FC2ブログ

やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その31「宗矩とお藤」 前編

21やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 21:34:52.25 ID:Q5MhjmA0
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレです。

【今回のメイン柳生 : 柳生但馬守宗矩(やぎゅう たじまのかみ むねのり)
             .柳生十兵衛三厳(やぎゅう じゅうべえ みつよし)】

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |        柳生家の当主にして幕府惣目付、
. |  (__人__)  |        そして徳川将軍家剣術指南役、柳生但馬守宗矩だろ。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;).  常識的に考えて…。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

           (ヽ三/) ))
       ____ ( i)))
      /⌒  ⌒\\
    /( ●)  (●)\ )   柳生家の嫡男、柳生十兵衛三厳だお!
  ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
  |    (⌒)|r┬-|     |
  ,┌、-、!.~〈 `ー´/   _/
  | | | |  __ヽ、   /
  レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
  `ー---‐一' ̄

24やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 21:40:27.12 ID:Q5MhjmA0
【寛永十年(1633)時の柳生一族系譜】

  大膳長永
     :
  <柳生家>
     :
    ├─────┐
  柳生永珍   中坊源専
     :
    ├─────┐
    家厳      重厳
    |    (七郎左衛門)
    |     (松吟庵)
    ├─────────────────────────────────────┐
    宗厳                                                     妹
  (新左衛門)                                                    .|
   (石舟斎)                        【江戸柳生】                  <幸徳井家>
    ├───┬───┬────┬───────┐                        |
    厳勝   久斎   徳斎     宗章          宗矩                       友景
  (新次郎)             (五郎右衛門).     (又右衛門)                     .|
    |                            (但馬守)                       |
    |   【尾張柳生】                   |                         |
    ├────┬────┬────┐        ├─────┬────┐         |
    純厳    利厳.     妹     厳倚      三厳      友矩     宗冬      .友種
   (久三郎)  (兵庫助).         (権右衛門)   .(十兵衛).    (左門)   .(主膳)
           |                   (幼名:七郎)        (幼名:又十郎)
           |
           ├─────┬────┐
          .清厳      利方     .新六
        .(新左衛門)  .(茂左衛門)

26やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 21:41:51.80 ID:Q5MhjmA0
【第1部(その1~11)のあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の領主、柳生新左衛門宗厳は、上泉伊勢守秀綱創始の新陰流の正統を継ぎ、
後に名を石舟斎とあらため、その剣名を天下に上げた。
しかし、長男新次郎厳勝の不具廃嫡、豊臣家による所領の没収、
新次郎の長男、久三郎純厳の死など、柳生家に辛く重い苦難が襲い掛かる。
だが、徳川家康の招きに応じ、「無刀取り」を以って家康に指南を請われた際、
末子・又右衛門宗矩を推挙したことで、再び柳生家にも光が差す。
その後、関が原の戦にて徳川家に味方したことにより、柳生家は旧領を回復する。
更に、家康が幕府を開き、後継たる秀忠を二代将軍とすることで、宗矩は将軍家剣術指南役となった。
そして、柳生家の家督を宗矩に、新陰流の正統を兵庫助に継がせた石舟斎は、
慶長六年(1611)、78年の生涯に幕を閉じたのであった…。

【第2部前編(その12~24)のあらすじ】
 石舟斎の死後、宗矩は正式に家督を継ぎ、新たなる柳生家の当主となった。
またその翌年、柳生庄にて宗矩に待望の嫡男・七郎…後の柳生十兵衛三厳が誕生する。
そして、大坂の陣による豊臣家の滅亡、一代の英傑・徳川家康の死を以って、
戦国の世は完全に終りを告げ、新たな時代「江戸時代」が始まる。
その世において、柳生家は二つに分かれる。
将軍家指南役となった宗矩の「江戸柳生」、尾張徳川家指南役となった兵庫助の「尾張柳生」である。
宗矩は「坂崎事件」を見事解決するなど、一剣術指南役の枠を超えた才を発揮し、
また、三代将軍家光の指南役ともなることで、柳生の権威を確立させた。
同じ頃、兵庫助は「直立たる身」の工夫を編み出し、尾張藩主・徳川義利へ新陰流正統四世を相伝する。
そして時は寛永に移り、尾張においては後の柳生連也斎厳包こと新六が誕生、
江戸においては十兵衛が小姓を致仕するなどがあったが、その末に、遂に宗矩が諸大夫成を遂げる。
「柳生但馬守宗矩」がここに誕生したのである。

【第2部後編(その25~30)のあらすじ】
 晴れて但馬守となった宗矩だが、知己の沢庵和尚が紫衣事件の件で罪に問われたため、
その赦免のために奔走したものの、その努力も空しく、沢庵は配流となってしまう。
しかし、それから三年の時が過ぎた寛永九年(1632)、大御所・秀忠の逝去と、
宗矩による家光へのとりなしもあり、沢庵は赦免される。
そして江戸にやってきた沢庵より、「剣禅一致」を説いた「不動智神妙録」を受けた宗矩は、
遂に真の大将の剣、『活人剣・治国平天下の剣』を確立することに成功、
これを家光に教授し、更なる信任を得たことで、「惣目付」への就任を申し渡される。

 そして、宗矩は惣目付としての役目を果たす日々を続けるのであった…。

27やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 21:43:22.58 ID:Q5MhjmA0
 寛永十年(1633)、宗矩は惣目付としての役目を果たす日々が続いていた…。

       / : :.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.ヽ' ノ}、::{.|
     〃、 :.:.:/:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.、\.:.:.:.:.:.:.ノ|゚´リ、/:ハ:l.|
     /  ` -{‐ !ー{ー ‐!--ヽ'ヽ ̄二_,!´;}l.:!:::::}ハ!
    ハ;`‐/ -|-:|ー:|ー-'{‐|:‐:ハ::|"!:.:.:.:}}イ:::}.}:::ソ:∧
     !:!{ :.:!.:.:.:|.:.:!:.:.:.{.:.:.:.:.l∧N レヽト、:.:.リ.|::::|´';:!l::::ハ
     !| !.::i!:::.i:ト、|ヽ:∧::::::ハニ|三,ニニ、.Y.:.:|::::|f. }l.l:::::ハ    但馬殿、この件の措置はこれでどうであろうか?
     !! ',::ll:::::l:!ェニニミヽ::::∧ /´ヒzリノノ!.:.|::::|リ/:!l::::::::}.
     { ∨:::i::l{《弋zj`  \::ヘ  ̄ ´ |!.:|::::|ノ::::!l::::::::ハ
    `. 弋::l:::i` ̄     \!.     |!.:!::::!:::::f }:::::::::ハ
.        レ!::∧         `    ||.:|::::|ヘ::l,,,!:::::::::::},
         {.!:::!∧     丶'      ,!|.:|::;:| '、;、:::::::::::::l
       l.!:::l::{ \    ‐= ‐   ´ハル'´ .//‐、::::::::::!
          {!:::l::| l´ >    ̄     / /  //  '::::::::::!
          `ゞ、j {.    ≧ __ . < ./  //    \::::!
             \ 、   \!lヽ、  ./  //        ヘ:|
                ヽ!    !l`'、ヘ / ./'´          \
               }    !l   ´¨//-、__,...__      \
             酒井讃岐守忠勝
         (さかい さぬきのかみ ただかつ)

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●    左様ですな。
   |      (__人__)   これならば上様もご納得されるかと。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃   では次の件を…。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

 ある時は、年寄達の寄合に臨席しての監察…。

29やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 21:47:52.71 ID:Q5MhjmA0
               / ̄ ̄\
             / .ノ  ヽ、\
             |  (●)(●) |     …というのが、この件についてのご沙汰でござる。
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |    伊達様、如何でございましょうかの?
         /        \ ._|_____
       , --'、             /         `〉  (この方は相変わらずであるのう…)
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ

    ,.-─ …‐-、 _
   く  ,.ィ彡__   \ ̄¨ ー- ..___    _,,. -、
    V ノ   \  \         ̄ ̄    _}  
.      \  ____\  \           ,. </  
      ヽ´oヽ   `>‐--丶、 _   _,.イ\ /   
          \>/ ト、jノ<二二..__ ̄ `ヽ  |      ンン~…わかっておるわッ!
         |::::::::::/`ヽ彡   -‐   ̄二ニ =ヘ、    上様よりのご沙汰に、この政宗、不満などある訳なかろうッ!
           ;:::::::;:',ィフ=、ー-r‐'  彡'⌒ヽ__,.   ヽ
        /:::/// , =ァ''   \ニ/ /¨ヽi  `ヽ   '.   (ドジこいたーッ!
        //::l U ,fュ/      i `'  i'^ソ/`ヽ     i   うまいことやって儲けるはずが、こいつはいかーん!
..      レ/ `ヽ/ ソ     /    i_/\     l   こいつ相手じゃ下手に言い返すわけにもいかんし、
   .       ,'  _i.,,_   u.       l   丶、   i   黒脛巾組の動きは一旦止めるしかない!
          i  __}             !     `ミ、W   チクショー!)
            └‐´r' __          |      ヽ  
              ,.-┴r'_‐ノ          l
         _⊥、 \'       /
.           {   \' _}    ,. <
.          /\   \_,.ィ
        \ \ /ヽi. 人
.           f\ ノ丶、ノ
         ヽ `>‐く
             `ー─'
             伊達陸奥守政宗
          (だて むつのかみ まさむね)

 またある時は、諸大名への御触事の通達…。

31やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 21:51:20.95 ID:Q5MhjmA0
    / /  i: : : : :! !.! iL...iレ、: i:ハ! j__i i i.! ;  
.   / , '    !. :  i iノ´ノ ̄リ´: : :! ノ /⌒i从リ   
  / /    ノ   ノノ u  ..ニ  ノ   {'o !     
.  i /    ´   ノノ  〃´ O )  ij  'ヘニ´{  ;   た、但馬殿。
  从!          /. : : : :ゝ-- "  . : : : :,;;ゞ-、  ;  この度、我が家よりお願いしたき儀が…
  } }        { : : : : : . . ,   ' . : : : : . ,. : :ノ i          
  イj     ノ i人,ノ: :u: : :         : .:.:.:.  、u! ; カチ  (キ、キンチョーするなァ~)
  い   イノ !i从     , '     u   ノニ) i  カチ
  乂ヽ.    人::::.:.:. :.            〃'⌒) ,′ カチ
    `ヽ   ,ノ:::::::::::::.:.:.:.         、ノ′.イ ,′;
      ノノノ,人ゝ`ヽ、:::::.:.:. . u            {  ;
      乂ヾハ)ト-.人::::::::.:.:.:. . .        ij  ノ ;
             細川光尚
          (ほそかわ みつなお)

   / ̄ ̄\
 /  _ノ   \
 |   ( ⌒)(⌒)l
. |    (__人__) |    ははは、光尚殿。
  |    ` ⌒´ |   そう固くなられずとも大丈夫ですぞ。
.  |         }   .さ、お申し出の件、お話しくだされ。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   /     ヽ

 あるいは諸大名からの申し出の受付など、多岐に渡る勤めを果たしていた。

32やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 21:53:46.04 ID:Q5MhjmA0
 先に述べた通り、惣目付の役目は『老中・諸大名の監察』である。
「ものおじ候」の言葉が示す通り、その存在は非常に恐れられ、同時に厭われていたと思われる。
下手をすれば加藤家のように改易の危険すらあったのである。
大名達も慎重にならざるを得なかった。

         \               ィ`´ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ      |   ,え゙          r―-、
            \              〃 ._八__、、    |    |  ,.‐-、vヘハノVvヘハハ∠二 ヽヽ           /
   ー` ` ` ` `  \              ル三''′`三ヽ.  l    | //フlul|lu||lu| l∠二 ヽ /         /
   ∠/レ'レ'レ'レ'L.   \           [ ≧|ニ|≦_]~|^)ト、.   | 〈 /'''フ-‐~'  ~'⌒⊂"^ヽ/ ̄ ̄ ̄  /
  /|│|u| _|_|_ 7   |\          | ,-L__」 -、u |ト:| |'''ー |"~ヾノつ へ、U  / ヽu|ヾi_____/
  |\  /    | r.、 |  \     ,.. -┬|l王l王l王l`/ .|  | | |   _||(  o    o ,ノ ||f|-―l l/
  |ニ・〉  ニ・フ .|l6| |    \  ,∧  |├‐┬─‐''′/   || |i'"l~:::l::|  し'| u | `Ju l!'|::::::::/
.  |∠ っ  u  ll,ノ |      \  |  |.|-―l、___/-―┤ .|| |:::::|:::| v ___L,__,.」_u |::|/____
   ヽlニ二二) ./ >‐、l        \ |  || ヽ. /   | |  || |::::|:::::ヽ((三≡≡三) /   _      `i
    ヽ = ./ / ,.ベ\       \   | |  Y。    | |  || |::::|:::::::::::\u、━、 /_ -イi~| | |~ヽ   |
     ヽ_. く / /   ヽ \    _|\_/\_/\_/\_/\_/|___:::::::::::::/ TT l |υl_, -'_フ ヽ   |
        / /      ヽ ヽ   \                  /:::::::/\υ  , -''_~- ''~ u /  |
________________/ 改 易 の ・ ・ ・ ・ ・     \/~ヽゝ|| ||, -ー~ フ ::| |⌒i |
< /l/  u |ハ、     ヽ      〉                       /  |)_ o/u ≡丶o_ ノ  ::::| .|⌒| |\
 レ =、\  _メヽ!ヽ!、   |    く    予 感 っ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  >   |( /,'    U   ( ) υ::| lD | |  |`ー
  |ヽ 。>_  /。 ノ | ,へ |      \                  \__|/,' υ  υ し'   ::::|.|_,ノ |   |
  | u/   ~U~ ┌ ||ビ|| |    /<     ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ! !  /_/ __, -ヽ    O  ┌::::||.   |   |
   |/__,ヽ__u |!_ン |\. /  ノ                     \\ ̄| i┬┬┬┬┬┬、 ::::∧  |   |
    |『┴┴┴┴')) |\ l/     ̄|,/ヽ/\/\/\/\/\厂   \|l二二二二二二/::::/:::;ヽ |   |
   ヾ========'/ /             | |∥┃┃│∥ |│ l |     \┴┴┴┴┴'::::/::::  Y      |
     >--― "u /  ,シ^'~'^~''^~^''^''ゞ、   |:l |∥┃┃│∥ |│ | |    _≧ー \≡ υ  ::/:::  /|       |
  /‐/ |\_/    /Y'l'Y'l'Y'l''l'Y'~Y''!  | ||||∥┃┃  │      |   >     \___/:::: /  |     |
..〈  / /| /     c / lυl l lυl | |u l | ||||  │  _    、)ノノ |  ^イイイイイイイ\-‐''"~   /|____,|
  l  ll /,、,、,,    c |二ヽ'___∠二___| | l│|  │ |i┴-、  | |  |  /、\ u  />Z. \   /  |
 .ト、/ ,、,、,、,、;. っ c 「⊂・「^^|二・)|~~~''6|:l:|│|    └‐l  l_,/、|  |  |r==、l  </== 'i iヘ \   |
,/  |   |ァ,,ァ| っ.  └廾┘ └―┘  -|i||:|│  _,r―;rミ巛彡/  | |`ー・   ・― ' |.|ヘ| | \
   | 6 lニコ| っ.     |U '~`υ υ  | || |│  └ヽ/ヽ、|M|ノ     | |∴(__)∵∴ u||.ン |\ \
   Vニニ  ̄ヘ.     c | l三三三三l  | | |i|│ミ`--へ,,/ ̄    |l|  |u(二ニニ二)  /ヽ. |   |"'''‐\
                l  ̄ ̄ ̄ ̄_厂| | l ||│|  ̄ ̄   │┃  ┃|| l| '"|\  ━  /  ヽ|   |   \
                    ̄ ̄| ̄ ̄/ | |l |l |│|∥┃  │∥┃│┃|l| l| |   `r― '"     /|   |     \
                     惣目付を恐れる大名達(イメージ図)

33やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 21:56:02.04 ID:Q5MhjmA0
 だが、反面、彼らが『将軍家に近い存在』であることもまた事実である。
そのため…

     ミ::::::、:::ト、lVヾ.i/        _
    .ミ:\、|ヽ!   | ,、   /  \  | 電 大 こ
〃}ハ「ヾ::::::ゞ     ∨ `ー '´       | 流 名 の
:::〈{::::|L__ミ       /     ,.u.-─ │ 走 に 時
:::::::〉::: ̄:>     /`ヽ、  r'´     / る
:::〃::::::::三__      l== 、  _. ==== °         まてよ…ここは発想の逆転…っ!
:::{[:::::::::::>      l ー゚-ノ  " ー゚-‐ '   |. |_.| |  |   惣目付のお歴々と懇意になれば…っ!
v/∠::::∠_     l./   v      __  |.|_// │
  ≦::::::∠._      /  __-,  ij  j「   |し'   |    これは相当有利に……っ!
1ィトヽ::::::::/    ‘ー             /:l.   |
く:::::::::::∠ -ァ'´       l (二ニ二つ    /: l.   l
/::::::::::::::::::フ.ィ      l  __   u   /::  :l  ,'\
L_::::-:=-:三, ,.ィ     _」    ̄     /::   :l /: : :
√´::::::::::::://レL -‐'7¨ /l     u   /:::    :l/: : :/
_ゝVレ/∠ -‐:7: :/: :/: :/: :`ァ┬─‐::':::      /: : :/:
>:-‐:7: :/: :/: :/: :/: :/: : :/ : :|::::::::::::     /: : :/:
            某大名

 「惣目付と懇意になろう」と考える者が出たのも、また自然な流れであった。

34やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 21:58:31.57 ID:Q5MhjmA0
 かくして、惣目付を恐れつつも、
彼らに近づこうとする動きもまた、存在していたのである。

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||  .||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 毛 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 利 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``````````````````````````````` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 そして、所変わってここは萩藩毛利家の上屋敷…。

37やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 22:01:06.31 ID:Q5MhjmA0
 寛永十年(1633)二月二十三日のこと。

     //|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:lハ
    //l|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:ハ   
    //:l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:ハ  
   ///|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:∨
   |l:l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|/|:|:|/|:|:|:|:l/Ⅵ:|:|:|:|:|:|:|:|:l 
   |l:l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|∧:| |:l/ |:|:|:/   Ⅵ:|:|:|:|:|:|:l   
   |l:l:|:|:|:|:|:|:/|:|:l/_\|/  .|:|/    Ⅵ|:|:|:|:|:|    
  ノリ:l:|:|:|:|:|:|/ |:|/ ,-、ヽl\_, |/     ノ|:|:|:|:|:|     福間、お前を江戸屋敷留守居役に任ずる。
 > イ⌒|:|:|:|  l/ じ! ノ〉 乂 ー ,ニ二、 |:|:|:|:|:|   これからよろしく頼むぞ!
 ̄ノ八ヽ∨|:| │ ` ´´′  l   iJ  〉,l:|:|:|:リ|   
  ̄\\ V:|         .il|  ` ー ´ //|:|/
    \\」         , 」    / l/l/  
 /   ヽ ',                 / l/  
/      Vl        ー─-‐  .イ l'  
       l l 、          ./〃 l'    
        l│ \        / //  /
        | |、  ヽ丶-イ /  //  / 
        | | ヽヽ /`二 ´ </ /  
         毛利長門守秀就
     (もうり ながとのかみ ひでなり)

         ,__r'へ_
       r,,-‐'__ __  `-、
      〆 -‐"   `′  `'ー.._`'ハ
     / /          `ヽ ゙ヽ
    !/  く\    /フ    ヽ.ソ
    l|   ヾ|   /ン′    |/     ははっ、頑張ります!
   .r=丶   ⌒ _. ⌒      lゝ、
   |/' /     '―         l r.〉
   ゙‐|     丶-‐--‐      ,ムノ
  ._r''''\            ,/  `--、
 广    ゙ゝ、       ,.‐l′     `ヽ,
-′  _,,..,,/ ヽ、____,-'"_>-、     /‐-、
....r-‐''^;;;;;ヾこ=ニニニニニ=,ソ;;;;;;;;;;;;;´''''ヽ___亅;;;;;;;ゝ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ,      //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;´;;;;;;;;;;;./ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ,      _ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||    j|;;;;;;;;r ..ニ '' ヽ、;;;;;;;;;;;;;ゝ、;;;;;;;|
      福間彦右衛門尉就辰
 (ふくま ひこえもんのじょう なりたつ)

38やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 22:04:25.65 ID:Q5MhjmA0
         ,__r'へ_
       r,,-‐'__ __  `-、
      〆 -‐"   `′  `'ー.._`'ハ
     / /          `ヽ ゙ヽ
    !/  く\    /フ    ヽ.ソ
    l|   ヾ|   ン′    |/   (我が福間家は家格としては中の中だけど、
   .r=丶    > ._ く       lゝ、   この大事の役目…見事果たしてみせるぞ!)
   |/' /     '―         l r.〉
   ゙‐|     丶-‐--‐      ,ムノ
  ._r''''\            ,/  `--、
 广    ゙ゝ、       ,.‐l′     `ヽ,
-′  _,,..,,/ ヽ、____,-'"_>-、     /‐-、
....r-‐''^;;;;;ヾこ=ニニニニニ=,ソ;;;;;;;;;;;;;´''''ヽ___亅;;;;;;;ゝ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ,      //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;´;;;;;;;;;;;;/ヽ
;
 さて、ここで出てきた男は、
毛利家の家臣で、名を福間彦右衛門尉就辰(以下彦右衛門)といい、
この日、萩藩毛利家の江戸留守居役(今で言えば駐在大使に相当)を任じられた男である。

 そして彼は、着任以来、その職を離れるまで、『公儀所日乗』と呼ばれる
日々の職務記録を書き記し続けた。

 少しの間、この彦右衛門の記録を通じて、
この頃の各大名家が、宗矩も含む幕府重臣に対し、どのように働きかけたか、
その一面を追うこととする。

39やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 22:08:16.53 ID:Q5MhjmA0
 まず、就任したその日から、彦右衛門は動き始めた。

               ,、,'l/`ヽ._
              /::::::;、:::::::::::``´〉、
          ヾゞヽ':::,、,::'`八::::::::::::::::::::::ヽ
           |:::::::;:':::::::::::;:::::`´::`ヽ::::::::::l         初めてお目に掛かります。
.            ヽ!:::,ゞ´フノl/`´ ̄`ー-、、 :::::l         私、毛利家の留守居役となった福間と申します。
              l 〈   、       ィ^  |:::::::::|        
         , -‐‐!ハ   \ { ゝ´   '´Y´`i         加々爪様が御屋敷普請すると聞き、
      /  ( |   ⌒    ⌒     |ヾ/|`ヽ.      挨拶も兼ねて、使いに参り申した。
      / _  ヘ|     '`゙  "   ノ/ |l//` 、    こちら、我が毛利家よりの進物でござる。
    ;´ ̄       ∧   ___   /  .レ    >、 
   ,ィ´`ヾ       ∧         /l   /-‐─‐、 ∧
  / \  \    /  \       .乂,ィ´`ヾ.        ',
. 丶、       !{⌒ヽ}ヽ\ 二 ≦ / / \ V^;     l
   ∧  l ヘ  l`    .l|ヾ=─- ィ二`ヽ   ∧ lヽ 、     l

                   _,, - ‐'''‐ 、
                 r-- 、--     ヽ
                 }   `ヽ  ヽ、    ',
                 !'、 ,、___ ',  i、  i ',    いや、こちらこそよろしく。
                 ','、'´tj‐ -.i  /)', /- )  進物はありがたく受け取らせてもらうよ。
                 ',ノ ヾ、  i /iv',/ /   .長門守様にはよしなに。
                  `'、-‐' レ .ノ ! __!-,
                   ' _ , -'´ //i:::::::!、
                 _, ‐'::::::::!  ! //::::/: :',- 、
                 ´ フ::::::/ /,, !/./:::/-、__!: : :` -. ._
               _, - ': <:::::l   ! /:::/: : : 7: : : : :, -─、
              /: : :r': : i::::::', /::! !:::/: : : : /: : : : :/: : : : :i
             i: i : :.i: : :.i:0::::/:::::!.!::/: : : : /: i: : : /: : : : : :i
             i: !: : i: : : i:::://、0:!!::/: : : :/--、: : ,': : : : : : :i
             .ノ: '; : i: : : i://'ク`>!:/: : : :/---'、: i: : : : : : : :'、
             '; : : ',: i: : :.i:\/:::!/: : : /: : : : : '、!: : : : : : : : :i
             ,': : : '; :i: : :i:::::l:::::::::;': : :./: : : : : : : !: : : : : : : : :.',
            ,': : : : '; :i: : i:::::l::::::::;': : :/: : : : : : : : >: : : : : : : : :i
            ,': : : : : :'; i: : i::::l::::::::i: : /: : : : : : : : :/ '; : : : : : : : ',
           ,': :` 、: :/: :i: :.i::::l:::::::i: :./: : : : : : : : :(_ 、: : : : : : : :',
           '; : : : : i : : :i: :i::::l:::::::i: ;': : : : : : : : : : </: : : : : : : : :/
┌‐────┐   i: : : : i: : >:.i: !::::l:::::::';:': : : : : : : : : : : /: : : : : : : : /
│ カガツメ .|   !: : : : :ヽ: :/::::::l:::::::::'; : : : : : : : :, '´: : : : : : : : :/
               加々爪民部少輔忠澄
          (かがつめ みんぶしょうゆう なおすみ)

(以下、『公儀所日乗』より)
『(寛永十年)二月廿三日(2月23日)
 加々爪民部殿(江戸町奉行)、御屋敷御普請に付て、
 間似合(ふすま紙)百間ならびにたたみの面百畳御音信(進物)としてこれをまいらせ候。
 持たせ候て、御使に参り候。
 右の御進物御留め置きなされ、即ち御礼状参り候事』

40やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 22:10:49.09 ID:Q5MhjmA0
 主君秀就へのお供や、江戸城への登城の前準備、
または年寄への挨拶の取次ぎなどの役目をこなしつつ、
彦右衛門は、自らの挨拶回りも行なっていた。

         ,__r'へ_
       r,,-‐'__ __  `-、
      〆 -‐"   `′  `'ー.._`'ハ
     / /          `ヽ ゙ヽ
    !/  く\    /フ    ヽ.ソ
    l|   ヾ|   /ン′    |/     皆様、はじめまして。
   .r=丶   ⌒ _. ⌒      lゝ、   私、このたび留守居役になりました福間と申します。
   |/' /     '―         l r.〉
   ゙‐|     丶-‐--‐      ,ムノ    まずは挨拶代わりにこちらの糸房を…。
  ._r''''\            ,/  `--、
 广    ゙ゝ、       ,.‐l′     `ヽ,
-′  _,,..,,/ ヽ、____,-'"_>-、     /‐-、
....r-‐''^;;;;;ヾこ=ニニニニニ=,ソ;;;;;;;;;;;;;´''''ヽ___亅;;;;;;;ゝ、

                      ,,iillllllllllll!lli,,,
                      'llll!゙゙ヽ/',、゙゙
                      `   [ │
                     ,,,,,,iiiiiiiiiiiiiiiilllllllllliiiiiiiiiiiiiiii,,, 
                    ,,illllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllii,,
                ,iilllllllllllllllllllll!!゙゙゙゙゙゙゙゙゙!lllllllllllllllllllllllll,,,,,,、
                   ,lllll!l゙゙`゙゙゙゙”’ ./: `'.゙゙!llllllllllllllllllllllllll, 
                llllll″.ヽ   ,″   ヽ lllllllllllllllllllllllllli,, 
     、,..,.,___、       lllll  ‘    ._,,,,,,,,、 .゙゙llllllllllllllllllllllll!
     ||,|.|.l゙|.|゙|゙|7l'i、    ,゙!l,,,,,,,,i、,,,,i,,l゙llliiiiiiiiiii, ゙ニ'ヾ!!!lll!!!llllllllll   HAHAHAHAHA!
     l|l゙.|.|.|.|.|.|,川     〔` ゙゙lllll.r‐rll,_ ,llllllllllll .| `゙゙'liil`,,, ゙゙!lll° これは良いものを頂きましたネー!
    ,!|l゙l゙.|.|l゙,!川 |     .゙liiiii,illlll.} ゙l゙!!llllllll!!!l゙丿 ,、 ゙`l゙ | ,ll!
    ./`!ヘりりミ(l゙,"     .l゙!!!!!l゙゛,,,,.`: :.: ::、`` .,i´  .",l゙.,il!゙    こちらこそ、今後ともヨロシク!
    ‘i、    ./      ヽ、 `゙゙‐''′   ヽ  |   ./'∠.l゙
     .゙>、、,.,/        |′"、__,ニニニ,i、  " `   `゜.|'"
  ,,,,,,,,/゙/ヽ,゙/: l,        l゙  |°  .|"       ,,,,,| _,、、、    
 l゙ .く,,エ..,.`,ヽ │       .|、 `―ー''"      ッ、..| .~'i、 ゙l,,、
 `,"工,l゙  ."] ,゙l |        `''、.'`"ヽ"    .,,--l゙  `'. `゙゙"'、`'、
  |  .゙l__) .i",゙l,|  |           ,,Y、     : ,,-,i´  ゙l  .(,,、  ,l゙ .l゙ 
  `゙゙|゙゙|^`゛{ _,,!、,.|         /.._ `゙"ア二'"`''i、  ヽ   │ ゙l .| 
   │.|ーー''',,、レ'ン゙l     .、/゙゙゙゙.,i´_,.",ノ´   .l、   ,l゙   │  | ,ヘ、
   .ヽ,゙|'!,,"`ミ/ .| │   .r'二'""`ノ`._,゙l--=二二゙"゙゙゙`゙\、 ,!ヽ,/″::ヽ、
                   石川太郎兵衛

『二月廿七日
 酒井雅楽殿御内(家臣)石川太郎兵衛・籠谷主水・境野外記・関主税・印藤助之進へ
 自分の案内(自己紹介)に参り候。阿因州(萩藩家老阿曽沼因幡守就春)御引き合わせ候て、
 右の衆中知人に罷りなり候。進物糸房(白糸の房)壱掛づつ持参仕り候』

41やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 22:13:04.67 ID:Q5MhjmA0
               ,、,'l/`ヽ._
              /::::::;、:::::::::::``´〉、
          ヾゞヽ':::,、,::'`八::::::::::::::::::::::ヽ
           |:::::::;:':::::::::::;:::::`´::`ヽ::::::::::l         御目通り願い恐悦です。
.            ヽ!:::,ゞ´フノl/`´ ̄`ー-、、 :::::l         私、毛利家の留守居役となった福間でございます。
              l 〈   、       ィ^  |:::::::::|        
         , -‐‐!ハ   \ { ゝ´   '´Y´`i         御挨拶のしるしに、銀壱枚を持参致しました。
      /  ( |   ⌒    ⌒     |ヾ/|`ヽ.      どうかお納め頂きたく…。
      / _  ヘ|     '`゙  "   ノ/ |l//` 、   
    ;´ ̄       ∧   ___   /  .レ    >、 
   ,ィ´`ヾ       ∧         /l   /-‐─‐、 ∧
  / \  \    /  \       .乂,ィ´`ヾ.        ',
. 丶、       !{⌒ヽ}ヽ\ 二 ≦ / / \ V^;     l
   ∧  l ヘ  l`    .l|ヾ=─- ィ二`ヽ   ∧ lヽ 、     l

       lii;;,.   "!li;;、.
        ''!!l|li;;,   ''!|||li;、
        , -'"~  ̄ ̄"""''ー、.
      /           `ヽ、
     /               \         ……パフォ。
     |il|||lli:.  ,il||||||||lllii;,.  ,     \
     ===・  ======・;ll  i      `、
   .'  |!|||l!;,.  ''!lll||||||||l!!'  ノ  .,;;iilll|||||||lii;;、   「お受け下さり、有難き幸せに存じます!」
 (~.   `y''_         , ' ,;;i|||||||||||||||||l|||li;.
  _),_,,,ヾ ̄  ,, -‐…ー-‐'".,;;il|||||||||||||||||||||||||||li;
  l!__;-‐''jjiii;;;"T!;,.   .,,,;;;;iill||||||||||||||||||||||||||||||||||i;
    ,;ill|||||||li;''!||||ll|llil||||||||||||||||||||||||||||||||||||ll!'''""''!i;
   ;i|l|l||||||||li; !'"  "''!l||||||||||||||||||||||||||||!'"    `.
   |l|||||||||||||l   .;iil|||||||||||||||||||||||||||||!'       !
   '!l|||||||l||l!'  .,il|||||||||||||||||||||||||||||||!:       j
  i||ii災災''"  .;il||||||||||||||||||||||||||||||l!''         !
  ;i||||||||||||i ,' ,;i|||||||||||||||||||||||||||l!''"        ,'
  '!|||||||||||||i; '.,;;ii|||||||||||||||||||||ll!''"          /
  ';!||||||||||l!'i|||||||||||j||jj||||||||||||||||li;,、       /
   ゛"'''''il||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||i;,     ノ
      "''!l|||||||||||||||||||||||||||||||||||||i;,,_,,- '
         """"''''''''''''''''''''''''''"""
          酒井雅楽頭忠世
       (さかい うたのかみ ただよ)

『同廿八日
 酒井雅楽殿へ、初めて自分の御目見えに罷り出て候。
 御太刀馬代銀壱枚(四十三匁)持参仕り候』

42やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 22:14:32.44 ID:Q5MhjmA0
         ,__r'へ_
       r,,-‐'__ __  `-、
      〆 -‐"   `′  `'ー.._`'ハ
     / /          `ヽ ゙ヽ     初めてお目に掛かります。
    !/  く\    /フ    ヽ.ソ    私、毛利家の留守居役となった福間と申します。
    l|   ヾ|   ン′    |/
   .r=丶    > ._ く       lゝ、   御挨拶の進物に、銀一枚を持参致しました。
   |/' /     '―         l r.〉   お受け頂けましたら幸いです。
   ゙‐|     丶-‐--‐      ,ムノ
  ._r''''\            ,/  `--、
 广    ゙ゝ、       ,.‐l′     `ヽ,
-′  _,,..,,/ ヽ、____,-'"_>-、     /‐-、
....r-‐''^;;;;;ヾこ=ニニニニニ=,ソ;;;;;;;;;;;;;´''''ヽ___亅;;;;;;;ゝ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ,      //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;´;;;;;;;;;;;;/ヽ


              ,、.../|. /´|____,,,,.
             __|ヽ,' |/   ‐〃ー‐、
            ..ヽ          ー´、
             i    ,,,.‐、__ ,_  ‐´     フッ…アンタも大変だな。
             .〉ー‐・´,‐,ヽ‐,ヽ'ヽ .`ヽ.    いいだろう、有難く受け取っておくぜ。
             |='三´´,'~・.j..|。,.|\_,、〉
             .|=='_,..‐'ェノ..´'ヽ_ィ.| i~`ー‐‐、______ 
             ..ヾ‐、_,''____‐, j‐イ...ノ`~ー‐‐´  ..`'',,.
               ,´ヽヾ=.' /_/ ..j..;..;..; .j     ..ヽ
              .|‐‐´~'ー‐‐、´ヽ ji..|..|..|...|      .ヽ
              |`(_,     ,`‐'、|.',',..|..|...|       |,
              | `ー´`ー´~  ..ヽ.',.',',..',,,)       |',
              |   i.',..\゚   `‐..','、'        |.ヽ
             ..,j   .\'.,..〉・´   `、(       ,‐´ ',
      ,、      ,‐´    ヽ.',(、     、r      /',..', ヽ
      |.|      i      .) \          /'.,.',..', .',
   (`ー‐'..ヽ、    .|ー‐‐――(   .\       ../',..',..',..',..', ',
   .()ニ  |..`ー―‐ィー―――‐)    ヽ      / .',..',...',.',..', |ー‐
┌‐────┐________/―――‐`'・‐‐´ ̄~. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~
│. アキヤマ |_____.,,,,,,―――――――――――――――‐
                秋山修理亮正重
           (あきやま しゅりのすけ まさしげ)

『同廿九日
 秋山修理殿(正重。宗矩の同僚の惣目付)・仙石大和殿(久隆。目付)・宮城仁右衛門殿(和甫。目付)へ
 自分の案内として参上仕り候。御太刀馬代銀一枚持参仕り候』

44やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 22:17:05.17 ID:Q5MhjmA0
                ちょっとまて!
                さっきからのこれって、全部賄賂じゃないのか!?
                いわゆる”袖の下”ってやつだろ!
       ,. -──- 、r-- 、                    /   /
  __r‐、_/  ,.      `'ー┴- 、                /  /   ,.r‐、
  l:::::::ノ  /     l l  ヽ 、  `ヽ、            /  /    /  ノ
  {_;:イ::}  l  / \ / |   ヽ \   ヽ        /'"´)  ヽ‐ ''´  /
    |::|  ハ/ _,イ{尤ト|  /レ!  〉   ノ       / 、/      _, -'´
   /|:::l二|  ` |:ゝリ  托ト、} /|  /         /   ノ!:.  ヽ    {
  /| |_:_|´ |     `ー'   じ レ゙||/          {   ヾ!:.      ` ー─---
   ヽf゙ ̄`       _    マ. |         |        i   ,r 、 .. __
    { ヘ {     /´   }   ノ  |      /!/丶          \
     `'' ヘ     {   ノ  ,.イ   ゙、   /  ヽ    __. -‐ヘ  \
    _,.ィソ> 、 ,.二´r< |  __\/     \/ヽ       `ヽ __ )
  ラ´ /;;;;;/ |/  ̄ ̄ ̄ ̄ //       _ \ ム
  > /⌒/ | ̄ イ´      / ノ       <o\__ >゙
 /  / /   /      ノ       __ _二\/
    //    l     /{      フ /'´


              ,..-ー '' ´  ̄ ~ ゙¨''ー 、
            ,r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙ヽ,
           , ':.:::/::/:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.!、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`i
          ,':.::./:.,':/::.:.ィ:.:/:.:::.,! ヽ:.:.:.:.:.:.:...:.:.゙i
           ,'/:::,':.,':/:::.:/:.:/:.:ノ:,'__゙i:.i:!:.::.!:.:.:.:.:i.
            ,':.i::.:il:.:l:!.:..:イ_/!:.:,':/´ _, `!:i:.:.:.::i:.:.:.:.:ト、    声が大きいよ、君。
         i:,i:.l:.ハ:,':i:.i´!i/,';/''´´ ,rtTハi!:.:l:l:.:.:.:.:゙,:',   何をそんな大きな声を出しているんだい?
         i!l:.l:.i:.i,':.l:.:/ィiテォ,    辷ノi:.l:i:;:.:.:.:.:.l:l:.i
         ' .iハ:、:.l:.:ヽ! 弋,ソ  ,     ノ,i:.:,':.:.:.i:,'i:.l、!   というか君は誰だい?
          ' ヾ,:`:.:.: ゙、   _.. '  , 'i:.l:.:ノ:i:.,'.i,'    初めて見るけど、随分可愛らしい子じゃないか。
            l:.i;、:.、_`. 、 __ , ' i从ノ,'// '
             ヾ ,ヾ、_,,_,,,.l    _,}ー-'¨゙`ヽ,
            , ':::::::::;;;;/ー-  ' ´ }:/::::::::::::::::i
              !:::;;:::::/'゙_     ,','::::::::::::::::::;;}
                };;r':/;; ;; ;; ;;  ̄;; ー-'_:::::::::;;:::::;;:;i
           ,';;l:.:.´  ̄  ̄ ¨ ''ー-,_{:::::::;;::;;;::k
           l;;l;;;;;;;;;,,,:::::::::::::...,,,,,:::::::::::::::;;;:::;;::i
             l:::l;;;;;;;;;;;;::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;::;;:::i

46やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 22:19:49.37 ID:Q5MhjmA0
                                         - ""v "ヽ-、
                                      , - "        ヽ、
                                   ., -'             \
                                 , -'                ヽ
                                ,-'               '|  | ヽ
                               ,-   , ,  ,      ,   .ヽ |  |  |
 小さい言うなー!                  ,/     i.ト.、| |    |i    | | |  |  |
ガキでも先生だぞー!えらいんだぞー!  ....  .ヽ    /.| .|.fゝ、|、 ,|レ-‐77∥|  |  |  
それに私にはレベッカって名前があるんだ!    "、   i .! レ‐ゝ、|.、 .| レ--.,,|∥|  .| . |  
                               丶  | | <'!::::::し" \イ:::::::::しメ,.|  |  .|  
 だから、宮本先生って言えー!      ......     |\,|::\iヽ,,,ノ    ヽ、__::ノ.ヽ|   |  .|
                                | .|"(⊂⊃       ,,,⊂⊃メ  .| ...|
                                | | !!!ヽ、    ,, --、  /.|  .|  |
                                | | | |::|::|"ヽ.,_ヽ:::::::::::丿-":::|::|  | .|
                                | |.|.|:::|:::|::|:::|::"" - ""|::|::|::::|::|   |  |
                                | |.|| ,レ-" ̄"     " ̄ ヽ:|  .|  .|

         /                                 ',
         / /                /              ハ
      .  / .:/ /       /        〃ヽ    i           |
       / .:/〃     __// //   //,′ ヽ ! i           |
      ..///7,′     ´「 7`ヽ/ .i  .://ム-‐‐‐',ハ|、           |    なるほど、じゃあベッキーと呼ぼう。
          !|   i     |/ |/j/! !:i .:.//'′     !ハ「     |        |   僕は佐々木。これで解説は3度目だ。
          !|   i !    ィ斧ミメノノ | //  ,ィf云ミメ、」   |       !   よろしくベッキー。
         八  i i i i i j !ノ::::} ノ /    {ノ:::;::} Y|    ト、     i
      .   ハ. |ハj ヘ |仆乂::ノ  /     弋::::ソ ノ !     ! ハ       !    ところで、君はさっき、
      r‐ 、    'j  ,ハ| :i                    ハ   j_ノ      ',   どうして大きな声を出していたんだい?
      ヽ ヽ    ./  从   '              i !   / |  |   ハ  何かおかしなところでもあったのかな?
         ハ  V  /  / ヘ.  、   _,         从.  /    | !:ト、 ',
        |  |  ./  /! i   \            .イ  i !/ヘ    i j i | ヽ
        |/ __\/´`! | i i ヽ.       .イ ノ ノノノ  | i  ! !ハハ!  )
       ノ/  `i \/ヽハハハヘi`ヽー 七升厶イ/j八八八ハj
      /´ -─┐|、___)            )ハ    /  {
     /´    ,. }ノ:: }      ,.-‐''て  _」        \  _」\
     {    イーノ::  V ̄´ .ゝー‐''"´ ノ          ̄ノ   ゝ.、
      \  `ヽ:::.   } /  〈  ー 、   _____       〈   ノハ
       \   ヽ  ハ

47やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 22:21:48.74 ID:Q5MhjmA0
                                 .        /        l   .li        ヽ    l    ヽ、
                                        ,'       /!   ! !         ヽ.   l       ヽ
                                       /l      / .!  ,' !            i   .!     
                                      / !     /  !  /, 'l       ,、  i   !、     
 ベッキー言うなっての!                       / .!   /,. ォ ' フ  l       ~ ,ヽノl  / !     
                                 .   - +‐ャーナ ´:::::i´ `ヽ、  !       彡;.':::`ゝ、 、l_    
 ええとな、さっきから見てると、             ..     l/  /::::,:::::::l    ! ヽ l      ,. 'ツフ::;::::::!  lヽl    /
こいつ(彦右衛門)、挨拶回りのついでに        ...   ,. イ、   l::/ !:::::::`T ::オ  ,!    ,. '´  .!/!:::::::)-,! .〉,. '´  
幕府の重臣相手に金とか物とか配りまくりじゃないか。    l    l  ゝ:::::::ノ ./   レ '        l l;:::::/ / / !`  ,.イ 
                                 ..、    ! ,ゝーー 、 ̄ /           ヽ `.,´= 、 /, '´ ./ 
 これって賄賂じゃないのか?             ..... -`= 、! ヽ、_ ≠ニ  _            ニ(    )´l  /
                                 ‐ヽー.-、   〃〃〃 `´           〃〃 ̄   !  ´
                                     ヽ、                         ノ
                                       ヽ、               '       /
                                 、       i.: ゝ、                ,. '.´
                                 . ヽ、     l.: .: ヽ`ゝ 、_  ' ´ ̄`   ,.,. ィ ´ヽ、
                                   ヽ、   l.: .: .: :`ヽ_/.:`.:  ̄.:T ´   /    ヽ
                                     ヽ.   l.: .: .: /.:.:.:.ヽ.: .: .: .:!   /      ヽ

           ...:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.:...
         /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.、:.:.:\
          .:':.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.\:.:.ヽ
       /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、:ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ:.ハ
       .':.:.: ':.:.:.:.:.:.:.':.:.:,:':. ト、:.:、:.: i:.:.:i:.:.:i     ああ、そういうことか。
       !:.:.:.l_:.:.:.イ:.:./ィ:./ ヽ:.i:.:.l:.:. l:.:.:l    そうだね、今の常識に照らし合わせて考えると、
      .:l:i:´l:.:/`メ:, ' /:´ ̄ メ、:l:.i: l:.:.:l    そう見えるかもしれないね。
      .': ll 小ィfラト、   ィfハオト、:l:ハリ:.:.:.!
     ./:/:.!:ヽハ 乂:ノ      Y::ノ´リ' ノ:i:.:.:.!     でもね、この当時の価値観…特に武士の価値観だと、
    /:.':,ィ:i:.:.:.ハ   ,       /ー´:.:.l:ハ:.l    挨拶や頼みごとをする時や、
.    {:ハ:l .lハ:.、:、 ヽ  ー一   イ:.:ノ:.: 人 l:.!    冠婚葬祭をはじめとする様々な家のイベントの際に、
    ヽ `  `ー`ー>. _ <ムイハ从 ノ'    .こういう風に進物を出すのは、むしろ当たり前のことだったんだ。
              ‐、/|     ノ' }
.        /: : : //´l    /: : :ゝ. __  
.        /: : : : ://_ `  /: : : _ --、ヽ
        / /: : : 〃- 、ヽ:´: : :, ´    ヾ!
.      / /: : : 〃 /: : : : :/.i      }:i
     / /: : : :/ /: : : : : : :'j '      .':.ヽ

50やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 22:27:46.64 ID:Q5MhjmA0
            _  -──-  .
          ' ´           `   、
       /             ヽ       \
      , ′           |         ヽ
    / ,             |\        ヘ
   ./ /      |        |  \.      i  ∧
.   ,′′        |     | |   \.__ |、 |  ∧
   ′i.          |     | ,ム.‐ ¨ ̄ヽ | i !   i
  i |       !     |/      N レ     l      それに、留守居役は駐在大使…
  |  |    !,. ィ弋¨   l/′   ,x==k, Yヽ  |     即ち、外交官のようなものだと書いたけど、
  |  ∨   |, ヘ 、ヘ  \ /    fヘn__,ハ|’ | }   |     それだけに、人脈を得る事は重要な職務であり、
  !  ∨  'ヘ.、ヘ.>=k`        ゞ- ' |   ∨  ∧     挨拶回りと、そのための進物については、
   '.  ヽ \ ヾi代、_,小.          |   |  ∧    これは全部藩の経費になっているんだ。
   ∨  \___、__>ゝー'´   、     j  | l ト、ヘ
    ∨    ヽ. \      __.  '   / / / ∧|  `    つまり、彦右衛門がやっていることは、
.     i       ー\          /! ,ムイ./       藩の職務でもあるってことだね。
.     |   |  \    ` 、ー-  .. _/  |/  ´
    .l   ト、\__、ト---`ー─|       ヽ
.     | ∧トゝ  ̄         /      `  ._  _
    j/             /             `7 ンー- 、
              ,ィ /             j , ′   ヘ
            ,. く.{               {/      ∧

                       .                 __
                                  -   ̄     `ヽ-‐‐ 、
                              ., '´              .:::::ヽ
 それにしたって、                  /         /        ::::::\
堂々と渡し過ぎじゃないのか?         /      / /            :::\  
そもそも、日記に書いていいのか?    /     ./ / , /,、  .::::、ハ l:::::::::::l ::ヽ:.  :::::\
これ。                     /  / .:::: .:/.::〃/イ{   .:::::::::::7仆!、 _::::l ::::!.、:. ::::::::ヽ
                        / .::/  .::::::|-!七夭rー、\ ::::::::::/ヽ厶ァ-、入‐:i:|::::..::::::::::::ヽ
                       ./ .::/  .:.:::::::!::j〃:::::{  iヽ\ ::::!イ/::::{  ヾk :::!|::::::::::::::::::::::}
                       ヽ ::ヽ :::::::::::__/' { !::::ゝ__ }   \ ! { !:::::ゝ__ } ヽ_;j::::::::::::::::::::/
                        \ {\ :: ̄::{ヽ V :::::::: /     ` V ::::::::: / /7 ̄:::::::ィァ/
                          ヽト{::>、:::ヽ ゞ-―'´      ヾ―- ' /:::::,.<lハイ
                           /八ヒ〃 ̄ /ヽ/ヽ           /ヽ/ヽー'´}才ノ::!ハ
                           //.:::|`{                   ,.ィ┴く_;;|:::!ハ
                          ノ-'´ ̄ ̄`ヽ       ⌒ヽ      /  ,   \:ヽ
                        r'´  、 \  }              /   /     ヽヽ
                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

51やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 22:29:56.74 ID:Q5MhjmA0
          _,,.. -ー― -ー―- 、- 、
        ,.: ::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙':::`ヽ、
     , ':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
    /:::::::::::::::::::::,::::::::::::i:::lヽ:::::::、::::::::::::::::::::::::゙i、
    /:::::::::::::::::::l:::!:::::::::::l::::l ゙、:::::i:::::::::::::::::::::::::::゙,
   ,':::::::::::::::::::::l:::i:::::::::::il:::i  ゙、::::i:::::::l:::::::::::::::::::i
    !:::::::::::::::!:::::li:,'i::::::::::,':l::, ̄``゙、::i::::::!::::::::::::::::::゙、
   イ:::::!:::::::::l_;;;l lj l:::::::,' l:'    ゙、:i,::::i:::::::::::::::::::::ヽ       人脈を得る事は、藩の職務だって言ったろ?
  ,'/l:.:.i:.::.::.::l:.:.l i,' l:::::,'  l! ,,ィttーァ、-:.:l_,,.._:::.:.:.:.i:.:i:.゙、     こうやって、誰に何を渡したかがわからなきゃ、
  / .l:.:.l:.:l:ヽli.:;ィftt-、'  '  弋'o;;ノ l:.l:.l -、゙,..:..:.l:.:.ト:.゙、    やり取りにだって支障が出るじゃないか。
 '   l:.、!:.l:.:.:l.iヾ;or';ナ     ~´ .i::.:il _iノ.,':i:::l::li:::l `ヾ、
    l、,'、:li::::l,  `¨´  '      ,'::::l, - '::イ::.l゙:l.l:.l       各大名家は、こうやって幕府の直参衆に顔を繋ぎ、
     l:.、:!゙、:l      _,    ./.:.:l::l::,i::/ l:,' j! ',i       交際を深める事で、仲の良い「こころやすき旗本」を作り、
     l:.:l、:、:.:l` 、,'^、.     /l::::::l:.i/l,'  i'          普段から情報を集めたり、危急の際には
.      l::l ゙、ヽ:.,-'-t, lー,- - '゙l´ ,':::::!l:_,,..-ー-、        取り成しを頼んだりしたのさ。
      l:!.  , ',_ーt ト'゙./,,-tー-'  jl::::,'、l:.:.:.:.:.:.:.:i
      .i' .l ._/l ,l.ノ. ,'::::::/、,,、_,,,_ l::,'::::`.:.:.:.:.:.:.i         まあ、そもそも、進物を渡すこと自体、
       iト、゙-'´_,,-'゙ィ:./,XXXXXl'l::,'-:.:.:.:.:.:.:.i         当然の事として認識されていたんだから、
       `、ヽ‐-‐´:.:|:':`゙ー--ー''゙:::i:.:.:.:.:.:.:.:.:.i         .堂々と書いてあるのも別におかしくないんだよ。
        i:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.i         実際、加々爪忠澄は普通に御礼状を返してるだろう?

                               .           _
                                        (:::::::)_
                                   r──ァ'´`__´   `丶、、..,__
                                   |l /ィ' ´   `丶、    \  ̄ ̄ニ _ーァ
                                  {|/ ,   /  l  、 \    \    //
                                 /  /  /  l |   ヽ   \   : \/: ./
                                /    ! ,r‐|、  |!'|´ ̄ ヽ   ヽー: . : . ヽ/
 そんなもんなのかー。               ....  {   {  |;L'、   |,|rtぅォ、| l   ト; : 、 \: .ヽ
じゃあ、この当時、賄賂ってのはなかったのか?   /\,   ヽ/{:;{_|\ | |:::t;L;}ヽ|  }ハ: ヽ: .\:ノ
                                 /゙ `ト、|;` ヒヤ!   ` l:::::ゞヅ| , イ:::::',: .ヽ: :/\
                                /   |: | { ゞ''    ´¨´ ´ |  |::::::::',: . :Y、
                                   |:l ト、    r 、    ,.イ゙|  レ⌒ヾ,..: .| ヽ
                                   |! |:::;>_.、.,`´_,. イーヽ|  !    |_:ノ
                                   |  |ヘ  ゝr''´ . : . : . | __ |  /
                                   |  | /「` ヾ   //   } ノ´ヽ,
                                   |  |゙l  `丶{__ / ∧ _ 人   }

53やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 22:32:40.95 ID:Q5MhjmA0
                     _____  
                 ...:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.:.:...              いや、それが些かややこしくてね。
               .:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.、          表立って渡す進物とは別に、
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\         それなりの含みを持った上で密かに渡すものとして
                .':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:ヽ        「賄賂」が認識されてはいたんだ。
              /,:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:丶:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:.:.
               /:i:.:.:i:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.、:.:.:.ハ:.:i        ただ、「進物」の「賄賂」の境界線はかなり曖昧で、
           /:':l:.:.:.l:.:i:.:!:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.!:.:.i:.:.:.:.i:.:.:.:.i:.:l       進物として渡していても、
           ハi:.:l:.:.:ハ-:.、!:.:.:.:.:.:.l:.:.:./ ヽ:.:.:.:.l:.:.:l:.:.:.:.i!:.:.:.:l:.:!       通常より上積みされたものは
           ,. .-、l:.:.!:.:,ィfz、ヾ:.:.:.i:.:!:≠ー、_ ',:.: l:.:.:l:.:.:.:.l:l:.:.:.:l:.l       .賄賂的性質を持つこともあるし、
       ./: : : : l:.ヾ:l .r':心ヽ:.:ハ'.:/.ィfェ、 !:./:.:.:':.i:.:.:l:.l、:.:.lリ       何より、大本を辿れば、
      /: : :ヽ : : 、 、! 弋ソ` ヾ }:´ r'し小 !:':.:./:.:ハ:.:.l:.l 、:.lー 、_
     /: : : ‐:-ヽ : 、ハ    ,  ' 弋zン '/:.:.,:':.:/ }l:.:.!:l .l:.!: : : : :\    「物を贈って交際を深める」
    /: : : : : : : : : :`ヽ ゝ  、_      イ /_'‐从:.:.:l/:': : : :,: : : :ヽ    
  /: : : :__: : : -': :―: : :`ー‐ `´ー:- ― -: ´: : : ヽ_ヽ:!:__ _:ノ:- ‐:-:、`、 という点ではどちらも同じだからね。
  /: : ´ : ´: : : : :, : : :´: : : : : : : : : : : : : : _: : : : ´`: : 、: : : : : : : : :  ̄` : : : ヽ 
. /:,: :': : : : :,: : :´: : : : : : : : : : : : :_ : -,: :´: : : : : : : : : : :` : : 、 : : : : : : : : : : : `、
.ヽ : : : : : ´: : : : : : : : : : :_: : = '´: : : ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : ` : 、: : : : : : : : : :ヽ
  \: : : : ___: : _=ニ: :´ : ノ ヽ __: : :=ー― --: : : : :___: : : : :`: :、: : : : : :_ノ
     ̄         ̄                     ̄   ̄  ̄ ´  

                           ′. .: : / .:,' . :/.:i  .: : :!八  : :.  : : : . '.
                           / .: .: : :': :¬ー-/{:八._,ノ : :|ヘ {\ : :|:、 .: : : :. .
                            : : : : { .: :| .:/xr=ミ、.: .:|`^>=x十:‐-: : : } .
 なんだか面倒臭い話だな~。         、八: : :.、 : |:〃 汀{ヽ. \.:|  汀{ヽ\l. : : : / |
                     ......     \:|\: :\キi{ {'{:::;リ}      {゙{:::;リ} }ト: .:イ.:|
 …まあ、とりあえず、         .        l\ > 弋こン    弋こン // }|.: :|
こうやって挨拶回りの際に進物を贈る事自体は  |卜. l   `¨¨´     `¨¨   :}_,. .'|: |
当時の常識上、特に批判される事ではない、   | | :八                ノイ: :!: |
というのはわかったよ。        ..         |||.:l.:> .   r‐---‐ 、 . く.:||: l: : |
                     ......          |||/ /|`: . ー--‐ァ'. :j ヽ ヽl: : |.: .
 さ、話に戻ろうぜ。          ...        |!′ ' !   `7^:く.: : |  :.   \|: . |
                     ......       j/   !  l 、 o/::::::::}.o /!  ',    ヽ: |
 「そうだね」                       ./   |  :| Vハ__;ハ/|   l     ,ハ:|
                              .ハ    \.,|  ,':::::l   l、 /    / }|

55やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 22:33:44.00 ID:Q5MhjmA0
 さて、話は戻り、再び福間彦右衛門の話である。

         ,__r'へ_
       r,,-‐'__ __  `-、
      〆 -‐"   `′  `'ー.._`'ハ
     / /          `ヽ ゙ヽ
    !/  く\    /フ    ヽ.ソ
    l|   ヾ|   /ン′    |/     いやあ、挨拶も順調に行ってるなあ。
   .r=丶   ⌒ _. ⌒      lゝ、   さて、今日は惣目付・柳生但馬守様のところに廻って
   |/' /     '―         l r.〉   終わりだな。
   ゙‐|     丶-‐--‐      ,ムノ
  ._r''''\            ,/  `--、
 广    ゙ゝ、       ,.‐l′     `ヽ,
-′  _,,..,,/ ヽ、____,-'"_>-、     /‐-、
....r-‐''^;;;;;ヾこ=ニニニニニ=,ソ;;;;;;;;;;;;;´''''ヽ___亅;;;;;;;ゝ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ,      //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;´;;;;;;;;;;;./ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ,      _ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||    j|;;;;;;;;r ..ニ '' ヽ、;;;;;;;;;;;;;ゝ、;;;;;;;|


57やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 22:36:23.54 ID:Q5MhjmA0
=柳生家屋敷前=
               ,、,'l/`ヽ._
              /::::::;、:::::::::::``´〉、
          ヾゞヽ':::,、,::'`八::::::::::::::::::::::ヽ
           |:::::::;:':::::::::::;:::::`´::`ヽ::::::::::l         失礼します!
.            ヽ!:::,ゞ´フノl/`´ ̄`ー-、、 :::::l        .私、このたび毛利家の江戸留守居役を勤める事になりました
              l 〈   、       ィ^  |:::::::::|        福間彦右衛門と申します。
         , -‐‐!ハ   \ { ゝ´   '´Y´`i     
      /  ( |   ⌒    ⌒     |ヾ/|`ヽ.      但馬守様にご挨拶のお目通りを願いたく…。
      / _  ヘ|     '`゙  "   ノ/ |l//` 、  
    ;´ ̄       ∧   ___   /  .レ    >、 
   ,ィ´`ヾ       ∧         /l   /-‐─‐、 ∧
  / \  \    /  \       .乂,ィ´`ヾ.        ',
. 丶、       !{⌒ヽ}ヽ\ 二 ≦ / / \ V^;     l
   ∧  l ヘ  l`    .l|ヾ=─- ィ二`ヽ   ∧ lヽ 、     l

      ____
    /      \
   /   /   \  ヽ     これはこれはご丁寧に。
   |     /\    |    今暫し、お待ち下さい。
   ヽ   / ̄\  /
 ,,.....イ.\       /
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ 、
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   ||
     柳生家家臣
     山中忠兵衛
  (やまなか ちゅうべえ)

59やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 22:38:40.65 ID:Q5MhjmA0
 ゙̄''ー-、.._                                _,,-―'" ̄
       || ゙̄''ー-、______________,,-―'" ̄
二.二二二二i===||________,| |              | |
    ||    ||;; |  | | ̄ ̄__i__ ̄ ̄| |―┬―┬―┬―| |  |\
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  |  \
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | |.  i i        | |  |   |
    ||    ||;; |_| |   |_|:   | | (_;;).       | |  |    |
    ||    ||/ /| |         | | ̄ ̄ ̄| ̄''''――| |  |    |
    ||    ||/  /三.三.三.三三|_|―――|゚____,|_|   \  |
    ||    || /                       \  \|
    ||    ||'                             \
//||   /                               \
//|| /
//   
/     
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●     待たせたの。
   |      (__人__)    わしが但馬じゃ。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃    そなたが長門守様のところの
  /     ./ _ノ     江戸屋敷留守居役か。
  (.  \ / ./_ノ │    福間殿と申したかの。
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

         ,__r'へ_
       r,,-‐'__ __  `-、
      〆 -‐"   `′  `'ー.._`'ハ
     / /          `ヽ ゙ヽ
    !/  く\    /フ    ヽ.ソ    ははっ!福間彦右衛門と申します。
    l|   ヾ|   /ン′    |/   我が殿、長門守も但馬守様には
   .r=丶   ・ _  ・       lゝ、  是非昵懇にさせて頂きたく思うております。
   |/' /     '―         l r.〉
   ゙‐|       -‐‐-       ,ムノ   何卒、よろしくお願い致します!
  ._r''''\            ,/  `--、
 广    ゙ゝ、       ,.‐l′     `ヽ,
-′  _,,..,,/ ヽ、____,-'"_>-、     /‐-、
....r-‐''^;;;;;ヾこ=ニニニニニ=,ソ;;;;;;;;;;;;;´''''ヽ___亅;;;;;;;ゝ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ,      //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;´;;;;;;;;;;;./ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ,      _ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;.|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||    j|;;;;;;;.r ..ニ '' ヽ、;;;;;;;;;;;;;ゝ、;;;;;;;|

60やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 22:40:34.01 ID:Q5MhjmA0
   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (⌒)(⌒) |
. |  (__人__)  |    はっはっは、左様か。
  |.   `⌒´  ノ   まあ、そう硬くならずともよろしい。
.  |         }
.  ヽ        }    もそっと気楽にの。
   ヽ     ノ 
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

               ,、,'l/`ヽ._
              /::::::;、:::::::::::``´〉、
          ヾゞヽ':::,、,::'`八::::::::::::::::::::::ヽ
           |:::::::;:':::::::::::;:::::`´::`ヽ::::::::::l       
.            ヽ!:::,ゞ´フノl/`´ ̄`ー-、、 :::::l        ありがとうございます。
              l 〈   、       ィ^  |:::::::::|       では、こちらは挨拶のついでということで、
         , -‐‐!ハ   \ { ゝ´   '´Y´`i      . 銀壱枚を持参致しましたので、御請引頂きたく…。
      /  ( |   ⌒    ⌒     |ヾ/|`ヽ.    
      / _  ヘ|     '`゙  "   ノ/ |l//` 、     (秋山様といい、惣目付と申しても
    ;´ ̄       ∧   ___   /  .レ    >、  そう硬くなるほどではないのかもしれないな)
   ,ィ´`ヾ       ∧         /l   /-‐─‐、 ∧
  / \  \    /  \       .乂,ィ´`ヾ.        ',
. 丶、       !{⌒ヽ}ヽ\ 二 ≦ / / \ V^;     l
   ∧  l ヘ  l`    .l|ヾ=─- ィ二`ヽ   ∧ lヽ 、     l
.\  ∧ノl     l    〉〉   ./\ `ヽ 丶  l l 丶l ,   l
 ∧  〉.l    / !    // ヾ /_へ  >、|  \l   l /   l
   ! /   >' |   // ./⌒)  \  >、 ヽ  ./  /!
.  ノ_/ー'-イ  /  /,ィ´(__/      \   ヽ ) / //
          / ,'//   ' l       l.',  ノ /// イ
          //  |  ./ ∧      ノ」レ'._/_//  |  _
       /l   j  l ィ .〉  _ -‐ '_ノ  ̄l`ー‐'´  _/,イ:::::::
  ,ィfて二/ 人 /  ,'_ l l/_ "´ /::::::::l|   l      /::::::::::::::
    _ヽ、 ヾ   l l´ .l 〉 .l     /:::::::::::l| ー l.    /:::::::::::/:::::::
  /::::::::::::\  ノ/ / ( ノ   ノ::::::::::::::l|  | ィ´/:::::::::::/::::::::::

62やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 22:43:07.87 ID:Q5MhjmA0
   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │   …………。
  |    `⌒´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |

               ,、,'l/`ヽ._
              /::::::;、:::::::::::``´〉、
          ヾゞヽ':::,、,::'`八::::::::::::::::::::::ヽ
           |:::::::;:':::::::::::;:::::`´::`ヽ::::::::::l       
.            ヽ!:::,ゞ´フノl/`´ ̄`ー-、、 :::::l         あの、但馬守様…?
              l 〈   、       ィ^  |:::::::::|        如何なされましたか?
         , -‐‐!ハ   \ { ゝ´   '´Y´`i     
      /  ( |    ・     ・   u  |ヾ/|`ヽ.     (…もしかして額が足りなかったか…?
      / _  ヘ|     '`゙  "   ノ/ |l//` 、    いや、でも年寄たる雅楽頭様とも同じ銀壱枚…
    ;´ ̄       ∧   ___   /  .レ    >、 惣目付の格とすれば妥当な額のはずだが…?)
   ,ィ´`ヾ       ∧         /l   /-‐─‐、 ∧
  / \  \    /  \       .乂,ィ´`ヾ.        ',
. 丶、       !{⌒ヽ}ヽ\ 二 ≦ / / \ V^;     l

63やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 22:45:34.69 ID:Q5MhjmA0
          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |    …すまんが、その進物は受け取れぬ。
          , っ  `⌒´   |   返進させて頂く。
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |

         ,__r'へ_
       r,,-‐'__ __  `-、
      〆 -‐"   `′  `'ー.._`'ハ  て
     / /          `ヽ ゙ヽ  そ
    !/  く\    /フ    ヽ.ソ
    l|   ヾ|   /ン′    |/      な、なんですと!?
   .r=丶   (・) _ (・)   u   lゝ、   私に何か失礼でも…!?
   |/' /     '―         l r.〉   あるいは、毛利家に何か問題が…!?
   ゙‐|       i====、      ,ムノ
  ._r''''\.    'ー='     ,/  `--、 
 广    ゙ゝ、        ,.‐l′     `ヽ,
-′  _,,..,,/ ヽ、____,-'"_>-、     /‐-、
....r-‐''^;;;;;ヾこ=ニニニニニ=,ソ;;;;;;;;;;;;;´''''ヽ___亅;;;;;;;ゝ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ,      //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;´;;;;;;;;;;;./ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ,      _ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;.|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||    j|;;;;;;;.r ..ニ '' ヽ、;;;;;;;;;;;;;ゝ、;;;;;;;|

64やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 22:50:26.22 ID:Q5MhjmA0
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)      いや、そなたや長門守様に問題があるわけではない。
. |     (__人__)      ただ近頃、上様は付届や進物に対し、
  |     ` ⌒´ノ     .何かと思われるところがあるようでの。
.  |         }
.  ヽ        }       わしも惣目付という役に就いておる以上、
   ヽ     ノ  mm  慎まねばならぬと思うておるのじゃ。
   /    ̄ ̄ ̄ つノ  すまんの。
   |    | ̄ ̄ ̄

         ,__r'へ_
       r,,-‐'__ __  `-、
      〆 -‐"   `′  `'ー.._`'ハ
     / /          `ヽ ゙ヽ
    !/  く\    /フ    ヽ.ソ    
    l|   ヾ|   /ン′    |/     さ、左様でございますか…。
   .r=丶   ・ _  ・       lゝ、   では、この度は失礼致します。
   |/' /     '―     u   .l r.〉
   ゙‐|       -‐‐-       ,ムノ     「うむ。長門守様にもよしなにの」
  ._r''''\            ,/  `--、
 广    ゙ゝ、       ,.‐l′     `ヽ,
-′  _,,..,,/ ヽ、____,-'"_>-、     /‐-、
....r-‐''^;;;;;ヾこ=ニニニニニ=,ソ;;;;;;;;;;;;;´''''ヽ___亅;;;;;;;ゝ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ,      //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;´;;;;;;;;;;;./ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ,      _ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;.|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||    j|;;;;;;;.r ..ニ '' ヽ、;;;;;;;;;;;;;ゝ、;;;;;;;|

65やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 22:53:41.47 ID:Q5MhjmA0
=帰り際=
               ,、,'l/`ヽ._
              /::::::;、:::::::::::``´〉、
          ヾゞヽ':::,、,::'`八::::::::::::::::::::::ヽ
           |:::::::;:':::::::::::;:::::`´::`ヽ::::::::::l
.            ヽ!:::,ゞ´フノl/`´ ̄`ー-、、 :::::l
              l 〈   、       ィ^  |:::::::::|       …まさか進物を断られるとは。
         , -‐‐!ハ   \ { ゝ´   '´Y´`i      こりゃあ噂通り、厄介なお方かもしれんな…。
      /  ( |   i ェァ    イソ  u |ヾ/|`ヽ.
      / _  ヘ|     '`゙  "   ノ/ |l//` 、   また別に手を考えないといけないか。
    ;´ ̄       ∧   ___   /  .レ    >、
   ,ィ´`ヾ       ∧         /l   /-‐─‐、 ∧
  / \  \    /  \       .乂,ィ´`ヾ.        ',
. 丶、       !{⌒ヽ}ヽ\ 二 ≦ / / \ V^;     l
   ∧  l ヘ  l`    .l|ヾ=─- ィ二`ヽ   ∧ lヽ 、     l
.\  ∧ノl     l    〉〉   ./\ `ヽ 丶  l l 丶l ,   l

『同日(廿九日)
 柳生但馬守殿へ御案内に参上仕り候。御太刀馬代銀一枚持参いたし候。
 右の進物御請引なく、御返進候事』

68やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 22:56:16.83 ID:Q5MhjmA0
=その夜・柳生家にて=

    ____    ━┓
  /   ― \   ┏┛
. | ノ  (●). \  ・    父上、今日は長門守様のところより来た留守居役が
. | (●)   ⌒) \    持ってきた銀壱枚をお返しなされたとか…。
. |   (__ノ ̄   |
  \         /     その程度、どうということもないのでは?
    \      _ノ     却って毛利家に対して失礼だったのでは…。
    /´      `\
     |        |
     |        |
    柳生主膳宗冬
(やぎゅう しゅぜん むねふゆ)


   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´    ………。
  |     `∩_ノ)━・'
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/

69やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 22:58:42.46 ID:Q5MhjmA0
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \          確かに、警戒し過ぎかも知れぬ。
   |    ( ー)(ー)        事実、秋山殿は何事もなく受けておられたそうじゃしの…。
.   |     (__人__)      
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ    じゃが、このようなお役目に就いた以上、
   .l^l^ln      } `‐=   )   たとえ僅かとはいえ、上様の御意向に反しかねぬことは
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );; 慎まねばならぬ。
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ


   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´   少なくとも、もうしばらく状況が落ち着くまでは、
  |     `∩_ノ)━・'   いかにやり過ぎと思われようともな…。
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_      
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/

70やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 23:00:19.23 ID:Q5MhjmA0
                 / ̄ ̄\
               / .\,  、/\     _,,
               | (●) (●) .|     l;l
              . |  (__人__)  .|  _,_,|,|_,         現に、前に和尚からも
                |    `⌒´   |, ト-=y  丶       賄賂の噂について忠告があったであろう。
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l  
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,       今の時期、わずかな手落ちが
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,      柳生家にとって致命の一撃になりかねぬのじゃ…!
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i     よいか、左様に心がけよ。
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|
   ヽ, ,, i、   _,,tv   /iiiii      ム、 / /  ヽ、ヽ、_x--ー‐- 、
 __,,,l ii Yi___,lk /   }iiiiil    ヘ __,,,,,,___/    `x'"^   ,,,,,   \
     ^ ̄⌒ヽ  ヘ、  ,ノiiiii|、__,,,y,,_,,,/ ヽ、  ,/   ,,,-‐‐ `',,   ヘ,、
   ,,,_  \  ヽ  `>- liiiiiiil ¬">--  ヽ ヽ  i   i/   _,, /   } i
     "- ,,   }  / /iiiiiiil  /      l  l l   lK   ^~'  / |
        \ーヾ  /iiiiiiiil  /        i   i |   |i`'ヽーミ_/  /

    / ̄ ̄\
  /  \  ./\
  /   (●) (●)ヽ    
 .| u.  (__人__) |   …ははっ!
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ

 このように、惣目付に近付こうとする大名家と、
それに対する宗矩の対応は、この時期については、このようなものであったと思われる。

71やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 23:02:18.05 ID:Q5MhjmA0
                     ....                    .  -─ - .、
                                     ..  ´    _、ヽ  \
                      .              .  ´    / /|'「 ト、_j |  ! ヽ
                      .              /       /l,女|. X´_,r}> ,ハ  .
 …なあ、これ、どういうことなんだ?         /   /l.   /V゙v´}¨´ヽ-' |/  !:.  !
なんで宗矩は進物を断ったんだ?  .        /   /:.:.:.|. /v'  `´     ,/  ,::.  |
                     ....      /       .:.:.:.:.l. /:.:;ゝ.   、 , /  /::. |
 別に進物は問題ないんだろ?    .     '       .:.:.:.:.:.:|/:.:/:.:.:./`7:.ーr/   /‐-、 /
                          /     /:.:.:.:.:./!:{:.:/:.:.:./:.://,ソ /   .′
                      .   /     / :.: / /:.:./l:.:.:.,!:.〃/ /..:/  l !
                        /  .:;.  /:.:.:/  /:.:〃:!:.:./! ハ/ ,イ .:./    l! !
                        / .:.;イ: 〃:.:/   j:.:/ !:.l!:./ |;!/, ' /...::/  __l〈
                       .  .:/|.〃:.:/     l:.!. ヘル'.//'./   {/「   lヽ!
                       ! .:/  Ⅳl:. /     ヘ!  /  ∠.__    ̄!  l¨´
                       |./    .|:/          `~ー/::::::::::: >、 .  :!

        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|   そうだね。
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|  ただ、前にも話が出たけど、
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|  この時期、将軍家光は幕府重臣に対し、
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|  進物や付届の受け取りを控えるように言っていたんだ。
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|   もう少し後になると、それがかなり浸透してきて、
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|  贈る側(大名家)も、今まで受け取ってもらえたものが
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l   返されるようになったことを困惑する記録が
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/   出てくるようになるんだ。
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'     宗矩のこの対応は、
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l     家光の意向を早めに察知してのものだと思われるね。
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

72やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 23:04:34.22 ID:Q5MhjmA0
              _____
           , <´      `  、
            /                 \
       /                 \           周知の通り、惣目付は非常に怖れられていた。
        , '         メ、   `丶   ム          それは反面、厭われ、憎まれることにも繋がる。
     /  /    i     ハ\ト、 ヽ  \〉 ',
      / , /     l     i l  \   〉  ム ',         そして、それらの感情から惣目付を守り、
      l ,イ  i   l     リ-―->、 f^ヽi_j  ,       また、その権限を保障するのは、
      | l |   |    |    | iリ     刈rヘ \`ヽ!
      | l |   |  /ト、i  l   _fr‐マ_ ト、 `   ト、           『将軍家からの信任』
      | l |   ト、从ハハハノ ,才代r'ツ,仆      |仆、
      | |八_, |rヘ,ィf^ぃ     ´¨´.::::::. l       !州iト、      極論すれば、これだけだったんだ。
    ノ  i | rへrヘ込r' ,         j    _之_      だからこそ、宗矩は家光の意向に従い、
     ,イ i  i l  Yiヘ   `  _   ,イ >、/    \     .ある種、過剰とも言えるこういう対応を取ったんだろうね。
  / | i  i l   i i iヘ.    `ー'  //,才´     r―`ー
     | l  i |   ,ハハハ >――‐く⌒ヽ∧_   / ̄`ヽ,'   i    なにせ、家光の機嫌を損ねて、万が一にも信任を失えば、
      乂l |l |VV^^^^^^^^レYVVレ'  /  〉 〈    i   i   新参で、頼りになる縁もない柳生家は、何の支えもないまま
        乂N         〈i   〈  〈   〈   i     /i   年寄や諸大名と相対する事になるわけだからね。
                 |   ', ∧. ∧ J    / : :
                 |   Vゝ/V  |   /
                    \   / |  |

                       .... /  `ヽ/                        ヽ    ヽ
                            /     /           、   \   ト、     l
 また胃の痛くなるような話だな~。 ......   /       /     /       ヽ     ヽ  |: .、    l
                       ....  /     /     /     /    ヽ    ', |: :ハ    | 
 …もしかして宗矩って、          .  {    /     l     /_,トゝ ''"ハ ̄`   ∨: . :|:   l
加増はともかく、この役目に就いて    .  '、   l      l |      |´,、-‐|  / \     |: : : :l:
良いことってなかったんじゃないか?     ヽ   |     | ヽ     | _ヽ j/__z」_   /: l|: . !
                       ....   l }\ \   ト、 |\   | ''´"ヒ::....c;ン´ /ノ: :.l|: . ;
 仕事は忙しくなるし、           .   l!  /ヽ、\ \ハ  ヽ、 |    ` ̄ //ィ : . : .l: . :. |:
特に儲かるわけでもないし、      ....   ノ  / ノ|: . |`ヽ、       `      /´|´: : l: : : : : . |:
他人からは恨みは買うし…。       .  /   /: :l|: :.|    丶、 _ ,-、 __,... イ   |: : : |: : :l: . : ..l
                             /: . |: : l|     ,r/| ̄  /\ヽ.  |: : :.l: : l|.: . : .| /

75やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 23:07:16.14 ID:Q5MhjmA0
                ...:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.:...
              /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.、:.:.:\
               .:':.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.\:.:.ヽ
            /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、:ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ:.ハ
            .':.:.: ':.:.:.:.:.:.:.':.:.:,:':. ト、:.:、:.: i:.:.:i:.:.:i
            !:.:.:.l_:.:.:.イ:.:./ィ:./ ヽ:.i:.:.l:.:. l:.:.:l    まあ、宗矩本人にとっての是非は、
           .:l:i:´l:.:/`メ:, ' /:´ ̄ メ、:l:.i: l:.:.:l   その辺りの記録がない以上、なんとも言えないね。
           .': ll 小ィfラト、   ィfハオト、:l:ハリ:.:.:.!
             /:/:.!:ヽハ 乂:ノ      Y::ノ´リ' ノ:i:.:.:.!    ただ、惣目付が強い権威を持った
         /:.':,ィ:i:.:.:.ハ   ,       /ー´:.:.l:ハ:.l   「名誉ある役目」であった事は事実だし、
           {:ハ:l .lハ:.、:、 ヽ  ー一   イ:.:ノ:.: 人 l:.!   当時の武士の価値観から考えると、
         ヽ `  `ー`ー>. _ <ムイハ从 ノ'   そういう「名誉を得る」ことは重要な事だから、
                   ‐、/|     ノ' }       悩みつつも、努めて励んでいたとは思うよ。
                /: : : //´l    /: : :ゝ. __
               /: : : : ://_ `  /: : : _ --、ヽ
             / /: : : 〃- 、ヽ:´: : :, ´    ヾ!
              / /: : : 〃 /: : : : :/.i      }:i
        _/ /: : : :/ /: : : : : : :'j '      .':.ヽ
          >―、ヽ : : /, ': : : : : : //         .':.:.:.:.\
       >ニヽ  !: :,'/ : : : ,  ´ /´ ` ー 、    / ――‐`ー
        , ' ヽ__、 !'__/   /` ー 、_  \/
     /            ̄`ヾ/ー 、 _ ` 、.,'
      i        _     /    〉‐、/

                       ....   /    /  /彡三二 _ ̄ミヽ、
                          /: . : ./: . /   /´ _ー─    ` ヾヘヽ
                         /: . :./: . :/    /  ((´ ゙̄)     ヽ, ゙、: ', '、
 ご苦労なことだな~。          .         /-‐ケ/‐ ̄- 、_   ,..、 ` l l l
                       .... : . /: . : ./   /´  {.{      }.〉、__ヽ、_゙) |: .l |
 …これなら石舟斎みたいに        /: . : ./   /   ゝ`、ー_-_'/⌒/´ `丶jl: .l :|
所領に篭もって剣だけやってる方が   .: . : //   /           {、    lト|: .ソ
よっぽど気楽だよなー。          :/: .:/   ,'               ``ー'ハ:.|: .|
                        : . : /    ,゙                  !!: .|
                        : . /    ト、     <´_|          人: .|
                        :./    l|:: ;ヘ            ,. イ/ |:..|
                        : . /   |::く  `  、. __ .. -‐ ´/: :.|  |リ
                        : /: . .  |:::::::`丶、_/、: ./: : //: : : :/.: : :| ノノ

76やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 23:09:49.18 ID:Q5MhjmA0
 さて、こうして勤めを果たし続ける日々が続く中、
寛永十年五月十六日…。

         / ̄ ̄\
       /    ⌒ ⌒
       |    ( ●)(●)
       |     (__人__)    上洛…でございますか?
         |     ` ⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<     ああ、そうだ。
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|    俺は来年、上洛するぜ。
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ  
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\
       徳川家光
    (とくがわ いえみつ)

77やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 23:12:03.86 ID:Q5MhjmA0
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ    前の上洛(寛永三年の上洛)の時は、
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ   父上…大御所様と連れ立っての上洛だったが、
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ   今回は俺が、真の天下人となっての上洛だ。
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′     『御世代わりの上洛』ってわけだ。
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、


         / ̄ ̄\
       /    \ /\
       |    ( ●)(●)
       |     (__人__)    なるほど…。
         |     ` ⌒´ノ    上様が真にこの国の主である事を内外に示し、
         |         }     新たなる将軍家の御世となったことを天下に周知させる…。
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(      そのための御上洛、ということですな。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

78やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 23:14:55.86 ID:Q5MhjmA0
            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|          そういうわけだ。
          N| "゚'` {"゚`lリ         理解が早いと助かるじゃないの。
             ト.i   ,__''_  !
          /i/ l\ ー .イ|、          というわけで、但馬。
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、     まず、上洛前に京までの道中の宿所の検分役を頼むぜ。
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.   相役は伊豆(松平信綱)と筑後(井上政重)だ。
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l


         / ̄ ̄\
       /    \i||i/  て
       |    ( ○)(○) そ
       | u.   (__人__)      そ、それがしが、伊豆守様や筑後守殿と相役で、
         |   u. ` ⌒´ノ     御上洛の準備のお役目を…?
         |         }
         ヽ        }  
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

80やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 23:17:40.40 ID:Q5MhjmA0
       |  !                        |  |       |
      | │                   〈   !      人
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    |
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |      おいおい、今のお前だって
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !     幕府惣目付、六千石の但馬守じゃないの。
    ヽ {  |           !           |ノ  /      格的に妥当なところだと思うがな。
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′ 
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'         お前なら大丈夫だ。
    |    `!                    /          よろしく頼むぜ、但馬。
    人     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
  ̄ .Y  ̄    |\      ー ─‐       , ′ !
    |       |  \             /   |


            /⌒`"⌒ヽ、
           /,, / ̄ ̄ ̄\
          /,//::       \      …ははっ!
         ;/⌒'":::..        |⌒ヽ
       /  /、:::::...       |ヽ_ \
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、 /⌒`ー'⌒  )
    ━━━`ー──ゝィソノ-ヾy_ノー─━━

81やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 23:20:11.69 ID:Q5MhjmA0
         / ̄ ̄\
       /    \ /ヽ
       |    ( ⌒)(⌒)
       |     (__人__)    上様にそこまで御信頼頂いて、
         |     ` ⌒´ノ    この但馬、この上ない名誉でございます。
         |         }     .きっとやり遂げてみせますぞ!
         ヽ        } 
    /  ⌒ヽ    '´(      …ちなみに、出立は何時からがよろしいですかの?
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }    ああ、二十日には出立して欲しいじゃないの。
  ヾ|!   ┴'   }|トi  }   (本日:十六日)
    |! ,,_      {'  }
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ

82やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 23:23:26.54 ID:Q5MhjmA0
         / ̄ ̄\
       /    \ /ヽ
       |    ( ○)(○)
       |     (__人__)
         |     ` ⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ     なんせ、今度は今までにないほどの規模で上洛して、
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ    俺の威光を天下に知らしめる必要があるんでな。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ     その辺りの準備も色々あるし、
       `|      ^'='^     ム'′    急いで手勢を整えて、イってくれよ?
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

88やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 23:28:41.13 ID:Q5MhjmA0
=その日の夜、柳生家=

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||  .||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 柳 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 生 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``````````````````````````````` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


91やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 23:30:57.99 ID:Q5MhjmA0
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)       これ!
. |     (__人__). rm、  出立の準備は明々後日までには全て揃えねばならぬ!
  | u    `⌒´ノr川 ||  .旅の道具もそうじゃが、臨時雇いの小者や中間も急いで確保せよ!
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|     何ヶ月掛かるかわからぬ検分なのじゃから、
   ヽ     ノノ ノ     かなりの準備になるが、頼むぞ!
   /     / ./
   |      / バタバタ
    |    i´

       ,ィ''''''''" ̄ ゙゙'' 、
    ,r''~ w"www''''""ナヽ
   ,r"ミr''"''''' ー'""" アシ''゙、
   イ ''}´  ゙' 、ィ、__u. t゙'iiミ}      殿…!
   イ, ノリ r"""リ{~ヽ ̄''''}{ミ ゙'l     このような直前になっての出立など、
   ( lイ  ̄:::-(,,、lヽ ̄ノ:| jヽ)     この助九郎の目をもってしても、
   ( ィt:|ツu. r''ヽ;ノ'、, 'ィ::'|/l,}リ    見抜けませんでしたぞ!
   ノ.{゙=:| /:/ ,、― -、;j '': |シ )
   { 〉i::|. ゙'" ミ,、-、;},  l 从 )
  ,,,{ ;l| :`'' 、  'ー''  ,、-' ::::〉"ヽ ガヤガヤ
,,r⌒ヽ|  :::::::`'ー ''"'ー'´:::  /
     木村助九郎友重
  (きむら すけくろう ともしげ)

93やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 23:33:10.71 ID:Q5MhjmA0
      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |     わしだって今日、上様に言われるまで
.     |      (__人_)    聞いておらんかったわい!
     |      ` ⌒ノ
      |        }     ええい、そんなこと言っても始まらん!
      ヽ u      }     与三!わしの道中道具は揃うておるか!?
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ ドタドタ

        ))-'´//  / ,,  , / ,,  ノ        |
     _. //´   ,  , / /,, 、、ミミヽ' - .|   探  た  |
    ,..`l| '  // /  ,/ // ''  ',,,ヽ ヽヽミ .l、  索   :   |
   、、 '  l、!  ,_-、ヽ、       |  リヾミ |  中 . :   |
  , '   、\ ll/ \ヽノ     . ノ ,、、ト、ミ |  で     }
 _{《 、_、_》-`      |/      _,-''',))iil \|   す    /
  } `_,l',,r         ''   _, -,'´- '´ 彡;;'  └l :    |
.  |、=、l ll   ::::::: ( ) ヽ、',-,':, -、;--、,、、/   ,`--┐,,,- '´,
  ト_ ',,ヾ、  ヽ l、 、_.::::. //ヽ゜ノ_,, '-``    |,' | _/ `ヽヽ,
   |,' l!,...、, ,',',-_^ヽ ``-`'''''-'-、 `l.     { ,l! / 丿 | |
   '- 'lミミ, /ヽ,,-゙.|       `ヽ l     ヽリ` _'__//,, ヽ
    `、\ 》、`/,/ ,' ''__   、   ヽ:、       、 /´ヾ  リ
     `、l、''' :、.{   \ -  '    ヽ      |``´ヾ   `l
      `、ヽ ヽ ,  ```´、      ヽ、     |    レ,  ヽヽ
       `、 ヽ、    ,-ー_-,..- ヽ     |   `-;ii/ l l!
        ヽ、 ヽ  ;',-''',, --''´::::::ヽ、    |     `'l! ヽ
         ヽ  、   ::`:::´´,,,,,,,:::: :::::`´   ,::':::::......    l!
          `、 ヽ  ::::::'´::  ::::: ::: ::   ,:'::::::::::::::::     !!!
           `、 r,  :::  ;...  ::.. :::. :: , :'::::::::::::::::::::::
                \ ::: :::::;;;   ::::, '::::::::::  :::::::::::
             ヽ 、   ,,_______/:::::::::   ::::::::::::::
              ヽ ヽ-':::::::::::::::::::::::::     :::::::::::::
                 村田与三久次
              (むらた よぞう ひさつぐ)

95やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 23:36:30.25 ID:Q5MhjmA0
              _________
            /       'r r.r.r.i     なんでないんだよ!ああもう!
           /        | | | | |    主膳、お前も手伝え!
          /     u  .ノ.ノ.ノノノ    手形申請用に随行する者の書付を作るのじゃ。
 ガタガタ     ハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ   
         / (◎)(◎ ) .(    l ヽー―ー-、
        /  .(__人___)  ム   イ    r    ヽ
         ./   / ヽ`⌒´   |   .l    /     、 l   ザワザワ
      /    /  八_ 、__ /l   |   ,'      l  l
    .  /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l
      /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l
    /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
   ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l
    ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ
                 ', |     /         ,'  ざわ・・・ざわ・・・
                   ト、   ノ          ノ

     / ̄ ̄\  
   /:::::::  \ /  
   /:::::::::  (○)(○)
  .|::::::u:::   (__人__)    は、はい!
  .|:::::::::::::   |r┬| |   (こんなドタバタした父上、久しぶりに見るなあ…)
  ヽ::::u:::::::   `ー'./
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く
  |:::::        \
  |::::        ヽ、二⌒)

97やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 23:39:35.99 ID:Q5MhjmA0
                ̄    、
            ´          \
     /     U         ヽ
      /   U.       、_  ヽ
    '            :::::::::`ゝ"ヽ
    l             ::::::::::::::::,、__       つーか明日も朝から寄合だよォォォ…!
.   l      u       ::::::::::::::::| ', ',`,     これ、間に合うのかよオイィィッ!
.    l              冫.:::::| ', ', ',
   l        u       l  ::::l   ', ', ',
   l           {`ヽ  u   ::::}  ヽヽヽ
   l            ',´ ヽ J   /     }
   !              ',  ヽ、_/     ./
   ,'             ヽ           ./
 ̄ `ー -            `,           ,'
        `  、       ゝ         ,'
:.:.:.:.:.:...        、      /ヽ      〈
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´   |     .i
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ    |     |
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   |     |
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\  |     |

 こうして、幕府の威信をかけた史上最大規模の上洛を成功させるため、
宗矩は七年ぶりの畿内へと旅立つ事になったのであった…。

99やる夫で学ぶ柳生一族(その31)2010/01/17(日) 23:43:05.31 ID:Q5MhjmA0
        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|    というところで、今回はここまでだ。
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|   続きはまた来週ということでね。
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|  
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|    出立まであと4日…果たして間に合うのかな?
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|   くっくっ。
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'  
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l    __ __¨ ./
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/        _)  _) \

関連記事
[ 2018/03/08 20:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する