やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その34「御世替の御上洛」 (2)

30やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 22:02:23 ID:GIsVuTRs
       _, -―    ̄ ̄ ̄ ̄`ー-、
       >     /{   ヽ、    \    やっと再開だよ、ゆの!
        /イ/ / j{/{∧ ヽ  l\ ヽ V^ヽヽ  今度は私も出番があるな!
.        {/7 {/ lll    \{\| lllヽハ|  lい
        {/Y   |||       |||  }   } }   __  -――――- _
       〃7 ////r───‐‐、/// /∧/ _>'´: : : : : : : : : : : : : : : : :丶、   長かったですねぇ~。
        {!八    │      ∨ーァ∠.ノ フ: : :/: /メ、: : }: : }メ、u: :\ \ 
            ̄厂,不v不厂厂入<   ∠/イ /レ' lll   \|\| lll\: :}ヽ〉 : \
            {fノ{_>介<{ fノヘ リ ノ    7∨  |||      |||  ∨\/: : : \
            /7< ハ > /∨    / : {  /// r───、///: : :/\ :\: ヽ
           ./ { {・ ̄ ̄・∨  ヘ     ̄Z:人_    |      |∠厶: : ,: : : : : l:厂
           ∧  〉}・    ・ヘ  人    }/∨マ¬ァr‐zーァ弋 / :/レ/Vヽ{
          〈 `ー| |     弋¨ _〉        `´/{_>介く__/ 入´ヽ/
           (^>〈_j______Zこ_)        ∧<ハ_ >Y ヘ
           `´ / }!    {!  \         ノ | {・ ̄ ・  \ \

31やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 22:03:56 ID:GIsVuTRs
 寛永十一年(1634)閏七月、三代将軍家光は、
「御世替えの御上洛」として、30万を越える史上最大規模の上洛を果たした後も、
しばらく京に滞在していた。

              _,..-──- 、、
           ,、-'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``ヽ、
         ,r'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
        /::::,r'゙ァー-ー'ア"リijk´ ̄``""´``i::::::::i
       ,!::::::!       ,!トゝ、     u   l:::::::|
       |::::::!         ,!ヾ、,,_      ゙i:::::!
       |::,::l ,ィニニニ二r'´  ゞ二ニニニゝ、 ,!:::j
       ,rゝ;l. ´ ,ィ=≡'´レ   '`ヾ==-、  .! !^i    うう…忙しいぜ…。
      .i r、i;i      ' ´:;    ` `      リイ^!   
       | ソii        j             l!ヽ l
       i ,!( ,!      `ゝt''´         | j!,!
       `、. `i        _,,_ __       ,!レ'/
        \!      ィ-‐ーー-ゝ     ,!,イ
          i、       ー一        / i/
          |`、                /  'i
          |  \     ;       ,イ   |
          |   \ ___,__, ィ´/   |
          _,!              /     l、_
    ,,、-‐ ''"´ i  ;             ! !   ̄``''ー- 、
           l   ;          ,'  ,'  !  ;
            三代将軍:徳川家光

 悪化していた幕府と朝廷の関係修繕や、
京をはじめとした畿内の民衆に施しを行い、自らの勢威を知らしめるなど、
幕府の頂点に立つものとして、京でやらなければならないことが多々あったからである。

32やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 22:06:09 ID:GIsVuTRs
      ,ゝ:;:l´    i::::::::::::::::::::::::::::::::::i
     '´ /l (     ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::l
       ! | ヽー‐-‐   `i:::::::;;::::::::::::::::::l     単なる物見遊山ならよかったんだけどねえ。
 :: ;;; ,,    l     .u  !:/´`ヽ:::::::::::::|    見てよホラ、この仕事の山…。
  :::;;;;ヽ   l ミ=-‐'    ,'   l::::::::::::/  
   ヾ::::::)  l       i ー-‐'ヾ:::::::く     年寄りには堪えるよ。
   ノ;::ノ   「       '     〉;;;,-‐L
   ヾ::)   ヽ-┬┬ ' >     ./く    \
     ゙・━  ゝ┴┴ '   ,/   ヽ、
          ヽ__,,,..-‐ '´ /    | ヽ-‐ '´
         年寄:土井大炊頭利勝
      .(どい おおいのかみ としかつ)

                   __,..__
           _,.r-‐¬≡三゙:::::::::..`''..、_
          /./.r:::::::::::::::.\:::::::::::::::::...丶久f:}
         /.::;/..:::i.:::::;、:::::l;:::::..ヘ::::::::::::::::::::::i} l:::1
.        /..:::::;il.::::;l..:::::;;;l::::|;;i::::::..}::::ノ;::::::;ィ'^|} |:::|
       |ハ::::;;i|.:::;;|..:::::i;;ト;:lレl∧:ソY;;;;::l:::::::::/;li l::::l
.        ! {:;;l{:∧ハ.::::lv_.二ニ=‐|;;;;i::l:::/;;;;l}l.|;:::!    とはいえ、ここでの仕事を終わらせれば、
         `!i{‐-_、ヘ:::}´ィr;z=ャュ |;;;;l:|´ };;;;;;l};l.li;::1   ようやく大御所様が亡くなられて以来の
          l;;;i《屯ハ ヾゝ `¨´ " |;;;;l:| , |;;;;;ノ;;|.|l::::!   ゴタゴタにも、一区切りつきます。
.        l;;;l;l"  ,   `     |;;;;|:|_,ノ:ソ|;;;;l.|;i:::!
        |;;;;l;{  /          !;;;il:l |'" |;;;;l.|;;l::1   ここが踏ん張りどころですよ、大炊殿。
        |;;;il人 `ヽ       ノ;;;ill:l l  |;;;;l.l;;l:::|
        '" ̄¨ゝ マ三>   ,/"¨´ ト、. 1;;;l.l;;;l:::|
.            ヽ "  ,.ィ    / ヘ;;;;l.l;;;l::::!
              ` -<    /    ,/ミミゝ;:!,.
           _,=≡/ 人  /´   /ムホfヲ苑盆z、
         _,xl盆fホ/  /`  /∧   /      ̄`ヽホミz、_
        ,xタ壬シ'¨く_  ヽ.//タ ゝv´   /    f ´     }
              年寄:酒井讃岐守忠勝
           (さかい さぬきのかみ ただかつ)

 そして、この上洛中は、土井利勝、酒井忠勝などの重鎮をはじめ、
主だった幕閣の大半、そして、諸大名たちも全て京に集まっていた。
普段、江戸にある幕府の政治機能が、一時的に京に移ってきたようなものである。
(現代に例えれば、総理・閣僚・衆参両議員・都道府県知事・地方議員・霞ヶ関官僚の大半が移動したようなもの)

 その結果、上洛中とはいえ…いや、むしろ、上洛中だからこそ、
幕閣や諸大名たちの動きは、活発になっていたのであった。

33やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 22:09:20 ID:GIsVuTRs
 そして、宗矩もまた、幕府惣目付として、
京に於いても自らの勤めを果たしていたのである。

   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /   _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |     (●)(●)  /;;/
. |     (__人__)  l;;,´    …して、福間殿。
  |     `∩_ノ)━・'    本日は何用であるのかな?
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 |\     /_|  |
 | \ /  _/

               ,、,'l/`ヽ._
              /::::::;、:::::::::::``´〉、
          ヾゞヽ':::,、,::'`八::::::::::::::::::::::ヽ
           |:::::::;:':::::::::::;:::::`´::`ヽ::::::::::l
.            ヽ!:::,ゞ´フノl/`´ ̄`ー-、、 :::::l     は…実は、我が主、長門守様(毛利秀就)が
              l 〈   、       ィ^  |:::::::::|    すぐにでも御相談したいということで、
         , -‐‐!ハ   \ { ゝ´   '´Y´`i    但馬守様の御意を得たく…。
      /  ( |   i ェァ    イソ  u |ヾ/|`ヽ.
      / _  ヘ|     '`゙  "   ノ/ |l//` 、
    ;´ ̄       ∧   ___   /  .レ    >、
   ,ィ´`ヾ       ∧ {7‐‐‐‐‐ ヽ /l   /-‐─‐、 ∧
  / \  \    /  \ヾ、ュュュ ノノ .乂,ィ´`ヾ.        ',
. 丶、       !{⌒ヽ}ヽ\ 二 ≦ / / \ V^;     l
   ∧  l ヘ  l`    .l|ヾ=─- ィ二`ヽ   ∧ lヽ 、     l
        毛利家家臣:福間彦右衛門尉就辰
       (ふくま ひこえもんのじょう なりたつ)

34やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 22:11:22 ID:GIsVuTRs
   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●) .|        長門守様が?
. |  (__人__)  |       それは無論、構わぬが、
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)  随分と急な話じゃの。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/  …訳を聞かせてもらえるか?
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

         ,__r'へ_
       r,,-‐'__ __  `-、
      〆 -‐"   `′  `'ー.._`'ハ
     / /          `ヽ ゙ヽ
    !/  く\    /フ    ヽ.ソ    
    l|   ヾ|   /ン′    |/     はっ…!
   .r=丶   (・) _ (・)   u   lゝ、   委細は長門守様よりお話されると思われますが、
   |/' /     '―         l r.〉   この度の朱印状改に関して、毛利家の一大事とも言うべき
   ゙‐|       i====、      ,ムノ    事態が発生しており、是非、但馬守様にもお力添えを頂きたく…!
  ._r''''\.    'ー='     ,/  `--、
 广    ゙ゝ、        ,.‐l′     `ヽ,
-′  _,,..,,/ ヽ、____,-'"_>-、     /‐-、
....r-‐''^;;;;;ヾこ=ニニニニニ=,ソ;;;;;;;;;;;;;´''''ヽ___亅;;;;;;;ゝ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ,      //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;´;;;;;;;;;;;./ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ,      _ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;.|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||    j|;;;;;;;.r ..ニ '' ヽ、;;;;;;;;;;;;;ゝ、;;;;;;;|

35やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 22:13:35 ID:GIsVuTRs
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(●)  /;;/   朱印状改で毛利家に一大事とな…?
. |    (__人__)  l;;,´   
  |     `∩_ノ)━・'     …わかった。
.  |     |_ノ       ひとまず、今日はもう遅い。
 /ヽ    |  |_       今からでは長門守様も御準備が間に合わぬであろうし、
 |  \_/ ノ ヽ      明日の朝で対応させて頂こう。
 \     /_|  |
 | \ /  _/

         ,__r'へ_
       r,,-‐'__ __  `-、
      〆 -‐"   `′  `'ー.._`'ハ
     / /          `ヽ ゙ヽ
    !/  く\    /フ    ヽ.ソ
    l|   ヾ|   /ン′    |/     ありがたきお言葉…!
   .r=丶   ⌒ _ ⌒      lゝ、   では、早速明日の朝に伺う様、
   |/' /     '―         l r.〉    申し伝えます。
   ゙‐|       i====、      ,ムノ
  ._r''''\.    'ー='     ,/  `--、  では、拙者はこれにて…。
 广    ゙ゝ、        ,.‐l′     `ヽ,
-′  _,,..,,/ ヽ、____,-'"_>-、     /‐-、
....r-‐''^;;;;;ヾこ=ニニニニニ=,ソ;;;;;;;;;;;;;´''''ヽ___亅;;;;;;;ゝ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ,      //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;´;;;;;;;;;;;./ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ,      _ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;.|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||    j|;;;;;;;.r ..ニ '' ヽ、;;;;;;;;;;;;;ゝ、;;;;;;;|

36やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 22:16:02 ID:GIsVuTRs
< …ガラガラ…ピシャ

   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´   …この御朱印改で一大事、か。
  |     `∩_ノ)━・'   一体何が起こっておるのやら…。
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)       まあ、明日の朝、長門守様に会うてからじゃの。
.   |     (__人__)       …まったく、せっかくの京じゃと言うに、落ち着かぬことじゃのう。
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ
   .l^l^ln      } `‐=   )
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;)
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ

37やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 22:19:30 ID:GIsVuTRs
 そして翌日…

     //|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:lハ
    //l|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:ハ   
    //:l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:ハ  
   ///|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:∨
   |l:l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|/|:|:|/|:|:|:|:l/Ⅵ:|:|:|:|:|:|:|:|:l 
   |l:l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|∧:| |:l/ |:|:|:/   Ⅵ:|:|:|:|:|:|:l  
   |l:l:|:|:|:|:|:|:/|:|:l/_\|/  .|:|/    Ⅵ|:|:|:|:|:|  
  ノリ:l:|:|:|:|:|:|/ |:|/ ,-、ヽl\_, |/     ノ|:|:|:|:|:|  
 > イ⌒|:|:|:|  l/ じ! ノ〉 乂 ー ,ニ二、 |:|:|:|:|:|    但馬守殿。
 ̄ノ八ヽ∨|:| │ `  .′  l   iJ  〉,l:|:|:|:リ|   この度は急な話で申し訳ない。
  ̄\\ V:|         il|  ` ー ´ //|:|/
    \\」         , 」    / l/l/  
 /   ヽ ',                 / l/  
/      Vl       ──`   イ l'  
       l l 、          /〃 l'    
        l│ \        /´ //  /
        | |、  ヽ丶-イ /  //  / 
        | | ヽヽ /`二 ´ </ /    
   萩藩(長州藩)藩主:毛利長門守秀就
    (もうり ながとのかみ ひでなり)


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    いえいえ。
. |     (__人__)   長門守様とは懇意にさせて頂いております故、
  |      `⌒´ノ   このくらいは…して、この度、何が起こったのですかな?
.  |         }  
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄

38やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 22:22:04 ID:GIsVuTRs
| l | │ /     〃/      ││ |
| | | │/__/ /〃ヽ__/∨| |
| | | レ__,、 -/  ,、__   〉l |
イ/| │/⌒ ̄/ /  ヽ  ̄⌒ /八 |    実は…我が萩藩の支藩主であるところの甲斐守(毛利秀元)、
个l /         ∧       //  」|   それに…我が弟、日向(毛利就隆)までもが、
┼∨          ` 」      /   /||   この度の御朱印改を機に、独立した藩になろうとしているのです!
┼ ト       丶〃        /ヽ|
┼ ∧    / __     _     〃//|
┼┤l\  〈二>-=≦-ヽ  /////|
┼┤|  \ ヽ        ̄, <///イ┤
/个\  ヽ   〃l  //////イ‐┤
/‐┼卜\  >─ < //////イ┼┤
┼┼┼卜\        ∨//イ‐┼┤
┼┼/┼卜\___//イ‐\┼┤
┼/┼┼┼卜───イ┼┼┼\┤


      / ̄ ̄\   て
     /  u  \\  そ
     |    .u ( ○) |
.     |      (__人_)    なんと…!
     |      ` ⌒ノ    そのようなことが!?
      |        }
      ヽ u      }
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ

39やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 22:25:17 ID:GIsVuTRs
 /:l:|:|:|:l : : : : : : : : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:l:\
/ :l:|:|:|:|:l : : : : : : : : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l: \
:l:|:|:|:|:|:l: : : :l : : : : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:|:l:|:|:|:l:∧    
:l:|:|:|:|:|': : : ;l:l : : : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:|:∧:|:|:|:|:l:|    
:l:|:|:|:|:l : : ;l:|:|:l : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:l/‐-Ⅵ:|:|:|:|   
:l:|:|:|:|:l: : ;l:|:|:|:|:l : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:/ , f「 Ⅵ|:|:|:|    
:l:|:|:|:|:l: :;l:|:|:|:|:|:|:l : :l:|:|:|:|:|:|:|:/ │||  l:∧|:|     ご存知の通り、
:l:|:|:|:|:| ;l:|:|:|:|:|:|:|:|:l :|:|:|:l:|:|:|:|′ ヽ′ ノ│|:l     私と甲斐守は不仲であり、
:l:|:|:|:|:|;l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l::|: 〃Ⅵ:|:|        V    そのために、甲斐守は日向をそそのかして、
ヾl|:|:|:|:|:|:|:|:l( 〈⌒∨   Ⅵ u.    ,. 冫     このような挙に出たのでしょう。
  Ⅵ:|:|:|:|:|:|:|:l\_             /
≦l:|:|:|:|:|:l:∧ ∧/∧          __ ノ       私は、毛利本家の当主として、
 ̄ // ̄ | ′   丶       ´ /        このようなことを認めるわけにはいかぬのです!
       ノ        \     /        .そのためにも、何卒但馬守殿にもお力添えを願いたく…!
     /     │    > 、_ノ
   | ̄\     │  /
   /> 、 \___〈
 ∠二  ̄ヽ ___ |
/ ̄ 〃 ̄ ̄\     ̄\
  //        \       \

40やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 22:27:21 ID:GIsVuTRs
     //|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:lハ  \ \ゝ
    //l|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:ハ   \)
    //:l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:ハ  /.
   ///|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:/
   |l:l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|/|:|:|/|:|:|:|:l/Ⅵ:|:|:|:|:|:|:|:|く   分   毛  毛
   |l:l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|∧:| |:l/ |:|:|:/   Ⅵ:|:|:|:|:|:|:l   け  利  利
   |l:l:|:|:|:|:|:|:/|:|:l/_\|/u |:|/    Ⅵ|:|:|:|:|:|    .ち  家  家
  ノリ:l:|:|:|:|:|:|/ |:|/ ,-、ヽl\_, |/     ノ|:|:|:|:|:|     ゃ   の  の
 > イ⌒|:|:|:|  l/ じ! ノ〉 乂 ー ,ニ二、 |:|:|:|:|:|   駄  所   :
 ̄ノ八ヽ∨|:| │ ` 彡′  l   iJ  〉,l:|:|:|:リ|   目  領
  ̄\\ V:| J       il|  ` ー彡//|:|/ |   な  は
    \\」         , 」    / l/l/   |    ん
 /   ヽ ',  u               / l/   |   だ
/      Vl     ∠二ニハ 〉    イ l'   |
       l l 、  イ厂⌒∨l  /〃 l'     |   !!
        l│ \ ハ   |ノ / //  /  __,).
        | |、  ヽ丶-イ /  //  /   `ヽ.
        | | ヽヽ /`二 ´ </ /    ノ
        | |  ∨ / /´ //     く.. 
       / /  |/ /  /         ゝ


       / ̄ ̄\
     / _ノi||i\ \
     | (●) (●) |    長門守様。
.     |  (__人__)   |   少し落ち着いてくだされ。
      | u `⌒´    |
.      |        }   (…なるほど。
.      ヽ       }    これは確かに毛利家の一大事じゃな…)
       ヽ     ノ
       /     }
       .n:n    nn
      nf|||    | | |^!n
      f|.| | ∩  ∩|..| |.|
      |: ::  ! }  {! ::: :|
      ヽ  ,イ   ヽ  :イ

41やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 22:29:24 ID:GIsVuTRs
   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │   長門守様。
  |    `⌒´   |   ひとまず、お話はわかりました。
.  |           |
.  ヽ       /    しかし、今のお話だけでは、
   ヽ      /    それがしとしても、判断が十分でき申しませぬ。
   >     <      故に、これまでのことを仔細に窺いたいのですが…。
   |      |
    |      |


 /:l:|:|:|:l : : : : : : : : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:l:\
/ :l:|:|:|:|:l : : : : : : : : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l: \
:l:|:|:|:|:|:l: : : :l : : : : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:|:l:|:|:|:l:∧  
:l:|:|:|:|:|': : : ;l:l : : : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:|:∧:|:|:|:|:l:|  
:l:|:|:|:|:l : : ;l:|:|:l : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:l/‐-Ⅵ:|:|:|:|   
:l:|:|:|:|:l: : ;l:|:|:|:|:l : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:/ , f「 Ⅵ|:|:|:|  
:l:|:|:|:|:l: :;l:|:|:|:|:|:|:l : :l:|:|:|:|:|:|:|:/ │||  l:∧|:|     
:l:|:|:|:|:| ;l:|:|:|:|:|:|:|:|:l :|:|:|:l:|:|:|:|′ ヽ′ ノ│|:l     …仰る通りです。
:l:|:|:|:|:|;l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l::|: 〃Ⅵ:|:|        V    すぐにでも我が家の家老を参らせ、
ヾl|:|:|:|:|:|:|:|:l( 〈⌒∨   Ⅵ      ,. 冫     この度の仔細を説明させます。
  Ⅵ:|:|:|:|:|:|:|:l\_             /    
≦l:|:|:|:|:|:l:∧ ∧/∧          __ ノ       では、但馬守殿、何卒…。
 ̄ // ̄ | ′   丶       ´ /      
       ノ        \     /      
     /     │    > 、_ノ
   | ̄\     │  /
   /> 、 \___〈
 ∠二  ̄ヽ ___ |
/ ̄ 〃 ̄ ̄\     ̄\
  //        \       \

42やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 22:31:41 ID:GIsVuTRs
 そして、その日のうちに毛利家の家老二人が呼び出され、
彼らから、宗矩はこの度の一件について、事情を聞き出したのであった。

                 /{
            {\__(ヽ〈:::::^ー'\ハ    
          〈`ー'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\{\      
            /:::::::::::::::::::∠::/乙:'7:::ハ::::::::::(_    
        ∠::::::::;ィ厂ヽ:/     /∨ ヽハ::::<   
.       /:::::{八           /        )::::::ヽ  
      厶:::::::ノ          〈     ∠::::::::::八  
      ∠:::Y _        }      j::::::::::、:::〉 
.        ノ:::;ゝ ⌒≧=ミ、:j {ヽ'´_斗=‐-  'イ:::::::::ハ{    毛利家家老、益田参りましてございます。
        フ:ル={{ 《_,(::)_ハY_<ヘ乏ニニ-、 、 /::::::::::::>    早速ながら、この度の件につきましてご説明を…。
      /下Y ヽ. ...二´.イ ∧ ヘ.(::)_》 }}、 `7:::::::::;ゝ   
.     { 小}::ヽ   ̄ ̄ / { ^ー=== 彳 ∨:::: ∧{     ことは今月十一日早朝のことで…。
       Ⅵ j/`      〃_r-ヘ           〉:-〈
.      ヽ ハ.       ) -’      //刃}
        -}.   x-=''  〕 =-、       ∨>Ⅳ
        j`、 /∠三ニ=ヽ ㍉   彡イ/
        | ハ.   ̄` z ¬ニゝ   ///´
          -|: '.   <         //イ
 /⌒\/ ノ| ∧     \      〃 |
'´     >‐く   ゝ _____> /   |
     /   ∧   \     ̄´    │
         毛利家家老:益田元尭
          (ますだ もとたか)


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( -)(-)  (自分で呼び出したとはいえ…話が長くなりそうじゃのう)
.   |. u.   (__人__)
    |      `⌒´ノ 
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }        );;;;;;)
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ

43やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 22:34:27 ID:GIsVuTRs
                  ....      / _ -       i ヽ  `ヽ`ヽ、
                        /  l /   i  / .l!  l  !    \``ー
                        / /  l'  l  l i/l  小  ! l!   ヽ ヽ
 ねえ、ゆのっち。            //  /!  l斗千T/Tヽl ! ヽ li l! l  l .ヽヽ
今回、この長門守って人は  ...   /' /,l 小 ∨l士ミlヽl`! 斗十ト l | l ヽ ヽ
何をそんなに慌ててたのかな? . / /イ/,イ  l 〉斥j心 ヽl   ,l斗、l !/! liヽ i
                      〈f l//rミi. ヽ《l::::::::::リ    /::リ l! /イ! ,小!ヽ!
                      \ヽヘヒ〉ヽ  `ー‐′    じ' /ィ//l // l. l!      ,ヘ
                         `ヽ\ヽ\ \ ,r- .., ′ 升〈 イl ! ′ '' __    / /
                    .     l小`\ヽ..ヽヽ{_ _./, </ l!i | !    ヽ ヽ / /_ 、
                          / 从\ーヽ\`_, ィチヽヽヽ / l / l!     l k′` /.,!
                       // r-ヽ、 ` `ヽl ̄二\. \. ツ /      i   ヽ ,(/イ
                      /. //〉__\丶、丶\ヽ ` 、ヽ\\      ',   ! 'ィr'

      /                 `ヽ
     /                     `ー=‐
     /      /    /      i         ',
    /        |   /|   /|   | ト、i i   i i
    /         |   /‐|─/ | i|l__| |  | |
    //  〈∨/ i |/|/..__|/ ,ノ | jノ `メ|  i !   (今度は私が解説する方か…。
.   //    〉〈 八|  |/7d「`   ノ ァdく |  ,' j!    キンチョーするなあ…)
  /イ    /∧V  |!トイ   i|       | i| V|c/| ノ 
   |   〈/   〉、 ト、ヒ_,リ       | _j| ノく:|     そうねぇ…。
  ノイ       \\ 、、    `   ̄,, /:  |    そのために、まずこの「朱印改」について
    |イ /: :.ヘ、 \ u.   r─-ァ   /: :  |    あらためて説明しようと思うの。
    |/}ィ父乂 \辷_   ゝ._ノ   rく :∧ トゝ
           〕父工ニ=‐- ァ< ,八/ `
            ,.く      ̄7 /⌒ 7!
        /  \   // 〈{   / |
      /     \/| {__トi / 弌
      ,.く          〉,〉__|〈  ト、
    /   \        | {三ニヨ |   | i
    /     \      | 「   | |   | |

44やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 22:36:29 ID:GIsVuTRs
                                   /                  \
 …?                             /    / /  /       へ  \
説明ったって、前に、               .       //   / /  / ,ハ  l | l l  \ ヽ
                            .      // /  /lィ7ナメ|  | lハL_| | |    }  ,
> 「諸大名をそれぞれの領地に封じる」事を.      l /|l Nイ,ィ≠zハ |  \l 「`ト    |  |
> 認めるための儀式            .......       |/ |l |〃{::::i|  V  ィ仡心、|l  / |  |
                                     ハ|  {i:::j|     {i::::::ji|》リ ノ /  l!
>転封でもない限り、                      /  |!  `ー′    辷zり ノ  /i}.  |
>特に所領に変化があるわけでもない            |   | """ r── 、 """/  / ノ   |
                                   >、 l> 、  ゝ   ノ ∠_/イ//   |
 ってあったでしょ?             ......      /  と__/> ..__ .. セ升/  ///  ハ
単なる通り一遍の儀式なんじゃないの?  ...      { /.:,// / /l     l/  /// l /  |
                                 Y:.:.:.:.:Vハ| /ゞ≠ ===/  ,/:.:7メ、 / l |
                           .      |:.:.:.:.:.:/レ       {  ///:.:.:\/レリ
                           .      l.:.:i/            \_|j! /.:.:.:.:.:.:.:\

    _ _  -―…‐-
    > ´: : : : /: : : : :`⌒\
  /: /: : :/:/: :/: : : |: : : : : : : : ヽ
  /:/:./ /:/|:./|: : / |:.i: : |: : : : : : ',
  |/ ! |: i :yiミ/|: :.| ∧トi/:|: |: !: : : :
  j/j八:Y゙rハ八: :V:=ミハ|: i: |: : : :|      それがね…一点だけ問題があったの。
  ⌒>小. ヒソ  ヽ| rハjノ〈∨〉: :八
  < :__人''  '     弋ソ: :〈∧〉: : ハ    > 「諸大名をそれぞれの領地に封じる」
   ´厶ィ:\ヽ フ ''<_: :イ: : /: |\|
    V<レ个r--─〃 :ノ|: :/\|       っていう点にね。
     _.. r '"Hヽ:::::::::::::/ |/   ヽ.
    r'"  レ'/^/::ヽ:::::/     i.
   l  /:::/ ./::::::::::Y  i.    /

45やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 22:40:30 ID:GIsVuTRs
          .....                __ ____
                        '"´ ̄      `丶、
                  ≦二´                  \
                 `乙イ   / 1 { 〈  从 {{ !{ {   \
               r、_ノ   '´  xタ! {{ ! j j r'下{TトN│ i|  ヽ
   どういうこと?   んフ'′/,イ ノ弋トル{{! {{ !Vョ弌ミ、レ1 | }!  ',
               /,'///〃 ィ羊_竺ミ火从iノf幻Ⅵ `ミ}i |Vクii i|
               {{r1{N 《{{ {刈ィi〕マハ     {〔し'リ ノノ ル=ォil !
               レ癶lj{ {|i WiノハfJi}リ    ゞ=ぐ彡グ/⌒リ!i i|
                  N儿} 小 ゞ='’    """ ≦彡'辷ソ从リ
                    〈《{ハ ""    、      /,' ///'´
                     ≫心、         </ /'{ ハ
                  ー=公,/// `フワ7宀冖'" 仏{从i{乂{癶
                   rゲ{ { {  {リく巛``气f広V{li{ ト、」j_
                   {ムムヽ`ーく  ゞ、 八レ小代レ' 抃ミ、

                      -――――-  、
                '": : : : : : : : : : : : : : : : :丶
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
            /: : : : : : : : : : : : : : : \: : : ヽ: : : : : :ヽ        つまりね…
           /: : : :./: : |: : : : : : : ヽ: : : :\ : : : : : : : : : : .      「諸大名をそれぞれの領地に封じる」ということは
       _ _/ : : /: : l : : :l : :.|: : :{ : :.:|\:__: :ヽ: : :.<\/ 〉: ヽ     逆に言えば、
        ` /.: : : :| : : |: : : |: :j:l : : |\':l ̄\. :!ハ: :|: :\ く: : : ヘ
        |: :/: : | : : レ'⌒l: :八: : |  ヾ   ヽ| |.:l: : //\>. :│     「ここで将軍家によって所領を封じられた者は、
        l: :! : : | : : |:.{ィてヘ \l    __  j/: :</: : : : : :.:ト     その封じられた地を治める大名になる」
        l:/! : : | : : lVハi:::::ハ      〃 ̄ ` /: : : : : : : : : :.l:|
        l:∧ : :lヽ :ヽ{! Vr'圦       /// /: : : : : : : : : : : リ     ということでもあるってことよね?
          \∨ハ:\ ゞ'´  ' _     /: : /: :/: :∧: /
      f゙ヽ      /: : : j:∧    ∨)   ∠: :./l: /イ : :/ V       …例えば、それまで大藩の支藩主だった人が
      | }.    厶-= ア: : ゝ          イ_/^l |/         ここで「将軍家から大名として所領に封じ」られれば…
     /ヽ |/^)     l: /V!: :/二7 弋r<   人  ヘ        その家は、「本家とは独立した藩」になれるってわけ。
  __/ ヽ| l /       '´   V/::::/{__/_j:_xj  / /:::::::::>,
.(_ _ ヽ ノ  }         /7::::::// ヾル' レ' /::::::::::/^\
 ヽ   ヽ  ノ          //::::_//  //|  /::::::::::/  / ヽ
  \   /ヘ       /l ヾ_:: ヾ、_ //l | 「:::`ヽ〃   /   l

47やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 22:43:10 ID:GIsVuTRs
     /     /   / / / /!    |  |   |  ヽ  ヽ ミ=‐
     〈    /〉  /l 斗─+ / |ハ  │ |   |   l   l ト、 
    ∧ヽ  //!  /|/l/ l/ || | // ̄l/ヽ|   |   | j|
    / ヽ ∨/ |//Vxチ示ミ   l| | //xチ示ミ、!\ |  从 レ'′  しかも、そういう形で独立するとなると、
  イ   〉 〈 NVイf;;;ハ;;;|    j/  /;;;ハf^ト、 l | | |     その「封じられる所領」は、元々あった
  ノ丿 ,/∧ヽ  从 |;;;しソノ       |;;;;しソ ノ 川l Nノ l/    「本家より分けられた支藩分の所領」なわけで、
イ个  〈/  ゙、〉  ハ ー─一       ー--  |lノ レヘ、|     これが認められたら、その本家は、
  リ川        ト、''"´゙´     ′  `゙`゙' ノリ ノイ ン    
  }/Vヘ    \   \    -─ァ        从   r=-'     「独立された支藩の分だけ、所領が減る」
     \ lVヘ、`ン、_`≧         .イ  }\N 
       ヽ{  ∨辷=> ..    _ ..  <}乂 |  ,.       ってわけ。
       ,y''"゙´´__ `゙`"゙''^゙く~rヘV∨レ′ }ノ         当然、藩の表高だって減るし、
      r''´  /    `ヽ、 ,.   ゙`ヾ,゙'';,、             その分、家の格式だって下がっちゃうわ。
    ,;'"   /        \゙''.;,、  ヾ火_             本家からすれば、まさに「御家の一大事」なのよ。
   ,;イ   /             \ ゙^'゙^"'"ヽ`ヽ         (今回の場合、独立されると毛利家は37万石が30万石になる)
    {   ノ!            ヽ }ヾ\()} } 

                               ー=ァ                   \
                             __ /      /                ヽ
                             `ー‐ イ       /   /                ハ
                                /     │ {  ,イ       | ヽ  ヽ ヽ    l|
 ふーん…。                   .....    / :/    l 7ー/ |--||!   |斗 \十 |    | |
そう言われると、確かに慌てるのも無理ないね。   | |  |  |  ィ=≠z八   | z≠x  |    | |
                                | |  |  |∨イィ::iハ  ヽ  | 仡:yハ }   !|/
 …でもさ、そもそもなんで、          .     ヽ |  |  |〃| !{::爿   \{ 圦::j i|V  //
今回みたいな騒ぎが起きたのかな?      .       ∨ ヽ ヽ 弋zzン        Vzzン/  〃
                                    \ {\>      、      /  /
                                   > 小      rっ     ー=≠i{¨\
 「それについては、今、             ..      /7∨  > _ノ¨)     <  ヽヽ/ヽ
  家老さんの説明があるみたいだよ」           /― / ///    ̄ ¨ヽ {     }  |
                                  /  { // :/        t_}  Vー、  /  |
                                  |   \ { /       〈 ヽ/ :/}/  ー≠ァ

48やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 22:46:21 ID:GIsVuTRs
            rヘrヘrヘ_| \__l\_,ヘ
           ゝイ            ヽヘ
         /     ./ノクつ/ヽr、   vL
        丿  /)ハi/      ,',',',',',','∧  >
       Z   {          ,',',',',',',',',',',',  `ヽ
      ∠   「          {,',',',',',',',',',丿!  ハ
      /  /            i,',',',',',',',',',',',|   rヘ
      ,ry  { ,ィ´≧、__  .i  ;ヘ、i,',',',',',',',',',',イィ  ハ    …正直、甲斐守様のお気持ちも分からなくはないのです。
      イ  レニr'" r'付マ!__j__≧_rヤ壬`ヽ,',',',ソ  {    今でこそ支藩の藩主ではありますが、
      ク /^弋_`┴'¨j〉r=ヘr'イV^マ!`ヽ,',','/   ト    かつては先代様(毛利輝元)の養嗣子として、
     ∧ハ,〈   ` ̄¨’/  ∧《`¨ー-! ノニv!   |    毛利本家を継がれたかも知れぬお方でございます。
     lいi |∧     ,イ  〈_',',',',',',',',',',',',',',',',〉  f^`   
      Vゝ「      〈r、',',',',','!',',',',',',',',',',',',',イ ./ハ      しかも、官位だけでいえば殿より上(正三位参議)、
      ヽハ     ,,,,,, (,',','´,',',',',',',',',',',',ィミ, /〈ハレ|    朝鮮陣においても武功華々しく、
        `!    '",ィ=ュ,_ノ,'rilili,',',',',',',',',',',',',ソ'ヘノ/    また、我が祖父・元祥(もとなが)と共に、。
         i|i,  ∠任士ニトュ、`i',',',',',',',','/,イ/      関ヶ原後の毛利家の復興にも尽力され、
         i| ,    ``ー―卞ム',',',',',','//r'"´       .御噺衆として上様の覚えもめでたく…
  __     イ| il    ≦´,',',',',',',',',',','/,',','´   
../ `ヽニ"´/l ∧     \,',',',',',',',ノ,',',',!
     \〈   `ヽ、___>',',',',',',',',',!


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( -)(-)    (だから長いっての)
. |     (__人__)   
  | u    `⌒´ノ     ああ、知っておる知っておる。
.  |         }     そして、長門守様がそれに比して、色々問題がある御方と
.  ヽ        }      言われておることもな…。
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    |       ̄   ´

49やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 22:48:55 ID:GIsVuTRs
   / ̄ ̄\  ( ;;;;(
 / _ノ  ヽ\ ) ;;;;)
 |  ( ─) (─)/;;/   …だからこそ、両者の溝を埋めるためにも、
. |   (__人__) l;;,    長門守様の御息女・登佐姫と、甲斐守様の嫡男・又四郎殿の間で
  |    ∩ ノ)━・'    縁談も出たのであろうが…何故長門守殿は反故にされたのかのう。
.  |   /  ノ´ } 
.  ヽ  / /    }      そりゃ不仲にもなるわい。
   ヽ/ /   ノ 

             、 、_/(,ヘ、ト、
         |`ー'`:: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽ|\,、
         ゝ:: :: :: 川::,.-ァ,-ァ:,.、:: :: :: :: :ヽ,、
       /:: :: ::イヽ|!/ ´    ,' :)ノ`ヽ:: :: :(_,.
      イ:: :: :/ '  (       ,' : : : : :)ハ:: :: ::\
     ノ:: ::: :ト'  u       ,' : : : : : : ノ:ィ:: :: ::|
     7:: :: /      u    ', : : : : : : : : |:: :: ::ト,
     イ:: :: { ,.-=、         ; : : : : : : : :ノィ:: :: :ヽ 
     /:: :: ト`_,.- _≧=、/! /`' ': :,.===-: : :/:: :: ::(`     そ、それはそうなのですが、
     イ:: ,./`|!  -  ミ|!_,_;≧,'"==、   /:: :: ::ミ_,    .殿には、殿なりのお考えもあったかと…。
     人:: {  `===彡/ /巛  -   ヾ=、イ:: :: ::|`ヾ   登佐姫様の嫁ぎ先は、
    | {,`|::ミ,        ; : : : ====='"`ヾ:: :: ::|!      松平越後守様(忠直の嫡男、光長)の元ですし…。
    |  Y|!`     /、 r': : :i : : : : : : : : : : :|!:: ,.-、
    ヽ |!       ` ゝ: := : : : : : : : : : :::彡 ,-, |
     `ーヘ   ,,,,,,,,,,,, `,: :,,,: : : : : : : : : : : :/} ヾ /
       ハ   ,.-──-、, ''''''、: : : : : : : /,.-' /
       | |   `ー、 三三ミ、 |!: : : : : /_/
      ,. | |    、-' : : : : : : : : : : : イ
,.--、__/ / !     ' , : : : : : : : :/:::|
    `ヽ、/  人      ` ,: : : : /:::::::::|
    ,.-'"´|!   `ー 、____ノ:::::::::::|

51やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 22:51:19 ID:GIsVuTRs
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)            …表立って言えたものではないが、
.   |     (__人__)           言ってみれば、この一件は、不出来な主君と、
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ      実績・人望のある年長の分家当主の仲違いということじゃな。
   .l^l^ln      } `‐=   )
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;)    しかも、原因は概ね長門守様の方にあるというのが
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)   またなんとも…。
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ

             、 、_/(,ヘ、ト、
         |`ー'`:: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽ|\,、
         ゝ:: :: :: 川::,.-ァ,-ァ:,.、:: :: :: :: :ヽ,、
       /:: :: ::イヽ|!/ ´    ,' :)ノ`ヽ:: :: :(_,.
      イ:: :: :/ '  (   U  ,' : : : : :)ハ:: :: ::\
     ノ:: ::: :ト'  u       ,' : : : : : : ノ:ィ:: :: ::|
     7:: :: /      u    ', : : : : : : : : |:: :: ::ト,
     イ:: :: { ,.-=、         ; : : : : : : : :ノィ:: :: :ヽ
     /:: :: ト`_,.- _≧=、/! /`' ': :,.===-: : :/:: :: ::(`
     イ:: ,./`|!  -  ミ|!_,_;≧,'"==、   /:: :: ::ミ_, 
     人:: {  `===彡/ /巛  -   ヾ=、イ:: :: ::|`ヾ   …返す言葉もござりませぬ。
    | {,`|::ミ,        ; : : : ====='"`ヾ:: :: ::|!  
    |  Y|!` U   /、 r': : :i : : : : : : : : : : :|!:: ,.-、
    ヽ |!   u   ` ゝ: := : : : : : : : : : :::彡 ,-, |
     `ーヘ   ,,,,,,,,,,,, `,: :,,,: : : : : : : : : : : :/} ヾ /
       ハ   ,.-──-、, ''''''、: : : : : : : /,.-' /
       | |   `ー、 三三ミ、 |!: : : : : /_/
      ,. | |    、-' : : : : : : : : : : : イ
,.--、__/ / !     ' , : : : : : : : :/:::|
    `ヽ、/  人      ` ,: : : : /:::::::::|
    ,.-'"´|!   `ー 、____ノ:::::::::::|

53やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 22:53:43 ID:GIsVuTRs
          / ̄ ̄\
        / -  - \
        |  (-)(-) |     
        |  (__人__)  |       …まあ、それはよい。
         |   ` ⌒´  ノ      この際、肝心なのは、甲斐守様が
   r"ヽ   |         }       どのような手を打たれたか、ということじゃからの。
  (   =‐' ヽ        }      
   ゝ-'    ヽ     ノ     _  そこはどうなのじゃ?
        _/     l__   / /
   __ゝ_/         ヽノ   ノ
   \___ノ'          ノ

            rヘrヘrヘ_| \__l\_,ヘ
           ゝイ            ヽヘ
         /     ./ノクつ/ヽr、   vL
        丿  /)ハi/      ,',',',',',','∧  >
       Z   {          ,',',',',',',',',',',',  `ヽ
      ∠   「          {,',',',',',',',',',丿!  ハ
      /  /            i,',',',',',',',',',',',|   rヘ
      ,ry  { ,ィ´≧、__  .i  ;ヘ、i,',',',',',',',',',',イィ  ハ
      イ  レニr'" r'付マ!__j__≧_rヤ壬`ヽ,',',',ソ  {      はっ…。
      ク /^弋_`┴'¨j〉r=ヘr'イV^マ!`ヽ,',','/   ト     甲斐守様、ならびに日向守様は、
     ∧ハ,〈   ` ̄¨’/  ∧《`¨ー-! ノニv!   |     永井信濃守様を通じ、上様より独立した御朱印を頂こうと
     lいi |∧     ,イ  〈_',',',',',',',',',',',',',',',',〉  f^`     お考えなされておられるようで…。
      Vゝ「      〈r、',',',',','!',',',',',',',',',',',',',イ ./ハ   
      ヽハ     ,,,,,, (,',','´,',',',',',',',',',',',ィミ, /〈ハレ| 
        `!    '",ィ=ュ,_ノ,'rilili,',',',',',',',',',',',',ソ'ヘノ/     「信濃守様か…今回の朱印改奉行ではないか。
         i|i,  ∠任士ニトュ、`i',',',',',',',','/,イ/       .これは…確かに一筋縄ではいかぬのう」
         i| ,    ``ー―卞ム',',',',',','//r'"´     
  __     イ| il    ≦´,',',',',',',',',',','/,',','´   
../ `ヽニ"´/l ∧     \,',',',',',',',ノ,',',',!
     \〈   `ヽ、___>',',',',',',',',',!

54やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 22:55:51 ID:GIsVuTRs
                 /{
            {\__(ヽ〈:::::^ー'\ハ          
          〈`ー'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\{\      
            /:::::::::::::::::::∠::/乙:'7:::ハ::::::::::(_    
        ∠::::::::;ィ厂ヽ:/     /∨ ヽハ::::<    
.       /:::::{八           /        )::::::ヽ 
      厶:::::::ノ          〈     ∠::::::::::八  .
      ∠:::Y _        }      j::::::::::、:::〉 
.        ノ:::;ゝ ⌒≧=ミ、:j {ヽ'´_斗=‐-  'イ:::::::::ハ{    但馬守様、一筋縄でいかぬのは重々承知でございます。
        フ:ル={{ 《_,(::)_ハY_<ヘ乏ニニ-、 、 /::::::::::::>    .その上で、何卒、我が毛利本家にお力添えを…!
      /下Y ヽ. ...二´.イ ∧ ヘ.(::)_》 }}、 `7:::::::::;ゝ. 
.     { 小}::ヽ   ̄ ̄ / { ^ー=== 彳 ∨:::: ∧{
       Ⅵ j/`      〃_r-ヘ           〉:-〈
.      ヽ ハ.       ) -’      //刃}
        -}.   x-=''  〕 =-、       ∨>Ⅳ
        j`、 /∠三ニ=ヽ ㍉   彡イ/
        | ハ.   ̄` z ¬ニゝ   ///´
          -|: '.   <         //イ
 /⌒\/ ノ| ∧     \      〃 |
'´     >‐く   ゝ _____> /   |
     /   ∧   \     ̄´    │


        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |   ………。
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

55やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 22:58:44 ID:GIsVuTRs
           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●)
         |     (__人__)          …わかった。
         |      `⌒´ノ         この度の一件、わしからも年寄の方々に話を通しておこう。
          |         }          悪いようにならぬよう取り計らうつもりじゃ。
          ヽ        }      ( 
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )   では、下がるがいい。
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (  
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁   「あ、ありがたき幸せに存じまする!」
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !

56やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 23:02:33 ID:GIsVuTRs
 そして、益田退出後…

   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´    ………。
  |     `∩_ノ)━・'
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/

        _,. ----- 、
      /:::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:f`ヾ,,/' ̄):::::::::::ヽ
     {:::ト、  __,ヘ{:::::::::::::::::ヽ
     ゙i:トta゙ ィ=tデ;:::;r‐、::::::::ヽ       父上。
     ll`¨:i   ̄´l::::{b゙ノ:::::::::::ヽ     毛利家の御家老は、なんと…?
     l:', L    i:::トi゙´::::::::::::::::::ヽ
     l:::',  ー-  ll:::l l::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ll:::lヽ--イ :ll::::',l::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ll::::l ヾ‐'"´',i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.     ',::::',f´j__,.-'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',_,.-'゙
        ∨='7/:::::::::::::::::::::::::::::::::::_:r'"二´='"´
       /-'/:::::::::::::::::::: :: :: ::(__ ゝ-‐,"彡
.     //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノノ ̄´:::::∧
    / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(二二、ー─''")::: ::
.   //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::) r彡-'': :: ::
   レ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.-‐ニ´彡::::::::::::::::::::::::
  {:::::::::::::::::::::::::::( ̄´r‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.  }:::::::::::::::::r‐二-‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      宗矩次男:柳生左門友矩
      .(やぎゅう さもん とものり)

57やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 23:05:08 ID:GIsVuTRs
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \      …ああ、甲斐守様が、日向守様をまきこみ、
   |    ( ー)(●)    毛利家よりの独立を狙っておられるので、
.   |     (__人__)    これを阻止して欲しい、との陳情じゃ。
    |     `⌒´ノ    ..わし以外にも大炊頭様、讃岐守様をはじめ、片っ端から廻っているようじゃな。
   .l^l^ln      }    
.   ヽ   L     }       );;;;;;)
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ

             _,. ------- 、
           /::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
         .〈::f `ヾ;;/ ̄ `):::::::::::::',
          〉ヽ::、 _;;;ヘ {:::::::::::::::::',    父上はどうなさるのですか?
         ,'::| ゞta゙ ィ=tテア;::::;r‐、::::l
         .,'::::! `¨:i   ̄´ l::::{b゙ノ::::':,
        .,':::::::', 〈     ll:::トi:::::::::::::,
        i:::::::::::、 _   ,!:::l:::::::::::::::::、
        i::::::::::::::ヽ ̄ _,.ィ' |:::j::::::::::::::::::::\
      __l:::_::::::::::ヾ---'"´=-----‐‐‐‐-、
     /:::::::::::::::::::::::::://\ 〉:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::::::::::::::l=l /=/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

58やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 23:07:25 ID:GIsVuTRs
   / ̄ ̄\  ( ;;;;(
 / _ノ  ヽ\ ) ;;;;)
 |  ( ─) (─)/;;/    ………。
. |   (__人__) l;;,
  |    ∩ ノ)━・'
.  |   /  ノ´ }    
.  ヽ  / /    }    
   ヽ/ /   ノ


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)            …甲斐守様の気持ちも分からぬではないが、
.   |     (__人__)           わしはあくまで幕閣じゃ。
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ
   .l^l^ln      } `‐=   )       ここでこの独立を認めれば、
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;)   防長一円にいらぬ火種を蒔きかねぬし、
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)   他の藩にも悪影響を及ぼしかねん。
   /  /    \       ./;;/   認められぬよ。
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・' 
 ヽ__ノ              


        ,,.ィ''' ~~゙゙ ''''' - 、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;: へ ::;:::::`i
   /:::::::::::::::::::::::;:- 、:::::::/     \/
  /::::::::::::::::::::::::/ {ヽソ::::::|--- 、   |
./::::::::::::::::::::::::::::l 。`/::::::r'゙''x;;;:::::\_,. l     なるほど…。
:::::::::::::::::::::::::::::::::`t'´::::::|   ~””“` {
::::::::::::::::::::::::::::::::::::i゙::::::::|       _,|      
:::::::::::::::::::::::::::::::::;イ::::::::::|      __,.'´     
::::::::::::::::::::::::::::::/=!:::::::::::|     i´       
:::::::::::::::::::::::::::/=、,|::::::::::::lェ,,,___,l
::::::::::::::::::::::::/=、,ヾ!:::::::::::|
:::::::::::::::::::::/:::::::::::::|::::::::::::|

59やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 23:10:32 ID:GIsVuTRs
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´   …しかし、このわしが、
  |     `∩_ノ)━・'   また毛利家の事情に関わる事になるとはのう…。
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/

        _,. ----- 、
      /:::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:f`ヾ,,/' ̄):::::::::::ヽ
     {:::ト、  __,ヘ{:::::::::::::::::ヽ
     ゙i:トta゙ ィ=tデ;:::;r‐、::::::::ヽ       父上は、前にも毛利家の問題に
     ll`¨:i   ̄´l::::{b゙ノ:::::::::::ヽ     関わった事があったのですか?
     l:', L    i:::トi゙´::::::::::::::::::ヽ
     l:::',  ー-  ll:::l l::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ll:::lヽ--イ :ll::::',l::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ll::::l ヾ‐'"´',i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.     ',::::',f´j__,.-'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',_,.-'゙
        ∨='7/:::::::::::::::::::::::::::::::::::_:r'"二´='"´
       /-'/:::::::::::::::::::: :: :: ::(__ ゝ-‐,"彡
.     //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノノ ̄´:::::∧

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |
. |  (__人__)  |          うむ…あれは大坂の陣の後、
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)    わしがまだ使番だった頃のことじゃ…。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

60やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 23:12:36 ID:GIsVuTRs
 =回想開始=

   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │    佐野殿…重ねて問いますが、
  |    `⌒´   |    この度の豊臣方への参陣は、
.  |           |     あくまで自身の決断であり、
.  ヽ       /     毛利家は関係ない…ということなのですな?
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |
 柳生又右衛門宗矩
(当時・使番。三千石)

               _, -‐一"^´ ̄二ニ=ノ:
            ,  ´     、``下、:
         ,.-‐'´ ` 、       `ヽ、 ヽ、
         :/ /ヘ、\  \       \ ヽi
       / /|iト、\ \  ヽ、     \`ヽ:
       /,r',' リ、ヘ !\ \  \  \   ` 、!
      / /     ヘ!,斗ャ、 \_ \_\ ヽ て:/
      .! ,/=‐、  ,イ! ,.=弍ヘ、ヾ、_ヽ_ \ ヽマ     ああ、俺は、
     / i,´fハ     ,イ 仟心 X \\ \  \ ヾ/   俺個人が豊臣家に恩義を感じたから
     リ i. ゞソ    、_ゞン" K   ` 、 `ヽ、.\!    豊臣方に付いただけだぜ?
     i  !  (、           |i `Λ ヽ     ヽ!_
     .| 八  、_ __,       リ |ン\ \_ \ 入    毛利家は関係ない。
     レ': :ヽ  `ー='´      ノヘ|i 、 、ヽ、マ‐`ー    これは、勝永にも言えることだけどな。
         \ `     ,     |!: !ヽ `マヘ|
          ヽ、_, , '´     ノi;/  ヽi `
            ヾ!    _/: :∧:
             ヽ _ノ:.:.:.:.: :__,ゝ、
              ∨: :. :/ ̄___\_.
              _リ-ィ´ノ ̄//. .,r‐-、ヽ、
           佐野道可(内藤元盛)
         (さのどうか/ないとうもともり)

 慶長二十年(1615)、大坂の陣の後、豊臣方の残党狩りが苛烈を極めた事は以前にも述べた。
そして、その中に、毛利家の元家臣・佐野道可こと内藤元盛という人物がおり、
この取調べに、当時の宗矩が当たっていたのである。

61やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 23:14:15 ID:GIsVuTRs
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)        御子息二人にも話を聞きましたが、
.   |     (__人__)       確かにそのようですのう。
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ
   .l^l^ln      } `‐=   )  …佐野殿。
.   ヽ   L     }   ゝ-´   御子息二人は、口を極めてそなたを罵り、
    ゝ  ノ   ノ         無縁であると言っていたが、何故そこまで不仲になったのですかな?
   /  /    \      
  /  /       \    
. /  /      |ヽ、二⌒)
 ヽ__ノ

           ,.-‐∠     
          ,.-‐=ニ二^`ニ=、
       /,,、\ ヽ、`ヽ、\气、
        /,イ \;仆,斗‐、:ヾ、 卞、|
        |;;;{! _ .メfヲフヾ、ヽ!,、 ㍉! ヽ、    …なに、親子といえど、所詮は他人ってことさ。
        i ;i|fリ゙,  '"´  ヽrf )!=‐-込,   俺とてあんな息子ども、知ったことではない。
         | ;;i!´ヾ_,    Y´|ヾ=-‐、!
         ∨ム、`       イヾ、 ,、ヾマ    さあ、もういいだろ?
       ∨;心、_,. '´   |∨卞、jヾY   
         ヽリi|     !rヘリ/
           `リ=ュ、_,ィ彡、‐´         「…そうですな」
      _,. -‐='´、_ `ー'´ _`ヽ、.._ 
    ,ィ仔ュ、 ヽ弍  `  ´  _fオ\`ヽ、
   /シ´  / /⌒ヽ.  `;´ ( r┐) Yヽ、}
   レ'   iィッ、ゝTィノ    .:  ヽ;Y´く;ツ `!

 宗矩は、内藤本人への尋問の他、その子息二人も呼び出して尋問を加えたが、
それぞれの話は全て、

 「この度の豊臣方への参陣は、あくまでも元盛個人の勝手な行動であり、
  内藤家は勿論、主家である毛利家には一切無関係である」

 という形に終始し、そこから外れることはなかったという。

63やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 23:16:34 ID:GIsVuTRs
 かくして、彼らの言葉通り、この内藤元盛の一件については、
「あくまで元盛個人の独断」ということになり、山城国・鷲巣寺にて元盛は切腹となった。

            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

64名無しのやる夫だお2010/05/02(日) 23:19:57 ID:GIsVuTRs
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´   (…内藤殿。見事なものでござったな。
  |     `∩_ノ)━・'     最後まで、己の胸一つに全てを収めて逝くとはのう…)
.  |     |_ノ       
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)        …せめて、息子二人には、
.   |     (__人__)       何事もなければいいのじゃがのう…。
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ
   .l^l^ln      } `‐=   )
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;)
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ

65名無しのやる夫だお2010/05/02(日) 23:22:42 ID:GIsVuTRs

 しかし、そうはならなかった。

       :l゙                 | !  /;;;;;;;;;;;; /  /./         '″      .,l./        ,,ノン"  .フ;;
              _,,          !゙.,,.,i";;;;;;;;;,./  .iУ                             ,i'/ .,..r'";;;;;
   .i}′        / ;;,! .,      /;゙;;;;;;;;; /   .l″            ,ν         / /_..-'";;;;;;;;;;;;;;
   `           i";;;,/ /      /;;;;;;;;;;;;/                   il l′         _..-";;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.
           l /  ."、    / ;;;;;;;;;;/               _    ,,i!!″     .,..r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;.,,,r‐ー'″
          /./    l「    .../ ;;;;;;;;; /              ,,il″   .´     .,,./ ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;_ン'"
     .,i''l   .,〃    .〃 /  ./ ;;;;;;;;;./    .,.     _ /″           _/;;;;;;;;;;;;;;;;;,./ ´        _ン'
    ,lゾ  .〃   .,〃 ./  ,i";;;;;;;;./     ./     ,r'./     .,    ._/;;;;;;;;;;;;;;,,,./ ゛       . _,,-へ.iii
   .〃   ./l   、〃 ,ir / ;;;;;;; /    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  _/丶;;;;;;,ン'″    ,, ;;二二r‐''''、;;;;;;;.
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ / ;;;;;;;;;;;;l  .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'";;;;;;;;;;;,/゛  _,,,,,__ ,ir!'"       `'''″
  .il″ / ;;;;;/ ,ノ゙''゙,i彡'゙i/'";;;;;;;;;;;;;;;;;゙‐''"./     ,-/'" ,.. ;;/!"._./ ";;;;;;;;;;;.,./ _..-、., />'"゛
. ,i|′ ,/;;;;;;;;l゙./ ;;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'|  ,.il!ン''/...-彡 '',゙..-'";;;;;;;;;,..;;二―'",,/'!'"
// ./;;;;;;;;;iレ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; / .,. |/‐ンン'∠゙‐'゙´;;;;;;;;;;;;,i;;iU゙‐'''^゙゙''″         _..i
/r'";;;;;;;;;;; 〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'";;゙´,iテ '´;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;フ"      _,,,...i;;;;iv=ゞ´
;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'“;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /   __..;;メ`-ー'"゛            _,,.. -ー'''''゙゙''゙ ̄,゙/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i 彡‐''゙,゙.. /               ,..-''゙´;;,,..、;;;;;;;;;;;___,,,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,./ '´             _..- ._,,./ ;;;;_,,./   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,./ ″   ._,,,,_,,,..;;ニニ!゙彡''彡-‐'"゛        ‐‐‐'"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;./ ._,, ー'''゙゙´;;;_.. ;;ニ`- ゙゙゙̄‐'"゛
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_.. `-'''''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iiijj⊇....--‐',゙,゙,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,..r‐ '" ̄゛ . _..yrー''“''''"    . _,,.. -;;ニニコニ;;r‐
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_..-‐'' 二ニ  ―ニニ`-'”'"゛     .,_iiir=`-''''"´

 元盛とは無関係であると判断され、一時は家督を継ぐ事も許された嫡男元珍(もとよし)、
その弟の粟屋元豊(あわや もととみ)も、その後、毛利輝元の命により、切腹となったのである。

67名無しのやる夫だお2010/05/02(日) 23:25:24 ID:GIsVuTRs
              _________
            /       'r r.r.r.i
           /        | | | | |   なんということじゃ…。
          /     u  .ノ.ノ.ノノノ  こうも後味の悪い話になるとは…。
          ハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ
         / (-)(- ) .(    l ヽー―ー-、
        /  .(__人___)  ム   イ    r    ヽ
         ./   / ヽ`⌒´   |   .l    /     、 l
      /    /  八_ 、__ /l   |   ,'      l  l
    .  /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l
      /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l
    /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
   ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l
    ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ
                 ', |     /         ,'
                   ト、   ノ          ノ

 これは、毛利家と元盛の密約が露見する事を恐れた毛利家が、
そのことを知る元盛の息子両名の口を封じる為だったとも言うが、詳細は不明。

 この毛利家に関わる一連の事件を、『佐野道可事件』という。

69名無しのやる夫だお2010/05/02(日) 23:27:40 ID:GIsVuTRs

        / ̄ ̄\
      /      \
      |  _ノ  ヽ、_ .|
      |  (-)(-) |   せめて、遺族に一筆くらい送っておくかのう…。
      |  (__人__)  |
    .  ヽ  `⌒´  ノ
      ´ ヽ     ノヽ
   /´           `\ カキカキ…
  /  /          l  l   .___
__l  l_¶______/_/__/     ヽ
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l
   | - - - -. | '''..--  |   l二二二二l:::..
   |   ..''  |  ''-.  ,|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 後にこれを知った宗矩は、元盛の兄・宍戸元続と、都野惣右衛門の両名に、
元盛の息子二人の切腹を悼む旨の書状を送ったという。

 =回想終了=

70名無しのやる夫だお2010/05/02(日) 23:29:47 ID:GIsVuTRs
             _,. ------- 、
           /::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
         .〈::f `ヾ;;/ ̄ `):::::::::::::',
          〉ヽ::、 _;;;ヘ {:::::::::::::::::',
         ,'::| ゞta゙ ィ=tテア;::::;r‐、::::l    …それは、後味の悪い話ですな。
         .,'::::! `¨:i   ̄´ l::::{b゙ノ::::':,
        .,':::::::', 〈     ll:::トi:::::::::::::,
        i:::::::::::、 _   ,!:::l:::::::::::::::::、
        i::::::::::::::ヽ ̄ _,.ィ' |:::j::::::::::::::::::::\
      __l:::_::::::::::ヾ---'"´=-----‐‐‐‐-、
     /:::::::::::::::::::::::::://\ 〉:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::::::::::::::l=l /=/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l


   / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_
 |     (●)(●)
. |     (__人__)        まったくの。
  |      `⌒´ノ ) ;;;;)   そして、これは表では言えぬが…
.  |         }  .) ;;;;)   あの時、元盛殿が豊臣方に付いたのはな、
.  ヽ        }  /;;/   どうも甲斐守様も一枚噛んでおられたようなのじゃ…。
   ヽ     ノ  .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'  
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

71やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 23:32:15 ID:GIsVuTRs
          , --  .
.         /     `ヽ.
         /  ,ノ⌒V⌒) }
.        / (_,代=ャミYァム!       なんと…!
       / /^V }  _j / |      父上、それでは、先ほどのお話の黒幕は、
.      / く__, V (^ .イ リ\     甲斐守様と…!?
.   , ‐=≠=彡' \}千V r' ,, =≧ 
   /         ハ彡ヘ V=ミ      では、そのような方が、この度、
.  /          i=彡ヘ  L    また暗躍しておられるということに…!?
 /           V=彡}  ,ハ
./             V//   ∧
i               fj    ∧
/7⌒Y_                  >x._   ,. -v-、
! LとT 「 ̄ ̄ 〉                 ̄ 7 r=UミY


   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/    …左門、そう声を荒げるな。
. |    (__人__)  l;;,´     これは戦国の習いじゃ。
  |     `∩_ノ)━・'    
.  |     |_ノ          それに、このような大事、
 /ヽ    |  |_         甲斐守様の独断で済むわけもなかろう。
 |  \_/ ノ ヽ         まず当主たる輝元様の御指示あってのことに違いあるまい。
 \     /_|  |      .  それに、長門守様とて知らぬわけなかろうよ。
 | \ /  _/

72やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 23:35:24 ID:GIsVuTRs
        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |    とはいえ…。
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


    / ̄ ̄\
  /:::::::⌒ ⌒\      元盛殿も、その子息二人も、
  |:::::::::(●)(●)|    毛利家を守らんがために命を絶たれたのじゃ。
 . |:::::::::::(__人__)|    なればこそ…甲斐守様にも、
   |:::::::::::: `⌒´ |    そのことをよく心掛けて頂かねばな。
 .  |::::::::::::::    } 
 .  ヽ::::::::::::::    }     では、左門。
    ヽ::::::::::  ノ      父はこれより城(二条城)へ出るでな。
    /ヽ三\´ 
    |:::::::::::::::: \     「ははっ…」

73やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 23:38:13 ID:GIsVuTRs
 その後、毛利本家よりの依頼を受けた宗矩が、
登城後、土井利勝・酒井忠勝の両年寄に何を話したかは定かではない。

        / ̄ ̄\
      /:::: ⌒ ⌒\
      |:::::: (●)(●)|
     . |:::::::::::(__人__).|
       |::::::::::::::`⌒´ |
     .  |::::::::::::::    }
     .  ヽ::::::::::::::    }
      //⌒)⌒)⌒) \  /⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

       _.. -= ' ´  ̄ ` - .,_                            __,..__
     ,r'",,;;  ,;;;; ,,;;;  ,;;;;;;;;;;,,ヽ、      .           _,.r-‐¬≡三゙:::::::::..`''..、_
    / ;;;,  ,,   ,,,,,;;;;;;;;;;;;;; _ ;;;;;, ヽ                /./.r:::::::::::::::.\:::::::::::::::::...丶久f:}
   ./;; r- ...,__  ,.. -y ヽ  ̄`i ;;;;;;,,ヽ,     .         /.::;/..:::i.:::::;、:::::l;:::::..ヘ::::::::::::::::::::::i} l:::1
  ,i ;;; l  / ノ ~l;'~       l ;;;;;;;;;; i    ..        /..:::::;il.::::;l..:::::;;;l::::|;;i::::::..}::::ノ;::::::;ィ'^|} |:::|
  i ;;;; i __, ...、 ! ,.- ., ___  .v ;;;;;;;; l    .       |ハ::::;;i|.:::;;|..:::::i;;ト;:lレl∧:ソY;;;;::l:::::::::/;li l::::l
  !, ;; i'-,- '''ヾヽ  ~`r' ー=-~` i r- 、i     ..        ! {:;;l{:∧ハ.::::lv_.二ニ=‐|;;;;i::l:::/;;;;l}l.|;:::!
   ヽ、i 'rーu-,i l   t'~"uー,.   l,lr' ll    .         `!i{‐-_、ヘ:::}´ィr;z=ャュ |;;;;l:|´ };;;;;;l};l.li;::1
    i, i ヽ、_,/,i   ヽ, -'"   リ j i               l;;;i《屯ハ ヾゝ `¨´ " |;;;;l:| , |;;;;;ノ;;|.|l::::!
     i     l :::.      ..::::  ,/    ....        l;;;l;l"  ,   `     |;;;;|:|_,ノ:ソ|;;;;l.|;i:::!
      l    i_ ヽ     ..:::::: r'"-.,_   ....        |;;;;l;{  /          !;;;il:l |'" |;;;;l.|;;l::1
     i   ..,__ _ _、 ::::::::: i ヾ\~"ヽ          |;;;il人 `ヽ       ノ;;;ill:l l  |;;;;l.l;;l:::|
     ,._,-'"-' ~`二  '"  :::::: ,y ,i ヽ,  .....        '" ̄¨ゝ マ三>   ,/"¨´ ト、. 1;;;l.l;;;l:::|
     ~_.ヽ    ''    ..::: ,-'" i   /i   .            ヽ "  ,.ィ    / ヘ;;;;l.l;;;l::::!
  _,.-=' /, ヽ、      ,.-' ,'  ,r  ,y l    .              ` -<    /    ,/ミミゝ;:!,.
- '"   / i l丶,-ヽ- ='"  ,'  /  ,'  i  ....           _,=≡/ 人  /´   /ムホfヲ苑盆z、

74やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 23:40:55 ID:GIsVuTRs
 そして、閏七月十六日朝、二条城…。

.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i
ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ
ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ
ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ
ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ
ヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ソゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞ

75やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 23:42:37 ID:GIsVuTRs
 定例の拝謁日である前日十五日、明朝再び御用がある、ということで、
毛利秀就は指示通りに登城したのである。

                   __,..__
           _,.r-‐¬≡三゙:::::::::..`''..、_
          /./.r:::::::::::::::.\:::::::::::::::::...丶久f:}
         /.::;/..:::i.:::::;、:::::l;:::::..ヘ::::::::::::::::::::::i} l:::1
.        /..:::::;il.::::;l..:::::;;;l::::|;;i::::::..}::::ノ;::::::;ィ'^|} |:::|
       |ハ::::;;i|.:::;;|..:::::i;;ト;:lレl∧:ソY;;;;::l:::::::::/;li l::::l
.        ! {:;;l{:∧ハ.::::lv_.二ニ=‐|;;;;i::l:::/;;;;l}l.|;:::!
         `!i{‐-_、ヘ:::}´ィr;z=ャュ |;;;;l:|´ };;;;;;l};l.li;::1      長門守殿。
          l;;;i《屯ハ ヾゝ `¨´ " |;;;;l:| , |;;;;;ノ;;|.|l::::!     本日お呼びしたのは、上様より毛利家への
.        l;;;l;l"  ,   `     |;;;;|:|_,ノ:ソ|;;;;l.|;i:::!     御朱印を与える為です。
        |;;;;l;{  /          !;;;il:l |'" |;;;;l.|;;l::1 
        |;;;il人 `ヽ       ノ;;;ill:l l  |;;;;l.l;;l:::|      そして、こちらがこの度の御朱印の判物です。
        '" ̄¨ゝ マ三>   ,/"¨´ ト、. 1;;;l.l;;;l:::|      どうぞ。
.            ヽ "  ,.ィ    / ヘ;;;;l.l;;;l::::!
              ` -<    /    ,/ミミゝ;:!,.
           _,=≡/ 人  /´   /ムホfヲ苑盆z、
         _,xl盆fホ/  /`  /∧   /      ̄`ヽホミz、_
        ,xタ壬シ'¨く_  ヽ.//タ ゝv´   /    f ´     }

     //|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:lハ
    //l|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:ハ   
    //:l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:ハ  
   ///|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:∨
   |l:l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|/|:|:|/|:|:|:|:l/Ⅵ:|:|:|:|:|:|:|:|:l 
   |l:l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|∧:| |:l/ |:|:|:/   Ⅵ:|:|:|:|:|:|:l  
   |l:l:|:|:|:|:|:|:/|:|:l/_\|/  .|:|/    Ⅵ|:|:|:|:|:|  
  ノリ:l:|:|:|:|:|:|/ |:|/ ,-、ヽl\_, |/     ノ|:|:|:|:|:|  
 > イ⌒|:|:|:|  l/ じ! ノ〉 乂 ー ,ニ二、 |:|:|:|:|:|    はっ…。
 ̄ノ八ヽ∨|:| │ `  .′  l   iJ  〉,l:|:|:|:リ|   
  ̄\\ V:|         il|  ` ー ´ //|:|/     (け、結局、どうなった…?
    \\」  u.      , 」    / l/l/       今までの感触は決して悪いものではなかったが…)
 /   ヽ ',                 / l/  
/      Vl       ──`   イ l'  
       l l 、          /〃 l'    
        l│ \        /´ //  /
        | |、  ヽ丶-イ /  //  / 
        | | ヽヽ /`二 ´ </ /

76やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 23:46:50 ID:GIsVuTRs
    ,, -―――
   〃:::〃::::::;;、:::::::::::ヽ
    Yア( ̄  {_:::彡::::|
    {{;ィ..::ャ=ミ ヽ::r:、|       …長門守殿、
    代・} 弋・フ / ^}リ       この度、上様がお認めになった毛利家の所領は、
     ';::.:L .:::  {  r〈       防長二国、三十六万九千四百十一石ですな。
     ';t‐ェェタ  イ >、_
      i:::二  / // \     つまり、今まで通り、ということですよ。
       `ー</ /o\  \  よかったですねえ。
        rヘo// ̄ ̄:.::\∧
        ∨//.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽハ
        /7ロ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.} _}
         { |圦:.::.::.:.::.::.::.::.::.::.::「 |
        V |.:}ヽ.::.::.::.::.::.::.::.::. く|
         {ノ:ノ ハ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.}
         Ⅳ   ∧.::.::.::.::.::.::.::.::.:}
         }リ / 〈.::.::.::.::.::.::.::.::.::}
        くく   〔.::.::.::.::.::.::.::.::.:{

 /:l:|:|:|:l : : : : : : : : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:l:\
/ :l:|:|:|:|:l : : : : : : : : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l: \
:l:|:|:|:|:|:l: : : :l : : : : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:|:l:|:|:|:l:∧    
:l:|:|:|:|:|': : : ;l:l : : : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:|:∧:|:|:|:|:l:|    
:l:|:|:|:|:l : : ;l:|:|:l : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:l/‐-Ⅵ:|:|:|:|   
:l:|:|:|:|:l: : ;l:|:|:|:|:l : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:/ , f「 Ⅵ|:|:|:|    
:l:|:|:|:|:l: :;l:|:|:|:|:|:|:l : :l:|:|:|:|:|:|:|:/ │||  l:∧|:|   
:l:|:|:|:|:| ;l:|:|:|:|:|:|:|:|:l :|:|:|:l:|:|:|:|′ ヽ′ ノ│|:l       い、今まで…通り……。
:l:|:|:|:|:|;l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l::|: 〃Ⅵ:|:|        V    
ヾl|:|:|:|:|:|:|:|:l( 〈⌒∨   Ⅵ      ,. 冫     
  Ⅵ:|:|:|:|:|:|:|:l\_     u.       /
≦l:|:|:|:|:|:l:∧ ∧/∧          __ ノ
 ̄ // ̄ | ′   丶      ∠7 /
       ノ        \     /
     /     │    > 、_ノ
   | ̄\     │  /
   /> 、 \___〈
 ∠二  ̄ヽ ___ |
/ ̄ 〃 ̄ ̄\     ̄\
  //        \       \

77やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 23:49:36 ID:GIsVuTRs
     //|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:lハ
    //l|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:ハ   
    //:l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:ハ  
   ///|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:∨
   |l:l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|/|:|:|/|:|:|:|:l/Ⅵ:|:|:|:|:|:|:|:|:l 
   |l:l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|∧:| |:l/ |:|:|:/   Ⅵ:|:|:|:|:|:|:l  
   |l:l:|:|:|:|:|:|:/|:|:l/_\|/u |:|/    Ⅵ|:|:|:|:|:|  
  ノリ:l:|:|:|:|:|:|/ |:|/ ,-、ヽl\_, |/     ノ|:|:|:|:|:|     (よ、よかった…本当に…!)
 > イ⌒|:|:|:|  l/ じ! ノ〉 乂 ー ,ニ二、 |:|:|:|:|:|  
 ̄ノ八ヽ∨|:| │ ` 彡′  l   iJ  〉,l:|:|:|:リ|    あ、ありがとうございます…!
  ̄\\ V:| J       il|  ` ー彡//|:|/     これからも、上様の御為に働く次第でございます!
    \\」         , 」    / l/l/  
 /   ヽ ',  u               / l/  
/      Vl     ∠二ニハ 〉    イ l'  
       l l 、  イ厂⌒∨l  /〃 l'    
        l│ \ ハ   |ノ / //  /
        | |、  ヽ丶-イ /  //  / 
        | | ヽヽ /`二 ´ </ /  
        | |  ∨ / /´ //    
       / /  |/ /  /

               _,,.. ._
            ,r;';;;;;;, _,..、`、        …なぁに、貴殿の主張が認められたからですよ。
           i´_,.. - ' _゙、,ヽ      甲斐守殿には気の毒な事になりましたけど、
           l゙、 ,.、 '´rニ,゙v i .     .これを気に、もう少し関係修繕に努められてはどうですかね?
            ヾ iャ'j; `  i' r'~ヽ,ーュ: ; _
            ュ'ヘ ヽ ' _,  i .! .i !`ー┴-ニ`y、   
         ,.r'´;l´::.:..ヽ, '´.  / ! .l, :::.:.:.:.:.::: }' i .   
       _,.-'~ヽ l ::::.:.:. `!ー '" ry'`ーi ::.:.:.::::..: l  r,!   
    ..,.-='´   `、゙、,l ::::.:.:.:. l .`t-r'  i ::.:.:.::.:.:: l リ !    
   / `ヽ,    ヽ l :::::.:.:. .i 冫l '",i .:::.:.:..:.:. l ,  i,
 .,rー'ュ、 ゙,  _, -=' ト-t_ :.:. \_⊥-' :.::.:.:.,..._,./  ,7 `;t 
. ,ヘ.! i^,.`i /' ~ .   loj :.:~`rー '"~  ̄ ̄l oj l ;'     l 
ヾ、」y' _r' ´      .i´、:.:.:∫::.:.:.:.:. .:. :.: , `´ `t ..,_   !
. `7,' ´         _,l._ ` ! :.:::.:.:.:. :. :.:. :.:. :.:.: { l,  `  `i

78やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 23:51:14 ID:GIsVuTRs
    / : : / : : : /: :./  決 .家 .:
    ,': : :, : : : : /: : :i   .め 中 そ
   i: : :/: : : :∨: :.イ|    た .と れ
   |: :,': :イ: :/ヽ:/ }:|   く  相 は
   |: !: 川: :i: :/\|:',    .: .談 ま
   !::|: :|: |: :|:/、 ,,|::∧    の た
   |:ハ: !: |ハ:{`‐-‐レ  \   上
   |:{ヘ:|: |∧!    i  \ .で,   イ
   !j ヾ:.!:|         )ノ ̄ /〃ハ
      ):|ヽ    r- 、    /: :ト.、
     ∠ヘ:N::.\  ⌒   イ: :|ヽ{⌒
        )ノ| ` 、_ ,  {ヽ{
        ィ「∨      _Ⅳ7
      //   ̄∧    ∧  〈 ` ‐


      ,ゝ:;:l´    i::::::::::::::::::::::::::::::::::i
     '´ /l (     ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::l
       ! | ヽー‐-‐   `i:::::::;;::::::::::::::::::l   (…こりゃ難しそうだねえ…)
 :: ;;; ,,    l        !:/´`ヽ:::::::::::::|
  :::;;;;ヽ   l ミ=-‐'    ,'   l::::::::::::/
   ヾ::::::)  l       i ー-‐'ヾ:::::::く
   ノ;::ノ   「       '     〉;;;,-‐L
   ヾ::)   ヽ-┬┬ ' >     ./く    \
     ゙・━  ゝ┴┴ '   ,/   ヽ、
          ヽ__,,,..-‐ '´ /    | ヽ-‐ '´

 こうして、この朱印状改に切っ掛けにした毛利家の一連の騒動は、落着したのであった。

79やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 23:53:25 ID:GIsVuTRs
 その後…。

 /:l:|:|:|:l : : : : : : : : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:l:\
/ :l:|:|:|:|:l : : : : : : : : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l: \
:l:|:|:|:|:|:l: : : :l : : : : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:|:l:|:|:|:l:∧  
:l:|:|:|:|:|': : : ;l:l : : : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:|:∧:|:|:|:|:l:|  
:l:|:|:|:|:l : : ;l:|:|:l : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:l/‐-Ⅵ:|:|:|:|  
:l:|:|:|:|:l: : ;l:|:|:|:|:l : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:/ , f「 Ⅵ|:|:|:|  
:l:|:|:|:|:l: :;l:|:|:|:|:|:|:l : :l:|:|:|:|:|:|:|:/ │||  l:∧|:|     但馬殿!
:l:|:|:|:|:| ;l:|:|:|:|:|:|:|:|:l :|:|:|:l:|:|:|:|′ ヽ′ ノ│|:l    この度、我が毛利家が無事だったのは、
:l:|:|:|:|:|;l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l::|: 〃Ⅵ:|:|        V    .但馬殿をはじめ、御歴々の御理解の賜物です!
ヾl|:|:|:|:|:|:|:|:l( 〈⌒∨   Ⅵ      ,. 冫 
  Ⅵ:|:|:|:|:|:|:|:l\_             /     この長門、あらためて御礼を申し上げたく…。
≦l:|:|:|:|:|:l:∧ ∧/∧        丶__ ノ    
 ̄ // ̄ | ′   丶         /      
       ノ        \     /      
     /     │    > 、_ノ
   | ̄\     │  /
   /> 、 \___〈
 ∠二  ̄ヽ ___ |
/ ̄ 〃 ̄ ̄\     ̄\
  //        \       \

          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (⌒)(⌒) .|
        !  (__人__)  |    いやいや、これも長門守様の主張が正しければこそで…。
          , っ  `⌒´   |   それに、御家中にもよい臣がおられたからかと。
       / ミ)      /  
      ./ ノゝ     /    (…えらい喜びようじゃのう…)
      i レ'´       ヽ
      | |/|      | |

 毛利秀就は、主だった幕閣のところを次々に訪問し、御礼を述べて廻ったという。

80やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 23:55:35 ID:GIsVuTRs
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´   …やれやれ、長門守様もお帰りになられたし、
  |     `∩_ノ)━・'   これでこの件は一件落着、というところじゃの。
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_   
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/

<ドタドタドタ…!

       / ̄ ̄\
      \ /     \
    .(●)(● )   .|
     (__人__)     |     なんじゃ、この足音は…!
     .(`⌒ ´     |    何事じゃ!?
     {         |   
      {        /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ

81やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 23:57:10 ID:GIsVuTRs
               _.. -ー'''''''―-..,,,                        、_ハノ_ハノ
             /゛         `゙''ー ..,,,,,,__、    \ \、_ハノ_ハ ).'
           ,i'゙,,....,,,、                ,,,,.....,,..二T" ヽ\).',..、
        i./    `''、                  `'';;;;;;i、 /
       ,!l 夢>   i'i|.゙l ,               `'- ヽ,)   何が何事じゃこの長饅頭めがッ!!
       l:|.`.゛ ./´゙7i}゙'、                ) )   .
          !l,,_  l / '´   ...}               /`ヽ   この俺が降臨してきたやったわーーッッ!!
        .',_/       / !                /..l_)  
           l ._i、 ,、ヽ !;:;:;ヽ              /   .l,)   貴様に今一度不動智をブチ込んでくれるわッ!!
            l. i-'" ゙',/ l;:;:;:;:;\  _,,,,.............../ !    /-、 
            リ',、  .l゙''、|;:;:;:;:;,ノ゙ /   .,.‐',   l    .,ソ/ヘ '"
             '!|.l.  / .゛', ;;l" /   ., /  l,  .',  //  //7/ヘ /l ト、 |\
             _,.l,', ;;,'-'./ ゙./  _,,,/  !  ..l  ,ゞ゛       ,/ _____V__ | l ヽ|
      ,./ '"   ゙''" / , ''"'''"| / .l   l   .l./
     i'"    ./ ./ /   ., '~',  .l   ! / ;',
   _..-'"゙゙フ'./ / ,/   ./',  .',  .l /;:;:;:;:;:|
 /゛  イ゛,/./ ,/   ,,-',  .l  .', _ '";:;:;:;:;:;:;:;:;|      .、  ,
   , ',゛i!〃゛ /   ., ''.l  ',  .l ,,ミ'゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:',゙''-、、   ゙',ゝ、,.l,
 ,..┴-iフ" ./   ._‐{  . !  ', ._ノ'l丶;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|   `''' !./ -',、`′
   / /   .// l  ', .,ゞ゛  !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: !     . ゙'- `'
 / . /   .,,/゙l゙ .!  .l ._ソ"    .l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: !
   /   ., ''l'7 !  ヽ,,,,','"|      ',;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
 ./  .,-{..,i,' |  ′    .l_      !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!
: '.l.,,i'゙.l |i./ .ヽ      .',,'',、     .l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
..ィ ! ', ',`'、.      _,,,',. ゙リ..,,,_   !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
 ', l  l..,ノ'´ `'-、 .,,...../   ゙'イ;:;:;:;:; ゙゙̄''゙‐' ..、;:;:;:;:;:;:;:;!
 .l .!/      `'-,, \,ノ゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
 .,','----.... ......,,,,,_、  `'く、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.!
. ゛―----........,,,,_、 .`゙''''ー-ミ;;ッ、,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.!
 ------ ....,,__ .`゙"'― ..,,、.゙/゙'''-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l゙
 ー''''''''''''―-..,,_ ゙゙゙̄"'''ー ,,, ./゛    `''ー ..,,,_;:;: /
             `゙'''‐    ~
         禅僧:沢庵宗彭
        (たくあん そうほう)

83やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/02(日) 23:59:17 ID:GIsVuTRs
   / ̄ ̄\  て
 /   _ノ  \ そ
 |    ( ○)(○)
. |  u  (__人__)     お、和尚!?
  |      |r┬|}    な、なんじゃ突然…!?
  |   u.  | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

                               
                ,. '"´三二二三`ヽ     
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ    
              /   /    夢     ', ヽ   
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  /
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)   何が突然かっ!
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  .散々飛脚を飛ばして呼びおったくせに、
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ   今更驚くとはどういう根底じゃ!
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)    まだまだ修行が足りんぞ、但馬ッ!!
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/

85やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/03(月) 00:02:10 ID:RjHlIp1.
             て
    /      \ そ
   /   /   \  ヽ    と、殿!申し上げます!
   |    ./\  u |   只今、沢庵和尚が当家の裏口から入られたと…ああっ!?
   ヽ   / ̄\  /
 ,,.....イ.\       /
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ 、
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   ||
     柳生家家臣
     山中忠兵衛
  (やまなか ちゅうべえ)

   / ̄ ̄\
 /    \ /
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    遅いっての!
  |      |r┬|}   もうとっくに入っておられるわい!
  |   u.  | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    |       ̄   ´

86やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/03(月) 00:04:19 ID:RjHlIp1.
      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |
.     |      (__人_)     しかし和尚、来るなら来ると言ってくれれば、
     |      ` ⌒ノ    いくらでも出迎えの準備をしたというに…。
      |        }
      ヽ u      }
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |     フン、出ると決めてすぐ出てきたからな。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    それに、相変わらず貴様は忙しそうじゃったからのう。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|    現に、今、入れ違いで屋敷を出たのは、
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ    ありゃ毛利家の当主の駕籠じゃないのか?
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (⌒)(⌒) .|    ははは…和尚にはかなわぬの。
        !  (__人__)  |   しかし…
          , っ  `⌒´  u |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´       ヽ
      | |/|      | |

87やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/03(月) 00:07:39 ID:RjHlIp1.
     / ̄ ̄\
   /    \  /
   |    ( ●)(●)   
.   |     (__人__)    こうして、出てきてくれたということは、
    |     ` ⌒´ノ   ようやく決めてくれたのじゃな?
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }     上様の御前に出ることを…!
    ゝ  ノ   ノ   
   /  /    \  
  /  /       \    
. /  /      |ヽ、二⌒)
 ヽ__ノ

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |   
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |    ………。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

88やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/03(月) 00:09:39 ID:RjHlIp1.
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ', 
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |     …但馬。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    俺は、今でも幕府には好意を持っておらん。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    .今回の件は、あくまで貴様や堀丹後殿、
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ    それに、天海僧正への義理立てに過ぎん。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |     それでもいいなら、上様の御前に出よう。
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     なに、構わぬよ。
  |      `⌒´ノ    今回はそれで構わぬ。
.  |         }
.  ヽ        }     …それでは早速準備をせねばな。
   ヽ     ノ    
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

89やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/03(月) 00:12:05 ID:RjHlIp1.

   / ̄ ̄\
 / \  / \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |     (さて…この和尚と、上様を逢わせることがどう出るか…?
  |    `⌒´  ノ     いや…!なんとしても良い方向に向かわせてみせねば…!)
.  |        }
.  ヽ       }
   ヽ     ノ    
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

 かくして、毛利家の一件が終わった直後、
今度は、沢庵和尚との一件が始まったのであった。

 「御世替の御上洛」に絡む物語は、まだ続くのである…。

90やる夫で学ぶ柳生一族(その34)2010/05/03(月) 00:12:34 ID:RjHlIp1.
                                    ,.....-―――.---....
   , -―‐-. 、   __,.. -―――-. . .__       __,...イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ.
  / ´ァ―ミ. 、ヽイ: : : : : : : : : : ヽ: : >ミ丶.    >.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.、:.:\   、  ヽ
 i: :〃: : : : ヽ:l :}: : :,: . ./  / .  l ヽ  `.ーヽ- ´7´:.:.:.:...  ヽ  ヽ. ヽ.、 ヽ ヽ....:.:ヘ
 |! {!: : : : : :ノノ:リ/:/ //_:/ム/! l l.|!l !. i . .ヽヽ}   //:.:.:.:.l.:ト, .--:\:.:.弋 Tト:.:ト:.|l|:.:.:.:.:.ト   ヒロ「ねえ、今度は私の出番、あるかな…?」
 ,>、`: ==':彡イ!: |:,.イ:/_//ノ }/:.リ T トl l i ヽ乂 /イ:!:.:.:.:.:{イ__丶ト、:.ヽ:.:.},>zミヽ!:!:.:|:.:. {
.(: {: 77テチくヽ从:イVァ 7丁ヽノ';/ノムミ }|!:|: l:|lハ  lイ!:.:|:|トl/l:丁ヽ 丶 rヘ{_:::しi}`}:.:.: ト.:リ   沙英「…あったらいいよね」
 }人{ミ:`ヽくリ:{ ヽ〈{...:::ー1 /'´  /(_jⅥ/l:.リミ)fY1 |{:.:lト! r十::ートir==.「 廴z.リ}j:.:.:.:ハl}′
   ノノヘ}ノ《:八`:ト、廴zツ      ヒ::リ }/リ}ノ):ノ/Yヾ. ヽ:ト}:{!_ゞ≦ノ,  廴__,リ:.:.:/.ノ
   (ミ:くノ<ヽニミ、;ヽ xxx    丶xx`7ミ〈ミフ//^「.{!   |从 xxx  、 __ノ xx ノ:.:/イ′
   〈:く´てr’ ,.イ´}ソ    ` ー '   ノ-}:.リ j/!「1 {ヽ    ヽ>、... __ . 彡/イ′
   ノ'′   廴く ` ミ z--z._ チァ廴く  | 'ノ| ! i    `{,ィ7:7、}‐ ´  ,.斗‐ 、
       /ァ,、メ\  `71ト\ ト.` く(. |  |  |    / |/:/{{/ {  /:, < ヽ:ヽ
      ///  \\ヽ∧ム!ヽ:ヽ|       !  |  {、   |l〈:.:{‘7く 〉':.:/ /⌒ヽ}
     /´ ̄ ̄ `ヽヽ.ヽ ヘlト、_}:.ノL   ,.ィァ′ .ノ、  }ヽ.  { /:ヽ/'l|〈、:./ /     i
      {       V;斗‐ |! ヽ゚ヽ {./ !  /l  ト、 |  \//:./':.:l|`:ーヽノ      }
     ヽ.    ` ー ヽ:ヽ:.:|!:ハ〉:/{   ヽ /ト.j {/|〉′  } ヽ:.:.:.:.:.lj:.:/:.斗 '      /
      {\       ̄}、:.:.:ノ  、   ヽ.|/  V    /  \、:.:.:.{「       /}
        lヽ.\      `ブl    ヽ   フ   \.  /     `i:ノ′       /:/
       ヽ `¨\    / /|     ヽイ       ヽく       |ヽ`丶   /:.:{

                                     __ __¨ ./
                                       _)  _) \

関連記事
[ 2018/03/09 08:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する