FC2ブログ

やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その42「十兵衛、新陰流印可を得る」 後編

736やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 22:31:53.16 ID:b8Ylkak0
                             _ ....... _   _
                           . : ´: : : : : : :`´: : : :.`ヽ.
                            /.:.: : : : : : : : : !: : `ヽ: : : ヘ.
                          /://: : : : : : : : :.:.从: : i: i: :.:.:.:.ヘ.
                            /://:.:.:///:.:.:.:.:.// ヾ: | :|!i:.:.:.:.:.ハ
                       ||:.!: :i:|ハ:i:.:/: ://ー─ト!.:|!|:!:.:.:.i:.:i
    さて、続きだ。               ! i:.|:i:.!厂Ⅳ.:/ ィテミ、Ⅳ/从!:.:.li:.i!
   なお、言うまでもないが、      乂ハ!ィ笊/   込リ Ⅳ:.:!Ⅵ:.:!| i!
   僕のこの格好は本編と   .     !:.:.:|Ⅵ ヒリ     ´^` j://ノ:'|:.:!|八
   まったく関係がないんだ。      /:/: |::ハ  ヽ_,    ///.:/ :!: !|:.:.:.ヽ、
   困ったものだね。         ./:/ :i |:i!::::ゝ. ` ´  ///イ:.:./:.八:.:.:.:ハ
                       /イハNハ八ヘ>- イ///ー/イリ才⌒Y
                         ノ  ∨ 丿 >⌒Yoイ≪丈´ ̄∠ ̄`ヽ
             __    __   ____ ィ斥¨⌒ヾイ≪≠ /⌒   `ヽノ
              __ノ_ ` くУ    ̄ ¬ノ}三二ニ≧冂てしイ≠ニ二二ソ、、
     ⌒ ̄ ̄ ̄ (     }{      ノ⌒≠`ヾ∠ソ   八    二ニ=ー - 、
  / {   /ー   __)    }{    「 ̄/て不く__ て ̄   `  、、    /:〉    ヽ
∠イ :j /      (     _,从、、  |..ノへ/厶、、ノ⌒ヽ      /`ヽ /:/      \
  /// /        ヽ <∠/ `ー―-{ ハ ∨ ヘ ヽ      /   Vノ  ,ィつテ≠k、
. ///ノ                     ∨ ∧∨  ヽ  \   /    >≠/  /   i!、
. i//                         ∨ ∧∨、、ヽ___j      ハ/   /   !| ヽ
                               Y////////////!    .   ´  \  ,/     i |/
                          ∨//////////> ´     . ・ ヾへ __/⌒
                              ∨>''"´`ヾ:./   __..<´
                               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: / 人 ヽ.:.:.:.:>...
                           / !:.:.:.:.:.:.:.:.: / .YYYYへ>.:.:.:.:.:.:.:.:.:`>...
                             /:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.: Vィj j j j_/〉ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:`>..、
                         /:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` ̄ ̄ ´:.:.: :\.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/:.:/:イ`>
                           /:.:.: : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \:.:.:/: :/// く
                       //:.:.: : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., --──\:./// <> !
                         //:.:.:.:.:.:.|/ ̄ ̄`ヽ、____// 二二ニ:∨:./ ヾー‐′
                           //、.:.:.:.: : |/ ̄ ̄`ヽ、___,//  <> | /:イ <> j
                       //\\__!/ ̄ ̄`ヽ、___/ <> .へノ バ <> i ̄
                     У、:.:.:.ー―|〈〉 <>  <>  <> .へ、_ /:ヘ、/ヘ./`ヽj
                      〈:イ/ ` <:.:.:Ν/ヽ/\/\/::::::::::;′::::::::::::;′
                          ノ\/ヘ <> |ヽイ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::/::::::::::::::::;′
                          ヽ/ヘ∧!: : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::/::::::::::::::: /
                           |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::/::::::::::::::: /

737やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 22:33:11.59 ID:b8Ylkak0

 さて、十兵衛は自身の伝書を書くにあたり、
柳生庄で調べたものの他、江戸に戻ってから新たに読むことを許されたものも調べていた。

         ___
       /      \
      /  ─   ─ \    
    /    (●) (●) \         これが父上の兵法の完成形を記した
    .|   u.  (__人__)   |    __  『兵法家伝書』かお。
     \      `⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒      / 兵法 /     /    お爺様が示された兵法が、こんな風に…。
    i\  \ ,(つ家伝書/   ⊂)   流石は父上だお。
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |
    |           |_
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ


              ____
             /        \      そしてこれが、和尚が父上に渡されたという
            /           \    『不動智神妙録』かお…。
            / \     _/      \
            |  (●)   (●)      |   僧侶の筈の和尚が、
.           \  (__人__)  u.   /   ここまで兵法をわかっておられるとは…。
           /  .`⌒´        \   「当代随一の傑僧」の評判は伊達じゃないお。
      彡三三ミY彡三三ミ\--、    |
       \不動智\神妙録\E .|    ノ

 その中には、寛永九年に宗矩が将軍家のために確立した「治国平天下の剣」を記した『兵法家伝書』、
また、沢庵が宗矩のために著した『不動智神妙録』も含まれていたものと思われる。

739やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 22:35:00.78 ID:b8Ylkak0
                   ___
                 /      \
               /_ノ   ヽ_   \ 
             /(-)  (- ) u. ヽ     ここに記された記述も踏まえて、この十兵衛の兵法を
               |   (__人__)        |    あの父上に説くとか、今更ながらとんだ無茶振りだお…。
             \  .`⌒´      /  
                /            \ 
           | ̄ ̄ ̄ ̄|~|       | 
.          /  |        | .|-、  ノ   | 
.         //  (つ       .|と  ̄”     ノ


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \     とはいえ、やるしかないわけだお。
  | / .イ '(ー) (ー) u.|   城勤めで失敗してる以上、十兵衛に残ってるのは
.   /,'才.ミ). (__人__) /   .もう剣しかないんだお。
.   | ≧シ'   `⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

741やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 22:36:35.21 ID:b8Ylkak0

         / ̄ ̄ ̄\
         /     .u  \
      /  ─   \   ヽ
       |  (●)  (●)   |     そもそも、単に父上の後を追うだけでは
      \  (__人__)   __,/    認めて頂けるわけないんだお。
      /   `⌒´    .\    .十兵衛なりの工夫がなければ…!
    _/((┃))______i | 
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \ カリカリ…
 /  /_________ヽ..  \
 . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


           / ̄ ̄ ̄\
         /  \  /  \          …あー!これじゃないお!
       / u.((>)) ((<)) ヽ        十兵衛の、この十兵衛の剣は…ッッ!
        |    (__人__)   |
        \   ` ⌒´  __,/         今日はもう筆が進まないお!
         /            \  ビリッ!  こんな時は…!
       | ̄ ̄そ  三 Σ ̄ ̄|
    _(,,)三  ヾ三  三て 三(,,)_
    /  |    ヤ 三  〆   .|  \
  /    |___λ三メ____」   \

743やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 22:38:04.31 ID:b8Ylkak0
      |┃三 ガラッ
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃(>)  (<) \ 
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\      又十郎!
      |┃  |r┬-|     |⌒)   今から一杯付き合えお!
      |┃   `ー'ォ     //∥
      (⌒ヽ・    ・ ̄ / .八   お前ももう大人なんだから呑めるはずだお!
      |┃ノ       /  ||
      |┃   つ   <   .└┘
      |┃  (::)(::)   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)


    / ̄ ̄\
  /  _ノ  ヽ\
  /   (●) (●)ヽ     えー!?
 .| u   (__人__) |    今からですか?
 .|     `|::::::|  .|
 ヽ     .l;;;;;;l  /    もう遅いのに…。
 / ヽ    .`ー' .ノヽ
/           .ヾ

745やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 22:39:11.92 ID:b8Ylkak0
       ____
 +  + /⌒  ⌒\+ 。
 ・ 。/( ●)  (●)\ + +  何か言ったかお?
  /::::::⌒(__人__)⌒::: \   さ、まずは一杯目だお!
  |     |r┬-|     |
 +\     `ー‐′   /・ ゚. +          __
  /          |              / ・ /ヽ
 (_⌒) ・    ・ ||____________  |ま | ̄|
   l⌒ヽ     _ノ | |\  |___|   {}@{}@{}-| る|  |
    |  r `(;;U;)   )__)  \ >゚))))彡ー―'. |_.|_|
  (_ノ  ̄ / /     \`ー―’___
        (__^)       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      |_|


     / ̄ ̄\  て
   /    _ノ ヽ そ
   /    (○)(○)
  .|  u.   (__人__)     もう準備してるし!
  .|       |r┬| | 
  ヽ      `ー'./     じゃ、じゃあ、一杯だけですよ…。
  / ヽ       ノ 
  /        く  

748やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 22:40:38.35 ID:b8Ylkak0
       ____
     /U    \       …で、和尚の書物を読んでたら、
   /  _ノ  ヽ、_  \    「息子の素行が悪いのは親のお前のせいだ」って書いてあったんだお…!
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   そんなに十兵衛ってダメかお?ダメなのかお?
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´   U/             __
  /ι  u     J|              / ・ /ヽ
 (_⌒) ・ ι  ・ ||____________  |ま | ̄|
   l⌒ヽ     _ノ | |\  |___|   {}@{}@{}-| る|  |
    |  r `(;;U;) ι )__)  \ >゚)ι彡ー―'. |_.|_|
  (_ノ  ̄ / /     \`ー―’___ι
 (::::::::..:::::..::::..(__^)       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (::::: :::::::::..: ::::.ノ        |_J


    / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_\
  /   (-) (-)ヽ     まあ、それが書かれたのはもう5年以上前のことですしね。
 .|    (__人__) |     私もあの後、少しは修行するように努めましたし、
 .| u.    `⌒´  |    .兄上も、.今度の伝書を仕上げて見直してもらえばよろしいのでは…。
. ヽ       nl^l^l
  / ヽ      |   ノ  
. /        ヽ く

750やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 22:42:44.18 ID:b8Ylkak0

 ,r'ニニニヾヽ、       \/〈     //ニニニヽ、
("´ ̄ ̄ヾ))     __〉,ヘ   ((/ ̄ ̄`゙`)
|   、ィ_ノと)'   /"\三/"\  (つ(_,,ア   |!
i|   ` イ_/  ./((○))三((○))\  _Y   |!   それが簡単にできりゃ苦労しないってんだお!
.ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  /  他人事だと思って軽く言うんじゃねーお!
  \  \l     i|    |!     l/  /
 l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l
     \  ヾ   `ー一'´  ィ    /   i
        ヾ、    ``"´      /
   ゚   |!  Y           ィ |!  。
   ,.  '  、/               ヾ ´ ’  `
 ゚, i! `| ゜、l!            i|!; ゚ ゜ 。


        / ̄ ̄\
      /  _ノ  ヽ\
      /   (●) (●)ヽ     兄上、流石に呑み過ぎでは。
     .| u   (__人__) |     そろそろ休まれた方がよろしいかと…。
     .|     `|::::::|  .|  
     ヽ     .l;;;;;;l  /    (つーか、明日御番だから早く休みたいのに…)
     / ヽ    .`ー' .ノヽ
    /   /⌒)⌒)⌒)   \/⌒)⌒)⌒)
   ノ   | / / /   (⌒) / / / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


751やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 22:44:09.05 ID:b8Ylkak0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::...   ...:: :........ ... .  .....:::...   ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.. .......  .....::             ..  ...:: :.... .... ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::.. ... ....:::::... ...─- 、    .. .. ...:::.. ... ....:::::... ...:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::...::: .........:::: :......    /      ヽ   ..:: :.... ...:::.. ... ....:::::... ..::::::::::::::::::::::::
::::::::::::.. ...: :.... .::::..... ...:::..       l     ..... ...:::.. ... ....: ::::... .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.........: ::... ...     ヽ       /   .. ... ...:::.. ... ....:::::... ...: :..::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::. :. .:::::: ::.... .::::.....     ` ー--‐'   .... ...:::.. ... ....:::::......:: :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ...:::.. .... ...  ..  .: ..  ..: .:::.. ... :. .:::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. .:::::: ::.... .::::..... . :: :.. . ... :. .::::: ::.... .::::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____________
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\_\_\_\_\_\_.    < うっせーお!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::\_\_\_\_\_\_    こうなったらとことん呑んでやるお!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::\_\_\_\_\_\_.< そ、そんなあ…!

 ── こうして、十兵衛31歳の夏は過ぎていった。

754やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 22:46:12.46 ID:b8Ylkak0

 ── そして









                  ト、._人,.ヘ.__人_,.イ_,.ィ
                j`‐'             ‘ーィ
              、- '              L_
              _ )                く
              ´)    できたおッ!    =-
               )                (_
               )               (
              ⌒)-、 ,. 、         〈
                  ′ ヽ/⌒'^´ヽ'⌒ヽ「









 

757やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 22:47:26.06 ID:b8Ylkak0
  |┃    ガラッ     ____
  |┃ 三       /u    \
  |┃         /  \, 、/  \     父上!
  |┃       /  ( ⌒)  (⌒ ) \   遂に…遂にできましたお!
  |┃ 三     |  '" (__人__)"' u  |   どうかご覧くださいお!
  |┃       \    ` ⌒ ´     /
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.
  |┃ 三   /                 \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三         |              |ヾ___ソ


   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |
. |  (__人__)  |         まあ落ち着け。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)  とりあえず、お前の最初の伝書を見せるがいい。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

758やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 22:48:08.73 ID:b8Ylkak0
              ___
            / ⌒  ⌒\
           / (⌒)  (⌒)\        はいですお!
         /   ///(__人__)///\      これが、この十兵衛渾身の伝書ですお!
          |  u.    `Y─┴──┴──┐
           \,,.     |            |
           /⌒ヽ(^う  十兵衛伝書.  |
            `ァー─イ.             |
           /     |_______________|
             /      /
          /      ⌒ヽ
      ___/  / ̄ ̄`)  ノ
     (__r___ノ     (.__つ


           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●) 
         |     (__人__)       ふむ…。
         |      `⌒´ノ       では、しかと目を通した後、答えを返してやろうぞ。
          |         }       しばし待つがいい。
          ヽ        }      (
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !

 寛永十四年初秋、十兵衛最初の伝書が遂に完成した。
出来た後、十兵衛はそれを宗矩のところに持ち込み、宗矩の判断を仰いだ。

759やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 22:49:07.17 ID:b8Ylkak0
      |┃
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃(⌒)  (⌒) \      わかりましたお!
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\    では、十兵衛これにて失礼しますお。
      |┃  |r┬-|     |⌒)
      |┃   `ー'ォ     //
      (⌒ヽ        ̄ /
      |┃ノ       /
      |┃       <
      |┃     .  ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)


   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /   _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |     (●)(●)  /;;/
. |     (__人__)  l;;,´    うむ。
  |     `∩_ノ)━・'
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 |\     /_|  |
 | \ /  _/

761やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 22:50:01.62 ID:b8Ylkak0
      |┃┃|
      |┃┃| 三-
      |┃┃|
      |┃┃|
───|┃┃|───
      |┃┃|
      |┃┃| 二
      |┃┃|
      |┃┃| ピシャッ
      |┃┃|
      |┃┃| 三-
      |┃┃|
      |┃┃|


   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´    …さて、
  |     `∩_ノ)━・'    あやつの兵法がどの程度の域に達しておるか…。
.  |     |_ノ        確認するとするかの。
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/

763やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 22:52:22.79 ID:b8Ylkak0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)         ふむ…題はなしか。
  |      `⌒´ノ       まあ、それはよいか。
.  |         }       
.  ヽ        }         …………フム。
   ヽ      |\    /|
  /   /⌒ノ  \/ ( )
  |    / / |      |

766やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 22:53:20.36 ID:b8Ylkak0

        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |   ……ウム………………ムウ…。
       |::::::::::::::    |
     .  |::::::::::::::    }
     .  ヽ::::::::::::::    }     __
        ヽ::::::::::  ノ ̄⌒/⌒  ./
        /:::::::::::: く    /    /
-―――――|:::::::::::::::: \  /    /
         |:::::::::::::::|ヽ、二ニ⌒)

767以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします2010/12/12(日) 22:54:30.65 ID:b8Ylkak0

 同じ頃…

□■□■十兵衛妄想中■□■□

   / ̄ ̄\
 /    ⌒ ⌒  て
 |    ( ○)(○) そ    新陰流の兵法をこれほどまで…!
. |  u.  (__人__)      これを十兵衛が書いたというのか…!
  |     `⌒´ノ
.  |         }       __
  \      } / ̄ ̄⌒/⌒  ./
  (⌒\    /     /    /
  i\  \ ,(つ    /   ⊂)
  .|  \  y(つ    /,__⊆)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          Ο
         。
       ___
     /⌒  .⌒ \
    /(⌒ ) (⌒ ) \     ふふふ…今頃、あの伝書を見て、
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \   父上はどう思われてるかお…?
  |  l^l^lnー'´       |   この十兵衛、渾身の作だから、
  \ヽ   L        /   父上すらびっくりしてるかもしれないお…
     ゝ  ノ
   /   /

770やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 22:55:51.65 ID:b8Ylkak0
□■□■十兵衛妄想中■□■□

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)      十兵衛、お前がここまで達したとは思ってもみなかっただろ。
     | u.    `⌒´ノ     素晴らしい出来だったぞ…!
       |         } \
     /ヽ       }  \   流石、わしの跡継ぎになる男だろ…!
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)
                         ____
                       /⌒  ⌒\
                     /( ―)  (―)\     それほどでもありませんお。
                    /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   柳生家の跡継ぎとして、当然のことですお!
                    |             |
                    \              /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          Ο
         。
       ____
     /_ノ   ヽ_\
    /( ●) ( ●)\      それで、こんな風に褒められちゃったりして、
  / ::::::⌒(__人__)⌒::::\   不出来の汚名を返上してみせるんだお…。
  |        ̄      |
  \               /

771やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 22:57:33.62 ID:b8Ylkak0
□■□■十兵衛妄想中■□■□
       ______
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |    十兵衛…但馬の跡を継いだだけはあるな…!
 |'. (|       彡|          |)) |   但馬の次の指南役はお前で決まりだぜ!
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i
  ヽ_|        `         .|_/
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |    
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |
         徳川家光
             _                _____
             \\             / \ / \   
               \\          / (●) (●) \     勿論ですお!
                \\       /     (__人__)   \  この十兵衛、天下一の名に相応しい
                  \\     |        `⌒´     |  .腕前をご披露いたしますお!
                   \\.   \              / 
                     \\.  ,/           \
                      \(⌒,´           ヽ、二⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          Ο
         。
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\     その後、上様に再びお目通りして、
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  父上の跡を継いで、天下一の御指南役になるんだお…!
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄

774やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 22:59:50.88 ID:b8Ylkak0
□■□■十兵衛妄想中■□■□

                   _ ......... __
               ,.ィ"/,. ィ'":.:.:.:\:.:`丶、
             / / ,:":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\
            / ./ /:.:./:.:.:.:.:.:.:.|:.:ト;.:.:l:.:.:.:.:.ヽヽ
          /  / /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:| ',:.:ト、:.:.!:.:.l:.',
         く   ,'  l:.:.:.:l:.:.:./:.:.://_/ .l:/ー-ヽ:.:| ',|
           ヽ、.」  l:.:.:.:.l:.:.l_:/フ ' /' 、,,,,,.ノ:./ ′   あ!ほらほら見るですよ!
             /:.:.{  !:.:.:.:.Vr   ,,ィ ′  ///イ}     あれは柳生十兵衛様ですぅ!
            /:.:.:.:{   ヘ:.:.:.:\=''"//   _   ハ!     .評判通りのいい男ですねぇ…。
           /:.:.:.:.:.{   ,イ_ヽT rr‐',  <ノ  , ' } 
          /:.:.:.:.:.:..{ r-,.‐-.、>、ヽヽヽ ..__/   } 
         /:.:.:.:.:.:.:.:{ </: : : : :ヽ} ヽ、  ,ヽ,‐;.:.::{   } 
        /:.:.:.:.:.:.::.:.{ {l: : : : : :.:.!{,〃゙Yニ - _ュく{.   } 
              どこぞの姫君その1
                           . i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
                            〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
                           // / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
                           / i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
 そりゃそうよぉ。                 .  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
なにせ天下一の御指南役なんだからぁ。  .  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ
                           .  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ
 でもホントいい男だわぁ…。            !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´
                             i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //
                           .  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
                           .   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
                           、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
                           ::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
                                    どこぞの姫君その2
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            Ο
             。
゚ | ・  | .+o   ____* o。 |。|   *。 |
゚ |i    | +   /_ノ ' ヽ_\   | |!    |
o。!    |! ゚o /(≡)   (≡)\   | * ゚ |    そんでもって、
  。*゚  l ・/::::::⌒(__人__)⌒:::::\ |o  ゚。・  こんな風にモテモテになって、
 *o゚ |! |     |r┬-|     |  + *|  .魔法柳生なんてもう呼ばせやしないんだお!
| ・    o \      `ー'´     / *゚・ +|| 
 |o   |・゚  >         |  *。*   |   あー!早く父上のお返事が聞きたいお!!
* ゚  l|  /           |    | +|
 |l + ゚o  /           | *゚・ ||  ・ |o
 o○ |   | 丶    ヽ  /  | *o|  *。
・| + ゚ o /| /     | /   |  O *。|
 O。 | ( ∪  / ̄\∪  ノ。* 。   |
 o+ |!* \  /     |  ノ   |  *o|
 |・   | ゚・  )ノ     \ | o○ |!

775やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:01:11.21 ID:b8Ylkak0
         ____
         / _ノ ヽ、\
      /o゚((>)) ((<))゚o    しかも、あんなことやこんなことも…!
     /    .:゚~(__人__)~゚:\    も、もうたまんねーお!
     |         |r┬-|    |
     \、     i⌒i‐'  ,;/     早く父上のお答えが聞きたいお!
    /  ⌒ヽ.ノ ノ  く       .うひょーほっほっほ!!
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ


     |┃/ ̄ ̄\
     |┃   _ノ ヽ_\
     |┃ (-) (-)ヽ   
     |┃  (__人__) |   (心配して来てみたけど、大丈夫なのかなあ…?
     |┃ u.  `⌒´  |    でもなんか楽しそうだし…水を注すのも悪いかな)
     |┃      nl^l^l
     |┃      |   ノ
     |┃      ヽ く

777やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:02:52.51 ID:b8Ylkak0
 そして翌日…

  |┃    ガラッ     ____
  |┃ 三       /     .\
  |┃         /  \, 、/  \       父上!
  |┃       /  ( ⌒)  (⌒ ) \    お召しにより、参りましたお!
  |┃ 三     |    (__人__)    |    この十兵衛渾身の伝書、如何でしたかお!?
  |┃       \    lr┬‐l    /
  |┃       /    .`ー ´    \    (さあ!ここからが、十兵衛の「勝利の道(ビクトリーロード)の始まりだお!)
  |┃ 三   /                 \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三         |              |ヾ___ソ

779やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:07:11.41 ID:b8Ylkak0
   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |::::::     (○ ) )    焼き捨てよ。
. |:::::::::::   (__人)
  |::::::::::::::  `⌒´ノ          ....,:::´, . 
.  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
.  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .   
   ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
   /:::::::::::: く         ,ふ´..
   |:::::::::::::::: \       ノ::ノ
    |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


  |┃           ____
  |┃          /     .\
  |┃         /  \, 、/  \   
  |┃       /  ( ⌒)  (⌒ ) \     ”焼き捨てよ!”
  |┃      .|    (__人__)    |     そのようなお言葉を頂くとは、この十兵衛、光栄の至り…
  |┃       \    lr┬‐l    /
  |┃       /    .`ー ´    \
  |┃     /                 \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃         .|              |ヾ___ソ

785やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:09:57.19 ID:b8Ylkak0
  |┃           ____
  |┃          /     .\
  |┃         /  \, 、/  \   
  |┃       /  ( ⌒)  (⌒ ) \    
  |┃      .|    (__人__)    |    
  |┃       \    lr┬‐l    /
  |┃       /    .`ー ´    \
  |┃     /                 \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃         .|              |ヾ___ソ


        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

786やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:10:59.80 ID:b8Ylkak0
  |┃           ____
  |┃          /     .\
  |┃         / 一'  `ー  \     …あ、あの、父上。
  |┃       /   (○)  (○)  \   今、「焼き捨てよ」と申されたのは、その、何のことでしょうかお…?
  |┃      .|    (__人__)  u  | 
  |┃       \    lr┬‐l    /    ごみの始末なら、小者がやるはずですお…。
  |┃       /    .`ー ´    \   十兵衛が今伺いましたのは、昨日お出しした伝書のことで…。
  |┃     /                 \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃         .|              |ヾ___ソ


   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |::::::     (● ) )    そのままの意味じゃ。
. |:::::::::::   (__人)   このような伝書(もの)、すぐにでも焼き捨てよ。
  |::::::::::::::  `⌒´ノ   その後、再び来るがいい。
.  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
.  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .   
   ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
   /:::::::::::: く         ,ふ´..
   |:::::::::::::::: \       ノ::ノ
    |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


790やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:12:37.62 ID:b8Ylkak0
          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /   ノ L     .|.  | | | | | | | |\ .|
    ./    ⌒      !、 | | | | | | |  /\
   /             _`'- | | | | | |;-'´:::: \
  |         / / ̄\\:|||||||// ̄\\
  .|        | |. ○ .|  ,|:;;;;::| |  ○ | |
   |         \ \_/ /::;;;;:::\\_// 
   .|             ,/    ::|::     \     さあ、話は終わりじゃ!
    |            |     |     .|   さあ、これを持って今すぐ言った通りにするがいい!
    |            |     |     .|
    .|             \__/\__/|     さもなくば、お前は赦さぬ!
    |.              トエエエエエイ  .|    よいな!
    .|                   '.{| | | | | |.|  }  ./
     |                   .{| | | | | |   }  /
      丶                  .{| | | | |   }  l
      \                 、`ー一一 ' /
       .\                       /
       /ヽ                /


         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\                は、ははは、はいですお!!
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)   し、失礼しますお!!
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


 十兵衛の伝書を読んだ宗矩は、十兵衛に対し、
伝書を焼き捨て、その後来るまでは赦さないと述べたという。

 この時の宗矩の言葉は、後の十兵衛の伝書に
「柴の閑言語、一炬に灰となして後来れ、汝をゆるさん」と記述されている。

791やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:14:06.36 ID:b8Ylkak0

< パタンッ!!



     / ̄ ̄\
   /    \, 、/
   |    ( ー)(ー)    
.   |     (__人__)        …………。
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ
   .l^l^ln      } `‐=   )
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;)
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ

793やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:15:01.87 ID:b8Ylkak0

 ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄
        ||          ||          ||
        ||          ||          ||
        ||          ||          ||
        ||          ||          ||
        ||_____||_____||
        ||_____||_____||
        ||O ※※※※||※※※※※||
        ||※※※※※||※※※※※||
____||※※※※※||※※※※※|| ____

           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |  =|二二二|= ← 伝書
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;

796やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:17:12.28 ID:b8Ylkak0

                  /´         \
              ___,  '´               `ヽ 、   U
       ..      ,,. ´         U             ` ー- 、
           ´        ___         ___         \
           /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ          /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ
           ,'  ,;::::::::::::::::::', ',        ,'  ,;:::::::::::::::::::', ',
           {  {:::::::::::::::::::::} }         {  {::::::::::::::::::::::} }     い、一体どういうことなんだお…?
           .'、 ヽ::::::::::::::/ /         '、 ヽ::::::::::::::/  /    この伝書は、この十兵衛の11年間の全てを
       ..  U   >-ヘ -‐          ,    ----‐->=イ     まとめあげたものだお…!
            /                      ヽ 
           /    U      i、           }        間違いなく、この十兵衛の兵法の集大成だお…。
           {           /ヽ           /      十兵衛の未来への扉を開く鍵だったはずなんだお…!
           ヽ、        /  ヽ、       /
           │ "ーーーー''"        "'ーーー''"
           ヽ、l   人 ( |l _」∟ニ二」,L.、ノ
                  ` ̄´



798やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:18:36.16 ID:b8Ylkak0

                   /´         \
                 ___,  '´               `ヽ 、
             ,,. ´                       ` ー- 、
             ´        ___         ___         \
            /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ          /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ
           ,'  ,;::::::::::::::::::', ',        ,'  ,;:::::::::::::::::::', ',
            {  {:::::::::::::::::::::} }         {  {::::::::::::::::::::::} }     そ、それを「焼き捨てよ」ってどういうことだお…?
            .'、 ヽ::::::::::::::/ /         '、 ヽ::::::::::::::/  / 
             >-ヘ -‐⊂⊃       ,    ⊂⊃‐->=イ      .まさか、十兵衛の兵法自体が、
            .(  _ノ          |i    //  人 _)      父上にとって、その程度のものだったってことなのかお…?
           ( ´「          .||    〃    .ハ ( 
            人 l し        J.!|    |l     .しl 〉       じゃあ…この十兵衛はなんなんだお…?
           .',  | l  {,   .、_ _八__ 」L.、    | :|      城での勤めにも立てず、剣の道も否定されたら、
         ノ│ ヾ、/ ,v─‐r──‐ハ r‐v、\__,,,,ノ /       十兵衛に何が残るっていうんだお……!
            ヽ、l   人 ( |l _」∟ニ二」,L.、ノ ノ /(/       .
                  ` ̄´      l |
                   、        (ノ
                   (_` ┐-イ´



799やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:20:04.94 ID:b8Ylkak0
         メ ,, -──- 、._\
       メ/ u    ゚ 。 \\   
     / /    ノ  ヽ、   \\    こ、こんな時、どうすりゃいいんだお…!?
      ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |    せ、せめて誰かに相談してから…!
     \\    (__人__)   /く
      ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ

           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ     でも、左門や又十郎じゃ話にならないし、
      / _ノ (>)三(<) \ `、   まさか今から兵庫助様のところに行くわけにもいかないお…!
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )   どうすれば…どうすれば…!?
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://

800やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:21:25.10 ID:b8Ylkak0
         |
     \  __  /
     _ (m) _
        |ミ|
      /  `´  \
       ____  て
     /⌒  ⌒\ そ  
   /( ○)  (○)\  
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    いや…!そういえば、あの方がおられたお!!
  |     |r┬-|  u  |  
  \      `ー'´     /


803やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:22:30.53 ID:b8Ylkak0
    ―― [] []
   | l ̄ | |
   |_| 匚. |
\\   | |
   \\ |_|  / ̄ ̄ ̄\
     \\/ \   / .\            そうと決まれば善は急げだお!
 [] [] ,-, /  (>)  (<)  \          今ならまだおられるはずだお…!
   // /    (__人__) u   \    ,.r-、
 匚/ /      ノ__{       \  P{三)  あの方なら…あの方なら、きっとなんとかしてくれるお…!!
    /              |\   \/\ノ
    /ヽ/^y           |  ヽ     /
\  (、、J  |           |   \_/
 \\    |           |
   \\ |            |
\    \/           7
从从   (            /
Σ  ヽ、  へ        ω/
Σ  /  ̄   \     \
Σ_ノ \、__ / \      ヽ
  \\  \ \   \    〉
 ̄\\\ ̄| \\  //  /
 ̄ ̄\\\ ̄\ \//  /
 ̄ ̄ ̄\\\ ̄|  // /
 ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄\二フ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄|_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\  \

804やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:25:17.06 ID:b8Ylkak0
               ____
            ,. -'"´       `¨ー 、            ノ.
           /::::\::::::::::::::::::,/::     ヽ、          ).
         ,.'"::::,.===、":::::::::::::'',===-、      ヽ、        ヽ   沢庵和尚ーーーーー!!
    , - ‐'ー―ー‐っ=γ'  ,   ヽ'===ァニヽ---― 、 ヽ、      . i  お助けくださいおーーーーーー!!
    ゝ‐─‐" ̄:::::::::::丶__人_ ノ    ` ̄ ̄ ̄゛ー'   ヽ     く.  
      ./::::::::::::::::::::::∧l___!__|_ノ|              ヽ    .厶,
     /::::::::::::::::.  ,'     r‐,ノ!                 i      ヽ
     /::::::::::::::    | _ ,.┴ 、」                l      レ、⌒Y⌒ヽ⌒Y⌒ヽ⌒Y⌒ヽ
    ,'.         レ/      !                 }
    i            ト、___ィ|              /
    ',         └┴┴┴'‐'             /
     ヽ、                        /
      ヽ、_                     /
         `¨i                     ヽ
          /                      ヽ
         /                      ヽ

807やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:26:37.69 ID:b8Ylkak0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       なんだいなんだい。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|      どうしたっていうんだのび…じゃかなくて十兵衛(CV:ここだけ大山のぶ代イメージで
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ  
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\      .随分としょぼくれた顔をしおって。
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |       何があったか知らんが、話してみよ。
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
          沢庵宗彭
       (たくあん そうほう)


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \      さすが和尚ですお!
  / o゚((●)) ((●))゚o \    実は、さっき父上からこの伝書を…!!
  |     (__人__)     |
  \     ` ⌒´     /

808やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:28:16.19 ID:b8Ylkak0
 =説明終了=

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |   
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |     …なるほどな。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    そういうことであったか。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u    ゚ 。 \\
  / /    ノ  ヽ、   \\     もう…もう十兵衛は何をどうしたらいいのか、
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |     わからなくなってきましたお…!
  \\    (__人__)   /く<    十兵衛の兵法は、何の意味もなかったんですお…!
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ

809やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:29:22.88 ID:b8Ylkak0
                               
                ,. '"´三二二三`ヽ     
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ    
              /   /    夢     ', ヽ   
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)  
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  .  泣き喚くのをやめんか、馬鹿者め!
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ   .
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  .  お前の親父の言っとることは
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)    そういうことではないわー!!
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  


               ____  て
            /      \ そ
    i⌒',   /   ⌒    ⌒\
    |  つ / u  ( ○)liiil( ○) \     ……へ?
    |  | |        (__人__)   |    ど、どういうことですお?
    |  | \       |r‐- l u./
    |   ̄ ̄   ,- 、 `ー'´   \
    \____  ヽ  ヽ___)   |
           \⊂_         /


811やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:31:19.22 ID:b8Ylkak0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |        何のことはない。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       今回、但馬が言いおったことは、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|       西江水の心得に則った言葉だ。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\       つまり、但馬の奴の言葉は、
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |        貴様に印可をくれてやったということよ!
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\         ちょ、ちょっと待ってくださいお。
  /   (__人__)  u. \      なんで伝書を焼き捨てよとまで言われたのに、
  |ni 7   ` ⌒´    . |n     それが印可に繋がるんですかお?
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
', U ! レ' /      . . | U レ'//)   超展開にも程がありますお。
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''

 宗矩に伝書を焼き捨てよと言われた十兵衛は、流石に驚き、沢庵の元へ相談に行き、事情を説明したところ、
沢庵は、宗矩の言は十兵衛のための印可であると言ったという。
この事も、後の記述と同じく、十兵衛自身の伝書内に、

 「我驚愕して退く。ひとりの禅師の所に至てかたるに、
  禅師の云、老父の言、実に西江水を一口に吸尽して、徹底乾者乎、是為汝之印可なりといえり」

 と記載されている。

812やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:33:06.35 ID:b8Ylkak0
                 _..-''" ̄ ゙̄''---- ,,,,
                   /             `'‐、
                /                    `'、
             /                       ゙l,
               /                        !
            |       . ___、               |
              l    ., ‐'"゛    '''''''、            |
           l   . /           l           |
              ,'   /      . 、    !        !
          /   / 、    l.夢´!   .,!       |
            /   ./ l     .f゙'‐.,i',   ,!       |
         /   .l ゙l \           !           l゙
        ./     !.ゞ \ .ヽ        l゙        !     ふむ…わからんか。
       ./      |   .`ッ',     .,r‐/         !    但馬の奴も、お前を買い被っていたのかもしれんな。
      ./       .!      ゛   ./;:;:;l            |    やはり、曲がりなりにも嫡男とあれば、甘くなるのも仕方ないのかもな。
    ./  .r    .!         ゙‐''''}            l
   .-'´   . l     l、 .、   i ..,,、   |          l
       /     .!',  .!、  `―"   !         、   !
       !      }.l  l-二― ......,,.. |       |   .|
       .|      .l  l  .l;:;:;:;:;:`゙゙''''/ ,!       !    |
       .l     │.,、.ヽ .ゝ ....,,,__./   !       |
       !     !.〈,,,  ゙'-..____,,..-'"l゙      /
          !    /.、  `''-,,.      ,..l゙      ./
        ',   .,'  `'、   `''" ̄ ̄ .,!      /
        !  .i',    ゙'y.     .._.. !     /
        |  ./ ヽ    ゙',゙'---ッ'"  !     /
        | /  ..l.   ..l, /    .l    ./
        l ,i',    l    .li′   .!    ./
        // \  .!    !    l   ./
       〃   ヽ. !   !    :!  . /
       l′    ヽ|   .l    | ./
       .゛          !     ! /
                      l′


      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ 
   / _ノ ノ    \  \ `、    和尚…本格的にわかんなくなってきましたお。
  (  < (○)  (○)   |  )  どうかこの凡夫にも分かるようにお教えくださいお。
  \ ヽ (__人__)   / /

816やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:36:22.39 ID:b8Ylkak0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       しょうのない奴だな。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      では、わかりやすくするために、
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ      一度但馬の奴の言う通り、その伝書を灰にして戻ってみるがいい。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |       今度は普通に話が進むであろうよ。
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


         ____
       /     \
      /  _ノ   ヽ、\      そ、そんな…!
    /   (○)  (O)  \   .い、いくら焼けと言われても、
    |       ||  (__人__)  ..|   .この伝書は十兵衛最初の伝書なんですお…!
    \    ノi   !  |.  /   書き直すならまだしも、焼くとかあんまりですお!
     /    し'   `⌒´ .ノ
     |       ./ ./

818やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:41:10.22 ID:b8Ylkak0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       まったく…手間のかかる奴だな。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|      では、そいつをまた但馬の奴に出す前に、
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ      俺が加筆校正をしてやろう。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |       ついでに今少し、話のひとつもしてやるぞ。
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


         :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__::::::::::::::::      あ、ありがとうございますお!
   ::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \::::::::::::::::    何卒お願いしますお…!
  :::::::::::::::::|   | o゚  (__人__)  ゚o|   |::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 こうして、宗矩に伝書を「焼き捨てろ」と言われた十兵衛だが、
沢庵の助言に基づき、再度提出するため、沢庵に加筆校正を依頼したのであった…。

821やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:44:53.51 ID:b8Ylkak0
.            /:/:.:.:. |:.:|:.:.|:.:.:./ .|:. ,イ:/   \:.:.:|:.:.:.:.:.|:i:.:.l
          i i:.:.:.:.:.|:.:.!:┼ 7 メ:/〃, ‐―‐ヽ: !:_i:.:.:.!:l:.:.l
          | |:.i:.:.:.:!:ハ:.!:/ /:' /'        !ハ/:.:.iハ!:.:.:l      準。
         /:.l:.ヽ:.:.ハ ,ィf示ト、    ,ィf示ト./i:.:/ /:.: i:!     .正直言って、僕にも今回の宗矩の態度は
          /:.:.ヽ:.iヽ!:.:.  irし::}     irし::}/:.:l:.ゝ':.: /!.:.     何がなにやら、というところなんだが。
.        /:.:.:.:.:.ヾ:.:ゝハ. ゝ‐ '  ,   ゝ‐ ':.:.:.:!/:.: ィ:.ハ:.i
       /:.:.!:.:.!:.:.:i:.:.:.!:ーヽ           /:.:.:.:.ム ´/:' |:|     結局、この件の真相はどうだったんだい?
        |:. ハ:!ヽ:.!ヾハ从:>    ^   .ィハ从乂. /'  !'
       ヽ!  ` `  ,、.、    i` ‐ ´ /     _


 ええと…正直言って、私にもわからないのよ。
ただ、こういう出来事があったのだけは事実らしいんだけど。 .          ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
                                    ...          /     、    、 \
 結局、どういう意図で宗矩が                  .          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
「焼き捨てよ」とまで言ったか不明だし、.                     //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
その宗矩の言を、新陰流の極意のひとつでもある      ...       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
「西江水」の心得になぞらえ、十兵衛への印可だと言った  ..         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
沢庵和尚の言も、どういう意図があったのか、        ....         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
今ひとつわからないのよね。                   ...         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ
                                    ...       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
 推測としては、兵法家伝書や不動智神妙録でいう            /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
「去病」の絡みが考えられるけど、それだって推測だしね。       ./_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
                                    ...   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
 なので、ひとまずここは、                    ...  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
「そういうことがあった」とだけ認識しておいて。        ..., '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
推測はまたこの後にもするからね。                 .   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
                                    ...   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/

822やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:47:04.35 ID:b8Ylkak0
                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// -- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l    しかし…11年の謹慎の後、
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l   ようやく江戸に戻ってきて、
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l    気負いこんで書き上げた伝書を
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l 
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l    「柴の閑言語、一炬に灰となして後来れ、汝をゆるさん」
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ    とか言われたら、
                , : ´: : l__ .' : ` : 、         そりゃ十兵衛も狼狽するだろうねえ。
             ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
              /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ

                             .            _ _ ___
                                        ´       `ヽ、
                                      /            \ヽ\
 まあ、それはそうよね。              .      , '             \.、ハ
実際、まだ再出仕していない以上、       .     /     l { : .\: .\\   `ー廴_
十兵衛は無役の身だし、            .....      ,′ /   .八!\ト、斗匕 ̄ヽ、   \\
そういう意味では、宗冬よりも         .....     l l |    {.ト、\ \ ,ィ斗ェ=ミァ 、_ヾ: . ハ ヽ
立場は下と言えなくもないもの。              | ! ||  .ィT弋, \  ゙Vュ:::::;Y´り: ハ :.リ  )
                             ..      !.! |l    i|         `辷ツ !Y. ; :jノ
 ここで宗矩に認められて、                  .l ハ 、 : :小 /⌒     :::: ノ:.ハ: : ; :\
やり直すきっかけにしたかっただろうし、    .       乂 ハハ. : :l;ヘ、:::  `- '  /V: :ハ : ; : : \
そこでこれじゃ、確かにねえ。         .....        ノ ノノ}: :リ : i:`::ー―、‐', ィ´⌒V:廴.; :ヾ: :\
                             .           ノ.:/. : .!: i : i ::「 V ヘ  ,ィ》ー‐'i⌒\ : \
 当時の剣士の頂点に立つ男と、         .......     /イ: : : ィT!  ̄く≫|i }≪/   ll.|    〉 : : '.,
当代随一の禅僧の考えてることとか、      .           ,!: /´ V《  l二ニ{_}ニコ    ll |  / }\: :ハ
凡人の私達にはわからないわね。                ,′{ \ V《   |_/ |\_|    》/ /  .|: : .:, :ハ
                             .        ,′:.|  YV《  // | V   》/ !    !\:ハ: ハ
 十兵衛も決して凡人じゃないはずだけど、  .       /: : :∧   !. V《//   !  V .》/  |   |: ハ:ハ: |
これは相手が悪かったというところかしら。  ...        /:/ : {    .|  V/_  o|  V》/  .,′   .!; : :.| :!; !
                                  /:/: : /   .∧/_ヽ)  i   .V   / /   |:!: : |: |i |

824やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:49:34.82 ID:b8Ylkak0
 そして時が過ぎ、十一月…

  |┃    ガラッ     ____
  |┃ 三       /     .\
  |┃         /  \, 、/  \ 
  |┃       /  ( ●)  (● ) \    父上、よろしいですかお?
  |┃ 三     |    (__人__)    |
  |┃       \    .`⌒´    ./
  |┃       /    .       \
  |┃ 三   /                 \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三         |              |ヾ___ソ


   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /   _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |     (-)(●)  /;;/
. |     (__人__)  l;;,´    …何用じゃ?
  |     `∩_ノ)━・'
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 |\     /_|  |
 | \ /  _/

825やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:51:38.59 ID:b8Ylkak0
           / ̄ ̄ ̄\
         / ─    ─ \
       /  (●)  (●) ヽ    …これを今一度、ご覧下さいお。
        |    (__人__)    |
        \   ` ⌒´  __,/
        /            \
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
    _(,,)   十兵衛    (,,)_
       |      伝書    |
       |__________」 トン


   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /   \  /    ) ;;;;)
 |     (●)(●)  /;;/
. |     (__人__)  l;;,´   ………。
  |     `∩_ノ)━・'
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 |\     /_|  |
 | \ /  _/


826やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:53:16.58 ID:b8Ylkak0
     / ̄ ̄\
   /    \  /
   |    ( -)(-)        十兵衛。
.   |     (__人__)       わしはそれを「焼き捨てよ」と申したはずだが?
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ  
   .l^l^ln      } `‐=   )
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;)
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ

          .____
       /    \
      /  .\  /\     .恥ずかしながら、あの後、和尚に御助言頂き、
    /    (●) (●) |    父上の真意をご教授頂いたのですお。
    |       (__人__) .| 
    \     `⌒´ /     これは、和尚に加筆校正を頂いた上で、
    /  ⌒ヽ    '´(     お目にかけたく、新たに書き起こしたものですお。
   / ,_ \ \/\ \   .
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

827やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:55:47.46 ID:b8Ylkak0
   / ̄ ̄\
  / \  / \
 |  .(●)(●)  |
. |  (__人__)  |         十兵衛…わしが何故に、
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)  それを焼き捨てよと申したか…わかっておるのか?
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

          .____
       /    \
      /  .\  /\     …この十兵衛、まだ父上の境地には至っておりませぬお。
    /    (-) (-) |   和尚のご助言がなくば、父上の真意を悟れず、迷いに囚われたままでしたお。
    |       (__人__) .| 
    \     `⌒´ /    今はまだ達せず故、こうしてこの伝書を再び呈するところですが、
    /  ⌒ヽ    '´(    いずれ必ずや無病の兵法に達してみせますお。
   / ,_ \ \/\ \   
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

828やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:57:21.59 ID:b8Ylkak0
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´    …そうか。
  |     `∩_ノ)━・'    では、和尚に免じて、今一度目を通そう。
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_       そこに置き、退くがいい。
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/


          / ̄ ̄ ̄ \  
        /       . \
       /   \   /   \      ありがとうございますお。
      .|   (ー)  (ー) .  |     …では、失礼致しますお。
       \    (__人__) .  /
        /    `⌒´    ヽ

830やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:58:47.63 ID:b8Ylkak0

< パタン


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)       …やれやれ。
.   |     (__人__)       仕方がないのう…。
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ
   .l^l^ln      } `‐=   )
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;)
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ


831やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/12(日) 23:59:51.77 ID:b8Ylkak0
 そして再び翌日…

          .____
       /    \
      /  .\  /\
    /    (●) (●) |    …父上。
    |       (__人__) .|   十兵衛、参りましたお。
    \     `⌒´ /
    /  ⌒ヽ    '´(    
   / ,_ \ \/\ \   
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |
     . (人__)     |    うむ…来たか。
     r‐-、    .   | 
     (三))   .   |
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|

832やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/13(月) 00:00:44.90 ID:VCqCT9g0

               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             |  (●)(●) |        さて、十兵衛…相変わらず題がないこの伝書…。
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |       お前はどのように名付けるつもりなのじゃ?
         /        \ ._|_____
       , --'、             /         `〉
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \   題…ですかお?
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ

833やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/13(月) 00:02:10.53 ID:VCqCT9g0
        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (● )    |
     . (人__)      |     そうじゃ。
     r-ヽ         |    曲がりなりにも、我が柳生の伝書のひとつとなるのじゃからな。
     (三) |        |    名がないのでは、不便であろうが。
     > ノ       /
    /  / ヽ     /       ふむ…冒頭の一文を取り
   /  / へ>    <      『昔飛衛といふ者あり』…とでもするかの?
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |


       ___   て
     / ⌒  ⌒\  そ
    / (○)  (○) \     ち、父上!
  /   ///(__人__)/// \   それでは…!!
  |   u.   `Y⌒y'´    |
   \      ゛ー ′   ,/
    /      ー‐    ィ


 参考:【「昔飛衛といふものあり(柳生十兵衛三厳)」-古武術サイトシュハリ】
      http://www.shuhari.info/hiei.html

835やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/13(月) 00:03:47.25 ID:VCqCT9g0
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)      …和尚が加筆校正して認めたものじゃ。
  |     ` ⌒´ノ     わしとて認めぬわけにはいかぬわ。
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ     最早焼き捨てよとは言わぬわい。
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

           ____
         /_,r'  ' !、\
       /(≡)   (≡)\       やった!
     n/ ::::⌒(__人__)⌒::::::\    .やったお!
    y |     |r┬-|     |⌒)   遂に父上に十兵衛の兵法をお認め頂けたんだお!
    l \_   `ー'ォ     / /
     \      ・    ・  ̄ /    これで十兵衛も遂に印可をお受けできるってことだお!!
       \         /
        >      <
       〃   (::)っ   ヽ
       ヽ  <  `‐' >  )
        と__)   (__)

836やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/13(月) 00:05:03.64 ID:VCqCT9g0

      / ̄ ̄\
    /ノ( _ノ  \
    | ⌒(( ○)(○)     調子に乗るなこの馬鹿!
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''|
    / ⌒ヽ     }  |  |
   /  へ  \   }__/ /                        三 ̄ ̄ ̄\
 / / |      ノ   ノ                  ヒュン  三  _,r'   ' !、...\
( _ ノ    |      \´       _                三  (≡)  (≡)  \   申し訳ございませんお!
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ 三 :::::⌒(__人__)⌒:::::: |
       .|                        __ ノ   三    |r┬-|    /
       ヽ           _,, -‐ ''" ̄ ̄ ̄ ̄        三  `ー' / ̄ ̄
         \       , '´             .      三      /
          \     (                   三       /
            \    \               三         /

837やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/13(月) 00:08:28.83 ID:VCqCT9g0
 *o ゚ |+|   。*゚  +゚ } o  |*  o。!    |!
 o○+ | ∨    | {r|! *l:     + |!*l::j o ○。
・+     ,-i| o.+  ___  。*゚}‐ 、゚ + |
゚ |i   | {r|! *l:  /_ノ ' ヽ_\   ノヾ}  |
o。!    |! * .゚ /(≡)::::::(≡)\  レ ノ  ゚|
  。*゚  l ・ / /// (__人__) ///\o  ゚。・ ゚     ああ…この十兵衛、
 *o゚ |   |     |r┬-|      |   *|     31年間の鍛錬は無駄じゃなかったってことですお!
。 | ・   o ゚ l\     ` ー'´    /*゚・+゚ || 
 |o   |・゚ ,.‐- .ハ       イ | * ゚   |      これでようやく…ようやく十兵衛は、
* ゚  l| /    、` ニ ´ ノ  ノ   o.+ | ・    今再び前に進めるんですお!
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    |_|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_|
    >
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( -)(-)
. | u.   (__人__)   (…続けて蹴ろうかと思うたが、
  |     ` ⌒´ノ    この間抜け面を見ておったら、どうでもよくなってきたわい)
.  |         }
.  ヽ        }     …十兵衛、その極楽状態はいいから、
   ヽ     ノ     まずそこに座るがいい。
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

838以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします2010/12/13(月) 00:09:43.35 ID:VCqCT9g0
         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\      失礼しましたお!
    /   ///(__人__)///\    でも、この十兵衛の喜び、
     |   u.   `Y⌒y'´    |    父上にもおわかり頂きたいのですお!
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             |  (●)(●) |         喜ぶのは、ひとまずこれを読んでからにするがいい。
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |       ほれ、奥にわしからの加筆があるからの。
         /        \ ._|_____
       , --'、             /         `〉  「い、頂きますお!」
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ

839やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/13(月) 00:11:22.05 ID:VCqCT9g0
        ____
     /     \
    /  ─   ─ \       十兵衛の伝書に、
  /    (⌒) (⌒) \    父上からの加筆を頂けるとは、光栄ですお!
  |       (__人__)    |    ええと、奥の方でしたかお?
  \        |\  / /|
  /     /⌒ノ  \/ ( )  「そうじゃ」
  |      / / |       |


         ___
       /      \
      /  ─   ─ \           お、あったあった。
    /    (⌒) (⌒) \        ええと…
    .|      (__人__)   |    __
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /  『愚息七郎、嚮捧兵法之一巻(さきにへいほうのいっかんをささぐ)
    (⌒      /     /     /   怒云、一炬焼却去(いっきょしょうきゃくしされ)、
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)    重捧来(かさねてささげてきたる)、
    |  \   y(つ__./,__⊆)    今加筆以印可云(いまふでをくわえもっていんかしていわく)…』
    |   ヽ_ノ    |
    |           |_
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ


840やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/13(月) 00:12:32.64 ID:VCqCT9g0
.            / ̄ ̄ ̄\ 
.           /─    ─  \     『…是牽車推(これくるまをひきくるまをおす)
          / (●)  (●)  ヽ       只欲車之行(ただくるまのゆくをほっする)ため也』
           |  (__人__)  u.   |   
         \  `⌒´    __,/      …あの、父上、これだと…その…。
.           /            \
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Y ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     (,,)          |       (,,)
        |           |        |


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)     読んでの通りじゃ。
. |     (__人__)    お前自身も言っておった通り、お前はまだまだ無病の域に至っておらぬ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l    だが…それ故に、先に進ませるために、
.  ヽ      |   ノ   .この印可を与えるのじゃ。
   ヽ    ヽ く     .わかったか?
   /     ヽ \

841やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/13(月) 00:14:18.71 ID:VCqCT9g0
                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!      十兵衛。
   l               `ー‐ f r'     更に励むがいい。
   l                  ノ'
   !                     /        よいな。
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   …………!
            |      (__人__)  u  |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


842やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/13(月) 00:16:33.15 ID:VCqCT9g0
                  _____
                /         \
               /            \
             /     \,      ,/     \
                /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  \      承知致しましたお。
          /    (   - l    l -   )    \    この十兵衛三厳、そのお言葉を肝に銘じ、精進致しますお。
          |     ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ     |
          |       .(    i    )        |    決して柳生の名を辱めぬよう、
           \       `┌,─'^ー,,-┤       /    心がけますお…!
            \     `ー -- -一'     /
            /                 \

 こうして寛永十四年十一月、柳生十兵衛三厳は、
父・但馬守宗矩より新陰流(柳生新陰流)の印可を受けたのであった…。

843やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/13(月) 00:18:35.11 ID:VCqCT9g0
              /                     \
              /                      ヽ
           , '                         ',
.          /                  ',
         //     /   ./         ハ
.        //     l:   ,'        /         l
                ハ   !       /   |        |         ふむ。
        | |    _l」⊥.、|    -‐‐,イ‐- ...,,|              今回、十兵衛は印可を得たわけだが、
        |       !.! ヽ/l       //    .|       /        .どうも普通の印可というものとは違う雰囲気だね。
           ',    .{イ示ヽ',   ./ ィfテミメ、 !     /
          ', ヽ  .ハ ヤ:::} ヽ/   rテ:::::} 》ノ   /}      /
.        l  \/ ヽ ゞ''      弋zシ/ _./! ,'
.        |       八  ヽ         ̄l   レ'     |
                 ヽ   、 _.       ,'   .,'        |
        /         \ / r/ヽ     /   ハ ,'
.        厶イ八 ハ   ハハ /-‐´ イ≦ ´ /   / V  /l .ハ ',
            ,ヽ! .\, イ   ^ ‐---- 、 イノ/   ヽ/ j/ ヾ、
         |  ヽ, ´       ^ヽ‐--r >       ヽ

                                     ,. ‐''"´        ` ー- 、
                                  /                \   \
 そうね。                ....             ,イ            \   \::: : \
むしろ、まだ不満があるけれど、  .....           /   /     !   :|  :|ヽ\   \:::::. ヽ
今より先に進ませるために、    ......           ,'  .:/  .::::/ ,'   :,' .::iハ . ヽ:::: :::ヽ:::::. ヘ
あえて印可を与えた、という感じね。 .        i   .:/  ::/ /  ::/!: .::,' | |∨:|ヘ:::: : :::ヘ:::::::ハ
                                 |  .:,' /  .:/  ::/,' :::/ |:.! |:.:| |∨::::::::∧::::::i、
 『是牽車推、只欲車之行ため也』 ....          | .::i:./  .:::,イ ::_/:::/   リ !斗f‐-、::::::::::ハ::::| !
                                  |/:|/  :/,ィ"´/:``   /  |/'_」」. i:`: :::::::|::::| |
 宗矩がこう追記したのは、     ....         ,ィ|  / ::::::/i,.>''"アiヽ      /´::::}`.|:::::::::::::l::::| |
そういう意味があると思ってよさそうね。     / | ,'::::/{ rT{::::::::::r !     {:::::rリ ∥:: :::::/ト、ハ|
                                {  | {::/::::::ヽ|:|乂、_,ノリ      ヾ之' ,'|::::::::,'. | 乂
 まあ、推測するなら、         .      ヽ | |,' |::::|::::|`ト! ''' "´     、 ,,,,, ハ|::::.::i  !   `''ー‐
技の面では問題ないけれど、      .        i   |::::|::::l::::|ト、""゛          /:::|:::::::|  ヽ
心法の面…それも、立ち合いの上での         ハ::  l: ::|::::|::::iハ \     ` ´  .イ:|!:::ハ:::::|
心理的駆け引きに関するものではなく、 ....    ∧:  !::::i:,.-、「|∧  > 、 _,. <:i::|:::|:::::.ヘ:::ヘ
『治国平天下の剣』に繋がる      .       /::::: _厶イ ./ |:.:.|` ー-L>、:::::::|::|:::|:::::::::.`iー\
思想的な部分での不足を感じた、と  .      />< \   ヘ. i:.:.i   ,'!ハ| `<ュ」::|::::::::.:.∧   `ー
いうところかしら。           ....     ,イ-― 、` 、\  ヽ|,イ   /_||__〉   ハ`ヽ :::::.:.:.∧
                           / :: :: :: :: \ \`'''" `''ー-イ>=<ヽ  | !:: ヘ:::::.:.:.∧

845やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/13(月) 00:20:45.80 ID:VCqCT9g0
          _,,.. -ー― -ー―- 、- 、
        ,.: ::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙':::`ヽ、
     , ':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
     /:::::::::::::::::::::,::::::::::::i:::lヽ:::::::、::::::::::::::::::::::::゙ i、
    /:::::::::::::::::::l:::!:::::::::::l::::l ゙、:::::i:::::::::::::::::::::::::::゙,        なるほど。
   ,':::::::::::::::::::::l:::i:::::::::::il:::i  ゙、::::i:::::::l:::::::::::::::::::i       確かにこの伝書…『昔飛衛といふ者あり』内の、
    !:::::::::::::::!:::::li:,'i::::::::::,':l::, ̄`¨゙、::i::::::!::::::::::::::::::゙、      十兵衛の記述として、
   イ:::::!:::::::::l_;;;l lj l:::::::,' l:'    ゙、:i,::::i:::::::::::::::::::::ヽ 
  ,'/l:.:.i:.::.::.::l:.:.l i,' l:::::,'  l! ,,ィttーァ、-:.:l_,,.._:::.:.:.:.i:.:i:.゙、     『吾禅師の語を聞て胸中の物を去りて、
  / .l:.:.l:.:l:ヽli.:;ィftt-、'  '  弋'o;;ノ l:.l:.l -、゙,..:..:.l:.:.ト:.゙、     他日必我無病の兵法と成るへしと頼みあり』
 '   l:.、!:.l:.:.:l.iヾ;or';ナ     ~´ .i::.:il _iノ.,':i:::l::li:::l `ヾ、
    l、,'、:li::::l,  `¨´  '      ,'::::l, - '::イ::.l゙:l.l:.l      とあるね。
     l:.、:!゙、:l      、´ ̄i   l:.:.:l::l::,i::/ l:,' j! ',i      ここでいう「無病の兵法」というのは
     l:.:l、:、:.:l` 、,'^、. ` ー'  /l::::::l:.i/l,'  i'         『兵法家伝書』でいうところの
.      l::l ゙、ヽ:.,-'-t, lー,- - '゙l´ ,':::::!l:_,,..-ー-、.        「平常心」の状態のことだろうから、
      l:!.  , ',_ーt ト'゙./,,-tー-'  jl::::,'、l:::::::::::::::l        そういう可能性はあるかもね。
      .i' .l ._/l ,l.ノ. ,'::::::/、,,、_,,,_ l::,'::::`::::::;;;;;;;:l. 
       iト、゙-'´_,,-'゙l:ィ/,XXXXXl'l::,'-:::::;;;;;;;;:,'         実際、十兵衛自身も、
 _ ,,,...  -―ー゙¨´ ̄ ̄l~l`゙ー--ー''゙:::i::::::::;;;;;;;;;;,'        沢庵に諭されるまで、己にこだわりがあったこと、
¨                l. l:;;;;;:::::::::;;;;;;;;;,':::::::;;;;;;;;;:,'.        まだ無病の域に至ってないことは認めてるわけだし。


                                         ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
 実際、他の家・他の流派ならともかく、    ......          /     、    、 \
柳生家、そして柳生新陰流は、         ......          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
「将軍家兵法指南役」で「御流儀」だもの。    ..        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
                                     //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
 必然的に、「将軍家の為の兵法」…        .         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
つまり、「大なる兵法」を教授できることを    ...         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
将来の当主たるものへの印可の条件として   .         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ
宗矩が考えたとしてもおかしくはないわ。    ....       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
                                    /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
 そういう面で考えると、                     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
「焼き捨てよ」というのは、伝書の内容について...   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
どうこうって話じゃなくて、そう言われた時に、     / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
こだわりなく動けるかどうかを試すことが      , '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
目的だったかもしれないわね。               /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人

847やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/13(月) 00:23:07.51 ID:VCqCT9g0
           ...:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.:...
         /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.、:.:.:\
          .:':.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.\:.:.ヽ
       /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、:ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ:.ハ
       .':.:.: ':.:.:.:.:.:.:.':.:.:,:':. ト、:.:、:.: i:.:.:i:.:.:i
       !:.:.:.l_:.:.:.イ:.:./ィ:./ ヽ:.i:.:.l:.:. l:.:.:l
      .:l:i:´l:.:/`メ:, ' /:´ ̄ メ、:l:.i: l:.:.:l 
      .': ll 小ィfラト、   ィfハオト、:l:ハリ:.:.:.!     ちなみに、この『昔飛衛という者あり』で、
     ./:/:.!:ヽハ 乂:ノ      Y::ノ´リ' ノ:i:.:.:.!    何か兵法思想的に十兵衛オリジナル的なものはないのかい?
    /:.':,ィ:i:.:.:.ハ   ,       /ー´:.:.l:ハ:.l 
.    {:ハ:l .lハ:.、:、 ヽ  ー一   イ:.:ノ:.: 人 l:.!
    ヽ `  `ー`ー>. _ <ムイハ从 ノ'
              ‐、/|     ノ' }
.        /: : : //´l    /: : :ゝ. __
.        /: : : : ://_ `  /: : : _ --、ヽ

                         ...            , '´                     \
                                     //      ,イ           \
 そうねぇ…。                             / /        / / l l            ヽ
この『昔飛衛といふ者あり』では、     .          / /   ./ /ィl .イ l  .! ト               ハ
十兵衛は、自分の兵法思想を       ...         / /   ./ /ハl/ i l  ヽヽ\'、、           l
語るための題材として、                     /.  l   十ナ-ェ、_ リ    __X‐弋\   \   l
                         ...      /// l l  l V,ィ示`   ` ´ rァ‐-、ヽ、 \ \  l
 「互角の名人同士が闘う場合、     .....      // j  :l l  ト、{ h:::::}.       h::::::::i:l ト  ヽ ヽ.  ハ
  如何にあるべきか」                 // .j   :l l   ハ. 、ノ::リ       ,_ノ::::::リ’ l l\ ', ', l ハ
                         ...    /   .l   l |i.   l -ゞ'’,       ゞzッ’ j i lノ \ ! l  ハ
 という問題を用意したの。        .....       l l /.|l |  l "          ""    ノ l l_ノ ,入i l   ヽ
                         ...       V / l| | 小     ⌒         ./ /ム-'  l    ヽ
 無論、腕前が未熟な場合は、       .       //    l //i \             / / /             ヽ
「鍛錬あるのみ」なんだけど、        .       レ    j // |レ ’. > 、       _.  _/ / /               ヽ
既に極め切った者同士が闘う場合、                   レ/ / ,へ  ヽ---ェニ-‐'フ /7/   i             \
どうあるべきか、ということを軸に、                 /'/ ィiヘ  \/ニ-===ノ /ヲイ   l l            \
十兵衛が自身の兵法思想を語るんだけど…       //' / |Lヽ-ニニヽ\  // ̄li l  l .l            \
                               -―//‐'   /     \ V'/     | l   l l             \
                             //¨フ/    /        〉ハヽ    | l  l .l              ヽ

849やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/13(月) 00:29:45.75 ID:VCqCT9g0
             __
         _ - ´: : : : :` ー 、
       /: : : : : :.:.ヽ: : : : : ::.:.:.:\\      ああ、あったあった。
      /: : : : : : : : :.:.ヘ: :. : : : : : .:.:.ヽ.:\    これか。
     '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ハ: :.l: :!: : : : : :l
    i: : : .: : . :. {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ハ.: !: : : :}     『互に優劣なきあいてならは、太刀を一所に置て礼をして退べし。
     |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:....:.:.:..:./.:.;.': /l: : : l : ;′    「把手共行山下路、眼頭各自見風烟」とはかゝる風清をやいうべき。
     |: : |: :.|: : : |::|: : ::.:___イ.:/;/Vく : :./}:/      兵法は爰においてつきぬ』
     \|: :.|: : : |:.|: : :∠rテテミ  tり:.:/ l/
      \|ヽ: :|.:|: : :弋弋zソ ヽ jⅣ       ”名人同士であれば、最早争うこともない”というところかな?
        }ヽ仆ヽ: : : :lN   _ _/: :l       昔、外伝(「新陰流の剣士たち」・続)で
       / ̄ ̄``ヽ、: レ'´ ̄`): : : :l       「無住心剣流」について解説したことがあったけど、
      /        V  `ー ユヽ.:.|       兵法思想的には近い感じがするね。
              |     ユ、l../
             |     l ハ'′


 そうね。                                 .      〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
そういう意味では先進的ともいえるし、                    .,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
逆に、剣術が「平法」と呼ばれた頃の                .     l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
古い考え方に回帰したとも言えるわね。             ....     l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!
                                          .| ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i
 ただ、思想そのものの是非は別として、              .    .|,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i
「御流儀」の兵法思想として見た場合、               .   .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂
少し方向性が違うと言えなくもないかもね。           .....  (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、
                                         ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー
 なにせ、将軍家が学ぶ剣は、                   .    | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー
あくまで「天下を治めるための剣」だもの。             .    | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ
自分と同格の者がいることを踏まえた兵法は          ...     ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ
「天下人の兵法」になるのかどうか微妙だし…。             ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',
                                        / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/乙女 `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',
 なんにせよ、これは宗矩とはまた違った            .... |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ
十兵衛の兵法思想を示すものとして見ることはできるわね。   | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ

850やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/13(月) 00:31:12.61 ID:VCqCT9g0
                             ...            -‐   ̄ ̄ `丶、
                                       /           ヽ
                                         / / /〃/{ { ヽ `ヽ. ∧
 その他、兵法思想的な部分を除くと、               l / /斗/ハ ィー‐ヽ  ∨ l
この伝書では、新陰流の技法についても、    .        { {  レテく  ヽ\{ヽ\ ヾ│
まとめられているわ。                           乂l f r'ハ     __ 7ハ\リ l
                             ...  (⌒⌒)    .八,}弋ソ    ''⌒ソノ ) 八
 この辺りは、11年間、               ....  ヽ〃`ひ、 ノイ }ゝ" n  "" { {´  丶\
柳生庄に篭って新陰流の兵法を研究し続けた         / rz-、_ ,>‐r<_∧!>、   \丶
十兵衛の面目躍如、というところね。        ..    , -‐"  とノハ/  ヽ{>ロ<フ〈.  ヽ     \
伊勢守・石舟斎・宗矩と、三代続いたことで        //  / / ヽ、__,/∨{   j><__〉\   丶.ヽ
膨れ上がった新陰流の技法体系を        ...    {八 〃 ハ  { /{  / 大   , <   }ヽ  }  }
十兵衛なりに整理したものになってるの。           )/ ヽ(. ヽ人{ >‐ヽ/ j \/  ∨} ノ  ヽjイノ
                             ...     "   ` ′ ヽ ヘ_,ん</__j_{_/ ((   ( "
 この辺りは、さすが、というところね。      ...              /  /  |  l
                             ...                /  /   .|  l
                                           /` V   l  .,′
                                           `ー'′   ├-/
                                                  ̄

                    .....:.:.:. ̄ ̄:.:.:.:.....
                 ...:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:`:.、
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. iヽ:.:.:.:、:.:.:\
            /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.: i:.:.:.:.i: l:.:.ヽ:.:.:.\:.:.:ヽ
             / //:.:.:. /:.:.:.:.:.:/:.:.: /:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.
              /:/ :. i:.:i:.:.i:.:.:.:.:イ:.:.: /:/ヽ:.:.:.:.:.:i:.:.:.:. i:.:.:.i
.            /:/:.:.:. |:.:|:.:.|:.:.:./ .|:. ,イ:/   \:.:.:|:.:.:.:.:.|:i:.:.l      稽古の順序についても述べているね。
          i i:.:.:.:.:.|:.:.!:┼ 7 メ:/〃, ‐―‐ヽ: !:_i:.:.:.!:l:.:.l     読む限り、そう突飛なことも書いてないし、悪くないね。
          | |:.i:.:.:.:!:ハ:.!:/ /:' /'        !ハ/:.:.iハ!:.:.:l  
         /:.l:.ヽ:.:.ハ ,ィf示ト、    ,ィf示ト./i:.:/ /:.: i:!     『物事を精しく稽古せむ人は、先、よろつの道に、
          /:.:.ヽ:.iヽ!:.:.  irし::}     irし::}/:.:l:.ゝ':.: /!.:.      初学に入てまなふへき次第をよく窮めならふへきにや』
.        /:.:.:.:.:.ヾ:.:ゝハ. ゝ‐ '  ,   ゝ‐ ':.:.:.:!/:.: ィ:.ハ:.i 
       /:.:.!:.:.!:.:.:i:.:.:.!:ーヽ    、   ,  /:.:.:.:.ム ´/:' |:|     どのような道であろうとも、
        |:. ハ:!ヽ:.!ヾハ从:>         ィハ从乂. /'  !'    その道を稽古しようと考える人は、
       ヽ!  ` `  ,、.、    i` ‐ ´ /     _          まず、最初に習うことをよく練習するように、というところか。
              ,.-': ::λ _ /    !、   / ⅵ_ 
           /.: : : : :冫  _     _ ̄冫: : : :.ヽ
            /: : : : : :冫    ヽ  '´    冫.: : : : :.i

851やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/13(月) 00:32:12.13 ID:VCqCT9g0
        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|    あと、柳生新陰流の縁起についても述べているね。
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|   
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|   『我祖父古但馬守宗厳従上泉武蔵守秀綱此道を相伝してより、
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|    其身一代深く修行して、心に得て是を手にする事、
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|    おそらくは、氷は水より成て、水よりもすさましき物歟。
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|    老父其伝を継て、若年より此道に心をつくし、
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|    太刀のみならす鑓長刀の類にいたるまて、
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|    兵道とさへいへは不聞といふ事なし。一代其身に得てつかふまつる事、
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l    又おそらくは藍より出て藍よりも青き物歟』
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/ 
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/     伊勢守から石舟斎に、石舟斎から宗矩に、
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'     代々継承され、発展していった、ということか。
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l      また随分と褒めちぎっているね。
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/  

                                  ......           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
 自分のことについては、                     .          /     、    、 \
                                  ......          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
『我其流の末に生れて身器にあたゝす、修行功うすし。  ....        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
 此道に付て何をかいはむ。                   .       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
 愚夫故ありて東公を退て、素生の国に引籠もぬれは、           ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
 君の左右をはなれたてまつりて、               .         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
 世を心のまゝに逍遥すへきは、               ...         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ
 礼儀もかけ、天道もいかゝと存すれは、                   、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
 めくるとし十二年は故郷を出す』              .....      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
                                  ......     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
 こんな具合に随分と卑下してるわね。           ....   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
                                  ......  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
 まあ、見せる相手が当の親だから             ...., '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
仕方ないところもあるのかもしれないけどね。       ......   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
                                       |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/

853やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/13(月) 00:36:00.90 ID:VCqCT9g0
                    .:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.、
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                   .':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:ヽ
                 /,:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.: 丶:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:.:.
                  /:i:.:.:i:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.、:.:.:. ハ:.:i     最後にさ…ひとつ気になったんだけど、
              /:':l:.:.:.l:.:i:.:!:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:. ト、:.:.:.:.:.:.!:.:.i:.:.:.:.i:.:.:.:.i:.:l    十兵衛のことが「七郎三厳」「愚息七郎」とあるけど、
              ハi:.:l:.:.:ハ-:.、!:.:.:.:.:.:.l:.:.:./ ヽ:.:.:.:.l:.:.:l:.:.:.:.i!:.:.:.:l:.:!     どうして幼名で書いてあるのかな?
              ,. .-、l:.:.!:.:,ィfz、ヾ:.:.:.i:.:!:≠ー、_ ',:.: l:.:.:l:.:.:.:.l:l:.:.:.:l:.l
          ./: : : : l:.ヾ:l .r':心ヽ:.:ハ'.:/.ィfェ、 !:./:.:.:':.i:.:.:l:.l、:.:.lリ
         /: : :ヽ : : 、 、! 弋ソ` ヾ }:´ r'し小 !:':.:./:.:ハ:.:.l:.l 、:.lー 、_
        /: : : ‐:-ヽ : 、ハ    ,  ' 弋zン '/:.:.,:':.:/ }l:.:.!:l .l:.!: : : : :\
       /: : : : : : : : : :`ヽ ゝ  、_      イ /_'‐从:.:.:l/:': : : :,: : : :ヽ
     /: : : :__: : : -': :―: : :`ー‐ `´ー:- ― -: ´: : : ヽ_ヽ:!:__ _:ノ:- ‐:-:、`、
      /: : ´ : ´: : : : :, : : :´: : : : : : : : : : : : : : _: : : : ´`: : 、: : : : : : : : :  ̄` : : : ヽ
.    /:,: :': : : : :,: : :´: : : : : : : : : : : : :_ : -,: :´: : : : : : : : : : :` : : 、 : : : : : : : : : : : `、

                            ..     _..  -―‐- 、
                                ,ィ´        `  、
 こ れ は >>1 の ミ ス よ。           ....  .,イ//  ,ィ,ハ     ヽ ヘ
                            .. / /,' /ソ/小 トi、 i  ヽ! ハ
 当初、この話を書いた頃(その21前)には    . |/|,' l l/斗iノ^弋ミ、.ト、  ヽ.l i
                            .. |l |i v,r云   f示テx  ヽ. |
 ”「七郎」は幼名だから、元服時には        ヾYハイヒ::リ   マcぅソ| ト、 l. |
  十兵衛に改名していたのだろう”         .j ゝ l`  ゙_   ´.,l |ソ1 |
                            ..  .ノ / ヽ  l´ `!  /!.|_リハ
 という認識だったんだけど、              / ノi イ| >.ー_' //|.| `ヽ ヽ.
どうも後で調べると、この頃まで              .lヘトi  /ミヽヘ/ l.| / ハ ヘ
「七郎」を名乗っていたようなの。        ...   .ノ |.ト、 | fミソ Y   リ/  .} ハ
                            ..  ∧ |.|ヾ'|. マ  |  〃/    〉  !
 この翌年に書かれた別の伝書の署名では    | |l ヾ zl} l   .ト、〃/   /   |
「十兵衛」と記載されているから、       ......  l l 〉 -/ ∧ 入__,ノ/7ヽ  /  li |
どうも、「十兵衛」に改名したのは、      ......  ヾl}  ′ヾ ニ7>彡'゙  ` ハ. l| '
この後のことみたいなのよ。           ..   .l     /i\     j !Y゙レ′
                            ..    \_/  .l  \__/ ノ
 後で気づいて、この署名の話の時に    ......     ∧ヽ /\     彡'|
まとめて訂正しようと思ってたら、       ......     { .ヽ/   \_彡'´  .|
この話になるまで随分掛かっちゃって…。   ..     ノ 二ニ= _二ニ二  ..|
恥ずかしい話よね。                ..   r匕 ー--一        /
                                 .〉 / / ,|     l   ./

 ※ ただ、既に「十兵衛」で統一しているため、この後も「十兵衛」表記で続けます。
  すいませぬ…。

854やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/13(月) 00:37:49.01 ID:VCqCT9g0

 …さて、こうして印可を受けた十兵衛は、再び、江戸を発とうとしていた。

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||  .||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 柳 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 生 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``````````````````````````````` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     ェェェェェエエエエエェェェェェ、
   、イNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiiNNiNト、
  NiNiNiNiNiiNiNiNiNiNiNiNiiNNiNiN
  {エエ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭エエ}
   ゝ:::/           \::::/     …結局、また柳生庄に戻るのかお。
     |              |  
     \             /
       >         <

858やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/13(月) 00:39:24.61 ID:VCqCT9g0

    / ̄ ̄\
  /  _ノ ヽ_\
  /   (●) (●)ヽ
 .|    (__人__) |     まあ、しょうがないですよ。
 .|      `⌒´  |    お役に就くにしても、空きを探す必要がありますしね。
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ     兄上の場合、上様への遠慮のこともあるから、
./ /   ∩ノ ⊃|  |    下準備もいるわけですし。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


     ェェェェェエエエエエェェェェ、
   、イNiNiNiNiNiNiNiNiNiNNNiNト、
  NiNiNiNiii圭圭圭圭圭圭NNiNiN      わかってるお。
  {エエ圭/ (-)  (-) \圭エエ}     これも十兵衛が自分で撒いた種だお。
   ゝ:::/ ::::::: (__人__) ::::::\::::/
     |     `⌒´  u  |          流石に無役のまま居残るのも外聞が悪いし、
     \             /        父上のお言葉に従うお。
       >          \ 

 柳生庄に戻る理由は不明であるが、
元々、まだ謹慎を完全に解いたわけではなく、稽古期間のみの仮の上府、ということだった可能性あり。

859やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/13(月) 00:40:30.57 ID:VCqCT9g0
    / ̄ ̄\
  /  ⌒  ⌒\
  /   (⌒) (⌒)ヽ
 .|    (__人__) |    なんにせよ、兄上、お元気で。
 .|      `⌒´  |   次はそう遠くなくお会いできそうですね。
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ


     ェェェェェエエエエエェェェェ、
   、イNiNiNiNiNiNiNiNiNiiiNNiNト、
  NiNiNiNiii圭圭圭圭圭圭NNiNiN
  {エエ圭/ (⌒)  (⌒) \圭エエ}     …思えば、前に江戸を発った時も、
   ゝ:::/ ::::::: (__人__) ::::::\::::/     見送ってくれたのはお前だったお。
     |     `⌒´     | ∩ 
     \             / /      礼を言うお。
       >            ./ 

860やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/13(月) 00:41:17.48 ID:VCqCT9g0

     ェェェェェエエエエエェェェェ、
   、イNiNiNiNiNiNiNiNiNiNNNiNト、
  NiNiNiNiii圭圭圭圭圭圭NNiNiN
  {エエ圭/ (⌒)  (⌒) \圭エエ} 
   ゝ:::/ ::::::: (__人__) ::::::\::::/       じゃあ又十郎、元気でやれお!
     |     `⌒´     | ∩     父上のこと、よろしく頼むお!
     \             / / 
       >            ./       では、しばしの別れだお!
      ( |        // 
       `|       /'
          |   r  /
        ヽ  ヽ/
          >__ノ;:::......


 こうして寛永十四年、年の瀬も近づく頃、
柳生十兵衛三厳は、父・宗矩より新陰流の印可を得た後、
再び柳生庄へ戻っていったのであった…。


862やる夫で学ぶ柳生一族(その42)2010/12/13(月) 00:42:18.44 ID:VCqCT9g0
  \ヽ, ,、
   `''|/ノ
    .|            \ヽ, ,、
_   |             `''|/ノ
\`ヽ、|              .|
 \, V"          _   |
   `L,,_          \`ヽ、|
    |ヽ、) ,、         \, V"
   /  ヽYノ            `L,,_
  / r''ヽ、.|             |ヽ、)   ,、
  | `ー-ヽ|ヮ           /    ヽYノ
  |    `|           /   r''ヽ、.|
  |.     |          |    `ー-ヽ|ヮ
  ヽ、   |          |       `|
   / ̄ ̄\          |.       |
 /  _ノ ヽ_ \        ヽ、     |
 |  (≡)(≡) .l          ヽ____ノ
. |   (__人__) |          /_ノ ' ヽ_\
  |   ` ⌒´  |       /(≡)   (≡)\
.  |        }       /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
.  ヽ       }      |     |r┬-|     |
   ヽ     ノ        \      `ー'´     /

┼ヽ  -|r‐、. レ |
d⌒) ./| _ノ  __ノ

【やる夫で学ぶ柳生一族(その42):十兵衛、新陰流印可を得る】

関連記事
[ 2018/03/10 20:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(1)
う~ん、ここまで読んできたけど宗矩の魅力が全然わからないなあ
純粋な家光の側近として見れば面白いのだけど、「剣士」であることが中途半端に感じられた
柳生庄にいた時の十兵衛の解釈も無理があるというか、宗矩の剣に対する考え方が十兵衛に対して活かされてない
ほぼメインの主人公が宗矩だから、史料が不足していた部分は全て宗矩にとって好意的な解釈しかしてないのもひっかかった
そのせいか、対比して書かれている兵庫助の方がずっと魅力的に感じた
[ 2020/02/10 20:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する