やる夫まとめ劇場(仮)

自分が面白いと感じたやる夫系スレをまとめるサイトです。長編を多めにまとめていきたいと考えていますので、時間がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

失敗国家の聖騎士なんだができる夫はもう限界かもしれない ~第43話:星の名は忘れられても~

196◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 20:24:29 ID:nPABNiEU0
  ▼――――――――――――――――――――――――――――――▼

   【安価】失敗国家の聖騎士なんだができる夫はもう限界かもしれない【金策】

  ▲――――――――――――――――――――――――――――――▲

             ~第43話:星の名は忘れられても~

197◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 20:24:40 ID:nPABNiEU0
ttp://www.listenonrepeat.com/watch/?v=1v90BoB__3E
【アルトマー王国】
                                                 、Х
                                             〈`
                                               /\
                                              //.:::.:.::〉
                                          〉へ::.:/ヌ/〉
                                            /'个y´ ̄Lム、
                                         |:.'.;| [] . :::.ヒ!
                _                         |;'.:.| . : : : :ロ.::|
                   /:/\                       |.:::;|.: :.: :.:.::.:.::.:|
              ┌个┐| | .:_|___.                   |_.' |.::.:..:.[]::.:.::.:|
              | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─┬i            .//| |.: :.: :.:.:.:.:..::|
\             | └┴┬i::::|==========|: : ://__.        rr┴' | |.:.::.[]:.:: : : :|
:::...>、           |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :.[_[;;::::.}      ]:]:: : | | :.:: ::..::.::.:::.|. ┌::、     /〉
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : : : :〉〉       //:: : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : : :〈〈      rく〈:.;:..::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : : : 〉〉      | :.|::|..::./rへ/レYL;/:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.: :: :〈〈       ̄└─匚|__| :| |:L:冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮  ̄               。l;_|_|ー|__!」====l|_<>‐┴─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥!        rュ    ´         '                 ルヘ:

198◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 20:24:51 ID:nPABNiEU0
.T.┬─‐┬───┬............................____ ̄ ̄ ̄:::::::::::───────‐___ ̄ ̄────
││:::::::...|      | ::::::::::::: :|  | ::::::::::::: |  |::: ̄ ̄ ̄!.  ┌───┐         i ̄ ̄──┬─
││:::::::...|      | ::::::::::... .|  | ::::::::::... |  |:::::::::::.. .. |   |:::::::::::::::.....|         |:::::::::::::::::::....|
││:::::::...|      | ::::::::..... .|  | ::::::::..... |  |::::::::::.. ... |   |::::::::::::........|         |:::::::::::::::::......|
    ̄ ̄ .       └──‐┘ !_:::...... |  |::::::::... .... |   |::::::::::..........|         |:::::::::::::::........|
:.: :.: . . . . . . . . . . .             ̄ ̄   ̄───   .!_____|         |____..   |
_:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.: . . . . . . . .                                ̄ ̄
: .  ̄ ̄Λ_Λ──______:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:.i ̄ ̄i:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
:::::::::: /:彡ミ゛ヽ;)ー、::::::::: Λ_Λ. .  ̄ ̄ ̄ ̄─‐. ⊂ニニ⊃ ______:. :.:. :.:. :.:. :.: Λ_Λ:.: :.: :. :. :.
::::::.../ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i:::::....(-д-::: )ー、::::::.......    ( ゚д゚ )ー、  Λ_Λ:: .. . ̄ ̄ ̄─(-д-::: )ー、::..
::. . / :::/;;:   ヽ ヽ ::l::: . /i ;:      :::i:::.::::::..... .  /i ;:      ::. i /:彡ミ゛ヽ;)ー、:::::::... .  /i ;:      :::i::..
: . (_,ノ⌒\;; ヽ、_ノ:l: . (:: ;;__/ :::./ |:::::......   (:: ;;__/ :::./::/ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i::::.... .  (:: ;;__/ :::./ |:: .
    i⌒\)i⌒\ /:: .. / ____/ :|:::::::::.... . .  / ____/::/ :::/;;:   ヽ ヽ ::l:::::......  / ____/ :|::..
    | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ: . i⌒i_ノ :i⌒\ /::::::...... .   i⌒i_ノ :i⌒\(_,ノ⌒\;; ヽ、_ノ:l::::...  i⌒i_ノ :i⌒\ /::..
    | :::|  | :::|:::: .... | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::::::::... ..   | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ i⌒\)i⌒\ /:::::::.... | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::...
   (___/  (___/::.....  | :::|  | :::|:::::..... .     | :::|  | :::|:: .  | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::::.... . | :::|  | :::|:::: ::...
                (___/  (___/:::.... .. .. .     (___/  (___/:: : | :::|  | :::|:::::::.... .  (___/  (___/:::.... ..
                                      (___/  (___/:::.....

199◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 20:25:03 ID:nPABNiEU0
                             ---
                           r ´ :{x==x}  `丶
                            |    |: : : :|     |
                         ハ      ̄     ハ
                            {: }_       _{: :} 「随分派手にやってくれたものだ。
                          V<二ニ>─<ニ二>V
                             {              }  いままで綱渡りのように貴族を説得してたのに
                             l\           /|  それも全部死亡、残ったのはまだ若い跡取りだけ。
                            l  }ト、 ____ ,/{ :|
                          ___八 /\ハ ̄ ̄ハ/∨   やれやれ、胃と肝臓に悪いね」
                   __ //: : : : \\/:{二二}\/}
           _∠二二二二`丶 : : : : \ー……─==彡
          /: : : : : : : : : :/ ̄〉: : \ : : /∟{二\: : : /ト、__   _
         , : : : : : : : : : : :./: : /: : : : : : :く : :{: : : : :\\:{ {:{\\ノ:}\
.          ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :x==ミ}´ ̄ ̄ Cト\\ヽ:/\\: : :\
         |: : : : : : : : : : : : / ̄ ̄{: :{{: :(_) }\: : : : : : : :`丶:\__) /\: : }
          ∟ ____/: : : : :人:.乂__ノニニ}: : : : : : : : : : : \: : /: : : :∨}


                   __ ,............ _ __
              , '    _     ``'丶,
            ./    .,:´     _,,...  `丶.
               ,.′     :/:     ,:':::三ミ、   ヽ..
           /      ::/:     / ー-、ミミ、 ,-.、  `!
          ./     ::/:     /    `ヾ/,彡:i   .;'
          /       .,.'     __/.       '"゙',ミ:i:  ;'  「胃はともかく肝臓は痛飲が原因ではないでしょうか?」
           /       /,'     ./_"''''‐-、    丶| ;'
         ./    ./` ゙:i.  `ー{,示jメ、.       ;' ;'i
       /    /   /.,i.    弋z:ツ '       ;' .;'i    「それは言わないでいただけると助かるね」>トニー
        /    :、.‐、ゝ,i.    |ヽヽヽ   ,' .,イ´`;.'、 ;':i
      ./     ::./丶.,.i:.     i.       !弋り`メ、.;'.:i
      ./      .::/:  ,' :i.     :|        ', ミ, '  ;'.:i
     ./     ::/:  ,' :|:     .i    -、  /;'   .;':::i
     ./     :::'   / .;i  丶、|.      /  ;'   .;'.:::i
    ./     / ̄`ヽ、..:i.     i、_ _ ./    ;'   .;'.::::i
    ./       |.    .:,i'     :|'.、  .i     ;'   .;'.:::::i
   ./     ./   ヽ,,,i'      .i"|   .i.    ;'   .;'.:::::i
  ./   ......,:i`  `ヽ、,i:      .|! |_  .i    ;'   .;'.::::::i
  ./  ´  ゙‐、      ,i'      .:|,' ,i、 .i   ;'   .;'.:::::::i
         ゙ 、  .;'       .:i \``ヘ   ;'   .;'.::::::i
           ' 、 .!      .::|  ∧ .|  ;'   .;'.:::::::i
            `:!,  /   .::i. / ヘ |  ;'   .;'.:::::::i

201◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 20:29:19 ID:nPABNiEU0
                ,>―: : .、              , -.、_
              /: : : / ゙゙゙゙̄i :ヽ、        /⌒:/:.:.:.:/:.:.`i
    __      /: :i : : / .   } : : iヽ      /、: /:.:.:.:/:.:.:.:.L
 ,. : ':´: : : : :`ヽ、  /,: : i : / .  ,.-l、: :} i     /_ .:.:i':.:.`r'、.:./.:.:`i
': . . ; ;:;:::':':':':':::;:; ;\幺:i: : レ' .  , '   ` ' .i    / :.:`.i';.:.:.:/:.:.:.:.i':.:.:.:/
; ;:':'. . : : : : : : : : : : :\ノi´ `く\:      /  ./',:':.:,:/:.:.`r'、.:.:/:.:.`r'  「しかし、アイリスフィール君はよくやってくれた。
: : : : : r ' _´ `丶、 : ヾミγ:´: `.┘、    /  _iく: .:.丶:/`:、/.:.:.:.i';.:.:.:./   あれから諸外国にいくら吹っかけられるかと思ったが、
: : : /ゝ'´: :`~ミミ`~、 i : : : :  `t-、./ /ヾ'ミ` 、/:`:.v':`:、/:.:.`r'    KSKSTが思いのほか控えめで助かったよ。
:/ '´: : : : : : : : : : : :`ヾミ } : :     ` 7 /: ,.':.:.∨:.:.:.` メ、`.:./`:.,:./
:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : :ゝ‐. . 、  /´./丶':.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:/      それもこれも、君がKSKSTを軽視せず情報収集してくれたおかげだ。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : , : :´: : : : : : :.:`:ヽ./: :,.':.\: : ., ∨., : :./:.:.:V´      おかげで、向こうの望むものをある程度提供するだけですんだ」
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : , ' : : : : : : : : : : : : :/: :,.':.:.: : . , ´   `: . : :.:.:.》
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.' : : : : : : : : : : : : : /: :,.':.:.: : : . :      ; . : :.:/    _
、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.':.:.:.:.:.:. : : : : : : : : .:.:.}` 、:.:.: : : . ,` 、   , '`ー;-ヽ_.. -'´:.:.:.` ,
: ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : .:.:.:.:.:i: :i.:.`ー:.:':´:. : .`. .´. : :.:.:.:'´:.;.:.:.:.:.:.:._..; ィ


           ./ :  '.,  .,r..、、.          \
           ./  :   ヽ i彡ミ;;;ヽ、         ヽ
          ./   :  ./ミヽヽi彡彡"゙゙ヽ  '.,        ',
          ,'    :  .lミミミヾ"     \ '.,.      ',
         i.   :  .lr"´      _,,.=-キ‐',     ',  .li    「お褒めに預かり光栄です、陛下。
          |.    :  |       "´    ヽ、   ',   li    ですが、それはただ私の幸運に過ぎません。
          |    :  ! ,..ィ'´        _,,x'´   ',  li
         !. ',     :.イ         ≠゙ ̄ i.     ',  i    あえて、功績を挙げるなら……」
.         ',. ',     : i   __        //// l.     ',  i
         ', ',     i._≠゙ ̄          l     ',  .l
          l  ',.   ̄l" ////   `      l    i  l
            l.  ',    ト、        _  ‐ァ   ,i    l   .li
          l  ',    ',\    ` ー ´   /.li    l   li
             l   ',.   ',:::::ヽ、、     / li     .i  __,,!-‐r=≠ヽ、
           l, r‐:、i    ',:::::::::: `.i.` ー- '    |i    l'゙/:/ ./::/≠::ヽ、
           ./\ヾ;:::i     ',::::::::::::/!       !|    l:://:/ /:/.,r'ヘ
        /、 \::\ヾ:i.    iー='"´           |    |'/:/./:/.,r'",:ィ´
      /\::\ \:\l.    l.   ` ー 、、    r' l     |:/ ./::/ /::;イ:i
     /\:\\::\ ヾ, l     i      `  ´  i     | ./:::/ /::/  \

202◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 20:29:29 ID:nPABNiEU0
             /  /      \    \
            / ヘ / 、     \      \
.             / /ヽ‘, /ハ       :,       、
             ′  /`ー‐--t !      i       :,
           | ;′ ′      ,│     │         i
           | !  ,′       ‘,|     |        |   「あの人、衛宮が命をかけて
           | !  {ー!  ー- ..,,,l_      .|        |    KSKSTの潜在的なものを
           l  __,!rュ!   --  !:`     |、       !    私に伝えてくれたからだと思います……」
           │   :ヒリ′ ノ苅抃:、_  .|´∨      :,
           |   .:i:./    以ツl ´     |  }:.     ′
           |   ヽ   :.:.:.:.:.│     │イ 、       ,
           |    、 ., __   |     | !  \    ′
           |    小      |     | ! :,  丶.    :,
           |    | ‘.   ,. |     |/ ヽ :、  \.  ′
           |    | /  ̄.. .ヽ|     |. . \丶   、 :,
           |    |{. . . . .!      | . . .  > .,   \:,
         /|    | ゝ  . . ! i  :.  .! . . . .  / `ー-ヽ
.         /  .!  i  |  入. . l .!  :.  | . . > ´     ,,..> 、
         ′  l   !  ! /  \ー! i  ::.   !‐ ´‘:,    /  /     `ヽ
          |    !  .! .i | @  `│i  ::.   !  @ |  /  /        '.
┏【アイリスフィール】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  その後、KSKSTの大使を長年勤め上げ、両国の親善を図る。
 アルトマー王国が完全に疲弊した状態であったときにKSKSTの制度改革に協力する。
 これによりKSKSTを交渉に足る国にすると同時に、疲弊時にKSKSTの目を国内に向ける事で
 アルトマーに対する干渉や宣戦を防いだとされている。
  その才能と美貌から幾人もの男が求婚したとされるが、結婚したという記録は存在しない。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

203◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 20:34:59 ID:nPABNiEU0
【ヤマト帝国】
         ,  /    / /  / /  '     }  .∨:::\  l   |
          | ,   '   ' /  / イ  .'    .彡   ヽ:::::\|   |  「……ただいま戻りました」
          | ,  '  ! |≧ー- | / -‐≦ 彡  ' |∨::::::i  |
          |ハ  |l   |Ⅵ弋:::歹 !/ 弋:::歹 .ハ¨`/ | \::|  |
          | ∨Ⅳ |l从  ""  i   ""  }}_ソ  l    `   |
             人{ ∨从圦           u. 〈(    |       |
             Ⅳ )〉 \  ^^^   ./ )〉   |   i  |


'; i       :.'    ;;;;;; :! :: ::;;;;;;!    ゙:;;;;;;;,゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,
{ .!     .l!   .;;;;;; .; .::  :;;;;;}      ゙;;;;;;;; ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,
! .!:! .    :;l:.  .:;;;;;;'  .:: .,;;;;;'       ゙;;;;;;;, ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
! ::. !.;  ;;;;; .,;;;;;;;' .:  .,;;;;:'       ヾ;;;;;;,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;  :. :.:.   :::::. ;;;:.;;; .  ,;;;;;/.....      _ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,
.;.:.: : :.::. ..:::::::.;;;;,:.:..: ,;;;;;/::::::::::::::  、,: '`’' ' ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;、   「ああ、お帰り。
::l.;, :. ::::. :;;;.:.:::;;;;,:...;;;;;イ;{;::::::::::::   ゙:::.、ー   ;;;;;:::;;;;;;;:::::;,ヾ、;;;゙;,,
:/:;.:.::. ::::;; ::;;.;;;::::;;;;;:;;;;;;゙、!:::::     ゙    ,;';;;;;;::::;;;;;;;;:::;;}゙ヾヽ;;   で、早速で悪いがそろそろ年末行事だ。
';::;::.:::.::.:::::::.:::.:;;;;.:;;;;;;;.:;;;;;;;ヾ、           ,;;;;;;;;;;::::::;;;;;;:::;;ノ' ;;}!'    イデオンに乗り、皇帝としての国事行為を
::/:::.:::...::::;;;.::.:::.;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;, ヽ           ,;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;:::''";  ,{'     準備してもらいたい」
/::;:::.:::::;:.::::.:.:.:;;;;;;;.:;;;;;;;;;;ノ  ,}    ` ー'´ ,,;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;:;;.'(ヽ  ( ヽ
::;:'::::::::::;::::::::;;;;;;;:;;;;;;;:;'"  ̄ '゙ー-- -‐ ´ ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,丶、
:::::::::::::::.:::::.;;;;;;,;;;;;(彡;,;,;.     ,, ̄,,;;;;゙ ‐=;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,ヽ、
.:.:::::.:::::::::.:.;;,;;;;.;;;;.;;;:、 ゙~"'';从洲州从ルヘ   ゙ ー=;;;;;;;;;;;;;;;:;.;; } !
..::::::.:..:::::.:::;;;;;;' ;;;;;、 ` 、     /        ,..-;;;;;;;;ノリ,! ′
 :::  ::: ;;;;;  ヾ、 / ヽ.   .'       /:::::: ,''"´ ´
     .ノ;;:';    ゙/   ヽ   {      /::::::::::: {

205◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 20:38:13 ID:nPABNiEU0
       .... ,,、__
       /ィ彡'三三≧、
     , 'ィ///ィ彡'三三ミ≧、
    ,!ノイィノハf/r''^`ミミヾミ'、_'、
    /!/fwリ八   ヾミ'、メミ、_ヽ、
   {i |l|W小f    l|l{{トミヾミゝ、__,     「と、いいたいところだが、流石に今は報告の方が優先だな。
   )!l|l|fリfモリミ;ゝ:ィ'tiテ!lトトミソ}} ヽ``ヽ
    ,川h{i洲{´ l:{:`~尢',l|l|巛  \ '、   悪いが休むという選択肢はない。
    リノノ八イ   ':,:.:.ハミリ!ト、ミヽ、  ヽ   南方諸国の軍事力を簡潔に報告してくれないか?
   ノィシイ卞ミ}_ー_',:./ハ}}l{ ヾミ'、     書類による報告は、またあとでしてもらうがね」
   ,.彳{{/リトミ'`ニニ,´ィi{l{lト't'、 `',リ
,. '´:/:::::|jツ リ}}iliリt洲Wjリツ}}リト、',ミヽ
::::::::/:o::::|{ヾハリハ{ゞ'、' 'fシ'、//{{!ヾミミ',
:::::/:o:::::::|:.:.:`メ'、(ヽ丶 j入::ヾリゞ,ノリヾj
::/:o::::::::::|:.:.:.:{:.八} | )〈:.:ヽ:/o、fツ'リト、\
/:o::::::::::::|:.:.:.:V、_リ |::.  ヾ:.ヽ:::::{il、::::::::::::::ヽ
ヽ::::::::::::::|::::::::∨|`` ‐::、. :}:..:'、::jリoヽ:::::::::::::|
:/::::::::::::| ̄ ̄  `ヽ   .|.::..:.:.ヽ::::::::::::::::::::|


.            /               \.   /:::::::::/
         /                   ‘, /::::::/
.         /             `ヽ          ∨::/─‐- 、
       /     ' '        |        {:::::}     i
.        ,  '  / /   ' '  ,|   L_        ∨::\     |
        ,  '  / /  / / / !   '  ` ー‐- 、   ∨:::::\l  |  「人使いが荒すぎる……。
.      i '  ' '    ___ ノノ|   '廴___    }    ∨::::::∧. |   そんな事言ってると支持率下がりますよ?」
        |ハ |l| {i  ´|/ |/ |/ | ./     `  彡  'i \::::::i |
.         ∨l| 从  |三三三 |/   三三三  彡^ハ 'l|   \l |
          Ⅵ   \{                  '⌒)ノ,' |    l  |        「かまわんさ。支持率がいくら低くても
.          从  lⅥ     '        〈(^// |    l  |         選挙で勝てれば首相にはなれる」>絶対悪
             \{圦           u.   /)〉/   |    l  |
               )〉丶  ⊂⊃    . イ/'      |  l    |
             /´ ,r{>  __  <´`j、_      |  l    |
              ≦/{  ./^\  } \::::\    |  l    |
          ≦::::::::/. | /ミ{^}彡, |  丶::::\   |  l    |
          ≦:::::::::::::::/  Ⅳ/∧\.Ⅵ     ,::::::::\. |  l    |
      ≦:::::::::::::::::::::::/  ∧く_./  ヽ_>∧    〉::::::::::\    |

210◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 20:47:45 ID:nPABNiEU0
       /             `ヽ      ‘, ./:::::/
..       /  ' /               |        ∨::/─- 、
.     ,   / /     / '       i       {:::::}     i  「では簡単に報告を――
      ,  / /    / / / '   |   L_       .∨::\   |
.     | '  ',   ! / / / /    |  '   ` ー- 、  ∨:::∧  |   南方諸国の軍事力は帝国を凌駕しています。
.     |ハ l从  |斗‐|‐|‐| 、   | / ‐─‐-  彡  ,'∨:::::l  |   一般兵のもつ武器の質は言うまでもなく、
.     i ∨l \{ 〃斤 テ N   !/  芹 テヾ 彡 ,   \::! .|   戦況を単体で左右できる人物の数や質も帝国の数倍以上あります。
.         从  lⅥヽ 弋::ソ   \!  弋::ソ './ヽ /|     `  |
.          r'Y^Y^Yヽ┐  △  ┌y^Y^'ト、  |      |   兵数も、内政特化と言われるバビロン以外は下手すると本当に桁が違う数を抱えています」


         /                      \    /:::::::::::::/
         /                     ‘,   /:::::::::/
.        /      /       `ヽ            。 /::::::/- 、
      /   ' /  /   '      l             ∨::/    \
.      ,  / /   /  /  '    L_         {::::}       \     「断言しますが……
      ,  ' /   /   / /      } `ー ‐- 、.    ∨:\       \    侵略されれば帝国は確実に蹂躙されるでしょう。
       i '  '  l{`≧ト、{i  l|   '       }    ∨:::::\ 丶     \
      |ハ !|   斥≧xz∨ .l| ' -‐ ¨ ´  彡    ' ∨::::::∧  \    \ 取引できる価値を持つ今のうちに、何らかの対策を講じるべきです」
.        ∨|   lⅣ _ノ:ハ ∨ l|/ ィx====z 彡^ハ.  ∧ \:::::::i    \     \
          Ⅵ   |ヽ弋::ソ  ヾ{    _ノ゚:::ハ 》/⌒)ノ ,'  丶. \:|     \     \
.         从  Ⅳ ""         弋::::::ソ 〈(^/ ./    \ `       \     \
             \{圦    '     """ / )〉 /         \   丶   \    \
.            〈( ム             イ /'/            \   \          \
              )〉  \  ^^    イ,イ'_´                 \   \
.             /'   ,r/{> _   < // ∧              \   \
              ≦/ / ヽ  <  / /::/\                  \
          ≦:::::::/  /-<    / /::/::::::::\                 \
..      x≦::::::::::::::/   ∧:::::::∧  / /::/:::::::::::::::::\                  \


        _ ,, .... ,,、__
        /ィ彡彡彡'三三≧、
      , 'ィ//ルイ,ィ/ィ彡'三三ミ≧、
     ,!ノイィノハfr'ノィ//r''^`ミミヾミ'、_'、
     /!/fwリ八l|l|/,イ   ヾミ'、メミ、_ヽ、
    {i |l|W小fリリノ/}_|_    l|l{{トミヾミゝ、__,
    )!l|l|fリノハfi{fモリミ;ゝ:ィ'tiテ!lトトミソ}} ヽ``ヽ   「なるほどね。
     ,川h{i洲{{リ丁´ l:{:`~尢',l|l|巛  \ '、   流石は魔王軍の猛攻を集中的に受けてなお
     リノノ八イトミメ、   ':,:.:.ハミリ!ト、ミヽ、  ヽ    平然と国体を保ち続けた猛者たちだ。
    ノィシイ卞ミミヾ,、}_ー_',:./ハ}}l{ ヾミ'、
    ,.彳{{/リトミ',',i|、l`ニニ,´ィi{l{lト't'、 `',リ      このようなタイミングで接触できたのは、
 ,. '´:/:::::|jツ リ}}iliリt洲Wjリツ}}リト、',ミヽ ゝ      まさしく幸運と言うほかないな」
'´::::::::/:o::::|{ヾハリハ{ゞ'、' 'fシ'、//{{!ヾミミ',
:::::::::/:o:::::::|:.:.:`メ'、(ヽ丶 j入::ヾリゞ,ノリヾj
::::::/:o::::::::::|:.:.:.:{:.八} | )〈:.:ヽ:/o、fツ'ー'- 、

215◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 20:55:43 ID:nPABNiEU0
     __
   ,.ィ'´,ィィィ三≧ー、
 ,イ////,イ//l/ノハミヽ
 {ハl/lノノ//イ川lノl_,Vリl|
. Wハ{{lイノハl|ljリfti'〈川、  「しかし、今まで取引してきた北方の小国家群とは勝手が違う大国との付き合い。
 ノリ八WイハW{f`~ ヾミ、
,:'イf{i{lリハ、!ソノハリ、_rfリハ   軍事力を高めるにしても金属の輸入が不可欠で、それには南方との交易が必要だ。
!ソノノノシノ'イ/l|l|{ト,、了リノ{
彡彳≦、ノハlili{tリ洲}i! (_  やれやれ、議会をどう説得するか、頭の痛い話だよ。
::::::::l。ヽ:.:`l!ソli|》シハシハ、
:::::::::l。::ヽ:ノ:.:リ/少<ハミ})
::::::::::l。::::ヽ:.,イ}!:.:`ヽ|jリメ,、  ……ところでヴィヴィオ君、ここで油を売っていていいのかい?
:::::::::::|。::::::',{l/:、:.:.:.||`'(    ぶっつけ本番で皇帝に乗って国事行為を行う度胸があるなら話は別だが」
:::::::::::|_:_:,:::ヾ、:.',:.:.:ノ:〉
:::::::i:::::/:::::::::l:.:.:.;:./:/
:::::::|::〈:::。::::::|:.:.:.;{l_ト、


                                      , -‐....-―――-..._
                     .  -‐ ¨¨ ‐-      / /::::::::::::::> ´ ̄
                 /  ̄ `´            `ヽ / /:::::::/  \
               /     , - 、         ∨:::/        ,
            /      /   ∟_ __       {:::::}        ,
             /   /  / '     }, -─-`ヾ    ∨::\        i  「アッハイ、では失礼します」
             ,   /  斗-,{、  , '       }    .i∨:::::\     |
           ,  '{i   |/∧  { ,ィfテミx、  彡     ' ∨::::∧    |  (そろそろ他の人に乗り手代わってもらおうかなぁ……)
            i イ 从  l| ,ィfN i  んiイ 》 彡   '  .|\:::::i   |
            |/ |   |\{《 ヒリヾ{   Vツ   〈('^ハ   '   |  \l   |
.             ! |ハ |  ハ 、        )〉ソ ./    .|      l |
.                `Ⅳ 圦      u.  /′/     |      l |
                \{ム V  ノ    |/      |      l |
                    \   . イ  |、        |      l |
               f Y´in   `¨i ´   / ト、       .|    l   |
                 ,f´i ! .| |  ,r/  <   / `r、__ _ |    l   |
                  il | i .i i-‐' /<、    / /::::::::::::::::ヽ   l   |

208名無しのやる夫だお2013/05/25(土) 20:45:15 ID:MJkPZcSE0
支持率が低かったら選挙で勝てないんじゃないですかねえ

219◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 21:04:05 ID:nPABNiEU0
                  ,ノノ!lWリj/ l|! |lli/ ̄\ミミ'、
               .,ィシイijijl{Y..,,_,リ  l/      Vミ
.               //イliハil|l}}`メミミミ!  さ  .!トミ
               {{/ ソノ八lリ.:/:7:‐-|  あ  |トミ
               |li':./ノノリツ..:{!:.:;'fj7|       |liト'、  >>208
              l|!:f;ッ '´.:.:.:.:|!:t`='ト、    ,イl|l'、、  「選挙のときに支持が高ければ当選する。それだけのことだよ。
            ''"´       |l ``'>'´  `ヾl|l|l|ト、   勿論、私のほかにこの状況を乗り切れる奴がいるのなら
          (        リ  /      ∨l|l|    そいつに任せて隠居してやってもいいのだがね」
             >、      /  |  元頁  |l|l|l|
.             |li、f゙>     i'  _」       .|l|l|l|
.             |til|〈__    | ∠、  弓長  |l|l|l|
              !l|l| ト-;=,、、_|    |       |l|l|l|
            !l|l! リ^、}==テー;ッ|   7|´レ  |l|l|l|
            j||l {l! ` ̄´「 ̄ ヽ       /l|l|l|
           ./ノリ リゝ-‐      {`i――rrイl|l ,jリ
           /ィル' /ノfrノ'、 , , ,frィヾ'、lWiyトミヾトイi|
.         ,イイ/リ ,f{iリ}Y从リイ从リイ!l|l刈l|リリ川川川
.         /;ノ/ /_ノリノ УW'リノハリ八リ从リ川川l|l|l|l
        ,.ィ彡'´  / ' ´
┏【シックス】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  絶対悪、極悪宰相、その他ありとあらゆる罵詈雑言を国民から浴びせられながらも
 のうのうとこの動乱期における帝国で長期政権を続けた敏腕宰相。
 南方の混乱にうまく便乗し、周辺地域におけるヤマト帝国の地位を確固たるものとした。
  後に野党の突き上げに「そこまで言うならキミたちがやりたまえ」といって突如議会を解散し、政界から退く。
 そして政権交代後しばらく帝国は大混乱に陥り、その手腕と「絶対悪」の名を確固たるものとした。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

220◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 21:10:25 ID:nPABNiEU0
>>219
 しまった、さいご「その手腕と「絶対悪」の名"も"確固たるものと~」だった。

                              \:::::::: 、
                     - 、           \::::::::ヽ
                ,  ´    ヽ,, -──-   \:::::∧
               /                     `   }\:::}
                '            __       /::::::ヽi‐- 、
              /                   ヽ     〈:::::::/   。
               /    /  ′           }_     丶/______  。
             ,' イ   ′/ 、 ′  /   / / `ヾ    ヽ:_:_:_〈   |
               i ' |    |   /\ / ′ ./ /    彡  ./::::::::::{ l |
              | |    |!  〃i:ハ / / -─- 、彡/::::::::::::/ l |
.               Ⅳ   |l  Ⅳ {r':i/j/  ,ィf示ミ、 /::::::::::>´ l   |
             从  |Ⅳ |ハ ゞ'     {r':::゚ハ 》'::::> ´/   l  |
                 ヽ| 从| {   ,    乂::::ソ// .ソ/|    l   |
                   圦   、       - <  |    l   |
                    . -‐\   `     イ l::::::} }   |   l    |
.                 , ´   //> - ≦´__ノ:::::イ∧ .|   l    |
                /    ,〈〈  / ノ:::::::::::::::::::イ// \|__ l    |
                /    /:/ヽ:.、l::::\::::::::::::〈::〈   /   `ヽ   .|
                /      {::{/ l::}::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ /       ∧   |
             〈、\      l:/ ___!::|::::::::冫´::::::::/::/ , /       . .|
            ∧\\   /´::::::::::::::::::/::::::::::::/::/ {/    __   | .|
               〉、 \丶 ,::::::::::::::::::::::′::::::::::{:::{ ./      {::::}  ! .!
.             〈: : 丶 \{:::::::::::::::::::::{::::::::::::::::∨∨      ¨   | .|
                /\: : \人:::::::::::::::::::,、::::::::::::::::∨∨        ∧ .|
┏【ヴィヴィオ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  皇帝イデオンの乗り手にして、帝国陸軍の魔法部隊に勤める軍人。
 1人で部隊を壊滅できるほどの魔力を持ち、帝国では最強の実力を持っていたのだが、
 南方諸国との合同演習で自分が井の中の蛙であったことを知り、更なる修行をつむことになる。
  その後皇帝の乗り手を後進に譲り、帝国の魔術教官として第二の人生を歩む。
 母親はとある高貴な人物という噂があるが、残念ながらそれを証明する史料は発見されていない。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

221◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 21:16:04 ID:nPABNiEU0
【KSKST】
                    , <´三三三三三ニ-、
                 , <三三三三三三三ミミ}l{ヽ
               ////彡三三三三三ミミミミミノノ)
              ///彡彡≫≫≫彡⌒f゙゙゙゙゙゙´ : : ゙ヘ
                {//////////////ミ:::::フ_,,,,,,,,、_: : ',
             _.」_______彡::::フ´ ___゙゙゙7: : r',   「……これも時代、か……。
             fff「「「「_, / l i if f「i}/:::ヾ-'ァァ-ヾゝlfr,t、
             ',巛',{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{ヾj==ニf{::::::...',キキ::..}   どうやら、KSKST市民は秩序を望むらしい」
             `゙', ̄ ̄ Tヾr,ヾf ̄、::::::r゙゙゙ヾ___ノ:::ヘヘ.ノ
               j-、彡ヽ、ヾ}; ; ; ; :::::::....    , r-::', '.
                ゙i彡彡ヽ_,、:::::; ; :::::::::   '' ゙''''tf‐'
              r-==_彡__l:::::::;:::::::::::   ,∠ニ=-'
                  {:: ::: : ::: : :: : ::: : ::`>-、::  ´ヽ-‐tr'
             /}:::: : :::: :: :: :: : ::: : :::∧l:::  .そ  {、_   __
           /:: : ::--──=≡::: : :::/;;;;ヽ、_ f   .)  ̄ ̄/,
          , .< ̄ヽ、:: :::: : ::: : :: : :::j;;;;;;lミヽヽ==ソヾ: ::: : :::/;;l
       _, <三三ミミ 、ヽ:: : ::: : ::: : :::/;;;;;l.lミ,--ミゞ__l__ ::::/;;;ll
  ,  <三三三ミミヘ ミミ、ヾ ヽ_: :: : ::::/;;;;;;;;l l'   ,,,t、.,ヘ- 、ヽ;:::l

                                 r―==二 ̄`ヽ
                                  >‐-_'´ u V:::::|
          r―-―== 、               , ' r-- 、   }:::::|
          アー-'^⌒}:::::!                (  '    }  「r、:::|
         /    u  〉:::|                > i}  リ  |ヒ}}: |
         ヽ ==ヘ  /-、::!    _  __       / ー-u'   |ン::: |
 _ rァ__   / i   }} |ヒ}!::|   > ^´  ヽ    ∠__r=_`-イ丁ヽ.|ヽ:::::|
>::::^':::::::::'. /  =u彡  |ン::::|   イ/⌒く  |   、---ヾエヱ二」 ! \|r
そ:/ヽ:::::_::! `1工エエハ ./\:: 「`ヽ  .> i う ヒ}l    <r 、V^ー ´`ー '_| //
 ハ。=Y{.)|   _}-r‐://   ヽ\リ <_r-┬!ト、|_  ∠≦リ::}  , イ //.....
  <.`_^、/く:|  Lー-イ/  //:.:.:.\  f=' j | ヽー-<j /イ   \//..........
  〉-- / /\ (_,イ /:.:./:.: |`Y´|\イ-、 l |   /`ヽ#\  /...................
  ヽ__//   \    ( \:.:.:.| | |:.::__| | K´   l   \#Y=―- 、.........
\   }-― 、  \r──  `'┴┴r!(___  _ア´ ̄`ヽ{     }/.................ヽ....
:.:.:.\/    }    }`ー―― 、  、‐':.:.:.:.:.}   , <`ヽ '._/   /............................
:.:.:.:.:.:V  __/    :.Y´ ̄ ̄ ̄   >:.:/:./   /\   } } ◯./..◯...................../
:.:.:.:.:.:.:Vノ.   ̄`Y:.:.| ( ̄ ̄ ̄ ̄:.:/:.:/  .|:.:.:.:.> / /  .}............................/
:.:.:.:.:.:.:.:.', \. ヽ_人.人   ̄ ̄ ̄ ̄):.:(__,.ィ__j:.:/(__/  ,イ.............../....../
:.:.:.:.:.:.:.:.:.'. ヽ_VL イ:.:.:.:.: ̄「 ̄「 ̄:.:.:.ヽ:.:.:.:.:./  |:.\/ j--―..´........../
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V"´   ヽー--}ヽ \:.:.:.:.:.:.\/    j:.:.:.:\/........................./

222◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 21:20:35 ID:nPABNiEU0
             (_ __,、-イ`ァ-、..._
             〉7 | i y / _, -'゙ニユ-、
.            人 ヽ i__,r'v__二二ミニ-゙ヽ
          /-' ァ-'´      ̄}ミミヾトトミハ
          ト、ソ  _, -'´ ´ ヾヽヾ、ニヽy
.           .| }´ ̄ト、ノ i  _,∠゙`ヾノリ ヽ-し'_
.            Y, ァ==、,==y'´:::::::`!==ト、}ノノ三三}}}          「だが、これは我らの理想や活動の終焉を意味しない!
.           !r}:::::::::l} |7ヽ_:::::::ノ  ゙1-'ニノノノノノ
.            lニト、__ノl ',..  ̄    ,r{_jソフト ̄            自由を求める市民よ! これから我々は出来上がる秩序に対し
             lニi   ヽy_,r'`    / |'_ノ´ト、_           それが自由を脅かすことなきよう、常に監視する必要がある!
.            ゙l_',ヽ、 _>_、,_, -、  {   l ト、ヾヾヾ`!
..           _, -ヽ ', i--''´ニ ヽ |   | |::::', ',ヾヾ`!         そう、我らの目的は何も変わらない!
           ,ト、ヾヾヾ:ヽ',}r--'' ̄´   j /i |::::::', ' ,ヾヾ!         時と場所にあわせやり方を替えるだけに過ぎない!
         | !', ヾ ゙y' ヽ --‐''   //゙ ,-'、', ::::', ヾ ゞゾ-、__,、_
         |!::::', ヾヽj ', {  _,r /// l l: ::::ト、 ヾ三ミミ| ii ii   これからも、自由のため戦い続けようではないか!」
.        l|:::::::ヾ Y二ニヽ-‐=ァィ´ ニノイi l:: ::ソ/'ー-、三_j ii ii
        l|:::::::::::::',>-ヶ,-、三彡/;‐==j',.',ヾ/-''´1ii iiァ{ii ii
      //::::::::::::,y  =‐ヽ/  7´ , -、  ヽヾ_イji゙l| ii ii ii ii i
    _,-'∠, -ァ'1ト/  _ヽ}  i i゙ ,r'  , -'   〉7./7` ー-- 、i__ii_
  _,-'`ヾ i ii !! ', ヾ〕     ヽ リ´ <    {/// / /7/7 /7 ,'
  i iヽヾ ヾ ii ! 〉゙´〈  二二イ、 〉-, ヽ,    ヽト、j.//// // イi
 l i ii ト、', ', Y´ヾヾ ', ゙ー-、,‐' i i7-、ヽ、___,  /  /゙' // // /iiii
../i ii ii ',', ', ',ヾヾ\>‐-、__ , -' | | ヽ、___, - '   / // // /iiii i
.l | ii  ii 7', ', ', ', ` ヽ  7 j  | |     ヽ  / // // /ii iiiii


        、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人___人__人__人__人__人__人__,
       _)                                                (_
       _)_         ┃                              ┃ ┃        (
       .)     ┏━━ ┃                         ┃ ┃       (
       _)            ┃                 ━━━━  ┛ ┛       (
       _)            ┃ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋         ┛ ┛       (_
       _)                                              (_
       )                                                  (.
       ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y .
   キャー!                      ワー!
           ワー!                                パチパチパチ
                                                        ウォー!
MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、MVvvMvyvMVvvMvyvMVvvMVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、MVvvMvyvMVv
Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘΛ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘヘ _,.ヘ ,.ヘ ヘ _,.ヘ ,.ヘ
ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λヘ _,.ヘ ,.ヘ ヘ _,.ヘ ,.
ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ__,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ ヘ _,.ヘ ,.ヘ

223◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 21:26:39 ID:nPABNiEU0
 な 恩 弱 罪    /          __ノ   な 断 大
 ら .恵 者 な     (_ __,、-イ`ァ-、..._    、)     い じ .罪
 ぬ を   き    〉7 | i y / _, -'゙ニユ-、ヽ       て .人
 ! ほ 不 人   人 ヽ i__,r'v__二二ミニ-゙ヽノ        恩 に
   ど 幸 々   /-' ァ-'´      ̄}ミミヾトトミハ ̄}    赦 は
    こ .な     ト、ソ  _, -'´ ´ ヾヽヾ、ニヽy ヽ    は
   さ .人     .| }´ ̄ト、ノ i  _,∠゙`ヾノリ ヽ-し'_
    ね に     Y, ァ==、,==y'´:::::::`!==ト、}ノノ三三}}}⌒)
i.      そ     !r}:::::::::l} |7ヽ_:::::::ノ  ゙1-'ニノノノノノ /っ‐、 ., --
|         l lニト、__ノl ',..  ̄    ,r{_jソフト ̄     Y
-っ         〉ニi   ヽy_,r'`    / |'_ノ´ト、_
  ̄j      _j ゙l_',ヽ、 _>_、,_, -、  {   l ト、ヾヾヾ`!
 /Y-、 ,r '´ ̄ _, -ヽ ', i--''´ニ ヽ |   | |::::', ',ヾヾ`!
     レ   ,ト、ヾヾヾ:ヽ',}r--'' ̄´   j /i |::::::', ' ,ヾヾ!
         | !', ヾ ゙y' ヽ --‐''   //゙ ,-'、', ::::', ヾ ゞゾ-、__,、_
         |!::::', ヾヽj ', {  _,r /// l l: ::::ト、 ヾ三ミミ| ii ii
.        l|:::::::ヾ Y二ニヽ-‐=ァィ´ ニノイi l:: ::ソ/'ー-、三_j ii ii
        l|:::::::::::::',>-ヶ,-、三彡/;‐==j',.',ヾ/-''´1ii iiァ{ii ii
      //::::::::::::,y  =‐ヽ/  7´ , -、  ヽヾ_イji゙l| ii ii ii ii i
    _,-'∠, -ァ'1ト/  _ヽ}  i i゙ ,r'  , -'   〉7./7` ー-- 、i__ii_
  _,-'`ヾ i ii !! ', ヾ〕     ヽ リ´ <    {/// / /7/7 /7 ,'
  i iヽヾ ヾ ii ! 〉゙´〈  二二イ、 〉-, ヽ,    ヽト、j.//// // イi
 l i ii ト、', ', Y´ヾヾ ', ゙ー-、,‐' i i7-、ヽ、___,  /  /゙' // // /iiii
../i ii ii ',', ', ',ヾヾ\>‐-、__ , -' | | ヽ、___, - '   / // // /iiii i
.l | ii  ii 7', ', ', ', ` ヽ  7 j  | |     ヽ  / // // /ii iiiii
┏【ロベスピエール】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  その後も、強大な権力に警告を発する活動と「どうあれば自由を阻害しない権力が存在できるか」を
 提案し続ける活動を続ける。その法学的見地は、のちにKSKSTの憲法制定時に多大な影響を与えた。
  彼の率いていた団体は政府発足後に「レッセ・フェール」を掲げる自由主義政党へと発展し、
 時代に応じて方針を変えつつ今もなお左派政党として存続し続けている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

224◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 21:33:05 ID:nPABNiEU0
【KSKST南方、グラハム辺境伯領】
                __、_、__
                ,  ´-‐- 丶 丶\_
          ,  /´、 \ \\ ヽ v ヽ
          `.ニ,  | lヽ トヽ \\   ヽヽ
           / {|/ レ∠ィ  V  | | {  ,}ヘ      「……おわったか。
         , l/ノイ {./ノ付ッ 、丿 .イ ム、こソ L..ィ     できれば噂のガンダムと戦ってみたかったがね。
         `ァ.l ゝ ゝ. ´   ̄ ノ´rノ ノ l  l‐ ´
         ゝlゝlツ  ̄       r<  ル′      こればかりは仕方あるまい」
            ゝ、=ァ     '  || {
             ヽ`ニ    /  jヘ }
              ',      ´  ∠ ¬ー-、____ -――-、
              ` ¬  /    /    |    /     ∧
                 ,j_/    '     /    /         ∧
                / .:\  / ,  <      l        |
               ,/}  /∨ /   /    /        |
              ノ / V  , ' /   /__ 〈      \  ヽ
           __.-'´/ / /     /-―‐┘ ヽ       \ ノ
.            /_.>/  /,        /      |       \  {__
          //  /  //     /       ゝl           \ l
            l l  /   l/    /          \          ヽ
            l | ./  /   /       |       \         ∧
           `|| /   /      |        \        ∧


  ∧_∧
 ( ´∀`)  「辺境伯閣下、アルトマー王国から現在国内に展開している兵の
 (    )   撤退要求が来ておりますが……」
 | | |
 (__)_)

225◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 21:36:58 ID:nPABNiEU0
      `ー'´   /      ヽ   ヽ
      /    i         \ ヽハ
        |    i |     | |、    `  i ヽ
        |   ..::V:i     | リヽ ,::..   | ハ   「『仮にも救援に来た我々に対しその態度はいかがなものか』
.      |  ..:::::/ノ:i   i!  i  ' >、::. 、ヽ ゞ、  と返しておけ。あの王なら何が言いたいかわかるはずだ。
     _ ィ_,、 ..:::/イ::ハ   |_ _.ノ /_,,_ヽ 人てー´
      iリ .::イ::ハ-、ヽ ( = 彳てリ i /i ノ     もしわからん程度の器ならかまわん。そのまま実効支配し続けよ」
      ヾハ::::ィ:ヽ -=、 ァ、 \  ' ̄  ハ/ /
      `ー ─-ヽ`┴' i ̄       ハiリ
             ヽ   |       i |___
               \  ` -─   ./_,,|_ /|
            _ .>、  ̄ ┌'' ̄ ̄    .|
            ハ    ∧ーイ| |      .|
               V   ./ ノ-/ | |       : \
             V . トイ:::::ヽ.::| |      :/ ̄ ̄>-..、___
          _..:-:;;ハ  i!::::::/V  \__/   /::::::::/     \
     _.....-.:::':´:::/ ノ/::::::i  // ̄ ̄ ̄   ./::::::::/        ヽ
    ハ'´/  /::::::::/  .//::::::::::::|/    .\__/ ̄ ̄/           i
  / ヽ_/:::::/ ̄ |.|:::::::::/   /  /         /              |
  |    ̄ ̄    |.|::::::/   /  /       ノ                |

  ∧_∧
 ( ´∀`)  「かしこまりました」
 (    )
 | | |
 (__)_)

228◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 21:46:18 ID:nPABNiEU0
                       {、___,.-―==. x: 、
                           ヽ,. -‐      \ヽヽ-、
                   ,r   /     , ⌒ ::. ソ、⌒ヽ
                    {゙ー ´     / /,::      \ `ヽ
                      \/  i /ノ/:/   :ヽヽ: ゙;.、 、゙,
                       // / ゞ--f: :/ .:  .: .: :i:. ゙;: 、i:.゙. ': i    「さて、多少領土が切り取れればよし。
                   / / ゝ-' ノ / /:l:./.:/ .:ノ.:l: ,|::.:.:,:.:`、: , ゙{ 、
                     l /レ ≧:.:.ィ:./ バ:./: .::/ノ':.八_j:j:.:.: ヽi:.、`ソ   最悪“恩赦”というかたちではなく
                     ゞ{ :{、l:.:l:.:ト斥ミ、!{:.:.:〃ノィ=≦今v:l |:.いヽ..,   正式にアルトマーから当家の名誉回復がなされれば
                     丶! い:、{ 弋zリヘ:.:八"´弋zリ ノ:ルi:ト-- '′  それで妥協しておこう。
                     ソ个ミ= ̄  ` ‐     ̄彳'ノノ'
                       ゙¬、    i|       'ィ         ……どうせクライン財閥からもしものためと預かった資金だ。
                           小.  ,__`_'_,  /从         人の用意したもので欲張っても仕方あるまい」
                          ´ _j \  ー‐  /!、′
                        .イl|  \   /  lハヽ
                       _/:ノ ヽ   、 ̄   V  ヽ:\_
                   _ .ィ´: : :′  ヽ  ::.   /    i: : :\ ‐ 、_
               _.. -‐ ‘: / : : : !   ム     ム     {: : : : ヽ:、: :`゙"''‐-..,,__
         ,. -‐'"`゙´: : : : : : 〈: : : : : :l   /  l__ __」 ∧   |_ :: : :〉:\: : : : : : : : :``丶
          /: : : : : : : : : : : ___>: : : |  ハ  \ /  ハ   |: : :`<__、: : : : : : : :|: :¦
┏【グラハム・エーカー】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  その後、アルトマー王国からエーカー辺境伯家への名誉回復と独立の保障を獲得し、
 外交上の問題を排除して堂々とKSKST貴族として参画する。
 その後地方の有力者達を取りまとめ、統一政府により中央に富が集中しないよう
 地方分権を訴える自由主義政党を立ち上げる。
 本の意図は不明だが、これにより地方領主の中央政府に対する反乱が未然に防がれた。
 なお、ガンダムと戦う機会があったかどうか証明する史料は今の所発見されていない。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

232◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 21:54:00 ID:nPABNiEU0
【クライン家、屋敷】
 : : . . ./// ///レ / . : . N. /レ //. :  . . . . . . レlハ
   ./ ´/:/.´ . . : . :/: . . : :|/l//. : . : : :/ ̄ ̄...レlハ : . . . .
    . / ィ. . :/. : :/l. : l . : l: :  N: /: ∠ミ7  ̄ ̄´ ハハ: . . . .
    /'´ l:l: : l: . : 、!_! : lヽ: ハ: .  : :{: :l  └┬― 、/ Vハ: : : : :  「さて、久しぶりに帰ってまいりましたわよ!
. . . . . . . . 从 : l、: . :l人: l=ヘlミ 、. : : lヽi ̄`丶/: : : : : : :∨
 : : : : : -‐: :ヽ:l:ヽ: 、V、トl彳i` 丶: . : l ,≠z  /ィィ: : : : : : :l: : : : : .   絵理さん、どうもお疲れ様でした!」
 ---_ 二 . .`: :へヽ.  ̄ ̄   \: l iLィtケK/: : : : : :,l l: :__
三三.  . : : :_ へ_l `丶     i .:. ``  ̄` ∠ィィ: : : : /l/: . \
/. : : : : // :.:.:.:.:、      , :::::       ノ: :彡':\ : : : . .\
 : :// /  :.:.:.:.:∧    r=ミ. 、     -=ニ: ィ: : : : : :\: : : : :
 ィ:/  /  :.:.:.:/::l \  ゝ   ソ    . ィ. /:.l l、: : : : : : : `ー-
 /   /    :.:./::::l L..\  ニ´  _ '´/ ィ:.:.:.l l:.\  : : : : : : : :
    /     :/::::└┐ l  ー‐ ´__.///:.:.:.:.:、、: : >    : : :
    ,     /::::::::::::::l l   / _/:::/:.:.:.:.:.:.:.`\     ̄ ̄
   ,     ,::::::::::::::::::l l `/ /::::::::::::/ :.:.:.:.:.:.:.:.:/ ` .、
    l     l:::::::::::::::::::l l/. /:::::::::::::::/ :.:.:.:.:.:.:.:/    `\  /


      <:::::::::::::::::::::: >
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::.
  ./:::::::::::入::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶:::',
  .:::::::::::/   、:::::::::、::::::::::::::::/ ヘ:::   「おかしい……どうして私が財閥の経営に参画している?
  !::::::::::'     \:::::ヽ` - < /::::ハ!
  !:::::::::i ___ \::i___i!、:::::!    古くからの番頭さんとか……その辺はどこに?」
  !:::::::::| |   |    ` |   | |::::ヽ!
  マ:::::::l l             l i::::::::i
.   マ::::ハ   - ´      ` -   l::::::::l
    ヽ:::ト、            , !:::::::;
      `  >_   _   _ < !::::/
      l乂 ` 〈-〉 ´ 乂 ! i::/
      l  〉  i i  〈  l '
      i  ` - ´ ` - ´   !
      l  i  V/   i   !
      l  !  〃   i   !

234◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 21:57:48 ID:nPABNiEU0
..:::::::::::::::::::::>'´  {: :}ノ..::::::.... .::::..          `丶、
:::::::::::::_ -'´    ∨:\::::::...    ...           、ヽ
::::::::∠..._      :ヽ::::::\:::::/: .:::::     ..::::. . ..    `ヽ
::::::::::\:  ̄ ー‐-、 ヽ:::::::ヽi:::..::::::::.   ..:::::::::::: :::. ::::.. ::.  . ヽ
::::::::::::::::\____}/:::::::::::::|:::::::::::::. .::::::::::::::::: .::::i、:i:::::. ::::. ヽ. ',
::::::::::::::::/: : //\:、:::::::::::::::::|::: {:::::::::::.:::::::::::::::::::::::/-}ハ::::::};:::: :ト、:',
:::::: ::::::/: : //{ :{:::\:::::::::、::ハ:::i、:::::::::::::::::i::::::/:::イヵ、ノ}::/::}::;.::} .}/
: .::::::/ : //ハ ::、::::::\:::::゙{ rヘ! >::、:::::::/|::://、f{ 〈://:;イ::ル' ′ 「本来の事業は、その方々で問題ありません。
..::::::::/: : ///  '、:::、::::::::::::::::ヽ -/::::::\:{ レ'´   ` ノ'、/ j/
::::::::/ : //i {  ii \:::::::::::::::::::`7::::::::: :::i`        丶       ですが、新たなことに挑戦するには
::::::/: :///1|  ,ii 、_>.:::::::::::::;//::::::: ::|        r '´       申し訳ありませんが彼らは少々経験“過多”です」
::::::}: /// l{  ii  ` フ::;::::/イ:/:::::::  i::i      -‐r'′
:::::j: ///  ヽ ii   /イ{:/ //:::::::::  i!:|      〈
:::////    ,ii    } ̄``7:;1::::::::::  ト.| r‐r ..... ノ
////      〃   / ̄ \i/ |:::::::::::. { ハ{ 、!
// '     〃  ,-L__ 、  iヽ{::::::::::::. ゙、::丶',
/ i    〃  /: :, -、``丶、ヽ:::::::::. :.. ト、:::. ',


      {:::l:::/  \::| \:::::\:::\l::::}::::::i
      |:::|/ ̄`ヽ \´ ̄`ー-lニニネ:::::|
      ∨|t‐ァミ    =ァェ--、|:::::::::ト、:::l  「論理のすり替えをしようと思っても……そうはいかない。
       .|::! マタ     ヤタ_, l:::::::::l/::/
       |::i   l          l:::::::/:::/   そもそもこれは私の仕事なのかと……聞いている?」
       j∧            /|:::::i:::/
         \  -   _//::::/l:::{
              \__,  ´  /:::/::∧|
           _/:::|   _/:::/:::イ
     ,r───'/ |:/{--イ //|/ /\
   _/ {     「::`rィ:: ̄::フ/   /   `ヽ
  /く  i  ///:/ト、:::::〈/   /   -- 、\
. /  \l  >/::::::/ |:::\ノ   / /    /

235◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 22:01:04 ID:nPABNiEU0
   ,.‐'´  _,-'´/::. ,-イl::   :l : :::::l::|:::l:;イ:::/|  .:::::l::::::// /:::::::ヽ
 ‐'´ _,. ‐'´::::::::l:::/ _/ l:;i  .::| :::::::ハ;{::|リ,{:/、」  .:::/l:::/7/::::::::::::.ヽ
 ,.-'´ .::::::::::::::{:::{ /7 リ:', ::l ::::|::{7/ネ7ミ; l  ::;1:l|::{ '1:::::::::::::::::::.ヽ  「仕方ないではありませんか!
    :::::::::::::::::';::', ∨/ :: :::、::::; ::::;:lゞ、_ノ  } ヽ:::{`"l l| /::::/::::: :: l::: l
    .::::::::::::::::::ハ::`7/  : :::ヽ:ヽ::::ト、 ゙ヽ    ヽ| z_`フ,ィ":::::::: :: i;:: !  この半年で事業を広げた所為で人手不足なのです!
  ..:::: ::::::::::::::/:::;ヽl1   :::::| ``ヽヽ         イフハノ:::::;/::: /::ハ:|  人材というのは人手と違って呼べばすぐ集まる様なものではないのですよ!?
 .:: .:::::::::::::::/::/;ラ:::    ;::::| u  ``       ヽヽく 7:::;イ:: ,ィ:::/ j/ 
 ..:::::/::::::ノ:ノrく 7イ   ::i:::|           , /'"T/::ノj/      絵理さんのような優秀な方に3~4人分くらい働いていただかないと
 /_,. -‐'''"∨`ヽヾ|   : :::l::l       ,. ―-、 、'´ /:::::: |''´         とてもではありませんが新規事業が回りません!」
 ニ‐ヘ     `ヽ `゙|   :. :::i;:lヽ   ヽ、_::::}フ ,.ィ:::::::::|
 -''" ヽ     ヽ`|  :. :.:::ハ:! 丶   `- / |::::::::::|


     /:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
     .:: : : : : : : :|: : : :|、: : : : : : : : : : : :、
    /:: : : : : : : :∧ : : l \: : :.: : :. ::| : : : .
    :: : : : : : : :/  V: :|  \:: : : : :|: : : ::|
   l:: : : : .:.:/⌒ 、V:i  , ⌒ヽ: : :レ'7::!  「うん……それはそんな堂々と言うことではない?」
.   : : : : :y′     V     `ー|/: ::!
   ∨:.:.:{ x==ミ、   x==ミ, |: : : :|
    ハ: : |               |: : : :|
    ヽヾ;!        、       ; : : .:i
      `‐ヘ、     __     ハ:: :.:l
        ';:\   ヽ   ノ  r‐、イ: : !: :.:l
       ';: : ::..   ¨ __r‐l ̄丶 :/l:. ::l
        Y: : : ::> /l 丶丶  }‐ョ: ./ -‐ミ、
          l/V:「(l=ヽ      /::/ |/    ,'丶
         _メ、:::::`¨..∧     ∨ /     l  ',
     , ェ<´   ヽ:::::::::::∧     ∨     l   ',

237◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 22:07:59 ID:nPABNiEU0
              ._ - '"×××××××゛''- ,
            , - "××××××××××××''-.,_
          /×××××××_,,.-‐―――-. .,,_×x\
         /×××××x_,,.-''"  ,_,,..-‐――‐‐‐-..'-,,_xヽ
        ./×××××,.-''  _,,.-''××××_×__×゛x-.,,_
       /××××./  ,,.-''×××x,,.-''":::::::::::::::::::: ̄゛::''‐ミヽ
       /××××/  ./i\__x.-‐'::::::::/ヘ::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::',ヾ',
      /×××x /  / ノ::::::::::::::/:::::/   ヽ:::::::ヽ:::::::::::::::::::::::', ヘ
      i×××x / / ̄:::::::::::::_,,..-‐'"      ヽ:::::ヾ:::::::::::::::::::/:i  .|!
     . |×××x/ /:::::::::::::::/--‐‐‐-- ..,_     ヽ::::ヘ:::::',::::::/ o|  /
      |×××x |r''⌒|:::::::::/  _x==ェ,,  ゛     \',\ヽ/0':|/
     .ヘ×××xi :⌒ |:::::::/  《 ハ"::::i ヾ,,       ..,,__ `<( )':::|  「でも……信頼されるのは、
      ヽ××x i V/ ヘ:::/    弋ニノ_., '      _,,, ゛ヽ.〉':::::::|
       ヽ××弋''-.,ヘ_|              .ハ7:iヾ:, , '::::::::/   悪い気分ではない?」
        \×x..|\._              .〈;;;ソ.., "/::::::::::/
          \x|::::()ヘ             、    /:::::::::::/
            /:::::()::/'、     、   _      /:::::::::::/
         __ ノ::::::::()/ ヽ      `  _/ |     /:::::::::::/
    ,,r‐.、  _,,.-'' ̄フ/   ヾ       | |   /|:::::::::::,'
  __/ _ `<    "ヘ       \     .|..├ "  .|::::::::::i
/ /   .ヽヘ     '.,       ,イ''-=ニ_.|  |__   i::::::::::i
 ,'      ヾ',     ヘ     / .|  / .| |  .| ヽ、 .|:::::::/
..,'        .iヘ     .ヘ   /   |. / //⌒>‐、 ヽ .|:::::/
,'      ミミ::、',',     \    .リ.ソ .i' /_,,..-‐、/:::/
|        ヾ ',',.      \_ ノ /  ,' ,'  >..,,_  ヽ;/
|         ミ',',.      ./ミy  i )' ,,/    //
┏【水谷絵理】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  クライン財閥の立ち上げたアイドル事務所の所属アイドル。
 ……のはずだったのだが、色々才能がありすぎたせいでその後作曲、イベントプロデュース、
 また芸能活動に飽き足らず財閥の新規事業経営にまで関わる、というか主軸にされる。
 最初は懐疑的だった旧来の財閥参画者も、彼女が実績を上げるに従い実力を認めざるを得なくなり、
 不採算の可能性が高い新規事業を率先して回すようになる。
 それらをすべてこなした結果クライン財閥をKSKSTにとどまらない世界的メガコーポに押し上げるのだが……
 彼女はあくまで「本業はアイドルだ」といい続けたという。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

242◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 22:17:13 ID:nPABNiEU0
    | .::. ::ヽ::丶 \ /                   ヽ
    :|:::::.:::::ヽ::::\//..:/ /:/     ..:::::  .:..       ヽ
    : :|:::::::::::::ヽ:::://.::/:/::/ / / .:/ .:::::::// .::::.       |
   ..: :|:::::::::::; --/ |::::|/::::| / / ::/:::::::::///::::::|:/ .::. :  .:: |
   .:: ::|::::/ '⌒| |::::||:::::|ル'1::j|..::::::///::::::::/ /::::..:. .:. .:: |
  ..::: ::|:::{  r' | ||::ハ::::::::::::ハ|`i::::/|/|::::::::/::/::::::::,イ:: .:::/
  .:::: ::|:::ヽ   (|: !:::: ヽ:::::::|ミ「l:::iヾ、``|:::::/:::/:::::::/ |::/l/
  ::::: :::|::::::ヽヽ|::    ヽ;::|ヽlハしjヾ j///:::::::/ j/〃
  .:::::: ::::l::::://‐|::      | ヽ!  ヾ′ 〃 r'イ:::/  /
 .:::::::: ::::||::||:! |:::    |         ! ´
 .:::::::: :::::|`ヽ、 .|:::  |  |            ヽ
...::::::::: ::::::|   `|:|  |  |     、   ,.. --'
:::::::::::: ::::::|   |:|  |  |     `_y'′
:::::::::::: .:::::::j   |:!| |:.  |     //
:::::::::::..:::::::/     ||l |:::. | ヽ、__.ノ::|
:::::::〃:::::/---、  |∧|::::::..| ||::::::::|::|
:::::/:::::::/     ̄`''-ヽ、:::| ||::::::::| |
/::::/          `ヽ.||::::::::| |
::::/              ヽ:::::::| |
┏【ラクス・クライン】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  その後、営利企業はほぼ部下や絵理にマルナゲして、本格的にKSKST政府を作る活動に専念する。
 そして聖戦派を徐々に穏健化して作られた保守的自由主義政党を作り出す。
 (意味がわからないが、保守思想となると自由主義になるのがKSKSTだといわざるを得ない)
 だが、彼女の行動は基本的に「結果的には正しいが、なんでそういう行動を取るのか理解できない」
 ことが多く、市民の支持を大規模に受けることはあまりなかったという。
 「KSKST統一の三傑」の1人。(なお「三傑」とはいうがそう言われる候補は5人以上存在する)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

247◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 22:25:12 ID:nPABNiEU0
さて、とりあえずできる夫も教会も絡まない主要キャラはこんなもんでしょうかね。
では、ちょっと「先にどれを描写してもらいたいか」安価をとろうかと思います。

1:できる夫の関係者
2:教会関係者
3:同僚のパラディン
4:いや、まだ忘れてる人がいやしませんか?(具体的に指摘願います)

【どれを先に見たいか、希望を提示してください】
↓10分間の多数決、1ID1票

243名無しのやる夫だお2013/05/25(土) 22:17:19 ID:XtftM3Ro0
>不採算の可能性が高い新規事業を率先して回すようになる。
能力高すぎて、嫌がらせが嫌がらせになってないw

248◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 22:26:15 ID:nPABNiEU0
>>243
 因みに嫌がらせじゃありません。
「自分はやりたくないから絵理にやらせよう」というただの保身ですw

249名無しのやる夫だお2013/05/25(土) 22:26:30 ID:rWGPRVdY0
2かな。できる夫たちは最後のほうがいいと思うし

250名無しのやる夫だお2013/05/25(土) 22:26:58 ID:M8r0nbbA0
1かな


251名無しのやる夫だお2013/05/25(土) 22:27:32 ID:PXmj1Qe.0
3で

252名無しのやる夫だお2013/05/25(土) 22:28:28 ID:XtftM3Ro0
2かな

253名無しのやる夫だお2013/05/25(土) 22:28:34 ID:HFcC.fSM0
3

254名無しのやる夫だお2013/05/25(土) 22:29:23 ID:mcIlgtYI0
3

255名無しのやる夫だお2013/05/25(土) 22:29:49 ID:iR.jM4O20
3

256名無しのやる夫だお2013/05/25(土) 22:30:26 ID:p.GKlXFI0


257名無しのやる夫だお2013/05/25(土) 22:30:53 ID:vC8.Fwi.0
4.宮永照

258◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 22:40:31 ID:nPABNiEU0
>>257
 宮永照は「できる夫の協力者」としてできる夫達と絡んで登場するのでごあんしんください。

では「同僚パラディン」から描写していこうと思います。しばらくお待ちください。
おそらく、彼らを描写して続きは明日となるかと思います。

260◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 22:49:18 ID:nPABNiEU0
【KSKST某所】

                 _ _                        /   ノ
              ..:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.ト、                  /   /
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:ムマ:.:.:.                ´   /
               7:.:.:.:./:.:.:./ト! lヘヘ:.\             /    /
            /:.:ィ:./:.:.レ'z=ミ   =ミ:.:.く`        /    /
           /:.:.:.:.イ.:.:.:|     { |:.:.〈    ___  イ    /  「いやあ、一時はどうなるかと思ったけど
           `7:.:.:.人.V   __'_ 从/_ r匕'::/ "     /     この分だと割りと余裕で試練突破できそうだな!
            iル1:.:.:.:.:.ヽ. ゝ _У∧/   イ  |::i     ./
             厶 ̄/i\ __/ ̄》、     |::|   /        というか、むしろ作った交易ルートだけで
         . -─{{ } } ! |   |  /}     .∧:ヽ:::|         一生食っていけんじゃないか?」
         i  、 乂_.ノ___トュ  ヘ. 《イ        \:リ


              ,.ィ
          , -‐ ''"  ̄¨≧._
        ,ィ´          `ヽ、
        //             >
      〃ヽ > '' "¨¨ヽ、     ヽ.
    ,/   ´       _}      t`
    i          `ヽ      .V
.     .′          `ヽ       .\   「先輩がいなくても俺達だけで何とかなるもんっすね」
    {、_        X   { , =、  { ̄`
     }代ッ, -‐ァ''f:ヵ`ベ   }'r:^ }  _、
     !  .:;′  ` ¨ '    f:ノ/ /
     '. .:/            '<r '´
     V、..__          /  ト,
.      ヘ- . __,    /  j/,ヘ←今まで出てこなかったが、学生時代の花村の後輩で
     ハ       , イ  /XX,ヘ、初めから花村に同行してた。
    /::::ヽ..__,,..  ´ _,..イXXXXXX!:ヽ


                           ‐-
                       ´         `ヽ
                 /
                /                  .
            /   /              ヽ    .  「そりゃそうでしょ。アレから何年経ってると思ってるのよ」
                ′ /             ,,     i   i
              i          /   il 八    |   |
              | {   / / / ,ノ}/  }八    l←上に同じ
              | ハ !,z‐←=彡 、_,ノ,,_,, }   }   ,
              i八丶代:::ハ    八::::ノ ノ j /}从 /
                 \}` ´     `  ´  ´_ノノ /「\
                   八    ,        広ィ ∧ }   ` ー--
             /{   、         / /  /     /⌒ヽ
                 !-‐1i \´‐`   . :  /   ∨⌒゙>ミ 、     i
               { 人 八 { ー=く    i  } /   / / \   〉

261◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 22:52:02 ID:nPABNiEU0
   _,,. -‐''"::::::::::::::::``ヽ、
<'´,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<;ヽ,
. /:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::',;;;;;ゝ、
_;;ノ::::::::::::::/::::::::::::::::::::::,ヘ:',;;;;;;;;;;;;
-,::::::/ ノ::::::::::::::::/:::ハ:i ヽi;;;;;;;;;  「あいつ、今どうしてるかなあ……」
ノ::::;;;;;;;;/::::::::::::::::ノ',:/ '´  'ヾ;;;;
 ̄フ:::_;;,-y:;;;;;;∠,===il_//-)┐;;;
;;;;;; ̄ノ、,ィ;;::/',-'__ノ'‐ゞ-‐';;i ̄
;;:::;ll::::::::\|/      ヽ :,' ヽ
:::::::;;::::::::::::`::: 、_ ___ ´:/
:::::::::::::::::::::::::___ ´'┐‐::/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/-‐‐ ヾ ー'


                {:、_   ___
                ,> `´: : : : : : : :`丶、
                 ,:': : : : : : : : : : : : : : : : :.\
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ、_,
              /: : : : /: : /イ: : :.!: : : : : : : : : : 「´
               ': : : :〃: :/ |: : : !: |: : : :':,: : ',: : :、    「思い出話で盛り上がるのはいいが
             /l: :|: :|': :/{  {: : : |: {\: |:.|: : :|: |: :ヽ    だったらそろそろ帰っていいか?」
            ,:': : : : |: :|{:/_:|_ノ∨: :|ヽ、__\:!: :.:|/: : : : :.
              /: : : : :.ム: {/ィテfミ }:.从 ィテ斥、|: |:.}): : : : : :.
          |: : : : : :{ {:.圦 ヒzソ /'   ヒzソ ' |: |/: : : : : ,: }
          {: l: : : : 乂}ム      '     l:/-、: : : : :|:/
           乂}: : /「  ,}:ム   ,..--- 、  イ/  }:\_:イ-.、
          /ー ,-}!   |:| >.`´ ̄`´< j/   |`¨{: : :、 : ヽ
         /:/: : :} | ,   |:| `ヽ、  ̄/  |!   ∧  、: : :\: l

262◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 22:54:27 ID:nPABNiEU0
               ,.  .,
            > ´  .,___  ''ヽ,. .,
         >''"        `ヽ    ヽ、
        , ´                 ゝ
       イ             lγヽ   ム
       ,   /         {y-= }    `
.      l  ..::: /     /  ト  ゝ  l i ト\`,  「と、悪い悪い。だが助かったぜ。
.      ノ/::::::/   /  イ /l/八 `、  リハ ヘ`l `
     /:::::::::/ ..::: /  .::::/>ニニ=== <__/仔/ 〉    双葉の根回しと呪歌がなかったら今頃
    / イ:::::::..::::::/:::: / =<<弋i::::ら` /">zニイ     どっかで身動き取れなくなってるか
     /:::::::::::::::::::frl/:::::::l >==== "   、 l     大失敗して大損してただろうからな」
    /イ::::::::::::::::八ゝ:::::::トゝ        ,.イ
     l ハ::::::::::::::::::::....乂ゝ        _. /
     v \i\w::::::::ゝ >.     ̄ - ,'
            ___} !.   >     ノ
           / (/  :.     √
           {  \      !:.


     '              \ ヽ
     / '               :.  :.
    , /  /   /!   \ \ ヽ     ',
   ,  {  , / / |    ヽ ヽ ∨ }   、
   {  |   |_{_/!{  ,\  ィ∨- 、 | /   \   「何、取り分さえもらえれば私は問題ない。
   /  {  { 从リ   \}\   } l,/从{       ヽ   これで引きこもってだらだら生活できるだろうからな」
  ,   |  |'        \/   {.!      }
  {   !∧ | ,ィ= ミ     ィ=ミ  ||^ヽ   l /
  |   | | {       ,       ||_ノ    !/
  |   ' |人    、___ノ     イ || / /__/
... 乂   _! l >    _   イ_,..||イ- '
    `¨〉 | |} ___,ノ    {_r-、 /' ム
    / ,{-/_        /  /⌒ヽ \
.   / / \ \____/  /   ∧  \
   / /    ` 、_____/   /  `ヽ  ヽ
  , /「                    {     } l }
  / { |    }、               }     | , /

263◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 22:58:29 ID:nPABNiEU0
         { 、_    _,. . . ----. . ._
            \__: :`´: : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
          /: : : : : :,: : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
          ' : : : : : : : |: : : : : : : :|: : :|: : : : : : : : :',
        /: : : : : : : :/!: : : : : : : :!: : :!、 : : {: : : : : :.:.
         |: : /: :/: :./ {: |: : : : : : |: : :| |/ |: : : : : : ::.     「それに、大半はできる夫のアホが途中で
         |:|: |: : |: :,'\!:.|: : : : : : |: :.イ{: : :.|: : :{: : : : :.      試練をブッチして変なことはじめたおかげで
         |:|: |: : |:/ _|∧: : : : : :|_/ Ⅵリ: :.:.|_: : : : :.     あいつが取るはずだった利権を大半
         |:{: |: /下笊芹`  ̄ ̄ 孑笊芹ヽ!: : :! ヽ : : |     こっちに引き込めたおかげだしな。
        }:|: {/|  辷zソ      辷_zソ |: : :|-, |: : :|
         /:.|: |l |                    |: : :l / : : |     派手に動いてくれたおかげで
       ,: : }:.:ト|               ,: :./イ : : : l、     こっちへの嫌がらせも鳴りを潜めたし。
       ,: : : ,: |人             ,.:|: /: : : : : : |:.\
      ,: : : : :,:!: : >    ∠ヽ    イ: :j:/: : : : : : : : : : \  ……というか、あいつなんであんだけ無茶やって
      {: : : : :リ: : : : : : : `: :.i ー ´|: : : : : /: : : : : : : : : :|: : : }  のうのうと娑婆を歩けてるのか疑問で仕方ない」
       \: |: : : : : :/: :/^| ´     ヽ、:_:./_: : 、: : : : : : : l: : /
        `≧、_//  ,-、  ,. --     ヽ: \: : :_,../ イ
        /: : : } / l { \ト、_    ,    }ー- ≦イ〈
         /: : : / { | '  \   \_{__/ ̄}_  |: : : :ヽ
      /: : : :/ | {                    } |: : : : : :.


   _,,. -‐''"::::::::::::::::``ヽ、
<'´,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<;ヽ,
. /:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::',;;;;;ゝ、
_;;ノ::::::::::::::/::::::::::::::::::::::,ヘ:',;;;;;;;;;;;;  「できる夫もお前にだけは言われたくないと思うだろうな……」
-,::::::/ ノ::::::::::::::::/:::ハ:i ヽi;;;;;;;;;
ノ::::;;;;;;;;/::::::::::::::::ノ',:/ '´  'ヾ;;;;
 ̄フ:::_;;,-y:;;;;;;∠,===il_//-)┐;;;
;;;;;; ̄ノ、,ィ;;::/',-'__ノ'‐ゞ-‐';;i ̄
;;:::;ll::::::::\|/      ヽ :,' ヽ
:::::::;;::::::::::::`::: 、_ ___ ´:/
:::::::::::::::::::::::::___ ´'┐‐::/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/-‐‐ ヾ ー'

264◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 23:00:53 ID:nPABNiEU0
                                    /⌒)  ,..- 、
                 ____   ___     / ̄ ̄` |   {ー '´    '.
           {、  _,. : :´: : : : : : : :`丶、_)__/   /`ヽ}   |___,..ノ
             >:´: : : : : : : : : : : : : : :.ヽヽ    `ヽ/   /   ,}
             /: : ,: : : :、: : : : :\: 、: : : : :∨:ヽ、 /   ヽ/    /
    ,....__,...---/: : /: : : : :.ヽ: : : : :.\\、: : :∨: :`ヽ、    (_ } /
     {/    ': : ': : : : : : : :}、: : : : : :\ヽヽ: }: :,: : : : :.    ∨
   /l     Y: : {: : : : :.:|: :.|:',\: 、_,.ィ  Ⅵl,: :.: : r-'-. 、   }
    | |       {: : :':,: : : :.:|: : }_}_,.     -― マ:.',: :ヽ、_: : : `ヽ'、
    { {    _ , : : ∨: : :|: / リ _    ,     }: |: : /  `ヽ、: :.\
    、 ,-- 、   }: :/: :∨: :}' /            八!イ___,..イ  \: :\_
    /:.    ,   |:イ : : ∧: {  u    ,..- ュ ,.'_,..リ _,.r---、ノ   `ヽ: :.`: ー----: :,
    乂__ノ  {: {: : /:ゝヽ:ヽ、    ー´  イ- '/´/    `ヽ、__  \: 、__,..イ
       { ',  乂: : : :({:`ヽ\}≧=- r ´-___/            `丶ー--- ´
         ヽ,ィ   ` ー |: : :}_,..\´ー-- ´           ヽ       / }
          /   }---_''''|: : :|    、                   ',  __//
          {_,..、_,>-´  !: :∧    }              ヽ´  Y´ー---- 、
            /    \|: ,'  \                   /⌒  }   \    `ヽ、
         , ´   ,.. ⌒|: {    \                  ,'__,..ノ ̄ ̄ )_,. -―-〉
       /  ,. ´    |: |、   /⌒ヽ            /   `>,..、      /
      /  ,. ´     /:/ \/    \           ,' ヽ /´/:,.:' ,`ヽ、 /
   ,. '´   (       /:/             \        { , ´ /:/ ,ィ´   `ヽ
  (/ r, _ / ー'      /:/              、      /´ /:/ /::{      \
   {ノ{_ノJ        /:/              ':,     {: ,..:/,.:, ___」、
              {: {               ∨     //:/,.. ´    \、
              |: |                  }   / \           `\
              |: |                |  /    ` 、        \
              |: :\_                | /      > 、        ヽ
            \:__彡'           {______/   `  、
┏【双葉杏】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  その後、働かなくても食っていける資金を得た事で本当にパラディンの仕事を全部ブッチする。
 その後、のんべんだらりと悠々自適な生活を送ったとされる。
 ――一生懸命働いて金がたまったら隠居して趣味に走る、割と普通のKSKST人である。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

265◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 23:06:16 ID:nPABNiEU0
「その後」がかなり重複してるな……勢いで書くといかん。

                           /     /        }\二≧=-
                   、_____/    }/         }ニ  、二二二≧=-
                   __>   /{/ ̄\        }ニ}   \二二二二≧=- 、
                      _ ≦/   /{∧           }ニ} \ 丶__ニニニニニニ\
                -‐ァv≦二 / /  .′ }  }    |   厂ヽ   丶⌒ニニニニニニニ丶
          _rく  / {二二 '⌒7  /i   } ハ    !/}/ / :.}  { {ニニニニニニニニニ\
           {   、   \二二 /  /, ト、 }/  }! ∧ | i{ {:.:.:i}从{ヘ{ハニニニニニニニニニニ丶
         }__〕i \___/ ̄ ムイ /{弋rく  斗t允ナ ト ____7≧=‐-ニ、二二二二二二二二 }∧
             `⌒¨´      ノrヘハヽ:::::}    厶イ } 7ニニニニニ\二二二二二二二二二
                              j}:.. __ -=ァ, / /二二二二二二二二二二二二二/二
                              ヽ ̄_/ く_/二二二二二二二〉ニニニニニニ 〉ニニ
                           -=ニニニi}二二二二二二 .イ=≦ゞ=- -=≦彡くニニ
                         /二二二二二 i}二二二二二/二二 }0二二二二二二
                       /二二二二二二./ニニニニニ/二二二ノ二二二二二二二
                         /二二二二二二./ニニニニニ∧ニニ/{二二二二二二二
                           ∨ニニニニニニ/ニニニニニ/二 、/ニ |ニニニニニニニ/
                         ∨二二二二 /ニニニニニ/二二二≦ i|ニニニニニニ/ニ
                           、-=ニニ/ニニニニニ/ニニニニニ L二二二二∠ニニ
                         ⌒>ニニニニニニ/ヽニニニニニ/ }二二二二二二
                            -=≦二二二二二 /    ⌒}二二 } . }二二二二二二
                           -=≦二二二二二二二/     〈 }二二 }  }二二二二二二
                   -=≦二二二二二二二二二/       ノ二二/   }二二二二二二
                 -=≦二二二二二二二二二二二/       ゝ==彡   .}二二二二二二
┏【花村陽介】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  元は商家である親が箔付けで息子にパラディンの称号を与えた者であった。
 だが、パラディン叙勲早々受けた試練で諸外国との販路を確保してブレイク。
 実家とKSKSTに多大な富をもたらした。
 時代が時代だけに他の有名人に比べマイナーだが、それでもこの時代を詳しく語るには欠かせない。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

266◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 23:11:07 ID:nPABNiEU0
【KSKST某所】
                   ,、∧
                 ト、/::V:::::V|/レ'|
                    ト、::::::::::::::::::::::::::::::レ1__
               _」::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
               \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/_ヽ
             /<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠  \
            /   ∠:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   \
             | | ∠_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::>/ ̄ ̄ ヽ  「や、やっと終わった……。
             | \ Vj/|::/::::{::::::::!:::::N´|/     { |
              /    \|/j/ \ト、ハ∧:/\!  /    \!   というか、なんで俺達が他のパラディンのフォローを……」
           ∧    ∧  〃 \ / ̄ ! /,.------、}
           \\___!   ̄ ̄\ lニニ| //  ̄ / ̄ ̄\
             /、___| ̄ 〉   \}}    /   /:::::::::::::::::::::ヽ
               /   /   ∧    }}\ /   /:::::::::::::::::::::::::}
           /   〈  /  ヽ   《 /   /::::::::/::::::::::::::::::/
           ヽ    V   V \ /   /:::::::::/::::::::::::::::::/
          r<_V´ ̄` |   |   /    /:::::::::::/:::::::::::::::::::::/
     _,.-=≦:::::::::::V´ ̄ !   ヽ._∧    〉::::::::/::::::::::::::::::/
    // ̄ ̄ ̄ ̄:V´ ̄ !\__// `7 ´::::/:::::::::::::::/
   /::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄\,. --- \__ ̄:::::::::/::::::::::::::::::/
   |::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄::::::::::::::::::::ヽ ヽ――〉::::::::::::::::::::::|
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| {  〈:::::::::::::::::::::::/
  人:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  \ {\____「
    >――――=≦\___/、    ヽ     |
                       \   | |     !
                      {_{_{_ノ |    ヽ
                           \_)_}_}ノ


     i         i c  r、  (_ノ v/ )_ノ r メ、
    |      { / ( _/ソ/ _ > T´  ヽ、
    l.       /ー-t―.T´7i ̄,i  ハ.トi-r‐'、 「`  「それはしょうがないよ。私達早々にノルマクリアしちゃったし、
.     ',       / ー/-ァ=l7´ | ./l ,' j,rVヘ. 「ヽ}
     i   ∠ =イl /! /|ニ示`l/ i/  伝T | |     こっそり裏で行き詰ってるのをフォローしてた柊さんが
     ,!     | Y レ行し::;}      じ;ソ l|     途中で行方不明になっちゃったんだからさ」
    /i      l | '弋クzソ       、`"   !,'
    ,' !      i   !                  ハ
   ,'  |  ヽ、  !、 |ヽ、       _,    イ l
   /   !   \ l V ',  ` _         イ i l  !
.  /        ト ヘ. ト-ニ_`7ーェ‐</ !川 ハ
  {         ヽ ヽ\    ̄`7、 .i/  i!ノノ {|

269◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 23:13:40 ID:nPABNiEU0
<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l l:l:::l l:::l::::::::::: l  l::::::l.l:l  l::::ll:::::::::::::::::::::::::::::::::>
: : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l::l >;,::l .l:::∧::::: .l  l:::::l l:l  l::l‐l:::::::::::::::, ヘ>≧
: : : : :::::::::⌒、::::::::::::::/l::l   >、∧::: :: l  l:::::l l:l イl::l l::::::::::::::\
: : : :::::::::/, ヽl:::,:::::::::/ l::>ー ― 、弋:::: ::l  l::::l<≠ー 、∧:::::::::::::::::、
: : :::::::::/ l ノl::ll:::::::/ .l::i   {!i::} l  ∧ :::l  l::::斥 !i::}  ノ l:::::::, .::::::::ヽ
: : :::::::::l ー' .lノ l:::/  i! ヽ_ _ ノ i!  l::ノ  l:::'  ー'  イ  l::::::lヘ \::::、  「いや、こっちだって大変だったろうが!
: : :::::::::、 l: : l .l::/            .イ  l:/  ̄ ̄¨  / l:::::z   \
<_ .::::::::ヽー'  l'             .!  :'       , ∧::::l
ー―::::::::::::、  : :               i:       l ./:l \      何回か命狙われたし!」
ー――,::::/ .l::::..:::!:               ,:        ,::::::::,l
   .//::イ .: l::/ l:l: 、     .                ,::ソ¨.V
ー‐' /: : : .l:' lソ: : :、     ;   ,ー―――z,     /
  .!: : : : : ノ  i!: : : : 、     /. ー― -l     /
ー-: : : : : : : : ヽ  : : : 、   l. : : : : : : : : : l   イ、
  !: : : : : :  : :\ : : : : :、   、: : : : : : : :.ノ  イ  !\、
: : : !        : \: : : : \  ー――-'   イ   .ヽ  \、
 : :           ゝ: : : : : \  ー- イ      \   \__
 : : !      /⌒\ |: : : : : : : ゝ _ _イ : :        ヽ_      ¨ヽ
.   :.      //   .| : : : : : : : :. : : :\ :   <ー< ̄          \


                /. : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
               /. : : :./: : : : :/: :.:.|:.|: : : : l: : : ト、: : : :\
                 /:/: : :.:|: :l: :.:.:.|: : | |:.|: :i: : :l : : i.: ハ: `ヽ:.ヽ
             /:/.:!: :|: :l: :|l: |: : | |.:|: :l: : :l : : l: | ミミ: :.i: :|
               i. |: l :|: : |: :l: :|l: |: : | |:.|: :l : /: :〃:,' ミミ:.:l: :|
               |:||: l: |: : |: :lムナ:T:メ、乂: l/ム/__l/_  ミミ l:.:|  「勝手に厄介毎に首突っ込むからでしょうが。
               |:||: l: |: : | ィrテ代メ ヽV/::l: ィテ=ミヽ``ミミ:l:::|
               |:||: l: |: : |ヽ ト:.ぅソノ    ヽ ト辷ソノ ミミ:l:.:|   なんかだんだんパーティ人数増えてくし」
               |ハ:l: |: : |  `ー='   ,   `¨¨´   lハ: l:.:|
              ,': :ハ从       `          / V: : :|
              /: : :いハ                   / ノ:.:.:.:.|
               / l: : :`ミーヘ     (⌒ヽ     /´.::::::: : :|
            /  l: .ハ.:.:.i.:.:ヘ      ` ´    .,.イ:.:.|: : :ハ: :|
                 l/ } /l: : : />      ,. イ: :l: : |.:.:.:| l: :|
           ,. -‐==- <: / 〈   `¨´   lハ:l: :∧: :| l: :|
          / ̄`ヽ`ヽ: : : : い  \     /  ト、{_」: :| |:/
         /´  ̄`ヽ \: `:、: : .ぃ   \ __/   /: : : : : : : :`ヽ、

268名無しのやる夫だお2013/05/25(土) 23:13:12 ID:rWGPRVdY0
ん?もしかしてこれ
結果的に試練失敗したのはできる夫達だけ?

270◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 23:15:36 ID:nPABNiEU0
>>268
 できる夫は失敗してませんよ。余裕でクリアしたからブッチしてもっとでかいことをやり始めただけです。


       _ _ノ:::::::::::::;:::::::/l::::::/l::::::l  ヽ::::::\ヽ:::::\ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::>=‐
    <::::::::::::::∥:::::::::::::::::l .l:::/ .l::::::l   \_≦ .ヽ::::::ゝ、㌧::::::::::::::::::::::::::::::::::>―
     >ー ':::::::::::::::::::;:::::/ .l:/  レ'   孑'__ハ_l:\ヽ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::>‐
   ー<::::::::::::::::::::::::::::lV  l  /  ,/ √じリ  人ヽ\'ハ::::::::::::::::::::::::::::<
     .  ̄フ::::::::::::::::::l¨V ̄>‐,,  '    ヽ_ _, '     Vl::::::::::::::::::::::::::::>一  「だからって見捨てるわけには
      ._/:::::::::::::::::::::l イ じリ } .                     l:::::lv:::l::ヽ:::::::厶     いかないだろうが!」
    イ:::.::::::::/:::::::::::::〈 ヽー‐.‐' ;                    l:::/ .V/ l::::::>
      ̄ ̄,::::::; ::::::::::      .;   _             i!::l' _ _ /\'
       /' /:::/:::::.      `               レ' , ' /ヽ
         // l:/l Tl       _ ―¨^\ ,       __/:::::::\
        /  / ヽ.l      ヽ¨      ヽ;        ./:::::::::::::\ ̄
              /   八      〉>       l       / |. ̄ ヽ_Y\
            .    ヽ    l       ノ     /: :.|
                 \   `ー―― '.       イ : : |
                   \    ー    ,  ´,ー<ニ ̄⌒\
                    Vvヽ       .イ: : : :|         l、
                ー―― ‐∧: . .'. : : : : : : :|          ヽ


.   /        /                \i////≧ュァ
  /        /            ヽ  ヽ.   \////K
             '        rヘ        ハ   ヽ≧ュ/〉
          i      |  ' ,     !     ト、 ∨//
        i        |   ∨   l     i  |/ハ ∨i
   li     |    i  li |    !i j_|   i |  i ̄ヘノ |  「タラシの典型的な逃げ口上ですわね」
   ハ   i   | li   |  l| l     j必 ハ八 l| |  |    !
    トj   ! .∧ lト  ハ l| |    ィV ノ,斗 l| i  j   リ
    |:i   | l| 斗‐∨¨从!¨ヽ   , イ芹Ⅳ ハ/ ∨    /
    |∧ | j     _,ィk        込ソ |イ l  リ   ./
    ト、∧j∨ ,斗芥f:::豺              l i ! /   /
  ーァ    ヽ 弋zxソ        ィ     | 八/   /
  ,二ヽ                   广i/!  癶
  ゝ `´__                   ァ   ,勹//  ∧ ハ
    >込          <  ノ   / /.,   / ∨ハ
   (   ∧`                /   / !  ,   ∨ハ
     r<ハ   >          イ   ,イ  { ハ   i  lj
     ノ  トj         ¨爪ハ {  / j   ヽ  ヽ. |  l|

272◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 23:18:02 ID:nPABNiEU0
                                ノ!  _
                             /l/ ,.:7 /レ'::/_,.ィ厶
                          /!/::/イ/ノ::::::::::::::::::::::::::>=-_
                        ト、 /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::フ
                   ト、 |:::∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::厶イ!
                   |::ヽ!::::':::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡'
                   l:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::l::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                  ヽー-ト:::::::/::::/::/::::::::j:::::::|::::|:::::::::::::';::::::::::::::::::::::::::::厶ィ  「なんなんだよ!
                    \::::::/::::/::/!:::::::/::::::::|::::|::::::::::ヽ:';::::::::::::::::::::::::::::::/   なんでそこまで言われなきゃいけないんだよ!」
                 -=彡'/::::/::メ、l::/|::::::::::!::l:!::::ヽ::::::::}:::::::::::::::::::::::::::フ
                    -=彡ハ;'::/´\  !:::::l:::::ハ::::::::';:::::::::::::::::::::::::::::::::::>
                  -=彳从'i i::} lヽヽ:::|::/_ヽ::::|:::、::::::::::::::::::::::::::ノ
            ___  ノ:7|リ ヾ     'リ/ィ_ ̄刈|:::ハ::::::::::::::::::::<
        イ  ̄       ̄7' !     ,    i;;j}  》:::::::ハ!:::::::::::::::::_ヽ
      /      ト、   __ {  ハ  、_ ′    `¨ ´ |:::::/}::::::、::::::::`=-
     ′       |  \ ̄ .|   ト }V===,     /l从!/、ー-ヽ ̄
      i                 |   |ハゝ- __ノ  __,. イ_,..ノト、!
      |           ヽ  |    \`ー―…: :ヽ从ハ!ヽ
      /  =ニミ: : .      /: : !     `ヽく j: : : : :\
    /    》: : : .    /: :ハ:!        \: :   `ヽ
    {: : : : : : : : : =ミ: . Y: : : :{: !   -―…ィ ̄       \
   /7: :< ___  \ !: : : :l: }!:  >.:.:/       ____〉
   //: : :/    `ヽ ヽ{: : : : /:|:/.:./____> ̄ ̄!


                    ___
                 ,. .: ´.::.::.::.::.::.::.:ヽ
              _/.::.::.:_:.、::.<:.:::::.::.::.:、
.           {二}| ̄ ̄||::.:ヽ: ::`.:::.::.::.::.|
.           {三}|   E|ト--i::.::.::.::.::.::.:::.|  「なんでかわからないから問題なんじゃないかと
            〉‐亠┬<ー‐┤::.::.::.::.::.::.::|   ミサカは愚考します」
             |i.::l|.::/   ミ、::.!::.::.::.::.::.::.::.|
.           l'∨!::|TT  ミ,r|::.::.::.::.::.::.::|
             `ゝ!∪   ' f|::.::.::.::.::.:.:;′
.            (  _     ー|::.::.::.::/::/
            ` ー‐┐__|.::.::.::.i::/!
                ,r'´ __|:|!::.::.l/.:|
.                / / ノハ::.人 |
                j//`ヽ  }'   `
             /`Y, ⌒ 、〉,'|
               /  .|     | l |

274◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 23:23:29 ID:nPABNiEU0
     _,.-=≦  ̄ ̄ ̄ \
    / //       \
   / ̄ ̄ \          }、
 /レ≠ミ、 ヽ     / /:}
_ヾ`::::::::::::::∧  V/ ̄ヽ/:::::/
>::::::::::::::::ミ、/ |::::::::::::::::::::::/、⌒ヽ、  「くそう、不幸だ……」
〃:::::::::::::::ヾ:|   :!::::::::::::::::::/:::::〉⌒ー'
 ´}V{W/´::::L__j:::::::::::::/::/
.  {ニ } ヽ___|  |::::::::::://
  「=|    | :|、_/
  _j、_j     | :|
《《__ソ      } ヽ
         ヽ_》》
┏【上条当麻】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  試練で大成功を収めたとされるパラディンの1人。
 こちらは近隣ではなく遠方交易で使えそうな特産品を発見するという手法で資金を稼ぎ、
 終盤は試練に失敗しそうなパラディンたちをフォローした。
 このことから、後にパラディンたちの中心的存在になったという。
 ちなみに、なぜか異常に困っている女性を助ける記録が多く、プレイボーイ説が出ている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

275◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 23:26:03 ID:nPABNiEU0
と、では少し早いですが日をまたぐ前に終了とさせていただきます。
さすがに寝ておきたら「その日は朝から17時だった」なんてやらかした日に夜更かしは危険ですので。
というわけで、エンディングの続きは後日とさせていただきます。
では、最後にどの順番でやるかお聞きしてから終わりといたしましょう。

1:できる夫の関係者
2:教会関係者
3:いや、まだ忘れてる人がいやしませんか?(具体的に指摘願います)

【どれを先に見たいか、希望を提示してください】
↓10分間の多数決、1ID1票

276名無しのやる夫だお2013/05/25(土) 23:26:34 ID:HFcC.fSM0
2

乙~

277名無しのやる夫だお2013/05/25(土) 23:27:54 ID:KneZf6P.0


278名無しのやる夫だお2013/05/25(土) 23:28:03 ID:mcIlgtYI0
2

279名無しのやる夫だお2013/05/25(土) 23:28:52 ID:X0PTnXdA0


280名無しのやる夫だお2013/05/25(土) 23:29:05 ID:44exuPb60


281名無しのやる夫だお2013/05/25(土) 23:30:45 ID:vC8.Fwi.0


282名無しのやる夫だお2013/05/25(土) 23:32:11 ID:XtftM3Ro0
乙でしたー


283名無しのやる夫だお2013/05/25(土) 23:32:59 ID:vKyUq/8o0

乙でしたー

287◆75LBJGs9C62013/05/25(土) 23:41:58 ID:nPABNiEU0
>>286
 一応彼はできる夫の協力者やし……あと何をかけばいいのやら……。

1:3票
2:6票

というわけで【次回は教会関係者から描写いたします】
それでは、長々とお付き合いくださりありがとうございます。
また明日もお楽しみくださいませ。遅くとも20時にははじめます。

294◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 15:54:06 ID:KT8SmXSQ0
こんにちは。またこんな時間だよ……つかれてるのかなぁ。
というわけで、20時からエンディングの続きをはじめようと思います。
皆様、よろしくお願い申し上げます。

292名無しのやる夫だお2013/05/26(日) 10:29:16 ID:AeLpMw8Q0
そういやでっていうもドラゴンだったけど、あのスーパードラゴンはどんな気象をつかさどってたんだっけ?

297◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 16:18:03 ID:KT8SmXSQ0
>>292
 でっていうは「竜を超越せし者(スーパードラゴン)」なので何かというわけでもありません。
あえて言うなら「世界全ての化身」ですかね。

というか、別にドラゴンは気象(あるいは地形)を「司っている」わけではありません。
むしろ「自然現象そのもの」と言ったほうが近いですね。
「喋れるようになった台風」とか「童話に出てくる言葉を話す火山」とかが、強いて言えばイメージに近いです。

305◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 20:09:06 ID:KT8SmXSQ0
では、ゆるゆると始めていこうと思います。
みなさま、よろしくお願い申し上げます。

306◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 20:10:40 ID:KT8SmXSQ0
ttp://www.listenonrepeat.com/watch/?v=1v90BoB__3E
【パラディン詰め所】
       /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.⌒\
      ./:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.ヽ
       ′/:.:.:/:.:.:. /:.:.:.:.:.: / | .:.:.:.:.:.: |
     :|/ :.:.:.:..:.:‐く:.:/:.:./  '|:.: |:.:.|.:.:|
    /:.:.:/:.: /:./|/     |:.7ト:.:|:.:.|
.   ⌒7/]:. /' ___      x:=ミ. |: ノ.:.:..
      |:|、|/{  ^⌒ヾ    ノ^i} ∨:.:.:.トゝ      __  「やれやれ、まさか本当に全国規模の治安維持組織を
     .八\_ ゙ :::::       弋ソ /:::イ-ゝ        / /   任されるとはね。
.      \:小、      '   ::::〃_ノ     「 i   / /    やりがいがあるとはいえ、責任重大だわ」
      _]三\  `ト┬   ノノ.        |/^^ヾ′
    /⌒^|.:.: ヾニソTニノT<三[.        |/⌒  |
   ./__ハ:.:.:.:.∨ レ'  ト、 )、:.:.\      |/   /
   ノpolice|.∧:.:.:.|     '/\ \_)、   |   /
  ∧   / ヽ|.:.:.:|    /\:::\. <⌒\>、 '.   |)
  / ̄ ̄\  ノ:.:ノ    /‐| ∧:.:.:∨ハ⌒^∨>f|_( )ノ
. 〈く√ \ \ /   / | |:.:.:.:.∨|   |/>.|  ‘


                    \::::::\:.、、 __
                           } }::::::}:::| 「:::::>....
                         /::::::::/::::}/:/::::::::-=ミ
.                   / /:::::::::::/::::://:::-‐=::.
                   イ {:::::: //::::://::::::/:':':':':.
                      /::} }::::/ /::::://:::/:':':':':':':':': 「とは赦す、“神”の力の前に絶望しつつも、
                  {::〈 /::://}/´ く/:':':':':':':':':':':'|  なかなか嬉し――そう、だ……後は分かるなね」
                    \}/  ノ〉   ∨:':':' -、:':':':':|
                   |    |l イ  ∨//^i|:':':':/
                    、`ーtチ_ノ   l」V^7}:':'/
                    /  _}/       ノ∨〉|-- 、
                        -ト、 {/    __厂-=ニ∧  ∧
                     /{-{二ニ===ニ二二二二/ / l/::::|
                   -=⊂| 〈二ニ====ニ二二/二/ /::::::::::|
                   /ニニ⊂|_人\二二二ニニニニニ/ |:<>:::/\
              /ニ/::::/ ̄ 〈\\ニ三三三ニニニニ|::::/::::::::::>‐-..、
              /ニニ/:::::::\ 0  \\二二二二| ̄ ̄::::/:::/:::/::::---、::〉
             /ニニニ/::::::::::}::::∨   ∧二二ニニニニ|::::::::::::/:::/:::/:::::::::::::::::::::{
         /ニニニ/:::\::::|::::l::∨ { `7二二}二/|::::::/}::::{:::/::::/::::::::::::::|
        /二二/::: \:Ⅵ:: |::::∨ \/ニニニ/ニ/'┤:::{::::::\:/:/::::::::::::::::::八
.       /二二/:::::::::::::::: |::/:::::::∨ /ニニニ/ニ/ /::::::|::::::::::/::::::/::::::::::/

 ※ とはいいつつも、なかなか嬉しそうですね。

307◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 20:10:54 ID:KT8SmXSQ0
       /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.⌒\
      ./:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.ヽ
       ′/:.:.:/:.:.:. /:.:.:.:.:.: / | .:.:.:.:.:.: |
     :|/ :.:.:.:..:.:‐く:.:/:.:./  '|:.: |:.:.|.:.:|
    /:.:.:/:.: /:./|/     |:.7ト:.:|:.:.|
.   ⌒7/]:. /' ___      x:=ミ. |: ノ.:.:..
      |:|、|/{  ^⌒ヾ    ノ^i} ∨:.:.:.トゝ      __  「ごめん、意味わかんないんだけど。
     .八\_ ゙ :::::       弋ソ /:::イ-ゝ        / /   できれば普通に喋ってくれない?」
.      \:小、      '   ::::〃_ノ     「 i   / /
      _]三\  `ト┬   ノノ.        |/^^ヾ′
    /⌒^|.:.: ヾニソTニノT<三[.        |/⌒  |
   ./__ハ:.:.:.:.∨ レ'  ト、 )、:.:.\      |/   /
   ノpolice|.∧:.:.:.|     '/\ \_)、   |   /
  ∧   / ヽ|.:.:.:|    /\:::\. <⌒\>、 '.   |)
  / ̄ ̄\  ノ:.:ノ    /‐| ∧:.:.:∨ハ⌒^∨>f|_( )ノ
. 〈く√ \ \ /   / | |:.:.:.:.∨|   |/>.|  ‘


                      /|
                      / /|
                       ノ V:`ヽ
                   /入 . `ヽ:::::}ヽ` 、
                  /::::/|:::` 、 }:::::} }:::::ヽ
                  ./::ト、| {:::::/ ./:::::/ /::::::::::ヽ
                  {:::::| ヽ\| {:::::/ /::::::::ハ::、 「ゆえには告げても、かの魂が性分なアーティファクトで」
                   ト、:::ヾ:::\ヽ V:/>く:::::,;::|
                    {.:.:Y´` ´''ミ、ヽ}/ 」  Y.:.:/
                , - リ > 、  .`´  |l_ ,ィ|:/-、
                 、  |.弋`ーソ  く`ー´ノ.|  /
                 入,イ、  ̄  }  _}/ ̄ //
               / / Φ、     ` .{/  / `ヽ、
             /  ,イ >、` 、 -─- /∠イ ` 、
            /  i´ 。 }\ ` - 二 二 ´- ´ /入 /
           /    | /\ .> 、     , < / //
          イ    _|/  \    ̄   ̄  /  ン\
         / , - = フ  >、  ` ─ --- ─ ´ , </.:.:.:ヽ> 、
        / /ヽ;;;;;;;;ヽ.:.:.:.:.|   ̄ ` 、 _ _._/  /.:.:.:.:/;|;;;;;/;ヽ
       / /;;;;;;ヽ;;;;;;;;ヽ.:.:.:.|     /  ̄  ̄/./  /.:.:./;;;;;;;;;;/;;;;;;,,、
        /  {;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;、.:.:.|    /     /./   /.:/;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;ヽ
        }  };;;;;;;;;;;;;;V;;;;;;;;;;、..|   /   //  //;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、

 ※ そうは言っても、これが性分なもので。

308◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 20:13:46 ID:KT8SmXSQ0
       /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.⌒\
      ./:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.ヽ
       ′/:.:.:/:.:.:. /:.:.:.:.:.: / | .:.:.:.:.:.: |
     :|/ :.:.:.:..:.:‐く:.:/:.:./  '|:.: |:.:.|.:.:|
    /:.:.:/:.: /:./|/     |:.7ト:.:|:.:.|
.   ⌒7/]:. /' ___      x:=ミ. |: ノ.:.:..
      |:|、|/{  ^⌒ヾ    ノ^i} ∨:.:.:.トゝ      __  「……まあ、いいわ。
     .八\_ ゙ :::::       弋ソ /:::イ-ゝ        / /
.      \:小、      '   ::::〃_ノ     「 i   / /    それにしても、まさか彼らがあそこまでやるとはねぇ」
      _]三\  `ト┬   ノノ.        |/^^ヾ′
    /⌒^|.:.: ヾニソTニノT<三[.        |/⌒  |
   ./__ハ:.:.:.:.∨ レ'  ト、 )、:.:.\      |/   /
   ノpolice|.∧:.:.:.|     '/\ \_)、   |   /
  ∧   / ヽ|.:.:.:|    /\:::\. <⌒\>、 '.   |)
  / ̄ ̄\  ノ:.:ノ    /‐| ∧:.:.:∨ハ⌒^∨>f|_( )ノ
. 〈く√ \ \ /   / | |:.:.:.:.∨|   |/>.|  ‘


                                /!
                             /|::::|、
                         ,イ /V {:从{\ト、 ,イ
                          ,'::{/ ,ム. ヾ:::ヽ. ⅥⅥ{
                           |:::| i::::ハ  }::::::} }::::|∧
                        /{::::' {:::::;' /:::::;' ,':::::::::::ハ
                          {:::';::::', V:{ ,'::ル',.:':::::::::::/:::}  「久遠の昔。世界に四つの希望が現れた。
                            V:;V、:、ヾ、 {/,ィ:::::::>V::::/   ──そう─であるがゆえにね。
                         「| 、 `'\{ /:>'"__j |¨´}   グレゴリウスの末裔もデュンセ・ツァ・シェリンフォードに
                        {ミ!{f\  `"  !ィ! |./`!   相応しい覚醒を取っていたオプティマであったが、
                           _ヾ|乂‘'`H└<`’,,.リ .' /   見事にプロログスを越された」
           ___        /  ∧  ´ |   r'´  /イ、_
       ,.  ´      >-― ''"> "{、 \ r---、   _/> /} `ヽ
      / _,, -‐ ''"        |   f \ >===f¨i!´-‐ァ'´,ハ、  }
   ,. ´ ̄     ,,.   -‐' ,从、___ ,|  |` ー->- _f¨}ニ|f^V>'  }' ,′
  /    ,. -‐ "      .ノ`    >''"´トミ < __.r{ にニヾ~!_/.'\!__
/   ,.イ          /> -、 ∨   | ∨   {ニニニニ|   /   \> イィ
   / i            .′     ∨   |  |`TT:ヾニニ//| ̄i7  ./  , - ヽ
  /   l          ./    _`ヽ∨ .|  |  .|:! ヾ´/==l /  /i/ //  }
 '    |          { ./    `V ∨ ム ;   ','   ハ`>'"∨ /  {,// _..j
.     |.         j/    ̄`Ⅵ'  \ Ⅴ ./ ′ / |ヾ>'"\==r┤' /  `i
.     |       /        |{   У /   /.  | ト、>' ´\「i! /     ヾ

 ※ そうですね。私も伝説に相応しい行動を取っていたつもりでしたが、見事に先を越された。

310◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 20:17:48 ID:KT8SmXSQ0
       /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.⌒\
      ./:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.ヽ
       ′/:.:.:/:.:.:. /:.:.:.:.:.: / | .:.:.:.:.:.: |
     :|/ :.:.:.:..:.:‐く:.:/:.:./  '|:.: |:.:.|.:.:|
    /:.:.:/:.: /:./|/     |:.7ト:.:|:.:.|
.   ⌒7/]:. /' ___      x:=ミ. |: ノ.:.:..
      |:|、|/{  ^⌒ヾ    ノ^i} ∨:.:.:.トゝ      __  「さて、私も私で頑張らないとね!」
     .八\_ ゙ :::::       弋ソ /:::イ-ゝ        / /
.      \:小、      '   ::::〃_ノ     「 i   / /
      _]三\  `ト┬   ノノ.        |/^^ヾ′
    /⌒^|.:.: ヾニソTニノT<三[.        |/⌒  |
   ./__ハ:.:.:.:.∨ レ'  ト、 )、:.:.\      |/   /
   ノpolice|.∧:.:.:.|     '/\ \_)、   |   /
  ∧   / ヽ|.:.:.:|    /\:::\. <⌒\>、 '.   |)
  / ̄ ̄\  ノ:.:ノ    /‐| ∧:.:.:∨ハ⌒^∨>f|_( )ノ
. 〈く√ \ \ /   / | |:.:.:.:.∨|   |/>.|  ‘
┏【片桐早苗】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  KSKST混乱期から私財をなげうって治安維持活動をしていたパラディン。
 その経験を生かし、人と資金を投じて作られた全国的な治安維持組織の設立に力を注ぐ。
 死後、設立されたKSKST警察庁の初代名誉長官に任命され、さらに後に聖人認定を受ける。
 KSKSTおよび警察官の守護聖人。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

312◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 20:22:47 ID:KT8SmXSQ0
                          /!
                              / .ハ
                         {  {:.:.\
                       __,..ィ、 \:.:.:ヽ
                     ,rf::/:::/,':.ヽ  ヾ.:.ハ
                        f{:.:|:.{:.:.{ {:::::::}  }:.:.:}.
                        λ、ヾ:.、:.、ヾ:::{  /:.:./:ハ
                     ,'ミ≧ァ^ヾ!:、ヾ:. {:://,ム
                      {/ニヾ'\  `\}:.'/_,..ィィ/
                         {   i! {! t>、  `´ /_,/
                     _乂_, ヽ-‐'`'''´,rセ´,'´
                 ,r=≦/´r=Φ        { 77
             _>''¨ ル\>'、\  r==┐'.イ ト、
.            /´乂>≦=-┐ `'<>\`ニ.イ/,'  `Y
           /    以.二..⊃、   ` ̄ ̄ ̄ /{  /
           _/   --┬ヘ/、 ヽ =‐- -‐≦  イ`ー ┐_
        ,イf/    ,ィ=:'////!ヽ=ニ.. __ .>r'{///∨::;'::;ヽ__
      // {乂__-ァf::::::::::::\'/∧ \/ ̄/ ̄ |´/ !//∨::;':/:::_;;..\
    /..:/:::::>-=イ-、:::::::::::}:\'∧ /  /  / |/ ∧'//:::::}i/::::::::::..\
   ./.:::::/:::::::::o::::/..::::\::::::{:::::::';>.!/  /  / /   i//::::::ヾ!:;::'"::::::::::::..`<
  / {:::;::::::::::::o::::/.::::::::::::::::ヾ/.:::::::::';:}  '  / /   |/ .::::::::::::ト、::::::::::::_::_::_::_::>.、
../  .V::::::::::o::/>-‐''"⌒V::::::::::::::/ ,   /    ,':::::::::::::::::|  \_/r、  ヾ≧=::\
┏【田中眼蛇夢】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  様々な希少種の繁殖や治療に成功し、さらに瀕死のドラゴンをも治療したという伝説を持つパラディン。
 自らを「いずれ世界を制する男」と称し、各地を回ってさらに希少な生物を発見した。
 その際記された記録集は、生物研究者だけでなく一般市民にまで知られる名著となった。
 とはいえ、その道中でどういうわけかとんでもない危機に陥り、それまで克明に記しているため、
 一般市民にとっては生物記録というより娯楽小説として人気が高いのだが。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

313◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 20:27:15 ID:KT8SmXSQ0
【KSKST大聖堂、教皇の間】
                 /`フ__
              _rく/: : : : : : > 、
             「 //: : : : : : : : : : : : :\ __
            /Lノ_/: /: ://: : : : : : : : : : /  >
              /: : : : //__//: : /li: |: : :|: : : ハ_/l
             ,': : : : /」|i_」|ミ|/ |i: !: : :!: : : : レヘ
           l: : : : /ィニニヽ   |」|i--:|、l: : :∧ ハ  「……さて、結局色々と準備しましたけど、
           !: : : :l´トしクハ    `ヽノ:/: :|:`Tト-┘  全部そのうち無用なものになりそうですね」
            |: : |: | `ー'    ___  Y//: : :|:!
          ノ!|: :|: | ''''   ,  ,,, ̄ヾ/,‐ァ=、/::! ヽ   /|
        <: :||: :|: |   、       ///´: ::|  | ̄  \
         <リ、::|/\  ` ー _ノ /'::|/: : : :|  /_  /
           ムヘ| |ノ| \ _,イ´  /、ト/: : : :|ノ    ヽ/
          / / |     弋  イ_ /: /|/、
      ,.<´  ム  |_     ∧  / \'  /∧
      ハ    l |i  ! ̄`ヽ / く`'´   ヽ`>< l
       | ハ   .| l|  ト-ヘ-^^^ハ      `メ/  l
      |  \ | l|   !: : : : : : : :∧    //`ヽ |


   ,'  ゙、       /'    ノ l
 .  f、  ノヽ、   _./: ノr=-‐'"   !
 .  l 「ヽ : : `¨ ´: :/': : : i:l   l   「でしょうね。
 ... l !: :《 : : : i : : : ヽ>_:,.:j l  /¨ヽ  とはいえ、それも早くてあと数十年は先の話。
   ,.、ト.、'<: /:l : :_ノ '∠: j: :L/: :/: i  しばらくは、この教会が全国規模の国難に対処する必要があるでしょう。
   ヽ:V:'弋ラゥ⊥レィ'ヽヒソ: 、: : : : ):リ
    i:l: :` ̄: l:、: : : : ̄ : : i: : /:/   ……勿論、そんなことなくおわればそれに越したことはありませんが」
    `ハ : : : :,': :ヽ : : : : : : :! : l‐'ソ
     `'; : : :ヽ-ァ : : : : : : : : !:l: :iヽ
       ハ : :-、_ ニニ : : : : /:/ :リ i、
       ヽ ー:-  イ: : :/ : :i :/ .i::\
        ト、: : : : : ;.イ : : : //  ';:::::::
       /::/ ̄ ̄: : : : ;.イ /   〉::::
 .     /:::::ヽ`¨ニ ¨ ̄  /   /:::::::
        ,'::::::::::ハ       i   /::::::::::
        {::::::::::::ヽ、    ,,.. <:::::::::::::::::
 .     〈::::::::::::::::::`::::¨´::::::::::::::::::::::::::::::

314◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 20:29:42 ID:KT8SmXSQ0
                 _____
            /`ヽ<:.:.:.:.:.:.:.:.ト、__
          「`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:\
       rー┤:.:.:.:.:.:. ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
       | :.:.:.|:.:.:.:.: !i:.:.:∨:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
       i :.:.:.|:! :.|:.:|:!:i:.:.:∨:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:∧    「プッチ神父はそれでいいかもしれませんが、
       | :.:.:.|:! :.|:.从乂:.:Ⅳミヾ.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉    こちらは学のない子供や大人を多数押し付けられてますからね。
       |:.i:|:从:.i|イ⌒从リ ミく ノハノ:.:.:.:.: : Y
       リ从Уハリノ´   /   //:.:.:.:.:.:.:.:.:八....ノ   おそらく天に召されるまで仕事が終わることはないでしょう。
          /      j   ぐイ:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:く    いやはや、とんでもないことを安請け合いしてしまったものです」
.          く   _,     //:.:.:.:.:i|:.:.:.:.:.:.:.ヾj
           `<´      イノ:.:.: ノ!:.:.乂Уノ
              ',    イー=彡イノ:.:.ノ从乂
               ノゝ-<ヽ___∠ ̄ ̄::::::::::::|
            Ⅵ-r―||:i:i:i:i:i|:::::::::::::::::::::::::ュ、、___
             _j:::j:::/イi:i:i:i:i:|二ニ─/:::::::::::::::::::::.:.:.:......
        _ ... ィ´:::: / /i:/i:i:i;  |:::::::: /::::::::::::::::::::/::: ̄ ̄::.:.:.:....
       /:i::::::::::::::::/ /i:/i:i:i:i'  ハ:::::::::::::::::i:::::::: /:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:
         i:::l:::/:::::: / /:i/:i:i:i:/ /:::::::::::::::: : |::::::/:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.
         l:::l/::::::::/ /i:i:i:i:i:i/ /::::::::::::: : : :.:|::::/::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.
.         ハjノ::::/ /i:iヘi:iイ' /:::: : : : : : : : :|::/:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.
.       /:::/::::: / /i:i:i:Πi:i /::::.:.:.:. : : : : : :.|/::::.:.:.:.:.:.:.:.:


           . -、     , -、
         〃ア:}.-―‐┴ミ、tュ、_
     r'ニニ>:1´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}ヾニミ:}
.     `7.:|r′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|:`ヽ
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,
.     /.:.:.:.:.:.:.:/|l:.:ハ:.:.ハ:.l:.:ハ:.||:.:.:.:}.:.:.:.:.:,   「うう、お疲れ様です……」
      ;.:.:.:.:.:{:_/L|L:| L:| L|_| L|L_:_:|:.:.:.:.:.:|
      |:.:.:.:.: !'-―'´     `ー―- !:::::::::::!
      |:.:.:.:.:.| ,-=-    -=-、 |:::::::::::|
     |:.:.:.:.:.|            |::::::::::;
.     l:.:.:.:.:.',      `       ,::/.:::::,′
      ',:.:.:.:.∧   ⊂⊃    /:/.::::/
..     ヽ:.:.:、{:::...、      ,..<j/.:/イ
.     /l\{:::::::::l` - ´ l_:_:///.::.ヽ
..    ´―|:.:,'ヽ―ノ     L/イ/{::.ヽ:_:ゝ
         レ/ ヽ′      /_  丶_{_
     ,  -/ / ∧     ト、 ` 、 ∨ll ヽ、
    / ll /'´  ト、l___|/.!   \|. ll  l
.   / ll ____|__|: +: : :x |__|___ ll   |

316◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 20:32:43 ID:KT8SmXSQ0
  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      \
 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.      \
. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .   i     〉
.:.:/ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.: l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  l     {
:/ . :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://∧.:.:.:.//∧ .: }::..:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..i l    .|
{ : :/ . :i: :. : i  .:i :.:.: トミN.∧i/彡ソ}::. :|:::::.ト、.:. : i.:.:.:.:.:: ト、:l  i. :|
| .::{ : : |: :.::::| :::ハ i: :|          |::. ハ::::.| |.:. : |.:.:.:.:.:.:|:::|:l   |. :|  「何、これもまたやりがいのある仕事です。
:l: :l : ::.|: :i::::|..::::|│l: :|          |:::.| |::::|│. : |.:.:.:.:.: |:::|:l   ハ :|
:l :ハ: ::.|、 |::::|::::::| |::|: :|          |: :| |: :| .!. : /l _i. :. |::::ソi:./ | |   少なくとも、生活資金のため地元の有力者へ
ヘ{:::|: ::ト:辻xト、::| |::ト. |         }:::| |: :| .| :/イ .ハ /⌒V/   }ノ   ご機嫌伺いをする毎日よりは、よっぽど愉快です。
‐-ミト、T 寸士_┴ト.{ ミi          |:/斗チ≦二ナメリ/-‐、 ',
 .:∧`{ r─┬─ミ_`ヽ 、    ,イ' 彡ー┬‐┬ァ´.|   リ./      彼らや聖下には、純粋に感謝していますよ」
、厶∧  `ー┴‐‐┘_   ::.     ハ `ー‐┴‐'′ .厂l ./人
.ヘ\∧       ´  .::::i   ′ `       ム‐'/   \
. : \_ハ            .:::::|                ム-´: :. : \__三=‐'
.:.:.:.:.::::.ハ           .:::::::|             爪: : : : : : : .\
.: .: :.:.:{:∧       ::::::::|              ムヽヽ: : : 、 、: : :}
: :{ .: .:〈: :{\      :::、:|            厶 : l:: :l:.:.: : N\:|
:从. :::N\\\  、_   `ー‐'´   _     /.: }: :i: : i: :i: :|  リ
{:爪.:::| \ `ミ_ \    ̄ ̄ ̄  ̄ ̄   ./   リ ノi :リИ A
i:i:i:\{ニミ\   .\           ./   /彡ミ}//レ':i:|
|:i:i:i:i:i:\三ミ\   .\     ./ _,-=≦┌:'¨ ̄:i:i:i:i:i:i:i|
|:i:i:i:i:i:i:i:i ̄|ミミ≧=-、 .`ー─‐‐'´_/ニ三三ミ|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:厂\
:\:i:i:i:i:i:i:i:i|ミ三三三三三Y彡三三三三ニニ|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:`ー-、
:i:i:i:\:i:i:i:i:i|ニニ三三三三|三三三三三三ミ|:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i¨ー-、


              ,'ニj __ i'^ヽ、
            _,ェュ'"´       `゛'ヽrュ__
          (_ー/ ノ          l, lヽ⌒)
          / '´           `' `く
            /    / ! i  l  i i、     ',
          l    /__.l_l  l  l l ',     l
           l    ,r,-―一  ̄ ー-L_'ー、   l
            |   l              ` !.   | 「そう言ってくれるとありがたいです!
           l.   !,===、    ,===、 !  |
          l.   l/////  、 ///// l    l  じゃあ、私もやるべき仕事をやるとしますね!」
            l.   !    ___     ./   /
          ',   ヽ   ヽ _ノ   /   ./
.           〉    `r、    , ィ     /
.         /   __l   ̄  l__   \
        ' ー-,' ∧_ ノ      ヽ/ ヽ   \
           レ'   〉、      ,へ  ハ-'_ ̄ `
         , -‐/ / r l.      !ヽ \ .ハ  \
       /   ' ´  .ヽ!.____l/   `ヾ、  ヽ
       l  , -―‐┐Ol: : : : : : l _. ┌―‐- 、   l
        |  l  ..  | |: : : : : : |  |  ..   l   l

317◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 20:36:03 ID:KT8SmXSQ0
      /   /ヽ   \      ハ
.     { //   \__ |\    ,}|
     V/     / : : } 〉: :ヽ---クリ
     /;、:ヽ  N: ノ: 〈〈: : : : : : :《:|
.     {:{/ノ: \|: 〈==ミく: : : i: : ノ_j
      入ヽ:ヽ: ヽ : : r‐tnト-': :ィチf   「では教皇聖下、まず試練を終えたパラディンたちにねぎらいの言葉を。
      | : `:ー|: : :}i´: ^゙ ̄:': :,_|`フ
   /ハ: : : :l :__j|: : : : :〈: :/: |/     その後には年末年始の祝祭が控えております。
    (ノ/ \: :\ }: : : :___ヽ_/      早速で申し訳ありませんが、そろそろご準備を。
    (_ノ/l/≧-:\: : : ー‐く
    ヽ(_ノ/// ─‐>ーイ//\__     信徒にお言葉を伝えるのが、聖職者の本来の仕事ですからね」
   ///\/___|_/___|////////\___
   /////////∧\ \//<`ヽ/∧/ハ
   //////_//∧ ヽ ∨//}) l|_//}/ |
   ////// {|// ∧  ‘,∨/   ̄}}|/ |
   /////|! ヽ===='   i!      〃!/リ
   ////厶ヽ         l|  __ }| |/{
   ///厂     __  l| l|//jレノ/!/l
   ///`ー‐, {{ ̄ ̄V l| l|//////|/ハ
   //////八_l!/// ∧l| l|//////|//{
   ///////// ̄/////| | l|//////|./∧


              ____    __
       ,ィ二二lフ´: : : : : : : : : : ` .くヽ \
      ,イ/三ミ/: : : : : : : : : : : : : : : : \ヽ,l_
    /j-ヘ´ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ノヽ
   / /|  ハ: : : : : : : l: : : :/: /|: : : : l: : : : : : :ハ\\
  ∨/: レ-┘: : : : : : l--/|,,/_ !l: : : :|: l: : :l: : : :'.___l/
    |: : : : : : |: : : : :l: |_/,.===、`´: : :|/、_|_: : : l
    l: : : : : : |: : : : ::l/ / ,fフハ l: : ::| =、/!: : : :|   「アッハイ」
    l: : : : : : l: : : : : l. {  ト::l:::}   ̄ fイl |:l::/: : l
.    ',: : : : : :∨ : : : ',   ー''     |:リ /イ : : :!
     ! : : : : : ∨: : :ハ '''      ` ''' } : : : ,'
     l: : : : : : : ∨: : : ', U r─‐ァ   ノ:: : :/
     |: :,l: :/l: : : :>、l\|> _ー‐' ,. . <: : //
    厶' l/ |/ ̄`ヽ \_,イハ ̄ : : :/: //
       /     ', / 〉ト、l`ヽ/| : /
      /         レ ,'ノ   ハ //
       /        l ハ |l   l
.     /   l      !/ll|/l   _}
     /    l__>イ/‐'//-‐''"l

311名無しのやる夫だお2013/05/26(日) 20:19:25 ID:aW19MCGo0
警察官の守護聖人って聞くとなんか珍しさを感じる

守る立場の人間を守るって人は余り聞かないからかな、私の周囲だと

318名無しのやる夫だお2013/05/26(日) 20:37:51 ID:HHMzxYzo0
>>311
「騎士の守護神」の延長みたいなものじゃないか

319◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 20:41:35 ID:KT8SmXSQ0
>>318
 そんな感じだと思っていただければ幸いです>警察官の守護聖人

                         ; ハ ∨       〉ト、 ヽ
                     | レ' 〈 ∨      /r' ヽ |
                     | l!  〕∨    //  / .|
                          │\ 〈: : \_/: :〉  / .|
                     __ | /l: \: : : : : : : // ̄} /__
                    |ヽ\{: KV/ : : : l : : 〉Уフレ':/}:|
                    人 : ( : : rf込、ノ:_:i^レィ歩ァ: ;ノ:j人
                     /// \_:ト、`冖^:ノ: : ´:`冖'/!///\
                     /////////|: :}l : : : :/:`Y:ヽ: |{: :|////// ≧=-x_
            _,x≦/////|\.//八: :|| : : 〈 : ;ノ: : : |l ://////////////// ̄ ̄\
         / ̄/////\//∧  \//\!: :、⌒ー⌒;: :lレ/////////////////// ∧
.        /\/////////ll∧. ‘,\//\: ` ̄:´://///////////////////// |
.          /////,.ィ´)_ ̄lllllllll∧  , \/ |iー一'i|////_//_/_///// ̄ヽ///////
        /// /: :/ /}lllllllllllll∧  ,   \|_:_:_:__l| ̄//////く{ ̄\//////|/// ̄}
.       〈.//〈: :/ :`: /_lllllllllllllll∧  ,    \   l|/////__}}  リ_////|/////∧
        _}////: : : :/_/}lllllllllllllll∧  ,     \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   '⌒ヽ_// |/////∧
.       | ̄//\/: ヽ /llllllllllllllllll∧  ,    (__厂 j: ̄j \   、_,ノ///j///////∧
        //////〈: : : ;∠ニ、llllllllllllllll∧  ,  (___厂: 厂:`ヽ : \__ )厂/////{////////∧
     ////////`フ: :〈__/lllllllllllllllllll∧  ,  (__厂:j ̄ i\:\: : ∨//////,l//////////\
.     ///////// 人:_:_/ ∨lllllllllllllllll∧  ,  (__厂 :j\ : ヽr'⌒ :∨///// |////////////\
    //////// /  |ヽ-< ∨lllllllllllllllll∧  ,    ̄\: '^ヽ:__ : : : : V⌒ヽ/ |////_厶-─< /∧
.   ///_//=≦/    |//// \Vlllllllllllllllll∧  ,      \: : : ヽ: : : : ∨/ ∧l__//////////\∧
  //////// |l   ∨///// ∨lllllllllllllllll∧  ,      ∨ : : : : : : : l///∧ \///////////\
. //////////∧    \////_∧llllllllllllllllll∧  ,      ∨ : : : : : : :|/// ∧  V/////////// ヽ
. //////////// \    `7 ̄//∧llllllllllllllllll∧  ,      ∨: : : : : : :V////}  l|///////////// }
│//////////////≧=-ァ'//////∧llllllllllllllllll∧_,_    ヽ--─一/////   リ/////////////
┏【エンリコ・プッチ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  教会の財貨管理を担当する枢機卿。
 KSKSTで統一した秩序を求める声が出た際、暫定的とはいえ
 その要望に答えられる組織と財源を教会のバックアップという形で作り上げた。
 その後、権力集中を防ぐためという名目で一線を退き、
 人が天国へ向かうためにはどうすればいいかという神学的研究に専念する悠々自適の生活を送る。
 現在では神学・哲学における分野で有名。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

324◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 20:47:07 ID:KT8SmXSQ0
                          _ ...... _
                           /.:.:.:.:.:.:.:.`:.:..、
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ.
                     ヽ、くミ辷彡:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
                   {.:.:>>ぐ彡イイ //.:.:.:.:.:.ヽ、
               (、、__..ノ彡イ{γ} |:// Ⅳく|:./ヘⅣ!iヘ!
                  ≫>.:/.: 人ゞ j′  j/㍉ゞ 厶!!|
               {イ.:/.:.:.:.:.八:.ヘ、j    ´┌仞イリ          喜べ少年
                 彡.:.:-=彡:.:.`:.ぐ `ー 、 >、j彡イ
                イ.:ハ.:.:.ノ.:.:.:リミ`ー=≠ー 、           君の願いは、ようやく叶う
                  ノノ从.:(((人ノ: : : :/´ : : : : `\
                    ///// ヽ` ー.: : : :.`ヽ: : : : : : : :' 、
               /'//// : : : : : : : : : i: : : : : : : : : : \j
               / : : : : /: : : : : : : : : : {:.: : : : : : : : : : :.:.\
          . イ.: : : : :ヽ |i:、、 : : : : : : : : }___.: : : : : : :`ヽ/
         // /,: : : :`ヾV/,\ヽ、: : : : :.く、:.: : : : :.`ヽ.: : : :.ヽ
           {/ヘ//.: : : : :////////7ァァ==…ヽ、、.:.: : : : : : :.:\'、
         Ⅵ/\: : : ://////////: : : : :./`\ヽ、、___: : : :`\
         くУ/∧ヘ////////// : : : : /: : : : : :}/ヘ<.: : : : :.:ヽ\ヽ、、
           ////∧∨////////{: :/: : /.: : : : : :.|//ハ⌒ヽ: : ̄`>/∧´ ̄`ヽ、             _ ノ )
        {////: :ヽゝ/////////: : /.: : : : : :.イ///ハ、: : : : : :'/ ハ:.: : : : : :.:` ー──-rrx、 _/  /
        |////: : ハヽ\\∨/: : /:.: : : : : :.://///小ヽ、、______ : : : : : : : : : : : : : : //¬'´     く
        |////, /: : ∨ ヽ丶ー=《′: : : : : : ;/////// ヽ////////7ァァ、、:.: : : : : :.://   、 `ヽ ヽ
        |/////,: : /へ\\: : : :|:.: : : : :./ //////   ` ̄ ̄ ̄ ̄``'<//ァァ、、,{{、、___  `ヾ、、ヽ ヽ、、_
         j/////_/∧: : `\\__|___/ /ヘ///ハ               ``寸///{{/// ``ヽヽ Y^ー- -ー′
.         {////////∧: : ヾ、、__}_____: :___Ⅳ/ハ                   \//||//      \ \_
.         ∧///: ://: : \ : : /: : : : : : : : : : : : ヽ\ヘ                \!!/        `ー 、_ヽ
┏【言峰綺礼】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  KSKST南方を管理する教区長だったが、様々な事情から貧しい人々の教育に携わる管理者となる。
 そこで教育された人物の多数が後にKSKSTを動かす政治家や軍人となったため
 KSKST統一の三傑の1人として数えられることがある。
 現在でも、彼が構築した教育施設が発展して出来た大学において初代学長として記録されている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

325◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 20:53:32 ID:KT8SmXSQ0
 _.,..,,_ ',   ∨  |/  //:::::::::::::::::::)i,:,::∧::∧::ヽ゛:-..,,
 ヽ   ヽ  |  ./  /‐-..,,_::::riヾ',(/i .|f.ノi"ノ_/::::::::::::゛''-.,,_/ヘ
   >,,,._γλ-、_.-'   //)| i:><ニ''く|ヾヽ..,_ゝ:::::::::::::::::::::::||||||||
 /    フ::::r-' ̄゛゛''‐<‐-<ヾヽヽ‐-`∨ヽ-`" ::::::::::::::::::::::::::::《|||/
 ゛'‐x..-‐'" 7'  \    \::ヽ):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ||:、
  /    /  .|  `丶 ̄ ̄::/::::::::::/:::::::/: /:::::::::::::::|:::::|:::|::::|::::::::://ミミ::,
  ∟_,,..<|   /-.,_  |::::/::::/::::: /:::::::/::/::::/::::::::::|:::::||::|::::|::|:::::|||トヾミミ|〉
    _ヽ ヽ .人   >‐'://::::/::/:::/:/:::/:::/:::|::::::::|:::::||:::|::::|::|::: 〈|||.|!"ヘ"
  <  ̄ ゝ'―| / ̄  >::/::::/:::/ ./::/|:::/::::::::|:::::|:|:::|:::|::|:::::::::::| | .|:',
    >‐-->::::::::::〉―-<::::|---‐'"  /:://::/|::::::::/::::||.|::|:::|::|::::::::|:.| | .|. ',
   /___,,..λ;;;;)" ヽ _ヽ,'  -.,,,_ /:://:::/ |:::::/|:::::||.|::|:::|!|/::::::|:::ヒ| | .|
     /  /\   )::|::./ x==x,/:///::/ .|:::/.|:::::|.|.|::|:::|/::::::::|::::| | .| |
     |_,.‐"|   ノ:ヽ /::::|./ 《|:::し::/ ㍉ ゛''  `゛ /:::::|.|.|::||/:::::::::/::::,' |  |.|
       /::ヽ/:|!_b丶・::|。 ヽ-         彡=x  /::::::/::/::::,' |  .i"
     /::</ヽ_ヽ `゜|ヽ.,。         /£/ 》./::::::/:://  | _|
    /::::<>||ヾ┘:::',:::::|。ヽ゜。         `'''" /::::::/::/    |/
  ∠__,,..-/ 〉ゝ|:::::::ヘ::::ヘ ゜゜     、     .//:::::/
       ∨|/ ヽ:::::ヘ'|\    ‐ ..,,_    //::::/
            ヽ ヘ〉 \       _,,.-''/:/::::/_
            /  ヾ  ゛'-.,,__,,..-‐'|"  ̄ /:::/   ゛゛'
∧      __,,,,,...-.f  _ ヽ、 r''''ヘ    |   |/       ゛''-.,,_
  ',   / |    .| ∧ヾ ヘ| />   .|     |
  ', /  _|__   .| ./ ヽ>‐''"':::7" \.|     |
   |_,,.-''"  /  |/   ',::::::::::_/       _,,.⊥
  /     /   _   /\ ̄|_,,.._    /   ゛''‐..,,_
 /    /   i:::::::゛''-':::::::::∨::::::::::| // i  r    ゛゛''''‐-....,,,,__
- 、_,,..-'" ̄ ̄゛''-|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ // |  |_ '''` )
::::〈       ,..::~::::::::::::::::O:::::O:::::::::::゛'''‐.,,ヽ..,,_ ̄ )"
:::::::〉‐--..,,-ヘ":::::::::::::::::::O::::::_::::::O:::::::::::_/-.,,_ /  _/ ̄ ̄
|`"     ヽヽ::::::::::::::::,-,:λ_)::::O::::::::\\ノ゛゛''''""
|  ヽ     ヽ'::::::::::::::::~:,-,::;;;::O::::::::::::::::::〉
┏【天海春香】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  KSKSTの現状を憂い、そのための資金や人材をえるため新人パラディンに試練を与えた教皇。
 それ以前にもバビロンとの外交やデンジャラスデイナーとアルトマーの和平交渉など、
 この地方に安寧をもたらすための活動を精力的に行った。
 その結果、彼女の代でKSKSTに統一政府が平和裏に完成したのは誰もが知る所である。
 人によってコロコロ内容が変わる「KSKST統一の三傑」だが、大半の人はその中に彼女を上げる。
 死後即座に列聖されるが、いろいろと偉大すぎて何の守護聖人というくくりで扱われることはほぼない。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

326◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 21:00:30 ID:KT8SmXSQ0
【新市街にあるできる夫の商店】
            ,.-─‐- 、._
          /: : : : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : :,.----‐―'⌒Z,_
        /: : : ,.-‐'´ 、   ,、 、 、、`ゝ
        |: :/    、 |\∧iハ/Viハj⌒
       ,.-'´     _/V,ィ'~,二) <二)   「さて、この商店も大きくなりました。
     ∠ィ /´ ̄`V^  |/__{。 ){。)_ |
      r'´ l i⌒>  ,.-‐ __`r ⌒ヽヽ   そろそろ、私も自分の店を持つために独立したいと思います」
      V!  | {ノ_    '⌒y''""゛⌒ー'-、}
       \ ヽ、____)   /        }
       _`ーr、 .|   L.-‐''''´ ̄`フ'i′
    ,r‐'´\ ̄ \`ー-、__       ノiTi ̄ヽ、
   /: : : : : :.\ \ `ー-、_______`二"´__,ノノ \ \ヽ
  /\: : : : : : : : \ \      ̄`r'´  |: : : :\ ヽ\


        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (一)  (一)  \  「そうですか……それがトルネコさんの夢でしたね」
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /

327◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 21:05:11 ID:KT8SmXSQ0
      !/:.:イ:./≧x、lハj _,,リ≦二イ:j.:.:i:.:ハヽ\_
     ノレ´ム:イ∧、___}   、___,ノイ:.:.:リ }}ソヾ  「正直さびしくなるが……
         |:.∧ハ` ̄¨j    ` ̄´イ:.:./ソ:/     俺達のわがままで他人の夢を潰すわけにはいかないからな。
         レ' リ八   <、      /イ/ハ:.:/
          ト、:ヘ   __     /イ   |`ヾヽ    せめて、できることがあったら言ってくれ」
         /リ;;;;\´ - `  ′   !;;;;ソ;}}
        ////;;;;;;;ヘ..___../  /  レク:ノ.:|


            ,.-─‐- 、._
          /: : : : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : :,.----‐―'⌒Z,_
        /: : : ,.-‐'´ 、   ,、 、 、、`ゝ
        |: :/    、 |\∧iハ/Viハj⌒  「いえ、そのお気持ちだけで十分ですよ。
       ,.-'´     _/V,ィ'~,二) <二)
     ∠ィ /´ ̄`V^  |/__{。 ){。)_ |     今までの給金で十分商売の資金にはなりますし、
      r'´ l i⌒>  ,.-‐ __`r ⌒ヽヽ    普通なら知りえなかったことを色々と知ることが出来ました。
      V!  | {ノ_    '⌒y''""゛⌒ー'-、}
       \ ヽ、____)   /        }   これ以上皆様を頼っていては一人前の商人にはなれません」
       _`ーr、 .|   L.-‐''''´ ̄`フ'i′
    ,r‐'´\ ̄ \`ー-、__       ノiTi ̄ヽ、
   /: : : : : :.\ \ `ー-、_______`二"´__,ノノ \ \ヽ
  /\: : : : : : : : \ \      ̄`r'´  |: : : :\ ヽ\

328◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 21:09:58 ID:KT8SmXSQ0
                .. :´へ: :´:  ̄ :`: .、
             /: : : /: :ヘ:ヽ{ ̄`ヽ: : :\
            /: : : : :/: :/: :/: : : : : ハ: : : :.
        __   . : : : : : : /: :/: :/: : : : : : : .! : : :.i
.       /:ヘ:、 /: : : : : :./{: :/: : {: : : : : : : :| : : |      「かもな。だが、何かあったら声をかけてくれ。
      { { リ/ : : : : : イ{从{ : : ト、: : :_:_: :.八: : : |
        : :.、{: : : : /´人{`ヽ: :{ ヾ: : :`: : : ヽ:人: ノ} .イ   トルネコどのの話で、私達でしか解決できないなら
         ヽ: :ー<: : イr芹ミ: : :ゝ ィ芹ア: : : : : : :彡イ :ノ   きっとわれわれにも得になる話のはずだ。
        >: : :ィ´:{ 、込ン `ヽ: :弋ン: : :> ´: : : <
       //: : /: :八     {  ¨¨¨¨´/ー=ミ: : : : : :ミ、   ……それなら、商人として問題はあるまい?」
      イ/ {八:{ /: :∧   _ _   人: : : :\: : : : }
      {: { ー=彡リ: : イ: : \ `ニ ¨´ イ }:ヽ: : }: :ヽ:∨
     ヽゝ ー=彡: :小: {  }>   < | ノ : :}:/: : : ハ:}
         / イ:. : : } ヽ}-ハ       /: : : ノ': : :ノ リヽ
.        /: 八 : : ハ  / i!    イ : : { :イ: { ´     \
        {: : : :从/ { { /、     ム : 八 {ヽゝ       }


            ,.-─‐- 、._
          /: : : : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : :,.----‐―'⌒Z,_
        /: : : ,.-‐'´ 、   ,、 、 、、`ゝ
        |: :/    、 |\∧iハ/Viハj⌒
       ,.-'´     _/V,ィ'~,二) <二)   「そこまで信用していただけるとは、商人冥利に尽きますな。
     ∠ィ /´ ̄`V^  |/__{。 ){。)_ |
      r'´ l i⌒>  ,.-‐ __`r ⌒ヽヽ   それでは、何かありましたらまた儲け話を持ってまいりますよ」
      V!  | {ノ_    '⌒y''""゛⌒ー'-、}
       \ ヽ、____)   /        }
       _`ーr、 .|   L.-‐''''´ ̄`フ'i′
    ,r‐'´\ ̄ \`ー-、__       ノiTi ̄ヽ、
   /: : : : : :.\ \ `ー-、_______`二"´__,ノノ \ \ヽ
  /\: : : : : : : : \ \      ̄`r'´  |: : : :\ ヽ\

329◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 21:14:32 ID:KT8SmXSQ0
                     ,. -─- 、
                 /  , - ─ゝ-‐z._
           ┌ー┐_.i  /  _,、,w'V、N,.ト≦_
           , -‐l |l 「 ,>'‐'  ,ィハr'",二コ ∠ヾ,`__
.          / /,| |l !|/.r',ニY  V´_(。_} i。) Y「 il|
.       /  /.| l| !|/,. l f_j '"´´r‐-‐ r ⌒ヽi |l |
      〈    ,⊥_ l.l.イv,ゝニ)  l /''"´ ̄`ー'ヾ,i||          「さて、KSKSTはもう発展したし、
     , -‐ゝァ(9}`》《rーく\ !  'ー''"¨´ ̄`ツ「_」_
.    / /   i  ン''´ ̄\ \ヽ`ー    、___, ∠!}、ーゝ、._        ここはあえて人とは逆に西方の
   ,-、l l.  |.∠- 、   ヽ. ヽ、`二''ー---v'.ニ´ヘ !\. ヽ.\      カ・ポツーンより向こうに行ってみようかな?」
.   ,ゞ''| l  l/    \   } _」_i _  ̄ ̄l ol. ノ,l  ヽ.__L」_
  /./| |  i     , -┴、_f7´, -r' ー-    l. | ´ |  rf-‐`ヾ.iヽ
. i/  L⊥_ |   / /:/ ,||  ニ}|\    L_/   | ヽiニ@ } !│
. !L_/,-‐-、`|       .|L_,. ィ |コ          iニ|   `Tニ´ィ./
   | l l⌒i ヽト、    _.ノ┘./ |           |   〃|ー '
.   ヽ\` j j. {_二ニニ-‐ ''´   .l‐_'.ニ        l.     |
.   \二ノ ./ ´′        ./   l           L_   |
     ` ̄ 7ー----------‐'    :l |     l      ̄T
       /  /   |    |      l l       l  l   |
       /  ,'     |   |      |. |     l  l l  |
        ,'  i.     |   l       l.    l   l. l   |
      i   l.     i       |     l    ,'  .,'  |.  |
.      i   |     ヽ.      |    l.   /  /  :l   |
     l   |       \.    |    ヽ._ノ ./   |   |
      L__|             |     __ /   i.  l
       └--r---‐_'.フヽ..__,」-‐- 、.___  _/ー '´
             ヽ\    / _./ヽ._、.ノ // ̄
                ̄〕ニニ、´く    j===L,__
            ∠-─- 、>')   ,(ヾ:、 / / rァミぅ
            {㏄CCfぅ'/   ヾ==='='===="
            ` ̄ ̄´
┏【トルネコ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  その後、旅商人を経て西方に旅立つ。
 持ち前の商売勘と度胸、そして幸運を味方につけ、西方にて見事自分の店を持つことに成功する。
 その後も順調に商売を続け、「あの大商人のトルネコの旦那」と呼ばれるまでになった。
 彼が独立前できる夫達の下で働いていたというのは、歴史ファンの間なら割と有名な話である。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

330◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 21:17:02 ID:KT8SmXSQ0
【パピヨンの工房】
                    _,,.. -─────---- 、
                 ,. ‐'"::::::::::::::::::::;: ‐'"´`ヽ:::::::::::::::i
                /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::ヽ::::::::::├─- ..,_
              /::::::::::::::/``ヽ、 ':::::::::::::::::::::::::::::`、:::::::::;:::::::::::::::::``ー-.、
                /::::::::::::::::{  iヘ、.\:::::::::::::::::::/`:ヽ:::::::;:::::::::::::::::;:へ:::::i
                ,'::::::::::::::::::/ ヽ、_ゝ o,ゝ、::::::/、::、::::`、:::::;::::::::::/:/:::::l:::|
                ,':::::::::::::::::::{ ,.ヘ o //  ヽ,へヽ、ヽ、:::::ヽ::;::::/::::/:::::::|:::!
             i:::::::;: -、:::::} ヽ_ ヽ. | !   ヽ `ヾ、ヽ:、::::',/:::::::/::::::::l:::|
ヽ、           !::::/ へ }i{ r-、``o| |    ゙、   `ヾ、//〃/:::::::::i:::l
  \          i::::{ ⌒)〉!:}.ヽ、_ゝ ./‐- 、   ゙,  9  ,o `` `/:::::::::,':::,'  「聞いたぞ。我々が適当に作った
    \.      /::::::い l.〈 |::{. r‐、 o i. r-、 、\   ',  |! /   /::::::::::/:_/_   アーティファクトが
     ヽ   ,. -'‐''"´゙, \}.|:::}ヽ、_ゝ | {::::::\ヽ.ヽ ゙, /7   ,/ィ-‐_ニ, ノ   死人をも蘇らせたそうじゃないか。
   --- `/       ヽ_, |:::{ へ、.oヽ`ー='._ヽ } ', i/{::レ '" _ノ。. `ー'/
                  | i:::ヽヽ、_) oヽ、___'_.」 / /.:ァテ'フ。 ニフノ     ぜひ、そのときの状況を聞かせてもらいたいね」
_   /          |. !:::::ヽ、__  ___-‐_'´. !r/='‐',ノ。=ニ)_ノ′
   /               i, ┴‐。'´==‐、ヾ,.-‐─``レヘ ̄。__ニ) ノ:::/
  /           _∠∠フ/i`'''‐---'´.     {トr'n.,ニイフ/::/
/    /      ::..    ̄ ヽ i::::|  ヽ、-、_   ;:r-‐ソヽ'〈::/ /:/
      /      ::::....    ヽヽ|   、ヽ...>‐ , '´/::::{n:i  /'′
     /         ─-- ...\    `  / /::/ヾ!/
                   ``ヽ、 _,./  /''"
   /                      `ヽ、
  〃                      \
  〃          !                  ヽ


        ⌒> / /  /       .イ八    ヽ |人
        / /  / :/ /   ' /  /从ハハ  i|  i|从 乂__
,__      /, /  /: :/: :/: : / /: :/. イ: :〃   刈 : :|  i| | \乂__
ニニ=ー/∠/  /: :/: :/ / /:/: :/ '. :|: :i|     | : : i|  i| |: :\ 乂 __
.ニニニ./Ⅵ/ : : : : / :/ / |/| ' //| 从    」| : : '|: : i|八: : 乂ニニ  「その前に服を着ろ!
ニニニ/ニ|/ : .イ: : ' イ弍≧ト.」/ /  Ⅵ」L斗i≦ |: :/ |: : i|</∧ーニニ
ニニニニ///,|: : |: :|  弋ヒツト、   」x代チツ. リ/: : : :八/| | |ニニニニ   お前には常識というものがないのか!」
ニニニ゚/| | |//|八| ∧   `¨¨´ ノ}:::.   `¨¨´ イ/: ://∧//| | ト、ニニニ
ニニ::/ :| | |//|  | i|∧            ノ/イ/イ/////| | |∧ニニ
ニニニ/: ::| | |//|/∧ |i |ゝ    r -== 、   イ// / |////| | |: :‘,ニ
ニ-/ : : | 八///] ハ八い\  { :.:.:.:.:.:.: }   イ/'   ∧'/// //:|: :‘,ニ
二{. .: :::|《/∧//l _     丶` ー‐‐ .イ   ___ ∧/// //:| |:.|: }ニ
ニニヽ : : ∨/,∧/|      \} ` ー'’ {/    ∧// //: :| L|.イニニ
 ノ `ヽ :∨/,∧ト,      `        ´     / ////}:: :|イ´i|ニニ

331◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 21:20:36 ID:KT8SmXSQ0
                  r‐<´  ̄ `ヽ
                  トミ {r\ニ。  。',
                    /イミ^rォ‐、ヽV´_j_L_
                    |〈ハミ V死ル|jz-テ ン′
                  VハVニシ^フゞーリシ
                   |/イヘハ¨".ヲレイ     「失礼なことを言うなあ君は。ここは自宅だぞ?
                     j  \.`_ イハ!      そこでどんな格好をしようが文句を言われる筋合いはないね」
                . イ  }  /   >、
            ,. - '"|::| ー、!  -ー/::/ `ー‐ 、
           /   /´|::|.     7::/ ヽ    `、
          ./ __   |::l       /::/   i__   \
        /   イヘ-|::|‐   ー/::/ _//\     ヽ
       /   ./、 f  |::| _  /::/ ノ` /./ \    `、
    ./   /  Y i|::l  ´/::/′   /    \    ヽ
    /   /rヘにk |  |::| i /::/     /       ヽ    ',
    `、rY.>'′   |  |::l | /::/    /       /    〉
   r' 〉'′      ハ、.|::| /::/   , ,'       /    /    「いや、おかしいだろ!」>ミスト
.   T/      _j i  |::レ:::,′   {    /    , '′
  /ソ     /ヽV ! |:::::::i       ',  /  ,. '′
  /Y       ∧  /   ' ,':::::::!   /     ∨   /
  ト |      ,' | /   / v'ア|  .'     /    !
  !N      | ハ./   トlハ>| /      | |   |
  |Y!    | { ,′   | :::::::::|′    l,ハ | | |
  Kl      |  ,′   ヽ ::::::|         l,j_|ノ
  |、|      ! i     /' \:::',       |
  Yヘ     ',,|      !  /`ヘ.        |
  Vヘ.      !      /    ハ       |


          /: : : /: : : :/: :ハ: : : : }: : : : : \
      ー=彡 : :/: : : メ、ノ }: : : 八 : :メ : : ヽ
         ′: :--=彡芹苅 .′ /,ィ斥ァ: :\: ハ
        イ : : :/ : : :イ`¨¨ /: /{ ゞー' 、: : :`ーzイ 「そうだぞパピヨン。流石に人を呼びつけておいて
     ,ノ:乂` ‐一: :/   / ´  :    }:\: :乂__   部屋着で出迎えるのはどうかと思う」
  ー=彡 { : :/ : : : :イ  ノ   ヽ'    人 : \/´
       从': : :/ 小、    , -_ー、  / : }\: :ヽ
    ー=彡 イ: :/::{  \      /:ー=彡 ハ : }
         ハ:/ {込   ≧z -彡 : : : : : ノ ': }:/


      !/:.:イ:./≧x、lハj _,,リ≦二イ:j.:.:i:.:ハヽ\_
     ノレ´ム:イ∧ぐセオ}    弋ダノイ:.:.:リ }}ソヾ  こんなにも俺とKSKST人の間で
         |:.∧ハ   j      /イ:.:./ソ:/    意識の差があるとは思わなかった……!
         レ' リ八   <、      /イ/ハ:.:/
          ト、:ヘ  _,,-‐''ヽ  /イ   |`ヾヽ
         /リ;;;;\  -‐´   ′   !;;;;ソ;}}
        ////;;;;;;;ヘ..___../  ./  レク:ノ.:|

333◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 21:23:37 ID:KT8SmXSQ0
       /:;ィ::::::::::::i\\\\\,.////     i::::::>、ヘ;;// __  i
  ___ i:::i l::::::::::::lヽヽヽヾ○゙    ,.○   _.. ィ´  ) ) / } ,!
  ∨.___ o77''‐- ..!,,_     \  /  _..<   _ // ^_=ニ i
  ヽ;ヽ、_\! {       `゙> 、 ゙V∨ / _.. -‐==‐-Y /_ノ ノ
    !. r‐- 、\\ _,,.. -‐- ..,,_   `i.l!!'," /,. ニ‐ ミ  l:::|l  二-、 !
    ヽ ヽ-‐" .>「r::', ̄_,,...ニ、>、!';;l i// ⊂ニ⊃ `/ i//;'´‐--.' /  「ク、なかなか痛いところをつく。
      ', ', ̄¨>。',',::::i'´⊂ニ⊃_..ゝ.八 ol ゙丶、 ̄¨゙"_//r─‐┐ i、   直前まで作業をしていて貴様らへの饗応を
      ヽ¨"r‐‐-、∧:i`ーニ¨=イ..-‐ヽノ‐‐=ニ‐ ̄‐- ..,,__`ニ二,ノ、 ゙i   すっかり忘れてたのは事実だからな」
        ト,ヽ._/__,,.`¨ ̄/.//´   l    ヽ.._‐'"ヘヽ! ',i,-、 !.l
       ';:゙i ヽ¨___ノ /_//.   ヽドヘ     "/!i`> 、 oヽ、"/
        ';::\__,..イ"ケ¨,,<`    -゙"       i::::::::::ヽ ト、\
        ';:::',ヽl  /',      ,,.. -‐─‐- 、  .,'::::::::/_,入ヽヽ ',
 .         ';::'/ i'、:::::::゙、   / v-‐‐‐‐-V ヽ . ,'::::://  `ヽ、  ',
 .        i / ! i,.へ、:::::゙、   iゞ,.. -‐─‐-、ノl.,'::://!     \.',
         ,' l/./    \.、::゙、 l/ -‐─‐- \l,'/ / l
          i /      \ヽ            / l
          レ        l \             /  l
                 /l   \       /  .l \
               /  l    \___/   l   \
             /    !               .l     \



         ., ' ̄ ゙y '"´ ̄ ̄`` 、/´⌒ヽ
         /  /:: :: :: :: :: :: :: :: ::入   `,
        .i   /:: :: :: :: :: /!:: ::.λ:: :: ::|   i:
        |  /: :: :: ::_゙メ丶i:::/ -、,: ::i   i:   「まあまあ、パピヨンさんには色々お世話になりましたし
        !  |:: :: ::/ァrテr V'  _  |:: :|   :!
         丶 ハ レ〈 i、 ソ   ァ==、|ソ:i   ',   今回はインフォーマルでいきましょう!
      r‐、 _,.ソ´トヘ.    ,. - ,、   .|: :: ',   ';,
       ヽ、_).」 |.:: :ト、  .|   ソ  ,.イ:: ソ:入   )  で、ののワさんの話ですけど――」
        ,ハ__`ン!|ハハ,イ>r--r<´_ノハ/ノ ー- '
      .〈::::ゝ-イ|::::: |:::::ト/日ヘ/:::::|:::'ヽ

334◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 21:28:12 ID:KT8SmXSQ0
   ―ァ              __     __          ヌ
   、__             /::::``''''"´::::\        ケ
   ナ_           ____/::::::::::::::::::::::::::::::::::',____      ド
   '´__)          {{\>、/'''''''''''''''ヘ,. </ノ  1   コ
   l _ヽ          ((>',....._\゚∨゚/_.....,'<))  時   l
   '´__)         '{{>{::lヌ;;テ、{:},.ィ;;ヤl::}<}}   間  ス
   ー‐ァl l          'l〉=>=チ''父''ミ=<=〈l   :   A
    (     , 、      ヽ又ムY´|`Yム又ノ        を
          ヽ ヽ.  _.  l∧ -===‐  ∧l
             }  >'´.-!     lヽ  ̄ , イ
          |    -!  /| `'ー'´ |\  ,.......
          ノ    ,二! ̄ヽ、      ノ  ̄ノハ:::::::`ヽ、
       ヽ~ん、 /:::::::::::\ `      ´ /::::::::::::::::::::::ヽ
       l////7:::::::::::::::::::\   ハ /:::::::::::::::::::::::::::::::::〉
      /\/ />::::::::::::::⊂ニ''ー-ゝ_`ヽ、:::::::::::::::::::::::::シ::〈
      /:::::::: ̄`!:::::::::::::::::::::>‐- ̄`    \::::::::::::::::'´::::::::ヽ
      ,'::::::::::::::::::|:::::::;:::::::::::::::丁二_     ノヽ~!:::::::::::::::::::\
     i:::::::::::::::::::::ハ∧::::::::::::::::::::|><`''ー-/ヾヽ ∨\_::::::::::⌒ヽ
┏【パピヨン】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  数々のアーティファクトや錬金製品をこの世に蘇らせた天才的な錬金術師にしてホムンクルス。
 不老不死のため自らをホムンクルスに改造したという逸話はあまりにも有名。だってまだ生きてるし。
 なお、様々な品々を開発した彼であるが、その中でも最も有名かつ人々の影響を与えたのは
 間違いなく安価かつ書きやすい筆記具「クーゲルシュライバー」の発明であろう。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

338◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 21:33:36 ID:KT8SmXSQ0
【そして、いつもの溜まり場】
               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
           /: : :/ : : : : : : : : : : : : : i : : : : : : : : : ヽ
             /: : :/: : : : : : : :./|: : : : : :| : : : : : : :ヽ : : :.
         /: : : i: : : : : : : |: | |: : : : : :|ヽ:.:i: : : : : :i : : i
            ′: : :|: : :i.: : :./|: | |: : : : : :| i:.|: : : |: :.| : : |  「さて、約束を果たしてもらいに来ました。
          / : : : : |: : :|:|i: :|‐|‐ト: : : :|i:斗‐|┼: i:.|: :.| : : |
.         /: : :/|八 : |八 |_.レ'.._|: : :八/__.}/∨}/: : | : : |   ところで、限定召喚ってされると結構脱力感を覚えるんですね」
        厶イ  |: : ヽ{{ 午不か}/  午示下}.: : :| : : |
           |: : : :| 弋__ソ       弋__ソ  レ': : : |
           |: : : :|ハ                /| : : : : |
           |: : : :|ヽ}       '        /´| : : : : |
           |: : : :|: :人    _    /.: :.| : : : : |
           |: /i: |: |: : `: :._     ィ: : i: : :.| : :i.: :.|
           {/.人{: |/}: :厂}   ー  .{ア}_l_: : |: : i :. ′
            ,. -‐乂¨ ̄{¨       ¨}   ¨八/}/
          r<. 、       |          |        >、
       /   \\      |          |    //  \


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \  「アッハイ。照魔鏡は本当に助かりました。
    |     ___'___      |
     \    `ー'´    ,/   それで、政治活動のお手伝いですが、どういったプランをお好みですか?」
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

340◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 21:43:26 ID:KT8SmXSQ0
               ̄ ̄ ̄
         ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
      : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .,
.    /: : : : :〔 :/ !: : | : : :ト、: : : : | : : : : | : :i: : : ′   「基本的には皆さんが今までやってきた方法で行きましょう。
    ′: : : : ∨  | : i| : : :| ´ ̄ :}: : i| : }i: :|: : : : :.
   .:: : |: : : : :〔´⌒ヽ八: : :|  ∨リ : : |: :八_|: : : : : .    言い方は悪いですが、一般市民に政治をまじめに考える暇はありません。
.   /:: : :|: : : : i{   __   \{ ,イ庁不、〕/   }: : : : : :.    そんな人に理性や理屈で延々と議論するのは相手にも迷惑です。
  /__! ト、: : {ィ芹示、     乂:ソ  ′ 人: : : : : :
     八| \{  乂ソ          ,r: :´: :|: : : : : ::   『理性より感情を優先し、とにかくわかりやすく』
       /: : ∧    `         /: : i: : :|: : : : : :i
       .′::/: : .       _     _: : : :|: : j : :! : : l|   これが市民を動かす基本です。
      .: : :/: : :个    `    イ〔_: : リ: /|: : |: : ::リ   たとえそれが自分の利益のためでも、国のためでも変わりません」
     : : : :l/ i|: :! : : :≧. . .-r ´    ヽ\/: !: :ノ,イ:/
.    / : | /  {: : ∧: : :ト、=´〕      /  =‐- .,_ '
      〔′  ヽ〔 _,. -‐ ' |     /    γ⌒ヽ
           ∧      :|__,. イ     /
             / 丶     :|   /'      /    i


                 ___      /|
   _       /|     \   `\/⌒ヾ |
   \ ` ̄ ̄\/ _|,.. -──-ヽ、___/    | /
     ,> 、>''"´          `/!     |'
   ∠.,__/             / ,|      !\
     /     ,       , ∠..,,,__」    i |  \
    ./      /_|  /|  /!  i    !    ! !─--ヽ.
    i  /   ハ_」`メ. |  /、」__,/ ハ  |    | |
    | 八  7´ i'`ヽ !/'´i⌒メ`ヽ.! !    ! !  「み、身も蓋もない……」
    レ' ,ハヽ|、 j_,り    j__,り ノ| |    ∨
      /  !7,,    .        ,, ! ハ、    \
     / ,   ト、    rァ‐-、  u / / |\    ハ
 __/ /|   | /`> 、` ー'  /  /|/  ) / /
  \ヽ| ̄\ |⌒,.ゝ‐ァ'`i''7"´/  /⌒ヽ イ‐''´ レ'_,,,... --─ァ
   ` 、   `/´   ,| /ム'"´!,/     `Y´ ̄ア`)      /
     \/    /|// ,ハ、//       !  (´      /
      l     !:::/   |::::::|        |      /
     ,〈 ゝァ‐-、,|く_r‐'‐、〉::〈 、___/   〉--─ ''"´
    / `/   ,!:::::::::::::::::::::::ソ´  `'y-'´\
  ∠..,,_/   /:::::::::i::::::::::::/     /!   (´ \

341◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 21:50:11 ID:KT8SmXSQ0
           . :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ` 、
         . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,
        ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,
.       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :′
.        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ′
.       ∧: : :.i.: : : : : | : : : : i|: : : : : : : : :.:|: : : 、 : : : : : : : i
     /_\ |: : :.|: : | : : : : i|: : : : : : : : :.:|: :| :ハ: l : : |i : |  「手段は効率的かどうかです。
    ./: : :,イ: :'|: : :.|: :_|_: : : : il: : : : : :ト、: :.:| }/_, ∨: : :|i : |   そこに善悪の入る余地はありません。
   /: :/' |: :l|: : :.|_l: |__ x、八.: : : : :| \} '",,_ i´) : :|i : |
  .//   |: 八: : | 乂_弋ツ>\: : :|<弋ツ.ノ .:::∧: リ.: :|   ……この国には色々と思うところがあったんです。
  ′    |: : : \|:ハ::::::: ̄:::::::::::: \{:::::::: ̄´:::::::/: ::∨: : |   折角ですから、私の理想のため色々協力してもらいますよ」
        |l: : : : : : λ       ,        ハ: : : : : : :|
        i|: : : : : : :込、   __   __,.   ,イ: ! : : :、 : :|
       __|: : : : : : : : :|__,.    ー‐ ´  ./|:|: : : : : ハ: :|
-‐= '      |: : :.l| : : : : | .::/>       . イ.>|: : |: : :/ ‐ :|
          |l : :八: : : : |.:::′          /:::::|: /|: :/_   '}
        八:/  \: : |:::|-- 、     --/ .:::::|:/ |:/
               \|:::ト-========イ    }' .ノ'


       _    __,,,,....,,,__
      ,:'´ ,>'"´ :: :: :: :: :: `' v‐-、
     /  i/ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::`ヽ.`、
    ,'   i :: :: :: :: :: ハ :: :: ノ :: :: :: ::', i
    i   !:: :: :: _;∠イ :: ハ :: :: '; :: ::!l  「ところで、理想って……?」
    l   |: :: :: ,:'_,.,_ l ::/ !ー、:: !: :: !i 。
    !   l :: ノ´;'´ハ レ'  ノ,=;、ノ,:: ::| !  o
    /    !イ ! '、_ソ    i_リ iヽi:: ! | o
  .〈     /:: i ''"   ____'  '' ノ ;: ;ノ .!  。   「ああ、私の専門は社会福祉でしてね。
    ヽ.,_,ノレヘ;トv,、., _└‐_',.r<;ノK,_,ノ       こういう『弱者は死ね』という社会には辟易してたんです」>照
        /´`'ー、7_>、/r-、ヽ、

345◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 21:57:19 ID:KT8SmXSQ0
                ___
              ...:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : .
          /.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : \
          /:./:.:/ : : : : : : : : : : : : ヽ : : :.
          ′:/: : :/: : : ∧:..: : :|:..: : :|: :| : : : :.
       / |:.:|: : : : : /|:| |: : : :|V: :∧ |: : :| : i
        /   ー|―|斗f‐┼ |: : : :| |─-l、|:_l,ノ|
.      //:i: : |: : |八ハ:{ |:..:./リ |/  }人 : l:ヽ!
     厶イ |.:.: ∨:|灯j芯ヽ1ソ ィjア苅Υ: :/: : |
       │:..: :{い.乂(ソ ′  乂(ソ/ }ィ: : : :|
       │:..: :|  :':':':   ,    :':':':   |: : : :|
       │:..: :|‐ヘ           r‐|: : : :|
       │:..: :|:.:八    ∨ ̄ノ    ノ:.:i : : : |
       │:..: :|:.:.:.:.:.> .. ___ .. <:.:.:.:.|: : : :′
       │!│|:.:.:.:.:.:.:.:.|   __  |:.:.:.:.:.:.:.|:.:./リ
         乂人|八:.:ィTノ {爻} {ア> :.ノイ
        / <    |___ Ⅵ/__/    >
.      r<丶      ∧__ }へ‐ァ       >‐┐
    /  \ 、    ∧/ニニ}′    //   `ヽ
     |    丶\      |  ー‐}     //     |
     |        \ ー===|  r=ァ′=‐'ィ:.//      |
     |       { ヾ≧=/  .}={=≦:.:./ .′      |
     ′         〉 ゞ=/   /}{:.、:.:イ==ノ
   /   __,,/斗-〈  /  /: }{:.:.:\  {  、 ノ     }
   ゝ   /.-====ハ . ′ /.:.:.}{:.:.:.:.:.ヽ Υ¨¨¨¨¨ ヽ /
      \{/ 斗―∨    .:.:.:./}{\:.:.:.:.|  }=======/
       ∨ハ   /   /:.:./.〃  }:.:.:.| ‘ァ…‐‐;、/
┏【宮永照】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  できる夫達の後援を受け、その後若いながらも政治活動を開始する。
 自由を重んじるKSKSTのなかで「弱者救済」「所得の再分配」を主体とすべしという
 所謂「大きな政府」を理想としたかなり異色の政党を組織する。
 貧民層を中心に、現代もKSKSTに生きる社会民主主義的左派政党の祖として今も名を残す。
 なお、異世界からの転生者であり神から強大な加護を得たという記録があるが、
 KSKSTではそう主張する者も人間離れした能力を持つものもそう珍しくないため
 ただの政治家として箔をつけるためのエピソードだというのが定説である。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

347◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 22:01:06 ID:KT8SmXSQ0
さて、ではここからできる夫達のエンディングにいこうかと思うのですが
その前に「いや、この人のエンディングがどうしても見たい!」
あるいは「まて、この人忘れてるだろう!」という方がいらっしゃるかもしれませんので
ひとまず、アンケートをとることにいたします。
【できる夫達の前にエンディングが見たいというキャラがいたら仰ってください】
↓とりあえず5分間、なお指摘されてもやるかどうかは未知数です。ご了承ください

350名無しのやる夫だお2013/05/26(日) 22:04:45 ID:zJalMRqA0
ダイジョーブ博士が出てきてない?

355◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 22:10:43 ID:KT8SmXSQ0
そういえばダイジョーブ博士忘れてましたね。ちょっとだけやります。
あと、柊蓮司はぶっちゃけあれです。【生きてる保障がないので対象外です】
ペンウッド卿ややる夫といった前作出てきた方のエンディングは前作のままなのでそれ以上言うことはありません。
ほかは……ぶっちゃけ、モブやしなあ……どうしようか……。

【KSKSTのクライン財団記念病院】
                 )
                 ( _
            , - ニ ̄   ̄ ` 、
           /               `ヽ
        , - '、      -=-  -=- ',_
       r´   ヽ.    γ  ̄ ヽ γ ̄ヽ ',ヽ.
      {      i=={ l    l.=l l   .} | i__   「色々ト話ハオキキシマシタ。
.      i  < ̄`ヽ、 弋ゝ _ノ 弋ゝ ノ >´ , ィ´
      弋__ _> 、 ヽ、  ̄       ̄ / /ヽ      皆様ゴ無事デ何ヨリデース」
         |     ` ー`             }─ 、
         ゝ、                  /    ヽ
           `ー -、 - ______ , ィ´      }
           /    l /   |>く| \    弋       ノ
             /_   .l > .|:H:| く l     >ー‐ '
           , ‐´  `ヽ、l /  .l:l l:l  l.l , - ´
        γ       ヽ.',  l:l l:l  l l
         {        }. ',  l:l l:l  .l l
          ',         /  ', l:l l:l  l  l


.                _,,,....,,,_,
           /⌒〆    ヽ/⌒ヽ
          ノ  ノ    -=== i  _ ヽ
    ((  ,ヘ,. (  ノレ イ-λ/ヽ`y .!/_| ))
       '、 ソヽiハ.2i ○   ○ リ;;;;;;;;7
        く;;;;;;`ヽゴ""r-‐¬""ハ;;;;;;;/  「ありがとうございます!」
.        \;;;;;ヽウゝヽ、__,ノ_ノ;;;;;;;;/
          `r;;;;;;;;/;;;;k_7_/;7^ヽ/
           \;〈;;;;;;〈|/;;;;;;;.〉.__ゝ
             ノ;;;;;;;;i:;;;;;;λ
.            く;;;;;;;;;ハ;;;;;;;;;;ゞ
.            // `T´ヽ \
.          / /   |  ヽ. \

356◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 22:13:54 ID:KT8SmXSQ0
      !/:.:イ:./≧x、lハj _,,リ≦二イ:j.:.:i:.:ハヽ\_
     ノレ´ム:イ∧ぐセオ}    弋ダノイ:.:.:リ }}ソヾ  「これも博士が色々とアドバイスやトレーニングしてくれたおかげですよ。
         |:.∧ハ   j      /イ:.:./ソ:/     ……一番被害を受けたのも博士のトレーニングですけど……」
         レ' リ八   <、      /イ/ハ:.:/
          ト、:ヘ  、_ _ ,  /イ   |`ヾヽ
         /リ;;;;\ `ー'´  ′  !;;;;ソ;}}
        ////;;;;;;;ヘ..___../  /  レク:ノ.:|


                 )
                 ( _
            , - ニ ̄   ̄ ` 、
           /               `ヽ
        , - '、       \     / .',_
       r´   ヽ.    γ  ̄ \ / ̄ヽ',ヽ.
      {      i=={ l    l.=l l   .} | i__
.      i  < ̄`ヽ、 弋ゝ _ノ 弋ゝ ノ >´ , ィ´  「科学ノ発展ニ犠牲ハツキ物デース!」
      弋__ _> 、 ヽ、  ̄       ̄ / /ヽ
         |     ` ー`             }
         ゝ、                  /
           `ー -、 - ______ , ィ´
           /    l /   |>く| \ ハ
             /_   .l > .|:H:| く l ハ
           , ‐´  `ヽ、l /  .l:l l:l  l.l-‐'ー、
        γ       ヽ.',  l:l l:l  l l    ヽ
         {        }. ',  l:l l:l  .l l      }
          ',         /  ', l:l l:l  l  l    /


/: : : : : : : : : /: : : // :/
: : :--==≦`メ ー=彡イ:イ: :
: : : :/{ rッヽ / :/ー-}:、:  「おい! 取り繕う気もないのか貴様!」
: :イ   ` ¨´/: /'rッヽ八: :
廴;  ー=彡 ´ : `¨ イ : ヽ
:/ {      __ ヽノ   八: : : :
{ 圦   (  `マ   ノi : \: :
ト、 \    ̄  ィ〔 : ト、: : ヽ
辷z一 ≧z イ: :|:ハ: :}::::\ :

359◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 22:18:01 ID:KT8SmXSQ0
                ________
            |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          ==============
           /               `ヽ
        , - '、      -=-  -=- ',_
       r´   ヽ.    γ  ̄ ヽ γ ̄ヽ ',ヽ.
      {      i=={ l    l.=l l   .} | i__ ___
.      i  < ̄`ヽ、 弋ゝ _ノ 弋ゝ ノ >´ , ィ´ ',___/   るねっさーんす
      弋__ _> 、 ヽ、  ̄       ̄ / /ヽ.   ∨
         |     ` ー`             }─ 、 |
         ゝ、                  /    △
           `ー -、 - ______ , ィ´      }
           /:::::::::::l::::/:::::::|>く|::\:::::::::::弋       ノ
             /_:::::::.l::::>::::.|:H:|::::く::l::::::::::::::::>ー‐ '
         , ‐´  `ヽ、l::/:::::::.l:l l:l:::::::l.l::::, - ´
        γ       ヽ.',::::::::l:l l:l:::::::l::l
        {        }.:',::::::l:l l:l:::::.l::::l
          ',         /:::::',::::l:l l:l:::::l::::::l
┏【ダイジョーブ博士】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  クライン財団記念病院初代院長。
 本業はスポーツ医学だが、それ以外にも様々な医学的発見をなした人物。
 彼の研究によって、それまで勘と経験と命がけの行為でしかなしえなかった様々な成長が
 科学的かつ効率的に行えるようになった。
 勿論、ある程度を超えようと思ったら「命がけ」の部分はどうしても付きまとうのだが……。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

361◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 22:20:34 ID:KT8SmXSQ0
さて、いつまでも悩んでいても仕方ないので後の人は「気が向いたら作る」ということにして
そろそろ5人のエンディングに移ろうと思います。皆様、なにとぞご了承ください。

364◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 22:24:13 ID:KT8SmXSQ0
【いつもの溜まり場】
        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (一)  (一)  \  「さて……ある程度あいさつ回りも終わって、
 |      __´___     |   大分ここらもすっきりしてきましたね」
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /


       _    __,,,,....,,,__
      ,:'´ ,>'"´ :: :: :: :: :: `' v‐-、
     /  i/ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::`ヽ.`、
    ,'   i :: :: :: :: :: ハ :: :: ノ :: :: :: ::', i
    i   !:: :: :: _;∠イ :: ハ :: :: '; :: ::!l   「そうですね……」
    l   |: :: :: ,:'_,.,_ l ::/ !ー、:: !: :: !i 。
    !   l :: ノ´;'´ハ レ'  ノ,=;、ノ,:: ::| !  o
    /    !イ ! '、_ソ    i_リ iヽi:: ! | o
  .〈     /:: i ''"   ____'  '' ノ ;: ;ノ .!  。
    ヽ.,_,ノレヘ;トv,、., _└‐_',.r<;ノK,_,ノ
        /´`'ー、7_>、/r-、ヽ、

367◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 22:28:27 ID:KT8SmXSQ0
        ____
       /      \
     / ⌒    ⌒ \
    /   (●)  (<)  \  「そういえば、これから皆さんはどうなさるおつもりなんですか?」
    |      ___'___     |
     \     ` n´   ,/
    /     | |    \
..         ノ .ュ
         { ..ニj
        . | "ツ


           .|\_/|
      _,,,.....,,,__|._/⌒ヽ
   ,. '"´´       ヽ   i
  /   /l、 i i    `; |
  |   --t'\ト-+     | |/⌒|
  i   />_ <ヽ   l i   /  「とりあえず皆と一緒に面白おかしくお仕事するわよ!
   ソヽ o ヽ ) o(つ / ./ /
   i   >‐v‐<(つ イ//     多分飽きるより皆が寿命で死ぬ方が早いだろうし!」
    )┌く:::::|o::::::(__づノ~ ./
   / ../::/o::::::)  l~ ̄
 (´<  <::::::::::::::::::\.ノ\
  ヽノ/::::::::::::::::::::::::\___)
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\


                __.. -―: : : :==ミ
           __/: : : : : : : :ー-ミ: : :\
           {: r : : ー-ミ: : : : : : :\: : :ヽ
          /\ヽ : : :、:\ : : \ : : 、 : ‘,}`
            イ: : : :ー`: : :\ : : : : :\: :ヽ: :V:ノ    「身も蓋もないが、実際そのとおりだろうな……。
          {{ {: : : :}、ヽ-‐ , ≧==ー――<:_:L才
            Ⅵ: /ム ー\代り' \: : :、\: : :`ヽ、   私は、試練も終わったし元の外交官の仕事に戻る。
            { ゝV 代リ   ヽ、   `ト、:ヽ: \: : :}:}   勿論、今の流れが戻りそうなら手助けはするが
         ー=イ八 {          ノ ハ: :} : : ヽ:乂   ……その前に呼び出されて何とかしろといわれるだろうな。
            .小 : ヽ ,. _-‐  /!:/: }:ノ: : :イ:ハ
           {:八: /: :丶、__ /  V :/: :/´ '     というわけで、今までどおりだ」
              ` 彡' ー =≦} _ -‐ ∨:_/
             ///:.:.:.:ム-ミム x≦:.:.:.:.≫┐
           /:.://:.:.:.:〃`ヽ >:´:.:.:.:.:./´:.:.:.}

370◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 22:32:34 ID:KT8SmXSQ0
   , -──- 、    /:::::::::::::::::|        l::、
  /       \ /::::::::::::::::::::::::!        |:::ヽ
/    . : : : : . ,/::::::::::::::::i、:::::::::::'.         !:::::::ハ、
    . : : : :/- /:::::::::::::::::::| 、:::::::::' .        !::::::::::::ヘ
   . : : : ::/   /::::::i:::::::::::::::!  \:::\:ヽ     j:::::::::::::::::\  「私は……そろそろ村の復興に戻った方が
  . : : : : :/   .':::::::::!::::::::::::::l '-‐'`, - 、:\   /::::::::::::::::::::::::i   いいかなあと思うんですよね。
. : : : : : :/   !::::::::::N::::::::::::!   fィ汽 },::::::`¨´:::::::::::::::::::::::::::!
: : : : : :/   l::::::i:::::::トX::::::i     弋tソノ Ⅵ::::::::::::::::!:::::::::,イ j !  そろそろ村の人も戻ったでしょうし、
: : : : :/    !:::::|ヽ:::!::!r≠、        jヘ!::::::::::::l:::::::::jiⅣ   私が行けば結構いろんなことができると思うんで」
: : : :/      '、:::::、:::Ⅳ弋タ          u /!::::::::::::::::/
: : :/         ヽ:::::\:::l    '           l::::/::::,イ
_/          !\::::}∧    -‐    /ⅣイⅥ、
          、:::::\::、\         /    >'´ ̄ >-  、
           `ー-ヘ::\::::`>z-イ    ./  /::::::::::::::::::::>
               `` '``   _j   /  /:::::::::::,.::::´:::::::::::


                   ¦
              \、__ト.、
             ,、r===>:.`ヽ`ヽト、
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ):.:.:i:.レー-
 .   __,.、<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノヽ:.:.:ノ:.:.:⌒ヽ、
       >〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:ヘVイ:.:ヘ:.:`ヽ:.:.\
     /イ:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ヾイ.:.:.:.:.:ヾ:.ヽ:\ゝ  「俺は……とりあえず今までどおりだ。
    / 〃:.〃:.:.:.: /:.:./:.:/:.i!:.:|:.!  ∨:.:.:.:}:.:.:ヘj     相棒と組んでいけるところまでいくぜ。
     /:.:./.:.:/:./:.:イj:.リ:.八:.リ   j:i:.:.:.:.:ト:.ヾヽ
      !/:.:イ:./≧x、lハj _,,リ≦二イ:j.:.:i:.:ハヽ\_   ……ただ、個人的にはKSKSTとアルトマー、
     ノレ´ム:イ∧ぐセオ}    弋ダノイ:.:.:リ }}ソヾ     二つの故郷の架け橋になりたい。
         |:.∧ハ   j      /イ:.:./ソ:/
         レ' リ八   <、      /イ/ハ:.:/       できる夫やレイセンの仕事も手伝わせてもらう代わりに
          ト、:ヘ  、_ _ ,  /イ   |`ヾヽ      俺のやりたいことも手伝ってくれると……正直ありがたいかな」
         /リ;;;;\  -    ′   !;;;;ソ;}}
        ////;;;;;;;ヘ..___../  /  レク:ノ.:|
     _..,,,,,///´;;;;;;;;;;;;;ノ!       /  /::/ ..:j>,、_
 _.,、<://:::{:{:{;;;;;;;;;/´ j {    / /::/   /ト.,、<⌒>,、_
 :::::::::://>{ii{;;;;;;/          / {;;;;;{  / / {::::::::::...,、:<⌒>:.、_
 :::::::::{{ 〃∧ヽソー-- 、   __人__{;;;;{   イ {::::/´::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
 ::::::::::::} ____,,ゞ:::::>、,,_____,,,、r==」k;;j_ ノ   ノ/:::::::::::::::::::::::::>"⌒ヽ:j
 ∨::::://O / /:::::::l:.:.:{:::}{:::}:::::::/:.:/⌒/ー-、 ノノ:::::::γ⌒ー"´     }}
  j::〆K  / /:::::::::l:.:.:.:`7´::::::/:.:/  / O ∨イ::::::::::ノ             ;j

373◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 22:35:09 ID:KT8SmXSQ0
        ___
       /     \
     / ⌒   ⌒ \   「もちろんです! いままで僕の夢に協力してもらったんですから、
    /  (⌒)  (⌒)  \   レイセンさんやミストさんにならいくらでも協力しますよ!」
    |     ___´___     |
    ヽ、   `ー '´   /
     ノ          \


      !/:.:イ:./≧x、lハj _,,リ≦二イ:j.:.:i:.:ハヽ\_
     ノレ´ム:イ∧ぐセオ}    弋ダノイ:.:.:リ }}ソヾ  「おお! 助かるぜ! じゃあ――
         |:.∧ハ   j      /イ:.:./ソ:/
         レ' リ八   <、      /イ/ハ:.:/
          ト、:ヘ  、_ _ ,  /イ   |`ヾヽ
         /リ;;;;\ `ー'´  ′  !;;;;ソ;}}
        ////;;;;;;;ヘ..___../  /  レク:ノ.:|

374◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 22:36:20 ID:KT8SmXSQ0
                   _  ト、ト、
                  、ー‐ > ⌒ヽヽ }ノ
                 x≧´: : : : :'i:i:W: :ミ 、
               ,ィ7 : : : : : ; :/ `_ }: : :ヽ\
                   /: イ: : :メ}:/,ィッァ; : : : :ト、    r-、 _
                {/{: ! :<rッ{:' ¨´/: : :ム'ゝ  rくヽ}ート、}‐、
                |:ハ: :|、 ヽ__ /イ: /: /   _ン/へ/ハ /   「これからもよろしく頼むぜ、相棒!
                ' l:ハ!ヽ `ー ' 彡'ィ==x、ム/ヽ/ヽ/〉つ
                  j r― `iー ´{i{  /////r.、ヽ/ヽ    お互い、協力したりされたりしていこう!」
               ィ7//|`!:.:.:.:|   |i| <///'⌒ヽV}¨`ヽ/}
             r 7/{/>'ヽ}Yノ___/`ヽ)ハY   }/リ_` !/}
             八//|/ r,イY:弋ン {  //     ハ//ヽ }/
              _r┤ r==≠  |: : i!  l  ィ/ ,  ,  ヽ//ム}'
         ハⅥ 弋 ゝイi| ト.、 |: : i!  l ハ{ 〈  }   //´  }
        //∧`ー ≧xハ //ハ|: :i!  l/ ヽ  乂 //乂_ノ
        」///∧   . ィ∨/' ヽ!: : i!  { rっ乂ー ≦イ‐’
       八/////`77≦}  rっ|: : :i!  |      ̄   {≧x

375◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 22:38:07 ID:KT8SmXSQ0
       ____
      /     \
    /  \   / \
  /  (●)  (●)  \  「――はい! 僕の夢はマダマダ途上ですんで、
 |       __´___       |   せいぜいこき使わせてもらいますよ!」
 \      `ー'´    /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /


      !/:.:イ:./≠x、lハj _,,リ≠¬イ:j.:.:i:.:ハヽ\_
     ノレ´ム:イ∧ィ=ュ}    ィ=zノイ:.:.:リ }}ソヾ
         |:.∧ハ   j      /イ:.:./ソ:/   「はは、お手柔らかにな!」
         レ' リ八   <、      /イ/ハ:.:/
          ト、:ヘ  、_ _ ,  /イ   |`ヾヽ
         /リ;;;;\  -    ′   !;;;;ソ;}}
        ////;;;;;;;ヘ..___../  /  レク:ノ.:|


    __ _....._ _
   i´,ィ`   `ヾ':,
  ノ i  ノ)ノヽ,) !  (男の友情ってやつですかね……)
  (_ノvイ ゚ ヮ゚ノi_ノ
    ;':i:::':::!〉
   c(ン'/ ハヽ,
    `^i_フi_フ´
     ̄  ̄ ̄

376◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 22:42:22 ID:KT8SmXSQ0
で、ここで最後に行った判定の結果を記述します。
◆KObYFbVC6Q→#81KSKST
【予約されていた数値は83と31です】
81+83→64
81+31→12≦74

というわけで――【今世代、KSKST市民は自ら政府を望むようになります!】
それを踏まえて、全員の後日談を語らせていただきます。

378◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 22:51:46 ID:KT8SmXSQ0
                    , イ   . . .: : :⌒:ミ.       。        .: ゜
                  / ,  /: : : : : : : : : : :\   ゜        。:゚ :!
      {\     /  /  ノ彡:イ⌒ヽ: :ミヽ : : :ヽ ゚
       、 \   〈  i  ,' /: : : : :j | | リ  }ハ:jヾ} .j      。:゚   :j
=- _     \  \  〉.:j ノ:⌒:. : : : :ノ | |   ノ  ノ  。゚
 ≪~=- _    < ∨Lく: : : : : 彡: ._   | |  _ -‐ ⌒ヽ。:゚      .:。゚ 
   ヾ  ::=- _   ..:へゝ/ミ: :‐"ミ: : :.`:.、| | /    ヾ   }-  _  .。゚    ノ)
        ≧:": : :":⌒: :‐-、: : : : : : : Y:::ヽ         j        ̄ ̄   三シ
。       /: : : : : : : : : : : : :ヽr‐ミ: : : :<:::::‐<      /ノ ー ― --    ‐  ニソ
 ゜ ..。   ,.:':/: : :{: : :、: : :!:.j_:_}ヾ:\トニ=‐ゝ>:::::::::::< ノ       .。゚
    ゜ .._/.:/.: : : : : : :ト;. :}7リリ` \:\ Y´ 〉::::::::::::::::\   _.。゚
     /.:/ .{: {: :、: : :i、)ノィfぅチ   j\: Vvへー  ̄ ァ:::::::::ヽ::て:::::::::::::::‐:-.._
      {:/   : : : :\: :ヽ-._  わノヘ_ヽ} トイ \  j::::::::::::::j::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      i{   \:\:`:_:ゝ: :)ー..≦r、⌒>、::冫  ∨:::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::
              \、ー-:≧ー T ㌧`ー<イノ:⌒^::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
              `      f三       \ `≧‐-::::::::::/:::j:::::::::::::::::::::::::::::::::j
                   -‐.:::∧ ̄ ̄ ヽ  \ ∨ニ=‐y:::::从:::::::::::::::::::::::::::イ{
                 /::::::::::::::::::.ーへ〃ヘ   ヽ V::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧    〉.!:::,:':::/::::::::::::::::::::::::::::::::::/
              ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧   ノ::;/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             ,':::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::>ー:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:{
              {:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
            :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             !:::/:::::::::::::::::::::::,::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
┏【大妖精】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  妖精王の冠を奪還し、神に等しい力を身につけたまさに“大妖精”と呼ぶべき存在。
 盟友達が生きている間はパラディンとしてKSKSTに助力し、
 100年ほど経った後は妖精郷の女王に即位し、影ながら人々を見守るようになる。
 基本、面白いこと好きのおせっかい焼きなので、困っている人がいれば助けてくれるかもしれない。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

379◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 23:01:26 ID:KT8SmXSQ0
                    ⌒ヽ 、
            -zー- .、_ i }  -‐ 、
          ´ /    / }ノノ≦⌒ヽ 〉
   .ィ   /          / ⌒ヽ   ‘,//
  ' {   /     /  {ノ  ノ }    メ '
  辷zzzー  ー======彡 ´イ /.} !   }
      /   /  __ ィ斧気メ / 人  ‘.iト、
    ノ  /  ´ / 弋沙' }/´ ィ斥\‘,
  ー=彡 ' //   {    /´   込リ〉、ゝ`=-
   ′   {' /    ゝ   ,  = 、′ | 人 从
  {从   イ    八    {   V  人  }ノ
    从/≠ミー-  _\  ー‐ ' / ヽ \
    //     `≧x   ≧zrx 彡ヘ  \ `ー    }
  //イ     / /} \   }ヽ⌒ヽー 、  、  ノノ
   .' ! z≦`¨_//   ヽ≧zz \::ハ   \ ` <
   { | `¨¨¨¨¨L}     \≧zzヽ::} ≠≧x、   ヽ
      |   ヽ         `¨ヽ、, =ミ  〈〉 ヽ  从
      ー- 、 \            ′  ‘,   }}/ '
          乂  `¨ヽ       _.|    }\  リ
          \  ‘,    ´  八   }\ヾ廴_
           \  ∨ /     }    !  ヽ _}}
            \_{ /    rー‐ヘ   ト ミ }  `ヽ
               ′  ノ   八    `ヽ   }}、
              {  r ´     }     -‐  `ー= ¨¨ヽ
              ヽ ノ  {   {ー‐ ´   , ー‐-   _ノ
┏【シオニー・レジス】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  政府ができるしばらくのうちは教会の外交官として各地を回ることになる。
 その後、KSKST統一政府が出来てからは政党が変わってもなぜか任命され続ける外務大臣となり
 ある意味新参者のKSKST統一政府の対外的地位に大いに尽力した。
 5~6人いる「KSKST統一の三傑」の1人。
 因みに「リモネシア」というのは彼女が小さいころすんでた集合住宅であり、現在は観光名所になっている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

383◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 23:08:33 ID:KT8SmXSQ0
             ,,.. -‐::-‐::‐: 、,   _
    ァ‐‐-、 ,.. -::''":´ :: :: :: :: :: :: :: :: `v'´ `ヽ、
   〈  ,.::'´ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: i  >、  ヽ,
    Y :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ゝく ::i   ';
    / :: :: :: :: :: :: :: :: / :: :: λ :: :: :: :: :: :: :: l    i
   ;':: :: :: :: :: :: :: :: ;イ:: :: :: ;ハ_;:イ´ :: :: :: :: ',    ':,
   i:: :: :: :: :: :: :`メ、|:: :: ;/ ,.ゝ=L_:: :: :: :: :: ',    ヽ、      __
    l::.:: :: :: :: ::.;ノ-r、 l:: ;/ '´i  r'i `!、:: i :: :: `r、    "''ー-、 ,.:'´ )
   '; :: :: :i :;イ i  リ レ'   '、__り  ' lヽ!:: :: :: l ヽ、,  r-、 / /
    ':,::: ::l/ i  ゝ-'   ,     ''"" ノ :: :: :: :: !   ,ゝ/ ノ'´  /
    `:、:: :: ハ ''"    ,.-,‐‐、   ,:'´:: :: :: :: :; -'‐ァ7/ / ,. '´`)
     ノ、 ::' :;ゝ、.   !/  _ノ  /::_;:ィ:-‐''"´:::::/ /   ) ゝ,_ノ )
       `ヘ:ノ、;、;`:;> r- -‐ ,.:';´/:::::::::::::::::::::::! l '、    (__,.イ
            ,.:i´>r‐''´/:::i::::::::::::::::::::::::::::::'、ヽ、`>ーr‐`ー‐'
          ,.;'´ノ>'ーiヽノ:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::`':.,`,.=‐'
         /:::!:/´: .:ノ,.::'´,::':::::::::::::::::::::::::_:; -‐ ''"´
         !:!;':i.: .: /,:':::i´:::''":!:::::::::::::::;'´
         ';i:::l .: ;'/::::;':::::::::::::|::、_;;ノ/
    ,、     !';:i.: y':;:ノ:::::::::::l:::i:::::::::;:'
    ':,`^ヽ、 ,:'::'o>':´:::::::::::::::::i:::';:::::;:'
    ,ゝ ,:'´7::::::/::::::::::::::::::::::::::!:::!:/
    `:、(:::/::::o;':::::::::::::::::::::::::::::::::〈
      `7::::::::;'::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:>  ,, 、,,
      /:::::o;:i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':`ヾ、 :.゙';,
     ノ:::::::::::ノ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::) ,.:: ゙;
┏【レイセン】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  この後年明けすぐにカ・ポツーンにある村に戻り、自身の能力と人脈を駆使して村の復興に努める。
 その後若くして村の指導者となり、KSKSTとの交易を含めた様々な政策を打ち出して村おこしをはじめる。
 下手な中級魔族以上の戦闘力をもち、「史上最強の玉兎」とも言われた。
 が、何より恐ろしいのは「やることなすこと何故かうまくいく」化け物のような運のよさであろう。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

386名無しのやる夫だお2013/05/26(日) 23:12:42 ID:3LiiRspc0
晩年の大蔵大臣高橋是清的な?

387◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 23:18:12 ID:KT8SmXSQ0
>>386
 おおよそあんな感じですね。だって知略25ですもん。

                       ト..   ト
              ヽー- :一 ´:: `:: :`ヽ}::Vハ
                _..>:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :}イ
              ⌒>:: :: :: :: :: :: :: :: /}:ハ:: :く
              /: /:: :: ::.イ :: ::/:: イ ヾ}:: ::ハ
              〈イ:: :: ::/≧x{イ: /ハx≦.Ⅳ:: {
                  {イ:: ::.{弋ツ ヽ{ 弋ツ }:}:: ::ゝ
                   ムイ八    ノ、  イ::八ト
                  イ:: :ヽ ー .. 一 イ/
                 Ⅵ:i:i\   / .ト、
           ___ r:i´:i:i:i:i:i|  ー '   }i:i:≧x
         . : ´〃 : : : {i:|:i:i:i:iノ}  ヽ   /  Li:i:i://Y´ ̄: `: .、
         {: : : {{: : :/ ヾ<            >'/ ヽ: : : : : : :ヽ
         八: : :ヾ / ,r 厂∨` ト:.:.rー 、―:.:.イ 厂L 、 V : : : : : 八
         { rヽ=≠ミ 《○  {  !:.: 乂!ノ  }:.:.:}/ ノO}} }: : : :/  ヽ
       / `¨∨: {  ヾ}   !  |:.:.:.:.:i!   !:.:.l /  i! r==≠ミ     }
     r ´    =-Ⅵ!  / :.  |  |:.:.:.:.:i!  .|:..:l /  〃/: :/ `ヽ}  {
  rィ⌒ヽ、    ヽ{∨: 八  | |:.:.: i!   .|:.:.}′ イ{./: :/  ̄  ‐- ミ、
  /{:.:.:.:.:.:ハ:ヽ    }ー ´  \!  l:.:.:.: i!   .!:./ /乂:_:ノ_ ー-  ム、
 八.、:./  ∨ :.  ノ、      ヽ. }:.:.:. i!   l:.:{/    /  `   イ:{:.:.:.ヽ、
.〈 `ー=: : 人 、:ヽ/ヽ }    rっ i! !:.:.:.:i!  l:.i!rっ    ト、  ./ 、ヽ乂:.:.:}:〉
 ` / `ヽ : : : \ヽ:} /       i! !:.:.: i!  |:.i!    !  { ヽ.//: :ヽ  ≧イ
  / ‐- 、\ : :ムイ .'_  | rっ  i!/:.:.:.八  l.:.i! rっ { . イ 〈/: ..<  ̄} : }
 {     ヽ ´    { : `ヽ}    i!:.:.:.:/ ! ヽ{:.i!   / : }   ヽイ     Y
  、       、   ` <: : `¨¨:7___i}_ ー.{:ー: :´:> ´    ノ     / }
  \     \      ≧nー':::::{{::::::::。}} ̄::ゝ.:≦x   _ /   / /
    \     /`ーァイ`ヽ::L!::::::::{ゝ_゚:ij::::::::::L!::/ }/へヽ    /
     \  ./  /: : { `ヽ}/    |  |   }  |:L._イ: :ヽ  ヽ}   イ
┏【ミスト・レックス】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  その後、できる夫と共にKSKSTの平和とアルトマーとの架け橋となるべく尽力する。
 彼にできることはほぼ「悪党と戦う」しかなかったが、戦えば必ず勝つ武力で様々な偉業を成し遂げた。
 お話に出てくる正義のヒーローたるパラディンを望み、そのままそんなパラディンになった男である。
 歴史上の人物としてよりも、剣豪伝奇ものの主人公として人気。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

390◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 23:20:41 ID:KT8SmXSQ0
▼――――――――――――――――――――――――――――――▼

              ――そして、数十年後――

▲――――――――――――――――――――――――――――――▲

391◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 23:26:31 ID:KT8SmXSQ0
ttp://www.listenonrepeat.com/watch/?v=3x2fSxOeij4
.              _______
            r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.
            ヘ,___,________/::.
             |   /     \  |、:..
             | / -   - \|::..
            ./  (ー)  (ー)  .\:
            |        ´      |
            \      ⌒     /
             |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、|l::::
             |         ::::....  ..:::|l::::
             |             |l::::
             |             |l::::
             |   ''"´         |l::::
             |              |l::::
             |           ``'   |l::::
             |   ''"´         |l::::
             \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::            >バタン!
              `´::::::::::::::::::::::::::::::`´::::::
┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻
【少年】
 「おじいちゃん! 新聞見てみてよ! やっと憲法と議会が全国に認められて、
  今から『トールツリー』の議場で第一回の統一議会が開かれるんだって!」

392◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 23:27:58 ID:KT8SmXSQ0
.              _______
            r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.
            ヘ,___,________/::.
             |   /     \  |、:..
             | / -   - \|::..
            ./  (ー)  (ー)  .\:
            |        ´      |
            \      ⌒     /
             |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、|l::::
             |         ::::....  ..:::|l::::
             |             |l::::
             |             |l::::
             |   ''"´         |l::::
             |              |l::::
             |           ``'   |l::::
             |   ''"´         |l::::
             \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::
              `´::::::::::::::::::::::::::::::`´::::::
┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻
【少年】
 「おじいちゃんがずっと言ってた“夢”が、やっとかなったんだよ!
  一般公開されてるらしいから、行ってみようよ!
  いや、おじいちゃんなら特別ゲストとして迎えられちゃうかも!?」

393◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 23:28:51 ID:KT8SmXSQ0
.              _______
            r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.
            ヘ,___,________/::.
             |   /     \  |、:..
             | / -   - \|::..
            ./  (ー)  (ー)  .\:
            |        ´      |
            \      ⌒     /
             |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、|l::::
             |         ::::....  ..:::|l::::
             |             |l::::
             |             |l::::
             |   ''"´         |l::::
             |              |l::::
             |           ``'   |l::::
             |   ''"´         |l::::
             \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::
              `´::::::::::::::::::::::::::::::`´::::::
┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻
【少年】
 「……おじいちゃん? え……?
  大変だ! 皆! おじいちゃんが! おじいちゃんが!」

396◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 23:37:11 ID:KT8SmXSQ0
          ⊂ニニ⊃
            ____
          /    \
         / ⌒   ⌒ \
       / (⌒)  (⌒)  \
      |     ___'__     |
       \    `ー '    /
   /⌒⌒/            ヽ⌒⌒ヽ.
  (_ノノ /                |しし_ノ
     |   r          l  |
      :::::: ::;;::  ,,, ;;::: ,,::  ;;;;::::''
       ::::;; ::::::: ;; :::: ::::::::;;;::  ::::::;;
        ::::::::;;::::::;; :::::::;;;:::::     )
          :::::::::::;;:: ::::::::
             ::::::;;;::::::::;;;;
              :::::: :::::::
                :::::::::
                  ::;;::./ ̄ ̄ ̄\:
                  / ⌒   ⌒ \
                 /  (⌒)  (⌒)  \
                 |     ___'__     |
                 \     `ー '    /
                 /             \
┏【できる夫】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  その後、彼はKSKSTに統一した政府を作るため精力的に動き続け、
 様々な地位や立場の者を粘り強く説得し続けた。
 その甲斐もあり、KSKSTに統一政府が出来るころには、主だった軋轢はほぼ解消されていたという。
 そして、KSKSTに安定した統一政府ができるのとほぼ同時期、
 彼はまるで新たに誕生したKSKST議会へと生まれ変わったかのように、眠るように静かに息を引き取った。
 必ず名が挙がる不動の「KSKST統一の三傑」、「神がKSKST統一のため地上に使わした男」と呼ばれ、
 その能力を私欲に使えば財閥の一つや二つ容易に支配できたとも言われた彼の遺産は、
 人々が彼に抱く憧れや名誉に比べればないも同然なほどしかなかったという。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

397◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 23:38:48 ID:KT8SmXSQ0
▼――――――――――――――――――――――――――――――▼

     失敗国家の聖騎士なんだができる夫はもう限界かもしれない

.▲――――――――――――――――――――――――――――――▲

398◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 23:39:54 ID:KT8SmXSQ0
▼――――――――――――――――――――――――――――――▼

     ――ならば、偉大なるかの者に、安らぎがあらんことを――

.▲――――――――――――――――――――――――――――――▲

400◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 23:41:30 ID:KT8SmXSQ0
▼――――――――――――――――――――――――――――――▼

                   ――the End――

.▲――――――――――――――――――――――――――――――▲

403◆75LBJGs9C62013/05/26(日) 23:43:23 ID:KT8SmXSQ0
というわけで、長らく続いてきたこのシリーズもこれにて終幕とさせていただきます。


次回作を本当にやるのかとか、どんなシステムになるのかとかまだ全然考えていませんが
ひとまずは完成の余韻に浸らせていただきとうございます。

革めまして皆様、いままでお付き合いくださり本当にありがとうございました!

関連記事
大事に読み返させてもらいました
開始時はどうすんだよこの失敗国家…だったのが
こういうエンディングを迎えられて感無量だったなあ
[ 2018/05/19 11:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する