FC2ブログ

やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その62「紫衣問題解決」 前編

579やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 22:33:12 ID:bKIFzcLY0
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレです。

【今回のメイン柳生 : 柳生但馬守宗矩(やぎゅう たじまのかみ むねのり)】

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |        大和柳生藩初代藩主にして柳生家の当主、
. |  (__人__)  |        そして徳川将軍家剣術指南役、柳生但馬守宗矩だろ。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;).  常識的に考えて…。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

580やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 22:33:46 ID:bKIFzcLY0
■ 基本、史実ベースではありますが、史実においても意見が分かれていたり、
 当方の知識不足などにより、若干の創作が入ることもありますので、
 「大体こんなもん」程度に捉えて頂ければ重畳ー。

■ 次回のスレ立て告知については、現スレで行います。
  基本的に毎週金曜の夜にしております。

 【現スレ:やる夫で学ぶ柳生一族(やる夫板Ⅱ版8)】
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1353250063/l50

■ 以下、過去のまとめを載せて頂いてるサイト様です。
 ありがとうございます。

 【『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ】
  ttp://yagyuo.g.hatena.ne.jp/inugamikoubouathangul/
 【やる夫+まとめ -戦国系- 「やる夫で学ぶ柳生一族 まとめ」(※55話以降)】
  ttp://yromtm1059.blog117.fc2.com/blog-entry-328.html
 【多元 - 「やる夫で学ぶ柳生一族 まとめ」(※現在54話まで)】
  ttp://tagenmatome.blogspot.com/2009/07/blog-post_06.html
 【やる夫観察日記-「柳生」】(※19話まで)
  ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/?q=%CC%F8%C0%B8

■ あと、以下は>>1が別にやっていたスレであり、こちらもご覧頂ければ重畳ー。

 【多元 - 「やる夫で紹介する歴史伝奇 まとめ」
  ttp://tagenmatome.blogspot.com/2009/06/blog-post_9780.html
 【やる夫短編集 阿修羅編-「やる夫で紹介する歴史伝奇」】
  魔岩伝説 : ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-4180.html
  魔界転生 : ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-3203.html
 【やる夫短編集 阿修羅編-「やる夫で紹介する武芸者列伝」】
  男谷精一郎 : ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-3898.html
  上泉信綱   : ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-5056.html

■前回
 【やる夫で学ぶ柳生一族(その61)】
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1353250063/366-549

 では、はじめます。

581やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 22:34:20 ID:bKIFzcLY0
>>1からのお願いコーナー】
 毎度お馴染み、今回も次回(その63)の解説役を投票で決めたく。
ルールは以下の通りでアリマス。

 ・ 支援の際、以下の条件を満たすキャラについて名前なりAAなりを挙げて頂いた後、
  集計を行い、投票数が最も多かったキャラを次回の解説役にする。
  (例:支援。○○(キャラ名)とかでOK。作品名もあると更に吉) ※一応、1人1票でお願いします。

 【条件】
 ・ 女性キャラ。または外観が女性のキャラ(女装美少年込み)
 ・ AAが複数ある(できれば20行以下のバストアップAAが3種類以上があると嬉しい)

 既出キャラ有りなので長門なり翠星石なりも投票数次第で再登場可でアリマス。
でもできれば作中の登場人物に割り振り済みのキャラはややこしいのでご勘弁をば。

 ちなみに、票が同数のキャラが複数いた場合、恐縮ですが、その中から>>1が使いやすいキャラを
選ばせていただく所存(AAの使い勝手がいいとか、そのキャラを知ってるとか)。
あと、解説役の相方は>>1が適当にチョイスします。
よろしゅうですー。

【過去、投票で決まった解説役-1】
 その13 : マシロくん(舞-乙HiME)                 ......その32 : 閻魔あい(地獄少女)
 その14 : 渡良瀬準(はぴねす!).                   ..     : 輪入道・骨女・一目連・山童・きくり(地獄少女)
 その15 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱)                .その33 : ドロッセル(ファイヤボール)
 その16 : 綾崎ハーマイオニー(ハヤテのごとく!).        ..     .: ゲデヒトニス(ファイヤボール)&AA色々
 その17 : 宮小路瑞穂(乙女はお姉さまに恋してる)       ..その34 : ゆの(ひだまりスケッチ)
 その18 : 菊地真(THE IDOLM@STER)              ....     .: 宮子・ヒロ・沙英・吉野家先生(ひだまりスケッチ)
 その19 : 木下秀吉(バカとテストと召喚獣).           ....その35 : 山口如月(GA 芸術家アートデザインクラス)
 その20 : ドリィ&グラァ(うたわれるもの)             ..      大道雅 (GA 芸術科アートデザインクラス)
 その21 : 祇堂鞠也(まりあ†ほりっく).                .その36 : 田中井律(けいおん!)
 その22 : 大佛はずむ(かしまし)                 ......      秋山澪(けいおん!)
 その23 : マコ(みなみけ).                      ....その37 : イカ娘(侵略!イカ娘)
 その24 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※2回目.        .....      諌山黄泉(喰霊-零-)
 その25 : 渡良瀬準(はぴねす!) ※2回目             その38 : なし
.      : シモン(下妻市非公式マスコット)            ..その39 : 羽衣狐(ぬらりひょんの孫)
 その26 : 藤岡ハルヒ(桜蘭高校ホスト部)            ....      三浦あずさ(THE IDOLM@STER)
.      : 須王環(桜蘭高校ホスト部)              ......その40 : 神代マヤ(世紀末オカルト学院)
 その27 : 宮小路瑞穂(乙女はお姉さまに恋してる) ※2回目        ケンシロウ(北斗の拳)
.      : 菊地真(THE IDOLM@STER) ※2回目         ..その41 : インデックス&上条当麻(とある魔術の禁書目録)
 その28 : ティエリア・アーデ(機動戦士ガンダム00)       ..      ナージャ・アップルフィールド(明日のナージャ)
 その29 : 草薙素子(攻殻機動隊)                  .その42 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※4回目.
.      : タチコマ(攻殻機動隊)                 ......      渡良瀬準(はぴねす!) ※4回目
 その30 : 渡良瀬準(はぴねす!) ※3回目           ......その43 : ラミア・ラヴレス(スーパーロボット大戦)
.      : 木下秀吉(バカとテストと召喚獣) ※2回目      ...      ゆっくり霊夢&魔理沙(東方Project)
 その31 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※3回目          .その44 : 嵐山歩鳥(それでも町は廻っている)
.      : レベッカ宮本(ぱにぽに)                .....      辰野トシ子(それでも町は廻っている)

582やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 22:34:48 ID:bKIFzcLY0
【過去、投票で決まった解説役-2(今回含む)】
 その45 : イカ娘(侵略!イカ娘) ※2回目
       キュウべえ(魔法少女まどか☆マギカ)
 その46 : 来海えりか(ハートキャッチプリキュア)
       花咲つぼみ(ハートキャッチプリキュア)
 その47 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※5回目
       泉こなた(らき☆すた)
 その48 : 秋月涼(THE IDOLM@STER DearlyStars)
       秋月律子(THE IDOLM@STER)
 その49 : 泉野明(機動警察パトレイバー)
       シャーロック・シェリンフォード(ミルキィホームズ)
 その50 : 佐倉杏子(魔法少女まどか☆マギカ)
       巴マミ(魔法少女まどか☆マギカ)
 その51 : セシリア・オルコット(インフィニット・ストラトス)
       やらない夫
 その52 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※6回目
       キョン子(涼宮ハルヒの憂鬱@二次創作)
 その53 : ヘンゼル(BLACK LAGOON)
       グレーテル(BLACK LAGOON)
 その54 : イカ娘(侵略!イカ娘) ※3回目
       インデックス(とある魔術の禁書目録) ※2回目
 その55 : ドラゴンキッド(TIGER&BUNNY)
        暁美ほむら(魔法少女まどか☆マギカ)
 その56 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※7回目
        セイバー(Fate/stay night)
 その57 : ニャル子(這い寄れ!ニャル子さん)
       柳生九兵衛(銀魂)
 その58 : 比良坂初音(アトラク=ナクア)
       綾崎ハーマイオニー(ハヤテのごとく!) ※2回目
 その59 : 邪神モッコス(ゼノサーガフィギュア)
       柏崎星奈(僕は友達が少ない)
 その60 : 長門有希(涼宮ハルヒの憂鬱) ※2回目
       綾波レイ(新世紀エヴァンゲリオン)
 その61 : みどろさん(涅槃姫みどろ)
       輿水幸子(アイドルマスター シンデレラガールズ)
 その62 : 藤乃静留(舞-HIME)
       赤セイバー(Fate Extra)

584やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 22:37:30 ID:bKIFzcLY0

【寛永十六年(1639)時の柳生一族系譜】

  大膳長永
     :
  <柳生家>
     :
    ├─────┐
  柳生永珍   中坊源専
     :
    ├─────┐
    家厳      重厳
    |    (七郎左衛門)
    |     (松吟庵)
    ├───────────────────────────────────────────┐
    宗厳                                                              .妹
  (新左衛門)                         .【江戸柳生】                             |
   (石舟斎)                        .(大和柳生藩)                          <幸徳井家>
    ├───┬───┬────┬───────┐                                |
    厳勝   久斎   徳斎     宗章          宗矩                               友景
  (新次郎)             (五郎右衛門).     (又右衛門)                              .|
    |                            (但馬守)                                |
    |   【尾張柳生】                   |                                  |
    ├────┬────┬────┐        ├─────┬─────┬─────┐       .|
    純厳    利厳.     妹     厳倚      三厳       友矩      宗冬      .六丸    友種
   (久三郎)  (兵庫助).         (権右衛門)   .(十兵衛)    .(左門)     .(主膳)
           |                   (幼名:七郎) .(刑部少輔) (幼名:又十郎)
           |
           ├─────┬────┐
          .清厳      利方     .新六
        .(新左衛門)  .(茂左衛門)

585やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 22:38:01 ID:bKIFzcLY0
【第1部(その1~11)のあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の領主、柳生新左衛門宗厳は、上泉伊勢守秀綱創始の新陰流の正統を継ぎ、
後に名を石舟斎とあらため、その剣名を天下に上げた。
しかし、長男新次郎厳勝の不具廃嫡、豊臣家による所領の没収、
新次郎の長男、久三郎純厳の死など、柳生家に辛く重い苦難が襲い掛かる。
だが、徳川家康の招きに応じ、「無刀取り」を以って家康に指南を請われた際、
末子・又右衛門宗矩を推挙したことで、再び柳生家にも光が差す。
その後、関が原の戦にて徳川家に味方したことにより、柳生家は旧領を回復、
更に家康が幕府を開いたことで、宗矩が将軍家剣術指南役となり、
柳生家、そして柳生家の新陰流…「柳生新陰流」は、一気に繁栄の路を進む。
そして、柳生家の家督を宗矩に、新陰流の正統を兵庫助に継がせた石舟斎は、
慶長六年(1611)、78年の生涯に幕を閉じたのであった…。

【第2部前編(その12~24)のあらすじ】
 石舟斎の死後、宗矩は正式に家督を継ぎ、新たなる柳生家の当主となった。
またその翌年、柳生庄にて宗矩に待望の嫡男・七郎…後の柳生十兵衛三厳が誕生する。
そして、大坂の陣による豊臣家の滅亡、一代の英傑・徳川家康の死を以って、
戦国の世は完全に終りを告げ、新たな時代「江戸時代」が始まる。
その新しき世において、柳生家は将軍家指南役となった宗矩の「江戸柳生」、
尾張徳川家指南役となった兵庫助の「尾張柳生」の二家に分かれ、
宗矩は「坂崎事件」を解決するなど、剣術指南の枠を超えた才を発揮し、柳生家を発展させ、
兵庫助は新たな時代の剣、「直立たる身」の工夫を編み出し、新陰流を発展させる。
その後、時は寛永・三代将軍家光の世に移り、尾張においては後の柳生連也斎厳包こと新六が誕生、
江戸においては十兵衛が小姓を致仕するなどがあったが、その末に、遂に宗矩が諸大夫成を遂げる。
「柳生但馬守宗矩」がここに誕生したのである。

【第2部後編(その25~61)のあらすじ】
 晴れて但馬守となった宗矩だが、知己の禅僧・沢庵が紫衣事件で罪に問われ、
また自身も主君家光より難題を出されるなど、次々と苦難が立ちふさがる。
だが、大御所・秀忠の逝去によって赦免された沢庵より
「剣禅一致」を説いた「不動智神妙録」を受けた宗矩は、
真の大将の剣、『活人剣・治国平天下の剣』を確立することに成功、
これを家光に教授し、信任を確かなものにする。
そして、宗矩の惣目付就任、柳生藩一万石の大名への立身や、
柳生新陰流の全国への広がり、嫡男十兵衛の赦免など好事が続き、
途中、江戸時代最大の一揆「島原の乱」の発生や、次男・刑部少輔友矩が夭折するなど、
暗い影がないわけではなかったが、概ね、柳生一族は繁栄の絶頂を謳歌していた。

 そんな中、寛永十八年、家光に世継ぎとなる嫡男・竹千代(後の家綱)が誕生、
また、柳生家も十兵衛に娘が生まれるなど、明るい先行きが見えつつあったが、
同時に、共通の知人である細川家当主・細川忠利が亡くなるなど、
禍福を織り交ぜながら時は進むのであった…。

586やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 22:38:45 ID:bKIFzcLY0

 さて、ここで時は戻り、再び寛永十七年(1640)…。

           (  ヽ                   , ⌒ヽ , ⌒ヽ
     , ⌒ヽ   (       ヽ   _,=''''''^~~~~~~~~~^''''=,,,,(    (    '
    (    ' (        ,-='''~ -=^~~~^-^~~~^==- '=,,,    ゝ    `ヽ
.     ゝ     `ヽ    <~ -==^~~~^ =^~~^=-=^~~^'=-~'=,  (        )
   (            ヽ'^' __,,,,,,i~~~l===|~~i==|~~|_,,,,,..ノ (          ヽ
  (.     (⌒         ヽi~ |  |__レ、l--l--レ.;---i i-、 (           )
 (                 r'^~~~~l l   | :| ∩ ∩|,-=,__,-,_| |~i^i,,           ヽ
  (.          `)   l^^|,,,,--==.i~~l~~~~~~~~~~|   i l .|~^''''l~^i,,,,           ヽ
   ,ゝ.          /i~~i' l ∩∩l .l ∩ ∩  l  |__| .| .∩| .| l-,
  (    '   ,,,,,='~| | |' |,,=i~~i==========|~~|^^|~ ~'i----i==i,, | 'i
 (    (     | l ,==,-'''^^  l  |. ∩. ∩. ∩. |  |∩|   |∩∩|  |~~^i~'i、
(           ,=i^~~.|  |.∩.∩ |,...,|__|,,|__|,,|__|,,|__|,....,||,,|.|,.....,||,|_|,|.|,....,|   | |~i
 (.      l~| .|  | ,,,---== ヽノ    i    ヽノ~~~ ヽノ   ~ ソ^=-.i,,,,|,,,|
  ,ゝ     |..l i,-=''~~--,,,  \  \  l   /   /    /  __,-=^~
 (.     |,-''~ -,,,_  ~-,,.  \ .\ | ./   /  _,,,-~   /     ヽ
, ⌒ヽ.     ~^''=、_ _ ^'- i=''''''^~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^''''''''=i -'^~ (      ヽ
     ヽ         ~^^''ヽ ヽ  i   |   l  i  /  /  ノ   (         )
   , ⌒ヽ              ヽ  、 l  |  l  l / ./  /   (         (
     , ⌒ヽ⌒ヽ       \_ 、i ヽ  i  /   ,,=='   (           ヽ
.           , ⌒ヽ       ''==,,,,___,,,=='~      ,ゝ           ヽ
     ⌒                  (              ヽ
   ノ                    ヽ
                      【東海寺】

587やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 22:39:53 ID:bKIFzcLY0
       , -‐''''"´ ̄``ヽ、  
       /     _     ヽ 
     /        ̄ ̄   { 
      l _ィニニア二二二ニヽ、j._   
     | 0Lj/-‐-レノ ノ_ヽ:::`ヽ     和尚様。
     レ:r、/ イ゚テ   ピト`|::|      そろそろ上様がお着きになられるそうです。
      l:lヘ  '"   ,j  '"/ノ
     ヽヽ、   r‐-,   /' 
        lヽ、  ̄ /  
     _,r┴‐-`v´-‐j-、__  
  / ̄/:.:.:.:| ̄ ̄`T ̄´|:.:.:.:l´ `ヽ /
       東海寺の小僧


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |        うむ、では河岸の方まで御迎えに上がるか。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
         沢庵宗彭
      (たくあん そうほう)

588やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 22:41:26 ID:bKIFzcLY0

 北品川の河岸──

                                                  ( ̄(( ̄(
..                                  ......................................................../ ̄// ̄//
      ザーーッ                          ,::;;;::;;::,iiiiii!!lllllliiiiiiiiiiii/ ̄// ̄// ̄/
,::;;--゙゙,,;;;;;::;;;:::,,,,,;;;;,,,;;,,,....;;;;... .. .. ....;;;;;;;;;;;..,,;;... . .. ... ..;;,,,,,;;;;;::;;;:::,,;;;;;';;llllliiiiii!!lllllliiiiiiiii!!;;;;i/ ̄// ̄// ̄//
illlllllliiiiiillllllllllliiiiiiiiiiliiiiiiiiliiii!!!;;;,,,,,;;;!!!iillllllliiiiii!!;;;,,,,,;;;!!!iillllll!!!iiiiiiiiiiii!!!lll;;:;;;;;;i;;;;i;i;;;iii;i!!;;,/ ̄// ̄// ̄// ̄/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄// ̄// ̄// ̄//
''"''"''"''"~~~''"''"''"''"''"''"''"""''"''~"''"''"''"''"'''~'''''"''"''~~~"''"''"''"''"''/ ̄// ̄// ̄// ̄// ̄//
''~"''''''''''"''"''""~"""''"''"''"''"''"''"''~~~~"''"'""~"""'"''"^^''"~'''"/ ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄
''''"''"''"^^''"''"''"''"''"''"''''''''''''''''"''~~~"''"''^^^^"''"''"''"''"''"''"'''''''''''"''@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,
''"''"''^^^''"''''''''"''"~~~''"''~"''"''"^^^^'"""'"''"'~~'"''"''"''"''"'~"''"''"''"''"'':|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|::|iiii
--...,,,,__,,....--''" ̄"''--..,,,,____,,,....--''" ̄"''--...,,,____ --...,,,,__,,....--''" ̄"'' - -.|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::|:::::


 この頃は、まだ江戸湾の埋め立てはそれ程進んでおらず、
品川の辺りだと、目の前に海があるような状況だったという。

 つまり、東海寺を少し出れば、そこは海だったのである。

589やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 22:43:45 ID:bKIFzcLY0
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! ー- ..,,_    ,,.-‐'''' ミ;リ
      !ヘl;| ,.=≡=、` ,´ィ,.=≡=、「ヽ      よう和尚!
     !(,ヘ!    '"  |:::.`    ,ドリ     久しいな。
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^    ム'′      元気にやってるか?
        .ト   ヽ二二二フ .,イ
     / i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、
          徳川家光
       (とくがわ いえみつ)


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |   
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |       はっ…。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      上様も御健勝にあられる様で何よりで。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

590やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 22:45:01 ID:bKIFzcLY0

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       というか、久しいもなにも、先月も参られたではありませんか。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|      先週も拙僧の方から御城へ参上しておりますし。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ 
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\ 
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;| '____`  ,ィ '"世ン 「ヽ      ははっ、まあ、そう言うな。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ     和尚の話を聞くのが楽しくてな、
     ヾ、!      !;     ,レソ     .会えない時間が長く感じられてたまらないんだよ。
       `|      ^'='^     ム'′ 
       ,rト、  ー_ ‐-‐ァ'   /|
    _../ i| \   二"   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

 家光が東海寺へ和尚に会いに訪問した回数は、7年で75回を数える。
最初が寛永十六年五月なので、平均すると月に一度のペースで訪れているのである。

 それに加え、和尚の方から江戸城へ参上する事も頻々とあったため、
それも踏まえると、ほぼ毎週程度のペースで家光は沢庵と会っていたものと思われる。

591やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 22:46:58 ID:bKIFzcLY0

               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (-)(-) |    ヒソヒソ…(すまんな和尚。
.             | u.(__人__) .|         .だが、ホント和尚と会うのを上様は楽しみにしててな。
        r、      |   `⌒´   .|          実際、今日が和尚と会う日だからってことで、
      ,.く\\r、   ヽ      ノ          粗相をした小姓が赦免されたりしてるくらいで…)
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |     (…嫌と言うておる訳ではない。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      お前が謝ることでもなかろう) ヒソヒソ…
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

592やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 22:47:55 ID:bKIFzcLY0
    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|      ところで和尚、
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ     ひとつ気になった事があるんだが…
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       なんですかな?
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

593やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 22:49:43 ID:bKIFzcLY0
            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \   
        /                    ヽ  
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ 
       ' 「      ´ {ハi′          }  l 
      |  |                    |  | 
       |  !                        |  | 
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ 
     /⌒!|  「`tふト、 ̄ヽ    ィ,さ:ァー示   .| i/ ヽ !       寺の名前なんだが…海がこんなに近いのに、
     ! ハ!|  ト--- '`  i  !   `ー '´     .||ヽ l |      東海寺(とうかいじ)ってのはどうなんだろうな?(ドヤッ
    | | /ヽ!        |            |ヽ i ! 
    ヽ {  |           !           |ノ  /  
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'  
        `!                    /    
        ヽ       .Tニー‐‐‐,‐''      / |
            |\      `二二´     , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_

【徳川実紀(大猷院殿御実紀附録巻六)】
 「東海寺にならせられしとき、沢庵和尚召て、海近うして東海寺とはいかにと仰ければ…」

595やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 22:51:46 ID:bKIFzcLY0

       _ r '"_ ̄_、,~-=、,
     / _ -:": : :\: : : :\  て
    /  /: : : : _,,ll}lll,,,,,__: : :|  そ
   /   |l,_:  _,,,lllllll'''~ ~''''llllllllllll|
  /  /::::lli,,illllllll'_'-─'リ ̄レ`ェ-._ヽ_`
 /  /:::::/''''_-"レィ辷ェヽ`'''ヽリ_ミ:`ェ、
 | ./::::/  //-‐-リ `   '  ̄ヽリレリ_
  ヽi:::/o/[レ r ‐ 、    r'''ヽ /レリ    (えー!
  \/! !リリ !. (::)    、 (:) ! .i、      そもそも東海寺って名付けたの、上様じゃないの!?
   ノi  !!  ,,, ~    `  ,, i       それでどうなんだろうって、どういうこと?)
  /;;;;!ヽ ヽ  u.          i 
 /;;;;;;;;;;`‐-‐\    z==   / 
 |;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;::\     _/,  
   ̄ ̄   r┤!_r-`==- ̄ ' ─---、
      人トイ` _,,            ヽ


     / ̄ ̄ ヽ
    /      ヽ
   /        ヽ
   |     _,.ノ '(ゞ、_|      (やれやれ、また上様が悪い癖を…。
   .|    ( ー)ヽ ヽ       多分、今日の訪問に備えて考えてたんだろうな、あのドヤ顔からして…。
   .ノ| U   (___人_\\__    さて、和尚、どう返す?)
 /  |     `⌒(⌒_   \
 {   .ヽ.       し「、    \
 {   ト `ヽ. ___´ノ  ヽ、    i
 .|   |       |  /   /

596やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 22:53:51 ID:bKIFzcLY0
                            
                ,. '"´三二二三`ヽ  
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ 
              /   /    夢     ', ヽ
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,) 
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ   .大君を将軍(しょうぐん)と称すると同じじゃー!!
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _) 
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)  
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  

 「なを大君にしてしやうぐん(将軍)と講し奉るがごとしと御答えせしかば…」

 ※別の逸話だと、「大軍を率いるも将軍と称するが如し」ともされる。

597やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 22:55:36 ID:bKIFzcLY0
                  _,,..-―――‐-..,,_
                   ,..-''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''-、
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /::::,..へ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            /::::/   `^~ァrr,.、_,,..-ァ=彡ヘ:::::::::::::::::',
              /::::/         ,リ|}         ヾ::::::::::::::i
.             l::::/ ,ィ圭fx.、                 i::::::::::::::l
           /´.l  ´ ̄ヾミメ、        _,,,.、  |::::::::::::,'
            | h.|   '、・)`ヽ``  ィf斗芸圭斗ゝ .l::::::::::/       ………………。
            | リ|     ̄ ‐' ヾ ′、´・)`ヽ   ,'´`.y'
         /::ヽ_|         .::}    `  ̄     .,'/、/
.        _,,..从リリ,|     ..:::/       i  //ノ/
     r''"   / ./ l      ヾ_ツ       U /_//、
    _../    //  ',    , - ..,,_          /::::::/  `''-..,,_
_,,..-'" /    /    ',   ヽ.__ )     ./i从リ      `"''‐-..,,_
   /    /      .\           // .| ∧             `ヽ
.  /    l         \        < ./  |  ∧               ∧
  /       |       |  \__ ..<  /   .|  ∧              ∧
. /       .|       |          /    |   .∧               ∧
/       |       l            /     .|     ∧               ∧
          l       ヾ       /    /|    ∧             .|  ∧
        ',           \    /   /  |       ∧           l  /
        ',―-..,,_          _,,..-'   |、     ∧        /  /
        _',        ̄`ヽ、   /        |. \     /        /  l
\     / l         `¨ ;:        |   \./         ./   .|
  \  /   |           l       |    \        ./    ヽ

598やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 22:57:03 ID:bKIFzcLY0
::::::::::::::::::,、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
:::::::::::::::i' `"~´''""゙~゛゙^'ヾミ;,゙"ー;;;;;"゙''''ヾ;i
:::::::::::::::|           ' ;!゙       {,
:::::::::::::::|                  i
:::::::::::::::|   ,ィ≦三三≧x、_       |
⌒ヽ.:::::}  '" ̄ ̄ ̄ """"´  /三ミミ!
´'ハ i:: |   , =≡≡=、     i.__   ,'
.r‐ノ レ'                 | ̄ ヾ i         ……プッ、ハハハハハハハハハッ!!
.{ i、               l    |
 、 `                    |   |         すまんすまん、和尚。
ヽ、 `i           ,-、 ノ   !        こんな質問をしたら、和尚はどう答えるだろう?と思ってしまってな。
:::| ` ー,                 ´    ,'        .つい、問うてしまったんだが…流石は和尚だ!
/     、       、==ニニ7   ./         .当意即妙の答え、見事だったぞ!
     ヘ      ヽ-----′  /
      ヘ     `~"´    /
    ',    >         /
     ',       ≫...    _ '
     ',      .:.:.:.: T<
      ',         .::.:.|   " ‐- ,
                      ̄" ‐


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       ふっ…上様も意地が悪うございますな。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      では、御一笑頂けたところで、参りますかな。
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ   
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\      「おう!」
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

599やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 22:58:01 ID:bKIFzcLY0

       , -‐''''"´ ̄``ヽ、  
       /     _     ヽ 
     /        ̄ ̄   { 
      l _ィニニア二二二ニヽ、j._  
     | 0Lj/-‐-レノ ノ_ヽ:::`ヽ    
     レ:r、/  ⌒    ⌒`|::|      (流石は和尚様だ!
      l:lヘ  '"   ,j  '"/ノ      見た目は怪人だけど、やっぱ凄いや!)
     ヽヽ、   r‐-,   /'       
        lヽ、  ̄ /   
     _,r┴‐-`v´-‐j-、__  
  / ̄/:.:.:.:| ̄ ̄`T ̄´|:.:.:.:l´ `ヽ


        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
      (⌒)(⌒ )   |
      (__人__)     |    (流石は和尚だろ。
      (`⌒ ´     |     まあ、和尚ならやってくれる!と信じてたけどな!)
     {          |
     {         ノ
  __∩  ヽ      ノ
 (ミんゝ、 /     ヽ
    \ '' /|    |

 「人々一時の機転なりと感じ奉りけり」

601やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 23:00:15 ID:bKIFzcLY0
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! ー- ..,,_    ,,.-‐'''' ミ;リ
      !ヘl;| ,.=≡=、` ,´ィ,.=≡=、「ヽ        和尚、この大根の漬物美味いな! ポリポリ
     !(,ヘ!    '"  |:::.`    ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ        よし、これは沢庵漬けと名付けるぞ!
       `|      ^'='^    ム'′
        .ト   ヽ二二二フ .,イ
     / i| \   ===   ,イ.:ト、  
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       …御意のままに。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ      (一応、貯え漬けって名前があるんだが…)
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\      
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 このように、家光から沢庵和尚に対する好意は相変わらず続いており、
家光にとって、和尚はなくてはならぬ人の一人になっていたと思われる。

602やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 23:01:33 ID:bKIFzcLY0
  _   _  ∧ ∧
 |:::::|  |:::::| |:l:l 川              > ´  ̄ ̄ `ヽ             {    /: : : : : : : : : : : : . . .     _
 |:::::|  |:::::| . Ⅴ ∨           > ´, < ´  ̄  `ヽ\         ヽ.  ,.' : : : : : : : : : : : : /)./´!-/ }''フ
 |:::::|  |:::::| .;´  ´         ./, <         ___ .} |_       ノ  i: : : : : : : : : : : :/ / _{ !ノ /´
 |:::::|  |:::::|              //       > ´   __ Vへ \___  .(   : l: : : : : : : : : : :/ .'"´/ | }ノ
 |:::::|  |:::::|               〃        / >  ´   `ヾ}  ト.、`ヽ Y  j |: : : : : : : : : :/    j | ノ: . .
. /:::/   .|:::::|                   / / .,        !  |ヽ) ', { ム {: : : : : : : : :.j'      ,.イ´: : . .
/:::/   \:\              /  /  メ、   /    !  | '_).ミ} 7:.{ !: : : : : : :.ノ    / : : : : . .
 ̄       ̄            /  ./  /{/i` ./! -r― |  !  }_).,! /:.:.:.`ヽ: : > ´  , -< : : : : . . . .-‐く    うむっ!
                      ,      {/レ'ィ汽. |/j/ .| /| / }j  ! ノ}_)/.':.:.:.:.:.:.ノ }.   /: : : : : : : : : : : : . . .    余の出番が来たか!!
                   /    ./r | 辷ソ    乃ム / __j彡{_)./:.:.:.:.Y´: :/  /: : : : : : : : : : : : : : . .
                      /   /  ゝ!   _   ヾ沙'イ:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:,): :乂/: : : : : : : : : : : : : : : . ._,,..-   随分と待たされた気もするが
                 /  /     __!  レ'´ `ヽ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:.:.:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .     まあ、よい!
                     ,/レ'     ノ{:.ハ.  ゝ. __ノ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .
     .ィ⌒ヽ                 /:.:.:.:.:.:.:.ヽ ___ ,ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{ ; ; : : : : }ヽ: : : : : : : : : : : : . . ___      さあ、これより余が
.     /    {                  二フ亦ィ ニ=―ミ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉 ` ; : : ノ ヽ: : : : : : : : : : . . . ヽ `ヽ   直々に江戸城へ乗り込んで
ヽ   |    ゝ._          ,ィ´'⌒Y´ )       マ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ム   .._   _   /ヽ     /     .皇帝の威厳を…!
 ',_  {      `ヽ /`ヽ.    /    ゝく           }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;..イ ゝ.__|::::|__|:::::|_/:.:.:.:.\  }
  > ⌒ー=- ..,,____}/   ) __  {    乂_人      ノ{:.:.:.;: <´  ̄      |::::::::::::::::::::::::::::::::|  ̄ ´ \ノ
. ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヾー ノ ) ',   (__)ー-ァ  ̄ ̄ ´ `ヾ/            ̄|:::::| ̄|::::::| ̄
..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`Y (   ゝ-イ:.:{.v'´ |○ ):.:.:.:.:.:.:./      _         . ̄   |::::::|
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ ノ .__/:.:.:}:.:!/`ー}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   _,ノ:.:.:.:.:`ヽ           /::::/  _ ._ ._
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.乂/:.:.:.:.:.:.:,イ:}X二_}○ ):.:.:.∠,,..ィ ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー- ..,,_   /::::/  |::::| |::::| |::
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ j:.ト、,.--|ィヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー. ̄    ̄  ̄/:::
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ノ:.レ^ー ヽイ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.       /_:/

603やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 23:03:35 ID:bKIFzcLY0
         /  r'´        \_-- 、   、 \
          /  /              \  ヽ !
       /  /    /    i          !  ヽ  !
.      /  /  /   l    l           、   !  !
      l  /  /  ,イ !   l  !       \ │ !
     l  〃  |  i ! | |    l、 \  、     \! l、
.     l 〈 l  │ l ! ! ヽヽ   | ヽ ヾ ヽ    ! ! !  !
     | |  !  | l トヽ‐-ヽヽ、 ヽ-ヽr‐ヽ l、 ! | | ! l ト、       あらあら、皇帝陛下。
     ! !  rヽ |_ゝ!ニニ,ミ丶  \ゝニヽ-‐リ- ! ! !ハ !  !      そんな御無体な事をしたらあきまへん。
     ! |  |  !‐ゝ{ゝr`j `     イrアj`ゞ! !ノ  ! ! ! ! 
     ! l  l  !l   ̄ ´    i   ー`- ' レ' !  │ ! | !      ここは、やさしゅう見守ってあげるのが
.    ! | |  !       │       /,イ   l  ! !ヽ     上に立つ者の態度やないですのん?
    /! | !   !       、 ,      /^r v-!   ! ! !  !ヽ
.   / |  !│  !ヽ    、_______,  /゙,r'|゙亅 !    ! | ! l ヽ
  /    !!   ! \    ─‐  / / / /7 !    ! ! ヽ ヽヽ
  | 〈   l    l、 r`ト、     ,〃/ / 〃l  l    |  ! ヽ ヽヽ
-、_l、 ヽ  !    レ' ヽ ` ー- | / / / / / |  !    ! ヽ ヽ ! ヽ
  `ーl´ ̄´ ! !   ! l、 ヽ   〃 / / / ! 、 ヽ |    │ヽ ヽ l !
-r', /   | !    ! |   ヽ / //゙゙゙゙  /  ! l─ l!     │ ! │

                    ...      ,ゝ==.、
                         ,, "    ヾ.、
                         ,"     ,ゝ、j,ゝ、.
                        /'      ノ_厶、Yメ、ヽ、
                        i!     , '.´,' ,ィ : . ゙、`ヽ`、
                        ヽ  /, ,  ,' i i!  i、、 i:.i゙、
  む?                      ノ//,'.:i.iハ!i i! i、!| ヘ!ノ.!:.∨
 お主は誰だ?           .    ,イ人!ィ三ヌ、リ!/!ィ三メ,ィリ: ト.、
 というか、なかなかの美人だな!     /! ,ハ'i|゚::ci゙ " ''i!゚::。i/ノ i!iヾ.i
 名乗ってよいぞ!             ,' i ,"'トベ¨¨ _'_ ´¨´!'i リ! i!
                         i! l トゝ,ゝ. ヽ. ノ , イ、ノ, ,' 丿
                         ヽ乂ミ゙〈:::::>.、,ィ.:i、:::::ノノ '
                         _,=-、__7::/::::|i|::メ、:〉_=‐ヾ.、_
                      _,/`ヾノ,」i!iフ`¨¨`´. ↓≠ゞ´゙ヾ、
                     .《:::::::::::::::i!:::,ゝ'.. 、 /___`ヽノ::::::::::::
                     . 〉::::::ゝ、_!:/,ィ=¬○´,ィ  `ヾ、::,フ:::::
                     .':::::::::,メ'´7'´、 =,゙○、´ , , ハ丿`ヽ、::
                     :::::/  乂 ハヽ ´厶、 _ /    `

604やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 23:05:00 ID:bKIFzcLY0
    /: : : : : : : : :ヽ: : :   ヽ . .ヽ. .ヽヽ
   j; :/ : : : : : : : l:.ヽ : : : : : :l:. : :l : : ! l
.  /l: :l : | | : : : : : ヽl : : : : : : l::. : ! : :l :l
 /: |: :!: :ハ|ヽヽ: : : : ヽ : : : : :ハ:. :l: : :|: !
 {: l:{ ハ: レ==ヽ: : l : : } : : : :! : :l:: | : :| :|
  ヽトト{ヽ! r_ _,ヽ:ト: :/: : : : | : : :l:l: : :l: |       あらお上手。
   |:.1!  ´ ̄ j/ jイ: : : : : |:. : : :l! : :l :|      藤乃静留と申します、陛下。
   |:.ノ        |: : : : :!::. :l. :l : : l |
   |:.`ヽ´_,. -ァ   |: : : : : ト::.. ヽヽ: :ヽ       今回は、うちと一緒に
   |: :/.)ト=´   ,. |: | : : : l、ヽ::::l::.. :ヽヽ     .解説をやりましょっていうお話なんどす。
   |/ / // ト、_ ィ ヽ.|: l : : : :V´ ̄ヽ::. : l:.ヽ    .そやから、ここは大人しゅうお願いします。
  // /! {|/´} /   !:: : : : .: l:: ._, ‐`ー 、:. i
 / ! ′ ,lノ // ヽ   l:: : : ..::: } ´ _...:ニ⌒ノ::: |
./. . |  ヽ/′l/    7::...:::::::ノ. . ´_:_:__ヽノ
. . . .l   }   !    /::::::::/ /´. . . . . . . . . ヽ
. . .ノ    ノ   , /:::::/‐ ´ . . . . . . . . . . . . . i
/   /  //::/ . . . . . . . . . . . . . . . . . . l
   /{  / /lイ:/ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . l
  /:.:.:.:.V _/  `ー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .|

                                    / __{/   /   /. : : : :`^: :.⌒l \',
                                        ′{ /   ア   /         ヽl   }
                                   { {”.′                  ',  :}
                                   〉′  /   / /  / l    ヽ
                                  /} {    ./    / /}  ハ :li     }   }
  そうか、シズルというのか!    .          / /-‐‐/)   斗--:} .ト、l :ll  }        ,
 お前のような美人に頼まれては仕方ない!    /  ア´///   / }/  }/  l l ', ハ ./    ′
 望み通りにしてやろうではないか! ...     .:{{\〃// 〟  ./ x=ミ、   Ⅵ 7⌒/} /
                            . : :}}. ./ /`7´}-、 / :.:.:.:. `^    ,ィf芯㍉′ /
  だが、              .       . : : : :{{     (/ ./-‐‐  つ        〈_ツ ムイ}/
 余はこの時代の話をほぼ知らぬ故、  . : : : : : : }}  --、 (/ -‐ '"´        '  .:.:.:.:./ /
 解説はお前に任せるぞ?       -‐: : : : : : : : {{      /-‐==ミ   {   ァ      ′ 、  ___
                  -‐. : : : : : : : : : : : : : :}}‐ヽ __  {i . . .{. /::.  `      イ ./ }. _/ } ./ {
  「おおきにどす」      ..: : : : : : : : : : : : : : : : :{{. . . .}: :\ \ ≪: : : : 〕 -=≦}、/  }/  :{/   ∨  }  / }
                  : : : : : : : : : -‐‐…‐- ゞ=彡--‐‐\ )⌒´\//:》: : {ムイ/}`/ 〉r‐、   {__/  〈
                  : : : : :ア: : : : : : : : : : : : : : : : : }: :}: : :/“¨ゝ=彡: : :.}. . / / .{.// / 〉、- 、   /
                  : :ア´: ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :{: :i: :/       \:{. . {{/    ゝ'、/ゝ'、. . \/ー‐‐‐‐,
                  :/: : : : : }: : : : : : : : : : : : : : : : :}: : /  ‐-、     __',. . >o。        ',. ノ}',   /
                  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/:/        ´ /ヽゝ---. .o。     / /. } /
                  ‐‐---、: : : : : : : : : : : : : : : :./           }  厂}. . . ./}. . . .-=彡 ./. ./ー‐‐、

606やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 23:07:02 ID:bKIFzcLY0
                         ,r ´> ´ ̄ ̄   {r ´ ̄`.、
                         > ヽ.   /      ヽ.   ヽ
                         {  /  /    /    丶、  \
                        .Y  ヽ. /    /     } `ヽ  ヽ
  ではシズルよ!          .  ゝ   ノ/     {!     i!,!  ',
 早速聞くが、将軍は何故ここまで   }  く. ,'     ハ     /リ| !   ',
 この坊主に入れ込んでおるのだ?  ト  ソ !      ト. 、マー=ミ!i   il
                     ...  ゞ ノ |       .{    、.{:il ',   i|
  もしやアッー!な関係なのか?  .....  r彡,  |     ヽ ',       ヽ ル′
 然程の美形とも思われぬが、     ::/:::;i |.       ',       /
 この将軍は好みが特殊なのか?   :{::::::i!. |    ヾ 、 ',  , __ / ヽ
                        リ::::::|`il i|   .ハ ヽ ',   ̄,´   ヽ
                       ::::::::::i| .レ ハ    ハィー-  __/ ,.     ヽ
                        ー- 、:.:.:.:.ヽ. ` ',:.:.:.フ}≧、 },  {`ヽ}
                       / /:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:..`ヽ ヽ //ミ:.:.:.:', ヽ  ',
                       :.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.>ミー-`、 ヾ_ヾ:.:.:.:.:ヽ ヽ }

           ,-、-――ヽ―- 、.
       ,---'´-、 \\ \  \
       /r i    \ \ヽ  \   \
      / | |  ヽ\ 、 \ヽ  ヽ   ヽ
      /   |  | ヽ \\ヽヽ  ヽ   ヽ.
       |   | 、 |  ト、ト_、ミh、 |   |ヽ 、 ヽ.           そういう訳やありまへん。
     | i i | ト、.|\レ|_,ィzリ  |  |、ヽヽ ヽ          当時の記録のうち、「細川家記」によると、
     ハ i | |>ト_` rヾマシ! . |  !ヽヽヽヽヽ
     .| | ト ヽ ゙ト,ィイム  、    | i |  |,ヽヽヽヽヽ        「沢庵和尚御無事に候。別して上様御懇ろ、日に増し申し候。
     | | |゙ヽ.カ、ト、ヾ'   ヽ    ! | !  |ヽ. ヽヽヽヽ        折々咄し申し候。御心安くなれ申し候程、
     ゙'ヽ'  ||  ト、   -=_'´ | | | i !ヽ、_ __\ヽ        感じ入る事計りに成り申し候。不思議成る儀に候」
           |!  ||  |゙i'ー,-,-.,イ | l | ト_-‐';:-‐ヾ、'\
           |  ||  ||| | | レ| | i | |::::/ /´ \ i      とあるんやけど、簡単に言うたら、
           |i i i !| i |ハ | レ',イ| | ! .!:/ /     .|ノ     この和尚様は、お話がえろう上手やったいう話なんどす。
          /イ | |//ハ_///| | | .| |:/ /        |
        //||//_/ /   |. レ' |::|/         !
        //// //、_/-、_, -| |' /:::|         !
        //,イ./ k'_ヽ--/^ヽ-‐‐| //:::::::|       |

607やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 23:08:29 ID:bKIFzcLY0
                              __, =‐‐‐ -=ミ
                          く^⌒´ //`⌒ヽ   ヾ    /〈 
                           `¨≧     \  ≧=-  /:./    ___
                            {/   { \\/、 \ 三ニ=- , ‐、´:.〈
                           / {   \{、ィf沁ヽ \≧=-//⌒ヽ _
  ふむ、話が上手、か。         ..  :/ {丶≧=-ヽ  ¨´ }/ヽ}: : :/三{: : :\:,{: : /
 具体的にどういう話をしていたのだ? .  {ト、. \Ⅵ圦ツ ' _ ノ . : /=彡ニ=-: : : :/{: :.′
                         .  {i \  ≧=- -r': :∧: : : : : : : : : : : : : : \
  今、あったような            ..  ヽ   \{ヽ≧=‐´ゞ'’ \: : : : .-‐=≦ ¨¨´
 頓知のような返しが上手だったとか、   .     {{__/_/       ∨:./
 そういう話ではないのか?       ..     〈: :/  // ̄ ̄ヽ__∨
                                 /`⌒^゚。         / 
                               八   / ` -=≦: / 
                                }≧=‐ Xニ{O》: :.{  r、  r、    
                                }: ∧´ Xニ{O》: : \}} ゝ' oヾ/}}. 


                        _,. ‐''"´ ̄ ̄`丶、
                      /´            \
                    /         /     \`丶、
                      /      / /  ,     ヽ  ヽ
                  /        l / 〃   ! ',  ',   ',
                    /        l / // / ,' ! ! }   !   l
                /        l  l/ // _,,厶/j_jム  l  |     そういうのも含めて、
                  /       |  l7フ ̄///,ノィァテ} , ノノ    話が上手かった、ということなんどす。
              /  ,    / i|  l气戎⌒   亠'ノノイ!
                /  /   /  ,ハ  '、 ̄´     ,ハ} 川       ほな、和尚の話の例を挙げてみましょうか。
            /  〃 / /  /rΛ  '、  マ_フ / '´ / l '、
           / /  / /   /\ ヽ. \ _ ,.イ{  ,.イヽ ヽ.\_ __ ノ
            / /    /   /   ` ‐\ \_ハト--‐ヘ、\ \--‐''´
       / /   /    /\    /` ーr--‐ヘ、_,ノ\ \ \
.     / /   //   / _: : \  /:::::::::::\::::;ィ个 、  \ \ \
.     / //  ./ /   /´   \: :`7:::::i::::ヽ:::::Y_::ヾ: : :`ヽ、 ヽ. \ \
.   / / /  , ' / /    l     __ _`ヽ{_::!::::::;.<::::\::\:/|  ',ヽ. ヽ }

610やる夫で学ぶ柳生一族(その62)2013/04/14(日) 23:12:44 ID:bKIFzcLY0
                                       ∧
                                       ,:.:.:.',
                                    {:.:.:.:.',     ‐-、
                                    , -‐    ',:.:.:.:{   ___,ノ
                                 (____   !:.:.:.|
                         r =-- ..,,        }:.:.:.|
                         { /´  ̄  \.      〈:.:.:.:.!
                          ! {              !:.:.:.:{
                       __ >ヾ  ̄ ̄ ̄ ` <   }:.:.:.:.',           ニ|二ll
                       {/            > 〈:.:.:.:.:/           \
           ニ|二ll      i 7 ,             `ヽ. ',:.:.:.{            や
              \..     ム /   、       /   ト ヽ}:.:.:.!           /     今回はここで終わりだ!
                 や..   }_〉  {  ト!/ \ {ヽ  !メ.. / ヽ} { ノ:.:.:.',          /     次回はもう少しまとまった話に
                |     く{  !  三三≧ \! ≦三. i   ヽ.:.:.:.ヽ        ┼      .なるとよいな!
      :⌒)    |.       i〉  ヾト.{ {{::::::::}}    {:::::} {   ヽ:.:.:.',        9
         :丶  ┼.     乂ヽ  ヽ ゞ= ソ __    ゞ;ノ , ,〉、  ト:.:.:.}               では、皆の者、暫く待つがよい!
            ::) 9.         {_ム  \' ' '  {   ̄V   /イ.レヽ!:.:.:/          '⌒) (::
        )⌒'            r-} 7:.\  \ー-ゝ __ノ...イ:.:.:.:.:{ .{ } ヽ/          (    .:::
     (  ⌒)          ゝ} }:.:.:.:.:.ヽ!\!.  ヽ \:.:.:.r-、:.:.レト!            (::.
    (⌒   .::ヽ.          マ:.:.:.:.:.:.rヘ:.:.(  ̄ ` ̄ )'                 (::.   .::
  _  ::..    .::) l. ̄ l.       _ヽ:.:/ ノ:.:./:.:.}ニニニト.、    ,.ィァ          ´   .:.ノ
    L (   .::)┘__.    <}:.:.:.:.:.':.:.}ミ、:.:./:.:.:.ー ':.:ヾ/:.`:.ー':.:.:.:ヽフ.     __   (   . .:.:)
   ___(   .:.:)| lニニニl |...  く!:.:.:.:.:.:イ:.:.:.:/ ` <:.:/ ヽ:.:.:.:.:┌─┐   |    |  (   . .:.:)
  | l二l二l│_:ノr| lニニニl l ̄ ̄ ̄j.゙:.:.:.:.:.:.:.:/  /    ヽ `''. 」 ロ_ ̄ ̄l | 日 | (⌒.  ::人r─
  | l二l二l│ェュュ:il| lニニ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| :.:.イ.      ┌───冖| []├冖冖ー‐┐       ) ̄|  __ __¨ ./
  | l二l二l│┌「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l┐ロロ |l/:::r'ー─┐ ┌l [] []  冂| []│[] [] [] []│ ̄l.   ::) |    _)  _) \

関連記事
[ 2018/03/15 02:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する