やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その35「十兵衛と沢庵」

75やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:05:40.44 ID:0ne7VFk0
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレです。

【今回のメイン柳生 : 柳生但馬守宗矩(やぎゅう たじまのかみ むねのり)
            : 柳生十兵衛三厳(やぎゅう じゅうべえ みつよし)】

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |        柳生家の当主にして幕府惣目付、
. |  (__人__)  |        そして徳川将軍家剣術指南役、柳生但馬守宗矩だろ。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;).  常識的に考えて…。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )     柳生家の嫡男、
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\    柳生十兵衛三厳だお!
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈 `ー´   _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

78やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:08:37.26 ID:0ne7VFk0
【寛永十一年(1634)時の柳生一族系譜】

  大膳長永
     :
  <柳生家>
     :
    ├─────┐
  柳生永珍   中坊源専
     :
    ├─────┐
    家厳      重厳
    |    (七郎左衛門)
    |     (松吟庵)
    ├─────────────────────────────────────┐
    宗厳                                                     妹
  (新左衛門)                                                    .|
   (石舟斎)                        【江戸柳生】                  <幸徳井家>
    ├───┬───┬────┬───────┐                        |
    厳勝   久斎   徳斎     宗章          宗矩                       友景
  (新次郎)             (五郎右衛門).     (又右衛門)                     .|
    |                            (但馬守)                       |
    |   【尾張柳生】                   |                         |
    ├────┬────┬────┐        ├─────┬────┐         |
    純厳    利厳.     妹     厳倚      三厳      友矩     宗冬      .友種
   (久三郎)  (兵庫助).         (権右衛門)   .(十兵衛).  (刑部少輔)  .(主膳)
           |                   (幼名:七郎)   (左門) (幼名:又十郎)
           |
           ├─────┬────┐
          .清厳      利方     .新六
        .(新左衛門)  .(茂左衛門)

79やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:09:16.00 ID:0ne7VFk0
【第1部(その1~11)のあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の領主、柳生新左衛門宗厳は、上泉伊勢守秀綱創始の新陰流の正統を継ぎ、
後に名を石舟斎とあらため、その剣名を天下に上げた。
しかし、長男新次郎厳勝の不具廃嫡、豊臣家による所領の没収、
新次郎の長男、久三郎純厳の死など、柳生家に辛く重い苦難が襲い掛かる。
だが、徳川家康の招きに応じ、「無刀取り」を以って家康に指南を請われた際、
末子・又右衛門宗矩を推挙したことで、再び柳生家にも光が差す。
その後、関が原の戦にて徳川家に味方したことにより、柳生家は旧領を回復、
更に家康が幕府を開いたことで、宗矩が将軍家剣術指南役となり、
柳生家、そして柳生家の新陰流…「柳生新陰流」は、一気に繁栄の路を進む。
そして、柳生家の家督を宗矩に、新陰流の正統を兵庫助に継がせた石舟斎は、
慶長六年(1611)、78年の生涯に幕を閉じたのであった…。

【第2部前編(その12~24)のあらすじ】
 石舟斎の死後、宗矩は正式に家督を継ぎ、新たなる柳生家の当主となった。
またその翌年、柳生庄にて宗矩に待望の嫡男・七郎…後の柳生十兵衛三厳が誕生する。
そして、大坂の陣による豊臣家の滅亡、一代の英傑・徳川家康の死を以って、
戦国の世は完全に終りを告げ、新たな時代「江戸時代」が始まる。
その新しき世において、柳生家は将軍家指南役となった宗矩の「江戸柳生」、
尾張徳川家指南役となった兵庫助の「尾張柳生」の二家に分かれ、
宗矩は「坂崎事件」を解決するなど、剣術指南の枠を超えた才を発揮し、柳生家を発展させ、
兵庫助は新たな時代の剣、「直立たる身」の工夫を編み出し、新陰流を発展させる。
その後、時は寛永・三代将軍家光の世に移り、尾張においては後の柳生連也斎厳包こと新六が誕生、
江戸においては十兵衛が小姓を致仕するなどがあったが、その末に、遂に宗矩が諸大夫成を遂げる。
「柳生但馬守宗矩」がここに誕生したのである。

【第2部後編(その25~34)のあらすじ】
 晴れて但馬守となった宗矩だが、知己の禅僧・沢庵が紫衣事件で罪に問われ、
また自身も主君家光より難題を出されるなど、次々と苦難が立ちふさがる。
だが、寛永九年(1632)、大御所・秀忠の逝去によって赦免された沢庵より
「剣禅一致」を説いた「不動智神妙録」を受けた宗矩は、
真の大将の剣、『活人剣・治国平天下の剣』を確立することに成功、
これを家光に教授し、信任を確かなものにする。
その後、六千石への加増、「惣目付」への就任など
更なる立身を遂げた宗矩は、実直に役目を果たし続けるが、
寛永十一年(1634)、家光親政下の一大イベント「御世替の御上洛」の際、
次男・友矩が、家光より従五位下・刑部少輔に取り立てられる事態が発生する。

 友矩のこの立身によって、謹慎中の嫡男・十兵衛との関係、及び、
衆道的寵愛による立身に対する周囲の反発など、また新たな悩みが宗矩に降りかかるのであった…。

80やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:10:05.33 ID:0ne7VFk0
 寛永十一年(1634)、「御世替の御上洛」を無事に終え、
家光、及びそれに随身した宗矩・友矩も江戸に帰還した。

.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i
ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ
ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ
ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ
ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ
ヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ソゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞ

81やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:11:23.79 ID:0ne7VFk0
 そしてこの頃、家光は、
自身が目指す新たな体制作りのために様々な手を打っていた。
(これについては次回以降また述べる)

                   _,..-‐''''""~´ ̄ ̄ ̄ ̄~"'''‐-,.、
               ,.-‐''" ──‐‐''",.、.:.:.:.:.:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、
             ,.‐''"''''""~´::::::::::::::::::::::\\:::::::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙ ''‐.、
           ,.‐_  -───-   _:::::::::::゙''‐、''l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、
         ,.,  '´           `ヽ:::::::::::::~"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \
        /                 \:::::::::::::::::::::/"          .:.:.:. ゙‐、
      ,./                    ヽ::::::::::/               .:゙‐、
     ,./ __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ/~                  :`、
      ," ' 「      ´ {ハi′          }  l´                     ゙、
    ,". |  |                    |  |                         ゙、
    /  |  !                        |  |                          ゙;
   ,'  | │                   〈   !  __                    ゙;
  ,'   | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ::::::/                    :,
  ,i  /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !   ─ 寛永十一年          .i
  i   ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |::|    俺は天下(セカイ)を変革(かえ)る ─
  |  | | /ヽ!        |            |ヽ i ! ̄                     .i
  .l  ヽ {  |           !           |ノ  /                      .;
  :   ヽ  |        _   ,、            ! , ′   ., --、   i´!⌒!l  r:,=i      :
  ゙:    \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'.     .|l⌒l l   | ゙ー=':| |. L._」 )     :'
  丶    `!                    /.      .i´|.ー‐' |   |    |. !   l      .,"
   ゙,     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |.     |"'|.   l  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;/
   丶      |\      ー ─‐       , ′ !     i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
     `、.     |  \             /   |    │ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
     ヽ_ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-.|__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |   \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
       \....:.:.:  .:.:.: 徳川家光.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../
        ゙ ‐、.:.:.(とくがわ いえみつ).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::.......:.:.:.:.:.::::::::::::::::.:.:.:.:.:../
          ゙ヽ、.:.:.:.:.::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.,.''"
             ゙ ‐、.:.:.:.:.::::::::::::::::.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,..‐'"
               ゙ ‐:::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,.:-''"
                  ゙ ‐-  ,.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,. -‐'''"
                       ゙""'''''''‐‐‐'''''''""~´

 宗矩もまた、そのために働いていたと思われる。

83やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:13:31.91 ID:0ne7VFk0
 だが…

        _,. ----- 、
      /:::::::::::::::::::::::::ヽ ´_
     /:f`ヾ,,/' ̄):::::::::::ヽ
     {:::ト、  __,ヘ{:::::::::::::::::ヽ       …これは父上。
     ゙i:トta゙ ィ=tデ;:::;r‐、::::::::ヽ 
     ll`¨:i   ̄´l::::{b゙ノ:::::::::::ヽ
     l:', L    i:::トi゙´::::::::::::::::::ヽ
     l:::',  ー-  ll:::l l::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ll:::lヽ--イ :ll::::',l::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ll::::l ヾ‐'"´',i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.     ',::::',f´j__,.-'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',_,.-'゙
        ∨='7/:::::::::::::::::::::::::::::::::::_:r'"二´='"´
       /-'/:::::::::::::::::::: :: :: ::(__ ゝ-‐,"彡
.     //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノノ ̄´:::::∧
    / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(二二、ー─''")::: ::
.   //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::) r彡-'': :: ::
   レ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.-‐ニ´彡::::::::::::::::::::::::
  {:::::::::::::::::::::::::::( ̄´r‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
.  }:::::::::::::::::r‐二-‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        柳生刑部少輔友矩
   (やぎゅう ぎょうぶしょうゆう とものり)


         / ̄ ̄\
       /  ノ  ー\
       |  (●) (●)|
.       | u (__人__) .|    左門…いや、刑部。
        |    `⌒´  |   …今から上様のところか?
.        |        }
.        ヽ       .}
         ヽ     ノ
         /     }
         |      |
          |      |

84やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:16:26.55 ID:0ne7VFk0
        ,,.ィ''' ~~゙゙ ''''' - 、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;: へ ::;:::::`i
   /:::::::::::::::::::::::;:- 、:::::::/     \/
  /::::::::::::::::::::::::/ {ヽソ::::::|--- 、   |
./::::::::::::::::::::::::::::l 。`/::::::r'゙''x;;;:::::\_,. l
:::::::::::::::::::::::::::::::::`t'´::::::|   ~””“` {     はい。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::i゙::::::::|       _,|     これから中奥(※)の方へ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::;イ::::::::::|      __,.'´     
::::::::::::::::::::::::::::::/=!:::::::::::|     i´       
:::::::::::::::::::::::::::/=、,|::::::::::::lェ,,,___,l
::::::::::::::::::::::::/=、,ヾ!:::::::::::|
:::::::::::::::::::::/:::::::::::::|::::::::::::|

       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (- ) .   |
     . (人__)     |    …刑部。
     r‐-、    .u.  |   わかっておるとは思うが、気をつけよ。
     (三))   .   |   .山城守殿(酒井重澄)のこと、肝に銘じるのじゃ。
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|

 ※ 江戸城における将軍の居住空間。
  大奥に行かない場合、ここで将軍は寝起きする。
  そこに友矩が行くというのは…まあ、つまり「そういうこと」です。

85やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:18:29.81 ID:0ne7VFk0
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
          /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
         ./: : : : : : : : : : : :≧=≦: : : : : : : : : : : : : : : : i
       /: : : : : : : : : : : 〈     `ヽ: : : : : :,r‐'"ヽ: : ::l
        /.: : : : : : : : : : : : :l       \;:/   /: : : l
      ./: : : : : : : : : : : : : ノ__          _/: : : :/
     /: : : : :/二ヽ: : : :/__≧、_,,  、_/__i: : : /
    ./: : : : ::i r‐ハ l: : ::l ¨=廴ゞ='¨ヽヽ  ィt_ッ¨ブ/ノ      心得ております。
   /: : : : : ::l {r‐! l: : : l     ̄ ´   | ̄ ̄ /: i     では…。
  ./: : : : : : : ヽ、ヽj:: :: :l            |     /:: :l
  /: : : : : : : : : : :`¨´::: ::ll           、l   /:::::::l
. /.: : : : : : : : : : : : : : : : :jl            /   /: : : :l
/: : : : : : : : : : : : : : : : : /i \     ̄二¨   /: : : :/j
: : : : : : : : : : : : : : : : : //  ` 、        /-、_: //
: : : : : : : : : : : : : : : : // `ヽ、   ` ー‐ァ‐'"    ` ー 、_
: : : : : : : : : : : : : : : //    ` ーァ‐≦ト、         `ー 、_
: : : : : : : : : : : : //l      /   ハ l ',                `ー 、_
:: : : : : : : : : ://  ハ      {   } l  ',        _,.-‐'" ̄


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. | u.   (__人__)     …うむ。
  |     `⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

86やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:20:33.93 ID:0ne7VFk0
        _____
       /    .r┐ヽ「|
     /  r-、  | .| ./ l l゙l
   . / .__,ノヽ ゙、_,ノ '-' .|,,/ |
   |   (-)ヽ     ノ ´/    (十兵衛の奴と違い、左門ならばそう間違いはなかろうが、
    | u.     〉      〈_,,.-、   しかし、上様の勘気はいつ起こるかわからぬからな…。
    .|    (__人{         .r''´   周りの事もあるし、この先、どう対処したものか…)
    .|      ´⌒|    _,.-i'´
   . .{       l-‐'''''''ーl }
    {   .   |´ ̄ ̄``l }
     {      .|     |.}

 家光の、友矩に対する寵愛は相変わらずであった。
従来であれば、禄も低く、無官の身でもあったため、さほど問題にはされなかったが、
従五位下・二千石の身ともなれば、話はまた変わってくる。

 宗矩の悩みは増すばかりであった。

87やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:22:15.97 ID:0ne7VFk0

 そのようにして寛永十一年の夏は過ぎ、既に季節は秋になっていた。
そんなある日…

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||  .||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 柳 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 生 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``````````````````````````````` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


88やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:24:18.01 ID:0ne7VFk0
          .、'''ー'`'''''"`"`'ー、 
        /   ,,  ,,,// ィ ,,,rr )  
        {   |从 lll",,," llllj '' `'ー、r
       { 从从´´´从从从iiiiiii lll从 ll ,
       { 从从ll|||'''从从:::''''""/"jj  }
      {、-、|lllll|、,,, l|||l从;;;;/''"'彡シ   }   
      (ミ'ミ   ゙゙''' 、ィヽ)ヽ::  u '彡:シ }     殿、失礼致します。
      ミッ|      リノノ:::::::  ィ彡,,ノ,、}    先ほど、沢庵和尚よりの使いを名乗る者が参りました。
      { ミ}r 、_ {  "彡::::::''" ,,゙'' 、::j´、',  
        }::l|ー-、ヽ}_ O'"_,,、-''イ::ツ }jリ, リ     その…通してよろしいでしょうか?
        ヽ',シミ゙'、;;ヶ、ili、ィ;ィ;;乏彡ミ /ノ''/|,,,,__
         '、 `""´: | ''''''::::: ̄  /イ,,/:::}
     ,,、- '''"ヽ   ,l,,  、:::::::   /リ:   } | ̄
 ,,、-''"      ヽ  `'-''´  ッ::  j::   レ
'"(         :ヽ  ー-ー ''´:::   ノ::: ヽ/
  ヽ,,,,,, 、-、    ::ヽ  '''''''"ツ:::: /:::   /
        ヽ  ri::::ヽ   レ' /:::::  /
゙' 、      ヽ/ t::::::::'、,,_,,/::::::  /
 ̄`'' -、     ゙' 、ヽ、::::::::::::::::: ::::/      ,,
          村田与三久次
       (むらた よぞう ひさつぐ)


           / ̄ ̄\
         /    ⌒ ⌒  ´_
         |    ( ●)(●) 
         |     (__人__)     ほう、和尚から使者とな。
         |      `⌒´ノ     構わぬ。通すがいい。
          |         }
          ヽ        }      (    「ははっ…では」
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !

89やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:26:09.46 ID:0ne7VFk0
              ,..-'' フi''‐- 、 
             ./,' ヽ‐ -` -- ゙lゝ
            ノ/ ''―‐ 丶―¦|
            :〃 ´`゚ ′ 「 ゚` "|'、   但馬守様、わたくしが
            |ル  丶- ..-   │   和尚様の豚…もとい使者でございます。
            │   -=一、  〃
             ∟ 、  ̄   _丿 
         _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
     ,,,,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、  
     ..'´     /丿         l''、     `
    /      /,'     ヽ     !'l       ヽ
   丿  _ ..ァ'冖'"‐ゝ、_ ./!i 、 ,,,uャ〃'ゝ、、 、   .|
   丿   ノ广;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;^'゙┬ー/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ゝ′   .|
   ゝ   │;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│ 卜;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ゞ   !
  l 、   卜,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__..ニ- 廴;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.丿   │
  !    │ `'''''''''''''''"´    `''''‐‐―''''´│   │
  ,'    ノ                    |    |
          沢庵和尚からの使者


           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ○)(○)
         |     (__人__)
         |      `⌒´ノ
          |         }
          ヽ        }      (
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !

91やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:28:48.50 ID:0ne7VFk0
              ,..-'' フi''‐- 、 
             ./,' ヽ‐ -` -- ゙lゝ
            ノ/ ''―‐ 丶―¦|
            :〃 ´`゚ ′ 「 ゚` "|'、  和尚様より、手紙を預かって参りました。
            |ル  丶- ..-   │  こちらでございます。
            │   -=一、  〃 
             ∟ 、  ̄   _丿  
         _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
     ,,,,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
     ..'´     /丿         l''、     `
    /      /,'     ヽ     !'l       ヽ


   / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_
 |     (○)(○)
. |    i||(__人__)       う、うむ…。
  | u   ` ⌒´ノ ) ;;;;)   ご苦労であったな。
.  |         }  .) ;;;;)  (こやつ、この格好で江戸まで来たのか?)
.  ヽ        }  /;;/ 
   ヽ     ノ  .l;;,´     どれどれ…。
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/


92やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:29:16.17 ID:0ne7VFk0
               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\    ええと、なになに…
             |  (●)(●) |   『元盛罷下り候。愚老江戸に在るの時分…』
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__) u |
         /        \ ._|_____
       , --'、             /         `〉
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ

94やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:30:13.14 ID:0ne7VFk0
=以下、手紙意訳=
                               
                ,. '"´三二二三`ヽ     
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ    
              /   /    夢     ', ヽ   
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)   そちらに使いにやった奴は、
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  .俺が江戸にいた頃使ってた豚だッ!
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ   丹後守殿も認めた名豚ゆえ
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  .これからも下僕として使ってくれるわー!
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)   
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  
                 沢庵宗彭
              (たくあん そうほう)

 『元盛(※)罷下り候。愚老江戸に在るの時分、用の義ども申し、又は召し連れ参り候。
  其の時の如く相変らず御懇成され下さるべく候。
  殊に堀丹(堀丹後守直寄)目を掛けられ候間、彼所に逗留致すべく候。
  丹州用の儀とも申して参るべく候。いよいよ御入魂成され下さるべく候』

 ※ おそらく沢庵からの使者の名と思われる。

95やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:31:56.72 ID:0ne7VFk0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    『…さて、話は変わるが、江戸に戻ってから以降、元気にしておるか?
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     とにかく体に気をつけ、養生するのだぞ』
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ   
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 『一、御下り以後、御気どもつき御煩なく候や御心元なく候。
    御身の用心養生、此外別して有る間敷候』

96やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:33:54.79 ID:0ne7VFk0
                 _..-''" ̄ ゙̄''---- ,,,,
                   /             `'‐、
                /                    `'、
             /                       ゙l,
               /                        !
            |       . ___、               |
              l    ., ‐'"゛    '''''''、            |
           l   . /           l           |
              ,'   /      . 、    !        !
          /   / 、    l.夢´!   .,!       |
            /   ./ l     .f゙'‐.,i',   ,!       |
         /   .l ゙l \           !           l゙
        ./     !.ゞ \ .ヽ        l゙        !    『俺の方は、お前らが江戸に帰った後、
       ./      |   .`ッ',     .,r‐/         !     即刻田舎に帰るつもりだったが、
      ./       .!      ゛   ./;:;:;l            |     あれこれ引き止められて、
    ./  .r    .!         ゙‐''''}            l     .御水尾院のところへ参上する羽目になったわ。
   .-'´   . l     l、 .、   i ..,,、   |          l   
       /     .!',  .!、  `―"   !         、   !     その後、田舎(但馬国出石入佐)に帰る事にしたが、
       !      }.l  l-二― ......,,.. |       |   .|    .その辺は元盛に聞けば、詳しく話すだろうよ』
       .|      .l  l  .l;:;:;:;:;:`゙゙''''/ ,!       !    |
       .l     │.,、.ヽ .ゝ ....,,,__./   !       |
       !     !.〈,,,  ゙'-..____,,..-'"l゙      /
          !    /.、  `''-,,.      ,..l゙      ./
        ',   .,'  `'、   `''" ̄ ̄ .,!      /
        !  .i',    ゙'y.     .._.. !     /
        |  ./ ヽ    ゙',゙'---ッ'"  !     /
        | /  ..l.   ..l, /    .l    ./
        l ,i',    l    .li′   .!    ./
        // \  .!    !    l   ./
       〃   ヽ. !   !    :!  . /
       l′    ヽ|   .l    | ./
       .゛          !     ! /
                      l′

 『一、愚老事、先書にも申候。還御以後、即刻田舎へ参るべく候処、
    南光(南光坊天海)以下、御暇乞仕るべくと少しく延引候へば、
    院参申候へと、勘定の由、勧修殿(勧修寺家)より表むきの仰せにて、
    板防州(板倉周防守重宗)へも御内証苦し間敷かの御尋迄成さるなどとの事に候間、
    院参申す儀堅く斟酌申し候へ共、重ねて少しの間なりともと勅定の上、
    申し断り難く候て、両度参り候て、其の後京都を引退申候。
    但州入佐の旧房にとしを暮らし申すべき心中にて、元盛くわしく申すべく候』

97やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:35:40.03 ID:0ne7VFk0
                _.. -―'''''''―-- ..,,_
              ,/           `゙''-、
               ,/     _..-'''''―- ..、    \
             /     .,/          \    .ヽ
         . /      /              ヽ    .ヽ
        /      ./      夢       ヽ    ヽ
       /      ./               , .l,    .',
      ./     ,i!゙',、            _ノ.l/j    !
      !     .,'―‐`-lii、       . ,,rl┴''''ー l!    l,
     ./     i!'-、 .!ゝ . '.l、       /   .!′ ,..''7    .ヽ
     ./     ./ 'イ''ニ=rirr,'|./     .ヽ`-`-`-''',/゙l      l
    /      .l゙         "       ゙′     l      l.
   . /       !                       ,.|     ., ヽ.
  .'"       !ヽ   y     i;;;;;;、    'i,  ../ ;:;l     ..l゙‐'′  『お前と立慶に頼まれていた絵に
         |;:.!  ,/,' .,,r;;ニッiiiiiiiiiiiiii;;;;r、 .l',  .!;:;:;:.!      .ヽ    俺様からの褒めの言葉を書き入れてやったわー!
          |;:;:;:! .// i',{ .iー'''''''''''''ー'i i!|i ,!} l;:;:;:;l          l    .これも元盛から受け取れい!』
          |;:;:;:| .{ ! ./ ゙"      !" l',./;,! l;:;:;:.!           !
          !;:;:;:.! ヾイ.,..-ー'''''''''''―- ..,..!!./  |;:;:;:|
            !;:;:;:;.! /,ii/            l;,ii;| .l;:;:;/
         l;:;:;:;:;| .l;| }            !,!:l" /;:;:/
         l゙'-,;:;| !| .l         :l".! │;,イ
            !、 `'',  │           !  l,i,'-/
            i,',',iiiii、\ .!        . ! .r',゙.l'''7
        ., .l',  .リ、\.l        レ'.l- l!.│
        . l, .!l 、  l`-',/、      ,i;;;;,','" l_./、
            l、',l \ l  ',`'リー .... イ゛   !., '"/.i',  、
     l l,  .,!`′ .`-,!  ! .!    !  ,ノ゛ // .l .|,  .|,
      ! ,'i  l      ゙゙''ヘ..,|_   ._l..-'"   .′ ', .l ! . l ゙',
      .l ! l./           ̄゛            l" !/゛ ',
      ´                               ′

 『一、立慶、貴殿御両人御頼成され候絵二幅、讃語加へ元盛に渡し申し候。
    慶法印へ御心得候て下さるべく候』

99やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:37:19.63 ID:0ne7VFk0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |   『…貴様には世話になっているのは忘れちゃおらん。
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |    「忘れてない証」なんてものがない以上、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    こんなことをわざわざ言わにゃならんのもナンだがな』
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 『一、数年の御懇意共、忘れ難く存じ候。
    然れども忘れざるしるしこれ無く候へば、申すも曲なく候』

101やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:38:41.40 ID:0ne7VFk0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |    『…そうそう、御上洛の後のことだが、
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     京の連中はやたら将軍家をありがたがってる。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      堺の連中もそうだな。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ     金を撒いたのが効いたってわけだ』
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 『一、還御以後、今に諸人忝がり申候。どめき申候事限りなく候。
    京中にて日々に悦事仕り、方々へ酒もたせありき慰め申す由に候。
    堺も上下有難き由わめき申し候』

102やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:40:15.59 ID:0ne7VFk0
                                 Y
                ,. '"´三二二三`ヽ      _)
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ     〈    『だが!そもそも金なんざやらんでも、
              /   /    夢     ', ヽ    )    皆がおごりを捨てれば、
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   く     世の中なんぞ、どうとでもなるわー!
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ ノノ    金にこだわって、食うものも作らずにいたら
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ )    そりゃ腹も減るに決まっておろうが!
            /    /     ,,   ,,      ',    〈     そのことを弁えておけば、金なんざ撒かなくとも
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   〃    世間はどうとでもなるわー!』
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V // 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V / 
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ      <へ/`ー ヘ、\
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\    <へ/ ((_))   \_\
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i 弋 <へ / ((_))       ( _(
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | _ノ  / ((_))    ((_)) //<
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | |  ヽ  ) /    ((_)) //へ〃
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  ム/// _((_))  //へ〃
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | | ./////   //へ〃
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/ .ノ⌒i//////>⌒` ̄
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  /(_ ノ//////
   // /   /    |/ /      /////(´`Y //
  .// /   /    V   〉   '"´ ///(´ヽ(`ヽi.  i/
      /    /  〈   _ -<///, \ ヽ ヽ ノ
                   ////( `ヽヽ_人_ノ
                 //////ゝノ

 『一、おごり一つをさへ御禁制候はば、世上は銭金下されずとも、くつろぎ申すべく候。
    上下おごり故、貧に成り申し候。
    是一つ、銀山をやめ候事、是れ一、たばこ地に作り申すにて米穀不足し、
    銀山に人多く入り、田はば作らず、米穀を食い費し候故、世上つまる故申候。
    (中略)斯様の御分別候て、折々仰せ上げられ候はば、金銀下されず候共、
    世間はゆるゆると成るべく候(後略)』

103やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:41:31.18 ID:0ne7VFk0
   / ̄ ̄\  ( ;;;;(
 / _ノ  ヽ\ ) ;;;;)
 |  ( ─) (─)/;;/   …これは御政道への批判にもなりかねぬの…。
. |   (__人__) l;;,     確かに、金を撒けば良いというものでもなかろうが、
  | u.  ∩ ノ)━・'    .わし以外がこれを読んだらどうするつもりなのじゃ。
.  |   /  ノ´ } 
.  ヽ  / /    }      というか、わしとて上様の側近なのじゃぞ…。
   ヽ/ /   ノ 


           ,..-'' フi''‐- 、 
          ./,' ヽ‐ -` -- ゙lゝ
         ノ/ ''―‐ 丶―¦|
         :〃  ⌒   ⌒ ."|'、   それだけ、但馬守様を
         |ル  丶- ..-   │   信頼しておられるということでございますよ。
         │   -一-  〃 
          ∟ 、 .-   _丿     あと、次もご覧ください。
      _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
  ,,,,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
  ..'´     /丿         l''、     `
 /      /,'     ヽ     !'l       ヽ

105やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:42:57.34 ID:0ne7VFk0
                  _,, iー' .、 '、. ..'-, .'、      . _..
              _.. イ'".ヽ .ヽ. \ .ヽ. \.ヽ. ..,,, -''"゛
          ,,, ィ'''"`'、  ヽ  ヽ .ヽ  ヽ ヽ,,..ノ‐'゙´
      ._..y‐''゙ヽ. .ヽ  .ヽ  ヽ _> |-.. ┴´
  ._.. -',"  ヽ  ヽ  ヽ  .ヽ./ ~    _,,二ー 、
."`',.  ヽ   ヽ  .ヽ  .l./ ゛    ./´   `'-.\
  .ヽ  .ヽ   ヽ._,, ;;ゞ゛     ./   : 夢   ヽ ',
 、 .ヽ  . ..lr‐'"´/      / .l,    ~''"   .! .!
 .ヽ._.. ゙‐'゙゛   ,./        /',''''''!ly、     ._.イ│     『なお、但馬国で大雪が降ったら、
: '''´     ./ ,-      ,/'''''゙‐'t;;',',   ,i,'!!~゙゙} .|      この俺が直々に柳生谷へ降臨してくれるわー!
      ././       / ///      ゙‐''゙⌒.! ',
     ,,i,'イ゛          /.l  .、   _   ///.|  .l      …べ、別に大雪で難儀しそうだから、
    / .,/ノ           ,' l゙ l.l .,,―`-ニ. ., .,.. l   ヽ    お前のところで泊めさせてもらえたら嬉しい、
     .,/イ        ,'  l  l ',l゙,.. - ,,..,!.il! l ./    \  というわけではないのだぞ!』
.\,  .,''゙,!        l  l ,i'/ッ._,,,,,, .゙!/│ !     .゙y
  .`'-,,"."        l'、 .!.l l .,!.l   ゙l .l',゙ll゙ i____,,,..-'"゛.ヽ..,,,_
    .`'ー、,、     / ゙' l .゙" .',.|    !/.|"!/          `''
        `゙'ー、、  .!   .\ .! !..,_, . 〃 /
              `'-',,_    ___;;,,.. --┴''''''¨'ー、、
               ̄ ̄           `'-、,
                               `''ー ..,,,,,,,,.. ‐'

 『一、但州は大雪国にて候。雪に迷惑申し候はば柳生谷へ参候て居り申すべく候。
    此事又元盛申すべく候。恐々謹言』

106やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:44:39.92 ID:0ne7VFk0
   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(⌒)(⌒)  |
. |  (__人__)  |         ははは…。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)   和尚と言えど、雪には勝てぬか。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/     構わん構わん。
   ヽ     ノ   .l;;,´     代官には指示を入れておくでな。
. /    ∩ ノ)━・'      好きなだけ滞在してくれと和尚にお伝えしてくれ。
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/


           ,..-'' フi''‐- 、 
          ./,' ヽ‐ -` -- ゙lゝ
         ノ/ ''―‐ 丶―¦|
         :〃  ⌒   ⌒ ."|'、   
         |ル  丶- ..-   │   ありがとうございます。
         │   -一-  〃 
          ∟ 、 .-   _丿     
      _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
  ,,,,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
  ..'´     /丿         l''、     `
 /      /,'     ヽ     !'l       ヽ

111やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:49:23.29 ID:0ne7VFk0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',      『最後に一言。
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |      .これからも貴様とは付き合っていきたいので、
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |       長生きするよう、健康には気をつけろ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      .胸が痛いとか言ってたけど、そりゃタバコを吸うからだ。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ      .禁煙しろ禁煙。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\      タバコなんぞ吸ってたら他の連中みたいにガンになるぞ。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |       わかったな? by沢庵』
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 『尚尚、毎時々々御目に懸り度き計りに候。
  .御床敷存候。寿(ことぶき)の延び申す様に御分別然るべく候。
  たばこ御やめ候はずば、むねのいたみやみ申す候間敷。
  .たばこにて、かく(癌)に皆皆成り申し候。

  十月七日 宗矩公
  沢庵(花押)』

112やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:50:00.52 ID:0ne7VFk0
   / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_
 |     (-)(●)
. |     (__人__)       むう…禁煙か。
  | u    `⌒´ノ ) ;;;;)   ちょうど吸ってるところにこれとは…。
.  |         }  .) ;;;;)
.  ヽ        }  /;;/    まあ……善処することを前向きに検討したく
   ヽ     ノ  .l;;,´    思案する方向で進めたく、とでも言っておいてくれい。
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

           ,..-'' フi''‐- 、 
          ./,' ヽ‐ -` -- ゙lゝ
         ノ/ ''―‐ 丶―¦|
         :〃 -・-   -・- ."|'、    …はあ。
         |ル  丶- ..- u .│    
         │   -一-  〃     (こりゃダメだ。
          ∟ 、 .-   _丿       絶対止めないなこの方)
      _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
  ,,,,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
  ..'´     /丿         l''、     `
 /      /,'     ヽ     !'l       ヽ

113やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:52:02.96 ID:0ne7VFk0
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´     しかし…和尚が柳生庄に来るかも知れぬか…。
  |     `∩_ノ)━・'    十兵衛の奴も、和尚に感化されて
.  |     |_ノ       少しはマシになってくれればいいのじゃがのう。
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/


           ,..-'' フi''‐- 、 
          ./,' ヽ‐ -` -- ゙lゝ
         ノ/ ''―‐ 丶―¦|
         :〃.  -   - "|'、    
         |ル  丶- ..- u .│    (ほら、読んだ直後から吸ってるし)
         │   -一-  〃     
          ∟ 、 .-   _丿     
      _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
  ,,,,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
  ..'´     /丿         l''、     `
 /      /,'     ヽ     !'l       ヽ

114やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:54:00.07 ID:0ne7VFk0
 そして、それからしばらくして、
寛永十一年の年の瀬もそろそろ近付きつつある頃、
柳生庄…。

      ;;⌒  、
   (;;; ,,;;    ヽ、 _,,,...:-‐‐=-..,,,_
       (_,,,  ;;ノ,r'":: ::      ::\,,.....,            ;;⌒  、
          ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、      (;;; ,,;;    ヽ、
        ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、      (_,,,  ;;ノ
      ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_
    ,r'"::::  ...::: :...::: :: ;,,, - '''' ''':‐-,, ,,      ::. ::`'::、_          __,, - ''""
  ,r'"...::::.. ......:::::               " ''''‐- ,..,,,...  __,, -‐- ,... .-‐‐''''"
,r'":::,,,,,, :::::......:::::: ...               _,, - ''" ""'''"" `'' -,..
  :::.....                     -‐"             "'' -‐‐‐-,..,,.
     ::::,,,::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;::::,:::::;;;;;::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:::::::;;; :::,,:::::::::::::;;,,,
   ...:::::;;:::::::::::;;;;,::::::::::::::::::::://::::,,;;;;:::::::::::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;:::;;::;::::://:::::::.::::;;:.......
 ::::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:: :::::::::: //...::::.::::;;;;:;;;;;,:;;;;;::;;;;;;;;;;:::::::::: :::::::: ;;;;;;;;;;;; :::://:;::::::::::;;;::::::;;::::::::...,,,
WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWw
',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',


WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWwji
::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::_:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::: |::::::::::::
″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″
v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v

116やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:55:23.87 ID:0ne7VFk0
        ____
       / ─  ─\
     / (●) (●)\      皆さん、如何お過ごしでしょうかお。
   /    (__人__).   \   久々の出番がやってきた柳生一族最大のヒーロー、
    |      .`⌒´     .|   柳生十兵衛三厳ですお。
   \             /
   ノ            \
. /´                 ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


118やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 22:57:52.85 ID:0ne7VFk0
         ____
         / _ノ ヽ_\
.     / (ー)  (ー)\      でも、この間、手紙が来て、
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \    左門が従五位下刑部少輔に叙爵して、
    ヽ   L   |r┬-|    |    二千石の身に成ったって書いてあったんですお。
     ゝ  ノ  `ー‐'    /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))


        ____
      /      \
     /  ─    ─\      それに比べて、
   /    (●)  (●) \    今の十兵衛は無位無官で部屋住み同然の
    |       (__人__)   |    謹慎八年目の身だお…。
   \.      `⌒´   /     気が付けば、もう歳だって二十八だし…。
   ノ            \    
. /´                 ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o       ミ ミ ミ      「後から来たのに、追い越され」なんて言うけど
/⌒)⌒)⌒) :::::⌒(__人__)⌒:::\      /⌒)⌒)⌒)   このまんまじゃ廃嫡されても文句言えねーお!
| / / /      |r┬-|    |   (⌒)/ / / //   でも、何をどうすりゃいいのかさっぱりわかんねーお!
| :::::::::::(⌒).    | |  |   /    ゝ  ::::::::::/
|      .ノ     | |  |   \   /  )  / 
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l       バ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、       ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))  バ
                               ン

121やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:00:19.81 ID:0ne7VFk0
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  ほんとは柳生家の嫡男として立派に振舞いたいんだお…
  |     (__人__)    |
  \      `⌒´     /



       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  でも江戸ではきちんとお役目を果たせる者しか相手してくれないお…
  |     (__人__)    |  
  \      `⌒´     /



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   だから故郷で剣に専念するお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

124やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:02:10.17 ID:0ne7VFk0
         , (⌒      ⌒)
       (⌒  (      )  ⌒)
      (             )  )
        (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ
 ,r'ニニニヾヽ、.      | || | |      //ニニニヽ、
("´ ̄ ̄ヾ))   ノ L,l ,|| |、l、   ((/ ̄ ̄`゙`)
|   、ィ_ノと)'   /"\三/"\  (つ(_,,ア   |!    …なんて言って、故郷で新陰流に専念してもう八年だお!
i|   ` イ_/  ./((○))三((○))\  _Y   |!   十兵衛の謹慎は一体いつになったら解けるんだお!?
.ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  /   
  \  \l     i|    |!     l/  /     もうこれ以上待ってられないお!
 l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l   
     \  ヾ   `ー一'´  ィ    /   i
        ヾ、    ``"´      /
   ゚   |!  Y           ィ |!  。
   ,.  '  、/               ヾ ´ ’  `
 ゚, i! `| ゜、l!            i|!; ゚ ゜ 。

126やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:04:59.10 ID:0ne7VFk0
        ____
      /     \
    /    ;   _ノ′
   /     ∪ :::(-)     でも、江戸に行っても、どうしようもないんだお…。
   |         "`(__)   かと言って、他の家に仕えるなんて無理にも程があるし…。
   \、          /´ヽ
     )       ィ ("_ノ
      / /⌒ヽ    ヽ ) |
      i l   |     |  |


         ____
       /     \
.    /       \      それに、家業の新陰流を調べようと思ったら、
.  / /) ノ '  ヽ、 \    今のところ、一番都合がいいのはこの柳生庄だお…。
  | / .イ '(ー) (ー) u|   謹慎の身で尾張に顔も出すわけにもいかないし…。
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

127やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:06:47.15 ID:0ne7VFk0

       ___
      /     \
    /        \  
    /::::::           ヽ    …結局、このままここ(柳生庄)で
    |:::::          i   新陰流の研究を続けるしかないのかお…。
    ヽ:::        __/
    /::::        \
    |:::         _)
    |::::         i
    \___、_____  ノ _)

128やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:08:36.74 ID:0ne7VFk0
     ,. -─一……ミ、____
     ´ ̄ ̄>.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:...、 ___
       ..:.´:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.∨ 
     ./:/:.:.:./.:.:/.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:ヽ.:. /
   /.:.:/.:.:.//.:/ |.:∧.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:∨ 
  /´7.:.{:∠ /:/ __j/__j:Vl.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     …あの、キョージュさん。
   ._/.:.:/笊} {:/ 笊行えx |.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.   誰ですか、これ…?
   / |.:./イ:::/ / んしイ}}V.:.:.:.:|:.:.:. |    
  ./ |/ { ン⌒/   {ix:::::ノ八 |.:.:.:.:.l∧:人
  .{  {"" /  {    ゞーく }|.:.:.:.:.|⌒V.:.\
  `_ム_ノ  丶     ""丿|.:.:.:.:.|⌒ }.:.:.:/:.rー─r一'′
   |∧  -  .ー一. ´.u|.:.:.:.l_/:./.:/l.:.:.:.:.:.:|
   .|.:.:.\         /.:.:.:./:.:.∠:.:イ.:.l.:.:.:.:.:.:|
    ',:.:.:.:.:.:ト ..___ ィ  /.:.:.:.:/ ̄   |.:.:l.:.:.:.:.:.:|
     \.:.: |       } /.:.:.:/ ̄]ヽ  |.:l.:.:.:.:.:.:|
      \|  仄ヘ ̄_/.:./-─ ┴く.  |.:.:l.:.:.:.:.:.:|
        //::介「 //: : : : : : : : : ヽ|.:l.:.:.:.:.:.:|

                                 ./::::::::://、:::::::::/:::/  ヽ::::::::::::::::ヽ::::::::::: !::::',
                                 i::::::::::i∧::ヽ\:::/      \:::\::: |::::::::::::|::::::|
                                 |:::::::::l∧ヽ:::>⌒      ─‐‐、::::ヽ:!::::::::::::!::::::!
  柳生十兵衛三厳。                     |:::::::::|::::/            \:::|::::::::::::|::::::|
 江戸柳生家きっての剣の天才と言われた男だ。   .|:::::::::|:/___ミ、      ィ___、|::::::::::::|::::::|
                                    |:::::::::| l! !::::::::::::|      |:::::::::::::::ll!!::::::::::::!::::::!
                                    |:::::::::| l! !:::!:::j:::|      |.イ:::::::j:::!l|::::::::::::ト:::::|
                 .           , -、    |:::::::::| ヽ弋_):::ソ     弋_)-:'::ソ/|::::::::::::| l:::|
                      __.     !  l  _.  !:::::::::!     ̄  .     `ー'  |::::::::::::レ::: !
                     ,.-l \   |  l / l  !::::::人                   |::::::::::::|::::::|
                     ! ヽ.  \ !   l  l  i:::::i::::!:>     __         ,'::::::::::: |::::::|
                 .    \ \  ´   丿 l  |:::::!:::|::::| |::>   ´     .ィ┐::,'::/::::::::::,::::: !
                        \    ...,   ヽ |:::::!:::|::::| |:::::::|:ノ T 千,  彡 ∨:/::::::::::∧:::::!
                    r───'   :::l    l !::::|::::!::::! ィ彡 /_/Yi.      /L!::::::::::∧:::::::!
                    `ー─‐‐、   ::ノ    j ´|::::|::::| / /  ! /\ ./  /::::::::/ ≧ト、

130やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:10:48.95 ID:0ne7VFk0
    、     __
    >ー ´     、 `ヽ
  /           \  ヽ
 /'  ̄/  /{  (  、 、ヽ__,ム-‐
.    /  /∧  ',\ノ\ \ ',  V⌒ヽ  
   /  / l| V ハ笊丐ミハノ }  },    \      でも、その、白まんじゅうな外観はともかくとして、
    | / l | 笊V ヒ以ツ}|/\ /|{⌒ 、 \    なんかすごく「らしくない」というか…。
    |/{  ! { ヒり⌒{   } |/__ノ/小   丶   \  剣豪なのにこんな風に鬱々とするなんて。
   l \|人_} _`ー‐'ノ∧\ 八 \   \   \
       | |>-rr‐≦≠‐トー‐  丶 \   \   \
       | |/ {氷_/ ̄⌒ヽ、   \ 丶   \  丶
       |从/// /        \    \{ \      ヽ
     // 〈/ { { {     /二二二二ヽ ー─ミ、 ',
.   / / ///八 V{ 、   / / \  //      \}
,ィ⌒ーz { >'´ ̄ ̄ ア\ / /    く/ \
 ̄ ̄/7- ´     二二ゝ  Y /、     \ |
   { {___ __入\ヽ   /| {/ \     \|
_O Oヾ_/ |  く )ノヽ) //| |  /\     O\
  ̄ ̄  ノO O\\/ /  jol/   \    O\

                                .      ..:.:´:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
                                    /:.:.:.:.:.:.:.:、..:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:..l:..:..:..:.\
                                   /..:..:..:..:.. ⌒\:..:..へ:..:..|:..:..:..:..|:..:..:..:..:..:.ヽ
                                 〃.:.:.:.:.:./      \.:.:.:ヽ.:|.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
  剣豪である事と、性格に関係などなかろう。  ....../:∧::.:/        \::.:∨ :.::.:: |::.::.::.::.::.::.::.::.l
 キサラギ殿が言ってるのは、イメージに過ぎん。  |::K::∨         ̄ ̄ ̄\:|::.::.::.::.|::::::.::.::.::.::.::.::|
                                .|::|:∨ ̄              |::.::.::.::.|::::::::.::.::.::.::.::.|
  単純に状況だけで推測すると、            |::∨        ィ尓六卞TT::.::.::.: |:::::::::.::.::.::.::.::|
 この頃の十兵衛は、相当複雑な心境だったと  .. |::.:| rf広h     |i:.:.:.:.i:| | |::.::.::.::.|::::::::::::. .::.::.: |
 思われる。                       . |::∧| |i:.:.i|     {i:.:.:.:りノ |::.::.::.::.|- 、:.::.::.:. i:.|
                                |::.::.|| |i:.:.i|      ー‐'′|.::.::.::.|ハ |::.::.::.::. i:.|
                                |::.::.| ー‐ ′         |::.::.::.::.|ノ |::.::.::.::. i:.|
                                |::.:.{                |::.::.::.::.l__/::.::.::.::.::.i |
                                |::.::.:\    -       j::.::.::.::.l::::::::::l.::.::.::.::.:!:|
                                |::.::.:::::::丶         /::.::.::.::.l::::::::::.l::.::.::.::.:i:.|
                                |::.::.:::::::::| {>  __  ≠::.::.::::::人:::::::::.l::.::.::.::.i:.|
                                |::.::.:::::::::|  \:::::::::::| /::.::.::::::/  ∨::::::l.::.::.::.:i:.|
                                |::.::.:::::::::|   >-‐'.::.::.:::::::/     V::::.l::.::.::.:i:.|
                                |::.::.:::::::::|  /::.::.:::._:: -<      ∨::l.::.::.::.i |
                                |::.::.:::::::::l/::.::.::.∠ -─-          ∨l::.::.::.:i:|

132やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:12:09.37 ID:0ne7VFk0
       /  .:./  / .:. /       .: :';::.:.:. ヽ  \
      ./  .:./  / .:. / .:./   .:.::.:::.:.|:::.:.:.│  ',ヽ
     / :/.:./ :./.:.:.:/ .: /| . :.:.:::::j.:::.:.|:::.:.:.│:  }: '
    .,′:/.:.,′:.///|⌒/│. : .:::::,'|⌒ハ :.:. |.:.  l:: |
      j.:.:.l  :.::.: / -=ミ |. :.:.::::/ |.:/  ';:::.:.|::.:.  |:.i|
    i .:.|.:.:.| . :.i: /, ィ尓  !.:.:.:::/ レ示ミ '::: |:::.:. : |:.リ
    | .:/|.:.:.|.::.:〃ん//}ハ ハ.::::/ んノ'/ハ ∨|:::.:. jV
    |.::i│/|.: /i{ {∧.::ノ ト、 ∨  {∧::ノ }、}} |:::::.: .ハ     どういうことですか?
    |.::|:八_|:.;'八弋辷(ノ ヽ─/ 弋ーry ノⅥ:::::.:∧:.',
    ∨ .:.:::|:{ハ         } {    ̄   /|::::: ′\:、
    ./.:./:.:::|:.::小、      / c 、     厶:!::.;′   \
   /.:./:.::::::|:.:: 乂> _/    \  /,/|::.i
   /.:./:.:::::xヘ:.:::::|∧  丶、 ___.. ,.r< ̄ヽ |::.|
  /.:./:.::/   ::.:::|  \   \/ | ∨   }│:|
  !.:/:.厂     \{.    \ /凡 /   〉  ノ│:|
  |/∨      \ }    /∨:トイV   /∨ { │:|
  | {      ∨   / / /|│l\く /  } |:/   _/`ヽ
   ,>       \\/ 〈 /| |│|\}//    ∨ _/(_...ィ {
   く\      \\. ∨| N. | // /⌒づ´     |/⌒)


                               .....       -―――- 、
  上で十兵衛自身が言っている通りだよ。       .    ´:::::::::::::::::::::::::::::::⌒\
 自分が謹慎している間に、               .  /::::/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\:::',
 妾腹の弟に、地位でも石高でも               |/{_  -――――-、〉:|
 圧倒的な差をつけられたんだ。               |/\_/ ̄ ̄ ̄`丶_jー|
                               .....  |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::|
  悟りきった坊主でもあるまいし、           .  |:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|
 弟に追い抜かれて平然としていられるとは考えづらい。.|::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|
 ましてや、十兵衛は嫡男なのだからな。          |::ゝi: i│       /:::i:::|
                               .....  | :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|
  だが、謹慎の身の上である以上、            |:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|
 十兵衛にはそれを挽回する手段がなかった。        | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::|
 しかも、その謹慎の解ける目処も立たないとくれば、   |:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::|
 そりゃ鬱々もするだろうさ。                .   |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |
                                    |::|  |:::::|  l.」。l.」│|:::l:  | |
                                    |:〈  |:::::|   | |  | |:::|: ノ |
                                    |:::| :L::」   | |  | |::」 } :|
                                    |:::|   |」___| |_|_|/  |::::|

133やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:14:52.42 ID:0ne7VFk0
           ___
         ´: : :-─: : ⌒丶、_
        /: : /: : : : : : : : : : : : : : \
      ,': : /: : : :./:./|: :/ : {: : : :ヽ ̄    なるほど!
       |: :/: : : :.//丁:| : ∧_j: : : ',    現代に例えれば、
     /| : /| :: 〃x示|/|: /厶:|: : :.lハ 
      |: :.V/_|: : {_ん ィ} |/ んィ} : :|│    『自分が会社で問題起こして停職になってる間に、
      |: 八{ (|: : 代::::ソヽ-、V::リト: :∧|     .弟が同じ職場で役職付きになって年収一千万オーバー。
      | : : ;ゝヘ: :|    rノ┐{  j: :,'       .でも自分は収入ゼロの実家ニート八年目で
      |/∨:.:/入ト、__/、ノ ゝイ /       .転職先の当てもないまま、再来年には遂に三十路突入』
      |: 厶lrヘ〈_>iく乏ト.、 |/      
      |/^ヽ| <イrト\| ∧         というわけですね!
        イ   :| | |:| ゚|:|Ⅵ/ }        それならあの鬱々具合も納得できます!
.        l \| | l」 ゚l」 | ハ 
.       〈  ゝ|__|__|_|_レ'´二}}
_______.〔 /    / /  ー} |___
 ̄ ̄ ̄`└ー──‐--ゝ-─┴' ̄ ̄ ̄

                                 ......        -――‐-
  …キサラギ殿も結構容赦ないな。                  '´         \_
 現代に例えると異様に生々しくなるからやめてやれ。     /             _|  ヽ
                                 ....    /  :/\/_   _二-‐┘、
  フィクションだと、この時期の十兵衛は        ....     / ̄∧ ̄≫'"´  \ヽ:|:: |
 諸国を巡る隠密行の最中だったり、              l  ≫≪|=/ ̄u.    --Ⅵ:: |
 別人の身体で疋田新陰流を学んでいたりと       .   |   l:| ::|rァ=‐┬    _ ';|:: |
 とかく「剣に生き、剣に死す」といった展開が多いが、   │ xー| ::|{.| {::::j|     「l :!|T!  |
 実際のところは、この鬱々たる状況の中で、         | ( _| ::|代::(ソ    {.{::リノ|:: |
                                 ......  | :::\| ::|      .  ` ´ i:: |
  「他にどうしようもなかったから、            .....  | ::::::: | ::l、             イ|: │
   (より一層)新陰流の研究に没頭した」         .  | ::::::: | ::|r`ト ._  ¨ _ <:: i:|: │
                                 ......  | :::::::::| ::||  ̄>下「:::::/::::/|:|: │
 というところだったと思われる。                 | ::::___| ::|L_/ ィ公ハ_/::::/ :|」: │
(無論、元々好きで研究しているというのがあるにしても)  |/ヽ | ::| ∨ /|o|ハ ヽ\   |: │
                                     |{  `| ::| /{_{. | :| ∨  ハ |: │

135やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:17:20.87 ID:0ne7VFk0
     ,. -─一……ミ、____
     ´ ̄ ̄>.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:...、 ___
       ..:.´:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.∨     ヽ
     ./:/:.:.:./.:.:/.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:ヽ.:. /
   /.:.:/.:.:.//.:/ |.:∧.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:∨   
  /´7.:.{:∠ /:/ __j/__j:Vl.:.:.:.:.:.:.:.:.:l    …でも、
   ._/.:.:/笊} {:/ 笊行えx |.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.  これからどうなるんですか、この人?
   / |.:./イ:::/ / んしイ}}V.:.:.:.:|:.:.:. |  .このままじゃ本気でダメ人間一直線ですよ?
  ./ |/ { ン⌒/   {ix:::::ノ八 |.:.:.:.:.l∧:人
  .{  {"" /  {    ゞーく }|.:.:.:.:.|⌒V.:.\
  `_ム_ノ  丶     ""丿|.:.:.:.:.|⌒ }.:.:.:/:.rー─r一'′
   |∧  ^ヽ  ー一 ´ |.:.:.:.l_/:./.:/l.:.:.:.:.:.:|
   .|.:.:.\         /.:.:.:./:.:.∠:.:イ.:.l.:.:.:.:.:.:|
    ',:.:.:.:.:.:ト ..___ ィ  /.:.:.:.:/ ̄   |.:.:l.:.:.:.:.:.:|
     \.:.: |       } /.:.:.:/ ̄]ヽ  |.:l.:.:.:.:.:.:|
      \|  仄ヘ ̄_/.:./-─ ┴く.  |.:.:l.:.:.:.:.:.:|
        //::介「 //: : : : : : : : : ヽ|.:l.:.:.:.:.:.:|

               .                /::::::::://、:::::::::/:::/  ヽ::::::::::::::::ヽ::::::::::: !::::',
                                 i::::::::::i∧::ヽ\:::/      \:::\::: |::::::::::::|::::::|
                                 |:::::::::l∧ヽ:::>⌒      ─‐‐、::::ヽ:!::::::::::::!::::::!
                                 |:::::::::|::::/            \:::|::::::::::::|::::::|
                                 |:::::::::|:/___ミ、      ィ___、|::::::::::::|::::::|
  まあ、そこはこれからの話だ。             |:::::::::| l! !::::::::::::|      |:::::::::::::::ll!!::::::::::::!::::::!
 では話に戻そう。          ...           |:::::::::| l! !:::!:::j:::|      |.イ:::::::j:::!l|::::::::::::ト:::::|
              .           , -、    |:::::::::| ヽ弋_):::ソ     弋_)-:'::ソ/|::::::::::::| l:::|
                   __.     !  l  _.  !:::::::::!     ̄  .     `ー'  |::::::::::::レ::: !
                  ,.-l \   |  l / l  !::::::人                   |::::::::::::|::::::|
                  ! ヽ.  \ !   l  l  i:::::i::::!:>     __         ,'::::::::::: |::::::|
              .    \ \  ´   丿 l  |:::::!:::|::::| |::>   ´     .ィ┐::,'::/::::::::::,::::: !
                     \    ...,   ヽ |:::::!:::|::::| |:::::::|:ノ T 千,  彡 ∨:/::::::::::∧:::::!
                 r───'   :::l    l !::::|::::!::::! ィ彡 /_/Yi.      /L!::::::::::∧:::::::!
                 `ー─‐‐、   ::ノ    j ´|::::|::::| / /  ! /\ ./  /::::::::/ ≧ト、

136やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:18:20.94 ID:0ne7VFk0
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                                   _,,..-‐''`'ー-、_
 _,..-'''"~""''' ‐- ...,,___,,..-‐''~""''' ‐-~""''' ‐- ...,,__'''""~


       ___
      /     \
    /        \  
    /::::::           ヽ    …………。
    |:::::          i   
    ヽ:::        __/
    /::::        \
    |:::         _)
    |::::         i
    \___、_____  ノ _)
''"'"' "'''.'''"'"' "'''.'''"'"':"'" ̄'"":..:"'" ̄'"":..:"'" ̄'"":..:"'" ̄'"":..

137やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:19:10.97 ID:0ne7VFk0
ん-ト、        |_彡 j 二ト、 }-|    |   ヽj-''
   ヽ/    /    {    / |    |     l
    ヽ   /    レ、   |  |    レ-、  /
     `-- ´--、__  j ヽ  j  |  ./', |  `丶{
             ̄|  ', / ̄| /  ij
             ',   〉{   |./   l|
              ',__,r' }  .|k   j
               ',   |   |`丶、r'    ザッ
               ',  |  |   j

138やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:20:00.71 ID:0ne7VFk0
                               
                ,. '"´三二二三`ヽ     
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ    
              /   /    夢     ', ヽ   
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)  
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  . 何を黄昏ておるかッ!
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ   .この白まんじゅうめがぁッッ!!
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  .
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)   
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  

139やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:21:22.42 ID:0ne7VFk0
                      へっっ!?
         ___   て     お、お前誰だお!?
        / .u   \ そ    (な、なんだおこの変な爺!?)
      /((○)) ((○))\    
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


                  _,, iー' .、 '、. ..'-, .'、      . _..
              _.. イ'".ヽ .ヽ. \ .ヽ. \.ヽ. ..,,, -''"゛
          ,,, ィ'''"`'、  ヽ  ヽ .ヽ  ヽ ヽ,,..ノ‐'゙´
      ._..y‐''゙ヽ. .ヽ  .ヽ  ヽ _> |-.. ┴´
  ._.. -',"  ヽ  ヽ  ヽ  .ヽ./ ~    _,,二ー 、
."`',.  ヽ   ヽ  .ヽ  .l./ ゛    ./´   `'-.\
  .ヽ  .ヽ   ヽ._,, ;;ゞ゛     ./   : 夢   ヽ ',
 、 .ヽ  . ..lr‐'"´/      / .l,    ~''"   .! .!
 .ヽ._.. ゙‐'゙゛   ,./        /',''''''!ly、     ._.イ│      俺は沢庵!
: '''´     ./ ,-      ,/'''''゙‐'t;;',',   ,i,'!!~゙゙} .|     今、この瞬間、
      ././       /         ゙‐''゙⌒.! ',     .柳生庄にKENZANしてやったわー!
     ,,i,'イ゛          /.l  .、   _      |  .l
    / .,/ノ           ,' l゙ l.l .,,―`-ニ. ., .,.. l   ヽ
     .,/イ        ,'  l  l ',l゙,.. - ,,..,!.il! l ./    \
.\,  .,''゙,!        l  l ,i'/ッ._,,,,,, .゙!/│ !     .゙y
  .`'-,,"."        l'、 .!.l l .,!.l   ゙l .l',゙ll゙ i____,,,..-'"゛.ヽ..,,,_
    .`'ー、,、     / ゙' l .゙" .',.|    !/.|"!/          `''
        `゙'ー、、  .!   .\ .! !..,_, . 〃 /
              `'-',,_    ___;;,,.. --┴''''''¨'ー、、
               ̄ ̄           `'-、,
                               `''ー ..,,,,,,,,.. ‐'

140やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:23:33.59 ID:0ne7VFk0
         ____
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・

141やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:24:12.33 ID:0ne7VFk0
       ____
     /ノ   ヽ、_\      お、お前が「あの」沢庵和尚とか冗談にも程があるお!
   /( ○)}liil{(○)\    当代随一の傑僧で、父上も帰依してるってお方が、
  /    (__人__)   \  お前みたいな怪人なわけねーお!!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |      ほう…ならば、問おう。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     では、貴様は一体何者だ?
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

142やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:25:37.45 ID:0ne7VFk0
      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu    バカにすんじゃねーお!
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |    我が名は柳生十兵衛!
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |    この地を治める柳生但馬守が嫡男だお!!
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |     フン。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    なら、それをどうやって証しする。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    .貴様のような白まんじゅうが、
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ    「あの」剣豪、柳生十兵衛などと誰が信ずるか。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

144やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:27:10.50 ID:0ne7VFk0
        .____       
     ;/   ノ( \;       こ、この爺…。
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;    人が何か言えば、すぐ言い返すとか、
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;   .やりにくいったらありゃしねーお…!
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;  
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;   (いっそぶった切ってやりたいけど、
                     謹慎中だし、万が一ってこともあるから…ぐぬぬ)


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |      どうした、もう終わりか。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     では、俺を屋敷まで案内するがいい。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ     そうすれば、俺も貴様も
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\    お互いの素性を証明する奴に逢えるだろうよ。
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

145やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:28:23.46 ID:0ne7VFk0
                     _____
           r⌒ヽ、     /:::::::::  u\
          / \  \ / ノ└ \,三_ノ\      なら、ついてくるがいいお!
         _/ / ヽ   /::::: ⌒( ●)三(●)\   嘘だったら、きつく仕置きしてやるお!
        〈__/  . |  |::::::::::::::: :⌒(__人__)⌒ .|
             /  . \:::::::::    `⌒´   ,/
              /   / ⌒ヽ, _.ヽ ̄.\/
        .__   r  /     |/ー、\   \
          "ヽ |  i,        ノ   .\^   i
            | ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
            i /  //  ./
            ヽ、_./ ./  /
                / /
              ノ.^/   ダッ
           |_/

146やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:28:56.56 ID:0ne7VFk0
=柳生庄・柳生屋敷=

 ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄
        ||          ||          ||
        ||          ||          ||
        ||          ||          ||
        ||          ||          ||
        ||_____||_____||
        ||_____||_____||
        ||O ※※※※||※※※※※||   < ドタドタドタ
        ||※※※※※||※※※※※||
____||※※※※※||※※※※※|| ____
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   / ̄\   
  |  ^o^ |   としのせも ちかづいて
   \_/   あいかわらず いそがしい です
   _| |_
  |     |
 柳生庄代官

147やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:30:48.45 ID:0ne7VFk0
  |┃    ガラッ    ____
  |┃ 三      /u     \
  |┃        /   \, 、/  \     代官!
  |┃ .      /  ( ●)  (● ) \   今すぐ確認して欲しいことがあるお!
  |┃ 三   |   '" (__人__)"' u |   すぐ来てくれお!
  |┃       \    ` ⌒ ´    /
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.
  |┃ 三   /              \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |              |ヾ___ソ


   / ̄\     もう むらのむすめは
  |  ^o^ |   ぜんいん かくにんした はずです
   \_/   
   _| |_     あきらめましょう
  |     |

149やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:32:06.37 ID:0ne7VFk0
        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\     そっちじゃねーお!
     /    (__人__)   \   今回は怪しい怪人がとんでもねーホラを吹くから
      |       |::::::|     |   .お前からもバシっと言ってやってほしいんだお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl


   / ̄\  
  |  ^o^ |   かいじん ですか
   \_/   はて
   _| |_  
  |     |

150やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:33:17.46 ID:0ne7VFk0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |        邪魔するぞ、代官殿。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )    コラ!勝手に入ってくるなお!
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /    代官!こいつが例の怪人だお!!
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)

151やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:34:48.70 ID:0ne7VFk0

   / ̄\ 
  |  ^o^ |    これは これは たくあんおしょう
   \_/   もうおつきになられたの ですか
   _| |_ 
  |     |


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     うむ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    予想通り、雪が深まりそうだったのでな。
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ     少し早めに但馬を出たのだ。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |      すまんが、春まで厄介になるぞ。
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

152やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:36:08.49 ID:0ne7VFk0
       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\    ………………へ?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


   / ̄\   
  |  ^o^ |   わかが おしょうさまを
   \_/   あんないされたのですか
   _| |_    おつかれさま です
  |     |

153やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:37:28.76 ID:0ne7VFk0
                 _..-''" ̄ ゙̄''---- ,,,,
                   /             `'‐、
                /                    `'、
             /                       ゙l,
               /                        !
            |       . ___、               |
              l    ., ‐'"゛    '''''''、            |
           l   . /           l           |
              ,'   /      . 、    !        !
          /   / 、    l.夢´!   .,!       |
            /   ./ l     .f゙'‐.,i',   ,!       |
         /   .l ゙l \           !           l゙
        ./     !.ゞ \ .ヽ        l゙        !     クックック…
       ./      |   .`ッ',     .,r‐/         !    流石は柳生十兵衛。
      ./       .!      ゛   ./;:;:;l            |    .剣客なだけに、大した足であったわ。
    ./  .r    .!         ゙‐''''}            l 
   .-'´   . l     l、 .、   i ..,,、   |          l     さて、長旅で足も汚れた。
       /     .!',  .!、  `―"   !         、   !    井戸はどこだ?
       !      }.l  l-二― ......,,.. |       |   .|
       .|      .l  l  .l;:;:;:;:;:`゙゙''''/ ,!       !    |
       .l     │.,、.ヽ .ゝ ....,,,__./   !       |
       !     !.〈,,,  ゙'-..____,,..-'"l゙      /
          !    /.、  `''-,,.      ,..l゙      ./


   / ̄\   
  |  ^o^ |   おしょうさまが いかれずとも
   \_/   すぐに だれかに もたせます
   _| |_   
  |     |

154やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:38:52.67 ID:0ne7VFk0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |      なに、構わん。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     己の足くらい、己で洗うとも。
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\     十兵衛殿。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |      貴様も一緒にどうだ?
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \    お、お付き合いしますお…和尚様。
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /


155やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:40:12.86 ID:0ne7VFk0
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三l =====(((()=== l´.l三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三||.l三三三|| \ 三 l |三三三三三三三三三三三三三
三三三三三||.l三三三||三 \ l |三三三三三三三三三三三三
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||,l.-‐=テ||= ‐ - l | ̄ ̄ ̄ ̄
          l ‐- 、- ==-v‐‐. l
          |           彡|        
          |           彡|         
          |           彡|         
       "´ ‐- 、-    - ‐‐."`        __


         :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__::::::::::::::::      お、和尚様!
   ::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \::::::::::::::::    大変失礼しましたお!
  :::::::::::::::::|   | o゚  (__人__)  ゚o|   |::::::::::::::::::::::::  どうか、お許し下さいお!
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |     フン、細かい事を気にする奴だな。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    俺の名前が分かったからといって、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|    別に俺自身が変わったわけでもあるまい。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\    ほーれ、相変わらず怪人だぞ、怪人。
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

156やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:41:51.83 ID:0ne7VFk0
       ____
     /      \       もういじめないでくださいお!
   /  _ノ  ヽ、_  \     見た目で判断した十兵衛が悪かったですお!
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     (__人__)     |    見た目とか評判に関係無く、
  \      `⌒´     /   和尚様は和尚様ですお!


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       わかっておるではないか。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     貴様の悩みも、要はそういうことよ。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

157やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:43:39.71 ID:0ne7VFk0
                  ━┓
         ___    ┏┛
      /)/ノ ' ヽ、\   ・    
     / .イ '(○)  .(○)\     じゅ、十兵衛の、悩み…?
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´⌒`  u.  |
  . \ ヽ           /


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |     わからんか?
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    柳生家がどうとか、刑部殿がどうとか、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    口に出して愚痴っておったであろうが。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\    あれも同じ事だと言っておるのだ。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

158やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:45:05.57 ID:0ne7VFk0
         __,‐⌒ヽ、
         /   '─ \
        ノ ノ-、 (○) \      あ、あれを聞かれたとか…不覚っ…!
        | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ     恥にも程がある…武士失格っ…!
        ヽ  ヽ__,,,トー'i   )
         ノ    ` ⌒''  ノ      この上は腹掻っ捌くしかっ…!
        (           }
        ヽ         /
         ヽ     /
       ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ
      (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
       ´`´ー-、_,. -‐'´/l .ト''ヽ

159やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:46:18.53 ID:0ne7VFk0
                           
                ,. '"´三二二三`ヽ 
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ
              /   /    夢     ', ヽ
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   _\ ..               _
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ `ヽ ...         --'ー 二厂'┐
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ   )         │ エニコゝ、||  丿
            /    /     ,,   ,,      ',    \ )  _ ___x一 、_、∟ .>一│ 丿
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\....''[ ̄__、 . 丿 ! `ー亡ニ__丿
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  /  │ 1__ノ /’ 丿 厂`___==―-、
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,) .... ヘ ゙ニ--┘ / ''辷ニ-一-┐ 〕
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )     '一′  /'´ 'lこ" _.._、 │ 亅
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ   .       jl「ノ'L ―''ニ..-┘ │ 亅
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  ..     ´   || エ ニ-l''┐ ./  /
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)    .         'ー――‐''’丿 ノ
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、  .            -'fナ'''´ 丿
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"             ゙'t'、丿
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\  `"’
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|   V
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  

160やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:47:38.70 ID:0ne7VFk0
          / | \  ; / /.|  |/    ; / | \
         / / | |  ;| | .|  |     ;/ / | |
         | |  \\ ;.\\/\/\  ;| |  \\
         \\  / /:  /\/\/\\ ;\\  / /
           \\/ / ; / /|  |  //;  \\/ /
            \| |  ; \\  | //  ;   \| |
            ο..| |\;  \\|./   ;    //\
             //\;  /| \\   ;  // \ \
             | |  |; | ||  ,|\\  ; //   //
             | ヽ/'; .\\ .|//  ; | |   //
               ./\\; // .|/   ; \\ // ズコーン!!
            //  | ; | |  |    ;  / /| |
             | .|ο| ; .\\ .|   ;   \\ /
            \\/ ;  /\\   ;    /\\
              \/ ,;; / // /  ;   /// /
         ○。   | ||;; | || \\ ;  / /  | | ○
       。  \   . | ||/| || // ; // ///
     ○  从\从O从从/从//|/# ; /  / //。 ○ <<
   。  \ 从O从从/   ∧∧//∧∧ / //。 ○ <<
               <´ ____ `> 从O从从
       从O从从 <´ // ̄ ̄\\ `>
    ○       <´//, '⌒ l.r‐-、.ヽ\ `> 从O从从
 。  \      <´/;;/ (;;;;;;;;;八;;;;;;;;;) ヽ;;\`>
     从O从从 <´|;;;;(   ー-'  `ー-'  ノ;;;;;| `>
           <´ \;;;;;ー┐ (_八_)┌-';;;;/  `> 从O从从  ○
   。  \    <´ /`;;;;;;;`ー┐┌┘;;;;;;;;\  `>       /
  ○  从O从从<´ /;;;-======| |=====-;;;;;;;\`> 从O从从
          <´(__/l;;;;;-====| |=====- |丶、__)`>
    。  \   <´  |;;;;;;;;;;-==| |==-;;;;;;;;;.|  `>
    从O从从  <   | / ̄三__三 ̄\ | `>从O从从   ○
           <´  \\//\;;\// `>        /
            <´  ノ;;;;;/   .  !;;;;;ヽ  `>
  ○  从\从O从从/从└‐ '´      `-┘从O从从/从 ○ <<
     O    ○ 从从从从从从乂从从从从从 ○ 。

161やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:48:21.78 ID:0ne7VFk0
            _______
           ./ /  #  ;,;  ヽ
        : /ノ  ;;#  ,;.;::     \  :
         /  -==、   '==-   ..:::::|      な、なんだお今の…?
           | ::::::  (__人__)    :::::.::::| :
       : ! #;;:..  l  |     .::::::/
         ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ   ..;;#:::/
          >;;;;::..     ..;,.;-\


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |      気合だ!!
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|     それより貴様、何を心得違いをしておるかッ!
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

162やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:49:45.56 ID:0ne7VFk0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ○ゝ イ○ノ| |    俺が言っているのはな、
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |   親父や弟と比べて、己が劣っておる事に
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|   いちいち劣等感を持つその性根の事を言うておるのだ!
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\   そんなものに何の意味がある!
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \      そんなこと言われても、
  / o゚((●)) ((●))゚o \    実際、弟にこれだけ差をつけられたら
  |     (__人__)     |   兄としての面目丸潰れですお!
  \     ` ⌒´     /

163やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:50:50.67 ID:0ne7VFk0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |       わからん奴だな!
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |      では、仮に刑部殿が今すぐ死んだとしたら、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|      それで貴様の面目は取り戻せるのか!?
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\      そんなわけなかろうが!
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


         ____
       /     \
      /  _ノ   ヽ、\    
    /   (○)  (O)  \    じゃ、じゃあ、十兵衛は一体どうすれば…?
    |       ||  (__人__)  ..|
    \    ノi   !  |.  /
     /    し'   `⌒´ .ノ
     |       ./ ./

165やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:52:54.64 ID:0ne7VFk0
                               
                ,. '"´三二二三`ヽ     
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ    
              /   /    夢     ', ヽ   
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)  
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )   それは貴様が己自身に聞けい!!
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ   俺に頼ってどうするかッ!!
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  .
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)   
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  

166やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:53:23.31 ID:0ne7VFk0
         ___ 
        / .u   \    ハ、ハイですお!
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

167やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:53:58.27 ID:0ne7VFk0
           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ   (お、己自身…ど、どうするべきか…?
      / _ノ (>)三(<) \ `、   今の十兵衛にできること…できることは…?)
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://

168やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:55:07.50 ID:0ne7VFk0
 \                    /
   \  丶       i.   |      /     ./       /
    \  ヽ     i.   .|     /    /      /
      \  ヽ    i  |     /   /     /
   \
                                  -‐
  ー
 __                                --
     二           カッ            = 二
   ̄                                 ̄
    -‐                            ‐-
    /
            /               ヽ      \
    /                    丶     \
   /   /    /      |   i,      丶     \
 /    /    /       |    i,      丶     \

169やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:55:38.95 ID:0ne7VFk0

===================================
        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / ::::::::::::::::::::::::\      …なら、決まってますお!
     /    (__人__)   \    それがしは、もっと剣を極めたかったですお!
     |       |::::::|     |    柳生家の当主とか、新陰流の正統とか、
     \       l;;;;;;l    /l!| !   そんなの関係なく、剣を使いたかったですお!!
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl
===================================


171やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:56:43.47 ID:0ne7VFk0

===================================
         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\     もっと剣を!剣術を!やりたかったッッ!!
     /    。::::::::::::::::::::::::。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j   …もう、もう、役目のことで苦労するのは嫌だお!
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜   もしやり直せるなら、剣術を好きなだけやりたいお!
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。   家のことなんかなーんにも考えずに、ただ剣だけに集中したいお!!
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
===================================


172やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:58:04.34 ID:0ne7VFk0
           ___   て
       /      \ そ
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   | 
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ

         ____
        /     \!??
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ

174やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/25(日) 23:58:51.95 ID:0ne7VFk0
      ____
    /      \
   / ─    ─ \    (な、なんだお、今のは…?
 /   (○)  (○)  \    身に覚えがないけど、いつか言ったような…?)
 |     (__人__)  u. .|
 .\     `⌒´   ,/


     ____
   /      \
  /         \  
/ U  _ノ    ヽ_  \  (で、でも……でも、一番、すとんと心に落ちたお…。
|     (一) .(ー)   |   やはり、この十兵衛にあるのは…)
/     ∩ノ ⊃_) /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

175やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:00:26.80 ID:MTMUcY.0
         ____
       /     \
      /     ノ  \
    /       (●)  \     …お、和尚様。
    |         (__人__)|
     \         `⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |     どうした。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

176やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:02:00.59 ID:MTMUcY.0
          ___
         (⊃     \
       (⊃ _ノ  ヽ、_ \   
     (⊃  (ー)  (ー) u.\    …色々考えたけど、
    /|     (__人__)    |   結局、十兵衛がやりたいことはひとつだけでしたお。
  /  \____` ⌒´    /   
 (               \
  \_ |            \
     ヽ|          ト、  ヽ
      ヽ         | >   )

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |   
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |     言ってみろ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

177やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:03:04.18 ID:MTMUcY.0

          ── それは、剣ですお。

              柳生家の嫡男とか、将軍家指南役の後継とか、

              そんなの関係無しに、ただ、十兵衛は剣が好きなんですお。──


             _____''l,l__________________
             |;;();;();;();;();;()|;|                           \
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l'l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      /   ,..':::::::>   ___  ... く::::::::::
                 /   ,.::::::::    /\ , , /\ `、 \
                  /    ,.∩     / (●)  (●)\.`、  \∩
              /     , ' l ヽ∩ /   (__人__)    \ ∩ノ j
          /     ,    ヽ ノ |      |::::::|      | ヽ ノ \
           /      , '      | ヽ \     .`⌒´    / / j    \
       /      , '      \  ̄            ̄  / `、   \
      ./       , '           \              /   `、    \

178やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:05:07.16 ID:MTMUcY.0
         ____
       /⌒  ⌒\      第一、どう足掻いたって
      /( ●)  (●)\    十兵衛では父上や左門のようになるのは無理ですお!
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |   なら、それで無駄に卑下して悩むよりも、
    \      `ー'´     /   己の分の中で励むだけですお!
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......

179やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:06:10.32 ID:MTMUcY.0
                             
                ,. '"´三二二三`ヽ   
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ  
              /   /    夢     ', ヽ 
            /   /::(         ノ:::)  ヽ
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)  
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  . 
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ   . それで良し!
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  . 
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)   
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  

180やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:07:56.34 ID:MTMUcY.0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',          ようやく吹っ切れたようだな。
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |          それでいい。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|          できもせぬことで悩んだり、
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ          かといって、それを無責任に放り出すでもなく、
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\         ただ、己の分の中で励むのだ。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、        『昨日の我に、今日は勝つべし』
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ    石舟斎様の遺訓にもある通りだ。
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


   ∩∩∩    .    ∩∩∩
  .∩_:||_:|_:|        |_:||_:|_:∩
  │ ___  つ      ⊂  ___ │
   ヽ   ノ  ___   ヽ  ノ
  / /  /_ノ  ヽ、_\   ヽ \      お爺様の遺訓を今になって悟るとか、
  (  く   o゚((●)) ((●))゚o   > )    我ながら未熟にも程がありましたお!
  \ `/::::::⌒(__人__)⌒:::::\' /  
    ヽ|     |r┬-|     |/       まったく、まだまだこれからですお!
      \    | |  |     /       「他にやることがない」なんてとんでもなかったですお!
          | |  |          
           `ー'´

181やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:09:23.37 ID:MTMUcY.0
        ____
      /      \
     /  ⌒   ⌒ \
   /    (⌒)  (⌒). \     和尚様!
   |       (__人__)    |    是非ともこの冬の間、
    \       `⌒´   /     十兵衛を善導頂きたくお願い致しますお!
.    ノ    / )ヽ   く
   (  \ /__ノi ) , )
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /
     \_/    \_ノ

                 .rニYニヽ       
   |レ               //_夢_ j |        フン…いいだろう。
   !!_           イ t` !_,` } |       なら、俺の本気の禅を見せてくれるわ…!
   ゙- '´ ,、       /j ト ‐=' レj       
      -''´   ,r'´ ̄`゙} |二二j l|rニ二ト、  
           〉─7-'´l|jト、`}-イl;|`--l一〈  
     __ii__    |   レ ルリ-ト、|州リ   |  .|  
     イi    j  j ,,  ヽヽ |/     |  ', 
      `  , イ  ハ ヒ、 ト、 |     j   ', 
        ノ  }  / }、 ヽ} ヽヽ|    ノ ',  | 
      /   イ  } {ニ二ニニ}´7二ニニ}  ',  |
    //  / l  | ',ニ二ニニi |ニ二Y   ', |
.  //  /   l  } ヾニ二ニi |ニ二イ   ', ',
/ /    l    レミj   {ニ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{    {三i
 / i   /    } ヶ / `丶、 _, -'´ |    } ヽ
ん-ト、        |_彡 j 二ト、 }-|    |   ヽj-''
   ヽ/    /    {    / |    |     l
    ヽ   /    レ、   |  |    レ-、  /
     `-- ´--、__  j ヽ  j  |  ./', |  `丶{
             ̄|  ', / ̄| /  ij
             ',   〉{   |./   l|
              ',__,r' }  .|k   j
               ',   |   |`丶、r'
               ',  |  |   j

182やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:10:58.72 ID:MTMUcY.0
                ,. '"´三二二三`ヽ      _)   .ロ日  ロ日  ロ日
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ     〈   .  匂 . 匂  . 匂
              /   /    夢     ', ヽ    ノ    ロ日  ロ日  ロ日
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   く  ..  匂 . 匂  . 匂
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ ノノ   . ロ日  ロ日  ロ日
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ )  .  匂 . 匂  . 匂
            /    /     ,,   ,,      ',    〈{   . ロ日  ロ日  ロ日
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   〃  .   匂 . 匂  . 匂
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V //  .. ロ日  ロ日  ロ日
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V /   .  匂 . 匂  . 匂
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ     . ロ日  ロ日  ロ日
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\     .  匂 . 匂  . 匂
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i 弋  .... ロ日  ロ日  ロ日
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | _ノ      匂 . 匂  . 匂
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | |  ヽ  ... ロ日  ロ日  ロ日
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  ム .....  匂 . 匂  . 匂
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |   __,) ... ロ日  ロ日  ロ日
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |  `ヽ.    匂 . 匂  . 匂
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! !   ノ ... ロ日  ロ日  ロ日
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  く.  ... 匂 . 匂  . 匂
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | !   ゝ ... ┃┃
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/   .ノ ... ・ ・

183やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:11:56.97 ID:MTMUcY.0
           ____
         /_,r'  ' !、\       すげえお!
       /(≡)   (≡)\     これが伝説の1秒間に10回「喝」発言…!!
     n/ ::::⌒(__人__)⌒::::::\
    y |     |r┬-|     |⌒)   ゴートゥーTKAN!
    l \_   `ー'ォ     //    ゴートゥーTKAN!
     \      ・    ・  ̄ /
       \         /
        >      <
       〃   (::)っ   ヽ
       ヽ  <  `‐' >  )
        と__)   (__)


   |
   | ̄\ 
   |^o^ |  (わかも げんきになれたようで
   |_/   なにより ですね)
   || |_
   |   |


 こうして、十兵衛と沢庵和尚の縁が始まったのであった…。

184やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:13:43.34 ID:MTMUcY.0
       /  .:./  / .:. /       .: :';::.:.:. ヽ  \
      ./  .:./  / .:. / .:./   .:.::.:::.:.|:::.:.:.│  ',ヽ
     / :/.:./ :./.:.:.:/ .: /| . :.:.:::::j.:::.:.|:::.:.:.│:  }: '
    .,′:/.:.,′:.///|⌒/│. : .:::::,'|⌒ハ :.:. |.:.  l:: |
      j.:.:.l  :.::.: / -=ミ |. :.:.::::/ |.:/  ';:::.:.|::.:.  |:.i|
    i .:.|.:.:.| . :.i: /, ィ尓  !.:.:.:::/ レ示ミ '::: |:::.:. : |:.リ
    | .:/|.:.:.|.::.:〃ん//}ハ ハ.::::/ んノ'/ハ ∨|:::.:. jV
    |.::i│/|.: /i{ {∧.::ノ ト、 ∨  {∧::ノ }、}} |:::::.: .ハ      キョージュさん。
    |.::|:八_|:.;'八弋辷(ノ ヽ─/ 弋ーry ノⅥ:::::.:∧:.',     これ、実際にあった事なんですか?
    ∨ .:.:::|:{ハ         } {    ̄   /|::::: ′\:、
    ./.:./:.:::|:.::小、      / c 、     厶:!::.;′   \
   /.:./:.::::::|:.:: 乂> _/    \  /,/|::.i
   /.:./:.:::::xヘ:.:::::|∧  丶、 ___.. ,.r< ̄ヽ |::.|
  /.:./:.::/   ::.:::|  \   \/ | ∨   }│:|
  !.:/:.厂     \{.    \ /凡 /   〉  ノ│:|
  |/∨      \ }    /∨:トイV   /∨ { │:|
  | {      ∨   / / /|│l\く /  } |:/   _/`ヽ
   ,>       \\/ 〈 /| |│|\}//    ∨ _/(_...ィ {
   く\      \\. ∨| N. | // /⌒づ´     |/⌒)

                            ..           イ  ´: : ̄ ̄ ̄: : : ヽ、
                                     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                                     /: : : : : : :::/: : : : : : : : : /: : : : :`ヽ
                                  , ′: : : : : ::/: : : : : : : : : :.:/:: : : : : : : ハ
                                   /: : : :, : : : / : : : : : :/ヽ : : : : : : : : : : : : ',
                                  i : ,: : :|:::_i! : : : ::/   \: : : : : : : : : : : i
                                  { :i: : 、|::: ̄i!\∠     ___ヽ : : : i: : .:.:.:.|
  いや、この出会いや会話自体は        ....  | .|::_i!::.:.:.::/           \: |: : : :.:.|
 >>1の創作だ。                   ......   i: .i::: ̄i\:/―‐- 、     ,-―‐  ヽ: : :.:.:.|
                              ..  |:. {: : :/Γ丁笊ミ      ィ爪笊丁l/: | : : |
  ただ、十兵衛が沢庵和尚と面識を持ったのは   |: :|: : :i| | {..i::::ノ:i}      {l..i::::ノi} 川:iヽ :i
 この時期が最初だった可能性はある。      .  |: :|: : |}:,ヽ⊃:::ソ       弋::::⊂ ノi : :|ノ::.|
                                 }: :|: : |:::i          ,       从::}: : :{
  次に、二人の動向を時系列表にしよう。       i: :∨.i:人             イ : : |: : :,'
                                  }: ::∨:::i:::ヽ      ´`    イ:::| : :i: : :i
                                  |: :.:.:|: ::|:::::::::`>   _  <´ :i:::::| : :| : :{
                                  |: :.:.:|: ::|:::i:::::::/i´ ‐-、,-‐`〈:::::::|:::::|: : |: : |
                               / _`ヽ: |: ::|:::i:/ /  川    } ヽi ::::|: :/: : i
                              /   _`ヽ|: ::|:::|  ', /.{__} \ノ   |::::::}: | :::::{

185やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:16:05.30 ID:MTMUcY.0

【十兵衛・沢庵和尚の動向時系列】

          .       【十兵衛】                 【沢庵和尚】
慶長十二年  | 柳生庄で誕生(1歳)※        .| 大徳寺第一座になり
(1607)      |                     .| 徳禅寺に住む(35歳)
         .|                     .|
慶長十四年  |                     .| 大徳寺百五十三世住持に(37歳)
(1609)      |                     .| 直後、南宋寺に戻る。
         .|   <<この頃には江戸に>>    .|
元和元年    |                     .| 大坂の陣で南宋寺焼失(43歳)
(1615)      |                     .| 再建のために働く
         .|                     .|
元和二年    | 江戸で秀忠に拝謁(10歳)    ....|
(1616)      |                     .|
         .|                     .|
元和五年    | 家光の小姓として出仕(13歳)  ...|
(1619)      |                     .|
         .|                     .|
元和六年    |                     .| 鬱病を起こし、和泉山中で保養(48歳)
(1620)      |                     .| その後、出石の投淵庵で隠遁
         .|                     .|
寛永三年    | 家光の勘気に触れ致仕(20歳)  |
(1626)      | 年の末には柳生庄に。     .....|
         .|                     .|
寛永四年    |                     .| 紫衣事件のため(55歳)
(1627)      |                     .| 大徳寺へ帰還
         .|                     .|
寛永六年    |                     .| 江戸へ出府(57歳)
(1629)      |                     .| その後、上山へ配流
         .|                     .|
寛永九年    |                     .| 大赦により江戸へ帰還(60歳)
(1632)      |                     .|
         .|                     .|
寛永十一年  | まだ謹慎は解けず(28歳)      .| 京に戻る。(62歳)
(1634)      | 柳生庄に留まり続ける。    ......| この年、柳生庄へ?

 ※ 数え年なので0歳は無し

189やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:19:01.56 ID:MTMUcY.0
                                .              ,. - :‐-. 、、
                                         ,. '´    :.  ::...  ` 丶 、
 この表を見ての通り、十兵衛と沢庵和尚は、               /    ..  :::, .:::::..      ヽ
この寛永十一年まで、ほぼすれ違いを起こしており、        , '   ...: .:::::、:. ::::i. ::::::::..    ::.. `、
接触している可能性は低いんだ。                   ,.'  .  ..; .:::/;:;:;:`、:::::! ::::::!:::.  :. ::..  、
                                 .     .'  .:: .;..::::/ \;:;::::`、:l ::::::l、:::. :. ::.`、::.. 丶
 無論、この寛永十一年にしても、                ,'  .::i. .;'::::/   ヾ;/>l ::i:::|;:':;::..:::..:::::.`、::. `.
和尚が柳生庄に滞在した確実な証拠はないが、 ......   ,  .::;l:.:;':::/ ,.、-‐''"゙'く:::.! .::l::;:!;:;:;':;..::::';:::::::.`、:. :.
自ら「行きたい」と宗矩に告げている以上、     ....    ;  ::li::.;':/  ´ ,.ィ,__」、| .::j::;:!;:r-、:;..::::':;:::::::..゙、:.:.
可能性としては十分有り得ると思う。          .    i .::ィ'⌒    ,;彳´ ゙̄!.リ| ::l:::{ ,r 、ヾ;..:::::':;::::::::`、:.
                                .   ゙、::::V,ィミ、 " ゙、 ∠,, j ::l:::::K、ノ ,!;:';.:.::::::':;::::::::.`:.
 まあ、幼少時、十兵衛が柳生庄にいた頃に   ......     `、::::':;λj}   -゙ー'" l ::l::::.レ'-' ∧;:;:', .::::. :':,::::::::`:、
和尚が顔を出していた可能性はあるかもしれんが、......    丶.:::i} /       .i ..::l:::.:.:ト-;:ヘ;:::':';:;';..:::::.:.:.':::;:: :.:.` 、
そちらだと、十兵衛の方は覚えてないかもな。     .       `、:!、゙'       ,' .::;':;:::::l;l';:;:;:;:':;::::':';:';.:.::::::.:. : ' .,:.: : 丶、
                                         i .:::丶、 ゙`    /.:::;:::;':::::lヘ;';';:;:;:;':;::::::':;':;.:.:.:.:::.:.:. :`: 、:.:.. 丶
                                      l ::::;:l:i:;`;:;‐-;:;:ク.:::;'::;'::::::j  !';';:;';:;:;:';:;:::::':;':. .:.:.:.:.:.:. : . ` :、:. ` 、 :
                                          | ::::;:|:l:'{:l;|:!|:i/.:::;'::;'::;:::::l∠L[_;:;:;:';:;:;:;':;::::':';,:.:.::::::.:.:. : : : . ` 、 丶
                                      l :::::i::!:;::!_>'/..:::;':;;'':;;'::::;!    ``ァ;:;:`;:;゙::;::::'::;:::.:.:.:.:.:. : : : : . ` 、`、

           --¬ー─-- 、
       -‐'´            `丶、
    ∠ -‐7   //               ヽ、
        /  ///    八   !        ハ
.       //  /7ハ   /⌒\ l    ヽ    ト、
     //  ///、|  / _,,__ Vl   ト、ト、  |小      なるほど~。
      l | l' {/,イi| l/ 'f7TバYハ   l    l l l    でも、十兵衛が
      | | l l |:::||/   |::::i::::| } |  |    /  l l    沢庵和尚に師事したというのは
      レl,ィ=T ヒメ.__,. -匕扛ト、 |   |    /   l l    .実際にあったんでしょうか?
        | l {  '} {       ! ,l   l  /l |   l l
        | l ト、 /f' ̄}      | l   ム'´  | |   l l     宮本武蔵と和尚の関係みたいに、
      l ノ\ >゙ニ´ 、____,/ l ,/    | |   リ    実は創作でした、とかそういうことは…?
       {ヽ` {\    /  j/,.二>、レ'l¦ /
       ヾY  〉 ヽ,∠匸瓜斤{ {,ィニ7_} | レ′
        ヽ   ∧  ノノTl l`i l     |イ
          \ /  ヽ { {.⊥! ! ! !     | i|
.            /     | | l l| | | |    | i|
           {/  ,  | | l l| | | |    | i|
           { /  | | l l| | {_li}┌‐┐l i|
           ∨     | | l l| ト'イー乏乏トイ

190やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:21:26.70 ID:MTMUcY.0
                                          -――‐-
                                       '´         \_
                                      /             _|  ヽ
 ああ、その件は史実だ。                      /  :/\/_   _二-‐┘、
後の話になるが、十兵衛は自分の最初の伝書     .     / ̄∧ ̄≫'"´  \ヽ:|:: |
『昔、飛衛といふ者あり』を書いた際、              l  ≫≪|=/ ̄     --Ⅵ:: |
和尚に校正加筆を得たと明記しているし、         .  |   l:| ::|rァ=‐┬    _ ';|:: |
その後も、随所で和尚の言を引用している。      .  │ xー| ::|{.| {::::j|     「l :!|T!  |
                                    | ( _| ::|代::(ソ    {.{::リノ|:: |
 というか、この寛永十一年を過ぎると、         .  | :::\| ::|      .  ` ´ i:: |
次に十兵衛と和尚の接触があるのが、             | ::::::: | ::l、             イ|: │
この伝書を書く頃(寛永十四年)になるんだ。      ....  | ::::::: | ::|r`ト ._  ¨ _ <:: i:|: │
                                    | :::::::::| ::||  ̄>下「:::::/::::/|:|: │
 いくらなんでも、逢って殆ど経ってない相手に     ..  | ::::___| ::|L_/ ィ公ハ_/::::/ :|」: │
こうも頼るというのは少し違和感がある。           |/ヽ | ::| ∨ /|o|ハ ヽ\   |: │
そう思うと、前々から十兵衛と和尚には接点があり、    |{  `| ::| /{_{. | :| ∨  ハ |: │
だからこそ、十兵衛も和尚を信頼したと考える方が  ...  || / | ::|く.  L」 :|,__」〉∨ } |: │
自然ではないかと思われる。                  ||   | ::| \ ヽo}/ .〉 |  | |: │
                                    |l´   | ::|   \ ∨ / :| .:〉|: │
                                   ∥    |ー┘     ∨/   :| :Ⅵ:__|

           ___
         ´: : :-─: : ⌒丶、_
        /: : /: : : : : : : : : : : : : : \
      ,': : /: : : :./:./|: :/ : {: : : :ヽ ̄ 
       |: :/: : : :.//丁:| : ∧_j: : : ',  
     /| : /| :: 〃x示|/|: /厶:|: : :.lハ 
      |: :.V/_|: : {_ん ィ} |/ んィ} : :|│     
      |: 八{ (|: : 代::::ソヽ-、V::リト: :∧|     親子揃って頼られるというのは、
      | : : ;ゝヘ: :|    rノ┐{  j: :,'      .よほど和尚は信頼されていたんですねえ…。
      |/∨:.:/入ト、__/、ノ ゝイ / 
      |: 厶lrヘ〈_>iく乏ト.、 |/  
      |/^ヽ| <イrト\| ∧ 
        イ   :| | |:| ゚|:|Ⅵ/ } 
.        l \| | l」 ゚l」 | ハ 
.       〈  ゝ|__|__|_|_レ'´二}}
_______.〔 /    / /  ー} |___
 ̄ ̄ ̄`└ー──‐--ゝ-─┴' ̄ ̄ ̄

191やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:24:11.20 ID:MTMUcY.0
                              ....        -―――- 、
                                    ´:::::::::::::::::::::::::::::::⌒\
                                  /::::/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\:::',
                                  |/{_  -――――-、〉:|
 ちなみに、和尚と十兵衛の出会いについては、     .|/\_/ ̄ ̄ ̄`丶_jー|
                              ....   |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::|
  『発狂した十兵衛を、               .....   |:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|
   沢庵和尚が精神治療した』           .....   |::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|
                              ....   |::ゝi: i│       /:::i:::|
 のが縁だとする話もあるんだが、           .   | :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|
この時期、鬱々としていたであろう十兵衛の心を     |:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|
和尚が禅の見識で以って救った…なんてのが        | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::|
その元ネタになってたらどうだろう、というのが      .|:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::|
今回の話なんだ。                    .    |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |
                                   |::|  |:::::|  l.」。l.」│|:::l:  | |
                                   |:〈  |:::::|   | |  | |:::|: ノ |
                                   |:::| :L::」   | |  | |::」 } :|

                    _
             _,  -‐'''´. . . ` ⌒` ー-- 、____,,
         ー==´ァ. . /. . . . . . . .: :: :: :: :マ ̄ ̄ ̄
             ,/ , ':. . . /. /: : : : : : : : 、: :ヽ
         /,/://: . . ∨ ィ/‐-/|: : : :|: :|: ::'  、
      _,/ ´_,|// ,: ∨/ :/ | / |  '´| ̄| 、 , :i:ハ
    iヘ   /´// イ: : / :/,,-|:/、 .|: : ::/|: :ハ: : l: |: ハ
    l 'ヘ ∧: ノ/ ∧: /: //_´_Vi` | : / =|:|、' i: |: |: : |
    j  '∧ :// /ヘ,i: :l/´i: : : : iヽ | :/ i'´Vヽl|: |: |: : |
   /   ', ∧/ ハ 〈 l :l |、弋_ノ レ-'v'i´:  ̄jヽ l ||,: :|    まあ、出世した親や弟と、自分を引き比べて、
   /     i ∧:: : ヽl弋、      ノ_  | ヽ- ' ハ:/ハ:|    劣等感に悩む十兵衛、っていうのは
.  /  , -‐|  ∧: : ∧ハゝ、 __, イ  `入    .,' ノ/j Y    やっぱり「らしくない」ですしね。
  i /   |   ∨ |: :|>`i 、` ´  >- ,´/
  レ'      |     ∧ ∨|__/ ̄ ` =,ー、´  / /        じゃあ、話に戻りましょうか。
 \       i    ∧〉ヘ〈    /^ヽヘ`ー/:/、
   ハ    l       \ \ ./ /\'、//   ヽ
  i l:|、\  l         \.ヘゝ'`ーヘ ヽノ  ヽ,  ヘ_
.  i |:| \`>、|        \l  ノハヘ_ ヽ ハ_彡 ハ
  | |::` 、 .\ ! 、       , ァ=="、_ヽ _ハ、    \ _
  | l|: : : iヽ  \` ヽ 、  ィ_´__,, ィ ´`_  ` 、`ヽ、 ` ー ―` ヽ
  | ||: : : |: ::|ヽ  \  ヽ  メ´, ィ ´ _ェ   ヽ ヘ        \
.  !:ハ: : : |: :| `lヽ、 \  \`T-‐ 't'´ ,ィ-、  l  ハ         〉
  !:i 、: : |,: |   l j ヽ ゝ、. \    ̄ \ヾ゙ノ   ハ. .. : : : : : : : :/

192やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:26:30.01 ID:MTMUcY.0

 その後、冬の間、
十兵衛と沢庵和尚は様々に言葉を交わし、親交を深めていった。

       ____
     /      \       和尚様!
   /  _ノ  ヽ、_  \     一度は悟ったような気がしたけど、
  / o゚((●)) ((●))゚o \   やっぱこのままじゃ廃嫡されちゃうかもしれないお!
  |     (__人__)     |   .それは嫌だお!
  \     ` ⌒´     /


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |     なあに、禅の教えに
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      『働いたら負けかなと思ってる』
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ   
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\     という言葉がある。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |      気にしない気にしない。
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、  (注:ありません)
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

193やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:28:03.11 ID:MTMUcY.0
  |┃    ガラッ    ____
  |┃ 三      /u     \
  |┃        /   \.i||i/  \      和尚ー!
  |┃ .      / o゚((>)) ((<))゚o\    十兵衛も今年(寛永十二年)でとうとう二十九だお!
  |┃ 三   |   '" (__人__)"' u |    このままじゃ来年には魔法剣士爆誕ですお!
  |┃       \    `|::::::|´    /    .なにかいい智慧を授けてくださいお!!
  |┃        /ゝ   l;;;;;;l   ィ `ヽ.
  |┃ 三   /      `ー'       \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |              |ヾ___ソ

                               
                ,. '"´三二二三`ヽ     
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ    
              /   /    夢     ', ヽ   
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)    案ずるな!
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  . 世の中には二次元というものがある!
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ   .
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  . 「○○は俺の嫁!」と日に百回唱えるのだ!
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)   
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  

195やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:31:09.96 ID:MTMUcY.0
        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\    二次元とか冗談言ってる場合じゃないですお!
     /    (__人__)   \  ことは柳生家の存続に…!
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     ほれ!
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|    近隣から見つけてきた貴様の同志だ!
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

196やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:32:38.14 ID:MTMUcY.0

   柳生家の御嫡男が我らの同志とは
  心強い限りでござる。

      ノソ,ィ,ィ,'ノハ)、ヾ゙!                ,. -一ー- 、     な、仲間が増えて、
     リソ{゙" '"'´   `})j               / <@`ヽ、 \   とても嬉しいんだな。
      ゞイニ,ニ`=='ニ,+k=ュ            _,'-一──==、  ゙i
      (i` ̄´, .` ̄j{{{.ェ`!         __ rjミ/==''─゙=='Tz / ,ヘ
      `ト  .::Y::. イ'ヾ゙! |            r、ヽ|!6 <●〉 〈●> 9i / /、
       ヽ -=- /  }/ヾ.        く ヾ !ィヽ ""ィ、.,ヽ""u !// / '>
           }、 ,.{  〈 /ヽi        ヽr'/ /') lu `i⌒i´  ノ///`〉
      _r./\`´/!、_ i  ゝ       ,ィ'j' j イv|、  ゙=''  /ヽ._!/コ
   _イ「i /∧  X  / jヾ!  丶     /ヽl   jー `==´ , -‐-、`ヾ、
  ,ィ´ |! //  `' ! `´   ゙|   ヽ   zヾ. ノ  r'     r==:、ゝ゚-゚ν  .i
 .| ヽ |//    i゜  _iユ_ |    !  / ./  !     (´ヮ`/7uu !.|ソ i
 i|,  、|'/    i。 r=、_ 。 l,``   i /-ァ'   /      ccソ ∧∧ i |   i
 !リ  !,i  ノ  i ノ〃/ァ、゛ i     | i /    /          リ゚ヮ゚) ヾ    |
/ヾ  /|'"´  ィヾヽ_/ ◎〃、  ,イ. |  ry、./           cuu  ヽ. _j
  ヽ、)ィ一"´} !._ノiト、ュ゚/〃  ̄ i !ヽ,ィ |/':.                .:i'´|
/ ̄     ト/ fr──'‐'───゙ー''┴|::...                ...::| |
      _/  i゜ i|              |              o O   i .|
、_ ィ‐i'´    !  |            |             Oo◎  ,! .|
 ,。/ /z      }゜ |             .|、               リ /   |
/ ソ゚ツ゚ゞ、 __ --- |              | f=、ー---        --_j'ヽ.  |
     近隣の豪族・縦              近隣の豪族・横


  i     i  i  i  i i i "'' ヾ ,,_彡彡彡彡彡彡
  i  i   i i i i ii  i | i      ヽ,,彡,"‐、彡彡
  i!  i   i i i i !i !ii_i__,.. -‐''"  ∨/´ヽヽ彡
   i  i   i i i/iノ ii ii l,.二ニ=-‐'´  / ゝ'//〃
   i i   i i k‐、、 iハパ))_,,. '  _N'   r'_,'〃    ククク…いやまったく、
    ヽiヽ iヽ.i i Y^Y 」_Y⌒ ,_,,/  __  /´ヽ{    これで我らの野望も前に進むというものだ!
      ヽi   .y'´.ノ `ー '    ,ノ ` /   〉、   ようこそ我が同志!
          / /` 、_,,.. -‐ ''/   /   ,'
           / / \\ー‐‐/ /    ,'
.         //⌒ヽ. ヽ ̄´ /\   ,'
           近隣の豪族・眼鏡

198やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:34:18.35 ID:MTMUcY.0
              |  |、
            _,..-j  ソ
      -=二フ ̄ ̄`  ´ー-._ __
     _,..=ニ-j   _,        ̄`三ニ=-
        ムこ´厶_/^Vレ'\j`ー、iー-、_っ
      //,    ̄``ー-! _∠...-―‐-!
      ji//  -‐て_j-、_   __,......__  |
     ハijフ   `ー--―  、´_ `ー'_  i,      いやまったく
    i ijレ          '、~ ̄   i_`、    ようこそ やぎゅうじゅうべえどの
   f^Vj、        .   j      i弋!
   |_Li i`、       ̄`        ,i=/     われら「大和二次元党」は
   キ=j_ノ   ./ ・… _・‥,   ∠_    きでんを こころよくむかえますぞ
    E三'´  , /-=ニ二__...二j !   /~
    `、        ー    ;   ノ      さあ めくるめく ゆめのせかいへ…!
     `ー-、___,,__,_,__,_,.../
       ///i    / /\
      //,ヘ 川  / / / \
    ///  \ソi|、/ /  /   \
   ///     \|jv'  /     {
  j//       //` /      '、
  //        // /        `、
       近隣の豪族・落書


          ____
       / ノ  \\        な、なにするお!?
      / (○)  (○)\      ど、どこに連れて行くつもりなんだお?
    / ∪  (__人__)  \    .お、和尚、お助けくださいおっ!!
    |       `⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

199やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:36:06.64 ID:MTMUcY.0

      : __,,,,、     .,,,,,,,、                 ._
  .l""^゙⌒  .゙|     |  ,|           ,,,,,,,,、-:--ー‐'''"゙゙`l
  .┴'っ  .,('_ .   |  :|        ( .. .,,,,,,,,  ,,r=''''
..,,,-―'"      /   .|  l            ゙" ̄ ,r゛ ,,/
: |._,,,,,,,,,,, ,,r'''"~~`   │ . |    ,/ヾ,     .," /     ○   ○   ○
 ″  / .,l″       |  l:    ,,┘ ,/     l  .|
    i、 ㍉,,,,,,,、    l゙  ヽr-''" .,,,丿     ゙l、 ゙'ー-、
    ゙ヽ,,,,,,,,,,,,,:|     .゙l_ ._,,,;,,/          'ヽ,,,,,_,ノ



202やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:39:59.28 ID:MTMUcY.0
                  __ _
   _,rーく´\  , --、   /⌒  ⌒ \       和尚!
 ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /   /(○)  (○) \    十兵衛は悟ったお!
 { -! l _」_ノ‐′/   /    (__人__)    \   二厘の確立で二次元世界に旅立てるなら
 ヽ ゙ー'´ ヽ  /   |     . `Y⌒y'´     |   .一歩進むのが武士の心得なんだお!
  ゝ、  ノ_ イ    \     ゛ー ′   ,/   
    ヽ     |     /    ー‐     ヽ 


                 .rニYニヽ      
   |レ               /    j |      
   !!_           イ     } |        うむ、そうか…。
   ゙- '´ ,、       /j      j      
      -''´   ,r'´ ̄`゙}     j l|rニ二ト、   (…やり過ぎた)
           〉─7-'´l|jト、 -イl;|`--l一〈 
     __ii__    |   |  ルリ-ト、|州リ  |  .| 
     イi    j  |           |  |,
      `  , イ  |     |      |  |
        ノ  }        |         |

   / ̄\  
  |  ^o^ |   こまりましたね
   \_/  
   _| |_  
  |     |

 十兵衛の悩みに対し、和尚は助言を与えて善導し、
十兵衛も様々に得るものがあったと思われる。

203やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:42:15.00 ID:MTMUcY.0
 そして、冬が明け、春も近付いたある日…。

         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\     和尚…名残惜しいですけど、
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \   今までありがとうございましたお。
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     なに、これが永久の別れというわけでもあるまい。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    いずれまた縁があれば逢えるものよ。
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ   
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\    貴様も達者でやるがよい。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 元々、雪を凌ぐ為、ということで柳生庄に寄っていた和尚は、
春を迎えたことで、再び故郷に戻ることにしたのである。

204やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:43:35.72 ID:MTMUcY.0
                            
                ,. '"´三二二三`ヽ  
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ 
              /   /    夢     ', ヽ
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)    では…いずれまた
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  . この地に降臨する時を、
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ    待つがよいわー!
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  .
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)     さらばだ!!
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  

205やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:45:14.47 ID:MTMUcY.0
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    …行ってしまわれたお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


   / ̄\  
  |  ^o^ |  そうですね
   \_/  
   _| |_  
  |     |

206やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:46:08.03 ID:MTMUcY.0

..      ____
     / ―  -\       和尚に逢えて、よかったお。
.  . /  (-)  (-)      流石、父上が帰依される程のお方だお…。
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |    この十兵衛も、より一層励まなくてはならないお。
.  \           /    先はまだまだ遠いお。
.   ノ         \
 /´            ヽ


   / ̄\  
  |  ^o^ |   では どうされますか
   \_/  
   _| |_  
  |     |

207やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:47:27.75 ID:MTMUcY.0

       _____
      / \ / \          ._
     / (●) (●) \       //  
   /     (__人__)   \    .//    決まってるお!
   |       `⌒´     |  .//
   \              / //      今の十兵衛がするべきは、
    (⌒ヽ、       ィヽ.//       家伝たる新陰流を極める…ことだお!
    l \  \     i //
    |  \  \  /, イ            やってやるお!!
    |    \ , '⌒く/ /  
    l      ゝ、ニ≠ソ
     |     `´  ̄ |
     |    ,ィ'    |
      |    | ヽ   ,l
     |    ,|ノ   /

 こうして十兵衛は心機一転し、
あらためて柳生庄にて新陰流の修行に精を出すのであった…。

208やる夫で学ぶ柳生一族(その35)2010/07/26(月) 00:48:25.99 ID:MTMUcY.0
  \ヽ, ,、
   `''|/ノ
    .|            \ヽ, ,、
_   |             `''|/ノ
\`ヽ、|              .|
 \, V"          _   |
   `L,,_          \`ヽ、|
    |ヽ、) ,、         \, V"
   /  ヽYノ            `L,,_
  / r''ヽ、.|             |ヽ、)   ,、
  | `ー-ヽ|ヮ           /    ヽYノ
  |    `|           /   r''ヽ、.|
  |.     |          |    `ー-ヽ|ヮ
  ヽ、   |          |       `|
   / ̄ ̄\          |.       |
 /  _ノ ヽ_ \        ヽ、     |
 |  (≡)(≡) .l          ヽ____ノ
. |   (__人__) |          /_ノ ' ヽ_\
  |   ` ⌒´  |       /(≡)   (≡)\
.  |        }       /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
.  ヽ       }      |     |r┬-|     |
   ヽ     ノ        \      `ー'´     /

┼ヽ  -|r‐、. レ |
d⌒) ./| _ノ  __ノ

【やる夫で学ぶ柳生一族(その35)「十兵衛と沢庵」】 完

関連記事
[ 2018/03/09 22:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する