FC2ブログ

やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その60「跡継誕生」 前編

127やる夫で学ぶ柳生一族(その60)2013/02/03(日) 21:00:49 ID:n3N1tuP20
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレです。

【今回のメイン柳生 : 柳生但馬守宗矩(やぎゅう たじまのかみ むねのり)
             柳生十兵衛三厳(やぎゅう じゅうべえ みつよし)】

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |        大和柳生藩初代藩主にして柳生家の当主、
. |  (__人__)  |        そして徳川将軍家剣術指南役、柳生但馬守宗矩だろ。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;).  常識的に考えて…。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /    柳生家の嫡男、柳生十兵衛三厳だお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ / 
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ

131やる夫で学ぶ柳生一族(その60)2013/02/03(日) 21:04:30 ID:n3N1tuP20
【寛永十六年(1639)時の柳生一族系譜】

  大膳長永
     :
  <柳生家>
     :
    ├─────┐
  柳生永珍   中坊源専
     :
    ├─────┐
    家厳      重厳
    |    (七郎左衛門)
    |     (松吟庵)
    ├───────────────────────────────────────────┐
    宗厳                                                              .妹
  (新左衛門)                         .【江戸柳生】                             |
   (石舟斎)                        .(大和柳生藩)                          <幸徳井家>
    ├───┬───┬────┬───────┐                                |
    厳勝   久斎   徳斎     宗章          宗矩                               友景
  (新次郎)             (五郎右衛門).     (又右衛門)                              .|
    |                            (但馬守)                                |
    |   【尾張柳生】                   |                                  |
    ├────┬────┬────┐        ├─────┬─────┬─────┐       .|
    純厳    利厳.     妹     厳倚      三厳       友矩      宗冬      .六丸    友種
   (久三郎)  (兵庫助).         (権右衛門)   .(十兵衛)    .(左門)     .(主膳)
           |                   (幼名:七郎) .(刑部少輔) (幼名:又十郎)
           |
           ├─────┬────┐
          .清厳      利方     .新六
        .(新左衛門)  .(茂左衛門)

132やる夫で学ぶ柳生一族(その60)2013/02/03(日) 21:05:36 ID:n3N1tuP20
【第1部(その1~11)のあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の領主、柳生新左衛門宗厳は、上泉伊勢守秀綱創始の新陰流の正統を継ぎ、
後に名を石舟斎とあらため、その剣名を天下に上げた。
しかし、長男新次郎厳勝の不具廃嫡、豊臣家による所領の没収、
新次郎の長男、久三郎純厳の死など、柳生家に辛く重い苦難が襲い掛かる。
だが、徳川家康の招きに応じ、「無刀取り」を以って家康に指南を請われた際、
末子・又右衛門宗矩を推挙したことで、再び柳生家にも光が差す。
その後、関が原の戦にて徳川家に味方したことにより、柳生家は旧領を回復、
更に家康が幕府を開いたことで、宗矩が将軍家剣術指南役となり、
柳生家、そして柳生家の新陰流…「柳生新陰流」は、一気に繁栄の路を進む。
そして、柳生家の家督を宗矩に、新陰流の正統を兵庫助に継がせた石舟斎は、
慶長六年(1611)、78年の生涯に幕を閉じたのであった…。

【第2部前編(その12~24)のあらすじ】
 石舟斎の死後、宗矩は正式に家督を継ぎ、新たなる柳生家の当主となった。
またその翌年、柳生庄にて宗矩に待望の嫡男・七郎…後の柳生十兵衛三厳が誕生する。
そして、大坂の陣による豊臣家の滅亡、一代の英傑・徳川家康の死を以って、
戦国の世は完全に終りを告げ、新たな時代「江戸時代」が始まる。
その新しき世において、柳生家は将軍家指南役となった宗矩の「江戸柳生」、
尾張徳川家指南役となった兵庫助の「尾張柳生」の二家に分かれ、
宗矩は「坂崎事件」を解決するなど、剣術指南の枠を超えた才を発揮し、柳生家を発展させ、
兵庫助は新たな時代の剣、「直立たる身」の工夫を編み出し、新陰流を発展させる。
その後、時は寛永・三代将軍家光の世に移り、尾張においては後の柳生連也斎厳包こと新六が誕生、
江戸においては十兵衛が小姓を致仕するなどがあったが、その末に、遂に宗矩が諸大夫成を遂げる。
「柳生但馬守宗矩」がここに誕生したのである。

【第2部後編(その25~59)のあらすじ】
 晴れて但馬守となった宗矩だが、知己の禅僧・沢庵が紫衣事件で罪に問われ、
また自身も主君家光より難題を出されるなど、次々と苦難が立ちふさがる。
だが、大御所・秀忠の逝去によって赦免された沢庵より
「剣禅一致」を説いた「不動智神妙録」を受けた宗矩は、
真の大将の剣、『活人剣・治国平天下の剣』を確立することに成功、
これを家光に教授し、信任を確かなものにする。
そして、宗矩の惣目付就任、柳生藩一万石の大名への立身や、
柳生新陰流の全国への広がり、嫡男十兵衛の赦免など好事が続き、
途中、江戸時代最大の一揆「島原の乱」の発生や、次男・刑部少輔友矩が夭折するなど、
暗い影がないわけではなかったが、概ね、柳生一族は繁栄の絶頂を謳歌していた。

 そんな中、以前からの問題であった徳川宗家の後継問題について、
とうとう家光が女体に開眼、また、柳生家も、ようやく十兵衛が嫁を迎え、
めでたい空気が漂い始めたのであった…。

133やる夫で学ぶ柳生一族(その60)2013/02/03(日) 21:07:11 ID:n3N1tuP20

                         - -、
                        ≡ ≡) ヽ
          ,.-─=、          (人__)//ノ
         /   /;. }         ノ‘ー′ノ:l
        /',.  /ゞ!.l        /:´::ヽ 〃::`ヽ
       l  ',/、ノノ         ,..':::::::::::l:::`/:::::l::::::::\
        j‐'l´!ヾ/|`!ヽ     /:::::::::::::::l:::/::::::::l::::::::::::::',
       /l  | |V /! | jヽ    /:::::::::::::::::l:/::::::::::::l:::::::::::::::',
        |、ヽ | |' / l. | l/ |   /::::::::::::::;::::l:::::::::::::::::l::::::;:::::::::',
        | ヽ`| |′ | | j  |  j:::::::::::::::i::::i::::::, - 、::::i:::::i::::::::::l
.       |  ヽ! != ! !'   |  〈:::::::::::::::j:::i::::::::' - '::::::i::::i::::::::::〉
      j、  ',.| ̄ |ノ  ノ  '、::::::::::;':`:、:::::::::::::::::::;:::':`:::::::j、
.      ,' ヽ  ゝ-ニ、  / | /::`:ー::r'´`ヽ::::::::::::/´ `ヽ::':´::::ヽ
     l `/‐=´ー'`ー-=' !〉:::::::::::::::::`:ー:´:::::::::::::`:::´::::::::::::::::::j
_,.-‐--‐'  / {      }ゝ `、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
 ̄ ̄ ー´ ` ー─'‐一' ` ̄  ̄ ` ー‐---──--─‐一 ´  ̄

 【前回ラスト】
  柳生家の嫡男、十兵衛三厳は、秋篠和泉守の娘、おるいを嫁取りした。

134やる夫で学ぶ柳生一族(その60)2013/02/03(日) 21:09:25 ID:n3N1tuP20

 そして…

                          r 、
       ,..-‐ '' '' ¨ ゙ ゙  ̄ ゙ ¨'' - .   ヽ、゙ヽ
    ,.<      ,  ,ィ        .ヽ   ヽ  .ヽ、
  /    ー-一''"´ ,ィ彡f,ィ"´: : .     ヽ   .}   ヽ、
 /         ,ィ彡彡f゙. : : : : : :      ゙;  ,'     }     美味いっ!
.,'  . i      ㍉彡".‘ : : : : :        } ,/     .}    今宵の酒は一段と美味いお!!
{    ,l       ¨゙''=、            ,!'      ,'    .いくらでも飲めるお!
{   /  ,,       ,ィ’、         /       '  
',  ,ノ  ,ィ彡x!   r‐'"ゝ' \       /              主膳!
.',  . ,ィ彡彡"、  ,イ、ゝ"   \                    もっと運んでくるように伝えてくれお!
. ',  彡彡''"´ `¨ヽ<       ゙i
 ',  ". : : : : :    .\     ノ
  ',  : : : : :       ゙ー-‐''"
  '、 : : :
   ヽ
    \       /
     `==-==ィ'
r- ._     _.<
゙ヽ、 ¨''‐-‐''"
  ` ._       _ .
      ` ‐- '' ¨


      / ̄ ̄\
    /   _ノ ヽ_\
    /   (-) (-)ヽ      はぁ…。
   .|    (__人__) |     兄上、そんなに飲んで、この後大丈夫なんですか?
   .| u.    `⌒´  |  
  . ヽ       nl^l^l    (こんなに浮かれてる兄上を見るのは久しぶりだな…。
    / ヽ      |   ノ     まあ、結構な美人だっていうしな…)
  . /        ヽ く
     柳生主膳宗冬
(やぎゅう しゅぜん むねふゆ)

137やる夫で学ぶ柳生一族(その60)2013/02/03(日) 21:11:39 ID:n3N1tuP20
                     _,,.-==-、_
                    f巛~-~=-、 ヽ
                     j:::ト冂¬¬リワト、 l
            _        ミ┝- 、、_,,_,,-=_|ミ!        はははは、主膳殿。
            / )ト.      !ハ{三ニ八三;;;ヲハ!       まあ、たまにはよいではないか。
          / / | | _     ヾ  ̄〈|   ̄ lソ
          //ノ| |ハ        :ト  ー→  イ__        今宵はめでたき日にござる。
         / ./ ' ' | {    __/∧ヽ 二/∧ ヽ、__
         | ヾ、 ´ !  _/  / !:::::::ー彡::::|\ ヾ ヽ
         l   }   ノ'' ̄/   j |:::::::::::::::::::: | |  |  |- ,,,,__
            j  ー/  /   i  !::::::::::::::::: : | |     |    > 、
        /ヽ_ /〉ヽ  |    |  |::::::::::::::::: : | |     |:   /   i
        j\   /|  '. !    !  !:::::::::::::::::::::! !    !勹 /    |
         |   r,-' l  '. |    |  |::::::::::::::::::::;' |    | ̄/  \|
          |  r,  /   / |    |  ∨:::::::::::: /  !    !      >
        j|   r,  l   ノ !    |  ∨:::::::::/  |    !  !     ヽ
      /     |  ∧ l:    l\  \:/ /j    l ∧      i
        {       ハ ノ | |:    |  \/ /  |    | /  \|    l
        ヽ     /  ヽ|     ! / /     !    !|   / -、  |


    / ̄ ̄\
  / u.   ノ \
  /      ( ●)ヽ    いやまあそうですが…って誰?
 .|       (__人_)
 .|  u     .`⌒ノ
 ヽ         ./
 /   ヽ     ノヽ
/           ヾ

138やる夫で学ぶ柳生一族(その60)2013/02/03(日) 21:12:36 ID:n3N1tuP20

            _,,.-==-、_
           f巛~-~=-、 ヽ
            .j:::ト冂¬¬リワト、 l
           .ミ┝- 、、_,,_,,-=_|ミ!       ん?わからんか?
          . !ハ{三ニ八三;;;ヲハ!      わしじゃよ、わし。
            ヾ  ̄〈|   ̄ lソ
              .:ト   --  イ__        秋篠和泉じゃよ。
          __/∧ヽ 二/∧ ヽ、__
         _/  / !:::::::ー彡::::|\ ヾ ヽ
    __,,,,-'' ̄/   j |:::::::::::::::::::: | |  |  |- ,,,,__
 ,-<    /   i  !::::::::::::::::: : | |     |    > 、
. |  ゙i    |    |  |::::::::::::::::: : | |     |:   /   i
          秋篠和泉守(変身後)


     / ̄ ̄\   て
   /:::::::  \ /  て
   /:::::::::  (○)(○)
  .|::::::u:::   (__人__)    ええええええええっっ!?
  .|:::::::::::::   |r┬| |   
  ヽ::::u:::::::   `ー'./
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く
  |:::::        \
  |::::        ヽ、二⌒)

139やる夫で学ぶ柳生一族(その60)2013/02/03(日) 21:14:31 ID:n3N1tuP20

            _,,.-==-、_
           f巛~-~=-、 ヽ
            .j:::ト冂¬¬リワト、 l 
           .ミ┝- 、、_,,_,,-=_|ミ!     そう驚かずともよかろう。
          . !ハ{三ニ八三;;;ヲハ!    わしとてこういう場では、よそ行きの顔くらいするぞ。
            ヾ  ̄〈|   ̄ lソ 
              .:ト   --  イ__      ちょっと気合を入れればこんなものじゃ(キリッ
          __/∧ヽ 二/∧ ヽ、__
         _/  / !:::::::ー彡::::|\ ヾ ヽ
    __,,,,-'' ̄/   j |:::::::::::::::::::: | |  |  |- ,,,,__
 ,-<    /   i  !::::::::::::::::: : | |     |    > 、
. |  ゙i    |    |  |::::::::::::::::: : | |     |:   /   i


.    / ̄ ̄\
  ./ _ノ  ヽ、.\
  /  (●) (●) ヽ        いやいやいや、明らかに骨格から変わってますよね?
 .|   (__人__) u | 
 .|     `⌒´    |.        …まさか、義姉上も明日になったら
  ヽ         /       変身が解けてるとか、そんなオチはないですよね?
  |ni 7       ノヽ  n 
l^l | | l ,/)       l^l.| | /)
', U ! レ' /    . . | U レ'//)
{    〈       ノ    /
..i,    ."⊃  rニ     /
 ."'""⌒´     `''""''''

140やる夫で学ぶ柳生一族(その60)2013/02/03(日) 21:16:15 ID:n3N1tuP20

   / ̄ ̄\
  /   ⌒ ⌒
 |     (⌒)(⌒)
. |     .(__人__)         ははは。
  |      `⌒´ノ ) ;;;;)     安心せい、主膳。
.  |         }  .) ;;;;)
.  ヽ        }  /;;/      あれだけ酔っておれば、
   ヽ     ノ  .l;;,´      仮に変身が解けたとしても
. /    ∩ ノ)━・'       十兵衛の奴も気がつくまい。
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/


     / ̄ ̄\  て
   /    _ノ ヽ そ      父上!
   /    (○)(○)      それって全然フォローになってないじゃないですかー!
  .|  u.   (__人__) 
  .|       |r┬| |       実は正体は本当にラブリンモンロー(豚)でしたー、とか
  ヽ      `ー'./      長々更新止まってたのはそのAA作るためだったとか、
  / ヽ       ノ       そんなオチじゃないでしょうね!?
  /        く

141やる夫で学ぶ柳生一族(その60)2013/02/03(日) 21:18:01 ID:n3N1tuP20

                     _,,.-==-、_
                    f巛~-~=-、 ヽ
                     j:::ト冂¬¬リワト、 l
            _        ミ┝- 、、_,,_,,-=_|ミ!     ははは、安心されよ主膳殿。
            / )ト.      !ハ{三ニ八三;;;ヲハ! 
          / / | | _     ヾ  ̄〈|   ̄ lソ     . 多少化粧を落としたところで変わりはせぬよ。
          //ノ| |ハ        :ト  ー→  イ__     美人だから…うちの娘は!
         / ./ ' ' | {    __/∧ヽ 二/∧ ヽ、__ 
         | ヾ、 ´ !  _/  / !:::::::ー彡::::|\ ヾ ヽ
         l   }   ノ'' ̄/   j |:::::::::::::::::::: | |  |  |- ,,,,__
            j  ー/  /   i  !::::::::::::::::: : | |     |    > 、
        /ヽ_ /〉ヽ  |    |  |::::::::::::::::: : | |     |:   /   i
        j\   /|  '. !    !  !:::::::::::::::::::::! !    !勹 /    |
         |   r,-' l  '. |    |  |::::::::::::::::::::;' |    | ̄/  \|
          |  r,  /   / |    |  ∨:::::::::::: /  !    !      >
        j|   r,  l   ノ !    |  ∨:::::::::/  |    !  !     ヽ
      /     |  ∧ l:    l\  \:/ /j    l ∧      i
        {       ハ ノ | |:    |  \/ /  |    | /  \|    l
        ヽ     /  ヽ|     ! / /     !    !|   / -、  |


.    / ̄ ̄\
  ./ \  /.\
  /  (○) (○) ヽ.   
 .|   (__人__)  |   これ以上いらんフラグ立てないでくださいよ!
 .| u  |il!il!il|   |.
  ヽ.   |ェェェェ|  /
  /ヽ       ノヽ

143やる夫で学ぶ柳生一族(その60)2013/02/03(日) 21:19:34 ID:n3N1tuP20
     __.」|_       __─-..、 __  
      二||二     >ー:::`:::::::'´::;∠.._  
.     ̄|| ̄     /::::::  ::::::::::: :::-< 
      ===     イ:::::::::::::..... ::::;、 .:::::::\ 
    ==ぅ>   |:::::::::::::;ィ;イ:/ \::::::::ヾ
       〃    |:::::::::::ノクへ> <.ヘハ::N 
    ==       !にリ大。_ラ' 〈。_ラハ!    頑張れ・・・っ!頑張れ十兵衛・・・っ!
    ___,ィ    八_jノ  , ,、 r_ `く/    お前なら・・・いや、俺たちなら頑張れるさ・・・っ!
    ̄ ̄     /::::::::ト.人_ー─‐ァ7′  
    O   ,∠:r‐:ヘ::::|`Y⌒¨二´/:\     地道に・・・地道に行こう・・・っ!
    o  / ...:{:::::: ヽ:ヽ \ ,.イ::::::::::ヽ 
   o /  ....::::::\::::::ト:ミ\./「:|::|::::::::::::::} 
   /'´ ̄:\:::::::::::::\| l l l |/|/:::|::::::::::::::ヽ  
   :l::::.. ..::::::ヽ:::::::::::::::|/////|....::|::::: ..::::::::\
   |:::::::::::::::::::::|::::::::...../'/////|::::::ト、 ..::::::::::::::::ヽ ←板倉周防守重宗
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、
             ○
           о
          。
      ____
     /_ノ ' ヽ_\        ん~?
   /(≡)   (≡)\      なんだか知らないけど板倉周防守様の笑顔が
  / /// (__人__) ///\    .ちらちら浮かんで見えるお?
  |      `-'゙       | 
  \           /     妙に親近感のこもった笑顔だお…。


    / ̄ ̄\
  /  ─  ─\
  /   (○) (○)ヽ 
 .| u   (__人__) |    (アカン)
 .|     `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ

144やる夫で学ぶ柳生一族(その60)2013/02/03(日) 21:21:20 ID:n3N1tuP20
           ____
         /_,r'  ' !、\        まあいいお!
       /(≡)   (≡)\       この十兵衛が夜の新陰流を披露する時が
     n/ ::::⌒(__人__)⌒::::::\     遂にやってきたんだお!
    y |     |r┬-|     |⌒)
    l \_   `ー'ォ     //    御爺様の部屋に隠してあった伝書を熟読して、
     \      ・    ・  ̄ /    十年間試行錯誤した成果をいざ披露してやるお!
       \         /
        >      <
       〃   (::)っ   ヽ
       ヽ  <  `‐' >  )
        と__)   (__)


   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. | u   (__人__)  l;;,´    (父上、あんなもん伝書に残してたのかよ…)
  |     `∩_ノ)━・'
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/

145やる夫で学ぶ柳生一族(その60)2013/02/03(日) 21:22:57 ID:n3N1tuP20

<ウヒョホホホホー!

 ドタドタドタ

<兄上!服!服!




     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(●)           (…まあ、いいか。
.   |     (__人__)            それで孫が…跡継ぎが生まれるのなら…
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ       わしが生きておるうちに、孫の顔を見ることができるのなら…
   .l^l^ln      } `‐=   )      なんでもええわい)
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;)
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ

146やる夫で学ぶ柳生一族(その60)2013/02/03(日) 21:24:02 ID:n3N1tuP20
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::...  ...:: :........ ... .  .....:::...  ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.. .......  .....::             ..  ...:: :.... .... ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::   ..................................................................
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::.. ... ....:::::... ...─- 、    .. .. ...:::.. ... ....:::::... ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::...::: .........:::: :......    /      ヽ   ..:: :.... ...:::.. ... ....:::::... ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::.. ...: :.... .::::..... ...:::..       l     ..... ...:::.. ... ....: ::::... .:::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.........: ::... ...     ヽ       /   .. ... ...:::.. ... ....:::::::::::::::: 願わくば、わしの剣を孫に伝えられるまで、 :::::::::::::
::::::::::::::::::::::::. :. .:::::: ::.... .::::.....     ` ー--‐'   .... ...:::.. ... ....:::::..:::::::::::::::  わしの命が長らえればいいのじゃが…。    :::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ...:::.. .... ...  ..  .: ..  ..: .:::.. ... :. .:::::: ::::::::::::::::::::::                            :::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. .:::::: ::.... .::::..... . :: :.. . ... :. .::::: ::.... .::::..:::::::::::::::::::::::::::::::::                        :::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____________ __________
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_ 
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_ 
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_


 こうして、十兵衛の婚礼の夜は過ぎていったのである…

147やる夫で学ぶ柳生一族(その60)2013/02/03(日) 21:26:15 ID:n3N1tuP20
         _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
     ー=ニ ァ: : : : : :/: : : :/: /: : : : :、: : : :`ヽ: : : : ヽ
        / ,: : : :〃: :/: : /: │: : : : :lヽ: : : : ハ: : : : :.ヽ
.       / / : : //: :/: : /: : │: : : : ::|: :!: : : : i|: : l: : : :ヽ
      / イ : : : l |: :│: :j : : ∧: : : : :l: :|\: : i|: :│: : : :.\
      l/ |: : : :| l: :∧: :ハ: : l  '.: : : :ハ j  ヽ i|: :│: : : :}
      ││: : l|│ナ下/-ヽ |  ヾ: :/_ム'― 弋|: :│: : ! j
        j. │: : |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l: : ト: : Ⅳ      始まった。
         ヽ: : |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|: : ム N
          ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ!: :,) }i|
            `l: :ヽム        '         /:/: :ルイ
            ', : : |ヘ、     ‐       ィ' /: :/
            ヽ: :lヽ >,、       イ/7: :/
            \! V厶|>ー <レ_'/ //
              , '´/ノ      L、 /
               ,.-'   | ___._   | `ー、
         _..-‐'´     |´  _` ー<|   `ー、_


                   , -‐-'´ー- 、._
                  ,、' : : ,:-'´: : : : : : :\
                /: : :/: : : : : : : : : : : : \
               /:/ : /: : :, : : : : : :/: : : : : : : ヽ
               !': : :/: :/;.、=7;、イ;i: : |: : : : 、: ヽ
  …そうなの?     !: : /': :'´ ;| 'iァz;、,'ト|: :/;イ: : : }: i l
               !: : : : : : :{  `''゛'` !/'´/イ;ィ:/: リ'!
               '; : : : : ;|ヾ     ,ィ')y'/;ィ:/
                ヽ:|'; :{ヘ     _   ゝ./!'´ !'
                 /' ヽ! 、   ´,. ィ':i/
              _,,..../    /` ‐' ´l/リ゛
              ノ `丶、  {、   ´
             / ' ‐- 、   \トヽ、
           ,イ;;;:::、:_:::::::`ヽ、 _\!`)、
           i;/    ヽ::::::::::::', `>ヶ、:>
           !     '、:::::::::::',∨|:ハ! ',
           /      iヽ、:i::::::',. |:| ';〉 i

148やる夫で学ぶ柳生一族(その60)2013/02/03(日) 21:27:48 ID:n3N1tuP20
       /                  ヽ
      /     ,     , '          ヽ
     / / / /  /  ,  /        ヽ     !
    〃/ / !  l   /  !  ! ヽ     |     !
    │ !  ! │ {  !   |   ヽ   ! !   !  |
     ! /{  {.   ト` ト、 |ヽ  !\ ,ム‐ハ|   }  l
     レ !  iヽ !,,====ミ、\l ,,====ミ !   l  l !
       ヽ |.-ヽ!'<fえヶ.ll, - 、ll イkか>l  ,!、 ハl    前回が2012/11/19(月) 00:32:14 に終了し、
        /, ニヽト ゞ-' ノ   ヽ ゞ-' ,' / ノリ    私たちが解説役になると決まってから
      ,'/ニヾ 人     `_      / /リ´      既に77日間、待機が続いていた。
      { /ニヽ ヽへ          ィ ハl
       ヽ、ヽ   } | >   _ , ィ´/ノ-、        しかし、ようやく私たちの役目が廻ってきた。
       _,'    レ′_,-‐l     /  ヽ       .これから解説を始める。
      __/ |    /、‐'/ /   , '      \
     /    ─ '  } /へ、 /         \
     {       / / ヽ、 , '      ィ ニ二二\
   , イ    ,'   〉/  /     // , -―─-}
 /        / / /     // /       !


                       /.: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::',
                    / : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::',
                    ,'.: : :/: : : : : : : :/: : ハ: : : : : : : : : : : l: : : :.:.:l: : : : l: : : : : : : : : : : : ::::::::::;:::',
                     | : : ,': : : : : : : :/: : ::l ハ: : : : : : i: : :.:.|: : : : :.| : : : :l: :ヽ: : : : : : : : :::::::;:::::l::::',
                     |: : ,' .::;': : : : /: : : :l: :ハ: : : : :.:.l: : : :|: : : : :.|: : : :.:l: : : :\: : : : : : ;:::::i::::|:::::',
                     l: : l.::::l : : : :,イ: : : : l : :ハ: : : : :.|: : | |: : : : :.|: : : :,ハ: : :.',::\: : : : i:::::l::::ト、:::',
                     ',::::|.::::| : : : : |: : : : l: :/  ',: : : : |: : | |: : : : :.l : : /! ,ハ、: :', ::∧::: : :l::::l:::|:::〉::l
  そう。        ......      ',::|:::::| : : : : | : : : :レ′.....ム,:.: :.:|: : | |: : : :.:ム: :/┼―ヘ、:',::::∧:.:. :l::::l:::レ' V
                     ';|:::::| : : : : |: : : :/  ̄ ̄ ̄'; : :|: : l |: : : :/ レ'       `ヽ, ::∧: : l:::l:::|
 …私は何をすればいいの?   l:::::iム: : : :l: : ::/vー┬:::::rベ、l\l l : : / ンー┬:::::rヤ  ∧:::∧:::l:::l:::l
私は、何もわからないの。     .ヘ:::l:::ム : : l: :,〈 ` ┴'^┴'  `  l: :/    `┴'^┘   / ∨:::l:::l:::レ′
                        ヘl:::::ム: : レ′\           レ'           / : :/ :::::l:::l:::l
                         ヘ :::ム: :l.: : : : :\                / :..:/ :::::/レ'::/
                        \:ム ! : : : : : : ;>=ニ二三三三三二ニ=<___,ィ:::::::::/:/::/
                          `マ!>、: : ,ィ'´'"´ __ノ三三三三_( ̄ ̄`寸戈 ::::,イ::/
                           `ヽ/  ,>'"´ ̄ ̄)三三(__  ̄`マ `く:/ レ'
                             /   /  ,,x≦三三三三三三心、 `マ \
                               / /  ,ィニ二三三三三三 _之三心、  \ ',
                           //  />'"´   _ノ三三(___      ヽ     ,
                             l     /´  ,x≦三三三三三三三≧x,   \   l
                             |   ′  /三三三三三三三三三三ム    `   |

150やる夫で学ぶ柳生一族(その60)2013/02/03(日) 21:29:17 ID:n3N1tuP20
   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::     問題ない。
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i     綾波レイ、あなたは思った疑問を口にしてくれればいい。
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l    私がそれに答える。
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙      おそらく、それが一番効率的だから。
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;


                  ......           ,、-、,、-- 、_
                             , -'´' ,´-‐ こヽ \
                           /    / 久 ヾ'.、 \
                          /   _/-'"´/ヽ ヾヽ、 ヽ
                          i  -‐フ.ィ´ //!  }  } }:.', ',
  そう。              .      }    / /  ///| ハ ! ハ! l
 わかったわ。           .     // / // /|/ H / }/N !| l }
                  ......      '{ / l:| ハアヽリイノfテri リ!l/
  では、聞くけど、               ヽ! l::|/_' \   (  ノ ,/ |'
 十兵衛の妻はどういう人だったの?    ヽrハ Yトヾ  _, ' /リ
                  ......        「'、'、ヽ `ヾ、 _, ィ彡イ‐‐‐---- 、..._
  本当は豚だったの?    ....      r==ヘヽ: : : : : : .'、彡'´ノ : : : : : : : : : : : ``''ヽ、
                          L:::_-ヽ、; : : : : : : ヽ‐┐===- 、_: : : : : : : : : :.`ヽ、
                         r'" _,、、_>-、: : : : ヽ!-‐'´ノ-‐.>‐、._  : : : : : : }
                         <-'´ ::::::::::::::::ヽ\: : : :\ _、‐'´::::::/  / ̄: : _,、‐'´
                          l:'、:::::、‐'´ ̄`ヽ_:::ヽ: : : : :.\  ::::{  !-‐‐''´

153やる夫で学ぶ柳生一族(その60)2013/02/03(日) 21:34:25 ID:n3N1tuP20
      /ィ ,  /  /  / /                ヽ,
      / / / /  /  / ,.'   │     ヽ        ヽ     それはない。
     / / /  l  |   /   |    | ヽ  ヽ.,  、      |    後に、十兵衛とその妻の間に、
     │ l  |   | ,∧ /、   |   \. | │ ヽ,    |    娘が二人生まれていることから見て、
     │ ィ   |   ,ヘ、 |_,| | \  |\, | `'j、│   |   |    少なくとも豚ではないことは確実。
     レ │ ,ヘ  | _ゝ_メ._   \| _ハ,ヒ"_ヽ|   |. ! リ    当時の技術では、人間と豚で交配することは不可能。
       ヽ | _ヽ Y 行ッr`、 _ jl イ:マ丁j>   /ヽ| ! 
         ! _ヽ!、  ト、ン |´  `l.  トヘソ |  !) ルl/      「玉栄拾遺」によると、
        /_-、ヽ∧.. ニ  ' ,  ゝ .ニ イ  /ィ′       「和州秋篠大和守女」とだけあり本名は不明。
       {/ _ ヽ`l i       _        ! ∧l         その意味では、正体が小野家の長女とか、
       ヽ L`' ヽ.| \.    `′    , ィ' /!           南国の姫だとかロシア人だったとかでも問題はない。
         \ ヽ  }!    、      / /,ヘリ          .
          l    .ヘ     ri ー ´   l/  |          .. 実のところ、彼女の実家である秋篠家について調べ直したところ、
        r'ン   /  , ィ' /j     /   ヽ         直参の家に「秋篠」の名が見当たらず、>>1も困惑している。
     r ‐' ヽ _jヽイ ::/     ,/      \       .当時の法度に従うなら、柳生家の場合、直参(大名含む)のうちでも
     /  三三三三ノ//、 ヽ.. ー /        _\     ..御目見え格の家以外からは嫁取りできない筈なのに。
     | 三三三三/ , 'ヘ \/      , ´ __ ., --ヽ
   /ヽ三三三三 !/    〉′      // ´  ィ´三 ! 
  / 三三三三三/   /      //   /:: 三三l


                    ......    ,.、‐'"´:/:::::ィ:::/ :/    ヽ   `ヽ、:::::::::\
                        ,、' 7゛:::::::l:::::/ ::/  /   j |\ `     ヾ、::::::::::\
                         /::::::::: l ::イ    l  / / !| _ヽ、 i、    ヽ::\_::ヽ
                         /::::::::i: ', l    | ;l /_,、‐'゛_、.,,_ヽl \   ヽ::::::::::ヽ
                        i::::::::::::i, ノ、ヽヽ   i ! |" ,'/!k;ヽ '゛ ` ノ\ `:、ヽi:::、::::ヽ
  つまり、豚と結婚した十兵衛は  ./:::::/:: i、,| ヽ>、、 ! `   ‐`゛´  _,.;'ィ::::::;:〉、 i、 i::::ヽ::::l
 いなかったということね。    ..... /イ::/i:: l、i`r'゛_>、-ヽヾ       '゛´/::/:/ ヽ!':, | ::::ヽ::l
                    ...... ゛ ! |l ';  !'、 ラ'lャr`< ‐       ,::゛ィ:::/ ゛    /! :::::`/
  …そもそも十兵衛の結婚は      ';!|!; '、`、'i `'゛   `      ´ /::/  / / i .:::::::l
 本当にあったことなの?          ヽ!`;、ー`=-     ,:: ''"     /:/ ,.、''ッ‐',イ   l ::::::/
                            li:::`ヾー          /‐'゛,、': '" / /ノ:::/:l/
                            |l:::::::、`:.、_              / ィ´:::::/
                            '、;::i:: `i‐-ミ=‐          /:'゛ |!'!:/´
                              ',:|ヽ 、ヽ 、 \              ´ ヽ
                              `:、\ヾ、ヽ、 `ー- 、..,,_         ヽ_  ,.、,_
                                 ` ヾ、\.、 i /'゛',      i   ,、 '"´   ̄``'' ー―ァ;;、、
                                      `` '゛   ヽ     ! ,、'゛          ,、:'´:::::::::::

154やる夫で学ぶ柳生一族(その60)2013/02/03(日) 21:39:05 ID:n3N1tuP20
           / .:::::::::::::::::::::::::::  /:   ..:: |:.  l:.   ヽ  ヽ、  、\
        //.::::::/::::::::::::::::::  /:::::  ..::::::::: !::.  !:. ヽ  ヽ  ヽ  ヽ、 ヽ
         //.:::::::i:::::::::::::::::::  /:::::..:::::::::::::::: i:::::  |:::. ',:.  !.   ',  ヾ、      複数の史料で十兵衛の正室の存在が確認できる以上、
      ノノ!.::::::::|::::,::::::::::::  /::::/::::::/::: /:::::::  !::::: |:::. |::.  |   i      嫁の実在、及び、結婚そのものは現実と考えるのが妥当。
          |:::::::::::!::|::::::::::  /:::/::::::/i:::::/ }:::::: ハ:::: ハ::: l::::  !:.  |      結婚時期については記録がないので確言はできないが、
          |::l::::::::',::|:::::::::_!ム_∠__/;/  !:::: /  l:::/ !: /i::::: /!::::  |     「実は十兵衛の妄想だった」なんてオチはないので安心していい。
        !:i!:::::r‐t:::::::::: |/_ //`ヽ /:/ _,,ム'-‐lメ‐|:::: /: |:::::  !
        ヽ', !/`!::::::::: !,r=〒〒ミ==ヽ/'   ,,r'===ヾ-、!::/l::: ハ:::: !      なお、後に生まれる十兵衛の長女であるお松が
          ヽヽ(_!::::::::. |《 i、ヒ''ィノ   ゝ-‐-《 !;;.q,ノ ´/レ:: |:: i .l:::::/     万治元年(1658)に息子(跡部良顕)を産んでいる記録がある。
           ヽ{ トヘ::::::. | \  ̄   ノ   ヘ_. ̄  /:ノ::: /!:::l !::/      .出産可能年齢を踏まえ、仮にこの時点で16歳した場合、
            `ヽト、::: l   ̄ ̄ ̄   `;    ̄ 7:::::: / .i:/ /        逆算してお松が寛永十九年(1642)頃には生まれている計算になる。
                 ハヽ:::l\      r_ァ    /!::::: / /
             /ハ:ト、! ` 、       _, < |イ::::: /  '            そして、蟄居中の身での嫁取りは考えづらい事を踏まえると、
            /.:::::rノ. \  ` ‐r-‐<    'l::: /             .十兵衛の結婚は、寛永十五年末から寛永十八年頃までの
        _,, -'"..:::::::::::l         {、ヽ:. \   ',/              .3年間のどこかと推測される
    _,,_-'"‐、:::::::::::::::::::::::ヘ ___   ___ i::.  `ーt、_
  /´,-、 ̄`\\:::::::::::::::::::::ヘ _,, -‐" ̄ ゙ ‐-ヽ:::.   l `iヽ_


                .....  /,/ , .l l   ||   |  `|  | | |l i |    |
                    ".| / |l |  | | | l、   | /l l `l | |.l / |
                     |l.| ||| .l l | l, |ヽヾ、 | /'"二 ̄l | ./  |
                     .゙ l,.|ヽヘト, |_,-一'ゝ,l.||l '"l ソ`ゝソ// /
                       V 、N,\'"「ソ`ゝ       '"//./i|
  だから、この時期に           | |ヽヽ‐`ゝ  ヽ    //// |
 嫁取りの話を入れたのね。      | ト\>`ヽ.、  ‐   ///|/
                 .....     | l \l \ヽヽ> ._/ |'" "
  この後はどうなるの?  ....     ゛ ゛ ヽ. ヽ`>'"|     |‐- 、
                             /´  \   t | \
                          ,. ・'"       ヽ   /  `ヽ、
                         ,・'" ̄ ̄`` ー- 、 ゛、/ .,. ・'"´:::`丶、
                       / `ヽ,::::::::::::::::::::::|  `> <´|:::::::::::::::::::::|`l

155やる夫で学ぶ柳生一族(その60)2013/02/03(日) 21:40:41 ID:n3N1tuP20
   '、
   ヾ 、             , -‐- 、
    ', ` 、      ,  ' ´      `ヽ、
     \  ` ""゙ ´              ̄ ̄`ヽ 、
      ヽ 、, '                      \
       /                      ヽ  ヽ
      / ´  ., , ' ´       ____       `,   ヽ
    /   /´    ,  ,     ´~   ヾ ー ,__   ',  `,
   / _/ /     ./  ',        、 \  `ヾ, 、 ! 、 `,
  / // /      /!   !        ヽ、 ヽ,ヽ、 \  ヽ ヽ
 l /  | ,!     , ./ |  l !、 ヽ、 ヽ    ヽ  ヽ ヾ、、ヽ, ', ヽ、      今度は家光の話に移る。
 `  .| |    _!,! ,' | l  ', ,ヽ ヽ  ヽ \  ヽ  ヽ  ヾ、! ',',ヾ
    l /|  | `,才ト、| ト  ', ', \ヾ、  ヽ \ ヽヽ ',     ヽヽ'.、       於万によって女体開眼した家光に対し、
    ヾ ヽ |  !汁ド、トハ  ヽゝ‐-ヾ-'=、__!_ ヽヽヽ ',    / } ',ヽ     涼宮ハル…もとい春日局率いる大奥が、世継誕生のための攻勢を開始する。
       ヽ}', ', ン:::rリヾ\ ヾ -ー‐ヽ ヾ,} ヽ ', ', ゞr,!   /ノ ', !      次回はその顛末を追うところから。
       .i| ヽヽ` ー´   ``ヾ 斗云弐ミ=!,ヽヾ   ,ヾノ /.//   ',!
       ´', ヾ,ゝ  ノ     リ::::r〃"} ハ ',   ',Y /, {/
        ヽ ヽ         ` ̄´  / } 、   ',.}  ´
         \ |\ ヽ 、        / /.ハ   ',!
           `` \`´     , '´/ /  ',  i,!
               〉ー- ' ´   ´}´    ',! ,!


                                      `ヽ 、
                               _ -‐─‐-V }-‐  ̄`丶
                                ,ィ⌒    ィ´`}/       \
                            /ノ     /            \
                          ィ´    /                 \
                       /    ///     〉     /l/l/\   ヽ
                      //  ,        //              i
  わかったわ。       .      / /  /        /      |   ヘ  l    |
                       //  /   ,    /  l    | ハ }  !  !ミ、!
 では、場面を移しましょう。     / / /イ ,.   /            / 人  ∨  ト、 | i
                     ′l ∧ |/ |  /   | ∧! /  / ン'_丶、ヘ   | } |
                 .       l.| |. 〈 / ,イ /L/-‐Vl  /i/ ,ィャュミヾ.l   }∧| 〉
                       l| l  /| l | ∧ ,ィャミヽ| / i  ´_Vソ }  /  ノ、
                         ∨ ハ| |. 从 _Vソ |/    `¨´_,/ | ∧  | ト- .、
                         /l   V ヘ ` ´ ′!,      .ノリ  l / /: : : : へ
                        く   l ! ヽ\ \           ´_ノ/!ン′/: : : : : : : :.〉
                          ,ィl  `l\lハ `≧=‐  ` ̄´   /ハソ   /: : : : : : : :./
                        /: :\     ∨レヘ>       イ ./   ./: : : : : : : :./!
                      /: : : : : : >、      ヘ. `≧‐ ´  /     /: : : : : : :./ .|
                      \: : : : : : : : \     \、_   ,ィ´/   /: : : :丶:/  .!

157やる夫で学ぶ柳生一族(その60)2013/02/03(日) 21:42:44 ID:n3N1tuP20
                      i
                      |
                      |
                      |
                ―i二二i┼――‐‐
            ̄ ̄ ̄rェェェェェiェェj_ ̄ ̄ ̄
               [i';';'i:.:.:.:i;';';'/]
               _`゙'}iHi:i:{''゙´ュ__
          ___〔二二二二二〕/___
            ̄ ̄ ̄ヽヾ〕i i〔¨..::i/_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             E[「_二i ___i二_圭コ
              二ニ_j  i.::::::ニ二
             |_ 干rj    iュ::圭j_|
             __o_,','_}ttttttj_.::_:_::ュ_    < では移動する
             Ll_ ̄_____ ̄__」-‐'
             r‐! ェ|ェェェェェェ|ェェェ:|rュ__ 
      ` 、    └L|ー、 ・・・・ _,‐」.:',',ニ{"
        ` 、_____〕=|____|ニニニ',',}{ェュ; ____
        _└ー--ニ}_:_____..:::::::::::',',二{ ゙}―{゙ェェj
      \ |三j : /´ ̄_:~""'''_‐-ヽ;二ニニニニニニニニニニニニニi
       \}ー rェュ ______ ――' ̄.::i:::{::::三三i:::::「ニニi
        |: /´ ̄ /oヽ、''_‐-ヽ;二ニニニニニニニニニニニニニi
     __,,.. .-‐ '''";-ー‐,'`""''' ‐- ...,,__.::::::三i-j}‐┼‐‐___
   __';     /'  ':, ; ...:::::::::::::::::::::::::::::`""'''i ̄jコ==== ニニニニニi
 ‐―‐,r' `ヽ   /    .:  ...:::::::::::::::::::::::::::::::_,,..-‐―-└====ヽ ̄ ̄ ̄
    { ¨¨ `ヽ/     i  .:::::::::::::::::::_,,.-‐''"  ¨¨  ̄  ̄ ij ij }
::::::::::::i       /`':,    :|  ..::::::, -'"          ゛ ゛     |:::::::::::::::
::::::::::└ー-‐-/-ー-'ー-‐ 'ー-ー-'ー-‐ー ―ー-‐ー-ーー-‐-ー-ー':::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    __ __¨ ./
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      _)  _) \
              戦艦「長門」

関連記事
[ 2018/03/14 14:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する