やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その48「柳生清厳、島原に死す」 中編

149やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 22:34:55 ID:a2x4V4FQ
           /::::::::,;--\|::|/::::::::::::::::::::::::::\
           /::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::⌒ヽ:::::::::::::::ヽ  
            /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::∧  
        /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::、::: ハ:::::::::::::\
          /::::::::::::::: /:::::|::::|:::::l::::::、::::::::::::\:::ヽ::|\:::::::::::::\
       /:::::::::::::::::|:::::∧:::l:::::ヽ:::::\::::::::::::l:::_:| リヽ::::::::::::::::::::>、
     /:::::::::::::::/:::l:::::| \\:::\:::x< ̄::∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::l     続きだ。
    /::::::/:::::::::/|::::::l--!─-\l\_> =ィ::::::ラ' |::::::|::::::::::l::::::::::::ノ
    l:::::/:::::::::/::::l:::::|ヽ|=:::::.┐    r `¨´ ||::::/::::l::::::|:::>''
    \|:::::::::/::::::ヽ:::l` `ニニ'‐-y─-|__,, -‐' |/l:::::/:::ノ´ 
      l:::::::::l:::::::l::::ヽ| |__,,,」  l      ノ/´  
        \::::l:::::::\::::\            イ´
        \\_>_>-    __,,.. ''  /| ̄ >- ,,_
          ̄   ̄ ,, -\        / |        `l
            /     l>-   _/    |、    /ヽ |
            |∧     ∧        ヽl  /   |、
            |  |    / |         |  /、   | >─- ,,_

 止カちお  V: : : : : : :|ヽ: : : : : : : : : : : : :ヘ: : : : : ヘ
 めメ ょい   l: : : : : : :| V: : : : : : : : : : : : ∧ : : : : l
 ろラ っ    !: : : : : : l   V: : : : : : : : : : : : ::l: : : : :l
  。 と    /: : : : : : :|  l: : : : : : : : : : : : : :|: : : : l
       /: : : : : : ::::|  |: : : : : : : : : : : : : :|/: : /
`ー─--、/: : : : : : : : : : :|  |: : : : : : : : : : : ::__/: /
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : |  |: : : :/:,x≦ ̄  /
: :,.---──────'':/  |: :/ ,rラ:l ̄`レ /      ……………誰?
:/      ,ィく ̄`ヾ. /      イテ:ク    l、
   _,.ィムイ::::ハ         `/       l:l/
\   ヽ {_`´ノ        }-─┬{___,.イl
ヘ \  /        /    ヽ       |:l
:∧  `(___,,. -‐''"       \     ,'::l
: :∧ | l                /   /: ::l
: : :∧.U                     /: : ::|

150やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 22:35:42 ID:a2x4V4FQ
 さて、ここで少し時を遡り、場面も変わる。
十二月十九日、大坂…。

.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i
ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ
ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ
ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ
ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ
ヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ソゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞ
              大坂城(再建後)

151やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 22:36:47 ID:a2x4V4FQ
     /// /:::::::::} r.rー.、\ヽ
   /// // /::;/llハ:::|:ヾ:::::l ヾ|
  / // / /  /  /:/ ヾ :リ i i \
   ̄/// //:::::/、  /:/   | :l | i  }
   //// /:::::/__ ヽ //   _ l:::::| | | /
  l// //:::::/T;;;;ラヾ// /二__|:::::| l //
   | l//:::/ `=- /  /エ;;;,)_,|::::|ヽ /      そうですか。
    l/ /:::/       /   ̄ |:::::|l /      やはり一揆衆は相当に手ごわいようですね。
   ▽ |:::ハ      /    }:::// |
     ,):ハ|ヽ `- __,  /////l |      …備中守殿の決断、この伊豆、感服しましたよ。
    ▽リリ| \ 二" /リ:/|▽ ▽
    /{ 〈|   ヽ- "/:| ヽ▽
      松平伊豆守信綱
 (まつだいら いずのかみ のぶつな)

  '(''--'                     ヽ
   ヽ,                       ヽ
 .<'',,,           ,-,  /', , ,         |
  ゝ    /  /   (( /-''/ ./ , , ;: ,,   |  
  ヽ; :   (  (''--'''''\,''-'  ''''''''~'''~ ヽ ;;   .|
   .\ ,...,--'二二二二> .丶ヽ二二二二-;:/''ヽ|  
    ..|| |, 'ァ'イo;;-ヽ丶   ,~~-''''{;o';> |' |:..''| |/
    || (';ヽ -,,.....- ァノ::|  .|ヽ ---...-'. .|:::::| .|   
    .l:.| l::| ,.-'''''''' ,/::|     ~ ~''-z |::l/ /     ああ、宗門に狂った者どもを甘く見てはいかん。
    ヽヽ::|;      |;:::|         .l::/ / 
     .ヽ;:::|      ,l;:'''' ,        l /./|      .俺の独断でこの一揆を少しでも抑えられるなら、
      \:|      (:::, ρ)      l// ノ     お咎めのひとつやふたつ、軽いもんさ。
      |;:::;l               /;:::::/     
      ;:::::ト、   ==ニニニニ==    /.| .|     
     .lシ',;::::|\            / .| .l,,.)
     ゞ) .| ヽ    ''=''''''   /  | ,,,/    
      )  .|  ;;\        アl   .| ,<
   ,,...-( (  |  'l;;;l.\     / / ./  l  )=-,,_ 
,,..-'''’   '\l  .;;  ’''---'''~  ; ;  l;ノ,;;/   ’''- ,_
        |   ;;        ;  ;           ’'-
           阿部備中守正次
      (あべ びっちゅうのかみ まさつぐ)

 江戸を経った後、大坂城に入った松平信綱と戸田氏鉄の二人は、そこで大坂城代・阿部正次と話し合った。
(ちなみに正次は、六人衆の一人、阿部重次の父親である)

153やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 22:38:07 ID:a2x4V4FQ
    ,、-―――──-、
   ,r‐、;;;;;;;;;;;;;,r――-、;;;ヽ
.  〃-、ヽ__,r'",r'"二  |;;;;;|
 〃=-、`ー'",、r'"u  ノ;;;;;;;|
 | ==   ===  |;;;|-、 、
. | `ー゚1  トー ゚ '"ノ .|;;|こ| |     せやかて、独断で九州の各家に指図されるやて、
  |,-、rL u.」`二_  |;;|ノノ     よう誰も止めはりまへんでしたな・・・。
.  |n,,,,,,`ー' ,,,,,,,,, ,rヾ リ、;;|     二回目の書状では、ウチの婿殿(板倉重宗)まで連名してるし・・・。
  |H干干干干干 ヲ | `、;|
  ヾー'" ̄ ̄ `┴'" /  `;|
   ヽ、 三  u  /  ,r/ヽ
    `ヽ、__, -‐'",,r'"/  /\
       ヽ  /;;;/  /'⌒ヾ、
     戸田采女正氏鉄
 (とだ うねめのかみ うじかね)


        ,,、-ー:::::::::::: 、)), /
      必`::::::::::::、;;;;;::::::::- : : /  
      ゝ:::,((((("''ノノJjノ:::.:..:.i       いや、止められたよ?
     .ゞ``   ,,==≡ ゞ:::,-、',     .だが、大坂から江戸まで百三十三里ある。
      |;;;≦   ' U` ヾ::(上i/     悠長に江戸の指示を待っていたら、
      ヽ''Ei   - ~  |ノ)ノノi .    その分、キリシタンどもが好き放題やるだろう?
       l  ! _        i /::ヽ  .
       l  ` _, --ァ   / レ")::ヽ     なら、俺が指示を出すしかないじゃないの。
     i `、 ゙ , `ー ~ ,,   /  '"j)人   西国の監視が俺の役目なんだからな。
     | i   ゙ ,   ̄ /ノ ‐'" ̄ ̄`" 、--、
      | |, -、 \_,,、</         \:::`.、
    ( ̄    )     /            ゙::::::::`.、
    (   ̄ ̄)     i             i:::::::::::i

 なお、この大坂城代・阿部正次は、一揆勃発後、豊後目付より届いた知らせに対し、
江戸へ注進を入れつつ、独断で九州の各大名家に対しても、一揆の拡大を防ぐための指示を出していた。

 その決断は江戸からも「当を得たもの」と賞賛され、
後に、「このような場合には、遠慮なく下知を下してよい」との奉書を与えられることになる。

155やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 22:40:53 ID:a2x4V4FQ
  '(''--'                     ヽ
   ヽ,                       ヽ
 .<'',,,           ,-,  /', , ,         |
  ゝ    /  /   (( /-''/ ./ , , ;: ,,   |  
  ヽ; :   (  (''--'''''\,''-'  ''''''''~'''~ ヽ ;;   .|
   .\ ,...,--'二二二二> .丶ヽ二二二二-;:/''ヽ|  
    ..|| |, 'ァ'イo;;-ヽ丶   ,~~-''''{;o';> |' |:..''| |/
    || (';ヽ -,,.....- ァノ::|  .|ヽ ---...-'. .|:::::| .|     …だが、やはり初動が遅れたのは痛かったな。
    .l:.| l::| ,.-'''''''' ,/::|     ~ ~''-z |::l/ /     できれば双葉のうちに刈り取ってしまいたかったが、
    ヽヽ::|;      |;:::|         .l::/ /     最早、斧を以ってしか、これを収めることはできん。
     .ヽ;:::|      ,l;:'''' ,        l /./|
      \:|      (:::, ρ)      l// ノ       御両人、そのつもりで行かれるとよかろう。
      |;:::;l               /;:::::/
      ;:::::ト、   ==ニニニニ==    /.| .|     
     .lシ',;::::|\            / .| .l,,.)
     ゞ) .| ヽ    ''=''''''   /  | ,,,/    
      )  .|  ;;\        アl   .| ,<
   ,,...-( (  |  'l;;;l.\     / / ./  l  )=-,,_ 
,,..-'''’   '\l  .;;  ’''---'''~  ; ;  l;ノ,;;/   ’''- ,_
        |   ;;        ;  ;           ’'-


  / ,r  l i!   ハ ヾ;;;;;;;;;;;l  ヾ;;;i!;;l
 / /  l l!  川 _,lriナ卅''ア ゙i;;ll;;l
  / /   l   l!'゙´ ト;;;;_ェ土リ、l;;ll;;l
  /   l   リ  ハイ:::::}゙ン ヾjリ
  イ    l l  /,! / l;;`Tヲ´  /,ヘ       ええ。
 リ    l l! ,! l /  l;;;;;;;;l   ,リ′\    備中守殿のお話、非常に参考になりました。
  j  ィi ノ/ ,イ //   |;;;;;;;l   f'    ,>
  ll / ,! /,f ハ//   |;;;;;;;!   l  イ´     やはり、私の予想通りの展開になりそうですね。
  リ〃!/イl /゙Y/i!   |;;;;;l!    _,,._,〉     準備は無駄にならなさそうだ。
  !/i/〃ll / 〃    !;;;ノ  ー ''´ ,,j
 レリ//ハLイ`i !    l;;/      |
  川'ノ ▽ fil!  `丶!;ト;;-;ァ::,,_,ノ
  ▽‐- i、 _▽    l;! ,ィイj
  /     7ヽ、、 jLf/ ▽

 大坂に着いた信綱は、九州行きの船を仕立てる間、大坂城にあった大砲と多くの玉薬も運び込んでいる。
また、細川家に対しても、大筒や火矢などの準備をするようにも手紙を出している。

156やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 22:42:52 ID:a2x4V4FQ
        _,.. -―- 、_‐ュ_,. -‐- 、
       ,ィ',ニ -‐ '"三 ,ィ"~丶、 ̄,>にニ、
      _/  _,,∠こ/:::::::::::::::::`Y::::l::::::::`丶
     ,ィ/ _,ィ"´//:::::::::::::::::::::::ミl::ィil:彡::::::::::\
    ,イノ// _,/ /::::::::::::::::::::::ノ`~^'i::i, ト、::::::::::::、、'、
   // ,ノ// ,ィ':r'、::,.、::::::/    l:::lリl ヽ::::iトミ ヾ':,
   /' ,ィ彡,/ /,':/ '" ノ:::/      l:::::::l   ',:::ヽ  jl!
   l 彡才イ l l::li //ノ:::/       l:::::,'   ',::::'、 f::l
三ミソ7リノ/,ィl l,l::::ll!:::リ:::/―‐- 、  l:::/, -―ヘ:::::ヘ,j:::l
ニ彳ツ //l  ll:::::l::/::::l,. -‐- 、_  l//_ ,. - 、'、::::l!:::l
 //|_>ノ/ィi /li::::l::::::::l'、 ● >  / ,' '< ●,.>!::::|::::l
_,'/,r△彡彳l /l li::::::::::::l ` "" ´    l,  `""´ 〉::::::,'     ちょうどいい。
//イ△∠lイ,li/ li l::::::::::::!        '、     ハ:::::,'     お前も来るがいい。
/,イ!Tl▽、',メで! l '、::::::::l         ,〉    /リ:::/
/ li リ!l lト、>、__, l l:::::::l             /l/!:/      色々と働かせてやろう。
  jツ lN l'、llTリイ` 、!::::l   、____ ,,..ィ / /:/
 /  l リヘトヾリlj  l::::l、   丶、___/ /  ,'::i
    / ',j Уl   l:::l 丶、、   ‐-‐ /   l::l
      ,!   l  ノ:ノ     `:::..::┬-‐'     _l::l__
   /こ二二ソ ヾv7     ::::::::|      丶v/
   / `ヽ、ノ   У      ::::l、_     `ケ
  ,/    `丶、          ト、   ヽ、

             _.,,,,,,,,,,,.: : : : : .,,,,,,,,,,,,,、.._、
             _,/"             `"-.
        /゛                     ミ'.
       丿                    `'│、
       ,l゙                       ゙'、\
      /                 ,!     i、 ヾl
     丿     l゙      〟     .|      ゙l  ゙l,l゙
     丿     |    y ,l゙|   ,ト  ,L   l、     ゚|
     ,!      .|   ,《 l゙ |   .,!゙l  l゙l .、 ,}| 、    .|  
     |      .l゙   ,l゙| ./ | jl │| l゙ | ||  |.| │ .,   .|  
     |  |   .|   / |./  | .l゙.| l | .l゙゙l.l゙) ,! l゙ .} ,!゙l  .|  
     ゙l  .|  。.|  / .|,i´  |,l゙ .|l゙ ゙l.| ∥.| | |.,{,|.l゙ ゙l  ] 
     │ |  巛 , l゙`'l冖¬|!- .″ .||  .←|l゙`゙F .|l゙ ゙l  ,!     え?マジ?
     ゙l  |  巛|゙l/ ._.─=ヽ、  °.,/.',―=-'ッ |、,l゙    俺も参陣すんの?
     .| i、|i、ji、゙l゙l| ’ ‘-,,(♀;ソ`    l゙   .゙♀),丿: .l゙| l゙   
      |l゙゙l|゙l爪,゙l゙″  `゛       |       u i ト     …まあ、いいけどさ。
       ヽ `ヘ)|               |        /     
        ゙ヽ `i、   u         |         /      
       ,,-''广|~'i、  `        ゙l     ,r"`":-、,、
    .,,/` │ l゙  ゙'.          `    .,x" ヽ    ^
  .,/`   .,! .|   `!〟     .,,xrニニ=  / .ヽ ヽ
../`     l゙  |    `'ミ'-、,、    . ll  、,i´   `i、 ヽ、
       .l゙  |     ‘i、 `゙''ヽ、__.,,,lllll,/,l゙    ゙l  `i、
      │  |      .ヽ   ゙゙゙l!llll゙゙` /     .|   .ヽ
      `   ‘      `       "      ′
               鈴木三郎九郎重成
           (すずき さぶろうくろう しげなり)

 またこの時、信綱は、砲術家として知られていたという鈴木重成も鉄砲奉行として連れて行っている。

 彼のその後については、いずれ語られることになる。

157やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 22:44:40 ID:a2x4V4FQ
 そして…
             _____
              /‐- 、..___,. -‐\
            // ─- 、._,. -‐ ヽi
.          l l  ̄`\  u / ̄ l l
            」〈. ===ヽ  '=== l l_      ・・・伊豆殿。
.        f r|.l 、`-゚-1 v l゚-‐' , |h.l    九州に書状出すんやったら、ちょうどええわ。
          | L||u ,二ニl  u lニ二、|!」|    「こいつ」も一緒に出してんか。
.          `ー| /,ニニ゙ー'ー'‐'ニニ、l|‐'
            l. H十|十|士|十|┼}l
        _,..イ `ヾ, ̄ ̄─‐ ̄´イ ヽ.、
  _,, -‐''"´  |   ト、 ` ‐-‐''´/|  | `'''ー-
 / |      l.   |. \   /  :|  |
./  |   ___ l   |   `><    |.  |
.   | /´_ ー-`L.  |、  ,.イ 0lヽ   ,|   |
    /, ´_ 二ニう  | ヽ/ :|  | ヽ/ |   |
   // r',  r-亅> |    | 0|    | <
 __/,'/'   jフ´|   |    |  |    |   |
/ヽ'、  イ   |.  |     | 0|   │  :l
     ̄ 7′  :|  |.   └ ┘   |  l


     /// /:::::::::} r.rー.、\ヽ
   /// // /::;/llハ:::|:ヾ:::::l ヾ|
  / // / /  /  /:/ ヾ :リ i i \
   ̄/// //:::::/、  /:/   | :l | i  }
   //// /:::::/__ ヽ //   _ l:::::| | | /
  l// //:::::/T;;;;ラヾ// /二__|:::::| l // 
   | l//:::/ `=- /  /エ;;;,)_,|::::|ヽ /     手紙…ですか。
    l/ /:::/       /   ̄ |:::::|l /    まさかとは思いますが、内膳殿宛てですか?
   ▽ |:::ハ      /    }:::// |
     ,):ハ|ヽ `- __,  /////l |
    ▽リリ| \ 二" /リ:/|▽ ▽
    /{ 〈|   ヽ- "/:| ヽ▽

 大坂に滞在中、戸田氏鉄は、重昌宛てに奮起を促す手紙を出そうとしたという。

159やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 22:46:12 ID:a2x4V4FQ
               ,.--───‐-- 、  て
.            //" ̄`ヽ、..__,.ノ|||\ そ
             l |    ̄`\,, ,,, _,,ノ'"||ヽ 
.            | L._  ̄_\    /ヘ ゙}  
          | r‐、} f'ヽヽ`、 u':=‐ラ |    
          |.| F||  `ー゚'ノ u ト゚‐'ン. |     な、なんでわかるんやっ・・・!?
         /| `ァ1`,_ ̄/    r'ニ、 |    
      _,. イ  :| / | /Tミミゝ'`-' ‐',,-- |      そ、そや!
_,,.. -‐''"´  \ /  | .F==ニLエエエう |     なんや思ったよりえらいことになっとるようやからな。
.        |\  l.ヾエエエエエエエ/.l     ワシらが着く前に一揆を鎮圧するよう、喝を入れたるんや!
        | \  \   ー-  _/、_      
         |   \   `ゝ --‐''"/"| /"i''i    
        |    \   /  /´ノ / / /"i‐;_  
.        |     ヽ/   / //, // r"ノ | 
        |\   /o |  ./'|  |/ ,// / / |ヽ 
       |  \/|   |  | |  i  |/ / ./| | | 
       |     | o |\/, | |  |   r ∥ | | 


  / ,r  l i!   ハ ヾ;;;;;;;;;;;l  ヾ;;;i!;;l
 / /  l l!  川 _,lriナ卅''ア ゙i;;ll;;l
  / /   l   l!'゙´ ト;;;;_ェ土リ、l;;ll;;l
  /   l   リ  ハイ:::::}゙ン ヾjリ
  イ    l l  /,! / l;;`Tヲ´  /,ヘ      …よした方がいいでしょう。
 リ    l l! ,! l /  l;;;;;;;;l   ,リ′\    何も、わざわざ内膳殿に止めを刺す事もないでしょうに。
  j  ィi ノ/ ,イ //   |;;;;;;;l   f'    ,>
  ll / ,! /,f ハ//   |;;;;;;;!   l  イ´
  リ〃!/イl /゙Y/i!   |;;;;;l!    _,,._,〉
  !/i/〃ll / 〃    !;;;ノ  ー ''´ ,,j
 レリ//ハLイ`i !    l;;/      |
  川'ノ ▽ fil!  `丶!;ト;;-;ァ::,,_,ノ
  ▽‐- i、 _▽    l;! ,ィイj
  /     7ヽ、、 jLf/ ▽

160やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 22:47:25 ID:a2x4V4FQ
               ,. -───‐- 、
.           ┛┗ ̄`ヽ、..__,.ノ^\
             ┓┏ ̄`ヽ. __,.ノ'"´ ヽ
.            | L._  ̄`\    / ̄ ゙}
          | r‐、} F==`   ':==ラ |        どういうこっちゃ!?
          |.| F||  `ー-゚1 u ド-〃 |        もし、ワシらが着く前に一揆がおわっとらんかったら、
         /| `ァ1`,二ニ L、__,.」ニ二、|        あいつの恥っ・・・ひいてはワシら一門の恥にもなりかねんのやっ・・・!
      _,. イ  :| / |/r'〒〒r‐r‐r〒〒i|、_
_,,.. -‐''"´   |  |/  |. E〒〒〒〒〒〒イ  `''ー-、    黙ってみてられるかいっ!!
.        |.  |\ `ヽ . ̄ ̄二 ̄´,.イ      | ヽ  .
       │  |  \   `` ー-,.イ  |.    l  ヽ
         |    |   \   /  |   |.    l   ヽ
       /´二二}__    ><    |   |   ,'  r'二ニヽ.
.      // , ----} {   /| oト、   /| .∠_  / 「{゙r;ー- |
      //./ r ─‐}´ヽ/ | o| ヽ/ |   /  /  `7.{r',ニニ |
   /{ ./ / /ニソ   :| o|    |   / ./  ,{./`ー′/
     \__, イ  |      ̄      | ./ ∧  / `{   ,.イ

             ,...、、
         _,. -f;:;:ヾ丶、
         /   |:;:;:f _ヾ;ヽ
       /  i ',  l:.:.:l´,rtiド`-;
       !i r! ,! ,ヾ:;',  ̄リ  ';、      なら、せめて、九州に着いてからでもいいでしょう。
       ll l V , !ト'、:':、  - '´'、    内膳殿の指揮を見ずに、叱咤の手紙を書くのは
       'l | l | ノi リ`^',:;l、___,ノ     .流石に気の毒ではありませんか?
       'イノルl/lツ、 ヾ7 ,r'´    
        '´/`ト、``ーチー'、         もし、事無く鎮圧していれば、
          /:`丶:`丶、j 、 ヽ      .そのような手紙は後の軋轢の種になるかもしれませんよ?
         /:::::::::::`ヽ:::::\'、、ヽ   
        ,'::::::::::::::::::::ヽ:::::::\ ':,ヽ      「ぐっ・・・っ!」
       ,':,.:―: 、:::::::::::ヽ-‐l7\; ',
       V:::::::::::::\:::::::::` ̄`ヽ:ヽ}
         !:::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::ヽ:'、
       ,!:::::::::::::::::::::::〉:::::::::::::::::::::ヽヽ

 一説には、この時、信綱は戸田采女が手紙を出すことをやめた方が良いと忠告したという。

161やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 22:48:48 ID:a2x4V4FQ
    ,、-―――──-、
   ,r‐、;;;;;;;;;;;;;,r――-、;;;ヽ
.  〃-、ヽ__,r'",r'"二  |;;;;;|
 〃=-、`ー'",、r'"u  ノ;;;;;;;|
 | ==   ===  |;;;|-、 、       え、ええやろ・・・。
. | `ー゚1  トー ゚ '"ノ .|;;|こ| |      アンタの言うことにも一理ある。
  |,-、rL u.」`二_  |;;|ノノ       今、ここで叱咤の手紙を書くのは確かに気が早すぎたかもしれんっ・・・!
.  |n,,,,,,`ー' ,,,,,,,,, ,rヾ リ、;;| 
  |H干干干干干 ヲ | `、;|       でも、九州に着いて、様子が良くないようなら、
  ヾー'" ̄ ̄ `┴'" /  `;|      ワシはもう我慢せんからな!
   ヽ、 三  u  /  ,r/ヽ
    `ヽ、__, -‐'",,r'"/  /\
       ヽ  /;;;/  /'⌒ヾ、


      , /::::::::::::::ミf::ヽ彡:::::::::::`ヽミミ丶
       /::::::::::::::::ミ{:::::liシ::::::::::::::::::::\ミミ
      /:::::::::::::::/ミ`i:::::トyシ7へ::::::::::::::\
      ,:':::::::::::::::/`゙゙"!、::l    \:::::,:''゙
.     /::::::::::::::::/    ','' ',     \
     〃:::::::::::::::′   '!:::i,    ,, -‐ヾ´,
    ll::::::::::::::,'      ';:::i,  ,ィ'"   ヾ:
     ll::::::::::::.,' -―‐- 、 'i,:'!  ゙ ,. , -‐,,z=
.    l!::::::::::::!   ._,,,_' ,ヾi,:i,   シ',r'"{:.`''′
    l|l::::::::::::l , z,=r;;テミ、', ゙li,   '゙ _,,`ニ      …まあ、お好きにされるとよいでしょう。
    ゙il::::il ',:::l '´ ヾ.゙''゙ノ   '! ':,
    li,''゙ ゙' l `' == ''"  l  丶
     lト,、',, :'i,          l
     llゞ:::::::::',         l
     llリ>、::::::',      〈 _ _
     ,!jノ ヾ:::::',、       ``"    _,,
     l/   ヾ:::::'iヽ、   _,,. -― '' "´
         ヾ::ヽ',丶、 ´  、,,,,,. .:
          丶ヽ'i、丶、
           ゙i,:i,ト、'i l`iヽ、    , ィ′
           、┴i,ヽlハ',i ` ‐-‐ '",/
            ヽ'7 <ラ ',i,     //
             ソ / ,-tL、  , -''"
             `' ,イ  ,:'r'ー'´  , ィ:'

 …この時、結局手紙が出されたかどうかは定かではない。

162やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 22:50:18 ID:a2x4V4FQ
 その後、信綱・氏鉄の軍勢(信綱1560人、氏鉄3550人)は、船を使って九州へと向かい、
二十八日、備前小倉へ到着した。

       ,. -─────‐- 、┛┗
.     /,.ヘ.    ,. ‐''"⌒ヽ、  ┓┏
.     //   ヽ-‐'´ u,    ヽ   l
.   /へ \`ー-'_/ ,. -ー''⌒  l   l         伊豆殿っ・・・!
   { u \ U ̄  /  u'  J~│   l        内膳の奴、城攻めに失敗したらしいやないかいっ・・・!
   l F==ミ、,, ,,〃===''ヲ  /    !        百姓相手に気を抜き過ぎたんやっ・・・!!
    ! ヽ、_゚/ v ;ヽ° _,r' v |. |ニヽ |     
.  〈 v ~U/ J~ ;ヽ~U"、___‐- | |⌒l |│        もう、アンタになんと言われようが、
   )-ー' !__,、__,.ru┘,,,,,,,,,,,,,,\ |.|こリ |       ワシャ一言言ってやらんと気が済まんわいっ・・・!!
  <_,,,,,0,,,,,U;-┬'T´_匚匚囗ヽ.!ト-'  ト、   
.   匚匚.L.⊥┴ '´     __]:|\.   !:.:\ー----,,
.    0 rーrーrーrーr‐f''T''T´l_ノ !  \. |:.:.:.:.ヽ:l;;;;;;;;;l:
.      r┴┴┴┴┴ ''u~; ̄  , l v  \!:.:.:.:.:.:|;;;;;;;;l::
_,,.. -‐:.''!、u  ~U~      J~/    /|:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;!::
;;;;;;;l.:.:.:.:.:.:.:T1 v   _0:-‐::'´::: j~ /;;;;;;|:.:.:.:.:.:.|;;;;;l::::
;;;;;;;;!:.:.:.:.:.:.:.l;;`ー-‐7´:.:.:!、::::::: u  /;;;;;;;;;;;;| :.:.:.:.:.:!;;;l:::::
;;;;;;;;l.:.:.:.:.:.:.:.l;;;;;;;;;l/:.:.:.:.:.|;;;\   /;;;;;;;;;;;;;;;;;l| :.:.:.:.:.:|;;l:::::


     ,r=、ミミテ^ヽー- 、、
    /;;;;;;,ヘ;゙y;;;;;;;ヽ ` \ヽ
    /;;;rチ=i;;r、;ィfrヽミ、 ヽヽ
   f;r ,;/´ l;l  ヾ、,;ヽ ゙i ぃ i
   l;;;;;\‐-、i! ,r‐ヽ;;;;;l` i i川
   l;;;;;lィroミ'l! ィfo;テ;;;l l lilリハ
   !l;;;;!`゙''"iヽ ^゙''"!;;;ハ! l川__    …御随意に。
   /ハ;;;ト、 /    l;;/,イi トjlV
   l7 l;;liiヽ.`_,,_  ,j;lノl!リハi7
    jLr'ァヽ` ", ィ7!! l'"'′
    V `' リ`リi´::' ▽ >-、_
       /f^ヽァ''"´ / ,/~
      ,.ゝ/ i  l,,.ィ'",:ァ/:::
     /7V ,!  l",, ='/::::::::
   //:::l/  ハ  l,,ィァ"_:▽-‐
, ィニ´::〈v::f ,; fリ ,l/`´:::::,r:'"

 そこで二人は、重昌が城攻めに失敗したこと、
そして、二度目の城攻めのために、慎重になっていることを伝えられた。

163やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 22:52:05 ID:a2x4V4FQ
             _____
              /‐- 、..___,. -‐\
            // ─- 、._,. -‐ ヽi
.          l l  ̄`\  u / ̄ l l        おいっ!そこの若いのっ!
            」〈. ===ヽ  '=== l l_       お前、伊豆守殿の使者やったなっ・・・!
.        f r|.l 、`-゚-1 v l゚-‐' , |h.l    
          | L||u ,二ニl  u lニ二、|!」|        ちょうどええから、この手紙を
.          `ー| /,ニニ゙ー'ー'‐'ニニ、l|‐'       内膳の奴に渡してきてくれっ・・・!
            l. H十|十|士|十|┼}l        頼んだで・・・っ!!
        _,..イ `ヾ, ̄ ̄─‐ ̄´イ ヽ.、    
  _,, -‐''"´  |   ト、 ` ‐-‐''´/|  | `'''ー-
 / |      l.   |. \   /  :|  |
./  |   ___ l   |   `><    |.  |
.   | /´_ ー-`L.  |、  ,.イ 0lヽ   ,|   |
    /, ´_ 二ニう  | ヽ/ :|  | ヽ/ |   |
   // r',  r-亅> |    | 0|    | <
 __/,'/'   jフ´|   |    |  |    |   |
/ヽ'、  イ   |.  |     | 0|   │  :l
     ̄ 7′  :|  |.   └ ┘   |  l

         ,,..、,_,,...、
       , '"´   ,ヘ r ミ丶
     ,r '.: :  : :. ./リ<L:f゙ヽヽ
   /:. .: ::: :. :.. .! l jl!´!ヽノ::',
   !::::::::::::::::::::::::l=lz'=-ハト、::ト、
   l:::::::::::::::::::::Nl llィ6=、 〈N!      はぁ…、いいっスけど。
   ノ',:::::::::::::::::::{,リ l ゙ー'  ヾ'、    じゃあ、それを板倉内膳様に、ですね。
     ',:ト::::::::::ハj_ ノ    __r'′
     l!ヽ:::::イ  丶、.`゙´ィ′      「そうや!しっかり頼むでっ・・・!」
      リル -―‐`干´‐┐_,,. - 、
      ノ:.:.:.:.:.:.:.:._, -― ''゙´:.:.:.:.:r:.:.:ヽ  
      〉:.:.:.:.:.:'"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.`ヽ
      _jr'",:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:,ユ、
     /:.:.:.</:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:./,イノ
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、l,:.:.:.:.// ヾ
    〈:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.:.:i:/  ヽ
     ヾ:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.リ   丶-、 /7>、、
      '、:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`'ヘ   ヽ:`///   \
           松平伊豆守の使い

164やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 22:53:28 ID:a2x4V4FQ
. 
 こうして、「手紙」は送られてしまったのである──





              _____
             / ヽ____//
             /   /   /
            /   /   /
            /   /   /
           /   /   /
           /   /   /
          /   /   /
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





.

165やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 22:55:03 ID:a2x4V4FQ
 そして場面は戻る。
寛永十四年(1637)も暮れが迫った頃、
十二月二十日の城攻めに失敗した重昌は、更に入念な準備を整えてから攻めることに決め、そのように通達、
指揮下の九州諸大名達の軍勢も、それに従い、仕寄の構築に力を入れ始めた。

             _-‐─------- 、
          ⌒/  ─        ヽ
       //  r  ─  \     \
      /     .r     \   \  ヽ
    ./   / |   \   \  \  \
   /  / / (ヾ ⌒ヽ.   .          ヽ
   | |    | |::   ::| || || || || || || ||      |
  .|  | |   .|::   ::| || || || || ||ノ|ノ | \   |
  |  |   ノ_| |:::   :|ノ.|ノ|ノ|ノ|ノ-‐─|ノ|    .|
  .|   ノ| / ::|ノ::ヽ 、    /    :::::::| \ |
   |   ノ:|ノ=====ヽ  ::"======::::|r‐ 、. |
   .| rへ||::` _O_ノ;;|   ` _O_ ノ :::||Fヽl |     ククク・・・一度目は油断があったが、
   | |に ||::::::    ヾ|          ::::||レ./|     最早手の内を晒したからには、二度とああはいかんっ・・・!
   .| .ヽ_||::::::    ::::          :::|| ノ |
    .| | .|:::     ヽつ        :::| |  |      百姓ごときに二度も後れを取る俺ではないっ・・・!
    | .| |::  ─‐----------‐─   ::| | ||
    .|   |::  ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   ::| | ||
     | |. ヽ:  `──---─‐'    /|  | |
    .| | | .\:     ≡      ./  | |
     | |  | | .ヽ           / | |  | |
      |ノ/|    \:::      /| |  |\ .|
  -‐'''"~:::::::|ノ| |ノ  "'''‐--‐'''"   |ノ| | |::::::~"'''‐-
  :::::::::::::::::::::::::|ノ|  ヽ       ./ ||ノ|ノ::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::|   \    /  |:::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::|    .\ /    |:::::::::::::::::::::::::::::
           板倉内膳正重昌
     (いたくら ないぜんのかみ しげまさ)


       作るよ!          前よりも入念に作るよ!
   ,--――――――――――――――――――――――,r、
    |!三三∩_∩三.:三三三三三三三三三∧_∧三三三三〈@}
   `-(`( ;´ー`)つ――――――――(`( ;´∀`)つ―――`^'
      ヽ    /               ヽ    /
      /  (⌒)               /  (⌒)    viwハ、
     (__/                 (__/          .:::.   ..:::  ;;;;, :::"´
       ,.vVw,  .::;;  .::::  ,;;;,        ;;,   .:::;;
                                           ,;;:.
              ::;;;;;;;;;;,   :::.                     .:;;:. :..
           仕寄を構築する幕府軍側

166やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 22:56:39 ID:a2x4V4FQ
 そして十二月二十九日、重昌は各家の家老を集め、仕寄の進捗状況を尋ねた。

         / ̄ ̄ ̄ ̄`丶、
      ,.-''⌒´              \
   /         ⌒`          ヽ
  /       i"'"! !`、         |
  '/     イ| |   | i i、      \  |
  |ィ′ / /ノ j lノ  ヽ\ヾト、、    丶 ヽ      で、どうなのだ?
  l'|.イ ,イ' ``丶、  ×´\\\     i     仕寄はまだ仕上がらないのか?
   |へ.| ===。=、  = 。==== ヽ \、  |
      |.` ー‐ '/   ー― '" |ト、   |      私としては、そろそろ城攻めを
       |   /            ||,) |ヽ. |     .かけたいところなのだが。
       |.く__ - 丶      |!'ノ i||
       ハ ー――‐一    /! i |_  |
       ゙イ,`、 ===     / ,||||  ~"'''‐-
    ,. -‐'''"~ヽ.     /  ノノノ/|
          \__/    /  |
           | \    /    |
               |   ヽ/     |
             l  /\      |
            l/|  /\  |

./// :// , './/'/} ′: : ゙ヾ ハ 小 ハ}/リ __
/ / :// / // , ′:.:} i ニ=‐-ミ ゙≪ }. } j/ :斗 }
 /// / / //\ヽ//:.:_.:.:.: `ヽ\:`ヾ イイ / ;′
´/ / / / //:=ミ // \:.>x:.:.}、.:.\:.: :} / /
/' , '/, ' //、゙\/∧  ∨、:.\:\:.:ヽノ / /
:/ // , '/: :゙ヽ//:___ヽ   .}:.:.:.: :\:ヽ′,./
  // /./: ⌒://∧  `ヽ 廴_\:.:ヽ}// /
/.ィ´ /: :  / ′;∧ ん ',  }:.::}:.、ノ/ /
, / : : , ': :   i { : V∧ {リノ、_,丿:ノ:: }/ /
,′/: : :.  j:リ 、 ヽ;_`¨升^ ーく.:.: j ,/       仕寄の構築には、まだ今しばらく掛かるかと。
/: : : : :.  ;/  :\_;/ :.:.  _」¨´ i     
: : : : : : : /   ,:,ツ i;   ;.;.: i  / .|        無論、今すぐ攻めよと仰せられるなら、
: : : : : :/ , ,:,:,:イ  八  ;.;.: | ./ リ        我ら鍋島勢、否はござりませぬ。
: : : :/: : .¨´   ;/-、:.:..:.:;.: |/ ./
: : : : :    _:; ィ´(:__  ヽ:.:;.;. }  /
: : : : :>'"´j: :j: : }: 〉ミ、 ':;.;.; j /
: : :/ ;-‐=‐-ミ_:.j:.{: { `'ー一'′′
:.:.:.:/:.、: : : : : :.}-一′
, :く:.:.:/:ニ=‐-ァ´
: :.:.>:.r:.._/
/: : :.:}:.:.:.ハ
:.:. : : :ノ:. /:.:}
    多久美作守茂辰
(たく みまさかのかみ しげとき)

167やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 22:58:12 ID:a2x4V4FQ
             _
           / ̄     ̄ ̄ ̄``ヽ_
.       ,.‐''´ .....      ::::::::::::::::::::::`ヽ
       { '",..:::::/`丶、ヾ    ::::::::::::::::l
.      l  ::::::j_    _,|ヽ    :::::::::::::::::ヽ、
      r' .:/ー` ´_ ヽ、  、  :::::::::::::::::::)
      | .(._、 <_  `ヽ|  ::::l:_::::::/
.       l ::/ ̄/ ::::ヽ `゚`ー'´::|  .:::::{^!}:::{        こちらも似たような物です。
      j :〈 `j ::::::::`'ー  :::| ,' :::ノ./::: |       仕寄を仕上げるには、今少しかかるかと…。
      |  ヽノ .::::::::ヽ:   ..::|/  :::|/:::::::|
      |  | `''" ̄ l   ::/   :::|:::::::::|
      |  | j,r‐-‐、! l ', ::{   :::l::::::::{
.        |   |.{ '""ヽ) } 〉.:::〉   ::';::::::ヽ、
        !  `i      ,,..ィ′,.'",. ::::l:::::::::::ヽ
       }′,.:::\;;;;;;::ノ /:`)  ......:::::l、:::::::::::::\
        /  j.::::::j´/    {:::〈  :::::::::::i:| \:::::::::::〈
      {  ノ.:::::ノ/   ∧::::{  :::r、_」′ `''‐-、:\
  _,.、 -‐У⌒y゛/ 0 /!/`''^ー┘           ̄´´
.r'´:.:.:.:.:/:.:.:./.:/ / /:.i
          松倉家家老


        ,,,...... - ‥ ''''''''''''''` ー  、
.    ,.,  /               ヽ
    { i..,,j _,,,............,,.. ------フ     \
.    ヽ  /..,,  ー"       /      ヽ
     ,' /ヽ ヽ ヽー"'''^''・,  ',       ヽ
.     l i ~Tニ)'  { ニlニl'' }  l       }
   i:.,  ! j / / ヾ:;;__,.ノ|  l       /        こちらも同じくですな。
.   !.,'ー' /  'ー,--、    l  l   ,.-- 、 {..,_ _,,.     万全を期してということでしたので。
   ,,..;ニ・〔  ,,,,,, ,,,,,,,   '・; 、 j ./,;⌒ .!  ,.ニノ 
   ヽ.,_ ヽ _____________,,   ヽ~  { ) .!  ヽ        大体、あと十日程度というところでしょうか。
    ,.,ノ ,! '' ,.....,,..   ` _,,..-’ ノ ..,,__ノ  }        仕寄構築以外にも準備を進めておりますし…。
    'ー/          'ー"'/  ,.ヽ  _,.!
    /            /  /  ヽ  ヽ
    { , ; : . ; , ; . : , .   /  /   ヽ ノ
     ヽ___,;..:,,;____   _,,.ノ_,,,...:.... --- '''y''
          立花家家老

168やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 22:59:13 ID:a2x4V4FQ
                  _,.ィ≡三ミミ:;、、
                 ,,r'";ノ彡三ミ;;;;;;;;;;゙ー:、
                ,,ノ;;;;彡三彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ、_
               /;;;;;彡三Ξ彡;;;;;;;;;;;;;;;ミミ;ミ
                !;;;;;r''"´"´ー''"ノ'ヽ;;;;;ミミ;;;l
               ,ハf -‐--‐''  ,.、 ゙`ヾ;;;;ノ
           __,」.f.}  r'''ヽ.    `゙'ー レ_           細川家も、まだ参陣の準備が整っておりません。
      r二二''く´  0 ,.>、l   ` ゚''′  ,r'。`) /ィj      _,..、   まず、二万の軍勢が入る場所を決めて頂きたく…。
    ,r''/´     ̄,フ´ /l     ,... 、  ̄´ /,シ'ーo、 ,.fヒi'-!  
   / ,f′    /   / .! ( ,、_ヽ..ノ  _ ,イ´ ヽ=:.,`'',ヒ,i ヽ     
  ノ! i      \,ィ'´! ヽ  ヽ、``゙;ゝ‐'ノノ,!   ゙i、`~.! ゙i、゙!,.ゝ、
 ノ/i  l    _,.ィ''´  i   \.   ̄´ ,/ ,i`ヽ、/   ゙i t ヽ ヽ`i.
,/l .i,! ii t     ヽ    i、 ,.ィ'^t:、,,...ィ''´  ,ノ  `ヽ、  ゙t,_ヽ ` ヽ,t、
  リ ヾ i ,..、   ゙t,     !.゙´   ゙i__,ノ ヽ//    /.   ,f´彡彡 /l `i
 ヽ、 ゙iY `゙''ー-=ヽ、  .゙i,   ,/' ゙t,  /   /   彡i,,彡 ' ' /ノ  l
   ヽゝ、j'i=:、O   `ヽ、 ゙t,  /   ゙i ,/  ,/-O---, ,i'`   f′  l
   \ j l  `ー--=.イ\  ゙V′  /  / `ー'゙ー‐'ノゝ、   ノi   ノ
     )l l       l  \ ゙t,  / ,.ィ"/ ̄ ̄o ̄7′,.ィゝ''´ ,ハ、 )
 ー--‐ハ.゙:-:、_    l.   \ ソ ,.ィ'´ /` ゙̄`ー'"i′ ,i/    t, l
     l ヽ  `ー-=''′   / /   /      冫'"       ヽj
                細川家家臣

 なお、この時、一旦天草まで進んでいた細川家の軍勢は、
「着陣できる場所がない」と重昌から伝えられ、一旦熊本の川尻まで退いている。

170やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:00:33 ID:a2x4V4FQ
     _   , -─- 、
   / ニ `′二_`ヽ.\  
  / / ヘヽ  -‐、 \  ヽ
 / / , l f'``"" | ト  l l | 
 ! | 〃 , |     l | l |、 | |.|
 | l /イノー-、  rヽ!'ヽ!ヽ  |      …そうか。
. | /l''==a= , =a==''|r、!     では、やむを得ん。
  |,イ| ` ̄ 〈|    ̄´ ||'イ      準備が整うまで、城攻めは延ばすとしよう。
.  トl.|   _ ヽ _   l'イ|
  l l.ト、.‘'''" ̄ ̄`'''’,イ l |      なので、各大名家は万全の状態を整え、
-‐'''l ! l.\   ̄  / | l |`:ー-   次こそ城攻めを成功させるよう、心得よ。
::::::::::l,ル ト、 ` ー '´ ./!ル':::::::::::   よいな。
:::::::::::::::N \  /  |':::::::::::::::
::::::::::::::::|    ,><    |:::::::::::::::::

                  ___
                /l l l l'/ハ
              .ト|_|_|_|l//!        ははっ。
           __从ミ三彡テ、
        ./ミ三从メ余メ/!ミ三彡 、
       ./ /  |:个三个 | l i  \
       /   / |x : | || /:|:: |::::| | :|:: ヽ.
     /  / : |、〉|:|∨ .; : /∧| :| | :   ∨
    ./ :   |  :|  | ヽ! :/:::/ :∨!:|:!  / ∨
   /   i :|  |  \∨ :/  :::| |/ /   ∨
  ./   :| : | |  7\_/ :/____/| | /:    ∨
   `7\ \| |  |ミ三三三三三ニ| |/      〉

 この日の合議にて、そろそろ城攻めを始めたい旨を諸家の家老に伝えた重昌であったが、
仕寄の完成までまだ時間が掛かり、その他の準備もまだ整いきってないという返答が相次いだため、
結局、それらの準備が整うまで城攻めは延期する、という結論に落ち着いた。

172やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:01:47 ID:a2x4V4FQ
             _
           / ̄     ̄ ̄ ̄``ヽ_
.       ,.‐''´ .....      ::::::::::::::::::::::`ヽ
       { '",..:::::/`丶、ヾ    ::::::::::::::::l
.      l  ::::::j_    _,|ヽ    :::::::::::::::::ヽ、
      r' .:/ー` ´_ ヽ、  、  :::::::::::::::::::)
      | .(._、 <_  `ヽ|  ::::l:_::::::/
.       l ::/ ̄/ ::::ヽ `゚`ー'´::|  .:::::{^!}:::{       …やれやれ。
      j :〈 `j ::::::::`'ー  :::| ,' :::ノ./::: |      あの上使様の指揮で、また城攻めをするのは気が滅入るわい。
      |  ヽノ .::::::::ヽ:   ..::|/  :::|/:::::::|      せめて、準備だけは入念にさせてもらわねばな。
      |  | `''" ̄ l   ::/   :::|:::::::::|
      |  | j,r‐-‐、! l ', ::{   :::l::::::::{
.        |   |.{ '""ヽ) } 〉.:::〉   ::';::::::ヽ、 ))
        !  `i      ,,..ィ′,.'",. ::::l:::::::::::ヽ
       }′,.:::\;;;;;;::ノ /:`)  ......:::::l、:::::::::::::\ ))
        /  j.::::::j´/    {:::〈  :::::::::::i:| \:::::::::::〈
      {  ノ.:::::ノ/   ∧::::{  :::r、_」′ `''‐-、:\
  _,.、 -‐У⌒y゛/ 0 /!/`''^ー┘           ̄´´


        ,,.;――ー、
    〃⌒´      て
        ν⌒〈   \
   〃〃∠ラ   \    )
  ιJ/∠ニイ トニγ|  .::|
  ゝ :(:::エエゝ  エエ= |  :::|     まったくだ。
  ν (   | | ` ゛゛...)/r、:/    まあ、幸い準備の時間だけは取れたことであるし、
  ゝ  |  く 」ヽ  ゝJ 、D) し    .じっくりやるとするか。
    / ==--=== ヾ | \)
    /  ` ̄ ̄´  γ|  ゞ\ ))
   (    ゙゙゙゙    イ  /
    ー―⌒―――´ / ))
    \       /

 各家の家老達も、その結論を持って各々の家に戻った。

174やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:03:16 ID:a2x4V4FQ
      ,.、_、,、_, ,、、.,、,、、
    x': : : : : : : : : : : : :ヾ
   ,ミ: :ミY´ヾヾヾヾ〃ヘ: :ミ
   ミ: ミ         彡:ミ
    爻{ ====ミ ,x====ヘ: ミ
.  ハ〈i| -=tッァ }-{ rッァ=-}リ,ハ      なるほど。
.  い仆---- イ{ `ー--- 仆./     上使殿は慎重だな…。
.   \_l   └r '   /シ′
     レヘ   ─‐  ,仆リ       ならば、家中にもそのように伝えよ。
     ´イ\   ̄ / |        迂闊に抜け駆けることの無いようにするのだぞ。
     ,'` ̄≧=≦ ̄´',
, -、. -<     |    >─<>-
⌒'´   ` ー┬介ー '´
     鍋島紀伊守元茂
(なべしま きいのかみ もとしげ)


         彡彡 ' 二 ニニ 、, ニニ 二` ミミミミ
          彡,'´z===≡)  i f≡==zミミミミ   
          |川=- _━-、.:,'}.:..,'´ , -━、_= lミミl|   
         |l川´, '´', '二: | :| ::=≡ミヾ ||川 |      へへえ。
          |l|frヽ、..::: , :>.:}:.{:..、::..  :. ../ヽ川     紀伊守様のお下知通りに。
        川ヽ_l :ヽ:::r_‐ゝ(._.) ┘-、:::Y::(l ノ川   
        川|川:|l::.:} 〈- トェェェェェイ.ソ { ::l川川
      彡彡彡'´ヽ、::rゝfT_┬_イソ、:: >ィ|\ミミ、
     彡' >'´   ! | |`ヽ( ,'´ | 「ヽ >'´ /|  | ヽ┬ 、
, - ' ´/  l     | |ヽ ..;`ー -‐ '´  ,'/ l  |    l   `丶、
      l   l     l ヽ ::::... ヽ ::::. ソ  /│  l    〉
     |  |      \\:: ヽ l:::: ::ノ..:://  /   /

 こうして各家の家中にも、その方針が伝えられたのである。

178やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:04:52 ID:a2x4V4FQ
 そして合議終了後、二十九日の夜…。

         ___ヾヽ__
       /        -=´、
.      /      ,ィ\l   ヾv
      |    〃 /  .|     |
      |   ルナメ、  ,.ゝャ、 |       ・・・慎重過ぎるかもしれんが、
      | ノ|| せ。ラ 〈。ラ"リリ      最早二度と失態を繰り返すわけにはいかん・・・っ!
      |. |ヒリ      , >  |    
      |. ゞl ヽヨヨヨヨヲ l          次の城攻めで、今までの不名誉を返上・・っ!
      |   |    ≡  ,!        勝てば官軍・・・っ!勝ちさえすればどうとでもなる・・・っ!!
     ノ/| |`' 、     /|        ククク・・・。
-‐ '' "  ̄≡ | |   `'- 'ンi |" '' ‐ - 、
≡ ≡ ≡ ≡ Nリヽ、 ./ リリ ≡ ≡/ l
. ≡ ≡ ≡ ≡|ヽ  X  / ≡ ≡ ./≡|


   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7
    |    /`ー 、    /ヘ /
    |  /::::ミ‐-、__` ー ' / ,ヘ
    |  \:::::. `ー ニ||  ||レ'  |
    | l「jl |┳━━━━━━━┓
    | l「jl |::|  ::iilllllll|━| ::illllllll|
    |  ヽN:::\::iillllllll/ ::ト、:iillllllノ        殿。
  /|  /:|    ̄ 7  :l  ̄ 7      先ほど、松平伊豆守様よりの使いが参ったそうです。
/  | /::: :ヽ    (_ _:ノ   ,'       殿にお目通りをと・・・。
::::::::: |/:::   :ヽ  r――─┐ /
::::::::: |\:   :ヽ   ̄ ̄ ̄ /
::::::::: |  \  :\    ̄  /\
       板倉家家臣

180やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:06:44 ID:a2x4V4FQ
   _____
  (\\\ ヽ 、`ヽ
   ,ゝ\\\ヽ l. |
  く '´``__\\i ! |      い、伊豆守様よりの使いだと・・・っ?
   ) ゙i ̄ ̄"トゝ|. | |     確か、鎮圧後の仕置きのために来られるとは聞いていたが、
< 、 u  ̄ u |_,リ | | l|     この時期に何が・・・?
 'ー-r==ヽ |‐' | l l|   
   r'──' //,イ | |      ・・・とりあえず、話を聞くか。
   `7 u ./// | | |      その使者を通すのだ。
   `ー r〃/_| | | 
   ┌‐;〃'   | i | !ト、


   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7
    |    /`ー 、    /ヘ /
    |  /::::ミ‐-、__` ー ' / ,ヘ
    |  \:::::. `ー ニ||  ||レ'  |
    | l「jl |┳━━━━━━━┓
    | l「jl |::|  ::iilllllll|━| ::illllllll|
    |  ヽN:::\::iillllllll/ ::ト、:iillllllノ      はっ。
  /|  /:|    ̄ 7  :l  ̄ 7
/  | /::: :ヽ    (_ _:ノ   ,'
::::::::: |/:::   :ヽ  r――─┐ /
::::::::: |\:   :ヽ   ̄ ̄ ̄ /
::::::::: |  \  :\    ̄  /\


 こうして、重昌は松平伊豆守よりの使者に対面、
そこで伊豆守が近くに島原に着陣することを伝えられ、物語は前半の最後に繋がるのである…。

181やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:08:20 ID:a2x4V4FQ
 ─ 板倉重昌は大混乱中のようです。

             _-‐─------- 、
          ⌒/  ─        ヽ
       //  r  ─  \     \
      /     .r     \   \  ヽ
    ./   / |   \   \  \  \
   /  / / (ヾ ⌒ヽ.   .          ヽ
   | |    | |:::::: ::| || || || || || || ||      |
  .|  | |   .|、::::::::| || || || || ||ノ|ノ | \   |
  |  |   ノ_| | \::::::|ノ.|ノ|ノ|ノ|ノ-‐─|ノ|    .|
  .|   ノ| / ::|ノ::: \ 、  /    :::::::| \ |
   |   ノ:|ノ=====ヽ  ::"======::::|r‐ 、. |
   .| rへ||::`ヽ ○ ノ;|  ! ○   ノ :::||Fヽl |       バカなっ・・・!バカなっ・・・!!
   | |に ||:::::::`~<ヾ|   `--~´   ::::||レ./|      正月には、もう伊豆守様が着陣っ・・・!?早すぎるっ・・・!
   .| .ヽ_||::::::ι  ::::   υ   ∪ :::|| ノ |       しかも、一揆鎮圧の指揮も取られるなど・・・あり得んっ・・・!
    .| | .|:::::::::   ヽつ        :::| |  |
    | .| |:::ノ⌒⌒~――~⌒⌒\  ::| | ||       まさか・・・上様は俺を見限られたというのか・・・っ!?
    .|   |::[ ̄⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒ ̄] ::| | ||       俺の城攻めはこれからだというのに・・・っ!
     | |. ヽ[________ノ /|  | |       .そんな・・・いや、しかし・・・っ!!
    .| | | .\:~─~┴~─~′ ./  | |
     | |  | | .ヽ   ≡≡≡    / | |  | |
      |ノ/|    \::::: ≡    /| |  |\ .|
  -‐'''"~:::::::|ノ| |ノ  "'''‐--‐'''"   |ノ| | |::::::~"'''‐-
  :::::::::::::::::::::::::|ノ|  ヽ       ./ ||ノ|ノ::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::|   \    /  |:::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::|    .\ /    |:::::::::::::::::::::::::::::

182やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:09:46 ID:a2x4V4FQ
           __
           /´    `ヽ ,r'"⌒`' 、
          /       ヾ¥r     \
        /        ヾf r        ヽ
       /          f゙゙゙''''"""1     ヽ
     /          |:::u:::::::::::::::|     ヽ
    l       ,イ l| .ト、:::lj":::::::::::l  |l    ヽ
    |       ノ:/ノl l:::::ヽ::::::::::::::::::| .|:|      ヽ
   |     f´r=",、レ::::::::::ヽ::::|j:::::::::l|:::|. r、     l
   |  /|  |¦   ヾ_、.._:::::l::::::::::::,r'''"レ'「´l   |
  |  lに| .|:¦    ``ヾ::::::::::::;r,====ッ   l
  |   | し| |::::::ミ、◎    :::::::::/´    ,、リ  ノ      こ、このままでは、
. /   ヽ、| |::::::: `ヾ=‐='"::u::/◎  _..ノ:/_. -'´     俺の手で、最初の城攻め失敗の不名誉を雪ぐ事ができんっ・・・!
/   /|   |::::::  |j    |j:::::ヒ≡三= /         .ど、どうすればっ・・・どうすればいいのだっ・・・!?
  /:::|   |:::::___ U  u   ::::::`''ッ  l
/:::::::||   .| f⊥⊥T‐r、__  r'::/ u /
::::::::::::| |   ト、`┴'┴±±r干,コ'ェn /
:::::::::::| |   |:ヽ   _   ̄`'┴'‐'リ
::::::::::|  |   |:::::ヽ u ≡三≡ u /
:::::::::|ヽ |   |:::::::ヽ u    _.、 ‐ヘ
:::::::::|  ヽ|  N :::::::\_.. ‐''´ /::::::::::::\
:::::::::|   ヽ |   :::://  /::::::::::::::::::::::\

184やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:10:57 ID:a2x4V4FQ
 ( \  、
  \   \
   .\\ \
    / \ \\
   く u / ` ` \\
    \ 〃=====ゞ  |
     .) l    、   |
    /  ----゛    |
、-- ̄  u         |       そ、そうだ・・・っ!
 \ 、      u    |      先ほど、戸田采女様からの手紙も受け取ったのだっ・・・!
   フ           |     な、なんでもいい・・・!
    ゝ王王王王王ヲ .|
     「         |       この状況を好転させるきっかけになればっ・・・!!
     L     u   |
       ̄/ U    .|
       /   ___-- |
      / __--、:::::::: |
      `¨´   \//
            く
            人

          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   戸田采女正からの手紙

185やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:12:02 ID:a2x4V4FQ

 そして…

           /⌒ソ/⌒ヽ、
        . /  //    ..\      ._,
        /  //      .`ヽ,.._,ィ''´  `'ー- 、      /i
        /  //                  \,.   _..ノ .|
    .   /  //                     ⌒´   .|
      /  //                          |
      /  //                           |
    . /  //       板倉内膳殿へ──          .|
    /  //  .                          |
    /  //                             .|
   ./  //                            . |
  /  //                               |
 ッ芝ヾシ⌒ヽ、                           |
 .ヾニジ    \      ._,.イ⌒ヽ               |
          `ヽ,.._,ィ''´      `'ー- 、        .  |
                         .\,.   _., 、  . .リ
                            ⌒´   \._,ノ

 遂に、手紙は開かれてしまったのである…。
.

186やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:13:16 ID:a2x4V4FQ
 =手紙の中身=

      ヽ___人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
      )                        (
      )   /  l l l    /               (
     )  /   .|   ̄/ ̄l  ー‐、         (
      )  /    |   / __ノ   -'        (
      )                    r┐   (
     )  o  o  o  o  o  o  !/    (
     )                     o     (
     )                        (
     /⌒!⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒!⌒ヽ
       ,. -─────‐- 、
.     /,.ヘ.    ,. ‐''"⌒ヽ、  \
.     //   ヽ-‐'´ u,    ヽ   l
.   /へ \`ー-'_/ ,. -ー''⌒  l   l
   { u \ U ̄  /  u'  J~│   l       なにを・・・っ!なにをやっとるんじゃお前は・・・っ!
   l F==ミ、,, ,,〃===''ヲ  /    !     .たかが百姓ばら如きを相手に、城攻めに失敗するとはっ・・・!
    ! ヽ、_゚/ v ;ヽ° _,r' v |. |ニヽ |     なんたる無様っ・・・!醜態っ・・・!この上ない恥っ・・・!!
.  〈 v ~U/ J~ ;ヽ~U"、___‐- | |⌒l |│
   )-ー' !__,、__,.ru┘,,,,,,,,,,,,,,\ |.|こリ |     お前ほどの奴が、なんでこんな苦戦をするっ・・・!?
  <_,,,,,0,,,,,U;-┬'T´_匚匚囗ヽ.!ト-'  ト、
.   匚匚.L.⊥┴ '´     __]:|\.   !:.:\ー----,,
.    0 rーrーrーrーr‐f''T''T´l_ノ !  \. |:.:.:.:.ヽ:l;;;;;;;;;l:
.      r┴┴┴┴┴ ''u~; ̄  , l v  \!:.:.:.:.:.:|;;;;;;;;l::
_,,.. -‐:.''!、u  ~U~      J~/    /|:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;!::
;;;;;;;l.:.:.:.:.:.:.:T1 v   _0:-‐::'´::: j~ /;;;;;;|:.:.:.:.:.:.|;;;;;l::::
;;;;;;;;!:.:.:.:.:.:.:.l;;`ー-‐7´:.:.:!、::::::: u  /;;;;;;;;;;;;| :.:.:.:.:.:!;;;l:::::
;;;;;;;;l.:.:.:.:.:.:.:.l;;;;;;;;;l/:.:.:.:.:.|;;;\   /;;;;;;;;;;;;;;;;;l| :.:.:.:.:.:|;;l:::::

189やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:15:52 ID:a2x4V4FQ
               ,. -───‐- 、
.            //´ ̄`ヽ、..__,.ノ^\
             l |    ̄`ヽ. __,.ノ'"´ ヽ
.            | L._  ̄`\    / ̄ ゙}
          | r‐、} F==`   ':==ラ |        幕府の上使としてやってきたお前が、
          |.| F||  `ーu゚1 u ドu〃 |       一揆の者どもを攻めもせず、ひたすら陣を固めるとは何事じゃっ・・・!
         /| `ァ1`,二ニ L、__,.」ニ二、|
      _,. イ  :| / |/r'〒〒r‐r‐r〒〒i|、_       あのような者ども、猫か鼠のようなものじゃろうがっ・・・!
_,,.. -‐''"´   |  |/  |. E〒〒〒〒〒〒イ  `''ー-、   .何をそこまで手間取っておるんじゃっ・・・!!
.        |.  |\ `ヽ . ̄ ̄二 ̄´,.イ      | ヽ
       │  |  \   `` ー-,.イ  |.    l  ヽ
         |    |   \   /  |   |.    l   ヽ
       /´二二}__    ><    |   |   ,'  r'二ニヽ.
.      // , ----} {   /| oト、   /| .∠_  / 「{゙r;ー- |
      //./ r ─‐}´ヽ/ | o| ヽ/ |   /  /  `7.{r',ニニ |
   /{ ./ / /ニソ   :| o|    |   / ./  ,{./`ー′/
     \__, イ  |      ̄      | ./ ∧  / `{   ,.イ

190やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:16:39 ID:a2x4V4FQ

           ,. -──────‐- 、
           ,∠...--─── 、       ヽ
       /         │         |
.     /--─  ./´   u |.        |
   /     ./ , -、   r-┘       |
.   \  、_,/ /  d , v│ /ニヽ      :|      このまま日が流れて、今の有様が広まればどうなると思う・・・っ!
     \ =: く _ /r'  |. |ニヽl |      :|    
     / u  ー-‐J′ r' | |-‐,1.|       |       「幕府にはキリシタンを抑える力もない」
.   /   __ u 、__,. -─-、 |.L__,リ      :|    
  ∠   _;ー ′__,,,,,... -─  |kー'´      :|       そんな風聞が立ったらどうするつもりじゃっ・・・!?
    <__.二.-r¬''''T ̄lヽ. ! \     │     ましてや、万が一にも外国にまで伝われば、
        L.⊥-'-┴ ''~´ ̄|u|.   \     !     .それは日本の恥となるのじゃぞっ・・・!
.          r──r───| |     \ / \    日本の恥っ・・・!日本の恥じゃっ・・・!!
.        l ̄l ̄l ̄l ̄l~lフ  |     /
         l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ /    /
        `フ   u   /    ./
          /____,/\   /

192やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:18:03 ID:a2x4V4FQ
             , -──-- 、
          /'^ニニ'´ ̄`ヽ ヽ
         / ̄l_,u / ̄` l  |     その恥辱がかかるのはお前だけやないっ・・・!
         /≧ゞ `<≪ u 」  |    お前の兄の周防守殿、その義父のワシ、
        /,ニ/ u l~-``r /,:=、 ,'     そして何より、お前に御下命下された上様の面目にも関わるんじゃっ・・・!
        /rri≧-=ニニヽ //r,リ/ 
        lヾ=ユ王l王l王} /<.シ/      そう思わんかっ・・・!そう思うのが武家っちゅうもんやろがっ・・・!!
        \ ー-  _ / :| /\
          >r‐ ~´   :|/  |`'''ー-  、.._
     _,.. -‐'7  ト、    /|   |       >‐ 、
    /|    ./  :| \/   |.   |       /    ヽ
   / |  n〈 ,. っ| , 介、  | _ n n    l     |
.  /   | ! {/∠‐''ニ⊃d \ lr| } { {.{ {  n |     |
  /    | | , '",, ''ニニ⊃d   ゙トヽヾ ヽ ヽ._ノ } |     |
. /     ,、ノ  ' ,. - ',.ニ⊃|d   :l \ 、 、゙、  / :|     |
/   /  \_, -‐'´|.   ´    |   ヽ_,,. ヘ  |     |

193やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:20:10 ID:a2x4V4FQ
                 _.. -‐'⌒\_
             ___ノ´        \
           ノ´      /⌒ヽ     l
         / r‐-、___..-''" /∩ \   \                   やから・・・なんとしてもやれっ!
         |ノ ヽ `ヽ._// / / | u  } _ |
          | (\\ヽ._ノ / ,ノ  { u ノ /__`!|                  一揆鎮圧っ・・・!
            |u' ) \\, ノ 〈@   》〉( {ノ ,}|ヽ_
         |  (_ @Y  u.ヽし'=彡'゙,.-\ヽ_} |  |   `ヽ、       _     キリシタン殲滅っ・・・!
         \ { 八.u  └-、、_ノノ~ , ヽ.V  ヽ    \ ̄ ̄ ̄
           }r゙ ノ /  J  r‐'  ,;:=''"__ uヾ\____\    |           城攻めっ・・・!
            (_;_ノ `ーl"iー'゙;;=''"__,.-く._L> ヽ    /ト、   \
            〉,,,;;:=し'  /ヽ__>ー'゙ .イ} ヽ.u / | ヽ    ヽ         ワシらが着陣する前にっ・・・!!
           /〉u' __,. ィ" >‐'゙   ,.へ/  ノ  / |  ヽ    ヽ       被害など恐れるんやないっ・・・!とにかく攻めろっ・・・!
          / 'ー'"[__.ト‐'´  _,. イ_>' /  / |   l、     \      それだけが、お前の取る道なんじゃっ・・・!!
        /        >匚L -''" u .ノ u' /   |   | |      >
      /ヽ       {____ u' _,.-''"    /   |   ||    <_     ええなっ・・・!やれっ・・・!やれっ・・・!
     /    \        l.__/ | | \ U /   |   |   |      |    やるんやっっ・・・!!
    ノ       \       |    \ヽ \,/    |   |   |       |


 =手紙終了=

194やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:22:25 ID:a2x4V4FQ
.









      f77j   
.   , -‐lル/、    ・・・・・・・・・・・・。
  //   fヽ  ,_、
  ゙7   .ハ.'二ル'
   L__|、  
.   |. |\_,ヽ  
  / /  |. |
  〈ーく  }ーく 
    ̄    ̄
.

196やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:23:55 ID:a2x4V4FQ
             _-‐─------- 、
          ⌒/  ─        ヽ ;:
      ;//  r  ─  \     \
    ; /     .r     \   \  ヽ;
    ;./   / |   \   \  \  \
   /  / / (ヾ ⌒ヽ.   .          ヽ;
   | |    | |:::::: ::| || || || || || || ||      |
  .|  | |   .|、::::::::| || || || || ||ノ|ノ | \   |;;
 .;|  |   ノ_| | \::::::|ノ.|ノ|ノ|ノ|ノ-‐─|ノ|   .|
  .|   ノ| / ::|ノ::: \ 、  /    :::::::| \ |
   |   ノ:|ノ=====ヽ  ::"======::::|r‐ 、. |;
   .| rへ||::`ヽ ◎ ノ;|  ! ◎   ノ :::||Fヽl |      あ・・・ああっ・・・
   | |に ||:::::::`~<ヾ|   `--~´   ::::||レ./|
   .;.| .ヽ_||::::::ι  ::::   υ   ∪ :::|| ノ |;
    .| | .|:::::::::   ヽつ        :::| |  |
   ;| .| |:::ノ⌒⌒~――~⌒⌒\  ::| | ||;
    .|   |::[ ̄⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒ ̄] ::| | ||
    .;| |. ヽ[________ノ  /|  | |;
    .| | | .\:~─~┴~─~′ ./  | |
     | |  | | .ヽ   ≡≡≡    / | |  | |;;  ガタガタガタ…
      |ノ/|    \::::: ≡    /| |  |\ .|;
  -‐'''"~:::::::|ノ| |ノ  "'''‐--‐'''"   |ノ| | |::::::~"'''‐-;
  :::::::::::::::::::::::::|ノ|  ヽ       ./ ||ノ|ノ::::::::::::::::::::;
  ::::::::::::::::::::::::::::::|   \    /  |:::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::|    .\ /    |:::::::::::::::::::::::::::::

198やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:24:45 ID:a2x4V4FQ
. 




    .        /\     /|  /゙i    /\     /|  /゙i    /\     /|  /゙i    /\     /|  /゙i 
    .\ \、_ハノ  ヽ、|/ |ノ   (,ハ ハノ  ヽ、|/ |ノ   (,ハ ハノ  ヽ、|/ |ノ   (,ハ ハノ  ヽ、|/ |ノ   (, _(,ハ_、//
  \)   \)'                                                                       '(
  /      i―'i            i―'i            i―'i            i―'i                .....   ,-'''r, .... ,-'''r, \
ヽ,)  .  .... ./  '一''''''L     .... ./  '一''''''L     .... ./  '一''''''L     .... ./  '一''''''L            .....   }  !   }  !  (,,r'
/ .....  |......、 ,i....--‐′     |......、 ,i....--‐′     |......、 ,i....--‐′     |......、 ,i....--‐′            .....   .|  /    .|  /   \
ヽ   .   ,./    ̄ ゙̄'''、.  ..   ,./    ̄ ゙̄'''、.  ..   ,./    ̄ ゙̄'''、.  ..   ,./    ̄ ゙̄'''、.  .. ____   ....  / .,'   . / .,'    ,r'
_)...... / ,、 ;゙!′,i'''、  l . / ,、 ;゙!′,i'''、  l . / ,、 ;゙!′,i'''、  l . / ,、 ;゙!′,i'''、  l  |      \    ! ./     ! ./   (_
,)  ...../  / :l   ,./  ,l′ ! ./  / :l   ,./  ,l′ ! ./  / :l   ,./  ,l′ ! ./  / :l   ,./  ,l′ !  . ̄ ̄ ̄|.  .l ....  ,ミ" ......  ,ミ"     (,
/-、 .l `'" .,../r-‐"  / .......l `'" .,../r-‐"  / .......l `'" .,../r-‐"  / .......l `'" .,../r-‐"  / ......     /  /  ./ ',    / ',     、-
,)    ゙''ー''"゛  ゙ヽ-''"     ゙''ー''"゛  ゙ヽ-''"     ゙''ー''"゛  ゙ヽ-''"     ゙''ー''"゛  ゙ヽ-''"         \/   ゙'--′   .゙'--′    ヘ
/-、....                                                                            ゙i
  /-、  //7/ヘ /l ト、 |\、 /\ /7/ヘ /l ト、 |\、 /\ /\゙i7/ヘ /l ト、 |\、 /\ /7/ヘ /l ト、 |\、 /\ /ヘ /
         /   V | ,l ヽ|   V   ゙i /   V | ,l ヽ|   V   ゙i   /   V | ,l ヽ|   V   ゙i /   V | ,l ヽ|   V   ゙i  V




.

199やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:26:36 ID:a2x4V4FQ
       /~''''--,,,,
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,
      /   /~ '-,,,;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,
     / /,-,: : : ''-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,
     ///ヘヽ: : : : '-;;;;;;;;;;,,,-''ヽ;;;;;;;;;/
    /;; ヽ  ̄'\ヽ: :u.: : : : : : : :ヽ/
   /,-i;; >''-,,,  ヽヽ: : : : : : : : :,ヽ
  / / ノ /   '''-,,ヽヽy: : : :_,,,-'''~ヘ)
  / / // i  ;;;;;;;;;;;;;;;''''-,,_ r;;,,-'''~,  /
 / i // ヽ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;/ ;;;;~~~''''-,,
/;;;;;;;;;,イ \ '-;;;;;;;;;;-/~~''/, ;;;;;;;;;;;;;;;;;/       と、殿!
;;;;;;;/;i  /    ,,-''  人;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ       どうなされたのですかっ・・・!?
/ ;;;i   u  ヽ    ヽ ~'''''イ
   ;;;i /~~''''-,,,  { _,,-ノ ,-- /
  ;;;;i (二'''--,,,~''''-,,,  / /
  ;;;i:   ~~'''''っ,,''''-,,,-, ,/
  ;;;i:    ''''-,,, ''''-,ノ /
  ;;;i     'ミ     /;ヽ、
   ;;;''''-,,,       /;;;;;;;;;ヽ、
   ;;;;;;;;  フ';;;;-  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
ヽ ___,,,,,-'' /;;;;;;;;;;;;~~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
/ヽ    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
;;;;;;;;ヽ  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヽ、


  /       |::::::::|                 |
. / ,イ    ノ l::::::::::!、      ヽ         |
 レ´/   ,イ ノ:::::::::::::::ヽ.ト、 lヽ i、        |
  / / / ィフノ ‐-、    >ヘ「 \l \ l       |   
.  レ'レ'レ'ギ===、   ッ===‐ ラ"|ゝ.ゝ    |     お、お前達っ・・・!
        |丶,, @l    _  @、゛ | |ヽ     |    今すぐ各家の家老達のところに行って、
.       |  `フ  .|j~u  ̄  u |.|う)    |    これから合議すると伝えてこいっ・・・!
       |  く 、          ||じ       |
.       | r=`=== ニニ二`i   l      |     いいなっ・・・!
       | l            |  l         |     今すぐっ・・・今すぐ行って来いっ・・・!!
          | !ニ二二と二二二ノ l   .∧   l    
        l    __ u   ,、イ   /  ',   l
        \   ≡   ,、-'´ /  .ム-―l   ',
            l\   ,、-'´  ,,、/  /   ,.、-ゝ  ヽ
         |  `i''´ |,.、-'´ /  /,.、-''´   l  ト、
           | l レ   ,<    / /./´       .l |l | \
            レレ  / ヽ‐7イノ         リ.リ   \

201やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:30:00 ID:a2x4V4FQ

   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7 て
    |    /`ー 、    /ヘ /  そ
    |  /::::ミ‐-、__` ー ' / ,ヘ
    |  \:::::. `ー ニ||  ||レ'  |
    | l「jl |┳━━━━━━━┓      えっ・・・!?
    | l「jl |::|  ::iilllllll|━| ::illllllll|      そ、それはどういうことでっ・・・!?
    |  ヽN:::\::iillllllll/ ::ト、:iillllllノ 
  /|  /:|    ̄ 7  :l  ̄ 7       昨日、合議で
/  | /::: :ヽ u.  (_ _:ノ   ,'      . 準備を整えるということで話は済んだのでは・・・?
::::::::: |/:::   :ヽ  r――─┐ /       何故また今日になってそのようなっ・・・!?
::::::::: |\:   :ヽ   ̄ ̄ ̄ / 
::::::::: |  \  :\    ̄  /\

           __
           /´    `ヽ ,r'"⌒`' 、
          /       ヾ¥r     \
        /        ヾf r        ヽ
       /          f゙゙゙''''"""1     ヽ
     /          |:::u:::::::::::::::|     ヽ
    l       ,イ l| .ト、:::lj":::::::::::l  |l    ヽ
    |       ノ:/ノl l:::::ヽ::::::::::::::::::| .|:|      ヽ
   |     f´r=",、レ::::::::::ヽ::::|j:::::::::l|:::|. r、     l
   |  /|  |¦   ヾ_、.._:::::l::::::::::::,r'''"レ'「´l   |
  |  lに| .|:¦    ``ヾ::::::::::::;r,====ッ   l     うるさいうるさいうるさいっ!!
  |   | し| |::::::ミ、◎    :::::::::/´    ,、リ  ノ    貴様らが気にすることではないっ・・・!
. /   ヽ、| |::::::: `ヾ=‐='"::u::/◎  _..ノ:/_. -'´     俺は幕府の上使っ・・・この場における上様の名代だぞっ・・・!!
/   /|   |::::::  |j    |j:::::ヒ≡三= /        その俺の言うことが通らない道理がなかろうがっ・・・!!
  /:::|   |:::::___ U  u   ::::::`''ッ  l
/:::::::||   .| f⊥⊥T‐r、__  r'::/ u /           ワカッタラ、サッサトイケ!!
::::::::::::| |   ト、`┴'┴±±r干,コ'ェn /
:::::::::::| |   |:ヽ   _   ̄`'┴'‐'リ
::::::::::|  |   |:::::ヽ u ≡三≡ u /
:::::::::|ヽ |   |:::::::ヽ u    _.、 ‐ヘ
:::::::::|  ヽ|  N :::::::\_.. ‐''´ /::::::::::::\
:::::::::|   ヽ |   :::://  /::::::::::::::::::::::\

 合議で準備を固めることを決めたその翌日早朝、
突如重昌は各家の家老達に対し、再び合議を行うと通達を下したのである。

202やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:31:46 ID:a2x4V4FQ
         _
    _   //
   ゛''- ミ,,//- ‐-..,_
             ヘ
  /          .ヘ
  /         ヽ、|  ヘ   
  i    ∧|\ヘヘ|_∨ i\    さ、最悪のタイミングだったんだね。
  ∨i  .| ==   ''U" |/|ヽヽ  このおじさんの手紙…。
  / ヽ ヽ U _,,..-‐ ヽ ノノヘ|ヽ| 
  ヾ', i!゛''->(_,,.‐-~'<┬‐ 、   これは流石に重昌が気の毒すぎる…。
   `'ヽゝ゛''-.>ニ.-''〉ヽ}__ノ 
       <  〉 . ̄',', 〈    
                                               ___
                                           ,..r. :´: : : : : : >.、
                                         ∠: : : : : : : : : : : : : :` 、
                                         /. : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
 まあね。                                   .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : .',
                                        i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : !
 尤も、この手紙自体は原本がないから、      ...        ∨.: : : : : : : : : : : : : : : : : :,'
本当に送られたかどうかについては、         .           〉;: : : : : : : : : : : : : : : : :/
断言は出来ないわ。                  .......    ,ィ    `|: : : : : : : : : : : : : : : : |'     ;、
                                   〈:.∧   , ┤: :___: , =、:__ : メー、    ノ:´>
 ただ、小倉に着いた氏鉄が、                  `ー`o‐ニァ=∧!丶. 〃  ヘ.l/ i/ー、¨≧o''ィ
その地を治める小笠原忠真に出した手紙は    .....       ¨´   `  _|____|   ′   ̄
ほぼ、これと同じようなことが書いてあるから、     ..            _/_____]、_
可能性は高いと見ていいと思うの。          ...        ,.. -‐'i´l| || | | |l| | | il`. 、
(上記手紙の内容はこれを参考にしてます)      ..       /,=ヽ〈 | l| || | | |l| | | || |i | i
                                .      i|l| 〃i |l | || | | |l| | | || |} l,'
 最悪のタイミングで、                          |l| 〉/| l| i || | | |l| | | || || .'
最悪の言葉が掛けられてしまった…ということね。        ノノ/∧i、 |||l l | |l| | | || |!イ
                                .      {l.// /.| }| l ll | | |l| | | || /l|
 これをスルーできるくらい肝が太かったら            メ// //l || | ll | | |l| |.〃/i |
良かったんだけど…じゃあ、続けるわよ。             ,'// ///| |! | |l l | |l| /i|〈| |リ
                                    ,ィゝ、 ////|l | | || | | |l i{ |l|{ !./
                                    !|_/ 7-|{ ーリ { | || | | |} }} 〉.ノ¨
                                .    \{_..'/ ̄ ̄l ̄l ̄ ̄ ̄}ヽ

204やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:33:34 ID:a2x4V4FQ
 そして、各家の家老は再び合議の場に集まった。

             _
           / ̄     ̄ ̄ ̄``ヽ_
.       ,.‐''´ .....      ::::::::::::::::::::::`ヽ
       { '",..:::::/`丶、ヾ    ::::::::::::::::l
.      l  ::::::j_    _,|ヽ    :::::::::::::::::ヽ、
      r' .:/ー` ´_ ヽ、  、  :::::::::::::::::::)
      | .(._、 <_  `ヽ|  ::::l:_::::::/
.       l ::/ ̄/ ::::ヽ `゚`ー'´::|  .:::::{^!}:::{      
      j :〈 `j ::::::::`'ー  :::| ,' :::ノ./::: |       …一体何事ですかな。
      |  ヽノ .::::::::ヽ:   ..::|/  :::|/:::::::|      合議は昨日で決着したと思うのですが…。
      |  | `''" ̄ l   ::/   :::|:::::::::|
      |  | j,r‐-‐、! l ', ::{   :::l::::::::{
.        |   |.{ '""ヽ) } 〉.:::〉   ::';::::::ヽ、
        !  `i      ,,..ィ′,.'",. ::::l:::::::::::ヽ           (ヽ、00  ∩
       }′,.:::\;;;;;;::ノ /:`)  ......:::::l、:::::::::::::\      .  ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
        /  j.::::::j´/    {:::〈  :::::::::::i:| \:::::::::::〈    ....   ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
      {  ノ.:::::ノ/   ∧::::{  :::r、_」′ `''‐-、:\  ......  ( ⊂ニニ   / /⌒) )
  _,.、 -‐У⌒y゛/ 0 /!/`''^ー┘           ̄´´     `ー――'′ し∪  (ノ

        ,,.;――ー、                             (ヽ、00  ∩
    〃⌒´      て                           ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
        ν⌒〈   \    .                      ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
   〃〃∠ラ   \    ) .....                     ( ⊂ニニ   / /⌒) )
  ιJ/∠ニイ トニγ|  .::|                        `ー――'′ し∪  (ノ
  ゝ :(:::エエゝ  エエ= |  :::|     ですな。
  ν (   | | ` ゛゛...)/r、:/    特に付け加えるようなことが起こったようには
  ゝ  |  く 」ヽ  ゝJ 、D) し    見えませぬが…。
    / ==--=== ヾ | \)
    /  ` ̄ ̄´  γ|  ゞ\
   (    ゙゙゙゙    イ  /
    ー―⌒―――´ / 
    \       /

205やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:34:40 ID:a2x4V4FQ
          ./ :i { { {:  | | | i | / / // /;/ハ
          {八 . { { { {:  i | | | リ./イ/=彡'-=< }
          |=ミ/⌒ヾ八 \∧.| | |///-‐‐<ニ‐=彡 i
          {二{iニY´:‐-`二`¨=≠<-──‐ ∨ニ二.∧  _______
          j二{|ニ{: :辷-─-‐‐‐‐‐-==ニ二:∨=ニ=彡rニリ }:ハi三三≧ 、
          〉ニ}ニム: ==ー-‐----‐‐‐==ニ¨¨⌒Y=ニ=彡イ ./ }三三三ニ\
          {二:}ニ彡辷=‐- 、___: : Y´r='^'´‐=ニ彡:|:}う∧=彡' ノ三三三三ニ:ヽ       して、内膳様。
          |ニ/`ヽ_ 二=-‐<__} (八:. :.r' ぉ ¨フニ゙|.:)} `=-‐≦三三三三三三ハ      何事でございますか?
           j={  ム >弋. い ゞ :} }: : ー-=彡⌒ :}_ノ .i三三三三三三三三三_i
           //∧{::∧⌒ `二/( { { : :弋二: :  丿 V {_三三三三三三三三三| 
        ////∧  }: .  /:.:.:.:.:} :} { :}. ヽ  /i ハニVハ三三三三三三三三ニ| 
          /ノ//;/>ーi>:.、 : :_ノ: 、_ _ノ.:>、 .Y: : |.| }三Vハ三三三三三三三三|
      ., ';//;/彡'三}:ノ ハ {: . __ニ)_j /:} }:j 丿} |三 Vハ三三三三三三三ニ|
     //=彡イi { i|三_\.} :}. :`Yrrrrrrz> } j:'´ : | }三ニ ハ三三三三三三三∧
    //三=/三| i.| リ三三=ヽj :/:Y´丁ハ:ヽ: j/: : : :| |三三i. |三三三三三三三三\
 =彡 ' 三三/三:_| i.| 三三三ニ> ┴:┴:┴‐く : : : : :.:| }三三|i |三三三三三三三三三>-、
 ./三三三三三=j lリ三三三三三三_Vハ: : :    : : : :.:.| |三三|i |三三三三三三三三ニ/三ニハ


         ∠  ミr="" ̄ゝ
        /   .ミ≡-ミミ  ゝ
       /  / rミv//ヽヽミ  ヽ
.      /    /ヾ   ヽヽミ  ゝ
      |  // メ, | | |vx ヽゝ)
      |  /ヾ=ェ,,\  /,,-="|/
      | / |ヾ.o "ヽu/ro  |     よし、集まったな。
      | (彳 ゞー  :::ヽー"|     お前達・・・っ!
      |  | u     ,' ゝ |
     /   | ゝコエェェェェエフ|
     フ   ヽ ゝエェェェェr |─,,_
──" ̄  ヽ  ヽ   ≡  //─,,_" ̄"─┐
     /  | \ \   / /::::   " ̄"─┤
    /   |  \  ゝ |vV:::::::        /|
   /⌒)  .|   \/  |:::::::::::::::       / |
⌒ヽ/|≡|.  .|   /\ |:::::::::::::::::      /  |
|│ ||旦|.  ..| ./ヽ__/\|::::::::::::::::::     /  .|
ヽ.しノム ヽ. .|/ ./ ヽ .|::::::::::::::::     /   |

207やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:36:32 ID:a2x4V4FQ

               /⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒`\
    .彡" ̄ ̄⌒`' \/             ヾ
    /|                         ヽ
    |            | ...            .|
    |/       √"" ∨" "|   |         |   
   /       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;| | .|      |     ).
   レ.リ   .|| |;;;;;;;;;;;u;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;| || |      |    ノ.   新たな下知をお前達に伝えるっ・・・!
    /   |;;||``ヾ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | |/|||      |    ).
    丶|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |~ |    >    ..|    ヽ   昨日の結論は破棄っ・・・!明日、元旦に城攻めを行う!
     レ   ̄``ヾ、 ヽ    / | ,. ‐'' " |     |    . i
      |.     ```丶    ,. ‐'' "    .|     |   く.    お前達は即刻戻って、家中に準備をさせるのだっ・・・!!
      |        ..|   /        ;;|    ..|   .厶,
.      |   ,,  .◎ |    ◎  ,,,,../  ;;;|    |     ヽ 
..      |.   ;;;;;;==ノ::::::::::::ゞ== ;;;;;  U ;;;|    |      レ、⌒Y⌒ヽ⌒Y⌒ヽ⌒Y⌒ヽ⌒Y⌒ヽ⌒Y⌒ヽ⌒Y⌒ヽ
..      |.      <":::::::u:::::::       .,,/ |;|\   |
..      | ヽ     \ヽ::::::::      /|_/|;;;|つ∥ ..|
...      | |`|`|丶 ,,_____,,,,,,,,,.. --"|/  |;;|し   . |
 .      | | ̄``ヽ,,| | | |__」__」-'ー"   |;;;;;|    ....|
        | .|ー _ __ ̄ ̄    ,,, __ -」コ ;;;;|      |
.        | |\ヽ_ _, ̄"''|''""" ;;---|ノ ;;;;;;|  |    .\
        ..\ ゝ凵ココココココ┘- ̄   ;;;;;|  |      ..\
       ./. \               ,,==|   ||         ̄""'''''
     ./     \  ≡≡≡ ,,, ‐''''";;;;;;;;;;;;;;|  | ||| |
   ./        ヽ  ""  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  | | |||| |
. ./         |||.ヽ、 /;;;;;;;;;;;;;;;;;    | |  |||||
 |           ||||| ヽ          | |  ||||||

 そして、集まった家老達に対し、重昌は
「まず準備を整える」という昨日の合議の結論を百八十度反転、
「明日、城攻めを始める」と通達し、各家中に即刻準備を整えるように命じたのである。

209やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:38:22 ID:a2x4V4FQ

 この重昌の方針変更を聞いた各家老の心境 ─

















        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V     わけがわからないよ
.       i{ ●      ● }i  
       八    、_,_,     八  
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__
   (各家老共通の心境イメージ)
.

213やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:40:26 ID:a2x4V4FQ
 一揆衆側に動きがあったならともかく、戦場は昨日と今日でまるで変化はないのである。
にも関わらず、一晩で正反対に方針転換となると、家老達も顔を見合わせるしかなかった。

:::::::::   ,,.---''´   `了    `,
::::::::: ィ'´ , '´ ̄   _ノ::{{_     ;
:::::::::    ,' /⌒ヽ _,  .:.:く_)       ;
:::::::::   ,' レ'´ ̄ ``  .:.:丶、 ,,_  ;
:::::::::  _ノ '´_ノ´ ,′        )  ;
:::::::::      _ノ    !  ,r'´ /  ;
:::::::::     ,r'´     ノ  i (]∧
:::::::::   /.:.::    '´   j!´~~~`',
:::::::::   /.:.::  .i     ,'ミミヽ',jjj!L     な、なぜぇ
:::::::::  く.:.:..:{  .::|    ,'ミV´,rェョノノ
:::::::::    `ヾ! .::|   i .,'ミV ./⌒ く_
:::::::::   `ヽ  `ヽ|  .{ ,ミV /. : : : : : )
:::::::::.:.:.:.:.:.:.:',        ',彡〈`ヽ__, イ
::::::::::::.:.:..:.::. ', ',    i    ``''''´)   ',
:::::::::::::::::.:.:.:.:.j  i     ',   ノノノノk    ', ....       (ヽ、00  ∩
:::::::::::::::::.:.:.:.:.j  i     !     くくく^ヽ   :       ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
:::::::::::::::::::.:.:.:.j   ',            !    ..      ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:. :. :. :.         ___ノ   ; .....     ( ⊂ニニ   / /⌒) )
                          .      `ー――'′ し∪  (ノ
  √ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\             ....
  / ̄ / ̄∠_ノ\__)                         (ヽ、00  ∩
 /   /:::.  三三 ゙i            ......          ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
 |  /::::.      ,゙i             ...           ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
 |::::::i|::、ヽニニニ/゙iニ.i                        ( ⊂ニニ   / /⌒) )
 |::::::|::゙i <・)〈:. ヽ(・>                        `ー――'′ し∪  (ノ
 |::(6 'ーz    ヽ:::. ヽ ゙i     …これはどういうことだ?
 |:::::::ヽZ     i:::::. ヽ i   あまりにも急すぎる…。
 |::::::::|:::::::.    i, 、ヽ::::;i i.
 |::::::::|::::::::.    `''''''''´ i    わしは夢を見ておるのか?
  !、、ゝ:::::::::. 、 -=三=-i
   |:::i:::::::::::.   ,──、i
   |:::i:::::::::::::.        i
   |:::゙i::::::::::::::.      i
   !:::.::゙i;;;;;;;;;;;;;;.____、ゝ
  ヽ::::::::::::::::::::::::::::.... ...:::゙i

216やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:42:16 ID:a2x4V4FQ
                  _/ ヽ ヽ`ヽ、_
          \    >'⌒' トヘヽ l  ! | ヽ>    \     と
         夢 (´ ̄    Z / /  ヽヽ l l| |     /.   ど こ
.     あ  じ ヽ    / /レ' u  ヽNヽN、 |   <.   : っ ろ
  :  り   ゃ  ,>   レ1iこ_ヽ、U / /´ }l  |    )   : こ が
  :  ま      .ヽ、   jハ  `ヾ  /  / | __ |  <   : い
  :  せ     (´ ̄     l 、_・ノ ヽ”‐' ,イリゥ} |   )   :
  :  ん      \        l _く  _,.ィ>i }ノい、 ∠ 、
  :           ヽ、    lドエニ屮┴',イ|l ト、 \_レ'⌒ヽ  ,へ、 ,へ
  !      /´ ̄ ̄       lトr┬r┬夕 イ∥|、\ ト、  ̄ ̄ ∨¬‐Y、 __
        ヽ、       _/ ド、ニ二´/ | ll lNヽN         /  ヽ
       /´ ̄`     _/   |W ヽ-く  |ル'|  ヽ        /      ヽ
⌒Y´ ̄`ヽ|       /     l\/ハ ヽ /  |   ヽ      /      ヽ

             _
           / ̄     ̄ ̄ ̄``ヽ_
.       ,.‐''´ .....      ::::::::::::::::::::::`ヽ
       { '",..:::::/`丶、ヾ    ::::::::::::::::l
.      l  ::::::j_    _,|ヽ    :::::::::::::::::ヽ、
      r' .:/ー` ´_ ヽ、  、  :::::::::::::::::::)
      | .(._、 <_  `ヽ|  ::::l:_::::::/
.       l ::/ ̄/ ::::ヽ `゚`ー'´::|  .:::::{^!}:::{      ならせめて、理由をお聞かせください。
      j :〈 `j ::::::::`'ー  :::| ,' :::ノ./::: |     我らの見たところ、一揆衆どもに動きは特にない様子。
      |  ヽノ .::::::::ヽ:   ..::|/  :::|/:::::::|     しかし、何か動きを察知した故に、急な変更となったのでしょうか?
      |  | `''" ̄ l   ::/   :::|:::::::::|
      |  | j,r‐-‐、! l ', ::{   :::l::::::::{       出陣するにしても、その情報がなければ、
.        |   |.{ '""ヽ) } 〉.:::〉   ::';::::::ヽ、    .我らとて判断に困りまする。
        !  `i      ,,..ィ′,.'",. ::::l:::::::::::ヽ
       }′,.:::\;;;;;;::ノ /:`)  ......:::::l、:::::::::::::\
        /  j.::::::j´/    {:::〈  :::::::::::i:| \:::::::::::〈
      {  ノ.:::::ノ/   ∧::::{  :::r、_」′ `''‐-、:\
  _,.、 -‐У⌒y゛/ 0 /!/`''^ー┘           ̄´´

218やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:44:11 ID:a2x4V4FQ
             _,,.-z
       _   i'":::::::: ゙̄''‐-、_
       >:ヽ:'":::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  ,
      /::::::;;;;:::;;;;::::::::::::::::::::::::::::::_;;i 、ノ゙''‐''"
      7,;::::::i!!!Y!!!!:::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:/::|、 u !;::i、::i::;::::::::::_ノ.   もういいっ・・・・!
      /ムY、、ヽ、   y"Vヾ'',,-,:7  御託はもういいから・・・・
        |゙'ヽ、,,!  /,.-‐''"~ }∠、
        |、 ◎).  ◎   ノ.|::;;;::)  戻れっ・・・・!
        |゙〒‐" u  ゙==" |:i/
        | ヽヽ   _,,,-'工]/-‐、   今戻れ・・! すぐ戻れ・・!
        | |コココ工!┴ '"  | |''":/  家中に城攻めは明日だと伝えろ・・・!
        | |,, -‐-,-――--! |:::/_,,, 
          !.!工エココココエ工ソノ:::7::::::!/"''V⌒
        」ヽ、 ‐≡‐ v. ,.イ:::://:::::::::::::::::::::
    ,r''" ̄ヽ:::!ヽ、,,_,,.::'"  !/!/:.i:::::::::::::::::::::::
   / L -‐''" !N   ト、   /: :i:::::::::::::::::::::::
.  / .:::!      ... :::|: \/: : : i::::::::::::::::::::::::
  / ... :::!   ......::::::::::|: :/ ヽ : : /:::::::::::::::::::::::::
 / .. :::::::! ..:::::::::::::::::::::::|/! ノヽ /:::::::::::::::::::::::::::

 結局、重昌は方針変更を翻さず、家老達も黙って引き下がるしかなかったという。

219やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:45:43 ID:a2x4V4FQ
 そして各家中…

./// :// , './/'/} ′: : ゙ヾ ハ 小 ハ}/リ __
/ / :// / // , ′:.:} i ニ=‐-ミ ゙≪ }. } j/ :斗 }
 /// / / //\ヽ//:.:_.:.:.: `ヽ\:`ヾ イイ / ;′
´/ / / / //:=ミ // \:.>x:.:.}、.:.\:.: :} / /
/' , '/, ' //、゙\/∧  ∨、:.\:\:.:ヽノ / /
:/ // , '/: :゙ヽ//:___ヽ   .}:.:.:.: :\:ヽ′,./
  // /./: ⌒://∧  `ヽ 廴_\:.:ヽ}// /
/.ィ´ /: :  / ′;∧ ん ',  }:.::}:.、ノ/ /
, / : : , ': :   i { : V∧ {リノ、_,丿:ノ:: }/ /
,′/: : :.  j:リ 、 ヽ;_`¨升^ ーく.:.: j ,/      …斯様なわけで、
/: : : : :.  ;/  :\_;/ :.:.  _」¨´ i      明日、城攻めとのことでございます。
: : : : : : : /   ,:,ツ i;   ;.;.: i  / .|
: : : : : :/ , ,:,:,:イ  八  ;.;.: | ./ リ
: : : :/: : .¨´   ;/-、:.:..:.:;.: |/ ./
: : : : :    _:; ィ´(:__  ヽ:.:;.;. }  /
: : : : :>'"´j: :j: : }: 〉ミ、 ':;.;.; j /
: : :/ ;-‐=‐-ミ_:.j:.{: { `'ー一'′′
:.:.:.:/:.、: : : : : :.}-一′
, :く:.:.:/:ニ=‐-ァ´
: :.:.>:.r:.._/
/: : :.:}:.:.:.ハ
:.:. : : :ノ:. /:.:}


     从火乂YハYY从マミシノ  ト、=彡 
    乂从八八乂从仆爪〈く{{从リ小从イ
    爻八乂乂爻'⌒⌒``⌒`ヾ}ソ'⌒`V
    爻从乂八ミ              }.
    スrrヘYハミ             { 
    イ{{⌒ヾ{ミ、 -‐=‐- ニ二, ,_ ,斗rz!. 
    ノ{{V(し个 .─┤ーfモテラッ'' ノ rZfテア/      …困ったものだな。
     八ヽ     └───  〈 -─┘     あの御仁は。
    イ介ー}             〉  ,′
      ((ノノ ト、.         ´イ   /  
      f爪∨  \    =ニこア /   
      _,八  \   \        /   
   ./   \   >ー≧ー‐ァ〈V⌒丶    
  ノ´        ` <    │   〉   ヽ

222やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:47:19 ID:a2x4V4FQ
       ,. '´                     ヽ
        ,' ミ、           __,,....... _,.      l,
      i 、゙` 、.ヾ:,` ` '''' " ´    ´-'-_ン     !
       l  、、_>`            `ー-;...、  |
       |  ,r` ,r   ヽ、  /       ,)、゙i    |
.      |  ,!,.┘ゝ- 、_ ヽ、l i'   ,. -‐'",..ヽ、l  |
       ! ィ-‐'"`ー;;=、ヽ、';i{、_;:';-;=:;‐´、,,_`ヾ,  i
      ! | =、'゙´(::),`'`` ' ゙ ` '、ーゞイ-、="  ::| ,!.イ,
      ヽ |  `'''" ー'´  i:::.  `      .::|/rミヽ
      i´'i,i          |:::::         .:::' i '、} |      どういうことだ!?
      !´ .,i        l !:::     u.  :::::::〉::;!:リ     何故、このように中途半端な時期に…ッ!
.     l '::(:l,           !         ::::::i:':::;:.ノ
      ヽヾ:;|      ,......=..:::::-.、       :::::|‐'ン        どうしてお止めしなかった!?
       ヽ、_l     i='"´ ̄ ̄'ー'i    ::::/''´
            ト、     | ___  |    ..::;イ)
         ヽlヽ   l!;'_____'ノ   ..::ノ;:|-.、
         ,r'`ヾ:、  `''''''''''''''''''''´ ..::;:イ'´  ,ノ
         ヽ;、,  \  ´ ̄ ̄` .::/ ,. ‐'"/
             | `ヽ、ヽ、 ___,ィ´ /   !
          |   \ ヽ:::::/ /      |
          ,|    `, 'i;/ ./      |ー-、_
       -‐' ̄'´.|      | | /      ,.ゝ ヽ.`ー-
             松倉長門守勝家
       (まつくら ながとのかみ かつしげ)

             _
           / ̄     ̄ ̄ ̄``ヽ_
.       ,.‐''´ .....      ::::::::::::::::::::::`ヽ
       { '",..:::::/`丶、ヾ    ::::::::::::::::l
.      l  ::::::j_    _,|ヽ    :::::::::::::::::ヽ、
      r' .:/ー` ´_ ヽ、  、  :::::::::::::::::::)
      | .(._、 <_  `ヽ|  ::::l:_::::::/
.       l ::/ ̄/ ::::ヽ `゚`ー'´::|  .:::::{^!}:::{       …そうは言われましても。
      j :〈 `j ::::::::`'ー  :::| ,' :::ノ./::: | 
      |  ヽノ .::::::::ヽ: .u ..::|/  :::|/:::::::|       松平・戸田の御両人の御着陣も近いということですし、
      |  | `''" ̄ l   ::/   :::|:::::::::|      そのことで焦っておられる御様子。
      |  | j,r‐-‐、! l ', ::{   :::l::::::::{       あれでは、何を申してもお聞き入れは…。
.        |   |.{ '""ヽ) } 〉.:::〉   ::';::::::ヽ、
        !  `i      ,,..ィ′,.'",. ::::l:::::::::::ヽ
       }′,.:::\;;;;;;::ノ /:`)  ......:::::l、:::::::::::::\
        /  j.::::::j´/    {:::〈  :::::::::::i:| \:::::::::::〈
      {  ノ.:::::ノ/   ∧::::{  :::r、_」′ `''‐-、:\
  _,.、 -‐У⌒y゛/ 0 /!/`''^ー┘           ̄´´

224やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:48:54 ID:a2x4V4FQ
          _ ,  _ ,, ....... ,, _  _,.. -_=_-_
        , /, ´ '´       `´/´, -=ニ``    ノ!
      ,イ//                  ` ー '´ノ .ノ!
      / '                     、_ -‐ '-‐' i
   ー=イ              、  ヽ       ̄   ノ
.   〃             ト,  ト, リ      `ー ' フ´
   ク        / ,ィ //ク//,∠、ヽ、  ヽニ=,´
   l     ヽ _ /‐'くレ'_, ‐'´/ , _-,` T`i_ iヽー '´
   l        ヽー_‐-_、__ノノ  》ィイ。:)_〉 l lヽレ′       攻め入ること自体はともかく、
   ヽ   -、 l. 7 (:。:)ゝ, ヽ !、 ー`´´  .l リ        その決定理由が上使殿個人の都合というのがな…。
    〉  !ヽ'、.| -`' ´     l ヽ     l.ヽヽ
.   /.   l !)ハ         ヽ'       ! ヾ、        今のままでは、
   l ,ィ  ゝ'  ヽ-_ノ u.  ‐ / "    リ`l.リ >、     奴らを全滅させることなどできないぜ…!
   ヽlヘ l l,イ  、ヾ、     _,,.__ ...、   ,' i '/ / .!
    !` `ヽ(ト、  ヽヽ   ´  ,,..    / l{.! ,'./  .!
   l     >ゝ-,ト、 !ヽ、        , ヘ. ! ! !   l-― '' " ´  ̄
  ,ィ|    / /´ lハjノ   `` ‐ --‐ '  ヾ!.l ト 、 l
'´ l !     ! l    '、               V l  \'、
, -l l    l l    ヽ            ヽ!    ヽ
             立花飛騨守忠茂
        (たちばな ひだのかみ ただしげ)


        ,,.;――ー、
    〃⌒´      て
        ν⌒〈   \
   〃〃∠ラ   \    )
  ιJ/∠ニイ トニγ|  .::|
  ゝ :(:::エエゝ  エエ= |  :::|      …とはいえ、あの様子では、御自身の手勢だけでも城攻めされかねません。
  ν (   | | ` ゛゛...)/r、:/     その時、我らが兵を出していなかった、などと江戸に伝われば、
  ゝ  |  く 」ヽ  ゝJ 、D) し     .後でどのような追及を受けるか分かりませぬ。
    / ==--=== ヾ | \)
    /  ` ̄ ̄´  γ|  ゞ\     ここは、出来る範囲での準備をするのがよろしいかと。
   (    ゙゙゙゙    イ  /
    ー―⌒―――´ /
    \       /

229やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:50:45 ID:a2x4V4FQ
                  ||:.:.:.:.:.:.:.:.:.||
     、、 、トiト、 /,ィ, 「]  ,リ,.<´ ̄`>、'、 「]
   -==ミヽ ヾiiit /ル'´ | | //:{.::}z=:=z{:.:}ヾ', | |    _,.. -‐、         内膳殿は優れた才覚を持つ人だが・・・
   ̄― 三ミゝ{薔}f6jぅ_:゙=f:.:.:hl*::*lリ:.:.l ='. -‐ '´:::::::::::::\       肝心な部分が欠落している!!
    ,ィZ竺ヾ迚}{辜シ三ニノノ'"´'、:、‐ァ:ノ`丶<´::::::::::::::::::::::::::::::::::\     すなわち 仕寄への理解と愛情だ!!
     '´,ィ彡'7'T'l`ヾミ' {/::::::::::ゝ=彳:,ユ、ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::_,.ィ7
  ,∠二 ‐、 /::l:::l  ,:'´/:::::::::::::::::::::::::::::ト-イ:::::ト、:::::::::_,. -‐ '´XX/      仕寄作りをあっさり辞めてしまう事こそその証!!
  |「iiiil l .:|_,/:::l::::l、/ /'、::::::::::::,x===x::`ー':::::ノX>‐'´XXXXXX/      何より!!
  ||llllll|r<_ \l/〈_/: :`〒i<_;__>i〒ヾi/_X-‐_,.ニ"-‐7        城攻めを仕寄作りを分ける事自体 言語道断!!
  `=l 「liiiー== 、 /: : : : | |: : : : : : : : : | |: : :ヽ='´XXXXX/\____
    | | |||||||| /`},/: : : : : `: : : : : : : : : : `: : : : ヾ-== 'Z/   \― 、ヽ  戦の全ては仕寄から!!
    | | ||||||| ,l 〈ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ〉:.:.:.:.:.:.:.     \ | | 仕寄が戦を、戦が仕寄を支配し!!
     丶`ー-- `ーイl:.:i――――i:.|:.i――――i:.l:.l:.:.:.:.:.:        >'/ 一体となって始めて完成する!!
     `>-rミニノ!:l:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.[工]:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:l:.l       _,. --イ//
      トi'´/  / /l:l:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.|:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:l:.l'、   _,. - '´,. - '´l//   ・・・つまりこれが
     ロ=/ー7 /:.:l:.l:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.|:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:.l: 丶ィゝ-`‐'´ _,. -ri//   誰も作ることの出来なかった・・・
   「l_/ノ'´``T 〈:.:.:.l:.l:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.|:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:l:.l: : | |l´f⌒i゙t'´: : :l:l /   完成された仕寄の姿だ!
   ,i´ ヽイi i<tぅ `丶l:l:.L___l:.|:.L___l:l:ハ: :l ト-l ノ_ト': : : l:lノ
  ,lイ三ヽ!-'ー'   / Llr―ァt‐t―――ァ大'‐Llj ヽll: ; ヾl|lj: : : :.l:l       この美しさを理解することの出来ない御仁に
  ヽ`二ノ     / .:'  / ヽ.」    L/ \ ゙'  ヽ: : : : : _,. ィ:.l     用意できるものはたったひとつ・・・!
          ,イ '" _ノ   し    J   ゝ、:. .:}-‐ '"´  'ー'      それは・・・っ!!
          ト、 .::l             l .: :/ 
             有馬中務大輔忠頼
        (ありま なかつかさだゆう ただより)

         _,..、_  , 、
     r- 、lニニニユ,>'r┤
     l,{>7´ ̄ ̄l丶ン`丶、
     /^>――K´~ヾ〉   `丶、
    ,/、_| o  o |  ,>    :::ヽ 
    {,  |____|-イノ     :::l       うわなにこのひとキモい。
    ヽ  ', 〈__,.、/´_,..、   .:::::l 
    ',  iヽY/ ノ',.イ}'´.....:::ノ .:::::::::l 
      !   :::ト-'‐く8l:::::_,、/ .:::::/::::l 
  , -―l  :::l―--ゝ',:::〈Y .:.::::/:, -'―- 、 
  !   l  ..:::l::...    ::::::{  .:/'´     ヽ
  ':、  l  ::l、、:::::......:::::/ .:::::/:.       l
  丶、_l .::::l:::_二ニニУ .::,ケ:::.        ノ
      l :::l~´   ノ/  .:/l::ヽ:::::....   /
     l :::l    (彡' ::/ {、、ゝ‐--‐'"
     ,ノ.::::{     /..:::/  `~~´
   ,ィ'"  ', _,ノ :/
   f /ri /リ r'ィ , , , :l
   `'‐'-'`´  (LLLノ
        有馬家家老

 こうして、困惑と混乱の中、各家中もそれまでの仕寄作りを止め、
急いで城攻めの準備を始めることになった。

231やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:53:12 ID:a2x4V4FQ
                  _,.ィ≡三ミミ:;、、
                 ,,r'";ノ彡三ミ;;;;;;;;;;゙ー:、
                ,,ノ;;;;彡三彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ、_
               /;;;;;彡三Ξ彡;;;;;;;;;;;;;;;ミミ;ミ
                !;;;;;r''"´"´ー''"ノ'ヽ;;;;;ミミ;;;l
               ,ハf -‐--‐''.u ,.、 ゙`ヾ;;;;ノ
           __,」.f.}  r'''ヽ.    `゙'ー レ_           わかってない…ッ。
      r二二''く´  0 ,.>、l   ` ゚''′  ,r'。`) /ィj      _,..、   板倉内膳様というお方は、わかってない…ッ!
    ,r''/´     ̄,フ´ /l u.   ,... 、  ̄´ /,シ'ーo、 ,.fヒi'-!  
   / ,f′    /   / .! ( ,、_ヽ..ノ  _ ,イ´ ヽ=:.,`'',ヒ,i ヽ
  ノ! i      \,ィ'´! ヽ  ヽ、``゙;ゝ‐'ノノ,!   ゙i、`~.! ゙i、゙!,.ゝ、
 ノ/i  l    _,.ィ''´  i   \.   ̄´ ,/ ,i`ヽ、/   ゙i t ヽ ヽ`i.
,/l .i,! ii t     ヽ    i、 ,.ィ'^t:、,,...ィ''´  ,ノ  `ヽ、  ゙t,_ヽ ` ヽ,t、
  リ ヾ i ,..、   ゙t,     !.゙´   ゙i__,ノ ヽ//    /.   ,f´彡彡 /l `i
 ヽ、 ゙iY `゙''ー-=ヽ、  .゙i,   ,/' ゙t,  /   /   彡i,,彡 ' ' /ノ  l
   ヽゝ、j'i=:、O   `ヽ、 ゙t,  /   ゙i ,/  ,/-O---, ,i'`   f′  l
   \ j l  `ー--=.イ\  ゙V′  /  / `ー'゙ー‐'ノゝ、   ノi   ノ
     )l l       l  \ ゙t,  / ,.ィ"/ ̄ ̄o ̄7′,.ィゝ''´ ,ハ、 )
 ー--‐ハ.゙:-:、_    l.   \ ソ ,.ィ'´ /` ゙̄`ー'"i′ ,i/    t, l
     l ヽ  `ー-=''′   / /   /      冫'"       ヽj


    / /  i: : : : :! !.! iL...iレ、: i:ハ! j__i i i.!
.   / , '    !. :  i iノ´ノ ̄リ´: : :! ノ /⌒i从リ  
  / /    ノ   ノノ   ─ニ      {'- !    
.  i /    ´   ノノ  〃´ - )    .'ヘニ´{  
  从!          /    ゝ-- "     ,;;ゞ-、       うん…こちらが参陣を望んでいたのは事実だけど、
  } }        {               ,. : :ノ i     流石に「明日攻撃するから僕自身に参陣せよ」ってのは無茶だ。
  イj     ノ i人,ノ   u.           、 .!
  い   イノ !i从     ,.'             i      参陣してない2万の軍勢が、明日の城攻めに間に合うわけないだろ。
  乂ヽ.    人   .              -─,′     常識的に考えて…。
    `ヽ   ,ノ                   ,′
      ノノノ,人ゝ`ヽ、                { 
      乂ヾハ)ト-.人              ノ 
             細川肥後守光尚
        (ほそかわ ひごのかみ みつなお)

 またこの時、まだ参陣していなかった細川家に対しても、「明日、(光尚)自ら出陣すべし」と通達を行ったため、
細川家側としても驚く他なかったという。

233やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:55:07 ID:a2x4V4FQ

                 はあ・・・           r──────- 、
                  _____               \ヽ.\ヽ\ヽ. ヽ、ヽ
  ・・・承知しました   |:/^'ー-‐'´ヽ:|     イイノカナ-   /`,>'ゝヘ. ヽ\ ヽ |
             |:|へu. _,.へ|:|     ____.  \´-==''. |丶ヽ丶 !|     お前達もすぐ準備せよっ!
.   r,ニ三テヘ     nr─-rr-─|h     |:;.-、_;.-、:l     ) i}__,、` :|.ト、 l | |    いいなっ・・・!
   {:|ニ,_,ニ|:|    |fト--:几--イt.|    .|:|ニ,_,ニl !. <、 v   _,ィl |Lリ l l |
   (f|ー:介ー1リ    `|`! 〈__〉 l´|'´     (fヒー仆‐」j.) 'ーrェェゝ',ィ|│!iト、 ヽ ヽ
   _,入':三;人      _∧ ̄‐ ̄∧    _/| -三- |ヽ._  _rェェゝ' | l l \.\\
‐''"::::::::|\/|::_;;>''"´::::::|:`ー─' |:: ``''<:_ ::|`t─ァイ:::::::::::└ァ v v ,.イノノ ,.イ¨'''¬ーゝ::-...._.、
::::::::::::::::レ介y'"|::::::::::::::::::: |:\. /:|:::::::::::::::::::|`::v介v':::::_;::‐ァ'‘ーァ'「 ,ル//::::|:::::::::::::::::::::/:::::::\
⊂ニ二^^´`.ヽ、|:::::::::__;;:::::∟ -─┴‐---─…''""¨´ ̄:::::::|::::::::::|:::ヽ,/::::::::::|::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::
::::::::_,〉\ヽ Y´' ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::!:::/:\::::::::::|::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::
:::::‘ー- .、.__,」::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::Vヽ;_/:\:::l::::::::::::::::::::\:::::::::::::::
::::::::::::::::::::|::::::└L_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::\|::\:::V::::::::::::::::::::::::::\:::::::::

 当然、重昌の手勢の者達に対しても、重昌の指示は飛んだ。
こちらにしても困惑と混乱は他の大名家と大差なかったと思われる。

 こうして、重昌の方針転換により、
幕府側の動きは急激に変化し始めたのであった…。

234やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:56:33 ID:a2x4V4FQ
                 ____y⌒ヽ
              ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
              /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
      (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
        `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
       __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
      〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l
      {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|
     乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|
        Y:\:\:.i!: : ≠vィチ行ミヽ  X_><  }:. : :.ノ
       vヘ: Y⌒ヽ {{ i 以リ ノ }}   ィ=ミ `V: : : :{\__      あ~あ…もう見事にテンパってるねえ。
         \丶 `\` <__/⌒Y以 } Y: : : }}: ヽヽ¨ヽ
.            〉:ハ          ,   ゝ ノ ノ: : :.ハ: :八j
            '⌒ヽ、 u         =≦_/7 V
                  | ヽ   ` ヽ     /¨{  `v′ }
               __}   \    ,   <ノ  ヽ    /
           /^V    `¨´r─ 、     i   {
         ___{   \       ヽ   \_  |    l

                    ......                       -、.
                                        ,..-‐‐‐-=、_ヽ.Y
                      .                ,ィ "´.: : : : : : : : : .`斗.__
                                   /.: : : : : : : : : : :/: : : : ´≦ミヽ
 まあ、そりゃそうよ。       .......            /:::::: : : : : :,/: : /: : : : : : : : : :ヽ 〉
自分の失態を返上するために、 .....      ィ      /::, -、/, '"`ミ,∠. : : : :/,'゙!,、 : : :.',
無理な指示を出してるんだもの。 ....    {゙'´/      j:::,'ィ冫人 、_ ` 、≧'´/ /'/.: : : : }
                    ......    '、,{      /.:∧/.,'   ''r‐f矜 ゙´  , ' /: : : :.∨
 しかも、その前の日に、      ....     Y7=、ィニY.::::::〃/    '、.`´ヽ   ゝ、 'く: : : :/
「準備を万全にせよ」と言っておいて     ¨`‐'ー-‐'丶i' /i     `'ー'ヽr‐ヌi, `}´: :/
今日これでしょ?              ..            |'`'}     __  'ヾ゚ィッ '"‐´
「朝令暮改」そのままじゃない。               〃,'      `ー'   `/´
                    ......            ,ィノ    =、____ ..イ
 皆が混乱するのも当然だわ。  ...       __,, .-‐ノ \_ __,,.. ィ丁.}''′    \ -、
理由が理由だから、説明だって.        /, ', ∨/〃〃 、_i__ /´≦、,..彳    (__丿
ロクにしなかったみたいだし。    .     // i ィ // / 〃/ ,'oi | i | l| //ミく
                          {l| | l// / / / / ,!/ l l| |i ヽヽ } il ヽ
                          川| {/ / / / i' oi/ { l| } lノノ/ i} |i }
                      .   /〃i { { li i i| 〃イ {i | l} }〉,/ 〃 |/

236やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/27(日) 23:59:15 ID:a2x4V4FQ
::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ:::ヽ:::::::::::::: ヘ::::::::::::::::::ヽ:\:::
::::::::i:::::::::::::::::::/:::::::::〉、::::ヽ:::::::::::::: ヘ _,,,_:::::::::::ヽ::::::
:::::::::i::::::::::::::::/:::::::::/ \/\:::::::~:::i_ ヘ:::::::::|:::i:::::
::::::::::||:::::::::::::|:::::::::/__,,-"\::::\`'',<::i 〉|::::::|::イ:::::
::::::i:::|::::::::::::::ヘ|::::/   _,,_ ` -'" ノノ |',::/|ノ|:::::
:::::::',i:::::::::::::::::::',/  ./ソ:| `    `'  ',|/彡|/    でもこれ、皆、文句は言わなかったの?
:::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ'., <_i':::ノ       .、  |  "
::::',::::::| ヽ,::::::::::::::ヘ  ̄        ' ./
::::::ヽ::ヽ_ `ヽ:::__::::\        〉./
ヘ|\;;;;|ヾへ_∧. ̄ ̄       /|
       _/   -, ,, _ __,,.| |
     /   \ ` ミ/   __./ |ヘ
    /       ', /  ,_、| _/ ト,ヽ\
  . /         ',|.  .| || /  .| ', .ノ
  /           .|  |  ヘi     /

                          ...                 _,  - '" ̄ ̄`ー- 、
                                          /:::::::::::::::_, ─ -、:::::::::::`ヽ 、
                                         /::::::::::_ ィ´-ヶ─‐ ─-`ヽ /_ ィ≧─ 、
 そりゃ文句というか、まっとうに翻意を促したり、           /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ∨'"::::::: ̄ヾ`ヽ ヽ
理由を尋ねるくらいはしていたでしょうけど…、           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒::::::::::::::::::::::ヽヽ `ヽヽ
結局、重昌のゴリ押しに従ったようよ。   ...            /::::: /:::::∥::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ}    ヽl
                          ...  イハ         |::::/:::::∥:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::i:::: ハ:::::::::::::::l:::|
 そりゃそうよね。                  {{ ソリ       |::::l:::::ハ/:::::::/:::/::::/::::::::::::::イ::::|:::| ヘ.:::::::::::::|::|
後々の事を考えたら、幕府の上使に、    . ヾi l |        |::l::::川::::::::://:::/::::::::::://// | / ヘ::::i:::::::|::| 从
                          ...  ヾミ {        レ::::::少:::::::∥/_ヽ_,,-7/ // .レ'_,,- |:::ノ::::l l::| 川 /
 「格上の上使が来たら、          .....   ヽ夂┐__     レ'::{ 人::::仭─ィ弋勺\ーメ ィ迄歹7∥::ノ レ /ノノ
  自分が御役御免になるから、      ......    └ 廴み‐'⌒∨:::::\ヾ::::| ̄|  ̄ ̄  i  {  ̄´ノ:}::::/_尽 ̄
  今のうちに攻めようってわけですか?」 ....      `ーゞ弋一>===ヽ|  ゝ ___メ ̄下 _ /ノ/ ノ_,ノ
                          ...          `ー ⌒ 爿^|::|        _ _ヽ  .イ::L_,メ ̄
 なんてストレートには言えないもの。   .....              戉ノ  |:|\    ,--- / |::|
たとえ、皆、そう思っていたとしてもね。   ..           , - ┤ \ ヘ:|  ヽ、    ./   .|/
                                  __,,─<ヽ ヽ   `ーヘ 、  ノ ゝ .r ` ー--∥
                             _,,-─'"、 ヽヽ ヽ`ヽ、\     ̄|   .| / l  l ノl |`ヽ、
                            <`ヽ、ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ \    |  // l .l  l l |ヾ、ヘ

238やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/28(月) 00:01:16 ID:0go9e3Ks

     /'  ̄ ̄`ヽ   ,ィ⌒ト、──-tz._ _
.   /'      ,.ヾ/: : : : : ::\ : : : : : : :: : : : :ヽ
   {!      /: : : : : :: : : : : :: : :.ヾ : : :: : : : : : : :: :.\
        /: : : : : :: : : : : :: : :\ : : :: : : : : : : :: : : : : ::.\
      /: : : : : :: :从 : : : :: : : : :\ :: : : : : : : :: : : : : :: : :.ヽ
     /: : : : : :: : :〃{{: : : {: : :: : : : :.\:: : : :: : : : : : :: : : : : :}
.   〃: : /: /:/|| {: : : :ヽ : :: : : : : :.\: : : :: : : : : : :: : : :.{
   {  〃 〃 〃  |l  \: : ::\ : : : : :: : : ヽ: : : : :: : : : : :: : :ミ.
.   乂{: : : : :八‐' {!   `ー─‐‐-、: : : : :: :.ヽ: : :: : : : : :: : : : :ト、_,ノ
      }: : : : :.|              ̄¨} : :: :} : : : :: : 、: :  : :: : :ヽ      え?
.    /: : : : : {  ィfテト、     ィfテ示)ト、 /:::::/:: : : } : : }: ::.} : : : :: :.}     皆、知ってたの?
    {.: : : : : : :辷 V沁    _Vt:j刈 ソ::/} : : : : j: : :.:! : :.! : :.: : :/      松平伊豆守が来るってこと。
    \: : 〃 ̄ ̄乂_ Y´   ヾ炒7  .j:: : : :ノ}: : :.} : :.} : : :.:/
       {     ァ ̄`{       /==ノ.::,ィ'´ /: : /: : ,ハ:.:.:/
        `ー┬ ′'  ー─‐──'  // r‐‐':::/ !: /  }:./
.          \            し   |: :/¨  |:/  |/
.            \  へ       イ   {从
           /  \      ィ      ヽ
.          /    〃 ̄ ̄}      / ̄`ヽ
          {    〃  ヽ  r─ /      \

                           .....            r―=ヽ  ,ィ=‐-、
                                       ,.ィ≠´ ̄:`:゙^:ニ‐-..、  ヽ
 何言ってんの。当たり前でしょ。       .....         /. : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                           .....        〃. : : : : : : : ;イi: : : : : : : : :ヘ
 どこの家だって、                  ..        i:;'. : : :i: : : : // |ハ: : : : :i: : :;ハ
自藩の江戸屋敷と情報のやり取りはしてるし、          |:|: i: : i|: : : // リ |i: : : :リ: : :;:;}
第二次の上使の動向なんて、         .....        !;ィi ̄≧=、 ′  !|_: : /: : :;:;リ
自分達に直接関わってくる情報だしね。             {,':i、f'7::心    二.≧、7;:;:/
実際、松平伊豆守の側からも、            _/i.     i: | ( ¨¨ `マ__,-‐〈;ヒハィ//}´
大坂から細川家に指示出してるじゃない。  ....  ∨.:!   _|:il   ̄  〈 `、._,.イ/:iソ
                           .....   \}:ヘ=:{: : ! |\   _  ,-, ./:ノ     ,
 だから重昌の、松平伊豆守が来る前に、   .     ̄¨´ ̄ヘ!  \    _i .i<//:ト,_  /:iィ
城を落として名誉挽回したい、という気持ちは            _.| `ーrニヾ._|〃ーヾ:}=ェ:_:ノ′
大体誰にでも推測できていたようね。             __ノ `‐-〈//.,ニ i    ゙¨
                                 , -'"彳/〃/>.、_|ヒー-}  | ̄"'''- .
 尤も、戸田氏鉄の手紙が決定打って事までは   //,ィリ/〃/ / / iP|ト、 {  ∨i| ト、ヾ、ハ
わからなかったと思うけど。             .///,.=| 〃/ / / :i|.|| ヘ_,.ノ \i_ } i| i ',
                             .〃//, ‐i//〃〃 /|o|:i| |\  ノ`ヽ\ヾ∧

240やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/28(月) 00:03:14 ID:0go9e3Ks
              ‐=ニ二~'' 、
                   `\ヽ
                      ヾ!_,r;:=ニ==-、
              _.r ‐ ' ´  ̄~^` < _
            , ´            ` 、
           /                 \
             /                      ヽ
         /         イ ,!             ゝ
         /       , / i' ハ    . 、      ゙i
        /   /| ,   /| / ! i i、 ,   ヘハ      .i       …なんかプロジェクト管理でミスったマネージャーが、
        i    | iハ_,_i!-i´  |!`ーハ.__、ト,!) ノ    |      「納期を間に合わすために頑張れ!」とか言って、
        ,!    i ̄ ==、      ,==二i ,イ       |       現場の尻を叩いてるけど、
      /     |γ r''qヽ     iγ'q ヽ /     |      現場は、遅れてもマネージャーのクビが飛ぶだけと思ってるから
      /     、K !,o_ノノ     、!、oノ //     λ      反応が鈍い、って感じだね…。
      !、     爪!゙∈∋'   i     ∈∋ノ       ヽ、  
       \,、 、  ハヾ           /         /      まあ、この場合だと、
         ヾー` \!   (~`~´``) ∠ -,'‐ハ -ィ _,,-‐ '´      悪くしたら本当に首が飛びかねないわけだけど。
                ヽ、  ´`´`´   /ノ '´  ´´ 
       γ´  ̄ `ヽ ヽ'`ト _ ,, - ケイ´
       /       \ー-!     /


                        ..                 ‐-、 ___
 生々しいから現代ネタに例えるのはヤメレ。              ,.<´: : : : : `丶.
                        ...              , ': : : : : : : : : : : : : : :ヽ
 ま、でも、そういうことね。        .....             /. : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヘ
こんな状態じゃ、参陣している皆も                   i゙゙7 ∨゙i: : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
やる気が出るわけないから、       ....              l i'/| /: : : : : : : : : : : : : : : : : : }
随分と士気は落ちていたようね。     .           〉ヾY=、,ィ: : :.:.:::::::::::::::.:.: : : : : : ,'
                        ..           `〃、:,.<.ー::::::::::::::::::::::::.:. : : : /
 宗矩の逸話で言う、           ..           /i    ∨.:::_::::::::::::::::::::.:.: :; '
                        ..            ',   〃´/、::::::::::::::::::, ''
「内膳位浅く禄少なし。                         ーv,..-‐‐リ=ヽ::::_:, ′
 一旦は御使の事ゆへ                        _,,..!´.--‐‐‐‐〈 {:::`i
 西国の大名等その下知にしたがふといへども、      ,ィ´, -‐Y ` 、 ヘ `i |i、 ` i:.ヽ  ,.イ
 案の外に時日のびて、せめあぐまば、.......          //〃, -=} ヽ } || i| |l|i  ¨<メ=_;::ノ
 いかに思ふともせんかたなかるべし」  .         ///〃,ィ‐=| || l| ll || |l||
                         ..         , '/〃/∧ー| || || l| || |リ}
 という通りの状況になったわけよ。     .      /´/ //,ィ i i| || || || |l.i||,'
                         ..     //〃.//.ノ リ/ || || || |iリ/
 じゃあ、これからどうなるか、           ,.'//〃〃/i |i / // i|.リ〃/
見てみるとしましょうか。             ,-、/////,イ} ||レ /〃/〃//
                            >´〉、////|i || |l| i〃//〃/
                           { ' /,'‐i〃ー{ i| || || l| | l| | |i }
                           \ './-‐== ,ゝー‐‐‐‐‐‐、‐メ

241やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/28(月) 00:05:13 ID:0go9e3Ks
 城攻めの決まった日、板倉勢の陣中…

           /0 ̄\
            |:::::::::::::::::|
           \___/
             ___
          /    \
        / \  / \    そうか。
        |   ・ .. ・   |    明日、出陣となったのか。
        |    ' ̄`   |
        (^ヽ____/^)、
          |__ノ    ,  |、)|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    _,;‐-、_   .______,
    /,. ..::.  'i∠三;;;:.:`‐、.
    し;;、"''./_,. ゛ `ヾミ;)
      `"/ _・ ) . .:.:_.::;`ト-‐、   
        i.;'"゛  . : :.::・ )::::!:.:;;` `i 
     ,,イヾ、  .: : . `;::;ノし;:.. 丿    ええ。
     / `‐、`'ー、,,___,.ノ;(  し'゛   急な決定ですから、皆、混乱してますね。
    ,ゞ、 ,,イ`マニヽ-‐".}
    ノ`''ミヽ!_ ‐く,、:.::).:.:.ノ 
   ./ ` 、,`''‐二ニ二し‐''1 
   {`'.、 ゛''‐-、,,;_;;;...-‐''",l
   武藤太左衛門儀信
.(むとう たざえもん よしのぶ)

243やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/28(月) 00:06:41 ID:0go9e3Ks

        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
           ___
       /    \
     /  \  /\       伊豆守様の御着陣前に、
     |    - .. -  |     城を落としておきたい、ということか。
     |      ⌒   | 
    ./\_∩ノ ⊃_/ヽ     . …板倉様も必死だな。
    (____/_ノ __ヽ_l


    _,;‐-、_   .______,
    /,. ..::.  'i∠三;;;:.:`‐、.
    し;;、"''./_,. ゛ `ヾミ;)
      `"/ _・ ) . .:.:_.::;`ト-‐、      ええ。
        i.;'"゛  . : :.::・ )::::!:.:;;` `i   ですから、皆の士気も高いとは言えませんね。
     ,,イヾ、  .: : . `;::;ノし;:.. 丿   それでなくとも、板倉様は一度城攻めに失敗してますし。
     / `‐、`'ー、,,___,.ノ;(  し'゛   
    ,ゞ、 ,,イ`マニヽ-‐".}         本格的な城攻めは、
    ノ`''ミヽ!_ ‐く,、:.::).:.:.ノ        伊豆守様の御着陣後に、という空気です。
   ./ ` 、,`''‐二ニ二し‐''1  
   {`'.、 ゛''‐-、,,;_;;;...-‐''",l

245やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/28(月) 00:08:29 ID:0go9e3Ks

       /0 ̄\
        |::::::::::::::::::|
       \___/
      ノ L___
      ⌒     \
    /  \:::::::/\       なんだそれは!?
    |    ・ .. ・  |      むしろ、今こそ存分に槍働きをして、
    |   . |::::::l   |     .手柄を立てる機会であろうが!
   /\__l;;;;;;l__/
  / /__  `ー'ヽ !l ヽi      これでは板倉様があまりに気の毒ではないか!
  (   丶- 、   :: しE |そ
   `ー、_ノ   ∑ l、E ノ < ドンッ!
            レY^V^ヽl

    _,;‐-、_   .______,
    /,. ..::.  'i∠三;;;:.:`‐、.
    し;;、"''./_,. ゛u.`ヾミ;)
      `"/ _- ) . .:.:_.::;`ト-‐、   
        i.;'"゛  . : :.::- )::::!:.:;;` `i 
     ,,イヾ、  .: : . `;::;ノし;:.. 丿    そんなこと言われましても…。
     / `‐、`'ー、,,___,.ノ;(  し'゛  
    ,ゞ、 ,,イ`マニヽ-‐".}      
    ノ`''ミヽ!_ ‐く,、:.::).:.:.ノ     
   ./ ` 、,`''‐二ニ二し‐''1  
   {`'.、 ゛''‐-、,,;_;;;...-‐''",l

246やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/28(月) 00:09:52 ID:0go9e3Ks

  /0 ̄\
  |:::::::::::::::::|
  \___/ ___
       /    \       ともかく、太左衛門!豆頭!
     / \  / \     出陣の準備を整えよ!
     |   ・ .. ・   |   
  ∩_|    ' ̄`   |      手勢に加えてくださった礼に、
 ⊂ )  )_____/      .せめて私が働いて御恩をお返しせねば!
  ヽ≡ニヽ_   __ヽ  
   \   l::::|  |::::::::::::::   


    _,;‐-、_   .______,
    /,. ..::.  'i∠三;;;:.:`‐、.
    し;;、"''./_,. ゛ `ヾミ;)    わかりました。
      `"/ _・ ) . .:.:_.::;`ト-‐、    .
        i.;'"゛  . : :.::・ )::::!:.:;;` `i      _,,..........._
     ,,イヾ、  .: : . `;::;ノし;:.. 丿  ..,.._ f     )
     / `‐、`'ー、,,___,.ノ;(  し'゛    | yr'⌒ー~⌒ヽr'⌒)
    ,ゞ、 ,,イ`マニヽ-‐".}        .Y (・)   (・)  ゙Y   お任せください!
    ノ`''ミヽ!_ ‐く,、:.::).:.:.ノ      .... i _(三三三三) ノ 
   ./ ` 、,`''‐二ニ二し‐''1        .(\ツ   ゞへ ヽ
   {`'.、 ゛''‐-、,,;_;;;...-‐''",l      ...... Y     `ーイ  
                       槍持・豆頭(仮名)
                          (ずず)

 こうして、清厳もまた、正月の城攻めに向けて準備を整えた。

249やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/28(月) 00:12:13 ID:0go9e3Ks
 そして、寛永十五年(1638)、元旦の未明…。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:::;:;;:;:;:;;:;::;:;::;;:;::;:;:::;::;::::;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:;:;:;:;:;:::;;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;::;::;;:;;::;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;::;;::;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;;:;::;:;;:;::;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;;:: ;:;:;:;:;:;:;:;;:;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;;:;::;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;::;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;::;:;:;:;;:;:;::;:;:;::;:;:;:;:;;;:;::;:;: ;;:;:;;:;:;;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:::;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:::;:;:;;:;:;:;:;:;;::;;:;:;:;:;:;;::;;:;:;:;:;:;:;;::;;:;:.''' .
;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;::;:;:;:;::;::;;:;:;::::;;:;:;:;:;:;:;:;;:;::::::;:;;:;:;:;;:;:;:.::;:;:;::'  ,.,.,
;;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: ,、,、__|lll|╋i:;:╋;:;:;;:╋il1_╋i!__i! ,., ''''  
;:;:;::;::;;:;;:;:;::;:;::; ixYx .!;;;IIロ|[| トrrrrトHlHlhihihi1..
:::: :::: :::: :::: :::: | []X]|[ IIロ|品| | | |´l l l l|,,||||||| 
:: ::::: ::::: : :. ,,,|ト.LL.![[[ | ,;;⌒";;⌒ヾ"⌒;:゛;,i,;,''";;,, 
:::::,,,,,,,:::,;;'⌒;;;⌒゛"''⌒''' ⌒;:;"⌒^^ ;:;⌒ヾ⌒   ⌒^;;) 
::x""⌒;:;:;iiii⌒ ii^^ ~;:;;;;⌒''''""''"⌒、;:;;;''". ^ "`´;:;ヾ
;::::;:i^ :::::⌒⌒ ⌒;:;;""'''''""⌒;:;;''",.,;;:;:;''⌒"";:;;:;⌒;:;:; ソ 
;:;:;::; ^^;: /ヽ,.,"""'''⌒:::::::^;:;;"⌒;::;:;:;:´ヽ'';:;:;::::;:;:;:::⌒^^;;:"ヾ 
__./i!/;:;;;;;;:;::;:;;;;:;:;:;:;''";:;:;:;:;:;:;;;::;:;:ヾ ⌒;:;::;:;:;⌒;::::;:;:;;:;:;:;:;:;:''⌒';, 
 ̄ ̄i!/;:;:;:;;::;:;:;:;::::::''''''''''''';:;::;:;::;:;:;::;;:;;''''''"""'''';:;:;:;:;:;⌒;:;:;:;:;⌒;::;:;:;, ニ「
 ̄ ̄""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
                原城

           __
           /´    `ヽ ,r'"⌒`' 、
          /       ヾ¥r     \
        /        ヾf r        ヽ
       /          f゙゙゙''''"""1     ヽ
     /          |:::u:::::::::::::::|     ヽ
    l       ,イ l| .ト、:::lj":::::::::::l  |l    ヽ
    |       ノ:/ノl l:::::ヽ::::::::::::::::::| .|:|      ヽ
   |     f´r=",、レ::::::::::ヽ::::|j:::::::::l|:::|. r、     l
   |  /|  |¦   ヾ_、.._:::::l::::::::::::,r'''"レ'「´l   |
  |  lに| .|:¦    ``ヾ::::::::::::;r,====ッ   l    
  |   | し| |::::::ミ、◎    :::::::::/´    ,、リ  ノ    いいかお前達っ・・・!
. /   ヽ、| |::::::: `ヾ=‐='"::u::/◎  _..ノ:/_. -'´    今日、なんとしても城を落とし、一揆を鎮圧するのだっ・・・!
/   /|   |::::::  |j    |j:::::ヒ≡三= /
  /:::|   |:::::___ U  u   ::::::`''ッ  l         この命に従わぬ様子を見せれば、
/:::::::||   .| f⊥⊥T‐r、__  r'::/ u /         その旨、きっと江戸に申し送るからなっ・・・!!
::::::::::::| |   ト、`┴'┴±±r干,コ'ェn /
:::::::::::| |   |:ヽ   _   ̄`'┴'‐'リ
::::::::::|  |   |:::::ヽ u ≡三≡ u /            「「「………はっ」」」
:::::::::|ヽ |   |:::::::ヽ u    _.、 ‐ヘ 
:::::::::|  ヽ|  N :::::::\_.. ‐''´ /::::::::::::\
:::::::::|   ヽ |   :::://  /::::::::::::::::::::::\

250やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/28(月) 00:14:34 ID:0go9e3Ks
               /⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒`\
    .彡" ̄ ̄⌒`' \/             ヾ
    /|                         ヽ
    |            | ...            .|
    |/       √"" ∨" "|   |         | 
   /       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;| | .|      |
   レ.リ   .|| |;;;;;;;;;;;u;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;| || |      | 
    /   |;;||``ヾ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | |/|||      |     こ、これだけ言えば、連中も必死になるっ・・・!
    丶|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |~ |    >    ..|  
     レ   ̄``ヾ、 ヽ    / | ,. ‐'' " |     |    そうだっ・・・!被害など恐れず攻め寄せれば、百姓どもなどっ・・・!!
      |.     ```丶    ,. ‐'' "    .|     |
      |        ..|   /        ;;|    ..|    .さあ、攻め寄せよっ・・・!!
.      |   ,,  .◎ |    ◎  ,,,,../  ;;;|    |
..      |.   ;;;;;;==ノ::::::::::::ゞ== ;;;;;  U ;;;|    |   .落とせっ・・・!あの忌々しい城をっっ・・・!!
..      |.      <":::::::u:::::::       .,,/ |;|\   |
..      | ヽ     \ヽ::::::::      /|_/|;;;|つ∥ ..|   落とせっ・・・!落とせっ・・・!落とせっっ・・・!!!
...      | |`|`|丶 ,,_____,,,,,,,,,.. --"|/  |;;|し   . |
 .      | | ̄``ヽ,,| | | |__」__」-'ー"   |;;;;;|    ....|
        | .|ー _ __ ̄ ̄    ,,, __ -」コ ;;;;|      |
.        | |\ヽ_ _, ̄"''|''""" ;;---|ノ ;;;;;;|  |    .\
        ..\ ゝ凵ココココココ┘- ̄   ;;;;;|  |      ..\
       ./. \               ,,==|   ||         ̄""'''''
     ./     \  ≡≡≡ ,,, ‐''''";;;;;;;;;;;;;;|  | ||| |
   ./        ヽ  ""  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  | | |||| |
. ./         |||.ヽ、 /;;;;;;;;;;;;;;;;;    | |  |||||
 |           ||||| ヽ          | |  ||||||

 こうして寛永十五年元旦、未だ初日の出すら出ない時刻、
新年早々の城攻めが始まったのである…。

254やる夫で学ぶ柳生一族(その48)2011/03/28(月) 00:19:09 ID:0go9e3Ks
    /::::::::::::::i::::::::|::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::
  /::/:::::::::::::∧::::::|:|:::::ヘ:::::::::::::::::: ヘ,:::::::ヽ::::::::::::
/:::::::/:::::::::::::/ヽi,::::::',|、::::ヘ:::::::::::::::::: ヘ::::::::|::::::::::::
:::/:::::/::::::::::::/  ヘヽ:::::| ヽ::::,ゝ-‐―-:',:::::|::::::::::::
:::::::::::|::::::::::|/./⌒ヘ'.,::::::| ','::: ヘヽ::::::::::::::|',::|:::::::::::::
:::::::::人::::::::|.-| .し:::i  ̄   ̄   ̄ ̄ .|::::::::::::::     ゴメン!
:::::/|::::::',::::::| ∨',:::::|     ,, ‐"⌒ヽ__/::::::::/:::    今日もここで一旦終了!
:/ (ヘ:::::::',ヾ三=ゝ-'       _-==/:::::/:::::::::
  ̄ミ"へヘ             ._ ̄ ̄∠:::-''")-    次回が「その48」後編だよ!
  ̄ \  \         ,/ノ  /  / /
    /\   \ 丶、_ ‐'''"  /  // /
    |  \    >- 、_,,,,,,,,/,     ' //
    ∨   〉    丿ヘ彡/        /
    ヘ   /    ./\  .〈      /
     |  /    /  \ ヘ    v'


         ' ̄ヾv/ ̄`
          /  ̄ ̄ ̄ \
       / /   \ \        …本来なら今回が後編だったのに、中編になっちゃったわね。
     /-(<●>)-(<●>)-\   .   話が延び過ぎなのよまったく。
 W   | ::::::  (__人__)  :::::  |  W 
 弋辷夊、    |r┬-|    , 攵丞タ    
      (ヽ、  `ー' ./ ̄)  |
      | ``     ''|  ヽ、. |               __ __¨ ./
       ゝ ノ      ヽ  ノ  |                ._)  _) \

関連記事
[ 2018/03/11 16:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する