やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その40「柳生黄金期」 後編

282やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:01:36.75 ID:TB/B47A0
            /
,,;;ィ,,rrrrrrrrrr、,,,  /
"从从从((;;;;ツツ;;/     続
 从从;;;;;;;;;;;从从|
 ツツツツ};;;;;;;;;;;;;;;;;;|      き
 、ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
ミ;;;;;;;;iiリ从ノ从从;t.     だ
;;;;;;/ 、;;iiニ;;;;;ヽ4;ヽ
;;;イ"   マャァ=ー/  ヽ 
;;;;|     `´'" ',   `' 、
ヽ|       _,,,,,'、    ~''''ー、
乙      "_ッ'"       ノノ ̄
 |'i     ,、-〈        ,r'''}
 |::t      i}'´       / / /
 |::::`' 、    '、  ,r'ヽ.   / ~/ /
 ヽ:::::/~'-、,,ノ  リ  )  /ー'/ , ' , '
`~~;;'''''';;ー- 、、,,_,| '"} ノ、,,/ / '''/,/
_____;;;;;;;;;;;;;;;ヽ, リ'~、 `'"ヽ:レ"
::::::::::::::::::::... ~"'''ー 、;;ヽ "~'ー、  ::'ー
  :::::::::::: :::::.....  ~' 、'、,,j   イ;;,
 ;;::、::-ー―― ー- 、,,  ヽii  ,r''"  ツ
" :::::::::::::  :::::::....  ~'ーヽY   , "
  :::::______;;;; ___'i   /
―''"'''''''''''''''''''''''''''''''''''''~'ー'"};ヲ'"
彡彡:::::::::::::::     ,,,,、リ;;;;/
  彡彡  彡     ~'ー} /

283やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:03:10.55 ID:TB/B47A0
 さて、こうして江戸時代に於いて、
屈指の規模と権威を誇ることになる一大流派となった柳生新陰流(正確には江戸柳生系の新陰流)だが、
その隆盛は、一重に宗矩の存在にかかっていた。

   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /   ⌒ ⌒ヽ   ) ;;;;)
 |    (-)(-)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´   まあ、ぶっちゃけた話、
  |     `∩_ノ)━・'   わしと誼を通じるために、
.  |     |_ノ      弟子を指南役に迎え入れた家も多かったであろうしの。
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ 
 \     /_|  |
 | \ /  _/


    / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_\
  /   (-) (-)ヽ
 .|    (__人__) |     …父上、その、もうちょっと
 .| u.    `⌒´  |    手心というか、オブラートに包んだ方が…。
. ヽ       nl^l^l
  / ヽ      |   ノ
. /        ヽ く

 柳生新陰流が「御流儀」と呼ばれ、斯様な拡大を遂げたのは、
その宗家である宗矩が、単なる将軍家剣術指南役であるのみならず、
幕閣として、また将軍家の側近としての面も持っていたことが、
大きな要因になっていたのは間違いない。

284やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:05:10.06 ID:TB/B47A0

      手心?
     わしが立場を使い、
     門弟を各大名家に送り込んだのだ、とか言えばいいのか?
     だとすれば、わしは今からお前の歯を抜かねばならんのだが。

        / ̄ ̄\    
      /       \      / ̄ ̄\
      |::::::       | . ./_ノ  ヽ_ \
.      |:::::::::::     |  / (-) (-) ヽ 
       |::::::::::::::    |  |  (__人__) u  |    勘弁してください。
.       |::::::::::::::    }  .|   `⌒´     | 
.       ヽ::::::::::::::    }   ヽ         ./
        ヽ::::::::::  ノ   / ヽ       .ノ\
        /:::::::::::: く    | /          |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴―


 そこでひとつの疑問が出る。
それは、

 「各地に散った宗矩の門弟は、
  本当に”剣術指南”のみを目的としていたのか?」

 ということである。

286やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:06:50.99 ID:TB/B47A0
 即ち…

  ''''' '''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;;;,,,,       ''';;;;,,,         ''';;;,,,    ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,    ,,,,,,;;;;;;;'''''''''''
    ,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, '''';;;;,,,,      ''';;;,       ,,,,;;;;''''    ''';;;;,,    '''''';;;;;;,,,,,;;;;;;;;''''''
   '''''''''     ''''''';;;;;;,,,, ''';;;;     ;;''    ,,,;;;;;'''''       '''';;;;,,,      '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,
              ''''''''';;;;;;;;,,,,   ;       ;'          ,,,,,,,,,,;;;;;''''       ';    ''''';;;;;,,,
;;;;;,,,,,,,                ''';;,  裏柳生口伝に曰く、  '''              '     ''';
 '''''''''''';;;;;;;,,,,,,,     ,,,;;;,,,         戦えば必ず勝つ。                 ,,,
  ,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;;;;;;,,,,,,;;;'''''  ''''';;;;;;;,,,,,    此れ兵法の第一義なり。,,;;'''''';;;,,,     ,,,,,;;;;''''''
  ,,,;;;;'''    ''';;;''            ,,              '    '''''';;;;;,,,,;;;;''''''';;,,      ,,,;;''
;;;'''''''       ;'         ,,,,;;;,;''' 人としての情けを断ちて、  ,,,,;;;''''  '';;,,   ''';;;;;;;,,,,,,,;;;'''''
          '       ,,,;;;''''''    神に逢うては神を斬り、 ';;'       ';,    '''';;;;;''
   ''';;;,,,,,        ,,;;;;'''       仏に逢うては仏を斬り、          ;,      '';,,,;';,,;''
      ''';;, ,,,,,,,,,,;;;;;;;''''''''        然る後、初めて極意を得ん。
;;'''';;;;;,,,,,,,,;;;;;;''''''''''''                                 ';,       ,;
                        斯くの如くんば、            ''''';;;; ,,,;;;''';;'
                       行く手を阻む者、              '''';;;;;    ,,,,;'';,
 ,;,,    ,,,,,,,;;;;;;;''''''';;;,,,,,;'         悪鬼羅刹の化身なりとも、       ,;''';,;' ;'''';;;,,,;'''  ';,;'
;'''''';;;;;,,,,;;;;'''''',,,,;;''               .豈に遅れを取る可けんや。     ,;''   ;'  ''';;;;,,,
  ''';;;;;''';,,,,;;;''';                                         ,,,;;;    '''''';;,,,,
    ;;;'';                       -「柳生一族の陰謀」-              ''''';;;;,,,,,,  ''';;,

  「柳生公儀隠密説」、あるいは「裏柳生実在説」である。

287やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:09:18.55 ID:TB/B47A0
                            ..         ミミゝミ  ミミ\ミミミ 
                                 ⌒ミ  yミミ ミミミミゝ≧  
                               、 ⌒ヽ、,イミミミ ミミミミZミ  
 というわけで、                  . ...  ミ、トミz、弋ミミミミ r=≠::::::::::
創作柳生を語る上で断固外せぬポイント、    .  ノ}ヾミミ、ミミミ,r彡ノ_::::::::
                           . ...  //ミミミミミzゝ{彡´/戉ノ.:::::::
  「柳生公儀隠密説」            .... ... {{ミミミ r=≠ 彳.:::::....    .:::  ,/
                           . ...   )ルミz、´ r介j} .::::::::::..    .::::..}ノ彡ミミ
 即ち、男のロマン、              . ...   弋ミゝミ、 ´ | _ )       .:::.|彡´-三
                           . ...      ̄ヽ≠、 `⌒t'::::::_   .:::.|彡 -三
  「裏柳生実在説」              .. ...          \   〃´ ̄  .::::/ }:. -三/
                           . ...     O      \   ' ミ::.. .::::/  :|::.  /
 の史実を語る時が遂に来たようだ…。    ..    | ヽ         \   ミzイ/   |:: /  ニ
                            ..    |           /⌒ヽ―<     j:: /  三
 お前にも、北斗七星の横に瞬く星が見えるか?    イ         /   三/ ヽ ゝ/ / _三
                                 /厂       /   三/ /⌒彳// ̄ ̄´
                                  :    /   三//     /´r彡´
                               イ   : ,. -/ _-三/       / 彡
                              /厂  / 〈/__> ト、____| ≠
                            .     : /   /  -三/        | 彡
                            .   /   /  ―三{       | 彡

                 _
           _,. ‐''.::´.::::_::::.`丶、
          /.:;;、 ''"´ __ `丶、:::::ヽ
          ./::/,、-''"´.:::::::::::::`丶、ヽ::::'、
        ,':://.::::::::::::::_;;::.イ:::::::ハ::ヽ';::::',
         i::|/.::::::;;::-ニ´::.:.::.::.::.ノ ∨:'{j::::i
          {:{:;孑´ <、_,  (、__ 二=、 ヽ:{ :::l
          |イ:/  ,.-- 、ヾ ` ,~= ミ  Y::::|    見えないわよ!
         |ハ{ イ  @      @  > h:::|   つーか「お前にも」ってアンタ見えてるってこと?
        |{ ハu`゙‐‐       = ゙´ /リ::|   あと何よ男のロマンって!
        l:ゝ∧      ` '    u  /イ:::l
        |::::|::∧          /::::|::.:l    「男のロマンは”男の世界”への扉だ…。
        |::::l::l::::ゝ、z‐-‐-‐⌒) イ:::::::l:::.|     見ろ、彼も我等を祝福している…!」
         |::::l::|::::::|:::}゙ ̄二⌒「:::::|::::::::|::.|
        ,j::::l::|:::::::|:::}      j{::::::|:::::::.l::.{
       厶/;;;辷;>′、  , ゝ、:L_|l;;人_
     , '´ // /\_  ...、 ノ _  ノヘ/´   ヽ
      ,   | }∧/ヘ/>==ヘ< \/\ハ   `,
    ;   ノノ/|/ヽ/ ∨∨ ハ  |\_〈〈.,   i
     l   j∧ト/ヽ/\/∨ヽ/ \/\l∧リ   |
     }   〉>¬ー─-====---‐‐─<〈   .l

290やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:10:52.63 ID:TB/B47A0
   / ̄ ̄ ̄丶                        ____
.  /  : 「男 ・ ヽ                           /      `丶、
  |  : の. ・   !                           |.  :  よ   ヽ
  |  : 世. ・   |                          |.  :  う.    |
  |  : 界」・   |                          |.  :  こ   |
  ヽ. : へ  __/                      丶   : そ     |
   ` ――-へ|                         )       /
         ヽ、    /                   // ̄ ̄ ̄ ̄
         ゙i '! li,/X -t=、    メ、          /'′
    ,イ     /},! l,ノ} / ,!=ェ、ヽ'i,   ,}l!
   /'i′ __,,ィシノ/"イツ /三ニ,フ l}=ァ',イ_, ィ
   ll |zテ三う'´ム彡',ィイュニ=' ≦=-<__l /´
  ,ィ!l |ィ彡'"zニ'"ニ-‐f:Zニ==ニ"´ ̄フブ
. ,イ/ リl,,ノ{/-三r_,三ニ=、y‐、-ミヾミ三ア
/ '′ノ,!ニィ"チシ/;f'r-一'ニ''゙::  ー゙"''"´!ノ
  / /ノ/彡ノィ'/:::ヒ,zィ哉、:  ,;  ,ッ  |               /`ァ=‐t、
 ノ / ,:' ,r''/イ;;;/...::'´;ェ゙f^´::. 丶_'"_:-ム            / __ `'"⌒ ヽ
  彳イ /f,ノ,ノ^フ:.::      、 ノブ,ィニ^ゞ、         / くニ、    ヽ
  ,ケ ゝiァ〃;;し'{' :.:.:.....     i´,i゙,イム=‐'´,)          ̄`丶ミミ、,    ヽ
t,_,ィZ/i;l fイy'゙r'シ" ::::::.     l, ヾ'´ィ::r''。"・ヽ           〉:.:lヾ;;t   ヽ
ハ;f´  ,  `':.゙'^           ヽ 丶. ゙ーt_nッ'ヽ          ,:イ:.:,j:.:.:.ヽ    丶
 { ヾニに              丶 ゝ  ,, :: 、)        /:.:,ッ'':.:.:..:.:.゙i, 、
 ゙ト、 ``ー- 、>、,,        ,r'^,`ィ"´:.:.:.:ツ′     ,/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:人ヽ
  'i,!`''ー-‐''":.:.:.:.:`丶、    , - '":.:.:.:.:.:.:./    _ , ィ":.:.:.:.:.:r、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ト
  ヾ トヽ:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.`'ー-‐'":.:.::.:.:.:.:.:.:./_,, .ィ".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,f〉!:.:.:.:.:.:/:::::゙i, t、
   ヾ  ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,rくr''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:/i リ:.:.:/:::::.:.:.:.:.〉 il
:.:.:   `丶、``三ミz'ヽ:.:.:.:.:.:.:-‐ ''"~    ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/y'/:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:/
 ヾ-=ミ、 `ヾヾミ)ヽ〉  `'::..        '´`ヽ、、:.:.:.__:.:.:// { --―‐-- 、{!
         丶、    '::..  :::::...     `ヾ´    _, ,;ク,ィ';;/        ヾ、
          ,..う、丶、    ,ンヽ、           '",ン=く;;;f        ヽ
          `ヾ^、 `ニ二´っ  `ヽ、、           `'         l

291やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:11:41.41 ID:TB/B47A0
                         `     '
                           、   ノヾ     '
                           )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´
                            `r      r'
                            )     (
                          , '´⌒`Y´⌒` 、        ,、    /
                             ,              キ人_,/
            `                                )  て
             \ ,,_人、ノヽ                       /´⌒Y,.
              )ヽ    (               、ハ,          \
           - <       >─           ^ <  て
              )     て              ./'Y''~ヾ
             /^⌒`Y´^\              `

293やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:12:50.36 ID:TB/B47A0
                /:/   . -‐===‐- .   、:::::..
.              ,::/ /:::::::::::/ .::::::::::::i::::::\┛┗::::.
             i::|/:::::::::::/..::::::::::::::::/|:::::::::::┓┏:: i
             |:::::::__,/..:::::::::::::::::::/ ‘::::::::::::::: Ⅵ:: |    アンタだけでも大概なのに、
             }:::::::::::::::::::::::::::::__/    、::::::::::: }::: |   これ以上ワケのわからない連中を
              |:,::::::x<二 ̄ 、__,,.. -―`ー┬:;ハ:::::|    増やしてどーすんのよ!
               |::}小ーrッ‐ヘ   ミーrッ‐一  }/} }::::|   .それでなくとも長くなる話なのに!
               |:::ハ ` ̄         ̄´  /_ノ/::i:::|  .
               |/:::;ム              _,xく:::::l:::|    さあ、さっさと本題に移りなさい!
              厶イ/∧    ` ´      / ∨,>L」_  
            x<,ニ=-{{ ヽ.___フ⌒'マ   /   }}^ア7 ァ‐-ミ
      /   ∨/∧>'´   、ニ二 ̄二ニつ //{_// / 7'´ ̄`ヽ
     ,      }>'´    `ー--、\     `丶,ノ / / /       ,
.     ′     ′       ァ‐-、 \ \    ∨ / /         '
.    i   /⌒7   __,,.. <{\ \_)¨´     ∨ /          i
.    |  {  \___,ノハ  /∧ ` ー―‐(     V/i           |
.     |   `         丿 // ∧  /∧ /∧       V| i       |

                        .      ,, .,-,,,.ォ,,..}-、 
                        .   ,i.y'z':Y:::::タッ彡:エ ,,. 
                           ,小k刋劜.tム三引K 
                           丸ミ」ア心匕彡≡::刊.
 …いいだろう。                  ≒刃川:::べ≡う彳z凡
何故か死兆星も消えたことだしな。      ''ヘ ニュ ^=ァァ',rTjj .i:ミi
                              'i,〈 , 'i 'i'",. rィ::::4i 
 まず結論から言うと、           .      'i, r- i i" ,i j,り、
                        .     'i,::::; .,r'"i  :: ゙^±
 「柳生公儀隠密説はおそらく虚構。         ^'、'":::::,i' :::::.,r'''''" 'i, 
  ”裏柳生”については単語自体が ......,       'i, .V .,.ィ' ::  ,,rァ\
  戦後の創作の産物」        ......       ,i',r..'" i  ::,r::j' '' :::`--
                             ,.r.y'    i :::'  i    :::::::::::ヽ.ヽ
 というところだ。            ......   ,r'::::::   :::::::::'i,:::::::::::i:::::::::::'   :::: 'i,i
                        .  /:::::::'''゚.^i'':::ァ^^'''弋:::::::::::::::::   :::::::::: .i
                        .. ,i' i'::::p i  i ,r':::::;⊥:::   ::.. :;:::::::::::: i,

295やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:14:33.32 ID:TB/B47A0
                 /:/   . -‐===‐- .   、:::::..
.               ,::/ /:::::::::::/ .::::::::::::i::::::\ \:::::.
              i::|/:::::::::::/..::::::::::::::::/|::::::::::::ヽ. }:: i
              |:::::::__,/..:::::::::::::::::::/ ‘::::::::::::::: Ⅵ:: |    …男のロマンとか色々言ってた割に、
              }:::::::::::::::::::::::::::::__/    、::::::::::: }::: |   またあっさりと切り捨てたわね。
               |:,::::::x<二 ̄ 、__,,.. -一`ー┬:;ハ:::::|
                |::}:爪弋うハ    7弋ツフ   }/} }::::|    で、そう言うからには、
                |:::ハ                 /_ノ/::i:::|   それなりの論拠があるんでしょ?
                |/:::;ム              _,xく:::::l:::|
               厶イ/∧    ` ´      / ∨,>L」_
             x<,ニ=-{{ ヽ.___フ⌒ヽ、   /   }}^ア7 ァ‐-ミ
       /   ∨/∧>'´   、ニ二 ̄二ニつ //{_// / 7'´ ̄`ヽ
      ,      }>'´    `ー--、\     `丶,ノ / / /       ,
.      ′     ′       ァ‐-、 \ \    ∨ / /         '
.     i   /⌒7   __,,.. <{\ \_)¨´     ∨ /          i
.      |  {  \___,ノハ  /∧ ` ー―‐(     V/i           |
.       |   `         丿 // ∧  /∧ /∧       V| i       |

                            ,,;;ィ,,rrrrrrrrrr、,,,
 ああ…。                     ."从从从((;;;;ツツ;;
まず、前提として「柳生公儀隠密説」が      从从;;;;;;;;;;;从从|
どのような論拠に基づいているか話そう。  .. ツツツツ};;;;;;;;;;;;;;;;;;|
                             、ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 【1:血縁】                   .....ミ;;;;;;;;iiリ从ノ从从;t 
  柳生一族が、伊賀や甲賀などの土豪、  ;;;;;;/ 、;;iiニ;;;;;ヽ4;
  俗に忍者と認識される家柄の家と     ..;;;イ"   マャァ=ー/ 
  血縁関係にあること。              ;;;;|     `´'" ', 
  (例えば、宗矩の母春桃御前(於鍋)は    .ヽ|       _,,,,,'、
  .伊賀の土豪・奥原家の出身)        .乙      "_ッ'" 
                             |'i     ,、-〈        ,r'''}
 【2:地理的条件】                 |::t      i}'´       / / /
  柳生庄が伊賀や甲賀に近く、        . |::::`' 、    '、  ,r'ヽ.   / ~/ /
  また、京にも大坂にもすぐ出られる      ヽ:::::/~'-、,,ノ  リ  )  /ー'/ , ' , '
  情報収集に便利な地であったこと。     .`~~;;'''''';;ー- 、、,,_,| '"} ノ、,,/ / '''/,/
                            _____;;;;;;;;;;;;;;;ヽ, リ'~、 `'"ヽ:レ"
 【3:立場】                   .....::::::::::::::::::::... ~"'''ー 、;;ヽ "~'ー、  ::'ー
  宗矩が大名を監察する          .....  :::::::::::: :::::.....  ~' 、'、,,j   イ;;,
 「惣目付」の役目に就いたこと。         ;;::、::-ー―― ー- 、,,  ヽii  ,r''"  ツ
                            " :::::::::::::  :::::::....  ~'ーヽY   , "
 主だったところを挙げると、            :::::______;;;; ___'i   /
概ねこの3つになる。             ......―''"'''''''''''''''''''''''''''''''''''''~'ー'"};ヲ'"
                            彡彡:::::::::::::::     ,,,,、リ;;;;/

297やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:17:13.23 ID:TB/B47A0
                         ミアミ从ミ十ン<<ヽ{( ヽ从三三;;三|
 また、それらを踏まえた上での、   ...((~ミミ三ii从ミ三ミ);| ヽ三;;;;三ミミミミ;}
柳生家の過去の事跡…、         .'=三(((((从iii」(ヲ''~ ̄'''ヽ~;ヽ~'ー-、{
例えば、                  .... ヌ彡tヽ,=マ~;(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ii;;;;L;;;;_t、
                        .  (彡''~*。;リ⌒' 、; ;;;;;;;;;;;;;ノ";;ノ''|;;;;;;;))ヽ_
 ・ 信長の大和攻めの際、           |i ij;;;;;;/ノ::::::::::'、==≦ー'"::: |/レノノノ;;;;ノノミ
  石舟斎がその案内を務めた      .   'itk;;;;ノi、`:::''つ:::.、  ::::::::::::::::::::彡,r';;;;;;;;;;;;'リ、
                        .   ~'ーt''~:::`';;、::::::::::::::   :::::::リ`~;;"ヽノ);j;;;j、
 ・ 関ヶ原の際、家康の命を受け、        ヽ :: ,ァ'''' ー-、::::::  :::::j;;;;:;:;:;:;:;:::: :::: t;;、,,,
  一族で後方での工作活動を行なった.      ヽ: " (⌒'::::::::::  :::::/;;;:;:;:;:;:;:;:::: ::::: ヽ;;;ミ~~~
                        ..       ヽ''''" '':::::::::::::::;、-'";;;'"彡:;:;:;:::::: :::::: )ミ;;;r'"
 これらのように、柳生一族が     ....        ヽ ...::::::::;、-'";;;;;;'"::::::;:;:;:;:;:;:::::::::/ミ;;;;t、;;;
いくつか忍びの働きのようにも見える  .      ,,、、`'t'''''''''";;;;;;;;;;;;;;;;::::::;:;:;:;:;:;;;;;;;/ミ;;;;;;;";;;;;
動きを取っていることも          ....,,,、-ー ''''"~;;;;;;;;;;;;ヽ   つ;;;;;;;;;;:::;:;:;:;:;:;;;;/~' 、;;,,、-ー''"
要因として挙げられているな。        ;;;;;;;レ;;r;;;;;;///ヽ ::::: ;;;;;;;;:;:;:;:;:;''":::/:: ;;;;;;;;:;:;:;~""''''
                          、/;;;;;;;;/;;;//;;;/:ヽ ::::: ;;;;:;:;:;:;彡:::/:: ;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

             ____
          ,..:.:.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:..、
        /.:.:,  ´ ____   \.:.:ヽ
      /.:.:/ .,.:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ ヽハ
     ,.:.:./ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:. }.:.:.
      {.:.:.レ'.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.八.:.:.:.:.:.Ⅵ.:.:i
      |.:.:.i.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:./  ヽ;.:.:.:.:.:i.:.:.|
      |.:.:.|.:.:.,.斗< ¨¨¨´ _,.斗≦ マ.:.:.|.:.:.|
      |:〃Y代弋㍉、    rそナラ `汽 :.|    ああ、そういえば関ヶ原の時(その6)、そうだったわね。
      |八小              ' ノ八|   他はともかく、それについては忍びの動きと
      |i.:.:ヽハ               んイ.:.:i|   言えなくもないんじゃないの?
      |l.:.:.:.:.∧      `´      ∧i.:|.:.:.l|
      |l.:.:.:.:.{i公:..  ´ ̄`   イ.:.:.j.:|.:.:.l|
      |l.:.:.:.:.|l.:.:.:.:.〕 、 _   イ.:.i|.:.:.:i.:|.:.:.l|
      |l.:.:.:.:.|l.:.:.:.:.|        |.:.:l|.:.:.:i.:|.:.:.l|
      |l.:.:.:.:.|l.:.:.:.ノ      八.:l|.:.:.:i.:|.:.:.l|
      |l.:.:.:>''"   {     /  ` <:i.:|.:.:.l|
.   , イ!厂兀≧x......,,,,,__,,,,,....x≦孚㍑≧ュrr‐ 、
. /  !Ⅳ 》《 》《 》《 》《 》《 》《 》《 Ⅵj    ヽ

299やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:19:17.64 ID:TB/B47A0
 いや、一概にそうとも言えん。                         _,.yトーゞrッヽv,、_,.
                                .         ,rk´ミ、''ナ;;爻'、ー;;〃彡;,.  
 まず、家康から石舟斎に宛てられた書状には、  ...        vf戈ハトシ〈'"リ゙、ヾ、;;jリ、〃、 
工作活動そのものを促す語句はない。                 Yメ从k;;、;;ij;;;ii;ヾ;ッ;仆、ヾくソ  
あくまで、自身に味方し、働くように求めただけだ。         }ソリ"i!;;;;;l;;i;;、;;:;:;;:;';;;};;iリドシゞ, 
                              .         ツ;;;;;;;;;;ト、;;_リ;;;i!;;ト;=;、t;;;l;;ヒ'  
 そして、当時の土豪が                 ...       ヲ;i!、:::r',;、=;'、;"リ,、=;''"リ;ij´  
地縁・血縁を活用した行動を取るのは         .        };lヾ;;j  ̄´.〃l゙ ̄´ ,';ィ′
忍びに限らず当たり前の事であったし、          r‐、       7;;;;|',    =、j,.   /仆、
石舟斎の場合、当時所領を失っていたため、      } ,! _      ゞ;|:ヽ   ,:ニ> /:: レ ソ\,.、- ' "´;; ̄::
直接の参陣ができず、結果的に            ... j _,!ノ )" ̄>.ニト、:\` "'' ///,r/:::::::_,..、''' ..,,
そちらの行動が目立ったとも言える。           フ ,、'-‐'l" ̄リ;/::;;/::} `:::`:ー'/'∠;:/`゙ヽ・.‐´
                                .‐' 冫‐i '"フ:;/::;;;{! `r‐'"フ´〃シ:;;/ " ヽ、. リ'"  ,、_,
 実際、筒井家や松永久秀に与力していた時期は  . '",.ィ/ ̄_:;/::;;イ `'ー ''/ヲリ/;/r'/,r─‐-、 (∴,、-''"
普通に参陣しているわけだしな。            ..  '二⊃ヾ/.:;;/ `ー-‐/Ξ/ッ/rレヘ{ | ̄|  `''"


【参考:関ヶ原前に家康が石舟斎に宛てた書状(※)】
             ____
             /ヽ_//
            /  /  /      
            /  /  /
           /  /  /      
           /  /  /
          /  /  /
           ̄ ̄ ̄

 『今度筒井順斎之遣し候間、
  伊賀守(=筒井伊賀守定次)談合せしめ
  牢人等相集め忠節有るべく候。
  猶又右衛門尉口上申付候、謹言。

  七月二十九日   家康(花押)
  柳生但馬入道殿』

 ※ その6では「今度筒井順"慶"斎~」になってしました。
   正しくは「順斎」ですので訂正をば。

300やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:21:15.76 ID:TB/B47A0
.        /  ,  -―…─-=ミ    \.:.:.:ヽ
        /  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\   |l.:.:.:.::',              ふーん。
.       / /.:.:.:/.:.:.:.:.:.八.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ |l.:.:.:.:.:.i             そういえば、さっきの例には、よく言われる
     {/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:/  >‐=ミ.:.:.:.:.:.:.:Ⅵ.:.:.:.:.:.|
     il.:.:/.:.:.:.:.:.:./ / >ぅァ `¨¨丁Y⌒ヽ.:j|              『大名を監視するために、
     |l.:.{.:.:.>'"  / .癶zソ      |.:リ   〉l|               門弟を指南役として送り込み、情報を得た。
.      八.:.:/≧x             V  /.:八              それにより、多数の大名が改易された』
      `ハ 代㍉              rく.:.:.:.:.:.ヽ
        小  〈 ,            ん.:i.:.:.:.:.:.:.:,            っていうのが出なかったわね。
         |∧                 il.:.:i.:.:.:.:.:.:.i}
         |.:公、   ー‐ ,       / |l.:.:i.:.:.:.:.:.:.l|            戦国時代の忍びの活動もいいけど、
          l.:.:.:.:.:i\ こ       /   |l.:.:i.:.:.:.:.:.:.l|           ”公儀隠密”説って言うんだから、
.        !.:.:.:.:.:l.:.:/⌒ヽ ..   <     八.:i.:.:.:.:.:.:.リ=ミ、        まず江戸時代の活動の方がメインじゃないの?
        l.:.:.:.:.:./⌒「.::7´ }          >==彳/7´ ̄ `  ,   そっちはどうだったのよ。
.        l.:.:.:xく_⌒i |l:.:.!  ;        ,.斗//////,’        \
       l:r彳  i!八ノ  ’    /! ,《/////,′          \

                             ヽ、,,メy ;;; r";;;;;;´ヽ`;;;;;ヽ`i;;;;;;;;;|;/;;;;;;ii;;;;;|;;,,トt、t;
                            `''フ, ii ;;;Y/;;、;;;;;;(;;;;; ;; ;;;;;i|;;;i;;;;;;;;、t;;;;;;ii;;从、;;;;、、     
 ああ…そのことだが、             ... ノノij、、;;;; ;;;t ;;;;t;t;;ノノ;;;;ノtt;;;、升込ヘ、从`;;;;;ii
実際のところ、宗矩の惣目付就任期間中、    iyi)从;;;;i r'"iiii||||iiiヽ;;t'''"iiiiiii||||i體逡;; <;;;;;`     
改易された大名家というのは、        .....  /フ-i;;;;;i:ン、zモテテ、;;t≦;;ー;rモテチゝz'"  〉;;;;;;
数えるほどしか存在せんのだ。        ....   从;;;;;;t:::`:::"";;;;;リΞ :::::::"",,,",ノ"  i;;;;;リ,     
                                 刈ii、t::::::::::::::;;; i::     :::::::::::::::'" i;;;;/ノ
 宗矩の任期である                .    i;;ヽ, ;、::::::::::::;; i、__,,,_ ::::   :::::  i;r"/;;    
寛永九年(1632)十二月から           .     t; ;;;`it  ::::::::ヽ、;;;~''     :::  /~r;;;;;;;;;;
寛永十三年(1636)八月までの間で、       .     ノi; ;;;| t  ::  ,,ii,,,,,       / |;;i;;;;;;;;;;;;   
改易された大名家は僅か五家に過ぎん。         ヽ;;;i ;t   ''";;",`' -     /;;:::ヽリ;;;;;;;;;;;;,,,
                             ,,rr"iiitt、r"t;;;i ヽ  '' ;;~;; ''ー    ,, ';;::::  "i|;;;;;;;;;ヽ""
 家光の治世(寛永九年~慶安四年)中     . ヽ,ー-;;、iiii"ヽii;;ヽ;;ヽ r';;;;     ,,r";;:::::::   i|レ"|;;;;ノ
改易された大名家は三十四家にも          t  ~'' 、;;;;ii"ii:::ヽヽ,ヽ-ー  ,、 ';;;  ::::    :::  |'"ヽ''';;-、
及ぶのだがな。                      t ''"""'ヽ;;;; ""ii::;;;~~~~~~";;;;;  ::::::::''"  :::  |;;;;""''ヽ;
                               t   '"ヽ;;;; 彡;;;;;;;::~'-、;;;;;;  ;;::::'"   ;;;;  |、;;;;"''";;;ヽ

302やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:23:00.07 ID:TB/B47A0
                /:/   . -‐===‐- .   、:::::..
.              ,::/ /:::::::::::/ .::::::::::::i::::::\ \:::::.
             i::|/:::::::::::/..::::::::::::::::/|::::::::::::ヽ. }:: i
             |:::::::__,/..:::::::::::::::::::/ ‘::::::::::::::: Ⅵ:: |
             }:::::::::::::::::::::::::::::__/    、::::::::::: }::: |
              |:,::::::,.斗=≦ ̄ヽー‐==≦ー┬ ハ ::::|   そうなの?
               |::}:爪 ヒうハ   7´ヒうノ   }/} }::::|  でも、その五家の改易に
               |:::ハ                 /_ノ/::i:::|  宗矩の関与があった可能性があるとかは?
               |/:::;ム              _,xく:::::l:::|
              厶イ/∧    ` ´      / ∨,>L」_
            x<,ニ=-{{ ヽ.___フ⌒ヽ、   /   }}^ア7 ァ‐-ミ
      /   ∨/∧>'´   、ニ二 ̄二ニつ //{_// / 7'´ ̄`ヽ
     ,      }>'´    `ー--、\     `丶,ノ / / /       ,
.     ′     ′       ァ‐-、 \ \    ∨ / /         '
.    i   /⌒7   __,,.. <{\ \_)¨´     ∨ /          i
.     |  {  \___,ノハ  /∧ ` ー―‐(     V/i           |
     .|   `         丿 // ∧  /∧ /∧       V| i       |

                                     !             ,i .〟., 
                                     |         ,..l! 儿〃il゙、  ,i7,ハ 
 あいにく、五家のうち三家は無嗣断絶だ。   ......    .   !          ,-./ ;;;;;;;;;;;´'!.l|,.ll..i/./ ! _
                               .      }         / . ゝ-、.;;;;;;;;;;;;;;;;゙'''リ゛ ii广゙lll, l,!   |
 残る二家も、一家はあの酒井重澄…。              !  ,i''i   i′ ,.. r┬ヘi、,,_;;;;;;;;/ .|;;;;´´;;;;;;゙.l.  .|
家光本人の勘気を受けた改易だ。         ...       !  ! ,l、  /  .`'ー`-Y..,,,,丁゙.,,,,_.";.___i,,..、,;;;|、 |
                               .      !  | 「.l.  !          " |.'!ミヒ,/゙''、 .´/ ,,_.l
 そして、もう一家は元長崎奉行で、               ./  l .| i'..l l               !   `´ ./ ._./
密貿易により切腹を命じられた竹中重義だが、  .     /   .ヽ.`ヽ.|!            ト     .,/ィ゛
こいつについても、惣目付の監察と無関係に    .  ./゙l゙   /ヽ .゙,l、                〃
代官や商人から訴えがあったことが          ./   .!  vll! .゙'+l′        ''.,".‐    /
記録されている。                  ...... _./    .! / `  l! .l        ,,,      /
                              .゛     .l゛    .l! 'ヽ       ...、´    ./
 いずれにせよ、改易に              ....     .|     -  ゙'x             il゙ 
隠密の関与があったたとは考えづらい。     ..     .|  ‐   l./   .\           ,ilU 
                                   !  !   '′   .\      /  !  
                                   ヽ .、    .″     .`ニ''''V''"  /  

303やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:24:53.61 ID:TB/B47A0
                /:/   . -‐===‐- .   、:::::.. 
.              ,::/ /:::::::::::/ .::::::::::::i::::::\ \:::::.
             i::|/:::::::::::/..::::::::::::::::/|::::::::::::ヽ. }:: i         ...... じゃあ…駿河大納言忠長は?
             |:::::::__,/..:::::::::::::::::::/ ‘::::::::::::::: Ⅵ:: |           確か忠長のところには宗矩の弟子筆頭、
             }:::::::::::::::::::::::::::::__/    、::::::::::: }::: |         .....木村助九郎が指南役に入っていたじゃない。
              |:,::::::x<二 ̄ 、__,,.. -―`ー┬:;ハ:::::|          .
               |::}小ーrッ‐ヘ   ミーrッ‐一  }/} }::::|           . 助九郎が忠長の行跡を密かに調べて、
               |:::ハ ` ̄         ̄´  /_ノ/::i:::|         ....宗矩に報告して、それが改易の理由になったとか!
               |/:::;ム              _,xく:::::l:::|          そして、それは忠長だけではなく、
              厶イ/∧    ` ´      / ∨,>L」_          過去の大名改易にも関与していたとか…。
            x<,ニ=-{{ ヽ.___フ⌒'マ   /   }}^ア7 ァ‐-ミ 
      /   ∨/∧>'´   、ニ二 ̄二ニつ //{_// / 7'´ ̄`ヽ    . 宗矩が惣目付に立身できたのは、
     ,      }>'´    `ー--、\     `丶,ノ / / /       ,   その褒美って考えられない?
.     ′     ′       ァ‐-、 \ \    ∨ / /         '   .創作でも、家康以来からの陰働きの結果、
.    i   /⌒7   __,,.. <{\ \_)¨´     ∨ /          i  .惣目付というポストが用意された、って扱いが
.     |  {  \___,ノハ  /∧ ` ー―‐(     V/i           | ....多かったりするし…。
.     |   `         丿 // ∧  /∧ /∧       V| i       | 


                                ミミゝミ  ミミ\ミミミ 
 そのように見る事も不可能ではないが、    ⌒ミ  yミミ ミミミミゝ≧  
論拠が薄過ぎる。                . 、 ⌒ヽ、,イミミミ ミミミミZミ  
                           ミ、トミz、弋ミミミミ r=≠::::::::::
 忠長の乱行は、当時の記録を見ても ....  ノ}ヾミミ、ミミミ,r彡ノ_::::::::
密かに調べるまでもなく、          .  //ミミミミミzゝ{彡´/戉ノ.:::::::
知っている者は知っている状態だった。 . {{ミミミ r=≠ 彳.:::::....    .:::  ,/
(例えば、細川三斎の手紙などにも   ...   )ルミz、´ r介j} .::::::::::..    .::::..}ノ彡ミミ
 忠長の乱行について記されている)   .   弋ミゝミ、 ´ | _ )       .:::.|彡´-三
                               ̄ヽ≠、 `⌒t'::::::_   .:::.|彡 -三
 むしろ、寛永九年に秀忠が亡くなり、           \   〃´ ̄  .::::/ }:. -三/
忠長を守る者がいなくなった為に                 \   ' ミ::.. .::::/  :|::.  /
遂に改易された、と見る方が妥当だ。 .....              \   ミzイ/   |:: /  ニ
一指南役の情報程度が                         /⌒ヽ―<     j:: /  三
きっかけになったとは思えんな。                    /   三/ ヽ ゝ/ / _三
                                     /   三/ /⌒彳// ̄ ̄´

305やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:28:01.74 ID:TB/B47A0
                          ....     ノ>―;;;イノノノノノl||l;;;;ツ从;;/;;;从从`゙)ノ― ''
 それに、柳生一族が忍びであり、          ノ>―''ヽ;;;;l|;;;|彡ノノイl|;;|;;;;l;;;;;|;;;;/从;;;;)从从之
それ故に宗矩が惣目付の職を得た、     .    之三;;彡;;;、l|;;|;;;lイ/从ノ;八;|llYイノイ/;;从从ニ<
というのであれば、その宗矩が      ....    /イ/t=;;;;;ミィ;;;;;;;;;;;`ミ;;人ィ''彡二二ミ゙'、j;;jj;;ュ;;;、)
惣目付の職を早々に免じられるのはおかしい。  ((/;;|lヽ;;|、'''ィ,t;;ッ=、;;;j人;;;ィ:;ミッ;ラニ' イ;;;/ l|;;lト
                          ....     ゙之;;;'、l|;;゙, ::、` ̄´´":|"ン:::::::::'''イ:.. リ;イ),r';;之ー
 忍びであるが故に、             ....     {彡;;;ヽ;;;',::::::...   ::::|: リ::::  ゙  イ;/ノ;;;;゙l|
その技を以って公儀隠密として       .....      ゙|/;;;;;;;|゙:',:::::: : : ::; 、j_, -、:::    イ;|゙/;;;l从
期待されたのであれば、            .      ノノ;;;;;;|:l|:', :::: : :::`゙'ー '´"    ,':::l|/;从`' 、
宗矩を外すというのは不自然だ。          ,, 、-ーz''"イリ|l|::|l:'、 : ::::::: ,;}、     / :: ゙l、从l|',::ヽ
それに、その論理で行くと、          ..''" ,、 '":/   /|::}}:::ヽ ::::::r'二゙゙'ヽ   , '::: :: ::l|彡 ',从
他の三人は何故惣目付になった?      . /イ::/:: ::::/::l| }}:::::ヽ :::::..'""''   , ':::::: :: ::}::l|彡::: ll||
                          ..../"://::/ ::::ll/::::l| :}} : :::ヽ ::::.ヽ   /::::::::"} }:::|彡 ::: |||
 そもそも、存在が秘されてこその隠密が  ノ//::/ : ::::ミ/:::::リ :}}  ::`---- '´ :::::" } }:::|彡三::|}
表立った役職になること自体、       ....../:/::/:  :::::/ ,,イ   ::::::\:::ー '´  :::"   :::|彡三 l}}
矛盾しているではないか。          .....//:/::  :::,'    {  ヽ ::ヽ    :::    ::リ::::彡 l}}
                           イ:/::  ::::リ'ー、,,   ヽ  \::::',彡  /彡   ::/::::彡  l}{

.        /  ,  -―…─-=ミ    \.:.:.:ヽ
        /  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\   |l.:.:.:.::',
.       / /.:.:.:/.:.:.:.:.:.八.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ |l.:.:.:.:.:.i
     {/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:/  >‐=ミ.:.:.:.:.:.:.:Ⅵ.:.:.:.:.:.|       …そういえばそうね。
     il.:.:/.:.:.:.:.:.:./ / >ぅァ `¨¨丁Y⌒ヽ.:j|      柳生一族が忍びだから、公儀隠密として期待されて、
     |l.:.{.:.:.>'"  / .癶zソ      |.:リ   〉l|      その当主である宗矩が惣目付になったなら、
.      八.:.:/≧x             V  /.:八      幕府としては、使える間は宗矩を使うはずよね。
      `ハ 代㍉              rく.:.:.:.:.:.ヽ
        小  〈 ,            ん.:i.:.:.:.:.:.:.:,     仮に使えないから辞めさせたとしても、
         |∧                 il.:.:i.:.:.:.:.:.:.i}    だったら加増されて大名になったことの
         |.:公、   ー‐ ,       / |l.:.:i.:.:.:.:.:.:.l|    理由が説明できないし…。
          l.:.:.:.:.:i\ こ       /   |l.:.:i.:.:.:.:.:.:.l|
.        !.:.:.:.:.:l.:.:/⌒ヽ ..   <     八.:i.:.:.:.:.:.:.リ=ミ、
        l.:.:.:.:.:./⌒「.::7´ }          >==彳/7´ ̄ `  ,
.        l.:.:.:xく_⌒i |l:.:.!  ;        ,.斗//////,’        \
       l:r彳  i!八ノ  ’    /! ,《/////,′          \
.       l.:| `¨しjイ    /   ,  '  {| ,《'////ル              \

306やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:30:43.18 ID:TB/B47A0
                            ....  ,,((彡从((彡;;;;彡彡彡彡,、;;'",、"
 また、惣目付という「役職」の務めである    ,r'"イヽ从从〉从//从从彡彡ー彡彡;  
「大名の監察」の為に公儀隠密がいるならば  .|((;;;;从ijj|从〉/从彡彡;;;彡彡彡 彡  
それは特定の家(柳生家)ではなく、        .ミアミ从ミ十ン<<ヽ{( ヽ从三三;;三  
役職(惣目付)に付随するものであるはずだ。  ((~ミミ三ii从ミ三ミ);| ヽ三;;;;三ミミミミ; 
                            ....'=三(((((从iii」(ヲ''~ ̄'''ヽ~;ヽ~'ー-、{ 
 しかし、幕府の職制に於いて、          . ヌ彡tヽ,=マ~;(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ii;;;;L;;;;_t、 
惣目付にそのような部下は存在しない。       (彡''~*。;リ⌒' 、; ;;;;;;;;;;;;;ノ";;ノ''|;;;;;;;))ヽ 
仮に制度発足直後であった為に、        ..   |i ij;;;;;;/ノ::::::::::'、==≦ー'"::: |/レノノノ;;;;ノノミ
個々の惣目付が自らの分限で         ......   'itk;;;;ノi、`:::''つ:::.、  ::::::::::::::::::::彡,r';;;;;;;;;;;;'リ、
人を使っていたにしても、             ...   ~'ーt''~:::`';;、::::::::::::::   :::::::リ`~;;"ヽノ);j;;;j、
それでは、その者が惣目付を辞めてしまえば        ヽ :: ,ァ'''' ー-、::::::  :::::j;;;;:;:;:;:;:;:::: :::: t;;、,,,
その隠密網まで使えなくなるではないか。     .      ヽ: " (⌒'::::::::::  :::::/;;;:;:;:;:;:;:;:::: ::::: ヽ;;;ミ~~~
                            .....       ヽ''''" '':::::::::::::::;、-'";;;'"彡:;:;:;:::::: :::::: )ミ;;;r'"
 その意味でも、惣目付であることは、               ヽ ...::::::::;、-'";;;;;;'"::::::;:;:;:;:;:;:::::::::/ミ;;;;t、;;;
柳生公儀隠密説の論拠になるとは       .....      ,,、、`'t'''''''''";;;;;;;;;;;;;;;;::::::;:;:;:;:;:;;;;;;;/ミ;;;;;;;";;;;;
言いづらいのだ。                  ..,,,、-ー ''''"~;;;;;;;;;;;;ヽ   つ;;;;;;;;;;:::;:;:;:;:;:;;;;/~' 、;;,,、-ー''"

             ____
          ,..:.:.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:..、
        /.:.:,  ´ ____   \.:.:ヽ
      /.:.:/ .,.:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ ヽハ
     ,.:.:./ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:. }.:.:.
      {.:.:.レ'.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.八.:.:.:.:.:.Ⅵ.:.:i     そういえば、この頃の家光は、
      |.:.:.i.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:./  ヽ;.:.:.:.:.:i.:.:.|    個人ではなく、役職に権限が付く様に
      |.:.:.|.:.:.,.斗< ¨¨¨´ _,.斗≦ マ.:.:.|.:.:.|    幕府体制を改革していたわね…。
      |:〃Y代弋㍉、    rそナラ `汽 :.|
      |八小              ' ノ八|     それを踏まえると、血縁どころか、
      |i.:.:ヽハ               んイ.:.:i|    「新陰流の師弟関係」なんてのを
      |l.:.:.:.:.∧      `´      ∧i.:|.:.:.l|    軸にした隠密ネットワークなんて、
      |l.:.:.:.:.{i公:..  ´ ̄`   イ.:.:.j.:|.:.:.l|    宗矩以外に代替のしようがないし、
      |l.:.:.:.:.|l.:.:.:.:.〕 、 _   イ.:.i|.:.:.:i.:|.:.:.l|    逆行もいいところだわ。
      |l.:.:.:.:.|l.:.:.:.:.|        |.:.:l|.:.:.:i.:|.:.:.l|
      |l.:.:.:.:.|l.:.:.:.ノ      八.:l|.:.:.:i.:|.:.:.l|     …そもそも、隠密ネットワーク自体が
      |l.:.:.:>''"   {     /  ` <:i.:|.:.:.l|    あったかどうか、疑わしくなってきたわね。
    , イ!厂兀≧x......,,,,,__,,,,,....x≦孚㍑≧ュrr‐ 、

308やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:33:10.54 ID:TB/B47A0
                              j:(()(;|、i|;;|i|;;从//从
 門弟を通じて情報を得ること自体は       ..|ii::从;;;;;ヽ;|::|;;;;;;|リ从;|
不可能ではなかっただろう。            ....;i ::r-、、;;;;;t t;;;|从i|;;|
                             ....;;{::::t~' 、ミ;;;;ヽ〉(i|、,,,,|i
 戦国当時の武芸者にしても、           ..';;|::"`' ミ~-' 、|"'、i;;;;;;;;;;
行く先々の大名家に迎えられた際、        ..:: i :: :::::::: ̄ト ≧>;;''";;
期待されたのは、各地の情報を          ...:: ', ::::::::::::::::リ 'ア;;;;、-''"
知るための手段として面もあったしな。      ...:::::', :::::::::::::/ , '"'i彡::::::::
                             ....:::::::i ::::::::/ /:" :レ" ::::::::
 だが、この場合は状況が違う。           ::::::::i :::y" '、:::....,、 '":::::::
仕官した門弟にとっては主家となった家だ。  ......:::::::::',  t  ノ::::'' " )ノ:::
それが改易されかねない情報を、        ...... :::::::',  :~''''""~~"" `''
たかが剣術の師弟関係程度で洩らすと思うか?  :::::::::',  '' 、,,,:::...
                             .... ::::::::::i :ヽ、`" '' - 、::、
 現代に例えれば、                   .  ::::::::::i :::::::~''ー::::::::`'〉
いくら就職の際に世話になったとはいえ、     .  ::::::::::', 从" ~'' 、::::::::'"
自分の勤め先が潰れかねない情報を、      .  :::::::::i :::...    '''':::"
習い事の講師に教えるか?という話だ。         :::::::::ヽ;:::::.....   ::::,、-':
                               :::::::::::::::::`ヽ、;;; 、- ''":::::::::
                              :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"

              /:/   . -‐===‐- .   、:::::..
.            ,::/ /:::::::::::/ .::::::::::::i::::::\ \:::::.             またそういう言い方をする…。
           i::|/:::::::::::/..::::::::::::::::/|::::::::::::ヽ. }:: i            現代に例えたら生々し過ぎるのよ。
           |:::::::__,/..:::::::::::::::::::/ ‘::::::::::::::: Ⅵ:: |
           }:::::::::::::::::::::::::::::__/    、::::::::::: }::: |             でも、確かにそうね。
            |:,::::::x<二 ̄ 、__,,.. -―`ー┬:;ハ:::::|            .剣術上の師弟関係が、
             |::}小ーrッ‐ヘ   ミーrッ‐一  }/} }::::|            主と家臣の関係よりも優先されるとは考えづらいし、
             |:::ハ ` ̄         ̄´  /_ノ/::i:::|            自分の生活だって掛かってくるものね。
             |/:::;ム              _,xく:::::l:::|           .各地の門弟に話を聞けるにしても、
            厶イ/∧    ` ´      / ∨,>L」_           .クリティカルな話題が得られるとは思えないわ。
         x<,ニ=-{{ ヽ.___フ⌒'マ   /   }}^ア7 ァ‐-ミ        元々その家の藩士が宗矩の弟子になって、
    /   ∨/∧>'´   、ニ二 ̄二ニつ //{_// / 7'´ ̄`ヽ      .指南役になってる場合だってあるだろうし。
   ,      }>'´    `ー--、\     `丶,ノ / / /       ,   
.   ′     ′       ァ‐-、 \ \    ∨ / /         '     …そうなると、逆に、
.  i   /⌒7   __,,.. <{\ \_)¨´     ∨ /          i    .なんで「柳生公儀隠密説」なんてのが
.  |  {  \___,ノハ  /∧ ` ー―‐(     V/i           |    出てきたのかがわからなくなってくるわね。
.   |   `         丿 // ∧  /∧ /∧       V| i       |

309やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:36:04.76 ID:TB/B47A0
 そうだな。
しかし、困った事にこの「柳生公儀隠密説」は .,,;;ィ,,rrrrrrrrrr、,,, 
その出典がはっきりせんのだ。         "从从从((;;;;ツツ;; 
                           ... 从从;;;;;;;;;;;从从|
 柳生家の記録である               . ツツツツ};;;;;;;;;;;;;;;;;;| 
「玉栄拾遺」内の十兵衛の記事に、      .. 、ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| 
                           ...ミ;;;;;;;;iiリ从ノ从从;t 
 『一旦有故而相模国小田原ニ謫居シ玉ヒ、 ;;;;;;/ 、;;iiニ;;;;;ヽ4;
  尚諸州ヲ経歴アリト云。          ......;;;イ"   マャァ=ー/ 
   (中略)                     ;;;;|     `´'" ',  
  其外諸邦里巷ノ説アリトイエトモ、      .ヽ|       _,,,,,'、 
  未見其証、故略シテ不載』           乙      "_ッ'" 
                           ... |'i     ,、-〈        ,r'''}
 とあるが、文の記述にもある通り、     .... |::t      i}'´       / / /
                           ... |::::`' 、    '、  ,r'ヽ.   / ~/ /
 「そういう説はあるが、証拠がないので  ...... ヽ:::::/~'-、,,ノ  リ  )  /ー'/ , ' , '
  なんとも言えない」              ...`~~;;'''''';;ー- 、、,,_,| '"} ノ、,,/ / '''/,/
                           ..._____;;;;;;;;;;;;;;;ヽ, リ'~、 `'"ヽ:レ"
 という結論になっている。            .::::::::::::::::::::... ~"'''ー 、;;ヽ "~'ー、  ::'ー
まあ、この文が書かれたのは            :::::::::::: :::::.....  ~' 、'、,,j   イ;;,
宝暦三年(1753)以降だから、          . ;;::、::-ー―― ー- 、,,  ヽii  ,r''"  ツ
その頃までには公儀隠密説に類する説が  .." :::::::::::::  :::::::....  ~'ーヽY   , "
発生していた証拠とは言えるかもしれんが。:::::______;;;; ___'i   /

                _
          _,. ‐''.::´.::::_::::.`丶、
         /.:;;、 ''"´ __ `丶、:::::ヽ
         ./::/,、-''"´.:::::::::::::`丶、ヽ::::'、
       ,':://.::::::::::::::_;;::.イ:::::::ハ::ヽ';::::',
        i::|/.::::::;;::-ニ´::.:.::.::.::.ノ ∨:'{j::::i
         {:{:;孑´ <、_,  (、__ 二=、 ヽ:{ :::l     なによそれ。
         |イ:/  ,.-- 、ヾ ` ,~= ミ  Y::::|    柳生家自体の記録でもそれじゃあ、
        |ハ{ イ  @      @  > h:::|    まともな史料で、柳生公儀隠密説を実証するものは
       |{ ハu`゙‐‐       = ゙´ /リ::|    もしかして存在しないわけ?
       l:ゝ∧      ` '    u  /イ:::l
       |::::|::∧          /::::|::.:l      「そういうことだな。
       |::::l::l::::ゝ、z‐-‐-‐⌒) イ:::::::l:::.|      まあ、あくまで>>1が調べた範疇では、だが」
        |::::l::|::::::|:::}゙ ̄二⌒「:::::|::::::::|::.|
       ,j::::l::|:::::::|:::}      j{::::::|:::::::.l::.{
      厶/;;;辷;>′、  , ゝ、:L_|l;;人_
    , '´ // /\_  ...、 ノ _  ノヘ/´   ヽ
    ,   | }∧/ヘ/>==ヘ< \/\ハ   `,
   ;   ノノ/|/ヽ/ ∨∨ ハ  |\_〈〈.,   i
    l   j∧ト/ヽ/\/∨ヽ/ \/\l∧リ   |
    }   〉>¬ー─-====---‐‐─<〈   .l

312やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:37:57.27 ID:TB/B47A0
 それを踏まえると、この「柳生公儀隠密説」は、       ミミゝミ  ミミ\ミミミ 
                                  ⌒ミ  yミミ ミミミミゝ≧  
 「そうだったら面白い」               .  、 ⌒ヽ、,イミミミ ミミミミZミ  
                                ミ、トミz、弋ミミミミ r=≠::::::::::
 という、あくまで空想に過ぎなかったものが、   .  ノ}ヾミミ、ミミミ,r彡ノ_::::::::
                                //ミミミミミzゝ{彡´/戉ノ.:::::::
 「あながち嘘でもないんじゃないか?      .. {{ミミミ r=≠ 彳.:::::....    .:::  ,/
  そういう見方をすれば、             ...   )ルミz、´ r介j} .::::::::::..    .::::..}ノ彡ミミ
  今までの事跡が違う形になって          .   弋ミゝミ、 ´ | _ )       .:::.|彡´-三
  立ち上がってくる…!」               .      ̄ヽ≠、 `⌒t'::::::_   .:::.|彡 -三
                                       \   〃´ ̄  .::::/ }:. -三/
 という形で創り上げられたものだと言える。   .    O      \   ' ミ::.. .::::/  :|::.  /
                                 | ヽ         \   ミzイ/   |:: /  ニ
 歴とした事跡があって提唱されたのでは無く、    |           /⌒ヽ―<     j:: /  三
仮説を核とし、そこに史実を当て嵌める事で         イ         /   三/ ヽ ゝ/ / _三
それらしく見せたものに過ぎん。           .   /厂       /   三/ /⌒彳// ̄ ̄´
                                   :    /   三//     /´r彡´
 言ってしまえば、「柳生公儀隠密説」は、   .....  イ   : ,. -/ _-三/       / 彡
「家康影武者説」「光秀天海説」の類なのだ。  .. /厂  / 〈/__> ト、____| ≠


.        /  ,  -―…─-=ミ    \.:.:.:ヽ
        /  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\   |l.:.:.:.::',
.       / /.:.:.:/.:.:.:.:.:.八.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ |l.:.:.:.:.:.i
     {/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:/  >‐=ミ.:.:.:.:.:.:.:Ⅵ.:.:.:.:.:.|
     il.:.:/.:.:.:.:.:.:./ / >ぅァ `¨¨丁Y⌒ヽ.:j|
     |l.:.{.:.:.>'"  / .癶zソ      |.:リ   〉l|        なるほどねぇ…。
.      八.:.:/≧x             V  /.:八
      `ハ 代㍉              rく.:.:.:.:.:.ヽ       でも、そうなると、
        小  〈 ,            ん.:i.:.:.:.:.:.:.:,     何のために宗矩は各地の大名家に
         |∧                 il.:.:i.:.:.:.:.:.:.i}     門弟を送り込んでいったのかしら?
         |.:公、   ー‐ ,       / |l.:.:i.:.:.:.:.:.:.l|
          l.:.:.:.:.:i\ こ       /   |l.:.:i.:.:.:.:.:.:.l|
.        !.:.:.:.:.:l.:.:/⌒ヽ ..   <     八.:i.:.:.:.:.:.:.リ=ミ、
        l.:.:.:.:.:./⌒「.::7´ }          >==彳/7´ ̄ `  ,
.        l.:.:.:xく_⌒i |l:.:.!  ;        ,.斗//////,’        \
       l:r彳  i!八ノ  ’    /! ,《/////,′          \
.       l.:| `¨しjイ    /   ,  '  {| ,《'////ル              \

314やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:41:23.88 ID:TB/B47A0
                          ...           _,.yトーゞrッヽv,、_,.
 ああ、それか。                          ,rk´ミ、''ナ;;爻'、ー;;〃彡;,.  
なんのことはない。              .....        vf戈ハトシ〈'"リ゙、ヾ、;;jリ、〃、 
流派の宗家が、自流派を普及させるために        Yメ从k;;、;;ij;;;ii;ヾ;ッ;仆、ヾくソ  
動いたというだけの話だ。            .       }ソリ"i!;;;;;l;;i;;、;;:;:;;:;';;;};;iリドシゞ, 
                          ...       ツ;;;;;;;;;;ト、;;_リ;;;i!;;ト;=;、t;;;l;;ヒ'  
 その意味では、               .....       ヲ;i!、:::r',;、=;'、;"リ,、=;''"リ;ij´  
宗矩も他の武芸者と大きく変わらん。   .....        };lヾ;;j  ̄´.〃l゙ ̄´ ,';ィ′
新陰流の開祖である伊勢守からして    ... r‐、       7;;;;|',    =、j,.   /仆、
自流派を広める為にこそ、         ...... } ,! _      ゞ;|:ヽ   ,:ニ> /:: レ ソ\,.、- ' "´;; ̄::
諸国を巡ったのだからな。             j _,!ノ )" ̄>.ニト、:\` "'' ///,r/:::::::_,..、''' ..,,
某一子相伝の暗殺拳とは違うのだ。    . フ ,、'-‐'l" ̄リ;/::;;/::} `:::`:ー'/'∠;:/`゙ヽ・.‐´
                          ..‐' 冫‐i '"フ:;/::;;;{! `r‐'"フ´〃シ:;;/ " ヽ、. リ'"  ,、_,
 宗矩の場合は、その立場故に、       . '",.ィ/ ̄_:;/::;;イ `'ー ''/ヲリ/;/r'/,r─‐-、 (∴,、-''"
広める為の手段が異なっていたに過ぎん。   '二⊃ヾ/.:;;/ `ー-‐/Ξ/ッ/rレヘ{ | ̄|  `''"


       /.::::/   .......-―――‐-ミ    <::::::::::::::.ヽ
.      /.:/ ,...::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....、 寸::::::::::ハ
.       ;:/ /.:::::::::::::::::::::::::::八:::::::::::::::::::::::.\ |:::::::::::::::’
     {{/.::::::::::::::::::::::::::::: /  \:::::::::::::::::::::::.Ⅵ:::::::::::::::;      なるほど、そりゃそうね。
     ||::::::::::::::::::::::::::::::::::/    >ミ::::::::::ーイ>ミ::::::::i|     .惣目付が僅かな供回りで廻国なんてやったら
     ||:::::::::::::: /.::::::::;.'    /  __ ` ー‐┐!ィ^ V::::l|     .それこそ「水戸黄門」の世界だわ。
     {l::: {::::/.::::::::/    / ,.ィ刈 }}     .| |ヽ  } ::l|
.      八:::レ':::,.x=<       癶辷ン ノ     V ノ/.::::l|      勝手に旅に出たら改易ものだし、
.        \:〈 代ぅ抃                  /.:::::八     子に家を譲ろうにも、肝心の嫡男が
          `ヘ `ニ´               r彳 ::::::::::::.\    あれじゃあねえ…。
                          / |i::::::::::::::::::::.\
               ゝ '     ノ         八::::::::::::::::::::::::.\
              iト、    -- ‐       ,   /  \ :::::::::::::::::::::::.\
            八:::>.. _ 二 -、  / ./   ∠/≧=─<:::::::::::.\
             > '"      \  /     /////>―‐-ミメ、::::::.\
            /            / ∨     ///., ´       \ヽ :::::::.\

315やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:44:18.02 ID:TB/B47A0
 そういうことだ。                     .ヽ、,,メy ;;; r";;;;;;´ヽ`;;;;;ヽ`i;;;;;;;;;|;/;;;;;;ii;;;;;|;;,,トt、t;
他の武芸者であれば、自ら廻国することで     `''フ, ii ;;;Y/;;、;;;;;;(;;;;; ;; ;;;;;i|;;;i;;;;;;;;、t;;;;;;ii;;从、;;;;、、 
流儀を広める事もできただろうが、         .. ノノij、、;;;; ;;;t ;;;;t;t;;ノノ;;;;ノtt;;;、升込ヘ、从`;;;;;ii
歴とした幕臣で、現役の将軍家指南役である  .....  iyi)从;;;;i r'"iiii||||iiiヽ;;t'''"iiiiiii||||i體逡;; <;;;;;` 
宗矩にそのような行動は許されん。          .  /フ-i;;;;;i:ン、zモテテ、;;t≦;;ー;rモテチゝz'"  〉;;;;;;
江戸を出るだけでも一苦労だろうな。         .   从;;;;;;t:::`:::"";;;;;リΞ :::::::"",,,",ノ"  i;;;;;リ, 
                              ..    刈ii、t::::::::::::::;;; i::     :::::::::::::::'" i;;;;/ノ
 尤も、逆に言えば、そのように                .i;;ヽ, ;、::::::::::::;; i、__,,,_ ::::   :::::  i;r"/;; 
他の武芸者と隔絶した地位があったからこそ  .....     t; ;;;`it  ::::::::ヽ、;;;~''     :::  /~r;;;;;;;;;;
                              ..     ノi; ;;;| t  ::  ,,ii,,,,,       / |;;i;;;;;;;;;;;; 
 「大名家に直接門弟を指南役として送り込む」        ヽ;;;i ;t   ''";;",`' -     /;;:::ヽリ;;;;;;;;;;;;,,,
                              ..,,rr"iiitt、r"t;;;i ヽ  '' ;;~;; ''ー    ,, ';;::::  "i|;;;;;;;;;ヽ""
 という荒業に近い流派普及方法が取れ、      ヽ,ー-;;、iiii"ヽii;;ヽ;;ヽ r';;;;     ,,r";;:::::::   i|レ"|;;;;ノ
また、参勤交代によって江戸に集まった諸大名と、.  t  ~'' 、;;;;ii"ii:::ヽヽ,ヽ-ー  ,、 ';;;  ::::    :::  |'"ヽ''';;-、
直接コンタクトできた故に、他流派より      .....   t ''"""'ヽ;;;; ""ii::;;;~~~~~~";;;;;  ::::::::''"  :::  |;;;;""''ヽ;
遥かに効率的に全国普及させる事ができたと言える。 t   '"ヽ;;;; 彡;;;;;;;::~'-、;;;;;;  ;;::::'"   ;;;;  |、;;;;"''";;;ヽ


       |.:.:.:レ':.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   , -=―‐\:.:.ii:;ム:.:.:| 
       |.:.:.:|.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ´ ,,斗=ミ、_ヽ||′:.:.:|     まあ、そりゃそんなことができるのは
       |.:.:.:i:イ:.:.:.:.:.:.:.:.___彡'´      /代Z_歹ノ ̄||  i:.:.|    この時代だと宗矩だけでしょ。
       |.:.:〃ヾi`'x<'.込歹ヽ              |}  l:.:.{
       }.:.:ハ ハ    `        、           |  ノ:.:.i     でも…今までの話だと、
      .:.:.:.:.:.ヽ ヽ            :.            レ':.:.:.:.!    幕臣の面が強かったけど、
     .::.:.:.:.:.:.:.:\ '.          、:.         .:.:.:.:.:.:.:.:|    なんだかんだで剣術流派の宗家としても
     ,.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:`~ヽ            ,     .イ:.:.:.:.:.:.:.:.|    キッチリ役目をこなしてるのね。
     i.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:\      ー         ィ:.:.:|:.:.:i:.:.:.:.:.:|
      |.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> 、        '  i:.:.:.|.:.:.|:.:.:.:.:.:|     .門弟にしても、自ら推挙する以上、
      |.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r‐} `   ー一 ´  ∧:.:.|.:.:.|:.:.:.:.:.:|     それなりに腕のある者を選んだだろうし、
      |.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  \         /  ':.:|.:.:.|:.:.:.:.:.:|     何十人もの指南役級の弟子を育てた時点で、
      |.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:./    ≧=‐-‐=ニ    ヾ、:|:.:.:.:.:.:|     師匠としても優れていたのは間違いなさそうね。
   _.斗≪ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\        /丁ヽ     /≧=‐=┴::....__

318やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:46:45.81 ID:TB/B47A0
 長くなったが、                        .          _,.yトーゞrッヽv,、_,.
「柳生公儀隠密説」については              .        ,rk´ミ、''ナ;;爻'、ー;;〃彡;,. 
以上が>>1の推理というところだ。                    vf戈ハトシ〈'"リ゙、ヾ、;;jリ、〃、
                                 .      Yメ从k;;、;;ij;;;ii;ヾ;ッ;仆、ヾくソ 
 ちなみに、「裏柳生」という単語は、           .      }ソリ"i!;;;;;l;;i;;、;;:;:;;:;';;;};;iリドシゞ,゙
昭和45年(1970)開始の「子連れ狼」が初出のようだ。       ツ;;;;;;;;;;ト、;;_リ;;;i!;;ト;=;、t;;;l;;ヒ' 
元公儀介錯人・拝一刀とその息子大五郎が      .      ヲ;i!、:::r',;、=;'、;"リ,、=;''"リ;ij´ 
公儀刺客人にして裏柳生総帥・柳生烈堂と争う   .....       };lヾ;;j  ̄´.〃l゙ ̄´ ,';ィ′
時代劇の名作だな。                  ..... r‐、       7;;;;|',    =、j,.   /仆、
                                . } ,! _      ゞ;|:ヽ   ,:ニ> /:: レ ソ\,.、- ' "´;; ̄::
 ちなみに、最近>>1は続編を少し読んだのだが ...... j _,!ノ )" ̄>.ニト、:\` "'' ///,r/:::::::_,..、''' ..,,
何故か「アテルイの黄金伝説」が話に絡んで、   ....フ ,、'-‐'l" ̄リ;/::;;/::} `:::`:ー'/'∠;:/`゙ヽ・.‐´
どうしたものかと思う今日この頃だそうだ。      .‐' 冫‐i '"フ:;/::;;;{! `r‐'"フ´〃シ:;;/ " ヽ、. リ'"  ,、_,
まあ、通しで読んでないから                . '",.ィ/ ̄_:;/::;;イ `'ー ''/ヲリ/;/r'/,r─‐-、 (∴,、-''"
そう感じるだけかもしれんが…。           .....  '二⊃ヾ/.:;;/ `ー-‐/Ξ/ッ/rレヘ{ | ̄|  `''"


      /.::::/   .......-―――‐-ミ    <::::::::::::::.ヽ
.     /.:/ ,...::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....、 寸::::::::::ハ
.     ;:/ /.:::::::::::::::::::::::::::八:::::::::::::::::::::::.\ |:::::::::::::::’
    {{/.::::::::::::::::::::::::::::: /  \:::::::::::::::::::::::.Ⅵ:::::::::::::::;
    ||::::::::::::::::::::::::::::::::::/    >ミ::::::::::ーイ>ミ::::::::i|       まあ、そういうこともあるわよ。
    ||:::::::::::::: /.::::::::;.'    /  __ ` ー‐┐!ィ^ V::::l|      機関銃内蔵の装甲乳母車が出た時点で
    {l::: {::::/.::::::::/    / ,.ィ刈 }}     .| |ヽ  } ::l|      「そういうものだ」と切り替えて楽しめばいいのよ。
.     八:::レ':::,.x=<       癶辷ン ノ     V ノ/.::::l| 
.       \:〈 代ぅ抃                  /.:::::八       さ、それじゃ「烈堂」の元キャラが
       `ヘ `ニ´               r彳 ::::::::::::.\     どうしてるか、話を戻しましょう。
                         / |i::::::::::::::::::::.\
              ゝ '     ノ         八::::::::::::::::::::::::.\
             iト、    -- ‐       ,   /  \ :::::::::::::::::::::::.\
           八:::>.. _ 二 -、  / ./   ∠/≧=─<:::::::::::.\
            > '"      \  /     /////>―‐-ミメ、::::::.\
           /            / ∨     ///., ´       \ヽ :::::::.\

320やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:49:05.21 ID:TB/B47A0
 さて、話は戻る。
寛永十三年、年の瀬も近付いたある日の柳生家下屋敷…。

                               (:;:〃::;;;)
        g _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,:;::;;(:;〃:;;::〃:;;″
      ,ノ,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;丿:;〃:;;::〃:;;″''',
  ,,,,,,,,,,,,ノ゙,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;:;(:;:;;::〃:;;″,);::〃
 ,',',',',ノlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll:;(:;〃:;;::〃:;;″ :;;::〃
  ̄ ̄ ̄l:   ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヾ:〃:;;:〃:;;;:〃:;;)
       |  丿,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,丿il″.゙:;ソ'l:;;::〃,:;;;:〃:;;)
       |     .l|l     l:〃:;):;     l  ⌒     |    |ヽヽ
 ,,,,,,,,,,,,,,,,|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚l|l''''''''''''''''''l :〃 ;),,    l゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚| ;丿:;〃
   l:l'''l |:::::::::::::::::l|l | ̄| _ l:;:〃:;;). .   |::::::::::::::::::::::|::::::::l| ̄l|: ,:.;,丿;;;:〃:;;)
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l |_|:| : |:l: /~~゙ヽ'    |::::::::::::::::::::::|::::::::l|柳l| ”ー、,,,,,_
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l   :  ::.l: ヽ;;:;丿,,,,-' |::::::::::::::::::::::|::::::::l|生l|.,l:    `゚‐
   """"|:::::::::::::::::l|l ._,,,,,,,,,,,,、lr''''''゙゙゙~    |::::::::::::::::::::::|:::;;;,.l|  l|゙`  ,'''゙゚゙"ヽ
  .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,!'''゙゚゙"ヽ l|  l| *i,,,'l_ :;:;::゙:;
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .'l_ :;:;::゙:;|l" ̄:;:ヽ  `─"'
                             `─"' ヽ_,,丿   .,.,:;;.,;

323やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:51:11.34 ID:TB/B47A0
     |┃三
     |┃      / ̄ ̄\
 ガラッ .|┃    / ⌒ ⌒ \
     |┃    / (⌒) (⌒) .ヽ
     |┃三 .|   (__人__).   |    父上、主膳の方も
     |┃   .|    `⌒´    |   仕事が一段落したのですが、
     |┃   ヽ         /   他に何か…
     |┃三 / ヽ       ノヽ
     |( )ヽ/            ヾ


< アブブー…!

< ホッホッホ…!


324やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:52:49.54 ID:TB/B47A0
                       X           _ _ _           X
                   /}       /´     丶
                ×  / /     ./   |      丶   . ゜
  ノ//              _ノ_,ム′   , '′   |        ',
              _/ /,. -‐〉   /  ( (;:;) )、      |
       ☆ . .   ,. '´!{  ゝ-‐''^""¨二.ノ , `'''"   _,--─   |    ほうれほれ、六丸!
           ×x .   ぃ     .ノ./    {   ,   ( \)、 /   これが「キラッ!」という奴じゃ!
      . '´     ,. 介iー-、 {  |    ゝ-イ    `''"   /    どうじゃ、ほれほれ!
 X   /       /ヽ' L!  ヽ. Y |     ゞニ>一′    /   
  x /      / /⌒ヽ  込J ヽ     ,.‐ヽ   /        / ゛
  i'´       /-r‘ー、  ヘ-┴‐〉 ` \   _{:::::::}. /.      ゜ .
   ー 、 ---'´   コ:..:.}:    \ 丶  .l | -、匸⌒´:_;-、ノ }_ ´        ゜ ×
     `ヽ、    └;.:.    ..  }  〉 ヽ.| 〈__:,.イv/´〕、冫`i  xx
        ` ¬ゥ´:..:....:..:..:..: ,ノ、 \ { !    {.{j_/,ィう′ !
      x '   Y:..:..:..X:..:..:.∠.._    ヽ.} |.     } `マ^V   |      X


     、ゞヾ'""''ソ;μ, ))
    ヾ  ,' 3    彡
 ~  ミ         ミ < アブブー!!
    彡        ミ
((   /ソ,, , ,; ,;;:、ヾ`

326やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:54:23.54 ID:TB/B47A0
           / ̄ ̄\      *'``・* 。
         /   _ノ  \     .★     `*。
         |   ミィ赱、i .i_r赱   |       *
         |  ::::::⌒ (__人__)   .|       *
         |     トエエエイ ./⌒l|       +゚    そうかそうか!
        . |     `""´} /  ノ       ゚*   面白いか六丸!
        . ヽ        }/   /      +゚    かわいいのう!
          ヽ     ノ'  /     。*゚      お前は本当にかわいいのう!
.  , -―――一 ´        /   。*・ ゚
 ( _   _         /  。*・ ゚           ほうれ、もっとかわいくな~れ!
    ""''',。 ヽ       。*・ ゚
      +  │  。*・ ゚ 〈 * 。
      `・+。。*・ ゚  ヽ_ ヽ、   `*。
         ヽ      \l     *
          \__、   |     *
            /  〉   く     ゚*
           _ノ   \__) ~。*゚
         (   /     ☆
          |_ノ''


 、ゞヾ'""''ソ;μ,
ヾ  ,' 3    彡   
ミ        ミ プウッ
彡        ミ  =3
/ソ,, , ,; ,;;:、ヾ`

327やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:56:00.07 ID:TB/B47A0
                      / ̄ ̄\
                    /   _ノ   \
             r⌒η    |   ( =)(=)       なんじゃ!
            /\ \    |    (__人__) 、     屁をこいたか!
           /::::::::: :.\ \  |     |r┬-!ヽ ヽ    ならこの父も負けてはおらぬぞ!
           /:::::::::: ::::::::\ .\|     `ーlj } ,| .i    お前よりすごいのを…!
          ノ:::::::::::::;;:::::..:::::\  ヽ      ノ_/ ノ
        /:::::::: ::::::: ;:::::::::..::::::\ ヽ          /::|
   __ /:::::::::::::::: ::::: ::::::: r⌒ヽ::::\ ・    ・ i :::::ノ
   ヽ;;:::::::::::::::::::::::: ::::::::: :::::: |    \ )       .| ::/
    ノ::::: :::::::::::: ::::::::::: ::::::::: |   .i  \ r、 三 ηi /                     ガタッ >
   /::::;;:; ::::::::: ;::::::::::::: :::::::::: |   .i    〃ヽヽ //ヾヽ
   ⌒ヽ,::;;;;:::::::; :::::::::::: ::::::::: |  .ノ\. ⊂ニ;ミシミッニ⊃
        ̄ヽ,; ::::::::: ::::::::::..|  ./..::::: ヽ、ヾヽ// ヽヽ〃 グルングルン
          \::::::::: ::;:::::: | /..::;;:::::: /  ι' 三 ヽ)
           ⌒⌒\: / /..:::::;:::: /   / 
               (_/..:::::::::: /  /
                  ̄ ̄./ /
                  / ./
                 /./
                / /
               |_/

329やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:57:34.35 ID:TB/B47A0
     |┃ 
     |┃      / ̄ ̄\
     |┃    / ⌒ ⌒ \
     |┃    / (○) (○) .ヽ
     |┃   .|   (__人__).   |   …………。
     |┃   .|    `⌒´  u  |   (あ、戸を閉めようとしたら音が…)
     |┃   ヽ         /
     |┃  ./ ヽ       ノヽ
     |( )ヽ/            ヾ


                      / ̄ ̄\
                    /   ― ' ' ー
             r⌒η    |   ( ○)(○)    
            /\ \    |    (__人__) 、
           /::::::::: :.\ \  |     |r┬-!ヽ ヽ
           /:::::::::: ::::::::\ .\|     `ー'´} ,! i
          ノ:::::::::::::;;:::::..:::::\  ヽ      ノ_/ .ノ
        /:::::::: ::::::: ;:::::::::..::::::\ ヽ         /::|
   __ /:::::::::::::::: ::::: ::::::: r⌒ヽ::::\ ・    ・ i :::::ノ
   ヽ;;:::::::::::::::::::::::: ::::::::: :::::: |    \ )`       | ::/
    ノ::::: :::::::::::: ::::::::::: ::::::::: |   .i  \ r、 三 ηi /  
   /::::;;:; ::::::::: ;::::::::::::: :::::::::: |   .i    〃ヽヽ //ヾヽ
   ⌒ヽ,::;;;;:::::::; :::::::::::: ::::::::: |  .ノ\. ⊂ニ;ミシミッニ⊃
        ̄ヽ,; ::::::::: ::::::::::..|  ./..::::: ヽ、ヾヽ// ヽヽ〃 グルングルン
          \::::::::: ::;:::::: | /..::;;:::::: /  ι' 三 ヽ)
           ⌒⌒\: / /..:::::;:::: /   / 
               (_/..:::::::::: /  /
                  ̄ ̄./ /
                  / ./
                 /./
                / /
               |_/

330やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 22:58:57.38 ID:TB/B47A0
          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /                  \
    ./         ───     ──\
   /                        \
  |         //:::::::::丶\  ://::::丶丶
  .|        | {:::::::::::::::::|  |  | {:::::::::::::| |
   |          \ヽ:::::::/ /   \ヽ:::::::ノ/
   .|             ,/    |      \ 
    |            |     |     |
    |            |     |     |
    .|             \__/\__/
    |.             ヽ  , ─ 、 ノ '
    .|                           /
     |                          )
      丶                         l
      \                        )
       .\                  /
        ヽ                /
        /                く
        |                 ヽ


      / ̄ ̄ ̄\
    / ⌒   ⌒ \
    l::: (○)三(○) .|
    |::  (__人__)   |    …ワタシハナニモミテマセン
    |::::::::: `⌒´ u  .|   ソノ…ゴユックリ
    |:::::::::       .|
   /\:::::       ノヽ
  ノ::::::::::u          \

332やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 23:01:16.03 ID:TB/B47A0
            __ ────ー、、_
          ,-               \
       、ー´           : :      ヾ
     /             : :       : : ヽ
    /             : :         : : ヽ
   /             : :           : : ヽ
   /             , : : : :            :ヽ
  /       川     , : : : ゝ:ヾ____       ヾ
  /       ノ彡    : : : : : : : ` ̄ ̄ ̄"ー 、,,    ヾ
  川      ノ彡´       : : : : :  ノ≡二ゝ ヾ、  ヾ
  '|,  __ィ=イ彡´       : : : :.∥ ∥彡三三ミ、`lil   ヾ
  l'   ̄  ,-=ゝ、_ ゞi、    : : :ll  l/ソ 〟`゙川 lil   ヾ
  .l' ∥  ソノ´三三ミ、 `ll   : : :' ll、 'l;;ヽ〝 ,ノ;ソ ,ll   ,,;;い
.  l, ||  i::i ;;;/ 〟ヾ;ミ ll  : : : :  ヾ、 ヾ三ニ;ソ' : il'      ii
.  li, ||  リ ;;;ヽ 〝 ノソ ll    : :  ヾ, : : : : : : :  : : :    ::ii
.  l|  ヾi  ヾ三二ソ" ; ;゙    : :      ' ' ' :         : |
   リ   ''            ii: :                : :l
   ソ        : :        ll: :         ),      : :│
   リ     :ll            ll: :        ノ''      : :l
  川     :ヽ、         lil       ,ソ         リl
  ii,      :`ヽ、,       ノ\,, -── ク´          |
  ヽ        ;;ヾー、==二''''' ̄  ̄ ̄mリ´          ,リ
   ヽ,        ヽ;;ヾ ̄´;; , ''; 、  ,/,ワ::          ソ
    ヾ        ヽ;;ヾl  ,,_ _ ,_/,ワ´        . . : ノ
     ヾ         ` ミ三三三彡"";; ;       . : : /
      'リ         '' : : : : :' : : :           : l
      ソ          : : : : : :           : : l´
      ,リ           : : : :            : :l
      ,リ           : : : :            : :l
       ヾ,.          ; ; , ´             ; ;l
       ヾ,.          ; ; , ´             ; /
       ヾ;;;;〟        , ; ; :          ; ;ソ
        ヽ;;,,.. ,,                 ; ; ,;;;彡
         ゙ヾ、、;〟,,       ´       ソ彡
            `゙''''''              ””

333以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします2010/11/14(日) 23:02:18.54 ID:TB/B47A0

───────────────────────────

            _
        ノ |_   ll__l---||_       Nice boat.
      rj「l__`ー'  ヽlーj  L---┐
      |―┴┴―`ーrュ-‐< ̄.ィj .__jl
      |[][][][][][] i """ _..,,rr=''´ l
      l ̄ ̄ ̄ ̄/7-‐'´     /
   f  jL-、 _-‐'      -‐´~~
   ヽ |  ̄  _j_ -‐'~´~~
     `ー~´~~~~

───────────────────────────

 ─ そのまましばらくお待ちください ─


334やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 23:04:03.30 ID:TB/B47A0
   / ̄ ̄\
  /   ⌒ ⌒
 |     (-)(-)
. |     (__人__)        そうか。
  |      `⌒´ノ ) ;;;;)   一仕事終わったか。
.  |         }  .) ;;;;)   .今のところ頼むことはないし、ゆっくりしておってよいぞ。
.  ヽ        }  /;;/
   ヽ     ノ  .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/


     / ̄ ̄\
   /:::::::  /( ;:;:;)
   /:::::::::o゚((;:;:;:;)(●))゚o
  .|::::::u:::   (__人__)     わ、わかりました…。
  .|:::::::::::::   `⌒|||
  ヽ::::u::::::: メ   /
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く

336やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 23:05:30.18 ID:TB/B47A0
    / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_\      しかし…話を蒸し返すようでナンですが、
  /   (-) (-)ヽ    父上は六丸を可愛がりすぎでは?
 .|    (__人__) |
 .| u.    `⌒´  |     私だったからよかったものの、
. ヽ       nl^l^l    万一、家臣や門弟にあのような姿を見られては…。
  / ヽ      |   ノ   「ご乱心ー!殿ご乱心ー!」とか言われたらどうするんです。
. /        ヽ く


   / ̄ ̄\
  /  _ノ ヽ_\
 |     (●)(●)
. |    i||(__人__)       う…まあ、普段はすぐ気づくんじゃがな。
  | u   ` ⌒´ノ ) ;;;;)   お藤は別として、和尚以外で見られたのはお前が二番目じゃ。
.  |         }  .) ;;;;)
.  ヽ        }  /;;/    「和尚様にも見られてたのですか…」
   ヽ     ノ  .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

338やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 23:07:03.11 ID:TB/B47A0

   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´    しかしのう、主膳。
  |     `∩_ノ)━・'    この歳で生まれた子が可愛くないわけなかろうが。
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_        本来ならこの子はわしの孫であっても
 |  \_/ ノ ヽ      何らおかしくないのじゃぞ?
 \     /_|  |
 | \ /  _/


    / ̄ ̄\
  /  ─  ─\
  /   (-) (-)ヽ
 .|    (__人__) |    そんなもんですかねぇ。
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ

339やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 23:08:37.53 ID:TB/B47A0
        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |   孫というのは可愛いものだそうじゃ。
     . |:::::::::::     |  実際、父上も兵助の奴には大概甘かったしのう…。
       |::::::::::::::    |
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


      / ̄ ̄\
    /       \
    /          ヽ
   .|    ─  ─  | 
   |  u (-) (-) |    なるほど…。
   ヽ    (__人__) /   (これは…父上の兵庫助様への愚痴が始まるかな…)
   /   ヽ  ` ⌒´ノヽ
  ./ /   ∩ノ ⊃|  |
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /

340やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 23:09:53.39 ID:TB/B47A0

   / ̄ ̄\
 /    _ノ \        わしも祖父の気持ちというものが知りたいものじゃ…。
 |::::::     (● ) )      あー、孫の顔が見たいのう…。
. |:::::::::::   (__人)
  |::::::::::::::  `⌒´ノ チラッ   ところで主膳、お前も今年でいくつになったかの?
.  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
.  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
   ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
   /:::::::::::: く         ,ふ´..
   |:::::::::::::::: \       ノ::ノ
    |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


     / ̄ ̄\  て
   /:::::::  / ヽ て
   /:::::::::  (○)(○)
  .|::::::u:::   (__人__)    に、二十二でございます…。
  .|:::::::::::::   |r┬| |   (うわ、こっちに来た!)
  ヽ::::u:::::::   `ー'./
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く
  |:::::        \
  |::::        ヽ、二⌒)

342やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 23:11:21.81 ID:TB/B47A0

         二十二か…。
        その歳になれば、子の一人もいても
        おかしくないものよなあ…。
        のう主膳、どう思う?どう思う?
        大切なことだから二回聞いたんじゃが。

        / ̄ ̄\    
      /       \      / ̄ ̄\
      |::::::       | . ./_ノ  ヽ_ \
.      |:::::::::::     |  / (-) (-) ヽ     いやその兄上達を差し置いて
       |::::::::::::::    |  |  (__人__) u  |   弟の私が嫁取りというのは流石に。
.       |::::::::::::::    }  .|   `⌒´     |   (勘弁してくれ…)
.       ヽ::::::::::::::    }   ヽ         ./ 
        ヽ::::::::::  ノ   / ヽ       .ノ\
        /:::::::::::: く    | /          |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴―

 寛永十三年、この時、まだ宗矩に孫が生まれたという記録は無い。
また嫡男である十兵衛にしても嫁を得ていたかどうか定かではない。

345やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 23:13:33.03 ID:TB/B47A0
          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /   ノ L     .|.  | | | | | | | |\ .|
    ./    ⌒      !、 | | | | | | |  /\
   /             _`'- | | | | | |;-'´:::: \
  |         / / ̄\\:|||||||// ̄\\
  .|        | |. ○ .|  ,|:;;;;::| |  ○ | |
   |         \ \_/ /::;;;;:::\\_//     まったくじゃ…!
   .|             ,/    ::|::     \      .刑部やお前はともかく、
    |            |     |     .|     十兵衛の奴さえまともであれば、
    |            |     |     .|      今頃はわしも孫の顔を眺めながら、
    .|             \__/\__/|      楽隠居できたものを…!
    |.              トエエエエエイ  .|
    .|                   '.{| | | | | |.|  }  ./       あの馬鹿者めは
     |                   .{| | | | | |   }  /       そもそもじゃな…ブツブツ
      丶                  .{| | | | |   }  l  
      \                 、`ー一一 ' /
       .\                       /
       /ヽ                /


    / ̄ ̄\
  /      \
  /         ヽ   
 .|      u   |   (…すいません兄上。
 .|          |    でも助かった…のか?)
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ

346やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 23:16:59.27 ID:TB/B47A0
 一刻後…。

   / |   |L| |_||__| || ||L| |__|L|L|  |  |
  /  |   |=====ニ_~  ~ ニ=====、|  |  |
  /  |   ', 弋__ノ  ~ '´弋__ノ |  |  |    殿、なにをやっとるのじゃ。
 |   |   ',〃              〃 /|  |  |   そろそろ六丸に乳をやりたいから、
 |   |    ' ,      〟      / |  |  |   そこまでにしてくれんかの?
 |   |    |ゝ_   / ̄\   ,.イ  |  |  |
 |   |    |  ` ‐ _ ̄ ̄ ̄,. '  |   |  |  |
             ` ‐ '

   / ̄ ̄\ ´_
  /   _ノ ヽ_
 |     (●)(●)
. |     (__人__)        ん?
  |      `⌒´ノ ) ;;;;)   もうそんな時間か?
.  |         }  .) ;;;;)   .ふむ、ではここらで勘弁してやるか。
.  ヽ        }  /;;/ 
   ヽ     ノ  .l;;,´     主膳、行ってよいぞ。
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

      / ̄ ̄\
    /     u. \
    / u         ヽ
   .|     _ノ ヽ_  |    は、はい…失礼します。
   |    (◎) (◎) |   (や、やっと終わった…。
   ヽ   i||(__人__) /    完全に八つ当たりだよなあ…これ)
   /   ヽ   `⌒´ノヽ


348やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 23:19:22.41 ID:TB/B47A0

< スッ…パタン

 ∨> : : \\/::::/::::::::::::::::::::::::::::.. :.:.:.:.:.:.:. \/: : : <∨
  ∨> : : :.У::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. :.:.:.:. ハ  \: : <∨
  ∨>: ./::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ::l:.:.: l:.:.:.... `<∨
   ∨!;/::7::::/二ニニ=|==: ハ====ニllニl::.  ∨ヘ
   ∨ /:.:7:::::::7:::::::::: l:::::::|::| |:::::::.|::::::|::.:.:リ:::::!:::..  .|:::|
   / ∧ :{:.:.:.7 ::::::: /|:::::::|::|:. |::::::::|: |:从レ'!:::::|.:.:.:.:.. |:::|
   |:::/ ::::::::|.:.:ハ::::::: / .|:::::::j::|:. |l::::::il:::|:|ハ:::i|::V.:.:.:.:.:.: !:::|
   |:::{:::::::::::|.:.:ト::Nメ、 l::::::リ | |i川斗七~V:|/.:.:.:.:.:.:.:.l::::|
   |:::|:::::::::::::ⅥリV ̄>-ト_.  -リvィチう寸.!:.:.:.:.:.:.:.:l::::|   殿、主膳様が悪いわけでもなかろうに、
   ∨!:::::::::::::::|ト/才たうァ、    ´V辷rリ ノ !:. |:.:.:. : l ::|  あんなに長々と愚痴るのはあんまりじゃ。
    ∨:::::::::::::::|∧_弋_ク'    ,    ー─'′|:: |::.:.:.:. |:::|  あと、この子がおる時は、
    ∨ ::::::::::::|    ̄´    l         |:: |::.:.:.:. |:::|  煙草は控えてほしいでありんす!
     ∨:!::::::::::ハ          , -‐v、    .l::::}::.:.:.:.:.l:::|
     |:::l::::::::::::∧     /    ハ  ./::V::::.::.:.:.:!::|
     |:::|::::::::::::|::!:\   /      .j/ :|::::リ:::::l.:.:.:..l::|
     |:::|::::::::::::|::l::::::`:>ト、     / Ll__j:イ.!:::::|.:.:.:.:|∧
     |:::|::::::::::::|::l:::::::::|:::_| ` ー '′ .| ̄7 .|:::: |::.:.:.:|::∧
     |:::|::::::::::::|::l:..;-フ/}       \∧:.|::::::l:.:.:.:.|::::∧
     |:::|::::::::::::|<´./ ,イ  ノ        ∧ .!:::: | :.:.:.|::::::∧


       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( -)(-)
     | u.   (__人__)      あ、悪かった…。
     |      `⌒´ノ     すまん、つい…。
       |         } \
     /ヽ       }  \ 
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_) 
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)  ジュッ

350やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 23:21:44.70 ID:TB/B47A0
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)    まあのう…ついはずみで主膳に愚痴ってしもうたとはいえ、
  |     ` ⌒´ノ   十兵衛の奴は、流石にそろそろなんとかせねばならぬな。
.  |         }    今年であやつも三十…魔法剣士になってしまうわけじゃしのう。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

                 /: : : : : : : : /: : : : : : : : /: ::;: . | i : :. : : : : : :. : : : :. :ヽ
                 ,: : : : : : : : :/: : : : : : : : / .::/ :;: :!:|: ::: : .:: : . . :} : :: : :::. ぃ
              ′: : : : : : :,': : : : : : : : ,'i.:::〃/i::∧! :i:: .::::: : : /: :::i. ..::i:. i ',
             i / : : : : : : i: : : : : : : : :i |i/7イ‐|;'-!i i|:.:::i:: .: :,'i:: :::;|:.::::j::: i: i
               l/: : : : : : : :l: : : : : : : : :l _j,」込_j_ 从「|ハ:l::i: / |: .:/j:.:::;'::::. !|:|
            ; : : : : : : : :|: : : : : : : :lヘ{んn.い`ヾト、 jリル′!::/ ,':::/::::: ;' |:|
              /: : : : : : : : :/!: :: : : : : : :|  マ辷ン        ,.斗¬:;イ::::// l:l   十兵衛様の再出仕に
           / :/: : : :/ :/:::|: ::: : : : :.:|   `冖      /チjスy'^///   リ  何か問題があるのかや?
         / ; ' .: : : ; '.::/:::::::!: ::. : : : :. l           {tン〃::::::: l ′ /
        /.:/ .::::: /.:::/::::::::::|: :::. : : : :|          〉^/:::::::::: :!  /
       / :/ .::::∠ -‐ '"¨´ ̄| : ::. : : :::..l._          '´ /:::::::::::: :!
      / ::;' - '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.;. :'´_;.! ::::. : : ::.:l_:`丶、   iT冖. /:!:::::::::!: :i
        {/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;. ':; '´::._.!: : :::. . .:::::l`丶、::\ !;.!:.i| !::i::::::::::!: :!
       丨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:/::,. '´:..:', : ::::. : ::::::i丶、::\.::!:i:.:,:||l::::::::::i: :l
        !:.:.:.:.;.:.:.'/:/::./:..:..:..:..:..ヽ : ::::. : ::::i:..:..:\::.:l:.!:.:.;ト、:!:::.... :l: :|

351やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 23:23:23.89 ID:TB/B47A0
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●)     この間までならな。
   |      (__人__)    わしも惣目付で忙しかったが、
.   |        ノ     .今はお赦しを頂いて、
    |      ∩ ノ ⊃   . いくらか身動きも取れるようになったしの。
  /     ./ _ノ    
  (.  \ / ./_ノ │     来年くらいから手を打っていくかの。
  \  “ /___|  |    
.    \/ ___ /

             fミ.、
             ミ;;、:\
    ミ:\       };; ';.: ヽ
    ミヽ: :` 、 , -‐─L;;_ ';: : ヽ、
    ';. ヽ/´: : : : : : : 、: : ヽ: :ヽ` 、
     ゝ´: : : : : : : : : : : ヽ: : ヽ: : : :ヽ
    //: : /: : :ハ: : l: : : l:ハ : : :ヽ: : : ハ
    /イ: ://: :/ }:i: l: : :i:l: :}: : : ハ: : : : i
    |:l{: l:{:l从i  jハノjハi从:} : : : !:!: : : : !     それはよいことじゃの。
    i!li::从lrぅ示  ´f示テァ: : : |:|: : : : l    仮にも大名家になったのじゃ。
    j!|リ: :ハ込ソ   弋zソ|:: : : |:|: : : : :!    .その嫡男がずっと蟄居の身で、
    l: : : :ハ  〈      i: : : :j:|: : : : ::|     おまけに魔法剣士では聞こえも良くないしの。
    |: : : :l人  マ ̄ノ  j: :,´⌒ヽ: : : ::l
    l: : : :||: :l>、`   イ: : i  , -┴─、!
    |: : : :|: : |: : :`ニ彡/: : 」'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:!
    l: : : :l: : :|:, ‐7´-/: : : |:.:.:.r‐──〈::i      バブ->
    l: : : :|: : :f 〃 /: : : イ,'"´    /:::|

352やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 23:25:05.93 ID:TB/B47A0
 、ゞヾ'""''ソ;μ,
ヾ  ,' 3    彡 ブワッ
ミ        ミ
彡        ミ
/ソ,, , ,; ,;;:、ヾ`

                   ,イヽ         , ィ'⌒!
                  //  i       / /:  |
                    / /   !    /   /   |
                /   .'    | ¨  ̄ ̄`'ヽ    |
            /    /  _ ,..' - ── ──- `ヽ
           /    .  '     ,             ` 、
           ´   /      /               \
          /_  _/.. _    /|_ /  /     \ ヽ _ヽ \
        / _  _  __  ̄_7_ji_  ̄/二,' ニV -  ヽ ニ ヽ_ヽ__ヽ
       ′   .′     7::: ||:::: 7  /  |  |   |   |  !::  !
       i    :i        /::::/||:: イ  ハ::.  |  |   |   |  !::  !
       i    :|       ′.' !!/ |  | |:: ,ハ  イ   !   .′ ,::  i
       i    :|.     ! :::| |ヽ_j_,.ィ::!/ | ヽj.__/j  /: /:::: ′
       i    :|::.     ! :::| 丁 ヽ ヘ! レ′ / レ' レイ:::::/::|:: /    おお、いかんいかん。
       i    :::|:::      | 「 . == ミ     ィ==z /从'::: ' ∧    乳をやるのであった。
       l    :::l::::.     | i´             '::::::::: // ゝ
       |  _ ::ハ::::.    | |           〉  /.:::::::::/イ      さ、六丸、たんと飲むが良いぞ。
       レ ´  `ヽ::::.    | |             , ::::::_ イ: |
        /      !:::.  │ |、    r ‐― ァ  .イ::::::::  |:: |                     バブー >
        .′     i::::::.   l l \    ̄  ∠___|::::::::  |:: |
      l       i::::::  i i    、  _/    :|::::::::  |:: |
      |       i::::::  i !      「   .′ :|::::::  |:: l
      |       i::::::  i !      l   /   :|::::::::  |:: l
     ∧       i::::   i ! ` ‐ 、  .′    |::::   l:: l、

354やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 23:26:27.82 ID:TB/B47A0

< ブー…
< おお、よう飲むのう…。


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)      わしと同じ、末の子、か…。
. |     (__人__)
  |     `⌒´ノ       …思えば、わしが父上に推挙され、
.  |         }      神君様にお仕えすることになった時、
.  ヽ        }      .父上は今のわしと同じ歳(66歳)であった…。
   ヽ     ノ    
   /    く 
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)、

356やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 23:32:12.12 ID:TB/B47A0





            / ̄ ̄ ̄\
       /     :::::::::.ヽ    あの時、父上は既に剃髪して石舟斎を名乗り、
       /    :::::::::::::::::::: 〉   既に久三郎は十九、兵助も十六になっておった…。
       |    ::::::::::::::::::/    そして、わしに柳生家を、兵助に新陰の道統を継がせるまで
       |     ::::::::::::::::::::l    その命を長らえておられた…。
       |   ::::::::::::::::::/ 
        \__  :::::::::く      それに比べ、わしはどうであろうか…。
         ,イ   :::::::::ヽ     .この身こそ諸侯の列に並び、上様の師にまでなったが、
        / `   :::::::::::}     .息子達の有様を思うと、父上にはいまだ及ばぬ想いじゃ…。
         ,' :::j  .:::::::::/     

358やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 23:35:01.34 ID:TB/B47A0
    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     (● )      この子が大きく育つまで、
.  |:::::::::::   (__人)    わしは生きていることができるであろうか。
   |::::::::::::::   ⌒ノ     父上と同じく、七十八まで生きたとしても、
.   |::::::::::::::    }     この子はやっと十三…。
.   ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ       果たして、この子がわしを憶えておいてくれるまで、
    /:::::::::::: く       そして、わしが父上から受け継いだものを次代に継がせるまで、
    |::::::::::::::  |       この命は持つのであろうか…?
     |:::::::::::::::| |


 、ゞヾ'""''ソ;μ,
ヾ  ,' 3    彡 ブーブー…
ミ        ミ
彡        ミ
/ソ,, , ,; ,;;:、ヾ`

    ヽ f   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : \  z. /
     ∨,./´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ (,, ,'
     ,∧/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽz∧
    ,' : :`: : : : : : : : : : : : : ,: : : : : : : : : : : : : : : :.ハ
    ,'            {             l
    i : : : : :.:i: :i: : : : : : : : :.ィ: : : : : ヘ: : : : :l: : : : : : l
    l: : : : : :{: :{: : :.i: : : : :.ハ: : : : : :.}: : : : :}: : : : : :.l
    l: : : : : :',:.ハ: : {}: : : : ,' ',: : : : : ハ: : : :リ: : : : : :.l
    l: : : : : : l:.l''ヘルサ∀タ、 ',ヘ∀リ¨}: :リ'}: : : : : : :l
    l: :.:. : : : {>=-ィ==ニ 、    ,,-==n丶l: : : : : : :l    殿…六丸が殿のところに
    l: : : : : : :l. 弋zタ      弋zタ ''゙}: : : : :.l: :l   行きたそうじゃ…構わぬかの?
    l: }: : : : ∧ `゙゙゙´         `゙゙゙´ ,l: : : : : l: :.l
    l: :l: : : : : lヘ       i      /l: : : : :.{: : l    「うむ…こちらに六丸を」
    l: :ll: : : : : l:ヘ、     _,    /:.:l: : : : :l: : :.l
    l: : l: : : : : l:.:.:.:> 、       /.:.:.:.:l: : : : l: : : :l
.   l: : :}: : : : : l:.:.:.:.:.:.:}> 、_ . イ{:.:.:.:.:.:.l: : : : l:.:.:.:. :l
   l: : : :l    l:.:.:_>´      <、:.l    l:.:.:.:.: :l
.   l: : : :_,l: : : : :l゙´           `'l: : : : l:.:.:.:.:.: :l

359やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 23:36:44.49 ID:TB/B47A0

   / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
. |    (●)(●)   のう六丸…
  |    (__人__)   この父を覚えておいてくれ。
.  |    ` ⌒´ノ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ、ゞヾ'""''ソ;μ,
   /    くヾ  ,' 3     彡 アブー
   |     ミ         ミ
    |    |ヽ、二⌒)     ミ
         /ソ,, , ,; ,;;:、ヾ`

361やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 23:38:11.46 ID:TB/B47A0

         / ̄ ̄\
        /      \
          |         |
          |        │   …いつまで一緒にいられるかわからぬのじゃ。
         |         |    たとえ明日にもわしの命が尽きたとしても…、
       |        |   どうか、父の何かを覚えておいてくれよ…。
        ヽ       /
          ヽ      /
        、ゞ>     < ""''ソ;μ,
       /,⌒       ⌒    彡  < アブー…
      ./ /|           \ ミ
     ( _/ .|      . | ヽ、二⌒)
       ./ソ|      . |,;;:、ヾ`

362やる夫で学ぶ柳生一族(その40)2010/11/14(日) 23:39:48.44 ID:TB/B47A0
  \ヽ, ,、 
   `''|/ノ  
    .|   
_   |   
\`ヽ、|   
 \, V"   
   `L,,_  
    |ヽ、) ,、 
   /  ヽYノ 
  / r''ヽ、.|  
  | `ー-ヽ|ヮ 
  |    `|  
  |.     | 
  ヽ、   | 
   / ̄ ̄\ 
 /  _ノ ヽ_ \ 
 |  (≡)(≡) .l 
. |   (__人__) | 
  |   `⌒´   | 
.  |        }
.  ヽ       } 
   ヽ     ノ  

┼ヽ  -|r‐、. レ |
d⌒) ./| _ノ  __ノ

【やる夫で学ぶ柳生一族(その40) 「柳生黄金期」】

関連記事
[ 2018/03/10 14:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する