やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その46「柳生清厳、島原への道」

740やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:01:34 ID:XU3aXq/A
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレです。

【今回のメイン柳生 : 柳生新左衛門清厳(やぎゅう しんざえもん きよとし)】

        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
       /    \
     / \  / \
     |   ・ .. ・   |     柳生家の嫡男、新左衛門清厳、推参!
     |    ' ̄`   |
    /\____/ヽ
  /__/__   __ヽ__\
 ∠  !:::::::::::::::|  |::::::::::::::!__ヽ
 |_7|_ ____ __ F !」
    ̄.`┴、..,,,___,..┴"  ̄
     _,|ー-┼┼-ー│_
    .(_|__| |___|_)

746やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:05:27 ID:XU3aXq/A
【寛永十四年(1637)時の柳生一族系譜】

  大膳長永
     :
  <柳生家>
     :
    ├─────┐
  柳生永珍   中坊源専
     :
    ├─────┐
    家厳      重厳
    |    (七郎左衛門)
    |     (松吟庵)
    ├───────────────────────────────────────────┐
    宗厳                                                              .妹
  (新左衛門)                         .【江戸柳生】                             |
   (石舟斎)                        .(大和柳生藩)                          <幸徳井家>
    ├───┬───┬────┬───────┐                                |
    厳勝   久斎   徳斎     宗章          宗矩                               友景
  (新次郎)             (五郎右衛門).     (又右衛門)                              .|
    |                            (但馬守)                                |
    |   【尾張柳生】                   |                                  |
    ├────┬────┬────┐        ├─────┬─────┬─────┐       .|
    純厳    利厳.     妹     厳倚      三厳       友矩      宗冬      .六丸    友種
   (久三郎)  (兵庫助).         (権右衛門)   .(十兵衛)    .(左門)     .(主膳)
           |                   (幼名:七郎) .(刑部少輔) (幼名:又十郎)
           |
           ├─────┬────┐  
          .清厳      利方     .新六 
        .(新左衛門)  .(茂左衛門)

747やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:06:09 ID:XU3aXq/A
【第1部(その1~11)のあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の領主、柳生新左衛門宗厳は、上泉伊勢守秀綱創始の新陰流の正統を継ぎ、
後に名を石舟斎とあらため、その剣名を天下に上げた。
しかし、長男新次郎厳勝の不具廃嫡、豊臣家による所領の没収、
新次郎の長男、久三郎純厳の死など、柳生家に辛く重い苦難が襲い掛かる。
だが、徳川家康の招きに応じ、「無刀取り」を以って家康に指南を請われた際、
末子・又右衛門宗矩を推挙したことで、再び柳生家にも光が差す。
その後、関が原の戦にて徳川家に味方したことにより、柳生家は旧領を回復、
更に家康が幕府を開いたことで、宗矩が将軍家剣術指南役となり、
柳生家、そして柳生家の新陰流…「柳生新陰流」は、一気に繁栄の路を進む。
そして、柳生家の家督を宗矩に、新陰流の正統を兵庫助に継がせた石舟斎は、
慶長六年(1611)、78年の生涯に幕を閉じたのであった…。

【第2部前編(その12~24)のあらすじ】
 石舟斎の死後、宗矩は正式に家督を継ぎ、新たなる柳生家の当主となった。
またその翌年、柳生庄にて宗矩に待望の嫡男・七郎…後の柳生十兵衛三厳が誕生する。
そして、大坂の陣による豊臣家の滅亡、一代の英傑・徳川家康の死を以って、
戦国の世は完全に終りを告げ、新たな時代「江戸時代」が始まる。
その新しき世において、柳生家は将軍家指南役となった宗矩の「江戸柳生」、
尾張徳川家指南役となった兵庫助の「尾張柳生」の二家に分かれ、
宗矩は「坂崎事件」を解決するなど、剣術指南の枠を超えた才を発揮し、柳生家を発展させ、
兵庫助は新たな時代の剣、「直立たる身」の工夫を編み出し、新陰流を発展させる。
その後、時は寛永・三代将軍家光の世に移り、尾張においては後の柳生連也斎厳包こと新六が誕生、
江戸においては十兵衛が小姓を致仕するなどがあったが、その末に、遂に宗矩が諸大夫成を遂げる。
「柳生但馬守宗矩」がここに誕生したのである。

【第2部後編(その25~45)のあらすじ】
 晴れて但馬守となった宗矩だが、知己の禅僧・沢庵が紫衣事件で罪に問われ、
また自身も主君家光より難題を出されるなど、次々と苦難が立ちふさがる。
だが、大御所・秀忠の逝去によって赦免された沢庵より
「剣禅一致」を説いた「不動智神妙録」を受けた宗矩は、
真の大将の剣、『活人剣・治国平天下の剣』を確立することに成功、
これを家光に教授し、信任を確かなものにする。
そして、宗矩の惣目付就任、柳生藩一万石の大名への立身や、柳生新陰流の全国への広がり
また、十一年ぶりに江戸に戻った十兵衛も、宗矩より印可を授けられるなど、柳生一族が繁栄の絶頂を謳歌する中、
寛永十四年、江戸を遠く離れた九州の地において、後に江戸時代最大の一揆と呼ばれる「島原の乱」が勃発。
幕府も鎮圧のため、上使・板倉重昌を派遣した。

 そして、島原に着いた重昌の前に、
何故か尾張柳生家の嫡男・新左衛門清厳がその姿を現したのであった…。

749やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:07:48 ID:XU3aXq/A
         / ̄ ̄ ̄ ̄`丶、
      ,.-''⌒´              \
   /         ⌒`          ヽ
  /       i"'"! !`、         |
  '/     イ| |   | i i、      \  |
  |ィ′ / /ノ j lノ  ヽ\ヾト、、    丶 ヽ
  l'|.イ ,イ' ``丶、  ×´\\\     i       柳生伊予(※)・・・というと
   |へ.| ===。=、  = 。==== ヽ \、  |      確か、尾張候の兵法指南役で、但馬守殿の甥であったな。
      |.` ー‐ '/   ー― '" |ト、   |      その子がそなたというわけか。
       |   /            ||,) |ヽ. |
       |.く__ - 丶      |!'ノ i||
       ハ ー――‐一    /! i |_  |
       ゙イ,`、 ===     / ,||||  ~"'''‐-
    ,. -‐'''"~ヽ.     /  ノノノ/|
          \__/    /  |
           | \    /    |
               |   ヽ/     |
             l  /\      |
            l/|  /\  |
          板倉内膳正重昌
    (いたくら ないぜんのかみ しげまさ)


        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
       /    \        はっ!
     / \  / \      今回事あるを聞き、
     |   ・ .. ・   |      御縁がある石谷様におすがりし、参陣をお許し頂きました!
     |    ' ̄`   |
    /\____/ヽ


 ※ 兵庫助は「柳生伊予守」を名乗っていた。
  無論、官位を伴う正式なものではなく私称の類だが、兵庫助の通称として認知されていた様子。
  (徳川実紀にも”柳生伊予”と記載されている)

750やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:09:38 ID:XU3aXq/A
      、-‐-、r''二∠‐- 、
    < ̄ニ ミ -─  、  \
    ///r .ニ、 ヽ \\\ヽ
   レ'〃,' l f'''゙゙l ∥  l  l  ! ヽ.l
.   /イ//,.1.|  l l、i 、 | ∥ l.|
    レ/イ-lノ、  ゝlヘ.「ヽ\ | l |      だが、そなた今、嫡男と申したな。
      |==ij  ==i;j=''| | l |
.       │"ー)   ー‐ '゙ |lゝ、 !      尾張候の兵法指南を勤める家の嫡男が、
       | < 、        |Lノ│|     陣借り牢人同然のやり方で来るとは、尋常ではない。
.       | ヽニニニフ   ,| l |.∥|     どういうことだ?
        ヽ、 ー   ./リ ノハ l !|
.         ` 、__,. '´ ///_,.ゝ!|.!
           ,」 -‐ イル',. -‐}ル}
.           /\  /::;::-─-:ヽ.
          /-r'´>':::::/::::::::::::::::::::ヽ


        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
       /    \
     / \  / \
     |   ・ .. ・  u|ヽ    それは…。
     |   ⊂⊃   | l
    /\____/ /
  /__/__   __/

752やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:11:30 ID:XU3aXq/A
     _   , -─- 、
   / ニ `′二_`ヽ.\
  / / ヘヽ  -‐、 \  ヽ
 / / , l f'``"" | ト  l l |
 ! | 〃 , |     l | l |、 | |.|
 | l /イノー-、  rヽ!'ヽ!ヽ  |     話せ。
. | /l''==a= , =a==''|r、!    但馬守殿の類縁ともなれば、事によっては
  |,イ| ` ̄ 〈|    ̄´ ||'イ    .此度の参陣、認めるわけにいかん・・・っ!
.  ド||. ,__ヽ__、 l'イ|
  l l.ト、   __   イ l |      どうなのだ。
-‐'''l ! l.\     /:| ! |`:ー- 
::::::::::l,ル ト、 ` ー '´ ./!ル':::::::::::
:::::::::::::::N \  /  |':::::::::::::::
::::::::::::::::|    ,><    |:::::::::::::::::


         /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
         \___/
          ___
         /    \
       / u\  /\
       |   - ..-  |     …ははっ。
       |     ⊂⊃  |    それでは事の始まりから…。
       \____ /    
     /  ⌒ヽ     (
    / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ  ヾ_ つ

753やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:12:47 ID:XU3aXq/A
 さて、ここからは清厳のここまでの物語になる。

           【父】                          【母】

           / ̄\         ...          /^ \  ,ヘヘ、
             |    |        ......          l/, 二=‐宀ー~-、
           \_/         ...         l /          ` ヽ、
             |           ...         l i /  /  / i  i    ヽ
         /  ̄  ̄ \                 l i/ i /  /  iハ i i    ヽ
        /  ::\:::/::  \      ...        l i  i/  _厶L/_i iハi i  i  i
      /  .<●>::::::<●>  \    ....        | レi i ///∠/ノ i ナナトi i  i|
      |    (__人__)     |     ..       l  |i  i レ欠}f^   テマト||  i  ハi
      \    ` ⌒´    /              l  ハ  ト`辷ソ    .じ:ソソ  iノ / i  
       /,,― -ー  、 , -‐ 、             l  l  i ヽ     、 ゙^' /ノ /// 
      (   , -‐ '"      )    ...      l  i  i  i|\  ー'  , イ「//    
       `;ー" ` ー-ー -ー'      .      l ii  ハ  |  ` -r 'i´ハ i |       
       l           l     ....      l i i i__i .<    | ノノ i i |
        柳生兵庫助利厳                    お珠
  (やぎゅう ひょうごのすけ としとし)   
            ┗━━━━━━━━┳━━━━━━━━┛

                         【子】

                        /0 ̄\
                         |:::::::::::::::::|
                        \___/
                          ___
                       /    \
                     / ⌒  ⌒ \
                     |   ・ .. ・   |
                     |    `ー'   |
                    /\____/ヽ
                  /__/__   __ヽ__\
                 ∠  !:::::::::::::::|  |::::::::::::::!__ヽ
                 |_7|_ ____ __ F !」
                    ̄.`┴、..,,,___,..┴"  ̄
                     _,|ー-┼┼-ー│_
                    .(_|__| |___|_)

 柳生新左衛門清厳。
元和元年(1615)、柳生庄にて生まれたという。
父は柳生兵庫助利厳、母はお珠である。
(弟である茂左衛門利方、七郎兵衛厳包とは母が違うとする説もあるが、ここでは同腹とする)

754やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:14:13 ID:XU3aXq/A
                               (:;:〃::;;;)
        g _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,:;::;;(:;〃:;;::〃:;;″
      ,ノ,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;丿:;〃:;;::〃:;;″''',
  ,,,,,,,,,,,,ノ゙,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;:;(:;:;;::〃:;;″,);::〃
 ,',',',',ノlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll:;(:;〃:;;::〃:;;″ :;;::〃
  ̄ ̄ ̄l:   ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヾ:〃:;;:〃:;;;:〃:;;)
       |  丿,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,丿il″.゙:;ソ'l:;;::〃,:;;;:〃:;;)
       |     .l|l     l:〃:;):;     l  ⌒     |    |ヽヽ
 ,,,,,,,,,,,,,,,,|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚l|l''''''''''''''''''l :〃 ;),,    l゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚| ;丿:;〃
   l:l'''l |:::::::::::::::::l|l | ̄| _ l:;:〃:;;). .   |::::::::::::::::::::::|::::::::l| ̄l|: ,:.;,丿;;;:〃:;;)
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l |_|:| : |:l: /~~゙ヽ'    |::::::::::::::::::::::|::::::::l|柳l| ”ー、,,,,,_
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l   :  ::.l: ヽ;;:;丿,,,,-' |::::::::::::::::::::::|::::::::l|生l|.,l:    `゚‐
   """"|:::::::::::::::::l|l ._,,,,,,,,,,,,、lr''''''゙゙゙~    |::::::::::::::::::::::|:::;;;,.l|  l|゙`  ,'''゙゚゙"ヽ
  .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,!'''゙゚゙"ヽ.l|  l| *i,,,'l_ :;:;::゙:;
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .'l_ :;:;::゙:;|l" ̄:;:ヽ  `─"'
                             `─"' ヽ_,,丿   .,.,:;;.,;

 そして、兵庫助が尾張藩主・徳川義直の兵法指南役に就いたことにより、
名古屋へ移住し、三の丸に与えられた屋敷にて育つ。

755やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:15:45 ID:XU3aXq/A
        _
      /O \
       | .°  |
      \_,/
        |  
     / ̄ ̄ ̄ \      _
   /  ::\i||i/:: \   //   新左衛門ッ!
 /  <●>::::::<●> .\ //   お前は柳生を、そして新陰流を継ぐ男だッ!
 |     (__人__)    .| //   そのためにも、鍛錬鍛錬、また鍛錬だッ!
  \、   |!!il|!|!l   ,///   
   /   |ェェェェ|.  ,\//     さあ、しないを振れッ!一回でも多く!!
   しイ         ト 、ノ  


        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
       /    \
     / \  / \       ._
     |   ・ .. ・   |      //   は、はい!
     |    ⌒  u .|     .//
    / \____/ヽ    //
    l  l__   __ヽ__\//
   \ \:::::::::|  |::::::::::::::!__ヽ

 そして、兵庫助の嫡男でもあったことから、
兵法については父・兵庫助より厳しく教え込まれたという。

756やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:17:13 ID:XU3aXq/A

       / ̄\
       |    |
       \_/
         |
     / ̄ ̄ ̄\
    /  ::\:::/:: \      …よいか、新左衛門。
  /  .<⌒>::::::<⌒> \    お前の名前は、御爺様と同じ名なのだ。
  |    (__人__)    |    .その名に恥じぬ腕になるよう、心がけねばならぬぞ。
  \     `⌒´    / 
  /,,― -ー  、 , -‐ 、
  (   , -‐ '"      )
   `;ー" ` ー-ー -ー'|


        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
       /    \
     / ⌒  ⌒ \     もちろんです!父上!
     |   ・ .. ・   |    
     |    `ー'   |
    /\____/ヽ


 なお、清厳の名である「新左衛門」は、曽祖父である石舟斎宗厳と同じである。
(これとは別に、「権平」とも名乗っていたというが、ここでは新左衛門で統一する)

757やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:18:34 ID:XU3aXq/A
            / ̄ ̄\
              |      |
              |      |
            \__/
              |
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\
        /          . \
      ./              \
    /                 .\     新左衛門、お前はわしの跡継ぎじゃ。
    |   'ノ二ニ_‐-,    i-‐_.ニ二ヽ  |     今、この修行を乗り越え、
    l    >┬o┬、i   iy┬o┬<    |    鍛えて、鍛えて、強く真っ直ぐに育ち、
    |    `┴‐┴' {    }`┴‐┴'′   |    門弟百万(ミリオン)を目指すんじゃ。
    l    ` ̄ ̄┌|  ̄ |┐ ̄ ̄´    !
    |        └`----'┘       .|
    .\   ヽ ヽ--―‐--―‐--/ /   /     
      \  ! \二二二二/ ! /       ,..-''"´ ̄`ヽ
       | \     ――    /lヽ       _」   ,/´   ヽ
     __/\   ヽ_____,i____ノ /井ヽ      く. `く   ,.-''´  ヽ
┬┬/ /井\           /井井|\┬r-、 `r‐ヘ. 〈   ,. -''" ヽ
t井/  /井井\.         /#井井ト、 \井ヽ. ヽ `''ヽ_〈 r┬ |
:井|  |ヽ 井井\        /:#井井|#ヽ ヽ井ヽ ヽ、__ゝ-'   |
井|  | #ヽ井井#\     /井井井|井tヽ ヽ井|ヽ   | l、    |
f#|  |井#ヽ:井井#\.    /#井井井|井井|  |井|井`ノ   ヽ   |
:#|  |井井ヽ井井井\ ,/井井井井|井井t|  |井#t/         |
#|  |井井#ヽ井井井#:/:井井井井|井井ff|  |井f/        |
f|  |井井井ヽ井井#/:#井井井井 / 井井井|  |井|        |


        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
        /    \
       /  \   /\    お任せください!父上!
       |    ・ .. ・  |   新左衛門は、必ずや父上の跡を継ぐ者となります!
      |     ー   |
     ノ\_____/\
    /´     _i⌒i⌒i⌒i┐ヽ
    |   l  ( l / / / l
     l   l  ヽ       /

760やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:20:59 ID:XU3aXq/A
                             _,....i、_i、_.--z._
                         ,.-‐'´::::::::::::::::::::::::::::ヽ._
                        ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ`
                        _フ:::::::::::;::-jルiハi`jノ`'').-、:::}
                        フ::::::ハj´....____   _,.-彡 |リ‐-、_            柳生家の跡取りが、
                      /',:∧| ..>r。r-、`y レi'j´`i|,j_,,.  ヽ      √〉  わざわざうちの槍を学びに来たのかい?
                     /"" ゝ、| '、`'´ _,i`′´i,___.ノ|∠-‐ .{       // 
                     _|y''" `'ヽ.i.  ̄   彡、_  /_,..-  ノ    //     なら、しっかり修めて帰ってくれよ!
              _,.. -‐'''"   |y'' ,...=- `=、   ー--´‐/_,..=' . イ    //
             /  '''""    ゝ, _,...-_ー-`'ーy、___∠.. -- //  __r-'r''、
          __,.. -|,'" ̄    ,,.........ゝ、 _,-'"_.-'´`'v',..-‐''ー、./_,..'-‐'´ヽ.i^i、ノ
         /ヾ''゛゛ゞ、 _.....___,,,,.......ヾ、  //'´/_,.-‐ 、./"   _,.-、__,イ/
         `'ー------‐‐‐'´::::::::::..     `ヽ、.;,/~_,..-  ,イ _, -ッ' /
                   ::::::::::::::::::::..    /_,..-''"'' .イ ̄ .//|
                       ::::::::::::::::::::ノ ,.-'''´ ノ |ヾ//: |
                         ::::/ /   /:::|// : |
                         /〃"    ノ.//   : |
                    __..-‐‐/'´    ../,. イ    : |:::::
                   /, '"√/~~^Y__..//~"'ナ==- : |::::::
                  / . ' // ̄`Y/.∠...______|    ; _,く  :
                 } l| ∠-‐レ、 i,.|/~ ̄~`'''ー==、三≠人 
                 | l|/  ../, ヘ_|'′      ヽ. ヾ.   ヽ.   
               ,ヘ }リ / /            ヽ, ヾ,  '゛ヽ,  
             / " \ミ/                ` ,ヽ.   ゛| 
            /\ /::::::|                  ヽ.ヾ   | 
           /  /|:::::::::::|                    ヽ, ;  | 
         /` 、./::::|::::::/                      | i  〉
        /  /::::::::::::i/                        『~~i‐'i 
      /  /::::::::::::/                         |只、_,i 
     /  /:::::::::::/                             ||三|  | 
   / /:::::::::::/                            ||三| |
  / /:::::::::/                              |~~`ヽ.ノ 
  //::::::::/                                `'ー‐''´
 ∠-‐' ´                宝蔵院禅栄房胤舜
                (ほうぞういん ぜんえいぼう いんしゅん)

  /0 ̄\
  |:::::::::::::::::|
  \___/ ___
       /    \
     / \  / \
     |   ・ .. ・   |    よろしくお願いします!
  ∩_|    ' ̄`   |   (父上も剣だけではなく、槍や長刀を修められた…。
 ⊂ )  )_____/    私もそうあらねば!)
  ヽ≡ニヽ_   __ヽ
   \   l::::|  |::::::::::::::

 また、家伝の新陰流だけではなく、宝蔵院流の槍術も学んでいたという。
(大和の宝蔵院まで行って学んだかどうかは不明)

762やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:22:18 ID:XU3aXq/A
                 . =ァ
              _/ ,ム..______
         .x七7´:::::::乂{::::::::::::::::::::::::::::::::V/ハ::`ヽ、
   /\  /:〈V/::::::,. -‐'‐=¬ ¬─- 、:::V/}::::::::::\
  く: : : : ∨::::::::::::::/ ̄           ̄\ :::::::::::::::::::ヽ.
  r=ミ: : : /::::::::::::::/  / ,ノ 从  ミメ、   ト、   V:::::::::::::::::::::ヽ
  | : : :_:_:|:::::::::::::/   イ丁ア   Vハ | \丁ミヽ.  V ::::::::::::::::::∧
  `ブ: : :.|:::::::::::/   i Y , ,ニ=ミ  リノ ,ニ=ミヽY   V::::::::::::::::::::::〉     こんにちわ新左衛門殿!
  く_,、: : | :::::::/ /从 i{. ら:::::}    ら::::::! }|  _,V::::::::::::::::::/    今日は歌の時間ですよー!
   i/: : :.|::::::::i  {/人八弋zソ ,   弋zソ ノ,'/:.:.:.:`ヽ :::::::/ 
  /: : : :.V::::::| ,  八ハ  xx __   xx./:.:.:.,. ‐-、:.:`ヾ´      さあ、歌いましょう!銀河の果てまで!
  {_:_:,イ: :.V::::レj ∧ rfヘ    i/   }   ヽ.:./.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.}
   \」: : |ヽ:::::レ'::::::V:::::(爻)、 ─ ' . イレ'::,>、:.:.:.ノ:.:.:.:/
     \_八_>----- /廴}^Z`二二´=‐≦..__/7ヽ.:./
             /⌒〈/           {了}
               |  ,′         「⌒〈/
             `ーi        |
               |            l
               |           |
               |           |
                    l   丁 `Y   ノ
                '.   l  〈  〈
                 ヽ   '.  \__}
                 \__」
                 霊峰元奨
             (れいほう げんじょう)

 |
 |0 ̄\
 |:::::::::::::|
 |___/
 |__
 |    \
 |u  / .\    は、はあ…。
 |  .. ・   |   (毎度ながら霊峰様のあの旅装はなんなのだ…)
 | ' ̄`   .|
 |____/
(⌒ー─' )

 その他、武芸だけではなく、読書や詩歌も好んでいたらしく、
父との縁から、妙心寺の僧である霊峰を文学の師としていたという。

763やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:24:16 ID:XU3aXq/A
 そして、主君である義直の下へ小姓として出仕し、
父である兵庫助とは別に、三百石の禄を得ていたという。

        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
           ___
        /    \      殿!
      / \  / \    この私が新陰の正統を継いだ暁には、
      |   ・ .. ・  |    殿にも新陰流の印可を!
      |     ー    .|   
    .  \____/    ☆
      / >ヽ▼●▼<\  .|-―|、.
     /ヽ、 \ i |。| |/   (ニ、`ヽ.
    .l      .l |。| | r-、y `ニ  ノ \
    l    |  ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ____
    / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ'ヽ--'    /  新陰流  /|
   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| ______
/ ̄新陰流 /|  ̄|__」/_ 新陰流   /| ̄|__,」___    /|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ 新陰流  ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄|/ 新陰流 /|   / .|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/l ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| /


          '、三三三三三三三ゝ-、
_ ,,, __, -'" ̄`~""'’三三三三三三三三三ヽ
 _,,-_´,三三三三三三_三三_三三三三三三i
    `"' 、三三_三//三ハ三三三i三三三i___
      .i;;;`;;、三i0'i i,、 /´  }三/_i/⌒i三三, -'"
‐--――、-――i く i'-,`==- -==ニi''´ i 9/三/      おめぇ…その話、外で言うなよ?
‐-、_,‐-,,-,,_`ー三ゝ、i、 i'  -i  i-  i /-'"三〈,,__     聞かなかったことにしてやっから。
   ヽ;;;;i `ー 、 ` ーi  ̄  y ` ̄ ノイ ̄"'' ̄`
    i;;;;;i   `--.ノi ヽ -― , '"  i
    i;;;;;;;',    i´     ゝ-- "   i`ー、-、      ← 現時点の新陰流四世宗家。
    /;;;;;;;;;i    iヽ             / ヽ-―、   (元和六年、兵庫助から道統を継いだ)
‐-,,_/;;;;;;;;;;;;;i    i;;;;ゝ,,_______, -'/
   "'- 、 /    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
      i     ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
       ゝi    丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/         /;;;;
        i    ゝ;;;;;;;;;;;;;;;/         /;;;;;
            徳川義直
         (とくがわ よしなお)

 尤も、性格的に人の言うことを聞かないところがあったらしく、
主君の前で無礼を働いたこともあったという。

765やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:26:01 ID:XU3aXq/A
 さて、そのように、概ね尾張柳生家の後継として、
順調に過ごしていた清厳だったのだが…。



         ト、._人_,.イ_,.ィ
       j`‐'       ‘ーィ
     、- '          L_
      )    ゴホッ!  (_
      )           (
     ⌒)-、 ,. 、     〈
         ′ ヽヽ'⌒ヽ「            人人人人人人
                           <          >
                          < ゲホゲホッ! >
                           <          >
                            Y`Y`Y`Y`Y`Y


 .

767やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:27:27 ID:XU3aXq/A
.



           o
            ゝ;:ヽ-‐―r;;,               。
        ,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, o  /
        "`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r
           〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}
          ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ
          (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、
          "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/
            (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:)
                    ヾ;;;;;;;;;;;;/; \
                    ´  /;:ノ 。  。
                        ()



 ── その身に、病が降り掛かったのである。

768やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:28:55 ID:XU3aXq/A
┃|/ ̄\
┃|      |
┃|\_/
┃|  |
┃| ̄ ̄ ̄\
┃|  ノ :::::\\      新左衛門…。
┃|<●>:::::<●>\    体の具合はどうだ?
┃|  (__人__)   |
┃|.u ` ⌒´  /
┃|      /
┃|{ヽ,__   ) ガラッ


        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
       /u.   \
     / /  \ \ 
     |   ・ .. ・   |    ち、父上…あまり側に寄られては…ゲホッ!
     |   ⊂⊃.i|| u |   
    /\____/ヽ

769やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:30:07 ID:XU3aXq/A

         / ̄\
         |    |
         \_/
         ___|__
       /     .\  
      /   .\ :::: /\      
    /    <●>:::::<●>\    殿には、小姓の御役を辞する旨、お伝えした。
    |      (__人__) u. |   早く病を治し、また再出仕せよとのお言葉だ…。
     \    u.` ⌒´   /   
    ノ            \


          /0 ̄\
           |:::::::::::::::::|
          \___/
  .         ___
         /    \
       /       \
       | ノ  ヽ、     |    ありがたいお言葉ですが、
       | ・ .. ・   l|!|i |   果たして、この病が本当に治るのでしょうか…?
     ./\ ' ̄`    /\
      |  |_   __/  )
      |  |:::::::|  |::::::::/  /
     (YYYヾ____(YYYヽ
     (____ノ--('___)ノ

 この清厳の病は、病名は不明だが、かなりの難病であったといい、
そのため、清厳は禄を返上し、役を辞した後、実家の一室に篭り、外に出なくなったという。

771やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:31:28 ID:XU3aXq/A
     , (⌒      ⌒)
   (⌒  (      )  ⌒)
  (             )  )
    (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ
          | || | |
       ノ L,l ,|| |、l、
       ⌒:::\i||i/::\
      / <○>::::<○>\     そのようなことでどうする!
     /    (__人__)   \   お前は我が柳生家の跡継ぎなのだぞ!
     |  u.    |::::::|     |   病などに負けてはならぬ!
     \       l;;;;;;l    /l!|
     /     `ー'    \ |i   いつまでも自室警備員を続けるつもりだ!
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |    ドンッ!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ >
               レY^V^ヽ


          /0 ̄\
           |:::::::::::::::::|
          \___/
            ___
         /    \
        /       \
        | |ll! ノ  ヽ_  |    …しかし、色々試したものの、
        | li|!  ・ .. ・  |   治る気配はありませぬ。
    / ⌒\___⌒__/    最早、望みなど…。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;

772やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:33:00 ID:XU3aXq/A
           / ̄\                    / ̄\
             |    |                 |    |     ドカッ
           \_/    やかましいッ!     ヾ,;_/  ”;
               __)_                            ・ i!/´ ̄ ̄`ヽi! ;
          /     \             _     ∴ ,’   /          ヽ  へべっ!?
         /         .::ヽ   _ -―= ̄   ̄`ヽ        i!        ;;::.:.、|
        /  -―=二三 ̄ ̄ ̄           ;  ’;     '"        :::::;;|
         | /                      ,;’        |         /
       レ'           ___ ,-―ニ二三_'"       __,〉       i!_/
        /          ノ´ ̄ ̄              /´              `ヽ
       ,/          /                ,-―‐、/                   |
      /            /              「   /                      |
     {            {-、                  }    |      r                 |
     |          ヽノ              |   !     /          i    |
     |           \              |       /          _/   |
     |      r、       \           ヽ    ノ        r'〈      |
      ,}       / \       \           `ー-‐"          |  ヽ__,ノ
     /      /     \      ヽ           /              }
    ,/     /      `ァ      !            /            /
  /     ノ      ,/      /        /      ,、    /

773やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:34:33 ID:XU3aXq/A
          / ̄\
         |     |
          \_/            よいか!
       ノ L__|___       )   余計なことは考えず、病を治すことに専念せよ!
       ⌒:::\:::::/::\      ヽ  .どうせなら、湯治でも考えればどうだ!
      / <●>::::<●>\       )
     /    (__人__)    \,   `v'⌒ヽ/⌒ヽ/       ,. ‐- .. _
     |       |::::::|     |                  /  __  `` ー- 、
     |       |::::::|     |               , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '
     \       l;;;;;;l    /"             _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉
       \    `ー'    \_ -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'
  / / //| 〉‐f/ \'    !   ´
 / ,' > .|/ レ   ゚ノ



        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
       /::::::::::::::\
     / ノ::::::::::ヽ \    と、湯治ですか…?
     |( ;:;:;:;:;ノ.. ー.  ;;|
    (;:;:;:;;;:; .⊂⊃ ;;;# |
     \___┃_/
    ./ ||      |||

778やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:35:53 ID:XU3aXq/A
         / ̄\
          |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /  ::::\:::/::::\      
    / u <●>::::::<●> \     おう!有馬の湯にでも浸かってくればいいのだ!
    |     (__人__)    |    .気分転換と治癒も兼ねて、一石二鳥だ!
    \     `|::::::|´   /    なんなれば、俺のワゴンを使ってもいいぞ!
     ノ      .l;;;;;;l   \


        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          . ___   て
       /     \ そ
     /   / \\       ち、父上のワゴンですと!?
 /^/^/^|    u ・ .. ・ .|/^/^/^l
 l   l^l     ⊂⊃  (ヽ   /
 ヽ   /\____//   /

780やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:37:15 ID:XU3aXq/A
           |  ┃ ――                      / ̄ ̄ ̄ ̄ \
           |  ┃ ――                     /          \
           |  ┃ ――                     |             |
           |  ┃                         |             |
           |  ┃                         |             |
           |  ┃                        \          /
           |  ┃                          \ ____/
    ヽヽ__    |  ┃                              |
 -┼┐ __   |  ┃                              |
  / |   /   |  ┃                       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\         そうだ!
 ./ J  / ツ  |  ┃      / / /            /                \       その気になれば、
           |  ┃     / / /            /                   \     いつでも言うがいい!
           |  ┃    ノ / /          /                        \
           |  ┃ ――             /                          \  


         /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
         \___/
          ___
         /    \
       / u\  /\
       |    ・ .. ・  |     は、ははっ…!
       |     ⊂⊃  |
      /\____/
     /  ⌒ヽ     (
    / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ  ヾ_ つ

781やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:38:58 ID:XU3aXq/A


< パタン


          /0 ̄\
           |:::::::::::::::::|
          \___/
            ___
         /    \
        /       \     …とはいえ、正直、湯治などしたところで、
        | |ll! ノ  ヽ_  |    この体が治るとも思えぬ…。
        | li|!  ・ .. ・  |    私は、このまま何も為すことなく、ただ死ぬのを待つだけなのか…?
    / ⌒\___⌒__/    
   / ,_ \ \/\ \       「若、若」
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;

782やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:41:01 ID:XU3aXq/A
      _,;‐-、_   .______,
      /,. ..::.  'i∠三;;;:.:`‐、.
      し;;、"''./_,. ゛ `ヾミ;)
        `"/ _ ・ ) . .:.:_.::;`ト-‐、
          i.;'"゛  . : :.::・ )::::!:.:;;` `i     
       ,,イヾ、  .: : . `;::;ノし;:.. 丿   若、お具合如何でしょうか?
       / `‐、`'ー、,,___,.ノ;(  し'゛   今日も色々噂を集めてきましたよ。
      ,ゞ、 ,,イ`マニヽ-‐".}   
      ノ`''ミヽ!_ ‐く,、:.::).:.:.ノ        いやしかし、今日も先生大噴火ですね。
     ./ ` 、,`''‐二ニ二し‐''1       自室警備員とは、また散々ですな。
     {`'.、 ゛''‐-、,,;_;;;...-‐''",l
     武藤太左衛門儀信
  .(むとう たざえもん よしのぶ)


        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
      .l^l^ln   \
     ヽ   L  ヽ \     …太左衛門か。
     | ゝ  ノ.. ・   |    外に出られぬ私にとって、お前の話だけが楽しみのようなものだ。
     /  / ⌒    |    今日はどんな話を聞かせてくれる?
    /   /___/ヽ

785やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:44:22 ID:XU3aXq/A
      _,;‐-、_   .______,
      /,. ..::.  'i∠三;;;:.:`‐、.
      し;;、"''./_,. ゛ `ヾミ;)
        `"/ _ ・ ) . .:.:_.::;`ト-‐、     そうですねぇ…。
          i.;'"゛  . : :.::・ )::::!:.:;;` `i    例の島原のキリシタン一揆がまだ続いてるので、
       ,,イヾ、  .: : . `;::;ノし;:.. 丿   とうとう幕府から上使が派遣されて、その御一行が今日、名古屋に着かれたとか。
       / `‐、`'ー、,,___,.ノ;(  し'゛
      ,ゞ、 ,,イ`マニヽ-‐".}         牢人連中は、槍一本で仕官できる機会だって、
      ノ`''ミヽ!_ ‐く,、:.::).:.:.ノ        .なんとか随身しようと息巻いてますが。
     ./ ` 、,`''‐二ニ二し‐''1
     {`'.、 ゛''‐-、,,;_;;;...-‐''",l


        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
           ___
       /    \ ′_
     /  \  /\
     |    ・ .. ・  |      ほう、あの一揆、まだ続いていたのか。
     |      ⌒   |      随分と派手な話になったものだな。
    ./\_∩ノ ⊃_/ヽ  .
    (____/_ノ __ ヽ_

786やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:45:55 ID:XU3aXq/A
      _,;‐-、_   .______,
      /,. ..::.  'i∠三;;;:.:`‐、.
      し;;、"''./_,. ゛ `ヾミ;)
        `"/ _・ ) . .:.:_.::;`ト-‐、   
          i.;'"゛  . : :.::・ )::::!:.:;;` `i      九州の諸大名家も動員されたそうですし、
       ,,イヾ、  .: : . `;::;ノし;:.. 丿    これほどの規模の戦は、大坂の陣以来じゃないでしょうか。
       / `‐、`'ー、,,___,.ノ;(  し'゛
      ,ゞ、 ,,イ`マニヽ-‐".}           もしかすると、これが戦で手柄を立てられる
      ノ`''ミヽ!_ ‐く,、:.::).:.:.ノ          最後の機会になるかもしれませんしね。
     ./ ` 、,`''‐二ニ二し‐''1          そりゃ連中も張り切るでしょう。
     {`'.、 ゛''‐-、,,;_;;;...-‐''",l


        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
       /    \
     / \  / \     最後の戦、か…。
     |   ・ .. ・   |    太左衛門、その話、もう少し詳しく聞かせよ。
     |    ' ̄`   |    
     (^ヽ____/^)、    「はあ」
     |__ノ    ,  |、)|

787やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:47:57 ID:XU3aXq/A
 ─ ひとしきり話を聞き終えた後、その夜…


        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
       /    \
     /       \
     |          |    ………。
     |          |
    /\____/ヽ


        _,,..........._
     ,.._ f     )
     | yr'⌒ー~⌒ヽr'⌒)
     Y (・)   (・)  ゙Y    ねえ、太左衛門様。
      i _(三三三三) ノ    若の様子、変じゃない?
     (\ツ   ゞへ ヽ
      Y     `ーイ     夕飯も食べずに、ずっと何か考えてるみたいだけど。
     槍持・豆頭(仮名)
        (ずず)

   _,;‐-、_   .______,
   /,. ..::.  'i∠三;;;:.:`‐、.
   し;;、"''./_,.u.゛ `ヾミ;)
     `"/ _- ) . .:.:_.::;`ト-‐、   
       i.;'"゛  . : :.:: -)::::!:.:;;` `i     うん…。
    ,,イヾ、  .: : . `;::;ノし;:.. 丿   (もしかして…今晩、何食べるかまだ決まらないのかな?)
    / `‐、`'ー、,,___,.ノ;(  し'゛ 
   ,ゞ、 ,,イ`マニヽ-‐".}

788やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:49:57 ID:XU3aXq/A

  /0 ̄\
  |:::::::::::::::::|
  \___/ ___ 
       /    \ クルッ
     / \  / \
     |   ・ .. ・   |    …二人とも、決めたぞ!
  ∩_|    ' ̄`   .| 彡
 ⊂ )  )_____/
  ヽ≡ニヽ_   __ヽ
   \   l::::|  |::::::::::::::


      _,;‐-、_   .______,
      /,. ..::.  'i∠三;;;:.:`‐、.
      し;;、"''./_,. ゛ `ヾミ;)
        `"/ _・ ) . .:.:_.::;`ト-‐、   
          i.;'"゛  . : :.::・ )::::!:.:;;` `i 
       ,,イヾ、  .: : . `;::;ノし;:.. 丿    あ、(夕飯、何を食べるか)決まりました?
       / `‐、`'ー、,,___,.ノ;(  し'゛   
      ,ゞ、 ,,イ`マニヽ-‐".}  
      ノ`''ミヽ!_ ‐く,、:.::).:.:.ノ  
     ./ ` 、,`''‐二ニ二し‐''1  
     {`'.、 ゛''‐-、,,;_;;;...-‐''",l

789やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:51:18 ID:XU3aXq/A
        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
       /    \  
     / \  / \
     |   ・ .. ・   |      私は、今から島原へ行く!!
     |    ' ̄`   |     すぐにでも支度せよ!
    /\____/ヽ


               r'゚'=、
               / ̄`''''"'x、
          ,-=''"`i, ,x'''''''v'" ̄`x,__,,,_
      __,,/    i!        i, ̄\ ` 、
  __x-='"    |   /ヽ      /・l, l,   \ ヽ
 /(        1  i・ ノ       く、ノ |    i  i,
 | i,        {,      ニ  ,    .|    |  i,      ………は?
 .l,  i,        }   人   ノヽ   |    {   {
  },  '、       T`'''i,  `ー"  \__,/     .}   |
  .} , .,'、       },  `ー--ー'''" /       }   i,
  | ,i_,iJ        `x,    _,,.x="       .|   ,}
  `"            `ー'"          iiJi_,ノ

        _,,..........._
     ,.._ f     )
     | yr'⌒ー~⌒ヽr'⌒)
     Y (i)    (i)  ゙Y
      i _(三三三三) ノ     ………へ?
     (\ツ   ゞへ ヽ
      Y     `ーイ

791やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:53:21 ID:XU3aXq/A
               r'゚'=、
               / ̄`''''"'x、
          ,-=''"`i, ,x'''''''v'" ̄`x,__,,,_
      __,,/ u  i!        i, ̄\ ` 、
  __x-='"    |   /ヽ u.    /・l, l,   \ ヽ
 /(        1  i・ ノ       く、ノ |    i  i,     あ、あの、若?
 | i,        {,      ニ  ,    .|    |  i,    何故に夕飯がそのような話に?
 .l,  i,        }   人   ノヽ u. |    {   {
  },  '、       T`'''i,  `ー"  \__,/     .}   |
  .} , .,'、       },  `ー--ー'''" /       }   i,
  | ,i_,iJ        `x,    _,,.x="       .|   ,}
  `"            `ー'"          iiJi_,ノ
      【たざえもんは こんらんしている!】


        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
       /    \      夕飯?なんのことだ?
     / \  / \
     |   ・ .. ・   |     それより…お前達、私の病が本当に治ると思うか?
     |    ' ̄`   |    おためごかしはいらぬ、正直に答えよ。
    /\____/ヽ

793やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:55:02 ID:XU3aXq/A
               r'゚'=、    て
               / ̄`''''"'x、   そ
          ,-=''"`i, ,x'''''''v'" ̄`x,__,,,_
      __,,/ u  i!        i, ̄\ ` 、
  __x-='"    |   /ヽ u.    /・l, l,   \ ヽ
 /(        1  i・ ノ       く、ノ |    i  i,    え?いや、そ、それは…。
 | i,        {,      ニ  ,    .|    |  i,   その、何事にも絶対ということは…。
 .l,  i,        }   人   ノヽ u. |    {   {
  },  '、       T`'''i,  `ー"  \__,/     .}   |
  .} , .,'、       },  `ー--ー'''" /       }   i,
  | ,i_,iJ        `x,    _,,.x="       .|   ,}
  `"            `ー'"          iiJi_,ノ

        _,,..........._
     ,.._ f     )
     | yr'⌒ー~⌒ヽr'⌒)
     Y (i)    (i) u ゙Y    そうですよ!
      i _(三三三三) ノ    治らないと決まったわけでは…!
     (\ツ   ゞへ ヽ
      Y     `ーイ


        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
        ___
       /    \
     / \  / \  
     |   ・ .. ・   |    …つまり、まず治る見込みはないと思っている、ということだな?
  ∩_|    `ー'.   |   ふふ、隠さずともよい。
 ⊂ )  )_____/
  ヽ≡ニヽ_   __ヽ
   \   l::::|  |::::::::::::::

794やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:57:11 ID:XU3aXq/A
          /0 ̄\
           |:::::::::::::::::|
          \___/
  .         ___  
         /    \         実際、このような有様では、到底家も流派も継ぐことはできぬ。
       /       \      だが、それでは、私という人間はなんだったのだ?
       | \  /     |      
       | ・ .. ・   l|!|i |       父上の期待に応えられず、
     ./\ ' ̄`    /\     こうして一室に閉じ篭って自室警備員歴を延ばすだけなど、
      |  |_   __/  )     恥を晒すために生きているようなものだ。
      |  |:::::::|  |::::::::/  /
     (YYYヾ____(YYYヽ      …このような不名誉、最早耐えられぬ。
     (____ノ--('___)ノ


               r'゚'=、
               / ̄`''''"'x、
          ,-=''"`i, ,x'''''''v'" ̄`x,__,,,_
      __,,/ u  i!        i, ̄\ ` 、
  __x-='"    |   /ヽ      /・l, l,   \ ヽ
 /(        1  i・ ノ       く、ノ |    i  i,  
 | i,        {,      ニ  ,    .|    |  i,   (…やっぱ気にしてたんだ、自室警備員)
 .l,  i,        }   人   ノヽ   |    {   {
  },  '、       T`'''i,  `ー"  \__,/     .}   |
  .} , .,'、       },  `ー--ー'''" /       }   i,
  | ,i_,iJ        `x,    _,,.x="       .|   ,}
  `"            `ー'"          iiJi_,ノ

        _,,..........._
     ,.._ f     )
     | yr'⌒ー~⌒ヽr'⌒)
     Y (i)    (i) u ゙Y   (…自室警備員)
      i _(三三三三) ノ   
     (\ツ   ゞへ ヽ
      Y     `ーイ

799やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 22:59:07 ID:XU3aXq/A

        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
       /    \
     / \  / \      そこで、ずっと考えておった。
     |   ・ _ ・ . |     まともに生きることもできぬ身なれば、
     |    |::::::l   .|     せめて、武士として、人として、死に花だけでも咲かせられぬかと。
    /\_ _l;;;;;;l_/ヽ   .
   /~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ     そこに、ちょうど島原の…戦の話だ。
    ,___゙___、rヾイソ⊃ _ヽ


               r'゚'=、    て
               / ̄`''''"'x、   そ
          ,-=''"`i, ,x'''''''v'" ̄`x,__,,,_
      __,,/ u  i!        i, ̄\ ` 、
  __x-='"    |   /ヽ u.    /・l, l,   \ ヽ
 /(        1  i・ ノ       く、ノ |    i  i,  
 | i,        {,      ニ  ,    .|    |  i,     あっ…!
 .l,  i,        }   人   ノヽ u. |    {   {    そ、それであんなに詳しくお聞きに…!?
  },  '、       T`'''i,  `ー"  \__,/     .}   |
  .} , .,'、       },  `ー--ー'''" /       }   i,
  | ,i_,iJ        `x,    _,,.x="       .|   ,}
  `"            `ー'"          iiJi_,ノ

800やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:00:55 ID:XU3aXq/A
        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
       /    \
     / \  / \      そうだ。
     |   ・ .. ・   |     この機を逃しては、次の戦がいつになるかも分からぬ。
     |    `ー'   |     それまでに、私が病で亡くなっては意味がないからな。
    /\____/ヽ
    l  l__   __ヽ__\  だからこそ、なんとしても島原に行かねばならんのだ。
   \ \:::::::::|  |::::::::::::::!__ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


               r'゚'=、 
               / ̄`''''"'x、
          ,-=''"`i, ,x'''''''v'" ̄`x,__,,,_
      __,,/ u  i!        i, ̄\ ` 、
  __x-='"    |   /ヽ u.    /・l, l,   \ ヽ
 /(        1  i・ ノ       く、ノ |    i  i,    わ、若…!
 | i,        {,      ニ  ,    .|    |  i,   それでは、お家はどうなるのです!
 .l,  i,        }   人   ノヽ u. |    {   {   .嫡男たる若が亡くなられては、このお家は…!
  },  '、       T`'''i,  `ー"  \__,/     .}   |
  .} , .,'、       },  `ー--ー'''" /       }   i,
  | ,i_,iJ        `x,    _,,.x="       .|   ,}
  `"            `ー'"          iiJi_,ノ

801やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:02:16 ID:XU3aXq/A
           /0 ̄\
            |:::::::::::::::::|
           \___/
             ___
          /    \       …そのことなら心配要らぬ。
        / \  / \     私が亡くなっても、茂左が、それに新六もおる。
        |   ・ .. ・   |
        |  _/ }ー'    |      元々、父上とて御爺様(厳勝)の次男ではないか。
        (/、 〈  __/^)、    厄介者の長男が消えれば、
         ハ  Y`  ,  |、)|     晴れて柳生家もまともな嫡男を立てられるというものよ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ{ ヽ_ゾノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        `¨

               r'゚'=、 
               / ̄`''''"'x、
          ,-=''"`i, ,x'''''''v'" ̄`x,__,,,_
      __,,/ u  i!        i, ̄\ ` 、
  __x-='"    |   /ヽ u.    /・l, l,   \ ヽ
 /(        1  i・ ノ       く、ノ |    i  i,   
 | i,        {,      ニ  ,    .|    |  i,    …そんな……!
 .l,  i,        }   人   ノヽ u. |    {   {   .
  },  '、       T`'''i,  `ー"  \__,/     .}   |
  .} , .,'、       },  `ー--ー'''" /       }   i,
  | ,i_,iJ        `x,    _,,.x="       .|   ,}
  `"            `ー'"          iiJi_,ノ

802やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:04:09 ID:XU3aXq/A
        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
        /    \       …なあ、太左衛門、豆頭。
       /  \   /\     お前達にも迷惑をかけることは重々承知しておるが、
       |    - .. -  |     どうか、私が死に花を咲かせるのを手伝ってくれぬか?
      |     ' ̄`  |     .いや、せめて私の出奔を見逃してくれるだけでもよいのだ…!
     ノ\_____/\  
    /´     _i⌒i⌒i⌒i┐ヽ    頼む…!
    |   l  ( l / / / l    
     l   l  ヽ       /

               r'゚'=、
               / ̄`''''"'x、
          ,-=''"`i, ,x'''''''v'" ̄`x,__,,,_
      __,,/ u  i!        i, ̄\ ` 、
  __x-='"    |   /ヽ      /・l, l,   \ ヽ
 /(        1  i・ ノ       く、ノ |    i  i,  
 | i,        {,      ニ  ,    .|    |  i,   ……若。
 .l,  i,        }   人   ノヽ   |    {   {
  },  '、       T`'''i,  `ー"  \__,/     .}   |
  .} , .,'、       },  `ー--ー'''" /       }   i,
  | ,i_,iJ        `x,    _,,.x="       .|   ,}
  `"            `ー'"          iiJi_,ノ

        _,,..........._
     ,.._ f     )
     | yr'⌒ー~⌒ヽr'⌒)
     Y (i)    (i) u ゙Y   ………。
      i _(三三三三) ノ   
     (\ツ   ゞへ ヽ
      Y     `ーイ

804やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:06:13 ID:XU3aXq/A
      _,;‐-、_   .______,
      /,. ..::.  'i∠三;;;:.:`‐、. 
      し;;、"''./_,. ゛ `ヾミ;)      …もう、水臭いなあ、若は。
        `"/ _^ ) . .:.:_.::;`ト-‐、   何でそこで「共に死に花を咲かせよ」って言ってくれないのさ?
          i.;'"゛  . : :.::^ )::::!:.:;;` `i
       ,,イヾ、  .: : . `;::;ノし;:.. 丿
       / `‐、`'ー、,,___,.ノ;(  し'           _,,..........._
      ,ゞ、 ,,イ`マニヽ-‐".}     ......   ,.._ f     )
      ノ`''ミヽ!_ ‐く,、:.::).:.:.ノ      ..   | yr'⌒ー~⌒ヽr'⌒)
     ./ ` 、,`''‐二ニ二し‐''1     ......   Y (^)    (^) ゙Y     そうですよ。
     {`'.、 ゛''‐-、,,;_;;;...-‐''",l      ..    i _(三三三三) ノ    ここまで聞いて、合力しないとかあり得ないでしょ?
     |`‐、_`‐、,,__,,,,,、-‐'イ      ..   (\ツ   ゞへ ヽ
      .{ヾ、, `''‐-‐-----‐''";!       .    Y     `ーイ
      ヾ‐、ニッ‐------''"/      .....    |         i
      `ゞ,,、,`_''''''';;,__';;;/         .    |          |
       _,,)`“”‐r;''”`'”{,         .    ヾ ー ― ― /
     /⌒';`r=,、;}' r-y‐-ゝ      .....      7 ーrr--r‐"
      ゞ___i___,;;ィ人!、__!.:.:;;))     ......     ( _) (_ )
      `'''''''''''"   `''''''''''''”


        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___   て
       /    \ そ
     / \  / \    お前達…!
     |   ・ .. ・   |
     |   ⊂⊃  u. |
    /\____/ヽ

806やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:08:23 ID:XU3aXq/A
      _,;‐-、_   .______,
      /,. ..::.  'i∠三;;;:.:`‐、.
      し;;、"''./_,. ゛ `ヾミ;)
        `"/ _^ ) . .:.:_.::;`ト-‐、
          i.;'"゛  . : :.::^ )::::!:.:;;` `i    そうと決まれば、善は急げ。
       ,,イヾ、  .: : . `;::;ノし;:.. 丿   ちょうど有馬行きをお許し頂けましたし、
       / `‐、`'ー、,,___,.ノ;(  し'゛    それをお題目に、島原行きの準備をとっととやっちゃいましょう!
      ,ゞ、 ,,イ`マニヽ-‐".}
      ノ`''ミヽ!_ ‐く,、:.::).:.:.ノ

        _,,..........._
     ,.._ f     )
     | yr'⌒ー~⌒ヽr'⌒)
     Y (^)    (^) ゙Y     あ、仁兵衛様や彌蔵にもちゃんと話しておきましょうよ。
      i _(三三三三) ノ     そうしないと、きっとスネちゃいますよ?
     (\ツ   ゞへ ヽ
      Y     `ーイ


        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
       /    \
     / \  / \  
     |   ^ .. ^   |     ははは…お前達、
     |   ⊂⊃ u. |    腹をくくってしまえば、私以上に動きが早くなるな。
    /\____/ヽ

807やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:09:48 ID:XU3aXq/A
        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
       /    \
     / \  / \
     |   ・ .. ・   |      …ありがとう。
     |    `ー'   |      これで私も、武士として、生きた証を遺せる…!
    /\____/ヽ
    l  l__   __ヽ__\
   \ \:::::::::|  |::::::::::::::!__ヽ


    _,;‐-、_   .______,
    /,. ..::.  'i∠三;;;:.:`‐、.
    し;;、"''./_,. ゛ `ヾミ;)
      `"/ _^ ) . .:.:_.::;`ト-‐、
        i.;'"゛  . : :.::^ )::::!:.:;;` `i   
     ,,イヾ、  .: : . `;::;ノし;:.. 丿   いえいえ。
     / `‐、`'ー、,,___,.ノ;(  し'゛   
    ,ゞ、 ,,イ`マニヽ-‐".}
    ノ`''ミヽ!_ ‐く,、:.::).:.:.ノ

       _,,..........._
    ,.._ f     )
    | yr'⌒ー~⌒ヽr'⌒)
    Y (^)    (^) ゙Y   なんのなんの。
     i _(三三三三) ノ   
    (\ツ   ゞへ ヽ
     Y     `ーイ

808やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:11:21 ID:XU3aXq/A
 そして…。

          /0 ̄\||i
          |:::::::::::::::::|
          \___/
          ___ii
        i||/    \||i
       / \  / \||i
       |   ・ .. ・   |    フェード・イン!
       |    ' ̄`   |
     i||/\____/ヽ||i 
    /__/__   __ヽ__\||i カシーンッ!!
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |   ワ     ゴ      ン   |

810やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:12:57 ID:XU3aXq/A
        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
       /    \
     / \  / \      では父上!母上!
     |   ・ .. ・   |     行って参ります!
     |    `ー'   |
    /\____/ヽ
    l  l__   __ヽ__\
   \ \:::::::::|  |::::::::::::::!__ヽ
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |   ワ     ゴ      ン   |


      / ̄\
     .|    |
      \_/
      __|___
    /      \
   /  \ i||i / .\
 /  .<●>::::::<●>  \    …おう。
 |     (__人__)     |   しっかりとな。
 \    .`⌒´    /
 ノ           \


      ___      ,ィ===、
    /三三ミ、   ////三ヘ
    / ///イ≧ゝ ‐〈乂== 三ヘ、_
   / // / >=    ヾ彡二二ニ‐- 、
   / /// //   /       イ二ニ 、 \
  / /// //   /  / / /        \\ヽ \
  / /// //   /  / / /  /  | |! | } 、 ヽ ヽ\ ヽ
 / /:{/ イ |  / // / /  /  /! !! | | ヘ ヘ ヘ ヽヘ
./ //.{ /.| l!  イ //イ / / /  / | | ! ! | | | ハ  | ハ
. /イ |イ l |  | イ/ /|/ / / /  | | | | | | | :| :! |
/イ/ ∧: | !  ! /_/z/7/ ̄/ ̄ l! / /イ 丁 :! :! | :!
// //∧:!:|  |7 / /_/ェュ/、   / /r=、 / /|  | l  !    …体にだけは、気をつけるのよ。
/ //川∧.l  | /ィ升代7ミ   / /ィ升 〉/ // / :/! /
:://州川.ヘヘ :!ヘ弋:辷ソ       辷ソ / // /| / |/
/州川川 | ヽゝゝ         ,   ∠,/// !/ /       「…ははっ!」
/川州川 | | 7l\            イ / |!  /
川州川∧∧ :| |  \    r_7  イ|i:|/ |!
州川州/∧∧|イ   > .、 _ , イ|川:|l:トュ、l!
川州川:/; ;ヘヘ \     / ヽ, l:|川リN; ; \

812やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:14:27 ID:XU3aXq/A

    -=三 =-=三 /0 ̄\
             |:::::::::::::::::|
            \___/
                    ___
         -= =-=三=   /    \
   -=三=          /  \  /\    
                  |    ・ .. ・  |     さあ、行くぞ!
                  |     ⊂⊃  |    私の、生きた証を遺すために…!
-=三 =-=三  =-=三   / .\____/
              /__/___   _ヽ\
         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
-=. =- =..-    |  O Y   -  ワ  ゴ  ン  |
       .二三 |                      |
         |______________|
             ◎           ◎


 かくして、清厳は有馬への湯治と称し、一路、島原へ向かったのである…。

813やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:17:20 ID:XU3aXq/A
 そして、時は戻り、再び島原…。

         /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
         \___/
          ___
         /    \
       / u\  /\     …これが、ここまでの経緯でございます。
       |    ・ .. ・  |     嫡男といえど、既に病に犯され、
       |     ⊂⊃  |     あとは死に花を咲かせるだけが望みの身であります。
       \____/    
     /  ⌒ヽ     (       板倉様!どうか、何卒…!!
    / ,_ \ \/\ \   
    と___)_ヽ_つ  ヾ_ つ


         / ̄ ̄ ̄ ̄`丶、
      ,.-''⌒´              \
   /         ⌒`          ヽ
  /       i"'"! !`、         |
  '/     イ| |   | i i、      \  |
  |ィ′ / /ノ j lノ  ヽ\ヾト、、    丶 ヽ
  l'|.イ ,イ' ``丶、  ×´\\\     i
   |へ.| ===。=、  = 。==== ヽ \、  |     なるほど。
      |.` ー‐ '/   ー― '" |ト、   |    そういうことだったか・・・。
       |   /            ||,) |ヽ. |
       |.く__ - 丶      |!'ノ i||
       ハ ー――‐一    /! i |_  |
       ゙イ,`、 ===     / ,||||  ~"'''‐-
    ,. -‐'''"~ヽ.     /  ノノノ/|
          \__/    /  |
           | \    /    |
               |   ヽ/     |
             l  /\      |
            l/|  /\  |

815やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:20:03 ID:XU3aXq/A
     _   , -─- 、
   / ニ `′二_`ヽ.\
  / / ヘヽ  -‐、 \  ヽ
 / / , l f'``"" | ト  l l |
 ! | 〃 , |     l | l |、 | |.|
 | l /イノー-、  rヽ!'ヽ!ヽ  |     ・・・いいだろう。
. | /l''==a= , =a==''|r、!    それだけの覚悟があるならば、最早何も言うまい。
  |,イ| ` ̄ 〈|    ̄´ ||'イ    戦場にて、本懐を遂げるがいい。
.  ド||. ,__ヽ__、 l'イ|
  l l.ト、   __   イ l |      では、下がってよいぞ。
-‐'''l ! l.\     /:| ! |`:ー-
::::::::::l,ル ト、 ` ー '´ ./!ル':::::::::::
:::::::::::::::N \  /  |':::::::::::::::
::::::::::::::::|    ,><    |:::::::::::::::::


           /0 ̄\
           |:::::::::::::::::|
           \___/
        / ⌒`"⌒`ヽ、
       /,,   / ̄ ̄ ̄\         は…ははっ!
     /,/  /::        \       この御恩は、きっと槍働きにて…!
     ;/⌒'":::|..           |⌒ヽ
    /  /、:::ヽ...          /ヽ_ \
  __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )
━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"


 こうして、清厳は板倉重昌の軍勢に加わることになったのである。

816やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:22:24 ID:XU3aXq/A
 その後…

          ,. ---- .、
         〃´`ニ´゙ヾi
         || ''ニ,  ニ`:||        内膳様。
.        {f| __,{_}、_ |i}      あの若者、いかがでしたかな?
        ハヾ三三フ,ハ
   ,. -‐'''"| |`ー=‐イ |`'''ー- .、
  / | ,、,、_L⊥|ー-‐j⊥.」     ハ
.  l h////〉 ゚ ヽ/‐        |,ハ
  | l/ ´'./    |。     fニ。ニl |/:|
      石谷十蔵貞清
 (いしがや じゅうぞう さだきよ)


      、-‐-、r''二∠‐- 、
    < ̄ニ ミ -─  、  \
    ///r .ニ、 ヽ \\\ヽ
   レ'〃,' l f'''゙゙l ∥  l  l  ! ヽ.l
.   /イ//,.1.|  l l、i 、 | ∥ l.|
    レ/イ-lノ、  ゝlヘ.「ヽ\ | l |     ああ、石谷殿。
      |==ij  ==i;j=''| | l |     彼については、このまま私のところで
.       │"ー)   ー‐ '゙ |lゝ、 !    .預からせて頂きます。
       | < 、        |Lノ│|
.       | ヽニニニフ   ,| l |.∥|     ・・・本人の望み通り、
        ヽ、 ー   ./リ ノハ l !|    武功を上げやすい場に配置しましょう。
.         ` 、__,. '´ ///_,.ゝ!|.!
           ,」 -‐ イル',. -‐}ル}
.           /\  /::;::-─-:ヽ.
          /-r'´>':::::/::::::::::::::::::::ヽ

818やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:24:03 ID:XU3aXq/A
            ___
          /::::::::::::`丶、
       /::::::::/゙ ̄二#ニゝ、
        /:::::__:ヽ、 u __ヽ  >
       ,/::::/,‐y'/ v   ヽ' く   っ
.     /,':::::ヽジ/  _、__,ノr_ \  っ     そ、それは・・・っ!
-‐ ''7  !:::: / ゙l  {i⌒ヾ==ュ ー' っ     もしかすると討ち死にするかもしれぬ、ということですかな?
--‐,'   |/   l v ヾ===ュ          だ、大丈夫なので・・・っ!?
  i   |、    ヽ、  v  j        
  │  lヽ、     ,>r┬く \       
  |. /\l\._,./ ││ \.\     
  レ'′ o |:::::::::/ ´\ |   \|ヽ.   
        l:::::/     `    ./ l::\. 
       ∨     _      / /::/ .l\ 
         /o  /|l\ / // /::/ \


     _   , -─- 、
   / ニ `′二_`ヽ.\   
  / / ヘヽ  -‐、 \  ヽ  
 / / , l f'``"" | ト  l l | 
 ! | 〃 , |     l | l |、 | |.| 
 | l /イノー-、  rヽ!'ヽ!ヽ  |     もしかするもなにも、
. | /l''==a= , =a==''|r、!    あの若者は、この戦で間違いなく討ち死にするでしょうな。
  |,イ| ` ̄ 〈|    ̄´ ||'イ    .あれは、もう死に花を咲かせることしか考えてない・・・いわゆる死人。
.  トl.|   _ ヽ _   l'イ|  
  l l.ト、.‘'''" ̄ ̄`'''’,イ l |      見方を変えれば、原城に篭っているキリシタンどもと、
-‐'''l ! l.\   ̄  / | l |`:ー-  然程変わりません。
::::::::::l,ル ト、 ` ー '´ ./!ル':::::::::::
:::::::::::::::N \  /  |':::::::::::::::
::::::::::::::::|    ,><    |:::::::::::::::::

819やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:25:38 ID:XU3aXq/A
            ____     
        /, - 、_  ,.\   
.      //   -、_  ̄_, ヘi  
.       l L ⌒ヽ,, ̄,/│  
      l.n.|  -,  、- |     死人・・・ですか。
       ||f;l|.u__ノ{.   j、 l     では、どうやったところで死んでしまうと?
  ,ノ ,ノ./|`ァ|.((三===ミ !     生きて尾張に戻させる、というのは無理だと・・・?
_, (-(_'Z |/. ヽ ` ̄二ニ´'/ 、 
  ` ーt,'、ヽ   ` ー---‐ァ1 ! ` ‐ 、_r- 、
 , ‐ァ-//‐、 \.    / l :|   ,-、`ヽ ヽ
.///゙二つ 、ヽー-‐/ / |    !. r'‐┴、|
|  ' /,.-‐く/`ヽ!:::::i /\:|   } `iニヽ |
| !   ' ,イ^'´   |::::|       l ⊂''ヾ.|


         / ̄ ̄ ̄ ̄`丶、
      ,.-''⌒´              \
   /         ⌒`          ヽ
  /       i"'"! !`、         |
  '/     イ| |   | i i、      \  |
  |ィ′ / /ノ j lノ  ヽ\ヾト、、    丶 ヽ       そういうことです。
  l'|.イ ,イ' ``丶、  ×´\\\     i      私のところから外されたなら、他の諸家の軍勢、
   |へ.| ===。=、  = 。==== ヽ \、  |      それでも駄目なら、身ひとつでも戦場に入って戦おうとするでしょう。
      |.` ー‐ '/   ー― '" |ト、   |      とにかく、華々しく討ち死にすることが、彼の望みなのですから、
       |   /            ||,) |ヽ. |      尾張に戻る、というのはどう考えてもあり得ませんな。
       |.く__ - 丶      |!'ノ i||   
       ハ ー――‐一    /! i |_  |      どうせそうなら、このまま私のところで預かった方が、
       ゙イ,`、 ===     / ,||||  ~"'''‐-  .まだしも但馬守殿への義理も立つ・・・。
    ,. -‐'''"~ヽ.     /  ノノノ/|
          \__/    /  |
           | \    /    |
               |   ヽ/     |
             l  /\      |
            l/|  /\  |

820やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:27:44 ID:XU3aXq/A
     _   , -─- 、
   / ニ `′二_`ヽ.\
  / / ヘヽ  -‐、 \  ヽ
 / / , l f'``"" | ト  l l |
 ! | 〃 , |     l | l |、 | |.|
 | l /イノー-、  rヽ!'ヽ!ヽ  |
. | /l''==a= , =a==''|r、!      ひとまず、但馬守殿には一報入れておきますよ。
  |,イ| ` ̄ 〈|    ̄´ ||'イ     討ち死にしてからの報告では、後々面倒にもなりかねませんし。
.  ド||. ,__ヽ__、 l'イ|
  l l.ト、   __   イ l |      では、そろそろ我らも休みましょう。
-‐'''l ! l.\     /:| ! |`:ー-   いよいよ出陣ですしね。
::::::::::l,ル ト、 ` ー '´ ./!ル':::::::::::
:::::::::::::::N \  /  |':::::::::::::::
::::::::::::::::|    ,><    |:::::::::::::::::


      / ̄ ̄ ̄\
      //^ヽ、_ノ^゙ヽヽ
..    i./  ‐-‐-‐  i l
     || ~^ 〃 -ヘ |.|
    (6| ⊂.  .⊃ |6)     ・・・因果なもんですな。
.     |  ノ~(_)~(._ |、    
  _,. -‐'|ヽ ⊂ニ=ニ⊃ ,ノ i`‐-
     | i` ‐-----‐´ l |
      | | |       | | |
.    |/\!`‐--‐´|/\!
        ゚\  /~
          Y。  lニ。ニl

821やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:29:35 ID:XU3aXq/A
   ,' / :/: :/: : :/  \:_:_|_j: : :ハ: : ヽヽ
   | | : l: : |v/!     \! |/ '; : : ',:ハ
   | | : l: : |ヘ: |          l: : : l: :!
   | | : :\|         -‐…''|: : : |: |     んー…
   | | : : :| _,,. -‐         |: : : |)|
   | | : : :|  、、         |: : : |: |
   | | : : :|、      r-‐'     |: : : |: |
   | | : : :| \            /|: : : |: :ヽ
   / : | : : :|ー' >―┬―‐r< ::::/: : :├‐く
 / : : | : : :'、::::::::::::/       /: : : : :〉  ヽ
 \ : : | : : : :\ーく  ―-  ' /: : : : :く   l
    >: :l>: : : : :> \一'⌒⌒ > 、: : : ヽ   |
 / :/: : : : :/   l 丶----/:{__ ): /   |

                                _,,..    ..,,_
                             . <: : : : : : : : : : : > 、
                           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                          /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : .ヽ
                         /: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
                         ,': : //: : : : : : : : : : : : : : : : : ィ: : : : :l
                         |: :〃: : : : : : : : : : : : : >'´  V : : : |
 どうしたんですか、えりか?       l: :l|: : : : : : :/: :> '´     v: : : |
                   ―- 、   {⌒l:|: : : : : :/:/-―     __   |: : : ;
                   -―: :{⌒ヽ/´|: : : : :/'_          ` j/: :/
                   : : : : : ゝ. |ヘ」: : : :/イ__,爪ヽ   ,ィ¬y /: :/
                   : : : :/ {  X._ヽ: : V::0:::}}    {:しイ|∨:/
                   : /   `¨{   }>辷'ノ     辷ン/く^ヽ
                         丶  l \ ' '   _ `  ' ' /: : :ヽ|
                            /  丶.  ‘ ´  ,. イ: : : : :/.\
                               〈 `フ7"´丶 | : : : : : : . ヽ
                             _ , /     | | : : : : : : : :  l

822やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:31:37 ID:XU3aXq/A
          , -――- 、
         /: : : : : : : : : :\
        /: : : ∧: : l:ヽ: :\: :\
        /: :l: :/ }: /!ノ/: : \: :\_        つまんなーい!!
       ,: :Nヽ{  ノ'∠ _ \: :ヽ: : : : |       解説だけなんてやっぱつまんないよー!
       |: :|一ァ r‐- 、     l: : :|: : : : しノ}     もっとあたしも話の中でバッタバッタと活躍したい!
       |: :|/ l  .-\   |: : :`¨7: : :ノィ    したいったらしたーい!!
       |: :l  | /    \ノ¨7: /: : : : ノ
       |: :.ゝ.  V     | /∠ノ}: : : : :)
       (>: :ノ`¨\     ∧  ̄ ̄ )ノ`V
      く: : :く:\ ヽ≧rく )く_y―イ
      ノ}: <: :く_,、_V_,ゝ'^ ̄l  ||
         ̄´`ーl  |ヽ   |  ||

                       ...              . <  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `
                                    /  /  ___: : : : :
                                  / _ \ /: : : : : : : : : : : :
                                 / /: : : :>'´. -―――――-
 えりか、そういうワガママはよくないですよぅ。 .    / /: : : : :// u
今回は、解説の役で出てるんですから、    .    / /: : : : :/-―- 、  |
ちゃんとお仕事をしないと…ね?   .....        ' /: : : : :/      i\ `ー' {_ノ
                               | l: : : : /、 __ ノ  ヽ  , -―
 『よし!決めたよ、つぼみ!(聞いてない)』    .| |: : : /  ○     }/
                        .     . ‐ァハ{ : : {         /丶 __ ノ
                        .    /   { \:〈       〃   ○
                        .     {   ヽ/ `\ー----‐ '´{
                                |  三三     ヽ

824やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:33:05 ID:XU3aXq/A
                                              n  /)
                                              / レ' ∠.. _
                        ,  -――- 、           __ _,ノ!    ―-〈
                        /: : : : ;、: : : : :\           / / {_ ゝ-、 く´ ̄
                      /.:/: :/: :/ ヽ: : :}: : : ヽ      /   ヽイ   `┘
                       /: :l: ;ム: {  }: :ハ: : l: l    /      /
     n               ト、__,/: :人:|-、`   ィ-x!: :|: |   _,/     /      というわけで!
      j |_          >: : :/: ://fし1    fし1 }: :|:`ニ:/    /      
  ⊂¨´  厂 了⌒ヽー 厂 ̄ ̄ ̄: :/l ゞ┘ '  ゞ┘/: : |: :/    /| |     「今までの話は、
  く/, .┴―{     {: : :r――=く八   {厂 }  ' ' | : : |´   /:ヘ:し:ノ      一切無かった事にして下さい」!
  └〈_/    廴__ V: ハ _  /∧> `ニ´ <|: : ヽ _,∠:∠ノ: |: く
                  `\: V: Y、/  \  レ-/ /丶:_: : : : : : : : : 人:: :)       これからは、私達が主役の新スレ
              _,∠\_/ /\ r―\V /―ァ  / ̄ ̄厂 ̄  }ノ      
             /\ _\./ //{   「¨!  /  /: : : :ノ             『ハートキャッチ!柳生一族!』
            /、/ >/`二 /人  ̄ L.{ ̄ } /^¨¨´
           / \\//  ` ̄/¨! }_/八 \.ノ /                  が始まるよ~!
         /    /`/ 、___ /_/  }/  \{ /   .  -― 、          みんな、応援ヨロシクね!!
          〈   /丶./     / /   |O    O丶'´       |     _
           \/   /  ̄ ̄/ /     ノ             |   ∠^\_
           丶-=ニ二二∠厂 ̄ ̄  O    O   ___/   /::::>┐\
                   |                ̄`/   / ::/  ̄\_))
                   ヽ   /             /   / .::/
                    \/l     l       /.  /:::::/
                       `丶.    \、  /   Y⌒ヽ/
                         `寸¬ー十'´ \     /
                           ヽ   .     \_,/
                            、  ',
                            ',   ヽ
                            .     ',
                             ',    .
                             .     ',
                              ',   i
                              ',ー一1
                                   . :::::::'
                                  ', :::::',
                                . :::::',
                                 } :::::〉
                               /しノ 〉
                             /j}/,='
                            〈二>'´

829やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:36:08 ID:XU3aXq/A
  \\             | | |       /       /  .  ┏┓┏┳┓                      ┏┓
.  \\\           .| | |        /      /  .....┏┛┗┻╋┛ ┏┓  ┏┓           ┃┃
     \\          | |       /'!     /     ┗┓┏┓┃   ┗┛  ┃┃           ┃┃
       \\..        | |      ./ !    //    ....  ┃┃┃┃   ┏━━┛┃ ┏┳┳┓  ┗┛
        \     |\   |     //| |___       .  ┗┛┗┛   ┗━━━┛ ┗╋┛┃  ┏┓
         \    |  \ |    .// .l_   /     ......                    ┗━┛  ┗┛
       ____| |\\/\//  / / 
        \  ____|  \/\/ / /  _______
         \ \            /   ̄ ̄  __     /
          \ \  __lV 、_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄― ""   / ―――
           /  / , >  へ´  ` 、 ̄ ̄         / ――
             /  ///  Y l\    \         く ――――――
         /  /./    !  \  | ̄         \
           / / // ̄ ̄7〃  .|〃       ─┐  /
        // ..// //\   |\ ───     /
         /   ////   \.  | \      _/
     / /   / /   l ∥l     \ |         \\
    ./ /    //     l  .i       `        \\

830やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:36:58 ID:XU3aXq/A
                        ...       / : : : : : /:/          ヽ: : : : : : : ヽ
                               ,′: : : : : /'´              : : : : : : :|
                                : : : : : :/   ヽ       _/  ∨: : : : ::|
 もう!                     .       i: : : : : :L..--‐-ミー   ´-‐,.ニニミ、 : : : : |
冗談はそこまでですよ!                 |: : : : : :l /ニ元ミY ヽ   / イ以う卞 ',: : : : j'´ ̄ ̄`ヽ、
                        ...       .     {圷抃"}     '  |::癶 :|   }: : ::/==ニ二ミ、ハ
 ここらで終わらせないと、         .       ∧ : : :l V し'リ  リ'⌒{  l::トJ リ ノ: ∠._==ニ二ミ、八
いつまで経っても解説ができないでしょ!     /  ヽ : : ヽゞー'’  / }  、  ゞ=ゞ'’仏イ j \==ニ二ミ、}
さ、始めますよ!                   /     `ー-ニ)ー-'´ , 、  ` ー-  ´  イ   \‐- . Y
                            /    \   \     「`|      /   / i|       \   |
                           /        \   `   . _、.ノ__,..  ´  /|   i|       \ノ
                         ./        ヽ ト===- 、ヽ  /     /   |   i|        \
                        /          イ |       \__/ ̄ ̄\」  |             \

            ._.,,, -/\/\
          /:::::::::::\   /
         /:::::::::::::::::/   \
         l: : : : : : : :\/\/!
         l: : : : : : : : : : : : : : : l
/: :/: : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : : : : /
: :/: : : : |: : : :{: : : : : /   l: : l: : : : : : 〉
: l: : : : : |: : : ∧:-―:|   l_: :ト、: : :l: : :l
: |: : : : :∧: イ ヽ: : :!   l: :メ、l: : :|: : :|
: |: : : : :| \{   \{   jノ  } : /: : :|
: |: : : : :|   _,≧y         j/l: : : |
: |: : : : :|, イ介トJ}      ≦.._  |: : : |      へ~い。
/|: : : : :|  ‘ー一'       ィ介Ji`Y : :|    (ちぇ、本当にやっちゃってもよかったのにぃ)
(|: : : : :|  、、     ヽ ヽニノ |: : : |
._|: : : : :|                 、、 |: : : |
: |: : : : :|                /|: : : |:、
: |: : : : :|、      ⌒ ^   /:.:|: : : |: :\
:∧: : : :ヽ:>:┐  _,,..  <: : : :|: : : |: : : :}
:_:/: : : : : 〉: : :|   | : : : : : : : : : : /: : :/: : : /
./ : : : : :/-―'   丶――r r― 〈: : : :\/
: : : : :/\-―-―-―-‐/ /    \: : : :\

831やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:39:09 ID:XU3aXq/A
/        /   /   /ヽ   \
    /    /{   /{   /  ',   ヽ
   ,     / \ イ⌒'  '    l  |  |
   |    ; ィ==ミメ、 \{   _j / / |
   |     |く  ノヽ\     / jメ }/ |
   |     |/fニハ:::}      /^メ、 | |     ええと…じゃあ、改めて聞くけど、
  /j    |Vし:ノ:ノ       ハイ| }7  |    この柳生清厳って、どういう人なの?
 l'⌒|     | `¨¨´       〈し:リ /  |    柳生家の嫡男、って言ってるけど、
 ヽ !     |  ' '      ¨´, ,l   !    それって十兵衛のことじゃないの?
   `!     |        __,  八  |
   |   |  , -┐  ´   /!  |
-―-j      l`了 _,ノ‐ァー<,,_l |  |
´ ̄` \    ヽハ 〈| /  l/  | !   |
  `\ \   \ | {  / /Jー|  !
      ヽ/    _){     {  /\  ヽ
     /  , <斥、\    ヽ/ /\ 〉
\  く   \[   \ 〉-- 、 ノ´/   /
  \  > 、  \   /    \{  く

                       .                 , -――- ._
                                           / : /: : : : : : : ヽ
                                       l: :/: : : : : : :/: : ハ
 ここで清厳が言ってるのは、   ......               r‐vL/: : : : : ∠:-―イ::|
柳生家は柳生家でも、        ....            , -―:)  ( \: :/ィ? `  !/
「尾張柳生家」のことですよ。    .....          /: : : /しヘ 〃〉` {ヒノ   /Y/
つまり、宗矩の江戸柳生家とは別に、        ./. : : /   , |‐}I\'' 、_ `.ィ′
兵庫助が立てた家のことですね。  ..     /: : : : /   /: : : : }   >r_´ ノ
                       .   /: : : : : : {   / : : : : ;r宀ー<´ \
 新左衛門清厳は、          ..  く: : : : : : : : :ヽ /: : : : :/    /ノ    ヽ
兵庫助の長男だから、            \: : : : : : : : \: : : : {、  ノ'      、
当時、柳生家の嫡男だというのは .....     }: : : : : : : : : :}: : : /` 7チ \     \
間違ってはいないのです。      ...     /: : : : : : : :/: :_:_/  //    l      ヽ
                          /: : : : : : ://  /  //      !      ヽ \
 血脈的な意味だけで言えば、       (: : : : : : : く: :(_)) /  //     |   {       ヽ
石舟斎直系の人物ですよ。          `> 、: : : :) ̄ /  //        !            _〉
                          (:丶--'/   /`¨/〈      |       /_〉
                       .     ̄ ̄    /  /、 '、       l    .> '´/ヽ

832やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:41:32 ID:XU3aXq/A
           .  -――- 、_
         //        `ヽ
        〃 /  /   / ∧   ヽ
       / /  ∧_ /l / | /  l       ふーん。
        / /  /´ V `V  ナXl /l|      でも、なんでそんな立場の人間が、
      ./ /  /‐---'   ,  /イ |      湯治とか言って、隠れて来たの?
     / r/  /       、 \_, / ,
    /  '   ,  ` `  _    / /        「死に花を咲かせる」って言ってるけど、
   /  . :|   |ゝ.   └'. -―' /` ー 、     武士にとって戦場での討ち死には、
   {   : : |   |: : :}  r{  r‐. :/. : :  /     .名誉のものなんでしょ?
   } : : 人  \´  └'^I {⌒\: : : (__,    .だったら、嘘なんか付かずに堂々と行けばいーじゃん。
  ト-'. :/   >   )^^ト -┘ノ   〉: :  ノ

                           .....    /xく      \     ヽ
                                 //  \\    ヽ l   l
                                 l | 、_ \丶    l! l |
                                 lハ   , -―ヽl    |_」  l !
 …それについては推測になるんだけど、  ....   ヽ.\l ___ 」    厶`Y l /
彼が「尾張柳生家の嫡男だから」というのが        `ハ └' ノ  /⌒} ノ〃_
あったと思うの。                         { `77^  ̄  `广^\   `> .
                           .....      丶 ___,ノヘ >ァ‐、丶 \    > 、
                           .....           rァ‐/// |i  \ \  丶\
 「…どういうこと?」               ....          r/`//l /  ||   ヽ  \  \\
                                      l//イ / /   ||      ',   ヽ  ヽ ヽ
                                     l\// |//   j:l       ハ   ',   j/
                                     | {_{  /l      ハ!    / l   l   /
                                    /しへ.」/    /     /   |    l  '
                                     / 〈八 /     /      /    |  |/
                                    ,  (| ∨    :'    /     |   ノ/
                                    /  (| /      ハ   /       /
                                   ノ   {/     / ',   \     /――- 、
                                  \_ 〈     ,  ヽ.   丶  ___   /
                                  ノ二/^\ __ノ    \  r―z__,ノ `/

833やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:43:46 ID:XU3aXq/A
                          ....         /: : : : : : : : : : : : : : : : : \
 「尾張柳生家」という家はね、        ..        / : : : : : : : : : : /: : : : : : ノ: : ヽ
代々の柳生家の所領(柳生庄)や       .         /: : : : : : : : : :/: : : -  ´ ', : : : ',
そこに住む一族への統率権、          .       ,: : /: : : : : : :/: : /     ヽ: : : :!
そして将軍家指南役の権威などを              {: ::|: : : : : : /:/――-   _  l : :|
持っていない代わりに、            ...      /⌒ヽl: : : : : :/'ィ¬く-   / `|: : |
                          ....      {   , ヘ: : : : :{ /ヶ-イ    ィ¬y| : :/
 ・ 嫡流の血筋                ......      ゝ / /ヘ\: : ヾ辷ン    {ケソ'/: :/
 ・ 新陰流の正統.                 .-‐=: :ニ:¨{  |八    \: \' '   ヽ ゞ'//`ヽ
                          ....: : : : : : : ゝ-|イ `T"^ト、  ̄   ‐ -  フ´   |
 というものを軸に、                : : : : :/   丶-', -ノ  > 、 _.  イ       /
江戸柳生家に対する優越性を         .: : :/     _/  \  〈ヘーヘ __,人
主張していた家なの。               :/    / ⌒丶.   \ __ヽ\__l : : \
                          ....     /      \   \ ',  /ハ: : : \
 だからこそ、尾張柳生家にとって、    .....     |      ヽ   r > 、 ヽl/∠L: : : : :ヽ
嫡流の血が絶える、というのは              |     |  |::::::::::::\l∠::::::::}: : : : :|
可能な限り避けたい事態だったと思うの。       |     l/  |::::::::::::ー}:::}-::::/: : : : : :|
                                |     /   }:::::::::::::ノー{::::::{: : : : : : :|

               .  -――‐- 、
             /: : : : : : : : : ; : : \
              // . : : :/: : : : :/ ヽ: : : :ヽ
             /: :/ : : : ;/ : ∧;、:|  | : ハ : ヘ
            ': : :': : : : 八: イ^ヽ{  jメ、!: :ハ
         l: : :|: : : : l ィ== 、    ィ= lノl: : ',
          l: : :|: : : : |Y代rくl     代.小!: : !
          ': : :|: : : : |」ハ. _,ノ    、ゝ._ノ |: : |        なんで?
        /: : : |: : : : |  , ,         |: : |       もうこの頃には弟が二人いたんでしょ?
       /: : : : j: : : : :!             /! : |       じゃあ、病気でダメそうな長男から、
        (: : : : : :/: : : : : i   r 、 r_ つ   //: : ;.、      .次男を嫡男に切り替えればいいだけじゃない。
       \: : : :\: : : : \ー:l |  rー=彡/: : :/: 〉
        ノ: : : : : >、: : : :〉:| /^>┐: /: : :/: /        そうすりゃ清厳だって、
       /: : : : / /: :/イj /-┴i:>、: :.\: {_ノ}     大手を振って出陣できただろうし、
     /: : : : : :/   \く__ァァ{   jノく:{ノ: :/: : : ::ノ     尾張柳生家だって別に困らないでしょ。
      {: : /{: : :{       ̄   〉.  |=x≧ァイ  l: : `フ
     \{ 丶-ヘ        ノ_,〉  ハ }} { {  |:ノ´
           ゝ(_(__人__)/  /¨´ー'  } ノ
          └‐' l    V^^⌒)     /__)_)

834やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:45:51 ID:XU3aXq/A

 下手にそれを認めると、           ...                   , -――- 、
尾張柳生家の「正統性」を失いかねないからよ。 .           /::::::::::::::::::::::::::\
                           ...            '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'
 兵庫助の父・新次郎厳勝は         ....              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::|
怪我によって不具になったから、       ....            V{::、__, ィ^i^!_,ノ::://
廃嫡されたわけだけど、              .               / (_V::/:::::しJ-:::::/_)ヽ
                           ...            (   V::::::::l::|;;:::/´   )
 「しかし、嫡流は嫡流であるのだから    ...              /:::::::::ヽl┴i
  その流れを汲む尾張柳生家こそ     ......            _, {:::::::::::::::::\l- 、_
  柳生の正統である」                               l  ` ー-、::::::::::ヽ   l
                           ...            ' V    ゝ-:::::::}V ヽ
 と主張しているのが尾張柳生家なんだから、           〈  '   /:::::::::::::ノ |   〉
ここで嫡流の清厳を安易に廃嫡しちゃったら、  .         l\__l (::/"´ ̄´ ,'__/l
尾張柳生家は、                 ....           l |〉 `¨´   〈 |  l
                           ...               '   '〈  ー--一  _〉 ,  l
 「廃嫡されれば、例え嫡流であっても    ...             l   ' ノT二 ].[_ TLト ',  .
  嫡男ではなくなる」              ...          l  ,'-/    ┬    l l  l 
                           ...             ,' ,'、/ ー-  | -一 レl  ',
 ということを自ら認めたも同然になるの。   ――――‐ r―-'  ; ヽ          /´',  `― 、―
つまり、自己否定に繋がりかねないわけ。  ..      └'⌒ー'   ` ー------一'   `ー'⌒ ┘


          , -――-
        /. : : : : : : : : : :
       /: :/: /: : : : !: : : : :
        l:/Xイ: :/: : :|: : : : :
       | 7刈イ : : : !: : : : :
       _,ノ lリ | l: : : : !: : : : :     …武士ってのは面倒なんだねぇ。
       }  ー  /: : : :/ニl : : :    だから、清厳は理由つけて家を出るしかなかったのかー。
      〕`  /: : : :/^ / : : :    本当のこと言ったら、止められちゃうもんね。
        「ト- /: : : :/-イ : : : :
       //7_/´ ̄`'| : : : : : : :
     /^Y.:/     八: : : : : : :
      厂 V        `>、: : :

835やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:48:04 ID:XU3aXq/A
                          ...      /: : : :/: : : : : : : : : : : : :\
 まあ、清厳にすれば、           ......     /: : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : ハ
                          ...     /: : : : :/: : : : : : : :∠: -―一く: : :l
 「お前は柳生家の正嫡だ。          .     |: : : : :/: : : : : : /-― 、   |:: :|
  将来は新陰流の正統も          ....    /⌒V_」: : : : :/⌒X     _ ;: : |
  背負って立つ人間なんだ」         ..  r‐ゝ /-、ハ: : : /代_ノ!    ∠ / : /
                          ..../{__,  {    \::| V(_)ノ   /しlY: : /
 とずっと聞かされて育ったところで、     : : : : :{_ゝ=、  )` ⌒´   〈(ノ//:/
それが、病気で全部ダメになったのに    : : : :/    _}\      _   ´〃`)
キッチリと廃嫡されたわけでもなく、      : : :/     / `ヽ>、_  ‘´ _/ /
といって何が出来るわけでもない…     ...: :/     /     \ 厂厂:\
なんていう生殺しの状態じゃ、        ...:/  ,イ/       ̄ ̄厂`ヽ:\
ほぼ絶望だけの毎日だったでしょうしね。    r ///        /   |: : :l
                          ...  |///       / /    |: : :|
 そこに「戦がある」という話が出たら…。 ....  l|l> _  <´ /      |: : :|
                             |||  \/    |  l   |: : :|


      / .::   /..::::::::::::::::/:::::::::::{:::::::::::: /   |:::::::::::::::::::::: !:: |
      /  ...:::::/.:::::::::::::::::/:::::::::::/l::::::::::::;     |:::::::::::/:::::::: |:  |
    ./ .:::::::::::/.::::::::::::::::∧::::::::::l ',::::::::::|     |::::::::/ !:::::: /:.  |
    ' .:::::::::::/.:::::::::::::::::/ 丶 :: |  ヽ::::::|    /::::::/ |:::: /:::: |
   / /:::::::::/.:::::::::::::::::/    ヽl \ \!  /::::/ ,.'::::/ :::::  |
   / /:::::::::/.:::::::::::::::::/        \,     ̄ ///|:::: |
--‐' .::::::::::::i.:::::::::::::::::::l ̄{匸 _テナ¬      /  '´  l :::::  |     せめて最後の死に花を、と、
........:::::::::::::::/|.:::::::::::::::::::|  ゞ=二ノ        ̄{匸 _テナナ:::::  |    一も二もなく、飛びつく、か…。
::::::::::::::::::::::l´|::::::::::::::::::::|                  ゞ=二ノ  '::::::: ,'    
:::::::::::::::::::::::v' :::::::::::::::::::! j|          '       ,'::::::  ,      しかも、建前はともかく、
:::/⌒个ト /.::::::::::::::::::::/ U                 ,:::::::: /     本音的な面では、家のためにもなるわけだし、
/  \\/ .:::::::::::::::::::/、                     /::::::: /      なんていうか…救いのない話だねぇ…。
    /:::::::::::::::::::::::/、\               /,:::::::: /
   〈 ::::::::::::::::::::::/  \. 丶.     ___    イ | /:::::::: |
    \:::::::::::::::::\     l  /l≧=┴┬┴=≦l:::ノノ/:::::::::: |
  丶.  丶 ::::_:::::::::ヽ.  |  |   || ,   |/ {:::::::::::. ヽ、
 /{ \  ∨}::::::::::::)  |___j     , //  |   \:::::::::..  \
 \丶----‐='...::::::/、  |   |   //|'    |     }::::::::::::::..  )

836やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:50:04 ID:XU3aXq/A
                      ...     /: : /: : : : : : : :/:_:_:  -―く: : ヽ
                            /: : /: : : : : : /´ -―-、    l: : :|
                            |: : :|: : : : : :/ィー=、          l: : :|
                            レ=、!: : : : ://ヘーイ!ヽ    /ヽ l: : :|
 なお、今までの話は、記録によると、..   〈 ,/-ヘ: : : : {弋__ン     ィー、/: : :/
こんな風にまとめられていますね。     r‐/{⌒ \: :ヽ ―     {七リ: : :/
                       -―:{_{ ゝ _,、` ̄`     ' `/:/
                       : : : : : : {__,ノ }\/ ̄`> 、   `厂ヽ
                       /: :/ _,、 ノ /      \/   ノ
                       -≠、 ̄  \ .'        \
                          \    /             \_, -―――――- 、
                            \  /            //         /

========================

 柳生清厳。名は清巌、初め権平と称す。
号を任去斎、又委心といふ、如雲斎の長子なり、善く家業を継く。
義直擢でて小性となし、別に禄三百石を賜ふ。
幼にして読書を好み、詩歌を善くし、嘯咏自ら娯む。

 長じて疾あり、之を久しうして愈えず、
依りて禄を辞して仕を罷め、一室に蟄居して、足地を履まず。

 会々肥前島原に賊起り、月を踰えて平がず、
清厳之を聞き、自ら奮って曰く、

 『吾不幸にして廃侯に嬰(かか)り、
  汚名身を辱しむ。
  豈(あに)久しく生きて人間に在らんや。
  命を此役に殞(いん)し、
  耻(はじ)を雪ぎ憤を解くの愈(まさ)れるに如かず』と。

 因りて有馬の温泉に浴するに託し、
竊(ひそか)に島原に赴き、軍監石谷十蔵貞清に請ひて、
松倉右近の軍に属す。
実に寛永十四年十二月二十七日なり。
(以下略)

========================

838やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:52:54 ID:XU3aXq/A
    / . : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
   , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
   / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l:.|: 〉
  ,' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |/
  / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / |       『吾不幸にして廃侯に嬰(かか)り、汚名身を辱しむ。
/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / : |        豈(あに)久しく生きて人間に在らんや。
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: :!__       命を此役に殞(いん)し、
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /-、: :|       耻(はじ)を雪ぎ憤を解くの愈(まさ)れるに如かず』
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :く_ノ} V
: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : :_:ノ |       …か。
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\    !      これ見てると、この時点で廃嫡されていたとも読めるね。
: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : :\: :}  ∧
: : : : : : : : : : : :/: : : :}: : : : }ノ、  ∧      まあ、結果としては一緒なのかもしれないけど、さ。
: : {: : : :{: : : : /: : : : ノ} : :_ノ  \  ∧
\{ー--\: ::{`¨¨´ ノイ く   ∨  ∧
 |       `¨`   /V゙ ̄    V   ∧
 |            |  ,/ ̄`ニニ^\   ヽ
.ノ           |厂{            〉

                             ..         ,  -―‐- 、
                                      /: : ; : : : : : :\\
                                     /: : : :/ \: : : : : :ヽ: ヽ
                                   /: : / /, -‐_,\:|: : : : l: :|
 その辺りについては、              .....     /: : /_   /f:しハY : : : |⌒l
この後、弟の利方についての話をする時に、 ......     {: : {' ィ=、  弋.ンノ: : : /く ⌒l
また補足するつもりみたいですよ?          .   V: ハf:し|    ∠:_:彡'/´ }  ノ
                              ..    ヽ: :ゞン  _   (  、__,ノ 人
 ただ、尾張柳生家としての判断はどうあれ、    .     `大  (ノ__)   // `T^ヽ: : \
清厳個人が「自分は廃嫡された身だ」と             (  ` T:7⌒\ニ7   ヽ: :\: :\
認識していたことの表れ、というのはありそうね。             |: l    ハ ヽ    l: : : l: : : :ヽ
                              ..          い    l | |    |: : : |: : : : ハ
 そんなだからこそ、この戦で死に花を、という気持ちが      〃    〉〉 |\  |: : : l: : : : :|
尚更強くなって、今回の事態になったんでしょうね。           /人_{_,二.コ |: : :>'´.:/ : : : : : |
                              ..        {/  |  | l,/: /: : : : : : : : |
                                       |     !   l/: /. : : : : : : : : :/
                              .        .//,   |  /.:/: : : : :――=ニ´
                                        / ̄ ̄` l   {: ´ ̄ ̄ ̄ ̄`: : : : `ヽ

839やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:54:46 ID:XU3aXq/A
 |  /:::::/:::::::::/l:::::/ /:::::/|:::::::::::::::ヽ
 |  /:::::/::::::::/   Vヘ{、/  ,::::::/::::::::::::l
 | /::::/::::::::/  -、  V  /:/!:::::::::::::::|
 |ノ -/::::::::んf__テ?    ´ `jノ::::::::::l:|
 |:|`V::::::::/弋::o::ノノ     - 、  |::::::: |:|
 |::V::::::::::l ゞミニ¨´     えテメx;::::::::::l:|
 |:::|:::::::::::| ' '     /  {::o::ノ人:::::::〃     あとさあ、この話って、
 |:::|:::::::::::|         ゞニ´ /::::::::/
 |:::|:::::::::::|\  _        /::::::::∧      『実に寛永十四年十二月二十七日なり』
 |`ハ:::::::: ∨ 丶 `___  イ:::::::::/ノ
 | |∧:::::::::::、 〈_::::::::::::::::::::/:::::::::/{        ってあるけど…確かまだ、
 | | /::::::::::::〉 ― ̄l lフ/:::::::::::::/:::`フ     作中だと十二月の上旬だよね?
==― f^ヽ-、__  ̄ ̄// ヽ:::::::::/厂       どういうこと?
    }_ノl | 卜、.ノ〈._,  |::::::::|ノ
      `^ー'し' \(:(_,ノ:/`y‐、-、_ _
              ̄ ̄ ̄ し'}_ノ ) |、
                     `¨ー' \

                                     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
 演出です(きっぱり)                      /: : : : : : :., ヘ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
                             .      .': : : : : : :/   `<: : : : : : : : : : : : : : : \.: : : : :',
 少しぶっちゃけると、                     i: : : : : : /       ` <: : : : : : : : : : : : : ',: : : : i
その時期になると他に書くことが多くなるので、..      l: : : : : /            ` <: : : : : : : : : l: : : : l
そこで清厳の話を入れると、          ......       ,: : : : :.'丶、_        __xィ'´ \: : : : : : : l : : : :
話のテンポが悪くなるから、少し時間を調整した…     ',: : : : l ,ィr‐ミx.    ̄"ィ=rf冖ミxヽ: : : : : :l: : : :,
とのことです。                           ',: : : :l´l {__,ハ      l l弋__,ハト',:: : : : ,': :r‐ 、
                                      、: :ヽ.lVr::::}      ', ∨::oリノl .l: : : /`ヽ  )
 一応、全体としての話には                     \: ',、ヾソ       、ゝー' / /: : イ==x| ∠‐..
影響しないようにはしてるので、          ......        ,rヽミ=-   ,     , , ̄ ̄/: イ   ノヽ.  ヽ:`.、
大丈夫な筈…です。                  .      {{  八             ̄ , ‐rー´ __ }}  ノ: : :.\
                                          、_           ィ〈‐ァ{   ト、ー‐': : : : : : :\
 「…いいのかなー」                  .              /: :> 、‘__’ ,.  ´  ./ \ー'  \: : : : : : : : : :.\
                                          /: : : : : : :f>=`> /  /∧    ヽ: : : : : : : : : : :ヽ
 いいんです!                     ..           /: : : : : : /  / /  /  .∧     ', : : : : : : : : : : :ヽ
さあ、それじゃあ話を本編に戻しましょうか。              / : : : : : : l_,∠_/  /      .∧    i: : : : : : : : : : : : :',
次は、また場面が変わりますよ!           ..          i: : : : : : / /:/   ./  , ―- 、 ∧.   l: : : : : : : : : : : : : :

840やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:56:50 ID:XU3aXq/A
 さて、ここで時は戻り、場所も移る。
まだ板倉重昌が島原にすら着いていない頃、十一月二十七日、江戸にて…。

                       }k
                       ノ;'l{
                     _ノ;人'、
                }、、__,. -'',r'/p、ヾ、
               ,}”ー--、."ニー--゙'ゝ ゙'‐、__,、ャ,
              ,、 /;;,rlT=イ__~ ̄~^~^''ー‐---、.y"
             ,irこ;;;},|i ||  ~||~゙ ''l!tー-n-;t{;/
             ,j r'i!_、_}-二 ニニ゛‐-,k!i、,、、」|__,|トッ
           、_ ヤ{/iコ};,^;;,,,;;;,‐,-,=ノ,ム=_-__ーネ{´,
           ,};コニニ/7r'|”~,__,゛,/ノ 。 \~^~^”””'ヤ
           i!;;;;;;;;;;;、i!__| ,i-!;'"/,r'^v^‐、\iコ~|レ=i、
         ,}`ー';;;;;;;;;;;;;;;}r‐''”_,.-''/ [iillIII}}}] 、゛\i!、;;;;i、
        /,Eャッririririrnm;y、^,、ニニ ー_ー‐-ー' ゛\,;;;i{、_     ,.ィ
        /,r"=|、__    ̄~””””””'''''''ー,rk':;firiririnnm;y^~三ニ;:ニ'}
       ,/,r"=/|::::.. ̄~゛゛``''';::::::::::::ー‐,ノ,ム-.,, 、.、.゛,.___゛~^~゛^i;/
     ,、 /,r"=/,;l,,,::::i::::|iillIIIIIIIIII|||:::::;7/,r' ``i、:::.iヘ::::::::. ̄~''''''':|
.    ォ}仁二Vェ^仁 ̄~"""゛””””''ー/,r'" .,・、 `\[iillIIIII|||]:::::::::::|  ,
    i!;;;;;;;;;;;/イ'^トー‐-ニニ二、こ,.-'" ,r' ,.-ー{  }ー、`、\"^"^"^"^゛''ー'}
    ,il;;;;;;;;;;;;;:^^i'|::::::::::::... ,. -''"_, -'/―‐‐`´ ―`i、゛、\゛^゛""ー'r/
    i l;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'|::::i,,. -''^_,,.-''′/' ,;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiilllll `i、` 、゙-、:::::::::|;it======r'7
 _r,=ーヲー",,:;;;;;;'7rイ~,. -'''~,._-_''~´..::::::|iillIIIIIIIIII|||||||||}.:::::゙'‐、 ` 、゙''-、:|;;;`i、;;;;;;;;;;;;~ヽ、
 〕{ュョiririririrm;;;;;~_,n、 ̄__二;;;,,  ̄~゛゛゛'''''',,;;;;;;;;;ー―‐---`ゝ、` -、~ヾ,,;;ヽ、;、;,._;;_;;_,,'‐、
../,r'ーl~~~^~_,.,r'%%r===%%''ュ.,_"‐^"‐''=fhifhicifcifriririririyr'g'y'ng'y''ngmgigpmgwwiV} `''‐、._
/,r'=r|::::::::,r7=-ー''^`ー"^ -、_=フ:::::::::::: ..................._________    ~"””””””””””””|”””riririririnfzmir'7
ゞ゛ヾ゛;:"゛ゞ"'';;,r';";;ヾ、:::::::::|::::::i####lllllllllllliiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ "''''' ::::::::::::::::::::::::::::|”””””””ヽ、””””"
ヾ、ハ,;;^",,;;;;;,r''^"::;''"",r'::::::::|、::::||iiiiilllllllllIIIIIIIIII||||||||||||||||||||:::::::::::|llllliii|::::::::::::::::::::::|^~^~^~'i~"
ヾゞ,、;:,,y''''7''""""'';;'':::::::::::::|;;`ヽ;、 _,、::;;;;;”””””””””””'''''''''..::;;;:::::;!!!!!iil::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|
::ヾ、,,;;;ハ;''"""'''';;::''"""''r,、hhhhhhm}{メfタfタfチfツfヨfヨfヨfヨfモfヨfルfルffルfル%%$%$%$$ユ:::::::::::|
''"゛;;;;:::"''',,《;;;;''ヾ、,;""~~^~^~^~^~|^`‐'___`ー'___`ー'__`'ー' ``ー' ``ー' ``ー' ``ー'`-ー'"::::::::::::::|
ヾ;;;,,ゞ,r'"";;,," .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|~^r'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,Tニソニi`ウニ{''T;ニj7{ヘ""""""""
;;'ヾ,r";r'ヾ'";:" ;;;;;;;;;i:::::::::::::::::::::::::::::|´)、_}ーv'´ヽ^{~フ~v_~ゝく,ノ~i´_K´メv_~Kトー{_{、ヽ、j、_}~ス、
;;;''ゞ;;;,i^'',、lll||||||||||||:::::::::::::::::::::::::::::|r'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,´)、_}ーv'ケ^~v__ゝ;く,ノ~i_jヘヽv~「^j´)、
;;',;ヾ;ヾ;、;;;'''゛iil||||||||l::::::::::::::::::::::::::::;|シ、_}~ス、く,ノ~i´_K´ナv^ーヌ_ヽ^{~フv7_,r`}フ~vレン、ヽフv_,r`}ヽ
Il"^ヾ、,rーir;======i、ーy'-;ーkー┐,}イ_,レ´i~,;k'_~メv^-チ_ツゝく,ノ~v^j,´)、_}ゝク-ヽヽノiス´ヽ^{、

841やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:58:15 ID:XU3aXq/A
    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|     …では、頼んだぞ。
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|     それほど急がずともよいが、遅れぬ程度にな。
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\

        徳川家光
     .(とくがわ いえみつ)



     lト,、',, :'i,          l   
     llゞ:::::::::',         l              無論、御下命とあれば従いますが…本当によろしいので?
     llリ>、::::::',      〈 _ _           戦が長引いたところに私が着けば、内膳殿の立場は…。
     ,!jノ ヾ:::::',、       ``"    _,,  
     l/   ヾ:::::'iヽ、   _,,. -― '' "´
         ヾ::ヽ',丶、 ´  、,,,,,. .:
          丶ヽ'i、丶、
           ゙i,:i,ト、'i l`iヽ、    , ィ′
           、┴i,ヽlハ',i ` ‐-‐ '",/
            ヽ'7 <ラ ',i,     //
             ソ / ,-tL、  , -''"
             `' ,イ  ,:'r'ー'´  , ィ:'

842やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/27(日) 23:59:01 ID:XU3aXq/A
::::::::::::::::::,、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
:::::::::::::::i' `"~´''""゙~゛゙^'ヾミ;,゙"ー;;;;;"゙''''ヾ;i
:::::::::::::::|           ' ;!゙      {,
:::::::::::::::|                       i
:::::::::::::::|                       |
⌒ヽ.:::::} ∠二二三三=''   ∠二二=
´'ハ i:: |   '´て"アヾ´    i"てj"ヾ,′     お前も心配性だな。
.r‐ノ レ'      ̄ ̄        | ´ ̄ l      キリシタンとはいえ、たかが百姓の一揆だ。
.{ i、               l    |      幕府の上使と、九州の諸大名の軍相手に、
 、 `                   |   |      持ちこたえられる筈もなかろう。
ヽ、 `i           ,-、 ノ   l 
:::| ` ー,                 ´     ,'        むしろ、問題はこの一揆の後始末だ。
/    、      `- -‐─‐- ′. /       これも全部内膳にさせるのは流石に酷だろう。
     ヘ       _____     /        .だから、今からお前を差し向けるんだぜ?
      ヘ      `~"´   / 
    ',    >  .    ;    /
     ',       ≫...    _ '
     ',      .:.:.:.: T<
      ',         .::.:.|   " ‐- ,
                      ̄" ‐-



     llゞ:::::::::',         l             …わかりました。
     llリ>、::::::',      〈 _ _           では、参るとしましょう。
     ,!jノ ヾ:::::',、       ``"    _,,
     l/   ヾ:::::'iヽ、   _,,. -― '' "´
         ヾ::ヽ',丶、 ´  、,,,,,. .:
          丶ヽ'i、丶、
           ゙i,:i,ト、'i l`iヽ、    , ィ′
           、┴i,ヽlハ',i ` ‐-‐ '",/
            ヽ'7 <ラ ',i,     //
             ソ / ,-tL、  , -''"
             `' ,イ  ,:'r'ー'´  , ィ:'

843やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/28(月) 00:01:01 ID:eXZnjoR2
      , /::::::::::::::ミf::ヽ彡:::::::::::`ヽミミ丶
       /::::::::::::::::ミ{:::::liシ::::::::::::::::::::\ミミ
      /:::::::::::::::/ミ`i:::::トyシ7へ::::::::::::::\
      ,:':::::::::::::::/`゙゙"!、::l    \:::::,:''゙
.     /::::::::::::::::/    ','' ',     \
     〃:::::::::::::::′   '!:::i,    ,, -‐ヾ´,
    ll::::::::::::::,'      ';:::i,  ,ィ'"   ヾ:
     ll::::::::::::.,' -―‐- 、 'i,:'!  ゙ ,. , -‐,,z=
.    l!::::::::::::!   ._,,,_' ,ヾi,:i,   シ',r'"{:.`''′      後始末以外の仕事が、
    l|l::::::::::::l , z,=r;;テミ、', ゙li,   '゙ _,,`ニ       出てきそうではありますが、ね。
    ゙il::::il ',:::l '´ ヾ.゙''゙ノ   '! ':,
    li,''゙ ゙' l `' == ''"  l  丶
     lト,、',, :'i,          l
     llゞ:::::::::',         l
     llリ>、::::::',      〈 _ _
     ,!jノ ヾ:::::',、       ``"    _,,
     l/   ヾ:::::'iヽ、   _,,. -― '' "´
         ヾ::ヽ',丶、 ´  、,,,,,. .:
          丶ヽ'i、丶、
           ゙i,:i,ト、'i l`iヽ、    , ィ′
           、┴i,ヽlハ',i ` ‐-‐ '",/
            ヽ'7 <ラ ',i,     //
             ソ / ,-tL、  , -''"
             `' ,イ  ,:'r'ー'´  , ィ:'
            松平伊豆守信綱
       (まつだいら いずのかみ のぶつな)


 幕府は、実際の戦が始まる前に、既に一揆の後始末の為、
年寄のひとり、「知恵伊豆」こと松平信綱の派遣を決定した。

 だが、これが一因となり、幕府は手痛い敗北を知ることになるのである…。

845やる夫で学ぶ柳生一族(その46)2011/02/28(月) 00:03:13 ID:eXZnjoR2
    \ヽ, ,、
      `''|/ノ
       .|
  _    |
  \`ヽ、|
    \, V
       `L,,_
       |ヽ、)
      .|
     /        ,、
     /      ヽYノ
    .|      r''ヽ、.|
    |      `ー-ヽ|ヮ
     |          `|
    ヽ,        |
       ヽ,/´ ̄ヽ、ノ
        .| 0   ',
         .ヽ、___./
          ___
       /    \
     / ⌒  ⌒ \
     |   ・ .. ・   |
     |    `ー'   |  ...     ┼ヽ  -|r‐、. レ |
    /\____/ヽ       d⌒) ./| _ノ  __ノ

【やる夫で学ぶ柳生一族(その46) 「柳生清厳、島原への道」】 完

関連記事
[ 2018/03/11 10:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する