡 ̄′    ヘ、    な
  `ー-....--‐´     fll!tア´          ゙ 、
             ゙ヾ ..            ヽ_
               ヽ           .,./\
                `ヽ、        |   /゛''ー‐-ー‐''′
                   ゝ、____,r-―ゝ、/′
                        ′  "′
                  豊島信満
               (としま のぶみつ)

       r-' " ̄ ̄~ =- .,_
     r-;' ,;;;;;;;;;;;;    ;;;;;, ヽ、
    / ,;;;;; _,.ハ 、 , , ,,,,, ;;;;;;;, ヽ
 .  / ,;;;;;; リ`"i ハヽ丶ミ ;;;, ;;;;;;;;, ,y
  ,i ,;;;;; リ/ U.ヽリヽ、ヽ , ミ ;;;;;;;;, i
  i ,;;; /-ニュ.,_丶_ヘ,,. -=-ゝ、 ;;; i
  ヽ,..i,i" ~,,..-、 `i-- l~,.- ._~`i l,;;_/
.   i ri.i '´   /l 、 'i.i   ` i/, i     …君か。
   i ヾ-=ー ' .ソ  、~` ー=''i j i     …どうして、こんな……。
 .  ヽ'l     丶    、 u l_,/
     l  ' ー - ─ ─ '  l
     ヽ u.  "~".    イ
       lヽ、      / l
      l :::.ヽ、..._ , -'..:::_,l
     /~` =- .,_ _,. -='" .ヘ
   _.-'´l     /`'ヘ、     lヽ、
-'7´  lヽ   /i   冫   /i  `ヾ-

735やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 22:08:00.24 ID:1i67a2o0
            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

 目付・豊島信満により、白昼の中、正就は脇差にて刺殺される。
なおこの後、信満は、信満を止めようと抱きかかえた青木義清ごと我が身を貫き、
絶命している。

736やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 22:09:24.33 ID:1i67a2o0
                   ,,,,,-_ニ"二_"''‐-:、
                 ,--、-!.i''‐:、ヽ`、ヽ 、  .ヽ
                ヽヽ:、;;ヽ_,,,-ヽヽヽヽi__  |    …兄上。
                 ',',  i'"   ヽ',  .|-ヽ.|   豊島が兄上を刺した原因は
                 i.i、 ヽ、、-tテ|.|| .,'b',!.|   なんだったのか…?
                 'l ヽ, l,|  ̄.|,' | ,' 'i"`.i
                    `:、ー_,,,__  l' ./__ノ,ヽ、
                     /i`:、_,/',、':,\',':,ヽ、
               _,,.. --―'''" ,' ヽ,、 |  ';: ヽ\', ヽ`‐:、_
               ,r‐'‐-:、     ,'  ','、'i     ri `,、.\  `'i-、_
            /    ヽ    '‐:、__ ', '| .i´iヽ,_l゙ `‐'、',,_,..ゝ  ',  ヽ
              /      ヽ    / ', "i ' ,,', 、`i_i、 \  .',  ',
          /       i   く   ', !''i-', 'i-' .>、).  `i  .',  i
            /        l    ',   ',、.'--',"'--'.,'".,!  |  .',  |
         /         ,'    ',   ', `-:、\ ,' ,:' |  |   .|  |
        ,:'           ノ , '    ',    i   `‐`、l/ .|   |   .|  |
       ,:'         /'"     .',   |     |o  .|  .|   ,'   |
      /         ,:'          ',  |     |   |  |   i   |
      r',,   ,,    /!           ',  |     |o  .| .|   |   |
     ,:'-‐   ‐-`-、,:'  ',         ', |     |   | |   .|    |
   /_,,.==:、_   ` ,'    i             ', |     |o   | ,'    |   |
  _,>', , , ,`'''-、  i     |          '|     |,,,,,,,,,,l,'...... -!----:!--―
 _/./-,/-、ir‐、ii ヽ_ノ__,,,,,,!.. ----―'''''''''''''''''''' ̄ ̄
-'-"―'―''''''''''''' ̄

 原因については当事者両名が亡くなった為不明だが、
黒田家と正就の娘の婚姻の仲介をした際、正就が後に変心したせいで破談になったことを恨んだ、
信満の加増、及び堺奉行への出世の話に正就が反対して流れたからなど、様々な噂が流れた。

 余談ではあるが、宗矩と共に惣目付に就任した井上正重は、この正就の弟である。

737やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 22:11:24.69 ID:1i67a2o0

   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /   _ノヽ_ヽ   ) ;;;;)
 |    (●)(─)  /;;/    …権勢に驕り、
. |    (__人__)  l;;,´    人の恨みを買うようなことがあれば
  |     `∩_ノ)━・'     そのような最後を迎えぬとも限らぬ。
.  |     |_ノ        よくよく心がけねばならん。
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ        お前も肝に銘じておくがいい。
 \     /_|  |
 | \ /  _/


    / ̄ ̄\
  /  \  ./\
  /   (●) (●)ヽ
 .| u.  (__人__) |    ははっ!
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/            ヾ

738やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 22:13:22.41 ID:1i67a2o0

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)   それにの…。
.   |     (__人__)  このお役目は、そもそもの発端が発端じゃ。
    |     ` ⌒´ノ  諸大名も年寄方も警戒するに決まっておる。
   .l^l^ln      }       
.   ヽ   L     }        );;;;;;)
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ


     / ̄ ̄\
   /       \
   /   _ノ  \ ヽ
  .|    (●) (●) |    父上、お役目の発端と言いますと…?
  |    (__人__) .|
  ヽ     ` ⌒´  /
  /   ヽ     ノヽ
 ./ /   ∩ノ ⊃|  |
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
  . \ /___ /

739やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 22:15:12.00 ID:1i67a2o0

        / ̄ ̄\
      /       \    決まっておろう。
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |  …駿河大納言様のことよ。
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

741やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 22:17:32.55 ID:1i67a2o0

 さて、ここで再び話が変わり、一人の人物の物語となる。

        //./         \レ      、   、  \
        / / /       ,-''  ヽ,|,,-   -、 \ヽ  ヽ、  ヽ
       / / /    , /  / /  ̄ヾ/'''"  .\  ヽヽ ヽ   \
      / ./      //  / / /ヾ、 彡=、      ヽ ヽ,   |ヽ
      | "      //  | / ∠ミミゞム//\         、  |ヽ
      | ,      ||      |  ̄| ̄\ ̄ ヽ,   、   |  .|   |ヽ、
      | ||.| || | .|  | ||    .|  ||   \ ヽ、 |ヾ  | |  | | | | ||
      |||.|.| ||| || || |.| .|.|  | |  |    \ | | | | |、| | | |.| .|.||||
      ||| ゝ-、|||||| ||||.| || ||| |  | |    丶.|.|| | || | |.| |.||r-、||||
      ヾΥ,, \| |ヾ|| | ヾ|.||.| .|  | .|  ,-  \|| | |ノ、|| | ||,-、|-'"
       ヽ| | .>,ヾ-》|ヾ||\ヾ|ヾ|、 ヽ| ./   ,-||v|ノノ|||ヾr'/、 ||
        .| /入└'\-、,,|||、ヾ、  |   ,/ ,,j||ノフ'''-"/<- ./
        >、ヽ-ヽ,  .\ (ヽ。_''、__j |ヽ,,/,-''フ"./   /ξ/ ノ
       //>、 ''ヘ   '''-二',,'7'┴-┴ヘ二''''"   ./  /
\    ////'''''''ヘ  -'''''''''''''-" ,  ''-'''' ̄ ̄  /''''" \,
:::,,,\,,//--'、<;;;;;|;;;;;;;),        /|        ./;;;;;;---ヾ,-、
;;;彡//,,,'';;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|ヘ       -=-'       /|;;;;;;;,;;;;;;;;;;;;;;;; ̄''''-、
;;;////;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;|;;;;;;;| \     一---'    / .|;;;;/;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ\
''///;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||;;|;;;|   .\、   '''''''    ./   |;;;(;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\\
''///;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミミ/|     \、     ./  ,   ├、|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,---";;;;
;;7ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;》, ノ    ヽ  ""''''''''''''"  /    | j;;|;;;;;;;;;;;;;;;,-";;;;;;,--<;
''___二二二 ̄''ヽ,;;;;;;|;ヽ    ヽ \   ヽ,,,,,   / /    /;ヽ;;;;;/;;,-┼==---、
;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;; ̄--、;;;;v;\    | \       / /    /;;;;;;,;;;;;/;;;;;|;;|;;;;;;| ̄ ̄
                     徳川忠長
                 (とくがわ ただなが)

 その人物の名は、徳川忠長。
将軍家光の実弟であり、既に語られた通り、幼少時より利発で容貌にも優れた故に、
父母(秀忠・お江)にも愛され、吃音で、容貌も優れなかったという兄・家光ではなく、
彼に将軍職が譲られるのでは、といわれた人物である。

742やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 22:19:38.95 ID:1i67a2o0

 結局、家康の裁定により家光の将軍家相続が確定したわけであるが、
それだけに家光と忠長は、お互いに対し複雑な感情を抱いていたと言われており、
長じた後の家光が、忠長に対してかなり距離を置いた見方をしていることを伺わせる記録が残っている。

     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }     頼房…。
  ヾ|!   ┴'   }|トi  }    俺のことをブラザーと呼んでもいいんだぜ?
    |! ,,_      {'  }
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、    他に1人いたような気もするが、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ   まあ、あいつは違うからな。
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ

               |
            /.| .l |
            / .| l |
           / | !  !
           / 」 」  .|
        ,r__´  ,;_,....  ヽ.
       ,. ´ -‐ヾ " -‐'   ヽ.    …いや俺はネコだし、
      ,'   、.___,ィ   u   }   ニンゲンをアニキと呼べって言われてもな…。
      ',            ,.'
       ゙、          ,. '    ていうか、何で脱いでるんだ?
     ,.-'' ゙ ‐-   _____,..ィ"ー...、
   ,rく ; l |゙''--------ァ'ツ'´   }}
  /へハr''ニT¨て ̄ ヽ、 l/⌒ゝ .ハ
  ソ  ┴''" |  ゝ._.. >'   丿ヽノハ
  ハ.___,, -<て_     , ィ  ̄   |
 <        ゙''ー -‐ '"      .|
          徳川頼房
      (とくがわ よりふさ)

 例えば、御三家の一人、水戸徳川家当主・徳川頼房に

  「兄弟これ有りてもやくにたたず候間、
  此上は其方を兄弟同然に思い候まま、いよいよ万事其心得有るべく候」

 と話したという記録がある。
(家光と頼房はほぼ同い年(家光が1つ下)であるため、
 御三家の当主三人の中で一番親近感を持ったが故の発言という)

 また、異母弟・保科正之(後に語る)に対しては親身な態度を取ったことなどを見ても、
やはり忠長に対して、かなり特別な感情があったと思われる。
通説に従えば、最も身近な競争相手であり、また、父母の愛を取られたと感じたが故に、
憎しみが募った、というところなのかもしれない。

743やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 22:22:49.01 ID:1i67a2o0

 そしてそれは忠長の方も同様であった。

 忠長は長じた後、現将軍家の実弟であるが故に、
御三家筆頭である尾張家に匹敵する地位(従二位権大納言)と、
家康の晩年の居城であった駿河城、そして五十五万石が与えられた。

 だが…

   /      /  /--,//             、  .         ミ
 /       /  //^ ̄'y''               \ \ ヽ\ \ヾヾ
   /     / / /   |  ,,,,,,、        、ヽ\  \、>--ヾ、、ヾ |___
 /  ,      //    ヽ ////7ヽ、ヽヽ、  、\\\  /  ,、\ ミミミ;;;;;;'''';;-、
//  /       | |  /ミ、ヽ./||,,--''''''''\\\ \ \ミ\ / /:: '' ヽ、ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/  /  ,      |  |ミミヾγ\     ヽヽ、\ヾ \\ミ.|  ト-'   ヽミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    くそっ。
|  /|  |  | , |    |├'''  .||  \    \\ \ミ、\ミ|  .|/'''ヽ  ∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   どうして俺が将軍家じゃないんだ…!
| .|.|| | | | | |  、 ヾヽ  ヾ、  '''メ、  /ヾ、''>、 ヾ、ミ/'' ''''',-t  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
| | |.| ||| ||、| |  |、ヽヽ|  .、\  /  '''><、_>、| '''ヽ,,ν    z r  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ヽ | |ヾ ||ヽヽ| ミ| ヾ、ヽヾ,  ヽヾ, /  / イ\ ]ヽ、       -'  / |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::ヽ|''''| || | |ヾ、ヾヾミミ  ヾ、  ' | /  / /ノ /ヽ,-ゝ      |  /  |;;;;;;;;;;;;;,---
:::::ヽ::::ヾ|''''| Υ、\\ミ .ヾ_\,.|、v、 //'''/-'''         ├''   |;;;;;;;;// ̄
:::::::::::::::::v:::::入>ヾ\\\\.''=-ゝv--'',  ̄/''           .|    .|;;;;/;;/;;;;;;;;
ヽ、:::::::::::::::/ ./ y ---7-ヽ,\二'=┐  ''''|             | |   |;//;;;;;;;;;;;;;;;
  ''''-;;;;;;/ / /   /;;;;;;;;;ヽ\  |    ,---、          / |   |(/;;;;;;;;;;;;;;;;;
    / / /   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'ヽ .| ⊿ / /\        /  |  | |;;^、;;;;;;;;;;;;;;
    / / /   /;;;;;;;;彡;;;;;;;;;;;ヽ ν'て''/;;;;;;;;;;;;;;>、    /   |  .| |;;;;--ミ--、
   / / /\  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\  \;;;;;;;;;r'''| \    /    |  .| |;;;;;;;;;;;;;;;;7;;
   / / /  ,--/;;;;;;;;;;;;;;;;__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ \;;;d   ξ| /     |  | .|;;;;;;;;;彡/
  / //  |;;;;;||;;;;;;;;;;/,---二---,,,,,,-;;\ ヾ--'''ノ  /        |  ヽ|;;;;;;//;;;;;;;;
  | | /  /;;;;||;;;;;//;;;ヽ   ̄''''''τ''''''y\  ̄  ノ''ヽ、       |  >|;;/;/;;;;;;;;;
  .|.|./ /;;;;;;;7;;//;;;;;;;;;ヘ      ヾy''ノ;;;;;;;;T'' ̄  ヽ,ヾ、    |/  ||;;r'''--'''
  | |ヽ,/;;;;;;;;;;;ι/;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、    /;/;;;;;;;;;;;;;;;|''''''''---t,,,,,ヽ、  /    |;;;|ヽ;;;;;;;;

 だが、それらの地位も、結局は「臣下」であることに変わりはなく、
忠長の気持ちを抑えるには足りなかった。

 その憤懣故か、家光の世継ぎとしての地位が確立してから以降、
忠長の言動には危ういものが混じり出すようになった。

747やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 22:26:51.85 ID:1i67a2o0
 例えば、元和四年(1618年)九月、
甲府藩二十三万八千石を拝領、甲府藩主となったのだが、
その翌月の十月九日、忠長は銃の訓練も兼ねて、鴨を撃った際、
世子である家光の住む西の丸の堀に向けて、銃を撃ったという。

:::l    l:::::l l::/  l:::::::::l/:::::::::::::〉     ::::::::::::::、/:ヽ              /ノ   /  .//  {_
:::l  ./l l:/ '  l:::::::::::::::::::::::::::/ /l ,/::l ::::::::/::::::ヽ            / /   /   //  /
::::l /:::::l "  ∧  .〉::::::::::,:::::::::::/  !::::l l:::::::l  /:::::::/ヾ、        /"  ソ"`-'   //   /
:::::l/:::::::::l  /:::::v;:::::::::::/l::::::::/  l:::::l .l::::::l /::::::/:::::::::::::::;     i./  , , ,      //  /
::::::::::::::::::〉 .〈:::::::::::::::../ /:::::::/   l::::.l l:::::l/:::::/  ...::::::::::::    / /l/l/l/l    2,//  ヽ、
:::::::::::::::./  ヾ:::::::::/  /::::::/    l:::::l l/,;::::/    ...::::::::::::::;;  / / ^  "  k"  ノ 《/l〉  /
:::::::::::::/   ヽ:::::::ヽ  /::::::/    l:::/ /:::/     ...::::::::::::::;;;;; / 〈 /   / l">,  /ニヽ6  l .丿\  くらえーッ!
:::::::::::/ ∧  ヽ::::.ヽ,  /::::::/       /::::/        ...::::::::::;;;; ! ヽ.!ミ  /  /Y" ! !.ニ"ミl      /
:::::::::/ /::::\ ヽ:::::ヽ /::::::/      /:::::/          ...::::::::::::l  く,", zr"`r /,  !ミj t-人ヾ   //
:::::::::! 〈:::::::::ヽ ゝ/ /:::::/      /:::::/           ...::::::::::〈   !ri/  `;ミヽ.!.ソヾ`Y"ソ 〉 //,,
::::::::::l.\::::::::ヽ   /:::::/      〈::::/             ...:::;;;;ノ   '´t,m__ ,-,ソ/ヾ ヽ yノ、」-//- 、
:::∧:::l \:::::::::.〉  /::::/       "                 !l  ∠-tヘ-ーリ, ーヾ/l_////ニ
:::! .l::::l  \::::/  l::::/    ”      ;,            r!ヾ、  lL|,    lヽ  //:/彡//
:l /l.l::::l   Y           。  :ノ ノ;/.          ヾヾ.ヽゝr"y{ヽ、 __/;:/::/彡ヽ彡
l /:l l:::::l          ,゛::::,:::、  ;:::::::;:;゛            ヾ、,// {、ヽ. ̄≡≡≡彡〈,〉:::::::::::::ヽ  〉
〈::::l .l::::::l          ;::;:;´;:゛   〝              〝~ヾ。_,. -‐ー'''" ̄く/:::::::::::::::::::::::\"
..l:::l  l::::::〉     ""            ..            ;;,  "' "´´    ´〉;::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.l:::l  l:;::/                               ;;人、r‐-;     /..;::::::::::::::;;;;;:;;;;:::::::::::::::::
.l:::::l  ∨         ,,;:;                     ...::::, "  l    /.:::::::::::::::::,;;;;/'\;;;::::::::::::
.l:::::/           ,,;::;;;:",.'..                 ...::::::   i .{   /, :::::::::::::::;;;/    ヾ;;;:::::
..l::/         ,〟 ;;;::;:::"                  ...:::::   ヽ゛ノ  l  〉::::::::::;;;/、     〈;;;:::
.l/   ,;;" ,,、  .,;                       ...::::::::   l    ! 、〈;;:::::::;;;/ノi   ∧   l;;;:::
   ,;:::,  "' ,;:;:::;          〟           ...::::::::::;;   L、  \,_;‐ー"ノ"l  / l  l;;:::;
   "" ;  "'  .       ,;;;;.         ...::::::::::::::;;;      ヽ     "ト=-ノ /_ ヾ,   <;:::
        .;;;;     :::;   ""'          ...::::::::::::::;;       ∠、     l彡" /  l、  .ヾ
                       鴨を撃つ忠長の図(イメージ図)

749やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 22:29:20.94 ID:1i67a2o0
 なお、この時の鴨が秀忠の夕餉に供されたのだが…。

          /::::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::〉/!
          |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
           |::::::::::::::;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           __,ノ
.         |\:::::::::/  `、::::::::/ ヽ:::::::::::::::  ー_- 、       ) が  た  こ
         ヽ:::::::::/ _  .!::::/ _ !:::::::::::/     `ヽ 丶、  -=ニ  っ  わ   の
         \::::::::>  `ゝ V /__<,=-、/       丶. 、\  ,)!!  け
.           ヽ「`|〒=。,_;' --。-.|#l)         .ヽ\丶⌒ヽ.    者
            .‐ゝ、!  ̄",└≡=ナ-┘       /.`,ニニ= 、ヽ ノ-、
、       _  `∧   i=`==、 ∧´         y'/ , - 、 } }   ⌒ヽ, -、/^ヽ「`
. ! r─-‐'´x x x/x/l.  \ -=´ /  \     o 。' {/  / ロ .イ ' `-~' rュ
 `┴- x 、x_ x /x/xl | |. ハ`-ー-'´ハノ ̄ノ `;ー-._ />ゞこ °, -- 、 ⊂ヾ ,...---......、
           ̄ ¨T''┴‐- 、, -<._,∠x_x x x x/∠、   }./゙ズ三'ノ . , ':::::::::::::::::::::::::\
-‐, 、    ー_-  ⊥ x x_ ヽ x xヽ. x x  ̄//`ヽ| 々 / / rう 、_j /::;:、::::::::::;;::::::::::::::::ヽ
. /x l ` ‐x.、_   ̄ l x ‐- -_ ニ、 ‐-ゝ x x// x x xLノ / / ′ヽ-'  レ'-‐`'^" 、´゙ヽ::::::::::l
. 〉 | | x x x /`i ー-| x x x x x ̄ヽ>ニ._x _ ニ -‐ ノ レ' / /  ″| =-  ,..__ヽ j::::::::::l ←給仕の小姓
/ xヾ!x x x l x| x xノl x x x x x x ` ー-\ヽ\\ -‐' ノ  / ヾ) ノ|  ノ   ``  〉-、:/
x x /x x x | xハ/x x\ x x x x x x x x x  ̄__.二. -_‐ァ ,ィ 〃 ,く l r`ー- 、   "6/ -=
\x| x x x/.ノ/ \ x x _>ー,、_ x x x x∠二 -‐ 'フ´   〈ノ__/  l.ヽ└-二ノ  ; ‐1、_
ヽ/j x x /x/ x x ゙オ´x x x| x Tヽx x x x x x ,イx|  r7,ニ     ./ヽ.`ァー┬    /   ヽ.
y'./x , イx x/x x // x x x x|x x| x \x x ヾニ′ニ¨>〈//, ─っ ノ    7  /´ _./     l
ー'/x.〈.x xlx /x./.x x x x x|x x|.x x x`ヽx // 'イ´  `´  ‘ー' ij ゙ ノ  「 ̄    /  ̄ |
             徳川秀忠

 秀忠は、この鴨を何処で仕留めたのか、ということを尋ね、
西の丸の堀であることが伝えられた瞬間、

 「世子である家光の住む西の丸に向けて撃って得た鴨など言語道断である」

 として、一箸も付けず、下げさせたという。

751やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 22:31:26.64 ID:1i67a2o0
 また、時が流れて寛永五・六年頃には、江戸に於いて、
忠長が辻斬りをしているという疑惑があったという。

    /  /  /    r': : : :,i' ,i' ,r'  , '' : , ',. i :::. ;: ; ' , '  , ' /::;:イ ,r'
    /  /  /     | : :r';: ,' ,'  ,r': : :r' ,'  ; ::::: i ,  / / , ':::/ ;,イ
   /  /  /    ./  | l: {  、 i : :/ :;′;;:i :::::: ;  ,イ /  /::::,:' ,r' ./
   /  /  /    く,   ヾヽ ヽ :、 ヾ.:〈、::;, ;:i' .::: ,' ,':::i, ' , '::;;,:' , ' ,:i
゙ ゚'X.  /  /     \   \ヾ ツ⌒゙”`丶:::,,r'_:::,,./,r_;;;ソ / ,;v' ,r':://
\ `─-、'       人    `r"     `⌒ヽ:ヾ、"  ` 、: : : :..,:’:/ :/
/⌒'y"`ヽ.\______,,;,/ r''\   i:         i:: i ! ノ(   i: : : : : :.,,/    くたばれっ!!
/゙ヽ(_,X., ゙r、\_    | _)  i ilヽ       |://  ⌒  |: : : : : ::::}
/゙`‘,' _  /、\_,〉 . : ::| く    :`、ヾ、  ;'   /      /:::, ‐ 、,r'ヽ   「ギャアアアッ!」
 ̄⌒ソ`;、i : , ': : : : : : : :!  \  :{ | !`:、: ; , '        ;r'/ `, i :. !    
  ,r''゙,r"⌒゙ヽ;_:_; : : : ::::|  : ::;;\j`| \o゙;、/_,..-…''"゙ ̄l!  , _,ソ / .:: |
::;;" /       `・、_::::|  : :;: : :,i i ⌒゙゚'' "l_二o二:' ̄  ;  _/  .:::'、
_!_,r′        :ヽj : : :;;::./\\  /i `…''"⌒   /~/ / .:::::::i
 {、         _,,..,`-、;;:/   l ̄ ゙゚゙̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄”゙`'''" .:' ..::::::::::|
  `r::      ,;'" ''゙゚゙ ̄⌒ヽ、.,,__\ ,; : ; : ; : : : : :`'':; , '   ..::::::::::::j
  {: : : :              \  ̄ ̄.:'⌒゜ ̄ ゙`'': :: :/: : : ..::::::::::::::'|
   \::::::゙ヽ.      ;、 、   \ ゙' 、      ,r:: /: : : ..:::::::::::::::';;;|
    \::::゚、 ゙ヽ.   , ヽ. ヽ   ゙ヽ `・、,_   /: :/  ..::::::::::::::::::::::i
      \::::゙,、 `.、 ,    . : : : 、   \   ヽ, /: : i ..:::::::::::::::::::::::::::::i,

 寛永八年の細川忠興の手紙によると、数年ほど前から
「大納言殿切々辻伐(つじぎり)もなされ候由」とあり、
幕府が「辻斬りを殺さずに捕らえよ」と命じている理由はこれであろう、として
「今存じ当たり候」と納得している。

752やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 22:33:49.66 ID:1i67a2o0
 そして、その同じ手紙によると、
寛永八年(1631)二月には家臣である小浜光隆の子を斬ったとあり、
また、酒浸りとなって、まともな判断ができない日々が続いたようだとも記されている。

                 __ _
               / //>、r>、
             /         >、ヘ、
                /   /     /⌒ヽへ
            // / /     /  ,. ┬ 、Yニヽ
            || / / / /  // /く///ノノミ、 ヘ
            || | / / / ///      ̄lミハ  ヘ
         ______   || | / / ///_.、 、     ト、 |  | __     …OBAMA、OBAMAはどこにいる?
     //r‐-ミ≪≫ | |  //ぜ㍉.、V  ___ハ !   |  ̄`》   返事をしろ!
     〈///上: : : : : :>∟L_ /  ≧ベ!tテテツ l !  /〉二〈
     レ<>㍉、: : : : : : : : :>x   、j ̄/|// 川 /|ニニ|    「…殿、OBAMAは、
    /: : : : : : : : :ヽミ、: : : :/><´  こ , イ| ///// /  |三ニ|     先日、殿御自ら”CHANGE”されましたが…」
  /;. -‐- 、: : : : : :=ド、ヽ///ニ`ー<///// /ヘニ7⌒)
 //_/ ̄ヽヽ |: : ニ||: }}: ≫≪=: : :_≫ ̄ ̄   / ィニにン-、
||`|`i⌒j |||二//: :}}: 二//: /           / ノ / _/-、
/∧ ゝ二 ノ ノ: !二ノ_ }}: =//: :\            |  (__,イ_,. -<
| ヽ` ー--イ : =∀ニ|r‐㍉、」」、}: : : ≫    (`ー‐┴ー┴‐ー┴---'‐'")
|: : :`:ー┬': : =/二 \: : :=}}ニVX´        ̄,《「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄
": : : :|=: |=: : =|ニ: : : : \ノ=三|:、\      ri´: : | ̄ ̄ ̄ ̄|
: : : : :|二|二二|ニ : : : : }}}=〉ニ=ト:二ユ__  /: i!: :_x≦'" ̄ ̄\
: : : : :ヽ=|二/ニ: : : : : }}}=|ニ=|ニ: : : : 〃´: : ;x<: :: :: ≧ \   |
: : : : : ヽ\/|二_: : : :}}}ニ|ニ=/<: : //: : :/:: : :: :://: :\___  ハ
: : : : : :、:\=〉‐-- 二_ー‐'ニ/二二|: |//:: :: _:: ::l=/:: ::=_:ヽ=、:: ̄:\__
: : : : :、 ヽニ〉|||||ト]トrへ二ニニ/:=:: ::_::=:: :: l=|: =:: :: ≧\三≧x:: ::ヽ
: : : : : : 、 ∨ ̄`'┴-t⊥jj[]   >/::/:: :: l=/:= : 川:: ::=:: :: ::`:: :\三=Vヘ」
、: : :=: : :\\:: ::|:: :: :|::三r' /_/:: :: :: :: :l/:: :/三!:: :: `≧、_: :: :ノ三三}
`: : : : ニ\Y´|:: :: :: :: :: :: V/::=/:: :: :: :: ::/::/三三|:: :: :: :: \三三三三}
: : : : : :\ニ>}_-_―三V={:: ::≦三/三三三三ト、:ヽ≧、=ニ三三三ヘ、
: : : : :/二><!三三:: :: :: :: ``=ニ三/三三三三ニ!:!≧、:\三≧≦三三=〉

 これを指して、「ほどなく一伯殿(改易された松平忠直)のようになるであろう」と
噂されるようになったという。

755やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 22:37:07.90 ID:1i67a2o0
                                   、_人_从_人__/
                                   _)
 ,..r;;:  (  人)  ) ,;`ー、          | ヽ丶       _) 消  猿
 ヾゞ、  ゞ'´   '`´   `ヾ、     ─|─           _) 毒   は
          -‐':、ゞ'``  ,l      / | ヽ            _) だ
ヾ、 ゞ;;.  ,r-、   `ヾ、    ヽ、                   _)  l 
, rヾ    ,r!/r'ヽ    '`      \      _|_      _) っ
   _,,,.,ノ、_ ヽ,       `ゞ;;    ;:、    /|        `) !
,r‐'''" ,.r ,イ彡ミミヾ、      ``  ´;;i             V^V⌒W^Y⌒
__,.;;,ィ'´ ,:;;;;彳彡ミ;j`、        `i;:、      オ
;; ヾ、彡;;;ノリ;jjjjj;;;jr' i   . ノ;;:'' `゙`、 ``ー、                   ,ィ
彡冫;;il;;;ミ;;;;;y;レ  ,t'´           ,.、ー、  ゝ     ォ             i|l;
;'イ;;;'ヾ``ヽ、ィ;;i ,ri'´    ヽ ヾノ ,ry' il'Y゙r    ヽ、            ,j|l;;
j'´ '´ '´/ゞ';;::`´ヽ    ``´ー  ゙i ;;: ,r'      )  ,r、       ,rヾlir'ミ,
  / ,;:' '´/ ー≡;i{、      /ヾr'´  ,.   '`;;:、 〉ゝ  r-ー-、_ ,{i=i= }i、
ーr-、j ,! ,;',;'ィ;;:イ''``ゞ、_,、-‐'´ヽ:;/ 、 ``ヽ  ;:、 `' (´  `ゞ、;;;;'',,fi、,≡:;イ==、
,,:'  ``ゞ、,;;ゞ、 "´イ ,... `'彡 ,/´  `ヾ、ヾ   '    ー、  ii;j `i;;!'´ニil';;;;ゞr、_,r'ミ
'   ー‐─ ,rー'゙ー─-、_j;:r'´     ヾ,ゞ         、 ゞ,ミ;:l;;l  ,!  ,!,i;;'´¨/
;.   r-‐;;'"}            ``ヾ、  ノ       ,;;;: (i,;)))、,,:;!、__,:};!_,.、l
....   _,,,ィ、 i        'ヾ人  、}( /     ノ   ,r'i  r'"ヾ-‐i‐-:;イ, / ヾ
    ,.r'´,ィ'l、   _ィ;;、   、,.ミミ'´ ,;:'´ハ   '´  ,j ,r'  }ミ,r;}ゞ‐'─l:::.i  ,jl
,l:.   ヾ;'´イ'´ト、_  j (_,r'´(`'´`ー'´,ノ  i; l  (`'´ Y´     ,イ≡=‐-ゞ、,r'
キ:.  ,.彡;:、    }ヽ、'´ `   、,;{   ゙レ   ,ゝ'        i;;;:: ,;:li三ミ;}jlK
'i   ,r'"´,;ゞ、_,.イレ'゙、         ,.{ i'   )        ,イ ;;;;;;jk三ミ}゙kiヾ、
          神域の猿を狩る駿河藩士(イメージ図)

 また、所領である駿河内においても、
領民を無差別に殺害したり、殺生不可の神域で猿を銃で狩り尽くすなどの逸話が残っている。

756やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 22:39:18.68 ID:1i67a2o0
                  \  `ー,`iサツッ,,、  lllチ=≡ニ三ニ-= ´
                ___ニ/i!F,|!',i!',i!'爪升il!'i、≡===ュ_,;´_
               ,'' ̄⌒``,イy!|i!|||!! i! |!,'!|!|! |!ヾこ三ニ彡'´二
              _,/'   __ / l!l|!|!、|!|!.|! ,!il!|! i!〃〃!!ー=ツッ,ー―
-―''''' ̄`'' 、、   ー‐il´⌒i   `、イ、  ゙、|!|!l l |! ,i!|!.!リ リル'ノ'ノ'リリリil!ツッ,_,,
: : : ,' : : : : :. :.:.:.`ヽ、 |!__i!_.,-、イ  : :.:ヾ|!l i;.サ. ! l.リ'/ィ≦''ノ'=彡ノリリli ̄_
.: : : : : : : :    ヽ: :`.゙、  |!/,イミ : :::   \|!,! ,;ll",,ィ''≦三≦三彡" / ̄⌒\
: :.! : : :       !: :   ゙、_i,'_,ッ/゙、: ::     ,|!「i、リソ,ィ,ィ',,ィ≦≦=""   入_,-''  _
: :; :         i : :   i! ;ッ/ ,,. \    | ゙、 ゙゙゙'''‐-==‐'''゙゙゙ヾ、  イヘ、__,,'⌒ ヽ'
: :!     ;',   !    .r'i! .、,,゙゙li;,.:.\.   ゙、 ヽ         ヘ\/   ̄     ヽ
: :;     ; ;   ;:    i| l!  i!`t゙。,,: :`'.:‐- _         _ ソ`ー ; ,,     i!
_ ヽ、:.__,,, ! !  _;'     ./V  ::ヽ`゚_'゙'j、,,.,: .: : : : :  ̄ '''―--―‐,ッ'ュ`i__  ゙ヽ   1!
.::. シ"   、 `ヾ   ./ッ l\: : : :`´.゙゙.:´;,.'.:.:i 、;;:,.,.,.,,,,,,,,,,,,,__.  リ,ヲ'ノ`;__ ̄ ヽ     ii!、
: : /.:     ヘ 、  ",, ,:'ツ :; :`:、: :    ;:::./‐.´ィ゙゙(゚;,i゙゙'ヾ_::'' ,イ''/ ̄'    ヽ    li` 、
: ::; : :     l l   ゙i!''"l!、:; : : : :.  .: /.:;:'  :.: .::`゙''''''´  /、';/: : :         ,シ'""y!
 ;: ::     、',   l  ッ:; : : : :. ,:.,.'.:,:' .: "."    /,;;;;; /i; ;         ツ、、  ;;!
 ;: :.      i ニ=  : :  ::;. ::.  ' '、:.'_,:      ,.:'ー';;;;;;,; / ノ "ヾ,,     ミシ  ヾ,,j
 l: ::.     ; |   ミ; ; ::::., : :'゙''-、_'‐ ..    ,.;;;;;;;;;';;;;;;;;;'/ ,(     "'' 、 ミ、    j''
: :゙、: :     .i i.    ; ;   .゙.、.::'"'' 、~^ ,.,,‐ i''゙゙,-- ‐― ラ;"ヾ、ッ      ''""   ノ
: : :.゙、: :   ,' ノ   ノ: :     `'''ッ-- ´.: : : : `/ ;    /,;;; " ヾヾ,,,,、、、,,,,,   /

                       /  :::...       Y(   `... y ヽ 、
      _,,_ _            .:/   入:::.,, `:::.`:::'   `.      `,,_
     // '"ア=-ェえ_う- ニ⌒ニXメ,   /:::l \,__)__,,;, yx  ノ/  /,'  f.::::lj
    /l/  イレィ'/ リ `\辷 = -メ リ:: / ::/ :::/T T 7 ̄7`f-' イ  |ト ,_   |}
   l/l  イkトノ   カ   ヽヽ,\`X  レ ' :/::ノ リ  y '    / /リ   l|//
  / 1  l ニk_,;; ィ //ケ . . :l Y `!,  `\   .::/ ,r ~-ヵ ノ~.:::. jj r = y/
  //1  l j片ヾ`/;{i( :i : / 廴_,,ソ ヽ`,, ` ヽ  !/ ⌒\⌒j fr〆彳  ノ
///入 `,.心 / . .ヽ: : / ソ 7 ァ_ _ ̄   \ヽ\f/~~ \ j 彳 ,〆 _/
     イ入`xアァ>= オチ::k_'  ,,_⌒`ヽ_- , --__\メ /~\ y ヽ  ' ',/::::::|i
    / l 川7メ | ノて_.テ爪癶 ,,_ 癶\ ゝノ⌒y /入 ィ 丸_'y Y l//イ::::::::::j
  / ///ハ り |リ/ )TT1il::  :i:::, リ ! h/ //:: ||ミ:ト:l|f~Yノ  ::lヽ::::ケ j
../ /// l|ノ |リ  // リ |::  i::::_,Y_' }/::l //:::: ||ミ:ト:l|Lソ::::イ ::l  i:::::メヽ
      //   l| ///川|:`ヽY/..::: Y:vy '~ カ:: :/_,以⊥| __::::/.::/   ' ヽ从
      //   ノ | リY'~ ll    :i::y ::` r::::::f廴 ~ V⌒i:::/.:/ 1 \i `,
    ノ       | | |リハ,'  》= .  i:: イV/ : ::l廴 _ ~ y じ'!_;;;;ィ  /  ::ハ  il
           |// |ハv ll    ` ,彳 V. ク::f    - y /::::_,,イ  :::/ ::: il

 なお、余談ではあるが、この頃、忠長が駿河城にて御前試合を催し、
多数の剣士を真剣で立ち合わせた、などという逸話は、後世の伝奇作家による創作である。

 もし史実だったら超面白いのになあとか、虎眼流が実在しないとかつまんねえとか
そういうことは思っても言わないのが紳士のたしなみなのでそのように。

759やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 22:44:05.65 ID:1i67a2o0
 さて、話は戻り、これが三月になると、忠長の行状は更にひどくなったらしく、
流石に見咎めた年寄・土井利勝と酒井忠世が、これを諌める使者を出したのだが…

                \-_
                 /  \
        ,,,,___,,.-‐一'' ";;-‐ヽ  ヽ
        「        \ ノ    l
       i         , へ
        "j          <
        }      __,,_,,./ } ヽ
        "「   .,/'゙ !`\   /
   __   ll   /″  ・〆ゝ  ヽ     あのぅ・・・
  √  i !!!!/      丶.´ l /  \
  | r⌒ヾ !!          '     丶.    大納言様・・・聞こえます?
  | { て !!!               /
  | L  )  !!!   ゝ、          ゝ       いくらねえ、将軍家の御実弟でも
  \ ""ヽ      \         /
    \_ソ      {         "";        今のままじゃち~っとマズいんじゃないですかねえ?
     i        {          /
_,, .-‐''"    i ゝ             ヽ
         i  l              i
         l  -             /
          t  ゝ丶、._______/
          ゝ        ノ
           ヽ      /
        土井大炊頭利勝
    (どい おおいのかみ としかつ)

760やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 22:49:30.06 ID:1i67a2o0
 ところがこれが逆効果となり、忠長は「お前が知らせたのだろう」と
具足・甲を身につけて傅役の内藤政吉を追い回し、成敗しようとしたりするなど、
ますます乱行はひどくなってしまった。

        \ ::::....   ヽ、::::::、:.. ゙ヽ、:::::| 、::.. :::::::::::::: |::| ::::/  .::::/,.,.,.-‐‐'''"......:::::::::::  ,.‐''" _,.,.,.,.,.
         \ :::::::...    ゙ヽ、ヽ::.... ゙ヽ|ヽ::::::::::::::::::: |..:::/  .,.-'''"  ..::::::::::::::::::::::  ,.‐'"''''''""" .......:::
,.,.,.,.,..__      \ :::::::::..     "''''''─---,.,.,.,.、::::::::|:/ / .::   ...::::::::::://,.‐''"::::::::::::::::::::::::::::::::::
゙ヽ、   ゙"''''''''─--.\ ::::::::::::::.....      .............:::::゙\:/ //:,.,.-,.,.,.、:://,.‐":::::::::::::::::::::::::::::::::  ,.-‐
   ゙ヽ、 ::::::::::......... \  ::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.-─‐‐-、:::; /-''"  :::::...゙゙ '''‐‐-,.、::::::::::::::::::::::  ,.-‐'"
      ゙"'''.、:::::、::::::::::::::゙ヽ、:::::::::::::::,.-‐''".....::,-'''"ヽ、ヽ|  ‐"‐''''ヽ、...:::::::::::::::::::::::.....゙''‐‐.、::: ,-‐"
          ゙ヽ、::::::::、::::::::::,.ヽ‐'" ..::::::,.‐" ...:::::::::::::.|/   :::::::...\‐-,.,.,.、:::‐-::::::::::.....゙''‐-,.,.、
       _,.,.,.,.-‐'''"\:::,.,-'" ..:::::::::,.‐'" ..::::::-‐'"'ヽ、|  ..:::-‐:::::::::::::::.ヽ -,.,.,.、::::::::::::::::::::::::::::::::.....゙..''‐-,.、
    ‐'''"-....,.,、 ::::::::,/ .....::::::::: / ....::::::: ,.-‐‐,.、:::|::/ ,.,.、::::::::::::::゙、::::::::::::゙ ''''‐--、,.,.,.,.,.、,.,.-----─
          ゙"',./ ....-‐'"::::/ ...::::::: ,.-'":::::ヽミヽ"__--、:::::\ :::::::::ヽ::‐-:::::、:::::::.... \::,.,.-‐─
          / ..‐'"::,.-‐'/ ...:::::: /::::::::::   ,. ,. ゙ヽ、:ヽ:::::\ :::::::: ゙、-,.、‐:::::‐-::、::.. \      うおおおおーーッッ!!
        /..-‐'"‐"‐".::::/ ..:::::::::./、‐/'\    l:::|  ::::゙、:ヽ--,\ :::::: ゙、:::::゙"'''''‐‐-,.,.、‐:::::゙ヽ、  もはや誰も信じられぬ!!
      /.,.-‐"'''‐─--,.,.,| :::::::::/, 丶、:゙"lヽ、ヽ、 :::l  ::/ヽ:゙、 /、ヽ ::::: ゙、‐::::::,.,.,.---‐'''"゙"''''''‐-ヽ
     /‐''"        _| ::::::/::"'゙、 ;;; ゙、 ヽ_゙ヽヽ,l:l:l,/‐",.,lヽ::、'':::/\ :: ゙、''"        ,.-‐─‐-,.
  ,.--‐‐'''"'‐--,.,.,.、   < |::::/--,.,.,.,.,-、,゙、--..."''"ヽ‐, ゙''''"~::::::人ヽ-‐'''\ |      ,.-‐'"...:::::::::::::::::
/ .....   ...::::::::::::....゙"'‐-、 ゙、/     /、. ゙、     _ 、.,__ ..:::::::/:::::|:|ヽ-、 \.|    /      :::::::::::
..:::::  ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、|/‐--,.,/| ::\ヽ,、  |-_-_┤::::./:/|/ヽ、:::\‐ヽ─--/ ......::::::::::::::::::.....
:::  :::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/ヽ""''''/.::::| :::::::::"'-゙ヽ、"‐‐",.‐"‐‐":;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ"""""ヽ:::::::::::::::::::::::::::;;:::::
 :::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/-‐‐'''''-/:::-‐、 、::::、::、::\゙‐‐";;;;/:|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|、 ‐‐---:::|::::::::::::::::::::::::::::::;;;
:::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:::::,.,.-‐‐、,.,.,.,.-‐─-,.,.,.,.、::::::::;;;;;;;;/-‐ ────::;;;;;,.-‐─-,.,.、:|;;::::::::::::::::::::::::::::;;;
:::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;┌‐'"  _ \;;;;::::::::::::::::::::::::::‐-,‐'"....:::::,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ,‐---,.,、ヽ;;:::::::::::::::::::::::::.;;;

 その後も、侍女を酒で責め殺したり、仕えていた少女を唐犬に食わせるなど、
おおよそ正気とは思えない乱行が続いた上、近付く者をすぐ成敗すると言い出すため、
ついには子供一人を残し、誰も出仕しないようになってしまったという。

762やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 22:51:57.31 ID:1i67a2o0
 その挙句、三月に家老として付けられていた朝倉宣正を切腹させるように
秀忠に訴え出すようになった。

     |  | / /      /    / ///    // // // /
     |  |/ /      /    //    //  / // / ─'''/
     |   | /      /    / /     / /  /// /─"/
      |  | |     / /   ///     / /  / / / /    いい加減にしろ忠長!
 ヽ\  |  l│    / / /゙'ヽ/     /  / ///  _  貴様は蟄居だ!!
  ヽ \ |  / |    / /   ヽ       /  ///─'''"/  
   \  | / |   || /      ヽ     /   /    /     . …少し頭を冷やせ!
    \ |/ ヽ   |l/  |└    | __   / /   / ,,,-─‐-,,,,,
     \ |  ゙、  /   ヽ 「 ヽ //ヾ、/  / ̄/ / ̄:::::::::::::::::::::::\
      ヽ,| |l ゙、 /     ll-ヾ、  /=l |  /─二/"~:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       |__.  ∨ /  //゙"  ┌ノ// / ̄ //'''"""ヽ::::::::::::::::::::.. ヽ:::::::\
        └ヽ、   /ノ/    | /::::::::|──//|      ヽ::::::::::::::::: :::::::::::|
        ─、ヽヽ/l"''‐"    l /:::::::::|   | ||        |:::::::::::::::::::::::::::::|
     /     \ レ/ヽ   //::::::::::|ニニ | |ヽ     /  ̄─--、:::::::::/
    /    :::::::| ヽ、ヽ‐"  ////:::::::|_,,,,,,,| |:\  /    :::::::::::::::::\ヽ、
   /     :::::| ̄ | |ヽ--'"''":::/ :::::::/ ,,,,,,-、\:::::/       ::::::::::::::::、ヽ\
   |     :::::::|─'''| |──ヽ、/::::::::::::/ /'''"   \\|        :::::::::::::\ヽ::|

 遂にこれに対し、家光ではなく、大御所秀忠が断を下し、
忠長はもう一人の家老である鳥居忠房の所領(甲州谷村)に蟄居することになった。

 これが寛永八年五月二十九日の事である。

763やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 22:54:47.36 ID:1i67a2o0
 なお、余談ではあるが、この時、当の宣正は忠長を庇ったという。

        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
       l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
       |::r- 、__, -‐┐:::::::::::::::::::::|
       l:::| 徳   川 |::::::::::::::::::::::::!
       |└‐'" ̄`'ー┘:::::::::::::::::::::|
        |-―――‐----- ..._:::::::|
       _| ‐- 三‐ ´ ̄ r  |  ̄└-z_         上様…殿の行為は、あくまで家来を斬っただけで、
      {_,....__ ‐ ‐  ̄ _) く__/^ヽ -‐ ''Z_      将軍家への反逆ではありません。
       {ソ_.ゝ{l kッ二 -'≡    l^ } -ニ  `ーz__   ワシもお手打ちに遭うまで奉公するつもりですので、
       / 三.|≡ ミ三彡 三〃 ユ.ノ   ‐- ,,_∠_   殿を処罰されるのなら、まず、ワシに切腹をお命じ下され!
_,.-‐へ、  ≧_,=Lr''-==≦‐‐-z._ rリ′"'' ,.-―- 、 乙
三二三ヽ シ   ,、,,、,___       ミ ‐ー /二ニ二\/
二 ニニミl  ヾ_/「    _>ー-'''Yヘ′-‐/三二二ニミヾ、
二二二ユ、___ _ `7 ̄       |┐____/三三二ニ二ミヾ、
ニニニ.二_/:::: ̄フミ.三=、,.. -==ヲ「::::::::ヽ三.二二二ニミヾ、
二二三〃::::::::《     ̄ |  ̄   》::::::::::::\.二二二二二ヾ
ニ二三〃:::::::::::::\     ∥   /:::::::::::::::::::ヽ ‐-ニニニ二ノ
           朝倉宣正
        (あさくら のぶまさ)

764やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 22:56:25.11 ID:1i67a2o0
       /    ヽ    /   ヽ \
      / l    ヽ /      |  \
   /  l_ , ‐、   ∨ i l  | |    \
    ,-、,/レ‐r、ヽ  |   /`K ,-、 <   やかましい!
    | l``i { ヽヽ l | / , '/',` //`|_/
    ヽl´、i '_   。`、llィ'。´ _/ /,) /\    貴様を何のために附家老にしたと
   /\ヽ'_i ,.,.,.⌒´)_ `_⌒  /__/l  \  思ってるんだ!
    / l´,.-― 、l`ー一'_冫 /l l |   /
   \ ', /  /`7-、二´、,.| /// |   /   それほど言うなら、
   ´ {  /  /  ト、 |::| /// /  /    この俺のビッグバン・アタックで消し飛ばしてやる!
   ヽ、 > ー    ,/ |ニ.ノ-' / / _
    、/ }    ',,,..'  |-'´,- '´     ̄/ ヽ∧  ____
   / ' \_  `´ノ7l´      /    // ヽ l ヽ
 /       ̄ ̄/ ノ L___/         U  |
         /`ー´     /l                 |


       _.. -= ' ´  ̄ ` - .,_
     ,r'",,;;  ,;;;; ,,;;;  ,;;;;;;;;;;,,ヽ、
    / ;;;,  ,,   ,,,,,;;;;;;;;;;;;;; _ ;;;;;, ヽ
   ./;; r- ...,__  ,.. -y ヽ  ̄`i ;;;;;;,,ヽ,
  ,i ;;; l  / ノ ~l;'~       l ;;;;;;;;;; i
  i ;;;; i __, ...、 ! ,.- ., ___  .v ;;;;;;;; l
  !, ;; i'-,- '''ヾヽ  ~`r' ー=-~` i r- 、i    まあまあ、大御所様。
   ヽ、i 'rーu-,i l   t'~"uー,.   l,lr' ll   落ち着いてくださいよ…。
    i, i ヽ、_,/,i   ヽ, -'"   リ j i
     i     l :::.      ..::::  ,/     まだ朝倉殿には話を聞くこともあるでしょうし、
      l    i_ ヽ     ..:::::: r'"-.,_   ここは一旦、酒井殿のところでお預け、ということで…。
     i   ..,__ _ _、 ::::::::: i ヾ\~"ヽ
     ,._,-'"-' ~`二  '"  :::::: ,y ,i ヽ, 
     ~_.ヽ    ''    ..::: ,-'" i   /i
  _,.-=' /, ヽ、      ,.-' ,'  ,r  ,y l
- '"   / i l丶,-ヽ- ='"  ,'  /  ,'  i

 しかし、諫言もせず、忠長をかばったことが秀忠の逆鱗に触れ、切腹を命じられかけたが、
年寄たちが取り成したことで、酒井忠世(または酒井忠行)が宣正を預かることで落着している。

765やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 22:59:40.25 ID:1i67a2o0
 こうして甲府で蟄居することになった忠長は、
その後、金地院崇伝などを通じて、秀忠に赦免を願っていたが、
結局、赦免はないまま、遂に寛永九年(1632)の正月を迎える。

       /       / \             i
         i  ∠二\ / ,,,,,,,,,,,ヽ、       i     i
.         i  ./ニ.-i゙゙゙゙゙゙"""     .i       i     i
       i.  i77./i     /   i   i   i     .i    な、なんだと!
        i.  i././ i . _   ./ / ̄i.  |   .i i      i   父上が…!?
       ヽ、.\/i二_\, 、/, イ ̄ii  !   i i      .i
        `┐ ヽ.ヽ└'ハヽヘ‐' / i .     i |. .i   /l
            i.  .i  ̄ノ   ̄`` ii.     i |  |  /::::|、_________________
         i   i   `_,;:==、  |i     .| |  |/::::::!:::::::::::::::::::::::::/:::::\
           i  i  |ヽ、 ヽ.∠コ. .| i .|.  ! |/:::::::::/::::::::::::::::::::::::/.:.:.:.:.:.:::i
            |  |  ! l ヽ、 ‐   |/i |i  !/::::::::::::/::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::\
          !. l   |  | ヽ、____./| i |.i. !!、::::::::::::::::/:::::::::.:.:./.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::ヽ、
.         /! |i   !  ! ! ! }  / .| ! i ! \ :::::::::i::.:.:.:.:.:.:.:i .:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::ヽ、
       /.:.:.ヽ |i   !   ヽ. !‐- 、/.ナ/ i/  /::::::.:. !.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::i
        /.:.:.:.:l: `:ヽ、!   .i,.' `   i /    i;:::::::::::.:.:.!.:.:.:.:::::ヽ! .:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::i
.      /.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.ヽ、/i     i       ,;i;i}:::::::_:_:_:_!_:_:_:_;_;_ヽ!、 .:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::ヽ,
     / :.:.:.:.:. ! :.:.:.:.:.:.:.:.:. i;,,     !   ,,,;;;i;i;i〉:.: 「:.:.:.:.:.:.:..:.:.:::::::|::::!:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::ヽ,

 即ち、大御所・秀忠の死である。

767やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 23:01:33.63 ID:1i67a2o0
 そして、秀忠の死後、
諸大名の間に奇妙な書状が出回ったという。

  _■_ ________________
 |∵∴∵|:::ー-ーーー-ー─ーー--ーーーー-ーー-ー,||
 |∵∴∵|::::                      i ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |∵∴∵|::::                         :; ||
 |∵∴∵|::::                       | ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |===|::::      謀叛のお知らせ      . ! ||===-3
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |∵∴∵|::::                      |  ||
 |∵∴∵|::::                     i  ||
 |∵∴∵|::::               by利勝  ; ||
 |∵∴∵|::::                       | ||
 |∵∴∵|:::ーーー ーー- -ーー-ーー-ーー-ーー─ ||
   ̄■ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 それは以前(その27)でも語られた、土井利勝を首謀者とし、
諸大名に家光への謀叛を促す書状というものであった。
そして、その内容は、一説によると、

 「家光を討った後、忠長を新たなる将軍として迎えよう」

 というものであったと言われている。

769やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 23:03:30.06 ID:1i67a2o0
 だが、そもそもこの計画そのものが実在したかどうか極めて怪しく、
一説によると、これは、幕府への忠誠心を試す為に、
土井利勝自ら、名を隠し、密かに諸大名の間へ広め、
これを届けなかった家をあぶりだす為のものだったとも言われている。

    ,, -―――
   〃:::〃::::::;;、:::::::::::ヽ
    Yア( ̄  {_:::彡::::|
    {{;ィ..::ャ=ミ ヽ::r:、|      …罠?
    代・} 弋・フ / ^}リ      さあ、どうだろうねぇ…。
     ';::.:L .:::  {  r〈  
     ';t‐ェェタ  イ >、_     とりあえず…みんなでしあわせになろうよ。
      i:::二  / // \ 
       `ー</ /o\  \
        rヘo// ̄ ̄:.::\∧
        ∨//.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽハ
        /7ロ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.} _}
         { |圦:.::.::.:.::.::.::.::.::.::.::「 |
        V |.:}ヽ.::.::.::.::.::.::.::.::. く|
         {ノ:ノ ハ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.}
         Ⅳ   ∧.::.::.::.::.::.::.::.::.:}
         }リ / 〈.::.::.::.::.::.::.::.::.::}
        くく   〔.::.::.::.::.::.::.::.::.:{

 なお、この後も利勝は筆頭老中としてその地位を保ち続けている。

771やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 23:06:29.03 ID:1i67a2o0
 そして、この件に加え、無断で秀忠供養のための寺院を建立したことなども咎められ、
寛永九年(1632)十月、忠長は改易を受け、全ての所領を没収された後、
上野国高崎へ逼塞処分となる。
(また、その際に朝倉、鳥居の両家老も連座して改易処分とされている)

     / ____- 、、f //〉、            |  |
    / /ヽ、丶、| /////.\   ヽ  | |   !  |
.   / ./ニ=、ヽヽヽi{// ′′'''ヽ  | .      .|
   | i//i```/´´       .i  ! |        i
    .!、ヽ、/i  /           |.   |       i i     所領は全て没収か…。
    ヽ、ヽi .i   i   /   .|     !   |  ! .i    兄は…家光は、俺をどうするつもりなんだろうな…。
.       i i .ii   ! /〆,二二i        !    i
.      |. i二iiニ=: 、 、_ヘ___(_;i,|.  i   |        .i   
.       i \ii、__(_;!       |i  | l |  .|      i  
      i.   !i   /       .!| i l | |  l|   i . i
       i i.  !!.   ヽ _,-、    .!| i | | |  ||    | ii
       |.|   !!、   `‐' ____.!| i___,,,|..-┴‐-┐ |.|
      !.! i i!. \     i´:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::! /
.    ___! !.  !   ヽ.   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::!./
    |; ; ! !    ! i.`「  \.:.:.:.:.:.:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;</
.     \ !、    丶.! .| i. /ヽ ::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;  ̄`:ー‐-.、
        \!ヽ   !i !_| ./  .i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;`丶、
      ___」;\\i./丿´___. : ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::: `丶、
   . : ´ :::::::::∠_/ ̄フ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ,
.   {:.:.:.::::::::::/  / l ̄::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:::::::::.:.:.:.:.:. /::::::.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::i
  ./:ヽ::::::::/   ./   ヽ、::::::::::::::::::::.:.:/.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:. / .:.:.:.:..:..:.:.:.:.:::::::::::::::::::::|
  i:::/:::ヽ;:i  ./    ノヽ:::::::.:.:.:.:.:. / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. / .:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::: !

 ちなみに、この時の逼塞処分を告げる使者に立ったのは井上政重である。

772やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 23:09:07.80 ID:1i67a2o0
 この忠長の改易に伴い、駿河徳川家も取り潰しとなったため、
駿河徳川家に仕えていた者たちは、当然、録を失うことになった。

 尤も、その大半は、元々直参だった者が、命によって駿河徳川家に配された者だったため、
かなりの人数が直参として復帰したという。

               ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,、、、,,,,
        ,、-ー'''''''''"~            ~'-、
     ,,、-'"" , '" r''"   ,、 '''iiiiiiii,,,,,;;;;;;;;;;;;;、、、 ヽ
     )  ( (  (Y イii"イ"iiiiiiiiii """"   ,,,,、,,,, ヽ
    r'   ミ((iii、,ii,,ii,,,,、、|iiiiiiii",、'"";;;;;;;;、z',彡三ミ ヽ
   り ミヽ,、-'"~~    "ヽ|:''"ノ"" "   ;;; 了ミ ヽ
   {  ミ |(::::::::     ii|   :::::::: ::::    ;;;; ミ   〉
   'y ≧入::::::::   ~::、ヽ;;::::::::::''"/:::...... ;;;;;;  ミミ  リ
   / ''"彡乙:;、ー '''""''ヽ;; ;;;:::''":''"ノ:::::::'''ー-:::: ミ、 ヽ
  j ''",、-'r"::,,,,,_____t::ノ ;、,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;、、::: iiミ'  ヽ      殿、此度の一件、
  t、、ツ"'イ:::"シ;z-ミ;;テ-;;、;;Yュヌ);;;;;r;玉ヲ三ミミミ~'、ミ \ )    この助九郎の目でも見抜け申したが、
  /rイ|彡ii  シ,," ̄ ̄::::'"{ァ ~リヽ:::::::::::... フア:::" |ミ ミi| 'i    見抜けてもどうしようもござりませんでした。
  i|'ii| |ヽィii   ""::::::::::::: 〉 、,j :|i:::::"""" tt  jレ)リリ リ
  ヽ、tヽ't、t::::    ::::::(,,,(  ),,,)::::::::::   )),,;;iヒノ/  t     申し訳ございませぬ。
 、 ノ:::ヽマ'';;;:::::::::::'' '''",ゝ::~'''''"''"、、,,;;;;、::..../ "|、,,/、  、リ
  ''/ :;;/~'ー'i''''::::::: ,、'",, ,"iiiェ、;;ii、_ミミミヽ、::::::  i:::  リ,  t
  レ ,i    i  :::: iiii"ii,、-''~"""~''''マヽiiiリ::::::  |:::  ノ/  〉
、,  | i.    |  :::::'"tii'":イ;;;;;;;::::::;;;;;;、,,~')iiij:::::  リ:::  ヽii|/-、
;;;~'、,ゝ|    t、  ::::::::::::::;;、 '"::::::~'-、;;''   ::" ノ:::::   リ t:::
;;;r'"三|     ~'' 、 ''''':::" ::::::::::      ,、 '":::::   ヽ:: t:::
;;j 三ミ|    :::::::::::~' 、    '':::::::::''"  /、:::::::::::::::   リリノ;;
;|:: ミミリ   :::::::::::::;、 '":ヽ    '''''''" , r"::: j:::::::::::::::::::  ,r'三
;;i;;三::ヽ,   :::::/::::::::::::::~''' """"""::::::::: ノ:::::::::::::::::::;;;、-'ー''''
                  ,,,,,,,,, 、、、、 --ーー''''''""::::::
            .木村助九郎友重
         (きむら すけくろう ともしげ)

   / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_\
 |     (●)(●)      まあ、こいつはな。
. |     (__人__)     お前の立場じゃ手に負えないのは仕方ないだろ。
  |     ` ⌒´ノ ) ;;;;)  常識的に考えて…。
.  |         }  .) ;;;;)
.  ヽ        }  /;;/   仕官先は探してやるから、
   ヽ     ノ  .l;;,´   しばらくウチにいるがいい。
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ     「ははっ」
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

 なお、この時、寛永六年より駿河徳川家の剣術指南役として仕えていた
宗矩の筆頭弟子・木村助九郎も、柳生家に戻ってきている。

774やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 23:14:01.33 ID:1i67a2o0
   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |        そういえば、駿河家には渡辺殿もおられたな。
. |  (__人__)  |       朝倉殿や鳥居殿と同じく、改易を受けたと言うが
  |    `⌒´  |    ) ;;;;). どうなされるのであろうの?
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

       ,ィ''''''''" ̄ ゙゙'' 、
    ,r''~ w"www''''""ナヽ
   ,r"ミr''"''''' ー'""" アシ''゙、
   イ ''}´  ゙' 、ィ、__  t゙'iiミ}     渡辺様も大納言様の傅役でございましたからね。
   イ, ノリ r"""リ{~ヽ ̄''''}{ミ ゙'l    どうも再仕官はなさらぬおつもりのようですが…。
   ( lイ  ̄:::-(,,、lヽ ̄ノ:| jヽ)
   ( ィt:|ツ  r''ヽ;ノ'、, 'ィ::'|/l,}リ
   ノ.{゙=:| /:/ ,、― -、;j '': |シ )
   { 〉i::|. ゙'" ミ,、-、;},  l 从 )
  ,,,{ ;l| :`'' 、  'ー''  ,、-' ::::〉"ヽ
,,r⌒ヽ|  :::::::`'ー ''"'ー'´:::  /

776やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 23:16:34.39 ID:1i67a2o0
           ,.. -‐‐--、 ,. --‐‐- ..、
         /::::::::::::::::::::`':::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      l::::::::::::::;へヾゞゞゞ 'y ///ッ' ヽ、::::::::::: |
      |::::::::::::::|                |:::::::::::::|
      |::::::::::::::|                 |::::::::::::::|
      |::::::::::::::|二 ‐- 、     ,‐ニ ̄|::::::::::::::|    牢人か…まあ、それもいい。
      |::::::::::::::|_ヽ‘ノ_ゝ     /ヽ’ノフ|::::::::::::::|   なら、どこにでも行ってみるさ。
      |::::::::::::::|   ̄         ̄ ̄ |:::::::::::: |
      |:::::::::::: |                |:::::::::::: |
      |:::::::::::: |       〈l        |:::::::::::: |
      !l:::::::::::::|ヽ     ー_一    /|i::::::::::::|
      iL;;;;_j__|il|||ll`i   ___   ィi´|||j|__j_;;;;;」!
      _,..-ーー―--r'ー‐-----―'一=ァ‐r-一'" ̄ `ー 、
    ー='´...___  _,.r'「 `ー-、 ,..-'   //ヽ___..-‐ '´
       ,.-‐" ̄ヽ,ヽ  ___,..    ,.イ / /::::::::::::`ー-、
    , -'"::::::::::::::::::::ヽヽ、    '" ̄   / /:::::::::::::::::::::::::` 、
               渡辺茂
            (わたなべ しげる)

 忠長の傅役には、先に挙げた内藤の他に、この渡辺茂も付けられていた。
この人物は、宗矩の元で新陰流を修めていたと言われている。

 忠長の改易に伴い、彼もその所領を没収されて牢人となり、
その後、再仕官せずに諸国を巡る旅に出たという。
後に幸庵と号したというが、そちらについてはまたいずれ述べる。

779やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 23:21:31.12 ID:1i67a2o0
                 _,,.. ._
               ,r;';;;;;;, _,..、`、     さて、上様。
              i´_,.. - ' _゙、,ヽ   忠長様の処遇…如何なされますか?
              l゙、 ,.、 '´rニ,゙v i
              .ヾ iャ'j; `  i' r'~ヽ,ーュ: ; _
             ァュ'ヘ ヽ ' _,  i .! .i !`ー┴-ニ`y、 
            ,r'´;l´::.:..ヽ, '´.  / ! .l, :::.:.:.:.:.::: }' i .
          _,.-'~ヽ l ::::.:.:. `!ー '" ry'`ーi ::.:.:.::::..: l  r,!
  . : : . .  ,.-='´   `、゙、,l ::::.:.:.:. l .`t-r'  i ::.:.:.::.:.:: l リ ! l.
  . : : .  / `ヽ,    ヽ l :::::.:.:. .i 冫l '",i .:::.:.:..:.:. l ,  i, l
  . : . ,rー'ュ、 ゙,  _, -=' ト-t_ :.:. \_⊥-' :.::.:.:.,..._,./  ,7 `;t  
  : . ,ヘ.! i^,.`i /' ~ .   loj :.:~`rー '"~  ̄ ̄l oj l ;'     l .
   ヾ、」y' _r' ´      .i´、:.:.:∫::.:.:.:.:. .:. :.: , `´ `t ..,_   !
    `7,' ´          l._ ` ! :.:::.:.:.:. :. :.:. :.:. :.:.: { l,  `  `i

        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{    …………。
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
    /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
            l /  __      !
            l, l  く,_  、   |

 少し長くなったが、これが家光の実弟、徳川忠長の物語である。

 このように、家光にとって、
「自身に叛く者」の筆頭として常に挙がるのが、この忠長であった。

 その意味では、この「惣目付」という「見張り」を設置した家光の考えは、
忠長という「最も身近であったにも関わらず、最も信用できない」人物の存在が
その発端としてあったと言えるかもしれない。

780やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 23:24:53.35 ID:1i67a2o0
           __.、
          〃ri'j 
          `〈ラソ 
          i´‐::`i      r:; 
          ,.!-- 、:i     j_:i     ねえ、少佐…
          !   i'i-‐ァ<´∴ヽ._ 
          |__j::l'´::::;ゝ‐ 、‐':`ヽ‐ 、 
       __ r〉、__:::_j、 ̄j ¨¨¨jrj=: 、::ヽj   __ 
      /:::::::::::`メ、ト- 'ヽi::iト`ニ´j:,;:=、、、i' /::::::`ヽ
     ,〈::::::::::::::::{i= !‐‐く'::_`ー_":{{ __ j、〉´}i、::::::::::::,:!
     !::!:::::::::::::::|_ノ_,ィ´ __ `Y´:::::ヽ|-r'__,}、:::::::::::|
     ,.i::l::::::::::::::人゛´ _x´ャ=ミ y|/´:::ヽiン:ヽ!:::i:::::::::::::|
   /:::i::l:::::::::::/ァ‐`¨´:{レ'`ー‐i/`:、,.-ュ、i:::::::|ヽ!:::::::::::ノ 


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::/ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::/|::::::| |::;|ヽ:::||::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::;::::::::_/l `|::::::| |::|`l|:::|l::::::::::::::::::/
::::::::::::;;/|;;/  `‐|:::::/`ソ´ ヽ|::::::::::ノ ̄
:::::::::/  -―― // ――-|::| ̄ー‐ 、           もう一回言っとくけど、
::::::::|  、__・ノ ´ ::... ヽ、・_, 〈`ヽ   `‐、        「シグルイ」は創作だからね!
:::::::/ `l、___/  :::::;;;ゝ `ー-' ヽ |\    ̄ゝ
:::::/ヽ | , ‐'二.______,――´、:.:.:.:ヽ  /´       「駿河城御前試合」にしても
/  ヽ ̄ ̄`i:::::::_ _::::`ー,―-ノ:.:.:.:.| / |        南條先生の創作よ!
     〈  ̄´ 、´ ヽ `ヽ ̄ヽ_):.:.:.:.:| / |
      )::、__.|   |  |ノ(  ):.:.:.:/ヽ |
      `i.:.:.:.:.:.|   |   |(´ ̄).:.:.:./  l |
\    ノ´.:.:.:.:.:/|   |  |  ̄|l:./   ヽ|
....;;`― ´  ̄ ̄  ヽ    ノ   | |     \
/          `ー ´   / |       ヽ

782やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 23:27:49.86 ID:1i67a2o0
                __r‐、    r-ヽ
            , '´      ̄ ̄`丶|  |            …そういう他者とのコミュニケーションを
             /. -―― ¬、___,.r‐-|___|           事前に断絶させるような言動はどうかと思うよ?
          /   (C=o        i' ̄l、
           ,. --、            __|_「. -- 、         でも、ここだけ見てると忠長は暗君に見えるけど、
          /r;   }  , ´ ̄`>‐ '"´ー' 〃    ヽ._ _     実際のところはどうだったの?
       弌   / /   /   ,r‐、 、ヽ  ∴  }i`ヽ. ヽ
        l ヽ--' _ {  /    `ー'  ヽ、`ー‐‐' ノ 、)ヽ ',
          /     `ヽ'  r_―;      `  ̄ ´     _ {     _,. -- 、
        / ___     ヽ-― ニニニニニニニニニ ―_- .」  ,.‐'´    ヽ
      //   ヽ     〉 ,r_二._ヽ、_  ,r_´rr>'r ̄`ヽ-.ヽ)イ          ヽ
     ,〃       l    ハ {/ ,r r'´ ̄>_r'斥/ {{ ====}弍´/ヽ        { ヽ
    / l|     |     ! / ∨ {   i´r'r弌㍉t. ヽヽ.__ノ'--' _  l        l. ',
.   ,'  !!       |     !} r_-{___L  ゝ'_,.-'クく`ヽ==7´ , -‐`ヽ{j        l  l
   l   ||       l    ,リ_,. -_''7  `ー-='l___ `7ー- {  /   ,.-ヽ_         l. l
.   l.  ||     l     /-‐''´ヽ '、_    _,ノ--r<__,,ノ ヽ.{   /  Yf´l      l. l
  !   ||.      l    /- .._____ ̄二 r、/     ヽ  `ヽ.__trュv.} ト、     l. |
.  l    ||      l   /┬ー‐.‐ァ--― ''"^´        ヽ     l`ーr‐く_) ヽ.    | |
  l   /||    l  /  ヽ.___¨.ノ                ヽ   l |    ヽ   | |


                     ,..ィ´  ̄ ̄ ̄`ヽ、
                /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
              _/ノ!,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽゝヽ 
            /.:.:.:'フ=ァ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ヘ i、ヽゝ:i           そうね。
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` '.:.`'.:.:.!          実際のところ、「領主としての忠長」は
           i.:.,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,!.:.:.,:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ         それほど酷いってわけでもなさそうなのよね。
           |;'|.:.:イ.:.:.:.:.:i.:.:,ハ.:.i.:.:.:.:|!:|\.:.:.!.:.:.:.:i.:.:i
            |.:.lヽ.i.:.:.:.|!:i-=ミ、!.:.:.:.|ゝ=-ヽ|!、.:.i.:.:.!          例に挙げた「神域で猿を銃で狩り尽した」とか、
            ヽ|、:|:\.:|i:|'j5jミ \.:.iラ'j5jヽi'ii.:./.:./          「民を無差別に斬り捨てた」とかの
               ヽ,、:ヽ` ̄  ,ヽ  ̄´ /i/|.:/           いわゆる「暗君の逸話」も、史実としては信憑性が薄くて、
               //!ー`     i|,     ,i.:|.:|'|           実際のところ、忠長は”領主としては”、
                  /.:i/!ヽ\  .__._.__.   .イ|∧.:.i           特筆する程の悪行をしたわけではなさそうなのよ。
              | :/.:|:::::::::iヽ. `=´ ,.イ:::|'::::|ヽi  
              |イ |ノ:::::ノi  `ー '´ |ヽ::::::i.:.i:|            忠長の場合、統治能力よりも、
             __..,..i.:|:::|/! \    / i:::::i ,'ト|,、...___        「自身の不行跡」が主な糾弾点になっていたわけね。
       _,. -=ニニ´-‐'´`i:::| |、   >.--<  _,ノ〉:j/====._'`¨>;、
      /-――く     〉、! ヽ> ∧::::::∧<,ノ i:/ | i!    `7´   ヽ
        i     ヽ   |>'´ i` ' /´〈 `'i`ソ<i. i!     /      i
        |      i   iヽ.  ヽ j::::::::i  /   / } i!i i  ,ノ     |

783やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 23:29:59.80 ID:1i67a2o0
                                    , -r---r-┬ァ= 、
                                   / /└--'   :l/  :li
                                   .i.入, ---- 、jk __,ノ'
                                   `Y r=tロ=┐  i 二 _
 じゃあ、実際には暗君って訳じゃなかったってこと?   _ィl_ll○)l呂l:l二i _Y _久
                                  ( _iヽ ω 〃 /ftl⌒ヽ lノ
                                   l lノY^Y --イ^ )!_ィ_久
                                  レ' . V     V   l_,lノ


.        /                      \    まあ、そこまで断言できるわけじゃないわ。
       |                        |    統治能力があろうが無かろうが、
       |                 l ヽ   |    | | |    酒に溺れたり、家臣を切り捨てたりってのは、
       l         |     /,ハ |   l | | | | | |/   少なくとも人の上に立つ者として、
         l       l  //7/ ‐-Vヽ //| | | ///    褒められたものじゃないのは確かだしね。
        /l        l j/l ' '、Tッヽ |/イj7//// 
      / |        l  l     / ', |//'        ただ、忠長の場合、
     /  ヽ         l l        ,冫l′       ここまで至ったことの一因に、
   , イ    ヽ         l l    __ _ / l        .兄・家光との確執があったであろう、ということと、
二二 丶       ヽ       N    `二´/  l        この確執は、家光の考えにも影響を与えたのでは、
    \\     \     |\    /   |         ということが、この場合のポイントだから、
\     \\    ヽ    |,//>― ′  |        まずはそこを憶えておいてくれればそれでいいのよ。
\ \    ヽ ヽ     ヽ   |/  | 卜、   | 
                                    じゃあ、話を戻しましょうか。

784やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 23:32:17.37 ID:1i67a2o0
    / ̄ ̄\
  /  _ノ ヽ_\
  /   (●) (●)ヽ    …言われてみると、暗鬱な話ですね。
 .|    (__人__) |    とすると、このたびのお役目は、
 .|      `⌒´  |   上様の疑心暗鬼の産物と…?
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /   ._ノ ヽ_\   ) ;;;;)    主膳、滅多なことを言うでない。
 |    (─)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´      …だが、役目は役目じゃ。
  |     `∩_ノ)━・'       任じられた以上、勤めあげねばならぬ。
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_          それに、大御所様が亡くなられた今、
 |  \_/ ノ ヽ        諸大名の不審の動きを事前に封じる役目は
 \     /_|  |         確かに必要なものなのじゃからな。
 | \ /  _/.        誰かがやらねばならぬのじゃ。

785やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 23:34:09.87 ID:1i67a2o0
           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●)          まあ、大納言様の件は、後は上様の御裁断次第じゃ。
         |      (__人__)         今更、我らが思い悩むものでもあるまいよ。
         |      `⌒´ノ
          |         }           それより主膳よ。
          ヽ        }      (    お前の修行はどうなのじゃ?
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )   少しは進みおったか?
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !


    / ̄ ̄\
  /  \  ./\
  /   (●) (●)ヽ     はっ。
 .|    (__人__) |     先日、父上にお連れ頂きました能を見て以来、
 .|      `⌒´  |     私も思うところがありまして、ようやく開眼できた思いです。
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ

788やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 23:36:37.18 ID:1i67a2o0
 以前にも述べたが、宗冬は生来体があまり丈夫ではなく、
そのこともあって、どちらかといえば文学に興味を持ち、武芸に熱心ではなかった。


        / ̄ ̄\    主膳は文学の方がいいんですよ。
      /  ─  ─\  家業の剣術は、兄二人がいるからいいのです。
      /   (●) (●)ヽ
     .|    (__人__) |     __
     .|.     `ー'/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒\     / 吉原 /    /
    i\  \  ,(つ 案内 /   ⊂)
    .|  \   y(つ    /,__⊆)


  / ̄三\
 /ノ( _ノ 三 \
 |;;;;⌒ ( ○)(○)  柳生家の人間として、最低限の腕前ってもんがあるだろ。
. |;;;;;   (__人__)  あと、お前何読んでんだコラ…。
  |;;;    `⌒´ノ
.  |;;;;       }
.  ヽ;;;       }
   ヽ;;;l    ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

 これは、柳生家の記録である『玉栄拾遺』の宗冬に関する記録にも

 『寛永五戊辰年、始而大猷大君ニ奉仕ス。
  公嘗テ積聚ノ病(※)アツテ連年刀術ヲ厭玉フ』

 という形で載っている。

 ※ 持病のこと。癪持ちだったともいう。

790やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 23:38:32.95 ID:1i67a2o0
 そんな宗冬だったが、
寛永九年(1632)、宗冬18歳のある日…

     / ̄ ̄\   て
   /:::::::  \ /  て
   /:::::::::  (○)(○)
  .|::::::u:::   (__人__)    おっ…おおおおっ!?
  .|:::::::::::::   |r┬| |   こ、これはっ!?
  ヽ::::u:::::::   `ー'./
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く
  |:::::        \
  |::::        ヽ、二⌒)

791やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 23:40:00.88 ID:1i67a2o0
: .: .: .: .: . ,------ 、: .: .o: .: .: .: . : . : . : . : .   o  。  。 /::::::::::   /
      )_;;; -- 、;;`ヽ、                O,ィ   /::::::::    /
: .: .: .: .: ./ ノ: . : .  ヽ、::::ヽ、           ,ィノ}__,,,//__⌒.:::ァ--)    /
     レ'       _ヽ, -'"⌒ヽ    /ノ..::::::/..::::::::::.::::::::::rニ"\  {             _,
: .: .: .: . : . : .   , -'"  .....::   ヽ  ノ.::::::::::::::::::::::::::::::::::::, --゙、  `ー'  __,,.....-‐::::::'''"" ̄:.:.::
       O  / .....::::::    ______ ゙、{::ト::、_- 、ゞr、:::::::::::::>     _,,.-‐''"::::::::::::::::::::::: :.:.:.:.::.:.:
: .: .: . : .   /...::::::::  _,,.-イ:}   ゙ヽiヽ{゙Y'   `}:Y、;;イ⌒    /....:::::_,,.. -‐ァ7ニ" ̄ ̄ ̄ ̄
      /.::::::::::::  / r^ヽ|::l  ;';';|::l';';'.` 'ー イハ::::゙:ーァ.':,':',',:,/ .: /    / / / , イ弓
: .: . _,,. ‐'".:::::::::::::: / 、___{  l::| __;' |::|  :;⌒、___゙ヽ,ト;   / ,∠,. . ----{ / /_二、_,ン
:::::::::::::::::::::::::::::::::/`ー-.、__l { ̄ ̄   ;.;|::|,.,.;'ー-' Y ;':'''ヽ ,;';:'/ /___   __,, - し'
:::::::::::::::::::::::::::/      ヽァ--‐''"  l::| (   .:::人::..  ノ /:. /    ̄         o
:::::::::::::::::::::/               ヽヽヽ、_, へ、__イ ノ::::/
 --‐ニア               :,:',:':,` 7ー--- ニ メニ::- '   。            o
   ̄    __________    (ヽ ゚ .;:';'   ';';';:. :.:.:’:.:.:/:':'::':':':':;:           (ノ
  _,,.-‐''" _,,.-‐―''"`゙''ー 、_ " ..;';    ';';、:.:.:.:.:._,;';'    ;'; o  (ノ             (ニノ
/:::   /---- 、:::::::::::::::::::::`ヽ、 ;';'    ;'; ヽ'" ;';    ;';  。  o     (ニン       _,,.-':
::::::  /      `ヽ、::::::::::::::::::::::\':';;.;.;.;'; 、_:.:.:.:.:  ':':':'i':'            ___ ,,.. ---‐'":::::/
::::   /: .: .        `゙ヽ、:::::::::::::::::`''ーキ、  ̄〉':.:.:. :.  ノ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄...:::::::::::::::::::  _, ' -''
::::  {             `゙''- 、_;;;::::::::::l :.:./:.:.:.:.  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::: ____,,.. -‐'
::::  l: .: .: .                 ̄"゙、:.:/:.:.:.:
::::. ヽ                     Y:.:.::.  /
:::::... \: .: .                  /::.:.:  /::
::::::::::..  \           _,, -----'i {、:.:.:.  /:.:.:|    __,,
 :::ヽ::::..  \_       /.......-'' ::::::ヽ、} :.:.\/---゙、 /...:::: )、
 ::::::ヽ:::::.. /       (:::::::::::::::::-----} :.:.::.:ハ:.:.:. V:::_シ /ノ
  ::::::::\::( 、        (;;;;;;;;;;;;;-----/`ー-ノ l`ー'' }ノ)..::::ノァ
.ヽ ::::::::::::ヽ、\          ̄ ̄ ̄ / :.:.::.:.:}  ヽ :.::::l  レ' }ノ  
  ヽ :::::::::::::::::゙::ヽ             l :.:.:.:.::ノ   ヽ:.:.:
   \ :::::::::::::::::::)               | :.:.:.:/    ゙、:.::
    \(⌒ヽノ             ノ:.:.::/      l:::::|  
      ゙ヽ              / :.:./       l:.:.:
: .: .: .: .: . : .               / :.:.:i        l:.:.::
                    / .:.:.:/          ゙、:.::l   
                    i .:.:.:./         `ー
: .: .: .: .: .: .: .: . : . : .        l :.::/  
                    `ー'
                        喜多十太夫

 『こ、これはまさに、入神の技…!』

792やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 23:42:02.52 ID:1i67a2o0
      / ̄ ̄\
    /       \
   /           ヽ
   | u   \,  ,/ |     …術は、入神の域に至ると、
   |    (●) (●) |    これ程のものになるのか…!
   ヽ    (__人__) /  
   /   ヽ  ` ⌒´ノヽ    (私の剣術も、あの域まで至ることができれば…!
  ./ /   ∩ノ ⊃|  |     いや、そうなりたい…!!)
  (  \ / _ノ |  |  
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●   
   |      (__人__)  (かつてないほど、真剣な顔つきをしておるの…。
.   |        ノ    今の能で何か得るところがあったか…?)
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

 寛永九年、土居氏(※)の屋敷にて演じられた喜多十太夫(あるいは七太夫とも)の
入神の能を見て、何か悟るところがあったという。

 ※ 土井能登守利房というが、この時、利房はまだ1歳(寛永八年生まれ)のため、
   その父・土井利勝の可能性あり。
   また、無位無官で若年の宗冬が一人で招かれるとも考えづらいので、
   おそらく、宗矩に連れられて(あるいは付いて来て)のものと思われる。

794やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 23:43:58.19 ID:1i67a2o0

              せいっ!
       / ̄ ̄\   はあっ!!
     /  \  / \    \\\
     /   (●) (●)ヽ    \\\_
    .| u   (__人__) |   ヽ   \//
    .|      `⌒´  |    \//
    ヽ  u.      /   \//
    / ヽ        ノヽ  //
    (⌒ヽ、       ィ.ヽ// 
    l \  \     i //
    |  \  \  /, イ
    |    \ , '⌒く/ /
    l      ゝ、ニ≠ソ
     |     `´  ̄ |
     |    ,ィ'    |
      |    | ヽ   ,l
     |    ,|ノ   /

 そして、それ以降、熱心に剣術の修行に励むようになったという。
『玉栄拾遺』には、このことが以下のように記されている。

 『寛永九壬申年、公十八歳、一日土居氏ニ至リ、
  喜多十太夫カ猿楽能ヲ見玉ヒ、其術妙神ニ入、
  公感悟シ、練磨日夜ニ進ミ…』

795やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 23:47:38.69 ID:1i67a2o0

    / ̄ ̄\
  /  \  ./\
  /   (●) (●)ヽ    まだまだ兄上達には及びませぬが、非才なりに精進し、
 .|    (__人__) |    いつかあの入神の域に達する腕前になりとうございます。
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ


   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (●)(●)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´   うむ…精進するがいい。
  |     `∩_ノ)━・'
.  |     |_ノ       「ははっ!」
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/

797やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 23:49:27.02 ID:1i67a2o0
   / ̄ ̄\
 /  _ノ  \\
 |   ( ⌒)(⌒)l
. |    (__人__) |    しかし、能を見て剣に開眼するとはのう…。
  |     `⌒´ |   これはわしも予想外じゃったぞ。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   /     ヽ


    / ̄ ̄~\
  / ⌒   ⌒\
  /   (⌒) (⌒)ヽ      そこはホラ、
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃    私も父上の息子ですからして…
 .|      (_/´  .|
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

798やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 23:51:29.77 ID:1i67a2o0
       (  _,, -''"      ',             __.__       ____
   ハ   ( l         ',____,、      (:::} l l l ,}      /      \
   ハ   ( .',         ト───‐'      l::l ̄ ̄l     l        │
   ハ   (  .',         |              l::|二二l     |  ハ こ  .|
       ( /ィ         h         , '´ ̄ ̄ ̄`ヽ   |  ハ や │
⌒⌒⌒ヽ(⌒ヽ/ ',         l.l         ,'  r──―‐tl.   |  ハ つ │
        ̄   ',       fllJ.        { r' _ノ  \|   |   ! め │
       宗冬→ ヾ     ル'ノ |ll       ,-l l ( ⌒)(⌒)l.   l        |
             〉vw'レハノ   l.lll       ヽl l ' (__人__)|    ヽ  ____/
             l_,,, =====、_ !'lll       .ハ. l  r'|::::::|ヽ.|     )ノ
          _,,ノ※※※※※`ー,,,       / lヽノ `ー'  }
       -‐'"´ ヽ※※※※※_,, -''"`''ー-、 _,へ,_', ヽ,,二,,/ .l
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       `''ー-、 l      ト、へ

 このように、柳生家には能にまつわる様々なエピソードがあった。
柳生家と能の関わりについては、いずれ別にまとめる。

800やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 23:53:56.29 ID:1i67a2o0
    / ̄ ̄\
  /  ⌒  ⌒\
  /   (●) (●)ヽ    なんにしても、今年もそろそろ終わりですね。
 .|    (__人__) |   今年は色々とありましたけど、無事に落着しましたし、
 .|      `⌒´  |   来年は平穏な年になればいいのですが…。
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ


   / ̄ ̄\  ( ;;;;(
 / _ノ  ヽ\ ) ;;;;)
 |  ( ─) (─)/;;/
. |   (__人__) l;;,      ………。
  |    ∩ ノ)━・'
.  |   /  ノ´ }    
.  ヽ  / /    }    
   ヽ/ /   ノ

801やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 23:55:05.32 ID:1i67a2o0

        / ̄ ̄\       まったく、その通りじゃの。
      /       \     今年は色々あったものじゃ…。
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |    来年からは様々に動かねばならぬが、
       |::::::::::::::    |   せめて今年は静かに過ごしたいものじゃの…。
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

 この寛永九年は、柳生家、そして柳生新陰流に関わる
様々な出来事が起きた、まさに転換点ともいうべき年であった。

 大御所・秀忠の死に始まり、家光よりの難題、親友・沢庵和尚の赦免、
宗矩の兵法の精髄である「活人剣・治国平天下の剣」の確立と「兵法家伝書」の著述、
そして、三千石の加増と惣目付への就任…。

 この激動の年・寛永九年は、こうして静かに過ぎていったのであった…。

802やる夫で学ぶ柳生一族(その29)2009/12/29(火) 23:56:04.48 ID:1i67a2o0
  \ヽ, ,、
   `''|/ノ    ...     \ヽ, ,、
    .|       .      `''|/ノ
_   |             .|
\`ヽ、|       .   _   |
 \, V"         \`ヽ、|
   `L,,_           \, V"
    |ヽ、) ,、 .....      `L,,_
   /  ヽYノ          |ヽ、) ,、
  / r''ヽ、.|   .      /  ヽYノ
  | `ー-ヽ|ヮ ....     / r''ヽ、.|
  |    `|         | `ー-ヽ|ヮ
  |.     |  ...     |    `|
  ヽ、   |  ...     |.     |
   / ̄ ̄\       ヽ、   /
 /  _ノ ヽ_ \   .    / ̄ ̄\
 |  (≡)(≡) l ....  ./ _ノ ヽ_ \
. |   (__人__) .| ....  /  (≡) (≡) ヽ.
  |   ` ⌒´  |   .|   (__人__)   |
.  |        } .... .|     `⌒´     |.
.  ヽ       } .....  ヽ         ./
   ヽ     ノ      ヽ       ノ

┼ヽ  -|r‐、. レ |
d⌒) ./| _ノ  __ノ

【やる夫で学ぶ柳生一族(その29)「寛永九年の諸々」】 完

関連記事
[ 2018/03/08 16:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する