FC2ブログ

やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その61「細川忠利の死」 後編

486やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:00:27 ID:inWcOtGg0
            ___
        ./`'´   \
        /:::::::∧:::::::::::::::ヽ
        /::::/ ヾ ::::::::::::',                 フフフ。
        l:::/r五` !\:::::::::::l\___         ......ねえ、あなた。
        |:{l    , ,、 \:::::::ヾー―-\       ....この3つだとどれがいい?
        |:::::'、 ー一 ノ::::\:::::::\  `ヾ=ヽ     .
        |::!::::::ト 、_, イ\::::ヾ、、::::\    `ヽ,_  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       l:::l::::八    ゞ、 \::::ヽ\_::::`..、__       .┃ニア腹パン                  ┃
    __>::\ヘ___ /yヘト、_≧__\ `ー--ヾ     ...┃  スカイダイビング(アクシデント有) ┃
    ハ  /ヽX:\ '、/ラハ\  ハ::\   ヾ、__    ┃  「フフフ」                .┃
    /  ',  > ヾへヽいハ < V  '、ヾヽ- 、_  `ヽ .  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.  /   ヘ \  リ ヽ| |ヽニニ≠ }  ヘー--、_::ヽ
  /     〉  丶、  ヾ≠ / ∧   ヘ    ヾ、
. /    ハ    `丶、 ヽ   f ヘ   ヘ
/    /  ',      ``|   l   ヘ   ヘ

                    ,. . . -―-. . . _
              , '" .>: : : ̄: : : : : : : : : : >: .、
             /   /:/: .ヽ、: : : : : : : :,:イ´:`ヽ: :>、         ┼l┐
           〃  〃:./: /⌒ヽ: : :/: : : : : : :イ^ヽ: :.‘:,:ヽ          |
  ┼l┐   .../   /: : ; :./ : : ; : : イ: : : : : : j: : : : :‘,: :.i: : ‘,       l_」_
  |     /    ,: : :/: : : : :.イ: : ,'!:.j: : : : :..:ト、: : : : ;: : :i: : : :,       (乂 )
  l_」_     . ,′   ,: /:.i: :.,': : :/l: :./j:.:ト: : : :_: :| ヽ: : : :;: : :i: :, :,       /
  (乂 )    .l    //: :jⅩ!:,イ:,' l:.:厶j:.Ⅳ: :´ :`ト 、ヽ: :..:l: : : !: ‘,.:,.     o
  ニ|ニ    ..| _彡イ: : j: : Ll斗七!´ !:| ヽ.: : :,リ____`マ!ー: :ト:、: \`ー-
  (ナヽ        . /: : :.|: : |/,z=== |:! 丶 : |ア¨ ヾ ̄:|: :..:ト; :`ミ、:_、.      ー
  |       .-=彡イ 7!: : ト´  (  ) リ   \! ゝ- '  j: :..:.|.}: :j _ ̄ .   、_
  .、_ノ      ._   j |: : :lヽ.//`¨´         // |: : :|ノ: j|     ) .   ,- 、
   よ    .(_    | |.: .:.Ⅵ           u し  ノ: : :|: Ⅵー一 ´.... (ノ  )
  _.ニ、        ̄  レヘ.: :.八    ┌―――┐  ,∠!: : : !:/ j        ≧ 壬
  ._ノ              Ⅳ.: .:.l:>- ._ ̄ ̄ ̄ ̄<:ィ:/l:j: : :j′.         □ L」
  _l‐            | V: :ム\:ヽ ;ノ } ̄  ハx/j/_从!:.j!|         ┼l┐
 (_ノヽ              V: ムイ、く´ ̄`「v'}'. ̄`77イj:./x|、          |
  / /              .i「ム:.rマ:.||.j  ´リrz、 ̄ λニニリニ=ハ         l_」_
 o o            |l=ニニjニ|/L..ノ,イム \ノヽニニニニ={         (乂 )
                |l=ニニ|ニ|「ヽ__」ニニム__ム||二ニニニ=j         /
                  jlニ二|ニ!!○ニ二二ニ○||二ニニ=l|.          o
                   r Y v Yニ||ニニニ二ニニニニ||:「.Y^YY」
                  | i ! ! .v.||○ニ二二二○「 | | | l .Y
                 | | ! ! l i||ニニニニ二二ニニ} .!  ' .' |
                 ト   /  {||○ニ二二ニ○ム ヽ.   |

487やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:01:22 ID:inWcOtGg0
 家中での話が付いたところで、松井興長は武蔵を呼び出した。

                     =≧`ヽV.::〃⌒ヾ
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
                   /":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i 
                     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',.
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::/|:: ヽ、:::::::::::::'、
                /:::::::::::::::::::ノ/:/:/ !ヽ::ヾ\::::::::::ヽ
               , ':::::::::::::: /.::'^ーヘ  /¨´:::: ハ::::::::::::ヽ
             /:::::::::: イヘ :::-=tュ、ハ 〈 ,ィュr' {ノ::::::::::::::',     久しいな、武蔵。
            〃:::::::::::::::::レ''{ .:::::: //_!:.7:::::::::. j::::::::::::::::: |    最近どうだ?
             {{:::::::::::::::: /! ;;;;}>、::::.. 人.j-{久:::イ!:::::::::::::::::::i
             ヾ::::::::::__/::j :;;{ .::://::冫ニ、 .:} /ハ:::::::::::::::::,'
             ヽ/{::::::::::{ ;;;;ヽハ{,,__ィ公弍ノ〃/)ヽ、_::::::/
            , -‐/::::::::::::::::: \ ;;ヘ_ヾv' ¨¨V:/;;;;/:::::〉::::::`ヽ、
      __∠ -<::::::::::丶:::::::::::::\ ;;;∧-く:::.ノ;;/::::.::l::::::::::::::::::\__
   /´/:::::::::::::::::::::::::::::.::.::.::.ヽ::.::.::.::.::.\;;;;;;` ̄/::.::.::.::/::::::::::::::::::::::::::::`ヽ`\
  /::.::./:::::::::::::::::::::::::::::.::.::.::.:.::.::\:.::.::.::.:.::.:>rく::.::.::.::.::./:.::.::.::.::::::::::::::::::::::::::',::::: \
/::::::::::,'.::.::.::.:.:::::::::::::::::::::.::.::.::.::.::.::.::\::.::./.::.:lo::ヽ::.::.::/:.::.::.::.:::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::: \


         ´ ̄ ̄`弋ミ三ィ彡三ミ、ヾ、V゙YⅥ彡三三ミ芍彡'ィ彡
         -―-≧=━圭孑彡三ミヾ\゙:.゙}ハ'〃´≦ミ三彡'/尨
         >メ二>=ミ三三彡三ミ、ヾヽ!'彡三三ミ、:...彡'ィノソ
      __ ノ´-∠ニメ彡三斗彡三ミ、:.ヾ:.、:У,彡三≠-ヾ≦彡ノと
      ―'´、__ノ彡ィ彡三ミゞ-、ミ、ヾリソ豸'´ `ヾ:彡三、三彡"
        ‐━=ニ三≧ライ彡ゞ-、ヽ 、 ̄´/,∠ ,..ィ  ヾ三≧≦〆′
        , -===、ニ彡イ尨′、.ヾィバ !v {,ィ<,_,、_ `ヾ三ミ三
         /フメ三彡ム/,ィニニ彡ハ:゙ :}''´`≧≦,=.‐ゞミ ミ≧ヾメ
      ,.-、__/,ィ'≧三ヾミ:{ ' -=ニ弍冫} ,::::::`ー二≦¨"、:.:. ゞァ‐ミミ       まずまず…というところですな。
     ,-=ニ二彡'ク彡三;ム} -‐=‐.:'::_ノミ、::::::.`ー━―-、:.:./,イ〉 |ミ     佐渡守様もお変わりないようで…。
     ,.-━、__ェァオ彡イニィ{〉{ ィ',.ィ: :,イ__,ィ、`゙)::.、:. ⊂ニ、::.:.ヽ!}_)} {ゞ
      ー=二 _ノイメ√彡{〈゙ト,〈: :  _`ィ::::二..__:. `ー__:. ヾ:: }yノ /ミ、
    〃 ̄`ー" _メ≦ィソ彡、j!'.ィ、_ノィ―`´―メ、ヽ__,,,})/.:: /、_ノヾ.ヽ
,ィ━‐-、{ , -=、 ノ{´/ノ{リ从'ハ`ヾくえ二ニニ二ゞ>';//:/.:: :|ミ、ヾ、
;i;i;i;i;i;i;i;i;i>ミ  `ー}ナ´_ノ'!メ'/ ::ヘ ゙ヽ-━━‐-イ::::/.:.:/イ:::: : ::┃、}ソミ
;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i\___ー彡ヘ,′ ::‘,: : : : : : : : : ::::/..〃::::: : : : :┃リ、ハ
;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i`;i;i;i;i;i>-、ノ{   ::.‘,: : : : : : : ::ノ;イ;;:::::: :: : : : ┃从ヘ
;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i/´-' ゙、   :::::;;>= __.イ ;;;::::::: :: : : : ┃トミ、
;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i/、    ゙、   ::::;;;ハ;;;:::::: / .;;;;;:::::::: :: : : : ┃ミニ
;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i,′`、   :.、  :::;;;! ::::::;;/ .;;;;;;::::::::::: :: : : : .┃〃ヾ
;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;〃   ヾ:. .:::.!  :::;;;! :::;;,′.;;;;;;:::::::::::::: :: : : : ノ、′)'
               宮本武蔵玄信(新免武蔵)
               (みやもと むさし げんしん)

488やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:01:49 ID:inWcOtGg0
                     =≧`ヽV.::〃⌒ヾ
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
                   /":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i  
                     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! 
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',.
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::/|:: ヽ、:::::::::::::'、
                /:::::::::::::::::::ノ/:/:/ !ヽ::ヾ\::::::::::ヽ
               , ':::::::::::::: /.::' ⌒    ⌒:::: ハ::::::::::::ヽ        フフ…お前ともあろう男が、
             /:::::::::: イヘ :::-==-ハ 〈,-=-'{ノ::::::::::::::',       馴れぬ敬語など使うものではない…楽にせよ。
            〃:::::::::::::::::レ''{ .:::::: //_!:.7:::::::::. j::::::::::::::::: |
             {{:::::::::::::::: /! ;;;;}>、::::.. 人.j-{久:::イ!:::::::::::::::::::i       そういえば、江戸や上方に行っていたそうだな。
             ヾ::::::::::__/::j :;;{ .::://::冫ニ、 .:} /ハ:::::::::::::::::,'       どこかで兵法の指南などでもしたのか?
             ヽ/{::::::::::{ ;;;;ヽハ{,,__ー-ー ノ〃/)ヽ、_::::::/
            , -‐/::::::::::::::::: \ ;;ヘ_ヾv' ¨¨V:/;;;;/:::::〉::::::`ヽ、
      __∠ -<::::::::::丶:::::::::::::\ ;;;∧-く:::.ノ;;/::::.::l::::::::::::::::::\__
   /´/:::::::::::::::::::::::::::::.::.::.::.ヽ::.::.::.::.::.\;;;;;;` ̄/::.::.::.::/::::::::::::::::::::::::::::`ヽ`\
  /::.::./:::::::::::::::::::::::::::::.::.::.::.:.::.::\:.::.::.::.:.::.:>rく::.::.::.::.::./:.::.::.::.::::::::::::::::::::::::::',::::: \
/::::::::::,'.::.::.::.:.:::::::::::::::::::::.::.::.::.::.::.::.::\::.::./.::.:lo::ヽ::.::.::/:.::.::.::.:::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::: \


 >≧≠ミミ/  ,ィ        |::::::::{ vr      _,ャ
.///彡≦ミf'’ /::::!   y!  ノ:::::::ノ   , x≦三彡'´
川//彡'7彳 /::::::::::、  l{ f:::::::::/   f彡"´                 ありがてぇ…。
リ川リ'///ハ/::::::::::::::\  ' {::::::;/   イ                   じゃあ、調子こかせてもらうぜ。
'八Ⅶ{v'ノⅣrへ:::::::::::::::ミ、_, ゞ' 
ノハリ///lK   ~`ぇ=≧≠ヽ                         最近は絵に興が乗ることが多くてなぁ…。
イノ )///'八 ィ彡'⌒-一' ∧       ー―- 一 ⌒ヽ       今回は兵法よりもそちらの方が主だったよ。
ー彡彡彡'川ヽ       ノ }           ー一 ミソ
三三三≧彡彡ヘ    7 ん'⌒  )             /′        周茂叔の絵に林道春殿から賛を貰ったりしてな。
≧=≡三彡彡爪     弋  f;'    -‐― - /〃
ヲ彡'≦三三彡'川ヽ        ̄   /, ¨´ ̄ア /  /     ノ
巛彡"//////ノノル'∧\ ノ (⌒二彡 '    / ′     /
人ミv'///'ムイ/////'ハ ( (__八   _  <   ノ    /
彡ヘ》≦彡'ノノ/////,人  ヽλ_`¨´ _ ,-‐ 彡     /
三彡リ彡イ'////ムイ川≧x    ̄

489やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:02:19 ID:inWcOtGg0
                ,==‐'´ ̄`゙ヽ、        ,ィ
              /,ィ'´,彡'´⌒ミヾ、`ヽ、.   / |  ,
             ,ィ´//          入ノ .ノ/i ,
             〉""〃-イ彡'´イヽ、__,ィ彡'´ノ ./´ /ノ|
               /⌒.::::::  彡'´ ,      ,ィ彡'´ ,ィ .´ノノ          ほう!
           /゙゙゙ヾ;:::   `ヾ彡、ニ三彡'´ ,ィ'´ //i         .これはこれは…!
            irt‐、,=-‐⌒O=彳r⌒∨彡'´  ノ 彡'ノ,         兵法者のアナタが、このような絵を描くとは!
           }|) } ノ〓,   ノ:::.  ))ヽ.}三彡'´ '´ノノ/
     r'´i     /`7ゝ‐-=、_/ :::  リ´/ミ=-‐' //ノ           オモチロイですねェ~。
     },. }    辷つ _,ィ‐、.}; ;    ゝイミ、`ヽ、__,ィ'´/ヘ          .せっかくだから私が賛を入れましょうッ!
     |. ',.     ヒィニィ'"´);: ;    };. `ヽ、__/   ∨
     ',゙゙ ∨⌒).      /   ',  .ノ;;::.   //  ,===∨
  .,ィ‐‐ム;;,. }'' {     /    }/.. ;; / ,イ,ィ´ ̄      ∨
  _| Y_ノ=/   |    .(,イ   /::::::  .;/ / /          ∨
  ,|.L__)'´   .〉    .ゝ-彳´⌒`゙ヽ./ / /            ∨
  |\_,イ、    /              / / /.             ∨
  \/    入              } / /                 ∨
                 林道春(羅山)
             (はやし どうしゅん/らざん)


               ,ノ川 .ノノ., /=--、
 ´彡キ彡三彡ミ三三彡ミ壬チ彡/彡  j `ヽ-‐''´ ̄`゙  ‐‐'´
 ヽii|ミミミ`|/`こ´彡キ彡三彡ミ彡ノ__ノ
 メヾヽミミヽミ/彡‐゙´''!彡三三三シヽソチ=-ミ/  ./
 ミミミミミミシ '.(  ./ ヽミミミ三=ミミュ─--ナヽ=ノ_::::    ,/
 ミミ/ ̄`´ヽ、   i 、 rュ、_ヒミミミミッ _ニ彡''-=,''´| ` ̄´ ̄i
  '´ ̄`ヽ ヽ ヽ.`ヒ=彡‐''^ )彡ミ三ミ  ,r==i´  |
 ::  =ニ''/彡 .i ヾナ-,rク´ `ヽ彡ミ三メミ‐' i  ト、             へっ…。
 ::    /彡'´ _ ' ヽ. |/ ノ,レ'^ヽ|彡ミキ);;;;;;;;;i   \           誉めても何も出ねぇぜ…?
     /ミヲ/=、 ヽ \´ -'' ̄ ヽ、ミヾキ、;;;;;ノ    \/i | _
   ミ彡/./-、ノ⌒ :::.. 、r''ヽ、_,rヽ ヽ;;;;ヽヽこ_ i、      ̄ ̄
  ミ' ._メ‐'´`ノ  :::::/ ',、゙ ' /`iヽ|;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;;;\._
  iミノ/´'´ ̄    :::/、 !'_ノ/^'i| ヽiヽ-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iii`==──-
 ::::´  /''    /  /// ヽ. \_,\;;;;;;;;;;;;;;;;;!!ii;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 :: //     _,  ./ '´r'' ‐''`' 'iヽ ヽ  iヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;!i;;;;;;;;;;;;;;;
 : '' / / r‐'´r‐''´ニ-'二_,ノ´ ノ .) i  / |iiiii;;;;;;;;;;;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;
 'ヽ .(   ヽ_` ̄`''ー─---‐.'´ ィ  .i:::/  .|iiiiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 リヽ、::ヽ-=  ̄`      ̄`''´  ノ :/   |iiiiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 リリi|ヽ-‐====-‐─=キ-── ' ´ /    |iiiiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 川!\::::   ̄      `ヽ、    /    |iiiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

 武蔵が絵を始めたのが何時頃からかは正確には分からない。
しかし、武蔵の手に寄る絵はかなりの数があり、そのうち、「周茂叔図」には
当時の代表的儒学者である林道春(羅山)からの賛が入っているなど、
武蔵に兵法者として以外の側面と交流があったことが伺える。

 【武蔵作:周茂叔図(岡山県立美術館)】
  http://210.236.99.45/webmuseum/detail.do?stype=0&startNo=1&hfword=&keyword=%E5%91%A8%E8%8C%82%E5%8F%94%E5%9B%B3&hDataId=25889

490やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:02:59 ID:inWcOtGg0
                   、-彡ミ、, ,//ミ--、
                ー=三、ミ;;;;;.;;.;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ、
               彡ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
              彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ、
               /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙i、
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙i、
               i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i゙i
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/|;;ト;ト;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ;;ノシ/ノ |゙!iヽヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ンツン    ! ヽ、 ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/シンて__;;;、   ,;;;.ソ ~゙ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ         …お前は気楽でいいものだな。
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ゾ      ゙!  /     ノミ;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;入  ーt┬‐ュ ヽ ( <エコブ ┃ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ        ところで武蔵。
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ┤     ̄_ノ  ゙i i ‐-、   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙i       お前のことを殿に話したところ、御気に入られたようでな。
.      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::l、        : : ゙    ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l        近いうちに召されることもあるかもしれぬので、
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::T:、_     r‐ i i┐  イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l        客分として留まってもらいたいのだが…どうだ?
.    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;|   k┴ヽ、  /‐、l´゙)~ヽ ( |イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ;;;|  |   / /  _゙'_'゙  ゙i )| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
     l;;;;;;;r‐''゙;;;;:;;:;;;;l  ヽ、 ,|. (   f‐ニ‐ヽ /./ /ヾヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
     ヾ/;;;;;;;;;:;;;;:;;;;;ヽ   ゙ヽ\ヽ―'゙――゙'‐// / /;;;:::....゙''‐、;;;;/
  _,.,.r/ ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ   ゙i ゙i、゙'v    v' i / ノ;;;;::::;;;;;;;;;;;;;;;:.ヽ、
 /::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、  ゙r_ヽ! 、,.  ! |  ,/;;;;;;;;::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
/..;;''::::::::;;;;;;;;;;;::;;;;;;;;;;;,:;;;;;;,::::;;;\  ゙i゙ゝ‐'゙~'   ノ /;;;;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::;;゙丶ヾ'ー――'/;;;;:::::;;;;;::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


.     ,ィフノノi/ x< ::::\ l|l lレ/:::::::>、 {三三ミ、 
.    巛彡ィi| 〈    \::::V } ノ:::/⌒ヽ   ト三三ミ、
.     V彡{ノj| ヽr‐t_テぅヽ| l {/rt_テラ´  ,ハミ三ミVハ
.     }}i|ハ(.|      ̄,ハ ,ハ  ̄     /}八{l}} } }}l}     ふむ。
     ,ノリ川ハ_|ヽ   / __} |__ `ヽ   イ_ノリ// ///リ    越中守様が俺に御用か…。
.    /////八ノヽ.    〈_,ノ {__〉    /ヽ} ∨/ ///(
  ,イ//{ { {l|  \ノi     `ー    / レ'  lVi{ {{{ l{ハ. 
. /1{{{ {{∨     ‘, ー─=ニニ=‐一  /    | iト!ミミミハ 
、_|ノ{lハ ヽ_/       \   ` 二 ´  /   │l{ハミミミハljハ
 / ̄「/ /     i ヽ7'´   `Y/       ', ヽ‐‐<}jリ
    \/     /   ` ー─一'         ヽ )   \

491やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:03:22 ID:inWcOtGg0
                     =≧`ヽV.::〃⌒ヾ
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
                   /":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i 
                     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',.
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::/|:: ヽ、:::::::::::::'、
                /:::::::::::::::::::ノ/:/:/ !ヽ::ヾ\::::::::::ヽ       まあ、客分と言っても、
               , ':::::::::::::: /.::'^ーヘ  /¨´:::: ハ::::::::::::ヽ     特に何をしてもらいたいわけでもない。
             /:::::::::: イヘ :::-=tュ、ハ 〈 ,ィュr' {ノ::::::::::::::',     好きに過ごしてくれていい。
            〃:::::::::::::::::レ''{ .:::::: //_!:.7:::::::::. j::::::::::::::::: |
             {{:::::::::::::::: /! ;;;;}>、::::.. 人.j-{久:::イ!:::::::::::::::::::i      滞在の準備はこちらでするから、
             ヾ::::::::::__/::j :;;{ .::://::冫ニ、 .:} /ハ:::::::::::::::::,'     .それまではウチに留まるとよかろう。
             ヽ/{::::::::::{ ;;;;ヽハ{,,__ィ公弍ノ〃/)ヽ、_::::::/
            , -‐/::::::::::::::::: \ ;;ヘ_ヾv' ¨¨V:/;;;;/:::::〉::::::`ヽ、
      __∠ -<::::::::::丶:::::::::::::\ ;;;∧-く:::.ノ;;/::::.::l::::::::::::::::::\__
   /´/:::::::::::::::::::::::::::::.::.::.::.ヽ::.::.::.::.::.\;;;;;;` ̄/::.::.::.::/::::::::::::::::::::::::::::`ヽ`\
  /::.::./:::::::::::::::::::::::::::::.::.::.::.:.::.::\:.::.::.::.:.::.:>rく::.::.::.::.::./:.::.::.::.::::::::::::::::::::::::::',::::: \
/::::::::::,'.::.::.::.:.:::::::::::::::::::::.::.::.::.::.::.::.::\::.::./.::.:lo::ヽ::.::.::/:.::.::.::.:::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::: \


 .                       /⌒      / / /
            /(:   / ,/{ /:/  /  /{//⌒´ /⌒
           / /{/ / } ∨ 厶イ{/{/ ///    ,//
         /{/ /  ー─=彡 ´ ̄ ̄ ̄¨´ / .厶イ{/∠
      /{: / //  ̄ 三二  三二ニ=ミ゙¨¨¨¨¨¨´/ ̄ ̄ ̄`ー<_
      {/V { { {/ ̄/ / -三二ニ==─ァ´ ̄ ̄`¨¨ア___彡
      { \  V爪/ ///⌒7/⌒ア⌒゙く三二ニ=ミ'く ̄ ̄ ̄
 .      \ `¨/^¨¨¨¨´〈}  彡 / / ̄三二ニ=ー─<  \___      別にそこまで気を使ってくれなくともいいんだが…。
        >/        `7 =彡/-‐=ニ=ミ  三二ニ=ミメ、__       そういうことなら、有難くお受けさせてもらおうか。
        ヽ 匕⌒\   ̄〕三=彡'⌒ ̄ミ ミ   -=ミメ、 \_∠.ノ}
        フ  弋ニフ    `ソ ̄¨7三二ニ=ミ   ミメ、 \  ` .ノ      しばらく世話になるぜ。
      く    `ヽ     /   / / \ ̄ミメ、 \ \ ><二> .\
       `¨´       }//⌒ヽ /¨^ハ  \_ \ ヽ \ < ̄ ̄ \}
        T ‐-    .ノ´ヽ\ / ノ'⌒', ー─=ミメ、 \ ` ̄ミメ、
        〕¨´      } ´ /  :}   ‘, ミ \\  `¨¨¨¨\\ \
        {___    ´   ,/   ,'   ‘ 、  \\ ー=彡  ヽ \ \
       -=ニニ`¬     /   /  _  \ヽ \\ <\: \
   /ニニニニ/ ‘,     /   /  ´     \_   `⌒゙<`ー─
  /=ニニニニ/   ',     /           ノ\ \\ \
  /=ニニニニ/     :}             -=ニニニニ\__ー‐マ¨゙>ー─
 ..=ニニニニi ⌒\ /_   ─    -=ニニニニニニニニニニ=-`ヽ

 ── こうして武蔵は細川家の客分となったのである。

492やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:03:48 ID:inWcOtGg0
                             .          ., ´  ̄   -=ミー- 、
                                    ;;/  ⌒        \  \;
                                    ´ /:           ‘,   ヽ
                             .     /   /       }     ‘,   ‘,;;
                                ; ′  iハ   ハ   ト   ト
 …そ、それ以上、寄らないでくださいね!   ....   {   `ト ‘. ′}  | ‘.  }/ ハ      };
こんなカワイイボクを酷い目に遭わせようなんて   ノ i { 从{ \{ 从ト、{  Xソ } / }     /
そんな酷い事が許されるわけないでしょう! ..... < _从ゝくr斧ミ`    ¨´r斧ミメ、  }   } 〈;;
                             .      | ハ r込)ツっ    r込)ツっ /  八 、
 ボ、ボクに構ってる暇があったら、       .      |  :                  /  / } \};
解説したらどうですか!             .....    ;;|i  :     ′   u.   勹 / /
ボクは全然構いませんよ!             ..      从 人  r 、__ .. - 、  / / /;;
なにしろボクは優しいので!          ......      ∨ {\ ー ⌒ー一 .イ/ ムイ 
                                 ;;.rー Ⅵ‐-≧=-  -=≦ .ノ /、__; ガクガク…
                                   ∧  マ {{ __{__   //   〃 ` 、;;
                             .   ;/ {   / -‐{__/ ̄` 、  /'
                                /  ‘. く   /| ハ    \      };

      ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',.| い そ
      /:::,ヘ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! い れ
      |::..|"∨             | ん が
      |::..|  ∨ ::::. ::.::.:: ::.::.::.::.::.::::| じ       そうね…。
      |:::l___∨:::::::::::::::::::::::::::::::::<  ゃ      解説の時間も来た事だし、
      l::::ttッ- ヾ :::::::::::::::::::::::::::::::::| な      一旦楽しみは置いておきましょうか。
      ',:Λ`¨´|  \::::::::::::::::::::::::::::! い
      ',:::ヘ  L_   \::::::::::::::::::::!|___     フフフ。
       V:::へ ーr―' `>::::::::::::::l::::::::ヘ.
       V:::::::へ ̄  //|:::::::::::::!::::::::::ヘ.
    ,.へケr――┐ヶー',厂厂]:::|l:::l!::|ゝ:_:::::ヘ.
  /_,々 >|   l! |:.|》¥冂[E|:::| |::||::l:.:.:.:.:`:`丶、、

493やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:04:28 ID:inWcOtGg0
              ,..-‐:::::: ̄>、  
              /:::::::::::::::、ヘ'^^ ヽ 
            /::L::i、:::トvヘ      ハ 
          ハ l  ∨      ハV::::',
            lV|__ Vヘ/V∨'::::::::::::::'.          さて、こうして武蔵は細川家に
           l:::::Ft:ゥ、ヽ::::::::::::::::::::::::::::i         客分として逗留する事になったわけだけど、
          l:::::! ̄ | ∨::::::::::::::::::::::l          この時、細川家から手当てが出されていたようね。
         ';::::ハ   L  V:::::::::::::::::::::l         .当時の記録(8/13の細川家奉書)によると、
.           \:::ヽ ー_一 V:::::::::::::l::::l
             _ヽ:::\__,/i::::::::::::::lヽ;!_         「宮本武蔵ニ七人扶持合力米拾八石遣候。
          |、 |:::::::/ハ/|:::::::::::/l:::::::::丶、       寛永十七年八月六日より永可相渡者也」
           l::\l::::/レ┴‐|:::::l::/:::|::::::/ ̄ヽ
          「ヽ:::j/f^l\_/レl/l/<::::/::::::::::::::|     とあるから、滞在費ということで
          |___:::::::l | /::| /:::::::/::::i:::::::::::::::::l    「七人扶持合力米拾八石」を渡してるわ。
.           (__  ̄` l'::::::l /::::::/:::::::|::::::::::::::__j    .あと、おそらくだけど、
     .r 、   (__    |:::::l/:::::/::::::::r‐:::: ̄:::::/    .住居や世話をする小者の手配などもあったでしょうね。
    /二つヽ. ト、    i:::::l:::::/:::::::::::|:::::::::::::::/}
   〈 ‐--\j l\___   V\/::::::::::::/-一::::::::/l
    { ニニフ l\:::::::::::\ /::::::::\::::::/::::::::::::::::/::|

                       ....               -=ニニニ=-
                                     ´          `
                                 /               \
                                 〃            ‘,    ヽ
                        .        /  ,イ               ‘,    .
                              /  / |   |^ヽ        ‘,    .
 なんか…武蔵らしくない感じですね? ..       /  `メ !i  |  _}_ト、     {       }
                       ....    ー=彡 }; /  从 |   リ  マ=ー ‘.   }
 こう、どーんと三千石くらい要求するとか、    イ〈 `心 Ⅵ x=ミ、 ‘. }   、 リ i  /
もしくは手当てが少ないから断るとか、        从ハ、ヒリ   }  {f刈 Ⅳ \ト、\  ′
そういうことはなかったんですか?            { {∧ 〈     弋ソ、 | }    `ー`ハ{
                               ∧ 、小、      u .从    } ト {
                                 ヽ| ヽ ー -一   ノイi   |,人{ 从
                             _/ー-/ |i { {ハ、__  -=彡'リ   |
                            / ー-  从{人〉   ヽ   / ,ノリー‐┬ー- 、
                            .′/    〉 rー‐zー}  幺イ    / }  /

494やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:05:00 ID:inWcOtGg0
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙l,       特に武蔵が待遇に関して
       |:::::::::::::,-'''''~~゙゙l,:::::::::::::::::::::::::::::::::::゙l,       何か要求したとか、意見を述べたという記録はないわね。
       .|:::::::::::::|       |,:::::::::::::::::::::::::::::::::::゙l,      ただ、この年の年末(12/5の細川家奉書)には、
       |:::::::::::::|      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       .|:::::::::::::|_     ゙l,:::::::::::::::::::::::::::::::::::|       「宮本武蔵ニ 米三百石遣候間、
      |:::::::::::::|t‐t三ミヽ .゙l,::::::::::::::::::::::::::::::::::|       .佐渡(松井興長)さしづ次第ニ可相渡候」
      |:::::::::::/.  ̄ ̄    /i:::::::::::::::::::::::::::::::::|
       |:::::::::::i|.         | ゙l,:::::::::::::::::::::::::::::::|      とあるから、長居することになった分、
       |:::::::::::::゙l,        |, ゙l,::::::::::::::::::::::::::::|     手当てが計算され直したというのはあったようね。
      .|::::::::::::::::ヽ    ヽ '‐ .゙l,::::::::::::::::::::::::::|
     |:::::::::::::::::::::\  ー--一 冫:::::::::::::::::::::::|      前にも話したけど、武蔵は細川家に仕官したのではなく、
     |::::::::::::::::::::::| \.  ̄  /|:::::::::::::::::::::::::|     .あくまで客分として逗留していただけなのだから、
     .|::::::::::::::::::::/|.   ヽ、_,,ィ/ .λ:::::::::::::::::::::::|     扱いが非礼でさえなければ、待遇については
     |::::::::::::::/::|ノ     ./  ||゙i,::::::::::::::::::::::|     特に口出しをする気はなかったんじゃないかしら。


                 ...                -=ニ   ̄  ニ=-
                               /       ⌒丶     `ヽ
                              〃⌒          \       、
 なんだか…イメージと違いますね。     /   /        ヽ      \
                  ...        .′   .′                   \
 武蔵といえば、         .           ==|  i{     :|  |i !   i|  ー-≧=-
                  ...         | =| | :i | 、   | _j 斗从   i|   厂
 「孤高の剣豪」        ....         |   | { 从{__メ  | ,r云ミ }  i|^V
 「傲岸不遜の武芸者」              j∧ i V  r云 \j  ヒツ' リ/  Lイ|
                  ...           人  N く ヒツ     /イ  リハj、
 というイメージがあるから、  .      ー=彡 ノ\ト \    '     |i  /  ハ
待遇にはかなりうるさそうな  .       / / | 人    / ー ⌒ヽ | /   /  .
イメージがあるのに。                   { Ⅳ「{≧=-‘ .._ イ´ |,/   /
                                {   N {  /{___}≧xく     {   |
                                {   }  xく  / V‘.  ノマi.   }ヽ、|

495やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:06:41 ID:inWcOtGg0
.     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    /::::::::::::::l;:;:;:;:;:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::
.   /:::::::::::::;::j    !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         その辺りのイメージは、創作による後付だもの。
   i:::::::::::::/:/   ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::        史料を追う限り、この頃の武蔵は、
   |::::::::::/:/     ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   l::::::::/:/___  ∨::::::::::::::::::::::::::::::::`:│´     ・ 小笠原家筆頭家老家の隠居(仕事しなくても生活に困らない)
   |:::::/:大弋'ろドミ\ ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::!       ・ 一流の芸道者としての評価(武芸以外にも色々やってて評価されている)
   l:::/イ  ` ー―  l !ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::|       ・ 大名含む高名な人物との交流あり(有名人の友達多い)
   |::|ltハ           |: ヽ::::::::::::::::::::::::::::::|
   |::|!ヘム          !:  ヽ::::::::::::::::::::::::::|       といった具合に、かなり充実した状況だったようね。
   |::| ::::::ヘ      - r   ヽ:::::::::::::::::::::::l      今更「細川家に仕官して武士として名声を…!」なんて
   |::|::::::::::ヘ.   、_-_,    \:::::::::|:::::::',     ガッつかなくても、十分名士として名を上げていると言えるわね。
   |::|:::::::::::::::\    ー一     /:ヽ:::::|::::::::ヘ     余裕があるから、人付き合いも普通にしているようだし。
   |::|:::::::::::::::-_| 丶、    ,. イ__:::::::::::::!::::::::::     
   |::|:::::::::::::::l |lTト、`_--_彡T「 l|、:::::::::::!::::!:::::      フフフ…こういうのも「リア充爆発しろ!」というのかしら。
   |::|::::::::ヘ/ !\.|l___|!_∨_|!_ |l/ lヘ::::::::|::::|:::::    .厄いわぁ…。
 /|::|::::::!  |\_/ /「 | |_/| !::::::|::::|\

                                    __ ,-‐…・・ミ"~: : : :ヾ‐-  ..,,_
                                   ,': : : ,ィ…: : : : : : : : `: 、: : : : ヽ、: : : `丶、
                           .       /: : : /: :,': : i: : : : : : : : : :\: : : : '.: : : : : : :`:、
 だとすれば、細川家の反応は、             /: : : /: : ,: : : !: : : : : : : i: : : :ヽ、: : :ヽ: : : : : : :、
現代に例えれば、                      /: : : /: : :ハ: :ハ: : : : : : : i: : : : :‘,: : : : i: : : :\: :',
                         ......     /: : : :i{: : : i !/ 丶、: : -‐‐-ミ: : :',: : : : i: : : : : \
 「有名な芸術家のセンセイが来たから、 ..    厶≠ニiヘ-ーナ-    \!\!  \|\!: : : : i: : : : : : : `:‐-‐- ..,,_
  .来賓としてお出迎えしよう」       ......    ,ィ{: : : : | ∨        ,ィそミ、  i: : : : ト、: : :_:_:_:_,,...-‐'' "´
 「あ、ホテルはいい部屋取っておいてね」   /: :辷ニ斗 ,ィそミ       比__ソ    |: : : :if"´¨}: : : }
 「ご飯はちゃんと仕出しのいい奴で」   ... `¨゙=ニ|: : : : | 比__ノ              i: : : :i   !: : : i
 「あとで知事との会談をお願いしてくれ」  .   ∠|: : : : | i                  |: : : :i___丿.: : :!
                         .....     |: : : : | .i              u.   !: : : :i: : : : i: :j
 みたいな感じってことですか?      ....     |: : : : |`|       、-‐ ッ       i: : : :i: : : ::,ィ:/
…なんだか魔界転生しなさそうですね。   ..     !: : : :.|:.ヽ         ー '     ,:゙|: : : :|: ,ィ/ !
この武蔵。                   ..      |: : : :i!: : :`‐-...,, ___ _., ._-‐―一'_:_i: : : :!
                                i!: : :ハ: :iヽ: :!、: : : : : : : /}   /  |: : : i!
                                .|: : i ;刈 ゞ′`ー-i'i'"゜ ヽ、/   |i: :i: リ、

496やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:07:48 ID:inWcOtGg0
              ,..-‐:::::: ̄>、               そうねぇ…その例えにあわせるなら、
              /:::::::::::::::、ヘ'^^ ヽ             「御伽衆」位の扱いだったと言えるかもね。
            /::L::i、:::トvヘ      ハ 
          ハ l  ∨      ハV::::',             ちなみに、武蔵死後に書かれた「丹治峯均筆記」「武公伝」「二天記」だと、
            lV|__ Vヘ/V∨'::::::::::::::'. 
           l:::::Ft:ゥ、ヽ::::::::::::::::::::::::::::i            ・ 武蔵は忠利に呼ばれて肥後に来た
          l:::::! ̄ | ∨::::::::::::::::::::::l               ⇒武公伝「寛永十七年之春、武公忠利公ノ召ニ應ジテ肥後ニ來」
         ';::::ハ   L  V:::::::::::::::::::::l
.           \:::ヽ ー_一 V:::::::::::::l::::l            ・ 客分ながら大組頭の格で、屋敷は故千葉城の辺りにあった
             _ヽ:::\__,/i::::::::::::::lヽ;!_             ⇒二天記「忠利公ヨリ十七人扶持ニ現米三百石賜リ、
          |、 |:::::::/ハ/|:::::::::::/l:::::::::丶、                御客分ニテ座席ハ大組頭ノ格合ナリ。
           l::\l::::/レ┴‐|:::::l::/:::|::::::/ ̄ヽ               .居宅ハ熊本千葉城ト云所ニ屋舖アリ」
          「ヽ:::j/f^l\_/レl/l/<::::/::::::::::::::|
          |___:::::::l | /::| /:::::::/::::i:::::::::::::::::l       ・ 手当を求めず、鷹狩を許してもらうことを求めた。
.           (__  ̄` l'::::::l /::::::/:::::::|::::::::::::::__j         ⇒ 丹治峯均筆記「兵法ニ直段ツキテ惡シ。
     .r 、   (__    |:::::l/:::::/::::::::r‐:::: ̄:::::/                    鷹ヲ使ヒ候様ニ被仰付候得」
    /二つヽ. ト、    i:::::l:::::/:::::::::::|:::::::::::::::/}
   〈 ‐--\j l\___   V\/::::::::::::/-一::::::::/l       と他の情報もあるけど、武蔵存命時の史料と食い違うところもあるから、
    { ニニフ l\:::::::::::\ /::::::::\::::::/::::::::::::::::/::|       この辺りは話半分程度に留めておくのがよさそうね。


                     ...           ,..-‐: : : :…‐-..
                                 /: ;ィ: : :,x-==ミ: : `ミ、
                              , ´:./: :./: /: :´: : : :ヽ: : ‘:.,
 一番早いものでも、                  .′/: : ;イ: : :/: : : : :,ィ: : : :'; :.:`、‘,
武蔵の死後70年以上後になって           /: :/: : /; : :.,': : /: : / !: : : :.!: : : '; :.,
書かれたんでしたっけ?              /:..:,':,斗;イ: : :L:_/!__/ .リ: :.; ;イ: : : :1: :;
まあ、それじゃあ仕方ないですね。 __ ._.,ィ: : ::辷zf しィ_Ⅳ{ Ⅳ`./: ;イ/;ハ: : : :}: .:;
                     ... `‐-==彡イ小: :.Lxィ芍≧ミ .厶イノ/.`ト、: リ: :.1
 大体解説も済みましたし、    ....   "´ j小'^| : 八.ヽ夊ン `    _ミ儿ィ刈: :,リ:x、
そろそろ本編に戻りましょうよ!  ..     |: i:ゝ!: : rム           辷抃, ゞ}:入⌒ヾ、
                            从l、: !: : | ヾ、        ,  ` ' ,ノ/: :リ;≧x
                             八Ⅵ: :..ト、    f::::::...、   rx,.-〈: : :!    `
                              マ: ‘.j\   ヽ:ァ.´ 匕.ァ.ィヽ.」、
                                入:‘, .>.、  ..,z≦ しイ ィj ,)
                               ,.イ ヽ:.,   /^ヽ^´i.} ー´し./
                           ,ィヾ、   ` >x、Χ,斗=ij ヾ´  {

497やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:08:10 ID:inWcOtGg0

 さて、武蔵を客分に迎えて、その年の十月二十三日…。

              ” `.  :;.;;、'::;.;;、':` ;;:.;;、':.;。:.;;:; :;.;;::;:;、':.;。::;./.;ヽ;;、':.; ;:;'`。::;.;;、':.;
ぃ=-==ー=ー=-==ー=ー``.;; :;;、':、、,...;:;.,.γ,.,;ヽ  ,i'; ;':;:;,,:,";、;、'..:.`;;:.;;、:;:;。  ::;/.;ヽ;、':.;;:。.:.
ヽ,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二:;.;;、'::;.;;、':;;、':.;"''""'''。::;.;;、':.;;::.;;:;'`。;:;'`::;:;'`;:;'`;.;ヽ、;
二,,、二,,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、:,"、':.;;::.;。::;.;;、':.;;;:;'`;:;'`:。;:;'`;:;'`。;、;、'..:.`;;:.;
、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二;,,.;:;',.,`;:;'`、':.;;::.;。;:;'`;:;'`::;.;;、;:;'`':.;;;:;'`:。;
;;、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二;:;'`;:;';::. ;。::;.;;、':.;;`\; ''i_,;/ ヽ::.;。::;.
;:;;、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,;;;。::;; :;'`;:;'`;: ;'`.;;.γ  、':.;;'''。::;.;;、':.;;
⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y"''ー',.,.,;:;'`;:;'`;:;'`;:;'`,i'  /ー、;、ー':;、':.
二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二, ;:;, '';;'",,i' ...;; .,i''''。::;.;;、':.;;
  .:I,,i__I   |;;| |   I,,i__I   I,,i__I    |;;| i I,,i__I __,i` ;; ;:;/'''。::;.;;、':.;;
,;__,;____"''三二|;;| 二i]_,__,;_,;__,;__,;___,_;__,,,;;三二|;;| 二i]    、i ;:;: ;:`;:;:
 li____li____li__,,,|;;i |li____li____,li          |;;| | |:i |  ;; ;;:;,i '|:;| |
 li____li____li__,,,|;;i |li____li____,li          |;;| | |:i |  / :;;:;,;i.:..|:;| |
 li____li____li__,,,|;;i |li____li____,li          |;;| | |:l | ,i  ,;,;,i' `-"__..,.,__,.,______、,/
 li____li____li__,,,|;;i |li____li____,li          |;;| | |:i |,i`  :;:; ,___.,i.,__,,く.,__,,,_)___/
 li____li____li__,,,|;;i |li____li____,li          |;;| | l:i (ヽ ;;:;:;i,,___.,i.,__,,く.,__,,,_/_/
        |;;i |               |;;| | ゙,i` : ー /__ヽ,___.,i.,__,,く.,,./
        |;;i |               |;;| |  i  ;;:;:;i'ヽ,__く.,_.,ヽ.___/
        |;;i |               |;;| |,.,i' ..:;;;:;:;i'  ヽ.____i_, /
─────=|;;i |;;=─────────-i;;|_,,';; :;;:;,;:i':ノ    ヽ,./
______,|;;i |___________,_______ ,,i:'`.:.:;,.,: :;,i'ヽ;,,.   /
       ,.,’ー‘,,             .ノ;;,;, ':.;。::;.;;、' :.i /
                        ;'`、':;.;;::  .;。;:;'`/
__________,,.,______________,_____/

498やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:08:31 ID:inWcOtGg0
三三彡〃ィ;;;;;;;;ィ'/;;;;;;;;;;r'"/;;;/l;リ l;;;;;;;;;;;;;;;;゙i l! lj
三彡イ7 l ! ゙'"んr7〃/ツ;;;;;;;ノ /;;/l;;ノ^l;;;l ll
彡:ヲ;;;ヾ, jl f;;;;r/,-;ィ=i―'''''"^ ,ノノ ,lリ=、レ' リ
三ヲ;; /;;l レ/;;;fr'r''" ll,,..,,,.、 ''"   Eヲイ /
イ7;;H f;;;i /;;;;l゙″ ,ィ''^''ー',ノ: : :  : :i,: : :l'"
〃リハ l;;;;;;;;;;;;;t  ´`゙゙゙゙´ : : : : : :  : ゝ-i、      お前が武蔵か。
リソノll;;;;;;;;;iヽ;\_,; : : : : : : : :   : : : ィ′
イヲ ,ノ;;;;;r、;;`ヾ''ー''": : : : : : : : .   "`: l
イイミ;;く ヾ、;;;ヽ、,, : : : : : : : : : __,..,...ィ:l
゙i;;;;;ゝ、ヽゝ、`゙''''"´  : : : :、_,,ィ '''"´,ノ,l
,l;;;;,t、_`ヽ_入      : : : : : :  ̄ ̄´ ,i′
リ;;ハ、 ~´, :::::ヽ、      : : : : : : : : :l
ノ    ̄   ::::::`ヽ      : : : : : : :l


     (    〉三彡ミミ刈//ノイ{{//川ヘミ川|彡ヲ刈三ヾー'
      >ャッv彡三彡ミミゞゞ{{{ヘ{≧ミミ刈}〃川彡彡}!}三≧≠⌒
      {!  >ミミ三三≧ミミ>ミミミミ川川彡彡彡三彡≦三ミミ≧xイ_,r
     _ `y∧/彡≧ミミ/     ゛ヾリ〃´    "シ≦ミ≦三≧ミ<
   /,≧x=>ミ三三彡゛                "彡ミ≧彡三ミト-
    ,ム三ミX三三≧イ   _, -=一'{      .r=- 、   }三ツ彡彳´ ゛ミ、
   {;'´ ̄7>ミ三彡彡! ,r'´ ̄ ヽミミ 、  l   川√ ゛>ヽ ソ三≦ミミ、  ゞ、_ノ      ははっ…。
   ,!_,〃,f彡三彡彳 ヽ、ニ二 _ヾミミッ | r彡"_ 二ニ ヶ  レ⌒)ミミミゝ         初めて御目に掛かり、恐縮でございます。
  ,f"ヽ_//〃ァ7ハ 八   >- ィハY 、l Y ≦ -イ   },ノ/三ミシ彡≠、
{、_ム彡"ヘ//彡"三ハ_ノ ゝ、    _ノ  l l  ヽ、     ノf_/三ミミツ           宮本武蔵玄真と申します。
,x三ミ=-=彡≦三彡f {  )ヽ /   ,   、  \ ,r´ イハミミⅦ!{    _ノ
   ,r≧三彡7/彡ヲ   ゝ {  〉    ゝ--<    ハ  ,ノ  Vルミリゞ=≦、
 _,ル′  //彳彡イ    ∧.(   ノ二 ー' 二ヽ   {ノ ノ     トミ三≠≦ミミッ'⌒
     ,イ/彡イ川i!     ヽ入 ̄`ー. ̄.一' ̄ / /     ドミ三三ミミ≦、
    ノ ル1{ リ彡!       ヾ   ,r'  ̄ `ヽ  〃         |ミ三ミミ≦、__ ヾ!
    _,ム斗イ  八       ,ハ {     } /        厂`ヾー-<⌒ヽ
 .//////// /  ヽ       ゝ ー  一 7        ハ   〉/////>、
<///////// ノ   ハ                    /  ゝ ./////////∧

 この日、武蔵は忠利が新築した山鹿の茶屋へ招かれ、
初めて忠利の前に出る事になった。

【細川家奉書(10/23分)】
 「道鑑様(※)・宮本武蔵、山鹿へ可被召寄候。
  然者人馬味噌塩すミ薪ニ至まて念を入御賄可被申付之旨御意ニ候」

 ※ 足利義輝の遺児・足利道鑑のこと。

499やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:08:52 ID:inWcOtGg0
      ! 川/////// ,イ从从ヾヾヾヾ
      .{ i川///ハ}}リ iリ{ili,'ミィ从从ヾミミ
      ! i r'⌒jヽi!  { ヾ{´く´ヽ ̄ヽ`ヽミト、ミミ三
      {{ { _」___{!  i! ヽ `二 _     ! !ヾト、ミ三    
         Y>、(゚ソ \丶   ´(゚::ソ二ニ‐'' リ  } }}リ川   
        j  ノ:::.                 、___ノノノノ川       よせよせ、そういう口調は。
         i (⌒``            ー=彡イ彡'彡      佐渡の奴にも言われただろうが、
         ! `ヽ ^                 ‐.彡彡イ{{      .お前にそういう口調は、なンかしっくりこねぇンだよ。
        .|  rー‐ 、    ’             .ノノ 乂
          i   } }二>-‐ "`            ./  /乂      もっと素のままに話していいんだぜ?
        .  乂___, '´            .イ´ー''ノノノノ
         .Y             . . :´ ノー=彡彡
         i         . : : : ´: /       ∨
         ゝ..__ . . . : ´: : :   /         ∨
             }: : : : : :     /          ∨


.     ,ィフノノi/ x< ::::\ l|l lレ/:::::::>、 {三三ミ、   
.    巛彡ィi| 〈    \::::V } ノ:::/⌒ヽ   ト三三ミ、  
.     V彡{ノj| ヽr‐t_テぅヽ| l {/rt_テラ´  ,ハミ三ミVハ      フフフ…細川家の御家中は
.     }}i|ハ(.|      ̄,ハ ,ハ  ̄     /}八{l}} } }}l}     皆そう言ってくれる…イイ男達だぜ。
     ,ノリ川ハ_|ヽ   / __} |__ `ヽ   イ_ノリ// ///リ     .では、遠慮なく…。
.    /////八ノヽ.    〈_,ノ {__〉    /ヽ} ∨/ ///(
  ,イ//{ { {l|  \ノi     `ー    / レ'  lVi{ {{{ l{ハ.      …で、俺に何の用だい?
. /1{{{ {{∨     ‘, ー─=ニニ=‐一  /    | iト!ミミミハ
、_|ノ{lハ ヽ_/       \   ` 二 ´  /   │l{ハミミミハljハ
 / ̄「/ /     i ヽ7'´   `Y/       ', ヽ‐‐<}jリ
    \/     /   ` ー─一'         ヽ )   \

501やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:09:58 ID:inWcOtGg0
    、_彡 ////// ,ィ ///! / 、\ ミ三ミヽトノ
      〃彡'/ ,//// .| // .| /.| /ヽ ミ 、 ヽ }__,
      |/ // ,∠//=、{  |{ {∠{.|=| l ト、 \ ヾ三彡'  
      从{ /´彡′_\ Ⅵ  リ \{ ヽミ ,ト、 } ヽ.      なァに、なんでもないさ。
       }∧ ,/弋_ラ、 |` ヾ、 代__テ=、 } リ、レ' } }   
    、_ノ_ノ| `ー一´ /     `ー一 ´,/イ /ヽ 从,ィ     ごく他愛もない兵法の話…
       ̄|/|   r‐'‐、     、_フ_ノイ ミ三彡'     宮本武蔵という兵法者から、
        { ,/!    ゝ ‐   .     ̄ /\_> }リ ,     そいつを聞いたみたいと思ったのさ。
     、_ノ .|  ‐-r─-、__,、    ./_,ノ、ミ三彡′
       ̄ ̄ヽ    こ二´      ,イ /∨`┬ ´       …いやかい?
           ヽ          . < /..:.∨}ノ
          r{ヽ     . <  ,/..:::::::/  ̄ \
          _ト.\`ー一 ´ _/.:::::::::::/.::::::::::::::. `ー-、__
       /..:::::ト、::  ̄「| 「「 ̄ ::::::::::::::::/..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::


       _ィ彡'/)ノヾ 川///ィ彡三彡'彡三ミヾ}         
       ミヾリ彡({ {///////ィ彡イ三≧三彡三\.         |
       /彡三三ミヽ{ { { { リ///彡イ≧三ニ≦,三≧=‐'⌒  |
      /((,// ̄`ヾ《トヾ|リ/リノ/,ィ彡=<三ミヽ≦ミヽ,   
      /三彡! 、  \ヾ川リ_/      |ミ三≧三三ミヽ  .
      />,ノノ  \  `ー'¨/  ,    ミ三三彡ニミヾ|  
     .(/彡',ィ三ヽ      〉 /  /     \彡イ三ミヾリ         フフ…否も応もない。
     (,/({〈!⌒ヾミ\_」 ,′ ,/__,.イ三ミヽ   トニ三ミミ}({        では、何から話したものか…。
     {((,//} 弋辷xミ_| | ,/彡三彡'´ ̄`ヾ |辷彡'ミミ|ノ`ー'
    ({((,//{      ̄´ ヽ  レ'´.<弋t三ァオ'´  リラ./ミヾミヽ 
  、_/ 》!|/ ト        .}      `  ̄´    / /!ヾ、トミ三彡'⌒
    ({ノ川 /| /´_,ノ l'¨ /_ -、 ヽ        , イノ .ト} ||ミ三≧ヽ
  ,/ィ彡' /∧ / r‐'  `(_)、..ノ   \_   /,イ}  ト巛ミ三≦三ミヽ
  |//ィ//,′ ∧. {〈__,x─-'-、     、`ヽ/)_ノ   lヾミ三三ミヾ}} ヾ!
  {{/| |,__|   ∧  `iヾニニ:.ミヽ___,リ /'´    .∨リ))ミ))ヾ川ト、_
  /7 ノ|   ∧   `ー--‐'´   //       .| ̄\‐、ノ((ミ三彡'⌒
 /.::::/   .|    ∧ /´ ̄ ̄ヽ   , イ          ト、  |::..\ミ三彡'⌒
./.:::::::|  |    ヽ、      / /  /            /.:::::::::\

 この時、どのような話があったのかは記録がなく不明だが、
おそらく、共通の話題として、兵法話に花が咲いたのではないかと思われる。

502やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:10:30 ID:inWcOtGg0
 細川忠利という人物は、宗矩の門弟としても有名ではあるが、
それ以外の兵法者とも交流があった。

:::::::::::::::::::::::::::::Ⅵ:|::::::::|:/::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::彡ィ≡=―
:::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:!:::::::j′:/:::::::::::::::::::::-=≦三三三≡≠≠彡
-――――=ミ:、:ヽ:::::,〃:::::::::::::::-===ミ、<::::::::::::::≡==―-
-‐:::::…::::::::::: ̄:`:::::::V⌒ヾ::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::-=≦二 ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::/:/::::::fハ::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::: ̄¨≧
:::::::::::::::::/::::/:::::::::キ::ヽ::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::_::三
:::::::::::/:::::::/::::::::::::::|!::::::丶:::::::ヘ:::::\`:ー―:--:::::::::ヾ:::::::: ̄::
:::::/::::::::::/:::::::::::ハ:::!i:::::::::ハ:::::ハヾ:、::ヽ::::::::::ヽ::::::::::\::\::三
〃:::::::::::;イ:::::::::::/ !:::|{::::i!:::::::キi:::::i! ヾ:::::::\::::::::ヾ:、:::::::ヾ:、:::::::
::::;イ::::/::i!:::::::;イ {:::i!::::ハ:::::::::}il:::::i!  ヾ、:::::ヾ__ヾ卞:、:::::\::
〃::!::/::::j!::::://  !::!|::::i!キ::::::乂ハ:i! ,..-‐ヾ三ヾ::::::::Ⅵ¨い:、:::::     …今頃出番ってのはねェンじゃねえか?
::::;イム斗i≠爻x._ !:{キ:::|i ';:::::::::::ヾィく,≦斗z爻::ア::::::::i:|! "/:、`     まあ、紹介されないよりマシだがよ。
;ィ:::::::::::/|::::::厶≧}卞ミ::!| ヾ:::::イ´''ィ _乂彡'ノヾ::::ヾ::}ト:、/、::ヘ
;ヘ:::::::7:ナf:代亙フ:!`1爪  \:|  ,ィニニミx  Ⅵ人j::ヾ:、 `       いわゆる「心の一方(すくみの術)」で知られてるな。
 入:乂 !:` ー≠キ!ミx ヽ,..、ヽ_ f::::::::::::://:ム⌒Vキ:::ヾ::\ 
彡::::::;イ !:! /:::::::::::::/∧r{!  ゞャ=ぐ,:::::::::::::゚7|_,,.._!人::::::}`ー
イ:::::大=キ辷7:::::::::"゚::人リ、  ヽ  ` ー=彡' 「.:.:.:}::ト、:.|
ノ:::イ爪:::ヽ \` ー-=彡'   ‘, ‘,       Y⌒1:| ヾ!
::/ |{ ! }::::∧           ,.ヽ   :、       ,:|   !ヾ  }
:′|!  !:/|:::}ミ:、           ‘,  ヽ   //!   !
: : : : : :! ∧::i! \    _,.ィニニヽ ,弍┐ //r===トv
: : : : : :|{  }:li!   丶    ´-‐一}ィt≡爪// jr==ァ'     /
、: : : : : : : :|:! i    丶、    Ⅵ´    ヽl   ヽ   ,′
 \: : : : : l′!       ` ー --‐} j   ヽ `    〉-、 {
   ) : :__:_:」.__ ...-‐ァ才x孑"ソ ヾ  }    ミ;/ /イ{_「三
、/: .:.:(___ ____   {.:.:f:f´   ヽ       Y //` ̄
 ヾ: : : .: .:.:.: ̄}  ` ̄ `ー'ー}    ヽ   "  / ´ /
  ヘ: : : : : : :八     イ´      ゙     ,′ イ
           松山主水大吉
       (まつやま もんど だいきち)

 例えば、寛永六年頃(あるいは寛永九年頃)、二階堂平方の使い手である松山主水大吉を召し抱え、
これに兵法を習ったところ、急と腕前が上がったので、宗矩が不思議がったという逸話がある。

503やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:11:13 ID:inWcOtGg0
     __\:::::`丶、::\::ヽ:::∨::∨::::l:::::} / /イ__
  ー-:::..- 、:::`ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::/::/:::::::/´__
  、::::-:::-、:::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::/
   _,>::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::二一
  ` >_::::::::::::::::::::::::/:::,イ:::::/::/:::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ̄ ̄ >:::::::::::.ィニ}:::/::::::/_/ /:::イ:::/!::l::::::::::::::::::::、 ̄ ̄
    /:イ::::::::{ ( ///:::/ーニ 、 / /::/ _!::l::::::::::::::::::::::::―-:.._    出てきた次のコマで死ぬってあんまりじゃね?
   / /:,イ::::::/;:;:;:;:;//、_ , - 、 //イ_l:/!:::::::::::::::、::::\       弟子の村上吉之丞は武蔵と絡む話もあるのによう。
    ///:://;:;:;:;:;:;:;    ∨/ソr-、ィ/7´ l::l::::::::::、 \ ` \
   / ///:{ ;:;:;:;:;:;:;:;,    ``_ {ゞ,ソ ー'ハ:::l\:、  \
       从/、 ;:;:;:;:;:;:;:;:;    、;:}_};l      }:|  `\
     /  ̄ `ヽ、 ;:;:;:;:;:;:;    /ー/    ;:;:;:;:/
   _/-、     ` ー-、 /  / /    ;:;: /
 /     \     \` ー,- ,'_   ;:;:;/
/        \       \{  i `  ̄

 なお、主水は細川三斎への非礼により、寛永十二年、三斎の家臣である荘林十兵衛によって暗殺されたとある。
主水の弟子の村上吉之丞もかなり強く、武蔵もこれを恐れたという話があるが、いずれにせよ、逸話の範疇内の話である。

505やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:12:11 ID:inWcOtGg0

 また、柳生関連だと、武蔵が「氏井弥四郎」と戦い、これに位勝ちしたという逸話がある。
武公伝によると、その試合は以下の様に記述されている。

           /⌒ソ/⌒ヽ、
        . /  //    ..\      ._,
        /  //      .`ヽ,.._,ィ''´  `'ー- 、      /i
        /  //                  \,.   _..ノ .|
    .   /  //                     ⌒´   .|
      /  //                          |
      /  //                           |
    . /  //           武公伝            .|
    /  //  .                          |
    /  //                             .|
   ./  //                            . |
  /  //                               |
 ッ芝ヾシ⌒ヽ、                           |
 .ヾニジ    \      ._,.イ⌒ヽ               |
          `ヽ,.._,ィ''´      `'ー- 、        .  |
                         .\,.   _., 、  . .リ
                            ⌒´   \._,ノ

【武公(=武蔵)肥後ニ来ル前、柳生但馬守宗頼(=宗矩)主ノ直弟氏井弥四郎ト云兵術者、
 柳生殿ヨリ頼ニテ肥後ニ来。忠利公曾テ宗頼主ノ門弟也。
 時ニ武公、小倉ヨリ召ニ應ジテ肥後ニ来。忠利公懇望ニテ、
 武公ト弥四良ト御前ニ於テ勝負ヲ決シム。
 勝負ノ批判互ニ仕間敷トノ神文ニテ、御側ニモ一人モ他人ヲ不被召置、
 御刀持一人御児小姓浦兵太夫、是モ他言仕間敷トノ神文也。
 扨、武公弥四郎ト太刀ヲ持立合ノ事、三度ニ及ト雖、一向弥四良ヨリ打出事不叶。
 武公モ御前故、只敵ノ技ヲ押ヘテ強ク打事ナシ。
 忠利公、殊外感称シタマヒ、御自身モ立合タマフト雖、一度モ其無利。
 因茲則チ柳生流ヲ改テ、二天一流ノ兵法ヲ學ビタマフ】


 簡単に言えば、

 「忠利に招かれてやってきた武蔵は、柳生門下の氏井弥四郎と立ち合いを求められ、
  これを圧倒したので、忠利も驚き、流儀を柳生流から二天一流に改めた」

 という話である。

506やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:13:09 ID:inWcOtGg0

 率直に言えば、まず創作であろうと思われる。

               _...-.、‐=...、 、
           ,-=二`ヾヽ::ヽ::::::}/|)\
         _-‐=、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/}
        r'三:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/∧
.  , - 、   r二::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ∧
 / __ハ  r二::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ       やれやれ…。
 i / ∧ r=:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://i    まさか死んで百年以上経ってから、
 ∨ヘ  ∧r::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ::::::ニノ    かませ犬役で引っ張り出されるとはな。
.  ∨ヘ  ∧r/,フ:::/i::::/i::::::ノ,:::::∧:::::i'リl:::::/レ'_イ::::::::フ
   ∨ヘ  ∧、彡 |::/ }/_/:::/__i:::/__i:::/-‐:::::ヽ::::彡    せめてもう少しマシな役で使って欲しいもんだ。
    ,∨ヘ  ∧:::::::`T r'=─ 、_彡'、 レイ::::::.レソ'!:ミ
  / ∨ヘ  ∧´`ヽ:(::::::::::::::::::::::::::ノ イrt_ソラl l彡.、__          ___
/   ∨ヘ  ∧ r! l:! 弋ヘzア,ヾミ   iゝ'"´  |:レゞ  ヘヽ⌒ヽー=二三三三三
.     /∨ヘ  ∧i l l:!    ̄     :リ    |::}      `ヽ、二二二二二三三
    /./ ∨ヘ  ∧' }::!      ,___ソ    |ミ   o、     ‐-、二二二三三三
.  // /./∨ヘ  ∧{:::i  u.     ` ='  ,   |ミ     ヽo    //二三二三三三三
.  /ィ '/ /:.:.∨ヘ  ∧ミ、    `ー‐--‐'   ll、ヾ.,、      E//二二三二三三三三三
-‐'´′ \\:.',/二二二ヽ      三三   //}、 ヽ \     //三二三三二三三
三三三三ヽ//)__/ ̄( \\、   三   //レ、 \`.、 \  E//三三二三三二三
三二二三イ r'(/ r'´ ̄`i\) i| ≫ =─=≦ ム ヽ i .ヽ \//三三三二三三三
.三三二三| l|フ ニ|ミ  ミi  l|  l`ー´ト ̄ヘ   ヘ ヽ|  \  \三三三三三
.三三三三| l|___ !≡二三三ィ..__i.  | i  ',   ヘ ヽ        \三三三三
三三≠- ̄    三三三三}  ̄ ''‐ ..._  !   ',  \    / ̄二三三
            三三三三三三i      `ヽi        〉 <三三三三三
              雲林院弥四郎光成
            (うじい やしろう みつなり)

 ここで書かれた氏井弥四郎は、おそらく当時の宗矩の門弟である「雲林院弥四郎光成」のことと思われるが、
寛永十七年当時だと年齢にして60歳。
また、彼は細川家からの依頼で宗矩に推挙された人物であり、
他流試合を禁じる柳生流の指南役として、このような仕合を受けるとは思えないし、
また、自身も宗矩の直門である忠利が、自らその禁を破るとも考えづらい。

507やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:14:10 ID:inWcOtGg0

 もうひとつ言えるのは、「この逸話の信憑性を裏付ける史料、及び事歴がない」ということがある。

   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |     つか、この逸話だと、越中殿(忠利)がウチ(柳生流)を止めて、
. |  (__人__)  │   二天一流に入門したって言うけど、跡を継いだ肥後殿(光尚)も、
  |    `⌒´   |    その跡を継いだ越中殿(綱利)も、皆、ウチの門弟だぜ?
.  |           |
.  ヽ       /      そもそも越中殿が武蔵と会った記録って、
   ヽ      /      この時のこれ以外は、正月の御祝いの時しかないしなあ。
   >     <
   |      |
    |      |

   .i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i     ;,,_,,;;;;;;;;,,..;_   、     ,.__..,;_,,,;;;,,;;;;;;;;__,,___  ....;;;;;;;;;;;;;;;;;
   :!;;;;;;;;;;;;;;;;;;フ;'"゙゙゙゙゙゙゙゙゙~~ ̄゛  `!i、            ̄´  ̄ .`''‐  i;;;;;;;;;;;;;;;;
   . l;;;;;;;;;彡;;;;;ゝ .if'=====ー゙  ::          ,.========r    ゙i;|.l;;;;;;;;;;   
    ヽ;;ノ;;;;;;;;;;;;;;;  .`''`-ヽ--''゙゙゙  ;;         '゙ゝヽ-ノ-‐'゙´   ;.i;;;;;;i.フ;;;;;;l′    俺自身の手紙にも、
      ゙l;;;;;;;;;;;;`、         ,!                   : ,、|ll/ ;;;;;;;;r"    武蔵の名前は出てこないからな。
      i;;;;;;;;;;;;;;l、           /   ;:;:              :.゛゛:l ;;;;;;;;./ 
       '';;;;;;;;;;;;;i         i;;;;;;.;:;:;;;;;;;:                  .i;;;;;;;;;;;;;;;      まあ、100年以上後になって書かれた
         /;;;ゝ       ./´:::: ´;:;:;;;;;;                 ,!;;;;;;;;;;;;;;;;;i     伝書にしか載ってないようじゃ、
           ミ;;;;'!       .ヽ;;、_;.::__::::;;::              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!     信憑性を問えるようなモンじゃないだろ。
       : 、.-、/;;;|l            `;:;:;:               ,.ノ.::: :lく;;;;;;;;l゙゙′
      ''";;;;;;;;;;;;;'l、     .,,   :::::::::___   ・         ,'" ::::::  .ヽ;;;;;丶;     「ですよねー」
       ;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,    ゙゙--= ゙̄~゛`''>,,._,..,r;"      ,,l゙ ::::::::::::   i;;;;;;
       .`";'"゙;;;;;;;;;;;;;i、    ヽ_ ゙̄ ̄゛_、        __r:::::::::::::::::    ヽ
            ;;.'ミ;;;;;;;;;:'.、    ゙゙゙゙"'''"~        ‐""::::::::::::::::::::    i

 「真相は歴史の彼方」と言えなくもないが、
概ね史料から検証できる範囲では、逸話以上の信憑性はない話である。

508やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:15:00 ID:inWcOtGg0

 閑話休題。
ともあれ、忠利は当時の大名の中でも兵法に優れたとして知られた人物であり、
それ故、武蔵を招いたのは、著名な兵法者である武蔵から
何か得られるものがないかという意図があったからと思われる。

    、_彡 ////// ,ィ ///! / 、\ ミ三ミヽトノ
      〃彡'/ ,//// .| // .| /.| /ヽ ミ 、 ヽ }__,
      |/ // ,∠//=、{  |{ {∠{.|=| l ト、 \ ヾ三彡' 
      从{ /´彡′_\ Ⅵ  リ \{ ヽミ ,ト、 } ヽ.  
       }∧ ,/弋_ラ、 |` ヾ、 代__テ=、 } リ、レ' } }      武蔵。
    、_ノ_ノ| `ー一´ /     `ー一 ´,/イ /ヽ 从,ィ    なかなか楽しい時間だったよ。
       ̄|/|   r‐'‐、     、_フ_ノイ ミ三彡' 
        { ,/!    ゝ ‐   .     ̄ /\_> }リ ,     …最後にひとつだけ、いいかい?
     、_ノ .|  ‐-r─-、__,、    ./_,ノ、ミ三彡′
       ̄ ̄ヽ    こ二´      ,イ /∨`┬ ´
           ヽ          . < /..:.∨}ノ
          r{ヽ     . <  ,/..:::::::/  ̄ \
          _ト.\`ー一 ´ _/.:::::::::::/.::::::::::::::. `ー-、__
       /..:::::ト、::  ̄「| 「「 ̄ ::::::::::::::::/..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::


.     ,ィフノノi/ x< ::::\ l|l lレ/:::::::>、 {三三ミ、  
.    巛彡ィi| 〈    \::::V } ノ:::/⌒ヽ   ト三三ミ、 
.     V彡{ノj| ヽr‐t_テぅヽ| l {/rt_テラ´  ,ハミ三ミVハ 
.     }}i|ハ(.|      ̄,ハ ,ハ  ̄     /}八{l}} } }}l}      フッ…。
     ,ノリ川ハ_|ヽ   / __} |__ `ヽ   イ_ノリ// ///リ     なんなりと。
.    /////八ノヽ.    〈_,ノ {__〉    /ヽ} ∨/ ///(
  ,イ//{ { {l|  \ノi     `ー    / レ'  lVi{ {{{ l{ハ.     「なら、遠慮なく…」
. /1{{{ {{∨     ‘, ー─=ニニ=‐一  /    | iト!ミミミハ
、_|ノ{lハ ヽ_/       \   ` 二 ´  /   │l{ハミミミハljハ
 / ̄「/ /     i ヽ7'´   `Y/       ', ヽ‐‐<}jリ
    \/     /   ` ー─一'         ヽ )   \

509やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:15:17 ID:inWcOtGg0
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::/ /::,_イ//::::::/:::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ
:::::::::::::__::::::::::::::::::::::::/{,.'../'´¨¨'フ´_,.イ/./,ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト.,.',
:::::::, '., ‐ト∨:::ト.,::::::,'     , .‐rッ‐r ,`ー'´,':, ィ:::::::_::::::::::::::::::::::::::::::} }/
::::/ ',=--}.\! ヽ{     ヽ `ー' } _, /´./,.イー`,::::::::::::::::::::::::/ ´
::::',  { .r'             ̄ ̄      {{ソフ}.,::::::::/::::::::ト,{
::::::\ .`ヽ                    ヾ'''´ .!:::::/}:::/}/     一度尋いてみたかった。
:::::::::::ヘ‐-.',                  ‐ , イ  .!//, ' ´
::::::::::::/  .,              , - ,__     .l  ´
──'--,  ',          ー<  ¨¨. ヽ} `   .,.'
三三ニニ}  .\            `  ̄ ̄ `  , '
三三ニニ|    丶、               /
三三ニニ| .ヽ ',   `丶、         ., '
三三ニニ|  \      \      ,.イ_____

510やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:15:33 ID:inWcOtGg0
三三彡〃ィ;;;;;;;;ィ'/;;;;;;;;;;r'"/;;;/l;リ l;;;;;;;;;;;;;;;;゙i l! lj
三彡イ7 l ! ゙'"んr7〃/ツ;;;;;;;ノ /;;/l;;ノ^l;;;l ll
彡:ヲ;;;ヾ, jl f;;;;r/,-;ィ=i―'''''"^ ,ノノ ,lリ=、レ' リ
三ヲ;; /;;l レ/;;;fr'r''" ll,,..,,,.、 ''"   Eヲイ /
イ7;;H f;;;i /;;;;l゙″ ,ィ''^''ー',ノ: : :  : :i,: : :l'"
〃リハ l;;;;;;;;;;;;;t  ´`゙゙゙゙´ : : : : : :  : ゝ-i、
リソノll;;;;;;;;;iヽ;\_,; : : : : : : : :   : : : ィ′     宮本武蔵が考える兵法の極意ってなんだい。
イヲ ,ノ;;;;;r、;;`ヾ''ー''": : : : : : : : .   "`: l
イイミ;;く ヾ、;;;ヽ、,, : : : : : : : : : __,..,...ィ:l
゙i;;;;;ゝ、ヽゝ、`゙''''"´  : : : :、_,,ィ '''"´,ノ,l
,l;;;;,t、_`ヽ_入      : : : : : :  ̄ ̄´ ,i′
リ;;ハ、 ~´, :::::ヽ、      : : : : : : : : :l
ノ    ̄   ::::::`ヽ      : : : : : : :l

511やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:16:18 ID:inWcOtGg0
     (    〉三彡ミミ刈//ノイ{{//川ヘミ川|彡ヲ刈三ヾー'
      >ャッv彡三彡ミミゞゞ{{{ヘ{≧ミミ刈}〃川彡彡}!}三≧≠⌒
      {!  >ミミ三三≧ミミ>ミミミミ川川彡彡彡三彡≦三ミミ≧xイ_,r
     _ `y∧/彡≧ミミ/     ゛ヾリ〃´    "シ≦ミ≦三≧ミ<
   /,≧x=>ミ三三彡゛                "彡ミ≧彡三ミト-
    ,ム三ミX三三≧イ   _, -=一'{      .r=- 、   }三ツ彡彳´ ゛ミ、
   {;'´ ̄7>ミ三彡彡! ,r'´ ̄ ヽミミ 、  l   川√ ゛>ヽ ソ三≦ミミ、  ゞ、_ノ
   ,!_,〃,f彡三彡彳 ヽ、ニ二 _ヾミミッ | r彡"_ 二ニ ヶ  レ⌒)ミミミゝ
  ,f"ヽ_//〃ァ7ハ 八   >- ィハY 、l Y ≦ -イ   },ノ/三ミシ彡≠、        ………。
{、_ム彡"ヘ//彡"三ハ_ノ ゝ、    _ノ  l l  ヽ、     ノf_/三ミミツ
,x三ミ=-=彡≦三彡f {  )ヽ /   ,   、  \ ,r´ イハミミⅦ!{    _ノ
   ,r≧三彡7/彡ヲ   ゝ {  〉    ゝ--<    ハ  ,ノ  Vルミリゞ=≦、
 _,ル′  //彳彡イ    ∧.(   ノ二 ー' 二ヽ   {ノ ノ     トミ三≠≦ミミッ'⌒
     ,イ/彡イ川i!     ヽ入 ̄`ー. ̄.一' ̄ / /     ドミ三三ミミ≦、
    ノ ル1{ リ彡!       ヾ   ,r'  ̄ `ヽ  〃         |ミ三ミミ≦、__ ヾ!
    _,ム斗イ  八       ,ハ {     } /        厂`ヾー-<⌒ヽ
 .//////// /  ヽ       ゝ ー  一 7        ハ   〉/////>、
<///////// ノ   ハ                    /  ゝ ./////////∧

512やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:16:34 ID:inWcOtGg0
     (    〉三彡ミミ刈//ノイ{{//川ヘミ川|彡ヲ刈三ヾー'
      >ャッv彡三彡ミミゞゞ{{{ヘ{≧ミミ刈}〃川彡彡}!}三≧≠⌒
      {!  >ミミ三三≧ミミ>ミミミミ川川彡彡彡三彡≦三ミミ≧xイ_,r
     _ `y∧/彡≧ミミ/     ゛ヾリ〃´    "シ≦ミ≦三≧ミ<
   /,≧x=>ミ三三彡゛                "彡ミ≧彡三ミト-
    ,ム三ミX三三≧イ   _, -=一'{      .r=- 、   }三ツ彡彳´ ゛ミ、
   {;'´ ̄7>ミ三彡彡! ,r'´ ̄ ヽミミ 、  l   川√ ゛>ヽ ソ三≦ミミ、  ゞ、_ノ
   ,!_,〃,f彡三彡彳 ヽ、ニ二 _ヾミミッ | r彡"_ 二ニ ヶ  レ⌒)ミミミゝ
  ,f"ヽ_//〃ァ7ハ 八   >- ィハY 、l Y ≦ -イ   },ノ/三ミシ彡≠、       …………………。
{、_ム彡"ヘ//彡"三ハ_ノ ゝ、    _ノ  l l  ヽ、     ノf_/三ミミツ
,x三ミ=-=彡≦三彡f {  )ヽ /   ,   、  \ ,r´ イハミミⅦ!{    _ノ
   ,r≧三彡7/彡ヲ   ゝ {  〉    ゝ--<    ハ  ,ノ  Vルミリゞ=≦、
 _,ル′  //彳彡イ    ∧.(   ノ二 ー' 二ヽ   {ノ ノ     トミ三≠≦ミミッ'⌒
     ,イ/彡イ川i!     ヽ入 ̄`ー. ̄.一' ̄ / /     ドミ三三ミミ≦、
    ノ ル1{ リ彡!       ヾ   ,r'  ̄ `ヽ  〃         |ミ三ミミ≦、__ ヾ!
    _,ム斗イ  八       ,ハ {     } /        厂`ヾー-<⌒ヽ
 .//////// /  ヽ       ゝ ー  一 7        ハ   〉/////>、
<///////// ノ   ハ                    /  ゝ ./////////∧

513やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:16:57 ID:inWcOtGg0
         ´ ̄ ̄`弋ミ三ィ彡三ミ、ヾ、V゙YⅥ彡三三ミ芍彡'ィ彡
         -―-≧=━圭孑彡三ミヾ\゙:.゙}ハ'〃´≦ミ三彡'/尨
         >メ二>=ミ三三彡三ミ、ヾヽ!'彡三三ミ、:...彡'ィノソ
      __ ノ´-∠ニメ彡三斗彡三ミ、:.ヾ:.、:У,彡三≠-ヾ≦彡ノと
      ―'´、__ノ彡ィ彡三ミゞ-、ミ、ヾリソ豸'´ `ヾ:彡三、三彡"
        ‐━=ニ三≧ライ彡ゞ-、ヽ 、 ̄´/,∠ ,..ィ  ヾ三≧≦〆′
        , -===、ニ彡イ尨′、.ヾィバ !v {,ィ<,_,、_ `ヾ三ミ三
         /フメ三彡ム/,ィニニ彡ハ:゙ :}''´`≧≦,=.‐ゞミ ミ≧ヾメ
      ,.-、__/,ィ'≧三ヾミ:{ ' -=ニ弍冫} ,::::::`ー二≦¨"、:.:. ゞァ‐ミミ         考 え た こ と も ね ぇ
     ,-=ニ二彡'ク彡三;ム} -‐=‐.:'::_ノミ、::::::.`ー━―-、:.:./,イ〉 |ミ
     ,.-━、__ェァオ彡イニィ{〉{ ィ',.ィ: :,イ__,ィ、`゙)::.、:. ⊂ニ、::.:.ヽ!}_)} {ゞ
      ー=二 _ノイメ√彡{〈゙ト,〈: :  _`ィ::::二..__:. `ー__:. ヾ:: }yノ /ミ、
    〃 ̄`ー" _メ≦ィソ彡、j!'.ィ、_ノィ―`´―メ、ヽ__,,,})/.:: /、_ノヾ.ヽ
,ィ━‐-、{ , -=、 ノ{´/ノ{リ从'ハ`ヾくえ二ニニ二ゞ>';//:/.:: :|ミ、ヾ、
;i;i;i;i;i;i;i;i;i>ミ  `ー}ナ´_ノ'!メ'/ ::ヘ ゙ヽ-━━‐-イ::::/.:.:/イ:::: : ::┃、}ソミ
;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i\___ー彡ヘ,′ ::‘,: : : : : : : : : ::::/..〃::::: : : : :┃リ、ハ
;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i`;i;i;i;i;i>-、ノ{   ::.‘,: : : : : : : ::ノ;イ;;:::::: :: : : : ┃从ヘ
;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i/´-' ゙、   :::::;;>= __.イ ;;;::::::: :: : : : ┃トミ、
;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i/、    ゙、   ::::;;;ハ;;;:::::: / .;;;;;:::::::: :: : : : ┃ミニ
;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i,′`、   :.、  :::;;;! ::::::;;/ .;;;;;;::::::::::: :: : : : .┃〃ヾ
;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;〃   ヾ:. .:::.!  :::;;;! :::;;,′.;;;;;;:::::::::::::: :: : : : ノ、′)'
;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i/.::::.、ヾ. ヾ::::::}  ::::;;| ::;/ .;;;;;;::::::::::::::: :: : :/ヾi;`━、k

514やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:17:49 ID:inWcOtGg0
/// /    /  /| ∧.  l  l〉,  j.  `ヽ、| `ヽ、  |   ヽ
l /〃  / l  A、リ / l /,〉 .レ|  ,r‐'_,ニニ| lニ=ァ .}  /    |
 .|l |  /!    リ\ <  // (_|.リ l /./´ `ー-‐リ/´ / /ヽ   |
  ヽ! / .l ト、.ヽr'彡r,\′ 〃 /イ `ー― ''7´ __ノイ   }    l     
   l l  ヽト `ー Y  `ー ,}! /  ′     ノ       /   ,/ヽ
   ヾ、  ヽ、 ,ノ`ー‐'´ i                 /  ,/ ノ /      ~~~~~~~~~ッッ!!
    `    .7 i.   ノ三           ー==彡 '´  /_/ (
       _ノ,ィ/ l. i´  `ヽ                /´  / `
      ̄ ̄ / , l ゝ-、 '´'                    /ゝ-'
        .l ./ .l   (_ノ   _____、    u.     /
         l/l. ∧  (` t‐'´ ,、_,.-‐' ̄´ i           /      
         | / 〉,  `V` ̄      /j          /
        ー―'' ´ ヽ  l.  _,.. ェ>'´        //       
              ヽ iゝ┴‐''´ /       /´ ,'     ,.ィ
               ヽ ゝ--‐‐'       ,/    .i    / _
                ヽ         /     l  //´
                 ヽ       /       l / /
                  ヽ、__,,. <´ ̄ ̄丁`i 、 |'  /
                             |  l リ ,/

515やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:18:06 ID:inWcOtGg0
、ヽ'ノ    、__,..-‐'  ヽ` } ''´ヘ_',彡Z//  
-ソ'   ,       -'" ̄` } i /ヽ、_`ヽ三/   
イ!  /  ,.  _,.rニ_`ヽ   ' -' ! ,-_、,, `''!ミl
ソ  ヽ _,.ィ二ィニ-'´ィ     ヽ'='=`' (三|   うまい料理を食らうが如く・・・・・・・・・だ
'   -‐ '"´´`"´´  _,    ` ヽ、__  ヽ三、
             ノ   ,.-'" ̄ ,.ト、 ',ミニヽ 
         _,.-‐'´   ,ィ r:-'、 イ ,ヽ ノミミ三ヽ、  ________
       /   _,-'" `   ___ ヽiミミ三ニZ7/ニ、-、ミ三キニヽ,
、      ,'  -'"     ,.-_',´..--, } i三ニキ二くヱ、ヽヾ-、ヽr⌒ /´⌒`ヽ
 `,=‐'  :  ,. ,.-‐'   , -,'-' _, -―┴,)} iミミ、ヾミヽハヽ | ヽ_  `='、
r''ヽ、   ヽ 'i ( 、_,,,.∠-‐'"     f i /ミミヾヽ,`fヽ ヽ|_ヽ、_,  ̄ヽ  )
'   r-、  ヽヽヽ    ` -―_''  _ i./ミ三、iヾ、}iヽ-_ヽ__,
`ヽ-'、   ',  ヽ ヽ      r'      ヽ!、-―}トtrノニ-―、_,
 ,   ` ‐-' 、  ',  '    ,ィ       ',-ヽマ'´| i´` ̄`
  ;         `ー、ヽ '  r'  `‐     .イ、 `T`ヽヽ-'´

516やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:18:43 ID:inWcOtGg0
  な   ヽ   -=ニヾヽ:Y:::::彡‐---- 、
  ん    ! 彡´:::::::::.......::!:..:. ...::::::::::::::::ミ、
  .:   ノ彡.. .:::.. .. .::::::::::::::::::::::..... ::::.. ::.:::ミ
 .だ    |':::...:::::::::.. .: .::.:::. !:. :.:. :::::::::::....::::.:::ヾ
  と    !:..::::::::.:.::/::::;:::l!:::!:::::ヽ,.-‐:: :... :::::::::ヽ-'
  :    ノ: ..::::::/!:::/}:::!!::/ヽイ、ヽ、_:::::::::....::..::ヽ
  :   !:::::::l:://〃/ノl://,イ○`ヽヾ`` :::::::.::ト、
    〈::: ::!リ``≧、、 /' `  ー ''"´ ノ!:!|:.|:. ::::!      ~~~~~~~~~~って…、
、  /トヽ:.::l イ´○ノ`i         リノ:;、:::..:::}
    ヽ:::l:::::ト``´  ,}...        /イ) 〉:::::リ
     ソ!::l:.ヽ   ヽ._ ,.-    lj '´ !'/::::::ト、_
      ノノ'!:::{ヽ     __.._ ・     /`i::::::::`Y
       イ:::`'ヽ   イ_ .. -゙'     , '  ヾーr=
       ノイ:::::::::\   ー '    ,.イ    |! ',
      ´  ヾヾ、::::`ト、       / i     /,! !
           ノノ:::,ト、` ー-‐ '  |   //  |
            -イ{ ',  ヽ   i /  i  | |
            /i l !、  ヽ._ /   !   ! |
             / { | !、__,..ノ´      !  ゙'
         ,.イl   l ト-- ‐ '´      !

517やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:19:17 ID:inWcOtGg0
/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ     _,r==\-ヾヽ、/∠=-、ノ
|           .|    /彡=⌒`ミミ゙ヽi;!!/''彡ノ;;、_
|  そンな訳    |ヽ、 _,彡'´彡;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;; /ミ‐-、;;;;;ミ、
|  ない      |ヾミ三'/彡'' 彡;;;;; ;;;;; ヽ ミ‐-;;;;;ミ
|  じゃンッ     |ノ;;;;;  彡'  .ィ;;;;;;;;;;i il ヾ\ \、、ミ=彡
|           |//iキ// /彡;;;;;; ノ;;i/;;;;;;ヾ、  \、ミ=、、
ヽ、___ __ノ 彡ミi//ノソ クノゝ/;∧;;;;ヽ、ヽ ミキッヘ
      ヾ=-    彡/ノ彡iゝ=彡 ノノ ヽミ=ヽヽ-《;;;くキノ
         ./⌒/ノ/(゙'i ゝ ‐-、ヽ''´゙ヾ=二`ヽ´ .!!、,ミヽi、ヽ
        /   !' i リゝ!ヽ (゚_)' ,   ',。、`ヽ ノ / ノリノ`\
       /.     /`リリ|    .i    ゙ー'‐ '  ./‐イ' 'ヽ
      ./    /  ´'' i  、_ (_,,    .   /  |  i,
     /    /, -、  ! ``ー―‐=ニヲ  ./  .ノ::  ヽ
    /    '´´   `ヽヽ ヽヽ`ニ彡/ ./ ./:::   \
    /______ ノ \. ヽ二´ '´    /r-=ヘ、__
 /⌒         \`ヽ  ヽ ー‐'´ /  ,/  i::
 |             | ヽ/     , ‐'´ ......;
 |   やっぱり?    |  ノヽニ-‐''´ ..:::::::::
 |             |,ノ川 .ノノ., /=--、
 \___    ____ノ壬チ彡/彡  j `ヽ-‐''´ ̄`゙  ‐‐'´
 ヽii|ミミミ`|/`こ´彡キ彡三彡ミ彡ノ__ノ
 メヾヽミミヽミ/彡‐゙´''!彡三三三シヽソチ=-ミ/  ./
 ミミミミミミシ '.(  ./ ヽミミミ三=ミミュ─--ナヽ=ノ_::::    ,/
 ミミ/ ̄`´ヽ、   i 、 rュ、_ヒミミミミッ _ニ彡''-=,''´| ` ̄´ ̄i
  '´ ̄`ヽ ヽ ヽ.`ヒ=彡‐''^ )彡ミ三ミ  ,r==i´  |
 ::  =ニ''/彡 .i ヾナ-,rク´ `ヽ彡ミ三メミ‐' i  ト、
 ::    /彡'´ _ ' ヽ. |/ ノ,レ'^ヽ|彡ミキ);;;;;;;;;i   \
     /ミヲ/=、 ヽ \´ -'' ̄ ヽ、ミヾキ、;;;;;ノ    \/i | _
   ミ彡/./-、ノ⌒ :::.. 、r''ヽ、_,rヽ ヽ;;;;ヽヽこ_ i、      ̄ ̄
  ミ' ._メ‐'´`ノ  :::::/ ',、゙ ' /`iヽ|;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;;;\._
  iミノ/´'´ ̄    :::/、 !'_ノ/^'i| ヽiヽ-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iii`==──-
 ::::´  /''    /  /// ヽ. \_,\;;;;;;;;;;;;;;;;;!!ii;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 :: //     _,  ./ '´r'' ‐''`' 'iヽ ヽ  iヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;!i;;;;;;;;;;;;;;;
 : '' / / r‐'´r‐''´ニ-'二_,ノ´ ノ .) i  / |iiiii;;;;;;;;;;;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;
 'ヽ .(   ヽ_` ̄`''ー─---‐.'´ ィ  .i:::/  .|iiiiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 リヽ、::ヽ-=  ̄`      ̄`''´  ノ :/   |iiiiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 リリi|ヽ-‐====-‐─=キ-── ' ´ /    |iiiiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 川!\::::   ̄      `ヽ、    /    |iiiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

518やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:20:15 ID:inWcOtGg0
            f⌒ミ`ニキ'"三三ミミヽヽ`il))メナ彡ナシノノフイく,ノ三ノr=ヽ'
           ー=、 ゙ゝ'彡≫三≡ミ゙i`i l l lノ,r'リノッシノ彡ノノシ/F三ノニト
          ´~ゝ-ゝ<リ彡ノノ三ミミミfi l lゝi ノノノノニ彡三彡彡jノヨ'ノ巛ミ>'"二ヽ
          ^`ー三くj〃彡三≡ヾ.ゝt t )l ン"´ ゙ヽ、iミ彡ノシ人ミ三彡ニ=-
            、,:r''7ヘ又彡シ,r/'"~`゙゙゙`'二ニ:;、_,,.,.,  `゙゙ヾミミ三彡ブ>∈ニ
          ,'ニキ王彡彡彡;,fノ -=,=< l /,∠(_,.,.,、  ゙iミ彡彡三ノ∠ニ_
        、_,r=''7ヽ≡彡三彡'" '''"~,r''') `' ゙i  f‐-:,ニィ=、ヽ トミミミ三≫にニニ、ヽ
       =〃ーヽヽfrミ三f'f ,,r;;ニ彡'´ `ヽ,  ノ  ノ.'・'´ ̄  i,ミ三ヽフ<7、,.r--=、     まあ、流石に考えた事もねェってのは冗談だがよ、
       `ー=''"~`ヾミ》彡/'イ (:ノZニr・ゞ   i f   `"_,,二ニヽ┤ミミY人ノリへ,,.=、     柳生流の印可を受けたアンタに話して聞かせるには、
           ,,ノ-r'彡〃:┤ ,,..,.  ̄",:' ,r j t`ヽ,、_,ニニヽ`t三彡彡メ>ノ、_`''"     .ちょいとまとまりがねェんだよ。
         ,r''>=‐ナ〃フノノ:゙i'',r'',.=‐,'".ノ(_rゝ_ノ'" ,.,..,.、_´~)  l ) )ミミ彡==、、
       `~ f 、__,>ヲr7ノF彡 i ( r=''" _,.,.,.,.,.,.,.:ィ",.,-、=、,フ   イ ノミヘ三≡,.,、 ゙ヽ       実地で教授する分には問題ねェんだがな。
        ゞ、_彡ナ7ノシノfr(ゝ、tヽ /,r‐―一 '"_,.,.,、ノノ^iフ′ l`ヾミr十=、``ヽ、) 
           '"~フフr/ノミヽソ l'  ゙i〈〈(ヽノ'ー''"^´   ~`ヲ^i ,ノ :,ヾ''ー--==:、
            ニf‐ナ''チ,r=ゝノ、  ゙い''^',,.ィrー'='ーメ/ ,' ,/′':,  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
           ( ,r''サ;;;;;;;;;;;,ィ 、.゙ヽ、゙tヾ、ー=''"゙゙~´,ノ ,' /   :  ノ,ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\,,_
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/人 ':, `ヽ、 `゙゙゙゙´~´ ̄    /   ,:' /   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙゙`'''ヽ、,,
         ,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;t ''"゙t  ゙;, `ヽ.        /  ,:'  /` /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ,.:ィ'''"~´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝノ\ ゙ヽ  ヽ、    _ノ  ,'   '^,,.ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ,:r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽノヽ、、、  ヾ `''''''"´/  ,' ,.:ィ ''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、    ヽ   /   r''"/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


    、_彡 ////// ,ィ ///! / 、\ ミ三ミヽトノ
      〃彡'/ ,//// .| // .| /.| /ヽ ミ 、 ヽ }__,
      |/ // ,∠//=、{  |{ {∠{.|=| l ト、 \ ヾ三彡'   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      从{ /´彡′_\ Ⅵ  リ \{ ヽミ ,ト、 } ヽ.   |
       }∧ ,/弋_ラ、 |` ヾ、 代__テ=、 } リ、レ' } }   |  だと思ってた
    、_ノ_ノ| `ー一´ /     `ー一 ´,/イ /ヽ 从,ィ ∠
       ̄|/|   r‐'‐、     、_フ_ノイ ミ三彡'   \_____/
        { ,/!    ゝ ‐   .     ̄ /\_> }リ ,
     、_ノ .|  ‐-r─-、__,、    ./_,ノ、ミ三彡′
       ̄ ̄ヽ    こ二´      ,イ /∨`┬ ´
           ヽ          . < /..:.∨}ノ
          r{ヽ     . <  ,/..:::::::/  ̄ \
          _ト.\`ー一 ´ _/.:::::::::::/.::::::::::::::. `ー-、__
       /..:::::ト、::  ̄「| 「「 ̄ ::::::::::::::::/..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

519やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:20:47 ID:inWcOtGg0
      ! 川/////// ,イ从从ヾヾヾヾ
      .{ i川///ハ}}リ iリ{ili,'ミィ从从ヾミミ
      ! i r'⌒jヽi!  { ヾ{´く´ヽ ̄ヽ`ヽミト、ミミ三
      {{ { _」___{!  i! ヽ `二 _     ! !ヾト、ミ三    
         Y>、(゚ソ \丶   ´(゚::ソ二ニ‐'' リ  } }}リ川    
        j  ノ:::.                 、___ノノノノ川      なら、武蔵。
         i (⌒``            ー=彡イ彡'彡     .ここでいっちょ、伝書を書いてみちゃあどうだい?
         ! `ヽ ^                 ‐.彡彡イ{{
        .|  rー‐ 、    ’             .ノノ 乂
          i   } }二>-‐ "`            ./  /乂
        .  乂___, '´            .イ´ー''ノノノノ
         .Y             . . :´ ノー=彡彡
         i         . : : : ´: /       ∨
         ゝ..__ . . . : ´: : :   /         ∨
             }: : : : : :     /          ∨

                                         /
.                                /⌒      / / /
                       /(:   / ,/{ /:/  /  /{//⌒´ /⌒
                   / /{/ / } ∨ 厶イ{/{/ ///    ,//
                 /{/ /  ー─=彡 ´ ̄ ̄ ̄¨´ / .厶イ{/∠
                /{: / //  ̄ 三二  三二ニ=ミ゙¨¨¨¨¨¨´/ ̄ ̄ ̄`ー<_
                  {/V { { {/ ̄/ / -三二ニ==─ァ´ ̄ ̄`¨¨ア___彡
                  { \  V爪/ ///⌒7/⌒ア⌒゙く三二ニ=ミ'く ̄ ̄ ̄
.                \ `¨/^¨¨¨¨´〈}  彡 / / ̄三二ニ=ー─<  \___
                >/        `7 =彡/-‐=ニ=ミ  三二ニ=ミメ、__          伝書?
                   ヽ 匕⌒\   ̄〕三=彡'⌒ ̄ミ ミ   -=ミメ、 \_∠.ノ}
                 フ  弋ニフ    `ソ ̄¨7三二ニ=ミ   ミメ、 \  ` .ノ
              く    `ヽ     /   / / \ ̄ミメ、 \ \ ><二> .\
                 `¨´       }//⌒ヽ /¨^ハ  \_ \ ヽ \ < ̄ ̄ \}
                T ‐-    .ノ´ヽ\ / ノ'⌒', ー─=ミメ、 \ ` ̄ミメ、
                〕¨´      } ´ /  :}   ‘, ミ \\  `¨¨¨¨\\ \
                  {___    ´   ,/   ,'   ‘ 、  \\ ー=彡  ヽ \ \
                -=ニニ`¬     /   /  _  \ヽ \\ <\: \
              /ニニニニ/ ‘,     /   /  ´     \_   `⌒゙<`ー─
      -‐   /=ニニニニ/   ',     /           ノ\ \\ \
    /       /=ニニニニ/     :}             -=ニニニニ\__ー‐マ¨゙>ー─
. /      ./=ニニニニi ⌒\ /_   ─    -=ニニニニニニニニニニ=-`ヽ

520やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:21:27 ID:inWcOtGg0
三三彡〃ィ;;;;;;;;ィ'/;;;;;;;;;;r'"/;;;/l;リ l;;;;;;;;;;;;;;;;゙i l! lj
三彡イ7 l ! ゙'"んr7〃/ツ;;;;;;;ノ /;;/l;;ノ^l;;;l ll
彡:ヲ;;;ヾ, jl f;;;;r/,-;ィ=i―'''''"^ ,ノノ ,lリ=、レ' リ
三ヲ;; /;;l レ/;;;fr'r''" ll,,..,,,.、 ''"   Eヲイ /
イ7;;H f;;;i /;;;;l゙″ ,ィ''^''ー',ノ: : :  : :i,: : :l'"
〃リハ l;;;;;;;;;;;;;t  ´`゙゙゙゙´ : : : : : :  : ゝ-i、      .俺はそうそうじっくりと時間は取れないし、
リソノll;;;;;;;;;iヽ;\_,; : : : : : : : :   : : : ィ′     お前の兵法を一度、但馬守殿に披露して
イヲ ,ノ;;;;;r、;;`ヾ''ー''": : : : : : : : .   "`: l       評を頂くのも面白いかと思ってな。
イイミ;;く ヾ、;;;ヽ、,, : : : : : : : : : __,..,...ィ:l  
゙i;;;;;ゝ、ヽゝ、`゙''''"´  : : : :、_,,ィ '''"´,ノ,l       どうだい、武蔵?
,l;;;;,t、_`ヽ_入      : : : : : :  ̄ ̄´ ,i′
リ;;ハ、 ~´, :::::ヽ、      : : : : : : : : :l
ノ    ̄   ::::::`ヽ      : : : : : : :l


              _、,,、,,_
             、ィ=彡ミミヽ、
             〈,巛ハヾヘミr、
           _丿ソ/リlヘヾヽy〉     伝書かァ……
            フノりノノll.iノソノ》,
        __彡リ)));ノノハ//リ'ヽ__
      /´;;;;;;;;::::..《" 〉巛l 《lリノハ::::::;;;;;;;:::\
     /;;;;;;;;;;;;;;;,,,:::::::` ':::::ヾソノヽ:::::::::;;;::;;;;;;;;;;;;ヽ.
     l;;r-=レ;;;;;;;;::::::::::::::::::::::'::::::::::::::::::;;;;;;;;;:;;;_:::l
    i__,_/;;;;;;;;;;;:::::::::::::/;;:ヽ:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;l___`i
    / / l;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::: ::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;/` , \
   .//〉  l、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ::  〉  l
   |   _ノヽ,ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノヽ j  /
  (   _ノ,イ 〈;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ゝ-  ヽノ)
   ヽ-"   │(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j /´ j`  /
   ヽ    │ `);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ l /  ノ

521やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:22:09 ID:inWcOtGg0
        , '  / / /;: -――-、:、  |: : : :
          /.| / / ,:'::/      }:} /: : : :
       /ヽ| / //::/  _____,ノ_: : : : :
       ,'-、:| | | {::/ /_/ ,. -―-  _): : : :
      ,' _}:} | | V  |f:/ /       \: :
      |/r:ュY>-‐''´`ー'//         ):
       | ̄`ノl /,.-<`'''ヽ/  _,.     ): :
       |‐rくl l {   入_f_,. -<  -< ̄ヽ: :       …エア伝書じゃ駄目かい?
      |( ノ  ,. -‐'  `ー――-、_,ノー( r'"
      ', >-‐'´ ̄`¨''‐-、    -―‐-、 ヽ: :
       ', ,. -‐===‐-、 \__,フニ、 } ,'/
       ',^Y^Y^Y⌒Y^Y^ー┬┬''Y^} ノ/ /(: :
       ',_!__j__」_人/ヽ‐┼┼'''|// ./: : ',
        ', | |  | 人 ト-'ー''>'´ /  j、: : :}
        ',^'´`´`´  `´  // ./  /: :} :/:
         ヽ´ ̄ ̄`ヽ.__,ノ / /  ,': : : /: :
          ヽ´ ̄`ヽ.__,ノ /   {: : :/: : :
           \     `ヽ     }: /: : : :
            \       ヽ.__,ノノ: : : :


                、_ヽ、、_,,y
               -‐ヾ;;;;;ヾツ;;;;;彡_,
              ヽ彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''<,_        _______
             `゙シ;;;;;;;;;;;;;;、;;;;;ッ;;;;;ヾ;;;;;;;;ラ.      /
              彡;;;;;;リッヾ`ソリiiヾ、;;;;;彡     |
             ノミ;;;;/´-゙'。、ノ ノ-。、iヾミ、     i  ないない
              リi;;;ミ. `ー '  _`ー' iミ、,   ー='、
              ノ彡ヽ    -' u .!`       |  それはない
            __ノ''゙゙´\J ,-‐、・ ./\__      |
            `ヽ、 0 ./`ヽ、 ̄_/!`!) `ヽ-,   \_
         _,ィ-‐=´ ヽ. 〈  ヽ  ̄ / _/  /´`'ヽ、   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ----──--     /  \‐-、 ,r‐''´./ /     \
  --──ー--/`i─--   ̄ ̄ヽヽ ヽ  ノ ヽ       \
  /ヽ__   / ./!    /ヽ   ヽ\ / /´      fi   i
 ./!ヽ!__ / ! |   .// /      V  '        |i!  l
-チ/ fヽ二=/ / i ̄ // /-、     |         ..::!'   `ヽ
.┼=| i-- (( ⌒! /´、 ( ./ ̄::....  /        ..::::::/ /   ヽ
 .!  ヽ )  〈 '' !,ヽ、!  |/     ヽ ......    ::::::::ノ::/
 .ヽ、  (  /   ij ヽ  i'  ....:::::::::::ヽ:::::::::::..........::::::ィ'/:..
二二=====── |  〈..:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::ノ\::::....
  )vナ ( ヽ、_ノ`'ヲ‐'' ) ::::::::::::::::_,,,./:::''     / ヽ`''':::::..
  ヽ〈 〉:::::     /、  |:::,,::--‐'´ i /      ノ  /´ヽ::::::

522やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:22:36 ID:inWcOtGg0
     (    〉三彡ミミ刈//ノイ{{//川ヘミ川|彡ヲ刈三ヾー'
      >ャッv彡三彡ミミゞゞ{{{ヘ{≧ミミ刈}〃川彡彡}!}三≧≠⌒
      {!  >ミミ三三≧ミミ>ミミミミ川川彡彡彡三彡≦三ミミ≧xイ_,r
     _ `y∧/彡≧ミミ/     ゛ヾリ〃´    "シ≦ミ≦三≧ミ<
   /,≧x=>ミ三三彡゛                "彡ミ≧彡三ミト-
    ,ム三ミX三三≧イ   _, -=一'{      .r=- 、   }三ツ彡彳´ ゛ミ、
   {;'´ ̄7>ミ三彡彡! ,r'´ ̄ ヽミミ 、  l   川√ ゛>ヽ ソ三≦ミミ、  ゞ、_ノ
   ,!_,〃,f彡三彡彳 ヽ、ニ二 _ヾミミッ | r彡"_ 二ニ ヶ  レ⌒)ミミミゝ           ま、考えさせてくれ…。
  ,f"ヽ_//〃ァ7ハ 八   >- ィハY 、l Y ≦ -イ   },ノ/三ミシ彡≠、        あんまり期待されても困るぜ?
{、_ム彡"ヘ//彡"三ハ_ノ ゝ、    _ノ  l l  ヽ、     ノf_/三ミミツ
,x三ミ=-=彡≦三彡f {  )ヽ /   ,   、  \ ,r´ イハミミⅦ!{    _ノ
   ,r≧三彡7/彡ヲ   ゝ {  〉    ゝ--<    ハ  ,ノ  Vルミリゞ=≦、
 _,ル′  //彳彡イ    ∧.(   ノ二 ー' 二ヽ   {ノ ノ     トミ三≠≦ミミッ'⌒
     ,イ/彡イ川i!     ヽ入 ̄`ー. ̄.一' ̄ / /     ドミ三三ミミ≦、
    ノ ル1{ リ彡!       ヾ   ,r'  ̄ `ヽ  〃         |ミ三ミミ≦、__ ヾ!
    _,ム斗イ  八   .,r'⌒ヽ/ {     } / \γY⌒ヽ .厂`ヾー-<⌒ヽ
 .//////// /  ヽ.(´     `) ゝ ー  一 7   (    ノ )ヘ   〉/////>
<///////// ノ   ハゝ,___,ノ´             ゝ、_ノ  ゝ ./////////∧


      ! 川/////// ,イ从从ヾヾヾヾ
      .{ i川///ハ}}リ iリ{ili,'ミィ从从ヾミミ
      ! i r'⌒jヽi!  { ヾ{´く´ヽ ̄ヽ`ヽミト、ミミ三
      {{ { _」___{!  i! ヽ `二 _     ! !ヾト、ミ三 
         Y>、(゚ソ \丶   ´(゚::ソ二ニ‐'' リ  } }}リ川
        j  ノ:::.                 、___ノノノノ川      いやぁ…楽しみにさせてもらうさ。
         i (⌒``            ー=彡イ彡'彡     今日は楽しかったぜ?
         ! `ヽ ^                 ‐.彡彡イ{{
        .|  rー‐ 、    ’             .ノノ 乂 
          i   } }二>-‐ "`            ./  /乂
        .  乂___, '´            .イ´ー''ノノノノ
         .Y             . . :´ ノー=彡彡
         i         . : : : ´: /       ∨
         ゝ..__ . . . : ´: : :   /         ∨
             }: : : : : :     /          ∨

 …などという会話があったかどうかは不明だが、
この忠利からの要望に応じ、武蔵は自らの兵法をまとめた「兵法三十五ケ条」を書き、
翌年二月に提出した…という逸話が残されている。

524やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:23:48 ID:inWcOtGg0
                                   -=ニ  ̄ ̄ ニ=- 、
                                 /             \
                                / /⌒            ⌒ヽ \
                                    / '⌒          へ   、 ヽ
                               /   / :/     {         ‘.   ‘.
                            ′ :/ :/  〃/ i     |     ‘.   ‘    .
                           / i / :/   /  ′|i     |\   ‘   |   |
  …武蔵が勇次郎AAで、   .        ィ幺ノ i{X′{ /_{.斗 |i     个ー- 、__ ‘   |、  { 、
 忠利が刃牙AAだったのって、.       . / | | 7´  Ⅵ 八     |    \`i  l| \ ‘. ≧=-
 これがやりたかっただけなんですね。 /   ィ i|′==, ‐:、=  \ =|=, ‐:、== `ト i|  \ \
                         ー==彡'|  |.   弋_ノ    \j弋_ノ    }  |   i| ` 一
     これはひどい。    .....         |  | }                 }  | | リ
                             |  |i{                 イ  从ハ/
                             |  八             // / /
                                从   丶. _iニニニニニニコ_ .イ ムイ|i|/
                              ‘. { \j  ヘ}    }ヘ   | / ノ リ
                               _Ⅵ -=≦f´ ̄`Y^Y´ ̄〉〃≧=- 、
                               .′    〃}    {_.人  { {{      .

      /::::::::::::::::|"""""1:::::::::::ヽ
    /...  :::::: |     !: :: :: :::. ',
    ./::::::::::::.... 「¨≧、_, '、   ...:〈.  
   /:::::::::::::::::::: K kチヾ`  〉:: ::::::::::|
  ./::::::::::::::::::::: /   ̄`   { ∨:::::::::::|      …まさか4年も掛かるとは>>1も思わなかったのよ。
 /::::::::::::::::::::: /       ' ∨:::::::::l 
 ::::::/::::::::::::イ      -イ  ∨::::/      それはともかく、
 :::/::::::::::/rd\  イニニイ   /::::/      この時、忠利に求められて武蔵が書いたという、
 /::::::::::/|:.:.|厂ト,\ `ー=´ /:::::/      「兵法三十五ケ条」は、
  |:::::::イ:|:.:.:.| l! lーv\_/::::::::/\      武蔵死後に書かれたのではないか、と言われてるわね。
  |::::/<.l:.:.:.:.|了=/==く:::::::::::::/ド、. \__
  ∨  >::.:.|「干(O干}|::::::::::A:|   / |

525やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:24:36 ID:inWcOtGg0
       .....        /:..:,':,斗;イ: : :L:_/!__/ .リ: :.; ;イ: : : :1: :;
           .__ ._.,ィ: : ::辷zf しィ_Ⅳ{ Ⅳ`./: ;イ/;ハ: : : :}: .:;
            `‐-==彡イ小: :.Lxィ芍≧ミ .厶イノ/.=ト、: リ: :.1
  えっ?        "´ j小'^| : 八.ヽ夊ン `    _ミ儿ィ刈: :,リ:x、
 どういうこと?    .  |: i:ゝ!: : rム           辷抃, ゞ}:入⌒ヾ、
                 从l、: !: : | ヾ、        ,  ` ' ,ノ/: :リ;≧x
                 八Ⅵ: :..ト、          rx,.-〈: : :!    `
                  . マ: ‘.j\    f⌒i .匕.ァ.ィヽ.」、
                    入:‘, .>.、..`¨,z≦ しイ ィj ,)

            ___
        ./`'´   \
        /:::::::∧:::::::::::::::ヽ
        /::::/ ヾ ::::::::::::',                後に書かれたとされる「五輪書」では、
        l:::/r五` !\:::::::::::l\___
        |:{l    , ,、 \:::::::ヾー―-\         「兵法の道、二天一流と号し、数年鍛練之事、始て書物に顕さんと思ふ。
        |:::::'、 ー一 ノ::::\:::::::\  `ヾ=ヽ       時寛永二十年十月上旬の比」
        |::!::::::ト 、_, イ\::::ヾ、、::::\    `ヽ,_
       l:::l::::八    ゞ、 \::::ヽ\_::::`..、__        とあることから、五輪書以前に、この「三十五ヶ条」が書かれたというのは、
    __>::\ヘ___ /yヘト、_≧__\ `ー--ヾ      これを伝える寺尾伝系での創作されたのではないか、と言われてるの。
    ハ  /ヽX:\ '、/ラハ\  ハ::\   ヾ、__    忠利に要望された、という話や、翌年の二月に献上したというのも、同様ね。
    /  ',  > ヾへヽいハ < V  '、ヾヽ- 、_  `ヽ
.  /   ヘ \  リ ヽ| |ヽニニ≠ }  ヘー--、_::ヽ     まあ、この真偽については話が長くなるからここまでにするけど、
  /     〉  丶、  ヾ≠ / ∧   ヘ    ヾ、   忠利と武蔵の会談が、互いに影響を与えたのではないか、とする説もあるから
. /    ハ    `丶、 ヽ   f ヘ   ヘ        その一例としての紹介というところね。
/    /  ',      ``|   l   ヘ   ヘ

526やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:25:36 ID:inWcOtGg0
        ...                  __
                       ,, ': : : : : : : : :ーミ、
                     , ': : : : : : : : : : : : : : : : : 丶
                      , ': : : /: : : : : , : :´ ̄: : : : : : :_ヽ
                   ': :// : : : /: : : : : : : : : : : : : ヾ、
                  l/: / : : /: : : : : : : : : /: : : : : : :,
              、_,,: :': : : 辷==: /: :_/:/: : /: : : : : : :,
               ≧==-: イ===}イ/} イ/}: : : / : i : : : : : l
 実際のところは?     ̄「:l .|: : : 、ィ===ミx ノイ / ̄`ト / : : /
                 |: :、|: : | ヒ云 `   .j/ _ }イ : : /{
                  .ノヘ: `| : : |``       ヒ戎ヾ アイ: :\
              _   }Ⅵ: : |           .イ://`ー一
         .   ,,:::::::::::ヽイ |: :|、  、_  '    /ィ : /
            /::::::::::::::::::::}‘、‘、: :| ィ丶 ー'  _ イノ: : /
           」::::::::::::::ー-'-、‘ ヽ{ l::::::≧ァ⌒ ア_ イ 、
           {:::::::::::::::\::::::}「 ̄Y「^}::::::::`T⌒{メ ___   l
          ./::::::、:::::::::::::`ヽ::廴_LLノ:::/:::‘'┐    /  l


        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙l,         まあ、単に兵法話をして終わりだったんじゃないかしら。
       |:::::::::::::,-'''''~~゙゙l,:::::::::::::::::::::::::::::::::::゙l,        なにかしら感銘を受けるようなことがあったなら、
       .|:::::::::::::|       |,:::::::::::::::::::::::::::::::::::゙l,       手紙魔の忠利のことだから、忠興か光尚宛に何かしら書き送ってるだろうし。
       |:::::::::::::|      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       .|:::::::::::::|_     ゙l,:::::::::::::::::::::::::::::::::::|        あと、念のため補足しておくけど、武蔵は五輪所に曰く、
      |:::::::::::::|t‐t三ミヽ .゙l,::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      |:::::::::::/.  ̄ ̄    /i:::::::::::::::::::::::::::::::::|        「をのづから兵法の道に逢事、我五十歳の比也。
       |:::::::::::i|.         | ゙l,:::::::::::::::::::::::::::::::|        それより以來は、尋入べき道なくして光陰をおくる」
       |:::::::::::::゙l,        |, ゙l,::::::::::::::::::::::::::::|
      .|::::::::::::::::ヽ    ヽ '‐ .゙l,::::::::::::::::::::::::::|       とあるから、この時点で既に、
     |:::::::::::::::::::::\  ー--一 冫:::::::::::::::::::::::|      自らの兵法観を確立してはいたと思われるわね。
     |::::::::::::::::::::::| \.  ̄  /|:::::::::::::::::::::::::|
     .|::::::::::::::::::::/|.   ヽ、_,,ィ/ .λ:::::::::::::::::::::::|       さて、それじゃ本編に戻るわよ。
     |::::::::::::::/::|ノ     ./  ||゙i,::::::::::::::::::::::|

527やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:26:36 ID:inWcOtGg0

 さて、年が明けて寛永十八年(1641)。
この年の正月、忠利はごく平穏に過ごしていった。

                 '       +           十
       _                                      _,.. -‐''"~ ̄ノ
      /,二-L__      '                         __,,.. -‐'''"´ _,,.、-ァ''"~)
    {  冖<- ∟_             +         +   ,、‐'''"´   _,..、-‐'乙-‐_'二イ
     \  ⌒ご゙'-┴、 '                        /  _,.ィ孑'___∠-‐く -‐く_/
      ヽ  ! '")二'ユ、                    /  /´ 了__,.ィ´__,∠-<イ
       l {  ゾ' ー<     +         十 /   ノ-‐づ、 '´_ノ-‐''"´,_,/
          l !  ´フつ::ュ.)                  /   , ‐'フ´-ノ '´_>‐''"´_ノ
  ,     ' |  ,' ¬ヘニ ヽ-ュ._           /     _,. - '´/ ,∠-''"
       | ,'  ¨! ム ^) ⌒>‐'⌒)    +/   jノノ/´  'フ_,/ ア
        |   '7 `っ<^ 'ン⌒'_`ニ=-―-/    /"´,っ ‐、/´‐'_,xく
         |  i    '´ ,ィジ>'´     /    / 人 ) イ  -‐  _ノ
        +|  丶.: .: .: ,;〃/       /   /う _六 ,'ぅ 丿- '''"´丿
+        \      /          /     ,ノ、,) -'   --┬ '''"´
            `ー-ー プ ´´' /// 〈  、ヾ`,"''   -‐'゙ ,.ニ-‐<      X^}
             /       //´  ,ゝ `ミ、/ ,ィ彡  /\ヽ、ヽ、     {_ノ
               |     , /ニ._''",,ノ   `>!´彳 〈、_入_,ト、{,,ヽ
         十  ',  仭 丿  `"ァー--イ {  ;   ミ、、x{._,入,入 \
+            (ユうァ'′  _ ;彡 ; ' ノ  } ,.'  r'Vハ{.¦{¦{ !}
                ∨`′  〈ス九ヘ}jtメ  _爻ヾf` ヽ._,火_,火_/`''′
                    (と!i`×、_ _rタ、SpY
                    /     └「 /゙>c'
         ノメ,        / 丶 ノ  {人トイ                ,J、
          (_,/           /  'Z レ冂   /                   )  }
                   /   へ ⊥__,   /    ト、                (_,,ノ
                   /  _j_    /   {_ノ
                  /  ニ太ニ   /
                /_  /|三|\   /
                 `'ー-、__     /
                     `'ー-、/

  ;;;;;;l _、‐--―  ´ 、一--- .,j;;;;;j,
 ;;;;;i!  ヽj辷'>    i <i辷T ゝ;;;;;;}      よーしよし、
゙r;;リl!::.       ヽ    ハ;;;ヾ     いい子だ、降りてこい…!
<;;;;;;;;ヽ     .,.._,. 〉   i;Z`
  f;;Y゙i,   .,'_、-ー.,_.   /ハぇ;,      「殿、あれは鷹でなく鳩ですが…」
  !` .:ヽ,    `二´   /戈''~ 

 なお、正月二日、熊本城奥書院にて、他の者達と共に、武蔵も参賀の挨拶に参上している。

 【綿考輯録】
  「道鑑老、西山左京、同勘十郎、同山三郎、新免武蔵、源次郎、春田又左衛門なとハ奥書院ニて御祝被成候」

528やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:27:49 ID:inWcOtGg0
 領内も特に大きな問題もなく、江戸からの急を告げる知らせもない。
前年に続き、忠利は平穏な日々を過ごしていたのだが…。

  |:::/ .|:::::::::::::::::::::::::::::::,'   ',:::::::::::::::::},ゝ/::::::{' ,:::::::::::::::
  |:,'  |:::::::::::::::::::::::::::::::!    |:::::|:::::/:, ' ヽ::::::! .ヽ::::::::::::    __,ノ       _
  |'  ..',::::::::::::::::::::::::::::::|   ..| ,'ゝ::::::,'   ',::::}  '.,::::::::     ) .  l⌒! /(⌒)ヽ
     |:::::::|:::::,'}:::::::::::::!   ,.}:::::::::::::/    .|:/   .ヽ::::  -=ニ    l l  ー'/.ノ
     ',::::::{',:::|.|:::::::::::::'`ー´――‐ '゙     }'     ',::    ,)    l .j   l i
      ',:::::',ヽ',∨::::::::::'      ..  ト, ̄`丶、    .}:    ⌒ヽ   `´   `´
      ヽ:::', ヾ.',::::::::::::',        |',}   /`¨   .}'      ノ-、 ○   ○
       .ヽ',  ヽ:::::::::}       .レ゙  , '              ⌒ヽ, -、/^ヽ「`
         `   `ヽ,'       └ .' ´
             ,.'        ` ー‐
            , '                
          .,.イ                   {__}
       ,   '.´
      ,´       -― ,
      ',            ',
      ヽ         |
        `  ー , ―‐ '´
            }       ゚

529やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:29:22 ID:inWcOtGg0
            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,       \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)        )                  >
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。    <     ガハッッ!!    >
           τ'::/ .;:                            <                 (
            )/                              /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

 一月頃、急に舌がすくみ、右手指も三本すくみ、足もしびれ出したという。

530やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:29:58 ID:inWcOtGg0
 この時は、中風かと心配されたものの、単なる疝気(下腹痛)によるものとされ、
三斎から寄越された使者の前でも忠利は元気に振舞っていたので、直に快調に向かうであろうと思われていた。

      ! 川/////// ,イ从从ヾヾヾヾ
      .{ i川///ハ}}リ iリ{ili,'ミィ从从ヾミミ
      ! i r'⌒jヽi!  { ヾ{´く´ヽ ̄ヽ`ヽミト、ミミ三
      {{ { _」___{!  i! ヽ `二 _     ! !ヾト、ミ三  
         Y>、(゚ソ \丶   ´(゚::ソ二ニ‐'' リ  } }}リ川  
        j  ノ:::.   \ ´       、___ノノノノ川      …心配いらねぇよ。
         i (⌒``            ー=彡イ彡'彡     まあ、念のため、今度の江戸への参府の際に、
         ! `ヽ ^            >‐彡彡イ{{     京に寄って、盛法院(京の名医)のところで診てもらうか。
        .|  rー‐ 、    ’       , '´    ノノ 乂 
          i   } }二>-‐ "`     /      /  /乂
        .  乂___, '´            .イ´ー''ノノノノ
         .Y             . . :´ ノー=彡彡
         i         . : : : ´: /       ∨
         ゝ..__ . . . : ´: : :   /         ∨
             }: : : : : :     /          ∨

                  _,.ィ≡三ミミ:;、、
                 ,,r'";ノ彡三ミ;;;;;;;;;;゙ー:、
                ,,ノ;;;;彡三彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ、_
               /;;;;;彡三Ξ彡;;;;;;;;;;;;;;;ミミ;ミ
                !;;;;;r''"´"´ー''"ノ'ヽ;;;;;ミミ;;;l
               ,ハf -‐--‐''  ,.、 ゙`ヾ;;;;ノ
           __,」.f.}  r'''ヽ.    `゙'ー レ_     
      r二二''く´  0 ,.>、l   ` ゚''′  ,r'。`) /ィj      _,..、    本当に大丈夫ならよろしいのですか…。
    ,r''/´     ̄,フ´ /l u.   ,... 、  ̄´ /,シ'ーo、 ,.fヒi'-!  
   / ,f′    /   / .! ( ,、_ヽ..ノ  _ ,イ´ ヽ=:.,`'',ヒ,i ヽ
  ノ! i      \,ィ'´! ヽ  ヽ、``゙;ゝ‐'ノノ,!   ゙i、`~.! ゙i、゙!,.ゝ、
 ノ/i  l    _,.ィ''´  i   \.   ̄´ ,/ ,i`ヽ、/   ゙i t ヽ ヽ`i.
,/l .i,! ii t     ヽ    i、 ,.ィ'^t:、,,...ィ''´  ,ノ  `ヽ、  ゙t,_ヽ ` ヽ,t、
  リ ヾ i ,..、   ゙t,     !.゙´   ゙i__,ノ ヽ//    /.   ,f´彡彡 /l `i

531やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:31:17 ID:inWcOtGg0

 が、三月九日、腰湯に浸かったところ、
一気に熱が出て、右の手足が萎え、舌も思うように動かなくなった。

      λ、;    λ;
      \ヽ、   ノ 〉:;
   <^\_〉 〉 ノ / .             / ̄ミミ彡⌒ミヘ
   ⌒ヽ、\〃⌒/:;            /           \;:
      /〉 |、 」             ミミ              |
     (_《    ノ;:           ./               巛;:
       \ヾ イヾ\_./        ;:|       /ヘミ_      \
         |_ヾ  ヽ \         | _彡ヘ  |゙ー― \    .ミ;      しょ、書状を…
          \  ~~;\__.       彡 <エエ>ミ ノ<エエ>  )    彡     江戸に書状を送って、指示を…。
            \   ::ゝ ヾヽ、.   ;:ミ f`,,  イ;   ,,, u.  `)   |;:
              ゝ、    丶\__|  ヽ,ノ(、_, ) . 、,__ノ ノ     /
                ~\ ,,,  ゝ  ~´⌒ヾトェェェェェイ,,  )==(´  ,_‐〃~~ヽ;:
                   ⌒ーゞ、__      .|,r-r-r-|    ((  ` ̄~ノ 〃~´⌒ヽ
                       `ヾ_ノ    ⌒ ヾ /  (     (ヽ
                            ゞ--\__ノ/     \(   ノ      ノ );
                                   ⌒⌒ヾ、  ノ       _/`・ヽ
                                     ヽ〃 u. ノ  _/   __, 〉;
                                        ;:(~   イ  人_______/ ^〈

 しかし、この状態でも忠利は、江戸の年寄衆や光尚宛てに書状を送り、
病状を伝えた上で、なんとか今月二十日には熊本を発ち、江戸へ向かいたいと述べている。

532やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:32:02 ID:inWcOtGg0
 この様子を見た三斎は、流石にこれは無理だ、と判断し、
三月十三日に、手紙を送って忠利を説得している。

   厂`¬、   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ‐-       }  }        }
 ノ^´    `く二.._ ̄ ̄ ̄   --  `二.._ー- 、ノ       /
/  |  十 ,ヽ 〉  \ ̄ ¬__   |      ̄  =‐- 、  /
    ー'  ゚`  、>、 ー- 、l |N l 下、¬ ┬==≦二二フ´ `V'^ヽ
   -‐=ァ  /  j x=仕示ミy之乂! |小 l  廴 元''云ミー彡' jj{」 i    【三斎から忠利への手紙(大意)】
    (  /^し 〈{{  V込ノトミvヘ、l l ! l |,.ノじiィミ冫}    ,!|   l|     何も今、何が何でも行かねばならぬと言うことはあるまい…ッ!
   ニ|ニ ヽ/ ノ 丶 `二´ ノ V八トl、 l  !、 `二´ ノ   , l|{」 |    まずは延期を申し出て、養生するのが第一だ!
    {_ノ 〈_ { ,.イ '''  ''゙゙      ト、 l 、l ''''   ''''″  / !!  i|    幸い、あと2・3日すれば盛法院も熊本に着くらしいから、診てもらえ。
    :     冫 フ /′       l ヽ 丶   }j   / ||{」 i| 
    :    r'´ン′ノ〉 j    u   l  \ \    /  j|   i|     参府延期の書状は、
`下ミ辷ァァ'´   ̄´ / {ノ        |    \ \ゝー'  |l {}  j|     俺の方から讃岐殿(酒井忠勝)宛のものを用意する。
 ,|  {」 l|   ー< u           }     `ー' `'フ  j|   リ     .あと、但馬殿(宗矩)宛ての手紙についても同様にするから、
/ノト、    l|     `7       、^"´      J u/  ,イi{」i}∧     とにかくお前は休んでおくんだ!
〈/l ヽ {} l|    `く ハ   ,...、__,...___ ______ 、__ノ ,イ |l {} / j
//  ∧ リ      ヽ..ノ} ` ̄ ̄___ ̄_ ̄´   `7 / j }|l/ /
 -‐ ´ ∨  〈\__/                // ノノ ヾ...ノ
` ー-'´    从     \           // 彡'´=彡'′


                         L___-‐ ,
              ,、 、r'. ̄'\ ! 、  .|‐'──´
         ,, -' ̄`‐´ ̄`    '、 l / / \ヽ
      ソ´          \  .! !.!.l|   .!/
     丿              ヽ .!/ ′
                  / ̄ \ : `│
       、        \| /  /
        \              |
          `゙'''、       \        …承知しました。
           /      ー'‐ ヽ
              !       , -'''´
     ‐-、            !
       ' 、     ,--、_r'´
        \    \__>
          ヽ    |
    、  , - , -─ヽ   /
    `''´  !    `ー‐'
        ′

 これには忠利も素直に従ったという。

533やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:34:52 ID:inWcOtGg0
 だが、翌日の三月十四日の夜、忠利の様態は急激に悪化。
連絡を受け、八代から熊本に着いた三斎は、忠利の様態を見て、もう助からない事を悟り、
悲嘆の手紙を江戸の光尚宛てに出している。

  、〈    、 、   ∠ニニ/  >く \\\  〉  
   \  < ̄\_∠_ //´ヽ\∠\\\   
    ̄≧-∠_\ \|\  ̄\   Y∠三\\\ 
   \__.    ヽ ` |>、   ヽ//.  // / ヽ 
  \ー┴‐    /イニニ二\___`∨/ 〉     
    >┬‐‐ト--'´ il{〈 句 `Yiト<__, ヽ >         l'''-、    .t―--、  
  \//」 ̄´| 〉  u u`ヽ-‐'人、ニ/ ニニニニニ  .lヽ,,| il,,..、   ,ゝ--′     _  ,,,ri、  :   .,,、    _  ,,,r.
  ―‐'イ´トヽ、___ij_ .ト-</7/ \   〉       ゙ヽ、 __,ノ   , -''',゙ ̄''、  .,,,,,".{。._,!i,ll/  「゙|,,,,ノ ∟  .,,,,".゙l,_,゙l,゙l┘   ,ヘ
  >ーハ. l ヽー----、.入二7//0 0 ト ニニニニニ   / !/ ,l_r-,.´>、 ヽ,,./   | .l ."'l`/'゙「--┘ ,r" /7.,!'v゚'i、 `'',! /'゙「--┘   i /   ,ヘ
   ̄ン'ヘ. |    __ト、.__レ'´//0〔リ0丿./<       ヽ、   ./゙l .l      l  !  │,!.,r。    ,! l゚L'",i´ .、,!  ,l゙./.,┐     !'  i /
  /  ハ|.   / \__/{.[ 0 0./jレ'  |        .! l ̄ .,ノ |    ノ  ノ ./丿.゙l,゙‐'―丶゙l,,,,ンン-,,,┘ ./.,l゙ ゙l,.――   。   !'
  、_/, ハ`、,、 / 丶=∠イ〉〉、,- //∧ ∠//     .ヽ `゙゛ . /  ._,,/_,/   ゙″ `":'"`    `゙"゛   `″ `゙゛'"`     。
  `‐'".__/ハ[' `ー-,_,,.,/ノ// ./||∧ヽヽ.///.      .`゙゙゙゙゙゛   `⌒    
  //`7ィノ .l`ー---‐'´.// ./|lィ|ヽヽ///    
  / /  /ゝ、____/// ./ィv\>// \    
  ―'   ` └-‐─7/ ./   /    / /  〉   
      /|ヘ     l_l__」 /    / //// 
  、   ./ | l      ._/     ////\  
  冫 ∧ 丶 ` ̄ ̄´|  >、    ///  └  
  / /、  ̄ ̄ ̄ ̄/ / / \ ///    /.
 ./ / 丶     / / /   \       > 

【3/14の三斎から光尚宛ての書状】
 「越中(忠利)煩ひ、この中我々にかくし候て、よきゝとばかり申すに付き、
  左かと存じ候てこれある内に、今日十四日俄につまり候由申し越し候間、
  驚き、八代を未の下刻に罷り出、熊本へ夜の四つ時着せしめ越中躰を見候処、
  はや究り申し、人をも見知り申さず、目も明き申さざる躰に候、言語を絶し候、
  此の如くに候間、讃岐殿(酒井忠勝)、柳生殿(柳生宗矩)などと談合候て、
  御暇申し上げ、下国申し候、我々事の外困り、正躰なく候間、わけも聞こえ申すまじく候、恐々

  三月十四日  肥後(光尚)殿 まゐる
  三齋 宗立」

 現代訳
 「忠利は、ずっと私に病気の事を隠していて、良い良いとばかり言っていたので、安心していたが、
  今日になって急に危篤という報告が入り、急いで行ってみたところ、
  忠利はもう駄目だというのがわかった。私を見ても誰とも分からず、目も見えないような有様だ。
  とにかく酒井殿や柳生殿に相談し、急いで暇を貰い、帰国するように。
  私はもう、混乱して何をどう考えればいいのかわからぬ…!」


 ── 細川家にとって、まさに降って湧いた災難と形容するしかない状況であった。

534やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:36:04 ID:inWcOtGg0

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

535やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:36:34 ID:inWcOtGg0

 ──そして

             ヽ::..ノ/:/ヽ:.:、:!    .. ,イ::::::: : ::::::::. ::::::. .: :. .:::..
              iエ;;_ニニヾヾヽ   :: ,:':/゙i:,i.:::::::lヽ::. ::::::.ヽ. :. :::
    あ       .!''''ーr,=.、`ヾ、`   ,.:',:'-ッ'/:,:'':,ヾ、゙ー、::::::::!:.. :::
    と        lゝ、 `='ヽ ヽ`,.:'/`゙フ'/,:'`ニ':,ニ丶 `':,:::!: :::::
    は       ,! .. `゙''''''"  ,!/  /, '´,ニ、==:,_`ヽ、i リ|:,::::
    た       ;     .: '´,!  _,/   、 ヾ-‐'´''ー-' !!.:i:::
    の      ,! . .. .     / -'"´     `゙ー― ''"  ,:'/!l、
    む      ,:' ヽ、 :::  , '´ ゙''ー            ,:ノ;'/ ,
           /   ', ヽ   '、_ ...,.            /,.ノ ,イ
         / ,. -'', ! ,.、  `._,        ::.. ;r'"´  , '''ー
      ,. へヽ '´   ', ',  ヽ- 、...、     ・     !    , '
‐--‐ァ‐'''´ー-ァ'`ヾ、_   ノヽ  ',`ー--`=‐‐''゙゙`   , '   /
, '´     -'、    /  !',  `゙''ー‐'"´       ,. イ
   ..      ヽ -'"  ノ ! ..      ::   ,. '´ /
            ',   '´  ':,       ,.  ' ´   , '
           ゙ヽ、 ::.    !丶、....  '"      ,:'
             iヽ、  '´    i      ,

 寛永十六年三月十六日、目を覚ました忠利は、
松井興長を枕元に召し出し、藩政や家中のことについて事細かに指示した後、
「息子(光尚)と父(三斎)の事を頼む」と遺言を遺し…

536やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:37:15 ID:inWcOtGg0
 










                                _,,,,,__        ____
                              __,,,,,`゙_ヾヽ、 ,r,;r'"/--,,_
                   , -、       ,.-‐;:ニ=:::::::. : :::::゙':!' .: ..::::::'´-.、゙ヽ
                 _   !   丶、,,____,, -‐''iー,:´:::::::::::::. ...: ::::::::::::::::::::::ー、`ヽ、
             __  r' ー'       _..,,;rr'´ノ:: ..::::::: ..:::::::::::::::::::::::. ::::::::::::::`ヽ`ヽ
             ト、`i__/         ヽ`|| /´!,:':::::: .::: :::: .: : : ::.. ::::: ::: ::: ヽヾ ヽ
       , ‐''''''''ー'´              ヾ' /´,:';::: ..: .: ::  :. :::.:::::: ::::. ::: . ::::ヽヽ 
       (           .:::    :: ..   '  l:','::. ::::: : :::. .:::: :::::::: :::. . ::: ::::::. . ::::ヽ
       \  :::::  ー-、 .. --、ヽ、    ..::.  ノ::: :: ::::: :: ::::. ::::. ::: :..::::: ::: .: :::::::::. :::ヾー-
        ヽ ー.、         `ヾ ..、,,__二フ::..::: :: : ::::. :::.::::::. :: :::: ::::::::: ::::::: :::::. :::::ヽ
          ヽ  `ヽ、    .,,,,,,,,_  `ー-/::::::::: ..:::::: ::::. :::::::. ::: : :::::::.. ::::. ::: :. :...: : :::::::: ヽヽ
           ',    `ー--ァ゙=、-、ー--/: .: :: ..::::::: ::: ::..: ::: :: :. : .: ::. ..::::. .  :::::.. ::::::: :ヽ';
           !    /´   `ー゙''''''/: : :: : .::::: :.:::::: ::::.: : :: ::::::. :: :: :: :: :. .:..::. ::::.. .: ::::ヽ
          ,'  / ::::  .:::::..ヽ-‐''::::: :::: .::  .: ....:: ::: :::: :: :: ::  :::. : :::: : :: : :::::. : ::..: ::::::

 翌日の三月十七日早朝(午前四時頃)、息を引き取ったという。

 享年五十六歳。
 法名は妙解院殿台雲宗伍大居士。 

537やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:37:46 ID:inWcOtGg0
              ____
       ,.  ´::::::::::::::::::::::::::::`丶.
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    /::::::::::::::l;:;:;:;:;:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::
.   /:::::::::::::;::j    !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        これが、細川家当主にして、
   i:::::::::::::/:/   ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::       宗矩の大名弟子の中でも双璧と称された男、
   |::::::::::/:/     ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      細川忠利の最期よ。
   l::::::::/:/___  ∨::::::::::::::::::::::::::::::::`:│´  
   |:::::/:大弋'ろドミ\ ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::!      祖父幽斎、父・三斎と共に、
   l:::/イ  ` ー―  l !ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::|     織豊期末期から江戸時代初期までの不安定な政治状況下で、
   |::|ltハ           |: ヽ::::::::::::::::::::::::::::::|     細川家を舵取りし、肥後五十四万石の大藩の礎を
   |::|!ヘム          !:  ヽ::::::::::::::::::::::::::|     築き上げた名君と言えるわね。
   |::| ::::::ヘ      - r   ヽ:::::::::::::::::::::::l   
   |::|::::::::::ヘ.   、_-_,    \:::::::::|:::::::',     また、祖父以来、兵法への理解が深い家だったこともあって、
   |::|:::::::::::::::\    ー一     /:ヽ:::::|::::::::ヘ    柳生一族以外にも、疋田豊五郎や武蔵を始め、様々な兵法者と
   |::|:::::::::::::::-_| 丶、    ,. イ__:::::::::::::!::::::::::   縁を結んだことで、名を知られた人物でもあるわ。
   |::|:::::::::::::::l |lTト、`_--_彡T「 l|、:::::::::::!::::!:::::  
   |::|::::::::ヘ/ !\.|l___|!_∨_|!_ |l/ lヘ::::::::|::::|:::::    家光からの信頼も厚く、
 /|::|::::::!  |\_/ /「 | |_/| !::::::|::::|\   また、宗矩や沢庵和尚との縁も深かったから、
,r  '::|i::::| | lヽ.__/ / ,| ! !_ ,| |::::/|::::ヽ    彼らにとっても、この忠利の早逝はショックだったでしょうね。
|  ハ::!.゙i:| ! !  / / /:! | |-‐ ,! |:/ !::ハ:|
!l  l:| .{:j  ヘ- | ./ /ーl .! ! / | j:}  |:l l!

                                          _
                                   ,  -γ ´   `.>..、
                                ./       ,-=-、  、  \
                               .,’   厂      ;,__,  ` 、 .丶
                                /.     /  へ  ゙¨\   ` \.ソ
                             / / ./ /  /.     ヽ    .、  ’, V
 ようやく島原の乱の後始末も済んで、       l.  l .l  l .|    、 .l.ヽヽ   l  .ハ  \
これから、というところですからね…。     .i  .l  l .イ  ハ.ハ    ハ i .`、ヽ .ハ  i   ` -.-,
                            l  .i  l .i l  ハ.l`.、  ..ソv  ヘハ.| l  .ト.-、-  ´
 この後、どうなるんでしょうか…。    ...  .v .|  .l i l .i  ヽ 丶、 i 彳戸扇≫ l | )l、`-
                            ノ ..K"´l ..l ∨,,彡荷     ── ´ ソ.l .i/ i `.、
                            /  l \l l  仆亡叮         .ノイ .ノ i
                          /  イ`.、 l 、            /.ハ /W/
                         ∠  ' ノ/ヘ 、ヘ\,,       ., ' `.,  ∠l /
                                .ヘハ \"""""  .ヽ-   イ
                                  \.\ミミ`  - - ´ .|、
                                    .ゝ\- ー .ノ     .ト`   ̄  ヽ

538やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:38:40 ID:inWcOtGg0

 そして、視点は江戸に移る…
                       }k
                       ノ;'l{
                     _ノ;人'、
                }、、__,. -'',r'/p、ヾ、
               ,}”ー--、."ニー--゙'ゝ ゙'‐、__,、ャ,
              ,、 /;;,rlT=イ__~ ̄~^~^''ー‐---、.y"
             ,irこ;;;},|i ||  ~||~゙ ''l!tー-n-;t{;/
             ,j r'i!_、_}-二 ニニ゛‐-,k!i、,、、」|__,|トッ
           、_ ヤ{/iコ};,^;;,,,;;;,‐,-,=ノ,ム=_-__ーネ{´,
           ,};コニニ/7r'|”~,__,゛,/ノ 。 \~^~^”””'ヤ
           i!;;;;;;;;;;;、i!__| ,i-!;'"/,r'^v^‐、\iコ~|レ=i、
         ,}`ー';;;;;;;;;;;;;;;}r‐''”_,.-''/ [iillIII}}}] 、゛\i!、;;;;i、
        /,Eャッririririrnm;y、^,、ニニ ー_ー‐-ー' ゛\,;;;i{、_     ,.ィ
        /,r"=|、__    ̄~””””””'''''''ー,rk':;firiririnnm;y^~三ニ;:ニ'}
       ,/,r"=/|::::.. ̄~゛゛``''';::::::::::::ー‐,ノ,ム-.,, 、.、.゛,.___゛~^~゛^i;/
     ,、 /,r"=/,;l,,,::::i::::|iillIIIIIIIIII|||:::::;7/,r' ``i、:::.iヘ::::::::. ̄~''''''':|
.    ォ}仁二Vェ^仁 ̄~"""゛””””''ー/,r'" .,・、 `\[iillIIIII|||]:::::::::::|  ,
    i!;;;;;;;;;;;/イ'^トー‐-ニニ二、こ,.-'" ,r' ,.-ー{  }ー、`、\"^"^"^"^゛''ー'}
    ,il;;;;;;;;;;;;;:^^i'|::::::::::::... ,. -''"_, -'/―‐‐`´ ―`i、゛、\゛^゛""ー'r/
    i l;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'|::::i,,. -''^_,,.-''′/' ,;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiilllll `i、` 、゙-、:::::::::|;it======r'7
 _r,=ーヲー",,:;;;;;;'7rイ~,. -'''~,._-_''~´..::::::|iillIIIIIIIIII|||||||||}.:::::゙'‐、 ` 、゙''-、:|;;;`i、;;;;;;;;;;;;~ヽ、
 〕{ュョiririririrm;;;;;~_,n、 ̄__二;;;,,  ̄~゛゛゛'''''',,;;;;;;;;;ー―‐---`ゝ、` -、~ヾ,,;;ヽ、;、;,._;;_;;_,,'‐、
../,r'ーl~~~^~_,.,r'%%r===%%''ュ.,_"‐^"‐''=fhifhicifcifriririririyr'g'y'ng'y''ngmgigpmgwwiV} `''‐、._
/,r'=r|::::::::,r7=-ー''^`ー"^ -、_=フ:::::::::::: ..................._________    ~"””””””””””””|”””riririririnfzmir'7
ゞ゛ヾ゛;:"゛ゞ"'';;,r';";;ヾ、:::::::::|::::::i####lllllllllllliiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ "''''' ::::::::::::::::::::::::::::|”””””””ヽ、””””"
ヾ、ハ,;;^",,;;;;;,r''^"::;''"",r'::::::::|、::::||iiiiilllllllllIIIIIIIIII||||||||||||||||||||:::::::::::|llllliii|::::::::::::::::::::::|^~^~^~'i~"
ヾゞ,、;:,,y''''7''""""'';;'':::::::::::::|;;`ヽ;、_,、::;;;;;”””””””””””'''''''''..::;;;:::::;!!!!!iil::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|
::ヾ、,,;;;ハ;''"""'''';;::''"""''r,、hhhhhhm}{メfタfタfチfツfヨfヨfヨfヨfモfヨfルfルffルfル%%$%$%$$ユ:::::::::::|
''"゛;;;;:::"''',,《;;;;''ヾ、,;""~~^~^~^~^~|^`‐'___`ー'___`ー'__`'ー' ``ー' ``ー' ``ー' ``ー'`-ー'"::::::::::::::|
ヾ;;;,,ゞ,r'"";;,," .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|~^r'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,Tニソニi`ウニ{''T;ニj7{ヘ""""""""
;;'ヾ,r";r'ヾ'";:" ;;;;;;;;;i:::::::::::::::::::::::::::::|´)、_}ーv'´ヽ^{~フ~v_~ゝく,ノ~i´_K´メv_~Kトー{_{、ヽ、j、_}~ス、
;;;''ゞ;;;,i^'',、lll||||||||||||:::::::::::::::::::::::::::::|r'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,´)、_}ーv'ケ^~v__ゝ;く,ノ~i_jヘヽv~「^j´)、
;;',;ヾ;ヾ;、;;;'''゛iil||||||||l::::::::::::::::::::::::::::;|シ、_}~ス、く,ノ~i´_K´ナv^ーヌ_ヽ^{~フv7_,r`}フ~vレン、ヽフv_,r`}ヽ
Il"^ヾ、,rーir;======i、ーy'-;ーkー┐,}イ_,レ´i~,;k'_~メv^-チ_ツゝく,ノ~v^j,´)、_}ゝク-ヽヽノiス´ヽ^{、
;;|,-r‐'y';_rllr======V´)、_}ーv'´ヽil~シ'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,´)、_}ーv'ケ^‐スj~シ'_ノ`iへヽ}v'ケ^~v、

539やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:39:11 ID:inWcOtGg0
                  _,,..-―――‐-..,,_
                   ,..-''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''-、
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    て
                /::::,..へ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   そ
            /::::/   `^~ァrr,.、_,,..-ァ=彡ヘ:::::::::::::::::',
              /::::/         ,リ|}         ヾ::::::::::::::i
.             l::::/ ,ィ圭fx.、                 i::::::::::::::l
           /´.l  ´ ̄ヾミメ、        _,,,.、  |::::::::::::,'
            | h.|   '、・)`ヽ``  ィf斗芸圭斗ゝ .l::::::::::/
            | リ|     ̄ ‐' ヾ ′、´・)`ヽ   ,'´`.y'          なんだとっ!?
         /::ヽ_|         .::}    `  ̄     .,'/、/          越中の奴が、亡くなった…!?
.        _,,..从リリ,|     ..:::/       i  //ノ/
     r''"   / ./ l      ヾ_ツ       U /_//、
    _../    //  ',    , - ..,,_          /::::::/  `''-..,,_
_,,..-'" /    /    ',   ヽ.__ )     ./i从リ      `"''‐-..,,_
   /    /      .\           // .| ∧             `ヽ
.  /    l         \        < ./  |  ∧               ∧
  /       |       |  \__ ..<  /   .|  ∧              ∧
. /       .|       |          /    |   .∧               ∧
/       |       l            /     .|     ∧               ∧
          l       ヾ       /    /|    ∧             .|  ∧
        ',           \    /   /  |       ∧           l  /
        ',―-..,,_          _,,..-'   |、     ∧        /  /
        _',        ̄`ヽ、   /        |. \     /        /  l
\     / l         `¨ ;:        |   \./         ./   .|
  \  /   |           l       |    \        ./    ヽ


         / ̄ ̄\
       /    \i||i/
       |    ( ○)(○)
       | u.   (__人__)     ははっ…!
         |   u.  `⌒´ノ    先ほど、豊後目付からの連絡があり、
         |         }     .三月十七日に息を引き取られたと…!
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

 三月二十七日、豊後目付からの速報として、忠利の死が幕府に報じられ、
翌日、細川家からも使者が入り、忠利の死が正式に報じられた。

540やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:39:55 ID:inWcOtGg0
            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::
     〉゙゙`'''ニ二 ̄  ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::      なんてことだ…。
.    /    ""   U  }:::/ /ヽ ハ:::::::     越中…死ぬのが早すぎるだろう…。
    /..             "´ 2ノ/ l:::::
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr‐-        .ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !


         / ̄ ̄\
       /    ー ー\
       |   ( -)(-)
       | u 。゜(__人__)    …まことに仰る通りでございます。
         |      `⌒´ノ
         |         }     (越中殿…わしも上様と全く同感じゃ…!
         ヽ        }      まだこれからであったろうに…!)
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

 忠利の死を告げられた家光は、「越中早く果て候」と嘆き、
すぐさま、熊本へ弔問の上使を派遣している。

541やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:40:19 ID:inWcOtGg0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |     …今、病気見舞いで暇を与えられた肥後殿が、
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |    浜松から引き返して来るという連絡があったそうです。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ     流石、越中殿の子ですな。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \   
        /                    ヽ  
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ 
       ' 「      ´ {ハi′          }  l 
      |  |                    |  | 
       |  !                        |  | 
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !     …そうか。
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |    
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_

542やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:40:57 ID:inWcOtGg0
       _,--──-、_
    ,-‐´; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ__
   /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ
   i; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; |
  |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/ |゙゙゙
  |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;,-i; |.  〉
  |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/| /|;/  |
   |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/ヽ|| ´.  |i       流石、越中の子だけある、か…。
   |; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/  |)   |´
   .|; ; ; ; ; ; ; ;/    |   /
.  r|;/;/;/;/;/     |  /
. / ー-、____  ト、/
_/  `ー       `┴、____
ミニフ-_______    /
  /    ─────´  ̄ ̄─-、
 /              /´  \
/                 /      \
i              /         i
           |  /            |
           | ./   / ̄      |
_          | /   \   -、  |
__ ̄───、__||     `丶、 \ |
   ̄ ̄ ̄ ̄──┤      __二>〈
              |    i-二-─´ ̄ |

 その後、家光は五月四日に光尚を呼び出し、

 「越中は取り立てたところ、実によく奉公してくれたので、こちらも譜代同然に考えていたのだが、
  このように早逝してしまい、実に残念に思っている。
  そちとは母が縁続きでもあり、心安く思っている。
  越中の跡一式を申し付ける(相続を許す)ので、いよいよ奉公せよ。
  わからないことがあれば、遠慮せず何でも聞くがいい」(大意)

 と懇ろに語りかけ、肥後五十四万石の相続を許した。
これに対し、光尚は「このような仰せは聞いた事もない。お前達も有難く思うことだろう」と家臣宛に送っている。

543やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:41:37 ID:inWcOtGg0

 そして翌日…

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ      …但馬。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ     今日が越中の五十日だそうだ。
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、


         / ̄ ̄\
       /    ー ー\
       |   ( ●)(●)
       |     (__人__)     …早うございますな。
         |      `⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

544やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:42:31 ID:inWcOtGg0
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;| =ェ::ェ::::::::,ィ:::ェ::ェ= 「ヽ      江戸での葬儀も
     !(,ヘ!     :::::|::::      ,ドリ     ついこの間だったな…。
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′     お前と和尚がいてくれてよかったよ。
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、


         / ̄ ̄\
       /    ー ー\
       |   ( ー)(ー)
       |     (__人__)     はっ…。
         |      `⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

 忠利の葬儀は、江戸と国許の両方で行われた。
この時、江戸での葬儀は四月二十六日に東海寺で行われた。

 将軍家の代理として焼香をしたのは、宗矩である。

545やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:42:59 ID:inWcOtGg0
        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{      …但馬。
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙    お前も、なるべく養生するんだぞ。
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
    /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
            l /  __      !
            l, l  く,_  、   |


        /⌒`"⌒ヽ、
       /,, / ̄ ̄ ̄\
     /,//::       \         ははっ…。
     ;/⌒'":::..        |⌒ヽ
    /  /、:::::...       |ヽ_ \
  __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、 /⌒`ー'⌒  )
━━━`ー──ゝィソノ-ヾy_ノー─━━


 こうしてまた、時代は流れていくのであった…。

546やる夫で学ぶ柳生一族(その61)2013/03/25(月) 02:43:25 ID:inWcOtGg0

  \ヽ, ,、
   `''|/ノ
    .|      
_   |      
\`ヽ、|      
 \, V"      
   `L,,_      
    |ヽ、) ,、   
   /  ヽYノ   
  / r''ヽ、.|   
  | `ー-ヽ|ヮ  
  |    `|   
  |.     |   
  ヽ、   |   
   / ̄ ̄\  
 /  _ノ ヽ_ \ 
 |  (ー)(ー) .l
. |   (__人__) |
  |   .`⌒´  |
.  |        }
.  ヽ       } 
   ヽ     ノ  

┼ヽ  -|r‐、. レ |
d⌒) ./| _ノ  __ノ

【やる夫で学ぶ柳生一族(その61) 「細川忠利の死」】 完

関連記事
[ 2018/03/15 00:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する