FC2ブログ

やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その47「江戸から見た島原」

882やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 22:41:41 ID:xwsyxLKQ
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレです。


【今回のメイン柳生 : 柳生但馬守宗矩(やぎゅう たじまのかみ むねのり)
             .柳生主膳宗冬(やぎゅう しゅぜん むねふゆ)】

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |        大和柳生藩初代藩主にして柳生家の当主、
. |  (__人__)  |        そして徳川将軍家剣術指南役、柳生但馬守宗矩だろ。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;).  常識的に考えて…。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/


    / ̄ ̄\
  / ⌒  ⌒ \
  /.  (●) (●) ヽ    柳生家の三男、主膳宗冬でございます。
 .|   (__人__)  |   今は書院番を勤めております。
 .|    `⌒´   |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ

886やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 22:44:47 ID:xwsyxLKQ
【寛永十四年(1637)時の柳生一族系譜】

  大膳長永
     :
  <柳生家>
     :
    ├─────┐
  柳生永珍   中坊源専
     :
    ├─────┐
    家厳      重厳
    |    (七郎左衛門)
    |     (松吟庵)
    ├───────────────────────────────────────────┐
    宗厳                                                              .妹
  (新左衛門)                         .【江戸柳生】                             |
   (石舟斎)                        .(大和柳生藩)                          <幸徳井家>
    ├───┬───┬────┬───────┐                                |
    厳勝   久斎   徳斎     宗章          宗矩                               友景
  (新次郎)             (五郎右衛門).     (又右衛門)                              .|
    |                            (但馬守)                                |
    |   【尾張柳生】                   |                                  |
    ├────┬────┬────┐        ├─────┬─────┬─────┐       .|
    純厳    利厳.     妹     厳倚      三厳       友矩      宗冬      .六丸    友種
   (久三郎)  (兵庫助).         (権右衛門)   .(十兵衛)    .(左門)     .(主膳)
           |                   (幼名:七郎) .(刑部少輔) (幼名:又十郎)
           |
           ├─────┬────┐  
          .清厳      利方     .新六 
        .(新左衛門)  .(茂左衛門)

888やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 22:45:31 ID:xwsyxLKQ
【第1部(その1~11)のあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の領主、柳生新左衛門宗厳は、上泉伊勢守秀綱創始の新陰流の正統を継ぎ、
後に名を石舟斎とあらため、その剣名を天下に上げた。
しかし、長男新次郎厳勝の不具廃嫡、豊臣家による所領の没収、
新次郎の長男、久三郎純厳の死など、柳生家に辛く重い苦難が襲い掛かる。
だが、徳川家康の招きに応じ、「無刀取り」を以って家康に指南を請われた際、
末子・又右衛門宗矩を推挙したことで、再び柳生家にも光が差す。
その後、関が原の戦にて徳川家に味方したことにより、柳生家は旧領を回復、
更に家康が幕府を開いたことで、宗矩が将軍家剣術指南役となり、
柳生家、そして柳生家の新陰流…「柳生新陰流」は、一気に繁栄の路を進む。
そして、柳生家の家督を宗矩に、新陰流の正統を兵庫助に継がせた石舟斎は、
慶長六年(1611)、78年の生涯に幕を閉じたのであった…。

【第2部前編(その12~24)のあらすじ】
 石舟斎の死後、宗矩は正式に家督を継ぎ、新たなる柳生家の当主となった。
またその翌年、柳生庄にて宗矩に待望の嫡男・七郎…後の柳生十兵衛三厳が誕生する。
そして、大坂の陣による豊臣家の滅亡、一代の英傑・徳川家康の死を以って、
戦国の世は完全に終りを告げ、新たな時代「江戸時代」が始まる。
その新しき世において、柳生家は将軍家指南役となった宗矩の「江戸柳生」、
尾張徳川家指南役となった兵庫助の「尾張柳生」の二家に分かれ、
宗矩は「坂崎事件」を解決するなど、剣術指南の枠を超えた才を発揮し、柳生家を発展させ、
兵庫助は新たな時代の剣、「直立たる身」の工夫を編み出し、新陰流を発展させる。
その後、時は寛永・三代将軍家光の世に移り、尾張においては後の柳生連也斎厳包こと新六が誕生、
江戸においては十兵衛が小姓を致仕するなどがあったが、その末に、遂に宗矩が諸大夫成を遂げる。
「柳生但馬守宗矩」がここに誕生したのである。

【第2部後編(その25~46)のあらすじ】
 晴れて但馬守となった宗矩だが、知己の禅僧・沢庵が紫衣事件で罪に問われ、
また自身も主君家光より難題を出されるなど、次々と苦難が立ちふさがる。
だが、大御所・秀忠の逝去によって赦免された沢庵より
「剣禅一致」を説いた「不動智神妙録」を受けた宗矩は、
真の大将の剣、『活人剣・治国平天下の剣』を確立することに成功、
これを家光に教授し、信任を確かなものにする。
そして、宗矩の惣目付就任、柳生藩一万石の大名への立身や、柳生新陰流の全国への広がり
また、十一年ぶりに江戸に戻った十兵衛も、宗矩より印可を授けられるなど、柳生一族が繁栄の絶頂を謳歌する中、
寛永十四年、江戸を遠く離れた九州の地において、後に江戸時代最大の一揆と呼ばれる「島原の乱」が勃発する。

 そして、鎮圧のため派遣された幕府上使の板倉重昌の前に、尾張柳生家の嫡男・新左衛門清厳が現れる。
清厳は、病に冒され余命幾許もない身の死に場所を求め、参陣することになったのであった…。

889やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 22:46:09 ID:xwsyxLKQ
 さて、前回、島原にて尾張家の嫡男・柳生新左衛門清厳が板倉重昌に参陣を許された頃から
若干時は戻り、重昌が上使として派遣されて後の幕府の動きについての話となる。

                               (:;:〃::;;;)
        g _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,:;::;;(:;〃:;;::〃:;;″
      ,ノ,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;丿:;〃:;;::〃:;;″''',
  ,,,,,,,,,,,,ノ゙,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;:;(:;:;;::〃:;;″,);::〃
 ,',',',',ノlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll:;(:;〃:;;::〃:;;″ :;;::〃
  ̄ ̄ ̄l:   ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヾ:〃:;;:〃:;;;:〃:;;)
       |  丿,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,丿il″.゙:;ソ'l:;;::〃,:;;;:〃:;;)
       |     .l|l     l:〃:;):;     l  ⌒     |    |ヽヽ
 ,,,,,,,,,,,,,,,,|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚l|l''''''''''''''''''l :〃 ;),,    l゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚| ;丿:;〃
   l:l'''l |:::::::::::::::::l|l | ̄| _ l:;:〃:;;). .   |::::::::::::::::::::::|::::::::l| ̄l|: ,:.;,丿;;;:〃:;;)
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l |_|:| : |:l: /~~゙ヽ'    |::::::::::::::::::::::|::::::::l|柳l| ”ー、,,,,,_
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l   :  ::.l: ヽ;;:;丿,,,,-' |::::::::::::::::::::::|::::::::l|生l|.,l:    `゚‐
   """"|:::::::::::::::::l|l ._,,,,,,,,,,,,、lr''''''゙゙゙~    |::::::::::::::::::::::|:::;;;,.l|  l|゙`  ,'''゙゚゙"ヽ
  .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,!'''゙゚゙"ヽl|  l| *i,,,'l_ :;:;::゙:;
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .'l_ :;:;::゙:;|l" ̄:;:ヽ  `─"'
                             `─"' ヽ_,,丿   .,.,:;;.,;

 時は寛永十四年十一月末、
ところは江戸の柳生家下屋敷…。

890やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 22:47:38 ID:xwsyxLKQ
     }     /   j! |             l       /
     l    , l   j!/l             l        /
     |   / |  ,.'/_.|             !      /
     {   {_ ィ  j! ! |             ,'     /
     l   | .! ., 'j!{. !           /      /
     ヽ.  | j,'  j!j |          /       /
       ヽ l/  ,ハ....l         /      /
     . ...::::V'   j! ! `l        /      /
    :., ィ´    j! ,ィ  {        /      /     ザッ
   , イ/    , イノ  ` 、         _. <
    ハ,lf,ニニフ// ´ , 、   ` ┬─ ‐ イ´  `::.
   {ヽt_, -彡'      `´   ..../    {l     ,:
   ` = ´            {ヽ  ィ彡|! . .::: ::'
                  lト、V/ , iノj..:: ' ´
                   l{__ハ_jノ'//
                  ` =‐ ´

891やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 22:48:32 ID:xwsyxLKQ

    / ̄ ̄\
  /  ⌒  ⌒\
  /   (●) (●)ヽ
 .|    (__人__) |     父上、お帰りなさいませ。
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ


        / ̄ ̄\ ´_ 
     ⌒  ⌒    \
    (●)(● )   |
    (__人__)     |    主膳、来ておったか。
     (`⌒ ´     | 
.     {           |    「ええ、今日は非番でしたので」
     {        ノ 
      ヽ     ノ
      ノ     ヽ
       /      |

 寛永十四年の頃、既に宗冬は三百石の書院番士であった。
そのことを考えると、この時点で柳生家屋敷を出て、己の屋敷を持っていたかもしれない。

892やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 22:49:55 ID:xwsyxLKQ
 ゙̄''ー-、.._                                _,,-―'" ̄
       || ゙̄''ー-、______________,,-―'" ̄
二.二二二二i===||________,| |              | |
    ||    ||;; |  | | ̄ ̄__i__ ̄ ̄| |―┬―┬―┬―| |  |\
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  |  \
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | |.  i i        | |  |   |
    ||    ||;; |_| |   |_|:   | | (_;;).       | |  |    |
    ||    ||/ /| |         | | ̄ ̄ ̄| ̄''''――| |  |    |
    ||    ||/  /三.三.三.三三|_|―――|゚____,|_|   \  |
    ||    || /                       \  \|
    ||    ||'                             \
//||   /                               \
//|| /      
//      .   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
/     ......  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
         |    (─)(─)  /;;/
        . |    (__人__)  l;;,´    …
          |     `∩_ノ)━・'
        .  |     |_ノ
         /ヽ    |  |_
         |  \_/ ノ ヽ
         \     /_|  |
         | \ /  _/

893やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 22:50:56 ID:xwsyxLKQ
     / ̄ ̄\
   /    ⌒ ⌒
   |    ( =)(=)          ふぅ~…。
.   |     (__人__)        やっと一服できたわい。
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ   御城ではそれどころではないしのう…。
   .l^l^ln      } `‐=   ) 
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;)
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ


    / ̄ ̄\
  /  ⌒  ⌒\
  /   (⌒) (⌒)ヽ    ははは…相変わらずですね。
 .|    (__人__) |    お疲れ様です。
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ

895やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 22:52:18 ID:xwsyxLKQ
    / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_\     しかし、此度の島原の一揆の件、
  /   (●) (●)ヽ   随分とお歴々も警戒しておられるようですが、
 .|    (__人__) |    .それほど大層なものなのですか?
 .|      `⌒´  | 
. ヽ       nl^l^l   正直、百姓の一揆如き、一ひねりと思うのですが…。
  / ヽ      |   ノ
. /        ヽ く


   / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_
 |     (●)(●)
. |     (__人__)       …お前には実感がないからわからぬのかもしれぬが、
  |      `⌒´ノ ) ;;;;)  .宗門の力というものは侮ってはならぬ。
.  |         }  .) ;;;;)  一向宗の話くらい、お前とて聞いたことはあろうが。
.  ヽ        }  /;;/
   ヽ     ノ  .l;;,´     ましてや、此度はキリシタンじゃ。
. /    ∩ ノ)━・'    厄介さでは一向宗以上かもしれぬ。
 (  \ /|_ノ ヽ     到底、甘く見ることなどできぬよ。
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

896やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 22:53:39 ID:xwsyxLKQ

    / ̄ ̄\
  /  _ノ ヽ_\
  /   (●) (●)ヽ     それほど厄介なら、どうして幕府の上使が、
 .|    (__人__) |    板倉内膳様の手勢だけなのですか?
 .|      `⌒´  | 
 ヽ         /     今こそ、我ら旗本衆の力を見せる好機だと
 /   ヽ     ノヽ    同輩の中でも話しておる者もおりますが…。
./ /   ∩ノ ⊃|  | 
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


   / ̄ ̄\  ( ;;;;(
 / _ノ  ヽ\ ) ;;;;)
 |  ( ─) (─)/;;/    …まあ、そのように言う者が出るのは
. |   (__人__) l;;,     わかっておるが…見識の足らぬ物言いじゃの。
  |    ∩ ノ)━・'
.  |   /  ノ´ }    
.  ヽ  / /    }    
   ヽ/ /   ノ

897やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 22:55:06 ID:xwsyxLKQ
    ____    ━┓
  /   ― \   ┏┛
. | ノ  (●). \  ・     どういうことですか?
. | (●)   ⌒) \     武士として生まれた身の者が、
. |   (__ノ ̄   |     戦場に立とうとする気概を見せるのは、
  \         /     そう悪いこととも思えませぬが…。
    \      _ノ
    /´      `\
     |        |
     |        |


   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |         その気概そのものを否定するわけではない。
. |  (__人__)  |        .わしが言うておるのは、その気概の向け方よ。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;) 
.  |        |    .) ;;;;)    お前の同輩ということは書院番士であろうが、
.  ヽ       }   /;;/   上様の御身辺をお守りする両番が、
   ヽ     ノ   .l;;,´     御側を離れるわけにはいかぬであろう。
. /    ∩ ノ)━・'  
 (  \ /|_ノ ヽ         「あ…」
. \  ""  /_ノ  |  
   \ /___/

898やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 22:56:41 ID:xwsyxLKQ
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/   今、幕府が警戒するべきは、
. |    (__人__)  l;;,´   この一揆だけではない。
  |     `∩_ノ)━・'
.  |     |_ノ        これに乗じる者が出た場合、
 /ヽ    |  |_       それに対抗できるように備えねばならぬ。
 |  \_/ ノ ヽ     .そのためにも、今、江戸を手薄にはできぬのじゃ。
 \     /_|  |
 | \ /  _/


    / ̄ ̄\
  /  _ノ ヽ_\
  /   (●) (●)ヽ
 .|    (__人__) |    乗じる者…と言いますと?
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

900やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 22:58:07 ID:xwsyxLKQ
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)           …主膳。
.   |     (__人__)          キリシタンは九州におるだけではない。
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ     報告でこそ、おらぬことになっておるが、
   .l^l^ln      } `‐=   )    .実際には、まだ各地にキリシタンは潜んでおろう。
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;) .それに、キリシタン以外にも不満を持つ者は幾らでもおる。
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;) 
   /  /    \       ./;;/   そやつらに此度の一件で火がつき、
  /  /       \     .l;;,´   立ち上がったらなんとする?
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ


      / ̄ ̄\
    /       \
    /          ヽ
   .|    _ノ   ヽ_ |
   |    (-) (-) |     なるほど。
   ヽ    (__人__) /     敵は今見える一揆衆だけではない、ということですね。
   /   ヽ  ` ⌒´ノヽ
  ./ /   ∩ノ ⊃|  |
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /

901やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:00:04 ID:xwsyxLKQ
    / ̄ ̄\
  /    _ノ \               それにの…。
  |::::::     (● ) )              戦国の世を覚えておる者は、まだまだおる。
. |:::::::::::   (__人)               .その中には、この徳川の天下に不満を持つ者もおるであろう。
  |::::::::::::::  `⌒´ノ          ....,:::´, . 
.  |::::::::::::::    }          ....:::,,  .. 主膳。
.  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .  何故、肥後守様にも帰国の命が下されたか
   ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .   わからぬか?
   /:::::::::::: く         ,ふ´..
   |:::::::::::::::: \       ノ::ノ
    |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


     / ̄ ̄\   て
   /:::::::  \ /  て
   /:::::::::  (○)(○)
  .|::::::u:::   (__人__)      ……あっ!?
  .|:::::::::::::   |r┬| |      父上、それはまさか…!
  ヽ::::u:::::::   `ー'./
  /::ヽ:::::::::::    ノ      「そのまさかよ。
  /::::       く        西国で事あれば、東国にも備えよ…そういうことじゃ」
  |:::::        \
  |::::        ヽ、二⌒)

905やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:01:19 ID:xwsyxLKQ
 この頃、幕府は今回の一揆により、他の地方のキリシタン達も蜂起することを警戒し、
東北や四国の大名達を自領に戻らせているが、その際、異母弟・保科正之も自領(丹羽山形)に帰国させている。

    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<     肥後、東国を頼むぞ。
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^| 
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|      もし伊達の爺が生きていれば、
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ     今頃、嬉々として動いていただろう。
.    }.iーi       ^ r'    ,'      同じようなことを考える者が出ないとは限らんしな。
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\
        徳川家光

       -'´ ̄ ̄ ̄ ゙ '- 、
      .r´'         ヽ
     .( ,nヾ、_、_、__、-    l
     π         r  .!     お任せください、上様。
     (| ‐‐-、  ,.-‐‐  F-、j    この僕にかかれば、朝飯前の納豆三杯ですよ。
      .!          i ∂!
      i 、____,  .!- '
    .(二ヽ、_  `=´   _,ノ二二)
  /  Y '|| (_ヮョヮ_〉>   ヽ \
  ,´   i  || >',〉llll〈/< 〓〓 .l  ',
      保科肥後守正之
  (ほしな ひごのかみ まさゆき)

 これは、「西国で事あれば、東国にも備えよ」という家康の遺訓に従い、
東国大名達ににらみを利かせるべく、信頼できる異母弟を派遣したため、と言われている。

906やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:02:42 ID:xwsyxLKQ
           -'´ ̄ ̄ ̄ ゙ '- 、
          .r´'         ヽ
         .( ,nヾ、_、_、__、-    l
          π         r  .!              さあ、お前達。
         (| ‐‐-、  ,.-‐‐  F-、j             さっさと帰るぞ!
          .!          i ∂!
          i 、____,  .!- '               しかし、いつの間にやら帰る先が丹羽山形二十万石か。
  /^l     (二ヽ、_  `=´   _,ノ二二)     l^ヽ     これもぼくの日頃の善行の賜物だな!
 ( ll ̄ ̄l ̄ Y '|| (_ヮョヮ_〉>   ヽ  ̄l ̄ ̄ll  )
  ヽ.ll__l_ ,´ .|| >',〉llll〈/< 〓〓 .l__l__ll_ノ
         .l  ll \',.ll.// 万万  l
         l   ll   V '   ○○  l
        .,'   .ll           .',
     l゙'-、.lニニニニニ::[三]ニニニニニニニニニL__,.-'l _/⌒i
  i⌒、_\                    /   _
      \                 /  、 _   )
 (  /   ゙--------------------´
     /  /  / /  \   \   \   _ノ
  く    /   / /    \   \     )
    (´_) /i_ 、        ,. 、_) -'
             - '  `-- '

               iヽ
           ,. ---' `゙'-、
          ,.'´// / ノ ノ ヽ
           l .r-、  ,.-‐ヽ-' ',
          V  ` ´   i 三|      なら、ついでに僕たちの家禄も上げて、
         (|( ̄"Y" ̄,)l ,-、l     善行の嵩上げをしてくださいよー。
          !  /\   ν∂!  
          .'<    >  ,'´        「(∩゚д゚)アーアーキコエナイ」
           \  /  イ
          ⊂ニ/゙゙||''''゙゙´_|二二⊃
        /  ||`'||-''''´    | \
          保科家家臣

 なお、正之は、寛永十三年の時点で、その所領を
それまでの高遠三万石から、丹羽山形二十万石に替えられている。

908やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:03:47 ID:xwsyxLKQ
    / ̄ ̄\
  /  _ノ ヽ_\
  /   (●) (●)ヽ    しかし…東国はそれでよいにしても、
 .|    (__人__) |    当の西国への備えはどうなるのです?
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /    上使たる板倉内膳様だけでは
 /   ヽ     ノヽ    流石に心もとないのでは…。
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


   / ̄ ̄\  ( ;;;;(
 / _ノ  ヽ\ ) ;;;;)
 |  ( ─) (─)/;;/
. |   (__人__) l;;,      主膳。
  |    ∩ ノ)━・'     今、その西国…特に、九州の大名家のうち、
.  |   /  ノ´ }      .自領に当主がいる家がどれほどあるか、知っておるか?
.  ヽ  / /    }    
   ヽ/ /   ノ

910やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:05:11 ID:xwsyxLKQ
     / ̄ ̄\
   /    ⌒  ⌒    
   |    ( -)(-)         病で療養中の島津中納言(忠恒)様以外は、
.   |     (__人__)         ちょうど参勤交代中で、.全員、この江戸に上府しておられる。
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ
   .l^l^ln      } `‐=   )    無論、嫡男方は島津家も含めて全員江戸住まいじゃ。
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;)
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ


     / ̄ ̄\  
   /:::::::  \ /  
   /:::::::::  (●)(●)    な、なるほど。
  .|::::::u:::   (__人__)   それならば、兵を挙げることなど…。
  .|:::::::::::::   |r┬| |
  ヽ::::u:::::::   `ー'./    「そういうことじゃ。
  /::ヽ:::::::::::    ノ      それに、仮に中納言様が仮病であったとしても、
  /::::       く      .今は領内のことで手一杯であろうよ」
  |:::::        \ 
  |::::        ヽ、二⌒)

911やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:08:49 ID:xwsyxLKQ
           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●)
         |     (__人__)         それに、あくまで内膳殿は一揆鎮圧のための上使。
         |      `⌒´ノ          諸大名へ睨みを効かせる役は、九州に所領を持つ御譜代の方々、
          |         }         .それに、姫路の本多様にも帰国命令が出ておるからの。
          ヽ        }      (   .西国の備えはそちらということよ。
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ ( 
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !


    / ̄ ̄\
  /  ⌒  ⌒\
  /   (⌒) (⌒)ヽ    なるほど…!
 .|    (__人__) |   既に幾重にも手は打たれているわけですね。
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ

 十一月十一日、幕府は姫路城主・本多政朝をはじめ、九州の譜代大名たちにも帰国命令を出している。
これも各地方のキリシタンを警戒してのことであるが、これに乗じようとする大名家が出た場合の対策でもあった。

912やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:10:34 ID:xwsyxLKQ
      / ̄ ̄\
     / _ノ  .ヽ、ヽ
     | (●)(●) |    これ主膳。
     |  (__人__) |   そこで感心してどうする。
     |    `⌒´ ノ   本来ならば、このような一揆を起こさぬことこそ
     ヽ  ._   .}   統治者の本義なのじゃからな。
      ヽ_/ }   ノ
      /、 〈  く     この一揆の後、どのように仕置するかが肝心なのじゃ。
     ハ ヽ Y`ー.、i    それを覚えておくがいい。
     { ヽ_ゾノ-‐1
     `¨´┬' . |


    / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_\
  /   (-) (-)ヽ
 .|    (__人__) |    は、はい…。
 .| u.    `⌒´  |   しかと、心得致します。
. ヽ       nl^l^l
  / ヽ      |   ノ
. /        ヽ く

914やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:12:00 ID:xwsyxLKQ

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \       頼むから心得ておくのじゃぞ…。
 |    ( -)(-)     
. |     (__人__)      「治に居て、乱を忘れず」
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }       という言葉は、備えを欠かさぬことだけではなく、
.  ヽ        }      治中の乱の芽を見逃さぬことも意味するのじゃからな。
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、      もはや戦で手柄を立てさえすれば良い時代ではないのじゃ。
    l \ 巛ー─;\    そもそも、戦を望むようでは統治者たる者として…ブツブツ
    | `ヽ-‐ーく_) 
.    |      l


     / ̄ ̄\  
   /    _ノ ヽ 
   /    (○)(○)
  .|  u.   (__人__)     はぁ…。
  .|       |r┬| | 
  ヽ      `ー'./    (うわぁ…これは…)
  / ヽ       ノ 
  /        く

915やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:13:18 ID:xwsyxLKQ
                        |
                        |       それに、武芸に熱心なのはいいが、
           \            |      それに心が居着いてしまうようではいかん。
            /`゙''―‐┬   |
              |  -  l   ..|       ましてや他の家ならともかく、
              ヽ    丿   |      我が柳生家は、ただ剣さえ振るえば
                          |      .それでよい家ではないのじゃぞ?
                      l\
              l      ,'  \     あやつはそれがわかっておらなんだから…クドクド
      人        丿      /    \


    / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_\
  /   (-) (-)ヽ     …いやまったくその通りです。
 .| u.  (__人__) |    
 .|      `⌒´  |    (あー、こりゃあと一刻はかかるな…)
 ヽ         /  
 / ヽ       ノヽ 
/           ヾ

918やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:15:23 ID:xwsyxLKQ
     |┃                ,. '"´三二二三`ヽ     
 ガラッ. |┃              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ    
     |┃              /   /    夢     ', ヽ   
     |┃三           /   /::(         ノ:::)  ヽ   
     |┃            /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
     |┃           /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
     |┃三         /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
     |┃三        /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
     |┃        ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
     |┃        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)  
     |┃三     /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  . 何を辛気臭い説教をしとるかッ!
     |┃      ./   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ   .この白長頭がッッ!!
     |┃      /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _) 
     |┃三.   /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)  
     |┃三  /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
     |┃   ./   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
     |┃  .     // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     |┃三   // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
     |┃  .  // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
     |┃    // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
     |┃三.// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
     |┃三     /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  
                         沢庵宗彭
                      (たくあん そうほう)

920やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:17:22 ID:xwsyxLKQ
. /                  \       ノ    て
/                          \     /      そ
      u.      _,,,,..,,_       そ, イ
          ,. -''"´    `゙''-、       .
        ,."          `ヽ.  ヽ\  . u
       /              `、  Y、
       ,'                  i.  | 〉
       !       ○       l  i         /       うおっ和尚っ!?
       ',               ,'  i.        /
       丶             /  j      {
   u    ヽ            ,.'    ハ     i.
         `'-、_      _,.-'´  ノ  .      i
      /      `゙''ー-‐'''"´   イ         V.
       /                             ゝ
.     |                   /
      !                   /,
        ヽ                  /.:.:.:. .
        ヽ             / i.:.:.:.. . .
          `ー― ― ――――′  ゝ.:.:.. . . . .


     / ̄ ̄\   て
   /:::::::  ⌒ ⌒  て
   /:::::::::  (○)(○)
  .|::::::u:::   (__人__)    やった!助かった!
  .|:::::::::::::   |r┬| | 
  ヽ::::u:::::::   `ー'./     (和尚様ッ!)
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く
  |:::::        \
  |::::        ヽ、二⌒)

923やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:19:05 ID:xwsyxLKQ
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |      さっきからブツブツと声がすると思えば、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|     こんなところでお門違いの説教か!
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ     天下一の将軍家御指南役が聞いて呆れるわー!
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


   / ̄三\
 /;;;; _ノ 三 \
 |;;;;;;;  ( ○)(○)     うるせえこの禅坊主!
. |;;;;;    (__人__)     親が子供の心配して何が悪い!
  | u.    |r┬|}    
  |      | | |}       あと主膳!
.  ヽ     `ニ}      お前さっきなに言った!?
   ヽ     ノ      ちょっと待っとれ!
   /    く  \
   |     \   \   「ひいっ!?(なんで聞こえてるの?)」
    |    |ヽ、二⌒)、

924やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:21:03 ID:xwsyxLKQ
           _,,、....... --........,,,
            ,/゙,.. -―ー ,,   `'''-、、
          / /   、,,,   .`'-、    \
         / /   .ll夢i_、   .ヽ.    ..ヽ
       / . /     "      ,i"<    .ヽ
     / . i',,            ,, ;;ソー'''ッ',     \
     ,'  l;:;:,゙;;iii- 、    ,i.l二rミ';;./ i',      `ー
    . !  ,!;|,'..,;{゙l_,/./    .`''T゙゙´  " .|
    !  .!゙"  ̄゛ ′             ,...!         「親はなくとも子は育つ」という格言を知らぬかー!
    .,!  .!       _,,,,,.      /´;:;:|        大体、その説教をするなら十兵衛の奴にやらんか!!
    .l゙  .l'ー、 .、  ゙‐'ニ>-, .l  .|;:;:;:;:|
    .l  .|;:;:', !', /ニ',;;二ニコ;.l.,l} .!;:;:;:;:}
    .!   !;:;:.! .',゙ゞ゙'";:;:;:;:;:;:`゙;:;:;〈. :!;:;:;:;:l゙
   |  .l;:;: l l';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,,;:l''、.l !;:;:;:;|
    |   .!;:;:;',.|;:l',;:./''''''"゛ `| l;! .|;:;:;:;|
   .|    .l;:;: ! l}',′    │ ゙l .l;:;:,i|
   .!    . l;:;:;l │ヽ   ._,,,./  ゛ .l./ .!
   |     .',-.l ′ `゙´      /   !
   l      l \、      . ,/   !
   .,!      .l   `''ー----‐'´     l
   .!       !                 ゙
   !       ."
  .|

          , --────-- 、
       ┛┗           \
       ┓┏             \
     /               l     \
    /              ノ::::::::::::::::::::::.\
.   /             _, -'´:::::::;;;;;;;;;;;;;;:::::: \
  |         / / ̄\ \:;;;;;;:// ̄\\
  .|        | |. ○ .|  ,|:;;;;:| |. ○ .| |
   |         \ \_/ /::;;;;::\\_//
   .|             ,/   :::|::     \       「親の心子知らず」とも言うじゃろが!
    |            |      |     |      あの馬鹿と同じことを主膳に繰り返して欲しくないんじゃ!
    |            |      |     | 
    .|             \__/\__/|
    |.              トエエエエエイ  | 
    .|               '.{    :l    }/ / 
     |                .{   :l    }/ )  
      丶                  .{       }  l  
      \                  、`ー一一 ' )  
       \               u     / ,
         ヽ               /

926やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:22:53 ID:xwsyxLKQ
         . /      /              ヽ    .ヽ
        /      ./      夢       ヽ    ヽ
       /      ./               , .l,    .',
      ./     ,i!゙',、            _ノ.l/j    !
      !     .,'―‐`-lii、       . ,,rl┴''''ー l!    l,      ぐぬぬ…!
     ./     i!'-、 .!ゝ . '.l、       /   .!′ ,..''7    .ヽ
     ./     ./ 'イ''ニ=rirr,'|./     .ヽ`-`-`-''',/゙l      l
    /      .l゙         "       ゙′     l      l.
   . /       !                       ,.|     ., ヽ.
  .'"       !ヽ   y     i;;;;;;、    'i,  ../ ;:;l     ..l゙‐'′
         |;:.!  ,/,' .,,r;;ニッiiiiiiiiiiiiii;;;;r、 .l',  .!;:;:;:.!      .ヽ
          |;:;:;:! .// i',{ .iー'''''''''''''ー'i i!|i ,!} l;:;:;:;l          l
          |;:;:;:| .{ ! ./ ゙"      !" l',./;,! l;:;:;:.!           !


    `丶=二ー-_、_       、   │    \
 :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;` ̄──__二三三二`\_」│ ∥  │
  ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;::;:;:;:;:;:;:;:          ;:;:;:;:;:;:;:;:;:  ∥  │
     ;:;:;:;:;:;:;:;:;: > ─ ̄´二 ̄ ̄ 丶\;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\  /
        _/     ,ィ炙ノ ㌧     \;:;:;:;:;:;:;:;:;:│ ノ /
      //     ,彷/O ゚亥. 心     〉 ;:;:;:;:;: ノ//-      むむむ…!
      く│     以亥亥主主/!    /    //二
        i      W圭靈圭' ,У    /   //≡=、
       ハ、     `冬圭竺才   ノ   ;:;:;
         \            ;:;:;:      /
                  ;:;:;:;:;:;:; ;:        i.
               ;:;:;/:;:;:;:;:;:;::            i:
                /:;:;:;:;:             i!:;
                |:;:                  i!;:;

929やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:24:40 ID:xwsyxLKQ
          _ノハヾヽー〃〃〃∠-ンiノiヽ,
         ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ゝンi
        <´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l
        <: : : : : r='"¨ヾヾヾヾヾヾヾ¨ヾ〃>jノ:_: : : :ゝ
       ミ: : : ミ`                彡: : ミ
       ミ: : ミ                  彡: :ミ
       ミ: :ミ                   彡: : ミ
       状: ミ                    〃: :ミ
      ,ヘ: :く,.-三三三ニー、   ,.-ニニ三三ミ、彡リヘ.
.     /,ヘ 〃}{ __,.-t====、ヾヽ_f´ィ‐t===- 、_ iレヾ/i l
     l V ハ リll  ¨゙ー`ニ´彡}::i ̄:l `ーニ´‐彡  }リ/ヽl l     師よ。
     l ', ゞ∧lヘ,         /::l  :ヘ,        ノlくヽ //    …失礼しております。
     ヽヽ〈k ',l `ー──‐'':::::l  :  ゝ------‐'' l)) 〉//
.      \\{l        〔_{  _ 〉        /_//
       ヽ、_',        ヾ¨j´        /_,.-'"
.         ∧      _____      /从
         彡ヘ       __       イjリゞ
          ∧l ヽ、           / l
           _l  ヽ、       /    L
           i `ー-- ≧======≦---‐''" l
          l        ̄ Y´          l
          /          l         l___    ,. ---、
r‐‐、__,,. --==''"ヾ、         l            〉     ̄¨tニ==゙≠─
_,.-'"_ノ ̄      `ヽ、_       l     _,,.-'"
-'"´             ̄lー─'゙ゝ-─''"
                l /フ入ヽ、
                  { {ヽ    ∠}
                l.ゝ、,.-、∨/
               鍋島紀伊守元茂
          (なべしま きいのかみ もとしげ)

932やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:26:14 ID:xwsyxLKQ
               そ
        / ̄ ̄\   て
      / ⌒  ⌒\
      |::::::(○) (○)|
     . |:::::::::::(__人__)|     ……えっ!?
       |:::::::::::::`⌒´ |
     .  |:::::u::::::    } 
     .  ヽ::::::::::::::    }
        ヽ::::::::::  ノ
        /ヽ三\´
-―――――|:::::::::::::::: \-―


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |     ああ、そうそう。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    忘れておったわ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ     紀伊守殿と玄関で行き会うてな。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\    案内てがらに来たのだ。      ,、   ,、
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |                     ト、  / \/ ',  /|
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、                  | ``''       ''´ │
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、           、─‐┘             └─‐ァ
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ           ヽ.   お前それ先に言えよ!/
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉          ,. -'                `丶、

933やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:27:36 ID:xwsyxLKQ
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)    は…はは…。
  |      |r┬|}   その、見苦しいところをお見せしたようで恐縮ですな。
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}    して、今日は何用ですかな?
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、


      ,.、_、,、_, ,、、.,、,、、
    x': : : : : : : : : : : : :ヾ
   ,ミ: :ミY´ヾヾヾヾ〃ヘ: :ミ
   ミ: ミ         彡:ミ
    爻{ ====ミ ,x====ヘ: ミ
.  ハ〈i| -=tッァ }-{ rッァ=-}リ,ハ    は…。
.  い仆---- イ{ `ー--- 仆./   私、この度の一揆の仕置に際し、
.   \_l   └r '   /シ′   佐賀に戻ることとなりましたので、
     レヘ   ─‐  ,仆リ     その前にご挨拶をと。
     ´イ\   ̄ / |
     ,'` ̄≧=≦ ̄´',
, -、. -<     |    >──<>-
⌒'´   ` ー┬介ー '´

934やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:28:42 ID:xwsyxLKQ
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)    ああ、そういえば、
.   |        ノ    鍋島・寺沢両家には、加勢の指示も出ておりましたな。
    |      ∩ ノ ⊃ 
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


     从火乂YハYY从マミシノ  ト、=彡 
    乂从八八乂从仆爪〈く{{从リ小从イ
    爻八乂乂爻'⌒⌒``⌒`ヾ}ソ'⌒`V
    爻从乂八ミ              }.
    スrrヘYハミ             { 
    イ{{⌒ヾ{ミ、 -‐=‐- ニ二, ,_ ,斗rz!.
    ノ{{V(し个 .─┤ーfモテラッ'' ノ rZfテア/      ええ。
     八ヽ     └───  〈 -─┘     それに、九州諸大名家の子息・舎弟に
    イ介ー}             〉  ,′     領内安堵のため、帰国の指示も出ておりますから。
      ((ノノ ト、.         ´イ   /
      f爪∨  \    =ニこア /
      _,八  \   \        / 
   ./   \   >ー≧ー‐ァ〈V⌒丶
  ノ´        ` <    │   〉   ヽ

 十一月十三日、幕府は九州の諸大名家の子息・舎弟を帰国させ、
領内のキリシタンが一揆に連動しないように仕置きするよう命じた。
また、島原に近い地域の大名家には、当主自身に帰国を命じている。

 鍋島家の場合、これに加え、
もし島原松倉家のみでの一揆鎮圧が無理であった場合、加勢するように命じられていた。

937やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:30:05 ID:xwsyxLKQ
    ____    ━┓
  /   ― \   ┏┛
. | ノ  (●). \  ・     あれ?
. | (●)   ⌒) \     紀伊守様は小城鍋島家の御当主では…?
. |   (__ノ ̄   |  
  \         /
    \      _ノ
    /´      `\
     |        |
     |        |


           ゞ         ゞノソr
         ヾ             ゞ  
        ヾ    ミヾ ゞヽヾ丶  ,.,.,.彳 
        ミ   ミヾ      ゞ'ソ  个 
        ミソヘ ゞ ::::::::        |  
        │5 丶 r===≧  __ /     今回は父(鍋島勝茂)の名代としてだ。
        ゝヘ__  ( ::   ソ=√ ̄ ア    なにせ、本家の後継たる翁介殿(後の光茂)はまだ五つ。
        彳八  丶--ー :: トー--/     当主の父上御本人の帰国が許されていない以上、
        人  ヽ :::::::  ::_ 」  ノ     .私が出るしかあるまい。
      _イ  `ヽ 丶:::::::ー─ /
-ー' ¨ ´  ゝ    `丶ヽ___∠_      λ
彡彡ノ    ヽ      Υ ノ   ̄ゞミミ 〆/}
彡        `丶_  / 丿       ヾ ┤
            ヽ┴ ´           トヽ
            │ ◎         ││

 元茂は本来、勝茂の嫡男(長男)であったが、
勝茂が継室に迎えた家康の養女が男子を産んだため、嫡男の座を譲ることとなった身である。
そのこともあり、この時、元茂は父・勝茂の名代として領国での指揮を取ることになっていた。

938やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:32:17 ID:xwsyxLKQ
      ,.、_、,、_, ,、、.,、,、、
    x': : : : : : : : : : : : :ヾ
   ,ミ: :ミY´ヾヾヾヾ〃ヘ: :ミ
   ミ: ミ         彡:ミ
    爻{ ====ミ ,x====ヘ: ミ      ともあれ、そのような次第ですので、
.  ハ〈i| -=tッァ }-{ rッァ=-}リ,ハ     次の稽古は江戸に戻ってからになるかと。
.  い仆---- イ{ `ー--- 仆./
.   \_l   └r '   /シ′     師よ、それまで御健勝で。
     レヘ   ─‐  ,仆リ
     ´イ\   ̄ / |
     ,'` ̄≧=≦ ̄´',
, -、. -<     |    >──<>-
⌒'´   ` ー┬介ー '´


   / ̄ ̄\
 /     _ノ \
 |      ( ●))     …紀伊守殿。
. |       (__ノ_)    くれぐれもお気をつけを。
  |       `⌒ノ
.  |         }     キリシタンどもを
.  ヽ        }     甘く見てはなりませぬぞ。
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |

939やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:33:47 ID:xwsyxLKQ
                  ,ノヽムムハハ..,、
                /アノfr-=、`ヽ,ヾ_
               / /∥ /'-弋ハハ_,,ヾハ
             / //ミ 7'-,,___乂>ヘミi     御忠告、いたみいります。
            /ノ イ/^i.:.:.:.:|     "..ムj     それでは!
           /,' .∥ソ ノi.:.:.:.:ヽ,  -‐=r .リ
        ,,-/、/  / ,/i.:.:.:.:.:.:.:.:i.   ⌒' /
       /  `ヽ ノ,/r'-=、_.:.:.::ヽ、  ,/
     ./ (☆)\ノi/ /.:.:.:.:.:`ァ=;;;;;;r-'"´
   / // .7.:.::.:.:.:.トーiヘ、;,;/   ヽ>
  / (☆) /.:.:.:.::.:.:.|/  `ヽ `-=,,__∥,、
/   ,, -"´.:.:.::.:.:.:/            `i,,=、
 _,,-='´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/,             (>ヽ,\_
´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/::/           ノ;;;>イ ヽヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::∧  ノ/       ´ ̄     ヘ 〉
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::ヘ /:/               ヽヘ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::∥/::::\             ,,=- .∨
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ:::::::::/::::::::::::::::::\           ,ハフ,ノ .iリ、
.:.:.:.:.:.:.:/:::::::/∨::::::::::::::::::::::ヽ           ̄  |=イ

940やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:35:51 ID:xwsyxLKQ
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     行かれたか。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    さて、次に戻ってこられるまで
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ    .どのくらいかかることか…。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( -)(-)
  |     (__人__)    それ程は掛からぬとは思うが…。
  |         ノ   何せ、相手が相手じゃからな。
  |     ∩ノ ⊃ }    .思わぬしぶとさを見せるかもしれぬの。
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /

941やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:36:51 ID:xwsyxLKQ
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| | 
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |      フン。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     大方、上様の病の噂を聞いて、機が来たと思ったのだろう。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ     .キリシタンの一揆衆ごときに、この天下をどうこうできるとは思えんな。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


           / ̄ ̄\  
         /   _ノ  \ ´_
         |    ( ●)(●)         (ほう…これは)
         |     (__人__)
         |      `⌒´ノ         …まあ、そうじゃの。
          |         }
          ヽ        }      (
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !

942やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:39:16 ID:xwsyxLKQ
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     板倉殿も出来物と評判の人物だ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    .それに紀伊守殿をはじめ、九州の大名衆が従うのなら、一ひねりであろう。
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ    早々に戻ってくるであろうさ。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


   / ̄ ̄\  ( ;;;;(
 /  ⌒  ⌒\ ) ;;;;)
 |  ( ─) (●)/;;/
. |   (__人__) l;;,     …そうじゃな。
  |    ∩ ノ)━・'    まあ、取り越し苦労であれば、一番じゃ。
.  |   /  ノ´ }    
.  ヽ  / /    }    
   ヽ/ /   ノ

 既述の通り、この時点での幕府における島原一揆への意識は、楽観論が大半を占めていた。
そしてそれは、沢庵和尚もまた同様であったのである。

943やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:41:06 ID:xwsyxLKQ
        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|     というわけで、これで5回目の解説役の僕だ。
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|    尤も、まだまだ先はあるから、
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|    まだ登場回数が増える可能性はあるけどね。
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|     くっくっ。
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

                             ... |:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/i `V.:.:.:.:.iヽ:.:l.:.:.:.:.:.∧ 、ヽ
                               |:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.: 、//  |:.:.:.:/:.l ∨!:.:.i.:.:.∧ \
 それに対して、わたしゃ初登場だよ。     ...... |:.:/://:.::.:.:.:/ >、__,, |:.:./レ'/|:.l:.:.:!:.:.:.:.:|
                             ... |:.|:/:,、':.:.:.:/_____ !:/ ___ !::!:.:.|:.:i:.:.:|
 てゆーか、らきすたのキャラが            |:.|/:{ !:.:/:.|  ̄ ̄ ̄ |'  , ̄・ {::.!:.∧:ト、:.!
このスレに登場したのってこれが初じゃない?   |:/:.:.ヽ|:/:.:.:!  ,,,,      __    }:.lレ !' V
本編でも誰一人出てこないし、             |':.:.:.:.:>'´ ゙̄ヽ、      ´  ,. <':.:.|
なんだろうね、この差。                 ':.:.:./       ヘヽ  辷ァ_;_:チj.:.:.:.:.:|
                               :.:./        l \ ´} / r `i.:.:.:.|

944やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:42:40 ID:xwsyxLKQ
           ...:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.:...
         /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.、:.:.:\
          .:':.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.\:.:.ヽ      まあ、その辺りは
       /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、:ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ:.ハ
       .':.:.: ':.:.:.:.:.:.:.':.:.:,:':. ト、:.:、:.: i:.:.:i:.:.:i     「今ひとつ使い方が思いつかなかった」
       !:.:.:.l_:.:.:.イ:.:./ィ:./ ヽ:.i:.:.l:.:. l:.:.:l      &
      .:l:i:´l:.:/`メ:, ' /:´ ̄ メ、:l:.i: l:.:.:l     「そもそも女性の登場人物自体が少ない」
      .': ll 小ィfラト、   ィfハオト、:l:ハリ:.:.:.!
     ./:/:.!:ヽハ 乂:ノ      Y::ノ´リ' ノ:i:.:.:.!     というのがあるらしいし、容赦してあげてくれ。
    /:.':,ィ:i:.:.:.ハ   ,       /ー´:.:.l:ハ:.l    別にらきすただけでなく、けいおんもそうだし、
.    {:ハ:l .lハ:.、:、 ヽ  ー一   イ:.:ノ:.: 人 l:.!     ハルヒキャラだって、一番人気の長門さんが
    ヽ `  `ー`ー>. _ <ムイハ从 ノ'    1話の解説役以来登場してない有様だしね。
              ‐、/|     ノ' }
.        /: : : //´l    /: : :ゝ. __       まあ、「平松伸二系AAが百個単位で増えないカシラ?」と
.        /: : : : ://_ `  /: : : _ --、ヽ     .妄想するような>>1だ。
        / /: : : 〃- 、ヽ:´: : :, ´    ヾ!     萌えを期待するだけ無駄だよ。
.      / /: : : 〃 /: : : : :/.i      }:i
     / /: : : :/ /: : : : : : :'j '      .':.ヽ
                      ...          ____
                               /::::___:`ヽ.
                              ./:/   ヽ;:',
                             /:/ __,.ヘ、___!___
                             ,. |/'"´::::|:::::ヽ::::::::::::`"'' 、
 はぁ…。                ...  ,. ,. ''::::::!:::::::::/|:::::::::i:::::::::::::::::::、:::::ヽ、
ま、いいんだけどね。           '´ /::::::::::::::::/レ|:::::::::i:::::ヽ、ヽ;:::::\:::::',
                         /:::::::::::::::::::/| ̄i::::::::::|\ ̄i`ヘ::::::::\i
                      ... ,'::::::::/::::::/:/__!_.ハ::::::::|  \!__ハ::::::::::::::ヽ.
 ところで、解説の仕事に入るけど、  i:::::::/!::::::i/「i ̄'T ヽ::::|. イ" ̄「'!ヽ\:::::::::',
なんだか和尚、様子が変じゃない?  .!::::/::i::::::::ハ. ヒ__r!  ヽ! ヒ___r! !\::::!へハ!
妙に幕府びいきというか…。      . V'! イi::::::/!:!""       ""・ハ:::ヘ:::!:|
                          ヽ! ヽ!::|::i>、.    __   ,.イ:::|:::::レi::|
                             |::|:::|::::::`7:.r--r 7´|:::|::::|::::::::|::|
                            .|::|::::|:::;:イヽ!__/::::`>.,|::::|:::::::|::|
                            |:::|::::|く\::::::!/:::::://|::::ト.:::::|::|

948やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:44:50 ID:xwsyxLKQ
           /                                 ヽ
         /                                 ',
         / /                /              ハ
      .  / .:/ /       /        〃ヽ    i           |
       / .:/〃     __// //   //,′ ヽ ! i           |
      ..///7,′     ´「 7`ヽ/ .i  .://ム-‐‐‐',ハ|、           |      そうだねぇ…。
          !|   i     |/ |/j/! !:i .:.//'′     !ハ「     |        |     まず、普段なら話は違うんだろうけど、
          !|   i !    ィ斧ミメノノ | //  ,ィf云ミメ、」   |       !     今回は、相手がキリシタンだからね。
         八  i i i i i j !ノ::::} ノ /    {ノ:::;::} Y|    ト、     i
      .   ハ. |ハj ヘ |仆乂::ノ  /     弋::::ソ ノ !     ! ハ       !      仏門の人間である和尚からすれば、
      r‐ 、    'j  ,ハ| :i                    ハ   j_ノ      ',     元々、好意を持てる相手ではないだろうし、
      ヽ ヽ    ./  从   '              i !   / |  |   ハ    ましてや、キリシタン一揆衆が、
         ハ  V  /  / ヘ.  、   _,         从.  /    | !:ト、 ',    寺や仏像を焼いたり、僧を殺したりしてると
        |  |  ./  /! i   \            .イ  i !/ヘ    i j i | ヽ    情報も入ってきてるんだ。
        |/ __\/´`! | i i ヽ.       .イ ノ ノノノ  | i  ! !ハハ!  )
       ノ/  `i \/ヽハハハヘi`ヽー 七升厶イ/j八八八ハj          キリシタン側に肩入れする理由がないよね。
      /´ -─┐|、___)            )ハ    /  {
     /´    ,. }ノ:: }      ,.-‐''て  _」        \  _」\
     {    イーノ::  V ̄´ .ゝー‐''"´ ノ          ̄ノ   ゝ.、
      \  `ヽ:::.   } /  〈  ー 、   _____       〈   ノハ
       \   ヽ  ハ

                          . /ィ/: : : : : : : :/::l: : : : l: ::l : ::ヘ:ヘ
                              /: /: :/: : : :/._/!:l: : : !、: !: : : : ハ ハ
                             / イ: : :/: :/イ::/ l l: : : !: !:ト: ヽ::l: l : l
 いや、キリシタンに対して           .  /: l: : : :l : : / l/  l !: : :l ',l ヽ: : :!::l: :!
好意的じゃないのはわかるけど、       . r: /l: : : :l:: :/rt‐‐┐{!、: :l r‐‐tト: : l::l::l
上の話だと、それ以上に幕府というか、  .. l:/ !: : : l: :f、 .ト__ j  ヽl ト__ j ヽ: l::l:j
家光に肩入れしてる感があるんだよねー。  .!'  !: ∧!::!: !.丶-'     丶‐' ∧::!ハ
                          .    ヽ:l !/: 丶゛゛  'ー'ー'  ゛゛ ィ: l:l::!
 実際、どうだったの?            .      ゛ l!: : l: : `.ノ〉‐- ‐ ´: :/: :l!: !
                                 ll: : ヽ:l:/,イ、   ヽ:::V: : /l: :l
 「そうだね…では、これを見てくれ」            l: 、: : v  ^`i―/:::::ノ: :/ 、: :!
                                 !/:ヽ: l   ノイ /:::::/: :/:イヽl

949やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:46:31 ID:xwsyxLKQ
 
           /⌒ソ/⌒ヽ、
        . /  //    ..\      ._,
        /  //      .`ヽ,.._,ィ''´  `'ー- 、      /i
        /  //                  \,.   _..ノ .|
    .   /  //                     ⌒´   .|
      /  //                          |
      /  //                            |
    . /  //     寛永十四年十一月十七日の     .|
    /  //  .     和尚の手紙(一部抜粋)       |
    /  //                             .|
   ./  //      (宛先は宗鏡寺など身内主体)    . |
  /  //                               |
 ッ芝ヾシ⌒ヽ、                           |
 .ヾニジ    \      ._,.イ⌒ヽ               |
          `ヽ,.._,ィ''´      `'ー- 、        .  |
                         .\,.   _., 、  . .リ
                            ⌒´   \._,ノ

『今日中庵島原の絵図を持ち来たり申され、見せ申され候。殊々敷一揆にて候。
 去りながら大名一人も逆心存じ候はば、一人たりと雖も、曲事の儀にて候間、
 大儀にかかり仰せ付けられるべく候へ共、大ウス御成敗つらく候故、上様の御病気を大事と聞き申し、
 はや御はて候を、世に御座候やうにしなすなどと存じ、時分を見申し、ころびたるやつばら、
 此の如く一揆を起こし申す事にて候間、天下の御気にかかる儀にてはこれ無く候』

950やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:48:51 ID:xwsyxLKQ
                          ......              x< ̄ ̄ ̄>――― 7
 ええと…。                    ..         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/_
                          ......          /..:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/..:.:.:.:.:.:.:.::/..:.:.:ヽ
『島原の一揆は随分大きなことになってるけど、      / ../.:.:/..:.:.´ ̄.X.ィ..:.:.:.:.:.:.:.:./..:.:.:.:.:.
 大名衆が反逆したわけではないのだから、...         |/.:.:/ ..:.:.:.:.:.:.ィ.:/ !..:.:.:.:.:.:.:ハ.:.:.:.:.:.:.:
 それに比べれば、大したものではない』  .         / ..:.:/.:.:.:.:.:.:.:/ l/   !.::.:.:.:.:/`|ヽ.:.:.:.:.:.:
                         ......        /.:.://..:.:.:.:.:圷 乍气. /..:.:.:.::/ /イ..:\.:.:.
『上様の病気がひどく、亡くなられたのでは、 .      |.イ..::/.:.:.:./| { {て:::V '..:.:.:/    !.:.::|.:.:.:
 などという噂を聞き、それに乗じて       .        |.:/..:/ ..:.:|弋辷 / /..::/  込≧!.:.::|.:.:.:
 取締りを受けていたキリシタンどもが    ..        レ.:∧」.:.:.:.:|    ̄ / '´   ん::V }.:.:/.:.:.:.
 機会と思い、一揆を起こしたのであろうが、 .        |/..:.:.:|.:.:.:.:|          ゞ少 イ.:/|.:.:.:/
 まあ、天下を揺るがす程のことではない』          |.:.:.:.:.:!..:.:.:l`>    ,      ・/.:!' l..::,'
                         ......         |.:.:.:.:.:!..:.:.:|' _」 > ┬‐..┬―< ..:! .l:/
 ってとこかな?                 .         |.:.:.:.:.:!..:.:.:|::|_  /`ヽ/..:.:/.:.:.:.:|  '
うーん…身内宛の手紙でこれまた随分と。          .|..:.:.:∧:.:.: !::!   `/:::::::/..:.:/.:.:.:.:.:|


                .....:.:.:. ̄ ̄:.:.:.:.....
             ...:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:`:.、
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. iヽ:.:.:.:、:.:.:\      指摘の通り、幕府側の視点だね。
        /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.: i:.:.:.:.i: l:.:.ヽ:.:.:.\:.:.:ヽ
         / //:.:.:. /:.:.:.:.:.:/:.:.: /:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.     沢庵和尚が、幕府からの役職を受けず、
       /:/ :. i:.:i:.:.i:.:.:.:.:イ:.:.: /:/ヽ:.:.:.:.:.:i:.:.:.:. i:.:.:.i    また、家光に近侍する目的は、
        /:/:.:.:. |:.:|:.:.|:.:.:./ .|:. ,イ:/   \:.:.:|:.:.:.:.:.|:i:.:.l    あくまで「紫衣問題の解決」のためであるというのは
      i i:.:.:.:.:.|:.:.!:┼ 7 メ:/〃, ‐―‐ヽ: !:_i:.:.:.!:l:.:.l    一貫しているわけだけど、
      | |:.i:.:.:.:!:ハ:.!:/ /:' /'        !ハ/:.:.iハ!:.:.:l    その目的以外の部分で見ると、
     /:.l:.ヽ:.:.ハ ,ィf示ト、    ,ィf示ト./i:.:/ /:.: i:!   実際のところ、かなり幕府寄りの人物になっている。
      /:.:.ヽ:.iヽ!:.:.  irし::}     irし::}/:.:l:.ゝ':.: /!.:.
    /:.:.:.:.:.ヾ:.:ゝハ. ゝ‐ '  ,   ゝ‐ ':.:.:.:!/:.: ィ:.ハ:.i    まあ、和尚にすれば、家光の近くで過ごし、
   /:.:.!:.:.!:.:.:i:.:.:.!:ーヽ    、   ,  /:.:.:.:.ム ´/:' |:|   宗矩の屋敷で寝起きする日々が続いたことで、
    |:. ハ:!ヽ:.!ヾハ从:>         ィハ从乂. /'  !'   身近な人物である彼らに肩入れしているだけかもしれないけど、
   ヽ!  ` `  ,、.、    i` ‐ ´ /     _         その彼らが幕府の頂点&その側近だったというのが、
          ,.-': ::λ _ /    !、   / ⅵ_       .幕府寄りに見える理由なのかもしれないけどね。
       /.: : : : :冫  _     _ ̄冫: : : :.ヽ
        /: : : : : :冫    ヽ  '´    冫.: : : : :.i      その意味では、家光と宗矩の沢庵の取り込みは、
        |: : 丶: :/ ー  _    _  '|: /.: : : : l     成功してると言えるだろうね。
        |: : : :.ヽ!_.      ̄       !:': :/: : : l

951やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:51:27 ID:xwsyxLKQ
 その後…。

    / /  i: : : : :! !.! iL...iレ、: i:ハ! j__i i i.!
.   / , '    !. :  i iノ´ノ ̄リ´: : :! ノ /⌒i从リ  
  / /    ノ   ノノ   ─ニ      {'・ !    
.  i /    ´   ノノ  〃´ ・ )    .'ヘニ´{  
  从!          /    ゝ-- "     ,;;ゞ-、       …というわけで、
  } }        {               ,. : :ノ i     私もこれから国に帰る事になりました。
  イj     ノ i人,ノ               、 .!
  い   イノ !i从     ,.'             i      しかし、できれば戦場にて
  乂ヽ.    人   .              -─,′    功績を立てたいものでございます。
    `ヽ   ,ノ                   ,′
      ノノノ,人ゝ`ヽ、                { 
      乂ヾハ)ト-.人              ノ 
             細川肥後守光尚
        (ほそかわ ひごのかみ みつなお)


          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |     左様ですか…。
          , っ  `⌒´   |    しかしながら肥後守殿。
       / ミ)      /    .宗門の者どもを侮られてはなりませぬぞ。
      ./ ノゝ     /     その点だけはお気をつけ下され。
      i レ'´       ヽ
      | |/|      | |

 十一月十五日、
鍋島元茂と双璧を為す大名の門弟・細川忠利の嫡男、光尚(この時は光利だが光尚で統一する)も
幕府の命に従い、帰国している。

953やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:53:04 ID:xwsyxLKQ
    / /  i: : : : :! !.! iL...iレ、: i:ハ! j__i i i.!
.   / , '    !. :  i iノ´ノ ̄リ´: : :! ノ /⌒i从リ  
  / /    ノ   ノノ   ─ニ      {'⌒!    
.  i /    ´   ノノ  〃´⌒ )    .'ヘニ´{  
  从!          /    ゝ-- "     ,;;ゞ-、       ははは、御忠告、ありがたく…。
  } }        {               ,. : :ノ i     それより、先日、父上に新陰流の秘巻を
  イj     ノ i人,ノ               、 .!     .授けられたというのは本当ですか?
  い   イノ !i从     ,.'             i
  乂ヽ.    人   .              -─,′      いずれ私も伝授されたいものです。
    `ヽ   ,ノ                   ,′
      ノノノ,人ゝ`ヽ、                { 
      乂ヾハ)ト-.人              ノ 


       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ⌒)(⌒) 
     |     (__人__)       まあ、そこに達するには、
     | u.   ` ⌒´ノ      まだまだ稽古をお積み頂かなければ…。
       |         } \     越中守様ですら、三十年以上修行なされた末のことなのですから。
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )   肥後守殿はまだ十八。
  /        .   | _/   焦ることはありませぬぞ。
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)

 なお、この年の五月、宗矩は、「兵法家伝書」を細川忠利に伝授している。
(これについてはまた後ほど述べる)

955やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:55:10 ID:xwsyxLKQ
 さて、このように、続々と九州大名家の子弟・舎弟が領国に戻っていった後、
十一月二十七日…

            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    さて、伊豆、采女。
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |   お前達を呼んだのは他でもない。
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !    例の一揆のことだ。
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'  
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_



     /// /:::::::::} r.rー.、\ヽ
   /// // /::;/llハ:::|:ヾ:::::l ヾ|
  / // / /  /  /:/ ヾ :リ i i \
   ̄/// //:::::/、  /:/   | :l | i  }
   //// /:::::/__ ヽ //   _ l:::::| | | /
  l// //:::::/T;;;;ラヾ// /二__|:::::| l //    ほう…あの一揆に関して、
   | l//:::/ `=- /  /エ;;;,)_,|::::|ヽ /    我輩にどのようなご下命を?
    l/ /:::/       /   ̄ |:::::|l /
   ▽ |:::ハ      /    }:::// |
     ,):ハ|ヽ `- __,  /////l |      そりゃあ決まっとるでしょ、伊豆殿・・・>
    ▽リリ| \ 二" /リ:/|▽ ▽
    /{ 〈|   ヽ- "/:| ヽ▽
        .松平伊豆守信綱
  (まつだいら いずのかみ のぶつな)

 家光は、年寄・松平信綱、美濃大垣藩主・戸田氏鉄を召し出した。

956やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:56:53 ID:xwsyxLKQ
        ,, -‐''"^⌒⌒⌒⌒⌒゙^'''‐- 、、
      ,r''´ ,.、            ,.、. `ヽ
     r' ./  `''‐ 、      ,. ‐'"´ ヽ. ゙i
.     i ./ ,. -‐- 、.`'ー--‐'´ ,. -‐- 、. ヽ. !
     l ./         `''ー--‐''´       ヽ i
      {〈.  ,.r''"⌒'ヽ、    ,r'"⌒'''‐、  〉}
     {.ヽ ´ ,. -‐-       " -‐- 、  `,/ }
    i'⌒l│   ==。=     =。==  | l⌒i     勿論、一揆鎮圧後の仕置の為・・・でしょ?
   l i´.|.|    `ー--‐'l      lー--‐'´  .|.!r´ !
.   !.r‐||   `‐--‐l.      l‐--‐'    || ヘ !
    ヽ._|! ,r'⌒ヽ、_.ノl       lヽ.__, -‐-、|!_,ノ
      │l. lヾi;、.,,,,,,,゙ー^ー'^ー',,,,,,,,.:ッ:;シ! !
.      !  ゙、L工工工工工工工工工」ノ l
       !  ヽ、匚匚匚匚匚匚匚匚レ' l
      ./!、        ___        !\._
.-‐''"´/::┃::`'i‐ 、     ̄ ̄     ,. ‐i´::┃ヽ`''‐- 、.._
::┃::::/::::┃:::::l;;ヽ `''‐ 、.     ,. ‐'´ /;l::::┃::::i、:::::┃::
::┃::/::::::┃:::::|;;;;;;\   `'' ー '"´  ./;;;;;;;|::::┃::::::i、:::┃::
::┃/::::::::┃:::::|;;;;;;;;;;;;\        /;;;;;;;;;;;;;|::::┃::::::::i、:┃::
:::::/::::::::::┃:::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;\.   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::┃::::::::::i :┃::
           戸田采女正氏鉄
       (とだ うねめのかみ うじかね)


     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }     ははは、まあ、すぐわかるか。
  ヾ|!   ┴'   }|トi  }    その通りだ、采女。
    |! ,,_      {'  }
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_

957やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/13(日) 23:58:39 ID:xwsyxLKQ
            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ           もうしばらくすれば、内膳の奴が島原に着く。
             ト.i   ,__''_  !           一揆の鎮圧には、さほど時間も掛からんだろうが、
          /i/ l\ ー .イ|、           その後の仕置きとなると、なかなか手強い仕事になるだろう。
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.      流石にそれは内膳の奴だけでは荷が重いだろうしな。
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i      それについては、お前達に任せようと思う。
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |     .頼まれてくれるか?
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄


          ,、 ――――――――‐ 、
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       / ⌒ヽ、      , -‐‐‐-..::::::::::::::::\
     /     `''ー--‐''´      ヽ::::::::::::::::::|
      | ‐‐‐- .._       _..、-‐‐‐-.. |:::::::::::::::::|
     |     `''ー--‐''´       |:::::::::::::::::|
     |          _..、-‐‐‐-..  |::::::::::::::::|
     | _..、-‐‐‐-.._     _.. 。==┐ |:::f ̄ヽ:|
     | ==。=      ト、 _ /   |:::|⌒| |:|    そら勿論お任せください。
     | ` ―‐イ      |、    / .|:::|⌒| |:|    一仕事終えた内膳を休ませてやりますよって・・・。
     | `―‐ |         | `― '   |:::|⌒| |:!
     | ´ ̄ |          |   ̄`ヽ |::|_ノノ
      | ト、`ーL..‐ 、___, ―_┘,,..'r┬7 |:!
      |├コ_ュ┬‐r‐┬ ┬ T丁」_ /  | |
      | \⊥」‐┼ ┼ ┼ 」⊥イ    | .|
       \     ̄ ̄ ̄ ̄      /  |
       / \U    ̄ ̄       / /`ーr-r-―
     /    / ` ――――――  /    |::::| |:::|


     ,r=、ミミテ^ヽー- 、、
    /;;;;;;,ヘ;゙y;;;;;;;ヽ ` \ヽ
    /;;;rチ=i;;r、;ィfrヽミ、 ヽヽ
   f;r ,;/´ l;l  ヾ、,;ヽ ゙i ぃ i
   l;;;;;\‐-、i! ,r‐ヽ;;;;;l` i i川
   l;;;;;lィroミ'l! ィfo;テ;;;l l lilリハ
   !l;;;;!`゙''"iヽ ^゙''"!;;;ハ! l川__   …………。
   /ハ;;;ト、 /    l;;/,イi トjlV
   l7 l;;liiヽ.`_,,_  ,j;lノl!リハi7
    jLr'ァヽ` ", ィ7!! l'"'′
    V `' リ`リi´::' ▽ >-、_
       /f^ヽァ''"´ / ,/~
      ,.ゝ/ i  l,,.ィ'",:ァ/:::
     /7V ,!  l",, ='/::::::::
   //:::l/  ハ  l,,ィァ"_:▽-‐
, ィニ´::〈v::f ,; fリ ,l/`´:::::,r:'"

960やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/14(月) 00:00:15 ID:ZbHWWXVU
  / ,r  l i!   ハ ヾ;;;;;;;;;;;l  ヾ;;;i!;;l
 / /  l l!  川 _,lriナ卅''ア ゙i;;ll;;l
  / /   l   l!'゙´ ト;;;;_ェ土リ、l;;ll;;l
  /   l   リ  ハイ:::::}゙ン ヾjリ
  イ    l l  /,! / l;;`Tヲ´  /,ヘ      上様、ひとつお尋ねしたいのですが。
 リ    l l! ,! l /  l;;;;;;;;l   ,リ′\
  j  ィi ノ/ ,イ //   |;;;;;;;l   f'    ,>
  ll / ,! /,f ハ//   |;;;;;;;!   l  イ´
  リ〃!/イl /゙Y/i!   |;;;;;l!    _,,._,〉
  !/i/〃ll / 〃    !;;;ノ  ー ''´ ,,j
 レリ//ハLイ`i !    l;;/      |
  川'ノ ▽ fil!  `丶!;ト;;-;ァ::,,_,ノ
  ▽‐- i、 _▽    l;! ,ィイj
  /     7ヽ、、 jLf/ ▽


    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|     ん?
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|    なんだ、伊豆。
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\

961やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/14(月) 00:01:50 ID:ZbHWWXVU
      , /::::::::::::::ミf::ヽ彡:::::::::::`ヽミミ丶
       /::::::::::::::::ミ{:::::liシ::::::::::::::::::::\ミミ
      /:::::::::::::::/ミ`i:::::トyシ7へ::::::::::::::\
      ,:':::::::::::::::/`゙゙"!、::l    \:::::,:''゙
.     /::::::::::::::::/    ','' ',     \
     〃:::::::::::::::′   '!:::i,    ,, -‐ヾ´,
    ll::::::::::::::,'      ';:::i,  ,ィ'"   ヾ:
     ll::::::::::::.,' -―‐- 、 'i,:'!  ゙ ,. , -‐,,z=
.    l!::::::::::::!   ._,,,_' ,ヾi,:i,   シ',r'"{:.`''′   もし仮に…我らが着いた時、
    l|l::::::::::::l , z,=r;;テミ、', ゙li,   '゙ _,,`ニ    まだ一揆が治まっていなければ…
    ゙il::::il ',:::l '´ ヾ.゙''゙ノ   '! ':,         その場合、我らが指揮を取る、ということでよろしいですか?
    li,''゙ ゙' l `' == ''"  l  丶
     lト,、',, :'i,          l
     llゞ:::::::::',         l
     llリ>、::::::',      〈 _ _
     ,!jノ ヾ:::::',、       ``"    _,,
     l/   ヾ:::::'iヽ、   _,,. -― '' "´
         ヾ::ヽ',丶、 ´  、,,,,,. .:
          丶ヽ'i、丶、
           ゙i,:i,ト、'i l`iヽ、    , ィ′
           、┴i,ヽlハ',i ` ‐-‐ '",/
            ヽ'7 <ラ ',i,     //
             ソ / ,-tL、  , -''"
             `' ,イ  ,:'r'ー'´  , ィ:'

962やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/14(月) 00:03:51 ID:ZbHWWXVU
               ,.--───‐-- 、  て
.            //" ̄`ヽ、..__,.ノ|||\ そ    
             l |    ̄`\,, ,,, _,,ノ'"||ヽ 
.            | L._  ̄_\    /ヘ ゙} 
          | r‐、} f'ヽヽ`、 u':=‐ラ | 
          |.| F||  `ー゚'ノ u ト゚‐'ン. |      な、何を言うんや、伊豆殿!
         /| `ァ1`,_ ̄/    r'ニ、 |     なんで、ワシらが着くまでに、
      _,. イ  :| / | /Tミミゝ'`-' ‐',,-- |     百姓の一揆が治まっとらんなんてことがあるんや!
_,,.. -‐''"´  \ /  | .F==ニLエエエう | 
.        |\  l.ヾエエエエエエエ/.l 
        | \  \   ー-  _/、_
         |   \   `ゝ --‐''"/"| /"i''i  
        |    \   /  /´ノ / / /"i‐;_ 
.        |     ヽ/   / //, // r"ノ | 
        |\   /o |  ./'|  |/ ,// / / |ヽ
       |  \/|   |  | |  i  |/ / ./| | |
       |     | o |\/, | |  |   r ∥ | |


  / ,r  l i!   ハ ヾ;;;;;;;;;;;l  ヾ;;;i!;;l
 / /  l l!  川 _,lriナ卅''ア ゙i;;ll;;l
  / /   l   l!'゙´ ト;;;;_ェ土リ、l;;ll;;l
  /   l   リ  ハイ:::::}゙ン ヾjリ
  イ    l l  /,! / l;;`Tヲ´  /,ヘ      何、物事に「絶対」はありません。
 リ    l l! ,! l /  l;;;;;;;;l   ,リ′\   「もし、そうであった場合」を想像し、
  j  ィi ノ/ ,イ //   |;;;;;;;l   f'    ,>   備えておくのは必要なことでしょう?
  ll / ,! /,f ハ//   |;;;;;;;!   l  イ´
  リ〃!/イl /゙Y/i!   |;;;;;l!    _,,._,〉
  !/i/〃ll / 〃    !;;;ノ  ー ''´ ,,j
 レリ//ハLイ`i !    l;;/      |
  川'ノ ▽ fil!  `丶!;ト;;-;ァ::,,_,ノ
  ▽‐- i、 _▽    l;! ,ィイj
  /     7ヽ、、 jLf/ ▽

964やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/14(月) 00:05:42 ID:ZbHWWXVU
    ,、-―――──-、
   ,r‐、;;;;;;;;;;;;;,r――-、;;;ヽ
.  〃-、ヽ__,r'",r'"二  |;;;;;|
 〃=-、`ー'",、r'"u  ノ;;;;;;;|
 | ==   ===  |;;;|-、 、     そんな・・・そんなことはない!
. | `ー゚1  トー ゚ '"ノ .|;;|こ| |    内膳は、ウチの身内・・・っ!
  |,-、rL u.」`二_  |;;|ノノ    兄と比べても、遜色ない出来物・・・っ!
.  |n,,,,,,`ー' ,,,,,,,,, ,rヾ リ、;;|    .伊豆殿、ワシの身内を馬鹿にするつもりかい!
  |H干干干干干 ヲ | `、;|
  ヾー'" ̄ ̄ `┴'" /  `;|
   ヽ、 三  u  /  ,r/ヽ
    `ヽ、__, -‐'",,r'"/  /\
       ヽ  /;;;/  /'⌒ヾ、

        _,.. -―- 、_‐ュ_,. -‐- 、
       ,ィ',ニ -‐ '"三 ,ィ"~丶、 ̄,>にニ、
      _/  _,,∠こ/:::::::::::::::::`Y::::l::::::::`丶
     ,ィ/ _,ィ"´//:::::::::::::::::::::::ミl::ィil:彡::::::::::\
    ,イノ// _,/ /::::::::::::::::::::::ノ`~^'i::i, ト、::::::::::::、、'、
   // ,ノ// ,ィ':r'、::,.、::::::/    l:::lリl ヽ::::iトミ ヾ':,
   /' ,ィ彡,/ /,':/ '" ノ:::/      l:::::::l   ',:::ヽ  jl!
   l 彡才イ l l::li //ノ:::/       l:::::,'   ',::::'、 f::l
三ミソ7リノ/,ィl l,l::::ll!:::リ:::/―‐- 、  l:::/, -―ヘ:::::ヘ,j:::l
ニ彳ツ //l  ll:::::l::/::::l,. -‐- 、_  l//_ ,. - 、'、::::l!:::l     いやぁ…そんなつもりはアリマセンヨ?
 //|_>ノ/ィi /li::::l::::::::l'、 ● >  / ,' '< ●,.>!::::|::::l    あくまで、我輩は可能性として言っているだけで。
_,'/,r△彡彳l /l li::::::::::::l ` "" ´    l,  `""´ 〉::::::,'
//イ△∠lイ,li/ li l::::::::::::!        '、     ハ:::::,'      というか、内膳殿の出来不出来など、
/,イ!Tl▽、',メで! l '、::::::::l         ,〉    /リ:::/     我輩にはどうでもいい話なのですが。
/ li リ!l lト、>、__, l l:::::::l             /l/!:/
  jツ lN l'、llTリイ` 、!::::l   、____ ,,..ィ / /:/
 /  l リヘトヾリlj  l::::l、   丶、___/ /  ,'::i
    / ',j Уl   l:::l 丶、、   ‐-‐ /   l::l
      ,!   l  ノ:ノ     `:::..::┬-‐'     _l::l__
   /こ二二ソ ヾv7     ::::::::|   ゚  丶v/
   / `ヽ、ノ   У      ::::l、_     `ケ
  ,/    `丶、          ト、   ヽ、
'"´L、      `丶、、       ヽ|「ヽ.丶、
   `ヽ、        `丶、      ',| '、:.:.\\
      \        , ニヽ    l|  ヽ:.: \
        \     / / !    |  _,>、
         \  /  ノ  '、    っ l  \

966やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/14(月) 00:07:42 ID:ZbHWWXVU
 余談ではあるが、この戸田氏鉄と板倉重昌は縁者である。
氏鉄の娘が、重昌の兄、京都所司代・板倉重宗のところに嫁いでいたからである。
(つまり、氏鉄にすれば重昌は「義理の息子の弟」となる)

                 ,.‐''´ ̄`ヽ、
             /         \
      ,.‐'´ ̄ ̄`ヽ'           ヽ
     /                    `‐、
      !       iヘヘ              ヽ
     レ      イ  |            ヽ
    /     /ノ   ト                i
    ,'    _,. ‐'´    ヽ、.___         l
.    i    / /´ ̄`     ´ ̄`\`i       !
   |   ,/   ‐++++、     ,:++++‐ ヽ      !
    | ,r‐、 l.   "ヽ、._゚ノ ,   、ヽ.゚__,ノ゙  .| r‐ 、 .!
    | ! r、| !.       /   ヽ      .| |,ヘ |  |
.  │| ト |.|       /     ヽ     | ! ン !  |    ねえ、あなた!
.  │ヽ.__|.| ト、.__`ー^ー^ー'__,.ノl !.!__,ノ  .|   この萌えキャラの出てこないスレに、
.   |.    |.ヽ`lココココココココココ,フ/ !      !   私が出ちゃっていいのかしら!?
.   |    !. ヽヽlココココココココフ'ノ .!     |   どう思う?ねえどう思う?
.   |.    !   ` ‐-----------‐ '   /      |
.   |  |   `' ‐ 、.   ====   , ‐' ´ l    |  !
    L__|__l    l !` ‐ 、.__,. ‐' ´|  |__L.. -┴''´
         ̄ ̄`|           | ̄
     ___, o‐7        ヽo、.____
   ,. ‐''|   | 8          8  |   |ー-  ←板倉周防守正室
     |   l ┌──────┐ l   l
      !   ! │ 戸田氏鉄娘 | /   /
.      ヽ   ゙└──────┘'   /


              i、 〈l〈l r,==¬
             -=| |=‐  |.|   |.| o o o
       /       i7 |.| 「/   L===」
      〈        ゙'
      /      、ー--‐へ、 (⌒\
  .  , '      l`i‐r-ゝ  v   \\、ヾ;  ヽーァ─    なんだよこれ・・・っ!
    /イ    :ト、!│| ! , ij   u \ヽリ   ∨     久々の出番だと思ったら嫁の紹介・・・っ!
    │,イ   | u | | l∠ニ  u    ト、     ヽ  /  しかも、お約束通りの嫁・・・っ!
     l/ | ,イ |─ァつ_ ~U~ u/;⌒i   |:: \   ヽ /
      レ W f/ ノ ,.- // ./ j v |:: u \  V     あんまり・・・っ!あんまりだ・・・っ!
           { /つ ィ .// /   u  |::v /ヽ.  i    .いいだろ別に・・・っ!
          l /つ/ レ'  〈__,.ヘ   | ̄7  ヽ |    俺に・・・もう少し救いを与えてくれても・・・っ!!
          ヽ ヘ'v ー-、 ノ  ヽ  | /    W    .チクショウッ・・・何が萌えキャラだ・・・っ!(ボロ・・・ボロ・・・ッ
            \ ij 0 ヽ.   `ー' | r‐¬ |
             \ ノ O \    |_!o ol_|
             板倉周防守重宗
        (いたくら すおうのかみ しげむね)

968やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/14(月) 00:10:04 ID:ZbHWWXVU
             _____
              /‐- 、..___,. -‐\
            // ─- 、._,. -‐ ヽi
.          l l  ̄`\  u / ̄ l l
            」〈. ===ヽ  '=== l l_
.        f r|.l 、`-゚-1 v l゚-‐' , |h.l      ・・・よし、ええやろ!
          | L||u ,二ニl  u lニ二、|!」|      もし、ワシらが着くまでに一揆が終わっとらんかったら、
.          `ー| /,ニニ゙ー'ー'‐'ニニ、l|‐'     .アンタの指示になんでも従うたる!
            l. H十|十|士|十|┼}l       逆に、終わっとったら詫びのひとつも入れてもらうで!
        _,..イ `ヾ, ̄ ̄─‐ ̄´イ ヽ.、 
  _,, -‐''"´  |   ト、 ` ‐-‐''´/|  | `'''ー-  それでええな!?
 / |      l.   |. \   /  :|  |
./  |   ___ l   |   `><    |.  |
.   | /´_ ー-`L.  |、  ,.イ 0lヽ   ,|   |
    /, ´_ 二ニう  | ヽ/ :|  | ヽ/ |   |
   // r',  r-亅> |    | 0|    | <
 __/,'/'   jフ´|   |    |  |    |   |
/ヽ'、  イ   |.  |     | 0|   │  :l
     ̄ 7′  :|  |.   └ ┘   |  l


             ,...、、
         _,. -f;:;:ヾ丶、
         /   |:;:;:f _ヾ;ヽ
       /  i ',  l:.:.:l´,rtiド`-;     十分です。
       !i r! ,! ,ヾ:;',  ̄リ  ';、   その言葉が聞ければ、我輩としては文句ありません。
       ll l V , !ト'、:':、  - '´'、
       'l | l | ノi リ`^',:;l、___,ノ  
       'イノルl/lツ、 ヾ7 ,r'´   
        '´/`ト、``ーチー'、
          /:`丶:`丶、j 、 ヽ
         /:::::::::::`ヽ:::::\'、、ヽ
        ,'::::::::::::::::::::ヽ:::::::\ ':,ヽ
       ,':,.:―: 、:::::::::::ヽ-‐l7\; ',
       V:::::::::::::\:::::::::` ̄`ヽ:ヽ}
         !:::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::ヽ:'、
       ,!:::::::::::::::::::::::〉:::::::::::::::::::::ヽヽ

970やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/14(月) 00:12:01 ID:ZbHWWXVU
,. '"´ ̄``ヽr´ ̄ `"ー-、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`.
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
:::::::::::::::r-‐ーヘ:::::::::ト、:::::::::::::::.:.::ヽ.
::::::::::::/     ヾ:::::l  ヾ::::::::::.:::. :.゙',
::::.:.:::/      ',::.:l   ヾ:::::::. :.:. ',
:.:.:.::,'       l:.:.l    ':,:.:.:.  .:.',
  ::!       l:..l   ,.ィ^ト,:.   .:.l
  :l-―==ミヽ l:.:l ィ':::.:.:.:liト、 .:.:.:.:i
. :!  __、_ ゙'′l:::! l:::, =、v!l l},.:.:.:.:.:.:|
:..::lィッ'´,'iJヾ`'ミ  lリ l' lJ::l,}!l lハ:.:.:.:.:.i
::.:.l '、 '::::::::l   l'  ゞ='イ:!l リ l:::::.:i
::::::l 丶`ニ"‐'  l   ヾ:::.:.lリツ l:.:.:.|      では、上様。
::::::l         l    \ !j ,l:::::|     そういうわけで、早速行って参ります。
:::::::l         '、   ,.ノ,! ノ::::/
::::::::l           '" ,' /:::::/
、:::::::l       __,,.. -‐wァ,!/::::/
 、::::l  ヾl7Tブ´    ̄`ソ/ l::::,'
丶〉::l   丶、、___ /,/,-|:::l
 `l:::ト 、、     --‐' ,!/:.、‐ァ
 r'‐'┐:.:.:`` ーァ---一'7ニ'yリ
 ヽv/  :.:.:.:.:/
三ミリ-、、 :.:.:l

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|  u   ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ    ああ…まあ、あまり仲違いせぬようにな。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ   では、任せたぞ。
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′    (…伊豆は頭は廻るが、どうも人の気持ちを
       ,rト、  ー- ─-:  /|       逆撫でするところがあるな…)
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

 こうして、上使に指名された松平信綱、戸田氏鉄の両名は、早速江戸を出立したのである。

973やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/14(月) 00:13:57 ID:ZbHWWXVU
 そのすぐ後…

           ,. -──────‐- 、
           ,∠...--─── 、       ヽ
       /         │         |
.     /--─  ./´   u |.        |
   /     ./ , -、   r-┘       |
.   \  、_,/ /  d , v│ /ニヽ      :|     くそっ・・・あの若造、年寄と思うて好き勝手言いおって・・・っ!
     \ =: く _ /r'  |. |ニヽl |      :|    百姓相手に、ウチの身内が苦戦するなんぞあり得ん・・・っ!
     / u  ー-‐J′ r' | |-‐,1.|       | 
.   /   __ u 、__,. -─-、 |.L__,リ      :|     馬鹿にするにも程があるわい・・・っ!
  ∠   _;ー ′__,,,,,... -─  |kー'´      :|
    <__.二.-r¬''''T ̄lヽ. ! \     │
        L.⊥-'-┴ ''~´ ̄|u|.   \     !
.          r──r───| |     \ / \
.        l ̄l ̄l ̄l ̄l~lフ  |     /
         l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ /    /
        `フ   u   /    ./
          /____,/\   /

974やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/14(月) 00:16:18 ID:ZbHWWXVU
             _____
              /‐- 、..___,. -‐\
            // ─- 、._,. -‐ ヽi
.          l l  ̄`\  u / ̄ l l
            」〈. ===ヽ  '=== l l_      しかし・・・なまじ知恵が廻る分、
.        f r|.l 、`-゚-1 v l゚-‐' , |h.l     気が緩んで落とし損ねることもないとは言い切れん・・・っ!
          | L||u ,二ニl  u lニ二、|!」|
.          `ー| /,ニニ゙ー'ー'‐'ニニ、l|‐'      やはり、ここは一筆注意をしておくべきか・・・っ!
            l. H十|十|士|十|┼}l      ええいっ・・・墨っ・・・!紙・・・っ!
        _,..イ `ヾ, ̄ ̄─‐ ̄´イ ヽ.、
  _,, -‐''"´  |   ト、 ` ‐-‐''´/|  | `'''ー-
 / |      l.   |. \   /  :|  |
./  |   ___ l   |   `><    |.  |
.   | /´_ ー-`L.  |、  ,.イ 0lヽ   ,|   |
    /, ´_ 二ニう  | ヽ/ :|  | ヽ/ |   |
   // r',  r-亅> |    | 0|    | <
 __/,'/'   jフ´|   |    |  |    |   |
/ヽ'、  イ   |.  |     | 0|   │  :l
     ̄ 7′  :|  |.   └ ┘   |  l

 この時、戸田氏鉄は心配のあまり、重昌宛てにひとつの手紙を書いてしまう。

975やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/14(月) 00:17:32 ID:ZbHWWXVU

           /⌒ソ/⌒ヽ、
        . /  //    ..\      ._,
        /  //      .`ヽ,.._,ィ''´  `'ー- 、      /i
        /  //                  \,.   _..ノ .|
    .   /  //                     ⌒´   .|
      /  //                          |
      /  //      板倉内膳殿へ──          |
    . /  //                            .|
    /  //  .                          |
    /  //                             .|
   ./  //                            . |
  /  //                               |
 ッ芝ヾシ⌒ヽ、                           |
 .ヾニジ    \      ._,.イ⌒ヽ               |
          `ヽ,.._,ィ''´      `'ー- 、        .  |
                         .\,.   _., 、  . .リ
                            ⌒´   \._,ノ

 そして、ここで書かれた手紙が、板倉重昌の運命を決めてしまったのであった…。

976やる夫で学ぶ柳生一族(その47)2011/03/14(月) 00:18:33 ID:ZbHWWXVU
  \ヽ, ,、
   `''|/ノ    ...     \ヽ, ,、
    .|       .      `''|/ノ
_   |             .|
\`ヽ、|       .   _   |
 \, V"         \`ヽ、|
   `L,,_           \, V"
    |ヽ、) ,、 .....      `L,,_
   /  ヽYノ          |ヽ、) ,、
  / r''ヽ、.|   .      /  ヽYノ
  | `ー-ヽ|ヮ ....     / r''ヽ、.|
  |    `|         | `ー-ヽ|ヮ
  |.     |  ...     |    `|
  ヽ、   |  ...     |.     |
   / ̄ ̄\       ヽ、   /
 /  _ノ ヽ_ \   .    / ̄ ̄\
 |  (≡)(≡) l ....  ./ _ノ ヽ_ \
. |   (__人__) .| ....  /  (≡) (≡) ヽ.
  |   ` ⌒´  |   .|   (__人__)   |
.  |        } .... .|     `⌒´     |.
.  ヽ       } .....  ヽ         ./
   ヽ     ノ      ヽ       ノ

┼ヽ  -|r‐、. レ |
d⌒) ./| _ノ  __ノ

【やる夫で学ぶ柳生一族(その47)「江戸から見た島原」】 完

関連記事
[ 2018/03/11 12:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する