やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その37「沢庵和尚、再び江戸へ」 後編

597やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 21:04:49.12 ID:NyjSphs0
                      , '  ´ ̄`   、
                   /     __    \
                  / /  , . : ´: : : : : ` : . 、  \
                 /  /. : ´ :|: : : : : : : :|: : : :\  \    前回は出番がなかったけど、
               〈  / : : : :_/:|_: : : : : : : :ハ:_:}_ : : \  〉  今回こそイカ娘がこのスレを支配するんだゲソ!
                  ∨: : : : :´/|;人:`: : : :/'´|:∧:`: : : :∨
                /イ: : : : :/ ,x:=ミ、;/ ,x:=ミ、 :,: : : : :人
         ____/: ´:人: : : ハ 〃んハ     んハ Yハ : : } : .\____
       /: :___;/ /:ヽハ: :i 弋:り     弋:り   ,ハ__/、__ : : : : : : : : : \
.      /:/´,ゝ‐/⌒> ´ ̄ {_|: :| .:.:.:.:. _'_ .:.:.:.:. /´  `⌒ヽ.\ー―‐-、: : 〉
      〈 :〈   と.ィ{ ‘ーッ― x _|: :ト、   {    }  /   /     }  :,   〈: 〈__
    ┌' : :〉     `ーァ': ,:ノ  |:/|: :| {` ..` __ ´. イ{  /   /  ヽ }\  |: : : |
    | : :|    /:/   / j: :j     {{ー   ‐}} ,ハ `ヽ.__,/   / //\: ヽ  ̄
      ̄    /:/    / | ./: /\   \__,//: :/⌒ヽ人__/ // _〈: :〈
.        く: :く      _|O| {: :{   `ー     /: :/    丶`二 イ  |: : : :|
       ┌:': :/     {_:|  、 ヽ :、__  \_  { : {     }O} ヽ└┐  ̄
        |__|        '、  \|:_|      _): :)    / ,' └‐┘
                 \   \      |_:{   / /
                     \ O 丶. ___ .  ´ /
                     `   . O___O.  ´
                       ( し') `ー'′
                        ‘ニ'

     .   , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /: l:::::l::::|:::: | :ハ::::::::::i::::: |:::::::::::::l
      ,':::::|:::::|: ハ:::::l |  |::||::::|::::::|:::::::::::::|
.      , l::::|:::::|::| |::::||:| 」::l|::::||:::::|:::::::::::::|
      j イ :|:::::|z‐|::::ヒリ  j7L::ヒ|:::」:::::::::::::|
     ,'/ | :|:::: 代5フヽ  ' 弋フ7|:::::::::::::|    はいはい。
     /´ |::| :l ', `        ´ ,'::::::::::::::|   さ、話を再開するわよ。
       | | :|:::',    !     /:::::::::::::: |
       | | :|;ヽゝ   ___  ∠,イ:::::::::::|
       | | :|;;;;;\  ´ - ` イ;;;;;|:::::::::.イ
       | | :|;;;;;;;;;;} 丶、 _  '" |;;;;;;|:::::: ,' |
       | | :|;;;;;;;;;;|        |;;;;;;|:::: ,':: |
       | }| レ'" ,'       |;;;;;;|:::::l:::::|
.     _ノ‐イ::l  〈       | ヽ|:::::|:::::|
   / く    l::|  \―-、 _」  |::::ト、 |
  / `ヽ\  ',:l    \    |  |::/   「lヽ
  |   \\ ヽ|     \  /  レ'   | |, }
  |    }\\       \/      l |l |
  |    l  \ヽ――‐- 、___\-―=ニ 」l |
  |    |    ̄ ̄ ̄`゛ ――- ニ、     { |

598やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 21:06:47.89 ID:NyjSphs0
 和尚に逃げられた孔明(仮名)は、ひとまず京に戻り、和尚の言を板倉重宗に伝えた。

          -、─- 、  , -─;-
     ,. -─-ゝ  Y  ∠.._
     ´_ ニ=-            `ゝ
  ∠´.___             \    
.   ,. ‐''"´    , , 、       ヽ
 ∠-ァ‐    くl/l/::l l::ゝ 、     |   
.  /,.ィ´,ィ ,イ/\ll':u::l|:∠ヽl:ヽ、     |
  // //イ===、::::;;'====::| r=、 ゝ     で、和尚は逃亡した…だと?
   l/  :l `ー゚/:::ij~ ,ー゚-‐ ,ノ|.|ニ!}  \
.       l:/:::::::__::,v-‐''"v |Lン ト、  ヽ、  
      / 「I二二二二二):/|   | |`''ー-ゝ.._
     /  ,ヽ.  --- ::::/: .!  ,|  |
   _∠-‐''7! ヽ ::::u::/:::   |  /  |  
       / l   \/::: u  |  ,/    |
.      /  l   |::::      | ,.イ |     | 
     /  , ヘ  lト、      |/,;1/`ヽ、 | 
.    / /  ヽl |;';`';ー-‐;';';';';|'     \|
    "´   ()) |;';';';';';';';';';';';'|

                    , -‐…‐- 、 
                   /{三三    ハ 
                      /   `'ー-----‐'゙ ',
               l`ート、_   u.   __ノ!一'/         
                  /\ !ヾニニ`ヾ , 、/´二フ/|/\ヽ      ええ。
            //.:: ノ|  `ー‐'/ iハ`ー'゙  |\_:::::ヽ \   そしてそのままいずこかへ…。
           / 〈三く. l    ≠===\   , /:::::ノ  ヽ  
              /   ヾ三`∧ /{iー‐一 !}`ヾ/'´.::::/     }  
          !     \⌒j八{       ,イ{'.:::/       ∧__
     / ̄ ̄ ̄\  、___ ̄ ̄ヾー―一'゙.:::::/   , '´ ̄ /    j  
    /  、___ \__        / ̄ ̄    / _/     \ 
  /               ̄``≧=/ / ̄ ̄ ̄             \
  /                    {(O<二   

599やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 21:08:10.24 ID:NyjSphs0
                    , -‐…‐- 、 
                   /{三三    ハ 
                      /   `'ー-----‐'゙u',
               l`ート、_   u.   __ノ!一'/         
                  /\ !ヾニニ`ヾ , 、/´二フ/|/\ヽ      それに、庵に戻ってこられたとしても、
            //.:: ノ|  `ー‐'/ iハ`ー'゙  |\_:::::ヽ \   「病が治ってから」と仰ってましたし…
           / 〈三く. l    ≠===\   , /:::::ノ  ヽ  あの調子では「治った」とは仰りそうにないですな…。
              /   ヾ三`∧ /{iー‐一 !}`ヾ/'´.::::/     }  
          !     \⌒j八{       ,イ{'.:::/       ∧__
     / ̄ ̄ ̄\  、___ ̄ ̄ヾー―一'゙.:::::/   , '´ ̄ /    j  
    /  、___ \__        / ̄ ̄    / _/     \ 
  /               ̄``≧=/ / ̄ ̄ ̄             \
  /                    {(O<二   

 ヽ.\    \           ノ ノ ィ
   \ `'<_ ̄ `          {. ( /-─:ァ
    ,> 、_ ヽ、              \ヽ. ∠.__
.    / ./   \\| ,イ  ,.ィ      ヽヽ <
   |,イ ,   ,〃ゝ.ニ'_ー<.丿.ト、    l l  ヽ`
ヽ   |,イ __ /{ |/l,イハV「iヘヽ∧ヘ.ト、   l l トノ
| l.   f´ _{{u〉   o レ, Vrヘ\  ソ〉、j ル'
ヽヽ.   ヽ.( iひ‐'^uく<::::) o ヽ.`くr' /ト{{        ~~~~~っっ!!
 ヽ.\   l |‐||. v (^ソ )‘ー'ひ‐ヘ. Vソ.ハ.ヽ.
─-;>、ヽ.Lニ!Lrェェミュ' J,.ィT゙「フ,ハ V  \ヽ.
::/:::::::::::`7⌒TlTエヽ`く_」⊥Lレ }Tヽ.\  ヽ.\
:{::::::::::::::::ノ  | ヽl_.Ll>、ヽ⊥」ノ .く. ゝ \ヽ
:ヽ::::::::::::イ  _,.>、 v -‐ヽ i-  ijv )\. ヽ.\
ー-ゝ、:_:::レi く: :/ `ー 、_ u } l  rく´{. トゝ  \ヽ
-─‐-..二ニ''.Y\   _7rヘ`く  l:::`:-ゝ.._
:::::::::::::j::/ : : l l:::::::;>:': :ノ::| \\|::::::::::::::::: ̄
:::::::::::::ソ: : : :ヽ`'く : :/:::::::Vヽ!\ヽ、::::::::::::::


600やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 21:10:19.01 ID:NyjSphs0
       .、-―-..,,_  /:: ̄;;Z
        ゙>::::::::::::V::::::::''"::::;;;;>  
      ∠;;;:::::::: .:::::::::::::::.... :::::::\
      /:::::  ::::::::::::::::::::::  ::::::\ゝ
     〃:::::::::  ::::::::::::::::::::  ::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::........::;:;;::::::::::::::::::::::::::::i
     |:::::::::::::::::::/!:/ ヽヽ:::::::::::::::::::::|
      レ!::::::::::::::/V/ ij' ヽヾ:::ヘ;::::::::::!           どうすんだよおい!
       」::::/|/>、゙':.、 /;:ヘヽ\;:r''、          .それじゃ約束はしたけど、
     i r.i:|ヽ"''‐、ヽ、! .i/ ‐''゙゙゙7|:ヒ'i }          実質、参府しねえと言ってるようなもんじゃねえか!
.     ヽ'ニi:iヾ、 o\i i< o  ノ' i:ヒ7/  
      ヘ,,_|! ゙'=u='"'|.| ゙=u=" /|!_,/-、
   ,, ‐''" |:::ヘ u   , .|.| 、 .,,//::::!.  ゙''‐ 、..__
    ,.┼/!:::::ヘ.iエェ.ヽ!.レ'‐rエi/::::::! ヽ‐- ,,_  ゙'' -  
   i┼i‐|/‐!:::::::ヘrェェェェェェェノ::::::::!‐| ヽ┼i┼i‐- ,,_
   i┼i /‐i‐!;:::::| \ ‐=‐ ./.}:::::::!.i┼i.ヽ‐i┼i┼i┼i 
   i┼/.|‐i‐ .!::::|  \_,/  /::::/‐i┼i‐ヽ.i┼i┼i┼  
  .i‐|/.┼i┼ |ヘ|ヽ,,___,,/|W .|‐i┼i┼ヽ..‐i┼i┼i

                    , -‐…‐- 、 
                   /{三三    ハ 
                      /   `'ー-----‐'゙ ',
               l`ート、_   u.   __ノ!一'/         
                  /\ !ヾニニ`ヾ , 、/´二フ/|/\ヽ      それを私に言われましても…。
            //.:: ノ|  `ー‐'/ iハ`ー'゙  |\_:::::ヽ \   
           / 〈三く. lu.   ≠===\   , /:::::ノ  ヽ  
              /   ヾ三`∧ /{iー‐一 !}`ヾ/'´.::::/     }  
          !     \⌒j八{       ,イ{'.:::/       ∧__
     / ̄ ̄ ̄\  、___ ̄ ̄ヾー―一'゙.:::::/   , '´ ̄ /    j  
    /  、___ \__        / ̄ ̄    / _/     \ 
  /               ̄``≧=/ / ̄ ̄ ̄             \
  /                    {(O<二   

601やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 21:14:42.28 ID:NyjSphs0
                ____
     -=ニ"`' ,   , ' "  ,," '
     ______\ ` , , '    '-ー ̄二=-   
  ∠二__  ~`           ""'ー、   
   , - ~                 ヽ   
  , '  , ,                  ヽ  
  / /, '                   `, 
  i/ /          /|           'i 
   ,' ,    /:i /:i |:::| |',          | 
   i /i /' /::::| |::::i |::uヽi::`,`ヽ       | 
   i/ i/ i /ー-ヒ--`|u|--エ--ー\  ___   |      普通、上様から召されるって時点で、
     i i/|二ニ=ニ~  二=ニニニ,:::| |─i`.  \    .相当な名誉なんだが…和尚にはそういう欲がねえ。
       .,|ヽ_゚_./:::::"ヽ_゚_, イ/:|.|─| | |`┬ー-   金や女で釣ろうってのも無理にもほどがある。
      / | ==:/:::u:::  u ~/':::|.|ニノノ |  |ー--   権威で脅そうにも、そんなものに屈しないのは
 __;;-ー''"~~.λu:/:::::::_::i   /'::::u::|.|ー'  /  |     紫衣事件の時に証明済みだし…。
 __;;-ー''"~'/| .| (_,-  u   ::u:::::/|   ||   | 
      | !i .| <__ __-ー''ー:-:::/::|   |.|   |      但馬の奴…どうするつもりなんだよ、これ?
      .|  | .|x--二_____:::::/:::::|  ./ .|   .|    
      |   |/~ニ二\\ 'i/::::: |  |  |   .|    
     .|  ,r┴'---, ̄\',  |::u |  |.  |   |
     | </ ̄ ̄\こつ  i  /  .,|  .|    |   
     !-ーC' ̄ ̄`こつ    | / /!/,/ \   .|   
        | ̄ ̄ヽ、      | / /| -    ` , |

602やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 21:16:32.12 ID:NyjSphs0

 さて、その頃、但馬国出石…。

     .:::.. ... :.    .::::::       ::.... .:::       :..... .       ..:::..    ... ....::::. .
.: .:::..... :. .:|::  : .|::./:... / .::ゞ: |.... ...:::.. ... .. ..::::. . .. :. .::: :  : :.. .::|::...... ..:l. :|、. |_|:.. . .. | :. .:::: ::....
;;ゝゞ ; ヽヾ|   |/`ー/;;ヾ;;;;;;;;|_,|ヽ;;;;ゝ  ;|ヾ;;;;''"   ゝゝ;;;|;|;; |_|;ヽ、ヾ|ーl  |_|ヾ ゞ | |...
;;...:... .. . ヽ;lー一'| : ./;;ヾ;; . . ..l.:.|  . ゞ. . ||;;;;:,  :...:... .. .'''ヽ|;lヽ|_|;ヽ ヾ;;|ー|、_,|_|;ヽ;;ヾ| |. .  .
;;ヾ;;;; ; ゝゞ|   |-/:l|ヾ;;;;;;;;ゝ|_,|;.ゝ;;;;; |,|| :  .   :  .  |;lゝl.:|;;; .:.. .. ー|. : . |.  .: ;| |
"''ヽ、; 、;;l;;;|   |/:|-|:ヽ;;ヽ;;;,;|_,|    |,||. ...:.: ... .. .  : .|;|' ;|_|;;;;ゝ;ゞ|ー|、_,|_|   | |
ゞヾ ;;"ヽ;;|   |ゞ|-|;;;;;ヽ..:...::...|.. ...:..::...i. ....:: :::. .. ...:   :   |;| |_| . : :: |ーl  |_|...:. : ... |..
.. .:...:. .... |.:ー..:'|ゞ|:...:... .. . .;|_,|    |,||          |;| |_|. .   |ー|、_,|_|   | |
     /:|   l;;;;|-|; ゝ;;ゞ |_,|.. .:. :. . |,||    .... ...:.: . ....|:l  _|.   : |ーl  |_|   | |
 . .  . /` |   | |-|. :     |_,|    |,||          |;| |_|    |ー|、_,|_|   | |
l   /   | .. . .|. .l-l  . : . . |_,|    |,|| . .      ... . |;| |_|...:.: ...|ーl  |_|   | |
l.  /`ー/ lー一'| |-|      |_,|    |,||          |;| |_i   ..|ー|、_,|_|   | |
l  /  / :|   | |-|      |_,|''" '' ' |,||          |;| |_|    |ーl  |_|   '"''"
 /`ー/  |   | |-|      |_,|    |,|''            ''"' |_|    |ー|、_,|_|
./  /: :: |   | |-|      |_,|  ,; ''"''"              |_| ''   |ーl  |_|
`ー/    :lー一'| |-|      |_,|                   |_|    |ー|、_,|''"
, /   :: |   | |-|      |_,|                   |_|    |ーl  |
/l     |   | |-|      |_,|                 '""'';;'   |ー|、_,|
      |   |'"''"''    |_,|                      "''''l  |
      lー一'|         |_,|                          |、_,|

603やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 21:18:33.49 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |        ふん、やっと帰りおったか。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|       こんな坊主一人を呼ぶのに、
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ       大層なことをしおるわ。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


604やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 21:19:53.33 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |         だが、この調子ではまた来るであろうし、
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |         これ以上、俺が突っぱねるだけでは、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|        .らちもあかん。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\         …ひとつ、但馬の奴に相談してみるか。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、        『上意之由、防州被申候を…』 サラサラ
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

605やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 21:23:13.30 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       『…九月廿四日 宗矩公
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|                         宗彭』…っと。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ      
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\       うむ、これでよし。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |        では頼むぞ、元盛。
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


              ,..-'' フi''‐- 、
             ./,' ヽ‐- ` --゙lヽ
            ノ/ ''―‐  -― ¦|
            :〃 ` ゚ ′ .` ゚´ `|、    お任せ下さい。
            |ル  丶- ..-   .│ 
            │   -=一、  〃
             \ 、  ̄  ._丿 
         _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
      ,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、  
     ..'´     /丿         .l |     `
    /      /,'     ヽ     ! l       ヽ
   丿   __...ァ'冖'"‐ゝ、_ ./!i 、 ,,,uャ〃'ゝ、、、    .|
   丿   ノ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;^'゙┬ー/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ゝ′   .|
  ./    │;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│ |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ゞ   .!
  l    .卜,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__..ニ- 廴;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.丿   .│
  !    │ `'''''''''''''''"´    `''''‐‐―''''´│   │
  ,'    ノ                    .|    |
               元盛

 こうして、重宗からの話を断った後、和尚は宗矩に手紙を書き送った。

606やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 21:25:06.74 ID:NyjSphs0
 そして江戸…。

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||  .||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 柳 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 生 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``````````````````````````````` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


608やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 21:27:41.84 ID:NyjSphs0
 ゙̄''ー-、.._                                _,,-―'" ̄
       || ゙̄''ー-、______________,,-―'" ̄
二.二二二二i===||________,| |              | |
    ||    ||;; |  | | ̄ ̄__i__ ̄ ̄| |―┬―┬―┬―| |  |\
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  |  \
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | |.  i i        | |  |   |
    ||    ||;; |_| |   |_|:   | | (_;;).       | |  |    |
    ||    ||/ /| |         | | ̄ ̄ ̄| ̄''''――| |  |    |
    ||    ||/  /三.三.三.三三|_|―――|゚____,|_|   \  |
    ||    || /                       \  \|
    ||    ||'                             \
//||   /                               \
//|| /
//      / ̄ ̄\    ) ;;;;)
/       /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
        |    (●)(●)  /;;/
       . |    (__人__)  l;;,´   
         |     `∩_ノ)━・'    ふむ、これが和尚からの手紙か。
       .  |     |_ノ      どれどれ…
        /ヽ    |  |_  
        |  \_/ ノ ヽ      『上意之由、防州被申候を…』
       \     /_|  |
       | \ /  _/

610やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 21:30:10.10 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ 
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',      
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |       周防守殿から(参府せよとの)上意の件、伺った。
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |       しかし、今、俺は病気なんでな、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      治るまで延ばす事はできんだろうか?
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ     
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\       無論、病さえ治れば、
  /  / / ! \| |      ./!  ! |       如何に俺とて、上意を嫌とは言わん。
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、    
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ 
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
________ __________
          _∨___
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 『上意之由、防州被申候を、いや罷下儀成間敷とも被申候。
  今當分者煩申候間、延句ハ可被申候。
  とけてハ、上意をいやとハ、いかなるはちひらき坊主ニても不被申候儀候』

611やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 21:32:19.62 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',         とはいえ、俺は世間的には身上のあるような者ではないのだから、
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |        参府するにしても、品川あたりにまで出てくれば、
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |        御意に背いたことにはならんだろう。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|        あと、仮に遅れたとしても、病人ということで許してもらいたい。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\         とりあえず、俺の様子については元盛の奴に聞いてくれ。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |         もし、お前のところにいなかったら、このことをあいつに伝えた後、
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、      .堀丹後守殿にもこれを見せてくれ
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
________ __________
          _∨___
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 『さてわか身ニ取りてハ、公界罷成身上ニて無之候へ共、上意にて候はゝ、
  しな川邊まて、かゝみ申候ても、御意をハ背申さぬにて候。
  少罷下事之ハやきをそきハ、病者之上を御ゆるしも可有之候。

   とかくの事、元盛可得御意候間、被成御聞、万事様子可被仰聞候。
  元盛万一其元ニ居不申候はゝ、元盛へ遺候状之趣、掘丹州御両人御覧候て、
  御合被成可被下候』

613やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 21:36:01.54 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',         この間もな、周防守殿からの話だといって、
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |        ウチに出入りしてる出家が来おった。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |        本来なら、周防殿が直に状を出すところ、俺が何考えてるわかんねえし、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|        もし、断られたら次の話がしづらいから、ということだと。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\        用件は紫衣事件の時に出した俺の抗弁書について
  /  / / ! \| |      ./!  ! |         上様が俺から直に話が聞きたいから参府するように、とか言ってたな。
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、     
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
________ __________
          _∨___
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

『態以飛脚申候。先日書状進候。此廿四五日日ヒハ、相届可申存候。
 愚老事、其元へ罷下候様ニト 上意思召候通、板防州御物語候を、
 當庵へ出入仕候出家、京都罷下内證申候。
 防州直ニ状をも可給候へ共、我等心中難計候間、先彼出家能々語申、
 江戸へ下申様ニ申候へ、貴殿より、上へ御上候書物之心持、直ニ御聞被成度思召にて候。
 只今周防状を可進候へ共、罷下儀不成由、返事申候へハ、次テ申事難成候間、
 先其方参、罷下候而、可然之由、周防申分をも、沢庵へ能々申入候へとの儀ニ付、彼出家下被申候』

614やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 21:38:16.78 ID:NyjSphs0
                           
                ,. '"´三二二三`ヽ 
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ    
              /   /    夢     ', ヽ   
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  /   というか、周防殿に来てる話なら、
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)   貴様が知らん訳なかろうが!
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  . 
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ     俺の事情は書いた通りだから、
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)    その辺りを踏まえて
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)    三行で返事をよこすがよいわー!
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、  
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  
________ _________________
          _∨___
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

『元盛方迄、委以書中申候間、被聞召届、貴殿思召通、御内意返事承度候。
 防州へ被仰付候程ならは、貴殿へ可被成御諚儀ニ候。
 干今其儀無御座候哉、前後之儀委承度候。
 元盛可得御意候間、書中不具候。恐々謹言。

   九月廿四日
   宗矩公                                    宗彭』

615やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 21:40:27.66 ID:NyjSphs0
   / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_
 |     (⌒)(⌒)
. |     (__人__)       …ははは。
  |      `⌒´ノ ) ;;;;)   流石に和尚も気づくかの。
.  |         }  .) ;;;;)
.  ヽ        }  /;;/
   ヽ     ノ  .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

              ,..-'' フi''‐- 、
             ./,' ヽ‐- ` --゙lヽ
            ノ/ ''―‐  -― ¦|     そりゃまあ、そもそも上様が
            :〃 ` ゚ ′ .` ゚´ `|、   和尚様に興味を持たれたのは
            |ル  丶- ..-   .│    但馬守様がきっかけですから…。
            │   -=一、  〃   
             \ 、  ̄  ._丿     但馬守様が絡んでないと思う方が変でしょう。
         _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
      ,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、  
     ..'´     /丿         .l |     `
    /      /,'     ヽ     ! l       ヽ
   丿   __...ァ'冖'"‐ゝ、_ ./!i 、 ,,,uャ〃'ゝ、、、    .|
   丿   ノ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;^'゙┬ー/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ゝ′   .|
  ./    │;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│ |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ゞ   .!
  l    .卜,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__..ニ- 廴;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.丿   .│
  !    │ `'''''''''''''''"´    `''''‐‐―''''´│   │
  ,'    ノ                    .|    |

616やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 21:42:29.48 ID:NyjSphs0
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (●)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´     まあ、そりゃそうなんじゃがな。
  |     `∩_ノ)━・' 
.  |     |_ノ        では、元盛。
 /ヽ    |  |_       これから和尚宛に返事を書くでな、
 |  \_/ ノ ヽ      ご苦労じゃが、それを和尚のところへ届けてくれい。
 \     /_|  |
 | \ /  _/

              ,..-'' フi''‐- 、
             ./,' ヽ‐- ` --゙lヽ
            ノ/ ''―‐  -― ¦|   
            :〃  -   - `|、    わかりました。
            |ル  丶- ..-   .│  
            │   -=一、  〃    (但馬守様は和尚を参府させたいのだろうが、
             \ 、  ̄  ._丿     …でもあの和尚をどうやって動かすつもりなんだろうか?)
         _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
      ,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、  
     ..'´     /丿         .l |     `
    /      /,'     ヽ     ! l       ヽ
   丿   __...ァ'冖'"‐ゝ、_ ./!i 、 ,,,uャ〃'ゝ、、、    .|
   丿   ノ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;^'゙┬ー/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ゝ′   .|
  ./    │;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│ |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ゞ   .!
  l    .卜,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__..ニ- 廴;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.丿   .│
  !    │ `'''''''''''''''"´    `''''‐‐―''''´│   │
  ,'    ノ                    .|    |

618やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 21:44:43.67 ID:NyjSphs0

 そして再び出石。

     .:::.. ... :.    .::::::       ::.... .:::       :..... .       ..:::..    ... ....::::. .
.: .:::..... :. .:|::  : .|::./:... / .::ゞ: |.... ...:::.. ... .. ..::::. . .. :. .::: :  : :.. .::|::...... ..:l. :|、. |_|:.. . .. | :. .:::: ::....
;;ゝゞ ; ヽヾ|   |/`ー/;;ヾ;;;;;;;;|_,|ヽ;;;;ゝ  ;|ヾ;;;;''"   ゝゝ;;;|;|;; |_|;ヽ、ヾ|ーl  |_|ヾ ゞ | |...
;;...:... .. . ヽ;lー一'| : ./;;ヾ;; . . ..l.:.|  . ゞ. . ||;;;;:,  :...:... .. .'''ヽ|;lヽ|_|;ヽ ヾ;;|ー|、_,|_|;ヽ;;ヾ| |. .  .
;;ヾ;;;; ; ゝゞ|   |-/:l|ヾ;;;;;;;;ゝ|_,|;.ゝ;;;;; |,|| :  .   :  .  |;lゝl.:|;;; .:.. .. ー|. : . |.  .: ;| |
"''ヽ、; 、;;l;;;|   |/:|-|:ヽ;;ヽ;;;,;|_,|    |,||. ...:.: ... .. .  : .|;|' ;|_|;;;;ゝ;ゞ|ー|、_,|_|   | |
ゞヾ ;;"ヽ;;|   |ゞ|-|;;;;;ヽ..:...::...|.. ...:..::...i. ....:: :::. .. ...:   :   |;| |_| . : :: |ーl  |_|...:. : ... |..
.. .:...:. .... |.:ー..:'|ゞ|:...:... .. . .;|_,|    |,||          |;| |_|. .   |ー|、_,|_|   | |
     /:|   l;;;;|-|; ゝ;;ゞ |_,|.. .:. :. . |,||    .... ...:.: . ....|:l  _|.   : |ーl  |_|   | |
 . .  . /` |   | |-|. :     |_,|    |,||          |;| |_|    |ー|、_,|_|   | |
l   /   | .. . .|. .l-l  . : . . |_,|    |,|| . .      ... . |;| |_|...:.: ...|ーl  |_|   | |
l.  /`ー/ lー一'| |-|      |_,|    |,||          |;| |_i   ..|ー|、_,|_|   | |
l  /  / :|   | |-|      |_,|''" '' ' |,||          |;| |_|    |ーl  |_|   '"''"
 /`ー/  |   | |-|      |_,|    |,|''            ''"' |_|    |ー|、_,|_|
./  /: :: |   | |-|      |_,|  ,; ''"''"              |_| ''   |ーl  |_|
`ー/    :lー一'| |-|      |_,|                   |_|    |ー|、_,|''"
, /   :: |   | |-|      |_,|                   |_|    |ーl  |
/l     |   | |-|      |_,|                 '""'';;'   |ー|、_,|
      |   |'"''"''    |_,|                      "''''l  |
      lー一'|         |_,|                          |、_,|

619やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 21:48:14.69 ID:NyjSphs0
              ,..-'' フi''‐- 、
             ./,' ヽ‐- ` --゙lヽ
            ノ/ ''―‐  -― ¦|   
            :〃 ` ゚ ′ .` ゚´ `|、   和尚様、只今戻りました。
            |ル  丶- ..-   .│   こちらが但馬守様よりのお返事でございます。
            │   -=一、  〃  
             \ 、  ̄  ._丿    
         _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
      ,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、  
     ..'´     /丿         .l |     `
    /      /,'     ヽ     ! l       ヽ
   丿   __...ァ'冖'"‐ゝ、_ ./!i 、 ,,,uャ〃'ゝ、、、    .|
   丿   ノ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;^'゙┬ー/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ゝ′   .|
  ./    │;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│ |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ゞ   .!
  l    .卜,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__..ニ- 廴;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.丿   .│
  !    │ `'''''''''''''''"´    `''''‐‐―''''´│   │
  ,'    ノ                    .|    |

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     おお、ご苦労だったな、元盛。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    では、早速読むとするか。
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ   
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

620やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 21:50:22.41 ID:NyjSphs0
           /⌒ソ/⌒ヽ、
        . /  //    ..\      ._,
        /  //      .`ヽ,.._,ィ''´  `'ー- 、      /i
        /  //                  \,.   _..ノ .|
    .   /  //                     ⌒´   .|
      /  //                          |
      /  //           .諦               |
    . /  //            め              .|
    /  //  .           ろ               |
    /  //         宗                   |
   ./  //          .矩                  .|
  /  //                               |
 ッ芝ヾシ⌒ヽ、                           |
 .ヾニジ    \      ._,.イ⌒ヽ               |
          `ヽ,.._,ィ''´      `'ー- 、        .  |
                         .\,.   _., 、  . .リ
                            ⌒´   \._,ノ
                 宗矩の返事

622やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 21:51:15.99 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、-ゝ  イ-ノ| |  ━━┓┃┃
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     ┃   ━━━━━━━━
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|     ┃               ┃┃┃
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ                        .┛
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /! ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚
  /  / / ! \| | |。≧       三 ==-
 , /  / / |┐ \ -ァ,        ≧=- 。
 / /イ | ハ! |==、  ̄イレ,、       >三 
 , ' / イ 川ハ、o | `≦`Vヾ       ヾ ≧
  / 人 リヾ `ー、 。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。〉

624やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 21:53:48.45 ID:NyjSphs0
                  _,, iー' .、 '、. ..'-, .'、      . _..
              _.. イ'".ヽ .ヽ. \ .ヽ. \.ヽ. ..,,, -''"゛
          ,,, ィ'''"`'、  ヽ  ヽ .ヽ  ヽ ヽ,,..ノ‐'゙´
      ._..y‐''゙ヽ. .ヽ  .ヽ  ヽ _> |-.. ┴´
  ._.. -',"  ヽ  ヽ  ヽ  .ヽ./ ~    _,,二ー 、
."`',.  ヽ   ヽ  .ヽ  .l./ ゛    ./´   `'-.\
  .ヽ  .ヽ   ヽ._,, ;;ゞ゛     ./   : 夢   ヽ ',
 、 .ヽ  . ..lr‐'"´/      / .l,    ~''"   .! .!
 .ヽ._.. ゙‐'゙゛   ,./        /',''''''!ly、     ._.イ│
: '''´     ./ ,-      ,/'''''゙‐'t;;',',   ,i,'!!~゙゙} .|     元盛ィィィッ!
      ././       /         ゙‐''゙⌒.! ',    なんだこれは!!
     ,,i,'イ゛          /.l  .、   _      |  .l
    / .,/ノ           ,' l゙ l.l .,,―`-ニ. ., .,.. l   ヽ
     .,/イ        ,'  l  l ',l゙,.. - ,,..,!.il! l ./    \
.\,  .,''゙,!        l  l ,i'/ッ._,,,,,, .゙!/│ !     .゙y
  .`'-,,"."        l'、 .!.l l .,!.l   ゙l .l',゙ll゙ i____,,,..-'"゛.ヽ..,,,_
    .`'ー、,、     / ゙' l .゙" .',.|    !/.|"!/          `''
        `゙'ー、、  .!   .\ .! !..,_, . 〃 /
              `'-',,_    ___;;,,.. --┴''''''¨'ー、、
               ̄ ̄           `'-、,
                               `''ー ..,,,,,,,,.. ‐'

              ,..-'' フi''‐- 、
             ./,' ヽ‐- ` --゙lヽ
            ノ/ ''―‐  -― ¦|   
            :〃  -    -  ."|'、   いやだって和尚でしょ?
            |ル  丶- ..-  u │   返事は三行って仰ったの…。
            │   -一-  〃  
             \ 、  ̄  ._丿     要約するとそういうことだそうです。
         _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
      ,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、  
     ..'´     /丿         .l |     `
    /      /,'     ヽ     ! l       ヽ

625やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 21:56:17.72 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |     …フン、縦に三行とか芸がないわ芸が。
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |    
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     で、補足はどうなっておる。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ    どうせ言伝されているのだろうが。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


              ,..-'' フi''‐- 、
             ./,' ヽ‐- ` --゙lヽ
            ノ/ ''―‐  -― ¦|     ええ、勿論。
            :〃  -   .- ."|'、   それでは、但馬守様の言伝をお伝えします。
            |ル  丶- ..-   .│   
            │   -=一、  〃  
             \ 、  ̄  ._丿    
         _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
      ,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、  
     ..'´     /丿         .l |     `
    /      /,'     ヽ     ! l       ヽ

627やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 21:58:17.17 ID:NyjSphs0
=宗矩からの伝言=

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |         和尚、結論は手紙に書いた通りじゃ。
. |  (__人__)  |        おそらく、今度は周防守様よりも更に上から
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)  .お話が来るであろう。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/    このままではお互いキリがなかろう。
   ヽ     ノ   .l;;,´    
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/
________ _________________
            ∨
           ,..-'' フi''‐- 、 
          ./,' ヽ‐ -` -- ゙lゝ
         ノ/ ''―‐ 丶―¦|
         :〃  -   .- ."|'、 
         |ル  丶- ..-   │   
         │   -一-  〃    
          ∟ 、 .-   _丿     
      _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
  ,,,,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
  ..'´     /丿         l''、     `
 /      /,'     ヽ     !'l       ヽ

629やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:00:01.27 ID:NyjSphs0
           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●)
         |     (__人__)          なら、和尚。
         |      `⌒´ノ          ここは逆に考えてみてはどうかな?
          |         }          
          ヽ        }      (    「参府しない方法を考える」のではなく、
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )   「参府してこそ得られる何かがないか」とな。
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !
________ _________________
            ∨
           ,..-'' フi''‐- 、 
          ./,' ヽ‐ -` -- ゙lゝ
         ノ/ ''―‐ 丶―¦|
         :〃  -   .- ."|'、 
         |ル  丶- ..-   │   
         │   -一-  〃    
          ∟ 、 .-   _丿     
      _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
  ,,,,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
  ..'´     /丿         l''、     `
 /      /,'     ヽ     !'l       ヽ

631やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:03:54.93 ID:NyjSphs0

    / ̄ ̄\
  /:::::::⌒ ⌒\       そう…例えば、
  |:::::::::(●)(●)|      結局、そのままになっておる
 . |:::::::::::(__人__)|     .大徳寺法度についてなどの…。
   |::::::::::::` ⌒´ |
 .  |::::::::::::::    }       ちょうど、その一件でお主に話が聞きたいと、
 .  ヽ::::::::::::::    }      .上様も仰っておられるではないか。
    ヽ::::::::::  ノ       お主が出れば…何か動くかもしれんの。
    /ヽ三\´      
    |:::::::::::::::: \
________ _____
            ∨
           ,..-'' フi''‐- 、 
          ./,' ヽ‐ -` -- ゙lゝ
         ノ/ ''―‐ 丶―¦|
         :〃  -   .- ."|'、 
         |ル  丶- ..- u. │   
         │   -一-  〃    
          ∟ 、 .-   _丿     
      _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
  ,,,,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
  ..'´     /丿         l''、     `
 /      /,'     ヽ     !'l       ヽ

632やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:06:04.23 ID:NyjSphs0
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ⌒)(⌒)             まあ、それはそれとして、
.   |     (__人__)             そう難しく考えずとも良かろう。
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ
   .l^l^ln      } `‐=   )        江戸にいる間は
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;)    わしの屋敷に泊まってくれればいいのじゃ。
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)    虎ノ門の上屋敷が気詰まりなら、
   /  /    \       ./;;/    麻布の下屋敷でも構わんぞ?
  /  /       \     .l;;,´     久々にのんびり茶でも飲むのもいいかもしれんの。
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ
________ _________________
            ∨
           ,..-'' フi''‐- 、 
          ./,' ヽ‐ -` -- ゙lゝ
         ノ/ ''―‐ 丶―¦|
         :〃  -   .- ."|'、 
         |ル  丶- ..-   │   
         │   -一-  〃    
          ∟ 、 .-   _丿     
      _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
  ,,,,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
  ..'´     /丿         l''、     `
 /      /,'     ヽ     !'l       ヽ


633やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:08:00.16 ID:NyjSphs0
           ,..-'' フi''‐- 、 
          ./,' ヽ‐ -` -- ゙lゝ
         ノ/ ''―‐ 丶―¦|
         :〃  -   .- ."|'、   …というのが、但馬守様からの言伝です。
         |ル  丶- ..-   │   
         │   -一-  〃    
          ∟ 、 .-   _丿     
      _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
  ,,,,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
  ..'´     /丿         l''、     `
 /      /,'     ヽ     !'l       ヽ


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |   
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |     …………。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

634やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:09:37.00 ID:NyjSphs0
             .rニYニヽ      
               /    j |      
            イ     } |        …フン、あやつめ。
          /j      j       最初からこの落とし所を狙っておったな。
       ,r'´ ̄`゙}     j l|rニ二ト、 
       〉─7-'´l|jト、 -イl;|`--l一〈   
       |   |  ルリ-ト、|州リ  |  .| 
      .j  |           |  |,
     ., イ  |     |      |  |
    ノ  }        |         |
  /           |          |

           ,..-'' フi''‐- 、
          ./,' ヽ‐- ` --゙lヽ
         ノ/ ''―‐  -― ¦|       そうでしょうね。
         :〃 ` ゚ ′ .` ゚´ `|、     実際、但馬守様の仰ることにも
         |ル  丶- ..-   .│      一理ありますよ。
         │   -=一、  〃      
          \ 、  ̄  ._丿        大徳寺法度の件を、直接将軍家に
      _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_     訴えることが出来るわけですから。
   ,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
  ..'´     /丿         .l |     `
 /      /,'     ヽ     ! l       ヽ

635やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:11:01.69 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |        わかっておる。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|       俺の唯一の欲とも言える部分を
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ       上手く突いてきおったわ…。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |        
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


           ,..-'' フi''‐- 、
          ./,' ヽ‐- ` --゙lヽ
         ノ/ ''―‐  -― ¦|      
         :〃 ` ゚ ′ .` ゚´ `|、      では、参府されるのですか?
         |ル  丶- ..-   .│     
         │   -=一、  〃      
          \ 、  ̄  ._丿       
      _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_    
   ,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
  ..'´     /丿         .l |     `
 /      /,'     ヽ     ! l       ヽ

636やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:13:58.47 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |      …いずれはな。
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |      確かに参府の断りにも使ってはいたが、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     .ここ最近、具合がよくないのは事実だからな。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\     春頃になって、落ち着いたら
  /  / / ! \| |      ./!  ! |      参府する、といったところか。
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

           ,..-'' フi''‐- 、 
          ./,' ヽ‐ -` -- ゙lゝ
         ノ/ ''―‐ 丶―¦|
         :〃  -   .- ."|'、     わかりました。
         |ル  丶- ..-   │     では、但馬守様にはそのように。
         │   -一-  〃    
          ∟ 、 .-   _丿       「うむ、頼んだぞ」
      _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
  ,,,,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
  ..'´     /丿         l''、     `
 /      /,'     ヽ     !'l       ヽ

 こうして沢庵和尚は、あらためて江戸への参府を決めたのであった。

637やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:15:22.35 ID:NyjSphs0
          , へ、
        //   \         /\  ))
       / /     \       | 「
     / /        ヽ\      | |   
    く   厶 -───‐-、 〉\   | |   
     >仏イ/}ノ∨∨\jN|/   | |    …上手いことやるもんだゲソ。
   //| |u \   /  | ト-─ー-l |   このイカの触手のような搦め手を使いこなせば、
  / //| | ●    ● | ト-─‐、j j   イカ娘の世界征服が一歩進むかもしれぬでゲソ?
-‐/ /  | | '''     '' | ト、___ノ ハ
//   | |\__ 口 _ノ| ト、_____ノ |
/  _ノ! | / i「 ̄7`ヽ| |       | |
  / _ノ| /}!  \/   j{\!     | |  
_,/ /   / __A⌒ー--<⌒ハ    _| |_
/ /   〈    _>ー- ..,__  ̄_ノ     \/ ))
/   _,ノ| ̄「        丁 |
                              .    / :/ ::/   :イ ::i  .:;     ..:::::::::::ヽ
                              .   / ::/ ::/  イ / .| ::l  ::i  ..:i   ....::::::::ヽ
                                 i  ::| .::リ .::i.|:::| | :リ  .:::|  ..::i    ..::::::::::::l
                              .  |  :| ::|| ::| l::|  l :リ  :::リ .::::l|     .::::::::|
 あなたじゃ無理に決まってるでしょ。       .  | .i |,__|'| ::| .l:|  リ l .::/l :::::リ     ..::::::::::|
それに、この和尚への返事の内容は       .  l./| :::k‐ュト,,|  リ / ::/ム_:/|     ..:::::::::::|
>>1の創作よ。                        ノ |  ::|ヽ{;;C ./  ̄''´c..;;;::::>l i   ..:::::::::::|
                              .    |  :l  "" .     ヽ;;C´ l :l   ..:::::::::::::|
 和尚からの手紙に対し、               .   | ::::|   /      """"/ ::/   ..:::::::::::::|
宗矩が返事をしないというのも不自然だから、     |  :ハ   `        / .:/  ...:::::::::::::::|
何かしら返事は書いたとは思われるけど、     .   ノ_,,, :ハ  ,_       ノ ..:::/ ..::::::::::::::::::::|
その内容は今のところ明確ではないの。           l :::::;;>./`"       ̄ フ ..::::::::::::::::::::::|
                              .    | ;; /ヽ.        / ..::::::::::::::::::::::::|
                              .     レ/|.   ヽ--ャ-‐'''" / .:::イ:::::::::::::::::::::|
                              .   , /:::::|       |   ./ .::/ l::::::::::::::::::::::|
                               , / | ::::|      .|  ./ ..:::/   l::::::::::::::::::::|
                              /   .| :::|      ,,,ィ  / ..::/    ,,入:::::::::::::::|
                                  .| ::|   _,,,ャ''" ノ / ..:/ _,,,ィ''"::::::::::ヽ::::::::::|

639やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:18:47.73 ID:NyjSphs0
           \   〉
  _ ______ \/
/: : : : : : : : : : : : : : :  ̄\
: : : /|: ;ヘ: : : :./|: :ハ: : : : :ヽ
: /ニ=|/ ヘ: :./ |:/ _,.ゝ: : : : :!       ぐぬぬ…。
イ´ん,心`  ∨ 'イ.心 ヽイ^'       じゃ、じゃあ、この話の根拠は何でゲソ?
  込::::ノ       l::'''::l ;': :l        創作にしても、根拠があるから書いたはずだゲソ!
.::::..  ̄        `ー´ /: :/   ./\ )) 
:::::::         '   .::::. |: :{.   ¨|: :「
            人: ヽ   \:ヽ
\   ⊂==っ , イ: :|. ヾ: \.  ): )
                       .                    _
                                      ,  "      `  .
                                 /            \
 そうね。                  .          /                    .
これは>>1の推測というのを                /       ,ハ           .
踏まえて読んで欲しいんだけど、  ......       ′       | │  ト、    |   '
この時期、和尚を動かそうと思ったら         | . |   「|. | | | l. |.| |_j  |   |
                     .            ルi |  _トL」_| リ|_ 「L⊥|  |ヘ. ′
 「大徳寺法度の件で、        ....      / | |  「rrァ=y ′ 代゚ジ'|  | 》′
  和尚が家光に話をすれば、     .            | |  | ヾニ゚       |  | /
  状況が好転する(かもしれない)」   .         ル |  |,     i       |  |「
                      .           リ  |ヘ.   `  _.  ム  !
 という点くらいしかなさそうだったのよ。        .│ ト-へ、  ̄   /! l |
                                      | |   〕: . ._.. イ │ | |
                                     l |    」      乂| |
                                    | ! ,rf八.       │|//7ァ .
                                  _,.| !///|          | |///////7ァ .
                       .        ,.ィf///| |///|       ____リ/////////// 7、
                             ,.ィf///////| |///ト―、  ´  |/////////// /  \

640やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:20:38.70 ID:NyjSphs0

 度重なる幕府からの圧力に耐えかねた、という  .       /:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
見方もあるかもしれないけど、             ..     ,'.:.:.:.:.:.:.:.,'.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::i.:.:ト、.:.:.:.:.:.:.:.:|: : :.:.:|: :.:. ',.
今までの和尚の行動を見る限り、         ......     i.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:'.:.:.: |: : : :i:.:.:.:.:!..:| |:.l |.:.:.:.:|: : :.:.:|.:.:.:.: i:.、
それを理由とするのは少々違和感があるわ。   .     l:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:|: : : :|:.:.:.:.l .:| |:.| |.:.:.:.:|: : :.:.:|.:.:.:.: |:.:i
そんなものに屈するくらいなら、                 |:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:|: : : :|:.:.:.:.l .:| |:.| |.:.:l_.L: : .:.|.:.:.:.: |:.:|
そもそも配流なんてされなかったでしょうし。   ......     |:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:l‐一:ト--ミ、| |:.| |.:.:|.:.| ..:.:.:」 :.:.:.:.|:.:|
                                     |:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.」.:.: ノ{ :.:.」 ノ |.:lィiで丁了l.::.:.:|.:.:.:ト、
 かといって、和尚には世間的な欲…        .     |:.:.:.:.:.:.:.:.|: : :.:.:.:.:│ィ'で「う`ヽ、       ト::.)゚} ノ│:.:.:|.:.:.:|
例えば、地位や権威、金や女、           ....     |:.:.:.:.:.:.:.:.|: : : : :.:.:.|.:l弋::.) リ        弋ソノ |:.:.:.:|.:.:.:|
あるいは様々な名物など、そんなものを             |:.:.:.:.:.:.:.:.|: : : : .:.:.:.:.:l´`ー''          :      |:.:.:.:|.:.:.:|
欲しがる様子はまるで伺えないしね。        ..     |:.:.:.:.:.:.:.:.|: : : : :.:.:.:.:.|               :      !:.:.: | ̄
                                     |:.:.:.:.:.:.:.:.|: : : : :.:.:.:.:.|          /    ,':.:.:.:.|
 「金もいらぬ、名誉もいらぬ、                  |:.:.:.:.:.:.:.:.|: : : : :.:.:.:.:.|              /厂 ̄
  命もいらぬ人は始末に困る」          ......     |:.:.:.:.:.:.:.:.|: : ...:.:.:.:.ト.|        --一' ′ /.:.{
                                     |:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ヽ、            /..:.:.:.:i
 相手が違うけど、沢庵和尚もこの言葉が    .....     |:.:.:.:.:.:.:.:.| .::l.:.:.:.:.: |    > 、    イ....: :.:.:.:.|
そのまま当てはまったであろう人物だったわけ。       l:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:l:.l .:.:.:.|         Τ´.:.:|.:.:.l.:.:.:.:.|
                                     l:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:| | .:.:.:.|        ∧.:.:.:.:l.:.:.:|.:.:.:.:|
 そんな人を動かそうと思ったら、         ......     /:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:| |.:.:.:.:.|         { \.:.l.:.:.:|.:.:.:.:|
その人にとっての「大義」に訴えるしか        .    / .:.:.:.:. 〃 |:.:.:| |:.:.:.:.:|        i   \.:. l.:.:.:.:|.
方法はなかったでしょうね。             .....   /.:.:.:.:. /   \| |.:.:.:.:.|        {    \.:.:.:.:|

               _____
               /´   \  `  、
              . '       '.   》
            //: : : : !\:_:|:_: \/ハ  ☆       人間の癖に大した奴じゃなイカ。
          〃: : :!、: : :|/∨ヘ : : !ヽ|      +    まるでイカ娘のような大人物だゲソ!
  *         f: : |斗-\| '下ハミV h: :!   *
  + ☆   / |: : ハ      マり |: :リ、: \ .        で、その「大義」が、和尚の場合、
☆    ii ,、ノノlハハい == , . へ   |: :l: 、\: \ __    「大徳寺法度」の件だったってことかゲソ?
*   / 彡^(´    }ハ   く{  }/|: :|\\\: : : : `\  .
  *  /⌒ヽ  /;|: |>r--rf  |: :l- 、\\\ ̄`\\ +

641やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:23:04.73 ID:NyjSphs0
                               .                              ,  -――- 、
                                                            イ:::::::::::::::::::::::::::::::>、
 そういうこと。                                                 /::::::::::i:::l::::::::::::::::::::::::::::::\
あと、冗談は程々にしておかないと…斬るわよ?   .....                      .,イ::::|:::::|::ハ::|:::::∥:::::|::::::::::::::::::ヽ
                               .                        / :|:::ィ::::ハ:| |:||:::::| |::::∥:::::::::::::::::::ヽ
 まあ、それはともかく、                ... ̄ ̄``゛¨ ¬―- _,ィ'^l'^h        |::::|:::|」::|_|! / L:::|-L::」::::::::::|:::::::::::::}
和尚にとって、大徳寺の寺法を守ること…      ._,.....、__,......__,....._/ } | | .i_       .|:| Lィ_ニミ   チfラ"ア:::::::::ハ:::::::::::::\
より正確に言えば、                  ......:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./. / | | .|二¬‐- z=ナ〈|: ハヽヒ’ハ    `¨冫:::::::j `'⌒l::::::::::\
「世俗に対し、仏法の独立性を守る」事は、    ......-―― ¬'¨´ ̄ ̄ブ / / , ト 、二 ‐-ニ>〈ヾl|ハ   〈     /:::::::::/ レ'ノl、::::::::::}
ほぼ唯一と言っていい欲…執着だったと思うの。  .         /     / /   `¨¬‐-| |||:::::',   `    /:::::::::/ 人,イ仆!::::::::::|
そのために徹底抗戦したのが、           .....  _,,  -―/       / ――‐r 、_」 l||::::::ヽ  -― └ァ::::/  |::::Y:Y::::::::::: |
「紫衣事件」なわけだしね。                ̄       .l       ノ      ヾミL_ノヶオ!:::::\      /:::/   .L_」|:||: |:::::::::|
                               ..         |     /            ̄ ~|!::::::::::>、_ /:::/ -―'";;;;;;\:{|:::::::::|
 そして、この寛永十二年当時、            .        |  _ /__             ||:::::::::_;;; ―┴‐',,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:|:::::::::|
「紫衣事件」の原因となった「大徳寺法度」は    ..     __」-<;;;;;;;;;;; |              |!>'- 、 ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; | |:::::::::|
以前のまま、手付かずだったのよ。                |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|            /  ,,,,;;;;\\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |::|:::::::::|
                                     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|           /  ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;\ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::|:::::::::|

        ,へ、
       〆 ヽ\
     //    ヽ \
   / /       ヽ \     (…こいつ、千鶴並に怖いでゲソ)
  〈 厶 -───‐-、〉 /〉
   仏イA∧A/∧カ\  |      じゃ、じゃあ、
   ||  \,, ,,/    |N|    和尚が参府を決めたのは、
   || (●) (●)||| | |    この法度をなんとかするためで、
   ||  / ̄⌒ ̄ヽU | |     和尚を参府させるために、
   ||  | .l~ ̄~ヽ |  | |    宗矩はそこを突いたのでは…ってことかゲソ?
   ||U ヽ  ̄~ ̄ ノ  | |   
   ||    ̄ ̄ ̄   | |   


642やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:25:30.23 ID:NyjSphs0
                            .        ′: /: : : :丨 ,' ; : ', : : i゙. : ::| :│ : | : : : : : : : : : : ' : : : : : .'
                                     l : : i : : :/:│:|  ': : ゙. : : :い- | ::T :_」 : : : : : : : : : : .| : : : : : |
 そうではないか、というのが>>1の推測ね。         | : : | : : |l : | :|  ゙、 : ヽ: 」 l _」コ孑ァ | : : : : : : : : : : :| : : : : : |
                            ..        | : :│: :」| -| :|    \//フ「;;心]ノ | : : : : : : : : : : :| : : : : : |
 実際、この問題を解決するためには、   ....         | } :│ : |l:_」L」        ゞ:::。ノ、 | : : : : : : : : : : :| : : : : : |
法度を撤回させる必要があるけど、       .       l:ハ └゙‐弋´トrう.        ¨´    | : : : : : : : : : : :| : : : : : |
前将軍たる秀忠の命によって下された     .      リ l : : : ∧ 弋;ン ,            | : : : : : : : : : : :l::. : : : : |
この法度を撤回できるのは、唯一同格の存在… ....... 〃  l:ハ : : : , ′ ′             リ :│: : : : : : : .::::. : : : : |
即ち、現将軍たる家光以外いなかったでしょうし。         }| l: : : '    丶         / :│: : : : : : .:::::::: : : : : |
                            .           リ |: : : :ハ     _,.  -‐=j    厶 -┤: : : : .: .:::::::::. : : : : |
 そうして考えると、家光に招かれて、               |: : : | : 、   ∨    ,′     | : : : : : .:::::::::::. : : : : |
直接その話ができるのは、チャンスなの。   .          |: : : |: : :\   ヽ__,ノ        イ : : : : .::::::::::::::. : : : : l
当初は、玉室、江月の二人に任せると言ってたけど、      .L -┤: : : : 丶、 `      / | : : : : |:::::::::::::::: : : .::. l
自分が話せば、好転する可能性があるとすれば…             | : : : : :.::::::|` .,__ .   '     | : : : :::|::::::::::::::::: : : :::. l
和尚が参府する可能性は出てくる、というわけ。               .| : : : : :.::::::l:::::: |        | : : ::::,゙|::::::::::::::::: : :.::::. l
                                             | : : : : : i::::l:::::: |         l : .:::/ .|::::::::::::::::::.:.::::::.. l

          _____
          /´   \  `  、
       . '       '.   》              ふむ…つまり、
.       / ,. -――- 、 l   〃
      //: : : : !\:_:|:_: \/ハ               【家光】 : 沢庵和尚の話が聞けて嬉しい
    〃: : :!、: : :|/∨ヘ : : !ヽ|
    f: : |斗-\| '下ハミV h: :!               【沢庵】 : 大徳寺法度を撤回させられるかもしれない。
    |: : ハ      マり |: :リ、: \
    lハハい == , . へ   |: :l: 、\: \ __         .【宗矩】 : 家光を和尚に帰依させられるかも。
       }ハ   く{  }/|: :|\\\: : : : `\             あと、身近に和尚がいると嬉しい。
     /;|: |>r--rf  |: :l- 、\\\ ̄`\\
    ///:/ ̄〃|! __,ハ: !.〃\゙ハ\.\   Ⅵ      こんな感じになるわけかゲソ?
.   〃 ./:/ 厶  |!,/  V《    ヽーー⌒つ       いわゆる「WIN-WIN」ということかゲソ?
    |___--⌒   /      Vマヽ、       \      うまいことやったもんじゃなイカ!
. 辷⌒ヘ ヽ  /   |     ハ:.}/ `ーノ ̄ヽ、乂ゞ
 ./   ノ- ─    '、    |:|ヽrァ 7´:〈
 〈,クケ' くノ〈:〈__   二.   {:{ ヾ  \/

644やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:28:43.43 ID:NyjSphs0
                                        ____
                                    _,‐''".:.:.::::::::::::::::.:..`丶、
                                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 (イカのくせに「WIN-WIN」とか言うなんて…!)  .....  ./://.::::/:{:::::、:::::::::::::::::::::::::::',
                             ..    /:,':::/.:::::/ |l|:::::||::::}l:|:|::::l:l::::::::|
 まあ、そういうことね。                    l::l:::|.::::/  |l|:::::||::::||:|:|::::|:|:::::::|
実際、宗矩ならこの辺りの事を                |::!:::L./ヽ リ  └ 斗ヒ''::/:::::::|
心得ていたでしょうし、幕閣の中で             |/|:::l-=・=-   -=・=- イ:::::::::|
和尚と一番縁があるのも宗矩だしね。        ....  |:::l⊃       ⊂⊃ |::::::::|
この辺りの差配をしていた可能性は十分あるわ。  .  ∟ヽ    r_,、_v   ∠::::::::|
                                   |::|::>'う _, r<|::|:::::|   l
 さて、それじゃ話に戻りましょうか。           .   レ'  ./i\  ソ:::://::|::|\|
                                  ./  /ヘヽ::\/:::://::::|/::::::ヽ
                                  /ヘ._ /:::::::ヽ\ヘ=ソ:::::/::::::::::::ヽ

                      _,. -‐   ̄ ̄`\
                   .    ´  /        \
                   /     /            '. ヽ
                   \   ,.   ´ ̄ ̄ ̄`  、  i  .
                  ヽ/: : : /| : : : : : : : : : : \ |  ',
                   / : : : :,\|:/! : : : : ;.ヘ: |: : \    ',
                 ̄∧: :/,x≠ミ、| : : /_l厶-: :|  |   合点承知だゲソ!
                 /: ∧〃んィ} |;/,r≠ミ、 |: : : |__,!   では、イカ娘が新陰流を修めて、
     r―――――一:´: /j: :|{ 弋:り    んィ} Y|: ∧|      イカ新陰流を創始する話を始めるゲソ!
  /`ー┘┌―――‐一ァ'⌒マ: :,!      ,   弋:り  ノイ: : !
  \/ ̄ ̄  _,. -‐ ´   /: :/ \ 「` ー‐┐   / /: : :|       「そんなわけないでしょ」
         / >―‐ 、 __/: :/   |l丶. __,ノ_ . ィ': :/ \|
        / /: : : ,.―┴'―〈.    |l\ __/  ! : !__   ヽ
       〉、i: : : /       l }、   ヾ、__,/   | : ||: :l:Y  |
     _,/: ∧: : :`ーr、    }_ノ}  ̄ ̄  、___ /| : ||: :| | ∧
   __|: :r_′ `ト---ゝ--イ__ノ \\__ / |∨ | : |l: f´l_/ヽ:\
   \;/ _」´: ;.イ                  | V| : ||: :〉--r' 、 : \
        / : : :_|  、          /     /  |'| : ||: し_,/   \: : \__
       \;/ \   \    /          lノ: :ハ: : \__   \__ : :!
           \(O)\ ____      /\:\.\__ : |      /: :\
            〈 \ _____(O)\_,/_/: :/   /: :\   \/
.               { ̄´//   /\    |: : : : |   \/
               ̄  /  /     \__/|__|
                    /   /
                 /   /
            __/   /
              f´:〈__ .ィ′
.             ハ : : : ;ノ
            /  `7´
          /    /
.          {     /
          `ー‐'′

645やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:31:22.00 ID:NyjSphs0
 さて、こうして春頃に参府する方向で考えを固めた和尚であったが、
幕府は和尚を放っておかなかった。

 寛永十二年十一月、出石…。

    r───────-、
.   ヽ,.ヘ、__,. '⌒,ゝ    l
. ヾ`く     /./ヽ.  |
  /\_]|  |「_ ∠_ _」 │
 「::==。lニニ「:==。=::|r=、 |      和尚、御無沙汰しております。
 ヽ:::: ̄:l  l:::: ̄:::::ノ||^!| |     この度は周防守様より和尚へ書状を届けるようにと…。
  l  ̄ L___.」 ̄ ̄  ||ン│
   ! ⊂ニニニ⊃  .∧.  ト、
    !   --     / ヽ !:::\
  __,∧____./   >|:::::::::`ー
 ::::::::::::| \      / l:::::::::::::::
 :::::::::::::l.  \  ./   l:::::::::::::::
 ::::::::::::::l   ンく    l:::::::::::::::

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |      今度はなんだ?
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     病が治れば参府すると周防守殿には
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|     既に伝えておろうが。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ 
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\     同じ話されても同じ答えしかできぬわ。
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

646やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:33:36.37 ID:NyjSphs0
       _________________
     /                        /
     |      ./`ー _         ,ヘ  /
     |     /::     ─ _    / ヽ/
     |    ./::::          ─ _/   ヽ
     |   /:::::::::ミ_ ─ _            /'〃
     |   \::::::::::  ─ _ ─ _      /::/ヽ
     |    \::::      ─ _|||    ||:::/   ヽ
     |  /⌒l ━┳━━━━━━━━━━━━┓    いえ…和尚。
     |   |:i⌒|::|:::::|   :::illlllllllllllllll|━━|   ::illllllllll|    今回は、周防守様よりの書状では無く、
     |  |:l⌒| |::::: |  :::iillllllllllllllll/  ::::::| :::iillllllllllノ    土井大炊様よりの書状と、
     |  |::「]| |::::: \::iillllllllllllllノ/   :::::| :iillllllllノ     幕府御年寄衆連署の添状でございます。
     |.  \_.l |:::::::   ̄ ̄ ̄ ::/    :::::|  ̄ ./
.   ./|     N::::::::::       (_  ::::_:丿  /       内容は…「理由を問わず、すぐ参府するように」と。
  ./::: |    /: :|:::::::::          ー    /
 / :::::: |.  ./:: ::|:::::::    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄) /
/:::::::::::::|  ./::::  ::|:::::      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
: : :::::::::::::|.../:::    ::|::::        __   /
: : :::::::::::::|/::      ::l::        ::::::::   /\
::::::::::::::::::|\       ::\           /:::::::::\
:::::::::::::::::|  \       ::::\______/:::::::::::::::::
::::::::::::::::|    \      ::::::::::::/ |::::::::::::::::::::


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、-ゝ  イ-ノ| |  ━━┓┃┃
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     ┃   ━━━━━━━━
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|     ┃               ┃┃┃
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ                        .┛
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /! ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚
  /  / / ! \| | |。≧       三 ==-
 , /  / / |┐ \ -ァ,        ≧=- 。
 / /イ | ハ! |==、  ̄イレ,、       >三 
 , ' / イ 川ハ、o | `≦`Vヾ       ヾ ≧
  / 人 リヾ `ー、 。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。〉


647やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:35:42.37 ID:NyjSphs0
    ,, -―――
   〃:::〃::::::;;、:::::::::::ヽ
    Yア( ̄  {_:::彡::::|
    {{;ィ..::ャ=ミ ヽ::r:、|        沢庵殿、悪いんだけどさ、
    代・} 弋・フ / ^}リ        病で行けないっていうのは、ちょっと聞けないんだわ。
     ';::.:L .:::  {  r〈    
     ';t‐ェェタ  イ >、_       これ以上先延ばしにされるのも困るし、
      i:::二  / // \    理由はどうあれ、もう江戸に出てきてくれないかな?
       `ー</ /o\  \
        rヘo// ̄ ̄:.::\∧
        ∨//.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽハ
        /7ロ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.} _}
         { |圦:.::.::.:.::.::.::.::.::.::.::「 |
        V |.:}ヽ.::.::.::.::.::.::.::.::. く|
         {ノ:ノ ハ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.}
         Ⅳ   ∧.::.::.::.::.::.::.::.::.:}
         }リ / 〈.::.::.::.::.::.::.::.::.::}
        くく   〔.::.::.::.::.::.::.::.::.:{
          土井大炊頭利勝
      (どい おおいのかみ としかつ)
________ _________________
          _∨___
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    土井利勝からの書状

 利勝よりのこの書状自体は所在不明であるが、
この後、和尚が小出吉英に宛てた手紙で、その内容は以下の様に書かれている。

 『従御年寄衆御連署給候。御添状□土井大炊頭殿御文寫、従板周防守殿持せ給候。
  ”愚老儀相煩候共、被寫召候間、罷下候へとの儀候”』
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

648やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:38:21.44 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |   
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |      一介の坊主を呼び出すのに、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     年寄筆頭の大炊頭殿の書状に、
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ     年寄衆連署の添状か…大層なもんだな。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\    
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


  ヽ~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ,二 |
  ヽ/ヽ_,,-''川川 |
  ,イベ, i 川 | /ヽ ) |
 i''''-,,,_\ /_,,,,,-ッ'-i
  {≡  '''二'''≡ ,イi  )    (一介の坊主だったら年寄衆がこんなことしねえっての!)
  ヽ≡;ノl lヽ≡ノ i i ヲ  
   iヽ cUっ  r l レ |      和尚…具合が実際に良くないのは承知の上ですが、
   .i r==≡=='''ヽ 人 |     どうかお願いします。
   i L二エ二,,フ/ i |     .これ以上は…流石に洒落になりません!
    | u 平   /  i |
    L___ /__,-''',''ヽ、   どうかっ・・・どうかっ・・・・・・!!
      \__,,-''' / ≡ヽ
      K~  /≡≡≡≡ヽ
      |ii入/ ≡≡≡≡≡ヽ
      |//≡,,-'''≡~ヽ、≡ヽ
      /≡ /  '≡≡ ヽ≡ i
     /≡≡≡r''~~~~~'''-,,, i≡ i

651やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:41:16.49 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |      …わかったわかった。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     どうせ行くと決めた身だ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     今から準備をして、年内には江戸に着くようにする。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ  
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\      それならよかろう?
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7
    |    /`ー 、    /ヘ /
    |  /::::ミ‐-、__` ー ' / ,ヘ
    |  \:::::. `ー ニ||  ||レ'  |
    | l「jl |┳━━━━━━━┓
    | l「jl |::|  ::iilllllll|━| ::illllllll|
    |  ヽN:::\::iillllllll/ ::ト、:iillllllノ      あ、ありがとうございます!
  /|  /:|    ̄ 7  :l  ̄ 7     それならば、なんとか…!
/  | /::: :ヽ    (_ _:ノ   ,'
::::::::: |/:::   :ヽ  r――─┐ /
::::::::: |\:   :ヽ   ̄ ̄ ̄ /
::::::::: |  \  :\    ̄  /\

652やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:43:34.45 ID:NyjSphs0
                  _,, iー' .、 '、. ..'-, .'、      . _..
              _.. イ'".ヽ .ヽ. \ .ヽ. \.ヽ. ..,,, -''"゛
          ,,, ィ'''"`'、  ヽ  ヽ .ヽ  ヽ ヽ,,..ノ‐'゙´
      ._..y‐''゙ヽ. .ヽ  .ヽ  ヽ _> |-.. ┴´
  ._.. -',"  ヽ  ヽ  ヽ  .ヽ./ ~    _,,二ー 、
."`',.  ヽ   ヽ  .ヽ  .l./ ゛    ./´   `'-.\
  .ヽ  .ヽ   ヽ._,, ;;ゞ゛     ./   : 夢   ヽ ',
 、 .ヽ  . ..lr‐'"´/      / .l,    ~''"   .! .!
 .ヽ._.. ゙‐'゙゛   ,./        /',''''''!ly、     ._.イ│
: '''´     ./ ,-      ,/'''''゙‐'t;;',',   ,i,'!!~゙゙} .|      では、今すぐ支度を手伝いがよいわー!
      ././       /         ゙‐''゙⌒.! ',     SITAKUせよ!SITAKUせよ!
     ,,i,'イ゛          /.l  .、   _      |  .l
    / .,/ノ           ,' l゙ l.l .,,―`-ニ. ., .,.. l   ヽ
     .,/イ        ,'  l  l ',l゙,.. - ,,..,!.il! l ./    \
.\,  .,''゙,!        l  l ,i'/ッ._,,,,,, .゙!/│ !     .゙y
  .`'-,,"."        l'、 .!.l l .,!.l   ゙l .l',゙ll゙ i____,,,..-'"゛.ヽ..,,,_
    .`'ー、,、     / ゙' l .゙" .',.|    !/.|"!/          `''
        `゙'ー、、  .!   .\ .! !..,_, . 〃 /
              `'-',,_    ___;;,,.. --┴''''''¨'ー、、
               ̄ ̄           `'-、,
                               `''ー ..,,,,,,,,.. ‐'

                      ,'''-,,,
                     // ヽ,''''-,,,
                    r/''-,,ヘヽ___,,'''x
                   ,イ/ { ヽ ,,,_,-'''/
        ___,,,,,,,,,----''' イ 7''-クイ ~フ
       /≡ヽ  ≡≡≡≡/ i zx λッ~7~     わ、わかりました・・・っ!
      i  ≡≡}  ≡≡≡iヽ, i ~'''='x/
      イ   ≡/  ≡≡≡i ヽ ~''''-,,,/'''-,,,
     i iヽ  ≡i  ≡≡≡レ'~ξ''''エ,, ≡ λ
     i≡   ≡) ≡≡≡i/ з-'''''-,,{ ;; / l
    i≡iヽ  ≡レ_,,,-'''  ≡ヽへ    i/ ≡l
    i ≡i    ノ≡   ≡≡ノ ≡( _ ノ' ≡l
   i ≡i      ≡,≡-'''/ ≡ヽー''~ヽ  ノi
   j  ≡ヽ   ≡≡,-'''  ≡≡≡/i ≡ \≡
  /   ≡ ''---''~   ≡≡≡/  i ≡≡\i

653やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:45:08.06 ID:NyjSphs0
                _.. -―'''''''―-- ..,,_
              ,/           `゙''-、
               ,/     _..-'''''―- ..、    \
             /     .,/          \    .ヽ
         . /      /              ヽ    .ヽ
        /      ./      夢       ヽ    ヽ
       /      ./               , .l,    .',
      ./     ,i!゙',、            _ノ.l/j    !   
      !     .,'―‐`-lii、       . ,,rl┴''''ー l!    l,  
     ./     i!'-、 .!ゝ . '.l、       /   .!′ ,..''7    .ヽ
     ./     ./ 'イ''ニ=rirr,'|./     .ヽ`-`-`-''',/゙l      l 
    /      .l゙         "       ゙′     l      l.
   . /       !                       ,.|     ., ヽ.     フン…流石にこの急かしは但馬だけではなかろうが、
  .'"       !ヽ   y     i;;;;;;、    'i,  ../ ;:;l     ..l゙‐'    元はといえば、あやつが事の発端…!
         |;:.!  ,/,' .,,r;;ニッiiiiiiiiiiiiii;;;;r、 .l',  .!;:;:;:.!      .ヽ    こうなれば仕返ししてやらねば気が済まんわ!
          |;:;:;:! .// i',{ .iー'''''''''''''ー'i i!|i ,!} l;:;:;:;l          l
          |;:;:;:| .{ ! ./ ゙"      !" l',./;,! l;:;:;:.!           !    待っておれよ!但馬!
          !;:;:;:.! ヾイ.,..-ー'''''''''''―- ..,..!!./  |;:;:;:|            今から行って貴様をSATSUGAIしてくれるわー!
            !;:;:;:;.! /,ii/            l;,ii;| .l;:;:;/
         l;:;:;:;:;| .l;| }            !,!:l" /;:;:/
         l゙'-,;:;| !| .l         :l".! │;,イ
            !、 `'',  │           !  l,i,'-/
            i,',',iiiii、\ .!        . ! .r',゙.l'''7
        ., .l',  .リ、\.l        レ'.l- l!.│
        . l, .!l 、  l`-',/、      ,i;;;;,','" l_./、
            l、',l \ l  ',`'リー .... イ゛   !., '"/.i',  、
     l l,  .,!`′ .`-,!  ! .!    !  ,ノ゛ // .l .|,  .|,
      ! ,'i  l      ゙゙''ヘ..,|_   ._l..-'"   .′ ', .l ! . l ゙',
      .l ! l./           ̄゛            l" !/゛ ',
      ´                               ′

 こうして和尚は、その年の十二月五日には但馬を出立したのであった。

654やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:47:28.58 ID:NyjSphs0
 そして、年の瀬も近付いた十二月二十五日。
江戸、麻布の柳生家別邸…。

                               (:;:〃::;;;)
        g _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,:;::;;(:;〃:;;::〃:;;″
      ,ノ,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;丿:;〃:;;::〃:;;″''',
  ,,,,,,,,,,,,ノ゙,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;:;(:;:;;::〃:;;″,);::〃
 ,',',',',ノlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll:;(:;〃:;;::〃:;;″ :;;::〃
  ̄ ̄ ̄l:   ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヾ:〃:;;:〃:;;;:〃:;;)
       |  丿,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,丿il″.゙:;ソ'l:;;::〃,:;;;:〃:;;)
       |     .l|l     l:〃:;):;     l  ⌒     |    |ヽヽ
 ,,,,,,,,,,,,,,,,|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚l|l''''''''''''''''''l :〃 ;),,    l゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚| ;丿:;〃
   l:l'''l |:::::::::::::::::l|l | ̄| _ l:;:〃:;;). .   |::::::::::::::::::::::|::::::::l| ̄l|: ,:.;,丿;;;:〃:;;)
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l |_|:| : |:l: /~~゙ヽ'    |::::::::::::::::::::::|::::::::l|柳l| ”ー、,,,,,_
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l   :  ::.l: ヽ;;:;丿,,,,-' |::::::::::::::::::::::|::::::::l|生l|.,l:    `゚‐
   """"|:::::::::::::::::l|l ._,,,,,,,,,,,,、lr''''''゙゙゙~    |::::::::::::::::::::::|:::;;;,.l|  l|゙`  ,'''゙゚゙"ヽ
  .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,!'''゙゚゙"ヽl|  l| *i,,,'l_ :;:;::゙:;
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .'l_ :;:;::゙:;|l" ̄:;:ヽ  `─"'
                             `─"' ヽ_,,丿   .,.,:;;.,;

656やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:49:30.94 ID:NyjSphs0
            _____
      ,. 一<´          `  、  ┏━┓
     / : : : : : : : : : .` 、        !\  ┏┛
   /イ: : : : :l. : ::|: : : : : :.\      i  . ┃
     |: : :/┼/、|: : :,.イ: : : \  /   i ・
     |/| __.、l/`ー|、:メ: : : :'. /    !     あれ?
     |:.ilrテ示   __.、| : : : :V___|    柳生屋敷といえば、
      i : j  ヒソ   rテ示7イ : /:iア´ ̄     場所は道三河岸じゃなかったのかゲソ?
      |: :{   ,    ヒソノ, :.! イ : |
      |: :i\   ,___     ! :.|_ノ: : !
      |: :l f ` 、`ー‐` _ .イ| : | : : : |
       j: :i!.| / }  ̄   ,l : l! : : : \

                                      ____
                                 _,‐''".:.:.::::::::::::::::.:..`丶、
                                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                               ./://.::::/:{:::::、:::::::::::::::::::::::::::',
 それは最初の屋敷の事ね。          .... /:,':::/.:::::/ |l|:::::||::::}l:|:|::::l:l::::::::|
タイミングが悪くて書き損ねていたのだけど、   l::l:::|.::::/  |l|:::::||::::||:|:|::::|:|:::::::|
この頃の宗矩は、                 .... |::!:::L./ ヽ リ  └ 斗ヒ''::/:::::::|
                              |/|:::l  ●    ●  イ::::::::|
 上屋敷:虎ノ門                     |:::l⊃  、_,、_, ⊂⊃ |::::::::|
 下屋敷:麻布(実際には目黒)             ∟ヽ   ゝ._)   ∠::::::::|
                                |::|/⌒l,、__ , r<|::|:::::|
 という具合に場所を替えていたの。           レ'  ./i\  ソ:::://::|::|\|
あと、下屋敷は別に与えられたわけよ。       ./  /ヘヽ::\/:::://::::|/::::::ヽ
                               /ヘ._ /:::::::ヽ\ヘ=ソ:::::/::::::::::::ヽ

658やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:52:01.29 ID:NyjSphs0
                                      .        ____
                                          _,‐''".:.:.::::::::::::::::.:..`丶、
 基本的に、当時の武士の屋敷は全て               .   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
将軍家から下賜されるものだったから、             ...  ./://.::::/:{:::::、:::::::::::::::::::::::::::',
タイミングとしては、                            /:,':::/.:::::/ |l|:::::||::::}l:|:|::::l:l::::::::|
                                      . l::l:::|.::::/  |l|:::::||::::||:|:|::::|:|:::::::|
 寛永六年(1629):従五位下但馬守叙爵時           ... |::!:::L./ヽ リ  └ 斗ヒ''::/:::::::|
 寛永九年(1632):加増による六千石&惣目付就任時      |/|:::l-=・=-   -=・=- イ:::::::::|
                                      .  |:::l⊃       ⊂⊃ |::::::::|
 このどちらかの時だと思われるの。                  ∟ヽ    r_,、_v   ∠::::::::|
その辺りがはっきりはしないのだけど、              .   |::|::>'う _, r<|::|:::::|   l
今まで出なかったのは、単に>>1が書き忘れていただけよ。     レ'  ./i\  ソ:::://::|::|\|
恥ずかしいったらありゃしない。                   .  ./  /ヘヽ::\/:::://::::|/::::::ヽ
                                        /ヘ._ /:::::::ヽ\ヘ=ソ:::::/::::::::::::ヽ

             あ゛~~~~~     , -==- 、
              ___         /::::::::::::::::: \\
             |\ヽ、` `丶、    /  :::::::::::::    、 、
             i.  \ `ヽ、 ゙ヽ___:   :::::::________   ゙ ゙
             i    \  ゙ ! .|::::ヽ γ⌒ヽヽ:::::::::ヽ::: }: }
             |     \ ii/:::::l´ i   :}: }::::::::: }:::: |: }
              i      /::!/^ ::::::ゝ,_,,ノ_ノ_____ノ:::: }: }      アホな話だゲソ。
              /ヽ___-::´:::/:|.| : :::::::::::  :::|:::::|::::::::/ / 〃    ちなみに、この屋敷はどれくらいの
             /:::::::::::::::::::::::::/:::!'  、::::::::::   ::|:::::|:::: / / 〃    広さだったんだゲソ?
            /::::::::::::::::::::/::::/⌒.!  ヽ::::::::   |:::::|//       「海の家・れもん」より広いのかゲソ?
              /::::::::::::::::::::/::/i|  i    ` -==+ ' |
         /:::::::/:::::::::::::::/::/.i|  i         .l.__.|
       /::/:::::/::::/:::/:::/::/ |  i        .|`"'´|
      /::::/::::/::://:/::/ i:::::i/|  i          |   |
    /:://:::://:::///::/ .i:::::i   i   l         |   |
   /::::/.//::://::/ /:::/__,|::::|,,_ !  :| _. ,. - ─ ─|   |- ,,_
   |::::|./ /:://::://::/ /:::/   `i  :|(.    o o o`""´   `ヽ
  〈::〈 i/:::/〈:::〈_.〉::::〉 .ヽ::ヽ=ニ ./l,__,l、゙ ー=、,,,_____,,,、= "
  く::::X:::〈 く::::/::::/、_,'⌒く::::>/{;:_:_:_:)"^ヽ.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  /:::::,く::::> く::::::X::::::> //´   `ー--'^"
 !_,_,_ノ `´` ̄`´ /::::::./
             (.juuuノ

661やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:54:42.24 ID:NyjSphs0
                              .....     .   , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                       /::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                       /: l:::::l::::|:::: | :ハ::::::::::i::::: |:::::::::::::l
                                      ,':::::|:::::|: ハ:::::l |  |::||::::|::::::|:::::::::::::|
                                .      , l::::|:::::|::| |::::||:| 」::l|::::||:::::|:::::::::::::|
                                      j イ :|:::::|z‐|::::ヒリ  j7L::ヒ|:::」:::::::::::::|
 海の家と比べてどうするのよ。           ....     ,'/ | :|:::: 代5フヽ  ' 弋フ7|:::::::::::::|
あのね、当時の武家屋敷…それも数千石格の    .     /´ |::| :l ', `        ´ ,'::::::::::::::|
大身旗本の屋敷となれば、その敷地は        .       | | :|:::',    !     /:::::::::::::: |
普通に千坪(約3300㎡)程度はあったのよ。             | | :|;ヽゝ   ___  ∠,イ:::::::::::|
                              .....       | | :|;;;;;\  ´ - ` イ;;;;;|:::::::::.イ
 現代日本の建売一戸建てだと、          ....       | | :|;;;;;;;;;;} 丶、 _  '" |;;;;;;|:::::: ,' |
三十~四十坪(約100~132㎡)くらいが平均らしいから、     | | :|;;;;;;;;;;|        |;;;;;;|:::: ,':: |
ざっと30倍以上というわけ。               .       | }| レ'" ,'       |;;;;;;|:::::l:::::|
                                .     _ノ‐イ::l  〈       | ヽ|:::::|:::::|
 家によっては、三千坪(約10000㎡)以上の敷地を    / く    l::|  \―-、 _」  |::::ト、 |
得た事もあったらしいから、大したものね。        / `ヽ\  ',:l    \    |  |::/   「lヽ
勿論、大名家だとそれ以上になるわけだけど。     .|   \\ ヽ|     \  /  レ'   | |, }
                                  |    }\\       \/      l |l |
                                  |    l  \ヽ――‐- 、___\-―=ニ 」l |
                                  |    |    ̄ ̄ ̄`゛ ――- ニ、     { |

            ;´ ̄ `   、
          ;ノ        \;:
        / /        .\\;
     .;/ /   ______\\
     <  ./ / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:..\/;
     ;\/ / :.u::.l/‐-/  l.:/ -',ハ/;
      ; レ.'.:>‐l .:>-o-:::::u::::-o-V ;         よ…世の中は不公平だゲソ…!
        {.u |.:./{ ト-j:::::::::::::::ト‐j:|         やっぱりこのイカ娘が世界を征服して
.    _;_八__|:::|_u `´    u`´j:|;        世の中を変えてやらないといけないゲソ!
  ;_/ _/::/:|::::\ r‐=‐   ノ:::|   _t 、;
 _i_,/::::_/::|:::::|:_〕    r≦ |::::|\/_  >   「はいはい」
 |::::::::::://::/:::::::i:::::i ヾ  //  i::::l\/\ ';;   
 i__l /::/:::::/.|:::::|  丶//   |::::lヽ ):::::):;

662やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:56:34.86 ID:NyjSphs0
 |  | |  |         |:::|     |:::|  |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |  |         |:::|     |:::|  |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |  |   ヾ@ノ |:::|     |:::|  |  |:| O        |:|:|        O |:|
 |  | |  | (ヾ/,ノ) |:::|     |:::|  |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |  |  ミ)Y´ノ  |:::|___|:::|  |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |  |   i ̄ l   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |  |__| .::|______ |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |/´ └‐┘             |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |:|_______,|:|:|_______,|:|
 |  |,.' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_|───────┴───────|_
/ ̄ 

   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´   …ふう、やれやれ。
  |     `∩_ノ)━・'   来年からの普請の準備も、
.  |     |_ノ      ひとまず一休みといったところかの…。
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ      息抜きができるのは久しぶりじゃ。
 \     /_|  |
 | \ /  _/

               fミ.、
               ミ;;、:\
      ミ:\       };; ';.: ヽ
      ミヽ: :` 、 , -‐─L;;_ ';: : ヽ、
      ';. ヽ/´: : : : : : : 、: : ヽ: :ヽ` 、
       ゝ´: : : : : : : : : : : ヽ: : ヽ: : : :ヽ
      //: : /: : :ハ: : l: : : l:ハ : : :ヽ: : : ハ
      /イ: ://: :/ }:i: l: : :i:l: :}: : : ハ: : : : i
      |:l{: l:{:l从i  jハノjハi从:} : : : !:!: : : : !     まったくでありんす。
      i!li::从lrぅ示  ´f示テァ: : : |:|: : : : l    今年は年中仕事ばかりで、
      j!|リ: :ハ込ソ   弋zソ|:: : : |:|: : : : :!    ろくにゆっくりできなかったしのう。
      l: : : :ハ  〈      i: : : :j:|: : : : ::|
      |: : : :l人  マ ̄ノ  j: :,´⌒ヽ: : : ::l
      l: : : :||: :l>、`   イ: : i  , -┴─、!
      |: : : :|: : |: : :`ニ彡/: : 」'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:!
      l: : : :l: : :|:, ‐7´-/: : : |:.:.:.r‐──〈::i
      l: : : :|: : :f 〃 /: : : イ,'"´    /:::|
             お藤

663やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 22:58:23.07 ID:NyjSphs0
   / |   |L| |_||__| || ||L| |__|L|L|  |  |
  /  |   |=====ニ_~  ~ ニ=====、|  |  |     そのおかげで、
  /  |   ', 弋__ノ  ~ '´弋__ノ |  |  |    ろくにわっちにも逢いにこれなんだしのう。
 |   |   ',〃              〃 /|  |  |
 |   |    ' ,      〟      / |  |  |     柳生庄を離れて一人、
 |   |    |ゝ_   / ̄\   ,.イ  |  |  |    子もおらぬ身で、殿だけを想うて過ごすわっちに
 |   |    |  ` ‐ _ ̄ ̄ ̄,. '  |   |  |  |    この仕打ちはあんまりではないかや?
             ` ‐ '


       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ⌒)(⌒)
     |     (__人__)      ははは…まあ、そう言うな。
     |     ` ⌒´ノ      じゃからこうして、一段落したところで
       |         } \    すぐにこちらに来たではないか。
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )   待たせてすまなんだの。
  /        .   | _/  わしとて逢いとうてたまらんかったわい。
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)

667やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 23:01:45.32 ID:NyjSphs0
                .|
                .人
       / ̄ ̄\   ̄.Y  ̄
     /   ⌒  \   |
     |  ミィ赱、i .i_r赱         しかし、お前の言ももっともじゃ。
.     | ::::::⌒ (__人__)        故に、今宵は久々にわしの夜の新陰流を
.     |     トエエエイ        存分に披露してくれようぞ!
.     ヽ     `""´}    
        ヽ     ィ、   ∩て_     一重、二重では終わらぬぞ?
    ;'⌒ヽ        ヽ、{三)(   いずれさびしくもならぬようになるわい。
   /              . `/     ふふふ…。
   (  _/       l\、 ;′
    \, `ヽ.       i    ̄


 ∨> : : \\/::::/::::::::::::::::::::::::::::.. :.:.:.:.:.:.:. \/: : : <∨
  ∨> : : :.У::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. :.:.:.:. ハ  \: : <∨
  ∨>: ./::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ::l:.:.: l:.:.:.... `<∨
   ∨!;/::7::::/二ニニ=|==: ハ====ニllニl::.  ∨ヘ
   ∨ /:.:7:::::::7:::::::::: l:::::::|::| |:::::::.|::::::|::.:.:リ:::::!:::..  .|:::|
   / ∧ :{:.:.:.7 ::::::: /|:::::::|::|:. |::::::::|: |:从レ'!:::::|.:.:.:.:.. |:::|
   |:::/ ::::::::|.:.:ハ::::::: / .|:::::::j::|:. |l::::::il:::|:|ハ:::i|::V.:.:.:.:.:.: !:::|
   |:::{:::::::::::|.:.:ト::Nメ、 l::::::リ | |i川斗七~V:|/.:.:.:.:.:.:.:.l::::|
   |:::|:::::::::::::ⅥリV ̄>-ト_.  -リvィチう寸.!:.:.:.:.:.:.:.:l::::|     これっ!
   ∨!:::::::::::::::|ト/才たうァ、    ´V辷rリ ノ !:. |:.:.:. : l ::|    まだ日も暮れておらぬうちから
    ∨:::::::::::::::|∧_弋_ク'    ,    ー─'′|:: |::.:.:.:. |:::|    そのようなことを言うでないわ!
    ∨ ::::::::::::|    ̄´    l     /// |:: |::.:.:.:. |:::|
     ∨:!::::::::::ハ .///       , -‐v、    .l::::}::.:.:.:.:.l:::|     それに、
     |:::l::::::::::::∧     /    ハ  ./::V::::.::.:.:.:!::|    もう少し風情というものをじゃな…!
     |:::|::::::::::::|::!:\   /      .j/ :|::::リ:::::l.:.:.:..l::|
     |:::|::::::::::::|::l::::::`:>ト、     / Ll__j:イ.!:::::|.:.:.:.:|∧
     |:::|::::::::::::|::l:::::::::|:::_| ` ー '′ .| ̄7 .|:::: |::.:.:.:|::∧
     |:::|::::::::::::|::l:..;-フ/}       \∧:.|::::::l:.:.:.:.|::::∧
     |:::|::::::::::::|<´./ ,イ  ノ        ∧ .!:::: | :.:.:.|::::::∧

669やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 23:03:49.05 ID:NyjSphs0

                        はっはっは、そう照れずともよい。
                       お前の事を考えるだけで、ほれ、この老体がこの通りじゃ。
           / ̄ ̄\      
           /ノ ヽ、_   ヽ       おお…まるで四十は若返ったような心持!
          (≡)(≡)    i     それもお前を想うてこそ故よ!
            (人__) /// ,∧     出来る!出来るのだ!(色々と
            |⌒´    /,ハ   
          |      , '" { ` ̄ ̄`ヽ、.._
          ヽ_ / \ ',      人 ゙ヽ、
             |\   , `ヽ.   ノ´r‐''''ヽ、} ヽ
          /', `ヽ_リ,__,,... ゝ- '´ ,ノヽ   i   }
            /´'´ ̄7´ `/  /   ,'      }  ,{
        /    }   人  !    :      ,∧ノ ゙i
          {   _,ノ -‐‐-}-- 、   {     , '"´、 ∨, }
       /!,.ノ`ヽ.     {   ヽァ-、,/i    ヽ∨!
        / ,      }\   ヽ   i r'´  } ,.-‐'" ',.}'
     ,∠',{     リ, /`‐-イ `ー--i._,.ゝ- 、     /|
   /   ∨ ,..-‐-、ノ   ゙i‐‐-/´     ',   / |
   八    リ 〉   `ヽ`ー‐‐''''''''",,... -‐‐‐-.ノ  /   |
  /,....-、.._  ヽ、 >/..__ `ー‐--.. -‐ ''"´,. .リ ,...ノヽ
  (ー- '"Y  ノ \_>―--=、._      ,..-‐'"´ヽ.  ',
  ( ニ二'ノ/           〉ー---‐'" / ノ   ',  }
   ヽ--'′              / 〉 、"´ /′/     ', }

     レル' レ、. .<, .| :::::::::レ-| ::: ::/.| : :/| ::::|             :::::::::
     ./ .!' ::::/レー‐‐|/|从ノ ̄|::ハ::ノ .|:::ノ .| .::::|             ::::::::
    /  .:::::/ `::::::::|'   i!:  |:ハ/ :|ル':::::| ::::|             :::::::::
    .|    ノ    _+---- ._,,.、´:  ::::::::: :|ル:|             ::::::::::
   /_,...-'´::   フ,二,ニ,彡''´   ::: ::  ::::/             ::::::::::::
.┌‐":::::::::::::     ´ ´ ´         ::::/             ::::::::::::::      し…知らぬわ!
. { ::::::::::::::::::    ///////         ::/             ::::::::::::::::     このようなところで脱ぐなど…
..ヽ ::::::::::::                   |             :::::::::::::::::::    .気が早すぎるのじゃ!
  }  ::::::                   }             :::::::::::::::::::::  :
 ノ                      }            ::::::::::::::::::::::::: :::   せめて、
  ヽー-、                   }            :::::::::::::::::::::::::::: .:::  寝所まで我慢せぬか!
  |〈                    / ./          :::::::::::::::::::::::::::::::::
  | .)::                ..:::::} ./          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  | .}              ...:::::::::::::| ./          .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  .|.}           ...::::::::::::::::::::::::| ./         ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  .リ       ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ./         .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  .1"‐-.....,__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /         ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   {    ::::::`"''‐‐-...,__:::::::::::::::::::::::/ /        ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ヽ、  :::::::::::::::::::::::::::::::\;;;;;;;:::::::/ /        ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

670やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 23:05:51.91 ID:NyjSphs0
゚ | ・ +o            o。 |  *。 |
 *o ゚ |+ | ・゚   / ̄ ̄\+・  o  |*
 o○+ |  |i  / ._ノ  ヽ、\  ゚| o ○。
・+     ・ l  |  (≡)(≡) |・|*゚ + |
゚ |i    | +   |::::: (__人__) ::::| |! .   |      よし!
o。!   |! ゚o   |   |r┬-|  .} |. * ゚ |       ならば、今すぐ寝所に行くぞ!
  。*゚  l・    |   `ーlj´  } |o  ゚。・ ゚      もう辛抱たまらぬ!!
 *o゚ |!     ヽ       / |*|○・ |o゚
。 | ・   o,. ‐- .._ヽ、.,__. /  !| ・ +゚ ||*|    ふふ…ふはははははははは!!
* ゚  l| /    、  i  }  \   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
    >                  <
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o

             /   / :. :. :./ :. :. :. :. : :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : ;ヽ
            / ,.  ''/ :. :. :./ :. :.| :. :. :. :l :. :. :.| :. :. :. :| :. :. :. :. :. :.J=.,_''  ヽ
           彡-ー=ヽ| :. :. :./ :. :. || :. :. :.| :. :. :.|| :. :. :. | :. :. :.l :. :. :.| :. :.`‐、 ',
            / :. :. :.| :. :. :. / :. : | | :. :. :| :. :. :.| |:| :. :. :| :. :. :| :. :. : | :. :. :. :.ヽミ
            / :. :. :. | :. :. :./ :. :. || | :. :. | :. :. :| |:| :. :. :| :. :. :| :. :. : | :. :. :. :. : |
           / :. :. :. : | :. :. :. || :. :.| |:| :. : || :. :. |. ||| :. :. :| :. :.:.| :. :. : | :. :. :. :. :. |
          / :. :. :. :. :.| :. :. :. | |.==、.,_ | :. || :. : |   ||| :. :. || :. :.|| :. :. :.| :. :. :. :. :..:.|
         / :. :. :. :. :. | :. :. :. |' f´;;;;;;`。=., | :. |   || | :. :| | :. :| | :. :. | :. :. :. :. :. : |
         | :. :. :. :. :. :| :. :. :. |  l: : :;;;;; ゚l       ,.=‐'"´~。lヽ、 | :| :. :. :. :. :. : |
         | :. :. :. :. :. :| :. :. :. | `ゝ_:_:゚ノ         ' l.: : ;;;;: :゚l   | :.| :. :. :. :. :. :. |
         ~Zw.,_ :. :.| :. :. :. | /////////     l  ゝ_;;;;゚.ノ   l| : | :. :. :. :. :. :. |
         : : : : : : ;''~"f ̄ Y" Y""l--   ノ  ノ| /////// / _,. +zー :. :. :. :. |
         : : : : : :'',,   |  |  |  |  |  `,.ノ ノ、___,.=-‐';' ´ ,. -ミ :. :. :. :. :.|
         : : : : : :''.,,   ヽ__|  |  |  |~''"  ,.'´     ,. '"´,.'"    _____
         : : : : : : : : ;''   ''ヽ__ll_/ し'ミ,, '          ,.' ,"''  /
         : : : : : : :;''        "    ""       ,. '",," |ヽ
         : : : : : :'';                    ,  ,,'" / 
         : : : : : :'';                 , '  ,.'" /   や…優しくしてくりゃれ?
         : : : : : : '';                   ,.''   |
         : : : : : : : ;''             ' ' ' ",,''.,,  |

672やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 23:09:22.51 ID:NyjSphs0
   \       .\    ヽ.    ..l.  ..l      │      l       . /      ,/      . /
     ゙'-、      .\    .ヽ    .l,   !      !      l       ./     /      . /
       `'-、     \.   ヽ,   ...l   !      !      l      /     ./     . ,/゛
`'‐、、      ゙'-、     \   .\   ヽ  .l,     .|     l      /    ./     ,, '"      _..-''
   .`''-..、     `'-、   .\   ヽ,  .ヽ  l.    :!    ./     /    /    . /      _..-'″
      .`''-、、    `'-、   `-.  ヽ  ヽ .l.    :!    !    /    /    . /     .,..-'"
- ..,_       ゙゙'-、、   .`'-、   \  `!、 ヽ l.   ,!   /    ./   ./   _/゛   ._..-'″
   .`'''ー ,,_    ___                                           __、  ___   _,,
     _jf''┐  ゙∥゙∥                                         :ll´ 卜 |l⌒'、゛
    _rfニyl┘____∥ 'ヤ?ョ、          ____..v一 ̄'∥                      ll  ll │ ∥
‘'''' '''冖"]!゙''、'ゞー'、:ll二ニv-.. 、   ..y-+‐亡ヌ='fllヒy4‐~~       E┐       ___      |l |l’ ll |l   _,,
    _〃_jlムャョヒニ..广l┴―亠   "゙'―~~  /'ア′         ∥ l|       '亡ゝ、   ∥|l′ |l ∥゛
   _l厂 ll゙゙'゙゙二 _..フ └'‐ぅ 、        ./∥           '、卜  _ 、    ヽ ゙∟   |lr卜  l| ル
_..ョll4'│|l 'サil三―'''、|l ̄~~          l| l'、           1 廴jl手     ゙'、 |l、  |l ll   l||l__
  "  |l ∫  ゙'に ゙ll l| │            'll ゝ、            ゙ゝ二|l′     ゙`ー′  ムト  ll∥
    |l ,,|l    ニ二l'、l|             "ゝ ゙゙'ゝ、           ̄′          _.... 、 _-_
..... --ー廴|l     ''丈  l′             "'ゝ、_ナ                      'll_]〉 ll_]l!
     ~~      ゙ー「                                          ~~´  `~~ ..,,,_
    _,,, ー'''"゛     ,.. ‐'"    ,/  ./ ,i'  ./    .l ..l.'、  .、 . \ .`'-..、  `''ー ..,,
-‐''"゛       ._.. ‐'"     . /    ,./  ./    .!  .l   .l  ヽヽ \  `'-、 `''-、,   `゙'ー .._
       ._..-'"´      . /    ./  /    ,!  ,!   l  .ヽ.ヽ  \   `''-、 `''-、、    `''ー .._
   . _..-'"´       . ,/゛    ./   ,/    l   :!    l  .ヽ ヽ.  \    `'-、  `'-..、     `゙''- .
.. -'"             /      ./   /      !   !    l   ヽ ヽ  \    `'-、   .`'-、、
             /      ./    ./      !   .|    ..l   ヽ ヽ.  .\     . \     `''-、、
        /       ./    /       l゙   │     l    ヽ .ヽ   .\.      ゙'-、     `''-、
      /        ./     ./       !    ,!      !    ヽ  .ヽ.   \       \
   . /         ,./      /        ,!     !      l    ヽ  ヽ    \       . \

673やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 23:10:13.55 ID:NyjSphs0
                               
                ,. '"´三二二三`ヽ     
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ    
              /   /    夢     ', ヽ   
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)   澤庵宗彭!
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  .只今江戸にKENZANしてやったわー!!
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ   
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  . これ以上のリア充展開は
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)   この沢庵がおる限りできぬと思い知れい!
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、  
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  

675やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 23:12:29.70 ID:NyjSphs0
. /                  \       ノ
/     U                    \     /
             _,,,,..,,_       そ, イ     u
          ,. -''"´    `゙''-、       .
        ,."          `ヽ.  ヽ\  .  U
       /              `、  Y、
       ,'                  i.  | 〉
       !       ●       l  i         /.:.:.:.:. . . . .
       ',               ,'  i.        /.:.:.:.:.:.. . . .     げ…げえっ!
  u    丶             /  j      {.:.:.:.:.:.:.. . . :     お、和尚ッ!?
       ヽ            ,.'    ハ       i.:.:.:.:.:.. . . .
         `'-、_      _,.-'´  ノ  .      i.:.:.:.:.:.:.:. . .
      /      `゙''ー-‐'''"´   イ         V.:.:.:.:.:. . .
       /                             ゝ.:.:.. . .
.     |                   /
      !                   /,
        ヽ                  /.:.:.:. .
        ヽ             / i.:.:.:.. . .
          `ー― ― ――――′  ゝ.:.:.. . . . .

|  |    |:/,,,,,≦三三三三三三三三三三≧ミ、   .ハ   .ハ: : : : : : : : : : : : :
|  |    |壬三三ニ=‐''''"´ ̄ ̄ ̄¨:.:ー=ニ三三≧:.、 .ハ    ハ: : : : : : : : : : : : :
|`ヾ、   |才''"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;ィ/;:';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>ニ三≧、ハ:.     ハ: : : : : : : : : : : :
l   \  |:.ト;.:.:.:.:.:;.:.;.:|:l.:;.:.;.:.:.:;'::: ハ:!/!.:.:.l:|.:;:.:.:.:;.:.:.:.!:ヘニ三ヾ::.   ハ : : : : : : : : : : : :
l     \|:.|:l:.:.:.:.;'!:/!|:l:.ト;::、:.:l::/::ハリ::!.:.:.l:|:.、:.::.:|;:.:.:|:.:.:.:.:\ニハ:::.   .ハ: : : : : : : : : : : :
l       |:.|::!:.:..;':|;'_リ∧l‐;:∨:|::  !:::|.:.:ム!:ハ:i:.|ヽ:.!:.:.:.:.:.:.:.:\|::::.   .ハ   . : : : : : : : /:::ヽ
|`ヽ、   |..l::';.:/;ィァ=;-ミ、リⅥ::  l:/|:!/-リ三从「l:|:.:.:.:;:.:.:.:.:.:.:ト;::::..  r┴ 、 . : : : : : : :l:::::::::} __
|  | `丶」リ::::l:::!l'.{lr':O:::l}ヽ ;ヾ   !' |/ィ'7¨;:ミト、リ!:.:.:;i:.:.:.:.i:.:.:|':::::::.  、::::::::` ー-- : ._ {:::::://:::}
|  |    |::::::::Ⅳ ゞz_:シ           {l`:O:::l}ヽl:.:.:.!|.:.:.:.:|!.:.|:::::::  人:::::::::::::::::::::::::::ヽ ̄  ̄
|  |    ||::::::::l  ミ彡         ー`--イ '∧:.:l:|.:.:.:.:|l:.:.!::::: /  `ー─ 7::::::::::::〉:
|  |    |!:::::::::!        ;       ミ彡 ∧:.:.:l:|:.:.:.:.||:.:|:::: ,イ . : : : : : : : j::::::::::/: :   また出たかや!
|  |    |::::::::/i          i            リ.:.:.:.l::!:.:.:.:l:|::.|/  . : r──-'::::::::/: : :  この糞坊主ッ!!
|  |    |';::::::|:.ヽ     ,、__._ ;.、     ./:.:.:.:.:!::!:.:.:.:|::!:.|   . : : :  ̄`ー─ '´ {ヽ
|  |    |';:::::::!:.:.:ト、  Vニニ'ーi-ァV    //l:.:.:.:.|::|:.:.:.:.|zl:.|   . : : : : : : ト-- 、{_) ー'    フーッ!!
|  |    |:ヽ::::l:.:.:∨\  ' ̄  ̄`ヾ/  イ:|:| |:.:.:.:l:::!:.:.:.:.!≧∨   : : . : : : `ー、:}: : : .
|  |    |ヽ:ヽ:|__:,:∨. ` ,     _,...<:::::: ||..|:.:.:.:|::|:.:.:.:.:|<:ハ  、__: : : : l二ノ: : : .
|  |    |,斗'''"´` <  `ー-<:::::::: :     !l |:.:.:.:l:::!:.:.:.:.:|'´::::ハ \::::::`ヽト、{ヽ: : : .
|  |    / ,=―ー一 `丶            l| |:.:.:.:!::|:.:.:.:.:.!ヽ:::::ハ   ̄}:::::〉´: : : : :.
|  |   々'´  __,, -   ∨       ,、シ::リ:|:.:.:.:!::|:.:.:.:.:.|:::ハ:::::ハ ヽ二..ノ: : : : : : . .
|  |ギリッ!/ / ___,,,,,,   ∨   ,、zゞ'":::::::::::|:.:.:.:|::|:.:.:.:.:.|::::::!:::::::|:  . : : : : : : : : : :.

678やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 23:15:15.70 ID:NyjSphs0
               _.. -ー'''''''―-..,,,
             /゛         `゙''ー ..,,,,,,__、    \ \、_ハノ
           ,i'゙,,....,,,、                ,,,,.....,,..二T" ヽ\).',..、
        i./    `''、                  `'';;;;;;i、 /
       ,!l 夢>   i'i|.゙l ,               `'- ヽ,)   
       l:|.`.゛ ./´゙7i}゙'、                ) )   . 何を驚くか但馬ッ!
          !l,,_  l / '´   ...}               /`ヽ   
        .',_/       / !                /..l_)    ここに来いと言うたのは、
           l ._i、 ,、ヽ !;:;:;ヽ              /   .l,)    貴様であろうが!!
            l. i-'" ゙',/ l;:;:;:;:;\  _,,,,.............../ !    /-、 
            リ',、  .l゙''、|;:;:;:;:;,ノ゙ /   .,.‐',   l    .,ソ/ヘ '"
             '!|.l.  / .゛', ;;l" /   ., /  l,  .',  //  //7/ヘ /l ト、 |\
             _,.l,', ;;,'-'./ ゙./  _,,,/  !  ..l  ,ゞ゛   ___,/ _____V__ | l ヽ|
      ,./ '"   ゙''" / , ''"'''"| / .l   l   .l./
     i'"    ./ ./ /   ., '~',  .l   ! / ;',
   _..-'"゙゙フ'./ / ,/   ./',  .',  .l /;:;:;:;:;:|
 /゛  イ゛,/./ ,/   ,,-',  .l  .', _ '";:;:;:;:;:;:;:;:;|      .、  ,
   , ',゛i!〃゛ /   ., ''.l  ',  .l ,,ミ'゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:',゙''-、、   ゙',ゝ、,.l,
 ,..┴-iフ" ./   ._‐{  . !  ', ._ノ'l丶;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|   `''' !./ -',、`′
   / /   .// l  ', .,ゞ゛  !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: !     . ゙'- `'
 / . /   .,,/゙l゙ .!  .l ._ソ"    .l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: !
   /   ., ''l'7 !  ヽ,,,,','"|      ',;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
 ./  .,-{..,i,' |  ′    .l_      !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!
: '.l.,,i'゙.l |i./ .ヽ      .',,'',、     .l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
..ィ ! ', ',`'、.      _,,,',. ゙リ..,,,_   !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
 ', l  l..,ノ'´ `'-、 .,,...../   ゙'イ;:;:;:;:; ゙゙̄''゙‐' ..、;:;:;:;:;:;:;:;!
 .l .!/      `'-,, \,ノ゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
 .,','----.... ......,,,,,_、  `'く、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.!
. ゛―----........,,,,_、 .`゙''''ー-ミ;;ッ、,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.!
 ------ ....,,__ .`゙"'― ..,,、.゙/゙'''-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l゙
 ー''''''''''''―-..,,_ ゙゙゙̄"'''ー ,,, ./゛    `''ー ..,,,_;:;: /
             `゙'''‐    ~

      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |
.     |      (__人_)   そ、そりゃそうなんじゃが、
     |      ` ⌒ノ   よりにもよってこのタイミングはなかろう…!
      |        }
      ヽ u      }     和尚、あと少し…あと少しだけ自重してくれい!
       ヽ     ノ    このままでは…生殺し…っ!
      ノ     \
     /´        ヽ

680やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 23:17:49.64 ID:NyjSphs0
                  _,, iー' .、 '、. ..'-, .'、      . _..
              _.. イ'".ヽ .ヽ. \ .ヽ. \.ヽ. ..,,, -''"゛
          ,,, ィ'''"`'、  ヽ  ヽ .ヽ  ヽ ヽ,,..ノ‐'゙´
      ._..y‐''゙ヽ. .ヽ  .ヽ  ヽ _> |-.. ┴´
  ._.. -',"  ヽ  ヽ  ヽ  .ヽ./ ~    _,,二ー 、
."`',.  ヽ   ヽ  .ヽ  .l./ ゛    ./´   `'-.\
  .ヽ  .ヽ   ヽ._,, ;;ゞ゛     ./   : 夢   ヽ ',
 、 .ヽ  . ..lr‐'"´/      / .l,    ~''"   .! .!
 .ヽ._.. ゙‐'゙゛   ,./        /',''''''!ly、     ._.イ│    何を言うかッ!
: '''´     ./ ,-      ,/'''''゙‐'t;;',',   ,i,'!!~゙゙} .|    せっかく参府したのだから、
      ././       /         ゙‐''゙⌒.! ',   これから挨拶に廻ってくれるわー!
     ,,i,'イ゛          /.l  .、   _      |  .l
    / .,/ノ           ,' l゙ l.l .,,―`-ニ. ., .,.. l   ヽ   次は天海僧正のところにKENZANしてくれるわ!
     .,/イ        ,'  l  l ',l゙,.. - ,,..,!.il! l ./    \ 但馬!付き合え!!
.\,  .,''゙,!        l  l ,i'/ッ._,,,,,, .゙!/│ !     .゙y
  .`'-,,"."        l'、 .!.l l .,!.l   ゙l .l',゙ll゙ i____,,,..-'"゛.ヽ..,,,_
    .`'ー、,、     / ゙' l .゙" .',.|    !/.|"!/          `''
        `゙'ー、、  .!   .\ .! !..,_, . 〃 /
              `'-',,_    ___;;,,.. --┴''''''¨'ー、、
               ̄ ̄           `'-、,
                               `''ー ..,,,,,,,,.. ‐'

         / ̄ ̄\
        / _ノ;jijii;丶_ !
          ,ク(゜_))ij(_゜))!`i
       | ヒlli(__人__).ソ /
       l \ .,キ呪カ'/ /  
        .\ ヾ狂リ | {
        /ヽ |ー-イ!_ノ`、
       /::::/i_ノ|_/:;l:::::::|
       |::/:::;:/;;:::::::::;|:::::::i
       |/:::;:/;;:::::::::::;i;;::::ノ
       |:::::;;:|;;:::::::::::::::r
       \;;/;;::::::::::::::::!
         |:::::::::::::::::::/
         |:::::::::.::::::/
         |:::::::::::::イ

682やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 23:19:59.23 ID:NyjSphs0
   、i、_        、!、
   `i.ヽ,`ヽ、    |.,ヘ\
    .| ; ヘ: : `ヽ__j .; ヘ: :ヽ
    .|; ,,>':'´: : : : : | ;  ヘ: : :ヽヽ、
    ,!"´: : : : : : : : : ヽ、. ヘ: : : : ヽヽ、
  ./: : : : :/: : : : : : : : : :\ ヘ: : : : : i: :ヽ  ))
 /::/: : : ,〃: : : : : : : :ヽ: : : :ヽi : : : : : : : :ヽ
./i :{ : : :/ll.|: :i : : : :| : : :l : : : : : i : : : : : : : : i
〃: i 、: ハ:ハ: i、: : : l: : : :|: : : : : : i : : : : : : : : i
i! ! : !ヽ!! ! `-ヽ从A , : ||: : : : : : :i : : : : : : : :|    ……さてと、客人が来たからには、
  .ヽλヽ   、   `!ル'| : : : : : : :|: : : : : : : :|   わっちは退くとするかの。
   }'}‐=i   .j,,,___,,` j : : : : i : : :| : : : : : : l
    j::| <     ̄´  | : : : : l : : | : : : : : :/
    i:::! `,._        |: : : : :l : : |: : : : : :/
   i::::::`i、\7¬フ   |: : : : l : :/: : :/ : /  ))
   i::::::::|;;;ヽ、 __,,,.-‐¬ : : : /: :/:/ : i : /
    !:::::::|;;;;;l;;;;;;;;;}  / : : : /: イ: :| : i :/|
   /`ヽ、i;;;;l;;;;;;;;;;}.ノ : : /_'_l : :l__L/_|
   '-、  ヽ;l;;;;;;/ : /  ̄___ ̄``丶、``‐、
    / `ヽ、 } {/ _,-‐'" __ ̄`ヽ、  `\ !、
  ./ .丶__i j/ /   /´   ̄ ̄``ヽ、  `、
  |   { || ̄`ll-i '"           `ヽ、 ,}
  |   `7}ーi--|!_!                l `
  |   /i i  ハ l              |
  | / i  l  l .| .|                  |


        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      / ;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'; \
     / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';  \
   /   ;:::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::;   \
  │   ;::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::;   |
  │ _____   :::::::::::::_____    l
  │ │::::::::::::::::│ 、 :;:;:;:;:; ツ│::::::::::::::::│.   |
  │ │::::::::::::::::│   .;:;::::::  │::::::::::::::::│.  │    え!?…あの…お藤…。
  │  ヽ::::::::::::::::ノ  :;:;:;:;:;:;:;;゛ ヽ::::::::::::::::ノ.  │   いや、お藤さん…その、どちらへ?
  │  ;:::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::           │
  │  ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;     │
  │  ;:::::::::::(___人___)::::::::::; U  |
  │  ;:::::::::::::::::::|_____|:::::::::::::::;     |
  │  .;:::::::::::::::::::       ::::::::::::::;      |

683やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 23:22:07.08 ID:NyjSphs0
 :.:. :.:. :.:. :. :. :. :. :. :. | :. :. :. :.| | :.| :. :. :. :.| |:.:..| :.|  | :. :/ //   .| ┛┗.
 :.:. :. :. :. :. :. :. :. :| :. | :. :. :. :.| | :.| :. :. :. :.l |:.:..| :.| / :./   __  .| ┓┏:
  :. :. :. :. :. :. :. | :.| :. | :. :. :. :.| | :.| :. :. : / / :. | :.| // / ̄ ヽ 7| :. :. :.
  :. | :. :. :. :. :. :l :.| :. | :. :. :. :.| | :.| :. :. / / :./|:/  /::::;;;;;;;。   l  | :. :. :.
  :. | :. :. :. :. :. :l :.| :. ト : :. :. :.| | :.|/| :/ //   /○:::::;;;;;;;; 。.l  | :. :. :.
  :. | :. :. :. :..| :.| :.| :. |ヘ:. :. :.:.|/|/ |/     / ゝ;:::::   ,./   | :. :. :.     殿が招いた客人が、
  :. | :. :. :. :..| :.| :.| :. | ヘ :. :.|         / ‐-   _ ‐''´    | || :. :.    泊まり先の屋敷に来たのであろ?
 .:. :.\ :. :.:..| :.| :.|\|  ヘl\                    l l.| :. :.    なら、泊まりの準備をせねばの。
  :. : : |\ :. | :.|ヘ| ̄ ̄`゛                      l l | :. :.    他に何かあるのかや?
  :. : : |  \lヽ|   ,. -―- 、                   ||.| :. :.
  :. : : |\    /○:::;;;;;;゚ | ',                  | | | :. :.     わ っ ち は 忙 し い の じ ゃ が ?
 \ :. | :. :.\ /  ゝ;::::  o,.!  ,                 || | :. :.
  :. \| :. :. :. :.ト= __ ‐/   ;                 |l .| :. :.
  :. :. :. :. :. :. :. :. :.`、        ;                 || .| :. :.
  :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ヽ       ,'                 |l | :. :.

     __
..:...::./:..:..:..::\.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..::..:..:..::::...:.....
.::./.:..:.._ ノ::::..:..\.:..:...::.:..:..::::....:::..:..::::..:.:..:....
:..|:::....  ( ○)(○).::..:..:..:..::::..:..::.:..:...::...::::..:.:..:....
.: |:::.... u (__人__).::..:..:..:………ナイデス、ハイ。.:....
::. |::u:.    (.::..:..:..::::..:...:..::::::::..:..::.:...:..::::..:..::.::..:....
.::. |:::.....u  ` ⌒´ノ.::..:...:..::::..:..::.:...:..::::..:...:....
::..:.ヽ:::.....     }.::..:..:..:..::::..:..::..::::..:..::.:..:...::..:....
.::..:...ヽ::.....   ノ         \
::..:..:..:/::..   く  \        \
.::..:..: |::...   \  \        \
::..:..:..:|:::.....  |ヽ、二⌒)、           \

685やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 23:24:09.17 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |     さあ但馬!
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    約束通り、当分ここ(柳生下屋敷)で厄介になるが、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|    よろしく頼むぞ!
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ 
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\ 
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


          ., ―――- 、            あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
         /     u' ヽ、           
         .|  ヽ_{ル{_ノ  |           『わしはお藤に夜の立ち合いを挑もうとしたら、
       _.| {(○{liii{(○.))u|            いつの間にか和尚の相手をしていた』
     ./´  {  u(_人__)  .|
     /'    .{   `⌒´   |            な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
    ,゙  / ) {       u /ヾ、        わしも何をされたのかわからなかった…
     |/_/.  {       /V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7__u'_/u'/:::::::/`ヽ
   /'´r ー---ァ‐ T '"´ /::::/-‐  \      剣法だとか禅法だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ   そんなまともなもんじゃあ断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...      イ    もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

686やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 23:25:44.67 ID:NyjSphs0
           卜、                  /i^}
             ト、_>、    ____     / / {/
           Vi\  >'´: : : : : : : : : : : `<  / {V
           V} >'.:. : / : : : : : : : \: : :`く {V
               ∨.:. : :/: : :/ : : : : : : : : ヽ: : :∨
               ,':.:.:.: /:. : /:/ : : l: : : | : : : : : ヾ\
           |:.:.:.: :|l: :/|: { : : j:|:. : :|: : l: | : :小⌒
           |:.:.:.: :|l:/<ハ: : ハ: :/|: /|: |:.: : リ
             /|:.:.:.: :|レ‐z必Ⅵ j斗z孑∨:.: :│    さ、とっとと行くがよい!
             ,': |.:.:/゙)lヾ弋rソ  :! 弋rソイl:.: : :│   もう今宵は帰ってこずともよいからの!
.           l.:.:∨ ( |   ̄   ′  ̄´ |:(ヽ八
.           _j/    ̄¨ニマ⌒¨¨⌒rV-┴-ゝ ヾヽ _
       __/│     _ト、`ー─‐一'才7      `く \_
    _「 ̄    {____/|- 个 、__, イヽ∧      │    |‐-- 、
-一''´ |      ∨  |:.:.:. ト、      _ /.:.:.`‐ァ┬‐-/   │   \
    \    /l  |:.:.:.:.l==┐ r=≦《|.:.:.: :/  L∠._   /      \
     __>ー'´ 厶 ∧:.:.:.ト、 └='   │.:.:.,'   /  `ー'^ー-、     ヽ
二ニ -――ァ¬./.:.:.:| ∧:.:.| \      |.:.: :|  ∨ー─<_    \    〉
.      /.:/.:,'.:.:.:.:.| / l:.:.|         |.:.: :|  |  \  \ー─ ---一'´


     //            //  そんなっ…!
    / / __,‐⌒ヽ、       //  バカなっ…!  バカなっ…!
   / / /   '─ \    / /   常識外なっ…!  ありえないっ…!
  //ノ ノ-、 (○つ\  / /    こんな…!  こんなことがっ…!
//  | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ l l    どうして……  夜の新陰流が…
/   ヽ Uヽ__,,,トー'i   )| |  あってはならない……! 常識的に……!
      ノ    ` ⌒''  ノ | |  どうして… お藤の機嫌が…
    (           } ノ ノ  こんな… 今宵の楽しみが…
     ヽ         //  こんな…
      ヽ      //      こ ん な こ と が っ … … !

687やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 23:27:45.46 ID:NyjSphs0
                 .rニYニヽ      
   |レ               /    j |       さあ行くぞ但馬!
   !!_           イ     } |      この沢庵が江戸にKENZANしたと
   ゙- '´ ,、       /j      j      しかと思い知らせてくれるわ!
      -''´   ,r'´ ̄`゙}     j l|rニ二ト、 
           〉─7-'´l|jト、 -イl;|`--l一〈 
     __ii__    |   |  ルリ-ト、|州リ  |  .| 
     イi    j  |           |  |,
      `  , イ  |     |      |  |
        ノ  }        |         |
      /           |          |
    //  /                  |
.  //  /                   ',|
/ /    l                     |  
 / i   /                     ヽ
ん-ト、               |          |'
   ヽ/    /    |    |           l
    ヽ   /     |    |      レ-、  /
     `-- ´--、__  |___|__ _|  `丶{
             ̄|    / ̄|    j
             ',   {   |.    |
              ',__,r' }  .|    j
               ',   |   |`丶、r'
               ',  |  |   j


  _,冖__ ,、  __冖__   / // ,. - ―- 、
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /          ヽ
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    /           ヽ
  __,冖__ ,、   ,へ    /  ,ィ      _⌒  ⌒\
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//      ミィ赱、i .i_r赱
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /          ::::::⌒ ィ'。_。ヽ
   n     「 |      /.        .i' i ''"     `ヽ
   ll     || .,ヘ   /         i'   ノ_二二'ァ,/
   ll     ヽ二ノ__  {       i'    /'! !,..!!,..!/
   l|         _| ゙っ  ̄フ.    ;:   !''"´  i {
   |l        (,・_,゙>  /      ;:   !    i {
   ll     __,冖__ ,、  >  > '   ;:   !    i {
   l|     `,-. -、'ヽ'  \ l   l  ; . |     |
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー-.   !. ;   | ,. -、,..、|:l
   ll     __,冖__ ,、 |\/    l  ;  i ___ ___ | l
   ll     `,-. -、'ヽ' iヾ  l     l ;: |!,..!!,..!{j {
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ  {   |.      ゝ;:i `''''ー‐-' .}
. n. n. n        l  |   ::.   \      ノ
  |!  |!  |!         l  |    ::.    ノ`ー- '
  o  o  o      ,へ l        く

 かくして、沢庵和尚は江戸に参府し、
麻布の柳生家下屋敷に寄宿することとなったのであった…。

688やる夫で学ぶ柳生一族(その37)2010/09/19(日) 23:29:01.15 ID:NyjSphs0
  \ヽ, ,、
   `''|/ノ
    .|        
_   |        
\`ヽ、|        
 \, V"       
   `L,,_       
    |ヽ、) ,、    
   /  ヽYノ    
  / r''ヽ、.|     
  | `ー-ヽ|ヮ    
  |    `|     
  |.     |     
  ヽ、   |     
   / ̄ ̄\    
 /  _ノ ヽ_ \  
 |  (≡)(≡) .l  
. |   (__人__) |  
  |   .`⌒´  .|  
.  |        }   
.  ヽ       }  
   ヽ     ノ    

┼ヽ  -|r‐、. レ |
d⌒) ./| _ノ  __ノ

【やる夫で学ぶ柳生一族(その37)「沢庵和尚、再び江戸へ」】 完

関連記事
[ 2018/03/10 06:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する