FC2ブログ

やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

やる夫で学ぶ柳生一族 その63「十兵衛、『月之抄』を著す」 中編

785やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:00:50 ID:yRed32G60
                                          ○________
                               続きよー!      |:|\\:::::||.:.||::::://|    /イ
                                              |:l\\\||.:.|l///|  .///
                         __ ィ   ,. -――- 、     |:|:二二二二二二二 !// /
                        /    ∟/          \.   |:l///||.:.|l\\\|/  /
                / ̄ ̄ ̄ ̄ 7 / / ./  / /   l l l lハ  |:|//:::::||.:.||:::::\\l    /
  ト、     ,.    ̄ ̄Τ 弋tァ―   `ー /  l从 |メ|_l  l_.l斗l |ヽ V |:| ̄ ̄ ̄ ̄ フ  ̄ ̄    |                  イ
  ヽ \__∠ -――く  __       .Z¨¨\   N ヒj ∨ ヒソj .l ヽ\|       / /     |                / !
   ヽ  ∠____vvV____ヽ   <   ≧__/ ゝ、t‐┐ ノ .|┐  . \   / /         \           /   l
.    \\_____ivvvvvvvv|   V.    (  (  /Tえハフ{  V   ‐一 '´ /     __. -―=-`      /  / l  l
       \!      |   / 入_.V/|      >-ヘ  \:::∨::∧  ∨ ∠二 -‐ .二二 -‐ ' ´ /        /   / l.  l
 __  |\       l/V  _{_____/x|    (_|::::__ノ   }ィ介ーヘ  /  ,.-‐ ' ´           /       ____  ̄ ̄フ ∧  l
  )-ヘ j ̄} /|        /___/xx|       _Σ___/| | |V::::ノ/ ∠___           {     /      `<  /  \|
  {  V  /`7.         /___./xXハ    ( |:::::::::::::::::ハ   >' ____ 二二二二二二>   /   __    〈
.  \_   |/        /___l XX∧     __≧__::::::::/:∧/   `丶、           /     {   {____ハ    }
    |   ヽ        /____|ⅩⅩ∧  __|__L.∠ ム'  <`丶 、 `丶、       /       \_____/    /
    |     ',         {     |ⅩⅩⅩ>'  __      ∧ l\ \   丶、 ` 、   ∠ -――-  ..____ノ   /
   ノ     }       l ̄ ̄ ̄.|Ⅹ >' ,. '  ̄ / .// :/  V'  \ ヽ    `丶\/                 /
  / ∧   { \      |      .|>' /      // :/ :/ :   ', l   \ ヽ  ,.-――┬      \         /
 入ノ. ヽ  く  ヽ______7 ー―∠__    〃  l :/    :l l     \V       ヽ       \    ,.  '´
`ー′   \  `<  | {      /   | /〃   :|/  __V/ ̄| ̄ ̄{_     \_      ` <
        \  `' ┴ヘ     {    .レ__r‐|ィ‐┬、lレ' |    /  ノ`y‐一'  >、_/   / ̄ 7丶、_   丶
         \    ヽ   /`ー「と_し^´ |  |    }  ム-‐'  /     /    \_/  /  /  ヘ    \
           ヽ   _>-ヶ--∧_}   ノ  j   /` 7 ̄ ̄ ̄{      (         ̄ ̄`ー‐^ーく_〉  .ト、_>
            ', /     人__/   .ィ  {__ノ`ー'    ヽ    人     \__              {  }  |
            V     人__/  / | /           ̄{ ̄  >‐ ァ-、    \             〉ー}  j
                {  / ./  ∨      __      ̄ ̄ >-</  / ̄ ̄         廴ノ  '
      <ヽ__      /し /        < )__ \   _r‐く___/  /    < ) \     {__ノ /
        Y__>一'    /         ___r―、_\ >'   `ー' ,.  ´       >.、 \__ノ    {
     ∠二)―、       `ー‐┐    ∠ ∠_r‐--―      <__       ∠ )__          \_
       ∠)__ノ ̄`‐⌒ヽ__|>      ∠)__r―――-― ..__{>        ∠_廴,. ⌒ー'  ̄ \__{>

786やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:01:50 ID:yRed32G60
 さて、今までも散々語られた話であるが、柳生宗矩という人物は大層能が好きであった。
折角なので、ここでよく知られた逸話(甲子夜話より)を紹介する。

| ||             |  | |         | ||                       |  |       |  |
| ||             |  | |         | ||              ('''';;;;,)       |  |       |  |
| ||             |  | |         | ||           (;;;;;('';;;;ソ;;,,)         |  |       |  |
| ||             |  | |         | ||         (;;;,, )   /,,         |  |       |  |
| ||             |  | |         | ||        (;;;(;;;;,,,)ヾノ;;` ⌒(;;;(;;;;,,)    |  |       |  |
| ||             |  | |         | ||            / ;;ソヾ(;;; ) ヽ'(;;(;;;,、)   |  |       |  |
| |.━━━━┳━━━━|  | |┳━━━ | ||      (;;,; )ヾ⌒ヾ/ (''''ソ;;;;,)        | o'        .|  |
| |.━━━━╋━━━━|  | |╋━━━ | ||     ........./ ;;:( ;;ノ.....................      |  |       |  |
| |.━━━━┻━━━━|  | |┻━━━ | |/ ...............................................................................\.|____.    |  |
| ||::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::|  | |       ./                               \.. |  |
| || : : : : : : : : : : : : : : : ::::::|  | |    /                                   .\|  |
                 :|  | |   /                                      .|  |
..              |  | |./                                      .|  |
..              |  |__________∩._____.∩___________..|  |
..              |  __________. |├─────┤|____________|  |
..              |  |i i iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii .| |_______| | iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii. |  |
..              |  | i iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii |├──────┤| iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii |  |
                                | |_________| |
                                  |├───────┤|
                              ~~            ~~

                 , '´  ̄ ̄ ` 、
     / ̄\       i r-ー-┬-‐、i
   / ノ   \      | |,,_   _,{|
   |  ( ⌒ ⌒) ......  N| "゚'` {"゚`lリ
   |    (_人_)    .   ト.i  .,__''_  !
   ヽ  `⌒´ ノ  ...   __l\_ .イ
  ./ー.l`‐< ̄`ヽ    /  |\Y  |\

 ある日、江戸城で観世太夫(時代的には十世・観世左近大夫重成)の能が催された。
この時、宗矩は家光の側でこれを観ることとなった。

787やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:03:27 ID:yRed32G60
 四座一流の筆頭・観世流の当主である観世太夫の能である。
当代の名人と言える人物だが、ここでひとつ、家光は余興を思い付き、宗矩に命じた。

                   _,,..-―――――‐-..,,_
                ,,..-''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                i::::::::::::::::::::::,.-‐''" ̄ ̄ ̄ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                ヽ::::/''"アノリ         l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
             ヾ|   ノリ   ,,..-'"二ニ= `ヽ:::::::::γヽ::::::::::::|
              |      r',..-''" __    ヽ:::::::| r、|::::::::::::l        なあ、但馬。
              |_,,.==、    '´ { ・j_,,    ',::::::|、 |:::::::::::|      これから、観世太夫が踊るわけだが、
                 ヽ 'T・j i      ̄         ',::::|ヽイ:::::::::,'       その能の中で、斬ることができる隙を感じたら、
                  i  ̄ |              .',::| ノ |::::::::i       言ってみてくれよ。
                l.   l              |ノ .-'`ヽ::::|
                   ',  ヽ_ _    ,        l   ヾ|__
                   ヽ   _,,..-‐''"´          ./     ',: : :_\__
                  \ 、__,,.-'        ,.-'"        ',: : : : : : : :`ヽ
                   ヽ          /          ',__: : : : : : : : \__
                _,,./: : ヽ l      /            i \: : : : : : : : : \
              ,,.-'' /: ,..-'': :`''―‐''"´   ./              \: : : : : : : : : \
           _,,.-'': : /-''": : :/ |        /             -――-..,,_: : :
     _,,..-―‐-、: : : :/: : :,.-''"/          /  ___               `ヽ
  _,,.-''-‐''" ̄`ヽ.\,.-.、 /  ̄"''-.、        ,..-''"´
 /    -''"ヽ  ./   l       ヽ   /


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)      承知致しました。
   |     `⌒´ノ 
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \
   | /   /     i \
   |"  /       | >  )
   ヽ/      とヽ /
    |       そ ノ

788やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:04:47 ID:yRed32G60

 そして、観世太夫の能が始まった…。

  /   ,'  ,     i、 ;゙'、 ',、    ',    ;  '、'、
  / ;. : ;  ,'  ,  ,i iミ;v',''、 ',゙、 ';、  '、    ;  ', ','ミ;、
 ,' .,' : ;  ;   ;  i !. i    ', ;. ', ',`、 ',',   i  ';、'、
. i .,i   ,  ,   ; ,i ',. i    ゙,. i  ',', .';、,i-!‐   ! , : !,ヾ、
..!/ ! : ',   ,  i ! i.! ', i.    i;',.i_,、i;ヒ',、ri‐!   !.!;',; i,'、
.i'  ! :. ,   , , .i_';i,i,,,,';.i_   i,:l'゙,r'゙!,'':ソi.!'゙i .  !i !.,i、',ヾ、
.  i :  ,  ;゙, ,:','i_,i,!i,、、:t,` 、 j' i ` ´ !' i ,' .,' !','i'、ヾi _,,,
   i ; ;. ; i', '、‐;'t、';'';ソ ゙'  、       i,i. ,' ; i/'、' `'_ _ _
    ! !.i', ', i. '、i'、'、'、      ',        ,'/,.;、i'i ::::::.......
   'i ,' ゙'、'i . ,',i゙ミヽ,      ',        '゙i,'i' l' :::: : . . . : :
.   i,'  ,':,i'、,',、. '、':、      '゙   __    /::::: i
    ,,r'゙....:'、::'i:::゙:,i、ミ、゙':、_    ‐''''.".   //::::::/:-::::...... : : : :
'゙ ̄ ̄.....: : :::::::'l::::::゙':::;:'ミ;'-';:.、     ,r゙/:::::/:... ::.:.:.:.........
,.,;r:‐:':':':::::::;:、:‐:':゙;:‐:':::::::::':、::::'‐ニ;;;:、,,_ノ/:::;r':'::、::::::::‐.;:;:;:;:::::::
: : !::::::::-::':゙ ..::::::;:;::::::::::::;::':::::':::、:::::::`:':v゙:::::;::':::::::'::、'::、,::::::::::::.゙.゙.
..::'、.::: : ...::::::::: .:::::::;::':;::'::::::::::;::;:'`,'::'ッ;;(lll)ミ';;;;、;;;:::::::':::,::'::-:::::::::
;::':::`、.::;::::; . .'::::;:::':;::'::::::::::::;:'::::;:':.,r';;rシ;;i''i;;'、ミ;'-ミ;';;-、 ::::::::::-、
::::::::::`:'>'..::::::::::::;::::::::::::::::;:':::::;:.,r';;ジr゙;;i :::::':;;;、ミ;;、,,l;;;;!::':、::::::::::
:::::;::‐:':`:;、:::::;;:::':::;::::::::::::;':::::;',r゙;r゙; ,';;;;;i :::::::: ';;'、`ー--゙::::::::::'::、:::
           観世左近大夫重成
        (かんぜ さこんだゆう しげなり)

    / ̄ ̄\
  /   _ \ /
  |    ( ●)(●)
  |     .(__人__)     ………。
  |         ノ
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /

789やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:05:54 ID:yRed32G60
‐シ'゙` 、 ',   _,         `' 、
  ,、   '、',_ '゙ `' 、         '、
. ,'  '、 , ' ;      '、        ,',
,' , ,:、';',  .;     '、    ',  ; !
 ,',':::'v:.i  ,'i、 '、   ,    ',  '、', ,.!i
. i,' : :::::i  !i:'、 !:,  ;   ; ,、、'、', !!l
,'i'、   !. ,'i; : '、i:'、 ;   i',.:': i ヾ!'i
i トミ;   i_,',,i、、,,';,i__', ;,  , l':;:. ノ,'i,'
 | i   i.,'::;; ..... i,' ','i ; '; i;:'ジ,i,'
.,,rl/  l:'  ``''"´` ',' ,'i ,';!!'i゙,'、!;、
;;;./___          ,'/ i,'. ;! !' `'ミl゙i、
;;;;;;;;;;;'、、,,__     ',、.:l'.:.:.:   ,;';;;;;;j',,
;;;;;;;.,,;';;';,    _,、.:':゙:.:.:.:.i:   ,;';;;;;;;;;',;;;;゙;,,
;;.,,';;;;;;;;;;;`ッr/`:、:.:.:.:.: : !  ,,;';;;;;;;;;/,;;;;;;;;;;゙;;,,
,,';;‐;、;;;;,;;;'.:iヲ.:.:.:.:';  ,.:r'゙ .,,;';;;;;;;;;;;/,;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙;,,,
;;;;;;;;;;;;';;i'、i゙j :   ‐'゙_、,,;;';;;;;;;;;;;;;;/,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙;;,,_


     / ̄ ̄\
    /    _\ /
    |    ( ○) (○)
   | U  (___人__)     ……………。
    .|       __ノ__
    |     _/ ___\ヽ_
     、    '-/____ヽ  |
     ノ 、 ._'-〈  、ヽ  |
    ,´         ヽノ}   |
   /          {   /
  ./  /       /   {

791やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:06:51 ID:yRed32G60
                     ,>-‐,'ヽ,,_
                   ,ィ',ィ ,r,:',ィ  ,   ' ヽ
                 ,,,.、、、_ソシj.ィァ'ノ/ ,    ヽ 
               _/,r:、゙l lk '´  '"´ジ,/.   ',       ……フッ
       _,,,,,,、、--‐‐''''´ . : / /'ソ-:,i`'''  ,ィシ/-,..     ; - 、 ;、 , _
    ./     . . . : _;.、-‐{,、{゙l'゙~゙ソ . ._,、‐゙7'´ .   ;、   ;  ` 、
   f´´   . . ;、-‐' ´‐ ' ' ゙ ゙ヽ`_`´ `7. : : :,シ/ / . , ,; i' 、 _ ,、;= ' '  ` ' ;
    ..‐-.、,、-_':_:_:_:_,、 '´    `ヽ``'゙: :,、‐'."LVl'-.-゙‐,:‐ '´   ;    ,. ‐
          /,     ,r '   ´‐~ ``   ,  .         ; , ‐
          ノ´   `           /_,,、 .     , 、‐ ;
         / ,、- -=:,  `ヽ,      ./'.´: : . . .. , - ‐ ' ゙ 
        ノ      :l   .`. 、.,:、:-: . : : : .ィ‐'´
     ,、 '´        !   : . : . : . : : . ./ 
   、‐'            . :_,:、:-:-:-<´
/.`'<゙>、_'"   _,     . :f´
. : . />、/\ ィジ    /.
.//. : . : .`≪\  . /.
:/、,:、: . : . : . `≪、/.


               _
             l7//
       / ̄ ̄\  ´∠l
     /   ⌒ `⌒ 
     |    ( ⌒) (⌒)
     .|     (___人__)     (………おっ!)
     |     `⌒´ノ
     .|        |
     人      丿
   /⌒  \ __ _ /
   /       \
  ./  人    ./ ヽ
 〈  <      / \ \

792やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:07:50 ID:yRed32G60
      i  、 ヽ  l ヽ l       l
     / '、 ト、 ヽ l ヽlヽ  l i  l
  . l /  ヽヽヽ ト, l _,,、i-+''l / /l
. .l: l /__,,,,、、ヾi_ヽ l if-r:;:オ"l´//l. /l
. :l:''''l7-ィ‐;;=i','''l ヽl ll`''''"´ l// ジ|
.: :l: ' l``''"´    '     /  ; l       ……………?
: : l: ヾ:、       '、     'i:  i  !
: : :l:  l  u      "   ,.': i:  i  !
.: : :l:  ト、       '."   / : :l:  i |
: : : l:  l: ゙l'‐ 、 _    /l : : l:  l   l
: : : :l:  l: :l   ` ' ‐-' . : l: : :l:. , ! 、 l
: : : :.ト; lノ         '-、:.l: lリ  lヽl
: : ;、-l'、 l           `l l' 、 _ l
<  _l '、l            l/ _, フ`''‐ 、,,_
  `-、``ヾ'''‐、_ ,、‐ - - - _,、-! ''´       `' - 、
    ``' -、_ _ ,,、 - ‐ "              ヽ
       i  : : : '                   ゙,
        ;  : :.                      i


   / ̄ ̄\
 /       \
 |    ⌒   ⌒
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ 
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

 こうして、観世太夫の能は終わった。

793やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:09:16 ID:yRed32G60

 そして、能が終わったところで、家光は宗矩に、先ほどの問について尋ねた。

          ,. -‐-─-- 、
 .      /             `ー、
     〃                 i,   
    r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈  
     !  :l      ,リ|}    |. }  
 .   {.   |          ′    | }   
     レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<   
     !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|      …で、どうだ。
    l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|    今の能に、斬れる様な隙はあったのか?
 .    ヽ.ヽ        {:.    lリ
 .    }.iーi       ^ r'    ,'
      !| ヽ.   ー_ ‐-‐ァ'  /
 .   /}   \   二"  ,イ
  __/ ∥  .  ヽ、_ __/:::|\
  /i   |!  i      :;::;:::::::ト、 ヽー---
  │ .|  i l     ノ ,'    :i  i
  ノ   |- ⊥.」__     /_,. -‐ |  |


   / ̄ ̄\
 /   __ノ ヽ
 |    ( -) )       そうですな。
 .|       (__人)      流石は名高き観世太夫。
  |         rつ      少しも斬る隙などござりませぬでしたが…
  .|        ((三)
  ヽ       ( <
   ヽ    /∧ ∨
   ∠    /⌒ ∧ ヽ
  (  \ /  / ___)
  |\  ''  /|
  |  \_/  |

795やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:10:10 ID:yRed32G60

         / ̄ ̄\
      / _ノ  .ヽ、\
      |  (⌒)(⌒) |      ただ、大臣柱の方で隅を取った際、
.      |  (__人__) .|     僅かに隙があったように思えました。
       |  . '´n`'  .ノ
       .ヽ .  | |  }       あの時なら斬れたやもしれませぬな。
        ヽ.. ノ .ュノ
        / { ..ニj、
        |. | "ツ \
        |. | .l  |ヽ、二⌒)

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ      ほう…。
     ヾ、!      !;     ,レソ      まあ、お前が言うならそうなのだろうが。
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

 これに対し、宗矩はこのように答えたという。

796やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:11:18 ID:yRed32G60

 それと同じ頃、能を終えた観世太夫は、付き人に対して尋ねていた。

.,'   i::.    ;   j  ,': : '、i:'、 i':、'i'、'、
,' .:. i:.    i:__,i,,,,,',,,,,,___i__!::i,:. i '; .i `、',
:. .;.:. i:.   .i:  ,:i__,',,,,,、.、;,_i il:.:i:. ! ';. i  ';}
:.:i:i.:. :i:.   .i: /,' /`''‐`ミ; i !'、i'i::! i; !  l
:.i:.:i.:. ;.i::. .:i: ./ i./     i !. ゙'、il  ii:i  ゙
:i;:.:i';:. ;.i';: .;j:ィl j:'        !i  ` .、 !!      …俺が踊っていた際、上様のお隣におられたのは
:i:.';i:.'、.;:i:V,'/i'; /      j!'    `''ッ     どなたかわかるか?
'l . 'i:::';.;:i:/', !i       ゙   .,、‐'´
.',ゝ :::::';:i::::.'、!゙'、         `'、
`:t:-:、:::゙i, :::::.',i::...       ,:r::ゥ'゙
:.:.l::::::::'、:::::::::::::::::::...        ,ノ
i:.:l:::::::::::'::、:::::::::::::::::::..       i
:'、:', :::::::::::::'::-、;;::::::::::::::.....     !


: . ;'. . , , '  , ..,' ; ;'i  . . ',   ',  ', . :' ,.:',!
: ,:'. . ,',' . . ,' ,;'.,':!;' '、 , . . . .i, ', . .', . ., ; . .;:. ',:i
..;. . .; ; . . .; .,';,' 'i_'、';:.' , .i゙'_',_', . ;.;: .,.j;.:.iソ
:; . ..:;.; ; . .;‐;''''''ニl,_. ゙ミ;'、';:.i _,.'ミ;、'i; ,'::ノゾ!ソ
'. .:.:,r!i,.:, ::i;;',ri´,;;;,`i゙'  `、`;!゙l ;;; }゙!゙ソ:;'ジ ,ソ
;:.:.:{ ;l从:';::!'、 ゙‐~‐゙      ゙ー' ,シ!ソ
`゙':!、! ':i::lヾ         、    / ゙ゝ       上様のお隣ですか…。
  ゙;`:ミ;,';'、         '゙   ./         確か、柳生但馬守様であったかと。
  ノッ;.:.:,:.:゙i.、     ー:::.:'  ノ
  ''" !:i;.'、:.!:゙;':.、      /
    ゙'`'ミ;'、';.:.:゙:':.-.,_ .,r:゙|
       l:.:.:';.:.:.:.:.:.:.: ~:  l:
          付き人

797やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:12:52 ID:yRed32G60
 付き人に宗矩の存在を教えられると、
観世太夫は合点が行ったという表情で、こう述べた。

       ,、、- '゙,"    ``' 、
      ,r,゙  / \       ` 、
    r‐'゙ `i、.i,. 、.,'、       '、
    !   ! !='‐!.i、i、i:、 i:.   、  ゙、        …なるほど。
   i  , i:i.!  i.!', !',i_';.i;.:. '、',、、:., .i;、       俺が隅で一瞬息を抜いた瞬間、
   !,:i. ;.i.i_';l,,_ i'-il',゙k-ti:.:,.:';.iミ:、'、:'、ヽ      あの方がにこりとされたので気になっていたのだが、
   i/i:', i.:'l-t;ッ , !´'´ `゙´ !:.i:.:i'i:.:!'、':.i`、     そうか、あの方が柳生但馬守様か。
   ' !';';i.:.'!,  !     i:,i:.i'ソ/:.:.i、!
    l' ';.、:.;.:'、 ''‐_ _,,..  .:!'lノ゙i.:.:.,ィ!ヾ、       ならば、あの笑みも納得できる。
     ';l'、!;'、:、  ‐  .:.:ノ.:./.:,,;'!'l        流石は剣の名人と呼ばれる御方だ。。
      ' !i `:l'ミ;.、 .;、‐'.:,、-:''`t:!,
        !  '_,、‐'l´;、‐'゙: : : :.;/:::/:'-.、
            !, :.:!゙、   ;r'゙::::/::::::::..`-、
       _,、rシl.:}.: :i:.:',  /.:.:./: ::::::::::::::....` 、_
.    ,、 '゙.:/::/i:!' ゙i;'i‐ '、,r゙.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::....`'‐、
.    i゙.:.:.:/,:ソ.:l: //  /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;r::':゙:`':,
   i.:.:.///.:.:i: /'/ /.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.::::::::::. !
   !.://:/.:.:.:! '‐' /.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.::::::::::::.!


   /. . ., '. . , ' ., ,'i i.     '、  '、    : . ',
  /; ;.; . .,'. . ; / i.i', . . . . .、','、 . ., ', . . ; . . ; ',
'‐=シ, .; ; . . .;.; .,'i.!_,、i','、、,. . . .','、,t、,.;..;.. . .; . ; ; i
  !;. .;.; ; . .;.;.,;‐i' _,,,、'、゙ミ'、, . .';.i'、!゙、!'、:. . ; . ; !'j
  l'; . .; ; . .; ;';.i,r',、-ミ' `' `-、j,iニミ'l j゙!:..;:;: ;'/ '
    ', ..i、i、 .:,' ゙'゙ l゙.';;.:)     i ;;'.i ゙ ノ:ィノ:/!'
   j,i i,'゙i、i'、'、 . '.゙',',゙. .    .゙,','゙..ノ'!'i'゙'i{       はぁ…。
   '゙ !;゙;'.、゙'!,`'‐ ' ' ' '    ';、 ' ' '  j/       そんなもんなんでしょうか…?
    ノソv.::゙:':゙、       '     ノ゙
      ゙;!、;::::i':、     ,.、   .ィ゙
      ' !;:::! :.':、    ~´ .,.:i゙!{
      ,rジ'、! :.:.゙:':.、,_  .,.:'i;';! `
      ゙´  j   :.:.:.:::.~:´:::.i
      r;=ッ'     :.:.:::::::.:.l、
    ,,r;'´:、;::`::':-、,,__  : :.: i:.':`'ッ'ヽ,、
_,、-‐'゙´.:::::'::、::゙::':-;、:、;:;:`:':':‐:゙:‐:':゙;:;ッ':::゙::.、
:::::::::::::::::::::::::::゙:':::::::::゙:';';::゙:゙:':':::::::::::::::::::::::::::::`:':':-、、,_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

798やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:14:46 ID:yRed32G60

 これを聞いた家光は、上機嫌になってこう言ったという。

            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  ィ===ミ      ィ===ミ  | i/ ヽ !       うむ、流石は観世太夫!
     ! ハ!|        i  !           ||ヽ l |      そして、流石は但馬だ!
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /       「名人は名人を知る」とは、まさにこの事だな!
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ    .`- --‐─‐-.′   ./ |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_


         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |  /// (__人__)    過分のお言葉、恐縮に存じます。
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |

799やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:15:58 ID:yRed32G60
 この逸話が史実かどうかは定かではない。
出典が「甲子夜話」(文政から天保の間に書かれた)であることを踏まえると、おそらく創作であろう。
ただ、このような話が伝わるくらい、宗矩の能好きは有名であったとも言える。

           / ̄ ̄\      *'``・* 。
         /   _ノ  \     .★     `*。
         |   ミィ赱、i .i_r赱   |       *
         |  ::::::⌒ (__人__)   .|       *     上様の御前で高砂とか、
         |     トエエエイ ./⌒l|       +゚    テンション上がるだろ常識的に考えて…!
        . |     `""´} /  ノ       ゚*
        . ヽ        }/   /      +゚
          ヽ     ノ'  /     。*゚
.  , -―――一 ´        /   。*・ ゚
 ( _   _         /  。*・ ゚
    ""''',。 ヽ       。*・ ゚
      +  │  。*・ ゚ 〈 * 。
      `・+。。*・ ゚  ヽ_ ヽ、   `*。
         ヽ      \l     *
          \__、   |     *
            /  〉   く     ゚*
           _ノ   \__) ~。*゚
         (   /     ☆
          |_ノ''


     ゞ'""゙゙ ̄`i' ̄ ̄ ̄``````````````''シ
      ヾヾ    ii|  ,.彡          /
        ヾヾ   iiレ'彡彡.....       /
       ヾE二i,二.ji_ri==r `ヾ彡    /
        E_/>'三7/,__,,... iミ.   /
        r^ヽ>{i_ 〃ラ_,....__;´ {ミへ /       フハハハァーーッッ!!
        ロ  ||==o'´┴゚'-`; └' h }
        ヽ_〃 l ;;  ~~ ̄` ;   、_'_ノ       我が司会は日本一ィィィィィ!
          |  | .;;        ;   |:|
          | `=='''    、 ;   |:|       楽しそうだな但馬ァァァァl!!
          .l `r====ィ`    |:: |
         ヽ. ヒ二二.ソ   /::: | 
             ヽ` ー--‐  _ィー―┴r―
           ____,.>-;;;  -'"/ヽ-‐' ̄ /
          ∧ ;; ;;;;;;; | :::::: /ヽ  ,.-‐' ̄
         / ヽ ;;;;;;;; | ::::::/;;;;;;; ̄
          伊達陸奥守政宗
      (だて むつのかみ まさむね)

 例えば寛永十二年、伊達政宗が司会した江戸城二の丸での申楽では、
諸大名や観世太夫などと共に宗矩が踊るよう指名され、ここで「高砂」を踊っている。

801やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:18:12 ID:yRed32G60

 なお、この時、伊達家で兵法指南を勤めていた
宗矩の甥・柳生権右衛門も踊り五番を勤めている。

     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |::::::::ゝ  ノ  \ |         …なあ、主膳。
   |::::::(U( ●)  (●)|       叔父上っていつもああなのか?
   (@  ::::⌒(__人__)⌒)       確か、今、惣目付の御立場だよな?
    |     ` ⌒´  |
    \ /⌒)⌒)⌒) /  /⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /  (⌒) / / / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /
    柳生権右衛門厳倚(厳重)
(やぎゅう ごんえもん よしより/よししげ)


      / ̄ ̄\
    /   _ノ ヽ_\
    /   (-) (-)ヽ     すいません権右衛門様。
   .|    (__人__) |    父上は能が絡むとあんな感じなんです。
   .| u.    `⌒´  |
  . ヽ       nl^l^l    「昔から能はお好きだったが、どうしてこうなった…」
    / ヽ      |   ノ
  . /        ヽ く
     柳生主膳宗冬
(やぎゅう しゅぜん むねふゆ)

802やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:19:39 ID:yRed32G60
 また、時期は不明だが、能に於いて最奥の曲とされる秘曲「関寺小町」も踊っている。

゚ | ・ +o            o。 |  *。 |
 *o ゚ |+ | ・゚   / ̄ ̄\+・  o  |*
 o○+ |  |i  / ._ノ  ヽ、\  ゚| o ○。
・+     ・ l  |  (≡)(≡) |・|*゚ + |
゚ |i    | +   |::::: (__人__) ::::| |! .   |       素人の身で「関寺小町」を踊るなんて
o。!   |! ゚o   |   |r┬-|  .} |. * ゚ |        .頭がフットーしそうじゃよぉぉぉぉ!!
  。*゚  l・    |   `ーlj´  } |o  ゚。・ ゚
 *o゚ |!     ヽ       / |*|○・ |o゚
。 | ・   o,. ‐- .._ヽ、.,__. /  !| ・ +゚ ||*|
* ゚  l| /    、  i  }  \   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
    >                  <
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o


    / ̄ ̄~\
  / ⌒   ⌒\
  /   (○) (○)ヽ 
 .|    (__人__)  |    (アカン)
 .|      (_/´  .|
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ

 何故宗矩が秘曲中の秘曲とされる「関寺小町」を踊ったのかは不明。
それだけの実力があった、という見方もできなくもないが、
案外、素人だから「一度踊ってみたかった」程度のノリでやってみて許容されたのかもしれない。

803やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:21:00 ID:yRed32G60
         /       /    、  \   ヽ  、
        l /        |     \   ヽ   ヽ  ',
        |/     / 人      ヽ,   ',   |   !
        ||  !. l 、| /  ヽ l    /l   |_,  !  ヽ           …どうしてこうなった。
        ヽ |l | /ヾ|、 ノイ  /! /_,|イ'l´    |   \ 
         〉!ヽ\|ー,‐≧、,ノ /_ノ≦___| /   ト、    ヽ        ホント、なんでここまで宗矩は能にハマったのかしら?
        /   |\! ゝー'゙  ̄ ´ ゝ、_ノ  7   .!  ヽ     \      これじゃ和尚に説教されるはずだわ。
      /    |  |             /   |ヽ、|     〉     (和尚の説教は外伝3「不動智神妙録」の解説参照)
      ヽ     |  l u          u./.    |:::::::メ,    /       http://tagenmatome.blogspot.jp/2009/11/blog-post_29.html
       〉  r'゙/   ヽ   ー─--、   /     |::::::::::::}_  /      
      /  {./     |>- ` ー一'_, イ      /:::::::::´::::::ヽ `ヽ


                   .....               _,,. -‐ '' ー ‐- 、.,_
                                 _,.イ~           `ー、
                                /                   \
                               /                   \
  ここまでのめり込んだ理由は不明。       /                        ヽ
                   ......         /      !     |  |   |        'i,
  けど、そもそもの発端として、   ...      |       |ヘ     :|  |__ム、_/  i     |
 柳生庄が元は春日大社の社領で、       {    ヽ |_ハ    :ノて~レ' レ'   :/      !
 その縁から春日大社に仕える    .       | 人  ''て丁ヽ :/ ,-=テ云示`ヽ/ / .. :: : }
 大和猿楽四座の人々と         .     |  \ ,ィテ示 ∨    辷 少 | / /  :: :: ::/
 交流があったことが考えられる。   .     ∨ \〈 K_;ソ r-‐く、  ~  _,イ / :: :: /
                      .....      ヽ \ \  _ノ、   `ー─''"/// :: ::∨
  柳生家と縁の深い金春家も、  ......        ヘヽ < ̄         / ,.イj :: //
 元を辿れば大和猿楽四座の一つ、 .         \, 〉、   ー       //  :/|/
 円満井座になる。          ......           ∨> 、.      ,.イ |  ::/ /
                      .....             ヽ__>‐ '" _,,.ィ<ー‐ゝ、
  幼少時から能に触れ、      ......            /:::/`T ̄ _,. <:::: ::: ::::ヘ
 嗜んでいたことが、老人になっても......        _,.イ⌒:::: ://^ヽ /:::: ::: :: :: :: '":: ヘ
 続いていたのかもしれない。  .          /::: ::: :: : 〃   /::: ::: ::,,/::: :: :: :: :: ヘ
 「三つ子の魂、百まで」という。           /:::〈: : :: :: :: :| /::: ,,,;:: ::: ::: :: :: :::: ::: :::: :::\
                               /:: ::: \:: ::: :: |/::: /::: :: : : ::: ::: :: :::: ::: _,,,.:: :: 〉

804やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:22:38 ID:yRed32G60

 理由はどうあれ、宗矩の能好きは古希を越えても衰える気配はなかった。

             ____
           /⌒  ⌒\
          /( ⌒)  (⌒)\
         |:::::⌒(__人__)⌒::|      と、まあ、そういう訳じゃから、
           |   「匸匸匚| '"|ィ'    わしが来月の二の丸の能の為に張り切るのは
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒| u.|      仕方のないことなんじゃよ?
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  ||
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |
\___,/|  !  ::::::l、  \  \|

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / / u.  夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |        …まあ、今更咎める気もないわ。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       ただ、ひとつだけ言っておきたいことがある。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ        「なんじゃ?」
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

806やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:24:07 ID:yRed32G60
                _.. -―'''''''―-- ..,,_
              ,/           `゙''-、
               ,/     _..-'''''―- ..、    \
             /     .,/          \    .ヽ
         . /      /              ヽ    .ヽ
        /      ./      夢       ヽ    ヽ
       /      ./               , .l,    .',
      ./     ,i!゙',、            _ノ.l/j    !
      !     .,'―‐`-lii、       . ,,rl┴''''ー l!    l,
     ./     i!'-、 .!ゝ . '.l、       /   .!′ ,..''7    .ヽ
     ./     ./ 'イ''ニ=rirr,'|./     .ヽ`-`-`-''',/゙l      l
    /      .l゙         "       ゙′     l      l.
   . /       !                       ,.|     ., ヽ.     二の丸の能は、来年ではなかったか?
  .'"       !ヽ   y     i;;;;;;、    'i,  ../ ;:;l     ..l゙‐'′
         |;:.!  ,/,' .,,r;;ニッiiiiiiiiiiiiii;;;;r、 .l',  .!;:;:;:.!      .ヽ
          |;:;:;:! .// i',{ .iー'''''''''''''ー'i i!|i ,!} l;:;:;:;l          l
          |;:;:;:| .{ ! ./ ゙"      !" l',./;,! l;:;:;:.!           !
          !;:;:;:.! ヾイ.,..-ー'''''''''''―- ..,..!!./  |;:;:;:|
            !;:;:;:;.! /,ii/            l;,ii;| .l;:;:;/
         l;:;:;:;:;| .l;| }            !,!:l" /;:;:/
         l゙'-,;:;| !| .l         :l".! │;,イ
            !、 `'',  │           !  l,i,'-/
            i,',',iiiii、\ .!        . ! .r',゙.l'''7
        ., .l',  .リ、\.l        レ'.l- l!.│
        . l, .!l 、  l`-',/、      ,i;;;;,','" l_./、
            l、',l \ l  ',`'リー .... イ゛   !., '"/.i',  、
     l l,  .,!`′ .`-,!  ! .!    !  ,ノ゛ // .l .|,  .|,
      ! ,'i  l      ゙゙''ヘ..,|_   ._l..-'"   .′ ', .l ! . l ゙',
      .l ! l./           ̄゛            l" !/゛ ',
      ´                               ′

809やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:26:12 ID:yRed32G60

   / ̄三\
 /;;;; _ノ 三 \
 |;;;;;;;   ( ○)(○)
. |;;;;;    (__人__)      ……………………え゛?
  |;;;    ` ⌒´ノ
.  |;;;;        }
.  ヽ;;;       }
   ヽ;;;l    ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |        うむ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|       確か開催は来年(寛永十九年)の七月だ。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ  
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\       …年を間違えおったな?
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

810やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:27:11 ID:yRed32G60
     __
..:...::./:..:..:..::\.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..::..:..:..::::...:.....
.::./.:..:.._ ノ::::..:..\.:..:...::.:..:..::::....:::..:..::::..:.:..:....
:..|:::....  ( ○)(○).::..:..:..:..::::..:..::.:..:...::...::::..:.:..:....
.: |:::.... u (__人__).::..:..:..:………。..:.::..:.:..:....
::. |::u:.    (.::..:..:..::::..:...:..::::::::..:..::.:...:..::::..:..::.::..:....
.::. |:::.....u  ` ⌒´ノ.::..:...:..::::..:..::.:...:..::::..:...:....
::..:.ヽ:::.....     }.::..:..:..:..::::..:..::..::::..:..::.:..:...::..:....
.::..:...ヽ::.....   ノ         \
::..:..:..:/::..   く  \        \
.::..:..: |::...   \  \        \
::..:..:..:|:::.....  |ヽ、二⌒)、           \


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     ………。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

812やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:27:34 ID:yRed32G60
.    ,z‐ ‐-、
    /     \ ,=、
  |`l|    」L .|l  !
  | |    7「 |! .l       …い、いいんじゃよー!
.   }  .       i'  ’     万全を期すために、一年がかりで準備するんじゃから!
   } }     ./ /      べ、別に>>1が素で開催年を間違えたとかじゃないんだからねっ!
   |         /
   l        .'
  ノ        ./
  (       /
  ヽ__,   ./
    __/  ./
   ヽ、 __ノ ダッ


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ○ゝ イ○ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       その年でツンデレ語尾とかやめんか!
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|      というかお前、さっき去年からと言っておっただろうが!
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ      二年も練習するつもりか!
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |        「う、うるせー!」
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

813やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:29:02 ID:yRed32G60
        r┐   , -―――-- 、
      <ヽヽ.二>´          \
       } } r‐┐            \
      く/ L{´     ヽ     ヽ ヽ ヽ
       ! .:./ .:./.:.i:/   ヽ.: !:.. /.:.!  !  !         …というわけで、>>765で上げた
       | :.|:..:.:/\从 ..:. .::ハ:.:.:|/:.!.:|  |  !        「江戸城二の丸の能」は、
       从\ハ/ \{:..:iノ、}/|从fV  i:.  |        寛永十九年開催が正しいの。
        ヽ| !⊂ニ⊃V  ⊂ニ⊃/  !:.  !
         /.:i、、、       、、、 /   !:.:. リ          これは単純に>>1
       / .:.{          /   ∧: |         開催年を間違えてメモってたのが
      /  .:.:.>、 ~ ‐-~  /:   ,:.:ハ: !        .原因の凡ミスだから、
      |   :.:..!:.::.!「>r― ' T!:.:   !.:.:∧ \       開催年に諸説あるってわけじゃないのよ。
     /\  .:.:∨:::::〈≧ r< |:.:.:  弋ヘ、:.\ \
    / .:.:.:.ハ  .:.:.:.〉:::::∧ Ⅴ  ∧:.:.:..  \\:.\ \     …まったくもう!
    | .::./ i.:.:.:.:./:::::::::::ⅤA::V:::::\:.:.:....  \ヽ:.:.ヽ \
    ∨   .:.:.:.:./::::::::ヽ::∧:::V:::::::::::::\:.:.:.:  Vヘ:.:.:)  )
    |   :.:.:.:人:::::::::::::\∨:::::::::::::::::::::):.:.  |::::|:./  /


                 .            ,. .-‐──.‐-. 、
                            ,. :´: : : : : : : : : : : : :`ヽ、
                           /. : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
                          / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                            ′. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .'.
                         | : : : : : _⊥⊥:i: : : : : i: : /: : : : : : : :i
                         | : : : : ト、|\|从: : : :./ナ/Tナメ、/: : : :!
 読んでくれている皆に謝罪を。     |: : : : :. 仁ヽ| __ ',: :/l:仁 _|:/ /: : : :.,′
                         |: : : : Vヽヒ不ノ」`V ´Vヒ不ノ:/: : : :;′
                         |∧: : 〈 _ ___ノノ⌒ヽ __ l/: : : :/
                         ′ ',: : ヽ  ̄   '    ̄ /: :/:./
                             ',: : :ト、     _     .イ: //;′
                               ト、ヽ\ 、 ___ ,. イ/:.//__
                         /⌒ヽ、 V´ヽ   _ノ\V.::'´.:::.\
                        /.::::::::::::::::.\  /^V^ヽ _/.::::::::::::::::::.\
                       /.::::,. - : 、.::::::::::.\/⌒ヽ/.::::::::,..:-─-:、::::}

815やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:30:51 ID:yRed32G60
                                       - ―― -  、
                                    /          \
                                      , '            ヽ
                                  /       j __/_    ハ
 ただ、一応補足をしておくと、    ..             /  、ヽ ハ   /// `//   }
この寛永十九年の二の丸の能のため、..            レ  ィくム从 /イtァテ</     !
宗矩が前年から準備をしていたのは本当。         i ハゝ 仡i Y-{ ゞ'┘/:/   ,′
                                   l !ヘ\__,ノ' ` ー‐7 /   /
 この能について記した和尚の書状で、  ....        リl 八   .   /イ ///
宗矩についての記述に、          ....         ヽヘ > 、   ,.ィ//ル′
                                     ` \N、l`71-‐〃´ ̄ヽ
 「従去年八月、此比迄能を被仕候。    ..          〃 ̄ V }{ヽ/    _>
  其困積申候て、氣も儘申と見え申し候」     ___      /\_,.ィ=ヽ/_.. -‐ヘ
                             l\ミミヽ、   ,ィ≦三彡'´ ̄「ヽ     ヽ
 とある。                 .      |   `ヾミヽイ彡'"      |        \
まさに一年仕込み。                 j_    l≡l         !_         \
                             { ヽ   |  !         _ とニヽ        ヽ
                             ヾー;ヘ   l  l       ヾー- !\` 、     }


             / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `丶、
         / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : \
        / . : : /: :/ : : : //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
         /:/: :.イ : イ: : : : :l/: : : :i: :}:}: : : : : : :i: : : : : :: !
       l:.:l: : : l : : l : l{ : : : : : :.|: :|: |: : : : 1:}:|: : : |: : :.!
       {: |: : l:l : :.」_:{:ト、: : : : : l : l :l ハ:"´1:l: l: : :.:l.: : :!         ねえ、宗矩って将軍家兵法指南役よね?
       ヽ{: : l:l、: : |ヽ|\ト、: : : :l: ::レ'リ lノ l/: l : :.:.l: : : :.l        一応、この国の剣士の頂点に立つ男なのよね?
        ヽ从:\| ___ ヽ): :ノレ'_ __ __ l/. : : :l: : :.:.:|    
          `ト、! 弋。シ' ´ u 弋。シ'   !: : :.:l: : :.:.:|         何 や っ て ん の、 こ の 人。
             l: :.1 u            u  ./: : : : l: : : : :ヽ   
            /:l: :.:}                 /. : :: : :l: : : : : : :\
         /:.!: :.ヽ    _r─ - _   /: :. : : : /.:::`ヽ: : : : : \
       /: :.!: : : :.ゝ、 __ ̄ ̄_,. イ: : : : : :/.:::::::::ハ.:.:.: : : : :
      /: : : : !: : : : :V.:.:.:.:.:.:.:|\∧ /: : : : :./.:.:::::::/.::::l.:.:.: : : : :
     (. : : : : : : l : : : :!:::::::::::::|´ ̄`7 : : : : :/.:.:.:./.:::::::ト、.:.: : : :
        ヽ: : : : : l : : : :!:::::::::::::|〈☆7.: : : : :./.:.::::::::::::::::::::L ).: : : :
       ): : : :/. : : : : : }:::::::::::::::::::7′: : : :/.:.::::::::::::::::::::ノ:::〉.:.: : :

816やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:32:16 ID:yRed32G60
 さて、その頃、
柳生家屋敷内の道場にて…

 | | | | | | | | || | | | | | | | | | | | | | | | | |   |    |    | | | | | | | | | | | | | | | | |
 | | | | | | | | || | | | | | | | | | | | | | | | | |   |    |    | | | | | | | | | | | | | | | | |
 | | | | | | | | || | | | | | | | | | | | | | | | | |   |__|   | | | | | | | | | | | | | | | | |
 | | | | | | | | || | | | | | | | | | | | | | | | | |           .| | | | | | | | | | | | | | | | |
 | | | | | | | | || | | | | | | | | | | | | | | | | |__=======!!=コ__| | | | | | | | | | | | | | | | |
 | | | | | | | | || | | | | | | | | | | | | | | | |/  ”    ”  丶.| | | | | | | | | | | | | | | |
 | | | | | | | |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | | | | | | |/゚゙゙`` ゙゙゙゙`` ゙゙゙ ゙゙゙゙゙゙゙゙                 ゙゙゙゙゙゙゙  ゙゙゙ ゙゙゙゙ ゙゙゙
 | | | | | |/""゙゙ ゙゙゙  ""゙  ゙゙゙゙゙  ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙              ゙゙ ゙゙゙゙゙ ゙゙゙゙  ゙゙゙゙
 | | | | |/゙゙゙゙゙゙゙ ゙゙゙゙゙゙゙゙   ゙゙゙  ゙゙゙゙゙゙                ""  ""  """""
 | | | |/_                 .____
 | | |/゙゙゙゙\\             / \ / \
 | |/    \\           / (●) (●)\     ホラ、どんどん掛かってくるお!
 |/゙゙゙゙゙゙゙ ゙   \\        /    (__人__)   \  
            \\      |       |::::::|     |
             \\.    \      .l;;;;;;l    /
               \\.  ,/     `ー'    \
                \(⌒,´           ヽ、二⌒)


        /:::::::, ' `ー‐ ,三:/   \三三三三三三三三三三
       ,.::::: ,./::`フ__, - ゙,ニ:', / ゚,  ',三三三三三三三三三::
      ,.::::::::::|{:/ _/    ',三,}___}  }ヽ三三三三三三三三::
     ,..:::::::::::::::}',},i/    / '三゚,ヽ'  ,  ゚,三三三三三三三三
   /::::::::::::__人'}リ  _, .}  ゙,三',/ . ,゙  /三三三三三三三三       押忍!
  ,イ::::::::>´  ノ´-¨´  .〈  .'三{|....,' ,イ:,三三三三三三三三      行かせてもらうぜええええ!!
  .'ー '¨´    , __',_  、 .ヽ .}イハノ‐´',ィ三三三三三三三三::
         {{_r_ _        }.,.イ三三三三三三三三三
           (_〈__', .',     ,ィ三三三三三三三三三三ニ
            }‐.'     ,ィ三三三三三三三三三三三ニ
            {__,   ,ィ三三三三三三三三三三三三ニ
             }   /三三三三三三三三三三三三三::
              |  ..ヽ三三三三三三三三三三三三三:
             ',   ,.ヽ三三三三三三三三三三三三::
              ` ―'― ヽ三三三三三三三三三三三ニ
                    ヽ三三三三三三三三三三三
            柳生道場門弟その1

817やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:33:02 ID:yRed32G60
           _
           \` ,
             \` ,
              \` ,
                \` ,
                 \\__
                   .Y...∧
        .  , ‐.、       /  ハ
       ヽニ´三ニ\,ィ _, ―',´_`  }      見さらせーッ!
         .〈 リィ三`彡  `´,   ., '     これが俺の打ち込みじゃあああ!!
         'ーッ‐ヽ,_/ヽ.',  'r '´
  rf'ー.,    ., ' ¨ '    ヽ',.'、 ハ
  {  ',   . _,{_/ .   ,  . ノ}, <.',ィ',
  .ヽ ヽ`¨ヾ .ノ'ー'´.ノー‐',.イ彡彡イ三)
   .', `   __, 人 .//__r:/三三:\
   ヽ\ . __/  .`ヾ__,イ三三三三三\
    .` ー'´      く三三三三三三三:
            /三三三三三三三::


     ____
     \ :\
       \ :\
        \ :\
         \ :\
           \ :\
             __\ :\
         /    \ :\
       / ヽ、_  _.ノ \ :\,、
      /  (●)  (●)γ⌒ゞ7      …………。
      |     (__人__)_/ ヘ__ソ `)
      \_    ` ⌒/  / ゞ、久>、
       / `ー---ー"′ _/   \   \
       ヽ         /   /ヽ\   )
         i ``ー--ー"´     /  ヽ、__ノ

819やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:33:30 ID:yRed32G60
                  _  _____________._____
                    ̄´゙"'ー、           二=-
                        、./      ._..-'"          _..-
                    , /     /.゛         ,..-'"゛
                     /      ...‐"     .、   _..-'',゙..-'"
                /      ./     ,, |「 .,..-'゙ / ゛
                 /        /      .,/ .ト‐´ /
           ,,iiiソ‐''"゙}     ./ /   ./   . /
            -'"    /     ! ,〃 ./   ,/    シュッ…!
                 / . ,..┐  .,!// ./  . /
             /./.i!!.!   | !'゛  ,/
               〃  / l|   l  /
           j .″ / │   l/
              !   / ,!     .l
              l|.  / ,|┐    ヽ
            !.l../    |  ,i'v   "、
            ! `    .| ./ . ヽ   \
            !   ./ |/   .ヽ    .\                  _/
              |   /       ヽ     `'-、            ,,, -'フ"
              |   !          l,iー ,,     \    _,, ‐'″ ,/
              |   ヽ       │  `'-、    .`'‐゙、   /       カッ!
         `'''ii|      ヽ ..,,___ ,.. ―‐ `'-、l''- ,,, `''-、″
              _,>                _ヽ|i、 "'-、、 `''-..、
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄シ    _,, ー''''フ .,..-'″  `'.il'"  `''-..、 `'ー ,,
                  / ,,, ー''"゛  . ,iiシ'"             `''-   `''ー ..,,
             -!'"゙´       .´                         `゙'''

820やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:34:43 ID:yRed32G60
                        -───-
                     /: : : : : : : : : : : : :ヽ、   
                        Y⌒Y二二二二`<//人
                   Zニ弋.ソ/////////> 、 ヾ: : ..
                  //////////////彡イ >==圦
                 //////彡===任 0 ̄>  ニニニニニ=イ
                  < =≦三ニムマ彡'ー─≦  U 二{ `ヾミ=ー
          r-=彡'´ ̄ヽ Y 0>/  ⌒ ̄ ,,,,,,    /二|ヽ  }ニニ辷       ま、参りやした…!
          ⊂ニ=──{ ヽ`TT {     ) ,,' ─-  イ  二|Y}  |ニニム
                     | | | |  `¨⌒,,/   ハ u 二|ノ /ニニニマ     (畜生、相変わらず全然当らねェなぁ…!)
               弋 ヽ.| | トミ=ー'''__/i:i:}   .二|爪ニニニニニ辷
                  =.|.| ー一=i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|  -─<ニニニニニニ込
                  = リ |i:i:i:i:i:>-──‐ァ' u.| r 、   <ニニニニニ
                    =', |i:{ ̄-──一 '    | |圭> 、 ` <ニニ
                      小  ̄  __ ノ      | |圭圭圭> 、 `
                      |ム ` ̄      # ./| |圭圭圭圭圭圭
                  <>| ∧           / : :| |圭圭圭圭圭圭
         < >        |  }        イ: : : : :| |圭圭圭圭圭圭
  -< >                 |   ー─一 : : : : : : : :.:| |圭圭圭圭圭圭
〈 〈                   | : : : : : : : : : : : : :..  │ |圭圭圭圭圭圭


     ノ L____
     ⌒ \ / \
    / (○) (○) \       だから、お前の太刀筋は読みやす過ぎるんだお!
  /    (__人__)    \     もう少し意図を隠すようにしないと、今みたいに打たれて終わるお!
  |       |::::::|     |
  \       l;;;;;;l    /      相手の手の内を見定めることを忘れちゃいかんお!
   /      `ー'    ヽ
    | ,         , ヽ
    | |         | ゝ丿\
   し.|         .|.   \\ 
    .|    /´ヽ   .|    \\ 
     .!___ノ    ヽ_丿     \\
                      ̄

821やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:35:59 ID:yRed32G60
                        __
                   //
                     //
                      //
                 //
         ___   //
        /\  /\ //
      /( ●) (●)//     ホラ、次の奴の順だお!
     /:::::⌒(__人__) // ヽ
    .|     |r┬-|.//  |
     \     `ー"//   ノ
     (  i__ .i⌒L_丿
     `ヽ、    ⌒)
        ̄ ̄`"''"

                    ,.イ三三三三三三∧
                   f´三三三三ニ, ‐ ,三::ヘ
                   `ト-----‐ ' ´ ..ノ三三',
                   .}  (     .ヽ三,ヘ::゙,
                   , ‐ 、 /, ' ¨ヽ  ,}ニ}ヘ',::',       じゃあ、ワシが行かせて貰いやすぜ!
                   { r。}.',{{,。フ ',/ |ニ| .}ハ:}  
                   ト、.`¨}¨ヽ二.イ ./{ニ{イ`ヾ      (ワシの考えた仕掛けを試す時がきたのう…!)
        __           .' ,.`´ヽ_イ―:.、 .} `',゙',  .ト、 
    .r― '´  }           ∧ヾニニ´'_¨ゝ}  ...|/ .,.イニヽ 
   r‐┘  .', _.∨          ∧ `ー‐ ' ´   }/三三::
  ,.イ  ヘ  ヘ{ . .}、         __} `¨¨´  _/三三三三
  ト、 ヽーヘ_,.イ_´_, ',       /三〈____,イ三三三三三::
  ゙, ヽ _ゝ' /-r┬.'     .,.イ三三三三三三三三三三三三
  〉―‐ .'_,...イニ:丶    _/三三三三三三三三三三三三三
.,.イニ`¨¨´三三三三\_,.イ三三三三三三三三三三三三三三
.ヽ三三三三三三三三/三三三三三三三三三三三三三三ニ
. ∧三三三三三三三/三三三三三三三三三三三三三三三
                  柳生道場門弟その5

822やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:36:58 ID:yRed32G60
 .   /ヽ,      _._  、,   ヽ、 ヽ、
 __,/  |    /  ,,, `ヽ, \   `丶、,ヽ_
 .     |、  /    "ii,, i. |  `'ー-、,_,..___ `i,
八  九 | \|  tー- 、 '';; | .| | |r _.,_    i .}
       .>|   \○.ヽ ; |/ ./ /./´,  `ヽ |/
十  九 {   i, ~"!lii;`≫ゞ´ " |.!/._´     .|/
      ヽ、;;\,,,;;;r'"`` :;;´.`i |l´O`'7  /
八     i,,;;;;;;;;;,,"( rー-、 ´ `iヽ - '  ./
       |", ,~_""''';;;,ヽ、;;:;`ヽ,.ノl;:'::'::: ,/ |ヽ
.! !     /´   .\ "':;;:,,  / !::::::` ー":: | .|
 /ヽヘiへハ、_,,;:     .\ "''::;;;;;:::;;;;::::;;:,,, :: | |     (どうじゃ!
/   /    `' ー;,'_  _,`ー-一''~~"'i ';;; : / /      単なる掛け声でなく、それらしいことを
   / ,イ"~フ r-、_   ̄ヽ、_ __,,,:  l ;;;; / /       語り掛ければ、少しは隙ができるはず!
  ./ /  (,_ _,)  }   i´: / {ゝ- ./,;;; |/        今じゃあ!)
  l |, イ⌒ヽ、  }    ヽ!,_!、_,ヽ | ;;;;; .|
  | l     \<,_, -一ー-.、 ~ | ;;;;;; .|
  .| !,         ̄"    } : | ;;;;;;; |
  | `ニ,_  ,,___  _,,_   ノ  | ;;;;;;; .|ミ
ー、 .l    .ヽ ,   `i´  `r´ ~`! | ;;;;;;; .|彡
  ヽ\         '__,,,,..,,,,.,.,.,.,_`| ;;;;;; |彡
   \`ー-一'"´ ̄       `| ;;;;;; |彡
     \             .`;;;;;;. |彡


               ____
             /      \
           / ─    ─ \     ィ
          /   (○)  (○)  \  //
            |      (__人__)     |//
          \     `⌒´    ,//
          /      ー‐ < 、//\
        /  /      (⌒^ヘ>ー 、 }
         {  ⌒ー―一'⌒>へ.__/

823やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:37:36 ID:yRed32G60
             , ' 
             〆  シュッ!
           //                       _,,,....-::::,,..-;:'
           ノ /                  _, -=''""""    =--、,、`,"+`ゞ,;:
          /  i                   _,.-'^ "              ̄=.、".
          ,i  |i                  -'^               \`,`,;⌒`;・",;+
         ,'  |i                 >                    ミ`+,;:;"・ヽ` `
         i|   |i                :"  ._=__            ヽゞ,:;*ヾ"`丶 ┼
        i|   .|i               /  彡  .       -ミ、         ミ   `,;:"
        |    .i、              /〆"           \       `i       丶
        ゝ     i、                            丶      |i     +   +
     '   i|      ゝ                             ミ     .ミ
         .i|      丶                            |     |l    /  +
         .i|       \                            .i|    |i      ´
          .i|        丶   .                      .i|    |i  ゞ
          .i|        丶丶、、,,                   i|    |i  ´`  +
           i|         \ゞ`                   j|    ,/  '  /
            i|、       `\ 、、,                 .i|   ,/;:";:|;,/×
             ゝ       `丶`\ゞ                i|   ,/";:`, 、 丶
               \  ,.   ミ\丶 `               i|  ,/`,;:ノ`,
                 `;丶\丶  、`丶              .j|  /;`,;:+
                       \ 丶              / ./+``
                           \            ././  ,'
                                       /"`;丶    バシッ!
                                     / `,
                                     '
                                  /

824やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:38:16 ID:yRed32G60
            _.,,, -/\/\
            /:::::::::::\   /
           /:::::::::::::::::/   \
        l: : : : : : : :\/\/!
        l: : : : : : : : : : : : : : : l
        ヽ: : : : : : : : : : : : : /
         \       /
        ,...::≦)三三三(≧x
     . ;:イ三三三三三三三ニ:\;:
      /三三三三三三三三三三:ヽ
      }三三三三三三三三三三三|
      |三三三三三三三三三三三|;:
     ;:|三三三三三三三三三三三| 
      |三三三三三三三三三三三|
    .f´.'|三三三三三三三三三三三|ヽ
   .;,' ,' |三三三三三三三三三三三|.',.',;:
    | { ,'三三三三三三三三三三三:! } }
    { {.}三三三三三三三三三三三::}/.,'
    ヘ ト、三三三三三三三三三三,.イ´,゙;  ピクピク…
      }゙ ..丶三三三三三三三三:,  .'r'
.    ..,    .\三三三三三三::,.'   {;:
    ;:,゙       ヽ三三三三彡'´   .',
    .{  _,...........::―――:::.......... __  ..|
   . / ̄三三三三三三三三三三三≧ト、;:
  ..,'三三三三三三三三三三三三三三ハ
  ,'三三三三三三三三三三三三三三ニハ


          ___
         (⊃     \
       (⊃ _ノ  ヽ、_ \   
     (⊃  (ー)  (ー) u.\       何をするかと思ったら、
    /|     (__人__)    |     そんな策、そうそう通じるものではないお。
  /  \____` ⌒´    /     .むしろ、頭で考える分、自分の動きが疎かになるんだお。
 (               \
  \_ |            \      お前はもう少し自然の打ちをできるようにするお。
     ヽ|          ト、  ヽ    あと算術も少しはやっとけお。
      ヽ         | >   )

825やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:39:55 ID:yRed32G60
     -‐-
    (ニニニニニ)
  (ニニニニニニニⅤ
  弋ニ/     `
  ー- /    u      ヽ
  ニニレ'⌒ヽ   i({三ヽ '
 .ニニY {( }     ヾ込|
 ニ7人 \ ヽ   込 9イ
 /  ゝy  u  ~~  ヽ      次はワシの番なんじゃが、
     /    ,wwwv ュ__j     な なんだか猛烈に悪い予感が
. \      ''ムニニ7′      .するのう……!!
..ニニ\弋    `ー-f
 ニニニ\\   `ーr‐'
. ニニニニニ\\_,_j
 .\ニニニニニ7Y7{__
 ニニ\ニニニ///ノニヽ、
 ニニニニ≧‐┴'ニニニニニニ≧ー-
 ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ
 ニニOニニニニニニニニニニニニニニヽニニ\
 ニニニニニニニニニニニニニニニO===Vニニイ
 ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニVニニ}
 ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ==∨ニj
    柳生道場門弟その4


              Yニニ二三三三三三三三三ニニ=7
                 マ二三三三三三三三三ニニ=ー
                V三三三三三三三三三三.7
                V三三三三三三三三三=7
                 i三三三三三三三三三.7
                 |三三三三三三三三三'
                 }三ニ=─‐=ニ二三三三{
                  /          ` <|
          {三三三三三三三三三三三三三三三三三三}
             ⌒ヽ、 }} /    /⌒ヽ 寸ニニニ込
                 {==tテ《〈 辷≦==t__テチ  .|==ミニニニ=彡'    
               7` ̄/ }  ` ̄ ̄´   リム ∨ニニニイ       ふむ。
                 {  / ノ        丿 | 〉) |ニニニ≦___丿    この私が予言してあげましょう。
-─────────ヽ 込 ) ⌒)      /  彡' ./ニニニニニ∠
             (  弋 r|彡  辷㍉    {     /ニニニニニニ气     …その悪い予感は確実な未来です!
           `辷ニニニノ | ,ニニ、  {      i ≦ニニニニニニニ==ー   
        ー=ニニニニニニ| (   \ヽ     | 込ニ辷=ニニニ气
ー-          ≧ニニニニ|  ⌒ _______ノ_ニ---------       「ちくしょー!」
    `ヽ   イニニニニニY    /三三三三三三三三三ニ=ー-
      V≧ニニニニニニニ\∠三三三三三三三三三三三三三
      Y⌒ヽ彡イニニニイ三三三三三三三三三三三三三三
     圦   >ァァ/三三三三三三三三三三三三三三三三
     {  ミ= 爪 /三三三三三三三三三三三三三三三三
     人_彡{_}斗三三三三三三三三三三三三三三三三
               柳生道場門弟その3

826やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:41:33 ID:yRed32G60

< イヤー!
< ソレジャダメダオッ!
< グワー!

              _
           , _'"´   `ヽ
           /: : :_>  大 ‘ ,
        /: : :>    往  ハ
         /: :フ(     生   `
         ,' ̄  i≧_、       _j           しかし、再出仕されてから三年…。
      __ ,   i   \_tッミメ、_从_,ノ_」         すっかり十兵衛様も、この道場に馴染まれたな…。
     /_ `l  ';;,  ...::''"´;'´!イ个ー〈ハ 
     マコ}     ';        ゙ ,;i!  } }          道場での御指南もほぼ十兵衛様が担っておられるし、
    ∧ゝ_|,    i!    ヽ.....::;ノ //         .もしやすると、今、腕に於いては十兵衛様は
''――┴`ー―┐ |!   〃ミメ`'==x、i,'          但馬守様を上回っておられるかもしれぬ…!
ニ三三三三ニll i i!  l| ,r― -、 |i|
三三三三三ニ! .i l!   l|  -=-,, |リ_______  
三三三三ニニl l\';  i!  ''""  l'_____ |  
三三三三三ニ| l  \/  ,,;;;'"  |        ェl |
ニ二三三二ニ=! !  /\__ _,ノ!,       ェ| |
三三三三三三三三| ミ=ニ三彡イ__________ェ! |
三三三三三三三三!  `ヾ彡イ !        ̄ ̄ ̄/
三三三三三三三ニ!  ̄ ̄`Y´ ̄! ̄ ̄`ヽ      /
         柳生道場門弟その2


                ,ィ ,イィ  ,,
            イ7∨州州州州yィィ
             〈v{州州州州州州州州州y,
          代州州州州州州州州州洲z,
          《人小爪 {{{ ル',ィ爪〉圦㍉㍉ァ
          /三∧从 リ /へjj ミ㍉㍉vY
          乂 ( o込辷彡_o__〉 u|ミ`ヾミル
           |u. (  ̄`==ー.__  |ミト、 }ミイ         な、なにぃー!
           | __zミ_`-イ ⌒ヽミ |ミ } ルイ        それは本当か雷電ーーーーーッッ!?
           イ爪|       } ㍉|ミーく抓㍉
             ハ i:├┼┼┼一ァ、ヾ汽气爪州、
           ハ:i ー─‐‐‐  小< |从州杙
            ハ:i ー一  y小'': :| r ミ<州洲ily
        <>小,,__,,>'': : : : : :| |圭≧、`'<州ィ
 _  <>    | : : : : : : : : : : :/: | |圭圭圭≧V州y
 マム≧≦      | : :.Y: : : : : / │|圭圭圭ニ圦抓y
  マム      .o  |   1:    /   │|圭圭圭圭ニ',
  マム  o.      |      /__ | |圭圭圭圭圭',ー
   マム     <乂   __\圭圭圭圭圭圭圭圭圭
   マム<>     Y´     V圭圭圭圭圭圭圭圭
         柳生道場門弟その6

828やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:44:15 ID:yRed32G60

<ウム、トアルデンセツニヨルト…
<オオー!サスガハライデンジャアー!


               ____
             /      \
           /ノ    ヽ.  \     ィ
          / (-)  (-)   \  //    なーに言ってんだか…。
            |    (__人__)   u .|//    十兵衛が父上に勝るなんて、過大評価にも程があるお…。
          \ .  `⌒´     //
          /      ー‐ < 、//\
        /  /      (⌒^ヘ>ー 、 }
         {  ⌒ー―一'⌒>へ.__/


               / ̄ ̄\
_            / ─  ─\
\\          /   (⌒) (⌒) ヽ 
  \\        .|    (__人__)  |        まあ、それだけ兄上の腕前を
   \\       |      `⌒´   .|      皆が認めているということではないですか。
     \\      ヽ          /  
      \\.    ヽ_    _/  
        \\.  ,/       \
         \(⌒,´        ヽ、二⌒)

829やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:46:11 ID:yRed32G60
   ____
    \ :\
     \ :\
       \ :\
        \ :\
         \ :\
           \ :\
             __\ :\
         /    \ :\           ….まだ肝心の父上にきちんとお認め頂けてないお。
       / \    / .\ :\,、        確かに父上に印可こそ授かったけど、
      /  (●)  (●)γ⌒ゞ7       あれも和尚様のお力添えがあってのものだお。
      |     (__人__)_/ ヘ__ソ `)    .
      \_    ` ⌒/  / ゞ、久>、     十兵衛が、真にこの柳生を継げるだけの腕があると、
       / `ー---ー"′ _/   \   \    父上にお認め頂かないと、やはり気が済まないお。
       ヽ         /   /ヽ\   )
         i ``ー--ー"´     /  ヽ、__ノ


       / ̄ ̄\
     /   ノ .ヽ\
     /   (●) (●)ヽ        ._    兄上ですらそれじゃあ、
    .|    (__人__) |       //   私なんて話にもならないじゃないですか。
    .|  u.  `⌒´  |      //
    ヽ         /    //       厳しいなあ…。
    / ヽ        ノヽ  //
    (⌒ヽ、       ィ.ヽ//
    l \  \     i //
    |  \  \  /, イ
    |    \ , '⌒く/ /
    l      ゝ、ニ≠ソ
     |     `´  ̄ |
     |    ,ィ'    |
      |    | ヽ   ,l
     |    ,|ノ   /

831やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:47:54 ID:yRed32G60

         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /                \
      /  ―― 、   , 、―― \
    /                    \
   /.    ( ● ) ノヽ  ( ● )    \        ま、その話はまた後にするお。
  |       ´"''"   ,     "''"´       l       ほら、かかってくるお。
  ..|.        .(    j    )        .|
  |.        `ー-‐'´`ー-‐'′         l         「はいっ!!」
.  \.          ` ⌒ ´           /  
    \                   /
    /ヽ               イ\
   /       ``ー- -‐'"´        \
                               \

832やる夫で学ぶ柳生一族(その63)2013/05/12(日) 22:48:21 ID:yRed32G60
                               ´                  \ヽ
                                 /                      ヽ \
                           /                            ヽ \_
                         /                              ヽ  ` ヽ
                          /                              i   ヽ、    \
                        l                                l    l \    \
                           |                   /               l   l、 \    `ヽ
                          |      ト、  l      /                 |   l \ \
                      -‐ l    ト_| ヽ l       ,イ  /l   ,イ           |      }  \
                 , - ´/   l  l   |ヽ 「`|ーキ    メ|、__/ l  / .|  /         /       l    \        また続く。
                  /     l  l   lzキ===ミl    / | /` メー/、_ 」  /      /      ∧       l      多分次で終わり…のはず。
               /   /        l  l  l  寸ェzリ l  / レ z=t==ミ 、 |`7`ー    /  /    / ヽ       l
          -‐ ´ / ̄ 7        l.| riヽ|       レ     廴ェzマTメ      /   /  /   ヽ、    l
        ニ 、_ く__     ヽ        l'| ` T=====´⌒ヾ{、       /       //   /  /         \  ト、
      //    ヽ、 ヽ    ヽ         ヘ  l        '   ``、、___//    /, '  /  /          \
   /∠-‐  ̄ヾ― 、  \    ヽ         ヘ  \      __     ̄ ̄/ィ    /  /   /            ヽ
 - ´ ̄      ヽ  \  \    ヽ      ヘ  ト\   `ー`      '/ /  /  /   /              |
 / /  l    /  ヽ  ヽ   \    \       ヘ |ヽ \       _ /イ  /  /   /               |
/ /   l   l  __, ヽ /    , \         ヘ! \|ヽ ー <´/  / /     /                      |
  {   l    レ´   }/ ∠-‐'::::::::`ー- _ -- 、_____,\_,--ヽ、  //     /                    |
ー l_  |    {  , -‐'ー´::::::::::::   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`/ー ‐--、_ ノ-- 、                   ノ  __ __¨ ./
    ̄ `ー‐ ´ ̄              :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、                  ´     _)  _) \

839安価スレッドはEXへ!纏めて落とします2013/05/13(月) 00:11:14 ID:EVGbCQ0AO
乙です

初期は宗矩の剣は超一流に比べたらちょっと落ちるかもって扱いだったけど
最近は普通に天下一(の一人)っぽいのは>>1の宗矩観が変わったから?

84312013/05/15(水) 00:42:34 ID:W.ySedy.0
>>839
 それについては、話中の宗矩の評価が「社会的評価」を基準にしているのが大きいかなと。
この時期だと、地位は勿論のこと、年齢的にも宗矩より上の世代が、皆、お亡くなり状態なので、
宗矩より格上の存在ってのが、ほぼいませんしね。
あと、他の流派との絡みが少ないのも影響してるかもで砂。

 ただ、当方の宗矩観が、初期の頃から
変わってきてるというのもまた事実だったり。
これに関しては、いずれ外伝でまとめるつもりでしたが、
せっかくなので一つ書いてみたのをレッツ投下。

84412013/05/15(水) 00:43:26 ID:W.ySedy.0
 まず、宗矩の剣の腕前に関しては、
前(その22)に書いてた通り、

>実際のところ、宗矩と兵庫助だと、兵庫助の方が剣の腕は上だっただろうなー、と。
>良くても互角、普通に考えたら兵庫助の方が上だろうと。

 というのが当初の当方の認識だったのですが…

                            ,.;:-――一=-、,,,,,,,,,、、
                           ,.イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``i,
                     _.;:-'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ ノ
                  ,. -'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_.ィ<´
                     ,i';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.;:=-‐''" ,、`i
                    !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::==-'''"ノ  ;i:;> !ヽ,il
                  >、_,...='"´  Xノ 、 ;:; '、,,. ;  ノ ノ,/ l
                 /´ `i,   , / / ,. ;:;、 ゞ,.    / , i !、
                    /、_ゝ l , ,..;: _.;;´ .....,,,,,__´ ! =,//,ヘ .ノ      ん~~~……。
                  ヾ ,ィ i、 ,.;:"   ,i;;;;;;;;;;;;;;;;=イ ノ ノ ,.ィi"i     なァ~ンか違うンだよなァ…。
                 `i、l 、へ、 ,..;-ヽ;;;;;;;;;;;;;;;丿ノ ヽ''"   l
                 丿`ーiニて''"ヾ ヽ``=--ィ,   ノ) , ノ
                ノl;;;  (  `!, /^i , // '=-、_ ,.) ,i丿 
            ,.;:-ー;;メ i、  `ー、_ノ   ,i´ ,.;:-=ニ=‐┐ ノ  
         ,.;:‐''"´  /   ゝ    ヽ、 / .,i´!、__ ヽ_,.;! ノ ノiヽ、_  
     ,,..;:=‐''"´     ノ    ヽ、    `‐( 、``ー-ニ-‐'"イ l、 ~`ー-=、..__
 -‐''"´        /      `i、    `i、_      ,.ノ ノ        ``=ー-:;;、..,,,,,__
           /   ,;:-''"~~`i、 `ー、__   丶ー---ナ'"_.ィ´

 その後、家伝書や他の伝書を繰り返し読み込んでると、
もしかすると、この評価は違うかもしれんなあ、という気がしてきたので砂。

84512013/05/15(水) 00:44:16 ID:W.ySedy.0
 どういうことかと言うと、あの家伝書をつらつら読んでいくと
「大なる兵法」とか「剣禅一致」とかいう以前に、

                , '          ,' /                ∧
               ,'..:::.        ..{,ノ, -- ,  .ヽ }        ,  '´'
             . _,,'.:::::::   ...::::::::::::::::::/ {:::::::::::',  {_ ノ , ―, -‐ ' ´ ..  |
            /.::{.::::::::  ..:::::  /'.,ハ―.',:::::::::::',┬‐ '/r ´ヽ    ..:::: ./
            ,' .::::|:::::::: .::::: , ' ,' ././ _ `ー 'ヽ ゙..:::      } .:::::::_,.'::
      , ' `ヽ  .,' :::::::',::::   /,.' { トノ {‐',.ヘ~{,'ィ `´  rxッ‐,:::::::::::::::::/,ィ゙.,'::    強くなりてェ…!
 ,r― ' ¨`ヽ :::',¨¨{ ..::',:::::   ,ィ゙/./  .レ゙! .ヽヘヘ ヽ,__`',   ̄´:::::::::::::::::::::: /::::   強くなりてェンんだよォッ!!
..{  ..._:_:,::::-:,:::/::::::',.:::::::   ./.{ { {    ', __ \メ'ッ ,___`ヽ      , ‐ '/::
 フ     _,ノ:{:::/ `..::::.   ! .| ', ',    {    `ヽ' くフTTT.}  ,.イ , <::/::
 'ー,  ' ´  _}/.  ..::::}::::..  .', | ' .',   } ヽ    } ` ̄ ̄ __,.' ‐ 彡彡.:::::::::::_
   ',_.....::,::::'´, '  ::::::,'',:::::.. ..:::::::.....} '  .ノ. .  `ー‐ ' ¨,¨‐¨´彡_-‐_,:::::::-‐:::':::´::
    ',__, ‐ '゙}   :::::{:::}:::::::::::::::::::::::::::|:..::  _, -‐ ' ´‐彡彡 ' ´
     ___{::.  , ――――  ' ¨¨ _, ´ 彡彡,彡'..´::
   ,   . ./:::::../ , ' 二二二二二二  ' ´, イ....::::::::::::

 という具合の餓狼臭が、
文中のそこかしこから漂ってきて、「たまらぬ──」ようになってきたのです。

84612013/05/15(水) 00:45:08 ID:W.ySedy.0
 だとすれば、そんな餓狼野郎が「最強」を目指さない訳がないのであり、
そういう視点で家伝書を読み直していくと、

\\\、       , -l|─‐|!-|-//  // \
\\\丶  ,  ´        / \ /   ヽ
  \   /  ⌒ー=====一⌒  \ /  }
     /     ̄\___/ ̄  . ヽ <  柳生宗矩が
     ,′   ̄\ ヽヽ } {. j´ / ,/ ̄  '   )
    .|   x===ミ} ヽ. U / / ./x==ミ   |  く  最強を求めて
   r‐|l ミ{. ○ ,}:  }j (_/  {′○,)彡 |x‐、,)
   /ヽ| '⌒ ̄ミ彡≧く} l {`≦.辷´ ̄⌒ .! /   何が悪いッ!!
   V .{     //(__,〉´ .Y__)、、    ∠__
 ̄ .| V\  //./   `ー‐'   ' ,ヽ  /∨,/  ヽ
= .Lノヽノヽ//./  _____   ', V´ヽノ!_j   /
.    ∨{ ノ{l :{,x<LL⊥⊥L!>、} | Y j  ∠-─、
.     `ー{ | :{  ノ/⌒ー'⌒ヽ(.  } | j/       )  /⌒ヽ
       \! { Fl⌒\/⌒Fl ,/ ./´          |  /
//     lヾ、|┤   l  ├j/,イ     \\丶 | ./
/  __,. -‐|.∧.Vユ、___rく7./ |、__    \\ j/
-‐  ̄∴/ ̄j :|ヽ `┴┴┴'´ノ|  | ̄\`ー- 、_丶
∵∴∵.|   ノ ノ  `ー─一 ´{ .廴 `ー  | }∴∵∴\\\

 という気持ちが、「むくり、と起きてきた──」という塩梅なんですよ、これが。

84712013/05/15(水) 00:46:03 ID:W.ySedy.0
 何故そうなるのかというと、家伝書は、
そのテーマこそ「治国平天下の剣」であり、
主に説いているのは具体的な技法よりも心法ではあるのですが、

                 ハ 、
                   ': :ヽ'                , イ
                  /: : : :| ’               / /|
               j: : : : :| ヽ __      ./ /: :|
                厶-‐        ̄  、/ /: : : : :|
               , '                 \: : :|
              / /                   \j            ああ、確かに心法の重要性は説いてるね。
.           /  /                   、 \
        /   /   ,-==-、         ___    i   \          でも、技法を軽んじていいなんて、
       /     ,                   ' ⌒ヽ   |   ヽ       一言も書いてないよね?
        /     i                     |     ヘ 
.       /       、                       j       ハ 
.     /       ヽ      `ー' ー '          ,イ
    /        / `  _                 / .|         ’     
.   /         j     ンー‐        r‐ '    |        i
    ,            l      /            l        |        |
.   i         ,     / 、        |        |        |
== |            i    ,   ヘ      /. |       |        |
- __l            |     i    i    /   |      |        |ニ====-   、
`.ー-ミュ、        .|ミ、  |   |   /    ヽ、  r‐''ニ|        | _ - ‐ ' _ノ

 という具合に、どうも説いてる内容が、

 「技を修めるのは当然だから、今更、技の話なんてやらんぞ。
  というか、心法を学ぶなら、せめて印可レベルまで腕上げろやコラ」

 という風に読めて仕方ないので砂。
つまり、数学を学ぶならば、基本となる算数レベルの知識はあって当然、とするのと同じようなもので、
心法に手を付けるならば、まず技をきちんと修めろという訳でアリマス。

84812013/05/15(水) 00:47:29 ID:W.ySedy.0
 実際、家伝書の序文にあたる進履橋では、
目録の後に、
 
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|_|
| ._         .|_|
| |進|        . |_|   『右の数々を能々習い得て、此中より、先手万手をつかひ出すべし。
| |履|        . |_|    三学九ケなどと云ふは、大体を云ふ也。
| |橋|        .|_|    此道をよく得てより、太刀の数を云ふべからず』
|.  ̄         .|_|
|          . .|_|   (意訳:この目録にある技は全部自在に使えるようになれ。
|            |_|        あとは全部応用な。もういちいち技とか意識すんなよ)
|________.|_|
└───────┘

 と説いてありますし、そもそも進履橋は印可も兼ねてるわけですし喃。
家伝書で説かれる心法を主体とした兵法論は、技を修めてるのが前提と見てよかろうと。

84912013/05/15(水) 00:48:40 ID:W.ySedy.0
 また、家伝書では、一対一の立ち合いなどの「いと小さき兵法」を、
「大なる兵法」よりも得失は僅かなものと言ってますが、

     .._________________
      「 | | |  | | |.  | | |   | | |  | | |  /// ///\
     \ | | |  | | |  | | |  | | |__,-‐、|  /// /// /.|
.      \,ヘ、. | | |  | | | |_l-'  :::::\/// /// .///|
       /  ヽ、| | | |_l l-'    U ::::\./// .///.│         僅か・・・・・・!
      /    ` ‐-‐'          :::::\ ///  |         確かに其の得失は僅か・・・
.    /l\    ヽ、 __, -‐'  ̄   __,-‐ll´\::::〉___│         だが、僅かであっても
    ^l\ll\ ヽ、 _ , -‐'  __,-‐ll _ll-'´ ̄::/ ──‐ |         勝たなくても良いとは言ってない・・・!
.    |  \ll\      _,-‐' ll _- '   ::::/  ̄ ̄ ̄│
     | _二二\ll||   ||l_ll二二二_  ::::|  /⌒i._|          .そのことを
..    |  ̄ ̄ ̄o >.......≡ ̄ ̄ ̄o ̄ ̄  :::|:ミ|l⌒:|─|         .どうか諸君らも
    | ` ‐--/.:::::::::   ` ‐---‐ '´ U :::| |l⌒l.| ̄|         .思い出していただきたい
    | 、_/,::::::::::::::::  、_     ,ノ   :::|: ||⌒l.|_|
    |   /,::::::::::::::::::::   ̄ ̄ ̄   、 :::::|ミ||ノノ ─|           .つまり・・・・
    |/./,::::::::::::::::_:::)   `‐--- 、 \ ::::|.|`‐' ̄ ̄|\        .もう心に刻まなきゃいけない・・・・・・!
    │v L                   \  ::|| l、__|:::::\       勝つことが全てだと・・・・・・・・
.     |  -----======ニニニニニ⊃   ヽ::::|: ::l、─.|:::::::::::\_     .勝たなきゃゴミ・・・・・・
     |                   :::|::l::  ::l、ニ|::::::::::::::::|:::‐-   .勝たなければ・・・・
    _/:l     ━━━        ::::::::;/::    :|,|::::::::::::::::::|::::::    勝たなければ・・・・・・
._ ─/:::::::l                ::::::;/::   /|:::::::::::::::::::::|:_:    .勝たなければ・・・・・・・・!!
::::::::::/:::::::::::::ヽ             :::;/:::   / .|:::::::::::::::::::::::|::
:::::::/:::::::::::::::::::::\_______;/:::   /   |:::::::::::::::::::::::::|:
::::/::::::::::::::::::::::::::|\::::::::::::::::   /    .|:::::::::::::::::::::::::::|

 という具合に、「だから立ち合いの勝敗などどうでもいい」とは言ってないんで砂。
むしろ、「一度打ったからには徹底的に打て。中途半端なところで止めるな」という具合に、
戦うからには勝たなきゃ駄目だと言ってるわけで。

 無論、何をもって「勝ち」とするかは、状況に応じて変転する
(だから「勝つ=相手を斬る」ではない。無刀のように「勝つ=斬られない」もある)し、
「得失が僅かだからやらない」のもありなので、その辺の融通は結構効いてるのですけど。

85012013/05/15(水) 00:49:53 ID:W.ySedy.0
 なんにせよこうなると、家伝書で説かれた話は、

    /圭!/ //      _      !圭l圭l圭圭圭圭〉
    /圭/!//ヽ-‐…・ ´   `     ゞ、圭圭圭圭圭/
         l  __  圭三三≡x、    ヽ圭i´ ̄`ヽ′
         ≡三       _二__ `       マ′ ヽ  !       「勝ちてぇ…!」「強くなりてェ…!」か。
          ヽ´ゞ夛 '_ ´_弋夛`           /
        |  ̄/                   、 ´ /        そうか。
        | /                `ー'!〉、       なら、家伝書で説かれている話が
        ヽ,'    、              |  /  !::\     .全部違う意味を持って立ち上がってくる…!
         !   _.                / /  /:::::::|::
          `,…、 ,   _         / /  /::::::::::|::
     /`ー─--== ‐´ ̄         / /  /:::::::::::::|::
    / _     'ーノ=、      /  /  /:::::::::::::::|::
.   /´  \─一-.,´        /  /   /::::::::::::::::|::
 /`\ 、  \/:::::∧ __ .<.<´    /::::::::::::::::::|::

 となるわけで砂。
つまり、「技を極めた上で、更に強くなるためにどうすればいいか」「どうすれば勝てるのか」という問いに対し、
「なら心法だ!心法をやれ!」と言ってるのが「兵法家伝書」であると。

85112013/05/15(水) 00:52:11 ID:W.ySedy.0
 実際、新陰流の要諦は、

 「懸待表裏は一隅を守らず 敵に随って転変し」

 な訳で、宗矩が、「もっと強くなるにはどうすればいいのか」「どうすりゃ勝てるのか」を追求した末に、
上記の根本となる「心」の部分…即ち、心理戦を極めよう!というところに
行き着いたのではないか、いう話でアリマス。
現代風に言えば、メンタルコントロールと駆け引きに重点を置いて兵法理論を再編成したという訳で砂。

 宗矩はその経歴上、
「相手の考えを探る」「自分の意図を伏せつつ意見を通す」「意見の異なる相手と交渉する」などの
心理戦の場数と能力は、他の剣豪を圧してたでしょうし、
なら、己の最大の長所を工夫してはどうか、と考えたとしてもおかしくはなかろうと。

 だからこそ、

    〃                 i,        ,. -‐
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈    /     .⌒
    !  :l      ,リ|}    |. }   /   .や  心
.   {.   |          ′    | }    l
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<    |    ら  法
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|    |
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|   |     な  を
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ     |      `-´
.    }.iーi       ^ r'    ,'    ノ    い
     !| ヽ.   ー===-   /    ⌒ヽ
.   /}   \    ー‐   ,イ       l    か
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\       ヽ

 となったのであり、家伝書にある「大なる兵法」「治国平天下の剣」というのは、
あくまで元からあった宗矩の兵法思想を将軍家用に発展させたものであって、
その根本にあるのは、「俺(宗矩)の考えた最強の兵法」ではないのかと。

85212013/05/15(水) 00:53:51 ID:W.ySedy.0
 また、宗矩は「この道(兵法)の滋味を得た」のは、知命の歳(50歳頃)と言ってる訳ですが、
その頃になれば、既に体力の衰えも自覚できた歳でしょうし、
事実、57の頃に吐血してぶっ倒れたりしてますしね。

 だからこそ、体の衰えに左右されない(されづらい)要素として「心法」を見出し、
これを己の納得が行くところまで工夫できたことで、

     /           `ヽ      ∧
      ,'              \      ',
     ,'                \..     ,
     !                  ヽ   |
    ,' ヽ                  ヽ  ,'ヽ       .完成したんだよ。
     {  ',            }        .',.,'  ', 
    '.,  \        _,'        ハ  ,'       柳生流が。
     .', /  ` ー    ,  ----  ,_  ,.イ  ',ノ
     `{   _, - ' ´_,  --――- `,_' ー. ,_{
    , .-'‐_'_´, ‐ ' .´ __,   -――--  ,_` '  ミヽ
  ./¨¨´_,  -‐ ' _´,  --――――-   ` ー ,`
_/ニ二´_,ィニ ´――――          `丶、

 というものだったんじゃないのかなと。

 実際、宗矩は、石舟斎や兵庫助、小野忠明などを始めとして、
技量的にもトップクラスの剣士が身近にいた訳ですから、
「最高クラスの技」がどういうものかは当然分かってたでしょうし、
そこが劣るから弱いのなら、心とか以前に、技の未熟をどうするかを問題にしたでしょうし喃。

 それらの技を知った上で、なお、「この道(兵法)の滋味を得た」としたのは、
この頃になって、ようやく己の兵法に確信が持てたからじゃないのかと。
(逆に言えば、それまでは迷いや不安があったのでは、とも言えますが)

85312013/05/15(水) 00:54:43 ID:W.ySedy.0
 だとすれば、こんな餓狼イズム溢れる兵法を説く人間が、
「最強」を渇望しない訳がなく、ならば、それを説いた「剣士」としての宗矩の姿は…

. . : : : : : ,.. -‐‐-. .. : : : : .:.::::::::::::::/ / . : : : `ヽ   _________
. : : : : : /////////`: ...、.:::::::::/{ / ,.x=.、     Y´
. :.-‐…{/////////////ヽ,イ.:::::j /:/〃. :ミ;、   }  矢でも
. .:-‐…∨////////////,ハ:::::::::' /. . : : : :`ヽ {
. . : :.:.::__∨////////////人:::.:{ /. . : _:_  )(∧ 鉄砲でも
.,. :''"´: : : ヽ二ニ≠-‐‐‐、く.ゝミメメ、 ,(´ゞ='ヘ.,_ }( }
人,.ィ^ー''⌒¬=ニニ二三ミ刈 } ハ`三二ミ¬く{ ,ノ 謀略でも
: :{: :,ィf「「ミー=-‐''" ̄〃⌒ヾjjjj ノ }: : : . `ヽ /|
: : .:{{. 从{x, , ,ィッッx、 人. : : 〃⌒ヽヘ. : : : .   ( | 持ってこいやァ・・・・
:ィf{リ: :`ヽ二.´゙゙゙゙゙゙ヾミ从ヽ(: : . .  )ハ: : : : .   ヽ |
ィ勿{: : : .;, ⅥY⌒Yヽ. : :ヾ小..__ .ィく 八: : : : :  } \
f爪 ヽ: : :;;. ゞゝr‐ヽ.__ト=r--x. : `ヾツハ}}: :    /    ̄)'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ハヘヽ: .:、: :ヽ.\{__/ /`7ーく ノ>ヾ}}ブ''从ッッ /
从ハ: : . } : : :ヽ ` ^ー'ー'--くノ>'〃. : 爪ハィ{
从ハ}ィx: 、: : : : :`ー‐-.....、 . : : イィ.: /ノハ/ | ←宗矩
ゞ勿}}ハ: ヽ: : : :_:_:_.::::/  . : :厂 /イ从ラ′ j

 という餓狼以外の何者でもない男なのに、
普段はそれを抑えきって幕臣として振舞うという、
とんでもなくたまらぬ男ではないのか、ないのか、と思うようになったわけで砂。

 即ち―――

85412013/05/15(水) 00:55:23 ID:W.ySedy.0
 











                      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                      |  この世で一番強い剣士、でございますか  .|
                       乂__________________ノ











.

85612013/05/15(水) 00:56:06 ID:W.ySedy.0
 








                                     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                      |   宮本武蔵・・・柳生十兵衛・・・・・・    |
                                      |   色々おられますなァ・・・          |
                                      乂________________ノ





        γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
         |   ただ――――                    |
         |   たった一人だけだというのなら、やはり・・・   .|
         乂____________________ノ







.

85712013/05/15(水) 00:56:49 ID:W.ySedy.0
                            __
                        ,, -‐ ''''"~´   `゙ヽ、
                     ,r'"            `ヽ、
                     /               \
                     /  ,-‐-、 ヽ、,,__        ヽ.
                   ,/ ,ノ、_.,.,.,、`ヽ、 `~゙゙`''      ゙i
         ご        r''"´r―-=、ヽ、 `゙`''ー ‐--、、     !   .柳
                ,r‐-、l _,ィ''''"ヽ、ヽ、`''ー――--=、    l
              / ,-、 ,i '"´ ̄`ヽヽ、 `゙''ー- -―-=、 ` ! リ
         ざ    i′ /`l   ,,..==、\ヽ     __,,,..ィ''ヽ、 ヽ/     生
              ゙i,  r'^i  /_,,;;;;;;,,,ゝヽ),ノ ir ''",--‐'"`ヾ、 /
              ヽ l (.l ヽ"~"゚"゙`''ニ (  レ"´,r‐-、     ,レ=‐、
         い    ゙i ヽ┤ `ー '":  /  .`ヾ:;;;;;;,,`t  ノィ"^i. l    宗
               l  ,ノ`・"  _,ィ''' / / 、  ヽ`゚゙゙'ゝ  f 人.ノ ノ
               `゙゙7′,r''"''ー-≧i′j_,ノ、・ : `゙゙",' ,ト'`) /
         ま       ! ,:"(`ヾゝ、,,_`゙''ー-ゝ、 ・  _,, ノ,,ノ/       矩
                 ヽ(  ゙i ヽュヽ-'`iコュァ:、ヽ i´ f、,,/
                 ゝヽ, `''tヾ、iココュ/ ,,ノ,イ  ノ
         す        i`フ′ `゙´` '亡,,..ィ"/ ヾィ''i′           で
                  l f' r       , ,'リ,,.ィ''´ l l
                  !リ, ゝ     ,r く"´ i !  l、、
                 ,┤ハノ     ( ミミ      ) )`'ヽ、
                ,ィ' i-'"′     )r''" i  l / /: : : :\r::、
            r::::::、ノ t ゙i((^i    , ヽ)ノ l ヽ // : : : : : r::::::<,
           ノi ::::::::) \ V′ iヽl,ノ ノi   i //: : : : : : : :i .:::::::)、
   ,,,r――f´~Y´ >--く   ゝir  ヽ`ー l !   //: :\: : : : : : ゝ-<ヽ`ヽ、
 ,,/    (  i  (o:::::::)   ij、ヽ i 'l `ヽ l  //: : : : : \: : : (0::::::): ``''ー`゙`'ー-=

 という、「柳生宗矩最強説」が当方の脳内で荒れ狂う嵐な訳でアリマス。
どっとはらい。

関連記事
[ 2018/03/15 10:00 ] やる夫で学ぶ柳生一族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する