やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その33「上洛前夜」

694やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:01:08.23 ID:./P8fk60
やる夫で学ぶ柳生一族(その33)

 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレです。

【今回のメイン柳生 : 柳生但馬守宗矩(やぎゅう たじまのかみ むねのり)】

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |        柳生家の当主にして幕府惣目付、
. |  (__人__)  |        そして徳川将軍家剣術指南役、柳生但馬守宗矩だろ。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;).  常識的に考えて…。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/


698やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:03:15.82 ID:./P8fk60
【寛永十年(1633)時の柳生一族系譜】

  大膳長永
     :
  <柳生家>
     :
    ├─────┐
  柳生永珍   中坊源専
     :
    ├─────┐
    家厳      重厳
    |    (七郎左衛門)
    |     (松吟庵)
    ├─────────────────────────────────────┐
    宗厳                                                     妹
  (新左衛門)                                                    .|
   (石舟斎)                        【江戸柳生】                  <幸徳井家>
    ├───┬───┬────┬───────┐                        |
    厳勝   久斎   徳斎     宗章          宗矩                       友景
  (新次郎)             (五郎右衛門).     (又右衛門)                     .|
    |                            (但馬守)                       |
    |   【尾張柳生】                   |                         |
    ├────┬────┬────┐        ├─────┬────┐         |
    純厳    利厳.     妹     厳倚      三厳      友矩     宗冬      .友種
   (久三郎)  (兵庫助).         (権右衛門)   .(十兵衛).    (左門)   .(主膳)
           |                   (幼名:七郎)        (幼名:又十郎)
           |
           ├─────┬────┐
          .清厳      利方     .新六
        .(新左衛門)  .(茂左衛門)

700やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:03:59.89 ID:./P8fk60
【第1部(その1~11)のあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の領主、柳生新左衛門宗厳は、上泉伊勢守秀綱創始の新陰流の正統を継ぎ、
後に名を石舟斎とあらため、その剣名を天下に上げた。
しかし、長男新次郎厳勝の不具廃嫡、豊臣家による所領の没収、
新次郎の長男、久三郎純厳の死など、柳生家に辛く重い苦難が襲い掛かる。
だが、徳川家康の招きに応じ、「無刀取り」を以って家康に指南を請われた際、
末子・又右衛門宗矩を推挙したことで、再び柳生家にも光が差す。
その後、関が原の戦にて徳川家に味方したことにより、柳生家は旧領を回復、
更に家康が幕府を開いたことで、宗矩が将軍家剣術指南役となり、
柳生家、そして柳生家の新陰流…「柳生新陰流」は、一気に繁栄の路を進む。
そして、柳生家の家督を宗矩に、新陰流の正統を兵庫助に継がせた石舟斎は、
慶長六年(1611)、78年の生涯に幕を閉じたのであった…。

【第2部前編(その12~24)のあらすじ】
 石舟斎の死後、宗矩は正式に家督を継ぎ、新たなる柳生家の当主となった。
またその翌年、柳生庄にて宗矩に待望の嫡男・七郎…後の柳生十兵衛三厳が誕生する。
そして、大坂の陣による豊臣家の滅亡、一代の英傑・徳川家康の死を以って、
戦国の世は完全に終りを告げ、新たな時代「江戸時代」が始まる。
その新しき世において、柳生家は将軍家指南役となった宗矩の「江戸柳生」、
尾張徳川家指南役となった兵庫助の「尾張柳生」の二家に分かれ、
宗矩は「坂崎事件」を解決するなど、剣術指南の枠を超えた才を発揮し、柳生家を発展させ、
兵庫助は新たな時代の剣、「直立たる身」の工夫を編み出し、新陰流を発展させる。
その後、時は寛永・三代将軍家光の世に移り、尾張においては後の柳生連也斎厳包こと新六が誕生、
江戸においては十兵衛が小姓を致仕するなどがあったが、その末に、遂に宗矩が諸大夫成を遂げる。
「柳生但馬守宗矩」がここに誕生したのである。

【第2部後編(その25~32)のあらすじ】
 晴れて但馬守となった宗矩だが、知己の禅僧・沢庵が紫衣事件で罪に問われ、
また自身も主君家光より難題を出されるなど、次々と苦難が立ちふさがる。
だが、寛永九年(1632)、大御所・秀忠の逝去によって赦免された沢庵より
「剣禅一致」を説いた「不動智神妙録」を受けた宗矩は、
真の大将の剣、『活人剣・治国平天下の剣』を確立することに成功、
これを家光に教授し、信任を確かなものにしたことで、「惣目付」への就任を申し渡される。

 そして訪れた家光親政の世において、
「御世替の御上洛」の準備、家光の病、そして、家光の実弟・駿河大納言忠長の死、
様々な出来事が起こる中、宗矩は惣目付としての勤めを果たし続けるのであった…。

701やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:04:46.17 ID:./P8fk60
 寛永十年十二月、将軍家光は、実弟・駿河大納言忠長を処断した。
これにより、自らの命令によってとはいえ、同じ親から生まれたただ一人の弟を、
家光は失ったのである…。

        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{    ………。
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
    /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
            l /  __      !
            l, l  く,_  、   |
       徳川家光


   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │   …上様。
  |    `⌒´ u .|
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |

        ,,.ィ''' ~~゙゙ ''''' - 、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;: へ ::;:::::`i
   /:::::::::::::::::::::::;:- 、:::::::/     \/
  /::::::::::::::::::::::::/ {ヽソ::::::|--- 、   |
./::::::::::::::::::::::::::::l 。`/::::::r'゙''x;;;:::::\_,. l
:::::::::::::::::::::::::::::::::`t'´::::::|   ~””“` {
::::::::::::::::::::::::::::::::::::i゙::::::::|       _,|    ………。
:::::::::::::::::::::::::::::::::;イ::::::::::|      __,.'´ 
::::::::::::::::::::::::::::::/=!:::::::::::|     i´ 
:::::::::::::::::::::::::::/=、,|::::::::::::lェ,,,___,l
::::::::::::::::::::::::/=、,ヾ!:::::::::::|
:::::::::::::::::::::/:::::::::::::|::::::::::::|
     柳生左門友矩
  (やぎゅう さもん とものり)

702やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:06:12.84 ID:./P8fk60
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ     …但馬、左門。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ    そう遠慮する事はないんだぜ。
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′     忠長のことは、俺が命じたことなんだ。
       ,rト、  ー- ─-:  /|      既に、気持ちの整理は済んでいる。
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、


          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |   …左様でございますか。
          , っ  `⌒´ .u |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´       ヽ
      | |/|      | |

703やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:07:35.18 ID:./P8fk60
    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|     それに、俺の弟は忠長だけじゃない。
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|    いや…むしろ、”あいつ”こそ、俺の真の弟なんだ…!
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ 
.    }.iーi       ^ r'    ,'      お前たちもそう心得てくれよ?
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\


         / ̄ ̄\
       /    \ /\
       |    ( -)(-)
       |     (__人__)   …ははっ。
         |     ` ⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(    
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;

          , --  .
.         /     `ヽ.
         /  ,ノ⌒V⌒) }
.        / (_,代=ャミYァム!    …承知致しました。
       / /^V }  _j / |
.      / く__, V (^ .イ リ\
.   , ‐=≠=彡' \}千V r' ,, =≧
   /         ハ彡ヘ V=ミ                        上様… >

705やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:09:11.19 ID:./P8fk60
           -'´ ̄ ̄ ̄ ゙ '- 、
          .r´'         ヽ
         .( ,nヾ、_、_、__、-    l
          π         r  .!     や、上様。
         (| ‐‐-、  ,.-‐‐  F-、j    これはご精が出ますな。
          .!          i ∂!
     /`/`/`) 、____,  .!- '
     /    /`) 、_  `=´   _,ノ二二)
    (_( _,/ !'|| (_ヮョヮ_〉>   ヽ \
     \   ,' || >',〉llll〈/<  〓〓.l  ',
     l    l  ll \',.ll.//  万万 l   l
      、  .l   ll   V '    ○○ l  ノ
       -,'   ll            ',- '
        lニニニニニ::[三]ニニニニニニニニニL__,.-'l_/⌒i
      / ‐-、                /  l  ̄|
      \                 /    l  [
        ゙--------------------´_!____l__|
         ',       ノ^}
         ヽ     ,ビ〈
          `‐---‐'   i
             ',__,.j

            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::     お、来たか。
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::    待ってたんだぜ、肥後。
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
    /..             "´ 2ノ/ l:::::
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !

707やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:11:27.09 ID:./P8fk60
               ,.-‐´ ̄ ̄ ̄ ゙ 、
             .r'´         ヽ
            (,nヾ-ヾ─-      ヽ
             l       ヒ     'i     いやなに、この肥後、
             ) ,.-‐‐   .き-、   .l   上様のお呼びとあれば、例え火の中水の中ですとも!
            /        θ)   l   .はっはっは!
      r、      i        「゙ '    j
     (` `ii‐‐、--、     _ヽ ,   ,,ノ
     「  ||  ヽ/l ̄ ̄ ̄_,.:-`'' ̄ ヽ
      \__ll  ./lll/ 、-‐'''´´   (二二二)
         `./lllll//   _iヽ‐''´(_,.-===',
          レ/_,.-‐''´´〓〓 イ  ヽ   l
         イ‐''´     万万 l[ ̄  ||  l
     ,-、_ r        ○○ 、 ̄,..ィ   ノ
     l   ゙[三]ニニニニニニニニニニニ ̄ ゙‐‐''´/ ̄ ̄l
            保科肥後守正之
         (ほしな ひごのかみ まさゆき)

       |  !                        |  |       |
      | │                   〈   !      人
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    |
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !    そうか…。
    ヽ {  |           !           |ノ  /    頼むぜ…我が弟よ!
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
    |    `!                    /
    人     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
  ̄ .Y  ̄    |\      ー ─‐       , ′ !
    |       |  \             /   |


708やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:14:04.33 ID:./P8fk60
             _,. ------- 、
           /::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
         .〈::f `ヾ;;/ ̄ `):::::::::::::',
          〉ヽ::、 _;;;ヘ {:::::::::::::::::',
         ,'::| ゞta゙ ィ=tテア;::::;r‐、::::l   ヒソヒソ(…父上、この方が肥後守様ですか?
         .,'::::! `¨:i   ̄´ l::::{b゙ノ::::':,       …全然上様と似てませんが)
        .,':::::::', 〈   .u ll:::トi:::::::::::::,
        i:::::::::::、 _   ,!:::l:::::::::::::::::、
        i::::::::::::::ヽ ̄ _,.ィ' |:::j::::::::::::::::::::\
      __l:::_::::::::::ヾ---'"´=-----‐‐‐‐-、
     /:::::::::::::::::::::::::://\ 〉:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::::::::::::::l=l /=/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |  ボソボソ(…ああ、台徳院様(秀忠)の御落胤…。
. |        |        母こそ違えど、歴とした上様の御実弟だ…。)
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |

712やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:16:17.22 ID:./P8fk60

 ──保科肥後守正之。
寛永十年の時点で、信濃高遠藩三万石の藩主にして従四位下肥後守、
そして、将軍家光の異母弟という人物である。

              ___
.              /     >、
.            /r、       ハ
           , --l、! ヽ._、_、_,>"lリ----、
         Y´l l lt) ‐-、   ,r‐- (l! l l }   ちなみに今年で22歳だ。
          〉--(二{ 、.____,. }、二フフ
       l ` ̄´八    `´   ノj  ̄´│
       |    / ll{二ヮョヮ'¨〉从   リ
       `ー‐‐i´ ll\ヽ/ } /7==`ー‐'´
          |   ヾ ゝ.V/万万 |
.       ___}_ .-゙=、__,r==x、|___
      \   Y´   ∧ /    Y   /
.          `ーヵ|       l!       |_,./
            ゙|      |     |′
              |_____.!.___.|
          {三三三三|三三三ミ}
           ̄ ̄ ̄ ̄ ` ̄ ̄ ̄´

 ここで彼について、今少し説明を入れる。

713やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:18:49.70 ID:./P8fk60
 先の将軍家であった二代将軍・秀忠は恐妻家であった。
あるいは愛妻家であったのかもしれないが、ともかく言える事は、
結婚後、お江以外に秀忠のそばに女性はいなかったということである。
(それでも、お江との間に二男五女を儲けているから大したものなのだが)

              / ̄ ヽl//─ヽ
            /  ,.-''"-'"  "'''  \
           /  /          、. ゙、
          /   /,.-‐'''"""""'ヽ、  ゙、 ヽ
         /  / /‐"  ____   ヽ, | |
         |  l|/ ,,-‐''l| ll l、\、‐、  || .|
         |  l| /   /| || ||l ゙、゙、 ゙'| l.|
         | l |/  l/ l/ || ||l  || |、|.川
         |,-、| l| | |  | //|//  |/ノ|| /,|   
          |ヽ、lll ,-、─'"ヽ'" ,/、‐''',ヽ ノ   …ホントに浮気なんてしてないんでしょうね?
         .|| ノ゙、 .|。:|ヽヽ   イ。l .| /‐/
          |\ヾ、ヽ‐,__」   ヽ‐ニ/‐"|
          | l|| |゙.ヽ '''   ゝ   ,..'/二、
     ,,,,,-、─ | l| |,.-l|゙ 、_  ⌒ ,.‐"、/  .ノ|\_
  ,,,,,-/  ,,,,,||:::└/ l、"'''ヽ、,,. ''''" ノ |''" / |:::::::ヽ、'l 
/|  l| ,,,l,,,l-''"::::ヽ  ゙ヽ、  ヽ─--、/ ̄ ,.-"ノ|:::、|::::,-\、
                 お江

  \         /_ /     ヽ /   } レ,'        / ̄ ̄ ̄ ̄\
  |`l`ヽ    /ヽ/ <´`ヽ u  ∨ u  i レ'          /
  └l> ̄    !i´-)     |\ `、 ヽ), />/        /  信 本 .あ
   !´ヽ、   ヽ ( _ U   !、 ヽ。ヽ/,レ,。7´/-┬―┬―┬./   じ 当  、
  _|_/;:;:;7ヽ-ヽ、 '')  ""'''`` ‐'"='-'" /    !   !   /    て .だ .あ
   |  |;:;:;:{  U u ̄|| u u  ,..、_ -> /`i   !   !  \   .く  。 あ
   |  |;:;:;:;i\    iヽ、   i {++-`7, /|  i   !   !  <_  .れ    :
  __i ヽ;:;:;ヽ `、  i   ヽ、  ̄ ̄/ =、_i_  !   !   /   ! 
   ヽ ヽ;:;:;:\ `ヽ、i   /,ゝ_/|  i   ̄ヽヽ !  ! ,, -'\
    ヽ、\;:;:;:;:`ー、`ー'´ ̄/;:;ノ  ノ      ヽ| / ,、-''´ \/ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ̄ ̄ ̄            Y´/;:;:;\
           徳川秀忠

 …公的には。

714やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:20:23.99 ID:./P8fk60
 実は、秀忠にはお江の他に手をつけた女が、一人、いたのである。

  |  \|                     /
  |        / ̄ ̄ ̄\   / ̄ ̄\ /
 _\      |       \/     | /
 \ ̄       \  U          | /       |  お 城 だ す
 _\       /          U。 |/       |  前 に が ま
 \ ̄       |  lllllllllllllllllll lllllllllllllllllll |        |  の い  、 ん
  \     | ̄|  | ̄ ̄\  / ̄/  |        |  身 る .こ  :
   \___| 6| U \  ●|川| ●/  /       <  が .と の
  _____\|     ̄ ̄ ⊃ ̄  / _____ |   :    .ま
  \| | | | | ̄| U  _____ / ̄| | | | |/ \      ま
  /\| | | |  \  \┼┼┼//  | | | |/|    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /   \| | |   \   ̄ ̄ ̄/   | | |/  |
              ` ‐ 、._        l


    !  !:::l--ヾ-' ノ )::::.: ::__:::::::::::\  \:
    |  l::::ゝ、'ヽ'ノノ-‐'''";;;;;;;;;;;;;;;;` '''-v''\
.    l  ゙i:: ,.-`'''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.-ヽ-''\
    l   ゙、l,.-‐'":;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,.-''"-ヽ::::::::::::
      ヽ、 /: : ::;:;;;;;;;;;;;;;;___,,,,,,.-,'-,.‐‐,-, ゙、::::::_
        /: :::;:;-=二 、    ` i,::::ノノ   ゙i/r'     ええ、わかっています。
      /_,,.-‐゙、 r'''i:::゙i ゙、    `''''''"     |:|T`   私は、兄の元に宿下がり致しますわ。
     (_,,,.-‐''"  ゙i `‐‐'  i             |:l i,.
           |i,   ,i'             l:i´,.    …この子のためにも。
           l::l,   ヽ、        /''"i::
              !:;ヽ、   __,,.-'        /-
              ゙i::;;;i'ヽ、 ゙゙'''"    ,. '   __,,
              レ'   ヽ、    ,,.-''t‐'''""
                 > ー ''_,.-'"|::::::l'´ ̄
                |l ̄ll'";;;;;;;;;;|::::::|
               お静

 名をお静。
北条家の元家臣・神尾栄嘉の娘で、元は秀忠の乳母付の侍女だったという。
乳母のところに顔を出したことをきっかけに、秀忠の手が付き、彼女は懐妊したのである。

717やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:22:11.33 ID:./P8fk60
 お江の嫉妬を恐れた秀忠は、お静を城から逃し、
そして、お静が兄の元に身を寄せた後に生まれたのが、正之だったのである。
時に慶長十六年(1611)五月七日。

           -'´ ̄ ̄ ̄ ゙ '- 、 つ
          .r´'         ヽ っ
         .( ,nヾ、_、_、__、-    l
       /`l`π ,.-‐-、_,.-‐、 r  !l`|`|`l    おぎゃあ!おぎゃあ!
      (_ て(| /.ヽ、__,..ヘ F-、j ~ヽ~|   
       .| ̄ !/:::::::::::::::::::::::::ヘi ∂!. ̄ ̄l   (いや母上、お疲れ様でした。
       .|  /.i-‐'´ ̄ ̄ ̄`'-.!- ' ヽ  |    無事生まれる事ができて僕も一安心ですよ。
        ', l ヽ、-‐''三゙''‐‐っノ 、  ! .|    ヒス婆の嫉妬で殺されるなんて真っ平御免ですしね。
      / l /          ヽ l .|    はっはっは)
      ,´  /             ',  |
       (生まれたばかりの正之)

         ,r''⌒ ̄'''-、
.        λλ―-、, \
         ゝ_Ψ二'_-、 ゝ、
         r_____,,,i!,,、-''へ__>
.            irtj   rtj^ト.i!     …ぶ、無事に生まれてくれよかった…。
          λ  !  u ν/    
            ヽ `_ ノ/      (何か言ってるようにも聞こえるんだけど…。
          __,,i|T | ̄_|        気のせいよね?)
        /i⌒ゝi i,,,='''' ^''''-、、
       ハ ^i 〃 __,,,,,、=-〝 i
       /ミ、!///__ ,,,,-v'/   {
       ヽヾゝ  ̄ ::::::::i   Y

719やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:24:51.14 ID:./P8fk60
 なお、正之の幼少時の名は「幸松」という。
この名は、お静に子が生まれた事を土井利勝より聞かされた秀忠が、
お静に紋付の小袖を送ると共に与えたものだと言われている。

          | /    \ j冫`ヽ        /
             | |   ヽ / | 卜  |      /
           ||  /\ ヾー'  | /     /
            |  |/´     ∨/     ´' -,,,_   …そうか、生まれたか。
          |  ||\     _ム,,,,,,,,、__──'''''´  「幸松」…この小袖と共に、その名を与えるがいい。
           |、_| / ,,         ヽ、
           ) ` ´       〉     ヽ       頼むぞ、利勝。
           /,,  /| ,    /:    !  ヽ、
            `~'''‐'、   /;;     !   \
                  ̄

       _.. -= ' ´  ̄ ` - .,_
     ,r'",,;;  ,;;;; ,,;;;  ,;;;;;;;;;;,,ヽ、
    / ;;;,  ,,   ,,,,,;;;;;;;;;;;;;; _ ;;;;;, ヽ
   ./;; r- ...,__  ,.. -y ヽ  ̄`i ;;;;;;,,ヽ,
  ,i ;;; l  / ノ ~l;'~       l ;;;;;;;;;; i
  i ;;;; i __, ...、 ! ,.- ., ___  .v ;;;;;;;; l
  !, ;; i'-,- '''ヾヽ  ~`r' ー=-~` i r- 、i
   ヽ、i 'rーu-,i l   t'~"uー,.   l,lr' ll     承知しました。
    i, i ヽ、_,/,i   ヽ, -'"   リ j i    では、あとはこちらで…。
     i     l :::.      ..::::  ,/
      l    i_ ヽ     ..:::::: r'"-.,_
     i   ..,__ _ _、 ::::::::: i ヾ\~"ヽ
     ,._,-'"-' ~`二  '"  :::::: ,y ,i ヽ,
     ~_.ヽ    ''    ..::: ,-'" i   /i
  _,.-=' /, ヽ、      ,.-' ,'  ,r  ,y l
- '"   / i l丶,-ヽ- ='"  ,'  /  ,'  i
       土井大炊頭利勝
    (どい おおいのかみ としかつ)

 しかし、お江のこともあってか、
秀忠は、幸松を実子として公的に認知していなかった。

721やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:28:14.13 ID:./P8fk60
 だが、幸松が将軍家の子であるということは公然の秘密だったようで、
そのこともあり、元和三年(1618)、7歳の時に、
幸松を預かった見性院(武田信玄の次女)の縁から、
元武田家家臣である高遠藩主・保科正光のところに養子に入り、
その跡を継いで、保科姓を名乗るようになったのである。

 .        /--─ - 、`ヽ
 ..     /,.ニ-‐:::¨::‐.、\ \
      /::::::::::::::::::::::::::::゙丶、
       ム∠. --‐‐‐丶、:::::::゙
      /_ニニ ,r‐=三=べi、::  
 .     V_,.ィッv'ニ 、(_rz_゙ゞ 〈ヾi. 
      Tニヲニ ) ー--ヽヾ'     も、もしかして「廃嫡」ですかァ~!?
 ..    i  ,.F、ソ  _u.  ./ u
      l f.r--─‐‐ォヽ   i  
  ,. --‐ァハ l ド´ ̄:;.ミ! l   i:  
 ' ,ィ'´ ク ,ハl }、/¨` ,ノ u. ,!:
 / /./ / .V ゙ー-‐ブ   /:::
  / , /  ∧`二ニ,.ィ ./::::::::
   / ,レ  i:::lニニニi/:::::::::::::::
     ∧ ';::`ー一"::::::::::::::::/
       保科正貞
     (ほしな まさただ)

. /彡ミミヽ 、、 ,;i   ,,'´  ,_.,-'‐'ァ \,ミミ/スヽ
( 彡 ミノリ ヽ  ヽ,,::'  /´`'´/` / ヽ|)、 l ||
 オヾシ(ノ>ー_二.ヽ | ´ ̄`ヽ、/ / |ソ/ /|    GOOD!
.(彡(ソ ( ィ'`'´/|.::..| `,    \//lY /、   その通りだ!
 でfyミ,ヘ´'二/ /、,ノ`ヽノ     \/ヽノヽ`|
    `| \ー| ヽ_ヘ_ソ ,'ニニニヽ、 lー'|" |
    ヽ 「ヘ‐l   ,,,  __,-‐'ア l,:| !二|  /
     \゙、‐_`、 f´;'r‐' _/ ノl::| lー/ /
       `ーヽ‐、!;:{` ̄´ / `'' /7 /   
         ` `' `  ̄    ´      
           保科正光
         (ほしな まさみつ)

 余談ではあるが、この時、幸松が保科家に入った事で、
それまで嫡男(正確には養子に入った弟)だった保科正貞は廃嫡されている。
また、この養子入りにより、翌年の元和四年、保科家には五千石の加増がなされている。

724やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:30:36.63 ID:./P8fk60
 そして、幸松と秀忠が、親子の対面を果たせたのは、
お江が亡くなって三年後の寛永六年(1629)、正之18歳の時であった。

           -'´ ̄ ̄ ̄ ゙ '- 、
          .r´'         ヽ
         .( ,nヾ、_、_、__、-    l
          π         r  .!     父上!
         (| ‐‐-、  ,.-‐‐  F-、j    初めてお目に掛かります。幸松です!
          .!          i ∂!    いやあ、まさに感動の親子の対面ですな!
     /`/`/`) 、____,  .!- '    
     /    /`) 、_  `=´   _,ノ二二)
    (_( _,/ !'|| (_ヮョヮ_〉>   ヽ \
     \   ,' || >',〉llll〈/<  〓〓.l  ',


   ' , \、 、|       ヽ   l / /    ヽ,   / /  /
  ``ヽ  ヽヽ! ,   lj   ヽ  i/ , '  u  !/ /  /
  、 ヽ\ ` l_/ /`ヽ、   ヽ/ / ,. ' ´ヽ l ,'/'´   /__
  、 ヽ、 ,へ、/ ,ヘ``ヽ、ヽ. ` / /,. -‐,´ _!,-、 / /'´/
 ヽ\`` l l^ヽ,',  ',  oヽ`、} レ/o   ,'  〉"^l//'´/     あ、ああ…。
   \、 l l r' ',  ー―‐",`ー´`ー―‐'  //_',/_,. -;ァ     よ、よく来たな。
    ,.ゝ-\ー、 ','"""""  ノ_ ゛゛゛゛` /'_j /  /
    ``,ゝ-ゝ、_',u     r====ョ    /-/_/        (…お、俺とお静の息子が…こいつ?
     ´ ̄``ー,ヘ    `====''    /=''"´           何かの間違いじゃないのか?)
          ,'、 `ヽ、,:' -‐-  , '``>、
         ノ`::ー-、_\__,/_,. ::'´:::::冫二ニ77ー-
  ,...-、‐ニ二{{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ニニニ〃::::::::
  :::::::::ヽニ二ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/二二ニ〃:::::::::::

726やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:33:26.10 ID:./P8fk60
【理想】      ト、 |:::::::\{::::::::::::\, ィ´  ̄ `ヽ、        |、
           |::丶 ',::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \       |::!
          |::::::`\:::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、__,ノ:::|
            ヘ:::::::::::::::ヽ::: /: /:/:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___,ノ
         \、 ヽ、::::::::::::V::,イ,イソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            ヾー-`--‐'´ル'/y'゙::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::: \:::::: ヽ
               \:::::::::::::::: ,勹::::;ノ ::::::::/`'' ‐- .__::|:::::::::::::::ヽ、:::ヘ
   __       _,.-‐ ´,ゝ、__:::::〈 //:::::::::::,㌧.___    `!::: |::::|:::|: |ャ:: |
\/  `ヽ、''´,,ィァ' ア´イ´/-、::/'| ::::::::::: /‐ヘ\_,|`7_>|:::::|::: !:::!::| ∨:|
ノツ`>、   /''´//;ノ::|1´ \ \|::::::::: ,イニニ^¨´',ノv'_フj:::: !: /::;ハ:! V:|    父上…。
〉、ィ o/ /ヽr'‐'´::/___:!ヽ、   \ `ヽ、::| !     { `¨´ノ|::: |/|:/ ||  V!   いや、父さん!!
 `¨´ / ノ::.::, =.ニ二ヽrー-- 、ヽ r_'ヽ ー 、__r ′ィ´/|::: レ'|′ |!  リ
ヽ、__,ノ、/::., -‐r_ァ'´_ ̄ ̄ }ヽ.人  |l | |  、ァ, イ|ノノ:;'|::!::::|    ノ
 イ/  ノ/::.'´:`¨_´__  ̄ヾ、:::\ヽ !l | |ヽ__,.イ j_レ|:/_j_|:::ノ'´:}、_
/ ,' / ´ィ´::.,ィコ´___'__j ̄ ̄` :::}ヽ:∨ ! |-':::Vィ',ィ^Vノ-r`':::::_'__:::}、_
,ノ///::.::./:rミ´、____>、 ::::::,′j::ヘ ヽ!_/ィ´:ヘ |!、::j l::::/ i`ヽ、ノ、
 i/´::.: /::.::.:`ヽ___{____,:::::::ノ /::::;ハ、::.´::.::.::.::.:`´::|:::::|: ー、|rチy'i j
 |::.::/::.::.::.::.::.::ゝ、_`_ァ'´:::::::`ー':::::,'/ `ヽ、::.::.::.::.::./ヽノ::___:::`:く 〃
 |::/::.::.::.::.::.::.::.::.::.// ̄ ̄`ゝ、__,〃    `iヽ、::.::.|:::::::V´`ヾ::::: ソ
 |,'::.::.::.::.::.::..::.::/::.;ハ:::::::::::::::::/`\    ,ノ:::::::\|:::/   ヽ/
         秀忠の考えていた幸松(のイメージ)
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒○⌒⌒⌒⌒⌒
                             ○
                            。
  \         /_ /     ヽ /   } レ,'     
  |`l`ヽ    /ヽ/ <´`ヽ u  ∨ u  i レ'       
  └l> ̄    !i´-)     |\ `、 ヽ), />/       
   !´ヽ、   ヽ ( _ U   !、 ヽ。ヽ/,レ,。7´/-┬―┬―    (…俺とお静の息子なら、こうだと思っていたのに…。
  _|_/;:;:;7ヽ-ヽ、 '')  ""'''`` ‐'"='-'" /    !   !       どうして…どうしてこうなった?)
   |  |;:;:;:{  U u ̄|| u u  ,..、_ -> /`i   !   !  
   |  |;:;:;:;i\    iヽ、   i {++-`7, /|  i   !   !  
  __i ヽ;:;:;ヽ `、  i   ヽ、  ̄ ̄/ =、_i_  !   !   /
   ヽ ヽ;:;:;:\ `ヽ、i   /,ゝ_/|  i   ̄ヽヽ !  ! ,, -'\
    ヽ、\;:;:;:;:`ー、`ー'´ ̄/;:;ノ  ノ      ヽ| / ,、-''´
                 ̄ ̄ ̄            Y´/;:;:;\

【現実】       ,.- '´ ̄ ゙̄ '- 、
         .r'´         ヽ
        ,.'  n、_、_、__、_,,,,.   )
        l  r'        `Y!'
        ',.-寸 ‐‐-、  ,.-‐‐ l)      どうかしましたか、父上?
        Y6          !     
         ゙i  、____, l     (どうも感動のあまり
       (二二ヽ、_   `=´  _,ノ二)     お声が出ないようだな)
     /  Y '||< (_ヮョヮ_〉〉 ヽ \
     ,´   i  || >\〉llll〈/<〓.l ',
          目の前の幸松

728やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:35:49.65 ID:./P8fk60
  |  \|                     /
  |        / ̄ ̄ ̄\   / ̄ ̄\ /
 _\      |       \/     | /
 \ ̄       \  U          | / 
 _\       /          U。 |/ 
 \ ̄       |  lllllllllllllllllll lllllllllllllllllll |           い、いや、なんでもない…。
  \     | ̄|  | ̄ ̄\  / ̄/  |          幸松、ゆくゆくは保科の家を継ぎ、
   \___| 6| U \  ●|川| ●/  /          弟として、臣として、家光を支えるのだぞ。
  _____\|     ̄ ̄ ⊃ ̄  / _____
  \| | | | | ̄| U  _____ / ̄| | | | |/   (気のせいか、但馬の奴に似てるような気が…。
  /\| | | |  \  \┼┼┼//  | | | |/|     まるで潰れた饅頭のような…)
 /   \| | |   \   ̄ ̄ ̄/   | | |/  |
              ` ‐ 、._        l


          -'´ ̄ ̄ ̄ ゙ '- 、
         .r´'         ヽ
        .( ,nヾ、_、_、__、-    l
         π  ⌒  ⌒   r  !      そりゃ勿論、そのつもりです。
        (|  二゚   ゚二  F-、j     ご安心を。
         .!          i ∂!    
         i  _____  .!- '     (…なんだか不当な評価をされている気がするなあ。
        .(二ヽ、_   -   _,ノ二二)     この愛らしい僕に)
     /  Y '|| (_ヮョヮ_〉>   ヽ \
     ,´   i  || >',〉llll〈/<  〓〓.l  ',

730やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:38:11.49 ID:./P8fk60
 なお、この対面は密かに行なわれたもので、
結局、秀忠は最後まで幸松を己の実子として公的に認めることはなかった。

                    _,====ミミミヽ、
                  ,,==≡ミヽミヾミミミ、ヾ、
                _=≡≡三ミミミ ミミヾ、ソ)),,》  .
              彡彡二二三≡ミ-_ ミミ|ノノj )||ヽ, )、
          __,,,,,,,,,/彡二二二    ,- __ミ|/ノ ノノノノ) ||
         -=二ミミミミ----==--'彡 ∠ミミ_ソノノノノ ノ
           //>=''"二二=-'"_/   ノ''''')λ彡/
.,,/ ̄''l       彡/-'''"" ̄-=彡彡/ ,,-''",,,,,,,ノ .彡''"
(,  ,--(      彡 ,,-- ===彡彡彡"_,-_   ヽ Υ
ヾ-( r'''''\    //=二二''''''彡ソ ̄ ∠__\ .\ソ  .|
  \;;;;  \   Ζ彡≡彡-'''',r-、>   l_"t。ミ\ノ,,r-v     父上。
    \;;;;  \  彡""彡彡-//ヽ" ''''''"" ̄'''""(エア/    如何でしたか、幸松は。
     \;;  \'''''')彡ヽ// | (tv   /|  , r_>'| 
      \;;;  \'"  \ ,,"''-,,ノ,r-", /  r'''-, .j   
        \;;;  \ /,,>--'''二"''' r-|   二'" /  __ 
         \;;r'""彡_l:::::::::::::::::::::: /./_   " / ̄ ̄"===-,
           )''//rl_--::::::::::::::::/:/ヽ"'=--"::'  .//-'''""
        ,,,,/'-''"⌒ヽ'''--、:::::::::::::::"=〒/  \:::  .|=|_,,,,---,____
                    徳川忠長

              |ヽ
             ,ヘノ:::::ヽ
           /:::::::::::::::::ヽ
        /| /::::::::::::::::::::::::::ゝ
       /::::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::〉/!
       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://|
       |::::::::::::::;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      |\:::::::::/  `、::::::::/ ヽ:::::::::::::::|/ 
      ヽ:::::::::/ u  .!::::/   !:::::::::::/  
      \::::::::>    V __<,,=-、/   あ、ああ…まあ、な。
         ヽ「`|〒=。,_;' 。=〒|#l)   ともかく、今回は手間を掛けたな。
        ‐ゝ、!  ̄",└≡=ナ-┘   
         `∧  i=`==、 ∧´      「いえ、この程度の事…」
―┬─┬―i⌒/  \ー='/ ヽ⌒i―┬
  !   !  |  | |.  ハ`ー'´ハ  | |  |  !

 ちなみに、この対面を手配したのは、忠長だったという。

734やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:40:19.22 ID:./P8fk60
 そして寛永八年(1631)、養父・保科正光の死により、
幸松は保科家三万石を継ぎ、名も正之に改め、従五位下肥後守に叙された。

            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ     お前が肥後か。
             ト.i   ,__''_  !     これからは俺をアニキと呼んでいいんだぜ?
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|

           -'´ ̄ ̄ ̄ ゙ '- 、
          .r´'         ヽ
         .( ,nヾ、_、_、__、-    l
          π  ⌒  ⌒   r  !     いえいえ、この肥後。
         (|  二゚   ゚二  F-、j    あくまで上様の家臣として御仕えするつもりですので。
          .!    ∩    .i ∂!
          i  ,.-'´ ̄`'‐、  .!- '     (将軍家の弟だなんて調子に乗ったら、
         .(二ヽ、_       _,ノ二二)    駿河大納言様のようになりかねん。桑原桑原)
      /  Y '|| (_ヮョヮ_〉>   ヽ \
      ,´   i  || >',〉llll〈/<  〓〓.l  ',

 なお、家光が正之を弟として認識したのもこの頃だったという。

735やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:42:52.00 ID:./P8fk60
  そだ  |                i,
  れが  |ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
  が   |      ,リ|}    |. }
  い   |          ′   | }  に
  い   |∠ニ'==ァ   、==ニゞ<.  や
  !!    /}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|  っ
\__/゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|       その謙虚さ…気に入った。
 .    ヽ.ヽ        {:.    lリ      いずれ誰もが俺の弟として認めるように
 .    }.iーi       ^ r'    ,'       取り計らってやるから楽しみにしてな。
      !| ヽ.   ー_ ‐-‐ァ'  /
 .   /}   \   二"  ,イ
  __/ ∥  .  ヽ、_ __/:::|\


           -'´ ̄ ̄ ̄ ゙ '- 、
          .r´'         ヽ
         .( ,nヾ、_、_、__、-    l
          π         r  .!
         (| ‐‐-、  ,.-‐‐  F-、j      いやいや、私は小銭でも貰えれば、
          .!          i ∂!     それで十分ですので、お気遣いなく。
     /`/`/`) 、____,  .!- '
     /    /`) 、_  `=´   _,ノ二二)     (下手に待遇が上がったら、
    (_( _,/ !'|| (_ヮョヮ_〉>   ヽ \    堅っ苦しくてたまらんしな)
     \   ,' || >',〉llll〈/<  〓〓.l  ',

737やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:44:58.36 ID:./P8fk60
       ______
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|
  |;;;;|       ヽ`        |;;;;;|
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i     おお…ますます気に入ったぜ…。
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |    あくまで己を低めて、臣として仕えようとするその態度…!
 |'. (|       彡|          |)) |    .お前こそ、俺の本当の弟だ…!
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i 
  ヽ_|        `         .|_/
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |

           ,.- '´ ̄ ゙̄ '- 、
         .r'´         ヽ
        ,.'  n、_、_、__、_,,,,.   )
        l  r'  __ノ  \_ `Y!'
        ',.-寸  二゚   ゚二  l)        そりゃどうも。
        Y6          !       では、私はここで…。
         ゙i   ____  l
       (二二ヽ、_   `^´  _,ノ二)      (このまま喋っていたら、薮蛇になりそうだな。
     /  Y '||< (_ヮョヮ_〉〉 ヽ \     こりゃ逃げるが勝ちだ)
     ,´   i  || >\〉llll〈/<〓〓.l ',

739やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:47:01.24 ID:./P8fk60
 こうして、家光が正之を弟として認識したことにより、
正之の扱いは、「大御所の御落胤」から「将軍家の実弟」として、変わっていった。

     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }      俺の弟なんだから、
  ヾ|!   ┴'   }|トi  }     格が他の連中と同じってのも聞こえが悪いしな。
    |! ,,_      {'  } 
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、     所領はいずれ調整するから、まずは官位からだ。
    ヽ ‐'  /   "'ヽ    さあ(従四位下を)やるぜ、力を抜けよ?
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|
    { |     l   |     |   / |


         -'´ ̄ ̄ ̄ ゙ '- 、
        .r´'         ヽ
       .( ,nヾ、_、_、__、-    l
        π __  __  r  !
       (|    ゚   ゚    F-、j     いや上様。
        .!         u i ∂!    それと、この姿に何の関係が…。
        i  _____  .!- '
       /ヽ、_  `^´   _,ノ  \
     /    _    __      \
    ,´   i            l   ',
   ,'    l     l       l   l

 それまで、あくまで表向きは一大名に過ぎなかった正之が、
大御所秀忠の死後、その形見を分けられ、
また、家光の命により、秀忠の廟である台徳院廟の建立にも携わった。
そしてその後、寛永九年(1632)の末には、三万石の身でありながら、従四位下に叙せられている。

742やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:49:56.63 ID:./P8fk60
 ただ、正之自身は、あくまで臣下として、
家光に…将軍家に仕えることを第一にしていたという。
その一例として、家光より(親藩として)松平姓を名乗るように勧められても、
最後まで保科姓のまま通したことなどがある。
(これは養父である正光に義理を通したため、ともいうが)

        ,.r'´ ̄ ̄ ゙̄ - 、
      ,.r'´         ,)
     ,.´       r''''´^''ィ
     !     ,-、,,シ    l          肝心なのは名じゃない。
     i    /-、   ‐‐-、(         実だよ、実。
     !    (6       ヽ .l ̄l 
     ヽ    ゙シ´       ', |l`i l     実も無いのに名だけ求めても、
      | `゙'''''''‐‐‐‐‐‐-----'、 ̄ ̄}    碌な事にならんよ。
      (二二二)  `゙'-、`゙'、 ll\  l
      |    |     く  ', lll\ l

         iヽ
     ,. ---' `゙'-、
    ,.'´`゙'-`、-゙'、ヾヽ
  ,',`゙'---、__ィ-‐ヽ、 l', 
  i`゙'------l    y 
  !ニニニ.,-、 ( ̄ン(    殿の実ってのは小銭の事ですね、わかります。
   '-----(6     〉 
    、二二人   =´ 
     -'´  r--‐. '  
     |""''''''''ll''l    
  (二二二二)\\  
   |     |  | |  
    保科家家臣

 実弟でありながら、己と将軍家の地位を争った忠長や、
何かと動きの目立つ尾張の義直の事もある中、家光にとって、
正之のこの態度は、その信頼を深める事に繋がったと思われる。

 これが、保科正之という人物の履歴である。

743やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:54:19.80 ID:./P8fk60
                        /::::::::::::::::ヽ、
                     /:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                    ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
                 m'_::::::ヽミシイ{しz=x::::::::::::::::::::::::::}   …兄上。
                r彡|.||.|:「|::},ィ,ゝこ{{n}}::::::::::::::::::::::::::ヽ、
              x= と__ゝ| Kヘ{佖ラ_}ー'}b′::::::::::::::::::::::::::::}ヽ
            _ノノノ-z=ヘ ヽミト、 {::::ノY:::::{:::}::::::::::::::::::、_ノ:::}
          __〃⌒  r{:::::::::::ヽ ∟__,.Υ:λ::::ヒ从_:::::::::ヽ::::::::::{__
             x==彳:::::{:::::::r}   }::::| ヽ{ ):::ィタ宀{:::::::::ノ:::::::::::::::ヽ
    こニ=ニ三ミ=行三彡{:::::::::::::ハZzイ::└ァタ「ィタ:.:ノ:.:リ:::::: {{::::::::::::::::::::}
   _ゝ、:::::::::::::::::(´:::::::::::::::::::::::::::》乂X>:::ィタ:.ィタ:./:. 〃:::::〃、__::::::ヽし)
ーイ, ―、::` ー‐::::::::::::::::::::::::::::::::::_//:.:.:》J::_ゝYタ∠-=リ:::::::リ/:.:.:.:`ヽ::::`ヽ
ー γ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::γ::lllヽ〃∠-ス^\ヽ:.:〃{::: 〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y:::::::}
--:: _:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:.:.:.ll:l: | ̄./f    ヽ Y:ノ:ノ/:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:}:::::{
ゝ、__::ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/:.l :.:.ll:.l:.|/ .Α ヘ  Y::r/{:.{:.:.:./_:.-:.:.:.:/:::::::::}
γ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:.:.ll:.:.:.ll/  ./:.:∧ イ^Y^Y:.:.}ハ∠:‐:.:.:.:.:.〃::ノ:::ノ
ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: {:.:.:.ll:.:.:<    /:.:./ /、Y^Y^Y:リ(:.:.:.:.:.:.:.:〃ノ}:{::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:.:ll:.:.:.:ll\ /:.:./  」X^У^く〃:F===:"/:.:{:ノ:〃
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: V:.l:.:.:.:.ll:.:.:.:{:.:.T ̄:└〈:.:.:.:.:.:ゝ/:.:.:.:./:.:.:.:./:〃ノ
         左門が想像していた保科正之(イメージ図)
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒○⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
               ○ 
        _,. ----- 、 。
      /:::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:f`ヾ,,/' ̄):::::::::::ヽ
     {:::ト、  __,ヘ{:::::::::::::::::ヽ
     ゙i:トta゙ ィ=tデ;:::;r‐、::::::::ヽ    ヒソヒソ(…その、あまりにイメージと違いすぎたので…。
     ll`¨:i   ̄´l::::{b゙ノ:::::::::::ヽ       あれではまるで、上様というより、兄上に似ているような気が…)
     l:', L  u. i:::トi゙´::::::::::::::::::ヽ
     l:::',  ー-  ll:::l l::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ll:::lヽ--イ :ll::::',l::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ll::::l ヾ‐'"´',i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

      / ̄ ̄\
    /  ノ  ー\
    |  (●) (●)|
.    | u (__人__) .|   ボソボソ(…これ、滅多な事を申すな!
     |    `⌒´  |        仮にも将軍家のご実弟を白饅頭呼ばわりなどと…!)
.     |        }
.     ヽ       .}
      ヽ     ノ
      /     }
      |      |
       |      |

744やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:57:09.01 ID:./P8fk60
<イヤ、何モ白饅頭ナドトハ…ドチラカトイエバ潰レアンマンカト
<ダカラソノ例エハヤメロッテノ…デモマア確カニノウ…


           -'´ ̄ ̄ ̄ ゙ '┛┗
          .r´'       ┓┏
         .( ,nヾ、_、_、__、-    l
          π         r  .!    なにやら雑音も聞こえますが、
         (| ‐‐-、ll ll,.-‐‐  F-、j   上様、本日の御用というのは?
          .!          i ∂!   
          i 、____,  .!- '
         .(二ヽ、_  `=´  _,ノ二二)
      /  Y '|| (_ヮョヮ_〉>   ヽ \
      ,´   i  || >',〉llll〈/<  〓〓.l  ',

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ     ああ、お前に伝えておく事があってな。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ    今度の上洛の時、お前を侍従(※)に任ずるようにするから、
     ヾ、!      !;     ,レソ     そのつもりでいておいてくれよ?
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|      
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、    ※ 官位官職としての「侍従」

747やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 22:59:08.52 ID:./P8fk60
           -'´ ̄ ̄ ̄ ゙ '- 、
          .r´'         ヽ
         .( ,nヾ、_、_、__、-    l
          π  ⌒  ⌒   r  !      …またですか。
         (|  二゚   ゚二  F-、j     正直、三万石の身で従四位下という位自体、
          .!          i ∂!     身に余ると思うのですけどね。
          i  _____  .!- '     . 従四位下侍従じゃ、今の10倍くらいの石高でないと
         .(二ヽ、_   -   _,ノ二二)    .釣り合わないし、できれば遠慮したいところですな。
      /  Y '|| (_ヮョヮ_〉>   ヽ \
      ,´   i  || >',〉llll〈/<  〓〓.l  ',

            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::     ふっ、お前のそういうところが
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::    俺は気に入ってるんだ。
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
    /..             "´ 2ノ/ l:::::     その他にも、上洛中は色々俺に付き合ってもらうぜ?
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::     頼むぞ。
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !

748やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:01:22.82 ID:./P8fk60
           -'´ ̄ ̄ ̄ ゙ '- 、
          .r´'         ヽ
         .( ,nヾ、_、_、__、-    l
          π __  __  r  !     まあ、そりゃ構いませんが…。
         (|    ゚   ゚    F-、j    ところで、それを但馬殿もいるこの場で
          .!          i ∂!    お話になったのは?
          i  _____  .!- '
         .(二ヽ、_  `^´  _,ノ二二)
      /  Y '|| (_ヮョヮ_〉>   ヽ \
      ,´   i  || >',〉llll〈/<  〓〓.l  ',

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ    ああ、まとめて伝えた方が楽だからな。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ    …但馬。
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、


         / ̄ ̄\
       /    \ /\
       |    ( ●)(●)
       |  u.  (__人__)     は、ははっ!
         |      `⌒´ノ 
         |         }      (まとめて…?
         ヽ        }       なんのことだ?)
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

750やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:03:29.02 ID:./P8fk60
    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|     今度の上洛、
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|    道中、筑後と二人で俺の供を頼むぜ。
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ     あと、帰りの際には道中修造奉行もやってくれよ?
.    }.iーi       ^ r'    ,' 
     !| ヽ.   ー===-   / 
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\


         / ̄ ̄\
       /    \i||i/
       |    ( ○)(○)
       | u.   (__人__)     そ、それがしが上様のお供でございますか。
         |   u. ` ⌒´ノ     しかも、道中修造奉行のお役目も…。
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

752やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:06:05.87 ID:./P8fk60
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ       なに、お前なら大丈夫だろう。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ      前は急過ぎてお前も大変だっただそうだしな。
     ヾ、!      !;     ,レソ      .今度はゆるりと支度をすればいい。
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|         頼むぜ、但馬。
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、


         / ̄ ̄\
       /    \  /
       |    ( ●)(●)
       | u.   .(__人__)     …お心遣い、有り難き幸せでございます。
         |      `⌒´ノ 
         |         }        承知致しました。
         ヽ        }       この但馬、しかとお勤め致しまする。
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

753やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:08:01.36 ID:./P8fk60
       |  !                        |  |       |
      | │                   〈   !      人
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    |
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !     それと…左門。
    ヽ {  |           !           |ノ  /     お前も一緒に来るんだぜ?
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
    |    `!                    /
    人     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
  ̄ .Y  ̄    |\      ー ─‐       , ′ !
    |       |  \             /   |


        ,,.ィ''' ~~゙゙ ''''' - 、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;: へ ::;:::::`i
   /:::::::::::::::::::::::;:- 、:::::::/     \/
  /::::::::::::::::::::::::/ {ヽソ::::::|--- 、   |
./::::::::::::::::::::::::::::l 。`/::::::r'゙''x;;;:::::\_,. l
:::::::::::::::::::::::::::::::::`t'´::::::|   ~””“` {
::::::::::::::::::::::::::::::::::::i゙::::::::|       _,|     …喜んで。
:::::::::::::::::::::::::::::::::;イ::::::::::|      __,.'´ 
::::::::::::::::::::::::::::::/=!:::::::::::|     i´
:::::::::::::::::::::::::::/=、,|::::::::::::lェ,,,___,l
::::::::::::::::::::::::/=、,ヾ!:::::::::::|
:::::::::::::::::::::/:::::::::::::|::::::::::::|


         / ̄ ̄\
       /    \ /\
       |    ( ○)(○)
       |     (__人__)
         |      `⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

754やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:10:11.19 ID:./P8fk60
      ,.r'´ ̄ ̄ ゙̄ '- 、
     .'´         .)
    ,.´          ri'
     !          ,-、l
    !         ! 6 l     (あ、但馬殿が固まってる。
    .!         '-,' 、     …ふむ、そういうことか。大変だな)
     i           l ヽ 
     !_j_j_____,.!  )
     /二/____(二二)_
     /       /l   l `ヽ


         _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、.
        {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i
         ゙l'´゙《   __,,,ゝ:::r、:::::l     左門…。
         ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}   今度の上洛、お前にも期待してるぜ?
          ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ  .
          ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、   …ふふっ。
           ヽ ゙こ´  /     ヽ、
            ヽ、  /__,∠、    `'-、
             `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ

        _,. ----- 、
      /:::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:f`ヾ,,/' ̄):::::::::::ヽ
     {:::ト、  __,ヘ{:::::::::::::::::ヽ
     ゙i:トta゙ ィ=tデ;:::;r‐、::::::::ヽ    上様…。
     ll`¨:i   ̄´l::::{b゙ノ:::::::::::ヽ
     l:', L    i:::トi゙´::::::::::::::::::ヽ
     l:::',  ー-  ll:::l l::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ll:::lヽ--イ :ll::::',l::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ll::::l ヾ‐'"´',i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.     ',::::',f´j__,.-'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',_,.

755やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:12:45.01 ID:./P8fk60
   r‐、__        
⌒`‐く   ヽ-‐-、_    
   丶r-f⌒ヽ、 ヽ____
ー、  _r'  !  iく__/  `ヽ. o  
  `「ゝ、__   ! `! ノ  )'           ”左門…!”
  ヽ! ヽ) `Yヽ  (ヽ、_∠    
r、_ゝノ ヽ__i/_ノ  rハ /____`ヽ    ,     ”上様…!”
`) `ヽ、\__,r'__く` _ノ´   `ヾ.j  
 \  `゙'ー-‐' 」/⌒r'⌒´ ̄`)
\_ `二ニ=--‐く_r‐‐'´「__    {__                 __r'>'⌒「__,rへノ⌒ゝ
 { ⌒ヽ、  /⌒ r'  ト、__   `┐-      ̄-r¬::T" ̄_r'⌒く {   (_ ヽ/´7^ー-、_
__j--‐‐‐、`Y´  ___r'「    (_  r'^ヽ、    r┬'⌒j_,.o  r´ヽ   ヽj   _,.ゝ_丶     く
 }    `ー-く`  !ー-、 i   !ー-i__r‐┤   { ノ   _r'   {_r-┴-、 ヽ、 {   ヽj     _ノ
 {_j      /    { l 。  _}   )_   i-‐-、j'  r'´「   r┴-、_>「 {___r、ゝ、  /`ヽ、
 ヽ `ー--、__{_ _r'y'⌒ヽ!o。 /(    _)`ゝ  `o    _> (___ ヽ」 \ ヽ}_r' /⌒´\    ノヽ
  l__     `ヽー'  ノ-、o゚  j' ハ´ヽ┴、 。 ゜  r'‐-y'´ `7_j`ヽ (⌒´(___ハ/-'7 /)    )-く
    `ヽ、    {、⌒ヽ く-、_r'-‐'__ノ  \__>    (  <   ヽ、ー-( ̄`ソ  {  ヽ' }/)'´ _ノ
      `ーニ二´>‐‐'⌒`ー'´_r'´i'    {´-!    `}‐-┤   ゝ-=ニ) ∠_r' ̄j  / ヾ、 ヽ丿
              <家光と左門のやりとり(イメージ図)>


         / ̄ ̄\
       /   _ノ i||iヽ、
       |   ( -)(-)
       | u  ||ii(__人__)   (…せっかくの名誉あるお役目だと言うのに、
         |      `⌒´ノ    素直に喜べぬ…なんということじゃ)
         |  u.      } 
         ヽ        }     
    /  ⌒ヽ    '´( 
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


         ,.- '´ ̄ ゙̄ '- 、
       .r'´         ヽ
      ,.'  n、_、_、__、_,,,,.   )
      l  r'        `Y!'
      ',.-寸 ‐‐-、  ,.-‐‐ l)    (まあ、横から見ている分には面白いな)
      Y6          ! 
       ゙i  、____, l
     (二二ヽ、_   `=´  _,ノ二)
   /  Y '||< (_ヮョヮ_〉〉 ヽ \
   ,´   i  || >\〉llll〈/<〓〓.l ',


 こうして、寛永十年という年は過ぎていったのである…。

758やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:15:23.72 ID:./P8fk60
 さて、年が明け、寛永十一年(1634)。
この年、年初から家光の周辺で一つの不幸が起きていた。

            f : : : :ヽ ,' : : : : : : : : : : : : : :、
           _| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /:::::::| : :、 : : :l : : : : :、 : : : : :l : : :、 : : ヽ
       /:::::::::::::::| : :! : : : ト : : : : | : : : : :`、 : : ! : : :`、
       }:::::::::::// | : ヘ : : i ヾ : : ヽ : : : : : | : : | : : : :ヽ
       /:::::::::l::/ | :{ ヽ : :l  \ : ヽ、: : : :| : : | : : : : :ヽ
      /::/:::/:/  |:| _ヽ : !___\ :ヾ : : : :! : | : | : : : :|
      /::ル:/|::i_,.イ:|  ` ヽ氏刀フ \|:\: ! : | : :| : : : : |
      // |:::||/:l弋勹! |    ヽl ̄   i : : :ヽ:!:|二ヽ : : : : | 
     /  }::/|:::::|  ̄ノ           | : : : ヽ:| ソ/ : : |ヽ:|   …残念です。
       |:| |:::::l  ヽ、          /| : : : |ヽ// : : :|:| ヾ
       |  |:::ヽ  ___       ノ ,l : : : r´/| : : :/}:l
          !::::ヽ   ̄ ̄´     .ォ : :,/ |`:´| : :/ |
          |:::i:::ヽ  ´`    ./ | :/  | :/|:/
          |ヘ::} ヽ.    ./   |:/  |/,、{
          i  }   `ー イ       _./´ 入
                 ,ヘ     _./    / ヽ
               ,/  |  ./     /   |ヽ、.
             ./l   ,ゝ<      /    |  `ヽ、
         _, . '"´/ | l"   メ.    /     |      `ヽ、.
     _, . '"    /  |.∧   / ヽ.  /      |        `ヽ-、_
  , ・"´       /  レ / ´`ヽ  人/       |
                稲葉丹後守正勝
           (いなば たんごのかみ まさかつ)

 家光の幼少からの側近にして、春日局の実子である
年寄・稲葉正勝が病のため、この年の一月二十五日に亡くなったのである。
まだ38歳の若さであった。

761やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:18:10.09 ID:./P8fk60
                 ____  _____
                 .,、.:<::::::::::::::::::::::::::::::::`>.、
            ,.::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ;`ヽ
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:ト、
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:}}、
            イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨::::',
.          く ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::lヽヾ、
.          l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   〉 〉
        イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::l::i: イく
         く_l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::l::l .l; ヽ
         l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::l::::::::::::l::::::::::::::: l::l .l;、 ヽ    …千熊(※)
.         l:::i::::::::::::::::l:::::::::::::::::l:::::::::::::::l::::::::::::l::::::::::::::::l::L ハ__j
         l:::l:::::::::::::::::l::::::::::::::::l:::::::::::::::::l::::::::::::l::::::::::l::::l::: リ
          l:::|:::::::::::::::::l:::::::::::::::l::::::::::::::::: l::::::::::::l:::::::::l::::l::ノ
        l;:i!::::: |:::::::::l::::::::::::::l:::::::::::::::::::l::::::::j::j:::::::ノ:::ノリ
         iハ::::::l::::::::::i;::::::::::::|::|:::::::::::::::j::::::/:/::/ノノ
        ! ゞ:ヽ:::::::l:∨:::::::l::l:::::::::::::イ:::::イ/::/ノ:く
       ,イ:::|:.\ヾ;:::!: ∨::::从:::::/:/:/∧/:::::/ :`ゝ
      ,イ: :l:::::l: : : : : ヾ: : )ノ: : ∨: :/: :/: :./:::/.: :/ `ヽ
.      / i: : |:::::!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,'::::,': : :l     ヽ
    / ¦: :!::: !: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;:::::;: : : l       }  ※ 正勝の幼名
               春日局(お福)
              (かすがのつぼね)

    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|    …お福。
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|   丹後の跡は正則(正勝の子)に継がせる。
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ   これからも、稲葉の家を軽んじる事はないから安心しろ。
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.    -ーー-   /     …今は丹後の事を弔ってやってくれ。
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\

763やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:20:21.05 ID:./P8fk60
 また、正勝の死は家光の政治方針的にも影響が大きかった。

       ,r=、ミミテ^ヽー- 、、
      /;;;;;;,ヘ;゙y;;;;;;;ヽ ` \ヽ
      /;;;rチ=i;;r、;ィfrヽミ、 ヽヽ
     f;r ,;/´ l;l  ヾ、,;ヽ ゙i ぃ i
     l;;;;;\‐-、i! ,r‐ヽ;;;;;l` i i川
     l;;;;;lィroミ'l! ィfo;テ;;;l l lilリハ   ふむ、丹後殿が亡くなられた…。
     !l;;;;!`゙''"iヽ ^゙''"!;;;ハ! l川__  これで、我々の中で、御老臣達と対峙できるだけの
     /ハ;;;ト、 /    l;;/,イi トjlV  .格の者が出るまで、世代交代は延びる、か…。
     l7 l;;liiヽ.`_,,_  ,j;lノl!リハi7
      jLr'ァヽ` ", ィ7!! l'"'′
      V `' リ`リi´::' ▽ >-、_
         /f^ヽァ''"´ / ,/~
        ,.ゝ/ i  l,,.ィ'",:ァ/:::
       /7V ,!  l",, ='/::::::::
     //:::l/  ハ  l,,ィァ"_:▽-‐
  , ィニ´::〈v::f ,; fリ ,l/`´:::::,r:'"
      松平伊豆守信綱
(まつだいら いずのかみ のぶつな)

         _,,,、  ___
        , .---='` Y_==、 ヽ、
      /_'⌒   ' ⌒ ヽ、    .ヽ
     //         \::、 \ `、
    ./             .`,::ヽ `, 、
   i   i i     ! l ! l i .i  !::::`.,、! i
   ! ,  l! l l.!l  l ! l、 !l .| }メ!rク、ヽ,i
   { .!  ! l |l l  .! ! .!,i l_!_,, ! !三彡 !、ヽ,
   l .l ー-!-!/、|.l| l斗_',キ=!,.!、l.l:::!こ;i !i !,ヽ    伊豆…っ!
   .! l  ィて^ト  !、 〈 .辷;t.イ .! !:l、 },!l ! !    少しは空気読みなさいよ…!
   ! l ./!` 冖′       .! },!l_''_ノ !シ     今、そんなこと言ってどうするのよ。
   レ! l `           u i,/.l /ン./'
    ヽ!Y^ 、  `__     y .|;;シ/
        \.や__ン    /  l'″
             \こ,,. イ    ! ,、
             ,,,.}__,,,-‐'' ̄_,l 、
           ,イ''.,、     ,,. ''′_,,.ゝ、
         阿部豊後守忠秋
     (あべ ぶんごのかみ ただあき)

 当時、秀忠の時代からの老臣(土井利勝、酒井忠世、酒井忠勝)に対し、
家光の近習出身の若い世代の重臣(松平信綱、堀田正盛など)の筆頭格と言える存在だったため、
幕閣の世代交代を進めていた家光にとって、正勝の死は、自らの方針の遅延に繋がるものであった。

764やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:22:23.85 ID:./P8fk60
 そのような形で明けた寛永十一年であったが、
それでも、家光の将軍就任以来、最大のイベントとも言うべき「御世替の御上洛」に向けて、
幕臣・諸大名問わず、皆、忙しく立ち回っていた。

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●     …というわけで、陸奥守様は
   |      (__人__)    上様に先立ち、六月には御上洛となるわけですが、
.   |        ノ    .何か御懸念はございますかの?
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


     ゞ'""゙゙ ̄`i' ̄ ̄ ̄``````````````''シ
      ヾヾ    ii|  ,.彡          /
        ヾヾ   iiレ'彡彡.....       /
       ヾE二i,二.ji_ri==r `ヾ彡    /
        E_/>'三7/,__,,... iミ.   /
        r^ヽ>{i_ 〃ラ_,....__;´ {ミへ /      フフフッ!
        ロ  ||==o'´┴゚'-`; └' h }     我が伊達家に手抜かりなしッ!
        ヽ_〃 l ;;  ~~ ̄` ;   、_'_ノ     元祖「伊達者」の心意気、再び京の衆に見せてくれるわッ!
          |  | .;;        ;   |:|
          | `=='''    、 ;   |:| 
          .l `r====ィ`    |:: |
         ヽ. ヒ二二.ソ   /::: |
             ヽ` ー--‐  _ィー―┴r―
           ____,.>-;;;  -'"/ヽ-‐' ̄ /
          ∧ ;; ;;;;;;; | :::::: /ヽ  ,.-‐' ̄
         / ヽ ;;;;;;;; | ::::::/;;;;;;; ̄
          伊達陸奥守政宗
       (だて むつのかみ まさむね)

769やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:25:31.91 ID:./P8fk60

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( -)(-)      いや、
. |     (__人__)      去年、軍役令が改定されたのですから、
  |  u   `⌒´ノ      .そちらに合わせることを念頭に置いて頂きたく…。
.  |         } 
.  ヽ        }       (本当にもう、この御方は…)
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    |       ̄   ´

    ,.-─ …‐-、 _
   く  ,.ィ彡__   \ ̄¨ ー- ..___    _,,. -、
    V ノ   \  \         ̄ ̄    _}
.      \  ____\  \           ,. </ 
      ヽ´oヽ   `>‐--丶、 _   _,.イ\ /  
          \>/ ト、jノ<二二..__ ̄ `ヽ  |   
         |::::::::::/`ヽ彡   -‐   ̄二ニ =ヘ、  
           ;:::::::;:',ィフ=、ー-r‐'  彡'⌒ヽ__,.   ヽ     なんだつまらんッ!
        /:::/// , =ァ''   \ニ/ /¨ヽi  `ヽ   '.    そのようなことでは
        //::l U ,fュ/      i `'  i'^ソ/`ヽ     i   .上様とて退屈されようがッ!
..      レ/ `ヽ/ ソ     /    i_/\     l
   .       ,'  _i.,,_          l   丶、   i    …少しくらいなら
          i  __}             !     `ミ、W   何かやっても良いのではないかなッ!?
            └‐´r' __          |      ヽ  
              ,.-┴r'_‐ノ          l
         _⊥、 \'       /            「聞けよ人の話」
.           {   \' _}    ,. <
.          /\   \_,.ィ
        \ \ /ヽi. 人
.           f\ ノ丶、ノ
         ヽ `>‐く
             `ー─'

772やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:27:43.43 ID:./P8fk60
 そして、時は過ぎ、
出発も間近に控えた五月も末のある日…。

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||  .||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 柳 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 生 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``````````````````````````````` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


773やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:29:15.42 ID:./P8fk60
 ゙̄''ー-、.._                                _,,-―'" ̄
       || ゙̄''ー-、______________,,-―'" ̄
二.二二二二i===||________,| |              | |
    ||    ||;; |  | | ̄ ̄__i__ ̄ ̄| |―┬―┬―┬―| |  |\
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  |  \
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | |.  i i        | |  |   |
    ||    ||;; |_| |   |_|:   | | (_;;).       | |  |    |
    ||    ||/ /| |         | | ̄ ̄ ̄| ̄''''――| |  |    |
    ||    ||/  /三.三.三.三三|_|―――|゚____,|_|   \  |
    ||    || /                       \  \|
    ||    ||'                             \
//||   /                               \
//|| /  / ̄ ̄\    ) ;;;;)
//   . /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
/  ...... |    (─)(─)  /;;/
    ..... |    (__人__)  l;;,´  ………。
       |     `∩_ノ)━・'
     .  |     |_ノ
      /ヽ    |  |_
      |  \_/ ノ ヽ
      \     /_|  |
      | \ /  _/

774やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:31:02.62 ID:./P8fk60

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( -)(-)        ふぅ~…。
.   |     (__人__)       出発も間近じゃと言うのに、まだまだする事は多い…。
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ  まったく、この一服がなければ、やってられぬわい…。
   .l^l^ln      } `‐=   )
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;)
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ


 ∨> : : \\/::::/::::::::::::::::::::::::::::.. :.:.:.:.:.:.:. \/: : : <∨
  ∨> : : :.У::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. :.:.:.:. ハ  \: : <∨
  ∨>: ./::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ::l:.:.: l:.:.:.... `<∨
   ∨!;/::7::::/二ニニ=|==: ハ====ニllニl::.  ∨ヘ
   ∨ /:.:7:::::::7:::::::::: l:::::::|::| |:::::::.|::::::|::.:.:リ:::::!:::..  .|:::|
   / ∧ :{:.:.:.7 ::::::: /|:::::::|::|:. |::::::::|: |:从レ'!:::::|.:.:.:.:.. |:::|
   |:::/ ::::::::|.:.:ハ::::::: / .|:::::::j::|:. |l::::::il:::|:|ハ:::i|::V.:.:.:.:.:.: !:::|
   |:::{:::::::::::|.:.:ト::Nメ、 l::::::リ | |i川斗七~V:|/.:.:.:.:.:.:.:.l::::|     じゃからというて、
   |:::|:::::::::::::ⅥリV ̄>-ト_.  -リvィチう寸.!:.:.:.:.:.:.:.:l::::|    そう毎日毎日吸っておっては、
   ∨!:::::::::::::::|ト/才たうァ、    ´V辷rリ ノ !:. |:.:.:. : l ::|    体に悪ぅありんす。
    ∨:::::::::::::::|∧_弋_ク'    ,    ー─'′|:: |::.:.:.:. |:::|
    ∨ ::::::::::::|    ̄´    l         |:: |::.:.:.:. |:::|     少しは養生というものを
     ∨:!::::::::::ハ          , -‐v、    .l::::}::.:.:.:.:.l:::|     するべきじゃ。
     |:::l::::::::::::∧     /    ハ  ./::V::::.::.:.:.:!::|
     |:::|::::::::::::|::!:\   /      .j/ :|::::リ:::::l.:.:.:..l::|
     |:::|::::::::::::|::l::::::`:>ト、     / Ll__j:イ.!:::::|.:.:.:.:|∧
     |:::|::::::::::::|::l:::::::::|:::_| ` ー '′ .| ̄7 .|:::: |::.:.:.:|::∧
     |:::|::::::::::::|::l:..;-フ/}       \∧:.|::::::l:.:.:.:.|::::∧
     |:::|::::::::::::|<´./ ,イ  ノ        ∧ .!:::: | :.:.:.|::::::∧
                  お藤

775やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:34:14.94 ID:./P8fk60

   / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_
 |     (⌒)(⌒) 
. |     (__人__)       ははは…そう言うなお藤。
  |     .`⌒´ノ  ) ;;;;)  わしにとっては、これが一番の薬なのじゃ。
.  |         }  .) ;;;;)
.  ヽ        }  /;;/
   ヽ     ノ  .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/


   / |   |L| |_||__| || ||L| |__|L|L|  |  |
  /  |   |=====ニ_~  ~ ニ=====、|  |  |
  /  |   ', 弋__ノ  ~ '´弋__ノ |  |  |     まったく…。
 |   |   ',〃              〃 /|  |  |    .柳生庄では、「但馬守様は江戸で将軍家の御指南を務める偉い殿様」
 |   |    ' ,      〟      / |  |  |    「天下一の大兵法家」などと皆、言うておったのに、
 |   |    |ゝ_   / ̄\   ,.イ  |  |  |   それがこんな聞かん坊の爺とは思わなんだぞ。
 |   |    |  ` ‐ _ ̄ ̄ ̄,. '  |   |  |  |
             ` ‐ '

 詳細な時期は不明ではあるが、
おそらく、この頃にはお藤も江戸に来て、宗矩の側にいたものと思われる。

776やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:36:03.75 ID:./P8fk60

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(⌒)(⌒)  |
. |  (__人__)  |          わかったわかった。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)   なら、この1本で終わらせるから、
.  |        |    .) ;;;;)   機嫌を直してくれぬか。
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´      お前の可愛い笑顔は、
. /    ∩ ノ)━・'       煙草にも勝る養生にもなろうて…。
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

   ::::::::::             |::: | |::::: |.}:::λ.ト-.,|:::::::::: |__,..>:::::i  .i!i!|,
   ::::::::              |::: |:::ヽ:::|: {::ハ::| :: |从ハ:|""´ヽハ:::.  ヽ
   ::::::::             |::: |::::::W: レ::ヽ! : i!   |::::::::: ヽ::ヽ  }
   :::::::::             |ルi!: :::::::   -ー-...,,二二|ニ   .ヽ、   }
   :::::::::::::             |::::  : :::   `"'‐-、-、-、ヽ   :::::::ヽ、、}_
   ::::::::::::::             |:::                  ::::::::::::::::: ̄}     そ、そんなこと言って
   ::::::::::::::::              |:         /////     .:::::::::::::::::: .}    機嫌を取ろうとしても無駄じゃぞ…!
  ::::::::::::::::::::             |                   ::::::::::: /
.:: ::::::::::::::::::::::             |                    :::::  {      …水菓子も出していいなら、
:: :::::::::::::::::::::::::             |                      〉     考えなくもないがの。
:: ::::::::::::::::::::::::::::::             |                   . '.,イ
:: :::::::::::::::::::::::::::::::::            |..                    〉|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           .|::::::..                :::::{ |      「そんなの、お安い御用じゃ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           |:::::::::::::::..              .{ .|       ふふふ…」
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           |::::::::::::::::::::::::...           ヽ|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....       〉
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,...-‐'''"´|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           |:::::::::::::::,,,,,.....-‐¬''"´::::::::    |`\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::         |  ;;;;;;;;;;;|:::::::::::::::::::::::::::::::    |   ヽ

780やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:39:00.39 ID:./P8fk60
                                 Y                  _
                ,. '"´三二二三`ヽ      _ノ           ........--'ー 二厂'┐
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ     〈   .         │ エニコゝ、||  丿
              /   /    夢     ', ヽ    ノ     _ ___x一 、_、∟ .>一│ 丿
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   く  .... ''[ ̄__、 . 丿 ! `ー亡ニ__丿
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ ノノ   .  │ 1__ノ /’ 丿 厂`___==―-、
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ )  ...  ヘ ゙ニ--┘ / ''辷ニ-一-┐ 〕
            /    /     ,,   ,,      ',    〈{   .   '一′  /'´ 'lこ" _.._、 │ 亅
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   〃.  ...       jl「ノ'L ―''ニ..-┘ │ 亅
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V //  ......      ´   || エ ニ-l''┐ ./  /
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V /   .....          'ー――‐''’丿 ノ
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ     .             -'fナ'''´ 丿
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\     ...               ゙'t'、丿
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i 弋     .                `"’
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | _ノ         ./''―--,  ./''―--,
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | |  ヽ  .....     l゙    /  .|    ,l゙
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  ム        ,l゙   ,l゙  .|    /
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |   __,)       |   │  l゙   ,l゙
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |  `ヽ.       ,|   l゙   .l゙   l゙
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! !   ノ       ,!   |   l゙   │
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  く.       .゙luu,,,,,!   'ッiu,,,,,l゙
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | !   ゝ      /`  `i、  .,i´  ゙',
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/   .ノ      l、  │  ゙l   ,l゙
                 沢庵宗彭               `'―'"    `'―'"
              (たくあん そうほう)

783やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:40:40.23 ID:./P8fk60
. /                  \       ノ   て
/                          \     /     そ
     U.      _,,,,..,,_       そ, イ
          ,. -''"´    `゙''-、       .U
  u.     ,."          `ヽ.  ヽ\  .
       /              `、  Y、     u.
       ,'                  i.  | 〉       ,. -
       !       ○       l  i         /
       ',               ,'  i.        /
       丶             /  j      {.    ○      な、なんじゃあっ!?
   u.   ヽ            ,.'    ハ       i
         `'-、_      _,.-'´  ノ  .      i.:.
      /      `゙''ー-‐'''"´   イ         V
       /                             ゝ._
.     |                   /
      !                   /,
        ヽ                  /.:.:.:. .
        ヽ             / i.:.:.:.. . .
          `ー― ― ――――′  ゝ.:.:.. . . . .

|  |    |                           ヽ   \
|  |    |  ..../                   ヽ.     ヽ:
|  |    |..::::/   __,,,..-==ニ三ニ=-..,,,_      ハ.   ハ
|  |    |:/,,,,,≦三三三三三三三三三三≧ミ、   .ハ   .ハ
|  |    |壬三三ニ=‐''''"´ ̄ ̄ ̄¨:.:ー=ニ三三≧:.、 .ハ    ハ:
|`ヾ、   |才''"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;ィ/;:';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>ニ三≧、ハ:.     ハ:
l   \  |:.ト;.:.:.:.:.:;.:.;.:|:l.:;.:.;.:.:.:;'::: ハ:!/!.:.:.l:|.:;:.:.:.:;.:.:.:.!:ヘニ三ヾ::.   ハ :
l     \|:.|:l:.:.:.:.;'!:/!|:l:.ト;::、:.:l::/::ハリ::!.:.:.l:|:.、:.::.:|;:.:.:|:.:.:.:.:\ニハ:::.   .ハ:
l       |:.|::!:.:..;':|;'_リ∧l‐;:∨:|::  !:::|.:.:ム!:ハ:i:.|ヽ:.!:.:.:.:.:.:.:.:\|::::.   .ハ
|`ヽ、   |..l::';.:/;ィァ=;-ミ、リⅥ::  l:/|:!/-リ三从「l:|:.:.:.:;:.:.:.:.:.:.:ト;::::..  r/  
|  | `丶」リ::::l:::!l'.{lr':O:::l}ヽ ;ヾ   !' |/ィ'7¨;:ミト、リ!:.:.:;i:.:.:.:.i:.:.:|':::::::.  /     か、怪人じゃ!
|  |    |::::::::Ⅳ ゞz_:シ           {l`:O:::l}ヽl:.:.:.!|.:.:.:.:|!.:.|:::::::  人    怪人が出おったぞ、殿!!
|  |    ||::::::::l  ミ彡         ー`--イ '∧:.:l:|.:.:.:.:|l:.:.!::::: / 
|  |    |!:::::::::!        ;       ミ彡 ∧:.:.:l:|:.:.:.:.||:.:|:::: ,イ
|  |    |::::::::/i          i            リ.:.:.:.l::!:.:.:.:l:|::.|/ 
|  |    |';::::::|:.ヽ     ,、__._ ;.、     ./:.:.:.:.:!::!:.:.:.:|::!:.|  
|  |    |';:::::::!:.:.:ト、  Vニニ'ーi-ァV    //l:.:.:.:.|::|:.:.:.:.|zl:.|  
|  |    |:ヽ::::l:.:.:∨\  ' ̄  ̄`ヾ/  イ:|:| |:.:.:.:l:::!:.:.:.:.!≧∨ 
|  |    |ヽ:ヽ:|__:,:∨. ` ,     _,...<:::::: ||..|:.:.:.:|::|:.:.:.:.:|<:ハ 
|  |    |,斗'''"´` <  `ー-<:::::::: :     !l |:.:.:.:l:::!:.:.:.:.:|'´::::ハ 
|  |    / ,=―ー一 `丶            l| |:.:.:.:!::|:.:.:.:.:.!ヽ:::::ハ
|  |   々'´  __,, -   ∨       ,、シ::リ:|:.:.:.:!::|:.:.:.:.:.|:::ハ:::::ハ ヽ

786やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:42:14.52 ID:./P8fk60
                ,. '"´三二二三`ヽ     
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ    
              /   /    夢     ', ヽ   
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)   誰が怪人かッ!
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) ).
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ    .いい年こいて孫並の娘とリア充展開に入ろうとした爺に
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  . パツイチかましてやった一快僧に過ぎぬわー!!
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)   
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  

   ./ ̄ ̄\
 ./   _ノ  \
 |    ( ○)(○)    
. |  U  (__人__)    
  |     |r┬-|  ) ;;;;)    た、沢庵殿!?
.  | ι   `ー'´}  .) ;;;;)   なんでまたこんな唐突に…!?
.  ヽ     u }  /;;/
   ヽ     ノ  .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

788やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:45:02.38 ID:./P8fk60
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     うむ、本来の用はな、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|    ようやく諸長老蟄居の赦免が出たのでな、
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ    その知らせを以って、京に戻ることにしたのじゃ。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\   
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |     で、.お主にも今のうちに挨拶をしておこうと思うてな。
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


   / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_
 |     (○)(○)  
. |     (__人__)       そ、そういえばそうであったな。
  | u    `⌒´ノ ) ;;;;)   では、何時頃江戸を出る予定なのじゃ?
.  |         }  .) ;;;;)
.  ヽ        }  /;;/
   ヽ     ノ  .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

791やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:47:13.17 ID:./P8fk60

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     うむ、六月の後半頃に出ようかと思うておる。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    お主も確かその頃、江戸を出るのではなかったかな?
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |
. |  (__人__)  |         うむ、上様が江戸を出られるのが六月二十日なのでの。
  |   .`⌒´  .|    ) ;;;;)  わしもその日に出る予定じゃ。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/   …和尚、京に戻ったらどうするつもりなのじゃ?
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

792やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:49:17.29 ID:./P8fk60
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     決まっておろう。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    大徳寺の衆に一通りの事を伝えたら、
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ.    故郷の但馬に戻り、気ままに過ごすのみよ。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

   / ̄ ̄\
  /   ._ノ ヽ_
 |     (●)(●)
. |     (__人__)      …将軍家の御側に仕える気はないのかの?
  |     .`⌒´ノ ) ;;;;)
.  |         }  .) ;;;;)
.  ヽ        }  /;;/
   ヽ     ノ  .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

793やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:51:31.94 ID:./P8fk60
                               
                ,. '"´三二二三`ヽ     
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ    
              /   /    夢     ', ヽ   
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ、_ハノ、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)   オレを誰だと思ってやがる!
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  .オレは沢庵だぞッッ!!
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ   .
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  . そんなこと、するかァァッッ!!
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)   
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)      (やはり、そう答えるか…。
.   |     (__人__)       …また何か手を考えねばならぬかの)
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ
   .l^l^ln      } `‐=   )
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;)
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ

795やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:54:27.50 ID:./P8fk60
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |      用はそれだけだ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     邪魔して悪かったな。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ     俺が出た後、思う様続けるがいい。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\   
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


   / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_
 |     (-)(-)
. |     (__人__)       …余計なお世話じゃ。
  |  u.   `⌒´ノ ) ;;;;)   では、またの。
.  |         }  .) ;;;;)
.  ヽ        }  /;;/
   ヽ     ノ  .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

797やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:56:34.86 ID:./P8fk60
               _.. -ー'''''''―-..,,,
             /゛         `゙''ー ..,,,,,,__、    \ \、_ハノ
           ,i'゙,,....,,,、                ,,,,.....,,..二T" ヽ\).',..、
        i./    `''、                  `'';;;;;;i、 /
       ,!l 夢>   i'i|.゙l ,               `'- ヽ,)   
       l:|.`.゛ ./´゙7i}゙'、                ) )   .では、次の降臨を
          !l,,_  l / '´   ...}               /`ヽ   楽しみにするがいいわー!
        .',_/       / !                /..l_)  
           l ._i、 ,、ヽ !;:;:;ヽ              /   .l,)    さらばだー!!
            l. i-'" ゙',/ l;:;:;:;:;\  _,,,,.............../ !    /-、 
            リ',、  .l゙''、|;:;:;:;:;,ノ゙ /   .,.‐',   l    .,ソ/ヘ '"
             '!|.l.  / .゛', ;;l" /   ., /  l,  .',  //  //7/ヘ /l ト、 |\
             _,.l,', ;;,'-'./ ゙./  _,,,/  !  ..l  ,ゞ゛   ___,/ _____V__ | l ヽ|
      ,./ '"   ゙''" / , ''"'''"| / .l   l   .l./
     i'"    ./ ./ /   ., '~',  .l   ! / ;',
   _..-'"゙゙フ'./ / ,/   ./',  .',  .l /;:;:;:;:;:|
 /゛  イ゛,/./ ,/   ,,-',  .l  .', _ '";:;:;:;:;:;:;:;:;|      .、  ,
   , ',゛i!〃゛ /   ., ''.l  ',  .l ,,ミ'゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:',゙''-、、   ゙',ゝ、,.l,
 ,..┴-iフ" ./   ._‐{  . !  ', ._ノ'l丶;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|   `''' !./ -',、`′
   / /   .// l  ', .,ゞ゛  !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: !     . ゙'- `'
 / . /   .,,/゙l゙ .!  .l ._ソ"    .l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: !
   /   ., ''l'7 !  ヽ,,,,','"|      ',;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
 ./  .,-{..,i,' |  ′    .l_      !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!
: '.l.,,i'゙.l |i./ .ヽ      .',,'',、     .l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
..ィ ! ', ',`'、.      _,,,',. ゙リ..,,,_   !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
 ', l  l..,ノ'´ `'-、 .,,...../   ゙'イ;:;:;:;:; ゙゙̄''゙‐' ..、;:;:;:;:;:;:;:;!
 .l .!/      `'-,, \,ノ゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
 .,','----.... ......,,,,,_、  `'く、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.!
. ゛―----........,,,,_、 .`゙''''ー-ミ;;ッ、,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.!
 ------ ....,,__ .`゙"'― ..,,、.゙/゙'''-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l゙
 ー''''''''''''―-..,,_ ゙゙゙̄"'''ー ,,, ./゛    `''ー ..,,,_;:;: /
             `゙'''‐    ~

799やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/28(日) 23:58:54.93 ID:./P8fk60
 ∨> : : \\/::::/::::::::::::::::::::::::::::.. :.:.:.:.:.:.:. \/: : : <∨
  ∨> : : :.У::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. :.:.:.:. ハ  \: : <∨
  ∨>: ./::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ::l:.:.: l:.:.:.... `<∨
   ∨!;/::7::::/二ニニ=|==: ハ====ニllニl::.  ∨ヘ
   ∨ /:.:7:::::::7:::::::::: l:::::::|::| |:::::::.|::::::|::.:.:リ:::::!:::..  .|:::|
   / ∧ :{:.:.:.7 ::::::: /|:::::::|::|:. |::::::::|: |:从レ'!:::::|.:.:.:.:.. |:::|
   |:::/ ::::::::|.:.:ハ::::::: / .|:::::::j::|:. |l::::::il:::|:|ハ:::i|::V.:.:.:.:.:.: !:::|
   |:::{:::::::::::|.:.:ト::Nメ、 l::::::リ | |i川斗七~V:|/.:.:.:.:.:.:.:.l::::|    殿!
   |:::|:::::::::::::ⅥリV ̄>-ト_.  -リvィチう寸.!:.:.:.:.:.:.:.:l::::|   なんじゃあの坊主は!
   ∨!:::::::::::::::|ト/才たうァ、    ´V辷rリ ノ !:. |:.:.:. : l ::|   せっかくの雰囲気が台無しじゃ!
    ∨:::::::::::::::|∧_弋_ク'    ,    ー─'′|:: |::.:.:.:. |:::|
    ∨ ::::::::::::|    ̄´    l         |:: |::.:.:.:. |:::|
     ∨:!::::::::::ハ          , -‐v、    .l::::}::.:.:.:.:.l:::|
     |:::l::::::::::::∧     /    ハ  ./::V::::.::.:.:.:!::|
     |:::|::::::::::::|::!:\   /      .j/ :|::::リ:::::l.:.:.:..l::|
     |:::|::::::::::::|::l::::::`:>ト、     / Ll__j:イ.!:::::|.:.:.:.:|∧
     |:::|::::::::::::|::l:::::::::|:::_| ` ー '′ .| ̄7 .|:::: |::.:.:.:|::∧
     |:::|::::::::::::|::l:..;-フ/}       \∧:.|::::::l:.:.:.:.|::::∧
     |:::|::::::::::::|<´./ ,イ  ノ        ∧ .!:::: | :.:.:.|::::::∧


   ./ ̄ ̄\
 ./   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  U  (__人__)       ははは…そういえば、お主は沢庵殿に会うのは初めてか。
  |     |r┬-|  ) ;;;;)  あの方が、当世随一の禅僧、沢庵殿じゃ
.  |.     `ー'´}  .) ;;;;)
.  ヽ        }  /;;/    びっくりしたであろうが、
   ヽ     ノ  .l;;,´    まあ、ああいう方なのじゃ。
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

800やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/29(月) 00:00:03.29 ID:FVYho4U0
           卜、                  /i^}
             ト、_>、    ____     / / {/
           Vi\  >'´: : : : : : : : : : : `<  / {V
           V} >'.:. : / : : : : : : : \: : :`く {V
               ∨.:. : :/: : :/ : : : : : : : : ヽ: : :∨
               ,':.:.:.: /:. : /:/ : : l: : : | : : : : : ヾ\
           |:.:.:.: :|l: :/|: { : : j:|:. : :|: : l: | : :小⌒    坊主にしては、随分と騒がしいの。
           |:.:.:.: :|l:/<ハ: : ハ: :/|: /|: |:.: : リ     あんな坊主、見たことありんせん。
             /|:.:.:.: :|レ‐z必Ⅵ j斗z孑∨:.: :│
             ,': |.:.:/゙)lヾ弋rソ  :! 弋rソイl:.: : :│      宝蔵院の槍の坊様でも、
.           l.:.:∨ ( |   ̄   ′  ̄´ |:(ヽ八     あそこまで変なのはおらんかったぞ。
.           _j/    ̄¨ニマ⌒¨¨⌒rV-┴-ゝ ヾヽ _
       __/│     _ト、`ー─‐一'才7      `く \_
    _「 ̄    {____/|- 个 、__, イヽ∧      │    |‐-- 、
-一''´ |      ∨  |:.:.:. ト、      _ /.:.:.`‐ァ┬‐-/   │   \
    \    /l  |:.:.:.:.l==┐ r=≦《|.:.:.: :/  L∠._   /      \
     __>ー'´ 厶 ∧:.:.:.ト、 └='   │.:.:.,'   /  `ー'^ー-、     ヽ
二ニ -――ァ¬./.:.:.:| ∧:.:.| \      |.:.: :|  ∨ー─<_    \    〉
.      /.:/.:,'.:.:.:.:.| / l:.:.|         |.:.: :|  |  \  \ー─ ---一'´

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(⌒)(⌒)  |
. |  (__人__)  |         ははは…。
  | u `⌒´  .|    ) ;;;;)  まあ、流石にのう…。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

 こうして、家光・宗矩たちの上洛に重なるタイミングで、
沢庵和尚も京に戻る事になったのである。

801やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/29(月) 00:02:21.83 ID:FVYho4U0
                     /`Y´ ̄ ̄`Y´フ|
                      / /ヽ__ ,'ヽ ハ
                    /,' |__    _ |,  ヽ      おい、土耳古多脚守串焼(とるこたきゃくのかみくしやき)。
                     //y' ∧_ゝ-く_∧ __  \   多脚守串焼はどこだ?
               / フ´ / ヽ、     ,イ l Ll   ヽ
                /  /  /´     >ー<tr==、ヽ.   l
           , '.  /  /  _イ´  , -、l:l、;ヽ \    l
           /   /  /, -‐´.fl _ `ー'' ヾj\  >、   l
           /   /_,r代 ,,-ヘ/´ `ヽ、 /   ゙,く{ |.  l
     _r、__,,┴ ´ ̄   Y_ン ´ノ-ュ  _ y'   / ,イ''   l
     弐_ユ_l_,, -― ⌒  /rユ `ー'',-ヽ_/  / /l   l
       `/7ノ/    /  ∠_ /´    7' 任l ゙く /  l  l
       / ´/   /    Yl_lヽ、__ /、. l千ゝ/´ l    l  |
        /  /   /     |   ヽ_∠ [┬、_j. ̄  l   l  l
     /  /  ./       |   |   l ´  .l     l   l  l
.    ,'  /   ,.'      |   |  l    |     |    l  |
    l  l    l        r|、_ノ、  l   Y|,   |    l  |
    l  l   l        l l   ,, |  n _ jj |  |   l   |
    L_l__j        い-'' ,,j   ヽー'' ̄ |  l   l   l
                   | |   l   ヽ''´   \ `ー、j_j
                  | |   |    \   ヽ

                        .      , o、   ,ー‐ヘ             ∧ー‐ヘ./゚\
                            /。°\/ニニ/∧             / | ̄ ̄|、○ノハ
                        .    / 乂o/| ,  |//,|    r:┐   __,i > |i {{ i|'^7 ∧〉
 御呼びですかお嬢様。        ...    〉〉_「 | }} |/o:|OT:T ┴┴ TTO|0∧  《∧〈 〈 〈
                         .   //〈.:/ / / /: : 〈llll||o|_エ_lol||l〉 : :゙i ゙i ゙i ゙i:.〉゙i゙i  
 ところで、いくらなんでもその名前は   //: :// / / /: :∧o:.l|冂 (○) 冂|l.:o∧: :゙i ゙i ゙i ゙i゙i: :゙i゙i
無理がありすぎるように思えます。   .  /: :// / / /: :∧ ∨ハ[||-‐┴--||]ハ∨ ∧: :゙i ゙i ゙i ゙i゙i: :゙i
ちなみに、私の名はゲデヒトニス…      // / / /: :/∧', Vハ工。   工ハV ,'∧゙i: :゙i ゙i ゙i ゙i゙i
                           / / / /: ://-.へ__ハ ∨/   ∨ ハ__へ.-゙i゙i: :゙i ゙i ゙i ゙i
 「あなたは口を挟まないで、串焼」 .....    / / /: ://, 、\::\ /     ゙i /::/ ,. ,゙i゙i: :゙i ゙i ゙i  
                        .    / / /: ://|l: :|\ \:」/      ゙i」:/ /|: :l|゙i゙i: :゙i ゙i ゙i
 左様でございますか。         .   / / /: ://. |l: :|                 |: :l| .゙i゙i: :゙i ゙i ゙i
                           / /: ://  |l: :|                |: :l|  ゙i゙i: :゙i ゙i
                            /: ://   ,|l: : .               . : :l|,   ゙i゙i: :゙i  

802やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/29(月) 00:04:15.25 ID:FVYho4U0
               _.. -─-  、..  /\
           ,/`yイ       /`ベィ、, ヘ
         _//          /    ヾソ ヘ_
        , イ~ /i         /        ',^i. \
    , イ   ,'l ヽ     _,,ノ         l.i |   \
 ,, イ´    _ノ l   `  ̄             ,、 |ヽ\   \   ところで串焼。
"   /ヽ/  l            ,x-‐¬T'´,、ソ  \\.    この沢庵和尚だが、どうして
   ,ド、/   人少ー-、    ,'    ./  |__〕.   \ヾ    今になるまでずっと江戸にいたのだ?
  yヘ ヽ.  /  jiヘ   ヽ ___,イ、   ,イ  |      \
."   ヘ ヽ/ ,-、 ~ヾ ‐-‐´    `¨´    /             確か寛永九年に江戸に戻ってるから
  ,〆 ̄ヽヽ / /   \            /            もう三年目になるじゃないの。
 yi^    ソ  ノ      ` 、       イ         
./^゙i   ´  /        ` i ‐'´.,r┴-、__       
  }、     rイ、    _,, -‐≦三斗´~   /ア `ヽ、
  i  `卞≦ノi   ./〃'´    j    l |O  `ヽ
  !       |  / ,|l     /    ,| ヽ     \
  |        | ./  lハ    , ' γ''ヽ  ヽ > 、     \


                           ......   , -r---r-┬ァ= 、
 はい、お嬢様。                  ..  / /└--'   :l/  :li
史料によりますと                  .  i.入, ---- 、jk __,ノ'
どうやら、自分や玉室だけではなく、          `Y r=tロ=┐  i 二 _
紫衣事件で処罰を受けた大徳寺・妙心寺の  .  _ィl_ll○)l呂l:l二i _Y _久
諸長老たち全員が赦免されるまで、        ( _iヽ ω 〃 /ftl⌒ヽ lノ
江戸で運動をしていた為のようです。     ..... l lノY^Y --イ^ )!_ィ_久
                              レ' . V     V   l_,lノ

803やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/29(月) 00:06:16.32 ID:FVYho4U0
              /\    , ─── 、 / \
          /::::` y ´          \` . \
            /,:::::ト/  、       : : : : :}ヽ|:` |
        //:。::/   ',      : : : : /: : ',V |     つまり、長々と江戸にいたのは、
        ,'/:::::::i     \____ ノ: : : : ! '     自分以外の者のために赦免活動をしていたから?
         /,':::::::::{        : : : : : : : : : : : i ヘ     やるじゃない。
      //:::::::/∧、__   : : : : : : : : :_: ノ: ∧  
.     //::::,ヘ,'/⊂i Y::::::::::ヽ : : : : : ,...::´  レト、: ∧     ところで串焼。
.     ,'/:::::::7:/  ヽ \    }、_,/:::::::::://ヘ >: : '    さっきの姿は何?
    /,'::::::::/:,    \  ̄´: : ::!:::: ` ̄/::::!: : : : ∧   随分と形が違っているように見えたのだけど。
.   //::::::::,' /        > : : : : : !::::::::/ ',:::::!: : : : :∧
   '/::::::::://      /`-`丶、::_:::,<    V:::!: : : : :∧
  /,'::::::::::,' '     /> _   : : : : : :\    ,::::! : : : : ∧

                             ....           /           「ハ
                                        /                |:.:.',    _
                                       /              _!_:_:!--:、「:.:.:.:.ヽ
 光学迷彩でございます。                       /             ,.--':.:,.r-l:_:_:_:|:.:.:.:.:.:.ハ
私、残念な事にAAの数がナッシングなので、  ....    l   /       _ ,-ァ  /:./:ヽ:.:.ヾ:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.ハ
これ幸いと、多脚型メカのAAで代用しようと。      .||   i   .__「!- iУ:./ ∠_/:.:.:.:.:.:',:.:.:.i:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
ちなみにこれは、「ぴっけるくん」でございます。     .|l  i r==r'' ̄ ̄!|/:.:.:/  `◎:.:.:.:.:._:_:.}_:.ノ:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i 
                             ....  ._||___|_!l !|    <:.:.:.:/ー、  ヽ.:.:.:.:.:.ラ゚´/:.:_:∧:.:.:.:.:.:.:__:.', 
 ともかく、寛永十一年五月二十九日、      ..  i|ニニ「i┐ !|   ./゙:.:.:.:.!、  !    >-i:.:.:.:.:.:.:.:.:} 〉:.:.:.:,':.:.:.:ヾ、
既に62歳になった沢庵和尚のところに、      ニニニコ:| | !|  ノ!:.:.:.:.:.:.!   ヽ_/__/アー‐=='ラ! ,':.:.:.:.:.!.:.:.:.:.ハ
幕府から諸長老赦免の通知が来たのです。   ..ェェェェェェェェ__ /:./:.:.:.:.:.:.:ゝ、  i:.:.:.:.:.ヾ-[二]ラ:.:ゞi:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.ハ
                             ....〔o〕  ,r-、l /。:.:.:.\:.:.:.:/  \_.j_:_:_:_/  ! | ゝ、:.j:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
 これで、ようやく沢庵和尚は           ..... ,r⌒:;(⌒7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`¨/   /:.:.:.:.:.:.:.:.ァー' ̄`¨¨´ \j:.:.:.:.:.:゚:.:.:.:.:.:゚:}
京へ戻れるようになったわけでございます。     人r⌒´ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /:.:.:.:.:.:.:.:.:/ | |       〕:.:.:.:.:.:.:.:r‐ァ;'
                               ./    /:.:.:.:.:.:.:.__,:.< r⌒ヽ‐'⌒ヽ :/ .| |      /:.ト、:.:.:.:.:.:ヽ」iヽ
                              "    //´ ̄ゞ}:.:`ヽヽ r'⌒ r'⌒⌒ヾ⌒ヽーv- /:.:/_「!\:.:.:.:.:.:.|!/
                                  レ     ゝ'´ ̄ヾj  (⌒(⌒ヽ     r'⌒ i/  .{  }ヾ:.:.:.i
                                                                 ∨


804やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/29(月) 00:08:40.27 ID:FVYho4U0
                /\   _......._  ム
               ノ ,、゙>''´    `く ハ
             ,,/ /ヽイi         iヽ iヽ   ,r、
           ,,/  ,/../  ヽ      ノ ヘ ; ヽ,  / //)
         /  ,ィ^〆 l    ̄ ̄ ̄   j (^ヘ/^ヘイ
         /   >´  -ヾト‐-:、    ,ィ:‐ァ'  X⌒ヽ、 o〉
      ,/   /  /  ヘト、_ ,,ゝ__ i´,, _/ /    〆        なるほど。
     ,/   /  /    >'''‐--、__ ノ.〆    ,,/         大したものね。
   , '    /  ,/     /ト     ス'''´   ,,/; ∧
 , '    ,:'   /       / i `‐-、_,,{ミi、  /  ', ∧        ところで串焼。
,:'    , '   , '         !  `¨¨´    jヘ !‐-'´∨   ', ∧       私達の出番はもう終わりなの?
   ., '   ,.'         |     x-、 / j    ∨   ', ∧
  , '   , '          └テュ、 ゝソ/ /     ∨   ', ∧      「はい、私のAAもネタ切れですので」
 /   /            〈  `'ー スハ/ ,     ∨/) ', ∧
/   /          ,...≧¬、__メ-/''´ ̄ ̄ ̄ ̄/ソ´つ  ∧      無様ね。
   /          /  (ヘ)  0ヽ,      j __} ら',   i
  /           /     i    i`T' ̄ ̄ ̄`¨∨ヘ) ',  |     「左様でございますね」
 /            /     L__   _i__l       |    i  |
/            〈 _,, ‐'''クヽ、 ̄''フ">x.      |    |  |
               〉'  〃/-┘イ    >x     |    |  |
            /    /`¨¨¨´`'<    >ト-、|   .|   l
         _,ィi!/    /       `'<,   //\   l  .|
        /  |!ヘ   /         ≧=="   j  |   |
       /l O,,X∨ス /          \O   ,イ^ヽ_j_,,!
     /  ヽ''"  \__/i            ヽ-‐''"   ヽ

806やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/29(月) 00:10:37.00 ID:FVYho4U0
   / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_
 |     (●)(●)
. |     (__人__)        沢庵殿も上洛か…。
  |      `⌒´ノ ) ;;;;)   さて、どういう手を打ったものかの…?
.  |         }  .) ;;;;)
.  ヽ        }  /;;/    
   ヽ     ノ  .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/


807やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/29(月) 00:12:14.99 ID:FVYho4U0

        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |   なんにせよ、時間はあまりないのう…。
     . |:::::::::::     |  また忙しない日々が続きそうじゃ。
       |::::::::::::::    |
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

 こうして、寛永十一年も半ばに近付いた頃、
いよいよ史上最大の上洛が始まりつつあった…。

 時に宗矩、64歳のことである。

808やる夫で学ぶ柳生一族(その32)2010/03/29(月) 00:12:56.84 ID:FVYho4U0
  \ヽ, ,、
   `''|/ノ 
    .|  
_   |  
\`ヽ、|  
 \, V"  
   `L,,_ 
    |ヽ、) ,、
   /  ヽYノ
  / r''ヽ、.| 
  | `ー-ヽ|ヮ
  |    `| 
  |.     |
  ヽ、   |  
   / ̄ ̄\ 
 /  _ノ ヽ_ \ 
 |  (≡)(≡) .l
. |   (__人__) |
  |.    `⌒´  .|
.  |        } 
.  ヽ       } 
   ヽ     ノ 

┼ヽ  -|r‐、. レ |
d⌒) ./| _ノ  __ノ

【やる夫で学ぶ柳生一族(その33)「上洛前夜」】 完

関連記事
[ 2018/03/09 04:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する